5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【厚生労働省】医療事故を起こした医師を迅速に行政処分するための「調査権」確立へ

1 :ドメスティック・ドメ子φ ★:2005/07/16(土) 23:23:08 ID:???0

厚生労働省は医療事故を起こした医師を迅速に行政処分するため、強制力を伴う
事情聴取や立ち入り調査ができる「調査権」を確立することを決めた。

医療事故を起こした医師に対する処分は、現在、厚労省医政局の職員が事実関係
を調べた上で、厚労相の諮問機関「医道審議会医道分科会」で協議し、医師免許
の取り消しや業務停止などが決められている。処分の対象となるのは、大半が業
務上過失致死罪などの刑事事件として立件され、裁判で有罪が確定したケース。
厚労省には調査に関する法的権限がないため、事情聴取を求めても拒否されること
が多く、厚労省では裁判での事実認定に基づいて、同分科会に諮問する事例を決
めてきた。しかし医療事故が表面化してから裁判が終わるまでには長い時間がかか
るうえ、刑事事件にならない医療事故も多い。一方で、何度もミスを繰り返す
「リピーター医師」の存在も社会問題化したことから、厚労省は2002年末、
「司法の判断だけに頼らず、確定前の刑事事件や民事上の案件も処分対象とする」
との方針を表明。これに実効性を持たせるには、調査への協力を拒否した場合の
罰則規定もある国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会のような調査権の確立が
必要と判断した。検討会では、カルテなどの提出を命じる際の手順や、事情聴取
できる関係者の範囲、罰則規定などについて話し合う予定。調査業務を他の組織
や地方行政機関に広げるかどうかも議論し、年内をめどに結論をまとめる。
国交省の事故調が原因究明と再発防止を目的とするのに対し、厚労省の調査権は
行政処分を前提とした事実確認が目的となる。医道審議会 医道、医師、歯科医師
など七つの分科会がある。医道分科会は医療事故や犯罪、診療報酬の不正請求など
を行った医師や歯科医師の行政処分を審議する組織で、医療関係者や学識経験者で
構成。

依頼です。ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20050716ik04.htm



2 :名無しさん@6周年:2005/07/16(土) 23:23:32 ID:raFpePlX0
(´・∀・`)ヘー

3 :名無しさん@6周年:2005/07/16(土) 23:23:38 ID:yev2+INd0
2ヵ

4 :名無しさん@6周年:2005/07/16(土) 23:24:04 ID:+DItYbqO0
フーン

5 :名無しさん@6周年:2005/07/16(土) 23:24:05 ID:9mx7LTXHO
携帯から余裕の3ゲッツ

6 :名無しさん@6周年:2005/07/16(土) 23:26:25 ID:jj7YUvWV0
>国交省の事故調が原因究明と再発防止を目的とするのに対し、厚労省の調査権は
行政処分を前提とした事実確認が目的となる。
また医者個人を叩くんだね。
原因究明と再発防止はどっちでもいいということか。
まぁ、そんなことしたら医者不足で医者の過労なんかも出てきて現在の医療が
どうしようもなくなってしまうから出来ないわな(笑)

7 :名無しさん@6周年:2005/07/16(土) 23:33:52 ID:td5BzSzZ0
医療事故の原因究明、再発防止のため、免責と警察の不当介入阻止が必須。
素人による裁判も廃止。
これなら前進だが、結局個人叩きに終わるのだろう。
過労が原因とわかったら、責任は病院のせい。厚生「労働」省に責任なし。
結果、医療崩壊が加速。

8 :名無しさん@6周年:2005/07/16(土) 23:34:43 ID:KFHuwo1W0
小児科、産科救急にトドメの一撃。

9 :名無しさん@6周年:2005/07/16(土) 23:38:39 ID:jj7YUvWV0
医療の世界にも医療ミスが医学的にどうなのかという専門機関の創設を早くして欲しい。
以前、NEWSにそのような動きがあるということが流れたがあれはいったいどうなってしまったのだろうか?
しかし、毎日毎日仕事しているのだからある確率でミスや事故の一つや二つなんてでてくるだろう。
刑事責任、民事責任、行政責任と少々重過ぎる気もするのだが。
防衛医療となってかえって患者に不利益になるんじゃないのか?

10 :名無しさん@6周年:2005/07/16(土) 23:44:56 ID:i6Pgew0K0
悪徳弁護士を速やかに処分するためのシステムが
今もっとも必要なんじゃないでしょうか

11 :名無しさん@6周年:2005/07/16(土) 23:51:01 ID:e7Sihm3A0
悪徳公務員を速やかに処分するシステムもお願いします

12 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 00:04:58 ID:MMbzedIM0
あーあ、また医者叩きか。
本当に厚労省の役人は医者を目の敵にするよな。
あまり医者を叩いていると現在の医療現場の過酷さが問題化して
医者を今までのようにこき使えなくなるぞw
お役人さんたちはそれでも良いのかね。

国交省の事故調査委員会のようなものを作るのならともかく
一方的な医者叩きのための委員会を作ったら医療は崩壊ですよ。
どうせ宮内達から唆されているんだろうが、ろくな案が出てこないな。

13 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 00:09:26 ID:MMbzedIM0
>>9
なるだろうね。
確実に防衛医療が横行して医療制度は崩壊するよ。
皆保険制度がないアメリカですら防衛医療が問題化しているのに
日本で防衛医療が一般的になったらどうなるか想像に難くない。
医療費が足りないと喚いている政府のやる事じゃないな。
それにただでさえ多忙な医者達がそういう処分がらみで拘束時間が長くなると
患者の不利益に直結する。

14 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 00:10:01 ID:cuBMAUpO0
>あまり医者を叩いていると現在の医療現場の過酷さが問題化して
>医者を今までのようにこき使えなくなるぞw
小児、救急、産婦人科あたりでは既にそうなりだしているという話も。(笑)

15 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 00:15:23 ID:orRZc2YS0
俺さすがに飽きたw

16 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 00:16:27 ID:cuBMAUpO0
あっ、そういや麻酔科もそうらしいね。
最近は麻酔科医不足で手術ができないこともあるとかいう話もちらほらと。
あまり待遇のひどい病院ではいっせいに麻酔科医がやめて手術ができなく
なったりとかって話も耳にするよね。

17 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 00:17:06 ID:2gidFBgN0
医療ミスをしないためにも1日8時間労働を厳守しましょう。
それだけで、必要な医者が3倍。崩壊は早いほうが再生も速いよ。
真面目な先生方も働くだけじゃ駄目です。
身を粉にして働いても処罰の可能性が高まるだけですよ。犯罪者ですよ。

18 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 00:27:19 ID:dPXAPupO0
アホみたいな制度だな。
これ、制度導入後の医療ミス数の統計きちんととって、もし増えたり変化ないなら関係者全員きちんと処分してもらいたいもんだ。

アメリカは、GDP比で医療にお金をかけ、医療事故を減らした。
日本も、せめて同額とはいわん。GDP比でいいから、アメリカと同程度の医療費をかけるべき。

漏れとしては、医者を罰するよりも医療事故のない世界のほうがいい。
医者を罰しない代わりに、医療事故の原因追及を徹底的にやって
医療事故や合併症をへらしまくってほしい。

>>14

むしろ小児科、産婦人科、救急や 僻地医療の医師が不足し、そこから医療がなくなるということは、
 医 療 事 故 が ゼ ロ になってよかったじゃないか!
医療費もゼロだしな。医療費抑制。

19 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 00:32:00 ID:lNcI94KX0
身内の機関でいいのか

20 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 00:35:06 ID:uwYw/bdP0
みんなで言おう、

さようなら患者様。
私たち医師は、持てる知識と技術を自分とその家族、親しい友人の健康
のためにのみ活用する事にしました。
さようなら、お元気で。

21 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 00:36:20 ID:F1u6WEwk0
遵法闘争が始まるのか。

22 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 01:33:17 ID:lh3Gdw/a0
>>7
それを実現するためには「処罰感情」という日本人の国民性と戦わなければならない。

23 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 01:37:12 ID:Rw7VvENk0
医者人口100%のスレかな?

人間の体と機械は違うと思うんだけどね
それはさておき 司法より先走りするって なんかやり過ぎでね?

24 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 01:40:59 ID:eoVejE/M0
なんか人権擁護法みたいだな。

25 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 01:41:55 ID:SpcE2Hny0
罪刑法定主義に抵触しないのか。
裁判所でないのに、司法権を行使することの問題は?

さすが三流官庁。 公務員採用試験での基本すら理解していない。

26 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 01:50:11 ID:ypLL9ZcD0
病院勤務医より公立小学校の給食のおばさんや市役所の駐車場管理人の方が給料が高い
おかしな国ニッポン。

27 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 01:51:55 ID:a6ON2xRP0
>>25
低脳だな。どこに司法権を行使すると書いてある?

28 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 01:59:28 ID:dKtPOuck0
ってか医者の労働が過酷すぎ
30時間ぶっ通しで仕事してればミスもするだろ

だからといって医者の数を増やしても
アホな医者が増えるだけな気もするが

29 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 02:03:48 ID:eoVejE/M0
航空・鉄道事故調査委員会設置法
ttp://www.houko.com/00/01/S48/113.HTM

だいたいこれと同じになるんだよね。
立ち入り検査や出頭、物品の提出やら留め置きを拒んだら、罰金30万円。

まあ、30万くらい、悪徳医師なら平気かな。

30 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 02:03:53 ID:cuBMAUpO0
>>28
アホな患者を減らせば問題なし(爆)

31 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 02:07:42 ID:PJoeE0iNO
(爆)←これみるとムカつくのは俺だけかな?

32 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 02:11:01 ID:D6hwuFSe0
外科医とかいっつもピリピリしてて怖いよ。
時間の流れも他の人と違う感じ。

33 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 03:13:37 ID:orRZc2YS0
精神科医のほうが怖い。二人っきりになると特に。

34 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 03:35:27 ID:CD7QzvVf0
医師の質を高める為の提案
医療ミス、医師過剰が叫ばれて久しい。
これは、大学における医師の粗製濫造にも一因があると思われる。
そこで、患者の利益の為、医療界の質の向上の為、次の提案をしたい。
1.センター試験理科三科目、二次試験適性試験(面接)義務化
2.医学部教育を12年間とする。出席、試験の厳格化。
他の学部ならともかく、医学部で講義の3分の2出席で十分であるはずがない。
1回でも遅刻・欠席があれば留年。
試験も、各科目9割以上を合格とし、単科であっても落とせば除籍とすべき。
3.医師国家試験に一般教養、基礎医学科目導入。条件の厳格化
基礎医学科目は重要であるにも関わらず、国家試験に出題されない事から
学生に軽視される傾向がある。よって、国家試験に基礎医学科目を導入すべき。
さらに、一社会人として一般教養も不可欠なものである。
これによって、試験問題数は約10000問、日数約1ヶ月となるであろう。
合格の条件は、必修満点、一般9割以上、禁忌肢が選択されないこと、
の全てを満たすこと。問題も、現行のような勘で当たりうるものを排し、
「正しいものを全て選べ(幾つ選ぶかは分からない)」とすべき。
受験は2回まで。

35 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 03:37:28 ID:CD7QzvVf0
4.スーパーローテイト10年間必修化。
年間約200症例、計2000症例を、広く深く学ぶ必要がある。
病気に休みなど無く、まして研修医は「見習い」の立場である。
従って、基本的に無休365日勤務で、貪欲に学ぶべきであろう。
勤務時間は5時〜24時、昼休み15分が適切であろう。
また、研修医受入先病院としては、こちらが授業料を取りたいくらいだと言うのが、
本音であろう。ろくに仕事も出来ず、足を引っ張るだけなのに、
その上給料まで取られると言うのは、何とも不可解な話ではある。
とは言え、ただでさえ困窮している研修医から授業料まで取るのは酷である。
よって、この提案をする。研修医の期間中、「研修医奨学金」で生活し、
一人前の医師と認められて給料を受け取れる立場になってから、
返せる範囲で少しずつ返済してゆく。 利子年率50%+僻地勤務10年。
5.医師免許更新試験の導入
これは、以前から必要性が叫ばれてきたものである。
半年に1度、筆記、実技、面接の試験を行い、失敗すれば免許剥奪+罰金。

36 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 03:41:33 ID:nHwveI290
マルサのようなものですね。

37 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 04:22:49 ID:cuBMAUpO0
>>35
あほらしくて医者になるやついなくなるって。

38 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 04:26:14 ID:U0i0EguA0
>>37
もっと高給にすればいいじゃん
ハイリスクハイリターンの世界。

39 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 04:44:37 ID:POfCNW+v0
こんな「個人攻撃」の制度作ったら、医者が1人で責任を被る状況を避けるために、チョットしたことでも直ぐに専門医コンサルトするようになるだろうな。
アメリカでは既にそうなっていて「とりあえず(専門医)紹介」が多い。自分で診断・治療が出来そうなことでも、「最善を尽くした」というアリバイ作りのために「とりあえず」専門医に紹介する。
挙句に病院にかかった患者が10人弱の医者に診察を受けることが日常化するという異常な状況になる(藁
 
そうなると、大病院にいる医者は上記のような対応策をとれるから良いが、それが出来ない中小病院の医者はますます萎縮して、少しでも自信の無い症例は直ぐに大病院に紹介するようになるだろうし、診る患者数は極力減らして、リスクの高い救急は廃止するだろうな。
それを強要するような病院からは、医者達が大挙して退散することだろう。なんせ、背に腹は変えられんからな(藁
 
現場の医者よりも、今のようなミスを誘発し易いシステムを放置してるアホ役人の責任を問うた方が良いのでは?

40 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 05:03:17 ID:mU6vWNGS0
>>38
金目的だけで医者になる人なんてそんなに居ない
結果として金持ちに見えることが多いが仕事が大変なんだから


41 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 05:32:19 ID:ZQN0vn9iO
>>34 >>35
どじょう掬い 乙。
最初の数行しか読めんかった。


3点
もっとガンガリましょう

42 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 09:28:46 ID:E355VYTE0
もう医者をやってはいけない時代ということですね。

医療の現実
http://www.geocities.jp/black_cross_saved/index.html

もうやってられないよ

43 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 10:00:59 ID:YfhZjl170
麻酔科医3人が「重労働」と退職願  三重大病院

 三重大病院(津市)の麻酔科医師十二人のうち三人が、労働環境悪化などを理由に
退職願を提出した。内田淳正院長は「患者に迷惑は掛けられない。慰留に努めたい」
と話している。

 三人は全員三十代(男性二人、女性一人)。六月に相次ぎ退職願を出し、全員が八月
末での退職を希望している。「長時間労働に疲れた」と話しているという。病院によると、
麻酔科医師は十五時間を超す手術や深夜・早朝の緊急手術に立ち会い続けることもある。

 同病院の手術件数は、一九九六年度の三千二百四十件から二〇〇四年度は二倍の
六千七百二十五件に。一方、麻酔科医師は二年前から増えていない。

                                   中日新聞 

44 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 10:08:40 ID:3XY4Oi4W0
お願いだ、医療事故と医療過誤の違いをきちんと分かってくれないか。

45 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 10:12:45 ID:YfhZjl170
麻酔科医が足りない
「給料2倍」で人材探し
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20050513sr11.htm

治療に先立ち麻酔方法を患者に説明する菊地博達教授(埼玉医大病院で) 麻酔科医を給料2倍で雇います――。

 埼玉医大病院(埼玉県毛呂山町)の募集要項が今年3月、日本麻酔科学会のホームページや医学雑誌に掲載され、
他病院の医師らを驚かせた。「そこまでしないと、麻酔科医が集まらないのか」
 この病院では、昨年3月までの1年間に、麻酔科医14人のうち7人が辞めた。当時、若手に厳しい中堅麻酔科医がいたの
を敬遠して別の病院に移ったり、家庭の事情で辞めたりしたという。残された医師たちに、しわ寄せがきた。
 麻酔科医1人あたり年に500件以上の全身麻酔をこなさなくてはならない。過重な労働から、研究や若手医師の教育
にも熱が入らなくなった。
 昨年4月、他大学から招かれて麻酔科教授に就いた菊地博達さんは、疲れ切った医師たちの様子にがく然とした。
 だが、新たに医師を集めようにも、東京都心から電車で2時間半かかる同病院に転勤を希望する医師は、なかなかいない。
大学側と協議して決まった窮余の策が、高給での募集だ。
 採用の際、〈1〉日本麻酔科学会が認定する経験豊かな専門医と指導医〈2〉厚生労働省から麻酔科を名乗ることを認められた
医師ら〈3〉そのほかの医師――に分け、それぞれ医師としての経験年数などで決まる基本給の2・0倍、1・8倍、1・6倍を支払う。
この条件を見て勤務を希望する医師が3人現れ、選考中だ。
 菊地さんは「給与面だけでなく、専門的な知識が必要な心臓外科麻酔や小児麻酔などを学べる体制も作った」と話す。麻酔科医の
給料を高くして、人材流出を防ぐ病院は他にも現れた。

46 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 10:17:02 ID:YfhZjl170
病院たらい回しの悲劇もうイヤ」 被害家族が署名集め
                               (H15.2.12 アサヒコムより)
 昨年9月、岩手県一関市で生後8カ月の佐藤頼ちゃんが複数の医療機関に診療を断られて死亡した問題で、両親らが12日、厚生労働省に約3万6000人の署名を渡して「悲劇を繰り返さないための態勢を」と求めた。
 署名は母親の美佳さん(24)がネットで呼びかけ、全国から集まった。昨秋、「頼ちゃんの死を無駄にしない会」が発足、ホームページを通じて支援の輪が広がった。会員は200人以上で、支部も結成された。

 12日夕、会のメンバーと厚労省を訪れた美佳さんと父親の貴範さん(24)は、篠崎英夫医政局長に、(1)小児救急態勢の不備の早急な改善と見直し(2)小児科医不足の解決――を求める請願書を手渡した。

 両親は「頼の気持ちを無駄にしないための署名を受け取ってもらえてほっとした」と話した。

 頼ちゃんは高熱と嘔吐(おうと)、下痢が続いたが、病院で「小児科医がいない」などと診察を断られ、3日後に脱水症状で亡くなった。

 小児救急の場合、24時間365日、いつでも受け入れてくれる病院はほとんどない。頼ちゃんの死をきっかけに厚労省が対策に乗り出し、国立病院も積極的に輪番に参加するよう指導を始めた。


47 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 10:20:20 ID:dbMVhMGn0
>>46
署名なんか5秒でできる。価値など1円程度しかない。
金を出せ。3万人?一人5000円でなんとかなるだろ。

48 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 10:49:18 ID:6EMxpuaa0
>>46
必要なのは、署名ではない。

システムをつくり動かすための金と、システムを運用するマンパワーと
それらを大前提にしてシステムを維持していこうという意思だ。

意思だけあって金を出さない、人もそろえない。
『指導』で何かが解決するとでも言うのか。

署名をした連中は、自分たちの税金からこのシステムの為にいくらまでなら
出せる、と考えているのか。サービスの向上を望みながら、負担の増加は
拒むというのならそこいらの乞食と変わらない。

49 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 11:06:39 ID:qE9Qs8iM0
死んだこどもには何の責任もない。
が、なぜ小児救急が不備なのか、なぜ、小児科医が減少しているのかを考えて請願してほしい。
これ以上医者にむち打っても、逆の道をたどるだけだ。
医者がさぼっているわけではない。
さぼっているのは、行政。
そしてそれを隠しているのは警察と裁判官だ。


50 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 12:18:52 ID:a6ON2xRP0
確かに勤務医は過酷な現状にあることはそうだろう。改善すべき。
しかし、その一方で勤務医(医師会)の労働に見合わない報酬の高さ、不正も改善しなくてはならない。
まず、医学会の中でこの不平等をなんとかしなくてはならない。

51 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 12:33:58 ID:TU+sppnn0
>>50
> 確かに勤務医は過酷な現状にあることはそうだろう。改善すべき。

同意

> しかし、その一方で勤務医(医師会)の労働に見合わない報酬の高さ、不正も改善しなくてはならない。

誰それ?勤務医が医師会に入ったら個人の報酬が高くなるの?聞いたこと無いなぁ。

> まず、医学会の中でこの不平等をなんとかしなくてはならない。

学会で話して、診療報酬体系が変わるとでも?

