5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【皇位】 "男系の女性天皇"容認に賛意…日本会議国会議員懇★2

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2005/12/11(日) 12:30:52 ID:???0 ?##
★日本会議国会議員懇 男系女子の容認に賛意

・超党派でつくる「日本会議国会議員懇談会」(平沼赳夫会長)は八日、皇室典範改正
 問題に関する勉強会を開いた。講師の百地章・日大教授は、「皇位は、皇統に属する
 男系の男子が、これを継承する」とある現行の皇室典範一条の「男子」を「子」に改正し、
 男系の女性天皇を認めるよう提案、出席議員のおおむねの賛同を得た。

 また、百地氏は政府の「皇室典範に関する有識者会議」報告書が、旧宮家の皇籍復帰に
 反対していることについて、「女性天皇や女性宮家の配偶者として、民間人が次々と
 皇族の仲間入りすることの方が、はるかに皇族と国民の区別をあいまいにする」と
 主張した。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051209-00000007-san-pol

※関連スレ
・【皇位】 「男系でないと血を継承できぬ」「"Y染色体"説明なら国民が理解するかも」…日本会議懇・勉強会★9
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1133535273/
・【女系天皇】 「国民、日本皇室と欧米王室との違い解ってない」「男系、世界無二」…日本会議懇が報告書批判★2
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1133292823/
・【調査】 「女系天皇を容認」71%、皇位継承順位は意見二分
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1133777790/
※前スレ:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134091217/

2 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:31:25 ID:1HeOIRLH0
3は馬鹿

3 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:31:33 ID:GXazmP+00





      ____  . .| |
    /\二___\.. | |
    |\/‖   '''.|  | |
    | |  ‖┌┐ .|  | |   給排気筒
    | |  ‖└┘ .|┌|=.|ヽ__↓
    | |  ‖    .|二| |回_凵
    | |  ‖    .|└|=.|/
    |ミ.|  ‖    .|  | |
 |\ノ.|ミ.|  ‖    .|  | |
 |_》 | |  ‖    .|  | |
    \|_‖____.|  | |





4 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:32:37 ID:ireeyfi30
みょうちくりんな旧宮家イラネ。

5 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:34:33 ID:GPagy2mG0
この「天皇の子供が天皇になって、なぜいけない?」
  「天皇の子が天皇になれないのはおかしい」
という点こそが、今回の女性・女系天皇容認論の本質であると思います。

この様な考えから、継承順位2位の秋篠宮殿下よりも上位に敬宮殿下(愛子
様)を位置づける様な議論が生まれてきているものと思います。
例え秋篠宮家に男子がいても、あるいは今後秋篠宮家に男子が生まれても、
皇太子殿下が即位して天皇となられた後は、秋篠宮殿下や秋篠宮家の男子で
はなく、天皇の子供である敬宮殿下が継ぐのが当然と考えているものと思い
ます。
こうした発想、論拠が背景となっているため、(継承順位に変化がないうち
にと)こんなにも先を急いだ強引な進め方をして、「分かりやすい」という
キーワードのもとに、女性天皇だけでなく女系の天皇も容認し、更に男子優
先でなく長子優先の議論も出てきているものと思います。

しかし、いわゆる男系派、伝統尊重派からは、依然として「過去にも女性天
皇がいた」という論拠への反論としての
 「女性天皇はいたが、女系の天皇は未だかつて存在しない」
 「男系での継承こそが伝統」
 「長く続く伝統だから守るべき」
 「愛子様の即位(女性天皇)は問題ないが、そのお子様は女系となり問題」
などの主張がなされ、議論がかみ合わない状況になっている様に見受けます。

http://nagane.kimono.gr.jp/hideki/mess/nippon/

6 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:36:35 ID:G6qt9EMC0
★皇室典範:「小泉首相のこだわり度」に注目 政府・与党内
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20051125k0000m010107000c.html
 「皇室典範に関する有識者会議」の報告書提出を受け、皇室典範改正問題が
現実化した中、政府・与党内では「小泉純一郎首相のこだわり度」に注目が
集まっている。改正に向けて「首相は意欲満々」との見方が広がる。
 首相は95年、初めて立候補した自民党総裁選の公開討論会で「私は女性が
天皇になるのは悪くないと思う。必ずしも男子直系にはこだわらない」と表明。
 首相就任後も自民党内で女性天皇論が議論になった01年5月、記者団に
「個人的には女性の天皇陛下でもいいんじゃないかと思う」と発言。政府が
有識者会議の設置を固めていた04年12月には「かつては女性天皇も日本に
存在していた。今の時代、女性天皇が現れても異論はないと思う」と語るなど、
一貫して女性天皇を容認する発言を繰り返しており、かなり「こだわり」が
感じられる。
 自民党内の慎重派には「首相なら『女性・女系を認めないのは抵抗勢力』と
やりかねない」との警戒感も生まれている。

★皇室典範:有識者会議報告書「大変意義深い」小泉首相
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20051125k0000m010104000c.html
 小泉純一郎首相は24日、皇室典範に関する有識者会議が報告書を
提出したことについて、「大変意義深い報告だ。世襲による天皇制が
安定して継承されなければならないという考えだと思う」としたうえで、
「来年の通常国会に法案を提出するよう準備を進めていかねばならない」と語った。

皇室典範改正へ準備室 女性天皇容認で政府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051201-00000081-kyodo-pol
 安倍晋三官房長官は同日午前の記者会見で「次期通常国会に間に
合うような作業をしなければならない」と強調。「基本的に報告書を
踏まえて法案作成に入る」と述べ、政府の「皇室典範に関する有識者
会議」の報告書通りの改正を目指して法案作成を急ぐ考えを示した。

女性天皇の配偶者名称検討 政府、皇室典範に明記へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051203-00000111-kyodo-pol

7 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:39:11 ID:G6qt9EMC0
★【調査】女性・女系天皇容認「賛成」77%で、「反対」6%を大きく引き離す
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1130957564/
・調査で小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(吉川弘之座長)が
「女性・女系天皇」を容認する方針を打ち出したことへの意見を聞いたところ、
「賛成」が77%と「反対」の6%を大きく引き離した。
 調査結果を見る限り「女性天皇」母方が天皇の血筋を引く「女系天皇」のいずれも世論の
抵抗は小さいようだ。 ※ソースは日経新聞05.11.02朝刊

★7割超が女系天皇容認=皇位継承「男女同等に」8割弱−時事世論調査
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1118989320/
・時事通信社が17日まとめた皇位継承方法に関する世論調査結果によると、
 7割以上が現行の男系継承(父方が皇族)について「こだわる必要はない」と、
 母方のみが天皇の血筋を引く女系天皇を容認していることが分かった。
 また、女系容認の場合の皇位継承方法に関しても「男女で差をつける
 必要はない」との回答が8割近くに上った。

★女系天皇容認7割 継承順は第1子47% 本社世論調査
http://www.asahi.com/national/update/1128/TKY200511280308.html
「女系天皇」に関する質問では、これまでは父方に天皇の血を引く男系の
天皇が続いており、女性天皇の子どもが天皇になるとしたら「歴史上初めて、
母方だけに天皇の血を引く女系の天皇を認めることになる」と前置きした
うえで「男系を維持する方がよいか。それとも女系天皇を認めてもよいか」と尋ねた。
 その結果、「男系維持」は17%にとどまったのに対し、「女系容認」が
大きく上回って71%を占めた。

★71%が女系天皇を容認 皇位継承順位は意見二分
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=IBR&PG=STORY&NGID=main&NWID=2005120501002474
・共同通信社が3、4両日に実施した全国電話世論調査で、政府の「皇室典範
有識者会議」が打ち出した女性、女系天皇について聞いたところ、女性天皇の
子どもが即位する女系天皇について「認めてもよい」とする回答が71・9%を
占め、従来の「男系を続けるべきだ」の16・1%を大きく上回った。

8 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:40:53 ID:FZt37ul80
男系にしてちょ

9 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:44:29 ID:G6qt9EMC0
皇室典範に関する有識者会議報告書 拙速批判は無視(産経新聞) 
http://www.sankei.co.jp/news/051125/morning/25pol001.htm

 「皇室典範に関する有識者会議」は、今年一月の初会合からわずか
十カ月の議論で「何百年と今後のことに影響を与える」(吉川弘之座長)
結論を出した。「なぜこのタイミングで皇室典範改正なのか」との疑問が、
当事者である皇族方からも漏れ伝わる。「拙速だ」との批判を無視して
まで女系天皇容認の結論を出した背景を探った。

 有識者会議の十人の委員のうち、「皇室制度の専門家は一人か二人」
(皇室研究者)。「なぜ私が選ばれたのかまったく分からない」という委員
もいて、発足当初から「官邸主導で、女性・女系天皇容認の結論ありき」
だといわれていた。
 ある委員は「多くの人が『女性天皇もいいんじゃないの』というノリで参加
して、途中で『これは大変だ』と思い始めた」(委員の一人)と証言する。

 皇室典範の改正問題はそもそも、橋本龍太郎元首相が首相在任時に、
古川貞二郎官房副長官(当時)に検討を指示したのが始まり。このとき
結論は出なかったが、古川氏は今回の有識者会議の委員でもある。
その後、皇室をめぐる環境は厳しさを増した。宮内庁高官からは秋篠宮家
に第三子の誕生を望む発言も飛び出した。

 有識者会議委員の一人は「われわれは皇室の方々の考えを前提に
しようと決めている」としていた。このため「政府が皇室典範改正を急ぐ
背景には、天皇陛下や皇后陛下のご意向もあるのでは」(自民党幹部)

10 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:46:52 ID:KomAH7y30
雅子さんの言う事を聞けよ
未来の皇后様だぞ


11 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:47:05 ID:G6qt9EMC0
【皇室】皇室典範、97年から内閣・宮内庁OBらによる極秘検討会…紀宮さま即位も?
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1132871774/

 内閣や宮内庁のOBらによって皇室典範の改正を念頭にした極秘の
検討会が、97年から開かれていたことが、政府関係者の証言などで
24日明らかになった。メンバーは、内閣法制局や宮内庁、総理府(当時)
の元幹部らで、天皇家の長女、紀宮さま(黒田清子さん)の即位の
シミュレーションも行われた。政府関係者が皇位継承の危機的状態を
背景に少なくとも8年も前から検討を始めていた実態が浮かんだ。

 会合は特別研究会や懇話会などの名前で、OBを集めて行われ、当時、
宮内庁の鎌倉節長官や古川貞二郎官房副長官、大森政輔内閣法制局
長官ら現役の政府関係者も参加したこともあったという。97年4月から
始まり、皇位継承制度を重要な課題と位置づけ、法律・政治・歴史などの
研究者を集めて月1回程度の割合で開いていた。

 大学教授らが資料を作成して持ち寄っての勉強会形式で、結果は、
今回の有識者会議の資料としても活用された。有識者会議で座長代理
を務めた元最高裁判事の園部逸夫氏も当時の研究者のメンバーの一人で、
主に法律上の課題や法改正の方向をまとめる中心になっていたという。

 皇太子妃雅子さまの懐妊などがあり、研究会は3年近く開かれなかった
時期もあったが、03年春から内閣の官房・法制局、宮内庁が公式検討に
向けて準備を始め、女性天皇の配偶者に関する項目など具体的検討に
入った。関係者の一人は「皇室制度の改正は、天皇家に直接かかわる
話で、性質上、細心の注意を払って対応した」と極秘検討の理由を説明
している。

ソース(毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051125k0000m010172000c.html

12 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:49:27 ID:G6qt9EMC0
皇室典範会議の内幕 文藝春秋(2005月3月号) 

>天皇制の大転換点をめぐってカギを握るのは  奥野修司(ジャーナリスト)

>皇后との関係ということでいえば、聖心女子大の先輩である緒方
>貞子氏が筆頭にあげられるだろう。正田家とは古くからの付きあ
>いがあり、少女時代は軽井沢のテニス仲間だった。一昨年、天皇
>ご夫妻が十三年ぶりに軽井沢でダブルスを組まれたときの相手も
>つとめた。
>「うちうちに御所へ行くことも多く、皇后の相談相手の一人」(緒方氏の知人)
>といわれている。また天皇のご信頼も厚く、国連のアナン事務総
>長と会見したときに、彼女の様子を尋ねられている。緒方氏も
>《私が国連難民高等弁務官を務めていたときは、帰国するたびに
>報告に上がりました》(「文藝春秋」平成十五年十一月号)と書い
>ており、公私ともに天皇家の交流が深い存在といえよう。
> 国際的に活躍し、女性であり、かつ天皇家にも近いということ
>で、緒方氏の発言が会議で重きをなすだろうことは想像に難くない。

> 私がもっとも関心があるのは、皇族、とくに皇太子ご夫妻の
>ご意向がこの会議に反映されるのだろうか、という点にある。
>旧知の宮中関係者にそれを言うと笑われた。「あそこは陛下と
>皇太子さまの立場に天と地ほども差があって、陛下のお考えが
>すべてなんですよ」というわけである。
> 天皇が国政に関与すれば憲法違反になるから、政府は皇室典範
>改正に際して、天皇のご意向を聞くとは絶対に言わないだろう。
>だが永田町では「陛下のご意向なくして政府が動くはずがない」
>といわれている。
> 愛子さまが生まれたあと、天皇は「典範改正について自分が
>言っても仕方ないが、変える必要はあるだろう」と述べられたと
>伝えられる。
> 今回の有識者会議の設置自体が、こうした雰囲気に影響された
>可能性は充分にある。

13 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:50:04 ID:sWdUqC580
男系女子なら伝統通りって事でしょ。

問題は女系も認めろって話なわけで。


14 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:51:11 ID:pWrI1Js50
一つの宮家に一年で3億円
女系天皇容認で宮家の増幅
60宮家が誕生、国民が支払う血税は180億


15 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:51:29 ID:KomAH7y30
雅子殿下の悪口を言うな
かわいそうだろ

16 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:51:52 ID:G6qt9EMC0
ttp://blog.goo.ne.jp/nishidauritarou/e/bd569a8fe6bca6520da57a614983621d

2005年11月12日号の週刊現代に,
「皇室典範会議の決定に守旧派はどう動くか」と題する記事がある。
その内容は,驚くべきものである。
「本誌は八木氏に対し,
いまの天皇自身が,男系女系にこだわっていないのでは,と聞いた。
すると八木氏は,こう主張するのだった。
『この問題は,各時代の皇位についた方の考えを超えた問題です。
もし仮に,そういうお考えであれば,間違っていると思います。
天皇陛下の意見に左右される必要はありません』
平成17年9月5日に,「誰のための皇室論か。」という記事を書いたが,
まさか,本当にここまでの愚かさを露呈する論者がいたとは,
不思議というか何というか。

〜中略〜

ただ,もちろん,今上陛下が自らの意見を述べられることはないであろう。
この記事において,橋本明氏によれば,今上陛下が

「私の血筋に男女の差はないのだから,今後,女性が天皇になることに問題はない」

と述べられたとあるのだが,
これはもし万が一本当であったとしても内輪の話であったであろうし,
平成14年12月19日の記者会見において

「皇位継承の問題は皇室典範に定められており,この問題は国会の論議にゆだねられる問題と思います。」

と明言されておられるからだ。

17 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:54:11 ID:X/Wl+PAM0
1000 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:51:26 ID:jMHKAvP60
男系維持




今、一番大事なこと。
それは皇室典範の変更を急ぐ必要はないということ。
スレをみてもわかるように、
急いでいて焦っていて必死なのは女系いんちき天皇派だ。

現状では皇太子の次は秋篠宮さんだ。
現状のままで皇太子が即位するようなことになれば、
次の皇太子は秋篠宮さんになる。
だ か ら 女系派は躍起になって強引な法案をつくり、
無理矢理にでも通そうとしてる。

現皇太子が即位して秋篠宮様が皇太子になってから
女性天皇、女系容認を決めても、
雅子さんの背後にいる小和田一族&害務省には美味しくないからね。

今、言えることはこれだけだ。
皇 統 維 持 派 は 時 間 稼 ぎ を し ろ 。




18 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:55:03 ID:6QkFvKAu0
>>14
男女参画費9兆9千億円。
防衛費約5兆円。
対中ODA諸費合計約4兆円。

19 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:55:28 ID:+11y5bYT0
「女系天皇」の話じゃないじゃん、これ。
「女系」と「長子優先」がセットになってるってことは、
秋篠宮飛ばして、古から続く宮中の祭祀を軽視しまくり、
飛ばしまくってる人たちの新王朝を作りたい勢力があるってことでしょ。
こんなん許していいわけ?

20 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:55:47 ID:eb+qpeEL0
男系派の無駄なコピペがなかったら前スレまだ使えてたのにな
いい加減まとめサイト作れよ

21 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:56:40 ID:Cp5Y80Su0
王朝の変革なんて嫌だなあ
これで金王朝やら池田王朝なんてもんが成立したらこの国は破滅だ

22 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:57:24 ID:jjXGhgkbO
自分の子供におきかえて考えてみよう。
確実に血の繋がる実の娘がいるのに、女の子だからという理由で、600年前にわかれた遠縁の男性を後とりにするのが自然な行為か?


23 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:57:49 ID:6QkFvKAu0
>>20
コピペは、男系派も女系派も両方ある。
どちらもウザいが、心情的にどちら寄りかで、どちらがウザく感じるかが違って感じるせいだろう。

24 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:58:04 ID:eb+qpeEL0
>>18
男女参画関係の予算は、福祉関係もあまり男女参画に関係ない予算も
それで計上されているんだが


25 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:58:30 ID:+11y5bYT0
>>21
はっきり言ってそういう事でしょ。
じゃないと、この性急さは説明つかない。
不可解な皇太子妃の行動も、結びつけて考えれば説明がつく。

26 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:58:43 ID:JUptFKuN0
反小泉の馬鹿ウヨしか興味ないんだから、新スレたてなくていいよ。

27 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 12:59:22 ID:INNMGe1M0
女にも宮家創設を認めると皇室予算が激増とか言うが、
旧宮家を皇室に復帰させるのも予算激増なのでは?
皇室にとどまるのは男女を問わず、第3子までとかにすればいいんじゃねーの?


28 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:00:15 ID:jMHKAvP60
>>15

天皇・皇后両陛下をドタキャンする女をどう擁護しろと。


29 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:00:21 ID:KomAH7y30
雅子さんはチャンスあるよマダ
マドンナと同じぐらいの年ででしょ
いけるって
宮内庁はもっとバックアップしろ!
http://www.zakzak.co.jp/midnight/hollywood/backnumber/M/000812-M.html

30 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:01:22 ID:X/Wl+PAM0
>>27
旧宮家の復活は最初はかかるが後は長男が継ぐだけだから微増減になる。
しかし女系宮家は世代を経る毎に鼠算式に激増する。



31 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:01:40 ID:eb+qpeEL0
>>25
非現実的な話を声高に言うから男系維持は支持を得られないんだよ


32 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:02:17 ID:jMHKAvP60
>>26

何かまずいことでもあるのか?


33 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:02:42 ID:KomAH7y30
>>28
なに?
ドタキャンするぐらいだから天皇皇后が悪いんでしょ

34 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:03:00 ID:INNMGe1M0
>>30
宮家を作るのは長男だけなのか?
秋篠宮は次男じゃないか。

35 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:03:13 ID:+11y5bYT0
>>29
宮内庁自体が黒い勢力に飲み込まれている可能性が高い。
この時期、こんなに請求に「女系・長子論」が出てきたのは、
彼女がもう子供は作らないとはっきり意思表示したからだろ。
いいのか?日本の伝統が、たった一人の女のために、
ある家族のために、ある勢力のためにズタズタにされても。

36 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:04:38 ID:ACdAjVC/0
愛子様の結婚相手を決める関係者に層化やブサヨが紛れ込んでるらしい。

37 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:04:39 ID:jMHKAvP60
>>33
何処のお国の人かな?

38 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:05:51 ID:6QkFvKAu0
>>22
それを言うなら、「家を継ぐ」という概念と「天皇」という制度の違いを考えるべき。
自分の子供に置き換える(私利私欲)と、公的機関である「天皇」という職務の継承は別。

むしろ、現在のように臣籍降下した皇族を敬う民間信仰が根強く残っている世の中では、
民間での有形無形の暖かいサポートが受けられるようになる分、個人の幸せを考えるなら
臣籍降下したほうが実は幸せなのですからw

39 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:06:42 ID:KomAH7y30
>>37
むかつくなてめー
だから糞ウヨクは支持されないんだよ
俺ぐらい愛国者はいないんだから
この俺が雅子支持なんだから
法案は完成だな


40 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:06:54 ID:X/Wl+PAM0
>>34
ああ、忘れてた。長男× 男子○ だな。

41 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:07:13 ID:eb+qpeEL0
>>30
そこは今後議論して決めればいいんじゃないか
今は安定して天皇制を維持できるシステムを考えた方がいい





42 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:07:32 ID:G6qt9EMC0
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/dai7/7siryou3.html
所功京都産業大学教授

 一体、「皇位継承」とは何なのかということを改めて考えてみますと、それは
「万世一系」ということであり、しかもそれは古来の男系男子による皇位継承だ、
と思い込んでいるむきが少なくありません。さらに、それを今後とも何とか維持
しなければならないとか、そのためには皇族の養子制度を復活するべきだとか、
その前提として、「昭和22年に皇籍を離脱し、臣籍降下された旧宮家の男子が
個別に皇籍に復帰できるようにする」べきだということを主張しておられる方が
少なくありません。
 そういう方々のお一人が、最近も一見科学的な根拠として、天皇の「血統原理」
は「神武天皇の遺伝子を今に継承している……男系男子でしか継承できない」と
か、あるいは「大嘗祭を行う資格もそのような血筋を持たれる方に限られる」と
いうようなことを述べておられます。
 しかし、私、遺伝学のことはよくわかりませんけれども、常識的に考えて、
これはいかがなものかと思います。もし、神武天皇の男系男子孫に「Y染色体の
刻印」が伝わっている、というようなことを皇位継承の資格要件の一つというな
らば、そのような男子は全国にたくさんいるはずです。既に平安の初めにできた
『新撰姓氏録』は、京都と畿内の氏族の記録でありますけれども、それによりま
すと、神武天皇から嵯峨天皇に至るまでの歴代から分かれた男系男子孫は、これ
を皇統から分かれた「皇別」と申しますが、「皇別」氏族が335 もあります。
また、嵯峨天皇以降、それに続く賜姓源氏とか、あるいは賜姓平氏がたくさんあ
ります。そういう臣籍降下した各氏族の男子孫には、すべて「Y染色体の刻印」
が受け継がれておるということにもなりますから、そのこと自体は大きな意味を
持たないのではないかと私は思います。
 むしろ根本的に重要なことは、天皇の子孫として「皇族」の範囲内にあり、
皇位継承者としての自覚を持っておられるかどうかということであります。

43 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:08:49 ID:8EQUFUXn0
ってか、雅子自体がもはや売国奴なんじゃないか?

