5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】「原爆、阻止できず…」 アインシュタイン、対日原爆投下で弁明の手紙…日本人学者に宛て

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @あらいぐまさん大好き!φ ★:2005/07/04(月) 18:17:09 ID:???0 ?##
★アインシュタインが対日原爆投下で弁明=邦人学者に思い乱れた手紙

・米国のアルバート・アインシュタイン博士が広島、長崎への原爆投下で自らを
 弁護する手紙を日本の哲学者、故・篠原正瑛(しのはら・せいえい)氏に送って
 いたことが分かった。原爆はアインシュタイン博士の相対性理論によって出現
 した兵器だった。博士は晩年、篠原氏と文通しており、篠原氏の夫人の信子さんは
 原爆投下60周年に当たり、これら書簡を公開することを決めた。篠原氏はドイツに
 留学し、哲学を学んだあと1947年に帰国していた。

 アインシュタイン博士が核を使った戦争に反対したことは既に各種の文書で証明
 されているが、篠原氏への手紙では、原爆投下について自らを弁護し、自分の
 平和主義との整合性を図ろうと努めている。文通は篠原氏が、核兵器開発に
 果たした役割を批判する手紙を博士に送った1953年に始まった。博士は同年
 6月23日付で手書きのドイツ語の返事を送り、挨拶の文言なしで反論を始めている。

 その中で博士は「私は常に原爆の対日使用を非難してきた。しかし私は運命の
 決定を阻止するために何もできなかった」と述べている。博士は別の手紙で「核爆弾
 開発に当たっての唯一の慰めは、今回は抑止効果が働き、国際的な安全保障が
 進展すると私には思われたことだった」と述べている。また博士は、戦争は時として
 受け入れられると書いている。博士は「私は絶対平和主義者だと(手紙に)書いたことは
 ない。私の見解では、武力行使が必要な場合もある」と書いている。
 2人の文通はアインシュタイン博士が死去する前の年の54年7月に終わった。篠原氏は
 2001年に死去した。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050704-00000070-jij-ent

2 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:17:23 ID:Qzq+agIp0
2

3 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:18:48 ID:dw3Ld1nU0
えいんすていん

4 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:18:54 ID:DdRx8u600
作っておいて何を言うか!

5 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:21:02 ID:Jvd5uD+K0
そりゃアメリカが興味本位で使う罠。兵器は持つだけで危ない。

6 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:21:30 ID:hS2xLvmH0
人死んでんねんで!

7 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:21:51 ID:8PzYJ/250
まあ、何故この記事を今書くのかという事なんじゃないの?

8 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:22:00 ID:dw3Ld1nU0
>>6
マジで?

9 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:22:37 ID:DdRx8u600
>>8
マジで?

10 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:24:16 ID:QLt791vG0
アインシュタイン
「ええい…ファンネル達、一番熱量の高いミサイルだ…! 当たれえええええええ!」



・・・阻止できませんでした。

11 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/07/04(月) 18:24:51 ID:imQKrSLA0
>>4
何故か『はだしのゲン』に出て来ますが、製作には関与していないのでは?

12 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:25:19 ID:a89NxyP20
>>6
初耳φ(. .)メモメモ 

13 :宇宙恐竜 Z−TON:2005/07/04(月) 18:26:23 ID:P+57crYU0
いやいや、「ごめん」じゃすまんだろ。

14 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:28:12 ID:/9Zi3xZk0
>>11
「これで戦争も終わる」とか言ってたなw

15 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:28:33 ID:apq6qw0f0
一石さんもかわいそうですね
ある意味戦争の被害者だよ

16 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:29:19 ID:9wOxJan+0
原爆のおかげで健康になった人もたくさんいるんだし(放射線ホルミシス効果)、
現在の広島が、原爆を売りにした観光都市として食ってるのも忘れてはならない。
それから原爆死者数というのは相当膨張されている。
直接原爆が原因で死んだのは2000人程度であろう。
残りは日本人同士の殺し合い、その後の枕崎台風で死んだものと思われる。

最後に、原爆犠牲者数はいまだに年々増えているのだ。というのは、
原爆に関係なく寿命で死んでいった人も、全部ひっくるめて「原爆犠牲者数」
に加えているからである。これがインチキでなくて一体なになのか?
よく南京大虐殺の被害者数がおかしいという日本人がいるが、自国も同じような
被害者数の水増しをやっていることに気づいて欲しい。

17 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:29:33 ID:iiGy/ANuO
科学を信仰しすぎて倫理が欠如してたのかな


18 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:30:08 ID:vH/btYuB0
言い訳に必死だな。
20世紀最大の天才。

19 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:31:06 ID:VCnr4b1K0
中曽根をおもいだしたよ

20 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:31:31 ID:TTmG+S360
何回もよくみるスレだが...

21 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:32:26 ID:lPfqHeZz0 ?#
アインシュタインはやっぱ偉大な科学者だよ。

22 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:32:42 ID:Eeqt96mW0
アインシュタインはマンハッタン計画にぜんぜんタッチしてないだろー
もうごじょうだんでしょう読んで久しいけど、オッペンハイマーとかフェルミとかベーテとか。
ファインマンはまだペーペーだったな。

23 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:33:10 ID:/nihAe4T0
アインシュタインさんは英雄だと思うから中国で銅像をつくり偉大な英雄として称えなくてはならなくて!

24 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:33:21 ID:a89NxyP20
アンシュタイン:『作ったのは、「オッペン・・・三浦オッペンハイマーです」』

25 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:34:25 ID:QIsZk/jh0
どうせ舌だしながら書いたんだろ

26 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:35:36 ID:QLt791vG0
アインシュタインはウリナラ(ry

27 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:36:13 ID:EFEm6nW70 ?#
>>11
今年の防衛庁二種国際関係(英語)の専門記述英語試験によれば
「アインシュタインは核爆弾の開発を推薦する手紙を【セオドア・ルーズベルトに】送ったことを生涯悔いていた」
んだそうです。

勿論、テディはアインシュタインから手紙なぞ貰っていませんw

28 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:36:14 ID:SqUttqJE0
>>16
こうゆう釣りは感心しないな。

29 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:36:43 ID:FcGqSLBmO
アインシュタインはドイツに対しての核開発は行ったが日本に対しては否定的だったよ

アインシュタインは日本に来て好意を持ったからね

30 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:36:51 ID:8KAGpWH80
アインシュタインの理論つっても
E=mc^2 の式だけだからな。
原爆開発への大統領宛て嘆願書を書いたらしいけど。

31 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:36:51 ID:M6krONxj0
アインシュタインは悪くない、日本が戦争しなかったら原爆は落とされなかったんだよ

って田嶋が言ってました

32 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:37:58 ID:a89NxyP20
>>27
フランクリン・ローズベルトでしょう?テディにはテディベアを送ったんだよ。

33 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:38:21 ID:OLK75g7F0
>>16ってどこを縦読み? どういう釣りなの??

34 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:38:31 ID:HWrMVpHp0
>>16
いいね〜、これ、ときどき見るけど。
と、被爆2世の自分が言ってみる。

35 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:38:36 ID:EFEm6nW70 ?#
>>16
長崎の爆心地は、よりにもよってカトリック教会の浦上天主堂から500m地点のところですよ。
「カトリック教徒居住区」でカトリック教徒が1万人爆死しました。

アメリカは新旧の違いは有れど、キリスト教徒という意味で、「同教徒殺しの大罪」を犯したのです。

36 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:39:17 ID:dw3Ld1nU0
>>31
気にすんな
アレは放送作家が書いてるのを演じている道化だよ(と、信じたい。。

37 :さんど猫 ◆D57rqyn1UQ :2005/07/04(月) 18:39:35 ID:shkq5vGK0
学者って純粋なのな。
アインシュタインは質量がエネルギーになることを発見しただけで
あって、莫大な金と人員で原爆を作り、投下を決定したのは他のや
つだろう。
そんな恨み節にも反応するアインシュタインも可哀そうだな。
ありとあらゆる批難を浴せられて、罪悪感を感じざるをえないくら
いまで追い込まれてたのかな。

38 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:40:25 ID:sa8IDk4r0
>>16

相当レベルの低い釣りだと言わざるを得ない。

39 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:40:37 ID:G1OwEZF4O
もしかしてユダヤ人って異教徒も人間扱いする人たちなのかな…?

40 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:40:38 ID:EFEm6nW70 ?#
>>32
そうなんだよ。だから、そこを指摘しようかどうか、散々迷って、指摘しなかった。
指摘していたら、合格したかもしれない。
発表は15日なんだけどね。

41 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:41:10 ID:8F2D1YUV0
アインシュタインよりボルツマンのほうが好きだな。

42 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:41:17 ID:dm8Ze9W40
ユダヤは何一つ悪くないってか?
チョンかよ。

43 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:41:39 ID:a89NxyP20
>>31
「日本は悪くない、核が分裂するのが!!分裂するのが悪いんです!!」
と言いたい。

44 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:42:16 ID:vzLTytph0
>>16
おまえレベル低いな

45 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:42:32 ID:OhV3aL070
>>11
基礎的な理論を編み出したのがアインシュタイン。
アインシュタインが原爆を作ることで思い描いた世界観は核抑止力であり、究極兵器ができることで、
相互の争いはこの使用を恐れる緊張から軍事衝突が回避できるだろうというもの。

一方で日本陸軍の異質の天才である石原莞爾は「最終戦争論」で、一個の都市が瞬時に破壊される決戦兵器の登場で、
持久戦はなくなり短期間で終わる決戦戦争になるだろうと述べている。
そしてこの決戦兵器を創造し、この惨状にどこまでも耐えうる者が勝者になるだろうと。

石原の決戦兵器とはすなわちアインシュタインの原爆に相当するけど、思い描いた世界観は異なる。
実際の歴史は両者の要素があるけどね。
アインシュタインのいう核抑止力と言うのもあるにはあるが、キューバ危機などで核の使用が行われそうな事態もあった。
その使用が考えられる状況においてケネディなどは「アメリカがソ連の核で吹き飛ぶ」のを恐れながら、
一方で先制攻撃という選択肢を回避し、事態の収拾に努めたと。
石原の言う意味とは全然違うだろうが、ケネディは決戦兵器創造による惨状(先制の誘惑、核戦争の恐怖)に耐えたといえる。

46 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:42:39 ID:kSYu/aH30
アインシュタインはノーベルになりたかったと思われ

47 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:42:58 ID:NVKLTnA20
>>25
そういうイメージかおまいは


48 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:44:18 ID:cgLR4nso0
ドイツはアホ。
当時最新鋭の技術投入して今のB2ステルス爆撃機の原型のような
ジェット爆撃機を開発中だった。
それとセットで原爆も作る予定だったのにユダヤ系というだけで科学者
どんどん追放してしまったので金も無くなり人材も無くなってしまった。

49 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:44:27 ID:K90+qPXD0
アインシュタインよりもニュートン
ニュートンよりもガウス

50 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:44:27 ID:njMkyVc30
>>33
科学を知らん香具師が作った有名なコピペ。
NGワード直行。

51 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:44:34 ID:a89NxyP20
原爆を投下するまで日本を降伏させるな――トルーマンとバーンズの陰謀
鳥居 民 (著)草思社

誰か読んだ?

52 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2005/07/04(月) 18:46:45 ID:2xirkrBU0
知的な好奇心と、政治的な野心が結びついたときに生じる
悪い反応の例ってコトか。

53 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:49:53 ID:6Dsr9GEF0
オッペンハイマーが悪い

54 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/07/04(月) 18:50:13 ID:imQKrSLA0
>>14
懐かしい。
>>27
熊やピューマを倒す気ですか?

55 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:51:21 ID:cuOsYAlO0
明日12時、アインシュタインを○します。  

56 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:53:42 ID:ReJVrGXY0
日本本土上陸作戦が実行されていれば
沖縄みたいに左の地域が
もっと増えていただろうに

沖縄戦で起きた住民への悲劇が
日本本土でも起きれば
その地域は左にいく

57 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:53:47 ID:LugN7GTa0
差し出した手紙の裏に返事を書いて寄こした、ってやつだな。

58 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:54:12 ID:dw3Ld1nU0
>>34
俺も2世だが、ピカのおかげで今の生活があると思うべきなのかと問いつめたい。


59 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:54:42 ID:QBIB8QJN0
今のパレスチナ見てると、ドイツは正しかったよな。

60 :青識亜論 ◆dOVJx0gl0k :2005/07/04(月) 18:55:12 ID:LkeRe+KV0
>>161
今後のためにきちんとマジレスしておこう。

>原爆のおかげで健康になった人もたくさんいるんだし(放射線ホルミシス効果)、
具体的にどの程度の効果があったのか、統計がない。
多量の放射能はホルミシス効果を惹起しないのが科学的な常識だろう。
原子爆弾はわざわざホルミシス効果があるように適量の放射線量を計算して設計されたのか?

>現在の広島が、原爆を売りにした観光都市として食ってるのも忘れてはならない。
植民地経営の議論ならばともかくとして、実際の虐殺行為につける理屈ではないね。
南京事件を評するにあたって、「南京大屠殺記念館」ができたからいいじゃないか、
などと弁明する保守主義者がいるだろうか? いないよね。

>直接原爆が原因で死んだのは2000人程度であろう。
それは原爆症の認定者数の数字じゃないの?
爆風、二次災害、後遺症を含めれば、三十万人以上になる、というのは、
紅卍会の適当な記録と違い、ちゃんとした政府統計として残っている。
それが捏造だというのなら、こんどは捏造であるという証拠をきちんと提示するべきだ。

>最後に、原爆犠牲者数はいまだに年々増えているのだ。というのは、
>原爆に関係なく寿命で死んでいった人も、全部ひっくるめて「原爆犠牲者数」
>に加えているからである
それは初耳だな。
原爆の後遺症の白血病に苦しむ人がいまだにいるという証左としか思えないけどね。

61 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:55:32 ID:8KAGpWH80
そりゃあ、開発当事者としたら莫大な開発費をつぎ込んで作った
(当時の年間日本国家予算並みだったらしい)
史上最強の究極兵器、実戦使用してみたいよな。
放射能被害のデーターもバッチリ収集できるし。
一回作っちまったら使用権限なんか科学者の及ばない所にいくのは当然です。

62 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:55:56 ID:Eeqt96mW0
原爆が落ちてなかったら日本の世界遺産がひとつ減ってたな。

63 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:57:00 ID:hlo+U18w0
>>60
誤爆か?

64 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:57:03 ID:f8Km0+bf0
オッペンハイマーってあの川上音二郎の?

65 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:58:58 ID:vww2kYPo0
オッペンハイマー悪玉論もなー

部下たちはオッペンに責任を負わせて自分らはノーベル賞とりまくっていたが、
さて、オッペンとその部下の責任の負い方がそれで公平だったのかというと…

66 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:59:13 ID:HWrMVpHp0
>>58
自分は思わないよ。
ピカのおかげで今の生活がある、とか
あの戦争で亡くなった人ががいるから、
今の平和があるってのはあとで取ってつけた慰めだと思っている。




67 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 18:59:52 ID:krA0iWEI0
この人ねー随分日本好きだったそうだが…

あえて言わしてもらおう!










言い訳してもいいわけ?


68 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:01:45 ID:qxbpqqAI0
いつかどこかで誰かが開発使用するんだし、日本が相手でよかったじゃない。
他で使ってたら人類滅んでそう。

69 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:03:10 ID:HZ5Gmc1yO
>>64

そりゃ「オッペケペー」だろ!

誰も突っ込めないネタを振るな!

70 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:04:01 ID:krA0iWEI0
>>60
「優香の湿った下腹部に」まで読んだ

71 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:04:14 ID:cUX87QSP0
日本は原爆落としてもらわなきゃここまで発展しなかったよ
アインシュタインに感謝

72 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:04:16 ID:GjEW5Xwv0
くそアメリカ野郎が使いやがったんだよと、これぐらい書いとけばまだなぁ

73 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:04:41 ID:dw3Ld1nU0
>>69
おお!それか!

