5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【目標】在宅死、2割から4割に 医療費抑制指標で方向性…厚労省

1 :丑子φ ★:2005/07/28(木) 16:01:50 ID:???0
★在宅死、2割から4割に=医療費抑制指標で方向性−厚労省

 厚生労働省は28日、年末までに打ち出す医療費抑制指標の方向性をまとめ、
自民党社会保障制度調査会医療委員会(鈴木俊一委員長)に提示した。
自宅など医療機関以外で死亡する割合を現在の2割から4割に引き上げる
目標を設定。達成すれば、10年後に2000億円、20年後には5000億円の
医療給付費を削減できるという。

時事通信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050728-00000080-jij-pol

関連スレ
【推計】2025年度は2004年度から倍増の168兆円に 自己負担含めた社会保障費…厚労省
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1122427756/

2 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 16:02:26 ID:azBJjI0e0
医師会解散

3 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 16:02:35 ID:ywQxZEVQ0
素晴らしい

4 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 16:07:12 ID:JAdU9SA+O
自宅で刺されて死んだら在宅死か?

5 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 16:14:05 ID:aDS0KbE70
これはすばらしいユナイテッド・ステーツですね

6 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 16:16:36 ID:Fwh4tYOS0
貧乏人は家で死ねということですか

7 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 16:30:31 ID:WgLveLlf0
安楽死したい
俺が生きてる意味がない

8 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 16:51:59 ID:YFt+kMVg0
在宅死なんて目標にするものじゃねーだろwww

9 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 16:54:50 ID:PdFHhqLv0
すばらしい!

これは近年まれに見る卓見。

10 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 16:55:08 ID:7jm5xsIj0
死にそうになったら病院からおっぽり出すのか。


11 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:10:43 ID:hgEld/mm0
>>8
記事によると
>自宅など医療機関以外で死亡する割合を現在の2割から4割に

だから、自宅でなくて樹海とかでもいいみたい。

12 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:11:59 ID:ywQxZEVQ0
お前ら日本のためにどんどん自殺しろよwwwww
愛国者なんだろwwwww

13 :役人:2005/07/28(木) 17:18:47 ID:biPcjLfL0
>>6
死んだ後はその家いただきますよ。



14 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:23:02 ID:wqnEVizN0
家でしにたくないー!つーか家なんてない
しに議和の退院いくない

15 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:23:46 ID:XrtPNLpI0
自宅で死なれてありがたいか?
介護とかじゃまくさいだけだろ。

16 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:25:52 ID:iJoGie9K0
>>11

国○○事○とか○居で死ぬやつが続出したらどうするんだろうな。

17 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:26:25 ID:bAqyvROV0
癌で末期になったら家で苦しんで死ぬところを家族に見せながら死ねということですね。

18 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:30:11 ID:26wF/KY2O
癌で死ぬ椰子は病院で死んでも家で死んでも一緒。
最期を看取りたくないだけなんじゃない?介護がある家庭ならば…。

19 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:33:12 ID:WK6JpAsB0
人が死ぬのを見るのは大変だよ。しかも肉親だよ。
お前らの大好きな医療費削減が出来て良かったな。

20 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:36:25 ID:OwhWWqFu0
病院で老人の面倒はみません。
家族で介護がんばってね、ってこと?

21 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:40:04 ID:biPcjLfL0
>>20
それ相応の金を出せばまた話は別ですよってこと。

22 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:46:26 ID:c6P3PewD0
すばらしい。
まず、政治家の皆さん方とご家族に自宅で最後を迎えていただきましょう。
目標に達しないときは、政党助成金の削減ということで。

23 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:48:56 ID:7mnzgQ6r0
なんだこれ?
自宅でちゃんとした医療が受けられる体制が整っているならそれも良いよ。
現実そんな家庭はほとんどないだろが。
息子・娘夫婦が共働きの家庭とか、親族が離れて暮らしている老人のことを考えているのか?

そもそも、在宅死の割合を引き上げるって言って、数値目標だけ示して
そのための手立てにまったく触れていないというのは?

ただ、老人は医療費がかさむから病院から出てけって言っているようにしか聞こえないのだけど。

24 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:51:47 ID:Kc2txHqc0
>>23
>ただ、老人は医療費がかさむから病院から出てけって言っているようにしか聞こえないのだけど。

そのとおりだが。それ以外に何か理由があるのか?

25 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:53:30 ID:bAqyvROV0
それで、介護が増えるということで、
また介護保険料の値上げをするつもりですね。

26 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:54:25 ID:8EBjYlYV0
>>15
ようは病院入れると国のお金がかかるから
年寄りを家におしつけようって魂胆。
介護はほんと大変だよ・・・

27 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:54:47 ID:ywQxZEVQ0
実際老人がなかなか死んでくれないのが、今の日本人が今ひとつ豊かになれない原因だろう

28 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:56:46 ID:PGdxFK17O
>>27
それが答えだ

29 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:57:35 ID:Azpbefko0
老人さえいなければシアワセになれるか・・・。

30 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:58:55 ID:TcHl3Ai50
貧乏人は家で氏ね。病院には来るなということですか、そうですか。

31 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 17:59:22 ID:Kc2txHqc0
>>23
あと、俺が思うに

>息子・娘夫婦が共働きの家庭とか、親族が離れて暮らしている老人のことを考えているのか?

だからといって老人を病院に放り込んでおけばOKな世の中もおかしいと思うぞ。
日本では病院へ老人放り込んでおいた方が自宅で介護するより楽だし安上がりだが
明らかに医療費の無駄。

32 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:00:04 ID:7mnzgQ6r0
>>24
それが本音なのはわかるけれどさ、それができるようにするための
環境をまず整えないと、病院を放り出された老人はどうすれば良いんだよ。
ていうか、むしろそこをどうするかを考えるのが厚労省のお役人の仕事なんじゃなかったのか?

