5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】在米日本公使の中国批判論文「民主主義不在〜ナショナリズム扇動〜日本たたき」がワシントン・ポスト紙に掲載

1 :どろろ丸φ ★:2005/09/25(日) 11:16:26 ID:???0
★ナショナリズム扇動、統治正当化する中国 在米大使館・北野公使が米紙に論文
 日本と中国との間の紛争をあおるナショナリズムの管理には民主主義が最も有効であり、
非民主的な政権ほど統治の正当性を国民のナショナリズム扇動で保とうとする−という趣
旨の論文が在米日本大使館公使により米国の新聞に寄せられ、二十三日、掲載された。
中国の民主主義の不在こそがナショナリズムを過剰にして、日本たたきを生む、と示唆して
おり、外務省関係者の意見にしては珍しく、中国の政権の独裁体質に対する正面からの
批判となっている。

 在米日本大使館の広報担当の北野充公使が書いた同論文は「ナショナリズムと民主主
義」「東アジアでの出発点」という見出しのコラム論評として二十三日付のワシントン・タイム
ズ紙に掲載された。

 同論文はまず、日本と中国との間の領土紛争でも反日デモでも、あるいは中台関係でも、
「ナショナリズムの管理こそが将来の東アジアの安定のカギであることを想起させた」と述べ
るとともに、「東アジアでのナショナリズムの管理には民主主義が最も重要で有効となる」と
主張している。

 同論文はさらに「外交で最悪のシナリオは一国の政府が自国民のナショナリズムを他国
に対し扇動することだが、対外的ナショナリズムが過剰となっても、民主主義国家にはそれ
を抑える機能があるのに、非民主的なシステムでは政府のその種の行動はチェックされな
い」と書き、明らかに中国の独裁体制の欠陥を指摘した。

 同論文はまた民主主義とナショナリズムに関して「アジアには統治の正当性を民主主義に
基づく法的合理性ではなく、全体主義やイデオロギーに依拠する国が存在する」としたうえ
で、その種の非民主的国家について「その統治の正当性が崩れそうなときは指導者たち
は国民の間にナショナリズムの炎をあおる」ことで正当性を回復しようとする、と述べる。
同論文はこういう場合にその国家の紛争相手などにとっても「ナショナリズムの管理は非常
に難しくなる」としている。だが民主主義国家ではナショナリズムを使って、政権の正当性を
印象づけようとする必要はない、とも同論文は主張する。
=2以下に続く=

2 :どろろ丸φ ★:2005/09/25(日) 11:16:48 ID:???0
(続き)

 北野公使のこの論文は中国の名指しこそ避けた形だが、その批判の対象は明確に中国
であり、中国の民主主義不在を中心テーマに据えて日中関係を論じるというスタンスは
外務省では珍しい。このスタンスは民主主義の日本が一党独裁の中国に「歴史」や「靖国」
で道義性劣等を非難されることは放置できないとして「六十年間の民主主義の実績」をあげ
て反撃する最近の外務省の新たな姿勢の反映のようだ。

産経:http://www.sankei.co.jp/news/morning/25pol002.htm

3 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:18:10 ID:DtV3jmrV0
【高知】「中韓の反日は感情に駆られた盲目的な行動だけではない」県革新懇、九条改憲阻止訴える(09/25)
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1127613341/


4 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:18:14 ID:Zbz5k2920
よくぞ言ってくれた

5 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:19:40 ID:NUnIOtpR0
まぁ、当たり前の行為だけどな

6 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:19:43 ID:MObH8DUy0
北野氏GJ!

7 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:20:40 ID:fPHBH7G30
やっと言うべきことは言うようになったのか。
それにしても、掲載は産経新聞だけかな?

8 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:20:54 ID:xzyU70LA0
やっとまともな分析が政府関係者から出たね

9 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:20:56 ID:op4eyaU70
言うたれ言うたれ。

10 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:21:14 ID:cDUVwCNV0
公使なんぞでなく
総理大臣が明確に云うべきことだろうが。

11 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:21:28 ID:Ek4EfOOn0
田中均が辞めた効果が出てきたか

12 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:21:35 ID:enWlLYYg0
外務省にもマトモな奴がいたのか。
北野公使覚えておこう

13 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:22:37 ID:8ZTQueOs0
北野公使 GJ

中華民国と共産党は体質そのものが違う

アジア開発銀行の中国における融資を撤廃させろ

14 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:22:39 ID:gcqz3kjY0
正しい

15 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:22:51 ID:sCkJan0O0
福沢諭吉 「脱亜論」(明治18年)
 日本の不幸は中国と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。


16 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:23:32 ID:SaZm2XMR0
まあこれがきっかけで仮に左遷されたとしても、どっかの大学教授あたりに
再就職できそうだしな。ペーペーの外交官ならここまでできんだろ

17 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:23:48 ID:uhClCkZ30
>反撃する最近の外務省の新たな姿勢の反映のようだ。

よし!そのまま行け!!

18 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:24:01 ID:UkETX7VB0
>>1
> 非民主的な政権ほど統治の正当性を国民のナショナリズム扇動で保とうとする−という趣

なんか、ナショナリズムで人気を得ている今の小泉首相のような・・・

19 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:24:07 ID:C+1wVqHK0
日本の歴史は学問
中国の歴史は宣伝
韓国の歴史の妄想


だってさ。

20 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:24:36 ID:MtcwxEfT0
>>1
スレタイで、ワシントン・ポストじゃなくてワシントン・タイムズだよ。

21 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:25:00 ID:d9hN6dLH0 ?##
外務省は弱腰でしょーもないとばかり思っていたわけだが、少し見直した。正論を言える人物もいたのだな。

22 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:25:05 ID:mIpzMjAE0
まだ日本にもまともな公使が残っていてくれたか。
チャイナスクールの売国奴の反応が見たい。

23 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:25:09 ID:9oFdmOw10
北野さんGJ!!

24 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:25:56 ID:UosMnsehO
お、アメリカ人外交官の論文じゃなくて、日本人側から出たのか?
蝶GJ!

25 :どろろ丸φ ★:2005/09/25(日) 11:26:28 ID:???0
>>20
しまった、ワシントン・タイムズでした。スマンス。

26 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:26:50 ID:QCDQtvxDO
歴史捏造?ああ日本人のことか

27 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:27:24 ID:iEyYqLTj0
ワシントンタイムズは統一教会系。

日中関係をこじらせて利益があるのは
朝鮮コリア。

28 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:27:35 ID:YviiScDl0
ワシントンタイムズって…

29 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:28:11 ID:C+ET/MXB0
ワシントンポストじゃなくて
ワシントンタイムズですか。
あらま

30 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:28:30 ID:fPHBH7G30
>>20 ほんとだ。ワシントンタイムズだ。ちょっとがっかり・・・

以前、阿川公使(阿川佐和子の兄)も中国批判の論文かなんかを
アメリカの新聞に投稿してたな。

31 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:28:39 ID:U9Lu/OXa0
外務省にもようやくまともな日本国民が現れたな。

でも、彼の出世、それどころか仕事続けられるかが心配

32 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:28:50 ID:bUAnXauQ0
>>18
小泉はナショナリズムなんてなんも出してないけど。


33 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:29:11 ID:yOpfHQYz0
支那は事あるたびに抗日戦勝60周年だの、対ファシスト勝利記念だの言っているが、
ここらで誰かが、今の支那そのものがファシストそのものであるという事を
大々的に言ってやるべきだ。

34 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:29:38 ID:OAd4Cc400
小泉の功績だよな。これまでなら確実に更迭だろ。

35 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:29:40 ID:0HVVjJNf0
4000年の歴史上、一度も選挙を行ったことがない国!それが中国!

36 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:30:40 ID:y0rZ9xQV0
>>2
リンクURLは>>1にいれるべき

37 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:31:01 ID:wBN4KKd80
新聞赤旗で一面にのせたら次の選挙で「日本共産党」にいれる












やっぱやだ

38 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:31:37 ID:aPpxP0IB0
これってまさに正論だよね

39 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:31:45 ID:i56P8ydG0
ワシントンタイムヌズとポストじゃ月とスッポンだな。

作り直しなさい。

>>1

40 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:32:43 ID:P+QIsYeg0
日中記者協定の実情を世界に晒してください。
元首相が、新宿のピンサロで騙されたオッサンの末路みたいなことになっちゃてます。

41 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:32:56 ID:iY8T78ywO
>>26
臭い

42 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:33:21 ID:eHB+9BSr0
ワシントン・タイムズか・・・・

43 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:33:27 ID:K78hPvtL0
>>35

    中国40年の歴史です、お間違えなく!!!



44 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:33:47 ID:S7prr8ub0

チュウゴク人の言う歴史=正史は権力者の作った捏造歴史って意味だよ。
西欧や日本で言う歴史事実とこの正史とは全く違うモノ。
中華思想の国の歴史認識なんて本気で信じてる奴はチュウゴクにも居ないw。
チュウゴク右翼とチョウセン人、中凶の傀儡マスコミに毒された日本人だけだ。


45 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:34:13 ID:mjldUhaY0
日本のナショナリズムを中国のそれと同様に扱おうとするマスメディアが多すぎるよね。
また、日本の民主主義と韓国の民主主義を同列に扱おうとするマスメディアも多い。




46 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:36:26 ID:UkETX7VB0
>>32
「どんなことがあろうとも!8月15日にかなっらず靖国に参拝する!」
と怒鳴り上げて自民党総裁となり
支持率が下がったときに電撃訪朝で拉致事件を認めて貰って支持率を上げた

ナショナリズムに強く訴える手法で国民にアピールしている。
国民の側も、従来は強すぎるリーダーシップは敬遠していた
(総理は、「指導者」などではないと最近まで考えていた)のが
最近は「強い」「頼れる」「引っ張ってくれる」「指導者」
を求めるように、若年層を中心に変わって来たことにも上手くマッチした。

47 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:37:09 ID:RyQtBlGE0
>>1
スレタイ長すぎ。せっかく文章書きが趣味なんだから、努力しろ!

48 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:38:45 ID:fB1Wim/o0
当たり前っちゃ当たり前の行為だけどGJ

49 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:41:22 ID:M0RYdvP90
日本のナショナリズムを軍事的に抑えてるのは米国だけどね。

50 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:41:25 ID:nnjq0wsm0
>>46
ナショナリズムとリーダーシップがごっちゃになってるんだが

51 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:41:41 ID:3OPIJ8ZCO
支那イズム・・かなり危険やね。

52 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:42:27 ID:dbF4Obj50
ナショナリズム扇動ってことでは、韓国も一緒と違う?

53 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:42:54 ID:zIBi2t5b0
お前の国が言うなよ


というつっこみが入るだろうな。

54 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:43:01 ID:fKj9voAJ0
チャイナスクールが地団駄してるのでは?w

55 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:43:42 ID:gTiFOADJ0
選挙のある国とない国
これが全て

56 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:44:14 ID:J3bBOO940
軍靴の音が


57 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:44:55 ID:pU+Cu3Jd0
原文が読みたいな。


58 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:44:56 ID:cd++Ufj90
いいぞ駐米公使!
次の駐米公使は斎木さんに決定済みらしいから、いい時代が続くな。

59 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:44:57 ID:nnjq0wsm0
>>52
あれは煽動じゃなくて天然じゃないかな…

60 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:45:21 ID:82hU6Pts0
外国からは日本は民主主義国とは見られてないし、
中国の外交姿勢は昔と変わらずで日本が右傾化してるだけだしね。

つうかそんな話以前に、日米ともに中国が最大の貿易相手国なんだよな。
反中で騒いでいる間に宗主国のアメリカ様はとっくに
日本<<<中国ってなってるよ。

61 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:45:56 ID:mthK52tJ0
>>52
>「アジアには統治の正当性を民主主義に基づく法的合理性ではなく、全体主義やイデオロギーに依拠する国が存在する」
この全体主義やイデオロギーに依拠する国が存在するってのが韓国にも当てはまるね。


62 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:45:58 ID:03sRKfMA0
まだまだ問題点も多いが、町村が大臣になってから外務省は変わりつつあるな。

それに引き替え創価北側が大臣になった国交省と来たら・・・

63 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:46:13 ID:UkETX7VB0
>>50
民族主義、かつ強い指導者を求める人間が増えた、と。

つまり、自主性に乏しく、そのくせ民族愛に萌えているという。

人を愛するにはまず自分自身が自立すべきなのではないかなあ。

64 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:47:00 ID:7qpV56HiO
北野完璧。GJ!!

65 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:47:53 ID:x6Ug7lO00
>>18
いや、ナショナリズムといっても日本と中国では全く違うぞ。

中国は政府が率先して煽りまくり、日本の場合は政府が抑えるようとしている。
発生の経緯も、中国の場合は政府が国内の不満を外敵を作って逸らすのを目的と
して作り出したものであるにの対して、日本の場合は外敵の脅威に対抗する形で
国民の中から自然発生的に生じたもの。

諸外国に比べたら、今の日本のナショナリズムなんて大した事は無い。
まあ、朝日新聞がまた変節して、以前のように煽るようなったりしたら危険水域
に達したと言えるかも知れんが、現状ではまだまだ問題になるようなレベルじゃない。

66 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:48:49 ID:8pOpvjL40
半島もだろ

67 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:49:00 ID:H+e9YLlq0
>「六十年間の民主主義の実績」をあげ て反撃する最近の外務省の新たな姿勢

なにをいまさら・・・

まあGJだけど

68 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:49:12 ID:7zo/Yvpk0
公使て、どんな序列?

Aランク 米、英、支那
Bランク 露、仏、独
Cランク 加、伊、西
    |
(超えられない壁)
    |
カリブ海、アフリカ諸国

みたいな印象ですが。

69 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:49:39 ID:GNHd8OVL0
ナショナリズムって松下電器製品を崇める事じゃなかったのか。

70 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:49:55 ID:rnD6z49u0
>>66
中国に含む、でいいんじゃない?

71 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:50:27 ID:ykhQDH0P0
よし!!
おまえが左遷されたときはウチの研究所が雇ってやる!!

