5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■西村眞悟曰く■■■

1 :西村眞悟:2006/03/30(木) 12:30:09 ID:c99PUjU00
まえがき
第一章 小泉首相には「政治家の使命」が欠落している
第二章 国を売る日本の政治家
第三章 政治家の口を封じるメディアの大罪
第四章 政治家こそ歴史を学べ
第五章 日本は自然法の国
第六章 国民を守ってこそ政治だ
あとがきにかえて

2 :西村眞悟:2006/03/30(木) 12:34:24 ID:c99PUjU00
【挨拶にかえて】
 
昨年末来の私の逮捕と拘留という事態で、ずいぶんご心配をおかけし、ご迷惑をおかけしました。
私の不徳の致すところです。まことに申し訳ございません。
事件のことについては、今後公判廷で申し上げることとなりますから、この場ではひかえさせて頂きますので、このことご理解頂きますようにお願い申し上げます。

昨年来、私は「反省と感謝の日々」を過ごしてきました。
では、反省は分かるとしても、「感謝」とは何か。
それは、やせ我慢ではなく、天に対する感謝です。
何故なら、「逆境は天の恩寵」であるからです。
 
さらに、暖かい多くの方々の励ましに対して、心より感謝申し上げる日々です。お手紙で電話で、また、街頭で新幹線内で「がんばれよ」と声をかけて頂いてきました。
苦しいときの皆様のお励ましは、生涯忘れることはありません。心より、お礼申し上げます。
ありがとうございます。

3 :西村眞悟:2006/03/30(木) 12:37:46 ID:c99PUjU00
【弁明】

第一回公判が開かれた本日、改めて現在の心境をお伝えします。

本件事件と裁判の内容に関しては、まさにこれから公判廷に於いて述べていきますので此処では触れませんが、
この度の弁護士法違反という評価を受ける事件が、私の行為により引き起こされたことは事実であり、深く反省し、改めて心よりお詫びを申し上げます。

昨年末に保釈を許されて自由と的確な判断をなし得る環境を回復してより、淡々と日々の予定をこなしてまいりましたが、
当然ながら、常に本件事件のことは片時も意識から離れたことはなく、本件事件を引き起こした自らの判断ミスを痛恨の思いをもってかみ締めて反省の日々を送って本日に至りました。
それと同時に、郷里堺と全国の皆様から、多くの暖かい励ましのお言葉やお手紙をいただいてまいりました。
そして、暖かい励ましにより生かされている自分を感じて感謝の日々を重ねてまいりました。ここに、私をお励まし頂いた皆様に、心よりお礼を申し上げます。
 
従って、昨年末以来、私は痛切な反省と感謝の日々を送ってきたと言えるのです。

私は、二十歳代の頃に恩師から「逆境は天の恩寵である」と教えられましたので、
本件事件を私の人生に与えられた大きな試練と受け止め、この試練の中をまっとうに歩ませていただきたいと思ってきました。
そこで、この試練を経たが故に、天が私に、例えば拉致被害者救出という真に国家と社会のお役に立つ力をお与えくださるならば、
逆境は天の恩寵という恩師の言葉が私の人生の中で実証されることになるのです。
そして、私は、ただ一回しかない人生に於いて、本件事件を通じて、この恩師の言葉を実証したいと念じています。

以上が、本日第一回の公判を迎えた私の心境であります。よろしくご理解いただきますようお願い申し上げます。

4 :西村眞悟:2006/03/30(木) 12:40:19 ID:c99PUjU00
【堺における拉致被害者救出集会】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=221

【核を考えない政治で日本は運用できない】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=222

5 :西村眞悟:2006/03/30(木) 12:46:59 ID:c99PUjU00
【自らの固有の文化・文明の再興と歴史を取り戻すこと】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=219

【「歴史」で包囲されている国際政治の現実】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=218

【歴史を離れて国は存続しない】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=217

【特別国会終了後の油断のできない政情】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=214

【「平和主義」は平和をもたらさない】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=213

【十月十一日、平沼赳夫先生,あっぱれなり!】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=212

【劇場が過ぎ去れば、やはり、歴史観が基軸になる】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=211

