5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【狂牛病】12月にも輸入再開へ★2

1 :インコのP太郎φ ★:2005/10/07(金) 02:33:16 ID:???0
 北米産牛肉の輸入再開問題を審議している内閣府食品安全委員会のプリオン専門調査会が4日開かれ、
10月中にも調査会としての答申案を取りまとめる方向となったことから
12月にも輸入が再開される見通しが強まった。

 調査会では、輸入対象となる米国とカナダ産牛肉について
「牛海綿状脳症(BSE)の汚染の可能性は非常に低い」との見解で一致。
科学的にも安全性にお墨付きを与える方向性が見えてきた。

以下略
http://www.sankei.co.jp/news/051004/kei098.htm


104 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 08:32:40 ID:CVSGxOmm0
取りあえずパフォーマンスで小泉以下閣僚全員が米国解禁牛肉を
嘗てのカイワレ騒動で食べてアピールしたように本当に食べて俺達も食べてる
とアピールは最低限して欲しい。

食べたところで発症する前に寿命が尽きる可能性も否定できないが。

105 :名無しさん@6周年:2005/10/09(日) 09:29:18 ID:xnCfYHDl0
どうせ日本人は買わないから、アメリカの苦悩は続く

106 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 00:19:43 ID:ycU3tm4f0
牛肉の異常プリオンがアルツハイマーの要因になっているとすれば、
日本では男女による罹患率に差が見られるのではないだろうか。
吉野家のような牛丼チェーン店ってほとんど男性しか利用しないから。

アルツハイマー患者と牛丼チェーン店の利用頻度に相関がないか、誰か調べてみたら面白いかも。

107 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 05:03:45 ID:162JBxgq0
肉屋が洗浄せずに同じスライス機を使ったら、国産肉を選んでも意味無いな...

108 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 09:27:25 ID:cUyhBfIu0
>>107
豚肉も鶏肉もだめじゃん。

109 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 09:30:53 ID:NCyVD37G0
(第3)和牛畜産の情報を交換しましょう!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/1116819847/l50
日本の畜産の未来はあるのか?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/998912203/l50
この際、畜産、酪農をやめては。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/1009662392/
日本の牛肉はどこ産が安全よ?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/1004281460/


110 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 11:59:55 ID:mhAOUMIH0

日本で見つかった、BSE感染牛はすべて乳牛
BSE感染牛のだした牛乳に異常プリオンが含まれてるかどうかの 検査方法はいまのところありません。
しかも、毎日学校給食に強制的に使われています。

子供は大人より感染しやすいので要注意。

大人の小腸は蛋白を分解したアミノ酸を吸収するが、子供の腸は アミノ酸の他にタンパク質をそのまま吸収する。
このメカニズムは 人間でも牛でも共通で、体内に取り込んだタンパク質の様々な表面
構造を対象にして免疫系細胞が働き、多様な抗原に対応できる様に 準備するためらしい。
その結果、子供は体内に多量の異常プリオンを 取り込んでしまうことになる。

抗議はこちら
内閣府食品安全委員会
http://www.fsc.go.jp/index.html
首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
各省庁(電子政府)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

今の乳牛は生体検査ができないので、未検査牛です、
異常プリオンの含まれない、飲料品、りんごジュースとか、豆乳なら100%安心です。

■ 2chニュース議論板・狂牛病情報スレ用データページ「ニクコップン」
http://nikukoppun.at.infoseek.co.jp/

111 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 14:44:27 ID:3OsXBUOQ0
>>29
ヒント:10年後がたのしみ

112 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 18:13:43 ID:lhYCllwq0
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

113 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 18:21:03 ID:In9H+LUb0
>>111
狂牛病が発生してから、とうに10年以上過ぎているが。
とにかく狂牛病の件では、やたらと根拠のない危険を煽る勢力が多すぎる。

事実は、
・狂牛病の牛と、人間の患者が大量発生したのはイギリスだけ
・イギリスでの患者は100人ちょっと程度、イギリス以外では世界中で10人程度


114 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 18:22:07 ID:sWZ/BVHU0
「狂牛病が輸入再開」みたいなスレタイ


115 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 18:49:00 ID:HqTLrYDX0
>>113
重要なことを忘れてないか?
イギリスの大量発生は、BSEに対して何の対策も取ってなかった時期のこと。
つまり”毒を生のまま”摂取しているような状態での潜伏期間が10年?という
経験則が出てきたにすぎない。

