5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『ユダヤ人虐殺は神話』・・・イランのアフマディネジャド大統領

1 :rowψ ★:2005/12/14(水) 21:07:50 ID:???0 ?###
「(欧州は)ユダヤ人が大虐殺されたという神話を作り出した」
と述べ、改めてナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人虐殺)の事実に疑問を呈した

「欧州か米国、カナダ、アラスカの一部を与え、(ユダヤ人は)そこに建国すればよい」
とも語り、イスラエルは移転すべきだとの“自説”を強調した。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20051214i313.htm

190 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/16(金) 23:07:38 ID:GzFhtnZl0
>>189
逮捕か?

否定したのがイスラエル人でも逮捕されるのか?

191 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/16(金) 23:11:35 ID:Utr9BBSz0
>>189
ありえね〜

192 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/16(金) 23:13:59 ID:g0eX1xaa0
新しい国ができた人口はわずか15人
しかも全員センスの悪い単車乗りばかり

193 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/16(金) 23:25:16 ID:OnT3C6U90
南極に住めばいい

194 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 00:11:04 ID:8hokrEpi0
>>171
ヒトラーの予言 究極予言 でググる
どっかの国とダブルだろう?

195 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 00:33:16 ID:7GVDeYuCO
アメリカのユダヤ人に金を出させて、満州にユダヤ人国家を作るって話があったな。その名も「フグ計画」。毒を除けば美味いからだって。実現してれば日米の戦争も回避出来たし、パレスチナは平和だったかもね。

196 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 00:36:45 ID:6+eQQgnp0
シナと戦争。

197 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 00:41:44 ID:kmohS8fO0
>>196
シナがいまの中東の立場になるのか
最高だなwww

198 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 00:43:07 ID:Ux63qi9c0
はやく台湾に侵攻してくれないかな中国。そしたら大義名分ができるのにな戦争の。

199 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 00:48:40 ID:kmohS8fO0
>>198
台湾人がかわいそうだ

200 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 01:08:22 ID:xddkojDf0
満州にユダヤ人国家が誕生してたら、楽しい世の中だっただろうな…

201 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 01:15:00 ID:gXzPzwo10
 日本は戦中に大量のユダヤ人移民を受け入れる計画があった。
それをやっていれば今頃日本はかなりの大国になってただろうな。
朝鮮人の好き勝手もできかっただろうし

202 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 01:20:35 ID:Ux63qi9c0
その代わりいつの間にか神道も仏教も廃されてユダヤ教国家になってたかもな

203 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 01:31:20 ID:9Ne3tLxf0
日本人は秋田県と大阪府の自治区に閉じ込められ、授業中の小学校にユダヤ兵が銃撃して
女生徒が殺されたり日本人政治家が攻撃ヘリからミサイル射ち込まれて爆死したりが日常
茶飯事になります。

204 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 01:32:42 ID:gXzPzwo10
>>203
妄想が酷いな。
アメリカやヨーロッパ見てみろ。

205 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 02:01:10 ID:RQkyRxBW0
カバヤ ジュ〜死〜♪

206 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 02:16:14 ID:8PT/R7OaO
あの鉄道王に満鉄の共同利権を認めてたらどうなってただろうな
ユダヤ人を満州に受け入れ五族同和だっけ?あれやってたら…
支那もソも、うかつに手を出せないし安全保障上、緩衝地帯の為の領土拡大は米国は目をつぶったのだろうか?
共産主義者もいたが支那に経済的な夢見た米国人や軍を含めたユダヤ系政府要人などはどうでたんだろうな

207 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 02:23:04 ID:KZbYuOj70
メガバン潰して
ユダ公に任せたいぐらいだけどな。

ホロコーストはでっちあげだけど。

208 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 02:35:28 ID:7GVDeYuCO
>>200 白系ロシア人とユダヤ人の対立を関東軍の盾として使うつもりだったのかもね。んで、中央アジアに進行するとか…

209 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 04:25:20 ID:pH6F6XVb0
ホロコースト

210 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 08:06:41 ID:6+eQQgnp0
>>206
満州で民族紛争。

211 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 10:31:22 ID:UwuN29580
>>194
予言はあまり信じないクチだが、あれには驚いたよ・・・
罪無き人々を虐殺した事と軍事に関して無能だったことを除けば、彼は間違いなく天才だった

罪無き人たちを虐殺しなければカエサルやナポレオンに匹敵する男だったんじゃないかな

212 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 14:32:51 ID:Ux63qi9c0
カエサルやナポレオンって・・・・
お前は一度「英雄」の意味を考え直したほうがいいな。
タクティクスオウガとかファイアーエムブレムシリーズを、ゲームだがやってみろ。
そのゲームの中でも散々言っている。「英雄とは自分でそう名乗るのではなく後から人々が彼をそう呼ぶのだ」
とか「英雄とは人々が必要としているからこそ勝手にイメージで作り上げられるのだ」とも、いいコトいってるぞ。

