5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】「僕たちだけ劣る」 ゆとり教育世代の嘆きに、文科相が"謝罪"★3

1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @あらいぐまさん大好き!φ ★:2005/04/22(金) 09:59:44 ID:??? ?#
★文科相がゆとり世代に謝罪 茨城大付属中で

・中山成彬文部科学相は21日、「スクールミーティング」で水戸市の茨城大教育
 学部付属小、中学校を訪問し、ゆとり教育について「導入は拙速すぎた」とゆとり
 世代の中学生に謝罪した。

 意見交換で中3の男子生徒が「教科内容が見直されることで(ゆとり世代の)
 僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになるので心配」と訴えると、中山文科相は
 「ゆとり教育の見直しで教科書のページ数も元に戻りつつある。皆さんには申し訳
 なく思う」と謝罪した。

 また「ゆとり教育の導入は拙速すぎた。授業数まで削減したことは反省点。自分の
 頭で考える主体性のある子どもを育てたい」などと述べた。
 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=HKK&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2005042101003653

※関連スレ(全てdat落ち)
・【調査】"ゆとり教育"見直し賛成、8割…学校週5日制、賛成は3割止まり
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1110849644/
・【政治】"日教組が廃止した試験も復活" 学力低下で、ゆとり教育見直し明言…中山文科相★2
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1103132594/
・【社会】「生きる力教育捨て、学力上げても無意味」 "ゆとり教育"見直しに、怒りの声★4
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1106373883/
・【教育】"ゆとり教育、子供らは反発?" 「総合学習いらない」生徒の声相次ぐ…神戸でスクールミティング
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1108008479/
※前スレ: http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1114094341/

2 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:00:11 ID:RLNfKsx+
【芸能】ポール牧さん死亡、飛び降り自殺か
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1114130140/l50
1 名前:ふぉーてぃないんφ ★ 2005/04/22(金) 09:35:40 ID:???
22日午前4時10分ごろ、タレント・ポール牧さん(63)が東京都新宿区の自宅マンションの
敷地内で血を流して倒れているのが見つかり、間もなく死亡した。警視庁は、状況から飛び降り自殺したとみている。

http://www.sanspo.com/sokuho/0422sokuho004.html

3 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:00:41 ID:YvNfpzjj
きっと5

4 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:00:57 ID:gPw6bIFC
えっ?ゆとり教育世代が一斉に国に賠償裁判?

5 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:00:57 ID:KcCs8k5h
8ゲット

6 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:01:22 ID:mTN+9K7i
7

7 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:01:25 ID:yxvJ7Xw6
ローゼンメイデンのJUMはゆとり教育に嫌気がさしてひきこもったんだろうな

8 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:01:44 ID:bIup0GdS
だから、ゆとり教育を受けさせられた俺らは被害者なんだよ。
国を相手に裁判をかけようぜ! 教育を受ける権利を侵害されたって。

9 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:01:46 ID:rW5sOWWK
ポール牧さんのご冥福をお祈りします

10 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:04:33 ID:WepOEphS
いまさら

円周率は3くらい

11 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:04:38 ID:hEc0mH3j
劣っている人達は大人の中にもたくさん居るので悲観しないで下さい

12 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:04:58 ID:A5Uwf2W7
ゆとり教育を“受けられなかった”俺たちは被害者だよ。
無理やりたくさんの事を勉強させられて、青春を失った。
謝罪しろ賠償しろ。

13 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:05:00 ID:PlfugnGd
俺の世代はゆとりが無かったと文句言うのと変わらん。
ゆとり教育世代でも勉強してる奴はしてる


14 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:05:01 ID:1k0HQkbm
ゆとり世代曰く
イルボン政府は謝罪と賠償をしるにだ!
アイゴー!アイゴー!


15 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:05:09 ID:jyb8cFyE
こいつら、ゆとり教育で空いた時間に塾いってなかったのか?
馬鹿みたいに遊んでたんなら自業自得だろ

16 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:05:14 ID:FAtqW1MX
別に中山が導入したわけじゃないじゃん。
こういうふうに、実態と違った謝り方するから
謝罪の意味が軽くなる。
導入した奴の責任をはっきりさせれ。
さかのぼれ。
他の大蔵とか社会保険庁とかも同じ。
さかのぼって責任追及しないと誰も納得しないって。

17 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:07:05 ID:xY1fFppl
今の小学一年って理科とか社会ないんだよね

せいかつに組み込まれてるらしんだけど、昔より内容ないしさ
子供が学校にいくようになっておどろいたよ

18 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:07:53 ID:PodaUFjz
まあ、当時から懸念されてたことがモロにでたからね・・・・・

でも、別に被害があるわけでもなかろう。
今からがんばれば巻き返せるものだろ?

19 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:08:04 ID:Kf6bYnSp
なあ、教育が有料である事は国の成長にプラスなのかマイナスなのか、どっちなんだ?

20 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:08:31 ID:h5XI0cEx
これワロタ

ゲームクリエイター志望者の現実

前編
http://kun22.net/m/img02/854.jpg

後編
http://kun22.net/m/img02/855.jpg


21 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:11:02 ID:6M+GwJTC
あやまるな。悲しくなるだろ。

22 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:11:45 ID:ibg8Pl+e
あれ?ゆとり教育推進したのって、日教組とかじゃないんだっけ?

どかのHPでゆとりという名目で授業数を減らしたのは、他のリーマンと
ちがって、土曜に休みがとれないからとかって見た機がするんだが?
休みとるためにゆとり教育推進したって違うのかね?

23 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:12:52 ID:0UpOvSzS
>>10

工学で暗算するときは当たり前のように「3」だがな

あとπの2乗は「10」として計算する


24 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:12:59 ID:uhKWO9r9
およそ3
たぶん3
ひょっとして3


25 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:14:31 ID:bIup0GdS
>>23
実学の世界で語るな。理学の人間としては許せん!!

>>2
ポール牧へ、般若心経を捧げます。
魂が安らげますように...

 仏説摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩。行深般若波羅蜜多時。照見五蘊皆空。
度一切苦厄。舎利子。色不異空。空不異色。色即是空。
空即是色。受想行識亦復如是。舎利子。是諸法空相。
不生不滅。不垢不浄。不増不減。是故空中。
無色 無受想行識。無眼耳鼻舌身意。無色声香味触法。
無眼界 乃至無意識界。無無明亦 無無明尽。
乃至無老死 亦無老死尽。無苦集滅道。無智亦無得。
以無所得故。菩提薩。依般若波羅蜜多故。
心無礙 無礙故。無有恐怖。遠離一切顛倒夢想。
究竟涅槃。三世諸仏。依般若波羅蜜多故。
得阿耨多羅三藐三菩提。故知般若 波羅蜜多。
是大神呪。是大明呪。是無上呪。是無等等呪。
能除一切苦。真実不虚。故説般若波羅蜜多呪。
即説呪日。羯諦 羯諦。波羅羯諦。波羅僧羯諦。
菩提薩婆訶。般若心経

仏は心の内に。あなたの仏が見つかりますように...

26 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:14:45 ID:pZ7/SFMa
自分の
  頭で考える
   主体性のある
     子ども



なんかいや
  

27 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:15:13 ID:kBfDijnm
現場から言わせてもらえば授業時間削減なんて純粋に迷惑なだけなのだが。

28 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:15:34 ID:Iu1psaFT
>>22
日教組だけじゃなくて、暴力学生運動で敗北した奴が「内部から破壊しないとだめだ」
と文部省に入り込んで上り詰めて、ゆとり教育を推進して破壊。

中共や朝鮮韓国に命じられて、弱体化を目論んだ左翼一派の仕業です。

29 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:16:12 ID:hyau9GTc
>>22
日教組は休日を増やせといっただけ。
ゆとり教育は、詰め込み教育で青春を奪われた文科省の官僚主導。

30 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:17:55 ID:a0eV/ly9
>>1
>意見交換で中3の男子生徒が「教科内容が見直されることで(ゆとり世代の)
 僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになるので心配」と訴える

まるで朝鮮人並みだな。
ちょっとの努力でどうにでもなるレベルだろが、ぼけが。

31 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:18:18 ID:VIDiNfDA
ゆとり教育こそ真の教育。

32 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:18:21 ID:TQdcscCj
中学入試向けの大手の塾でも、ここのところ毎年子どもたちのレベルが
下がっているのを十分つかんでるみたいだよ。だからガンガン塾へ行っ
ていたとしても影響は出ているみたい。

ゆとり教育を受けた世代は、団塊世代と同様、日本社会のお荷物として
就職、転職、昇進等で不利な取り扱いを受けることは十分あり得るよね。
謝罪だけじゃなくて、具体的な対応策を考えた方がいいんじゃないの。
例えば、この世代だけ、しばらく夏休み返上して勉強させるとか。

33 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:18:37 ID:iblA1Jlu
[ゆとり教育]

1960年代に提案され、

1970年代

に全面施行されている。


授業時間が短くなったのはその一環であり、
たかだか数年前に週休二日制になったのを
ことさらゆとり教育というのは大間違い。

34 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:19:15 ID:KhDfSOok
>>20
俺もワロタ

35 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:19:47 ID:WepOEphS
>>23
あ,レスついちゃった


36 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:19:54 ID:ZqFHbUgc
>>1
なんだこりゃ。
教育は国家百年の計。あと10年ぐらい様子みてから結論だせよ。
ここで詰め込みに戻して、10年ぐらいたったらまたその反動でゆとりに戻る、
そうなるのが目に見えてるな。

37 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:20:52 ID:ro6YC0OG
永遠の劣化世代

38 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:21:02 ID:VmdYir+a
空間図形の計算方法もわかんね
まぁ学校が糞だったんだけどな
塾?そんな金ねーし

39 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:21:58 ID:p2BB68o6

嘘でもいいから、騙し続けて欲しかった・・・・・・

40 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:22:51 ID:ro6YC0OG
>>23
へえ、面白いね
物理系だとπの2乗=重力加速度として計算しちゃう

41 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:24:53 ID:/OUDQwvD
あのな、早い話先生がバカなんだから、

きちんと全て自習すれば国立大学の東大に受かるような

ぶ圧ーい、解説ぎっしりの教科書にしろ。

42 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:29:27 ID:vUMiNCEO
人のせいにすんな
勉強は自分の意欲次第

43 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:31:54 ID:R9LrV5xJ
ところで円周率の件はかなり有名になってみんな知ってるらしいが・・・
他の教科や授業内容で省略、簡略化された部分ってあるのか?
まさか円周率だけじゃないよな?

44 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:33:07 ID:hyau9GTc
>>41
教科書充実化賛成!
あれは、教科書会社が学参で儲けるために
わざと内容を薄くしてるのかと思うほどだよ。
自分で学ぶことの出来る練習問題や解説の充実している教科書が
あって、はじめて個人の努力が問えると思うよ

45 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:33:55 ID:gPw6bIFC
>>10
円の面積の式は…えーと忘れた

πr2だっけ?

46 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:33:58 ID:5/5/y/hv
空いた時間はどうせ塾だろ。
教員のレベル低下が著しい現状では、生活水準が中間レベルの連中からすれば歓迎すべき政策だった気がしないでもない。


47 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:34:22 ID:Wnk4WFjC



      ゆとり教育世代→失敗作






48 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:34:45 ID:1t5Kx6zJ
ゆとり教育のおかげで時間があまったんだから、自由な時間が増えたはず
その時間をきちんと使った人はむしろ得をしてるし、
遊んでた人は遊んだ思い出ができたんだからいいだろ

49 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:35:53 ID:hyau9GTc
>>43
中学では、連立方程式で解の公式と襷がけ算がなくなり、
連立不等式もなくなった。図形では円と接線の問題が減らされ、
関数では2点間の距離を求める公式がなくなった。
ってところかな。不確かなんで詳しい人よろしく。

50 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:36:03 ID:p7URi3WY
中学の時点で自分の世代だけ劣ると結論付けるのがわかんね。
今って学校よりも塾が学習の主体になってるとか言ってなかったか?
逃げの理由作ったとしか思えんのだが

51 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:36:18 ID:ro6YC0OG
>>43
中学で連立方程式教えなくなった
今年は復活したらしいが

52 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:36:47 ID:IzzCCzJo
正直、坂口がハンセン病の人達に謝った事以上に評価されるべきだと思う
中山文科相は偉いよ

53 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:37:10 ID:+ltzolol
>>48
遊んだと言ってもどうせネットかテレビゲーム
ピコピコやってただけだろう。

54 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:38:38 ID:a5P6Y97y
↓劣り世代代表者

55 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:39:16 ID:Wnk4WFjC
バブル世代→相対評価。トップの競争力は高い。IT産業の若社長はすべてこの世代
         ただ、多少、出来が悪くてもノリで何とかなった古きよき時代だから
         不良在庫も多い。団塊の世代が退職後に主導権を取るには迫力不足か。

団塊ジュニアの世代→相対評価。受験戦争を生き抜いた強者。競争力は高い。次の時代の担い手。

ゆとり教育の世代→絶対評価。ナンバー1よりオンリー1とか真顔で言うバカ。生涯、派遣、フリーターなどの年収150万のアウトソーシング専門の世代 。
             「ドリーマー」が職業だと思い込んでる。他の世代からしてみれば馬鹿で使いやすい。
将来的に社会のお荷物になる事が決定的

今の赤ちゃん→再び相対評価になり。強い競争力を持つ。
          社会に出たらその時でもアウトソーシングをやってるゆとり教育の世代をアゴで使う

56 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:39:27 ID:kjGFWj3o
教育者を指導する立場の人間がゆとりありすぎて困る

57 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:40:09 ID:JJKme8MX
劣り教育世代

58 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:40:22 ID:JPKrU/sf
謝まるな
勘違いするぞ

59 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:40:26 ID:PJ1kdiD5
ゆとり教育程度で学力が低下・・。
心配??
もうアホかと。

お前らのしつけ、モラルの無さのほうがもっと深刻な問題。

頭がいいだけが人間じゃねぇ〜よ!!

60 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:40:45 ID:LSv99QPB ?#
>>1
> 僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになるので心配

俺だったら、生徒からこういわれたら、
「君たちは生まれつき劣っていたから、レベルをあわせてあげたんだよ」
って、やさしく慰めてあげる。

61 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:41:06 ID:tUJSlL+5
指導要領なんて関係ないだろ。
団塊世代のガキだからもともとバカなだけ。

62 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:42:23 ID:aeMhPkjs
謝られたほうが、つらい話だなw

63 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:42:33 ID:y8J5tnXN
>>30
だったら、ゆとり教育継続で無問題?

64 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:42:35 ID:kz3xfXeR
>>53
ようは『蟻とキリギリス』のキリギリスだな。
空いた時間を有効に使えなかっただけじゃないか。

65 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:44:05 ID:p5FYFxw/
劣るかどうかより、生活科だの総合学習だの無駄な時間を割かれたことに
謝罪と賠償を請求しる。

円周率にしても、3くらいと覚えた後により正確には3.14くらいと覚えるのは
無駄なコストだしな。

66 :北米院 ◆CnnrSlp7/M :2005/04/22(金) 10:44:08 ID:Fo00q/DD
国の失策を日教組のせいにしようとしているな。www
みえみえ。www

67 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:45:08 ID:R9LrV5xJ
>>49
殆ど数学なんだな。


68 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:45:35 ID:+eqBO+fv
空いた時間に「総合学習」が入ったんだよ…

69 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:46:12 ID:hyau9GTc
>>61
団塊世代のガキじゃなくて、新人類クンとバブル世代のガキだよ。
早い話、ヤンキー積み木崩し世代の子どもってこと。
子どもより、親がホントDQNだよ。
そんな親をゆとり世代のこどもがかばってんだから見てられない。

70 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:47:47 ID:ao6ph7RB
ニート世代は今後は完全な2極化になりますな。
裕福な家庭の子供は親もそれなりに常識を持っているから、
このゆとり教育には危機感を持っていたと思う。
その様な親は子供を私立に行かせてちゃんとした授業を受けさてていたでしょ。

逆に中流以下の家庭は公立の学校に行かせていたから、
子供はゆとり教育にどっぷりのおバカちゃんが沢山。
その中でも常識のある親ならば、我が子に塾に通わせるなり家庭教師なりつけて
学力低下をさせまいと努力したであろう。

問題はDQNを親に持つ子供。こいつらがサイアクだ。

71 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:47:53 ID:PwlS5/d5
>>66
北便院うんこ食ったか?
生き恥晒しwww

72 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:50:25 ID:iblA1Jlu
1970年代以降に学生をやっていた奴は全員ゆとり教育世代。


という真実を突きつけられると「自分だけは違う」と例の妄想が始まるもの

73 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:50:27 ID:ao6ph7RB
>>69
〜世代は関係ないだろ?
国の方針だったんだから。
それとも親のせいにしないと気が済まないのか?オマイさんは。

74 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:52:02 ID:TuorR5gn
>自分の頭で考える主体性のある子どもを育てたい

って必要性は感じるが、昔と違って、社会のルールや常識が
既にあるのだから、考えるなんて時間のかかることはせず、
知ってる人に聞いた方が早い。そこから考える。
その方が効率がいいと俺はは思うのだが・・・

75 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:52:22 ID:wBQP2Smq
>>20
これ今年の漫画?
25〜26って年齢の境が今の実感と同じなんだよな

76 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:53:29 ID:+QtHT2yP
そもそも一番最初にゆとり教育を提唱してのって誰だったっけ?

77 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:54:03 ID:hyau9GTc
>>73
いや、>>61でゆとり教育世代が団塊世代の子ども、というのが
事実と違ってたから指摘しただけだ。
塾講師やってたけど、親がひどいよ。塾行かせばいいと思ってて、
飯を食わせない、子どもが受験期間に離婚する、家出する、
そんな親が一人や二人じゃなかった。
そんなDQN親を子どもがかばっててね。
そもそも勉強するベースがないんだよ。親のせいにもしたくなるわな。

78 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:55:30 ID:2J0iqkbK
ゆとり世代はいらない子

79 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:55:33 ID:8Xw12Ils
謝罪って事は、導入した輩はちゃんと処分したのか?晒して罰せよ!

80 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:56:42 ID:wBQP2Smq
>>23
生物学系だと…
πが出てくる場面がまずないw
生化学屋のようにでかいスケール相手にするときはたまにあるけど。

理科でいうと
イオンをやらない、天気図をやらないと聞いたよ。

81 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:57:08 ID:iblA1Jlu
今45歳くらいまでのゆとり教育世代は、
とにかく敷かれたレールの上を走らないといけないことだ
と考えている。

だから、自分でやりたいことを持ち
他と違う手法で実現しようとしている人間が奇妙に思え、
まるで犯罪者のごとき扱いをする。

自分が、ではなく、とにかく人の反応だけが気になる自意識過剰であり、
例えばイラクに行ったとか
町のゴミ拾いをしているとか
無償で介護をしているとか

・政府マンセー もっとレールを敷いてクダサーイ
・何でもかんでも「免許制にしろ」


こうした
「右翼売国奴」になってしまう。


82 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:57:57 ID:SLKcVSRT
劣る世代は差別されます
バブル入社世代が差別されるように
この後、努力しても
「あぁ君、ゆとり世代なの?円周率が3とかだったんだよねwww」

83 :北米院 ◆CnnrSlp7/M :2005/04/22(金) 10:58:32 ID:Fo00q/DD
10代でネットウヨはゆとり教育の犠牲者。www
20代でネットウヨは低偏差値層。www
30代以上でネットウヨは社会的敗者。www

84 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:58:38 ID:5Q1r3Xp8
30すぎれば皆忘れるんだからそれまで
知ったかぶりで切り抜けろ。

85 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:58:46 ID:wBQP2Smq
81みたいな文章(?)を読んで論理的に批評できるような
考える力を身につけさせるべきだね。

86 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 10:59:06 ID:pHu9xHJW
平均が下がっただけで、昔から二極化してたと思うがなあ。
一定の水準に達してないやつは十把一絡げ、その手の人間が増えただけで。
80点がボーダーなら70点も30点も一緒。
学力は全体的にマイナス方向にシフトしたけど、社会のボーダーは動いてないから足切りの増加が目立つだけでは。

87 :修正:2005/04/22(金) 10:59:14 ID:iblA1Jlu
今45歳くらいまでのゆとり教育世代は、
とにかく敷かれたレールの上を走らないといけないことだ
と考えている。

だから、自分でやりたいことを持ち
他と違う手法で実現しようとしている人間が奇妙に思え、
まるで犯罪者のごとき扱いをする。

自分が、ではなく、とにかく人の反応だけが気になる自意識過剰であり、
例えばイラクに行ったとか
町のゴミ拾いをしているとか
無償で介護をしているとか

こういう、「法に触れない」ことをしているのにもかかわらず
そういう人たちを犯罪者のごとく扱う。

逆に中国のように

・政府マンセー もっとレールを敷いてクダサーイ
・何でもかんでも「免許制にしろ」

こうした共産社会を礼讃する
「右翼売国奴」になってしまう。


88 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:00:03 ID:p0JOCRPM
君が代の義務化はすごい影響力があったんだなと思う。
バカ教師をものすごい勢いであぶり出している。
いままではこっそりひっそりと教室という密室のなかで犯罪をしていた
教師たちが、衆人環視の中でバカ教師でございと暴れる。
こういう教師が淘汰されつくせば、そのうち自然に教育もよくなるだろう。
人間性の壊れた人間はまともな教育もできないよ。教育は人間がやるもんなんだから。

89 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:00:53 ID:hyau9GTc
>>81
>自分が、ではなく、とにかく人の反応だけが気になる自意識過剰
あ〜これわかるわ。結局、だれかに認められるいい子ちゃんに
なりたいんだよね。特にお国からのお墨付きがほしい。
ま、自分もそうだったからね……
そういう観点から言ったら、他の世代からバカ世代扱いをされるって
だけで、日本人としては耐えられないよな。
やっぱり、これは国家賠償ものでしょ


90 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:01:25 ID:cIJOL/jv
今の中学生はすごい危機感があるぞ。
自分から勉強したいので塾に行かせてくれと言ってくる。
昔じゃ考えられない。


91 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:01:59 ID:uiNBrPQ8
>>1
>「教科内容が見直されることで(ゆとり世代の)僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになるので心配」
そもそもこの考え方が気にいらねぇな。
自分達だけバカなのは嫌だから、この先もずっと「平等に」バカ生み続けてりゃいいのかよ?


92 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:02:19 ID:SLKcVSRT

ゆとり世代の自己弁護にもゆとり教育が感じられますね

93 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:02:43 ID:c7lrr5yC
>中共や朝鮮韓国に命じられて、弱体化を目論んだ左翼一派の仕業です。

韓国=>統一教会から献金=>中山成彬文部科学相
統一教会=>日本会議=>歴史教科書をつくる会

だったら、歴史教科書をつくる会は韓国の工作機関の左翼なのだな!

「日本会議」も左翼なのだな!プッ、こいつら右翼じゃなかったっけ?

日本の右翼じゃなく、日本の韓国右翼団体ならわかるが!

94 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:02:44 ID:LeylFxro
ここの学校通ってたよ。茨城大学付属小学校。水戸市民からは(暴走)族小と呼ばれていたのを思い出す。
教育の実験場というかカオスだった。中学三年でbe動詞の活用がいえない奴。
吉野家でバイトしながら東大に行った奴。社長の息子,検察官の娘,県教育長の孫,いろんな奴らが通ってた。
出来る奴はとことん出来たし,出来ない奴はとことん出来なかった。

ゆとり教育というか,子供を6歳から9年間放置したらどうなるかを調査研究していた壮大な実験場だった。


95 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:02:53 ID:ro6YC0OG
>>89
つーか国が謝っちゃったもんなwww

96 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:03:42 ID:iblA1Jlu
そして考え方も共産主義。
自分にとって都合の悪い人を排除しようとする

例えば右翼売国奴から見れば、君が代で起立しない者の例がそれ。


これはまさしく中国共産社会 または糞チョンであり、
日本と仲良くやっていこうとする親日派を徹底的に排除しようとしている。

右翼売国奴は「中国様」と崇めているので、やってることと考えていることは全て同じ。

こうしたバカ右翼売国奴がいるから日本が悪くなっていく。

97 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:04:25 ID:Hu3pwrq1
24 :おさかなくわえた名無しさん :2005/04/22(金) 06:21:12 ID:EyNOr/tK
教科書問題フラッシュが出来たよー。
中国人、英語の分かる外国人に見てもらおう!
http://www.vipper.org/vip2010.swf

コピペよろしくお願いします


98 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:04:30 ID:hyau9GTc
>>88
いや、むしろ君が代の義務化によって、君が代を歌うことや
学校行事に協力的であることを隠れ蓑にした性犯罪者予備軍系
教師は潜伏しちまった。性犯罪者予備軍系は、通常、
「まじめで、熱心。品行方正な教師」という学内評価を与えられて
いることが多い。

99 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:05:00 ID:kz3xfXeR
中学3年って事は15歳か、大学卒業までの7年間で挽回すれば問題ないだろ。


100 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:05:15 ID:c7lrr5yC
>96
韓国人がいうことじゃないな。

101 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:06:52 ID:cIJOL/jv
むしろ今の20代の方がヤバイかも

102 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:07:38 ID:DYjo3AhF
てゆうか、ゆとり教育世代って今現在、何歳から何歳まで?

103 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:08:24 ID:PyZO8ZIQ
文革の時の下放青年と同じようなことが日本でも起こるとはな。
向こうの元下放青年たちも教養の無さで経済成長の波に乗れず、
下の世代からは役立たずのレッテルを貼られているらしい。

104 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:08:52 ID:rpt5jMiD
「ゆとり教育世代」なんて社会じゃ全く相手にされないし、
就職なんてできないよ。ぷぷぷ。

105 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:08:53 ID:hyau9GTc
>>99
高校入学したら、いきなりポンと解の公式や襷がけ算が出てくるんだよ。
しかも、中学でやっていた頃とは比べものにならないくらい、
解説があっさり。7年間で挽回するのは結構大変だろうなと思うよ。


106 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:11:28 ID:iblA1Jlu
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%81%A8%E3%82%8A%E6%95%99%E8%82%B2

少なくとも1970年代に学生だった世代からは確実である


そもそも実施までには、移行期間もあるので
それを加味するとゆとり教育世代は40歳代まである

107 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:12:46 ID:Wnk4WFjC
ゆとり教育世代というより
絶対評価世代が悪
相対評価時代では考えられない内申点のインフレがおきて
馬鹿も「俺は出来る」と思ってるから始末に悪い

108 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:13:15 ID:AHwBAbtL
心配しすぎじゃねーの?
恵まれてるのになに言ってんだかこの餓鬼
大体小さい頃から親に金かけてもらってる世代だろうが

109 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:13:34 ID:pHu9xHJW
>>105
中学卒業した春休みに、まさにその2つの問題集が高校から出された
高校の授業始まったとき、それ理解してることが前提だった

まだ入学してねーのに宿題かよ!しかも必須かよ!とか思ったなあ

110 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:13:59 ID:HRxWMvrk
>>102
1978年から始まってるらしいが、その後どんどん改悪、
団塊一斉退職と入れ替わりにデビューするあたりからが
相当凄いってウワサ。

111 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:14:54 ID:WUMLjpv5
つーか、国が謝罪したら、ゆとり教育で落ちこぼれた連中は、
みんな中国人みたいな主張するんじゃない?
10年後あたりには、
毎日ネットゲームで引きこもる連中や、処女を食い散らかすヤリチンが、
「自分がこの境遇にいるのは国のせい!
 国が俺たちに仕事を与えるべきだ!
 ただし、ゆとり教育で長時間労働には耐えられないから、
 ゆ・と・り があって、高給な仕事を用意してね!」

真面目に塾とか行ってたゆとり世代は負け組・・・

112 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:15:01 ID:dT51jeCl
いままでの円周率は

 およそ 3

今度からの円周率は

 やっぱり 3


113 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:15:22 ID:NP3JC/Oq
今二十歳の俺が来ましたよ

114 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:16:03 ID:uiNBrPQ8
>>106
制度開始年や言葉で括っておまえらもみんな平等にゆとり教育世代って言いたいんだろうが、
ここで問題になってるのは、受験戦争世代以降の学力低下世代だろ?


115 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:16:11 ID:DGRlLlty
襷がけ算って何?

116 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:16:33 ID:Rev4u40I
>>16
「俺が導入したわけじゃない」と開き直られるよりマシだと思うが。

ていうか、ゆとり教育してたのは学校だけなんだから、
それで学力が劣るやつは、授業以外に勉強しなかったってことなんだから
ゆとり教育じゃなくても劣ってるよ。

117 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:16:40 ID:mx4p7WtY
>>30
でもやっぱ「俺たちって失敗作だったんだろ?」ってどんよりした絶望感はあるみたいだぞ。
世代ごと失敗作ってことな。
個人でがんばったとしても、結局「失敗作の世代」ってことには変わりないわけで。
なんか個人的にバカだとか努力したからバカじゃないとかそういう問題ではないみたいだ。

118 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:17:22 ID:HRxWMvrk
まぁ、ガキの頃は全共闘とか言ってあばれるわ自分らが社会人になって
会社を引っ張る年代になるとバブルを弾けさせるは退職金を食い逃げ
するわ、社会保障は圧迫するわといい事一つも無い団塊よりはゆとり世代
ですら千倍マシだろ。

119 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:17:28 ID:wBQP2Smq
今年27歳になる奴のところで指導要領変わってるはず
(複素平面やる代わりに行列・一次変換が削られたあたり)
その下は今年21くらいか?
上は35くらいかねぇ
まあ、現在28歳より上の場合はバブル時に社会人か学生かの方が
パーソナリティ要因としてはでかいと思うけどね。

120 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:17:36 ID:EvOagxLP
今、27何だが微妙な世代だな(w
たしか、うちらの1個下から極端に授業数が減ったのは
覚えてる

121 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:18:11 ID:iblA1Jlu
ことさら「今の若いモンは」といいたいのだろうが、

その初年度世代からでも何でもいいが

「実施まで突出して良かったのか」

といえば誰も反論できないのが常。
当然、悪いのもいれば良いのもいる。
ところが、それは今でも同じこと。

所詮はぜんぜん変わっていない。
変わったのは世情だけ。

122 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:20:42 ID:Rev4u40I
>>117
そんなことを言ったらゆとり教育を始めたときに
ゆとり教育の前の世代は
「詰め込みだ」「ロボットだ」「個性がない」「協調性がない」
と散々な言われ方をしたもんだ。

123 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:20:43 ID:3ddlzVxr
やっぱバブル入社はつかえねーなー って陰でいわれるように、
やっぱゆとり教育組はつかえねーなー って将来いわれてる予感。

124 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:20:52 ID:Wnk4WFjC
30だけど、小学校は土曜日も学校に行ってたよ
相対評価で団塊Jrなので数が多かったから
受験とかも過酷だった

125 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:21:21 ID:iblA1Jlu
詰め込み教育世代は全員優秀なのか?
優秀である人数を抜き出して対比したらどうなのか?

に関しても、何の反論も出ない。


単純に「イメージだけで思い込んでいる」からだ。


わかりやすくいえば、「家庭用ゲーム機が売り出されてから学力低下した」
と言いがかりを付けているのに等しい。

かい提要ゲーム全盛期においても秀才はナンボでも出るし
そんなものがなかった頃でも全員秀才というわけではない

何の根拠もない妄想。

126 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:21:33 ID:ro6YC0OG
>>121
どの世代にもいいのもいるし悪いのもいるが
世代間で比べると平均が劣ってる失敗世代ってことだね

127 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:22:01 ID:HRxWMvrk
>>121
同意。詰め込み世代が中高年になり、政財官界のトップを占める
ようになった現代日本がこの体たらくなのを考えると、「あんた
らの勉強って同世代間の出世競争には役に立っても国政の運営には
なーんの役にも立たなかったようだね」としか言いようが無い。

128 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:24:20 ID:Wnk4WFjC
ゆとり教育前 →FF1
ゆとり教育世代→FF2
ゆとり教育後 →FF3

129 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:25:10 ID:+KXrKiym
ゆとり教育世代のヤツは社会に出てから言われるんだろうな。
失敗した時には「やっぱゆとり教育の世代だなw」、遅刻したら「さすがゆとり世代wゆとり持ちすぎw」などなど。

130 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:25:19 ID:X0iCRZML
円の面積は orz だっけ?

131 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:26:21 ID:O2MRvCEt
バブル入社組と同じ扱いを受けるのかな…

132 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:26:41 ID:CpBtpq1C
>>119
>>120
だな 数学が数学I・代数幾何・基礎解析・微分積分・確率統計 からI・A・II・B・III・C になった
配置がばらばらになり、 微分方程式・一次変換など削除



133 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:29:45 ID:iblA1Jlu
「詰め込みをすれば秀才になる」
そんな保証はない。

プロフェッショナル野球プレイヤーの子供は
小さい頃から英才教育を受けているだろうが、全員成功するわけでもない。

詰め込み世代はその詰め込みを生かしているのか?
「忘れちまったよアハハ」で終わる人も多いことだろう。その優秀な「詰め込み」の名が泣く返答だ。
でなければ全員研究職にでも就いている。
ゆとり世代でも研究職に就くものも当然いる。


学校教育がどうであろうが、[やる奴はやる]し[やれないのはやれない]。
どんな人にも適性がある。
おなじ教育を受ければ全員同じになるわけでもない。

教育はそういうロボットを作るためのものとでもいいたいのか
それは無理だ
人間十人十色

134 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:29:57 ID:EHcGQpRH
まあ、今現在なぜか生活にゆとりのある俺の人生のほうが問題なわけだが。

135 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:29:59 ID:4Zi09DEU
ゆとり教育推進したクソ役人は、バカの刑だ。
とりあえず語尾に「れす」とつけろ。

136 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:30:11 ID:XnN9hU0r
かといって、ゆとり教育以前の世代が華々しい戦果を挙げたか
というとクエスチョンマーク。
文科相も早まったな、まだこいつらは実際に社会デビューするに
至ってないから、海のものと山のものともつかん。
可能性は限りなく低いが、下手するとこいつらが日本を安定成長
路線に戻す可能性も無きにしも非ずなんだから結果を見てから
謝るか自分の先見の明を自慢するか決めればよかったのに。

今の段階では態度は保留が正しい選択だろ。

137 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:33:25 ID:xYVIA0Gh
僕だけが劣る
僕が最低

138 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:34:33 ID:+KXrKiym
新しい劣等感と新しい差別の種になるなこりゃ

139 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:34:45 ID:bj0L8t0R
>>131
バブル組は学歴に応じて勉強してるから
リストラという言葉がちらついたりすれば実力は出すと思うよ。
高校時代まできちんと学習する習慣があったから。

ゆとり世代は大学全入でレベルが低いからちょっと頭良ければ
勉強してない奴でもマーチくらい入っちゃうから
追い込まれても努力出来ない奴が多いと思う。

140 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:34:52 ID:DYjo3AhF
>>137
そんなことない!
ガンガレ!