それ以降、さまざまな対策が取られたことで、今は”薄めた毒を長期間”
摂取しているような状態だ。この状態での潜伏期間は判明せず、
その割に、異常プリオンが原因では?と疑われる脳疾患例は次々に
発見されている。
つまり現状では、なんもわかってないに等しいのよ。
だから過剰なくらいの対処をするほうが、ある意味正解だと思っている。

神経質すぎるのは俺だって願い下げだけどね。

116 :名無しさん@6周年:2005/10/10(月) 19:12:02 ID:LFFVkoJM0
今年になってイギリス滞在、1日だけで献血できなくなった。>113
輸血で感染することが科学的調査でほぼ確定してからだいぶたつので、遅い対応だが。
イギリスには、発症してない感染者が多量にいることもわかってる。

ttp://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/05092601.htm

新変位型のみに限らず、クロイツフェルト・ヤコブ病は、孤発性も牛由来であることが各所でいわれるようになって
きている。

ttp://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/highlight/02112901.htm


117 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 00:27:46 ID:IVDuk7w40
>>115
だから、イギリスでの大量発生以降、各国で対策が採られているから
今後はどこの国でも、あのような大発生は(牛についても人についても)
あり得ないと考えるのが妥当じゃないか。

>>116
だから、(かつての)イギリスだけは特別だと最初から言ってるだろ。
イギリスに安全宣言が出るまでにはまだ時間がかかるだろうね。

何度でも言うが、イギリスだけは狂牛病がやばい。
それは、何十万頭の狂牛病牛と、百人を超える人間の患者が出たから。
だが他の国では、牛の患者がせいぜい数百頭、
人間の患者は世界中足して十人やそこらだ。

118 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 00:33:06 ID:oMCHTMt20
>>117
アメリカがどんな対策とったの?

日本に買うように圧力かけただけじゃないの??

119 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 00:38:16 ID:QNihUuhdO
>>117
「牛の患者」とか書いてるあたりで
知能レベルが知れてるぞ。

120 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 00:39:15 ID:IVDuk7w40
>>118
肉骨粉の禁止。

>>119
いちいち「患牛」とでも言えばよかったのか?
そんな細かいことは俺は気にしないんでな。

121 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 00:41:49 ID:oMCHTMt20
>>120
それで、その肉骨粉の禁止はどのくらい徹底してるの?
ソースもよろしくね。

横レスだが、患畜じゃない?(ぷ)

122 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 00:51:57 ID:IVDuk7w40
>>121
1997年に法律で禁止している。
ソースは探せばあるだろ。

「患畜」なんて言葉は普通使わないな。
専門の業界でなら使うのかもしれないけど。

123 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 00:58:59 ID:OGYjl3Wn0
>>122
だから、法律で禁止したら徹底したことになるのかよ。
バカじゃねえのか?

(あ、バカか。w)

124 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 01:02:06 ID:QNihUuhdO
ホント、>>117=122は低レベルな工作員の典型だね。
細かいこと気にしないとこなんか、
アメリカで「患牛」出荷しようとしている
畜産マフィアと一緒だろ?


125 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 01:05:32 ID:OGYjl3Wn0
たけべサンみたいなもんだろな。>>117=>>122は。

126 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 01:42:32 ID:43hbj4Mb0
献血できなくなったんだよ、俺

ちょっとショック。
結構がんばってたんだけどなぁ

まあ、本当にBSEのキャリア?だったとしたら
今まで献血した分は、申し訳ない気もするし。

でも、こんなわけのわからん牛の輸入は許されるのかよ、納得いかない

127 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 01:54:10 ID:IVDuk7w40
>>123
いいか?
どんな法律で禁止しても、破る奴はいるんだよ。
法律違反がゼロなんてあり得ない。
ゼロでないから、そこの肉は食べないなんてことを言っていたら
何一つ食べるものがなくなるぞ。

じゃあ、あんたは危険なものは何も食べないと主張して
一切の食べ物を口にせずに暮らしたらどうだ?
それこそ、「健康のためなら死んでもいい」て態度だがな。

まともな人間は、十分に低い危険なら受け入れるものだ。
狂信者とは違ってな。

128 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 02:30:56 ID:OGYjl3Wn0
>>127
キミの言いたいことはわかったからもういいよ。
たけべサンは「患牛」でも食ってろ。

いかにその法律がちゃんと守られるように措置されているのか
その説明を求めただけなのにね。
「法律違反がゼロなんてあり得ない。」なんて言っちゃぁお終いよ。


129 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 02:33:37 ID:EB/oMO2F0
>>120
感染牛とか陽性牛って言わないか。

130 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 02:53:41 ID:II0J3pZa0
アメリカの「肉骨粉の禁止」は牛だけが対象。
豚や鶏には与えている。
だから普通に農家に出回っている。
他の国はどこも全面禁止。
つまりアメリカだけに肉骨粉は流通している。

131 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 03:09:12 ID:9Mf4ZpMvO
>>128
お前の負け。
子供だろ?