72 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:53:47 ID:y0rZ9xQV0
江沢民が15年かけて反日教育した世代が目を覚ますには、言論の自由と情報統制を
やめないと無理だろう。中国はどちらもやれないから、きわめていびつな形で経済だけ発展する。

73 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:54:09 ID:bFUNm6fF0
在米大使なんて、最高クラス、その最高レベルの人間だろ。
外務省もここまでいくとさすがにキレ方が違うな。

74 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:54:36 ID:tyhSQ4b+0

正論だと思う。
ただ、日本側にも侵略戦争を美化する右翼が政権内部や現職閣僚にも潜伏していることにも
触れるべきだな。

NYタイムズが日本と中・朝を同一視したように、日本も中国や北朝鮮と似た
政治体制ということも触れていないのも惜しい。













75 :(´-`).。oO ◆abcDBRIxrA :2005/09/25(日) 11:55:43 ID:V4wWz1tw0

  カキカキ
  ( ^▽^)
  ノ つ_φ))____
 ̄ ̄\        \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ┌──────┐
  │  グッジョブ  │
  └──┬┬──┘
        ││
   ( ^▽^) |
   ノ   う|


76 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:55:46 ID:0kJMp/mm0
ナショナリズム自体は、どの国にだって存在する
問題は独裁体制には、それを抑える機構が存在しない事

77 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:55:51 ID:J+cWV/vH0
こういう論文をアメリカで発表するのはもちろん有意義だが、本来はこれを
当事国である中国にきっちり突きつけるべきなんだよな。
実際には中国に対し外務省はなんにもやってない。
在中日本大使館は反日暴動のけじめとつける交渉すら有耶無耶のままやらず
あいかわらずほったらかし!
東シナ海油田に関し、一度でも王毅を呼びつけて抗議のひとつしたことあるか?
中国に正面切ってぶつかることを避けたまま何ひとつ解決するとは思えない。


78 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:57:21 ID:bUAnXauQ0
>>46
スレ違い

79 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:58:57 ID:J5TauFY50
スレタイに見てびっくりして読んだら・・・・
ワシントン・タイムズかよ。どうりで韓国の反日を非難していないわけだ。

80 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:59:03 ID:lh/xl0bu0
ニューヨークタイムズとは一味もふた味も

81 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:59:25 ID:bUAnXauQ0
>>74
それは触れる必要ない。
民主主義で表現、思想の自由があるいじょう、
必ず異なった思想をもつ集団がいるのは当たり前の話。
そういうのを内包することこそ民主主義。

82 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 11:59:34 ID:UkETX7VB0
>>76
> ナショナリズム自体は、どの国にだって存在する

国を動かす燃料だからね。これ無いと動かないし。
ただ、揮発性でラリってしまうこともしばしば。

83 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:00:19 ID:+XXP+5tq0
   ∧∧   
  / 中\   親中の橋本派が壊滅状態
 (  `ハ´)  その余波で外務省チャイナスクールも弱体化
 ( ~__))__~)  オカラも政権奪取失敗
 | | |     
 (__)_)   は〜、困ったアル

84 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:00:54 ID:jr9zMHsZ0
当たり前のことを当たり前と言っただけのことだが、それを今まで言わなかった事のほうが怖い。
この論文は、中国を名指ししないなど、適切な抑制を利かせたあたりも良さ。

85 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:01:49 ID:wPg1S8qn0
>北野公使のこの論文は中国の名指しこそ避けた形だが =X
北野公使のこの論文は中国・韓国・北朝鮮の名指しこそ避けた形だが =○

86 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:02:57 ID:tyhSQ4b+0

「日本権力構造の謎」K.V.ウォルフレン著

日本の社会に貫徹する権力は、ソビエトよりもはるかに根が深く、
日本人の人権や自由を抑圧し、苦しめている。
政治体制は、事実上の自民党一党制である。

民主主義国を偽装した日本の独裁体制にも触れないとね>北野行使殿















              

87 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:03:56 ID:x6Ug7lO00
>>60
ところが今回の衆議院選挙の結果は、特定アジアを除くと外国からは結構
高く評価されているんだけどね。
日本が政治面での評価を受けるなんて、戦後滅多に無かった事だぞ。

それと米国と中国の間では貿易摩擦が深刻化しつつある事は知らんのか?
為替や巨額の貿易赤字、中国製品の大量流入による失業、中国人スパイ
による技術漏洩など、火種が山盛りだぞ。

88 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:04:30 ID:cd++Ufj90
>73
大使じゃないぞ、公使だぞ。駐米大使は外務省最高地位だからなw

89 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:05:10 ID:Zx1u0j+E0
中国が民主化してもまず間違いなく迷走するだろうが
(韓国というサンプルもあるし)
とにかく民主化させないと始まらないからな
民主化して50年ぐらい経ったら少しは話しが出来るようになるかもしれん

90 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:05:35 ID:7VEA6rvI0
無駄な改行が多いのはヴァカの見本だな

91 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:05:53 ID:BC+CuaTc0
朝日新聞が激怒しますよ
こんな論文容認しませんよ
これから北京本部で作戦練って日本叩き、
外務省叩きを朝日紙面で全力でやりますよ

92 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:06:38 ID:UkETX7VB0
>>86
> 政治体制は、事実上の自民党一党制である。
議会を通じた祖国の侵略、に対抗するために
与党と野党が合併して自民党を興した経緯があるんだけどね。
それでも上手くやってこれたのは自民党内で民主主義と相互監視が行われていたから
最近までは。

> 民主主義国を偽装した日本の独裁体制にも触れないとね>北野行使殿
冗談じゃなくなってきたね。

93 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:07:18 ID:18eXxWKp0
>>67
日本は戦前でも、普通選挙による政権交代が行われていましたが。

94 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:07:26 ID:qjQ9aM680
【国際】中国軍拡「周辺諸国からの脅威がないのに何を目的に…」エーデルマン米国防次官が疑問
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1127610485/


95 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:08:04 ID:tyhSQ4b+0
>>87
>外国メディアからは今回の選挙結果は評価されている

郵貯や簡保の資産を食い物にしたい自国のハゲタカファンドの利益を代弁しているだけ
としか思えない。
政治面への評価ではなく、米流・新自由主義経済改革への評価だ。

中国と日本は同じ。






96 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:09:21 ID:wYcFQ9RO0
自民党独裁でナショナリズムを煽ろうとしてるのは日本の方だろ?
中国に謝罪も賠償もしてないし。
中国はアジアで唯一の人民民主主義の国だよ。何言ってんだろ>>1

97 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:09:51 ID:+PNxHaFr0
すばらしい!外務省ってこういうことも言えるところだったんだな。

98 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:10:42 ID:cJ5OFEwm0
こんな事書いていいの?中国の許可もらったの?もらって無いでしょ?

99 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:11:51 ID:BC+CuaTc0
田岡俊次(朝日新聞編集委員)

「有事法制の問題点について」 
http://www.kenpou.com/gk1-1tao.htm#senso
中国は軍事力がこの10年で激減しています。航空機は半減しました。
台湾のこの5年の武器移入量は中国の4.2倍で、差は開く一方です。
台湾では中国が攻めてくることはありえないと言われています。日本で
中国が脅威になるという話が出ているはバカげています。



100 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:12:00 ID:VoRTIjfw0
反日オンラインゲーム、どうなったんだ?

101 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:13:51 ID:xFfV+HLd0
オマエラ、害務省の計略に乗るな。
アメリカの新聞に記事掲載くらいでなんだ。
単なるガス抜きだろ。
韓国、中共への新たな土下座外交の始まりかもしれんぞ。


102 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:14:12 ID:x6Ug7lO00
>>95
民営化しても、今の350兆円という資産を外からどうこうする事はできんぞ。

103 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:14:14 ID:rD/FN2oD0
>>1
外務省も久々にGJ・・・と思ったらワシントン・タイムズかよ。あそこって
「統一協会の聖教新聞」みたいなモノだろ。

104 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:14:14 ID:JdGwNDm30




野中チャイナスクール派の売国奴官僚が粛清される中、当然出てくる論調だな。



このまともな流れはもう止まらないだろ。






105 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:16:03 ID:PjDCksSW0
>>99
田岡俊次(朝日新聞編集委員) の頭の中は、どうなっているのですか?
彼の目には、どんな現実が見えているのですか?
自分が見たいことが、現実にみえてしまうのですか?

一言でいって彼は妄想患者ですか?

106 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:16:29 ID:lq2ZBNO80
中国の反日高まる→日本も右傾化→中国人民ファビョる→人民暴動→中国アポーン


107 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:16:59 ID:zbe+yBN80
外交官としてまともに業務をするこういう人もいれば
チャイナスクールのように国益を売って自分の利益を図る奴もいる。

まあ組織ってそんなものかもね

108 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:17:38 ID:/eoCckIs0
載せた新聞がワシントンタイムズってのはどういうわけだ?
あれは統一協会系のクソ新聞だぞ。
ワシントンポストに蹴られたんじゃないだろうな?

109 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:18:14 ID:M0RYdvP90
>>86

その本は冷戦期の55年体制下で書かれたものだけど。
それにウォルフレンは日本に民主主義はないとは言ってないヨ。
官僚的権威主義が強いから政治権力の中枢を作れない問題点を
分析した。丸山真男の分析の延長だし、歪曲しちゃダメだよ。


110 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:18:40 ID:EXXRmwCDo
日本本国で言えないのは、相変わらずヘタレだろ

111 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:18:52 ID:Va5c4FtR0
在米大使館は、慶應の阿川先生を報道公使に起用したり、最近頑張ってるな。


112 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:20:27 ID:G+i0EFdT0
TVでアイリスチャンに反論できないで、あのトンデモ本の内容を正当化してしまったそうだからな。
むかしの駐米大使。

113 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:20:57 ID:SKU8DdMf0
>>99の田岡ってさすが朝日だと思わせる貫禄だな。
質より量。中国様そのまんまの思考だ。50年前の中国のw

114 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:22:49 ID:/zW0dxC40
素晴らしい

115 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:23:08 ID:QcaMxl+I0
ひどいな、まるで中国を基地外政府の欠陥国家みたいに言ってるじゃないか。

116 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:24:35 ID:PjDCksSW0
>>115
ひどくは、ありません。
なぜなら、事実だからです。


117 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:26:14 ID:V6BWzqsF0
民主主義を一番今欲しているのは軍を除いた中国共産党だと言う気がするが。。
命まで奪われない政権交代方法を確立したがってると思う。
問題は軍だね。党の軍隊を国防軍にし、シビリアンコントロール下に置くことはもう一回内戦起こさないと無かも。
あとナショナリズムは現地の週刊誌や新聞の影響が大きいと思う。「今年にも日本と開戦か」だしね。
書けば売れるから書いてんだろうけど。

118 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:26:22 ID:4Bf3RI460
まったく、チャイナスクールに入れなかった三流外交官はこれだから困るよ。


119 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:26:36 ID:fLdbkIg60
>>115
ゑ,違うの?


120 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:26:57 ID:pq+PIe8W0
>>116
優しすぎるくらいだな。
キチガイの欠陥国家というより、醜悪な犯罪国家が実態なんだし。

121 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:27:54 ID:ozEh+XQK0
これぞ自民圧勝の効果だね
やはり政治家がしっかりせんと官僚の首輪を繋いでおけない

122 :名無しさん@5周年:2005/09/25(日) 12:28:04 ID:HUl1eN6J0
 /?\
( `ハ´) これは内政干渉アル。
 /?\
( `ハ´) これは内政干渉アル。
 /?\
( `ハ´) これは内政干渉アル。
 /?\
( `ハ´) これは内政干渉アル。
 /?\
( `ハ´) これは内政干渉アル。
 /?\
( `ハ´) これは内政干渉アル。
 /?\
( `ハ´) これは内政干渉アル。
 /?\
( `ハ´) これは内政干渉アル。
 /?\
( `ハ´) これは内政干渉アル。


123 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:28:10 ID:BC+CuaTc0
「中国は人権侵害の金メダリスト」国境なき記者団がIOCに請願[050924]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1127560813/
「国境なき記者団」は8月、国際オリンピック委員会(IOC)ジャック・ロゲ会長に対し、
「中国は人権侵害の金メダリスト」と題した請願書を4,000人の署名と共に提出し、中共
政府に対して報道の自由を求めた。

同団は、世界で記者と評論家を最も多く監禁しているのは中国であり、海外メディアの
ウェブ・サイトも、数多く当局に封鎖されたと指摘した。外国人記者は中国での取材を
制限され、いつでも逮捕される危険性があるという。

例えば、「BBC国際部」のジャーナリスト二人が今年の7月、「地上げ屋」が雇った暴漢ら
による農民の大量虐殺事件を調べていたところ、北京郊外の数キロ地点で警察に逮捕され、
裸にされて尋問されたという。

同団は、2008年に予定している北京五輪の開催期間中に於いても、厳しい規制の中で
報道しなければならないと懸念している。同団が何度もロゲ会長に対して会見を求めたが、
未だに返事がないという。
 
IOCは北京五輪の祝賀ムードに浸って、報道規制の問題について触れようとしない。
さらに悪いことに、IOCの上層部の中に、中国のメディア規制を「独自な政策」として
認めている者がいる。


124 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:29:22 ID:li7exLv+0
週明けに中国が日本の小泉こそが独裁者であると
ピントのずれた発言をするかな。政府発表じゃなくて
匿名(w)掲示板あたりで

125 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:29:26 ID:HiyuVR550
この人がチャイナスクール出身でないだけのことかも・・・・

126 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:29:53 ID:B3iLDGQA0
美化してもいいじゃないですか。

戦争なんて美化しないと出来ないでしょ・・・。

127 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:30:01 ID:fKj9voAJ0
暗に中国・・

中国と堂々と明示して批判しろよ。もっとも米国人はそれが中国だと
誰でも知ってるが・・

10年前とは大違い。中国悲惨だなw

128 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:30:36 ID:UkETX7VB0
中国の総書記より、小泉さんの方が基盤が盤石で権力が集中してると思う。

129 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:32:47 ID:Qz9bBnAJ0
この論文「みんすすぎこく」の韓国にも当てはまる所が痛いねw

130 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:33:04 ID:7zTOiPF/0
中国人に批判されたら、正しい道をいってると思え

って格言がある

131 :***:2005/09/25(日) 12:33:22 ID:/KlyO1rd0
外務省も少しずつ変わり始めたな.
町村 GJ

132 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:34:05 ID:pq+PIe8W0
在米大使館 ご意見フォーム
ttp://www.us.emb-japan.go.jp/j/html/file/ikenbako.htm


北野公使にご声援メールを!
北野公使への労わりのメールを!

愛国行動への正当な評価をお願いします。

133 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:34:46 ID:fKj9voAJ0
野中か加藤の批判発言が来るなw

いま、中国政府と内容調整中

134 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:37:23 ID:P+QIsYeg0
反日のタイムズがねぇ。

共和党政権下のお膝元ワシントンだからこその記事なのか、
反日を乗り越えるほどの中国DQNぶりがなせるワザなのか判断つかない。

135 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:37:46 ID:BC+CuaTc0
【中国】迫害で死亡した中国人女性、生前迫害を証言した衝撃映像
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1124908789/

【動画】拷問、虐殺された中国人女性、生前迫害を証言した衝撃映像
http://www.seigiryouchi.org/
http://www.seigiryouchi.org/movie/zhenxiang/gaorongrong.ram
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d10206.html

http://www.epochtimes.jp/jp/2005/06/html/d12657.html
電撃で変容した顔写真を公開した中国人女性、迫害により死亡−大紀元[050622]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1119428189/

亡くなられました。合掌、、、

http://www.faluninfo.jp/2004/08/html/040820_phss.htm
この写真から、中国各地の留置所及び強制労働収容所で法輪功学習者が
組織的殴打ならびに拷問を受けている現状を垣間見ることができる。
このような拷問は、江沢民政権下ではごく普通であるが、当局はすべて
のこのような証拠を「国家秘密」として、厳重に警戒しているため、
このような拷問が写真に取られることはめったにない。

【告発】中国共産党による法輪功虐殺の事実【写真あり】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1101183665/401-500

136 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:38:23 ID:UkETX7VB0
小泉さん、国民に絶大な支持を受け、国会を完全に掌握し、全国の党組織を統制していて
党内の政策決定に主導権を持ち、内閣の長として政策を実行し、自衛隊の最高指揮官でもある。

これ見て、いろんなしがらみの中に生きてる各国の指導者がうらやましがらない筈がない。


137 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:38:50 ID:82iRjDo30
日本叩きが日本国内でも激しいよな
とくにこのスレ。

どんなことにも批判があるのは言論の自由が
ある健全な証拠だともいえるがw

138 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:40:43 ID:L2yAAQHm0
>>105
田岡元帥の事を悪く言うな!!!

↓軍板の元帥スレ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1110202685/

139 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:43:52 ID:UkETX7VB0
後は宣伝の力で野党を潰し、与党の人気を不動のものとして
後継者に後を継がせたら最高だろうな。

国民が望めば再度登板してもいいし。

140 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:45:34 ID:fJ/Pg/4y0
>北野公使

外務省の出世路線に乗っているねー
頭、いいんだうなぁ

141 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:46:07 ID:3TINQjhi0
最後まで戦うのなら評価出来るが
中国の反論が出た時に黙ってしまうようでは
中国の主張を認めた事になりかねないからね

142 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:46:17 ID:PjDCksSW0
>>138
大変失礼しました。
妄想患者では無く。筋金入りの売国奴でした。
無礼の段、お許しを願います。


143 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:47:44 ID:L+hTuNks0
>>95
言論の自由がある日本とない中国、
選挙がある日本とない中国、

一緒にするのは認知障害か?