ホントこのままじゃどんどん日本はおかしい国になってしまうよ。

33 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:00:05 ID:Udg+hbaj0
だからフィリピンとのFTA締結で、看護士を海外から入れようという話なのだ。

34 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:01:04 ID:TcHl3Ai50
葬儀屋でもやろうかな?儲かりそうだ。

35 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:02:23 ID:a1QkYwQD0
>10年後に2000億円、20年後には5000億円の医療給付費を削減できるという。

介護費が10年後に2000億円、20年後には5000億円増加するだけだろ?

36 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:03:30 ID:Tg5sLOEU0
なんかまた医者が板ばさみなって不興を買うんだろうな。

37 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:05:02 ID:25dZkiAm0
>>32
自宅で安らかに息を引き取ればいいべ。
鎮痛剤くらいは無料で支給してくれるだろ。

38 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:06:08 ID:7mnzgQ6r0
>>31
金の問題もあるだろうが、それよりも時間と労力が一番の問題なのでは。
夫婦共働きだったら介護の時間もないだろうし、
かといって主婦も24時間介護しろと言うのも酷な話。
やはり、核家族化と高齢化が進んでいるのだから、安価な老人介護施設を充実させることが
求められているのでは?

丁度労働人口も余っていることだし、国を挙げて介護事業に取り組めば
高齢化・NEET問題なんかもまとめて解決できるのでは?
内需拡大にもなって景気回復にも繋がると思うし。

39 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:08:08 ID:Azpbefko0
子供の面倒はみたくないし
年老いた親の世話もしたくない。
確かに人間のホンネではあるけど
それでもあえて引き受ける強さを
日本人の家庭はいつから失ったんだ?
大繁盛する老人病院と
高額納税者にランク入りする病院理事長
豪邸建てる医者たち・・・。
なんか変だわこの国。

40 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:08:47 ID:7mnzgQ6r0
>>37
介護が必要になった老人は安楽死させろと?
現代日本における姥捨て山の再来か。

これが小泉の目指した構造改革の行き着く社会なんだろうな。


41 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:09:38 ID:25dZkiAm0
>年老いた親の世話もしたくない。

自分の両親なら下の世話もするけど、夫の親は他人だからなぁ。


42 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:10:34 ID:8EBjYlYV0
これから増えてくる一人っ子同士の結婚だと四人を家でみるわけだね。
地獄wwww
というか医療費だすから老人施設は増やそうよ。

43 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:11:10 ID:25dZkiAm0
>>40
みんながみんな八十歳まで生きる必要はないだろ?
大病を患って、金がなければそれは寿命ってことでいいじゃない。


44 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:13:21 ID:Kc2txHqc0
>>32
おまいは、いい人っぽいので俺の考えを言うが、

人間食えなくなったら死ぬしかないぞ。
その時の苦痛はとってやる必要はあるが、食えなくなった老人に無理矢理点滴いれて
生かしておくというのは残酷なだけだ。
人間食えなくなれば1ヶ月もあれば死ぬ。その方が自然の摂理にかなってると思う。

45 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:13:29 ID:B18WQW5m0
すでに 高齢社会 で 高齢化社会 ではない
あえていうなら 超高齢化社会

46 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:19:20 ID:Kc2txHqc0
>>38
>安価な老人介護施設を充実させることが求められているのでは?

その意見には同意。
だけど安心して食事をさせてくれて、下の世話を文句言わずしてくれて
体の体調を24時間責任もって管理してくれて
おまけにむっちゃくちゃ安い施設っていうのは、日本だと病院なんだよね。

47 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:19:30 ID:ObbThZOI0
親の面倒を見るのは子として常識以前の当たり前ですよ。
いざとなれば嫁の親まで面倒見るとかも当然です。

とは言え、
呆けてあちこち徘徊するとかならばまだ宜しい。
しかし、一日中わけのわからんことを大声でわめき散らしたり、脱糞して部屋中になすりつけたりなどが長期間続くとかは正直耐えられん気がする。
実際にこのような例を実地に見たり聞いたりしてきたから他人事とは言えなんとも・・・・

俺の爺さんと婆さんは他界して久しいがどちらも大人しい呆けだったからよかった。
まあ、たまに爺さんが居なくなるとかはあったが田舎であるので誰かが見つけてつれて帰ってくれたりしましたわな。


48 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:24:51 ID:jZrbtQrg0
>>38
団塊世代はわがままだから、そのうちいろんなタイプの施設ができる気がする。
でもそこで働く人材が確保できるかねー。大陸から集めるのかな。

でも老人で要介護な晩年を過ごすのは2割だけらしい。残りの8割は死ぬ前くら
いは病院で看護されるだろうけど、基本的には自分の身の回りのことはやれるら
しい。

49 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:27:44 ID:chNd8ItK0

独居老人の孤独死推奨っということですか。そうですか

50 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:37:39 ID:7mnzgQ6r0
>>43>>44
それ、途上国ならいざしらず、世界第2位の経済力を持った
日本に住む人間のセリフだと思うと、情けないと言うか、むなしいと言うか。

なんのための資本主義、なんのための経済成長なんだろうね。
どんなに経済が発展しても人々の暮らしが良くならないんじゃ意味ないのにね。
機械化、コンピュータ化、IT化で産業効率が上がっているはずなのに
労働時間は減らない、給与は上がらない。
このギャップがどこに消えているか考えたことある?

51 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 18:41:07 ID:25dZkiAm0
>>50
ウチは情報技術の恩恵をもろに受けてるよ。
人件費が相当削減できたし。
健康保険やら所得税やらがバカ高くって腹が立って仕方がないから、皆保険なんてやめろ。


52 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 19:10:03 ID:PxW9gMkT0
>>50
情けないって言うけど、それが小泉改革の目標だろ?