74 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:05:19 ID:Eeqt96mW0
レーガン大統領がオッペンハイマーになってたな

75 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:06:06 ID:5XXzYN14O
アメリカの原爆使用を肯定するやつがこのスレだけでもこんなに多い…

ポチ根性ここに極まり

76 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:07:32 ID:qxbpqqAI0
>>75
ずーっと夢見てなさい。

77 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:10:32 ID:AkC/KUwh0
誤解してるやつがこのスレだけでもこんなに多い…

78 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:10:56 ID:Si/12y0g0
シュレーディンガーとはお友達ですか?

79 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:11:09 ID:8X1BHKoo0
低レベルな釣りをする奴がいるなぁ
16とか71とか・・・あと微妙なのとか・・・

80 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:11:15 ID:lLiXap500
>>75
いや、どうも昨日あたりから奇妙なレスが増えたんだよ

81 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:11:59 ID:MNAL7/QD0
この話って十年以上前にアインシュタインロマンスという
NHKの番組でやってたな
別に新しいニュースでもないだろう

82 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:12:39 ID:v33hwUbx0
>>75


アインシュタインを責めない=アメリカの原爆使用肯定
って、読み解ける君は凄いね。

ライト兄弟を責めない=世界の飛行機の軍事利用肯定
なのかい?

83 :紅のニダ ◆e4SDrDENPA :2005/07/04(月) 19:13:01 ID:4AcMsYfA0
オッパイパイマンとかいうヤツが作ったんだよ。

84 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:13:23 ID:EpomFVaN0
可能ならばやる、そこに感傷や理性は必要ないのが優れた技術者です

85 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:13:50 ID:YoBqh4St0
>>75
アメリカの肩を持つ気はないが、途中で完全に計画放棄状態だったのに
戦意高揚のため原爆を作ると半ば公言していた日本も悪い。

86 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:20:04 ID:lPfqHeZz0 ?#
>>75
は今世紀最大のアホ

87 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:21:55 ID:bUF8WXtz0
ところで篠原正瑛がアインシュタインに抗議の手紙を送ったときは
改造社の社員で、雑誌「改造」の編集者だったことや、
彼の抗議に対してアインシュタインが彼の出した手紙の裏に
びっしりと反論を書いた事も言うべきだな。
そして彼の行動を賛美する連中は、アインシュタインとの激しい遣り取りで
二人に友情が芽生えたというが、是非証拠を見せて欲しい。

88 :黒木香ばしいにゃご:2005/07/04(月) 19:24:55 ID:D0ffRY9K0

ブッシュ談

次ぎの大気圏内核実験は

>>16の家

んっこっここはどこかの半島..



89 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:26:34 ID:8X1BHKoo0
優れた科学は常に諸刃の刃。
科学者は危険性を正しく伝え、正しい利用へ誘導する義務がある。
それが出来ない道徳的にゆがみ理性を失った科学者は、
単なるマッドサイエンティストだ。

ただ、アインシュタインは原爆使用うぃ阻止できなかった自分を
最終的には、何とか正当化しようとしている。
自分の科学者としての理性と信念を信じることが出来なくなったら、
科学者として終わってしまうと感じたのだろう。


90 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:29:42 ID:s8B9nULs0
原爆は科学が年々進歩する傾向がある以上、
歴史の必然だった。
アインシュタインが気を病むことはない。
ソ連に先に作られないで良かった

91 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:30:31 ID:1//k5vIq0
この科学者おらんかったら
日本はソ連とアメリカに分割占領されてて北朝鮮状態になってたから
それを思えば原爆OKな俺がいる・・・

92 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:34:57 ID:s8B9nULs0
そうだね。
原爆は、結果的には戦争終結を早めたからね。
原爆がなければ、天皇がいくら戦争終結を望んでも
強硬派の軍人を納得させる材料が少なかったから。

93 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:36:21 ID:Oh5BOSW90
きちがいニネラ

94 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:36:24 ID:vY708Cnh0
原爆と戦争終結は関係ない、と言う輩がいる。

しかし、だらだらと戦争を続けて、
原爆投下後1週間ちょいで降伏したら、対外的には
そう思われても仕方が無いのだ。その辺りは日本の戦術下手だと思う。

95 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:39:24 ID:8X1BHKoo0
日本降伏するタイミングを見計らっていたのを知っててアメリカは
落としている。
基本的には日本の戦術の誤りだが。
だからと言って原爆を肯定する奴は、間違っても科学に関わっては
いけない。

96 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:39:32 ID:ZxuxKjFR0
篠原国幹

97 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:40:07 ID:/lzDZCo40
原爆が無かったら広島は西日本の中心だったろうな。
200万ぐらいの人口はいってたろうし、
岡山が増長することもなかったろう。
当時の都市規模は、広島>>小倉>熊本=福岡だったから。

98 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:40:20 ID:OmX5HdQG0
>>94
戦争途中で講和を失敗した外交部と首脳部の失策では?

ところでどこかで軍部主導の講和を嫌った外務省が講和の話を潰したって見た
んだが、実話なのかな。

99 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:40:59 ID:Oh5BOSW90
じゃあ、戦争を終わらせるためなら、おまえら納得して死ぬわけだ。

100 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:43:20 ID:s8B9nULs0
だから、結果論でしょ。
アメリカが日本を焦土に化したのは
日本の都市計画をやりやすくするためじゃないのと
同じこと。

101 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:45:49 ID:HfMOq5H60
>>22
ファインマンでぺーぺーか・・・
そりゃ日本は戦争にまける罠。
(学生の時ファインマンの教科書超むずかったっす。)

102 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:46:04 ID:s8B9nULs0
>>98
日本が講和したくてもアメリカが納得しなかったんだよ。
アメリカは、無条件降伏を求めて
妥協を許さなかったから。

103 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:46:38 ID:rzyY08Ou0
>>70
俺はその下の行の「怒張を食い締める女陰からこぼれ出す恥蜜を」まで読んだ

104 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:48:39 ID:EoahB6J80
でも、アインシュタインがいなかったら未だに世界は19世紀レベルだったそうだ。

105 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:50:23 ID:Uq4EjKUf0
念のため言うと、オッペンハイマーだって日本への使用は反対したし、代案として被害の及ばない地域での恣意的使用も提案してるが、軍がそれを聞き入れなかった
戦後に反核派になり赤狩りの対象になったのがその証左

作ってるときは対ドイツを想定してたんであって、降伏寸前の日本に追い討ちをかける積もりはなかった

106 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:50:35 ID:4Op8xF3T0
http://www.yorozubp.com/0506/050626.htm

「私はこのような尊い国が世界に一か所ぐらいなくてはならないと考えていた。
世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か争いが繰り返されて、戦いに疲れるときが来る。
そのとき人類は、真の平和を求めて、世界的な盟主をあげねばならない。この世界の盟主は武力や金力ではなく、
あらゆる国の歴史を抜きこえた最も古くてまた尊い家柄でなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それにはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
我々は神に感謝する。我々に日本という尊い国をつくっておいてくれたことを。」

捏造なんかなあ

107 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:52:31 ID:BRXbM+aA0
アインシュタインって、実施に日本を訪れて、
日本人のような人々をこの世に存在させてくれた神に感謝するとかいって
日本をべた褒めしたんだろ。

108 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:54:39 ID:N4AiMwp40
    ♪  
   ♪       オッペケペ
      ヽ(゚∀゚)ノ   オッペケペ
         (  へ)    オッペケペッポ
          く       ペッポッポ
   ♪    
     ♪       オッペケペ
      ヽ(*´д`* )ノ  オッペケペ
         (へ  )    オッペケペッポ
            >    ペッポッホ

109 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/07/04(月) 19:58:18 ID:imQKrSLA0
>>107
枢軸国として参戦後、撤回していたかと。

110 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 19:58:39 ID:lvcl63FoO
なんかネット右翼って謎だよな。右翼のくせしてアメリカ万歳だし。
ただの小泉信者の自民党こうさくいんな気がする。

111 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:00:38 ID:YoBqh4St0
>>110
マジョリティや強者を称賛することで、それらと自分が一体化したかのような
感覚を得て悦に入る。それがネット右翼というもんです。

112 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:00:40 ID:RHWM/g/70
理系が発明したすばらしい技術を悪用するのは常に文系。

113 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:04:10 ID:7MYLabI00
アインシュタインは科学者だから
良いんじゃないの


114 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:09:01 ID:0oP8IxEw0
ネット左翼はキモくないのか?

115 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:11:26 ID:dw3Ld1nU0
>>108
ほのぼのした

116 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:12:31 ID:RZvB7Hun0
被爆者2世の人、みんな原爆のせいで白血病になってやばいんでしょ。
広島は大変ねぇ。

117 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:14:43 ID:EpomFVaN0
だからネット右翼ってなんなんだよ!!!!!!!!1

118 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:19:56 ID:rk3kKMoLo
相対性理論と原爆って何か関係あったっけ?
アインシュタインの貢献って手紙くらいなものじゃないかな

119 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:21:37 ID:SId6XhRr0
>>112
理系も使うことあるぞ
例:オウム

120 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:27:57 ID:s2bsdoEX0
>>118

物理学の観点で見れば関係あるよ。倫理とか政治とかの観点では関係ない。

121 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:31:44 ID:NCOebsDf0
アメリカがふっかけた戦争だろ。

122 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:34:48 ID:SId6XhRr0
>>30
おいおい
それだけじゃないだろ

123 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:38:19 ID:JD1GCYyE0
原子爆弾
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%88%86

平和主義者アインシュタイン
科学的業績によって得た世界的名声を背景に、アインシュタインは様々な政治的
発言を行っている。第一次世界大戦中は平和主義を掲げ、戦争を公然と批判した。
また、ユダヤ人である彼は、ユダヤ人国家建設運動であるシオニズムを支援した。
このためナチス・ドイツから迫害を受け、アメリカに亡命している。
ドイツの原子爆弾開発を恐れたアインシュタインはロバート・オッペンハイマー
の勧めにより、当時のアメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトに、
原子爆弾の開発を促す書簡に署名をする。これを契機に核爆弾を開発する
国家プロジェクト「マンハッタン計画」が始まることになる。
しかしアインシュタインは原子爆弾の製造に関与することは無かった。
その後、世界連邦の樹立を提唱するなど、多くの平和的言動を残した。


124 :218-167-97-146.dynamic.hinet.net:2005/07/04(月) 20:38:33 ID:wsL2DCqe0
広島長崎はユダヤによって殺戮された!
ユダヤを殲滅せよ!

125 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:38:34 ID:y+31I7110
>>116
オマエの両親祖父母がずーっと広島に住んでたら良かったのに
今頃オマエはこの世に存在できないか、良くて白血病で幼少期に死亡だろ
アーヒャッヒャッヒャ ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ ッヒャッヒャッヒャ

126 :123続き:2005/07/04(月) 20:41:27 ID:JD1GCYyE0
アルベルト・アインシュタイン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3


127 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 20:41:51 ID:y+31I7110
>>117
相手のネット左翼認定は喜んでやるくせに、自分がネット右翼認定されるとファビョるのがネット右翼の特徴の1つ。




近親憎悪みたいなものだな。
ネット右翼とネット左翼は実は共通点が多い。

128 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:00:06 ID:W7VysPEr0

 アインシュタインが存在しなければ
 原爆も存在しなかった。

129 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:12:15 ID:HWrMVpHp0
>>112>>119
使ったらどうなるか十分わかっていながら、
科学的な誘惑で開発をやめられなかったんだよ。
つくったら成果を試してみたいし。
政治的大義名分は渡りに船になったろう。
オッペンハイマーはその典型かな。
オウムに近い感じはあるね。
と、被爆2世が言ってみる。

130 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:14:44 ID:KJV43IPY0
アインシュタイン博士が本当に気に入らない事はドイツに落とされなかった事じゃないか

131 :名無しさん@5周年:2005/07/04(月) 21:15:13 ID:vxZ+n8520
終戦のために原爆は必要ではなかった。
絶対に許さない。
いまでもうやむやにしているクソアメリカ。
こともあろうにグラウンドゼロをテロの標的地に使いやがって。
殺すぞ、アメ公。
おれは被爆2世。
絶対許さん。

132 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:17:39 ID:Eeqt96mW0
じゃあ俺も被爆二世

133 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:18:50 ID:Z8DHsjRO0
じゃあ俺は右翼。

134 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:19:26 ID:3qFEAoPy0
>>129

国があって、
もし技術を育てないならアフリカのように遅れ、外国から侵略される。
だから技術の発展のために国家は科学を国費で育てる。
科学技術を育てたら、強力な爆弾を作れることがわかった。

A国が持ってて他国に造られれば多少の不利。持ってて他国に造られないならかなり有利。
持ってないのに他国に造られるとかなり不利。持ってて他国に造られないならゼロ。

他国が作らないと宣言しても信用できない。造れるなら造るだろう。
造ったら制裁を与えるように環境を作っても、自給自足できる資源国は造りうる。
だからA国はこの上段を選ぶ。



もともとアインシュタインのような米国民である科学者は
その国の国益になるように研究費をもらってるわけだから
戦時は日本の敵。敵が言いすぎなら敵性の人。
国益になるなら核も使う。実験もする。シラも切る。その当時も今も米国民は支持してる。
アインシュタインの評価は結局、日本人にとって悪く米国人にとって良いという歴史の見方と同じ。

135 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:19:34 ID:HWrMVpHp0
>>131
でも、自身も被爆者で母、妹をなくした実父は、
どっちかっていうと、当時の指導者を許してないな・・・・
もっと早く決断していれば、ってね。
もちろん、アメリカも許してないけど。


136 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/07/04(月) 21:21:49 ID:imQKrSLA0
>>125
あなたの仰り様も、ある意味同類のそれですよ。

137 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:23:18 ID:SId6XhRr0
>>131
CIAに通報した

138 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:24:15 ID:RSnmEFiD0
♪アインシュタインの言い訳さ ミサイル飛ばしたからなんて〜

139 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:25:27 ID:1lWYYBEx0
別にアインシュタインが平和主義者だったわけでもないし
原爆もドイツにブチこめ、と協力してたんだけど。
ただ、予想以上の威力にビビッて意趣返ししたに過ぎない。

140 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:30:14 ID:jY5HN2TY0
>>1の三段落目を読んで、アインシュタインは極めて真っ当な論理を持っていたことがわかるな。

141 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:32:22 ID:1k9tKi9e0
>>35
ほう、それだけは許せんな

142 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:36:10 ID:pMwrOJLv0
>>96
>篠原国幹
篠原冬一郎がどうした?
篠原正瑛って関係者なのか?

とマジレス

143 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:42:37 ID:JWBIQj+U0
世界平和って戯言なんかな?
皆が(俺も含めて)ちょっと譲り合えば実現しそうなんだが

144 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:52:17 ID:KJV43IPY0
>>143
譲れないやつがいるんだよ、隣の国とか。

145 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:54:55 ID:MDTYLZwA0
問える事しか知らん奴に譲歩したらどうなるかって話だろ
絶滅に追い込んでから教育のやり直し

146 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 21:58:59 ID:XYVc27XL0
アインシュタイン、リヒテンシュタイン、誰と握手したいん?

147 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:01:02 ID:SId6XhRr0
アインシュタインはロマンロランみたいな絶対平和主義者ではなかった
ロランはアインシュタインと文通をしていたが、その平和主義の不徹底さに憤りを覚え、激しく批判している

アインシュタインは、WW2のときWW1とは打って変わって(WW1のころ彼は学校の教員を軍隊の将校に
たとえて、体育会系・軍隊的組織を非難している)、「もはや、兵役拒否は許されない」と声名を出している

アインシュタインは、思想的に脆弱でその時々で、180度見解を変えている
まるで、村山富一や小泉純一郎みたいないい加減な奴だ

148 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:03:48 ID:9kPs/qnBO
>>139
いしゅがえし


つ[辞書]

149 :143:2005/07/04(月) 22:04:12 ID:JWBIQj+U0
原爆とか外交まで話を広げなくても
俺達だって日々、競争に晒されてる訳ジャン!?(勝ち組みとか)
誰かを庇う、譲るって事が己や妻子を滅ぼす事ならば躊躇するけど
ちょっと辛抱させる位なら・・って思う俺って甘ちゃん?