144 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:47:58 ID:pq+PIe8W0
>>141
別に中国といってるわけじゃない。
中国が何か言ってきたら、それは心当たりがあるってことだろ。

145 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:50:09 ID:Llf7OGDP0
北野公使 GJ

中国に逆恨みされて
アメリカに住み着いた中国人に暗殺されたりしないだろーな(((;゚д゚))))

がんがれ、とにかくがんがれ北野氏!!

146 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:50:19 ID:82iRjDo30

中国は民主主義ではない。共産党独裁政権であり、

軍拡路線を継続している。

当たり前といえば、当たり前だが。

中国は共産党政権を批判する言論を許さない。

中国は賄賂なしでは成立しない国家。

コレも周知の事実だが。


当たり前のことだと、人間は忘れがちになるんだろうな。悲しいことに。

147 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:50:42 ID:Zy6WoLRp0
>アジアには統治の正当性を民主主義に基づく法的合理性ではなく、全体主義やイデオロギーに依拠する国が存在する

中・朝・韓の政権全てがそうだね。
韓国も元々上海で細々やってた抗日テロ組織が現体制を作った訳だし。
政権の正当性は全て日本を打ち破って(!?)祖国を解放したという論理に基づいている。

148 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:53:02 ID:nqHDpKrt0
ワシントン・ポストと勘違いして投稿したのか?

149 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:54:15 ID:UkETX7VB0
>>146
日本みたいだな。

150 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:54:46 ID:bs7ep2ly0
民主主義で日本は駄目になった

151 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:55:14 ID:KYV2Kbw/0
中国だけじゃなく北も同じだろ
言論の自由がないと言う意味では南も同じだ

152 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:55:47 ID:82iRjDo30
>>149
賄賂に関してだけはなw

153 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:56:42 ID:UkETX7VB0
>>152
いや、何から何まで。

154 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:57:50 ID:3bkepapR0
>>105
本当に頭がおかしい人に向かって「あなたはおかしいんじゃないか?」
ということは一般社会のルールに反するのだよ。
まあサトラレ保護法みたいなもんだ。

155 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 12:58:02 ID:82iRjDo30
>>153
じゃあ、民主主義に回帰しないといけないなw

156 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:00:56 ID:nqHDpKrt0
>>149
日本は小泉「改革」のせいで軍縮路線に入りましたよ

157 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:01:08 ID:UkETX7VB0
>>155
簡単には無理だろ、もう。

158 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:04:26 ID:hZjAEb/30


中国じゃなくて、韓国朝鮮も同じだろ?って言ってる奴は馬鹿?

この発言は、中国を名指ししてない、アジアにはそういう国があるって言ってる



つまり、読み手が判断すればいい、

159 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:05:43 ID:82iRjDo30
>>156
軍縮もアメリカと同様に再編の流れで盛り込まれたしな。

アメリカの大統領制、中国の三権掌握に比べたら、
日本なんて、まだまだ権力集中なんて進んじゃいないから、
もう少し推し進める必要があると思うくらいなんだがw

160 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:06:24 ID:qFJuSv7X0
アメリカのエリートやリベラル派の間では中国に対する幻想が蔓延している。
そういう連中の中国に対する典型的な見方はこうだ。

欧米リベラリストの典型的な中国観−−−中国が展開する非対称外交 (ル・モンド紙より)−−−
http://www.diplo.jp/articles05/0508.html
---------------------
 実のところ、中国政府の意図は、自国が第一級の地位を、ただしトップではなく中心を占めるような
多極世界の構築に参画することにある。
中国は、支配ではなく影響力の行使を目指している。両者の微妙な違いは字面だけのことではない。
この国が栄華を極めた11世紀から17世紀にかけて、世界最大の艦隊を保有し、高い経済力と技術力を
備えていたにもかかわらず、 ヨーロッパ人と違い、ひとつの民族も文明も滅ぼすことはなかったことを
思い出されたい。
---------------------
詰まるところ、中国は悪くない、中国をこうしたのは日本の野蛮な行為なんだ、という世界観である。
彼らはエリートであるが、そういうエリート相手に中国人エリートのアピールは非常に巧妙であり、
アメリカ人が何を言われれば嬉しいかを知り尽くしている。

日本人と中国人への好感度は一般層は日本だが、エリート層になればなるほど、アピール上手 で
コミュニケーションに長けた中国人エリートと接する機会の多い彼らの中国に対する支持は飛躍的に圧倒的に高まる。
逆に、日本に対する見方は逆に極めて否定的な物となる。
これは、日本人エリートのレベルがあらゆる意味で、特にコミュニケーション能力で圧倒的に中国人エリート
に見劣りするからである。 あの「レイプオブナンキン」の著者アイリス・チャンとと公開討論して一方的な敗北を
喫した挙げ句泣き出した駐米日本大使などはまさにその代表的な例である。

161 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:07:35 ID:FMfrmXr50
>>153

どこが?
自民党独裁は選挙による民意だし、軍事力は削減の方向にあるし(軍事費は少し上がってるけど)、
マスコミも知識人も反自民で口汚くののしるし、賄賂は無いとはいえないが、公共のサービスを受ける
さい、賄賂を要求されたことなんてオレは無いけど?

162 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:08:20 ID:BpUd94lo0
NYタイムイスが反日新聞だっけ?
ワシントンポストって反日だったような・・

163 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:08:55 ID:sWRLggtl0
ワロタ




1:【社会】「反日運動、"日本が戦争へ進むかも"という思い爆発したから」 革新懇記念講演…高知 52
4:【国際】中国軍拡「周辺諸国からの脅威がないのに何を目的に…」エーデルマン米国防次官が疑問 272
6:【赤旗】 「憲法大好き!9条でいこう!」 フェスティバルに婦人ら4000人参加 483
7:【社会】「赤旗降ろし、日本国旗掲げろ。中国の手先か」 16歳右翼少年、共産党本部に乱入★3 945
8:【社会】「大砲は人殺した道具。そんなもので平和考えられる?」 図書館前・大砲設置問題で、集い…沖縄 157
17:【政治】「小泉首相、年内に靖国参拝すると思う」 自民・山崎氏が見通し 11

164 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:10:17 ID:82iRjDo30
しかし、中国はインターネットの言説でさえ、遮断、改竄する国家だから
どこまで中国人が歪んだ日本像を抱かされているかを考えると、見通しは
暗い。

やはり、革命でもおきない限りだめか? >>支那

165 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:10:30 ID:whOxWzT5O
中国は、やたら不正な日本叩きをしてくる、
独裁共産党政権!

という事実を日本がちゃんと言ったことはいいことだ。

アメリカその他の国で、中国によっぽど関心がない人は、声の大きい中国の日本悪宣伝を鵜呑みにするだろうから、

結局声が大きい奴が勝つと言われてるし。
ちゃんと主張しなきゃだめだ!!

ODAや、反日教科書や、油田のことについてもはっきり言ってほしい!!!

166 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:11:27 ID:UkETX7VB0
>>159
> アメリカの大統領制、中国の三権掌握に比べたら、

アメリカには党議拘束のない議会が自尊心を持って大統領を監督してる
中国は他の有力者や軍部の意向も配慮しなくてはいけない。

政党も国会も内閣も軍隊も完全に掌握し、かつ最高裁にも影響力を持っている
小泉さんをコントロールできるのは、この地上でアメリカ大統領だけ。
日本国民はテレビを通じて、悪い抵抗勢力をやっつける正義の小泉首相にメロメロだし。

167 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:12:19 ID:1i1IEANj0
アメリカの新聞は反日になったり、反中になったり、その時々で変わる。
基本的に共和党政権は親日、民主党政権は反日といわれている。
しかし、それも真実とはいえない。傾向があるというだけである。

168 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:12:30 ID:jNwc9M7W0
どこの民主主義国家も同じ方法で国民を飼い慣らしてるわけだが。
日本もアメリカもナショナリズム煽動と仮想的の設定で国をまとめてることには変わりはない。

ということに気づかないから国家の犬は滑稽でたまらんよ(プゲリズム

169 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:13:25 ID:nHRXKE/v0
暗に日本を批判してるようにも見える

170 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:13:32 ID:82iRjDo30
>>166
自尊心や配慮ってなんだよw
具体的に拘束することはできないのかよw
おもしろい理屈だなw ソレw

171 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:13:39 ID:hZ/c8otN0
そこまで言える気概があるなら、この際最後の不平等条約といわれている
日中記者交換協定を破棄してくれないかな?

172 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:14:18 ID:qFJuSv7X0
>>165
日本人エリートのレベルが低すぎるからだよ。

中国人エリートはそういう風に日本がどれだけ悪いか、中国がどれだけ素晴らしいかを蕩々と言うのに対して、
日本人エリートは岡田みたいに一緒になって日本の悪口を叩いている。

これじゃ、日本の立場はどんどん悪くなっていく一方だ。
アイリス・チャンみたいなアメリカンリベラルから称賛されホワイトハウスに招待される人間まで出している。
日本のエリートは大江健三郎みたいに反日マンセー男だろ。

173 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:15:13 ID:PfoklfZo0
フォード政権の劣化コピーのブチュー政権の間に、どうにか支那と袂を分かって欲しいものだ

174 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:17:26 ID:A/VRAYql0
小泉政権をナショナリズム扇動政府と呼ぶ人は多いが、今の日本ではそうした批判を
2chに書き込んでもかまわないし、マスコミを通じて訴えても罪にならない。
法廷に訴えることもできる。そうして国民の多数が反対に転じれば賛同すれば、
次回の選挙で小泉政権は議席を失って力を失う。これが民主主義。

中国にはそうしたバランス機能がない。共産党一党独裁政権では政権委譲などない。

175 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:19:32 ID:UkETX7VB0
>>174
今の日本はそうした批判を垂れ流して自分を慰めることもできるので嬉しいよ。
書き込める内に書いとかないとね。

176 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:20:30 ID:E4lO/2850
日本が2大政党による政権交代やドイツのような連立政権がなかなかおきない理由の
ひとつには、中国や北朝鮮のような一党独裁政権が長期にわたって続いているので
いくら通信手段が発達したとはいえ、ヨーロッパと違い、地政学的に身近な政権交代の
ドラスティックさを実感できない点があると思う。韓国は軍の影響とか地域とかでまたちょっと違う。
極端なたとえだが、サッカーのJリーグがもし日本がトルコあたりにあればレベルはセリエAや
プレミア並になってスペインから代表クラスがしょっちゅう参加できるだろうが現実はレベルはさておき距離や生活習慣と
言った問題で中田や中村らは行くがジダンやベッカム、ロナウジーニュらは花相撲でしか来ない。
マジで来させるにはファンダメンタルなところから変えなくてはならない。
そして何よりも仮に自民党政権でなくなり日米安保体制が見直しとかされたらこういった仮想敵国に
対して対抗すべく手段を現状では持ち合わせていないことも深層心理にあるだろう。
中国という国はこれまで国民の選挙で議員とかをどれだけ決めたことがあるのか?
百歩譲って日本を批判するなら、少なくとも中国共産党以外の政党を認めてからにしろ。
でもそれができないのは、自分たちに自信も意志もないからではないか。

177 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:21:01 ID:82iRjDo30
日本の民主主義は確かに歪ではあるが、
中国の共産党機関紙の対日報道を見てからだよな、
日本のあり方を批判するのは。

向こうの学者が大真面目に日本のゲームを
軍国主義と関連させてるのを見ると
笑いで腹筋が痛くなるけどなw

178 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:24:03 ID:BZKTHsAP0
おお外務官にしてはGJだ
ドンドンやってくれ

179 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:24:35 ID:E2znKJezO
いや、中国のエリートとやらを買い被り過ぎ。
アメリカのエリート層が中国に対して好意的なのは当然でしょ。
中国の方が日本よりもアメリカにとって様々な面で魅力的だし、日本は前大戦の敵国だし、ぶっちゃけて言えば釣った魚に餌をやる人間はいない。
だいたいアメリカには戦前から中国に対する妙な憧憬があるしな。

日本のエリートが中国のエリートよりレベルが劣るなんて言ってるのは工作員か日本のエリートを知らない奴。
戦略さえ定めて足場を固めれば、奴ら程頼りになる連中はいない。

180 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:27:12 ID:tKFSBAzY0
ニューヨークタイムスとの違いがスゲーな

181 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:30:27 ID:qFJuSv7X0
>>179
日本のエリートは大江や岡田みたいに「日本叩きで喜んでる連中」ばっかじゃねーか。
中国人や他の国のエリートならこんな一緒になって自国叩きをやって喜ぶような愚かな奴は居ない。

しっかりと反論し、自己弁護するだろう。

大江や岡田が日本のエリートじゃないってのも苦しいよ。

182 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:30:37 ID:M0RYdvP90
>>174
>次回の選挙で小泉政権は議席を失って力を失う

アウトだお!

       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
      |    /       ブーン
       ( ヽノ 
      ノ>ノ 
  三  レレ


183 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:33:07 ID:H2SRhtbS0
いい仕事してるじゃないか。
台湾とチベットにまで論点が踏み込んでたら神だ。

184 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:35:09 ID:gsQXeCYc0


>「六十年間の民主主義の実績」をあげ


ちょっとまて





185 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:38:30 ID:+7plIsLX0
これで、アメリカも中国の日本たたきがひどいと認めてくれた・・・と
思ってる奴は、
新聞がいろいろな意見をのせることもある
という基本的なことをしらない馬鹿。
日本のマスコミでも、いろんな意見を載せる。
だから、翌週に反論がのったりするんだよ。

186 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:39:18 ID:d7EP+AJ50
WPかと思ったらWTかよ。


187 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:41:11 ID:fJI4pgAN0
中国は一党独裁!!
他の政党ある?ないでしょ!!

188 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:41:13 ID:8cBOClXp0
>>103 外務省も久々にGJ・・・と思ったらワシントン・タイムズかよ。あそこって
「統一協会の聖教新聞」みたいなモノだろ。

っていうか普通の保守系の新聞だろ。
統一協会なんてほとんど影響力もってないと思うけどね。

189 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:41:49 ID:BpUd94lo0
>>186 ほんとだw

190 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:41:54 ID:zIVh0A130
>>181
いや、有名人とエリートは違うから。

大江は反体制派の文化人で、言ってみればマイケル・ムーアと同じ。
有名人で文化人だが、「エリート」とは違う。
中国にそういう人間がいないのは当たり前で、存在を許されてないから。

政治家がエリートかっていうとちょっと微妙だが(典型的エリートっていえば官僚じゃね?)
岡田みたいなのもいるが安倍や麻生もいる。日本叩き野郎ばかりではない。
そして、今の日本で政権を取っているのは日本叩き野郎ではない方。

日本もそんな捨てたもんじゃないよ。

191 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:42:34 ID:E2znKJezO
>>181
ああいうのも居ていいと思わん?むしろ健全でしょ。
日本のマスコミは売国色が強いけど、徐々に改善されて来てるから、これからはまともな保守エリートの発言の場も増えるでしょうし。

そもそも外務省エリートからこういう行動が出たことが、潮の流れをはっきりと表現してるでしょ。
少しづつ戦える場所を増やしてる。

192 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:45:05 ID:+7plIsLX0
>187
表向き、ちゃんと野党がある。つい最近まで知らなかったが・・・。
人民代は3割が党員でない人だそうで。
まあ、民主的かというと違うとしか言いようがないが、
5年以上前のインドネシアとか、89年までのフィリピンとか
ああいうのと一緒くたにされてもどうかと。

193 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:45:59 ID:NYEIJJ5X0
反日暴動以後の世界ではこれはスムーズに受け入れられるだろうね
【国際】「日本の中国への謝罪、不毛」「中国、要求を次々と引き上げ」 米紙、社説で中国批判
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1124706902/
今中国は軍拡を進めているのもあるし
【米中】中国軍拡 「何を目的に…」米国防次官が疑問[09/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1127588502/

194 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:46:00 ID:n+LrXiCh0
まさか北野公使は害務省で辛酸舐めてきた訳ではあるまいな?