44 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:09:03 ID:+11y5bYT0
>>41
安定して天皇制を維持できるパーフェクトなシステムなんてないんだよ。
旧宮家の復活の方が「より」安定するのに、
それを「なきもの」と無理矢理していることが問題。

45 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:09:04 ID:jMHKAvP60
>>39
分り易い方ですね。

46 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:09:09 ID:X/Wl+PAM0
>>36
宮内庁の次長が層化らしいね。
小和田父も層化シンパらしいし外務省にも層化が入りこんでるとか。
外務省チャイナスクールなんてのはどういう勢力か想像するに難く無い。


47 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:09:51 ID:1aPEC0Pa0
>いいのか?日本の伝統が、たった一人の女のために、
>ある家族のために、ある勢力のためにズタズタにされても。

ズタズタにされたくなきゃ、まず当人たちが自助努力しろよ。
嫁に迎える条件を先に示せよ。
「うちは男を産まない嫁は要らない。産めなきゃ離縁だ」ってな。


48 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:09:54 ID:6QkFvKAu0
>>42
皇位継承者として自覚のないまま、仏門に入る直前に引き戻されて即位した光格天皇の
子孫である現皇室には資格がないとでもいいたいんだろうか・・・

Y染色体もトンデモだが、自覚も関係ないだろう。

49 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:09:59 ID:LN4+0KJA0
>22
自然だ。
血統こそ存在意義という王室、皇室だぞ。
だいいち、いまみたいな自由恋愛から
結婚にいたるなんて、俺ら平民でも
つい最近のことだ。

50 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:10:20 ID:G6qt9EMC0
男系維持論者の主張を見てみると,女系容認論者は皇室廃止論者であるかのように語られていることがある。

しばしば,皇室廃止を目論む者として奥平康弘氏の名が上がり,女系容認はその謀略であるというような主張がなされることがある。

こういう主張について思うのは,男系でなくなれば正当性を失うという攻撃に対し,あくまでも男系を守ることで対抗することもあると思うのだが,それよりも効果的な反撃は,男系が正当性の根拠なのではないと主張することなのではないかと思う。

皇室廃止論者の主張に載せられて,わざわざその土俵にのっかり,男系でなければ
皇室でなくなるとか,西尾幹二氏のように,将来,旧宮家を担いで運動を起こすことをほのめかすとか,そういう主張を行う者というのは,皇室廃止派の尖兵になりさがってしまっているようにも感じられるのである。

また,男系という継承ルールに固執する考え方というのは,生きた人間としての皇室を求めていないのではないかというようにも感じる。

極端な話としては,歴代天皇の遺伝子を含む遺髪などを箱に収めて,その上に今までの皇室の歴史を書き記した記念碑のようなものを打ち立てれば,男系維持論者にとっては,十分に象徴となり得るのではないかというような気もしてしまうのである。

51 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:10:48 ID:JUptFKuN0
おんなじ奴ばっかりだもんなレスつけるの。
普通の人は興味ないんだよ。馬鹿ウヨ。

52 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:11:01 ID:KomAH7y30
>>45
きめーことばかり言うな


53 :(´-`).。oO ◆abcDBRIxrA :2005/12/11(日) 13:11:22 ID:XGjcsGSl0
皇位は、原則として天皇の子または孫が継承する。例外はきわめて少ない。以下の7例のみ。

第26代継体天皇は応神天皇のひひひ孫(5親等、6代目)、皇后は第24代仁賢天皇の娘(皇女・内親王)
第27代安閑天皇は応神天皇のひひひひ孫(6親等、7代目)、皇后は第24代仁賢天皇の娘(皇女・内親王)
第28代宣化天皇は応神天皇のひひひひ孫(6親等、7代目)、皇后は第24代仁賢天皇の娘(皇女・内親王)
第35代皇極(斉明)天皇は敏達天皇のひ孫、舒明天皇の皇后。未亡人の女帝
第36代孝徳天皇は敏達天皇のひ孫、皇極女帝の弟。
第102代後花園天皇は崇光天皇のひ孫、後小松上皇の養子となり、即位後しばらくは院政
第119代光格天皇は東山天皇のひ孫、後桃園天皇の養子となり、後桃園天皇の娘(内親王)を皇后とする

第48代称徳天皇と第49代光仁天皇はきわめて間の離れた親戚だが、光仁天皇は天智天皇の孫。
天武・持統系を基準にすると光仁天皇は傍系だが、天智系を基準にすると直系の孫になる。
皇位の継承には、血の濃さも重要な要素。天皇の孫よりも血の薄い皇族が、無条件で即位した前例はない。
男系男子ならば誰でも良いというような、単純なものではない。
男子が絶えても、女子がいれば、内親王が皇后となり、婿を迎え入れて、皇統をつないでいく。
それが我が国の伝統です。血脈の薄い皇族が天皇に即位したことはありません。
(´-`).。oO(せいろん談話室では、どうしておじんと名乗ってしまったのだろう)

54 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:11:24 ID:eb+qpeEL0
>>38
皇族を敬うのは信仰じゃないよ

>>44
>旧宮家の復活の方が「より」安定するのに
それは男系派の主張だろ
何人が皇族に復帰する意志があるのか、それにふさわしい人物かなど
全然分かってないのにw
民主主義社会では民意も無視できんしね


55 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:12:35 ID:G6qt9EMC0
男系維持論というのは、具体的な存在としての皇室よりも、抽象的な存在としての皇室を重視する考え方であろう。

したがって、本当にこの考え方に信念を有している論者であれば、旧宮家の個人的属性については、あまり気にしなくて済むのであろう。

しかし、一般の者はどうか。

小堀桂一郎氏などは、特別立法による旧宮家の皇籍復帰を訴えているようだが、そのような法律ができたとして、復帰に応じられる方もおられるかもしれないし、応じられない方もおられるかもしれない。

旧宮家の側の対応の違いにより、そこに個人的属性が顔を出すことが考えられる。

また、メディアによって、今までのお過ごし方というものがクローズアップされることは避けられないと思うが、その際、どうしても、ふさわしい方とふさわしくない方との違いが出てきてしまうのではないか。

それも、皇室という御存在が、皇室の側で自立的に存在しうる時代で在れば大きな問題にならなかったかもしれないが、現在は、国家の予算で生活をしなければならないというお立場である。

筆者としては、このようなお立場について、そもそもの問題意識を有しているのだが、現実はこのとおりで、嫌な言い方をすれば、「国民の税金で養われているのに」というような追求にも耐えられる存在でなければならない。

皇室という御存在については、歴史・伝統ということもあるが、国民の支持という、比較的新しい要素も、すでに無視し得ない程に大きくなってしまっているのである。

56 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:12:36 ID:6pBxuzo60
>>26
馬鹿ウヨの方が興味ないだろ

57 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:13:01 ID:X/Wl+PAM0
>>51
臭いレッテル張りしてんじゃねーぞゴラ!
政府女系工作員て、ひとつ2000円もする仕出し弁当喰いながら、
ニヤニヤ書き込みしてんだろ?エリート意識丸出しでさ。反吐が出るね。

58 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:13:15 ID:+11y5bYT0
>>47
皇太子がその自助努力が出来ないことがわかったんだからしょうがないじゃん。
「子供が出来ない」ことが問題じゃないんだよ、彼女の場合。
あまりにも不可解な行動が多すぎる。
まあ、長い歴史の中、こういう「はずれくじ」みたいな
皇后が誕生してしまったこともあるだろうけど、
それでも天皇家の基本ルールがしっかりしていたから、天皇はもってきた。
それが崩壊させられようとしている今、
皇太子一人の「自助努力」なんて問題は飛び越えてるだろ。


59 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:13:40 ID:0x8yi00h0
皇室の血統は親子じゃなくて神話の世界と繋がってるんだから
天皇の傍系に当たる者が皇位を継承しても問題ないような

60 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:14:24 ID:jjXGhgkbO
>44
一般人に皇位を継がせられるか。
「旧」がついた時点でもう価値はないんだ。
まして、いまの世代は一般人になってから生まれた世代。
生まれてこの方皇族だった事もない奴が復帰とか言うな。


61 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:14:43 ID:G6qt9EMC0
2004/07/20 産経新聞朝刊
【正論】「半神半人」の仮構でなる天皇制度
評論家、秀明大学学頭 西部邁

■本筋外れた昨今の皇室論に思う
≪女系女子にも皇位認めよ≫

 最近の皇室論議における第一の論点は、皇位継承を「皇統に属する
男系の男子」に限っている皇室典範第一条を修正すべきかどうか、
ということである。私は、「女系」にも「女子」にも皇位継承が可能
なように(皇室典範第二条の)「継承の順位」を変更したほうがよい
と思う。
 その最大の理由は、日本国家を統合するための象徴機能は皇室にお
いて、つまり「血」統よりも「家」系を重視する方向において、より
よく維持されると思われるからである。血統のことに過度にこだわる
なら、古代における皇統の朝鮮半島とのかかわりや南北朝期における
皇位継承の混乱などについても論及しなければならなくなる。
 天皇「制」は日本国民の歴史感覚に、いいかえれば「時代」という
ものに誕生と死滅と変遷があるのだという集合的な潜在意識の制度に
根差している。
 国民の時代意識を自然時間ではなく歴史時間で区切るという意味で
の年号・元号、それこそが天皇制の本質を表す。その本質は、国家つ
まり「国民とその家制(政府)」を象徴するものとしての、「皇室」
の連続によって示されるのである。
 その連続を具体的に表すために皇室は、天皇を中心として、日本の
歴史において最も長く持続してきた神道系の儀式をもって国家を宗教
的次元へとつなぎとめる。そこで皇室は、いわゆるプリースト・キン
グ・ファミリー(祭祀(さいし)王族)となるのだ。


62 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:15:03 ID:eb+qpeEL0
>>48
全然状況が違うじゃないかw
皇位継承者として自覚のなかったのかも分からないが、皇族としての自覚はあった
だろ

63 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:16:13 ID:+11y5bYT0
>>60
自分の感性だけで歴史を語るな。
それは傲慢というより、無知。

64 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:16:49 ID:G6qt9EMC0
2003/09/10 毎日新聞夕刊
皇位継承の歴史を問う−−『女帝誕生』の笠原英彦さんに聞く

◇現状踏まえ広範な議論を
 女性天皇をめぐる論点を皇室の長い歴史を踏まえて考察した『女帝
誕生』(新潮社)が出版された。過去8人の女帝の位置づけや皇位継承
権が現在の形に決まるまでの経緯などを紹介し、広範な議論の必要性
を訴えている。著者の慶応大教授、笠原英彦さんに聞いた。【岸俊光】

 女性天皇の論議は、皇太子ご夫妻に長女、敬宮愛子(としのみやあいこ)
さまが誕生したことで再燃した。皇位継承は憲法と皇室典範の規定で
男系男子の皇族に限られ、継承順位は6位まで決まっている。今なぜ
女帝を論じる必要があるのだろうか。
 「皇位継承予定者の中では秋篠宮さまが最も若く、他の方は年配者。
現皇室典範を前提にすると、継承資格者がいなくなる可能性があります」
 笠原さんは、いわゆる帝王教育の開始時期の問題も指摘している。
象徴天皇制のもとでの公私の別や公式の行事への臨み方、日常的な健康
管理まで、一般とは違う生活態度が求められる。「女帝を認める場合も、
教育はしつけを含めて幼児期に始めなければならない」と笠原さんは言う。
 本書では、歴史をさかのぼり、8人10代の日本の女帝の実態に迫って
いる。男系男子に皇位継承が限られたのは明治20年代以降で、皇室の
歴史では近年のことにすぎない。それを踏まえ、女帝を先例と見るべきか、
例外にすぎないのかを明らかにした。
 例えば推古天皇は、譲位の慣行がなく長命だったこともあって、在位
36年に及んだ。一般の理解とは異なり、女帝の半数は幼子を皇位継承
予定者に想定して成長を待つ“中継ぎ”とは呼べないという。
 女性天皇論は、男女平等だけでなく家族のあり方にもかかわるという。
皇室は直系継承の家族というイメージが強く、その国民感情に合うよう
に女帝を考えなければならない。また、憲法が定める世襲の意味をきち
んと解釈し、配偶者や女系天皇まで視野に入れることも必要だ。

65 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:16:53 ID:6QkFvKAu0
>>50
男系というのを大きくくくりすぎているのが誤りじゃないかと。

男系でも、極端な人以外は、女系になれば簡単に正統じゃないので、もういらないだろうと
なる人は潜在的に多い。
正直、自分も女系になれば「偽皇廃絶」と言うと思うw
男系を維持しつつ女系を新たに興す2つの天皇を作るほうが正しいと思うので。
男系を踏みにじって女系を立てるなんて、呪わしいものは認めたくない。

男系は、様々な意見があり、ただ一点「女系は違う」という共通認識でのみくくられるもの。

66 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:17:06 ID:X/Wl+PAM0
>>59
今まで26000年もずっとそれで続いてきたのに、
急にそれをねじ曲げようとしてるのが
“女系容認”とかいう一般人には否定しづらい単語を並べて
皇統皇統纂奪をはかるインチキ別系統派。



67 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:17:26 ID:1aPEC0Pa0
>>58
おめえの嫁じゃねえだろ。おめえのイエでもない。
他の嫁やイエへの誹謗中傷は下品だぜ。


68 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:17:29 ID:jjXGhgkbO
>49
君みたいな考えの人が多数いるといいねえ。
ま、せいぜい頑張ってちょw


69 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:17:45 ID:eb+qpeEL0
>>57
男系派にとって 高給仕出し=2000円なのはなぜ?
いつもその手のレスは2000円の仕出しなんだがw
 

70 :Voice 徹底討論・女帝は是か非か 高森明勅:2005/12/11(日) 13:19:06 ID:G6qt9EMC0
 高森 明治以前の基本的な皇位継承システムについて私の理解を申し上げると、
「庶系継承」、すなわち側室とのあいだにお生まれになったお子様の皇位継承も
可能で、かつ「双系主義」、すなわち男系も女系も皇位継承できるというものです。
 根拠となるのは『養老令』のなかの「継嗣令」という編目で、ここで明らか
に女系も「皇統」と認めています。この『養老令』は形式上、明治に至るまで
国家の最高法規としての位置を保持してきました。実際には「男系を主体としながら、
場合によっては女系も認める」という緩やかな規定で、システムとしてはまさに
「庶系を伴う双系主義」だったのです。先ほど八木さんは二重の“安全装置”が
働いていたと指摘なさいましたが、じつは三重の“安全装置”が働いていたのです。
その三番目は最後まで出番がなかったけれど、枠組みとしては、女系の継承の
可能性も認めていた。そうであれば、男系主義が皇位継承を貫く「基本原理」と
までいえるのかどうか。
 また、そういうシステムがありながら、なぜ結果として男系主義が貫かれてき
たかというと、そこには二つ理由があります。一つは庶系継承という安全装置が
きちんと機能していたこと、もう一つは、「姓」が父系継承されるという観念が、
日本社会を強く縛っていたことです。(略)
 しかし現代では「姓」という制度は廃止され、社会的影響力もすでに失われて
いる。そう考えたとき、なにも「姓」の観念に縛られて、選択肢を自ら狭める
必要はない。「男系優先の双系主義」という、より安全な皇統存続のシステムを
とるべきだと思うのです。
 歴史的な経緯を見れば、明治以前は「庶系を伴う双系主義」という非常に安全
なシステムをとっていた。それを明治政府が「皇室典範」を定めるときに、過去
に男系主義で貫かれてきた事実を重視して、それを法的規範にまで高め、「庶系
を伴う男系主義」として“安全装置”を少し狭めた。戦後の典範になりますと、
今度は庶系が否定された。加えて占領下に十一宮家が皇籍離脱を余儀なくされ、
「傍系継承」という“安全装置”すら機能しにくい状況に追い込まれた。これは
危険極まりないことで、皇統が存続できない仕組みのまま、われわれは皇室を仰
いでいるわけです。

71 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:19:54 ID:+11y5bYT0
>>67
皇室に対してその程度の認識なら、わざわざこのスレに書き込むな。

72 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:20:01 ID:6QkFvKAu0
>>62
光格天皇即位前は、すでに写経など初めて皇族は事実上捨ててほぼ仏門に入りかけていた。
自覚という部分では、本人の精神状態など今となっては掘り起こせないが、状況証拠からすれば
皇族としての自覚をなくして仏門に下っていたと考えるほうが自然。

でも、即位後は立派な天皇になったわけで、自覚は必須要素ではないと考える。

73 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:20:15 ID:X/Wl+PAM0
“女系“ ”容認”という、一般人には否定しづらい単語を並べて、
皇統纂奪を狙っているインチキ別系統派=有識者会議。

74 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:20:47 ID:JUptFKuN0
ヤレヤレ┐( ̄〜 ̄)┌
また誰も読まない長ったらしいコピペが始まったよ。

75 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:21:09 ID:1aPEC0Pa0
>>66
一般常識のある人は決して2600年なんて信じてないし。
「捻じ曲げる」もなにも、どういう形がまっすぐかは時勢で変わるし。


76 :Voice 徹底討論・女帝は是か非か 高森明勅:2005/12/11(日) 13:21:26 ID:G6qt9EMC0
 高森 明治以前の基本的な皇位継承システムについて私の理解を申し上げると、
「庶系継承」、すなわち側室とのあいだにお生まれになったお子様の皇位継承も
可能で、かつ「双系主義」、すなわち男系も女系も皇位継承できるというものです。
 根拠となるのは『養老令』のなかの「継嗣令」という編目で、ここで明らか
に女系も「皇統」と認めています。この『養老令』は形式上、明治に至るまで
国家の最高法規としての位置を保持してきました。実際には「男系を主体としながら、
場合によっては女系も認める」という緩やかな規定で、システムとしてはまさに
「庶系を伴う双系主義」だったのです。先ほど八木さんは二重の“安全装置”が
働いていたと指摘なさいましたが、じつは三重の“安全装置”が働いていたのです。
その三番目は最後まで出番がなかったけれど、枠組みとしては、女系の継承の
可能性も認めていた。そうであれば、男系主義が皇位継承を貫く「基本原理」と
までいえるのかどうか。
 また、そういうシステムがありながら、なぜ結果として男系主義が貫かれてき
たかというと、そこには二つ理由があります。一つは庶系継承という安全装置が
きちんと機能していたこと、もう一つは、「姓」が父系継承されるという観念が、
日本社会を強く縛っていたことです。(略)
 しかし現代では「姓」という制度は廃止され、社会的影響力もすでに失われて
いる。そう考えたとき、なにも「姓」の観念に縛られて、選択肢を自ら狭める
必要はない。「男系優先の双系主義」という、より安全な皇統存続のシステムを
とるべきだと思うのです。
 歴史的な経緯を見れば、明治以前は「庶系を伴う双系主義」という非常に安全
なシステムをとっていた。それを明治政府が「皇室典範」を定めるときに、過去
に男系主義で貫かれてきた事実を重視して、それを法的規範にまで高め、「庶系
を伴う男系主義」として“安全装置”を少し狭めた。戦後の典範になりますと、
今度は庶系が否定された。加えて占領下に十一宮家が皇籍離脱を余儀なくされ、
「傍系継承」という“安全装置”すら機能しにくい状況に追い込まれた。これは
危険極まりないことで、皇統が存続できない仕組みのまま、われわれは皇室を仰
いでいるわけです。

77 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:22:19 ID:X/Wl+PAM0
“女系“ ”容認”という一般人には否定しづらい単語を並べてミスリードし、
汚い手で26000年もの歴史ある皇統の纂奪を狙っているインチキ別系統派=有識者会議。


78 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:22:59 ID:5zZaUFBZ0

ID:1aPEC0Pa0

ID:JUptFKuN0

ID:eb+qpeEL0

ID:jjXGhgkbO


79 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:23:08 ID:thCw/emL0
雅子が死んで皇太子様が若い娘と再婚すれば問題解決するんだけどなあ。

80 :Voice 徹底討論・女帝は是か非か 高森明勅:2005/12/11(日) 13:24:09 ID:G6qt9EMC0
 高森 しかし旧宮家の血筋というと、後花園天皇以来、まさに五百数十年に
わたって、天皇の血筋から離れておられる。ほぼ二十代を遡ったかたちでの
継承になるわけです。同じく傍系である継体天皇の「一世紀ほど離れた五世の孫」
というケースと比べても、はるかに遠い。少し次元の違う話だと思います。
 さらに重視していただきたいのは、十一の旧宮家の現状です。すでに七家が
廃絶、もしくは男子の跡継ぎがいらっしゃらない。いうまでもなく宮家の存続に
おいても、庶系継承は大きな機能を果たしていました。庶系継承がなくなれば、
いくら宮家を維持しようとしても、男系主義に拘泥していては、維持できない。
わずか半世紀ほどでこの状態です。庶系が認められにくい現状において、やはり
男系主義による事態の根本的解決は、非常に難しいと思うのです。このままさら
に五十年経過すればどうなるか。

 高森 皇太子殿下に内親王殿下がお生まれになったことで、皇位継承を
めぐって、さまざまな波紋が生じることになりましたが、これはある種、
天の配剤だと思う。ここで親王殿下がお生まれになれば、「これですべて
解決」となっていたわけです。根本に矛盾をはらんだ無謀なシステムを
抱えながら、目先の安心感で危機を見過ごしてしまったでしょう。それが
内親王殿下の御誕生によって、システムの根本矛盾が露呈したのです。
したがっていまこそ、これを乗り越えることが国民に委ねられている。
このとき私はやはり、双系主義の採用によって、現在の危機を脱すること
ができるし、宮家の存続も可能になると考えているのです。


81 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:24:38 ID:X/Wl+PAM0
>>75
その論法でいったらそもそも皇室に価値などないことになるが、
共産主義者の目的は皇室廃止だから、そんな矛盾にも平気なんだろうな!


82 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:24:55 ID:jjXGhgkbO
本当にうざったいわ、男系信者。
はよ、法律通って息の根とめられて泣きわめく日がくればいいのに。


83 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:25:14 ID:bzuBfJFl0
中川八洋著「皇統断絶」より

皇統の血に、遠い・近いは存在しない。全ての系は「125代全体」において
相互に「傍系」である。「旧・皇族の皇族復帰」をこれまでにしておかなかった
のは、我々国民が過去60年間、その義務を忘れたからである。
今すぐその努めをはたそうではないか。失念した60年間は、2千年の皇統史において、
「昨日」程度のもので、「昔」ではない。

84 :Voice 徹底討論・女帝は是か非か 高森明勅:2005/12/11(日) 13:26:53 ID:G6qt9EMC0
 高森 ただ宮家を“安全装置”として考えた場合、私が避けたいのは、次の
ような事態なんです。宮家が六つか七つ確保できたとします。そして今回の
天皇陛下はAという宮家、次の天皇陛下はBという宮家、その次の方はCという
宮家からと、たまたま男子がお生まれになった宮家に皇位が移っていく。
これがいちばん極端な傍系継承です。絶えず傍系に移っていくというのは、
やはり皇統の存続の在り方としてきわめていびつなかたちというほかありません。
 いま神武天皇から今上陛下に至る一本の血筋から、歴代天皇百二十五代中、
六十代の方が皇位についておられます。先月号の系図をご覧いただければ
お分かりのように、途中、傍系の血統に皇位が移ったこともありますが、
その中心に流れている尊い一本の血筋がある。この血筋を軸に、皇統の存続を
図るべきだと思うのです。親から子へ真っすぐ受け継がれていくという姿に、
われわれは悠久の、歳月を超えた歴史とのつながりを実感として受け止める
ことができる。男系主義だけだと、短期的にはなんとかしのげても、中長期的
には皇統の存続が困難な局面を迎えざるをえない。その危機感を前提として、
女系をも認める双系主義が必要なのです。

 高森 理論ということでは、これまでの考古学や文献史学の研究成果に
よって、日本列島のべーシックな親族構造や継承法が双系的なものだった
ことが明らかになってきています。それがシナ父系制に由来する「姓」の
観念により、男系主義が維持されることになった。それでも皇統そのものは、
国法上、女系も皇統として位置づけられていたわけです。もはや「姓」の
観念の影響下から脱した現代日本において、双系主義を採用することは、
何らわが国の伝統にもとるものではないと捉えているんです。

85 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:27:39 ID:jjXGhgkbO
>79
皇太子は別に男子をどうしてもとは、一度も言ってない。
そんなに男子が欲しいなら三笠宮が離婚して頑張れば?