10/100点

52 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 12:44:49 ID:cuBMAUpO0
>>しかし、その一方で勤務医(医師会)の労働に見合わない報酬の高さ、不正も改善しなくてはならない。
勤務医⇒開業医の間違いじゃないの?

53 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 12:48:28 ID:a6ON2xRP0
>>52
ああ、二つ目の勤務医→開業医の間違い。すまそ。

54 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 12:55:49 ID:TU+sppnn0
>>53
出てきましたか(W

開業医の報酬が高いって?どこの誰と比較して、そのようなことを言われてい
るのでしょうか?まさか、唯の雇われ人である、勤務医と比べてなんて言わな
いでしょうね?

開業医と比較したいのであれば、同規模の企業の非雇われ社長と比較するべき。

開業医が高いんじゃなくて、勤務医の報酬が低すぎ。

また、その低報酬に甘んじている多くの勤務医が腑抜けなだけ。

特に大学病院に勤務している医師などは、
さ っ さ と 辞 め る べ き

55 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 12:58:27 ID:duExkETw0
医者はそんなに立ち入り調査が嫌なのか。
だったら、人権擁護法にも反対しる。

56 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 13:00:15 ID:cuBMAUpO0
たいちいり調査はいいんだけだけどその目的がね。
原因究明と再発防止も目的にして欲しい。

57 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 13:01:13 ID:oepja6h50
開業医の報酬には、その医院の設備更新、借入金の返済、本人の休業や退職後の資金の準備(病気で休業したら
リーマンや勤務医なら診断書でももらえば多少の給料は出るだろうが、開業は職員の給料、医院経費なので
小規模でも月に数百万は持ち出しになるだろう)などあり一概に比較できない。

58 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 13:07:37 ID:FiPRCjDD0
あ、また医者いじめね.

厚生労働省の責任回避、スケープゴートってやつだね.

こうして医療は破壊されてゆく、みんなよく見ててね.

59 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 13:19:06 ID:Rw7VvENk0
署名ってただのクレクレ厨だよな

公的機関相手だからサマになっているように見えるが。。
すれ違いスマソ

60 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 13:30:49 ID:qE9Qs8iM0
>50
確かにリーマンは過酷な現状にあることはそうだろう。改善すべき。
しかし、その一方で代表取締役(役員会)の労働に見合わない報酬の高さ、不正も改善しなくてはならない。
まず、日本経団連の中でこの不平等をなんとかしなくてはならない。

って、言うのと同じでは?おかしいでしょ?

61 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 13:34:45 ID:a6ON2xRP0
>>54
もちろん開業医と比べているのは勤務医ですよ。
医療行為を行うという意味では開業医と勤務医の何が違うっていうのか。

開業医は非雇われ社長みたいなもんだけど、
開業医は、普通の社長と違って、利権にがっちり守られた業界でぬくぬくとしているからな。
同程度の報酬であっていいわけがない。
しょせん街医者だろ。メスを入れるべき。

>>57
それは確かにそうだけど、
知り合いの開業医の話を聞いてると、全部経費で落としてかなり贅沢な生活してるよね。
歯医者が外車乗り回して高給取りの代名詞になっている現状はどう思うのよ?
あ、こっちは歯科医師会か。

62 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 13:52:32 ID:a6ON2xRP0
>>60
開業医=中小企業の社長
勤務医=リーマン

というのはわかりやすく、実際そうなんだろうと思うんですよね。
(まあ以下の点で違いはありますが)
・代表取締役は多くの場合、能力で選ばれるが、開業医は世襲制が多い。
 (一般的に世襲制は効率低下、腐敗を招きやすい)。
・代表取締役は常に外部(株主)の視点からの評価を受けるが、開業医は外部から評価されることはない。

とはいえ、あるべき姿としては、
・街医者(開業医)は軽易な症例を取り扱う。→給料は安く、数は多い。
・大学病院(勤務医)は街医者では手に負えない難しい症例を取り扱う。→有能な人材のみ。給料は高い。
と思いますが、如何か。


63 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 13:54:34 ID:b8i2H+gN0
開業医はたいていの場合保険診療収入がほとんどだたら、売掛金の回収漏れがない。
その意味ではぬくぬくしている。ただ、他の自営業とちがって所得の大半は把握されているから
いわゆる利益を隠すという形での脱税はされていないようだ(だから高額納税者になるともいえる)。
どのぐらいの贅沢なら贅沢というのかはそれぞれだが、医師にある程度の収入が保証されていないと、
この患者がきたらこの検査して今日の飯代確保、などのいう状況になるならよい医療はできない。
げんじつ厳しい開業医はこの傾向にある。自営業としての医院について特例として負債を公的資金
で救済するというのはやられないだろう。むしろ勤務医の生活に余裕なさすぎ(時間もお金も)
企業なら学会費や医学書代や医局の自分の机においてあるパソコン、
その他の職務に対する投資は、会社もちだろうが勤務医であっても
たいていは自腹。福利厚生のほかのフリンジベネフィットが少ないなど。
まあ、医者は貧乏でも高い志をもてというなら、それには反論しないけれど。
医師の心の健康を金銭的にぎりぎりにしてむしばんでもよい医療にはならないとおもわれ
、そろそろ閾値を超えてしまっているところがこわいけど。

64 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 14:46:24 ID:qE9Qs8iM0
>62
開業医はリスクを取って独立しているのだから、たとえ軽症の患者を
扱っていても、そこに患者が行って儲かっても問題ないと思う。
世襲制で医院をついでも、評判が悪ければ患者は行かないし、
繁盛しているならそれは能力があるということ。
(ただし医療のレベルが高いかはわからない。それでも患者がすすんで行くのだから開業医のせいではない)

安物を売っているドンキホーテが三越より収益があったからといって、それは問題ない。
むしろ、より質の高い医療を提供している勤務医の待遇が悪い
のが問題であると思うが、如何ですか?
しかも勤務医側は、サービスに対し自由に値段をつけられないのです。

65 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 14:59:48 ID:a6ON2xRP0
>>63
医療過誤の問題により医師個人の責任が過剰に問われつつある現状は問題。
特に勤務医においては、勤務医個人の責任よりは雇い主の病院側の責任がもっと問われてしかるべきだと思う。
また、勤務医の待遇はもういきちを超えているように見える。

一方、開業医の給料は、どの程度が「適正な給料(利益)」かという議論はまだ尽くされていないようだが、
各種統計資料(医療経済実態調査等)からすると高いと言わざるを得ない。
事業主としての必要経費があると言っても結果として全体の数字を見ると、まだまだ高い。

医療費全体のパイはもう増えることはないんだから、
開業医のパイを減らして勤務医に振り分けるべきではないか。


66 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:00:18 ID:dSHGRM+V0
開業医=外来医、勤務医=入院、手術、処置医
という図式は単純すぎるとおもうが、そのことはさておいて
実は開業医(外来のみ)に要求されるのは、総合診断医の能力。勤務医の外来医で専門外来
であってもある程度要求される能力。
これは結構高レベルの知識が要求される。ただしこれをみたしている開業医はすくない。
日本の医療の混乱の原因の一つはここにある。うちではなんでもないとか、脳はなんでもない
とかだけいわれてすごすごかえってしまう現実は、外来診療のひどさをものがたっている。
で、近所のひとにきいて、あそこで検査してもらえといわれて、検査してくださいと他の病院に
いく。検査計画をたてるのが患者という現状!これを整理できるのは、本来は開業医。
医師のレベルは必ずしも手技的技術料だけではないが、なかなか一般には理解されない。
天才外科医はドラマになっても、天才総合診療医などは絵にもならないだろう。
技術がある医師には高い報酬でむくいるのは当然。
勤務医も開業医も診療報酬は細かい差違を除けばほぼ同等でサービスに
値段をつけているのは中医協と厚労省(保健医療に限る)。

67 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:16:04 ID:dSHGRM+V0
開業医の利益の適正は、批判を覚悟でだすが、
年間3000万ー減価償却費+借入金返済。
最近の女性の書いたベンチャービジネスの本とかでは2000−3000万を目標としましょう
といっている(医療関係ではない)、ホリエモンの月収200ぐらいあると考えが変わるという意見
などからも、こんなものではないか。


68 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:21:04 ID:a6ON2xRP0
>>64
質の高い医療を提供している、または医学の進歩に貢献している勤務医の待遇はもっとよくてしかるべきだと思いますよ。
ただ、日本全体として医療費(保険診療分)に上限がかかっている以上、
その中で勤務医への人件費だけ上げるわけにはいかない。
(薬価を落とすとかまあ別の手はあるんでしょうが。)

そういった流れの中でこれまで開業医に対する締付けが行われてきたと私は理解しているし、
まだまだ開業医と勤務医の格差が大きい以上、その差を縮めるよう進めるべき。

66さんの言う開業医にも総合診断医の能力が求められるというのはおっしゃるとおりで、
勤務医>開業医は言いすぎかもしれませんが、
医師会という縛りによって、医師としての能力として優秀な開業医がお金を稼げず、
経営者として優秀な開業医だけが金を稼いでいる現状は何とかしなければ。

69 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:25:21 ID:qE9Qs8iM0
>63
医療費全体のパイが増えないというのは国にだまされている部分が多い。
たしかに開業医の中にはいい加減な診療しかしていない人もいる。
しかし患者がそれを見極める必要があるのも事実。受診しなければ開業医はつぶれる。
何に対しお金を払うのか患者側も考える必要がある。
予防接種が自費で、接骨医のマッサージが保険適応とか、90才老人の延命医療とか。老衰で死ぬまで病院に置く家族とか。
考え直すべき課題は多い。
患者側も無駄な医療は受けない。質の高い医療にはそれなりの医療費を払うなど、腹をくくる必要がある。
500円で特上寿司は食べられないのだから。

70 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:32:49 ID:jOL1/ZLr0
私も、現在の保険診療における健康ランドコスト、たとえば毎日マッサージにくるとか、家族分の湿布まで
処方されてしまうとかは、原則自費負担か全額払ったあと患者が民間保険に請求するとか、でよいと思う。
質の高い医療を患者が受けるためには、たとえば広報やメディアの協力が欠かせないが、現状は
逆。一般人に対する理科系の教養を軽視した教育や社会が間接的な原因となっている。

71 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:42:15 ID:QNgPXkhE0
591 :優しい名無しさん :04/08/08 17:27 ID:nYp9zo2M
 で、ひどい大病院ですが、わたしの経験では、国立(大阪にある)病院です。
「わたしは発作起こす人の相手は出来ないのよ!パーキンソンが専門な
のよ!ふん!」という女医さんでした。当時、男性不信だったののと、
それほど症状も重くなかったので、仕方なく、「薬と、カウンセリングだけ」
という約束で通院していました。
 数ヶ月経って、道ばたで発作を起こしました。わたしの荷物の中から診
察書を見つけた人が、国立に運んでくれたのですが、入院して数時間後
に落ち着いて目が覚めると、「どうして入院してるのよ!最初から迷惑だ
って言ってたわよね!」と、スゴい言われようでした。
その時は、恐ろしくなって急いで退院したのですが、そのことがあって、
余計に具合が悪くなってしまいました。 女医さんには、毎月相変わら
ずの言われようでした。
 病院を変えたいけど、どういう風に手続きしたらいいのだろう…と考えて
いると、また倒れてしまい、国立に運ばれました。3日間寝たきりで、飲ま
ず食わず、もちろん下の方もなし。見舞いに来た知人曰く、「意識がないと
思った」様な状態でした。やっと起きれるようになっても、耳は聞こえないし、
目も殆ど見えない。いったい何の薬を投薬されていたのか?と言う状態で
した。その説明を求めたくても、わたしはろれつが回らないし、知人は経過
を知らないため、同室の入院していた方が、別のドクターに詰め寄ってくれ
ました。
 女医さんは、学会で海外に行くとのことで居なくなってしまい。その後1ヶ
月は意味もなく入院していました。
で、帰国した女医にそのこと(寮養所を紹介されたこと)を伝えると、「だか
らわたしは最初から言ったわよね!パーキンソンしか見ないって!」と吐き捨
てたので、他のドクターが平謝りされていました。
元から、畑違いだったのかも知れませんが、あんな恐ろしいところには、
二度と行けません。

*一部引用者が編集。


72 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:42:25 ID:a6ON2xRP0
>>68
星の数ほどあるベンチャー企業の中で年収2000稼げている社長は一握りですよ。
小規模会社社長の平均給与は1000万超えるかどうかぐらい。

>>69
患者がもっと賢くなるべき、ってのは実態そのとおりなんですが、
それは「政治が悪いのはそんな政治家を選んだバカな国民のせい」と同じ論理であまり生産性はない。
外から見て、(医師として)優秀な開業医が外から見てわかるような第3者評価的なものを取り入れるべきでは。

73 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:44:15 ID:QNgPXkhE0
         拝啓、 お手紙受け取りました。
       私方は、神経内科及び、精神科を診察しておりますゆえ、
      大変多忙で、上司ともでも、10日以内にお会いするのは
      難しい状況です。そうゆう状況ですが、上司は、5月2日
      (金)の3時半からではどうでしょうかと言っております。
しかしながら、急患等があり、時間厳守とはいかない可能
性もありますので、そこは、お含みおき下さい。
       ご都合が悪ければ、ご連絡ください。
                4月30日  廣瀬干冶(仮名)
         
(昨日、お手紙受け取りました。)


    上司を伴って話し合うと約束する嘘の手紙で、病院に別の目的で誘い
    出されようとされました。これって「監禁」でしょ。医師は手紙につい
    ていっさいダンマリ。そのうち弁護士が出てきていっさいノーコメント。
    上司はそんな話は知らない、だって。いったいこの手紙誰が書いたの?


74 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:46:06 ID:qE9Qs8iM0
色々考えてみると、今の一律3割負担とかを変えて、変動負担制にするのがよいと思うがどうか。

マッサージ等は10割負担。
悪性腫瘍、難病は0割。生活習慣病は5割とか。

質の高い医療が必要な疾患に、保険から支払われる部分を多くする。
開業医に対しては、予防医学などで報酬を厚くする。
これで、無駄な受診を減らし、ういた分を勤務医などにまわせないか。


75 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:49:49 ID:ZQN0vn9iO
>>61
わかった様なふりしても、所詮一般人の理解度なんて
そんなもんでしょうな

76 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 15:53:11 ID:jOL1/ZLr0
71みたいのは勤務医だからやってしまう態度だろう(論外だけど)
開業医でそんなことやったら近所中のうわさになってつぶれるかも。


77 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 16:24:12 ID:kGaSgxbo0
浮かせたいんなら、負け戦の処理認めてくれ。
半分処理できれば2,3兆は浮く。勤務医の給与を倍にしてもお釣りの来る
金額だ。

78 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 16:33:09 ID:xUmToacu0
流れがグチっぽくなってるが、
調査権についてはどうなんだ?

79 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 16:41:28 ID:a6ON2xRP0
>>74
変動性というアイデアはいいですね。
重度、中度、軽度ぐらいの3区分ならば実現可能かもしれない。

そろそろ出かけないと・・・。
調査権については、医師免許取消等の行政処分をするための調査を行えるようにするためのものであって、
これまで明らかに行政処分されるべき医者が処分されてこなかった現状が改善されるんだからいいんじゃないか。

80 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 16:47:44 ID:xUmToacu0
じゃあ、今回の厚生労働省はGJなわけだな。

81 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 16:51:04 ID:cuBMAUpO0
きちんとした医学の専門家による中立的な機関で今までの裁判のように
温情判決でなく、医学に基づいた判断がなされるならばよいのでは?
逆に、民事や刑事事件でその医学的判断がきちんと採用されるようにしてもらいたいな。


82 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 16:59:12 ID:hH2b/55i0
医者叩きのニュースがここのところ多いように感じるのだが。
いい傾向だね。
後何年で大変なことになるのか今から楽しみです。

そうなったとき、みんなどんなリアクションするんだろう。



83 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:01:23 ID:qE9Qs8iM0
>81
それが理想ですね。その代わり刑事は免責が条件ですね。
さもないと、刑事罰を恐れ、真実が隠され、事故を減らすと言う目標は達成されない。
民事はあっても可だが、素人裁判官が専門家の判断を取り入れる事が必要。


84 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:06:37 ID:YNUild5e0
>>81
同意。
医学の専門化による、医学的に常識的な判断なら、大歓迎で受け入れる。
裁判所の世界最高水準を求めるような判例には、もううんざり。
ケースレポート(この病気がなんと一命を取り留めました、すごいだろみたいな報告書)を
根拠に裁かれてたら、ほんとたまらんよ。

85 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:10:20 ID:xUmToacu0
最近はそんなに裁判で負けてるんかね。
前は、医者のほうが強かったような感じもするが。

86 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:35:01 ID:cuBMAUpO0
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/103022035.html
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/103041035.html

医師不足問題について書いてあるが比較的まとも(?)
地方新聞なのが惜しいところ。
しかし、さすがに
「根本的な解決方法は、新規医師を準公務員化して、一定期間は国や県単位で設置された
 「地域医療対策協議会」の定めた病院や診療所に勤務することを義務化し、
 加えて、領域別専門医数をコントロールすることである。
 現状の医師偏在はそこまで深刻なのである。しかし、誰もそれを言わない。」
はちょっと乱暴か。医師だって職業選択の自由とかあるだろう。
利益誘導するとか、裁判での責任を軽くするとか色々やるべき課題はあるだろうに。
医療政策失敗しました。そのつけは医者が何とかしてください。では困る。
ゼロ戦の片道特攻のように、産婦人科、小児科が足りないから、じゃああんた行って死んでくれじゃねぇ・・・・。




87 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:40:29 ID:XZC54KfP0
こうやって医師の側をたたいてばかりいるから
治療方針に不満を持つDQN患者がダイナマイトを病院にもちこんだりするw
おまいらニュースみたか?w

88 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:44:25 ID:mLwtVgO70
刑事で免責なんてヌルイ事をするなら私刑で医者が殺されるだけだべ。
どのみち民事で破滅させられるなら刑事を免責にしても正直に話すとは思えん。

89 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:46:48 ID:E355VYTE0
まあ、俺は医者だが、まともに医者するのやめるわ。
人間助けるのに飽きた。

90 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:49:49 ID:annTAlxG0
>>89
介護医療でボロ儲けでもしてくれ
保険制度が崩壊するから

91 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:52:39 ID:cuBMAUpO0
結局締め付ければ締め付けるほどみんな逃げ出すんだよね。
さがせば色々需要派あるし、もともと優秀だから何か思いつくでしょ。

92 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:57:22 ID:PD9CM+Em0
>>84
逆ケースリポート(こんな簡単な手術なのにミスって・・・)を隠蔽しているから問題だろ?

