5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】"BSE" 狂牛病に似た症状の女性死亡…感染牛発見された米ワシントン州

1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @擬古牛φ ★:04/08/21 16:39 ID:???
★米シアトルでBSEに似た症状の女性死亡

・BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)に似た脳組織の異常と痴呆症状を引き起こし、
 米ワシントン州シアトルの病院で治療を受けていた女性が最近死亡していた
 ことが20日、明らかになった。シアトル・タイムズ紙が報じた。

 同紙によると、女性は60歳未満で州外在住。家族の要望でほかの詳しい
 情報は明らかにされていない。

 病院の簡易検査では、BSE感染牛を食べた人が発病する新型
 クロイツフェルト・ヤコブ病ではないとの結果が出たが、BSEに似た発病の
 仕組みを持つ別の脳疾患の疑いがある。院内では完全な判定ができ
 ないため、州保健当局では女性の脳組織をオハイオ州の国立検査機関に
 送って確定検査を実施する方針だという。

 BSEやヤコブ病はプリオンという病原体の感染で発病し、女性の症状は
 病名は特定できないものの、何らかのプリオン病である可能性が高いと
 見られている。ワシントン州では昨年12月に全米一例目のBSE感染牛が
 発見された。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040821-00000502-yom-int

2 :トコノイタンハ ◆WfuO0J/v7s :04/08/21 16:39 ID:4Qhnzf7V
2

3 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:39 ID:42wVETSn
2じゃぼけぇ〜〜〜〜

4 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:39 ID:5uXLJkYT
222

5 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:40 ID:uhcU70W0
5

6 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:41 ID:42wVETSn
('A`)

7 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:42 ID:OcgZZPvJ
全頭検査しる

8 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:42 ID:oKYsgTXJ
吉野家・・・・

9 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:45 ID:E62E04Kc
絶対認めないんだろうな。吉野屋どうすんだ?もう、いいかげんに珍メニューの開発止めたら?

10 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:46 ID:Hcs1nSGg
もうアメリカ産の人肉は、食えない

11 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:46 ID:WxPoyTuI
あれだけ牛食ってる米国でこんなもんで済むはずないんだけどなぁ。
アルツハイマーとかって診断されてBSEとは無関係ってことで
処理されてるんかしら。

12 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:47 ID:+yRoLo4v
牛くわないからかんけいね( ゚,_ゝ゚)

13 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:48 ID:cxxyRWvC
2ゲットするにしても数字だけ書き込みするやつ見ると腹立ってくる。
どうせリアルでもつまらない人間じゃないかと思う。
その点、>>3 は2ゲトできなかったけど個性があっていいとおもう。
俺的には >>3 が真の2ゲッター。

14 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:48 ID:v6Mz9cwV
きっと氷山の一角に過ぎないね。

15 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:51 ID:/7/Ovdjd
狂牛に似た女性

16 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:51 ID:YSWFtpGV
>7
アメリカは全頭検査しても良いって言ってるよ。
ただ、かかる費用は全額日本持ちでって。
でも日本側が費用はアメリカが持てって言って、話し合いがつかないだけ
アメリカ側が全頭検査は嫌だって駄々をこねてると思ったら大間違い

17 :多分においおい:04/08/21 16:52 ID:0AOMsiQm

 >>16
 アホっすね。
 ならば未来永劫、アメから輸入しなければ
 もーまんたい。


18 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:55 ID:YSWFtpGV
>>18
アフォ発見w
だからオーストラリアから輸入するとか話も出てるだろw

19 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:55 ID:CiUJD985
たぶん俺も感染してる

20 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:56 ID:HzMLKWpH
このまえNHKの番組みたら、ゼントウ検査は意味無いと思った。
危険部位の除去に金を回したほうがいい。

21 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:56 ID:cxxyRWvC
>>18
すばらしい…まさに自我との対話…

22 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:56 ID:GZb1+FtJ
別に輸入とまってる今だって、そんな困らんのだし
アメリカが全頭検査をすべて自腹でやらんかぎりは認めなくていいよ。
アメリカをあまやかすな。またやるぞこいつら。困るのはアメリカの方なんだから。

23 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:57 ID:ULUkeJhO
>>16
んじゃ亜米利加からの輸入再開をやめりゃいいじゃん。
吉牛食えんのがきついが・・・
お互いの利益が一致せんようじゃNG!

一方は「危険な肉はイラン!」
もう一方は「肉欲しかったら勝手にそっち持ちで検査したら?」

こんなやり取り聞いてたら「じゃ、取引はなしね」
って結論になると思うが・・・

おまいらはどう思ふ?

24 :名無しさん@5周年:04/08/21 16:59 ID:Wj+913bi
>>18
ドッペルゲンガーのようなもの発見

25 :多分においおい:04/08/21 17:00 ID:0AOMsiQm

 >>18
 どうしちゃったんすか…。


26 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:02 ID:ohiUnxB7


     >>18は真のアホ



27 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:02 ID:R5lNtCdZ
うわ、これはヤバイ。

28 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:03 ID:qn4gsmwU
本物の馬鹿なのかお前らは?

商売でやってるんだから、出荷に必要な費用が最終的に消費者に
負担が行くのは当たり前のハナシだろうが。それで国際競争力が
低下して業者が不利益を被るなら、利益率を下げるだけだろうが。

>>16みたいな馬鹿に簡単に踊らされるなよ、真性かと思われるぞ。

29 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:04 ID:O91WcyS/
あまり騒ぐなよ。何食べたって死ぬときは死ぬし、日米の摩擦を起こして得を
するのは中朝だよ。ここではグッとした態度で日本は米国との絆を優先するべき。

30 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:08 ID:ULUkeJhO
>>29
またまた痛い香具師ハッケソw
もう寝てろよ!おまいは!


31 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:08 ID:NmaY0pcD
>>11 そうだよ。アメリカではアルツハイマーが400万人いるらしいよ。
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/232.html

 同団体が「すでに狂牛病が発生している」とする根拠の一つが、アルツハイマー
病の多発だ。アルツハイマーはエイズに次ぐアメリカの悲劇といえる。アメリカ国内
のアルツハイマー患者は、なんと400万人を超える。

  ところが、その症状はヤコブ病にきわめて酷似している。「震え」「記憶障害」
「運動失調」・・・など。アルツハイマー患者も、やはり脳が崩壊していく症状を見
せるが、狂牛病にソックリだ。脳の大きさや重量が半分まで縮んで痴呆症は重症化し、
衰弱死していく。「アメリカ国内では、ヤコブ病が年配者を中心に多発しているのに、
それがアルツハイマー病に症状が似ているので、アルツハイマーと誤診された例が相
当数にのぼる」というアース・アイランドの主張は的を射ていると思う。



32 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:08 ID:Izo4UIW8
>>16
アメリカは全頭検査しても良いって言ってるよ。
ただ、牛丼(並)の値段が400円になるって。
でも2ちゃんねらーが牛丼は280円!って言って、話し合いがつかないだけ
アメリカ側が全頭検査は嫌だって駄々をこねてると思ったら大間違い

33 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:11 ID:NmaY0pcD
http://hobby.2log.net/zk1/archives/blog460.html
 アメリカではアルツハイマー病、あるいは痴呆症と診断される人は年間400万人にのぼるが、
複数研究機関の合同研究でこのうちの3〜13パーセントが実際はヤコブ病であったことが判明している。
ということは、少なく見積もっても12万人がヤコブ病の公式統計に含まれていない可能性があるのだ。 
「私はすでにアメリカ中にBSEが蔓延していて、死者が多発しているのを必死に隠していると思っています」
(前出・ジャネット)



34 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:12 ID:+yRoLo4v
肉を毎日たべるようになったのはここ最近。
変な病気が増えてきたのもここ最近。

35 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:13 ID:sFUQt8qY
生検…じゃない死んでるから剖検か。
騒ぐのは脳の病理標本出てからにしたほうがよさげ。

36 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:13 ID:KdAHVp6t
吉野屋牛丼また遠のいたの?

37 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:14 ID:OcgZZPvJ
              _,,,,,,,,,,,,_ 
            /       \   
           ノ  ノノハヽ\  ヽ 
          ノ /⌒     ⌒:\ ゝ
         ( .|=[二])=([二]、=:| )  +
         ノ |"" ,,ノ(、_, )ヽ、,,"`.::| ヽ  もうアメリカ産牛なしでもやっていけるんじゃないかね
         ( .|   ´トェェェイ` ..:::::::| )  +
          ノ \  `ニニ´  .:::::/ (      +
        ,,......イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、. 
         :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
             |  \/゙(__)\,|  i |
             >   ヽ. ハ  |   ||

38 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:15 ID:/IZt+68V
結構、牛丼食べなくてもどうにかなるもんだな。
今年になってまだ食ってないけれど。

39 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:17 ID:NmaY0pcD
アメリカでは既に狂牛病で10万人以上が死んでいる。
日本国内でも入院患者多数、アルツハイマー、若年痴呆はBSEを疑え。

厚生省hp記事
http://www.forth.go.jp/hpro/bin/hb2141.cgi?key=20040203%2D0060
エール大学神経病理学科外科部門の研究チームの検討を含め複数の研究で、
剖検によりアルツハイマー病あるいは痴呆症と診断されていた患者の3〜
13%が実際はクロイツフェルト・ヤコブ病に罹患していたことが判明した
としている。米国では毎年アルツハイマー病と診断される患者が400万人、
痴呆症患者は数十万人が発生していることから、最も少なく見積もって
12000人以上のクロイツフェルト・ヤコブ病患者が検出されず、公式統計
に含まれない可能性がある。
実際、アルツハイマー病と診断された死亡患者数は1979年には857例で
あったものが、2000年には50倍以上の5万例近くとなった。




40 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:17 ID:LI1KWs0+
アメリカの牛の解体はオートメーションだから、危険部位を取り除けません。
日本の解体は手作業で時間はかかるが、まだ安全。

41 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:19 ID:jxTpa/QC
アルツハイマーとの誤診云々言うけど、実際は老人しかかからないアルツハイマーの
中に一定量の若者もかかるヤコブ病がまぎれるのは困難だと思うが。
老人しか肉食わないなら別だが、10歳で食べて発病が20歳なら、アルツハイマーと
間違いようが無い。

42 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:21 ID:NmaY0pcD
週刊文春3月25日号 NY郊外でついに狂牛病発症か
 ジャーナリスト 椎名玲氏
http://www.asyura2.com/0403/gm10/msg/136.html

 「弧発型クロイツフェルト・ヤコブ病は集団発生するものではありません。
可能性として考えられるのはBSEの人への感染です。これらの集団発生に関して
アメリカ政府はひとつも調査を行っていないのが現状です」(前出・バガスラー博士)
 アメリカではアルツハイマー病、あるいは痴呆症と診断される人は年間400万人
にのぼるが、複数研究機関の合同研究でこのうちの3〜13パーセントが実際は
ヤコブ病であったことが判明している。ということは、少なく見積もっても
12万人がヤコブ病の公式統計に含まれていない可能性があるのだ。 
「私はすでにアメリカ中にBSEが蔓延していて、死者が多発しているのを
必死に隠していると思っています」(前出・ジャネット)


43 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:23 ID:oPFMaquA
>>18
>>18>>18
>>18>>18>>18


44 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:23 ID:NmaY0pcD
アメリカのBSE患者(vCDJ)は、年間9500名か?(

http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/362.html
以上のことから、荒っぽい計算ですが、アメリカのvCJDの発生数を推測してみると、
(イギリスの人口を5700万人、アメリカの人口を2億6000万人とします)
(散発性CJDが年間100万に5人の割合で高率に発症するとします)
アメリカでの散発性CJDは年間1,300人となります。
そして、医原性と家族性とGSSの合わせた発生率をCJDの10%とすると
12,000×10%=1,200人
この散発性CJDとその他のCJDの合計数を年間CJDの12,000人から引く
と9,500人がvCJD(つまりBSE)でなくなっていることが推測出来ます。


45 :反芻系謎の人 ◆NEWS9yPSk2 @☆ばぐ太☆φ ★:04/08/21 17:32 ID:???
地元紙シアトル・タイムズの記事
◆Patient with mad-cow-like brain ailment dies
http://seattletimes.nwsource.com/html/localnews/2002010596_braindeath20m.html

ABC NEWS
◆Wash. Woman Dies of Mad Cow-Type Disease
http://abcnews.go.com/wire/Living/ap20040820_425.html

46 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:33 ID:XNdWqAx1
アメリカ人は肉肉大好き
日本人が米を食うのと同じような感覚で
肉を食べるからなー


47 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:34 ID:+yRoLo4v
肉なんてたまに食うもんだって。
毎日食べようとするからこういうことになる。

48 :名無しさん@5周年:04/08/21 17:35 ID:bn7iflWT
もう隠蔽できない

49 :ninn:04/08/21 18:16 ID:ik5NlZJw
人間は「絶対」狂牛病にはかからないから安心汁

50 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:18 ID:HAf5cp4e
汚染された肉食って、すぐに横になっても大丈夫か?

51 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:20 ID:+yRoLo4v
>>49
狂牛病とヤコブ病の違いを教えてください。

52 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:22 ID:TrBiN0xG
以下、

  キタ━━(゚∀゚)━━ヨ

  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

  キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

  ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!   が頻発する悪寒


53 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:23 ID:ik5NlZJw
>>51
呼称・・・ 書いてて分からんかったの? 字が違うでしょ。

54 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:24 ID:TrBiN0xG
>>51
牛の病気が  狂牛病
それが人間に感染すると  ヤコブ病

病気の原因となるプリオンは同じもの  といわれる

55 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:26 ID:+yRoLo4v
>>53
ヤコブ病様の症状の病気になる可能性はあるだろってこと。

56 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:26 ID:FrWE2QGF
ワシントン州みたいな政治の中枢のあるところで
狂牛病とは、アメリカも大変だねえ

57 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:27 ID:tJ5O7rTU
プリンの業界団体はプリン体とプリオンに謝罪と賠償を求めるべき。
あとカラメル増やせ。高級プリンほど上品ぶってカラメルを減らす傾向にある。
甘さを抑えればイイってもんじゃないぞ。ジャンボプッチンプリンの品のない
カラメルの量を見習えってんだ馬鹿野郎。

58 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:28 ID:+yRoLo4v
>>54
もう、=ヤコブ病になったんだ?知らんかった。

59 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:31 ID:cJRscpU7

オ−ラル何とかの、やりすぎだろ?

60 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:33 ID:w3ZfCkca
狂牛病の原因って、食べると少しずつ溜まっていくの?
それとも感染牛を食べると一気に感染⇒狂牛病潜伏するの?

61 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:33 ID:KKKDG81o
      _,. -−─−-- 、_
     ,. '´  _ -−ニ二二`ヽ、
    /   /  _,.−'⌒ヽ,ノ``'ミ,、
  ,.'   /  /  ,,イ゙\ /入、ヾ,
. /  / // -‐''"_ ヽ l l′/`_''l}
 '  / ,.イii/ /∠´ `ヾ' l lレ''´ ヾ
   / ,.' ii/u i{,_,,  ゚ }! l li{,_,. ゚ }
.  / /ii i/u uヾく,_,ノ′ l lゞi-rイ
 ,' /-、 i| u    ' ' ` ,__〉〉  |
.  /l 「ヾ'i|   ,.r‐     `'U'U_,ィ}|
 / | ー}.l| /,r 'T"丁 ̄| ̄ | l|'|
 }i iト、}( l! ,イ  |__, ⊥ _|__,l|.ト、
 `i iiiハ `| i l_/       _,ノノ|| \
.  }iij. |. l |Y/      ‐┴''" ||\ \     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゙l!  | l|. 仁   _,__      ||  \ \  < ひでぶーーーーーーー!
  /   | |l lニレ'´     `ヾ'、  ||   \ \  \________________________
  /   |. |ヽ 「]、       ヾ>、||     \
/   .|  |. ヽ`「ヽ        }H|\
      |  |  ヽ`「ヽ、、,__,,ノj‐||  ` ー─
   u  |   |  \`'〔`'T''''''T´ ,ノ|
      |   |    \ ` ̄ ̄ ̄ /
       |    |    `−──‐

62 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:34 ID:1ws77Jtm
アメ牛の政治圧力に屈するんじゃねえぞ>厚生労働省。ふんばれ

63 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:34 ID:N/IdKnBp
>>56
餌が掛かってねーぞゴルァ!

64 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:34 ID:PNQKJJD9
日本で全頭検査やっても良いが、仮に一頭でも陽性反応出たら全額補填する
ってのじゃないと米国の言い分はおかしい

65 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:37 ID:6PkljBFz
ヤコブ病の一番恐ろしいところは
意識は全く問題無く鮮明なくせに
身体が徐々に動かなくなっていき
最後の死ぬ瞬間まで意識があるって事だよ。

意識混濁とか訳判らなくなって死ぬ方が楽だ。

66 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:39 ID:ik5NlZJw
>>58
藻前のほうが詳しそうだな。
狂牛病のプリオンが感染源と推測されるヤコブ病を、新変異型ヤコブ病として区別しているらいしぞ。
経口摂取による感染も疑われているから、大騒ぎになった。

67 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:41 ID:6BXrBsDk






  ノノハヽヽ
  ( ´ Д `) 重症急性呼吸器症候群(SARS)が発見された中国で、
  つ⌒/⌒O    カゼをこじらせて老女死亡って記事と同じようなもんか?
 ̄ ̄⌒ .⌒ ̄ ̄ ̄\

68 :名無しさん@5周年:04/08/21 18:49 ID:6PkljBFz
>>60
一度変質プリオンが身体に入ると
たった1個でも細胞内に入れば
隣接したRNAが変質プリオンを元にして
変質プリオンを作り出す。
元の正常なプリオンを忘れてしまうんだ。
一度忘れたRNAはその後ずっと変質プリオンを作り続ける。
作られた変質プリオンはまだ正常なRNAを汚染して
どんどん変質プリオンだけを作るRNAにしていく。
一度変質プリオンに触れると、2度と正常なプリオンは作れなくなる。
脳細胞で多く見付かるのは、一度死滅すると復活しない細胞だから。
復活する他の部分の細胞でも同じ様な事が行われているんだが
変質プリオンによって細胞が死んで、死んだ細胞が排出されて
新しい細胞になる為に見付かり難いだけ。
そう考えると、一度感染した個体は全身が凶器だとも思えるんだが
脳等の箇所に入る前に排出されればラッキー。
脳内に残るとずっと変質プリオンを作り続けるからアウトだろうなぁ…
肉が売れなくなるから、あの国は絶対にそうとは言わないだろうけど…
>>66
ちなみに実験ではヒツジに、たった50mgの感染した脳を食わせたら
100%感染するそうだ。
人間は何%なんだろうな?、アメリカで実験中か?

69 :名無しさん@5周年:04/08/21 19:07 ID:ik5NlZJw
>>68
また、感染力や危険性を誇張した書き込みが・・・・
そもそも、狂牛病の病原や感染源は解明されてない。(プリオンが感染源であると断定されていない)
今の段階では、可能性が指摘されているに過ぎないぞ。

このまま亜米利加で、何も対応せずに狂牛病を蔓延させたら、どの程度のリスクか数値がはじき出せるね。

70 :名無しさん@5周年:04/08/21 19:13 ID:+yRoLo4v
>>66
>>44にあるvCDJだな。
人間はウシと違って発症時期が未特定だからな。

>>65
ヨハネの黙示禄9章にあるアバドン 
>>5 しかし、人間を殺すことは許されず、ただ五か月の間苦しめることだけが許された。
その与えた苦痛は、さそりが人を刺したときのような苦痛であった。
6 その期間には、人々は死を求めるが、どうしても見いだせず、死を願うが、
死が彼らから逃げて行くのである。

なんとなく似ていてコワイ。でも一番こわいところは、
人間はウシと違って発症時期が未特定というところにある。
今まで見つかった症例が例外的に発症時期が早い遺伝子タイプの極めて
特殊な例だとすると、後何年かして爆発的に患者が増えることに
なるかもしれないというところなんだよね。

>>69
感染源が(人間で)特定されるころには既に遅いということいえる…

71 :名無しさん@5周年:04/08/21 19:25 ID:QjJhCV6P
アメリカの首都があると思ってるんだろうな。

56 :名無しさん@5周年 :04/08/21 18:26 ID:FrWE2QGF
ワシントン州みたいな政治の中枢のあるところで
狂牛病とは、アメリカも大変だねえ

72 :名無しさん@5周年:04/08/21 19:25 ID:5nXjBu7w
>>56
どーでもいいけど・・・一応
ワシントン州とワシントンD.C.は違いまっせ。
ワシントンD.C.は東海岸、ワシントン州は西海岸でシアトルなんかがある。

73 :名無しさん@5周年:04/08/21 19:32 ID:JX/N0inf
おれは>>68を信じるぞ!!

74 :名無しさん@5周年:04/08/21 19:35 ID:+yRoLo4v
>>73
信じるも何も事実だし…社会不安をいたずらに煽ることになるから
報道を自粛しているだけだろ。

75 :名無しさん@5周年:04/08/21 19:41 ID:tJ5O7rTU
恥ずかしながら告白すると、俺も漠然とワシントン州=ワシントンDCと思ってた。
ちなみに鳥取と島根の区別も付かない。

76 :名無しさん@5周年:04/08/21 19:41 ID:JX/N0inf
なんか恐ろしくなってきた。牛肉だけは避けようが無いしな。
セブンイレブンの惣菜は殆ど牛が使ってあるし、インスタント食品にも
あれやこれや牛成分が使ってあるし、近所にハンバーガー屋があって
友人がそこで土産を買ってくるし・・鬱だ詩嚢。

77 :名無しさん@5周年:04/08/21 19:41 ID:QjJhCV6P
イギリスの肉屋が2軒しかない村で患者が出たが
同じ肉を食べた家族、同級生、友人は発症してない。

78 :名無しさん@5周年:04/08/21 19:43 ID:v6Mz9cwV
そんなリスクを犯してまで、なんで牛丼食わないといけないんだ、
っつー簡単な話だよな。
オーストラリア産でいいんだよ。無理にアメリカ産輸入する必要ない。

79 :名無しさん@5周年:04/08/21 20:14 ID:6BXrBsDk

  ∧∧
 ( =゚-゚)<前から疑問なんだけど、

      今まで世界で牛肉が原因の「狂牛病」で
      何人死んでるの?


