5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医療制度改革】軽い病気「患者負担を」 公的医療保険に免責制度を検討

1 :依頼496@試されるだいちっちφ ★:2005/10/02(日) 22:04:31 ID:???0
低額の医療費は公的医療保険の対象から外して患者の自己負担とする「保険
免責制度」が、医療費抑制のための検討項目として、10月中旬に厚生労働省が
公表する医療制度改革試案に盛り込まれることになった。
1回の診療にかかる医療費のうち500円、1000円などの一定額を患者負担とし、
保険の適用はそれを超える分とする方法。軽い病気から重い病気まで広くカバー
する今の医療保険制度の根幹にかかわるだけに、政府・与党内でも大きな論議を
呼びそうだ。

 免責制度は、保険は生死にかかわるような重い病気の時にこそ必要で、風邪な
どの軽い病気には適用しないという考え方に基づく。自己負担を増やすことで患者
にコスト意識を持ってもらい、過度な受診を防ぐ効果も狙う。

 財務省が02年度の医療制度改革時に「外来1回、入院1日あたり500円」を提案。
今年6月の政府の「骨太の方針」決定の際には経済財政諮問会議が検討課題と
して明記を求めたが、厚労省や与党側の反対で見送られていた。総選挙での圧勝
を受け、小泉政権内で医療費抑制論が強まる中、厚労省も議論は避けられないと
判断した。

 今回の改革試案では、「免責額500円」「1000円」など複数のケースごとに患者
負担や医療費抑制効果の試算を示し、導入の是非を議論する材料としたい考えだ。
(>>2以降に続きます)

朝日新聞
http://www.asahi.com/life/update/1002/003.html

関連スレ
【医療制度改革】入院費に定額払い拡大 高齢者中心に負担増を求める…厚労省試案骨格
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1128123310/

2 :試されるだいちっちφ ★:2005/10/02(日) 22:04:38 ID:???0
(>>1続き)
 ただ導入すると、高齢者ら受診回数が多い人ほど負担が重くなる。医療関係者の
中には、症状が軽い間は受診を控えるため、重症になってから受診する人が増え、
かえって医療費がかかるという指摘もある。

 もともと医者にかかる機会が少ないサラリーマンら現役世代からは「保険に入って
いる意味がない」と不満が出ることも予想され、厚労省内にも慎重論が根強い。

 さらに、サラリーマンの窓口負担を3割に引き上げた際の改正健康保険法の付則
には、保険給付を「将来にわたり100分の70を維持する」と明記されている。免責
制度を導入すれば実質的には7割給付を割り込むため、厚労省には実現性を疑問視
する意見もある。

 厚労省は、医療費抑制策のうち、国民に負担増を求める施策として、長期入院患者
からの食住費徴収▽一定所得以上の高齢者の患者負担の3割への引き上げ▽高額
療養費制度の負担上限引き上げ▽新たな高齢者医療保険制度の創設に伴う保険料
徴収――などを検討しており、これで施策案はほぼ出そろった。

3 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:04:38 ID:bhd+pxhF0
今だ!!!2get
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ


ドッコイショ・・・・・・・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
     ∧∧          (´;;
    (゚Д゚ ,)⌒ヽ    (´⌒(´
     U‐U^(,,⊃'〜... (´⌒(´⌒;;


ハァ、ダルッ・・・帰るか
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
  ポ  ∧∧  ポ
  ン  (゚Д゚ ,) . ン
   (´;) U,U )〜 (;;).
(´)〜(⌒;;UU (´ )...〜⌒(`)

4 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:06:13 ID:hCmSWpty0
重い軽い関係なく、一回に付き2000円までは自己負担とかしろよ。
それから尊厳死を認めた上で、保険適用の上限も定めろ。

5 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 22:10:42 ID:bJaiXOIp0
ちげーだろ!バカ!!
本当に厚労省は腐ってやがる。

一部の重症患者が総医療費の大部分を浪費していて、
しかも治療の甲斐が無く短期に死亡している事実を無視しているのかよ!

レセプト上位10%が総医療費の6割近くを占めているのは調べれば
分かる事。
実際に軽症外来受診患者が医療費に占める割合は少ない。

重症患者に対する医療費の垂れ流しを黙認しながら、取れるところから
取るって言う今回のやり方には断固反対だ!

本当に厚労省は目先を変えやがって腐っている。
厚労省のバカ官僚はこの実態を知らせて、国民に土下座して誤れ!

6 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:17:03 ID:lBGEUxC70
>>5
取り合えず手を受けられる所からつけたんでしょ。
小額の連中は、暇と寂しさから毎日用もなく通う老人ばかりだから
ここは養老院じゃないんだぞ、ということで受け入れられるけど
高額の場合、命の存続に問題があるケースなので、医療費負担が
大変だから、あるラインからは勝手に死んでくださいねと役人は
決められないでしょ。政治的決断が必要。

7 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:17:37 ID:Cf2a+WM50
ソースが伝聞なのが気になるがとりあえず賛成

風邪なんぞ病院に行くのが間違い

あと終末医療は自費にすべき

一月に何百万も使ってる患者はたいてい死んでる

8 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:18:11 ID:4aZq2DUi0
それよりもナマ保の奴等をどうにかしてくれ。

9 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 22:18:48 ID:bJaiXOIp0
漏れは生保の医療要否意見書を書いていて思うのだが、
怠けていて生活保護を受けてさらには保険料支払い者と同様の
医療を受けられるシステムが気に入らない。
真面目に保険料を払っている香具師に対する冒涜だ。

またレセプトを書いていて思うのだが、重症者で月に10万点(100万円)超え
なんてざらにある。

結局、厚労省は天下り先としての薬剤メーカーが大事であって、国民が
不公平と思っている感情を無視して一部の患者の優遇しか考えていない。
何故なら医療費垂れ流しとなっている本体を改造しようと思ったら、
一部の権利を受けている者から、人権派からの圧力が恐いからだ。

本当に厚労省は腐ってやがる。
取れるところから医療費を搾取するだぁ?ふざけるな!!

10 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:19:02 ID:cUGJdx8w0
ジジババは何ともなくてもすぐ病院行くから保険料がかさむ
これはいい制度だ

11 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:23:18 ID:xfJZollQ0
風邪は薬飲むより、栄養のあるもの食って寝てる方が治りがいい

12 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:24:49 ID:raU+WSEu0
♪薬漬けにされて 治るアテを失くし
  痩せた体あわせ どんな恋をしているの〜?

13 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:25:11 ID:bJaiXOIp0
>>6
それこそ役人の責任逃れの一端の現われだと思わないかい?
>>8
そうだろ?この辺りは人権派とかの問題が絡んでいるんだろうな。
本当にムカつきが止まらない。
>>10
目を覚ませや。軽症なんて一人当たりのレセはせいぜい100点(10000円)くらいだ。
この100倍の医療費を使って、しかも短期間に死んでいる患者に使う無駄銭が
問題なんだろうが!
外来の軽症100人でやっと重症患者1人と同額の治療に値する。
実際問題、レセ上位10%が総医療費の60%を使っていて、しかも高額医療補助で
月に6万しか払わないで済む体制に疑問は抱かないのかな?

14 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:28:28 ID:q/lm6pOV0
夜間診療は100%負担でいいよ

15 :名無し募集中。。。:2005/10/02(日) 22:32:20 ID:2IRCDHxP0
年寄りの自己負担を5割にすれば
年金問題も
保険問題も
高齢化問題も
一気に解決しますけど

16 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 22:33:47 ID:bJaiXOIp0
もっと冷静に考えてみよう。

多くの国民は多額の保険料に対して不満を持っている。
また多くの患者は軽症例でも受診をしている。

これは多くの国民が保険料を払った結果、多くの患者がその保険料を利用できる
理想的な姿だと思うんだよ。

しかし、実態は違う。多くの国民が多額の保険料を払った結果、その保険料は
ごく一部の重症患者に大分分が使われている。
つまり払った側はメリットを受けていないわけなんだよ。

厚労省は重症者を切り捨ている事が出来ないから、とりあえず大多数の
利益を軽んじて、一部の重症者の利益のみしか考えていない、って事に
つながるんだよ。

本当に医療費を削減して、「健康的」である質の高い医療を心がけるのであれば
軽症の自費負担増なんか行わないはずだ。

厚労省は結局は責任が恐いんだよ。
ホントに厚労省の腐ったやり方にはムカツク。

17 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:34:24 ID:Z2eAcLsO0
医療保険払うだけ払ってまったく医療に世話にならない人がかわいそうだな。

18 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:34:45 ID:raU+WSEu0
年寄りを一箇所に集めて、財産没収のうえにバトルロワイヤルをやらせれば
日本の大きな問題は片付くよね

19 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:37:10 ID:T65a05bR0
私、看護師だけど延命治療は無駄だと真剣に思う。
本当に無駄なのは延命治療。

バカをみるのはまじめに払っている一般人で、
生保患者は当たり前のように医療を受けてる。

まじで、吐き気がする。
人間をやめた人間に何故ニコニコしないといけないのか。

20 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:37:15 ID:B9GZavFG0
終末医療と腎臓透析は自費にすれば、医療費のかなりをカットできると聞いた事がある。

21 :怒れる開業医:2005/10/02(日) 22:38:51 ID:38G4kctH0
全てとは言わなくても90%は厚労省、官僚に責任有り。二年に1回の改定で取りやすい所、さげやすいところから
医療費を下げて大きな矛盾、失対を演じた。最なることは老人医療費の増大を介護保険で誤魔化そうとした所、制度の不備を突かれて不正請求が天文学的数字になったこと。
制度ではなくただ医療費の削減の実績だけがでればいいと言う考え見え見え。
老人保険をぼやかすために導入した介護保険、大失敗。でも配置換えで誰も責任取らない。これ官僚の特権。

22 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:38:57 ID:G/nlhUBK0
製薬会社は空前の利益をあげてるわけだがそれはスルーってか。

普通の製造業と粗利のケタが違うからな。
武田なんぞ一人頭で年間5000万の利益あげてる。
40前で年収2000万がめずらしくないのもうなずけるわな。

こういうのが本当の既得権ってやつ。
医師会・歯科医師会は他に頼るところがないから組合つくってんだよ、既得権団体って言い方はちょっとひどいだろ。
役人の胸三寸で診療報酬が決められるんだからこういう組合がないといいようにされちゃうんだよ。
ただでさえ世界レベルでみれば最低ランクの報酬なのにorz

23 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:38:56 ID:hfI57y9NO
>>13
君の考えだと、皆保険制度そのものの意味がなくなるね。
保険がなくて自費の方が健康な人にとってはいいからね。毎月徴収されるより、たまに払う方がいいからね。
君の考えだと社会保障費自体が無駄ってわけか

24 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:39:46 ID:gLsdZflE0
「重い病気も負担増」

>入院患者の食費や居住費など高齢者を 中心に負担増も求める。
>ttp://www.nikkei.co.jp/news/main/20051001AT1F3002630092005.html

「公務員給与は維持」

>ttp://www12.ocn.ne.jp/~take03/j31kuni.htm
>公務員給与は本省の局長1800万円、課長1200万円
>2004年度、国家公務員給与は前年度水準を維持
>期末・勤勉手当(ボーナス)は据え置き


25 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 22:40:57 ID:bJaiXOIp0
>>15
いや、それはどうかな。
高額療養費制度の見直しが、高齢化社会・保険問題を解決するとは思わないかい?
健康的な老人が定期的に降圧薬をもらいに来る事は総医療費としては小さな問題だな。
せっかく皆様が高い保険料を払っているのであれば、それが還元されるべきは
皆様に対してだと思うんだよ。
一部の重症患者に対してではない。
厚労省がこの件について述べないのは、倫理学的反対に臆している事・
薬剤メーカーからの癒着だろう。

>>17
その通り!全く医療の世話にならない人でも軽症としてならば世話になる
可能性があるでしょう。そういった人のために保険料は還付される必要がある。

厚労省の責任逃れの腐ったやり方には反吐が出る。

26 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:41:05 ID:GyBnEL1x0
俺もそう思う、婆さん死んだ時に脳血栓で脳死して、
死臭がするのに一週間も心臓を機械で生かされたよ。
親戚共のせいで、本家のうちの負担は凄い額に。。



27 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:41:21 ID:MOLLSlCv0
>>16
本来保険制度って言う物は、払った分を貰えるって事じゃない。
保険は保険という言葉の意味そのもの。
大きな病気をした時に医療費が払えないって状況を防ぐ為に必要なんであって
少額な医療費は保険から除外するのは本来の姿かと。

28 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:42:04 ID:5bjRw1Ui0
 本当に、こういうやり方で減らしたいなら、むしろ、治る見込みのない重症患者の治療を辞めるべきだし、65歳以上の高齢者の医療はすべてストップとかいうやりかたが必要だろうが・・・・・

 交通事故なども、意識不明者は基本的に放置の方向だろ


 

29 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:42:14 ID:7INqcsEt0
むうん。
重症者の高額医療費の自己負担を増やすと、アメリカみたいに医療費破産って増えるような?


30 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:42:41 ID:T65a05bR0
>>27
小額な医療費を削除しても、医療費高騰はおさえられないじゃない

31 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:44:20 ID:5bjRw1Ui0
>>29
 民間でできることは民間で!がコイズミの方針で、それにOKしたんだからしゃーないじゃん。
 民間医療保険に入れないやつは、死んでもらう方向。

32 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:44:52 ID:hCmSWpty0
>>29
破産したくて破産するんだから問題ないだろう
日本が破産したら元も子もないし

33 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 22:44:54 ID:bJaiXOIp0
>>23
全く違うね。皆保険の大部分が透析やら延命やら終末医療に使われている事に
腹が立っているんだよ。皆保険料の意義は重症患者への垂れ流しのためか?
しかも重症患者に金を使ってもその延命率は低いんだぜ?

34 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:45:34 ID:T65a05bR0
>>26
昔はそうやって老衰して死んでいった

35 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:45:47 ID:B+kd9EWH0
>自己負担を増やすことで患者にコスト意識を持ってもらい、
>過度な受診を防ぐ効果も狙う。

つまり、バカな国民に罰を与えて、躾けてあげましょうということでしょ。

36 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:47:02 ID:rJiJut2P0
まあ生産に寄与しない70歳以上は治療しない。(安楽死)
若年でも単純労働者(DQN)は治療しない。(安楽死)
などの改革が望まれるのかな。


37 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:47:44 ID:02ssvaa40
ていうか
老人にも自己負担を3割してもらうのがいいのではないかい?

今の老人と将来の老人と比べてみればいい

今の老人は将来の老人よりもはるかに多くの年金をもらい
保険も今の老人の方が充実している
つまり今の老人は将来の老人よりもずうっとリッチであり、
搾取しているとさえいえるだろう

自己負担の原則を徹底させてほしい

38 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 22:48:12 ID:bJaiXOIp0
現在の医療レベルの進歩が死ぬべき人を延命し、それに対し多額の医療費を垂れ流して
それでも救えない。
本当に医療費の無駄だ!
>>27
それなら皆保険に入らない方が大部分の皆様のためだろう?
大部分の皆様は重症患者への垂れ流しを迎合しているのかな?

39 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:48:17 ID:NCrR5e4P0
風邪は万病のもと。
きちんと治療しないと命取りになるよ。

やはり役人はヴァカばっかりだね。

40 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:48:31 ID:p1MRpWde0
>26
高額医療費の制度を使えば、月の支払いの上限は5万円くらいじゃなかったかな。
一時立て替えなら高額の出費になるが、後で帰ってきたはず。
手続きすれば、最初からそんなに払う必要はなかったはずだが、病院側は何も説明してくれなかった?

41 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:49:37 ID:hCmSWpty0
>>36
違うね。
若年老年関係なく、個人の年間総生産が一定に満たない人は高等治療しない。
これが正解。

42 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:49:42 ID:OoMkVNiP0
なんで今までしぇーへんかってん

43 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:49:48 ID:SEnmYbtb0
>>33
しかし患者の親族は「助けてください」と言う。
どこで線引きをすべきだと思う?

44 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:49:53 ID:8dEz3f610
人間100%死ぬわけだし、そのうち死ぬから治療しないって言っても、線引き難しそ

45 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:50:25 ID:T65a05bR0
>>35
(゚д゚)ハァ?

本当にバカなのは国民じゃないでしょ、厚労省や官僚でしょ?
東大出てたら賢いかと言ったらそうじゃないでしょ?
日本の借金みてごらんなさいよ、少子化はどんどん進行してる。
財務省のやってきたことはいったい何?特殊法人にお金を
垂れ流す事だけじゃない。

一時的なICU患者などは除外せず、延命治療だけを適応外にすべき。

46 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:50:41 ID:tzXHYg+w0
おまえらCTとMRIを撮られたらその病院を疑え
用途は一緒だし医療点数稼ぐカモにされてるだけだぞ

47 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:51:35 ID:2d7DdVw/0
ようは老齢福祉問題。国民全体でこれくらい負担できるので
この程度の福祉って具合にきちんと整理できて
モラルハザードがないようにせねば
福祉を支えるほうも、受けるほうも
気づかないまま、泥の船とともに沈むことになる。
もう一つ、混合診療解禁とかで規制緩和せねば
医療機関が新陳代謝できず立ち腐れする。むしろ
そっちが大変。

48 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:52:30 ID:7eIhLX72O
ぶっちゃけ老人ホームがわりにしているジジイに来て欲しくないわけで

49 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:53:06 ID:Cf2a+WM50
イギリスやドイツは高齢者の透析は自費だと聞いたことがある

医療費は月2万以下は免責でいいんじゃね?

50 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:53:07 ID:8dEz3f610
>>46
疑うのは結構だが、用途は違うぞ。

51 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 22:53:19 ID:bJaiXOIp0
>>43
助けるには金が必要。
高額療養費の償還控除額のさらなる引き上げをして、それでも払えるのであれば
重症患者を助けても良いだろう。
払えなかったら、諦めてもらう事で良いだろう。

もし、倫理面を無しにして全員が高額医療を要求したらそれを受け入れるのが
本来の医療の姿か?
重症患者への垂れ流しの結果でも1ヶ月以内の死亡割合が高くてもか?

52 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:53:54 ID:OoMkVNiP0
これで溜まり場代わりに病院通ってる老人一掃できるんだからいいじゃん

53 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:54:09 ID:0lJTIXVx0
高額医療に対しては、すでに対策が行われている。
一部の超高額医療費を使っている重症患者の抑制のために、大学病院などでは
包括医療が導入されている。
将来はすべての病院で包括医療になるだろう。
それは、実質的には重症患者の治療のレベルがぐんと下がることにつながる。
現実に入院患者の治療は以前にくらべて非常にコストにシビアになってしまったため
以前なら使っていた薬が使いにくくなってしまった。また高額な新規医薬品は
包括を超えてしまうので、はじめから使うことはない。
重症患者を切り捨てることになるが、このことの是非は患者に聞いてみたい。

54 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:54:19 ID:rJiJut2P0
「軽い病気」と自己判断して、1000円を節約する為に医者にかからず
悪化した場合の責任は厚労省が取ってくれるんだろうな?

55 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 22:55:37 ID:bJaiXOIp0
>>46
死に行く者への過剰検査と一般外来で見落としをしてはならない患者への
検査は全く意味合いが違う。
すまんが、分からなかったら質問形式にしてもらえないか?

56 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:55:47 ID:vgfoRH7g0
開業医 平均年収3600万
勤務医 平均年収1600万

57 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:56:06 ID:hCmSWpty0
>>54
どっちにしろ診察料はとられるだろぷげr

58 :番組の途中ですが名無しです:2005/10/02(日) 22:56:16 ID:oee2/OlJ0
新自由主義きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

貧乏人虐殺制度きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

小泉マンセー厨の
おまえら生き残れる自信あるのか?

59 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:56:40 ID:T65a05bR0
今や国民的病気となった花粉症にかかる医療費はどうなるの?

60 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:57:23 ID:Cf2a+WM50
>>54
日本人のそういう考えが今の惨状招いたんじゃないの?

もし受けなければ不安なら自分で負担して受ければいいこと

61 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:57:43 ID:jvFkX+7Q0
これに賛成してるやつらは、自分の親が重病になったときでも考えを曲げないよな?

なんか死刑反対の左翼みたいな連中ばかりだ。


62 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:58:10 ID:B+kd9EWH0
もっと、貧乏人向けの適当な病院があってもいいんじゃないかと。
パソコンで判断して、薬を処方するか、他の病院を紹介するだけ。
そのかわり安い。資格の取得も簡単にしてさ。

63 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:58:27 ID:MXvzolpB0
病人は 死んでください 国のため
老人も 死んでください 国のため
国民は 死ぬまで働け 国のため
働いて 納めて死ねよ 国のため


64 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 22:58:28 ID:bJaiXOIp0
>>53
大学病院のソルジャーは本当にマルメに沿って治療しているのかが
問題だ。もし、それで赤字を垂れ流しているのであれば、大学病院でも
まして母校でも漏れは潰して良いと思っている。
これからの医療費は多くの国民の皆様の利益になるように運用されなければ
ならない。

65 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:58:44 ID:fN6RITMp0
保険の問題はお金の8割を2割の人がが使ってしまっていること。


66 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 22:59:42 ID:rJiJut2P0
>>57
意味がわからん。マジで精神科の受診を勧めるぞ。

67 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:00:24 ID:wSVCn2Wv0
ジジババの毎日の意味ない病院通いを止める為だろ
医療費の4割を老人が占める現状では賛成

68 :http://blog.livedoor.jp/pinhu365/:2005/10/02(日) 23:00:40 ID:ett35XjO0

もはや、日本政府は日本国民の味方では無いのか?
在日朝鮮人、同和、ジェンダーフリーには年間数兆円予算を使い、脱税特権まで与えている現実がある!!

・日本人が知らない“在日韓国・朝鮮人の優遇制度”
●五箇条の御誓文
簡単に言うと、在日朝鮮人で商売をしている人は自分達で作っている商工会で、
税金関係の問題を処理していいということであり経費の認定も自分達で勝手にできる。
国税庁ノータッチ。つまり脱税し放題。だからこそ商売人には金持ちが多い。

■「人権擁護は私たちに任せて下さい!」北朝鮮の国会議員意気揚々。
参考情報 日本に住む北朝鮮国会議員
現在在日朝鮮人のなかには6人の北朝鮮国会議員(最高人民会議代議員)がいます。

徐萬述:朝鮮総聯中央本部議長
許宗萬:朝鮮総聯中央本部責任副議長
梁守政:朝鮮総聯中央本部責任副議長・現在日本朝鮮人商工連合会会長
張炳泰:朝鮮大学校学長
金昭子:在日本朝鮮民主女性同盟中央本部委員長・元愛知県本部委員長
朴喜徳:在日本朝鮮人商工連合会副会長・朝鮮総聯経済委員会副委員長

 このままじゃ、日本国民はBKSに骨の髄までしゃぶり尽くされるぞ!!
 立ち上がるなら、今しかない!!

これほど国民が反対している法案を一部の国会議員の横暴で強引に通されるようなことがあれば
それは日本の国民がよほど無力であることの証明だな。
国民が無力でないことを証明するためには、絶対に負けるわけにはいかない。
ここで俺達が負けて、日本国民が無力であることが証明されてしまえば、俺達の子孫たちがずっと圧制に苦しむことになる。 今こそ自分の未来のために立ち上がる時だ!!

■□■人権擁護法案反対VIP総司令部その102■□■
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1127983470/


69 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:00:53 ID:lAsDtnwV0
軽いうちに治しとかないと結局高くつく予感。

70 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:01:23 ID:Cf2a+WM50
>>61
もちろん変えないけどなにも診察しないという改正じゃないよ
少し負担するだけ

71 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:01:31 ID:8dEz3f610
>>65
それこそ保険の正しい姿

72 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 23:02:00 ID:bJaiXOIp0
>>61
おいおい、死刑反対の左翼みたいな連中は重症患者への垂れ流し擁護派だろう。

>自分の親が重症になった時?
漏れは重症患者への治る見込みの無い過度の延命を山ほど見てきたが?

73 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:03:43 ID:CaS1RDHn0
>>56
民から官へということ
それなら給料は大幅に抑制できる

官なら医者の給料も公用車の運転手も
あまり給料かわらないし
( ゚Д゚)y─┛~~

74 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:03:47 ID:8dEz3f610
>>72
見てたなら止める努力はしたんだろーな

75 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:03:56 ID:o8fZrNvj0
公務員を叩いているようだが、来年は収入減るんだぜ。

>国家公務員年4000円の減収(NNN24.COM)
>ttp://www.nnn24.com/44044.html

国に金がないのだから、出せないのは仕方がない。

        ”三方一両損”

76 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:04:12 ID:oqrIX1hI0
納付金額に応じた割引きでええやろ

77 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:04:18 ID:CO/Ldz6s0
>>65
健康保険というものは基本的にそういうもんだ。
金持ちは別として、健康な人ほど使わない。病気のある人ほど使う。
これを普通に売り出せば、健康な人ほど入らず病気の人ほど入りたがる。
保険が成り立たない。
だから国が強制して全員を加入させる。


78 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:04:25 ID:Cf2a+WM50
>>72
同意。レアケースを過大に取り上げて社会的コストを無視して大多数に
過度の負担をかける制度は左翼的だし間違い。

79 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:04:38 ID:T65a05bR0
>>67
バカだなぁ、本当にお金がかかってるのは重症治療、延命治療だよ

80 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:06:40 ID:SEnmYbtb0
>>51
落ち着け。俺は基本的には氏の意見に賛成だよ。
確かに、実質的な効果(延命)が見込まれない治療に、限りある資金が注がれているのは無駄としかいえない。

ただ、

>払えなかったら、諦めてもらう事で良いだろう。

では、皆保険の意味がないのではないかと。それじゃあ、アメリカだ。まあ、このままでは、混合診療の解禁とともにそうなるだろうけど。
結局、ただの終りの引き延ばしでしかない延命治療はしないという方法しかないと思う。でも、家族は「とにかくなんでもやってください」っていうでそ?

だから、明確な線引きと終末医療に至る前からのその社会的コンセンサスの醸成が不可欠でしょう。
…まあ、今からそれを始めるのでは遅過ぎると思うけど。氏は現場、および、行政の対症療法的な政策だけで解決できると思っている?

81 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:06:53 ID:CaS1RDHn0
重症患者はヽ(τωヽ)ノ モウダメポ
でも金はかけるからね
手抜きすると訴えられるし
適当なとこでもうヽゝ゚ ‐゚νダメナノネ・・・ (-∧-;) ナムナム
と出来るようにすれば
大幅減も夢ではない

82 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 23:07:06 ID:bJaiXOIp0
>>74
現行では一旦、挿管をして抜いたら漏れが捕まる。
これは刑法の問題だ。

もちろん高齢者への延命治療に意味が無い事をムンテラして可能な限り
辞めさせているが、それでも延命を望むアホ家族もいる。

刑法で縛られている限り、それは無理な問題だ。

それなら重症患者への高額医療控除の超大幅な引き下げが一番、
理に適って居るだろう?

83 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:07:11 ID:wSVCn2Wv0
>>79
延命治療はやめるべきだが、重症治療こそが保険の役割では?

84 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:07:38 ID:Jqaql2Cy0
>>78
左翼的だから悪いというのはどうかと思うが……

つうか、社会的コストで見れば
初期から治すか、重病になってから治すかは
身長に計算しないといけないポイントじゃねえの

85 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:07:49 ID:T65a05bR0
>>74
日本の石にそこまで求める?
それを要求するのは患者のほうでしょ。

こういう勘違い家族が一番始末に負えない。

たかだか2〜3ヶ月延命できたとして、人工呼吸器に繋がれ
意志の疎通もままならない、点滴だけで栄養補給している
ご老人を看護するむなしさ・・・無駄だ・・・本当に無駄だ・・・

家族が親族が、もうこれ以上の延命治療は望みませんと
言えば済む事。

私たちにはその権限はありません。

86 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:08:07 ID:U/sWLEi+0
DQN地域の高齢者にバスの中で突き飛ばされたり、弱者権利を濫用して他人の迷惑を省みない
高齢者を見たことがあるモレとしては、高齢者だから無条件で優遇、っていうのは是正すべきだと思う。
むしろ収入の多い高齢者を優遇すべき。


87 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:08:31 ID:QsetNRl60
>77

それにしても、莫大な資金を集めていながら、
なぜ増やすことができないんだ?

人件費(=公務員)で、吸収されているだけじゃん。

88 :番組の途中ですが名無しです:2005/10/02(日) 23:09:04 ID:oee2/OlJ0
そろそろ小泉マンセー厨も自分の人生
考え出したほうが良いぞ

自分の人生、、家族の人生、自分の稼ぎで、給料で死ぬまで面倒見れるのか?

小泉の目指してる社会ってのは
金持ちの税金下げて、貧乏人の税金を上げるって社会のことだぞ

小泉信者は就職レースで負けたニートやフリーターのくせにまだ懲りないのかよ
このままだと完全に人生の敗北者になるぞ

89 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:09:10 ID:w0fQp0GV0
保険で医療費を多く使う人と少ない人の差があるのは当たり前だと思う
そもそも「保険」てそういうものでは
問題は多く使うべき人が使えない場合がある
しかしこれも行政のシステムの問題
それと過去の行政負債
なんで政治家は責任とってくれへんの?

90 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:09:46 ID:7INqcsEt0
人が死ぬのは1回だけ。



91 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:10:08 ID:OFhZ1ZsnO
透析は許してくれよ…
ダメか?

92 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:10:15 ID:Xsk6tg7L0
緊急治療、重傷治療は必要だろ。

治る見込みのない末期医療を減らすべき。
命の尊厳という意味からも、ホスピスの様なターミナルケアを推進すべき。
これで大分医療費が下がる。

93 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:10:36 ID:T65a05bR0
>>82
延命治療を望む家族のたいていはDQN、生保、ヤクザ・・・orz

>>88
小泉マンセーしているわけじゃないでしょ。
選択肢がなかったんだからしょうがないじゃない。
ちなみに私は小泉の郵政民営化には反対。


94 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 23:11:22 ID:bJaiXOIp0
>>80
すまない、落ち着いていられない。ホントにドタマに来ている。
混合診療の解禁を無くすために、現行の範囲内で医療費削減を真に
考えたいから過激な意見を述べているんだよ。

>氏は現場、および、行政の対症療法的な政策だけで解決できると思っている?
今回も高額医療控除は引き下げられているでしょう。
そんなものじゃなく、更なる更なる引き下げが現行の対策で出来る事ではないかと
思っている。


95 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:12:02 ID:hCmSWpty0
>>66
診療だけは受けて、治療を受けるか受けないかは自己判断でってことだろ

96 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:12:22 ID:0nguJABO0

  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  <
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     |  我慢大会 いってみおーーか
    ,.|\、    ' /|、     | 
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`  \________________
    \ ~\,,/~  /  
     \/▽\/


97 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:12:50 ID:CaS1RDHn0
>>92
緊急でも来たとときに
なんとなくヽ(τωヽ)ノ モウダメポ
とかわかるよね
だけど、金かけまくるけど
そこで、もう助かりません (`・ω・´)シャキーン
とかいえればいいんだけどね

98 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:13:03 ID:8dEz3f610
>>82
ならOK

ただ、言葉尻を捕らえるようだが、アホ呼ばわりは良くないで。
親族の延命は、まだ社会的に責められるとこまで行ってないしな。
自分と意見が違ったからといって、全否定はよくない。

99 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:13:13 ID:1WhB+Ed10
>>88
自分の利益のことしか考えていないお前は、
公務員や特定郵便局長と同じ。

100 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:13:27 ID:6KClXS8e0
>88

政権変わると、もっと悪くなるんじゃないか?

最近は、消去法で選んでいる感がある。

101 :_:2005/10/02(日) 23:13:30 ID:hP7W2sor0
ここで金をかけて治療すれば社会復帰できる患者と、一時的に持ちこたえられても
どうせ数ヵ月も持たない患者との線引きをするしかないな。

102 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:13:48 ID:T65a05bR0
それと、今の介護保険もう制度的に破綻寸前。
福祉に入り込んだヤクザ連中が、利権に食いついてぼろ儲け。
親の入る施設の設立母体をよく調べるべき。

治る見込みのある患者、普通に社会生活に復帰できる患者は
救うべきだけど、意識のない患者を延命させるのはもうやめようよ・・・

103 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:14:29 ID:/AcI1a6QO
軽い風邪の薬とかシップとか軟膏くらい薬屋で買えばいいと思う。
じじばば何時間も待ってシップだけとか
なんでそんなに病院が好きなんだろう。

104 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:14:37 ID:CO/Ldz6s0
>>87
>>89
それは、イギリスのサッチャー政権のときにもテーマになったことだ。
基本的に医療費というのは景気の良いときには少なくなる。机の上の話では。
しかし、一度下方というのか良い待遇というのか、利用者にとってお得に
なったものは景気が良くなったからと言って引き下げづらい。
むしろ、引き下げるかどうかという議論が出てくるのは決まって景気が悪いときだ。


105 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:15:03 ID:M8WwRVAY0
難しい問題やなぁ・・・

106 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 23:15:03 ID:bJaiXOIp0
これは批判されるのを承知で書くが、STAGEIVのLKなんかだと、
新規抗がん薬でもMSTは約50週だ。
その間にG-CSF・抗生剤・副作用の対策・・・


やっぱこの事を書くのは不謹慎かな・・・。

107 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:15:10 ID:dDW+2M7l0
病院・医院を悪徳だと思う方、医療関係者たたきの皆様、

 い や な ら 受 診 や め よ う !
 か わ り は い く ら で も あ る !

人間の自然治癒力を知らんのか?
健康食品・サプリメントを知らんのか?

受診すれば、それが悪徳病院を儲けさせることになるぞ!
まして、救急車・入院・手術なんか論外!!悪徳病院がどれだけ儲かることになるか。
それこそ医療費の無駄無駄無駄アアアアアアアアアアア!!!!国の政策にも反するぜ。

 ぜ っ た い 受 診 は や め よ う !!

受診する人間がいなくなれば、病院もまた滅ぶのだ。
つーか医療関係者たたきの皆様は絶対に受診しないでください。どんな状態でも。

108 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:15:50 ID:gVNmbMwp0
子供が白血病なんですけど、このニュースは悪いニュースなんでしょうか?