150 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:04:33 ID:aKspZu4g0
皮肉だね・・・

151 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:05:58 ID:ed9lOl400
正しい知識は正しく理解し正しく使うことができる者に与えるべきである。


ってのが、どこぞに有る話で、元が駄目ならばそこから出てくるものは全て駄目。
つまり、そんな正しい人間なんていない。家畜は家畜でしかないわけだ。

152 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:13:08 ID:3qFEAoPy0
>>149
国民次第。国益を減らしても、あとで乗っ取られるかもしれなくても
外国人を助けるべきとか言うなら、民主主義国ではそうするかもしれない。

153 : :2005/07/04(月) 22:16:31 ID:vxsKR6nm0
その国民を都合よく洗脳しちまう連中がいるからな。

154 :149:2005/07/04(月) 22:23:31 ID:JWBIQj+U0
俺ってやっぱ甘ちゃんなのか???
小さなレベルの話だけど
昼食をスーパーへ買い出して
レジへ向かうとムキになって割り込むオバサンが居ると悲しくなる。
反対に順番を譲ってくれると凄く嬉しくなる。嫁にも話す。その日、一日がハッピー!

例え北や米が世界を制圧しても、今度は内ゲバになる。
人って滅ぼし合うしかないのかな?

155 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:26:20 ID:uXMgshUw0
>>48

>ドイツはアホ。
>当時最新鋭の技術投入して今のB2ステルス爆撃機の原型のような
>ジェット爆撃機を開発中だった。
>それとセットで原爆も作る予定だったのにユダヤ系というだけで科学者
>どんどん追放してしまったので

お前がアホ。
ユダヤ人で優秀な科学者はアインシュタインぐらいしかいない。
それどころか、第一次世界大戦中にドイツ国内で暴動を起こした
ローザ・ルクセンブルクのような反体制的な活動を繰り返していた。
具体的に言えば1935年にヒトラーが政権を取ったすぐ後、ユダヤ人が
国際的なドイツ製品の不買運動を繰り広げた為に、
ドイツの輸出業は大打撃を受けた。
マルクス、トロツキー、とか共産主義革命で加わった
共産主義者はユダヤ人がほとんど。
100%とは言わんが、ドイツが間違っているとは思わん。

156 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:26:35 ID:NwFSk6PO0
身近にだって、ちょっとでも辛抱する事もできないヤツが一人くらい居るだろ
そいつが辛抱してくれると思うのか?

そもそも平和って何だ?何を基準を平和と言うんだ?
人によって平和の価値観も違うからな、多くの平和のために力任せに押さえ込む必要だってある
それに譲り合う事で平和になるか?
譲らないからこそ発展する事もあるだろ

甘ちゃんってより、考えが足りないだけだ
競争すらしなくなった生き物は滅びるだけだよ

157 :名無しさん@外国人参政権反対:2005/07/04(月) 22:35:56 ID:pgd11xox0
>>154
世界中があなたのような考えの持ち主であふれていたら、(←あり得ない仮定)
とても平和な世界になるでしょうね。

158 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:40:16 ID:Rlnm/MCd0
どこかの国のように昔のことを蒸し返す気はサラサラない。それでこそ日本人。
だが、疑問は持ってるね。なぜ無警告であんな残虐極まりない爆弾を落としたのかと。
アラモゴードの実験で原爆がどれほど恐ろしい兵器であるかわかっていたはず。
はっきり言ってヒロシマ・ナガサキはアメリカの歴史の汚点だよ。

159 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:44:54 ID:huMsFxzX0
>>110
オレも前から疑問だった。


160 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:48:17 ID:NwFSk6PO0
>>158
理由はどうであれ、無警告で戦争をふっかけた事の報復も兼ねてるんじゃね?

161 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:48:29 ID:RjWawBPM0
この世に発明というものはない
あるのは方法の発掘である
と誰かが言ってたのを思い出した

162 :149:2005/07/04(月) 22:50:55 ID:JWBIQj+U0
誰かの幸せ=誰かの不幸&犠牲。なんて人間の業なのか?

俺は我妻に出会えた事、連れ添えた事を幸せだと思うし、
彼女と子を設けた事を幸せに思う。
だけど、妻子の幸福(裕福)が誰か(同僚とか)の犠牲の上にしか
成り立たないのら・・やっぱ我慢させるかな・・


163 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:52:00 ID:KhD2I2at0
>>134
アインシュタインは米国へ帰化したが、彼を米国人と
呼ぶのには違和感がある。死ぬまで英語が下手だったし。

>>155
化学の世界では、ハーバーというドイツを愛してやまなかった
ユダヤ人化学者がいた。第一次世界大戦の時は、愛する
祖国のために毒ガス兵器を開発し、窒素固定法によって、
「空気からパンと火薬を作る」ことに成功した。



164 ::2005/07/04(月) 22:52:36 ID:0lSVL3rb0
>>158
アラモ−では人体実験ができなかった。

165 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 22:59:34 ID:NwFSk6PO0
>>162
アンタの奥さんはアンタと連れ添えた事を不幸だと思ってるかもしれない
アンタの子供はアンタの子に生まれた子とを不幸と思ってるかもしれない
アンタの言う幸せはそう言う不幸の上に成り立ってるのかもしれないな



って言うか、嫌な事辛い事を乗り越える事も幸せを感じる時なんだよ

166 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:01:23 ID:+phgoA/c0
さも、自分の相対性理論が核兵器開発に役に立ったような調子だが、それがアインシュタイン流のウソ。
核兵器開発に一番役に立った理論は、他でもない、日本人である湯川秀樹の中間子論。
それを形にしていったのは、フォン・ノイマン。
アインシュタインが考えていたのは、彼らの罪を少しでも自分がかぶるということ。

167 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:03:27 ID:pdvn8EwI0
アインシュタインって犬じゃなかったっけ?

168 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:05:11 ID:NwFSk6PO0
>>167
それはパブロフ

169 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:07:33 ID:9ChINhnn0
ウォッチャーズ?

170 :149=162:2005/07/04(月) 23:07:54 ID:JWBIQj+U0
考え始めるとマジに鬱になりそう。
人間って素晴らしい生き物だと思うけど
滅ぼし合うしか無い生き物なのかと思うと切ない。

171 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:08:23 ID:pdvn8EwI0
>>168

いや、パブロフの犬くらい知ってるよ。「条件反射」だろ。


172 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:08:34 ID:87eGUDCE0
>>169

あれは泣けた>クーンツ

173 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:10:06 ID:7/o/UmjV0
アメリカ人が原爆の事実を認めて二度と使わない態度なら
責める必要はない。

しかし、原爆の事実を否定したり、正当化するならば、
非難に容赦する必要はない。

174 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:15:52 ID:JFYzZ6nH0
そして死んだアインシュタインは脳みそスライスされ(ry

175 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:18:55 ID:itNykCO/0
アインシュタインを非難する意味があったのか
別にアインシュタインが作った訳でも無いのに

176 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:19:06 ID:KVB4AHuJ0
あの、さぁw

ブルーバックスでさ。
アインシュタインが核製造を進言したのも、日本に落としたのを反省したのも、もう随分昔に出てるよ?
それも10年前どころじゃねーよ?

なのに、何で今更?小泉参拝関係の政治的意図か?
それとも記者、そんなことも知らずに今更驚いてるのか?
原爆被害者を軽んじるつもりは毛頭ないのだが、今更だと思ったので。

177 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:23:22 ID:15QGYG2X0
科学者が作るのはしょうがない。科学者だもの。

178 :149=162:2005/07/04(月) 23:25:52 ID:JWBIQj+U0
>ID:NwFSk6PO0
書き方はキツイけど
私に対して真摯なレスをくれてありがとう。
でもさ、人って他人の犠牲の上にしか幸福を得られない生き物なのかと
思うと残念。

179 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:26:24 ID:q8uQ+wcn0
>>176
なんで今さらって、日本で新しい手紙が出てきたからだろ。
記事読んだ?

180 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:33:36 ID:ub5C88P60
アインシュタインって日本に原爆が投下されたという知らせを受けて、
「アッー!」って叫んだとか聞いたぞ。親日派だったんだっけ?

181 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:33:44 ID:WnEYZSIu0
>>165
馬鹿かオメーは。



真剣に言ってるんだぜ。

182 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:33:55 ID:pZNSEo4/0

ティベッツ大佐のお母さんが一言

      ↓


183 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:34:29 ID:87eGUDCE0
作るまでの創造力はあるけど、
作ってからの想像力がない科学者

184 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:46:41 ID:7L9qsYP50
>>183
「技術を作り出す人」と「その技術を兵器として使う事を決定する人」は
(大抵の場合)違う件について。


まぁ、科学者だけを責めるのは少々酷だわな。


185 :名無しさん@6周年:2005/07/04(月) 23:48:32 ID:NwFSk6PO0
>>171
パブロフは犬の名前じゃない、って突っ込みが欲しかっただけだ

186 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:02:32 ID:6yvDHPxn0
>>143
ムリ。生き物は他の生き物の犠牲の上でしか生きられない。
ゆえに肉食動物なんていう肉しか食えない生き物もいる。
かといって草食動物の天敵、肉食動物を駆逐しすぎると草食動物が増えすぎて
エサがなくなって自滅の道。っていっても草も生きているんだけどね。
動物みたいに悲鳴は上げないけど。
生き物が、生きていくためには、他の命を食べねば生きていけない定め。

なにも食べなくても死なない体を持てば争いは無くなるのかな。


187 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:06:13 ID:EbRiXll+0
>>186
争いっつーのにマイナスイメージ持ちすぎ。
争い=競争
それがないなら生命活動は停止も同然。つまり生きる意味も無い。
停滞した場にはエネルギー活動も無機質な反応と化する。

188 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:06:29 ID:P/LMHxwT0
>>110
オレも前から変に思ってた。

189 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:07:52 ID:zTKct0AU0
【社会】アインシュタイン博士との往復書簡6通寄贈へ 原爆の苦悩を綴る内容
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1118096091/

190 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:09:09 ID:cI/7zfaT0
>>187
哲学的にはそれは生まれついての罪、原罪ってことになってます。
生まれついて罪深いってことですね。

191 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:15:22 ID:EbRiXll+0
>>190
キリスト教義上の原罪って、仏教で言うところの業だっけ?
誘惑に弱かったアダムのアホの追及じゃなかったっけ?

192 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:23:11 ID:5hAYiOp90
オッペンハイマーはソ連のスパイ

193 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:31:25 ID:x+hDMee60
         v――.、
      /  !     \
       /   ,イ      ヽ
     /  _,,,ノ !)ノリハ    i
    i  jr三ミ__r;三ミ_   ヽ
    l  ,iヾ二ノ ヽ二 ハ   ノ
    ヽ、.l  ,.r、_,っ、  !_,
       !  rrrrrrrァi! L.    全部男が悪い!
       ゝ、^'ー=~''"' ;,∧入
   ,r‐‐'"/ >、__,r‐ツ./   ヽ_
  /  /  i" i, ..:  /  /  ヽ-、
 ./  ヽ> l    /   i     \

194 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:35:16 ID:Q6tJoE6B0
>>35
キリスト教徒同士なんて大昔から殺し合いしまくってるじゃん。
第二次大戦でも、アメリカがドイツに落とした爆弾の量は、日本に落とした量より
ずっと多い。

195 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:36:09 ID:DaPaR7VO0


 「屁をひって 尻つぼめ」

 (取り繕うとしても無駄なこと あとの祭り)




196 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:36:12 ID:9f2xhxJtO
>143
お前今週号のスピリッツ読んだだろ。

197 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:39:29 ID:YezOW+Jy0
アインシュタインの対日戦における最大の貢献は
原爆ではなく欠陥魚雷の改良に手を貸したことだろう。


198 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:39:40 ID:ABwIWtuM0
っーか、これ、NHKだかで見たぞ。

199 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 00:41:23 ID:K+SvsZ4w0
もし原爆の投下がなかったら兵器がどんどんエスカレートしてきて
世界が滅亡していたと思う

200 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 01:17:10 ID:4SIP6/A30
アインシュタインはアメリカのヒーロー。

軍人と同じ国益のために働く。

軍人は自ら作り出した戦闘や勝利の結果に責任を取らない。

201 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 01:48:17 ID:befvRYZn0



古館と変わらんな


.

202 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 01:52:20 ID:S87LgJDS0
アインシュタインは勿論、天才物理学者だったが、
物理学者に政治は動かせない。当然の事。
政治や軍事を動かすのは政治家の仕事。

203 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 01:54:39 ID:wLHLOrUJ0
人しんでんねんで

204 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 02:00:14 ID:MqoJ7KkC0
アイーンシュタイン、って書くと何かマヌケだな

205 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 02:00:39 ID:BxT+7oQD0
【社会】「原爆、阻止できず…」 アインシュタイン、対日原爆投下で弁明の手紙…日本人学者に宛て
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120468629/

206 :無差別爆撃はジェノサイド、原爆投下は人体実験:2005/07/05(火) 02:02:31 ID:0eUyw6a40
「原爆投下問題への共通認識を求めて−長崎の視点から」
ttp://www.ops.dti.ne.jp/~heiwa/peace/shiryo/nagasakigenbaku.html
>最初に確認しておく必要があるのは、「原爆が第二次世界大戦の終結をもたらしたというより、むしろ戦争終結を
遅らせたということだ」(注4)(米国のマ−ティン・シャ−ウィン教授)という基本的事実である。米国は、すでに1943
年5月の軍事政策委員会や翌年9月の英国とのハイドパーク協定(1944年9月)で原爆投下の対象を日本にする
ことをほぼ決定していた。
>また、米国は1945年春以降になされた日本側の、ソ連を仲介とする終戦工作を暗号解読などで正確につかん
でおり、ポツダム宣言草案に当初盛り込まれていたような形で天皇制存続の容認など降伏条件を緩めることも可能
であった。ここで重要なことは、当時のバード海軍次官やグルー国務次官やスティムソン陸軍長官など多くの
政府要人が「降伏条件の明確化」、すなわち天皇制存続の容認などの降伏条件の部分的修正を求める一方で、
それが「無条件降伏」とは矛盾しないものであると考えていたという事実である。だが、結局、最後の段階で
バーンズ国務長官の進言をトルーマン大統領が受け入れて天皇制容認条項を削除した。
>また、正式な外交ルートを用いず回答期限もつけないなど、米国が後から主張したような公式の最後通牒
あるいは原爆投下への事前警告といえるような代物ではなかった。つまり米国側は日本側の拒否を見通した
上で、敢えて「無条件降伏」を突きつけたのである。

207 :206:2005/07/05(火) 02:03:21 ID:bgehhQkN0
>そして、原爆の威力を知らしめるために、例えば無人島や東京湾などに事前に投下して、日本に対して警告を
与えるという選択肢(原爆開発に協力した科学者たちなどからの提案)をトルーマン大統領は最終的に拒否した。
以上のことから、米国・トルーマン大統領がポツダム会談直前に開発に成功した原爆を何としても投下できる
環境・条件を作ろうとしていたこと、またそのために意図的に戦争の終結が引き延ばされたということが理解できよう。
>長崎への二発目の原爆投下について注目する見解は、これまで主に日本側(特に長崎)の研究者によって
提起されてきており、その多くは人体実験説と密接に関係している(注12)。それは、長崎の視点から原爆投下
問題にアプローチするもので、長崎原爆は広島に投下されたウラン型とは異なるプルトニウム型であり、アラモ
ゴードで実験済みであったとはいえ、広島原爆と同じく、やはり実戦での使用でその威力と効果を試すためで
あったのではないか、という点を重視する。
>つまり、米国政府は都市の物理的破壊ばかりでなく都市住民の皆殺しを狙って新型兵器の実戦使用を行った
のであり、人体実験の性格が濃厚であったという主張である。これが真実であるならば、原爆投下は戦争の
短期化と人命の救済という「人道的行為」であったという「原爆神話」が根底から崩れ去ることになり、これまで
主張されてきたいかなる「米国の論理」をもってしても原爆投下を正当化することは到底できなくなる。