いいか?いまでもトランシルヴァニア地方今で言うルーマニアの人々は敵から国を救ってくれたと
ドラキュラ公ブラド・ツェペシュを英雄と読んでる。散々敵の兵士を串刺しにしといてだ。

そう考えるとな?非常に当事国国民にとっての主観的な見方での英雄像なんだよ歴史の英雄たちなんてさ。
アーサー王しかりアレキサンダー王しかりチンギスハーンしかりジュリアス・シーザーもナポレオン・ボナパルトも
アドルフ・ヒトラーもな。罪もない人々を本当に彼らは一人も殺さなかったとどうして言える?

213 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 14:35:12 ID:jyqCibcy0
>>212

まったくその通りだ。
でもな。

カエサルは死んで暦を残した。(ユリウス歴)
ナポレオンは死んで法律を残した(ナポレオン法典)

ヒトラーは一体何を残したかってことだ。
カブトムシとアウトバーンを残したのは認めないわけにいかんけど。

214 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 14:38:38 ID:CjidRsqt0
>>213
ティーガー

215 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 14:41:32 ID:bzmjy2Et0
花の慶次で猿の格好をした慶次が秀吉に尻を見せるシーンをふと思い出した

216 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 14:41:44 ID:bstZaD1a0
来年はイヌ年か。

さて狂牛買ってるアメリカのイヌポチ=小泉の顔でも年賀状に使うか。

てか官邸宛に出したらどうなんのかな。

217 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 14:50:02 ID:C5MFxKNg0
>>211
…とりあえず

http://www.h7.dion.ne.jp/~sankon/2ch/history/index01.htm

伍長閣下とカエサルは、個人的能力があまりにも違いすぎる
カエサルはスーパー曹操みたいなもん
伍長閣下の戦術とナポレオンの戦術も天と地の差

218 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 15:06:37 ID:Ux63qi9c0
そういやあナポレオンもヒトラーもいわばどちらもイギリスに負けたようなものだな。
厳密にはイギリス一カ国ではないけど。
政治家強しかな。
カエサルにしてもナポレオンいしてもヒトラーにしても政治面ではいい統治者だったとは言えまい?
軍人は所詮軍人か。政には向かんな。

219 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 15:08:28 ID:tq7fx+ZfO
ゲームの台詞に素直に感動できる>>212君の感性をみんなも見習いましょう

220 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 15:14:48 ID:Vlx6/C3F0
南京が実際あったと見せかけないと、ホロコーストも真実味がないからね。
誰が得をするか? 南京→中(ry ホロコースト→ユ(ry
嘘が本当にあったようなでっちあげになるなんて世界中が騙されてるお。


221 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 17:11:27 ID:gzFqt/sT0
>>212
何を言っているか不明

>>211
いずれにしても、技術の進歩(ミサイルやジェット等の兵器、WWW、ロボット)を予見し、
現代日本が抱える諸問題(少子化、ニート、BSE)や
国際情勢(イスラエル建国とアラブ諸国の対立、東西冷戦、壁の崩壊)
を的確に予測したのは驚くばかり

222 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 17:30:17 ID:Ux63qi9c0
独裁者・犯罪者・殺戮者を英雄視して称えるなってことだよ。
なんで読み取れないの?
予言したってことはいいよ事実なら。それをすぐに天才とか言っちゃうのはどうなんだよ。
俺にとってはナポレオンもヒトラーもただの侵略者でしかない。

虐殺者を崇拝するような奴はみんな潜在的アナーキストだ。

223 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 17:39:17 ID:iSKF39FA0
イランの大統領や最高指導者の自爆発言の連続で、事態はブッシュの思う壺になりつつある。
アメリカがイランがアルカイダをかくまっていると言ってイランを攻撃しても、もはや誰も非難しないだろう。



224 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 17:41:57 ID:jyqCibcy0
>>222

英雄とは、独裁者にして犯罪者にして殺戮者であって
世の多数の隠された欲望を代わりに実行してくれた奴のことだ。

フランス人はフランスがかつてヨーロッパの首座を占めていた時代の回復を願った。
そこにナポレオンが現れてフランスをヨーロッパの首座につけた。

ローマの平民はうち続く戦乱で没落した自分たちの苦労が埋め合わされることを望んだ。
そこにカエサルが現れてローマ市民にパンと娯楽を与えた。

ドイツ人は、だまし討ち同然のやり方でヴェルサイユ条約を押しつけられたことに対して
復讐することを願った。
そこにヒトラーが現れてヴェルサイユ条約を踏みにじりドイツをヨーロッパ唯一の一等国にした。

そういうこった。

225 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 19:20:36 ID:xddkojDf0
ヒトラーってキリスト教圏でいえば、ルシファーみたいな存在だったんじゃないの?