【解散後の初の本会議】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=210

【9月11日を迎えて】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=208

6 :西村眞悟:2006/03/30(木) 12:51:47 ID:c99PUjU00
【九月十一日を目指して】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=207

【解散後の日々】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=206

【八月十五日の靖国神社】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=205

【衆議院の解散、総選挙を意義あるものにするために】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=204

【やはり、国家観は漂流し政治的決断は回避されたままだ】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=203

【「無理が通れば道理が引っ込む」だけの政治でよいのか】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=202

【党議拘束の特異さについて】
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=201


7 :西村眞悟:2006/03/30(木) 12:55:11 ID:c99PUjU00
■憲法(国家基本法)■

1. 意味の通る日本語にする。
(理由) 今の憲法条文は、どこの言葉を翻訳したのか意味不明な箇所が目立つ。
杜撰な翻訳文をそのままにしていることは、独立国の憲法として恥ずかしい限りである。


2. 我が国家の伝統的な成り立ち(国体ないしは国柄)を明確にする。
(理由) 我が国は、英国同様立憲君主国である。つまり、日本人を主体として天皇を元首に頂く国家である。


3. 国防の基本を明示する。
(理由) 民主主義国家において、国防の基本たる軍隊を誰が統帥するかの基本方針が明示されていない現状は、驚くべき怠慢の結果である。
これは、緊急時に国家が機能不全に陥ることを容認し、国民がいたずらに命を奪われる事態を放置することである。
だから、必ず、国防のための国民の軍隊の保持とその統帥の原理(シビリアンコントロール)を憲法で明示する必要がある。


4. 国民の権利を実態に即したものとするとともに義務も明示する。
(理由) 日本国民は、日本国家と敵対する関係ではなく国民という共同体の構成員である。
この観点から現在の実相を研究して基本的人権のあり方を再検討することが必要である。
同時に、国家の構成員としての国民の義務を明示する。
それは、納税、投票、教育そして祖国への忠誠つまり祖国を守る義務である。


5. 憲法裁判所の設置
(理由) 現状は、国民の目から隠れた内閣法制局が実質的な闇の憲法裁判所のようになっている。
これを改め、司法のなかに明確に憲法裁判所を設置するのが三権分立の原則にふさわしい。


6. 憲法改正規定の改正
(理由) 現行は、憲法を固定するために改正困難な規定を押しつけられている。
法理論的には、改正規定の改正はできないとの考え方もある。
しかし、現行憲法が占領下に占領軍の起案によって短時間でできたという成立過程の無法を考えれば、改正規定を含む抜本改正は当然是認される。
独立国として、外国による軍事占領の桎梏(手かせ足かせ)を引きずらねばならない理由が無いからである。

8 :西村眞悟:2006/03/30(木) 12:56:47 ID:c99PUjU00
■経済と社会のあり方■

【自由な経済活動の領域を広げ、不必要な規制を撤廃して活力ある社会を目指す。】

自由な経済活動の領域を広げ、不必要な規制を撤廃して活力ある社会を目指す古代ローマは、失敗した者を尊重する社会であったから繁栄できた。
失敗は、チャレンジしなければ起こりえない。
そのうえで失敗したということは、そのチャレンジから最も多くを学んだ者とローマ人は考えたのである。
そして、ローマ人は失敗した者に再度重要な地位を与えることを常とした。
これが、ローマが多くの人材を結集して偉大になったソフトである。
我が国戦国時代も、人材を集めた織田信長が勝ったのである。
我が国も、規制を撤廃して自由な創意工夫の領域を広げようとするなら、
このローマ人がもっていたソフトを根付かせるため、幼児教育からチャレンジを尊重する気風を育まねばならない。
それと共に、「創意工夫を尊重する社会」と「弱肉強食の社会」とは違うのであって、
このことを周知徹底するためにも幼児教育段階から「礼節」と「奉仕」の観念を育むことは不可欠である。