132 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 03:32:40 ID:OSotLidY0
>>130
さらに豚や鶏の死骸を牛に与えているよ!

それよりこれ。
> この記事によると、米農務省のある幹部は「(イギリスで狂牛病が発生した)
>1980年代以来(異常プリオン混入の可能性が強い食品の一つであるひき肉を
>使っている)ハンバーガーには触らないようにしている。小さな子供が
>ハンバーガーを食べているのを見て、非常に危険だと憤りを感じた」と発言し、
>物議を醸したという。

133 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 08:24:09 ID:HKf5QYjp0
>>117
今さらだが、まあ。
>だから、イギリスでの大量発生以降、各国で対策が採られているから
>今後はどこの国でも、あのような大発生は(牛についても人についても)
>あり得ないと考えるのが妥当じゃないか。

妥当と言うよりは『甘い期待』だな。

大量発生に痛い目にあったイギリスをはじめ、現在のEUが取っている
それなりにきっちりした「対策」ならまだしも、机上の言い分でさえ他国
より穴だらけで甘く、ましてや現場レベルではそれすら守られていない
アメリカの「対策」とでは、まるで意味が違う。
本当にちゃんとした対策を取っているなら、こんなにアメリカ牛を危険
だとは言わんよ。

134 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 08:44:54 ID:n+IDvgFc0
和牛
日本国内で飼育され解体されたもの

国産
肉はどこの肉でもかまわないが解体されたのが日本なら国産

このマジック。来年以降はまずいね。
ま、そもそも産地偽装なんかお手の物な国だが。。


135 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 08:58:00 ID:HKf5QYjp0
>>134
あえて間違いとまでは言わんが、やっぱ少し違うぞw
こちらとか参照↓
http://www.tanbaya.net/goodtaste/topic18/topic18_3.html

産地偽装については同意。
さらには偽装しなくても、売れ残りは(値段を下げればいくらでも)
産地表示義務のない使い方に回せるという点も指摘しておく。

136 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 09:04:09 ID:o2VQBYgF0
反対派はサヨ思想に毒された抵抗勢力

137 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 09:08:13 ID:KKEHYPuvO
>>136
工作員氏ね!

138 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 09:59:27 ID:Sax/MnM10
なんかさ、放射能を浴びにでかけるぐらいやばいんですけど

吉牛食べてる人とはつき合えない

139 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 10:11:27 ID:c3Bk7ULh0
私は混ぜられても産地の見分けが出来ないですから、

 また全ての牛関係を断つしかないですね。



140 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 10:40:27 ID:6grLcNrA0
アメリカの圧力もあるけど、日本の関税関係者の利益も絡んでるらしいね。
牛肉の関税収入は1千億円/年くらいあるから、そこに寄生してる連中が工作してるみたいだ。

141 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 10:44:28 ID:HKf5QYjp0
>>140
噂話ならいらんよ。どうせアテにはならん。
そこらの話をしたいなら、せめて信頼するに足る根拠を出してくれ。

142 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 12:22:32 ID:+6cDhuN20
>>127
★FDAの修正飼料規制を厳しく批判、「BSE汚染拡大は必至」=米消費者同盟(CU)

 米食品医薬品局(FDA)が10月4日、難病の変異型クロイツフェルト・ヤコブ病
(vCJD)やBSE(牛海綿状脳症)の感染を予防するための飼料規制を小幅な
修正に留めたことに対し、米国の有力な消費者団体、米消費者同盟(CU)は同日、
「飼料規制の危険な抜け穴をふさがない限り、BSE感染の拡大は避けられない」と
FDAを批判した。

 CUの発表によると、FDAは30ヵ月齢を超える牛の脳や脊髄をようやく動物の飼料から
除去した。しかし、依然若い牛の脳や獣の死骸を豚や鶏の飼料に使うことを認めている。
しかも、豚や鶏を飼料として牛に与えることも規制していない。

日本消費者新聞 http://www.jc-press.com/kaigai/200510/100501.htm

・FDA http://www.fda.gov/
◆FDA Proposes Additional ''Mad Cow'' Safeguards
 http://www.fda.gov/bbs/topics/news/2005/new01240.html