天才なんだけど、悪魔的な天才というか、
そういう存在だったような気がする。


226 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 19:22:16 ID:jyqCibcy0
>>225

インド神話で言うシヴァが近いのかもな。
古い、人種差別と自己満足のスノッブに満ちた
ヨーロッパを完全なまでに破壊し尽くしたわけだ。

227 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 19:22:42 ID:n3lYvf/S0
世の中、捏造だらけ

228 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 21:56:48 ID:Ux63qi9c0
>>224
だから、それは
フランス人にとって
ローマ人にとって
ドイツ人にとって
は英雄だったんだろう。
他の国とくに敵対してた国からも彼らは「英雄」と呼ばれてるのか?歴史を語る側が同国人か他国人かで評価なんて変わる。
世界で同一になることなんてありえない。
だからあなたの言うように世の「英雄」はすべて善者と悪者の二面性を持っていると言えるわけだが・・・・

いくら日本がドイツと同盟組んでたからってヒトラー万歳と日本人が公然と唱えるのはどうなんだよ。
211 名前:番組の途中ですが名無しです sage 投稿日:2005/12/17(土) 10:31:22 ID:UwuN29580
>>194
予言はあまり信じないクチだが、あれには驚いたよ・・・
罪無き人々を虐殺した事と軍事に関して無能だったことを除けば、彼は間違いなく天才だった
罪無き人たちを虐殺しなければカエサルやナポレオンに匹敵する男だったんじゃないかな

除けばというのがおかしい。除いたらヒトラーはただの世を惑わす詐欺師でしかなかった。
冷酷な統治者でかつ敗戦者だった一面あってこそ発言に信憑性が生まれてはじめて天才と呼べる存在になったのだ。
罪無き人を〜→カエサルヤナポレオンは罪ある人のみ殺してたのか?俺はヒトラー=カエサル=ナポレオンだと思ってるが。

229 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 21:58:38 ID:DmC5BeBy0
>>228

客観的に見るなら、神に挑む奴は、誰でも英雄なのさ。

230 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 22:07:10 ID:ezi2sQ5b0
まあどこかの民族が、力で「言論弾圧」するんじゃなくて、
賛否両論、暴力を使わず、自由に議論するのはいいことだよな。

231 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 22:11:04 ID:QJCsS0y10
サイモン・ウィーザンタールなんか実際ナチスとかわらんよ

232 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 22:19:48 ID:K6uv4czY0
次はイラン攻撃が近いってことか

233 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 23:22:00 ID:UqdJIyIB0
イランは前の大戦はイギリスかどっかの指導の下でロンメル将軍と対峙したんだっけ。
そりゃ、イスラエルが直接文句言うなら分かるが、イスラエル捨ててアメリカでデカい顔
してるホロコースト利権の団体と、それにいいように従うアメリカにデカい顔されたかないだろ。

234 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 23:23:05 ID:bFtg646O0
東南アジアのトップもユダヤ批判してたような
批判してる方にもデカイ組織がついてたりするからこんな事言えるんかな

235 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/17(土) 23:40:41 ID:BIVxAV680
>>228
ようは「英雄」なんていうのはいないって言いたいのか?

236 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/18(日) 00:01:53 ID:6hW1k4FF0
日本で支那人、韓国朝鮮人への批判本や
南京大虐殺はなかったという本や記事が出ても
出版禁止や廃刊、発売禁止・回収になることはないが
日本国内でもユダヤ人批判なら簡単にそれが起きる

その上ドイツでは否定すると逮捕される


日本に圧力をかける
シオニスト組織「SWC」
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html
第1章 “ナチ・ハンター”の異名を持つ
シモン・ヴィーゼンタール
第2章 「マルコポーロ廃刊事件」後に
開かれた極秘セミナーの実態
第3章 「SWC」に全面謝罪した
『週刊ポスト』とテレビ朝日
第4章 「SWC」と「創価学会」の連携
第5章 「SWC」とアイリス・チャン
第6章 親中反日路線を強めつつある「

237 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/18(日) 00:12:44 ID:VH439HZu0
>>233

イランは前の大戦でイギリスとロシアに侵略されてしまった。
その後アメリカに押しつけられてパーレビ王朝が出来た。

イギリスもアメリカもロシアも全部イランにしてみれば敵なんだよ。

238 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/18(日) 00:18:58 ID:fzlr/H1u0
前にNHKでスイス時計の番組見てたら
時計職人の集落としてジュー渓谷とか言う知名が出て来た。
笑った。たぶんユダヤとは関係ないんだろうけど。
ていうか時計メーカーが集まる有名な土地なんだよね。

239 :番組の途中ですが名無しです:2005/12/18(日) 00:54:38 ID:ieEts9gp0
>>134
こいつ、みっともないな

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)