9 :西村眞悟:2006/03/30(木) 13:01:00 ID:c99PUjU00
■教育と社会のあり方■

明治政府の最大の功績の一つが、教育制度の整備であった。
為政者は、まず教員を養成した。
その為の全寮制の師範学校を全国につくった。
これに習えば、現在の教員養成はどうなっているのか。
「日教組の教研集会」でやってきた。
この戦後教育の結果が今我々の眼前に現れている。
教育の再建の鍵は、明治維新同様に優れた教育者の育成にある。
まず、教育者が「礼節」と「奉仕」の観念を血肉化させていなければ、子供達にそれを実践で示すことなどできるはずがない。
しかし、現在においても教室における優れた実践者が多くいる。
私はそのような真人を知っている。だから、かろうじて教育の全面崩壊が起こっていないのである。
よって、従来のように、文部省の役人や日教組の幹部や文化人だけの意見を聞くのではなく、
教育実践者だけの権威ある委員会を設置してその意見を政治が断固実現するという政治のイニシアティブがどうしても必要な時に来ている。
だいたい真の教育実践者は、組合活動をしたりテレビでご高説を述べたりする暇はないのだ。
まず、政治は黙々と各教室で教育実践に携わる真人の声を直接聞くことから始めねばならない。
そうすれば、今の政治家がこれらの先生方の万分の一も「天下国家」のことを考えていなかったことがわかるであろう。
真の教育実践とは、民族の将来をみすえた努力だからである。この意味で、文部省は必要ない。
ところで、あるべき教育を支える前提としての社会のあり方であるが、真の教育実践を可能とする税制をもっていなければならない。
それは、国民が教育を物心両面でサポートできるということである。
その為には、まず江戸時代の教育を可能とした前提を調べることが必要だろう。
日本国と日本人が世界から賞賛の眼をもって迎えられたのは、
明治時代であるが、江戸時代に教育を受けた人々がその時代を担ったことを思い起こすべきである。
さらに教育には、「良き納税者」を育てるという観点も必要である。
納税者がなければ国民は成り立たない。
したがって、教育に対する有効な税金投入は、国家と社会の存続にとって不可欠の投資である。


10 :西村眞悟:2006/03/30(木) 13:04:45 ID:c99PUjU00
■税制と社会のあり方■

税制とは簡単に言えば、国民の金を行政組織が使うためにある。
その正当性は、行政組織が「公共のため」にその国民の金を使うというところにしかない。
税で、勝手に馬を買ってはならないのである。
では、何が「公共のため」なのかを誰が決めるのか。
現状では、ほぼ100パーセント「お上」が決める。
つまり、税を使う行政組織だけが何が「公共のため」かを決定するという前提である。
しかし、行政組織は「公共のため」を決定してそのためにしか動いてはならないということと、
行政組織だけが「公共のため」に金を使えるということとは、全く異なるのである。
私は、国民が自分の金を行政組織を介さずに直接「公共のため」に使える制度を確立しなければならないと考える。
それには、国民が「公共のため」に使う自分の金は、行政組織が使う税金と同じ扱いをしなければならない。
つまり、国民は税を払って行政組織に使わせることによって「公共のため」に奉仕する手段と、
自分で直接「公共のため」に奉仕する手段の二つを自由に選択しえることが必要なのだ。
そして、行政組織に税を渡して使う金の意義と、国民が直接公共のために使う金の意義は全く等価値と考えねばならない。
ということは、国民が払わねばならない税の総額のなかで、税務署に三分の二を支払い、
直接残りの三分の一を自分の納得する教育をしている学校に支払う、
あるいは養老院に支払うということが自由にできなければならないのだ。
この場合、学校や養老院に払われた金額は、既に税を支払ったものとして控除されるのである。
繰り返すが、何が公共のためであるかは、官僚が百パーセント決めるのではなく、国民が決めるのである。これは自分の稼いだ金であるから当然であろう。
税をこのように捉えるならば、「お上」が求める税額や税制のあり方は、少なければ少ない程良いとともに、シンプル イズ ベストを旨とすべきである。
従って、相続税などは廃止すべきである。相続税こそ、国民が一生かけて残した財産を、「お上」がどういう理由か取り上げることを前提にした極めて不合理なものである。
国民は生きているとき税を納めることで十分なのだ。
また、子供達が親の財産をもらってはならないという思想が相続税の根拠ならば、これは既に私有財産を否定した共産主義国家ではないか。
税制の改革は、経済のみならず文化、福祉、教育の総ての分野に影響を与えるものである。
現在、歌舞伎や浮世絵などの日本文化といわれるものは、江戸時代に誕生したものである。
その理由は、税制にある。当時は篤志家が、文化活動に教育に土木工事に財産を拠出できる制度であった。
相続税などはない。もっと遡っても、今に残る奈良の大仏も東大寺南大門も、総て「勧進」つまり国民からの自主的拠出によって建てられた。
その当時に比べて、まさに格段に豊かになった現在の日本が、後生にこれほどの文化財を残せるのか。
現在のがんじがらめの税制では無理だ。これを豊かさの中の貧困という。鍵は、税制の改革にある。