208 :206:2005/07/05(火) 02:03:58 ID:3bh3Jgik0
また、それを裏付ける事実として、1.米軍が原爆の効果・威力が最も発揮出来るような都市を投下対象に
選んだこと、2.原爆の効果・威力を正確に知るためにその投下対象に選ばれた都市に対して、この決定
以降、通常爆撃を行うことを禁止したこと、3.原爆搭載機とは別に天候観測機や写真撮影機を飛ばして
原爆の効果・威力を測定するための機器(ラジオゾンデ)を投下したこと、4.日本への原爆投下前に
事前デモンストレーションや事前警告を行うのは原爆の威力・威力を損なうだけで「正気の沙汰ではない」
とグローブズ将軍が主張していたこと、5.米軍が戦後に出された報告書で広島と長崎の原爆投下を一つ
の「実験」として位置づけ広島は成功で長崎は失敗であったとの評価を行っていたこと、6.戦後の占領期
において米軍がABCC(「原爆傷害調査委員会」を通じて放射能の人体への影響を調べるために被爆者を
「モルモット扱い」して治療に名を借りた実験データの収集などを行いその後の核開発のために利用した
こと、7.長崎への投下目標地点が当初いわれていた三菱兵器工場などの軍事施設ではなく都市中心部
の常盤橋であったと判明したことによって、原爆投下の本当の目的は都市住民の殺戮であったことが
証明されたこと、などを挙げることができよう。

209 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 02:04:42 ID:tQNpO9eI0
『原爆を投下するまで日本を降伏させるな――トルーマンとバーンズの陰謀』
鳥居 民 (著) 草思社
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794214081/qid=1119454340/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-9169562-6325962

>本書も原爆投下決定の裏に働くトルーマンの劣等意識に鋭い目を向けている。ルーズベルトの急死で、
はからずも大統領になった「小物」が、権力と原子爆弾という史上最も恐ろしい遺産を手にしてしまった。
ルーズベルトが「日本派」のジョセフ・グルー元駐日大使とともに進めようとしていた対日政策は、
トルーマンと彼の唯ひとりの相談相手ジェームズ・バーンズに忘れ去られる。日本が和平の仲介を期待
するソ連は、米英との密約に基づき対日参戦の準備を進め、トルーマンはソ連の参戦を原爆投下の後
に誘導することにのみ腐心していた。

>そのうえで、原爆実験の日、投下準備完了の日、ポツダム会談開催日、ソ連参戦の日という原爆投下
にいたる4つの重要な日付を手がかりに、ルーズベルトの急逝後、新大統領となったトルーマンとその
最側近であったバーンズが、それぞれの日付をめぐって、どのように動き、いかなる発言をしたかをとり
あげて精緻に分析していく。結局のところ、二人は日本の降伏を早めたいという考えなど持っておらず、
それとはまったく逆の発送のもと、すなわち日本が降伏する前に、またソ連が参戦してしまう前に原爆
を世界に公開したいがために、政府・軍の高官に悟られぬよう極秘のうちに巧妙な計画を立てていたと
著者は説く。その計画のなかには、日本が「ポツダム宣言」を最後通牒と受け取らぬような仕掛けも含
まれていたのである。

210 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 02:05:36 ID:05KOGb6KO
スターリン・・ヒトラー・池田

211 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 02:08:31 ID:0cZHRxzC0


   アメリカの策略に乗って、原爆投下されるまで降伏しなかったA級戦犯が一番馬鹿。





212 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 02:10:40 ID:fhq8owDW0
原爆作って、その技術が露や中に渡ったのが最大の汚点だと思う。
ちゃんと管理しとけやボケ!

213 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 02:18:37 ID:tQhSDb/C0
>>211
原爆が完成されてるなんて知らないんだから、
デモンストレーションやらずに投下したアメリカの責任。
夜道を歩いてレイプされ、された女性にも責任があるという論理は許されない。
一般人を無差別に殺害し、しかも目的が人体実験なら問答無用で戦争犯罪。
戦争犯罪は他でもない、犯罪者側の責任。
いわゆりA級戦犯に敗戦責任があったとして、
戦争犯罪はあくまで犯罪者の罪。

214 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 02:20:36 ID:MqoJ7KkC0
>>213
戦犯と言っても愛国無罪と言うくらいだから彼等に罪は無い
中国人だってそう言ってるじゃないか

215 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 02:22:27 ID:NE9uXz1v0
>>212
あえて情報を流した学者が居たんだよなー
アメが単独で保持していたらもっと酷いことになると予見したんだろう。
俺もそれは正解だったと思うけどな。

216 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 02:50:42 ID:T5fjOyEI0
世界政府とベジタリアニズムを実現したいもんだな。
でなきゃ人類は滅びるからな。

217 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 03:29:50 ID:tQhSDb/C0
>>214
愛国無罪と言ってるのは中国人だけだ。
造反有理と言って同胞ジェノサイドやった中国人の論理が、
世界やアメリカ国内で通用するなら、
アメリカが民主主義のためと称して世界で武力行使するのは正当化できないよ。
愛国無罪なら戦争中の日本人こそ愛国者だ。
特攻までやってるんだから。

218 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 03:44:36 ID:2rYgCuPH0
アインシュタインを100としたら、大江剣ザ風呂の知力は3くらい?

219 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 03:49:22 ID:Q6tJoE6B0
原爆のおかげで戦争が早く終わり、戦争が長引けば死ぬはずだった
100万人の命を救ったんだよ。
もしも原爆投下がなければ、ソ連が北海道・東北地方を占領して
日本は南北に二分割されてたのは間違いない。

220 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 03:56:16 ID:Ed8w3qoE0
大江健三郎?
あんな知力自体を放棄した生き物なんか判断の対象にすらならんでしょ

221 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:17:09 ID:KQtKYZjtO
亞飲手多淫はそんな頭いいのか?

特殊早退論なんて、誰が最初に提唱するか
時間の問題だったじゃん



222 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:20:42 ID:m3l8e5rQ0
理系が発明したすばらしい技術を悪用するのは常に文系。


223 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:25:21 ID:m3l8e5rQ0
>>213
戦時下における、単なる1新兵器の使用のどこが犯罪なのか?
いちいち敵軍に今から新兵器を使いますよと宣伝する馬鹿がどこにいる。

犯罪と言うなら戦争そのものが人倫に照らして犯罪的なのであって、
それをひとたび肯定した人間に非難する資格はないと思う。

224 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:29:57 ID:mHFXUPnM0
原爆そのものの問題よりも、原爆による被害を考えると
明らかに国際法違反じゃないの?どれだけ非戦闘員を殺したんだよ。

225 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:34:56 ID:Q6tJoE6B0
>>224
パールハーバーでは何十万人の民間人が死んだと思ってるんだ?!

226 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:38:16 ID:zo6QTejfO
散弾銃やダムダム弾はなんかの条約で使用禁止じゃなかったっけ
「ひとたび戦争の道に踏み込んだのだから、そこでは何をしても許される」というわけじゃないよ

227 :旧MTビル:2005/07/05(火) 04:39:20 ID:/U7rcmct0
 この『アインシュタイン直筆の手紙』をお宝鑑定団に出すと
いくらの値が付くかな?
 いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん、ひゃくまん
までいくと思う。

228 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:40:45 ID:Q6tJoE6B0
>>224
当時の日本は国民皆兵といってもいい状態だったんだよ。
昭和20年の6月には、大本営は国民義勇兵役法を制定し、
男子は15歳から60歳まで、女子は17歳から40歳までの
全国民は、義勇兵法に服し、国民義勇戦闘隊に編成されていた。

つまり、普通の意味での非戦闘員は、当時の日本には存在しなかった。
子供はほとんど田舎に疎開してたしね。

広島・長崎で死んだ民間人はいない。

229 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:53:32 ID:x2i2ZEJ90
>>228 あんまりいい加減なことばかり言わないように

230 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:54:08 ID:Hy24GEUI0
>>228
そんなもの、言い訳になるかいな。
老人もいたし、子供も容赦なく殺したのだ、アメリカは。
アインシュタインの言ってる事は、言い訳にもならん。

231 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:56:31 ID:/8hCKJ0O0
パールハーバー、実際には、日本軍は民間施設をよけて、
軍事施設のみを狙うようにして、攻撃していたそうだ。
軍事施設でも民間施設の近くだからと、攻撃をあきらめた場所もあったそうだ。

もし、パールハーバーで、日本軍が無差別攻撃で完全破壊していたら、
アメリカ軍が、あんなにすぐに反撃できたはずがない。



232 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 04:56:39 ID:sfrLE5Hh0
>>222
相対性理論は、キリスト教に間違った免罪符作成を行わせた不完全理論だ

233 :旧MTビル:2005/07/05(火) 05:03:25 ID:/U7rcmct0
 アメリカのじゅうたん爆撃(ローラーシフト)で日本中が焼け野原に
されたが、元祖は日本軍の「重慶爆撃」だそうだ。
 ちなみにベトナムで北爆「ローリングサンダー」作戦をやった
アメリカは日本のときと違い、さっぱり効果がないのに愕然とした
そうだ。

234 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:05:20 ID:ABwIWtuM0

湯川博士に泣いて謝罪したってのは、ガセビアなんだろうなぁ。

235 :新宿SMビル:2005/07/05(火) 05:05:48 ID:g+FOfkDo0
核で?

236 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:08:08 ID:jks36TXD0
これ
国際裁判あったら
トルーマン大統領とか
間違いなくA級戦犯で死刑間違いないよなあ。

どう考えても広島長崎投下に合理的理由はない。
このことについて
米国に損害賠償義務するある。
戦争といえるものじゃなかった。
必要もないのに投下するなんて極悪非道。
東条の絞首刑なんてものじゃない。

トルーマンはガス室送りで当然だった。


237 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:12:14 ID:+U/ufKJt0
篠原教授に3000点


238 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:13:29 ID:Hy24GEUI0
無論、中国も朝鮮もとんでもない國だが、アメリカがやった事も
忘れちゃいけない。7年も占領して、報道管制したり、神社焼き払おう
としたり、武道団体弾圧したり、日本国憲法を英文で押し付けたり、
日本を完全にスポイルしようとし、事実今までされて来た。

239 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:17:12 ID:Qwxzf3Lg0
>>231
かなり前にフジ(だったかな?)で深夜に真珠湾攻撃のドキュメント番組
やってたな。その中で、最近のアメリカでは日本の攻撃が完全な奇襲ではなく、
宣戦布告が手違いで遅れ、結果として奇襲になってしまったことだとか、
アメリカがハルノートを突きつけて日本を開戦へと追い込む一因を作ったことを
一部の学校では教えてるって言ってたよ。あと真珠湾当時、そこにいたアメリカ人の
お婆さんが、日本軍は民間施設を狙った爆撃はしてこなかった。軍事施設を狙った
ものでなければ、私はここにいなかっただろうと証言していたよ。
まっ嘘か本当かは分からんけどね。

240 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:17:18 ID:Xv7N0PkX0
アメリカ、ロシア、中国

↑これが世界平和を作った正義の戦勝国。
現在進行形で弾圧、虐殺、侵略してるのはどこの国だっけ?

241 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:19:20 ID:sfrLE5Hh0
地球人が原子力を手に入れたのは早すぎたと言うが
今でも早すぎるのでは無いかと、共和党を見ていて
思うことが有る

242 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:20:56 ID:OklzWJ0S0
22 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2005/07/05(火) 03:22:55 ID:rzOZvGeU0




オカマ死ねww

243 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:21:39 ID:dwOVbUr90
読むのメンドクサイから、既出だったらごめん。
アインシュタインって、京都に原爆落とせって言って
米軍に呆れられたんじゃないの。

244 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:21:57 ID:A4xdo2610
高校のときグループ自由研究でベトナム戦争を調べて発表したんだけど、勉強になったわ
フランスがいかにひどいことをしてきたか、日本が開放という名のもとどう搾取をしようとしたか、アメリカがどんな残虐非道な行為をしたか・・・思い出しただけで腹がたってきた

245 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:26:29 ID:g+FOfkDo0
>>244 で、最後に貧乏が悪いと思います。としめたやつだろ?涙無くして聞いてられなかったよ。

246 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:27:51 ID:08SQZNdG0
アインシュタイン氏ね

247 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:29:12 ID:m55z6tGD0
アインシュタインって直接原爆開発に関わったと思っていたんだが違うの?

248 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:29:35 ID:A4xdo2610
>>243
アインシュタインて親日家だったんじゃ?
ソースあったらよろしく>京都に原爆

249 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:30:31 ID:Xv7N0PkX0
>>244
第2次世界対戦で敗北したのがそれまでの正義。



250 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:34:28 ID:b1sZ59NA0
アインシュタインが破壊兵器を生み出した天才だったとしたら
アインシュタイン並みに画期的な理論で平和を生み出せる
天才がこれからは求められるということですね。

251 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:44:33 ID:m55z6tGD0
世界で一番悪い事した国は自国民を大虐殺した中国。
犠牲者の数から言っても残虐性から言っても中国。2番アメリカ。

252 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:48:11 ID:A4xdo2610
>>251
ソ連は?カンボジアは?もしかして知らないの?

253 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:50:49 ID:8gLUch7P0
どこの国にも凶暴な変態虐殺マニアはいる。
国を責めるよりも個人を責めるべき

254 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:52:29 ID:OaysNTNR0
このニュース、まえにもスレ立ってなかった?
原爆投下は人体実験だったんじゃないか?って手紙を日本人学者が送ったら
その裏に逆切れした文章が帰ってきたっていう・・・

255 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:53:52 ID:qF8T9gla0
まぁ、日本も原爆の開発はしてたらしいからな。開発が早いか遅いかの差だった訳やろ・・・

256 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:56:14 ID:Iv2K0PbJO
>>233 爆弾の搭載量考えような

257 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 05:57:14 ID:A4xdo2610
人体実験云々を言い出したら日本も731部隊で人体実験やってたけど

258 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:00:58 ID:m3l8e5rQ0
>>226
1945年に原爆使用を禁止する法律などどこにも存在しない。
戦争において人殺しの手段の是非を問うことがナンセンス。
それこそ平和ボケだ。

より多く、より効率的に殺す。それは兵器に求められる合理性だ。
原爆の何が悪い。

259 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:01:48 ID:Oo/bTy0X0
>>257
防疫部隊ですが何か>731
どうせならソースキボン


260 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:02:42 ID:5Uq01jgm0
役に立つものはだいたいまず悪いことに使われて有名になる。

261 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:03:34 ID:m55z6tGD0
>>252
忘れてたポルポトが2番でスターリンが3番かな?4番アメリカ。

262 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:13:30 ID:wIcwaoQq0
>>258
積極的に民間人を攻撃するのは当時でも非難されたことだが?
東京大空襲も当時ですら国際法違反だといえますが?

263 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:19:32 ID:bLdjkLcgO
>>262
東京大空襲って
軍事施設狙いじゃなかったの?


264 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:20:31 ID:Hy24GEUI0
国策として全国60都市以上に無差別爆撃し、
あげくの果てに原爆まで落としたのはゆるぎようなし。


265 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:21:39 ID:sfrLE5Hh0
>>242
 
黙れ、きびだんごう


266 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:24:36 ID:UrDncMWL0
>>45
うーん、石原の言葉から思うに
日本が戦争に勝たなくて良かったw
核落としまくってただろうねw

267 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:24:56 ID:m3l8e5rQ0
>>254
新兵器を実戦使用して性能を証明するのは当たり前。非難するのは間違い。
そもそも人を殺すことを目的とするのが兵器なのであって、その使用を
「人体実験」などと揶揄するのは笑止。馬鹿の言説。言葉遊びだ。
むしろ人体実験をしないでどうしてその兵器の性能がわかるというのだ?

