5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【経済】竹中平蔵経済財政相,インフレ目標の導入求める:衆院予算委

1 :('A`) R. ◆CkQJ/zRB6Y @Sφ ★:2005/10/04(火) 13:04:39 ID:???0
経済財政相、インフレ目標の導入求める・衆院予算委

 3日の衆院予算委員会では竹中平蔵経済財政相が「インフレ目標論」の
導入を改めて求めた。

 推進派の竹中氏は「デフレ問題だけが解消されていない。マネーサプライが
増えないことが深刻な要因だ」と回復傾向にある日本経済の問題点を指摘。
「中央銀行が独立性を勝ち取る重要な要素は説明責任を果たすこと。そのために
インフレ目標を採用している」という海外の中央銀行総裁の話を紹介しながら
自説を展開した。

 そのうえで竹中氏は「福井総裁からも経済財政諮問会議で『これから検討して
いかなければいけない』という趣旨の話をいただいている」「日銀も努力してもらえると
思っている」などと日銀に水を向けた。もっとも福井氏は「インフレ目標が万能という
考えはとっていない」と慎重な言い回しに終始した。 (20:08)

[Source]
日本経済新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20051003AT1F0301U03102005.html

2 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:05:47 ID:EoGFab4Q0
2

3 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:05:48 ID:gV3PJGQG0
キタ━(@u@)━( @u)━(  @)━(  )━(@  )━(u@ )━(@u@)━ !! 2

4 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:07:04 ID:AuXM9dDg0
暴騰!暴騰!

5 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:08:11 ID:5ldtuP5l0
誰か解説して!

6 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:09:45 ID:zy9wu0NI0
原油が高騰して、自然とそうなる。ほっとけ。

7 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:09:53 ID:t/LPWA5h0
インフレターゲットっていうヤシ?

8 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:10:36 ID:KZKwhZZw0
ん?日銀はやめたいらしいぞ。また素人はめようとしてるだろ

9 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:11:07 ID:kmtJiRDl0
インフレ→長期金利上昇→国債あぼーん

10 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:13:07 ID:U1SiMU1O0
インタゲついにキタァー!!

11 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:14:34 ID:JFc7g+6M0
ハイパーインフレ

12 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:15:33 ID:GQ9CDF020
竹中の云っているインフレターゲット論は信用ならかなー。

 物価が上がって、給料も上がれば良いが、原油の高騰はその他の材料費
の高騰は、企業収益を圧迫している。円安もその意味で大きく。
 企業は、これに乗じて便乗値上げして利益上げる。

 でも、給料は上げない。よってスタグフレーションは必至。

 スタグフレーションの解説。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3



13 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:20:30 ID:QSo8+L8n0
じわじわキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
貧乏人は暮らせなくなるぞ・・・。

14 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:20:37 ID:U1SiMU1O0
>>9
いまは量的緩和によって、市場に資金があふれているので、
インフレになっても国債への需要が急に減って
長期金利が急上昇することはありません。
過去の昭和恐慌から脱出時も、長期金利はあがりませんでした。

また財政破綻を懸念して長期金利があがりまくるのは、
経常収支が赤字の国の特徴ですが、日本の経常収支は
大幅な黒字なのでその心配は少ないでしょう。

財政破綻をふせぐには、名目成長率(インフレ率+実質成長率)>長期金利とすることが必要。
この条件が満たされなければ、たとえプライマリーバランスを達成しても借金は
毎年膨らみ続けます。インフレに転じれば、お金の動きが正常化されて実質成長率も伸びます。
名目成長率は大幅にアップして、財政再建の目処が立つことになります。

15 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:21:22 ID:YvLhaRs60
日銀は抵抗勢力に認定されました。


16 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:22:56 ID:AuXM9dDg0
>>9
現状

デフレ→(実質)長期金利高騰→凄い勢いで財政悪化

17 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:23:57 ID:kmtJiRDl0
インフレなんてコントロールできねえよ

そんなことは神の手への冒涜だ

馬鹿面ども

18 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:24:12 ID:H7gY06x70
うまく調整できるのだろうか・・・

19 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:24:26 ID:U1SiMU1O0
インフレターゲットというのは、物価変動を経済成長に最適な
1−3%程度のマイルドなインフレに固定するための政策枠組み。
デフレ抑止であると同時に、インフレ抑止の政策なんですよ。

「インフレ呼び起こす政策」と誤解するといけないので、
「物価安定目標」と言い換えることもあります。

20 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:25:29 ID:NA9+QW250
昔はここで経済板からインタゲ論者と反インタゲ論者が出張して地元民を置き去りにした議論がスタート…だったんだけど最近はあんま来ないような。


21 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:25:39 ID:JozE9CeL0
竹中はなんでいまさらインフレにしようなんて話するのかね
日銀はインフレがおきないのをよく知ってるだろう
協力するとは思えないけど

22 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:26:08 ID:nn2lbLx80
しかし1.5%の長期金利だからな。海外は4〜5%位だからそこまで上がったら国債は大丈夫か?

23 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:26:28 ID:3b0FUTHn0
デフレには限界があるけど、インフレに上限は無い。
コントロール等出来る物ではない。
ここは不景気時の基本対策、消費はすれど生産はしない軍備に大金を
投じて経済を立て直すべきだ。

戦艦大和を最新装備で再設計して、2隻。
翔鶴も同じ様に再設計して4隻。
艦載機を国内設計、生産。

竹島奪回で完璧。

24 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:28:45 ID:Bvt8jjzw0
竹中は父親が靴関係の仕事してて、
高校時代には、同和活動もしてたらしいね。


25 :遊民 ◆Neet/FK0gU :2005/10/04(火) 13:29:31 ID:gEzWwgy00
もはや日銀にできることは何も無い。

増税しろ。

26 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:31:36 ID:kmtJiRDl0
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!
今の政府がやれることは、税金・社会保険のインフレだけ!

27 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:31:44 ID:Olo5j2sv0
直接税、法人税、増税。
経費を大幅に認めろ。

28 :遊民 ◆Neet/FK0gU :2005/10/04(火) 13:35:31 ID:gEzWwgy00
>>23
需要を軍に頼るとアメ公みたいになっちまうぞw
そういうのを軍国主義ってんだよ。

29 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:35:57 ID:U1SiMU1O0
>>17,23
イギリスをはじめとして、インフレーターゲット政策を採用している国は、
ほぼすべてターゲットの範囲内にインフレ率を収めていますが何か。

>>22
インフレ率はマイナスになるのに、金利はマイナスにならないので、
デフレ下では借金の重みが増します。名目値では低いように感じられても、
むしろ長期金利は高止まりしているんですよ。
いまは、名目成長率は0.8%くらいで。長期金利は1.4%くらいです。
名目成長率よりも長期金利が上回っているので、小泉首相がいくら
財政再建にチャレンジしようとしても、デフレ下では失敗してしまう。。
まずは名目成長率>長期金利することが財政再建の一番重要な条件。
そのためには、インフレ率を3%程度の適切なレベルまでにあげた方がいいってことです。

30 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:36:27 ID:aT/GDsjO0
デフレが解消されないのは
竹中が政府支出や家計所得の伸びを抑制しているから。

マネーサプライが増えないのは政府赤字の抑制のおかげで
市場に資金が溢れていて間接金融が機能しないから。

竹中君、全て君のせいなのだよ。

31 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:38:02 ID:kmtJiRDl0
>>29

調整インフレはインフレを抑えるためにやるのに、デフレで調整インフレとは頭が溶けているんですか?
調整インフレはインフレを抑えるためにやるのに、デフレで調整インフレとは頭が溶けているんですか?
調整インフレはインフレを抑えるためにやるのに、デフレで調整インフレとは頭が溶けているんですか?
調整インフレはインフレを抑えるためにやるのに、デフレで調整インフレとは頭が溶けているんですか?
調整インフレはインフレを抑えるためにやるのに、デフレで調整インフレとは頭が溶けているんですか?
調整インフレはインフレを抑えるためにやるのに、デフレで調整インフレとは頭が溶けているんですか?
調整インフレはインフレを抑えるためにやるのに、デフレで調整インフレとは頭が溶けているんですか?

32 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:38:26 ID:TjgKttms0

市況板で風説の流布
たまたま株価下がるもホルダーの怒りを買って逮捕祭りに発展中
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1128071450/599-


33 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:43:18 ID:Bvt8jjzw0
狂人宰相、許すまじ・・西尾幹二 月刊誌『VOICE』2005/09/10号
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1126410842/l50

34 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:43:27 ID:Nf7rkPsJ0



エロネ申ID キタ━━(゚∀゚)━━ヨ  マンコ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

1 名無しオンライン New! 2005/10/04(火) 12:22:23 ID:hMANNKOz

大航海時代Online272海里
http://live19.2ch.net/test/read.cgi/ogame3/1128396143/












35 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:44:03 ID:sC8kyaoH0
細々と暮らしている貧乏人はこれで全滅

36 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:48:01 ID:aT/GDsjO0
>>31
調整インフレは景気減退期の需要過少を避けるための政策であって、
デフレ下でも有効。

37 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:49:20 ID:OqMBuE4Z0
>>35
貧乏人が全滅するってどういうこと?

38 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:51:45 ID:KLNaOIOp0
小泉が消費税あげる気ないと言ってるもんだから
どうしたもんかと考えてるうちに引っ張りだしてきたか

39 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:55:07 ID:U1SiMU1O0
>>37
景気がよくなって、自発的失業者がいなくなるってことじゃないのw

40 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 13:57:46 ID:U1SiMU1O0
>>39間違えたw
×自発的失業者がいなくなる
     ↓
○非自発的失業者がいなくなる


デフレ下では、金持ちが儲けたお金が外に回っていきません。
インフレになれば、儲けたお金そのまま死蔵していると
時間の経過とともに損を被ってしまうので、社会全体のお金の
流れがよくなります。貧乏人にもお金がめぐってくるチャンスが増えるわけです。

41 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:03:37 ID:yfoOJBMK0
俺の全財産100万はどうしたらいい?
株はリスクが怖いので為替でドルにでも変えとくかな。
誰かアドバイスくれええ。

42 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:04:49 ID:r6D69s5I0
こいつって反インタゲじゃなかったっけ?

43 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:06:33 ID:uF7NtKHS0
右肩あがり。バブル到来万歳。

若いもんはしらんだろうが、幸せはバブルにあるんだぞ。



44 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:06:53 ID:H7gY06x70
>>41
とりあえずFXで両建てしとけば

45 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:07:29 ID:ghSRZjgh0
まだインタゲなんか言ってるの。
現実を見て考えられない文系馬鹿の典型。

今のような状況で無理に物価を上昇させようなんてしたら、
いったん火がついたら2桁インフレになる可能性だってある。
他方給料は上げられないし、生活保護や失業保険で暮らしている奴も
いっぱいいる。

あほすぎ。

46 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:07:35 ID:gjKvb0+B0
小泉内閣になってから、国の借金が5割以上増える異常さ。
そして、それを支えてきた郵政資金は民営化。
こうなると、もう財政破綻を形式的に避けるためにはインフレしかない。
調整インフレ政策を突破口にして、制御不能のハイパーインフレに日本を叩き落とそうと
いうことだろう。

47 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:08:19 ID:DoJN2kJb0
〃∩∧_∧
⊂⌒( ・ω・)  はいはいわろすわろす
 `ヽ_っ⌒/⌒c
    ⌒ ⌒


48 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:13:59 ID:x/ujzORu0
いいんだよデフレで。ガソリンだけ高騰率が高ければ
遊びで車乗る奴が減って渋滞解消、事故激減

49 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:15:31 ID:AqCtI2kb0
 竹中は何も考えていないんだろうな。

 今の社会状況で、インタゲなんかしたら、スタグフレーション
に陥るのは目に見えている。
 今の社会状況で行って、確実に効果が有るのはインフレターゲット
では無く、1000万円のヘリマネだ。


50 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:17:22 ID:U1SiMU1O0
>>41
インフレなるといっても、せいぜい年率1-4%程度だぞ。
いままでのデフレが異常だったわけで、インフレになるといっても
通常に戻るだけのこと。100万円程度なら何もする必要はない。
ただ単に外貨に換えるなんてしたら、手数料で確実に損するぞ。

>>42
昔からインタゲ論者ではある。
ただ、言っていることがコロコロ変わるし、サプライサイダー的なので
インタゲを支持する人たち=リフレ派からは嫌われている。

51 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:18:53 ID:zLC8Rj5t0
ターゲットレンジはいくつなんだろうか。
CPIの上方バイアスを考慮して3〜5%がベストなんだが。

52 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:22:07 ID:ih2bIhga0

デフレでおいしいのは公務員と銀行とサラ金だけ。

53 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:24:11 ID:kmtJiRDl0
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?
資金需要がないのに、インフレインフレ言ってる奴は脳の腫瘍取ってもらった方がいいじゃないですか?

54 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:24:43 ID:gjKvb0+B0
財政あぼーんをカモフラージュ

ケケ中は史上最悪の策士だ。または国賊と呼ぶ

55 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:28:56 ID:M9ivHYe30
早急なインフレ・ターゲット付リフレ政策には反対だな。

こういう政策は、構造改革をキッチリやってから実行すべきだと思う。

そうしないと、せっかくリフレ政策で景気を回復させても

インフレが早く来てしまい、早々に景気の引き締めをしなければならなくなるから。

その場合、国債の利払いの増加が税収の増加を上回ってしまい

財政が発散する。


56 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:34:42 ID:cIdKrC+10
このスレで自説開陳したい人は、下記について勉強してからお願いします。

1.インフレターゲット制度とは何か?

2.インフレターゲット制度を導入している国はどれくらいあるのか?
あるいは、導入していない国はどれくらいあるのか?

3.インフレターゲット制度を導入した国の成果は?

4.累積債務発散について語りたい人は、ドーマーの定理を学ぶこと

5.その他、金融市場における需要・供給・金利の関係について正しい理解をすること


これらがわからんと自説開陳しても、便所の落書き以下だよ。

57 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:34:37 ID:T730nGH7O
またとにかくインフレ反対のバカが大漁だな。
そんなに資産なんてないくせに。

ハイパーインフレなんておきえません。
長期金利も高騰なんてしません。

何億も資産があるやつ以外、インフレはデフレより得。
特に借金抱えてるやつには朗報だ。

58 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:35:20 ID:/YAyTSCV0
CPI(消費者物価指数)はバイアスを修正して公表すべきだよね。
日銀は-1%のデフレを目標として金融政策を打ってるのに等しい。
ゼロインフレでさえ害があるんだけど。

というか、物価安定目標については議論の時期を過ぎてるだろう。
政府が日銀法に1年後の物価の目標値を書き加えれば済むことじゃん。
諸悪の根源は、道路公団でも郵政公社でも農協でもない。日銀こそ巨悪。

日銀は政策の無能度だけではなく、腐敗度でも特殊法人の中では有数。
詳細は石井正幸著「誰も書かなかった日本銀行」を参照のこと。

59 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:39:14 ID:kmtJiRDl0
もの余りの時代にインフレなんてちゃんちゃらおかしい。
実需が伴わないバブルよ再びですか。

60 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:43:19 ID:A3DGnYdY0
竹中まともだ

61 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:43:28 ID:/YAyTSCV0
デフレ/インフレは貨幣的な現象ですから。
それと、金利は期待実質金利で見ないと。
日本の均衡実質金利はマイナス。

62 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:45:13 ID:kmtJiRDl0
インフレ目標が万能薬というなら、なんでやらないんですか?やれないのが正しいんじゃないですか。

63 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:48:21 ID:A3DGnYdY0
>>62
国民がアホだから

64 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:49:31 ID:kmtJiRDl0
つーか、
これだけ量的緩和してもインフレにならないのはなんでですか?
調整インフレ厨は説明してください。

65 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:50:16 ID:/YAyTSCV0
>>62
なんかね、財務省のお偉いさんがあんまり乗り気じゃないらしいのよ。
インフレになるとすぐに金利が上がると信じてしまっている人が、
嘆かわしいことに2chだけでなく、国家の中枢にもいるらしい。
金利が上がるのは完全雇用になってからっていうのは常識なんだが…。

66 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:54:38 ID:zLC8Rj5t0
期限&コミットメントもない金融緩和は日銀当預のブタ積みに過ぎない

67 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:55:23 ID:/YAyTSCV0
>>64
肝心なのは、量的緩和の規模よりもインフレ期待ですから。
福井が総裁になってから非不胎化介入を積極的にやったりしたので、
それが期待に影響を与えてる部分もあるけど、まだまだ。

それから、物価安定目標と調整インフレは違うよね。
調整インフレは、中央銀行の独立性を無視した裁量的な政策だから。

68 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 14:59:31 ID:kmtJiRDl0
要は値段が上がってくれっていう妄想だけってことだろ。

それはバブル景気となにが違うんですか?

69 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 15:02:39 ID:zLC8Rj5t0
資産価格は、理論的には当該資産が生み出す将来キャッシュフローの現在価値と等しいものであり
フローベースの物価上昇が実現した場合、その上昇率以上に資産価格は上昇するのは当然
(将来の各期における物価上昇が累積的に影響するため)であり、
単に物価上昇率以上に資産価格が上昇することをバブルと認識するのは誤り。

70 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 15:02:51 ID:A3DGnYdY0
マスコミがもっとインフレになるって煽ればいいんだけどね

どちらかというと国の借金とデフレ煽って状況を悪化させとる

71 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 15:07:54 ID:/YAyTSCV0
>>68
例えば、消費税の引き上げが決まると、必ず駆け込み需要があるでしょ。
早い話が、あれがインフレ期待。

んで、今の期待実質金利が景気に対して中立的かと言えば、全然そんなこと無い。
賃金の下方硬直性を考えれば、年2-4%程度のCPI上昇率が不可欠。

72 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 15:09:29 ID:ih2bIhga0
日銀のデフレ固辞は異常

73 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 15:14:28 ID:v6bXezpL0
日本は輸入国だから、インフレになると、給与は上がらないで
商品の値段だけが高くなるんじゃないのかな?
どうせなら、国民を全員公務員にして、消費税を思いっきり高くして、
税金から給与、社会保障費を出すようにしたらいいよ。

74 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 15:18:38 ID:W2SKOxvs0
根本的な解決にはならない

75 :sage:2005/10/04(火) 15:27:09 ID:+SH01lUI0
インフレ目標か、景気良くなるぞ。賛成します。
不良財政の健全化と経済の活性化になると思う。

76 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 15:33:11 ID:iwZXpYNd0
9千5百万の借金抱えてる俺としては、
インフレ希望でいいんだよね?
おしえて、エロい人。


77 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 15:33:26 ID:cIdKrC+10
>>74
景気変動は、本質的に気持ちの問題なのよ。
不良債権処理も財政赤字も、人の気持ちに影響を与えるから景気に表れるの。
その気持ちを経済学ではインフレ期待と呼ぶのよ。
だから、インフレ期待が改善すること=本質的な解決なの

インフレターゲットってのは、意図的にインフレを起こす政策じゃないよ。わかってる?
人々のインフレ期待の変動が過敏にならないように、適当な範囲で押さえるための
政策なのよ。バブル崩壊したから一億総懺悔で不況がどん底まで行ったり、逆にちょっと
景気が良くなったら一億総浮かれポンチになってバブルになったりしないために導入する
ものなんだよ。

いやさ、あなたの考える本質的な問題が、景気以外のことだったら知らないけどさ。
ただ、その問題に無関係で邪魔にならないなら、別にやっても良いわけでしょ。

78 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 15:41:28 ID:cIdKrC+10
>>1
>もっとも福井氏は「インフレ目標が万能という考えはとっていない」と慎重な言い回しに終始した。

まるで、日銀の政策決定会合の決める政策が万能みたいな言い方だな。


万能なものなんて世の中に存在しない以上、この答弁は何も言っていないのと一緒だ。

政策決定会合の裁量と、インフレターゲットによるルールの、どちらがより問題を解決する
のに向いているのかの問題だ。

>>77にもちょっと書いたけど、日本の経済政策は「景気が良くなりゃ浮かれポンチ、悪く
なりゃ総懺悔」になりやすいのが問題なんだよ。それに対する歯止めを誰もしてないのが
問題。日銀も、財務省も、その場の空気で動くからそうなる。どちらかをルールで縛って
景気変動の波を抑える事が大事。

そして、世界的には景気対策は財政政策じゃなくて中央銀行が金融政策で行う事になって
いる。構造改革で財政政策での景気対策を止めるんなら、本来その前に導入していなけれ
ばいけない政策がインフレターゲットだったのよ。

今からでも遅くは無いから、早くやれ。

79 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 15:59:20 ID:cIdKrC+10
>>73
日本は、OECD30カ国中、ダントツで輸出入依存度が低い国です。
内需依存国家の典型です。

それから、インフレの方が、給与の伸び率は良いですよ。
古いコピペだけど、こんな感じ。

    名目賃金 賃金上昇率 物価上昇率 完全失業率
1980    263    9.7%    7.4%    2.0%
1985    317    4.1%    2.6%    2.6%
1990    370    3.3%    1.5%    2.1%
1995    409    2.1%    1.2%    3.2%
1999    396    -0.8%    0.5%    4.7%
2000    398    0.5%    -0.6%    4.7%
2001    397    -0.3%    -1.0%    5.0%

※1980-1995の賃金上昇率・物価上昇率は5年平均
※1999の賃金上昇率・物価上昇率は4年平均

『産業別常用労働者1人平均月間現金給与総額 総額』
http://www.stat.go.jp/data/nenkan/zuhyou/y0326a00.xls
『就業状態別15歳以上人口』
http://www.stat.go.jp/data/nenkan/zuhyou/y0301000.xls
『CPI長期時系列データ  総合指数(全国・東京都区部) -月別指数- 昭和45年〜 』
http://www.stat.go.jp/data/cpi/200107/zuhyou/a001hh.xls


80 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 16:03:41 ID:cIdKrC+10
我々は一人の英雄を失った。しかしこれは敗北を意味するのか?
否!始まりなのだ!絶対の独立性を維持する日本銀行にに比べ我がリフレ派の権力はない
にもかかわらず、今日まで戦い抜いてこられたのはなぜか!諸君!

