5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【科学】最初のBSEは人間の遺体入り飼料が感染源? 南アジアからの輸入飼料に混入の可能性 英専門家

1 :試されるだいちっちφ ★:2005/09/03(土) 07:50:19 ID:???0
 【ロンドン2日時事】1986年に英国で最初に確認されたBSE(牛海綿
状脳症、狂牛病)は、南アジアから輸入された人間の遺体を含んだ
飼料が感染源だった可能性があるとする研究結果を、英専門家が
2日までに医学誌ランセットに発表した。
 BSEをめぐっては、狂牛病にかかった牛の肉骨粉を原因として世界
各地に広がったとされているが、もともとの感染源は特定されていな
い。

(時事通信) - 9月3日7時3分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050903-00000018-jij-int

2 :茨木シンフォニー:2005/09/03(土) 07:50:25 ID:ptKIj4FO0


3 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:52:36 ID:Hn6UPHak0
人間の遺体を含んだ飼料
↑ここ注目

4 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:52:42 ID:UD/VfC6h0
え?牛に人間の遺体食わせるとまずかったのか…。

5 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:53:52 ID:3ygq+5G8O
遺体すら肉骨粉にするのかよ

6 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:54:14 ID:soWFaHHX0
悪いことはアジアが起源で

7 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:54:23 ID:HRopxqYs0
ニートを処刑して牛の飼料にしたら、ダメな牛になるの?

8 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:54:51 ID:B26v1nxD0
中国は何でも食うからな

9 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:54:55 ID:aoyqCH2O0
そんな飼料あったんですか

10 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:55:26 ID:uFiE2jRZ0
南アジアねぇ。責任逃れがうまいよなイギリスは。

11 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:55:32 ID:7aM3UE6j0
南アジアって川に死体が流れてるあの国ですか?

12 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:55:47 ID:U8BL0Mnw0
人間の遺体を含んだ飼料!? (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

13 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:55:57 ID:nYBWBxRu0
人の死体が飼料なんですか?

14 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:57:35 ID:K1xATm0D0
インドか

15 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:58:58 ID:jBmhZa5M0
エゲレスのニュースサイトの記事には、イ〇ドとかパ〇ス〇ンとか書いてありますた。

16 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:59:01 ID:HRopxqYs0
>>14
そもそもインドに肉牛はいない

17 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 07:59:06 ID:dFWnvaoq0
気色悪すぎ

18 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:00:18 ID:sJmP5BWuO
((( ;゚Д゚)))ガクブル

19 :試されるだいちっちφ ★:2005/09/03(土) 08:02:00 ID:???0
こちらとしてもスレ立て前にざっと「もう少し詳しく書いた記事がないか」捜して
みたんですが、見あたらなかったので見切り発車しました。
もうすこし詳しい情報みつけたら、どうぞ貼ってください>>15

依頼スレで「内容がなさ過ぎ」という指摘もあったんで。

20 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:03:03 ID:A1jyRFls0

ソイレントグリーンは人間だ

21 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:03:57 ID:VXxVKPdc0
オリジナルソースわかんねぇぞ!( ゚Д゚)ドルァ!!

22 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:08:23 ID:UD/VfC6h0
肉骨粉もそうだけどこういうことしているんじゃねえ・・・

23 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:08:49 ID:nzwA2phT0
羊のスクレイピーウィルスが見つかったのってイギリスが最初じゃなかったっけ?

24 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:10:31 ID:X2eJxxPa0

ソイレントグリーンは人間用だ

牛に食わすな


25 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:14:51 ID:VXxVKPdc0
Last Updated: Thursday, 1 September 2005, 23:15 GMT 00:15 UK
 'Human remains link' to BSE cases
         By Paul Rincon
                   BBC News science reporter

The origins of BSE remain murky
The first cases of BSE or "mad cow disease" could have been caused by animal feed contaminated with
human remains, says a controversial theory.

      http://www.bbc.co.uk/sn/

あったよん!

26 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:17:03 ID:7j/Cpl/4O
疑問だったのだが、梅毒とかの元って何だろう。今は性行為だけでしかうつらないが何か大元があるはず。

27 :とりあえずこのあたりから:2005/09/03(土) 08:23:11 ID:VXxVKPdc0
Funerary practices

The UK imported hundreds of thousands of tonnes of whole bones, crushed bones and carcass parts in the 1960s and 1970s to make fertiliser as well as meat and bone meal feed.

Nearly 50% came from Bangladesh, India and Pakistan, where gathering large bones and carcasses from the countryside and from rivers is an established local trade.

Hindu funerary practices require that human remains are disposed of in a river, preferably the Ganges. Although the body should ideally be burned, many people cannot afford enough wood for a full cremation, the report's authors claim.


The Ganges occupies an important place in Hindu religious life
Simply smoking the pelvis in women and the torso in men is sometimes enough. And many complete corpses are thrown into the Ganges.

"There are a whole range of public health concerns over Ganges pollution," lead author Professor Alan Colchester, of the University of Kent, told the BBC News website.

"But amongst all the recognition of potential problems, I don't think anyone has thought about the very rare but very important risk posed by the corpse of someone who has died from a version of CJD."

Human remains have been described in material delivered to processing mills. And during the 1960s, human material was confirmed in consignments of bones shipped into French docks from Asia.

A spokesman for the Department for Environment Food and Rural Affairs (Defra) said it went along with the findings of a 2001 report into the origin of BSE, where a favoured hypothesis was that BSE had its origins with scrapie.

But the spokesman said the department was open minded about new findings.

28 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:30:25 ID:nv+llNt10
中国では昔から人間食べてたけど
足がガクガクするような人は出てこなかったのかな?
それとも、そういう拳法のマスターになったりしたのだろうか

29 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:30:52 ID:pqbRDFwy0
ttp://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/4201072.stm

30 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:31:22 ID:+nXMYM2G0
なんか、エイズもサル→南アジア→世界へみたいな文書目にした事あるぞ。
なんかあったらあっちの国の連中は南アジア人のせいにするのか?

