5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【書評】いまの日本が陥っている本当の危機は、日本が「魅力(=磁力)」を失ったこと

1 :諸君、私はニュースが好きだφ ★:2005/11/27(日) 10:55:02 ID:???0
 「報道2001」の黒岩祐治キャスターは聞き上手で、しゃしゃり出ること
の少ない人だ。だが、時折見せる表情に、内に秘めた熱い思いが透けて
みえる。その思いを書き下ろしたのが本書だ。いまの日本が陥っている
本当の危機は、日本が魅力(磁力)を失ったことだというのが、著者の
視点だ。そこで、国家レベル、地域レベル、企業レベルで、磁力を持つ者
と持たない者の違いを検証していく。

 本書が優れている点は大きく二つある。一つは、バランス感覚が優れて
いるということだ。一方的な議論は分かりやすい。例えば、「中国というのは、
けしからん国で、潜水艦が日本の領海を侵犯し、日中中間線近くのガス田は、
日本の資源を奪っている。南京大虐殺も、住民の数よりも多い三十万人が
殺されるはずがない」といった議論だ。しかし、著者はそうした一方的な
スタンスを取らない。中国人の立場から日本をみたときの視点も加えて、
複眼的視点から物事をみていくのだ。そうした議論は、面白みのないもの
になりがちだが、それを救っているのが体験主義だ。中国、アメリカ、黒川
温泉、乳頭温泉、日産自動車、東京ディズニーランドなど、実際の体験を
もとに話を進めるから、記述に迫力があって、分かりやすく、しかも
飽きさせない。そして、著者がみつけた磁力の正体は、徹底して相手の
立場から考えることだ。

 本書の最後で、著者は日本が「嫌核国家」となることを提言している。
唯一の被爆国として核兵器の悲惨さを知る日本は、現時点で核武装
すべきではないし、核廃絶のために誰より努力すべきだと著者は言う。
だが、核武装のカードは残しておき、外交の圧力として使うことが国益
につながる。

 私はけっして同じ考えではない。だが、相手の視点から物事を捉える
ことが磁力を増すことにつながるという著者の分析を踏まえると、外交に
関する現実的かつ有効な見識であると私は思う。

ソース(産経新聞・エコノミスト 森永卓郎氏)
http://www.sankei.co.jp/news/051127/boo013.htm

139 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:28:35 ID:Dwape28g0
>>138
たしかに。

140 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:28:40 ID:f7bzliUV0
日本は軍は持つべきだとは思うが、核は要らないと思うけども
世界で唯一核を反対できる国は日本だけだと思うし

141 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:30:13 ID:RpSPAP2b0


モラルというか、堅実な事より、利潤利益金。
長い目でみたら、従業員1人1人が大事なのに、使い捨て
個人も社会全体が良くなる事より自分の利益大優先。



これじゃない、日本がダメになった理由も。
そんな中じゃこれをダメだと本来教えないといけない子育ても
どう子どもに教えていいかわかんないもんな。



悪い事した方が、金儲かるなんて状況なってるのが大問題
堅実にやってた方がバカ見る世の中って おかしすぎ
変だよ。





142 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:35:28 ID:0p0Z8uu60
森永卓郎の豚は本当に汚い豚だな


143 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:36:15 ID:2Ky6OwP90
>141
多分、あなたの狭い世界観では理解出来ないことが沢山有るんだよ

144 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:39:22 ID:8MuUbedn0
森永っておっさん、やらしいポジションで仕事してるよな

145 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:42:11 ID:CCi466twO
>>136
言えるでしょうね。ただそれが東京のどの部分を切り取った「トーキョー」なのか、という問題はありますが。
私が言わんとしたのは、当の我々が一体どれほど自分達の足元を観ているか、自分達が住む空間に対し、余りに無関心ではないだろうか。
映画やドラマ、アニメ、漫画などにより我々自身は日本の魅力を認識する価値観を構築できているのだろうか、ということです。
私は京都に住んでいますが、古都として街全体をアピールしてゆこうというよりも、シンボル的なものを点で残してあとは単なる
イチ政令指定都市という感がどうも強いんですよね…都市は変化しつづけるものと言えばそれまでですが、勿体ない気がします。

146 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:43:23 ID:ZwRzZL+p0
良い時は思っているほど良くは無く、
悪いときは思っているほど悪くない。
全て幻想。

147 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:45:30 ID:D5VNbAvT0
日本はアメリカに魅力を感じて関係を強めたのか?とまず考えてみようね。

