5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【財政】特別会計、現在の半分以下に整理…国民年金と厚生保険は統合、年内に改革方針

1 :諸君、私はニュースが好きだφ ★:2005/11/13(日) 21:22:35 ID:???0
 政府・与党は13日、現在31ある特別会計を、国民年金と厚生保険の
両特会を統合するなど大胆に統廃合し、今後5年間で半分以下に整理
する方針を固めた。無駄遣いが多い特別会計を徹底的に見直すとともに、
一般会計からの繰り入れを大幅削減し、財政再建につなげるのが狙い。
歳出総額が400兆円の特会改革によって「小さな政府」実現を目指す。

 空港、港湾整備などの公共事業分野の5特会は一つの特会に統合を
検討。うち、道路特定財源の「一般財源化」方針に沿い道路整備特会は
一般会計へ吸収する案も浮上している。自動車検査登録や特許など
6程度の特会は民営化や独立行政法人化を打ち出す。

 財務相の諮問機関である財政制度等審議会は18日をめどに、この
方針を盛り込んだ改革案をまとめる。それを受けて、政府・与党は調整
を本格化し、年内に整理合理化計画骨子を策定する。各省庁や族議員
の反発が強く、調整は難航も予想される。

 具体的には、無駄な福祉施設建設で批判を浴びた厚生保険と国民
年金の統合、船員保険特会の分割統合、労働保険特会の縮小がほぼ
決まった。国立高度専門医療センター特会は独立行政法人化する。
登記特会は一般会計に吸収する。

 資金収支を管理するだけの財政融資資金や外国為替資金のほか、
国債整理基金、交付税・譲与税配付金の4特会は現行のまま存続させる。

 特別会計は、国が担う事業や資金運用の収支を一般会計と区分して
管理する仕組み。政府与党はこれを(1)事業そのものが必要か(2)国が
担う必要があるか(3)一般会計と区分経理する必要があるか(4)他の
特会と統合できないか―の視点で点検。統廃合や事業縮小など今後
5年間の具体的な方策を示す。

ソース(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/detail/20051113/fls_____detail__049.shtml

191 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 06:42:05 ID:ljehwAdt0
>>188
本当にすまんかった
貴方は国賊売国奴の奥田の工作員ではなく
いわゆる「抵抗勢力」からの工作員なのですね
まぁ私は良くわかっていないのかもしれませんが
「 輸出売上企業は、消費税還付はあるな」はわかっていましたよ(笑)
最低限、これからは自分が書き込む時には、ググってから書き込みましょうね
わかりましたか?

>>189
貴方のレスは

>>184
なるほど寄生虫の独り言なんだね
とするのが正しいかと思われます。

192 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 14:55:41 ID:h0Pc9vBQ0
北沢栄の「さらばニッポン官僚社会」 (2005年10月31日)
第89章 特別会計改革が加速化  行財政改革の本丸攻防、いよいよ天王山

 特会の問題をまとめてみよう。壮大な公費のムダ遣いをもたらしている、主に5つの
要因を指摘できる。
 1.一般会計は大変な借金財政なのに、予算規模が5倍に上る特会のカネはダブついている。
 2.国会でほとんど審議されず、マスコミも滅多に報道しなかった“隠された不透明会計”。
 3.一般会計の透明性の高い「表予算」に対し、所管省庁の「裏予算」となっていて、
   所管省庁の裁量で使い途を決めている。
 4.天下り先となる官業の主要な資金源。
 5.省庁の管理・裁量下にあり、財務省のチェックが甘い。―

 改革気運の盛り上がりで、長年放置された「特別会計の闇」にようやくメスが入る見通しだ。
 この特会の実像把握から始まる改革の道筋は二つある。一つは、経済財政諮問会議や
財政制度等審議会などから、既に基本方針や対策案が提言されている、特会の実態に
応じた個別対策だ。
 対策案は、事業や特会勘定の「廃止」や「整理統合」「一般会計化」「合理化」などを挙げている。
しかし、個別対策の欠点は、01年12月発表の政府の特殊法人等整理合理化計画のように、
個別調査と見直しに時間がかかるうえ、結果は「看板の掛け替え」や「まやかしの民営化」、
「廃止」と称して「統合による組織の延命」などに終わる公算がきわめて高いことだ。
 特会の不透明な制度に問題があるのだから、制度自体を廃止するような抜本対策が、
もう一つの本命とみえる選択肢だ。米国の会計制度は特別会計を持たない。抜本改革の
ために、この際、国の会計を、透明性が高くわかりやすい一般会計に統合し、一本化する。
現行の特会の特定財源を持つ事業はゼロベースで見直し、国の関与が不可欠なものに限り、
米国にならって収支がわかるように一般会計上で区分する(ファンド方式)。特定財源と
予算執行状況に「イヤマーク」を付けて、監視する形だ。特会の“密室”を国民が外から
見やすい“つい立て”に建て替えるのだ。
 こういう会計新手法の採用も、米国式をよく研究して、考えてはどうだろうか。

ttp://www.the-naguri.com/kita/kita91.html

193 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 15:26:13 ID:bzR+8XNy0
>>192
特会の不透明な制度に問題があるのだから、制度自体を廃止
特会の不透明な制度に問題があるのだから、制度自体を廃止
特会の不透明な制度に問題があるのだから、制度自体を廃止
特会の不透明な制度に問題があるのだから、制度自体を廃止
特会の不透明な制度に問題があるのだから、制度自体を廃止

神、いわゆるg


194 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 16:45:13 ID:mIhhM6jT0
まったくだ。
まず透明化だ。
その後、いくら足りないのか(足りるはずだが)
いつまでなのか等具体的な計画。
民業には厳しく審査してるだろ?それをやれといってるんだ、ボケ!!