人がやるのだから ミスゼロって確率は ありえない。
しかし、それを隠蔽して(ry

93 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 17:59:05 ID:TqTl8ACoO
つーか出来る若手が医者になりたくなくなる。
現にもうそうなってるし。自然とレベルダウン。そして更に医療の質が悪くなり、以下無限のスパイラル

94 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:00:21 ID:ZycInOwF0
調査権はあってもいいけど、それじゃ片手落ち。
厚労省は医師の待遇改善をがんばれ

95 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:03:31 ID:ToOgT4+P0
>>94
> 厚労省は医師の待遇改善をがんばれ

基本的には組合の仕事じゃないかな
日本医師会という大きな力を持った圧力団体を持っているじゃないか、がんばれ

自分たちで何とかしないで、すぐに国に頼るのが甘いところだと思うよ

96 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:04:05 ID:mLwtVgO70
医者・患者双方当事者達に公正さを期待したって駄目だから、第三者が介して様々な手段で
記録するようになるべ。

97 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:08:24 ID:eSW83DYF0
これを機に一部の医者の労働環境や大病院の杜撰な経営実態が明るみに出て、
「やっぱり環境を改善しないと医療事故は防げない」っていう風潮が作られれば
医者にとっても患者にとっても国民にとっても良い結果になるんじゃないだろか。

ただ闇雲に裁判だけが増えたりする現状よりは、
ちゃんと明るみに出して、原因を精査できる環境ができるのはいいことだと思うし。
そういう仕組みにしていけばいいなと。

98 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:08:55 ID:XZC54KfP0
>>95
日本医師会なんて開業医しかはいってません
実際くるしんでいる勤務医はいそがしすぎて組合すらつくれない状況だよ

99 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:11:10 ID:PJoeE0iNO
勤務医の労働組合をつくらないと。
てか医師はストライキできないんだっけ?

100 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:11:18 ID:4WR0T+2s0
最近、逃散という言葉を久しぶりに聞いた。

そうか、江戸時代の農民並に環境が悪化したんだな。

逃散。いい言葉だ。

101 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:11:38 ID:TU+sppnn0
>>96

賛成したいところだが、その第三者が医師レベルの人間でないと、記録自体が
意味不明になるに1000ゴールド。

医療費の高騰につながる意見なので、まぁ無理でしょうな。

102 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:13:32 ID:ToOgT4+P0
>>99
> 勤務医の労働組合をつくらないと。

すでに日本医師会って大きな組織があるんだから、それを生かせば良いんじゃないの?
もう一つ似たような組織をつくるのは全く意味がないし、出来るはずもないでしょう

そもそも「日本医師会は開業医のもの」って事が訳が分からん
くだらない縦割り意識を持っている時代ではないんだけどなぁ

103 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:13:36 ID:UB6cOg7C0
>>95
保険制度の維持を主張する限り医師会は医療費予算の
増額をお願いすることしかできない弱い立場。
かといって昔のようにぶち切れて保険医総辞退を言い出せば
今度は民間保険業界の軍門に下ることになる。
前門の虎、後門の狼でもう動きようがないんだよ。

104 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:14:48 ID:ZycInOwF0
>>95
いや医者のためじゃないよ。小児・産科の不足など、医者が逃げることで
困るのは俺や俺の家族かもしれんだろ

105 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:19:29 ID:ToOgT4+P0
>>103
> 保険制度の維持を主張する限り医師会は医療費予算の
> 増額をお願いすることしかできない弱い立場。

十六万人の圧力団体な訳だから、弱い立場と言っても説得力がありません
圧力やロビー活動、やる気になれば色々と出来ることはありますよ

医療費にしても、増額が必要ならきちんと主張すればいいだけなのに
その程度の力も知恵もないのかな


106 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:23:03 ID:mLwtVgO70
>>101
それを言い始めると結局医師しか事の妥当性を判断できないという事になっちまうから
いつになっても適正な解決法は生まれずと。
当事者である医者や病院が信用されない以上は後は記録頼みさ。
利害関係の無い海外の医者に判断させるとかになるかもな。

107 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:25:05 ID:AvsiDec00
俺、もうちょっと頑張れば今の市民病院から職場変われる。
もう、疲れた。
こんな糞田舎の住民があとどうなろうが知ったことじゃない。
労働基準監督所も労働時間の立ち入り検査しても医者のタイムカードは調べないで
看護師や技師や事務の時間だけチェックして帰っていく。
やってられない。
あと、半年だけ頑張るがあとは知らない。ほんとに知らない。

108 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:27:06 ID:TU+sppnn0
>>106
新しい資格として、診療記録師でも作りますか?

どう転んだところで、医療費が増大すると思いますけどね。

この議論より先に医療費を増大させる方向性が国にないと、たぶん何にもでき
ません。虚しい議論ですなぁ。


109 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:33:12 ID:Eq/fx8bK0
逃散(ちょうさん)とは、江戸時代やそのもっと昔の時代の農民が、その土地の治安の悪さ、重い年貢米などに耐えかねて他の土地に逃げ込むこと。
逃げ込んだ農民のほとんどは大都市部に出て、安い賃金で人足などをやったりして生活を立てるようになるため、
江戸などの大都市部では貧民が多く存在するようになり、それに伴って犯罪が多発するようになる。
そのため、江戸時代では農民は生まれた土地にしか住めないようにされていた。

戦国時代では、戦乱に伴って山賊や海賊などの被害が多く、
また重い年貢を課されたため、逃げ出すものが多く、戦国大名たちはこのような人間が出ないように工夫することも大名としての能力であるといえる。
逆に逃げ出さないで、領主と戦ったのが加賀一向一揆である。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%83%E6%95%A3" より作成


110 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:34:16 ID:hH2b/55i0
ねえねえ、国民皆保険、やめようよ。
何で続けるの〜〜〜〜??

111 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:35:28 ID:NQaFB08B0
秋〇組○病院の脳動脈瘤
破裂事件はウヤムヤになった.
カテーテルで治療しようとして
死亡.
大学病院も一枚かんでいるらしい.
治療をやっている技師に聞いた.

112 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:42:29 ID:mLwtVgO70
>>108
どうするかという指針も無く最初に医療費の負担増ありきではこれからは受け入れられないベ。
実際に、これこれが必要だからといって負担増を受け入れられるかも謎ではあるが。
日本の医者や病院の信頼性・誠実性を担保するものが無い以上は、外部からどうにかしないと
いけないという物凄い難しい展開にならざるを得ないだろうな。

113 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:46:21 ID:ToOgT4+P0
>>112
> 実際に、これこれが必要だからといって負担増を受け入れられるかも謎ではあるが。

それが必要だったら負担するけどね
その場合、目標を設定しなければ話にならない

「医者の数を増やすことで、医療ミスを○%減らします」とかね
達成できなかったら、予算はすぐに減らされると

114 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:48:44 ID:2JJPq2UfO
医療事故なくても調査権あってもいいんじゃない。見えない被害は多いと思うよ。特に田舎ではお医者様の世界だしね。

115 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:51:05 ID:YT4HMJj20
厚生労働省はそろそろ焼き討ちにあうかもな

あまりにも糞人間がそろいすぎだろ

116 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 18:55:29 ID:kGaSgxbo0
>>105
十兆円削られてる時点で(厚生省が現在の医療費として予測した金額で、
医師会が妥当と計算した積み上げで金額で、GDP比による先進国の平均
的な金額から見て)、ものすごく弱いといえると思うよ。

117 :116:2005/07/17(日) 18:58:13 ID:kGaSgxbo0
あ、医師会のところが変になった。
実際に必要な費用を積み上げで計算した妥当な金額ってことね。

118 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 19:47:16 ID:UB6cOg7C0
>>105
16万人といっても人口比の0.07%で理不尽なやっかみや
誤解の色眼鏡で見られる超少数派のエリート集団だよ?
圧力という言葉を使っていいのかどうかわからないけれど、
若い医師を中心にきつい科からの撤退が進んでいる現状が
遵法闘争的なせめてもの抵抗といえば抵抗なのかもしれないね。

119 :名無しさん@6周年:2005/07/17(日) 23:15:23 ID:kQkMOSm30
>>113
> その場合、目標を設定しなければ話にならない

そうだね。まず現状の評価をしないと目標も設定できないから、他国と比較し
た価格対効果比を算出することになるよね。

で、日本は世界でトップレベル。

> 「医者の数を増やすことで、医療ミスを○%減らします」とかね

普通に考えて、現在のレベルを維持したまま、質を上げる訳だから、コストは
世界でもトップレベルになる。

医者というか医療従事者の数を増やすので、医療費は200%にすべきに近い回答
もあり得る。コストはUSよりちょっと多いくらいかな。どこから、調達するの
かと考えると、公共事業をその分削減することになるのかな。

そして失業率は一時急上昇し、暴動が大量発生する。
医療の質は、かなり良くなった。めでたしめでたし。

例えば、こんな感じですか? 負担してくれてありがとう。
暴徒に襲われないように、セキュリティにもお金を使ってね。(はーと

120 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 01:01:42 ID:tn++Z74N0
強制労働省

121 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 01:10:12 ID:Z0EUZZrg0
>>120
辞める自由があるうちは最大限に利用しましょう。

122 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 01:15:43 ID:QLIofpL00
>>119
> で、日本は世界でトップレベル。

現状通りでいいというわけだね
待遇改善も必要ないか

123 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 01:18:37 ID:Z0Tleqzl0
>>119
なんだこれ

124 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 01:23:40 ID:Xa05EAxI0
医者のようなハードな仕事は、やはり黄色人種には無理。
精神的、肉体的な弱さが医療ミスを起こしてしまう。
これからは欧米から白人医師を呼んでくるのが得策。

125 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 02:01:32 ID:tn++Z74N0
>>124
釣れるかな?

126 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 07:17:48 ID:j05OQOsf0
>>122
患者側が医療崩壊が続く現状でいいと思うのならいいんじゃね
医療崩壊がさらに進んで医療レベルが下がってくるようになるまで待つ?

127 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 07:17:56 ID:9Q3a3/tw0
>>122
医療従事者の立場からすればもちろん改善してほしいが、国民としては今までどおり
生かさず殺さずで逃げ出さない程度に我慢してもらうのがもっとも好都合だろうな。

つまり一部の科から逃げ出す医者が増え、地域医療が危機に瀕している状況下では
早急な予算投入による待遇改善が現状維持のために必須というわけだ。


128 :いのげ:2005/07/18(月) 09:59:18 ID:0tJ3xYEg0
医学に無知な官憲が先入観丸出しで捜査するよりは
一応医師免許持ってる医官による調査を速やかに行う方が望ましい

129 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 10:00:39 ID:FjSNW8640
「行政処分」じゃなくて、司法でやれよ。


行政にそんな能力はない。



130 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 10:03:43 ID:FjSNW8640
3権分立に違反してない?

131 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 10:08:20 ID:i+85Fg880
医者をやらなくて良かった。最もそんな能力は無いがな。
これからは過失致死罪の医者が増えるぞ。医者なんてやるものではないな。
合法的詐欺商法が一番。官僚、政治家がいいな。

132 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 10:15:14 ID:IFS0kq4Y0
>>124
釣りにマジレスだが、欧米の医者を日本に呼んだら自国と比較しての
労働条件の悪さに一月で逃げ出すぞ。


133 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 10:26:23 ID:JzT8b4tT0

い や な ら 辞 め ろ

代 わ り は い く ら で も い る

自 分 は 必 要 と さ れ て る な ん て 妄 想 し と ら ん か ?



134 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 10:28:37 ID:VGb32Esx0
人によっては、当たり障りのないように
だらだらやるかあ〜マンドクセ ってならね?

医者は真面目だから、そんな奴はいないかもしれんが

135 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 10:39:07 ID:UXXFQjIy0
厚生労働省の政策は失敗が多すぎる。ほとんど裏目
病院と外来分離政策しかり→患者に不便になっただけ 医師も負担増大
大局をみる人材がいない 今後
根拠のない医療費抑制による医療供給不足
不要な受診が多い小児、老人医療体制の崩壊
必要な人が使えない介護保険の崩壊
医療安全体制にコストをかけないと防衛医療となること
 医療経済学の専門家がいないんだろうか?


136 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 10:53:45 ID:Z0EUZZrg0
>>134
俺は何もしないマターリ医者だよ。
病気を治すなんて怖くて出来ないな。
俺の仕事は「診る」のではなく「見る」だけだ。
家族を路頭に迷わすわけにはいかないからな。


137 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 11:04:13 ID:iw46b5rB0
>>136
神経内科ですか???だったら可能そう>見てるだけ。

138 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 12:02:01 ID:IEh7bViF0
神経内科医の診断能力はすごいんだよなぁ。見てるだけに特化しているだけあって。

139 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 12:59:05 ID:9Q3a3/tw0
>>137
>>138
書いている意味がぜんぜん理解できなかったのだが、
心療内科と混同しているということでよろしいか?

140 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 13:29:27 ID:IEh7bViF0
神経内科医は、CTも無い時代から神経学的兆候だけで2mm単位で脳出血
の位置を特定したりできたけど、神経内科の教科書に載っている疾患は脳外
と被ってるところ意外は、原因がわからない、治療法がない、見てるしかない
もんで第三内科(多くの神経内科は第三内科所属)と言われるくらいなんだよ。

141 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 13:45:45 ID:9Q3a3/tw0
>>140
なるほど、三「ない」=第三内科だったのですね。
勉強になりますた。

142 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 14:07:22 ID:o40fJoLa0
たしかに
神経内科にコンサルトしたら

これは○○○○症候群と診断します。経過観察させていただきます。
これは△△△病の疑いがあります。経過観察させていただきます。

とかばっかw
いないと困るが、最近脳梗塞の寝たきりは神経内科じゃないと主張し始めて
皆にうざがられている。(みんなで押し付けていたのだが)

143 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 16:01:29 ID:Ff27i3P60
>>129、130
司法は司法でやる。行政は行政でやる。わからないかな?

144 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 16:25:29 ID:yBSkqIk60
>>143
行政処分が先に行われたら司法に影響が出るような気がする・・・

145 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 16:36:40 ID:lqAt58z+0
一時的な行政処分が不服なら行政訴訟、ってことじゃなく?

146 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 16:39:27 ID:lqAt58z+0
「一次的な」行政処分

147 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 17:02:28 ID:90sQLvF+0
医師不足:産婦人科医の勤務改善へ、
近く業務運営委を設置−−高山赤十字病院 /岐阜

 産婦人科の医師不足に悩む高山市の高山赤十字病院(松下捷彦(しょうげん)病院長)
は、病院幹部による病院管理会議を開き、近く「産婦人科業務運営委員会」(仮称)を設
置することを決めた。産科医師をはじめ助産士らによって産科業務を見直し、過酷な勤
務条件に悩む産科医師たちが働きやすい職場環境をつくり、加えて不妊治療、内視鏡
手術など、先端医療を積極的に取り入れたいとしている。
 同病院の産婦人科は3人の常勤医師で診療態勢をとっているが、産科は昼夜を問わず
出産を扱う厳しい勤務条件という。県内の公的病院では例のない年間約630例の出産
を扱っており、医師の過酷な労務条件を緩和するため、最低でも医師をもう1人確保し
たいという。来春出産を迎える妊婦の入院予約を制限している点については、年間360
例ほどに抑えて安全な医療を目指すために予約制限は当面続けるといい「行政当局に
対しても産科医師の不足は地域の問題としてとらえ、医師の確保に協力してほしい」
と話している。【奈良正臣】

7月13日朝刊
(毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050713-00000125-mailo-l21

148 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 17:07:28 ID:90sQLvF+0
飛騨市:遠距離通院の妊婦交通費、出産1回に5万円支給 /岐阜

 ◇高山赤十字病院の入院予約制限に対応
飛騨市は30日、産科病院へ出産のため遠距離通院する妊婦に対し、
1出産について1人5万円の交通費を支給することを明らかにした。隣接
する高山市の高山赤十字病院(松下捷彦(しょうげん)病院長)が産科
医師の不足で妊婦の入院予約制限をしたのに伴う予算措置。厚生労働
省は「これまで聞いたことがない措置」と話している。
同市によると、同市の市立病院には産科がないため、大半の妊婦が約
30キロ離れた高山市や隣接する富山県の病院で出産する。04年度に
高山市内の病院で出産したのは189人。うち89人が高山赤十字病院で
出産し、37人が同市内の別の総合病院、27人が同市内の個人クリニック
を利用。残りは富山県などで出産している。
 このうち高山赤十字病院は5月、飛騨市へ「来春出産を迎える妊婦の入院
予約を制限したい」として協力要請した。同病院の産婦人科は常勤医師3人
による診療態勢をとっているが、産婦人科学会の勧告によると、1人の医師
が手がける出産は年間120例が望ましいとされており、現在の年間630例の
出産には最低でも5人の医師が必要という。松下病院長は「医師の確保も難
しく、医療水準を下げないためには入院数を制限するしかない」と話している。
 このため同市は遠距離の産科へ通院する妊婦が増えることを見込み、妊婦
の負担を少しでも軽くするため交通費補助を決めた。補助は高山市以外の
病院への通院が対象で、4月にさかのぼって実施する。


149 :医学生:2005/07/18(月) 17:19:48 ID:K/Tp4dmn0
医者いじめばっかりでやる気がなくなるよ。ごほうび無いの?
偏差値は今じゃ私立最低辺ですら慶応早稲田の一般学部と
同等以上なのにCBTもオスキーもスーパーローテとかいう最悪な制度導入されるわ
勤務状況はどんどん厳しくなるとかやる気無くすwwwwwwwwww



150 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 17:21:21 ID:eOfiB89j0
産科や小児科だけにスポット当てられてるけど、
内科も大変なところは大変なんだよ。

151 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 17:22:49 ID:o40fJoLa0
>>148
>厚生労働省は「これまで聞いたことがない措置」と話している。

このへんに彼らの危機感のなさが滲み出てるな。

152 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 17:25:06 ID:eOfiB89j0
ここまで医師不足が問題化してるなら、そろそろ諸悪の根源:大学病院看護師を
叩いてもいいんじゃないか?マスコミさんよ。

153 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 17:29:16 ID:CNFxbKHi0
国税局や、公正取引委員会なみの権限があってもよいぞ。


154 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 17:31:30 ID:CNFxbKHi0
関係場所や書類を捜索押収し、
関係者を尋問して、
独自に審決を出すような機関がいい。


155 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 17:51:40 ID:90sQLvF+0
い や な ら 辞 め る
>>148
代 わ り は ど こ に も い な い

産科医はいないので、他県でうんでくれ、 

156 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 17:59:29 ID:yBSkqIk60
>>149
い や な ら 辞 め ろ

代 わ り は い く ら で も い る

自 分 は 必 要 と さ れ て る な ん て 妄 想 し と ら ん か ?