ま、もしそうなら下等行為恥は氏ね。

195 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:47:15 ID:513iUSPW0
支那の反日本行動のお陰で↓ここまで行くのもあとわずか。
さらなる反日行動を!糞のような反日行動!呆れる果てる反日行動を
支那にはお願いしたい。日本が目覚めるその時まで。
http://www.imgup.org/file/iup91167.jpg

196 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:47:53 ID:A8U0dzcf0
なんか中国が民主主義国家になったら今よりタチの悪い国になりそう。

197 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:48:58 ID:qFJuSv7X0
>>191
> そもそも外務省エリートからこういう行動が出たことが、潮の流れをはっきりと表現してるでしょ。
> 少しづつ戦える場所を増やしてる。

確かにその通りだな。
アイリスチャンに論破されて泣き出したなんて、10年近く前の悪夢に比べれば、ずいぶんマシにはなってきた。
トップが変われば徐々に変わっていく物なのかもしれないが。

198 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:49:15 ID:WBmbvYl10
正論だが、
あの民度を治める政府は
殴って殺して民意を抑える特権が必要だぞ。
民主主義なんて働かんだろ。
国の規模からして韓国みたいに日本は養えないし。



199 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:49:18 ID:4C3JCKy/0
>六十年間の民主主義の実績

戦前はノーカウントかよw
義務教育で正しい歴史を教えないとマズイな。
日本の教育界とメディアに巣くう左翼どもの罪は万死に値する。

200 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:49:26 ID:NYEIJJ5X0
全て一党独裁による閉鎖性の弊害

【大紀元】黒死病 中国当局、ペスト発生を認める [09/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1127616631/

201 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:49:53 ID:E2znKJezO
>>196
それはあるね。
イラクみたいになるかも。
イランとか。

202 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:52:20 ID:NYEIJJ5X0
>>198
今の体制でも無理が生じてきてる訳だから
どんな体制でもあの規模、人口の国家はありえないって事でしょ
イラク同様多数の民族宗教を無理やりくっ付けてる状態だし
分裂する運命にあるんだよ

203 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:53:40 ID:7JydciRo0
統一系親日のワシントンタイムズじゃあなくって、
定評のあるワシントンポストが反日か?
かなり、アメリカの日本をみる目は厳しいようだ。
あたりまえだけどね。

204 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:54:01 ID:HMRADUKs0

公使 GJ!!
これから掛かってくる圧力に負けるな!!

野中や野田(毅)のような売国勢力に屈することなかれ!



205 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:54:39 ID:qFJuSv7X0
>>203
NYタイムズほどではないが、一応リベラルだろ。

ウォールストリートジャーナル辺りくらいしか非リベラルは知らない。

206 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:58:44 ID:JtWO03lk0
>非民主的国家について「その統治の正当性が崩れそうなときは指導者たち
>は国民の間にナショナリズムの炎をあおる」ことで正当性を回復しようとする。
>その国家の紛争相手などにとっても「ナショナリズムの管理は非常
>に難しくなる」としている。だが民主主義国家ではナショナリズムを使って、
>政権の正当性を印象づけようとする必要はない

いいこと言うね。例えば中国が崩壊しそうになると
政府が国民のナショナリズムを煽る(=反日教育)
すると、相手である日本にとってもナショナリズムの管理は
難しくなる(=反中感情増加。自衛隊などの軍事費上げる方向へ)
でも民意だから政権の正当性をアピールする必要はない。

207 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 13:58:49 ID:P+QIsYeg0
>>205
タイムズは基本的にリベラルだよね。
投書を載せただけとはいえ今回のほうがかなり珍しい。
タイムズと名の付く新聞の日本関連記事の目を覆いたくなる惨状といったら(ry
でもNY Timesの特殊性は中でも異様だけど。

ポスト紙はたしか非リベラルじゃなかったっけ。

208 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:01:19 ID:E2znKJezO
>>203
実は日本って結構アメリカ人の素朴な自尊心を傷つけてるからね〜。
車とか。

どっちかってーと、「何故か親日」なんだよね。
嫌われてる方が自然なんだけどな。

「金融で食い物になってやってる」なんて、一般人に関係ないでしょ。
なんでだろね。

209 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:02:27 ID:b+v3Owoe0 ?##
左翼はよくないといった意見があるが、今考えると結果としてはいい面もあると
思えてきた。
小泉政権が独裁的だといっても必ず反対勢力はある。もし議員全員が小泉派に
なったとしても国民は左翼的な教育を受けているから誤った方向にはいかない、
と思う。
まんず、バランスの取れた国だ、日本。
だが、その上で右翼に寄ったほうがいいと思う。今の時期は。

210 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:02:51 ID:qFJuSv7X0
>>207
NYタイムズの日本関連記事はホント、滅茶苦茶だよね。
今はネットですぐ解るけど、昔はこんなのを日本のマスメディアは有り難がって居た(というか、
単に日本叩きしてれば何でも良かったんだろうね)のが、なんて愚かなことだったんだと思うよ。

これじゃ、マスメディアの言うとおりに国が動いた90年代が滅茶苦茶になるのも仕方がないよねと。

211 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:04:37 ID:NYEIJJ5X0
>>208
日本の主張が通ると太平洋戦争におけるアメリカの正義の戦争の主張が崩壊する

212 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:04:46 ID:quKiWGA40
>>25 訂正あり

213 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:05:11 ID:HMRADUKs0
>>210
マスゴミ塵が東海岸リベラルに洗脳されすぎだったね。
NYTやハーバード崇拝をいい加減にやめロッテ。


214 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:05:16 ID:b0IDbtlC0
外務省は解体するべきだが、一部まともな人材もいるんだなあ。

215 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:05:22 ID:iEWoTEzW0
>>209
>国民は左翼的な教育を受けているから誤った方向にはいかない

サヨ的教育を受けていると、何故道を誤らないのか?
根拠が皆無。

216 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:06:33 ID:gsQXeCYc0
では、その民主主義国家の日本で右翼の街宣がのさばるのはなぜ?


217 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:07:21 ID:hZ/c8otN0
アメリカの日本を見る目は厳しい?そんな事はない。アメリカのビジネススクールで
日本はしょっちゅう授業で賞賛されているし、韓国や中国に比べればぜんぜん良い。
イギリス、カナダに並ぶ信頼度だ。

218 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:07:34 ID:HMRADUKs0
>>216
凱旋右翼のチョソは治外法権だろww


219 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:08:06 ID:4rfU66cG0
マンガ嫌韓流、やっと買えました。巻末を見ると第6版。
マンガ中国入門と一緒に、本屋で平台に山積みでした。
本屋でこの本を手にしたとき、隣で立ち読みしていた
やけに背の高い、頬骨が目立つ顔の青年が私の方をじろじろと
見るのに気が付きました。
なんとなく、レジに行くまでに首筋の後に気配を感じます。
無論私に霊感などありませんが、それと似たようなものでしょうか。

レジで支払いをするときに、件の青年が背後にいました。
ふと思いつき、レジのおねえさんに
「領収書おねがいします。宛名を社会民主党で、但し書きは資料代として。」というと、
背後から緊張の空気がゆるむ気配がありました。

一歩間違うと、私も拉致されていたのでしょうか。

220 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:09:04 ID:82iRjDo30
>>216
言論の取り締まりを容認する気ですか?

221 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:09:19 ID:JtWO03lk0
>>216
日本の街宣右翼は在日

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%97%E5%AE%A3%E5%8F%B3%E7%BF%BC

222 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:09:39 ID:HMRADUKs0
>>217
年に数回アメリカに行くけど、行くたびにショッピングモールの
DVD屋の日本アニメコーナーは広がっていくね。

 映画も日本のテイストが評価されているし。


223 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:10:13 ID:xzyU70LA0
>>218
まさに言論の自由が保障された民主主義国家だからですよ

224 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:10:32 ID:iEWoTEzW0
>>216
プロ市民が平日の昼間から拡声器で大声張り上げてデモできるのと同じ理由。
てか、民主主義国家・自由主義国家だから。そんなこともわからんの?

まぁ、官製デモしかできない国の人間には理解不能だろうが。

225 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:11:39 ID:yp51v50w0
やっぱり中国ではオリンピックをやっちゃダメダな。
変な病気も猛威を振るいつつあるみたいだし・・・

226 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:11:42 ID:YcKSu2gQ0
>>216
本来違法行為の賭博であるパチンコがのさばっているのと一緒だよ。

日本は私兵集団を抱える組織に対しては、あらゆる義務が免除され、
あらゆる権利が認められるんだよ。

227 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:11:51 ID:fFoxZKV0O
この北野さんって確か、
エンジェル伝説の北野君にそっくりの人でしょ。
テレビで見てびっくりしたよ。

228 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:12:16 ID:2Qlm5zRh0
ようやくまともな声が聞こえてきたな。

229 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:12:49 ID:JtWO03lk0
ワロタ。

230 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:15:34 ID:m/5NN+bjO
ポストとタイムズじゃ大違い

231 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:16:41 ID:++L2heAA0
外務省はいい仕事をしたと思うが、中国を名指しで指定しないと駄目だろ。
「はっきり書かなくても読む人が察してくれるだろう」というのは
日本だけで通用する価値観だ。
東アジアの政治に詳しくない読者の大多数のアメリカ人には、
どこの国のことを言ってるのか理解できてないと思う。


232 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:18:54 ID:NYEIJJ5X0
またアメリカどういう選択をするかだな

【世論調査】米国有識者、日本へのパートナー意識が急落、中国が台頭/一般人には過去最好評[9/19]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1127149906/
【国際】「韓国は米国の3番目の敵対国」 米世論調査機関のアンケート結果[09/16]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1126860574/

233 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:29:13 ID:O20jnAM30
おまえら、本当は知ってるんだろ?

『中国』にある『自由』は、
『共産党政府に賛成する自由』だけなんだよw


234 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:30:10 ID:An3Ph3xw0
世界のKITANO

235 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:45:56 ID:fKj9voAJ0
ワシントンの日刊紙は、さすがにお膝元だけあって政治に関してはまともだよ。
そうでないと、マスコミとして生きて逝けない。面白おかしく書いても読者のいるNYとは違う。

236 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:48:39 ID:NWbH3rix0
中国 北朝鮮ノ雌イヌ 田中 柳田外務官僚 国に仇ナスブタ官僚達
50%グライガ キョウサントウシジシャノ官僚 許せん。

237 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:50:10 ID:o1VJYaWJ0
|おまえらもっと暴れて楽しませろよ
.. ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ゲシ ゲシ∧∧
     ∧_∧  ̄= )  /支 \ ドカ ドカ
      ( ・∀・)= ̄)  (`ハ´ ;)__
     (入   ⌒= ̄_)) ⊃⊃  ./|
      ヾヽ  / ̄=/  /   /  |
      || ¬| ̄ ̄ ̄|   | ̄ ̄ ̄|
       ´  |      |   |      |

238 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:56:00 ID:/jRt1gfa0
アメリカは直ちにこのクズを中国に引き渡せ。
銃殺刑だ。

239 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:59:04 ID:fKj9voAJ0
胡錦涛は対策会議で急がしそうw

240 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:00:23 ID:o1VJYaWJ0
|おまえらも支那と一緒に暴れて楽しませろよ
.. ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ゲシ ゲシ >>238
     ∧_∧  ̄= )  ∧_∧ ドカ ドカ
      ( ・∀・)= ̄)  <`Д´ ;>__
     (入   ⌒= ̄_)) ⊃⊃  ./|
      ヾヽ  / ̄=/  /   /  |
      || ¬| ̄ ̄ ̄|   | ̄ ̄ ̄|
       ´  |      |   |      |

241 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:08:28 ID:2nie5ys80

対外的ナショナリズムが過剰となっても、
民主主義国家にはそれを抑える機能があるのに、
非民主的なシステムでは政府のその種の行動はチェックされない」


まさに至言だな。
そのとおり!

日本はナショナリズムが強くなりかけても、それに反対する勢力はいるが、
中国には存在しない、許されない。
だから、暴走がと止まらない。



242 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:08:49 ID:H/X4eIUw0
ワシントンポストとどっちがエライの?
つうか日本も最近は大衆の不満をそらす為にやってるように思うがなあ。
今は官僚や族議員に向かってるがそれが飽きられたらどうするんだろうな?
マスゴミの腕次第かなw?


243 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:12:44 ID:7uSMP9420
http://washtimes.com/op-ed/20050922-094104-6430r.htm
四月の中国での反日デモ、また日本と韓国の領土問題のような、日本と中国の間の懸案は、 ナショナリズムを統制することが
東アジアの将来における安定性の鍵であることを我々に思い出させる。
ナショナリズムの制御は、中国の急速な発展、中台関係、北朝鮮の食料・エネルギー問題や人口問題にも等しい重要性を持つ。
ナショナリズムは現在、欧州よりアジア、特に東アジアより著しい現象である。
18世紀から19世紀にかけ、ヨーロッパにおける民族国家の誕生から我々が教訓を得たように、ナショナリズムは若い国家、
特に急速に台頭しつつある国家ににより強固に現れる傾向がある。
我々が東アジアでナショナリズムを制御する方法を求めるとき、民主主義は最優先の重要性を帯びている。 民主主義は、
政策に関する多くの意見と発言の機会を与えるがために、ナショナリズムの制御に重要なのだ。
隣国との外交がいかに行われるべきであるか、そして歴史はどう認識されるべきか、そして、どう領土問題に対応するか
すべてが言論の対象となる。 民主主義国家では、政府の政策は世論によりテストされる。 最も説得力があり、視野の広い
方針だけがこの過程を乗り切っている。

244 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:15:07 ID:7uSMP9420
だが民主主義はまた、ナショナリズムの扱いで緊張をもたらす可能性もある。 国民が第三国に向かって強硬姿勢を取るとき
国民迎合的な傾向がある政府は、容易に公的政策としてそういった政策を採用するよう誘惑されるのだ。
またさらに、民主主義的システムは、非常に排外的で自国中心的の視点をもたらすこともある。 今のグローバリズム時代に、
そういった態度は即座に他国に伝えられ、そして強い反応を引き起こす。 こうして民主主義は悪循環を永続させることにも
なり得るのだ。 さらに、民主化の初期段階には、ナショナリズムは特に強固で攻撃的である傾向がある。
しかしながら、すべてを考慮しても、民主主義の発展はナショナリズムの好ましい制御を容易にする。 外交面では、最悪の
シナリオは政府が国民のナショナリズムの炎を煽り立てることだ。ナショナリズム自体は強い感情であり、いったん火がつくと
それは制御が困難になるほど燃えあがる。 しかし、民主的なシステムにおいては、世論が危険性を強調し、ナショナリズムを
沈静化させる影響を及ぼすこととなる。 政府の行動に対するそのようなチェック・アンド・バランスは非民主的なシステムには
欠けている。
国家のナショナリズムと非難の応酬の悪循環を避けるために、民主主義はさまざまな意見の交換と討論を通すチャンネルとして、
よりバランスのとれている方針を生み出すのを助けるのだ。 そのようなチャンネルが国内で影響を及ぼしていないとき、
国際的ジャーナリズムの役割は国外で真実を忠実に反映する鏡として決定的に重要である。

245 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:15:45 ID:kCAE2LBA0
ああ、これが原文か・・・。ガイシュツならスマソ

ttp://www.washingtontimes.com/op-ed/20050922-094104-6430r.htm

246 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:17:22 ID:84Ymv7A30
>>242
>日本も最近は大衆の不満をそらす
領海侵犯されても国民を拉致されても怒らない国はキ○ガイです

247 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:17:40 ID:7uSMP9420
民主主義とナショナリズムの間のもう一つの接点は政権の正統性に関連する。 アジアには、かつて民主主義によって法的な
権威を与えられるのではなく、権威主義やイデオロギーから国を統治する国家がかつて数多く存在した。しかしながら最近、
韓国、フィリピン、およびインドネシアで見られるように、民主主義は統治の正当性の基礎として重要な役割を果たしたのだ。
権威の正統性に関する文脈でナショナリズムを考える場合、統治の正統性の希薄化に直面するときにナショナリズムの炎を
煽り立てようとする国家指導層の傾向に注意を向けなければならない。 ナショナリズムがこのように使用されるとき、明らかに
隣国の中のナショナリズムの制御は非常に難しくなりえる。それゆえ、民主主義が達成されると、それはナショナリズムを
政権維持の道具に使用する必要性を減少させる、権威の正統性の信頼できる基礎になりうる。
この意味で、東アジアでの民主主義の進歩はよい傾向である。 しかしながら、いまだいくつかの国家では、そのような進歩は
期待できそうな状況にはない。これらの国が統治を正統化するためナショナリズムに訴える、危険なサインを示していないか
外部から慎重な監視を必要とする。
ナショナリズムを制御するために、我々は歴史や領土の論争などの特定の問題には適切で慎重なアプローチを必要とする。
地域の枠組みと双方の信頼関係を強化し、国家間の問題が深刻化することを防止する方策を模索すべきだ。 しかし、我々は
そのために民主主義を広める重要性を忘れるべきではない。
Mitsuru Kitano

248 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:18:11 ID:Q8OfgV/A0
中国とビジネスしている者ですが


北野GJ GJ GJ!!!