31 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:32:44 ID:zvB5rAEK0
南アジアって言うと某中国の南の方で福建とか四川とかの華南地方ですか?
鳥インフルエンザも豚口蹄疫も華南地方から。エボラといわれていた奇病も華南から。
世界の中心の大中華は病気の中心でもありますからな。
まあ人口把握してない国だから餌に人間混ざっても驚かないけどね。
あらかた一人っ子政策で余った人間をがんがん処分してたんだろ。
極力中国産の食物は食わないようにしてまつよ。
80年代って言ったらまだ文革の残り風が吹いていて、日本企業も
進出してない時代でしょ。

あわてない・あわてない・あたりまえ・あたりまえ。

32 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:33:31 ID:KJjiVHpY0
>>28
随分昔に中国の山奥にある貧しい農村で
ヤコブ病の様な症状の奇病(死亡率100)
っていうのを読んだことがあるが

33 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:33:47 ID:+nXMYM2G0
つか、獣姦の本場はアメリカだろ?感染源はそっちじゃないのか?

34 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:34:08 ID:tZGWDl8E0
南アジアは信用できんがエゲレス人も全く信用できん。

35 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:34:25 ID:jBmhZa5M0
BBC NEWS | Science/Nature | 'Human remains link' to BSE cases
ttp://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/4201072.stm
>Professor Susarla Shankar, head of neurology at the National Institute of
>Mental Health and Neurosciences in Bangalore, India, said he thought the
>theory would not stand up to scientific scrutiny.
>"If this was so, you would expect to find more cases of BSE in Indian cattle.
>At the moment, the surveillance centre doesn't have a single case," he told
>the BBC News website.
(´-`).。oO(つーか、牛を喰うインド人自体がものすごく少数なんじゃないかと・・・)


36 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:37:11 ID:jrPgSebvO
南アジアつーと普通はインド亜大陸だわね

37 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:37:39 ID:hmHXEqnT0
牛が人を食ってBSEなら
人が牛を食ってもBSEでいいだろう


38 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:39:45 ID:NvoHWE/q0
いやドイツだろ
変態肉屋の仕業だ

39 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:45:42 ID:75hKbSWn0
原料が牛か人か以前に草食動物に肉骨粉食わせる事って問題ないの?

40 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:47:28 ID:nv+llNt10
>>32
あー そりゃ確実に食ってたな。人間の脳近辺を。
あいつら本当になんでも食うのなw

41 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:48:08 ID:edSv42yL0
インドは火葬だけどなぁ。



ヨーロッパが土葬にするのは、
キリスト教の神を信じないと「死後の審判」でゾンビになるぞ、
という脅しを現実味のある話に仕立てる必要があるので、
焼かないでいる。

アジアは下手に腐らすよりも、
儀式のもとで粛々と自然に帰す考え方が一般的だよね。


42 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:48:17 ID:0/9pgaRX0
>>35あの頭にターバンまいてるインド人は牛食うよ。

43 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:48:17 ID:uc5sjVJK0
マフィアが、殺害した人間を切り刻んでミンチにし、配下の農場で動物の飼料に混ぜて食わせて証拠隠滅している
という話は聞いたことがある。

44 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:50:34 ID:IJP/ecLQ0

「種の壁」はどうなるの?

45 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:51:19 ID:VXxVKPdc0
う〜( ´Д`)キモッ
人間の死体って激しく危ないもんなんだな、ニューオリンズでも問題になってるし。
中世ヨーロッパじゃ、死体を城塞都市に投げ入れて病気を増やしてなんてこともしてたみたいだし。

(・肉・) をみるのもいやになる

46 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:52:40 ID:XLUm8iz90
毛唐がっ!!

47 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:52:43 ID:2o6Ldbf10

西欧人ってそうやって非キリスト教国(彼らに取って野蛮人)
のせいにしようと必死なんだよなぁ…

おまえらもちっとは気付け。

48 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:53:23 ID:VXxVKPdc0
>>41
ガンジスの火葬の記事読むとわかるよ、その火葬の実態が。(現代日本の実態で考えたら× (  )ノ_...オエェ...

49 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:56:19 ID:uvK9LLHG0
>>48
こういうやつか?
http://www.chinabike.net/newbbs/UploadFile/2004-12/20041281736358.jpg

50 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:56:41 ID:uFiE2jRZ0
>>41
焼かない理由は、魔女とかの処刑方法が重罪人に課せられる火刑だったから、
死後であっても火刑をすることに抵抗があったということだと聞いたが。

51 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:58:19 ID:c6lOeOzp0
ニューギニアのクールー病と結び付けようとしてんのかもな。

羊の脳を飼料にしていたんのが原因じゃなかったっけ?スクレイピーの。

52 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 08:59:56 ID:rFG+z1p70
共食いをすると脳スカになるとしたら、胎児をむさぼる中國人は・・・


53 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:00:09 ID:yL+phLuw0
>>25
写真はガンジス川かな?
人間の遺体を聖なる使いの牛に食わせるなんて、インド人なら激怒するだろw

54 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:00:27 ID:2ghNV4vd0
インド人なら牛に喰われるのも本望かもな((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

55 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:13:36 ID:uQ7qgfTL0
都市伝説みたいな研究結果だな

56 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:17:07 ID:Gdr7By240
>>52
シナ人は、脳スカどころの話じゃないよ。
ttp://images.google.co.jp/images?q=%E7%95%B8%E5%BD%A2&hl=ja&lr=&c2coff=1&sa=N&tab=wi


57 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:17:08 ID:49v0FbzP0
>>26
梅毒はコロンブス一行が、アメリカ大陸から欧州に持ち帰りそれが世界に広まったものだ
コロンブスのアメリカ大陸発見から、梅毒が世界を席捲するまでにはあの当時でも一世紀もかからなかった。
大本の保菌者は羊だと言われているよ。
アメリカの先住民族の物好きなのが羊とやったか、それとも羊の血液を浴びて感染したか
そのどっちかが梅毒の始まりだろう

58 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:18:10 ID:sXzjs3ll0
BSEは同種の生物を食べたせいってのはどこへ行ったんだ?