141 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:34:55 ID:ro6YC0OG
>>129
失敗しても
「ゆとり教育世代だから仕方ないよね」で済まされる可能性もあるぞ
万年窓際だけどw

142 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:34:59 ID:JoVa91HW
自信の無さなら誰にも負けない!

143 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:35:01 ID:pHu9xHJW
>>133
教育の本質はインプットよりむしろ刺激を与えることで色を引き出すことだろ
ゆとり教育じゃ刺激がなさ過ぎるって
詰め込みのほうがまだましなのだろう

144 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:35:06 ID:iblA1Jlu
学は多少なくても何とでもなるものだが、
常識がない奴はどうしようもない。

ペーパーテストが良くて、政治屋になった

ところが汚職に手を染めた
しかもこれは数が多い

詰め込みとはこんな犯罪を生み出すためのものか。
それともゆとり世代に焦燥感を与えるためだけの言葉か。

昔を知らない人に「昔は良かった」と言っても、昔を知らない人には正確に伝わらない。
焦らせてしまうだけだ。

昔はみんな優秀だった のような、誤ったイメージを植えつけてしまうだけに過ぎない

145 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:36:47 ID:X0iCRZML
>>125
> かい提要ゲーム

ここで3秒無駄にした

146 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:37:50 ID:FNCejQgP

中国の手先、腐れ日教組が日本の国力を奪おうと必死な件について


147 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:38:53 ID:JoVa91HW
詰め込み教育が良いとは誰も思っていない。
でも実績だけは確かにあるのだから全否定もできない。

ゆとり教育については弊害が現時点でもう出てる。
こればかりは即効で全否定しなきゃ傷が深まるばかり。

148 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:39:03 ID:XnN9hU0r
 意見交換で中3の男子生徒が「教科内容が見直されることで(ゆとり世代の)
 僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになるので心配」と訴えると、中山文科相は
 「大丈夫。大人になって社会人生活送ってるうちにアカデミックな知識はかなりの
 部分が揮発しちゃうようだから。だってつかわねーもん。なんなら君らのパパに
 卒業した大学の今の入試問題やらせてみなよ、たいていのリーサラは合格できなく
 なってるだろうから。どれだけ詰め込んでも覚えてなけりゃ君らにとって脅威でも
 なんでもない。将来研究職じゃなくて企業人志望の人にとってトップ大学は学問する
 とこじゃなくて人脈作るところだからね。履き違えちゃいけないよ」と諭した。

149 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:40:20 ID:iblA1Jlu
詰め込みのいいところ、明確にそれによって成した事柄

が一つも出ていない。

確実にそうなる証明も出ない。
当然だが。

150 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:42:09 ID:ayDDUJqf
要は週6日に戻せばいいだけ、
なんか小手先のごまかしに終始してる文部行政。
役人が非を認めよ。

151 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:42:55 ID:vFbGgcYl
ゆとり世代だろうがそうじゃなかろうが
勉強する奴はするし、しない奴はしない
被害者顔すんな

152 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:43:52 ID:WepOEphS
牌=3.141592654〜

153 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:44:12 ID:iblA1Jlu
さらに、詰め込みを望んでいるのに
「自分では何も動かない」のは問題だろう。

学校の詰め込みだけを望んでいるのか?
塾はどうした。
1980年以降、ホスト直接接続方式ネットからインターネットへと、
これだけネットワークが整備されて充実してきているのだから、
興味があることは自分で勉強することもできる。
学校からではなく、自分が自分に課す詰め込みだって実現できるだろう。

なぜ「学校詰め込み」だけを望むのだろうか。


154 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:45:27 ID:RNpMqzNa
【政治】「僕たちだけ劣る」 ゆとり教育世代の言いがかりに、文科相が"困惑"★
1 名前:モゲ太 @岡崎律子さん大好き!φ ★ 2005/04/22(金) 09:59:44 ID:??? ?#
★文科相がゆとり世代に反論 茨城大付属中で

・中山成彬文部科学相は21日、「スクールミーティング」で水戸市の茨城大教育
 学部付属小、中学校を訪問し、ゆとり教育について「導入は拙速すぎた」とゆとり
 世代の中学生に説明した。

 意見交換で中3の男子生徒が「教科内容が見直されることで(ゆとり世代の)
 僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになるので心配」と訴えると、中山文科相は
 「ゆとり教育でなくても、個々の成績に優劣はある。学校に行くことも出来ない教育環境の中でも、
 立派な業績を残した人が大勢いる。要は自身のやる気の有無だ。」と反論した。

155 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:46:28 ID:JoVa91HW
学力だけの問題でもない気がする。
電車や街で行儀の悪い子供のことも
体罰禁止世代として相対化すればいい。
ゆとり世代より悪質。

156 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:46:37 ID:duAOpHGH
勉強できる層というのははるかギリシャから現代に至るまで、
ほっといても余暇を使って自分で勉強する奴らが大半です。
ゆとりに生まれようが受験戦争期に生まれようがそういう奴
らは周囲に関係なく「自分のために」勉強している。

157 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:47:08 ID:eKkl8bOR
差別の種、言い訳の種になるね、これは。

世代全体のテストの点は低いとしても、
個人個人で見ればやる気のある子、優秀な子は大勢いるよ。
塾で教えてると、自分が中学高校だったころより
そういう生徒にたくさん会うので、こっちが危機感感じたりする。

158 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:47:33 ID:lyFMw0Ht
日教組に仕組まれた国力低下ってことですね。

159 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:48:02 ID:KhDfSOok
当然だな
同じ世代が全員ゆとり教育を受けてきてるなら
スタートラインは若干の差があるにしろ
「ゆとり教育」のスタートラインは変わらない。
同じゆとり世代に負けて「僕たちだけ劣る」はねーだろ。
ゆとり世代でも一発で一流大合格する奴もいるんだしさ。

160 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:49:39 ID:nh1CGRdt
ゆとり教育のマイナス分なんて自分で勉強すればすぐ取り返せそうだが。


161 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:50:36 ID:68U4VAH+
中3男子の発言を受けて
中山文科相は心底申し訳なく思ったんだろうな

こんな風にしか考えられない
自分で解決できない馬鹿な子に育ててしまってスマンカッタと・・・


162 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:51:28 ID:XnN9hU0r
ゆとりも詰め込みも程度変わらん。

だいたいゆとり教育なんて発想考え付いたのが
当の詰め込みで育ったはずの行政官なんだから。

163 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:52:15 ID:fp/pARra
今の教育は出来る奴も出来ない奴も対等。
出来ないことに劣等意識はなく、出来る奴に畏敬の念も抱かない。
当然向上心も沸かない。
自分の資質を実感するのは実社会に出てからで、it's too late。

164 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:52:45 ID:iblA1Jlu
正直言って「詰め込み」や「ゆとり」はもう学校で学習する年齢ではないからどうでもいいのだが

「学校だけで」と言うのは問題であろう。

そんなだから「ペーパーテストだけは優秀」だの
「テストの点はいいが世間知らず」といわれてしまうのだ。

世の中を引っ張ってきたのは、勉学ばかりではない。
人柄で持って大衆を引っ張る人もいたはずで
要はバランスが取れりゃいいな
そういう人になれるのならなれ

ということ
週休二日世代ではない人たちが、今の週休二日制の学生に勝てるかと言えば
まあ現役組退役組の違いはあるだろうが、同じようなものだろう。

勉学だけ気にすると、最近の世情からすると必ず行き詰まる。
時間があるのだから苦しいときは本を読むなり、ゲームしたりバイク乗ったりプロレス見たり
そういったような勉学以外に流れてもいいではないか。人間息抜き大事。抜きすぎてはいけないが
勉学ばかり気にしていていい方向に運ばれたケースを知らないから言えるのかもしれないが。

165 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:53:00 ID:+JsfkoTy
>>15
俺達がただで教えてもらったことを
連中はカネを出さないと教えてもらえないわけだろ。
それはやっぱり不公平なことだと思うよ。

166 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:53:35 ID:eKkl8bOR
>>163
受験で競争はするわけだから、そうでもないんじゃないか。

167 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:55:32 ID:RO4X3W/w
出来る子は、教科書の内容以上の勉強を塾でしてるから、
心配ないと思われ。 そして、私立へ行くのさ。
公立より、はるかに進学実績のある私立へ・・・

168 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:55:36 ID:SLKcVSRT
国から
「劣る子を作ってスマン」
と言われた劣る世代

169 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:55:43 ID:wyafwdDu
>>155
今は体罰よりエロが主流

170 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:56:06 ID:hYcRIu5B
義務教育の過程で、
国、とりわけ文科省が、塾をひとつの産業とみなして、それが必要と考えているが、
公立学校では手抜きが横行する原因につながっていないか。
昔は、公立学校で教育をまじめに受ければ、問題は無かったし、
小学校から塾通いなんて、多くなかった。

公立学校がタコ→塾に行かせる→塾産業が儲かる→産業拡大→天下り先の確保


171 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:57:01 ID:yFJUBkyL
ぶっちゃけ学校教育なんぞ甘かろうが厳しかろうが影響皆無www

172 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:57:59 ID:fW08ybHX
>>67
アホの文系が考えた政策なんだろ

173 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 11:58:40 ID:MYDijktC
別に詰め込みが悪いとも思わんが。
頭ん中空っぽだったら何かを捻り出したくても出来ないんじゃないの?

ただ、詰め込みばっかりだと意味が全くない。
詰め込んだものをどうやって使うか、それが問題かと。

そこらへんを教えるのが教育だと思うんだけど。
要はinputとoutputのバランスが大事なんじゃないかねぇ。

174 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:01:06 ID:SLKcVSRT
国が認めたバカと言うことですか

175 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:01:57 ID:oXpBeW8m
本来なら自ら学ぶ事を期待されたゆとりの時間、勝手に遊んんで潰した自業自得。自己責任。

176 :南極院 ◆kEDHrFcObc :2005/04/22(金) 12:02:00 ID:vMB0lGlR
心配せんでも戦中や敗戦直後の学生はろくな教育受けてないよ。
それでも技術大国・経済大国になった。
ゆとり教育は継続するべきだ。

177 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:03:17 ID:/HRqIfco
新課程のせいで浪人生は大変だ!

178 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:03:30 ID:XnN9hU0r
詰め込み世代のジーン(親)とミーム(教師、社会文化)の両方を受け
継いでいるゆとり世代を否定したところで天に向かって唾を吐くだけ
だと思うが。

ゆとり教育や躾の不備、社会規範の崩壊なんてのがアホな発想の産物だと
すれば教育できないアホな親からアホな発想する子が生まれる。
至極当然の事だな。
つくづく子は親の鏡とはよく言ったもんだ。

179 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:05:42 ID:h5XI0cEx
>>176
学問はなくとも、勤労動員で実学を学んでいる。
勉強きらいなヤシは期間工にでもさせればよし。

180 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:06:06 ID:LUU6oC4Z
まあひどいのは数学くらいだな。
他の科目は、そんなにゆとりの影響を受けてない。
図形や確率もだいぶゆとりで削られた。

181 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:10:19 ID:RO4X3W/w
国語の名作もずい分削られて、空気の読めない人が増えてきたんじゃ?

182 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:11:55 ID:eKkl8bOR
漢字力の低下ってのもよく言われてるね。

183 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:14:35 ID:JoVa91HW
音楽もひどいよ。
有名な唱歌がゴッソリ削られている。
君が代についても歌唱指導がない。

あと、理科?月の満ち欠けを知らない。
午前中に残っている細い月のことも
三日月だと思っている。

184 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:16:08 ID:EHcGQpRH
3. 1 4 1 59 2 6 5  3 2 3 8462 643 3 832 7 9
産医師異国に向かう産婦宮代に虫散々闇に泣く

185 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:17:26 ID:ZqFHbUgc
日本史世界史どちらか選択ってのは頼むからやめてほしい。

186 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:20:47 ID:nkewsm6p
国語と数学と社会
がろくにできない奴と会話してるとイライラする

187 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:21:46 ID:/a+o7m3Z
2-6-2の法則というのは世代間だけでなく国全体でも効いてくるだろう
からゆとり教育続行しても問題なし。
今優秀な2割が現役世代から消えても、ゆとりの中から
優秀なのが2割ほど現れてリプレースしてくれるだろうさ。

188 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:24:28 ID:+ltzolol
>>182
漢字は大人でも気を付けないと。キーボード&たまに手書きで横書きしかしてなかった。
ひさびさに縦に普通に文章書こうと思ったらすっごい違和感。漢字はど忘れするわ。
やっぱ言葉はいつでも反復練習だよ。


189 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:26:40 ID:/a+o7m3Z
>>186
俺はそんなのより、他人を慮るという行為ができない奴や
自分が尊敬されてないと気が済まないような人間と会話してる
方がよっぽど不愉快。
無学なのは許容できても無恥なのは許容できない。

経験則から言ってなぜかそういう輩はルーズな服装してる
ガキとデブの中高年に多い。

190 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:27:00 ID:m3zYoQhW
>>175
ガキが「自習」時間に本当に自習してんのなんか
見たことないぞ。
ハナっから無理な計画だったんだよ。

191 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:27:39 ID:J6sKtnfV
反省だけなら猿でも出来る。
なんで政治家、役人は「責任」をちゃんと取らないのか。
サマータイム導入を急いでいる超党派の馬鹿どもも、
ちゃんと失敗時の責任まで視野に入れてやってほしい。

192 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:28:59 ID:5vZFttg+
>>176
昔は貧しさが死につながるから必死で勉強なり仕事なりしてただろ。
まわりの大人も厳しかったから勤勉でまじめな人間多かったんじゃないか?
今のガキはかなりあまやかされてるから少しでも気に入らないとストレスだのなんだの言い訳してすぐ逃げちゃう。
ゆとり世代だけ自衛隊入れて中国あたりに派遣して根性鍛え直すべきだな。

193 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:30:04 ID:MtiFs2b2
そもそも授業内容2〜3割、教科書内容2〜3割削って、
学力が低下しないと考える方がそもそもおかしいだろ
誰だよこれ考えたカスはw

194 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:33:11 ID:mepeXf+9
数学はもろに応用力に直結するからひどくなったと思われるんだろうか?
出来る奴は参考書買うか熟に行くかするだろうが。
中学以降になると国語は一年で全部教えてくれないんだよな。習ってないところ読んでるのが結構良かった。

>>185
俺は歴史好きだからそれ迷ったんだよなあ・・・理系だから結局選ばなかったが。
好きだから自分で調べもするしいいんだけど。
高校に地学がなったのも悲しかった。倉庫に教科書があったから期待してたのに。って、これはもともと学習する奴はそんないないのか?

本当に区別されちゃうのは、自分で頑張らない奴じゃないのか?ゆとりに限らず。
何でもかんでも聞いてくる奴が多すぎる。人の知恵を頼るなよと。

195 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:33:47 ID:aUp1ctJZ
今のガキと話してて一番ギャップを感じるのは、
例えば俺らの頃って、夏目漱石とか森鴎外みたいな文学作品の初歩や、
偉人伝、ヘレン・ケラーとかキュリー夫人とかエジソンとか野口英世とか
コロンブスとか諸々は、
本を読んだり漫画を読んだりして知ってるのがデフォだったんだが、
今のガキってこの人ら一切しらねーのな。

196 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:33:52 ID:pcDV8ZEI
僕たちだけが劣るなんて思ってる学生は少数だろw
たくさん遊べてラッキーって意見の方が多いはず。

197 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:35:29 ID:XFxJ+PQN
「できない事(苦手なこと)はやらなくていい」

これが最大の問題

授業樹間は土曜授業を復活させりゃそれで済む事。

198 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:35:50 ID:hyau9GTc
>>176
戦中〜終戦直後の学生は勉強してないけど、上の世代が
死んでくれたおかげで、アカデミックな職や要職に就くことが出来た。
でも本当は勉強してないこと、勉強が身に着いてない事を知ってるから、
そのコンプレックスの裏返しで、今の教育に口を出す人間が多い。

199 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:35:59 ID:chtV1Q6x
>>192
過去を過度に美化しないように、そんな貴方に
「人間いいかげん史観」をオススメ。


今の大人はちょっと職を失ったストレスぐらいで
すぐに樹海や線路に突入して現実から逃げる根性無し
揃いではないか。という言い方もできるよ。
視点を変えれば誰でも根性無しに仕立て上げられる。

200 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:36:10 ID:b6RwZm/S
まぁ今の時代、教師が糞だからどうしようもないけどね。
サンドイッチ作ったり、USJで遊ぶことが自主研修らしいし。
そんなのが子供に「考える力を」って笑えるよ。
お前ら小学生と一緒に自由研究やってろと。

201 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:36:50 ID:J6sKtnfV
>>193
政治家は馬鹿ですから。
サマータイム導入でエコになるとか余暇が増えるとか、
根拠も無く意味不明な事ほざいて、日本を混乱に陥れようとしてますよ。

1日が24時間である以上余暇なんて増えないし、
エコエコ言うならノーネクタイ、軽装で空調温度弱める方がはるかに効果的。
結局は欧米で実施しているから〜とかいう下らない理由だったり、
繊維業界との癒着がメインなんだよな。

202 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:37:37 ID:mQx9hVsv
ちゃんと謝罪しただけでもスゴイね

203 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:38:25 ID:ffBUMThR
>>196
某教授が、
昔は親に金出して貰う事を考えたり、大学、という学校に来る事を考えて、
本音は「大学で女/男探し」「大学では遊ぶ」と思っていても、
口では「大学で色々な事を学んで・・・」とか言ってたんだが、
最近の学生は平気で「大学は遊ぶ所でしょ」と抜かす、これでいーのか?w
みたいな事言ってたな。言うヤツも言うヤツだがw

204 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:38:54 ID:Jobb7g7t
ゆとり教育って、週休二日になって、
先生の生活にゆとりできた教育制度ってこと?

205 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:39:03 ID:ZGkC5YuZ
寒到来って言葉しってるやついるかな歴史すきなやつで

つまり人柱

206 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:40:04 ID:vssBSGbE
ゆとり世代は少子化と結びついてて人口ボリューム的には少なかったのが幸いしたな

207 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:40:05 ID:b24W1i81
ゆとり教育がいいとは思わんが
この糞ガキどもを育てた馬鹿親は詰め込み世代ってこと考えると複雑

208 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:41:54 ID:JoVa91HW
>>195
子供が伝記を読まなくなったのは教育方針。
ヒーローの存在は人権平等と矛盾する、のだそうだ。
児童間の学力差を縮めるために底辺へおしなべた
ゆとり教育と相通ずる思想。


209 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:42:07 ID:eKkl8bOR
たくさん遊べても、そのありがたみなんか分からないだろうな。
昔の世代がたくさん勉強できたありがたみが分からなかったみたいに。
子供なんて遊べるだけ遊びたがるもんだよ。

210 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:43:04 ID:C04s16c3
>>201
うぅむ、おかしいな。今中高年の政治家は詰め込み
教育を受けてきたはずだし、彼らはその華々しい学歴からすれば、
激烈な競争を勝ち抜いてきた歴戦の猛者のはず……なんだが。
詰め込んだ「知識」や詰め込むことで養った「ひきだしの広さ」
とか「応用力」とかは何処に行っちゃったんでしょうか?
ぜんぜん生かされてませんね?

もしかして……徒労?

211 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:45:06 ID:hyau9GTc
今の日本は、下の世代に知識や能力で抜かれることを恐れすぎ。
うちの還暦過ぎの両親よりも、絶対自分の方が中高大学で勉強してた。
勉強してると、「そんなに勉強ばっかりしても…」っていうから、
少し休憩してると「勉強しなさい」って。
研究室でも先輩が茶々入れてくるし。もうバカかと;
だから、ゆとり教育も若い世代に対する嫌がらせだと思ったよ。

212 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:46:42 ID:Ms2g6iLq
>>210
政治家なんて大した学歴じゃねーよ。
自民と共産が一番インテリが多くて、他は有象無象の大学ばかり。

213 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:47:38 ID:iblA1Jlu
勉強することが苦痛
になってしまうと、もちろん伸びない。

仕事は大変なものだ
などと、もっともらしく言ってる奴は惰性でしかしてないからだ。

楽しくする・やりたい職に就く なんてことが誰にもできるようになれば
そんな不平不満は出てこないのだろうが
もちろんそんなことは保障できない。


こればっかりは性格にもよるので何ともし難いが、
遊びの中にいかに勉学を織り交ぜていければ勉学については
何とかなりそうな気もするが

ゲームを作るなら数学知識は多少あったほうがいい
ゲームを制作するという課題を楽しいと思えれば、数学も勉強する気になる
もちろん正しい結果を直ぐに与えて、これでいいのだという「褒めること」「見返り」が必要

214 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:48:03 ID:J6sKtnfV
今のガキどもの問題はゆとり教育だけじゃないと思うぜ。
同和教育もニートとか生み出す要因じゃないの?

どんなにがんばっても貧富の差は生まれるものだし、
どうしたって人生は常に競争でしょう。
テストや成績をきちんと数値化せずあいまいな評価でごまかしたり、
お手手つないで横一列でゴールインする徒競走とかやってるから、
就職活動で募集5人とか10人とか見るだけで、
やる前から「無理」「入れないのに努力するだけ無駄」となってしまうんだよ。

215 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:48:56 ID:/AMfwWUW
鳩山邦夫氏がうちの子の通う小学校の周年行事に来て
ゆとり教育導入した実績を自慢していったのが3年前。

216 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:49:09 ID:hyau9GTc
>>210
まだ浦口があったゆるい時代だよ>今中高年の政治家
親が競争をお金の力で回避してくれた2世・3世議員が多いでしょ?

217 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:49:17 ID:Jobb7g7t
>>210
君のその文章、気に入った。どこかで使わせてもらおうっと。

218 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:49:21 ID:ro6YC0OG
>>210
政治家が純粋に一個人の実力で競争を勝ち抜いてきたと
本気で思っているのか?

219 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:50:34 ID:Qs7gvJzf
>>213
勉強は苦痛で嫌なモノでいいんだよ。
「嫌な事でもちゃんとやらないとダメ」って刷り込みをしておかないと
将来仕事に就いたときに辞めちゃうから。

220 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:51:01 ID:DzGC63MK
この、ニュース見て思ったんだけど
この「自分たちの学年が他の学年に
比べて劣るんじゃないか」って質問に対して
「教科書のページ数も戻りつつある」って答えになってるの?
ここ2〜3年の怠慢にどういったフォローをしてくれるのかを
この子供は聞きたかったんじゃないの?

そもそも、教科書のページが元に戻ったところで
江戸川コナンが虫眼鏡持ってるページが増えるだけfだろ。

この政治家は何処の選挙区なの?

221 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:51:35 ID:LUU6oC4Z
>215
鳩山邦夫は東大で、ろくに授業に出ないのにほぼ全優だったらしい。
凡人はそうはいかないって誰か教えなかったのか?

222 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:51:55 ID:PGWLuDfD
学級崩壊でだれも授業聞いてないし

223 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:52:55 ID:C04s16c3
>>212
そのインテリ集団の自民がほぼ常時政権与党のはずでしょうが。

詰め込まれど詰え込まれど猶我が国良くならざりき、ぢっと手を見る。

224 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:53:27 ID:ro6YC0OG
>>222
ちょっときつく叱ると
親登場→校長謝罪→担任処分だしな
やってらんねーだろ

225 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:53:42 ID:iblA1Jlu
勉強が嫌いでやらずに回避した
学校に入らなかった やめた

こういう人たちは全てがロクデナシだろうか?

それもまた思い込み、イメージ。


確かにロクでもない奴もいるが、それがクローズアップされるのは一握り。
勉強をして政治屋になったが
汚職の片棒を担いだ
主犯だった 
そもそも金儲けのことしか考えてない
それもまた多くないだろうが、勉強をいやいやでもしたからと言って
マジメになるわけではない。

226 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:54:25 ID:Tt/fQiOk
>>225
俺も低学歴だけど君は見苦しいよ

227 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:55:50 ID:ShxNEejV
小中学校なんてのは、「嫌なことでも我慢する」ことを学ぶのが主目的だと思う
ゆとりなんて家庭で作ればいい。
要領のいい勉強方を知ってる父母の下でゆとりが生まれる。

228 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:56:40 ID:1gVC1jl9
早く元に戻さないと困るから良かった
学校の先生がゆとり世代の人間だったら困るし

229 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:57:57 ID:C04s16c3
>>216
そうやって、政治家を詰め込みの例外として扱っても
官界の官僚や財界の企業人の上層はやはり高学歴者で
彼らも詰め込みの成果のはずだが、スキャンダル・倒産事業整理
などやはりいまいち成果が見えてきてないかと。

230 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 12:58:14 ID:iblA1Jlu
ロボット工場と勘違いしている右翼売国奴もいる。
見苦しい。

231 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:00:11 ID:R9LrV5xJ
勉強が出来ない奴をバカにする気はないが、
だからといって勉強をしない奴とは正直一緒に仕事はしたくない。
いざとなったら勉強と同じように責任から逃げたりしそうで、
どんなに一緒にいるのが楽しい奴でも仕事だけは一緒に出来ない、不安だ。

って思わないか?
俺はそんなに自慢出来るほど高学歴では無かったが、
勉強そのものは好きだったからちゃんとやるべきことはやったが。

232 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:00:32 ID:Tt/fQiOk
>>230ID:iblA1Jlu

君の言っていることはアカの妄言そのものではないでしょうか

233 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:01:07 ID:Ms2g6iLq
>>223
いや、そうじゃなくて。別に自民の大多数がインテリって言いたい訳じゃなくて。
古賀なんて日大だしw

234 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:01:37 ID:JoVa91HW
詰め込み教育をやっても子供がバカだと詰め込められない。
ではバカはどうすればよいのか。塾に通った。これが昔。

ゆとり教育をやれば優秀な子供にも上限が儲けられる。
では優秀な子供はどうすればよいのか。塾に通う。これが今。

235 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:01:59 ID:iblA1Jlu
「嫌なことでも我慢する」

ができていないではないか。


嫌なことでも我慢することを教え込むのが主目的であるならば、なぜ
だれそれが嫌いだ、どこそこの国が嫌いだ

などというガキくさい思考が生まれるのか。

所詮浅知恵、まったく意味がない。

236 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:02:45 ID:pcDV8ZEI
つーか、ゆとり教育って勉強する時間が減ったワケじゃないだろ?
休みの日も家で勉強しろってことで、遊べって言うてるワケじゃないし。
国の所為にする性質は、中国と一緒だな。
黙れ在日!

って言えば、ちびっこ達もきっと黙るよ。

237 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:02:58 ID:Tt/fQiOk
>>235の釣りテクに俺はもうメロメロ

238 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:02:58 ID:PMNwCLU5
義務教育である小中学校は、基本を教えるもの。

それ以上の勉強は希望者が自己で行うもの。

自分がバカなのを人のせいにしてはいけない。

239 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:03:03 ID:LUU6oC4Z
>229
官僚は、「受験技術のプロ」だから、
「解ける問題から先に解く」くせがある。
つまり難しい問題は先送りにする、というのが中村修二氏の持論。

240 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:03:27 ID:+io+7dOm
昔シーチキンのCMでなんでも一等賞ってやってて木登りだ鉄棒だって
なにかしら一番を決めてたがそうやって長所を認める方向のほうが
短所を否定しない教育よりやる気はでるな。

241 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:04:07 ID:b6RwZm/S
>>236
自主的に勉強する子供がどこにいるwww

242 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:04:43 ID:ioPbYgDs
>>231
実社会においては、誰よりも勉強してたはずの奴から真っ先に
「責任」という単語から逃走する。彼らには長い間勉強して獲得
してきた失ってはならない地位や名誉があるからだ。

一連の企業不祥事で逃げ回る経営者、必死に自分の失敗を誤魔化そう
とする官僚及び政治家を見れば一目瞭然。
失うものが多い奴ほど責任から逃避する傾向にある。

243 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:05:34 ID:SLKcVSRT
詰め込みがどうのとかは関係ない
ゆとり教育の良し悪しとかも関係ない

ゆとり世代の教育水準が低いという事実のみ

244 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:06:00 ID:R9LrV5xJ
勉強ってそんなに嫌な事だったのか・・・
俺なんか小学校の頃とか授業で教えてもらうことが楽しくて
勉強そのものは好きだったのに。
その機会を奪われたゆとり教育世代が可哀想だな・・・なんて思ってたけど
1978年生まれからっつったら俺も入ってるしorz
俺ってゆとり教育世代だったのか・・・

245 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:06:07 ID:iblA1Jlu
人間はいろんな性格を持ったのがいる。
学校はロボット製造工場ではないし、人間の本質的に
まったく同じ複製は作ることができない。

それが誰しも分かっている「常識」。

そういう土台があるから、社会に出たら
「嫌なタイプの人間がいる企業に就職してしまう」などは避けることができない。

誰しも分かっていることで、
学校は嫌なことから回避しないことを教える場なのだとしたら、
なぜアイツとは組みたくないだの、ガキくさい幼稚思考が出るのか。

やはり浅知恵。
人間のことについて、ほんの数ミリのカケラする分かっていないバカが言う事だ。

246 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:06:25 ID:QCbRA8nV
もう「ゆとり」は差別用語ですね。
人間牧場の失敗作w

247 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:07:30 ID:7bPIKEgr
まあいいや
公式に誤りを認めたんダロ
いいことだ

248 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:08:03 ID:LUU6oC4Z
教育現場、子供、父兄を
これだけ混乱させといて「ごめんなさい」で済むかっての。
このあと十年近く混乱が続くんだぞ。


249 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:08:26 ID:k17SHUXq
学校で教えてくれないなら図書館でも行って覚えりゃいいのに・・・

250 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:09:12 ID:n4aF3eXo
詰め込み教育の根っこにあるのは、大人の「自分が汗水流して苦役を
果たしている間に子供たちは幸福そうに遊んでいるのではない
だろうか」という無条件の怒りである。
自分より幸せそうな立場の人間への限りない憎悪が水底に積もっている。

251 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:09:13 ID:Ms2g6iLq
>>239
なるほど!説得力あるな。

>>240
そうやって自己否定無しで育ったガキが
DQNに成るような気がするんだが。

252 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:09:41 ID:d96Ndwi6
>>212
コーメートーのソーカ大の事か!w

253 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:09:55 ID:SLKcVSRT
1977年生まれのオレは下の学年が
六時限目が少なくなったと聞いて羨ましく思った物だ
でも今の中学生はだめだろう

254 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:10:13 ID:R9LrV5xJ
謝罪されただけじゃ何とも・・・
結局なんの解決にもなってないじゃないか。
ゆとり世代をこれからどうしてくれるんだ。
賠償しろとは言わないが補償でもしてくれるのか?
政府が大学行かせてでもくれるのか?
どうせだったら頭が柔らかいうちにもっと勉強させて欲しかったよ。

255 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:12:04 ID:18Hc+Aus
>>253
同い年だが、初めて知ったorz

256 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:12:07 ID:+ltzolol
>>185
あと世界史っていってもほとんど欧州史って感じ。あれ見てると世界は
全部欧州中心で何もかも決まっていたかのように勘違いする。産業革命
後はそうだけどさ。

257 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:12:17 ID:F1zjpJq0
ゆとり出身者は差別利権にありつける。

258 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:13:15 ID:iblA1Jlu
嫌だと思うのもいる
好きなのもいる

これら全てに「義務」として課している以上、
「最低限」でしかないわけだ。嫌いなほうが付いて来れないようでは義務にならない。

小、中は「所詮基礎」でしかないのだから、そんな専門知識を教えても
義務にならないだけだ。
そもそもそこまでしっかりした考えを持つ小・中学生がどれほどいるのか。
頭の中はちんこうんこ、遊ぶことが目的で生きているかのような小・中学生も多くいる。

だから専門知識は、分別がつく年齢になってから
これより上の教育機関が受け持つことで習得することになっているわけだ。

小中でもっともっと高いレベルを詰め込めと言うのは
どこぞの国のように、「天才少年出現!」と言ったような番組でも作りたいのか。

259 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:14:16 ID:C04s16c3
このスレにはえらく学校での学習意欲の高い奴が多いな。
俺はガキの頃なんて学校にはさっさと終わって欲しい
以外の何も望んでなかった。
拘束される時間が長ければ長いほど、宿題は多ければ
多いほど気分は不快にになっていったもんだが。
結局宿題のほとんどは提出してないけど。

260 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:14:23 ID:t0sFjK5o
ガキにゆとり必要なし!
詰め込み競争させよ!愛国心を洗脳せよ!
あたり前のことだよ!!

261 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:14:47 ID:+bjNFMJI

官製被差別階級、「ゆとり教育世代」w
官製被差別階級、「ゆとり教育世代」w
官製被差別階級、「ゆとり教育世代」w


262 :名無しさん@5周年 :2005/04/22(金) 13:15:50 ID:QPlr3dIY
昔>頭が悪い者は塾や家庭教師をつけて皆について行こうと努力する
今>頭が良い者は塾や家庭教師をつけて馬鹿にならないように努力する

263 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:16:28 ID:Tt/fQiOk
>>258
>これら全てに「義務」として課している以上、
>「最低限」でしかないわけだ。嫌いなほうが付いて来れないようでは義務にならない。

クラス分けすりゃいい

264 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:16:36 ID:R9LrV5xJ
>>261
あぁ、今やっと幕府からえ○・ひ○んと認定された人達の気持ちがわかった気がするよ。
BYゆとり世代

265 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:16:48 ID:fW08ybHX
>>210
> 詰め込んだ「知識」や詰め込むことで養った「ひきだしの広さ」
> とか「応用力」とかは何処に行っちゃったんでしょうか?