53 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 19:45:19 ID:lyiEDuQU0
>安価な老人介護施設を充実させることが求められているのでは?

どうやって安価にさせるんだ?
人件費を今以上に削減するか?
そうしたら入所した老人が氏ぬより介護職員が生活できなくて首つるほうが早くなりそうだなw

54 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 20:05:29 ID:7mnzgQ6r0
>>53
安価にするためには行政が援助する必要があると思うよ。

予算の使い方次第で医療・介護の金なんてひねり出せるよ。
同じ公共事業でも、箱物や再開発系の公共事業を止めて
こういう施設の設立・運営に金を使えば良いんだよ。

55 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 20:13:15 ID:BgFm/PxIO
在宅死?
自宅で亡くなると、病死だろうが何だろうが、警察がやって来て遺族に任意の事情聴取をひつこくやられるらしいのだが。

自分の親には、病院か老人ホームで亡くなって欲しいよ。

56 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 20:31:12 ID:balug9g50
はっきりいうと、生産性のない年寄りってただの邪魔者なんだよ。
長寿なんてめでたいことでもなんでもない。

適当に働いて、適当に遊んで、働けなくなったら死ぬ。
これが、生物の本能だ。

子供の世話をする動物はいっぱいいるが、親の世話をする動物など
人間以外いない。

57 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 20:33:40 ID:a0CI1rBR0
>>13
   鬼

58 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 20:34:30 ID:3JLqueY/0

こういうことしか考えられないなら厚労省の人員なんて今の10分の1でいいよ。
かつての官僚みたいに、不可能を可能にする方法を寝ずに考えるといった
仕事をしないなら、単なる役立たずだ。

59 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 20:51:27 ID:J27h5OyF0
>55
基本的にここで言う「在宅死」は、在宅医療を受けていること前提の話なので、
警察の介入はないです。
「在宅死」と「変死」は区別して考えましょう。

60 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 20:54:20 ID:IIl/4Y92O
世界第2位の経済力だろうがなんだろうが、国の本音は「生産性のない奴」はいらないなんだよ。
年寄りに長生きをってのは、年寄りが珍しい時代だから言えたこと。
当時は少子高齢化なんて想像もしてなかったんだから。
無職ニートの増加が問題になってるのがいい例。
生産性ない奴らばっかだと、国力が衰退するからなんだよね。
世の中は競争しあって発展してきたから、所詮は自由を唱えたとこで俺達は働き蟻か兵隊の駒でしかないんだよね。
そういう中で考えれば、人は自分自身の身の回りの対応がとれなくなった時が死を受け入れるべき時期と思う。
無駄な延命なんかするから医療費も人的負担も莫大になるし、世代間のバランスも均衡がとれなくなるんだよ。
これからは国として尊厳死の在り方を考えて欲しい。
こういうのは障害者団体とかが妨害するんだけどね。
医学の進歩に伴って「生活してる」じゃなく、ただ「生きてるだけ、生かされてるだけ」の人達の存在を考えないとだよ。

61 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 20:56:21 ID:KZAUyvzS0
>>58
そんなヤツは、ただのキチガイだ。
結局、デタラメな妄想で日本中を無駄な高速道路だらけにしただけだ。

ここで議論すべきは、在宅死が増えたら行政解剖の数も増えるので、
そのための医者を増員せねばならんことだ。
東京などであれば、病院以外で死んだら全て行政解剖だし。

必然の結果に対して、当然の対策をすることが、役人の仕事。



62 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 20:58:28 ID:f2M/u64j0
もし北朝鮮の核が使用されるようなことがあれば、60年にわたるNHKの反核平和運動に 
何の意味があったのか、またNHKは北朝鮮が核兵器所有を公言し、核実験を 
恫喝のネタにしていることに対し、無視していると言えるほど 
まったく動きを示さない、核など持つはずもなく、戦争などする気のない 
おとなしい日本人に対してのみ狂ったように反核平和を叫ぶ 
まるでどこかの日本人構成員のいない平和団体と同じ構図だ

ウイグルでは中国に侵略され核実験され大勢の被爆者を出している、侵略され被爆 
させられたウイグル人からすれば 中国からの核攻撃を受けたのと同じこと
それにたいしいささかの報道すらしていないのだ

単に日本の核武装を阻み中国の核優位を保守し 北朝鮮の核保有を許しただけなのだ

核兵器の保有国が増えてる現状や平和を誓わない核保有国を除外して 
「反核の平和を誓うのは、全世界の人々でなくてはならない」とか 
「私達人類は過ちは繰返しませぬから」とか大変ごもっともなお題目を 
100万回唱えたところで白々しい

日本人には精神的に圧迫され過ぎるほどの反省猿を強要するが、 
中国や北朝鮮の核保有については黙殺する

こんな公共放送など必要ない
 


63 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:03:02 ID:7mnzgQ6r0
>>60
でもね、今の日本を支えてきたのはこれから老人になって
介護を受けないといけない人たちだよ。
あなたや私が今こうしてのんきに2ちゃんに書き込みなんかできるのは
数多くの彼らの働きによるものだよ。
それなのに若いうちは命を削って働かせて、働けなくなったら邪魔な荷物って言うのはどうよ。

あなたは怪我をしたり病気になったりして働けなくなったらだまって死ぬのかい?
むしろ、リタイヤした老人や怪我人・病人も手厚く保護することで、
自分が働けなくなった時の心配をせずにのびのびと働ける、とは考えないの?

64 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:04:45 ID:3JLqueY/0
>>61
国中を道路だらけにしたのは、先進国として当然すぎること。よく田舎に道路なんか
いらないという香具師がいるが、本来は公共交通機関を国が提供すべき。移動の
自由を保障することは、移動したければ自力で勝手に移動しろという意味ではない。

低廉な公共交通機関も用意できず申し訳ないが、どうか自家用車で移動してください
ませと言うならともかく、道路だらけとは何という言いぐさ。日本の保有台数を考えると、
1台あたりの道路整備距離は20mもないくらいなんだぞ。しかも、その半分以上は、他の
先進国では舗装にカウントしない簡易舗装だ。こんな粗末な先進国がどこにある?