86 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:28:05 ID:COePQ+lI0
そもそもこんなもん国民や政府が決めることじゃなくて皇室(天皇家が相談や話し合いに必要とするなら臣籍降嫁した皇族も含む)が決めることだろ
これじゃあまるで天皇家は国民の奴隷だよ

87 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:28:16 ID:1aPEC0Pa0
>>81
現代の皇室支持層、ライトな天皇制支持者は神武以来の万世一系には
それほど価値観を置いてないんだよ。
「伝統があって品のいいロイヤルファミリー」を支持してるだけなんだから。
そのことがまったく分かってないか、受け入れられないのが男系維持派諸君。


88 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:28:43 ID:Cp5Y80Su0
占領中に無理やり皇族から追放された宮家の復帰が急務だね。
もしこのままいって王朝が変わったら、もはや日本の伝統の死滅だ

89 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:29:41 ID:sUvT4rV70

だれでも天皇になっていいだろ
竹田天皇でも東久邇天皇でも小泉天皇でも石原天皇でも


90 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:30:01 ID:G6qt9EMC0

女性天皇を拒否して、天皇制をやめよう
  〜「皇室典範に関する有識者会議」論点整理について

                 女性と天皇制研究会


有識者会議「論点整理」に対する声明

 私たちにとって、誰がなろうと「天皇」は「天皇」です。

皇位継承者が途絶えている以上、
「女性天皇」の容認がなければ天皇制は消滅するしかありません。

私たちにとって必要なものは、天皇ではなく、本当の
「主権在民・基本的人権・平和主義」の実現です。
そのためにも、声を大にして何度でも訴えます。

 天皇制維持のための「女性天皇」を拒否しよう! 天皇制はもうやめよう!


「女性と天皇制研究会」のホームページ
http://www.geocities.jp/jotenken/

91 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:30:09 ID:eb+qpeEL0
>>72
生まれてからずーと皇族の江戸時代の人間と、親も一般人自分も普通に育ってた現代人
を同列には比べられんw





92 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:31:14 ID:+11y5bYT0
別に他にやりようがないなら、「女系天皇」でもいいんだよ。
でも、今回のこのあまりの早さ、不可解な皇太子妃の行動、
「有識者会議の報告を一字一句変えずに法案化すべきだ」と言った
公明党・・・色々なことがあやしすぎるんだよ。
そもそも、何でここ1年で決めなきゃいけないんだ?

もし、2年待ったら、本当に危機感を抱いた秋篠宮家が
皇太子への遠慮を捨てて子供作っちゃうかもしれないからか?

93 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:32:24 ID:jjXGhgkbO
>83
アホくさ。戦後生まれが大半の国民が、自分が生まれる前から平民だった連中を皇族にするのに同意すると思ってんのかね。
皇族にはちゃんと子供いるのに。


94 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:36:08 ID:eb+qpeEL0
とりあえず中川や八木や高森や勝共連合や生長の家のお抱え文化人みたいな
ヤツの主張は説得力ないぞw

保守派でももっとまともな人間の主張を貼れよ
西部邁 なりいるだろ

95 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:36:24 ID:ijhqkhPO0
ぱっと聞くと分かりにくいんだが、要は「愛子様」天皇容認てことすか。

96 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:37:20 ID:SIdIYCTw0
>68
イヤミのつもりだろうが、俺は結構マジメに言っている。
彼らはその存在が仕事だ。
いうなら、ひと昔前のアイドルに近い、といえば分かるか。
彼らは自由恋愛は許されないだろう?
プライベートどころか、心の中までひっくるめて、アイドルという仕事だからだ。
唯一の違いは、アイドルはのぞんでそうなった、という位だろ。平民には職業選択の自由があるからな。

97 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:38:21 ID:6QkFvKAu0
>>95
そう。

98 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:38:27 ID:+11y5bYT0
>>95
そう矮小化して思わせておいて、
その実はもっと悪い。

99 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:40:09 ID:eb+qpeEL0
>>95
簡単に言うと

1 愛子様即位容認(結婚相手は一般人でも)
2 愛子様即位容認(結婚相手は戦後皇族を離れた旧宮家と呼ばれる人の子孫から)
3 愛子様の前に秋篠宮殿下即位 その後は、戦後皇族を離れた旧宮家と呼ばれる
人の子孫が天皇に

というおおむね3つに分かれてるね


100 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:40:20 ID:eyEbhCgZ0
愛子様が男の子を生めば、そっちを即位させればいいだろ。
もし生まれなかったら愛子様が女系天皇。

101 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:41:10 ID:+11y5bYT0
>>100
君は根本的なところがひどく間違っている。

102 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:41:30 ID:eDwB+fv60
>>100
意味不明

103 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:43:22 ID:6QkFvKAu0
>>100にワロタ

104 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:45:29 ID:JaBAG3mp0
男系支持者に雅子様ごと愛子様が暗殺されるのではないかと、不安です。

105 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:45:56 ID:IZmQiuXJ0
女系絶対反対です。

とくに、いま日本が伝統を失ったならば、
子孫を某国政府の毒牙の前に無防備にさらすことになるでしょう。
たびたびの人権蹂躙のニュースを見ると、胸が張り裂けるとしか言いようがない。
皇族、政治家の皆様、見ていらっしゃったら、どうぞよくお考えになってください。

106 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:46:01 ID:+vsCVzRw0
男系派ってまだいたの?負け犬ども

107 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:48:07 ID:JUptFKuN0
>>104
ホントだな、恐ろしい・・・。

108 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:55:18 ID:bBcx9ysE0
皇太子が雅子さんと離婚して、もっと若い嫁さんもらうでAFだろ。
なにもめてんだ?

109 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:55:22 ID:5ErrEGq+0
しかし男系論者の言う事で意味の分からないのは

「中国韓国の男が女性天皇と結婚して皇室を乗っ取られたらどうする?」
って意見だな。
じゃあ「中国韓国女性が后になっても同じだろう」と。。

見た目金髪碧眼であっても褐色の肌であっても
その形質が父方から伝わるものか母方から伝わるものかで違うと言うのはちょっと滑稽www




110 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:55:29 ID:rWc0ddiq0
>>104

いろいろスレみてると、やりかねない雰囲気があるしなぁ。
まぁそれやったら国民が怒って女系断行だろうけど。
皇太子は世をはかなんで皇位離脱。
そうなると秋篠宮の眞子様が・・・

・・・・それもいいかも・・・とか言ってみるw

111 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:56:40 ID:o2Wcimjx0
>>100
君は問題の本質を理解していない。

112 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:58:14 ID:X/Wl+PAM0
愛子サマ天皇でほんとに幸せになれるの?
世継ぎのプレッシャーに加えて天皇の仕事なんて男でも激務なのに。

563 :名無しさん@6周年:2005/12/03(土) 12:33:27 ID:dT4PKnbr0
>>560
そうだよ。
でも雅子が産まないんだもん。
2年前の11月末に宮内庁長官に「第二子」をといわれて、
人格否定されたと怒って翌日から引きこもってるんだから。

572 :名無しさん@6周年:2005/12/03(土) 12:36:48 ID:eaHqcVnN0
>>563
だから雅子さん中心に全てが回る必要は無いわけで、
女系推進派=雅子さんのエゴを叶える派にしか見えないんだよね。
そこに日本の繁栄と国民への愛はあるのか?っていうと全然国民のことは無視だし。

113 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 13:58:24 ID:rWc0ddiq0
>>108

だから皇太子が雅子に惚れこんでるんだっての。
イギリスの皇太子とは真逆なんだよ。
だから揉めてるんじゃないか。

>>109

若いころの皇太子の理想の女性は「ブルック・シールズ」だったしな。

114 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:00:19 ID:X/Wl+PAM0
828 :名無しさん@6周年:2005/12/04(日) 21:50:23 ID:SEtQFvRt0
小和田氏が暗躍してるという書き込みをよく見ますが
このまま黙ってても雅子妃殿下が皇后になるのは間違いない。
愛子内親王が皇位継承されても、その頃はおそらく小和田氏は生きてはいない。
小和田氏のメリットって何?

840 :名無しさん@6周年:2005/12/04(日) 21:59:24 ID:TvzyuEQf0
>>828
小和田家は親族で外務省に巣喰ってはびこっているんだが、
そんなことも知らないのかねぇ。知らないフリの政府女系工作員さんか?
天皇を外務省の意のままに操って外交できたら売国やり放題だろうねぇ。
天皇陛下の外交力は外交員1000人に匹敵するっていうから。

848 :名無しさん@6周年:2005/12/04(日) 22:04:51 ID:VGXFCAIA0
>>828
そういえば、雅子さんが皇室に入ったのも、
「新しい外交ができると思った」からだったよね。
それで、自分の思い通りにできないもんだからストライキ起こして引きこもった。
今、思えば小和田家=外務省の意図通りに皇室外交をしようとして
しくじったから今度は女系天皇にして外務省の思い通りに天皇を動かそうというふうに
やり方を変更したのかも。充分に考えられる動機だよね。

866 :名無しさん@6周年:2005/12/04(日) 22:16:18 ID:HHDnRVBm0
>>840
天皇が支那に行かされた時なんか、最悪だった。
まさに、売国外務省だろ。
反日キチガイの江沢民が、金印を昭和天皇に渡そうとした。
聖徳太子の偉業を無駄にするところだった。
ま、今回の典範改悪は歴史に対する裏切りだ。
絶対に歴史に復讐されるだろう。


115 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:00:45 ID:SOVobNan0
女系容認、ってのは「女系でも構わない」であって、「女系じゃなければ駄目」ではないんだよな。
対する男系維持派は当然「男系じゃなければ駄目」な訳だ。
ここから考えると

1:女系天皇が即位した場合→女系容認派は支持、男系維持派は不支持
2:男系天皇が即位した場合→女系容認派は支持、男系維持派も支持

よって、男系を維持するのが最も多くの国民から支持される天皇のありかたであると言える。
万人に愛される天皇であるために、男系維持を推進しましょう。

116 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:02:07 ID:JUptFKuN0
>>110
実際、そこまでいったらもはや天皇制なんて廃止だろ・・。
普通の感覚なら、そういう風に思うようになってくると思う。

117 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:03:01 ID:eb+qpeEL0
>>115
>女系容認、ってのは「女系でも構わない」であって、「女系じゃなければ駄目」ではないんだよな
国民の70%もいるのに簡単に分析できん

118 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:03:57 ID:X/Wl+PAM0
>>115
正論www


119 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:04:05 ID:KomAH7y30
つまり
象徴天皇制という制度の下に縛られて
継承決定について
今の皇室は柔軟性がなくなってしまったということだろ
しかたないな、制度を変えるには
変えたいもの、変えたくないもの(どんな思惑の集団だろうと)
それぞれの勢力が出てきてしまう
こうなると政争と骨肉の争いしかなくなるからな
もうあきらめよう
雅子さんだけを責めるわけにもいかないだろ


120 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:04:15 ID:rWc0ddiq0
>>112

幸せとか関係ない。それが運命だろ。
幸せとか言い出したら旧宮家の人を復活させることも
旧宮家の人にも幸せといえるのか考えるべきだろうに。

121 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:07:18 ID:STVJpcwB0
このままでは南北朝みたいに、象徴としての(女系)天皇と
旧宮家出身の本物の(男系)天皇が両方存在するような
事態になるんじゃまいか?

122 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:07:57 ID:5ErrEGq+0
>>115
だから現在の皇族に男子が生まれていれば問題無かったと言うだけの話しだなwww



123 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:08:26 ID:jjXGhgkbO
>115
アホか。女系容認派は両性を同等に扱うから男系も女系も認めるんだ。
女性・女系を認めずに否定して旧宮家なんて復帰させた男系継承者なんて認める訳ない。
その前に旧宮家の復帰なんて通りもしないだろうが。


124 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:08:53 ID:X/Wl+PAM0
>>120
あーそうなんだ。日本国民の幸せとか関係ないんだ。
女系いんちき派の醜い本音が出たな。
皇統潰せればホントはどうでもいいんだろ?

125 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:11:16 ID:xEZOap6b0
>>109
種と畑だからでしょ。種が同じならどの畑でも同じ種が実るが、畑が同じでも
種を変えたら別の種になるでしょ。別の種を天皇とは認められないってこと。

126 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:12:52 ID:X/Wl+PAM0
399 :名無しさん@6周年:2005/12/09(金) 01:46:56 ID:H/09t4Mw0
女系なんて言う言葉を使ってるけど、
要は別の男系に変わっちゃいかん、と言う議論だろう。
女は始めから関係ない議論だと思うが。

いわば、男と男の戦いだろう。



女系なんて嘘。
皇統を潰すか乗っ取るかしたいだけなのが女系派。



127 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:12:53 ID:+11y5bYT0
天皇「制」の廃止については、そうならなければいいと心から願っている。
でも、ここまで真っ黒な策略で、
新たにねつ造された「天皇」が我々の平和を脅かすようなことがあれば、
話はにわかに複雑になってくるな。

もう南北朝とか、悠長なこと言ってる場合でもないぞ。

128 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:13:04 ID:SOVobNan0
>>123
4:主観で決め付ける
     「女性・女系を認めずに否定して旧宮家なんて復帰させた男系継承者なんて認める訳ない。」


129 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:13:30 ID:eb+qpeEL0
>>125
分子生物学的には全く意味がないことです


130 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:16:11 ID:xEZOap6b0
>>129
どう意味がないのか詳しく

131 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:17:07 ID:5ErrEGq+0
>>125

種と言うのはおしべとめしべの間で既に受粉を済ませた結果の物だろう?www


132 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:17:56 ID:jjXGhgkbO
>125
気色悪い。なにが種、畑だ。
男系信者って、こういう事を真顔で言って恥じないから世間から取り残されるんだよ。


133 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:18:06 ID:STVJpcwB0
愛子は男系女子なんだから、伝統的に問題ないんだろ?
だったら、男系女子天皇の配偶者を
旧宮家出身の男系男子から選べば無問題?

134 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:18:08 ID:wWI5AGJd0
皇統に連なる皇族には税金はらうけど、偽者の王朝にはびた一文
払いたくないですよう。
しかもじーさん遡れば糖尿学会とかだったら最悪。

135 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:19:04 ID:9nSc4cRQ0
しかし男系男性維持派もひどいな
無茶な旧宮家復帰を引き合いに出していかにも天皇制を守ろうなんて言い草が卑怯だ
実際目指しているのは天皇制廃止だろ
現実、「女系天皇なんか認めない」と本音が出ている人もいるからね

136 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:19:06 ID:xEZOap6b0
>>131
違うだろ。それなら男は全員種なしってことになる。

137 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:20:30 ID:QsZ8QtzA0
>>135
まずい餌だね

138 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:20:42 ID:wWI5AGJd0
>>133
はっきり言えばそういうこと。<旧宮家から愛子天皇の婿を

でもねでもね、国民の皇太子夫妻への不信は酷いですよ。
今の皇太子妃がまともにそんなとこの婿と結婚させねーだろって思ってます

139 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:21:14 ID:9nSc4cRQ0
>>133
彼女の結婚相手を制限していいものなのかね
気に入った人や適正のある人が旧宮家にいなかったらどうするのだ

140 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:21:51 ID:SIdIYCTw0
131
この場合はちがう
種は皇統のキャリアーという意味

141 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:23:34 ID:+11y5bYT0
>>138
この状況で不信になるなって方がおかしいだろ。
人格否定発言、引きこもり、極端に少ない公務、
ちらちら見える小和田家、外務省の陰。
皇太子も昔はこんな人とは思わなかったんだけどなあ。

142 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:24:05 ID:jjXGhgkbO
平民の元皇族の末えいなんぞの復帰した天皇なんてまっぴらゴメン。
新興宗教の教祖やったり、市長選挙に出たりした皇族って、なんじゃそりゃw


143 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:24:25 ID:o6Fm1IH10
>>138
>国民の皇太子夫妻への不信は酷いですよ。

ほんとか?ワイドショーや女性週刊誌は雅子支持が多いんじゃないの。
うちの近所のオバサンたちは概ね雅子支持だが。


144 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:24:39 ID:6QkFvKAu0
>>139
ぶっちゃけてしまえば、今の皇太子も今上天皇も、ある程度の選別の上で背後関係込みで
嫁を迎えているので、そこはあんまり気にしなくていいと思うw
男系維持とは別問題でね。

145 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:25:14 ID:1k7DaCas0
ほっとけ 絶える

146 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:25:53 ID:CZ21eCcg0
>>138
そこはもっとも重要なこと。
愛子と旧皇族の結婚にすべてがかかってる。
雅子といえども女系派の工作に露骨に同調できない。

147 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:26:43 ID:+11y5bYT0
>>143
うちの近所は雅子に呆れてる人が多い。
でも、なんか表だって批判しにくい雰囲気。
昔の人だからな。

148 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:26:45 ID:5ErrEGq+0
しかしぶっちゃけ2ちゃんの男系維持派の中で
アンチ雅子妃の占めるウェイトって少なくないんだろうなw
(主力は鬼女板住人か?)

まあこんな事書くと雅子妃愛子ちゃんシンパとか言われてしまうんだがwww

149 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:26:58 ID:6QkFvKAu0
>>143
ワイドショーで鬼嫁のいびりに絶える妻みたいな構図作れば、それは妻支持になるってもんですよw

150 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:27:16 ID:eb+qpeEL0
>>130
種と畑の関係とは違い、人間の場合父・母両方から遺伝子は受け継ぐ
たまに問題になるY染色体の話は様々な点から2000年のY染色体の
継承というのに言うほどの価値観を見出せないのはいろんな点で言える

ttp://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-52.htm
元の論文
ttp://medical.med.tokushima-u.ac.jp/jmi/vol49/pdf/v49_n1-2_p044.pdf

とかY染色体アダムについてググって

151 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:27:35 ID:8sbW9Jsw0
>>143
うちの母親とその親戚は皆皇太子妃に好意的でない。
女にもいろいろある。

152 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:28:28 ID:9nSc4cRQ0
>>142
だから、そういう声が出るのを男系男性派を予想しているわけさ

旧宮家復帰を認める
  ↓
違和感あるという声が出るのを待つ
  ↓
「ならばいっそ天皇制などなくせ」と手のひらを返したように主張する

男系男性派ってそんなもんでしょ

153 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:29:14 ID:wWI5AGJd0
>>143
ぬー速の雅子様関連のスレとか、鬼女板のスレすごいことになってるよ。
近所のおばちゃんでもそろそろ、あれはサボリ病だろうって叩かれてる。

そもそも、長野でスキーひゃっほぅしてるのに、ちょいと時間ずらした障害者の
スポーツ大会への公務キャンセルしたり。
午前中元気でも、午後から急に風邪引いたとかで天皇皇后両陛下との
約束ドタキャンしたり

154 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:29:37 ID:CZ21eCcg0
>>148
雅子は直接皇位継承とは関係ない。
反雅子は無意味。
愛子か秋篠宮かの選択。
女系派に雅子の利用価値があるから
そうするということはあるかもしれないけど。

155 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:29:40 ID:fPvsQbe6O
>135
女系での継承がなされた場合、憲法に規定された象徴天皇としての正当性には問題ない。
皇室典範を改正すれば、女系容認にできるし、
極端な話、憲法第二条を「天皇は、国民が直接これを選挙する」と改正すれば、
誰でも国家の機関としての象徴天皇にはなれる。

しかし、皇祖の祭祀継承者(天皇氏族の氏長者)としての正統性には疑問がある。
少なくとも天皇氏族の人間が、祭祀継承者の継承ルールを変更しない限りは。
だから、皇族のご意向を伺わないのはおかしい。

156 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:29:44 ID:+11y5bYT0
>>149
一時期の美智子妃バッシングは非道かったからな

157 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:29:46 ID:KomAH7y30
つーか
高円宮も産んでない
秋篠宮も産んでない
皇太子も産んでない
ということで雅子さんは責められないよ


158 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:31:05 ID:jjXGhgkbO
それぞれ、自分の回りの事例で報告してるが、全国調査すれば毎回女性・女系容認が7割ぐらいいくのが結果。


159 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:32:06 ID:+11y5bYT0
>>157
子供生まないことで責められてんじゃないだろ、彼女は。
子供が産めないことで責めてんのは、厨房男のみと思われ。
皇室というものを理解してないというか、なめきってるだけでなく、
どう考えても疑惑がぬぐえないから責められてんだよ。

160 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:32:36 ID:5ErrEGq+0
>>154
とてもじゃないが2ちゃんのスレを見るとそんな事は言えないと思うなあw

つか女系容認派の方は別に愛子でも眞子でも拘っていないように思えるが?www


161 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:32:42 ID:9nSc4cRQ0
>>157
そもそも、男を産まなかったことが女のせいだと考える方が馬鹿だよね
家庭の医学レベルのことさえ知っていればそんなことはすぐわかるのに

162 :創価内男系支持者:2005/12/11(日) 14:33:04 ID:vNFNHKMv0
>>133
長子優先と言う形で女系を認める方針らしいので
その問題が未来永劫付きまとう。たとえ愛子様の婿を
旧皇族から迎えてもその長子が女子ならまた同じ問題が起こる。
どう考えても皇室を途絶えさせることが目的の結論w


163 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:34:04 ID:KomAH7y30
>>159
男子を産んでたら、丸く収まるんじゃなかったの?
そんなら公務をこなせば女系でもいいんだ

164 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:34:59 ID:xEZOap6b0
皇位が伏見宮系に移たって、愛媛みかんが和歌山みかんに変わる程度の事。
みかん好きからしたらどうってことない。愛媛みかんがないからと言って
愛媛いちごをみかん好きに強要しようとしてるのが女系派。
到底容認できないし、うまかったとしてもそれは断じてみかんではない。

165 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:35:21 ID:eb+qpeEL0
>>162
えーと、板を間違ってるようですが
議論板にお帰り下さいw

166 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:35:34 ID:+11y5bYT0
>>163
彼女が責められても仕方ない理由を答えたまで。
何が何でも無理矢理女系に持っていきたい君の理由は何なんだ?

167 :創価内男系支持者:2005/12/11(日) 14:35:56 ID:vNFNHKMv0
>>165
何?