249 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:24:26 ID:rHhiGMys0
>>210 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 14:02:51 ID:qFJuSv7X0
>>207
>>NYタイムズの日本関連記事はホント、滅茶苦茶だよね
・NYタイムズのノリミツ・オオニシは、朝日新聞のビル内にあるNYTの東京支局
 の支局長であった。
・ついでに、ルモンドの東京支局長は、フィリップ・ポンスで、日本共産党
 緒方靖夫議員と長年の親交があり、赤旗によく記事が引用される。
 また、雑誌世界の常連投稿者。
この手の親中反日記者が日本の記事を書き、朝日が「外国でも批判の声が上がっている」
と騒ぐ。最近では、日経、毎日も手口を真似始めている。

 

250 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:25:19 ID:vOa5nWj+0
この御方は駐米大使になれるのかなあ

ところで、外務省では、
確か駐米英大使の方が外務次官よりも上に位しているんだよね?
駐米公使はどの程度に位置してるの??

251 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:35:24 ID:u0Un/eD3o
>>232
日本だって20年位前は大中国ブームだったろ。
ウーロン茶が売れて、街中に太極拳の教室ができて、YMOが人民服着てデビューしたりしたよな。
これからはアメリカがそうなるかもな。 

252 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:37:16 ID:An3Ph3xw0
>>249
それってもうすでに報道じゃないのでは?

253 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:44:25 ID:m7/tb9sS0
>>192
それって、ドイツ第三帝国にナチスのほかにも政党が
あって活動してたよというのと一緒のような気がする。

共産党以外があるってのは、はじめて知ったけど。


254 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:47:16 ID:qFJuSv7X0
>>252
そう、そういう政治活動にやられてきたのが90年代だよね。
ネットとメディアを翻弄できる才能を持った小泉の登場が無ければ、中国の李鵬首相が言うように
日本は20年でなくなっていただろう。

>>251
確かに、そうかもしれないね。
アメリカンリベラルは中国大好きだから、親中国キャンペーンをやる可能性が大きいかも。
「スターリンはやさしいおじさん」がまた復活するのだろう。

255 :249:2005/09/25(日) 15:55:09 ID:wpgqBSz40
>>254
あとは、ネットの普及が大きいねえ
検索してリンクを辿るうち面白いソースにたどり着く
例えば
http://www.ogata-jp.net/diary2/html/20031209.html

256 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:55:43 ID:oQwGFXh50

中国産のブロッコリーを毎朝食べてます
頭も体もチョンになりました
安いからおまえらも食え
まともになるど


257 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:57:35 ID:91Sv4H3k0
戦争を引き起こし、数え切れない人々を殺戮した犯罪国家。
それが日本だ。
60年やそこらで罪が消えるなんて甘い考えは捨てた方がいい。
そんな世の中舐めた考えは通りません。

258 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 15:58:50 ID:TpgtWnCl0
「チベット大虐殺」   「チベット大虐殺」
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/china/1114609338/

259 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:00:53 ID:IXf1bz6E0
>対外的ナショナリズムが過剰となっても、民主主義国家にはそれを抑える機能があるのに
って日本にあるの?

260 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:01:01 ID:x2nHwTWj0
>>257
こらこら支那に怒られるぞ
「虐殺数なら支那が上アルね!」とな

とりあえずGJ>北野氏

261 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:01:45 ID:82iRjDo30
>>257





262 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:03:03 ID:bEQRzyj40
>>15
 いまでも通用するすばらしい論文だ。

263 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:03:42 ID:Q2XcyGwn0
>>256
ワックスまみれのブロッコリーなんか食えるかよ。

264 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:03:44 ID:x2nHwTWj0
>>259
言論の自由のこと
ま、限定されている部分があるのは事実だけどな

日本の教科書上では
「支那チョンの対外的ナショナリズムが過剰となって」いるわけだが
共産党などブサヨの活躍でそれを抑える教科書が弾圧されている

265 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:05:35 ID:kfxUY7yG0
阿川佐知子の兄弟が外交官で
日本海名称問題で投書してたような



266 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:06:42 ID:GGGu6JVcO
>>257
戦争してない国家なんてあるの?

267 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:08:06 ID:V9gR0Bz+0
まともな役人もいるんだなと安心
やっと自由に物言えるようになったということかな
>>262
高校ん時のアカ教師が諭吉嫌ってたわけだw

268 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:09:37 ID:g2OcG1B60
産経すら日本の民主主義は戦後からと思ってるんだな

269 :エデンの東北 ◆tDNpQ64dls :2005/09/25(日) 16:12:29 ID:5MVvfvhVO
>>175

何でそんなに極端な危機感を持ってるのに他人事なの?

主体性が無いですね。

270 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:13:14 ID:oQwGFXh50

ホモサピエンスはアフリカから出ました
日本には当然大陸から渡ってきました
日本人の遺伝子は、大陸系がほとんど
これは、まさに近親憎悪

271 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:13:16 ID:2nie5ys80

【福沢諭吉】


「学問のすすめ」は 要するに、
「人間は生まれた時はみな平等であると”言われている”。
しかし、実際には社会にも国家間にも格差がある。白人国家でも貧困国はある。
では、この不平等は何故生まれるのか? それは”学問の有無”である。
勉強したまえ!国を強くし、富ませる学問をするべし!
そうしないと、植民地にされた中国や朝鮮のようになってしまうぞ!」
という内容。

「脱亜論」 は 要するに、
「付き合う友達は選べよ。 中国や朝鮮と付き合ってたら、欧米から
日本も同レベルだと思われて まともに相手してもらえなくなるよ。
悪友からは手を切って、欧米と付き合おう」
って内容。


日本の先進国入り、大国の仲間入り、欧米の植民地化の回避 にあたり、
決定的な精神的バックボーンとなったのが 福沢諭吉の思想。
もし 彼がいなければ、日本ももしかしたら植民地にされていたかも知れない。
21世紀の今でも アジアは欧米の植民地で・・・
福沢諭吉がいなかったら・・・ ((;;゚;Д゚;))ガクガクブルブル

正に、最高の偉人、偉大な先人。
日本の中国化・朝鮮化を防いだ人物。
1万円札を飾るのに相応しい人物。


272 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:13:31 ID:82iRjDo30
>>265
名称だか呼称だか知らないが、韓国の当初の主張に理が無いことは
日本の外務省の古地図調査で明らかにされている。
韓国側はその主張を撤回すべきなんだが、理が無くても押し通すのが
韓国式らしい。

民間団体の隠れ蓑をいいことに、VANKに任せている韓国政府の
恥知らずぶりにも困ったものだと思う。

273 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:16:09 ID:/cmt13nB0
害務省の役人が褒められとる。。これは何の大災厄の予兆ですか?

274 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:19:39 ID:6rqvyec0O
>>257
戦争だけで言えば、特定アジアだってやってるじゃねえか!
特に中国の残虐行為は日本とは比べものにならないくらいだ。

275 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:23:06 ID:E40gHPjP0
中国での日本叩きは明らかにナショナリズムを煽って
内政問題から国民の目を背けさせようという意図から。
これを止めさせるには、自由主義、民主主義国家に生まれ変わる事を期待するしかない。
その為には中国共産党一党独裁の終焉が必要。
ここまでは誰でもわかる。

しかし日本国内では国家に迎合する似非右翼が中国に文句を言うのは筋違い。
中国共産党一党独裁を終わらせるのは
自由主義により中国国民が政府に抵抗する事が基本。
似非右翼は日本国内では日本国政府に迎合するのに
対象が中国になった途端に、民主主義、自由主義を理由に中国政府を批判しだすのはおかしい。少なくとも彼等は日本国内では民主主義的、自由主義的ではない。

あまりにも自己矛盾がひどすぎる。

276 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:25:06 ID:2nie5ys80
>>257


建国以来の歴史

1949年 建国。 すぐ 【ウイグル】侵略、占領
1950年 【朝鮮】戦争参戦。金日成を傀儡に、100万人以上の虐殺・粛清に加担。
1951年 【チベット】侵略。 民族浄化へ。100万人以上を虐殺。
1958年 【台湾】海峡の要衝 金門島にある蒋介石の軍事基地を攻撃
1959年 【インド】と国境紛争
1967年 【カンボジア】のポルポトの後ろ盾に。 100万人以上の虐殺に加担。
1969年 珍宝島で【ソ連】軍と衝突
1971年 尖閣諸島周辺で石油資源が発見されるや否や、突如 領有を宣言。
1979年 【ベトナム】侵略。 「懲罰戦争」と表明。「過去より未来志向で」と言い放ち、謝罪を拒否。 
1989年 民主化を求める【自国民】数千人を天安門周辺で虐殺。 戦車で踏み潰す映像が世界実況中継
1992年 「領海法」制定により南沙諸島、西沙諸島の領有を宣言。
1995年 歴史的に【フィリピン】が領有してきたミスチーフ環礁を、中国が占領。
1996年 【台湾】海峡でミサイル発射。台湾を恫喝
1997年 【フィリピン】が歴史的に領有してきたスカーボロ環礁に、中国が領有権を主張。
2000年 中国の軍艦が、日本列島を一周。尖閣諸島付近で、海底油田調査を敢行
2004年 先島諸島の日本領海を中国軍原潜が侵犯。沖ノ鳥島のEEZに侵入・調査
2005年 日本大使館への暴動・襲撃・器物破壊を指嗾。



277 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:25:23 ID:XT+EfWMz0
こんな論文をアメで発表しても、特には意味ないでしょ。

中国のデモは、日本に向けてのものであり、アメに向けてのものではないから。

こんな論文、官僚だから気軽に書けるんだろう。
経済的な損得を考えれば、何のメリットないし、デメリットだけ。
経済人の感覚は、こいつらには全くないね。

アメは、金が儲かるかどうかが基本であり、精神的なことはどうでもいいので(ましてや、
日本にあるような先の戦争に関することなんて)、
親中の度合いは今後勝手に増して行くよ。日本とは、逆で。
少なくとも、経済的良きパートナーを目指すはず。

こんな論文読んで、喜んでいるのは、一部の日本人だけ。


278 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:29:44 ID:cbirs1SpO
こんなのは論文とは言わない。ただの感想文。

279 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:35:12 ID:yg/A81ej0
在米日本大使館の広報担当公使やるね。
中国と外務省の一部のボケがなにいってもどんどん日本の国益のために頑張れ。
続編を期待します。

280 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:35:28 ID:qFJuSv7X0
>>277
経済だけではなく軍事的にアメリカに挑戦して、アメリカの座を虎視眈々と狙っているが。
そういう風にアメリカのエリートが考え続けてくれれば中国の勝ちだ。

中国のやってることはステルス戦法で、いつの間にか中国の傘下に世界が落ちてるような未来だ。
アメリカに敵と思われたら終わりな戦法だな。
アメリカのリベラルエリート層がそう考え続けること自体が中国の目的なのだ。

281 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:38:15 ID:e87SjMZM0
世界人口の総数はすでに地球資源と生態環境の許容能力を超えており、戦争、疫病或いは飢饉などの手段を
用いて大量に人口を消滅させ、そして人類を引き続き生存させるべきだとしている。
さらに、「中国政府は全力で核兵器の開発に取り組み、十年以内には地球上の半数以上の人口を消滅させるだけの
核兵器を装備することができる」

中国軍部高官・朱成虎少将( 7月6日の国防大学内部の会議上で講演)

戦争は近い将来必ず起こりその後に新しい中国は生まれる。その手段としては生物兵器を用いて米国を「粛清」した後、
移民しそこに同胞国として新しい中国を作る事が出来る。米国さえ滅んでしまえば他のどの国も我々に逆らう事は出来なくなるだろう。
たとえ地球が滅亡しようとも絶対に我々共産党が歴史舞台から退出することはない!

遅浩田(元中国国防長官、中国中央軍事委員会副委員長)

282 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:38:17 ID:82iRjDo30
>>275
右でも左でも極めれば現政府に反抗的になるんじゃないか?
当たり前の話だが。それに中国の人権問題は各国とも共通
認識として定着してるだろ。
皆、疑問に思っているんじゃないか?右も左も中国の状態は。

そうでなければ、それはただの中国擁護で終わるだけだし。

283 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:41:12 ID:qbC1QcSh0
>>277
ニューヨークタイムズの記事への返礼だろ?

284 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:41:15 ID:U8+yfSt30
>>1
なんぼアメリカ人が歴史を知らないからと言って、
民主主義からファシズムに陥った国の外交官が、適当なこと言ったらいかんだろ。

歴史を見れば、民主主義になりたての頃が、もっともナショナリズムが高揚するもんだ。
完全独裁なら、短絡的なナショナリズムを独裁政府が制圧できる。
しかし、できたての民主主義国でナショナリズムが盛り上がってしまうと、
脆弱な政府では民衆の勢いを止められない。

285 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:46:31 ID:eoFj/tjv0
>>284
どこのこと言うてるの?

286 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:47:51 ID:E40gHPjP0
>>282
右でも左でも現政府に反抗的になるのならわかる。
それは自由主義そのものと言っていいから。
しかし似非右翼は政府の擁護ばかりしてるだろ?
政府擁護主義は自由主義と全く正反対。民主主義とも相容れない。

だから中国が民主的でない、自由でないという理由で
彼等が批判するのはお門違いと言ってる。

287 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:47:52 ID:E2znKJezO
>>277
日本の外務官僚がアメリカの新聞に発表した論文を、中国人が読まないわけ無いだろw
釣り糸だよ釣り糸!中国人は釣られ安いからな〜。
それに、日中関係についての正しい姿をアメ公に正しく認識させるのには利益ありまくる。

経済云々損得云々のアメ公の感覚について言えば、あんなにナイーブな国は無いってばよ!
中国が共産党独裁国家であることを思い出させられたら、絶対に立ち止まるね。
ちくちくやるってのは、すごく良い戦法だと思うよ。
なにせ日本はもともと敵国だw
礼儀正しく抑制的にちくちくやるのは絶対に正しいね。

288 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2005/09/25(日) 16:48:29 ID:WsEIqw4b0


  ∧∧
 ( =゚-゚)<国際社会では、コトの重大さではなく、PRに成功したものが大々的に取り上げられ、
      失敗したものは無視もしくは敵視されるよ♪


( ^▽^)<やばい



289 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:48:41 ID:2nie5ys80
>>285
韓国じゃない?