195 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 16:54:11 ID:9nI3bO3v0
これってミンス党案じゃなかったっけ?

196 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 16:55:11 ID:YdwGq3v/0
そうだな何でも透明化
服の中に何隠してるかわからないから
服も透明にしろ


197 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 16:55:22 ID:Bz62wDYs0
はいはいwくぁろす

198 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 16:58:19 ID:9nI3bO3v0
ジャスコたんが 「統合すれば主婦・無年金者・在日もみんな年金もらえるんですよ!」
って言ってた案とどう違うのこれ?

199 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 17:16:04 ID:shAWg5B80
財政破綻厨ばかりかと覗いてみたが、意外や意外落ち着いた議論してるじゃないw

さて本論、特会を半分にするとのことだが、日本は余剰貯蓄であり、この余剰分を
公的投資で埋めているのが現状と思う。(良い悪いは別として)
貯蓄はそのままと仮定した場合、特会を半分にすると言う事は、民間の投資をその分
増やさなければならないと思うが違うか?
ではどのように民間投資を増やすのか?
特会を半分にするってことは実質100兆円減くらいか?
今の民間資金需要でさえ90兆円くらいじゃなかったか?
官の一部を民に、「無能」と言われる官の連中が民になったとして、
今の民間以上に効率的で積極的な投資をしてくれるとでも言うのか?100兆円も。
それともアメリカ政府に投資するのかな?w

200 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 17:19:41 ID:fbz2F2pY0
半分に縮小すれば200兆、で更に実際は半分以上無駄に使われてるから100兆は浮く訳だ。
対して、消費税の税収10兆を数パーセント上げて景気を大幅に後退させてまで、高々数兆円
稼ぐ事に一体何の意味があると言うのか、谷餓鬼よ?

201 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 17:29:24 ID:shAWg5B80
>>200
100兆円浮くってことは、100兆円投資が減るってことと同意じゃないか?
この100兆円の投資減をどこで補うの?
実はマクロにあまり詳しくないんで聞いてるんだが・・・
貯蓄と民間投資がバランスしないと財政赤字が増えるだけじゃないか?
違うか?

202 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 17:40:55 ID:fbz2F2pY0
>>201
お前の言ってる公共投資ってのは、監査名目のキックバックやら買った筈のPCがいつの間
にか無くなってる不適切な支出とか言ってる横領の事だ。
そんなんに金大量に回して、景気や一般会計・社会保障が立ち行かなくなってる現状がある
って事はそれらはいらんモノって事なんだよ。
で、それが必要だと思ってるのはお前みたいな盗賊利益構造にぶら下がってる糞野郎供だけ
だから心配する必要は全くないって事だw

203 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:05:27 ID:shAWg5B80
>>202
そんなこと言ったらB/Sなんて概念そのものが否定されないかな???
だってそうでしょ。
お金なんてものは日銀や政府からの借り物でしかないのだから。
無駄か無駄じゃないかとか、横領か否かなんて話と貯蓄投資バランスの話は
無関係とは言わないが、俺の話の論旨からかけ離れている。

204 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:09:09 ID:Syey7jcs0
投資を増やさずとも、国民の所得を100兆カットして貯蓄を取り崩させるという手もあるw

205 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:10:32 ID:VmfPp3+a0
>>182
馬鹿な自分にも何となく分かった

206 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:12:46 ID:shAWg5B80
>>204
俺の話は貯蓄はそのままって仮定の話なわけです。>>199
本気でそう考えてるのかなー政府は?
貯蓄を取り崩すってことは、インフレにするか預金税でもやるか、預金できない
くらいに所得を減らすか、金融を破綻させるか・・・、どうするんでしょうか?
こんなことしたらますます景気悪くなりそうだけど。

207 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:14:03 ID:fbz2F2pY0
>>203
じゃ、一人で勝手に各省庁が収益にシビアな民間より効率的な投資してるっていう有り得ない
仮定の元で脳内妄想爆発させてれば?w
大体、そんな発想は今のやり方で赤字財政が悪化し続けてる状況みれば思いつくことすらない
と思うが、やっぱイっちゃってる奴は違うんだろうなw

208 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:14:20 ID:pMDeqOOs0
生活保護の金額削減ぎぼん


209 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:20:04 ID:shAWg5B80
>>207
>>「各省庁が収益にシビアな民間より効率的な投資してるっていう有り得ない
仮定の元で脳内妄想」

どこにそんなこと書いた???
>>199で「「無能」と言われる官の連中が民になったとして」と書いてるが。
どうしてよ???
無能な官が民になったとして、今の民以上に効率的かつ積極的な投資ができるのか?
と疑問を呈しているのだよ。

210 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:26:42 ID:shAWg5B80
>>207
俺はもともと会計の方だからマクロ政策に詳しい人間に聞きたいのよ。
財政赤字は政府支出と政府収入の差額で支出>収入の場合だよね。
これと貯蓄>投資+資本収支がイコールだよね。
この話をしてるんだが。
良いか悪いかは別として、実質200兆円を超えるような規模なんだよな。
これを半減するって話だよ。
素人の俺でもマクロに与える影響が凄まじく大きいことくらいわかるし、
そもそもどうやって実現するのか???疑問なんだよ。

