5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】ブラジル訪問県議視察団 遅刻、居眠り…地元紙『公費ムダ遣いの見本』と報道 秋田・石川・滋賀・鳥取・徳島・香川の15人

1 :依頼355,361@試されるだいちっちφ ★:2005/11/16(水) 15:58:22 ID:???0
★南米視察団が意見交換なおざり/現地邦字紙報道

 本県の県議会議員5人を含む全国都道府県議会議長会「南米地方行政視察団」が今月上旬
までの日程で南米を訪れた際、ブラジル・サンパウロ市の主要日系団体幹部との意見交換を
なおざりにしたと反感を買い、現地邦字紙に報じられていたことが15日、分かった。

 視察団は本県と石川、滋賀、鳥取、徳島、香川の6県議会の議員15人で構成。本県からは
新生会の工藤嘉左衛門、菅原昇、木村友勝、渋谷正敏の4氏が公費で参加。高松和夫氏(民主・
無所属ク)も自費で加わった。
 問題視されたのは、サンパウロ市のブラジル日本文化協会で7日開かれた日系各界代表との
意見交換会。
 現地邦字紙「サンパウロ新聞」(現地発行部数約2万部)によると、視察団は予定時刻の午後2時
を過ぎても会場に姿を見せず、何の説明もないまま約1時間遅れで到着。さらに、視察団側の要望
で終了時刻を1時間繰り上げ、当初の3時間から1時間で済ませたため、予定していた発言ができ
ない出席者もいた。
 中には、総領事館幹部や日系団体代表らが説明している間に居眠りをしたり、靴を脱いだり、雑談
する議員もいるなど、出席者の間では不満と失望が広がったという。
 これに対し、工藤議員は「意見交換が1時間で終わって申し訳ないと思うが、出席者とは夕食会
でも懇談し、説明や陳情は十分に聞いた」と説明。高松議員も「靴を脱いだり、目をつむる議員が
いたとしても、特別失礼な態度はなかった。(現地報道には)心外だ」としている。

秋田魁新報
http://www.sakigake.jp/servlet/SKNEWS.News.kiji?InputKIJICODE=20051116d
※同様記事が産経にも載っていたようです。

サンパウロ新聞
http://www.spshimbun.com.br/
ニッケイ新聞
http://www.nikkeyshimbun.com.br/051109-61colonia.html

42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)