5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【海外】チャーチル・英戦時内閣が幻の対ソ開戦計画 英公文書で明らかに…ロシア紙が伝える

1 :なべ式φ ★:2005/08/24(水) 00:04:09 ID:???0
第二次世界大戦でのドイツ降伏直後、チャーチル首相(当時)率いる英戦時内閣が1945年7月に
同盟国のソ連を攻撃する計画をひそかに策定していたことが、機密解除された英公文書で分かった。

ロシア世界史研究所のルジェフスキー研究員が調査し、23日付のロシア新聞で公表した。

引用元:時事通信 2005/08/23
http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=05082319

2 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:04:29 ID:9M0c0FKI0
↓肛門に指を突っ込みながらカキコ

3 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:04:29 ID:KCfOqh/20
2

4 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:05:22 ID:4lBSUg9c0
ヒトラーの読みはだいたい当たってたわけだ

5 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:05:58 ID:vRkd/eZb0
アメ公と連合してだろ

6 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:06:10 ID:0ncYbELAO
チャーチルは落第生でトンでもない馬鹿

7 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:06:15 ID:cNZh4vrY0
仮想シナリオ帝国主義者の走狗キタコレ

8 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:07:01 ID:NQY/Si7E0
作戦上ならどんな状況でもすべて想定しておくだろ


9 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:07:03 ID:aVEhi6o00
世界中のあらゆる国が、あらゆる国に対して、
作戦計画を作っておくのは、国際政治の常識だ。
と聞いた事があるが…。

10 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:08:57 ID:FB0Hg6qA0
>>9
日本人は非常識に見えるらしい


平和だね〜〜


日本




11 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:09:28 ID:vtHdtKcN0
最初からドイツと講和してソ連と戦ってくれてたら
日本にとっても世界にとってもよりよい世界になっただろうに

12 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:09:51 ID:ial0u+770
悪の帝国 

13 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:10:57 ID:AqT7MOEK0
イタリアは最初、中立だった。
しかし、ドイツの快進撃を見て、フランス降伏の
1週間前にフランスに宣戦布告。
フランス南部のイタリア国境から攻撃するが
反撃され、逆に攻め込まれる始末。

今度は、北アフリカのイタリア植民地リビアから、
エジプト(イギリス植民地)に侵攻。
しかしベダフォムでイタリア軍は壊滅。
ムッソリーニはヒトラーに泣きつき、
ロンメル将軍率いるドイツアフリカ軍団が派遣される。
ロンメルは1ヶ月でリビアからイギリス軍を一掃し、
砂漠の狐と呼ばれる。

こりずにイタリア植民地だったアルバニアから、
隣のギリシャに侵攻。
また逆襲され、アルバニアの3分の1をギリシャ軍に占領される。
危機感を抱いたヒトラーは、ソ連侵攻のために準備していた
ドイツ軍を、急遽、バルカン半島に派遣。
ギリシャ、ユーゴスラビアを占領するが、このために
4月開始予定だったソ連侵攻が2ヶ月遅れた。
そのためソ連戦はロシアの冬まで長引き、結果、ドイツは敗退する。

14 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:11:53 ID:BkkId3EU0
まぁ、アメさんも戦前はレッドプラン(対英)があったわけで。

15 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:14:32 ID:THyujaA60
計画を立てて当然だろうな。事実、第二次世界大戦後のイギリスはソビエトと冷戦状態に
なったわけだし。

16 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:17:23 ID:AvuGqUT5O
降伏したドイツ軍を再軍備して我が軍に協同させて攻め込めば赤野郎はイチコロだ by パットン将軍

17 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:20:05 ID:1awvxRRk0
>>13
イタリアは同盟した側の方が負担となる不思議な国家。
ヒトラーもイタリアを参戦させるか悩んでいたらしい。

まあ、ムッソリーニが勝手にフランスに宣戦したから、諦めた。
その後、ギリシャに負け、アフリカでイギリスに負け、後始末が大変だったよな。

18 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:20:49 ID:/Hj6+K+i0
死んだ秋野豊 筑波助教授の「偽りの同盟」
の中で、チャーチルがソ連陥落を予期して、バクー油田を爆破する
特殊部隊を何度も、「対ソ協力」と称して一貫して送り込もうとし、
何べんも断わられるところがワロス。
ちなみにイーデンはソ連に協力的。チャーチルと軍部は、対ソ協力に拒否的