211 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:30:51 ID:Syey7jcs0
>>206
サプライサイドの連中は、所得を減らさないままに自然に貯蓄が減ると信じているんでしょ。

212 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:33:38 ID:Syey7jcs0
>>210
マクロ屋から一言。
とても正しい疑問です。

で、国家破綻って何なの?って話になるわけで。
対外債務ならわかるけど、内国債務で破綻は理論上起こり得ないのです。

そしたら、後はまあケジメとして発散させることだけは無いようにしましょうねと
いうとこらあたりがコンセンサスになって、そこでドーマーの定理と呼ばれる
微分方程式が出てくるわけです。債務を対GDP比で一定にしましょうねという
事です。

213 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:35:15 ID:fbz2F2pY0
>>209
自ら無能と認める連中に100兆円渡して、どうしてそれがマトモに使われると思うんだ?
基本的に各省庁の実際は余剰分の金もきっちり配下の独立法人・財団法人に流して連中の
中だけで還流する様に仕組みが出来てんだよ。
論旨とか言う以前に特会の金がちゃんとカタギの民間に流れてるって前提条件がおかしい
っつってんだ、ヴァカ。

214 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:37:50 ID:3+rWwMh70
>>171
いいこというねぇ。そのとおり。
役人の天下り天国にバラまかれてる。

215 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:39:18 ID:shAWg5B80
>>211
「神の見えざる手」ですか?
こんなものが成立するならマクロ政策なんて必要ないと思いますが?
違いますか?
>>212
破綻と債務不履行をごっちゃにしている人が多いようには感じます。
ドーマーは名目GDP成長率>金利って話ですか?聞いたことあります。
これと特別会計削減とどのようにつながるのかが理解できません。

216 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:40:14 ID:h0Pc9vBQ0
>>201
投資じゃない。官僚の遊興費。OK?

217 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:43:56 ID:shAWg5B80
>>213
「預貯金をそのまま」との前提で話をしてるのです。
預貯金をそのままで特別会計を半減すると、民間投資がその分増えないと
政府の財政赤字がその分増え、結果政府の支出・投資は減らないのでは?と
言ってるのです。
「特会削減=官・特殊法人のリストラ」との前提であるのです。

218 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:47:02 ID:shAWg5B80
>>216
投資でしょ。
無駄か無駄じゃないか、効率的か否かの話じゃないと何度も言ってると思いますが。

219 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:47:43 ID:Y1MJTVQp0
>>199
>今の民間資金需要でさえ90兆円くらいじゃなかったか?

民間のキャパだが、投資金額が利益とともに回収できる状況になれば現状の上限は意味のないものだよ。
少子化が悪材料なんだけどな。消費者の絶対数が減るからな。

景気対策と言いながらくだらん箱物作ってる場合じゃないんだが。

220 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:51:47 ID:shAWg5B80
>>219
貯蓄投資バランスとマクロ経済への影響を確認したいのです。
経済によほどの悪影響を与えずに預貯金を減らすことができるのであれば
それで構わないと思うのですが、>>1からはそれが読み取れないのです。
それと特会=景気対策との認識もありませんが、例えば特別会計から特殊法人等に
貸し出されているお金は景気対策なんですか?

221 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:53:49 ID:h0Pc9vBQ0
>>218
いやいや断じて投資じゃないな。
百歩譲って私利私欲を肥やすという無駄な消費だなぁ。生産性はゼロ。

かえって社会秩序や経済に悪影響を及ぼすから。

222 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:54:45 ID:fbz2F2pY0
>>217
現実が見えてない机上の空論で議論やりたいなら経済板いけば?w
現状の財政赤字はマクロ経済の話以前にもっとレベルの低い悪質な要因で起こってんだよ。

223 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:54:57 ID:shAWg5B80
>>221
それだと会計そのものが成り立たないのです。
1=1です。
1=100にはなりませんし、1=−100にもなりません。

224 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:57:11 ID:shAWg5B80
>>222
もの凄く現実的な話をしてると思うのですよ。
実質100兆円の削減ですからねー
極論すれば預貯金を100兆円削減するのか、民間投資を100兆円増やすのかって
議論ですよこれは。

225 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:58:17 ID:Z9C8xtcp0
大半の国民が貧しくなるだけ〜w
ドル買いの予算だけは削らないんだろうな〜。


226 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 18:59:12 ID:fbz2F2pY0
>>224
はいはい、あんたの中じゃ妄想が現実って事ねw

227 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 19:01:17 ID:shAWg5B80
>>226
妄想って言うけど、経団連の関連組織も「民間投資の減少が財政赤字の
根本原因」とのレポートを出してたと思いますよ。
日銀のHP貼るけど、これが妄想なのか?
http://www.boj.or.jp/wakaru/keiki/wsj.htm

228 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 19:06:01 ID:h0Pc9vBQ0
>>223
よ〜く考えてみてください。
例えば、こちらをご覧になってください。

"大阪市職員厚遇問題"
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/shokuin/

このようなことが行われていて大阪市がよくなりましたか?
大阪の年収200万のタクシーの運転手がやる気起こると思いますか?
関西の経済がよくなりましたか?
より多くの日本人が幸せになりましたか?

経済は単なる数字合わせや机上の空論ではなく、マインドで動くのではないでしょうか?