我がリフレ派の目的が日本経済の救済だからだ!これは諸君らが一番知っている。
我々は日本においてマスコミ経済評論から主流の座を追われ異端者にさせられた!
そして一握りのエリートが膨れ上がった日本の経済政策を支配して50余年!
小宮隆太郎が日銀金融理論批判を開始してから四半世紀、その主張は何度踏みにじられたか!
リフレ派の掲げる日本経済復活のための戦いを国民が見捨てるわけはない!

私達の最高の代表者!諸君らが愛してくれたジェームス・トービンは死んだ!!何故だ!?

金融政策の目標を安定したプラスのインフレ率に維持することは歴史の必然である。
ならば、我らは襟を正しこの戦局を打開しなければならぬ。
我々は過酷な世界大恐慌を教訓とししながらも共に苦悩し、練磨して今日のマクロ経済学を築き上げてきた。

かつて我々は全てケインジアンだと言ったミルトン・フリードマンは、インフレはいつでもどこでもマネタリーな現象と喝破した。
しかしながら日銀イデオローグのエコノミストどもは自分たちが金融政策の支配権を有すると増長し我々に抗戦をする。
諸君らの父も、子も、そのデフレ放置の政策と長期不況の前に破滅していったのだ!
この悲しみも、怒りも、忘れてはならない!

それを・・・ジェームス・トービンの戦いは・・・死の床で日銀批判を行うことによって我々に示してくれた!
我々は今、この怒りを結集し、構造改革派にたたきつけて初めて真の勝利を得ることができる!
この勝利こそ、失業者すべてへの最大の慰めとなる!
リフレ派よ!悲しみを怒りに変えて立てよ、リフレ派よ!
我ら新たなマクロ経済学の再興を志す者こそ、真実を語る義務を課せられていることを忘れないで欲しいのだ!
長期不況の落とし子たる我らこそ日本経済を救い得るのである!ジーク・インタゲ!!

81 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 16:03:44 ID:894Iyb1A0
人口が減少して、少子高齢化ならデフレになる。
別に異常ではない。

82 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 16:04:08 ID:enB6MbMr0
今回の選挙の刺客候補の意味が少しずつ見えてきたな。
現在の株価は13700円前後だが、これがある「突発的事象」によって暴落する。
で、政府当局は混乱の極をきわめる。 蜂の巣をつついたような天地争乱が招来。

そこで、主導権を掌握してこの国を「ある方向」に強引に誘導する役目を務めるのが刺客擁立の狙いだろ。
まるでアイン・ランドの「肩をすくめるアトラス」のように、荒廃と混乱の国土の跡に立ち上がる政権テロリスト。
もちろん、国民にとってこれほどの不幸はないし、国家の滅亡の時が来たということだ。


83 :sage:2005/10/04(火) 16:05:53 ID:+SH01lUI0
>>76
インフレで、貴方自身の給与か収入が増え借金返済が
楽になるなら歓迎しても良いんじゃないか?
株式投資なら国策に乗った株式銘柄を買って儲けられます。


84 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 16:06:08 ID:cIdKrC+10
>>81
人口減少して少子高齢化しながら、経済成長を続けている国はありますよ。
たしかハンガリーだったか。

ハンガリーにできて、日本にできないって事はないでしょ。

85 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 16:09:23 ID:AzQuodZ40
債券市場がwwww 反応しまくリングwwwwwwwwww

東京円債市場・午後3時=長期金利1.560%に急上昇、株高や入札低調で売り加速

東京 4日 ロイター] 10年国債先物12月限は、前日終値に比べて大幅続落し
て引けた。市場関係者によると、午後1時に発表された10年利付国債入札の結果が低調
な内容となったことに加え、日経平均株価が同200円を超す上昇となったことを受け、
売りが加速。国債先物12月限は一時136円66円に急落して04年9月9日以来の水
準、10年最長期国債利回り(長期金利)は1.560%に急上昇して04年11月2日
の水準をそれぞれ付けた。

86 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 16:10:36 ID:iwZXpYNd0
>>83
まあ、たぶん収入は増える。
けども、それ以上に金利がUPする可能性もあるんでしょ?

株はね、選挙前に預けた40万円が46万円になっておりますw


87 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 16:53:33 ID:o2wA9oTa0
インフレ目標といっても別に「凄い手段」というわけじゃない。

やることといったら普通に「金利上げ下げ」やら「緩和」やら。
今の量的緩和も0%以上を目指しますなので「インフレ目標」と変わらない。

ただ、「責任」は発生しないけどね。別に嘘を付いてもよし〜

88 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 16:57:27 ID:VEYUO0jp0
竹中GJ

89 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:00:53 ID:SNKXL8/i0
インタゲしたらREITはどうなるの?

90 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:06:48 ID:ih2bIhga0
インフレにしてサラ金を潰そうぜ。

91 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:08:29 ID:hmHOmg3L0
 
最低賃金を年数%引き上げるほうが確実と何度言ったら(ry

92 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:11:50 ID:HeIbtb6t0
>>89
そりゃ、インフレに一番強いのが土地だから大もうけでしょ

93 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:11:54 ID:22Mjh0Po0
>>83
ハイパーインフレになったら所得の増加が物価の上昇に追いつかなくなる可能性がある。
第一次大戦後のナチス台頭前のドイツとか、少し前のアルゼンチンがそのいい例。


94 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:12:18 ID:BzHkUTMI0
>>71
ドアホ!そんなの一時的で消費税を上げたらデフレになるだろうが。

95 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:29:30 ID:o2wA9oTa0
>>93
変動相場制、需要不足、純債務国の三点セットが必要です。

今の日本をハイパーインフレにする方法。

1)変動相場制を放棄して固定相場制(できれば、一国へのペッグ)。
 インタゲは、もちろん禁止。上限設定無しのベースマネー急増を実現。
2)需要不足つまり、物不足を起こさないといけない。商品の配給制などが望ましい
3)対外債権の放棄を行い、純債務国に日本を転落させる。

これなら「ハイパー」もできないことはない。

96 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:30:12 ID:/YAyTSCV0
>>93
ハイパーインフレは、対外債務の返済に外貨準備が追い付かない場合とか、
生産力が戦争で破壊された場合などでしか起こりえない。

>>91
理論的には、そのような政策は失業者を増やす結果になる。

97 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:32:26 ID:o2wA9oTa0
>>91
企業の業績が悪化するだけ・・・より少なくという悪循環になる。

98 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:33:03 ID:gmXQaS4S0
アルゼンチンタンゴを踊るってやつですか?w
外国への債務不履行が日本で起こるとw
為替固定相場制・経常収支赤字・外貨準備枯渇→輸入インフレ→債務不履行だな。
日本にはまったく当てはまらないね。

99 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:44:24 ID:oXSwPn4i0
最終的には首吊り焼身、入水で調整だろう。

100 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:48:00 ID:gmXQaS4S0
インフレになると思わせるのがインタゲだろ。
ハイパーバカがいる限り成功するかもなw
イラク戦費・米景気悪化の神風でバカ介入+当座預金age、その他金融緩和、
竹中なんて何もやってないどころか景気の足引っ張ってきただけだろ。
日銀なんて頼らず政府紙幣でも発行しろってーのw


101 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 17:50:59 ID:+6gSfhuu0
インフレより、他にやる事があるだろ?

102 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:02:01 ID:o2wA9oTa0
>>101
名目成長率が国債金利を下回っている場合「財政維持の可能」が外れてしまう。
「いくら削減」しても「公務員0人」でも利払い費が膨れあがるって財政は維持できない
状況になる。

さてどうする〜

103 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:16:42 ID:23j8Rrlf0
金利はどうなるの?

104 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:18:10 ID:+bR7qWv30
やっぱ竹中は神だな。

105 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:29:11 ID:BzHkUTMI0
>>101
インフレもやるべき事の一つ

106 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:34:42 ID:23j8Rrlf0
原油高でインフレ

107 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:35:34 ID:t9dlzsSV0
売国奴竹中は次なる計画に着手するということだな。
つまり、下層庶民の完全切り捨て。
早く下層社会を確立してスラム化を実現せよとの命令でも受けてるのだろ。
金がないのに物価は上がる。 急上昇。
どうなるか容易に想像でけるわな。

つまり国民最下層などは死に絶えよと。
下層で働く日本人の者どもの代わりに支那人を使えば日本に住まわしても1/3の人件費で済むから笑いが止まらんと。
どのみち不要な奴らだから切り捨てよと。
今の内に全てを諦めさせて逆らうことができないように無力化せよと。
そういう謀略に着手するということだろうな。
マスコミの犬どもがこぞって洗脳番組を流すのは必至。
インフレで日本はうまく浮上できるなどとなw でけるハズが無いわな。 金欲しさに魂を売った基地外どもめが。


108 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:38:10 ID:r8vC7cFe0
竹中がインタゲ推進派?????
デフレ推進派だったくせに?????

109 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:38:36 ID:H6BEtmFC0
俺は株をやってるけど、市場に参加していると、インタゲ派がいう
金利が上がらないっていうのが本当なのだろうか?と思う。
(別に否定したいのではなく、単に知識がないのでわからない。)

これからはインフレになるってなったら、俺だったら国債持ってたら真っ先に売っぱらうけど。
機関はそうしないのだろうか。それに、それから後も買い続ける?
国債暴落→長期金利上昇っていう発想にどうしてもなってしまうんだけどなあ。

マクロ経済学的見方とミクロ経済学的見方では、自分のレベルでは違う結果が出てくるんで
インタゲやったら何も問題ない、大丈夫!というのがすんなり納得できない。

110 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:39:13 ID:ghSRZjgh0
だからどうやってインフレにするの?

ほんの2年ぐらい前にあれだけ金融緩和してもインフレにならなかったのに。

竹中は政治家なんだから、インフレにする経済政策を示してみろや。

俺なら一ドル200円目指して円安政策をとる。
そうすれば石油高との相乗効果で、すぐに2桁台のインフレにもって行けると思う。

111 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:43:40 ID:cwyH3c/aO
>>110
長期国債の買い切りオペ

112 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:45:22 ID:BzHkUTMI0
>>110
消費税廃止

113 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:45:23 ID:LgxvIRhq0
>>111
理屈を詳しく解説してくれ

114 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:48:18 ID:23j8Rrlf0
>>109
国債暴落→長期金利上昇になったらどうなるの?

そういえば郵政も投信販売はじめたから、
貯金から投信へのながれが加速しそうだね。
じーさんばーさんも郵便局の人がいうんだからと信用して買いそう。

で、郵貯が国債買わなくなるってこともあるの?

115 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:48:28 ID:knwTmFqB0
>>113
馬鹿だな。
1000兆買ば国債残高はゼロだぜ。

116 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:51:59 ID:VXg/Simc0
現時点でもうインタゲしてるようなもの。
しかし消費が伸びないからいつまでたってもインフレにならない。

完璧竹中、小泉の政策ミス。

117 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:52:40 ID:14ssLDqb0
>>110
インフレにもっていく方法は沢山ある
どれを使うかは方法論になる

円安政策もそのひとつ
あまりよろしくないとは思うけど

118 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:58:30 ID:ghSRZjgh0
>>117
円安政策はなぜあまりよろしくないのですか。

そしてそれならどの方法がいいですか。
教えてください。


119 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 18:59:15 ID:LgxvIRhq0
>>115
スマン、よくわからん。
日銀が1000兆円出して政府の借金を肩代わりしようというの?

120 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:12:36 ID:iqJB57c80
>>109
なんで、国債暴落みたいな極論になるのかな?

マイルドなインフレになれば、マイルドに金利が上がる。
それだけの話じゃん。

121 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:14:04 ID:ghSRZjgh0
インフレにして仮に景気が少しぐらいよくなっても、
日本人の金融資産1400兆円が目減りする。
かりにインフレ率が3%セントなら42兆円目減りする。

これだけ目減りさせると、名目成長率が10パーセントでも、
国富は減少していることになる。

従って、3%のインフレにするより、国が40兆円の借金をして
景気を刺激した方が得策。

122 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:18:09 ID:9foMEw+50
>>121
1400兆というのは個人の金融資産であって
日本人の金融資産は3000兆円ですぜ。
ttp://www.boj.or.jp/stat/sj/data/sjexp.pdf

また、その理屈が正しければ
「デフレなら金融資産は目増えし続け国富は増える」
というトンでも理論になる。

123 :91:2005/10/04(火) 19:19:22 ID:hmHOmg3L0
>>96-97
実質的な円の切り下げ政策なんだけど説明するのマンドクセ

124 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:22:49 ID:dSQYcrCf0
>>121
貯蓄だけじゃなくて有価証券とか保険とかに移っていけば良いんじゃないかえ?

125 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:28:51 ID:9foMEw+50
>>119
まあ、日銀の収入=政府の収入、と言っていいわけなので、
日銀が保有する国債に政府が払った利子→日銀の懐→政府の懐

と言う具合に払った利子が帰ってくる、つまり日銀が持ってる国債など無いも同然。
1000兆円だろうが1京円だろうが。
まあ1000兆刷ったら物価は何倍にもなるだろうが。

126 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:30:32 ID:zyfXJTi90
3%セント・・・
新しい日本語だな・・・
でも言ってることは正しいな。
景気刺激は必要だな。デフレギャップ埋めないと。
でもみんな公共事業嫌いだし道路やハコモノは維持コスト
掛かるので景気引き締める時に大変。
そこでオレは食える実のなる気を山に一杯植えるのは
どうかと思うんだが?クマやイノシシも降りてこなくなるし
食糧危機にも備えられる。
ちなみに首都圏では耐震工事。

127 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:33:22 ID:iJesXGMB0
>>119 釣りなんだから相手にしないほうがいいよ。
>>111 別に日銀勘定に付け替えようが国債は国債だろうが、とかこんな感じでいい?)

ところで、最近なにかの本(「財政赤字の力学」?とかいう感じのタイトル)で
  税負担低減、雇用の流動化が高成長を持続するというならば、
  スカンジナビア諸国が超高税率なのに安定成長を続けているのはどう説明する?
という趣旨のことが書いてあるのを読んで、確かにそうだなと思ったよ

128 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:38:47 ID:LgxvIRhq0
>>125
うーん。こんがらかるな。
無利子とはいえ、いずれ1000兆日銀に返すんだろ?
そんときまた1000兆分発行して買い切りか。
経済への影響もわからんが、なんか倫理的におかしい気がする。

129 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:42:49 ID:qo355bkp0
日本経済を強くするために、石油からの脱皮

が重要です。

日本政府が進めているバイオマス・ジャパン戦略をお読みになってください。


130 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:46:40 ID:qo355bkp0
日本政府のバイオマス総合戦略構想会議  5年以内に500の市町村構想

http://www.biomass-hq.jp/biomasstown/bt1.html

131 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 19:53:29 ID:ghSRZjgh0
日本の石油輸入代金ってどのくらいだろう。
たとえば15兆円ぐらいとして、
この半分を代替エネルギーでまかなえば、
その金が国内で回ることになるじゃん。


132 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 20:05:13 ID:iqJB57c80
>>131
日本低迷の問題は、金が足りない事じゃなくて、
金があり過ぎる事なんだよ。

つまり、使い切れないほど貯蓄があるから、デフレになっちゃう。

133 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 20:09:51 ID:AzQuodZ40
金持ちに増税するというか資産に課税すればあっというまにインフレじゃん。
預金に3%ぐらい課税したらどうよ?

134 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 20:11:24 ID:zyfXJTi90
バイオマスか〜
そういえば有機EL研究が進むと
植物樹脂から半導体生産が可能になると聞いた。
そういう意味でクボツカ君なんかが言ってる産業大麻は
エンジン燃料にも使えるし品種改良で麻薬成分をなくせば
実はかなり使えるらしい。
石油やレアメタルの消費を低下させる。
つまり脱アメリカ、脱中国。
去年は中島らもも変死したな・・・

135 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 20:24:42 ID:rpI7zRIG0
>>128
まず「国債=借金」というとらえ方がおかしい。
詳しくは会計恒等式でググってもらえればいいんだけど、民間が貯蓄超過に
なった場合、超過分は対外投資か国内投資(=国債を買う)に向かうんだけ
ど、日本の場合はすでに海外に目一杯貸し込んでいる状況だから、どうして
も国内投資に向かわざるを得ない。800兆円の国債残高は放漫財政のツケ
ではなくて、デフレによる貯蓄超過の裏返しでしかない。

136 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 21:09:25 ID:U1SiMU1O0
>>128
あのさ、市場に出回っているお金ってのは、そもそも
政府が国民に借金をした結果出回っているものなんだぜ。

1政府が国民に借金をするときに国債を発行する。
    ↓
2その国債を金融機関が買う。
    ↓
3金融機関が持っている国債を日銀が買い集めて、かわりに
お金を供給する(このとき日銀はゼロからお金をつくっている)。
    ↓
4日銀が発行したお金でいろんな人がいろんな取引をする

こういう仕組みで世の中にお金が廻ってるんだよ。
世の中に貨幣を供給するためには、このプロセスは欠かせない。

問題なのは、この結果、物価水準がどうなるかってこと。
やりすぎて高率のインフレにしてはいけないし、やらなさすぎて
デフレにしていると、今みたいにいつまでたっても不況から抜け出せない。

どちらに傾いてもいけないから、インフレ率を1−4%くらいのマイルドで
一番問題のない状態に維持させるよう日銀に約束させようってのが
インフレターゲット政策。

つまりインタゲは、政府や日銀に変な政策をさせないための国民との
約束。政府や日銀が変なことをするんではという不安を持つあなたなら、
インタゲを支持してくれるんじゃないかと俺は思う。

137 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 21:19:40 ID:ghSRZjgh0
>>136 「デフレなら金融資産は目増えし続け国富は増える」というトンでも理論になる。

どうしてとんでもなの?