どちらかというと、悪い意味で他人を出し抜き勝ち抜いてきた人達ですから
所詮、実力や才能よりも政事だけが得意な阿呆の文系

266 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:16:56 ID:ynR8TGSj
現役ゆとり世代はどうしたらいい

267 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:17:07 ID:SLKcVSRT
ゆとり世代は、おっさんたちの言う
「うちらの時は水金地火木土天◯◯」ネタみたいな
「うちらの時は円周率が3」みたいな
ネタが一個増えたと思いねぇ

268 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:18:07 ID:C04s16c3
>>260
言うは易し、行うは難し。
あれもやれこれもやれと課題を課すのは容易いが、
やらされる方にしてみればたまったもんじゃない。

子供の立場から考えれば君は物凄い惨い事を言っている。

269 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:18:14 ID:JoVa91HW
向学心と責任感は本来関係ない。
俺たち日本人の弱点ではないかと思うのだが、
日本はリスクと責任をよく混同する。
あるいは責任を負うこと自体がリスクになる。
リスクを分散させることは危機管理の鉄則。
リスクの分散方法に責任が生じるのが本来。
しかし責任を分散させることで危機管理をしたがる。
守られるのはその無責任体制のみ。

子供の頃に辛くても勉強しておくことは
当人の人生設計の中でのリスク分散だと考えればいい。
そしてその方法がよいと言うことを、
学校や親が保証もし責任も負う。

この責任を負いたくない学校や親が、
あろうことか子供と責任を分担したのがゆとり教育。
社会全体のリスクが剥き出しのまま子供に掛かっている。

270 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:19:18 ID:iblA1Jlu
口を開けば「ちんこー」「うんこー」
授業中いきなり「キエー」と叫んだかと思えば「口癖です 気にしないで」
などとほざいてみたり、
授業中にエロ本見て おっ立ててたりするのもいる

もちろん、年からすればしっかりした考えを持っているのもいる。
弁護士になりたい
プログラマーになりたい (だからといって誰とも口を聞かずに本を読むのはナンだが)

だが、小中学生とは最初に述べたように暴れてナンボのもの。
それらに対する義務なのだが、どうやれば大学レベルまで詰め込めると言うのか。


271 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:19:24 ID:LUU6oC4Z
>269
主張を整理できずだらだらと長文を書いてしまうのも
ゆとり教育の弊害w

272 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:20:48 ID:Qs7gvJzf
>>256
でもさ「アボリジニの歴史」とかってやっても多分つまんないと思うよ。

273 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:21:18 ID:ShxNEejV
>>266
独学で勉強せえ。
学校の勉強じゃなくても、勉強癖のついてないやつを勉強で出し抜くのは
比較的楽と思われますよ。

274 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:22:42 ID:LylQeNic
>>267
確か99年から冥海→海冥にもどったんだったけな?

275 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:23:15 ID:xlyGceub
>>271
「その程度の長さの文を見ただけで文句を付けるとは。やれやれ、
これこそゆとり教育の弊害とでもいうべきか。この程度で苦戦
するとなると、厚い書物を見たら裸足で逃げ出しそうだな」と返されたら
どうすんのさ。

276 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:24:08 ID:PyZO8ZIQ
とにかく何か理由をつけて逃げたい人には格好の言い訳を背負うことができたな。
「俺はゆとり教育世代で、やるべきことはやったはずなのに教養が足りなくてひきこ
もりに追い込まれた」みたいな。

277 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:24:49 ID:RAb3QKBE
今年、高校一年生になった弟がその煽りを受けてる。
高校じゃなくて、工業専門学校だったかな。
文部科学省は弟に謝罪と補償をすべきだ!!

278 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:24:53 ID:SLKcVSRT
逆に、あの半ドンの土曜日のテンションの高さを
今の子供等は知らないのは少し可哀相

なんだったんだろうな
土曜の3時限あたりのバカテンションは

279 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:25:45 ID:C04s16c3
>>266
好きなようにすれば良い。
ヒステリックに「詰め込めー詰め込めー」と叫んでる奴らの
言うとおりにして失敗しても、そいつらが責任なんかとるわけ
ないんだから。

他人の意見に左右されないくらいの「自己」を持ちなさい。

280 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:25:50 ID:iblA1Jlu
詰め込みになったとしても、

「コイツにそれを受け止められるだけの器があるか」

は、また別問題。
詰め込みをやれば誰も彼もが優秀になると勘違いする重症患者もいる。

281 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:26:30 ID:0P4NCBRp
馬鹿か。謝罪するくらいなら最初からするなや。

と言うか僕たちだけ劣るとか嘆いてる性根がゆとり教育の最大の弊害だな。

あとマスゴミのπはおよそ3と教えてると言うデマに未だに騙されてる奴がいることにもがっかり。
もっともπ=3.14よりπはおよそ3の方が数学的には正しいけどな。

282 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:27:09 ID:eA5tyL7p
成人になって罪を犯しても「不幸な」少年時代を送ったかどで
減刑されたりして。

283 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:27:58 ID:+io+7dOm
団塊の世代のようにゆとり世代と偏見をもたれるのは目に見えてるな。

284 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:28:10 ID:dAsnUTAR
やべっ、拙速て字読めないし、意味わかんね(ノ´∀`*)

285 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:29:55 ID:VSSrDbO5
「僕たちだけ」

うえっwwwwキモ!!

286 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:30:29 ID:ro6YC0OG
>>281
問題の本質は小数点を含む3桁の掛け算すらやらないことだろ

287 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:31:03 ID:/AMfwWUW
円周率3は誤報だって・・・

288 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:31:55 ID:dAsnUTAR
しかし、自ら主体的に学ぶ力を身につけた漏れは自分で調べたYOヽ(●´ε`●)ノ エライ

せっ‐そく【拙速】
--------------------------------------------------------------------------------

[名・形動]できはよくないが、仕事が早いこと。また、そのさま。「―に事を運ぶ」巧遅(こうち)。



--------------------------------------------------------------------------------



289 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:33:02 ID:iblA1Jlu
桁数はいいだろう

例え1ケタでも、「小数点掛け算」さえ理解すれば
あとは桁数がどんなに増えようが解くことができる。

それとも「習ったところまでしかできない」とでもいうのだろうか


それはゆとり教育以前の問題

290 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:33:08 ID:fWFNlpLj
悲惨な世代だな・・・・・

291 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:33:18 ID:SLKcVSRT
消費税の計算が出来ない算数に問題があったわけだが

292 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:33:25 ID:Hj06ucXo
「できん者はできんままで結構。
できる者を限りなく伸ばすことに労力を振り向ける。
やがて彼らが国を引っ張っていく。
非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいい。
それが『ゆとり教育』の本当の目的。
エリート教育とは言いにくい時代だから、回りくどく言っただけの話だ」
三浦朱門

293 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:33:25 ID:nWuCqlMi
おいおい、この子は分かってないな。ゆとり教育など、上の世代
(トンビ)の遺伝子を引いてしまっているという致命的なハンデ
に比べれば屁でもないぞ。

294 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:34:19 ID:+ltzolol
本来詰め込んでも中身理解してない記憶だけ。というのが
非難されたのなら柔軟な発想をうながすためにカリキュラム
を見直しというならよかったのに。

例えば数学の発想のため建設関連、航空技術など実際の現場
にふれさせたりするとか課題を科しレポートさせるとか。
国語なら普段出来ない文章にじっくり触れさせる。
社会なら地元の旧跡研究させる。
理科ならほとんどなんでも。

そういう時間をとらせるならよかったのにな。教えるべき知識と時間
削るってどういうこっちゃ。

295 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:34:52 ID:2+xXvTCv
1978年生まれは、今年27歳だね。
まだまだ、勉強しなおすことが出来る。
けど、穴あき教育だから何を勉強したらいいかわからないと思う。

296 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:35:30 ID:sKiO6f9o
馬鹿じゃない?
劣ってると思われるのが嫌なら自分で勉強しろ。
そんな態度だからゆとり教育の弊害って言われるんだよ。
自分の同世代が馬鹿なら「引き立て役ご苦労さん」
ってくらいに思って自分だけでも勉強して
いい大学にはいるチャンスだと思え。


297 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:35:49 ID:Di3SsdbL
今の子供が大人になる頃には中国みたいになってそうだ・・・。
早く苦しまずに死ねた人が勝ちだな。

298 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:36:13 ID:dAsnUTAR
>>281
いや、その性根はそれ以前の教育によって培われたものと思われ

本来のゆとり教育の目的はそういう性根をこそたたきなおすことにあったと思われ┐(´д`)┌

その意味でゆとり教育は現状、その理念に反して実践で失敗している

299 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:36:30 ID:TRuqaf3I
「自分達って可哀想、不景気だから働かないし、ゆとりでダメになったから勉強もしないよ。
ブランド物も当たり前に持ってるし、自分の部屋にはPCもあるけど、
礼儀も文化も知らないけど、とにかく可哀想なの!
団塊やバブル世代はウリ達に謝罪と保障を・・・・」

300 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:37:02 ID:esGWndtS
>僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになるので心配

ゆとり世代のくせにゆとりがない発言だなw

301 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:37:26 ID:8tQlKxmv
ゆとり世代の子が習わなかったことを悔やむのは
この子たちが悪いのではなく、文部科学省の責任でしょ。

この手のスレがたつたびに、「そうおもうのなら、自分でやれよ」
という意見がでるが、それはおかしいわな。


302 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:37:53 ID:C04s16c3
>>288
うんうん。
偉いね。
でもここでそれを披露する必然性は無いんじゃないかな?

というわけで「わーい、できたよー見て見てー」みたいに
自己顕示欲を充実させる手段には自分をこの世にひりだした
親を使えや。

303 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:39:22 ID:2+xXvTCv
大体、アメリカが受験戦争の時、
日本は勉強しすぎだとか政府に圧力かけたからこうなったんだよ。
働きすぎだとか言ってたし。
日本人にアホが多くなって高度成長が止まったのはアメリカのせい。

だったと思う。ソースがないので自信がない。

304 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:39:48 ID:j6w46l7F
>>301
まあそうだな。ゆとりじゃない時代に教わった事を理解出来てなかった奴が大半だろうに。

305 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:41:04 ID:8tQlKxmv
俺もアメリカが圧力をかけたという話はきいてる。
日本人があまりにも優秀すぎるから、もっと馬鹿になる教育をしてくれないと
こまるよって。

そのアメリカは、地区によるが、日本の教育をぱくりましたな。

306 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:41:11 ID:LUU6oC4Z
二次方程式の解の公式は削られましたが、
中学の教科書には完全平方式を作って解く方法が載ってます。

余計難しくなってる気がするんですが。

307 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:41:40 ID:C04s16c3
俺らだけ遊べてラッキーとか学校に拘束される時間が短くなって
大ハッピーと思わないとは。

えらく真面目で変わった子だな。大人の期待を先読みして迎合する
癖がついちゃってんのか?

308 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:43:04 ID:QPlr3dIY
>>295
おいおい。1978年当時に学生だった連中だろう。上は40代前半じゃないか?
新人類とか呼ばれて大学生の学力低下が始まったのもこの世代だろう。

309 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:44:33 ID:2+xXvTCv
>>308
じゃ、私もゆとりに入っていたのか… orz

310 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:45:23 ID:8tQlKxmv
実はこのスレで叩いている奴らの殆どは叩く資格がない。
なぜなら、ゆとり教育世代だから。

311 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:45:55 ID:+vs1EbI+
ゆとりの時間に勉強してれば何も問題ない。



312 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:46:42 ID:ztruH4CM
でもノーベル賞取った白川教授は子供のとき宿題もせずに
昆虫採集に飛騨高原をかけめぐったらしいよ。

313 :名無しさん@5周年 :2005/04/22(金) 13:47:00 ID:+roB9LVy
ゆとり教育のせいで教科書の種類だけは増えてたな
2,3回しか使わなかったような教科書が2冊位あったけどw

314 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:47:17 ID:0vKDmjjL
文科相に謝罪されるって一番嫌じゃね?w
お前らを実験台に使ったけど失敗したって言われてるようなもんじゃんw

315 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:47:24 ID:C04s16c3
>>308
1978生まれじゃなくて1978に学生だった奴という定義なら労働人口の
ほとんどは既にゆとり教育世代に置き換えられている事になるな。
なにせ今の四十代前半以下は全部ゆとり教育世代って事になるから。

すると40歳ぐらいの教授や社会人が「我々と違ってゆとり教育世代は〜」
なんて言うのは自分は自分の受けてきた教育の中身すら考察できてない
アホですと言ってるのに等しくなる。

316 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:47:40 ID:jjEwFF+d
>>306
考え方をしっかり理解させるという意味ではそれでよいと思う。
意味なく暗記してもダメって意味ではね。
基本的に、ゆとり教育で削られた内容って、「暗記」系が多い。
理論的な組み立ての部分はさほど削られてないんだよね。

ゆとり教育の基本は、「じっくり考える時間的余裕」だったはずなんだが・・・・。
どこでずれたんだろう??


317 :某進学校出身者:2005/04/22(金) 13:47:54 ID:nizfH78b
かなしいけど真面目に受験勉強するなら授業聞いてる奴いないのが現実
みんな内職してるか寝てた そして予備校いくわけだな だから変わらないってゆとりでもそうでなくても
僕達だけ劣るって奴は勉強しなかったやつだけ

318 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:48:07 ID:cIJOL/jv
>>310
じゃあ被害者として謝罪と賠償をm

319 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:48:17 ID:Qs7gvJzf
>>312
宿題もせずに昆虫採集に飛騨高原をかけめぐったヤツはイッパイ居るだろうに
ノーベル賞取れたのが一人しか居ないって事は
その勉強方法は間違ってるんじゃなかろうか?

320 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:49:25 ID:dAsnUTAR
>>295 >>308

そうなんだよね。なんか勘違いしてるヤシもいるみたいだけど、
ゆとり教育て別にここ最近始まったわけじゃなくて、けっこう長い歴史があるんだよね
もちろん、その間にも段階があるんだろうけどさ


って漏れ78年生まれ・・・今年で27かぁ〜・・・(´-ω-`)旦~フゥ

321 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:51:37 ID:JoVa91HW
>>308
新人類が「発見」されたのは、
1965-1966 生まれの学年が大学へ入ってきた年。
1964-1965 生まれの学生が「発見」しました。

322 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:51:58 ID:dAsnUTAR
>>315
まぁ、結局、いつの時代も、いつの世代も
往々にして自分たちの世代を基準にしてしか他の世代を見れないのは仕方ないと思われ┐(´д`)┌

323 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:53:02 ID:zGhU0f7z

詰め込み教育を受けたオレらはどうなるんだよ。
それはそれで大変だったのに。

324 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:53:16 ID:+vs1EbI+
>312
天才と言われる人たちって、子供の頃馬鹿だって言われていた事が多いけど
それは興味が誓う方向に伸びていたからでは。
偉人伝を読まされた世代のレス

325 :名無しさん@5周年 :2005/04/22(金) 13:53:28 ID:+roB9LVy
>320
世代によって週休2日が始まった時とか、第二土曜日が休みになった時とか勘違いしてるんだろうな

326 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:53:47 ID:juAvLc9z
>>314
同意。

お上公認の失敗作宣言だものね。

327 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:54:11 ID:dT51jeCl
よとり教育をうけたわりには

ゆとりがない世代だな


328 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:54:42 ID:ztruH4CM
いや別にみんなが勉強しなくてもいいんじゃない?
どういう社会になってもトイレ詰まった時に直してもらう
配管工やペンキ屋とか機械工とか必要ですよ。
自分は今ホテルに勤めてるんだけどこういう人がいなくては
ホテル経営もままならないとガクブル(( ;゚Д゚)))
勉強が得意な人だけ勉強したらいいよ。

329 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:54:49 ID:SLKcVSRT
センター試験開始後だよ学習要項で時間が削られ出したのは
でも補習とか7時限目とかで補っていた
そして学習項目そのものが削られてしまったのが今の学生

330 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:55:39 ID:C04s16c3
>>312
んなこといったらエジソンやアインシュタインなど
くだらん学校教育の恩恵なんぞうけんでも突出した奴はいっぱいいる。
ガウスは小学校がつまらなすぎてしょうがなかったほどだ。
まぁ、「栴檀は双葉より芳し」の通り、名を残したり賞を貰う
ほどの奴らはそもそもレベルが違う。
ゆとり教育だろうが義務教育を放棄しようが他人が必死こいて
勉強している間に遊ぼうがこういう奴は勝手に天才らしく自分
の才覚だけで余裕綽々と勝ち上がってくるだろう。


そもそも、義務教育ってのはぬきんでた人間をさらに延ばす
という教育じゃなくボトムアップをいかにはかるかという
底辺救済のための教育なのでは。

331 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:55:53 ID:LN1bDrUE
このゆとり馬鹿世代、絶対将来に禍根を残すなー。
あぁ、導入当時から言われていたことだが。

332 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:57:12 ID:Qs7gvJzf
>>328
それでいい。
大学なんて進学するのは20%。高校でも30%
残りの半分は中卒でもいいんじゃね?

333 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:59:22 ID:EEcZQtC/
うちの姉は病気であまり中学高校に行けなかったんだけど
未だにどちらも行った私に劣等感持ってるよ。
もう30なのに。
私は学校で勉強したほうじゃないし、頭も悪い。
けれど社会に出てから反省していっぱい勉強したから、漢字もよく
知ってるし、社会や礼儀作法についても詳しい。
なのに「あんたは学校行ったから」という態度で来られると
たまらない。
食事に行って、品書きの漢字が読めても「そうね、あんたは」みたいな態度で、
あとで母親にぐちってた、「私は学校ほとんど行ってないんだから」
って。「偉そうだ」って。そんなつもりじゃないのに。ただ、
注文受ける店員さんが困ってたから、口を挟んだだけなのに。
姉はもう30だよ? 18から12年も経ってるよ?
それって本当に学校行ってないのが原因?
私だって思春期に母親がいなくて寂しかったよ………
そんな姉が宗教に走りました。今まであまり優しくなかった家族の中で、
唯一、子供の頃から姉を庇い続けていた私。
たとえ姉が自分を庇ってくれなかったとしても。
でも、もう諦めようと思います。
姉からの手紙や態度には、今でも私を批判し、非難する口調が消えません。
いつもプライドが傷付いていたんですね。分かります。私もいじめられて
辛い思いをしたから。
けれどあなたはその時「友達も満足に作れないくせにw」って言ってましたね。
子供の頃からそういう人でした。治らないですよね。もう30。大人です。
ほんとうは、そんな人でも好きだったんです。すみません、このスレで
はき出させてください………


334 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:59:38 ID:W8i6LkNl ?
バブル世代見たいなものだな
あきらめろ

335 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 13:59:49 ID:+ltzolol
>>312
小学校レベルなら授業だけ聞いてればだいたいわかるだろ・・。

336 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:00:47 ID:JoVa91HW
ゆとり教育を悪玉にしたてた陰で延命する左翼教育。

337 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:01:10 ID:C04s16c3
今の勤労者のほとんどにゆとり教育を批判する資格は無いってことか。
何せ「自分らもその産物」である場合が多いから。

かといって中高年も自分らの世代的な負担や大失敗を棚に上げて他人
を批判できるほど清い身じゃないし。

自分だけは批判する側で居れる世代って存在しなさそう。

338 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:01:21 ID:jz+Rlrzf
エジソンやアインシュタインも劣等生だったと聞かされ安心し勉強しなかった
ツケはでかかったな・・・orz
ま、今は何とか自営で喰ってるが。 

339 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:01:55 ID:Sw8mdXse
>328
まったくそのとおり。
高校進学率が90%を超える状態が、そもそも異常。
中学出たからって、別に高校、大学と「進学」する必要などない。
しばらくブラブラして、「やっぱ高校(大学)行こう。」って思うやつ
だけ行きゃあいい話。そうなれば社会に本当の「ゆとり」が生まれる。

340 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:04:24 ID:eKkl8bOR
まあそれだと、外国との競争に負けちゃうんだけどね…

341 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:04:31 ID:SNYfsbQw
もうね、週休二日なんて止めて、休み無しにしちゃえよ
夏休み、冬休み、春休みも要らないね

342 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:04:46 ID:8vulI6d3
>>332
それは賛成。
なんでもかんでもとにかく大卒、
という企業側の採用基準を何とかしない限り厳しいな。

343 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:04:52 ID:8tQlKxmv
確かにゆとり世代にかかっているのだが、
だからといって、俺たちがそれを批難しなくてどうする。
これより馬鹿にさせるわけにはいかんだろ。

344 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:05:27 ID:RZGUZpQz
なんでも頭下げりゃ済むと思ってるのかな
頭悪いのをゆとり教育のせいにする奴も
いったいどうなんだろうなー

ちなみに円周率はおよそ3じゃん?
言ってる事はおよそ間違ってない

345 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:07:39 ID:8g6FiHte
学校の授業で実社会で直接役に立つものはない
創意工夫と応用力
会社で教えられたこと以外は何にもできない奴が多すぎ
自分で見て学べよ
文献や過去の資料をひもといて自力で解決しろよ
何でも他人のせいにするんだよな学歴馬鹿は
大学の知識なんて学内でしか通用しねえんだよ
結局教育形態全体が悪いのかな
若いのに頭堅いつー自覚がない、管理職の奴らも別の意味で頭堅いし
日本人総馬鹿化が進行中だよな

346 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:09:43 ID:Qs7gvJzf
>>342
でも、やっぱり幹部職員とかホワイトカラーは大学出てた方がいいだろ?
工員とかなら今でも高卒でも入れるじゃん。
それでいいんじゃ?

347 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:10:01 ID:ztruH4CM
>>330
でもノーベル賞取った田中さんは高校のときも
大学のときも目立たなかったらしいよ。
成績も良くなく印象が薄かったらしい。
しかも工学部卒なのに企業に入ってから化学に専攻変えたし。

348 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:11:42 ID:8tQlKxmv
>>345
それは低学歴に多いよ。
学歴が高い奴は受験のときにわからないことを調べたり考えたりしてて
なんだかんだいっても、使える。

一番使えないのは結局、そういう作業をおざなりにしてきた
低学歴。
よく実社会では高学歴は役に立たないというが、それは偏見である。
受験時代に勉強のやりかたを確率している高学歴と低学歴とでは
実社会での違いも大。

349 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:12:09 ID:RYAQPb8W
>>345
総馬鹿化が進行中なのではなく、先進国のキャッチアップ
をしてそれにちょっと工夫を付け足せばそれですんでた時代が
転換したから、反復や物真似で何とかなる状況じゃなくなった
だけかと。

馬鹿度というか創造力や開拓能力の低さは「猿真似日本人」
と揶揄されてた頃から全く変わってない日本人及び日本社会
の特徴の一つ。

350 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:12:51 ID:x946saoC
そもそも学歴で求人募集してるから学歴が必要と思われる。
そんなものは、あろうがあるまいが仕事をちゃんとする人はする。
その分野の知識が無くても就職してから勉強しても遅くはないだろ。
必要に迫ればやるんだしな。卒業して10年経過して
同じ入試問題解いて入学規準に到達する人などどれだけ居るのか
考えてみれば学歴など意味がないことは解り切ってるだろ。

351 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:13:35 ID:W5f/nBAL
でも、まぁゆとり世代だろうがそうでなかろうが
社会に出たら方程式や計算方法なんか使わない限り綺麗さっぱり忘れてしまうわけだけど。
自分も二次方程式はおろか、分数の計算も怪しいし、円柱の体積の求め方もネットで調べてしまうほどだったし。


352 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:14:47 ID:8tQlKxmv
>>349
はあ?
明治期のころから、日本人の創造力が低いというのは時代遅れだと
諸外国の人はいってましたが。

353 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:14:51 ID:fW08ybHX
>>330
突出した人間なんて何時の世にも居る
それよりも民衆の平均能力を上げる事が国益に繋がる

『大衆とは愚かなものである』アドルフ・ヒトラー

今の中国とか韓国みりゃ判るだろ
下手すると日本もああなる

354 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:15:32 ID:ztruH4CM
>>349
そういう自己開拓をやると「ナマイキ!」と
潰される。

アメリカ人の書いた本に「日本の演奏者の演奏はテクニックは
巧いがちっとも心が打たれない」とあったw

355 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:15:43 ID:C04s16c3
手と手をつないで順位を付けないように横並びでゴールさせる。
周囲の企業と異なってると不安だから同じような雇用慣行を維持し
みんなが大卒を採用するから大卒を採る。
皆が大学行くから大学行く。


結局、横並びが好きなんだよね。どうしようもなく。

356 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:17:14 ID:X0BS7i4Z
ゆとり教育生徒「僕たちだけレベルの低い教育を受けたなんてひどいです・・」
文部科学大臣  「あー、スマン、スマン!こんどからは気をつけるよ。ごめんネ♪」

357 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:18:59 ID:8tQlKxmv
>>353
同意。
戦後の日本がここまでになれたのも、
日本人全体の学力が高かったから。
天才の出現だけを望んで、他の人をないがしろにすると
お隣の国みたいになる。

358 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:19:17 ID:cK89Phe8
で、会社の人事的には何年生まれから何年生まれまでを
できるだけ採用しないようにした方がいいの?

359 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:21:18 ID:C04s16c3
>>352
でも学問で言えば自他共に認めるように基礎分野、理論系に
弱くて応用系が得意だし。製品なんかも外国で新しい
もの、たとえばテレビやパソコンとかが生まれたら後から
参入して小型化省エネ化低価格化高品質化するけど、まったく
新しい産業分野を自分らでは産まないよね。


日本人はあるものを改良するのは得意でも全く新しい
のをつくるのが弱いというのはもうほぼ確実かと。
創造力は確かにどうしようもなく低い。

360 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:21:35 ID:1LUq/8Ab
>>358
そこにひっかかる奴が物凄くかわいそうだ・・・・・・

361 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:23:45 ID:j0Y87YTR
>>358
とりあえず、1978年生まれ以降を全部解雇してください。

企業や産業、ほとんど潰れますね。


362 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:24:25 ID:dAsnUTAR
>>358
とりあえず、おまいみたいに、
なんでも短絡的に画一的に一括りにして処理しようとするヤシは採用しないようにしたほうがいいと思う(・∀・)

363 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:24:44 ID:xDVd/lmu
ゆとり教育の最初の世代は丙午生まれ。
今や、ゆとり教育で育った子供が親になり、教師になってる。

364 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:24:52 ID:8tQlKxmv
>>359
それはそうだ。
ただ、それは創造性が低いという証左にはならないと思うね。
なぜなら、日本人には独特な感覚というものがあって、
西洋が得意とするものに対しての創造性が低いだけだとおもう。




365 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:25:49 ID:G6WI8VU8
まぁ、一番の「ゆとり世代」は「週休2日制」「総合学習」「絶対評価」
内容「円周率3」あたりからじゃないの?


366 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:26:08 ID:qCAN2Xg8
>>358
1985〜1994年生

367 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:28:27 ID:j0Y87YTR
>>363
そうやってゆとり世代の定義を延長していくと、そのうち
日本には「団塊及び中高年食い逃げ世代」か「ゆとり現役世代」
かしかいなくなっちゃうぞ。
まぁそうするとお互い自分の世代に引け目があって他人を容易
には批判できなくなるから世代間闘争解消にはその方がいい
かもしれんけどな。

368 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:29:24 ID:x7iGaWDD
今の子供たちは一生「ゆとり世代」という差別的レッテルを貼られるんだろな。
文科省もとんでもないことをしたもんだ。

369 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:29:45 ID:ShxNEejV
>>328
勉強が出来ないやつがペンキ屋や配管工になる場合も、
勉強を真剣にやらせてみて出来ないのを自分で納得させないと、定着しないと思う。
いい加減な絶対評価で「やれば出来る」と信じてるとたち悪い。


370 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:30:32 ID:I4vmhfVw
逆に、ゆとり世代だからヤヴァイと一生懸命勉強しちゃって、優秀になっちゃったりしてなw

371 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:30:48 ID:ztruH4CM
>>363
それはそうだ。でも古くはレオナルド藤田とか
日本で認められずに海外で活躍した日本人の
数は少なくない。
とりあえず日本の村社会あの権威主義はやめた方が良い。

372 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:33:22 ID:AcDMTBOj
対面式卒業式や名前順名簿はゆとり教育の影響?


373 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:41:13 ID:ovBqFdkN
茨城大学卒で現在無職28の俺が謝罪します。
ごめんなさい。

374 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:46:59 ID:1dpwqEcX
>>1
>授業数まで削減したことは反省点。

フィンランドの方が授業時間数は少ないのだが・・・
学力低下の原因は教員の質と国語学習の低下だろ
教科書を厚くしようが時間を増やそうが
教師の質が悪いまんまは意味無いし

必要なのは教員養成システムの改革だよ

375 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:49:12 ID:SzlQjNVf
ゆとり世代っていうか・・・・
そもそも、たかが20年の期間で階級の8割が決まっちゃうような
教育制度がそもそも時代錯誤というか・・・

本当にヤバイのは新卒採用と、
中途採用は契約社員で雇うことだと思うけどね・・・

さっさと新卒採用やめて、
20過ぎでも大学入りやすくすればええんちゃうの。


376 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:50:44 ID:yABzmXDH
ゆとり教育なんかやる前から学力低下するってわかるだろ普通
それを無理やり実行して案の定失敗ってマジワラケルwwwwwwwwww

377 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:51:02 ID:I3lT8bwB
>>81
亀レス

うちの職場が、そのまま当てはまる。

378 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:51:34 ID:+5T7u0Km
空いた時間勉強しなかったのは、個々人の問題じゃねーのか?
勉強は学校と塾でしかできないとでも思ってるのか?
まぁこんなの言うヤツラは、何でも他人のせいにする
お馬鹿だから、何やってもダメだろうけどなー

379 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:54:23 ID:qzO1+mpw
中学生に正則な複素関数論程度は勉強させるべき。
中学生にもなって留数定理も知らないなんて、学力低すぎ。

380 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:55:36 ID:1dpwqEcX
>>378
日本人全体の学力低下が問題になっているんだよ
もうちっと現実を深刻に受け止めろ
このままだと優秀な頭脳はみんなアメリカに持っていかれちまって
数少ない資源の一つが人材の日本は衰退の一途を辿るしかないんだぞ

381 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:57:21 ID:ZqFHbUgc
>>378
誰のせいにもしないと思うな。
ただ大人しく没落するだけで、
努力しようとも八つ当たりしようともしない、
そんな子がおるよ。

382 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 14:59:09 ID:ztruH4CM
>>379
複素数は難しいよーどうしてiの二乗がマイナス???
考えても意味が分からない。

>>380
アメリカだって数パーセントの天才がひっぱってる国なんだよ。
日本だって優秀な人材は限られてたわけ。
日本人全体の学力の低下なんて幻想。今の親はみんな教育に投資
してるよ。

383 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:01:23 ID:l9E7xw+w
ゆとり教育って1%のエリートを生み出す為の策略じゃなかったっけ?

384 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:05:27 ID:1dpwqEcX
>>382
解ってないねえ
アメリカは国策で世界中から優秀な頭脳を集めようつって
奨学金制度を充実させたんだよ
何年前か忘れたけど・・・・
それで大騒ぎになったのがフランス
ごっそり優秀な学者達がアメリカへ逝っちゃったわけよ
日本でも京大のなんかの研究室がごっそりシンガポールか
マレーシアに引っこ抜かれたし
国の土台は教育
これができないと治安は悪くなるし事故も増えるし産業も衰退する一方
笑えない自体なんだぞ

385 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:06:55 ID:9wRi9Wrs
心配無用だ。
「僕等はゆとりがあるからね」


386 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:14:46 ID:Qs7gvJzf
>>384
特に日本は資源があるわけでも
広大な国土があるわけでも
大規模な農地がある訳でもない。

財産は「人」だけ。
だから他の国の何倍も教育が大切。

387 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:22:52 ID:JOZ4mpmp
おれもなかなか大学卒業できないので謝罪と賠償を要求したいです

388 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:25:26 ID:dT51jeCl

ゆとりを与えれば天才が生まれると
思っていた時がたしかにありました


389 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:25:32 ID:8TJowCuZ
教科書の内容が削減されると、
受験に使われる内容も必然的に削減される為、全体のレベルが下がる。
これが最大の弊害だろね。

390 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:26:29 ID:pcDV8ZEI
教育はしっかりやっても貰わんとね。
中国とか朝鮮見ていれば、嫌でも分かる。
これからの時代、馬鹿な奴はチョンとか在日って蔑まされるだ。悲惨だよ。

391 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:26:59 ID:JrNtkpFo
指導内容は確かに酷いぞ。
中学社会の地理の教科書も、世界地理は「中国・アメリカ・イタリア」の3国のみ。
あとは、自分で調べてね〜という具合。本気でびっくりする。
ただ、もっと問題なのは、今の学校は、

「努力をしなくても、何も困らない」

という点にあると思う。
一生懸命やってる奴も(学校内では)全然報われないしね。


392 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:29:42 ID:ztruH4CM
ゆとりがあれば、勉強以外にも歌やバレエ習ったり、世界名作全集
読んだり、短歌や俳句詠んだり、たまに能や歌舞伎観に行けたり
ヨットで海に出たりして楽しいと思うが。

働くのが嫌だ・・・ゆとりが欲しいorz

393 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:33:19 ID:oRmt5rnK
ゆとり教育なんて学習塾が儲かるだけ

394 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:33:49 ID:Ig7Kmwl7
ゆとり教育なんて親の経済的ゆとりあってのゆとり教育だったね
親に金のない子が不憫だ

395 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:55:19 ID:3bBwzEti
ゆとりが必要なのは大人です。

396 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:57:01 ID:2bTYfdpr
円周率はちゃんと3.14で計算させるように戻ったの?

397 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:57:30 ID:fIt7MFdv
あまりにもだるくてペースの遅い授業をやめれば内容を減らさないでも早く終われるだろ。

398 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:58:49 ID:ONNCWxqQ
学校の授業ほとんど寝てて、興味あることだけ百科事典ひいて読んで勉強した俺は勝ち組か?

399 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 15:59:12 ID:x946saoC
現実問題、貧乏家庭に生まれたら高校行くのさえ大変。
ここを貧乏を知らない、金に困って少年少女期を過ごした
政治家には理解が出来ていない。
大変な時期がありましたとか言われるが、語るものは
たいした苦労ではないことも分かってない。

400 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:00:59 ID:kOO4QNGz
中山に文句を言ってもな。
導入を決断し、その後も擁護し続けてる
小泉チョン一郎と六本木ヒルズ森を糾弾すべきなんじゃ?
言い出しっぺ大勲位馬鹿曽根もな。
自民が売国弱体化政策に走る時は必ず米共和党と仲良し演出、
わざとらしく靖国参拝するのがならわしか?
そういやプラザ合意やバブル窓口指導政策も中曽根時代じゃ無かったっけ?
○州島出身の成りすまし○人竹下が蔵相、外資の犬日銀福井が窓口指導の責任者だったっけ?