229 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 19:06:57 ID:shAWg5B80
経済板行きますわ。
ただあそこはレスポンス鈍いのよねw

230 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 19:10:16 ID:fbz2F2pY0
>>227
いい加減シツケェ
法人税減税&消費税上げを大マジで主張する超利己的な経団連の話が信用できると思ってんのか

231 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 19:16:10 ID:cUEbgbGt0
このスレの住民を如何に啓蒙するかではなく

このスレで如何に国民を啓蒙するかを話したほうが生産的

232 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 19:20:08 ID:+R+Qvptf0
>>215
>違いますか?

そのとおりです。でも必要なんですよ。

>破綻と債務不履行をごっちゃにしている人が多いようには感じます。

ごっちゃにしている以前に、自分が何について言及しているのかわからないまま
「破綻と言ってみたい」「デフォルトと言ってみたい」だけの人が多いのかなと。
「じゃあ、政府の破綻って何?」って聞いたときに答えられる人はいない。

>ドーマーは名目GDP成長率>金利って話ですか?聞いたことあります。
>これと特別会計削減とどのようにつながるのかが理解できません。

特別会計削減する必要なんてあるの?

あれは、特別会計が貯金箱になっていて、財務省が手が出せないから取り返そうって話
なわけで。見えないことにしとかないと、単なる政府のサービス低下の話だとバレるので、
貯金箱だといわずに、総額の話だけちらつかせて、皆に債務の問題だと思わせているだ
けなわけです。政府・役所の中の人で特別会計の債務問題を言っている人は一人もいな
いでしょ。外に位置する中よりの人はいってるけどさ。

で、特別会計を一旦忘れて政府債務全体として、一定の歯止めを掛けましょうねという話
になると、動学的に発散経路に載るか否かの話になって、とたんに微分方程式になるのよ。
それがドーマーの定理。

で、その条件はプライマリバランスでも税率でもなく、GDP成長率>金利で決まるって事。

233 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 19:24:41 ID:+R+Qvptf0
>>232
でもじゃなくて、だから必要でした。失礼。

234 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 19:27:30 ID:cUEbgbGt0
財政を家計に置き換えてどうのこうのってやつを

特別会計含んでやるとどうなるんだろう。

235 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 19:30:53 ID:ncLZbiQ60
>>234
家計に置き換える自体が無意味だから止めとけ。

236 :名無しさん@6周年:2005/11/16(水) 20:54:23 ID:cUEbgbGt0
家計に置き換えた上でドーマーの定理とかを説明するのは無意味かどうか

237 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 00:00:51 ID:mIhhM6jT0
官業天国・過大な優遇、なえる民力
http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt16/20020706EIMI073606016001.html

他の記事もおすすめ

238 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 00:38:31 ID:dSmurJah0
>>232
官僚の遊行費がどうのこうのって、議論の趣旨も理解できんB層が
その官僚に騙されるって話だなw
痛い目みるのはB層なんだけどなw

239 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 01:13:47 ID:KueCuEx30
>>206
>俺の話は貯蓄はそのままって仮定の話なわけです。

>>1ソースに書かれている以下の文面からは貯蓄(厳密には貯金−借金)はそのままという仮定が成り立たないのでは?

> 特別会計は、国が担う事業や資金運用の収支を一般会計と区分して管理する仕組み。
>政府与党はこれを(1)事業そのものが必要か(2)国が担う必要があるか(3)一般会計と区分経理する必要があるか
>(4)他の特会と統合できないか―の視点で点検。統廃合や事業縮小など今後5年間の具体的な方策を示す。

・・・要するに(2)が民間にシフトして民間が投資する、(3)(4)は政府内でのシフトで財政出動は減らない、影響するのは
  (1)だけということになるわけですから。

>>217>>227
貴方のレスを見てふと思ったのだが、「民間投資の減少が財政赤字の根本原因」なのではなく、
「財政赤字が民間投資の減少の根本要因」だったんではないか?

財政赤字が増える→国大発行残高が増える→金融機関がリスクフリーの国債を国債に投資をシフトする
→民間相手には「貸しはがし」をする→民間投資が減少

・・・誰か詳しい人、この説の是非を答えてくれ。

240 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 01:23:31 ID:KueCuEx30
>>212
>対外債務ならわかるけど、内国債務で破綻は理論上起こり得ないのです。

それって、理論上起こり得ないのは破綻じゃなくて債務不履行じゃないの?
そりゃ、日銀に日銀券刷らせて国債を返せばいいんだから国内の借金はいつでも返せるさ。
でも、それをやったら国内はハイパーインフレ、額面どおりに国債を償還してもらっても実質価値は
貸したときの何十分の一。そうなったら日本国政府はともかく日本経済は破綻と呼ばざるを得ない。

・・・と思うんだけど違うの?

>>235
その家計に置き換えるが無意味である理由を知りたい。

241 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 01:27:58 ID:kNa01VBy0
B層を串刺し

242 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 01:41:59 ID:KueCuEx30
ごめん、>>239に間違いがあった。

×財政赤字が増える→国大発行残高が増える→金融機関がリスクフリーの国債を国債に投資をシフトする
○財政赤字が増える→国大発行残高が増える→金融機関が貸付からリスクフリーの国債への投資にシフトする

243 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 02:02:09 ID:Vxelahqf0
特別会計、5年で半減=合理化へ年内に改革案−政府・与党

 政府・与党は15日、31ある特別会計を抜本的に見直し、5年後をめどに半減させる方針
を固めた。200兆円を超える歳出規模を持ち、「無駄の温床」との批判が絶えない特会改革
を断行することで、財政構造改革を加速させる。財政制度等審議会(財務相の諮問機関)
が18日に特会見直しに関する方針を策定。これを受け、政府・与党は年内に「整理合理化
計画骨子」をまとめる。(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051115-00000061-jij-pol