本当にそんなものが重要なのかと。

148 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:45:59 ID:0FAm+2HR0
>>131
日本だけ一方的になんでそんな譲歩を強要されるんだ。
中国は全くそんなことしないぞ、なぜなら強者に譲歩なぞ要らぬと知ってるからだ。
中国は強者か弱者か、そういう力しか考えない。

おまえも日本の立場でちっとは考えてみたらどうだ。
日本には中国側の立場での言論が溢れかえってるのだからさ。

149 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:46:03 ID:RpSPAP2b0
>>143 何が狭いのかな。企業モラルよりも利潤に走ってる会社は
結局長続きしてないんだよ。突発的な利潤あげてもな

それでいて利潤に走ってる会社は、堅実にやっている会社を
追いつめた後そう言う事やって倒れかかる。
害以外何にもないんだけどね



150 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:47:36 ID:NSSEei/G0
>>1
> 飽きさせない。そして、著者がみつけた磁力の正体は、徹底して相手の
> 立場から考えることだ。

なるほど、この立場は大切だよね。

南京大虐殺の被害をどれだけ誇張できるか
どこまで日本のせいにできるか
どれだけ金をせびれるか。

こういう視点から日本を見てみることで、
事の真相を探ることができる。


151 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:53:00 ID:0FAm+2HR0
リベラルと呼ばれる人はなぜ中国マンセーになってしまうのか。
それは日本だけではない、欧米でも同じだ。

確かにそれは中国の磁力に魂惹かれたものと言うことができるようだ。

152 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 14:58:05 ID:A3ZmYdRr0
>諸君、私はニュースが好きだφ ★
こいつはなんでこんな記事でスレを立てたんだ?

153 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 15:09:49 ID:f3sDQFPX0
魅力を失ってるのは中国とサヨクじゃないか?

154 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 15:16:32 ID:kQf9IQmt0
skyscrapercityのサイトだったか、60年代と80年代の東京の写真が色々と
アップされたスレがあって、そこにアメリカ人が「懐しい感じがする」と
コメントしてるのを見て、アメリカの影響が大きいから当然だろうと思ったんだけど、
それへのコメントが「それだけ俺達が日本のアニメをいっぱい見てきたってことだよ」でした。
情勢は想像以上に変化してます。

155 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 15:17:55 ID:2/FaoQ5j0
てゆーか今の日本のほうがバブルや失われた10年よりも魅力があると思うのだが。

156 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 15:21:04 ID:zB9Kjg3dO
>>152
産経に森永が記事を書く、これはニュースだろw

157 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 15:22:05 ID:Mp000G/o0
磁気や重力がオカルトの範疇で考えられていた500年むかしならいざしらず
マクスウェルが古典電磁気論を整備して150年にもなるのに
「磁気」というメタファを勿体ぶって使うこのトンチキ頭がとても哀れです。

158 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 15:22:36 ID:wuI5Wl9E0
>中国というのは、 けしからん国で、潜水艦が日本の領海を侵犯し、日中中間線近くのガス田は、
>日本の資源を奪っている。南京大虐殺も、住民の数よりも多い三十万人が
>殺されるはずがない」といった議論だ。しかし、著者はそうした一方的な
>スタンスを取らない

「けしからん国」は主観が入ってるかもしれないけど、
それ以外は全然一方的でも何でも無い気がするんだが・・・・・

159 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 15:27:40 ID:2/FaoQ5j0
>>158
一方的じゃなくて一面的の方が用法として正しい。
書いた奴が日本語知らないんだろ。

160 :諸君、私はニュースが好きだφ ★:2005/11/27(日) 15:40:03 ID:???0
>>152
このスレの反応を見れば、わかるやん。( ´∀`)

日本と中国の話(がどうも好きな人が多いので)で言うとですね。
戦前には、色々な中国の指導者・文学者(に将来なる人)が日本に
留学しに来ました。
例えば、孫文(国民党の指導者)とか、周恩来(共産党のNo2)とか、
魯迅(中国の文学者)とか。
それは、日本という隣国に対する複雑な思いはあれども、「ヨーロッパの
大国を、極東の小さな島国・日本が撃破した」、その原動力は何だろう?と
そういう意味での「磁力(=魅力)」だったのです。

また、かつてマハティールは、「look west」ではなく、「look east」、
「西欧ではなく日本を見習おう」と提唱していました。
それは、「同じアジアの国なのに、何故日本があそこまで経済発展して
先進国の仲間入りができたのか?」という「磁力(=魅力)」なのです。