民主的な大統領選挙が初めて行われたのは ここ20年くらい。 つい最近のことだ。
それまでは 政権交代は全て 大統領暗殺か クーデターだった。

そして、韓国は今 ナショナリズムの渦中だ。




290 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:50:13 ID:qFJuSv7X0
>>288
リメンバー「レイプ・オブ・ナンキン」だな。

ホント、アレは凄かった。

291 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:50:51 ID:zhUpT5jQ0
日本人が誰一人として中国の憲法にケチなどつけていないのだから

中国人も誰一人として日本の憲法にケチをつける権利などない。

292 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:51:02 ID:iyAMo/5j0
>>277
> 中国のデモは、日本に向けてのものであり、アメに向けてのものではないから。

BAKA HAKKEN

293 :     :2005/09/25(日) 16:51:03 ID:cEg/rcul0
>>284

ということは、戦前の日本にも近代民主主義が

かなり定着していたということですね。

294 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:51:14 ID:eoFj/tjv0
>>289
なるほど

295 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:51:34 ID:82iRjDo30
>>286
まぁ、筋としてあってるけどさ。
それなら似非右翼と中道、似非左翼を線引きする基準がはっきりしていないと
左に立つか右に立つかによって、「お門違い」の対象が際限なく拡大されないか?

何かはっきりした基準があるのかな?

296 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:53:13 ID:g08CDrEf0
>>199
まあしかし戦前の民主主義は1940年の崩壊に向けた失敗の歴史という見方もあるだろう。

297 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:58:16 ID:x2nHwTWj0
>>296
どっちか言うと戦後の「民主主義」こそが、失敗以前に民主主義の形をなしていない

選挙で代表者を選んでも、その代表者が「アメリカの言いなり(Byブサヨ)」とならざるえないなら
選挙制度自体が無意味であり、つまり民主国家でないということ

その原因は明瞭で国民が憲法上、国防権を剥奪されているから
国防ってのは「主権を守る活動」のことであり、
それができないのなら、国民の主権は喪失し民主国家ではなくなる

298 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 16:59:18 ID:E40gHPjP0
>>295
それはね
簡単に言えば右、左関係なく自由主義、民主主義を認めるか否かで考えればいい。
認めれば中国が民主主義、自由主義でないと批判できる。

でも深く考えると
民主主義とは何か。個人の尊厳をどこまで認めるか。
個人の自由をどこまで認めるか。個人はどこまで政府から自由であり得るか。
等の哲学的迷路に陥る可能性があるので
国に対して無批判で無い程度に考えるべきかと

299 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:00:22 ID:9N42+pke0
独裁より民主主義のほうがいいに決まっているが、民主主義がナショナリズムを抑えることが
出来るか、どうかは判らないな。

300 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:02:07 ID:TpRhKQi30
国民の世論は政府の外交を後押しする武器になり、また外交の自由を縛る枷にもなる。
長年に渡る反日教育のせいで、中国国民は完全に日本を憎悪するようになっており
中国政府が日本に対し妥協すれば、その怒りが反政府運動になりかねないほど。
だから中国政府は日本に対し、一歩も譲歩できない状態になっている。
それに引き替え日本の自虐教育は、「日本が譲歩するのが当然である」という思想。
そういった教育を推進してきた人々が、どこの国の意を受けていたのかようわかるというもんだ。

301 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:02:17 ID:lmqYzjCF0
こういうことを少しずつでも公に口に出していかないと、
日本は何も変わらないからね。もちろん日中関係も。

302 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:06:52 ID:82iRjDo30
>>298
うーん。尚更わからなくなってしまったw

似非右翼、似非左翼ともに、共産圏とは相容れないんじゃないの?

中国の現状について民主主義の観点から批判することは
むしろ「似非」ならば当たり前のように感じるんだけれど。

それに似非がいいか悪いかということにも一考の必要があるよ。

言葉で「似非」を使うならば、「真」という言葉も考慮しなければ
ならないけれど、「似非左翼」の問題点について考えが
及んでいないのが今の日本の問題点だと思う。

303 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:07:01 ID:fhvYWlL80
こういう姿勢は、支え続けなければいけない

304 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:07:27 ID:2nie5ys80
>>294

日本も 120年位前は民主主義になったばっかりで、
富国強兵とかでナショナリズムが流行った。

韓国は 日本統治中だけは民主主義を与えていたんだが、
その後は軍事独裁政権→朝鮮戦争→また軍事独裁政権さらにクーデターと
20世紀後半まで民主主義が全く根付かなかった。
竹島を占領したのも、その時期。

だから、今の韓国がナショナリスティックなのは自然なことだな。
そうやって 外国にナショナリズムを向けないと、国が崩壊してしまう・・・





305 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:08:17 ID:a6R9Yr2f0
いいよいいよ〜。

306 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:12:51 ID:+hwtWCel0
ナショナリズムも独裁もそれ自体が悪いとは思えないな


307 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:20:01 ID:+gss7pDT0
>>26
キムチ臭い

308 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:20:12 ID:vNCYW/cM0
どこかで見た覚えがある名前だと思ったら・・・

【国際】「日本、大戦で失った島の返還要求始める」 米マスコミの誤った"認識"に、日本側が抗議→全て掲載
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1117915166/


309 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:23:10 ID:82iRjDo30
★米マスコミ 「歴史問題」…日本の主張、関心高まる 在米大使館抗議、3回とも掲載

・「日本は過去の戦争行動の責任を受け入れていない」というような不正確な日本の「歴史
 認識」糾弾の記事類が米国の各新聞に四、五月に出て、在米日本大使館が二週間に
 三回の抗議の投書をしたところ、そのすべてが掲載された。この種の投稿が短期間に
 せよ、みな載るのは例がなく、米国マスコミが歴史問題での日本側の主張に従来より
 真剣な関心を向けるようになったともいえそうだ。

 ワシントン・ポスト五月二十六日付に在米日本大使館の北野充公使の「日本の過去に
 直面する」と題する投稿が掲載された。投稿は同紙に載った東京発記事への抗議だった。
 「日本が戦時の天皇に栄誉をささげる」という見出しの同記事は四月二十九日を「昭和の
 日」にするという日本の国会の決定を報じ、「日本の軍国主義的過去を美化する措置の
 一つ」「平和主義からの離反の一環」と断じていた。同記事はまた「日本のアジア侵略を
 ごまかす教科書が新たに承認された」「日本は大戦で失った島や領海の返還の要求を
 始めた」とも伝えていた。

 この記事に対し北野公使の投稿は(1)「昭和の日」は昭和時代全体への懐古であり
 過去への反省(2)日本は戦争放棄の憲法を有し、軍事大国にならない政策を保持して
 いる(3)日本は戦争で失った領土の返還は一度も求めていない−などと述べ、元の
 記事の主要部分を否定していた。

 ワシントン・タイムズ五月十六日付も同公使からの投稿を載せた。この投稿も同紙四月
 三十日付のポール・グリーンバーグ記者の「南京『事件』の騒ぎ」というコラムへの抗議
 だった。このコラムも「日本の教科書は南京大虐殺を単に事件と呼び、大量殺人を否定
 する」などと記していた。
 北野公使の投稿は「グリーンバーグ氏は日本の教科書や過去への認識についてほとんど
 理解していない」として、日本の教科書はみな南京での虐殺に触れており、日本の首相は
 歴代、侵略行動への謝罪を表明してきたことを強調したうえ、「同氏が日本を『道義的な
 記憶の喪失症』と断じることには事実の裏づけがない」と反論していた。(一部略)

310 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:24:16 ID:E40gHPjP0
>>302
>共産圏とは相容れないんじゃないの
過去、現状の共産主義国家は実質は中央集権全体主義国家だから
当然そうだよ
国民が国家に楯突くことはできないし(非自由主義)
主権が国民にあるともいえない(非民主主義)
「似非」という言葉をあえて使ったのは「真の」右翼の場合、
国民のために政府を批判する事があること。(つうか結局は国家のためなんだろうが)
昔の国粋主義者にそういうの結構いるだろう。北一輝とか。
しかし似非右翼という表現は判りにくかったな。ネットウヨのほうが判りやすいか。

311 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:25:17 ID:F/tjVLuVO
中共の問題点はやはり人権と軍拡主義ではないか?自分達の体制維持に必要なのは分かるがこのままだとまた冷戦時代に戻るぞ…

312 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:26:39 ID:MSAtyswr0
だからさあ共産圏とは国交を断絶すべきなんだよ
そうしたこんな問題は起きないのに
アメリカも中国に繁栄を獲られつつあるだろ
日米が中国市場から手を引くべきだと思う。

313 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2005/09/25(日) 17:27:49 ID:WsEIqw4b0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<がんばれ〜♪

314 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:30:17 ID:82iRjDo30
>>310
なるほど。納得。

でもそれって全く同じに「ネットサヨ」についても言えるよね?

アメリカ嫌いでも、憲法はそのままがイイとかさ。
人道的観点を適用するのは日本国内だけとかさ。

いろいろ考えさせられる内容だと思う。この手の話は。

315 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:31:44 ID:luHlighE0
珍しく攻撃的だな。
やっぱトップがマッチーだから、思い切った事が出来たのかもしれんな。

316 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:34:24 ID:aJxABkD90
日本の商社やシンクタンクの連中が足を引っ張らなければよいが。

317 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:35:08 ID:gQTDhfhI0
まあ、10代の餓鬼や低学歴者が、嫌韓流やゴー宣等のマンガに惹かれるのは判る。
「お!先公の言ってる事と違うぞ〜!」と大興奮してしまうのもまぁ判るよ。

餓鬼は『権威』に反発したいお年頃だし、餓鬼にとって「権威」とは即ち「教師」であり
「教科書」だ。そして何と言っても教科書よりもマンガの方が子供受けするのは当然。

また、低学歴者や下層階級の人間にとってはあれらの中に含まれる民族主義的
主張が、大変な心の慰めになるのも判る。
「民族」で括る、ただだけで、歴史上の偉人達や「プロジェクトX」に登場する有能且つ
働き者の人々にまるで自分が仲間入りできたような気分に浸れる訳だからそりゃ飛びつくって。
まぁ現実には赤の他人な訳だが…。

ただ、大卒がこれを本気にしてると…ちょっとヤバいよね。
低学歴者並の脳って事の証明だから。将来の立身出世は期待できない。


318 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:36:45 ID:afg6R/vR0
>>317レッテル張りでひはんするんじゃなくて具体例を挙げて
批判するんじゃなきゃ意味ねーだろ。レベルが低いな

319 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:37:01 ID:T4g8YZn50
>>281
チャンコロ13億は地球上のゴミ。ゴミは焼滅してもらおう。

320 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:41:52 ID:+hwtWCel0
>>317
やたら学歴に拘るね

321 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:46:11 ID:luHlighE0
本当に凄い人は、たった数行の文章で、その真意や奥深さを伝えるものだ。

「特定アジア、何かとウザイんですけど」

つまりはこういう事でいいんじゃない?

322 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:47:45 ID:iZ9Y85j90
日本にも言えることって書き込んでるのは俺だけじゃないと信じたい

323 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:51:31 ID:kI3D2yLA0
>>317
お前が言うほど人は愚かではない。
一方的な決め付けだけで語る事しかできない
お前の立身出世こそ期待出来ない。

324 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:53:59 ID:FStnU0in0
民主主義は民意が国を動かすわけだから、国民の成熟度で
最善から最悪までありえる。経験値の低い国民にまかせるよりは
少数エリートの独裁のほうがまともとも言えるわけですよ。
韓国が独裁政権の間に経済を発展させたのは正解でしょう。

325 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:56:12 ID:8XYcGoi90
>>11
田中菌 で思い出した テレビにのうのうと出とった

外務省を害務省にしたやつやが まだやられとらなんだ なんで

326 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:56:20 ID:vTZNMDho0
>>271
「学問のすすめ」は、社会に出ると実感するよな。子供には無限の可能性が〜
なんていう、甘くてうっとりする現実は無い。無限の可能性があるのなんて
100歩譲って生まれ落ちる瞬間だけだ。それから後は、時代・育つ環境・それによって
はぐくまれた資質、とにかくありとあらゆるものによって、どんどん可能性の
扉は閉じられていく。開かれてる可能性を維持するための、一番確率の高い方法が
学問だっていうのを、少なくとも学校の先生は胸を張って教えた方がいいんじゃないか
なあ。親はただでさえ子供の「無限の可能性」に、根拠無い夢を持っちゃうもんだしね。

閉じられた扉を前にして、あれこれ後悔したって、その扉が再び開くことなんて
めったなことでは無いんだからさ。

327 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:57:15 ID:zjQLSR5g0
>>324
先頭に立って国民をリードしていくような独裁者ならマシなんだけどな

328 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:58:02 ID:luHlighE0
>>324
なるほど、だから反中反韓の少数独裁政権にしろと。
でもそうなったら民主主義も終わりだな。

政府批判も政党批判も、好きな事を言える今の日本が好きなだけさ。

329 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 17:58:23 ID:0yVnr+XB0
普通選挙や政党政治をやってない国に
道義的にどうこういわれる筋合いなんてないもんな。

330 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:00:01 ID:QfEhWmjt0
北野公使GJ!!

331 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:00:08 ID:rlmByMIT0
こういう人が本省を引っ張ってほしいよ
早く事務次官に栄転させれ

332 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:02:33 ID:FStnU0in0
>>328
そんなことはまったく言ってないんですけど。
民主主義が理想のシステムなのではなくて、民主主義が
正しく機能している状態が理想的な国家である、というのが
正しいように思います。すべては国民の経験値にかかっていると。

333 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:03:13 ID:O1bRudya0
北野公使を外務次官にしてくれ!!
日本を滅ぼそうとする売国勢力チャイナスクールと戦えるのは彼しかいない!!