65 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:08:49 ID:TucfmNhT0
>>63
日本人のよくないところは、そういう「お涙頂戴」で冷徹な議論ができないことだ。

今後の日本は苦しい。老人には申し訳ないが、金を浪費せずに素直に死んでくれ。
これが勤労者・若者・政府の希望。

死に行く者が、未来を考えずに自分のことだけ考え、有限の資源を浪費する。
無駄の極致。

66 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:09:28 ID:KZAUyvzS0
>>64
その公共交通機関の運転手や整備員は、誰が給料を支払うんだ。
まだ道路だから、メンテナンスコストが鉄道等に比べれば安いので、
都会の住民も我慢して整備してやってるんだ。

厚かましいことを言うなら、田舎なんか住むな。
山を杉だらけにしたり、農薬撒き散らしたり、国土に寄生してるようなもんだろうが。

67 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:12:35 ID:jH3JVIes0
>>65
対人地雷が、なぜ怪我を負わせるだけで殺す能力が無いのか分かっていないな。
「怪我をして役に立たなくなったら死ね」という小泉流の経済政策だと
底辺の労働者は最初から働かなくなるんだよ。

68 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:14:30 ID:IQ9fmWIo0
先進国というのは

年老いた両親の老後の
  面倒は自分で見たくない
  誰かにやってもらいたい
  でもお金は払いたくない
  国の金できちんと面倒みてくれ

こういう国民を多数育てる国の事を言うのか?

69 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:16:10 ID:iF0NHDT10
>>65
だったら、お前が一番に死ね。
今の日本で住宅ローン、子供の教育費負担なしで
金を使って経済を活性化してるのは定年後の世代だ。

70 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:18:59 ID:KZAUyvzS0
>>67
こんだけ工場も海外移転し、色々な作業が機械化されてしまったのに、
底辺の労働者ってそんな昔ほど要るのか?

実際はイメージだけの「3K」で、資格とか技能とか要る、
わりと高給取りの労働需要が多いと思うぞ。

71 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:21:17 ID:qndpEZtQ0
お前ら馬鹿でないの?
これから少子化、離婚率の上昇で面倒を見てくれる
家族のいない老人が増加するなかで、在宅死増やすなんて
まともな方法でできっこないじゃん。

>1 は釣りなんだよ。

72 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:22:44 ID:7mnzgQ6r0
>>68
必ずしも面倒を見れる条件のある人たちばかりでないのがなぜわからない。
あなたは両親の世話をしているか?あるいは将来世話をする自信(余裕)はあるのか?
そもそも、国の金というが、その金は今の老人や現在のわれわれが働いて産み出した
税金ではないか。
自分たちのために使って何がおかしい。

あなたの言う先進国とは、政府や官僚の言いなりになっていくらでも働き税金を納めるが、
自分たちの生活を改善するために税金を使うことを要求しない国民が暮らす国か?w

北朝鮮でも中国でも好きな国へお行き。

73 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:39:40 ID:J27h5OyF0
「在宅死」と「変死」を一緒にしたレス多すぎ。

「在宅死」は在宅医療を受けていることを前提にしているので
解剖はしない!

在宅医療は医師が患者宅に訪問する医療システムで、「在宅死」の場合は
訪問診療を行っていた医師が「死亡診断書」を発行するので解剖はない。

「変死」は訪問診療を受けていない人が医療機関以外の場所で起きた場合。
その場合は警察が介入となるので、解剖が行われる。

>>61

74 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:41:58 ID:IQ9fmWIo0
>>72
総括すると国費における「医療費の拡大」
を主張すればよいだけだな.

75 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:42:12 ID:KZAUyvzS0
>>68
先進国は必ず没落する。
過去、覇権を誇った様々な帝国が、別に大戦争に負けた訳でもないのに、
ズルズル没落してしまった。
その真の原因を目の当たりにしてるのかも知れない。

アメリカは特別。あれは、国を既存住民の集合と捉えず、新国民が
次々入ってくる目的主義的団体と捉えてる。
古代のローマ帝国などもそうだが。

閉鎖した集合と考えれば、国の金は、自分らの払った税金だから、
自分らのために使って当然という議論も出るだろう。
新国民を想定しないからな。

しかし、閉鎖した集団であっても、生まれて来る次世代は、
新国民に違いないはず。
それに負担を押し付けて気にならないのは、子供を私有物みたいに
思う感覚だからだだろう。

76 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:45:44 ID:TucfmNhT0
>>72
先進国とは国家の生存を自らの技量・意志・作戦で継続できる国のことである。
税金とは自らの私利私欲のために使うのではなく、国家の存続のために使うのだ。
その点では我が国は先進国とは言えない。

それに老人と言うが、国の経済に多大な貢献した男はすぐにくたばる。
病院で国富を浪費しているのは、かつて主婦だった女だ。あるいは生活保護。

生活保護や女が国にいったいどれほどの貢献をしたというのかね?
どれほどの税金を払ったというのだね?女は子供を産み育てたら用なし。
あんなのはすぐに安楽死させたほうがいいんだよ。無駄無駄。

77 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:53:41 ID:nZuqCm5i0
>>76
入院患者に男も女も生活保護もないよ
食べられなくなって立てなくなったら安楽死になればいいと思う
安楽死は冷酷じゃない

78 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:54:27 ID:9DnxgMA40
介護疲れ殺人が増えるけどそれが狙いだよ

79 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:57:35 ID:KZAUyvzS0
>>76
話は分からなくもないが、先進国という用語は、
そんな簡単に定義できないぞ。

漠然としたイメージでしかないが、大雑把に言えば、
工業生産が高く、個人の権利意識が強い国、みたいなもんだろう。

しかし個人の権利意識が強くなると、国の存立と時々矛盾する。
だから、個人の権利には当然抑制がかかる。
しかし漠然ながら、抑制がある一線を超えるぐらいなら、国なんか
存立しなくても良い、という限界線も存在するはずだ。

つまり、国とは何か、国と個人の関係は何かが、究極の所では
問われてくる。
そういうことは、痛みを伴わねば考えないものだが。

80 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 21:57:51 ID:7mnzgQ6r0
>>76
あなたの言う先進国って、国家社会主義のことでは?
国民を苦しめて国家だけが存続してなんの意味が?
それに、生存権と言う言葉を知っていますか?

