5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【科学】遺伝子の“定説”覆された,“ジャンクDNA”がRNA作成する事を発見

1 :('A`) R. ◆CkQJ/zRB6Y @Sφ ★:2005/09/02(金) 04:15:35 ID:???0
 マウスの全遺伝情報(ゲノム)を解析した結果、これまでは何の役にも立っていないと考えられていた部分から、
遺伝子の発現を指令するなど重要な機能を持つ約2万3000種類ものRNA(リボ核酸)が作られていることを、
理化学研究所など11カ国の国際研究チームが発見した。RNAはDNA(デオキシリボ核酸)の遺伝情報を読み取って
蛋白質を合成する「脇役」と考えられてきたが、この考えを根底から覆す成果で、2日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

 ヒトの遺伝子の数は、ショウジョウバエとほぼ同じ約2万2000個だが、こうしたRNAの機能の違いが、
複雑な生命活動を生み出しているとみられる。

 DNAは蛋白質を作る設計図で、DNAの持つ全遺伝情報をゲノムと呼ぶ。しかし、実際に蛋白質を作るのに
必要なDNAはごくわずかで、ヒトの場合、必要なDNAは全体の約2%に過ぎず、残りは「ジャンク(がらくた)」とされてきた。

 理研ゲノム科学総合研究センターの林崎良英主任研究員らは、マウスのゲノムを詳しく分析し、計4万4147種類の
RNAが作られていることを発見。このうちの53%に相当する2万3218種類は、蛋白質合成に関与せず、
遺伝子をいつ、どこで発現させるかを指令するなどの重要な役割を担っていた。ゲノムの少なくとも約7割が、
RNAに転写されていることも突き止めた。(中略)【西川拓】

                       (林崎さんの話は,割愛します)
        ( 中村義一・東京大医科学研究所教授(遺伝子動態分野)の話は,割愛します)

 【ことば】DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸) 生物の遺伝情報は、細胞核にある二重螺旋構造のDNAに
よって記憶されている。4種類の塩基が並んでおり、このうち遺伝子と呼ばれる特定の部分の塩基配列を、特殊な酵素が
写し取ってRNAを作り(転写)、さらにRNAの塩基配列に対応したアミノ酸が別種のRNAによって運ばれてきて蛋白質が
合成される(翻訳)。RNAは従来、遺伝情報の仲介やアミノ酸の運搬だけが役割と考えられていた。

[ソース]
毎日新聞 http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/20050902k0000m040163000c.html

2 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:15:59 ID:RLq22hdW0
ほむ

3 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:18:08 ID:1yGueUjw0
で、結局なんなのよ?

4 :('A`) R. ◆CkQJ/zRB6Y @Sφ ★:2005/09/02(金) 04:18:48 ID:???0
>>1 関連ニュース

[生命に役立つ機能、ゲノムの7割も…定説は2%]

 DNA(デオキシリボ核酸)の二重螺旋構造で知られる生物の全遺伝情報(ゲノム)について、
その大部分に隠れた機能が備わっていることを理化学研究所などの国際研究チームが突き止めた。

 従来、生命活動に役立つ部分はゲノムの2%程度とされていたが、大幅に増え、約70%で機能を持つ可能性があるという。

 生物が遺伝情報を予想以上に複雑に使いこなしていることを示し、旧来の生命活動の考え方に修正を
迫る成果だ。2日付の米科学誌サイエンスで発表する。

 ゲノム上には、体内の様々な生理機能の実行役である「蛋白質」を作る遺伝子と、蛋白質を作らない
部分が混在する。研究チームは、DNAを高速・大量に処理する技術で、マウスやヒトのゲノムで今まで
にない大規模な解析を行い、ゲノム上の情報が実際に利用されている部分を調べた。

 設計図であるDNAの情報から蛋白質が作られる過程では、DNAが仲介役のRNA(リボ核酸)にいったん
写し取られる。解析の結果、ゲノムの70%以上でDNAがRNAを作り、大半が何らかの機能を果たしていると
判明。DNAが作った全RNAのうち、53%(約2万3000個)は、蛋白質を作らないこともわかった。

 このようなRNAは、自分自身で直接、決まった遺伝子や蛋白質と結びつき、その働きを抑えるなどの
役割を持つとみられ、研究チームは、単なる“伝令役”から、蛋白質と並ぶ生命活動の“主役”に格上げできるとしている。

読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050902i201.htm

[関連]
独立行政法人 理化学研究所 http://www.riken.go.jp/index_j.html


5 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:19:22 ID:FzbV9Ia+O
つまり俺は意外なところで役に立つということか

6 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:19:51 ID:MdnGh3yz0
>>3
この世には一見無駄と思えるニートにも、実は重要な意味があるということ

7 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:20:37 ID:DsH7D2gh0
よくわからんがスゲー

8 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:20:40 ID:/bs7QMnZ0
「偶然」なのか「必然」なのかってことかしら?

9 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:20:40 ID:eWBSmfI80
:('A`) R. ◆CkQJ/zRB6Y @Sφ ★
さんGJ。良心的な引用処理はすばらしい。

10 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:20:58 ID:7jUjI5B00
なんか日本語おかしくね?
ジャンクDNAが情報を持ってたって話なのに
なんでRNAの役割が根底から覆されたみたいになってんの?

11 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:22:16 ID:ai2MdfLC0
>>5-6
ニートに存在価値なんかないだろ。

12 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:22:37 ID:hB3blEkN0
昔こういう小説をなんかで呼んだことあるな。
角川ホラーの二重螺旋の悪魔だったかな?
それとも別物だっけ?
小説読みすぎでどれがどの内容だったか忘れてしまったぜ。

13 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:29:46 ID:ZxUhCxJF0
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
                                             
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、  、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i   |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u   ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.___,./  //ヽ、 ー       



14 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:30:09 ID:MdnGh3yz0
>>11
イソップの童話蟻とキリギリスって知ってるよね?
働き者の蟻は貯めた蓄えで無事に冬を越しましたって話。
じつは蟻の2割は、自分の体を舐めたり、停止したり、うろうろしてるだけの
存在なんだって。
それでこのグータラ蟻を取り除いて精鋭の蟻だけにしてみても、なぜか2割か3割
の何もしない蟻が必ず生まれてしまうそうだ。
北海道大学の研究者が言うには、「働かない蟻は一見、役に立たないようだが、
集団にとっては意味があるかもしれない」とコメントしてる。
必ず出現し、存在する、この無為徒食の輩はには、人の知恵が及ばぬ価値がある
かもしれないのだよ。

15 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:37:26 ID:PlAGqWq80
【ぬふ】生物学的にも処女が良い【ぬふ】

http://love.2ch.net/gender/kako/1020/10202/1020248593.html

16 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:39:39 ID:1yGueUjw0
>>14
実は時間交代制で、グータラ蟻は休憩時間だっただけでは。


17 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:40:17 ID:AHO7+KnD0
LEVEL E を思い出した

18 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:42:10 ID:2f2N5RC10
>>16
ということはニートは晩年に役に立つかもしれないwってことかww

19 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:43:56 ID:l3wlO1S8O
LEVEL 4思い出した

20 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:45:17 ID:ws58XMoC0
この研究もワカメスープに反映されるのかな?