401 :ウサ87 ◆RguUSahANA :2005/04/22(金) 16:01:26 ID:ty9rBLA5
ワインを髣髴とさせる。
日本産の90年ものは出来が悪いとか言われたり(*´Д`)

402 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:02:48 ID:sd0KTkek
発案者は国賊として公開処刑にすべきだと思うんだがどうよ?

403 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:03:38 ID:ztruH4CM
>>399
小鼠の秘書飯島さんは貧乏で知的障害者の妹弟がいて
傘や靴も買えないくらい貧乏な家だったらしいよ。
だから大衆の心はがっちり掴んでるらしいが。

404 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:06:48 ID:3yZNrSuH
お前らカスがゆとり教育批判しても意味ないだろw
何も変えられないし変える気もないのにwwwwwwwwwwwwwww
まぁお前らカスの人生はこういうところで
批判してストレス発散が趣味になんだろうなwwwwwwwwwwwwwww

405 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:07:05 ID:CZqwjW50
ゆとり教育改善もさることながら、教員養成プログラムも大事な
んでは?

誰の言葉だったか忘れたが、「教育とは、象徴的暴力である。」

教師は、実際に暴力行為に及ぶことなくとも、生徒が学習したいと
思うように精神のベクトルを曲げる力を加えるという意味で暴力的な
わけだけど、それを可能にするための要素として、信頼感や、圧倒的な
技能に付随するカリスマ、他者を引き付ける魅力的な人間性といった
ものが挙げられると思う。

様々な社会環境や教師自身によってこれらが失われてしまった現在、
かつては可能だったことも不可能になっているんじゃないですかね。


406 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:09:28 ID:dAsnUTAR
>>404
ストレス発散できてよかったね(・∀・)

407 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:10:55 ID:Qs7gvJzf
もう「教育」なんて言わずに、勉強だけ粛々と教えてればいいよ。
教諭に「教育」なんて高尚な事を期待するのが無理ってモノ。

408 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:13:44 ID:6MEAwsWZ
勉強したきゃしろよ ゆとり教育のせいにする馬鹿がいるけど

409 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:17:08 ID:DhZ0Mss5

僕たちだけ、ゆとり教育受けられなかった・・・・



410 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:19:28 ID:QPlr3dIY
アメリカが要求した「無知な消費者」を大量生産することには成功したわけだ。
俺もアインシュタインとか本田宗一郎を見て「学歴なんか関係ねーや」とか考えてた
ツケが今ごろきている。残念ながら俺は連中のような天才じゃなかった。

俺のお袋が保険の外交員やってて、新入社員の勧誘やってたんだけど、新人類とか
言われた頃から明らかに学生の質が落ちてきたんだと。一流企業の新入社員は従来
通りだけど、二流企業以下は馬鹿ばかりになってきたそうな。
こいつら無知である事を恥じに思わない世代らしい。


411 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:22:58 ID:3wxLVid9
「ゆとり教育」のうつろな幻想と必然の失敗に、ようやく世の中が気づき始めてきたらしい。
親と教師が子供たちにおもねって気を遣うような教育環境がどんないびつな結果を引き起こしかねないか。
もし、“発案者”たちがその可能性に不安も危惧も抱いていなかったとしたら、まさに世も末だ。
運動会の徒競走でみんなと仲良く手をつないでゴールテープを切らされた子供は、
その時点で人生の落伍者への道へ誘われたようなものではないか。

ずっと以前にある知人の家を訪ねた折、庭で遊んでいる最中に他愛のないけんかを
始めた幼いふたりの息子たちを、父親がいきなり抱きしめたのを見て唖然とした記憶がある。
理由を聞くと「最新の児童心理学によると、こうしてやるのが一番いいらしいから」。
きっぱりとそう言い切った知人の、怪しげな新興宗教に体ごと洗脳されたような
薄笑いの表情を見て思わず背中に走った悪寒が、つい昨日のことのように思い出される。

多少の挫折を、あるいは、思うに任せない状況の中で耐え、紆余(うよ)曲折しながらも続ける努力を知らない人は、
どんなに小規模な組織でも生きていくのに苦痛を覚えてしまうだろう。
端的に言うなら、そういう人は「長いものに巻かれる」機微の判断力も、
それでいて「常に闘う精神を忘れない」ハートも、身につかない運命にあるはずだ。
翻って、指導者とはそれらを学ぶ場を提供し、硬軟のアドバイスを授けるためにいるのではないか。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/england/column/200411/at00003171.html



412 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:24:23 ID:p3ikPFeD
個人の努力を怠った豚以下の餓鬼がなにを嘆くかね

413 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:26:05 ID:8BX3fNyZ
はやくも成果!?
文教族、責任逃れに必死か。

学力改善 文科相「脱ゆとりで成果」 小5−中3の全国テスト
http://www.sankei.co.jp/news/050422/sha067.htm



414 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:26:10 ID:0vKDmjjL
ゆとり教育を推進する政治家の子供は詰め込み教育をうけてる

415 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:30:49 ID:VRixmLPI
>410
アメリカが要求した「無知な消費者」

「無知な消費者」をつくったのは日本のマスゴミだよ。今でもやってる。

416 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:40:00 ID:OH+3j4HT
20年以上にわたって続いたゆとり教育の結果
団塊Jr.の世代は完璧にアフォになりますた
DQN犯罪の犯人が50代後半と20代後半に集中するのは
まさに亡国教育の成果

417 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:40:30 ID:JKss7GEV
>>410
今、問題になっているのは「学歴」より「学力」
昔の高卒よりも遙かに学力が劣っている大学生が山ほどいるんだからね
基本的な熟語も読めない香具師が大学生やってる時代に
学歴なんか単なる飾りでしかないよ
重要なのは学力だよ 学力!

418 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:41:05 ID:CzpCZri2
僕だけ劣る( ´,_ゝ`)プッ

419 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:48:30 ID:dAsnUTAR
>>413
えっ?えっぇっ?(・∀・;)

2002年の1-2月に行われたテストが、なんで「脱ゆとりの成果」になるわけ?(・∀・;)
脱ゆとりだって叫ばれだしたのはここ最近でそ?
なんか、中山、脳内で時空トラベルしちゃってない?w(・∀・;)
ゆとり教育うんぬんする前におまい自身が(ryw>中山

420 :419:2005/04/22(金) 16:51:13 ID:dAsnUTAR
あぁ、イケネ、漏れの勘違い(ノ´∀`*)
”昨年”の1-2月のテストだった・・・

って、それにしたって同じことじゃんw
なんで脱ゆとりの成果になるんだ?(・∀・)

421 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:54:57 ID:GFZBFHtX
>>420
 つまり、日本の教育はゆとり教育以前に何十年も前から、統計の読解力も身に付かないほど糞だってことw。そういうのが、国会議員、文部大臣やってる国なんだよwww。

422 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:58:00 ID:EEcZQtC/
>>419
そんないい加減でも誤魔化せると思ってるんだよ………
民衆は自分よりすべて知能レベルが低く、情報収集能力も低いと。
ほんとは中山より低い奴はなかなかいない訳だが。
年寄りは「人間は進化する生き物」という言葉を全く認めようとしないね。
ロリ事件が表面化するようになっただけでも、人間は進化してるのに

423 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 16:58:45 ID:tJiDkNsp
>>420
さあ?
文科省が「脱ゆとりの成果!」って言ったならそうなんだよ、きっとw



国民をなめきってるとしか思えないな。

424 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:13:29 ID:Zdgxw2Xo
ごめんな、みんな。実験したみたら失敗だったんだよ。君たちは尊い犠牲だ。

425 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:15:19 ID:EIdsnXgh
生徒に謝罪って校長に土下座させた国立の日の丸騒動みたいだな。 大臣はえらい自虐的。

426 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:19:16 ID:vtANS9l/
子供のうちはガンガン詰め込み教育しといたらいいんだよ。
自分の頭で考えるのは大人になってからでも出来る。

問題は、自分の頭で考える段になった時に物事を考える為の道具が足りないこと。
つまり、ガキのうちに詰め込みでも何でもいいから知識を入れとかないと
選択肢の幅が限られてしまって、にっちもさっちもいかなくなる。

427 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:21:01 ID:ROpUu1Tu
考える習慣がない椰子っぽいカキコ

428 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:22:32 ID:W/Ozrcxe
むしろ俺はゆとり教育受けれなかったのが残念。
貴重な時間を学校などという拘束機関に潰された。

429 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:23:16 ID:8/L1kSzP
>子供のうちはガンガン詰め込み教育しといたらいいんだよ。

そうそう。詰め込まれたものがベースになるからね。

430 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:28:38 ID:uZevh3+Y
個性を伸ばす教育はスパルタだよ

431 :淫行教師:2005/04/22(金) 17:31:38 ID:c5WiA+qC
ゆとり教育のおかげで
多くのスキンシップが取れました
女子生徒との肌のふれあいは
真にありがたきこと

日教組の方々には絶大のご支援を戴き真に
感謝いたします


432 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:32:25 ID:8BX3fNyZ
「ゆとり」なんて言葉だけで何もしない教育になっている。

ならば、詰め込みの方が、将来親に感謝します。

433 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:34:02 ID:j4JxxfJe
「僕達だけ劣る」っていっても受験では同じ世代と
争うから関係ナインじゃないのか?

434 :419:2005/04/22(金) 17:35:25 ID:dAsnUTAR
軽く煽ってみたものの
同調レスばかりで反論レスが無くてちとさみしい(´・ω・`)w

しょうがないから漏れなりに彼らの超論理を察してみるに・・・

>学力低下を懸念し、基礎基本の定着を図る学校が増えた反映とみられ

ってことから、今回のテスト結果が改善したのは、当時の文科省のゆとり教育路線に反して
学力低下を懸念したアンチゆとり教育派のやしらが基礎基本の定着を図ったからだ
よって、アンチゆとり脱ゆとり派が正しかったんだとしたいんだろな、たぶんw

でも、アンタ、”基礎基本の定着”こそゆとり教育が最重視してきた部分ですからぁ!(・∀・)ザンネン

都合よく解釈するなよ斬り!www

435 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:36:21 ID:Vf4SOjjK
>>426
何事もバランスが大事。
1か0かのデジタル思考は馬鹿の象徴。
考えるための素地は必要だけど、考える習慣のない奴は大人になっても使えないよ。
指示待ち族とか、与えられた仕事しかこなせない奴とか沢山いるじゃん。
一つの考えに固執して融通の聞かない奴とか、
何の根拠もなく自分の考えは絶対正しいと思い込んでいる馬鹿とかも。

436 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:37:56 ID:0P4NCBRp
>>359
いるよなあ、お前みたいに勝手にニヒリスト気取ってる奴。

自動車や鉄道システムトンネル、高層建築、藻前がしらないだけで最先端にいる日本人は今日も
がんばってます。ロボット、アニメ関連なんて日本のお家芸ですよ?

こういう理解の無い奴がいるから諸外国で基礎研究に金を最もかけない企業体質になるんだろうな。

教育改革教育改革と叫ばれているが先進国で大人の科学リテラシーが最も低いのはなぜかだれも
問題視しないし。

437 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:37:57 ID:MiyEeP4c
正直なところ、低賃金で使えて上に反抗することもない
「人間のポテンシャルが低い」サーバント世代は必要なわけで。
その意味でゆとり教育世代は今後の日本の社会構造維持に
大いに貢献してくれるでしょう。

438 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:38:08 ID:ro6YC0OG
これオンリーワンなんて詭弁を真に受けてた連中にはきっついなー
嘘でも「君たちは他の世代とは違う、オンリーワン世代なんだから自信を持って!」って言えば
そこで思考停止するから騙せたのにw


439 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:40:32 ID:W/Ozrcxe
一部の日本人は今までも凄かったしこれからも凄く、
そしてそれ以外はたいしたことないのばかりだったし
これからもそうだろう。
教育手法に関係なく。

440 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:42:30 ID:SrCRCCNA
>>433
受験だけならね。
もっと頭柔らかくしてみたら

441 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:45:37 ID:H7I8HBp6
結局、ゆとりによって出来た時間をどう使ったかが問題なわけで、受験目標の
奴からすれば、むしろ有利かもしれん。
まあ学校の勉強だけが学問ではないし、他の世代とは違う経験値をつむことも
出来たはずだ。悪いことではないよ。

442 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:47:40 ID:W/Ozrcxe
>>437
足し蟹。社会全体としてホワイトカラー上層という椅子の数は
限られており、知的生産階級の椅子はさらに少ない。

夢見がちな大衆が高度成長と新中間大衆説の風に乗って、
国民の平均的な学歴が化け物みたいに高い社会という
アドバルーンをぶち上げたわけだが、現実は甘くなかった。

いっぱしの先進国にもなり、成長に頭打ちが見えた以上、
皆が皆、学歴を手に入れればホワイトカラー上層に食い
込めるという夢からもうそろそろ覚ましたやるべきだ。

443 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:48:24 ID:BfGgSQRv
中曽根康弘を中心にした臨教審・ゆとり教育人脈の研究
ttp://www.asyura2.com/0411/senkyo7/msg/301.html

444 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:48:58 ID:MMLRUPb6
日本が「ゆとり」で
中国が「ひとり」か

んで、北朝鮮が「あさり」なわけだな?

445 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:49:40 ID:BNd8vW+H
>>444
おまえおもしろいな

446 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:50:03 ID:QPlr3dIY
>>432
>「ゆとり」なんて言葉だけで何もしない教育になっている
禿同 
「ゆとり」が出来たのは教師だけ

447 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:55:55 ID:TovY1/zt
>>441
確かにそのとおりだね。
時間的ゆとりがもしできたのなら、自分で勉強すればいい話じゃないかと思う。
しかし、ゆとり教育っていうのは、なんか昼休みもやけに長かったりして、
だらだらやってるだけっていう感じみたいだよ。
それから、仮に時間的ゆとりができても、図書館もない(あるいは貧弱)、
まともな本屋もない、まともな学習塾もないというようなド田舎だったら、
学校が頼りとなってしまうのかもしれない。
でも今なら、インターネットで本は買えるしなあ。
よほど貧乏でも友達同士で本をまわすとかすればいいんだけどね。
でも、最近のやつらってそういう友情もないんだよね。


448 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:59:05 ID:XIneJyCm
>>444
上手い事言うね。

ゆとり教育を理由にふて腐れてる奴がどうなろうが知った事じゃないがね。
ヤル奴はシッカリやってるし。

449 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 17:59:57 ID:rGWY2c6g
>でも、最近のやつらってそういう友情もないんだよね。
君の育てた偏見と歩んできた人生がにじみ出る深いセリフに感動。

450 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:02:01 ID:6ZtR5dfS
比の計算と、等号不等号もやってないんでしょ?
今のゆとり世代は。
テレビゲームも攻略本がないと、クリアーできんと。

451 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:03:18 ID:Vf4SOjjK
ゆとり教育と言う理念が失敗だった訳じゃなくて、
ゆとり教育の方向性を間違えただけだろ?
要するに学校の勉強至上主義で、自分で考えることが出来ない、
指示待ち族とか、与えられた仕事しかこなせないとか言う
所謂勉強馬鹿を減らそうって言うのが当初の目的だろ?
闇雲に詰め込み教育に戻しても無意味だろ?

452 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:03:24 ID:wBt70gZv
要するにガキを甘やかすとロクな人間に育たないということが国家レベルで実証できたわけだな

453 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:03:51 ID:1AdbQrkg
>>448
この記事で中山にいちゃもんつけてるコンプレックスの塊みたい
なちょっとアレな奴はともかく、ほとんどはゆとり教育が
どーの教育政策がどーのという『大人の事情』なんて気にしてないよ。

454 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:04:27 ID:vtANS9l/
>>435
考える習慣なんて成人してからでも充分に間に合う。
でも、その習慣が出来たとしても考える為の道具がなかったら
自分の判断で動くことなんて出来ないだろ。

それと
>指示待ち族とか、与えられた仕事しかこなせない奴とか沢山いるじゃん
なんか指示を待つ人間や与えられた仕事のみを為す人間をネガティブに捉えているように聞こえるが、
こういったことを求められる職種(自衛官などその典型)もあるし、
また、こういった不作為を選択するに至るまでの思考が大切なのであって
一概に結果としての不作為をネガティブなものとして評価するのは
それこそ自分の価値観に縛られすぎなんじゃないか。

455 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:05:44 ID:8B8PPvpO
つーか、ゆとり教育が始まる前から言われてたじゃん。
公立学校の教師のためのゆとりだって。

456 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:06:56 ID:TovY1/zt
>>449
また、友達のいない人が意味不明の日本語を書いている。


457 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:06:57 ID:W/Ozrcxe
いつの時代でも「今のガキは勉強不足」という馬鹿な大人の絶叫が
消える事は無い。

458 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:19:19 ID:1XilfvPQ
成績主義が行き着く所まで行き着いた結果かもね。
教育の結果としての成績は重要だけどあくまで指標の一つのはずなんだが、詰め込み教育の
結果、成績が一人歩きし過ぎるようになった。

成績という指標はそのままにしておいて、他に選択肢というか指標を増やせばよかったのに
何故か多様性を主張しながらやったことは単にハードルを下げただけだった。

459 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:26:12 ID:fi4HVL5u
>>396
戻るも何も、変わってないよ。誤報が広まったの。
「円周率3」とか言っている人は、少しは自分で調べたら?

もっとも、×3.14の計算は電卓使用可にはなってたがw

460 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:26:27 ID:dAsnUTAR
>>426
>自分の頭で考えるのは大人になってからでも出来る。
そうかな?(・∀・)
>>454
>考える習慣なんて成人してからでも充分に間に合う。
どうかな?(・∀・)

漏れは逆に知識なんてものこそ、
大人になってからでも必用に迫られればいくらでも得られると思うんだけど(・∀・)

漏れは若いうちに身につけるべきなのは、個別的な雑多な知識そのものよりも、
知識とはなんなのかとか、知識がなぜ必要なのかとか
知識の獲得の仕方、学び方だとか知識の選択の仕方だとか、知識の有効性や限界を把握する方法だとか
そしてなにより知識の活用方法、つまりさまざまな知識を用いた考え方だとか、そういうことこそ、柔軟な頭を持った
若いうちに学ぶべきだと思うんだけど(・∀・)

461 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:32:23 ID:W/Ozrcxe
んでポストゆとり教育は詰め込み教育に戻るのか?
そしてまた詰め込みすぎて受験戦争がオーバーヒートしてキチガイ
教育ママや勉強ノイローゼの子供がプッツンする事件が起こりだ
したらまた今度はゆとりに戻すの?

いいかげん詰め込みかゆとりかの二分法から脱却して合理性に
基づいた教育とは何か、という地点から練り直す時期に来てる
と思うが。

462 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:36:17 ID:9wRi9Wrs
飛び級制度を入れれば、賢い子は塾に行かずとも、どんどん進んだ教育を受けることができる
出来ない子は、、、、ゆっくり教えてもらえ。

463 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:42:49 ID:ZqFHbUgc
>>437

それそれ。
そうなるよう仕組んだのか偶然の副産物なのかは知らんが、
政治意識皆無なの。

464 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:50:30 ID:DIGZcDoF
>>461
どこでもエリートを目指す教育熱心な親は加熱する傾向があるんじゃないのかなぁ。

アメリカにいるけどこちらは宿題で親の負担がなかなか大変みたいだよ。
ちゃんとしていかないと評価が低くなるから宿題も親が一緒に作ったりしている。

それよりもっと親にとっての負担は公共の交通の便が悪くて治安が悪いので
毎朝、毎夕学校へドライブして言ってあげないといけない。
同じ学校に行っている近所の親達と強力している人たちも多いけどね。

465 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:50:35 ID:F0JpNhb0
ゆとりのない社会でゆとり教育なんてそもそも無理だったとしか。

466 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:52:45 ID:9wRi9Wrs
>>464
12歳まで何所に行くにも親と一緒って本当か?
一緒に居ないと処罰されるとか。

467 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 18:56:32 ID:DIGZcDoF
>>466
親だけでどこかに行くときには子供達だけで家に残すことができないので
信頼のできる知り合いにお金を払って子守(ベビーシッター)を頼む。

468 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:05:28 ID:jGwAOHOY
俺のころは阪神がまけたら宿題出てたな
運よく4位、2位ときたから助かったが

酔狂珍オタ教師だけはほんと氏ねとおもった
暗黒時代の阪神のときに被害遭われた方南無三

469 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:05:53 ID:MRLAaq1y
>>459
>戻るも何も、変わってないよ。

嘘はいけないなあ。
最後の一行が問題で、3桁x2桁 の「筆算」をやらなくなったために
掛け算の概念が身につかない。小学校の先生が、指導要領外のことを
きちんと教えてくれるといいのだが、しょせん日教組w

指導要領は、見掛けの批判をかわすために変わってないような形を
取っているが、実際の運用では全く変ってますよ。学者さんの机上の
理想論で突っ走ったのが「ゆとり教育」だからw

なお、中学でも重力加速度は実際に約10として教えてるねw
こちらのほうは、本当に問題だと思うのだが、有馬が推進者
だったため物理屋はシカトしたのさ。数学者と違うところ。

470 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:05:59 ID:VRixmLPI
>467

クラスの人数とか教科書・教材費の問題とかぜんぜん違う部分をもっと説明
しないと。年間一人当たりにかかる学校教育の税金コストとか。日本の200万
クラスの都市で確か250万円/一人(中学)ぐらい税金使ってる(教師の給料
その他)けど米国ではどうか、とかね。

471 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:09:03 ID:Wfzk5k9i
しかしゆとり新卒は就職氷河は融解してますから 残念!
割食ってんのは昭和50年代。なんなんだよこの世は。

472 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:13:11 ID:ZqFHbUgc
>>471
心配すんな。
売り手になっても糞のような労働条件で文句も言わない家畜。
それがゆとり世代なのさ。それが狙い。

473 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:13:18 ID:e3iPryFz
>>469
実際の教育現場では円周率は3で教えているの?
でも新学習指導要領では3.14で教えて、目的に応じて3
を使ってもいいということになっている。
もしそうならそれは指導要領の範囲を教えていないほうに
問題があるんじゃない。

474 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:21:46 ID:9wRi9Wrs
>>473
推奨される、範囲(教科書の中身)を教えれない事はそんなに問題にならないけど
指導要領を超えて進んだことを教えると、学力に差が出る 
とかで槍玉に挙げられるという不思議。

475 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:22:12 ID:VSSrDbO5
>>438
「所詮世の中、オンリーワンよりもナンバーワンなんやーーー!!!!」


476 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:23:30 ID:RQV84z6O
ゆとり教育の推進者って誰だったっけ?

ラサール出て、受験戦争でなんか勘違いしちゃったあげく
文部省でゆとりゆとりって張り切ってたバカ

477 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:28:32 ID:F0JpNhb0
>>471
自分らには待ったく身に覚えの無い糞爺どもが残した赤字のツケ
を税金と社会保障の負担上昇で払っていかなきゃならん立場かと思
うとバブル世代より多少就職が楽だからってゆとり世代を批難する
気になれん。

ゆとり教育組は哀れな納税奴隷の運命が待ち受けてる。
彼らは糞旧世代のおむつ代のためにひーこら働くのさ。

478 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:29:30 ID:7s5ArR88
>>8
権利厨は氏ね

479 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:32:16 ID:dAsnUTAR
>>477
それに怒ってみんなニートになったりして(・∀・)

480 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:35:52 ID:OXaMYy40
>>475
何も1番にこだわらなくても。

>>477
その糞旧世代の出来が悪いのが原因で、ゆとり教育が生まれてしまった。
1976年以前に学校教育を受けていた世代。
今の40代後半〜50代が一番クソ。

481 :@:2005/04/22(金) 19:38:03 ID:+Q4MST7N
ゆとり教育という馬鹿な試みと、
学校に全てを求める、放任主義という名の理念を持った馬鹿な親の存在が学力低下を招いた。

子供はそれが子供であればあるほど、環境というものに適応していく。
言い換えれば、大抵の子供は何もしなければ何も向かってこない環境に適応するのだ。

学校は日本において至極自然に教育を強制する場であるのに、そこが教育をするのを一部放棄してしまったのだ。
ゆとりという教育から生まれるものは学力の低下だけだった。
ゆとりなどという言葉の元に時間を与えても、そこに何らかの強制的行動を与えなければ子供はただその時間を捨てていくだけだからである。



482 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:40:00 ID:iRqzHkBa
詰め込み教育で、出来る子と出来ない子の差が広がっちゃったから
ゆとり教育でみんな出来ない子にしちゃったわけです。

483 :A:2005/04/22(金) 19:40:13 ID:+Q4MST7N
親が良く言えば放任主義になったことは何を子供にもたらしただろうか。
それは学校が子供にしたことと同じである。
ただ、全く同じなのではない。学校がゆとり教育という制度の元に教育を一部放棄している現状を知りながら親までもが教育を放棄したのである。
学校と親とが足りない部分を相互の教育理念に基づいて補完しあってきたからこそ、
強制というと嫌な響きだが長い勉強時間の確立が出来たのである。

過度な強制は学力の向上に良いことがあっても子供たちの体のためには良くない。
しかし甘やかすのを推し進めることは、だらけを生む以外に良いものは何一つ生まないのだ。
やっと政府は気づいたといえるが、親は悪くなってから何一つ良く変わっていない。
それがどうなっていくかがこれからは重要になってくるのではないか。


以上、意見を述べました。 
高校2年 17歳


484 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:42:14 ID:shFA5Oy3 ?
>>434
>
で、ゆとり教育はその”基礎基本の定着”の為に、具体的に何をしたのか詳しく教えてくれないかな?
(しかし今時ギター侍の口調なんて、僅かでも受けるとでも思っていたの?)

>>438
ドラゴン桜で
「何がオンリーワンでもいいだ!
 そもそもオンリーワンとはその分野のNo.1の事だ!」
とかいうセリフがあったけど、名言だったな。


485 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:47:24 ID:obZ6Gxre
前回のテストで出た問題は、以後重点的に教えただけだろ。

486 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:48:30 ID:EEcZQtC/
>>477
うん。自分も昭和52年生まれだけど
ほんと損な世代だと思う
戦争でどうこうなった世代よりずっと隠されてるけどね。
未来を担う子供のおむつ代なら我慢できるよ。でもジジババハハチチガキ
世代、すべてに対して責任を担うのはこの世代。
子供を産むのが一番少ない世代でも、理解できるよ


487 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:51:11 ID:VHDuXnFc
>>486
をを、俺も52年生
そろそろ結婚しといた方がいいぞ
既婚者ならスマンカッタ

488 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:52:39 ID:VSSrDbO5
>>486
お、同年代ハッケソ。
俺と少子化に反対しないか?w

489 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:52:58 ID:6scQyGYC
ゆとり教育にかこつけて、学校休ませて海外行ったりしてたけど、
それも終わりか。

でも今の小学生は、自分の頃に比べておだやかで、優しいと感じる。
ゆとり教育のコンセプト自体は、間違ってないと思うんだけどなあ。。

490 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:55:49 ID:VHDuXnFc
>>488
俺自身、娘がいるんだが二人目を作る予定はないから
少子化反対は反対なんだが、なんだかなぁ〜w

491 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 19:58:38 ID:iMYNZPkE
まるで有能だった人間が
無理矢理無能にされたみたいだな

ゆとり世代の特徴爆発
全ては他人の責任、自分達のせいではない
思い通りにならないのは自分以外が悪い

492 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:00:07 ID:XD5GRsg+
普通ならライバルが馬鹿ばかりだから、そいつにはチャンスなはずだろ
文部省のせいにする馬鹿こそ、ゆとり教育の弊害

493 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:00:10 ID:FnttnQWx
>>484
>「何がオンリーワンでもいいだ!
> そもそもオンリーワンとはその分野のNo.1の事だ!」
禿同。
ホントその通りだよね。
公立学校のセンセ方のゆとりを作るために、子供たちが犠牲になったわけで。

文科相の言葉を読んで
「謝ってすむなら警察は要らないのよ!」とよく母に言われてた事を思い出した。

494 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:02:44 ID:ttUsgEJp
>>493
まあこいつが悪いわけじゃないから。

495 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:03:00 ID:CqYHVA1J
可能性を広げるためにも教科書を分厚くしろ。
んで「最低この分野・ここまでは教えるべき」というふうにしておいて、
あとは現場の教師に任せとけばいいんだよ。
そうすりゃやる気の無い教師はすぐに糾弾される。
やる気があって教え方のうまい教師は人気が出る。

496 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:03:02 ID:5U9UGyd9
愚民化計画の失敗をようやく認めたか。

497 :473:2005/04/22(金) 20:03:57 ID:e3iPryFz
ああわかった。円周率はやっぱり3.14で教える。
ただし五学年での少数の計算の取り扱いは、1/10位まで
取り扱うとものとするとある。
だから3.14で計算するときは電卓使うのね。
問題があるとすると円周率じゃなくて少数の取り扱いの
方だな。
久しぶりに学習指導要領見たよ。見たのはだいぶ前で
円周率3.14で扱うことは覚えていたけど、こっちの方は
すっかり忘れてた。やっぱり利用可能な情報や統計はきちんと
見て自分の頭で考えないといけないね。
そうじゃないと何が問題であるのかを間違えることになる。

498 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:06:03 ID:DyD7F4EL
>>493
お気の毒に
子は親を選べないからねえ

499 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:08:47 ID:8AK5AYS0
だから学力低下はゆとり教育のせいじゃないって。
受験モチベーションが下がってるから。
最近下がったんじゃなくてずっと下がっていってるの。
勉強していい大学に行っても幸せになれないかもしれないって
大人達も言ってるのに
勉強したら幸せになれるって誰もが言ってた頃より勉強するわけないじゃん


500 :「ゆとり世代」に贈る歌:2005/04/22(金) 20:08:57 ID:shFA5Oy3 ?

隣りを歩いてゆく奴は
だれもが幸せ のぼり坂
ころんでいるのは自分だけ
だれもが心で そう思う

大人の隣りを追い越せば
しらけた世代と声がする
子供の隣りを追い越せば
ずるい世代と声がする

電車のポスターは いつでも夢が
手元に届きそうな ことばだけ選ぶ
夢やぶれ いずこへ還る
夢やぶれ いずこへ還る
夢やぶれ いずこへ還る


501 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:10:49 ID:cMdwniJ+
親が悪いんだと思うけど
何かあるとすぐに人のせいにする子供たち

502 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:13:47 ID:5Uxxk7QD
正直、今幅を聞かせている団塊世代とバブル世代には期待していない。
そもそもこいつらがゆとり教育を推進した種悪の根源。

団塊Jrの20代後半〜30代前半は、戦後世代の話も聞いてるし
団塊のなあなあ主義やバブルでバカ騒ぎしてた連中、バブル弾けて落ちぶれた社会もリアルで見てる。
そして入学にも就職にも苦労し、団塊のやつらがやった下の世代へのゆとり教育の失敗も見てる。
ありとあらゆる世代の経験を見聞きして挫折と失敗を若い頃から見てるんだよ。
この世代のトップが日本を背負う頃、日本をどう動かすかすごく楽しみだ。

503 :493:2005/04/22(金) 20:14:44 ID:FnttnQWx
>>491-492
親の収入によって絶対にハンデはついてしまうわけだから
一概に本人のせいだけではないのではないかと。
自分で問題集買って勉強するにしても、指導者がいるのといないのとでは
絶対に差があると思うんですよ。
「義務教育をないがしろにする環境にしてしまった」、
これは絶対に大人の責任です。

504 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:16:14 ID:CqYHVA1J
>>20
和ロスw

EランクFランクの大学もそんなもんだ

505 :469:2005/04/22(金) 20:16:53 ID:ylg2T5lU
>>497
遅レスすまん。事故解決されたようですが。
円周率問題の、最大の欠点はそこなんですよ。少数の取り扱いの
大元も、「桁の大きい演算をやらない」ということです。

電卓を使うのは悪くないが、3桁の掛け算をやらないことには、
掛け算・桁の理屈が見につかないんです。
「円周率3.14は教えてます、以前と何も変りません」というのは
見かけは正しいので騙されます。

似たようなことが高校の数学理科でも行われていて、教える内容は
減ってないが、下から持ち上げていったのを、選択科目になる3年の内容に
押し込めてしまったので、大部分の生徒にとっては内容が減っている。
選択で取った生徒も、実際には1年で教えきれないので身につかない。

ゆとり教育で、真っ先に大学の数学の先生が「分数ができない〜」で
反対したのは、学力低下が直撃したのが数学だからです。それは90年代
半ば頃の指導要領(今は27歳以下かな?)にすでに出ていた。

506 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:18:48 ID:b6AjZujR
「僕たちだけ劣るのは困る」と言われて、「わかった。このまま学力低いままにしておくわ。」という馬鹿どこにいんだよ。

507 :473:2005/04/22(金) 20:18:51 ID:e3iPryFz
>>497
利用可能な情報や統計 誤
      ↓
利用可能な資料や統計 正

トホホ、自分では普段から注意していたつもりだったん
だけどな。最初からこうしていれば「指導要領の範囲を
教えていないほうに 問題があるんじゃない」なんて愚問
を書くこともなかった。良い教訓になった。


508 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:37:29 ID:f8rZujxD
日本人総バカ化計画だったんだよ
それでも頂点レベルは高いだろうと
その頂点に君臨する人がバカを支配すると
そういう計画だろ

509 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:38:50 ID:GFZBFHtX
>>505
「分数ができない」は、高校が受験準備に特化しすぎた結果だと思うが。2年生から、文系、理系に分かれて、文系、国公立はセンター対策があるが、私立文系コースは数学はほとんどないがしろだからな。

510 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:43:41 ID:GiKR+jss
寺脇元文部審議官に責任とらせろよ。

511 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:43:45 ID:kVknK4oL

オレたちに謝罪と賠償をしろ!!!!

一人あたま1000マンだ!



512 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:46:06 ID:xLP4VD+O
自分の愚かさを、ゆとり教育のせいにしてる馬鹿がいるスレはここですか?