109 :98:2005/10/02(日) 23:16:40 ID:8dEz3f610
あ、すまん
本気でトサカに来てるのか、じゃ、筆が滑ったのは見過ごすよ。(内容と関係ないしね

110 :番組の途中ですが名無しです:2005/10/02(日) 23:16:47 ID:oee2/OlJ0
国民の8割は負け組みなんだからさ、
(人生負け組みの)小泉信者は
これ以上、自己責任社会・競争社会に賛成しないでくれよ

これまでのようにお金持ちから税金を吸い上げて
俺たち負け組みの面倒見てくれる社会のが遥かに楽なのに・・・

111 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:17:47 ID:Cf2a+WM50
そもそも現代医療に慢性病を治す力はない
事実を国民にあまねく広報すべき

例えば高脂血症のスタチン剤なんか何千億も処方してるのに飲んだら寿命が縮む
抗生物質は必要な術前投与を認めず術後ダラダラ投与や風邪に投与してMRSA
だらけにしている。
入院も実は何もしてない(必要のない点滴だけとか)のが多い

有害無益とわかったら医療費も削減できる

112 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:18:05 ID:wSVCn2Wv0
>>110
じゃあ、医者の所得税率9割にしよう
これで満足か?

113 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 23:18:11 ID:bJaiXOIp0
>>98
いやぁ・・・>>1の記事を見て厚労省の取れるところから取ると言う
やり方・倫理観の問題に触れずに良い所取りをした方針にもうもう
頭に来てしょうがないから。
アホ呼ばわりは言いすぎだったかもしれないけど、今回の件については
感情的にならざる得ないよ。。

114 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:18:11 ID:U/sWLEi+0
変に思想や理屈で差別や線引きをするよりも、経済力の論理で差別をつけるのがいちばん無難。

115 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:18:13 ID:T65a05bR0
>>103
あのね、歳をとったらあちこち悪くなるの。
今はそれほど頻繁に病院に来てないよ。
毎月、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回とかそんな感じ。

湿布も、病院処方のほうが安いからね

>>108
白血病は特定疾患じゃなかったっけ?

116 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:18:53 ID:w0fQp0GV0
結局医療費の何処をどう削っても不備が出て必要なのに治療受けられない人が出て
その人達を救済する為に地方なりの負担が増えるだけ
医療費の問題を解決する方法が医療費をいじる事という考え方は安易な気がする
問題はもっと別の部分ではないのか?
小泉さんは他者の聖域を破壊する事に躊躇なくても自身の聖域には絶対手つけないのねん?

117 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:18:53 ID:SEnmYbtb0
>>94
引き下げは必須だね。
でもさ、*一律に*やっちゃうのは問題じゃないか?ってこと。金がない奴は死ねじゃあねぇ。。
同じ重症患者にも、助かる見込みがない者とそうでない者がいるでそ?

そこら辺を明確にするには、現場レベルで、家族を説得したり、行政が氏の言うように*一律に*あげるだけじゃ無理だと俺は思うんよ。
社会的コンセンサスなしじゃあ後から後から↑な家族が出てくるし、明確な線引きなしじゃあ、到底↑の理解は得られないだろうね。現実に。

結局、財政がいくとこまでいって「ない袖は振れない」って最悪のパターンしか残っていないんじゃないか?今のままでは。

118 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:19:17 ID:dDW+2M7l0
>>82 は正しい。

経済より、医療より、法整備がまず先。

ttp://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20050427so14.htm
ttp://64.233.187.104/search?q=cache:3lZhEeZtuqoJ:www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20050427so14.htm+&hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8
「消極的安楽死」女性医師を殺人容疑で書類送検へ : 医療ニュース ...
ttp://www.sankei.co.jp/news/050518/sha046.htm
殺人で女性医師を書類送検

もう助かる可能性のない老人の「消極的安楽死」
(延命措置の停止)だけで タイ━━━━||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||━━━━ホ!!

これが現実。もちろん警察が医療費を負担するわけではないけどな。

年寄りや、役立たずは死ね という意見が通る日本ではないということだ。
だったら、まず警察をなんとかしないと。

タイーホされる可能性がちょっとでもあれば、リスクと利益を判断できる医者は
決して安楽死などやらないだろう。

警察・司法をなんとかしない限り、安楽死などの実現は困難。つーか無理。


119 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:20:19 ID:T65a05bR0
>>118
この女医は逮捕されて、中絶手術を行っている医師や女性たちは逮捕されない不思議

120 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:20:20 ID:CaS1RDHn0
>>102
その治る見込みが難しい
医者側でそう思っても家族はそう思ってない
交通事故なんて、来たときに脳死だというのはわかるけど
数日〜数週間ICUで体だけ生かしておいて
どうしようもなくなって心停止で死亡になる
医者側はわかってるんだけど
家族は脳死だからもう楽にしてあげましょうといっても納得しない
(昨日まで元気だったわけだし、実際いえないけどね
交通事故は保険会社持ちだけど、末期ガンとかも同じ状況だと思われ)

121 :番組の途中ですが名無しです:2005/10/02(日) 23:21:04 ID:oee2/OlJ0
>>112
法人税5割ぐらいに戻せば良い
企業はキャッシュ80兆円も貯め込んでるんだから
年収2千万以上も所得税5割

これで、財政なんてすぐに立て直せる

122 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:21:25 ID:w0fQp0GV0
結局貧乏が悪いんだろ!!
くっそー!!貧乏ー!!
誰がこの国を貧乏にしたんだ!!
キングボンビーカード使ったの誰だよ!!

123 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:21:39 ID:HmW5iqZLO
おいら、生まれつきだか知らないけど身体が弱くって、病院と縁が切れなく困ってる。死ぬような病気にはなってないけど、
まだ三十路なのに入院三回に大概の検査(胃カメラ、MRI、筋電図、RIなど)を経験ズミ。
軽い病気なんて日常茶飯事。特定疾患を持ってるし、手術して抑えこんだ慢性疾患が復活してきそうだし、来年にゃ新たな病
気の開腹手術が待ってる
保険にゃ入れない身体。今でさえ医療費のせいで生活苦しいのに、これ以上負担が増えるのは、すごく辛い。
好きで病気になるわけじゃないのに(´・ω・`)

124 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:21:46 ID:fjD1at0t0
老人がマッサージ代わりに通う形成なんとか科も保険適用から外せ。


125 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:21:52 ID:gVNmbMwp0
>>115
特定疾患だと医療費の補助が受けられるんですが、なんか重症患者切捨て
みたいな論調が多いので、不安になりました。

なんとか健康にして将来を担って欲しいと思ってるんですが。

126 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:22:27 ID:T65a05bR0
結局、バカな国民は痛みを肌で実感できなければ、それが理解できない。
混合診療はまもなく解禁になるだろうし、民間保険が参入して、
医療を受けられる機会が実際に減ったと実感して初めて、



失ったものの大きさと己の愚かさに気づくんだろうね。

127 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:22:28 ID:UBNF0mQi0
ちょwwwww毎年殆ど全部の型(?)をひいてる俺ヤバスwwwww

128 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:23:10 ID:U/sWLEi+0
>>123

保険に入れないって入院保険に入れないって意味?

129 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:23:47 ID:8dEz3f610
>>93
>延命治療を望む家族のたいていはDQN、生保、ヤクザ・・・orz

自分の知る範囲(内科系)だと、そうでもない。

生保は、そもそも身寄りが無いか、家族と完全に切れてるのが多い。
危篤と知らせても来なくて、葬式も無しとか、そんな感じ。

ヤクザは、弱っちゃうと組から追い出されてる。結局生保になって、最期は同上。
現役幹部とかは別だろうけど。

DQNは、病気で長引いて…って展開自体少ないからな…

130 :_:2005/10/02(日) 23:24:51 ID:hP7W2sor0
多分これ導入すると、軽い時期に病院来なくて重症になってから担ぎ込まれて
医療費どっさり使うってパターンになって全然保険負担減らないぞ。

131 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 23:25:05 ID:bJaiXOIp0
>>111
スタチンの寿命短縮ってメガスタディで立証されているの?
漏れは予防医療は必要だと思っている。
ARB・ACEやスタチン・EPAなんかの処方に関しては賛成だけどね。

132 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:25:38 ID:dDW+2M7l0
>>119
最終的にそのへんを判断するのはお上、警察や司法ですから。
BKS893(日本のトップエリート)→なぜか逮捕されない
ってこともあるでしょう。

またBKS893の医療・社会保障を抑制せず、一般日本人の医療・社会保障を抑制か。
BKS893(日本のトップエリート)→ 充実した医療・社会保障でますます発展
一般日本人 → 抑制された医療・社会保障で、だんだんと緩慢な死を与えられる

133 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:26:09 ID:2d7DdVw/0
よく考えろ。この措置は再診料稼ぎの
個人開業医にとっても痛い。患者にとっては
絶対必要な受診以外は節約する。それだけでしょう。

134 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:26:49 ID:NT7egX/h0
★公務員って最高じゃん?
http://www.geocities.jp/koumuin_saikoujan/
★国税庁の民間給与実態調査によると、02年の民間サラリーマンの平均年収は448万円
(男548万円、女278万円)。これに対し、全地方公務員の平均年収は743万円(総務省調べ)。
http://ime.nu/www.mainichi-msn.co.jp/keizai/wadai/price/archive/news/20040110ddm008020999000c.html
★千葉市職員の平均年収は民間労働者(437万円)の2倍(832万円)
http://ime.nu/www.chiba-shinbun.co.jp/0311_01.html
★世田谷区の清掃作業員1060万、自動車運転手1058万、警備員1026万、学童擁護(みどりのおばさん)820万
http://www.t3.rim.or.jp/~110ban/02main_folder/past_folder/200403B_folder/0321_folder/0321.htm
★給食のおばちゃん実働180日で 平均年収800万退職金2800万
http://www.horibe-yasushi.com/Aaa/20010601.htm
★もうだめぽ大阪市 大阪市問題まとめサイト
http://www.osaka-minkoku.info/orz/
★貧乏市でも40代後半になれば1000万超え 3000万以上の退職金
国家公務員だと都心の80平方M以上の家賃31〜40万相当の部屋に月6万
地方公務員の7割は月に10時間も残業していない・・・
でも意味不明な手当てがわんさか・・・
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/6256/koumuinnn.jpg

★イギリスの地方公務員の3分の2は、年収275万以下 。米国の約4倍。

135 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:27:40 ID:w0fQp0GV0
実質的な金持ちからは多めに金とるってシステムで良くない?
診療内容もある程度加味してさー
金無い人からはなるべくとらないで
金ある人からはもらうって
これで全て丸く収まるじゃん
なんで出来ないの??教えてエグイ人!!

136 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:27:54 ID:HmW5iqZLO
>>128
入院保険です



特定疾患の補助も中途半端に治ったせいでうけられない。医者は、これ以上良くならないだろうと言うてるし、本当嫌になる。

137 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:27:54 ID:O5gauVcc0
>>39
『経済財政諮問会議が検討課題として明記を求めたが』

ここの部分に注目。
軽い病気に保険がかかっても、医薬品会社や医療メーカーが儲からない。
しかし保険の大部分を占める重症患者へのケアはこいつらの儲けの源泉。
つまり、これは厚生省の発案ではないということ(厚生省の発案と発表しているが)。

138 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:28:00 ID:qrN3ebcP0
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  <
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     |  国民の大半が私に白紙委任したじゃないか。
    ,.|\、    ' /|、     |   今更ゴタゴタ言うな。明日は靖国行ってくるぞ
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`  \________________
    \ ~\,,/~  /  
     \/▽\/


139 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 23:28:19 ID:bJaiXOIp0
>>125
あなたには酷な言い方かもしれないが、難病認定疾患は基本的には
治らない病気でしょう。
全ての治らない人の病気の進行を止めるよりも、重症化しないような
予防医学に保険は適応されるべきだと思うのです。

その予防医学に関しても重症患者への無駄な治療に比べれば、
総医療費内の割合としては少ないわけだし。

140 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:28:25 ID:OkmMxClNO
やっとまともな方向か?とも思ったが5000円10000円の間違いじゃないのか

あと救急車有料化は?
生保負担は?
小児科再有料化は?

根っこが解決されてない
〇I ̄I_

141 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:28:54 ID:xCR5eN9I0
>>119
中絶手術はほとんどの産婦人科医がやってるから、ほぼ全員逮捕だね。
中絶する女性は年間30万人だから、刑務所いっぱいになっちゃう。

142 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:30:19 ID:8dEz3f610
>>135
差額ベット
実費で美味な給食


143 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:30:32 ID:UBNF0mQi0
ふと思ったんだが


一回辺りに色々治療や検査して貰えばよ良くね?

軽い風邪でも点滴やって貰ったり注射打って貰えば良くね?

500円、1000円なんて簡単に超過しちゃわね?

早く治るし逆にウマーなんじゃね?

144 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:31:04 ID:SEnmYbtb0
>>138
正直な話、どの政党が勝って誰が首相になろうとも、大枠としての流れは変わらないよ。
まあ、確かに、派遣法の改悪や富裕層の優遇など追い討ちはかけているがね(w

145 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:31:05 ID:T65a05bR0
>>124
頭悪いの、これ以上恥かきたくないならロムってろぼけ!

>>125
急性リンパ性白血病なら、治る可能性高いんじゃなかったかな。
骨髄性だと・・・

>>130
だよね。それがわかっててわざとやってるのか厚生労働省のバカ官僚は!

もう、生保患者も受給額で医療費を支払わせるべき。
おまえらは誰のおかげで生きていられるんだ!と。
社会の弱者と呼ばれる立場に身を落とせば、人間であることをやめれば、
おまんまも食べられるし、適切なケアも受けられる。
これっておかしくない????
国民年金満額でも6万ちょっとなんだよ?!

146 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:31:16 ID:w0fQp0GV0
延命治療の意義は個別ケースで違うから全部まとめた無意味という考えは賛同しがたい
もしくは産道通し難い

147 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:31:26 ID:dDW+2M7l0

日本の医療は、世界レベルでみると こうなっています。
http://www.pmet.or.jp/pmet-news/kouenkai-7/nakajima-1.htm
まとめた画像
http://www.pmet.or.jp/pmet-news/kouenkai-7/nakajima-03.gif

そのときの評価の基準はこれです。
http://www.pmet.or.jp/pmet-news/kouenkai-7/nakajima-02.gif
だから、この医療制度を変える流れは、たいてい悪い方向になる。

こういう、今回のような医療制度改悪後の、今度WHOの評価で
日本が1位から転落したとき、誰か責任とってくれるんだろうな。

148 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:31:43 ID:fjD1at0t0
自営業者の場合、課税所得が300万位になるとすぐに保険料がMAX金額っつーのもどうにかならんのか?
課税所得が1億円のやつも同じ保険料だなんて、どう考えてもおかしい。
健康保険は国民相互の助け合いで加入が義務だというのなら、課税所得に比例する形で保険料を
徴収したらどうなんだ?


149 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:32:19 ID:8dEz3f610
>>143
ああ、病院はうまいよ。
ただ、処置増やしても、その分早く治るわけじゃないが、いいのか?

150 :番組の途中ですが名無しです:2005/10/02(日) 23:32:39 ID:oee2/OlJ0
>>130
国の高額医療費負担の廃止、縮小も考えての前段階だろ
怖いわー

年収500万円程度で家族に両親支えてるのが
大多数の庶民なのに
これ以上、国民を苦しめないでくれ

もう、いやだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

151 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:32:39 ID:hCmSWpty0
>>143
別にたくさん払いたければそれでいいよ

152 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:32:56 ID:1v4nM/1nO
糞公務員か

153 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:33:07 ID:ACTel4sR0
これはしょうがないだろ。
これからの日本は無駄を切り詰めて小さな政府を作らなきゃだめだよ。
無駄な国民を生かしておく余裕はない。

154 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:35:08 ID:UBNF0mQi0
>>149
え?点滴とか注射打てば早く治るんじゃないの?
おいらは治療費が上がるのが嫌だからお願いした事はないけど

>>151
5000円の治療も1000円の治療も同じ1000円払うってことじゃないの?

155 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:35:20 ID:w0fQp0GV0
>>145
生保の問題はまた別の処にあり
本来は生保受けつつ生活公正すべく民生員な担当者がフォローするべき
しかしそのシステムが確立できてない上に窓口も「そういうもんだろ」と放置してしまっている
これは生保受けている人にとっても不幸な事だと思う。
ヤクザでもない限り

156 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:36:14 ID:T65a05bR0
公務員は自分たちの給料を欧米並みに引き下げられないと、
痛みがわからないみたいだね

>>154
病院行けば点滴うってほしがる患者と同じだねw
もっとググって勉強したら?
点滴や注射で治る?
あほ?

157 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:36:33 ID:bn+3AHW70
65歳以上からは保険使った分を死後に財産から回収しよう。
金持ってない年寄りもいないこともないが、年寄りが財産持ってないなら誰が持ってるというんだ。

158 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:36:56 ID:AwpXgGpy0
ちゃんとした生活していて病気になったら同情するけど、
若いころ酒浴びて、不規則な生活してガンにでもなった奴は
医療費の無駄使いだから死んで下さい。

159 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:37:44 ID:3/PM9vkV0
抗生物質とか薬局でうってほしいよ。
風引いても病院行く暇ないんで

160 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:37:59 ID:sMC0becJ0
自己負担部分、ってのが既に免責じゃないか。くだらない。
別の形で自己負担を増やそうというだけのサル知恵。

161 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:38:31 ID:fjD1at0t0
厚生労働省官僚の利権を全部潰したら、医療費は劇的に下がると思うのだが。。。
自民には無理だろうなぁ。

162 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:39:03 ID:Rw3itbf+0
>>159
軟膏でよければ。

あ、クリームもありますよ^^

163 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:39:28 ID:UBNF0mQi0
>>156
VIPPERだおw

>>158
個人的には喫煙者負担を増やすべきじゃないかと

164 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:39:38 ID:T65a05bR0
>>158
エイズや、C型肝炎、梅毒になるヤツもね

165 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:39:41 ID:kwqrGiu80
どう見ても不摂生が原因の糖尿病とか、異常なぐらいの愛煙家の肺がんとか
そんなのは自費診療で良いんじゃなかろうか 本人達も覚悟の上だって言ってるし

166 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 23:39:50 ID:bJaiXOIp0
>>117
そのために漏れは15万点(150万円)以上使う事もあるが・・・。
必死の治療をやっても原疾患が重篤であれば亡くなる。
これは重症患者に高額医療を行っても一ヶ月で亡くなるケースが多いのは
やむを得ない。
本当に家族が救いたければ、私財を投げ打ってでも行うのが筋じゃないかな?
健康な人からの保険料をせしめて、ごく一部の重症患者が特権を使えるのは
間違って居るとは思わないかな?
そのために今回のような軽症な人のための医療費が削減されているんだよ?

167 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:41:28 ID:w0fQp0GV0
>>158
普通に働いてたら不規則な生活になるだろ
今の世の中じゃ…
虫歯になって歯医者いきまくるやつとか無駄ぽくない?
コンタクトレンズなんてもう医療品扱いやめろよ
それだけで大分浮くぞ
眼科潰れまくるか…

168 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:41:42 ID:UkyNbbSh0
蚊にさされたぐらいで医者に行くような現状じゃ仕方ないだろw

169 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:42:09 ID:fjD1at0t0
年収ウン千万の国会議員より、課税所得300万ぽっちの自営業者のほうが
保険料を多く払っている現実は、どう考えてもおかしい。


170 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:42:16 ID:Ot7hgMK20
友達は些細な事で医者に行く。口内炎に軽い風邪。

どうせ薬を処方してもらうくせに。

軽い病気は医療費UPしていいよ。


171 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:42:48 ID:XMG14TZU0
>>159みたいなヤツのおかげで
効果がないのにウイルス性の風邪に抗生物質を使いまくって
耐性菌が激増しそうだから、却下。

172 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:42:53 ID:kwqrGiu80
>>167
確かに眼鏡で良いじゃないかとは思う
眼鏡じゃ困る職業はあるけど

173 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:43:23 ID:UBNF0mQi0
この制度は結局は弱肉給食という事かお?( ^ω^)

174 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:43:36 ID:+BXD/PJR0
>>159
普通の風邪(いわゆるウイルス感染症)
には抗生物質は効きません。

175 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:43:47 ID:jX5q00Q70
なんで医者は反対してるの?
重症患者が増える→医者の仕事が増える→(゚Д゚)ウマ-
じゃん?

176 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:44:28 ID:sMC0becJ0
小泉の改革って公務員利権はそのまま、
国民負担を増やすだけだな。 言うことと内容が違いすぎる。

177 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:44:43 ID:T65a05bR0
PL顆粒ぐらい、市販薬にすればいいのにと思う。

178 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:45:03 ID:NteYTDPj0
うち、お父さんが癌で治療中だから
今の保険制度でかなり助かってる所ある・・・
お父さんが治療で入院する時、すごく入院や治療費を気にしてて
家族でなんとか貯金集めようって事で話し合った。
でも保険の高額医療費負担免除でかなり助かった。
保険制度変わったとして、そういうのが無くなったとしても
ローンででもいいから父には治療を受けてもらって、まだ生きていて欲しい。

179 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:45:19 ID:CaS1RDHn0
>>159
抗生物質の使用は最小限にした方がいいよ
常用すると効かないだけでなく
おまえの腸内細菌は・・・・・

180 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:45:36 ID:fjD1at0t0
>>166
一回の診療のうち500円とか1000円が免除されても全く意味ない。
一回の通院が1000円以下のケースって、極稀でしょ。


181 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:45:44 ID:0nguJABO0
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  <
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     |  公約も方便といいますからね
    ,.|\、    ' /|、     | 
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`  \________________
    \ ~\,,/~  /  
     \/▽\/


182 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:46:15 ID:NQi2Fsu90
とにかく、競争がないから医療費が高すぎる。
薬学の進歩のために、ある程度は仕方ないにしても、
診療報酬など1割以上下げるべき。とくに、地方の医者が
不足しているというなら、都会の医者の診療報酬を2割以上
削減して、一石二鳥を狙うべき。医者なんて、税金で
年収1800万ぐらいは勤務医でも余裕行くし、ちょっと
ぐらい削っても大丈夫。

183 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 23:46:16 ID:bJaiXOIp0
>>137
そこが一番の問題だ。本当に厚労省は薬剤メーカーの事しか考えて居ない。
大部分の国民の本当の利益なんて二の次だ。
厚労省からの天下りは全面禁止して欲しいね。退職金で食っていけるだろうよ。
>>153
小さな政府の結末が後に訪れるであろう混合診療・自由診療の到来さ。
小規模病院はどんどん潰れ(現状でも10年間で私立病院の10%は潰れている)
医療レベルは下がっていく。黒字を出すためには医者一人に患者40人と言った
いい加減な病院だろうね。
公立病院は赤字経営のためにどんどん公社化・民営化されていくでしょう。

現行の皆保険制度で最善な道を探すのが得策だと思うのだが。


184 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:47:01 ID:Cf2a+WM50
自ら生活を変えるのでない限り予防医学で立証されてるのって低容量アスピリン
くらいじゃないの?
介護保険でも試験して効果不明という結果が出たのに強行導入するなど日本の
厚生医療制度には立証→導入という概念が無さ過ぎ

生活指導には意義あると思うが今の3分診療じゃ無理だしまず免責制度を導入して
社交フロア化を阻止して点数上げるようにしてはどうかと思う


185 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:47:17 ID:AwpXgGpy0
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  < 病は気から
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     |  病人は根性が足りん
    ,.|\、    ' /|、     | 
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`  \________________
    \ ~\,,/~  /  
     \/▽\/




186 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:47:36 ID:T65a05bR0
>>178
んー、美談だけど、お父さんだけじゃなくてお母さん、果ては
子どもまで病気になったらローン返済できず自己破産?

187 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:47:37 ID:w0fQp0GV0
>>166
>健康な人からの保険料をせしめて
こういう考えが根本にあるなら誰に何言われても無駄じゃない?
しかもそれは「特権」なのか?
親族が末期の末期でその人達に冷静に考えろというのも難しい話だと思う。
本当に必要ならそのことを医療者が家族にしっかりと言って判断させればいい
漫画の黒い医師だって自分が悪物ととられてもきっちりと言うというスタンスだったろ
それが出来てないとしたらそれは現場の問題でもあると思う

188 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:47:50 ID:UBNF0mQi0
結局この制度が導入されると一番徳男するのは誰だお?( ^ω^)

189 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:47:50 ID:0nguJABO0
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  < 改革は増税から
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     |  国民は根性が足りん
    ,.|\、    ' /|、     | 
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`  \________________
    \ ~\,,/~  /  
     \/▽\/


190 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:48:00 ID:tnUiyVox0
けっ、オレはもう包茎の手術したから関係なし

191 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:48:12 ID:fjD1at0t0
確かにコンタクトが保険適用なのはかなりおかしいな。
利権のニオイがプンプンするよ。

192 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:48:29 ID:bHeLLqLc0
>>1
まあ正論だと思うけど
国民健康保険崩壊の道を選択する訳なのかな

193 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:48:40 ID:gVNmbMwp0
>>139
そうですか。
レスいただけたことには感謝します。

>>145
急性リンパ性白血病なので、希望は捨てていません。
何とか早いうちに寛解してくれればと思っています。
今、小学1年生なので・・・。
制度には感謝しています。

194 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:48:55 ID:HmW5iqZLO
軽い症状で病院行く気になる人って、結構いるみたいやけど、病院好きなんかねぇ?おいら行く気になんないよ。
病院行くと疲れるから。酷い時は、もっと行くの嫌になる。でも行かなきゃ生活に支障がでるし、治らないから嫌々行く。

行くのが嫌だから、一度、持病の治療をしばらくばっくれたら、主治医に怒られた…

195 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:48:56 ID:sMC0becJ0
>>174  理屈ではそうなんだが、感染の実態はさまざまな菌による
    複合感染がある。とくに上部気道のような外気に晒されてるとこなど。
    抗生物質で風邪が早く直る場合はある。
    もちろん耐性菌を考えない乱用には反対だがね。

196 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:49:13 ID:DYzidDPq0
ま、自分の体だけは安全だと高をくくっている危機管理の乏しいやつばかりが
このスレでほえることになるわけだがw。

197 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:49:16 ID:c7m5/CE80
ここの医者どもが反対してるってことはいい政策ってことだな。
頼むぜ小泉。利権団体医師会をぶっつぶしてくれ。

198 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:49:25 ID:CaS1RDHn0
とりあえず
コンタクト関連は保険から除外すべき
眼鏡でもかけてろ

199 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:50:22 ID:8dEz3f610
>>166
保険とはそういうものだから、別に不公平とは思わない。
誰でも重病になれば、手厚い治療を受けられる。
これも公平の一つの形。

200 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:51:05 ID:eh4YkhDf0
>178
所得が低い家庭なら高額医療費還付は無くならないと思うよ。
頑張ってね。

201 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:51:09 ID:bIS06Fkb0
4年に一度病院にいくかどうかのオリンピック並みの体持ってるんですが
皆さん、何で風邪ごときでそんなに病院行くの?邪魔臭くないの?
癌や白血病とかの人々は別だと思うけど

>>166
重症患者が金使うからって責めてる人いるけど、ああゆう人こそ仕方ないやん
しかも私財投げ打てば直るって事でしょ、なら保険使っても仕方ない
むしろ軽症の、簡単に風邪引くような基礎体力のないヘタレな連中が悪いわけで


202 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:51:34 ID:SEnmYbtb0
>>166
問題認識についてはわかったよ。俺も完全に同感。
…たださ、、現実として

>本当に家族が救いたければ、私財を投げ打ってでも行うのが筋じゃないかな?

は見たことないんだよな俺は。。

ただただ、「改革してますっ」ってポーズのために、意味がないどころか逆効果でしかない
取り易いところからとるって姿勢が腹立だたしいのもしかり。

でも、今現在、こういった流れが支配的だよね。俺としては、*現実的に*実行可能な
混合・切捨て医療以外の可能性が思いつかないんだよね。正直。
そこら辺なんとか他の可能性がないかと悶えているんだよね。。

203 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:51:57 ID:w0fQp0GV0
まあ、おいらの意見は医療費たんないなら
パチ屋に税金ちゃんと払わせてそれで充ててくれ。
で全てなんですけれどね
そっちの聖域は放置ですかい小泉さんその他の政治家さん
それで足りなかったら直接医療に手を付けたら?

204 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:51:58 ID:tqR7xVwE0
まあ国はやっと、平均寿命を下げる事にしたんだな。
正直、医療の進歩はもういらないって事でしょう。
お金持ちだけ長生きしてくださいという
強いメッセージですね。

205 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:52:10 ID:AwpXgGpy0
↓ピザデブ肥満病www

206 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:52:28 ID:T65a05bR0
>>194
そうやって慢性化していく。
持病をちゃんと診てもらわないで放置して、一生治らなくなったら
そのほうが問題

207 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:53:08 ID:6/MPnejY0
>>166
保険ってのはそもそも不公平な制度ですよ。

自動車保険も生命保険もそうでしょ。
事故を起こさなかった人の保険料から、
事故を起こした人への保険を支払うのですから。

208 :怒れる勤務医:2005/10/02(日) 23:53:38 ID:bJaiXOIp0
>>167
コンタクトは自由診療を行っているところも多いぞ。
今後、保険診療から自由診療に移行すれば厚労省から目を付けられる事も無いでしょう。

問題は混合診療・自由診療が行われた末の一般診療がコンタクト市場化する事を
俺は危惧しているんだよ。

>>175
医師会は賛成するだろうけど、今後の皆保険の維持・医療レベルの保持には
医療費の高騰に関しては黙って居られないんだよね。

>>178
原発巣は?STAGEは?

>>180
ごく稀なケースで微々たる医療費削減を狙う事よりも、本質を無視した厚労省の
やり方が気に入らない。
漏れはACE単剤でも予防をした方が良いと思っている。

209 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:54:17 ID:+BXD/PJR0
>>195
> 理屈ではそうなんだが、感染の実態はさまざまな菌による
>複合感染がある。とくに上部気道のような外気に晒されてるとこなど。
>抗生物質で風邪が早く直る場合はある。

確かに混合感染はあるかもしれないし、罹患者の基礎疾患など
考慮しないといけないでしょうね。
早く直る場合もあるかもしれないけど、結局勝手に治る疾患だし・・・
> もちろん耐性菌を考えない乱用には反対だがね。
全くその通りですね。今日もそれを何人に説明したことやら・・・

210 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:54:52 ID:T65a05bR0
>>201
保険点数を調べてください。

211 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:55:03 ID:NteYTDPj0
>>193
血液の癌もいっぱいあって、種類が違うけど、
うちの父は慢性リンパ性白血病です。
投薬治療で、今良くなってきています。
私も今の制度に本当に感謝しています。
急性と慢性とじゃ治療法とか違うと思うけど、
そちらも良くなりますように祈っています。


212 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:55:25 ID:AwpXgGpy0
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  < 病気で死ぬのも一生
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     |  人生色々病気も色々
    ,.|\、    ' /|、     | 
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`  \________________
    \ ~\,,/~  /  
     \/▽\/


213 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:56:51 ID:+BXD/PJR0
>>178
大変ですね。(看護疲れしないよう)がんばってくださいね。



214 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:56:58 ID:fjD1at0t0
もうさ、3割負担とかなくして10割負担でいいんじゃね?
国の健康保険制度は廃止して、民間の保険会社に任せる。
こうすれば厚生労働省のピンハネする奴がかなり減るだろ。

215 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:57:07 ID:CaS1RDHn0
>>207
自動車保険は等級があって
事故をしなければ安くなる

216 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:57:13 ID:lSWU5OK70
聞いたところによると、回復の見込みがない患者の終末医療で
1カ月だったか1年だったかで1人1億かけて無駄な治療をしては
そのまま御陀仏なんてこともあるらしい。
こんな馬鹿げたことは続けるべきではないね。

217 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:57:33 ID:iIndiYWD0
>んー、美談だけど、お父さんだけじゃなくてお母さん、果ては
>子どもまで病気になったらローン返済できず自己破産?

なまぽ(w

…っつーか、なまぽにこそこれ(免責制度)導入しろよ。
メンヘル&MRなナマポに無駄な医療費が幾ら使われていることか。

高額療養費制度は知らない人多いけど、これ程助けられるものもなかなか無いね。
人によっては医療保険で病み太り(?!)になったりするからね。
○月25日入院の人は○月1日入院の人に比べてかわいそうだけど。


218 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:58:54 ID:6/MPnejY0
>>216
そこを削ればけっこう浮くな。

倫理面をどうやってクリアするか。。。。

219 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:59:19 ID:K/QplLvn0
現実は老人医療費がほとんど。次いで子供の医療費、妊婦の医療費
というのが代表的な支出。このうち継続的に治療が続き、高額になりがち
なのは老人医療費。小額医療費を自己負担といったところで焼け石に水。
働いている人は病院にもなかなか行けないし、その回数が倍になっても
全然収支には変化なしといっていい。というか保険料払ってさらに医療費
まで免責によって払わされるなんて、我慢できます?普通むりでしょ。酷な
言い方だが、高額医療費も免責して、老人自身が半額程自己負担する制度
でないとまるで収支は改善しないよ。

220 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 23:59:21 ID:gVNmbMwp0
>>211
ありがとうございます。
お父様の一日も早い回復をお祈り申し上げます。

221 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:00:10 ID:i99OMnVv0
社会保障が薄くてもみんな大丈夫?
いざとなった時にフォローしてくれる後ろ盾があると思うからこそ
今頑張れるんじゃない?
保険てそういうものじゃない?
国が保険薄くするて事は「只管頑張れ!でも体壊したら知らん」てな事でしょ?


222 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:00:35 ID:7OMVcIiZ0
>>219
そうそう、今の老人ほど金を持ってる人たちはいないでしょ。
私たち若者は歳をとっても大多数は低所得層に入るんだから。
とれるところからとらないで、何のための政府?