21 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:46:54 ID:nGvvRBlZ0
これは世の中に無駄なものは何もないって教えだな。

素晴らしいニュースだよ

22 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:47:37 ID:682HHuiK0
>>14
働くアリを取り除くと、ニートアリも働き始めるんだよ!!!

23 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:48:24 ID:W0jJIRCM0
タイミングを支配している部分もDNAが支配していたのか。

24 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:49:17 ID:1yGueUjw0
>>18
漢帝国の劉邦もニート同然だったし。
大器晩成という例は実際にある。
今いるニートがそうなるかは知らんがw


25 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:49:43 ID:qSMPFEaQ0
>>16
やがて俺の出番が‥?ほんとう?

26 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:50:26 ID:hB3blEkN0
それって蜂でも2割さぼってるやついるの?
蟻と蜂はほとんど同種でしょ?

27 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:50:28 ID:MdnGh3yz0
いわばニートとはトランプのジョーカー。
1〜13の階級社会において、それぞれの存在は4は5に成りたがり、9は10に
なりたがる。
それは各々のしゅうだん、スペード(貴族)・ダイヤ(商人)・ハート(聖職者)
クラブ(農民)でも同じ事。
集団は違えど、内部では同じ夢や希望や価値観を共有し、その中で自分の階級を
あげるというルールのゲームをしているに過ぎない。
そのルールや価値観を持たず、それを眺めて観察している存在がジョーカー。
集団の価値観を共有せずにルールを眺め、所詮はゲームでしかない事を知りながら
も、そこに存在し続ける。
そしてババ抜きのように、厄介者あつかいされながらもルールを無視して活躍し
無敵の存在となる、それがジョーカー。
あるときは厄介物、ある時は切り札、そんなジョーカーな存在がニートなのだよ。
つまりニートには社会的な価値があるのだ!

28 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:52:21 ID:iws2ptKf0
ここはニートなインターネットでつね。

29 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:52:28 ID:Uza40aSk0
>>11
共産主義者の発想だな。日本も共産化したらニートは虐殺されるんだろうな。


30 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:52:35 ID:YPmRxo7s0
タイミングよく、今日は生基礎の試験だ(駒場一年
この記事の事書いたら点数もらえるかな。

31 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:52:36 ID:znxbRysk0
ん?
転写はされる必要があるんだよな?
てことは、イントロンにそういう機能があったって事なのか?
でもそれだとゲノムの70%てのはおかしいな。
記事の説明があまりにも漠然とし過ぎてて、よくわからないんだが。
ちゃんと専門用語使って紹介して欲しい(´・ω・`)

32 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:54:02 ID:AHO7+KnD0
>>31
ヒント:専門用語を使うと俺が理解できない

33 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:54:04 ID:T/ee4PKQ0
恵まれてるからニートが出るわけで
収入源を絶たれるなり追いつめられれば
飢え死にするより働くということか

アリとヒトでは社会性が随分違う気もするが・・


34 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:54:12 ID:EhKNpHYQ0
>>31
サイエンス嫁

35 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:54:48 ID:aLcOkzUn0
これで、いままで言われてきた、どっかの国のちっちゃい小魚のDNAが、実は
サルよりも人間のDNAに近かった、ということも覆されるのかな?????

36 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:56:09 ID:nGvvRBlZ0
ニートは眠れる森の美女みたいなもん。

37 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:56:43 ID:s82gbwdX0
要するに、タンパク質にまで翻訳されず、
RNAのままで酵素活性を持って働く部分を、コードする領域が予想外に多かったってことでしょ。
2行でまとめれば。

rRNAとかそういうのをイメージすればよい。

38 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:58:48 ID:dU50Nr8v0
簡単に言うとこうだ。

車を作る設計図の山がある。
しかし設計図を読み取るにはその設計図をコピーする必要がある。

工場では設計図のコピーを大量にするが、本当に車を作るのに必要な設計図は一部分だけで、
その他は捨てられていると考えられていた。

しかし実際には捨てられていると考えられていた設計図には、
部品を組み立てる方法・スケジュールなどが記載されていた。


39 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:59:04 ID:Uza40aSk0
コンテンツよりリンクの方が遥かに多いエロサイトみたいなもんだろ

40 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:59:18 ID:fb2TwuY80
あーなんか忘れちゃったな・・・
プロモーターとかエンハンサーってのは蛋白なんだっけ?

41 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 04:59:51 ID:WEn0lHmc0
インフレになればニートは減るだろ

42 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:00:34 ID:sgQAZS8X0
そういやRNAは酵素としての機能を持つんだったっけ
超うろ覚えだけど

43 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:00:38 ID:gktTibLQ0
つまり、ニートを無人島に集めて放置すれば、そのうちそれぞれ働き出す、ということだな。

44 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:02:06 ID:J7M5TLMn0
これはノーベル賞級なんじゃあ!?