81 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:00:44 ID:e51ox2J70
ま、台所は火の車ってことだね。
長寿世界一とか変な自慢してる場合じゃないからね。

82 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:02:25 ID:IeAqmxPs0
>>73
うちのオヤジは自宅で突然死したが解剖なんかされんかったぞ。享年73

83 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:03:58 ID:wj5QkEbw0
貧乏人は医療など受けず断末魔の苦しみにのた打ち回った挙句孤独死しろってことですね?

84 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:06:45 ID:Qkk53gR/0
老人の孤独死を強く推進!

貧乏人は、黙って死ね。

by 厚生労働省

ってことか。

85 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:07:43 ID:TucfmNhT0
>>79
しかし先進国とやらで、個人が文明的な生活と安全な環境を享受できるのも、
国家という枠組みがあってのことだ。国家が存続しなくなれば、虐殺されようと
略奪されようと陵辱されようと、誰も何もしてくれない。つまり権利をいくら叫べども
実際には行使できない。権利とは社会システムが保証するもので生来のものではない。

「私は生まれながらにして○○の権利を有する」と言うだけならアフリカの難民にも言える。
その権利を確保し行使する環境を実現するのが国家なのである。
個人の権利が増大しすぎると、国家はそれを調整しきれなくなり破綻する。
このようにして国が滅び、民もまた滅びるというわけだ。

ボケ老人の生存権は、確かにお題目としては美しい。国に相当な余裕があるのなら、
実現できたら素晴らしい。だが余裕がなくなれば、冷徹に切って捨てないと国がもたない。
老人の権利を保護しすぎるあまり、勤労者や子供の権利がないがしろにされてはならない。

86 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:08:22 ID:Qkk53gR/0
そのうち、姥捨て山が復活する予感。

市役所に電話すると、月曜日に専用の回収車でかいしゅうに来てくれるという。

87 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:15:02 ID:70hhKvEx0
少子化なのに家庭でなんか老人介護できるわけないだろが。

88 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:18:42 ID:nharcjUg0
>>85
お前の議論はコップの中の議論。

青臭くさくて、こっ恥ずかしさ100%ね。

89 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:22:57 ID:0LZmWJP50

 まず、政治家から「在宅死」していただきましょう。 当然往診は無しだよ。

 所で、
 自宅で面倒みてくれる家族が居ない人なら 「在宅死」=「独居老人の死亡」だよな。(w

90 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:26:34 ID:nharcjUg0
> 10年後に2000億円、20年後には5000億円

在宅死を2割→4割にしてもまだまだ保険医療費抑制には足らない。
かといって何か現実的な手を打つと、今までのツケが回ってきているので問題噴出で大混乱、政権などは軽く吹っ飛ぶ。

だから、これまでどおりテキトーに先延ばしして日本国家の自爆死あるのみデース。

91 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:30:04 ID:0LZmWJP50

 在宅死者のための必須アイテム!  「独居死くん」

 心電図モニター、*体表温度計を内臓。 厚さ5mmで胸に貼り付けるだけでOK
 心拍が停止し、体温が30℃を切った時点で親機のプリセット番号に自動送信。
 自治体より 在宅死体回収車がすみやかに死体の回収にまいります。

 * 従来の心拍モニター単独に比べ、ノイズに強く、確実な死の診断により、
 回収車のムダ出動が大幅に減少!(当社比)


92 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 22:32:20 ID:nharcjUg0
>>91
自動的に戸籍抹消も連動して、あと回収にも行かないのがベター。

93 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 23:17:18 ID:IXtxZH0n0
でも、家(病院以外)で亡くなると手続きが面倒だよ
そこんとこは考慮してくれるのかな?


94 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 23:38:03 ID:J27h5OyF0
>>93
訪問診療を受けていれば
医師の「死亡診断書」1枚で
手続き終了なわけだが…。
葬式はどっちにしても自分で出すだろ?

95 :名無しさん@6周年:2005/07/28(木) 23:54:22 ID:/bNBv78S0
>>93
医療機関ではない「死に場所」を提供するビジネスが成立するかもな。

1.一応の介護はするが医療行為は一切しない。
2.亡くなったら嘱託医(現役を引退した爺さんや主婦でOK)が死亡診断書だけを書きに来る。
3.遺体は契約した葬儀場に直行。

これなら一日数千円の費用で家族は手を汚さずに済むだろう。

96 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 00:09:25 ID:yKM7ko8p0
今、民間の生命保険会社が売り出している介護保険付きの商品なんて、
「在宅死」目当てだよ。
自宅介護が当然となるのを想定しての保険だよ。

97 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 00:13:45 ID:eOocCZ/O0
>>95
現代の姥捨て山だな

98 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 00:15:17 ID:TTwFGiZq0
>>90
本当、先の大戦の反省が何にも生きてねーな

99 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 00:15:22 ID:tWhEmssG0
いっしゅん、「在日死」に見えた。