223 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:00:35 ID:eoFMeTZ+0
>>193
ごめんなさいね、酷な事を書いているのだけど・・・。
漏れは混合診療・自由診療と言った医療の質を低下させるような事には
反対だから心情を逆なでするような事を書いているのかもしれない。
これは医療経済から見たら大きな問題なのです。申し訳ない。
>>201
軽症の風邪とか外来患者は医療財政を圧迫していませんが?
>>202
高額医療控除の大幅な引き下げが妥当と思う。

224 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:01:25 ID:pABSfoZ70
医療業界は健康保険制度に守られて、市場競争原理が働いていないからダメなんだよね。
昔の電電公社と似たようなもん。

225 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:01:24 ID:DWlVA6sk0
>>221
健康な若者は、未来は考えないんですよ

226 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:01:28 ID:AwpXgGpy0
老人の死亡率を上げて年金支給額が減れば政府もさぞ
嬉しかろう

227 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:01:33 ID:eW2Dnw080
>>217

漏れは鬱から生還したものですが、働けなかったので
医療費公費負担制度は正直助かりましたよ。
なかったらたぶん死んでましたわ。
あれは市町村の予算だと思うのですが?

228 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:02:25 ID:hFg/+Nrh0
老人の医療費は上げるべきだと思う。
弱者切捨てとか言う人もいるけど、昼間の病院に行ったらあまりにも多くの老人がいて
なんか怒りすら感じる。
老人ホームだか、茶飲み場だとか思ってるかもしれないけど、1回の診察料があまりにも高すぎでそれが税金だと思うといい加減にしろと思う。
そんなに、他の友達と会いたいなら公民館とかに行けよって。

229 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:02:44 ID:7OMVcIiZ0
>>227
今は、鬱病を装った患者が増えてるから・・・
私の勤めている病院にも・・・(;´Д`)

230 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:03:12 ID:6gGPZbqx0
運賃グマン血小せんせいぽりーーーーーーーーーーー

231 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:03:13 ID:+wjF0rHU0
混合、自由診療を導入するなら、アメリカのような民間任意保険が必須だね。
どうも小泉のやってることはその方角ではないようだが。

232 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:03:41 ID:eW2Dnw080
>>224

なんだか最近市場原理や競争原理が無条件に善だという人が
多いのですが、タクシー業界のように規制緩和でえらい事になっ
ている現実も見てほしいものです。

233 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:04:15 ID:ohgTW0Ct0
>>232
タクシー業界は客は困ってない

234 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:04:21 ID:W75PJz330
>>227
32条は都道府県の制度じゃなかったですかね。

235 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:04:47 ID:7OMVcIiZ0
>>228
違うよ、待ち時間が長いから話してるだけでしょ。
待ち時間が長いから早い時間から並んでる。
老人は、それこそあちこちの診療科のお世話になってる人が
大半だから、みんななかなか帰れず、老人があふれかえってる
ように見える。

236 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:05:22 ID:DWlVA6sk0
>>227
通院医療費公費負担制度は、廃止の方向で検討中です

237 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:05:44 ID:4b6S4m9o0
医学の進歩ってのは回復の見込みがなかった病気でも
回復の見込みが立つようになるって事で、実例はいくつもあるな。
今回復の見込みの無い患者を切り捨てるとそういう進歩は
遅くなってしまうのは事実なんだよな。
だが無い袖は振れないからな。「金は命より重い」って
利根川社長も言ってるしなあ。

238 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:05:52 ID:WicfCR4U0
ああもう面倒だ。病人は死刑。2ちゃんねらーも死刑。

239 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:05:56 ID:eoFMeTZ+0
>>224
おいおい、分かって書いているのか?
市場原理に頼ったなれの果てがアメリカ式の医療なんだぜ?
もうちょっと調べてから書けよ。
お前みたいな無知で知ったかぶりの国民が日本の医療を駄目にする。

http://www.med.or.jp/nichinews/n131105e.html
「日本の医療は,レベルが低く,情報も開示せず,効率も悪い.
だから,医療レベルをアメリカ並みに上げて,競争を持ち込み,
無駄を省かせよう」というのが,今の総合規制改革会議の主張である.
二〇〇〇年に発表されたWHOの「World Health Report 2000」では,
全世界の百九十一カ国の医療制度を五つの指標から評価し,
日本は,フランス,イタリアなどと並び,最高水準の評価を受けている.
かのアメリカは,GDP比一四%という高額の医療費を使いながら,
三十七位の厳しい評価しか受けていない.民間医療保険会社のコントロールによる
高額な患者負担にもかかわらずお粗末な医療と,その保険にも入れない
四千数百万人の人々の存在がこの評価結果となった.
利潤と効率追求を至上命題とする民間医療保険会社が主導権を握ると,
セーフティネットたる医療は崩壊の危機に瀕するのである.


240 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:06:24 ID:+wjF0rHU0
自民、民主の八百長選挙を見てもわかるように、
談合国家日本では競争原理など殆どあり得ないね。
すぐに横並びだ。

241 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:06:44 ID:pABSfoZ70
三人家族、課税所得が300万ぽっちで、健康保険料が上限の年間ほぼ60万というのは、どう考えてもおかしい。
助け合いなら高額所得者から多く取るべきだろ。


242 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:06:51 ID:d/Rcu/fe0
>>153
『無駄を切り詰めて小さな政府』

切り詰まらない。
内製から外注に切り替えるだけ。
そして、その間に挟まる中間業者や仲介屋が増える。
保険屋とかメーカーとか。
そもそもアメリカとかみればわかるように、小さな政府を目指せば目指すほど
社会全体にかかる負担が増えていくのをどう考えるのか。

243 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:07:02 ID:ZoWyGYCm0
風邪で病院に行くような奴は死刑にしちまえ

244 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:07:09 ID:rAzznQlB0
今働いてる薬局の地域は児童の医療費がかなりの年齢まで0割負担なんだけど、
「症状は無いんだけど夏休みの予備に」とか「地震対策で家に溜めてるの!」とか
「自分(母親)が使うんだけど医者が子供の処方箋に書いてくれちゃいました」とかで
抗生剤下痢止め風邪薬にきび治療薬薬価だけ馬鹿高い保湿保護剤…がバンバン出てく。

37度台で咳も鼻水もほとんど無い子供をずっと薬漬けにしてりゃ治りも遅くなるさ。
下痢だって出すもん出さなきゃ毒素が溜まってくことだってあるさ。

お母さん達は我が子心配&医療費無料だし☆
って病院通いしたい気持ちも分からなくもないが、
こういう地域の医者は特に、患者希望鵜呑みにしてばんばん処方箋だすの止めて、
本当に必要な薬だけ出してくれりゃ、かなりの薬剤費軽減になるのではないかな。

月末集計で保険点数2000点超え患者多すぎだうち。これに税金投入してんだぞ。

245 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:07:12 ID:N6ZXpQsl0
>>229
欝やばいねぇ。

身内にも欝が一人いるんだが、
完全に壊れてるって感じじゃなく、
半分だけ壊れてる感じが壮絶に扱いづらい。


>>232
まあ、しょうがないっちゃあしょうがない。

規制で守られてたところが、規制解除されたら、
後から来た奴らにひっくり返されるのは必定。
今まで規制されてただけありがたいと思いねぇ。

なんて、簡単に言うのは可哀想だけどな

246 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:07:17 ID:Eh3B8PZB0
>>233

長時間労働による事故が増えてますよ。

>>236

まじですか!!

247 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:07:25 ID:7OMVcIiZ0
>>239
日本国を解体したいなりすまし日本人に構わないほうがいいよ。
市場原理主義者は多くが層化、チョン、シナ人でしょ。

248 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:07:36 ID:hFg/+Nrh0
>232
年収1000万以上でベンツとか乗り回している医者とタクシー業界を比べるのは
あまりにも酷だともうけど。

249 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:07:56 ID:ZWPuYw3A0
厚生労働省GJ!
これで健康保険を食い物にしている悪徳柔道整復師が淘汰される訳か。

250 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:08:16 ID:eoFMeTZ+0
>>228
今までの書き込みに目を通したのか?
レセプト上位10%が総医療費の60%を占めている。

百回、音読しろよ。

251 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:08:42 ID:9OFUHcQW0
なまぽっつーのは生保(生活保護)の事ね。
生活保護になればお金は支給されるし、医療費は無料だからね。
本来は【お父さんだけじゃなくてお母さん、果ては子どもまで病気になったら】
こういう方々の為にある。

高額療養費補助は(精神科等の)医療費公費負担制度とはまた別ね。ググってね。

252 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:08:53 ID:i99OMnVv0
>>238
んじゃ病人で2chねらはダブルなので逆にハワイ旅行進呈てのどう?

253 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:09:03 ID:cLT+1jdY0
要するに「命に直接絡まない疾患(花粉症・単純な外傷・風邪・打撲・腰痛)」なんかは全部負担増だな。
良い話♪金にならんもんナ、そういう疾患は。
保険料払っている若者-中年は、更に医療費をむしられ、そのお金をジジババに回す画期的な改革だな。
死にかかわる疾患でないと保険が使えないのは大いに結構。
手厚い老人医療に邁進して、長寿世界一を保持しようぜ♪
年寄りに使われた医療費の大半は製薬会社と医療機器メーカーに流れるシステムだから
日本も潤うよ。ショボイ疾患は自分で薬局で治してね。めでたいめでたい。

254 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:09:15 ID:pABSfoZ70
>>239
あんた医療関係者でしょ?
そんなに反対するところを見ると、今の制度は美味しいとしか思えんよ。


255 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:09:18 ID:+wjF0rHU0
>>239 現在の健康保険制度がひとつには勤務医の報酬を低く押さえること
   によって成り立っていることも事実だ。

256 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:09:48 ID:Eh3B8PZB0
>>236

そうでしたね。

257 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:09:48 ID:K+VXuud90
医者の首吊りが増えそうだな

258 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:10:02 ID:GqvFzG9w0
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  < 痛みに耐えて
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     |  病に耐えて
    ,.|\、    ' /|、     |   どこまで耐えるのかベンチマークテスト実施中 
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`  \________________
    \ ~\,,/~  /  
     \/▽\/

259 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:10:06 ID:ohgTW0Ct0
しっかし、医師会&医者って医療制度改革の対案もなくすべてに反対してるな。

260 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:10:44 ID:7OMVcIiZ0
>>254
バカだなぁ。バカチョン?

261 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:10:45 ID:Zf6BJI7e0
なんか「貧乏人は医療を受けられなくなる!」とかって脅している医療関係者がいますね。
大丈夫ですよ。今はいろいろ民間の保険がありますから。
外資とかオススメです。

262 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:11:23 ID:W75PJz330
>>246
マジです。
課税額30万円以上の世帯は3割負担。
それ以下は1割。
生活保護世帯は負担無し。
だったかな?

263 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:11:34 ID:2wLfMIMq0
こうやって取りやすい所からとる事が制度破綻まで続くんだな orz
負担率がどんどん上がってみんな加入しなくなる
それで保険会社が作るプライベート保険とか日本でもできそうだね

264 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:11:36 ID:pABSfoZ70
>>244
医者なんか金儲けの事ばかりしか考えてないから、モラルを求めても無理。



265 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:12:57 ID:+wjF0rHU0
医療費がすべて、国の統制価格、それも製薬会社などに莫大な金が流れる
不均衡なシステムがそれほどいいとも思えない。

266 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:13:02 ID:1JdCwH8m0
開業医=特定郵便局長

OK?

267 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:13:17 ID:7OMVcIiZ0
>>264
製薬会社や医療機器メーカーは眼中にありませんか?
お題目唱え終わりましたか?


268 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:14:29 ID:N6ZXpQsl0
>>254
おいしいっちゃぁおいしいんでしょう。

ただ、彼は規制緩和によりアメリカ並みの医療水準になるのはやばいよーというてるわけで。
アメリカで破産の理由ナンバー1が医療破産だって聞きますからね。
救急患者がきたら、クレジットカードもってるか確かめるとか面白い話も聞くし。

製薬会社への締め付けはあまり聞かないけどどうなんでしょね。

269 : :2005/10/03(月) 00:14:57 ID:jDuFDxu+0
医師や看護師の報酬は上げて良いと思う〜質の向上目的
薬屋と医療機器に食い物にされている希ガスのでこの構造を変えるべき
値切っても薬の効能や機器の性能が変わる訳では無いはずだから

270 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:15:21 ID:eoFMeTZ+0
>>254
モマエは本当にバカだな。ログを読め、池沼。
漏れは今回の厚労省の軽い病気の医療費自費負担に対して反対しているんだよ。
そこらの外来の連中は実際は医療経済を圧迫していない。
実際に圧迫しているのは一部の重症患者に医療費が垂れ流されている事なんだよ。
今回の厚労省の高額医療費控除の引き上げには生ぬるいって言ってんだろ!

漏れのどこに今の制度が美味しいって書いたんだ?
すぐれにレス番号を示せよ。
このデマ野郎が。

271 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:15:44 ID:GAmLIuso0
とりあえず、治癒した後かかった医療費分稼げない場合は、
保険適応しない条項をつくれ

272 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:15:46 ID:il2fhZCc0
>>264
そういう人がいないとはいえませんが、
(不祥事とかで目立つだけで)
金儲けを抜きにしてがんばっている人もたくさんいますよ。
そういう医者を探してみてください。自分が万が一の時にそなえて・・・



273 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:15:56 ID:7OMVcIiZ0
>>254
バカだなぁ、できる医者にとっては収入アップのチャンスなんだよw

274 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:16:05 ID:DWlVA6sk0
>>266
確かに世襲多いなw その指摘は面白い。
医者の子だと私立への授業料出せるから、医者になり易いし。

ま、参入は自由だし、一応試験あるし、患者も結構望んでるところあるから
一概に悪いとは言えないけどね。


275 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:16:16 ID:WicfCR4U0
もう全額自己負担にしろよ

276 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:16:27 ID:RTLOI+az0
とりあえず、腎臓移植をもっと増やそうよ

277 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:16:36 ID:O0JtPosO0
新薬は手出ししない方がいいし薬なんか百種類もあれば充分

MRSAの主犯は製薬会社


278 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:17:34 ID:N6ZXpQsl0
>>270
お前も池沼だ。

推測&決めつけレスに向かって、番号示せって何考えてんだボケ

279 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:17:54 ID:pABSfoZ70
>>267
単に244に対するレスだよ。
医療制度の歪という面では眼中にない訳がない。
だが、医者が儲ける努力をする≒製薬会社や医療機器メーカーが儲かる、という図式なので、
医療費高騰は、やはり医者のモラルによる所が大きいとは思うがね。

実際、知人の開業医を見ても、情けないほど金の亡者ばかりだよ。

280 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:18:26 ID:+wjF0rHU0
病院の方が金になる患者をかかえて儲けようとするから、
そういうことになる。

281 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:18:43 ID:ohgTW0Ct0
>>270
>重症患者に医療費が垂れ流されている
それが保険の本来の趣旨だろ。池沼

282 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:19:00 ID:iOXWGzme0

  医療費抑制で戦費調達!

  年金値上げで戦費調達!

  郵政民営化で戦費調達!

283 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:20:24 ID:iviNDxef0
風邪かどうかがわからんから医者に行くんでしょ??
風邪によく似た症状で、実は重い病気でした、
しかも初期の段階で来れば助かったのですがもう手遅れです


なんていったら誰が責任取ってくれるの??

284 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:21:07 ID:7OMVcIiZ0
>>283
自己責任

285 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:21:09 ID:i99OMnVv0
「お前のお婆ちゃんはさ
優しい大人になってほしいって思ってお前に優しくしてたのに
今のお前は天国のお婆ちゃんに顔向けできるのか?」
何てことを唐突に思い出したので書いてみる

286 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:21:12 ID:RTLOI+az0
今の日本の医療制度だと、軽症のうちに病院によく行けるから重症例が少なくてすんでいる
反面、重症化すると手のつけられないような状態になってるモノが多いからそれに多くの金がかかることになる

予防医学の観点からは今の医療保険制度は理にかなってるはずだよ

287 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:21:19 ID:9OFUHcQW0
>>244
悪魔に魂を売ったウハ小児クリがあるようですね。

単に小児科の診療報酬を上げてもそういったところに税金と共に吸い取られるだけですしね。
(スタッフ数に基づいた)小児救急センター加算を設ける等しないと、開業、勤務医の格差は
広がる一方です。それと受診抑制させないと。

288 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:21:21 ID:eoFMeTZ+0
>>281
んじゃー、喪前はこのままの医療費垂れ流しに賛成なのか?
この医師会の犬が!

289 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:21:43 ID:N6ZXpQsl0
>>281
本来の趣旨は垂れ流す事じゃないだろ

290 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:22:07 ID:Qz8BcSPv0
>>277
大学も学会も製薬会社の協賛金アテにしてるのが多いからな。産学協同なのか産学癒着なのか。

291 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:22:28 ID:+wjF0rHU0
だから役人式の発想で、自己負担の定率分の他に定額分を導入しよう、と
いうだけの話だよ。 つまり自己負担の引き上げ。

292 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:22:57 ID:ohgTW0Ct0
>>288
じゃあ、重症患者は診療報酬5割カットでいいか
ばかばかしい

293 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:23:17 ID:i99OMnVv0
やっぱり来年は自衛隊を軍にする予定だから色々金が必要なんだろな
国の中の人

294 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:23:19 ID:WicfCR4U0
医者も病人もまとめてこの世から消えてしまえ

295 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:23:30 ID:g1ALF9Fd0
>>289
垂れ流しってのは池沼がそう表現してるだけだろ。

296 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:23:58 ID:O0JtPosO0
ヨレヨレの80代後半の患者の処方箋に15種類くらい書いてあるのをみると
この医者正気かって思う

297 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:24:14 ID:bPUDZJvl0
喘息持ちの私が言うのもなんだけど
健康な人が損をする仕組みじゃまいか?

298 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:24:16 ID:QQwu3cD60
>>283
「たぶん風邪だろうけど・・・念のため」といってどんどん病院に押しかけるから
医療費が足りないていってるの。
このままだと本当に重病の人まで医療が受けられなくなるよ
そうなったら誰が責任取ってくれるの??

が政府の言い分だろうな。

299 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:24:49 ID:x7ja6jUH0
>風邪などの軽い病気には適用しない
風邪は万病の元といってね、厚生労働症は予防医学を否定すると解釈いたしました。

300 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:25:07 ID:7OMVcIiZ0
漏れは耳が悪いから、週2〜3回は耳の通気をしに病院に通わなきゃならない。
で、1回の診察台830円。
処方箋が、2日分で510円(院外処方)
なのに、おかしいんだ。3日分610円、4日分、730円・・・

調剤薬局がぼったくってない?

301 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:25:10 ID:+wjF0rHU0
>>288 だから病院側が金になる患者を抱えてつぎ込むからそういうことに
    なっているわけで。 病院側のモラルの問題だよ。
    

302 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:25:33 ID:eoFMeTZ+0
>>292
そうなったらどの病院も重症者を診ずにたらい回しになるだろうな。
先端医療を行っている赤字病院・基幹病院がさらに圧迫されるだろうよ。
現実的な解決策は高額医療控除の廃止だろうよ。

303 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:25:47 ID:RTLOI+az0
>>294
そういう基地外じみた考えは議論の妨げになるから脳内だけで処理汁

>>289
垂れ流しになるかどうかは医者の方にかかってるだろ
軽傷者を重症化させる、もしくは重症患者に無駄な治療を施す無能な医者の責任だ

304 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:25:47 ID:DWlVA6sk0
>>297
はい。保険とはそういうものです。
その代わり、病気になれば誰でも手厚い治療が受けられます。


305 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:25:55 ID:9OFUHcQW0
そうそう、医者に「医療費(売り上げ)を下げようとするインセンティブ」
が働く条件ってあると思います?

…保険売り上げ10%減だから5%給与アップ、もしくは有給休暇3日追加、とか(笑)


306 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:26:28 ID:xjJDnitu0
最初は「あー風邪ですね、はい咳止め」で帰されて
実はマイコプラズマ肺炎で死にかけたんですが
こういう場合「軽い病気」認定で払った患者負担分をどうするんでしょ

307 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:26:32 ID:tQUBh0O50
とりあえず、助けられる重症患者と無意味な延命を区別しようよ。。
そりゃあ、数からいったら高齢者の最期の後者が圧倒的だけどさ。

中年でも大手術をしなければならないケースもある。
そういったものも一律に、高額医療費控除縮小でばっさりでは、そもそもの保険の意味がない。

ここら辺の明確化と自然死の社会的コンセンサスの醸成は、まあ、厚労省のやつらには無理か。。

308 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:27:39 ID:E7Fn4gRI0
>>283

そのとおりで、軽い症状のうちに素人判断で病院にいかない人が
増えると、結局重症患者が増える可能性がある。
今回のやり方が総額医療費を下げる方向に働くかどうかは疑問。

核心部はこのスレで何度か議論されているように、重症で助かる
見込みのない患者に対する延命治療のコスト。

309 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:27:41 ID:7OMVcIiZ0
>>300
>
>漏れは耳が悪いから、週2〜3回は耳の通気をしに病院に通わなきゃならない。
>で、1回の診察台830円。
>処方箋が、2日分で510円(院外処方)
>なのに、おかしいんだ。3日分610円、4日分、730円・・・
>
>調剤薬局がぼったくってない?
>

あと追加で、毎回2日分しか処方されないんだ・・・
これってクリニックと調剤薬局が癒着してぼったくってない?

だからクリニックってきらいなんだ・・・

310 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:27:49 ID:DWlVA6sk0
>>305
レセプトチェックが面倒になる程度。
それも事務がやってるところありますが。


311 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:28:12 ID:eoFMeTZ+0
>>298
風邪の人は医療財政を圧迫していないよ。
重症患者が医療財政を圧迫していて、その多くが1ヶ月以内に亡くなっている。
これこそ医療費の無駄遣いだと思うのだよ。

これに目を付けずに重症で薬を使うほど儲かる薬剤メーカーと癒着がある
厚労省にムカついているんだよね・・・。

312 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:28:20 ID:dgT7qhFC0
これからは、日本では、医療そのものを全廃、禁止いたします。
金持ちだけ、海外へ自費で治療に行ってください。
貧乏人は、せいぜい体壊さないように気を付けて生活してください。

                 from コイズミ

313 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:29:06 ID:+wjF0rHU0
>>302 貧乏人が安上がりの軽い病気になるとは限らない。

314 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:29:19 ID:hFg/+Nrh0
民主党はなんで医師会を攻撃材料にしないんだろう。
年金なんかの制度の変更なんかじゃなくて、
医療費を食いつぶしているのは医師会だ、そして医師会は自民党の最大の支援者だ
とかいって、診療報酬の半額化とかやれば、次の選挙で大勝だと思う。
っま、やれればの話だけど。

315 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:29:36 ID:riwfo1TM0
慢性疾患を持ってると負担が大きくなるね。
嫌でも継続的に病院通いしなきゃいけないんだし・・・。


316 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:29:46 ID:NucHQpnc0
>>303
無能な医師を排除する
医師免許の間口を広げて新しい人材を入れる

二律背反のようだが、有能な人材に入れ替えるには必須だ

317 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:29:48 ID:2lryggaX0
しかし、軽症患者は、医療費全体から見たら微々たるもので、そんなもの受診抑制しても
医療費の削減にはならないって、何度も何度も出てるのに、一向に理解されないのはなぜ?

318 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:29:51 ID:z4YxowYlO
実家が田舎で医院してるけど年寄りの集会所みたいになってるからな
電気して静脈注射して血圧はかって帰るって感じ

319 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:30:08 ID:cLT+1jdY0
開業医には痛いだろうが、勤務医にとってはうれしい話だな。
勤務医は年間1億稼ごうが2億稼ごうが給与は同じ。
勤務医は患者が減る方がCPは改善するよ。
医者の稼ぎで給与をもらっている看護師・事務は真っ先に人員削減対象になるから辛いだろうが。
国民の方から老人医療の締め上げと終末医療の打ち切り希望の声が出てくるのは
霞ヶ関は嬉しいだろうよ。

結局、「安定した税収を生む製薬と医療器械メーカー」は国にとって保護対象。
「金を食い荒らす国民と病院」は国にとって悪だから制裁対象に過ぎないと言う事。
「金を食い荒らす国民」の代表が高齢者とガン末期患者で、この本丸を落とすために
外堀である「元気な国民の健康保持」を攻めているところ。
「金を食い荒らす病院」の淘汰はかなり進んでいるので作戦続行だな。

320 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:31:02 ID:W75PJz330
私の子供の場合も「関節痛」が最初の診断。
で、痛みが移動するので変だな?と思って医者に血液検査依頼してみたら「白血病」。

321 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:31:04 ID:pABSfoZ70
重度身体障害者なんかは病院にとってドル箱だしなぁ。

普通に家族が面倒見れるケースでも、病院が重身患者として
受け入れるケースがザラに見受けられる。
一方親は、子供を安く面倒見てくれる施設と勘違いしてやがる。


322 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:31:41 ID:RTLOI+az0
>>316
その考えには賛成だが、294は全然関係ない単なる暴言だろ

323 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:32:22 ID:eoFMeTZ+0
>>303
重症者患者に無駄な治療を施さなければならないのは司法の問題なんだよね。
それを解決するために現実的な方法が高額医療補助の削減だと思うよ。

>>306
うーん・・・この場合は難しいね。重症マイコの診断は付いても初期では
難しい場合があるからね。当該疾患の受診状況での払い戻しとかが
必要かもしれないね。

324 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:32:26 ID:+wjF0rHU0
治る見込みのない患者は医療費の有効需要を創るには最善だね。
経済の原則にかなっている。要は儲ければいいのですよ。

325 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:33:32 ID:xjJDnitu0
今でさえ「かみさんに金もらえなくて病院行けない」と言って
よれよれになりながら働いてるお父さん達が気の毒なことになりそう

その父ちゃんたちがいつまでもインフルエンザ移し合いしてて
こっちにも被害は来るんですけども (´・ω・`)

326 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:33:35 ID:/6csEZx60
>>305
マルメ(包括制)の推進
ホームドクター制度

>>319
馬鹿じゃないか?
勤務医の給与の源泉である病院経営が悪化すれば
しわ寄せは必ず勤務医の待遇に跳ね返るんだぞ。
おまいのような経済感覚の欠如した勤務医の存在が
医療費を押し上げているということがわからんか?

327 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:33:44 ID:NucHQpnc0
>>306
誤診なら訴えれば治療費と慰謝料くらい取れるぞ

>>314
自分が病気になった時に怖いから

>>315
病気持ちで自力でなく長生きしたければしょうがあるまい
医者にかからず天寿を全うするのが一番


328 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:34:25 ID:hFg/+Nrh0
医者が悪くなくて薬剤メーカが悪いとかって意見があるけど、
一番の問題は薬を出せば出すほど医者が儲かるシステムでしょ。
こんなくそみたいなシステムがあるから医者は無駄な薬を出そうとするし。

329 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:34:59 ID:JjcuR3k50
長生きは国庫の迷惑
長生きは若者の所得を食いつぶす
長生きは環境に悪い

330 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:35:13 ID:dgT7qhFC0
>>328
 なら、技術料上げろって話だろ?

331 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:35:32 ID:IxSR6qr80
ソースが朝日新聞でよく324レスもできるね。
すべての記事が信用できないから、明日の日経か読売に記事が出るまでは本当かどうかわからんよ?
釣りなんじゃないの?

332 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:35:59 ID:RTLOI+az0
>>323
治る見込みがなくても自分の手元で治療するなら全力は尽くして欲しいと思う
そうでないならホスピスなりそういうところに送るべき

こういう考えは間違ってますか?

333 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:36:06 ID:DWlVA6sk0
>>327
誤診自体はとても高確率。
今の医療水準から考えて、著しく劣った医療行為…でないと無理じゃねーの?


334 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:36:42 ID:/6csEZx60
>>328
薬を出せば出すほど医者が儲かるシステムはとっくの昔になくなっている。
医者が大量の薬を出すのは患者の希望と、出さなかったことによる責任を逃れるためだ。

335 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:36:56 ID:eoFMeTZ+0
>>313
貧乏人の枠を広げて生保としよう。生保の重症患者に医療費を使う事に関しては
賛成ですか?
少なくとも漏れは反対です。

>>315
今後、医療費が上がれば混合診療・自由診療化になるでしょう。
そうなったら、負担は大きくなるだろうね。
軽症の慢性疾患とかは漏れは救いたいと思っている。
それを考えて重症患者の無駄な治療に対しては自費が必要と考えているわけです。

336 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:37:13 ID:h58ESyK3O
あんまり医者にかからない人は、翌年の保険料を割引して欲しいな。
多くの20代から40代リーマンは実際ドブ銭なんだし。

337 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:37:29 ID:OsfkUg040
゜+.(・∀・)゜+.゜ヒャッホウ

338 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:38:04 ID:i99OMnVv0
>>297
「保険」てたいていそういうもんだよ
健康で損という考え方もどうかと思うが

339 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:38:05 ID:ynq8ap1V0
>>317
軽症=一般サラリーマン、サイレントマジョリティ
重症=患者団体、人権屋、ナマポ
で後者の政治力>>>前者だから。

声を上げないほうから毟るのは当然。
後者は政治力があるだけではなく、人道問題に支出の根拠を置いている。
ええかっこしいの政治家が切り込みにくいのは当然。
まあ金の切れ目が命の切れ目の連中とは一般人は迫力が違う。

んで、与党政治家に300議席も渡したんだから
一般リーマンがより毟られるのは当然だろww

340 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:38:37 ID:riwfo1TM0
命にはかかわらないけど、病院通い続けなければ日常生活に支障が出る病気は
どうなるのかな。
アレルギー性疾患とか。

341 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:39:00 ID:49EhjRbh0
>>6
まあそんなとこでしょうね、いい傾向だと思うな、俺は

342 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:40:10 ID:cLT+1jdY0
>>326
別に構わんな〜、医者だけが仕事ではないし。
家業継げば今の給与より収入は遥かに改善するんよね〜、おいら。
家族がとめるのも聞かずに、世の中のお役に立つために医者になったけれど、
真面目に医者やるのもこの御時世では限界があるかな〜と。

343 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:40:28 ID:DWlVA6sk0
>>335
俺は賛成。程度にもよるがね。


344 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:40:56 ID:eoFMeTZ+0
>>332
ホスピスに関しては全面的に賛成ですよ。
重症患者に無駄な医療費を使う事をせずに、ケアを行う。

現在の無駄な延命治療の解決策は薬の浪費ではなく、患者がいかに
自分の死と向き合って納得できるかだと思っています。

345 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:42:49 ID:GR5XLixM0
んー

最終的に、安いも高いも若いも年寄りも医療負担が上がるんじゃねーの。
「10%の重篤患者に有利だ!」という批判は、
「そうか、じゃあ平等に全部上げましょう」という厚労省の戦略に乗るだけだと思う。
とはいえ、日本の医療費は安すぎるのでもうちょっと上げてもいい。
ただ、それが製薬会社のフトコロに行ってしまうのが問題だけどなー。

346 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:42:52 ID:DWlVA6sk0
確かにホスピスはいいな。
疼痛管理は行うが、費用少なく、患者のQOLをつとに向上するし。

347 :306:2005/10/03(月) 00:43:19 ID:xjJDnitu0
>>323
難しいですよね?
だから「軽い病気」を区別しようだなんて門外漢の寝言じゃないのかなと
素人的には思うんですが

>>327
初期マイコの診断が難しい、というか不可能に近いのは理解できるので
仕方ないかと 私の治療費より健保負担の方が大きいですし
てかコレ実施されたらマイコみたいな伝染病が流行って凄いことになりそうな

348 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:43:25 ID:/6csEZx60
>>335
国民の健康を保障する立場の国としては、たとえ生保であれ
公的保険で提供する医療に格差をつけることはできない。
生保の過剰診療を抑制したければ、保険医療に一定の制限を加え
それ以上を望む人には個人負担を強いる混合診療を導入するしかないだろうね。


349 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:43:34 ID:i99OMnVv0
最終的に死んだから延命が無駄だったて考えはドライだなあと思た
個別で意義が違ってこない?
所詮他人事だからどれも同じに見折るのかなあ…寂しいや…

350 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:44:37 ID:jBQY7S15O
レセプトチェックを厳格にすればいいじゃない。
今は、削られるのはゼロコンマ何パーセントでしょ?
ほとんど、請求したら全額払われる。韓国とかでもやってるように電子レセプト化して無駄を省くことが必要。それにレセプト、患者本人が確認できるようにする必要がある。金だけ払って、中身が分からないなんておかしい。


351 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:44:43 ID:ynq8ap1V0
>>340
んー、定期通院してくれて管理の出来てる人なら
月一回以下の通院で済むので
月500円までの負担増は負担は出来なくはない範囲の希ガス。



352 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:44:56 ID:pABSfoZ70
>>334
なんでそういう嘘を言うわけ?


353 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:46:43 ID:riwfo1TM0
>>351
そうなんですか。
いつも調子が良くても、飲み薬を2週間分しか出してもらえないので・・・。


354 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:47:01 ID:/6csEZx60
>>350
ある程度の不正請求が黙認されている現状においても
赤字で経営困難の医療機関が大半なんだよ。
もしこれ以上審査を厳しくするのなら、混合診療なり何なりで
病院の収入を増やす方法を作らないことには潰れてしまう。

355 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:47:34 ID:mmbSo78z0
>>349

アフガンやイラクでバカスカ人を殺しているアメリカが、
自国の土管に嵌った猫を助けて大喜びしてる位のエセヒューマニズム。

猫助けるのに使った予算を、海外の発展途上国に送れば、数十人〜数百人の命が助かると言う矛盾。

356 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:47:47 ID:bMhtuFWw0
>>26
何で凄い額になるの? 高額医療控除で月7万以上はカネ掛からないだろ?

一週間じゃたかがしれてる

357 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:48:30 ID:fe2lpq9S0
特に現役世代の患者の負担を軽くする制度キボン
年寄りや、社会復帰の見込めない重症患者の切捨てが必要だと思う

俺のリタイヤした両親も該当するが
パンク寸前の保険制度を救うためにはしょうがない

358 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:49:08 ID:cLT+1jdY0
>>346
ホスピスはどこも満杯でナカナカ患者を取ってくれませんが?
公的病院でもホスピスを手広くやるところがないのは赤字になるから。
私立で全部自費負担にすればいいかもね。
ホスピス担当者が1人につき10人患者診るとして、その担当者の年収は600万くらい?
給食・事務の年収も稼ぐとなると患者一人に付き毎月一人8-10万取ればペイするかもね。

359 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:49:18 ID:/6csEZx60
>>352
なぜ医者が薬を出せば儲かるかを説明してくれ。
いまどき薬価差益なんて寝言を言ってるんじゃないぞ。

360 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:50:30 ID:PB8t0Kx40
薬価制度廃止にしろ

361 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:50:37 ID:llR4e+fx0
>>344

>患者がいかに 自分の死と向き合って納得できるか

ん〜…。それはどうか?病と格闘して、それで力負けするのと同じくして、氏
にいたるってのが、いままでのあり方だけど、氏だけがヒタヒタとやってくる
のを、ただ待つってのは、結構ムズいんではないか。やはり、本人も、どうに
かして直してくれってのが(周囲も)心情じゃないの?