11 :西村眞悟:2006/03/30(木) 13:09:42 ID:c99PUjU00
▼西村真悟の政策▼

【憲法(国家基本法)】
http://www.n-shingo.com/seisaku/index.html

【経済と社会のあり方】
http://www.n-shingo.com/seisaku/page2.html

【教育と社会のあり方】
http://www.n-shingo.com/seisaku/page3.html

【税制と社会のあり方】
http://www.n-shingo.com/seisaku/page4.html

【福祉のあり方】
http://www.n-shingo.com/seisaku/page5.html

【官吏登用のあり方】
http://www.n-shingo.com/seisaku/page6.html

【国防と外交】
http://www.n-shingo.com/seisaku/page7.html

【亡国を知らざればこれ即ち亡国】
http://www.n-shingo.com/seisaku/boukoku.html

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 13:57:53 ID:WhUL/x4x0
デカルトによって今日に及ぼされた誤りの認識の中に「悟り」という問題がある。

この悟性というものを直感とか閃きとかキリスト信者がよく使う啓示とかそういうものにとらわれてその悟性を理性の前に捨て去ったのである。それゆえ今日でも釈迦が菩提樹の下で悟ったという
言葉の解釈も真理を直感したとか、何か閃いたなどと場あたりの説明をする教養人と称する人達が出てくる事になる。

そればかりではなく理性人と思っている人達は悟りとかそういう言葉さえ低級なものとしてみる風潮を創ってその理性たるものも西洋的なものは何でも理性と思う様な単純な思考しかないのである。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 14:13:20 ID:WhUL/x4x0
因縁の奇妙さとは聖徳太子が東洋の文明国であった隋から文化を取り入れ国史を編纂し、十七条の憲法を作って
和の精神を高揚し冠位十二階を定めて徳を上として智を下といたのとは対照的に福沢諭吉は西洋の文明国から文化
を取り入れ、徳よりも智の重要性を説き大隈重信と共に憲法を作ろうとしたが伊藤博文によって失敗しているからである。

つまり彼が文化人だから政府に用いられたのではなく大蔵大臣である大隈重信と三菱の岩崎弥太郎との密接な関係は特に
有名であり政界、財界にも首を突っ込んでいて常に支配者側としての政府広報の役割をしていて決して庶民的な文化人ではなかったのです。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 14:15:25 ID:WhUL/x4x0
彼が文明国と賛して模範としたイギリスやフランスはその当時、アジアを次々と植民地化していて日本も実はその中に入っていたのです。
日本史では日本が植民地化されていたとは記さないし、それは古代においても現代においても常に自国の独立を保ってきたと説明され、現代
の日本人は皆そう思っている。果たしてそうなのか。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 15:38:38 ID:zv9Uqh1s0
ナベツネ根来を旧体制の悪者にして親米化を

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 19:18:18 ID:WhUL/x4x0
つまり皆の衆。日本人はごらんの通り皆白雉なんでおりますな。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 05:29:29 ID:sddZQ2y9O
平成のばかやろー解散が見たかった

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 21:20:17 ID:4yU8Yfi+O
てか脱税犯罪者がいうなよ、て逆効果抜群