金融資産にかぎっていえば、
明日から物価が100倍になるのと、100分の1になるのとでは、
どちらが金融資産の増価、減価になるか、すぐにわかるだろ。



138 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 21:34:39 ID:dSQYcrCf0
そういうストックに執着したしみったれた考えはやめよう。景気が悪くなる。

139 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 21:40:00 ID:NzJ5usTS0
>>137
それは債権者の資産価値の話。債務者の資産価値はその真逆。
だからマクロな国富は「他の条件が一定なら」デフレでは変化しない。

140 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 21:52:40 ID:iqJB57c80
>>137
民間貯蓄 = 財政赤字 + 経常黒字

つまり、その金融資産とやらは、財政赤字と経常黒字の裏返し。
マクロ経済は、表があれば必ず裏がある。
民間貯蓄の額だけ抜き出して、何かを評価するのはナンセンスだと思う。

141 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 21:59:16 ID:U1SiMU1O0
>>137
なぜ俺にレスをしているのか知らないが、一応答えておくよ。

国民全体の資産を実質的に増やしたり減らしたりするのは、
経済成長や税金の重さであって、インフレ率は直接関係ありません。
たとえインフレでも、それ以上に利息がつけば資産は減りません。
経済成長が旺盛なら、高い利息がついて預けている資産も増えます。

デフレ下は金利が高止まりするので、お金を持っている人にとって
有利になり、お金を持っているだけでその価値が膨れ上がっていくのは
たしかです。でも、その反面、借金をしている人は余計にむしりとられます。
その人が借金をしていなくても、政府の借金が膨れ上がるので、結局
増税として国民全体にはねかえってきます。
全体としては、経済成長が鈍化する分、インフレよりデフレ下の方が
国民の資産は目減りします。

142 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:01:21 ID:bCwr8FN80
>>86
つ ドーマーの定理

可能性を論じるだけなら猿でもできる。
それについてきちっと説明したものが世の中にはあるのだ。

143 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:04:56 ID:LupqgRTD0
何年も前に舛添が言ってたことじゃないか
今さらやるのかよ

144 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:05:02 ID:bCwr8FN80
>>93
ワイマールドイツのハイパーインフレってのは全然別の現象です。

アルゼンチンのインフレとワイマールドイツのハイパーインフレは似た現象ですが、
それらは「固定相場制下での対外債務の返済不能」が原因で生じた現象です。
日本は変動相場制で対外債権国です。

ドイツやアルゼンチンのような現象が「起きるかも知れない」だけだと、単なる類推
です。間違いである事は既に説明しましたので、反論があるならどうぞ。

反論できないようなら、議論のミスリードを目的とするような誤った類推は止めてください。

145 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:08:13 ID:phlUSLwo0
調整インフレ反対
今の日本が経済成長なんて簡単にできるわけが無い
インフレするなら増税やめろ
まあ導入するなら、その分外貨や証券に資産を移行するだけだがね

146 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:15:12 ID:llDY4uLr0
>>137 デフレになれば、不動産の価値も株の価格も円の価値も下がっていくので、金融資産は別に増えたことにはならないよ。
金融資産のほとんどが外貨ならウハウハだが。

147 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:15:14 ID:dSQYcrCf0
インフレ要素が多い中で早めに調整インフレしておかないと、ダムの決壊みたいに
勢いが止まらなくて大惨事になっちゃうぞ。

148 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:16:19 ID:bCwr8FN80
このタイミングで竹中がインフレターゲット導入を発言したのは意味がある。

1)インフレ率が来年・再来年くらいにはプラスに転じる目が出てきたこと
2)日銀が早急な方針転換(量的緩和の解除⇒ゼロ金利政策へ、そして次はゼロ金利
解除)を画策していること

普通の国では、財政政策での景気コントロールはもう止めている。
その代わり、金融政策での景気コントロールを主体にしている。

ただし、中央銀行は「政策手段の独立」が建前なので、「目標」を与える形で、
政府が中央銀行に金融政策での景気コントロールの「責任を付与」している。

多くの国は、インフレターゲット政策を導入している。アメリカはインフレターゲット
政策は導入していないが、ハンフリー・ホーキンス法にて中央銀行であるFRBが
物価と失業に責任を負う事が明記されている。

日本は、この「責任問題」が曖昧になっており、財政でやるのか金融でやるのかを常に
綱引きして、対策が遅れる事に問題があります。そのため、僕自身はインフレターゲット
で明確に日銀の責任とする事に賛成します。

ただし、竹中氏がここで発言した意図は、実際のインフレターゲット制度の導入が目的
ではなく、インフレ転換期に日銀が早急にゼロ金利解除に踏み切って2000年の時の
ように景気を再度悪化させるようなら「インフレターゲットを導入してやるぞ」という、
綱引きの一環として発言したものと思われます。

149 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:21:34 ID:qaIFua8Q0
スルーされてるw

150 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:23:26 ID:3LEh5Whc0
朝日捏造新聞はどう報道しているの?

151 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:32:01 ID:3eHg3MaD0
>>145>>147
調整インフレとインフレターゲット(インフレ目標)は、全然別の政策ですよ。

そこから間違ってると、斜め天誅にしかならないよ。
というか、見ていてこっけい。

152 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:48:14 ID:VtVeUAo00

買い物していれば物価が上がっていることくらいわかるだろ。

153 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 22:54:02 ID:3eHg3MaD0
>>152
生鮮食品は物価の判断では普通は外して考えますよ。

季節変動や豊作不作の影響がでかすぎるので。

154 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:26:27 ID:uAiPKMDS0
>>148
教えてくれ。
日銀はバブルの再来が怖いから、インフレが起こりそうな時に、
金融引き締め=量的緩和の解除?を行おうとしてるんだよね?

> インフレ転換期に日銀が早急にゼロ金利解除に踏み切って2000年の時の
> ように景気を再度悪化させる

で、ゼロ金利解除は緩和させる方向だからいいんじゃない?
経済はむずかしいな・・・

155 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:36:32 ID:2MzjeQGE0
>>154
ゼロ金利解除=利上げ=金融引き締め

156 :名無しさん@6周年:2005/10/04(火) 23:50:29 ID:dSQYcrCf0
金融とっくに体力戻ってんだろ?へたれた素振りばかりしてないでがんがれや。

157 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 00:15:58 ID:DtQ2YaBR0
>>156
銀行自体が回復しても資金需要が弱いから関係無し。
あくまでマクロの需要不足と戦うのは政府と日銀の仕事。

158 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:11:20 ID:zDsYglaD0
>>154
>日銀はバブルの再来が怖いから、インフレが起こりそうな時に、
>金融引き締め=量的緩和の解除?を行おうとしてるんだよね?

違うよ。

中央銀行の金融政策は基本的に金利を動かすことで行います。
現在は、金利が0に張り付いてそれでも足りないので、量的緩和ってのをやってますが、
本当に効果があるのか懐疑的なんですよ。日銀の中の人も、外で見てる人も。

で、日銀としては何にもできない状態にあるという認識なわけで、せめて何かするだけの
余地を早く作りたいという願望があるわけです。何かするだけの余地ってのは、そのもの
ずばりゼロ金利からの離脱なわけです。それゆえ、ゼロ金利解除できる状況が整ったら
とっとと離脱したいのです。

でも、いつ離脱したらよいのか、実はわからんというのが微妙な問題で、早く手段を確保
したい日銀は、皆が思っているより早いタイミングで「状況が整った」と判断しちゃうのです。
で、皆が思っている事と、日銀の行動が一緒なら、ほとんど景気には影響を与えないの
です(いわゆる折込済み)が、これがずれると景気動向に影響を与えちゃうわけです。

「手段が、目的より優先してしまう」というのは、頭の良い人達がしばしば陥ってしまう罠
なんですがね。

>で、ゼロ金利解除は緩和させる方向だからいいんじゃない?

ゼロ金利解除は金融引締めですよ。

159 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:19:05 ID:zDsYglaD0
>>156
景気変動は、民間企業の投資意欲で決まります。

銀行の体力がネックだったんなら、この数年は高金利になっていたはずですが、
現実は短プラも長プラも至上最低水準だったわけで、銀行の体力という資金供給
の問題ではなく、資金需要の不足が原因です。


たとえば、あなたが、「宵越しの銭は持たねーよ」と、ガンガンお金を使うようになったり
企業も、「投資しても、利益が出るから回収できるさ」と判断して、設備の入れ替えとか
ガンガンやれば多少は景気が良くなるかも知れません。

逆に、「年金やばいかも」と思ってお金を貯めはじめたり、企業も「借金返せなきゃヤバい
かも」なんて考えて投資を控えると景気が悪くなるかも知れません。

一人二人の行動じゃ変わりませんが、1億人がみんな同じように考えて、消費もしない
投資もしない状態になると、景気が悪化して失業しちゃってお金貯めるどころじゃ無く
なったり、会社も倒産しちゃったりするわけです。

不景気になるとみんなが不景気を加速するような事をして、好景気になるとみんなが
好景気を加速するような事を自然としちゃいます。こういうのを動学的に不安定と言い
ます。こういうのを適切な範囲に収めて、行き過ぎた好景気や不景気を起こさないように
するのは、本来政府や日銀のお仕事なんです。

160 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:25:03 ID:VtMtcTbN0
インフレになれば、貯蓄は目減りし、借金は実質的に減る。

インフレをコントロールすることは誰にもできない。

161 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:31:10 ID:zDsYglaD0
>>160
あんた、高度経済成長の時に貯金は目減りしたの?
所得が物価以上に増えて、貯蓄額は勝手に増えてたんでねーの?
>>79にも出てるでしょ。

だいたい物価が上がるときは金利もあがるよ。

それから、インフレのコントロールができないなんて嘘っぱちもいいところだろ。
普通の国はインフレをそれなりにコントロールしてるよ。

第二次大戦以前はデフレがコントロールできなくて困っていたんだ。
それで、昭和金融恐慌も起きたし、世界恐慌もおきたわけ。

今は凡ミスしなきゃ弱インフレを維持できるような仕組みがちゃんとできてるんだよ。

162 :http://blog.livedoor.jp/pinhu365/:2005/10/05(水) 02:33:07 ID:0MbZscLs0

もはや、日本政府は日本国民の味方では無いのか?
在日朝鮮人、同和、ジェンダーフリーには年間数兆円予算を使い、脱税特権まで与えている現実がある!!

・日本人が知らない“在日韓国・朝鮮人の優遇制度”
●五箇条の御誓文
簡単に言うと、在日朝鮮人で商売をしている人は自分達で作っている商工会で、
税金関係の問題を処理していいということであり経費の認定も自分達で勝手にできる。
国税庁ノータッチ。つまり脱税し放題。だからこそ商売人には金持ちが多い。

■「人権擁護は私たちに任せて下さい!」北朝鮮の国会議員意気揚々。
参考情報 日本に住む北朝鮮国会議員
現在在日朝鮮人のなかには6人の北朝鮮国会議員(最高人民会議代議員)がいます。

徐萬述:朝鮮総聯中央本部議長
許宗萬:朝鮮総聯中央本部責任副議長
梁守政:朝鮮総聯中央本部責任副議長・現在日本朝鮮人商工連合会会長
張炳泰:朝鮮大学校学長
金昭子:在日本朝鮮民主女性同盟中央本部委員長・元愛知県本部委員長
朴喜徳:在日本朝鮮人商工連合会副会長・朝鮮総聯経済委員会副委員長

 このままじゃ、日本国民はBKSに骨の髄までしゃぶり尽くされるぞ!!
 立ち上がるなら、今しかない!!

これほど国民が反対している法案を一部の国会議員の横暴で強引に通されるようなことがあれば
それは日本の国民がよほど無力であることの証明だな。
国民が無力でないことを証明するためには、絶対に負けるわけにはいかない。
ここで俺達が負けて、日本国民が無力であることが証明されてしまえば、俺達の子孫たちがずっと圧制に苦しむことになる。 今こそ自分の未来のために立ち上がる時だ!!

■□■人権擁護法案反対VIP総司令部その103■□■
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1128305902/


163 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:35:53 ID:AxsCcWyH0
年寄りのふざけた貯蓄を無くすためにも、インフレになるべきだな。

164 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:38:16 ID:m+pNttOq0
>>163
いつまで生きるか見当つかんのだから年寄りが金を持ちたがるのは当たり前。
年金をもっと厚くすれば過剰貯蓄しなくなる。

165 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:39:50 ID:C+18CWv70
緩やかなインフレが良いと言うな。
確かに社員の賃金は上がるのに製品の値段が下がるのでは企業はもたん。

166 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:39:52 ID:H4NTuQpT0
>>160
デフレで破滅した国はあるけどインフレで破滅した国はない

167 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:43:41 ID:y0LJQ6At0
やめといたほうがいいよ。インフレをコントロールするなんてそんなに
思惑通りにはいかないよ。結局ハイパーインフレになって経済に悪影
響となって還ってくるのが落ち。国の借金は実質へってくれるかもしれ
んが、実質GNPも減ると思うぞ。

168 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:45:05 ID:H4NTuQpT0
>>167
ハイパーインフレ起こした国は大抵そのあとさらに成長するけどな
つーか日本でハイパーインフレなんて起きようがないから

169 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:45:46 ID:zDsYglaD0
>>167
ハイパーインフレは、固定相場制で対外債務国で起きる現象だよ。
日本は変動相場制で対外純債権国なんだけどさ。

何回も同じこと書かせるなよ。

オールバックの詐欺師の戯言がここまで広がるとは、恐ろしいものだな。

170 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:47:41 ID:m+pNttOq0
>>167
8000億ドルの外貨を売り飛ばせばいいだけ。

171 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:50:24 ID:zDsYglaD0
>>170
売り飛ばしたら、代金のお金が入ってきますがw

172 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:50:31 ID:E4UdzL0U0
年寄りの金をアテにして生きる日本人だけにはならないでおこう。
そんなこと言い出したら、もう情けないよ。年寄り達には意地が
ある。戦後の混乱期からのし上がって来たんだよ。彼らの勲章みた
なもんじゃない?そんな金をどうのこうの言ったって仕方ない。


173 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:53:41 ID:H4NTuQpT0
なんにせよ竹中がやっとまともな経済政策打ち出したことはめでたいことだ…
まあ経団連から圧力かかるだろうから実現はしないだろうけど

174 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 02:55:41 ID:KA9esmay0
>>172
年寄りの金を取れって言ってるんじゃなくて、カネを貯めるだけで使わない奴は、
景気を悪化させてる張本人だって言ってるだけでしょ。

ちゃんと使って自分で稼いだお金の効用を味わえばいいんだよ。

どうせ、ほっといたら相続税になるだけだろ?

175 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 03:19:52 ID:aydFbcPV0
>>161
それではなぜ、1970年代にヨーロッパやアメリカや日本で、ずっと2桁台のインフレが続いたの?

狂乱物価もあって簡単には収束しなかった。

日本の個人や法人の金融心が3000兆円とかもあるんだったら、
年率3パセのインフレで購買力が90兆円の減少。
10パセのインフレなら300兆円の減少になる。

どんなに経済成長してもそれを超えてプラスになることはできない。

インフレにして巨額の金融資産を数百兆円も目減りさせながら好景気もどきを
つくり出そうとするのは、経済専門家としてあまりにも安易で無責任だ。

インフレなき経済成長、インフレなき好景気を作り出すにはどうすればいいか、
経済専門はそれを考えだすべきだと思う。



176 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 04:10:25 ID:WFufB52p0
  スノー財務長官が10・11日に訪日、谷垣財務相と会談へ
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051004-00000582-reu-bus_all

  次期FRB議長を適切な時期に指名=外部にも意見求める−米大統領
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051005-00000006-jij-int

177 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 04:13:03 ID:VeRZrh6C0
パーナンキでいいよ。

178 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 06:38:09 ID:7RPf2qQo0
>>175
二桁のインフレ率なんてのは朝鮮戦争以降はオイルショックの時だけです。
経済成長率が高ければ必然的にインフレ率は高まります。
インフレやデフレは資産の転移をひきおこすだけです。トータルで見ればかわりません。
なお、財政赤字を垂れ流し続ければ企業や家計が保有する金融資産は今以上に増えます。


179 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 06:53:30 ID:oygGj8zy0
>>148
ただ単に、リフレ派の山本幸三が今度の総選挙で返り咲き当選したってだけ。
その山本が竹中と福井にした質問の答えが>>1。とくに深い背景は無い。

180 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 08:26:28 ID:tZs4q7XN0
米国政府も省エネルギーの推進をし始めたけど。

省エネルギービジネスは、ウハウハみたいだよ。

参加するなら今かも

181 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 08:30:22 ID:bEXODj6K0
>>161
>あんた、高度経済成長の時に貯金は目減りしたの?
所得が物価以上に増えて、貯蓄額は勝手に増えてたんでねーの?

これから起こすインフレについてはさ、
所得は大企業ぐらいしかふえないんでは?
派遣とか中小企業とかあんまし期待できない。
所得の増えないインフレって スタグフ?


182 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 08:30:39 ID:92blnXPY0
外資が日本の投売り資産を仕込み終わった
というサインだな。
ケケ中、なんで就任直後からインタゲを掲げず
ここにきてなんだよ、米犬が(w

183 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 08:31:40 ID:10tl7fpx0
どう考えてもこの時期でのインフレは早過ぎだろ。
やるならもっと早くやってればいいものを。
こりゃー益々混乱する可能性が高くなるな

184 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 08:35:18 ID:2T28Hrlp0
ケケ中の考えるインフレターゲット政策の中に、今よりも大規模な財政出動があるかどうかだな。
金融緩和だけでは、「流動性の罠」にはまり、短期でのリフレは期待できない。
30兆を超える為替介入と、愛知県での大型公共事業による景気浮揚効果は明らかなんだから、もっと大規模、全国レベルでやって欲しいね。

185 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 08:48:37 ID:p/kRajzk0
いいところと悪いところがはっきり分かれちゃったから
やるにしても調節が難しくね?

186 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 08:56:10 ID:KA9esmay0
>>185
金融調節じゃ、そんなの考慮しないよ。
考慮しないから、中立なんだよ。

>>184
あんたは、その前にインフレターゲット政策がどういうもんなのか、勉強してから
出直した方が良いと思うぞ。

>>182-183
頭悪そう

>>181
思い込み

187 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 09:05:38 ID:y3NRh9hZ0
竹中って、やり方が汚いよな。
自分らの政策でデフレが起きているのに、日銀のせいにしている。
時代遅れのマネタリストなのかな?