362 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:50:38 ID:i99OMnVv0
>>355
一見論理的に見えるが
現実問題として猫を助ける為の予算を削ったといって、それが発展途上国を助ける費用として使えるシステムが無いと意味がない事に気がつかない。
つまりあなたは素敵なロマンティスト。そしてその優しさをなくさないようにしてくださいね。

363 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:50:54 ID:eoFMeTZ+0
>>347
その点については当該疾患に関して初診か再診かと言った医療補助が出来ると
思うのです。
例えば初診で、髄膜炎でフルコースの場合には補助は無くしても良いとかね。
今後、電カル導入で地域の診療情報の共有化が推進されている現在では、
可能でしょう。

>>348
漏れは混合診療でも良いと思っているけど、出来る限り皆保険での医療費削減が
医療の質を維持するために必要だと思っている。
混合診療による医療の質の低下は米の対GDP比とWHOの医療の質のギャップを
見れば分かるでしょう。
日本がどうなるかは分からないけど、悪い前例を辿る必要は無いのではないかな?

364 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:51:03 ID:8pb7n5Xa0
確かに高度医療には金がかかる。
私が抗がん剤治療受けていたときも、
高度医療控除で四万とはいえ、負担は馬鹿にはならなかった。
あと検査費も高い。
私はまだ働けたからいいけど、働けない状態での月四万はシャレにならないね。

365 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:51:08 ID:+wjF0rHU0
>>335 自費といっても任意保険導入していけない理由はない。
    問題は保険に入れないような貧乏人が高額の病気になった場合だな。
    これはアメリカのように、無料の病院とか、つまり研修医などを多く使い、
    コストの安い病院を作り、公費で負担するしかないだろう。
    あるいは大企業、富裕層からの寄付を受けるとか。

366 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:51:31 ID:DWlVA6sk0
>>353
2週間以上処方できる薬は決められている。

367 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:51:48 ID:RTLOI+az0
>>365
研修医は高コストだよ

368 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:51:56 ID:qvMdYWgLo
>>306
お前は俺かw


369 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:52:15 ID:pABSfoZ70
>>359
薬の営業から聞け。
当事者なら知らんフリすんなよ馬鹿。

370 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:53:18 ID:ynq8ap1V0
>>353
アレルギーの薬以外に
睡眠薬みたいな抗精神薬のカテゴリの薬は出ていませんか。
薬によっては2週間まで処方になります。

そうでなければ主治医の先生と交渉の余地あり。

371 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:53:30 ID:HdEjREyT0
ID:pABSfoZ70
は金に取り憑かれているのかw

372 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:54:21 ID:fBFgYqM40
>>359
院内処方で必要も無いゾロを沢山出せばあるだろうが、ボケ!

373 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 00:54:55 ID:eoFMeTZ+0
>>361
これは書きたくなかったんだけど、肺がんのSTAGEIVの場合は新規抗癌剤と言われている物で
中間生存期間が50週くらいなんだよ。
既存の抗癌剤と比べて一ヶ月くらいしか伸びないわけ。

ただ死に行く時間を短期間延ばすのであれば、死に行く心を整えるっていうのが
必要だと思うわけです。

新規抗癌剤の薬価・副作用に対する治療etcを考えるとそれは医療費の無駄遣いには
ならないかな?

374 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:55:44 ID:DWlVA6sk0
>>369
横から口出しすまんが
薬価差益は0ではない。が、とても少なくなった。


375 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:56:22 ID:riwfo1TM0
>>370
ありがとうございます。
飲み薬は抗アレルギー剤だけです。
交渉してみます。

376 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:56:55 ID:/6csEZx60
>>373
そういうコストパフォーマンスの悪い薬を認可してしまう薬事にも問題はあるよな。
確かに保険医療に限っては費用対効果をもっと厳格に管理しなくてはならんと思う。

377 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:57:00 ID:YGgVXXSB0
医療費は全額控除すればいいのにね。
ウチ自営なんだけど全額経費参入できるらしいけどそうだっけ?
会計士がそういうんだけどね。

378 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:57:22 ID:h58ESyK3O
最近「震えるメス」って小説読んでから医師会とか医療従事者に
不信感を持つようになってしまいました。影響されすぎかなぁ。

379 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:57:38 ID:ebM2JcaG0
>>352
334じゃないけど、今のシステムでは医者には金が入らないようになってるよ。
何で院外処方が増えたか考えたことなかった?

開業医としては軽症患者負担増には賛成。
来る必要がほとんど感じられない患者(?)が来なくなれば、
一人一人の患者さんに時間をかけて診療できるようになるはず。
そもそも常連の元気なおじいちゃんおばあちゃんの相手をしていてもほとんど金にならんのよ。
それで待ち時間が長いと言って「本当の患者」に敬遠されると元も子もない。

380 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:58:11 ID:9OFUHcQW0
これから15年で老年人口が現在より3割5分以上に増えると考えられ、
労働人口は4割減るんですから、制度を弄らん限りはアカンでしょ。
健康者側が被るのか、病人が被るのか、はたまた国が被るのか?え?移民?
一番の問題は、こういうことを議論しない(させない?)厚生労働省&マスコミ

日本医師会も昔の印象強すぎなのか、抵抗勢力という評価。笑える。
いまの医師会は金蔓だろ?献金はすれど何も見返りないし(苦笑)
特定郵便局長会の方が参院で一度は否決に持ち込んだだけ強いかもね(笑)

こういった制度改革の委員会採決の際、大仁田厚が出てくるか、大蔵クンが出てくるか見物。
P.S
「再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎」の判子は消えて欲しいね(謎)


381 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:58:19 ID:fBFgYqM40
>>373
そうかもしれんが、それをやらなければ患者が死んだ時に
家族が訴えかねん

382 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:58:28 ID:OW+bHFy+0
>>365
研修医を当直ソルジャーに使えた時代は低コストな労働力だったのだがねぇ。
新研修制度の御陰で只の役立たずになりました。体力以外に使えるところは
無かったのに、ガンガン当直させられないんじゃねぇ。

383 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 00:59:17 ID:cLT+1jdY0
院内薬局は赤字なんよ。何種類出しても黒字にはならないシステムになってる。
どこの病院も院内薬局を潰したいのだが、入院患者のために残している状態。
外来患者への処方は、院外処方箋料という一律のお金しか取れない。
1種類しか薬出さなくても5種類出しても病院がもらえるお金は均一。

384 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:00:03 ID:jBQY7S15O
>>354
日本は諸外国に比べて数が多い。郵政と似たとこあるけど、郵政と違うとこは税金が入ってる・・。
でも、地方にいるけど高額納税は医者が多いよ。

385 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:00:46 ID:T2t0A2uI0
風邪引いてクリニク行ったら請求一マソってことなのですか?

386 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:00:59 ID:/6csEZx60
>>372
薬価差益がほとんどなくなった現状では、
薬の在庫を持つことのほうが経営を圧迫するので
いまではほとんどの病院が外来は院外処方。
包括病棟では薬は出せば出すほど赤字になる。

387 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:01:13 ID:RTLOI+az0
>>373
医療は本人のため意外にも患者の家族のためという側面もある
ほんの少しの期間であっても生存期間は延ばしてあげたいと思うし、
それに対して必要な処置は行うべきだと思ってる

たしかに、費用対効果が悪すぎるとはおもうが
患者本人と家族の同意のもとであればまだしも、
金のために治療を打ち切るなんて漏れは出来ないよ

388 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:01:18 ID:DWlVA6sk0
>>378
かもしれない。
ただ、不信感ゆえに医療を拒み、自ら損をすることがなければ、
慎重であることは、別に構わないのではないか。


389 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 01:02:15 ID:eoFMeTZ+0
>>381
訴えられるだろうね、現状ではね。
これを打開するために高額医療や延命治療には大幅な高額療養費補助の引き下げが
必要だと思うのですよ。
軽症患者の自費診療どころの金額ではないからね。

390 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:02:24 ID:xjJDnitu0
今ごろ気がついたけど、これって「かかりつけ医」の否定になりませんか
なんか推進してませんでしたっけ

391 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:02:37 ID:rL1gPsCh0
つーか、こんな案まで通ったらもうリーマンが健康保険に加入する意味は無いよね。
あ、これもリーマン狙い撃ちの政策か。

392 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:02:49 ID:fBFgYqM40
>>383
薬価差益や一包化加算は貰えないの?
薬剤師を雇いすぎてるんじゃないの?

393 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:02:52 ID:lVpZv9uoO
ジジイやババアが用も無いのに、サロン感覚で病院行くからこうなる。

394 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 01:05:16 ID:eoFMeTZ+0
>>387
高額療養費補助を引き下げれて自費を払えば治療は受けられるでしょう。
一部の重症者のために軽症者を含めた患者全体が損をこうむる現状には
我慢できないのです。


395 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:05:29 ID:DWlVA6sk0
>>384
病院は赤字でも、医者は黒字。
給料を減らすと、人が確保できず、成り立たない。

396 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:05:38 ID:/6csEZx60
>>392
薬価差益なんて在庫管理や期限切れで廃棄する薬代で帳消しになる。
一包化するにも機械や人件費のコストがかかっている。

397 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:06:55 ID:y5Bdp9/B0
民間開放で良いじゃん。
月2万の医療保険。民間保険会社なら喜んでやるだろ。

398 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:08:57 ID:/6csEZx60
>>395
勤務医じゃなくて開業医の話だろう。
診療報酬は全国均一だから、土地や人件費といった固定費が安く
患者の数も多い田舎のほうが儲かるのは制度的に当然のこと。

399 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:09:04 ID:fe2lpq9S0
がんの勉強してると
生物は死ぬべき時に死なないと悲惨だという結論に達した

がんというエラーが生じた肉体で
生き延びようと考える(完治を期待する)奴の気が知れん

坦癌患者は速やかに死すべし
残った人間の助けにもなるしね

400 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:09:41 ID:cLT+1jdY0
>>394
いいんとちゃうの?軽症者が重症化すれば公費負担でみて貰えるんだし。
外来も暇になるから大いに結構ですが?

401 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 01:10:24 ID:eoFMeTZ+0
>>391
そうだよね。一番、金を払っているリーマン層への利益を無くして
一部の重症患者に還元するって間違っているよね。

>>392
デッドストック等で院内処方は院外に比べて損になるよ。

>>397
それは自由診療って事でしょうか?
米式の(国民保険外の)高コスト・医療の質の低下にはしたくない。



------------------------------
漏れは日本の医療を誇りに思っている。さらに国民の負担も分かっている。
無駄なところから省くのが理に適っている。
そういった意味で高額療養控除の引き下げを真に願う。

402 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:10:45 ID:fBFgYqM40
>>392
なるほど。だが、院内薬局なら処方薬を医師と示し合わせることも
出来るわけで、廃棄薬がそれほど多くなるとも思えない。

それから別人のようなので敢えて答えて貰わなくても良いが、

>1種類しか薬出さなくても5種類出しても病院がもらえるお金は均一。

この意味が俺には分からん。


403 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:10:47 ID:hFg/+Nrh0
病院に株式会社の参入反対とか混合医療反対とかいったポスターが張っているけど、
こういうの見ると医師会って抵抗勢力だなぁと改めて思う。

株式会社は儲け重視だから医療サービスが下がるとか書いているけど、
じゃあお前のところは慈善事業なのかよって改めて思う。
大体、税金で食ってるのに年収1000万とかふざけるにもほどにしろってかんじ。

404 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:12:23 ID:llR4e+fx0
>>373

ん〜…。1ヶ月か…。うちのオヤジは、心不全→強心剤投与→多臓器不全で
逝ったけど、最後の1ヶ月は、テンパって転院するって言い出してたしな…。
2週間前になると、痛みでそれどころではなくなってしまったけど。末期医
療って、ガンと心不全とでは、対処の仕方が異なるんですかね?

405 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:12:23 ID:pABSfoZ70
>>396
それ、おたくの病院の在庫管理が下手すぎるんだよ。

406 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:13:06 ID:/6csEZx60
>>397
総医療費が30兆円で、日本の人口が一億三千万人だから
単純に頭割りすれば23000円か。
民間がやれば最低でも30000円にはなるだろうから、
4人家族の負担は12万円ですよ?

407 :402:2005/10/03(月) 01:14:31 ID:fBFgYqM40
アンカーを間違えた。スマン。
× >>392
○ >>396 

408 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:15:10 ID:xjJDnitu0
映画「ジョンQ」の世界かあ・・・

409 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:15:56 ID:DWlVA6sk0
>>405
身内の病院もそうだったよ。
一時期、外からやけに高い薬で頑張る医者が派遣されたけど
手間や破棄を考えたら、結局トントンだったというオチ

410 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:16:21 ID:cLT+1jdY0
>>402
処方箋と言う紙切れに対しての報酬がもらえるシステムなんよ。
だから、その紙切れに1種類の薬しか書いていなくても、5種類の薬が書いてあっても
報酬は変わらない。沢山薬を処方しても報酬は変わらないの。
だから、薬で病院が儲かるなんてのは嘘。もちろん勤務医に何らかのキックバックがあるなんてのもない。

411 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 01:16:30 ID:eoFMeTZ+0
>>402
読んどけ。
●表 医療機関にとっての院外処方のメリットとデメリット
●メリット
1.薬剤費患者一部負担金に係わる煩雑な業務からの解放
2.薬剤仕入れ交渉の軽減
3.薬剤在庫管理の軽減
4.薬剤購入資金計画の軽減
5.医療機関の持ち出し消費税の軽減
6.薬剤師求人・人事労務管理の軽減
7.医事課の日常業務・レセプト請求業務の簡素化
8.外来会計・投薬待ち等の混雑緩和
9.薬剤師の病様活動の実現
10.定額点数制採用の場合、薬の全額・量を考えずに処方できる
●デメリット
1.患者の負担金増
2.患者の二度手間

>>403
実際に公立系基幹病院は慈善事業でしょう。補助無しでは経営が破綻する。
実際にうちの病院は年間赤字20億だ。

お前のような無知な書き込みには本当に怒りを覚える。
基幹病院・公立病院が潰れて損をするのは誰か良く考えろ、そして士ね。

412 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:16:57 ID:/6csEZx60
>>403
病院は利潤を上げてはいけない慈善事業だよ。知らなかったの?
それから医療従事者は税金で食っているわけではない。
タダだと思って税金を浪費しているのは患者のほうでしょ?

413 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:18:37 ID:cLT+1jdY0
>>403
ね、だから使った医療費は自分のお金で払うシステムにするのが資本主義的でしょ?
自由診療を推進しようよ♪

414 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 01:20:37 ID:eoFMeTZ+0
>>413
あなたも医者であるならば、もっと医療の質について考えて欲しい。
漏れも>>403のような書き込みには相当ムカつくけど、、、自棄になってはいけない。

>>403にさらに追い討ち
黒字を上げている病院は確かにある。喪前は徳のような悪質な病院の実態を
知っているのか?

415 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:22:41 ID:Z/5hehd10
>>怒れる勤務医
愚民相手に正論を言っても無駄
こういう連中は今後切り捨てられるから
覚悟しとけよwwww

416 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:22:47 ID:xjJDnitu0
>>412
独立採算制のおかげで国立病院が統廃合されてたりしたのは
何だったんでしょうね・・ 通院が遠くなって酷い目に合いましたが

417 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:22:52 ID:PtDQgEja0
1000円程度の免責制度を導入して
低所得の老人とかにはあとで一定部分を戻せばいいと思うが

ある程度のコスト意識が働くようにしないと

実際、野放図に医療費増やせる時代じゃないんだし、診療報酬を引き下げるよりはいいと思う
ただ個人的には産婦人科・小児科についてはちょっと考えたほうがいいと思うが


418 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 01:23:25 ID:eoFMeTZ+0
>>404
癌は治らないからアルブミン等の薬剤を使う価値は無い。
心不全は治る見込みがあるから医療費をかける価値がある
(基礎疾患にもよるけど)。

まぁ、漏れの意見としてはどちらにも高額療養控除引き下げは必要だと
思うが・・・。この線引きは難しいよね。

419 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:23:28 ID:fBFgYqM40
>>411
読んだよ。だが、デメリットは医療機関にとってのものでは
ないだろう。患者が手間や金が余分にかかって、院内処方箋を
行う医療機関へ行くことがデメリットだとでも言いたいのか。

もしもそうだったら、院内処方に戻せば良いだけのことだ。

420 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:23:44 ID:cLT+1jdY0
>>414
若いね君。
でも国とマスコミと国民は「医者=悪」は常識になったんだぜ。
正義感から抵抗しても、かえって悪く見られるし、この流れは変えられないよ。
1回落ちるところまで落ちるのを国も国民もご希望なのだから、流れに身を任すべし。

421 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:24:43 ID:Ae6TGuOU0
本人は軽い病気と思って受診しなかったら
実は…ってことになったらどうするんだろうか?

医療費抑制するのは必要だけど


422 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:25:41 ID:/6csEZx60
>>411
20億の赤字ってすごいね。
職員数が500人なら一人400万円ずつ渡して
病院潰したほうが自治体は儲かるなw

>>416
これからも良心的な公的病院はどんどん潰れるよ。
時代の流れだから仕方ないと思うしかない。

423 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:27:27 ID:PtDQgEja0
>>421
とはいっても今までどおり医療費が増えていくのは容認できないのも事実
診療報酬や薬価引き下げにも副作用はあるだろうし、免責制度もそう

副作用を抑える努力をしつつ医療費が増えないようにするしかない

424 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:28:07 ID:kbsIqt0g0
勤務医よ、タバコの原因による医療費が年間1兆円。
30数分の一。どうよ。

425 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:29:09 ID:DWlVA6sk0
>>414
自分で「士ね」とか言っておいて、他人に冷静さを説くなよ…

426 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:29:41 ID:xjJDnitu0
>>421
「医療系の知識を持とうとしなかった自己責任」とか言われそう
でも実際健康板とか見てると「咳が1週間止まりません。肺炎でしょうか」
みたいな人がいるので中学校ぐらいで基本的なとこは教えておいた方が良いのかも

てか先生方寝なくて大丈夫ですか

427 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:30:23 ID:D4LL2bKQ0
開業医が加入する医師国民健康保険は、自己負担が2割だけでしょ。
優遇されてんのね!!

428 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:30:29 ID:cLT+1jdY0
とにかく国は団塊世代が大挙して病院に押しかけてくる10-20年後までを乗り切るために色々画策してるんだから。
団塊世代が病院に入り浸るまで、残った時間は少ないから、それまでに何とかしないと医療制度がパンクする。
それまでに病院を締め上げて高齢者・終末医療切捨て(富裕層は別ね)の世論喚起をしているんだから、抵抗は無駄。

429 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 01:31:57 ID:eoFMeTZ+0
>>419
一般病院では今更、院内処方にするメリットは無いんだよ。
医薬分業政策の大きな失敗は、分業にして逆にそう薬剤費が上がった事だ。
患者にとって不利益でもあったのにな、ざまーね〜よ。

>>415>>420
漏れは本当に国民のため、医療の質のために書いたつもりだったのだが・・・、
身内から反対されるのであれば残念です。
いつか国民がこの愚策に気が付く事を願いつつ・・・落ちます。

430 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:32:07 ID:DWlVA6sk0
>>427
医者はその気になれば、自分の親(老人医療費)名義で処方だって出来ちゃうよ


431 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:32:08 ID:/6csEZx60
>>421
手遅れになるのも自己責任ということでしょう。
小さな政府というのはそういうことだから。

次は聖域なき警察改革で、民間人の武器所有の
規制緩和が始まるかもしれないね。

>>427
優良経営で税金が投入されていないから当然のこと。
優遇されているのは3割負担の一般国保のほうだよ。

432 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:33:25 ID:E7Fn4gRI0
>>426
ただね。病名から症状を勉強するのは簡単だけど、
症状から病名を判定するのは素人には無理。

素人がいくら勉強してもどの病気にはどんな症状が
あるかを文字で知るだけで、実際の症状を見て病名が
わかるなんてとてもとても。

433 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:36:30 ID:DWlVA6sk0
理屈と熱意は汲むが、国民のコンセンサス無しでは通らないんだよ。
それを脳死判定問題で学んだ。

434 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:37:26 ID:kbsIqt0g0
医師の特権も無くせよ。
全国の医師信用組合って何よ。
ttp://www.idcu.co.jp/

435 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:39:05 ID:D4LL2bKQ0
>>431
一般の国保は保険料めちゃ高だぞ。
医師国保は保険料も安すぎ。

436 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:39:37 ID:/6csEZx60
>>434
組合活動まで特権扱いかw
もうね、アホかと、(ry

437 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:40:15 ID:FX+Vh0I80
産婦人科、小児科だけでなく、小泉改革は一気に医者全体を叩き潰したいようだ。
産婦人科小児科が無くなって痛い目を見ている人は多いはずなのに
マスゴミと小泉に乗せられる愚かな人って多いんだね。

438 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:40:43 ID:gh0veCFY0
>>>288
  亀レスだが、281は君の主張する現時点での最良の医療水準でも心臓死を基準にした
  単なる延命処置による無駄がないのかという問題提起をあえて無視していると思われる。
  


439 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:40:54 ID:cLT+1jdY0
>>429
退職後、国のお荷物と化す団塊世代が一掃されれば医療は立て直されるよ。
その流れが出来るまでは、どうやってもこの流れは変えられない。
ていうか団塊世代問題をそれほど国が悩んでいると言う事。

440 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:41:02 ID:fBFgYqM40
>>429
これまでよりも多くの人間が処方及び調剤に係わるのだから
当たり前のことだ。

それから、医薬分業の理念の一つに「無駄な投薬を
第三者が係わることにより防止する」とあったのではないか。

院外処方にして多少なりともそれが実現しているのならば、
総薬剤費が上がったことだけを取り上げてあれこれ言うことは無い。
少なくとも、患者の為にはなっているんだからな。

441 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 01:41:30 ID:eoFMeTZ+0
うーん、、眠くない・・。
>>425
スマソ、熱くなってしまった。
>>433
「国民のコンセンサス無し」でも高額医療保障減額は可能でしょうよ。
自費負担を勝手に決められるご時勢では。


442 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:43:06 ID:/6csEZx60
>>435
医師国保は自家診療分が全部持ち出しだって知ってたか?
よほどの重症で入院するか、歯医者にかかる以外は保険が適用されず
全額自己負担になるんだぞ。

443 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:43:15 ID:BTm6b2CH0
>>431
国保で毎月5万近く引き落とされてますがこれで優遇?


444 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:43:54 ID:kbsIqt0g0
>>436

じゃあなんでコソコソやってんだ。

445 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:44:39 ID:D4LL2bKQ0
>>437 どこまで抵抗できるか

<医療報酬>大幅引き下げ検討の政府に対抗姿勢 日医会長

 日本医師会(日医)の代議員会が2日、東京都内で開かれ、植松会長は06年度診療報酬改定について「財務省が考
える『2〜5%引き下げ』では、我々の医療は持たない」と述べ、財政再建の一環として診療報酬引き下げを検討している
政府に対抗する姿勢を示した。プラス改定を求める要望書を政府に提出することも表明した。
(毎日新聞) - 10月2日19時53分

446 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:46:09 ID:0AysAJwN0
80歳以上の末期ガン患者に月3000万以上も
医療費かけてる実態のほうが明らかに問題だろが。
もういい加減にせえよ!

447 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:47:07 ID:+wjF0rHU0
アメリカほどではなくても自由診療で腕のいい医者の報酬が高く
なればいい、と考えていたが、落ちこぼれ必至の勤務医は反対するわけだ、
なるほど。皆保険制度はヤブ医者、裏口入学医者、不貞腐れ医者の温床と
してのウマ味もあったわけだ。

448 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:47:24 ID:4unxFMx+0
>>444
公務員の共済も許せないとか言い出しそうな方

449 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 01:49:15 ID:eoFMeTZ+0
>>438
>>281に関しては既存の医療費無駄遣いを推進している書き込みだから
ついつい怒ってしまった。
>>439
団塊世代が老人になった時が心配ですよ。冷静に考えれば混合診療が良いのかも
しれないけど・・・、医療の質を下げたくは無い。
慈善事業と言われた善意ある基幹病院を潰したくは無い。

無駄な医療費を下げたいですよね。。。

>>440
漏れは院外処方に対しては何とも思っていはいない。患者がそれで損をしてもね。
ただ、院内処方で病院が儲かっていると言う幻想は止めて欲しいね。


450 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:49:40 ID:D4LL2bKQ0
>>443
事業主との折半負担なしで5万じゃ安い。

>>442
では、歯科医師国民健康保険は?
歯科医師だって風邪ひいたりするだろ。



451 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:49:46 ID:kbsIqt0g0
>>448

公務員の共済も問題だろ。
厚生年金と共済年金、どれだけ格差があるか?

452 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:49:49 ID:cLT+1jdY0
>>446
その切り捨てを「国」「国民」「マスコミ」「医者」の誰が言い出すべきなのか?
「医者」が言い出すのをみんな待ってるんよ。んで、またも悪者は「医者」。アホクサ〜。

453 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:50:35 ID:gh0veCFY0
>>>384
  土地代と、医者以外の医療関係者の人件費を考えなさいよ。
  最大の顧客たるジジ、ババも今のところ尽きること無し。


454 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:50:52 ID:RTLOI+az0
>>447
アメリカでは日本に比べ5倍以上も待遇がよく
その上合法的に診療拒否することが可能なのだが
日本もそのようにしてくれることを前提に言ってるわけだな?

455 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:51:04 ID:+wjF0rHU0
>>446 薬屋が儲かればいいのさ。
    患者は薬代のダシだな。

456 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:51:58 ID:hW49QXGz0
高額医療は確かに戻ってくるけどさ。
それでも月6,7万は掛かるし、それにベット代とかもあって相当の自己負担はある。

そもそも本人じゃなくて残されゆく家族の負担。
定年後、これからはこつこつ貯めた貯金と年金暮らしって夫婦がひとり末期癌を宣告された状況を想像してみようよ。
残されゆく妻なり夫は、経済的苦しみを味わうのか、延命治療を中止した後悔に苦しむのか。
その決断をしなければならない。

457 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:53:18 ID:Ae6TGuOU0
団塊の世代がもし新でも高齢者の方が人口に占める割合が高いってのは
現在の人口ピラミッド見れば容易に想像できるわけだが…

出生率を改善するか医療費を抑制するか野どちらかなんだろうけど…
この分だと自己負担上げて患者を病院にかかり辛くして
貧乏人をぬっころして高齢者減らして年金費用抑えて…って路線だな。

でもそうすると日本の経済力とかも間違いなく落ちるし…
どうするんだろうね…

458 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:53:30 ID:+wjF0rHU0
>>454 アメリカほどでなくても、と言ってるのが見えないのかな

459 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:54:52 ID:pABSfoZ70
>>411
その赤字補填が保険料から出てるから足りなくなるわけで。
ペイしなくて補助を貰っておきながら慈善事業とは勘違いも甚だしい。

460 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:55:17 ID:cLT+1jdY0
>>457
国に何の利益もない老人とその大量予備軍(=団塊)を一掃するのがまずは先決と考えてるんよ、国は。

461 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:55:25 ID:kgk6LnYI0
>>421
定期的に人間ドックを受ければある程度は回避できる。
つーか病気になった後よりもなる前に対処した方が
圧倒的に効果あるんだけどな。

なんで病気になる前に予防やらなんやらしないんかね。
ちなみにオレの去年の医療費は人間ドック×2と
海外渡航前&インフルエンザ予防接種のみ。
あとはスポーツジムが毎月7000円といったところか。

健康保健だけで月何万も払ってるが
この金をもっと予防に回した方が節約になると思うんだけどねえ。

462 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:55:32 ID:kbsIqt0g0
断っておくが、俺は日本の今の国民医療費は対GDP費で少ないと思っている。
10%(50兆)位に上げるべきだ。
しかし、医師会や保団連はそれを言わない。
何故だ?

463 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 01:55:32 ID:eoFMeTZ+0
>>447
はいはい。喪前が高所得者ならば喪前の意見も分かるよ。
喪前みたいな高所得者は混合診療で基幹病院(ヤブというよりも専門に特化した病院)
が潰れるのに賛成なんだろうな。
米国のWHOの医療制度の評価は知っていて書いて居るんだろうな?

確かに皆保険制度ではヤブがのうのうとしているのも事実だ。
ヤブ開業医は淘汰されてもぜんぜんかまわない。
しかし自由診療になれば国全体としての医療レベルが下がるのは
予想されるだろうね。


464 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:55:37 ID:RTLOI+az0
>>458
それに近づけるようにするって意味だろう?

465 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:55:56 ID:0AysAJwN0
高齢者の末期ガンは若い人の末期ガンと
違って細胞分裂が活発でない分延命治療
すればかなり長生きしてしまう。
毎年高額治療のトップはこうした高齢者の治療費に
消えている。
こういう部分こそ全額自己負担でいいだろ。

466 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:57:36 ID:pABSfoZ70
>>454
アメリカの医者は一億近く年収があるんですか。
ふーん、そうですかw

467 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:58:44 ID:/6csEZx60
>>457
安心して歳を取れない社会っていうのは確かに荒むだろうね。
老後の医療費を気にして消費も伸びなくなるだろうし、
破産や貧困による犯罪も増えると思う。
個人的には消費税20%くらいの高福祉社会を望みたいが
現状の政策下で少子化が続く限りこの国に明るい未来はないと思われ。

468 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 01:59:03 ID:cLT+1jdY0
>>465
それ発表してよ。
マスコミ・人権派サヨクからの総攻撃で火達磨だぜ♪

469 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:00:34 ID:RTLOI+az0
>>466
待遇=給料ではない

470 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:01:11 ID:kbsIqt0g0
あと明らかに乱診乱療をしている悪徳医師でさえ身内意識でかばう体質。
あるいは、見て見ぬふり。
これでは話にならない。

471 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:01:41 ID:/6csEZx60
>>466
やっぱりあんたにとって待遇とは金だけなんだねw
単位時間当たりの報酬を比べれば5倍じゃきかないよ、マジで。

472 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 02:03:01 ID:eoFMeTZ+0
>>468
漏れは>>465には全面的に賛成だね。
真の医療費削減について厚労省は絶対に気が付いているはずだ。
しかし、弱者切捨てを恐ろしくて言えず、今回のような取れるところから
医療費をせしめた。
本当に厚労省は汚いよ。


473 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:03:49 ID:+wjF0rHU0
>>449 君の言ってることは、高額医療費をなんとか払える者はよいが、
   払えないものに対しては診療拒否と同じことだ。
   だったら自分の責任で判断し、診療拒否すればいい。
   患者に負担させることは、財政的には有意でも解決にはならない。
   すべての高額医療が末期がんだけだとも、思っているのか、ニセ医者君。
   

474 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:04:21 ID:pABSfoZ70
>>469
給料じゃないものを「5倍以上」と定量化できることが俺には不思議だなあ。
一体何がアメリカは5倍なのよ?
具体的に書いてみ。

475 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:05:00 ID:fBFgYqM40
>>449
んなことは言ってない。
何で俺がそんな幻想を持っていると思ったんだ?
もう落ちるし、ここへは来ないので、返答は要らない。

それにしても医療の質を下げたくないと言いながら、患者のコストや
手間増を何とも思わないとは…。

所詮自分のことしか考えていないんだな。よく分かったよ。

476 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:05:50 ID:cLT+1jdY0
>>472
お若いの、多分殆どの国民は賛成なんぢゃよ。
でも言えん。言ったらしばかれるんぢゃ。

仕方がないから医者をイヂメて、医者に言わせようとしてるんぢゃ。
脳死問題の時もそうぢゃった。結局医者が吊るされまくったのぉ。

477 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:06:43 ID:pABSfoZ70
自分の収入最優先の医者が多いのは知っているけどね。


478 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:07:18 ID:FiwPZfpr0
なんじゃそりゃ。

479 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:07:19 ID:+wjF0rHU0
>>465 だからそういう判断は医者でなければできないだろ。
   だから医者が診療しない以外、方法はない。
   金の負担を負わせれば、治療が必要でも金がなくてできない、
   不要でも、金のある奴は治療を受ける、という問題がでるぞ。

480 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:07:56 ID:kbsIqt0g0
>本当に厚労省は汚いよ。

一部は同意。
しかし役所と持ちつ持たれつでやってきた事実はどう釈明する?
政、官、医の癒着の構造をどう説明する?


481 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 02:09:29 ID:eoFMeTZ+0
>>473
すまんね、癌治療に関してはSTAGE IVのLKしか持った事が無いからね。
癌患者以上に高齢者のレスピ管理とか無意味だと思っているよ。
全ての高額医療が末期がんだとは全く思っていない。

診療拒否に関しては診療拒否よりも自己負担の値上げの方が理にかなって
居るだろう?
診療拒否は個人の責任が付きまとう。高額療養控除の廃止はシステムとして
それが運用される。

482 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:09:31 ID:gh0veCFY0
>>473
彼は、君に言わせればニセ医者君か、そんな限定した事は言ってないようだが?