>>262
当時日本に非戦闘民はいない。それは当時の政府の方針。
たまたま新兵器の威力に巻き込まれた民間人がいたかもしれんがな。
そんなことはよくあることだ。

268 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:27:27 ID:wIcwaoQq0
>>263
建前はそうだが
軍事施設狙うのにナパームは要らないだろ
戦勝国なら目標に軍人ひとりいれば1万人焼いても咎められる事は無いだろうがね

269 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:30:41 ID:m3l8e5rQ0
>>264
日本は民主的に選ばれた政権が国策として一億玉砕を掲げたのだから
全く問題なし。事実、日本人は婦人に至るまで竹やりでB29に抵抗した。
脅威を排除したのは当たり前だ。

>>268
攻撃してくる敵に、この武器を使えとクレームつけるのかお前は(笑)

270 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:30:59 ID:wIcwaoQq0
>>267
子供も赤ん坊も妊婦も老人もみんな戦闘員なのね、ハイハイ

271 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:32:30 ID:A4xdo2610
>>263
消失予定地図の中に病院・学校が堂々と含まれてた

272 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:35:09 ID:j2m1YyU+0
アインシュタインって、量子力学からは目をそむけてたんじゃなかったけ?

273 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:35:54 ID:qmRfFD7h0
>>269
大正デモクラシーから、真綿で首を絞められるように、
国家総動員までいってしまった、と。
大義を背景に巧妙にじわじわくるから、なかなか手ごわいんだよね。

274 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:37:34 ID:9Zo5Ehy2O
ルメイ死ね

275 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:38:25 ID:9btq8Q0g0
一発でも許せんのに、
二発も落としやがって!!

276 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:39:02 ID:fU4px8TJ0
>>272
気持ち悪いって
神はサイコロで遊ばない、と言った

277 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:40:31 ID:UnPpT2gu0
>>276
だかって、ビー玉で遊んだら良いってもんでも無い

278 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:42:01 ID:wIcwaoQq0
>>269
国際的に非難されるから今はピンポイント爆撃とかやってんですけど〜
ダムダム弾とか国際的に禁止された武器もあるんですけど〜
毒ガスを使ったらクレームつけられて当然なんですけど〜
君お馬鹿?

279 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:42:13 ID:m3l8e5rQ0
>>270
それらが巻き込まれる戦術を選んだのは日本であって米軍ではないな。

兵器が戦場に投入されるのは当然。戦場で性能を確かめたいのも当然。
なぜそれが問題なのかさっぱりわからない。

280 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:45:54 ID:mrymWYIf0
>>279
ちっとおかしな視点だな。

281 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:46:34 ID:sCL9qPRw0
ユダヤ人はろくなことしないな。
ナチスがヘタレじゃなければ、世界は今よりは平和になっていたのに

282 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:46:43 ID:myisjBR70
で、原爆を落としたのはゲイだったっけ?


283 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:47:20 ID:wIcwaoQq0
>>279
中国軍が南京で便衣兵つかって市街戦やったのとはわけが違う
ゲリラ作戦やったのならば巻き込まれる戦術を選択したといえるが
東京の下町でゲリラが居たと思うか?
戦場じゃない所で兵器の性能を確かめたわけだ、理解できるかお馬鹿さん?

284 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:48:56 ID:m3l8e5rQ0
>>278
馬鹿はお前。自分で「国際的に非難されるから今は」と断りを入れた
文章でなにかを批判したつもりになってるのか? 「今は」それがどうした?

「当時」、原爆使用を禁止する法律など世界のどこにも存在しない。
日本に原爆を使用することを批判する国際世論など存在しない。
よって問題なし。

また現在においても、禁止されていないならいくらでも非人道的な
兵器(実にばかばかしい矛盾した言葉だが、お前にはそういったほうが
わかるだろう)使われている。それが戦争だ。

もう一度いうが、お前は馬鹿だ。

285 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:49:13 ID:fU4px8TJ0
>>282
そんなの分かるわけないだろ
ゲイの男に殺されるのも気分が悪いから、まあ気にはなるかもしれないけど・・・
で、そんな事訊いてどうしたいんだ?

286 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:49:30 ID:A4xdo2610
>>280
確かめたいから投入していい、というなんとも幼稚な論理が>>279の主張
是非の問題との区別がついていないのですよ

287 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:50:17 ID:Q6tJoE6B0
>>274
カーチス・ルメイは日本から勲章を貰っている。
たしかにそうだけど、彼は戦後あまりにもひどい無差別爆撃をしたことを
後悔していたそうだ。アメリカ、日本のマスコミの取材にも東京大空襲に
ついてはふれるのを嫌がり、まともな話しも残していない。
それに彼は軍人として日本が再び空襲の惨禍に遭わないようにすることが、
一番であると、空軍力の確立に、懸命に航空自衛隊の育成に努めた。
それで、勲章なんだから、いわば自戒と反省の産物だと思うべきだね。

288 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:51:38 ID:zo6QTejfO
>>280
たぶんイラク市街地への無差別空爆やデイジーカッター、劣化ウラン弾使用といった
ニュースに関するネトウヨの態度を皮肉っているのだと思われ

289 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 06:58:08 ID:wIcwaoQq0
>>284
当時から非難されているから現在ピンポイント爆撃しているわけだ
読み取れたかな?
たしかに原爆の使用を批難するような国際世論は無かった
あたりまえだよな、原爆なんてモノはそれ以前は無かったんだから
しかし当時でも民間人を巻き込むような無差別攻撃は禁止されていたことは理解できるか?
少しは考えてからレスしたらどうだ、脳直で行動するんなら虫なみだぞ

290 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:01:18 ID:m3l8e5rQ0
>>283
日本に非戦闘民はいない。日本政府は徹底抗戦している。
ならば日本本土が戦場だろう。じゃあ逆に聞くが、それ以外の
どこに日米の戦場があったというんだ?
米軍は戦場で兵器の性能を確認した。それだけだ。
なお、市街戦を選ぶか爆撃を選ぶかは戦術の問題。

>>286
戦時中に新兵器を実戦投入して性能を確かめることを批判するのか?(笑)
是非もない。平和ボケだな。論外。

>>288
いや、ネトウヨも含め、反原爆論者の平和ボケを皮肉っている。
戦争で殺し方の是非を問うなど、戦争をなめすぎだ。

>>289
お前はこっちのレスをちゃんと読め。
非難などされていない。どこにそんな記録が残っている?
>原爆なんてモノはそれ以前は無かったんだ
その通り。だからただの1新兵器だと何度もいっている。
>無差別攻撃は禁止されていたことは理解できるか
すでに回答済みだ馬鹿。お前こそ考えてからレスしろ。

291 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:01:37 ID:Q6tJoE6B0
日本軍の卑劣な重慶無差別大爆撃では、何十万という女子供が犠牲になったんだよ。

292 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:04:10 ID:qmRfFD7h0
婦女子にも竹やり訓練させてたんだからね。
本土上陸となったら非戦闘員はいなかったろう。

293 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:05:50 ID:Q6tJoE6B0
当時の広島は西日本一の軍都で、本土決戦に備え軍隊の機能が集中していた。
長崎は三菱の軍需工場があった。
原爆は民間人を狙ったものではなく、あくまで軍事施設を目標としたものである。

294 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:06:54 ID:Q+LhUXRX0
>>263
表向きはそう>軍事施設攻撃

実際は下町の小さな工場や内職的に個々の家でやっている作業も
含めて軍の協力施設として攻撃対象

295 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:07:09 ID:wIcwaoQq0
重慶爆撃の正確な被害はいくらだっけ
重慶は軍事施設を民間施設に混在させてんだろ?
だからこそ民間にも当然被害が出た、これは便衣兵同様な中国の得意技だな
何のためにゲリラが国際法で禁止されているかと言うと、否応無く民間人を巻き込むからだ
民間人を攻撃するのと同程度に、民間人に紛れ込むのは重罪だ。

日本に非戦闘員はいない?赤ん坊も戦闘員か?なんと都合のいい解釈だな
それが通用するなら国際法なんぞ要らんな

296 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:10:01 ID:wM7U9acr0
竹槍訓練だけで戦闘員扱いとはなかなか素敵な戦場をお持ちですなあ。
そんなこと言い出したら徴兵のある国には
非戦闘員は存在しないということになるがそれでよろしいか。

297 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:13:18 ID:yI5J56ma0
戦後アメリカは莫大な資金援助を日本に対して行った。
当時の金額で20億ドルもの大金だ。
日本はそのお金で食料や機械を買ったんだ。
ガリオア・エロア資金のことをアメリカに感謝してる日本人が何人いるんだ?

298 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:15:07 ID:qmRfFD7h0
>>296
沖縄に上陸したアメリカ軍は、竹やり程度でも背後から
いつ襲ってくるのかわからなかったから、怖かった、と言っていたよ。
実質便衣兵と変わらなくみられたのではないかな。

299 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:16:12 ID:KcG8+bkz0
>>297
あとでキッチリ利息取られて返済させられたんじゃなかったっけ?

300 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:17:01 ID:yI5J56ma0
初めアメリカは京都に原爆を落とす予定だったんだけど、
アメリカの軍人さんが、京都は日本の伝統文化が残ってる街で、
それを焼いてしまうのはいけないからと、京都を目標から外したんだよね。
アメリカ人は戦争中でさえ、日本の文化のことを心配してくれていたんだ。
アメリカ人は余裕があって本当にすごいよね。

301 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:17:57 ID:qmRfFD7h0
>>297
WW1のとき、戦勝国は敗戦国に多大な賠償金を課すだけだったのに、
日本はその反省のせいで、ずいぶんよくしてもらったんだよね。
安保のときアメリカは、今中韓に対し日本が思ってるような「恩知らず」感を
持ったと思うよ。

302 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:18:14 ID:8zZDrUjk0
沖縄戦の日本軍は、敵の民間人を殺すどころか、味方の少女に爆弾を仕掛けました。

「洞窟の外で泣いている女の子を見たことがある。背中に爆薬が仕掛けてあった。
数十メートルほど後方に、日本兵の姿が見えた。日本軍は、このように子供を
ブービートラップ(仕掛け爆弾)として使うことが多かったという。
米兵は子供を見ると、必ず駆けていって助ける。日本軍はそれを知っていて、
敵をおびき寄せる手段として子供を利用したのだという。マックの記憶では、
その子供は無事救出された」

フランク・マック(イリノイ州シートン在住)
第六海兵師団第二二連隊衛生兵

「沖縄戦 米兵は何を見たか 50年後の証言」吉田健正 彩流社 P164

303 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:18:47 ID:ImAErhWR0
日本もアメリカと原爆研究を争ってたろ

日本は失敗し、アメリカは成功した。

304 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:19:55 ID:wM7U9acr0
>>300
そりゃ戦力が10倍以上、生産力になると千倍近くも差があれば
余裕があって当然だろうよ。

305 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:20:10 ID:b+HcUTiR0
>>303
これはもう有名な経緯なんだが
日本は
終戦近くの時期にアメリカとほぼ同時期に核の開発に成功していたが
昭和天皇はそれの使用を許可しなかった。
自国民に限らず当時敵国だったはずのアメリカ人と
その国土の荒廃にさえ配慮していた昭和天皇を断罪しなければならない理由が本当に存在するのか。
むしろ日本は
世界で初めてアングロサクソンの強引なジャイアニズムに
正面からケンカを買った勇気あるアジア国家として自国を誇るべきだと思う。
ぼちぼち目を覚ましてもいい頃合じゃないのか。

306 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:21:12 ID:i96nPXQc0
もう誰が本気なのか俺には分からんですよ

307 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:22:51 ID:TR/ZFY+p0
>>303
日本軍の核開発ってホントかなー
核実験もしてないのに核仕様は無茶だなー
研究に手をつけるだけ手をつけるのは簡単だし…

308 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:24:22 ID:ETz70iW4O
>300
ああ。
大体日本が天皇制にこだわって、ポツダム宣言受け入れを先伸ばしにしてたから、
アメリカは正義の鉄槌を下さざるをえなかったわけだしな。


309 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:25:12 ID:rpf9i9gK0
原爆は日本分断から守った。スターリンが後で北海道二分割案を提案してきたのは有名な話だ。
でもトルーマンは駄目だと言ってスターリンは言うことを聞いた。
これはアメリカが原爆を持っているからでありもし持ってなかったら
スターリンのやりたい放題だっただろう。

310 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:25:33 ID:gMcdqRvgO
>>297
アメリカは後に返せ、と言ってきた。

日本は戸惑ったが、国会決議をして返す事にした。

所がアメリカは、援助を返すよう要求するのは格好悪いと思い直したので、半分でいい、と言ってきた。

日本は言われるままに半分を返した。

だから今日の日本は、アメリカに対して何の借りもない。

311 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:25:40 ID:scv2Eaqi0
>>305
完成してないよ、理論や起爆装置はできてたけど
肝心な材料、純度99%以上のウランやプルトニウムがまったく
手に入ってなかった


312 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:27:31 ID:x2i2ZEJ90
終戦間際の日本では、研究者は牛肉の熱伝導率などを研究していた。
実験に使った牛肉はもちろん研究者がおいしくいただきました。

313 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:27:31 ID:URC0xtv30
>>301
それを考えると「韓国が独力で行ったと信じてる漢口の奇跡」の話を日本は笑えないよなあ・・・

314 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:28:04 ID:ImAErhWR0
ジパングが正しい歴史

315 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:28:39 ID:kf/ZVoEx0
>>309
んだ。
よかったよ朝鮮半島みたいな醜いことにならなくて。
シベリアで強制労働をもっとやらせることできたのにね
スターリンざんねーん!!死ねスターリン


316 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:30:54 ID:rpf9i9gK0
原爆の被害だけを強調するのではなく、なぜ原爆が投下されたのかを考える必要がある。
パールハーバーがなければ原爆はなかったし、ポツダム宣言が発表された時点で
それを受け入れていれば同じく原爆投下はなかった。民間人が殺されたというが、
最初に無差別空襲を始めたのは日本軍の重慶爆撃のほうが先だし、
バターン、マニラ、南京虐殺など、日本軍の残虐行為はいくらでもある。

「自業自得」自称被爆者たちはこの言葉を今一度深く噛みしめるべきである。

317 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:31:56 ID:i96nPXQc0
外人が居たから原爆落ちた

318 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:32:20 ID:qmRfFD7h0
>>303
ガセビア
予算の違いをみろって。

319 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:34:07 ID:RIe1lFEY0
>>316
>最初に無差別空襲を始めたのは日本軍の重慶爆撃のほうが先だし、
>バターン、マニラ、南京虐殺など、日本軍の残虐行為はいくらでもある。
ネタか?日教組は市ね

320 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:36:27 ID:qmRfFD7h0
>>318>>303>>305の間違いね

321 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:36:30 ID:ImAErhWR0

え〜と、日本人以外の人がここでレスすんなよ



322 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:37:09 ID:gMcdqRvgO
>>316
まず通州で日本人居留民が、国民政府の保安隊員に虐殺された。
どちらが先かといえば、虐殺は支那が先だ。

323 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:39:13 ID:wIcwaoQq0
別に日本人以外がここで話してもいいと思うけどね

ただし額に”朝鮮人”と彫りこんでから発言してもらいたいもんだ

324 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:40:06 ID:Tl3lZ3xI0
とにかく原爆の被害ってのは膨張されすぎてる。
爆心地で人が蒸発したとかね・・(苦笑)
爆心でもたくさんの人が生き残ってるってのw

325 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:41:08 ID:wM7U9acr0
終戦間近の日本軍という単語が出てきたら眉に唾をつけて読むべきだな。

326 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:47:00 ID:u/xY37TP0
単純な平和主義者よりマシ

327 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:49:05 ID:qmRfFD7h0
>>316
ヒロシマで母と妹を亡くし、自身も被爆者な父は
原爆は「自業自得」だったと思ってるよ。
軍都廣島の宿命だった、とね。


328 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:49:20 ID:0fpXqdD/0
威力の見せしめだけなら東京湾でもOKだったはず。
大都市に落としたのは生態実験の意味が大きい

329 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:51:59 ID:+NvKGj130
>>328
真珠湾攻撃だって、海に爆弾落とせば良かっただろ。
戦艦を撃沈するだけの攻撃能力がありますよと示せばいいだけなんだから。

330 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:52:01 ID:myisjBR70
まあ、オーダー(統治)を効率と読む奴も居れば支配と呼ぶ奴が居るのと
同じ間違いは大人に多いよ

331 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:53:02 ID:31BMQCT+0
で、もしあの世があり閻魔様がいたらアインシュタインは天国行きなのか?地獄行きなのか?