59 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:19:57 ID:EMpeNUPW0
>>53
よく知らんが「神の御許に還す」とかいいそうじゃね?
鳥葬なんてのもその発想だし。

60 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:20:17 ID:t9c9pjS30
アメリカ南部のプカプカ浮いている遺体も牛さんへドウゾ

61 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:20:30 ID:kpowet5z0
>>58
南アジア人は牛ということだろ

62 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:21:07 ID:F/Ie/EEa0
先住民は結婚しないとさせてくれないから
家畜を(喰うからといって)譲ってもらい、、(以下省略)

63 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:22:54 ID:49v0FbzP0
パプアニューギニアのある特定の部族にだけ継承される奇病があったのだよ
部族のものがある時期になると痴呆症状を起こして死ぬというね
その感染源としてその部族は伝統的に部族の者が死ぬと、その死を悼んで死者の肉を食う風習があった。
それがプリオン脳症を部族にだけ固有の病気として伝染させていたのdと言われている
それを宣教師達が必死に努力して、その風習を根絶すると、間もなく病気もなくなった。

何代前か知らないが突然変異で部族の一人が変異性プリオン発症を起こし、それが部族特有の風習によって継承されていったのだろうと言われている。
人肉を飼料としたって説もその辺からきているのだろう

64 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:23:56 ID:nv+llNt10
>>41,48
やぐらみたいなやつに死体のせて
木や草で被って火を放って幼女を焼いてる写真見たことあるけど
火力がないから鶏ローストみたいにゆっくり焼けていくようで
なんだかなぁー って感じだったよ

65 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:26:20 ID:49v0FbzP0
ガンジス川に死体を流すのは母なるガンジスの御許に戻す意味からだ。
外国人が見たら生焼けの死体が流されている川のどこが聖なる川か理解できないだろうが
それは彼らの信仰であってどうこう言えない。


66 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:27:29 ID:NvoHWE/q0
生焼けか
高校の社会科教師がインド行ってガンジス川で泳いでたところ
人にぶつかった、ソーリーと言って、泳ぐのやめて立って見たら生焼けの人だったそうだ

階級の低い人は、薪買うお金がないから生焼けのままポイせざるを得ないんだってさ

67 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:28:34 ID:qDROPzQwO
>>57

コロンブスが梅毒をアメリカに持ち込んだ
そしてタバコを持ち帰ったのさ

68 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:29:46 ID:49v0FbzP0
>>67
コロンブスが新大陸から持ち帰った三大毒
タバコと梅毒と、あと何だったかな?
けっこう有名な話だが

69 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:34:55 ID:KnmlxvlK0
人間共食いだったわけね。狂牛病改め狂人病

70 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:38:13 ID:IJP/ecLQ0
CJDの人を牛が食って狂牛病なら、
CJDも変異型CJDも一緒ってことじゃないの?


71 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:39:45 ID:kBQx5U4y0
人種問題とか政治的には問題ある話だが、あり得る話だな。
60年代とか70年代にUKが骨を盛んに輸入しその50%が
バングラデシュ、インド、パキスタンって _| ̄|○
ベナレスの当たりはガンジスの岸辺で火葬して、燃えた灰を
箒で河に掃いてお終いだろ。燃え残った骨がガンジスをどんぶらこ。
これを拾って業者に売る。今はどうか知らんが30年前は普通に
あり得るだろ。
食人文化をもった人種はヤコブ病に似た伝染病で淘汰されてきた
という説とも符合する。

72 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:54:00 ID:CkIrIKeQ0
人食い人種の子孫が すぐそこにいるぜ

 北京原人・・・・・中華人民共和国

 ネギと老人の昔話・・・・・・・・朝鮮半島

73 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:54:30 ID:cwQcheio0
これ著者も論文の名も書かれてないやん。
Lancet英版の電子ジャーナル最新号には見あたらないな。次の号か。

74 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:54:34 ID:NSzAlYvXO
責任添加だろ。
そもそも親の骨肉を子に食わせるような、
白人が悪い。

75 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:56:20 ID:jToJyRQS0
400万頭のBSE感染牛を食ったとされたあの英国で
vCJD感染者が160名足らずでほぼ終息した訳が
この特異人肉飼料説で説明がつく。

76 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:58:42 ID:vKxZCR7n0
狂牛病やアルツハイマー解明のため、Team 2chでがんばってみませんか?


本家サイト Folding@Home
http://folding.stanford.edu/
非公式日本語翻訳ページ
http://nightingalegoo.hp.infoseek.co.jp/index.htm

これは、タンパク質がどのように自力で組みあがっていくか(folding)を
シミュレートし解明する分散コンピューティングプロジェクトです。

アルツハイマー、狂牛病、パーキンソン病などはタンパク質の異常なfoldingが
原因と考えられており、foldingを解明することはこれらの疾患の解明につながります。
みなさんのコンピューターの余力を使って、タンパク質のfoldingという
複雑な問題を解明しましょう。

---
win, Mac OS X, linux版クライアントがあります。

主なスレ
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/pc/1073995038/
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/mac/1120390223/

Team 2ch統計ページ
http://fah-stat.hp.infoseek.co.jp/

77 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:59:03 ID:jToJyRQS0
>>75に加筆
可能性がある。

78 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 09:59:42 ID:CkIrIKeQ0
>>73
検索ヒットしなかった?

79 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 10:06:10 ID:gKrg0Tz30
キモオタにカブトムシの蛹を与えられるクワガタの幼虫も居るらしい・・・(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

80 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 10:11:25 ID:gKrg0Tz30
間違えた、産卵前のメスに食わせるらすぃ

81 :キャタピラーなぎさ:2005/09/03(土) 10:22:36 ID:TdZQQug80
ホントかなあ?
昔よくあった、マ○ドナルドに猫の肉とかネズミの肉っていう都市伝説も、大人になってちょっと考えると、一匹から収用できる肉の量や、調達コスト、供給の安定性から考えるとありえないってわかるもんな。

いくら人口が多いからって、死体をそのままガリガリ食わせるわけじゃないだろうから、飼料を作る企業がそんな供給不安定な「材料」で製品を作ろうとすることなんてあるか?


82 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 10:29:18 ID:svZzKbJG0
南アジアってどこだよ。

初めて聞いたよ。

83 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 10:31:44 ID:CkIrIKeQ0
>>81
英文よく嫁!

84 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 10:31:55 ID:keFR10by0
中国人はBSEどころの騒ぎじゃないよ
http://www.peacehall.com/news/gb/misc/2005/08/200508030116.shtml

85 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 10:43:28 ID:hcNP2fiV0
>81
ヒント:合い挽き
ヒント2:昔は牛肉が高かった

86 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 10:47:04 ID:3mRiZ75tO
>>85
ヒント:その頃のハンバーガーは210円

87 :キャタピラーなぎさ:2005/09/03(土) 10:51:05 ID:TdZQQug80
>>83

スマン、英文全然読んでなかった。
なんか書いてるの?
読んでみるね。

88 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 10:57:20 ID:re9DQsyC0
>>7
それって俺がばあちゃんに良く言われた
「牛になるよ!!」
そのままジャンか

89 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 11:18:44 ID:dFWnvaoq0
狂牛病ゾンビか…

90 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 11:24:13 ID:83Le1uC5O
マッ○の食用ミミズは本当らしいよ。ミンチになってないのが混ざってて、抗議したら店の奥でお金渡されたって人を知ってます。

91 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 11:31:46 ID:c2Mv7ot00
桃太郎inガンジス

92 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 11:32:16 ID:dxWO25qV0
南アジアって何だ!