188 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 09:09:57 ID:y3NRh9hZ0
小泉・竹中改革の経済的・社会的帰結↓

  コストを下げろ! → 非正社員を使う → 低所得者が増える
→ 総需要が減る → デフレになる → コストを下げて利益をだせ
→ 非正社員を安く使う → 低所得者が増える → 総需要が減る
→ デフレになる → コストを下げて利益をだせ → 非正社員を安く使う
→ 低所得者が増える → 総需要が減る → デフレになる
→ コストを下げて利益をだせ → 非正社員を安く使う → 低所得者が増える
→ 総需要が減る → デフレになる → コストを下げて利益をだせ
→ 非正社員を安く使う → 低所得者が増える → 総需要が減る
→ デフレになる → コストを下げて利益をだせ → 非正社員を安く使う
→ 低所得者が増える → 総需要が減る → デフレになる
→ コストを下げて利益をだせ → 非正社員を安く使う → 低所得者が増える
→ 総需要が減る → デフレになる → コストを下げて利益をだせ
→ 非正社員を安く使う → 低所得者が増える → 総需要が減る
→ デフレになる → コストを下げて利益をだせ → 非正社員を安く使う ・・・・
   ・・・・・・・・
   ・・・・・・・・
→ 国民の不幸指数が急速成長

189 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 09:25:00 ID:NcDLnjdp0
インフレ反対の人はよっぽど金持ってんだろうなw

190 :sage:2005/10/05(水) 10:42:03 ID:Yi/jsZi10
>>189
インフレ反対の人は資産家に多いです。
資産の目ビリが嫌なものだから、その反対理由は、
インフレターゲットにすると、一旦インフレ進行するとストップ不能
になるからと理由。

191 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 11:10:25 ID:Ggba2EYa0
貨幣価値は下がるが、不動産・株は上がる。
ほんとうの金持ちは困らない。
困るのは中途半端な小金持ち

192 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 11:33:44 ID:y3NRh9hZ0
今の日本では、インフレは起きない。
かつてイギリスでは、150年間デフレが続いた。今の日本もそう。

193 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 12:10:53 ID:ENV7wFBf0
「インフレ」って言葉に大して、無条件に恐怖を感じる人間って多そうだな。


194 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 12:21:27 ID:S7yE2ZEQ0
 インフレ・ターゲット政策とは景気安定化政策を用いて経済を安定化させ、平均的インフレ率を低く維持するために行われる政策。
 ただし最近のデフレ下の日本経済をめぐっては、政策論議において、平均インフレ率を2〜3%に高めることによって不況を脱出する政策として、インフレ・ターゲット政策が論じられている。

195 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 13:05:56 ID:y3NRh9hZ0
インフレ率は、簡単に高め得るものではない。
特に、非正規労働市場が急速に拡大する日本では、
きわめて困難である。

逆に、他の先進諸国に見られるように、
上昇するインフレ率を金融政策で抑えるのは容易。

196 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 13:18:16 ID:NcDLnjdp0
まあどっかの工作員が工場などの生産施設を破壊しまくればインフレになるかもね。

197 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 13:20:20 ID:5ugc37qs0
インフレって言葉に異常反応する奴にも
受け入れられそうな別名はないものか?
確信犯(誤用)的に反対してる奴を除けば
インフレと言うだけで感情的に反発してる
奴が多いんじゃ?
いつまで経っても「ハイパーインフレが起こる!」
とか言ってるし。

198 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 13:22:55 ID:y3NRh9hZ0
感情とは無関係に、起きないものは起きない。

199 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 13:27:17 ID:5ugc37qs0
>>198
いや、そんなことはわかってるけど。
導入時のあほな国民の反発を防ぐための
政治的判断として、マイルドな感じのする
別名考えたらどうかなと思っただけですよ。

200 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 13:30:49 ID:Ggba2EYa0
導入もなにも、すでに量的緩和で導入されてるんじゃないの。

201 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 13:34:21 ID:5ugc37qs0
>>200
今行ってる量的緩和はインフレ期待に働きかける
ものではないじゃん。

202 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:25:18 ID:H4NTuQpT0
>>191
不動産だの株だのは売らなきゃ利益にならないんだけど

203 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:33:33 ID:Ggba2EYa0
貧乏人はこれだから

204 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:35:36 ID:H4NTuQpT0
>>203
一生含み益抱えて生きていけよw
あんまり酷くなると今度は含み益にも課税されるようになるだろうけどな

205 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:39:56 ID:Ggba2EYa0
貧乏人はこれだから(w

貧乏人はこれだから(w

206 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:45:29 ID:PwniQqmfO
お買い物に行くに一億ぐらい持ってくようなインフレはイヤだ?

207 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:46:16 ID:H4NTuQpT0
>>205
含み益に課税しろって言う議論は少なくないよ
いつまでも抜け道が抜け道のままで放置されてると思わないほうがいいぞ
金持ちにしては無防備だねあんたw

208 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:47:32 ID:a+WTtrgU0
戦争が一番効果的らしいけどね

209 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:48:34 ID:o9dPmiX80
5%のインフレ目標を15年間やれば財政問題が解決できるとか雑誌に
書いてあったけどホンマですか

210 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:50:39 ID:H4NTuQpT0
>>209
借金はそれで全部返せるだろうが財政は良くなっても経済が良くなるかどうかは微妙
個人的には財政出動を伴わなければあんまり意味無い気がするけど
インフレになれば全部上手く行く(過去はそうだった)って言う意見もそれなりに説得力はあると思う

211 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:56:52 ID:R+Y1OH6a0
ハイパーインフレ時に個人ができる防衛策って何?

212 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 14:58:01 ID:yyPXjkl70
>>211
駅前占拠して闇市やる。

213 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:00:05 ID:p+2J2M6r0
>>208
イラク戦争したアメリカは・・・

214 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:01:19 ID:5ugc37qs0
>>211
だから今の日本の状況でハイパーインフレは
起こりえないって言ってんだろが!
ちっとは勉強せえよ!!

215 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:01:36 ID:H4NTuQpT0
>>211
日本では有り得ないから安心しておく
ハイパーインフレなど起こらないっていう正しい知識を持っておくことが一番の防衛策だなw

216 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:04:10 ID:FxGXltkB0
よくわからんけど、もうデフォルトして借金チャラにしちゃえばいいじゃないヽ(●´ε`●)ノ リセットリセット

217 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:08:03 ID:NtmHQAGN0
踏み倒さなくても平気なのに踏み倒すの?

218 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:08:57 ID:lV/tKRCC0
なんで日本はハイパーインフレが起きないの?

219 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:09:19 ID:FxGXltkB0
>>214-215

なんで?どぼじで?(^ω^) わかりやすく教えてよエロイ人

>>217
そうなん?(^ω^) マジで?

220 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:11:03 ID:50sR6o0y0
年率3%くらいのインフレ率だと良いのにね。


221 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:12:55 ID:Ggba2EYa0
そんな思うように都合よく経済運営なんてできんのよ。
できたら、ずっと好景気じゃ。

これだから貧乏人は(w

222 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:16:09 ID:NtmHQAGN0
>>219
増税とか金融引締めとかアホな事しなければ
財政は改善していくよ。去年は4兆も税収が増えたし。

223 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:18:19 ID:5ugc37qs0
>>219
ヒント:変動相場制
    対外債権額1位

224 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:18:23 ID:vKd419qW0
一ドル140円くらいになるまで金利は下げておくべきだな。

225 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:19:12 ID:V2S69PZ60
>>205
五月蝿いだけ

226 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:20:07 ID:y3NRh9hZ0
だから、インフレにはならないんだって・・

227 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:23:04 ID:p+2J2M6r0
>>223
あと金本位制ではないとか

228 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:23:48 ID:H4NTuQpT0
>>219
カネを刷らなきゃインフレなんておきようがないんだよ
で、対外債権国である日本にカネを刷らせる強制力なんて一切無い
むしろ日銀がカネを刷るのを渋ってるような状況

229 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:25:32 ID:FxGXltkB0
>>223
変動相場制で対外債権額一位だとなんでハイパインフレになり得ないの?(^ω^)
ぜんぜんわからないお(^ω^) 答え教えてお

230 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:29:02 ID:FxGXltkB0
>>228
インフレターゲットって量的緩和政策てお金を刷ることなんでないの?(^ω^)

>対外債権国である日本にカネを刷らせる強制力なんて一切無い
どゆこと?(^ω^) よくわからないお

231 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:34:29 ID:H4NTuQpT0
>>230
量的緩和がまだまだ足りてないからいつまでもデフレなんだよ
金融政策のみでインフレ転換したいならもっとカネを刷らなきゃいけない

外国にカネ借りてなきゃ別に無理やりカネ刷ってまで返す必要なんて生まれないでしょ?
しかもちょっとやそっとじゃなくて絶望的なレベルまでの債務がない限りはそんな必要に迫られる事はない
対外債務って言うのは潜在的なインフレ要因になる
歴史的にもハイパーインフレを引き起こしたのは対外債務国のみ
ただし、ハイパーインフレ自体はともかく、ハイパーインフレが起きた国は大抵その後前より良くなる

232 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:37:15 ID:y3NRh9hZ0
お札を刷ってもタダでばらまく訳にはいかんでしょ?

233 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:39:19 ID:y3NRh9hZ0
>>231
普通、ドルで返済するから、円を刷っても無意味では?

234 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:42:38 ID:H4NTuQpT0
>>232
ただでばら撒きゃいいじゃんってのがヘリマネ(ヘリコプターマネー)派の主張
なんでもいいからとりあえず働かせようってのが公共事業派の主張

>>233
円を刷りまくってそれでドルを買う
まあ猛烈な円安も誘導されるから貿易黒字も期待できるし

235 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:44:00 ID:y3NRh9hZ0
ハイパーインフレは、ゼネストで生産が停止する場合を除けば、
生産設備が破壊されない限り、あり得ないだろう。
輸入依存度が高い国は、累積債務の返済が滞って、
為替相場が暴落すれば、かなりの輸入インフレが起きるが、
それでも、ハイパーとまではいかない。

236 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:48:37 ID:ppzHGpGC0
何で政府貨幣で国債を償還しようとしないの?
国の借金が減れば簡単に状況改善するんじゃないの?


237 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:50:15 ID:Ggba2EYa0
簡単な話

もう国債は紙くずですよと宣言すれば

インフレになります。

238 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:51:50 ID:FxGXltkB0
>>231
>量的緩和がまだまだ足りてないからいつまでもデフレなんだよ
ナルホロ、インタゲはもっとジャンジャン刷ってばら撒けってわけか(´・ω・`)

でも、ばら巻くって言っても、まずは民間の金融機関に低金利で貸し出されてそれが一般企業に貸し出されて
で、設備投資とかに使われて・・・まぁ最終的に消費者に下りていくんだろうけど・・・

でも、いくらお金刷ったところで、あくまで消費者が消費しない限り、消費しようにも消費者の懐が寒い限り、
一般企業は設備投資して積極的に商品作ろうとしないだろうし
金融機関に金借りようとしないだろうし・・・

結局、金融機関に金が留まったままになっちゃうだけんじゃないの?┐(´д`)┌

>歴史的にもハイパーインフレを引き起こしたのは対外債務国のみ
歴史的に今までそうだったからって、対外債務国じゃなければ起こらないって言いきれるの?(´・ω・`)

239 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:56:08 ID:y3NRh9hZ0
Yahoo!BBSにあったけど、

国債暴落がハイパーインフレの引き金となったアルゼンチンの例

@国債の未達が続き、その消化のために表面金利が暴騰する。

A内部留保を増やしているといっても、今なお負債の大きい企業が、
 高金利に耐えかねてバタバタと倒産し、失業者が増大する。

B株価暴落、金利上昇により、企業活動や金融機能が縮小して、
 国内は物資の供給不足に陥り、物価が高騰する。

C国内の資金が海外に逃避して、@に更に輪をかける。
 (悪循環により歯止めが利効かなくなる)

240 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 15:58:09 ID:mJIfzwZo0
>>238
いくらオカネを刷ってもインフレにならなければ、
国はお金に困らなくなって好きなだけ刷ってカネが使える→ありえない

だから、かならずインフレになるんだよ

ハイパーインフレは、かなり特殊な要因が重ならなければ起こりようがない
・日本にはその要因がない
さらに
・インフレ操作を失敗した国は無い
・日銀のインフレ引き締め能力は世界一(過敏で過剰)



241 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:00:23 ID:FxGXltkB0
>>234
>ヘリマネ
に一票(^ω^) っ□

>>233
貿易黒字期待できるの?(´・ω・`)
国内の物価が猛烈に高くなってしまう以上、材料コストや人件費も上がるわけで
輸出価格を安くするとか簡単にはできないんでないの?

242 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:05:29 ID:FxGXltkB0
>>240
>いくらオカネを刷ってもインフレにならなければ、
>国はお金に困らなくなって好きなだけ刷ってカネが使える→ありえない
>だから、かならずインフレになるんだよ

だからさ、いくらお金を刷ってもそのお金が世の中を回り出さない限り、意味がないんでないの?(´・ω・`)

>・日本にはその要因がない
その要因てなに?(´・ω・`)

>・インフレ操作を失敗した国は無い
今まで無いから、これからも、つか日本もあり得ないと言い切れるの?(´・ω・`)

>・日銀のインフレ引き締め能力は世界一(過敏で過剰)
また、バブル崩壊みたいになったりしてw

243 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:12:27 ID:H4NTuQpT0
>>238
インフレは貨幣価値の下落だからインフレ誘導すれば消費者は自然と消費にまわる(貯めとくとどんどん目減りするから)
っていうのが純粋なインタゲによるデフレ脱却論者の主張

俺は国民がそこまで合理的に動くことは有り得ないから公共事業である程度消費を底上げしないと無理だと思ってる

244 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:14:31 ID:mJIfzwZo0
>>242
・お金は使えば外に出るよ
・要因は他の人のレスに書いてある
・言い切れない がローリスク
・インフレ目標は「度過ぎたインフレにしない+デフレにしない」の両面のためにある


245 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:17:49 ID:y3NRh9hZ0
そもそも、インフレになる要因がない。
政府の政策も、デフレを促進している。
日銀は、インフレを抑制することは出来るが、
インフレを作り出すことは出来ない。

246 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:22:52 ID:mJIfzwZo0
>>245
できる

247 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:28:59 ID:mREcIA5I0
4輪駆動でもスタッグすることもある。
30年前のヨーロッパを思い出せ、原油高。竹中あまち

248 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:32:49 ID:FxGXltkB0
>>243
>インフレは貨幣価値の下落だからインフレ誘導すれば消費者は自然と消費にまわる(貯めとくとどんどん目減りするから)
>っていうのが純粋なインタゲによるデフレ脱却論者の主張

ナルヘソ(´・ω・`)
でも、今の消費者、一般大衆はそもそも既にそんな貯蓄あるんかね(^ω^;)一部の金持ちは知らんけど

でも一部の金持ちはそもそも、消費よりも投資に金をつぎ込むわけで・・・
でも投資しようにも経済が回り出さない限り、結局個人消費が回復しない限り、投資先も無いわけで・・・

で、漏れはヘリマネに一票(^ω^) wつかヘリマネって具体的にはどうやるんだろ?地域振興権みたいな感じ?w


249 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:36:43 ID:ltbQuIl50
>>246
どうやって?

250 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:38:54 ID:S5FaUbbT0
平蔵の資産をすべて現金化してからやれよ

251 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:39:49 ID:cU3ZMlS70
きたな、インフレ。
超少子化→インフレ もう日本は滅びの道まっしぐらー

手のほどこしようないね。

10年後には三流国家か。億単位の資産持ってるやつは国外逃亡だろーな。

愛国心なんてこれっぽっちもないのが現代の日本人だからな。
そろそろ本格的に移民受け入れも始まるのかな。トヨタさん。

どいつもこいつも揃って自分勝手な国民になったからな日本人は。
子どもは面倒だから、金がかかるから産まないって、
日本をインフレ化し、移民受け入れで治安激悪化、
将来の自分の首をしめるだけなのにな。

わがままおこちゃま自己中の大人になりきれない物欲至上主義の
人間ばかりの国になりさがった、かつてはJapan as No.1とうたわれた日本。

盛者必衰。

252 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:42:28 ID:FxGXltkB0
>>236
つか、漏れもそれ激しく思う(^ω^) なじぇ?一番てっとり早いじゃんねw

>>244
>・お金は使えば外に出るよ
つか、インタゲて刷ったお金を別に使うわけじゃないんでしょ。あくまで貸すだけでしょ?(´・ω・`)
って、もっと一般論を言ってるか

>・要因は他の人のレスに書いてある
債務国じゃないとか?変動相場制だとか?
あと金本位制じゃないってのもか?・・・これは理屈がわからん・・・て他のも実はよくわからんw(^ω^;)

>・言い切れない がローリスク
フーン(´・ω・`)

>・インフレ目標は「度過ぎたインフレにしない+デフレにしない」の両面のためにある
つか、目標どおりに抑えられる保証はあるの?(´・ω・`)

253 :_:2005/10/05(水) 16:43:04 ID:k7KcMzea0
竹中は、アメの凍死会社の利益のために動いているからな

インフレになれば、不良債権処理で銀行が安値で手放した不動産を
たっぷり底値で買ったアメの凍死ファンドが大儲けするだけ。
連中が高値で売り抜けたら、またミニバブル崩壊で
今度こそ、デフォルトだろ。

もう竹中は賞味期限切れ
片山さつきの方がまだマシ

254 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:44:31 ID:60HX+N8c0
>>17
デフレはもっとコントロールできないじゃん

255 :ニート王:2005/10/05(水) 16:51:15 ID:4aNKITPy0
解決するには戦争しかない。全部こわすんだよ。一からやりなおすんだ。

256 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:51:59 ID:0ceAFhEK0
もうこれ以上ほしいものがない。
だからインフレにはならない。

257 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:53:12 ID:mJIfzwZo0
>>249
たとえば長期国債の買いきり

>>252
・インタゲ自体は使うとか貸すとかという方法の話じゃないよ
物価上昇率の上限と下限を決めて、そこから外れたら(何時までに達成する、
と期限を決めて)金融政策でターゲット内に誘導するという「行動宣言」
実際に行動する際の方法論は別

・物価が通貨圏における財全体と通貨の交換比率である以上、
十分な金融引き締めをすれば必ずインフレは止められるよ
同様に、十分な金融緩和をすれば必ずインフレになる

258 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 16:56:24 ID:H4NTuQpT0
>>248
ヘリマネは単なる怠け者優遇政策だからあんまりやりたくないな…
ただでばら撒くくらいなら働かせたほうがマシだろってのが公共事業の理念なんだが

259 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:22:32 ID:FxGXltkB0
>・インタゲ自体は使うとか貸すとかという方法の話じゃないよ
>物価上昇率の上限と下限を決めて、そこから外れたら(何時までに達成する、
>と期限を決めて)金融政策でターゲット内に誘導するという「行動宣言」
>実際に行動する際の方法論は別

あぁ、ウン(´・ω・`)つか、漏れが言ったのは、
つか知りたいのは、その実際の行動の方法論の話ね
で、その方法論が知りたいんだけど、どうやんの?(´・ω・`)

ちなみに>>244
>・お金は使えば外に出るよ
ってのは、これやっぱインタゲとは別の話?