332 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:53:25 ID:dAOSCPW40
広島・長崎出身者の被爆二世、三世と結婚しては
いけないよ。奇形児や身体障害児が生まれる確率が
格段に高い。

333 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:54:06 ID:cEc5UMoK0
原爆の製造にアインシュタインは関係ないだろ。

334 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:54:52 ID:Hy24GEUI0
アインシュタインもアメリカも日本にとって巨悪。

335 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:56:15 ID:5vip5ReW0
>>328
原爆が人体実験だなんてとんでもない。
当時のアメリカは日本軍の猛反撃に押されて切羽詰っていたんだよ。
もう原爆を使う以外、アメリカ兵を守る手段が無かったんだ。
トルーマンは涙を流しながら、原爆投下の命令書にサインをしたんだよ。

336 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:57:00 ID:rXp+lCzf0
>>333
製造には関係あるだろ。ナチスが造る前にさっさと造れと騒いでいたから。

337 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:58:14 ID:qmRfFD7h0
>>332
2世には国の検診があるのだが、検診に行って医者に言われた。
「2世には影響はないみたいな結果が出てるんですよね」
ちょっとうれしい拍子抜け。
胎内被爆者の2世は違うと思うけど。

338 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 07:59:33 ID:/6hfnwq+0
>>336
騒いでたのはレオ・シラード。
アインシュタニンはシラードに頼まれただけ。

339 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:00:17 ID:grRdIRJL0
>>184
しかし、Einsteinはアメリカ政府に開発を進言し、戦争を肯定していたのだから共犯

340 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:01:06 ID:rXp+lCzf0
>>338
そんなの俺知らんど

341 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:04:27 ID:grRdIRJL0
>>202
いや、大統領に直接、影響力を及ばす手紙を出していた
一定の政治力はあったよ

342 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:07:46 ID:725uRoXZ0
>>335
それなんてエロゲ?

343 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:13:53 ID:i4NeIYk60
NHKは韓国団体と裏約束しているから韓国の犯罪は黙認、 
韓国漁船逃走問題でも日本の排他的経済水域に入られてこの問題が起きたのに
「韓国の国民感情が悪化しています」
とニュースでコメント、まるで日本が悪いみたい、
しかも1名の海上保安官が海に落ちた上
保安官2名を乗せたまま逃走したことについては一切言及なし・・・。
「日本の海上保安官が韓国漁船の船員を殴った」、という彼らの作り話を
大々的に伝えて、「韓国の反日感情が悪化しているため、韓国政府は引き下
がれない」と韓国政府の言い分ばかりを伝える

まるで視聴者に 「悪いのは日本の保安官だから、日本政府が譲歩してあげないと
いけない」という、印象を植え付けるような報道をしてやがる。

事実を曲げてまで反日報道をするNHK 
こんな放送局だから人権擁護法案には賛成なんだろう 
こんな法案を黙認して日本人の弾圧に加担 
するような放送局など 
つぶれてしまえ 


344 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:31:14 ID:fBbRNaXr0
正義の為には悪は潰さなければいけない、ってのはまぁ良く言われることなんだよね
でも実は双方正義の為に戦ってる。
だからこそ正義たるべき為に戦争は勝たないといけないし、そのためにはどんな卑怯な手を使っても勝たないといけない。
正義の為には悪に成らないと、正義は貫き通せないってこと。
でも悪を潰すために戦争しているはずで・・・

345 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:31:15 ID:7ubvbEDi0
>>328
だから生体実験しないでどうして兵器の性能がわかるんだって。
戦時中に新兵器を使用するのが悪いみたいな言い方するなよ。
戦争をなんだと思ってるんだ?

346 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:32:28 ID:ZyTl2tfV0
阻止枝

347 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:36:23 ID:ImAErhWR0
美流馬尾

348 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:38:15 ID:7ubvbEDi0
>>296
なに一般論に拡大してんだ? 日本政府は全国民に軍属たることを命じていた。
一億玉砕、本土決戦が日本政府の方針であり国民にもそれは徹底周知されていた。
1945年当時の日本に軍属でない国民などいない。民間人など存在しない。
戦場でない日本本土はない。
具体的な日本の状況を無視するな。

349 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:39:16 ID:OaysNTNR0
>>287
これ、前にもコピペしてルメイを擁護してる人がいたけど胡散臭すぎ。
後悔してたとしたら、なぜ航自結成後にベトナムで北爆開始したの?
彼はベトナムを石器時代に戻すとまで言ってるよ。
マスコミに何も語らなかったのも、たんにベトナム戦争後は軍人への
風当たりがきつくなったからってだけでは。

私は天皇が授与式を欠席してくれて本当によかったと思ってるよ。

350 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:41:55 ID:ZyTl2tfV0
>>345
戦中日本外交史とマンハッタン計画について勉強しなおせ

351 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:47:20 ID:4b0DWOdX0
これって1ヶ月前の記事じゃん。何でいまさら?


・・・はっ! これも相対性理論で言うウラシマ効果なのか?!

352 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:48:37 ID:Qn0oTS4S0
>>351
アホデスカ?

353 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:55:46 ID:4b0DWOdX0
つーかアインシュタインが原爆に理論的に関与したのって
例のE=mc^2 ってやつだけじゃないの?
そこからスタートして質量からdでもないエネルギーを取り出そうとした
後のやつの関与の方が何倍も大きいのにアインシュタインを責めたって
意味ないと思うんだが。

354 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 08:58:30 ID:NNvZBlJq0
いったん動き出したものを、アインシュタインが阻止できるわけないだろう。
夢想的な学者だぜ。

355 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:03:50 ID:NNvZBlJq0
米ソ冷戦がすでに始まっていたから、自由主義陣営の優位をソ連に示すためには、
黄色い猿の犠牲の生け贄が必要だと、トルーマンは判断したのだろう。
国民向けの宣伝は、「原爆で戦争を早期終結し、多くのアメリカ人の命を救った」
と言うことですね。

356 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:04:56 ID:myisjBR70
ルーズベルト大統領はとある婦人との徹夜でナニで腹上死して
変わってトルーマンがサインをした
 
どういう涙かは本人に聞かないと判らないよな?

357 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:09:56 ID:HM02Tkc20
>>343
NHK上層部は、韓国の下僕だろ。

捏造韓流のキャンペーンを1日数時間垂れ流したことからも
はっきり解る。

358 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:11:21 ID:/7iOgdry0
>>353
アインシュタインのルースベルトへの書簡の件を知らない人?

359 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:13:13 ID:myisjBR70
原爆を落とした奴は太っ腹では無い事は確かだ

360 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:14:21 ID:5LBewb4J0
>>358
だから手紙を書いたのはシラードだっつの。

361 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:15:12 ID:zFPHIzMd0
真珠湾攻撃・トラトラトラは大日本帝国の自殺です。

ゲーテは死の床で「もっと光を!!」と最後の祈り。

原爆は自殺者にとって最大の光でした。

デブヤやオバタリアンズやニートが一度に市にました。

だれが、不幸だったろうか ?

362 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:16:49 ID:myisjBR70
ポチっとな
 
って洒落1つで済む事を長々と言うで無い

363 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:22:56 ID:P9DTMV9p0
>>346-347

GJ

まるでスレに関係ないところがワロス

364 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:26:43 ID:C51f07G10
白人種であるドイツには使えなかったが、インディアンとそっくりな日本人には
容赦無く使えたということか。

365 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:30:01 ID:4fvfGAjE0
日本人に使ったのではない。

デブヤやオバタリアンズやニートが一度に市にました。

366 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:32:09 ID:j5HLus+P0
それで、共和党上院議員は犬と猿
 
どっちが偉いのか差別しとるのかね


367 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:32:51 ID:o3bLm7vHO
ゲーテの「もっと光を」は、単に寝室が暗かったから頼んだだけと聞いたのだが。

368 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:34:29 ID:4xTs3nrR0
結局、対日原爆投下には一定の理解をしてたっつう事でしょ?
弁明でしかねえな。
しかし、当の日本人に対してあの時代にこういう締めで手紙を送るって
バカにしてるよな。
普通平謝りじゃねえのかよ。

369 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:37:53 ID:4fvfGAjE0
死の淵は寝室ではありません。全世界同一の暗黒です。

島崎藤村が言った「夜明け前」の「一番暗い」暗黒です。

370 :さんど猫 ◆D57rqyn1UQ :2005/07/05(火) 09:41:29 ID:Ja046A930
>>367
そもそも「もっと光を」とは言わなかったという話がある。


371 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:42:53 ID:UwnyZ1s60
アインシュタインはたいへんな親日家で、日本食が大好きだったんだってね。

372 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:48:52 ID:gNUX3qt20
原子爆弾投下を推進・実行した大統領
第32代フランクリン・デラノ・ルーズベルト(米民主党)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第33代ハリー・S・トルーマン(米民主党)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
当時一軍人の立場ながらトルーマン大統領に投下反対を具申したことが米でも明らかにされた
第34代ドワイト・D・アイゼンハワー(米共和党)

373 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:51:03 ID:4fvfGAjE0
>>370
そんなこと証明できたら、悪魔だ罠。

374 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 09:59:18 ID:6pgiF+shO
白人相手だと原爆使わんてよく聞くけどそんなに仲間意識が強いのか?
個人的には同じ黄色人種に消えてもらいたいところがあるんだが

375 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:00:11 ID:j5HLus+P0
>>1
ところで、キミはゴンザレス司法長官の手下って本当か
いやそのものかもしれんが


376 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:06:22 ID:qCJBAK2C0
>>374
仲間意識というか、なんだな。
有色人種は同じ人類としてみていない。
生かすも殺すも自分たちの基準なんだよ。
ペットと同じ。
自分たちになついてくるのはかわいがって生かしておくけれど
はむかえば殺しても構わない。
理由もなしに大量に殺す事は悪とされるが
理由があれば全然問題無い。

377 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:10:09 ID:ZawKdW6k0
日本人だって鬼畜米英とか呼んでたじゃん。
鬼畜っつーたら鬼や畜生のことだろ。
人間扱いじゃねーよ。

378 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:11:18 ID:mO2daMUtO
物理学者ごときが、戦後の覇権に関わる
政治的意志決定に口出しできる訳がないだろ。
たとえ天才でもね。

379 :ナベツネ:2005/07/05(火) 10:17:44 ID:XFmGCgtY0
たかが研究者が。

380 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:20:00 ID:COJDyy7H0
>>377

「鬼畜米英」と呼んだのは、非戦闘員に対する悪辣な行為
(病院や学校の児童生徒への攻撃)を受けてのもので、
人種差別とは違います。

381 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:23:53 ID:Ks0PtJkL0
>>380
南京大虐殺や重慶大爆撃をした日本軍は鬼畜以下ですね。

382 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:28:40 ID:MCQ1Ku3j0
>>380
それならその行為だけを糾弾すればよいだけの話で、米英にケモノヘンを付けたり
「鬼畜」とまとめて呼ぶのは人種差別と受け取られてもしょうがないだろう。

383 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:29:50 ID:KBLdoXVF0
実は相対性理論の起源は韓国

384 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:29:51 ID:odsdxS150
>>60
ほぼ全てに同意

しかし、原爆病(手帳)認定の件に関しては・・・ある人達・・
これ以上はtabooなのでいえない・・・・・

385 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:31:32 ID:j1Apky7K0
湯川秀樹のノーベル賞授賞式の時に自分の理論があの悲劇を生み出したことに泣いて謝ったらしいじゃん。


386 :アルベルト・アインシュタイン:2005/07/05(火) 10:34:14 ID:SC+SCTC70
━━━━━原爆投下は笑えた!
死者10000人ごとにカウントしてたのってオレだけ?
(よっしゃー100000人突破!よーし次は200000人突破しろーって)
でも結局は200000人しか死んでねえんだよね。全然、騒ぐほどじゃないし。
原爆投下は笑えた。まじで
ワシントンポストで知って、手を叩いてわらったなぁ。
ジャップが放射線障害でバタバタ死んでる間、家でステーキ食ってた
アホだなーこいつらって思いながら
わざわざ広島まで行って記念撮影しようかと思ったよ。
でも原爆投下のおかげでオリンピック作戦は避けられたんだし
結果的には良かったんじゃないかな。
たしか広島や長崎のアカがスミソニアンの原爆展を批判してたけどさ、
あそこらへんってヤクザが多いからそのまま全滅させたかったんだよね。
今でも相対性理論を批判してるヤツがいるらしいけど、
しつこいんだよ!原発で作った電気使ってるくせに。むかつく。
ところで被爆直後はジャップってトイレどうしてたの?
もしかして野グソ?汚ねぇなぁー。
どちらにしろエノラ・ゲイからの映像はまさにキラウェア火山のようで壮観だった!
気持ちの良い夕刻でした


387 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:35:43 ID:DpxQjVPZO
>>381
朝からキムチなんか食うなよ。臭いぞ、藻前。

388 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:40:42 ID:upj1kDJv0
アイ〜ンしたいん?

389 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:41:09 ID:j5HLus+P0
 
これ異常の失望は無い


390 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:43:04 ID:d6QUZ4ve0
原爆で被害があったのは事実だけどそれに粘着してたらどこぞの三国人と同じだろ。
問題は今後日本の非核三原則と同様なヤツを他国でも定めること。

とはいっても、核武装している国が一つでもあればその国に対して脅威を感じ、
他国は核武装して戦争を仕掛けられないようにするしかないのかもしれないが。

まぁぶっちゃけて言えば日本でも俺は戦争未体験だから過去の史実戦争よりも
今後の戦争に巻き込まれないかが心配なだけだが。

391 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:43:41 ID:BEqpZsY9O
アインシュタインも時代の濁流に呑まれた一人なんだね。
どうこう言うのは止めよう。
日本を愛してくれた上での苦悩でもある。

392 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 10:47:27 ID:SC+SCTC70
>>388
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

393 ::2005/07/05(火) 11:42:19 ID:HbtuanB80
愛したい

394 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 11:42:54 ID:TJNMlfpY0
http://211.10.20.135/a/a.cgi?k30215Tm01529
http://211.10.20.135/a/a.cgi?k00986Fm01529
http://211.10.20.135/a/a.cgi?k00890m01529
http://211.10.20.135/a/a.cgi?k01000Bm01529
http://211.10.20.135/a/a.cgi?k05335Dm01529

395 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 12:13:16 ID:xRuwmcK00
いまだ誰も触れていないようなので、この篠原さんについてのトリビアを一つ。
彼には趣味がありまして、蒸気機関車、それもドイツの奴が大好きだったんです。
(留学中にさんざん慣れ親しんだのでしょうね)
神田にあります交通博物館にドイツの01型という蒸気機関車の大きな車輪が一個だけゴロンと
転がしてありますが、実はこれこの篠原さんが功成り遂げた末に個人で輸入してあちこち流浪の
末に交通博物館に安住の地を見出したもの。(正確な所有者は今誰なのだろう?)
もし交通博物館に行く用事がありましたら、どこかの展示室の隅にある赤色の大きな車輪を見つけ
る事ができましたら、汽車キチガイの篠原氏という学者がいたことと、この2chのスレを思い
出してあげてください。


396 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 12:22:19 ID:riZvo1Ke0
>>16
数の問題ではない、亡くなられた人は広島の宣伝発展のため犠牲になったと?
それに、南京の事実を曲げてまで原爆虐殺と比べるのは筋違い。
南京虐殺の事実を戦争体験者から具体的に聞いて検証してみたほうが、
あなたの脳内回路は脱線していますね。

397 :名無しさん@5周年:2005/07/05(火) 12:26:51 ID:Z14Ktlk/0
>335
うそつけ。原爆は黄色人種への憎しみでしかない。
しばくぞ。
アメ工にテロ組織が原爆を落としますように。
被爆2世からの願い。

398 :皇居と靖国神社に原爆を落とそうぜ!! :2005/07/05(火) 12:40:59 ID:LYct7tvt0
http://www.kunaicho.go.jp/ http://www.kunaicho.go.jp/
http://www.kunaicho.go.jp/ http://www.kunaicho.go.jp/
http://www.kunaicho.go.jp/ http://www.kunaicho.go.jp/
皇居と靖国神社に原爆を落とそうぜ!!
http://www.yasukuni.or.jp/ http://www.yasukuni.or.jp/
http://www.yasukuni.or.jp/ http://www.yasukuni.or.jp/
http://www.yasukuni.or.jp/ http://www.yasukuni.or.jp/

399 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 12:57:34 ID:R3J+DzBuO
>397
アメ工
アメ公

400 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:00:45 ID:L20tqEJM0
>>307

一応計画らしいものはあった。
でも実験レベルにすら到達していなかった。
昭和天皇が開発に反対したみたいな話もあるようだが...