45 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:02:57 ID:fb2TwuY80
>>42
リボザイムとかはRNAなんだっけ・・・あああ超忘れた

46 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:05:37 ID:s82gbwdX0
>>42
RNAはDNAのように遺伝情報を塩基配列として記憶もできるし、
その塩基配列に従ってタンパク質みたいに独自の形に折りたたまれ、
酵素としての機能もする。機能的にもDNAとタンパク質の中間的存在だな。

47 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:05:49 ID:znxbRysk0
サイエンス見に行ったけど、まだ掲載されてないみたい。

48 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:07:09 ID:10RtB8ku0
人間の遺伝子のスイッチを自由に入れたり切ったりする酵素群を発見しました。
これを利用して普段使われていない部分のスイッチを入れてみたところ
ずいぶん毛深い赤ちゃんが生まれました。
となりのベビーベッドではイモリにそっくりな赤ちゃんがクネクネしてます。

49 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:08:24 ID:sgQAZS8X0
というかサイエンスってサインインしないとアブストも見れないのかな
大学いた頃は大学のアカウントでサインインしてたような希ガス
休学中のダメ院生です

50 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:08:39 ID:J7M5TLMn0
凄いよ凄いよこれは凄いよ

51 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:10:12 ID:nGvvRBlZ0
ニートは必要悪だってことだろ。

52 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:10:31 ID:znxbRysk0
誰か早いとこAbst拾って和訳してくれ。
なんか知らんが、俺探しても見当たらんのよ
見つけたら和訳するけどさ。

53 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:10:47 ID:zf5FQzSN0
>ゲノムの少なくとも約7割がRNAに転写されていることも突き止めた
えええぇぇぇ
イントロンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!

>>14パレートの法則か


>>27
うまい事言うな。
ニートはトリックスターか?


さて、なんかこう、80年代末の最適化批判を彷彿する。
まして生命科学の分野では、まだまだ新たな発見や見直しが続くか。

54 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:15:27 ID:PubUdRjR0
>>20
それは理研ビタミン

55 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:17:50 ID:H+tE22V00
なんだかわからんがすごい.ファクトファインディングだな.
これが本当なら薬の作り方とか全然変わりそう.

56 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:18:25 ID:UwXCyrxw0
>>22
以前の実験によると働かないアリは最後まで働かなかったらしい。

「働きアリ」、2割が働かず 北大・助手らが研究
------------------------------------------------------------------
「働き者」とされながら、ほとんど働かない「働きアリ」がいることが、北海道大大学院農学研究科の
長谷川英祐助手(進化生物学)らの研究で分かった。29日から北大で始まる日本動物行動学会で
発表される。

働きの良い6匹を取り除くと、次に仕事熱心な層の労働量が若干増えたが、働かない層はやっぱり
働かなかった。逆に仕事をしない6匹を除去すると、よく仕事をしていた数匹の労働量は若干、減った。
最も働いている層の仕事は、幼虫の世話が大半だったという。

役に立たないように見えるが、研究チームは今後、働かない働きアリを取り出したコロニーで、幼
虫の成長率やコロニーの拡大などに変化があるかどうか調べる。長谷川さんは「優秀な個体だけでは、
集団の生産性は最大にならないことがわかってきている。仕事をしないアリにも何らかの役割があるか
もしれない」と話している。
                           (読売新聞)(2003/10/29)

57 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:20:05 ID:pfbax1RF0
加入のスレでは、こんな意見もでておる。



8 名前:名無しのひみつ 投稿日:2005/09/02(金) 03:29 ID:IoLCajUI
問題外。
関係者はみんな知っていた話が論文になったというだけのこと。


9 名前:名無しのひみつ 投稿日:2005/09/02(金) 03:46 ID:98W6vArn
>>8
だなw


11 名前:名無しのひみつ 投稿日:2005/09/02(金) 03:53 ID:rO39hMsd
>>8
でも、こういうのって最初に論文にした者勝ちじゃないの?


13 名前:名無しのひみつ 投稿日:2005/09/02(金) 04:12 ID:R3EZavoz
ncRNAと言ってもほとんどはやっぱりガラクタだったってのが最近またわかってきてるのに、新聞報道って常に遅れてるよねえ。
でもそろそろRNAiではノーベル賞出るかな?Melloと誰だろうね。


58 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:22:51 ID:znxbRysk0
は?RNAiのこと言ってただけなのか?
なんだよ、がっかりさせやがって…

59 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:24:01 ID:Uza40aSk0
働くアリは、怠け者のダメアリを馬鹿にすることで生きる喜びを得ているんだよ。
働き者だけにしたら、みんな劣等感と熾烈な競争でへとへとになって自殺しちゃうよ。

60 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:25:36 ID:1yGueUjw0
>>59
蟻の世界の非人階級だったのか!


61 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:26:43 ID:NHpobp/S0
ニートっていうのは保険みたいなもん

掛け捨ての

62 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:28:14 ID:nGvvRBlZ0
つか、最初にDNAかRNAが出来たのは偶然なの??

偶然にしては出来杉のような気がするんだけど。。。

63 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:28:45 ID:0Qg+pQX20
確か誰だったか、「お前をお前のDNAから否定してやるよ」って言ったのを
聞いた事あるんだけど、誰だっけ? なんかこれ酷い言葉だよな?

64 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:31:15 ID:1yGueUjw0
>>63
男女の間で交わされたセリフだとハァハァw


65 :俺様 ◆ueSN8QhlhQ :2005/09/02(金) 05:32:35 ID:L2h+HZP30
低学歴下層労働者の俺様だが、一つ自慢がある
高校生物の問題(クイズ)で、全校で俺様だけが正解だったですよ
その俺様が解説しましょう、低学歴だから難しいことは言えないよ!

たんぱく質を合成するための
「全体設計図」・・・DNA
「設計図の一部分のコピー」「アミノ酸運搬装置」「蛋白合成装置」・・・RNA
これらが、遺伝子発現の主役とされていた。ところが。。。
それら以外に、それらを「いつ」「どこで」「Go」「Stop」するか仕切っている
未分類のRNAが多数存在することが判明!
つまり「段取り屋」・・・RNA が発見され、その遺伝情報は、
DNAの冗長部分とされていた所に存在した!
俺様の話、間違ってませんか?エロイ人教えて

なんか、低学歴下層労働者の俺様まで励まされる話じゃないですか!
ジャンク野郎なんて罵倒されても、「その内お前ら仕切っちゃる」
と腹の内で叫んでいられそうみたいなw

66 :拓也 ◆mOrYeBoQbw :2005/09/02(金) 05:35:25 ID:eNVAd/ok0
>>62
いや一概にそうとも言えなくて、
大量に発生した有機物の中でRNAやDNAがその極一部であっても、
自己繁殖する能力、情報を記憶する能力を持つものが生存、繁栄してくのは
いたって自然の流れじゃないかと。

67 :拓也 ◆mOrYeBoQbw :2005/09/02(金) 05:40:32 ID:eNVAd/ok0
>>65
まだ研究中の”非翻訳RNA”と言うのがありまして
一般のRNAはDNAから情報を転写、蛋白質に翻訳して生体を形作りますが
それと違って、4000種類以上存在するけど性質がわかってないのが非翻訳RNA

まあそんなものも有ります世。。。

68 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:42:47 ID:mqLM4PRC0
CDのプロテクトと同じででRAWフォーマットで読み取らなきゃ

完全なクローンも出来ませんよ、って事だろ

69 :俺様 ◆ueSN8QhlhQ :2005/09/02(金) 05:44:57 ID:L2h+HZP30
>>65
どうもありがとう
今回見つかった仕切り屋のRNAというのは、
その非翻訳RNAの一部なんでしょうか

高校生物の教科書捨てちゃったけど書いてあったかなあ?