100 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 00:20:11 ID:G4LUBg8M0
まぁ介護保険のコンセプト自体が「老人を家で看取る」だからね。
でも理想はそうは甘くはいかないのでした。
結局は皆色々な都合で老人病院や施設にいれちゃうんだよね。
でもしょうがないと思うよ。本当に介護が大変な人は家庭がおかしくなっちゃいそうだし。
だから年配の人の医療負担額を上げるしか悪いけど手がないね。

101 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 00:23:00 ID:52uGMVnk0
老人が200万の延命手術を行ったら180万円は血税から払われる
無理なダイエットで病気になった女性の医療費10万円だとしたら
7万円が税金から払われる

102 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 00:32:51 ID:d4Cv+5hg0
年寄りを馬鹿にしてるな。
70代をABMに乗せて北朝鮮からのミサイル目がけて自爆迎撃はどうだ。
お国の役に立つぞ。

103 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 01:01:55 ID:KGPGm6+y0
 
悶絶死か安楽死か選べるようになれば
余計な苦しみも医療費も抑えられるようになるとは思う

国や周囲の人が決める制度はいらん
自由に安楽死のノウハウを手に入れられる
環境があればそれでいい

104 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 08:03:09 ID:cBO+mebQ0
お前らええかげんにせえよ。
死ぬときくらい、家で家族で見守ってやれよ。
老人が病院で死ぬ方が、異常だろ。
いつから日本人は、死を受け入れず、親まで捨てるようになったんだ。
じいさんが死ぬ所をてめえのくそガキにちゃんと見せて、死というものを教えてやれ。
さもなきゃ、てめえのガキが簡単に人殺して平気な人間になるぞ。

105 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 09:47:47 ID:H6stllh80
なんで捨てるって発想になるかな。病人や老人を看護したこと無いだろう。
自宅でホスピス並みにおだやかな終末医療をうけれるとか
老衰自然死ならまだわかるけれど、死の間際に医療の場に親をやれないのも恐ろしい。
本人の意志に関係ない、過酷で非情なな延命治療や手術とかをやめて
終末の心や生活のクオリティに重点を移すべきだ。
その中の選択肢として自宅があるならそれは望ましいけれど。
いつ命の危機を迎えるかわからない状態の肉親を自宅でかかえて安心か?
万が一を考えたら、とてもそんなことできない
医者が老人の自宅に詰めててくれるとかなのか?

106 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 10:34:07 ID:XRei7WYv0
>>66
>厚かましいことを言うなら、田舎なんか住むな。

こんな台詞を吐くような国に、沖ノ鳥島や竹島や尖閣諸島について
ギャーギャー言う資格はありませんな。行政権と義務について勉強
し直してこい。

107 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 11:07:02 ID:qobaYoJu0
育児休暇みたいに面倒を見ている家族に看取り休暇をやればいい。

働いている介護世代にとって仕事と家族の板挟みに
なるから病院にいれざるを得ないって状況があるわけだ。
育児と違って全日休暇を取る必要もないので働き手の方も制度が
きちんと整えばさほど負担にならないはず。

記憶が定かでは無いが、末期癌患者が一日入院する財政負担額は
4万円ほどだったと思う。
つまり、労使折半で8割程度を国が負担。一ヶ月40万円程度の財政負担でも
入院されるよりも遙かに安上がり。

例え、病院で完全介護すれば家死によりも一ヶ月寿命が延びるとしても、
最後の数ヶ月を家族と一緒に暮らせるのと、チューブだらけの機械で
ムリクリ心臓動かすのと、どっちが幸せだろうかって話だ。

108 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 11:45:48 ID:G3uw4EMB0
どこで死のうが勝手だろー
いちいちお上に指図されたかねーよ
死にぎわにみんなして官庁に凸げきしたろーか

109 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 11:48:08 ID:Jh1bfiwY0
 
臭いものに蓋をしすぎた結果
悲惨な病死がどれだけ世の中にあるのか
実感できなくなってきとるとです

110 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:26:36 ID:nWf3NbsW0
言わしてもらいたいが、入院患者の家族の99%は引き取り拒否するぞ。
家で介護して安くあげるより、高くついても病院にいれて自分はパートで
入院代稼ぐほうを選ぶよ。

111 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:32:14 ID:vYi6FvyK0
専業主婦を無くそうとしてるのに誰が家で見るの?

112 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:32:15 ID:nWf3NbsW0
大体、ドライに言えば、介護の必要な老人を病院にひとまとめで
面倒みるのと、各々の家に介護人を派遣して世話をするのと比べて
どっちがコストがかかるか常識で解るだろう。
家にいたって、光熱費や居住費、食費なんかが掛かるし、医療道具や
介護用品も各々買わなきゃいかないんだから。病院なら共用できるものでも。
なのに何故介護保険が導入されたかというと、介護が金になると。
で、介護に参入してきたのはどんなやつらかと言うと・・・・
悪いがこれ以上は、書けん。


113 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:32:48 ID:Rv6GWQL+0
何言ってんの?
介護が必要な老人は年金>入院費だから、その差額を生活に当て込んでる人
いっぱいいるよ。死ぬと、その差額を30年補填しろと言ってくるDQN家族とかも
いるしね。

114 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:35:47 ID:tg0BhWfD0
>>106
ヒント ネットウヨは売国奴

115 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:37:02 ID:pqV+E26Y0
>>111
そもそも専業主婦って親の面倒見てましたっけw

116 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:39:27 ID:Z0RTW5ML0
役立たずの、厚労省お前ら首にしたほうが早いよ
厚生労働省は総務省に吸収してしまえ

117 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:41:37 ID:vYi6FvyK0
>>115
見てたよ!イジメラレテタ舅・姑。嫁は泣きながら面倒みてた。(田舎)

118 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:44:45 ID:Tq1yFPRe0
在宅死=誰にも見取られないで、自宅でのたれ死

119 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:45:03 ID:nWf3NbsW0
>>117
だから、一旦入院すると、二度と引き取ってくれないのよ。