168 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:38:13 ID:184VZFKw0
はっきり言ってどうでもいい

169 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:38:16 ID:9nSc4cRQ0
>>158
すなわち、女性女系を認めたほうが皇室制度は安定するんだよね
そんなことはわかりきっているのに、あえて男性男系派は皇室制度の運営を難しくしようと企てている
皇室つぶしが本音なのは明白だろ
言い訳のように伝統だのなんだの言っているけど全く説得力ない
本気で天皇制を維持しようと思うならどうしてもっと男系男性の正当性を的確に説明しないのか疑問だよ

170 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:38:19 ID:KomAH7y30
>>166
無理にって何だよ、現実の成り行きに従わない以外
象徴天皇制の家族主義の皇室で、解決策はないということだろ
雅子排除なんか無理だといってるんだろ
離婚とか暗殺とか言ってておかしいと思わないの?


171 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:39:11 ID:6QkFvKAu0
>>166
擁護するわけではないが、xEZOap6b0は女系論者ではなく一貫して皇太子妃擁護派。
女系論を展開しているわけではない。

皇太子妃を批判する人間に噛み付いているだけ。

172 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:39:13 ID:CZ21eCcg0
>>162
今後の展開しだいでどうにでもなる。
ただ男系維持は結婚でできるけど、
女系は結婚、女子誕生、旧皇族男子の婿無し
状態になるまでの待機策しかない。
条件は男系有利。

173 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:39:28 ID:+11y5bYT0
>>170
俺に言ってんのか?
それともお前の脳内にいる「俺」に話しかけてんのか?

174 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:40:13 ID:5ErrEGq+0
>>164
そこらは主観の問題だな。

人によっては旧宮家の人間は同じ柑橘系と言う事で檸檬を出されているみたいなもんだと感じる事もあるだろうし
女系の方が今までの馴染みのある蜜柑のテイストに近いと感じる事もあるだろうなwww



175 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:40:31 ID:eb+qpeEL0
>>164
例えが不適当
鹿児島の黒毛和牛系統でずっと続いてきたけど
神戸牛も入れていいんじゃないって話

同じヒト科なのに「いちご」と「みかん」というのはおかしい


176 :創価内男系支持者:2005/12/11(日) 14:40:37 ID:vNFNHKMv0
>>169
旧皇族復活は絶対条件。
だから男系派の皇室つぶしなどなどありえない。

177 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:40:51 ID:wWI5AGJd0
友達ですげー屁理屈がいて、何が何でも自分の主張に話つなげる
奴がいてさ、しかも自分では高尚な理屈だと思ってるけどもう
支離滅裂なんだ。
みんな内心「プ」って思ってるんだけど、もしかしてそいつが
このスレにいるんじゃないかって思う。

178 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:41:13 ID:6QkFvKAu0
間違い・・・xEZOap6b0じゃなくKomAH7y30だ・・・orz

179 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:41:31 ID:QsZ8QtzA0
>>169
いやだから伝統って言ってるんですが…聞く耳持たないなら何言っても無駄じゃないですか…
他に手段も時間もある時点でホイホイ決めようってのが怪しいじゃあないですか

180 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:43:05 ID:9xlkPSKm0
男系男子っていってもいっぱいいるんじゃない。
どういう基準で選ぶの。女子がなっても生理とかで
宮中祭祀に出席できないときもあるしそれ以外でも
外交、国会へ行ったりその他行事もいっぱい。雅子様は
どうして第二子を断念したのか。不妊治療は大変だと思うけど
静養して体調を整えてもう少しあきらめるのは待ってほしい。

181 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:43:35 ID:CZ21eCcg0
>>176
それは印象操作。
旧皇族男子が結婚するだけで
男系維持はできる。
復帰はまったく必要なし。
結婚と復帰を取り引きするなら
絶対条件化することはできるけど。

182 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:43:54 ID:9nSc4cRQ0
>>176
だからその旧皇族復活がどれだけ支持されるかどうかが問題なんだ
個人的にはドッチラケだよ
そんな経緯を持つ天皇では現代に比べ存在感は失せるよ

183 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:45:03 ID:SOVobNan0
>>164
分かりやすいな。

>>166
そいつの書き込みが>>33>>39
皇太子妃を擁護するためなら天皇皇后両陛下にさえイチャモン付けるキチガイ。相手にしない方が良いと思う。

184 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:45:17 ID:QsZ8QtzA0
>>182
お前が世論か。クズが。

185 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:45:49 ID:5zZaUFBZ0
>>182

旧宮家よりもそのへんの「鈴木さん」「田中さん」のほうが格があるといいたいの?
頭おかしいんじゃない?

186 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:46:10 ID:o6Fm1IH10
スレタイに戻れば、
愛子の立太子、即位は容認ということだろう。
残りの問題は愛子天皇の後継者。雅子を責めても意味が無い。


187 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:46:59 ID:5ErrEGq+0
と言うかだな・・・

もし旧宮家の男子に自分達に皇統を存続させる使命があると考えているのなら
もういい加減その意志を公表した方が良いんではないかい?w

女帝容認されるだけでも状況は不利になるはず。

・・・旧皇族プランは大丈夫なのか?www

188 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:48:14 ID:+11y5bYT0
「鈴木さん」「田中さん」ならともかく、「ヒューザーさん」とか
だったらどーすんだよ。
もう、偽造マンション捜査も打ち切りだぞ、きっと。
あ、似たような事は前にもあったか・・・。

189 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:48:28 ID:jjXGhgkbO
>184
世論調査で旧宮家の復帰に反対の層は賛成の倍以上いる。
詳しい数字は忘れてしまったが。


190 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:48:31 ID:9nSc4cRQ0
>>185
釣られてあげよう

結婚相手が、鈴木さんか田中さんと決まったのか
馬鹿言うな

それにこんなところで格なんてくだらない概念を出すなよ
どうでもいいだろそんなこと

191 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:49:15 ID:CZ21eCcg0
>>186
最大の焦点は愛子の婿と子供。
だけどその問題には旧皇族派、女系派
双方ともにあんまりふれたくない。
ともにうまみがないから。

192 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:49:20 ID:eb+qpeEL0
>>188
>>71

193 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:49:20 ID:HUo+bgVE0
皇位が伏見宮系に移たって、カレーライスがライスカレーに変わる程度の事。
カレー好きからしたらどうってことない。カレーライスがないからと言って
ウンコにカレー味をつけてをカレー好きに強要しようとしてるのが女系派。
到底容認できないし、うまかったとしてもそれは断じてカレーではない。

194 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:49:53 ID:bzuBfJFl0
>>133
>>138
伝統的というならば、かつて男系女性天皇が子供をもうけた先例は無い。
在位中は独身、若しくは生涯独身を貫いた。(40過ぎから坊主と付き合った例はある)

男系女子天皇の配偶者を旧宮家出身の男系男子から選ぶのならば、
何故その男系男子に(法律的に)皇族となってもらい、皇位を承継してもらう
という意見にならないか不思議。

親近感が無いからだめとか言う、正統性の問題とは論点のずれた反論が来そうだけど。

旧宮家は一般人!とか言う人々は旧皇族には昭和天皇の孫の男系男子が存在すること
を意図的に無視しているのか。

また、旧皇族の臣籍降下も終戦時のGHQにより強制的になされたという特殊事情も
なぜ考慮されないのだろうか。



195 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:50:42 ID:6QkFvKAu0
>>182
存在感は、女系でも旧皇族でも激減することに変わりはない。

196 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:53:41 ID:CZ21eCcg0
旧皇族が復帰するとすれば
愛子の長子が女でしかも旧皇族と
結婚できない場合のみ考えられる。
どっちにしろ愛子の死後の話。


197 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:53:51 ID:rWc0ddiq0
>>115

それはどうかな。
問題は男系の賛否ではなく、旧宮家復帰が是が否かの問題でしょうに。
現に元皇族には女子しかいないんだから。

さらにいえば今上天皇の直系以外の「元一般人」が
血統だけで天皇になることに賛同できるか、
国民として敬えるかどうかの問題かと。

男系支持派は血統さえあれば誰であろうがいいんだけど、
戦後60年以上、皇民教育もうけてない多くの一般国民が、
血統だけで天皇に対する敬愛の感情を持つかどうか。

戦前の「神聖にして侵すべからず」の時代じゃないからね。

まぁ仮に女系が決まっても、愛子の相手を旧宮家から見合いで
宮内庁が選ばせるとか策を取るんだろうから、あんまり心配してないが。

198 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:54:18 ID:xEZOap6b0
>>193
オイ、ちょっと違うぞw。
俺は種と畑のことを言っているのだ。

199 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:54:49 ID:jjXGhgkbO
>194
そういう時だけダブルスタンダード使うな。
昭和天皇の孫なのは女系での近さで男系としては、どれだけ離れてるんだ。


200 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:55:23 ID:9nSc4cRQ0
>>194
優先は 親近感>>>>>正当性 でしょ
天皇制が国民から乖離したらその維持すら危うくなるよ

201 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:55:48 ID:9v85VR890
日本会議って要するに平沼でしょう。
小泉さんが相手にするわけない。

202 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:56:11 ID:fPvsQbe6O
男系維持の方法として

1.現皇族女子と旧皇族男子の結婚
2.旧皇族男子の皇族復帰
の案が有力だが、男系維持を考えるなら、2の案のほうが確実だと思う。
1の案は、2の案より国民受けはマシだろうが、男系が維持されるという保証はない。
女系容認になった場合に、1.の理論で愛子さまが旧皇族の男子と結婚するように周囲が仕向けたとする。
しかし、愛子さまが「私は旧皇族とは結婚したくない。平民と結婚したい!」と言い出したら、
女系を容認している以上、もうどうにもならない。

203 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:56:42 ID:QsZ8QtzA0
>>200
親近感で2000年も続いてきたんだね。すごいね。

204 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:56:56 ID:+11y5bYT0
>>200
真剣にそう思ってんの?
愚民化教育、ここに極まれり、だな。

205 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:56:59 ID:HUo+bgVE0
>>197
女系になったら数多の生まれも育ちも一般人の男が
多数「皇族」になることになるんだが。そいつらは国民の敬愛を受けられるのか?
さらにそいつらの子々孫々が敬愛を受けられる保証はあるのか?

206 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:57:25 ID:6QkFvKAu0
>>199
「そういう時だけ」という言い方は、男系論者がひとつしかないと考えるレッテル張りなので、
慎んだほうがいいですよ。

男系の人は、「女系諸子が継ぐことがNG」で統一してるだけで、諸派様々です。

207 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:58:44 ID:SOVobNan0
親近感が云々と言っても、旧宮家を今皇族に復帰したところで、天皇に即位するのは皇太子殿下や秋篠宮殿下の
後だから、40年程度は先の話。
それまでの間には、親近感もバッチリ醸成されているだろう。
逆に、今後40年間皇族として扱われたとしてもなお親近感が湧かないと思うのは何故かを女系派に聞いてみたい。

208 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 14:58:57 ID:CZ21eCcg0
>>202
2はまったく国民の支持、国会での
法案化も議論もないから不可能。
1の結婚は法律で縛られないぶん容易。
100%でないけど自由度が高い。

209 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:00:05 ID:jjXGhgkbO
だいたいGHQに強制されたろうがなんだろうが、今平民なのが事実。
皇族づらしたいなら、国民と法の承認もらってからしろ。


210 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:00:08 ID:o6Fm1IH10
>>202
普通に考えれば、愛子天皇が即位するのは結婚・出産後だろう。
その時に、愛子天皇の子に継承権が無いということになると、
その時の国民感情が旧皇族の継承を許すかどうかだな。



211 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:00:48 ID:6QkFvKAu0
>>200
それは男系にも女系にも受け入れられないw

「正当性」が、「親近感」より優先されることはない。
男系は「皇統」の正統性を説き、女系は法律の正当性を説く。

いずれにしても、どちらがより正当かという話。

212 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:01:36 ID:eb+qpeEL0
>>194
>旧宮家は一般人!とか言う人々は旧皇族には昭和天皇の孫の男系男子が存在すること
もう60過ぎてるんだが?
女系で言うなら今上陛下の子供を優先させるべきだな
さらに鷹司和子さんや池田厚子さんのお子さんも考慮しなければならない

>また、旧皇族の臣籍降下も終戦時のGHQにより強制的になされたという特殊事情も
>なぜ考慮されないのだろうか。
大正9年の皇室典範の補足を考えれば皇太子妃の次の皇位継承資格者は
旧宮家からはなくなるんだが


213 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:02:23 ID:SOVobNan0
>>199
男系ってのは神武天皇との関係だから今上陛下と遠いのは関係ない。
むしろ、愛子様の子は平民じゃないとか言うくせに、昭和天皇の孫である旧宮家には、親近感が湧かないだの
ただの平民だの言ってる女系派こそがダブスタ。


214 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:02:55 ID:CZ21eCcg0
>>207
復帰できるならいいけど、実現の可能性がほぼない。
まったく国会や与党の動きに愛子天皇を中止して
旧皇族に政策転換する動きがない。
小泉が持論を変更しないのは郵政と同じ。

215 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:03:00 ID:HUo+bgVE0
>>199
そっちこそダブルスタンダードだろう。
男系に拘らないからこその女系容認だろ?
なのに何故男系の遠さに拘るんだよ。意味わかんねーぞ。

216 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:03:05 ID:+11y5bYT0
絶対おかしい!
なぜこんなに必死な「女系派」がたくさんいるんだ?


217 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:04:00 ID:9nSc4cRQ0
>>204
ならば、国内に女系女性容認派が多いことと、皇族に親しみを感じる人が多いことと、その関連をどう解釈するんだよ
男系男性の正当性はさほど重視されていない半面、親近感は持たれているのが現実なんだよ
おわかりかな


218 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:05:18 ID:6QkFvKAu0
>>212
五摂家に降嫁したものは、絶対に天皇にはならない。
極論の例とはいえ、そこは省こう。

219 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:05:18 ID:HUo+bgVE0
>>212
アホか。男系+女系の要件を満たす人がいるのに、
あえて女系だけで判断する必要なんてどこにもないだろ。

220 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:05:24 ID:+11y5bYT0
>>217
君はあまりにも多方面に無知で話にならない

221 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:05:40 ID:8sbW9Jsw0
>>216
工作員の焦りが滲み出ているのでしょう。

222 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:06:03 ID:jjXGhgkbO
>207
だから、その「復帰」自体が通ると思ってんのが甘い。
反対の方が多い現実を見ろ。
そもそも、いま「旧宮家」にいる連中の大半は生まれた時から平民。
皇族に復帰なんて嘘つくな。


223 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:06:12 ID:KomAH7y30
>>200>>204
戦後すぐに始まった
昭和天皇の被災地全国巡幸ってあったでしょ
あれによって
国民との親近感や一体感を作ったことによって
天皇家も天皇制も存続を図れたわけだ
その延長線上に象徴家族天皇家というのもあったし
国民意識に配慮する皇室の方針が固まったわけだよな
ウヨクは都合のいい時だけ、この親近感を利用して、天皇を担いできたけど
都合が悪くなると、愚民と国民を見下して、何が天皇家との繋がりだって恫喝する
国民からするとdでもだよ
そんな論理はもう通用しないということは理解したら
象徴という言葉は一人歩きして、とこまで浸透してるよ
天皇神話は一度死んでたんだとあきらめたほうがいい


224 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:06:31 ID:bzuBfJFl0
>>194
個人的には女系反対だから”男系の正当性”が担保されれば
男系としての血縁が遠くても良いと思っているのだが。
このような考えはダブルスタンダードなのだろうか。
そもそも宮家というのは現在迎えている状況を救うために
昔から存在してきたのでは無いのかな。
>>199
おいらは 親近感<<<<正当性 です。
親近感なんてマスコミの論調によっていくらでも変わるし。

225 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:07:18 ID:eb+qpeEL0
>>220
217ではないが民主主義国家では皇室の維持に国民の支持は不可欠だよ?


226 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:07:23 ID:CZ21eCcg0
>>216
簡単いえば工作員の雇い主の資金力の差。
いくら旧宮家に金あるといっても、内閣官房の
予算にはかなわない。
しかも旧皇族復帰ができそうにないから
ここ2日ぐらいは24時間体制をやめてる。


227 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:07:34 ID:wWI5AGJd0
子孫がこのすれ読んだらなんて思うのだろう
「これが途中で天皇家の伝統捨てた馬鹿どもの議論か」
「これが一億総皇族の流れを作った革新の議論か」
どっちだべ

228 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:08:57 ID:6QkFvKAu0
>>217
有識者会議以前の宮内庁と内閣府での検討では、女系も旧皇族復帰もどちらも検討されてる。
女系で決めたからあえて旧皇族排斥に流れを作っているだけで、正当性はどちらも同じ。

メディアに踊らされてないかな?

229 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:09:06 ID:9nSc4cRQ0
>>206
男系男性派は確かにいろいろいるみたい

大雑把には

「何らかの根拠を持つ根っからの男系男性固執派」
「男性至上主義に基づく男系男性固執派」
「本音は天皇制廃止の暫定男系男性派」

と分けられるかな

230 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:10:14 ID:eb+qpeEL0
>>227
「男系維持って意味ないことしてたんだなぁ。今のように女系も認めて当然」


231 :創価内男系支持者:2005/12/11(日) 15:11:48 ID:vNFNHKMv0
>>211
そだな、それが認められるならSMAP中居君あたりが天皇に最適とかなってしまう。
俺は絶対イヤだww

232 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:11:50 ID:fPvsQbe6O
>155の関連で。
女系での継承がなされたら、憲法に規定された象徴天皇と、男系維持の伝統天皇に分離するしかないのでは。
前者が国事行為を、後者が皇祖の祭祀継承を担当すると。
本当はこのようなことは望ましいとは思わないが。

233 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:13:03 ID:9nSc4cRQ0
>>231
さすがにそれはないでしょ
ごく限られた層には受け入れられるかも知れないが

234 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:13:32 ID:CZ21eCcg0
>>229
「本音は天皇制廃止の暫定男系男性派」
これ共産党の考え方なんだけど、
男系派は劣勢だから共闘することも
考えてもいい。
共産党の資金力、組織力が男系維持派に
つけば相当有利。
ただ国会の勢力としてはたいしたことないけど。

235 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:13:36 ID:jjXGhgkbO
>230
あはは、それだわ。
いま以上に男女同権の意識もすすんでるだろうし。


236 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:13:37 ID:HUo+bgVE0
そんなに国民の親近感が大事なら、いっそのこと国民投票でもして選べばいいだろう。
組織票で池田大作天皇陛下の誕生かも知れんがね。

237 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:14:52 ID:o6Fm1IH10
>>232
三種の神器は折半するのか。陵墓はどちらのものになるの。
伝統天皇は京都御所に住むのだろうがね。


238 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:14:52 ID:bzuBfJFl0
>>222
平民って”法的身分が”平民なだけでしょ。
宮家の伝統文化を保持していないとでも思ってるんですか?

239 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:15:03 ID:f0Cl5iGh0
体外受精して男系保てばいいんでは?
医療技術を今こそ伝統の改革へ。

240 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:15:07 ID:eb+qpeEL0
>>236
第二条【皇位の継承】
 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。


241 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:15:41 ID:9v85VR890
郵政民営化
三位一体改革
政府系金融機関の統合
医療費改革

選挙からわずか3ヶ月、事実上ここまで決まってしまった

防衛庁の省昇格
国民投票法案
教育基本法の改正
皇室典範の改正

これも来年中には決まります

お前らが何を言っても小泉さんがやるという以上
かならず典範改正は実現するよ


242 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:16:10 ID:6QkFvKAu0
>>229
それ以外に「女系はいやなので、なんとなく男系支持」の無党派っぽいのもw

243 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:16:12 ID:wWI5AGJd0
>>235
なるほど女系推進派はフェミも混ざってるわけね
ぜってー反対しとこw

244 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:17:05 ID:+11y5bYT0
>>232
その「象徴天皇」の方が、どっかの国に行って、
「日本は過去に本当に申し訳ないことをしました。
お詫びとして、国のアイデンティティを放棄します。
ODAも好きなだけ使ってください」って土下座しちゃったとしたら、
「いや、あれは関係ないですから」って言ってられないぞ。

245 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:17:33 ID:HUo+bgVE0
>>234
アホらし。共産党は女系大賛成だよ。社民党もね。
アカは女系大賛成。これだけで皇室にとって女系容認とは
どういうことを意味するのかが分かるってものだろう。

>>240
だから、その世襲ってのは血統的な正統性を担保するために必要だった訳だろ。
その血統的正統性とは神武に男系でつながることに他ならないんだから、
男系を棄てた時点でもう世襲させる理由なんて無くなるんだよ。

血統的正統性よりも親近感が大事なら、何も不合理で時代遅れの世襲に
拘る必要なんぞ何処にもあるまい。だろ?

246 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:17:52 ID:SOVobNan0
>>214
実現可能性が低いから反対と?
だが反対者が居なければ実現可能性は高い訳で、その意見は自家撞着を起こしているだろう。
昨夜も一人(ID:eb+qpeEL0)居たが、どうも最近「多数派の尻を追いかけるのが自分の信条だ」って人が多いな。

247 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:18:12 ID:jjXGhgkbO
>238
法的に平民なら平民以外のなにものでもない。
別に皇族に文化なんて求めてません。


248 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:18:16 ID:6QkFvKAu0
>>241
バーターで潰れた人権保護法とかあるし、成立の確率は1/2だと思うけどねw

皇室のことすら、バーターにして、他の通したい法案を通しそうなのが小泉。

249 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:18:38 ID:CZ21eCcg0
>>238
法的身分が絶対だろう。
旧皇族は戸籍で管理されてる平民。
伝統文化の保持なら寺の相続や、
お茶、花道の家元と同じ。
宗教法人化すればいい。

250 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:18:51 ID:9nSc4cRQ0
>>234
とすると、共産党の息のかかった人がここや関連スレに跋扈しているということか
言葉巧みに誘導するのだろうが、騙されないよ

251 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:21:36 ID:QsZ8QtzA0
>>250
>>245

252 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:21:53 ID:SOVobNan0
>>249
天皇は神道の神官なので、もとより宗教的存在でもある。国民もそれを承知の上で地位が認めている。

253 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:22:33 ID:2mOAiWEjO
ネットウヨの被害妄想キモスw

254 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:23:20 ID:+11y5bYT0
もし>>248の言うようなことが彼の心づもりにあるとしたら、ゆるせんな。



255 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:23:35 ID:eb+qpeEL0
>>250
ttp://www.ifvoc.org/NewFiles/2005nento.htm
君はこの人と同じ考えなんだろうなw


256 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:24:04 ID:9nSc4cRQ0
>>245
しかし、共産党や社民党は天皇制廃止が本音なんだろ
本来なら女系女性すら容認するわけがない
女系女性を容認するようなこと言っていて、あとで「廃止廃止」なんて言ったら
「ならばなんであのとき女系女性賛成なんて言ったんだボケ」と国民の反発を受ける
連中もそこまでトンマではないでしょ
むしろ、ここは天皇制を容認し党勢拡大のための人気取り路線に走りだしたと考えるのが現実的

257 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:24:08 ID:CZ21eCcg0
>>245
>>250
共産党のトップの志位が公的に
男系維持が理想だけど、現状を
考慮して消極的女系賛成と発言してる。
これはまぎれもない事実。
女系だと天皇制という制度が安定持続するから。
公的な発言を否定してなかったことにはできないよ。

258 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:24:32 ID:EiCI6lLG0
天皇万歳っていうて死んでった人たちもうかばれんのう。

259 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:24:50 ID:KomAH7y30
>>244
象徴天皇が日本の害悪なのはその通りだよな
国防、外交、ナショナリズム、すべてフヌケなのは
いつまでも占領下の天皇を担いでるからだよ
しかし今さら別の天皇家をもっては来れないよ
だからといってウヨクは廃止まで踏み込めないだろ
元首自慢ができなくなるもんな



260 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:24:51 ID:qZ6Dm7QrO
>>247
いつも同じ事ばかり必死だね。
ローマ法王もそれなら単なる平民だった訳で、ヒトラー青年隊だとかだったね。
「族」の意味を辞書で引きなさいね。血統や共同体は今も形成していますね。
書類分類上の法的な「身分」では無いだけです。
あ、そういや国家体制の崇拝者でしたねwww

261 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:25:12 ID:5ErrEGq+0
>>252
その神官が仏教をこの国に入れた立役者だったり戦前は軍の大元帥だったりした訳だなw

ところで「男系で無いと神道トップの座は勤まらない」と言う根拠を示す物はなんなのかな?
(経典とか有名な口伝とか?)