334 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:03:13 ID:8J9G4tci0
なんだが来週あたりどっか辺境に飛ばされたりする。それが外務省。

335 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:06:06 ID:mjn0Lq6lO
>>18
は?
どこが?
あれだけ小泉叩きしたのに残念だったねw
国民は馬鹿じゃないよw

336 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:07:34 ID:O1bRudya0
>>334
そんな…外務大臣の力でなんとかならんのか?
チャイナスクールが外務省を牛耳ってるのは分かるが、
こんな優秀な人材をあたら失っては日本の危機じゃないか・・・

337 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:13:34 ID:4mOC/mil0
まぁ正直ガキでも解る理屈だけどなw
中国に盲目的な奴が狂人なだけで・・

338 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:16:55 ID:nxpj+6UZ0
>>323
中卒ニート、乙。

339 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:18:57 ID:eSWiYb2f0
いまや北朝鮮にまで土下座する中国の奴隷、米国でそんなこと言っても
無駄ですな。

340 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:20:39 ID:luHlighE0
>>332
難しいところだと思うよ。

トップが清廉で、緊急性を理解しているならば素晴らしい政治をするかもしれないけど
それがシステム化し恒久化したとき、その座に野心家が付いた場合。

国民全体の僅か数%の意向で国が動いてしまう危険性を考えたら
最初から民主主義を放棄したような考え方はすべきではない。

民主主義から平和的に独裁国家が誕生する事はあっても
独裁国家で平和的に民主主義に移行する事は殆ど無いし。

341 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:28:57 ID:GJv4QJmf0
過去16年にのぼり,日本で最も犯罪を犯している外人は「中国人」です。

 年度     外国人検挙総数    中国人検挙総数  国籍別の検挙順位
平成14年      34746件       12667件(36%)      1位:中国
平成13年      27763件       12131件(44%)      1位:中国
平成12年      30971件       16784件(54%)      1位:中国
平成11年      34398件       15458件(45%)      1位:中国
平成10年      31779件       10451件(33%)      1位:中国
平成09年      32033件       08501件(27%)      1位:中国
平成08年      27414件       07310件(26%)      1位:中国
平成07年      24374件       08904件(36%)      1位:中国
平成06年      21574件       05916件(27%)      1位:中国
平成05年      19671件       04032件(20%)      1位:中国
平成04年      07457件       02417件(32%)      1位:中国
平成03年      06990件       02204件(32%)      1位:中国
平成02年      04064件       01841件(45%)      1位:中国
平成01年      03572件       01895件(53%)      1位:中国
昭和63年      03906件       01798件(46%)      1位:中国
昭和62年      02567件       00945件(37%)      1位:中国

平成15年警察白書:http://www.pdc.npa.go.jp/hakusyo/h15/html/E1101016.html
平成05年警察白書:http://www.pdc.npa.go.jp/hakusyo/h05/h050300.html


342 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:31:04 ID:zzsZsz9o0
でも民主主義が戦争を防ぐってのは大ウソだろ。
アメリカを見てれば分かる。

343 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:31:58 ID:KSx810UP0
外務省にもホネのあるやつはいるんだな

344 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:35:05 ID:+UBEzUi80
>>342
そう。でも民衆は全体主義より民主主義を望む。

345 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:35:35 ID:luHlighE0
>>342
防がないだろうね。
それでもバカな国民の戯言を聞いてくれる可能性がある政治の方が良いよ、俺は。
少なくともそのお陰で特定アジアをネタに酒が飲めるんだし。

346 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:36:18 ID:MO6TcLNe0
これで世界の北野が二人目。

347 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:36:31 ID:GwIXsQFU0
GJも何もこれって普通の意見だよなあ
今までがおかしかっただけで
まぁ進歩だけど

348 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:41:15 ID:FStnU0in0
>>340
2chを見ると一時は極右まで振れてたのが、今では左右両方から攻撃されてます。
日本人は成熟してきているし、大丈夫でしょう。
まだ一部エリートが権力を独占している状態ですが、これを壊すには少々独裁的な
手腕が必要だと国民は判断したのだと思うし、これは正しい判断だと自分は
思っているわけです。

しかし今中国を民主化するとまともな国になるかと言えば、無理でしょう。
おそらくすぐに戦争を始めるんじゃないでしょうか。民主化するのなら、
その前に国力をとことんまで落とす必要があると思います。

何が言いたいのかわからなくなってきましたが、民主主義は国を改善するための
ツールにはならない、という感じですかね。


349 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:44:51 ID:+UBEzUi80
>>348
そのとおり何言ってるのかさっぱりわかんね

350 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:50:42 ID:FStnU0in0
>>349
もともと上のほうで民主主義とファシズムを善悪で見ているような議論が
あったので、324でちょっと反論してみただけなんですけどね。

351 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 18:55:17 ID:+hwtWCel0
>>350
>2chを見ると一時は極右まで振れてたのが、

この時期を俺は知らない
まぁ俺は右でも左でも国益さえ考えてくれればあとはどうでもいいけど

352 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:04:36 ID:KwtxU/VD0
北野公使がんがれ。
夜道には気をつけろ。

353 :縄文主義者:2005/09/25(日) 19:04:43 ID:skXEff710
>>349
>そのとおり何言ってるのかさっぱりわかんね
分ろうとする努力は大切だよ。
「日本はいい国だが、中国はだめな国だ」
と言いたいのだろう。

354 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:09:22 ID:v02c4nL70
韓国は民主主義だけど、ナショナリズムに溢れてるよな。
これはどう説明するんだ

355 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:15:45 ID:luHlighE0
>>354
一時、独裁主義だったからじゃない?
親日法なんて法律を作るぐらいだし。

356 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:15:48 ID:ZjtpWm5G0
>354
わかっているくせにー
いけずー!!

357 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:16:58 ID:Qz9bBnAJ0
ナチョンナリズム

358 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:17:06 ID:+UBEzUi80
>>354
民度がアレだからですよね。

359 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:36:21 ID:v02c4nL70
>>356
マジでわからん。中国に突っ込まれたら何て答えればいいんだろ。
北と休戦中だから異常なのかな

360 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:44:53 ID:VL1dncky0
北野公使、GJ! 

こういうの、今後とも組織ぐるみでやってほしいね。

自由の言論の国、アメリカで、
どちらが、正当なことを言っているか
日本の外務省と中共政府が意見を戦わせればいい。

答えは自ずから明らか。

マッチーが就任してから、戦う外務省になってきた。


361 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:45:48 ID:qIWCM6TM0
>>132
で北野氏に届くのか?

362 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:48:44 ID:FStnU0in0
>>359
358が言うように、民度が低いからでしょ。民主主義がナショナリズムを
抑制するというのはウソです。
ついでに言うと、韓国人に愛国心は無いですね。これが余計に
民主主義を機能不全にしているような気がします。

363 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:52:32 ID:0Oivtvt80
取り敢えず、応援のメールを送りたいが。。。どうすれば?

364 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:53:39 ID:UqDzURKn0
タイトルはワシントンポスト
内容はワシントンタイムス


365 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:53:56 ID:v02c4nL70
>>362
という事は中国が民主主義になってもやっぱり異常な国家なのは変わらんな。
北野公使は民主主義と民度の関係も調査すべきだな。

366 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:56:21 ID:nxpj+6UZ0
イケメン愛国者の画像(笑)

http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/835.html


367 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:58:03 ID:gZIyLDQn0
>>362
そっか。中国共産党が崩壊したら中国の対日感情も良くなるかな、と
期待していたが、そんなことはなさそうだね。
とにかく!中国共産党の崩壊きぼんぬ。物騒でかなわん。

368 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:59:06 ID:FStnU0in0
>>365
中国が民主化されて、選挙で選ばれた指導者が最初にやることは、
国をまとめるためにナショナリズムを煽ることでしょうね。

369 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 19:59:14 ID:J5vhi5mr0
まず国連の醜態で吹っ切れ、入浴タイムズの記事を見過ごさず、
無知と圧政と専制に対する日本の覚悟の一部を示したといえよう。

対日外交批判に対して、町村が大使公使を集め訓示した事が、
今回の選挙で売国政治家を一掃、または弱体化された事により、
梯子を外されるという腰砕けな姿勢ではないことが確認され、
実現されつつある。

しかしまだまだ、隷属を強要する専制と親の罪は子、子孫に及ぶ
とする反人権血統主義を批判せず隠蔽し、それらと手を結び礼賛
し、日本の自由、国民の自由に対して批判を繰り広げる連中が、
国内にもいる。あるものは利権で、あるものは思想で、あるものは
相手の対応の変化に付いて行けず、我々の主権を奪おうとする。

わかりやすい連中はよいが、まだ外務省の中にいる。

370 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:03:51 ID:O1bRudya0
北野氏の発表している論説は真にリベラリスティック(自由主義)な論説なのだが、
こういう論文を発表すると日本左翼に攻撃される罠。

結局連中(日本左翼)はリベラルなのではなく中国を崇拝しているだけで、
リベラルな論説を力で潰そうとしてくる…。


371 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:08:12 ID:e3e7Cqi00
10年前なら全マスゴミから抹殺されてたな。
ひとつでも取り上げるようになっただけマシになったか。

372 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:23:21 ID:q+An7q3R0
北野公使か。
なんだ外務省にもまともな人いるじゃん。
今回は見直したよ。

373 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:28:25 ID:O1bRudya0
>>372
まともな人(北野公使含む)と売国キチガイ(チャイナスクール)の割合が…

まともな外務官僚 1 対 売国キチガイ害務官僚 1000 ぐらいなのが問題な訳だが…orz

374 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:28:32 ID:MYqXywTa0
>>1みたいな記事を載せて、反日工作に対抗することは重要だが、
内容はイマイチだな。
アメリカは民主主義だが、ナショナリズムを扇動しまくってるぞ。
バカな国民がみなそろって、

USA! USA! USA!
USA! USA! USA!
USA! USA! USA!

ってやってるぽ。

375 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:29:33 ID:UkETX7VB0
ナショナリズムが存在しない所に民族の民主的な自治なんて存在しないよ。

376 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:32:23 ID:rx3YytBm0
まあこの論文で言いたいことは

中国人死ね
韓国人はクタバレ

ってことですな。

377 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:32:39 ID:O1bRudya0
>>374
>>375
文章のどこにも民主主義国家のナショナリズム批判はない訳だが。
民主主義だと情報の統制がないから健全なナショナリズム、
共産主義だと情報が統制されて政府の意向に影響される狂ったナショナリズムになる、
と書いてある。きちんと文章を読むように。

378 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:33:44 ID:QRa0E5en0
みんな良く解っていらっしゃる。

379 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:34:48 ID:UkETX7VB0
今の日本からは健全な民主主義も健全なナショナリズムも失われつつあると思うけどね。

380 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:36:17 ID:sqe2NftL0
北野公使は神!!

381 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:37:00 ID:O1bRudya0
>>379
どう考えても
日本(民主主義)ナショナリズム>>>|超えられない壁|>>>中国(共産主義)ナショナリズム
だと思うが。
日本は戦後60年の民主主義で民衆がかなり成熟している。
例えば、日本には君みたいな中国大好き左派もいるしそれを日本は許容している。
それが民主主義の成熟ってこと。

382 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:38:20 ID:zNE00m6W0
北野氏の保護を急げ

383 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:40:25 ID:m51RRhsu0
でもたぶん北野公使は
チャイナスクールから吊るし上げくらって
事務次官や駐米大使から「勝手なことすんな」って怒られて
左遷させられるんだろーな・・・orz

384 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:40:40 ID:NMxdsXY70
>>379
日教組の影響を受けてるとそう感じるようになる。

岡崎 ちょっと弁解しますと、外務省だけではなく、二十〜三十年前までは
日本人全部が中国や北朝鮮の言うことを聞くのは平和的で進歩的だと信じていたのです。
そして韓国とか台湾の言うことを聞くと保守反動(笑)。
ですから一九七二年の日中国交正常化の頃は自分の意見など言えなかった。
袋叩きにされるから。三十年掛かってやっと良くなってきた。
ところがまだメディアにも外務省にもその手合いがいるんですよ。
http://www.apa.co.jp/appletown/bigtalk/bt0502.html

385 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:44:22 ID:E40gHPjP0
>>314
遅レスすまない。
ネットサヨにも言える。
関係ない話だけど
ディベートの練習としてネットサヨになるのは面白いと思う。
わざと少数派に身を置いてディベート力を高めるのは色々役立つよ。
受験生や法学部の学生お勧め。

>>362
民主主義とナショナリズムはお互いを牽制する概念じゃないよ。
ナショナリズムの表れとして民族自決権があるけど
これも民族が自分達の事を自分達で決するという意味で民主主義であり
ナショナリズムは民族自決の精神が政治、経済、各方面に発揮された場合
と考えられるから相通ずるものがある。

民主主義が高揚してくると自分達の事は自分達で決められる自由に目覚めるわけだけど
(自由主義といってもいい)
対外関係等は自由にならないものだから主張が過激化してくる。
自由というエサを与えられると最初はどこまでも主張できると勘違いする。
>>284はそういう意味で正しい。
民主主義を深く煮詰めると個人の重視に行き当たるから自国であろうが他国であろうが
人間としての個人を尊重すべきという主張も成り立つが
そこまで成熟した国家も国民もない。

386 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:46:40 ID:/eoCckIs0
スレタイ間違ってるやん。
ポストじゃなくてタイムズだぞ。統一協会系のクソ新聞だ。
ポストに出してほしかった。

387 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:47:15 ID:sqe2NftL0
北野公使って色々頑張ってるよね。
前も「日本戦争責任を果たしていない」とか書いたアメリカの新聞各紙に
抗議投稿とかしてるし。
NYタイムズの反日記者オオニシの記事にも抗議してるよね。

388 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:51:38 ID:UkETX7VB0
>>381
> 日本は戦後60年の民主主義で民衆がかなり成熟している。

それはようござんした。

389 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 20:53:56 ID:fDOb3Nxb0
> ワシントン・タイムズ
> 産経


|`∀´>

390 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 21:07:30 ID:03pLo6xl0
ワシントンポストとウォールストリートジャーナルは無理だろ

391 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 21:07:31 ID:j3cSHXQF0
普通に中国を独裁国家と公の場で断言できない
日本自身にも大きな問題はあるのだろうけどね。
こうして、日本が変わっていく事をちゃんと海外に
アピールするのは良いことだと思う。

日本が受けてる戦後最大の誤解は
「いざと言うとき、日本は民主主義国を裏切って、中国
独裁政権の支持に走るのではないか。」
という事なんだよ。
この誤解を晴らすには良い時期だし、国際社会への貢献
の為にも絶対に明らかにしておかなくてはならない。

392 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 21:19:13 ID:/eoCckIs0
>>390
まともな国の政府機関から公式な投書があれば
そう簡単には掲載拒否はされないと思うけど。

393 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 22:06:40 ID:O1bRudya0
ワシントンポストになら普通に載りそうな内容なんだがな。

394 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 22:11:02 ID:ic3P6HU60
>>373
>売国キチガイ(チャイナスクール)
売国チャイナスクールの連中は、小泉に排除してもらおう。

少子化になっていく日本に、売国の大人はいらんでしょ。
国粋主義になる必要は無いが、国を売ることだけは阻止するべき。

395 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 22:14:45 ID:yl5eUG680
>>354
民主主義じゃないよ。
言論&思想の管理国家。

396 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 22:48:19 ID:fXD7tnIa0
> 非民主的な政権ほど統治の正当性を国民のナショナリズム扇動で保とうとする−という趣

つまり今の自民党独裁ヒトラー政権と自民党に投票した愚民を非難してるんだろ
産経は阿呆だから中国へ向けたメッセージだと勘違いしてるけどこれは明らかに日本非難の論文だよ

397 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 23:23:46 ID:/eoCckIs0
>>396
選挙で選ばれた政権が非民主的なわけないだろ。

398 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 23:26:07 ID:2kBlXdGP0
>>396
社民党員ですか?頭悪そうですね。

399 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 23:35:14 ID:+7QT2EWa0

メリケンスクール>>>>>>チャイナスクール  ってことだなー


400 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 23:50:13 ID:+hwtWCel0
民主と独裁を相反するものと思い込むからそうなる


401 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 23:52:06 ID:TaVXK49N0
おれ、この人心配だな…

外務省のチャイナスクールの連中が、こいつを潰すだろうな。


402 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 23:53:12 ID:PloNwhLf0
昭和13年、国家総動員法が公布されます。政府が必要と判断するだけで
勅令によりあらゆる分野で統制が発動できるようになりました。
その後、勅令の数は80にのぼりました。
この年、金属製品は制限され火鉢やはさみ、フォークなど130品目以上が製造禁止となりました。
そして金属の代わりに陶器や木を使った代用品が出回りはじめました。
また、軍需や輸出意外の綿製品は供給禁止となりました。

こうした中、政府は代用品の普及、工夫を呼びかけ
荒唐無稽ともいえる記事が踊ります。
昭和13年のこの記事は「メロン、スイカの皮から革製品の代用品ができた」と
伝えています。記事の中味では「袋や下駄、草履の表に最適w」とあります。
また、昭和14年のこの記事。

見出しには「奇想天外、人髪も旨く食べますw」とあります。

この頭髪料理w、記事によりますと
「ある薬品で頭髪をこんにゃく状にしてソースやしょうゆで美味しい
栄養分として食べられる」とあります。
実際に出回ったかどうか定かではありませんが凄まじい話です。

人肉料理よりマシだが・・・

403 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 23:54:58 ID:luHlighE0
メリケンの馬鹿に認められたからって喜ぶのもアレだけどな。



404 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 23:57:05 ID:ldfYVYvV0
ワシントン・タイムズって・・・orz
統一教会

405 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 23:58:56 ID:+r64endK0
外務省って創価売国大学出身者が結構いるんでしょ?
なんとか排除できないもんかな

406 :名無しさん@6周年:2005/09/25(日) 23:59:28 ID:PkPoWnE20
超珍しく外務省GJ!
これからも、その調子で頑張れよ。

407 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 00:01:37 ID:+rS5JjG70
GGGGJJJJJJJJ!!!!!