80 :名無しさん@5周年:04/08/21 20:17 ID:nRXtkd0T
全部アルツハイマーということにしておけば問題なし

81 :名無しさん@5周年:04/08/21 20:18 ID:OG+yTlVQ
クロイツフェルト・ヤコペッティ病だな
もう牛なんざ食わんで鯨食っとけ

ぐわー、重金属汚染!

82 :名無しさん@5周年:04/08/21 20:27 ID:uFGyD/oi
>>77
量依存じゃなくて個体によって感受性が違うってこと??

83 : :04/08/21 20:43 ID:+RmZdOKd
牛肉食べなくても何も困らない。

大豆食え、うめ〜ぞw

84 :名無しさん@5周年:04/08/21 20:51 ID:Mvt+m61Z
8/6 英国で狂牛病の脅威が復活――新たな狂牛病のリスクにさらされているのは全人口の約半数!
ttp://www.japan-journals.co.uk/dailynews/040806/news040806_4.html

85 :名無しさん@5周年:04/08/21 20:55 ID:wWZh47vA
動物の脳みそ食うのはチャンコロだけかと思っていたが、
アメさんも牛の脳みそ食うんだよな。ヤバイぜ!

86 :名無しさん@5周年:04/08/21 20:55 ID:Mvt+m61Z
日本で狂牛病死者がではじめるのは2006年頃。2011年がピーク
ttp://www.asyura2.com/2001/mm1017.htm


87 :名無しさん@5周年:04/08/21 20:55 ID:HzMLKWpH
このまえ、こくまろカレーのCMに「牛肉エキスは使用してません」みたいな
メッセージが入ってるのに気づいた。
やっぱ気にしてる人はおおいんだろうね。

88 :名無しさん@5周年:04/08/21 21:02 ID:6BXrBsDk

  ∧∧
 ( =゚-゚)<だから世界で牛肉が原因の「狂牛病」で
      何人死んでるんだよ?


89 :名無しさん@5周年:04/08/21 21:03 ID:Mvt+m61Z
異常プリオンの感染力確認 動物実験で証明と米教授

 【ワシントン29日共同】牛海綿状脳症(BSE)などを引き起こす
タンパク質「異常プリオン」に病原体としての感染力があることを動物
実験で初めて証明した、とスタンリー・プルジナー米カリフォルニア大
教授らの研究チームが30日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 プルジナー教授は異常プリオンの発見で1997年にノーベル医学生
理学賞を受賞。DNAなど遺伝物質を持たない異常プリオンに感染力が
あるかどうかをめぐっては疑問の声もあった。同教授は今回の結果につ
いて「説得力ある証拠だ」と自信を見せている。
 チームはまずマウスの遺伝子を大腸菌に組み込み、正常プリオンを作
らせた。その構造を異常プリオンのように変形させ、普通よりも多く正
常プリオンを持つように遺伝子操作したマウスの脳に注射。約1年後、
脳にBSEに似たスポンジ状の病変が起きた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040730-00000018-kyodo-soci

90 :名無しさん@5周年:04/08/21 21:05 ID:6BXrBsDk
>>89

  ∧∧
 ( =゚-゚)<脳にへんなもん注射すんなよ

91 :名無しさん@5周年:04/08/21 21:08 ID:Mvt+m61Z
BSE 牛、危険部位は腸全体 国際安全基準見直し
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040528-00000032-san-bus_all

92 :名無しさん@5周年:04/08/21 21:13 ID:+yRoLo4v
>>86
実は漏れもウシの平均寿命と人間の閉経年齢から
単純に比例計算でそれくらいになると計算していたんだよね。
さてさてどうなるか。


どうでもいいけど、プルジナー?プルシナー?

93 :名無しさん@5周年:04/08/21 21:22 ID:Mvt+m61Z
狂牛病とCJDとゴミ処理問題
ttp://www.natureasia.com/japan/sciencenews/bionews/article.php?ID=824

94 :名無しさん@5周年:04/08/21 21:30 ID:Mvt+m61Z
異常プリオンが高率で人に感染の疑い

 【ロンドン=飯塚恵子】BSE(牛海綿状脳症=狂牛病)が人に感染した
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の病原体となる「異常プリオン」が、こ
れまで考えられていた以上にはるかに多くの人に感染している疑いがあるこ
とが、英政府が出資した病理学調査で明らかになった。

 ◆英国全体で3800人の可能性

 調査を掲載した21日発行の「病理学ジャーナル」最新号によると、英国
人約1万2700人から摘出した盲腸やへんとう腺を検査した結果、異常プ
リオンが3人から発見された。試算では、英国全体で約3800人が異常プ
リオンに感染している可能性があるという。

 異常プリオンは感染が発見されても、ヤコブ病の発症に直結するとは限ら
ないが、輸血や臓器移植などで知らずに感染が拡大する恐れもあり、専門家
たちは「深刻な結果だ」と分析している。今月発表の英政府の最新統計では、
英国ではヤコブ病が原因とみられる死者が毎年20人前後、累計で計141
人に上っている。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20040522so11.htm


95 :名無しさん@5周年:04/08/21 21:35 ID:Mvt+m61Z
米でヤコブ病?13人死亡、米民主議員が調査要請
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20040408so11.htm

96 :名無しさん@5周年:04/08/21 21:38 ID:Mvt+m61Z
人獣共通感染症連続講座 第71回
プリオン病出現の背景
ttp://www.primate.or.jp/PF/yamanouchi/71.html

97 :名無しさん@5周年:04/08/21 21:41 ID:vyGDt4Cg
>>93
発症に個人差があるということが説明できるかもね。
でも下の段落はむかつく。これだけ読んだら、絶対、勘違いする人
が出てくる。

>>ウシとヒトの間などでプリオン病の感染を起こすのではないかと
疑われてきた異常プリオン(PrPSc)が神経細胞を殺す物質ではない
らしいことを示す証拠は段々に増えつつあるが、
Lindquistらの研究はその証拠をさらに増やしたことになる。

実際、感染要因、機構についてはほとんど分かってないみたいだね。
関係する遺伝子がクローニングされればいいんだけども。人間で。

98 :名無しさん@5周年:04/08/21 22:03 ID:vyGDt4Cg
理系以外の人には現状を把握するのには難しいものがあるね。

大体まとめると、
異常プリオンが原因物質であるという確証はとれていない。
個人差がある。体質的に感染しない人もいるかもしれない。
感染するかは確立論である。特に神経系はやばい。
火を通しても意味ない。
アルツハイマーと関係ありかも。
豚や鳥なども危ないかもしれない。(生物特有の発症時期の問題)
これから発症する人が爆発的に増えるかも。
感染機構などほとんど分かっていない。

以上を加味すると、

かなり深刻な事態であることが分かっても政府はたぶん真相を認めない。
漏れは肉自体の食う量を減らす。もしくは食べない方向に持っていく。

極論すると、風評、科学的観測も含めて自己責任ということ。

99 :名無しさん@5周年:04/08/21 22:09 ID:qVOkGHVC
フラフラしてる牛は日本に輸出してたのに、
日本人が買わないからこんなことに!

100 :名無しさん@5周年:04/08/21 22:22 ID:MQAkSFlB
鳥のダチョウも感染する、
豚も脳内接種での感染が認められている、
ときたら、ともぐいしてない畜産品を選ぶしかないと思う。
別にゼロリスクでもなんでもない、知識をもった人の、
自然の発露だよ。

101 :名無しさん@5周年:04/08/21 22:43 ID:hz09/tV5
米国のずさんでおおざっぱな検査法だったら
いつかでると思ったよ!


BAD JOB!

吉野屋はさかんに米国牛輸入したがっているが
日本で狂牛病がでた場合間違いなく吉野屋は潰れる。
吉野屋=米国牛のイメージすっかり定着したしね。

だから吉野屋はなんとか和牛・オーストラリア牛で商売する方法
考えるしかないんだよ。いくら安くて美味くても病気になって死んだらおしまいなのが
わかってないのがあの馬鹿社長の頭。早くあいつ首にしないと会社潰れるよ!


102 :名無しさん@5周年:04/08/21 22:45 ID:RFJv0kZg
カザール人のアホが本物のユダヤ人を抑圧しているからなあ。
黒人だって本物のユダヤ人の子孫なのにな。
本物のユダヤ人はアラブ人と見分けがつかないよ。


遺伝子検査すれば、白人ユダ公はユダヤの子孫じゃないとわかるのにね。

103 :名無しさん@5周年:04/08/21 22:45 ID:MQAkSFlB
藻前ら、俺ァバカだけれどもさ、こういうことはわかるよ。
人の手術のとき、がんとかを取りのぞくのは
すごい緻密な、時間のかかる作業なわけよ。
それから、感染をふせぐためにものすごい気をつかうわけだよ。

もうひとつは、たべて感染するばあい、
その物体は、どういうルートを通ってそこまで到達するのさ?

うしは0.001gくっても感染することがわかったんだよ。
そうしたらやることはおのずと見えてくるはずなんだよ。
いまの世の中の連中、ほんとおかしいとおもうよ。

104 :名無しさん@5周年:04/08/21 23:00 ID:w3ZfCkca
狂牛病について
http://www.home.cs.puon.net/baromett/sheep/kyougyu001.html
http://www.bekkoame.ne.jp/~kogatac/new_page_46.htm

105 :名無しさん@5周年:04/08/21 23:19 ID:6BXrBsDk


  ∧∧
 ( =゚-゚)<で、世界で牛肉が原因の「狂牛病」で
      何人死んでるんだよ?



106 :名無しさん@5周年:04/08/21 23:36 ID:YRK62iwE
>>105
時期的に言ってもこれから被害が顕在化してくるんだろう。
ただし各国政府は隠そうとするかもしれないが。

107 :名無しさん@5周年:04/08/21 23:46 ID:HnS3TkGD
>>106
殆どを他の病気、例えばアルツとかで死んだことにされるだろう。
検査員は「謎の」自殺ね。


108 :名無しさん@5周年:04/08/22 00:26 ID:OeGv6eCA
日本でも八十過ぎたじいさん医師が、通常の診察のほか、
老人病院経営して、結構若い人も入院してる。
不勉強、藪で有名。
こんなんで診察つくかひじょーに疑問

109 :名無しさん@5周年:04/08/22 00:31 ID:ma4PkXu1
シアトル辺りって結構日本から留学する人が多いけど、
そこで牛肉料理を食べた人って多いと思うんだけど、
大丈夫なのかなあ?

110 :名無しさん@5周年:04/08/22 00:35 ID:+VJClEL4
肉美味いけど
怖いな。

111 :名無しさん@5周年:04/08/22 02:40 ID:nTgMJzxS
年齢制限すればいい
平均寿命から潜伏期間をさし引いて
その年齢以上の人は食べてもオケ

112 :朝まで名無し:04/08/22 05:48 ID:3H39BiAn
日本の場合。
エイズと狂牛病はタブー!
よって、交通事故死と持病で処理。


113 :名無しさん@5周年:04/08/22 09:03 ID:hfxA9e4I
>>105
自分で調べるよろし。

114 :名無しさん@5周年:04/08/22 09:09 ID:OeGv6eCA
ここ数年の伝染病騒ぎのとき、
‘患者は診ない、設備あるけど余所にまわす、風評怖い’とかいう
ヘタレ病院の話をいくつか見たような気がするけど、
そういう病院にいって診断つくとは思えん

115 :名無しさん@5周年:04/08/22 09:11 ID:zS1mBgAB
なんかもう吉野家の法則が作れそうな気がしてきた。

116 :名無しさん@5周年:04/08/22 09:38 ID:Vk0BYSnK
オーストラリア産だけでいいのだが、アメリカをむげにすると武力で訴えてくるからな。
でもアメリカの牛だけはもう要らない。吉野家だけが勝手に輸入したら良いんだ。

117 :名無しさん@5周年:04/08/22 09:55 ID:SofxSNkC
                         ,,-''ヽ、
                       ,, -''"    \
                     _,-'"        \
                   /\  吉野家       \
              __   //\\           \
             /|[]::::::|_ / \/\\         /
           ./| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/  \      //    ___
         |  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/   ./|    |__
       _..|  |:::LLLLL//\ \/  \/\\/::::::/  /  | ロ  .|lllllllllllll
      / llllll|  |:::「「「「 / \/\  /\ .\/ ./::::::::/  / ./ .|    |lllllllllllll
__     llllll|  |:::LLL.//\ \/  \/\  /::::::::/   | /  .| ロ  .|lllllllllllll
        llllll|  |:::「「「/ \/\  /\ \/ /::::::::/   | ||/ ..|    |lllllllllllll
         llllll|  |:::LL//\ \/  \/\ ./::::::::/    .| ||/ ..|
         |  |:::「./ .\/\  /\ \/ /::::::::/⌒ヽ、 .| ||/ ..|
         |  |:::l//\ \/  \/\_, -― 、  ''"⌒ヽ,_
                (⌒ヽ、_,ノ⌒Y"    Y     .....⌒)
            (⌒ヽー゙ ....::(   ..::.......  .__人.....::::::::::::::::::::
         _ノ⌒ヽ  Y⌒ヽ;;:::::"'::::::::::::::::::::::::::::: ___
     ___(   ゙   ....:::.....  Y"  ∧_∧   /
   // ll__ヽ_::::::::::::::::::::::::::::::ヽ....(  ´Д`)<つぶれるぞ〜、逃げて〜
  「    ヽO≡≡O:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ つ  _つ  \____
  ゙u─―u-――-u         人


118 :名無しさん@5周年:04/08/22 09:57 ID:6nMMUCB/
>>116
アメリカをむげにすると武力で訴えてくるって、日本語おかしいぞ。
きむち工作員か。
何かにつけて、反米にしようとしても無駄。
反米になったからってテロ国家北朝鮮に親しみを感じる訳がない。

牛肉はオーストラリア産だけではだめ。
輸入先同士の競争がないと、値段がつり上げられる。


119 :名無しさん@5周年:04/08/22 10:09 ID:DVjGJpS0
全頭検査は科学的ではないなどと日本に文句を言ってごねた
手前、今回の件は国を挙げてBSEでなかったことにしなければ
ならない。おそらく情報を知っている家族や医師はそのうち
CIAにより消されるだろう。勿論事故に見せかけてだ。


120 :名無しさん@5周年:04/08/22 10:17 ID:OeGv6eCA
変異型ヤコブの感染源は食物だけではないぞ。
英国では輸血や手術器具が問題になってきている。
潜在的リスクが危ぶまれるアメリカ牛が事故責任とやらで垂れ流しになったら、
歯医者でさえ面倒になってくるぞ。
いまだって消毒問題がよく話題になるのに。事故責任で済む問題じゃないんだよ。

121 :名無しさん@5周年:04/08/22 10:50 ID:tjTwyLmD
異常プリオンの作られない牛を遺伝子組み替えで作れば良いんだよ。

122 :名無しさん@5周年:04/08/22 13:17 ID:nTgMJzxS
米国産牛肉を輸入して国内では食べずに
加工してアメリカに輸出しよう

123 :名無しさん@5周年:04/08/22 14:38 ID:OeGv6eCA
122 w
遺伝子組換のプリオンなし牛をつくればいいという意見もあるけど
それが食用として安全かどうかわかるまでには数十年くらいかかるんでないの?
問題はコソーリ導入して、検査で陰性だ、とかいって
知らない間に食わされる可能性でしょう。

ところで1の結果はまだか

124 :名無しさん@5周年:04/08/22 14:49 ID:BPySV7A9
どう考えても
豚より牛のが美味い。

カツだってビーフカツのがトンカツより美味い。

ステーキはビーフでなきゃ美味くない。
豚は牛にくらべるとぱさぱさしすぎ。



125 :名無しさん@5周年:04/08/22 15:01 ID:orDNaQl0
>124
んなこたーない。好みの問題だ。
俺は牛、豚、鶏ィーッともに、それぞれの味わいがあっていいと思う。
あと、カエル唐揚げを食ったことがあるが、魚と鶏肉が合わさったような
食感で、意外といけた。

126 :名無しさん@5周年:04/08/22 15:03 ID:qA2VFYCg
>>124

おまえ馬鹿か?
好みの問題だろ。
ちなみに、俺はビーフカツより豚カツの方が美味い。
以上論破終了。w

127 :名無しさん@5周年:04/08/22 15:09 ID:+vpXf0V+
外国牛の輸入ストップがあったことで、牛丼は廃止されたけど、それ
によって逆にヘルシーなメニューが増え、全国のサラリーマンの
健康が増進されたという側面もあるだろう。そう考えれば、この状態も
それほど悪いものではあるまい。

128 :名無しさん@5周年:04/08/22 15:17 ID:16xdJQCg
>>アメさんも牛の脳みそ食うんだよな
名前忘れたけどメキシコ料理のメニューにあるから要注意です

129 :名無しさん@5周年:04/08/22 17:03 ID:QbOerjfT
>>127
夏野菜&温泉卵丼とかいいよね。


130 :名無しさん@5周年:04/08/22 17:05 ID:0fA1pP8/
>>124
 カツ丼は豚で無いと食った気がしねぇよ・・・

131 :名無しさん@5周年:04/08/22 17:27 ID:SBW1vt1M
>>124
>カツだってビーフカツのがトンカツより美味い。

そんなヤツ初めて聞いたw。

132 :名無しさん@5周年:04/08/22 17:38 ID:L5bA6z+T
ずいぶん違うんだねー

日本の日処理3百頭、米ではたった60分で
http://www.nouminren.ne.jp/dat/200408/2004080905.htm
 ペレイラ氏らが前日に視察した芝浦と畜場は、日本最大規模で一日に処理
する牛は約三百頭。ところがパスコ工場は同数の牛をたった一時間で処理します。
その過酷な労働をする従業員の九割は移民で「私たちはチューインガムのような
もの。甘くなくなれば使い捨てられる」と言うペレイラ氏もメキシコ人です。
 同氏は最後に、「タイソン社が自主的に安全対策をとることはないと確信する。
『職場の安全と食の安全』のために日本の市民・労働者との連帯を強めたい」
と訴えました。



133 :多分においおい:04/08/22 17:59 ID:vzc7rZmZ

 >>132
 これ読めば、ガクブルするっすよ。
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479421071X/
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794211635/


134 :名無しさん@5周年:04/08/22 18:10 ID:uZ5RDUjV
レーガンも狂牛病だよね

135 :名無しさん@5周年:04/08/22 21:17 ID:9spAZ9HE
レーガンは一応アルツハイマーということになっていなかった?
剖検とかするんだろうか。

136 :名無しさん@5周年:04/08/22 21:31 ID:KCFHMUOi
>>122 それいいな

137 :名無しさん@5周年:04/08/22 22:30 ID:EbGKupPw
. . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . 全頭検査、全頭検査、全頭検査・・・
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ

138 :名無しさん@5周年:04/08/22 22:42 ID:Q1xU3k6W
>>129 今が旬の「温泉たまご」ですね!!

139 :名無しさん@5周年:04/08/22 22:48 ID:nMduqogW
そういや、最近「温度玉子」って言うね。なんか変。

140 :名無しさん@5周年:04/08/22 22:57 ID:QmGgTUzJ
吉野家フェチ、仙台のウシベロリアンにとっては訃報と同様だね。




輸入禁止で農協の勝ち。

141 :名無しさん@5周年:04/08/22 23:31 ID:3mR4MThJ
>>122
第3国経由で逆輸入 ((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

142 :名無しさん@5周年:04/08/22 23:34 ID:xmC5w+iX
やっぱり、来たね。
もう三年も牛肉を食っていない漏れには関係の無い話だがな。



143 :名無しさん@5周年:04/08/22 23:47 ID:K6E2xa9V
動物殺す、これ、イクナイ!!!

報いを受けて死んでいく、コレイイ!!?

144 :名無しさん@5周年:04/08/22 23:54 ID:Dcvnpzuf
アメリカは金輪際信じない。
アポロも月面着陸なんてしてないしさ。
詐欺国家だ。


145 :名無しさん@5周年:04/08/22 23:55 ID:wDklPUpq
ビンラディソもハリウッドにいる予感

146 :名無しさん@5周年:04/08/23 00:08 ID:lutl+xSo
この病気は1730年にはイギリスで見つかっていたんだけどな。
それから280年近くヨーロッパ人どもは無視してきたが
貿易の発展と共に全世界へ広がってしまった。
まぁいいや、世界人口が半分も減れば丁度良い感じだ。

147 :名無しさん@5周年:04/08/23 01:53 ID:wmFBziAJ



148 :名無しさん@5周年:04/08/23 01:54 ID:aeNaClKf
牛タソ食って脳みそにスを入れようキャンペーン実施中。

149 :名無しさん@5周年:04/08/23 02:00 ID:wmFBziAJ
>>148
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

150 :名無しさん@5周年:04/08/23 05:30 ID:EpgvoufW
>>146
1700年代に見つかったのは羊のスクレイピーで
これは食べても、人間には影響ありませんでした。
1980年代から骨肉粉の処理法法が変わり(加熱温度低下、化学処理なし)
牛に狂牛病が発生しました。
この病気で人口が半分に減るというのは極端では?