19 :mc:2005/08/24(水) 00:24:54 ID:a5z8Jwsx0


     なぜ、 小泉 と 竹中 は日本を憎んでいるのか ?   小泉の家系図の真実


  小泉と朝鮮( 総連 )とのつながりは深い。飯島秘書官は極貧の子供時代を過ごしたようで、
   在日帰化人ではないかと噂されている。
  小泉の親父は「 鮫島 純(惇or絢)也」と名乗り、なぜか鹿児島の朝鮮部落(加世田)
  から出てきたくせに、いつの間にか鹿児島の名門である「鮫島」を名乗っていたという。
  名門の家の出身のはずが、なぜ鮫島性を捨てて小泉家に養子に入ったのか。
   鮫島姓が偽だからであろう。 鹿児島出身の朝鮮人、池内恵観が「 小泉は俺といとこだ 」
  といっていたのはブラフだと思い込んでいたが、北朝鮮訪朝時の空白の10分間に
  「 あなたの父親は北朝鮮人だよ 」と金正日に言われたという話と総合すると信憑性も高まる
   というものだ。 彼の朝鮮人への同情はかなりのものであることが議事録に残っている。

   話が前後するが、小泉の祖父の又次郎は、刺青入りの暴力団でありながら郵政大臣をやった。
   純也は朝鮮人の帰国事業、地上の楽園計画の初代会長である。ところで興味のある人は、
   小泉純也が初めての選挙に出たとき … つまり、床次徳次の秘書をやっていた時代から
   初選挙までの公式記録をあたり、名前の文字を調べてみていただきたい。これが「純」の字
   でなければOKなのである。この辺、意味がわからない人も多いであろうが、

   しかも、最近は指定暴力団の二次団体の資金源を作った人間を政治に出すという。
  それは警視庁組織犯罪対策部や捜査二課へのあてつけかね小泉君。 君、北朝鮮 だけじゃなく
  暴力団の手先になっているのではあるまいな。あんたの暗号化携帯についても知っているが、
  テキサスおじさんの部下たちはもっとくわしいんじゃないかい? 

   「血筋」については、内閣情報調査室らの人間によって、証拠物件とともに日本の闇社会よりも
  上のドンのところにあがっており、本サイトはそのラインからの情報提供を受けている。
     ttp://www.pressnet.tv/log/view/6172

20 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:27:42 ID:f6EnVvW/0
日本の交戦国一覧表
http://www.aa.cyberhome.ne.jp/~museum/010046war.htm


こんなにたくさん相手にしてたとは。。。

21 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:28:28 ID:4H/NJ8390
常に自国の安全と繁栄を考えるのは政府として当たり前だろう。


22 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:29:51 ID:9NmpbyOD0
前もニュースで聞いたことあるぞ。
「想像を絶する作戦」と銘打った開戦計画だったと思う。

23 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:29:54 ID:N0AuZZWe0
チャーチルとしては、
ポーランドのロンドン亡命政府が
帰国して政権樹立するのが最善だったからな。
ワルシャワ蜂起を見殺しにしたソ連は
敵と判定して当然だな。


24 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:32:12 ID:yH2tey4G0
どこぞの日和見主義者のおかげでドイツにぼこぼこにされたという。

25 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:36:33 ID:ouHd5v/T0
チャーチルは幼い頃から軍事ヲタクだったのは有名。
子供の頃、よく自分で作戦を考えていて、その頃に書いた作戦図が今でも残っている。
この対ソ攻撃計画も趣味で書いたもんじゃないのか(w

26 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:40:54 ID:wSQMNLMX0
ドイツの次に共産を潰したかったんだけど、国力が疲弊して無理だったんだっけか。
だからドイツが降伏して、一服してたアメリカに呑気すぎだと批判してたような。

27 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:41:10 ID:1awvxRRk0
イタリアの場合、ムッソリーニの野心の割りには、
小さすぎる国力と貧弱な武力が問題だった。
アビシニアでもアフリカ原住民に苦戦する始末w
それに比べれば、同じ独裁国家でも海を挟んで隣のスペインの方が賢明だったよな。

28 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:43:44 ID:sIXWP/uu0
チャーチルはルーズベルトより先の読める男だったからね。
ルーズベルトとチャーチルが入れ替わっていたら日本的にはよかったのに。

29 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:45:02 ID:N0AuZZWe0
チャーチルのヨーロッパ第2戦線構想も凄い訳だが。


30 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:47:21 ID:uW4QAUP40
チャーチルとスターリンは仲が悪かったからね
対独戦のためにソ連と手を組む時など悪魔と手を組むつもりでやる何て言っていたから
まあ、スターリンが根っからの拡大主義者であることはその当時もすでに知られていたし
警戒されても仕方がなかったのだろうが

31 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:48:07 ID:bP95bjsu0
イタリア人も謝罪と賠償を要求されているのかな。

32 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:48:33 ID:a9ims2jO0
「国家に真の友人はいない」…………… キッシンジャー
「隣国を援助する国は滅びる」…………  マキャべリ
「我が国以外は全て仮想敵国である」…  チャーチル