橋本内閣の時にやった中央省庁再編。
数を減らしても実質何も変わらず官僚の
既得権だけがそのまま残された。
今度の改革案も同じにおいがする。
日本は財政破綻しない限り本質的な改革
はできない。
日本の財政破綻はこのままの状態では
間違いなく起こるだろうから、あと何年後
かということだけが問題であるように思う。

244 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 02:16:22 ID:yDeskoGq0
>>243
ま、そう危惧する気持ちも分らんではないが、諸悪の根源である壊れた蛇口にターゲット設定
してる所が、橋龍時の曖昧さとは違う。
この場合、改革が成功した暁には一般会計に巨額の数字となって出て来なきゃおかしいからな、
もちっと生暖かく見守ろうや。
官僚供が必死で抵抗するのは確実だから過大な期待は禁物だが。

245 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 02:37:32 ID:OrjRuggj0
>>239
>貴方のレスを見てふと思ったのだが、「民間投資の減少が財政赤字の根本原因」なのではなく、
>「財政赤字が民間投資の減少の根本要因」だったんではないか?

そういう視点で検証をした方もいます。
いわゆるバローの中立命題という奴です。

が、統計上は完膚なきまでに否定されています。

>→民間相手には「貸しはがし」をする→民間投資が減少

貸しし剥がしが起きているのなら、資金需要が旺盛で、資金供給が不足した状態という
事になりますので、「高金利」となるはずですが、現在は「低金利」です。

246 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 02:41:21 ID:I0JK227B0
今の日本の公務員天国は
両班が国を滅ぼした100年前の大韓帝国を笑えない。

両班=公務員

両班である公務員が税金を食い散らかし、民の力を大幅に殺ぎ取り、国力を低下させている。

247 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 02:42:14 ID:OrjRuggj0
>>240
>でも、それをやったら国内はハイパーインフレ、額面どおりに国債を償還してもらっても実質価値は
>貸したときの何十分の一。そうなったら日本国政府はともかく日本経済は破綻と呼ばざるを得ない。

えっと、どうしてハイパーインフレが起きるのですか?

普通はハイパーインフレなんぞになる前に、景気が回復して、税収が増えます。
やりすぎなければ良いのです。

で、景気が回復して税収が増えるといっても、どれくらい増えるのかわからないので、
この効果を除いて(プライマリーバランス一定という仮定を置く)、単純にGDP比でどう
なるのかを検証したのがドーマーの定理です。

2ちゃんねるで微分方程式の説明しても意味が無いので、結論だけ書きますと、
「名目成長率>金利」という状態を維持していれば債務は対GDP比で発散しません。

248 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 03:14:39 ID:LmRWRrfv0
金だけ刷ってれば経済は成長するという理論だけしか語らないスレなのか。

実体経済なんか無視なんだな。

249 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 03:16:38 ID:TIr76ABb0
財政赤字がゼロとすると
国債を借り替えるたびに利子の分だけ借金が増え続ける。

名目成長率が利子より上だと

借金の増加ペースを上回るスピードで税収が増えていく。

250 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 03:34:59 ID:OrjRuggj0
>>248
金だけ刷ってれば経済は成長する=市場原理主義 ?

251 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 03:47:20 ID:pmj9Rz5dO
現業を除き官舎廃止だな。議員宿舎も廃止。自費で借りろ。

252 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 04:21:27 ID:xbY7Oze00
不必要になっても、自分らを守るために絶対に削減や廃止しないからな。
公務員社会では効率化=悪。
これを解決するにはどうしたらいいのやら。

253 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 04:41:00 ID:TIr76ABb0
公務員同士で争わせる。

254 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 07:09:36 ID:cYQhvd6G0
252の言うのは、

自分ら公務員の 「利権」 を守るためにってことだから、腹立たしいよね。

255 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 11:45:52 ID:QhtHGhej0
低所得のバカ自を撲滅すべきだな。
その次に税金無駄食いのバカ公務員だ。

256 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 11:54:10 ID:pRhuTULT0
厚生労働省が予算削減の矢面にたたされてるんだっけ?
これって、暗に在日にやってる生活保護を削減しろって言ってるんじゃないの?

おせーて、偉い人

257 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 16:25:19 ID:ffif2LKg0

例えば神戸空港の建設には国の補助金が3000億円出ているんだって。
結局、車関係から税金を集めて道路関連だけにその金を使うなんて話がおかしかったんだよ。

一般財源化のほうが(・∀・)イイに決まってる。

反対している連中は、道路特定財源を独占してきた利権野郎どもなので
息の根を止めればいい。

少数の人の幸せよりも国民の幸せが大事。

258 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:00:55 ID:kfH1XHDO0
>>257
利権野郎を排除するのと、会計の透明性を保つのは別。

一般財源化したら、どこに何を使っているのかわけわからなくなるよ。

259 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:13:17 ID:yDeskoGq0
>>258
アフォですか?w
金の出て行く先を外部から監査されず使いたい放題の特別会計と財布の紐を一元管理する
一般会計、どっちが訳分らないのか一目瞭然だろ。
だだ漏れの供給止めれば利権馬鹿は干上がるか突拍子もない事をしでかすしかないって事
なんだよ。