70 :俺様 ◆ueSN8QhlhQ :2005/09/02(金) 05:47:27 ID:L2h+HZP30
>>69 ああ、俺様シパイしました

>>65 は間違いです
>>67 です、ごめんなさい


71 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:49:53 ID:70SHHaE30
2%は少なすぎるが70%も多すぎる気がする。
レイドのような代替可能な仕組みになっている予感。

72 :拓也 ◆mOrYeBoQbw :2005/09/02(金) 05:50:41 ID:eNVAd/ok0
>>69
記事に有る
>このうちの53%に相当する2万3218種類は、蛋白質合成に関与せず、
>遺伝子をいつ、どこで発現させるかを指令するなどの重要な役割を担っていた。
が今まで”非翻訳RNA”と呼ばれてた部分ですね、
これが”ジャンク”と呼ばれてたDNAによって作成されると判った、そう言う事みたいです

こう言うRNAが大量に発見されたのはここ2、3年の事ですから、
自分の参考書や学術書には無いですね

73 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:53:26 ID:t44qqhwKO
知ってる?
日本人のルーツは中国と朝鮮で俺らはそれらの混血なんだって
スーパーアジア人ってとこか…

74 :俺様 ◆ueSN8QhlhQ :2005/09/02(金) 05:56:52 ID:L2h+HZP30
>>72
どうもありがとう
一個知恵が増えて、とても得した気分です

きのう、マンガ中国入門を買ったご利益かな
そろそろ仕事に行きます、今日は早番ですので

75 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:57:46 ID:/ZbhwV8d0
今までの新薬研究成果の何割かはお蔵入りだなw

76 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 05:59:36 ID:a8cl2w2f0
最終的には暗号化やバックアップ、チェックディジットみたいなのも含めて無駄なんて無くなると思った。

77 :拓也 ◆mOrYeBoQbw :2005/09/02(金) 06:01:07 ID:eNVAd/ok0
>>74
いってらっさい( ・ω・)ノシ
ウチはまだ朝飯が炊けてない・・・・

>>73
日本人のルーツとなると、
最近じゃ柳田國男先生の『海上の道』が真実味を帯びてきたわけですが。。。
まあスレ違いなので別の機会にでも

78 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:01:22 ID:cYe2NQjw0 ?##
今までDNAの使われる割合が少なすぎると思ってた俺にとってはなんか嬉しいな。
なんとなくだけど極一部の例外を除いて全て使っていると思うんだけどな。

79 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :2005/09/02(金) 06:08:27 ID:ORkChy7K0
はぁ。

転写因子とかだよね。

80 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:11:06 ID:DJSZE7VR0
ジャンクDNAとは俺のことか?('A`)

81 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:13:27 ID:9sfbfY5D0
>>俺様のレスをよんできらりとひかるものを感じた。

82 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:14:27 ID:VtMjAGgN0
>>80
実はお前は必要な存在だったんだよ。


83 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:22:13 ID:jamxl4ryO
ローゼンヲタ死ね

84 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:27:33 ID:HgdWMpUD0
人間の脳も30%しか活かされていないというが、
それと同じ?

85 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:29:03 ID:uWD5cym60
             __,,,. -- 、
         _,、‐ ''´       `ヽ.
       /::            \
      /:::::::::::::::            ヽ
      ,':::::::::::::::::::::  i i ri i       )   すばらしい!
      i::::::::::::::::::::ノノン川jノノンレ'ノノノ彡jリ     >>38の比喩の巧みで明快なこと、
        :::::::::::::::::リィ===ヽ  =__=ノ      このランスベルク伯アルフレッド、
      i:::::::::::川::::くて6リ:::゙、 f┴’f´      簡単の極み。
        ゙、::::::ト!i:::    :::::! !  j
       ヽiハヽ」ヽ    {::!_」  ;
        `' '‐i゙、:::   ,,__ ,、 /
             l::\  ''ーー' /
           i:::::::\    八
           {ミly^ヽ-ニ=テ彡豸_
        ,.-'´y' {;;;;;;}lヽ三彡シ/  ` ー 、_
    _,、.-' ´ /  ヽ_ソ ヽ三へ 、_     `''ヽ、._
  ,.-'     ん  /  i  ゙、   / 〃`f' ‐ 、_   ヽ、
 /      /ヽ、/_r Lノヘヽ       /  7ヽ/. \

この説が正しければ、これまで ジャンクDNAと呼ばれる部分は
発生段階においてのみ 必要とされる
(つまり ヒトの場合なら 母親の胎内で過ごす10ヶ月で
40億年分の進化を経て発生する時のみ使用される
との説もあった)とされてきたが、
通常の生命活動の維持においても用いられるということになる。

86 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:32:29 ID:bqvVZTg20
これはすごいな。
ノーベル生物学賞はいただきだろう。

87 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:34:22 ID:cVjh46In0
んー

簡単に言うならジャンクがジャンクじゃ無かったって事か

88 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:35:21 ID:lbaEq1Oa0
塗装屋とか配管工がDQNで世の中に必要ない屑と2chで言われていたが
実はみんなの家や道路その他の生活に携わるものを
そういった必要ない屑と思われてた人達が作ってたって事だ

89 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:38:57 ID:lyBT6m8F0
         ,ゞ'⌒ヽ、
   rヘ、_ヾx'"ゝ、>、ゞヾミヽ
   ゝ、>ミヽゞr'⌒゙ミ ;⌒)='⌒ゞ
   彡\ヽ、): :;'x:i;ヲ;゙_kiテ,ミγ~
     ;'~V;;:. '^ーノ'ヽ-:i-) ヽ    ジャンクから強いフォースを感じる
   /゙ ヾミ>、_;;::゙'ー-=;'イ'
 ./~   、 ヽ.ヾ#i>ーi~゙^,ゝ   ,.r-っ'ゝ
 ノい   ゙ヾ \ニ ニン_,イ^─-^' r'~~
 ( i\ `ゝ   `^ ̄6)~ ̄フ j; j;^ヽ,
  j   ヾ、       ^|T‘yフ,フrγ
 ,>、   \      |i|  / ノ

90 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:39:27 ID:Z6k+tZQv0
こんなのSF者なら誰でも予測していたことと違うのか。

91 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 06:40:28 ID:J7M5TLMn0
>>88
泣いた!!