513 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:46:25 ID:EJT9iJDr
劣ると気付いたなら挽回できるチャンスでもあるさ
愚痴るばっかりでは本当の負け犬だ

514 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:47:15 ID:ylg2T5lU
>>509
「分数ができない」が出版される前くらいに、東大理系でも
カリキュラムの変更をして、数学物理の講義を昔よりは
易しくしたのが現実なのだよ。

515 :473:2005/04/22(金) 20:47:36 ID:e3iPryFz
>>505
>桁の大きい演算をやらない

書こうか迷ったが書いておこう。確かにもっと読んだら

「2位数や3位数に1位数をかけたり,2位数に2位数
をかけたりする乗法の計算の仕方を考え」

とかあるな。ちゃんと読まないと「少数の取り扱いの
大元も、桁の大きい演算をやらないということです。」
とかつっこまれるわけだ(泣)
またきちんと読んでみるよ。

>>505
またトンデモ言っているかもしれないけど、分数ができないのは
教育の剥落というやつでは?習ったときは覚えているけど、後に
なったら忘れている。原因はいまいちわからない(みたいな)藁

516 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:48:03 ID:F0JpNhb0
>>511
何言ってやがる!
テメェらゆとり世代こそ、一人頭一千万じゃたりねぇぐらいの
借金を背負ってんだよ!
納税奴隷はきびきび働けや!

何、身に覚えがない?
そりゃそうだろ、だってお前らが生まれるずっと前から
上の世代が少しづつ膨らませ続けてきた借金だからな。
でも返すのはキミタチよん。
何故か大宇宙の摂理でそういう事になってる。

517 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:48:04 ID:E74nCg+M
国家賠償請求!
一人あたり1000万

518 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:49:48 ID:KrmvsBrL
まぁ、おまえらは、ゆとり教育で育とうがそうでなかろうが、
どうせ同じ落ちこぼれだよ(w
もしくは、勉強しかできない腐れガリ勉だろ。

519 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:52:31 ID:hfHy/wW4
ゆとり教育賛成派としては残念な発言だな。
そもそも教科書に書いてることしか勉強しないって奴は
所詮その程度でしょ。
国民全員大学に行ったところで仕事の量はそんなに変わらないんだから
結局、高い教養付けても単純労働しか仕事がなく求職ギャップとニートしか
生み出さない。

520 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:53:45 ID:+RVvRx0m
友人が小児科医をやってるんだけど最近の若い親は
本当に物を知らないと嘆いていたよ。
十二指腸がどこにあるか知らないとか細菌とウィルスの
違いが分からないとかは基本。
なかには「私は若い頃スポーツをやっていたのに
どうしてこの子には遺伝しなかったのでしょうか」とか言う親もいるそうだ。
こういう無知な人間に説明するのはまともな人間に説明するよりも
何倍も時間がかかるし、説明したところで理解できたのかどうかわからない。
こいつらのせいで病院の待ち時間が長くなるのは勘弁。

やはり義務教育で人体や病気に関する最低限の知識を教えるべきだと思う。
医者の手間が省ければ病院での待ち時間も短縮できるし、
医療費の削減につながって国家財政の改善にも繋がるかもしれん。

521 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:54:17 ID:v84NAp+j
ゆとり教育世代は馬鹿なんだから小学生からやり直せ(・∀・)

522 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:56:21 ID:e+2PLIaZ
もしかして「ゆとり教育」の実態は
「日本版文化大革命」だったのかも。
日教組が絡んでたからな。

523 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:57:51 ID:GFZBFHtX
>>520
 というか、日本の成人は全般に、科学知識が乏しいよ。たしかOECDかなんかの調査結果でも出てた。
 だから、あれだけトンデモな似非科学をあつかった番組(あるある、思いっきりなど)がはやってるし、マイナスイオンとかを信じてしまう。

524 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 20:57:55 ID:/U5rd5dQ
ゆとり教育世代か否かの見分け方は、円周率を聞いて、なんとこたえるか。かな?

525 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:00:40 ID:GFZBFHtX
>>524
 円周率は3だろうが3.14だろうがは、極端な話しどっちも間違いなんだからどうでもいいことなんだけどね。円周率とは何かを理解していることの方が重要。

526 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:02:24 ID:/U5rd5dQ
  _   ∩
( ゚∀゚)彡 3.14!3.14!
 ⊂彡


527 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:02:33 ID:CqYHVA1J
>>523
マイナスイオンって確かに糞うさんくさかったよな。
あんな大嘘書いて商品売ってたけど、あんなもんいいのかね?

528 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:06:04 ID:CqYHVA1J
>>524
「円周率って何?」とか言われたりしてな

529 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:08:36 ID:ylg2T5lU
>>515
>分数ができないのは教育の剥落というやつでは?

そのとおりだと思います。
お調べになったとおり、今は、3位数に2位数をかける以上の
掛け算をやっていませんから、同様の剥落がおこれば、高校文系の
生徒は、2桁かける2桁の掛け算ができなくなるでしょうし、九九も
あやしくなると思います。

今は電卓も安いですから、九九を忘れても8x7ですら一瞬ですよ(笑)

530 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:12:07 ID:CqYHVA1J
>>529
いや、九九を覚えてるのと忘れるのとでは相当差があるだろ。
電卓探してる間に「しちはごじゅうろく」でまさに0.1秒もかかんねーぞ。

531 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:12:24 ID:PooRy45h
http://3.141592653589793238462643383279502884197169399375105820974944592.jp/

532 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:13:11 ID:/U5rd5dQ
  _   ∩
( ゚∀゚)彡 3.1415!3.1415!
 ⊂彡


533 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:13:23 ID:dJhoQNVE
僕たちだけ劣る・・・・
独自に勉強すればいいだけだろw
アホかこいつらは


534 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:15:49 ID:CqYHVA1J
インドの大学生は三桁の掛け算割り算ですら暗算できると聞いたことがあるが本当かね?

535 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:16:21 ID:/U5rd5dQ
  _   ∩
( ゚∀゚)彡 3.141592!3.141592!!
 ⊂彡


536 :安月給王:2005/04/22(金) 21:17:34 ID:xGboSod2
教えられても理解できねーのが多いから縮めたんですよ。オボッチャン
探求するなら他に方法があるのはわかるよね?

537 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:20:09 ID:JOZ4mpmp
ゆとりを使って勉強しろって言うよりゆとりを作らずに勉強させればよかったのに

538 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:21:46 ID:/U5rd5dQ
  _   ∩
( ゚∀゚)彡 3.14159265!3.14159265!!
 ⊂彡


539 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:22:27 ID:JOZ4mpmp
>>534
大学生はどうかな
TVで紹介されていたところによると小学生だか中学生は99×99までやっているようだ

540 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:23:45 ID:F0JpNhb0
>>530
言っちゃ悪いが515のアイロニーにそういう突っ込み方はどうかと。

>>534
インドだったかシンガポールだったかどちらか忘れたが
確か九九にとどまらず2桁、99×99まで覚えさせるらしい
と聞いたことはある。事実なら三桁ぐらい暗算でできても
フシギじゃないな。
まぁ、だからといってインド人の数学者が欧米人アジア人
と比べて「明らかに上」ってことは無い。

541 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:24:23 ID:GcCkqzt5
>>530
いや、「覚えてるのと忘れる」に差がない、暗記だけの知識は
生きる力にならないというのが、ここ3回ほどの指導要領改変の
方針ですから。

結局は「教えられても身につかない」低レベルに合わせて、内容を削った。
そうしたら、上から下まで下がっちゃっただけです。ごめんね。

542 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:24:36 ID:FUcT6LYZ
中高生は詰め込まれる事に慣れてるんで教育内容削減したらそのまま馬鹿になったけど
小学生は勉強嫌いが減って自発的に学んで成績上がってるみたいだから
ゆとり路線でいいんじゃねーの?ただ大学のゆとりは廃止した方がいいと思う

543 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:25:00 ID:+Y+LBKQs
勉強は関係なくてクイズみたいな感覚で円周率を何桁まで暗記できるかとか中学辺りで一度は流行るもんだと思ってたけどちがうのか?

544 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:25:47 ID:+7evnwAV
今は円周率3じゃなくなったの?

545 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:28:53 ID:GFZBFHtX
>>542
大学のゆとりって何だ?

546 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:33:45 ID:F0JpNhb0
>>543
ごめんなさい。
ポケットモンスターを全種類暗記することや
リッジレーサーでどれだけタイムを縮めるかに
リソースを使っていた為、そんなつまらない
知識を入れるスペースと時間がありませんでした。

547 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:34:27 ID:f3WT6/N3
今後景気が回復したら、俺の世代だけが
不況の煽りを受けて「就職が劣った」世代になるんだが…

548 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:45:58 ID:V2+3sfvy
公立での教育で、LDやADHD大当たりやすれすれの子と一緒に
同じ教室で同じ教育を受けさせようとすれば、破綻も起きるよ。
差別はいくない、それは当たり前だけど、区別は大切だ。
ほかの子らをみな巻き込んでまで、平等社会を演じようなんて、
ばかげてる。
知能低下や学習障害が見られても、同じ学校へとねばる親の
いかに多いことか。

その辺も、ゆとり教育導入の一因というか、トップとの利害関係の一致
だったかと。
中間層総バカ化計画しかり、日本版教育文化大革命しかり。


549 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:47:07 ID:/U5rd5dQ
  _   ∩
( ゚∀゚)彡 3.1415926535!3.1415926535!!
 ⊂彡


550 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:48:27 ID:Tt68nXKL
>>547
逆にえばれるんだよ。「俺らの頃はな、就職氷河期って言ってなぁ〜
 オイ!てめー聞いてんのか!ったく近頃の若い奴は就職で楽してっから根性ねえんだよ…」と。

551 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:52:52 ID:KmXvcVkF
自分は逆に少ない学習要領に焦りを持って自発的に勉強するようになりました。

552 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:54:12 ID:/U5rd5dQ
>>551
じゃ、球の体積を求める公式、おせーて。

553 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 21:55:21 ID:vl9anA+6
ゆとり教育の嘆き↓

554 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:02:46 ID:KmXvcVkF
>>552
πr^3*4/3
ここでの書き方よくわかりませんが・・・

555 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:03:44 ID:5DZYgK21
すいへーりーべーぼくのふね?なんだそりゃ?

556 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:03:51 ID:/U5rd5dQ
>>554
よくがんばったね

557 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:06:44 ID:KmXvcVkF
>>556
普通に教科書に載ってますよ。高1のですが・・・
以前まではこれって中学レベルだったんですか?

558 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:11:37 ID:y5AgrWmJ
学習内容が高度すぎて、理解不足のまま進級する生徒が多い
ので、基礎基本を重視しようというゆとり教育だったはずだが。

文科省も何がしたいんだか?本来もっとも力を入れるべきところなのに
、このいい加減さが、日本の教育が低下した最大の原因。






559 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:14:22 ID:Ctl+v13i
>>558
違うな。
学習内容が高度すぎて、理解不足のまま進級する生徒が多い
ので、基礎基本をやめようというゆとり教育だったはずだ。

560 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:19:48 ID:KmXvcVkF
>>556
前まで中3の時点でで習ってたようですね。
マッチポンプすんません

561 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:21:40 ID:JbTofmfc
日本の一般的な社会人などは、
未成年者に関する問題があった場合、
教員側に全責任を問うが、PTAなどに対してはどう考えているのでしょうか。

一般社会人と干渉されずに学校(とくに義務教育)の現場で学校内部に対して
どういった事を考え、どう影響をしているのですか?


562 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:21:41 ID:fi4HVL5u
>>544
だから円周率3は(ry

563 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:23:59 ID:emXylaAG
ゆとり教育をマスコミでさんざん宣伝してた元文部相の寺脇研氏は、文化庁の部長に出世してんだな。 責任とれよ!!

564 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:46:14 ID:mtww48U2 ?
ゆとり世代じゃない大人たちの考える事がよくわからない僕はゆとり世代の86です。
ゆとり世代じゃない大人たちは何も考えてないんですね、自分の利益ばかりで。
僕はゆとり世代で良かったと思います。
おやすみなさい。

565 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:53:26 ID:O0CIqAiB ?##
今日のニュースでゆとり教育の効果がでて平均学力が向上したと言っていた。

566 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:53:54 ID:oBk3q7bV
なによりも、



「ゆ    と     り」

という名前が良くない。今すぐ止めろ!
教育にゆとり無し!

567 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 22:59:18 ID:n5qgd5r8
本当のゆとり世代ってのは、下の世代に多大な借金を押し付けながら、
自分らは闘争に好景気に無責任に踊りまくった団塊世代なんだけどね。

568 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:05:23 ID:JbTofmfc
自分の子供のしつけをしろ!!!!!!!!
その責任がもてないなら手前勝ってに結婚して子供をもうけるな!!!!!!!!!!!

これ以上、思い違った未成年者が社会人に迷惑をあたえたら、その親が責任とってもらわんと困るな。

569 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:10:38 ID:O0CIqAiB ?##
>>568
>これ以上、思い違った未成年者が社会人に迷惑をあたえたら、
20年前から比べると激減。
暴走族全盛期をしらないというか忘れたと言うか・・・・・

570 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:20:05 ID:JbTofmfc
>569
それは、子供の総数が減った事と、
それ以外の娯楽が増えた影響が考えられる。

PTA、すなわち今の"未成年の親"の問題がなにも問われない。
未成年者がのぼせ上がるのは、当事者と、その親のしつけの問題でしょう。
閉鎖的な義務教育の現場で教材の内容をどう取っ替え引っ替え無計画にかえようが、
学制がおもいあがっていてはすべて無駄。

その親の全責任だ。

571 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:25:20 ID:a+DEbnC/
ゆとり教育を受けたことが不安のタネなってるんじゃ本末転倒だな。

572 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:31:19 ID:tEA4/P4m
>>568
反体制気取って棒切れ振り回してた糞大学生が
幅を利かせてた頃や、高度成長期に比べれば
今のガキは「お前ら大丈夫か?ストレス溜め
すぎてないか?いつか破裂するんとちゃう?」
といって心配してやっていいほど大人しい。

少なくとも犯罪率はここ二十年ぐらい先進国の
中でもずば抜けて低く、順応しててかえって不気味。
子供は少しぐらい元気あったほうがいいと思う。

573 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:35:26 ID:PooRy45h
>>568
団塊の世代なんか、未成年の時に思い上がって
社会に多大な迷惑を掛けたと思うが。

本人達は今なお責任すら取ってないな。

574 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:39:22 ID:JbTofmfc
>572
それは土地がらによる。

家の近所では甘やかされてのぼせ上がった様な未成年者が
からかい気分で社会人を相手に調子ずいてすごいよ。

だれも説教するわけにもいかない、むしろ通報される。
野放し状態。


575 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:42:24 ID:JbTofmfc
>573
団塊の世代どころが20代なかばだけど、なにか?

団塊の世代はスレ違うのですが、僕に何か?

576 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:46:45 ID:2XToXnsx
>>572
アメリカでは、最近の新種の子供はインディゴチルドレンと呼ばれてるらしい。 特徴は、


1・インディゴは尊厳を漂わせながらこの世に生まれてくる(多くの場合、生まれた後もそのように振舞う。)

2・彼らには「自分は存在するべくして存在している」という気持ちがあり、
  他人にそれを理解されないと、気が動転してしまう。

3・自己評価には重きをおかない。彼らはよく親に「自分は誰なのか」を語る。

4・絶対的な(説明や選択の余地を与えない)権威を受け入れない。

5・特定のことをあっさりと否定する。例えば並んで待つ事は、彼らには難しい。

6・創造的思考を必要としない儀式的なシステムには、欲求不満を募らせる。

7・家庭でも学校でも、物事のよりよいやり方を見つけ出すので、「システム・バスター」
  (いかなるシステムにも従わないもの)のように思われてしまう。

8・インディゴの仲間と一緒にいるとき以外は、非社交的であるようだ。
  自分に似たような意識のものが周囲に誰もいないと、しばしば内向的になり、誰からも理解してもらえないと感じる。
  そういう子供達にとって、学校生活は非常に難しくなる。

9・罪悪感を持たせるようなしつけ方、
  例えば「そんなことをして、お父さんが帰ってきたら怒られるわよ」といったような説教をしても効果がない。

10・自分が必要とすることは臆することなく伝える。


で、最近の子供の90%がこれらしい。

577 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:47:22 ID:wFK5EJMo
ゆとり教育世代でしたが、謝罪したからってゆとり教育だった過去が変わる訳ではないし、あまり意味無しだったキガス

578 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:48:13 ID:y2AwSRuP












                                    事           実

















579 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:51:49 ID:kPhEFNv8
>>576
オレ30代だけど
全て当てはまる・・・

580 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:52:48 ID:tEA4/P4m
>>574
昔から居るじゃん、そんなの。

俺が中ガキ生だった頃、「ジャパゆきさん」「ジャパゆきくん」
問題が議論され始めた頃で、裏町なんか将来893にしかなりよう
が無いクズなガキどもがよくたむろってたし、その近くでフィリ
ピンのお嬢さんが主に下半身を使って働いてたさ。

どうしようもないクソガキってのはあらゆる社会に常にいる。

581 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:54:04 ID:KrmvsBrL
2ちゃんの馬鹿は、詰め込み教育だろうがゆとり教育だろうが、
どうせ落ちこぼれんだよ。脳みそ腐ってるからな。

582 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:54:54 ID:HH861rCN
>573
破壊活動し革命ごっこした赤かぶれのことだな。
そういうのがマスコミや芸能、文芸分野にやたら多いのよ。

マトモな民間会社にはいれなったから、GHQの反日政策で
左翼も甘やかし、赤い輩で埋まりつつあった放送業界や演劇界
にもぐりこんでいった経緯があるわけよ。
 

583 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:56:23 ID:w1jc5JX5
塾通いが当たり前になってしまって、学校は責任放棄。
塾にも行けない貧乏人の子供は勉強するなと。

584 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:56:30 ID:vbyZGGxt
ま た 昭 和 ヒ ト ケ タ 世 代 が 加 害 者 か

585 :名無しさん@5周年:2005/04/22(金) 23:59:34 ID:tEA4/P4m
>>581
日本に生まれただけで人類の中では圧倒的に勝ち組に所属してるなー俺。
と手放しで喜べるのに。多少周りに遅れてるぐらいでコンプレックス
感じるなんて不幸な人間も居るもんだ。
しかも自分が落ちこぼれだなんて悩む必要は全く無い。
脳みそ腐ってるどころか平均的日本人の知的水準は国際的に見て
化け物みたいに高い。

俺は2chに書き込めてダラダラと毎日を過ごせる事に限りない至福を
感じるときさえある。

586 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:01:17 ID:yTUvJ61p
>>585
生まれた瞬間からサバイバルな国に生まれるよりは
はるかに恵まれてるよな。

587 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:01:19 ID:14oEqqzd
昔 エタ・ヒニン
今 ユトリ

588 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:03:03 ID:JbTofmfc
>580
常にいるけど、社会の認識が全然違うでしょう。

最近の未成年者は親もつかって、自分に都合のイイと思う法律だけをかざして
かるはずみに警察ざたにしようとする。特に親。
それがとてつもなく迷惑この上ない。犯罪者よか恐ろしい。
まともに社会人としての経済生活しずらくなってるんだけど。
生きた居心地がしないよ。。。

そういう根本的な部分を直さないと、ゆとりだの詰め込みだの言っててもダメなんじゃないかな。
つまり、過保護すぎる。
自分が厨房のころなんて、通りすがりのおっさんに叱られたし、そんなもの当たり前だった。
今、そんなことしたらPTAがでてきて未成年者側の主張だけで通報されたりする。
かなり無責任な嘘入っててもね。

いずれ年をとって社会にでてくるのか。。。

589 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:03:10 ID:fIt7MFdv
高校時代の恩師の言葉

俺:「ここを教えて欲しいのですが」
先:「予備校逝け」

ちなみに首都圏の偏差値65くらいの公立校でした。
税金泥棒市ね。

590 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:05:52 ID:yBn7I973
子供には勉強は大事だと豪語し、土曜日も無理やり塾に通わせる。
そのくせ自分はしっかり週休二日。おまけに家では仕事の愚痴を言ってる姿か
グータラに寝転んでいる姿しか見せないわ、勉強のこと聞いても答えられないわで、
言ってることとやってることが無茶苦茶よ。
子どもは仕事の厳しさ難しさなんて絶対分からないし分かろうともしない。
それだけに、こういう目の前の矛盾にはとっても敏感。
まず大人、お前らがしっかりせえよ。最低限子どもの前では。

591 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:07:00 ID:nr5zx/c4
結局のところ、ゆとり教育って、最低ラインの人間を
引き上げる努力を放棄しただけだったのでは。

592 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:08:04 ID:1WXda1RY
>>576
日本のゆとり教育世代はこれよりはるかに劣ってるよな。

593 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:09:32 ID:XhWz4mWI
>>588
訴訟社会という意味で言えばアメリカなんてもう壮絶。
なにせね、事故が起きるでしょ、救急車来るでしょ、
んで救急車が病院向かってるその後ろを弁護士が乗った
車が引っ付いてくの(マジ)。不幸や事件をダシにして、
いかに自分が賠償金をふんだくれるかを売り込みに。

んでたいがいの事は訴訟沙汰になっちゃう。
ご近所の喧嘩も、ガキの殴り合いも。
権利・権利・権利の大合唱。日本はまだまだ良いほうよ。

これまで様々な事を日本はグローバルスタンダードとして
受け入れてきたけど、そういう法律を武器にする生き方
もアメリカナイズの一環と思って諦めなされ。
俺はこの流れは止まらぬものと既に諦めた。

594 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:24:17 ID:3x/QGyTX
学校なんか関係ない。
努力するやつはちゃんとやる。
文句言ってるやつは自己管理能力が無いだけ

595 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:27:21 ID:l79OpPJu
>>591
逆。引き下げた。


596 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:29:33 ID:D6/N0mSc ?
俺はあと2年で大人になるが、本当に未成年からみて
ちゃんとした大人になれるか不安がある。

597 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:32:13 ID:l79OpPJu
>>596
だったら努力すればいいじゃない。

598 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:35:34 ID:AugOtur8
およそ3ですが将来エンジニアになれるでしょうか?

599 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:40:20 ID:PcrUEcwD
>>598
なんのエンジニアだよ・・・

600 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:41:37 ID:9U/Pvu1E
いつか社会に出たとき、ちょっとでも仕事をさぼると、
「おやおや、仕事もゆとりかい?」
って絶対言われる。かわいそうだ。

601 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:42:43 ID:XhWz4mWI
>>596
朝の通勤ラッシュの時間帯にでも駅に来て今の大人見てみろ。
自信が戻ってくるのを感じるだろ?

602 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:46:35 ID:Pm+r0biv
>>596
少なくともあんたらの世代は団塊よりずっとまし。
特にひどいという自覚がなければ安心していいよ。
団塊と団塊ジュニアは社会のゴミ。

603 :??? :2005/04/23(土) 00:47:23 ID:S3G291Do

毎朝通勤しているお父さんたちに敬意を払えない連中はフリーター街道
まっしぐら。(w



604 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:47:33 ID:PcrUEcwD
>>600
バカンスもティータイムもない日本人にとっちゃちょっとのサボりも許すべきかもしれないがな。
だがそれでは商売にならないのも日本。

605 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:49:21 ID:vozz/kS0
日本と中国の関連で話を始めれば、まず日清戦争がある。
これは、清の植民地だった朝鮮の帰属と、独立をかけて、日本が清と戦うことになった。
日本は清を倒して、朝鮮は清から独立。朝鮮は日本の保護国のようなかたちになった。
清は、そのあと外国に自分の領地を領民の意見を聞くこともなく、
外国に売りつけて、清は現在のアフリカのように外国に切り刻まれることになる↓
------------------------------------------------------------------
租借地が併合されるというのは、当時の常識だったので
(キプロス・キューバなど多数)、清に次々と西欧諸国が乗り込みます。
すぐに清は北から順に(清・独・清・英・清・仏)と分断されてしまいました。
シオニスト運動に賛同した何万ものユダヤ人が、上海に終結。

それに危機感を持った日本は、清の官僚に追われ日本に亡命していた孫文を支援、
中国南部での武装蜂起に成功、ついに清を倒し、中国の再統一を達成します。

日本は同時に、清が防衛を拒否し、ロシアが南侵してきていた満州防衛に動きます。
満州とは、万里の長城の外側で、清が防衛・出兵を拒んだのです。
不安は的中、ロシア皇帝は「満州と半島をロシアにする」と公言、
侵略を開始、日露戦争となり、日本の勝利で条約によって日本の管理下におかれます。

中国再統一で行き場を失ったユダヤ人達は満州建国を後押しします。
西欧各国も満州建国を正式に承認しますが、日本はユダヤ自治区建国を拒否、
アジアを守る策に出て、アメリカと闘うことになるのです。

真珠湾攻撃で日本が米英に宣戦を布告すると、中国国内の西欧の租借地は
日本の支配下に置かれ、汪兆銘政権に全租借地を返還します。
つまり日本が、寸断されていた中国領土を武力で西欧から奪い返したわけだ。

戦後、タイ首相が「日本というお母さんは、難産して母体をそこなった」
と発言しているのは、そういった背景がある。
-----------------------------------------------------------------
日本は悪いことなどなにもしてない。欧米の植民地でなかったのは日本とタイとチベットだけだ。
欧米の植民地主義が中朝にまでせまって、そのままにできるかボケ!よく考えろ!

606 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 00:55:12 ID:XhWz4mWI
>>603
なんて失礼な言い方だ。
言動に明確なフリーター差別を感じる。
フリーターにこそ敬意を払ってやれよ。
ウチなんかフリーターと派遣を使わなかったら
潰れちゃうぞ。彼らが低賃金かつ弾力的に
使用できるから日本の第三次産業は利益をたたき
出してるのだよ。

まぁ、感謝はすれど自分がそう成りたいとは思わんけど。

607 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:12:27 ID:ZxqvIe15
こういう施策の間違いがあったら、誰が責任を取るの?
文科相が謝ったらおしまいなの?
これを立案した官僚の責任は無し?
89年以降アフォみたいに内容を削減しまくった責任者は誰?
こいつらは何ごともなかったかのように生活できるの?
この年月にスカスカの学生を育て、国力を下げさせた責任は?
薬害エイズのように裁判をしなきゃ駄目なのか?

608 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:16:29 ID:QBG9LA2R
ゆとり教育の真の罪は、学力が劣る子供たちを作り出したことではなく、
こんな泣き言を漏らす原因となった「学力平等主義」にあったんじゃないのか?

609 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:17:13 ID:g9m2U2sM
謝罪せよ!という人たちは、謝罪したところで許すわけないわなw
たるみ教育の犠牲者は、文科省の前でデモと投石を(ry

610 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:18:12 ID:ZxqvIe15
>>608
だからそれは戦後ずっとはびこる日教(rya

611 :??? :2005/04/23(土) 01:21:47 ID:S3G291Do

おそらくゆとり教育世代はゆとり教育の原因や責任追及をするほどの
能力がゆとり教育のために身についていない。

したがってゆとり教育で被害を受けてもそれを解決する術を持たない
のではないか。(w


612 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:23:57 ID:y32PVNQQ
学力改善兆し…「ゆとり」導入後初の全国一斉テスト
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050422it14.htm

613 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:24:40 ID:dqqh8X/T
ゆとり世代は、がんがって死ぬまで肉体労働でもして、日本経済を立て直してくれ。

プゲラ

614 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:26:18 ID:uobetepV
人権擁護法案反対のスレで読んだが
学級崩壊も学力低下も仕組まれたものではないのか?

ゆとりは下にあわせることしかしない。
上にあわせようとすることに対しての妨害のようなものが
働いているとか。
それを知っている連中は私立に逃げるわけですな。

615 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:39:39 ID:Eo7cH2jy
よく謝罪や賠償を請求している人たちの憲法の解釈は、
左寄りの学者、名古屋大の浦部先生あたりの考え方に拠っている部分が大きい。
ところが現在司法制度改革等で新たな日本のかたちを作っているのは佐藤先生であり、
佐藤先生は個々人の自立した生と、それを支える事後的救済を重視される。
要するに「自分の好きなように生きろ。責任も(原則として)自分でとれ」ということだ。

佐藤先生の考え方が浸透すれば、日本は変わる。
馬鹿は生きてゆくのが難しくなる。
だがそれは公平でもある。
劣っている者が淘汰されるのは自然なことだ。生物として。

俺は新しい日本の誕生を歓迎する。

616 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:39:40 ID:pZ0gCHkw
>>614
三浦朱門&ゆとり教育 は知ってますよね?

「ゆとり教育はエリート教育であり、学力低下は目的のひとつ」が結論。
学力低下は、非エリートの自己責任w 日教組の「平等主義」を隠れ蓑に
体制派のエリート主義者(例えば大勲位)が推進したのがゆとり教育。

で、トップ層も落ちちゃったので、今は体制派も大慌てなんだがww

617 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:41:05 ID:XnU/VCXr
>>615
佐藤って、あの爺さんまだ生きてたんだ。


618 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:44:09 ID:Eo7cH2jy
>>617
まだ70にもなってないよ。

619 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:44:41 ID:ET1To3BV
安い労働者層を自国で計画的に生産した国家戦略だとしたら文部科学省はネ申だ。

620 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:46:07 ID:E+FUHXzn
英語の教官が嘆いておったのが、今年入学したゆとり世代が"過去形"を知らないらしい。
haved breaked taked ...だってさ。

これかなりヤバくないか?

621 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:49:58 ID:b/TnrOPM
20年30年後ゆとり教育世代は上と下に挟まれて
哀れな人生を送るのだろうな
ゆとり世代はダメだと言われ、出世もできず
フハハハハハ

622 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:53:58 ID:Eo7cH2jy
別に過去形なんぞ知らなくても生きてゆける。
問題は知識の有る無しではない。
壁を乗り越えて成長しようとする意欲のないこと、
目の前の困難から逃げ続ける精神的な弱さ、脆さ、愚かさだ。

自分で決断するのは勇気の要ることだが、
導いてくれる師がいない以上するしかない。
ゆとり世代はそのことを肝に銘じなければならない。

623 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 01:58:05 ID:ET1To3BV
>>622
過去形は知識以前の常識だと思うんだが・・・。

624 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:19:36 ID:ECFh/TL5
>>23

それじゃ動くものもうごかねーよ(w

いずれにせよ、
勉強は自分でするものであって、
させてくれるものじゃない。

少しの努力で差がつくんだからラッキーだとおもへ

625 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:22:52 ID:82aA15TV
ガイシュツかもしれないけど
なんで”僕たち”って思うの?自分が頭悪いだけだろ?

626 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:24:14 ID:frE9v2x2
>>625
マスコミの作文が入ってんだろ。

627 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:27:19 ID:3nEvgW5i
全国学力テストの結果についての記事、主要新聞各社出そろったみたいだね(・∀・)

産経 学力改善 文科相「脱ゆとりで成果」 小5−中3の全国テスト
http://www.sankei.co.jp/news/050422/sha067.htm

毎日 学力テスト:同一問題で、43%が02年より正答率高く 
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20050423k0000m040070000c.html

読売 学力改善兆し…「ゆとり」導入後初の全国一斉テスト
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050422it14.htm

朝日 学力低下に歯止め 小中学生45万人学力調査
http://www.asahi.com/life/update/0423/001.html?t1

なんかこの件に関しては(ってこれに限ったことでもないかw)
今回、産経がタイトルといい、内容といい、やたら主観的で必死さが伺える感じだねw(・∀・)

対照的に朝日は、今回えらい無難な記事だね。
しいてアンチ朝日なヤシがつっこみ得るところと言えば、
中山のコメントにまったく触れてないという点だろうかw(・∀・)

628 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:31:30 ID:R4CqND1M
頭悪い奴に対して頭悪い奴が擁護するのは腹たちますがなにか?

629 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:37:05 ID:Wo+PQnSF
このアホなユトリ教育のおかげで塾は大儲けです。文部科学省の屑官僚
万歳だなー。茨城大教育学部付属小、中学校に通っているなら、毎月10
万以上かけて家庭教師を雇い、薄っぺらい教科書なんぞ捨ててもっとハ
イレベルな勉強しているよ、ガキの意見が白々しくて笑ったね。
学校の教育だけで十分だなどと思っている親は、本当におバカさんです。
内容を難しくしても、指導力不足の教師が多い為、結局は子供達は我々を
頼ってきます。もっとしっかり地に足の付いた教育して下さいよ。

630 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:41:06 ID:WtA23XnD
もっとも脳の吸収力が強い時期に、詰め込み教育をしてあげないのは犯罪と同じです。

小学生低学年から中学生くらいは、記憶力や応用力が跳びぬけて高い時代だってのに
この時に「ゆとり教育」なんてスカスカの教育してたら、100%間違いなく馬鹿になるよ。
ほんと馬鹿な行政をしたな。

「ゆとり教育」を主導したのは  寺脇  研 とかいう馬鹿でしょ?
こいつに責任取らせろよ。
全財産没収のあと一生かけて詰め込み教育を小学校でさせればいいよ。

631 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:42:10 ID:p00Bid4o
いきなり学力アップしてるしw

632 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:43:25 ID:frE9v2x2
>>630
上にちらほら真理を見抜いてる奴がいるけど、
これは低賃金労働に疑問も怒りも抱かないロボットを量産する計画だったんですよ。

633 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:44:09 ID:4zEnW1f5
この生徒は授業内容を調べて、自分達の内容が少ない、劣っているって思ったんじゃないか?
教師や誰かに言わされた可能性もあるけれども、少なくとも不安を感じるってのは悪いことじゃないと思うが。
小学生〜中学生までは大人と違って、教育は与えられるもんなわけだし。
だからこそ、憲法は教育の義務(大人は子供を教育する)を国民に課すように定められているわけだろ。

それに「ゆとり世代の自己責任」とか言っているやつもいるけど、特定の世代の問題は、社会システム全体に影響するぞ。
人的資源の点から言っても、そんな対個人の自己責任論なんか全く無意味だと思うがな。

634 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:45:56 ID:H6H6vNVn
俺のクラスで一番頭が良かった奴は高卒で就職したよ
逆にDQNでバカな奴はF大に入っていった
一番頭が良かった奴は、家庭が苦しいから早く就職して働きたいと言い
DQNは体育大に推薦入っていった
これでも高卒の方が低く見られるんだから、不憫よの

635 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:46:23 ID:ty6w3Ogz
>>622
>自分で決断するのは勇気の要ることだが、
>導いてくれる師がいない以上するしかない。
>ゆとり世代はそのことを肝に銘じなければならない。

ゆとり世代に限らない話だろ………
ゆとり世代ですか?