260 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:20:38 ID:kfH1XHDO0
>>259
>金の出て行く先を外部から監査されず使いたい放題

ダウト。特別会計は国会議員が予算承認しています。
本当は、「特別会計がわかりにくいからだめなんだ」という国会議員は、
きちっと自分にわかる説明を受けるまでは予算成立に反対するのが筋です。

その上で、一旦成立した予算については、国民から問い合わせを受けたら、
全部説明できなければなりません。


「特別会計がわかりにくいから、予算の統制ができない」というのは、「僕ちゃん
算数がわからないので、家計簿がつけられません」といっているのと同じレベル
であり、そんな人に国の予算の審議を任せていること自体が問題。

261 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:27:09 ID:kfH1XHDO0
>>260補足
野党が「強行採決されたので、僕らはきちっと説明を受けていない」なら
わからんではない。けど、その場合だって、説明義務は残る。

まして、与党が「特別会計はわかりませんから廃止」じゃあ、お話にならない。


それからね。他人からお金を預かるときは、自分の財布に入れちゃだめだよ。
幾ら預かってるかわからなくなっちゃうから。基本は財布を分けること。

こんなことすらわからん奴が増えたのかなぁ。


262 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:29:46 ID:yDeskoGq0
>>260
分りにくいものを分りやすくして何が悪いんだ?
一般会計が赤字でヒィヒィ言ってる時に重い税金とって特定財源で肥え太ってても一切関係
無しを決め込んでる特別会計を何故存続させる必要性がある?
頭おかしいかアンタ自身が利権野郎としか思えんなw

263 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:30:05 ID:IP/6Jcq50
●民主党の特別会計改革案
31ある特別会計のうち27を廃止

●政府・与党の特別会計改革案
31ある特別会計を5年もかけながら、半分程度にしかしない。

だから、民主党政権を誕生させないと駄目なんだね。

264 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:34:07 ID:tOlK6VKq0
政界の反発は必至だ(中共同)

265 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:34:58 ID:kfH1XHDO0
現在の特別会計をわかりにくくしているのは、各特別会計に溜まっている貯金を
財務省が取り返すために設置した、国債償還基金特別会計なんかではないかと。

一般会計から特別会計に一度編入されたお金は、表立っては取り返す事ができ
ない建前がある。一般会計から特別会計への繰入額を減額することで、ある程度
はコントロールできるわけだが、それじゃあ足りないとあせっているのが財務省。

で、そこの裏道として設置したのが上述の国債償還の特別会計。各特別会計から
国債償還の積み立て金を抜いて、一般会計ではなく特別会計に置いておくという
手法で実現している。今現在で既に一般会計への繰入は行われているわけ。

ただ、これが特別会計をわかりにくくして、なおかつ規模を膨らめているいる張本人
でもあるわけだ。「国債償還基金特別会計は一般会計に繰り入れる事が可能」
という修正を財政法か何かにちょっと付け加えればそれで終わりなんだけどね。

266 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:37:03 ID:kfH1XHDO0
>>262
目的税が全て根拠を失うよ。

そしたら、いずれ全ての目的税が廃止という事になって、財政はもっと酷い事になる。

267 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:38:44 ID:LmRWRrfv0
>>261
つ【帳簿】

268 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:43:53 ID:yDeskoGq0
税金取る根拠がなくなるから、各省庁に豪遊する為の金プールさせる訳かw本末転倒って言葉知ってるか?
大体、特別会計がどういう目的で出来たかも知らん奴が糞制度擁護してんじゃねぇよw

269 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:47:05 ID:kfH1XHDO0
>>267
帳簿をわけとけって事でしょ?
あってるじゃん。

特別会計制度の問題は、帳簿はわけているけど、資産をしっかり管理して
いないで、全部日銀に預けてあるから、誰も流動資産が幾らあるのか把握
していない事だな。

もっとも、日銀の統計にはきちっと出ている。400兆ってお金がね。

借金神話は嘘も良いところだ。

270 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:49:26 ID:kfH1XHDO0
>>268
その予算通したの誰?ってのを問題にしない限り、
特別会計を一般会計と統合したって直らないよ。

右のもの(特別会計に入っているもの)を左(一般会計)に入れなおしたからって、
問題は解決しないの。

271 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 18:59:06 ID:yDeskoGq0
>>270
直らないからそのままでいいってか、んで、予算承認する国会議員が優れた人物に入れ替わる
まで財政赤字が酷くなって逝ってもひたすら待つと、そう言いたい訳か?
寝言は寝てから言えってw

272 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 19:46:54 ID:TIr76ABb0
特別会計とかいいながら、一般会計とかから繰り入れとかやってるから不信感の元になる。

273 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 20:27:15 ID:pzX+Mfsi0
>>271
会計を一緒にされたら、わけわからなくなって、過去の問題は全部不問になるぞ。
これを推し進めているのが政治家だというのを忘れるな。



俺たちは、粛々と汚職政治家を落選させ続けなければならないの。
あとな、こういう見せ掛け改革やる奴に騙されないようにしろ。


274 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 20:28:09 ID:LEvoYrb/0
ID:fbz2F2pY0は「投資」と「消費」と「貯蓄」の関係はおろか、定義すら知らないんじゃないのかな。

275 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 20:29:21 ID:pzX+Mfsi0
>>272
そもそも、特別会計ってそういうものなんだけど・・・