151 :名無しさん@5周年:04/08/23 05:44 ID:E1CVqS7r
そもそもプリオンてタンパク質について、正常なものが
何の役割してるかもわかんないんだろ。
遺伝子治療だのクローンだのと騒いでるが、
医学も生命科学も大したことねえな。

152 :名無しさん@5周年:04/08/23 05:45 ID:RnLYGsgg
今まで年寄りの感染例って無かったんじゃなかったっけ?

153 :名無しさん@5周年:04/08/23 05:49 ID:zCpD6ZMM
↓狂牛病、発症。

154 :名無しさん@5周年:04/08/23 05:51 ID:mxysyn0G
サリドマイド、水俣病、薬害エイズ…
最初は科学的根拠がないとか
証拠が無いとか言って
被害を拡大させたんだけどな…

155 :名無しさん@5周年:04/08/23 05:53 ID:I/S0bBS/
永遠に暴露され続けるプライバシー−「ウィニー」のもう1つの恐怖 コンピューターウイルス「アンティニー」  サンデー毎日(7/4)136
WORM_ANTINNY

http://www.consumptionjunction.com/downloads/cj_35765.wmv
あの国民的歌姫の「ニャンニャン映像」が流出した!
クロアチア人歌手・セヴェリナ・ブコビッチ 
週刊ポスト(7/2) 214

Gena Lee Nolan
http://homepage.mac.com/franklinrh/movies/Personal72.html

Paris Hilton
http://homepage.mac.com/franklinrh/movies/Personal55.html

oki
http://web.archive.org/web/*/http://www.drymartini.net/omosiro/zeppin/zeppin17.htm
http://blog.livedoor.jp/tzone_999/

na mi
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/47/43/enjoyjapan_3/13000/12425.jpg

na ri
http://www.rhymester.net/~tairyo/hariko/img/124.jpg

iga
http://choco.2ch.net/news/kako/1017/10176/1017643580.html

ogu
http://planetj.web.infoseek.co.jp/

156 :名無しさん@5周年:04/08/23 05:55 ID:k/lwUSdt
狂牛病もエイズも人類増えすぎないように
作られた科学兵器の一種だよ!!

157 :名無しさん@5周年:04/08/23 06:12 ID:rSbumONv
>>151
自爆スイッチです
種の終焉がプログラムされています

158 :名無しさん@5周年:04/08/23 09:26 ID:UzaoiQHc
これ既出?
吉野家の中の人も大変だな(経営陣を除く)
比較的安全といわれるオージーとかの肉で何故牛丼を作らんのだ。

吉野家、Xデー決戦―米国産牛肉 早く多く調達(日経流通新聞)
http://www.nikkei.co.jp/mj/
 吉野家ディー・アンド・シーが米国産牛肉の輸入再開をにらみ、水面下で
動き始めた。全頭検査のあり方などを巡って、日米当局の隔たりはまだ埋まら
ないが、解禁スケジュールを念頭に置いた調達シナリオを着々と練る。いったん
離れた顧客を呼び戻し、リセットされた牛丼市場で再び主導権を握れるのか、
吉野家は「Xデー」のスタートダッシュにかける。

[2004年8月19日] 

159 :名無しさん@5周年:04/08/23 09:33 ID:ztGAffSB
牛1頭買いがネックなんだろな・・オ−ジ-は
隣でホルモン屋でも始めればいいのにね・・吉野屋

160 :名無しさん@5周年:04/08/23 09:51 ID:UzaoiQHc
>>159
値段上げて安全なものを売るべきだよ。
200円台で牛丼を販売するということに無理があったんだから。
デフレの走りでしょ。

しかし生協とかだって共同購入とかあるんだから、
業界でも共同購入とか、あってもいいんでない?
その他の部位を必要とする企業もあるんだろうし。


161 :名無しさん@5周年:04/08/23 10:23 ID:EpgvoufW
オージーの1頭買いだが、肉屋に入るのは部位別にパックされたやつだぞ。
パックに英語しかプリントされてなかったから、オーストラリアから
パックで輸入されてるんじゃないの。

162 :名無しさん@5周年:04/08/23 10:53 ID:UzaoiQHc
>>161
ということは、やはりオージーだと「仕入れが高い」ということ
だけなのかな

163 :名無しさん@5周年:04/08/23 13:05 ID:kzfO9Xin
吉野家は肉の安全性や客の健康など二の次三の次。

164 :名無しさん@5周年:04/08/23 15:20 ID:FA8HDwCN
●08-20(0821-0140)#C-#神経疾患、プリオン型-米国(ワシントン州):疑い#
情報源:Seattle Times、8月20日。
ワシントン州:女性が狂牛病様疾患で死亡。
この夏に、原因不明の狂牛病関連脳疾患[ウシ海綿状脳症または変異型クロイ
ツフェルド・ヤコブ病として知られるヒト型]のためにHarborview Medical
Centerで加療を受けていた女性が死亡した。剖検が実施され、(その結果は)
この疾患を同定しようとする国内の専門家の探求に役立つであろうと、ワシン
トン州保健局疫学者Jo Hofmann医師は述べた。「患者の脳の多数の場所から脳
組織が採取され、確実に新たな情報を提供してくれるであろう」とHofmann医
師は述べた。組織はClevelandにあるCase Western Reserve大学の国立プリオ
ン性疾患病理学監視センターに送られる予定である。
(以下、痴呆のため入院した年齢60歳未満のこの女性患者の剖検が実施される
に至った経緯と狂牛病類縁疾患であるとの記載、Moderator注として、記事内
容があいまいで科学的に有益な情報が殆ど含まれていないとの指摘、後略。)



165 :名無しさん@5周年:04/08/23 15:24 ID:rSbumONv
>>163
二の次も三の次もない
全く考慮しない

166 :名無しさん@5周年:04/08/23 18:32 ID:wmFBziAJ
>>165
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

167 :名無しさん@5周年:04/08/23 19:15 ID:HSRxhHnH
さあ 吉野家の馬鹿社長が何とコメントするか。。


168 : :04/08/23 19:34 ID:oxSUeic4
牛肉食べるのを止めるしかない。

何かに紛れ込んでいるのを排除するのがめんどい。

169 :名無しさん@5周年:04/08/23 23:02 ID:gba4OE8p
>>168
長い事牛肉食ってないから影響無しだ。orz
調味料や加工食品に混ざってるのは避けるのが難しいな。

170 :名無しさん@5周年:04/08/24 06:32 ID:kfiibSu9
. . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . もうだめぽ・・・ .: ::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ

171 :名無しさん@5周年:04/08/24 08:07 ID:0xbWcBnV
なんか、脳外科用手術器具を通常の消毒処理しかせずに、この患者さんの後
12人に使用してしまったんだって。

日本も手術器具の消毒が問題になってくるだろうね。患者は出ないとか
いう計算をする人もいるけど、潜伏期間中の人がいるかどうかはわからんもん。
輸入食品や医薬品だってあったわけだしさ。
http://seattletimes.nwsource.com/text/2002008389_brain18m.html
Because they are proteins, not microbes, prions are resistant to most
ordinary sterilization techniques. Surgical instruments used to take
a biopsy from the Seattle patient's brain were used subsequently in
up to 12 other brain surgeries before being subjected to the supercleaning
prescribed for prion diseases, hospital officials said.
それらが微生物ではなく蛋白質であるので、プリオンは最も通常の殺菌技術に強い。
プリオン疾病のために処方されたsupercleaningにさらされる前に、
12までの他の脳外科の中でシアトル患者の脳からバイオプシーをとるために
使用される外科用器具が続いて使用された、と病院職員は言いました。



172 :名無しさん@5周年:04/08/24 08:51 ID:S4IYLPqX
とうとうきたか…薬害クロイツェフトヤコブ病のドキュメントを見たがあれは悲惨だよ。自分の意識がはっきりしてるなか、自分がどんどんおかしくなっているのがわかるらしい。

173 :名無しさん@5周年:04/08/24 09:31 ID:s2oseIJy
>>118
> >>116
> 牛肉はオーストラリア産だけではだめ。
> 輸入先同士の競争がないと、値段がつり上げられる。

その時はまた別の国を選択肢に入れればいいだけじゃん。
少なくとも現状態ではアメリカが力でもって優位に立ってるだけなんだから。

174 :名無しさん@5周年:04/08/24 09:34 ID:yrrWQR5Y
吉野屋終ったか

175 :名無しさん@5周年:04/08/24 09:37 ID:b6bgZrZG
「アメリカ牛輸入しる!」って騒いでた仙台牛タン連合の皆さんはどうするんでしょうねぇ。

176 :名無しさん@5周年:04/08/24 09:40 ID:gnv5RZjH
狂牛病に似た症状の人間なんかパチンコ屋に行きゃうじゃうじゃいるだろ
このスレ見れば現状が分かる
■高卒は知的障害者 PART ]\
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1092923867/

177 :名無しさん@5周年:04/08/24 09:47 ID:uQJuwmlc
狂牛病の一件以来、「牛」という表示のあるものは、
カップラーメンやコンビニ弁当の食品添加物に至るまで全てチェックして、
一切口に入れていないけど(牛乳以外)、なんか不安。

178 :名無しさん@5周年:04/08/24 10:00 ID:3G0mK5eB
まあ、アメリカには、BSEの大統領もいる事だし
騒ぎ立てるほどのニュースじゃないよ。

179 :名無しさん@5周年:04/08/24 10:01 ID:0xbWcBnV
>>174
吉野家様の動向

吉野家、Xデー決戦―米国産牛肉 早く多く調達(日経流通新聞)
[2004年8月19日]   
http://www.nikkei.co.jp/mj/
 吉野家ディー・アンド・シーが米国産牛肉の輸入再開をにらみ、水面下で
動き始めた。全頭検査のあり方などを巡って、日米当局の隔たりはまだ埋まら
ないが、解禁スケジュールを念頭に置いた調達シナリオを着々と練る。いったん
離れた顧客を呼び戻し、リセットされた牛丼市場で再び主導権を握れるのか、
吉野家は「Xデー」のスタートダッシュにかける。




180 :名無しさん@5周年:04/08/24 13:47 ID:/QN6d5Fb
>>177
メーカーがちゃんと表示しているとは到底考えられない

181 :名無しさん@5周年:04/08/24 14:22 ID:FCaKhDIY
グリセリン回収事件も報道されなかった。
輸入された脳はだれの口に入った?

182 :名無しさん@5周年:04/08/24 15:01 ID:mKcPBum4
>>180

この問題って食品企業とメディア不信からきているのね。よーするに。

183 :名無しさん@5周年:04/08/24 17:20 ID:X9QU23SO
その人の人間観をよく表してるよね。

184 :名無しさん@5周年:04/08/24 18:29 ID:y9V/fkEq
原料の由来までは表示する義務はないからな。
髪の毛が原材料とかね。

185 :名無しさん@5周年:04/08/24 18:34 ID:nx0zl9yg
あれだろ?米軍基地を経由してきた分はカウントされないんだろ?

186 :名無しさん@5周年:04/08/24 20:02 ID:Fn3h938J
>>185
そんなもんあったの?



187 :名無しさん@5周年:04/08/24 21:05 ID:/QN6d5Fb
>>183
人間観の問題じゃない
原料全ての把握は不可能に近い

188 :名無しさん@5周年:04/08/24 21:28 ID:Pf6qMO/6
以前にBBCでヤコブ病患者のドキュメントをやっていた。
乾燥ヒト硬膜から感染した。亡くなるまでに約二年。痴呆から
始まって脳幹も機能が失われ、心停止した。尊厳なんて欠片も
残っていなかった。

さて、同じくBBCでエクセルやらタイソンなど、食肉会社のお
偉方にインタビューをしていたが、受け答えが凄かった。

狂牛病の感染対策を聞かれて曰く、発症は生後22ヶ月と言われ
ている。だが我々は成長促進剤、成長ホルモン、抗生物質を投
与することで、生後12〜16ヶ月で出荷をしている。これならば
発症の心配はないと。誇らし気に語ってたぞ。

その後、高濱讚氏の雑誌記事でも同じ内容に出くわした。

189 :名無しさん@5周年:04/08/24 21:31 ID:X9QU23SO
>>188
アメリカでは成長ホルモン剤は禁止されてます。

190 :名無しさん@5周年:04/08/24 21:51 ID:va4rBoTI
>>189

http://www.usatoday.com/money/industries/food/2004-04-01-veal_x.htm

up to 90% of U.S. veal calves are being fed synthetic testosterone illegally
米国の食肉用子牛の90%が違法に合成テストステロンを与えられている
veal industry officials said that calves have been fed growth hormones for decades
肉牛の業者によると、子牛への成長ホルモン投与は何十年もやっている

http://www.alc.co.jp/kaigai/world/chikyujin/0207/2.html

「アメリカでは日常的に家畜の飼料に信じられないほど大量の抗生物質が
混ぜられています。病気の治療のためではなく、動物たちの成長が速くなり、
その分儲けが多くなるからです。さらに、儲かるからという理由だけで違法な
成長ホルモンが牛に注射されている事例も少なくないのです。」



191 :名無しさん@5周年:04/08/24 22:35 ID:xRhBCYjU
ヤコブ病は残酷。体が痛いから始まり、まっすぐ歩けなくなり、
痙攣が始まり、立てなくなり、手が動かなくなる。
頭はまだはっきりしているのに、病状は凄い速さで進む。
この時はまだ病名はわからない。
「脳の病気だろうから、手術して、リハビリして、頑張ろう」と慰める。
診断結果がでる。「持って2ヶ月でしょう」
頭はすごくはっきりしたままでの突然の死刑判決。
舌の筋肉も動かなくなってきて、言葉ももつれるようになってきた。
食事も飲み込めない。最後のお別れ。
脳が壊れて、意識が別の世界へ行ってしまった。
それから寝たきり。

192 :名無しさん@5周年:04/08/24 23:09 ID:NIZVEnfm
BSEは人間の肉食に対する業だよ。

193 :名無しさん@5周年:04/08/25 06:27 ID:2xQXPV/F
(・∀・) 野菜食え!

194 :名無しさん@5周年:04/08/25 06:29 ID:y5cuQRko

  ∧∧
 ( =゚-゚)<で、前から疑問なんだけど、

      今まで世界で牛肉が原因の「狂牛病」で
      何人死んでるの?

195 :名無しさん@5周年:04/08/25 06:38 ID:atI9l8o3
全頭検査をやめて20ヶ月以上にしたとしても、経費はほとんど
変わらないそうですよ。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000915920040609021.htm
○山田委員 遠藤部長は、巷間私的に話していると思う。それを私も間接的にお聞き
したんですが、もう輸入再開せざるを得ぬだろう、そうすれば、二十カ月齢以上、
これを検査すればいいんじゃないか、そういうふうに話したやに聞いておりますが、
その中で、実は私の方も調べてみたんですが、費用対効果というのをよく言われるよう
でして、これだけ金をかけて全頭検査しなくてもいいだろうというお話のようです。
 資料二―六、これを見てもらえばいいんですけれども、月齢別屠畜報告頭数の割合
で、この検査キット経費、これがどれくらいかかるかというのを出してもらったんですが、
その中で、全体で百十一万頭として、二十カ月齢以上、例えば、二十一カ月で日本は出て
いるわけですから、国民としては、BSE、どうしても二十カ月齢以上検査しなければ
納得しない、そうした場合の経費というのは、それでも今かかっている経費の九三%。
しかも、このキットというのは九十頭分が一セットですから、経費等は、これで見ますと、
二十カ月齢以上やっても九三%。いわゆる全頭検査をやっても、二十カ月齢以上の検査を
やっても、ほとんど変わらない。
 ということは、これは日本としては、全頭検査をそのまま続ける方が、経費的にも
ほとんど変わらないし、食の安全、安心という意味でも当然そうなるべきだと思うけれども、
遠藤部長、どうお考えだろうか。


196 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:08 ID:8IHupMud
狂牛病対策の年間コストは約100億と言われているが、
新生児の臍帯血保存を行い白血病対策を行うとすれば1サンプル辺り5万円として
60万人分もあれば全ての日本人のHLAに適合する臍帯血バンクが構築できるので
そのコストは僅か300億。これで年間7000人近くが死亡している白血病を
我が国から根絶できるのである。
同様に金を掛ければ防げる病気やトラブルなど幾らでもある。

BSEは猿を使った経口感染の実験でも殆どゼロに近い確率でしか感染しない。
人間が罹患する確率は今だはっきりしていないがほぼゼロであると推測されている。
仮に狂牛病の検査をまったく行わず飼料の法的規制だけで対策を行ったとしても国内で
発症し死亡に至る数などせいぜい年間数人だろう。

自殺を決意した人間に1千万ずつくれてやれば1000人の命が救える。
先進国日本で、貧困が原因で道端で餓死や凍死で死ぬ人間がどれだけいると
思っているのだ。
100億の有効な使い道は幾らでもある。

狂牛病問題など議論すること自体がナンセンスである。ほっておけばいいのだ。

197 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:18 ID:DwKYwln3
また、業界関係者出没。
そうだよねー、全頭検査やめて、危険な肉骨粉飼料をばんばん使ったら
楽してもうけられるもんねー

198 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:22 ID:o+ckk1I3
輸入肉つかいたい吉野家とかの外食産業だろ。


199 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:24 ID:8/lQTJwz
>>194
それがわからないから問題なんだが。

200 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:37 ID:X/W7dw0B
狂牛病なんて業界が自ら招いた人災みたいなもんだから、税金を投入してやる
意味は無いな。>>196 のような物に税金を投入して、検査費用は業界に負担さ
せるべき。

高々 3 年で 100 億円で、ハンナンの不正に比べれば屁みたいなものでしょ。

201 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:37 ID:DwKYwln3
そういや、
全頭検査は税金の無駄遣いとかいって、共同とかに報道されていた会社経営者は、
アメリカ牛輸入企業の社長さんとか。

202 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:44 ID:FsJYVnmT
なんで狂牛病から白血病に切り替わるんだ・・・。
予防的意味合いの狂牛病と治療的意味合いの白血病では
関心度に差があるのは仕方の無いこと。
白血病患者を助けるお金があれば、世界で餓死する人を
何万人も助けられるのだが。

203 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:50 ID:TyfX/LEA
日本人BSE被害者が出てくるのは、何年後かな…

204 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:50 ID:KyqqLaXp
>>196
飼料の徹底管理(飼料工場に検査官を常駐させる、卸、販売、飼育農家の
巡回指導、抜き打ち検査)をするのにどのくらい掛かるか考えると、
10億以下?せいぜい20億あれば十分でしょう。
日本ではBSE実験施設が完成可動したのが、今年から。
これも、どう考えても100億あれば、もっと早くいい施設ができて
研究も進んだと思う。
予算が余るほどあるんだったら、全頭検査してもいいけどね。
100億でなにが買えるか。

205 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:56 ID:BzM2PekQ
  lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / B  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  B ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  S  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  S |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  E   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  E  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄


206 :名無しさん@5周年:04/08/25 07:59 ID:4Cx2xVuL
>>177
「たん白加水分解物」と「ゼラチン」も要チェックや!



207 :名無しさん@5周年:04/08/25 08:03 ID:KyqqLaXp
>>206
ゼラチンは化学処理してあるので安全です。

208 :名無しさん@5周年:04/08/25 08:04 ID:8IHupMud
>>202
それ白血病の患者にむかって言えるか?
間もなく死ぬという当事者にとっては狂牛病でも白血病でも違いはない。

検査自体を否定するつもりはない。ただ国が主導的に強制力をもって行う事に
疑問を感じるのだ。
現在の全頭検査は検査キット自体は国からの補助があるものの人件費に関しては
検査機関の緊急業務的、かつ手弁当的色彩が強い。いずれ議論がまとまり対策の
指針が立てば一元的な負担のスキームが出来上がるだろうが、確実に新たな利権となる。
検査の信頼性確保のため、などと言い専門の行政法人を作り天下り先の完成。
しかも国民からのコンセンサスを得ているので話は早い。
莫大なムダを産むことは目に見えている。

それよりも民間の検査機関を設立する。安いがリスクのあるもの、高いが検査をきちんと
行った物。これを消費者の判断で選べるようにすればいい。国は検査機関の出す
証明証の信頼を担保する役割だけ担えばいいのだ。

俺は高くても低リスクな物を選ぶがね。

209 :名無しさん@5周年:04/08/25 08:07 ID:4Cx2xVuL
>>207
具体的には?