157 :医学生:2005/07/18(月) 18:00:58 ID:VU42AVwq0
>>156
ぷげらちょむにだwwww

158 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 18:05:18 ID:0+Q+1osA0
産科・小児科救急に関してはすでに地方中核都市からも消滅しています。
今は救急と一般外科が崩壊の過程にあります。
この流れはおそらく止められないでしょう。

159 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 18:15:37 ID:yBSkqIk60
>>157
い や な ら 辞 め ろ

代 わ り は い く ら で も い る

毎 年 七 千 人 も 新 人 医 師 が 増 え る を 知 ら ん の か ?


160 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 18:22:02 ID:90sQLvF+0
yBSkqIk60はDQN決定、
こんなやつが病院にくるたびに気分が悪くなる。
病  院  が  い  や  な  ら  く  る  な
医 師 が い や な ら 祈 祷 師 に で も た の め
か わ り は い く ら で も あ る

ちなみに、まいとし5〜7千人はやめているので増加はびびたるもの、


161 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 18:22:27 ID:Q4O/BBYk0
かわいそな日本のお医者さんたち・・・とあのイギリスの雑誌でさえ同情してます。
http://bmj.bmjjournals.com/cgi/content/extract/329/7465/531


162 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 18:31:37 ID:o40fJoLa0
>>160
待て待て
yBSkqIk60はたぶん「いやなら辞めろ委員会」の人だぞ。
どっちかというと医療者の味方の人だぞ。

奴隷のような勤務体系に「自分は医者だから仕方ないんだ、自分が頑張らなきゃ
患者さんはどうなる?」と考えてる奴隷根性の染み込んだ医師たちに
「目覚めよ、汝らの人生は汝らの手で切り開け。」と啓蒙活動されているのです。

私も奴隷根性で勤務医やってましたが彼らに啓蒙され奴隷生活の勤務医を
近く辞めるつもりです。

163 :Ruin Hospital:2005/07/18(月) 18:36:55 ID:3yO3W06W0
Japan's doctors say low fees are driving many to ruin
Vienna Jane Burgermeister

Doctors in Japan have warned that there could be an exodus from
the medical profession unless the of health and welfare ministry
increases the fixed fees that doctors receive for treating patients.

The ministry—in Tokyo—sets the sums that doctors and hospitals are
reimbursed for consultations, treatment, and operations by the country
social security system.

But the Japanese Medical Association says that hundreds of hospitals
and general practice clinics are now facing financial ruin because
they are being forced to rely on very low, government fixed prices
for their income. The situation has become critical, they say,
because the cost of treating patients is soaring while the fees have
continued to languish at a low level for decades.

Moreover, the association says that doctors・representatives are
being overruled by the government members of the Central Medical
Council on Social Insurance, the advisory body that regularly reviews
the level . . . [Full text of this article]



164 :REI KAI TSUSHIN:2005/07/18(月) 18:42:49 ID:mV3o2ZSj0
『大腸ガンです♪』
『来週必ず来てくださいね♪』
『オペしましょ♪』
『練習♪練習♪練習♪練習♪』

P.S
これも致命的な医療ミスだろ。

165 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 18:48:10 ID:o40fJoLa0
>>164
>『大腸ガンです♪』
>『来週必ず来てくださいね♪』
>『オペしましょ♪』
>『練習♪練習♪練習♪練習♪』

どの部分が致命的な医療ミスなのですか?

166 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 19:02:48 ID:0+Q+1osA0
>>161

イギリス国民はサッチャー政権下で医療費が押さえ込まれた結果、
救急48時間待ち、胃癌手術2年待ちなどの苦渋を舐めましたからね。
現政権になってから、医療費増加政策に転換しましたが、
傷跡が癒えるのには何年かかることか・・・
同じ轍を踏もうとしている日本に同情するのは当然でしょうね。

167 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 23:28:36 ID:dc+aTMWP0
>>85
亀レスで申し訳ないけど,
たぶん全体数から言えばまだ医療側の勝訴のほうが多いと思う.
ただ医療側の勝訴はほとんど報道されないし,またこのところ割り箸,心筋炎などの
DQN判決が続いたので,医療側は戦々恐々としている.

168 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 23:33:29 ID:Z0EUZZrg0
>>167
適正水準を超えて負けてるからな。逃散、撤退がキーワードになってるな。
おいらの周りも司法試験勉強開始、真面目で優秀な外科医の自由診療
へのドロップアウトがなどが出始めてる。

169 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 23:34:05 ID:xjSFb63v0
>>130
厚労省の処分に対して行政訴訟を起こせるから三権分立に違反しない。

170 :名無しさん@6周年:2005/07/18(月) 23:41:32 ID:PEZ3DUNm0
>>111
通報しました!

171 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 00:23:13 ID:N72Tu3gk0
>>168
おいらは自称「まじめで優秀な外科医 しかもなぜか若い娘にはもてないのにおばさんには人気がある」なのですが,
「真面目で優秀な外科医の自由診療へのドロップアウト」って,具体的にどうしているのですか?
美容外科医になってるってこと?



172 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 00:26:51 ID:KMKSafal0
>>171
自由診療もいろいろあるのさ。
上位国立出身、博士号、専門医持ちが胡散臭い自由診療へ移る世の中ってことさ。

173 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 00:29:05 ID:N72Tu3gk0
>>172
今の制度じゃまじめにやればやるほどバカを見るからねぇ‥‥
金稼ぐなら多少の胡散臭さも勲章みたいなもんかな?

174 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 00:39:05 ID:KMKSafal0
小児、産科と来て、麻酔も顕在化し出したし、次は外科だろうね。
何かが崩壊する過程を間近で見ることが出来るのはいい経験だね。
俺には実害ないから面白がって高みの見物だ。

175 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:13:02 ID:yTqT9G/A0
まあ世間知らずのお医者さんたちは、やれ小児科の危機だ、やれ産科の危機だなんて騒いでいるけど、
それって今や日本の色んな業種で起こっている状況なんだよね。
騒ぐな、ってわけじゃないんだけど、あんたらだけじゃないんだよ、って言いたいね。

ところで、この危機を回避するために給料あげろみたいな論理をよく見るけど、
給料増やしたって激務が続けば結局いやなんでしょ。
医者の数を倍増すればいいんじゃないの。夜勤半分になるよ。
でもお医者さんって医者の数増やせ、っていうとそれはみんな反対するんだよね、なぜか。


176 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:20:31 ID:Zpn/HuSi0
>>175
いや、増やして欲しい。猫の手も借りたい。
医者を増やしたくないのは国。なぜならば医者の数に比例して医療費が増えるから。

それから小児科や産科の崩壊で騒いでいるのは医者自身というよりは
医者がいなくて困りだした患者やその家族じゃないのか?


177 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:23:38 ID:IMBjqG2J0
小児科産科は病院も経営面できついでしょ。
医者は「増やすべき」というより「増やしとくべきだった」なんだろうね。

178 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:27:14 ID:fgnk61ZK0
>>175
いいんじゃないの?どんどん増やせばさ
またなんか反論するんだろうけど、どんどん医者のレベルが下がるだけだし
数を増やして給料減らせばそれだけ医者のレベルが下がる
すでに歯科がそうなってる、いい見本だよ

179 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:29:09 ID:Cff4FbKn0
てか、利権の巣窟の厚生労働省なんかイラネつってるだろ。
市民団体が厚労省を運営すれば、予算は現在の1/100まで削減出来る。
予算の99%は天下りと利権確保が目的の糞まみれの極悪省庁だ。

180 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:33:54 ID:Cff4FbKn0
>>163
>unless the of health and welfare ministry
どう読むの?

181 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:34:40 ID:Zpn/HuSi0
結局最後に困るのは患者の方。
今までは医師自身の身分の保障があって尊敬されていたからこそ、医師は高い倫理観をもって
仕事をしなければいけなかったんだよね。
でも最近ははそれがなくなりつつあるから、結局自分のみは自分で守らなくてはいけない。
つまり、医師としての理想や患者の事なんか2の次になってくるんだよ。
まぁ、そういう世の中にしてしまったのだから仕方ないね。

182 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:37:53 ID:yTqT9G/A0
あれ、意外と医者増やせ、って声多いんですね。
じゃあホントに医学部の定員を倍増したらいいのにね。今からじゃもう遅いかもしれないけど。

医学部って私立大でも入学が非常に難しいから、
医者になりたくてもあきらめている人ってたくさんいるわけだけど、
そういう人もどんどん医者にしてしまえばいいよね。
医療のレベルが落ちるってのはあるけど、
今の過酷な労働条件から人が逃げ出している状況よりはマシでしょう。
それに高校までの勉強ができる人がよい医者になるとは限らないわけだし。

183 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:44:51 ID:yTqT9G/A0
>>180
英訳がおかしいけど、"the of health and welfare ministry"で厚生労働省って意味でしょう。
「厚生労働省が診療報酬を上げないから医者がどんどん医学界から逃げ出している」と日本医師会が言っている、って意味。

184 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:45:28 ID:Zpn/HuSi0
国は医療費抑制のために医者増やしたくないから当分は医者は不足していない、
地域偏在、診療科偏在、が問題だというんじゃないかな。
これだけ医者不足といわれている割には今のところ国立大学の
定員増やすという話は聞いたことないし。
どちらかというと、診療科別入学とか地元優先枠とか僻地勤務義務化
といった話しか耳にしないしな。

185 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 01:54:50 ID:Cff4FbKn0
この国を攻め落とす最後の要塞は、あと二つ。 この二つを陥落させればこの国は完全に支配下になる。

そのひとつは、法曹界。 ーー こちらは陪審員制度を飲ませ、人権擁護法など着々と侵攻中。
日本の法曹人口2万人、アメリカは100万人+毎年3万人。95%がユダヤ系。検察ー弁護が水面下で
つながっていて、カモに訴訟を煽って、利益を山分け。

もう一つ残る要塞は、医療・薬事関係。 製薬会社はM&Aでここ数年で完全制圧。
医療部門は医師会が頑強に守りを固めているので難攻不落。
カネに目がくらんだ厚労省官僚がバブル経済に浮かれてやりたい放題やっていてくれたたお陰で、
体質も財政基盤も破綻寸前。 自業自得か。

すべての体制が瓦解したときが、われわれ上陸部隊の活躍の場。 もうすぐだ。 

186 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 15:37:13 ID:zZRl3AHE0
売国奴リスト

現政権
官僚
経済界

日本は終了〜

187 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 19:35:46 ID:g0h0GJo80
>>175
まあ世間知らずのお医者さんたちは、やれ小児科の危機だ、やれ産科の危機だなんて騒いでいるけど、
それって今や日本の色んな業種で起こっている状況なんだよね。

別に他業種がそうなっても、死人はでないが、医療界がそうなれば、死人が出て、騒ぐ人間、署名集める
人間がいる。ましてや、病院に医師を確保するのは、医師の問題ではなく、行政のもんだいなのに、
医師の問題になることがある。だから、医師が、こうやっているのは自己防衛でもある。
医師は病院に雇われている従業員であって、医師の確保は病院長、ひいては、県立病院なら
知事の責任である。(病院長は医師だが、所詮やとわれ)

188 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 20:11:31 ID:EeUXcNXp0
>>18
>医者を罰しない代わりに、医療事故の原因追及を徹底的にやって
 医療事故や合併症をへらしまくってほしい。

殺人や強盗を行った人に、その境遇を直せと言っているようなもの。
こんななまぬるい方法で、ミスが減るわけありません。

189 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 20:15:48 ID:EeUXcNXp0
>>92
>人がやるのだから ミスゼロって確率は ありえない。
 しかし、それを隠蔽して(ry

合併症で片付けられていることもあります。
許せませんね!

190 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 20:15:54 ID:WuB9IrhD0
http://www.dr-morooka.com/
こういうのも規制しないといかん。
無責任な監修屋。
中国の医学博士。

191 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 20:18:55 ID:EeUXcNXp0
ここを読むと、あんまり医者の思い通りにはなって欲しくないです。
都会にはドロッポしたりさぼったりしている医者が多くいるのだから、
厚労省は強制的に医者を配置することが出来ないのなら、
僻地に行かなければならないように仕向けるような政策をとればいいです。

192 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 20:23:34 ID:V5mEX2p+0
>>191
それもあって、すでに周辺医療業界とか他産業界へ
人材が流出しはじめてますよ。それらの業界にとって
はいままで欲しくても手に入らなかった人材(と技術と
ノウハウ)なわけで、若年人口が減り続ける今後に
おいてという意味でも、これからもその人手を入手
できる手段を奪われたくはない罠。

193 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 20:24:01 ID:wBS1XZda0
貧乏人と不具者と病人には死んでもらうのが
経済的には一番効率がよいわけですが。
あとは、人々の倫理観をそれにどう従属させるかだ。


194 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 20:24:52 ID:Ip4ncTK80
>>191
かんべんしてくれ。
もう働けないよ。
おまい24時間拘束される生活を何年も何年も送ってみろ。
牢獄みたいだぞ。

195 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 21:21:27 ID:QzfkApKk0
>>194
い や な ら 辞 め ろ

代 わ り は い く ら で も い る

自 分 は 必 要 と さ れ て る な ん て 妄 想 し と ら ん か ?

196 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 21:34:04 ID:cYDEJshU0
>>191
> 僻地に行かなければならないように仕向けるような政策をとればいいです。

普通の医師なら日本から逃げ出すだけだな。

お決まり文句は以下

僻地勤務というのは住居・職業の自由を奪う行為であり、それが許されるのであれば、

ま ず お ま え が 僻 地 で 医 療 し ろ

医者よりさぼっている人間なんて他に山ほどいるだろう。

ならば

ま ず そ い つ ら に 強 制 労 働 さ せ ろ



197 :191:2005/07/19(火) 21:34:12 ID:bgqDiol80
>>194
私にではなく、ドロッポした医者に、さぼっている医者に言ってください。
みんなで労働時間を均等にならせば、たいしたことないですよ。

198 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 21:36:23 ID:cYDEJshU0
>>197
> 私にではなく、ドロッポした医者に、さぼっている医者に言ってください。

そ う い う お 前 が ま ず 僻 地 で 医 療 し ろ!
と言ってるだろう? 話はそれからだ。

199 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 21:40:24 ID:Z1WkRJc70
先進国で医療事故に対して刑事罰くらわせるのは
日本ぐらいだってうちの教授が嘆いてた。
よそは民事だけなんだってね。

どっちにしろ飲酒運転や無謀運転とかに比べて罰が重過ぎる。

200 :191:2005/07/19(火) 21:42:28 ID:uDkfl6o80
医療が崩壊するような事があったら、
国民の不幸を願っているこいつらを全員おはらい箱にして、
厚労省は今度は良い人材を選んでもらいたいものです。

201 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 21:47:17 ID:zV1Ikox/0
>>200
そりゃ、ない物ねだりだな。

202 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 21:47:40 ID:Ip4ncTK80
>>199
明らかに殺すのを意図してやったのなら刑事罰は当然だが、

残された遺族が悲しいとか納得いかないからといって矛先を
医者に向けないでもらいたい。そういうのは理性で消化してもらいたいが
今のDQN親とかDQN家族とかでは到底無理なんだろな、やつら学がないから。

203 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 21:53:20 ID:6aH0SWa+0
善意でやったことでも結果が悪ければ刑事罰。
日本は良きサマリア人が罪に問われる国なのだから、
医師が自己防衛に走るのは当たり前。

204 :191:2005/07/19(火) 21:57:36 ID:uDkfl6o80
殺すのを意図してなくても、明らかなミスなら殺人と同じです。
自己防衛で、治せるのに治さなかった場合も追求してほしいです。

205 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:00:10 ID:EsVFNnE/0
結局医者叩きをしていれば、国民は何となく納得するのが問題なんだよな。
他の政策を有耶無耶にする良い隠れ蓑になっている。

206 :191:2005/07/19(火) 22:01:25 ID:uDkfl6o80
>>204
X 追求
O 追及

207 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:05:16 ID:Ip4ncTK80
>>204
そういう愚かな妄想のせいで現実医療が崩壊しつつあるという所までは理解できんのかね。
漢字の間違いには気づく程度か。

208 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:06:07 ID:cYDEJshU0
うましか(191)が湧いてきたな。

> 殺すのを意図してなくても、明らかなミスなら殺人と同じです。

それだと、交通事故死させた人も殺人犯。すかぽんたん。

> 自己防衛で、治せるのに治さなかった場合も追求してほしいです。

治せないのに、治さなかったという結果で医師が追及されてるよ。

だから、医師が自己防衛に走る。当たり前のことがどうして分からん?

209 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:09:35 ID:Zpn/HuSi0
馬鹿に何を言っても無駄。
黙ってやめる。黙って自己防衛する。
どうせ困るのは患者だし。

210 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:11:36 ID:zV1Ikox/0
>>209
同意。

物は言いようで、どうにでもなるからね。
防衛医療で感謝される技術は日々向上中。

211 :191:2005/07/19(火) 22:16:44 ID:uDkfl6o80
>>208
>それだと、交通事故死させた人も殺人犯。

刑事罰を受けて交通刑務所に収容されます。
医者は刑が軽過ぎます。

212 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:22:53 ID:Ip4ncTK80
>>211
交通事故起こすのが嫌なら交通事故を起こさないように
危ない車種や危ない道路を運転しない権利は運転手にはあるはずだ。
でも、あんたはわざわざ事故を起こしやすい場所(僻地)へ医者を
無理矢理派遣しろとおっしゃっている。(>>191

かなり冷酷な性格の持ち主だね?ちゃんと社会に適応して生きてる人?