ただ、それに拘わった某理論原子核物理学者が後に
実際言っていたことなんだが、
ある公聴会みたいなところで、政府要人を前にして、
「あと2、3年は、アメリカは原子力爆弾を開発できません!」と言い切ったら、
その数週間後に広島へ核が落ちて焦った。
敗戦と同時に資料は焼却したそうな。


401 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:09:35 ID:NNvZBlJq0
ドイツでは、ハイゼンベルクが、原爆開発に協力する振りして、
実は、ナチスの原爆開発を妨害していた。
アメリカは、彼の頭脳を恐れて、暗殺しようとしていた。
ユダヤ系の物理学者は、戦後、ハイゼンベルクを毛嫌いして、
いろいろ嫌がらせしたらしい。

402 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:10:43 ID:eyqJSR6J0
ここに詳しく書いてあった
( ´∀`)つ ミ
http://www.geocities.jp/blogjapannews/

403 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:13:44 ID:NNvZBlJq0
6.大学の研究室
 ハイゼンベルク「原子爆弾の可能性か?」
 フェルミ「うん。もし戦争になれば、おそらく我々はそれに無関係ではいられないだろ
  う」
  ハイゼンベルク。
 フェルミ「なあ、ウェルナー。君もこのままアメリカに亡命しないか?」
  ハイゼンベルク、見る。
 フェルミ「はっきり言って君は脅威だ。君ほどの人物がナチスの手元に残ることは自由
  世界にとって非常に脅威だ」
 ハイゼンベルク「それは私にドイツを捨てろという意味かい?」
 フェルミ「もうドイツは研究が続けられる環境じゃないだろう。プランクはナチに抗議
  してカイザー・ウィルヘルム協会総裁の座をおりたというし、君だってずい分…」
  首を振るハイゼンベルク。
  見るフェルミ。
 ハイゼンベルク「私はナチスは大嫌いだがドイツは愛している。科学を信用しないナチ
  スは戦争をすれば必ず負けるだろう。問題はその後だ」
  フェルミ。
 ハイゼンベルク「ナチスが崩壊した時、ドイツも一緒に崩れ去ってはならない。だから
  私は、その日のためにドイツに帰る」
 フェルミ「…」
  二人の姿、ロングになって ―


404 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:15:00 ID:ds6QaNrJ0
>文通は篠原氏が、核兵器開発に果たした役割を批判する手紙を
>博士に送った1953年に始まった。

  それはムチャクチャな批判だ。 アインシュタイン自身、ナチスドイツに
  対して強い恨みを抱いていたはずだから。

  復讐のために自分の能力を発揮しようとして、何が悪い。

>私は絶対平和主義者だと(手紙に)書いたことは
>ない。私の見解では、武力行使が必要な場合もある

  ナチスドイツに対して使う事を希望していたんだろうな。

405 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:17:29 ID:XIb6Al2H0
           : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..
   ミ /彡       :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
..ミ、|ミ //彡      米西海岸が地震で壊滅しますように・・・
ミ.|.ミ/ ./.|            :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
.|//|.  [] ∧ ∧          : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜
/.  []    ( *゚ー゚)           :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
┬┬┬┬┬-O∞O‐┬┬
‐┼┼┼┼┼‐┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼‐┼┼┼┼┼


406 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:17:45 ID:NNvZBlJq0
9.研究を指揮するハイゼンベルク
 ― ドイツウラン計画(プロジェクト) ―
 N「しかしアメリカに渡った科学者が打倒ナチスのため原爆開発に全精力を傾けたのに
  比べ、ドイツに残った科学者の立場は、極めて苦しいものであった」
   *
 ― カイザー・ウィルヘルム物理学研究所 ―
 ハイゼンベルク「なるほど、ワイツェッカーの言う通りだ。プルトニウムを使えば臨界
  量を小さく抑えられる」
 研究者A「計算によれば、ウラン235に比べて、数分の一になる可能性があります」
  ハイゼンベルク、うなずく。
 ハイゼンベルク「(一同に)しかしこのことは、我々だけの秘密にしておこう」
  うなずく一同。
http://brains.te.chiba-u.jp/~itot/work/genius/g2/heisenberg.htm

407 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:18:46 ID:dmXLCAk70
>>400
つーか、独英ソも開発しようとはしていたんじゃなかったっけ?


408 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:20:17 ID:UrhVSAIB0
>>397
在日被爆者2世?

409 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:22:55 ID:hXLVAqS00
今日は生理がひどいので学校早退しますた。

早退生理論、なんちゅわって。

概しゅつ?

410 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:26:06 ID:iG9mP3Y20
>>382
植民地化されたアジア諸国を見たら、鬼畜としか表現できなかっただろよ。
しかし、実際には欧米人と交わった日本人は少なくて、恨みなんてなかった。
そのためのスローガンであったことは間違いない。
恐れや怒りを抱かないと戦えないし。

411 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:26:18 ID:8yig0G9I0
まあ一回落としてみないと悲惨さは理解できないからねぇ。



412 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:28:28 ID:3V6WoCuY0

広島 ○ ←小都市
長崎 ○ ←小都市
東京 × ←三大都市
京都 × ←三大都市
大阪 × ←三大都市

413 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:28:34 ID:HQOhvbT9O
>>400
陸海軍共に開発計画を発動してますが
別々にね・・・・



414 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:30:03 ID:8yig0G9I0
>>410
つーか欧米人はアジア人が欧米人と同じ人間かどうか真剣に議論していただろ。
アメリカ兵が日本兵の遺品から家族の写真を拾って、
「日本人も我々と同じ人間だった」という感想を書いているくらいだし。
20世紀前半の世界はそんなもんだ。


415 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:31:24 ID:nrNixsiF0
>307 >400
実験では完成はしていたらしい。
あと2週間落とされるのが遅ければ、日本が他国へ落としていたかもしれないって聞いた。



416 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:33:11 ID:NNvZBlJq0
34.民家B
  荒々しく連行されていくハイゼンベルク。
 ハイゼンベルク「離したまえ!私は逃げも隠れもしないっ!」
 兵1「黙れっ!ナチスの犬がっ!」
  ハイゼンベルク、キッと見る。
  ― その悲しげな瞳。

35.続々と連行されている科学者たち
 N「彼らが苦しみの中で待ち望んでいたナチス・ヒトラー崩壊の日、彼らはナチス協力
  の疑いで次々に連行されていった。アルソスの真の狙い ― それは、原爆の秘密を知
  る科学者たちを、ソ連に渡すのを防ぐためだったと言われている」

36.抑留所
 N「彼らはイギリスの特別の収容所へ送られた」
  顔を合わせる科学者たち。
  ハイゼンベルク、ハーンを見てビックリする。
 ハイゼンベルク「(イギリス将校に)なぜハーン博士が入ってるんだ?ハーン博士はウ
  ラン計画のメンバーじゃないぞ」
 将校「まあ、いいじゃありませんか。みなさんにお聞かせしたい話もありますし…」
  そう言ってニヤッと笑う将校。


417 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:35:34 ID:Gn+UDtb20
>>387
重慶        大        爆撃かw

死那人はなんでも“大”てつけるのが好きみたいだな。

418 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:36:53 ID:NNvZBlJq0
39.抑留所
  血の気の引いていくハイゼンベルクらドイツ科学者たち。
 ラジオ「死者は10万人を超え…」
 一同「…」
 N「彼らはそのニュースの真意を即座に把握した。
   それはドイツ科学界の敗北を意味すると同時に、つい10年ほど前にはドイツで同
  僚であった仲間たちが、科学者として決して許されざる大罪を行ったことに対する憤
  りがあった。
   とりわけハーンはひどいショックを受けたという」
  真っ青になっているハーン。

40.イメージ
  湧き上がるキノコ雲。

41.ハーン

42.イメージ
  湧き上がるキノコ雲。

43.ハーン
 ― フラッと立ち上がる。
  見るハイゼンベルク ― ドキッとなる。

44.回想
 ハーン「もし原子爆弾のようなものができたら、私は自殺した方がましだ」
   *
 ハーン「私は自殺した方が…」

http://brains.te.chiba-u.jp/~itot/work/genius/g2/heisenberg.htm

419 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:37:20 ID:3UEAm+jO0
>>398
教唆罪(w

っつか、多くの連中は「東京原爆投下作戦」の存在を、忘れてしまったようだが。
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/toppage/030723.html


420 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:41:16 ID:qmRfFD7h0
>>415
ガセもほどほどに。
予算の違いを調べてみろって。

421 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:42:42 ID:L20tqEJM0
>>415

いや、全然そのレベルには達していなかった。

自分が直接聞いたわけではないが、
>>400の某原子核物理学者(故人)が大学院生だった
自分の親に直接話した内容。


422 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:44:11 ID:HQOhvbT9O
>>415
それは無い、ウラン濃縮に一発分で数年かかる計算となりほぼ頓挫、空襲で施設も焼けたしね
米が当時月産二発ってのが驚異的

423 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:47:15 ID:XIb6Al2H0
>>415
できてたら、仁科賞はもっと有名になってるだろ

424 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:48:00 ID:HQOhvbT9O
二号が海軍だったけか?

425 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 13:53:27 ID:NNvZBlJq0
Heisenberg's War: The Secret History of the German Bomb
Thomas Powers (著)

In this important study, Powers addresses one of the lingering mysteries of WW II: why Germany, with its abl
e scientists, material resources and the support of high military officials, failed to build an atom bomb. T
hroughout the war Allied authorities, fearing that the Germans would "get there first," took steps to thwart
their apparent efforts toward that end: the commando raid that destroyed the heavy-water plant in Norway, f
or instance, and the scheme to assassinate preeminent physicist Werner Heisenberg. Powers also describes how
the Allies learned that the Germans never even came close to producing the Bomb, and he examines the popula
r theory that German scientists concocted a postwar story of moral compunction to excuse their failure. Sift
ing through the evidence, Powers concludes that Heisenberg did not exercise passive resistance but actually
"killed" the Bomb program by convincing the authorities that it was unfeasible. ---
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0306810115/qid=1120538977/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-8840245-4505837

426 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 14:02:04 ID:2+/cemkF0
右翼大杉ぜよ。

427 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 14:03:48 ID:dy82/HKE0
『昭和史の論点』(文春新書)

P202 原爆はなぜ日本に投下されたか

半藤 ・・・アメリカが原爆を日本に投下しようと決めたのはいつなのか、・・・中略・・・、
はじめから日本しか考えていなかったという説もある。・・・中略・・・原爆開発計画である
「マンハッタン計画」の総指揮官だったグローブス少将の昭和20年4月24日付の手紙には、
目標は一貫して日本だったと書いてあります。・・・

428 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 14:12:32 ID:dy82/HKE0
■■第1章:「マンハッタン計画」とユダヤ人科学者

●ロバート・オッペンハイマーといえば、「原爆投下は日本に警告なしに行なわれるべきだ」と
反日的な強硬論を主張した人物である。彼は、最初から最後まで投下目標について日本だけ
を論じており、ドイツを投下目標として論じたことはなかった。

●ちなみに、「マンハッタン計画」に携わったユダヤ人科学者の中で、もっとも反日強硬派
だったのはフォン・ノイマンだろう。彼は日本人を蔑視し、京都を原爆の最初の血祭りにあげる
べきだと主張。京都が日本国民にとって深い文化的意義をもっていたというまさにその理由に
よって、京都の破壊を求めていたのである。

広島に原爆を投下したB29「エノラ・ゲイ号」の搭乗員として特別に選ばれた15名のうち、
ユダヤ人が7名も占めていた。機長のポール・ティベッツもユダヤ人である。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc700.html

429 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 14:25:02 ID:XIb6Al2H0
>>424
そうそう、1号が陸軍。お互い邪魔しあってたそうだな。
陸軍、海軍の身内争いもここまでいくとなぁ。
今でも財務省周辺で足のひっぱりあいは伝統として残ってるけどね。

430 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 14:25:29 ID:NNvZBlJq0
http://inri.client.jp/hexagon/img/hibakusha_mini6.jpg

431 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 14:26:32 ID:dy82/HKE0
>>302
太平洋の激戦地ペリリュー島および沖縄で、日本兵の死体から
手を切り取って戦果のトロフィーとする、金歯をあさる、死体の空いた口を目がけて小便を
する、恐れおののく沖縄の老女を撃ち殺し、「みじめな生活から、解放してやっただけだ」
と気にも留めない海兵隊員の様子を目撃した。
(E・スレッジ、生物学者、1981年に出版の回想録)
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/genbaku-1a.htm#zangyaku

渡部昇一が「日本史から見た日本人・昭和編」で、リンドバーグ日記で「米軍が日本人捕虜
の中から英語を話せる者だけを抜き取って、他は皆殺しにして砲撃戦で出来た穴の中に
捨てていたと暴露しているのを取り上げ、「連合国の元捕虜が『虐待された』と訴えてくる
のは、自分たちの道徳的負い目を相殺したいからだろう」と指摘している。
その元衛生兵の証言もそんなところだろうよ。

432 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 14:28:04 ID:HXz4iMc80

             シ
         テ   ュ
         メ  タ
         エ  イ
          の  ン
      必  事  も
      死  に
      杉
   圖


  Λ_Λ
 ( ´∀`)
 (    )


433 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 14:35:40 ID:WXtdFihr0
没収された日本の在米資産や日系人の資産ってどのくらいだったのかな。

434 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 14:37:57 ID:oYS+pQ2d0
アインシュタインは親日。これは事実。
相当好きだったのは間違いない。
一方、日本への原爆投下についてだが、これはドイツの敗戦如何に関わらず、
大統領により決定されていた。
つまり、開発成功イコール、どんな状況でも投下は決定事項。
日本が回避するには、開発成功前に降伏する以外にはなかった。


435 :番組の途中ですが名無しです:2005/07/05(火) 14:42:33 ID:qqV+wQFO0
>>428

デンパだ! 電波妄想サイトだ!

436 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 15:08:25 ID:wQZ3O5WM0
誰であろうと民間人を無辜に殺した人に言い訳なんて無いと思うよ
自己の正当化が生きて行くために必要なのも認めるけど、だからといって
罪の重さが変わるわけでもない

理想からいえば誰も殺されずに戦争が止まれば良いんだろうけど
決定的な敗北/勝利がないと止まらないのはパレスチナを見ても
明らかだよね。

まあ結論としては戦争反対としか言い様が無い

437 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 15:12:07 ID:cy943TPe0
あいいいいいいんしゅたいん

438 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 15:16:35 ID:cy943TPe0
あいいいいん
このおっさんって偉大な科学者な割にはアホみたいな顔してるよな?
どこの大学卒なの?
ハーバードとか?