262 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:25:50 ID:HJx0RFZoO
http://my.peps.jp/onikagura

263 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:27:37 ID:HUo+bgVE0
>>256-257
女系にすれば皇室が皇室であるための要件である
血統的な正統性が自動的に消滅するからね。

正統性のないニセ天皇なんて叩き放題だし、
そうなれば廃止だって時間の問題だよ。

奴らは存外賢いよ。
「女系にすればなし崩しで皇室廃止だから賛成します」
なんて本音を漏らすわけがない。

264 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:27:47 ID:6QkFvKAu0
>>254
小泉は、ここまでの発言を見る限り、天皇に対して積極的なポリシーを持っていないので、
政策の根回しの材料程度にしか思っていないと思うけど。

全部調べればわかるけど、男系も女系も積極支持してないw

265 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:28:31 ID:YTUtuXTU0
確か、美智子妃を迎えた一つの理由として、皇族に別の血を入れる目的でなかった?
旧宮家って、遠くても少しは天皇家の血を引いている訳でしょ?
その辺りは天皇家的にはどうなんだろうね?

266 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:29:46 ID:+11y5bYT0
>>264

一言「軽々しく触るな」ってことだな。

267 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:30:59 ID:jjXGhgkbO
>260
旧宮家を御輿に担ぎたいなら法律の後ろ立てでも少しは考えたらw
なんも行わずに、昔宮家だった家の子孫だから皇族にしろで、国民の理解が得られるとでも。
おめでたいねえ。


268 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:31:04 ID:eb+qpeEL0
>>260
意味が分からん
民主主義が嫌ならヨソの国に行けば?


269 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:32:48 ID:CZ21eCcg0
>>263
社民党は男女平等主義でなんも考えてない馬鹿
だけど、共産党はなかなかの策士がいる。
男系だとこのまま断絶。旧皇族復帰を阻止。
女系でもいづれ血統の正当性を問題にできる。
かなり細かく考えてる。


270 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:33:16 ID:fPvsQbe6O
>263
そもそも象徴天皇制という制度が限界にきているのではないか。
皇室に無関心な国民が増えているようだし、そのうち“象徴天皇制廃止容認”ってなるのではないか。

271 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:35:14 ID:HUo+bgVE0
>>268
日本のような伝統国家がイヤならアメリカにでも移住すべきだね。
なぜ日本が平等主義の原則に反してまで世襲の象徴天皇なんてものを
維持しているかをもっと考えてみると良い。

272 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:36:29 ID:+11y5bYT0
結局このスレにいる女系派って、
法律やシステムの枠内でしか考えられないやつなんだよな。
「天皇」ではなく「天皇制」を考えてる。
こういうのを観ると、確かに世界的には死に絶えた共産主義が
策士の手によって日本では脈々と刷り込まれていると思わざるを得ない。


273 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:37:20 ID:KomAH7y30
>>271
天皇の身分は憲法からしたらビミョーだけど
世襲って女系は否定してないんじゃないの?
なんか女系派みたいになってきたけど俺
論理は一貫させないとな


274 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:37:30 ID:CZ21eCcg0
3日ぐらいまでここでは圧倒的に優勢だった
旧皇族工作員がぼろぼろだね。
人数だけでなく、書き込む人間の知的レベルも
低下してる。
こうなると少しは支援してもいいかも。
仮想の世界とはいえ女系に負けるのつらいだろうから。

275 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:37:40 ID:5ErrEGq+0
しかし個人的には女系に付いては先送りになって
男系派の政治家が対案として旧宮家の復帰を具体的に
どう言う形で出してくるのか見てみたいw

そもそもその神輿に乗る有力な旧皇族男子がいるのかどうか
本人達にそんな意識は欠片も無くても世間は「現皇族VS旧皇族」の対立構造で見るだろうし
そんなとこへノコノコ出てくる旧皇族っているのか?
それが現皇族とも親交を持つ人間なら尚更だと思うのだが?www




276 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:38:02 ID:fPvsQbe6O
小泉首相は共和制を指向しているように思える。
首相公選という議論もあった。
これも女系同様に世論調査で賛成が多かったが。

277 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:39:02 ID:qZ6Dm7QrO
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134091217/715
学術的用語を当てはめるなら、今回のは選系です。
双系とは、例えるなら皇太子が今上と美智子皇后の双方の系統をとの意味になる。
何より、一部に勘違いが有ります。その論法なら愛子様の子は明治、昭和天皇より、
父親の父母や由美子さんの方が近く成るし、正田家も同列となる。
今回のを学術的な分類に入れるなら選系です。
勿論、後から2系とか何系とか学術的に創る事も可能で、これらは人間の営みを無視できるので別系統と言うべきですけどね。
いずれも、天皇系統でも無いし、氏族ルールでも無いので。


278 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:39:25 ID:HUo+bgVE0
>>272
要するにさ、確信的な女系派ってのは
法律で「ウンコはカレーである」と規定されてしまえば
現実問題としてどれだけそのウンコが臭かろうが何だろうが
カレーとして旨そうに食えてしまう奴らなんだよね。

279 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:39:27 ID:jjXGhgkbO
>271
国民にとって「象徴天皇」がメリットあるから。
そして、その「象徴天皇制度」の未来を決める権利も国民のモノ。


280 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:40:42 ID:wWI5AGJd0
勝利宣言してるところを見ると、共産系工作員というよりも
半島系工作員かもしれないと思ってみる

281 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:41:02 ID:KomAH7y30
>>278
そうではなくて
天皇の運用を法律以外にできるの?
宗教法人なら勝手に独立してやればって言われるだけだよ



282 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:42:13 ID:+11y5bYT0
>>281みたいなやつとかなあ・・・
「天皇の運用」とか意味わかってないし・・・。
若いのかなあ。
日本っていつからこんなにやばい国になったかなあ・・・。

283 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:43:22 ID:CULAAKCS0
>>274

そりゃ女系容認の政府系工作員のが数のが充実してるよ
おまけに野党もすべて女系容認してるしな

284 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:44:00 ID:KomAH7y30
>>282
論理(法)で反論できないところには、国民の支持は取り付けられないよ

285 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:44:02 ID:HUo+bgVE0
確かに憲法の文言はあえて「女系は世襲と認めません」とは言ってないけどね。
けどね、何で憲法が天皇に世襲を求めているかを考えてみればば、
それは天皇の血統的な正統性を担保するためなのは明らかでしょう。
そして、天皇の血統的な正統性は間違いなく神武の男系である事なのだから、
男系を維持しないと憲法が世襲を求める趣旨には合致しないことになるんだよ。

286 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:44:30 ID:CZ21eCcg0
>>275
恥も外聞もなく旧皇族が復帰めざすなら
皇室(皇族)とやりあうしかない。
男系男子との結婚と皇族復帰を交換条件にして。
皇族側が完全女系に移行して全員一般人と結婚
することは考えにくい。
なんらかの条件は引き出せるよ。

287 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:46:21 ID:CULAAKCS0
>>257
「共産党」のトップの思慮だとしたら浅いな

女系容認して宮家増大、皇室費用増大で国民の皇室嫌いを
増長させて天皇制廃止を狙うのが筋だろう
日本で王制が覆されたことはないが各国の革命王制を転覆させてきた
方法論を採用しないのはあほだろう

288 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:46:21 ID:H5Lohk4x0
>>286
>皇族側が完全女系に移行して全員一般人と結婚
>することは考えにくい。

しかし東宮家の愛子嬢が旧皇族と結婚するとは思われないだろう。現在いる皇族未婚女子の中で
いちばん可能性が低い。なんてったって母親が皇室を嫌っているから。

289 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:46:48 ID:qZ6Dm7QrO
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134091217/719
あのね。一般の女系容認は男系を否定して無いんだけど。
男系も含めて女系容認で、此処の『女系強要派』とは違います。
何より、愛子様を天皇にすべきは、男系絶対+男子優先より、最近はいずれの調査でも少ない。
それに、直系優先の中でも、かなり前の調査でも男系維持の模索もすべきと答えてた。
此処の女系強要派とは違うので。


290 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:47:23 ID:jjXGhgkbO
そもそも、法律はこれからどうするかを話あう段階。
男系派は、女系にしたくないなら国会でそういう法律になるよう運動したらいいだけの事。
ま、女系容認派が勝つだろうが。


291 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:47:33 ID:9v85VR890
おれは、靖国参拝賛成、
中韓はウザイと思う、
業界の既得権益はつぶすべき、
憲法改正賛成だが、
女系天皇も賛成だ。

よって小泉首相に近いと思うが、
理由は、男系でなければならない合理的な理由がないから。
ここでは「伝統」は無条件に守るべきだと考えている連中が
多いようだから言っておくが、そういうのは
「伝統」ではなくただの陋習だ。
漢字の読み片側からないなら辞書で調べると言い。
「陋」というのは醜いという意味。



292 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:47:48 ID:+11y5bYT0
>>284
論理(法)と書いちゃうあたりが、すごいよなあ。
ヒトラーとかスターリンとか彷彿とさせるよなあ。
天皇を通して、日本の病理が浮き彫りになった感じだ。


293 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:48:54 ID:KomAH7y30
>>285
その染色体の話は
ミトコンドリアでも血統の正当性は維持されるじゃないかって
立花隆が論破してるよ
よくは分らないが


294 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:50:22 ID:CZ21eCcg0
>>283
旧皇族派は男系維持派の中では
日独伊三国同盟のイタリア状態だからね。
負けてもらっては困る。
政府系女系工作員との戦いはがんばってもらいたい。
もう旧皇族対反旧皇族の男系派内の内部抗争やってる
場合ではない。

295 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:50:53 ID:xEZOap6b0
昔戦に負けた時、男子は殺されるけど女子だと仏門に入れられて見逃されてたでしょ。
女が成長しても脅威にならないってのもあるけど、女が男子を産むこともあるのに
それでも見逃されてたのは何故か?それは男子を産んでも所詮他家の子であり、
母の父方の家のために復讐に立ち上がることもないだろうと判断されての事だろうし、
事実そんな例を俺は知らない。
つまり女系天皇にしたら、男系派(真の皇室支持派)の支持を失うのはもちろん、
女系天皇本人自体が皇祖への尊敬とか愛着とか持てずに天皇辞めたくなるんじゃないかと思う。
その頃は旧皇族も皇籍離脱後100年以上経過してて皇籍復帰とかありえなくなり、
皇室終了ってのが、分かりすぎる程分かる。
皇室支持派なら絶対に男系を支持すべきだ。馴染み云々なんて一時の事でしかないのだから。

296 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:50:54 ID:qZ6Dm7QrO
>>268
貴方が意味不明だね。何処にその反論が当て嵌まる文章が在るのかな?

何か、気に障ったとかw

いつも同じ内容なので、レスしてみただけなんだけどwww


297 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:51:10 ID:HUo+bgVE0
>>291
君は物事の本質が見えないお馬鹿さんだよ。
男系でなければならない合理的理由?
では天皇がなければならない合理的理由は?と問われたらどう答えるつもりかね。

天皇ってのは日本の歴史と伝統を背負っているからこそ尊いし、
国民統合の象徴にもなりうる存在なんだよ。
その天皇が建国以来の伝統である男系を「合理的理由がない」と
断ち切ったら、その存在意義は消滅するだろうが。

298 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:52:19 ID:lHGFNbtZ0
★男女共同参画基本計画から「性差否定」を排除、山谷政務官

 山谷えり子内閣府政務官は十日、東京都内で開かれた黒田清子さんご結婚祝賀集会で講演し、政府が策
定を進めている男女共同参画基本計画(平成十八−二十二年度)からジェンダーフリー(性差否定)思想を排
除する考えを示した。
 山谷政務官は「真の男女共同参画を進めなければならないが、共同参画という名の下に家族解体、秩序破
壊思想が入り込んでいる。ジェンダーフリーや過激な性教育の暴走を阻止する常識的な基本計画にしたい」と
述べ、男女が違いを尊重して支え合う基本計画を目指す方針を表明した。

産経新聞
http://www.sankei.co.jp/news/051211/sha031.htm

299 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:53:25 ID:KomAH7y30
>>297
象徴って言葉を簡単に使ってるけどさ
大日本帝国憲法には象徴なんて書かれてないぞ


300 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:55:12 ID:HUo+bgVE0
>>293
だれが染色体の話をしているよ。
大切なのは神武以来の天皇との繋がりを保つ事。
そして、その繋がりは代々男系主義で保たれてきた。
いまさら変えられないのよ。継承原理を変えたらそれはもう
従来の歴史と伝統に裏付けられた皇室とはいえない。

301 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:55:21 ID:fPvsQbe6O
>291
女系での継承がなされた場合、憲法に規定された象徴天皇としては正当性がある。
内閣総理大臣を任命できなくなるとか、衆議院を解散できなくなるとかということにはならない。

しかし、天皇には皇祖の祭祀継承者としての側面もある。
この継承ルールは男系継承ということになっている。
うまく言えないが、女系天皇の即位は、無宗教の追悼施設の建設と重なる部分がある。
法的な正当性はあるが、宗教的な正統性については疑問。

302 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:55:50 ID:CZ21eCcg0
>>287
男系維持、現行皇室典範のまま
皇太子→秋篠宮で断絶が自然で直接は
なにもしなくてもいいからもっとも楽。
女系だと基本的には皇位継承はとぎれない。
共産党といえども表だって天皇制廃止運動は
やりたくないだろう。


303 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:56:08 ID:jjXGhgkbO
>291
貴方とは考えがあいそうです。
今時の20代〜30代ならそういうスタンスの人多いと思う。


304 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:57:32 ID:5ErrEGq+0
>>301
>この継承ルールは男系継承ということになっている。

具体的な根拠頼む。
何処かの経典とか口伝?




305 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:57:41 ID:CULAAKCS0
>>276
小泉は日本最初の国家元首になりたいと思ってるかもしれないな
もちろんどっかの馬鹿大統領におだてられたもんだろうと思うけどな

306 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:58:03 ID:H5Lohk4x0
>>302
>女系だと基本的には皇位継承はとぎれない。
>共産党といえども表だって天皇制廃止運動は
>やりたくないだろう。

つまり女系にすることで「裏で」天皇制廃止運動するわけで。もうバレバレなんですよ。

307 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:58:15 ID:qZ6Dm7QrO
>>293
立花の電波かよ。以下コピペ
立花って無知と言うか電波ですね。
アマテラスの子は男神しか居ないので、アマテラスのミトコンドリア(神話に持ち込む馬鹿)を例にだしても、孫の世代には受け継がれて無い。
またアマテラスは一人で誕生させた(配偶無し)訳だから、
Y染色体を持ち出すにしてもアマテラスの分身でしょ。
大体、スサノオがアマテラスの物を噛み砕き息を吹き掛けて誕生したからアマテラスは産んで無い。
スサノオを父親と解釈しても神話にY染色体を持ち込んでもはアマテラスと同じ。同じイザナギから誕生した訳だしね。
>>587
親はアマテラスのみで父は居ません。それに間違ってますよ。女系では無いです。アマテラスは起源の元。
世界中の男系起源は女性から始まる。アマテラスが女神だからこそ起源なんですよ。
アマテラスの創った種を起源と考えれば良い。 それに神と人とは違うけどね。
アマテラスの実(身に付けていた物)をスサノオが噛み砕き息を吹き掛け(一部、口伝には飲み込み)誕生した系統です。
(この話しからも人間とは違うと分かる)
それに、アマテラスもスサノオもイザナギから誕生してる。
(人と同列にするならイザナギからの男系)
でも、皇統とは神武(第三起源)からと規定されている。(制度上的にはアマテラスから皇統譜に載ってるけどね)(天照は第一)
因みに出雲国造もアマテラスの子孫に成る。
系統から考えれば出雲家もアマテラスの男系です。 (つまり、男系は絶対的な基礎条件で副因は他にも有る)

アマテラスもスサノオとの宣約でも自らの子は男子と言ってる。
(アマテラスには男神しか居ないので、男系でしか遡れない。)

因みに、神学的解釈で、スサノオは、皇祖とはされて無いし、男親ともされてません。
(アマテラスのみに起源が有る。だからこそ重要かな。)
最後に、口伝により違いも有る。


308 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:59:32 ID:CZ21eCcg0
>>288
それなら男系男子を養子に送り込むという
手もある。
基本的に皇室の女系継承に反対して
婿や養子での妥協案を引き出せればいい。

309 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:00:55 ID:jjXGhgkbO
247と268が別人なのに、一人でわけわからんレスしてる人がw
あんた、私に向かって「いつも同じレスだね」と言ってたんだろw


310 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:01:35 ID:CULAAKCS0
>>302
皇太子→秋篠宮でいいんだよ

過去の傍系継承時もきっとせっぱつまってただろうし
このとき愛子が外れればマコリンペンへの継承に対して国民不信が増す
じゃあ愛子にするか?となるとアホの国民も自身の軽挙妄動に気づかされるだろう

そうすりゃ自然と過去の伝統の採用、傍系継承に行き着くと思う

311 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:01:59 ID:HUo+bgVE0
>>299
あくまで現行憲法を前提とした話だろう。

>>301
歴史と伝統の裏付けの無い女系のニセ天皇なんて
法的な意味でも正統性なんて無いよ。
少なくとも多数の人からクレームがつくね。
正統性ってのは絶対多数に無条件で認められる事が必要。

312 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:03:00 ID:fPvsQbe6O
>304
私は歴史が専門という訳ではないので、そのあたりは詳しくない。
申し訳ない。

まあ祭祀継承者としての継承ルールは天皇氏族の慣習みたいに理解している。
それを変更するつもりなら(象徴天皇と伝統天皇に分離しないなら)、天皇氏族の人間のご意向を伺わないのはおかしいと思う。

313 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:03:18 ID:KomAH7y30
>>300
それは神話なの宗教なの?事実性なの、事実性なら検証はされてしるべきだ
よく出てくる陵墓の調査というやつ
曖昧でなんだかわからないような論理は、やっぱり限界だ
宗教性を維持したいんなら、
洋装で元首なんかやってないで、祭祀だけやればいいいし
継承問題だけでなく、最近の雅子批判にあたるようなものも含めて
成りたいような姿で天皇家の存在を維持するためは
ダメなんだろ憲法で作っても
いったい、どっちを取りたいんだよ
男系はワガママだな



314 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:03:39 ID:qZ6Dm7QrO
>>299
有名な憲法学者(京大派)が出してる論文や書籍には、
明治も象徴としてる。
今、改憲して元首明記しようが、象徴は象徴だとね。
表現により象徴が変わる事は無いし、戦前でも天皇裁可も大臣、副大臣の署名が無ければ無効に成りますしね。


315 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:05:05 ID:CZ21eCcg0
>>306
それは共産党の目標が天皇制廃止だからね。
男系維持、秋篠宮で断絶は共産党の国会議員の
勢力では無理だからね。
あとは愛子天皇容認、旧皇族復帰反対で
やってくだろうね。
真実は共産党の秋篠宮断絶策をかわして
とりあえず愛子に非難したのかもしれない。
野党が賛成に回るのをみこして。

316 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:05:56 ID:UWsYKEy+O
>>263
禿げ上がる程同意。


317 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:06:06 ID:jjXGhgkbO
>310
基地がいだな。
現実に皇族にいらっしゃる内親王たちに不安を感じて、皇族でない平民に継承させようと思うのか、あんたの頭の中の国民。


318 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:06:31 ID:KomAH7y30
>>314
意味合いが違うんじゃないの
帝国憲法は神勅によって成立したわけだし
日本国憲法下の「象徴」は新概念だよ




319 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:07:15 ID:9nSc4cRQ0
>>306
いや、表向きが「男系」
本音が「皇室制度廃止」という連中もかなりいるだろう

今の時点、皇室制度廃止を目指す連中が、方法論で一枚岩になっていないのではないかな

320 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:08:14 ID:Bv1DPyqi0
負け組政治家って悲惨ですね
自分らの主張を通すために、染色体がどうとかありえないことをいってくる(w

321 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:08:22 ID:HUo+bgVE0
>>313
神話でも宗教でもないよ。
王朝なんてものは初代から歴代に連綿と繋がる系図こそが
地位の世襲の唯一の根拠。こんなのは常識でしょ。
で、日本の皇室は男系で見る限り
「初代から歴代に連綿と繋がっている」と主張できる。
だとすれば、その地位世襲システムを維持するためには
男系維持が絶対に必要である、と言うだけの話。
簡単でしょ?

322 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:09:23 ID:fPvsQbe6O
>311
たから、あえて“正統性”ではなく“正当性”と書いた。
国民からは正統性についての不満は出るだろうが。

323 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:10:07 ID:qZ6Dm7QrO
>>304
676詔。大宝律令。旧辞系の一部にも有る。
神託多数。何より昔は「嗣」の意味は男子の事。
氏族ルールや歴代天皇の意思でも有るね。
法的正当性から女系(別系統)を言うならなら分かるけど、
歴史や伝統や天皇ルールから正統を争っても無意味だよ。
それらを基準にするなら、男系より女系が優先されるなんて事は無いのでね。


324 :304:2005/12/11(日) 16:11:12 ID:5ErrEGq+0
>>312
個人的には女帝を歴代天皇にカウントしているので
男系であれば性別に拘らないと言う部分で本当にそんな物があるのか懐疑的だw

まあ何処かにそれを記載した「ナントカ文書」なるものがあっても記紀に比するほどの
古さが無ければならんだろうなw

そもそも神社本庁が女系に慎重論を唱えているが
宗教的解釈による根拠を明確に打ち出していない。
一般の「伝統を大切にしろ」の論を出ていない。




325 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:12:07 ID:CZ21eCcg0
>>310
このままいくとそうなるよ。
愛子や眞子の婿しだいだけど、
旧皇族が対決姿勢打ち出していっさい
結婚しなかったら国民はどうかんがえるか?