213 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:26:42 ID:xfhjTMS50
現場では明らかに積極的治療の適応は狭くなってるよ。
昔なら手術してた患者でも、何かあったら訴えられると思うと
「もうこの歳ですから手術のリスクも高いし寿命と考えた方が・・・」
って話をする機会が急激に増えてるし。
あと数年したら統計的にも明らかに平均寿命が下がるんじゃないかな?
そして、50年位したら「この時期はマスコミのミスリードと政策ミスのせいで日本の医療が崩壊した時代」
って、教科書に載るようになったりしてね。

214 :191:2005/07/19(火) 22:30:06 ID:uDkfl6o80
>>212
そんなヘタなら運転しない。
そんな心配しているのなら、最初から医者にならなければいいのに。
迷惑です。もっと適した人が一人、あなたのために試験に落ちました。

215 :191:2005/07/19(火) 22:32:18 ID:uDkfl6o80
救えたかもしれない命を救わなくても、
何とも思わなくなってしまった医者が増えたんですね。

216 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:33:47 ID:v9yfXSxO0
>>214
それが防衛医療というのだが。

217 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:34:41 ID:zV1Ikox/0
という訳で、防衛医療万歳!ということで。

218 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:42:46 ID:6aH0SWa+0
今夜はひさびさに良い燃料が入ってるねw

219 :191:2005/07/19(火) 22:46:34 ID:uDkfl6o80
ミスしたからといって全部訴えるなんて言ってないじゃない。
常識的に考えて行動します。
2chを見ていても、
イスから転げて後頭部に木片が刺さったのだって訴えたら皆がブーイングしている。
確率の低いのを承知で受けたら、失敗しても納得するし訴えても無駄だって分かっています。

220 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:47:31 ID:YnhgDvPu0
見てると相変わらず庶民の世論は残酷だねえ
是が非でも病気を直せ、結果が悪ければ切腹して詫びろってか
まあ勝手に言ってろよ
こっちは自分達が生き延びるのに必要な行動をとるだけさ

221 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:48:16 ID:Ip4ncTK80
>>214
あのな、ま、いいわ、お前はお前の人生頑張れ。俺は俺の人生頑張るから。

>>215
そうかもしれんし、そうでないかもしれん。
学校の勉強頑張れよ。

俺寝るわ。おやすみ。

222 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:49:02 ID:xfhjTMS50
例えば目の前に道に迷った子供がいます。
自分が休日に何も用事も無くぶらぶらしているところなら、多くの良心的な人なら
道案内してあげるくらいのことはします。
でも、自分のクビがかかった大切な会議に遅刻しそうな状況だったら、多くの人は
可愛そうだけど他の誰かが対応してくれるだろう、と判断して見過ごします。
人間の良心とはそういうものなんですよ。




223 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 22:54:58 ID:6aH0SWa+0
>>222
最近は道案内しただけで誘拐犯扱いされる可能性がある。
だったらどんなに困っていても、こちらが暇でも無視するに限るということだ。

しかしいったいいつから日本はそういう国になっちまったのかと思うね。


224 :191:2005/07/19(火) 23:00:04 ID:uDkfl6o80
患者が誰も読まないようなこんなところに書いてないで、
病院に貼っておいたほうが効果的かと思います。
患者からの非難は、目に見えていますけど。

225 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:03:11 ID:dGYULDpT0
>191

…個人的な逆恨みは、よそでやってくれ。


226 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:08:19 ID:6aH0SWa+0
>>224
このくらいの常識もわからずに非難するあんたのようなような患者は
どこの病院でも願い下げでしょう。
応召義務に甘えて権利だけを主張するようなDQNは、病院にとって
百害あって一利なしだからね。

227 :191:2005/07/19(火) 23:08:32 ID:uDkfl6o80
医者に恨みをもっているわけでもないし、
叩いているわけでもないです。
おかしいと思ったことを言ったまでです。

228 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:14:14 ID:5/81qMEe0
>>191 >>214-215 だからお前が医者になって僻地で医療しろよ!!
お前な、すごい勝手なこと言ってるだけって、わかってるか?


229 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:17:04 ID:xfhjTMS50
>>191
多くの医者もあなたと同じようにおかしいと思ってるよ
現状は医者、患者双方に不幸な方向に向かってるとね
ただ、その原因は医師個人の責任と言うよりは、社会全体の風潮と政府の医療政策にある
しかしながら、いち個人としての医師には世の中に広く自分の意見を伝える手段など無い
だからゲリラ的に辞める、もしくは診療範囲を縮小すると言うかたちで
一度崩壊、社会問題化させて根底から新しく作り直す必要があると思ってやってるわけ
継続性ってのは医療の質において最も大事なものだから、できれば犠牲にしたくはないんだけど
孫の代まで継続可能な医療体制を作り上げる為なら、まあ仕方ないって事かな

230 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:20:46 ID:Zpn/HuSi0
>おかしいと思ったこと
具体的にどの辺が???
ちなみに
>都会にはドロッポしたりさぼったりしている医者が多くいるのだから
これはもう皆限界が来ていてどうしようもないから逃げ出してるのでは???
労働条件の劣悪な職場から逃げ出すのは人として当然のことかと。
>僻地に行かなければならないように仕向けるような政策をとればいいです。
これこそおかしいかと思うけど・・・・僻地に行っても屋っていけるという
環境を整えるべきなのでは?
医者はいない。お金はかけたくない。じゃあ法律で強制しよう。すごく変じゃない???


231 :191:2005/07/19(火) 23:23:10 ID:uDkfl6o80
まあ..いいや。
いつも分かるような返事が返ってきた事がないから。
いつも最期は有耶無耶。
>>229の言ってることを考えながら寝ます。
オヤスミ ノシ

232 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:24:00 ID:6aH0SWa+0
>いつも分かるような返事が返ってきた事がないから

そりゃそうでしょ。あんたボーダーだもん。

233 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:33:42 ID:wI5LaBmm0
>>215
救えたかもしれない命を救えなかった場合に一蓮托生で破滅するのは

ご め ん だ ね 。


234 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:35:33 ID:Zpn/HuSi0
>いつも最期は有耶無耶
論点をすりかえて逃げる人。
自分の都合の悪い質問やコメントに対しては絶対触れない。
まぁ、プライド高いだけどのただの馬鹿。
おそらく、自分は優秀だけど回りから認められていないとかっていう妄想をしていそうなタイプ。
まぁ、単に医学部受験に失敗(しかも金があれば私立ぐらいいけたのにと思っている。)して
医者が気に食わないんじゃないの?

235 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:42:35 ID:nYxvyyMR0
だいたい、どろっぽってのは「嫌なら辞めろ」って言われ続けてきた人たちなんだが。
主に>>191みたいなバカによって。
嫌だから辞めただけなのに、なんで文句言われるのか全くわからんな。

236 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:47:35 ID:JNHDJRnr0
奴隷が口答えするのが気に入らないんだろ

237 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:53:18 ID:qhUET+Qj0
嫌なら辞めろ
無理する事はない
DQNの為に、無理して、家族を犠牲にしてまで働く事はない。
DQNのために、無理して身体壊す事はない、
DQNは寿命で死ぬのだ、そして命の大切さを死ぬ瞬間になってわかるのだ、
自分は愚かだったと、
でも、それは瞬きの一瞬でしかない。

238 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:53:37 ID:9pQ+IGQo0
>>191みたいな人間も増加してきてるので
われわれ医者は人の命をクソまじめに救うような医者やめましょうか。
ドロッポしましょ。

検診医やるほうがマシ。残業ないし。

239 :名無しさん@6周年:2005/07/19(火) 23:59:19 ID:gC1CTMm70
第三者の良識者からなる事故調査委員会だろ?

先につくるべきは。



240 :でもしか医者 ◆k9Tn5.k4rg :2005/07/19(火) 23:59:54 ID:1RiYTzUH0
ここを読んでる医学生は皮膚科行ってコスメで喰うとかいう
選択肢を真剣に考えた方がいおよ、マジでw

241 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:01:20 ID:qhUET+Qj0
医者とて嫌なら辞めるし、よければ続ける。
職業選択の自由がある。
住居を選択する自由がある。
憲法で保証されいる基本的人権がある。

公務員、警察官、教師ですら、嫌なら辞めろ、
会社員でも、嫌なら辞めろ、
結婚も嫌なら、離婚するがいい、
文句言うなら、辞めろ、
人間やっているのが、嫌なら辞めて自殺するやつもいる。

やってほしければ、それなりの待遇にすればいい
それが、資本主義、自由主義、民主主義である。
そんなの事もわからず、ああだこうだ行っているやつは、
あほ であることを自覚しろ、
あほは自分がアホと自覚出来ないからアホである。

242 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:04:24 ID:XsCHyrfT0
日本を独裁体制にして医者を強制労働させれば万事解決。
外国が文句付けてきたら核で脅せ

243 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:07:39 ID:6i7usmbb0
こんなバカ共相手に、医者しててもいいことなんか
何もありませんよ。みんなで勤務医なんかやめましょう。
バ官僚の言うことなんか無視しましょう。
やめて幸せになりましょう。

244 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:08:30 ID:cc4Lpx3n0
というか、いま、医療事故の被害にあっている人達が、
本当に、今の医療をなげいているのなら、まとまって、
厚生労働省を訴えろよ。これは、絶対、勝てるよ。
判決文も分る。

「事故がいつおこってもおかしくない劣悪な労働環境で医者を働かせている」
ということは2005年当時から、厚生労働省は把握していた。

とかで、2010年ぐらいに、勝訴可能。

役所が、事態を知りながら放置すると有罪であることは、
薬害エイズで証明されたからね。



245 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:10:58 ID:aMpLAd8K0
最近の馬鹿どもは、感謝を知らない、
世話になったら、お辞儀をして、ありがとうございましたというのが基本
そんな事ができていない患者が増えた。
そんが礼儀知らずに、こちらが、義理を感じる事はない。
人間として基本のできていない無礼者はもはや人ではない。
牛馬同然の家畜と同じ。家畜である以上、人間としての礼節を要求するのは
あつかましい。言語道断。

だだ、礼儀をわきまえている人には、こちらは、最大限の敬意を情念をもって
接するのが筋である。
それを患者さんにできない医師もいる。そんなやつは人間以下である。
医療は、礼に始まり、礼に終わる。
人間関係そのものである。

医師も、患者も礼節を知らないやつが増えた、
非礼な人間同士が、非礼な応酬をする。
醜い争い。下衆の争い。


246 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:15:05 ID:FfNx1sET0
このスレ読んで、お医者様の甘ったれた根性に感心しました。
パパとママの愛情が足りなっかたか? 
ま、いくらキャンキャン騒いでも厚労省の方針に変わりは無いわけで…

247 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:17:54 ID:aMpLAd8K0
>>246
騒げば、厚生省はかわる.
薬害エイズでもそうだった。
みんなで騒げば、騒いだもののが正しくなる。
医師が、甘い顔をしているから、患者がいい気になってくるだけ、


248 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:19:33 ID:hUcNeq4Z0
ID代わって帰ってきた奴がいるみたいだな。

249 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:29:27 ID:9AG4fAj60
>>246 「甘ったれた根性」なんて、医者やってもいない人に言われたかないが。

家事でも仕事でもなんでもいいけど、あなたが普段していることについて、
何か少しでもミスがあったら、処分されるとしてごらん。

できるだけミスしないように注意しようとするだろうけど。
それを30時間以上連続で強いられたら、どうする?
限界があるよね。
できるだけ危ないことをしないようにするだろうし。
普通は結局逃げようとするんじゃない。逃げられるなら。


250 :浪人生:2005/07/20(水) 00:30:41 ID:dQzuCwLTO
結局、医者になっても無駄なんかなぁ…………。国立いっても叩かれるし。私立いったら早慶以上のレベルあるのにバカ扱いされるし。誰かなんとかしてくれ

251 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:33:18 ID:cc4Lpx3n0
>>246
あまったれてるか、そうでないか。
実際にオマエが10分でも例えば小児病棟で働いてみろ。



252 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:35:50 ID:stDrC4jd0

失敗の頻度に許容範囲を持たせるとか、色々方策があるだろ。
頭使えよ。>医官


253 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:37:06 ID:aMpLAd8K0
>>250誰かなんとかしてくれ
患者には毅然とした態度で臨むべし、
甘いかおはいっさいするな。
診察中は厳しい表情に徹する。
ただ、プロとして、それなりの仕事をする。
そうすれば、DQN患者は寄り付かなくなり、
礼節をわきまえた患者のみがよりついてくる。

DQN患者にかまっても、百害あって一利無し。
そんなやつを見抜く眼力を早く付けろ、
変な、優しさは命取り、
自分が第一に守らなくてはならないのは、家族の生活の保障である。



254 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:38:16 ID:hUcNeq4Z0
>>250
まぁ、医学、生物学に興味があるならとりあえず医学部来てもいい出ないか?
卒後研修など数年は我慢する必要はあるが、逃げ道は探せばある。
機械いじりや物理や数学が好きとういなら、我慢が苦痛でたまらないかもしれないがな。
とりあえず医学部くれば医師免許はとれる。それ以外では医師免許は取れない。
その差は大きいぞ。

255 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:44:23 ID:aMpLAd8K0
最近のDQN患者はお医者さまに 甘ったれ過ぎ
どうしてみてくれないのだ、 それは、時間外だから、、
時間外にみてくれなんて、甘ったれるのもいい加減にしろ、
どうして時間内にこないのだ、
時間害(外)にでも あまったれて みてくれると思っている。
時間内に来なさい。

今日も、午前中から腹痛があるのに、夕方7時に診察に来た。
どうして、5までに来なかったのかと言ってやった。
いまは時間外で検査できいないので、明日朝一番で出直せ
と言ってやった。

つ け あ が る の も い い 加 減 に し ろ。

256 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:48:24 ID:CSqKUKeM0
高いけど24時間開いてる病院もあれば
安くて昼しか開いてない病院もあっていいのにな

257 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:51:58 ID:cc4Lpx3n0
普通Gメンといったら、なんかこう、隠れていた原因を解明して

切れる!って感じだけど、医療事故はねぇ。

悲しみの「自虐Gメン」におわりそうな希ガス。

だって、調べれば調べるほど、すべての報告書が、

「人員不足が原因」か「教育システムの不備」

で終わるわけでしょ。

ある意味、厚生労働省、勇気あるよなぁ。



258 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 00:58:18 ID:0f9LuYPA0
>>253
漏れと同じポリシーだな。
やるべきことはきちんとやるが、自慢も患者の機嫌取りもしない。
気に入らないならよそへ行ってくれて結構。
認めてくれるのは評価してくれる患者と同業者だけで十分だ。

まあ外科系だから職人に徹せられるのかもしれないけどね。

259 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 01:00:58 ID:hUcNeq4Z0
>>257
そうであったらどれだけ嬉しいことか。
そうならないために
「国交省の事故調が原因究明と再発防止を目的とするのに対し、厚労省の調査権は
行政処分を前提とした事実確認が目的となる。」
という伏線がはってある。あくまで、処分だけして原因については一切の言及はしない。
全部医者の責任にするつもりなのさ。そして行政はきちんとそれを裁いてますってアピールするつもり。

260 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 01:04:41 ID:pL67/3zP0
>>255
大丈夫か?普段はまともな医者だと信じたいが。

ミスとか事故って個人の努力じゃどうにもなんないとこあるね。
こんな罰する法則作るよりか医療ミスやミスになりかけた事例を
調査・情報公開できる雰囲気作りが先決だと思うが。
これじゃみんな萎縮して悪影響が出るだけだと思われ。
人命を扱うとこだけにね。


261 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 01:20:49 ID:y1UmJ+Y70
けど、こういった医者たたきがエスカレートするとDQN家族が増えて
どんなに努力しても救命できなかった患者をたまたま診た医者が
訴えられて貧乏くじひくなんてことが多発するんじゃないかな?
仮に裁判で勝訴したとしても余計な仕事が増えるし
下手すると病院で死んだら必ず裁判するのが当たり前になったりして
ますます通常業務に支障をきたすようになりますね

262 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 01:24:27 ID:hUcNeq4Z0
病人なんてどうせほっときゃ死ぬんだからいちいちけちつけるなよな。
そんなに死にたくなければ自分で健康管理しろ。
病院に係りに來るお前が悪い。

と一度いいから声を大にしていってみた...........

263 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 01:25:17 ID:0f9LuYPA0
>>261
そこでスタンダードプリコーションですよ
すべての患者をDQN生保在日層化ヤクザ部落民と考えて、
わずかでもリスクのある患者は一切治療しないというのが
これからのスタンダードに成増w

264 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 01:39:03 ID:CMb2/YlO0
>>240

コスメでメシを喰うのは地方駅弁医学部の冴えない優等生とかには
絶対に無理という気がせんでもないけどね・・・。
私立か国立かに関わらず大都市で学生時代を送らないとコスメにはねえ。

こういう戦いに参加しなかったひとしか田舎にはいないし。
 ↓
http://t1gp.jp/teacher/index.html

265 :246:2005/07/20(水) 02:00:25 ID:FfNx1sET0
確かにDQN患者には辟易するでしょう、しかしこのスレを読んでいて受けるのは、
『こちとら大変なんだ、多少のミスくらいで騒ぐな』
という、大変甘ったれた精神以外の何物でもありません。
極端な例ですが、旅客機のパイロット等は『一寸のミス』で自らは勿論、数百名の命を失う可能性に、
日常的に接しておるのです。着陸時の緊張感など貴殿等とは比較になりません。
そんな緊張感も持ち合わせぬのなら、覚悟が無いのなら最初から医者になどなるな。


266 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:11:47 ID:hUcNeq4Z0
>『こちとら大変なんだ、多少のミスくらいで騒ぐな』
全然違うと思うが............


267 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:11:50 ID:xK0FhjvZ0
医者が激務で大変というなら、医師免取得の時に半年くらい佐川急便での実労研修を
やらせれば、その後にどんな激務でもモンクを言わなくなると思われる。


268 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:13:49 ID:0f9LuYPA0
>>267
佐川がいっさい荷物の破損や紛失がないとでも?wwww

269 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:14:08 ID:Q1Sz28Kf0
>>267
医者になってくれ。頼む。おまいらみたいな絶対にミスをしない人材が必要なんだよ。

270 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:15:36 ID:+mj0B/QQ0
>>265
パイロットと医者の労働時間の違い調べてから書け。
あんた、丸一日以上睡眠とってない医者に手術されたいか?
医者の労働条件の過酷さは患者の不利益でもあるんだよ。

>『こちとら大変なんだ、多少のミスくらいで騒ぐな』
ここにいる医者はどんなに頑張って、妥当な治療をしても結果が悪ければ
訴えられることに対して不満を持っているんだよ。


271 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:17:52 ID:Q1Sz28Kf0
>>270
佐川急便のドライバーは無条件で医師免許を与えるべきだ。
体力あるし、徹夜でもミスをしない最高の人材だ。

272 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:19:21 ID:0f9LuYPA0
>>265
飛行機の乗客は乗らなければ墜落事故で死ぬことはない。
病院に来る患者は来なければ死ぬ可能性が高い。

その違いがわからないおばかさんでつか?