なんつーか、「車は走るから事故するんです。だから車は走っては駄目」と
主張しているのと同じレベルだよ。それじゃ。

276 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 20:35:21 ID:lXhPte/U0
個人的には、年金・保険周りを優先的に統合することで、
まだ隠れている洒落にならない社会保険庁の問題を
隠そうとしているのではないかと思ったりする。

277 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 20:44:34 ID:yDeskoGq0
>会計を一緒にされたら、わけわからなくなって、過去の問題は全部不問になるぞ。
アフォか、現状で不問にされてる状況で意味不明な心配してるのかよ。
これまでずっと放置されてきた特別会計存続させて、一体誰が何時問題を処理してくれると
言うんだ?
わけわからんわけわからんって、訳分からんのは必死でメリットよりデメリットの大きい制度を
保護すべきとか言ってるお前の頭の中だ、ヴォケ。

278 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 20:50:19 ID:CjbKpATM0
一般会計は表のサイフ
赤字で厳しい状態。

特別会計は裏のサイフ
各省庁を通って闇に消える(石油税などは道路などに?)
一般会計の十倍以上の収入があると言われるが
その実態はわかっていない。

279 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 20:53:54 ID:VfAnraEu0
249 :文責・名無しさん :2005/11/12(土) 19:16:42 ID:XTQvRyNx
☆☆医療業界には談合が付き物★★

医療業界における談合の事実。
公的な病院において、医療機器を購入する場合は形式上はどこも入札制度になっている。
が、実態は異なる。
日本全国、ほぼどこの病院でも○○課は○○器械などと診療科目ごとにディラーが暗黙の了解のもと
決まっていて、それは公的病院でも例外ではない。
それが病院側と業者の癒着の温床の源にもなっている。

医療機器にはMRI、CT、エコー、レントゲン等多種に及ぶが、ことさら内視鏡分野
ではほぼ100%談合が行われている。
購入の話しが持ち上がった時点で、メーカー主導で病院ごとに決められた販売店に
「販売権利」を与える。
実際に入札が始まると「価格維持」のため談合が始まる。
決められたディラー以外はそれより高く見積もるのだ。
メーカーは値崩れせぬよう、全国の納入実績を常に把握している。
決して最低納入価を崩さぬよう、ディラーにも指示する。

この慣習は長く現場で行われてきた。
実際にこれにメスをいれると、倒産する医療ディラーが多発するだろう。
メーカーにも逮捕者が出るのは避けられないであろう。
しかし、公的病院の機器購入には税金が使われるのだ。


280 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 20:58:11 ID:++x4d9HLO
まずはやる気を見せてほしい

議員年金廃止と公務員共済の国民年金・厚生年金との統合!

281 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 21:32:44 ID:KueCuEx30
>>245
>そういう視点で検証をした方もいます。いわゆるバローの中立命題という奴です。
>が、統計上は完膚なきまでに否定されています。

バローの中立命題でググってみたら、「支出の財源は税金か国債かという政府の選択は、いずれであっても
経済には影響を全く与えない」という理論だと書かれていますが、これは俺が>>245で言っている内容とは
まったく異なる内容ですね?
別なキーワードか「統計上は完膚なきまでに否定されて」いるソースを頂ければありがたいのですが?

>貸しし剥がしが起きているのなら、資金需要が旺盛で、資金供給が不足した状態という
>事になりますので、「高金利」となるはずですが、現在は「低金利」です。

現実に、新聞報道もされているし、金融庁が「貸し剥がしホットライン」なるものまで解説しているのに、
「低金利」を理由に否定するのは無理があると思います。
http://www.fsa.go.jp/news/newsj/17/ginkou/f-20050729-2.pdf

282 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 22:02:48 ID:TIr76ABb0
>>280
年金廃止した後に議員になった人が新しく年金制度を作るべきだーとかいってくるかも

283 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 22:05:51 ID:KueCuEx30
>>247
>普通はハイパーインフレなんぞになる前に、景気が回復して、税収が増えます。
>やりすぎなければ良いのです。

いや、それは「内国債務で破綻は理論上起こり得ない」という意見に対して、「こういう意味ではおきるでしょ。」と
言ったまでの意見なので、「やりすぎなければ良い」というのは同意します。

>(プライマリーバランス一定という仮定を置く)、
>2ちゃんねるで微分方程式の説明しても意味が無いので、結論だけ書きますと、
>「名目成長率>金利」という状態を維持していれば債務は対GDP比で発散しません。

その説明に微分方程式は不要です。国債債務をGDP比一定にするための条件は、以下の通りですから。
(名目成長率)=(新たな財政赤字のGDP比)+(利率)

あと、上記算式から、プライマリーバランスが「一定」ではなく、「均衡」が条件になるはずです。

284 :名無しさん@6周年:2005/11/17(木) 22:29:02 ID:BajBn88B0
一般会計嫁のパート収納。特別会計大黒柱の稼ぎ。

285 :名無しさん@6周年:2005/11/18(金) 00:43:19 ID:L1zFEMj80
>>269
ちょっと、気になったんで聞くが、その400兆ある流動資産の殆どは年金関連じゃないか?

だとしたら、その金は将来国民に払う年金の責任準備金だから実質的に同額(ホントはそれ以上)の負債があることになるぞ。

286 :名無しさん@6周年:2005/11/18(金) 01:11:17 ID:bdPEagX/0
>>281
>現実に、新聞報道もされているし、金融庁が「貸し剥がしホットライン」なるものまで解説しているのに、

それ、ホットラインには全然相談してこなかったんだよ。
ただの政治的パフォーマンスだったってこと。

287 :名無しさん@6周年:2005/11/18(金) 01:18:23 ID:bdPEagX/0
>>281
>バローの中立命題でググってみたら、「支出の財源は税金か国債かという政府の選択は、いずれであっても
>経済には影響を全く与えない」という理論だと書かれていますが、これは俺が>>245で言っている内容とは
>まったく異なる内容ですね?