33 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:49:30 ID:1Yaa93Ij0
チャーチルが極悪人なのは周知の事実。何をいまさらって話しだな。
  ドイツがデンマークを降伏させたので、
   イギリスはあわててノルウエー侵略の準備を始めた。
  結局ドイツの方が一歩早くノルウエーを征服してしまったので、侵攻作戦は中止になったが
  大戦終結後、ノルウェーはソ漣のある東方向の防備は後回しにして
   イギリスに面した西方向の側の軍備増強を優先するように努めた。

34 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:49:37 ID:MpWcK09w0
ソ連と中東を分け合うんじゃなかったのかよww

ホント根っからの癇癪戦争屋だな

35 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:51:52 ID:Q8Hx/A+Q0
さすがだ、おっさん男だ。

36 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:53:56 ID:ni7lgkON0
あくまでも計画をたてさせたというレベルの話だろう。
欧州地域において各地でイギリスとソ連はぶつかりあっていた。
ギリシアはイギリスがなんとかおさえたが、ポーランドは
とられた。この調子で、あっちこっちで衝突を繰り返している。

開戦となると実際はアメリカが動かない。とてもできない。
日本はソ連と米英の協調は無理と判断した。そこでアメリカとの
本土決戦が可能であると考えた。
しかし・・。

空襲をいくらやっても相手を屈服させることはできない。
地上戦をしなければならない。


37 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 00:54:54 ID:aH10Ymvb0
チャーチルは批判するにあたらない。
むしろローズヴェルトが間抜け。


38 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:01:04 ID:MpWcK09w0
といっても250万の赤軍と大量のロケット砲にどう対処する?

39 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:01:45 ID:f6EnVvW/0
>>33
へぇー
その話って、有名なのかな

ロシアに備えて半島に進出した日本と似た理由だよね

40 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:02:56 ID:vCjGlx5K0
>>20
なんでこんなに宣戦布告してるの??

41 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:07:45 ID:N0AuZZWe0
>>38
モントゴメリー元帥が、迷作戦で何とかする(w



42 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:12:42 ID:f3dckv1hO
チャーチルの書いた本はイッパイあるのに
チャーチルを書いた本はあまりないよね…?

43 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:13:04 ID:sIXWP/uu0
>>39
対英戦には北海の制空、制海権が重要で、ノルウェーは海空基地として
重要な位置にありました。艦艇の隠蔽最適ですし。一応鉄鉱石も理由の
一つだったかも知れませんが。

対日では仏領マダガスカルを占領してます。これは日本の潜水艦の基地に
なることを憂慮したため。まぁ日本は英国に対して通商破壊戦をしかける
つもりはなかったのですが。

44 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:14:10 ID:VJnm7l3g0
>>40
英米の同盟国が参戦したり、自分の立場をはっきりさせるために参戦したり・・・。
まぁ、日本が負けそうになってから、賠償金や領土目当てで宣戦してきた国
もあるけどな。

45 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:16:30 ID:yH2tey4G0
>>42
日本はチャーチルの書いた本が翻訳されてない件

46 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:17:08 ID:sIXWP/uu0
>>41
とりあえず先陣は猪武者のパットン将軍でつねw。

47 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:21:35 ID:KanCm5kO0
>31
イタリアは寝返ったから戦勝国。

連合国の一員として
日本に賠償金を請求してきました。

48 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:23:50 ID:MpWcK09w0
>>20
日本はイラクにも宣戦布告されていたのですね。

49 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:24:24 ID:VAABeTor0
スターリン嫌いヒトラー大嫌い、だもんな
こいつはある意味、わかりやすい

50 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:27:22 ID:KfBTswmx0
ヒトラーやスターリンを嫌う心情はよくわかるが。

51 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:27:53 ID:F+4fBlto0
>>47
フィンランド・ルーマニア・ブルガリアも44年に
枢軸に宣戦布告してるのに、国連の敵国条項に入ってるのはなぜ

52 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:37:10 ID:aH10Ymvb0
>>39
有名も何も戦史上の単なる1ページ。知られざる事実でもなんでもない。
英軍は実際にノルウェー占領作戦を発動、実行に移しているんです。
ただ、タッチの差でドイツ軍の侵攻のほうが早かった。
それだけ。


53 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:41:44 ID:VAABeTor0
でもムッソリーニのことは嫌いじゃなかったんだよな

54 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:42:07 ID:vCjGlx5K0
>>47
賠償金目当てか・・・
前から気になってた
なぜスイスが賠償請求してたのかが・・・

55 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:45:15 ID:1awvxRRk0
>>51
前科が問題だったんだろ。