273 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:26:59 ID:Q1Sz28Kf0
>>272
一般人にマジレス。あほですね。
ナウでクールな医者のトレンドは

 い や な ら 辞 め ろ

 代 わ り は い く ら で も い る

だよ。馬鹿は無視して楽な職場へ移りましょうよ。

274 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:34:39 ID:0f9LuYPA0
>>273
週休2日半、外来のみ、9時5時残業ほとんどなしで年収1300万のおいらは

い や じ ゃ な い か ら 辞 め な い

275 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:37:50 ID:Q1Sz28Kf0
>>274
神降臨!
暇すぎて啓蒙してるわけですね。勝ち組ですね。GJ!

276 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:38:45 ID:cc4Lpx3n0
>>246
精神論はいいから。
あなたが、医療事故を晴らす改善策を具体的にしめしてごらん?w

一般人より。



277 :でもしか医者 ◆k9Tn5.k4rg :2005/07/20(水) 02:40:47 ID:CMb2/YlO0
>>265
飛行機の例えで云うのなら、戦況の悪化した前線に一発被弾すれば
炎上するゼロ戦で突入せよ、、とか言われたら誰だって嫌でしょう。
アンフェタミンでも服用して愛国心の異常な高揚でも無い限り。

でもっと安全な職務に移動する自由があれば、誰だって移動するわなあ。

あと云わしてもらうとパイロットといえば中尉以上の士官のつもりなのに
ドキュンな前線行けば実質的に一平卒みたいな扱いってんじゃー、民間
航空会社にトラバーユしようかなあって思うわね。

278 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:50:19 ID:WZs95W+d0
オートメーション化というのはどうか。
ベルトコンベアーか何かで。俺そこで期間工やるわ。

279 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 02:54:52 ID:cc4Lpx3n0
ありとあらゆるものがシュミレーションゲームに
なっている。

おそらく最後までゲーム化できないのが、メディシン
だろうといわれている。
いままで、幾多の試みがあり、失敗、消えていった。
アルゴリズムが、複雑すぎるのだ。


280 :でもしか医者 ◆k9Tn5.k4rg :2005/07/20(水) 02:55:35 ID:CMb2/YlO0
まあ昔からありますよね救急のABC

A = Avoid the situation

事故りそうな現場にいないのが最善です、孫子の兵法にも通じる
普遍の真理ですよね。

ちなみに後は
Blame the patients
Call other doctors
Deny your responsibilities
Escape quickly

と続くのだけど。


281 :246:2005/07/20(水) 03:03:58 ID:FfNx1sET0
>>270
>ここにいる医者はどんなに頑張って、妥当な治療をしても結果が悪ければ
訴えられることに対して不満を持っているんだよ

それは一般企業(含む航空鉄道)でも同じです。私の叔父はANAの操縦士
(B767)ですが、貴殿等のような愚痴はこぼしませんな。

282 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 03:06:04 ID:WZs95W+d0
>>281
ヒント:匿名掲示板

283 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 03:10:27 ID:Q1Sz28Kf0
>>281
ANAの操縦士の息子さんよ医者になってくれ。
愚痴をこぼさずに働く医者ってのを見たことが無いもので、是非お目にかかりたい。


284 :でもしか医者 ◆k9Tn5.k4rg :2005/07/20(水) 03:21:01 ID:CMb2/YlO0
私も時々太平洋往復するパイロット知り合いにいますけどねえ
行って、中日を丸一日以上取って(勿論勤務扱い)、それから帰りの
勤務だもんね。

ドクターの勤務もそうなったら、とりあえず口はだいぶ減ると思うw

285 :ドキュソルビシン:2005/07/20(水) 03:32:47 ID:oKwvMEAn0
おいらのお勧めレス
>>244

286 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 03:34:41 ID:hBbparA20
医者に告ぐ、不満があるなら異業種に転職しろ。


287 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 03:35:15 ID:Q1Sz28Kf0
>>286
は〜〜い。そうしまーす。

288 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 03:40:03 ID:NzldAiAE0
>>167
> たぶん全体数から言えばまだ医療側の勝訴のほうが多いと思う.
> ただ医療側の勝訴はほとんど報道されないし,またこのところ割り箸,心筋炎などの
> DQN判決が続いたので,医療側は戦々恐々としている.

要するに医者は、一部の過激な判決しか観ないで
「司法は腐っている」と思っているわけですね

なんだ、一般市民やマスコミとおなじじゃんwwww

289 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 03:54:13 ID:1n1T2rTj0
>>1
結局役人が自分達の失政に矛先が向く前に
叩き易いトコを叩いとけってな 魂胆丸見えだな。

しかし宗教政党が政治に関わってからから世の中基地外じみてきたな。
世の中のヒエラルキーが真ッ逆さまになりつつある上に
集団ヒステリーというか全体主義的様相が濃くなってきてるね。

290 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 04:00:01 ID:CMb2/YlO0
>289
宗教が必ずしも悪いってことはないけど、あの宗派は
まさに「弱者の復讐」的なパトスがあるからなあ。

291 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 04:14:10 ID:XO5k6oDP0
>>286
面白いよね。。。
医者がキツイっていうなら、いくらでも他に楽な仕事があるのに、なんで
医者はキツイキツイ!って言って医業にしがみ付いてんだろ???

キツイなら医者なんて辞めちゃえばいいのに。。。

292 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 04:16:16 ID:CSqKUKeM0
>>291
臨床医は余裕で周辺産業に逃げていってるぞ

293 :ドキュソルビシン:2005/07/20(水) 04:21:37 ID:oKwvMEAn0
>291
医者は楽しいし、意外なことに医者は倫理観とか使命感とか凄く強いからですなり。

でも実際ここ数年で医者辞める人増えてますよ。
やめないまでもキツイ職種(救急・産科・小児科・外科)から転科する人はもっと増えている。
やめちゃうことを決めた人はもう文句は言わないですね。

まあ、そうやって医療の崩壊は進むなり。
んで、損するのは一般の国民ですなり。困ったもんだけど最早しゃーないかね


294 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 04:38:06 ID:O3iSdO/30
>>293
>医者は倫理観とか使命感とか凄く強いからですなり。

その割には事故が頻発してるよな。。。
倫理観使命感が強いなら、こんなに事故は起こらんと思うが。

295 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 04:51:04 ID:1n1T2rTj0
>>294
と事故が頻発してるようにマスコミが取り上げてるだけでさあ、旦那

リフォームにせよ身体コンプレックスにせよ
恐怖の刷り込みはエエ商売の種になるさかいなw

一々敏感に反応しとったらケツの毛まで抜かれまっせ!

296 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 04:52:22 ID:kr4LpodF0
>>291
同意。医者やめて、他の職業で食べていく自信がないんだろ。
坊ちゃん育ちの医者には、会社員の苦労なんて分からないだろね。

297 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 05:03:58 ID:1n1T2rTj0
>>296
「会社員の苦労」つったってねぇ あーた
所謂会社員なんだから世の中かどう移ろうとも最底辺
苦労して当然だろ。 

そうやってステロタイプな批判で終わってるようじゃ
その自覚すら無さそうだが・・・

298 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 05:13:06 ID:CMb2/YlO0
>> キツイ職種(救急・産科・小児科・外科)から転科する人はもっと増えている

嫌ならやめろと云う事ですから、しょうがないですよねえw
まあ救急がどうなろうが、僻地医療が崩壊しようが個々の医者に
とっては全く知ったことでもないですから、。

299 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 05:20:04 ID:kr4LpodF0
>>298
いやだから、辞めるってのは、無責任にも程があるだろ。
そんなに金が欲しいのか?

300 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 05:26:26 ID:JgXEKpwL0
本来のコストを考慮すると非常に安く提供されている医療資源を浪費している日本人は、
この中国人と五十歩百歩のレベルではないか。

【中国】「水の浪費が1年間100億トン」と節水呼び掛ける【07/18】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1121688540/110

110 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2005/07/19(火) 16:02:29 ID:ui73mwD2
私の兄弟は中国で現場監督みたいな仕事してるんだけど、現地に社員寮がある。

もともと寮の光熱費や水道代は、日本の寮同様、会社負担だったんだけど、それを
今年になってやめた。なぜかっていうと、「無料だ」といわれた瞬間、中国人社員が
蛇口開けっ放しで一日中、水を出しっぱなしにしてたから。注意しても直らないし。


これが本当の話だからすごいんだけど、使ってないのに蛇口しめないんだよ?w
次の人がシャワールームにくるまで出しっぱなし。次の人も、出しっぱなし。絞めない。

たしかに日本でも水はタダみたいな値段で手に入るものだが、それでもさ、なんで
そんなもったいないことをするのか、私には理解できないんだよ。いちおう水だって
無限じゃないんだし、森や川が造ってくれた自然の産物だよ。あれを無料だからと
いって垂れ流し・・ しかもすごい勢いで出してるし・・・・ アアアアアアアア!!!!(怒)

また腹立ってきた。

301 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 05:34:58 ID:JgXEKpwL0
>>299
> いやだから、辞めるってのは、
労働者として当然の権利である。

http://tamagoya.ne.jp/roudou/062.htm
職業選択の自由は憲法で保証されているものです。したがって就職・退職は基本的にだれしも自由にできます。

労働契約の場合は、労働者側からの解約申し入れの後【2週間経過後】することによって契約は終了します。使用者の承諾は要りません。(民法627条1項)

302 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 05:38:57 ID:sh4Vlu/w0
>>297
ひょっとして、医者が崇高な職業だと思ってんの?
そう思ってるとしたら、それは単なる思い上がりだよ(w
昨今の医療事故により、医者は未熟で信用のおけない人種だという認識が高まっている。

医学部出て医者になったくらいで自分はエリートだなんて思ってるとしたら、
君はまだまだ「井の中の蛙、大海を知らず」ってとこだな(w

もっと、いろんな世界を見て大海を知ってから、また意見を頼むよ。


303 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 05:41:06 ID:aZmQDdJL0
>>302
お前こそ、医者にコンプレックスあり過ぎW

304 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 05:46:43 ID:CSqKUKeM0
崇高な職業と思わないと
日勤→当直→日勤
だなんてやってられんだろ…

305 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 06:16:23 ID:CMb2/YlO0
お医者さんはこれでも読んで爪の垢でも煎じて

医学生へ「医学を選んだ君に問う」 河崎一夫(元金沢大学医学部附属病院院長)
http://blog.livedoor.jp/anti_natto/archives/9440062.html







なんちゃってw
ボケてるんでしょうねえ、このおっさん

306 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 06:39:41 ID:Z8C3vM3d0
>>305
バカの典型だな。
自分のことをバカになる。
オマエモナーとはよく言ったものだ。

307 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 06:47:30 ID:Z8C3vM3d0
自分のことを「棚にあげると」バカになる。
だった。
俺はこの人にあったことはないが、この人は「奉仕と犠牲の精神を持ち
懸命に心技の修養に努め、仏のごとき慈悲心と神のごとき技を兼備する立派な医師」
なんだろうか?
自分のことをそう思っているのだろうか。

308 :デモシカ医者 ◆k9Tn5.k4rg :2005/07/20(水) 06:58:14 ID:5Hxi5eJ80
>>306-307

ちなみにこのおっさんはそもそもは眼科の教授です

一般的に云ってこの時勢で眼科医を選ぶのは悪くない選択
ではあります。でも眼科医に「医者としての志」の説教は
されたくないよね笑

309 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 07:15:44 ID:7zaPQK5h0
>>294
倫理観使命感が強いと事故が起きないだなんて
こんな精神論ふりかざす奴まだいるんだな

310 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 08:08:36 ID:xGjiLm1e0
>>293
基幹病院で小児科10年近くやって、倫理観とか使命感で乗り越えられないものを
身をもって思い知らされました。でも、逃げ道があることが分かったので、
無駄な年月ではありませんでした。ま、どうなるか見切りをつけるには十分な期間でしょう。

協力してくれとかいっても、もう厚生官僚には協力しませんので、
あとのことは適当にやってくださいというかんじ。

311 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 08:13:05 ID:cc4Lpx3n0
>>246は、もしかして、
集中力がたりない、気持ちが足りないからミスするんだ!
っていいたいのか?(激w)

>>281
飛行機がなかなか落ちないのは、パイロットが集中しているから?
(面白すぎ!)

今時まだいるんだねぇ、こういう人たち。



312 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 08:29:31 ID:xGjiLm1e0
まだ、マスコミの記事だけだからなんとも言えないけど、公式発表も

>国交省の事故調が原因究明と再発防止を目的とするのに対し、厚労省の調査権は
>行政処分を前提とした事実確認が目的となる。

だったら、医者はますます自衛に走らざるを得ない。
真っ先に切り捨てられるのはハイリスクの患者と家族だね。
救急患者なんぞ、ハイリスクの塊だわな。

313 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 08:43:10 ID:b8wlNWBt0
>>312
事故原因なんか解明したら、次々と厚生行政の失策が明るみに出ちゃうだろ。
役人が自分の失敗隠すために、体よく現場に責任をなすり付けるシステムを構築したわけさ。

あほくさくて、やってらんねーな。

314 :191:2005/07/20(水) 08:54:51 ID:bM3HhYom0
>>233
救えるかもしれない命を救わず、平気でいられる神経の医者が増えたんですね。
こんな感じで診療されているんじゃ、訴訟が多くなるの分かる気がします。
崇高さ、まるで無し。

315 :191:2005/07/20(水) 08:58:29 ID:bM3HhYom0
>>235
>嫌だから辞めただけなのに、なんで文句言われるのか全くわからんな。

出世コースを選ばず、転勤を断ったり自分の時間を大事にするリーマンもいます。
ドロッポに文句をつけているのではなく、
忙しくなる原因にドロッポがあるのに、患者ばかりを批判しているのがおかしいと言ったのです。

316 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:03:02 ID:cc4Lpx3n0
>>314
だから、医者は崇高じゃないんだってw
感謝されなくなって、崇高である必要がなくなったんよ。
聖人君子でもない。

未だに、何、期待してるの?この人。面白すぎ。
医者の「人間宣言」でもしましょうか?ww



317 :191:2005/07/20(水) 09:04:11 ID:CA9VMjhs0
>>244
>「事故がいつおこってもおかしくない劣悪な労働環境で医者を働かせている」

暇で悠悠自適に過ごしている開業医を前にして、
労働や報酬の改善なんか訴える気にはなれません。

318 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:05:27 ID:APnPvtSk0
事故調だって中立の立場からの原因究明をやるはずだったのが、
裁判の証拠に調査結果が使われるようになってしまった。
他の先進国では考えられないこと。
それが今度は行政処分が前提ですか。
原因究明なんて出来るわけありませんね。

319 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:08:44 ID:0f9LuYPA0
191は自分を愛してくれる人を不幸のどん底に叩き落すタイプだな。
極端に美化されたセルフイメージを他者に投影し続ける限りは
神様なんていないということに気付くことはできないのさ。

320 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:12:29 ID:nSyyJj/n0
ヤブ医者は追放する、それだけだ。それと規制で開業医を減らして
勤務医中心の病院医療に重きを置けば、すべてが改善される。まず
は厚生の廃止だ。国民にとって害あって利なし。

321 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:15:04 ID:cc4Lpx3n0
>>191
医療事故で問題になっているのは、開業医じゃなくて
勤務医なのだが。。。

ここの板全員、それだけはわかっているつもりだった、、、(涙藁)



322 :191:2005/07/20(水) 09:17:40 ID:CA9VMjhs0
DQNな発想ですけど..
女医さんはすべて産科と小児科になればいいいと思います。
女医さんの少なかった時代ならいざしらず、
産科に男医がいるのがニーズに答えていないようです。
知らなかったのですが驚くほど女医さんが誕生しているので、
上手くローテションを組めば、結婚しても続けられると思います。

・・・で、女医さんの多い耳鼻科、眼科、皮膚科はドロッポ用。(w

323 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:18:21 ID:cc4Lpx3n0
>>281
飛行機が落ちなくなったのは、パイロットの集中力がましたからではなく、
パイロットがボーしていても飛べるほど、飛行機が発達したからだった。

ここの板全員、それだけはわかっているつもりだった、、、(涙藁)

324 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:20:21 ID:MkivRhD60
産科医の不足の原因のひとつが、
1990年代後半から
女医の割合が急増し、いま、
出産・結婚のピークを迎えて
現場から離れているからです。

325 :191:2005/07/20(水) 09:23:36 ID:CA9VMjhs0
>>321
分かってますけど..国民は医者全体で考えてしまいます。
これ以上、開業医を肥えさせるな!

326 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:26:50 ID:cc4Lpx3n0
>>325
だったら、あんたの言うことって、単なるヒガミじゃんw

>>244

「役害」医療事故 問題

と名づけました。

被害者集まれ!全国の勤務医が爆アップするよ!!!
(ジコレススマソ)

327 :191:2005/07/20(水) 09:32:11 ID:CA9VMjhs0
>>326
>だったら、あんたの言うことって、単なるヒガミじゃんw

国民はみんなボロ儲けしている開業医にヒガんでいます。(w

328 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:33:34 ID:Q1Sz28Kf0
>>325
開業という楽しみがあるから地獄のような勤務医が務まる。
一生無限地獄が続くようなら眼科、皮膚科、精神科に行く。
美容外科、美容皮膚科、製薬会社、保険会社、コンサル会社行く奴も増えている。
頭いい奴ほど臨床から逃げ出してるよ。

329 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:34:12 ID:wTY3IIeT0
>>311
>>飛行機がなかなか落ちないのは、パイロットが集中しているから?

飛行機操縦はなるべく人間が関与する割合を減らす方向ですよね。
ヒューマンエラーは決してゼロにはできないというまっとうな思想が根底にあります。
この程度の常識を知らない>>281が本当にパイロットの子供だったら、
お父さんかわいそう・・・

330 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:38:05 ID:wTY3IIeT0
>>「役害」医療事故 問題

いいね、これ。
すくなくともまともな勤務医は諸手を上げて協力するよ。

331 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:39:00 ID:jX3Z7fRZ0
>>322
市内にできた大規模レディースクリニック、医者もスタッフも全員女性と
いうのが売りなのだが、端っこのほうに小さく”出産は男性の医師が担当
します”と書いてある。女医がどんなに増えようと、やつら出産みたいな
深夜仕事は絶対拒否みたい。

332 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:39:15 ID:Q1Sz28Kf0
>>327
そんなに楽勝だと思うならあなたが医者になって開業すればいいだけじゃん。
医学部6年、義務研修2年=8年で、あなたのいう暇でボロ儲けが実現するんだよ。
俺なら絶対やるね。今から起業するより効率いいと思うよ。
でも、そんなことやる奴いないだろ?理由を考えてみな。

333 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:40:05 ID:1n1T2rTj0
>>302
食いついたのは一人だけか・・意外と釣れなかったw

ま、その一方で、親身に相談に乗ってくれる消費者金融やら
あなたの健康を第一に考えてくれる健康食品やら
世の中崇高な使命を帯びた人々が活躍してるという認識が高まってますもんね
良かったですなw

>>320
一応独立してる人達にイヤガラセをして会社員化した上に
福祉を切り捨てたら全てが改善されると言いたい訳ですな。

何でも民営化の世の中の掛け声と真逆を行ってるようだけど
改革の行き着くところの正体はこんなところかも知れませんねー

334 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:42:41 ID:jX3Z7fRZ0
>>332
っ【継承開業】

親のカネで私立の医学部入り、親の作った病院をノーリスクで継承して
大金得る。これでも楽勝でないと?