93 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 11:33:54 ID:7j/Cpl/4O
>>38総統閣下?

94 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 11:39:32 ID:0NxPcwA30
ロシアの南の国ですよな

95 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 11:39:44 ID:ByO6SpRz0
人が人を食すと弊害が出る
牛に牛肉を食わせても同じだろ
共食いはダメなんだよ

てか牛には草を食わせろ!>農民

96 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 11:40:40 ID:ruPso0S80
やはり、これは
人間の死体に畏敬の念を持たない民族・国家に限定されるだろう。
とすると、あの国。

97 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 11:40:52 ID:IJP/ecLQ0
むかしオーストラリアに大ネズミ(ヌートリア?)が大発生して、
その死体処理を日本の○紅が請負ったというニュースを見たきが汁

どうしたのかな

98 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 11:46:26 ID:0NxPcwA30
ところで、カレーの本場インドのビーフカレーって旨いんか?

99 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:10:34 ID:NOIPlNe90

人種差別に基づく根拠をあきらかにしないデマゴギーだな。



100 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:13:33 ID:BueMBOZ80
これは人食い牛が原因だよ。

って、何で牛って人襲って食わないの?

101 :昇天 ◆FROGDXRREM :2005/09/03(土) 12:16:05 ID:JfF0NTv00
http://www.asyura2.com/0311/gm9/msg/133.html
昨日拾ったもの・・・怖すぎ・・・

102 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:19:40 ID:BueMBOZ80
>>72
ひかりごけ・・・・日本人
ミンダナオ島の悲劇・・・日本人
ゆきゆきて神軍・・・日本人
佐川君・・・日本人


あああ、日本人の方が、いっぱい人食っている


103 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:25:08 ID:NlHVefLg0
あー、南アジアってなんだよ
どうせその飼料を作ったのは英資本の会社だろ。
アジアのせいにすんなやエゲレス人

104 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:25:27 ID:BueMBOZ80
>>72

ベンガル
「中国人を食べる事にみんなで決めた。
 インド人やベンガル人よりも確かにおいしいからだ」

オーストラリア
「白人の肉は味が無い。非常に美味しいのは黒人の肉だ」

ラテンアメリカ
「食べてもっともおいしいのはフランス人でスペイン人は固くて噛めない」

探検家ロベール・ショーヴロ
「黄色人種は腐った油の味がする」

タヒチ
「白人の肉はおいしくないが、適度に焼けばバナナの味がする」

105 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:28:33 ID:Nqf6C+GM0
川に流れているものを食べ物に使うのは普通の感覚だな。
福神漬けももともとは川に浮いていた野菜の漬け物だからな。

106 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:30:50 ID:wbZ7UzRq0
>>98
く・・・釣られてやるぜ

インドでは牛は神聖な存在。
肉入れるなら鳥とかだ。

107 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:33:23 ID:R7FngKFQ0
人間の遺体を飼料にして売るなんて本当か?

108 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:33:57 ID:wbZ7UzRq0
>>90
都市伝説に掛かり易そうな人だなぁ…

本読まない。科学データは信じない。
でも知人の話は無条件に信じる。


109 :1:2005/09/03(土) 12:34:45 ID:NZQ+PGAj0
>>97
ヌートリアは、カップラーメンかなんかの肉に加工されると聞いたことがある。
まあ別に毒じゃないし、食えるだろ。

110 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:34:46 ID:cC9q+kL50
悪いのはすべて他人のせいか

111 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:36:48 ID:STV7lKtG0
パプアニューギニア
主食:パイナップル
おかず:マンゴー
おやつ:人間の○○

住民の半分は牛、あと残りは果物

112 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:42:33 ID:I+sb2fiuO
いつものように韓国が起源ニダはマダー?

113 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:45:53 ID:903CGDEs0
>>27 >>41 >>48
・妊婦
・子供
・行者
・蛇にかまれて死んだ人

あたりは元々清められているので、火葬にしないで水葬にする、
という(どれだけ一般的かわからないが)習慣もあるようなので。

>>53 ゾロアスター教徒はいまでも鳥葬にします。
ムンバイに鳥葬場がありますが、付近の空には猛禽類が飛び交っています。

>>98 カシミール(ムスリムが多い)とかケララ(クリスチャンが多い)とかでは、
おいしいかはともかく珍しくないらしく。

114 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:53:19 ID:F2mKG0Ew0
 日本軍のナレーションになると、オゾロオゾロしい音響効果で 
日本軍の暗黒をイメージさせ、いかに残酷で悲惨な地獄 
であったかを現地の人に語らせる、恣意的
な製作者側の日本いじめ、日本攻撃、日本否定がいたるところにちりばめられ 
見ている側に重々しくマイナスのイメージを植えつける、おとなしく、無抵抗で 
物言わぬ日本人を攻撃することしかできない弱いものいじめの体質を持ったNHK 
こんな奴らだから社会のタブーには一切触れない、NHKが層化やりましたか?  
 部落やりますか? 竹島は? 暴力団は? パチンコは? チベット虐殺は?
 