636 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:47:13 ID:2E+tqFjK
>>634
その高卒は絶対性交してるだろうぜ

637 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:48:11 ID:l7NYsbh8
劣ってると思ったら勉強したらいいだけのような…

638 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:48:31 ID:+Ol5F/Uy
ゆとり教育世代って何年生まれから何年生まれ?

639 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:50:40 ID:qIS7i5rM
>>638
バカの世代ってつけないのw

640 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:51:05 ID:I1rnCTH5
案ずるな。

ここにお前より劣ってるやつがたくさんいるだろ。

641 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 02:52:44 ID:dXaKotiM
ゆとり教育なんかより、
バブル三昧で適当な仕事しかしてなくてもそれでよかった世代と
実力主義を押し付けられた世代との
ギャップを埋めてくれ。
大学卒業するあたりに急に世相を変えられたら教育もへったくれもないんだがよ。

まずは高度経済成長を用意しろw、できなければでかい面すんな。
お前らの時代とは仕事の中身が違いすぎるんだよ。
単純労働の延長みたいな仕事して、まじめに会社に行ってさえすれば、
出世する世代に文句なんか言われたかねぇよ。まったく

642 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:00:05 ID:LRxDyW6i
僕たちだけ劣るっておかしくないか
戦争中の日本なんて本当に酷かったよ
勉強したくてもできないんだからなー

643 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:00:16 ID:uobetepV
>>616
それは知ってます。
ただ勉強に関してだけだと思ってました。
しかし、体育や音楽などの専門教科でさえ
ゆとりになってる。

昔から音楽(クラシック)はお金がないと出来ないけど
一般人レベルでそれでもロックバンドよりアカペラグループが増えてる。
楽器扱うのさえめんどくさい、カラオケで歌う。
体育もものにするには習い事の類から始まり
強い民間クラブへ

本来国としたら優秀でより稼ぎのある奴を輩出しなければいけないのに、
それを妨害してるような気がしてすごく不安だ。

644 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:08:39 ID:WtA23XnD
>>632
…正直言ってそれは考えすぎでしょう。

全体を一律にさげるだけじゃ全然意味ないし。
その目的と方法が一致していない。

645 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:09:30 ID:AlaHfwkz
寺脇研の謝罪まだぁ?(・∀・ )っノシ凵 ⌒☆

646 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:11:41 ID:sU0lSB48
>642
(´ρ`)・・・?

647 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:13:00 ID:1WjgSlLD
記述式や応用力はアップしていなんだろ、全然。
下の落ちこぼれ連中の平均点があがったということでしょ。
授業の進度が遅くなって。

やっぱ、短時間で国語の文章の文意をまとめさせるとか
英語の長文の質問に対して、英文で答えさせるとかいう訓練しなきゃ駄目だよ。


648 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:15:03 ID:nQ9erhOq
ゆとりがあってもいいじゃん。

649 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:21:54 ID:5UymqEl9
アホの世代って笑えるなぁ

650 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:25:32 ID:5UymqEl9
どこからアホかはっきりさせてよね、徐々に?w

651 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:26:10 ID:+3mbcAe+
1960年度以降に生れたのなら、なんらかの「ゆとり」世代です。
入試改革・指導要領改訂(高校)でゆとりを始めたのは

1979年 共通一次開始 '60年度生 ←入試負担の軽減が目標
1982年 改訂高校指導要領実施 '66年度生 ←ゆとり第1段、まだまし
1990年 センター試験開始 '71年度生
1994年 改訂高校指導要領実施 '78年度生 ←ゆとり第2段、悲惨
2003年 改訂高校指導要領実施 '87年度生 ←ゆとり第3段、ダメポ
2006年 東大京大が旧指導要領から入試出題へ '87年度生 ←ゆとり止めようとする

今後は、悲惨な指導要領+学力向上プラン+東大京大入試は旧旧課程 といった
複雑な教育を受けるため、ますます格差が広がる。

652 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:26:47 ID:kSJghNoY
大丈夫だろ?



なんていったって、”ゆとり”がある世代だから。

653 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:28:04 ID:CRihEqAs ?
まぁ、団塊みたいに赤色に染まらなかっただけマシかと。

654 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:29:02 ID:3nEvgW5i
>>651

>>649-650がどの世代に属すのか激しく気になるw(・∀・)ワクワク

655 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:30:07 ID:KQgx3Ca1
>>654
必死だなwww

656 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:30:27 ID:frE9v2x2
>>653
あんたは昭和一桁とかか。

657 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:30:33 ID:wQULUh3e ?
>>602
その「 団塊と団塊ジュニア」世代が必死で築いた財産を、
シロアリの如く食い潰し日本を三流国家へと転落させるのが、
君等「ゆとり世代」です。

>>620
「ゆとり教育」では、動詞の不規則変化の学習も削除されてるのかな?w

>>622
過去形を知らなければ「英語」を学べませんけどね。
その過去形を知らなくても良いというのは極めて「ゆとり教育」的な考え方だが、
少なくともそういう奴は英語を学ぶ資格は無いと思われ。

>>630
> 「ゆとり教育」を主導したのは  寺脇  研 とかいう馬鹿でしょ?
>
違うよ。
そいつは、最後の最後に、文科省の担当責任者だっただけで。
「ゆとり教育」事態は、国賊として有名な中曽根内閣の時代から
徐々に推し薦められていた。



658 :651:2005/04/23(土) 03:31:04 ID:+3mbcAe+
実際は小学中学も加わるので、学年進行で徐々にアホが進みまつw

>>647
統計操作を加えるからねー
前の国際比較の時はむごかった。生データを見た関係者はみな驚愕して
半年くらい発表を遅らせて、都合のいい数字をひねりだしたから。

659 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:36:04 ID:bCOqMvFE
ゆとり世代はいいけど、バブル世代の上司をどうにかしてくれー。
会社の金だと思って無駄に使いすぎ。


660 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:37:14 ID:RQNdSGq5
>>49
超亀レス。10年ほど前との比較。

数学・・・不等式、解の公式、三角形の重心、接弦定理などが消えた。

理科・・・(物理)圧力や浮力の計算、仕事・仕事量の計算、フレミングの法則、
     電流による発熱量や水の温度上昇の計算が消えた。
     
     (化学)水溶液の濃度の計算、イオンが消えた。また、酸性水溶液は
     塩酸だけ、アルカリ性水溶液は水酸化ナトリウム水溶液だけしか登場
     しない。

     (生物)メンデルの法則含む「生物の進化」に関する分野が消えた。

     (地学)ほとんど変わっていないような・・・

社会・・・(地理)都道府県名や国名があまり出てこない。国・地域ごとの生産量
     や輸出入品目を覚える必要がなくなった。
     (歴史)年号を覚える必要がなくなった。絵や写真を見て答える問題が
     増えた。
     (公民)「出席議員の3分の1」「住民の50分の1」といった数字を覚える
     必要がなくなった。時事問題に関する出題が増えた。

英語・・・文法的な説明は皆無。教科書の文章量は半分以下に減り、学校の先生
     が「丸ごと和訳」するだけ。必須単語数も5分の1程度に減ったうえ、それ
     を覚えさせられることもない。
     文法的なところでは、前置詞・副詞・不定詞・動名詞といった言葉は使用
     されない。感嘆文・付加疑問文は何の説明もなく使われる。関係代名詞
     whom、whoseが消えた。

国語・・・漢文が消えた。

661 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:38:26 ID:Pd3VdIZo
流石に、これはカワイソウだな。
たまたまこの年代に生まれただけで、上にも下にも馬鹿にされるんだろうし。

・・ちなみに、円周率を「およそ3」ってのもやめるのかな?

662 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:40:18 ID:RQNdSGq5
>>660
補足
数学では「関数」という言葉は一切使われない。

663 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:40:22 ID:7OOjPNsF
今の未成年って生まれてから一度も好景気というもの知らないんだよな。
このままだと一生知らないままで終わりそうだ。

664 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:41:29 ID:X+YivvZH

ギター演奏技術の錬度からも言えるな。

ハードロック/ハイテク世代の俺からすれば、
ローテクのゆとり世代は全くダメだな。

まぁ流行っている曲にも問題があるが..
今の餓鬼はまともにギター弾ける奴が少ないね。
俺の時代じゃ、周りのほとんどは20代そこそこでプロ顔負け
だったぞ。




665 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:43:31 ID:NZu2jkKn
漢文はつらかったな…。当方35歳。理系。

666 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:43:43 ID:8re/2t/z
>>664
ギターのうまさと学力には多少の正の相関関係があるからな。
まあ、そりゃそうだ。楽器の練習と勉強はどちらも通じる部分がある。

667 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:44:05 ID:RQNdSGq5
>>660
もうひとつ補足
数学で、球の表面積・体積がなくなった。

668 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:46:55 ID:3nEvgW5i
>>664
なんかネタで言ってるぽいけどw、
ゆとり教育の問題を音楽の方面から語るのって新しいねw
想像し得ない切り口(・∀・)さすがクリエイチブw

669 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:47:36 ID:ZCgW/3MF
>僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになる

ゆとり教育をやらかした連中に仕返しをするといいと思うよ。

670 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:50:36 ID:7+tJypBy
>>667
ぶっちゃけそれはどうでもいいと思う

671 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:51:02 ID:frE9v2x2
>>669
たぶん何もしないと思うよ。
社会の底辺でひっそりと生きていくだけ。

672 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:52:56 ID:8re/2t/z
>>670
球の体積・表面積は結構大事だと思うが。

673 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:54:54 ID:Y85z6RKi
>>660
ダメぢゃん・・・。

674 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:56:07 ID:62RTwWv4
>>660
その消えた部分はどこへ行ったの?高校で習うの?
大学で自主的に勉強するまで出会わないの?

俺、理系だけど、英理数だけ見ても致命傷のように感じるんだが。

675 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:56:30 ID:sdLaZ07h
ゆとり君がmissしたら“ゆとりに任せた俺が悪い”と上司。“しょうがないっすよ、先輩は出来なくて当たり前です”と部下

676 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:58:40 ID:8re/2t/z
>>674
今の中学校の学習内容はほんとヒドいぞ。
高校もどんどん簡単になっていっているとはいえ、まだマトモ。
よって両者のギャップが激しすぎるので、高校で挫折する子多数。

677 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 03:58:51 ID:frE9v2x2
>>675
ゆとり君がそもそもまともな就職なんか出来る訳ないじゃん。
部下なんか死ぬまでつかないよ。

678 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:00:58 ID:+3mbcAe+
>>674
今の高校1年の教科書は、昔の中学の内容で相当占められている。

じゃあ高校はどうするのかというと・・・「教える内容は減らさない」と
いうのが「ゆとり教育」の拠り所なので、高3に押し付けてます。だから
確かにトータルでは減っていないけど、身につかないで大学に入る。

物理で、高3で習う原子核だかは来年以降入試に出さないように文科省は
指導してますが、京大は問答無用とアホ文科を無視してます。

679 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:01:44 ID:Qe5KjJsv
俺の姉ちゃん(35才)、小学5年生の子持ちに言わせると、

学校で頼れるのは読み書きソロバンだけ。小学三年以降は塾に行かせないと、中学以上で落ちこぼれる。
学業の足しにならないなら、しつけくらいやってくれればいいのに、今の教師は殴りもしなけりゃ怒鳴りもしないので期待できない。
中途半端に「ゆとり教育」するくらいなら、小学校なんて廃止してしまえ。

と広言して、私立中学入れるために子供を毎日塾通いさせてまつ。微妙杉

680 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:03:22 ID:+3mbcAe+
>今の教師は殴りもしなけりゃ怒鳴りもしないので期待できない。

こればっかりは日教組のアカ教育というよりも、親が文句言ってくる
からでしょ。DQN生徒の親はDQNだから。

681 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:04:31 ID:WtA23XnD
>>679
公立は落ちるとこまで落ちた感があるなあ…

DQN親の馬鹿みたいなわがままを真に受けてきた結果だろうね。

682 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:04:52 ID:frE9v2x2
うひゃひゃ、もぅ八方手詰まり、みんなで仲良く転落しよう。

683 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:06:47 ID:Qe5KjJsv
>680
そんな感じらしいよ。DQN親が1人いて、それに基準を合わせるらしい。
「叱られて育った子供は叱り方しか学ばない。子供は褒めて育てよう」
だと。アホらしい。


684 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:08:26 ID:8re/2t/z
>>679
小学生なら、親が家庭でフォローすれば(ついていくためには)塾なんて不要なんだけどな。
まあ、親が勉強できないとか、共働きで忙しくて教えられない、
というなら塾に行かせるのも分かるが。

685 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:09:31 ID:+3mbcAe+
>>681
とはいえ、小学校で国立・私立ってのは簡単じゃない。中学以降は
大都市圏なら、本人(家庭)しだいで私立進学校にいけるけどね。

>>1 の話は地方でも茨城大教育学部付属小中だから、恵まれているほうだ。

686 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:13:50 ID:XPIgstYJ
バブルの時代にどっかジュリアナ?だっけで踊り踊ってたやつって
すごいバカだなぁって感じでTV見てた記憶があるな。
そういうのがほとんどで無いんだろうけど。
つまりゆとり世代もある程度の印象操作と平均レベルの低下ぐらいでしょ。

どっかに統計があったと思ったけど世界的な順位(15歳)は
10年ぐらいまえでもトップクラスだったと思うけど?(最近は知らん)

ネットがあるからどっかのサイトでプロフィール公開してるところ(信用に足るかは不明だけど)
で、若い人でもよくやってる人なんかいくらでもいると思うんだけど?
ゆとり教育がだめというより、冷静に若者を評価する目が無いんじゃない?

687 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:17:21 ID:+3mbcAe+
希望をもちたいのはわかるが

688 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:23:34 ID:WtA23XnD
>>685
地方は更に厳しいだろうね。。
>>684もおっしゃってるように、小学生くらいなら親でも教えられるから
早めになんとかするしかないんだろうな…

>>686
あなた、現状認識が甘すぎ。

日本の15歳“学力トップ”陥落…41か国・地域調査
ttp://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/special/s02/20041207tv01.htm


資源のまるっきりない日本が頼れるのは人的資源のみって事が
わかってない政治家・官僚が多すぎるね…

689 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:25:38 ID:XPIgstYJ
>>687
いやサイトは晒せないけど、若くて普通にできるのは
いくらでもいるんじゃない?

むしろ学力うんぬんは個人の環境とか、
親が大学出てるか、親の収入が高いかとかそっちの方に依存すると思う。

学校のカリキュラムを増やすって言っても文部省が20人以下の学級性にしたりだとか
金がかかることはいやがるだろうから、結局あんまり変らないんだろうと思うけど・・

690 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:28:28 ID:XPIgstYJ
>>688
でもさ、学力トップだった頃の人間は
超が付くような就職氷河期なんでしょ?

その人達が思う存分、力を発揮できないんなら
けっきょく学力は関係なくない?

691 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:29:34 ID:8re/2t/z
>>689
今の小中学生でも、そりゃデキるやつはいるよ。
でもデキないやつは全くできない。その層が昔に比べて圧倒的に増えた。
そしてその下層に合わせるため、上層にとってはつまらない授業、
しかもだからといって下層もついていけない、それが今の学校教育。

692 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:30:26 ID:+3mbcAe+
どの世代にも「できるのはいくらでもいる」だろうよ。
できる人間の比率が問題だろうし、世代の平均も問題になる。

でも、一番の問題は、自分が「いくらでもいる、できるの」かどうかで、
そういう人間は、国の教育政策には動じないよ。

693 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:33:11 ID:WtA23XnD
>>690
学歴TOPだった時期はたしか結構長いので、その時期が氷河期だけとは言えないよ。
全体の学歴が高い事と就職難は相関がそれほど無いと思われ。
就職率はそのときの景気によるものでしょ。

てか、学力は何するにしても必須ですよ。



694 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:35:16 ID:XPIgstYJ
>>691
出来る人にはつまらないって授業ってそういうものじゃない?
ずっと聞く価値無いなと思ってたけど、子供を昼間預かってあわよくば
勉強もできるようになったら良いなって程度の機関だと思うな、学校は。

まあ、読み書きぐらいできれば問題無いんじゃないの・・
ほとんどの人は数学なんかを使う立場に無い。

工業立国したいのなら、ロボコンでもTVで流してれば
それ系の趣味の子供が増えるんじゃないの?

695 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:35:50 ID:+3mbcAe+
>>680
「勉強がいくらできても、役に立たないことも多い」というのが、
ゆとり教育世代に刷り込まれた考えだろうね。「知識だけあっても無駄」
とか。まあ、典型的なゆとり教育世代の脳天気w

こうした意見に反論もできないが、実際は、勉強できないヤツ、知識の
ないヤツが、力を発揮することなんて滅多にない。
マンガの世界じゃあ「バカ主人公が、とてうもないアイデアを出して
その道の達人たちを次々と倒していく」のかもしれんが。

696 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:37:15 ID:8re/2t/z
>>694
>まあ、読み書きぐらいできれば問題無いんじゃないの・・

だからそれすら危ういんだってば。

697 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:38:29 ID:XPIgstYJ
>>693
そういう両者に相関があるとかいうことをいってるんじゃなくて、
結局、景気後退で就職難ならばどれだけ学力が高い人を量産したとしても
まったくの無駄でしょ?

むしろ、オウムじゃないけど、学力がある分たちわるいよ、きっと。

698 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:39:34 ID:1hklD+C5
ゆとり教育世代はモルモットだからな
結果、ユトリロリ〜世代になったわけだ

699 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:39:55 ID:+3mbcAe+
XPIgstYJ みたいなのが、「自分は塾通いもして、進学中高に通った
ので、学力低下は俺には関係ない」とか思ってるんだろうなあ。

東大教授も、学生の学力低下に腐心しているのが実態なんだがw

700 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:42:08 ID:d24J6qxQ
正直な文相だw 好感が持てるな。

実際、多くの子供は教えないとラチがあかない。知的好奇心をもっていたり、自ら考えたりという子は全体の半数以下であることは確か。

「ゆとり教育」ってのはその残りの学力に責任をもちません、ってことだからな。義務教育でやるべきことじゃないよ。

701 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:42:37 ID:3tplXdy4
ゆとり教育推進して、今は日韓友情年とか言って韓流あおってるのが文化庁にいる寺脇研なんだっけ?

702 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:44:10 ID:vO+U3OxM
>>699
「腐心」の用法に違和感を覚えるのだが。
気のせいかな?

703 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:45:31 ID:XPIgstYJ
>>695
必要ならば獲得するでしょ?
勉強できないやつと言うよりも、高める努力を
しないのはダメだと思うけど。
学力よりも根気?まあ根気があれば学力もあるんだろうけど・・
(よっぽど要領が悪くなければ)

>>699
東大教授が学力低下に腐心してるなら、
ある一定以下はとらない、卒業時にある一定上じゃないと留年とか
したらいい。けど国立だからできないか・・独立行政法人になったら
できるようになるかな?

704 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:48:03 ID:8re/2t/z
>>697
お前は、議論しているポイントが違う。
学力が高い人を送り出すのではなく、最低限の学力をつけてもらう、
というのが現状では失敗しているのだが。

算数の割合とか分数、日本語の文章すら理解できないとなると、
工業立国とか以前の問題だよ。

705 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:52:09 ID:FG2Vlnqn
>>703
前段。「勉強する気持ちはありますが、今は知識ありません」って人間を
信用するかどうかだけどね。

後段。どちらも制度上は難しい(理由は長くなるので略)。いずれにしても
東大3000人くらいのエリートは日本の維持に必要なんで、駒場の教育から
がんばっているよ、彼らは。

>>702
スマソ。「学力低下する学生の教育に腐心」と書くべきだった。

706 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:52:13 ID:XPIgstYJ
>>704
そうかなぁ、良いんじゃない?
くだらない人間は分数を詰め込まれても
活かす所が無いと思うな。

そこらの会社員なんか見てみ。
ほとんどへらへらしてて分数なんか
使ってなさそうだから。

707 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:55:27 ID:frE9v2x2
>>704
日本語の文章すら理解出来ない子って、
携帯のメールのやりとりとかすら出来ないんですかね。
こういう話聞いてると漫画もゲームも出来なさそうで、
日頃なにやって過ごしているのかと。

708 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:57:48 ID:WtA23XnD
>>697
変なマイナス思考持ってますね。

学力=実力のことですよ? 
暗算がすばやくできたり、英語ができたり
文章がうまくかける、説明がうまい等々、
一般社会で普通に評価されます。

学力が無ければ、就職すらできません。
それだけ。
スタートラインにすら立てない。

709 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:58:15 ID:Y85z6RKi
10年ほど前だったか、こうなるトドメ刺されたのは。

710 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:58:16 ID:8re/2t/z
>>706
分数の計算程度で詰め込みって・・・。

>>707
携帯は自分達の語彙で会話できるけど、
例えば、映画の字幕のスピードに全くついていけない、
という人は最近かなりいる。小学生なら分かるが、高校生以上で・・・。

711 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 04:58:24 ID:PRVH6e2M
>>679
教科書がペラペラ、カラーの絵ばかりってのを見ると
たしかに不安になる。

現状ゆとり教育が即廃止にならないなら、自分の満足出来る
範囲で子供を教育するのも仕方がないんでないかな。


712 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:02:49 ID:XPIgstYJ
>>708
はぁ、そんなもんですかね。

>>710
別に分数だろうとグレブナー基底だろうとどうでも良い事ですよ。
ボケっとしてる人間でも世渡りうまけりゃ一部の会社は勤まります。

713 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:04:17 ID:Y85z6RKi
>>711
仕方ないね。ある年齢までは強制的にやらせるしかないかも。
恨みたきゃ恨めと居直ってみるかねぇ。

714 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:07:06 ID:FG2Vlnqn
XPIgstYJ はグレブナー基底を勉強したばかりの大学生w
広中の論文くらい読んだか?w
読まなくても世渡りうまけりゃアカポス取れるがな

715 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:10:37 ID:yuaIhNKE
俺の親が数学教師なんだが、中学の時、俺が解ける問題を解けない・・・
かわいそうになったので黙ってたが

あとモーニング娘とかの、馬鹿を肯定するような類のタレントを
公共の電波に乗せるな

716 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:12:55 ID:XPIgstYJ
>>714
専門じゃないくて自分の分野とはほとんど
関係ないところ(教養程度?)出しときましたから・・

つまり、使わないものやらせても無駄でしょ?

ところで>>714さんはアカポスゲットできました?

717 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:14:59 ID:3tplXdy4
>>710
 口頭伝承文化では日常と関連のないものは忘れ去られ、その文化にいる人は
「現在」のみに生きて文化が固定されるという特徴があって、反対に読み書き文化
では過去の知識と出会って、そこで現在と矛盾することに出会うことによって、比較や
批判する能力が生まれるということを本で読んだけど、携帯の文章は口語文を文字に
なおしただけだし、すぐ過去のものになって顧みることは少ない。

 口語的な会話の文章を読んでも、文章を読んで自分の思想と比較してあらたな
考えを生むとはだいぶ違うね。

>>705

 苦心と腐心を間違えただけかと思った

718 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:17:16 ID:WtA23XnD
必要なものをちゃんとやってないから問題になってるんだけどね。

719 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:21:21 ID:FG2Vlnqn
>>716
教養というのは、使う使わないで何を習うか決めるものではないよ。
教育に効率を求めすぎてもダメ。「ゆとり教育」とはまた別の話。

720 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:28:09 ID:XPIgstYJ
>>719
そう・・かな?

教養といっても関係ないところばかりを平たくやっても
どうしようもない人材しか出来ないと思う。
ある程度の土台、興味、感心、執着の方向性があってこその
教育じゃないのかなぁ・・

721 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:30:36 ID:lxoXkhhB
この前NHKで明治の教育に付いてやってたけど、あの頃もゆとり教育を導入したけど、結局元に戻ったみたい。

722 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:30:44 ID:afH5I+sJ
>>720
あんたが無教養なことはよく解る。

723 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:31:58 ID:FG2Vlnqn
>>720
教養主義を徹底させているグレンゼコールをどうしようもない人材
ばかりできているという人は少ないだろうね。

>ある程度の土台、興味、感心、執着の方向性があってこその

ゆとり教育には、ない話だね。

724 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:33:33 ID:XPIgstYJ
>>722
(´,_ゝ`)

725 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:36:53 ID:yuaIhNKE
小学校のガキどもは、周りが勉強してたら自分も勉強する
これは間違いない

上位私立や上流階級家庭は、その土台ができあがってる


ゆとり+馬鹿親世代ってのも大いにあると思う

726 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:38:39 ID:dbuEYF83
教養がある世代がゆとり教育なんて愚策を考えたり、DQNを量産してるんじゃあないか。


727 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:39:27 ID:WtA23XnD
>>720
>ある程度の土台、興味、感心、執着の方向性があってこその

これは読解力、計算力、基礎的な科学知識等、基本的な学力が
あってはじめて生じるもの。
逆なんだよな。
素のままの人間に何か凄いものがある、と言う幻想があると思われ。

728 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:39:46 ID:XPIgstYJ
>>723
逆に聞きますが、この現代のような豊かな暮らしを作ったのは
その教養主義のグレンゼコール?だと思いますか?

729 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:44:12 ID:frE9v2x2
>>728
2chに来て意味のあるカキコをして議論出来るだけでも相当に卓越した教養があるからなんだが。

730 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:45:17 ID:JHNOSoQf
ゆとり教育とは「経済的にゆとりのあるものが勝ち組になれる」教育の省略ですw

731 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:46:00 ID:XPIgstYJ
>>727
そうでしょうかね?
むしろ子供のときの原体験を引きずってるような
人の方が多いと思われますが・・
基礎学力なしに「なんとなく良いな」と
思ったものを素直に追求して行く。

賢過ぎて打算で得るものはまがいものが
多い気が、と「気がする」だけですが・・

732 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:47:12 ID:Qitz3inX
>>729
グレンゼコールをフランスの入試「グランゼコール」の書き損じと
気がつかない「教養の持ち主」に言っても無駄であろうw

733 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:49:25 ID:XPIgstYJ
>>732
(´,_ゝ`)

734 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:51:47 ID:frE9v2x2
>>731
うん。
親に教養がないとマジでパチスロ以外に興味の無い人間が出来上がるよ。

735 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:53:41 ID:bZpvm8BT
自分には直接の責任はないけど、中学生にさえ頭を下げる大臣って立派だな。
普通の政治家なら、鬼の首を取った発言をするはずなのに。
この夫婦は、仕事も人間性も、超一流だと思う。

736 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:57:45 ID:XPIgstYJ
>>734
環境の重要性は認めます。
興味をうまく伸ばせる環境で無いと難しいかもしれません。

ただ、影響を与えるものは
「くだらない」と言われるものでも良いと思います。
パチスロでも、ガンダムでも、昆虫採集でも、鉄道でも、
たぶんむしろ「くだらない」もの「ばかばかしい」ものの方が
面白いかもしれません。

737 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 05:59:29 ID:WtA23XnD
>>731
原体験に引きずられて全てを学べればいいけど、
そんなの何万人に一人いるかいないかでしょ。

それに、結局は知識がなければ原体験を行動に
まで昇華できないんだし。

さっさと、脳みその吸収力がもの凄く高い年少期に
バンバン覚えさせればより簡単に済む話だよ。


738 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:01:12 ID:wiu4oWHw
>734

確かに。

パチスロより、まともに働いたほうが
長期に見れば儲かる。

そういう計算ができないやつ多杉。

739 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:07:22 ID:frE9v2x2
>>736
グランなんとかいう難しいレベルの話というより。。。例えば、
これまでにもクラスに何人かは卒業後パチンコ屋の前で平日の朝から並ぶ馬鹿は出てた訳よ。
でも今のゆとり教育の結果みてるとクラスから5人も10人もそういうのが出そうで恐ろしいって話じゃないの。
九九も出来ないようじゃろくなバイトも出来ないよ。巷間で言われてる「学力低下」がどの程度本当なのかはわからんけど。

740 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:12:29 ID:XPIgstYJ
>>739
それでも良いんじゃないんですかね・・
そのうち何人かは自然とどうでもよい職につき
そのうち何人かはプロというか、その解析本を書いたり
するようになるかも知れないですし。

何も興味関心がないよりも夢中になれるものがあったほうが
素敵じゃないですか。

741 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:13:32 ID:y6vqqVun
こっちも謝罪か

742 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:23:54 ID:jX45aoV6
>>737に同意
教育の基本は詰め込みだよ。
詰め込まれた知識を社会生活・行動に応用できるやつが
エロいやつ。

743 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:24:57 ID:fxIc2/tR
上のやつらは手柄をたてたくて糞の役にも立たない教育改革をしたがる
その結果教育現場は混乱、大迷惑

744 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:43:04 ID:EDUaSawL
僕は1977年生まれなんですが
ゆとり世代ですか?

確か僕の次の1年下から教科書や科目名が
大幅に変わったような気がします
高校時代の数学は、数学T、確立統計、基礎解析、代数幾何、微分積分でした。
でも高校生の時に途中から
2週間に1回週休2日だったような気がする。
やっぱりゆとり世代か


745 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:47:23 ID:EDUaSawL
http://www.cqpub.co.jp/INTERFACE/column/Utsurigi/2005/42.htm
ここに載ってた
2010年に大学を卒業する奴が
いわゆる「ゆとり教育世代」らしい

746 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:49:39 ID:Y85z6RKi
公立の高校じゃそんなもんでしょう

747 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:51:32 ID:WLD3hwqd
相当昔の人間から見たら、俺らの大部分はゆとり世代みたいだ

数T、基解、代幾、確統、微積の前は数T、数UB、数V。
文系でも無限微分積分?やってた。

その前の教科書を見たことあるが、文系初等で3次行列やってた
それが当たり前だったんだと。

俺の親父は「どうして土曜日を半ドンにしないんだ?」だとさ

748 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:51:40 ID:S/PJqQxR
>>744
正確に言うとゆとり教育ってのは1970年代後半から始まってるからな。
但し、所謂喧伝されている「ゆとり世代」ってのは
2003年度から始まった新指導要領で教育受けた連中だから
お前は当てはまらん。

749 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:58:27 ID:yuaIhNKE
70年代後半からのは、小学校でのゆとりの時間やら中学校での体罰禁止やら週休2日
今のは、それプラス平均点が100点のテスト実施

750 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 06:58:42 ID:05FCQnx/
>>748

>2003年度から始まった新指導要領

どこの国の話?
日本じゃないな。

751 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 07:05:48 ID:BW+cBApq
>>750
皮肉な言い方するなよ。
数え間違いだ、すまん。2002年度からだな。

752 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 07:17:20 ID:05FCQnx/
>>751
単なる皮肉じゃない。
批評するならちゃんと最低限の事実を踏まえた上で書けという助言だ。
現行の学習指導要領は
 ・小学校と中学校で平成14年度=2002年度から全学年同時改訂実施
 ・高校は平成15年度=2003年度の高1から年次改訂実施
という方法で施行されている。
つまり、高校については今年度高3の改訂実施により全面改訂となった。

こういうことを曖昧にするようじゃ世代論を語る意味がない。
(もっとも、世代論については語る意味があるか、少々疑問だが)

753 :1000レスを目指す男:2005/04/23(土) 07:20:52 ID:caIFyF4l
安心しろ、昔の人間は、奴ら自身が言うほど利口だったわけじゃない。


754 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 07:59:24 ID:BW+cBApq
>>752
別に批評している訳ではないんだが。
今回の話題は基本が小・中学の指導要領だと思っているから
2002年度の書き間違いと言ったが
君が言っているように2003年度から高校の指導要領の改訂もされている。
つまり2003年度からの改定というレスに対して
>どこの国の話?
と書くのも当然正しい批判とは言えない訳だ。

とかいうつっこみするの嫌なんだよね。

755 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 08:03:11 ID:uOGmdPii
昔は暮らしがキツかった。だから教師は何も言わなかったけど、子供は親の
現実をみて「勉強しなきゃ!」ってがんばった。今は暮らしは良くなった。
だから教師がいくらガアガア言っても、子供は「何とかなるさ…」とニート
してすましてる。

756 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 08:42:32 ID:FPGvBt71
どんな指導要領のもとでも勉強する奴は自分で勉強するし
しない奴はしない。
指導要領の区分で何かが語れるなんて考えるのは底が浅い。

757 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 08:47:10 ID:D2gAqLzu
「ゆとり教育」というよりも「はしょり教育」になってたんだな、それじゃあ駄目になるのも当然だよ。

 で、そういう世代が「端折られる」ことになるわけだ・・・

758 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 08:55:43 ID:Js3W0bMR
エリート集団が集まって、ゆとり教育を決めたんだろ?それで謝罪って何か違うだろ。
学歴至上主義が呆れるぞ。大卒を掲げて、大手振ってるなら、それなりのことをしないとな。

そもそも、ゆとり教育なんて、はじめからダメなの判りきってるのに実行するんだもん。
頭でっかちなのが決めるものは、ろくなものがないことが、これではっきり証明された訳だな。

個人的には、学校へ行く意味は無いと思っている。義務教育が中学までとされているが
それも不要だな。小学生までで十分。後は、自分自身で進路を決めれば良いだけのこと。
12,3歳で自己を持ってないなんてことはあり得ないし、自分で考え行動出来るしな。

人間性を見ることが出来ないやつほど、学歴で人を見る。これが直らんと、どんな教育をしても効果薄い。

759 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 08:59:01 ID:eEhZOTFP
この世代の人達、マジで可哀想だな。詰め込みは批判されがちだけど、
子供の頃は単純記憶(丸暗記)能力が優れているから、
その時は意味が分からなくても、取りあえず覚えておけば、後で役に立つ事が意外に多い。
色々な知識を得るのにはまず基礎知識が必要だし・・・

そりゃ習ったこと全てが社会に出てすぐに役立つわけじゃないけどさ。
人でも機械でも、冗長性って大事だよ。

760 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 09:15:02 ID:6xIk1NCO
わるいけど

とりあえずこの世代の採用は見送るよ。
とりあえずこの世代の採用は見送るよ。
とりあえずこの世代の採用は見送るよ。
とりあえずこの世代の採用は見送るよ。
とりあえずこの世代の採用は見送るよ。
とりあえずこの世代の採用は見送るよ。
とりあえずこの世代の採用は見送るよ。
とりあえずこの世代の採用は見送るよ。
とりあえずこの世代の採用は見送るよ。


761 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 09:20:42 ID:V5BhNCHf
結局、駄目なヤツはダメ!