335 :191:2005/07/20(水) 09:44:49 ID:CA9VMjhs0
>>332
>理由を考えてみな。

開業医が増え過ぎたからでしょ?
そのうち淘汰。

336 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:46:30 ID:Q1Sz28Kf0
>>334
そんなのはどこにでもある。ブリヂストン、サントリー、トヨタ、武田・・・
実は外交官もコネ入省が蔓延。
親から引き継ぐ楽勝パターンはしょうがないだろう。
医師免許取るのもそんなに楽じゃないから医者のほうがまだまともかもよ。
社長になるのに資格いらないからな。息子であればいいだけ。

337 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:48:24 ID:X/aK47tAO
医師免許は殺しのライセンス

338 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:51:25 ID:0f9LuYPA0
>>332
6年間の学費数千万
8年間の逸失利益数千万
開業費用一億

開業後の実働期間30年と考えれば、毎年700万円が
可処分所得からマイナスされることになる。

開業医の年収が2000万や3000万ではどう考えても
赤字になるのは小学生でもわかるはず。

>>334
たとえ親の金でも一億円は一億円。
18歳でそれだけの現金を自由にできる立場にあるのなら、
苦労して医者になんかなるよりも年利5%で運用して
年500万の不労所得で一生遊んで暮らす道を選ぶね。

339 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:53:03 ID:6h+zMeZt0
>>332
確かに、俺が住んでる某都内下町区の近所の医院をいくつか見てると、
ぼろぼろの建物が目立つよ。
修繕もまともにできない医院経営ってことだろね。
幽霊でも出てきそうでとても入る気になれないような状況だよ。
そんな医院がたくさんある。

一方で新しくできた眼科医院とかもあるんだけど、ま、どうせそこもいずれは幽霊屋敷になるだろう。

340 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:54:04 ID:1n1T2rTj0
>>334
周りが継承するものが何も無い浮き草みたいな連中ばかりだと
こんな発想になるんだろーか?

>>335
おかしな誘導ヤメレ
勤務医vs開業医の問題に持ち込もうとしてるけど
問題の根本は、一般国民vs官僚、政治家、大企業、etcだろ?

如何にこいつら(国民)に金を使わねーで済むかっていう

341 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 09:57:42 ID:Q1Sz28Kf0
>>335
おまえの言うとおりなら楽勝じゃないじゃん。
完全に自己矛盾してるね。

342 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 10:04:07 ID:1n1T2rTj0
というわけで
>>191ことID:CA9VMjhs0は工作員ケテーイ

343 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 10:46:18 ID:bKX/mhdQ0
なんかさー。将来の少子高齢化は20年位前から叫ばれてたんだけど、
(ちょっと昔)
少子→今後、産婦人科や小児科は儲からないから減るか個性化に走るかも
高齢化→今後老人医療や介護系、シニア向け市場活性化?
(最近)
少子→子供の数が減った分大事に育てたい→何かあったら訴訟も増える
高齢化→介護保険利権者ウマー。

この隙間には本来これに備えたお医者さんの技術の向上と負担減
(本来なら医師数を増やす方向にしかないはずなんだけど)、
薬価と、診療報酬の適正化、それと一般人の啓蒙が必要
だったはずだけど、それを指導する立場の厚生労働省が、全てを
ミスリードしてきた結果が現在だと思うのよ。
(それを鵜呑みに報道してきたマスコミも)

少子高齢化で注目される以外の部分、麻酔科医の不足とか、救急医療の崩壊とか
今後の外科医の危機とかに焦点が当てられて初めて一般庶民は
問題の本質に目を向けられるようになると思う。
お医者さん達はもっと不条理を訴えないと、一般人には判らないんだよ。
2ちゃねらーはすぐ何か個人を叩くけど違うんだってば。
国の予算の配分が変なの。
牛しか通らない道つくるより、健康問題が人の幸福には大事なんだよ。
土建屋と政治家に廻るお金を医療に回して、医療予算が増大した国なら
そのようが誇れるんだよ。

344 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 10:57:41 ID:wTY3IIeT0
土建屋の利権を削ると、(政府内に)死人が出るという脅しも聞かれたような気がします。
荒っぽい連中だから怖いよー。
医者は紳士的だから舐められてるんだな、きっと。


345 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 12:33:12 ID:0f9LuYPA0
>>343
漏れは厚労省のミスリードは恣意的なものだと思うけどね。
医療の現場をわかっている役人や厚生族議員がいくらがんばって訴えても
まず削減ありきというのが今の政府の方針。
だったら無駄にあがかずに一度崩壊させてみようと考えても不思議ではない。
い や な ら 辞 め ろ は医者だけに向けられた言葉じゃないんだよ。

346 :東大寺問題児 ◆UCtmEpBIoo :2005/07/20(水) 12:35:50 ID:AaHyVuAm0
>305
この人は病院長時代、大学の電気を消してまわっていますた。
「電気代がもったいない。」と。 誰からも相手にされないからって、
他の講座の方々に迷惑をかけまくってくれていますた(トイレに逝って
いる間、消灯しなかったとのことで、忙しいのに、説教された気の毒なDrも。)
この人の時代に多くの不祥事が発生しましたが、全部、先送りしたため、
後任者が過労死しますた。新病棟の廊下が絨毯敷になって、ポータブルの移動が
大変になったり、廊下の維持費がかかりすぎて、消毒装置(医療に必要)の維持
費が足りなくなって使用中止になったのも、この人の時代の遺産です。おかげで、
医員の給料が下がった(週4日勤務扱い)になったことも…。インシデントレポート
の提出者を呼び出して、正座させて説教したとの逸話も聞いていまつ。
逝ってよちDrの代表でつ。


347 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 12:36:47 ID:fJMUZKLt0
役人を強制捜査してくれ。




348 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 12:53:16 ID:1n1T2rTj0
>>344
2002年10月25日に既に現職の代議士が刺殺されておりますが・・・
(なんでもこの手の事件では戦後三人目とか)

で、先月30日のこの事件に関する高裁の判断は控訴棄却
犯行動機については、一審の「解明は困難」という判断を踏襲(w

司法も、コレを雀の涙ほどにしか取り上げない大手マスコミも、国会も
ましてや所属していた政党ですらもう・・・

三権分立だとか社会の木鐸を自負する皆さん、どうしたんですか−?
何にそんなに気をつかってるんですかー?w

349 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 12:57:48 ID:qnoGWJon0
マスコミも自分の命(とスポンサーの金)は惜しいということでしょうね。
そんな連中が医師に滅私奉公を要求するなど笑止千万ですわ。

350 :デモシカ医者 ◆k9Tn5.k4rg :2005/07/20(水) 13:18:34 ID:5Hxi5eJ80
>>346
>正座させて説教したとの逸話も聞いていまつ。

えー金沢のひとらって、そんな素直に云うこと聞くの?
私だったらシカトするけどね。病院長なんて直接のボスでも無いし。

まあそういう窮屈なところだから脳外科が崩壊寸前なんでしょうねえw

351 :東大寺問題児 ◆UCtmEpBIoo :2005/07/20(水) 14:20:50 ID:AaHyVuAm0
金沢の人はおとなしい人が多いですから。そのせいで、一部の声の大きい勘違いDQN
が、威張りまくっています。(カラ留学の法医学O教授とか、副学長のコッカス教授
とか…)
ローテの研修医に車でチャンピオンカレーを買いに逝かせた外科(軍隊系)も
ありましたし。
崩壊寸前なのは、脳外だけではないですよ。ギネは元々終わっている(前教授時代)
し、内科・外科も怪しい雲逝き…。院内業務に支障がでつつある科もあるとか…。
レベルはじわじわと低下傾向ですね。


352 :デモシカ医者 ◆k9Tn5.k4rg :2005/07/20(水) 14:33:23 ID:5Hxi5eJ80
そういうので地方って、声の大きい地方ボスみたいなのが偉そうに
してたりするんだろうなあ。

わたしの大学とかは、良きに付け悪しきにつけアナーキーな方向に行くので
たかだか病院長(他所の科の教授)ごときの話を正座して拝聴するなんて
ありえないし、そんなことを病院長もしようとも思わんだろうねえ。

しかし河崎一夫って若い時はシャープな頭脳の持ち主で素晴らしかった
そうだけど老いては駿馬も駄馬になるってもんですかね、。

2ch的には大学病院崩壊の本命は三重大学なんだけど、金沢も実は対向
くらいだったりしてね、、旧六で伝統あるのにね。


353 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 16:09:43 ID:6Hwj/urS0
厚労省のカス役人はよっぽど医者を処分したくてしょうがないんだろうね
こんなことしたって医療ミスなんか減るわけない。ただ国民受けを狙っただけの
愚劣な政策
そもそも奴ら今まで監督省庁として医療ミス減少のために何か有効な策を
うってきたか?地方の医者不足含め今の医療の問題の殆どは思いっきり奴らの
無策ゆえだろ



354 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 16:13:09 ID:i4FKDxQA0
医師不足、早急な対応を=「過剰」改め中間報告−厚労省検討会

 医師の需給に関する厚生労働省の検討会は20日、医療現場における医師の
不足感や、特定の地域・診療科における医師不足に早急に対応すべきだとの
中間報告をまとめた。
 同検討会による医師需給の将来推計は、医療施策の基礎資料となる。
前回1998年の報告書は医師が過剰になると推計したが、現状では小児科や産科、へき地医療などの医師不足が深刻化しており、最終報告書を待たずに緊急に取りまとめる必要があるとした。 
(時事通信)

355 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 16:14:59 ID:kM2OUC2P0
>>354
ヒント:官僚のマッチポンプ

356 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 16:41:39 ID:i4FKDxQA0
小児科医 産科医 ども
い や な ら 辞 め ろ
代 わ り は い く ら で も い る
いくら騒いでも厚生省は知らん振り
何も変わらん
患者が死ぬようなことがあっても変わらない。
いやならやめろ、かわりはいくらでもいる



357 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 16:55:05 ID:1n1T2rTj0
厚生省って あーた・・・ 日本の人ですか?

358 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 17:08:00 ID:p0AQ30ee0
98年には余るといってた医者がなぜか今足りない
誰の目にも明らかな状態になってから厚労省は足りないと言い出した。
じゃあなぜ7年前には余ると言ったのか?見込み違いだったのか?
そんな筈はない。
医師過剰になるという推計が当時の彼等にとって都合が良かっただけだ。
年金にしろ医療費増大にしろ彼らの出してくる数字は疑ったほうがいい。
何故なら色んな算定方法を使って、一番自分らの目指す方向性に都合のいい
数字を表に出してくるからだ。


359 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 18:32:13 ID:cc4Lpx3n0
>>354
98年に、すでに医者も看護婦も「圧倒的」にたりない、
ってあれほど2chに書き込みがあったのに。。
この予測を立てた役人はでてきなさい。

あんたの失策が、今の医療事故多発を招いたといっていい。

これも「役害」。



360 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 19:41:34 ID:dlLso0010
政府やマスコミの大本営発表より2ちゃんの予想の方が遙かに当たる確率が高いと言うことか

361 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 19:47:09 ID:ONL6rdOm0
>>322、324
女性は、
名誉や使命感に捉われて、家庭やプライベートを犠牲にするなんて、
愚は冒さない程度に、
男性より現実的、打算的だから、
結婚や出産が終わっても、そんな不合理な労働現場には、
戻ってこないよ〜〜〜ん。
待遇(金銭面だけでなく、休暇面を特に)がアップしたら、
ひょっとしたら、戻ってくるかも。

362 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 19:47:19 ID:VLpfA1XnO
医者からの恩恵を当たり前だと勘違いしている。輩がふえたな
感謝の心をなくしている。
以前より人の心がどんどん貧しくなっているよ。

363 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 20:43:32 ID:lImiULxb0
>>358
>余るといってた医者がなぜか今足りない
小学生か?最近のガソリン、灯油先物見てみろよ、毎日のようにストップ高、ストップ安だ。
市場参加者が毎日のように足りない、足りてるって考えてるんだ。
医者だって数年前過剰と判断し、最近不足と判断しても何の不思議も無いと思うが。

364 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 21:05:23 ID:TN6AW0Wn0
>>363
先物儲かってますか?
先物じゃないですが正直最近医者の給料より副業の方が儲かってます。
医者の方をアルバイトと割り切ったら最近楽になりました。
防衛医療に切り替えてめんどい患者は全部大都市の大病院へ。
地方の市民病院ならそれで十分。
最初の5年は患者を治すことに情熱をもってやってましたが
最近の5年は誠意をもって患者に接することの馬鹿馬鹿しさを学びました。

365 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 21:15:25 ID:/ABFi/rU0
>>202
マスコミが医療事故への刑事罰を批判しないから悪循環。

366 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 21:35:16 ID:cc4Lpx3n0
日米のマスコミの医療ニュースに関する大きな違い。

日本、ファインプレー記事:エラー記事=1:∞
米国、ファインプレー記事:エラー記事=1:1

例えば、スポーツ新聞で、すべてエラーの非難記事ばっかり
書いていたら、果たしてそのスポーツは発展するだろうか?


367 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 21:58:11 ID:TwIdcbHW0
ここに来ている医者&医学生らしきものは忙しくても2チャンネル出来てw
報酬の話して、お前が医者をやれと言ったり、ご褒美がほしいとか。
激務と報酬が釣り合ってないのは医者だけのように言ってる世間知らずの子供だな。

医者なんてやめて他の職業につけよ。出来るもんならな。他の職業なら
きっと激務じゃなくて高報酬なんだろう?
で、やめろというと、医者がいなくなって困るよーとかいうだけw
困ってもいいからお前からまずやめろといいたい。

医療ミスは人がやる以上ある確率で起きる。これは認める。しかし、やってはいけないことだ。
ミスはミスなんだよ。間違いを正しいこととして受け止めるわけにはいかない。
(かと言って過剰に保証や反省を求めるつもりはないけどな。)

そんなにいやならストでも辞職してみたらどうよ?(やってるか?)
そんなに必要とされてなら他の待遇の良いところへ転職できる・・・・とは思えないがw





368 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 22:10:19 ID:TN6AW0Wn0
>>367
それがもうすべて現実化しているのだが、分からないみたいだね。

一般人の持ちやすいその屁理屈は全て論破されてる。いかもかなり前に。
いちいち書かないが。

君らが理解しなきゃいけないのは、もう現実に病院が救急外来を閉鎖し
産科医がいなくなり、小児科がいなくなってるという現実。
新聞くらい読んだら。
その現実に一般人が何を言っても無駄。
住民(特に地方の田舎人)はそれを受け入れていくしかなくなったの。あきらめな。


369 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 22:30:57 ID:kYkuRjRh0
>>367
> 激務と報酬が釣り合ってないのは医者だけのように言ってる世間知らずの子供だな。

医者だけじゃないのは当たり前。そんなこと言っている奴が多いか?

> 医者なんてやめて他の職業につけよ。出来るもんならな。他の職業なら

はい、ついてます。で何か?

> きっと激務じゃなくて高報酬なんだろう?

はい、そうです。で何か?

> 困ってもいいからお前からまずやめろといいたい。

はい、辞めました。で何か?

> (かと言って過剰に保証や反省を求めるつもりはないけどな。)

それは有り難いことです。でも、過剰な補償・反省を司法・行政・マスコミか
ら求められています。

> そんなに必要とされてなら他の待遇の良いところへ転職できる・・・・とは思えないがw

待遇が悪かったので、必要とされてましたが辞めました。で何か?

370 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 22:30:58 ID:M/nto2d4O
まあまあ落ち着いて、>>638さん。
ワシらは高みの見物で良いでしょ?


371 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 22:33:28 ID:M/nto2d4O
失礼

>>368さんへ、でした

372 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 23:01:05 ID:hUcNeq4Z0
>>367
おらも変に法律で縛りつけがきつくなる前にやめる予定。
患者が困ろうが何しようが勝手にしてくれ。馬鹿馬鹿しい。

373 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 23:06:14 ID:zHhouBQa0
>>356
のとおりだな。 辞めろ いうならやめますわ。
条件の悪い、リスクの高い、訴えられやすい、事故の起こりやすい
危険な科・地域医療・職場からは辞めて去るのみ。

っい や な ら 辞 め ろ    推進委員会
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1120720484/l50

374 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 23:06:14 ID:DYdaOawz0
医学専門学校を作って、30歳台くらいでもそこに入って6年間勉強すれば医師に
なれるようにすればいいんじゃないの?
社会人になってから医師になろうって思う人も多いだろうし。

375 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 23:08:12 ID:XimfOM970
>>374
毒舌ですな

376 :191:2005/07/20(水) 23:10:27 ID:M4xru6GH0
>>341
淘汰に勝ち残ったほうがまたボロ儲けをするはずです。

377 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 23:17:53 ID:0f9LuYPA0
>>374
別に普通に再受験すればいいだけのことだろ。
学費さえ払えれるならそこそこの努力で入れる私立はいくつもある。
なぜ大学ではなくわざわざ専門学校にしなくてはならんのだ?

378 :191:2005/07/20(水) 23:19:05 ID:M4xru6GH0
医療予算を増やすと、
一部の医者と製薬会社と医療機器会社が儲かりそうなので安易に賛成できません。
医者にとって古き良き時代を引きずり過ぎていませんか?
医者も20年前の2倍。毎年7000人ずつ増えているから、
医者過剰時代になれば、こんな勝手なことを言ってられなくなるのに。
田舎では不足でも都会では過剰なのは間違いありません。
ドロッポ先もそろそろ満員では?