そこへいくと欧米のドキュメントは、タブーをもって
タブーとしない。黒人、ユダヤ、エイズ、公害なんでもありで 
ガンガン取材して放送する。 この姿勢がNHKにはない、そのくせえらそうに正義ずらして日本の罪ばかりを断罪する 
まさに卑怯者とは彼らのためにある言葉だ


115 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 12:58:07 ID:tifgw29n0
>人間の遺体を含んだ飼料
>人間の遺体を含んだ飼料
>人間の遺体を含んだ飼料
>人間の遺体を含んだ飼料
>人間の遺体を含んだ飼料
>人間の遺体を含んだ飼料
>人間の遺体を含んだ飼料
>人間の遺体を含んだ飼料
>人間の遺体を含んだ飼料
>人間の遺体を含んだ飼料

116 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 13:06:52 ID:suUXDfKF0
>106
インド人全てがヒンズーって訳でも無かろう

117 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 13:32:31 ID:CkIrIKeQ0
年代はソース記述の通りなんだけど、骨を拾わせてそれを商売にしていたからこういう出来事が
ほり起こされてきたんだな。

園芸家(確か菊栽培なんかでは大輪の花を咲かせるために骨粉を利用するって聞いたことがある。
バラの花を育てるのにって話しは、チラホラ有名でもあるねぇ、

118 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 13:44:23 ID:kFSrqoTcP
まあその内、「BSEの発祥地は南アジア」って言う風に
エゲレスの教科書には載るんだろうよ・・・
改訂を重ねる毎に加筆されて、終いには「日帝の仕業」にするのが落ち

119 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 13:45:36 ID:/JCn16ZX0
南アジアというのは具体的に何処を指すのか。
ポリネシアだかの島国でクールー病という原因のよくわからない病気が流行ったことがあった。
クールーという名前の島だったかもしれない。
この病気プリオンが原因だったのではないかと現在では考えられてはいる。
このときのプリオンが人の世代を通して人体に潜みつづけ、このプリオンを保持する遺体が
肉骨粉と加工され英国において家畜飼料として利用された。
ということなんだろうか?
プリオンが生まれた場所は何処なのだろうか、特定ができればプリオンに耐性のある人を見つけることができるかもしれない。
そうなればBSEとかヤコブ病を治療できる薬なんかが作れそうだ。

120 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 13:47:14 ID:oXCoXh8i0
何人殺そうと言う計画ですか?

121 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 13:58:41 ID:S4GXQj0G0
ミミズは漢方薬の材料だ

1KG5000円ぐらいするし、ハンバーガーなんかに使っていられない

122 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 14:33:31 ID:Ld7JUnvM0
異常プリオンはとも食いを繰り返すことで危険なレベルに濃縮されてゆく。

女には狩りの獲物を一切分配せず、女が死者の屍だけをたんぱく源とする風習をもつ一族に固有の奇病として知られていたものがまさに今知られているBSEだ。

123 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 14:54:43 ID:L4vKOunv0
>>122
ああ、なんかそれ見たな。
確か最近最後の感染者が死んだとかなんとか。
その食人風習をやめたらぴたっと納まったんだよな。
なんて病気だっけ?

124 :丑子φ ★:2005/09/03(土) 16:13:39 ID:???0
論文のAbstractは、こちらで読めます(閲覧には登録を要す・無料)

The Lancet 2005; 366:856-861
DOI:10.1016/S0140-6736(05)67218-2
◆The origin of bovine spongiform encephalopathy: the human prion disease hypothesis
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140673605672182/abstract

125 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 17:08:51 ID:EsW5XVPO0
>>106
インド人がみなヒンズー教徒なわけでもない
インドカレーのレシピ本にもビーフカレーは載ってる

126 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 17:22:22 ID:3G6P9gwy0
>>123
クールーとかいったかな?
しかし、BSEの原因がクールーだったとすると、同種食いをしたり
牛に共食いをさせてきた人間に対する天罰とも言えるかもしれないな。

127 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 17:37:40 ID:U/6tFL1p0
>>124 フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!!

128 :名無しさん@6周年:2005/09/03(土) 17:52:02 ID:kBQx5U4y0
犬食ったりカタツムリ食ったり鯨食ってるうちが華だな。

129 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 08:04:48 ID:aD840KvO0
えげつない記事です

対日制裁法案は不可避=牛肉禁輸、「我慢の限界」に−米業界団体

 【ワシントン3日時事】米最大の食肉加工業界団体、米国食肉協会のパトリック・ボイル会長は3日までに、
日本による米国産牛肉の輸入再開の遅れについて、「我慢の限界だ。米議会で対日制裁に向かう法案が
出てくると思う」と述べ、早期再開が実現しない限り、制裁が避けられないとの認識を示した。
時事通信とのインタビューで語った。
 同会長は、日本が輸入を禁止した20カ月間に「アメリカ人は500億ポンド(約2300万トン)の牛肉を安全
に食べてきた」と強調。その一方で「7つの牛肉加工場が閉鎖され、1万人の職が失われた」と、カナダや
日本との牛肉摩擦が食肉加工会社の経営を圧迫している現状を説明した。 
(時事通信) - 9月4日7時2分更新

130 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 08:15:21 ID:dMdHSQe60
さすがKKKの国だな

131 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 08:54:10 ID:t5C4rpza0
>>129

まぁ…勝手だが自由な商売をするのがアメリカであるし、
当然対日輸出で食ってきた業界団体はそれくらいのことは言うだろう。
日本がわの対応でまずいのは、純粋にBSEが恐いので輸入ストップしているだけということをきちんと説明せず、どのようにすれば輸入再開するのかの明確な基準を伝えていないこと。
それをしないので、アメリカ側からはBSEを口実にして、国産牛業者をたすけているように見える。
実際、国産牛の業者は儲かっているしね。


132 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 09:26:43 ID:UlpRGztm0
18世紀ミイラは汽車の燃料に使われていた

133 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 09:49:12 ID:ZXBZVcbU0
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

134 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 09:52:58 ID:PK4x4TlD0
うぇっぷ げろげろ(AA略

135 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 11:47:14 ID:OonCo0540
アイヌの墓所を調べると頭蓋骨が開けられているものが多く
「手術痕?」「儀式のあと?」「人肉食の風習?」と騒がれた

木乃伊(ミイラ和名)は不老不死の妙薬として
輸出されたり本土で消費されたりしていた
アイヌは冷たい環境で土葬されるので
屍蝋化ミイラになっていたケースが多かった

死蝋
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
死蝋(しろう、「屍蝋」の表記もある)とは永久死体の一形態で、死体が外気と長期間遮断された結果、
腐敗せず、死体内部の脂肪が変性し死体全体が蝋状・チーズ状になったものである。
ミイラとは異なって乾燥した環境ではなく、湿潤かつ低温の環境において生成される。

イタリアのシチリア島にあるカプチン修道会のミイラ墓地に安置されている
ロザリアのミイラは世界一美しいミイラとして有名な死蝋である。




136 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 12:35:25 ID:YgkPmoYu0
>>131
いやもう条件は伝えてあるのだが。BSE発生した国からは全頭検査。
これさえ満たせば今すぐにでも輸入OKになる。日本国内と条件一緒だから、
別に差別待遇でもないしね。