326 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:12:54 ID:KomAH7y30
>>321
俺は神話つか宗教性を否定したところに、
胡散臭さというかご都合主義というのを感じるな
なんだそんなものかっていうな
そんな程度のものなら
陵墓発掘でも何でもして、後は博物館に入れておけばいいよ

327 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:13:15 ID:5ErrEGq+0
>>323
>何より昔は「嗣」の意味は男子の事。

じゃあ女帝の場合はどうしたんだ?



328 :創価内男系支持者:2005/12/11(日) 16:13:30 ID:vNFNHKMv0
もういいや、
マンドクセーから天皇は選挙で決めたらいいんじゃね?
次の天皇は麻生がなったらいい。
いずれは杉村君がなって言うだろ
「サイコーだよ、フリーターやってた俺が天皇だよ!もう笑っちゃうよね!」
タレント候補もメチャクチャ強いだろうからキムタク天皇とかウタダ天皇とか!
どーでもいいやwwww

329 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:13:50 ID:HUo+bgVE0
>>322
不満で済む話じゃないと思うけどね。
日本政府の統治や日本国憲法に正統性を与えているのも、
伝統天皇の存在だし。
今はたまたま平和な時代だから別にそれでも問題は無いだろうが、
少しでも国が乱れてくると大変なことに成りかねないよ。

日本の歴史が伝統天皇の権威の奪い合いだったことを考えればね。

330 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:14:37 ID:qZ6Dm7QrO
>>309
やはり馬鹿だったか。
別人なのに>>268が筋違いのレスを入れてきたからなんだが、貴方、学校に行ってないでしょ。
文意を読み解く力が無いみたいですね。


331 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:15:51 ID:CZ21eCcg0
雅子たたいてるのも女系の作戦。
愛子と旧皇族男子の結婚をすこしでも
可能性を落とすために。
皇位継承は血統、人間性は関係ない。
男系は完全にひっかかてる。

332 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:16:30 ID:HUo+bgVE0
>>326
だったら女系天皇容認なんて言わずに、
ストレートに天皇廃止を主張してはどうかな。
それが君の考え方に一番合うだろう。中途半端は良くないよ。

333 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:19:02 ID:qZ6Dm7QrO
>>318
はぁ?五箇条の御誓文を知らないのですかな?
神勅により成立?
歴史認識が間違ってますよ。
寧ろ、明治政府は神勅によるなどは古い慣習としていましたけど。
儒学的要素から来る国学思想によるものは有るかもしれませんが、
神勅によるなどでは無い。


334 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:19:09 ID:KomAH7y30
>>332
だからw急に極端に決め付けないでよ
男系にしろ女系にろ廃止にしろ
成り行きなんだろ
今上家に男子が生まれなかったのも、成り行き
これから愛子がどんな男を貰うかも成り行き
日本人らしいといえば、らしい
成り行きはさ


335 :創価内男系支持者:2005/12/11(日) 16:19:22 ID:vNFNHKMv0
やぱっりテンノーになるのは不公平な家系なんかじゃなくて
人気で決めるべきだと思いマース(^o^)丿
毎年ネットで投票やって一番人気ある香具師がテンノーになる。
それで(・∀・)イイ!でしょ?

336 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:21:19 ID:qZ6Dm7QrO
>>327
古代の女帝は嗣では無かった。


337 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:23:03 ID:jjXGhgkbO
男系派は集会で

「刀一本あればかたがつく」

とか、物騒な発言してるらしいね。
自民党か宮内庁に連絡した方がいいんじゃないの?
こういう、いっちゃってる人たち。


338 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:23:21 ID:HUo+bgVE0
>>334
あのね。女系は成り行きで済む問題じゃないんだよ。
天皇の正統性の断絶。つまり天皇が天皇じゃ無くなるわけ。

カレー屋さんでカレーが切れたからと言って
ウンコにカレー味をつけて出したら大問題でしょ。
それと一緒。マガイモノはダメって話ね。OK?

339 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:23:58 ID:wWI5AGJd0
しかし、ここまで工作員が情報流して混乱するスレも珍しいな
「こうしてるのは○系の作戦」
とかいう断定が多すぎ。
女系にも男系にも色々な考え方があるのは、みんな百も承知なのに
わざわざ不信感煽って分裂させようとしてる

340 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:24:30 ID:gJ68ZLtn0
>>332
つーか、従来天皇制の廃止を主張していた連中が軒並み女系賛成だし。
国民に事の本質を知られないうちにさっさ改正、が女系派の作戦みたいなので、
自分達が潜在的少数派だということを自覚しているんじゃないか?

341 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:25:30 ID:KomAH7y30
>>333
コピペだけど

日本国憲法は、天皇に関する規定を明治憲法と比較すると、
第一に、明治憲法においては天皇は神聖を有するものとされ、祭政一致がとられていたが、
日本国憲法は、昭和21年元旦における天皇の「人間宣言」を当然の前提として、
天皇の神聖を否定し、国家と宗教の分離を明確にした。

第二に、明治憲法においては、王権者たる天皇の地位の根拠は「神勅」によるとされていたが、
日本国憲法では、天皇の地位は「主権の存する日本国民の総意」にもとづくものとされた(第1条)。
憲法第2条で、皇位は世襲のものであって、
「国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する」ことが定められている。
主権原理の転換によって、天皇制の形態のみならず、
その存廃の問題も、究極的には国民の意思に関わるところとなった。

第三に、明治憲法においては天皇は統治権の総覧者として広大な大権を有していたが、
日本国憲法においては、立法権は国会に、行政権は内閣に、司法権は裁判所に帰属することになり、
天皇は、「国政に関する権能を有しない」とされるにいたった。(第4条1項)

神権天皇制から象徴天皇制への転換は、このように天皇制の性格を根本的に改変せしめた。




342 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:25:56 ID:fPvsQbe6O
>355
前にも書いたが、憲法第二条を「天皇は、国民が直接これを選挙する」と改正すれば(同時に公職選挙法その他の法律を改正)、誰でも国家の機関としての象徴天皇に成りうる。
まあ、そんなことをしたら、大統領制と変わらないが。

343 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:32:11 ID:qZ6Dm7QrO
>>341
良いから、憲法論に関する書籍や論文を読んでみなさい。
あと神聖の表現は欧州の王国には憲法に国王は神聖にしてと表記されてる国も有るし、
アメリカは国民主権を否定した法主権の国のように、
色々有りますが、表現表記で、内容が変わる、例えば象徴が変わる等と言うのは少数派ですよ。
明治も昭和も象徴。法学板に詳しいのが有ったと思うけどな。


344 :創価内男系支持者:2005/12/11(日) 16:35:15 ID:vNFNHKMv0
>>342
しかも、立候補制を採用せずに任意の投票の結果とかにしたら面白い。
今年だったらコイズミが天皇になる。1昨年なら中居君だ!
どーせ象徴なんだし、国家的行事として毎年正月にやれば良い。
その年の顔が天皇になる。

345 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:36:20 ID:bzuBfJFl0
おれ的まとめ

歴史的事実:女系天皇は未だかつて存在しない(=万世一系)。
       子供をもうけた男系女性天皇はいない(在位中独身or生涯独身)。
       男系女性天皇は全て次代の男系男子が成人等するまでの中継ぎ。
皇室典範:上記の不文律を成文化したもの。帝国憲法下には旧典範があった。

現在の主な派閥と主張事由、特記事項

男系派
−伝統的暫定男系女性天皇容認派  
   暫定女帝は次代の男系男子を決めて即位する必要があり。
   旧皇族の皇族復帰が現状では必要。
−男系女子天皇容認派 
   次代の男系男子を定めず女帝を即位させ、その代での皇室終焉を目論む者あり。
−男系男子限定派  旧皇族の皇族復帰が必要。

女系派
−共産主義者  まず女系天皇を認めさせ、その後に実は正統性無しと主張予定
−ジェンフリ論者 伝統よりも男女平等、性差の撲滅が大切  

(女系+α)派
−双系、長子優先派

346 :最後に参考にしてください:2005/12/11(日) 16:36:29 ID:qZ6Dm7QrO
この問題が良く分からない方は、下記をどうぞ。時間があれば、下も見て下さい。
http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html
http://www.geocities.jp/banseikkei/
http://www.angelfire.com/journal2/hikojuro/
 http://nagane.kimono.gr.jp/hideki/messages/27_title_msg.html
http://homepage2.nifty.com/nishidah/m_royal.htm(・∀・)イイ
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/asia/tmp5.2ch.net/asia/kako/1118/11189/1118977539.dat天皇の事が少し分かる。
様々な意見とblogを集約したSite。 http://plaza.rakuten.co.jp/oo00wa00oo/diary/200510200000/
歴史と伝統、そして心情的に男系維持に賛成な方の意見。
http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/d17e724705f700bdfbeeb75dc85e5552
有識者達に対する批判と意見。
http://kahkun3601.at.webry.info/200509/article_14.html

特定アジアを注視するSiteでも問題提起が。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/index.php?day=20051027
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=45126&pg=20051028

> 日本国の二千年を越える歴史を顧みれば、連綿たる万世一系の天皇が
> 治められて来た国なのです。(「万世一系」というのは、王朝が一つであるということです)
> このような国は世界中どこを探しても他にはありません。これは日本国の国体(国柄)
> であり、誇るべきものとして、その意義を子どもたちに教えるべきだと私は考えます。
http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-43.html
「どうしてそんなに(典範改正を)急ぐのか理解できない」 (外交評論家の加瀬英明氏)

「男系で一点の狂いもなかったから、神話の時代から皇室が続いた。
頼朝、信長もやらなかったことを、小泉内閣で、それほど皇室のことを
調べたこともない少数の人がやろうとしている」 (渡辺昇一・上智大学名誉教授)


347 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:37:21 ID:KomAH7y30
>>343
よいからもなにもないだろw
神勅主権を否定する根拠を示してよ、最高裁裁判の判決理由にも出されてるのに

348 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:40:13 ID:qT1cVUII0

485 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2005/12/09(金) 09:36:27 ID:/OvHBJKj0
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005082500156&genre=A1&area=Z10

これと同じ日に、雅子妃殿下は、愛知博で皇太子様と2人で臨席する予定だったんだよな

しかし、どうしても御体調がよくないということで欠席となって
いつものように、皇太子様お一人の御公務となったんだけど

全く同じ日にちゃかり、

雅子妃殿下は、自分の母校の催しには出席してる

どう考えても変だ w


349 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:45:48 ID:qZ6Dm7QrO
>>347
落ちようと思ったのに。
それは悪魔の証明だね。
簡単には御箇条の御誓文かな。
戦後解釈か知らんが神勅主権って何だよ。明治憲法はプロシャーを基礎にしてるんだけど。


350 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:46:01 ID:aFmPKFV90
もう現天皇のY染色体を冷凍保存して天皇廃止
乞食集団とりまき組織も解体
で、大統領制導入を希望します。

351 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:46:03 ID:o6Fm1IH10
>>348
スレタイにあるように、日本会議は愛子の立太子と即位は認める方向だ。
今更、雅子批判をやっても無意味。
男系派は次の策を考えろ。



352 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:47:28 ID:KomAH7y30
>>349
>明治憲法では、主権はアマテラスオオミカミの神勅に基づいて天皇に与えられたものとされていたのです。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/kenpou/keika_g/154_04g.htm

353 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:55:13 ID:qZ6Dm7QrO
>>352
読んで無いが、それ戦後の勝手な個人の解釈みたいなんですけど。
明治憲法を神勅主権なんてのは少数派です。
通説には成り得ないですよ。
神勅主権なんてのは規定されて無いし、御箇条の御誓文の趣旨とも違うのでね。


354 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 16:57:44 ID:KomAH7y30
>>353
神勅主権が何?ってこちらが何?だよw
まずはウイキさんから読めよ

大日本帝国憲法の解釈は、当初、帝国大学教授・穂積八束らによる天皇主権説が支配的で、
藩閥官僚による専制支配(超然内閣)を理論の面から支えた。
天皇主権説とは天皇に主権があると説く説であり、君主主権説の日本への適用である。
また、この天皇主権は究極のところ天皇の祖先(皇祖皇宗)に主権があることを意味し、
神勅主権と呼ばれた(王権神授説の日本への適用)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%AA%AC

355 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:02:23 ID:qZ6Dm7QrO
>>354
天皇主権は否定して無いんだけど。
その主権の総体的な役割が象徴と言うのが多くの書籍や論文に載ってると言っただけなんだけど。
何か勘違いしてますね。


356 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:03:53 ID:KomAH7y30
>>355
は?
では、象徴意味合いが同じというソースでも出してみて


357 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:09:15 ID:qZ6Dm7QrO
>>356
論文、書籍を読みなさい。
同じも何も、表現の意味では無く、象徴とは何かと言う役割の部分なのでね。


358 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:09:34 ID:KomAH7y30
>>355
つまり、日本国憲法の「象徴」は
社会契約説にたった立場じゃないのですか?

359 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:17:45 ID:KomAH7y30
>>357
あなたの自論や読みなさい連呼じゃ、なんお説得力もないですけどw
つーか、神勅主権も知らなかった事自体、でたらめなんですけどw
もしかして釣り?
ついでなので、
男系派学者、八木秀次によると
八木氏は、『日本国憲法とは何か』177〜8頁、PHP新書、03年刊
「主権の所在を明らかにするという発想自体、問題のあるもの」として(同書179頁)。
「憲法は書かれる以前の慣習や伝統あるいは神への怖れなど、
 そういったものによって権力が制限をうけるというのが立憲主義」
「皇祖皇宗の遺訓」を重視した明治憲法の「神勅主権」論の考えで、
明治憲法は、天皇制国家の成立を「合理的」に説明しておらず、天皇の権限の根拠を“伝統にある”としています。

と説明してますねw

360 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:19:05 ID:9BlUIbRw0
元々天皇家は一般人とは違うのだから

男女同権云々なんて片腹痛いわ

361 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:19:42 ID:KhJO4Mnj0
>>351
愛子様なんて一言も書いてないわけで、
皇太子→秋篠宮→カコ様orマコ様という流れもあるわけで。


362 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:21:09 ID:WWz+0GlI0
>>345
> 男系女性天皇は全て次代の男系男子が成人等するまでの中継ぎ。
つ「推古天皇」
結果的に中継ぎでは無かった訳だが。

363 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:26:18 ID:o6Fm1IH10
>>361
第1条 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。
-->第1条 皇位は、皇統に属する男系の子が、これを継承する。

ということは、皇太子の次は愛子。秋篠宮は2番目。


364 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:28:51 ID:LyXOLHlj0
ところで、皇統以外の夫を持った男系の女性天皇はかつて存在するのか?

365 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:29:58 ID:KomAH7y30
>>345
最高裁判決ではなくて高裁判決だったな
有名な裁判判決にもでる用語でつよ、神勅主
http://courtdomino2.courts.go.jp/roudou.nsf/0/7024510D9ED395BC49256D41000A74A8/?OpenDocument

366 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:31:42 ID:ncFyE46g0
>>363
敬宮が成人してなかったら秋篠宮がさきでも構わないだろう。

367 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:33:51 ID:o6Fm1IH10
>>366
第2条 皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。
1.皇長子
2.皇長孫
3.その他の皇長子の子孫
4.皇次子及びその子孫
5.その他の皇子孫
6.皇兄弟及びその子孫
7.皇伯叔父及びその子孫

第1条改正との合わせ技で愛子が優先。


368 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:34:12 ID:9BlUIbRw0
>>363

となると白髪の殿下に男子が居なければ
あいこー>かこー>まこー>断絶 の可能性あり?

369 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:34:19 ID:ACdAjVC/0
>>364
歴代女性天皇は全て終身独身ですが・・・

370 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:36:25 ID:jANSOvhu0
>>366
成人してるかどうかなんて関係ないよ。
愛子さまが次の皇太子になることには、日本会議も異論はないということでわ。
実際、こうやって少しずつ意見集約してかないと、男系派はどうやってもまとまりそうもない。

371 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:36:52 ID:KomAH7y30
>>357
ちなみに
象徴の言葉、概念はウェストミンスター憲章かららしいですね
「英国の国王は英連邦の連帯の象徴である」から


372 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:37:15 ID:o6Fm1IH10
>>368
紀子妃に頑張ってもらうしかないね。


373 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:38:22 ID:WWz+0GlI0
>>369
持統天皇ほか諸々…

終身独身ではなく、即位後は独身であっただけ。

374 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:38:26 ID:jANSOvhu0
>>369
推古、皇極・斉明、持統、元明の4女帝は既婚者だよ。

375 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:38:44 ID:qZ6Dm7QrO
>>358
そのレスで、話しが噛み合わないのは、私の貴方のレスの文意の誤解からかもしれないが多分『論点』が違ってた。
横田や奥平のもまた一解釈だしね。
明治は象徴天皇制だが、今は象徴天皇制ですら無い、共和制の中に規定される象徴天皇との解釈も有るくらいだしね。
その手の憲法論議なら議論板天皇スレに来てくれよ。
私の御箇条の御誓文の趣旨とは違うとのレスから始まったけど、論点が違ってたい。契約説の立場から憲法を言いたかったんだね。
亀レスなので、批評はしません。議論板とかでまた。


376 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:39:15 ID:+11y5bYT0
女系天皇容認って、
皇太子ー秋篠宮ー眞子ー佳子じゃないの?
年から考えて普通そうだろ。
ここに無理矢理愛子を挟むのはあまりにも不自然

377 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:39:36 ID:8Zy0tUp70
>>361
>皇太子→秋篠宮→カコ様orマコ様

それが本来の流れだから、本来愛子に回ってくる余地はない(カコマコの余地はあるが)。
なので女系長子案は、愛子を何としても即位させるための画策にも思える。

378 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:41:03 ID:KomAH7y30
>>375
ちなみに
象徴の言葉、概念はウェストミンスター憲章かららしいですね
「英国の国王は英連邦の連帯の象徴である」から

ウェストミンスター憲章は1931年の成立、GHQがこれから採用しただけw

379 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:41:36 ID:jANSOvhu0
>>377
女系案だけじゃなくて
このスレの日本会議の案でも皇太子の次は愛子さまになるよ。

380 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:42:51 ID:l+qDaT+FO
そういやこないだの
えぬえちけいの特集で犯罪被害者のことやってたっけ
今更知ったけど今の世の中って基本的に『ヤッたモン勝ち』なのね。
金も地位も無い公務員バッシング派はさ、



そんなに悔しいならさ



公務員の家族とか狙えばいいんじゃね?民事起こされても『あーわりぃオレ金ないから』で大抵済んじまうらしいぞw

まぁこの被害者(光市の親子殺害事件)は気の毒だがそれが現実だ、違うか?この加害者少年の両親は遺族に対して一体いくら払ったんだ?いや、そもそも賠償したのか?

381 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:44:02 ID:o6Fm1IH10
>>376
不自然でも、第1条改正だとそうなる。
皇太子→愛子→眞子→佳子  −−−→  旧宮家男系

これが日本会議の作戦でしょ。問題の先送り。


382 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:44:26 ID:8Zy0tUp70
>>379
日本会議案でも秋篠宮を差し置いて愛子が即位するの?
それはおかしいよ。やっぱ皇太子→秋篠宮→秋篠宮の娘の順だろ。

383 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:45:31 ID:Wa9CNJAa0
不謹慎な話でたいへん申し訳ないが、
女性天皇が拉致されて、○○されて生まれた子供は皇位継承できるの?

384 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:47:25 ID:jANSOvhu0
>>382
皇室典範1条の「男系男子」を「男系の子」に変えるだけならそうなる。
おかしいとか言われても、そういう規定になってるんだからしょうがない。

385 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:48:32 ID:o6Fm1IH10
>>383
男系ではないし、嫡出でもないから継承権なしだね。


386 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:49:06 ID:qZ6Dm7QrO
>>365
それを判決とは言わないのと、国家神道に関するのと天皇祭祀に関するイチャモンので問題が違うんだけど。
それは置いといて、国家神道に関する無茶苦茶な事実誤認が多いんだよね。
その裁判のは前に多く議論して疲れた経験が有るので落ちたいしメンドイので突っ込まないが、
神道に付いて誤認が多い。
神勅主権と関連付けてで持ち出す物では無いよ。


387 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:49:46 ID:8Zy0tUp70
>>384
なら男系の子に変えるという改正方法に問題があるな。
男系男子、いない場合は男系女子という風に変えなければならん。

388 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:51:04 ID:9BlUIbRw0
天皇陛下って勿論象徴であり、公務があるがそれだけではなく、有る意味もっと大切な
祭祀等々を行わなければならない。
今時のおなごに出来ることなのか?

389 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:51:52 ID:KomAH7y30
>>386
あなたが
神勅主権の言葉なんか聞いた事もないと書き込んだから
有名判例にも出る用語だと指摘してあげたんだろw
何摩り替えてるの?判例の中身なんか論じてないだろ、いいかげんにしろよw

>神勅主権と関連付けてで持ち出す物では無いよ。
神勅主権も知らなかったのにw



390 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:51:52 ID:o6Fm1IH10
>>387
第2条の改正が合わせて必要だな。


391 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:52:54 ID:qZ6Dm7QrO
>>371
あちらは、成文憲法では無いけどね。


392 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:53:13 ID:Wa9CNJAa0
>>385

 ありがとう。
 嫡って言葉が大切なんだね、知らなかったよ。

393 :388:2005/12/11(日) 17:55:09 ID:9BlUIbRw0
やはり神社側の意見も大事だろう。
今回は小泉も平沼もあかんな。
綿貫はどんな意見だろう?