それは、結論であって内容ではありません。

内容は、「歳出の増加は増税を予感させ、人々の経済活動を縮小させる」というものです。
で、その結果として「財政支出を増やして、経済を活性化させようとしても、増税予感の分
経済活動が縮小してしまうので、財政出動の効果は無くなる」という結論になります。
これが、あなたが見た部分です。

>別なキーワードか「統計上は完膚なきまでに否定されて」いるソースを頂ければありがたいのですが?
例えば、
http://www.imes.boj.or.jp/japanese/kinyu/2000/kk19-2-2.pdf

というか、「命題」ってのは「仮説」だよ。検証を得て「法則」になれれば本物。
「命題」のままの奴は、確かにありうるねと言われているけど、検証の結果
今のところ成立していないもの。

別のキーワードが必要ならご自身で探したらどうですか?

288 :名無しさん@6周年:2005/11/18(金) 01:21:08 ID:bdPEagX/0
>>283
えっと、プライマリーバランスが一定でも成り立つ事を説明するのに、微分方程式が
出てくるのですが。

>>285
年金関連のお金は、資産じゃなくて負債ですよ。

289 :名無しさん@6周年:2005/11/18(金) 02:35:46 ID:Ekr69TqO0
雇用・能力開発機構の闇(7)「特別会計」の闇…
http://kaz19100.hp.infoseek.co.jp/siryo/ay150623.html

◇殺された石井議員も追及
 昨年、暴漢に刺殺された民主党の石井紘基衆院議員は、北沢氏に対し、
「(特別会計は)官僚の究極の裏帳簿」と糾弾していたという。
 というのも、財務省が一括管理し、世間的に注目される一般会計と違って、
特別会計は担当省庁が独断で管理。役所が隠そうとする傾向もあり、暴走の
チェックが極めて効きにくく、「無責任体制の温床になる」(北沢氏)ことが多いのだ。
 労働保険特別会計の場合、平成14年度の歳出額は約4兆6217億円、
うち約2409億円が機構に投入されている。
 単独で2409億円といえば巨額に見えるが、分厚い予算案をみていると、
機構に関する記述などわずか1、2行。事前の知識でもない限り気付きもしない。
まして、その内訳など全くうかがいしれない。
 だから、官僚は自らが天下る特殊法人の仕事を増やすため、機構の予算に、
455億円をもぐりこませ、「スパウザ小田原」(約8億円で売却予定)を作っても
予算の審議段階では誰の目にも止まらないのが実情だ。
 野党の代議士秘書は「担当の役人を呼んで質問しても、彼らは、こちらが
突っ込まなければ必要以上のことは決して話さない。反対に予算の末端での
使われ方までは中央の役人が知らないこともある。超大物の族議員ならいざ知らず、
若手議員など簡単にごまかされてしまう」と嘆く。
 予算が通ってしまえば、すべては後の祭り。
 後で無駄遣いだと批判されようが、マスコミに叩かれようが、官僚は「特別会計も
一般会計とともに国会に提出し、予算審議を経た後、議決が行われています」
などと答え、責任を投げ出してしまうのだ。
(伊藤猛)

290 :名無しさん@6周年:2005/11/18(金) 02:38:45 ID:Ekr69TqO0
雇用・能力開発機構の闇(7)「特別会計」の闇…
http://kaz19100.hp.infoseek.co.jp/siryo/ay150623.html

◇特別会計が37項目も
 雇用保険料から総額約4500億円もつぎ込んで建設してきた保養施設など
を建設費の1%以下という低価格で叩き売っている厚生労働省の特殊法人「雇
用・能力開発機構」。結果的に4000億円以上の無駄遣いになるとみられる
が、なぜ、機構の浪費は止まらなかったのか。底流には、極めて見えにくい特
別会計の闇がある。
 旧労働省時代に起きたKSD事件では、族議員や官僚が「ものづくり大学」
に出資する代わりに、KSDが自民党員の党費を肩代わりしていた。さらに、
大学の設立準備金が「労働保険特別会計」から公益法人を介し、民間投資に擬
装した形で出資されていたことも批判された。
 こうした問題を国会で追及した民主党の仙谷由人氏は、同特別会計の分厚い
資料をめくりながら、「これだけの項目があると、それぞれが何に使われるの
かなんて普通は分からない」と話す。
 毎年、年末には政府の予算折衝が山場を迎え、予算案が決まれば大まかな内
訳や使途が紹介される。ただ、そのほとんどは通常の税収をベースとした一般
会計の話だ。
 だが、予算には一般会計のほか、道路整備特別会計のように特定の財源と目
的がある特別会計が37項目も存在する。
 昨年、『官僚社会主義 日本を食い物にする自己増殖システム』を出版した
ジャーナリストの北沢栄氏は
「一般会計と特別会計の間は相互に資金が複雑に動くので、単純な足し算には
ならない。だが、平成14年度の予算だと、一般会計は約81兆円で、特別会
計を合わせた予算の総額は約480兆円になる」と説明。
 見えにくい部分の方が大きいため、北沢氏は特別会計を「国家予算の黒幕」
と指摘する。


108 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)