210 :名無しさん@5周年:04/08/25 08:10 ID:Sn0wRRaY
「あの金で何が買えたか―バブル・ファンタジー」 村上 龍 (著),

「文庫改訂版 あの金で何が買えたか―史上最大のむだづかい‘91〜‘01 」
角川文庫  村上 龍 (著)

思い出します


211 :名無しさん@5周年:04/08/25 08:24 ID:4Cx2xVuL
調べたらこんなんが出てきた。

> 私も気になって以前に調べたことがあります。カプセル用のゼラチンは酸、ア
> ルカリ処理をされるからプリオンについては心配ないくらいに安全だ、という
> ような見解が厚生労働省ホームページにありました。しかし、プリオンの事を
> 調べてみると、この程度の化学処理では構造が変化するほどのインパクトない
> らしく、結局のところ私としてはゼラチンはキケンという認識に落ち着きまし
> た。特にゼラチンの材料はBSEの危険部位に強く由来しいるので、とても気に
> なります。そこで「代替カプセル」を探したところ、韓国メーカーが植物性の
> 代替カプセルを開発しているという情報が見つかりました。そして最近になっ
> て、日本の林原生物化学研究所からつぎのカプセルが発売されていることを知
> りました。ゼラチンカプセルが心配な場合は、自分で詰め替えて利用すること
> ができると思います。
ttp://knowledge.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=3935

212 :名無しさん@5周年:04/08/25 08:46 ID:KyqqLaXp
>>209
これが分かりやすいと思う。
http://www.shiga-med.ac.jp/~hqanimal/zoonosis/zoonosis133.html
ついでにプリオン不活化方法一覧です。
http://virology.biken.osaka-u.ac.jp/Projects/Projects_PRION_4.html

213 :名無しさん@5周年:04/08/25 08:54 ID:KyqqLaXp
2ちゃんねるの狂牛病関連スレッドの書き込みは信頼できるものではありません。
なにか疑問があったら、自分で検索して考えてください。

214 :名無しさん@5周年:04/08/25 08:57 ID:DwKYwln3
>204
農場に検査員がちゃんと立ち入れれば問題ないだろうが、
浅田農産事件を見ろよ。
立ち入れなかったから、あれだけの問題になった。

215 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:00 ID:f+E9IvUp
                         ,,-''ヽ、
                       ,, -''"    \
                     _,-'"        \
                   /\  吉野家   \
              __   //\\           \
             /|[]::::::|_ / \/\\         /
           ./| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/  \      //    ___
         |  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/   ./|    |__
       _..|  |:::LLLLL//\ \/  \/\\/::::::/  /  | ロ  .|lllllllllllll
      / llllll|  |:::「「「「 / \/\  /\ .\/ ./::::::::/  / ./ .|    |lllllllllllll
__     llllll|  |:::LLL.//\ \/  \/\  /::::::::/   | /  .| ロ  .|lllllllllllll
        llllll|  |:::「「「/ \/\  /\ \/ /::::::::/   | ||/ ..|    |lllllllllllll
         llllll|  |:::LL//\ \/  \/\ ./::::::::/    .| ||/ ..|
         |  |:::「./ .\/\  /\ \/ /::::::::/⌒ヽ、 .| ||/ ..|
         |  |:::l//\ \/  \/\_, -― 、  ''"⌒ヽ,_
                (⌒ヽ、_,ノ⌒Y"    Y     .....⌒)
            (⌒ヽー゙ ....::(   ..::.......  .__人.....::::::::::::::::::::
         _ノ⌒ヽ  Y⌒ヽ;;:::::"'::::::::::::::::::::::::::::: ___
     ___(   ゙   ....:::.....  Y"  ∧_∧   /
   // ll__ヽ_::::::::::::::::::::::::::::::ヽ....(  ´Д`)<つぶれるぞ〜、逃げて〜
  「    ヽO≡≡O:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ つ  _つ  \____
  ゙u─―u-――-u         人

216 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:02 ID:KyqqLaXp
>>214
浅田農産は鶏専門農場で、狂牛病対策で必要なのは
牛を飼ってる農場、農家の立ち入り調査、指導です。


217 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:04 ID:Jj9HqEMA
発祥するまでに30年くらいって話はどこいった?

218 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:05 ID:DwKYwln3
>204
自分で検索するのは当然のこと。
しかし検索すると多くのサイトが古い情報で書かれている。
しかし2chは玉石混淆、最速情報も書き込まれている。
ようは使い方ですね。

219 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:12 ID:KyqqLaXp
>>218
最新情報ならProMEDか厚生労働省のサイトがお薦めです。
主観的な最新情報は必要ではありません。

220 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:14 ID:KyqqLaXp
狂牛病信者さんが来ましたので、これで失礼します。

221 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:19 ID:8/8Yst9R
キリスト教徒に対する、真の神の、鉄槌でしょう。

222 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:20 ID:DwKYwln3
>219
主観的報道をしてるのは米国牛輸入再開問題の場合マスコミなんだから、
こういうスレも玉石混淆、一通りみて判断力を養うべきたと思うけどね。
現場知らないお上や研究者のサイトばかりみていたら、
それこそ偏るだろう。
こういう綺麗事だけでない便所の落書きにも、案外真実はあるもの。

223 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:20 ID:atI9l8o3
最近マスコミは信用できないよ。
議事録なんか読むと報道と全然違う。

224 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:20 ID:hg+3hqvq
一人暮らし板できました

http://life5.2ch.net/homealone/

よろしければ遊びに来てください


225 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:26 ID:rrzbhZV3
答え書きます
そもそも凶牛病とは?
100万頭に一頭発生すると言われている個発性のぷリオンがおかしくなる病気
なぜたくさん発生したのか?
共食いさせたから
共食いさせなければ増えない?
個発性だからその牛がしんで終わり
共食いじゃなかったら?
シュの壁があるから観戦しない
ほんとに?
共食いさせたから広まったと言ってるのに異種間で感染したら共食いで広まったという部分と矛盾する
だいいち異種間で広まるならとっくにあらゆる肉食動物は絶滅している

こんな韓単な理靴がわからない馬鹿は由牛食ってBSEにかかって市んだほうがいい?
そのとうり

226 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:26 ID:2hNIbSvt
>>217
子供だと10代で死ぬ。
子供は進行がやたらと速い。

227 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:26 ID:+ksMIDbK
>>219
厚労省などのサイト情報は、都合の悪い情報は隠しまくってますね。

ある程度の選別は必要ですが、物事を観るのに一方の情報だけを採用するのは
どちらのサイドでも間違っています。
多様な情報を得て、物事を立体的に見る事でそこにある真実に近い像を得られる
ものです。

極端に判る例が戦争です。イラク戦争もアメリカ側の情報だけ、アラブ側の情報
だけ、傍観者的立場からの情報だけ、いずれもの場合も一方方向だけの情報
では真実に近づきません。多様な情報を得て、ひとつの出来事に多様な側面が
有る事を理解していくことで、なにが起こっているのか、その現実に近づく事が
できます。
日本はかつて、国民に政府に都合の良い情報、なかには虚偽も含め情報操作
し、国民を不幸に落とし込んだ、悪名高い大本営発表があります。

厚労省がBSE問題の大本営発表 なのかどうか、個々人で情報を得て、考えて
おのおのの意見を形成しましょう。

228 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:33 ID:atI9l8o3
>>227
厚生労働省の議事録や発表の中には「報道されていない事実」が
かくれていることもあるね。

>>204
全頭検査をしなければ、牛肉の消費は回復しなくて多くの農家が潰れたり
補填に多くの税金が別に使われていたと思うのだが、
そういうことを抜かして過去の100億の話をどうこういうのは、
ちょっと違うと思います。

これから全頭検査をやめれば税金の無駄遣いにならない、という人もいますが
>>195のように、実際20ヶ月以上検査にしても費用はほとんど変わらないと
いう答弁がありますね。

どう考えても米国牛輸入再開のこじつけのために、
この話を持ち出してきた、と思いますがね。





229 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:33 ID:KyqqLaXp
>>227
まあ、一度は厚生労働省のプリオン検査の陽性頭数グラフを見てください。


230 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:38 ID:DwKYwln3
>229
ようするに、
「21ヵ月の感染牛を私は食べます」といいたいんだね。

231 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:45 ID:2hNIbSvt
>>225
一度発生したら、種の壁を超えて感染するから、植物のタンパク質にも影響するかもしれん。
肉食動物が絶滅しないのは寿命がそこまで長く無いからでは?
ヨーロッパで大きな問題になった時に、ヨーロッパで売れなくなった肉骨粉が
こっそり大量に日本やアジアへ輸出されたはずだから
あと10年もすれば人間にその影響は出てくるかもしれん。
まぁ、当たっても発病の確率は高くないから、発病したら運が悪かったとしか…

232 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:48 ID:atI9l8o3
>>229
データには2年半以上検査されなかった、一番危険な死亡牛の
データが含まれていないので、サーベイランスの上からいえば
ちゃんとしたデータが出ているとはいえませんね。

そういうことも含めて考えなければならないと思う。

233 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:49 ID:8IHupMud
魚に感染したらガクブルだな。
魚類への感染実験を見かけないのだが。どうなんだろ。

234 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:52 ID:ZzVakB5n
>>229
227はみるなと言ってる訳じゃないだろ。
多方向から情報を得て、調べてみる事で実態により近づこうと。

その過程で政府や担当省庁や、食品安全化委員会とやらの嘘が暴かれる事もあるでしょうけど、
それは国民にとって、国民の命の安全、健康にとって良い事でしょ。


235 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:54 ID:ZzVakB5n
>>231
あのさ、欧州、米国と日本じゃBSEの人感染に関する危険性が倍以上なんだが。

感染しやすいDNA型というのがあって、欧米人はその割合が20〜30%ぐらい。
日本人は80%以上がその該当型。

こういう情報、ちゃんと告知してないでしょ。

236 :名無しさん@5周年:04/08/25 09:58 ID:C1YHxMP5
>>18

237 :名無しさん@5周年:04/08/25 10:00 ID:a1Zgd+2X

ごま粒一つぐらいのプリオンを接種するだけでヤコブ病になる
可能性がある。また蓄積するものなので、食べれば食べるほど
危険性が増す。やはり食べないのが一番いい。他に食べるものは
いくらでもある。


238 :名無しさん@5周年:04/08/25 10:01 ID:DwKYwln3
ID:KyqqLaXp にはぜひ感染牛を一族郎党で召し上がるコホート調査に参加いただきたいものですな。

感染牛が市場に流出するということは、誰ががそれを食べているということ。
危険部位除去も問題あるのにじょーだんでない。

239 :名無しさん@5周年:04/08/25 10:03 ID:1H/7P+KE
>>237
ゴマ粒どころか理屈では異常プリオン一分子でも危険ですが
確率の問題なので食べれば食べるほど危険なのは確か

240 :名無しさん@5周年:04/08/25 10:03 ID:atI9l8o3
>>235

感染がわかったMV型がこれからどう出てくるかだよね。

241 :名無しさん@5周年:04/08/25 10:04 ID:Mz5qqIBP
>同紙によると、女性は60歳未満で州外在住。家族の要望でほかの詳しい
>情報は明らかにされていない。

情報統制していつの間にかこの話題は幕引き、って感じだろうな。

242 :名無しさん@5周年:04/08/25 11:48 ID:dwibApsr
ゼラチンが問題だよな。健康食品とかゼラチンのカプセルが多いし。
最近は、噛み潰してゼラチンは吐き出すようにしているよ。

あと、成長期のときにとってたカルシウムサプリ。表示成分みたら
牛骨紛だとよ…

243 :名無しさん@5周年:04/08/25 15:58 ID:+G0NTUzd
>>242

健康にいいと思ってサプリとか飲むわけだな。
愕然とするわな。裏切られた気分

244 :名無しさん@5周年:04/08/25 16:08 ID:hkGP7OYk
                         ,,-''ヽ、
                       ,, -''"    \
                     _,-'"        \
                   /\  吉野家   \
              __   //\\           \
             /|[]::::::|_ / \/\\         /
           ./| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/  \      //    ___
         |  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/   ./|    |__
       _..|  |:::LLLLL//\ \/  \/\\/::::::/  /  | ロ  .|lllllllllllll
      / llllll|  |:::「「「「 / \/\  /\ .\/ ./::::::::/  / ./ .|    |lllllllllllll
__     llllll|  |:::LLL.//\ \/  \/\  /::::::::/   | /  .| ロ  .|lllllllllllll
        llllll|  |:::「「「/ \/\  /\ \/ /::::::::/   | ||/ ..|    |lllllllllllll
         llllll|  |:::LL//\ \/  \/\ ./::::::::/    .| ||/ ..|
         |  |:::「./ .\/\  /\ \/ /::::::::/⌒ヽ、 .| ||/ ..|
         |  |:::l//\ \/  \/\_, -― 、  ''"⌒ヽ,_
                (⌒ヽ、_,ノ⌒Y"    Y     .....⌒)
            (⌒ヽー゙ ....::(   ..::.......  .__人.....::::::::::::::::::::
         _ノ⌒ヽ  Y⌒ヽ;;:::::"'::::::::::::::::::::::::::::: ___
     ___(   ゙   ....:::.....  Y"  ∧_∧   /
   // ll__ヽ_::::::::::::::::::::::::::::::ヽ....(  ´Д`)<つぶれるぞ〜、逃げて〜
  「    ヽO≡≡O:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ つ  _つ  \____
  ゙u─―u-――-u         人

245 :名無しさん@5周年:04/08/25 17:41 ID:+G0NTUzd
このニュースなんだけどさー、『誰』が「夏までに結論を出す」と「公約」したの?
他にも水面下で9月中結論のギリギリ調整を続けている、とかあるけど、
『誰』が水面下で調整してるの?
教えて、詳しい人。

牛肉交渉決着は9月以降 全頭検査除外範囲で対立
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2004/bse/news/0824-471.html
 牛海綿状脳症(BSE)の発生で禁輸となっている牛肉をめぐる日米交渉に
ついて、亀井善之農相は二十四日、「現時点では(協議の)具体的な開催
スケジュールは決まっていない」と述べた。日米両政府は「夏をめどに結論を
出すよう努力する」という事実上の公約を掲げているが、決着は九月以降に
ずれ込む見通しとなった。(略)


246 :名無しさん@5周年:04/08/25 18:37 ID:+G0NTUzd
>>208
>>171


247 :名無しさん@5周年:04/08/25 19:26 ID:VeZaOpJU
結局左翼なんですよ
こういう「よくわからないもの」を危険だと煽るのは
反米左翼が利用してるだけなの
他スレと温度差が異常 騒いでるのは一部スレだけ
その癖伸びやしない
一般人は騙されないよう気をつけてね

248 :名無しさん@5周年:04/08/25 19:49 ID:DwKYwln3
反論ができなくなるとサヨウヨ論に持ち込まれる展開はもう秋田。

249 :名無しさん@5周年:04/08/25 20:09 ID:lJFtwZh6
>>247
信頼出来るデータを元に、完全に安全だ! と証明すればよろし。

情報隠しまくってるような奴らが信頼されないのは当たり前。
もし政府に都合の悪いものは全て左翼だというなら、国民の90%以上左翼になってまうわ。
そんな訳あるか!

だれもこんなアホになる病気でアホに死にたくない、そういう当たり前の話だ。

250 :名無しさん@5周年:04/08/25 20:10 ID:FqY5hzad
>>247
まず、おまいが真実に気づけ。

251 :名無しさん@5周年:04/08/25 20:14 ID:PkRRybry
現実は豚や鳥にも感染しているかもね。
でも感染していても子供のうちに発病していないうちに
食肉にされるから問題視されてないだけかな?
となると最近、疲労性筋肉症を少なからずも感じている人たちは
ひょっとしてひょっとするかもしれない。IT機器による電磁波の影響で
筋肉疲労も起こるが、事はこっちのほうが重大だったりして。。。



252 :名無しさん@5周年:04/08/25 20:16 ID:Q58c+eun
先月、ブラジル産の牛肉食ったんだけど大丈夫かなぁ…

253 :名無しさん@5周年:04/08/25 20:29 ID:UuNlUkWF
        ,'::::::::::::::::::::::::::::X         ' ;:::::::::::i
      ,'::::::::::::::::::::::::::/'"''- 、,,,,  、,,,, -‐'';::::::::::i
      ';::::::::::::::::::::::::/   _ ''     _ ヾ:::::::i
        ',::/r^|::::::::|`! ''"(・)`     '"(・)` ./|:!リ
       ',', !.(|:::::::i  `‐‐-‐     `ー‐ "./ル'
        ヾヾ,|::::::i  i i i i i   \ i i i ,'
         \::::::::i  /\     :::.'   .,' /)ヘ
          リ:::::丶 X`、\-‐――-  / / ノ
             ヾ;:/\ヽ \\    / / /
           r‐/   "'丶 \\/  ' /
      ,,,.-‐‐''" \_  ___,\/   /_
     く  \\.   \二ト‐-/    / ̄ 丿
    /\  \\   \ /    /,, - ''"\,- 、
   (    \  \\ /\   /∧     ) )、-、
    )  ヽ  \/~(~<\  "'-< ///">‐-‐'",, '"/ i ヽ



254 :名無しさん@5周年:04/08/25 20:46 ID:PkRRybry
疲労性筋肉症を近年自覚している人は大勢いるかもしれない。
なんとなく昔より疲れやすくなった、腰が痛い、腕の筋肉がなんか
力が入らずに消耗するような鈍い痛みを感じるなど。。。
幾ら寝ても、無理しないで充分睡眠とってもなぜか体が消耗していうような
感じを覚える。こういう人っているだろ。
電磁波、放射能、化学食品汚染、いろいろに絡まりあいながら複合化しているだろうな。


255 :名無しさん@5周年:04/08/25 20:47 ID:KyqqLaXp
>>251
豚、鶏へは経口接種では感染しません。
http://216.239.57.104/search?q=cache:cBpumvQ0vXgJ:www.pref.mie.jp/NOKYOKYU/gyousei/BSE/PR/011209a.htm+%E8%B1%9A%E3%80%80%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%80%80%E5%AE%9F%E9%A8%93&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja


256 :名無しさん@5周年:04/08/25 20:52 ID:AGujDOAg
亜麻色の長い髪を風が優しく包む、ところは米国ワシントン州

257 :名無しさん@5周年:04/08/25 20:56 ID:CAOI1Obg
>>253
あーネギちゃんみっけ!

258 :名無しさん@5周年:04/08/25 21:10 ID:ysOQia0q
とりあえず、明日発売の「日経サイエンス」を読め。
プルシナー教授の文章がトップ。

サヨクだのほざいてるヤツは別にかまわないんじゃない?
実際、カップヌードルとかレトルト系から、牛エキスも牛肉も追放されて、
誰も困ってないでしょ?

259 :名無しさん@5周年:04/08/25 21:15 ID:TNW9w3xu
>一度発生したら、種の壁を超えて感染するから、植物のタンパク質にも影響するかもしれん。

種の壁はそんなにやわいもんじゃない。

豚は、異常プリオンたんぱく質を、経口摂取しただけでは発症しない。
脳に直接注射した場合は、発症する。

鶏に至っては、経口摂取は無論のこと、脳内への直接注入にすら感受性がなく、発症しない。

盛り上がるのは結構だが、きちんとまともな文献を嫁。

260 :名無しさん@5周年:04/08/25 21:21 ID:k03wbtdX
>>259 鶏の経口感染実験で5年後に運動障害を起こした理由が
高齢化という推測で終わらせてあるのが気になります。
鶏は15年〜20年が寿命だそうです。
ダチョウは発症するけど鶏は大丈夫というのも?よく考えます。
でも私は鶏は食べていますけどね。

こんなのもありましたね。新しい文献があるそうです。
135 :名無しさん@5周年 :04/08/23 19:45 ID:zEVGSWMp
食品安全委員会プリオン専門調査会 第11回会合議事録
1.日時 平成16年6月18日 (金) 17:00〜19:28
http://www.fsc.go.jp/senmon/prion/p-dai11/160618_dai11kai_prion_gijiroku.pdf

豚の感染問題で新しい論文が出てる
http://www.fsc.go.jp/senmon/prion/p-dai11/index.html

261 :名無しさん@5周年:04/08/25 21:30 ID:ysOQia0q
ハムスターは立派に餌から感染してるが?