92 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 08:00:12 ID:WwFsLsdL0
人間のDNAとショウジョウバエのそれとは70%くらい同じだとか聞いたことあるんですが。
本当にそんなふうにハエ人間みたいに同一部分が一杯あるんですか?

93 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 08:04:48 ID:IlMn8Q+k0
人間には未知の力がとかいってたけど
実はわかってないだけでほとんど動いていたという話か

94 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 08:10:57 ID:DJSZE7VR0
俺は兄ちゃんと姉ちゃんにいいパーツ全部持ってかれて残りのジャンクで作られてるから

95 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 09:10:55 ID:RN5pDyBTO
遺伝子改良されてジャンクDNAがない人間をつくったとかいうアメリカのドラマやってたけど、
どうなんだろ。

96 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 09:38:38 ID:Wv8bSbSp0
>56
きっと「働かないアリ」は、みんなのために歌を歌っていたんだよ。

97 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 09:42:18 ID:Abc2RFIg0
>>92
ザ・フライ

98 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 09:43:06 ID:vqtwUFzrO
つまり、遺伝子解析・治療がいくら進歩しても、病気は無くならないと言う事。

99 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 09:44:53 ID:lwUGOnd/0
要するに、データセグメントとコードセグメントがあるってことだろ?
常々ないのはおかしいと思ってただけに、
やっぱあったんかいと思いうところだ。
ますますプログラムっぽいなあ。

100 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 09:54:40 ID:1kw5jesG0
     /::'-イ     /  //  l:   ヽ ヽ     ,ゝニ二ヽ              rrrrr、
     77/  .: .:/   l//  |::    ヽ :',   /,イ:ト、-'::イ             /´  /
    ///  .:: ::://  .:l |   |:::.   ::! ::::! イ://::!:::`´ l          /   /
    /〈:! / ::| ::/lハ  ::| |   |:::|:. :. :::::::::l...|:| |::|ヽ!::: !          /     /
    / .:lハ .::l|-l十ト、:::ト|:.| :lハ::|:::. ::..:::::::l:::!::ヾjイ |::: |          ヽ __ノ´}
.  / .::/∧N Yた卞N| N|:.:/_立ト、:、:::::::!:::l:::/|::::! /::: l          ト--'´|
  / .::://:://| 弋ツ   ヽ'  た卞、ll:::::l::ハ|:::∧/ !::::: !          ,{    !ヽ
. 〃 .::://ノr,=ァ        弋ツノノ!イく_/   l::::: l         / |    ! }
〃 .::://:::|| l´f、   _'     _ ィ、l::::|ノ,. -、  |::::: |       /  /   |-'    ジャンク…いい響きね
!! :/イ::::∧  ``丶  `    / }ノ j!:l::!``ヽ´___!:::: |       /   l    l
|//:l::::/ ハ>―-、`ト-,--‐ '|| ´ ´l::l::l   _}ヽ  |:::::: |``丶、 /     l     |
..::/::::::l::/r '´     \,.ゝ-―||<´l:::!::!´ ̄  イ__ !::::::.l!    \ニ_―--'、      !
:/ :::::::!::! !  ,>‐-、 /    ヾ、 `|::|::|-―-,='  !|:::::::|:l     \`ヽ、 `ヽ、  |
'ヽ::::::|l::トゝ'     {    ァ──-ト|::!:::!ニ_´   / |::!:::::!:',       \ ``  `丶l

101 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 09:58:16 ID:jd3jlZTX0
>>38

おまい格好いいな
こういう話ができる上司になりたいものだ

102 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 10:01:58 ID:UwXCyrxw0
コンタクトってSFで、宇宙からやってきた信号の
ノイズの中にも情報が2重3重に埋めこまれてるってのを思い出した。

103 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 10:03:35 ID:ym0MlZ6g0
理研は金持ってんなー
うらやましい

104 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 10:10:38 ID:xW+z2MNS0
この70%の領域から作られるのはncRNAだけ?
tRNAとかrRNAは含まれてないの?

105 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 10:46:08 ID:/Qff2Lty0
これも自民党の選挙対策かぁ
ニート票に目を付けるなんて純ちゃんもやるねぇ

106 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 10:50:03 ID:kKTGz4rL0
ここは、ベターマンなインターネットですね。

107 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 10:51:42 ID:S5AMi4hf0
結構凄い話なんだがニートの未来を語るスレになっててショボーン

108 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 10:57:24 ID:urpWoSze0
昔、DNAの情報で特許取ってた会社があったけど、
ジャンクDNAとされてた部分も特許に入れてたのかなぁ?

109 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 10:57:26 ID:iCy+L3Zg0
これでジャンクフードも体に良いことがわかりました。
スーパーサイズミー

110 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:00:50 ID:8qp+0yin0
ニートてどういう意味なんだ?

ちなみに英国では貴族様も職につかないニートになるのかな?
彼等は有閑階層で文化の担い手の自負が有るらしいか・・・

111 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:04:21 ID:gktTibLQ0
これでヒトゲノムの完全解読は、ものすごく遠くなっただろうな。

112 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:05:17 ID:K1dJrUEi0
DNA を 染色体に 折りたたんだり、また ほどいたり、特定部分の結合をはずして 一本鎖 に
したりする作業をやってる 小さい人 がいるハズだから、彼らに話を聞けば早い。

113 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:05:56 ID:/3cO+gkQ0
一見凄い話に見えるが、科学者のあさはかな独断で「イラネ」とポイ捨てしてた材料に
実は大切な情報が隠れてたってマヌケな話だろ。
2%以外はいらないといっていた科学者がバカでしたって話なだけじゃん。

こんなんで大丈夫かよ日本の科学・・・

114 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:07:25 ID:p25Er/m50
>>111
ただこの辺が解明できればクローンになぜ奇形が多いかなんかも明らかになるかもね。
もしかしたら爆発的にクローン医療が進歩するかも

115 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:07:38 ID:M/hzwC4e0
水銀燈スレになってないのか、ショボーン

116 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:09:01 ID:JzVuUffc0
遺伝子に書き込まれている情報は、高度な乱数化圧縮されてるんじゃないかな。

どう考えてもこれだけ複雑で多様な細胞やら組織をもつ生物の
設計図として考えた場合、情報量が絶対的に不足しているとしか思えん。

117 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:09:30 ID:JuW2eaAV0
私は歴史のイントロンにはなりたくない。
いつまでも記憶のなかのエクソンでありたい。

118 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:10:48 ID:Q7oc+QJC0
ぜったい間違いなくキバヤシのAAがてんこもりであると思ってたのに、、、

119 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:13:42 ID:D7BERk7e0
RNAiが日常的にわたしのからだの中で行われているの?