>・物価が通貨圏における財全体と通貨の交換比率である以上、
>十分な金融引き締めをすれば必ずインフレは止められるよ
>同様に、十分な金融緩和をすれば必ずインフレになる

理屈の上ではそうなんだろうけどさ、いや、実際そうなんだろうけどさ、
なんつんだろ、タイミングとか引き締めぐあいとか間違ったりしないわけ?
というか、適切なタイミングとか引き締めぐあいを知り得るわけ?(´・ω・`)



260 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:24:41 ID:bjHfrmgh0
http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/kobayashi/05.html
インタゲが流行った頃のインタゲ論。

第一は、年率2〜3%程度のインフレ目標値を2、3年以内に達成する、
と日銀が公約を掲げること。
第二は、その公約を果たすため、日銀が非伝統的な手法(株式や土地などの買い上げ)
で現金を経済全体にばらまくこと、である。

当時は資産デフレで日銀が土地や株を買ってインフレにすると言う手段が、
何故かまた過去の手法(土建への財政出動)に逆戻りして、
需要を生み出すために公共投資が乗数効果的にも一番有効的だと主張しだした。

デフレ下で不良債権処理を行えばさらに不良債権が増えてデフレスパイラル
になると主張していたが、現在はそのような状況にはなっていない。
不良債権は減り景気は回復傾向になりデフレも改善方向に向かってる。
デフレスパイラルにもなっていない。

日銀の為替介入

2004年 3月17日以後介入なし!
http://www.hefx.ne.jp/market/nichigin.html


261 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:28:23 ID:ccjQbIqf0
日銀が無能と言われるのが嫌なだけだろ

有能なら、インフレターゲットできるぜ

262 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:31:33 ID:H4NTuQpT0
>>260
デフレスパイラルに陥ってない理由は名宰相の小泉総理が
公約を反故にしてまで国債を増発して下さってるおかげですよ

263 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:33:53 ID:bjHfrmgh0
泉政権下での財政赤字が急増したと言う主張の捏造。
伸びはストップしている。

国債発行額
財務省の財務データ集
http://www.mof.go.jp/zaisei/con_07.html
公債発行額
http://www.mof.go.jp/zaisei/con_03_g02.html

歴代総裁
http://www.promised-factory.com/100years_after/ldp/

自殺者が3万人になったのは平成10年からである。1998(H10)年

http://www6.plala.or.jp/fynet/5tokei-keisatu-jisatu.htm#
http://www.npa.go.jp/toukei/chiiki4/jisatu.pdf

失業率と有効求人倍率。
http://www.nikkei.co.jp/keiki/shitugy/
実質GDP
http://www.nikkei.co.jp/keiki/gdp/


264 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:39:01 ID:H4NTuQpT0
>>263
誰も増やしたなんて言ってないじゃん
経済を立て直した小渕と同じ水準の国債を発行して景気の悪化を食い止めてるって言ってるんだけど?
しかも責めるどころかもっと増やしてくれって言ってんのに…

265 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:39:23 ID:FxGXltkB0
>>248
>ヘリマネは単なる怠け者優遇政策だからあんまりやりたくないな…
漏れは怠け者だからうれしいけどねwww(^ω^)

つか、経済にとっては生産活動も重要だけど、同様に(いやそれ以上に?)消費活動も重要なわけで、
消費がなされない限り、経済は回っていかないわけで、怠け者働き者うんぬんなんてあんま問題じゃないと思うんだけど(^ω^)

つか、消費活動が活性化されれば、その金は結局、頑張って働いたもののところにより多く流れていくわけで、
怠け者にとってだけメリットがあるってわけでもないと思うんだけど(^ω^)

>ただでばら撒くくらいなら働かせたほうがマシだろってのが公共事業の理念なんだが
無駄な働きなら働かないほうがマシなんでないの?(^ω^) 全部が無駄とは言わんけど
でも、その時は良いかもしれないけど、後後マイナスに降りかかってくるような公共事業は簡便(´Д`;)

266 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:39:24 ID:mJIfzwZo0
>>259
基本は、長期国債なんかの買い切りオペレーション

まず、これからずっとインフレターゲット政策を採るよという宣言だけで
過剰なインフレとデフレは抑制されて物価上昇率が安定する

金融政策でコミットするのは「ある将来の物価上昇率」
金融政策は、実施すればすぐに影響を与えるというものじゃないから、
物価上昇率の動きはゆっくりとしたものにしかならないわけよ

さらに為替の変動や国を越えた資本の自由移動という弾力性があるから、
あれよあれよと言う間にとんでもないことに!というのがまずあり得ない
様子を見ながら手を加えれば操縦できる

実際にはさらにセーフティーをかけて、政策転換用のレンジをインフレターゲットの
レンジの外においたりもできるし、期限までに達成できなかった場合のペナルティも
用意されるのが普通

267 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:43:02 ID:H4NTuQpT0
>>265
福祉、介護、農林水産業、環境、都市整備…
いくらでも公共事業のやりどころなんてあると思うけど?
もっと豊かになりゃいいじゃん、別に苦しむ必要なんてどこにもない

268 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:43:11 ID:bjHfrmgh0
それまで18兆円ですんでいた国債発行を馬鹿小渕が
30兆円を超えるば赤字国債発行をしてしまった。
小泉就任当初に30兆円の公約を守ったが、
一度膨らんだ組織の為に小渕から日本の赤字国債発行は
30兆円台になってしまった。
小渕さえいなかったら日本は早く復活が可能だった。

269 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:43:46 ID:jkXWAxgn0
なんでインフレになると金利が上がるの?

270 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:44:18 ID:H/sbA/gB0
金利を上げると・・・国債が・・・・難しいぞこりゃ

271 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:45:43 ID:mJIfzwZo0
>>268
うそを広めるのはやめてよ

272 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:45:46 ID:bjHfrmgh0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051005-00000019-san-bus_all
長期金利1.56% 急上昇 1年ぶり水準 景気回復に期待感

 四日の国債市場で、「経済の体温計」とされる長期金利が急上昇(価格は急落)した。
指標の新発十年債の終値利回りは、前日より0・060%高い1・560%となり、
昨年十月以来一年ぶりの水準を付けた。原油価格の高止まりにもかかわらず、
景気の本格回復期待が広がっていることや、日銀が来年春にも量的金融緩和政策を解除し、
その後利上げするとの見方が出ているため、金利が上がった。
 三日発表の日銀の企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感が
二・四半期連続で改善。日経平均株価の上昇や、冬のボーナスがバブル崩壊後最高の
伸びとなる見込みに加え、東京都区部の地価が十五年ぶりに上昇に転じるなど、
景気の明るい材料が急速に増えている。
 消費者物価指数の前年比上昇率は十月にもプラス転換し、デフレ脱却が展望できる
見通しになっている。日銀内から量的緩和解除に向け積極的な発言が相次ぎ、
四日も春英彦審議委員が「来年初め以降は可能性が高まる」と表明。市場では
「六年ぶりの利上げも視野に入った」(大手銀行)との見方から金利先高観が強まっている。


273 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:45:56 ID:t2uo59eX0
自殺者の問題を考えるとき、初老期鬱病と
人口年齢構成に因果関係がないか
どこかに分析してないのかな?

274 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2005/10/05(水) 17:47:37 ID:4BgoUKdo0
>導入を改めて求めた。
えっ?

>推進派の竹中氏は
えっえええーーーーーーーーーーー???

自民党に投票した愚民死ね。

275 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:48:55 ID:H4NTuQpT0
>>268
橋本が緊縮財政で日本経済を大混乱に陥らせたの忘れたの?
で、財政赤字がどういう意味で日本経済にとってマイナスなのか説明してよ
あんたのレスには論理が欠片もない、単に現状を無理矢理肯定しようとしてるだけじゃん

>>269
カネの価値がどんどん下がっていくんだからそれに見合った利息取らなきゃいけなくなるでしょ?

276 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:50:40 ID:GQuyEJFk0

部落民・ケケ中のルサンチマン全開だな・・・

277 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:51:26 ID:bjHfrmgh0
>>275
>財政赤字がどういう意味で日本経済にとってマイナスなのか説明してよ

説明するまでもないけど?

http://www.sankei.co.jp/news/050922/kei003.htm
日本の成長を上方修正 IMFの世界経済見通し

 国際通貨基金(IMF)は21日発表した半期に1度の世界経済見通しで、
日本の財政再建への道筋が不鮮明だと指摘、具体的な赤字削減戦略を示すよう促した。
日本の実質国内総生産(GDP)成長率は2005、06年とも年2・0%と予測した。

 05年の成長率は今年春の見通しから1・2ポイントの上方修正。
消費や設備投資など内需主導の回復が今後も続くとしたが、
原油高や円高進行をリスク要因に挙げた。不良債権問題の進展を歓迎する一方で、
銀行の収益拡大が欠かせないと強調。
郵政民営化で郵貯や簡保の競争力が弱まれば銀行の収益改善につながるとした。

 05年の世界経済は4・3%成長と推定。原油高やハリケーン「カトリーナ」
の影響で、米国は3・5%と春の見通しよりやや下方修正した。
中国については9・0%と引き続き高成長を見込むが、
投資の過熱や不安定な金融システムを懸念材料として指摘した。

278 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2005/10/05(水) 17:52:34 ID:4BgoUKdo0
>>50
嘘付くなボケ。
インタゲに反論出来なかっただけで、なんでインタゲ論者なんだよ。
4年もなにやってたんだよ。今さら無理だよボケ。糞、カス。

嘘付くな、死ねよ小泉信者。

>>269
インフレになるとお金の価値が減るから、それを上回る金利がないと
お金貸すと損するので、誰もインフレ率を下回る金利でお金貸さなくなる。

それでも、資金需要は有るので金利が上がる。

279 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:53:36 ID:cbo3bGr50
962 名前:名無しさん@6周年 [] 投稿日:2005/10/04(火) 16:25:17 ID:tKlVaIVm0    New!!
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
         |l、{   j} /,,ィ//|       『テレビを見ていたら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        政治家の同人誌が紹介されていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |        http://cynthia.bne.jp/nandemo/img/1107320716_0196.jpg
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも 何が起こったのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   衆道だとか腐女子だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  } もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…

【妄想氷田町 第14議席】
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1128166114/

280 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:56:41 ID:bjHfrmgh0
日本経済の問題点は大きく3つ。

財政赤字。
不良債権問題。
デフレ

この3つを同時進行で解決する必要がある。

281 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:57:59 ID:FxGXltkB0
>>267
いや、別に公共事業を否定してるわけじゃないし、いいんだけどさ、
なぁんか金の流通過程、流通経路が限られてて、
全体への波及効果がぁゃιぃような経済全体が回り出すまでに時間かかり杉な気がするというか・・・
本当に景気への効果あんの?(´・ω・`)

まぁ、でも福祉、介護、環境、この辺はいいかもしんない
農林水産業・・・これなんかピンとこない
都市整備・・・ウーン、なんか土建、ハコものを連想・・・これ系はイヤw

282 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:58:44 ID:H4NTuQpT0
>>277
何の説明にもなってないけど?
財政再建を急いだドイツは相変わらずの不景気だし
財政の健全化(この言葉自体偏見に基づくものだが)は結果として付いてくるものであって
健全化すれば経済が改善されるわけじゃない

説明するまでもないなら説明してみろよw
学者でも簡単に説明できないことなんだが…

283 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:59:06 ID:bWo1j1Pa0
 自殺者が増え、フリーターやパートも増え、
手取りも少なくなった上に、インフレターゲット
ですか?

 竹中は何を考えているのでしょうか?



284 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 17:59:09 ID:2vRqvCMP0
日本の財政なんて、アルゼンチンと比較できないほど、最悪だからな

アメの国債持ってるとかなんだか言って、日本じゃハイパーインフレ起こらないなんて。。。。。




結局最後には、

       国債暴落させて得するのは、借金帳消しにできるアメリカ合衆国です


285 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:00:37 ID:bjHfrmgh0
>>282
そんじゃ無限大に財政赤字を垂れ流しても問題ないと立証しろよw


286 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:03:18 ID:H4NTuQpT0
>>280
増税で全部解決だなw
でも増税は拒否するんだろ?
他人には痛みに耐えろといいつつ自分は痛みたくないのが小泉信者の特徴だし

>>281
もちろんこれまでの土建中心の公共事業は見直すべきだが、総額を増やさなきゃどうしようもない
ヘリマネじゃ結局貯蓄に回ってしまってたいした刺激にならない可能性も高い

287 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:04:21 ID:FxGXltkB0
>>285
足りなきゃ諭吉マネー刷りまくればいいんじゃね?(^ω^)

288 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:06:07 ID:bjHfrmgh0
>>287
そんじゃ税金なんか取らないで金刷って無税国家にすればいいね。
みんな豊かになれるw

289 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:06:34 ID:2vRqvCMP0
>>280

その3つは、

議員年金廃止
公務員の給料半減
相続税廃止

で解決するよ


国債の為に、インフレやったら、間違いなく、得するのは、アメリカだけだよ



290 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:07:43 ID:MsE9R+Q90
>>285
横レスだが。
名目成長率が、国債金利を上回っていれば「財政赤字の維持」は問題ない。
なんせ税収が増加を続けていくから「利払い費」よりもね。

逆に、今の日本の様に下回っている状況では、「公務員0」でも財政は破綻し
てしまう。名目成長率を国債金利より高くするにはベースマネーの増加しか
ありゃしない。


291 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:08:28 ID:H4NTuQpT0
>>285
赤字増大→札を刷る→インフレで消費刺激→財政も経済も健全化

最悪のシナリオでも
赤字増大→札を刷る→ハイパーインフレ(笑)→貯蓄がいったんリセットされて強制的に既得権益が廃棄される→日本リスタート

経済は破綻しても国は破綻しないから

292 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:08:33 ID:bWo1j1Pa0
>>286
 ヘリマネ=貯蓄に回るという発想は何処から来た?

 確かに、100万円程度なら貯蓄に回る可能性が高い
(碌な物が買えないから貯金した方がマシ)が、1000万円以上だと
普通に考えて500万円ぐらいは使うんじゃないの?


293 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:09:21 ID:bjHfrmgh0
>>290
実質・名目とも成長してる。

http://news.goo.ne.jp/news/reuters/keizai/20050517/JAPAN-177162.html?C=S
04年度実質GDP成長率は+1.9%、名目は+0.7%
実質GDPは3年連続、名目GDPは2年連続のプラス。
2005年 5月17日 (火) 09:36  [東京 17日 ロイター]


294 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:09:50 ID:FxGXltkB0
>>286
>ヘリマネじゃ結局貯蓄に回ってしまってたいした刺激にならない可能性も高い
あ、そうそう。ウンだから、もちろん貯蓄出来ないようにする。w(^ω^)

やっぱいつかの地域振興券みたいな金券発行になるかな

295 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:10:10 ID:2vRqvCMP0
>>291

中国、韓国の奴隷になりたいの????

日本人ですか?

296 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:11:58 ID:y0LJQ6At0
ハイパーインフレは学術用語なのでこれが起こると考える
のは確かに今の日本では飛躍がある。でもインフレターゲット
が景気好転に結びつくと期待できなければ、金融資産は単に
海外資産に移転する(逃げ出す)ということが起こりかねない。
この場合でも外資が日本に資金を投下できるべく、適切に手が
打てればいいが、今の日本の金融政策のとりうる手段はそう多
くない。さらに対外債権はもってはいるが、実際は大きく売ること
に対しては制約があるので、この点でも機動的な金融政策の
発動による調整は制限がかかると思う。


297 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2005/10/05(水) 18:12:09 ID:4BgoUKdo0
>>293
名目+は、原油高の影響分が0.5%と言われてるので、
悪性の物価インフレですな。

298 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:13:21 ID:MsE9R+Q90
>>290
いや・・・知ってますって。
名目成長率は、国債金利より上か下かどっちかを言っている。

299 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:14:51 ID:TmuPzW0K0
誰だって勝ち組になったら、対抗相手が這い上がって来れないようにルールを改変するだろ
ボーダーラインに居る人たち、ここ数年が勝負ですよ
ボーダー以下の人はとっとと諦めましょう
でも泣かなくてもいいですよ
負け組のお仲間が大量に増えますからw

300 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:15:52 ID:H4NTuQpT0
>>292
まあ1000万とかやればな…

>>293
一人当たりは減ってるだろ

>>294
地域振興券みたいなのでも現金が商品券に変わるだけであんまり意味ない気がする
個人的にはマイナスの消費税がいいと思うんだけどね

301 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:16:05 ID:bjHfrmgh0
>>297
原油先物相場の指標となる米国産標準油種(WTI)が一バレル=一〇ドル上がっても、
国内総生産(GDP)の押し下げは実質で0・1%程度。エネルギー効率の向上など
日本経済の体質強化を理由に、「一〇〇ドルでも耐え得る」(牧野潤一シニアエコノミスト)
との見方を示している。

大和総研の試算は、多くの企業が業績見通しの前提としている一バレル=六〇ドルの原油価格が、
さらに一〇ドル上昇して七〇ドルで長期化するケースを想定。原油輸入額の増加に加え、
企業収益悪化による設備投資や個人消費の縮小などで、実質GDPを0・11%押し下げるが、
「経済に与える影響は、過去の石油危機より小さい」との見方だ。

企業収益への影響は全産業で0・5%減とみており、特に価格転嫁が難しい電気機器
(2・2%減)など加工組み立ての業種が厳しい。一方、素材産業は石油・石炭製品
(8・2%増)など、価格転嫁による収益増も見込まれるという。
http://www.sankei.co.jp/news/050831/morning/31kei002.htm

302 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:16:19 ID:MsE9R+Q90
>>294
>もちろん貯蓄出来ないようにする。w(^ω^)

もちろんずっと貯蓄し続ければあなたは「大金持ち」になるでしょう。
地域振興券は、貨幣ではありません。振興券をドルに転換したり株購入に充てたりはできないので。

ちなみに、ヘリマネでデフレが続くとしたらバーナンキの背理法という「有り得ない」事がおきる。
まぁ、起きたら「日本は、世界最強の国」になるでしょうけど・・・

303 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2005/10/05(水) 18:18:43 ID:4BgoUKdo0
>>301
君の出してる数字は、実質成長率。
物価高によるインフレで名目は+になるんだよ。糞、屑。

304 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:18:59 ID:1AIamSs40
> マイナスの消費税
自営業としてすごくありがたいねw

305 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:19:27 ID:MsE9R+Q90
298のレスは、>>293宛て

306 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:21:26 ID:H4NTuQpT0
>エネルギー効率の向上など日本経済の体質強化を理由に

これって経済の体質強化じゃないだろ…
つーか過去のオイルショックだって風評が問題になっただけで別に経済にたいした影響は無かったし

307 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:23:15 ID:bjHfrmgh0
金利が上がっても予算を縮小できれば問題なし!


308 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:26:25 ID:MsE9R+Q90
>>307
だから、名目成長率が金利より下だったら「財政は発散」してしまう。
ひたすら利払い費に埋まるだけ。全ての公務員(自衛官、警察官も)がただ働きでもなんと「赤字は
増加を続ける」。

相手がイージス艦でも気合いで攻撃すれば大丈夫!!というようなものだ。

309 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:28:54 ID:FxGXltkB0
>>294
>地域振興券みたいなのでも現金が商品券に変わるだけであんまり意味ない気がする
ん?なんで?
あぁ、貯蓄てタンス貯金?(ノ∀`) アチャー 金融機関への預け入れだけを考えてたw
ってなら、期限を設ければいいんじゃない?(・∀・)

ていうか
>個人的にはマイナスの消費税がいいと思うんだけどね

こっちほうがよさげ( ゚д゚)ハッ!その手があったか!
てどゆこと?(^ω^;) 消費税廃止?つまり減税?
・・・じゃ、その分貯蓄に回されちゃうかもしれないし・・・どゆこと?




310 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:29:05 ID:mJIfzwZo0
>>302
ヘリマネより、日銀買いオペのほうがリスクが少ないよ

311 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:32:13 ID:MsE9R+Q90
>>310
同意でございます

312 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:32:19 ID:bjHfrmgh0
先進国でも最悪の状態となっている日本の財政再建には、歳出・歳入の一体改革が不可欠だ。
小泉政権が、財政健全化に向け、新たな借金に頼らず財政の政策的な経費を賄っていく
「国と地方を合わせた基礎的財政収支(プライマリーバランス)を2010年代初頭に黒字化」
するには、一般会計の歳出削減だけでなく、特別会計の改革は避けて通れない。

 国の特別会計は現在、国債整理基金特別会計など31あり、9省が所管している。
2005年度予算の歳出総額は411・9兆円に上り、特別会計間の取引などを除いた
歳出の純計額だけでも205・2兆円と、一般会計82・2兆円の2・5倍にも膨れている。
このうち、一般会計から47・7兆円が繰り入れられている。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/91/kaikaku004.htm

313 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:33:28 ID:9itQR9Ca0
>>309
「マイナスの消費税」ってのは使ったお金を所得から控除してもらうってこと。

所得−消費金額=課税対象の所得

つまり、現在、仕事上の必要経費のみに認められているものを、消費全てに
認めようってこと。累進強化とセットにすれば、消費は一気に伸びる。
アメリカは、これに近いことをやって消費を伸ばしてる。

314 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:34:33 ID:bWo1j1Pa0
>>313
 使えるお金自体が減っているのに?