120 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:48:12 ID:VwSQ/BKR0
>>111
うちの母は半寝たきりの舅を8年、恍惚の人となった姑を5年、面倒を見ました。
都心まで1時間弱のところに住んでいます。

121 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:53:37 ID:vYi6FvyK0
>>120
ご苦労様でした。一人っ子同士だと嫁が4人看取る事になる。
嫁は、必ず鬱か癌になる。

122 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 17:55:04 ID:ftVZC0bd0
何と不毛な試算だろうかね
40%にあげるったって少子高齢化社会において
在宅で病人看取る余裕のある子供がどれだけいるかね
こういうありえない試算を出して世論誘導しようとするのは
官僚の常套手段


123 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 18:00:29 ID:KvN2f5J10
せめて医療費払えない病人のために、安楽死を認めてあげた方が親切だよな。
社会保険庁なんか無駄遣いばかりしているくせに、医療費削減を考える前に
数千億規模の公務員による不正、無駄を無くす方が先決だろ。


124 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 18:03:08 ID:ftVZC0bd0
大体2025年に社会保障費が倍になるって話も、そもそもこのまま
年2%の経済成長ができればその頃のGDPも倍だろうよ
結局今と大して変わらんはず
国は財政引き締めの言い訳が欲しくて煽ってるだけなのよ
逆に国の経済がこのまま沈んでいくなら、2025年にはきっと
医療費以前に国の財政が破綻してるよ
社会保障制度も破綻するってことだから
厚労省の出してくる試算には結局意味がないってことだね

125 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 18:25:42 ID:9RZmTVpb0
>>124
木を見て森を見ない試算には
何の意味もないってことです

126 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 21:36:53 ID:y6J45yiI0
最後なんかつきっきりで見ないといけないのに
誰がやんのさ  官僚はいつも机上の空論だな

127 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 22:42:27 ID:vhKUeAal0
在宅死推進とかしなくても、70才以上の人工呼吸器使用一律全額自己負担、
とかしたら、かなり医療費削減出来ると思うけど〜。

128 :名無しさん@6周年:2005/07/29(金) 23:16:18 ID:4YW9Xonu0
実際、現在使わなきゃソン状態の手厚い介護保険があるのにもかかわらず
最後は施設や老人病院にお年寄りを引き取ってもらう人が大多数なのは何故か。
これから介護保険もどんどん厳しくなっていくだろうに、家で看取ろうとする人が増えるとは到底思えない。
この問題はマジで国を傾けかねない。抜本的な改革キボン。

129 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 03:47:26 ID:eWcPe2X60
だから、昔通りの「社会的入院」を、病院が潰れない程度に点数下げて
今まで通り容認してたら良かったんだよ。
介護的、医療的コストのトータルで一番効率的なやりかただったのに。

130 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 11:39:41 ID:1EG9iAZ70
やはり『安楽死』

これ以上の結論は無い気がする。
少なくとも長生きは美徳って考えは捨てたほうがよさそうだ。

131 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 13:19:42 ID:xXzCnfoU0
>>130ほか。
老人や、役に立たない人は死ね のような書き込みを認めるが、
そんな非人道的な意見なんて、いまの日本ではとんでもないぞ。
2005年の現実でもこうだ。

ttp://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20050427so14.htm
ttp://64.233.187.104/search?q=cache:3lZhEeZtuqoJ:www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20050427so14.htm+&hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8
「消極的安楽死」女性医師を殺人容疑で書類送検へ : 医療ニュース ...
ttp://www.sankei.co.jp/news/050518/sha046.htm
殺人で女性医師を書類送検

健康な老人 どころか、
もう助かる可能性のない老人の「消極的安楽死」
(延命措置の停止)だけで タイ━━━━||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||━━━━ホ!!

これが現実。
もちろん警察が医療費を負担するわけではないけどな。

年寄りや、役立たずは死ね という意見が通る日本ではないということだ。
だったら、まず警察をなんとかしてくれ。

132 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 14:00:19 ID:9MhwecXO0
>>105
>老衰自然死ならまだわかるけれど、死の間際に医療の場に親をやれないのも恐ろしい。
 
「死の間際」に医療現場に送ってこられても困るんですが?一体何をしろと?
延命のフルコースをお望みですか?
 
「誰の過失も無い場合でも人は必ず死ぬものなのだ」と言うことを学習した方が良いのでは?
それがいつまでも学習できないから、人が死んだりした場合に誰も悪くない場合でも
「誰の責任で死んだのか」と無理矢理に責任者をつくりあげたりするのでは? 
 
結局は、「自分が人を死なせた」という感情を味わいたくない為に他人(医療関係者)
に責任を丸投げしてる気がする。



133 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 14:08:38 ID:KzG4b7N30
あと数年で生存定年制が導入されるらしい

134 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 14:55:56 ID:vX6se38y0
>>131
>年寄りや、役立たずは死ね という意見が通る日本ではないということだ。

表向きはそうです。
でも、財政難を理由に医療や福祉がどんどん削減されています。
やっぱり本音は
>年寄りや、役立たずは死ね
なのだなあと、敏感な人たちは感じていますよ。

135 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 15:57:15 ID:S8DbyzHb0
入院希望の終末期患者を厚生省が説得してくれるわけですね

136 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 17:07:12 ID:MMoC44A50
>>135
もちろん医者の役目だよ。
矢面に立たされて罵詈雑言の嵐を受けるのは医者の役目。
だから、そういう病院はとっとと辞めるべきだね。基幹病院とかね。

137 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 17:15:07 ID:eWcPe2X60
>>135
ついでに お爺ちゃん最後のボーナス、医療過誤訴訟示談金 もよろしこ。

138 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 17:19:07 ID:1Demv3+J0
終末期は宗教団体で面倒みてもらいましょ。
創○とか創○とか創○とか。

139 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 18:08:58 ID:K/b2evMW0
まずは公務員の共済組合健康保険を廃止して患者10割負担にしたら、医療費抑制になる。


140 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 18:25:54 ID:GW+xcoNlO
虐待放置死との線ひきはどこ?