120 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:14:05 ID:4xkE1xpW0
ここって実験の合間にパソコンいじってる院生多いんだろ?
の割には頓珍漢なレスも多量にあるなって思ってたら、、

>>65
感動した!

121 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:14:07 ID:8qp+0yin0
>>116
不足してる情報は神の御意志が補っているのです
神の寵愛を失った人間は直に塩の柱になります!


創生学よろしく

122 :無職 ◆v.cQgEiveY :2005/09/02(金) 11:14:48 ID:7g/7S0pvO
そろそろ盲腸にも、隠された役割が見つからないかな。

123 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:15:21 ID:37APs+OS0
ジャンクDNAに化け物の遺伝子が〜、をネタにしたみたいなホラー小説とかSF小説がこれから書けなくなるのかな?

>12
それでOK。後半は完全に伝奇アクションだったけどおもろかったw

124 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:19:51 ID:foYZ9BtJ0
つまりあれだよね 遺伝子を解析して 個人向けの薬を・・・みたいなやつも
今までは DNAの2%だけを相手に考えていたけど
 じつは70%のRNAもこっそり働いていましたってことになるとさ ゴールが30倍遠くなったんだよな

125 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:19:52 ID:c2kt3ady0
スレ読んで、だいたい理解できた

126 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:24:41 ID:/3cO+gkQ0
>>123
異常犯罪捜査官という映画があってだな、連続猟奇殺人事件が起こるのだが、
オチは犯人は軍だかによって連続殺人者のDNAで作られたクローンなんだが、
決めゼリフは「俺の中の犯罪者のDNAが叫ぶんだ!」

こういうB級映画は不滅だぜ

127 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:26:03 ID:JjYDwOJX0
>>123
二重螺旋〜以外にもそういうのあるの?

個人的にはあれはひでえ出来だと思う。

128 :丑子φ ★:2005/09/02(金) 11:32:05 ID:???0

◆哺乳動物のトランスクリプトームの総合的解析による「RNA新大陸」の発見
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2005/050902/index.html

129 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:39:51 ID:bEpqGXYfO
でもこれって前々から言われてたことではあるよな。
ようやく立証されたのか。

130 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:42:16 ID:evf7qee10
おまえらわざと難しい話して
知識をひけらかしているんだろう
俺は騙されないぞ

131 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:45:57 ID:JzVuUffc0
分子生物学のことはわからんけど、
今まで0と1だけで構成されているように見えていた情報が、
実は0.01〜1.00までの100通りだったって可能性は無いのかね。
(情報量は一気に100倍になるわな)

ATGCだっけ?4通りだと思っていたものが、細部の構造を
詳細に調べるととんでもない多様性があって、その全てに意味があった。
今まで必死にゲノム解析してきたデータは一気にゴミ同然、みたいな。
パターンマッチ程度には使えるんだろうけどさ。

132 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:48:48 ID:rfLrimS00
>>15
実に興味深いスレだった。
目からウロコだ。

133 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 11:52:28 ID:foYZ9BtJ0
サッカーはボールを実際にけるシュートとパスで構成されているが
実際にはボールをもっていないジャンク選手もパスを受けたり相手選手を止めるために行動しており、
カメラに映りにくいジャンク選手の行動のほうも実際にボールをもっている選手と同じぐらい重要である。

というぐらいの発見。(今までの科学者って馬鹿やね)

134 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 12:40:21 ID:3ti8RhJA0
定説が覆されたというより修正されたってことだな。見出しつけたやつは解ってないのか
それともサプライズ狙いかだろう。

135 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 12:42:16 ID:JbvEK5Im0
サプリのRNAって効果あるのか?口から摂取しても分解されないの?

136 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 12:48:20 ID:prIT/yNmO
コーディネイターまだ〜?

137 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 13:54:47 ID:jmU2dxiY0
銀様マンセー

138 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 14:29:57 ID:5b01Ca9A0
>>133
その例えはおかしいな。
PK戦の時にキッカーとゴールキーパーの動きが大事だとわかっていたところに
スタンドで応援している奴らもPK戦に結構影響があった。という感じだ。

139 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 14:34:37 ID:L2Yjc7Gg0
non-coding RNA・DNA・Proteinの相互作用を
スケールフリー・ネットワークで示した研究があったが、
あれは面白かった。Hubとなるnodeの多くがnon-coding RNAだったんだよな。

140 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 14:35:02 ID:+9j//rMs0
自らの無知を棚に上げてゴミ扱いするのはよくない、
ってわけだな

141 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 14:40:11 ID:L2Yjc7Gg0
>>116
乱数化圧縮というより、
翻訳後のタンパク質のサブユニットの組合せで、
情報量不足をカバーしていることが知られています。
遺伝子数は他の生物種と同じでも、翻訳産物の量が他より多い場合、
このようなオルタナティブ・スプライシング機構が大活躍します。

142 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 17:07:39 ID:JzVuUffc0
AltanativeSplicing?初耳です。
しかしこのシステムがとても自然に発生したとは思えない。

ニュー速+にもスレ立っていましたが、米国では知的存在による
プロダクツという説がそれなりに受け入れられてるとか。

143 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 17:23:17 ID:UwXCyrxw0
いままで、進化の歴史を遺伝子の多型からしらべる場合
DNAのつかわれてない部分=中立的なので進化速度が一定

という前提がよく用いられてきたけど、イントロンも重要な役割をになってる
ってことになると、その仮定がくずれて、計算も1からやりなおさないと
いけないんじゃないだろうか?