315 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:35:49 ID:MsE9R+Q90
>>312
ストック的視点ですな。

追いかけっこをいつまでも続けるでしょう。
その間、赤字は増え続けるだけ〜

316 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:40:02 ID:bjHfrmgh0
>>315
ストック的視点でいいんだよ。
着実だしね。
もう日本では高度成長期のような発展はない。
少子高齢化・人口減少時代に突入するからね。
守りの経済で行こう!

317 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:42:52 ID:bWo1j1Pa0
>>316
 竹中が守りの経済で緊縮財政をした結果が今の状況ですけど?


318 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:43:21 ID:mJIfzwZo0
>>312
プライマリーバランスが取れても、名目GDP成長率が安定的にプラスになるように
国内需要が拡大しないと、一時的な均衡にしかならずに赤字は膨らんでいくよ

最近の景気回復は外国の景気が良かったという単なる幸運によるものだから
その特需が終わったらそこまで

>>316
それは守りじゃなくて破綻への道
なにも高度成長期やバブルをもう一度って話じゃないんだよ
日本の潜在成長率どおりに成長すればいいだけ

319 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:44:37 ID:MsE9R+Q90
>>316
今の「ストック」と、5年後のストックは違う。

15000円の株が5年後もキッカリ15000円であるだろうか。
フローの低推移は、将来の赤字をさらに拡大させるだけ。

何度も言うように今の名目成長率<国債金利では、政府支出0でも負債は増え続ける。
さて、公務員も政府の土地も自衛隊の設備もうっぱらても「赤字が増える」という場合は、どうしたらいいだろうか〜
ですな



320 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:44:53 ID:mNgUqYFg0
>>317
マネー誌や経済紙読んでみろ。不況下を生き残り精鋭化された企業の
企業人は悉く小泉と竹中を賞賛している。絶賛といって良い。
状況は「最高」だそうだ。

321 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:46:07 ID:bjHfrmgh0
>>317
景気回復・不良債権処理進む・株価上昇だが?

人間でも若いと時は拡大路線でイケイケどんどんだけど、
年をとると今ある資産をどう減らさないか考えるだろ?
もうイケイケどんどん時代じゃないってことさw

322 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:47:24 ID:bWo1j1Pa0
>>320
 そりゃ、法人税を30%まで下げた上に、高額所得者に
かなりの優遇政策をしたんだから、絶賛して当たり前。



323 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:47:28 ID:MsE9R+Q90
>>320
>不況下を生き残り精鋭化された企業の企業人

もちろん、否定しないよ。
でも、国家財政とは関係ないなw


324 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:48:53 ID:FxGXltkB0
>>313
ナルヘソ(^ω^) いいじゃん。よしそれでいこう!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノwww

て、それ国の税収減らない?(^ω^;)

>>314
あぁ、だよねぇ・・・(^ω^;) まぁ、とりあえず金持ちに消費させろってことなんだろかね

325 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:48:59 ID:9itQR9Ca0
>>321
30兆円を超える為替介入と、愛知県での大型公共事業をやったからね。

326 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:50:23 ID:Trq21lEp0
竹中政策は政治家と企業家の評価が正反対。

企業家は、「限界企業を淘汰し、腐った規制を破壊し、モラルハザードに
陥っていた企業に活を入れ、強い日本を復活させた」と評価する。
政治家は、「弱者や地方を見捨て、WinnerTakesAllを徹底し、これ以上なく
官民・都市地方・若年高齢という国民の対立意識の激化と、共同体意識を
分断した」と評価する。

みてると物凄く面白い。

327 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:51:36 ID:MsE9R+Q90
でだ・・・その竹中くんがインフレ目標の必要性を説いているわけで支持しなくてはな〜

328 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2005/10/05(水) 18:52:54 ID:4BgoUKdo0
>>326
企業家じゃなくて、金融虚業家が評価してるの間違いでしょ。
その点修正すれば、受け入られる。

死ねよ愚民。虚業かと企業家をごっちゃにするなボケ、屑、カス、
ウンコ、

329 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:53:41 ID:bjHfrmgh0
>>325
日銀の為替介入

2004年 3月17日以後介入なし!
http://www.hefx.ne.jp/market/nichigin.html


330 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:55:03 ID:9itQR9Ca0
>>326
企業家は、自分が儲けられればそれでいいからな。
デフレは既存企業の寡占化を進めるし、労働規制緩和は人件費削減が進む。
政治家は企業家達によって起こされた「合成の誤.謬」に対応しなきゃらならな
いから、評判が悪くなって当たり前。

331 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:57:14 ID:bjHfrmgh0
>>328
日本の経済3団体が支持してるけど?

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050914AT1E1400U14092005.html
日商会頭も「小泉首相は続投すべきだ」

 日本商工会議所の山口信夫会頭は14日の記者会見で、小泉純一郎首相の自民党総裁任期
が来年9月で切れることについて「国民は小泉総裁が率いる自民を選んだわけで、
続投すべきだ」と表明した。「続投」で経済3団体のトップの足並みがそろった。
自民圧勝に関しては「予想以上だ。おごらずやらないと逆の風が吹く」と語った。


332 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:57:31 ID:2A+Mgd9C0
>>328
逆、金融業はむしろ竹中に恨み骨髄。
竹中路線の規制撤廃のあおりを一番うけたのが国際競争力も無く、
古いビジネスモデルしかもってなかったヘボい日本の金融機関なわけだし。
証券会社は潰れ銀行は再編され行員の給料は下がり、逆に外資は
その競争力のある金融商品を持って乗り込んで日本市場で縦横無尽に
シェアの拡大と顧客獲得を果たした。
日本的システムの弱さを極端に露呈した金融機関は竹中を快く思ってない。
竹中プランの支持者は収益が改善しリストラし放題、期間工や派遣を
使い放題になったメーカー中心。奥田とか典型だろ。

333 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:58:09 ID:MsE9R+Q90
>>329
そして、↓のザマ
http://www.indb.co.jp/inreport/e_graph/gif/KINYU302_g1.gif

株価も景気も良くなったのにベースマネー伸び率1.1%〜日銀は、景気引き締めモードですw


334 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 18:59:15 ID:cSugcujJ0
>>209  5%のインフレ目標を15年間やれば財政問題が解決できるとか雑誌に書いてあったけどホンマですか

その代わり、日本の3000兆円の金融資産が、半分ほどに目減りする。
インフレは、これまで働いて蓄積してきたものをパーにする最も愚かな手法。 

たとえば、国民が皆一生懸命働いてそれぞれ2千万円ずつ貯金したとする。
政府の政策でインフレにされて物価が10倍になったら、
2千万円の貯金が200万円の価値しかなくなってしまう。

 

335 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:00:01 ID:CkvuGq4O0
>>327
たぶん竹中と企業団体との間には既にコンセンサスでもあるんじゃね?
各企業はおそらく竹中に情報を回してもらってインフレヘッジできる
体制が整ってると思われる。

一連の日本の変革は法人資本主義の改善どころか、法人資本主義の
完成を目指してる気がしてきた。この先、国民と国家という関係
ではなく法人と国家という関係性が主体になるのでは。

336 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2005/10/05(水) 19:00:08 ID:4BgoUKdo0
>>331
だって、今の経済団体ってみんな虚業家でしょ。

企業家はいないと思うよ。


337 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:01:22 ID:R0/jTqin0
>>336
お前に任せとけばなんでも虚業家にできそうだな(w

338 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:02:37 ID:MsE9R+Q90
>>331
だから、竹中政策支持ならこのインフレ目標も支持をしなくては!!!
竹中さんが言うのですから!!

339 :万屋α ◆6cnv5FFX9c :2005/10/05(水) 19:03:24 ID:voFPxbsg0
財務省が500兆円と刻印されたアルミ貨を二枚発行する
国債消滅
インフレ達成


…これでいいのか?


340 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:03:54 ID:9itQR9Ca0
>>329
いや、それは大規模な為替介入の証拠だからw
01-02年に比べたら、どれだけ03-04年に為替介入をしたか一目瞭然。
04年に入ってからだけで、10兆円を超える為替介入をしてるじゃん。
01-02年を合わせた分よりも04年に為替介入した金額の方が多い。

341 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:04:49 ID:bjHfrmgh0
日本経団連・経済同友会・日本商工会議所って企業家じゃないのか。
はじめて知った。
どんなのが企業家なんだ?

http://www.sankei.co.jp/news/050912/kei006.htm
構造改革進展に期待 自民大勝に経済界

 11日の衆院選の自民党大勝について、自民支持を公式表明していた日本経団連が
「郵政民営化を突破口に構造改革の進展が期待できる」(幹部)と受け止めるなど
経済界は改革加速につながると歓迎している。

 北城恪太郎(きたしろ・かくたろう)経済同友会代表幹事は「小泉純一郎首相の
掲げた郵政民営化をはじめとする構造改革路線が、国民から明確に支持された」
と分析、郵政民営化関連法案については「参院が、今回示された民意を尊重して
良識ある判断をされることを期待する」と述べた。

 さらに「今後は郵貯・簡保資金の出口である政府系金融機関や特殊法人改革、
社会保障制度改革、財政再建などの具体的な道筋をつくっていただきたい」と注文。

 山口信夫(やまぐち・のぶお)日本商工会議所会頭は「国民の厳粛な審判の結果、
より安定した政権ができるのは望ましいこと」と与党勝利を歓迎した。

342 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:05:32 ID:FxGXltkB0
>>302
>もちろんずっと貯蓄し続ければあなたは「大金持ち」になるでしょう。
いや貯蓄するつもりないから(^ω^) というかさせない方策を考えてるわけで

>地域振興券は、貨幣ではありません。振興券をドルに転換したり株購入に充てたりはできないので。
いや、貨幣と同じような機能を求めてないから(^ω^) ドルや株購入に充てたりできないようにする方策を考えてるわけで

>ヘリマネでデフレが続くとしたらバーナンキの背理法という「有り得ない」事がおきる。
パーキンソ・・あぁ、パーナンキンの背理法ね(^ω^) なにそり?
で、ぐぐった。http://bewaad.com/archives/themebased/reflationfaq.html#q47

でもなんかこの論理おかしくない?(^ω^;)
だって無税国家は不可能とする根拠自体が、結局、そんなことしたらインフレになるからってことでしょ?
ループしてない?(^ω^;)

343 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:05:44 ID:ENV7wFBf0
>◆6l0h3RGfTY
なんでそんな妙なテンションなの?


344 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2005/10/05(水) 19:06:28 ID:4BgoUKdo0
>>337
竹中支持者は何でも企業家だね。

ここに意見の対立が有るので、どうやって交通整理する?
経済団体に所属してるから企業家っていうなら、カネボウで
鉛筆なめなめ決算出してた人も企業家だし、その数字にお墨
付き与えてた監査法人も企業会計の番人って事になる。

何処に所属してるかじゃなく、何をやってるか?で決めるべき。
ようは人を幸せにしてる人が企業家で、人から富を奪うのが
虚業家。

345 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:08:19 ID:xzGQ5p200
>>344
>ようは人を幸せにしてる人が企業家で、人から富を奪うのが虚業家。
お前が同人雑誌のコラムニストにでもなったら好きなようにそのマイ定義
でも書き綴ってくれ。

346 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:10:49 ID:jK7OTo5u0
改革に成功した経済界が大喜びしてる隅で地方人と低技能労働者が苦しんでいる。
弱肉強食の世だ。

347 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:11:26 ID:FxGXltkB0
>>310
そうなん?なじぇ?つかヘリマネのリスクってなに?(´・ω・`)

348 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:16:53 ID:bjHfrmgh0
>>344
富を独り占めするならビルゲイツとかヤプーの孫さんとか?
資産何千億とかの企業家だろ?
日本の雇われ社長はそんな資産持っていないよ。



349 :功利主義快楽選択派 ◆6l0h3RGfTY :2005/10/05(水) 19:20:48 ID:4BgoUKdo0
>>343
「妙」の部分を詳しく説明してくれないと、
なんとも答えようが無い。

350 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 19:41:54 ID:8UOj41ba0
俺の景気回復案は
公務員3倍に増やせだ
ワークシェアで労働時間は半減
給料も1/3だが 副業させろ
役所も年中無休 12時間窓口開けられるだろ

351 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 20:04:18 ID:juw516GQ0
>>347
・バラまくだけだから、デフレ脱却後の金融政策としては使えない
・日銀が今のままの日銀であるならば政府の逆をやるから、
 不胎化(政府がばら撒いたのに相当する円を回収)により効果の
 打ち消しにかかるおそれがある(小渕のばら撒きは橋本の消費税とコレで潰された)
・人気取りのために政府が後先考えずにばら撒くおそれがある

だから、もうかたくななまでに独立堅持の日銀に金融政策やらせるほうが確実なんだよ



352 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 20:20:52 ID:ivqcI6o00
>>334
金融資産につく利息を無視しているのはどうしてですか?
毎年5%のインフレでも、5%以上の利息がつけば金融資産は
目減りしませんよ。

インフレに転じれば、デフレの今よりも投資活動が活発になり、
景気もよくなるのでつく土地も株価も上がって利息も増えますよ。

353 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 21:34:05 ID:5ugc37qs0
国の借金、国の借金って言うけど殆どが国内で償還してる
わけで、預貯金って裏を返せば金融機関の借金なわけで。
借金って聞いただけで拒絶反応を起こす日本人の体質は
どうにかならんものか。

354 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 22:01:41 ID:H4NTuQpT0
>>324
消費が増えれば法人税やキャピタルゲインからの税収が増える
更に言うなら表面的な税収なんてどうでもいい
経済が健全なら財政なんて健全だろうがなかろうがどっちでも構わない

355 :名無しさん@6周年:2005/10/05(水) 22:14:31 ID:xdA1Hyrf0
>>334
5パーセント程度のインフレでそれは無い。
インフレヘッジくらい金融資産といえる物を持ってる奴は
誰でもやってるって。

356 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 01:15:11 ID:6PzqJvZN0
>>192
金本位制の時代(通貨発行量が金の産出量に縛られていた時代)と一緒にするなよ。

357 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 02:32:27 ID:6PzqJvZN0
つうか、インフレヘッジも出来ない奴が、金持ちを気取るなよw

358 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 02:51:40 ID:t+SBaxu10
超原油高でも物価に全然反映してないってことは
それだけデフレ圧力が強いんだよ。
流通手段ってのは実体経済の商品の動きに応じて
市中に出て行くもんだ。
竹中は銀行実務の初歩から勉強しなおせ

359 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 08:02:35 ID:6PzqJvZN0
2001年にこれを強硬していたら竹中の評価も全然違ったのにね。
工程表には滑り込ませてあったみたいだけど、結局放置だからな。
腰ぎんちゃくしかできない奴という評価にしかならん。

360 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 08:26:30 ID:Oq2isLip0
>>358
おまいはこれ読んで勉強し直せw

デフレ脱出のために銀行貸出増加は不可欠ではない
http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/Readings/iwata20020528.html

361 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 08:28:55 ID:zJAJGAeSO
インフレ→おまいらのタンス貯金アボーン

362 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 08:30:50 ID:/6Ve5dMv0
ソ連は、国の借金で潰れたのですよ

363 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 08:36:53 ID:CLLyaD0i0
>>358
>流通手段ってのは実体経済の商品の動きに応じて
>市中に出て行くもんだ。

そうそう。竹中のおつむには、それが抜けていて、
アメリカで70-80年代流行ったマネタリズム思考が強い。

364 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 08:39:29 ID:TwBYlOQB0
土地持ってない奴は死ね、というストレートな話。

ばあちゃん「あわあわ、私の年金が、こつこつ貯めた老後の貯金が・・」
郵貯社員「大丈夫ですよおばあちゃん。
      そういうときのために、このゴールドマンサックスの投資信託!
      資産は運用しないとどんどん目減りしますからこの機会にどうですか?
      滅多なことでは元本割れなんてしませんから、とっても安全確実ですよ」

365 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 08:46:55 ID:x1Ny82oy0
竹中って、いつの間にインタゲ派に変わったの?

366 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 08:48:02 ID:Oq2isLip0
>>363
現代の経済学は、基本的にマネタリズムの遺産を継承してますが…。
物価の上げ下げは貨幣的な現象。

367 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 09:05:44 ID:MHJ0fGBz0
>>353
人類社会は昔から国内債務を償還しきれなくなって強行増税や貨幣改悪鋳
に走っては民衆が政府の怠慢にプッツン来て何度も破綻してるだろ。

借金なんてどの経済主体だろうと、しないで済むならしないに
こしたことはない。

368 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 09:07:50 ID:f6/N00D70
ハアアア?
マニフェストにそんなのあったよwwwwww
また、騙しか!!!!!!!
共産党に入れれば良かったぁぁぁぁぁー!!!!!!!!




369 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 09:09:08 ID:LVLoj1N60
乗数効果なんか関係ないよ。
あれだろ?国民が貯蓄しまくってるから、
企業や公務員が使いまくってやるんだって発想。
最近じゃ企業も借金しなくなってきたから、さらに
公務員が使ってやるんだっつう。
本末転倒。
国民に過剰な貯蓄をやめるように行政が宣言し、
今の公務員の使ってる予算や経費を削って、国民の可処分所得を増やせばいいだけの話。
国民が豊かとはそういうこと。
現状は、借金してる奴、人から金を奪う奴がでかい顔して
まともな生活をしている国民から収奪を繰り返している状態である。
乗数効果とは笑止。泥棒にだって乗数効果はある。


370 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 09:10:41 ID:NvZNi8fbO
所得税増税で給料下げ目指してインフレ誘導?
貧乏人増やしてどうすんだ?

371 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 09:15:40 ID:0hSVEAX9O
インタゲもケインズも過去の遺物。今の日本じゃ害にしかならん!

372 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 13:33:13 ID:jNBHJcDp0
>>365
昔から

今が仮の姿

373 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 13:40:39 ID:rrdZEEvK0
マネタリストだな。なので財政出動には消極的。
為替介入以外にも、もっとやれば良いのに。

374 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 13:41:20 ID:csJFwLfV0
このスレで自説開陳したい人は、下記について勉強してからお願いします。

1.インフレターゲット制度とは何か?
ヒント)調整インフレ政策とは、政策の枠組みも目的も全然違います。

2.インフレターゲット制度を導入している国はどれくらいあるのか?
ヒント)導入していない国はどれくらいあるのか?