56 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:46:26 ID:uP0ckM820
 チャーリルは、すでに第一次大戦後にソ連に侵攻しているからな。
第二次大戦後半は、ソ連とかなり険悪になっていた。第二戦線設置も
ソ連の国力落とすために、意図的に遅らせた疑いもある。
 しかし、戦後にソ連を仮想敵として考えるのは基本戦略として間違ってない。
第二次大戦前夜の時点では、ソ連はドイツとならぶ仮想敵だったのだから。
ドイツがいなくなればソ連が仮想敵にもどるのはある意味当たり前の結論。

 アメリカは、国力あるのに詰めの甘いおかしな国。第一次大戦後も
アメリカが英仏脅して秩序形成すべきなのに、ウィルソンは腰が引けて
しまって動かない。その所為でドイツがファショ化したとも言える。
第二次大戦後半もソ連の不審な動きをアメリカが牽制すべきだった。
対日戦争を続行してたりとか、指導者が病気でやるきなくしてたのもあるが、
もう少しなんかできたような気がする。

57 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:51:20 ID:JnI2Hi1m0
>チャーチル首相(当時)率いる英戦時内閣が1945年7月に

この直後に選挙で負けて退陣するんだなあ

58 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 01:54:44 ID:Vw3kHRlS0
>>27
スペインが参戦しなかったのは、国力の疲弊が甚だしかった事と、ファシズム政権では
ありながら、スペインの国益のみを誠実に追求したフランコ総統の性格に拠る所が大きい
まあ、賢明だったと言ってよいのだろうが。

59 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 02:52:02 ID:xIa22SZk0
VJ−DAYが近いからこんな文書を発見した振りしてるだけだよ!(・∀・)

60 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 02:57:10 ID:2oRiyYGS0
日本陸軍は、開戦時アメリカ軍との戦闘を一切想定していなかった。

61 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 03:05:43 ID:aH10Ymvb0
まあ陸軍はねぇ。

62 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 03:18:51 ID:KlcbxRRn0
アメリカはカナダやメキシコとの戦争計画を練ってるんだがな。

63 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 04:27:15 ID:aH10Ymvb0
>>62
「陸軍」が「戦争計画」を練ってもしょうがないと思うが。


64 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 04:43:32 ID:qTUHItp70
まあ、日本も第二次大戦は米英蘭だけでなくソ連にも喧嘩を売るべきだった。
そうすれば、ソ連を東西から挟撃することが出来て、ソ連の本格反抗を
遅らせることが出来た。 もちろん、兵力は関東軍を全力使用。
米国に対しても真珠湾攻撃でなくハワイ占領(二個師団を使用)をするべきだった。
そして開戦半年後に米本土上陸作戦を行う。そして、1年後にはホワイトハウスに
日の丸の旗を翻させる。
米英蘭・ソ連を屈服させ第二次世界大戦を日本の圧勝で終わらせた後、
国力の回復に2年ほど待った後に、ドイツに宣戦布告。
辻正信・牟田口中将の天才的軍事指導のもとに1年でドイツ全土を占領。
ここに地球統一国家「大日本帝国」が成立するはずだった。

65 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 04:52:27 ID:lvYwOTRU0
つっかメリケンなんぞ相手にせんでソ連だったべな
元々は。
なのにヒトラーがソ連と手を組んだりしたから
バカなお上があわくっちまったんべな。

66 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 04:57:06 ID:hOrNm5Ca0
>>52
ノルウェー1942ってウォーゲームが面白かったな。
北欧諸国はソ・フィン戦争とか、色々面白いよね。

67 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 04:58:33 ID:4MQA5RtM0
で言うか、こいつは同盟国フランスの海軍がドイツに渡る前に
乗艦しているフランスの将兵もろとも爆撃全滅させた(もちろん
味方だと信じて無防備な状態を襲った)鬼畜だという事実。

68 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 05:28:17 ID:et+E9yh70
>>64
松沢病院からのアクセスご苦労様です。


69 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 10:53:29 ID:9jWDCCqN0
チャーチルって相当太ってるよな
便秘だったのか?

70 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 12:36:41 ID:0XiH/2xH0
>>64
どこを縦読み?

71 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 13:41:06 ID:9jWDCCqN0
>>70
横読みだよドアホ!
早く氏ね!

72 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 13:47:45 ID:8v6xA98s0
「イナゴ身重く横たわる」の元ネタか?

73 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 19:33:38 ID:9jWDCCqN0
>>72
なんだそれは?
意味不明だ

74 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 22:36:38 ID:4lBSUg9c0
>>73
ググれば普通に説明が出てくる

75 :名無しさん@6周年:2005/08/24(水) 22:46:20 ID:pGeposLQ0
>>64
HOI廚乙

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)