408 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 00:02:51 ID:TaVXK49N0
個人的には、彼には外務事務次官になってもらいたいものだ。

409 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 00:03:24 ID:PjBuA4A10
ニューヨークポストはアメリカの週刊ポスト
ニューヨークタイムスはアメリカの内外タイムス
という理解でOK?


410 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 00:08:06 ID:E7SeMQi40
北野充公使、GJ!!!
http://blog.satohs.jp/200506/article_33.html


411 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 00:11:09 ID:cq/1TfA80
反小泉の連中が気軽に独裁とかいうボキャで罵倒しているのを見るとムカついてくるな

支那とかが侵略し始めて日本に本当の独裁が来たとき、
独裁の恐怖を訴える人間を狼少年にするためか

412 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 00:28:12 ID:cxK84Xpk0
>>15
コピーなんだろうけど、
福沢諭吉は脱亜論で”中国”なんて、逆差別的な語は使っていないよ?
(支那の周辺異民族を、野蛮人と規定する逆差別語)

原文の通り、”支那”を使ったら?

413 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 00:35:43 ID:5O7Bsyhk0
>>400

政治学者のトクヴィルは民主的独裁制というものを考えていた。
『アメリカの民主政治(下巻)』に詳しい。あと自由を放棄して
隷属を待ち望む、政府の羊のような勤勉な国民についても詳述。

414 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 00:39:56 ID:kglsWT8l0
北野氏立派!!
公使としては当然の仕事なんだがな。
これをGJとか言ったり、励ましのメールを
送ろうとか、身の安全を心配しなきゃならない
国って、情けないね、全く。

415 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 00:41:49 ID:cq/1TfA80
>>413
>あと自由を放棄して隷属を待ち望む、

支那チョン政府をマンセーし
自国民を大量に殺害したインチキ裁判に犬みたいに忠義をつくし
隷属憲法を崇拝する連中...

416 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 00:42:12 ID:Po65YU8c0
民意を代弁する選挙制度も敷いてない(それどころか武力弾圧さえする)国が
多数の戦没者が祀られた靖国神社に首相が参拝する事について
「中国人民を傷つける」などと言っても白々しいだけ

417 :エデンの東北 ◆tDNpQ64dls :2005/09/26(月) 01:32:53 ID:2cAmDT54O
>>385

横レスだが、ディベートの件は当然だと思う。


相手の立場に身を置くことで、初めて見えてくるモノもある。


共産党じゃないが、「確かな野党」は、与党になっても確か。
逆もまた然り。


+や−という符号は、あくまで手段であり、
絶対値を高める事こそが、本来の目的のはずだ。

418 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 03:58:33 ID:PjBuA4A10
ただなぁ・・・
単に煽り入れて変なコピペするだけの香具師が多すぎるんだよな。

それで自分はサヨだって言ってもさ・・・。

419 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 04:19:07 ID:rYKqtTQFO
日本のプチナショナリズムは、中国や朝鮮二国のナショナリズムに反応したのは明らかだが…。
うちの親父いわく多少精神面の余裕が出るとこーなるらしい。そーいえば、俺は今、結構余裕無いから、静観、静観。
正当な批判活動はバンバンしなきゃダメだと思う。全く正しい。

420 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 04:29:36 ID:eNBRop8k0
中国は農民と労働者が支配する新民主主義だったはず。
資本家が支配する旧民主主義とは違うのだよ。

421 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 04:45:33 ID:ZnF/q4tm0
あ〜なるほどね。
こういうこと公式に言うと
60年前の日本の事だろう、謝罪と賠償汁!
と突っ込まれる可能性大有りだが。

422 :ホタルイカ <二:彡 @光学迷彩 ◆Optic4oz5g :2005/09/26(月) 05:11:34 ID:LWqWcZaL0
◆中国共産党の侵略
そのぞっとする知らせはすぐにラサに届きました。
街中が恐怖に陥り、人々は不安に駆られて、誰も彼もが寺に集まりました。
ラサ中でチベットの守護神パルデン・ラモに加持を求める経が読まれました。
各僧院では大きな祈祷法会が連日のように行われ、
ラサの空には香を焚く煙が立ち込めました。
ナムギャル寺でも祈祷に一日の大半を費やしていました。
私も朝から晩まで皆と一緒に祈祷をしました。
戦争や飢饉を回避し、速やかに平和が訪れるようにと
私は心の底から願わずにはいられませんでした。

  /蔵\    「お経を読んでいれば、
 ( -∀-)    中国共産党は経済破綻し
 (_つノノl|つ   内部分裂を起こします。
  Ll_|_|_l.||    人民解放軍はチベットの首都、
 (__)_)    ラサにまではたどり着けません。
           間違いありません。安心してください。」

チベット人は平和を祈り、お経を読んでいた。日本の平和憲法と似てないか?
http://www.lung-ta.org/testimony/jampa.html
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/china/1114609338/272-294
日本は中国にとって不利になる報道ができない。
中国に支社のある日本のマスコミは日中記者交換協定によって中国に不利な報道はできない。
日本のマスコミが中国にとって都合の悪い報道をする。
すると、中国はその日本のマスコミの中国支社を理由も告げずに国外追放する。
 日中記者交換協定
中国を敵視しない。二つの中国を造る陰謀(=台湾独立)に加わらない。日中国交正常化を妨げない。
の三点を守れないマスコミは、中国から記者を追放するとしたもの。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%C3%E6%B5%AD%BC%D4%B8%F2%B4%B9%B6%A8%C4%EA?kid=57292
政治家や2ちゃねらーが中国共産党や金正日、日本国内の悪党を批判する。
すると人権擁護委員から人権擁護法で弾圧される可能性がある。
だから、みんなで人権擁護法案に対して反対しよう。この悪法を支持しているのは古賀誠、与謝野馨、中川秀直、二階俊文など少なくない数の推進派議員。

423 :ホタルイカ <二:彡 @光学迷彩 ◆Optic4oz5g :2005/09/26(月) 05:13:42 ID:LWqWcZaL0
「将来の台湾は中国へ平和的なかたちで併合される。」
このスレのみんなはこのキッシンジャーの発言をどう解釈する?

台湾海軍、軍港、空軍、空港が中国共産党の所有物になる。
そうなると、そこを通る日本の石油タンカーや
食糧輸送船に不都合が生じて日本の国民生活は困窮する。
どうすれば、日本国民は毎日三食、食えるのか?
キッシンジャーの発言が当たったことを確認した後だと、
日本の核開発はお金も時間も物理的に間に合わないからエラいことになる。


台湾の最大野党国民党は台湾の主権を中国共産党へ移譲する準備を進めている。
台湾の国民も中国共産党からパンダをもらって仲良くやってゆく心の準備をしている。

パンダ外交:「友好の使者」選定作業が進行中
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=0504&f=politics_0504_003.shtml
李登輝:「危険な行為だ」野党の大陸訪問に警告
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=0502&f=politics_0502_001.shtml
60年ぶり国共トップ会談:連・主席発言(全文)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=0429&f=politics_0429_006.shtml
こんな感じで国民党と中国共産党は仲良しになる。
将来、国民党が連続して台湾の政権をとり、中国共産党と融合する。
そして、台湾の普通選挙制度は封印される。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1113931499/824-868

424 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 05:22:47 ID:XKRLsiySO
国家戦略的には正しいよな
中国の経済的、地理的ライバルは日本だもん

日本人は気が付いてないけど

425 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 07:57:46 ID:XJ+ZOex40
>>422
中国の軍隊が進出してきたとき、チベットは国家として戦わなかった。
話し合えば分かってくれる、誠意をもって接すれば分かってくれると戦うことを放棄した。
それどころか、武器をもって戦おうとするものを、「人殺し」と言って非難した。

結果はどうなったかというと、寺院は壊され、僧侶は殺され
チベット男性は強制避妊、女性は中国人との子供を生まされ
逆らうものは残酷な方法で殺され、チベットの民族浄化は完成しつつある。

日本にとっても他人ごとじゃないよね。

426 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 08:22:27 ID:C0lujIuM0
アメリカの公使ってだけでかなりなもんだと思うが、
それでもこの発言したのは偉い。
何かいろいろあるんだろうが、褒めとこう。

427 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 08:29:54 ID:LYRha4On0
>>425
そのような非武装&無抵抗って社民党の党是だっけ?

428 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 08:31:57 ID:jP61coVro
ほんの一握りの人間が十億の奴隷を酷使する国。中国。為政者が人民の福祉を考えるなど、今までも、そしてこれからも無いだろう

429 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 08:45:56 ID:J6QivSXO0
これってあれだろ

衆院選の亀と綿貫を
中国と韓国に置き換えれば簡単に
3分の2の議席を取れるという、悪党を作り出して人気を得る手法

430 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 13:31:07 ID:3tB5nDmv0
>>427
社民党は北朝鮮の不審船による犯罪テロを応援します
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1126425899/

431 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 14:15:21 ID:zvaon7iF0
>>429
亀と綿貫は悪役ですら無かったが。
虫のように無視される存在。

むしろ、悪役は民主党だと思う。
あれ? 何かイメージがピッタリだな。

432 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 17:43:02 ID:iHit+kiZ0
事務次官にしたれ。

433 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 17:44:29 ID:yuYccwvd0
外務大臣が変るとやっぱその下も変るなぁ。

434 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 17:53:45 ID:CAN6DgJFo
韓国は民主主義国家ですから
いいナショナリズム

435 :名無しさん@6周年:2005/09/26(月) 17:57:37 ID:tJs9AgAO0
外務省も徐々に変わり始めているのか・・・
考えてみれば今までが異常だっただけなんだが、とにかくGJ!

436 :在日日本人@神戸:2005/09/27(火) 02:13:32 ID:OYTfrDPj0
アメリカはペリー来航とか、挙げればきりがないけど、力は強いが馬鹿で自分勝手なジャイアンだね。
中国は、今まで、ジャイアンにうまく取り入るスネ夫を演じてきたわけだけれど、体力がついてきてスネ夫に甘んじていられなくなってきたということだ。
現実の世界にはドラえもんはいないんだから、野比のび太ももっと賢くならないとね。


437 :名無しさん@6周年:2005/09/27(火) 08:07:02 ID:T5vGu81Z0
>>427
非武装無抵抗どころか、侵略が始まったら積極的に協力するだろう。
北朝鮮の日本人拉致に非公式にだが、協力していた社民党だから。

438 :名無しさん@6周年:2005/09/27(火) 13:42:34 ID:XKLo40OR0
日本もアメリカも民主主義は崩壊寸前なんだが。
まあこういう文面ってアメリカ人の自尊心をくすぐる内容ではあるよね。

439 :在日日本人@神戸:2005/09/27(火) 23:53:27 ID:w1SjkLxl0
>>438
「○○は崩壊寸前」と気軽に使ってるが、一般的に認識されている事象以外は説明が無ければ説得力なし。
ついでに、何処の国が盤石なのか教えて。


440 :        :2005/09/27(火) 23:59:52 ID:XU63+P//0
旧社会党(現社民党)に国際局というのがあって、
そこの運営費は全て朝鮮総連持ちだったってね。

しかも学習会、セミナーの運営、資料準備など、
事務運営こ総連スタッフがぜんぶやってたって、
諸君に書かれていたわ。

そのつながりで拉致にも関与してたんじゃないかと
疑われてた。 憶測の域をでないが・・いろいろ。

441 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:03:43 ID:SpUtcyIT0
>>435

たぶんきっかけは中国首相の会談ドタキャン

442 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:08:31 ID:EYoZYRJi0
超危険! 中国製の四輪駆動車は安全性テストで星ゼロ 0ですよッ!
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1127821298/

443 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:12:39 ID:/JYgBMGI0
>>440
正論には、社会党には実際に拉致の協力者がいた、と匿名でのタレこみがあったそうだが。

444 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:12:41 ID:KzuIEma40
>>442
そんなテスト参考にならないよ。
何が星0なんだか・・・信用できない。










何で髑髏3つじゃないの?

445 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:12:48 ID:gk5fw90i0
まさしく正論
レームダック現象は中韓のお家芸だからな

446 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:17:42 ID:JJ2nMvThO
カルトの逝きつく先は、外部に敵を造るか、集団自殺しかないかんね。

447 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:21:20 ID:jQdgP0XT0
こういう正論を絶対、日経や共同通信は記事にしないもんなぁ。
中国の奴隷メディアはまとめて潰れてほしいよ。

448 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:21:46 ID:EYoZYRJi0
>>444
102 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2005/09/27(火) 21:07:27 ID:Py2XmBnk0
http://www.anwb.nl/published/anwbcms/content/pagina/nieuws/nieuwsartikelen/auto/050913-crashtest-landwind-.nl.html
動画みつけたwww

ttp://www.anwb.nl/published/anwbcms/content/binaire-bestanden/mpg/auto/tests/crashtest-landwind-1-467150.wmv
ttp://www.anwb.nl/published/anwbcms/content/binaire-bestanden/mpg/auto/tests/crashtest-landwind-2-467165.wmv



449 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:26:03 ID:XQE3lPsr0
やっぱり、民主主義は最悪だけど一番マシっていうのが人類というものなんかね。
実現するなら共産主義がいいなぁ。

450 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:26:16 ID:mX8Is+eD0
いい事言うね!

だから俺らも自省しなきゃな。
というか余裕を持たなきゃな。
内政のショボさを
強硬外交に求めるような風潮はよろしくない。

鼻で笑ってるぐらいが丁度良い。

451 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:26:53 ID:fhJlbGGG0
「英国の情報外交」
とか参考にせんとな。
中国の方が先攻していて日本の外交力と来たら全く無力な状態だが、絶対にやらないといけないことがある。

先ずは日米同盟の堅持であり、米中接近は絶対に許さない事である。
次にフランス、ドイツなどのEUに対中武器輸出を許さない事である。
次にロシアの軍事技術、兵器をもうこれ以上中国に売り渡させない事である。
次に露、印、旧衛星国を中国の背側面を脅かすために敵対させる事である。
 現在中国は活発にこれらの国々を懐柔しようとしており、軍事同盟も固めようとしている。これを絶対に妨害すべきである。
更に、中国国内で分裂状態、内戦状態を生じせしめ、最終的に中国を小・中規模の国家に分割する事である。
 それらの分裂国を平和主義に導き無害化し、世界平和を実現する事が理想。

尚、日本国内では中共の対日工作を阻止するために「スパイ防止法」が不可欠である。

以上がどうしても必要な事柄だ。これらの具体的目標のために実現のための戦術を研究し実行していかなければならない。

452 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 00:33:57 ID:Lsh7+UnM0
中国も韓国も大型建築物は崩壊寸前なんだが。
まぁこういう手抜き工事って日本人の自尊心をくすぐる内容ではあるよね(w

453 :在日日本人@神戸:2005/09/28(水) 03:02:52 ID:BAxm9TOv0
>>452
>まぁこういう手抜き工事って日本人の自尊心をくすぐる内容ではあるよね(w

日本は明治時代から西洋建築に取り組んできたからね。
建築基準法やそれ以前の規制で建築構造設計が大系化されてきたから、建築屋では常識です。
日本建築学会も「構造設計基準」売って儲けてたし。
だけど、1970年頃から日本でも現場での手抜きが多くなったな。
厳密に言うと、中国も韓国は「材料抜き」が多いと思う。


454 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 03:11:42 ID:G9VH7B940
ワシントンタイムズ=統一教会

455 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 03:31:11 ID:ajZBLRqK0
ワシントンポスト紙、いいね。 勉強になるよ
 http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/world/asia/index.html

456 :名無しさん@6周年:2005/09/28(水) 03:36:38 ID:NHrTS3w80
>>454
ワシントンタイムズって何?

135 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)