3.インフレターゲット制度を導入した国の成果は?
ヒント)90年代からの世界的なインフレ抑制傾向

4.累積債務発散について語りたい人は、ドーマーの定理を学ぶこと

5.その他、金融市場における需要・供給・金利の関係について正しい理解をすること
ヒント)不良債権処理⇒資金供給不足⇒金利上昇のはずなのに、金利は何故低いのか

これらがわからんと自説開陳しても、便所の落書き以下だよ。

375 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 13:41:32 ID:CLLyaD0i0
小泉・竹中改革の経済的・社会的帰結↓

  コストを下げろ! → 非正社員を使う → 低所得者が増える
→ 総需要が減る → デフレになる → コストを下げて利益をだせ
→ 非正社員を安く使う → 低所得者が増える → 総需要が減る
→ デフレになる → コストを下げて利益をだせ → 非正社員を安く使う
→ 低所得者が増える → 総需要が減る → デフレになる
→ コストを下げて利益をだせ → 非正社員を安く使う → 低所得者が増える
→ 総需要が減る → デフレになる → コストを下げて利益をだせ
→ 非正社員を安く使う → 低所得者が増える → 総需要が減る
→ デフレになる → コストを下げて利益をだせ → 非正社員を安く使う
→ 低所得者が増える → 総需要が減る → デフレになる
→ コストを下げて利益をだせ → 非正社員を安く使う → 低所得者が増える
→ 総需要が減る → デフレになる → コストを下げて利益をだせ
→ 非正社員を安く使う → 低所得者が増える → 総需要が減る
→ デフレになる → コストを下げて利益をだせ → 非正社員を安く使う ・・・・
   ・・・・・・・・
   ・・・・・・・・
→ 国民の不幸指数が急速成長

376 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 13:45:03 ID:CLLyaD0i0
インフレターゲットに関するまともな論↓

経済が健全性を取り戻し、持続的な成長をするようになれば、
「結果として」2〜3%の緩やかなインフレになる、と予想はできる。
しかし、様々な難問を放置したまま、インフレターゲット政策だけを
実施しても、インフレになるとも、経済が健全になるとも言い切れない。
もちろん、政府が不良債権処理など必要な政策を進める際に、
日銀の金融緩和による側面支援が必要なことは言うまでもない。
しかし、それを「インフレターゲット」と仰々しく銘打つ必要もない。
http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/kobayashi/05.html

377 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 13:48:55 ID:z0USJkd+0
>>376
トンデモ論をかかげてどうしたいの??

378 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 15:25:28 ID:iZlall7b0
デフレが発生→さまざまな問題も発生

これ基本事項。

379 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 15:57:55 ID:Oq2isLip0
>>376
そのリンク先、小林慶一郎やんwww

380 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 16:01:09 ID:Oq2isLip0
ここに小林の珍説に対する反論が載っている。

トンデモ経済学家元追究委員会
http://sheepman.parfait.ne.jp/wiki/%A5%C8%A5%F3%A5%C7%A5%E2%B7%D0%BA%D1%B3%D8%B2%C8%B8%B5%C4%C9%B5%E6%B0%D1%B0%F7%B2%F1

381 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 16:08:02 ID:CLLyaD0i0
>>380
反論の質が低い。小林より無学だと思われる。

382 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 16:29:04 ID:t+SBaxu10
>>360
よりによって岩田かよ。
マネーサプライ論争なんかどう見ても翁の完勝

383 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 16:34:01 ID:Oq2isLip0
はいはいワロスワロス

384 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 20:45:53 ID:csJFwLfV0
2002年段階でインタゲ反対の人にも何種類かいた。

1.インタゲしたらハイパーインフレ・財政破綻
2.インタゲすると景気回復してしまい、構造改革ができなくなる
3.デフレでインタゲやっても、期待インフレ率に影響を与えられない
  インフレ率が1%を超えたら実施すべき。今はその時ではない。

1の人達はトンデモ説なので論外。

2の人達は、インタゲの効果を認めているのが面白い。構造改革と景気回復と
どっちが大事なんだよと言う問いに構造改革と答えているわけだ。手段の目的化
を起こしている人達だなw

で、3の人達も、基本的にインフレターゲットが望ましいと暗黙で認めているわけ
だが、今は時期じゃないと言う主張だった。そろそろインフレ率が回復してきたから、
効果を検討しても良いのでは無いかと思う次第だ。

385 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 20:48:43 ID:/6Ve5dMv0
米国は、原油高に悩まされ、省エネルギーを推進するそうです。

インドの発展を考えると日本も推進を強化すべきです。

そのために、環境税を取るべきです。

386 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 21:01:03 ID:dREhUess0
国民が自然に好きな物にお金を出すようにならないと、
何をしても景気は回復しない。
貯めているお金を政府が税金で取り上げて業者にばら撒いても、
結局業者の家族も貯蓄して、貯蓄の名義が変わるだけ。

387 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 21:53:56 ID:CLLyaD0i0
これだけ労働コストが低下しているのに、インフレが起きるはずがない。

388 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 22:41:45 ID:9EZMdaju0
財政赤字については、金利が上がるという事は景気も良くなるので
税収増になり政府の歳出削減などで問題なし。


389 :名無しさん@6周年:2005/10/06(木) 23:20:56 ID:CLLyaD0i0
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
>金利が上がるという事は景気も良くなるので
>金利が上がるという事は景気も良くなるので
>金利が上がるという事は景気も良くなるので
>金利が上がるという事は景気も良くなるので
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

390 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 00:25:40 ID:3OsnGy3i0
アメリカ、インフレ警戒
金利の引き上げで、車などの購入が低下する恐れ

Inflation warning for U.S. economy

http://edition.cnn.com/2005/BUSINESS/10/05/us.inflation.ap/index.html

だれだよ、インフレになったら景気がよくなるなんて言う奴は



391 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 00:27:20 ID:/0gmKcqp0
アメリカの話を日本に持ってきて何の疑問も抱かないあんたの脳みそがおかしいだけだから安心して

392 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 00:27:40 ID:3OsnGy3i0
特にここ

Some of the inflation pressures may already be pinching wallets and pocket books.

393 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 00:29:05 ID:TubbdgO/0
ポイント:原油高

394 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 00:53:54 ID:M9YMQA0F0
>>387
インフレになる=給料あがる ですよ

395 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 00:58:27 ID:M9YMQA0F0
>>390
アメリカの場合、現在インフレ率が1〜3%に収まっており正常だ。

 景気更によくなる = インフレ加速(5%くらい行っちゃうかも) = 景気過熱気味
  ⇒ じゃあ金利上げて景気引き締めよう

「引き締めた結果、比較的金利動向に過敏な自動車の購入台数が減るね。」
「それで、景気が沈静化できるんだから、別にいいんでね?」
「とりあえず自動車業界は困るみたいだから、自動車株は売りだな。」

こういう事だよ。

日本の場合、インフレ率がマイナスで異常だ。
だから、インフレになったら正常範囲に近づく。金利はまだ上げちゃ駄目。

396 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 01:02:56 ID:qdhq2/rc0
>>390
高いインフレの恐れ=景気が過熱
って事なのだから引締めは当然だろ?


397 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 01:06:10 ID:3OsnGy3i0
>>394
名目だけあがっても仕方がないだろう。

>>395
おいおい、アメリカは、景気が更によくなってインフレが加速しているわけでは
ないだろ。石油高が原因じゃん。
 

398 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 01:10:06 ID:qdhq2/rc0
>>397
利上げ懸念は原油高が注目される前からずーっとありましたが、それが何か。
また、実質賃金は増加し続けましたが大変生活は苦しくなりました、という人も居ますが
何か。

399 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 01:12:49 ID:M9YMQA0F0
>>397
>名目だけあがっても仕方がないだろう。

「名目だけあがる」と決まっているわけではありませんので、名目しか上昇しないと
あなたが考えるにいたった理由を教えてください。

例えば>>79の表とかに、過去の事実が出ているわけで、インフレ率が10%くらいまで
なら、給与の上昇率は物価の上昇率より高いのですよ。


>おいおい、アメリカは、景気が更によくなってインフレが加速しているわけでは
>ないだろ。石油高が原因じゃん。

50%だ100%だっていうインフレ率なら別だけど、10%くらいまでならインフレ率の
上昇だと景気は良くなるよ。

オイルショックの時だって、日銀は景気鎮静化に苦労していたんだ。

400 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 01:18:57 ID:OJfs0b+/0
で、竹中先生、郵政民営化すると、マネーサプライは増えるのですか?
デフレはインフレになるのですか?

401 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:12:21 ID:M9YMQA0F0
>>400
郵政民営化してもマネーサプライには何にも影響を与えません。
景気に対する影響は中立と考えてよいでしょう。

郵政民営化に時間をかければかけるほど、他の景気に悪影響な(自称)構造改革を
する時間がなくなりますので、そういう意味では景気に好影響かも知れませんw



あ、簡単にマネーサプライを増やす方法があります。

郵便貯金が民営化されたからという理由で、M2+CDに郵貯の残高を入れる事です。
M3+CDと同じ数字にまで膨れます。

こういうのを見た目の数字をいじっただけというのですがwww

402 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:12:44 ID:vfjjBiHu0
郵政民営化で、「国債暴落=長期金利急騰=恐慌」ですよ。
マネーサプライも、もちろん減少するでしょう。

403 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:14:51 ID:M9YMQA0F0
>>402
資金の民間活用で景気回復!ってのも、国債購入原資枯渇で長期金利急騰!ってのも
どちらも都市伝説以外の何者でも無いと思いますよ。

404 : ◆lxiuyer5nk :2005/10/07(金) 03:19:11 ID:Ou87DOkz0
(・ω・ )あいーん
 ⊃

405 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:22:28 ID:sID1L50O0
まあ金利が上がれば株価が暴落するのは当然か。

インフレ目標より公務員の給料ガンガン削れ。
削った分を今まで削られてきた部分に逆に充ててみろ。

406 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:38:31 ID:frsWxGsi0
普通、金利上がったら株価も上がるだろ
金利上がるってことは債権売れてねぇってことなんだから

407 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:40:29 ID:sID1L50O0
>>406
へ?なんの為に90年代に金利をガンガン下げたと思ってるんだ?

408 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:43:57 ID:kfObOG/eO
竹中ってあの『役に立たないお荷物竹中』 笑

409 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:46:31 ID:/Nmgx0ST0
もう数年前だが、読売だと思ったが、経済学者が
「お札をたくさん印刷すればいい」とマジで言っていた。
ネタかと思って最後まで本気で言っていた。

「常識」で考えれば、経済政策で「お札をたくさん刷る」なんて
政策は子供の思いつき以上にはありえないのだが、
今考えるとインフレターゲット論者からみると意外とありなのかな?
(お札の発行は完全に日銀?で管理できるしね)

410 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:47:50 ID:uGs/aAZO0
>>389
景気が過熱して物価が上昇するから公定歩合を上げる。
それだけ資金需要があるから金利が上がる。

411 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:55:00 ID:frsWxGsi0
>>407
みんなが国債買うからだろ

412 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 03:59:31 ID:uGs/aAZO0
>>409
お金をいくら刷っても消費しなければインフレにはならない。

金利が高くなると定期預金に預ける。株から債権に移るから株価は下がる。
逆に金利が低いと不動産投資や株に資金が向かう。株価と地価の上昇。

413 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 05:21:57 ID:+0UIIVxF0
電車賃が値上がったらインフレの本格的な始まり。

414 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 05:33:44 ID:sID1L50O0
>>411
金利が上がるほどみんなが投資より預金に走る事を解かってないのか?
90年代に公定歩合引き下げするたびに株価は確実に上がったのだが。
まあそれでも株価が下がり続けたのは、社会構造が原因な訳だが。

415 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 05:36:23 ID:GrxDltIN0
コストプッシュインフレとその他の違いもわかんねーやつが多すぎ。

インタゲのインフレは基本的に景気回復による利率の上昇を意味してるわけで
コストプッシュインフレは関係ない。

416 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 05:56:39 ID:pmokuRoX0
金利が上がるほどインフレだから現金で資産もたないんじゃね?

株と国債価格はお互いに反対方向に動くのが基本だろ

417 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 07:55:27 ID:igCeIV4g0
名目金利がプラスにならないと、マイナスの実質金利が実現できない

418 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 10:32:19 ID:0ooZuRy80
国債の売り買いで決まる長期金利と
日銀が銀行に貸し出す金利である公定歩合との違いは押さえておきませう。

前者は景気が悪くなると安全資産への需要が高まり
国債の需要が上がる=金利が下がる
後者は景気が悪くなると景気刺激のために政策として
意図的に下げる

419 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 11:49:28 ID:M9YMQA0F0
>>407
金利の、「上がる」と「上げる」は大違いなんですよ。

上がる = 中央銀行の通貨オペ無しに、市場の資金需要が強くて金利が勝手に上がる
下がる = 中央銀行の通貨オペ無しに、市場の資金需要が弱くて金利が勝手に下がる

上げる = 資金需要を抑えるために、均衡金利より高めになるよう中央銀行が通貨発行を抑える
下げる = 資金需要を増やすために、均衡金利より低めになるよう中央銀行が通貨発行を増やす

目があるのなら、>>406が「上がる」で>>407が「下げる」になっている事を確認してね。

>>409
「お札をたくさん印刷すればよい」という言葉遣いは経済学者としては決して褒められたもの
ではありません。何をどうすればよいのかについて正確な表現となっておらず、比喩的な
文章だからです。

でも、構造改革論を論じている人達も、嘘にまみれた内容も比喩でもっともらしく説明する
ことで、テレビなどの場で支持を集めてましたんで、その辺はおあいこだと思ってあげて
頂戴ね。

420 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 11:52:23 ID:M9YMQA0F0
>>415
ただ、コストプッシュインフレほど確実に素早く期待インフレ率を高める事ができる手段は
無いかも知れない。特に日銀のデフレファイターの資質に強い疑問がもたれている時にはw


421 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 12:08:38 ID:LrOeR/pl0
仮にインフレになりすぎて困ったらデノミでもすればいいんでないの?

422 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 12:09:38 ID:M9YMQA0F0
>>421
ハイパーインフレなんて、特殊な状態にはなりませんよ。

そんな心配すら不要。

423 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 12:18:18 ID:phpjM9tHO
>>413
鶏卵か当年米だろ。

電車運賃は認可制なので微妙。

424 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 12:19:15 ID:9BNQT3TW0
日銀が通貨供給を増やせば簡単にインフレになる。
インフレは現時点では好ましい施策だ。

デフレは通貨の価値が高まっていく事であり、
円は主要通貨に対して高くなる。
政府は大量の米国債を購入するなどして、
懸命に円安に誘導し、一種の「輸出補助金」としているが、
インフレを起こす事によって、その負担を減らす事ができる。

また、インフレはローン負担を軽減する。
即ち、住宅購入や、自動車などを購入し易くし、
消費を刺激し活性化させる。

425 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 13:19:39 ID:mupwR3550
>>409
発掘あるある大辞典なんかで「常識の間違い」を指摘すると、うんうんとうなずいて
しまうのに、経済学が指摘する「常識の間違い」は認めないのですか・・・

426 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 14:36:25 ID:mupwR3550
これ読んだ方が良い

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1120470817/599-


427 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 15:38:02 ID:5oZugvKI0
>>425
経済学はたんなる現象の記述でしかないからな。
間違った常識の集大成が経済学。
ちょっとでも頭が働けば、いくら札を刷っても
銀行貸出が増えないかぎり市中に出て行かないことくらいは分かる。
かりにヘリコプターでばらまいたとしても、
貧乏人以外は預金してまた日銀に戻ってくるだけだよ。

428 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 15:54:18 ID:OeTO0bNX0
>>427
どんな意図があってそんなウソを書いてんの?

429 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 17:07:12 ID:gPXE9UR80
>>427
ほんとうに、ちょっとしか頭を使っていないな。

430 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 18:21:42 ID:DBQrtTR60
>>427
何の根拠があって経済学を否定してんだ。
どっかの半端エコノミストの、経済学なんて云々〜とかいうチョロい言葉に踊らされてるんじゃないの?

マネーサプライの増大が一時的なものであり、結局それが将来の増税に繋がる。
と人々が経済学者並に合理的な考えを持つ人々なら別だろうが
実際は手元に金があったら使うのが人間であり、特に低所得者は使わざるを得ない状況にもある。

マスコミの国債恐怖キャンペーンで市中の人間がどういうわけか分かってないくせに
それを気にするという変な現象が起きてしまったけど、紙幣発行に至ってはその心配さえないな。

431 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 19:01:04 ID:vfjjBiHu0
1万円札は、平均1〜2ヶ月で日銀に環流するって、知ってた?
そいで、綺麗な状態のもの以外は、ぐちゃぐちゃに溶かされちゃうんだよ。

432 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 22:04:09 ID:M9YMQA0F0
>>427
物理学も現象の記述ですが・・・

物理現象には日常の感覚に反したものが結構ありますよ。

433 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 22:07:51 ID:Z6Qis/3q0
インフレ目標を導入するのは、正しいよ。
ただ、こうやって竹中に人前で言われると
政治家の関与があって決めたというイメージを
いやがる日銀としては、どうかな。

434 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 22:26:27 ID:/idMwbaE0
じゃあ日銀つぶしちまえ!

435 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 22:29:12 ID:M9YMQA0F0
日銀だって仕事をちゃんとしてれば、日本にとって必要な機関だよ。

436 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 23:27:41 ID:5oZugvKI0
>>430
経済学といえば新古典派総合のマネタリズム的解釈ということで
体制が出来上がってしまってるので、
現状のレッテル貼りとしては、経済学者=馬鹿が正しい。
金融にかんしてテレビでまともなことを言うのは実務家だけだ。
ちなみに経済学の歴史においても、
講壇経済学者はつねに実務家に負けてきた。

437 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 23:35:43 ID:M9YMQA0F0
>>436
テレビに経済学者って出てる?
財政学者とマル経は出てるみたいだけど。

マクロ経済学とかの人って、ちっとも見かけないんだけど。
実務家ってのも誰だかわからん。


438 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 23:39:49 ID:2zc0Vp720
>>436
「新古典派総合のマネタリズム解釈」ってのを詳しく教えてください。

で、どこがおかしいと考えているのかも教えてください。

439 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 23:40:44 ID:4rapDMAF0
経済学者って貝みたいな人が多いから、実務ネタでペラペラしゃべる事は稀だと思うが。
どういう人のことをさしているのか、ちょっと気になる。

440 :名無しさん@6周年:2005/10/07(金) 23:53:07 ID:5oZugvKI0
出てるだろ中谷とか伊藤とか。
金融実務家といえば時の日銀総裁、あと榊原とかね。
榊原は一応マネタリストらしいが、信用創造にかんしては
岩田みたいなクルクルパーなことは言わない。
マクロというか、ケインズ主義者はほとんど駆逐されたな。
リチャードクーくらいか?
>>438 簡単にいって貨幣数量説がおかしい。
貨幣数量説というのはだな・・・適当にググって調べろ

441 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 00:05:04 ID:4rapDMAF0
>>440
ワロタw

中谷と榊原はねーだろwww
ちなみに、時の日銀総裁って速水優とかか?w

ちなみに、貨幣数量説を信奉しているマクロ経済学者っていないと思うが。
いわゆる、構造改革シンパの似非経済屋さんには多いみたいだけど。

というか、あんた偏ってるよ。

442 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 00:12:49 ID:FvdDq8Me0
> 貨幣数量説を信奉しているマクロ経済学者っていないと思うが。

そうだといいんだが、数量説に総汚染されてんじゃないの。
アカデミズムも含めて。
実務家の良いところは、実務に強要されて理論が一貫しないことだ。
だから頭が悪かろうが、とんでもなく変なことは言わない。

443 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 00:13:21 ID:3/CkijCV0
経済学者は馬鹿だよ。
速水総裁の利上げとか意味不明に批判するし。
その日銀も植田和男とか岩田一政などの学者が入ってきて、おかしくなったがな。

444 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 00:15:27 ID:r89+SdVT0
>>442
どういう人が?

貨幣数量説信奉者って良いデフレ信奉者じゃないのか?
理論が一貫しないのが良いところって、あんたバカじゃね?

>>443
ウケタw

利上げの後どういう事になったのか面白かったね。

445 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 00:36:31 ID:YWlQiClR0
>>443
投機家、投資家も速水の利上げはきちがい沙汰だった
と思っていますが。

446 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 00:39:29 ID:lAAyTKNH0
どう考えても釣りだろw

447 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 00:58:04 ID:gRBZTCAd0
なんでスティグリッツとかクルーグマンとかを除外して
日本の経済学者が出てくるんだ?