379 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 23:19:53 ID:1n1T2rTj0
>>362
そうだね。日下某の本にも中流精神が崩れてきた日本を予想してこう書いてあった。

「下流は社会に対して無責任である。だから寄こせ寄こせとさわぐのである。」
「下流の特徴はその日暮らしである。そして悪いことはみんな他人のせいにする。」
「昔は、ボロは着てても心は錦、と歌っていたが、今は、錦を着てても心はボロである」と
そして「日本人全体が下層民化している。このままいくと自ら手を汚して働く人がいなくなるので、
やがては心だけでなく、着物もボロになる。」とね。

まんま今の世相じゃん。



380 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 23:25:07 ID:0f9LuYPA0
>>378
医者の数や予算を必要としているのはおまいらだということがわからんのか?
ミスのない高度な医療だの丁寧で手厚い診察だのセカンドオピニオンだの
贅沢な要求ばかり突きつけるから医療費も人手も足りなくなってるんだよ。
おまいらの欲望に限度がない以上、医者の人数は永遠に充足などせんわ。

381 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 23:26:00 ID:g1Unv8b+0
>>374
今でも「30歳台くらいでもそこに入って6年間勉強すれば医師に
なれる」んですよ、55歳とかではしんどいかもしれませんが。
>>364
ガソリンはセコク1枚やってるけどストップで10万か15万、医者のバイト並だね、
損失の可能性大なのが難点だけど、訴訟の恐れは無いね。

382 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 23:26:52 ID:1n1T2rTj0
>>363
そんな目先の損得の事しか考えないような国の運営だからこそ
今の様な体たらくになってる訳じゃんさ。
こと医療や福祉に関しては都合の良いデータばかり持ってきて
まさに朝令暮改の迷走状態だな。

383 :名無しさん@6周年:2005/07/20(水) 23:51:22 ID:aMpLAd8K0
>>374 :医学専門学校を作って、30歳台くらいでもそこに入って6年間勉強すれば医師に
なれるようにすればいいんじゃないの?
社会人になってから医師になろうって思う人も多いだろうし。

今ある、医学部に受験したらいいだろう。
なに、勉強ができないから、無理だって?
そりゃ問題外ですな。
いまある、地方医学部は、むかし、医学専門学校といわれていた。

旧制専門学校 - Wikipedia
旧制専門学校. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia ... 【第一高等学校医学部】千葉医学専門学校(千葉医科大学 千葉大学医学部) 【第二高等学校医学部】仙台医学専門学校(東北帝国大学医学部 東北大学医学部) ...
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E5%88%B6%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AD%A6%E6%A0%A1

384 :でもしか医者 ◆k9Tn5.k4rg :2005/07/21(木) 00:08:29 ID:pWWKXrHg0
エルメスやヴィトンを考えたらいんだけど
本来ならば切実に欲しいもので需要過多のものは値段が高くなるんだけど、、
ライフライン関係は切実過ぎて絶対に供給を絶やさないという前提で「いくら
なら払えるか」ってのが保険医療の構造ね。

その「命だけは平等」って前提が崩れたら楽っていうか、もう崩してもしょうが
ないんでないかなあとか最近はつくづくと思っております。
畢竟「健康」も一つの商品に過ぎないというのが、資本主義社会のあるべき
姿かもしれませんし。っていうか資本主義だろうと社会主義だろうと無い袖は
振れないでしょう?

385 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 00:19:03 ID:YID0rq8O0
>>383
医学部受験の受験勉強も入ったら役に立たないものばかり。
なら、誰でも自由に入れるようにして、途中で成績か悪いものはどんどんふるい落としていけば
ある程度の水準は保てる。
世の中には学校の成績は振るわないが、特定の才能を発揮する人も多いので、そういう
人にも門戸を開けるようにしたらということ。
学校の勉強が出来て医師免取っても、実際に医者として役に立たないのがたくさんいるのと
反対意義のこと。

386 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 00:20:43 ID:+XF1KLBu0
>>385
法曹養成はあなたの主張と反対の道をすすんでおるようです。

387 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 00:24:05 ID:NEpRrxQl0
>>378
医療費を減らすってもね、そこに公共事業に代わる新たな錬金術を見出した連中がいるだろ。。
あとはどれから本体(肝心の現場)から削り取ることが出来るかの段階。

介護事業に関わる面々をみてみなよ。目ざとい異業種が既に参入済みじゃない?
そしてコストカットの挙句、案の定老人虐待と。全く貧すれば鈍すを地で行ってる罠。

それから医療機器だって、高円宮殿下の出来事があったにせよだ。
何時の間にやらAEDが公共施設やら学校で普及することになってるじゃない。
クリントンの掛け声で、肥満大国米国で始めた事の追随なんだろうけどさ
メディアを使って世論を煽って一儲け出来そうなのは誰なんですかね?
つーか、恐らくというか、多分せんべい絡み案件。AEDマターw

388 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 00:54:35 ID:/t8cZ+CC0
自動車事故の厳罰化論議の時に事故調査のあり方も論議するべきだった。

389 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 01:11:49 ID:x/aD7M9H0
AEDはコスト問わない限りはいいけどね。
AEDと挿管を一緒くたに扱おうとするのには閉口したが。

390 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 05:36:56 ID:HGrU8UNM0
>>385
>医学部受験の受験勉強も入ったら役に立たないものばかり。

最低限の頭のよさと目的達成のために頑張る能力の指標にはなるし、
責任感と選民意識を養う上では有効だと思う

>誰でも自由に入れるようにして、

学校には定員というものもあるんだけど?

>途中で成績か悪いものはどんどんふるい落としていけば

そのための試験でしょ

>世の中には学校の成績は振るわないが、特定の才能を発揮する人も多いので

アスペルガーのことだね

>学校の勉強が出来て医師免取っても、実際に医者として役に立たない

医学部に入ってからの勉強が医者として立たないとでも??


391 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 06:50:46 ID:g2308XTI0
>>385
学校制度と学歴・試験制度を全く無視した発言だな。
もう、アホとしか言いようがない

392 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 07:24:21 ID:Qqxfju1V0
>>385
勉強もろくにできない 落ちこぼれの 戯れ言

世の中には、いろいろ事情を持ったやつもいる 可愛そうじゃないか。
世の中には、ある程度さいのうがあるが、それを生かしきれない
家庭環境にうまれた人間もいる。でも、ある程度いい家に生まれ育った事が
人間としての品格をつくることがある。
下品な家庭で育った人間は、やっぱりどこか下品である。

393 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 07:28:10 ID:CpkKc7hb0
ま、これからは医者に対して厳しくして
アメリカ的な医療制度になってくれるとよいね。

394 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 07:34:21 ID:Af0+5T2x0
>>393
だったらアメリカみたいに刑事免責にして、医者の平均年収を一般リーマン平均の5倍〜15倍にしなきゃだな。

395 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 07:35:34 ID:4wY6OKYZ0
医者より激務かつ安い給料で重責の仕事の人間が居ればいいのかな

文学部卒は文学なんかやってた罰に強制的にそういう仕事につけよう

396 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 07:37:40 ID:sOdHVJtV0
なんだ又天下り機関でも作ろうってか・・
こいつらの審査も警察権の行使を前提にしとけ

FBIを作れ まずそれでしょ

397 :厚労小:2005/07/21(木) 07:40:36 ID:Af0+5T2x0
財団法人○療研修推進財団にひきつづいて
新しい天下り機関を鋭意創作中です。
愚民のみなさま、マスコミのプロパガンダに乗せられて応援してくださいね^^

398 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 07:42:00 ID:enNhHyO50
日本人は血祭りニダ!」在日医師本音漏らすPart10
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1120190103/l50

■不良医師を排除する為にもアメリカのような第三者機関が必要!

399 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 07:50:23 ID:zOBHI/gz0
>>385
> 世の中には学校の成績は振るわないが、特定の才能を発揮する人も多いので、そういう
> 人にも門戸を開けるようにしたらということ。

高校程度の成績が振るわないような馬鹿が同業者になると思うと頭が痛いんですが?

そんな馬鹿が医師免取ったら、今の医師より確率的に役に立たないことは明らかですが?

成績が悪いものをふるい落とす最も典型的な方法が 入 学 試 験 なんですが?

385は一度豆腐の角に頭をぶつけた方が良い。

400 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 09:45:30 ID:hArReGZz0
従来の医師および今後の国公立卒医師=基礎研究、臨床診断治療計画作成と準医師・コメディカルへの指示、
         社会医学では予防医学政策立案、勤務地はすべて大都市。
新規に育成する準医師(MARCHレベル)=実働部隊。勤務地は大都市から僻地まで。


401 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 09:46:38 ID:ECqrEB2B0
>>1
>医療事故を起こした医師を迅速に行政処分するため、、、
医療過誤のまちがいではないの?
過失がないのに突発的に患者になにか起こったら行政処分されるってこと?


402 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 09:53:49 ID:HGrU8UNM0
>>401
交通事故と同じように考えてるんだろうな。事故は起こした人間の責任だと。
そういうことなら運転しない(=治療しない)のが一番安全ということになるのは当然。
交通量と同じように医療費も削りたいわけだから、いっそのことノードクターデーとか
作ってみればいいのに。

403 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 10:00:07 ID:NEpRrxQl0
>>398
司法の頭越しに
国や行政機関が直々に、行政処分を前提に個々の案件を調査したりする
キチガイじみたシステムはアメリカにはありませんが・・・
どこかの独裁国家ならまだしも

マルチンニーメラー牧師曰く
『ナチスが共産主義者を弾圧した時、私は不安に駆られたが、自分は共産主義者でなかったので、何の行動も起こさなかった。
後日、ナチスは社会主義者を弾圧した。私はさらに不安を感じたが、自分は社会主義者ではないので、何の抗議もしなかった。
それからナチスは学生、新聞、ユダヤ人と 次々に弾圧の輪を広げていき、その度に私の不安は増したが それでも私は行動しなかった。
ある日、ついにナチスは教会を弾圧してきた。そして私は牧師だった。だから行動に立ち上がったが、その時はすべてがあまりにも遅かった』

巧妙に姿形を換え、国民に擦り寄る振りをして全体主義ってのは歩み寄ってくるもんだ。
こんな事が大真面目に討議されること事態、厚労省がsの手中にある事なんだろうね。
郵政の影で法務官僚の手によって粛々と推し進められる人権擁護法案とも全く無関係じゃあるまいて・・

404 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 11:23:07 ID:vvV+/sPA0
医者をやる義務なんて無いんだから辞めれば?
少なくとも待遇の悪いところにしがみつくのを辞めるべき。
重症を治して悦に入ってると医療事故を起こして行政処分だよ。


405 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 11:31:36 ID:ECqrEB2B0
民事、刑事、行政とそれぞれ判断が分かれたりして。
行政処分に不服があれば、裁判であらそうことになるのかな。

406 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 12:43:37 ID:HGrU8UNM0
>>405
もしそうなれば藤山雅行裁判長にお願いしたいね
あの人は必ず行政側に不利な判決を出してくれるからw

407 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 13:12:51 ID:crI3SPqjO
>>378
いや、、7000人増えてるんじゃなくて7000人医師免許を取得する人がいるだけ。
・医師免もってても医師として働かない人がいる(特に女性に多い・増加傾向)、
・医師も不老不死じゃない
上の二つを考えれば
医師の増加数が7000人てのはありえないことだと分かるでしょ?


408 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 13:54:41 ID:np54ZWvi0
いやなら、辞めろ、
かわりは いくらでもいる
医者だけが特別だと思うな、
お前らにみてもらうぐらいなら、名誉ある死をえらぶ。
医者に頭下げるぐらいなら、いっそ死んでもよい。


409 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 14:06:39 ID:NEpRrxQl0
プロパガンダとしては今ひとつだな
ハイ、次のかた〜

410 :東大寺問題児 ◆UCtmEpBIoo :2005/07/21(木) 14:15:39 ID:RiLxl9En0
医者が足りなきゃ、
 徳 州 会 に 頼 め !
 創 価 学 会 (公 明 党)に 頼 め!
いくらでも代わりを出してくれるぞ。(某元大臣とか議員とかねw)

411 :191:2005/07/21(木) 14:24:29 ID:GW789SB80
>>407
じゃあ一旦医療職から離れた場合は医師免許を取り上げればいいですね。
働かないのに持っていてもしょうがないです。
幽霊医者にはどんどん消えてもらって、新規を採用しましょう。
働かない医者は迷惑です。
医者の免許に関してはもっと厳しくしてもらいたいです。>更新制

412 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 14:38:15 ID:NEpRrxQl0
>>411
> 新規採用
やっぱ人買い・女衒の屁理屈かw

413 :東大寺問題児 ◆UCtmEpBIoo :2005/07/21(木) 14:45:31 ID:RiLxl9En0
そして、(指導医のいない)研修医だけの病院ができますた。
めでたくなし、めでたくなし。 ということに…

414 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 15:08:02 ID:k3CaCeYz0
うちのかみさんは国立大医学部出て医師免持ってるけど、研修医時代に
こんな大変な仕事続けられないと思って辞めて、その後、俺と知り合って結婚。

今は近所のセブンイレブンで1日5時間バイトしてる。

医師免持ってるのにコンビニでバイトしてるなんて、なんか勿体無い。
名義貸しでもやればいいのに。。。

415 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 17:13:30 ID:1rVQDX6Y0
じゃあ一旦クルマの運転から離れた場合も自動車免許を取り上げればいいですね。
乗らないのに持っていてもしょうがないです。
幽霊ドライバーにはどんどん消えてもらって、新規を合格させましょう。
乗らないドライバーは迷惑です。
クルマの免許に関してはもっと厳しくしてもらいたいです。>更新制

と置き換えれば、191のキティぶりがよくわかる。

416 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 17:21:47 ID:NOv+T7Xd0
>>415
君は医療の現場から20年離れていた医師が医療現場に復帰したとして、
その復帰したばかりの医師に手術して欲しいと思うかい?

417 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 17:23:06 ID:DDe+Ix9y0
別に医師免許は臨床医をやるためだけの資格じゃないし、
医師免許を生かして研究者、会社員、公務員(勤務医ではない)、起業家をする人もいることを
知らない>>191はイタい。

418 :191:2005/07/21(木) 17:56:24 ID:jkmwGrww0
>>415
クレー射撃の銃免許は使ってないと免許と銃を強制的に警察に取り上げられます。
一年に何発か以上撃っていないと更新出来ません。
射撃をやりたくなったら、また取り直さなければなりません。
使わないのに、危険なものは持たせておくべきではないですね。

それぐらいの覚悟で医師免許は取って欲しいです。

419 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 17:58:41 ID:NEpRrxQl0
>>417 学生さんは夏休みだしね・・・

     ///////
    ///////____________
    ///////  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
   ///////              (~) チリンチリン
   ///////              ノ,,
  ///////     ∧_∧         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ///////     ( ´∀`)( 厨 ) )) <  夏だなあ〜
 ///////      (つ へへ つ      \______
///////   //△ ヽλ  ) ) 旦
//////  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
/////    ̄| .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .| ̄
////     ^^^          ^^^

         2chの夏。厨房の夏。

420 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 18:28:45 ID:MG/2vfoB0
>>191は身内に医者がいない下級層だからなーんにもわかんないんだろうねぇ。
せめてがんばって自分が医者になればよかったのに。そんっなにひがまなくても。
泣けてくるほどあわれだ。




421 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 18:31:09 ID:RHpsLdZP0
>>414
そういうの見ると医学部に女を入れるのは税金のムダって感じがするな。

422 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 18:32:20 ID:AG4wYiBw0
191て初代の191か?
途中で変わってるだろ。

423 :191:2005/07/21(木) 19:11:46 ID:Wb9iSTin0
>>422


           . ィ
._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _    < 私は191よ!
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙

       ,.ィ
''==ァ-‐‐,'゙<l    _,,  < 私は191だってば!
`、:/::r'゙゙'_ェ'゙゙i、._ /ラノ
,=キヅ `'ラ/ヾ/ (シフ
  ,ケ::   ',. /  ,:'゙

ー;-‐<{
X,.^ャ~ト β   < 191ニャン。
'´'   ` '

  ∧∧
  (,,^д^)ぅ < 本当だって
  /  l'/

.∧∧
(´∀`)ノ < ふふ..


424 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 19:58:27 ID:np54ZWvi0
>>191厚労省は強制的に医者を配置することが出来ないのなら、
僻地に行かなければならないように仕向けるような政策をとればいいです。

僻地での過疎化がすすむので、100万人のサラリーマン、30万人の国家公務員を強制的に
移住させる。そうやって、地方を巨大都市にしてする強制労働してから
準備がととのいましたと、お医者様を迎え入れる法律を作ればよい。

どちらも、住居、職業を選ぶ自由を保障する憲法に反します。

191は共産主義者、北朝鮮人 主体思想だろう。そんなんに日本の制度に不満なら
北朝鮮の医師はきみのとうりになっているので、北朝鮮に強制送還してもらってください

425 :191:2005/07/21(木) 20:06:54 ID:UK7hC5M40
将来..
イギリスみたいになるか、日本の歯科みたいになるか、
分からないんですけど・・・。



426 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 20:23:47 ID:np54ZWvi0
どっちにしろ、医療費削減の方針だから、
どんどん悪くなるしかない。


427 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 20:41:23 ID:3A9LUTXW0
エリートが奴隷労働する国って凄いよな
まあ庶民も奴隷労働してるけど・・・

428 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 21:03:17 ID:np54ZWvi0
・日経エンタテイメント9月号による調査
・年収は各社の有価証券報告書により作成
・年収には賞与や基準外賃金を含む

1位   フジテレビ   1497万(39.8歳)
2位   新潟総合テレビ 1480万(47.3歳)
3位   日本テレビ放送網1452万(39.1歳)
4位   毎日放送    1451万(39.4歳)
5位   東京放送TBS 1445万(42.5歳)
6位   電通      1436万(40.2歳)
7位   朝日放送    1419万(38.6歳)
8位   全国朝日放送  1349万(41.2歳)
9位   朝日新聞社   1335万(42.8歳)
10位  札幌テレビ放送 1267万(40.8歳)
11位   日本経済新聞社   1260万(40.3歳)
12位   東海テレビ放送   1235万(38.3歳)
13位   ニッポン放送    1230万(38.9歳)
14位   日本放送協会(記者)1207万(40.2歳)
15位   東北放送      1184万(42.4歳)
16位   中国放送      1177万(41.3歳)
17位   テレビ西日本    1166万(42.2歳)
18位   RKB毎日放送   1150万(40.2歳)
19位   中部日本放送    1145万(37.2歳)
20位   九州朝日放送    1128万(37.1歳)


429 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 21:10:42 ID:np54ZWvi0
1 政界(国政)資産持投資家 超上級官僚 M&A始めた孫/三木谷/堀江モン級ベンチャー
・・・・・・・・・・・支配者ライン・・・・・・・・・・・・・・・・
2 外交官 事業家 検察 弁護士 上級官僚 大病院開業医 有名大著名教授
キャリア外務官僚 外資系法律事務所弁護士 裁判官
・・・・・・・・・・・アッパーライン・・・・・・・・・・・・・・・・
3 キャリア技官(国立研究所含)日銀 一般教授 大成功会計士 出世助教授
・・・・・・・・・・・エリートライン・・・・・・・・・・・・・・・・
4 優良業界優良企業(幹部候補) 稼げる会計士 パイロット 都会エリ勤務医 大手メーカー出世頭
・・・・・・・・・・・プチエリライン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5 先行き明るい安泰業界<日本経済牽引力>(大手幹部候補・理系) トヨタ ニッサン 
ソニー パナソニック まだいける電通博報堂 IBM 弁理士 一般勤務医 キー局テレビ 
下端官僚 海外大出資格持@外資系エリ ソフトバンク 日経 ミツビシモータース20代転職可
・・・・・・・・・・・安心ライン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6 その他(先行き不透明の財閥商社・金融含む) 大学教員(少子化) ミツビシモータース30代転職可
・・・・・・・・・・・餓死ライン・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7 ニート53万人 ミツビシモータース40代〜

430 :名無しさん@6周年:2005/07/21(木) 23:38:31 ID:PHm1yF/K0
燃料まだぁ?

158 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★