141 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 18:39:08 ID:r5oBDfAH0
総医療費の80%は20%の患者で使われているから、ここをどうかするしか抑制の
方法はない。


142 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 18:58:21 ID:fOZnpnxO0
>大体、ドライに言えば、介護の必要な老人を病院にひとまとめで
>面倒みるのと、各々の家に介護人を派遣して世話をするのと比べて
>どっちがコストがかかるか常識で解るだろう。
>家にいたって、光熱費や居住費、食費なんかが掛かるし、医療道具や
>介護用品も各々買わなきゃいかないんだから。病院なら共用できるものでも。
>なのに何故介護保険が導入されたかというと、介護が金になると。
>で、介護に参入してきたのはどんなやつらかと言うと・・・・
>悪いがこれ以上は、書けん。

結局これが本質だろう。
ただ、病院が設けすぎないように監視したりする必要があるだろうがそれでも安上がりではある。
終末期入院は、治療はここまでにするとか基準を決めといてさ。
んで、人工呼吸器とか使いたかったら追加料金とかにすればよかった。


143 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 19:06:01 ID:zw5Erc330
>>141
よく言われる8割-2割の法則って
こんなところにも通用するのか

144 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 19:28:27 ID:LPgF1LSE0
>終末期入院は、治療はここまでにするとか基準を決めといてさ。

第一段階 脳死認定者は健保打ち切り
第二段階 自殺・自傷者の治療は全額自己負担に
第三段階 消極的安楽死の容認
第四段階 人工呼吸器は全額自己負担に
第五段階 中心静脈栄養も自己負担に

ここまでやれば多分医療費の半分は抑制できると思う

145 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 21:42:57 ID:BD2ffBa/0
>>144
第三段階は条件付でしょ。

例えば
PEG及びその管理、経管栄養も全額自己負担。
全額自己負担に耐えられなければ、消極的安楽死とはっきり法制化すればいいのに。
(医療費をそんなに抑制したいなら ですが)


146 :名無しさん@6周年:2005/07/30(土) 22:03:56 ID:Mt4kS/z20
>>131
警察を何とかしたいなら、法律をなんとかするしかない。

147 :名無しさん@6周年:2005/07/31(日) 00:07:52 ID:X32/9W5m0
>>146
同意。
ただ、医者はミスや事故だの殺人だの言われるのを極端に怖がる。
医道審議会の免許停止なども厳しくなる一方だし。

殺人だの医療ミスだの医療事故だの言われないために、その確率をほとんどゼロにするくらい、
法律をきちんと整備することが必要。

148 :名無しさん@6周年:2005/07/31(日) 00:27:04 ID:IsjZ83QW0
>>131
しかし、俺なんかこれはホボ完全な対策方法を考えてるけどな。

意識不明になってから、他人の手で安楽死したいなんて、甘ったれたヤツには、
何の救いも与えられないに決まってるだろ。
そんなヤツ一々哀れんで安楽死させるアホ医者に、情状酌量してやる意味もない。
綺麗に死にたきゃ、最後の力で割腹しろと。それなら法律上、誰も困らないぞ。

割腹する力も無くなるまで、ズルズル生きてるから、悲惨極まりない末路が
待ってるわけよ。
割腹がイヤなら海に飛び込んでも良いけどさ。

149 :名無しさん@6周年:2005/07/31(日) 00:27:07 ID:EzVlb1vQ0
家族に
「いいか!このスイッチ押したらじいさん死ぬからな!押すなよ!絶対に押すなよ!」
って言っておくとか

150 :名無しさん@6周年:2005/07/31(日) 01:44:07 ID:7AE5LKO20
>>144 
 
厚生省は自分達の手を汚したくないので無理です。
あくまでも、「現場の人間の判断」による解決に持っていくように
細工しようとするでしょう。
ま、この手法も殆ど限界に来てると思うんだが(W
 
所詮、役人だからな

151 :名無しさん@6周年:2005/07/31(日) 06:00:46 ID:KAgV3gXG0
在宅死だと検死の問題があるんだな。
診療所でバイトしてたとき、深夜に電話かかってきて、
身内が死んだがどうすれば良いかと聞かれたんで、
とりあえず警察呼んで検死してもらったらと答えた。
こういう対応で良かったのか?と翌日診療所の人に聞くと
「あっそう」と無関心な感じだった。

152 :名無しさん@6周年:2005/07/31(日) 22:41:56 ID:A7THTEVs0
大体,日本は「死」を忌み嫌う。

「生」と「死」は背中合わせ。

生きたからには、死に方を考えなえればならない。

自宅で死にたければ、準備すればいい。

訪問診療を受けるとか…。医師が診察をしていれば、警察も検死しないのさ。

153 :名無しさん@6周年:2005/08/01(月) 09:44:46 ID:o6CeMjNA0
西部邁『国民の道徳』
徳永進『死の文化を豊かに』
松田道雄『安楽に死にたい』
柴田二郎『医者がススメル安楽死』

154 :名無しさん@6周年:2005/08/01(月) 11:23:42 ID:fpsqjDkO0
 
末期患者って一般の人にはベッドの上に横たわってる姿しか想像できないよね。

面会のときに患者がのたうちまわって暴れると
この病院はどういう治療してるんだ!
って言われるから強力な麻酔打って動けない状態にしてるだけの話で。


個人的には安楽死法案よりも他殺に使いにくい一酸化炭素発生装置か
麻薬の普及のほうが早い気がする

155 :名無しさん@6周年:2005/08/01(月) 16:06:29 ID:Zt/dJvhl0
一酸化炭素発生装置=七輪+練炭?

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★