262 :名無しさん@5周年:04/08/25 21:58 ID:ja3iOa9g
>>255
Q
>>潜伏期間中の牛を原料とする肉骨粉を食べた牛はみんな感染したと考えられるんですか?
A
>>現実には潜伏期間中の牛が伝播に関与している度合いは不明です。

Q
>>異常プリオンによる脳症は豚、鶏には発症しないのですか?
A
>>BSEの牛の脳を豚や鶏に食べさせる実験を行って、7年間観察しても発病していません。
>>豚や鶏で自然に発症した例はありません。
>>異常プリオンは排泄されます。体内で増えないので意味がありません。


経口摂取による豚や鶏の潜伏期間が何年か分からないと意味なし。
潜伏期間が7年以上だとどうすんの?
発病しないと感染が確かめられないのにどうして感染していない
と断言できるの?潜伏期間中の感染伝播は不明って自分でいってるじゃん。
もし潜伏期間なら感染能力を持つことを否定できてないじゃん。

人間がBSEに感染する確立がすごぶる低いとすると、
豚や鶏も同様に低いのでは?この山内先生は人間規模で
豚に肉骨紛を与えるこの実験を進めたのかね?
実際問題、人間でも牛由来のvCDJに感染しているわけだから、
豚でも発症はせずとも感染するかもしれないのでは?
一体でも感染してしまえば、
同種間の種間バリアーはキャンセルされるのでは?
そうしたら豚同士でも感染が広がる可能性があるのでは?
豚骨紛というのがあるのかは知らないけど。
山内先生。残念ながらまだ信用できません。

263 :名無しさん@5周年:04/08/25 22:00 ID:k03wbtdX
>>262

>>260
豚に関する新しい論文についての討論がなされているようだから
読んでごらんなせい。感想もきかせてくだせい。

264 :名無しさん@5周年:04/08/25 22:16 ID:ja3iOa9g
>>263
分かった。めんどくさいけど読んでみるよ。
ちょっとまってね。

265 :名無しさん@5周年:04/08/25 22:42 ID:ja3iOa9g
まず、
豚由来タンパク質等の飼料利用に関わ食品健康影響評価について
ttp://www.fsc.go.jp/senmon/prion/p-dai11/prion11-siryou1-1.pdf
というのを読んだ。

感想
リファレンスの受け売りであり>>255と内容がまったく同じ。
リファレンスにより経口による自然暴露の感染の可能性を完全否定している。
それを受けうって、鶏と豚については安全だと結論づけている。
リファレンスを読む気はしないが、まあ、行政文書だなという感じ。
ただ、豚骨紛の生成過程における
牛→豚→人での交差感染の危険性には言及している。

次は議事録を読んでみる。2時間半の内容。かなりだるそう。


266 :名無しさん@5周年:04/08/25 22:46 ID:EKdzXFs2
ウィルスだと細胞膜にとりついて細胞内に侵入するまでにいろいろと面倒なシステムをくぐり抜けなきゃ
ならないから種の壁を越えるのは突然変異に頼るしかないわけだけど、プリオンはもっとシンプル
だからなぁ…。とにかく接触して、折り畳み構造を変化させてしまえば「感染」だもの。

プルシナー教授によると、「これまでに調べた全ての動物は(正常)プリオンをコードする遺伝子を持っていた」
そうだし。

イギリスの例を見ると、BSE感染牛の約1‰の人間が死ぬんだよな…。
むこうの食生活と、BSEに感染しにくいとかいう体質とを考えると一概に比較はできないが、
これってもの凄い高率だよな。

267 :名無しさん@5周年:04/08/25 23:06 ID:p+xAk3FA
人間が発症した場合、症状を緩和することも、治療する事もできません。

脳組織が破壊されるので、人間としての尊厳を維持したまま死を迎える事も
できなくなります。

家族ですら正視できなくなります。

268 :名無しさん@5周年:04/08/25 23:09 ID:EUFARy2U
現在 0.1%、予測で 1% だね。イギリスの場合は感染しにくい (それでも日本人の半分) けど、
一番危険な脳味噌を食べる習慣があったからね。日本人の食習慣の範囲だと大したこと
無いと思うけど。

269 :262=265:04/08/25 23:09 ID:ja3iOa9g
議事録はかなり長そうなので小出しにノート的に感想とまとめを述べます。

まず、件の新しい論文について。 jonal nuroscience発表されたもの。
豚肉骨紛の安全性に関する論文。
>>262での考えがずばり的を得ていたようだ。
不顕性感染の危険性について。たぶん、潜伏期間における感染
のことと思われる。一度、アダプト(受容)すれば、
ほとんどバリアが無くなる。遺伝子改変により
種の壁を越えたときには、ほとんどバリアが無くなる。
1代経過すれば感受性が非常に高くなる。
論客の一人は経口感染はするといっている。
豚でアウトブレイクが起こらなかったことを安全の証拠としている。
つまり、ここで論客は豚に関して非常にずさんな状況であることを認めている。思ったとおり実験の規模は100匹程度らしい。

続く


270 :262=265:04/08/25 23:15 ID:ja3iOa9g
数万匹単位でどうなるかは分からないとのこと。不顕性感染について。
豚はとさつ年齢が若いので発症するまではいかないとのこと。
つまり、実はアウトブレイクは起こっているかもしれないが、
ただ発症していないだけかもしれないとのこと。

続く

271 :262=265:04/08/25 23:21 ID:ja3iOa9g

一頭でも起きればやばいかもとのこと。
BSEもそのようにして始まったかもしれないとのこと。
豚の肉骨紛が解禁されるかもしれないとのこと。
種豚(生殖のさい)については長く生きるので規制を設けるべきとのこと。

ここで日本国におけるBSE問題全般についての話に移る。

続く

272 :262=265:04/08/25 23:29 ID:ja3iOa9g
抗原抗体反応(ELISA法)を用いたプリオンタンパク質の検出状況について。
4回に分けてやるとのこと。1回目で陽性反応が出たのは1000頭当り
2〜3頭とのこと。2回目も出た場合には国の検査機関に送る。
結果、いずれも陰性とのこと。
精度を高めるためにがんばっているんだってさ。プッ( ゚,_ゝ゚)

続く


273 :名無しさん@5周年:04/08/25 23:32 ID:+fgpy366
ID:ja3iOa9g

なんでこいつはこんな必死なわけ?

274 :262=265:04/08/25 23:36 ID:ja3iOa9g
DVDで検査手順を作るとのこと?DVD!DVD!
ある論客は延髄をグレープフルーツを取る機械(改良)で取っているそう。
13年以降はこういうギリギリノ現場仕事の人間でやっております。
(原文のまま)

続く

275 :262=265:04/08/25 23:41 ID:ja3iOa9g
>>273
>>263に頼まれたからだよ!おもしろいのでもう少し続ける。

276 :262=265:04/08/25 23:55 ID:ja3iOa9g
危険部位の焼却は市の環境センター、清掃工場とのこと。
一頭当り18万円かかるらしい。
判定キットが変わると数値が全然違うらしい。
鳥の肉骨紛は使っているらしい。牛の肉骨紛は一般廃棄物
として扱うとのこと。セメントの原料にするとな。
一年間に発生する残渣(ゴミ)は牛、豚、鳥あわせて
160万トンとのこと。これから40万トンの肉骨紛ができるとのこと。

続く

277 :名無しさん@5周年:04/08/25 23:56 ID:p+xAk3FA
必死でも有益な情報ならかまわん。というか大歓迎。

命に関わる問題で、国が嘘つきまわってるんで信頼できん。
ちょっとでも自衛に役立つ情報がほしい。

ま、牛肉を食べるのは当然やめてるわけですけど。

278 :262=265:04/08/26 00:12 ID:w6w4opOs
牛の脊柱、と検査を受けていない牛は豚、鳥への飼料も含めて
油脂にしないとのこと。肉骨紛から肥料も作っているが、
脊柱が入らないようにしているとのこと。
キットについては全額、国からの補助。
消耗品、人件費は都負担。擬陽性率は年々、低下しているとのこと。
イタリアでは年齢別に検査をしているとのこと。
前頭検査ではないということ。

疲れてきた。('A`)

続く

279 :262=265:04/08/26 00:21 ID:w6w4opOs
検査は緊張を強いられる仕事だが、当初に比べて
笑顔が出るようになっているとのこと。
キットに対する信頼が薄い。現場はむかついているようだ。
キットの値段が90匹分で当初24万、今は17万。
論客の方、ため息をついています。w年間30億とのこと。
ちなみにバイオラド?バイオラット?社製。
キットはテクニックがものをいうらしい。w

続く

280 :262=265:04/08/26 00:34 ID:w6w4opOs
論客曰く、検査の擬陽性確立は妥当であるとのこと。
検査材料を取るときの描写が生生しい。
突き刺すとか。頭を割るとか…
豚肉骨紛は年16万トン。
セメントにする肉骨紛は当初は、全体の三分の一、焼却は三分のニ。
現在は半々。硬膜の除去。ワイヤーブラシなどできちんとやっているとさ。
株式会社の社員がやってるらしい。
アメリカのデータを欲しがっている。
配合飼料の中に反芻動物が混じっていないかの検査は、
メインが顕微鏡検査、補完的にPCR法(遺伝子検出)、
ELISA法(抗原抗体反応)。みんな完璧じゃないから
併用しているとのこと。

続く


281 :名無しさん@5周年:04/08/26 00:38 ID:6yvx/5sF
>>273
狂牛病信者だから。感染症が存在理由になってるらしい。
数年前から狂牛病関連スレに常駐、情報を曲解したり
反論できなくなると逆切れ、コピぺ荒らしするので有名。
狂牛病スレッドのまりちゃん、サーズスレッドの前スレさん。
本人の人間観、世界観を感染症問題に投影してるのに気が付いていない。

282 :262=265:04/08/26 00:45 ID:w6w4opOs
PCR法、 ELISA法ともに陽性、顕微鏡が陰性の場合、帳簿を確認。
帳簿に問題があれば指導。違反が数件発生とのこと。
指導は行っているとのこと。
陽性率が減ってきたので検査のレベルを下げても大丈夫か
議論する方向とのこと。金の問題だろう。

ここで結論ぽいことに入る。時間の関係か。

リスク評価という単語。まあ、可能性の問題ということだね。
なるべく発生しないようにはするがという認識なのだろう。
今回は種間バリアーの話には及ばなかったとのこと。
まあ、これからがんばるとさ。

以上、終わり!お疲れ様でした。

283 :262=265:04/08/26 00:51 ID:w6w4opOs
>>281
勘違いしているようだけど、BSE関係でカキコしたのは
このスレの>>12が最初。人違いだね。サーズ関係は知らんよ?
まあ、興味を持っている人はたくさんいるということさ。


>>本人の人間観、世界観を感染症問題に投影してるのに気が付いていない。
これはある。うんうん。けど何か悪いことはあるのか?

284 :名無しさん@5周年:04/08/26 00:53 ID:Yl00CW79
>>282
乙カレ〜
ありがとう

285 :名無しさん@5周年:04/08/26 00:57 ID:X2YrfhIE
御苦労さん。

286 :262=265:04/08/26 01:02 ID:w6w4opOs
おっ?いやあ、こんなに頑張ったのは初めてさ。
時間にして2時間。読んだ感想はなかなか人間チックで良かったです。
まあ、行政も良くやっているとオモタ。討論する側も
公開されるとなると気が気ではないと思う。
こういう情報はなかなか見かけないから、人目に触れて良かったと思う。


287 :名無しさん@5周年:04/08/26 01:05 ID:BPHe30Ru
タレ牛問題を隠蔽したからアメリカは黒
安全問題をすっ飛ばしてまで
その牛を輸入再開させようと吉野家と仙台牛タンの会も黒

288 :262=265:04/08/26 01:14 ID:w6w4opOs
個人的には>>262があまりにも的を得ていたのでビビタ。
めちゃくちゃ詳しいというほどではないのだけど。
理系ドロップアウトの漏れだけど
やっぱやめない方がよかったかな。OTZ

289 :名無しさん@5周年:04/08/26 01:26 ID:2LmSHYfm
いまからでもやれる事やってみれば?

漏れも理系ドロップアウターだが、後悔ないなぁ。
結局機械系の仕事に就いてるのには、我が事ながら機械いじりが好きなんだな
と苦笑した。
けど、大学で経営学や広告論や、イベントと関連広告の実施方法、その効果測定
など、フィールド研究やった経験は無駄になってない。

幸い、医学系に進んだ親戚は多いので、参考意見きけ、恵まれたと思う。
(BSEに関してはまだよくわからない。よくわからないから原因を疑われるものを
接種する(食べる)のはやめた方が良いとアドバイスされた。)

290 :名無しさん@5周年:04/08/26 05:13 ID:lR97BMro
BSE ((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

291 :河豚 ◆8VRySYATiY :04/08/26 05:57 ID:dNvoqm4S
人類の持てる科学の粋を集めて、
牛から作り出した、牛に似た生物を作り出して、
そこにサルベージした人の魂を注入して(r

292 :河豚 ◆8VRySYATiY :04/08/26 06:01 ID:dNvoqm4S
追加補足

S2機関を内蔵させるのがコツだな。
餌を食わずに成長すれば、BSEは防げるわけだし。

293 :名無しさん@5周年:04/08/26 06:31 ID:6yvx/5sF
>>283
ああ、ごめん。
狂牛病信者はk03wbtdXだった。

294 :名無しさん@5周年:04/08/26 06:38 ID:Miadby3B
262=265さん、ありがとう。
長いのの要約、よくわかったよ。

報道と議事録の内容ってずいぶん異なるよね。

295 :名無しさん@5周年:04/08/26 06:59 ID:Tu8grjGy
ID:6yvx/5sF=ID:KyqqLaXp なんだろう。以前から狂牛スレに粘着してる研究所あがりの猫飼い。
脳衰スレからみてりゃわかるよ。2CH歴長いんでね。
ねたんでんじゃないの?そんなに2CHが気になるんなら自分ワールドの感染症HPを作ったら?
悪口は見苦しいよ。情報提供のほうがまし。

296 :名無しさん@5周年:04/08/26 07:01 ID:6yvx/5sF
脳衰スレってなに?

297 :名無しさん@5周年:04/08/26 07:17 ID:Miadby3B
欧州食品安全庁(EFSA)、7ヵ国のBSEリスクを評価 米国のリスク高まる
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/04082501.htm

これって既出だったかな。結構重要なことが書いてある。
輸入再開に影響する評価だね。

298 :名無しさん@5周年:04/08/26 11:55 ID:/chTOzrv
>>297から 米国全然だめじゃん
2.米国内におけるBSE再生産のリスク
(1)給餌 
97年8月まで、哺乳動物肉骨粉(RMBM)を牛に与えることは合法だった。従って、
給餌に関しては「不合格(not OK)」。
97年8月にRMBM禁止(フィードバン)が導入されたが、非反芻動物肉骨粉を牛に
与えることはなお合法で、非反芻動物(農場動物やペット)にRMBMを与えることも
合法だ。様々な哺乳動物肉骨粉(MMBM)はラベルで区別できるだけで、RMBM禁止を
維持するのは困難。反芻動物と非反芻動物の肉骨粉の分析的区別は非常に困難だから、
フィードバンのコントロールは難しい。
 米国では生産システムが高度に専門化しているから、様々なMMBMの流れは分離
できる。従って、このようなフィードバンは、この高度に専門化した地域では
「合格」と評価する一定の根拠がある。しかし、いくつかの地域には混合農業・
混合飼料工場があり、このような地域ではRMBMの禁止では不十分だ。禁止を遵守
させるための牛飼料の公的コントロールは02年に始まった。従って、97年以後の
給餌の評価は依然として「不合格」だが、改善されつつはある。

(2)レンダリング
 レンダリング産業は感染性を減らすとは立証されない工程で操業している。
従って、レンダリングは「不合格」だったし、今も「不合格」。

(3)特定危険部位の除去
 特定危険部位は飼料用にレンダリングされたし、今でもそうである。これには
病牛・死亡牛の部位も含まれている。従って、特定危険部位の除去は「不合格」。

(4)BSEサーベイランス
 89年以前、BSE感染牛を発見(そして排除)するためのシステムの能力は
制限されていた。90年以来、一定の(受動的)サーベイランスのお陰で、この能力は
改善された。(今年6月から始まった)リスク牛の能動的サーベイランスは、
システムを相当程度改善するだろう。



299 :名無しさん@5周年:04/08/26 13:03 ID:Tu8grjGy
>269から読みなおしたが、豚も肉骨粉食べさせたら危険といっているわけだな。
アメリカと日本では、豚の安全性も異なるようだ。

300 :名無しさん@5周年:04/08/26 13:22 ID:e6/Ck4n1
狂牛病にかかる確率なんてのは天文学的だろ。
交通事故のようなもんだ。
おまいら、そんなものでグズグズ言ってるより煙草を吸ったりカップメン食うの止めとけ。

301 :大佐は疲労困憊 ◆K76a0xu20c :04/08/26 13:31 ID:/wlYEA23
>>292
ミサト「牛を・・・食ってる!」

マヤ「おぇぇ・・・・って普通だYO!」

302 :名無しさん@5周年:04/08/26 13:40 ID:/chTOzrv
ヤコブ病受け入れ病院って、これしかないのな。
患者さん、苦労してるんだな。
http://www.cjd-net.jp/2PART2/290Jyouho/291Byoin_List/IrouKikan_Ukeire.htm

303 :名無しさん@5周年:04/08/26 13:41 ID:oTE72bq4
>>300
豚と人間で種間バリアーが低いのは分かるよな?
豚と牛でまず種間バリアーが突破されると、
病原菌の場合といっしょで豚と人間間では
アウトブレイクを引き起こしやすい。
それに豚は不顕性感染が疑われている。
>>265から読み返せ。
官も不顕性感染について懸念をもっていることが分かる。

304 :名無しさん@5周年:04/08/26 13:46 ID:j3hiH8iU
東海岸で働く脳神経系の医者の友達いるんだけどさ。
黒いつぇるやこぶとして上に申仕立ててないだけで、
同様の症状の患者を月10人は見てるってよ。
ま、握り潰しって奴ね。
食肉関係のシンジケートはどの国でも強いからね。


305 :名無しさん@5周年:04/08/26 13:48 ID:2VZQUFVx
FDAなんかが因果関係のはっきりしないCJDの予防措置を取ると思ってるのか?
裁判で負ける要素が無い限りはアメの役所が動いたりしねーよ。


306 :名無しさん@5周年:04/08/26 13:57 ID:1l/jGYlW
>>303 米国はこれだよ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/06 09:36 ID:GOo0QIa4
米国のFDA(食品安全局?)の声明
http://www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/NEW01061.html

テキサスのBSE感染可能性の牛の肉骨粉は、豚に与えることは許可する

FDA is sending a letter to the firm summarizing its findings and
informing the firm that FDA will not object to use of this material
in swine feed only.

swine=豚

ヤフー BSEニュース(英語)
http://news.yahoo.com/fc?tmpl=fc&cid=34&in=health&cat=mad_cow_disease



307 :名無しさん@5周年:04/08/26 14:01 ID:bWEoJRkT
結局だね、人体実験するしかねーわけよ。
まだまだ情報が不足しているから。
日本の消費者つかーて、実験するよろし。
金まで払わせて、人体実験。
おいしい商売だな、食肉業界。

308 :名無しさん@5周年:04/08/26 14:03 ID:Tu8grjGy
>300
輸血とか手術、しなければそうかもね。
血液製剤は国産?

309 :名無しさん@5周年:04/08/26 14:15 ID:XtJxeOr6
> >7
> アメリカは全頭検査しても良いって言ってるよ。
> ただ、かかる費用は全額日本持ちでって。
> でも日本側が費用はアメリカが持てって言って、話し合いがつかないだけ
> アメリカ側が全頭検査は嫌だって駄々をこねてると思ったら大間違い

つまり、アメリカ側がただで全頭検査するのは嫌だって駄々をこねているんだな。
なら輸入規制永続でいいじゃん。
牛丼より豚丼の方が美味しいし。

310 :名無しさん@5周年:04/08/26 16:49 ID:vzzLdaqQ
262みたいな半端モンがとやかく言えるような相手じゃないんだけどなぁ。>山内一也先生

262にあるような書き込み内容は、別に衝撃的な内容じゃないし、
研究者なら念頭におくべき、基本的な内容。


262の後半のまとめは、結構いい出来っぽい。
議事録のまとめは助かりますw

311 :名無しさん@5周年:04/08/26 17:09 ID:vzzLdaqQ
議事録見てみたが、山内先生の反応は完璧なものと言っていいと思うが・・・。
>>262 は反省汁。

この豚のニクコプン関連の話は、(論文提出された時期見てもわかるが)
研究の最前線分野みたいだね。
例の講座の内容が時間の経過とともに、陳腐化する部分があるのもやむを得ないっぽ。


312 :名無しさん@5周年:04/08/26 17:15 ID:vzzLdaqQ
議事録冒頭の抜粋

○吉川座長ありがとうございました。資料のほうはかなりの量ですけれども、大丈夫でしょうか。
それでは、議事に入らせていただきます。資料1−1にありますけれども、豚由来のたん白質等に
ついて第8回のこの調査会で意見が取りまとめられて、その後、意見募集をしていたわけですけれども、
先ほど事務局のほうから紹介があったように、資料1−2にあるように、5月26日の
「Journal Neuroscience」に新しい論文が発表されて、その内容がちょうど豚肉骨粉の安全性に
関わる論文であるということで、急遽、事務局のほうから各委員に配付してもらったところですけれども、
もう1回、そういう新しいデータを含めて調査会で議論しておいたほうがいいだろうというふうに考え、
従来のものに割り込んで先に議論をしていただきたいと思います。どなたか、この論文について
御意見ございますでしょうか。

313 :名無しさん@5周年:04/08/26 17:19 ID:vzzLdaqQ
○山内専門委員この論文が事務局から送られてきて、私はすぐにコメントを送ったのですが、
結局、この委員会では、豚肉骨粉に関して議論をしていたときに、交差汚染というとを念頭に
置いて、交差汚染をいかに防止するかということでの議論を行っていたわけです。もう一方で、
EUではまだこれを承認していない。それに対する理論武装が必要であろうということで、
そのときに吉川座長は、EUの考え方として、1つは交差汚染の防止、もう1つは同種の間での
リサイクルというか、この場合は哲学というようなことと2つあるのではないかということだったの
ですが、結局、議論としては交差汚染のことしかやらなかったのです。そして、この論文の場合
には、これは1つのモデルですけれども、不顕性感染を起こす可能性があると。これは、この
著者はかなり強調している。そして、この場合はトランスジェニックマウスですが、豚にアダプト
したときには、今度は同種のものになるから急速に広がっていく。そういう豚の間でのリサイクル
の危険性というものを一応提起していたわけです。この問題について、この委員会では全く議論
をしていないという現状があったものですから、やはりその議論をすべきであろうと思った次第です。
それから、後でもう一度、ジェラルド・ウェルズが去年「Journal General Virology」に出した豚への
BSE脳内接種の論文、それから、去年の9月にアメリカのフォートコリンズでジェラルド・ウェルズが
やはりこの問題を取り上げて、豚の間でのリサイクルの可能性をいろいろ議論しているのです。
イギリスの場合、96年までに豚の間でリサイクルが起きた可能性は極めて低いだろうけれども、
そういうことに関する議論は彼はちゃんとしているわけです。そして、96年に肉骨粉の全面禁止を
していますから、そこで今は問題が一応おさまっているという状況、こういった事実を踏まえた上で、
やはりこの委員会として議論をしておかないと、EUとか、ほかの国に対する理論武装もさることながら、
我々としてそういった問題を議論しないで済ますわけにはいかないだろうというふうに思った次第です。

314 :名無しさん@5周年:04/08/26 17:24 ID:vzzLdaqQ
○吉川座長ありがとうございました。今、山内委員のほうから概要の説明をしていただいた
のですけれども、豚由来たん白質を飼料に利用するという中で、すべてのステップについて
のリスクというのを評価してきたわけです。そこでは確かに基本的に交差汚染のリスクという
格好で議論をしてきて、豚の感受性については、一番最初のときに脳内を含めた感染実験と
経口で、種の壁を越えるというほどの感受性はないというデータは最初の紹介があったのです
けれども、今回、豚のプリオン遺伝子を入れたトランスジェニックで種の壁を越えたときには、
ほとんどバリアというのはなくなる。(ry

面白いので、興味ある人は読んでみれ。


315 :名無しさん@5周年:04/08/26 18:01 ID:lAFe7CA7
しかし米国牛の問題は決して全頭検査だけじゃ解決できないのに
どうしてこう、共同通信なんかは全頭検査だけを強調して報道するんかね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040824-00000232-kyodo-bus_all

厚労省は先日意見交換会ではっきり「全頭検査だけの問題ではない」と
公言したはずなんだが。

共同通信の記者は全頭検査信者なんだろうか。


316 :名無しさん@5周年:04/08/26 18:18 ID:ew5WNQ94
そういえば、
この間吉野家で「とじ鍋」食べたけど
牛入っててまあまあだった。

317 :名無しさん@5周年:04/08/26 19:16 ID:lAFe7CA7
牛タン瀕死 あえぐ店 長引く米国産禁輸
http://mytown.asahi.com/miyagi/news02.asp?kiji=5636

 牛タンの卸業者の中には、新たに中国産を開拓する動きも出始めた。
価格は豪州産の3分の1程度に抑えられるが、中国は口蹄(こう・てい)疫
が発生している恐れがあるため、ゆでたものしか輸入できないという大きな
制約もある。


318 :名無しさん@5周年:04/08/26 19:35 ID:6yvx/5sF
>>295
あー、脳衰スレって分かった。
筑波の農林水産省BSE実験施設完成ニューススレッドで
まりちゃんとシンパさんが、排水による汚染とか研究所は公開してないとか
実験施設にマイナスになる想像を書いてたスレッドでしょ?
最近は2人で文体のまねっこしてるのね。

319 :名無しさん@5周年:04/08/26 19:44 ID:lAFe7CA7
>>318 ID:6yvx/5sF 大丈夫か?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822243818/hbjp-22/249-0812976-9705955

320 :名無しさん@5周年:04/08/26 19:45 ID:NbbBxx5u
またBSEじゃないと発表されるんだろ

321 :名無しさん@5周年:04/08/26 19:49 ID:6yvx/5sF
>>319
裏番朝掲示板を丹念に読むといいよ。

322 :名無しさん@5周年:04/08/26 20:00 ID:asHxkhti
アメリカが当初全頭検査を嫌ったときに、ニュースかなんかで
言ってたんだが、アメリカとオーストラリアの売り方の違いが
取り上げられていた様な気がする。アメリカは部位で売るけど、
オーストラリアは基本1頭売りとか言ってたかな?
吉野屋みたいな店がオーストラリアから買えない事情はそこに
有るとか思ったんで覚えてたんだけど。(記憶が曖昧)
と言うことは、牛一頭についてアメリカ消費分と輸出相手国の
消費分とが有るのに、検査費用は1頭分まるまる、このばあいの
相手国である日本持ちにしてアメリカの消費者には負担させたくない
って事なのかな?だったら全頭検査やってもいいよって事かな?