・Consumers Union http://www.consumersunion.org/
◆Consumers Union says FDA proposed restriction on animal feed leaves nation vulnerable to spread of Mad Cow Disease
 http://www.consumersunion.org/pub/core_food_safety/002715.html

143 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 21:44:28 ID:paG6R2cb0
BSE牛を生産する原料に代用乳とか肉骨粉なんかの配合飼料が
あると思うけど、米国牛は代用乳を飲ましてるんでしょうか?
このニュースから見ると、今も米国牛は肉骨粉を食べてることになるんだけど

 牛以外にも肉骨粉規制拡大 米、BSE対策で来年から
 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KCH&PG=STORY&NGID=econ&NWID=2005100501000633
  来年から家畜の飼料規制を強化すると発表した。鶏や豚などの餌として牛の肉骨粉を
  与えることを新たに規制する。これまでは牛の餌としての使用だけを制限してきた。
  FDAが新たに導入する対策では牛の脳と脊髄(せきずい)の使用を禁止するが、
  目玉や神経組織などそれ以外の特定危険部位は規制対象外という。
  全面禁止には飼料メーカーが反対したためとみられる。
 --------------------------------------------------------------------------
 FDAの修正飼料規制を厳しく批判、「BSE汚染拡大は必至」=米消費者同盟(CU)
 http://www.jc-press.com/kaigai/200510/100501.htm
  CUの発表によると、FDAは30ヵ月齢を超える牛の脳や脊髄をようやく動物の飼料から除去した。
  しかし、依然若い牛の脳や獣の死骸を豚や鶏の飼料に使うことを認めている。
  しかも、豚や鶏を飼料として牛に与えることも規制していない。


ところで、危険部位除けたら安全なんてまやかしじゃないの?

BSE牛の血が安全じゃない限り、BSE牛に安全な部分は無いんじゃね?
BSE牛を食べて献血して、その血を輸血した人も感染者して、そのうち
どんどん広がって手が付けられなくなる

144 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 22:00:32 ID:HKf5QYjp0
>>143
アメリカでは、牛から作った肉骨粉を牛に与えること「だけ」は
1997年より禁止しています。
(実態はかなりいいかげんですが)

いちおう肉にする際、「危険部位」とされている部分は取り除きます。
(大量の処理手続き違反が先日暴露されました)

それ以外の規制は「ありません」。

145 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 22:06:49 ID:sXoFVOj0O
除去した脳みそは肉骨粉と肉エキスと牛脂にされて、
脳入り肉骨粉のほうは鶏が食って、その糞を牛が食う。
脳入り肉エキスと牛脂はまさか人間が?

146 :名無しさん@6周年:2005/10/12(水) 00:00:00 ID:AGydLbS50
命がかかってるんだぞ検査しろよ
子供に何かあったらどうしてくれるんだ

金の問題じゃないだろ
狂牛輸入するくらいなら金を出してやれ
そのほうがマシだそして全量廃棄処分しろ

返してくれ、謝罪も賠償もいらん
命を返してくれって言われたいのか


147 :名無しさん@6周年:2005/10/12(水) 01:10:51 ID:bqunRTrU0
>>144
十分じゃないか。

148 :名無しさん@6周年:2005/10/12(水) 01:53:50 ID:Yyt5CQ9u0
そうだね。きみの書き込みは一時十分五十一秒だ。おめでとう。

149 :名無しさん@6周年:2005/10/12(水) 02:08:26 ID:I/APYJMQO
>>147
すごいなー。
十分おめでとう!!

150 :名無しさん@6周年:2005/10/12(水) 02:10:10 ID:/muc2V7N0
鬼畜米兵はしね

151 :名無しさん@6周年:2005/10/12(水) 02:26:57 ID:RcJadcCG0
>>147
十分なのか。おめでとう。

152 :名無しさん@6周年:2005/10/12(水) 02:31:12 ID:RcJadcCG0
おーっ >>150も、十分じゃないか。おめでとう。

153 :名無しさん@6周年:2005/10/12(水) 02:31:40 ID:qv5EBDN70
十年後に狂牛病が発症してからじゃ手遅れ
「病」とはいっても病原菌でもなんでもない
水俣病と一緒で、よろしくない物質が体内に溜め込まれているだけの状態
治療法は今のところないし、将来もないだろう(水俣病と一緒で)

10年後に今まで食った牛肉(せいぜい数十万)を後悔しても遅い
数十万で命捨てるか?


50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)