では今日の日本で、そういった、他の国が羨んでひきつけるような
「磁力(=魅力)」はありますか?ということですよ。

例えば、日本車はその「磁力(=魅力)」の1つなのです。
特に原油が高騰している現在、日本車の優れた燃費や、ハイブリッド技術。
こういったものは、将来の大きな「磁力」となる可能性を秘めています。
(つまり、高度技術で環境・資源問題を解決することで「磁力」になります。
どこの国も資源獲得に必死なわけですから)

では、他にはどういうものがあるだろうか?そういうのを考えるきっかけに
なるんではないかな、と思うわけですよ。

161 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 15:43:50 ID:HRQg44sq0
日本人が幸せであれば、他国民にどう思われようがどうでも良いこと。
また他国民が死のうが殺し合おうが絶滅しようがどうでもよい。

政府は国民の安全と資産を守るのが仕事。
他国民(まず殆どは敵である)は排除する政策をとるのが王道だ。
その仕事をしてこなかった政府が存在している(していた?)のが日本が陥っている本当の危機。



162 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 15:54:45 ID:OWN8MX5WO
釣でないとしたら161のような考え方を本気でしている人がこの国にいるという事実。これ自体が不幸である

163 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:04:53 ID:HRQg44sq0
>>162
なぜだね?



164 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:06:23 ID:8Q3w1SbK0
テレビ見なきゃいいと思うよ

165 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:11:07 ID:hVNsxeZo0
要するに、いつものように
「中国独裁国家に協力しない奴はけしからん。」
と結論してる訳ですな。

権力の監視者を自認する人が、なんで「特定独裁国家」だけを
ここまでスルーできるのか。読む人はまずそこから「考えて」
みなくてはならん。

166 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:11:57 ID:CCi466twO
>>163
米国のようにその気になれば国内で資源と食糧を賄える国ならともかく、日本が孤立主義でやっていけるとでも?

167 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:13:33 ID:k6JfkEwC0
これだけ理系ないがしろにすればそりゃそうなるわなw


168 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:13:35 ID:0JfjNWrTO
>>1
そういうことにしたいのですね

169 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:16:32 ID:CCi466twO
>>167
学問・教養としての文系(文・理系って分け方自体好きじゃないが)も随分と蔑ろにしてきたぞ。

170 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:16:38 ID:fm6fVWB30
とりあえず
当たり障りの無いことを物知り顔で言う記者に魅力がない
ということは分かった。
キャラを演じられる丑のほうがなんぼかマシ。

171 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:17:57 ID:3XfhCsgO0
来たね経済版「今そこにある危機」が。

 この危機に目をつむったまま行くのはたやすい。
 何も考えなければ、それでいいのだから。
 そして結果は、恐れていたとおりのことになる。
 ただそれだけだ・・・

172 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:18:40 ID:jX/uaqdk0
はいはいバランサーバランサー


173 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:23:15 ID:PQTdIRNl0
ごく大雑把に言えば

魅力≒金+力

軍事力を制限してる上にバブルが崩壊したから。
政治力や文化浸透力は副次的な現象に過ぎない。

174 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:32:43 ID:PuMozdWv0
>161 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2005/11/27(日) 15:43:50 ID:HRQg44sq0
>日本人が幸せであれば、他国民にどう思われようがどうでも良いこと。
>また他国民が死のうが殺し合おうが絶滅しようがどうでもよい。

>政府は国民の安全と資産を守るのが仕事。
>他国民(まず殆どは敵である)は排除する政策をとるのが王道だ。
>その仕事をしてこなかった政府が存在している(していた?)のが日本が陥っている本当の危機。


おそらく10代であると推測されますが、ずいぶん退廃的な思想の持ち主ですね。
日本が外国との貿易を中心に高度成長を築いたことを忘れてはいけませんよ。

175 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:36:12 ID:HRQg44sq0
>>166
>>174
孤立主義なんて出来ないだろうし、損だ。そんなことは述べていない。
日本の食糧自給率は半分以下だし、全耕作面積で計算しても養える人口は6000万人程度
しかも一人あたり1700KCAL/日での計算だったと思う。

ただ第一に大切なのは「日本人の幸せ」ということ。
日本に「諸外国」が魅力を感じるかどうかは諸外国の意思しだい。
そんなことは付随的な問題。
大事なのは日本の国益(豊かに安心して住める)。
貿易をニコニコしながら行おうが武装しながら行おうがそれが国益に適うなら
どちらでもよい。相手がどう感じるかなど(どう行動するかは別として)もっとどうでもよい。