483 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:10:47 ID:cLT+1jdY0
な、>>475みたいにこの国では医療は水や空気のように
当然のごとくあるものなのぢゃ。
みんなそう思うておる。

でもそれが普通ではないのが他所では当たり前なのだが、
サービスが低下するのはみんな嫌なのぢゃな。

ある意味コレは国民の既得権益だったのぢゃ。手放さん罠。
でももうスグ崩壊する。とても楽しみぢゃ。

484 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:10:55 ID:/6csEZx60
>>473
>高額医療費をなんとか払える者はよいが、払えないものに対しては診療拒否と同じことだ。

現行の保険制度だって実はそうなんだよ。
保険適用のない治療や薬が使えるのは高額な医療費を自己負担できる限られた人だけ。

>自分の責任で判断し、診療拒否すればいい。

それが可能なのは自由診療だけ。保険医は保険の枠内でベストの医療を施すことが
義務付けられており、それを怠れば訴訟の対象となる。

485 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:11:37 ID:zlMLxDY40
まあ、憲法25条あたりには違反しないんだろうなあ

486 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:12:01 ID:RTLOI+az0
>>474
給料だけでアメリカは日本の2〜3倍
人口あたりの医師数は日本の数倍(正確な数は忘れた)
これは医師の労働時間に比例してくる
ついでに、日本は気軽に医者に行けるためアメリカに比べ一日あたり8倍の患者の数をみている(友愛病院のサイトによる

487 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:13:06 ID:0AysAJwN0
末期ガンの老人は金のなる木として病院は大歓迎の
現状だからな。
常に治療行為ができるし、高額の抗がん剤だの点滴だの
あまり副作用も気にせずガンガンだせるから
ウハウハなんだとさ。


488 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:13:53 ID:+wjF0rHU0
>>481 だから単に高額医療費負担だけでは、治療が必要なものまで
    含まれることが、まだ理解できないのか。
    治療が無駄であるかどうかは、医者が判断するより他にない。
    責任を持ちたくないような奴が医者などやるな。すぐに辞めろ。

489 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:15:28 ID:jBQY7S15O
>>486
医者の給料アメリカ並みに上げて、患者見る数減らせってこと。
不満ならアメリカ行けばいいじゃん。

490 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:16:02 ID:/6csEZx60
>>481
人工呼吸器や経管栄養は年齢や病名にかかわらず自費にするべきだと思うね。
若い人ならたいていは支払能力があるだろうし、ローンを組ませることも可能。
社会的役割を終えた高齢者や回復の見込みがない重症例の生き死には
家族が判断すればいいと思う。

491 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:16:55 ID:2PYDlrapO
血友病は高額レセの常連w


でもHIVをやらかした役所が血友病患者を
切れる訳がないから出てくる代案の数々www

492 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 02:18:01 ID:eoFMeTZ+0
>>488
喪前が利権にしがみついている屑だって言う事は良く分かった。
漏れは現行の(国民の言うところの)医療費増大を加味して述べたんだがな。
せいぜいオナニー治療でもやっていろ。

治療が全く無駄?そういうケースもあるだろうな。高齢者のレスピ管理とかな。
喪前みたいな利権にしがみついている医者こそすぐに辞めたらどうだ?

保険診療で食いつないでいる藪か?オナニーしているケモ医か?

493 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:19:12 ID:jBQY7S15O
まずは、レセプト開示が一番。自分の受けた治療を自分で確認てきるようにすれは、おのずと自己責任もでてくるよ。
治療内容のチェックもできるし・・。

494 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:19:25 ID:RTLOI+az0
>>492
あんたは患者を殺すからとっとと医者をやめて厚生省に勤めたほうがいいよ

495 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:20:03 ID:kbsIqt0g0
>すまんね、癌治療に関してはSTAGE IVのLKしか持った事が無いからね

医療行為に金がかかるのは当然だが、専門知識で逃げると言うのは
卑怯だ。人格的に劣る。
医療の分野ほど、金を払う患者と商売をする医者と知識が乖離している
分野はない。
今の医療は、公正な商売では無いということ。
監督官庁であるべき役所も、その能力が無い。
そのことを踏まえて言ってくれ。

496 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 02:21:34 ID:eoFMeTZ+0
>>494
現行では無駄な保険診療を拒否できないだろ?
無駄を省いて皆保険持続させたいと考えているのだが?

現行ではどんなに無駄でも家族の希望通りにフルコースしているけど?

497 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:22:29 ID:llIMys5r0
皮膚科とかは、どこまでいけば重症?
顔面神経麻痺とかは、生死に関わらないから軽症?

498 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:23:15 ID:+wjF0rHU0
>>492
>>492 君自身の高額治療無駄説だって、あくまで医師の立場で認識したものだな。

   君は医師が治療の無駄であるか、否か判断すべきものを
   責任を逃れ、制度によって解決?できるわけもない。
   あいにく、俺は医師ではない。

499 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 02:24:01 ID:eoFMeTZ+0
>>495
あなたのスタンスは自由診療賛成という事ですか?

500 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:25:08 ID:aFsw6EC20
よくないねぇ
年5回以上行けば発生するといったみたいなクーポン制度とかにしてよ


501 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:25:19 ID:BPf2Uvzr0
昔、厚生労働省の職員の福利厚生で省の地下に
ある診療所で医療費がタダなのを
聞いたことがあるのだけど
まだその制度あるのかな?

502 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:25:29 ID:ebM2JcaG0
>>426 当直中、結構頻繁にあちこちで呼ばれるから寝ちゃだめ。
>>466 アメリカの医者は2000〜4000万ぐらい。日本では600〜1500万くらい。
 しかし、アメリカでは規定勤務時間で解放される上にプライベートタイムを侵されない。
 日本は主治医システムのせいで月に200〜300時間残業なんてざら。
 でも「当直」の医者以外は時間外手当も貰えない腐った制度なんだよ。
「医師の応召義務」がなければどんなにいいか。

503 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:25:59 ID:+wjF0rHU0
>>496 制度を変えるなり、自由診療を導入するなりすればいいではないか。

504 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:26:02 ID:RTLOI+az0
>>492
どういう行為をしていようとも、まともなはなしをしてる最中に>>294のような発言はするべきではなかった
あれではあなたがまともな医者であるという点に疑問が生じる
ここが2chだからとか言うならそれもしょうがないが
それならいままであなたの意見をまともによんできた漏れがバカだってことだ

505 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:27:13 ID:zlMLxDY40
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない

どうなんだろ
お金ないから打ち切りますって、現実的ではあるが

506 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:28:14 ID:+wjF0rHU0
>>502 あまり医師の収入が少ないと、頭のいい奴が医師にならない、
   馬鹿ばかりになってしまう、誰とはいわんが、
   という問題がある。

507 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:28:16 ID:kbsIqt0g0
>>499
違います。医療サービスには市場原理を持ち込まないで欲しいという事です。
その前提には、監督官庁にしっかりしてもらいたい。
政、官、医業の癒着をなくして欲しい、というスタンスです。

508 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 02:28:32 ID:eoFMeTZ+0
>>503
理想は自由診療をせずに皆保険のままで無駄を省くと言った所でしょうか・・・。
>>504
えーっ・・・>>294は漏れじゃないですよ・・・。IDを見てください。

509 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:28:51 ID:/6csEZx60
>>491
ヒトラーはある意味で正しかったよな。
経済的に疲弊した国家を建て直すには足手まといとなる障害者や病人、
役割を終えた老人、反国家的分子や異民族などを抹殺するのがコスト的に
最も効率の良い方法。その分で浮いた医療費を一般の国民に回せば
誰もが健康で幸福な理想国家のできあがりだ。

健康帝国ナチス
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794212267/


510 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:29:47 ID:RTLOI+az0
レス番間違えた>>492


511 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:30:23 ID:gh0veCFY0
>>496
怒れる勤務医さんへ、国民皆保システムの崩壊への憂慮は分かるのですが
 テーマからは外れそうではあるけど、トリーアージについての御意見と脳死に
 ついての見解をお示し頂ければ幸いです。


512 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:33:15 ID:2QXX52ki0
ウチのガキは喘息餅なんだが、普通のかぜか喘息の初期かが非常に解かりにくい。
医者が診ても「やっぱり喘息ですね、胸の音が気になりますので他医院に紹介状書きますので行ってください」→入院
状態なのにこれからどうしよう・・・。喘息医療補助は自治体が廃止してたしまったし・・・。
夜中の発作は救急車でもたらいまわしで恐かったし・・・、。
国保の保険料として年間所得の1/4近く収めてるんだけどなぁ・・・。それなのに自費?
市役所の保険課に行っても「しかたない」でかえされるし・・・。
この国の医療制度ってなんなんだ?!

513 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 02:35:17 ID:eoFMeTZ+0
>>510
あなたの書き込みには賛成でした。ホスピスの件とかね。
漏れは無駄な延命治療や高額医療を辞めて現行の皆保険制度を維持させた方が
良いと思ってのみ書いたのみですよ。
金のために治療を打ち切るのはしょうがないでしょう。
それをしなければ、基幹病院は潰れ民間保険加入のごく一部の患者のみが
医療の恩恵を受ける。
それを阻止したいと思っていますね。

そのためには全員が延命処置を受ける事は出来ないといった立場から
書いたつもりだったのですが・・・。

514 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:36:22 ID:RK8IS0U40
>>512
痛みに耐えてよく頑張った

515 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:38:41 ID:pABSfoZ70
>>486
おまえはアメリカに行ってくれ。
別に止めないから。

516 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:39:13 ID:kbsIqt0g0
マクロで言うと発症率が高いのは、子供とお年寄り。
その対策を間違えると、日本国がもたない。
子供をつくりづらくなるし、シニア層は消費を控える。
この問題は、もう一部では現実化しているよ。

517 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 02:40:24 ID:eoFMeTZ+0
トリアージね・・・年齢を加味して挿管をするかどうかが大きなポイントになるでしょう。
しない場合であれば、グロブリンは使わないとかね。飽くまでも現行の話しだけどね。

脳死については現時点でその判定は決まっているから、言う事は難しいね。

518 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:40:24 ID:c8X/KDkx0
これむちゃくちゃ賛成

医療の現場に近い人は分かると思うけど、
バカじゃねーの?ってな病状で病院来るやつ多すぎ。

こういう経済的負担はとてもいいと思う。

519 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:41:26 ID:/6csEZx60
>>513
>無駄な延命治療や高額医療を辞めて現行の皆保険制度を維持させた方が良い
>そのためには全員が延命処置を受ける事は出来ない

結局のところ「民間保険加入のごく一部の患者のみ」が延命治療や高額医療を
受けられるような制度を理想とするわけだよね。
それって混合診療の容認とどう違うのかな?

520 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:42:11 ID:qUCSLZlv0
低額医療費免責、キャップ制導入、その上に傷病別の定額医療費制を導入する予定だから、
もう、国民皆健康保険制度は崩壊しているに等しい。

521 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:43:35 ID:ZIoMftHo0
子供の医療費はタダにしなさい
老人からはたっぷり絞りとってもいいけど


522 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:43:59 ID:zlMLxDY40
患者のモラルハザードを防ぐという目的は当然正しいとして、そのために適当な手段なのかというのは考える必要がある

523 :怒れる勤務医:2005/10/03(月) 02:47:45 ID:eoFMeTZ+0
>>519
イタイ所をつかれたよ、汗。
確かに混合診療に近い物になるだろうね。
皆保険内での診療と自費分の診療についてその線引きの
議論が必要になるだろうね。

明日も仕事、ホントに落ちます。
ではでは。

524 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:48:03 ID:kbsIqt0g0
>>522
民主党の案によると、保険者のモラルハザードも指摘している。
しかし、民主党の案はトータルで見ると弱肉強食。
公立病院には赤字の補填は行わないとある。


525 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:49:01 ID:qUCSLZlv0
セカンドオピニオン費用は全額負担が原則ならわかる。

>>522
低額医療費免責より、傷病別定額医療費制を導入するほうが賢明だ。


526 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:49:44 ID:yOghY5m80
>>512
吸入ステロイドを正しく使ってますか?
小児科でなく呼吸器専門医に相談しましたか?
30日に一回の受診で発作無くコントロールできるレベルの医師を探しましょう。


527 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:50:18 ID:5VtzGOYB0
【魚骨粉による、欝火病患者急増?】

汚染されたブラックバスの魚骨粉を,肥料とした白菜で作ったキムチに異変が起きている。
これは、大阪朝●人自治区で発生している”後天性免疫不全欝火病・通称”ファビョン”患者の
急増が厚生省外事部の調査で明らかになった事が発端だ。
この事件は、一昨年のブラックバスの駆逐運動に端を発したバサー排除の一環として行われた
ブラックバスを肥料にする会が主体となって行った事業が原因といわれている。

何らかの原因で汚染されたブラックバスの骨を含む部位を、肥料として使用した結果、
後天性免疫不全欝火病・通称ファビョンが大阪地域で発生したと見られ、厚生省を始めとして
政府関係各省は大阪の朝●人自治区と協力して調査に乗り出した。

問題の魚骨粉は大阪のウトロ地区で製造された可能性があり、人為的なミスが原因と見て
流通ルートの解明に全力を挙げているという。

一方、朝●人でつくる『日本に謝罪と賠償を求める市民団体』は、今回の事件が朝●人を
狙ったテロの可能性があるとして、日本政府と大阪府に対して賠償を求める裁判を起こす
事を強く示唆した。

他方、アメリカの心理学者J・カール博士は”欝火病は今に始まった事ではなく、朝●人の
風土病的なものだ』と述べ、双方に冷静な対応を勧告した。

●は自主規制

あさひちらしどっとこむ大阪支局


528 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:53:34 ID:aGZiXayZO
>>512
年間所得の1/4が国保税だと?
てことは年間所得100万以下か?

子供を産んだのが間違い

529 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:54:52 ID:2PYDlrapO
小児喘息には難儀することあるよ。

成人のコントロールとは違う。

530 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:58:58 ID:gh0veCFY0
>>528
  低脳の荒らしか?年収100万で国保の保険料が25万にも為る分けなかろうが




531 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:00:36 ID:ozEg7aOj0
習志野ならありうるな。日本一高い国保!!

532 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:01:11 ID:iQ3UYjC10
自己負担を増やすことで患者にコスト意識を持ってもらい、
”公的医療保険離れ”がさらに進む防ぐ効果が得られることでしょう。

533 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:06:27 ID:X4lFJUmS0
ちと外れるけど
大学を出て病院の研修員が自分の親より多く給料を貰うのが良く無い。
もっと安く使え。ロクなものにならないぞ。

534 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:07:53 ID:kbsIqt0g0
>>532
患者にコスト意識って言ったって、保険者にレセプトの開示を
求めても病院長の承諾が必要。
病院長が拒否すれば開示されない。
コスト意識さえ持ちようが無い、と言う面もあるのよ。
医療の情報公開はたいへん遅れているよ。

535 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:08:00 ID:yOghY5m80
>>529
成人との相違点は、
・感染の影響が大きい
・自律神経系の影響が大きい
・精神的要因による症状の変化が大きい
・聴診に対して非協力的
・自覚症状の訴えが不正確
・治療の必要性の理解が不十分
・受診時期が親の都合で左右される

これらに十分注意して治療していますか?
難治例の基本病態は成人と同じですよ

536 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:08:06 ID:/6csEZx60
>>523
近い物も何もそれが政府が導入を目指している混合診療そのもの。
国民の医療に対する際限ない要求の拡大に対応しつつ、医療費に対する
国庫金投入を削減するにはそれ以外に方法はない。
議論の余地があるとすれば、皆保険から外れた部分の保険を民間に
丸投げするか、上乗せの任意保険として国民年金基金のような形で
国が運営するかくらいしかないだろう。


537 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:10:53 ID:AsPq3lQ90
儲かることだけやって貯金をいっぱいする。
小泉が変な政策出したら医者廃業。
患者が死のうがどうでもいい。
このくらいの覚悟が必要だよ。医者どもよ、真面目だと損するよ。

538 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:15:19 ID:kbsIqt0g0
>>537
もうやってるよ。年寄りの医者はスイスのプライベートバンク。
若い医者は包茎治療。
前者はマルサ、後者は医師法違反等で、医師不適格者は医療界から
まず退場。

539 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:23:44 ID:iB3JCLq70
医者が金儲けで過剰な治療をやってるのが問題であって
医療費を削りたい厚労省の気持ちもわかる。
年金や医療保険の掛け金はなんとかしてほしいもの
必要な人に適正な治療を受けてもらい、早くよくなってほしい。


540 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:24:20 ID:CCOubwF+0
ID:bJaiXOIp0は大丈夫か?
今からそんなに何にでもむかついてて血管切れるんじゃないの?


541 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:34:56 ID:/6csEZx60
>>539
医者が金儲けのために過剰な治療をやらなくても済むような制度が理想だよね。
そのためには医療単価をもっと上げて、医者が余裕を持って良心的な医療をしても
病院経営が成り立つように制度を変えていかなくてはならないと思う。

542 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:36:56 ID:AsPq3lQ90
医者と言うだけで金の亡者扱いが普通ですよ。
医者なんか早くやめた方が安全ですよ。

543 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:45:03 ID:SowCI3ox0
車の任意保険を見習えば良いだけだと思うが。

保険を使えば使うほど保険料は高くなり

使わなければ安くなっていく。

誰もが納得する、至極公平な保険制度だと思うが。

544 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:50:15 ID:SooTwgmi0
>>543
使わない分を子供に譲渡できるってのは?確か、どこかの国がやっていた。
家族の都合で、枯れ木に水をやるような透析老人の延命にはこの制度が一番よい。

545 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:51:22 ID:pABSfoZ70
>>541
いやはや、都合のいい理由ですなぁ。
読んでて呆れるワ。

546 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:52:52 ID:/6csEZx60
>>543
クルマの保険はクルマを持たない人は払う必要もないし、その恩恵を受けることもない。

しかし医療保険はどうだ?
保険金を一切納めていない無職ホームレスも、日本国籍のない在日外国人も、
罪を犯して収監されている人も、本人自身が医療を望んでいない精神障害者も、
この国に暮らす以上は公平に同じレベルの医療を受ける権利を憲法が保障している。

しかも納める保険料は所得に応じた高度の累進性。

医療保険は一般の保険とは性格が異なる、社会保障的な性格を持つ税金の一種であると認識すべき。

547 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:57:16 ID:SowCI3ox0
>>546
何を言いたいのか意味不明。

現状の健康保険制度は事実上破綻しているから

こうしたら、ああしたらどうか?

という話をしているのに、現行の制度を今更説明されても???

548 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 03:58:41 ID:/6csEZx60
>>545
制度に従って務めて良心的な医療を行っている国公立の病院が例外なく税金の補填を受け
民営化されると同時に次々と赤字の診療科が閉鎖されている現状をどう思う?
国は「まともにやれば経営できない価格」で医療を行うことを医療機関に強いているんだよ。

549 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:10:45 ID:/6csEZx60
>>547
現行の皆保険制度の維持は無理という意見のようだけど、だとしたらアメリカのように
任意加入の民間保険が主流で貧困者のみが税金による医療を受けられるシステムと、
皆保険制度は維持しつつそのレベルを落として、プラスアルファの部分を自己負担や
民間保険に委ねるいわゆる混合診療制度とどちらがいいと思う?
いずれにせよ医療費を自己負担できない貧困者や生活保護者の医療費は、彼ら以外の
国民が負担しなければならないことになるわけだが。

550 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:15:50 ID:kbsIqt0g0
ロ ー ン 名 融資金利 融資限度額 融資期間 保証料率
住宅ローン 1.675% 1億5,000万円 35年以内 不 要
診療所ステップアップローン 1.675% 2億円 35年以内 不 要
診療所継承ローン 1.675% 2億円 35年以内 不 要
新規開業ローン 2.375% 1億円 35年以内 不 要


551 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:18:40 ID:kbsIqt0g0
横浜銀行

住宅ローン
<有担保ローン> はまぎん家づくりローン 変動金利型 2.375
固定金利指定型3年 2.250
固定金利指定型5年 2.800
固定金利指定型10年 3.500
はまぎん家づくりローン(住公証券化口)
住宅金融公庫名称:フラット35 固定金利型 2.670
はまぎんスーパー住み替えローン 変動金利型 2.375
固定金利指定型3年 2.250
固定金利指定型5年 2.800
固定金利指定型10年 3.500
はまぎんスーパー借り換えローン 変動金利型 2.375
固定金利指定型3年 2.250
固定金利指定型5年 2.800
固定金利指定型10年 3.500
固定金利型15年 2.450
固定金利型20年 2.600
住宅ローン
<無担保ローン> 住宅資金借り換えローン 1年以上3年以内 2.800
3年超5年以内 3.050
5年超10年以内 3.600
10年超15年以内 4.000


552 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:22:06 ID:qUCSLZlv0
>>548
国公立が良心的?では、ベルトコンベア式傷害事件について言訳できるならしてもらおうか

“乳ガンの名医”として有名な静岡県の公立病院元副院長が、患者から医療過誤と傷害で訴えられている。

553 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:23:39 ID:SowCI3ox0
>>549
君はまず人の話を聞くということを覚えようよ。

それから議論では「自分の意見」を述べること。

君がやっていることは「説明」と「選択肢の提示」のみで

何の実りもない。

他人の意見をシニカルに否定して悦に入るのは厨房。

まず自分の考えを述べたまえ。

話はそれからだ。

554 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:24:38 ID:qUCSLZlv0
>>549
俺の提唱する傷病別の定額医療制度なら可能だ。


555 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:25:24 ID:kbsIqt0g0
>>552
あくまでも平均的な意味。
枚方市民病院も累積債務返済のために、良性の乳腺腫瘍を悪性として
処置した例も。

556 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:26:59 ID:/6csEZx60
>>553
素人と「議論」するつもりはないからw
説明と選択枝の提示は医療職としての義務感でやっているだけ。
N速+に書き込む医師の大半はそう考えているはずだよ。

557 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:27:55 ID:+wjF0rHU0
健康保険に任意保険の二階建てにした場合、
線引きは医療のコストになるだろうね。
健康保険は若い、安い医者とか、自由診療で患者のこない落ちこぼれとか。
貧乏人がひとつの治療でここまでは健康保険、このさきは任意保険に入って
いないから、やめる、というわけにもいかないだろう。


558 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:30:46 ID:U4s5NceG0
とりあえず重病の早期発見にはマイナスになるな

559 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:33:23 ID:kbsIqt0g0
>医療保険は一般の保険とは性格が異なる、社会保障的な性格を持つ税金の
>一種であると認識すべき。

その通り。医療保険は社会保障の基本中の基本。




560 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:34:11 ID:/6csEZx60
>>557
そのためにはアクセスの制限と応召義務の撤廃が不可欠だよねえ。
経済的負担能力がない公費負担患者は公立病院にしか罹れないとか、
安い保険の加入者はランクの落ちる病院に回されるとか。
アクセスフリーの買い手市場が当然と思っている国民に、そういう事態を
受け入れる覚悟があるかどうか疑問だな。

561 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:36:13 ID:+wjF0rHU0
社会保障とは金持ちが貧乏人の分を負担するということだ。
掛け金に応じた給付ということなら民間の保険となんら、変わりはない。

562 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:37:14 ID:kbsIqt0g0
>>560

すでにあるじゃん。
560は聖路加に入院出来ると思ってる?

563 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:39:04 ID:+wjF0rHU0
>>560  しかしそうするしかないだろう。
   あと、安い健康保険の病院の損害賠償免除とかね。

564 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:40:08 ID:/6csEZx60
>>561
現状の問題点は、掛け金を支払う層が必ずしも金持ちではなく
サービスを受ける層が必ずしも貧しくはないというところなんだよね。
所得金額ではなく資産や消費に応じた保険料負担を検討しないことには
これから先も不公平感は強まるばかりだと思う。

565 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:43:51 ID:jujaYJjZ0
尊厳死と安楽死を認めてくれ、医療費下げられるぞ。

以上メンヘル板より。

566 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:46:48 ID:+wjF0rHU0
日本の金持ちも、大企業もケチだからな。
ただし金持ちに親切を強要できるものでもないだろう。
するならば、貧乏人は金持ちに感謝の念をもつべきなんだがね。

567 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:48:44 ID:qUCSLZlv0
>>559
はっきり税金だと言ってくれれば、租税法違反で楽勝なんだけどな。
司法、行政上は、あくまで保険料と言うことになっている。
そうじゃないと租税法違反で厚生労働省や社会保険庁の職員が検挙されるからね(w

568 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:52:49 ID:/6csEZx60
>>566
金持ちや大企業に経済的メリットやリスペクトを与えるという文化が
戦後のこの国からはなくなってしまったからね。
ノブリス・オブリージを期待できるほど彼らは優遇されてはいないわけだし。

569 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 04:57:11 ID:+wjF0rHU0
金持ちは高負担、高福祉
貧乏人は低負担、低福祉、という二極化では強い国にはなれないだろう。
互いに軽蔑し、いがみあう。
金持ち、大企業はもう少々、貧乏人のために金を使い、貧乏人はそれを
感謝する、という一体感のある社会のほうが、強い国家になる。
二極化政策などは売国政府が他国の利益のために弱い国を作っているだけだ。

570 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 05:00:59 ID:/6csEZx60
>>569
そういう国はたいてい外に敵を作ることによって一体感を演出する。
アメリカ然り、中国然り、朝鮮然りといったところですな。

571 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 05:04:21 ID:+wjF0rHU0
二極化で弱体化のいい例がアメリカだ。常に中国の顔色を伺い、
北朝鮮にまで原子炉を貢ぐような弱体振り。
中国や北のような、強制的な一体化がいいとは思わないが、
それでも二極化国家よりは強い、という証明だ。

572 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 08:16:33 ID:H7iaDFnu0
だからといって、無視してると、イギリスみたく、治療に多額の金が掛かる病気になったら全額自腹になりかねんぞ?
イギリスは限られた医療資源は多数の人を救うために使うべき、と考えてる国だし。

573 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 08:19:51 ID:VKbdpqTs0
公務員は共済から支払った医療費が返ってくるから懐は痛まない。
そんなふうだから出来る提言だよな。

574 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 08:27:03 ID:VNXW3GSP0
何故、みんな今さら制度を維持した前提で話をしてるの?

様々な背景因子を読み取れば、7〜8年後には医療は完全崩壊してるでしょうが。
健康保険の診療報酬引き下げや、免責金額導入・負担割合の上昇などは
その因子の極一部に過ぎないよ。

私と同意見の医療関係者も多いと思うが、とりあえず目先の話、って感じなのか?
このスレは

575 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 08:35:01 ID:EDcSyI7VO
公務員は医療費負担ゼロだからな

576 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 08:42:14 ID:aGZiXayZO
>>530
じゃあ、年間所得がいくらになるのか言ってもらおうか


577 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 08:54:22 ID:6r5fkiQc0
>>575みたいなでたらめを書く人って、自民党の工作員なのかねえ?

578 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 08:56:50 ID:uzivZEcP0
>>574
>様々な背景因子を読み取れば、7〜8年後には医療は完全崩壊してるでしょうが。
詳しく具体的に尚且つこのスレ見てる人間に素人含めてわかりやすく

579 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 08:57:23 ID:ucVW0CcW0
>>1
かぜだと思って病院にいかずに重症化→脂肪

580 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 09:00:22 ID:H7iaDFnu0
>578
私も素人のようなものだが…
第一の団塊世代が一気に退職して保険の収入が減る。
でも高齢者が増えるから医療費が増える。

だから保険が保たない、ってことじゃないかな?

もっと詳しく知ってる人いたら解説キボン

581 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 09:25:29 ID:JZbKaMet0
>530 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 02:58:58 ID:gh0veCFY0
>>528
>  低脳の荒らしか?年収100万で国保の保険料が25万にも為る分けなかろうが

北海道函館市の場合(平成10年)
(1)所得割:10.03%(所得100万の場合、100,300円)
(2)均等割:27,560円(4人家族の場合、110,240円)
(3)平等割:32,460円 (世帯ごとに一律)

(1)+(2)+(3)=243,000円

582 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 09:28:29 ID:JZbKaMet0
>>576
とりあず、『正直者が馬鹿を見る国民健康保険』(宝島新書)を嫁。

583 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 09:34:05 ID:aGZiXayZO
>>582
>>530

>>581

584 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 09:37:19 ID:4EIMH5gL0
おばば、おじじが井戸端会議のために
病院を寄り合い所にしてるからな
当然だよ

ったくボケやろうだから財政がてめーらのせいで最悪になってるのを
わかってない

585 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 09:45:29 ID:aGZiXayZO
>>581
引用データが古すぎ


586 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 09:49:02 ID:aEyP+aea0
>>581
函館市では平成10年には所得割に基礎控除はなかったの?

あと所得100万だったら均等割額、平等割額は減額対象じゃないの?

587 :512:2005/10/03(月) 10:03:04 ID:2QXX52ki0
>>530
100万円ではないんですが、試算いたしますと

大阪府守口市の場合(平成16年度)
(1)所得割: (所得-33万)x12.4%(所得100万の場合、83,080円)
(2)均等割: 53,520円(4人家族の場合、214,080円)

(1)+(2)=297,160円

588 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:08:53 ID:pABSfoZ70
>>548
民間には良心的な医療機関が一つもないような書き方ですな。w

国立の医療機関は無駄が多いのよ。
公務員根性丸出しじゃ利益は出ない。


589 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:09:41 ID:ebM2JcaG0
疾患、手技別の診療報酬見直しもすべきだ。
現状だと移植等高度な医療はやればやるほど赤字。
あと、忙しくない医者ほど金を稼げるというシステムを変えるべき。
今は全くと言っていいほど努力が報われていない。

下の部分を昨日病院長に直訴したら、以下のような返事が。
「医療はサービスなんだから、金を目的にやってるんじゃない。
 きついのが嫌なら外科をやめて楽なところに行けばいいじゃない。」
もう40になるのに、今更専門変えられるか!
症例積んで勉強して、専門医になれるのはいつになることやら。
医者になるまでに時間がかかるから潰しが効かないのも問題だ。

590 :あほ@外国人参政権反対:2005/10/03(月) 10:14:15 ID:x75WIOQi0
>>584
スレの最初でとっくに論破された話を持ち出す君は馬鹿ですか。

591 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:14:24 ID:FC9UrpKD0
>>589
カネカネカネカネ。
金の亡者かお前は。

592 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:17:20 ID:1mg8Drt+0
てか小さな政府ってのはこういうことだよ
小泉信者は何も知らないほうが幸せなのかもね

593 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:18:31 ID:cQqEiYO20
「貧乏人は医者に行くな」 と言うことです

594 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:18:40 ID:aEyP+aea0
>>587
持ち家じゃないなら所得割の安い自治体に引っ越したほうがいいよ。
田舎の方だと所得割抑えて、資産割高めとかあるし。

595 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:21:32 ID:3B7oHYKV0
まず公務員の身分保障を廃止しろ。
話はそれからだ。

596 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:24:03 ID:QqFyhWBW0
>589
あの〜、先生は40才前後でまだ専門医をおもちでないのですか。
それなら、院長の外科をやめろといわれる提言を受けたほうが、、、orz

597 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:24:57 ID:ebM2JcaG0
>>591
子供に顔をみせることもできないぐらい病院に拘束されてるんだから、それ相応の報酬は欲しい。
ちなみに俺の給料、時給に直すと千円切るぞ。
大学卒業後、外科に入局してまず大学院4年間無給労働。
それから2年間留学して症例数を重ね、帰ってきて専門医になってもこれだ。
労働に見合った報酬を要求して何が悪い?
報酬は何も金である必要はないが、金が一番現実的。
家に帰る時間をくれたらもっといいが、労働力が不足してしまうんだよ。
病院にいてふとできる5〜10分の空いた時間に家には帰れんし。

598 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:28:50 ID:kbsIqt0g0
>>597
まず2chやめれ

599 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:34:18 ID:oi/4NhjL0
>>597
月曜日の午前中なのににちゃんしてるじゃん・・・。

暇なんでしょ?


600 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:35:19 ID:KHoHpDnJ0
>>577
事実、共済から還付されるでしょ。
退職したら退職者共済から還付されるじゃん。

601 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:38:36 ID:IfqvMAim0
>597
医者は退院する患者から高額のチップが出るでしょう (治療が上手ければw)

602 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:43:44 ID:JZbKaMet0
>>587
大阪の守口市すげーな。
それだと、東京都(23区、都下)の保険料の5倍だな。

それはそうと、安い国保料を求めて、住民票を移したやしはいますか?

603 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:45:25 ID:FC9UrpKD0
>>597
病院に拘束されてる時間で2ちゃんかよw

604 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:47:22 ID:aGZiXayZO
国保の危機は2009年からだよ
団塊の世代が2007年に退職し、政府官掌を2年間任意継続
子の扶養に入れず一気に国保に雪崩れ込む4年後
そして、
老人1人あたりの医療費>国保料の上限額
だから7年後以降がやばい

605 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 10:53:49 ID:oi/4NhjL0
月曜日の午前中ににちゃんできる現役外科医は実在しません。
>>597は浪人生かニート。

606 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:02:06 ID:eTuwOsWI0
>>605
そんな外科医だから収入も少ないんだろ。w
俺が知ってる病院じゃヒマな外科医は沢山いるぞ。


607 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:07:40 ID:HjwDAX010
いいことだ。
病院にたむろする、たいした病気でもないじいさんばあさんが
医療費を膨れあがらせてるんだから、そっから金を取ればいい。

608 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:25:18 ID:I9rGo0PO0
勘弁して・・・w
医療報酬高いままでいいから
まじで早死にするよ俺

609 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:28:27 ID:akY/bmOD0
生活保護の医療費は全額取るべきでしょ。

610 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:31:30 ID:akY/bmOD0
生活保護は仕事がなくてブラブラしてるのなら、病院の掃除とか草取りとか電話バンとか荷物運びとか資格の要らない業務をボランチアでやらせるべきだな。
医者や看護婦の手伝いも生保にやらせたらどう?

611 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:40:39 ID:xxgfEfOo0
そもそも、誰が「軽い病気」と判断するのですか・・・患者の自己判断?

ただの風邪のつもりで行ったら、急性○○症だったとかいうのは、よくあること。

612 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:41:31 ID:FurofhiB0
健康保険は過去に払ってきた人にも還元するべきだからね
今払ってる人のことばかり考えても仕方ないよ

そんなことより医療費が高いんだよ
何で高いかって言うと何もしないでぼけ〜としてる医者が多いから
医者と製薬会社と釣るんで薬の値段が下がらないから
使いもしない高価な医療機器を無駄に買うから

613 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:49:23 ID:akY/bmOD0
ばかみたいやな、あんたの意見
医療費は出来高が基本なので
ぼけーっとしてたら一円にもならんでしょ。
機械も使わないなら病院の丸損でしょ。
薬代は医師とは無関係でしょ。
しろうとにも程がある。だからアホ馬鹿間抜けは困る。
生保と国会議員の医療費は全額自己負担。これで大幅改善。

614 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:51:38 ID:HenJ6qHo0
医者とつるんで税金を食いつぶしていた厚労省
いよいよやばくなってきたから
医者に罪をおしつけ、金は国民におしつけてトンズラするきかよ

615 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:56:57 ID:OAgsWNiPO
厚生省がつるんでたのは製薬・医療機器メーカー

大多数の医者は労基法違反下で働かされている被害者

616 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:57:09 ID:8h+dm6XM0
薬局で売ってる売薬が高いんだよ。
大概の軽い病気は鎮痛剤で抑えて寝てれば治るのに、
タイレノール1シートでいくらすると思ってるんだ?
これだったら、病院行ったほうがコストパフォーマンス高い。
せめて風邪薬は完治する5日〜7日分を1000円以下で売ってみろってんだ。

617 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 11:58:13 ID:DeRdSwrP0
介護保険のディケアー、ディサービス、元気なくせにヘルパー
も免責が必要だ。
年金、医療、介護3つセットで制度設計しなおさねば
国が破綻するか、老人の大量野たれ死にが起こる。まちがいない?