137 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 16:19:11 ID:wkiEm6Lo0
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

138 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 16:22:23 ID:1YQbAQqQ0
そういえばクールーとかいう病気って人食い民族で流行したんだっけ?
ほんとに人間が原因だったらすごいな。

139 :名無しさん@6周年:2005/09/04(日) 18:59:01 ID:wkiEm6Lo0
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

140 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 00:50:13 ID:Jfam1nxi0
>>135
ロザリアのミイラが気になったのでぐぐってみますた。
ほんとにキレイ。
そっとしてあげたい優しい気持ちになりますな( ´∀`)
ttp://homepage1.nifty.com/and-m/kaigai/italy-2004/2004-07-18-palermo/palermo-221.jpg

141 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 06:54:37 ID:sPMdutnz0
>>131
136さんも言ってる通り、「こうすれば輸入再開するよ」という基準は
アメリカ側に明確に伝えている。日本側の提案をことごとく蹴り続けて
いるのがアメリカ。全頭検査で実態が公になるのがよほど嫌なんだ
ろうね。

ところで国産牛の業者が儲かっているというが、儲けが出ているのは
流通くらいのものだろう。生産者のほうは、もともとたいして儲かる業
界でもないし、BSEショックで青息吐息(つーか一時は壊滅状態?)
少なくともここんとこの高値程度では、叩かれにゃならんほどの儲けは
出ちゃおらんよ。焼け石に水といったあたりが正解じゃないかな。


142 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 06:55:39 ID:CW+UZ2hL0
なんですか人間の遺体を含んだ飼料って

143 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 07:01:50 ID:9kGqlFO/0
さすが英国紳士
都合の悪いことは人のせいですか
シナ畜・鮮人並みですねw

144 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 07:01:53 ID:kN5JJgv70
肉骨粉の原料の写真(英国)
http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/byori/NIAH-Atlas/BSE/Rendering-01.JPG
ここから牛エキスとか牛脂も英国は作っているようだね。
日本はどうなってるんだろう。
http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/byori/NIAH-Atlas/BSE/BSE.html



145 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 07:07:47 ID:klOPRajb0
つかこれが外交というもんだよな
援助金ばら撒くのとは違うって

146 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 07:53:53 ID:n1bERoIE0
南アジアから輸入された人間の遺体

ここだけ切り取るとキモイ

147 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 08:03:28 ID:ZavHTlZy0
つまり一地方の奇病を世界中に広めたのはイギリス人

ってことか?
あれ?

148 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 08:11:30 ID:odPtJR7m0
>>98
ビーフカレーて、英国料理とちゃうん?

149 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 08:43:31 ID:e3qdIzA90
>>118
大丈夫。そんな心配はない。
彼らはそもそも日本にすら興味ない人たちだから。
イギリスでアジアといえばまずインド。次に香港。
日本って言葉は最初に連想されない。

ただし香港は日本の属州だったところで、
日本は中国と陸続きだと思っているけどな。

150 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 08:58:51 ID:LJ6p4XEB0
この説に従うとインド(特にヒンズー)や周辺のパキスタン、バングラディシュ
で伝達性のプリオン病(TSE)が蔓延していたということになるな。

151 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 09:18:38 ID:B1C9tzNi0
↑羊食うとこばっかですな、、、

152 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 09:31:18 ID:ke5OxsRxO
南アジアでは羊の脳みそを半生で食べる習慣がある。

舌ざわりはウニに似るらしい

153 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 10:13:50 ID:MSzIfmet0
>>45
病気の馬の死体が良く使われたそうだよ

154 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 10:36:48 ID:Nd7hCibV0
>>45
つ「ストロングホールド」

155 :名無しさん@6周年:2005/09/05(月) 16:48:41 ID:x0AyJIvc0
>>144
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

156 :エラ通信 ◆gP4zUfPIfs :2005/09/05(月) 16:51:17 ID:vb1Nxpgd0
フランスで畜産農家の粉砕機使って、裏切り者を処刑した
韓国CIAの暗殺事実がのむひょん政権によって暴露されたな。


157 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 10:34:35 ID:Y+JjlktW0
age

158 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 14:52:34 ID:8jmXL5zF0

鳥葬やってる地域は大丈夫なのか?

159 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 14:55:06 ID:VNJ55LDk0
>>158
鳥インフルエンザ

160 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 15:15:02 ID:1fEDlU580
ひどい記事だな。
ようやく狂牛病の発生は異常プリオンの蓄積と広まってきたのに、なんじゃこりゃだ。


161 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 15:32:32 ID:r/tqdwyKO
イギリスの責任逃れとしか思えないのは俺だけ?

162 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 15:37:45 ID:flb9XYLo0
イタリアンマフィアは死体を処理するのに養豚場に持ってくって話は聞くよな。
ホントかどうかは知らんが。

163 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 15:44:52 ID:8InDVfp80
>>161
この仮説を立てるには少なくても英国で狂牛病が蔓延する以前にインドのヒンズー
社会で伝達性のプリオン病(TSE)が発生していたという事実関係を明らかに
しておく必要がある。そうでないとイギリスの責任逃れと言われても仕方がない。

164 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 15:52:49 ID:3tFo1mSk0
ランセットってたいした雑誌じゃないんだな。
IF高いのに。

165 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 15:54:49 ID:bK/yrx6b0
間接人食か。間接クールー病だったんな変異型は

166 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 15:58:19 ID:7Jue/eel0
こないだディスカバリーでやってたんだけど、どっかの裸族の女性のみに
狂牛病が慢性的に発生していて、調べたら人肉を喰う習慣があった。
亡くなった人物の力を部族のみんなに残すって意味で、男は遺体の肉を、
女は脳を喰う、みたいな感じだった。
それのおかげでその部族の女性は子供の頃から狂牛病で当たり前、みたいな。


167 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 16:42:46 ID:ot4rGfn/0

 おまけスレ立ったね、

【BSE】BSEの起源はヒトの伝達性海綿状脳症?インドのヒトの遺体から感染という新説
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1125981244/1

168 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 16:46:56 ID:Y+JjlktW0
>>166
それ間違いだと思う。食べるのは女と子供のみ
1度葬式に参加した人数の95%が発症とからしい。


169 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 16:53:05 ID:hqn1HyJI0

南アジアってことは、朝鮮半島の南半分かw?