176 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 16:42:03 ID:LW1hFtZn0
産経が森永のコメントを扱ってることこそ
「相手の視点から物事を捉える」そのものですね。

産経はバランスが良いと。

177 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 17:29:16 ID:LQRAFpuq0
          rTTヽ
        〔”l ;´∀`,l”〕 <バンババンババンバン
        /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
       _(__ニつ/鋼鉄磁具/_
          \/____/


178 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 17:51:00 ID:3TTR9FHw0
>>175
日本人が幸せになるには金が必要だけど(その概念は昔からあったし)
全国民の給与が10万増えれば幸せになれるのか?
と言う単純な問題はあると思うけどね。

金持ちは金があったらそれはそれで苦労しそうな気がする。

この辺はむしろ全世界規模で起こってる問題がそのまま日本に移行してきた感は強い。
労働者の権利とか自由・人権とか言う問題がそのままスライドしてきたのではないか?
俺は今の日本を価値あるものにしてきたのはちょうど>>114の真逆の発想だと思う。
今の問題ならニート・フリーターでできる事は何かを探して地道に行動していけば良い。

今の日本は正直受身過ぎるんだな。
国民がメディアや外圧に対して。
小泉時代を見るに
「まず外圧に負けない富国強兵を」→「役人の腐敗を阻止」→「そうすれば考えるゆとりが出てきて自然と日本は豊かに」の発想なんだけど
間引きばかり繰り返してるだけと言う感覚も否めない。

昔の日本の良さは「質の良い官僚・軍技術者が民間支援を積極的に行い時に自分が安い民間企業に就職してでも積極的に民間支援をする高貴な犠牲心」の様なものがあった。
天下りとは本来そういうものだ。
今はどうだろう。何もないんだよね。助けない事が高貴だと思ってるし、国民も官僚の自己犠牲が当たり前だと思ってる。
双方の意見をやり取りできる場所だなくなってしまったのが今の日本の問題だと思うんだよね。


179 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 18:39:46 ID:UUag4/N40
>>175
それで構わんよん。>>1は日本とその文化が相手に対して魅力のある商品になってきた
経緯を踏まえて、その価値の分析と開発の重要性を喚起しているだけ。それも国益への道。

自国に望ましい行動を相手に取らせる為には、相手の視点や環境に立った思考も有用。

180 :名無しさん@6周年:2005/11/27(日) 23:08:02 ID:fa4xfsO70
鋼鉄ジーグスレから来ました

死ねぇ!

181 :名無しさん@6周年:2005/11/28(月) 01:45:13 ID:PWXtoINF0
ジーグスレはここですか?

182 :名無しさん@6周年:2005/11/28(月) 12:37:20 ID:d94CVjg40

マスコミ離れとスローライフ、不法入国労働者の取り締まり
家庭教育の充実、独身兼業家庭の増税、不正企業の取り締まり


これだけで、好き勝手やってる者勝ちって構図が減る。



183 :名無しさん@6周年:2005/11/28(月) 12:43:27 ID:uha78opv0
マグネットパワー・オン!

184 :名無しさん@6周年:2005/11/28(月) 18:55:17 ID:Dh535jUs0

         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  ジ 磁    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   磁 え
  | 力    L_ /                /        ヽ  力  |
  グ が    / '                '           i  !? マ
  だ 許    /                 /           く    ジ
  け さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  だ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
  | は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  全    了\  ヽ, -‐┤     //
バ バ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  滅    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
バ ラ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く   だ    > / / `'//-‐、    /
ン バ    > /\\// / /ヽ_  !   !!   (  / / //  / `ァ-‐ '
バ ラ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
ン      {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!