762 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 09:26:04 ID:bPYTdHfv
>>660
特に英語が致命的です。

文法をやらない代わりに会話をやろうとしているのですが、
週に一回程度しか会話の授業がなく、しかも生徒は十分な文法力や語彙力がないがゆえに
聞き取りも自分で文章を組み立てる事も出来ず、誰もが先生に指されない様に下を向いて
黙ったままで授業が進みます。
英語嫌いを育成するのが今の中学英語の方針です。

ちゃんとした塾に行っている生徒は、そこで5文型の基礎から徹底的に叩き込まれ、
5文型に沿って文法を教わり(そうでなくては、不定詞の名詞・形容詞・副詞の違いなど分からないでしょう)、
基礎的な例文の暗唱をして、自分の力で英作文が出来るようになっています。
英作文が出来るのですから、英会話もたどたどしいながらも出来ます。

塾に行っている生徒と行っていない生徒との学力差は恐ろしいほどに離れています。
特に英語の差は大きいです。学校の教育が如何にいい加減かの表れでしょう。

763 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 09:29:22 ID:LeW7cbvu
>>758
>義務教育が中学までとされているが それも不要だな。小学生までで十分。
>後は、自分自身で進路を決めれば良いだけのこと。
ゆとり教育が目指してる方向と同じなんじゃない?基礎重視と自己選択って。

764 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 09:31:11 ID:tph4JQQv
アホな役人どもの尻拭いをさせられる大臣には同情する

765 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 09:32:55 ID:rN9JameL

 国は、謝罪するニダ

 賠償するニダ


 ウリたちは、学力が落ちたニダ
 

766 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 09:37:12 ID:rN9JameL

もし自らの意志を持ち、自立したものを人間とするならば
その前段階にある子供とは何者なのか?


子供が、人形遊びをするのは
子育ての代理や練習ではない。

767 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 09:40:31 ID:rN9JameL
むしろ、子育てこそ
人形遊びに似ているのかもしれない

768 :2010年のゆとり教育世代の就職活動日記:2005/04/23(土) 09:56:12 ID:bPYTdHfv

第壱話 不況、襲来  
第弐話 見知らぬ、業界
第参話 鳴らない、電話   
第四話 筆記、逃げ出した後
第五話 面接、書類選考のむこうに   
第六話 決戦、第二新卒者
第七話 マスゴミの造りしもの   
第八話 外資、来日
第九話 瞬間、履歴書重ねて   
第拾話 リクルーター
第拾壱話 静止した面接室の中で   
第拾弐話 資格の価値は
第拾参話 会社、侵入
第拾四話 人事部、魂の座
第拾五話 嘘と沈黙   
第拾六話 死に至る学歴、そして
第拾七話 四人目の求職者   
第拾八話 職業の選択を
第拾九話 文系の戦い   
第弐拾話 採用のかたち、不採用のかたち
第弐拾壱話 ハローワーク、誕生   
第弐拾弐話 せめて、学生らしく
第弐拾参話 涙   
第弐拾四話 最後の面接
第弐拾五話 終わる募集期間   
第弐拾六話 面接室の中心で志望動機を叫んだけもの
劇場版第25話 涙の電話
劇場版第26話 採用通知を、君に

769 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 10:00:40 ID:cPr+EBFY
子供の頃から土日休んできたものが

社会人になった時、

土曜出勤や残業に耐えられるんだろうか?

770 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 10:12:25 ID:GbDbv0BZ
πやeなんて普段は関数電卓で十分だろ。
てか高校ではπはπでしか使わない。

大学の研究で、ちょっと数値を概算したいときに暗算しやすくするため、π=3で計算するときはあるけど。


771 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 10:30:29 ID:5Qw0WELA
1. 戦時下世代…ご苦労さまですた。老害化だけはやめてね☆
2. 団塊…日本を食いつぶした張本人たち。半島に特攻してこいボケ。
3. バブル…満場一致で氏んでくれ
4. 団塊Jr.…受験戦争、就職難を乗り越えてきた(DQNスパイラルも多し)
5. 酒鬼薔薇世代…受験は易化したぶん学力が低下傾向、就職難(マーチが底辺と思っていい)
6. 平成前後世代…学力低下が顕著、失敗作多し。団塊逝去で就職は改善か?
7. 昨今の赤ん坊…団塊が祖父母、団塊Jrのドキュソが親なので環境がかなり重要になるか?

既出だが今の27±5歳あたりがが一番悲惨だな。広義ではゆとり世代にあたるとはいえ、
上の世代の尻拭い、下の世代のバカッぷり、会社ではぼろ雑巾、フェミ思想による被害…

772 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 10:39:30 ID:1W2oFmsV
昔の不良:知識階級。高学歴。
今の不良:下流階級。低学歴。

>>767
子どもが親のおもちゃになってる。大人が子どもをおもちゃにしている。

773 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 10:42:08 ID:5Qw0WELA
>>762
確かに英語がNO○A化してるって聞くね。
仮定法、関係詞、完了レベルの文法、豊富な語彙なんて前提条件なのにね。

すっとばして会話や作文ができるかよw

774 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 10:48:22 ID:R/ql/gSc
愛国無罪

775 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 10:59:02 ID:pc9frl18
英語教育って理想は会話から入ることだと思うんだけど、
英語ネイティブ環境&幼児の頃からやることが必須だからなぁ

776 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 11:00:59 ID:P8z6OzxE
>>762
丸ごと英会話なんて、ジュゲムジュゲムとかわらんじゃないすか。

777 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 11:02:15 ID:5Qw0WELA
>>775
だぎゃ。
しかも母語を損なわない範囲で徹底して行う必要があるからな。

778 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 11:16:06 ID:owitHeyz
中国人>韓国人>>>>>ゆとり世代

779 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 11:21:04 ID:nFleVYRM
27歳職歴なしのフリーターですが日本企業はどこも雇ってくれそうにないのでいっそのこと外国(アメリカorインド)の企業に直にチャレンジしてみます。
学部しか出てないので院の夜間コースに行こうと思います。
このまま日本であがいても学力はゆとり世代より上でも社会的ステータスでは圧倒的に下になるからいたしかたありません。

780 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 11:25:52 ID:pc9frl18
>>778
悲しいけどこれは正しいな

中国とか韓国、国としてはムカツクけど、
留学してくる中国人・韓国人のモチベーションの高さと能力はスゲー


781 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 11:29:59 ID:IB7MnTP7
教育のせいにするところが終わってるな
勉強したきゃするだろ
単に頭が悪いのを教育を理由にするとは・・・

782 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 11:31:11 ID:j/wsZ3+t
自分たちだけ劣っていることに気がついただけエロいよ。

783 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 11:37:37 ID:Nrq4LlOU
>>781
環境だよ。やらんでもなぁなぁ、で進学させてしまうし、馬鹿学校が
拾ってくれる。だから金銭的余裕があればDQNでも大卒くらいはとれ
てしまう。

で、社会に出てやっと現実しらされる。


784 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 11:41:12 ID:mZ4/wGcA
自分は高校卒業までばっちり土曜も学校があった最後の世代。
ゆとり教育ってのはその次からになるのかな?

バブル入社のやつってタチ悪いけど、ゆとり世代入社の
やつも陰口叩かれたりすのかな?

785 :「ゆとり教育」で学力アップ!らしいなあ:2005/04/23(土) 11:48:19 ID:xVbRjoAL
 
点数も学習意欲も前回より上昇−−。22日に公表された小中学生全国学力テスト
の結果は、「ゆとり教育」で学んでいる子供たちの意外な像を描き出した。

…授業時間数や教科書の内容が削られたのに、なぜ成績はアップしたのか?

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20050423k0000m040154000c.html


786 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 11:51:29 ID:P8z6OzxE
>>780
優秀な中国人や韓国人とは仲良くしておいた方がいいだろうな。
モンゴル人留学生も優秀だったな…
でも、それなりの大学の話だよな?

787 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 17:32:08 ID:69s0qU16
ワロス

788 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 17:40:30 ID:iTnbNo8U
成績がアップしたのは漢字の暗記とか計算とかそういう面だろ?
国語の記述式とか全然対応出来てないって話もある。
結局、記述式できなきゃ論文とか書けないよ。
ゆとり教育は失敗だと思うな。

789 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 17:44:16 ID:EjIfXbfF
拙速は遅行に勝…

790 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 17:45:49 ID:RZDyfF1p
ゆとり教育世代だって…雇いたくないよね
( ´д)ヒソヒソ(д` )( ´д)ヒソヒソ(д` )

791 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 17:50:13 ID:DfMcc9xQ
翌日調査結果を発表するのわかってたら、言わなきゃ良かったのにね。
よっぽど低下しているっていう自信があったんだろうけど、チョトカッコワリ〜。
これって、全然「向上」の情報が大臣に行ってなかったってこと?
中山、はめられた?


792 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 18:03:41 ID:frE9v2x2
>>794
殺すぞ

793 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 18:07:36 ID:O8DrTRzR
________
  <〇√
   ‖
  くく

>>792は俺が食い止める、早く逃げるんだ794

794 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 18:08:07 ID:U9KEWwW2
>>791
本当のことはわからんけど、こうした調査結果は発表される
かなり前から関係者に資料は当然回ってますよ。
文科省がパニックになった国際調査の時は、半年握りつぶして
ましたから。結果は実は選挙前にはわかっていたw

795 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 18:08:48 ID:T86xoG0p
すまん、必ず助けを呼んでくるからなっ

796 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 18:14:19 ID:Yf5S9/wX
これほどまでに情報化の荒波の中で、
あえてゆとりを持たせ、情報を与えないようにしたのは、
あきらかに間抜けでしょ

荒波の中で泳ぐ事も出来ずに、流されて行くのみ

797 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 18:27:26 ID:O8DrTRzR
>>794
IDがVIPPER!
と思わせて、第二次世界大戦・・・

798 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 18:38:03 ID:nFleVYRM
>>792は厳しい受験戦争を経たが就職超氷河期にぶち当たってフリーターになった元東大生で、かつて自分が滑り止めで受かった早慶にしか入れたかったくせに団塊引退で楽に一流企業に就職できるゆとり教育世代の>>794を妬んで今回の殺人予告に出たとみた。

799 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 18:47:10 ID:YfQQ0s1t
>>20
笑えないよ・・・

800 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:13:29 ID:UpEjnqD3
ゆとり教育うけても出来る香具師は自分で勉強する

ダメな香具師はなにをやってもらってもダメ

801 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:16:23 ID:IbUqapHg
 文科相は、もっとパンチのある発言して欲しかったな。
こんな風に、
 「ゆとり教育は、成功でした。予想どおりの結果を得ました。
       貴重なデータが取れて、君たちには感謝している。ありがとう。  
            失敗は成功の元である。この貴重なデータから失敗しない方法を探します。」  

   

802 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:22:28 ID:h7sWio/g
 意見交換で中3の男子生徒が「教科内容が見直されることで(ゆとり世代の)
 僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになるので心配」と訴えると、中山文科相は
 「愛国無罪!!!」と絶叫した。

803 :1982年生まれ:2005/04/23(土) 19:23:08 ID:OzISrq7l
ゆとり世代って何年生まれかおしえてくれ

804 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:27:49 ID:h7sWio/g
>>803
>>651 参照。ま、あんたもw

805 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:28:46 ID:AobJRZoj
ゆとりとか言ってるが、昔も暇だったぜ。毎日、何して遊ぼうかと考えてた程。結局は寝てたけどねwww

806 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:30:13 ID:eSKYKa6Q
>>803
ゆとり世代は1978年4月以降に生まれた方々です

807 :1982年生まれ:2005/04/23(土) 19:30:18 ID:OzISrq7l
俺はぎりセーフだろw
遅うまれだからwwwwwwwwwwww

808 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:30:53 ID:llEzJ20R
劣り教育で作られた劣り世代に乾杯〜♪


809 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:31:44 ID:EGFbBZWH
>僕たちの代だけ上や下の学年に劣ることになる

 そこまで危機感持ってるなら、自分で勉強すりゃいいのに・・・

810 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:35:12 ID:T86xoG0p
>>799
今の現場はもっと酷いけどな。
>>20みたいな連中が「多数派」になりつつある会社も結構ある。
これはゲーム業界、映像業界全般に言える。
おかげで「専門学校卒の奴」は死んでも取らない会社が増えてきてる。
で万年人手不足。

811 :1982年生まれ:2005/04/23(土) 19:35:45 ID:OzISrq7l
馬鹿世代の時
隠れて勉強してた奴が勝ち組
国が本気で学力向上目指したら
勉強してないだけで、勉強したら偉い奴を
目覚めさせてしまう
国策としては成功だけど


812 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:36:03 ID:DkmmScCK
>>809
つうか、同世代の奴が馬鹿ばっかりだというなら、
それこそ自分が勉強して抜きん出るチャンスだと思うがね。

813 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:39:12 ID:MCSoFuwi
>>25
8行目、9行目が間違ってるよ>般若心経

814 :1982年生まれ:2005/04/23(土) 19:45:18 ID:OzISrq7l
この謝罪で国が悪い、僕らは悪くないと行くのが
真のゆとり世代クオリティ


815 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 19:48:32 ID:QiK6hECJ
今後の会社のしくみ

団塊の世代     <--- もうすぐ定年
オイルショック世代 <--- 就職難で少数精鋭
バブル世代     <--- 馬鹿でも就職できたので多数劣等
就職氷河期世代  <--- 就職難で少数精鋭。<-俺
ゆとり教育世代  <--- 馬鹿ばかり。<-おまえら。

就職氷河期世代の俺は勝ち組

816 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 21:23:36 ID:EGFbBZWH
>>20
 あっはっはー。読んでて泣き笑いだよ。
 クリティカル・ストライク!
 漏れはアニメスタジオで働いてるけど、正にその通り。
 笑い事じゃないんだが、もう笑うしかない。

817 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 21:43:38 ID:7+tszA/k
よく言われる「ゆとり教育」って、平成14年に始まったやつじゃないの?
あと、1987年生まれから新課程だけどこれは関係なし?

818 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 21:53:56 ID:z+oNw+tq
実は江戸時代中期まで日本での円周率は3だった

819 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 21:56:47 ID:WFIB+mvt
僕たちだけ劣るというのがそもそも甘えてるんであって、
ゆとり教育は二極化教育で、自分で頑張った奴は学校に拘束されない分
有意義に学べて優秀なんで、劣ってる奴は怠けた奴なんだよ。


820 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 21:58:53 ID:T86xoG0p
>>816
年々少しづつ増えてきてるんじゃなくて、
ある時を境に「どっと増えた」感じがしないか?
ゲーム業界だと5、6年ぐらい前から急にそういう奴らの比率が急上昇した。

821 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 22:06:29 ID:adzDVIT2
>>817
最近のマスコミが「意図的に」狭い意味で使っている「ゆとり教育」は
2002年小中全学年、2003年高一から学年進行で志向された新指導要領。
あなたの言うとおり。

実際には、学力低下論争を国民に引き起こした本「分数ができない大学生」
の出版は1999年6月で、当然ながら出版前から、ゆとり教育による学力低下が
現場では問題になっていた。現行の指導要領が制定された頃は、学力低下
論争まっさかりだったが、文科省は「学力低下はない」ことにし、狭い意味の
「ゆとり」指導要領を強引に推し進めた。

今では信じられないかもしれないが、2000年ごろは「学力低下」というと
あっちこっちで叩かれたものですよ。今は「ゆとり教育をすすめよう」と
いうと叩かれることが増えたが。

ゆとり教育がいつから始まったかについては >>651 参照。マスコミがなぜ
現行指導要領のみを「ゆとり教育」と呼んでいる理由の一つは、かつて自分
たちがゆとり教育大賛成だったからでしょうねえw

822 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 22:24:56 ID:YFq/FXAE
ゆとり教育なんてそのうち終わると
ウチも周辺も大体小1〜3あたりから子供を塾に通わせていた
お金が余分にかかって困ったけど
ゆとり教育以前に金かけた子供よりは劣るんだよね
元々賢い子なら塾なんていらないだろうけど
元々賢い子なんてクラスに1人いるかいないかだよ

823 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 22:31:01 ID:EGFbBZWH
>>820
 それは同意。>ある時を境に「どっと増えた」
 先日、某出版社ラノベ編集者(結構ベテラン)と話していて、面白い事に気付いた。
 彼が
「俺たち(ベテラン)は商売で『萌え物』やってるけど、最近の新人編集は『萌え物』しか思いつかない」
と言っていた。
「んなモン、こっちの業界じゃもう当たり前っすよ。
 下の連中(若い制作)が『萌え』『萌え』言って五月蠅いんですから」
と切り返した。
 その後、「最近も若い奴は」論になったんだが(漏れも彼から見れば若造だけど)、どうもお互いが「何だかなぁ」と思う点が共通している。
 ただ微妙にタイムラグがある。
 で、お互いの「最近」を詳しく詰めていくと、アニメ業界と3〜5年ぐらいのタイムラグがあった。
 色々考えてふと思ったのが、中卒→専学、高中退→専学、高卒→専学、大卒、各学歴の社会人デビューのタイムラグ。
 アニメ業界の新人は前3者(特に前2者)が圧倒的に多い。
 この現象が世代的な物なら、ウチらの方が出版業界より数年早い事の説明がつく。
 こっからはもう世代限定の叩きになりかねないから、詳しく言わないが。
 1999〜2001年頃を境に、「何かが変わった」のは確かだと思う。

 近々、アニメ専学に行く用事があるから、生徒達の生の声を聞いてみたいと思う。

824 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 22:33:10 ID:WFIB+mvt
金をかけたから賢い訳じゃねえからな。
学ぶのはあくまで自発的じゃないと身に付かない。
むしろ家が貧しくて、幼い頃から境遇を変えたいと思ってるぐらいの方が
独学で国立大に一発合格したりする物だ。

825 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 22:57:04 ID:G9evBLS8
>>823
つか、そんなこと言って、
おたくらも若いころは萌え、萌え言ってたんじゃないの?(・∀・)単に年食って落ち着いただけでw

つか、おたくら世代が商売として「萌え」しか扱わなくなった結果、
それを見て、見せられて育った世代は必然「萌え」しか思いつかなくなったんでないの?(・∀・)

826 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:02:34 ID:k1Y8wBdz
教育てのは結局、
大人側の都合なんだな

827 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:04:49 ID:57iftGXC
僕達だけ劣るって・・・
結局勉強なんてもんは本人のやる気次第だろ。人のせいにしてんな。

828 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:06:33 ID:LMmUVzbp
>>825
萌えなんて言葉、ついこないだまでなかったんすけど。

829 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:12:02 ID:EGFbBZWH
>>825
 俺の若い頃は「燃え」はあっても「萌え」は無かったよ。
 ヤマトとガンダムと名作劇場をリアルタイムで見て、マクロスの辺りで殆どアニメを卒業した世代だぜ。

830 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:14:33 ID:G9evBLS8
>>828
今ほどメジャーじゃなくても、オタクとかいう言葉が出てきた頃には、
その道の人間の間では使われてたんじゃないの?(・∀・)
あるいはそういうはっきりとした用語がなくても、
そういう感情はけっこう昔からその道のやしらの間ではあったんでないの?(・∀・)

ま、漏れはその道のヤシではないのではっきりとは言い切れないけどね(・∀・)教えてその道のエロイ人

831 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:22:28 ID:WFIB+mvt
それと学力低下と何の関係が?

832 :156:2005/04/23(土) 23:26:20 ID:acOTNxnM
学校は、世界のその他大勢を作るところ、
だから、有名人は学生時代は異端児。
会社社長の息子は私学へ行く。
皇族も学習院。
一般人は公立の学校に行ってサラリーマンになって税金を納めたらそれでいいのです。
これは、わたしが社会に出てから学んだことです。


833 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:26:57 ID:EGFbBZWH
>>830
 うーん、「ハニーフラッシュ!」や不二子チャンの胸の谷間に「ドキドキ」してた記憶はあるけどねぇ。
 元々、今で言うメカヲタ・軍ヲタだったから、二次元美少女に魅力は感じなかったなぁ。
 周りにも「ラムちゃんハァハァ」とか言う奴は居なかったし。
 「ミンメイちゃーん」な奴は居たが、何か今の秋葉原住民とは微妙に違う。
 女子で「若島津×翼ハァハァ」な香具師ならイパーイいたけど・・・

 確か「萌え」と言う言葉は、アニメ業界の御用評論家と言うか、こっちが頼んでもいないのに高尚なサブカル論を長々と垂れる奴が生み出したと思う。

834 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:30:19 ID:QWyWZ4xM




ゆとり世代は、国が意図的に低賃金肉体労働者を育成しようとした事を真摯に受け止め、死ぬまで働きなさい。





835 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:30:50 ID:iohq9KUO
学力低下の原因は、ゆとり教育ではなく、

  萌  え

だった!

836 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:32:05 ID:kfj8Ye2p
「教育の現代化」で詰め込み教育を受けた教師の無能ぶりはどうしてだ?
考える力がない彼らは「総合学習」をもてあましている。
教育産業の提供する授業案に飛びついている。
自分たちで考えずにモデル校の上っ面だけをまねをして失敗している。

「ゆとりの教育」に関連する問題の多くはそれ以前の教育を受けた教師の「考える力」不足のせいじゃねえの!
定期テストも教科書会社のCDがなきゃ作れないなんて、能力低すぎ。

「ゆとりの教育」から方向転換しても「考える力」はつかない罠。

837 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:35:34 ID:iohq9KUO
・中山成彬文部科学相は21日、「スクールミーティング」で水戸市の茨城大教育
 学部付属小、中学校を訪問し、萌えキャラについて「導入は過剰すぎた」と萌え
 世代の中学生に謝罪した。

 意見交換で中3の男子生徒が「アニメが見直されることで(萌え世代の)
 僕たちの代だけ上や下の学年より萌えることになるので心配」と訴えると、中山文科相は
 「萌えアニメの見直しで燃えるアニメも元に戻りつつある。皆さんには申し訳
 なく思う」と謝罪した。

 また「萌えキャラの導入は過剰すぎた。男性キャラまで削減したことは反省点。熱血
 ヒーローものや巨大ロボットアニメなども育てたい」などと述べた。

838 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:36:52 ID:G9evBLS8
>>831
さぁ?流れでレスしてみただけだから(・∀・)直接関係はないね

元ネタは>>20かな(・∀・)オモシロイよ
ただ、この原因をゆとり教育に帰しちゃうのはちょっと短絡的だと思う

>>833
ナルホロ、世代を感じまつねw(・∀・)勉強になりますたw
たしかに、同じハァハァでもまだ健全な感じでつねw

839 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:38:19 ID:Dl2MfmLI
>>836
余裕があったらテストだろうが全部きちんとオリジナルで作るが、各種行事や部活が目白押し
で、作る余裕ないんだよ。そりゃ連日10時頃まで残業すれば可能だが…。女性が多い職場で
それ連日やっちゃ肝心の自分の子どもがぐれて、教育力に疑問もたれてしまう…。

840 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:41:50 ID:iohq9KUO
>>836
>詰め込み教育を受けた教師の無能ぶりはどうしてだ?

教師は安月給でもないが、仕事が大変な割りに見合わない職業。
俺の同期を見ても、教師になったのは DQN でもないが、イマイチな
人間がなったことが多いよ。

教師が無能なのは事実だが、昔の教育が悪いというより、レベルの低いのが
教師になってる(簡単に免許が取れるしね)からでしょ。
今後は、免許は簡単なままで、教員採用は昔より広き門になっているから、
もっと無能教師が増えるよw

841 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:45:49 ID:kfj8Ye2p
>>839
つまり「ゆとりの教育」は教師にとっては「ゆとり」ではないわけだ。
トレーニング重視の詰め込み教育の方が、「ゆとり」が生まれるってことか。

842 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:46:10 ID:Dl2MfmLI
>>840
そりゃ東京とか大阪だろ。田舎と比較するとトンデモなく教師になりやすい状況だ。
ただ、離職率も多い。民間と比較すると待遇が悪すぎるからね。

田舎ではとんでもなく優秀な講師とかが本採用されない事態になっていて、多くの
人材が東京や大阪に流入している。俺が知っている人も東京に行った。もの凄く
優秀なヤツだったが、その彼が「東京では公教育の環境が悪すぎる」と言う。
意欲をなくさず頑張って欲しいものだ。結構年くっているヤツだからなー。

843 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:47:50 ID:xLmrmMyE
>>836
つーか詰め込み教育を受けた世代の教師ってのは
「でもしか」先生っつって、教師でもなるか、教師しかなれるものがない
という意味で無能の象徴なのだが。
つまり、詰め込み教育世代の教師ってのは相対的に
能力の低い連中がなっていたわけで無能なのは当たり前。

844 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:49:59 ID:kfj8Ye2p
>>840
では、学力低下は無能教師のせい?
中山があやまらなければならのいのは「ゆとりの教育」ではなく免許制度や採用制度?

845 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:50:01 ID:Dl2MfmLI
>>843
でもしか先生ってのは、詰め込み前に採用された教師だよ。
本格的詰め込み教育は60年代初頭のスプートニック・ショックから始まる。
ソ連がアメリカに先駆けて人工衛星打ち上げたあれね。トイストーリ2でもこの話あっただろ?

846 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:51:04 ID:RjkOc5fG
なんでなんでも教師の責任にしたがるかなぁ

847 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:52:51 ID:Dl2MfmLI
>>844
で、最近成績が上がったとするニュースが流れているのに「誰も褒めない」
のはなんでだw
塾のおかげ?塾に行く子は平成不況で激減しているぞ。

>>846
それが2chクオリティw ま、俺もあきらめているけどねw

848 ::2005/04/23(土) 23:53:45 ID:53BKVWt5
ガキのくせに週休二日も休むな

849 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:54:27 ID:hVubUPHp
義務教育が無料といっても
教科書代と教師の人件費がタダなだけで
文具代、副教材代、行事費用、他諸々金がかかる。
塾に通うのならもっと金がかかる。
無料の教科書の質が落ちるということは底辺の人間には大きい。
その分教師が埋めるならいいけど、教師も生徒個人の家庭教師ではないから
マンツーマンで教えてる暇はない。
教科書は小学生の段階から高校までの範囲を扱った
分厚いのを今のとは別に一冊与えるといいと思う。
しかもかなり詳しく書いてあるの。
これさえあれば塾も参考書もイラネーヨって奴。
指導要領が変わったから内容を減らすとかそんなんじゃなくて
何十年も使えるようなしっかりした奴。

850 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:56:52 ID:GP+52Q+q
勉強が苦手なヤシは無理に勉強なんてしないで中卒でいいじゃん♪

851 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:58:01 ID:kfj8Ye2p
中山は教師の無能ぶりを隠蔽するためにガンガッテるのか!

>>846
無能な文科省の研究員のせいかな?
無能な教育学者のせいかな?
子供や親に刺激ばかりあたえてぼったくっている優秀な企業の方たちのせいなのかな?

852 :名無しさん@5周年:2005/04/23(土) 23:58:07 ID:xLmrmMyE
>>845
ん? でもしか先生は所謂団塊の世代だが。
つまり1950年前後に生まれている連中が丁度中学教育で
詰め込み教育を行われていた時代だろ?
それとも俺の認識に間違いあるのかな?
人があまってどうしようもなくて、先生でもなるか、先生にしかなれない、
そういう世代だと思うが。

853 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:01:30 ID:Dl2MfmLI
>>852
んー。そういえばそうだなw
俺がターゲットにしているヒトが、それ以前の生まれだから…ちと勘違いか。

ちなみに、教師の資質はなんだかんだ言って今が最良だと思うよ。
バブル前も良かったけど。

ただし、東京とか大阪を除いてね。

854 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:02:38 ID:T86xoG0p
>>823
ああ、それはゲーム業界も一緒だ。
「ゲームしかやってない奴」が業界の中心になっちまった。
全てのソースが「ゲーム」
それ以外の発想・知識・情報が一切ない。
漫画の知識さえ「ゲーム化された物由来」だったりするから困り者で。
※もうね「漫画」さえ読めない奴らがいるのよ。
そういう奴らが曲がりなりにも「物を作ろう」としてたりする。
そりゃ「どこかで見たようなものばかり」量産されるわな。


855 :??? :2005/04/24(日) 00:03:11 ID:S3G291Do

教師の質の議論も大事だが、生徒の質の議論もしないと。(w



856 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:05:02 ID:Oxa8C2kz
教師の質なんて明治時代からよかったことがあったか?
今は教師になりにくいから
まだマシな人材が補給されてるんじゃないだろうか。

857 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:07:38 ID:TR/OQzpp
>>844
学力低下が全て無能教師のせいだとは断じていないが。
但し、無能教師の弊害はあるとは思う。

>>847
通塾率が激減しているというソースは寡聞にして知らないな。
少子化の煽りで、教育費は上がっているくらいだと思ったが。

>>853
教師の資質には禿同。
これで縁故採用がなくなれば、かなりの質の保てると思う。
実際俺の後輩が教師になっているが、大した男だよ。

858 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:07:40 ID:WTNdRsbb
やはり75年〜79年生まれが最高レベルだな。
芸能人、スポーツ選手、あらゆる分野で黄金世代。
中田ヒデ、佐藤琢磨、

859 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:09:39 ID:0N4voKLp
>>855
生徒は単に少子化しているから、相対的に優秀な人材の絶対数が減っているだけだろ。
これを打破するには、少子化を解消するか(むずかしいなあw)
女子の登用を企業にがんばってもらうか(サービス労働が当たり前の企業風土だと、家庭環境を
崩壊しかねない事態に陥るかも…)
移民を大量に許可する(これもなー。治安大丈夫か本当に…)

のいずれかしかないだろうね。否が応でも。

860 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:09:54 ID:ykgWaYMK
>>855
生徒の質の低下は親の教育力の低下が原因。
親の質の低下はその親の教育が原因。遡っていくと・・・。
(少しふざけ過ぎました。)
学校以前に社会環境の変化によるものだとすれば、中山の懐古趣味では対処できないのでは?

861 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:10:22 ID:9z+NEqIi

中山GJ!

862 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:11:27 ID:JvoLZcnC
数年前の学力低下論争の頃、ゆとり教育マンセーも多かった。
彼らの主張は
・トップの学力低下は少子化である程度は仕方ない
・学力低下は教員の質のせいで、「ゆとり教育」のせいではない
・社会が豊かになって、勉強しようとする意欲が減退した
などなどで、指導要領の欠陥は認めなかったんだよね。。。

863 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:12:03 ID:0N4voKLp
>>857
塾行く子増えているか…?うーん。こっちはまだまだ不況だからねえ。
縁故採用は地方の県とかは、もうないだろ。あるのだったら私学だろうね。
私学なら単なる一般企業と同じで、縁故だろうが何だろうがありだろ。

864 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:13:23 ID:mgIwY1lL
ゆとり世代=ニート確定予備軍

865 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:15:27 ID:ykgWaYMK
ところでこれ知っている?
ttp://www.findarticles.com/p/articles/mi_m1175/is_1_36/ai_100736554


866 :??? :2005/04/24(日) 00:15:30 ID:NxbBJgx1

政治家の質も低下したし、役人の質も低下したようだが・・・。(w


867 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:16:03 ID:JvoLZcnC
>>857 >>863
学力低下論争のおかげで、「補習塾」みたいなのは増えていると
聞いたことはあるが、ソースは知らない。

ピアノ、習字、水泳といったお稽古事の塾は減ってますね。

868 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:16:45 ID:vih7QkYG
中間層の凋落が目立ってきただけじゃねぇの?ゆとり教育の失敗って
平等なんて幻想だしな

869 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:16:58 ID:TR/OQzpp
>>863
増えてはいないけど、俺の知っている統計では2002年度あたりから
ほぼ横ばいだったはず。
つーか、埼玉に限って言うと、塾へ行っている子の方が明らかに
受験という機会の有利性をもっているんだよ。

縁故は思っている以上に多いと思うよ。俺は数例しか知らないから
これも断言できる話ではないけど
明らかに優秀な奴が、教員浪人で3浪している。臨時採用で能力も
申し分ないと太鼓判押され、勿論コミュニケーション能力や筆記試験等も
問題ない筈の男がね。しかも非常に狭き門になっているし。
逆に私学の方が懐は深い印象を抱いたな。

870 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:17:37 ID:0N4voKLp
>>862
その論議だってまるっきり意味ないわけじゃないと思う。いまの教育で問題なのは
「学力=有名大学に入学できる能力」になっていて、その力が親の資産に直接的に
関連あるような状況になるのは問題だって騒いでいる…少子化の問題も大きいしね。

でも、本来なら、アメリカのようにきちんと入りたい大学に入り、きちんと大学で教育を
受けて…小中ではまあ「ゆとり」があり、子どもたちは学問に対する意欲が増す…
って状況が理想なわけだ。
でも肝心の大学入試や大学教育の改革がほとんどなされないまま、小中高だけ大々的
に変革しようとしても、そりゃ無茶。

871 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:18:27 ID:Spvi9sWl
ゆとり教育を推進した人って寺脇さんでしたっけ?
この方は何もおっしゃらないの?