144 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 17:27:00 ID:jd3jlZTX0
ウインドウズだってちょっとしたトラブルで動かなくなる。
完璧なシステムなのにだぜ?不完全な存在であるところに人間とはいえ
9割以上も無駄だなんて結論づけた奴のほうがおかしい。

145 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 17:31:23 ID:VeyeJhM8O
RNAウイルス


146 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 17:37:04 ID:OTavvNlIO
って事はやり直しだねいろいろ

147 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 17:41:13 ID:SXtG05vI0
イネのDNAをすべて解析した!!!!とか騒いでいたけど
最初ッからやり直しか?

148 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 17:47:18 ID:Mj3oSnsD0
無限のテロメアに〜刻んだ神の罪〜♪

149 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 18:35:55 ID:A2HydYt00
この記事、解りにく〜い

俺が推測するに
●これまでの定説
DNAのうちリボゾームに蛋白質を作らせる開始〜終了のコードがある部分は
全体の2%でそのブロックの数はヒトで2万2000個ほど。
それ以外の部分はジャンクと呼ばれ役に立っていない
その2%が発現する時にRNAに転写され、蛋白質の設計図として何度か
リボゾームに読み取られた後は不要となり、また材料に戻る。

●新規の説
DNAはRNAに70%の情報が転写される。2%の蛋白質生成コードは何回も転写される
ので47%は従来考えられていたように蛋白質の設計図として使われるが
残りの53%のRNAは設計図としてではなく体の材料そのものとして蛋白質と結びつくか
遺伝子の発現指令として細胞内でホルモンのような働きをすると考えられる

っていう読み方でいいのかな?

150 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 18:49:25 ID:cbkTAYlf0
子供を為すには精子を注入しさえすればよく、
チンコはあってもなくてもどうでもいいようなものと思われていたが

チンコの形状が女を悦ばせることで子作りを促進するのに
一役買っていたことが判明した。

151 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 19:01:10 ID:FmDzJX4/0
分子生物学を勉強した僕が分かりやすく教えよう。
1分でわかります。

国立遺伝学研究所 遺伝子進化の中立説
http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/C/bunsi-01.html
このページの最後の図をみてください。

ピンク、橙のところが中立遺伝子(機能面に出ず、有害でも無害でもない)
です。現在では突然変異は実はどうでもいい変異 中立変異を大量に引き起こすと
考えられてきました。

しかし! >>1よりこの中立遺伝子に実は機能があることが判明したわけです。
遺伝学の定説が変わると見られます。

152 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 19:58:14 ID:7+tMCsHd0
>>115
水銀で検索したらこれだけだったわ・・・・

153 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 20:15:58 ID:84O9Cd2/0
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ  
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:  
      ヽ|l ',ヽ \ !,イ `` ト  '′   ,イ"´ lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
.        |   ト、ト.`弋..ン        弋..ン ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:   ぬるいわ
       |   / / | ト、     ,.、     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |


154 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 20:39:40 ID:BN1NLcqL0
そういや、詳しくないからよくわかんなかったけど、
昔覗いていた掲示板で、欧米礼賛の反日日本人が、
ゲノム解析について、日本人はクズつついてるけど意味ないじゃん、
とか言ってけなしていて、そこにいた人たちが、
一見意味がなさそうでも新しい発見があるかも知れないし、
無意味だとわかってもそれはそれできちんと検証されれば、
研究全体には役立つ、と反論していたんだけど、
これかなあ? これだったらザマアミロだなあ。

155 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 21:08:43 ID:foYZ9BtJ0
これで中立遺伝子説はひっくり返らないだろ

俺に幸運の遺伝子がないなんて言わせない。宝籤があたったことないけど。

156 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 22:08:42 ID:5JyifaRS0
色々と多岐にわたって再検討が必要になっちゃったね…

157 :名無しさん@6周年:2005/09/02(金) 22:27:11 ID:FuSZwy340
>>150
たとえはアレとしても、そういうものの見方は大切だよね。

158 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 10:57:44 ID:z35eeCeX0
>>147
それは違うんじゃない?
イネの全ゲノムを解読したっていうだけだから
ゲノムから転写されるRNAのうちのncRNAも何らかの役割を持つっていうのが
このニュースなんでない?

159 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 05:11:58 ID:L4OfLCZw0
>>150
あの形状は、既に蒔かれた他の男の種を畑から「掻き出す」のに有利な形である、
という研究結果のスレをこの板で見たことがある。

160 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 05:13:49 ID:uJZrVPaT0
これはノーベル賞物だぞ

161 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 05:17:41 ID:uJZrVPaT0
>147 米たに監督がんばってください

162 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 05:21:16 ID:uJZrVPaT0
>148 だった

163 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 05:23:49 ID:LrqYflNY0
>>113
俺は最初から、勝手に要らない部分と決め付けられていたイントロンって
領域も何か意味があるんだろうって思ってた

164 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 05:38:07 ID:LzX/wJNX0
DNAものの映画を製作する上で障害となるのは、
人間の身体的成長速度が遅く、知識や経験の獲得過程が長すぎることである。
ジャンク部分に様々な記録が既に存在しているとすれば、
ハリウッドにとっても朗報ではなかろうか。
先祖代々の恐ろしい秘密が解き明かされるホラーSFとかできそう。

165 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 06:19:16 ID:1yQecSJ90
<今まで>
遺伝子発現制御の主役は転写因子(タンパク)である。
<最近>
RNA分子が遺伝子発現制御に関与する機構も一般的だよ。

という感じ。

166 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 06:25:34 ID:XBX4uzZp0
ウイルス進化論とのつながりはある?