170 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 16:53:34 ID:CLYkuxyw0
牛→人間
↑  ↓
人間←牛

合理的な食物連鎖だな

171 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 16:54:55 ID:EVyiQPEm0
ひえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

172 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 17:02:22 ID:mHHQca4m0
>>166
ディスカバリー・チャンネルってアメリカの局だよな。
だいぶ余計な演出入ってたんじゃないか?

人間のプリオン脳症であるクールーが、人肉食(共食い)から来ている
ことは確か。近親者が亡くなった場合、その肉を食べる習慣があったと
いうのも事実。
ただしこの病気が女子供に多かったのは別の理由。
日ごろから、狩りの獲物などは力の強い男たちがまず食べてしまい、女
子供には十分に行き渡らない。その代わり、または日ごろ足りない栄養
分の補給という意味もあったのか、死者の肉は男たちはほとんど口をつ
けず、女子供に優先して配分された。それが原因。

173 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 17:04:47 ID:feG2LzJX0
イギリスの植民地が原因てこと?

174 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 20:59:11 ID:kA9dJZOq0
>>25 >>27

つうか、いい加減誰か訳しやがれ!





おながいします。

175 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 21:03:21 ID:ot4rGfn/0
>>174
( ゚Д゚)マンドクセーかったの(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ。自動翻訳じゃ(´・д・`) ダメ?

176 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 21:36:13 ID:26+Ntgmw0
共喰いはダメだなやっぱり

177 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 21:41:49 ID:fJ2ueTEb0
>>170
うはwwww世界は牛さんと人間だけでおkwwwwwwwwwwww

178 :訳してみたよ:2005/09/06(火) 22:42:19 ID:SXWV+LQt0
>>27葬式の慣習

英国では1960〜1970年代に肉骨粉と肥料の材料として何百何千トンもの骨(完全なもの、砕かれたもの)や死体の破片を輸入していた。
その50%近くはバングラデシュ、インド、パキスタンから来ていた。それらの国では、郊外や川から収集した大量の骨や死体の売買が地域事業として行われている。
ヒンドゥー教の葬式の慣習では、人間の遺体は河川、可能な限りガンジス河に流されることになっている。遺体は火葬に付すことが望ましいにもかかわらず、多くの人は火葬に必要な量の木片を集めることができないでいる、とレポートの作者は伸べている。
ガンジス河はヒンドゥー教の中で重要な位置を占めている。
時には女の死体の骨盤や、男の死体の胴体がほんのわずかに焼けているだけでも十分で、ほとんどの死体はそのままの状態でガンジス河に投げ込まれる。
「ガンジス河の汚染については、ありとあらゆる公衆衛生上の懸念がなされています。」とレポートの作者であるケント大学のアラン・コルチェスター主任教授はBBCニュースウェブサイトに話している。
「しかし潜在する問題への全ての認識をもってしても、誰一人、稀ではあるが大変重大な危険(=BSE)の原因が、変異型CJDで死んだ人の死体であるとは思ってもみなかったでしょう。」
人間の死体がレンダリング処理用の粉砕機に入っていたというのだ。そして1960年代のうちに人体の一部が肉骨粉の原料としてアジアからフランスの港に運ばれていることが確認されている。
環境食料農林地域省のスポークスマンは2001年の調査結果のレポートに沿って、BSEの起源は今までの仮説通りスクレイピーである、と話した。
しかし、同スポークスマンは、新たな結果に対して当機関では柔軟な姿勢をとるとも話している。

どう?

179 :名無しさん@6周年:2005/09/06(火) 23:05:59 ID:bAEfFyv80
牛葬━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!


180 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 00:13:00 ID:ZtcIH+v00
-

181 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 00:18:01 ID:aHRKN5HL0
カランバ

182 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 00:25:43 ID:BWgCR+rb0
ロザリヤ

http://sonata.littlestar.jp/roza0.jpg

183 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 00:31:59 ID:DqZhaD390
>>172
脳や脊髄を食べた人が感染、とかいってるけど、
葬式参加者の女性、子供の9割以上が感染したんだったら、
脳や脊髄だけの問題じゃないようなきが汁

184 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:04:35 ID:831zKAEM0
これは一つの可能性の域を出ないだろうな。


185 :試されるだいちっちφ ★:2005/09/07(水) 01:10:29 ID:???0
dat落ちした場合の移動先は科学ニュース+になります…

【BSE】牛海綿状脳症は人間の遺体が感染源? 輸入飼料に混入の可能性
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1125719336/

186 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:12:04 ID:xbmRNHma0
旦那の精子を飲んだら共食いになるの?

187 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:13:53 ID:u3a4d87s0
ダメだ!!!ダメだ!!!!
俺達は死ぬ!死んでしまう!逃げられない助からない!
時の経つのは早い!あっという間に死ぬ日が来てしまう!
80年生きたとしても短いのに、俺達の周りは死の危険で埋め尽くされている!
明日に死んでも全くおかしくない!
地震、交通機関での事故、殺人、突然死、地球の滅亡、新種の病気

結局は何も考えられないものになってしまう!
そして1番恐ろしいことは、宇宙ですらいつか無くなるということだ!
輪廻も転生もない!
俺達はこの運命から逃れられない!
ダメだ!ダメだ!ダメだ!ダメだ!


188 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:16:13 ID:Venmts5o0
おいおいおいおい!人間食わせたのか!アジアって奴は・・・

189 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:18:03 ID:ZjbUVIh00
>>184
人間が人間を食べていたという事実に対しての考察を明るみに出してきただけでも功績が
あると思うね。

考えさせられるよ。究極の飢えと、生命の本質みたいなところを考えさせられる。

190 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:19:33 ID:sxJLU9uW0
南アジア=中国

191 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:19:53 ID:R7JBKHg+0
これ、クールー病のことを言ってるんだろうな。

192 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:21:20 ID:34RaSybC0
どうせ華僑が経営する会社だろ

193 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:22:34 ID:jihZG8NdO
>>183
昔もあったのかも。
江戸時代は飢饉になると子供を喰ってて、一気に人口が減ってた。

194 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:23:02 ID:cziamlqi0
早い話ヤコブ病患者の肉使ってそれを牛食ったからだって言いたいわけだろ?
何か論点そらそうとしてかえって自滅してる印象。

195 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:23:40 ID:Venmts5o0
鳥葬の塔だったか。そんな小説を思い出した。人間の遺体を鳥に食べさせるんだよな。

196 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:24:29 ID:ygEy6SS90
>>172 それちがうよ。葬儀の際の食べる部位が男女子供で違うからだよ。
   脳は女とか子供が食べるから、ほとんどが発症するのは女や子供だったんだよ。

197 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:24:40 ID:L3cbUX6A0
ひ、ヒト骨粉!!!!!