872 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:18:52 ID:RAC/05Wm
俺は一生童貞だし、この国がどーなろうがしったこっちゃないよ。
愛国心?ばっかじゃね〜の?むしろ俺は日本という国に恨みを
持ってるね。みんな好き勝手やってるのに、俺は悲惨な人生だ。

どんどん壊れていったらいいよ。しるもんか。
おまえらが俺のことなんてしらないようにね。

873 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:21:00 ID:0N4voKLp
>>869

>明らかに優秀な奴が、教員浪人で3浪している。臨時採用で能力も
>申し分ないと太鼓判押され、勿論コミュニケーション能力や筆記試験等も
>問題ない筈の男がね。しかも非常に狭き門になっているし。

あのー。田舎の県ではそんなヤツがわんさか居るんですがw
とんでもなく優秀なヒトが本採用にならない例なんか掃いて捨てるほどある。
それが大量採用を始めた東京や大阪に流れて行きはじめているけど、そんな
彼らでさえ東京や大阪の公教育は…

874 :??? :2005/04/24(日) 00:21:58 ID:NxbBJgx1

大学の画一化に貢献しているのはセンター試験だろう。最近は
どこの私学も入試の一部にしてしまっているし。

教育は完全に役人にがんじがらめ。役人が優秀ならまだいいん
だが、ゆとりときたもんだからなあ。(w


875 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:23:25 ID:JvoLZcnC
>>870
その手の「アメリカのようにきちんと〜」は、日本の文化じゃ無理なんですよ。
日本人は、若いときの試験の成績だけで人生が決まるシステムが好きなんです。
さいたるものが、官僚と弁護士だから、ここが変わるわけない。

大学入試のハードルを下げるのは私も賛成ですよ。でも、勉強しない学生は
途中で放り出していくという厳しさがその裏にあるわけで、そんな制度を
受け入れるととても思えないですよ。「大学に合格した以上、ある程度卒業を
保証しろ、させないのは教授の怠慢だ!」となるわけです。

876 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:25:06 ID:vih7QkYG
公立学校に過剰な期待をするなってことかな。。
良質なサービスはタダじゃ受けられないよね。

877 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:25:37 ID:0N4voKLp
>>875
そこを変えないかぎり、「ゆとり教育」導入は不可能だと思うな。
つーか、俺初めてゆとり教育なるものを聞いた時、てっきり大学教育を改革して導入するんだろうな
そうじゃないととんでもないことになる。まさか役人が…きちんと考えてくれるんだろうなあ。
なんてあまーく考えていたよw

878 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:26:38 ID:TR/OQzpp
>>873
ああ、逆の例を書き忘れてたね。
つまり正反対の奴が即採用という例を幾つか知ってるw
ただ、田舎だからといって競争率が単純に低くなるとは限らないみたい。
知っている限り、何人もの連中が県外の所謂田舎という地域の採用試験を
受けていたから。
逆に私学で採用を貰っていた奴は多かったよ。関東近辺でいくと
作○学院とか○城とか…。

879 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:27:19 ID:iE8a+A9K
日本人は勉強を投げ出してはだめですよ。
生命線です。

880 :??? :2005/04/24(日) 00:28:31 ID:NxbBJgx1

大学卒業を厳しくとはならないな。少子化だからどんどん
入れろと卒業させろとなっているのが実情だろう。(w

結果として愚者の楽園みたいな大学ばかりじゃないか?(w


881 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:29:45 ID:WUsJcu/F
 ゆとり教育ってどっかの国の陰謀か何か? 勤勉で優秀?な日本人を怠惰であほにして
しまおうという計画っぽい。現に働かず、かつ勉強もしない人たちが増え始めたし。

882 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:29:58 ID:0N4voKLp
>>878
なるほどね。多分議員関係だろうね。教育行政は県の政治家に首根っこを押さえられているしね。
ちなみに田舎でもそりゃ採るときは採るよ。県知事の考え方一つだ。
ただ今の流行はほとんどまるっきり採らない体制…。多くの県がそうだなあ。悲惨だ。

883 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:30:37 ID:idjYQGvd
>>875
今の大学入試のハードルは想像以上に低いぞ。
いまや大学さえ選ばなければどこかの大学には必ず入れるシステムに
なってしまっているからな。

それに、学歴重視なのは日本だけじゃない。海外は二本以上に学歴重視だ。
欧米だってそう。ただ違うのは、入学した大学名だけが重要なのではなくて、
大学での成績まで問われる点。大学で遊んでいた奴は就職できないから、
そりゃ学生だって必死に勉強しますよ。

884 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:31:28 ID:JvoLZcnC
>>877
高校以下の教育は文科省が好き勝手できますが、大学はできませんからw
実際に、東大ではゆとり教育で学力低下が始まったのを受けて、世間が
「学力低下はある、ない」と虚しい議論をする前の90年代後半に
カリキュラムを変えてますよ。

ただ、「勉強しない学生は途中で放り出していく」なんてことはできない。
駒場で単位取れなきゃ退学ですが、そんなにいないですよ。アメリカ並みに
するなら、駒場で3割から5割くらい退学させるくらい、やらないと。

それやると、日本じゃ社会問題になって東大は袋叩きですよ。だから
できない。東大生だって、下の何割かは落ちこぼれているんだから、
本当は退学させたほうがいんだけどさww

885 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:31:32 ID:lJ3Y39Gi
引きこもりが自分を棚に上げて偉そうに講釈するスレ

886 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:32:11 ID:ykgWaYMK
ゆとりの教育世代よ、劣っているのは君たちだけじゃないんだぜ!


887 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:33:11 ID:idjYQGvd
>>882
団塊世代の教員が定年になり始めているから、多くの県で教員の採用数を
増やしつつあるぞ。ここ1〜2年で教員採用は大きく変化しつつある。
今後は若くて優秀な先生の採用が増えることだろう。

888 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:34:12 ID:TR/OQzpp
>>882
そうだね。だから逆に俺は今の教員の質には非常に安心を覚えるよ。
一部を除いてだけどw
しかしゆとり教育で、1クラス当たりの生徒数が少なくなることで
教師の需要が高まることを予想して、今頑張っている奴がいるんだけど
そいつが不憫で。。。

ちなみに俺の後輩の一人は教員採用試験に通らなかったら別れることを
前提に頑張って、去年合格し、めでたく結婚しますた。
よかったな、Y! 落ちてたら人生真っ暗だったぞ(ノД`)

889 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:35:59 ID:0N4voKLp
>>883
アメリカの初等教育なんかホントたいしたことないんだよねw 驚くほど…
それでいて、優秀なヤツを排出するシステムになっているのは移民制度だけに答えを求める
わけにはいかないと思う。
日本だって仮に本気で「ゆとり教育」を導入するんだったら、そこいらへんの大学教育をまず
なんとかすべきだった…けど、端境期の子どもたちが高校まで必死に勉強し大学でもさらに
必死となると友達作ったり小説読んだり酒飲んで論議したり…そんな時間が人生にまったく
なくなるのもなんだかなー。

890 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:36:59 ID:WUsJcu/F
 今の高校生は、行列式とかほとんどやらないらしい。だから大学で固有値、固有ベクトル
って何?と教官に聞く学生もいるとか。理系で・・・。

891 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:39:31 ID:JvoLZcnC
>>890
固有値、固有ベクトルを高校数学で教えたことは一度もありませんが
何か?w 受験テクニックとして、90年代半ばまでは理系上位なら常識
だったのは確かだが。

892 :??? :2005/04/24(日) 00:39:53 ID:NxbBJgx1

本当に優秀なら、自分は勉強に向かないと気づいたら、早く退学して
起業すべきだろう。(w

なんだか分からないうちになんだか分からない学生生活で虚しく時間
だけが過ぎてゆくって奴が多すぎないか?(w


893 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:40:53 ID:r72i5Tvs
   劣 る 教 育

894 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:42:45 ID:JvoLZcnC
>>889
毎週、何十ページものレポートを書く、理系だったら演習問題を十数問
解く、それを週十数コマの講義で全部やる。レポートを出さなかったら
単位は出ない、単位がある程度取れなかったら途中で退学にする。

それを日本でやろうとしたら、ゆとりと同じで「勉強ばかりでうちの
子供はかわいそう、知識だけで何の役にも立たないかもしれない」と
大学生の親が文句言ってくるでしょうねw

895 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:45:26 ID:l+LVnJdl
ゆとり教育世代はつかいものにならんな

896 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:46:07 ID:WUsJcu/F
>>891
応用問題とかでなかったっけ?かなりまえだから忘れた。
でも数学の入試問題の定番だから、授業で扱わないってのも変な話だと思うけど。

897 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:46:48 ID:4QxKrF3+
>>887
ばかだな、おまえ

898 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:48:32 ID:3vAE+ZzY
ゆとり教育世代でも賢い奴は賢いんだよ。馬鹿な奴は馬鹿だけど。

899 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:49:07 ID:WUsJcu/F
 親の高校時代の数学、物理の教科書とかみると驚く。
俺はゆとり教育世代じゃないけど、それでも内容がかなり減らされてるのがわかる。

900 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:50:58 ID:MXrW9icQ
俺が大学に入学した年に小中高完全週休二日制になった俺の年代が勝ち組。


901 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:52:15 ID:wG1wLgQS
無能な文部科学省のダニ官僚の解雇はまだか?。

902 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:53:48 ID:JvoLZcnC
>>896
ゆとり教育で、旧課程(94年くらい?に施行された)から高校数学に
一次変換がなくなったんだよ。それ以来、固有値を使って解くような
問題がほとんど出なくなった。

だから、今のD3くらい?以下は、固有値、固有ベクトルを大学で
初めて勉強したってのが普通。

それ以前は、進学校では教えていたし、旧帝理系クラスなら、たいてい
の合格者が固有値くらいは知っていた。

903 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:56:21 ID:NAAdoF7j
ゆとり教育世代が団塊世代の年金負担に耐えられるはずが無い!だって
バカだもんまだバブル世代の方がまし!

904 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:57:35 ID:e8VFuY6Y
>>889
>友達作ったり小説読んだり酒飲んで論議したり…そんな時間が
 そうかぁ?
 逆に「限られた時間を有効に使う」事を覚えて良いと思うけどなぁ。
 俺は工科系大学で毎週のようにレポートやゼミ資料の作成でヒーヒー言ってたが、みんなそれなりに「遊ぶ時間」はやりくりしてたぞ。
 無論、文系のように連日連夜の放蕩三昧というわけにはいかないけど、俺らから見ればそっちの方が異常だ。

905 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 00:58:48 ID:MXrW9icQ
そういやまだ共通一次時代は、偏微分もやってた、って先生がいってたな・・・。
これもゆとり教育のせいか・・・。

906 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:00:00 ID:WUsJcu/F
 かなり前に、M元総理がゆとり教育見直し反対を訴えてたっけ。
スポーツ推薦とかで有名大学入った人を政治家とかにするのはマジでやめてほしい。
どうせあいつら、自分達はいままで勉強しなくてもこんなに成功できたんだから、
勉強なんてしなくていいとか思ってんだろ。とくに理系はごみ扱い・・・。

907 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:00:29 ID:e8VFuY6Y
>>904
 え!?
 今やんないの?>偏微分

908 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:03:51 ID:hwGMgnRn
あやまってすむのか

909 :907:2005/04/24(日) 01:05:41 ID:e8VFuY6Y
失礼
>>907>>905氏へ、ね。

910 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:09:36 ID:JvoLZcnC
ごめんさない。
この失敗をふまえて、君たちの次の世代はちゃんと教育します。
だから許してね。
君たちは日本の尊い犠牲なんだ、誇りを持って生きよう!

911 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:13:12 ID:UBuzf4TV
>>907
高校でやってた、ってことじゃないの?>偏微分

漏れは高校の物理で「剛体の運動」をやらなくなった最初の世代。
大学に入って初めてやることに。結構苦労した。
高校で習ってればもっとスムーズに大学の勉強に移行できただろうな。

912 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:18:14 ID:jnA42bwb
劣るなんてことはないだろ。
できるやつは世代間の差異無くできるし、中途半端な人が
劣るなんて情けないこと言ってるだけだ。
ゆとり教育は賛成なんだが、やり方がアホだったな。
結果がでるのも、おかしいほど早いし。

913 :??? :2005/04/24(日) 01:18:49 ID:NxbBJgx1

最近の学校では軟体の運動を教えないのか。タコやイカの区別も
知らないのか。(w


914 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:19:11 ID:qofEXpgL
できるやつはほっといてもできる
できないやつはなにをしてもできない
煽りを食うのは真ん中ちょっと上の層かな

915 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:19:41 ID:QxIRnCam ?
>>726
Hello, I'm fine thank you.
I think so too.
I agree with you.
I'm genelation of Yutori.
I'm 18 years old.
Thank you.

916 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:20:53 ID:Z8W7Kcxy
迷わず成仏してくれ

917 :907:2005/04/24(日) 01:24:19 ID:e8VFuY6Y
>>911
 なるほど。
 俺は高専→工科系大編入のクチだから、高校理数のカリキュラムは分からなかったんで。
 高専じゃ2年生後期から構造力学の講義が始まるから、その辺はデフォで叩き込まれた。
 何せ「高専の5年間で高・大7年間の理数系教養を教え込む」が校是だったからねぇ。
 おかげで大学に編入したら、幾つか同じ内容の講座受ける事になって嫌になった。
 ↑単位互換が効かなかったんだよ。今はどうか知らないけど。
 授業はサボって課題と試験だけやった。

918 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:25:10 ID:ymXxiEEK
>>913
マジでタコとイカの区別が出来ない奴は
ゴロゴロいるぞ。
魚の形が判別できない奴にはまず無理。
クラゲ・タコ・イカ・ウミウシ・イソギンチャク
これらを写真見てきちんと区別できるのは
ある年齢以下はほとんど出来ない・知らない。

919 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:25:09 ID:QxIRnCam ?
>>917
すまん、具体的に大学名教えてくれ

920 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:25:45 ID:qDMyMOpc
何で劣るなんて考え付くのかなぁ。
勉強なんて自分でやるものでしょ?
学校は勉強の仕方みたいなのを教えればいいのにね。
そうすれば興味持ったものを自分で調べたり、勉強したり
できるんだから。

921 :??? :2005/04/24(日) 01:34:43 ID:NxbBJgx1

ウミウシとアメフラシとナマコが怪しいんだよなあ。
きちんと区別させる教育をすべきだろう。(w

食えるかどうかも判断できれば完璧なんだがな。(w


922 :907:2005/04/24(日) 01:41:01 ID:e8VFuY6Y
>>919
 マイナーだよ。
 豊橋技術科学大学。愛知の片隅にある国立工科系大学。
 10数年前は、ここと長岡技科大と旧帝大ぐらいしか高専編入生の受入れ大学が無かった。

923 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:43:34 ID:JgsdgPG3
昼間TVでやってたけど今の小学校って壁に地図貼って無いんだな
ビックリしたよ。
国の位置とか県の位置とか分からないわけだな・・・


924 :??? :2005/04/24(日) 01:43:41 ID:NxbBJgx1

構造力学の本ってなぜそういう公式が出るのか説明していない本が
あまりに多すぎるな。調べようとすると論文にまで遡る。(w


925 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:44:56 ID:kkHNSOyk
>>923
へえ、そうなんだ。
地球儀とかもあったのにな。

926 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:50:43 ID:QxIRnCam ?
>>922
偏差値だとどのくらい?
代ゼミとかので

927 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 01:51:37 ID:iG3tLvm1
>>923
そんなもん各担任によるだろ。バカか?

928 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:07:27 ID:sVA+VTgZ
>>927
いやいや。ある担任が壁に自腹で買ってきた地図貼ろうとしたら、
他のクラスとの差がつきからダメ!と言われそうなのが、
ゆとり教育クオリティ

929 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:08:57 ID:ry0l5EdM
>>917
重複や、理解しなおしを防ぐためにも、
大学の初等的内容を高校で教えた方が良いかもね。
偏微分は熱力学とかで使うけど高校では先生が密かに教える以外は
教えないから定積モル比熱とか定圧モル比熱とか
そういうのって高校生は覚えるしかない気がする。

微積をからめて教えられないのだったら物理はやらなかったら良いのに。

930 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:17:49 ID:DhiXVVtj
>>923にびっくりした28歳です
この程度は基本だろ………

931 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:23:20 ID:gUd6T6qt
十年以上前だが、教育実習で出身高校に行ったとき、教頭かなんかに

「驚かないでくださいよ。あなたがたがいたときとは違います。
 学力が低下しています。こんなこともわからないのか?と思うかも知れませんが
 根気よく教えてやってください」

と言われ、自分たちが入学したときより偏差値は上がってんのに何言ってるんだろう
と思って教えはじめたら、後輩達のあまりのアホぶりに驚いたのを思い出した。

それは、ゆとり第二弾の指導要領改訂よりは前だったと思うが、
その当時からして、現場はもう学力低下に気付いていたんだという話。

932 :907:2005/04/24(日) 02:27:29 ID:e8VFuY6Y
>>926
 偏差値? うーん、分からないなぁ。
 高専5年間で、数学の授業以外でその数字に出会った事がないから。
 何故かっつーと、「個人の偏差値」を必要とする機会が無いから。
 殆どはそのまま就職しちゃうし、大学編入組もクラス(1クラス1学科)で1割程度。
 高専側も、成績の上から一割ぐらいまでしか志望する事自体を認めず、それより下は「就職シル!」と言ってたね。バブル絶頂期だったし。
 編入試験は高専生のみ対象で、大学が作成する試験(手書き解答だぜ)+面接だった。
 ↑採点は教授(と学生がコッソリ)やる。まさか自分もやる羽目になるとは思わなかったよ。

 1学科あたり200名ぐらいの全国から来た「比較的頭の良い」高専生が、20〜30名程度の受け入れ枠に群がるから競争率は高いと思うけど。
 ↑技術科学大学は、高専生向け大学と言う側面もあって編入枠が大きかった。
 実際、「編入試験受けてみないと、受験生の中で自分の頭の良さはどの程度か分かんない」だったよ。

 就職した時には「共通一次を受けずに国立工科系に入った奴」ってんで、同期の奴らに八つ当たりされたよ。

933 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:37:19 ID:QxIRnCam ?
ゆとり世代18才の俺から見ると、相対的に自分らが頭がいいと
思ってる「非ゆとり世代」が結構多いことに衝撃を受ける。
ゆとり世代でも親がしっかり教える事は教えれば自分で考える力はつく。

俺は学校なんて「親に洗脳されない」ようにするためにあると思ってる。

934 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:40:39 ID:sVA+VTgZ
>>931
私がわかるのは高校〜大学 のレベルだけだが、さまざまな現場で
学力低下に気がついたのは、80年代後半から90年代前半が多い。
立場によって様々。ないと思っていた人ももちろんいる。

「最近は学力以前に〜」という反応が多い。

935 : ◆Windows4tI :2005/04/24(日) 02:43:43 ID:Jkp8x9Ka
18歳でこんなニュース板見てる奴もいるんだなぁ
って俺も19だからあんま変わらんけど

936 :907:2005/04/24(日) 02:47:50 ID:e8VFuY6Y
>>933
 んー、それは君より上の「第1次ゆとり世代」と、社会人として接して衝撃を受けてるオサーン達が多いからだと思う。
 まぁ「俺が若い(新人の)頃の方がマシだった」と言うのは、全世代持ち回りの"クセ"だからね。
 そんなに気にせず、全力を尽くしてオサーン達を見返して頂戴(マジで!)。

 ただ、上の方で書かれてた「ゲームしか知らない」「アニメしか知らない」って言う連中が就職してくるのは、確実に自分より1世代下からの傾向でマジヤバイと思いつつ、もう笑うしかなかったりする。

937 :??? :2005/04/24(日) 02:48:44 ID:NxbBJgx1

ゆとりを自覚できているのはまだいい方だろう。ゆとり教育を受けすぎる
とゆとりだともはや自覚できない。(w


938 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:48:55 ID:iVbjJl9m
俺はひまな時は図書館で法律と経済と数学を勉強してるがな。











フリーターだけどさ。

939 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:48:59 ID:ry0l5EdM
>>934
どんな職業されてます?

940 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:49:55 ID:QxIRnCam ?
ニュー速見てるのなんて学生かニートくらいだと思ってたけど。
だって、みんな甘いし。

941 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:51:34 ID:NeVoBhf9
どうでもいいけどここ十数年の文部省・文科省のやり口は日本の知力を低下させようと
してるとしか思えない。国立大の工学部にきて電子工学や情報工学を希望するっていってる
やつが高校時代、物理と数学を選択してないんだぞ。(数学って昔のV以上のやつね)
「難しそうだから生物とかにしました」ってさ。
物理好きになれないやつが理系名のれるってのはやっぱおかしいぞ。



942 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:55:31 ID:iG3tLvm1
>>941
工学部って普通は受験科目に物理必須だろ?
そういう学生をとる大学側が問題なんじゃね?

943 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:58:18 ID:ry0l5EdM
>>936
それは人事が悪いか会社に魅力が(略

おっさん連中でも社内でふらふらしてんのなんて
沢山いるでしょ?

944 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:58:20 ID:Kruzp4wF
運動会の徒競争かなんかで、順位を決めちゃいけない
とか言って、ゴール前お手て繋いで仲良くゴール
ってのも、ゆとり教育の一貫?

945 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:58:35 ID:i6qnLK74
あれだけ世論が口そろえてゆとり教育なんぞいらないつーのにやるからだ。
しかも学力低下の低下という当たり前の自体にゆとり教育廃止。
こればっかりは何がやりたいかさっぱりワカンネーや。
あれか?愚民化政策行おうとしてたのか?


946 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 02:58:52 ID:lExlp2W0
>>941
高校によっては、理系でも物理が選択できない学校もある。
化学+生物のほうが、勉強すれば点が確実に稼げるからというのと
全教科の教員を配置できないから、の2つの理由。

数年前、全国の高校3年で物理の履修率が8%だそうなので、工学部は
上位でないと困ってるはず。今の技術を維持するためだけでも問題が
ある。もう一つの問題として、高校物理の教員が減って(あるいは、昔は物理を教えていた
教師が他の科目を教えるようになって)くると、今後立て直そうとしても
時間がかかるだろうね。

947 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:00:02 ID:2zitZtPn
ゆとり教育を強力に推進したのは中曽根だったな・・
トラブルメーカーとは中曽根のこと。

948 :??? :2005/04/24(日) 03:00:56 ID:NxbBJgx1

まあ、受験科目をきちんと設定するのも必要だろうが、ゆとり教育の前には
どんな対策も無効になりそうだな。(w

何しろ名目だけの勉強しましただから。(w


949 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:03:54 ID:ihBspnJ8
>>920
自主勉強しない馬鹿を放置せず、
強制させ底上げさせるのが教育の本分。

僕たちから見れば勉強なんて強制されるものだよ。
僕だけがやっても、他はやらない。
そいつらに強制するための教育。
底上げによって世代平均が上がるのだから、
自主勉強して僕は劣らずとも僕たちは劣るよ。

950 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:04:13 ID:lExlp2W0
>>945
二十数年前は、詰め込み反対の声のほうが圧倒的に多かったわけで、
それが80年ごろの指導要領改訂になった。決して、そのこと自体が
責められるわけではない。おかしくなったのは、中曽根臨教審以降。

現行の指導要領改訂しようとした数年前は、すでに学力低下論争が国民レベルで
盛んだったわけだが、ゆとり推進者も十分強い力を持っていたよ。
私立中高の理事かなんかやっていた人は、どっかの審議会で「ゆとり
マンセー」して、自分の学校は土曜日もちゃんと授業してるんだが。

951 :??? :2005/04/24(日) 03:09:18 ID:NxbBJgx1

理系の科目を全く勉強しなくても理系の大学に入れるのが現在の
ゆとりクォリティーだろう?中退時か卒業時にはもっと知らない
人間になっているような。(w


952 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:09:20 ID:ry0l5EdM
>>950
数年ぐらい前の学力低下の議論は実は
学力が低下してたんじゃなくて授業態度が
悪いのを根にもって「あいつらバカだ」っていう
感じなんじゃないの?
教えてる方がよく分かってないでバカなこといってるな
って生徒になめられてるやつが多かった気がする。

受験もそうだし、教科書もそうだけど
最近は良書もふえて、上位層の技術的には向上してるんじゃないの?

953 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:09:42 ID:lExlp2W0
>>949
たとえば、最近の大学の一部では単位を厳しくするようになってきている
が、実際に強制しようとすると評判が悪くなるんだな。学生評価とかが
重視されるようになって、学生の評価が給与・昇進に影響するように
なると、教員のほうが保身に走る。

>そいつらに強制するための教育。

とか建前は言っても、現実に強制されてみると、強制されるのは嫌だ、
「勉強は強制されてするものではない、知識だけ持っても、使う力がないと
無駄になるだけ」とか、ゆとり賛成論者そっくりのことを、当の学生が
言うだけだよ。

954 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:14:21 ID:4QxKrF3+
あれ?
今日、学力テストの結果、
意外と良かったって言ってたきがするが

955 :??? :2005/04/24(日) 03:15:45 ID:NxbBJgx1

分野にもよるとは思うが、良書は増えていないと思う。啓蒙書みたいなのは
増えたけど。本格的な中身に入る前で終わっているようなやつ。(w

復刊書と新刊のものを比較してみると一目瞭然だよ。(w


956 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:17:56 ID:sNNX7ByU
>>952
数年前といわず、10年以上前から東大などでも私語の問題は
あったので、学力以前のものに批判は確かにあった。

上位層が落ちているのは間違いないよ。つーか、私も、大学は旧帝クラス
しか把握できない。理系の大学教員が反ゆとりを盛んに言ってるけど、
彼らは結局は上位層しか見てないんですよ。自分も東大か京大出ていて、
旧帝クラスの教授やっているような連中ばっかりだし、理系の大学の先生たちは
底辺を見てないなあと思うときはある。

957 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:19:06 ID:QxIRnCam ?
>>951
だから俺も浪人して大学行く事にした。って言うより受からなかったんだけど。
まあ本当にデキルやつは中学くらいで大学入試の問題解いるんだろうけど。
そんな偏差高い大学は狙ってないけど、モノ作りの信念はあるし、自分の能力を生かした
中身のあるものにしたいと思っている。もう一つ俺が信じてる事は、バカであろうと
それがいないと日本が成り立たないってこと。でもこき使われない程度には学ばないとね。
奴隷になっちゃう。

958 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:19:27 ID:SmaSvFz4
なんだかんだいって週休二日を満喫したわけだが

959 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:19:32 ID:KIrpIr1B
http://c-au.2ch.net/test/-/motenai/1114084479/1-

960 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:20:19 ID:ry0l5EdM
>>955
翻訳書はあんまりよくないけど、
輸入品の洋書も手に入り安くなったしってこと。

復刊書は復刊するぐらいあって昔からの良書でしょ?
最近の著作者がうまくなったと言うよりも
解説にかなり気を使うようになって、著者も理解が深まってる?

昔の悪書はひどいのがあったから・・
「自分で考えさせる」「説明が冗長だ」っていってもほどがあるって感じの。

961 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:24:12 ID:ry0l5EdM
>>956
大学の教授の人が「レベルが落ちてる」とか
口では言うけど、あんまり新しいことを知らなかったりするんじゃない?

そういう権威の言う事は話半分の方が良いと思うけど、
新しい分野に挑戦してる人はそんなくだらん事言わんでしょ?

962 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:24:21 ID:sNNX7ByU
>>960
>復刊書は復刊するぐらいあって昔からの良書でしょ?

闇雲に復刊しているような気がするなあw
わかった人が復刊の監修をすればいいのに・・・と思うことはある

963 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:27:40 ID:LiB8U13s
全員ニート化!

964 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:28:03 ID:sNNX7ByU
>>961
よほど、ひどい大学にいらっしゃるようですなあw

965 :??? :2005/04/24(日) 03:30:22 ID:NxbBJgx1

新しい分野に挑戦しない大学教授って文系?(w


966 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:30:29 ID:ry0l5EdM
>>964
昔っから変な権威は居たもんだけどね・・
今はいないのか?教授の質はそんなに高くなってるの?

じゃあ逆に海外に学生が逃げてる事をどう思います?
日本の学問が海外のパクリって気づいたからじゃないですか?

967 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:33:23 ID:ry0l5EdM
おっと図星だったかな?

968 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:33:31 ID:QxIRnCam ?
違うだろ

969 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:35:05 ID:sNNX7ByU
>>966
私は、もっともっと日本の学生が海外に出ればいいと思いますよ。
外国に挑戦する若い人が少ないと、むしろ思ってるんだけど。

970 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:36:30 ID:QxIRnCam ?
ry0l5EdMさん、どちらの大学出で今何才ですか?

971 :??? :2005/04/24(日) 03:37:24 ID:NxbBJgx1

海外に行く学生は増えているかなあ。権威にすがりたい学生は
増えているようだけど・・・。(w


972 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:44:40 ID:sNNX7ByU
>>971
海外留学はそれなりに数がいるでしょうけどね。
明確な目的を持って外国に行ってる人は少ないと思いますよ。

どのくらいの人が行っているのか数を把握してないけど、日本人で
海外の大学を卒業して、今は業界のトップランナーというような
人間がどの程度いるのかねえ??? (そういう人を知らないわけではない)

大学院の時に、日本の教授の推薦状もらって留学するのは、まあまあいます
けどね。理系だったら、日本の大学院で兵隊扱いされて文句言ってるのが
理系関連板にいっぱい書き込まれているけど、外国に飛び出して生活費
もらいながら研究すればいいと思うんですが、それでも行きませんね。

973 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:47:40 ID:IQzOYK+l
ゆとりがあっても学力が維持できる教育を考えろと。

974 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:52:31 ID:ry0l5EdM
>>972
今は昔とは違いますから・・・
海外の大学行ってトップランナーになれるのも
一握りでしょう。

まあそれでもここの学力議論は実質「学力」について
議論しているのではなく、単なる「最近の若者は」という
老人の愚痴になっているのがどうかと思いまして。

975 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 03:58:51 ID:QxIRnCam ?
>>974
ry0l5EdMは大学名の質問には華麗にスルーw
あと「今は昔とは違いますから」だってさ。
最後は結局これか、どのオヤジもこれで乗り切るから酷い。

年齢を武器にするつもりはないけど18のこんな時間に2chしてる俺から見ても…。

976 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 04:04:28 ID:ry0l5EdM
>>975
あのね・・、ってまあいいか。

今と昔と違うのは
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1114046553/l50
というのもありますし、ネットも出来てかなり
環境が変ったと思いますが・・

977 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 04:12:48 ID:QxIRnCam ?
40代以降から見ると
「最近の若者はすぐに突っかかってくる」とか思うかもしれないけど
論理的な話をしないから「最近のハゲオヤジは…」などと若者に言われる。

時代は変わって来てるんだよ、今はパラダイムシフトのとき。
その中で世代によって価値観のズレが生じるのは仕方がないことだけどね。
ネット環境がほぼできあがった事によって多大な情報の交換が行われるようになって
その中で固定された価値観を持っているとこれからは対応できなくなるよ。
様々な価値観・視点から物事を見極めて答えを見いださないと。

だからここで発言してる俺も場所が変わればまた違った自分になりきって言いたいことを言うと思う。
いわゆる「統一された1人の人物」じゃなくなるってこと。多重人格って言えば良いのかな。

こっちのケンカ腰の態度を受け止めないで流す(こっちを見下すような対応だと思うけど)
のは俺の身近のオヤジにも見られる傾向。結局、意見の交換を行わないんだよね。
「わからないならいいよ、君たちみたいな若者にはわからないんだろうね。」っていう
いい加減な対応をするから若者に嫌われる。

978 :??? :2005/04/24(日) 04:24:47 ID:NxbBJgx1

パラダイムシフト?かなりのオヤジだなあ。(w
確か結構古い言葉だろう?


979 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 04:26:10 ID:QxIRnCam ?
読んだ本が古かったからね。「ぼくたちの洗脳社会」
中身は18才ですよ。だから語彙数が少ないのからも見て取れるかと。

980 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 04:26:12 ID:ymRci9xy
>>977
冷静に話を持ちかけることが出来ず、何かと突っかかるというのは
精神的に幼いだけだろ。20代なら十分恥ずかしすぎる。

981 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 04:28:23 ID:QxIRnCam ?
>>980
>冷静に話を持ちかけることが出来ず、何かと突っかかるというのは
>精神的に幼いだけだろ。20代なら十分恥ずかしすぎる。

俺もリアルでもこんな事一切言わないよそりゃ、恥ずかしいもん。
ネットだからこそ主張できるってことあるでしょ?

982 :sage:2005/04/24(日) 04:30:47 ID:FxDv1QsA
学力低下といわれる世代だけど、それを言われても
どうしたらいいものか分からないんだよな…
自分は理系方面だけど、
最近の国際問題とか見て、英語、歴史をもっと勉強したいと思った。

983 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 04:33:07 ID:QxIRnCam ?
>>982
>最近の国際問題とか見て、英語、歴史をもっと勉強したいと思った。

同じく理系のゆとり世代の俺も同感。
外国とのコミュニケーション手段の英語や、その背後にある歴史はもっと知りたいと思う。
最近の戦争なりなんなりを見てると、気になる。

984 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 04:47:36 ID:s9TcNiCM
ぽぅ

985 :??? :2005/04/24(日) 04:48:17 ID:NxbBJgx1

今気づいたが言っていることが本そのままだったのか。(w

俺の学生時代にも読書好きがいたんだが、毎週言っていることが
変わる奴がいたんだよ。(w

まあ、自分の考えが確立するまではそれもしょうがない。

しかしほとんどの場合確立した考えはどの本の内容にも及ばない
ほど無内容なのが残念なのだ。(w


986 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 04:48:25 ID:QxIRnCam ?
とりあえず寝んべ

987 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 04:51:23 ID:QxIRnCam ?
って書いた瞬間にレスかよ。
俺の場合は前から考えてた事がぴったりあの本に書いてある通りだったんだよ。
俺の表現力のなさをあの本が、表してくれた、みたいなさ。だから思いつきで言ってるわけじゃぁないんだけどね。
そもそも人間なんて影響されながら死に向かうだけだし。影響されなかったらカブトガニだぜ。

988 :??? :2005/04/24(日) 04:55:26 ID:NxbBJgx1

だからカブトガニは太古の昔から生き残っているのだ。毎晩毎晩革命ごっこを
やっていたら身が持たない。パラダイムシフトとは革命という言葉が手あかに
まみれて共産主義の権威の失墜と共に使いにくくなったので、その代用と俺は
考えている。(w



989 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:01:19 ID:QxIRnCam ?
じゃあ俺は今日からカブトガニになってずっと生き続けてやる。
おやすみ。

990 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:04:06 ID:mW9UHjvD
ぬわわわ

991 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:05:52 ID:Jx7T+Hoa
age

992 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:08:37 ID:wQSxZus6
森が責任と謝罪するべき。

993 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:12:04 ID:RRlqLiX6
ま、落ちるところまで落ちたら、また上がるんでは?

994 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:15:42 ID:RRlqLiX6
落ちてることは、当人にはわからんのが不幸だね

995 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:24:37 ID:NJrMkW2a
age



996 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:26:43 ID:NJrMkW2a
age



997 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:27:43 ID:wt7bBiN8
1000なら来年は合格できる

998 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:27:54 ID:RRlqLiX6
安らかにひきこもって下さい ゆとりは繰返しませぬから

999 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:29:22 ID:peanb0CD
オレは私立だから関係ないし

1000 :名無しさん@5周年:2005/04/24(日) 05:29:56 ID:RRlqLiX6
学力低下記念碑

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

292 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)