448 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 04:14:25 ID:/V0roT3l0
速見て円高がいいって奴だろ。
そりゃ商社はもうかるかもしれんが、
製造業はものすごくこまる。

そのおかげで、日本からシナに、700万人もの雇用が流出してしまった。
不景気になるのは当たり前。

ところが為替レートを問題にする経済学者はほとんどいないわな。
なんか振れてはいけない問題みたいにして。
甚だしきは、韓国の景気回復を妨げるから日本が円安するのはだめ
という者までいた。


449 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 05:41:24 ID:wAP0/Yhy0
>>448
>甚だしきは、韓国の景気回復を妨げるから日本が円安するのはだめ
>という者までいた。

そんな経済学者いるのか?マル経を経済学にカウントする心の広い人なら別だけどw


>ところが為替レートを問題にする経済学者はほとんどいないわな。

んなこたーない。為替レートは不胎化介入で操作しても一時的にしか動かせないし、
低め誘導ならまだしも、高め誘導はその後に暴落を招くことは過去の経験でも
理屈の上でも明らかなの。こういうところは市場優先。アメリカやイギリスみたい
に高め誘導すると一斉に経済学者の批判を浴びる事になる。

#こういう時に、一般の人は「空気嫁」と感じて経済学者の意見に耳を塞ぐ事になる

あとな。適切な為替レートがどれくらいかなんて誰にもわからんのよ。
「市場で決まった為替レートは適切なものだ」くらいの事しかいえない。

あとな。「為替レートを変える=金融政策を変える」なの。つまり、金融政策に言及
する事になる。一般の人には為替の話をしているなんてわからなくなる。
こういうところは、説明の仕方が下手な面はあるな。

450 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 08:23:57 ID:Si393y+tO
>>448
円安にするにしても、日銀が、処理できないアメリカ国債を抱え込むのではなくて
民間の海外投資を活発化させることで目的を果たすべきなんじゃないだろうか。
日銀は日本の国債買ってればいいよ。
つーか貿易黒字で円高基調なのに海外からの投資を呼び込む必要があるのだろうか。
むしろ害悪では。

451 :SAGE:2005/10/08(土) 08:32:06 ID:yRWRjNqtO
インフレになると、今2000万位のフェラーリが、またバブルの時みたいに
5000万位になったりするの?

それはやだなぁ。

452 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 09:50:40 ID:3/CkijCV0
>甚だしきは、韓国の景気回復を妨げるから日本が円安するのはだめ
>という者までいた。

これ言ったのカンサンジュンで、経済学者じゃないよ。


453 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 14:29:59 ID:wAP0/Yhy0
>>450
なんか、民間は常に凄い信仰とでもいえる先入観に支配されているね。

そういう事なら日銀より、BISのバーゼル委員会にでも文句言った方がいいよ。

454 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 14:49:02 ID:WD0h+Rfn0
 そもそも、「ヘリマネ=貯蓄に回る」と言う
考え方を疑った方が良い。

 確かに、新車一台買えない額をばら撒けば、経済学者の言う通り
貯蓄に回すに人が多いだろう。それでも使う人は使うが・・・。

 しかし、1千万円くらいばら撒けばどうなるか?


455 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 15:05:58 ID:DIHN2MjX0
>>454
ヘリマネありきかよ。
公共事業なり消費税廃止なり、もっと効率のいい方法がある。

456 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 15:18:14 ID:WD0h+Rfn0
>>455
 消費税廃止は、ヘリマネに関係なく行うべきですが。ヘリマネ
は経済活性化の起爆剤です。

 公共事業は、効率いいですが田中角栄の時代と違うと思います。
また、何も考えず公共事業ありきでは、堂堂巡りだと思うけど?


457 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 15:19:47 ID:FvdDq8Me0
>>454
逆だよ。経済学者はヘリマネー論者なの。
だから経済学者=馬鹿と言っている

458 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 17:05:57 ID:wAP0/Yhy0
ヘリマネは貨幣数量説の正反対に位置する政策ですが・・・
この人、わかって批判しているのかなぁ。

ヘリマネなんて比喩表現で、本当にカネばら撒くとか思ってるんじゃねーだろうな。
株屋の兄ちゃんが、名古屋でドル札ばら撒いてヘリマネとか言っていたくらいだし、
実務屋さん気取りの人の知識ってそんなもんなんだろうな。

459 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 17:45:03 ID:8itRQLac0
ヘリマネは、事実上、継続的に行っている。
公務員給与の、生産性超過分がそれです。

460 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 17:48:34 ID:8itRQLac0
+準公務員給与のそれ。

461 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 21:56:31 ID:tkOHKURC0
ネット預金の残高がランダムで増えるヘリマネ

462 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 22:01:43 ID:OriP4pa00
消費税さえ廃止すれば全てうまくいくのだが・・・。

463 :名無しさん@6周年:2005/10/08(土) 23:25:32 ID:FvdDq8Me0
>>458
どこが正反対なんだよ。説明してみろ。
Mを増加させればPが増大するという転倒した妄想の
端的な表現以外の何だというのだ?
まあついこの間までは真顔でヘリマネ言ってた
馬鹿が一杯いたのに比べれば、羞恥心が出てきたようだな。

464 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 00:07:19 ID:8GWszP7E0
>>463
あんた、インフレターゲットとヘリマネの違いとかわかってる?

真っ赤な顔して書き込みしているんじゃない?鏡みたら?

465 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 00:12:37 ID:lXtirs+q0
>>464
インタゲって数量説じゃないと成り立たない議論じゃないの。
すでに進行中のインフレを抑えるターゲットじゃなくて、
インフレを起こそうってターゲットの場合は。
そもそもヘリマネ論って、金利ゼロが10年も続いてるのに
インフレにならないのに業を煮やしたインタゲ論者が
言い出したことだろ。半ばやけくそに。

466 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 00:16:26 ID:8GWszP7E0
>>465
やっぱり勘違いしている・・・

467 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 00:18:28 ID:bpNkvwh70
ヘリマネを言い出したのは、合理的期待の権化のルーカスあたりだったような。
インフレターゲットの枠組みは、期待に働きかける事がメインです。

あなたは多分、調整インフレを金融政策のみで行う事をインフレターゲットと勘違い
なさっているのではないでしょうか?多分、いい加減な雑誌などの説明を鵜呑みに
されているのじゃないかなと。

468 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 00:18:55 ID:pZZD4D8g0
竹中、これは意味ない発言だな。
具体的にどうせえつーんじゃ。

469 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 00:21:49 ID:zeN04o7t0

インタゲしたら、国債費が爆発して日本終了だよ。

インタゲで金利が1%上昇しただけで10兆円の国債費が発生する。



470 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 00:24:51 ID:lXtirs+q0
>>467
期待うんぬんはインタゲ擁護論の最終破綻形態だな。
物価は気の持ちようってか。
ヘリマネ論のほうがまだ理性を保ってる点だけまし。

471 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 00:28:40 ID:bpNkvwh70
>>470
それはそれは。

経済の本質を理解されていない発言ですね。
景気は気からですよ。

経済政策は、時々勃起しすぎたり萎えたりしている皆の気持ちで、経済が
おかしくならんように、適度に刺激したり適度に抑制したりすることなんですよ。

実務家の方は、プレイヤーそのものですから、モロに勃起したり萎えたりして
いる方たちですから、気分が乗らないのに勃起させられたり、イケイケビンビンの
時に蒸しタオルかけられたりすると嫌がるものだとは思いますが、そういうもの
なので仕方がありません。

多分、この辺の理解からずれているんでしょう。

472 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 00:33:23 ID:axPS2neZ0
>>471
そういう口を利くのは、
君が日本の経済政策を決められるようになってからでも、
遅くは無いと思うよ。

473 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 00:52:56 ID:lXtirs+q0
>>471
銀行貸出の実際をみれば、そのときどきの変動をこえて
いつでも存在する通貨供給の一定幅というのが存在する。
これは商品流通の安定性によっているのであって、
市場にそれだけの商品が流通すれば、必然的に銀行をつうじて
通貨が市中に出ていくことになる。
これは厳然とした客観的関係だ。
この幅を銀行が資意的に操作することは出来ず、
ただ受動的に実体経済の求めに応じてるだけだ。
またいつでも市中をぐるぐる回っている通貨の一定幅と、
一種の準備的な通貨、変動幅におうじて出たり戻ったりするような
通貨の幅もある。これも経験から知られる客観的関係だ。
経済学者は通貨を資意的にコントロールできるかのような妄想を
くりひろげた後、最後は極端な主観主義、没理論に逃げ込んでしまうようだが、
それは経済学者があまりに現実を知らないからだよ。

474 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 01:23:14 ID:3MFCl09Z0
要するに、実体経済がマネーサプライを決めるのであり、
実体経済の要求量を超えて供給しようとしても、
日本銀行に早々に環流されるか、退蔵されるかするしかない
ということで決着ということで。

475 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 01:37:00 ID:bpNkvwh70
>>472
あなたは今萎えてるところなんでしょ?
たまには、女の子のエッチな写真でも見て、ムラムラした方がいいかも知れませんよ。
行き過ぎて猿になりそうだったら、しばらく封印すればよいのです。

自分でできないのなら、信用できるパートナーを見つけて、上手く操縦してもらってください。
躁鬱の振幅がでかいのはあんまり良い事ではありませんので。



>>473
僕の書いている内容を読んでいないのでしょうか?

期待によるコントロールは、貨幣を経由せずに直接的に実体経済に働きかけること
で成り立っているのです。そしてインフレターゲットでインフレ率のコントロールができ
ているのは、諸外国で実証済みの客観的事実ですよ。

貨幣数量説に毒されているのはあなたですね。

>>474
そういう事です。退蔵(タンス預金)ってのはほとんど都市伝説レベルですが。

で、どうしたら直接的に実体経済に活を入れられるのかという話が重要になる訳です。
財政支出で強引に需要を作っちまうのも一つの方法ですが、せっかくインフレターゲット
というやり方があるのですから。

476 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 01:38:41 ID:CdXbVA6W0
つまり「景気が良くならないと景気は良くならないよ」
というナイスな理論ですか、そうですか。

477 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 01:43:16 ID:KaW9liC+0
無理だね。
一般人の消費は充足してる。
足りないのは家だけ。物理的に不可能だろ。
だから、余剰の金はすべて投機に向かう。
バブル再燃、かつ、実体経済の成長無し。

478 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 01:43:35 ID:CdXbVA6W0
自分で書いててなんだが>>476はきっと誤読。



479 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 01:46:08 ID:CdXbVA6W0
>>477は失業者が見えない便利な脳内処理装置を持っています。

480 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 01:47:44 ID:93LWvL3W0
本当に消費は充足してるんでしょうか???


481 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 01:48:52 ID:lXtirs+q0
>>475
> 貨幣を経由せずに直接的に実体経済に働きかける
なんだよこれ。もはやオカルトだな。
資本主義社会でおよそ貨幣を媒介しない経済行為ってあるか?

> 諸外国で実証済みの
前にも書いてるが、すでに進行中のインフレの抑制とは全然別だよ。

>>476
インタゲ論が破産しただけで、そういう結論にはならない。

482 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 01:54:47 ID:CdXbVA6W0
>>481
×物価は気の持ちよう
○景気は気の持ちよう

じゃ無いの?
そりゃ低金利は長く続いたが
要所要所で利上げや増税や緊縮財政などの逆噴射を行っているので
「金利はゼロが10年続いたのにインフレにならない」
という表現は間違いじゃね?

483 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 01:55:56 ID:93LWvL3W0
>>481
グリーン爺さんも口先介入するけどね

484 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 02:03:09 ID:CdXbVA6W0
学問の難しい事は分からないが、
日銀はデフレなのに利上げして景気をぶっ潰した、
というDQN行為の前科を持っている。
そんなおかしな行動を抑止する、ってだけで十分に意味があると思うけどな
インタゲには。

マスゴミには「来年に利上げ」とか書いてる記事まであるし。

485 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 03:36:46 ID:bpNkvwh70
インタゲ否定して経済学批判した気になっている人は、
「俺は萎えているんだからほっといてくれ」
と心の叫びをあげているように見えるw


景気循環という現象が存在するのはわかっている。これは観測された事実だ。
机上の空論じゃない。これを否定する人はいないだろ?

インフレ期待という要素を仮定することで、これをモデル化しているのが現代の経済学。
「景気は気から」という実感をこれほど反映したモデルはないけどな。で、実際に上手く
動いている。厳密にはインフレ期待という仮定の要素をコントロールしようとすることで
実際に景気変動を抑えられる事が諸外国で確認されている。これも事実だ。

なのに、なぜか日本では「上手くいくはずがない」と、頭から否定する石頭がたくさん
沸いていて、試すことすらできずにいる。

そういう奴に限って、自分で机上の空論を語って批判している事を棚にあげて、経済学
を机上の空論と断ずる傾向にあるのは、ある意味面白い。

もちろん、失業者の方には大変気の毒で残念なことなんだが・・・

486 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 04:06:53 ID:lXtirs+q0
>>485
> インフレ期待という要素を仮定することで、これをモデル化している
もはやインタゲは景気循環理論なのか。それは初耳だな

> 実際に景気変動を抑えられる事が諸外国で確認され
何度も言ってるが、進行中のインフレを抑えるのは
(政府に歳出抑制の意志さえあれば)簡単にできる。
それが紙幣減価の過程にほかならないからだ。
しかし起きてないインフレを起こすには、
そもそも商品流通の拡大がなきゃならない。
それを流通手段の量の拡大で起こせるというのが妄想で。
流通手段量は商品流通量に規定されるものでしかないのだ。
それから、インフレの進行(つうか悪性化)の抑制と
「景気変動の抑制」(?)は違うぞ。

487 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 04:48:01 ID:IRuWB8zY0
あんたらタイゾーよりまともな議論できそうだから
おお似たやたいぞーに変わって議員になれ。
BMWくらいは許すw

488 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 07:07:20 ID:uK8uhdlV0
金ばら撒こうが刷ろうが雇用を増やそうがインフレにならないと言ってるやつは
無税国家の実現を信じてるキチガイなんですか?

489 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 08:53:44 ID:+66r9ppI0
金がすでに暴騰してるな。残念。

490 :489:2005/10/09(日) 08:58:23 ID:+66r9ppI0
あっ、ひょっとして暴落のサイン?
良く見てないけど。

491 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 09:01:08 ID:uK8uhdlV0
意味がわからん。ちゃんと日本語を使い論理的に話せ。

492 :489:2005/10/09(日) 09:19:49 ID:+66r9ppI0
インフレになって困るというなら金先物でも買っておけば、ウハウハなんだが。
暴落というリスクもあるが。

493 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 09:22:01 ID:6633/DsW0
何よりも苦しいことは、性慾ばかりが旺盛(おうせい)になって、明けても暮れても、
セクスの観念以外に何物も考えられないほど、烈(はげ)しい情火に反転悶々だった。
しかもそうした青年時代の情慾はどこにもはけ口を見出すことができなかった。
その上僕の時代の学生や若者は、擬似恋愛をするような女友達もなく、
良家の娘と口を利(き)くようなチャンスは殆んどなかった。
そんなはけ口のない情慾を紛らすために、らは牛肉屋へ行って酒をあおり、
肉を手掴(てづか)みにして壁に投げつけたり、デタラメの詩吟を唄(うた)って、
往来を大声で怒鳴り歩いたりした。しかもその頭脳の中には、
詰めきれないほど残ってる試験の課題が、無制限の勉強を強(し)いているのである。

494 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 09:27:49 ID:doBfWNn40
生活は充実してるしこれ以上ほしいものがない。
だからインフレにはならないよ。

495 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 09:51:12 ID:FbQNdDkl0
政府の借金が増えたのは(4年で170兆円)、小泉政権下デフレ不況期に緊縮政策を行ったから。
景気が回復してきたのは、米国のブッシュ減税(財政赤字拡大という意味で、結果大きな政府)、
FRBグリーンスパンのマイナス金利政策、中国の公共事業等の財政拡大政策、金融緩和、
物価目標、外資積極導入等の恩恵による。米国の財政赤字、貿易赤字は、日本の貿易
黒字の裏返し。中国の貿易黒字の中身は、日本の現地法人分がかなりあるという。
そこに建設投資、設備投資の循環景気の時期が重なった。

年金改正法の前提、運用利回り3.2%  物価上昇率1.0  
実質賃金上昇率2.1 (名目3.1%)  出生率1.39 (実は1.29)

名目成長率が3.1%、実質成長率が2.1%、インフレ率1%でないと現行年金制度は
維持できない。実質が名目を上回るデフレの状態では破綻時期を早める。名実逆転のデフレ下では、
名目で決まる税収が減少し、財政赤字は増え、国地方の借金は名目だから、デフレでは実質借金
が増加する。デフレ下で財政再建はできない。

【部門別の金融資産・負債残高】          (2005年3月末、兆円)
               資産(資金運用)  負債(資金調達)  差
家計(自営業者を含む)      1,416        390      1026
非金融法人(民間、公的とも)    759       1,248      △489
一般政府              494        892      △398
海外                434        247       187

 個人の金融資産が1,400兆円(1人当たり約11百万円)あると言われますが、これは「資金
循環統計」における、家計部門の金融資産残高。 この中には、(1)企業年金・国民年金基
金等に関する年金準備金などや、(2)個人事業主の事業性資金も含まれている。  

金融資産と金融負債は、(国内に限れば)相殺されてゼロ。富は成長でしか生まれない。
財政再建、年金制度の維持のためにも、マイルドインフレ下で、できるだけ高い経済成長が必要。
名目成長率が3%になれば消費税3%引き上げ以上の税収増、保険料増。
安易な増税、財政支出の削減(無駄を省くのは当然)は景気に悪影響だから厳禁。

496 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 10:55:22 ID:BcPycKio0
竹中てめーいつからインタゲ派になったんだよ
昔は抵抗勢力だった癖に

まああれだな、やっぱりクルーグマン教授の言う事が正しかったと

497 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 10:58:23 ID:BcPycKio0
あと国賊速水はまだ逮捕されないの?
あいつのせいで日本の景気回復が5年は遅れた。
円高馬鹿のせいで製造業は壊滅状態さ。

498 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 11:02:12 ID:pHtrCt+50
郵政賛成して年金とかの問題で、いよいよ増税するしかない時に
政府発行紙幣で増税抑えてインタゲやってと
一気に主導権取り返せたのになぁ、(´回ω回)カメイソス

499 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 11:44:56 ID:iDlTr8EO0
インフレだと借金してる者が得で、預金してる者が損だな。
一番損なのがタンス預金か。

インフレで所持金の目減りを回避するには、
資金を金、不動産、株などインフレになれば値段が上がる物に変えて持って置く事。
インフレで儲けるには、低利で目いっぱい借金して金、不動産、株を買う事。
もちろん高利な消費者金融ではダメ。

500 :489:2005/10/09(日) 12:16:52 ID:+66r9ppI0
>>499
>インフレで儲けるには、低利で目いっぱい借金して金、不動産、株を買う事。

バブルよもう一度かw

501 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 12:31:43 ID:f1JZz/Ur0
>>496
竹中さんは初めからインタゲ支持で、日銀総裁にも中原さんを推してました。

502 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 12:43:25 ID:dvsnfU4H0
失敗したらとりかえしがつかない

503 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 12:47:37 ID:X6Wh98XS0
インタゲとかやると市場が狂うから先物で大儲けするチャンスなんだよな。
昔アメリカでもあったし。アメリカの時は物価を無理矢理押さえようとして品不足を招いたんだけど、
これは逆だから、供給過剰になるはずだな。

504 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 12:50:36 ID:V5rdKiGH0
>>485
>なのに、なぜか日本では「上手くいくはずがない」と、頭から否定する石頭がたくさん
>沸いていて、試すことすらできずにいる。

あたりまえだ。
うまく行かなかったときに責任取る香具師が誰も居ないからな。
やりたいと言ってる香具師はうまく行こうが行くまいが困らない立場だからな。
そんな香具師に操縦は任せられんよ。

まずは責任を明確にできる組織作りからはじめてねw

172 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)