185 :名無しさん@6周年:2005/11/29(火) 14:17:44 ID:TD8PJv+q0
 御巣鷹山旅客機墜落事故は米空軍戦闘機による撃墜事件だ
1985年8月12日午後7時頃、羽田から大阪に向かっていた日本航空12
3便は群馬県御巣鷹山の南斜面に墜落し、520名が亡くなった。
事故調査委員会は大阪でしりもち事故を起こし、その修理した圧力隔壁が急減
圧によって破損し、垂直尾翼と油圧系統を破壊して、操縦不能になったことが
原因であると結論づけた。
しかし、いくつかの謎が残った。
米軍は墜落地点をいち早く知って救助態勢をとりながら、突然引き上げた。
米空軍のアントヌッチ中尉が123便の緊急通信をキャッチして、墜落現場を
発見し、横田管制へ「ラージファイア(大火)フロム ヨコタ305度34マイ
ル」と報告した。横田管制から厚木基地より米海兵隊が救難に向かう準備をし
ていると聞いている。
防衛庁が5回も誤った墜落現場を発表して、現地対策本部を混乱させた。
人命に関わる事なのに自衛隊の捜索がその日には行われなかった。現場発見に
10時間、生存者発見に16時間かかっている。アントヌッチ中尉の報告の無
線により、方角と距離が分かっている筈なのに、こんなことは有り得ない。
減圧で圧力隔壁を破壊する力が加わったのなら、人間の鼓膜が無事である筈が
ない。機内の人々が乗務員の指示によって、酸素マスクをつけている写真が残
っている。
そもそも、減圧が起きる原因が見当たらない。外からの力によって圧力隔壁は
壊れない。胴体のギロチン試験に耐えうる強度を持っているからである。
相模湾での垂直尾翼の捜索が徹底して行われなかった。
横田空域管制(米軍が東京都の西部に横田空軍基地を開設した時に設定された
空域の独占権)
これらのことを総合して推理すると、相模湾は横田空域の境界線を含んだ地形
になっていて、その空域を侵した旅客機を米軍の戦闘機が機銃掃射を浴びせて
、垂直尾翼を破壊した。日本政府はこの報告を受けて、この事実を抹殺するた
めに、自衛隊を使って、証拠隠滅(着弾の痕跡を消す)を図った。防衛庁が5
回も偽の墜落現場を発表したり、自衛隊の救助活動が遅れたのは、その証拠隠
滅の時間稼ぎであり、米軍が救助態勢をとりながら、引き上げたのは、真相を
隠すための軍部の命令であり、アントヌッチ中尉にも口止めしていた。

186 :名無しさん@6周年:2005/11/29(火) 14:19:17 ID:5TG4nlJE0
こいつ、産経の記事も書くのか

187 :名無しさん@6周年:2005/11/29(火) 15:42:35 ID:TD8PJv+q0
 日本政府はフリーメーソン支配下のアメリカの日本人殺しの手先だ
名古屋中華航空機事故は1994年4月26日に起きて多数の犠牲者が出た。
事故の概要を説明すると、自動操縦でエンジン出力を調整するATS(オート
・スロットル・システム)をオフにしようとしたところ、間違ってゴーアラン
ド(急上昇)・モードを作動させてしまい。ATSの解除に手間取っている間
に機首が上がってしまい。機首を下げようとしたため、スタビライザー(水平
安定版)が作動し、機首上げ限界となり、失速して墜落したと結論している。
着陸する場合、普通は自動操縦を手動にする筈だが、自動操縦のまま着陸体勢
に入ったとは考えにくい。どうして、自動操縦が解除出来なかったのか不思議
である。出発の離陸の時には自動操縦が解除出来た筈だから、地上から遠隔操
作で自動操縦のスイッチが入るように工作されていたと考えられる。副操縦士
が飲酒運転していたなどの情報は有り得ない。このような陰謀を実行し、情報
操作出来るのはフリーメーソン以外では考えられない。
薬害エイズ事件はアメリカがエイズウイルスの入った血液製剤を日本に輸入さ
せて、日本人を殺す陰謀(その理由 エイズという病気が認識され、同性愛者
の危険性が指摘されているのに同性愛者の売血をチェック出来ないのはおかし
い)であり、安部英と厚生省が協力した。アメリカなど日本以外の国では表立
った薬害エイズ事件が起こっていないのが不思議です。
平成12年ヨーロッパ全土が狂牛病のパニックに襲われた。牛肉が売れなくな
り、狂牛病の危険性のある食肉が日本へなだれ込んだ。ちょうどその時期に、
日本ではマクドナルドの半額バーガーや吉野家の280円の牛丼が出現した。
これも日本人を殺すための陰謀です。日本政府はフリーメーソン(ユダヤ悪魔
教の秘密結社)支配下のアメリカの日本人殺しの手先になっており、アメリカ
産の牛肉には狂牛病の病原体プリオンが入っており、アメリカが輸入再開を日
本に求めるのはそうした思惑があるからです。
自衛隊のサマワ駐留はアメリカがイラク人を使って、自衛隊員を殺し、自衛隊
が先制の武力を行使できるように憲法改正して、日本を戦争に巻き込むための
罠です。

188 :名無しさん@6周年:2005/11/29(火) 15:57:31 ID:IrGP4Iei0
磁力があれば俺もモテモテってことか。
早速帯磁してくる。

67 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★