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 21:52:29 ID:5MzfhS5s0
「小泉は狙撃されてもいい男だ」の発言で、まるで暗殺をそそのかす様な言葉を使ったよネ。
あの反省はどうなんですか?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 22:06:16 ID:QI3VWpLl0
拉致問題への取り組み・尖閣諸島への上陸・憲法改正等先生の
取り組む姿勢はおおいに評価するが民社党にいたことは良くなかった。
どちらかと言えば自民党の政策に近い。今後も期待しています。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 22:56:04 ID:n4L9yCjP0
小泉狙撃発言した男を自民党が入党させるわけがない。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 10:11:53 ID:2ccfXCmi0
小泉首相が「(郵政民営化は)殺されてもやる」って言ったからな。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 10:21:33 ID:DHYu2wZS0
時事通信
ttp://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=223

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 12:00:40 ID:tfceDZyK0
http://www.emaga.com/info/shingo.html

25 :ヒロシです:2006/04/29(土) 18:37:35 ID:QoFx2Ra80
G0
          ミミ ヽヽヽヽリリノノノノノ
         ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、  彡
          l i''"       "''i 彡
   / ̄\  | 」   ⌒' '⌒  ||
  , ┤    ト、r-/   <・>  <・>  ヽ|   お久しぶり♪
 l  \__/  ヽ   ノ ( 、_, ) ヽ  |6)
 |  ___)( ̄  | ノ 、__!!_.、  |
 |  __)  ヽ.ノ    .ヽニニソ    l
 ヽ、__)_,ノ ヽ          ノ`ヽ、


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 19:11:48 ID:UdIQ2YOw0
西村の不幸は自民党草創期の思想を持ちながら反自民党というポジションに自分を置いたこと
同じことは民主党の中道右派の奴らにも言える

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 19:18:18 ID:ME8rXshj0
>>18
犯罪者でも国民のために素晴らしい活躍が期待できるのだ!

28 :竹部の息子、弟でした:2006/04/30(日) 10:55:57 ID:WiqHefBM0
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1136334901/l50

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 11:22:44 ID:stZMirvw0
甲子園文化を壊すためにアメリカ政府は阪神つぶしを行う
ナベツネを悪役にしたてあげる

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 11:55:14 ID:s6hWjt880
常識の男 西村眞吾 極めて理路整然、
政治家として、信念の発言、、
しかし、次の選挙には無理だろうなあ、、
惜しい政治家、ショーモナイことで、、、
はめられたんやろか?
http://blogs.yahoo.co.jp/lonelycowboy0721/26397597.html

31 :イルパン ◆OqpVcmXhCY :2006/05/17(水) 21:32:11 ID:9makpRfc0


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 22:55:09 ID:KqnT31wL0
タカ派狩り

33 :右翼:2006/05/18(木) 21:48:25 ID:E9tb5doj0
石原と平沼といっしょに保守系の新党を作るべきだ。

34 :平成の被差別民:2006/05/22(月) 00:55:58 ID:+CxPIPF10
■「ダビンチコード」国家ニッポン■
ローマがキリスト教を国教と定めた事が、次の事態を招いた。
新約聖書から、人間キリストの姿を失わせた。
社会の統制の道具となり、「長い暗黒の時代」を作った。

近代的信仰と、国家の融合が「暗黒の時代」を作った例としては、
大戦を引き起こした諸々の思考であり、大戦後は、共産主義信仰
だった。カルト教団の95年の事件も同一の性質をもっている。

個の存在を踏みにじる、国家による信仰の「独占」がその弊害と
しての「暗黒の時代」を作り出したのである。

統治機構は、その性質上「独占的」である。
故に「独禁法」が禁じる不公正な取引が、常に統治者と構成員との
間に成立しやすい。

そこで、多くの先人達は、その血によって、統治機構の「独占」を排除
してきた。それが民主主義・自由・博愛の意味である。本質である。

その立場で「国を愛する」の意味を問いたい。
我々は「独占的地位を乱用する国家」を愛するのか、愛すことを強要されるのか
我々は「独占状態を規制した国家」を愛するのか、愛すことを強要されるのか

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 21:59:49 ID:CPz0x5qfO
国家は政府だけで出来てるもんとちがうぞ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 03:16:56 ID:r8deRjrC0
325 名前:名無しって何ですか?:2005/12/27(火) 07:14:19 ID:YevwbuuZ
       ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |)
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい。

※注 これは自分の知っている範囲の竹石圭佑の情報であり、全てではないと思われ。



37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 03:15:29 ID:MLeuNHxF0
極右。

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)