全頭検査やってもイイけど日本が費用負担しろってソースみつからん
のだけど、この辺詳しい人教えてください。
アメリカ企業が全頭検査してもイイってのは聞いたこと有るんだけど。

323 :名無しさん@5周年:04/08/26 20:03 ID:QJHY+MIe
しかし吉野家いよいよやばいんじゃないの?うちの近所の見せあぼーそしたぞ。

324 :322:04/08/26 20:08 ID:asHxkhti
その後、アメリカの農務省は全頭検査を非科学的だって承認
しない事にしたんだっけ。これソースが有った。

tp://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=4&i=2004042109217p2

これ、その後どうなったの?誰か知らないですか?

325 :名無しさん@5周年:04/08/26 20:09 ID:XiBJbSwX
ということは20年位前からBSE牛がいたのか(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

326 :名無しさん@5周年:04/08/26 20:21 ID:lAFe7CA7
>>318 こっちのほうが当たってるかな。
調べてみるとこの世界も奥が深い。
http://lulu-web.com/pd-mousou.html

>>324 民主党と農務省が話し合って平行線を辿ったという
ニュースを見た気がする。

327 :322:04/08/26 20:29 ID:asHxkhti
>>326
ありがとです。

そうですか。と言うことは、アメリカ政府が全頭検査をしても
イイとか言うのは、民間業者に対する承認を検討しているって
いうニュースを取り違えたのかな? >>16

で、結局、民間業者の全頭検査を非科学的だって承認しない
事にしたままって事ですかね。

328 :名無しさん@5周年:04/08/26 20:36 ID:lAFe7CA7
>>327 記事、日経だった。8月24日だから、つい最近のだね。
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0

329 :322:04/08/26 20:53 ID:asHxkhti
>>328
たびたび、ありがとです。

>(2)生後30カ月未満の牛でBSEが検出されることはあり得ない
ってホントかな?とか思って探してみたんだけど、

ttp://www.mhlw.go.jp/topics/0103/tp0308-1.html#22q1

上のリンクで日本では、昨年10月に23ヶ月齢、11月には
21ヶ月齢の牛が狂牛病認定されているんだけど..
検査方法とか、検査結果に対する認識の違いとかかな?

結局費用が問題なんだろか?他に全頭検査するの嫌がる
理由があるのかなぁ。農家が大変とか。
アメリカ牛の競争力がなくなるとか。

330 :名無しさん@5周年:04/08/26 20:59 ID:xP272mbV
アメ公は信用できん。
狂牛病の牛はイパーイいるよ。


331 :名無しさん@5周年:04/08/26 21:02 ID:+7sRusHV
BSEに感染する確率は宝くじが当たるより低いんだよ。と話す聡明なアメリカ人。

332 :名無しさん@5周年:04/08/26 21:04 ID:bdwpB+lV
>>323
だいたい吉野家って、不景気の節約ブームにのっかって
出店しすぎな気がしてたんだが。
少しつぶれて適正規模の支店数になったほうが吉野家のため
だと思われ。


333 :322:04/08/26 21:08 ID:asHxkhti
確率しらないけど、宝くじより低い確率で当たりたくないなぁ。
牛肉大好きだし。焼き肉に限らず良く牛肉は食べるしな。
宝くじは買わないけど。

牛丼屋とかは昼飯食べる時間が10分くらいで済むので
仕事忙しい時とかよく行ってたなぁ。
今は松屋の豚キムチ丼が結構お気に入り。

334 :名無しさん@5周年:04/08/26 21:12 ID:Tu8grjGy
>329
感染疑惑牛を誤魔化して肉骨粉にしてしまうような管理体制だからな。
利益優先、現状を隠せるだけ隠して、そのうち、
感染しない組み換え牛でも導入しようと考えているようにも思えるな。穿ちすぎかもしれんけど。
まあ、飼料企業は特定危険部位を、脳と脊髄だけに限定しろと、
時代に逆行するよーな主張をしていたと思った。

335 :名無しさん@5周年:04/08/26 21:29 ID:VHi0FglO
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

336 :322:04/08/26 21:31 ID:asHxkhti
>>334
そうですか。
感染しない組み換え牛がBSEに対して安全でも抵抗あるなぁ。
安全な牛をいっぱい食べれる様になればイイのになとか思った。

でも、国内で話題になった頃も牛食べたくなったら焼き肉食べに
行ってたけどね。今週も焼き肉行ったな〜。美味しかったなぁ〜。
吉野屋の牛丼も久しぶりに食べたいな。ショウガいっぱい入れて〜

337 :322:04/08/26 21:41 ID:asHxkhti
>>336を書いてて思ったんだけど、俺は大丈夫なんだろか。
それじゃぁ..逝ってきます..

338 :名無しさん@5周年:04/08/26 21:53 ID:hxV9XXyU
>>329
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0
> (2)生後30カ月未満の牛でBSEが検出されることはあり得ない

これは恐ろしいほどの無知をさらしているね。
2003年11月に日本で発生した21ヶ月のBSE感染牛は、
国際獣疫事務局(OIE)に正式に登録されている。

Number of reported cases of bovine spongiform encephalopathy (BSE) worldwide
http://www.oie.int/eng/info/en_esbmonde.htm
> Japan - Data as of 5 November 2003. The 9th case was a bullock aged 21 months.

339 :322:04/08/26 22:35 ID:asHxkhti
>>338
これ、えらい拙いね。農務省の次官がこんな事言ってたら..

そういえば、アメリカの牛ってどの牛からどの牛が何時生まれた
とか、何処でどんな物食べてたとか追跡できるシステムが
無いんだっけか。

アメリカがいろんな問題抱えてるのは今回わかったけど、それを
相手国(日本)の科学的根拠のない場当たり的な考え方だ...
言うかなこういう事..

340 :名無しさん@5周年:04/08/26 22:50 ID:jH3kmXGD
いっそ日本向けは日本が検査すると言えば
あいつ等も気が済みそうだな

341 :名無しさん@5周年:04/08/26 22:53 ID:lAFe7CA7
>>338
というか、日経新聞の担当記者が注釈・訂正つけないで
そのまま報道を垂れ流すのも問題かと。

しかし中国のリスクはどのくらいなんだろうか。


342 :322:04/08/26 23:02 ID:asHxkhti
>>340
アメリカから日本に部位で輸入された物を、一つ一つチェックするのは
さすがに高く付きそうだなぁ。牛タン一本一本をチェックとか、
検査する人が鬱にならんかそれも心配。
臓物系のチェックはきつそうだなぁ。

343 :名無しさん@5周年:04/08/26 23:46 ID:kiBahJH8
>>338
まぁ (2) は論外だけど、(1)、(3) は的を射ているな。

344 :名無しさん@5周年:04/08/27 07:55 ID:wYB387Ne
>オーストラリアは基本1頭売りとか言ってたかな?
>吉野屋みたいな店がオーストラリアから買えない事情はそこに

吉野屋の公式発表では、豪州牛と米牛の肉質に決定的な差があるのが原因らしい。
与える飼料の差により、米牛はどちらかと言うと和牛に近く、肉が柔らかく脂が多い、
牧草を与える豪州牛は、肉質が固く、ステーキなどに向いているらしい。
だから、脂の少なく固い豪州牛では、あの味が出せないんだって。

きちんとソースはあるから、気になった人は検索汁。

345 :名無しさん@5周年:04/08/27 07:57 ID:GaAP6mJi
>>343
http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=0
>(1)日本政府の姿勢は非科学的で場当たり的
21ヶ月の牛が検出できたのだから非科学的とはいえない。
全頭検査の費用は20ヶ月以下を除いてもほとんど変わらない
かえって現場、流通、消費者の手間と混乱と疑惑が生まれるだけで合理的でない。
また、今後さらに検出精度が高いキットが出てくるだろう。

>(3)米国で年間に処分される牛3500万頭に全頭検査をしたら約10億ドル(1100億円)
>もかかり、経済的負担が大きすぎる
米国は牛(米では食べない肉)を売って一体いくら儲けるのか?そこから考えろ。

↓ところで、どんどん勝手に話を作られているぞ。

若い牛は検査除外で調整 対日輸出再開で米農務長官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040827-00000043-kyodo-int

346 :名無しさん@5周年:04/08/27 07:59 ID:wYB387Ne
今の米国のお肉業界の国としての管理体制は、お肉業界のボスが牛耳っている訳で・・・。
(ファーストフードが世界を(ry 参照)
日本で例えるなら、ハンナンの元会長が、農林水産大臣って感じ。


>アメリカの農務省は全頭検査を非科学的だって承認
>しない事にしたんだっけ。
>ttp://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?c=4&i=2004042109217p2

こんな電波なこと言う国からは、恐ろしくて肉輸入したくないよ。

347 :名無しさん@5周年:04/08/27 08:00 ID:GaAP6mJi
>>344

オーストラリアも、米国と同じように穀物飼育で育てた牛もいるそうだぞ。


348 :名無しさん@5周年:04/08/27 08:02 ID:PUFPbwG7
(;つД`) 「ルールが変わって安全」では、怖くて食べれないよ・・・

349 :名無しさん@5周年:04/08/27 08:03 ID:wYB387Ne
>日本はすべての年齢の牛の検査は要求しないだろう」と述べ

これが、ジェンキンス見逃しの代償かよ・・・。


まぁ、米牛自体は、生まれてこの方、ほとんど食ったこと無いハズだが、
肉自体以外に利用される部分は避けようがないからなぁ。
出来るなら、これで二度と米牛の輸入を止めて欲しいよ。

未だに米は、日本の牛は危なくて食べられないと主張し、日本からの和牛の輸入は
全面的にストップしてるしな。
どっちが危ないんだかw

350 :名無しさん@5周年:04/08/27 08:06 ID:Fyzff9uy
産地詐称に重い罰則をつけて、話終わると思うんだけどな。
検査しないなら、買わないだけ。


351 :名無しさん@5周年:04/08/27 08:10 ID:GaAP6mJi
ホレ。吉野家がリスク分散と開発を怠っただけじゃないか。
もう、禁輸から9ヶ月だぞ。

http://www.google.com/search?q=cache:Kd5X_8Wcq-4J:www2.odn.ne.jp/shokuzai/Gyuniku.htm+%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%80%E7%A9%80%E7%89%A9%E9%A3%BC%E8%82%B2%E3%80%80%E7%89%9B&hl=ja
現在はアメリカとオーストラリアが輸入牛のシェアを2分しています。
以前は穀物飼育(アメリカ)か牧草飼育(オーストラリア)か、
また冷凍(アメリカ)かチルド(オーストラリア)か、 によって味に
差があったのですが、最近では日本企業が現地生産者・パッカーと提携
して日本向けに飼育し ほとんどチルドで輸入されますのでほとんど差が
ありません。

352 :名無しさん@5周年:04/08/27 08:10 ID:wYB387Ne
>産地詐称に重い罰則をつけて、話終わると思うんだけどな。
>検査しないなら、買わないだけ。

米牛を店頭に並べても、まったく誰も買わなかったら、そのうち
国内でほとんど流通しなくなるだろうしな。

あとは、米牛を材料として使っている(スープなど含む)製品には、
「米牛(全頭検査未実施)を使用しています」とかいう真っ赤なラベルをはる事を義務付けるとか。

353 :名無しの研究者:04/08/27 08:12 ID:54TK+wWZ
焼き肉、ホルモンは当たりを引くとしても天文学的な確率だから心配ないよ。

問題は加工食品。ビーフエクストラクトたっぷりのカップ麺を散々食ってる奴は
覚悟しとけよ。あと牛コツ入りのラーメンは高確率であぼーんだな。更にコラーゲン
入りの化粧品も相当な確率でプリオン入りだろうけど体内に入る確率は低いから
まぁ大丈夫だ。

どうせCJDになってもアウトブレイクでもない限りは若年性痴呆症で片付けられるけどな。

354 :名無しさん@5周年:04/08/27 08:13 ID:BhB2m+Oa
>>345
(1) は全頭検査だけを言っているのではない。BSE 対策は検査だけだと思っているの?
BSE が発生した当初の対応はかなりずさんだったし、今もそのツケが残っている。

(3) 日本は検査費用は全て税金から賄っている、検査が金額的負担になっている証拠。
日本の牛の価格と、アメリカの牛の価格を比べてみろ。

355 :名無しさん@5周年:04/08/27 08:22 ID:GaAP6mJi
>>354
(1) 米国は未だに飼料管理がなっていないんだからな。それは業界の責任と思われ。
BSEは初動が大事。今最大限のことをしなければ今後さらにコストがかかる。
大体、全頭検査をしないからといって、飼料管理等を米国がまともにする気が
あると思ってるのか?
信用されない国が、信用を受け、購入に結びつけるためには最大限の努力をすべき。
日本は馬鹿にされてるのさ。

米国飼料業界、排除特定危険部位は脳と脊髄に限れ FDA交差汚染防止案に反対
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/04081801.htm

(3)金がかかるが購入してもらいたいというなら、費用を消費者に転嫁しろ、と
いうなら話はわかるが、今検査をやめたら牛肉需要はさらに冷え込んで、
農家補償にさらに税金がかかると思われ。

アメリカ牛は安全性を犠牲にしてるから、さらに安いのもあるんだろ。
成長ホルモン剤、抗生物質の話は、既出では?
スレをよく嫁

356 :名無しさん@5周年:04/08/27 08:28 ID:Fyzff9uy
タバコみたいに、
「この食品には米国産牛由来食品が含まれています。
 あなたの将来の健康を損なうおそれがありますので、
 食べ過ぎに注意しましょう」
とかの表示を義務つけるとか。


357 :322:04/08/27 08:58 ID:2KDkcxrC
>>344
少し思い出した。ありがと。
部位買いの話で上がってたのは牛タン屋の話だったかな。

358 :名無しさん@5周年:04/08/27 08:59 ID:GaAP6mJi
>>345 の共同とはずいぶんと対照的な。

月齢識別法めど立たず 「6カ月の誤差」/BSEで米農務省
[2004年08月26日付]
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/news/index2.html
米国農務省のディヘイブン動植物検査局長は24日、民主党BSE(牛海綿状脳症)
調査団との会談で、牛の歯による月齢判断で「6カ月の誤差」が生じることを
明らかにした。月齢判断の前提となる牛などの個体識別についても「農場ごとの
番号振り分けを8月末から始めるが、牛1頭ごとの個体識別の導入は、業界団体と
協議して慎重に検討したい。あと5〜6年はかかる」との見通しを示した。米国政府
が科学的な根拠に基づいた月齢識別方法の確立に依然、めどを立てられないでいる
状況を浮き彫りにした形だ。
 日本は牛肉トレーサビリティー(生産・流通履歴を追跡する仕組み)法の施行で
牛の出生年月日まで特定できる。しかし、歯の生え具合で月齢を判断する米国では、
正確な月齢把握ができないとの指摘が専門家の間でなされてきた。ディヘイブン局長
の発言は自らその問題点を認めたもの。
  日本は食品安全委員会の国内のBSE対策の検証を踏まえ今後、仮に検査対象牛
を一定月齢以上に区切るとしても、米国政府が科学的な根拠に基づいた月齢識別手法
を確立できないままだと、輸入再開に向けた日米協議は無意味になる。


359 :名無しさん@5周年:04/08/27 10:34 ID:fU3Pli62
日本に輸出できない肉は国連に買い上げてもらってる予感。
なんか路頭に迷う肉牛生産者、廃業に追い込まれる生産者、町全体がさびれる
牧場地帯とか聞かないよね

ビーフシチューやコンビーフとかにして、
@まずは糞米軍の携帯食として加工し→
Aそれを軍から国連に払い下げ
B中東やアフリカに食糧援助物資として運搬
以上の糞米のポチ国連もグルの大義名分でさばいてるんじゃないのか?
誰か知ってたら教えて。
コソボやアフガンでも空から撒いてたけど、あれは嫌がらせで相当汚物とかゴミとか入れてたんだろうけど。
まずくて誰もたべなかった。幼児は食べるの泣いてたな。しかし週刊誌の記者は米軍の携帯食を
ミリタリーショップで買って食べたら結構うまいとかのことから、
パッケージは同じでも、片方は憎悪込みの嫌々いやがらせ満載の食物と化していたことがわかる。


360 :名無しさん@5周年:04/08/27 10:45 ID:8j1uZ9eW
牛タンは戦前からありました。本当のお話です.。
ある日ある時、仙台の人が山形を旅していました。
夕暮れになりどこかの宿を見つけようと探しましたが、見渡す限り山と田んぼばかりで、何もありません。
それでも歩けばどこかの宿場町に着くだろうと歩きました。
その時、目の前に一軒の農家が見えてきました。
旅人はその農家に行き、「宿場町はまだ遠いかね」と尋ねました。
その農家のおばあさんが「まだまだ遠いよ。なんなら私のところに泊まっていくかね」といいました。旅人は「すまないけ
ど、泊めてくれるかね」と言い、泊まることになったそうです。

おばあさんは、旅人が疲れている様子だったので、夕飯にとっておきの肉を食べさせてやろうと思いました。その肉は
棒のように長い塩漬けされていた牛たんだったそうです。昔は保存食としていろんな食べ物を塩漬けにしていたのです。
おばあさんは牛たんをうすく一枚一枚ていねいに切って5〜6枚用意しました。炉辺の火に網をかけ、その上に牛たん
を並べました。漬物のおみ漬けと麦飯をどんぶりで出し、牛たんを焼いて食べさせました。
めでたしめでたし。

361 :名無しさん@5周年:04/08/27 11:09 ID:w9eByDJm
米国産牛肉なんて絶対買わない。
ほら、米が不作の時タイ米が輸入されたけど、結局今、店頭にはないじゃん?
あの時日本にタイ米を定着させようとした業者が手を引いたんだよね。
同じように誰も米国産の肉を食わなかったら輸入業者だって腹切る訳にいかないんだし
輸入しなくなるよ。
国が国民の健康を守るつもりがないのなら、自衛しかない。
自分の体に入って血や肉となる物の事を、原点に返って考えて食うべきだ。

362 :名無しさん@5周年:04/08/27 11:38 ID:NrEdriiK
>358
こういう大事なことを何故全国紙は報道しないの?
これから、広告部と相談の上?

363 :名無しさん@5周年:04/08/27 15:59 ID:NrEdriiK
今年四月に、スタンガン後のマーカー細菌の筋肉内の分布にかんする論文がでたそうですが、
だれか知ってる?

364 :名無しさん@5周年:04/08/27 19:09 ID:PCyQbxpY
>>361
店頭にはないが、加工食品、外食産業ではすっかり定着してる。
タイ米は別に食べて問題があるわけじゃないしね。
自衛は大切だよ。自分の体だけじゃなく、家族がいる人は、子供の健康・生死に関わる。

牛肉なんて、それ自体が体に良くない。
まともに使えるのはゼラチンくらいか?