618 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 12:03:09 ID:QEpfsl7Yo
増税&社会福祉切り捨てか。国連とかODAでばら蒔いている金をはあるのに舐めてるのか!選挙に行かなかった奴と自民党に投票した奴を対象にしる。

619 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 12:05:43 ID:4HCsOHTQ0
>>617
>介護保険のディケアー、ディサービス、元気なくせにヘルパー

被介護者がいる家族にとっては、体は元気だけど、
頭が病気の状態が一番精神的に辛いということをご存じでしょうか?
寝込んでくれた方が、精神的には楽なんですけどね。身体的には辛くなりますが。
ですから、身体が元気だから介護保険無用という、一括りにはして欲しくないと思います。

620 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 12:06:53 ID:1e5Ccpsx0
医療回数券にしたらどうだろ?
死ぬまでに30回保険が使えて使用限度は無制限、
そしてその権利も売買できる様にする。

621 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 12:07:50 ID:U5J9afRT0
どうせ医療は形だけ、本当に絞るとるのはサラリーマンから

622 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 12:16:03 ID:jBQY7S15O
医療関係の人は給料いくら位もらってるの?

623 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 12:19:43 ID:5z/X2GpF0
おうおう。今でも3割も自己負担金を払ってるのに。
「免責」って名目で、さらに自己負担が増えるのかい。
大変だな。

これも、みんなが自民党を勝利に導いた結果だよっ!


624 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 12:27:36 ID:d76b4WF70
>保険は生死にかかわるような重い病気の時にこそ必要

健康保険を使えるのは、一生に一回、死ぬ時だけか。
生命保険だけ入っといたらええか。

625 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 13:52:56 ID:oVJd1cXE0
>>587
まだ資産割がないだけマシだね
国民健康保険は急速に破綻してきてるよ。不払い、未納が年金よりひろがってるからね。

一端、未納すると、まるで「なにわ金融道」さながらの世界になるw
世帯を一緒にしていない、田舎の両親の電話番号をワザワザしらべて
未納を知らせたりする役所もある。

サラリーマンが加入する健保は保険料が笑える程、安い。


626 :子供・孫の生き血を啜る妖怪は誰?:2005/10/03(月) 13:56:36 ID:Ex6KZMR40
>>623
昔の自民の厚生族議員・今の社民・共産党
医療費の個人負担は安く押さえ、財源は子供と孫

今の自民党
少子高齢化のおり、医療費負担増は当然。

まあ、小梨や独身は、子供がいないから医療費個人負担増額は反対だろうな。
構造改革反対、痛み反対、自分達さえよければ後はどうでもいい。

627 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 13:57:13 ID:oVJd1cXE0
>>597
>俺の給料、時給に直すと千円切るぞ。
サービス残業を自慢するなよw
勤務医なら、ちゃんと残業代請求しな!


628 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 13:59:59 ID:dnEySpPa0
じじばばを来なくさせると

1.開業医院の収入が減る
2.生活のために非常勤で勤務
3.人手が足りない夜間救急に補填される
4.各医師の医療の質が維持されるようになる

となればいいんだがなかなかどうして。

629 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:00:28 ID:SS1vpdAlO
社会保険いらね みんな自己負担でいこう。 医者の給料を安く

630 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:01:34 ID:oVJd1cXE0
>>626
>構造改革反対、痛み反対、自分達さえよければ後はどうでもいい。
子沢山の>>626は、子供の医療費無料化に大賛成です。


誰も彼も、テメェの都合ばかり・・・。

631 :子供・孫の生き血を啜る妖怪は誰?:2005/10/03(月) 14:07:47 ID:Ex6KZMR40
>>630
恣意的な、都合の良い解釈は辞めなさい。
俺は子供の医療費の一部負担にも賛成します。

そういえば内閣府の調査で環境税の導入に対しても、反対が若干上回ったな。
子供がいなきゃどーでもいいもんな環境なんて。

子供・孫の生き血を啜る、社民・共産・自民の旧厚生族議員を批判したのだが。

632 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:14:58 ID:oVJd1cXE0
>>628
いやぁ、地域医療と言う馬鹿げた方針をやめて、病院の数を減らすんだよ。
そしたら病院の数に比して医者の数が増えるから、ローテーションも楽になる。

とにかくアメリカの3倍といわれるベット数を減らしていけば、
一人当りの医師の労働力も削減される。

633 :子供・孫の生き血を啜る妖怪は誰?:2005/10/03(月) 14:19:35 ID:Ex6KZMR40
豪の出生率、上昇に転じる?=出産奨励策が奏功
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051003-00000007-jij-int
シドニー3日時事】オーストラリアで1人の女性が生涯に生む子供の平均数(合計特殊出生率)が上昇に転じた可能性が出ている。
同国の出生率は、2001年には1.73まで落ちていたが、昨年は1.77と7年ぶりの高水準となる見通し。
現在、ほとんどの先進国で出生率は低下傾向にあるため、回復が確認されれば注目を集めそうだ。

どんな税制・社会保障費のあり方が有効なのか、総合的に判断しないといけない。
すくなくとも、自分達のケツは自分達で拭き、借金を次の代にまわす政策はダメだ。

自分達さえよければ良いという政策はダメだ。
子供・孫の生き血を啜るような政策はダメだ。


634 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:21:20 ID:oVJd1cXE0
>>631
それはそれは志の高いことでw
ついでに、児童手当廃止や出産一時金、育児休暇制度の廃止にも賛成してもらいたいものだ。
たったこれだけで、年間数兆円から十数兆円削減できるんでねw

635 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:24:38 ID:thTT3PTY0
小泉政権には尊厳死を認める法律改正も期待します。
植物状態になった人への延命治療はムダだし、本人も苦痛だと思う。



636 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:25:40 ID:mZ4oKjbi0

これも自民党に入れた奴の成果。



よかったな。

637 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:29:05 ID:dlljBXVJ0
昔、厚生労働省の職員の福利厚生で省の地下に
ある診療所で医療費がタダなのを
聞いたことがあるのだけど
まだその制度あるのかな?




638 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:29:16 ID:oVJd1cXE0
>>633
日本とは根本的に事情が違うからねぇ
オーストラリアのように若い移民を多数、受け入れるようにすれば、
ま、合計特殊出生率もあがるわなw

639 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:29:50 ID:H7iaDFnu0
>634
教育・福祉・人件費はてっとり早く削減できる箇所だしな。
必要のない人間には削減されたところで影響がないし。
福祉サービスを廃止して全額自己負担、公共施設のバリアフリー化を止めれば公共事業費が多少は浮くだろうな。
どうせなら義務教育も廃止したらどうだ?
教育が必要な人間とそうでない人間がいるだろうし。

640 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:33:05 ID:thTT3PTY0
>>634
賛成。
育児一時金や育児手当を引き上げるという話があるけれど
低所得のDQN達がぼこぼこ子供を産んでDQNが増えるだけだから辞めてほしい。

641 :597:2005/10/03(月) 14:37:55 ID:ebM2JcaG0
>>598,599ときどき暇ができたときに2ちゃん見るぐらいいいじゃないか。
手術前とか術後麻酔が覚めるまでとか暇なんだよ。
>>627
一定時間以上の残業代は労基署に怒られるから請求するなと圧力かけられてる。
サービス残業は全員やってることだしこれがないと仕事が成り立たないということで、
文句を言っても上の反感買うだけで取り合ってもらえないんだよ。
奉仕の精神に乏しいやつは医者になんかなるな、とね。
外科医の仕事自体は充実感があってすばらしいが、うちの医局が糞だった。
よく調べずに出身大学の医局に入局したのが人生の失敗だと思う。
>>632
人的資源の集中はいいことだと思う。
患者側の負担は大きくなるかもしれないが、医療費抑制には効果があるはず。

642 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:43:22 ID:oVJd1cXE0
>>639
心配することはない。所謂、義務的経費の削減は小泉改革の名のモトで大胆に削減してるから。
無論、これからも削減していくことが決まっている。

>義務教育も廃止したらどうだ?
これも検討課題なんだよね。飛び級を大胆に認めるかわりに、
中学までを義務教育と定義しないで、現状の中学レベルの教養レベルを義務的教育とみなす。
ただ単に学校に通っていれば卒業できるのではなく、
ある一定のレベルに達していなければ卒業できないようにする。
これによって10歳で大学を卒業する香具師がいる一方、20歳になっても義務的教育を卒業できない
香具師も出る。

643 :子供・孫の生き血を啜る妖怪は誰?:2005/10/03(月) 14:47:43 ID:Ex6KZMR40
ID:oVJd1cXE0

馬鹿のくせに生意気に俺様にレスするな。


644 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:48:22 ID:FTHGSO8C0
なるべく無駄な検査などせずに良心的にやってるところが値上げになって
無駄な検査やってぼったくってるとこが何の影響も受けないって
おかしいでしょ このシステム

645 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:49:55 ID:4unxFMx+0
もともと違反車両じゃん
取り締まるなら全部取り締まれよ
特例で見逃すならちゃんと見逃せよ
中途半端なんだよ

646 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:51:36 ID:4HCsOHTQ0
>>644
ただの風邪に無駄な検査をする医療機関続出の悪寒w

647 :子供・孫の生き血を啜る妖怪は誰?:2005/10/03(月) 14:56:02 ID:Ex6KZMR40
民主も「現実的に」政権を取ろうとするなら、もはや医療改革(医療費個人負担増)に反対はしないだろう。

もちろん、構造改革ありきの痛みだが。
その痛みにすら反対するのは、社民・共産等、今の痛みを嫌い借金を子供孫の代につけようとする奴らだけだろう。

648 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 14:58:54 ID:oVJd1cXE0
>>641
ちょっち、俺も聞きかじりで悪いんだが、労基所は匿名でも受け付けるんだとか。
ただ、ちっとも動こうとしないらしいがね(ここらへんはネットで調べてみると吉かもよ)



649 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:01:20 ID:oVJd1cXE0
>>647
馬鹿のくせに生意気に俺様にレスするな。

650 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:02:55 ID:/1jeQ8+10
>>674
とっくに痛みだらけだ。
1割負担→2割負担→3割負担

651 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:03:23 ID:oVJd1cXE0
>>647
取り合えず、オマエは出産一時金や児童手当を全額、返納してからモノを言え!



652 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:04:28 ID:H7iaDFnu0
>642
ただ、それをやると教養レベルが上がるから、どうしても底辺の職業に就く人が減っちゃう気がするんだが。
オリックスの会長発言のようにそういう人材は他国から輸入する、という考えならともかくとして。

>641
お前さんは大学病院勤務のドクターと見た。
大学病院だと麻酔導入までに掛かる時間と麻酔から覚醒させるのに掛かる時間が長すぎだからなぁ…
患者がオペ室入ってから手術開始まで一時間とかありえない…

>644
某K病院のことかぁ!

>646
ある程度の範囲内で、実際、今でもそうじゃない?
「とりあえずCT撮っておきましょうか」 これを言わない勤務医っていなくない?(特に相手がうるさそうなおbsんだと…)

>648
大学病院でも監査が入るようになったからなぁ…

とりあえず>647 >649 不毛だからヤメレ。

653 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:13:34 ID:oVJd1cXE0
>>652
ああ、俺、風邪で外来したら問診前に「先生が検査結果を見たいと言ってるから、
検査を先に受けてくれ」って言われて、胸部レントゲンと血液検査をさせられたよw
当時、素直でいいヤツだった俺は、医者を100%信頼してたんで検査しちゃったよw
今、考えるとバカだったよな。

>不毛だからヤメレ。
不毛なのはわかってるんだがね。ただ、コイツは自分は利益を上げて、
他人には、バカみたいな正論を吐いて損をしろというからムカツくんだ。

654 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:14:26 ID:J8WkZ3bT0
要は、ジジババ遊びに来んなよと。

655 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:25:22 ID:Pwb1fLV4O
前職場にいた離婚ボッシーのアフォ女がさも勝ち誇った様に
「私は母子家庭だから医療費タダ☆薬も貰いほ〜だい」
なんてほざいてたな。
離婚母子家庭の奴も来るな!


656 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:26:39 ID:5z/X2GpF0

ついでにやった検査でガンが見つかる事が、
どれほど命拾いになるか・・・

症状出た時は手遅れなんだよ。知ってる?

657 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:32:16 ID:oVJd1cXE0
>>656
何のために健康診断を定期的にやってるんだ?
少なくとも年に1回はやってるし、年齢があがれば、別な検査も受けているんだ。
その上、風邪をひく度に胸部レントゲンや血液検査をやらなきゃならんのかね?

つーか、これって過剰診療というのが普通だろ

658 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:32:36 ID:H7iaDFnu0
>653
一次医療機関(開業医レベル)なら、話聞いて血圧計って聴診して薬出して終わりだけどね。
(開業医でもレントゲンやCTあるとこ増えてるけど…)
大多数の人が罹る病気に対応できればそれでいいから。

二次医療機関(市民病院)は、見逃したらいけない病気が隠れてると困るから
レントゲンと血算(血液検査)、取るのはしょうがないんじゃないかな?
開業医なら「治りませんね」→「詳しく検査しましょうか」→「実は癌だった」 とかの流れもokだけど
市民病院でそれをやるわけにはいけないだろうし。

>656
症状でないから、時たますごい人いるね。
えらく股間もっこりで、お腹でてるな→実はセミノーマ(精巣のガン)(←ズボンからはみ出てた))
その口からはみ出てるのは何?→舌ガン
妊婦さんかな?お腹大きいね→子宮体ガン

659 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:35:22 ID:a0TU0+zT0
自動車損保と同じように等級性を導入するというのに賛成だな.
中学卒業(義務教育終了)時に開始.1年間一度も健保を利用しなければ1等級ずつあがる.
等級によって年間の保険料が決定.
もちろん保険自体も民営化.とにかく,馬鹿役人連中には大事な仕事をさせちゃいかんよ.
インセンティヴがあれば皆健康に気を使うようになる.
喫煙率も間違いなく減るだろうね.

660 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:40:25 ID:FurofhiB0
>>613
足りない分はすべてまるっと国からの補助金でまかなわれてます
つまり国民から集めた税金ね

今の医療は税金でくだらない役にも立たない医師を増やし使いもしない機材を買って
更に患者から高い医療費をむさぼってるってことね

661 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:44:33 ID:oVJd1cXE0
>>658
ということは、定期的な健康診断、人間ドックは無駄だから、やる必要はないってことでいいのかな?
ま、問診後に検査しましょう!ってのなら、まだわかるけど、問診前だからね。
ほとんど風邪で外来すると、デフォルトでみんなやらされるんじゃ過剰診療と言われるのは
仕方がないだろう。

>えらく股間もっこりで、お腹でてるな→実はセミノーマ(精巣のガン)(←ズボンからはみ出てた))
>その口からはみ出てるのは何?→舌ガン
>妊婦さんかな?お腹大きいね→子宮体ガン

いやあ、全部、症状出てますよw

662 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 15:53:31 ID:oVJd1cXE0
昔、医者をやってる友達に聞いたことがある。
なんでもかんでも検査する医者、すぐに抗生物質にたよろうとする医者は不勉強で、
あまりいい医者じゃないから、そういう医者にあたったら病院かえたほうがいいよってね。


663 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 16:07:10 ID:H7iaDFnu0
>>661
コスト対効果の問題かな。
検診という形で一斉にやれば結構ローコスト
(胃ガンを例に考えれば、初期段階で発見→内視鏡で終わり 末期→抗ガン剤+etc)
それに初期に発見できれば医療費も安く済む。寿命も延長する。(で総合的な医療費がのびるかも、というのは放置で)
まぁ、検診は二次予防の考え方だから。
ちなみに、割に合わない検診は廃止されてるよ。

あと、人間ドックって自費だから保険はとりあえず関係ない、と。(このスレ保険の自己負担のスレだし)
健康に対して意識を持つ、という点で効果はあると思うけど…色々問題点を抱えてるのは事実。
だいたい、道行くサラリーマン捕まえて肝機能調べたら脂肪肝じゃない人は少ないと思う…
まぁ、コスト対効果で見ると、どうなのか、と。
でも、これ廃止したら病院の経営がやばくなると思う

>症状でてますよ
それで来た、と。

>>662
>すぐに抗生剤
それはその通りだと思うけど…そんな医者まだいるのかな?国民レベルの常識になってない?
>なんでもかんでも検査する
病院の方針ってこともある。
三次クラスの病院だと検査しない方が許されないと思う…(本来、勝負するのは1/10万人とかそれより低い確率の世界だから…)

664 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 16:27:03 ID:b9fRS6vm0
皆が払った保険料や年金がどの程度、払い戻しに使われているかが問題
集金費用や役人の給与、天下りのための施設作りやマッサージ機器購入費
ゴルフの練習道具など・・・・・
払い戻し率ってイクラ?

665 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 16:34:25 ID:5z/X2GpF0
>>657
職場の健診程度の内容で、すべての疾患が
発見できると思ってるバカ発見!

風邪と思ってたら結核だったりして、
周りに迷惑かけんなよ!!


666 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 16:55:20 ID:GR5XLixM0
>>657
定期健康診断なんてほとんと意味がないよ。
身長と体重とコレステロールとTGくらいしか、
予後に効果がないという厚労省の検討結果がこないだでたとこ。
そのうち廃止になるかもね。

あと、風邪で病院行ったら胸部X線くらいはとってもらったほうがいいですよ。

667 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 16:57:32 ID:ebM2JcaG0
実際、検診の画像検査って難しいよ。
放射線科の先生たち、X線フィルムを1枚10秒ぐらいで流してる。
あれではわかりやすいのを引っかけるぐらいが限度だと思う。
まぁ、読影ずっとやってて腕はあるんだろうけど。

668 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 17:03:06 ID:H7iaDFnu0
検診のは被爆量抑えるために高圧撮影してるから質が悪いもんね…

669 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 17:44:55 ID:5z/X2GpF0

軽い病気を自己負担にして、日本を再び結核大国へ!!

ついでにアスベストで肺ガンもゾロゾロ。

すばらしい国にしてくれるよ、小泉さんは。

670 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 18:30:47 ID:nCrBVBpR0
あげ

671 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 18:33:05 ID:Ex6KZMR40
>>669
子供・孫の生き血を啜る理由としては、ワケワカメ。

構造改革の痛みを嫌い、借金を子供・孫に押しつけたいのなら、もうすこしだけ論理性を。

672 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 18:40:59 ID:H7iaDFnu0
>671
ok、これならどうだ?
お年玉の借りを返せ。

まぁ、軽い病気でも市民病院クラスにかかろうとするのが3分診療の原因にもなってると思うのだが…
本当に医療が必要な人に医療資源を分配するためには必要なんじゃないかな?

673 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 19:10:14 ID:Cy7fEMoS0
>>666
定期検診がなかったら乳癌えらいことになってた身としては
廃止ってのも怖い

674 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 19:11:08 ID:3UbfaSXT0
小泉にいれたあほ出て来い。

675 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 19:13:17 ID:RNtLJkYZ0
早くジジイやババアが氏ねばいいんだ
そうやってバランスとって人間は生きてきた
医療が進歩して高笑いすんのは医者・官僚だけ
ツケを回すんじゃねーよ

676 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 19:14:46 ID:7REzf+3i0
郵便局にしても町医者の診察室にしても
老人の集会場じゃないんだっつーの

677 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 19:16:07 ID:3UbfaSXT0
早期発見が大切なのにな。

のどの医療事故があったばかりじゃん。
あれはみすごしだけど、あの高額一億判決プラス永久支払い(プラス一億)
では小児科医者になる奴が減るだろうな。

でも喉の病気、たかが喉とおもって受診しなかったら って大変なことが
ってでてくるよ。
貧乏人は死ねという政索だね、こりゃ。


678 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 19:17:57 ID:w9l+U72d0
ぱちんこやさんのみなさんへ
ぜいきんをなるべくきちんとはらって
にほんのいりょうふくしをたすけて
ここのひとたちのけんかをやめさせてくらさい

679 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 19:19:32 ID:pASvBT9C0
ミノモンタが出てきたから、民間療法で軽い風邪や生活習慣病とか
減るんじゃないのかな
薬局に行けば薬剤師が薬をアドバイスしてくれるから病院に行かなくても
風邪薬は買えるし医者いらないでしょう

抗生物質が薬局で販売になれば、もっと医療費浮くんだけどな
薬局で抗生物質が買えるようにならないものだろうか
薬剤師いるんだし、肺炎や気管支炎、骨折とかじゃない限り病院に行かなくても健康的に過ごせる
病院に行って、感染症もらうリスクも減るし
あくまで自己責任の範囲だから医師の負担も減ると思うよ

680 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 19:20:57 ID:xiQyrv6h0
年寄りが早期発見してもな
まだ生きるのかよと思われる前に逝くのが美しい

681 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 19:27:40 ID:w9l+U72d0
でもおばぁちゃんしんじゃったらかなしいよ
もうたまごやきつくってくれなくなるもん

682 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 20:03:37 ID:3UbfaSXT0
>9
>結局、厚労省は天下り先としての薬剤メーカーが大事であって

小泉さんも製薬メーカーが大事みたいですね。

>>22
薬剤師ももうかってるぞ。
どうして薬業の改革はしないのだ?

683 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 20:08:13 ID:3UbfaSXT0
>>228

あのさあ、年よりになればあちこちがたがでてくるんだよ。

そして病院にいけば顔見知りいれば話をする、それだけだよ。
年より介護につきそって病院通いしてたからわかる。 
元気な病院いくより
老人はゲートボールにいくよ。


684 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 20:11:08 ID:RaG/FcE20
>>681
そういう浪花節がいけない
老婆ほど社会の寄生虫で無益なものはない

685 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 20:20:20 ID:NigMCIwY0
検査は少し過剰な位が見落としされるよりずっと良い。

686 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 20:22:19 ID:Cy7fEMoS0
>>684
婆ちゃんは子守りの役に立つけど
爺ちゃんはあんまり・・・

687 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 20:55:05 ID:3UbfaSXT0
ahoo アフラック板より。

アメリ○ンファ○リーは保険に関して説明不足です。
ガンでも大腸の場合上部皮質に出来て深度の浅いものは
いくら医者が大腸がんと診断しても、アメリカンファミリー内部ではそれはガンではないと言い張る。
じゃぁ、保険に入る時点で充分お客に説明してくださいよ。 説明が無かったからガンと診断されたら保険が支給されると思うじゃないですか。
情報の開示不足でお客に不利益を与える事事態保険会社失格!では・・・。
何にも知らない客をだましてるとしか思えないよ。
大事な部分の説明を怠っている。


688 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 20:58:56 ID:2ereAI9k0
延命するだけで何千マンとかってやめろや。
設備がたかいからやってるんだろうが、公的保険は適用外にすべきだ

689 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 21:17:11 ID:3UbfaSXT0
>>383
もうかってるのは院外薬局ってことねえ。

だいたいさ、 「かかりつけ薬局制度」のために院外処方をふやすとか
政府はいってたけど、 あんなもん患者にとっては迷惑千万。
だって傍の薬局をかかりつけにしたら
かかりつけ薬局には希望の薬がおいてなくって またあとでもう一度着てくださいってこともあるし、
いくつかの医者にかかった場合、お薬手帳をもっていって、
薬局が薬の飲み合わせの指導をしてくれるとかいってたけど、
「あー、先生にきいてください」だし。

それに院外薬局になってから薬代が高くなった気がするけど気のせい?

本当は院内で処方してもらったほうが、具合の悪いときそこでまってることができるし、
助かる。 ジェネリック使ってもらえばもっと助かる。

690 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 21:48:38 ID:x6/uSZDF0
>>689
薬価差益をなくすために院外処方をおしすすめたのだが、
病院と薬局の両方の経営の問題があるから、二重の経営経費がかかるようになった。
薬価差益は少なくなった、でも薬局の経費を取られるようになった、全体としては医療費は減らない。

691 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 21:48:49 ID:bz2H9lXb0
  
 まともに治療しないと遺伝する病気も多いんだぞ
 
  ファビョる人間を量産する気か

692 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 21:54:34 ID:sa8Gvrzp0
そもそも医者でもないのに軽い病気かどうかなんて判断つくのか?
風邪とおもったら結核だったとか洒落にならん。

693 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:07:40 ID:5z/X2GpF0
>>690
減らないどころか、院外処方のせいで医療費は増えてる!!

製薬会社と薬局が、責任取らずにぼろ儲けしてる事実を
もっと多くの人が知るべき。

責任は医師になすりつけ。ついでに医療費が高い原因も、
本当は薬が高いせいなのに、医者のせいにしてる。

694 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:10:33 ID:EjTAEyEI0
おいていきますね

自民党 衆院当選議員一覧 (自民党HPより)

ttp://www.jimin.jp/jimin/jimin/sen_syu44/kekka/kouho.html

選挙区、議員HPへのリンク、新人議員等が分かりやすく表になっています。

【メール先一覧】(★のついた所は、匿名可)
★首相官邸
ttp://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

自民党 ttp://www.jimin.jp/jimin/main/mono.html
内閣府 ttp://www.iijnet.or.jp/cao/opinion.html
法務省 webmaster@moj.go.jp
民主党 ttp://www.dpj.or.jp/mail/0310.html
共産党 ttp://www.jcp.or.jp/service/mail.html

各省庁への要望
ttp://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


695 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:13:09 ID:dewtbKf00
>>687
それに似た話で三大疾病で脳梗塞だけとかクモ膜下だけを指定している腐った保険屋がある。
日本企業でもアメ企業でも欧州企業でもな。


696 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:18:40 ID:/6csEZx60
>>695
国の保険なら嘘の病名でも保険が通る
民間保険では本当の病気でもなかったことにされる

利潤を上げるのが至上命題である以上、企業を責めることはできない
国民が後者を望むのなら止めはしないが…

697 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:19:25 ID:zYsyBktE0
この処置はやむをえんだろう。
延命やめろとか言う奴がいるけど実際死にそうな人間いたら何とかして戻したいって思うのが人間だよ。

人の死を合理的に割り切れ諦めろなんて実際にその境に直面したら無理だって。






698 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:24:38 ID:/6csEZx60
貧乏な患者を予算が少なく設備の劣った病院に押し込めることは可能。
割り切る割り切らないの問題ではなく、どんなに医者が努力しても
薬や機械がなければ助けることはできない。
現にアメリカではそれに近いことが行われている。

699 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:27:41 ID:NSADyMa90
>>695
心筋梗塞が支払い対象で狭心症はダメなんてのもあるんじゃないの?

700 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:35:08 ID:ZI0snEx70
>>697
このスレは「軽い病気」を扱うスレだよ。
 
疲れてるんじゃない?
それとも(ry

701 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:39:59 ID:lVq3dqt50
>>472
弱者切捨ても言い出してます。
【医療制度改革】入院費に定額払い拡大 高齢者中心に負担増を求める…厚労省試案骨格
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1128123310/l50

ところで、何だな、自動車保険の等級制度みたいの設けて、健康で医者にかからない人の
保険料と医者によくかかる人を差別すればいいかも・・・

702 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:41:15 ID:2g7f6OIL0
かぜひいても病院にいけない時代がついに

703 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 22:48:38 ID:/6csEZx60
>>700
読解力ないねw

704 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 23:35:33 ID:5z/X2GpF0

薬局ってさ、ほんと適当な薬を売りつけて、
検査も経過観察もしない、いい加減なもんだよ。

医者にかかれずに、そんな薬局に頼るなんて、
これからの日本人は可哀相だね。

小泉政権のおかげと、思い知るがいい。

705 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 23:45:36 ID:cLT+1jdY0
878 :名無しさん@6周年:2005/10/02(日) 00:16:16 ID:rIPbbF7u0
>>870
・ジョギング中に転倒→かすり傷でも毎日病院にガーゼ交換を希望し来院する人も
・のどが痛い"気"がするので検査と投薬を!→説明しても納得しないので仕方なく検査・投薬
・子供が頭打ったのでCTをしてくれ→必要ないみたいですと説明→「医者が責任取るんだな」と脅されCTへ
・明日山登りに行くので湿布をくれ→出しにくいですが・・→「不親切だな。ならほかのトコいく」
・治ったので退院を。→「迎えに来る人がいない」「一人暮らしなのでもうすこし」etc.→退院後、生命保険書類3−5通
こんなのザラです。患者様の御意向に沿わないと投書とかで公立病院なら勤務医は潰されますし逆らえません。

706 :名無しさん@6周年:2005/10/03(月) 23:49:11 ID:APzBJA3p0
団塊ジジババ皆殺しにすればあっというまに改革終了

707 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 00:33:13 ID:ycYKj0cl0
お前ら、じいさんとかばあさんとか家族居ないの?

708 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 00:33:29 ID:23j8Rrlf0
おやすみ。

709 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 00:36:44 ID:+V8vgqfI0
70歳以上5割負担
80歳以上6割負担
90歳以上7割負担

これで解決できそうじゃね?

710 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 00:49:33 ID:jE+ioX490
>>709
年寄りほど生きることに執着心が強いから反発買うだろ。

>>706
それをやれば年金問題も一気に解決だな。
ついでに遺産相続税の収入で多少なりとも国の財政が回復しそうだ。

>>705
オリックスの会長じゃないが、家を売って病院に行く時代に逆戻りすればokだな。
中途半端に豊かになったから気軽に手軽に来て困る、と。

711 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 01:31:04 ID:23j8Rrlf0
おっと 夜更かしは健康に悪い。寝る。

712 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 03:09:54 ID:mWQ5zWCX0
結局空前の利益を上げている製薬会社と医療機器メーカーはスルーかよw
やっぱ厚労省の天下り先は違うねー何やっても。
あぁ新聞・テレビのお得意様ってのもあったね。

医師会・歯科医師会・薬剤師会はなんにも抵抗できないわな。
献金ぐらいしかやることない。
その上役人の顔色伺いながら報酬の交渉をするしかない。

こりゃどっちが有利か決まってるだろ。

医師会が既得権団体だぁ?ハァ??
こちとらボランティアでやってるんじゃねーんだよ、16時間拘束で年収1200万。
訴訟リスク考えたらマジペイできねーんだよ。
それでもやってるのは患者の幸せ・健康への願いっていう最低限のモラルがたたき込まれてるからなのさ。

それでもヲマイラ医療関係者を叩くのか?あ?

713 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 03:22:59 ID:JRbYUSEO0
延命治療がいけないという人達は、安楽死を認める法律作るように運動でもしてくださいな。
そしたら、少しは助かる罠w

714 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 08:49:20 ID:TxA+OTlK0
>>712
別に医療機器メーカーとか製薬会社が大儲けしたって何の問題もねーだろ。
連中は利益を追求すべき株式会社だ。株式会社が利益追求したところで
何の問題が有るんだ???

翻って、お前らお医者さん達は、自分達自ら「医療は利益追求にはなじまない!」
とか言う訳分からん“医は仁術”論振りかざして、利益追求の株式会社が医療法人
持つのを未だに認めてねーんだろ?

自分達自らは、“医療は利益は追求しない!”なんて建前論振りかざして、
参入障壁設けて保護監督を求めてるくせしやがって、逆に利益追求してるとこを
批判するってw 頭おかしいのか???www

715 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 09:05:04 ID:eFEWtPfI0
製薬会社はもうけすぎ、つーのは真実か。
たとえば効かない脳内循環改善薬に使われた医療費は兆の単位だが
製薬会社が返金した事実は全くない。

716 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 09:06:33 ID:eFEWtPfI0
製薬会社は薬害で経営が傾くほど賠償はしないよね。
文句がでたときにはした金で黙らせる。

717 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 09:08:33 ID:eFEWtPfI0
製薬会社などが問題を起こしたときの罰則が実質皆無なのも
問題だろうな。

718 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 09:28:54 ID:wtJp28+f0
自分の場合本当にダウンして生活に支障がでるくらいの症状の時にしか病院行かないからなぁ
軽い病気で病院行くぐらいだったらもっと他のものに投資したほうがいい


719 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 09:38:53 ID:xHqKukp20
>714
君の言うような理由で反対してる奴ばかりじゃなくて、
利益追求型の医療になることを不安視して反対してる人もいるんだよ。
君の中では医師は儲け主義の悪人ばかりのようだけど、漫画かテレビの見すぎなんじゃない?
まあ類は友を呼ぶっていうから、君の知ってる医師が悪人ばかりなのかもしれないけど。

720 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 09:41:33 ID:ycYKj0cl0
>>714
>>715

まあなんだ。
>医療機器メーカーとか製薬会社
薬価(薬の価格)と検査の価格は国が決めている。
両メーカーは大企業が多いから、役人に接待したり天下りを役員として
受け入れたり(民間企業だぞ)してる現実。普通は犯罪。

>脳内循環改善薬
富山化学の「サープル」だっけ。
厚生省が効くと認可したのだから、効かなければ厚生省に責任がある。
薬害エイズと同じ構造。

721 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 09:50:08 ID:ycYKj0cl0
一応貼っておく、サープルの役所の発表。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kaisyu/kaisyuu2000-3-038.html

一般に薬効を見直すとき(効かないから認可を取り消すなど)は、
製薬メーカーが十分開発資金を回収できるよう、厚生省が分かってから
何年かは市場に流通する。

効くか効かないかなどはその分野の権威(医師)が判断する。
安部英くらいの権威。

722 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 10:09:26 ID:ycYKj0cl0
>>714
>別に医療機器メーカーとか製薬会社が大儲けしたって何の問題もねーだろ。
>連中は利益を追求すべき株式会社だ。株式会社が利益追求したところで
>何の問題が有るんだ???

世の中の仕組みを知らないやつの意見だな。
高卒レベル。

>翻って、お前らお医者さん達は、自分達自ら「医療は利益追求にはなじまない!」
>とか言う訳分からん“医は仁術”論振りかざして、利益追求の株式会社が医療法人
>持つのを未だに認めてねーんだろ?