394 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:56:09 ID:KomAH7y30
>>391
まったく意味不明w
つーか成文うんぬんwって、何の主張でいってるのか論理立てて書かないとw
やみくもに言ってもwそりゃ肌の色も違うわなw
でもGHQが日本国憲法に採用したんだからw



395 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:57:09 ID:5ErrEGq+0
>>393
民ちゃん、なんかやる気ナイっぽいw

http://www.watanuki.ne.jp/

396 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 17:58:33 ID:qZ6Dm7QrO
>>389
聞いたことが無いなんて言ってないんだけど。
>神勅主権て何なんだよ。
と、言い方からして明治憲法に照らし合わせたらオカシイと指摘したんだけど。
天皇主権(それに=象徴と指摘しただけ)で有って、神勅主権なんてのが変だと指摘しただけです。
>何なんだよ。←単なるツッコミですが、難癖かな?無意味だね。


397 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:00:37 ID:jANSOvhu0
>>393
おとといNHKで見たけど
綿貫が安倍に国民新党の政策提言渡してたんだよ。

道路特定財源の一般税化反対とか
所得税定率減税の廃止反対とかと並んで
女性・女系天皇の審議を慎重にって項目があったよ。

398 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:01:20 ID:qZ6Dm7QrO
>>394
イギリスの法体系を知らないんだねwww
普通、あれだけで文意は分かるんだけど。


399 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:04:02 ID:9nSc4cRQ0
>>345
男系男子限定派のなかにも、皇室終焉をもくろむ者がいると思う
というか、それがメインなのではないか

400 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:04:01 ID:AmcqP8L5O
男系の女性天皇は容認できる。しかし大きな問題がある。男系を守りつつ女性天
皇を誕生させることは可能なのか?皇族と結婚したものに限るか生涯独身を強要
させるという方法しかないではないか。後者は無理だと思うし(実際できるかも
しれないが、制度として確定させることは不可能)、前者も自由結婚観の中でで
きるのか?男女差別という主張からさらに進んで、皇族と民間の差別という主張
をいう奴がでてくるかもしれないぞ。

401 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:04:45 ID:KomAH7y30
>>396>>398
貴方は本読めとか他板でやるとか、論点をずらす書き込みしかせずに
具体反論を一つもしていない 、少なくとも以下には答えてくれ

日本国憲法は、天皇に関する規定を明治憲法と比較すると、
第一に、明治憲法においては天皇は神聖を有するものとされ、祭政一致がとられていたが、
日本国憲法は、昭和21年元旦における天皇の「人間宣言」を当然の前提として、
天皇の神聖を否定し、国家と宗教の分離を明確にした。
第二に、明治憲法においては、王権者たる天皇の地位の根拠は「神勅」によるとされていたが、
日本国憲法では、天皇の地位は「主権の存する日本国民の総意」にもとづくものとされた(第1条)。
憲法第2条で、皇位は世襲のものであって、
「国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する」ことが定められている。
主権原理の転換によって、天皇制の形態のみならず、
その存廃の問題も、究極的には国民の意思に関わるところとなった。
第三に、明治憲法においては天皇は統治権の総覧者として広大な大権を有していたが、
日本国憲法においては、立法権は国会に、行政権は内閣に、司法権は裁判所に帰属することになり、
天皇は、「国政に関する権能を有しない」とされるにいたった。(第4条1項)
神権天皇制から象徴天皇制への転換は、このように天皇制の性格を根本的に改変せしめた。
>>357
男系派学者、八木秀次によると
八木氏は、『日本国憲法とは何か』177〜8頁、PHP新書、03年刊
「主権の所在を明らかにするという発想自体、問題のあるもの」として(同書179頁)。
「憲法は書かれる以前の慣習や伝統あるいは神への怖れなど、
 そういったものによって権力が制限をうけるというのが立憲主義」
「皇祖皇宗の遺訓」を重視した明治憲法の「神勅主権」論の考えで、
明治憲法は、天皇制国家の成立を「合理的」に説明しておらず、天皇の権限の根拠を“伝統にある”としています。
と説明してますねw
>>375
ちなみに、象徴の言葉、概念はウェストミンスター憲章かららしいですね
「英国の国王は英連邦の連帯の象徴である」から
ウェストミンスター憲章は1931年の成立、GHQがこれから採用しただけw

402 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:08:09 ID:TudGLipA0
まあ、女性天皇が誕生するのは先の話。だから、女系問題は、それから考えてもいいはずだ。

403 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:12:50 ID:qZ6Dm7QrO
>>401
なら最後に言うが、最初から御箇条の御誓文がと言ったでしょ。
それに人間宣言は造語。全体の主旨は御誓文の反復で同じ趣旨です。
八木のは「論」としてるのに、論を「」から外している時点で印象操作だね。
何の反論にも成ってない。


404 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:14:11 ID:KomAH7y30
>>403
は?
印象操作とか言い出してるよw
あほかこいつw
いいから答えてね

405 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:14:28 ID:KhJO4Mnj0

やっぱり万世一系じゃないとかっこつかないわよね!



406 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:18:14 ID:tG2Qued40
これからはインターネットの時代なんですから
いくら偽天皇・嘘日王こと愛子様のガキを天皇と言いくるめるのにいくら宣伝費がかかるんですかね
あきらかに不経済なんだけど

407 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:18:15 ID:qZ6Dm7QrO
>>404
具体的には御箇条の御誓文です。
携帯なので様々な文書論文をコピペは無理だね。
あと、「国民の総意」を旧法に当てはめるなら「万世一系」です。


408 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:19:03 ID:KhJO4Mnj0
>>363
んー、だから皇室典範は変更しないほうがいいんじゃない?


409 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:19:42 ID:qBj35YmT0
>>405
だから〜「万世一系」なんて嘘だってことに早く築けよ。(w

親は2人いる、
親の親は4人だ。
そのまた親は8人だ。

どこかでだぶってることもあるだろうが、祖先をたどったら一系どころか無数の系統にさかのぼれるんだよ。

これは、あんたも天皇も同じ。
人類皆同じ。

410 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:20:26 ID:KomAH7y30
>>407
あなたは、ここにレスを入れてきたわけだが、答えてもらおうか

299 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 15:53:25 ID:KomAH7y30
>>297
象徴って言葉を簡単に使ってるけどさ
大日本帝国憲法には象徴なんて書かれてないぞ

大日本帝国憲法が御箇条の御誓文により
天皇の地位を象徴とした、具体的見解とソースを出して



411 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:22:38 ID:tG2Qued40
>>407

やめとけ。
そもそもそいつはアホなのだからアホにあわせるとアホが伝染るぞ
しかも、相手にされないとわかって初めて自分が完全に間違いだということを知るタイプのアホ
引きこもり相手になに言ったって無駄

412 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:23:33 ID:KhJO4Mnj0
>>409
あんたバカ?それともチョソ?死ねばぁ〜?www



413 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:25:23 ID:KomAH7y30
>>411
横槍は具体的に指摘してくれよ
後学のために
その、完全な間違いというやつをね
国民統合の象徴とは、総意にもとずくと始めて規定したのが日本国憲法だ
答えてね


414 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:27:43 ID:qBj35YmT0
>>412
オマエガナー(w

415 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:31:46 ID:qZ6Dm7QrO
>>410
馬鹿?地位では無く、役割なんだけど。
何より、今、単に表現、表記が元首に替えようが、天皇は象徴のままと言うのが殆どで、
元首にしたり何か表現を変えたら中身が替わると言うものでは無いとの指摘です。
あと、携帯でコピペは無理と言った。
自分こそ大した根拠も無いのに気が付かないないのと、
イギリスの法体系を知らなかった無知は無視して落ちよ。


416 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:35:40 ID:AmcqP8L5O
法律絶対主義はどうかと思う。

法律に書かれない伝統や慣習も重視するべきだと思う。特に天皇という問題は古
代からの伝統の一部を成文化したにすぎない。法律だけでは天皇制を語れないよ。

近代の要素と前近代的な要素の集合体が天皇という存在だ。

417 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:36:28 ID:KomAH7y30
>>415
あのですね、男系女系論において天皇地位を話してるスレで
今度は役割論に摩り替えかよw
都合がいいな、その自論はw

つまりな、八木教授のいう
神勅主権による男系維持の正当性は、日本国憲法では保障されないということ
で?元首うんぬんが、この話にどう関るか説明してから、勝利宣言逃亡してねw



418 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:38:46 ID:Ty6iiLbD0
男系維持できるなら愛子と旧皇族男子の
結婚でいいけど、まだまだ泥臭い争いがつづく。
歴代天皇はがまんしてきたのだろう。

419 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:41:22 ID:X/Wl+PAM0
このスレ、皇室廃止を目論む共産主義者が湧きまくりんぐ。

420 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:45:14 ID:fPvsQbe6O
>418
女系容認が止められないなら、最悪でも第一子優先継承を男子優先継承にしないといけない。
愛子さまが旧皇族の男子と結婚されて、今回の危機を乗り切れても、
第一子優先継承だと、後世の天皇の第一子が女子だったらまた問題になる。
その度に女性天皇の婿に旧皇族の男子を迎えられるとは限らない。

421 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:45:44 ID:KhJO4Mnj0
>>414
チョソ死ね!!!


万世一系万歳!!!



422 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:46:11 ID:Ty6iiLbD0
本当に男系維持するなら、
愛子と旧皇族の結婚
秋篠宮の次眞子と旧皇族の結婚
この2つしかない。
結婚は法律に関係なく自由にできるから。
女系も自由恋愛を支持してるし。
一般人との結婚を強制はできない。

423 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:47:43 ID:X/Wl+PAM0
国民のほとんどが男系女子と女系女子の違いを認識してないだろうな。

424 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:48:10 ID:dFGiwaHt0
どう見ても、都合の悪いレスや民意には見ないふりをする
女系拒否による皇室断絶を求める

  ブ サ ヨ 男 系 論 者 の 完 敗 で す

本当にありがとうございました。

425 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:48:50 ID:qZ6Dm7QrO
>>417
本当に用事が有るんだよ。本来は無視しようとしたけど、
410でレスを入れきた理由と聞かれたからでしょ。その指摘。
>つまりな、八木教授のいう
>神勅主権「論」による男系維持の正当性は、日本国憲法では保障されないということ
で?元首うんぬんが、この話にどう関るか説明してから、勝利宣言逃亡してねw
>>375で最初のレスや何やらで論点が違ってて私の最初の横スレが違ってたと言った。
では、貴方と違い忙しいので。


426 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:49:21 ID:eISPWrYi0
そろそろあの一家も楽にしてやれ

427 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:49:46 ID:Ty6iiLbD0
>>420
それは確実にやるべき。
本来、男系維持派は改正案成立を
想定した条件闘争をすべきであったのに、
現実無視の主張をし続けた。
やっと目をさますやつが増えてきた。

428 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:49:59 ID:hqz5Ld3W0
★【調査】女性・女系天皇容認「賛成」77%で、「反対」6%を大きく引き離す
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1130957564/
・調査で小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(吉川弘之座長)が
「女性・女系天皇」を容認する方針を打ち出したことへの意見を聞いたところ、
「賛成」が77%と「反対」の6%を大きく引き離した。
 調査結果を見る限り「女性天皇」母方が天皇の血筋を引く「女系天皇」のいずれも世論の
抵抗は小さいようだ。 ※ソースは日経新聞05.11.02朝刊

★7割超が女系天皇容認=皇位継承「男女同等に」8割弱−時事世論調査
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1118989320/
・時事通信社が17日まとめた皇位継承方法に関する世論調査結果によると、
 7割以上が現行の男系継承(父方が皇族)について「こだわる必要はない」と、
 母方のみが天皇の血筋を引く女系天皇を容認していることが分かった。
 また、女系容認の場合の皇位継承方法に関しても「男女で差をつける
 必要はない」との回答が8割近くに上った。

★女系天皇容認7割 継承順は第1子47% 本社世論調査
http://www.asahi.com/national/update/1128/TKY200511280308.html
「女系天皇」に関する質問では、これまでは父方に天皇の血を引く男系の
天皇が続いており、女性天皇の子どもが天皇になるとしたら「歴史上初めて、
母方だけに天皇の血を引く女系の天皇を認めることになる」と前置きした
うえで「男系を維持する方がよいか。それとも女系天皇を認めてもよいか」と尋ねた。
 その結果、「男系維持」は17%にとどまったのに対し、「女系容認」が
大きく上回って71%を占めた。

★71%が女系天皇を容認 皇位継承順位は意見二分
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=IBR&PG=STORY&NGID=main&NWID=2005120501002474
・共同通信社が3、4両日に実施した全国電話世論調査で、政府の「皇室典範
有識者会議」が打ち出した女性、女系天皇について聞いたところ、女性天皇の
子どもが即位する女系天皇について「認めてもよい」とする回答が71・9%を
占め、従来の「男系を続けるべきだ」の16・1%を大きく上回った。

429 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:50:17 ID:eb+qpeEL0
>>420
例えば今の皇室のような状態で今上陛下が亡くなり皇太子殿下が即位した
場合で;男子優先だとするといつまで経ってたも立太子できんのじゃないか?

女性皇族の閉経までって定義もできんだろw


430 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:51:28 ID:sJnyBGTz0
>>1
至極もっとも。

431 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:52:55 ID:dFGiwaHt0
>>423
簡単に言うと
男系女系への拘りは必要が無いと国民が判断している
と、言うことですが

それがわからない、空気が読めないブサヨの言う事なぞ
意味がありません


432 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:53:23 ID:9BlUIbRw0
女系容認派は男女平等・自由恋愛とか言うが、皇室は一般人では無いのですよ。
多少の制限があっても宜成るかな。
彼らはそのうち土俵に女性力士を出せと言いかねません。

433 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:54:53 ID:Ty6iiLbD0
>>424
改正案成立=女系天皇即位ではないからね。
愛子と旧皇族の結婚では男系有利。
ただ心配なのはここで敗北した旧皇族が
愛子の婿を拒否して全面対決すること。
こうなれば女系有利。
いまのところ動きはよくわからん。

434 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:55:27 ID:1WA//5et0
あれ?男系女性の天皇って認められてなかったんかいな。
じゃあ持統天皇はどうなるんだ?

435 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:57:35 ID:AmcqP8L5O
>>427
たとえば愛子様が
一般人と結婚→皇籍離脱
皇族との結婚→天皇になれる

これを差別という輩がでてくる可能性がある。だから、慎重になってるんだよ。

制度的に男系女子を認めて、「うまく」皇族との結婚ができれば良いが、危うさ
も内包しているからな。

436 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:58:28 ID:ncFyE46g0
>>421
お前、酔っ払ってるのか?w
相手のレスをよく読めよ。お前と同じく万世一系って言ってるじゃねーか

437 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:59:08 ID:fPvsQbe6O
>433
竹田恒泰氏が田原総一郎氏との対談で、女系天皇が即位したら、対決することを示唆していたね。

438 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 18:59:40 ID:5ErrEGq+0
>>437
マジカヨwwwwwww

439 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:01:04 ID:ncFyE46g0
>>434
今の皇室典範では男系男子とされているから、このままでは
男系女性天皇はないということ。

440 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:02:54 ID:Ty6iiLbD0
>>435
だから劣勢なら劣勢なりの戦い方として
愛子と旧皇族の結婚を土台をして、その他
を積み上げてくべきだった。
ただ改正反対とか旧皇族復帰とかさけんでも
現実の可能性がない。
もし、愛子を即位させない方針でいくなら
最初からすべて秋篠宮で統一して議論すべき。
女系の弱点の1つは秋篠宮だから。

441 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:04:48 ID:KomAH7y30
>>425
結局、何が言いたかったの?
元首自慢?
今の女系問題は
皇位継承の伝統と国民主権の在りかにズレが生じること
ループする話のようだが
これしか話していない、そもそも元首自慢がどうしたってことだよ
>>229で書いたとおり、元首論は終了


442 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:05:33 ID:zRYnVJVV0
>>440
んなこと言ったって、すでにこのスレでも指摘されてるけど、
>>1 の自由会議の案は、事実上愛子さまの立太子を認めたものだよ。
直系よりも男子を優先するのは難しいと考えたからではないのか。

443 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:05:47 ID:fPvsQbe6O
このまま女系容認になった場合、
皇太子ご夫妻に愛子さまの婿に旧皇族の男子を迎えるお考えがないとしたら、
現皇族と旧皇族が全面対決する恐れはあるね。

444 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:07:42 ID:Ty6iiLbD0
>>437
竹田が対決姿勢でも旧皇族全体が
まとまってないと無意味。
特に愛子の婿候補の宮家を説得できるか?
おそらく家同士の駆け引きが相当あるよ。
全部の家が反皇室でまとまることはないと思う。

445 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:08:34 ID:+11y5bYT0
>>443
んなことあるわけねーじゃん。
皇太子一家の孤立なら十分ありえるけど。

446 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:09:23 ID:AmcqP8L5O
>>434
近代の皇室典範の成立以降は「男系男子」と規定された。それ以前は男系の女性
天皇は伝統的に認められてはいたが、
一、古代のように皇族同士の近親婚ができない。持統天皇は天武天皇の皇后。藤
原宮子以降は当然寡后、寡妃が即位できなくなった。
二、生涯独身を「強要」された。

を前提として成立した。だから、男系女性天皇が成立することは典範の改正でで
きるが、その際は生涯独身か旧皇族との結婚しかない。

447 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:10:15 ID:KomAH7y30
>>441
くどいかもしれないけど、俺の結論はこうだ
>>119
>>170
>>223
>>259

448 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:10:50 ID:YZexkhER0
なんか小泉って京都の小6女児に似たことするね。
ツンデレのつもりかもしれないけど、殺されるまで気づかないんじゃないの?

449 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:11:28 ID:y0pog3lv0
愛子が皇位継承者になって、その愛子と結婚する若い男がいるのかねぇ。
女性天皇問題は、それが一番の問題だと思う。

450 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:11:38 ID:5ErrEGq+0
そもそも旧皇族に皇統を維持せねばならないと言う
使命感があるのなら既に新設皇族への立候補の意志を表明していると思うんだが?w

下手すりゃ来年の国会で女系容認が決まってしまうのに
今声をあげずにいつあげる?www



451 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:12:06 ID:9BlUIbRw0
>>435
それは差別ではなく、明らかに自主的な選択の自由。
無問題だろうに。

452 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:12:52 ID:Ty6iiLbD0
>>442
あまりにも男系派のみとうしがあまかった
ということ。
いまでこそ秋篠宮案は男系派でも否定するけど、
少し前は愛子と旧皇族の結婚案は
男系派から相当たたかれた。
いまからでも十分間に合うけど。


453 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:13:17 ID:2lIf/EKfO
国民の総意に基づく天皇の地位は
憲法成立当時万世一系の伝統を知っていた全ての国民のもとで与えられている
今もまた、たとえ皇統に対する知識がなくても
国民が伝統ある天皇を想定して頂いているのは明白である。

また、国民の多くは皇統に対する知識、
及び旧宮家の存在を知らずにいる為に
女系を容認しても良いと考えている可能性が高い。

立法機関はこの点を鑑み、国民に事実の提示をした後
国民の承認、非承認を見極めるべきであり
さもなければ、憲法違反となる恐れがある。

さらにこの問題に関しては
国民から閉ざされた場所で立案の議論がなされた問題もある。
世論の喚起が不十分であり
またいつのまにか集められたアンケートすら無視した経緯も忘れてはならない。

454 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:22:11 ID:5ErrEGq+0
しかしもし女系容認が国会で決まったら
男系維持論を唱える者から

「そもそも天皇とは男系男子で受け継がれてきたものであり
 その前提を無視した女系容認改正は憲法違反」

・・・とかの訴訟起こるんだろうか?www



455 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:24:14 ID:NkZm53iB0
>>440
現実の可能性が無いとする根拠が不明。
愛子様が旧宮家の男系男子と結婚する可能性にかけるより、
有識者会議案阻止のほうが現実的でしょ。
長子優先じゃあ、どう考えても男系維持は不可能。


456 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:25:33 ID:o6Fm1IH10
>>452
見通しの甘さ、兵力の逐次投入は必敗パターン。
日本会議は、ガダルカナルの川口支隊か、レイテの第1師団か。


457 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:26:51 ID:WWz+0GlI0
>>454
どう論理構成しても無理<違憲

あと、皇位継承問題で原告適格を認められる可能性がある人って殆どいないね。
つまり門前払い確定。

動かすなら司法じゃなく立法段階しかないね。

458 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:30:30 ID:Ty6iiLbD0
>>455
まだ阻止とかいってる。
現実的なら具体策はあるの?
愛子と旧皇族の結婚は法律に関係なくできる。
皇族、旧皇族の伝統保持の意識の高さだけ。
今まで旧皇族復帰とか阻止とか叫んで時間を浪費
したつけが長子優先、条件闘争してれば男子優先に
できた。いまからでもできる。
法案阻止のほうがどう考えても不可能。

459 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:30:42 ID:9BlUIbRw0
おらは2chで「女性天皇」と「女系天皇」の違いを知った。
さっきも女性天皇にかんする知識を得た。
目から鱗。

保守系、ちょいうんちく好き、40代のおらでこうなのに、はたしてアンケート等で答えている
人たちがきちんと知識があって答えているか疑問だーね。
拙速はいかんざき。

460 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:30:51 ID:2lIf/EKfO
454
今全ての国民が皇統、旧宮家の存在を知らないまま
立法への運びが行われようとしているのが問題なのであって

国民全ての常識として皇統が知られているケースとして、
この問題を精査するのは明らかに誤りである。


461 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:32:25 ID:AmcqP8L5O
>>451
それを問題だというやつが出てくるかもしれないぞ。男系男子の継承を男女差別
というんだからな。

例をあげる。男系女子が認められたら愛子様が継承権第二位になる。結婚は二十
年以上先の話だから、おそらく今上陛下は愛子様の結婚までに崩御される確率が
高い。すると愛子様が未婚の状態で、立太子をすることになる。その後、「皇太
子」の愛子様が民間人と結婚したいと言ったらどうする?今の愛子様バンザイの
世論がどっちに動くか・・。愛子様がそのような道を選ぶとは考えたくないが、
可能性はなくはないのではないか?

462 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:33:17 ID:KhJO4Mnj0
女系天皇なんて あ り え な ー い 
てか、女系天皇考えつくこと自体が き ん も ー っ ☆ 



463 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:37:08 ID:gJ68ZLtn0
>>459

すまん。マジレスするのもなんだが、「本当」なのか?
自称保守系40代で、女系天皇が何を意味するのか今日の今まで本当に知らなかったのか?

464 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:37:40 ID:Ty6iiLbD0
>>461
愛子と旧皇族男子との結婚は国民に支持は
確実にあるから問題ない。
問題はどうしても一般人と愛子を結婚させて
女系にしたい勢力。
どうもいままでの動きだと旧皇族は長期的戦略、
計略にはもろい。女系はプロ集団だから
簡単にしかけてきそう。
雅子たたきとかは離間策の1つ。

465 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:39:13 ID:NkZm53iB0
>>458
有識者案が長子優先であることは男系派に何の責任もないでしょ。


466 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:44:26 ID:9BlUIbRw0
>>463

めんぼくねえ。

467 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:44:27 ID:COePQ+lI0
>>463
40代ならべつにそういう人がいてもおかしくない。学校では天皇なんてどうでもいいみたいな教育しかしないし
かれらの暇でいろんな知識を吸収する10代20代にはインターネットも2ちゃんねるもなかったんだから

468 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:45:11 ID:Ty6iiLbD0
>>465
法案阻止の具体案がないのはわかってるから
別に答えなくてもいいけど、
要するに最初から男系派が劣勢を自覚して
愛子と旧皇族の結婚を想定してれば
当然男子優先を主張したはず。
現に愛子の代はそうなった。
男子優先でおせば十分可能だった。
いまからでもやってほしい。
責任はないけどみとうしのあまさで
できたことを逃した感じ。

469 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:45:30 ID:5i6Rwv010
>>464
愛子が誰と結婚しようとおまいには関係ないことを
理解してないな。

470 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:46:22 ID:gJ68ZLtn0
>>464
結局、女系派の黒幕って誰なんだろうね?
層化、中国、朝鮮、じぇんだー、相手によって対応を変えなきゃいかんと思うのだが。

471 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:46:51 ID:5/aJHiCk0
オレオレ詐欺みたいな連中が、自分は戦略が優れているとか言ってるスレは
ここですか?

国民が怒るとか盛んに言ってるけど、国民が怒るターゲットはあなたであり、
危害を加えようと狙う対象は、あなたの身体と財産に対してですよ。

やたら勝利宣言したり優越にこだわるのって九州の斜め上方向の人では?