365 :名無しさん@5周年:04/08/27 19:12 ID:08nGmfdq
>>361 正しい。

366 :名無しさん@5周年:04/08/27 19:29 ID:xioL4YPM
ゼラチン会社も処理工程を公開すればいいのに。

EUが、アメリカからゼラチン輸入を禁止したと書いたサイトを
見たような気が

367 :名無しさん@5周年:04/08/27 21:57 ID:3YxDt+A5
こんな危険極まりない食品、牛肉ですが、今日も吉祥寺の牛肉屋のメンチは
行列大売れでした。
(松阪牛のカット残りを使うため、大変美味と評判。)

全頭検査の信頼性がまるでない、BSEを防げないと判明した現在でも、牛肉
を食べる人はいなくなりません。
政府も、監督官庁もその危険を積極的に広報しないばかりか、より危険なアメリカ
産牛肉を輸入しようしようと工作しています。

こういうのを、売国奴とか国民を裏切った逆賊とかいうのでしょうか!?

368 :名無しさん@5周年:04/08/27 22:08 ID:5cqKY4rP
>>367
まあ、うまいしな。国民がこんな状況だからしょうがあるめえ。
個人的には、食べるのを控えていれば、案外、平気なのだが。
まあ、人間って楽観的な生き物ではあるね。

369 :名無しさん@5周年:04/08/27 22:32 ID:pBjnbAoY
>>363 これだ。
The use of a marked strain of Pseudomonas fluorescens to model the spread of brain tissue to the musculature of cattle after shooting with a captive bolt gun
http://www.ingenta.com/isis/searching/Expand/ingenta?pub=infobike://bsc/jam/2004/00000096/00000003/art00003


370 :名無しさん@5周年:04/08/27 22:54 ID:+Cg/oHzQ
>>355
何でアメリカと比較して日本は問題ないなんて言えるんだろうか。
アメリカみたいなずさんな所と比較してもしょうがないでしょ。

既に BSE 対策が行われていた EU があったにもかかわらず、BSE 牛が
発生して依頼対応が場当たり的だったのは事実。今頃になってやっと
死亡牛の検査が始まったし、と殺方法等を調査して見直そうなんて状態な
んだよ。

検査コストが負担になるから税金で全額負担してもらっているのも事実。

371 :名無しさん@5周年:04/08/27 23:04 ID:Qgavwwtt
誰か、食品安全委員会の誰がどう言っているのか、
報道などから整理してくれる、奇特な人いない?
語録がほしい。マスコミはこういうのを報道してほしいよね。

TOPの寺田委員長から始めて、リスク管理部門の人間の語録と、
プリオン専門委員会の人間の語録。

例えば、

食品安全委員会の前事務局長の梅津氏は
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000915920040609021.htm
そしてまた、日経新聞三月二十二日の朝刊の中に、食の安全委員会の幹部の
発言、「同委員会の幹部は「日米両政府の対立が長引けば、仲裁案を出すかも
しれない」と語る。」これはあなたのことじゃないのかな。
 それからさらに、資料二―八「プリオン専門調査会 専門委員名簿」、この
中の座長、これは吉川泰弘先生となっていますが、あなたのその論文の中にも
吉川教授の話は出てくるし、これはあなたが事務局長として吉川さんになって
もらおうとしたのじゃないかなと、どうも私はうがってしまう。これは、余り
にも一方的に偏して、公正中立な安全委員会をゆがめているのではないのか。
どうなんだろう。お答え願いたい。

とか指摘されてるようだが。


372 :名無しさん@5周年:04/08/27 23:14 ID:dPHPJNoO
渋い質問ハッケソ

○山田委員 梅津局長に、本当に公正にやろうとするならば、プルシナー
博士も呼んで、それなりに公正な形で委員会の講演とかその他をやっていただきたい。
 委員長にお聞きしたい。委員長、資料二―七を見ていただきたいと思う、
食の安全委員長。資料二―七の3、「審議の公平さに疑念を生じさせると考えられる
特別の利害関係(例えば、委員又は専門委員が、1申請資料等作成者には該当しない
が、資料作成に関係していた場合、2当該申請者から研究費を受けている場合、
3当該申請者の役員等に就任していた、又は就任している場合)を有する委員又は
専門委員は、委員長又は専門調査会の座長に申し出るもの」とし、「この場合の審議
及び議決については、1の(2)と同様とする。」と。こういった者は議決には参加
させないとか、いわゆる食の安全委員会の公正さというものが十分担保されなければ
ならない。委員長、それについてどう考えられるか。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000915920040609021.htm


373 :名無しさん@5周年:04/08/27 23:16 ID:3Z6jJLBR
もう隠し切れなくてアウトブレイクXーDAYも秒読みか。

374 :名無しさん@5周年:04/08/27 23:31 ID:3YxDt+A5
薬害AIDSの時とそっくり。

危険の予測も十分できて、可能な対策もあるが、業界団体の意向があるので
それを実施しない。

結果、国民に危険が知らされず、必要な防衛もできず、感染者が拡大する。

そして潜伏期間が経過し発症例が多く成った頃に、あの当時は判らなかったと
言い張り責任逃れ。

官僚、政府のやる事は、いつも金、金、金。国民のためなんぞ少しも考えていない。

375 :名無しさん@5周年:04/08/27 23:35 ID:5d5lcv89
転んで擦り傷でも消毒しろと必死に宣伝するのに、
BSEで死ぬ可能性があるのに、肉を必死で食わせようとする奴がいるのも、不思議な話だ。

376 :名無しさん@5周年:04/08/27 23:35 ID:5cqKY4rP
>>374
自由主義なんだから自己責任ということさ。
国は国民の代表。つまり、雑多、曖昧な国民の象徴である
国が、完璧であるはずがないわけで。

377 :名無しさん@5周年:04/08/27 23:41 ID:dPHPJNoO
>>376
BSEは自己責任で済む問題ではない。
輸血や内視鏡、手術器具の汚染問題があります。


378 :名無しさん@5周年:04/08/27 23:45 ID:5cqKY4rP
>>377
それも含めて自己責任。抗議はするべきだが。
ある程度のあきらめの気持ちはもてということ。


379 :名無しさん@5周年:04/08/27 23:56 ID:3YxDt+A5
自己責任を主張出来る場面は、相手にあらゆる必要な情報が与えられている場合。

このBSE問題のように意図的隠蔽が行われ、それが国民の判断を誤らませている
ような場合は、自己責任を問えない。
国家の裏切りを問わねばならない。

380 :名無しさん@5周年:04/08/27 23:59 ID:dPHPJNoO
>>378
院内感染につながるものが「自己責任」?
とても含められるものではないと思うが。
感染してもいいと思って感染するなら自己責任だが、
院内感染で移されたらそれは違うでしょ。

381 :名無しさん@5周年:04/08/28 00:18 ID:FRLAkE2y
>>379
抗議するのはいいと思う。漏れなら内部から変えようとするけど。
情報隠蔽については無学な日本国民にはいい薬じゃあないか?
ほんとうに知りたい人はここの人みたいに
論文とかまとめサイトをみるし、能力に自信が無い人は
このスレを見ればいい。ネットがあるし。
国を信じきっている人のよさげなおばあちゃんなどには
悪いが、この世は自己責任というのは生きる上での宿命みたいな
ものだしね。

>>380
病院を信じすぎ。そのためにも普段の健康管理に気をつけなきゃ。
人間がやっているのだから、テキトウなのはしょうがないし、
儲け優先なのは当たり前でしょ。
日本人自体の意識というか根本的な部分を変えないと
どうしようもないでざます。
あとからあとから問題は出てくる。いつも後手後手の対応。
抵抗勢力。きりが無い。

382 :名無しさん@5周年:04/08/28 00:20 ID:hfHNkvuy
なんか不思議だよなあ。
風邪ひかないように予防しましょう、って厚生省は言うよねえ。
今、私達は狂牛病にならないようにアメリカの牛を輸入禁止にして予防してるのに
これに限っては「かかりましょう」って国から言われてる気がする。

383 :名無しさん@5周年:04/08/28 00:23 ID:Zjth3f5e
狂牛病だろうな

384 :名無しさん@5周年:04/08/28 00:23 ID:FRLAkE2y
>>382
前例が出ると官も動きやすいしな。
前例がないとなかなか横からの叩き上げもきついだろう。
市場原理からは反しているわけだしな。

385 :名無しさん@5周年:04/08/28 00:26 ID:LNG/Nyh8
>>382
結局誰もが、自分の命は、大切なのです。
自己責任ではないけれど、国、厚生省なんて信じたらいけませんということ。


386 :名無しさん@5周年:04/08/28 00:28 ID:hfHNkvuy
>>384
前例にはなりたくないねえ。
どうせなら永田町の誰かが前例になってくれれば話が早いのだが。

387 :名無しさん@5周年:04/08/28 00:35 ID:FRLAkE2y

>>386
彼らは知らないけど、専門員、研究員、プルシナーさん
は食べてるのだろうか、食べていないのだろうか?
たぶん食べていないだろう。
まあ、長島さんみたいに気にしすぎても病気になるときは
なると楽観視して食ってるやからもいるだろうな。
一般人もそんな認識でいいのではないかね。


388 :名無しさん@5周年:04/08/28 00:52 ID:AU3IuNnV
>>381
内視鏡などは病院の消毒に今でも不安があるところが少なくないと思う。
手術も通常の滅菌ではダメでしょう。とくにリスクの高い部位の手術の場合。

問題は患者さんではなく、潜在している感染者さん。
英国の血液検査でわかる感染診断キットが早く実用化されるといい。

389 :名無しさん@5周年:04/08/28 01:07 ID:FRLAkE2y
>>388
オートクレーブごときでは死なないらしいね。
薬液滅菌じゃないと。
>感染診断キット
それは発症前でもかぎ分けるのかね?
恐ろしい世の中になったものだな。
リアル黙示禄の世界ではないか。

390 :名無しさん@5周年:04/08/28 07:21 ID:Dih8I5hw
雨の消費者は知らない人が殆どなんだろう。
日本も、ラジオアンケートで
「感染牛の肉の安全な調理法を広告すべし」みたいな発言をしている人がいた。

医療機関でも、小さい無数のクリニックが消毒をどうしてるのか
他の病気も含めて、見直しされてもいいんちゃう?

391 :名無しさん@5周年:04/08/28 07:39 ID:8cZ7+VP1
タンパク質の不活性化なんて消毒で何とかなるものなのか?

392 :名無しさん@5周年:04/08/28 08:34 ID:Us+Lqo97
@エイズの蔓延→人類の間引き
Aアフガニスタン→イラク=石油資源確保
BBSE、鳥インフルエンザ=アメリカの農業一人勝ちにする為

キチガイアメリカは着々と未来に自分達が生き残れる作戦を遂行しています。

@は人類の間引きです。
現在、遺伝子から黄色人種・黒人・アラブ人のみを判定し→死亡させるウイルスを日夜研究しまくってるはずです。
そうなれば怖いものなしです。
核を使用すれば、報復があり、世界中から非難されますが、
ウイルスを蔓延させて敵国を弱体化させることは  戦争  と報道・認知されません。
ウイルスばら撒きは=ニュータイプの形の戦争なのです。
「私は知らないよ、やってないよ」=サーズ、鳥インフルエンザを撒き散らした現在のアメリカ
ととぼけ、やられた国が撒き散らしをうすうす感じても、通常兵器を使用するわけにいかず
バイオの技術、報復すべきキチガイアメリカ人のみを攻撃するウイルスを持っていないとやられっぱなしになります。

撒き散らされたら、相手国にもなんらかのウイルスを撒き散らすウイルスを持ってないと
駄目です。

キチガイアメ公は現在必死のパッチでバイオ技術を駆使し、汚い武器=民族爆弾
を開発してるはずです。その研究してきた技術を少し使って、
BSEや鳥インフルエンザで自国の農業を一人勝ちにするために欧州、アジアを
攻撃してきたのです。
まるで小松左京の小説のようになってきましたが、制御できるはずの撒き散らした
ウイルスが突然変異し、制御不可能になれば恐ろしいことになります。

393 :名無しさん@5周年:04/08/28 08:41 ID:Us+Lqo97
今後、
@日本の米、東南アジアの米は新型の病気で枯れたり、実をつけなくなるようなことがおこります。
A和牛だけが感染する新型の病気が発生します。これは遺伝子判別が必要なのでたぶんかなり遅い。
B養殖魚が全滅する病気が発生します。


394 :名無しさん@5周年:04/08/28 09:01 ID:QLR6NC2k
>>389
>>391
オートクレーブでは134度 1時間で感染力を失います。

表2 プリオンの不活化に有効な処理
http://virology.biken.osaka-u.ac.jp/Projects/Projects_PRION_4.html

395 :名無しさん@5周年:04/08/28 09:19 ID:RPfCQBL3
ダウナー牛の写真があった。
http://home.comcast.net/~maddddcow/downedcows.htm
これが日本に輸出されていた可能性もあると。
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2003/bse/

米国肉食っていて、安全性確認する前に輸入再開しろ、といってる奴、確認汁。

>>394
内視鏡はオートクレーブにかけられるのか?


396 :名無しさん@5周年:04/08/28 09:44 ID:aomdEPlh
>>358
アメリカ牛の月齢の誤差が6ヶ月じゃ、少なくとも14ヶ月以降は検査だよなー。
ますます、全頭検査「しない」ことの意味はないな。

397 :名無しさん@5周年:04/08/28 09:57 ID:RPfCQBL3
>>396

>>195にあるが、全頭検査を20ヶ月以上に変更したとしても、費用はほとんど
かわらない。まして14ヶ月以上に変更したとしてもますます変わらないだろう。
(山田委員の発言参照)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000915920040609021.htm
かえって、生産、とちくラインや流通での区分け、消費者にわかるような表示や
説明に時間と費用がますますかかるようでは、とても合理的とは思えないが。

398 :名無しさん@5周年:04/08/28 10:19 ID:BjYEMfLh
米国農務省/「BSEは22カ月齢から発症」 獣医向け文書で記述
[2004年08月27日付] 日本農業新聞なのでリンク先1日で変わると思う
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/flash/index.html?1

 米国農務省(USDA)が牛海綿状脳症(BSE)に関して1990年に
作成した獣医師向けの内部文書で、BSEは22カ月齢から発症することが
あると書いていたことが分かった。UPIのスティーブン・ミッチェル記者
が25日、民主党調査団との会談で明らかにした。
 
 90年は英国でBSE発生がピークを迎えた時期に当たる。米国政府が
英国の事例を基に22カ月齢からの発症の可能性を認識しながら、自国で
BSEが発生以降、30カ月齢以下の牛の検査は必要ないと主張している
根拠が問われそうだ。民主党の山田正彦団長は、文書の提供を要請した。
 
 米国は、牛由来の肉骨粉を使った飼料を豚や鶏に与えることをまだ完全に
禁止していない。ミッチェル記者は「厳しい飼料規制をした英国ですら、
規制後に生まれた牛から感染が見つかっている」と指摘、米国は検査や飼料
規制の強化が必要だとの考えを示した。



399 :名無しさん@5周年:04/08/28 10:34 ID:iDfeJru0
その後、日本で22月齢以下の牛、(21月齢だったか20月齢だったか)で陽性判定
でてて、餌の状況によってはさらに月齢が低くても感染している症例がでたような。

まあ、アメリカ農務省は、BSEに関して、陽性反応がでたのは全部ヘタリ牛だ!
とか、カナダからの牛肉輸入、国民にしらせずこっそりやっちゃいました、とか
嘘つきまくり、業者に媚びへつらいまくりですからねぇ。

アメリカはこの分野では発展途上国以下のレベル。

400 :名無しさん@5周年:04/08/28 13:14 ID:Dih8I5hw
内視鏡検査は消毒方法がわからない限り受けたくないな。

401 :名無しさん@5周年:04/08/28 14:04 ID:F5F2ANAD
>>400
確か洗剤で洗って特殊な消毒液に漬けるんじゃなかった?
消毒液の毒性が強くて作業者が中毒になったりしているってニュースがあったと思う
でも処理が不十分だとピロリ菌もうつることがあるらしいよ
検査を受けるときは朝一にやってもらおう

http://www.d1.dion.ne.jp/~jamec/kouen/

402 :名無しさん@5周年:04/08/28 14:58 ID:BjYEMfLh
>>401 あった。内視鏡の消毒のガイドラインが出来てた
http://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r7/outline.htm#以下のガイドライン・邦訳

クロイツフェルト・ヤコブ病感染予防ガイドライン(2003年3月版)

WHO伝播性海綿状脳症感染コントロールガイドライン及び概略版

英国CJD事例委員会による医療処置を通じたCJDへの暴露の可能性についての取り扱い

欧州消化管内視鏡学会ガイドライン:変異型クロイツフェルト・ヤコブ病と消化管内視鏡

スコットランドにおける歯科器材の汚染除去に関する作業部会の報告



403 :名無しさん@5周年:04/08/28 15:31 ID:F4M/wLH6
       ___ AA
    *〜/能なし⊂ ・・ P
       | タケベ.(_∀)
      U U ̄ ̄U U

404 :名無しさん@5周年:04/08/28 16:52 ID:B/1val3/
>>304

何気にその話怖かったりする。
恐レスだけど詳細きぼんぬ



405 :名無しさん@5周年:04/08/28 17:00 ID:M0j8IjTX
>401
いいかげんなところは朝一に行ったら前の日の汚染が残ってるかもよ
こないだ行ったところでは消毒用の機械でやってた。

406 :名無しさん@5周年:04/08/28 17:09 ID:Dih8I5hw
現場で消毒方法が統一されてないのがね。。
健診センターなんかじゃ回転早いと思うんだが。消毒は時間かかるよね

407 :名無しさん@5周年:04/08/28 18:38 ID:B/1val3/
>>392
陰謀論は信じていないが、これは故意だろうな。

「米国の関連会社が、間違って種子を発送したのが原因という。」

未許可の組み換え作物混入 トウモロコシ試験栽培中止
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040811-00000118-kyodo-soci

危険部位なんかも「間違って」入ると思うよ。

408 :名無しさん@5周年:04/08/28 21:40 ID:mCSiNZFP
内視鏡手術しないといけなくなったら腹くくってやると思う。
病院を選んで医者を信頼して。
それで何かに感染したら運が悪かった。

でも飼い主の顔が見えない牛肉って怖いよな。
やっぱり全党検査してバーコードで管理されてると思えば美味しく食えるが
痴呆がやけに多い国の、検査してない肉はやだ。

409 :名無しさん@5周年:04/08/28 23:23 ID:Dih8I5hw
腹をくくって信用するまえに、消毒方法や時間を病院に確認すればいいじゃん。
マニュアルをみせてもらいにくければ、自分からネットでひろえる最新マニュアルや文献をもっていって病院に見てもらうとか。
よく考えたがこの時代、そうやって自衛すべき。
それで逆上するような病院であれば、逆に院内感染で殺される可能性だってあるんだから、こっちから退散。
自分でいえなきゃ第三者にたのんで聞いてもらう。
考えたが、やはりそれしかないな。

410 :名無しさん@5周年:04/08/29 11:38 ID:xRPBgIm/
国産牛、DNAで身元保証 年125万頭の肉片保存
http://www.asahi.com/special/bse/TKY200408280448.html

国産はトレーサビリティー気合入ってるね。

411 :名無しさん@5周年:04/08/29 12:00 ID:18lQ+BO7
しかし金掛かっているなぁ。まさか全部税金じゃないよな。

〈牛肉トレーサビリティー法〉
今年12月からは牛肉の流通業者、小売り・外食店も識別番号を表示する義務を負う。
違反した場合は、農水相が改善を勧告・命令する。悪質な場合は、30万円以下の罰
金が科される。

刑事罰はないのね w

412 :名無しさん@5周年:04/08/29 12:18 ID:ic5ygsZ+
>>411
実際に病気になるとか被害者が明確にならないと刑事罰は難しいんじゃないの?