198 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:28:19 ID:14LnI1M90
おじいさんが川で沐浴をしていると、川上からどんぶらこっこ、どんぶらこっこと
妊婦の遺体が流れてきました

↑ガンジス川でよくある日常風景

199 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:29:38 ID:Qjx90K0j0
ソイレントグリーン?

200 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:32:11 ID:+M7sDkgh0

BSEは○国が発祥の地です!

201 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:34:46 ID:jihZG8NdO
つか、東日本は近世まで飢饉になると人喰ってけどタブーだよな。
九州勢が幕府を倒したのは飢饉でも虫を喰えたから。

202 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:35:55 ID:cziamlqi0
英国>>>>>>>>>>牛>>>>>>>(超えられry)>>アジアの植民地

あっちはこういう認識か。

203 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:40:36 ID:SNK+nV4W0
>>186
なります。

204 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:46:24 ID:ZjbUVIh00

日本だと、鬼子母神っていうのがあるよねあれくらいなのかな?
(これも、オリジナルはインド仏教だものなぁ

205 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 01:57:34 ID:jihZG8NdO
>>204
ヤマンバや安達ヶ原の鬼婆は?

206 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 02:48:45 ID:Jt5KJlPS0
ま た 中 国 か 

207 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 02:59:25 ID:gYtdeeUJO
>>193
よう、チャン。

208 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 03:24:05 ID:vV/f8QN90
('A`)

209 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 03:39:53 ID:CvazV8Ir0
南アジアまで行かなくてもなんでも世界初の国が隣にあるだろう

210 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 04:13:38 ID:rUIF/B+J0
>>1
自分の国が大元とされたくないから、必死で他国のせいにしようとしてるんだろ
相変わらずセコイ連中だ。南アジアって事はインドか?生贄にされたな

211 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 04:19:27 ID:ehe7vPMN0
>>210
そっちは、そっちで政治的なベクトルの問題だよね。
ここは現在、科学的論証?といってもlancet自体が?ですし元論文がないもんですから

人食いの文化論みたいに終わってる

212 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 11:33:15 ID:DqZhaD390
十勝の食材「うまい!」 帯広で農畜産物集めフェス
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050905&j=0042&k=200509055172

【社会】「おかしい牛、埋めた」 その数40頭…北海道の酪農家
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1125035716/

北海道ってなんかおかしくね?

213 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 11:36:02 ID:CA1QVU2H0
凄い話だな。
マジネタかよ。

214 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 11:42:38 ID:9n0QBoz+O
>196
それ間違いだと思う。
一回の葬式に参加した約五十人の95%以上が死亡している例が報告されてる。
脳や脊髄だけの問題だったらそんなに死ぬか?

215 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 11:49:29 ID:j/tjkRGv0
まあ土人は近親相姦あたりまえで
兄弟間のセクースもあたりまえだしなあ

216 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 12:01:11 ID:y9P8nAEz0
人肉を食う習慣って中国では18世紀だったか19世紀だったかまであったはず
なんでも死人の肉を食うことでその人が体内に残るだのなんだの


217 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 12:09:54 ID:qByGjM+Q0
家畜の飼料にする肉骨粉の製造機械に放り込めば簡単に消滅できる
なあと考えると恐い
昔のドラマで車をスクラップにする圧縮機械に車ごと放り込んで
小さな鉄の塊になって終りなんてシーンがよくあったなあ

218 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 12:15:00 ID:Y4isqziO0
>南アジアから輸入された人間の遺体を含んだ
>飼料が感染源だった可能性があるとする

どう転んだらこう言う経路になりえるのか理解できん。

219 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 12:41:05 ID:qe6yb6md0
このまえ輸入ショップでタイカレーのレトルト買ったんだけど
家で御飯にかけたらゴムの塊が入っていた
店に問い合わせたら新しいのをやるといわれたが食べる気がしなくなったので泣き寝入り
思うに向こうの国はあんまり品質管理に細かくないんじゃないの

220 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 12:54:32 ID:/qPCP46z0
>>219
昔、俺の給食に輪ゴムが入ってた。

221 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 13:18:48 ID:ARLs3TvbO
>>220
可哀想に…
辛かったねぇ

222 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 13:52:28 ID:vsBCtFX/O
》220
くつに画鋲とか入ってたろ?

223 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 13:54:00 ID:kffhGf1a0
>>216
中国は、今でも赤ん坊食う地方があるんじゃなかったか?

224 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 14:04:53 ID:YVLS98rK0
>>216
20世紀初めまであったんぢゃなかったっけ?

225 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 14:19:02 ID:DqZhaD390
>>219
【食品】ヱスビー食品スィートバジルシード回収 猛毒アフラトキシン発生の可能性[9/6]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1126064697/

タイ産だって


226 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 15:25:53 ID:j/tjkRGv0
セブンイレブンの
中国産のウナギの養殖場なんか
ウナギの餌に病死した牛とか豚をそのまま養殖池にほりこんでて
ウエーだったよ

227 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 15:29:14 ID:KBFx2dcf0
>>178
おまい頭良いな

228 :名無しさん@6周年:2005/09/07(水) 15:37:17 ID:iWSdORxz0
中高の理科室に展示してある人体模型のパーツなんかは、そういえば、
インド人のものが多いという話を聞いたことがある。
手に入り易いからだとか。

死体集めて、必要なパーツを採って、残りを処分して、
その残りが骨粉一般になっても、別に不思議じゃないよな。

229 :名無しさん@6周年:2005/09/08(木) 04:33:01 ID:UkV1P2YP0
('A`)

230 :名無しさん@6周年:2005/09/08(木) 05:27:36 ID:cNU89XEC0
いまこのスレ読みながらテレビ見てたらこんなの放送しててビックリしたw
http://www.6park.com/life2/messages/47743.html
パンだって

231 :名無しさん@6周年:2005/09/08(木) 05:28:40 ID:Uxm7MA2+0
アジアが悪いんだってよ。
黄色人種が悪いんだってよ。

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)