>自分達自らは、“医療は利益は追求しない!”なんて建前論振りかざして、
>参入障壁設けて保護監督を求めてるくせしやがって、逆に利益追求してるとこを
>批判するってw 頭おかしいのか???www

医療法に「医療法人は営利を追求してはいけない」という趣旨で定められている。

こういう奴らまで選挙権を与えるから衆愚政治になる。




723 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 10:39:17 ID:i35NFO2Y0
医者は営利を追求しないってのは完全な絵空事。
研修医だけ。
だったら、自由化して効率化させるべき。
さもなきゃいつまでも泥棒に追い銭を与え続けることになる。
なお、医は仁術を実行している医者はタダ今、一人もおりません。
そういうくだらないことを言っているから悪医者を逮捕すらできないのですねえ。

724 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 10:45:15 ID:xHqKukp20
>723
そりゃそうだろ。医者だって霞み喰って生きてるわけじゃないし、
道具や光熱費も木の股から生まれてくるわけじゃないんだよ。
自由化して応召義務がなくなってくれたら君みたいな患者断れて
医療関係者も大喜びだな。
研修医が利益産めないのは技術者として未熟だからだよ。
技術職の現場で、そういうやつを育てるのが営利目的にとって
どれだけマイナスになるかわかんないだろ。

725 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 10:56:26 ID:i35NFO2Y0
>>724
バカだなあ。自由化されたら
完璧な評価がなされて、君のような悪徳医師のところへは
誰も来なくなるんだよ。
誤診でドクハラで名前だけの医者は全員淘汰されるわけよ。
患者にとってはいいことだらけだな。
もちろんまっとうな医者もやる気が出て万々歳だ。

726 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 10:59:47 ID:N2sCkSS80
>>723
自由化って株式会社化のことか。大株主は外資、サラ金、パチンコ。

病院の窓口でお金が借りられると言えば聞こえがいいが、
事務員なんてノルマがあるからもう必死に待合室の患者に歪んだ笑顔で勧誘。
診察室でも診察前に医者が健康食品の売り込み。
首を縦に振らないと表情がだんだんと険しくなり雰囲気が悪くなる。
支払いはパッキーカードで。余ったら当系列店でお使いください。

727 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:02:10 ID:i35NFO2Y0
>>726
そういうのは市役所の方があってるぞ。
今の市役所にはそういう余計なサービスさえない。

728 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:05:58 ID:N2sCkSS80
>>725
自由化されると「完璧な評価」がされるのはどうして?
そもそも誰が評価するの?まさかマスコミ!?

729 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:11:13 ID:PWaYDPyK0
>>726
それは勘弁して欲しい。
今でさえ、親の食事療法聞きに栄養指導受けに行ったとき、
栄養士が食事療法は家庭では難しいからと、ちっとも栄養指導しないで、
治療食のパンフレットいっぱい貰って帰ってきたのに。
それを診察でされたらたまらない・・・・

もちろん、その栄養士については、病院のご意見箱に苦情を書いておきましたが。
いつの間にかいなくなってたましたw

730 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:12:13 ID:xHqKukp20
>728
こういう医者憎しで絵空事を本気で信じちゃってる奴がいるのが一番の問題だよなあ。
他のスレでも出てた話題だけど、医療費と保険のこれからに関しては、
医療関係者vs患者っていう構図がそもそも間違ってるってことに早く気がつかないと。
>725みたいな馬鹿ばっかりだとは思いたくないけどね。

731 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:17:03 ID:KKMLaHin0
゜+.(・∀・)゜+.゜ヒャッホウ

732 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:27:36 ID:yYMJHDct0
日本の医療の根本原因は膨大な個人医院まで養っていこうとする医療制度にある。
町中に医者が溢れそれぞれが効率の悪い経営を行い、それを食べさせるために馬鹿
高い保険点数を設定し、国が負担している。
医療費だけで税収の70%って明らかに異常だろ。


733 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:31:42 ID:xHqKukp20
>732
なんていうかさ、どうしてそう町医者が効率の悪い経営って全部ひとまとめにして語っちゃうのさ。
このスレの上のほう読んでみ。そういう考えの人が出したこの案が、結局どういう結果を生むのか書いてあるから。

734 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:34:23 ID:vLqre1Sg0
>>732
医療費を税収と比べると70%相当というだけだよ。
税金からは10兆円程度が使われているはず。
たしかに、個人医院を全部つぶしたら医療費が2割程度減る。でも、たいしたこと無いね。
それより、延命治療を中止出来たら医療費を60%削減できるよ。
お前のじいさん、ばあさんを自然に死なせるところから始めろよ。
食欲低下、脱水→点滴。肺炎→抗生物質、呼吸器なんてやめろよ。

735 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:34:25 ID:7b2pC2kA0
>>732
バカですか?
日本の医療保険制度を一から勉強してから来い。

736 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:55:37 ID:o3JxlWW80
極論だけいっちゃえば財政だけ考えれば保険制度なんてやめて全額自己負担。
財政無視で福祉だけ考えれば全額公的負担。

財政破綻の懸念が強いから福祉が切り捨ての方向に向かうのは必然だ罠。

737 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 11:57:08 ID:+rhggo5Z0
日本の医者は金の亡者だらけだ。


738 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 12:08:15 ID:ciwARp3B0
>>737
どうして、その結論に到達したか不明。

739 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 12:08:38 ID:Dlc9Xdk30
うちの夫は医者だが、どうして金の亡者になれるのか知りたい。
病院事務の私より年収100万多いだけなんだけど。
勤務時間は長いし、休みも取れずにかわいそう。

740 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 12:39:51 ID:5e0ei7G/O
医者は金の亡者なんです
そうでないと困るんです
広告主にならないから安心して叩けるのに、亡者じゃないと面白おかしく書けないじゃないか


医者は金の亡者なんです
そうでないと困るんです
これから医療費削って医療の質が下がるのは、国策の失敗じゃなくて金の亡者で怠慢な医者が全部悪いんです
先進国ではまだ低い医療費を削らなくてはならないのも、なんの見通しもなく保険制度を漫然と運営した
私たちのせいじゃありません。金の亡者の医者が悪いんです

741 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 12:43:59 ID:pcE6Rq5/0
【諮問会議の医療費総額規制論を批判】 −李元ハーバード大助教授が講演−

元ハーバード大助教授で作家の李啓充氏は、18日、宮崎市で開かれた全日病学会で講演し、
政府の経済財政諮問会議を中心とした医療費抑制論議を
「総額規制をやろうとしているが、企業の社会保険負担を増やしたくないだけ」と批判した。

講演で李氏は、
「日本は企業の社会保障負担が先進諸国の中で著しく低いのに、企業は『国民負担』という言葉
を使って『負担が増えると大変ですよ』と言っている。本音は自分たちの社会保険負担を減少し
たいだけ」
と述べ、国民負担率を指標とした医療費抑制論の問題点を指摘。

742 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 12:44:18 ID:pcE6Rq5/0
さらに、高齢化率の伸びに比べ医療費のGDP比の伸びが低く抑えられている日本の現状を示しながら
「諮問会議はこれほど見事に医療費を抑制できている制度を壊そうとしている」と述べ、
医療費制度改革では「コスト削減」ではなく、「コスト効率の改善」を目指すべきだと訴えた。

〜「治療成績公開」の弊害も強調〜
李氏はまた、混合診療の全面解禁や治療成績公開の義務化を進めようとしている規制改革・
民間開放推進会議も批判。
「混合診療の容認は、財力によるアクセス差別を認める事になる」
「治療成績を上げようとした場合、手っ取り早いのは重症患者を診ないこと。治療成績を測る
ということは患者にとって不利益を生じる危険がある。現在、米国で公表しているのは
ほとんどがプロセスに関するもの。治療成績の公開で病院に競争させると言っているのは
ごく一部の人に過ぎない。メリーランド州では一時期、治療成績を一般に公開したが、
害の方が大きいということで止めた」
と述べ、これらの政策の弊害を強調した。

743 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:01:15 ID:Lv53Cwhv0
>>738>>739
 >>737のアンポンタンはマスゴミ報道や2Chのカキコを鵜呑みにした上に、
医者はすべて開業医と思っているんだろう。
 自分は現在その開業医だが、勤務医時代はお金の事なんて考えた事はなかった。
目の前の患者に対し、いかに診断し治療していくかをひたすら考えながら日々
従事していた。当然効率なんて関係なくやってたから病院の利益にはプラス
か逆にマイナスかだった。でも当然患者の負担金の事もまったく頭になかった
から患者にとって負担が大きかったかもしれない(反省・・・)。
今は、病院(または科)の収支を目の前につきつけられ、無理矢理収益を上げ
させられている勤務医もいるが、大多数の勤務医は少なくとも患者さんから
金を巻き上げようなんて、オリックソや金融屋みたいな金の亡者とは違い
微塵もない。

744 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:11:41 ID:gA556+JT0
このスレ読んでると、ほんとに医療制度の事を
知らないバカばっかだって、感心するよ。
こんな奴らが選挙権持ってるんだから、
日本はダメになるんだねぇ。

精々、オリックスのご希望通り、借金して
医者にかかる時代を迎えて下さい。
(もちろん、オリックスは金利で大儲け)

745 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:29:26 ID:xHqKukp20
>744
別にそういう人が選挙権もってたっていいと思うんだけどさ、
この手のスレでちゃんとした医療費に関しての議論が成立しないのって何ででしょうね。
そもそも軽症はなんていったって、それが軽症かどうか判断できるのは実際受診できてからだし
スレタイみたいな方式とると、軽症だから・・・と自己診断して、それはずしてて重篤な症状になったら
金かかるなんてことになりかねない。
もう他の人が何度も言ってるけど、医療費落としたかったら初期状態で安価に医療機関に
かかれるようにすることが大切なんじゃなかろうか。

746 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:38:04 ID:mWQ5zWCX0
>>743

禿同。

もし自由診療になったら今の医療制度が如何に万人に対して公平ですばらしいものだったか気付くんだろねぇ。
医者が悪ってのが刷り込まれてるあたりこないだの郵政選挙に似てるわな。
9割の人間が負け組になるにもかかわらず「自民」とかいたヴァカどもww

メスを入れるべきは製薬会社にもかかわらず新聞ではほとんどもしくは一切触れられていない。
薬価・医療器具が「適正な価格」になればサラリーマン負担も1割でおつりでるんじゃねーの?
医療制度のことを知らないで蘊蓄たれるヴァカって多いのがスゲー分かるスレだね。

747 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:49:10 ID:kTj+ivuB0
まあ医療に関して

「木を見て森を見ず、安物買いの銭失い−現在進行形」なのが、国民
「針小棒大、ペンは剣より強しされど金に弱し」   なのが、マスゴミ
「地獄の沙汰も金次第、悪魔は正義の顔で来る」   なのが、金貸し(オリックソ等)や金融屋
「朝令改暮、心ここに在らず−財務・小泉につつかれ」なのが、厚労省
「馬鹿の一つ覚え−財政再建、????」      なのが、財務省
「蛙の面にション便、影武者−財務省の」      なのが、コネズミ

かな? う〜ん、いまいちかな・・・。

748 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 16:57:27 ID:23j8Rrlf0
これでも小泉支持する国民はアホ。

749 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:24:14 ID:QVU04j/v0
>>746
お医者さんも大変でしょうが薬価で食べている歯科技工士も、もう限界です。
学力や責任を考えれば先生方に遠く及ばないのは分かっていますが
それにしても・・・・保険では、もうダメ!一般を取り扱うしかないのかも
だけど将来、国民年金で医療に、お世話になる自分が金持ち相手の
仕事をするのも変だし・・悩める毎日です。

750 :747:2005/10/04(火) 17:35:28 ID:5ftjnvkm0
>>748
アホは言い過ぎじゃないかな? 要はコネズミが一枚上手なだけ。
国民は情報をわかりやすく呈示されていないし、今の保険制度を
変えればどうなるかもバラ色の話しかされていない。
医療関係なら実感している事をわかってもらえないもどかしさ。

もちろん今の医療の中でも改善すべき所は多くあるとは思うが、
制度を根底から変えればどうなるかは・・・・寒気がしてきた。

751 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:38:15 ID:uy1YKQ9/0
>>750
やっぱ医療関係者と患者が協力することが必要なんじゃない?
このままじゃ患者さんのための医療を実践してる病院がばたばた閉まる時代がきちゃうよ。

752 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:49:57 ID:5ftjnvkm0
>>751
それさえも今は「抵抗勢力」のレッテルを貼られるからね。

753 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:01:16 ID:X5WfyPXc0
>>719
>君の中では医師は儲け主義の悪人ばかりのようだけど、

99.9%そうだろw
おまえもカネが欲しくて医者になっただろ?
そこを否定するとあの受験勝ち抜くモチベーションは生み出されないだろ?
きれいごとはお前の方だな


754 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:09:01 ID:+rhggo5Z0
自分だけは善人だと思いこんでいる医者の多い事。w

755 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:13:44 ID:Dlc9Xdk30
そんな人間ばかりだったら忙しくて稼げない外科医とか小児科、産婦人科医とか誰もやらないと思う。
医学部の学生の話とか聞くと、半数ぐらいは医師に憧れて医学部を目指してきた様子。
目標とする医師像を確固たるものとして持っている学生が多いよ。
理系で偏差値が高かったから何となく「難関」医学部を受けたというやつも結構いるけど。

756 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:13:46 ID:uy1YKQ9/0
人間ってどういう経験したらこうもゆがめるんだろうね。
別に君を説得する必要はオレにはないよ。ただただかわいそうだなあと思うだけ。

757 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:43:55 ID:5ftjnvkm0
>>753
お金がまったく欲しくない人は珍しいとは思うけど、
あなたみたいな人が日本人だったらいやだな〜。
まあ、他国人でも嫌だけど・・。

758 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:55:35 ID:N6x4jxny0
市県民税みたいに前年度の使用頻度や金額に応じて翌年の保険金決めれば良いのに。
高校生の時から1度も使ってないよ健康保険。
今25歳。

759 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:58:58 ID:23j8Rrlf0
>>744
国民は情報操作をうけてるんだよ。
事実が知らされていない。
メリットのみかたられデメリットはスルーされてる。

オリックスの野望もしらないでしょ。ネットやらないジジババは得に。
で、経済とかに興味なければ オリックス=イチローだもん。
イメージよくなってるw。


760 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:04:28 ID:jE+ioX490
それは、国の作った保険の目的が、治療費に多額の金のかかる人の医療費をみんなで負担して、
その人の財布の負担を少しでも弱めましょう。ってのだから、しょうがないでしょ。

国は保険会社と違って、かき集めたお金は運用してないはずだし。

制度自体の目的としては年金と変わらんはずだ。

>759
オリックスの会長さん。
病院に株式会社を参入させる計画が実現したら、貧乏人がいい治療を受けたかったら、
貧乏人は家を売ってでも調達するから制度改革進めてもok!って趣旨のこと言ってたな。

少し前までオリックスのHPでその発言が見れたんだが、今見れなくなってる?
まぁ、見れなくても厚生省の会議録にその言葉記載されてるはずだが。

761 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:18:41 ID:+rWHY5eC0
国会議員が全員無給のボランティアでやってくれるというのなら
患者負担増やしてもいい

762 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:59:37 ID:X5WfyPXc0
>>755
>外科医とか小児科、産婦人科医とか誰もやらない
源に新たになりたいこれらの科の医者の卵は希少価値じゃないか
いかに医者がカネによって動いてるかはっきり分かるわ

>>757
なんで?
なにごともカネがモチベーションになるのは当たり前のことだろ?
それをあたかも自分はカネには興味ないなんて言う医者が気持ち悪いだけ。
医者は金儲けのためになら何でもやります、がデフォだと思っておくのが賢いだろ。
そうするとがっかりしないですむw


763 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 20:11:14 ID:nftqopYg0
医師って今ほど受験用学力必要な職業か?
なんつーか、医師養成の制度改革が必要じゃないか?

単純に損得で考えれば、今医師の足りない科というのは損な科で、
今の医師たちは見事に損得勘定で動いてるってのが明らかになってる。
ただ、これは批判しているのではなくて、極一般的な人の感覚としては
当然な選択だと思うんだよね。
楽で高給の職に就きたい(とは言え医師は楽では無いが、科間の比較としてね)、
これって普通の感覚だよね。
でも、医師に求められてる素養ってそことは一線を画したものだよね?
古い言い方をすれば「医は仁術」。こういう感覚。

損なことも進んでやる、医療に身を奉げるくらいの感覚の人を
掬い上げるシステムが必要では無いかな?

764 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 20:28:44 ID:gA556+JT0
>>762
さぞや君は、金儲けを目指さないで生きているのでしょうなぁ。

それとも何かい、自分は金儲けに必死だが、医者は霞を食って
生きろとでも言うのかい?
だとしたら、 勝 手 な も ん だ な

765 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 21:40:52 ID:0ayZQz0h0
>>762
本物の馬鹿だね。日本の医療が自由経済の原理で動いているとでも思ってるのか?
どんなに数が少なくても仕事が増えれば増えるほど損をするような所には誰も行かないんだよ。
あんたの理屈は保険制度が撤廃されて完全自由診療になってからのこと。

766 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:02:42 ID:UtGjlUkl0
今人が足りていない科っていうのは労働時間が長すぎる科なんだよ
仁術とか言ってられないから。男性外科医の平均寿命は68歳だよ。10年短い(放科はさらに3年短い・・・)
医者の殆どは給料増やさなくていいから仕事減らしてくれと思っているはずだよ

767 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:13:23 ID:nftqopYg0
>>766
いやだから、そういうのでも進んでやるような人間、損得を考えずに
「俺は犠牲になってもいい」というような奇特な人間を掬い上げるような
養成制度が必要じゃないか?ということ。

医者になるべき人間の選定が必要になってきたんじゃないのかな?

768 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:16:23 ID:ADY/myGp0
>>763
自分の人生のすべてを医療に捧げたい、なんて奇特な人間がそれほど
多くいるとも思えないし、その中からそれなりの質の医者になれる
程度の学力・体力がある人間がどれくらいいるか…なんてことを考えると
そういうシステムはやっぱり無駄が多いと思う。

医療が自由化されると質の悪い医者が淘汰される、というようなこと
を言う人もいるけど、どんなに腕のいい医者だって診れる患者の数には
限りがあるし、その医者が「貧しい患者から順に診ていく」なんて
素敵なポリシーでも持ってない限り、同じ病状なら金持ちの患者から
診るに決まってるし、結局金持ちだけに腕の良い医者は独占されちゃうん
じゃないかなぁ。
そういう世の中になったときに、自分がかかることのできる医者が
どういう医者かってことを考えると、今のままの制度をなんとか
維持して欲しいよ。


769 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:19:44 ID:PWaYDPyK0
取り敢えず、町の開業医は専門以外の看板は下ろして欲しいんですけど。
ろくな知識もないのに○○科って名乗るのは、やめてね。
そのせいで、うちの親は手遅れで死んだようなもんなんで。

770 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:20:51 ID:nftqopYg0
>>768
つまりさ、建前でも「自分の人生のすべてを医療に捧げたい」というのを前提に
医師を養成する制度にすれば良いってことなんだよ。
今後、国全体のことを考えたら医療スタッフには薄給で献身的に働いてもらわな
きゃいけないわけだから、医療の道に進む前提条件で上記のものがあるという
状態に持ち込むのが良いと思うんだよね。

その一方で混合診療も認める、と。
でも保険診療を断る事は許さない、と。
そうするしか皆保険を維持するのは無理じゃないか?

771 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:25:05 ID:uy1YKQ9/0
>>768
医療従事者は金の亡者か聖人かっていうような極端な思想を植えられてる人をみると辟易しますな。
その資格を持つものってのをどうやって審査すんのかもあやふやですし。

例えば自由化して市場原理が働いたとして、貧困層のために医療を行おうっていう
奇特な医師だってきっと残るはず。でもよく言われる仁術の青髭は金持ちから金とって
貧困層を診る資金にしてたんだよね。
現在の保険システムや応召義務が法律としてうたわれてるのは、
過去にそうでない時代があったからってのをよく考えて欲しい。
このシステムをいい形で維持していく方法を何とか考えたいですね。
罵り合いからじゃなく、活発な意見交換で。


772 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:31:01 ID:ADY/myGp0
>「自分の人生のすべてを医療に捧げたい」というのを前提に
「前提」だけじゃあまり意味が無いのでは?
医学部入学時に「自分の人生医療に捧げます。給料は死ぬまで
ずっと年収360万。いつ何時呼び出されても駆けつけます」
っていう書類にハンコでも押させるの?
でも労働基準法っていう建前もあることだし、公の選抜基準として
献身的な医者を作るのはちょっと無理なんじゃないのかなぁ。

>混合診療も認める、でも保険診療を断る事は許さない
実際問題として、今現在でも保険診療のもとであんなに待ち時間
長いのに、保険診療を断ることが許されない状態で混合診療
を行っていくのは無理じゃないかなぁ。

773 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:37:31 ID:nftqopYg0
>>772
コンセンサスとして「医療に従事するとはそういうことだ」というのを
明確にしておくということ。そうでないと保険診療に必ず応じなければ
いけないという事が根拠を失う。

もちろん診療時間外にまで診療しろということではなく、来た患者が
保険を使いたいといった時にはそれを断れないということ。
待ち時間に関しては、重篤でない限り自費の患者優先とか
その程度の事は認めて良いのでは?

774 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:37:53 ID:ADY/myGp0
>>768
そういう希少なスーパーマンに期待するというのは、結局長続き
しないんじゃないかと思う訳なんです。
医療従事者は金の亡者か聖人か、という極論を言っているのでは
ないつもりですよ。
医者だって私たちと同じようにただの人間ですから、それなりの
お金や家族と過ごす時間だって欲しいだろうし、十分な休息なし
には能力を発揮できないだろう…という私にとっては当たり前
のことを前提に自分の考えを言ってみただけです。



775 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:43:21 ID:ADY/myGp0
あ、間違えました。
>>774>>771へのレスです。

776 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:54:19 ID:SPxOBtg10
国民年金払わなければ、医者にも行けなくなります。

医療保険給付には年金納付を  NHKニュース(動画あり)

小泉総理大臣は、4日の参議院予算委員会で、国民年金の保険料の納付率が改善しないことに関連して、国民年金の
保険料を納めなければ、医療保険の給付を受けられない仕組みができないか検討したいという考えを示しました。

この中で、小泉総理大臣は、若者を中心に国民年金の保険料の納付率が改善しないことについて、「年金制度は、世代
間の支え合いの精神であり、若い人には、いつかは自分も高齢者になるという意識を、また、高齢者には、若い人の保険
料負担によって年金をもらっているという意識を持ってもらわないかぎり、制度の維持はできない」と述べました。そのうえ
で小泉総理大臣は、「医療保険に加入している人に、年金の保険料も一緒に納めてもらえばよいという意見もあるが、検
討に値する指摘だと思っている。今後十分検討したい」と述べ、国民年金の保険料を納めなければ、医療保険の給付を
受けられない仕組みができないか検討したいという考えを示しました。

また、尾辻厚生労働大臣は、中小企業のサラリーマンが加入している政府管掌健康保険の保険料について、「一人当た
りの老人医療費は、都道府県によっておよそ1.5倍の格差がある。医療費が高いところは保険料も高くなるよう、全国一
律になっている保険料率をあらため、都道府県別に設定することを検討する時期にきている」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/10/04/k20051004000191.html


777 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:55:57 ID:Eq4PWDk80

また小泉か!


778 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:05:04 ID:3qNUj6p10
>>776
素晴らしい。
感動した。

779 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:10:10 ID:jE+ioX490
>776
まぁ、保険の目的と年金の目的考えれば、そういう意見がでてくるのもしゃ〜ないな。

しかし、なんだ「保険料率をあらため、都道府県別に設定することを検討」ってのは?
老人の少ない県に若い人が逃げないか?

あと別に保険に入って無くても医師に診て貰うことはできるだろ。
全額自腹になるだけで。

780 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:21:43 ID:uy1YKQ9/0
>>774
うん。仮に志をずっと持ち続けてたとしても、体がおっつかないと思う。
医師も同じ人間であって、職業であるってのをきちんと考えて欲しいですね。
わたしもそう思いますよ。

年金と保険のリンクって、双方を維持してる世代をどんだけ締めつけりゃ気が済むのやら。
年よりは死ね!とまではいわないけど、福祉に金巻き上げられて
恩恵を受けられるかどうか怪しい世代を保護していくことをもっと考えないと
将来えらいことになりそうですね。

781 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:23:54 ID:nftqopYg0
>>780
当然医師の増員は必須でしょう。
その代わり給料は安くなる、と。
人件費の総額は維持のまま人員は二倍、この程度の改革は必要では?

782 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:30:21 ID:X5WfyPXc0
>>771
>貧困層のために医療を行おうっていう
>奇特な医師だってきっと残るはず。

なんだその「きっと」というのはw
政策的に導入するときに医者のボランタリーな協力なんかアテにできるわけないだろ
自治医大見ろよw


783 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:33:11 ID:PLSFvt2n0
医者の増員は年月がかかる。学生6年+研修2年+α だ。
そのころには日本の人口が減少過程に入っていると思われ。

で、人件費の総額は維持のまま人員を増員する手っ取り早い手段で、
日本政府もおすすめの強力に推進する手段はこれだ!

医療費の引き下げ+医者の給料の引き下げ=(特定!)外国人医師の参入を促進
規制緩和会議も、日本政府も、積極的に(特定)外国人医師をまねこうとしている。

在日医者=Redのことです。今後、こういう外国人医者が増加予定です。
http://www.google.co.jp/search?num=50&hl=ja&lr=lang_ja&q=%72%65%64%20%E5%9C%A8%E6%97%A5%20%E5%8C%BB%E8%80%85%20%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1



784 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:33:57 ID:X5WfyPXc0
医者も歯医者も弁護士も肝に命じろよ
「俺たちは人様の不幸で食っている」とな
収入が増えればそれは不幸な人が増えた時だ


785 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:35:16 ID:PLSFvt2n0
>>782 同意。

ねーねー、医者たたきの人たちに聞きたいんだけど、
医者も人間。このスレの医者を見て、
なんで、ボランタリーな協力なんかアテにできるわけ????

786 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:45:20 ID:Dlc9Xdk30
>>784
それぐらいわかってるさ。
ただ、収入が増えればそれは〜の部分は違う。
患者が増えても収入は増えない。
仕事量に収入は全く関係ない。(それどころかバイトできなくて増えない)
それが医者の半分以上を占める勤務医の世界。

787 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:46:40 ID:enB6MbMr0
日本の医者なんて高給取るだけでレベル低いよ。

積極的に優秀な外国人医師を導入しよう。彼らは誠実で勤勉ですよ。

788 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:48:45 ID:3qNUj6p10
い や な ら 辞 め ろ

代 わ り は い く ら で も い る

志 が 低 い お 前 ら が 医 師 だ と 国 民 が 迷 惑 だ !

い や な ら 辞 め ろ

代 わ り は い く ら で も い る

岩 手 の 中 国 人 医 師 導 入 を 知 ら ん の か ?

789 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:51:17 ID:X5WfyPXc0
>>786
好きでやってるんじゃないのか、「医は仁術」で奇特な行為をやってるんだろ?
いやならやめりゃいいじゃないか
職業選択の自由はあるぞ

というとな
「やめてもいいが困るのは患者だろ」と脅しが入るんだよ
「外国人医師が入ってきてもいいのか」とゼノフォビアに訴えるんだよ
素直に「もっとカネくれよ」と叫んだ方がよっぽど一般人の共感得られるぞ
ここで「カネカネの悪人ばかりじゃない」なんてこと言ってても
見え透いてバカバカしいだけだろ


790 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:52:00 ID:uy1YKQ9/0
>>782
まあ笑われちゃってもしょうがないねw
ただ医師も統一された思想のもとに動いてるわけじゃないから、
ゼロとも言い切れないでしょ。
>>785
ここの板でも拝金主義的な医師ばっかりじゃないじゃない。
でも実際には後ろ見たら誰もいないってことになりそうですけどね。
特定の外人も悪い奴ばかりじゃないんだろうけど、例に挙げられてる人はあまりにも・・・
なんかいがみ合って悪い方向に進まないようないいアイデアって無いもんですかね。
どうせがんばるなら不幸をちょっとでも減らすためにがんばりたい。



791 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:54:08 ID:X5WfyPXc0
日本人の医師ってそもそも医学の世界の共通語の英語すらおぼつかないだろ
そこらの医院のぼんぼんなんか人様の命預けられるような代物じゃないわ


792 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:58:25 ID:X5WfyPXc0
>>790
>ただ医師も統一された思想のもとに動いてるわけじゃないから、
>ゼロとも言い切れないでしょ。

政策として導入するとは「統一された行動を要求される」ということだよ
当然血眼になって反対するだろ、全員が

793 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:59:05 ID:ROb+XQNt0
これは今後さらに増えるであろう老人の病院のサロン化を防ぐ為じゃないのか?
ならばそんなに悪い話でもないと思うが。

でも本当に削減すべきなのは延命治療だろうな。
ある年齢以上の延命治療には負担割合を大幅に上げる必要があると思うが。
その分若年性のガンとかは負担割合を0で。

794 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:01:20 ID:/DBTB78v0
>>789
オレだけがいっててもしょうがないけど、やめてもいいけど困るのは患者だなんて思ってる奴、
少なくともオレの周りにはいない。
それから2代目であほな奴は確かにいるけど、2代目じゃなくても拝金主義的になってる奴もいる。
2代目で使命感もってがんばってる奴もいる。
貴方がどうしてそんなに医師って職業の人をひとまとめにして見るのかオレにはまったくわからないけど、
医者と患者はもっと協力すべきだと思うよ。
ホント、ここんとこの医療関係のスレ読むと悲しくなってくる。
こういう事態を招いちゃったのは医師にも責任あるんだけどさ。

795 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:02:45 ID:5ChRk8ks0
日本の医療は基準が高いよ
でも分からない奴には何を言っても無駄
周りを見て後で後悔しても遅い

796 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:03:09 ID:tcDPT3li0
>>786
勤務医と開業医を分けて考えるのはやめにしないか?
親の診療所を継げたり資本力がある人間は開業できるし、ない人間は勤務医で一生を終わるだけのこと。
議論すべきなのは医師としての労働に対する対価の問題であり、勤務医が正当な報酬を得られるような
状況になれば、資本家である開業医や病院経営者がそれ以上に儲かるのは当然だろう?
勤務医が開業医を妬むのは資本主義の否定にしかならないぞ。


797 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:03:32 ID:wl0f8ht30
>>788
中国のような制度がいいのか?
なんか医者の報酬が散髪屋なみらしいぞ。質はどうなるか分かるよな。さらに、やってくためには、何をするかというと、がんがん無駄な検査、薬とかを出しまくる必要があるらしい。
で、それが下手な医者は淘汰される。そんな医者がお好みですか


798 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:03:34 ID:R6XPPFzu0
自殺と安楽死を合法的にケアしてくれれば
医療費削減は大賛成だよ。
医療費負担に耐えかねて自ら命を絶つ権利も認めてあげないとね。

799 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:04:46 ID:hbabUse40
うちの病院は徹底してお金にならない患者は取りません。
いいとこ70歳くらいまでの比較的元気な老人は別ですが。
生保・重症患者・ひどい基礎疾患のある患者・家族に問題のある患者
なんかは全部近くの旧国立病院に投げ込みます。
そこからウチに患者を戻そうとする打診があったときは、電話で徹底的に
現状を探り、自力でご飯が食べられないとか、せん妄があるとか、
問題行動があるとか、自力で歩けない患者は転院を断ります。

比較的元気な病人が集まるので、近所では良心的ないい病院と言われていますw
経営は微黒字程度らしく給与は少なめですが、職員はストレス少なく働いているので
コレはコレでありかななんて思っています。
でも、近所の旧国立病院がなくなったら、ゴミ箱病院が遠くなるので是非
旧国立病院経営陣には頑張ってほしいものです。

800 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:07:39 ID:ctfyQiy60
延命治療の廃止(禁止)は重要なことかもしれないね。
少なくとも保険治療の範囲内では延命治療(自立生活への回復の可能性が
極端に低い、もしくは医学的に不可能と思われる患者に対する機械的延命だけを
目的とした対処療法)の禁止(保険の非適用)は必須課題でしょうね。
どうしても延命治療がしたければ民間保険化自費で、という決断は必須でしょう。

801 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:08:57 ID:tcDPT3li0
>>799
アメリカでは死亡率の高さを売りにしている病院もあるらしいね。
本当に良い病院というのは治らない患者もきちんと受け入れる度量のある病院なんだけど
そういう意識は日本ではまだまだ受け入れられないだろうな。

802 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:09:00 ID:c279PFZz0
>>799
老人病院はどこもそんなもんでしょ.
わざわざこんなとこで威張ることじゃないよ.
手のかかる患者も元気な患者も同じ値段なんだから.

803 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:09:03 ID:bc82uM4p0
医療保険を累進性にすればいい、
金持ちは風邪ぐらいなら全額負担。
法人税などと違い、金持ちが外国に
これしきで逃げることもあるまい、
結構効果的かと思われるが。

804 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:11:39 ID:tcDPT3li0
>>803
保険料がかなり急勾配の累進性なのに給付まで制限するのか?
いくらなんでもそれは無茶だと思うぞ。

805 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:12:09 ID:IlZkPpeb0
>>803
金持ちが保険から脱退するよ。
皆保険といっても不払いに対する罰則は無いし、
金持ちだったらそもそも自費診療でも痛くも痒くもないんだから。

806 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:14:18 ID:2iTTnolj0
ビョーキでもないのにビョーイン逝くなくそじじい

807 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:15:50 ID:bc82uM4p0
>>804 無茶じゃない、小泉が本気になれば、できる。

>>805 義務徹底、厳罰設定でいい。これも政府与党が本気なら、できる。

808 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:16:10 ID:NEXpgPYD0
>>797
>なんか医者の報酬が散髪屋なみらしいぞ。

この意識が問題だという事が医師には分からないんだろうな
感覚麻痺のいい手本だ


809 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:19:39 ID:NEXpgPYD0
>>794
>医者と患者はもっと協力すべきだと思うよ。

患者は医者からはむしり取れませんが?