413 :名無しさん@5周年:04/08/29 14:30 ID:xRPBgIm/
 腸全体にすることについては、やはり科学的な根拠をきちんと議論していた
だかないといけないと思います。この前の専門家会合で山内先生から説明の
あった範囲では、腸の各部位について調べた結果、自然感染の牛では感染性が
認められず、実験感染の牛では回腸遠位部にだけ見つかったということなんで
すが、その実験感染の牛についても、十二指腸と回腸遠位部と円盤結腸の3カ所
しか調べていないということなので、必ずしもそれをもって「回腸遠位部以外は
全部安全ですよ」と言い切れない、回腸遠位部だけとすることに関しても根拠が
弱いのではないかと思うんです。
(略)
 特に、回腸遠位部から取り込まれたとして、そこから神経等を通じてだんだん
移っていくということなんですけれども、そのほかの部位には12カ月まで移らない
のではなくて、だんだん移っていくものだと思いますので、そういう意味では、
できればSRMについては、全頭取るような日本の方式を世界に広げるように
意見を出していただいた方がいいのではないかと思います。
http://www.maff.go.jp/syoku_anzen/20040426/gijiroku.htm

農水だか厚労省の会議議事録から。「特定危険部位」も怪しいもんだね。


414 :名無しさん@5周年:04/08/29 15:15 ID:xpsc5HYj

   ,.ィ⌒ヽ..
  ι ο  Ο  | <頼みがある! もし俺が池沼なるような事があれば…、
 (  д   丿 俺がまだ人間であるうちに…、
  ι -  ν)   人としての尊厳を失わないうちに…、お前の手で俺を殺してくれッ。
  し〜し'

415 :名無しさん@5周年:04/08/29 21:05 ID:DiEVEvpU
「特定危険部位」なんて、筋肉から異常プリオンが検出された時点で崩壊してますがな。

416 :名無しさん@5周年:04/08/29 21:10 ID:J9yszy8f
>>18の頭の中で異常プリオンが増殖してるスレですか

417 :名無しさん@5周年:04/08/29 21:10 ID:sMG6/e5B
日本もあと十年くらい経つと、
「アルツ」が死因のトップ3に踊り出るんだろうな。

唐突に。


418 :名無しさん@5周年:04/08/29 21:16 ID:T0aXiUV4
ここ7年くらい飲み会以外で牛肉を食べていない。
豚はラーメンくらい。肉食わなくても案外いけるもんだ。

419 :名無しさん@5周年:04/08/29 22:23 ID:ewUCy5OU
>>418
カレーやシチューに牛エキスが使われているんだよね。

420 :名無しさん@5周年:04/08/29 22:24 ID:Q9KufmFs
>>415
素人さんは知らんでもええことですがな

421 :名無しさん@5周年:04/08/30 06:34 ID:GnQU1ig1

危機管理調整会議 県庁内の体制見直し、初会合で知事が呼びかけ /鹿児島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040828-00000190-mailo-l46
「『安心安全』は21世紀の行政のキーワードだ」らしい。


422 :名無しさん@5周年:04/08/30 06:36 ID:56cDcujw
ブッシュ大統領しらべりゃいいのに。

423 :名無しさん@5周年:04/08/30 09:30 ID:13+pRfLl
>>304
内部告発きぼんぬ。米国だったら訴訟に持ち込んだらなんとかなりそうな
気がするが(農産物保護法があっても訴訟が雨後の筍なみに出てきたら
政府の対応も変わりそうかと。)


424 :名無しさん@5周年:04/08/30 12:01 ID:EcCc8vq2
【狂牛病】牛海綿状脳症(BSE)「全頭検査」賛否割れる…意見交換会
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0408/30/1091669299.html

【狂牛病】米牛肉輸入再開を 牛タン応援団、農水省に署名簿提出
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1092468469/

425 :名無しさん@5周年:04/08/30 13:35 ID:2RWtkX/L
背根神経節を取りのぞくようになったのが今年四月、
それまで牛エキスなどに混入してたということ?

426 :名無しさん@5周年:04/08/30 14:24 ID:OTI/9+/n
>>411
刑事罰はないが、BSEで万一消費者被害だしたら牧場は潰れる。
それだけですまないだろうけど。

浅田農園(鳥インフルエンザで欺瞞やったとこ)みてみ。

427 :名無しさん@5周年:04/08/30 14:27 ID:OTI/9+/n
>>425
東京では、BSEが明るみになっても2ヶ月ほど牛背骨を煮込んだスープを
売り物にしてたラーメン屋が営業しとりました。

さすがにBSE発覚後は客は入らなくなって店なくなったが。

あれをみてるので、国の対策やら業者の自主規制やらが日本ですらアテに
ならないのを実感してます。

アメリカのなんかもっと信用できないらしい。

よく、みな平気で牛肉食べられるなぁ。馬鹿になるぞ。

428 :名無しさん@5周年:04/08/30 18:37 ID:o8vGgg3Y
>>427

今年4月までは流通に危険部位が混入していたということだ。
国は何をやっていたんだ?

429 :名無しさん@5周年:04/08/30 18:49 ID:o8vGgg3Y
★全頭検査抜きでも米牛肉の輸入再開、米農務長官が見通し
http://www.yomiuri.co.jp/features/kgbs/200408/kg20040827_41.htm
★米でBSEに似た脳疾患女性が死亡
http://www.yomiuri.co.jp/features/kgbs/200408/kg20040821_41.htm

読売がBSE特集を更新したが、なんじゃこりゃ。
http://www.yomiuri.co.jp/features/kgbs/
「現段階で米国牛肉輸入再開はない」 厚生労働省というニュースを全く無視しとる。
アメリカの太鼓持ちですかね。

★BSE(狂牛病)の発生に絡むアメリカ産牛肉の輸入再開問題で、厚生労働省は、
検査のあり方などで日米が完全に一致しなければ輸入再開はないという考えを
改めて明らかにしました。
 厚生労働省と農水省が開催した意見交換会で、厚労省の外口食品安全部長は
「牛に餌として与える飼料の規制や検査などで、日米にはまだ隔たりがある。
とても輸入再開という段階ではない」と発言しました。これに対して、
会場からは安全の確保から全頭検査を続けるべきだとする消費者団体や、
経営が危機的だとして早期の輸入再開を求める焼肉レストラン業界などが
主張を繰り広げました。
 日米両国はこれまでに、生後若い牛について全頭検査には限界があるという
認識で一致し、夏をめどに合意を目指すとしていました。しかし、厚労・農水
両省は意見交換会で、「消費者の納得が得られなければいけない」と発言し、
慎重な姿勢を強調しました。このように、牛肉の貿易再開をめぐる日米協議は、
さらにずれ込む情勢です。
ANN NEWS http://ime.nu/www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/index5.html?now=20040818242358


430 :名無しさん@5周年:04/08/30 19:56 ID:EBEB4anQ
カレーもシチューも牛由来成分不使用のものを選んで買ってます。
カップ麺も、最近のはほとんど牛由来成分使ってないですな。

外食が一番危険だね。コンソメを平気で使ってたりするし。

431 :名無しさん@5周年:04/08/30 20:05 ID:VKxqrpET
焼肉屋の即日看板書き換えは笑ったもんだった
何が国産しか使いませんだ 翌日は
アメリカ産を使ってますってま〜ぁ
在庫分・輸入タイムロス位考えろと・・
無法国家罰則無し・・喰わぬが一番だね。
ウシ肉は末端店屋の思うがままよ。

432 :名無しさん@5周年:04/08/30 20:44 ID:OguzJHYp
BSE新検査開発に関心 農水次官、対策検証に影響
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040830-00000192-kyodo-bus_all

精度は?
ついでに成長ホルモン剤も検証してもらいたいもんだ。


433 :名無しさん@5周年:04/08/30 20:49 ID:OguzJHYp
>>430

といえば、給食に牛肉を出すな、という親がずいぶんいたと思うけど
肉エキスや牛脂のほうはスルーだったところもあるみたいだね。

給食用の業務用コンソメスープなんかに牛エキス使ってるのあるみたい
だもんね。

434 :名無しさん@5周年:04/08/30 20:59 ID:OguzJHYp
>>432

この新しい生体検査が使えるとしても、
問題はいかにインチキをさせずに、検査をさせるかだな。
検査でボロボロBSE牛が出てきてしまうことを、何よりも米国は
恐れているように見えるからね。


435 :名無しさん@5周年:04/08/30 21:44 ID:iaiYhJJ2
<BSE>日米間の現状認識 輸入再開で食い違い鮮明に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040830-00000133-mai-bus_all

436 :名無しさん@5周年:04/08/30 21:46 ID:qH5rUn3T
なんか第2のダイオキシンになって終わる気がするな。


437 :名無しさん@5周年:04/08/30 21:46 ID:iaiYhJJ2
BSE:日米間の現状認識 輸入再開で食い違い鮮明に
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/disease/
 米国産牛肉の輸入再開を巡り、日米間で現状認識の食い違いが改めて
鮮明になっている。早期に輸入再開したいという思いでは一致しているが、
それぞれの国内事情を背景に、容易に妥協に動けないのが実情で、決着には
なお時間がかかりそうだ。

 ベネマン米農務長官発言は26日の記者会見で、7月までの日米専門家
・実務者会合が「若い牛のBSE(牛海綿状脳症)感染は完全には確認で
きない」との内容で合意したことを踏まえ、「日本は(米国に)全頭検査
を要求しないだろう」と、全頭検査放棄で日本と合意したかのように語った。

 これに対し、農林水産省の石原葵事務次官は30日の会見で、「そのよう
な事実はない」と否定。「今は食品安全委員会(の国内BSE検査基準の
見直し議論)を見守っているところ」として、BSE安全対策の「国内外
無差別」が大前提であることから、日米協議の行方が「白紙」であること
を強調した。

 BSE対策では、同委が国内検査対象から「若い牛」を除外する方向
で検討を続けている。政府は同委の結論が出次第、局長級協議を開いて
輸入再開を目指す構えだが、国内では全頭検査を支持する意見も根強い
ことから、消費者の間に「安全より輸入優先」との不信感が広がらない
よう、慎重に進める必要がある。米農務長官の“先走り”発言は、そん
な農水省の努力に冷水を浴びせた格好で、ことさら強く否定してみせる
必要があったようだ。【望月靖祥】

毎日新聞 2004年8月30日 20時39分

438 :名無しさん@5周年:04/08/31 06:51 ID:NloShfu1
共同通信なんかはあくまでも日本が否定したニュースを配信しないつもりらしい?

ヤフーBSE情報
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/bovine_spongiform_encephalopathy/

共同通信BSEサイト
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2004/bse/
読売新聞BSEサイト
http://www.yomiuri.co.jp/features/kgbs/
日経新聞BSEサイト
http://health.nikkei.co.jp/bse/
朝日新聞BSEサイト
http://www.asahi.com/special/bse/
毎日新聞BSEサイト
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/disease/
日本食糧新聞BSEサイト
http://www.nissyoku.co.jp/bse/
日本農業新聞
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/


439 :名無しさん@5周年:04/08/31 07:23 ID:NloShfu1
レイバーネット(タイソン労組の記事有)
http://www.labornetjp.org/worldnews/namerica/usnews/tslocal556
日本消費者新聞
http://www.jc-press.com/


440 :名無しさん@5周年:04/08/31 07:31 ID:idttfjsS
共同は報道機関じゃなく、プロパガンダ機関だからな。
自分たちに都合が良いニュースしか扱わない。
自分たちの敵に都合が良いニュースは扱わない。

441 :名無しさん@5周年:04/08/31 07:34 ID:NloShfu1
BSE新検査法 若い牛でも感染を判別
/米国科学者グループ [2004年08月29日付] 日本農業新聞
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/
 牛海綿状脳症(BSE)を引き起こす「異常プリオン」の発見でノーベル
物理学・医学賞を受賞した米国カリフォルニア大学のスタンリー・プルシナー
教授と、同大のジリー・セーファー助教授が共同で、月齢の若い牛でも感染を
発見できる新たな検査方法を開発した。数カ月後には日本でも試験運用が始
まる見通しだ。セーファー助教授が27日、山田正彦民主党BSE調査団長と
の会談で明らかにした。同助教授は、日米BSE協議で最大の焦点となっている
全頭検査について、日本は続けるべきだとの考えを強調した。
 
 検出感度の高い検査方法が開発されたことは、日本の食品安全委員会での
全頭検査緩和を含めたBSE対策の検証や、対日牛肉輸出の再開条件を話し合
う日米協議にも影響を与えるのは必至だ。食品安全委での全頭検査緩和論は、
現在の検査技術に検出限界があり、若い牛では感染の有無を判定できないこと
を前提としているからだ。



442 :名無しさん@5周年:04/08/31 07:53 ID:idttfjsS
狂牛病信者としては、プルシナー教授の言葉を金科玉条のように崇め奉るようなことはしないようにしてる。
彼だって、間違えることはあるだろう。
しかし
>>441
は良いニュースだ。CDI(欧州で去年3月に承認)より感度が高いってことは、日本で月齢の若い牛で
見つけた、「試料を濃縮してからウェスタン・ブロット法で調べる」より、はるかに感度がよい可能性が
高いですね。

443 :名無しさん@5周年:04/08/31 07:54 ID:7an3jio9
まあ、実用化は先でしょうね。

444 :名無しさん@5周年:04/08/31 08:08 ID:NloShfu1
>>422
問題は、BSE牛を出したくない米国が、果たして実用化させるのか、
まともに運用させるのか、っていう感じもする。

なんてったって、疑惑牛を圧力かけて検査させずニクコプーンにしちゃうんですから。

445 :名無しさん@5周年:04/08/31 08:20 ID:idttfjsS
>>444
最悪、日本とEUが金出して、実用化・運用でしょうね。金出して、検査の権利とか買っておいた方が
利口かもよ。
で、アメリカには「この検査法で全頭検査を実施しないと輸入できない」と通告。
アメリカは自国民が開発した検査法にいちいち金払わないと全頭検査も輸出もできなくなる、と。

446 :名無しさん@5周年:04/08/31 08:48 ID:cf18goaA
>>439
労働者の20%近くが腐敗臭のする肉を加工するようにとの指示を受けた!
と書いてあるんだが。まさかこれは日本には来てない、よね??

2004年7月20日
農林水産省 大臣亀井善之殿  (ローカル556からの申し入れ)
http://www.labornetjp.org/labornet/worldnews/namerica/usnews/20040720local556doc
食品安全規則: タイソン・フーズ社は、「食品安全に長期にわたって取り組
んできた」と主張しています。しかし、米国農務省の食品安全統計によると、
実際の話は異なったものになります。近年、タイソン・フーズ社のパスコ工場は、
全国で最も非衛生的な食肉・鳥肉処理工場にランク分けされました。1996年、
タイソン・フーズ社は、米国食肉加工産業の中で、他の95%の会社よりも多くの、
食品安全に関する「重大な違反」をしている、という警告を受けました。この
「重大な違反」というのは、消費者まで到達して被害を及ぼすことが確実であると
米国政府監督官が考える汚染、を意味します。

マサチューセッツ大学の調査によると、工場の労働者の半分以上(52.6%)が
食品安全規則違反を目撃しています。例えば、工場の労働者の20%近くの人が、
腐敗臭のする肉を加工するようにとの指示を受けた、と報告しています。


447 :名無しさん@5周年:04/08/31 08:50 ID:cf18goaA
続き抜粋。 
http://www.labornetjp.org/labornet/worldnews/namerica/usnews/20040720local556doc
私たちが恐れるのは、タイソン・フーズ社が、日本政府や、タイソン・
フーズ社と取引をする日本企業からこれらの真実を隠しているのではないか、
ということです。私は、労働者の宣誓供述書を持ってきています。これは、
パスコ工場を外国代表団が訪問するとき、タイソン・フーズ社経営陣が、
生産のチェーンスピードを相当程度、減速しているということを証言した
ものです。代表団訪問が終了すると、チェーンの速度は、それまでの生産ロス
をカバーするために上昇されます。このように、代表団が見学しているとき、
また、検査が行われているときの条件は、皆さんの食品が実際に生産されている
ときの条件を反映していません。


448 :名無しさん@5周年:04/08/31 09:33 ID:7an3jio9

精肉加工段階で、腐敗臭って、なんだ?

449 :名無しさん@5周年:04/08/31 10:33 ID:9Tso4SmI
ついでにアルミの件もはっきりさせて欲しいね

450 :名無しさん@5周年:04/08/31 13:49 ID:6U/v3wFB
あげておくか。


451 :名無しさん@5周年:04/08/31 15:14 ID:6U/v3wFB
【狂牛病】全頭検査緩和で賛否割れる 政府、牛海綿状脳症(BSE)意見交換会
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0408/31/1092842204.html

452 :名無しさん@5周年:04/08/31 15:47 ID:6U/v3wFB
BSE:
米国産牛肉の輸入再開、認識に開き−−米「全頭検査放棄」/日「事実ない」
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20040831ddm008020072000c.html




453 :名無しさん@5周年:04/08/31 15:50 ID:BFa1CcD0
アメリカは全頭検査したら、日本の牛肉の輸入禁止をする理由がなくなるからやらない。
日本も、アメリカへの輸出が再開するまで、アメリカ牛を輸入してはならない。

454 :名無しさん@5周年:04/08/31 19:55 ID:xQuMIaPP
プリオンの検査法、ウェスタン・ブロットは分かるけど、
(でも正常プリオンと異常プリオンはどのくらいの差で
区別できるんだろ?)
その他の方法について情報ある人教えてください。

特に >441 の高感度の新検査について。

455 :名無しさん@5周年:04/08/31 20:22 ID:wcxdtb/Y
>>441
プルシナー教授も全頭検査の必要性を説いてきた甲斐があったわけだ。
これで検査の費用も下がれば万々歳だが、どうかな。100g 1.2 円の費用
ですら全額税金じゃないと賄えないのに。どうなることやら。

456 :名無しさん@5周年:04/08/31 20:51 ID:gHj0RxQv
>>455
必要な措置なら、国が払う(国民が負担する)事に抵抗感はない。
企業の自主検査にしたら、アメリカのタイソン・フーズや京都の浅田農園のような
モラルハザード起こしたところが出す被害を防げない。

それなら、まだ国が負担するから強制、一律でやる方を支持する。

457 :名無しさん@5周年:04/08/31 21:02 ID:wcxdtb/Y
>>456
別に国が金を出さなくても、国の機関が検査を行うことは出来る。
むしろ国が金を出していることで、今後無駄が出てくる可能性が高い。

458 :名無しさん@5周年:04/08/31 22:15 ID:Dr78bVtR
>>456
米国の政府の保証は信じられんなぁ。


459 :名無しさん@5周年:04/08/31 23:04 ID:7an3jio9
>1
といえばそろそろ検査結果がでる頃では?

460 :名無しさん@5周年:04/09/01 01:25 ID:h49Oxp7s
>>457
そりゃまた別の問題だろ。
それに、国の機関での検査に強制力を働かせるには法改正が必要で
いますぐどうこうなるもんじゃないだろ。
将来的にそうしなきゃいけないだろうけど。

現状は、金だしてやるから検査うけろ。そうやって食の安全、イメージを守らない
と畜産業者まとめてアボーンで、もっと金かかるようになるって話。

461 :名無しさん@5周年:04/09/01 03:02 ID:4FwTvfIX
>>460
後の世代がどれだけ苦しんでも私らには関係ないじゃないですか^^

462 :名無しさん@5周年:04/09/01 03:36 ID:kgluByoW
>>454
今、本屋に出てる日経サイエンスのプルシナーの論文に載ってる。

463 :名無しさん@5周年:04/09/01 06:46 ID:NnpjSiWF
>>461
関西電力の幹部ですか。


464 :454:04/09/01 11:22 ID:PkaHNgRn
>462
情報どうも。早速買って読んでみます。

465 :名無しさん@5周年:04/09/01 11:28 ID:w7N+MVaF
>>458
現在の米国政府および農務省職員は、業界のいいなり、まさに飼い犬だから
自国民すら平気で裏切る、金のために悪魔に魂売った連中。

だから、自国民にBSEの危険性を告知もしないし、出来うる限りの感染拡大防止
措置もとらない。

しかし他国には厳しく、BSEが発生した日本の牛肉の輸入は一切禁止でその
措置はいまだに解除されていない。
なのに、日本より劣る体制でどんな危険が潜んでいるか判ったもんじゃない
”毒入り米国産牛肉”の輸入再開を強硬に求めている。

それに同調しようとしているのが、食品安全委員会(ここは実態的には食品安全
壊滅委員会)をはじめとする農水省や小泉(ブッシュのポチ)首相ら政府。

選挙が当分ないと思って好き放題やるぞこいつら。

466 :名無しさん@5周年:04/09/01 14:03 ID:jcX+jvEU
日経サイエンス読んだことないな。
唐木教授を持ち上げた日経フードサイエンスとは関連ないのか?

467 :名無しさん@5周年:04/09/01 15:55 ID:Jd0i2F4E
>>454
検出精度は〜倍など恣意的なため、省略。検査時間については
検査後、結果が出るまでの時間なのか、検査時間を含めてなのかは曖昧。
早いのは前者と思われ。
○ELIZA法           
 抗原抗体反応。定量は抗体に結合させた酵素による酵素反応。

○ウエスタン・ブロット法
 抗原抗体反応の前に電気泳動により濃縮をかける。 
  
○バイオアッセイ法
 ヒトプリオン遺伝子を組み込んだマウスを使う。マウスにプリオン遺伝子
 を注入し、特定細胞から異常プリオンを確認。検査期間は一ヶ月未満。
 せき髄液による検出可能性があり、ウシを死なせないかも。
 東北大、九州大。
 01/12月時点
 ttp://bse.ug.to/1008545767.html

○道と帯畜大による新検査法
 抗原抗体反応。判定は1回。第二抗体と特異的なDNA分子を増殖、検出する。
  02/02/15時点で研究段階。
 ttp://bse.ug.to/1013574427.html の78

続く。

468 :名無しさん@5周年:04/09/01 15:57 ID:qwjD2jeD
これは かなりやばいことになりそうだな

469 :名無しさん@5周年:04/09/01 15:58 ID:Jd0i2F4E
>>454
○新検査法w the conformation-dependent immunoassay (CDI)
 構造依存性免疫検査法または立体構造依存型免疫アッセイ
 1998年に開発。プルシナーほか。5時間で検査結果が分かる。
 月齢の若い牛でも感染を発見できる。
タンパク質精製段階のタンパク質分解酵素処理を省く。
 ウシを死なせない。実用化は先。
 正常プリオンと変性プリオンの構造的差異による結合性の差を利用する。
 04/08/27
 ttp://www.sasayama.or.jp/wordpress/index.php?p=66
 ttp://www.cbc.ca/stories/2003/09/07/bse_test030907
感想:特定濃度の試料、特定期間の結合時間をとってやるのだと思う。
   検出方法によほどの自信があるのかもしれない。
   
○バイオラド社製新検査法
 一回の検査で結果は4時間で判明し、正確度は100%。
 米農務省認可。
 検査費用は一回のテストで10ドル。社外秘でしょう。
 04/03/24
 ttp://medwave.nikkeibp.co.jp/show/nh/news/297471

Googleのみの検索です。ソースは弱いのもあり。詳しくは自分で検索ヨロ。
はんぱもの262による提供でした。

470 :名無しさん@5周年:04/09/01 15:58 ID:Myj5PSuA
なんかさ、オーストラリア産も結構高いよね。
関税廃止しようぜ、もう。

471 :名無しさん@5周年:04/09/01 16:01 ID:eXEDSnhn
技術革新で前頭検査〜

166 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★