167 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 09:13:01 ID:BqZZ37lI0
  .'´,ヘ ヘヽちょっと\  お父様… 卯,iリノ)))〉↓キリトリ    / あれぇ…?
  !〈 ((゙ "))〉 ゴミ  \  /' "' "' ''|l〉l.TATノ'"l '''"''"'ヽ  / 手応えが無い
 il!!|.゚ ヮ゚ノ!|出してくるわ\'''⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつ l '''"ー"`` /   なのかしら。   _______ なによぉ…
 ,ノl/⌒ `ハ___E)      \ キリトリ→- - - - - + - - - /    キェェー   ・゚・,r=@=ミ、 。・゚・
 ( /ヽ  ノ /_\ _     \     ''y /x lヽ l    /, '´ ̄`ヽ    ,_ _ _ (((ハi||;卯i  _ _ _
 \/  {  /,'´r=@=ミ\  .\   l†/しソ†| l   / i ノ '\@  /  `." ( TДTノハ||/    ヽ
  (  v ヽ| 卯,iリノ)))〉|     \  lノ ∧∧∧∧ /  ヾ(i.゚ ヮ゚ノ  '"'⌒`~"'"'∩i卯∩|ゝ '''"ー"``
   |  | | |."|ハl〉.´Д`ノl | めぐ… \< 予 ジ >   (kOi∞iミつ−≡三二≡=--X\lヽ ボスッ
   |  | | ヽ⊂('i)卯)⊃ノ       <    .ャ >     (,,( ),,)         l†/しソ†|
 ∠/ \ \  ̄ ̄ ̄ ̄         < 感 ン >      じ'ノ'          V   1
―――――――――――――――<    ク >――――――――――――――――――
     .ィ/~~~' 、姉妹の恥よジャンク!!!< ! の >      (・д・)ジャンク!   ,'´r=@=ミ、   (゚∀゚)ジャンク!
   、_/ /  ̄`ヽ}  .r=@=ミ.、      ∨∨∨─┐\          _ _  i卯,iリノ)))〉キィーーーーーー
   ,》@ i(从_从)) .く((( )卯)  _ _ _ _   /二ニニ二i  \     /''" `."ii|ハミ.`Д´ノl/''''"''"'ヽ
  //ヽ|| ゚ -゚ノ|.つ);`Д´.lくl|/     ヽ/∩i´ノノノヽ))) っ\  '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ '''"ー"``
 //({'ミ介ミ'}ノ ''⊂i卯i/つ/ゝ '''"ー"`/⊂⌒Wリ`Д´ノリ  っ \         |''y /x lヽ
≦ノ,ノハヽ≦  /|×ヽ.yV      /    \ ]つ介つ ジタバタ\|ω・)ジャンク! l†/しソ†)
` -tッァ-'テ  /†ししヽ†/      / ジャンクなんかとヤダヤタヤダ〜\     lノ   レ m9(^Д^)ジャンクーーー

168 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 09:17:02 ID:RFaRegnB0
げぇっRNA!

169 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 09:43:47 ID:+om1RGrx0
RNAに転写されない残り30%のDNA領域はこれから研究される?

170 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 10:19:25 ID:LWVpw8SL0
サッカー選手だけが実際のプレイヤーで回りにいるのは入場料を支払うだけの観客だと思ってた。
しかし、よく調べてみると、サッカー選手じゃない奴が選手に色々指示を出している。
監督と、コーチ陣だった。
他の観客の様にボールに触れない癖に、選手の交代や戦術の変更等、えらく重要な情報を指図している様だ。
こいつはとんでもない見落としをしていたのかも知れない。


171 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 13:09:03 ID:DkNzsLbi0
>>141

胴衣。
遺伝子も当初は たんぱく質だと思われていたが、実際はたった4つの塩基配列の組み合わせで構成されていた。
基本情報を複雑にすると、変異が起こりやすくなってしまうので、情報自体はやはりシンプルなものと思われる。

172 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 13:20:00 ID:oY1/Lhlo0
>>149
記事よりお前の方が分かりにくいぞ。ところどころ間違ってるし。

この記事は(新聞記事には珍しく)きちんと書いてあると思うが。
生物系専攻の俺から見ても。

173 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 13:27:00 ID:sJyNtEAN0
あの、DQNな質問なんだけど、イントロンってジャンクにカウントされてるの?

174 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 13:30:09 ID:jzdh0PQ30
チョソの遺伝子のみ破壊するウィルスの発明マダー?

175 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 13:30:12 ID:dc1eWNSp0
おおおおおおおこれはすごい

176 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 13:33:56 ID:dMJ59CDS0
だいたい遺伝子に残ってるもんで、
いらないものがあるはずがないわけで。
<中略>
したがって、だからと言って、
いらないもの=ニートが必要になるはずがない。


177 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 16:10:20 ID:60S4nsxr0
ウエスタンブロットとPCRが下手くそでなんども
やり直しさせられたオレがきましたよ。

178 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 18:32:02 ID:YmAvKsg90
テクニシャンは手先が器用でないとな

179 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 22:19:53 ID:Cv0ioma30
ノザンならまかせろ。

というか、かなり大きな話題だと思われるのに、スレの伸びがいまいちだな。

180 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 22:26:38 ID:1QDVuQhF0
>>179
分子生物学に携わってる人なら、こんな定説をいまさら出されて驚かれても困るでしょ。
真核生物のゲノムの大部分の領域が転写されるなんて、今ではすでに常識だ。
門外漢ならそもそも良くわからんでしょ。

181 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 22:31:12 ID:ESLpC3+M0
>>1
これはすごい大発見だ。

話はさかのぼるが、おれが中学の時は理科の授業で
「プランクトンのミドリムシはべん毛をムチのように振って移動している」
と教わった。
しかし、科学の進歩でナノテクが発達し、微細なモノをつまんだりできるようになった。
ある科学者がナノテクの装置を使って、ミドリムシのべん毛をつまむ実験をしてみた。
べん毛をムチのように振っているのだから、べん毛を固定してしまえば、
理屈の上では、ミドリムシ本体が振られる状態になるはずである。
結果は違った。ミドリムシのカラダはクルクルと回転したのである。
つまり、ミドリムシはムチのようにべん毛を振っていたのではなく、
ワインの栓抜きのようならせん状のしっぽを回転させて移動していたのである。

今回の発見はこれに勝るとも劣らない大発見だ。

182 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 22:59:09 ID:VMyFQZXt0
>181

ミドリムシは関係ないだろ。

183 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 04:37:29 ID:8YJTtPga0
>>182
その発見に匹敵するくらいのって比較してるだけだろw

184 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 17:36:53 ID:aTpz1fJ40
つ ttp://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/309/5740/1559
  ttp://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/309/5740/1564

まだ見ていない人のために。
この2本の論文だよね。
Full-textが見れない人は、大学のPCからアクセスすると大抵は見れるはず。

185 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 18:36:27 ID:5S17fRn40
ジャンクDNAをネタにした漫画か小説か映画があったような

186 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 14:09:08 ID:Z9eWyqFU0
この発見も後にまた覆されるんだろ。
科学の領域ってこんなんばっか。

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)