810 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:20:53 ID:Y32Uo6pR0
ゴミ箱病院かw
日本の医療関係者にかつてないほど厳しい目が注がれているのがよくわかる書き込みだな

811 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:21:43 ID:IlZkPpeb0
>>809
無知とお客様意識を発揮して
診療行為という資本自体になりえる時間を無駄にむしりとっている。

812 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:22:43 ID:hZXrbywF0
>>787
日本の医療は、WHOからフランスやイタリアと並ぶ世界一の
水準だっていうお墨付きをもらっているよ。


813 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:22:55 ID:8kzbVU0p0
>>797
おいちょっと待て。便器の修理以下の間違いだろ。

>>808
確かに、このスレとは全然関係ないな。

しかし、軽い病気に負担増やしてどうするんだろ。予防するのが最もコストパ
フォーマンスいいのに、厚労省ってカスの集まり?


814 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:23:12 ID:v4cZoT3e0
>>789
医学部を卒業し、医局の言いなりになって大学院を出た時点で30歳。
それから医員になってみて、待遇の悪さに愕然とさせられる。
なかなか潰しが利かないのが現実。
国税専門官の友人を見て、先見の明がなかったことを悔いてるんだが。
>>808
働き始めが遅いんだから、奨学金返済とかまで考えるとそんな給料じゃ足りないでしょ。
あと、大学出た人が中卒、高卒の人より高めの給料もらうのって普通の感覚なのでは?

815 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:23:29 ID:dxSQ529R0
結局のところ、死にかけ老人・終末病人・治癒の当てのない病人なんかを
家族が仕事辞めてでも「自宅」で病人の介護をさせて、
「自宅」で家族に看取らせるのが一番良いんでしょうね。
病院で死なせるからお金がかかる訳で。そういう病人は全額自費にするとかすればいい。
「家族の死は家族が自宅で看取る」これが余分な医療費を削る早道。

816 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:25:26 ID:/DBTB78v0
>>803
むしろ初期状態での医療費を安くしてかかりやすくするほうがいいと思うけど。
>>808
かかるコストと責任が違うのに、その意識が問題っていわれてもなあ。
別に責任あるんだから金よこせっていってんじゃなくて、
現在の感染予防に関するコスト、具体的には多くの使い捨て道具や
消毒のために同じ道具を数そろえなきゃいけないとか、
はっきりかかるものを無視して話をされたんじゃあちょっと困るよ。
それを意識しないですんでるのは現在の医療制度のおかげなんだし。
責任感を否定するのに、責任に伴う収入の話が出るととたんにそういう風になっちゃうのっておかしくない?

817 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:25:38 ID:dbWYwhbQ0
多分まだ誰も指摘していないと思うけど、高脂血症の治療方針が科学的
根拠が薄いらしい。日本の場合、総コレステロールが確か210以上だと高脂血症と
診断されて抗コレステロール剤を投与されるが、なんとその効果が
未知との事。十年くらい前は、250までが正常だったくらい。
しかも、一時はメバロチンと言う品目だけで売り上げは1000億円。
今は何種類もある、「巨大市場」。
MRの言いなりになる医師にも少しは責任があるのでは?

818 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:25:54 ID:IlZkPpeb0
保険医療制度導入時に医師会が散々反対したことは忘れ去られ、
元通りの自由診療制になるのが将来の姿なのであった。
それの先鞭として保険適用範囲の縮小→混合診療の導入。

これはある意味正しい。
正義ではないと思うけど、近頃好まれる資本主義的ではある。

819 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:27:58 ID:NEXpgPYD0
>>814
体内にはさみ忘れてくれる医者より
腕利きの散髪屋の方が人類に貢献し、高給に見合った仕事してると思うが?
一般論で「大卒=高級であるべき」が痛すぎ


820 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:28:48 ID:IlZkPpeb0
>>819
床屋に手術してもらえ。

821 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:31:45 ID:v4cZoT3e0
>>817
薬の説明で虚血性心疾患を減らすエビデンスを示されてるからねぇ。
あと、診断できて何も治療しなかったら後が怖いので。
訴訟のリスクというのはすごいプレッシャーよ。
>>819
はさみを置き忘れてくる医者がどれくらいいるのかと。

822 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:32:11 ID:NEXpgPYD0
>>816
>現在の感染予防に関するコスト、具体的には多くの使い捨て道具や
>消毒のために同じ道具を数そろえなきゃいけないとか、
>はっきりかかるものを無視して話をされたんじゃあちょっと困るよ

それは医者の給料から持ち出しじゃないだろw
いかにもおまえさんのポケットマネーのように言いなさんなよ
みっともない



823 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:32:14 ID:dxSQ529R0
>>814
医者の泣き言を喜ぶ粘着が、いかにも喜びそうな餌スレですね。
早速>>819が嬉しそうに食いついてますし。

824 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:33:14 ID:yglqBXF5O
確かに今の病院は老人の憩いの場になってるわな。
寂しいからとかちょっとした健康不安から、安易に病院へ行こうとする。
解決法→病院の隣に老人ホームを建てる事を義務付ける。

825 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:34:29 ID:9MCbN2d30
病気も、2:8の法則通り、2割の重い患者が、8割の医療費を使っている。

オーケーベイベー?

826 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:35:54 ID:NEXpgPYD0
>>821
一人でもいたら困るんだけど?
実際には年に何人発覚してることやらw


827 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:37:06 ID:dxSQ529R0
病院と病人の間の垣根が低すぎるから問題。
もっとどこの病院も敷居を高くして良いと思う。
病院併設老人ホームなんて垣根がないに等しいからダメ。

828 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:40:12 ID:/DBTB78v0
>>822
いや・・・こんなの反論するのもあほらしいけど、総合病院であれ個人経営であれ、
総収入からこういうコストやら何やら引いた上で人件費が出て、それの差額が売り上げなんだけども。
そういうの無視して医者が暴利をむさぼって国から金巻き上げてるって本気で思ってるの?
なんかあほらしくなってきた。医者憎しのひとが現実に目を向けないと、このまま旧体制に戻ってくわけね。

>>818
保険制度がなんで成立したかとか、それ以前はどうだったかなんていっても無駄みたい。
お休み。明日もがんばろうっと。

829 :某所より引用:2005/10/05(水) 00:40:39 ID:QvHLeSxG0
正直信じられません。このままで行くと日本の医療はメキシコ、韓国以下になります。

2003年OECD30カ国での比較
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1890.html

アメリカ 15% 1位
日本   7.9%  17位(半分以下)
メキシコ 6.2%  26位
スロバキア 5.9% 29位
韓国   5.6% 30位(最下位)

統計上、5.6%と言うのは世界の最下位を目指す、と言うことです。個人的な意見としては、これで日本の医療の息の根が止まった感じです。アメリカのたった3割の料金で何をしようというのでしょうか?

WHO健康度世界1位(2000年)の日本を懐かしむ日がすぐに来ると思います。いまが世界一位なのに、なぜほとんど全ての国民が「日本医療は悪い」と思い込んでいるのか不思議です。
http://ml.mie.med.or.jp/iryou/iryou.html
あとは落ちるだけです。教育と一緒で一度壊れた制度はなかなか元には戻りません

830 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:41:00 ID:IlZkPpeb0
ちょっとまじめな話しをすると、
有名な扶氏医戒之略の一項に

一、病者に対しては唯病者を見るべし。貴賤貧富を顧ることなかれ。
長者一握の黄金を以て貧士双眼の感涙に比するに、其心に得るところ如何ぞや。
深く之を思ふべし。

というものがあり、これを実現させるシステムとして
(右肩上がり時代に)保険医療制度が設定され、機能していたんだけど
負担する側の団塊世代が負担される側に回ることによって崩壊の予見が。
結局もとどおりの自由診療になっていくのかな。

そのうちアメリカみたいに初診数百ドル。
「MRIは当社の医療保険では適応になりません」みたいな。

831 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:41:22 ID:bEXODj6K0
貧乏人はますます刑務所志願になるな。

832 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:45:14 ID:dbWYwhbQ0
あと、呉羽化学の「クレスチン」や中外製薬の「ピシバ二ール」という
2つの抗がん剤。まったく効かない薬を何兆円も売り上げた過去。
旧厚生省も効くと主張した学会のドンは犯罪者だろう。
でもなぜか捕まらない。

833 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:47:47 ID:NEXpgPYD0
>>828
医者ってあたま悪いんだね、の典型のようなレスだな


834 :832:2005/10/05(水) 00:50:49 ID:dbWYwhbQ0
無駄なダムを作って、水道代を値上げしろって言うのと同じ。
小泉はこれらを解決できない。

835 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:52:49 ID:ZTyBgY820
>>833
俺にはおまえの方が頭悪く見える。

836 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:52:51 ID:dxSQ529R0
結局、近年日本の医療はアクセス良好・フレンドリー・低コストになりすぎたんだよ。
それを利用してお金儲けに走った医者がいたのは事実ですが
日本では医療が水や空気のように「当然そこにあるもの」になってしまった。

混合・自由診療とか、老人・終末医療切捨てとか、軽症疾患の医療費免責制度なんかは
「近寄りすぎた医療と患者」を引き離し、溢れるばかりに供給されていた医療を
「タダみたいなお金では医療は受ける事が出来ない」という世界標準に戻す手始めにはなる。

最近では水ですら水道水を嫌い、ミネラルウォーターを買う時代なんだから、
医療も高コストである事を国民に知らしめる制度改革が必要なんだよ。

837 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:55:29 ID:QTBAUCvm0
ほんと医者って自分のことばかり要求して
厚労省の人たちに迷惑ばかりかけてるよな。
気苦労が絶えないだろうなあ。

838 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:58:00 ID:m+pNttOq0
>>837
患者を選んでいいなら、つまらん要求もせんけどな。

839 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:58:21 ID:dxSQ529R0
>>837
う〜ん、あんまりパッとしない煽りだね。他スレで修練して出直してきてね♪

840 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:59:06 ID:8kzbVU0p0
>>833
たぶん、お前の方が相当頭が悪い。

841 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:00:12 ID:IlZkPpeb0
応召義務の廃止から始めよう

842 :832:2005/10/05(水) 01:02:09 ID:dbWYwhbQ0
フレンドリーと言う割には、カルテやレセプト開示など医者に有利だけど。
そのくせフレンドリーで得をするのは医者。
しかし、医者VS患者という短絡的思考は官僚の思うつぼ。

843 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:03:18 ID:Y32Uo6pR0
>841
病院の隣に住めば?
それが臨床ってもんだ

844 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:04:45 ID:dxSQ529R0
大体さ、ここで医者煽って喜んでいる連中にはまともな議論なんて無駄なんだから。
真面目に説得しようと思っても無駄だよ。揚げ足とって、悔しがる姿想像してカキコしてるんだし。

医者もきちんと粘着が嫌がる話をズバズバしてあげないとw
医者でもあんたらN速+に出入りしているネラーなんだから、粘着に打撃を与える訓練つんでよw

845 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:05:49 ID:NEXpgPYD0
あたま悪い、って言葉に異様に反応するね
分かりやすい人たちだ


846 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:08:31 ID:dxSQ529R0
ね、>>843なんかはパラメディなんだろうけれど、こういうカキコで医者に打撃を与える事を主眼にしているの。
つまんないでしょ?こういう馬鹿に餌を与えず、打撃を与えるのがN速+に出入りする
ネラー医師の務めなわけwあ、でも嫌われないように、スマートに打撃を与えてねw

847 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:09:24 ID:NEXpgPYD0
>>844
>医者もきちんと粘着が嫌がる話をズバズバしてあげないとw

どうぞ、ズバズバどんどんしてください
楽しみだなあ(ワクワク


848 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:11:06 ID:OKn5kRUF0
それならいらん診察を受ける必要がないように、薬とか簡単に買えるようにしてくれ
通風とか糖尿病とか、慢性病では月に一度は必要もない診察と薬の受け取りで金がたくさんいるのだよ

849 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:13:49 ID:dxSQ529R0
そう、で、>>847みたいなのは、餌がないと自分からはネタがない粘着の典型で
自分からは何も出来ないのよwだからこうやって煽るの、粘着は。
こういう底の浅い粘着はスルーするのが、スマートな打撃になるのよねw

850 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:16:02 ID:NEXpgPYD0
>>849
あんたもしかしw ご苦労さんだねw


851 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:17:38 ID:dxSQ529R0
>>850
いえ、どうもw

852 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:26:31 ID:NEXpgPYD0
ま、勤務時間が長いだの、カネはいいから暇が欲しいだのって香具師は
イギリスへでも行ってGPにでもなりゃいいさ
ひまだぞー


853 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:30:27 ID:dxSQ529R0
絡むだけならサルでも出来るよw
――v――――――――――――――
  ∧_∧
 (  ・∀・)
 (    つ ∬∬
 | | |  ⊂二⊃
 (__)_)  L___」

854 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:31:06 ID:v4cZoT3e0
>>848
糖尿病については自分のためにも薬は飲んだ方がいいよ。
ただし、その薬で血糖値をちゃんとコントロールできているなら、だけど。
糖尿病については専門外の医者が知ったふりしておかしな処方をしてることも時々ある。

と、かつて苦い思いをした俺が忠告しておこう。

855 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:32:02 ID:Y32Uo6pR0
診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には正当な事由がなければ、
これを拒んではならない。

正当な事由がある場合とは、医師の不在または病気等により、事実上診療が不可能な場合に
限られるのであって、患者の再三の求めにもかかわらず、単に疲労の程度をもって診療を拒絶することは、
医師法第19条違反

あんたらは医師を職業として選択した時点である意味人生に諦観が必要なんだよ
諦観だよ諦観w


856 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:32:12 ID:8kzbVU0p0
>>852
日本よりは暇だろうけど、あそこも人が逃げ出してるからなぁ。
かなり荒んでるけど、確かに回復過程にあるだけ日本よりは確かにましかも。

857 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:37:59 ID:NEXpgPYD0
年俸6万ポンドぐらいだろ>イギリスのGP
あんだけ暇で1200万円なら悪かねーよ
有給30日完全消化、土日はお休みだ、往診もない

他のEU国でもいいが、言葉の問題があるからな
フランスは待遇はいいようだが


858 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:38:11 ID:dxSQ529R0
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´_ゝ`)< >>855ふーん、で?
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

859 :832:2005/10/05(水) 01:38:16 ID:dbWYwhbQ0
すべての人間は、老いもし病気になる。
そのとき頼るのは医者しかない。親切な医者であって欲しい。
ノーブレスオブリージュではないが、期待しています。
俺は「健康」のために寝ます。
当直の先生はがんばってください。

860 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:40:56 ID:Y32Uo6pR0
諦観[テイカン]
 俗世に対する希望(欲望)を絶ち、超然とした(生活)態度をとること。



861 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:41:56 ID:NEXpgPYD0
>>849
と、少しネタも振ってみたのだが?
飽きたんで寝ることにするわ


862 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:42:53 ID:dxSQ529R0
>>860
ツマンネwあんた面白くないから俺寝るww
あ、俺に絡んでも無駄wwwwwwwwwww
医者ぢゃねぇしwwwwwwwwwwwwwww

863 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:43:09 ID:Eto9T2Ml0
臨床医には必ずしも高い学力の人間は必要ない、ということに対して
コンセンサスは取れてるのかな?

これからは優秀な人材を他分野に流すように誘導することも急務でしょう。
臨床には新しいものを産み出せるような人材より、職人的人材を配置する
方向に誘導していく。そうすることで人件費カットにも繋がっていく。
要は臨床医という肉体労働者(現場にいれば同意してもらえると思うけど)
を肉体労働に向いた人材の行き場とするように誘導すべきということ。
優秀な人材は他の産業分野へと誘導し、医療は本来そうであるべき姿、
つまり社会生活のフォローアップに徹する方向にしていく。

今のように優秀な人材が臨床医になっていく必然性も必要もない、というのは
理解していただけます?

864 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:48:43 ID:Y32Uo6pR0
>863
そうでつね臨床の先生はワイズでタフなガテン系w

865 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:56:08 ID:Q5xnDMSM0
>>863
いいこと言った
臨床医もある程度の器用さと記憶力、データを分析する脳みそあれば十分おっしゃるとおり職人すね
よくわからないが医学の研究ですら一部を除いて優秀な人間いらないかも知れない
臨床医も新しい手術法をトライしていく人間くらいしか学力求められて無い

むしろ薬、医療器具の開発の方に優秀な人材が流れた方がいいかも

866 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 01:59:50 ID:sBcjCLXw0
まぁ抜群の記憶力と理解力、それから
それを使いこなすだけの理系力は必要だけどね

867 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:14:00 ID:v4cZoT3e0
理系力というのがいまいち分からないが、必要だと思うのは
・平均4時間睡眠休日なしで働ける体力
・文献を読むのに必要な程度の英語力
・常識人と普通の会話ができる程度の常識
・コロコロと入れ替わる患者さんの顔と名前を覚えられるだけの記憶力
・基礎となる生理と各種疾患の病理ぐらいは理解できる理解力
ってところだと思う。
数学とかほとんどいらない。希釈の計算ができれば十分。

868 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:18:32 ID:Y32Uo6pR0
臨床医に限って言えばそもそも理系である必要あるんでつかね?
はげしくぎもーん


869 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:21:58 ID:RgRtGHzQ0
極論オンパレードなスレですこと


870 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:29:55 ID:VtMtcTbN0
一律保険適用だから、健保に加入するわけで、軽い病気は自費ということになれば
若者は健保に排卵だろう差。
今だって、サラリーマンは尽きに数万円健保に取られているが、医者に掛かる奴は
殆どいない。

871 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:42:46 ID:Y32Uo6pR0
国立大学の授業料は医学部といえどもかなり安い。
医学部の学生には1人当たり年間1000万円近い税金が投入
されていると聞く

まああれだ米軍の予備役のように、団塊が大量に押し寄せる今後の医療戦場で
御国の一大事の為におおいに戦ってくれたまえ。それでこそ医療費も削減
できるというものだ。期待しているよ医師の諸君
皇国の荒廃この一戦にありだ。明日の日本国の為に頑張って戦ってくれたまえ。



872 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 03:25:37 ID:QGwvhvB/0
>希釈の計算ができれば十分。

できない医者も居る。
散剤を処方されたら「要注意」だよ。

〜薬剤師〜



873 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 04:10:04 ID:gUsu4m2S0
先生方、心配しなくても、コイズミさんはちゃんと考えてくれてますよ。

★厚労省、在宅医療の報酬増額を検討・入院医療費を削減
日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20051004AT1F0601G03102005.html
>医療法人が高齢患者を受け入れる有料老人ホームを開設できる規制緩和などを検討する。

病棟半分潰して自費老人ホームにしてもいいから、保険収入で足りない分はそっちで補填してね。って事だろ。
痴呆老人の退院を渋る家族に「今日で入院は終わりです、このままここに置きたいなら明日から一泊3万ね」
が可能になるわけか。

しかし、コイズミ医療改革の本質は
>政府の医療費支出:sage
>医療機関収入:不変、巧くやればage
>患者負担:大幅age
>医療の質:sage
な訳だが、これを「診療報酬=医者の給料sage、抵抗勢力=医師会」でカモフラージュして
一般市民の賛同を得てしまうところに彼の賢さがあるな。

874 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 04:16:16 ID:mnnBSac90
読まずにカキコ

いいじゃん、これ。大賛成。

875 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 04:42:04 ID:wEq3g+aUO
年金も高齢者の為に払い、
健康保険料も高齢者の為に払えってのか!
年に一、二回しか病院なんていかないし、
重い病気になったら自分の保険使わんと足りないし・・


もし、この法案通すなら、井戸端会議しに来ている高齢者が、
不必要な通院をしたと診断されたら罰金を徴収しろよ!

ホント邪魔くさい!!

876 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 04:53:25 ID:+EG3rfppO
早期発見・早期治療はどうでもいいのか。

877 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 04:58:46 ID:zlyon+iA0
いずれ受診する時に健康保険証じゃなくて
アリコやこくみん共済の会員カードの提出が求められる時代になる。

878 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 05:28:50 ID:wEq3g+aUO
>>123みたいな人とジジババと分けて考えてほしいね・・

879 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 05:36:42 ID:mnnBSac90
>>123みたいな人のためなんじゃないの?
細かい負担は増えるけど、それによって皆保険が維持され、大病のときも安心って話でしょ。
もちろん小さくても大きくても保険適用されるのがベストだけど、
どっちかといったら大きな病気のときにこそ頼りたい。

まあその前に、もっと薬価下げたり、公務員削減してそのぶん医療費に使ったりしてほしいけど。

880 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 05:51:01 ID:gUsu4m2S0
皆保険制度辞めて高額医療費返還制度だけにすればいいのでは?

881 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 06:10:08 ID:sWNMpSzB0
軽いうちに治すことが大事なのに本末転倒。

882 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 07:18:33 ID:6jhf243s0
>>805
もともとお金持ちは全額自己負担の自由診療しか受けてないと思う。


883 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 07:23:06 ID:6jhf243s0
ヨーロッパとかじゃ予約して診療でも何日待ち救急車で運び込まれても24時間以上待ち手術は何年待ちが
普通じゃなかったかな。

884 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 08:38:23 ID:bEXODj6K0
日本はよい国だけど小泉や諮問委員会が牛耳ってるからもうだめだね。

885 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 10:24:18 ID:IeuzpqFI0
あげときますね

886 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 12:41:52 ID:FUo0nqmv0
手を打たなくても、かってに医療機関はつぶれていきますし、それ以上に医者が
最前線から逃げ出して制度崩壊を自動的にしてくれます。
その際に逃げ出した医者がまだ医療現場にいてくれればいいね。
最近では医者辞めちゃったり、医療業界から他業界へ逃げ出しているんで。

887 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 12:53:21 ID:ynmahGrI0
>>857

英国の物価を考えると、1200万円以上の価値がありますよ。それでも英国人が逃げ出して、移民医師が多いらしい。
英国のGPよりずっと悪い待遇で働かされて、さらにマスゴミにたたかれる日本の勤務医ってなんなんだろうね。
まあ、最近は逃散も増えてるし、他業種への転向も珍しくないから、優秀な医師を日本人が求めても見つからない
事態になるのでしょうね。

888 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 13:14:25 ID:Y32Uo6pR0
莫大な税金とたくさんの人的資源や時間を投入して育成した医師が、
可能な限り現役の医師として活躍し地域に貢献してくれないと
国民が必死で働き納めた税金は全て無駄になりますね。御国にとっても大損失
他業種への転向なんて許すマジですね。社会の裏切り者ではないでつか


889 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 13:39:47 ID:hK3kMGmA0

これに賛成とか言ってるヤツ。
はやく病気になって死んで下さい。
もしくは、テロで毒ガス吸ってください。

医者にかからなくていいです。


890 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 13:48:47 ID:ynmahGrI0
>>888
ポルポト主義者乙。

891 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:17:42 ID:Y32Uo6pR0
>890
ソロバン医乙w

892 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:58:53 ID:Eto9T2Ml0
>>888
長期的に見れば、今の医師たちが退いてくれるのは良いこと。
今現在医者をやっているような高コストの人材には退場していただかないと。
低コストの人材を多量に入れることで平均的なサービスを上げないと。
例えていうなら、高級レストランからファミレスへの転換ということ。
高級レストラン一軒を建設、運営するコストをファミレスに使えば、
より沢山の店舗を持つ事が出来、より沢山の人に食事を提供できる。
結果として利益も上がるかもしれない。
ただし、高級レストラン程の最高級の料理は食べられない、と。

でも、医療というものの本質を考えれば、最大多数の最大幸福の方向に
流れていくのは悪いことでは無いからね。

893 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:49:04 ID:24I06ONN0
age

894 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:55:58 ID:EWrwS4QT0
>>892
そんな難しいたとえをしなくても、
長期的に見ればお金を払わなくては先端医療は受けられません、
保険ではある程度しか見ません、その基準は民間保険会社と製薬会社と官僚で決めます、
となるに決まってるじゃない
医療の最大多数の最大幸福って、すべての人が最先端医療を受けるってことだけど、
国はそこまで面倒見切れませんってことでしょ

895 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:36:01 ID:Eto9T2Ml0
>>894
どこまで先端的な医療を保険の範囲内に出来るか、ここが問題。
今のように人件費が高い状況だとここで妥協が必要。
だから、人件費を削れるような方策が必要なんだよね。

今後土木系公共事業は減っていかざるをえないから、そこで余った人材の
受け皿として医療を用いるのが良いのでは?
医療というのはある種の公共事業だから、受け皿として丁度良いでしょ。

896 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:37:17 ID:U8P/L4Cj0
>>892
最高級の料理を食べなくても死なないけど、ちょっと高級な医療を受けないと死ぬことは良くある。
国民が我慢できるかな。
今の医療訴訟の判決は定食屋で三つ星レストラン並の料理が求められてるのに。
裁判官様がどんな判決だすかね。「貧乏人が死ぬのは仕方がない」と言えるのかな?

897 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:40:35 ID:bmZ/C3Zp0
将来的に3割抑制だってよ。もう笑うしかねえなw

医療費、GDP比5.6%に抑制提案へ・諮問会議民間議員
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20051004AT1F0302I03102005.html



898 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:42:06 ID:Eto9T2Ml0
>>896
ちょっと高給は対応するでしょ、ファミレス同様に。
例に出したように最高級のものは保険で対応しない、と。

今「定食屋で三つ星レストラン並の料理が求められてる」のは
医療スタッフが高給とりで優秀な人材だという事が知れ渡ってるからと、
やはり病気という人の弱みに付け込んでいい生活してるという思いがあるから。
シェフが三ツ星レストラン級だという意識が皆にあるから求められるわけで、
初めから定食屋級の料理人だとわかるように切り替えればいいだけ。
給料も下げ、人材もそれなりにすれば変わることだよ。

899 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:04:17 ID:EWrwS4QT0
>>898
何が言いたいのか良くわからんのだが、
医学部の偏差値が低くなる、極端に言えば医者育成専門学校とでもすれば、
先端医療の大部分が公的保険でまかなえるってこと?
だとしたら ありえねー

900 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:37:27 ID:NHD/XXYi0
>>897
誰かこれでスレ立ててくれ。
俺の所では立てられん。

901 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:37:27 ID:U8P/L4Cj0
>>898
あなたが主張してるようなことを裁判官が考えてるわけないよね。
彼らは単に最善に達していなかったことを、瑕疵と考えてるだけだよ。
現場を知らないから込み合った立ち食い蕎麦屋の天ぷらが
銀座の高級天ぷらの水準に達していないのを瑕疵と判断する。


902 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 20:19:52 ID:t2FwUyJK0
>>895
で、土木作業員に医療現場で何させるつもり?

903 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 21:13:16 ID:Eto9T2Ml0
>>899
>先端医療の大部分が公的保険でまかなえるってこと?

いや、先端医療は自己負担と言ってるだけ。
人件費を圧縮すれば、今後避け得ない保健対応医療の圧縮下でも、
その圧縮の度合いを多少緩められるという話。

>>901
当然法改正は前提でしょ。
医療制度改革なんだから…

>>902
今現在土木作業員の人の話ではなく、今まで土木作業従事者の
方向に進んで行った様な人たちを医療に回すようにする、ということ。

904 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 22:21:34 ID:0VPAerIh0
>>817

花粉症対策に2週間〜1ヶ月前に抗アレを服用したらマシになるってのも一時期宣伝しまくってたよな、MRとマスコミが。

んで結局たいしたエビデンスも得られず最近じゃ胡散臭いってことになってさ。

だいたい抗アレの値段ってあれ何よ?
キャバ嬢みたいな見てくれの派手なMRばっかよこすなって。
あんなので年1000万プレーヤーってのが正直泣けてくるね。
いやまじで。

905 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 23:18:19 ID:mnnBSac90
まあ医療従事者の人件費は削るっていうか、据え置きで相対的に減ってかざるを得ないよな。
そのかわりいっぱいリスペクトしてあげようよ。

906 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 23:40:54 ID:bEXODj6K0
>>900
関連スレ。
赤旗】 ”景気が悪くなったら病院行くな” 経団連会長ら、医療費抑制を提案
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1128518096/l50

907 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 23:44:36 ID:30QjocMM0
ジジイ・ババア供の憩いのスペースが
無くなるのは非常に歓迎するべきだ。

908 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 00:17:07 ID:YpAKxEjy0
俺骨折のリハビリ行ってるんだけど、窓口負担は約510円。

         医療費                   窓口負担         負担増加倍数

      従来:1700円               1700円×30%=510円

 500円負担案:1700円   500円+(1700円−500円)×30%=860円             1.7倍

1,000円負担案:1700円 1,000円+(1700円-1,000円)×30%=1,210円            2.4倍

慢性病の多い診療科目程、患者負担の影響が大きいと思う。

909 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 03:07:09 ID:ReFZ/SS/0
ベッド数で優遇される制度そのものの廃止が必須だ。
200床と199床では、病院の収入が大きく変わるのはおかしい。

910 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 03:57:34 ID:VdhCXwNg0
家族が年金を横取りするためや、病院の小遣い稼ぎに、
生きてるのか死んでいるのかわからないような状況の年寄りが
どれ程の数が飼われているか。

911 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 07:01:37 ID:JnP76djZ0
>>910
差額ベッドを使わなければ、病院の小遣い稼ぎにもならない。
むしろベッドの回転を遅くし、平均在院日数を延ばすことで経営には悪影響。

912 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 23:47:04 ID:WcyGtbUC0
>>908
1000円免責負担で倍の負担になるね。
月二回通う持病あるんだ。つらいなー。

うーんでも、今おもったんだけど、
薬に関してはどうなんだろう。
今月はじめ900円はらってる。
診察料金が3000円。
そのうち1000円が免責として ?3000-1000=2000×30%=600円
600+1000で1600円払うのかな?

薬代のほうは院外処方で1回3000から5000円になる。
うーん、 どうなるんだ?


913 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 00:57:04 ID:mQKF7BJx0
age

914 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 01:08:04 ID:xqwWhqSd0
子供なんとか来た道じゃ、年寄りなんとか行く道じゃ、って言うじゃない?
年寄りが病院でたむろしてどうこうって、言うけど、
彼らのうち好きで行ってる人も中にはいるのかもしれないけど、
ほんとに年取るとあちこちガタがくるんじゃない?

負担が増えるのはしょうがないんだけど、
「軽い病気」ってのがよくわからん罠w

915 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 01:30:33 ID:2MFChB5Z0
>>914
「具合が悪いな」と思ったときに気軽に医者に罹れるかどうかという問題だよね。
歳を取れば当然のようにあちこち具合が悪くなることは増えるわけだし。

916 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 01:51:11 ID:xqwWhqSd0
もちろんこれからアクセスもコストも、これまでより悪くなってくでしょ。
激しく外出だけど今まで(他の先進国に較べて)良すぎたわけで。

917 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 01:59:07 ID:xqwWhqSd0
>>895
ITゼネコンってのがありますな。電子カルテとか言って。
大きい病院行くと、SEだか小僧だか丁稚だかよくわからない人がうろうろしてますよ。

918 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 02:15:27 ID:qsHNsW5J0
・「軽い病気」で病院へ→その時点ではタダの風邪→症状が悪化しても病院にいかない
 →2日後、肺炎併発→訴訟→裁判で病院から金ふんだくってウマー

・自分で肺炎を疑うほどの高熱・咳→市販バファリン+鎮咳薬等で症状をマスク→「薬だけください」と申告
 →病院で肺炎見逃し→ほくそえみながら他の病院で精査→肺炎の確定診断→訴訟→裁判で病院から金ふんだくってウマー

919 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 02:28:51 ID:xqwWhqSd0
後者は今でもできますが。ただ、
アメリカ型になりますと、

ほくそえみながら他の病院で精査
が、誰にでもおいそれとはできなくなるかもね。

ヨーロッパ型だと、よっぽどのことがなければ裁判にならないかもね。

920 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 02:30:59 ID:xqwWhqSd0
あ、ちなみにヨーロッパでも、
ほくそえみながら他の病院で精査
は、なかなか難しいのかもしれません。

921 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 02:31:42 ID:6pwJJ5Hh0
薬剤師は20年後も薬剤師で確実に食って行ける自信ある?

貧乏人の子供、国立歯学部卒の歯医者だけど、
歯医者で将来も食って行ける自信ないんだけど

922 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 02:37:52 ID:xqwWhqSd0
今でもできます、は、やろうとすることができるというだけで、
必ず金がとれるという意味でないのはもちろんです。

自分ならどうするかな・・・。
色々思いつくなぁ。

こういう悪知恵を弁護士に教えて勝訴したら分け前貰うとか、
そういう商売あんのかな、アメリカとかw。

923 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 05:36:42 ID:8wjP7NnI0
>>921
鹿はネ〜・・・。現役私大歯学部生は公務員試験に精を出してるとか(?)。

924 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 11:25:34 ID:Yy2+imcx0
来週くらい政府案、発表ですか?

925 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 12:04:53 ID:bP6Dd4dO0
やっぱりこいつら一度頭の中
検疫してもらった方が良いみたいだな・・・

926 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 19:37:37 ID:/mDqizx90
>326>334>348>354>359>376>386>396>398>406>412>422>431>436>442>467>471
>484>490>509>519>536>541>546>548>549>556>560>564>568>570>696>698>703
>223>239>250>270>288>302>311>323>335>344>363>373>389>394>401>411
>414>418>429>441>449>463>472>481>492>496>499>508>513>517>523
>231>240>255>265>280>291>301>313>324>365>447>455>458>473>479>488>498>503>506>557>561>563>566>569>571
>5>9>13>16>25>33>38>51>55>64>72>82>94>106>113>131>139>166>183>208
>19>30>34>45>59>79>85>93>102>115>119>126>145>156>164>177>186>206>210
>424>434>444>451>462>470>480>495>507>516>524>534>538>550>551>555>559>562>598
>253>319>342>358>383>400>410>413>420>428>439>452>460>468>476>483>705
>224>241>254>264>279>321>352>369>405>459>466>474>477>515>545>588
>225>236>274>304>310>333>343>346>366>374>388>395>409>425>430>433
>625>627>630>632>634>638>642>648>649>651>653>657>661>662
>276>286>303>322>332>367>387>454>464>469>486>494>504>510
>808>809>819>822>826>833>845>847>850>852>857>861
>815>823>827>836>839>844>846>849>851>853>858>862
>44>50>71>74>98>109>129>142>149>199

927 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 22:25:07 ID:uVRNiEyA0
>>926
何が言いたいんだw

928 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 22:53:31 ID:vaCBL3420
愛がないなこの法案。
無情だ。

306 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)