439 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 15:20:21 ID:nrNixsiF0
>>421
おれのじいさん、当時理研で研究していたんだけど、
他のグループで研究していて、そこでの話しだそうだ。

俺が働いてたわけではないし、俺が小さい時に聞いた話だから、真偽はからわからんがな。

440 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 15:22:34 ID:5Uq01jgm0
>>438
チューリッヒ工科大学
ハーバードとか的外れなこといってる言ってるお前には理解できないかもな。

441 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 15:31:57 ID:cy943TPe0
>>440
チューリップみたいな名前だな、、、。
スイスにあるんか〜。へえ頭よさそうやな、、、
センター受けても無い俺にはいけんようなとこかな、、、

442 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 15:35:48 ID:Leq50DMH0
>>428より
<フランクリン・D・ルーズベルト(米民主党大統領)>
「アメリカ人はドイツ人を憎むことを学ばなければならないが、日本人に対しては憎しみが自然と湧いてくる。
これはかつてインディアンたちと戦ったときと同様に自然なものだ。」
「普通の日本人は知性が低く、無知である。たぶん人間なのだろうが、
人間であることを示すような点はどこにもない。」
<米軍欧州総司令官アイゼンハワー(次の米共和党大統領)>
原爆投下の決定を聞かされた軍部指導者の中には嫌悪を催した者もいた。
ヨーロッパのアメリカ軍司令官アイゼンハワー将軍は、
スチムソン陸軍長官から計画を報告された時のことをこう記している。
・・以下略   なぁ〜るほどね。

443 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 15:41:26 ID:b14MnG4D0
なんでアイルランドに落とさないのか

444 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 15:49:14 ID:aLd6WI3M0
アインシュタインを初めとするユダヤ系がアメリカの社会主義・共産主義者に負けたというのが真相。
ユダヤ人は日本に大きな恩があったので原爆を日本に対して使用するのには反対するものが多かった。

もともとヒトラーに対抗する為に原爆を作ったのだがアメリカの民主党が日本に対してまさかの使用。
日本に対して原爆を使用しながら、共産化したシナと北朝鮮への原爆の使用をマッカーサーに対して
認めなかったのは有名な話。
日本の敵はサヨクであり共産主義者。

445 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 15:58:31 ID:NNvZBlJq0
ドイツの学者らは、ナチスの原爆開発計画に協力する振りをして、実際は、
did not exercise passive resistance but actually "killed" the Bomb program
by convincing the authorities that it was unfeasible.
ナチスを騙し、原爆開発計画を、事実上、殺した。
これに対し、米国は、無邪気に、黄色い猿の大量虐殺へ向けて、原爆開発に邁進した。
やはり、文化的には、米国よりドイツの方がはるかに上だと思われる。

446 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 16:04:58 ID:BdJ90ssh0
アインシュタインでも釣られるんだなぁ

447 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 16:05:57 ID:aswcOeXk0
むしろこいつ実際原爆投下されるまでは「早く使えよ」みたいなことばっかいってたはずだ。

448 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 16:07:13 ID:iO60PZGX0
>>444
ソ連を威嚇するために、日本に原爆を落としたんだけどね。

449 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 16:18:47 ID:RQDt0HCy0
原爆投下には関係ないけど、実際アメリカにいた日系人はかなり辛い思いをしたそうです。
強制収容所に入れられた後、人間扱いされなくて、みんなの見ている前で裸にされたり。
同じような対戦相手の、イタリア・ドイツ系の移民の人はそのままだったのに。
ただアジア人というだけで資産も没収されましたし、親の安全を買うために、2世はヨーロッパ戦線に於いて前線に立って戦わなければならなかったという経緯もあります。
捕虜の扱いだけ見ていると、今のイラクの捕虜に対する行為とが全く変わっていないのが、アメリカ人の人種差別の根の深さを示しているような気がします。
日系人については、後に一応の保障は降りたみたいですけど。

450 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 16:37:12 ID:8yig0G9I0
>>448
トルーマンがソ連参戦前に日本を降伏させたかったということだね。
結局、原爆投下でソ連の対日参戦は早まって日本は踏んだり蹴ったりだったけど。

451 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 16:56:49 ID:Leq50DMH0
>>449 フランクリン・D・ルーズベルト大統領(民主党)時代に日系人を
過酷な強制収容所に放り込み、またこの政策に当時発祥してきたリベラルの
大御所たちも大絶賛しました。
しかし後のロナルド・レーガン大統領(共和党)政権時に正式謝罪賠償して、
日系人の心も癒され、また日本人、日系人の米国での名誉も回復されましたね。

452 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 16:58:07 ID:b14MnG4D0
>>444
 
単純に女を交わされたと、なぜ言えないのですか


453 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 17:03:01 ID:YfZ8jQzs0
なんかアインシュタインを貶めるような意図を記事から感じる。

454 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 17:10:54 ID:RUkAwED70
各局原爆2発で何人死んだの?

455 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 17:16:45 ID:aLd6WI3M0
>>448
違うよ。
ユダヤ系の中には空想的社会主義者も多くそいつらが日本への原爆投下を一番推してたんだから。
イデオロギーに染まっていなかったユダヤ人はむしろ親日家が多かったのが歴史の事実。

ソ連への牽制ならシナと北朝鮮に迷わず落としてますw

456 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 17:22:29 ID:aLd6WI3M0
日米の仲を裂くのに原爆の話は最も有効だとかつてのKGBスパイは
アメリカ公聴会で80年代から自白しているにもかかわらず、日本
のマスコミはそれを報道せず共産主義者の工作に協力し続けた。
核兵器廃絶運動を支援してたのは東側でありそれが日米の切り離し
の為の工作だったことがわかれば共産主義者のやり方は理解できる。

457 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 17:25:09 ID:KIu8PV7O0
ところで黛敏郎って原爆に反対だったっけ

458 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 17:32:33 ID:4RuARzw+0
まあ既に終わってしまったことだし、原爆がなかったらなんて
ifの話をしても意味がない、ifの中の話を確かめる術はない
話し合うべきは未来のことだ

459 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 17:35:06 ID:YfZ8jQzs0
>>458
「未来志向で」ってやつですね?

460 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 17:46:48 ID:mroqyY4Y0
暇つぶしのネタくらいにしかならん罠

461 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 17:47:33 ID:JT95koVk0
アメリカ共和党の実体が”赤い象”だってばれてるし
彼らが自分たちの手で原爆投下なんてする筈が無い
 
ネオコンもトロツキ派だって説も根強い

462 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 17:50:00 ID:KIu8PV7O0
原爆で音楽が死に、テクノが生まれた
原爆は最強のテクノだ

中上だっけこれ

463 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 18:00:26 ID:iO60PZGX0
>>455
1949年にソ連は原爆の開発に成功した。
トルーマンがマッカーサーを解任したのは1951年。
1951年の時点でアメリカが朝鮮戦争に核を使えば、アメリカとソ連の核戦争に
なる恐れがあり、トルーマンはそれを避けた。

広島・長崎の原爆投下が主にソ連を対象とした示威行為だったのは、
投下までの過程を見れば明らかだ。

464 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 18:02:08 ID:Vf/z4Hr60
満州で原爆使ってれば朝鮮半島分裂なんてことにはならなかったのに

465 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 18:25:14 ID:tAHbtc2S0
原爆の犠牲者のほとんどは火災によるものだそうですが。
日本は木造家屋ばっかでしたからね。

466 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 19:00:14 ID:WJjlTvtw0
>>465
だから、実は原爆よりも焼夷弾の方が有効だった。
東京では原爆に匹敵する数の犠牲者が一晩で出てるしね。
あとに続く、放射線障害などは別としてだけどね。
本土決線するまでもなく、焼夷弾攻撃と海上封鎖で、
日本は飢えて降伏したと思われる。1年くらい粘るかもしれないけれど。
原爆が効いたとすると、防空壕に逃げても助からない兵器の誕生に、
天皇を含めた政府首脳が恐れをなしたというのはあるかもしれない。


467 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 19:55:53 ID:7ubvbEDi0
>>463
なんで原爆使用についてだけこんな詳細に報告しようとするんだろうね?
三式弾や風船爆弾や回天の使用にはこんな詳細なレポートは公に出てこない。
原爆もそうした大戦中の1新兵器にすぎない。新兵器を作ったんだから戦場で
使うのは当たり前のこと。使ったことをどうこういうこと自体がそもそもおかしい。

なにか? ここの連中は作った新兵器を戦争に使うなとか、使うなら敵国に
あらかじめ使う日時と場所を教えろとか、そういう馬鹿なことを要求してるのか?
実戦使用してその効果を確認するのは生体実験だから許せない? アホか!
戦争をなんだと思ってるんだお前ら。

だいたい、原爆に対する誇張された脅威論や別格扱いは戦後の価値観だ。
当時の価値観では威力の大きな兵器と戦果を期待された新兵器にすぎない。
そこんとこをよっく再確認しとけ。

468 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 20:44:27 ID:WLM2nMar0
>>466
太平洋戦争なんてアメリカからしたらリアル戦争シミュレーターでしかなかったわけだよな。
ついでにソ連と仲良く世界のポリスを務める・・・・・はずだった。

469 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 20:46:54 ID:WLM2nMar0
>>450
しかも北方領土問題を抱えることになってしまった。


ソ連(ロシア)からすれば北方領土問題は日本から経済支援をつり上げるためのルアーになったので
面倒どころか(゚Д゚ )ウマーだが。

470 :エデンの東北 ◆tDNpQ64dls :2005/07/05(火) 23:23:55 ID:EWST/2YO0

要は、日本の731部隊の研究者達が細菌・化学兵器研究に果たした役割と、
名前を貸しただけとは言え、アインシュタインが原爆開発において
果した役割は根本的に一緒という事なんだよな………。


決定的に違うのは、勝者側になったか敗者側になったかだけ。
個人的に苦悩しようがしまいが、人体実験に荷担したことは一緒だし。
731部隊員だって、個人的な免責を巡った米国との戦争においては勝ったしな。
(裁かれるドコロか、製薬会社の重役におさまった。)


もし、石井軍医中将をはじめ731部隊の研究者を道義的に糾弾すると言うのなら、
当然アインシュタインやオッペンハイマーらも当然糾弾されなければならない……。

道義を唱えるくせに前者しか糾弾しない者は、偽善者だ……。

471 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 23:27:39 ID:psy1hkxs0
科学者は義とか考えない。誰かがやる前にやっちまおうと常に考えてる。

472 :ココ電球 (∩T∀T) 小泉支持者に死を!  ◆Olz.C.gJ3k :2005/07/05(火) 23:29:18 ID:7p02TQA/0

文系の馬鹿がよく誤解してるが

アインシュタインの理論は原爆理論と関係ない。

インクの発明とマグナカルタぐらい縁の遠いものだ

473 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 23:29:45 ID:tfcRuf5S0

E=mc^2 は、実は、E=(1/2)mc^2だったって、
モマイラ知ってたか?

474 :名無しさん@6周年:2005/07/05(火) 23:31:14 ID:fpujfM1J0
>>472
死ね

475 :エデンの東北 ◆tDNpQ64dls :2005/07/06(水) 00:33:46 ID:i3csmdLR0

敗者は、後から「罪」を作られても「裁かれる」のに、
勝者の残虐行為は、裁かれない。

ここから導かれる結論は、ひとつ。

所詮、外国間においては、戦争に勝つか負けるかが最重要であって
道義的に正しいかどうかは大した問題では無いと言う事だし、
たとえ勝者側になったとしても俺はそこに普遍的な正義など感じないね。


アインシュタインは悔やむ必要は無かったんだよな。

「日本は外国であり、敵国。だから原爆を落とされてもショウガナイ。」
そう開き直れば良かったんだよな。原爆を落とした米軍パイロットのようにさ。


それでいいんだよ。一部の人間に悔やまれても困る。

戊辰戦争において乱暴狼藉をはたらいた薩長軍のゲスどももそうだが、

俺は、女子供に対する残虐行為を肯定する敵国人や、その子孫達を許さない。
俺は、残虐行為をやったからと言って、勝者のやったことの全否定はしないけれども、
全肯定する彼等は「その観点において」天罰を受けても仕方が無いと思う……。


敗者は有る事無い事謝らされてるけど、勝者はまず謝ろうとしない……。
そんな勝者が主宰する「裁判」の結論の内容になど、何の普遍的正義も有りはしない。
あくまでも戦争の延長。「刑死」者は、殉難者だ……。

476 :名無しさん@6周年:2005/07/06(水) 00:58:16 ID:aRIHzNO30
>>475
まあ頑張って、女子供の選別可能な大量殺戮兵器を造れよ。w

477 ::2005/07/06(水) 01:26:59 ID:BBTXTokH0
>>473
おいおい…。


478 :名無しさん@6周年:2005/07/06(水) 01:54:32 ID:BGxHEWBH0
サンプロで語られていたが、日本の従来の教科書は原爆投下を批判していない。
それはサヨクが実はフランクリン・D・ルーズベルト主義者でありかつ
ハリー・S・トルーマン主義者兼信奉者であることの証左であろう。
なお、原子爆弾投下を推進・実行した大統領
第32代フランクリン・デラノ・ルーズベルト(米民主党)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第33代ハリー・S・トルーマン(米民主党)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

479 :名無しさん@6周年:2005/07/06(水) 02:09:09 ID:n1hmCI3+0
>>473
ある物質の静止質量:m(0)
速度vでの質量:m(v)

E(v)−E(0)
=m(v)c^2−m(0)c^2
=m(0)c^2(1/sqrt(1−(v/c)^2)−1)
≒m(0)c^2(1+(1/2)(v/c)^2 −1)
=(1/2)m(0)v^2

E=mc^2 でいいんじゃね?

480 :名無しさん@6周年:2005/07/06(水) 08:24:53 ID:HhmSGoaA0
>>478
現在の価値観を是として過去を評論するのが歴史というもの。
日本では敗戦によって完全な民主主義と自由主義が導入された。
よって敗戦は是とされる。原爆が戦争を終わらせるに当たって
果たした役割を見れば、むしろ原爆は批判してはならない存在と
いうべきだろう。
広島長崎の原爆教育など本来あってはならないものだ。

481 :名無しさん@6周年:2005/07/06(水) 10:55:54 ID:F1KKss280
>>480
(#´_ゝ`)フーン

482 :名無しさん@6周年:2005/07/06(水) 11:02:29 ID:CzFOHYOH0
原爆を考え出すって、白痴並みの天才だわな。

483 :名無しさん@6周年:2005/07/06(水) 11:57:21 ID:RddGjn/T0
地震兵器について語らないのは可笑しい

484 :名無しさん@6周年:2005/07/07(木) 12:34:36 ID:q8pOHFcn0
>>480
終戦の詔勅で「残虐非道な新型爆弾」と思い切り非難しているが。
広島大虐殺のわずか7日後に。
歴史上、公式に使用を非難された兵器いや物質は、核兵器だけ。

485 :名無しさん@6周年:2005/07/07(木) 12:42:04 ID:BNiVP42SO
所詮、化学者だもん。とりあえず実験の結果が知りたかったんでしょ?

486 :名無しさん@6周年:2005/07/07(木) 12:43:36 ID:Wo4fz6Oc0
なんかフォンブラウンと言ってる事が一緒だなぁ。
俺は作っただけだから、責任ないも〜んって。

そうだとしても、それによって起こった犠牲に何とも思わないのかね?
それとも自己欺瞞なのだろうか。

487 :名無しさん@6周年:2005/07/07(木) 14:00:47 ID:v2BCn6el0
>>467
その前に戦争はある意味商売なんだがね。
戦争の行為より人が戦争を憎むのは見えざる「ソレ」わ感じているからに他ならない。

488 :名無しさん@6周年:2005/07/07(木) 22:19:25 ID:sybGhCJJ0
このアインシュタインの手紙、歴史の教科書ではどうなるのか?
取り上げる・取り上げないで、また騒ぎになったりして

136 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)