472 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:47:09 ID:+4yuMaie0
>>469
草加や在日の息がかかった奴とケコーンしたら日本が終わる

473 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:47:34 ID:wWI5AGJd0
>>470
あわせ技一本

474 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:48:06 ID:5i6Rwv010
今、皇室典範を改正しなくちゃならない理由はない。
旧宮家を復帰すれば何の問題もない。

475 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:49:33 ID:Ty6iiLbD0
>>469
唯一女系の思いどうりにできないのが
愛子の婿。
女系の多数派は愛子の婿や子供には無関心。
愛子の自由意志を尊重するやつが多い。
そこをつかれると内部分裂するし、現に
ここでも女系派の意見対立が現れはじめてる。

476 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:49:40 ID:zRYnVJVV0
>>470
黒幕と言われたら小泉しかいないね。
彼が決断しなければ、事態がこのように急展開することはなかった。
層化、中国、朝鮮はとりあえず関係ない。
ジェンダーはちっとは入ってるかもしれんが、圧力は受けてないだろ。
総選挙で女性刺客を送り込んだのと同じ感覚だ。

477 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:50:06 ID:AmcqP8L5O
国会での修正に期待するしかない。予想できるベターな結論は

一、「男女平等」の観点から男系の女性天皇を認める
二、長子優先から、男子優先にする
三、長期的に適切な対策を考慮する(旧皇族の復帰を)

かな。旧皇族の復帰の特別法は今国会では通らないと思うからな。将来への一言をえればいい。

478 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:50:13 ID:dFGiwaHt0
>>472
おわらねーよw

479 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:50:42 ID:5i6Rwv010
>>472

そんなことが起こるほど日本はあまくないんだな。これが。

480 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:51:47 ID:KomAH7y30
>>470
今上陛下
理由は、孫の行く末を按じたままには・・・

481 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:51:54 ID:gJ68ZLtn0
>>473
教科書とか靖国とか人権擁護法案とか、
「日本をつぶしてやろう」とという輩が跳梁跋扈しているのにはほとほとイヤになる。
ついには皇統にまで手を出してきやがった。

やつらの憎悪はどこから来るのかね。

482 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:52:14 ID:zRYnVJVV0
>>475
そりゃあんたの勘違いだと思うけどね。
愛子天皇の婿が一般国民でなければいけないと
主張してるやつなんか典範スレでみかけたことないぞ。
おれ個人は別にどっちでもいいし、そういうやつのが圧倒的に多いだろ。

483 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:54:39 ID:gJ68ZLtn0
ところで皇室典範の改正案は自民の部会にかけられることで間違いなんだよな?

484 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:54:53 ID:Ty6iiLbD0
>>470
女系派の分類は肩書きでなく、
愛子と旧皇族の結婚を支持または
本人の自由意志とするか、

どうしても一般人と結婚させたいかで
分けるといい。
女系はすぐ分裂し、しかも真女系派は少数。
場合によっては、上のグループは味方。

485 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 19:58:44 ID:zRYnVJVV0
>>484
女性皇族の皇配を旧皇族に限定したり、
女性皇族が旧皇族と結婚しなければ皇位継承権を与えないという
明文規定があるなら絶対反対する。
名目上でも自由婚姻なら旧皇族と結婚してもぜんぜんオーケー

486 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 20:00:43 ID:Ty6iiLbD0
>>482
いないに越したことないけれど
少数とはいえいれば確実に強敵。
いると認識して行動して損はない。
雅子と旧皇族の離間策は現実におこってる。
いまのところ最大の問題。
竹田も本人がうまく操られてる可能性はある。

487 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 20:01:01 ID:2lIf/EKfO
この改正案への対処として取り上げるべき一番の好例は
人権擁護法案だとわたしは思う。

結局は立法機関や議員に
直接多くの意見を伝えることが
行使不可能な小細工をするより一番確実。
ブログがどうなっているか解らないが
とにかく皇統や旧宮家の存在を知らせる努力をした方が早い。



488 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 20:01:23 ID:KomAH7y30
小和田家には層化とか米とか陰謀論があるけど
信じきれないのは
小和田家が雅子を嫁にやったのは、
当然、男子天皇を期待してのことだ
始めから、可愛い娘を女の天皇を産ませるために嫁がせるわけはない
やっぱり状況変化としての成り行き
むしろ愛子と旧宮家の婚姻に期待を持つほうが
天皇家(小和田家)を維持する為には現実的
ただし、改正案中に女系を認めてるのはアヤシさが残ってるけど
陰謀論はリスク管理の、成り行き次第じゃないの?
ウヨクはがんばってよ


489 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 20:03:26 ID:AmcqP8L5O
>>484
あなたの意見はわかった。現実的であるし、いいと思う。だから一つ聞きたいこ
とがある。

男子優先の場合、「男系の保障」はするべきだと思うか?男系を認めた上での長
子優先→男子優先なのか?それとも制度上は女系を容認し、その代わり男子優先
にして、後日に期待する。名より実をとるのか?


490 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 20:27:19 ID:KhJO4Mnj0
女系天皇なんて(゚听)イラネ

491 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 20:29:20 ID:fPvsQbe6O
>483
内閣部会にかけられるはず。


女系容認はもはや止められないだろうから、法的に男系維持することはひとまずあきらめる。
そのうえで、第一子優先を男子優先に修正する。
法的には女系容認になるわけだが、後は愛子さまが旧皇族の男子とご結婚されることに望みをつなぐ。

492 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 20:29:33 ID:dFGiwaHt0
勘違いしないで下さい
一部の馬鹿です、男系マンセなのは

女系とは何だかわかった上で女系で問題ありませんので

493 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 20:41:29 ID:gJ68ZLtn0
>>491

やっぱりそうだよな。
内閣部会の全議員に女系反対メール出しといたよ。
日本会議に所属する議員が結構いるようなので何とかなるかもしれん。

自民党の部会は全会一致なので、まずは人権擁護法案の時みたいに法案提出をめざそう。

494 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 20:43:01 ID:2lIf/EKfO
あきらめる必要がないことは明白。
内閣の承認は全員一致しなければならない。
一人崩すだけで阻止できる。

しかし、なぜ自民党ではないことを知ってるんだ。
ソースは?

今は麻生・安倍及び自民党の保守系議員に意見を伝え続けること。
これが改正案阻止に最も有効且つ簡単な対処。
ブログにも広めながらやればもっと阻止しやすくなる。

495 :493:2005/12/11(日) 20:43:41 ID:gJ68ZLtn0
>>493
すまん、すまん。
法案提出阻止をめざそう、ね。

496 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 20:53:12 ID:PBV1a2Dw0
天皇誕生日に開催「皇室典範を考える集い」
(12月23日午後1時30分より、札幌市中央区南4条西2丁目のアオキビル地下1階エンペラーにて)

政府は長年続いてきた「男系男子」を軸とするこれまでの皇位継承制度を転換する
新たな皇室典範の改正案を来年、国会に提出する方針で、皇室典範改正案の作成作業を進めている。
集いはこうした皇室典範の問題を広く一般市民に理解してもらう目的で開催されるもの。
当日は評論家でJET日本語学校理事長の金美齢氏が
「民主社会における聖と俗〜外国人から見た皇室のすばらしさ〜」を演題に特別講演を行う。

北海道のニュースサイト
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnMain?news_genre=18&news_cd=I20021022471

497 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:00:14 ID:fPvsQbe6O
>494
もちろん改正案の提出を阻止することが一番。
しかし郵政の時を思い出してみても分かる通り、小泉首相ことだから分からない。
総務会で怒号の中で、多数決(少数決?)で強引に了承になるかもしれない。

閣議決定の際に、罷免を覚悟で署名を拒否する閣僚がいるかどうか。

改正案が国会に提出された場合、
自民党からだけでなく民主党からも青票を投じる議員が続出しないと否決できない。

498 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:05:59 ID:zRYnVJVV0
ちなみに総務会長の久間は、有識者会議の方針を尊重すると発言し、
その後の内閣改造でそのまま留任。
郵政の時の史上初の多数決による決定が評価されたようだ w 

おれは法案提出までは間違いなくいくと思うね。

499 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:06:14 ID:2lIf/EKfO
497
可能性の問題だ
何をごちゃごちゃ言ってるのか知らんが
男子優先の世論喚起?より
メル突して潰す方が簡単だ。

諦める必要は待ったくない。

500 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:09:37 ID:rYI3pciZ0
真っ黒な皇太子妃。ブラック〜

501 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:09:53 ID:5ErrEGq+0
まあ男系論者は愛子天皇が生涯独身であったり
結婚しても子供に恵まれなかった時の事を考えて
年齢的には先に結婚するであろうマコカコも男系男子と結婚するように
お祈りしておいた方が良いんじゃないか?www





502 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:11:59 ID:rYI3pciZ0
女系反対論者は牛肉も凸頼みます
吉川吉川つながりの売国なり

503 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:15:02 ID:fPvsQbe6O
>499
そうだね。
私は先日の共同通信の世論調査の結果を見て絶望的になってしまって。
まだできることはありますね。

504 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:17:05 ID:6QkFvKAu0
正直、どうせ改正するなら女性も女系も旧宮家復活も全部ありにして、次の次の世代に
改めて世継ぎの議論をすればいいと思うw

今は、どれを採択したって揉めるんだから。

505 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:21:56 ID:KhJO4Mnj0
そんなに急いで決める必要ないじゃん。
次の内閣でいいよ。


506 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:22:36 ID:UpXkSD0s0
あのさ、大前提として「皇室は尊い」ってのがあるわけよ。
皇室がどうでもいいのなら、男系女系を論じる必要はないだろ。
なくなりゃいいんだから.

じゃあ、なぜ皇室は尊いんだろう?
皇室は、何を受け継いできたんだろう?
皇室を皇室たらしめてるのは何だ?

それは「ルールに則ってバトンを受け継いできたこと」だと思う。
そのルールのなかに「男系」という項目があって
今になってそれを覆したら、さかのぼってルールが意味を持たなくなる。
最初にそのルールに「女系」ってのがあるか、あるいは女系ルールにした上で
2000年以上続ければ、価値もあるんだろうがな。

507 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:23:42 ID:fPvsQbe6O
閣議決定の際に、罷免覚悟で小泉首相に抵抗する閣僚がいて、改正案の提出を阻止できたなら、
その閣僚の名は後世に語り継がれるだろうね。
平成の和気清麻呂って。

508 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:23:47 ID:zRYnVJVV0
>>505
当初は次の内閣でいいやと思ってた小泉本人の指示で
わざわざ通常国会提出に時期を繰り上げたのにか。

509 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:26:25 ID:2lIf/EKfO
503
擁護法案のときはもっとぎりぎりだったしね。
提出までは提出阻止を、提出後は成立阻止を求めればいい。
旧宮家の皇籍復帰を求めつつ。

今のこの後継者問題は
旧宮家復活で解決できるのだから。

510 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:32:04 ID:VNFqJ6lO0
>>509
男系論者は史実を直視してみるといいのではないか。>>53 で詳述してくれている。
それでも、となれば、何を狙ってか?ということになるだろう。

抜粋:
皇位の継承には、血の濃さも重要な要素。天皇の孫よりも血の薄い皇族が、無条件で即位した前例はない。
男系男子ならば誰でも良いというような、単純なものではない。
男子が絶えても、女子がいれば、内親王が皇后となり、婿を迎え入れて、皇統をつないでいく。
それが我が国の伝統です。血脈の薄い皇族が天皇に即位したことはありません。

511 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:32:44 ID:2lIf/EKfO
508
首相の考えは誰にも読めない。
それに考える必要もない。
自分の意見を伝えるのみ。
それで前回は自民党が動いた。
もとより可能性にかけるしかないだろう。
何故そんなに嫌がる?
何かあなたにとってまずいことでもあるのか?

512 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:35:06 ID:zRYnVJVV0
>>511
いや別にあんたが何しようとかまわないけど。
どんどん好きなようにやってみればいいじゃない。
こちらはただ客観的に事実を語っているだけのこと。

513 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:35:12 ID:gJ68ZLtn0
とにかく内閣部会ですね。

514 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:36:16 ID:vOvvuwjj0
>>512
牛肉関係の「事実」を教えてください。
切実に頼みます。

515 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:38:12 ID:gJ68ZLtn0
>>510
明治帝や昭和帝の内親王が嫁いだ宮家もあるそうだ。
あんたの理論だと旧宮家もそんなに遠縁じゃないよ。

516 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:40:11 ID:wUU+2ga90
天皇の唯一の存在価値はその「血」の価値、
ただ一点のみ。
こんなこと馬鹿にだって分かりそうなもんだけどな。
国民の70%が女系に賛成、ってほんとかね?

517 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:41:24 ID:2lIf/EKfO
510
明治天皇の系列もいる。
それに愛子内親王との婚姻を女系容認後に望むより
男系を守ることを明記させた後に求める方が皇統保持の目的に叶う。

どちらがより現実的かよく考えろ。
また皇統のない女系が天皇になるのと
傍流だが皇統をついでいるものが天皇になるのとでは雲泥の差だ。

518 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:42:01 ID:8GFAhBYV0
>>53
>>510
馬鹿

519 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:42:48 ID:VNFqJ6lO0
>>515
臣籍・平民となられた旧宮家が皇統に復帰された事例ってあるの?

520 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:43:28 ID:fPvsQbe6O
>515
竹田宮は明治天皇の子孫で、東久邇宮は昭和天皇の子孫だったと思う。
竹田恒泰氏は明治天皇の玄孫。

そういえば竹田氏の著書の発売はいつでしたっけ?

521 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:44:16 ID:HdllaO880
13 :名無しさん@6周年:2005/12/05(月) 00:18:36 ID:NBIGl31F0
聖火ランナーの持つ火が今にも消えてしまいそうです。その時・・・

1:「オリンピアから運ばれてきた火である事に意義がある。消えたらその時の為に伴走させている予備の火種から火を貰うべき。」→男系維持派
2:「別に火なんて何でも同じなんだから消えたらチャッカマンで着ければいいよ。」→女系容認派

あなたは、どちらを支持しますか?

522 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:45:31 ID:8GFAhBYV0
>>519
ある

523 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:45:39 ID:zRYnVJVV0
>>519
皇籍復帰の前例はあるけど、皇位についたのは宇多天皇のみ。
ちなみに宇多天皇は光孝天皇の皇子だから
令制や明治以降の規定に基づけば、本来臣籍に降りること自体ありえない。

524 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:48:44 ID:LfCZTvHI0
男系の旧宮家の子供を養子にすればいい。

そして天皇。
宮家も増えないし。

525 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:50:19 ID:HdllaO880
>>519
ある。そもそもGHQのせいで宮家ではなくなるというときに、
「万が一の時」のことを考えて備えていて欲しいという、皇室からの要請があった。

526 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:52:03 ID:VNFqJ6lO0
>>523
天皇の皇子なら別に不思議ではないな。すごく「濃い」。

527 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:53:11 ID:kMQEiD7W0
Y染色体の話が出てきて、一気に流れが加速したな。
完全に戦術的に失敗だったと思う。

528 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:55:10 ID:clb93z+U0
我が国が世界に誇る2665年続く万世一系の男系男子天皇制は、
国家の根幹であります。しかし極左売国の馬鹿有識者より安易な女系決定で、
破壊の危機にあります。男系男子天皇制は旧皇族の復籍で十分に維持が可能です。
しかし時間がありません。従って世論の意見をメールで送り意思を伝えましょう。
ポイントは意見を発していない大物議員にいかに声を届けるかです。
特に重要なのが自民党総務会。郵政で全会一致の慣例は崩れたが、
反対が多ければ多いほど、ここの通過は難しくなります。
(皇室関連で多数決を強行しようとすれば政局になる可能性大)
あとは参議院と民主党。勿論、地元の議員にはどしどしメールしましょう。
(過激な表現はさけて、節度ある文章をこころがけましょう)

■皇室典範改正懇談会資料 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/
■首相官邸御意見募集フォーム http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
■内閣官房御意見要望フォーム http://www.iijnet.or.jp/cao/cas/jp/goiken.html
■自由民主党意見要望フォーム http://www.jimin.jp/jimin/main/mono.html
■民主党メールアドレス info@dpj.or.jp
■安倍晋三御意見要望フォーム http://newleader.s-abe.or.jp/modules/contact/
■平沼赳夫意見メールアドレス info@hiranuma.org
■自由民主党総務会長 久間章生メールアドレス info@f-kyuma.com
■自由民主党総務会長代理 笹川 堯 メールアドレスinfo@e-sasagawa.com
■民主党幹事長 鳩山 由紀夫メールアドレスyuai@tky.hatoyama.gr.jp
■小沢一郎御意見要望フォームhttp://ozawa-ichiro.jp/keijiban/s8_a.php3?b_id=19&d_order=4
■男系男子知識補充頁 http://www.geocities.jp/banseikkei/
■旧皇族基礎知識事典 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F

529 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:55:49 ID:nKxpktNS0
>>527
どっちが失敗?

530 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:56:24 ID:zRYnVJVV0
>>525
いまの旧皇族のように数世代経ってから皇籍復帰した例は
順徳天皇の曾孫などの前例があるが、その子孫が皇位についた前例はない。
また、男系の先祖に非皇族をはさむ継承は過去一例もない。
たとえば、竹田恒泰さんが皇籍復帰すると、
その両親ともが皇族ではないという前例のない事例になる。

531 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:56:54 ID:2lIf/EKfO
濃いかどうかの判断基準を
自分で決めてる馬鹿がいるな

532 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 21:58:02 ID:P+dC0UJp0
今回の議論になった、男系からの血脈が途切れた女系天皇(男子であっても女子であっても)を容認す
ると、いままでの天皇の正統性の根拠であった「万世一系」のルールを破ることになり、天皇制の伝統
が一変してしまうことになります。
近年、男女共同参画やジェンダーフリーと同じような感覚で、あたかもこの女系天皇を支持することが
進歩的な考えのようにとられがちですが、このことと、皇位継承の問題を一緒に考えていいのかという
疑問があります。
現在の価値観と、未来の価値観が果たして同じであるかどうかは誰も断言できません。例えば女系天
皇が一旦誕生してしまうと、後に万世一系に戻したいと思う国民が大勢を占めても、1,500年以上の永
きにわたる血の継承原理を途切れさせたら、その血脈はもう二度と元には戻りません。

衆議院議員 馬渡龍治 (自民党愛知三区選出)
http://blog.mawatari.info/?eid=199505

533 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:01:24 ID:wUU+2ga90
だからさー、キコに男女産み分けしてもらえばいいじゃんかよー
何でこんな簡単なことが出来ないんだ?

534 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:02:00 ID:dFGiwaHt0
女系で問題無い

535 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:02:40 ID:2lIf/EKfO
養子に入ればいいだけ。
内親王と結婚する人が出ればなおよし。

女系容認するよりよっぽど望みがある。

536 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:03:34 ID:nKxpktNS0
>>533
どこぞのSF世界じゃあるまいし
確実に男児を受精できると言い切れるか?


537 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:04:15 ID:fPvsQbe6O
有識者会議は「旧皇族の復帰は国民の理解を得られない」と言っていた。
得られないなら、得られるように努力するべきではないかと思う。
旧皇族の男子に復帰していただいて、その方のご子息に皇位継承者となっていただけば良い。
今上陛下→皇太子殿下→秋篠宮殿下と継承して、
現皇族の男子が一人もいなくなるのは35〜45年後だろう。
それだけの時間があれば、国民の理解を得ようと努力すれば、得られるのではないか。

538 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:04:28 ID:zRYnVJVV0
皇族が非皇族を養子にとった前例も過去一度もない。
伝統を重んじるならそう軽々と前例を無視してほしくないんすけど w

539 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:06:17 ID:nKxpktNS0
>>537
その前に有識者連中が死ねばいいんだけどな
突然死とか怪死とか暗殺とか病死とか

540 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:07:09 ID:bhjeD8HwO
明治帝の血を重きとするか、天皇家の血を重きとするかですよね。
個人的には、天皇家の血に重きを置いてほしい。
旧宮家の復活、むつかしいだろうなぁ。

541 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:09:03 ID:nKxpktNS0
左翼を滅ぼしてしまえば一番手っ取り早いんだけどな
見てるか?有識関係者、お前らだよ、お前ら

542 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:09:45 ID:HdllaO880
>>540
二行目と三行目が繋がっていないよな。

543 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:10:54 ID:fPvsQbe6O
>530
順徳天皇の曾孫って、順徳源氏ですか?
足利義満は女系も考慮すると順徳天皇の子孫という話を聞いたことがありますが。
あと順徳源氏で四辻家(四辻宮?)という家があると聞いたことがある。
子孫はいるのか知らない。

544 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:12:06 ID:vOvvuwjj0
確実に互いの死を願うステージに入ってきてるよな。
俺は先に牛肉を潰してほしい。
あれは信じられない。戦後最悪の悪政だ。
岸安保のような理もへったくれも無い。

545 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:15:03 ID:zRYnVJVV0
>>543
順徳天皇の子孫は有識者会議で八木氏が前例として挙げてたよ。
もちろん源氏。鎌倉将軍の惟康親王もたしか源氏からの皇籍復帰。

546 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:16:40 ID:nKxpktNS0
>>545
唾棄したくなるな
八木だか何だか知らないが源氏を例えに出すなんてな・・・

547 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:18:03 ID:m0Da/BUzO
もうジョケイは決定済み

548 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:18:07 ID:mDD/Kgel0
女系に賛成というわけではないし寧ろ伝統が
途切れてしまうのは嫌だなと思ってるけど
男系推進派の皇太子ご一家(特に雅子様)
叩きにはかなり引いてしまう。

549 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:18:21 ID:SXfP/i470
なんだこれ。女性天皇は認めるけど女系はあかん?
とすると、現状では愛子が天皇になるけど、その子供は皇位継承がないわ
けか。すると、将来的には、愛子天皇を中心とした皇室ファミリーの写真
が女性雑誌に載っても、子供らはみな皇室離脱? 
グラビアとして絵にならないなあ。アホくさ。
国民の象徴でいいけども、現在の皇室の演出が、家庭の象徴として描かれ
ている以上、現実味が無いね。

550 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:20:40 ID:zRYnVJVV0
>>547
田原総一郎さんですか w

551 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:22:06 ID:nCXPYwMh0
女系容認なら、
いち民間人(男)が、天皇家の遺伝子を乗っ取れることになる。
これはすごいなw

そういうのまじ勘弁

552 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:22:06 ID:6QkFvKAu0
>>530
事実を並べながら、結論のために途中で論旨をすり替えるのはやめましょう。
順徳天皇のひ孫が皇族になっていることで、皇籍復帰は「前例がある」になるでしょう。
「前例」だけでみるなら、旧皇族復帰は特に問題ないものですよ。

旧皇族復帰の是非に関する論点はそこじゃないでしょ。

553 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:23:58 ID:zRYnVJVV0
>>552
皇籍復帰の前例ではなっても
皇位についた前例にはならないっしょ。
それとも旧皇族が皇籍復帰したあと
本人もその子孫も皇位をつがなくてもOKですかね。

554 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:24:52 ID:fPvsQbe6O
>545
ありがとう。
惟康親王は後嵯峨源氏ですね。
源定省(宇多天皇)は仁明源氏(光孝源氏?)
後二条源氏は皇籍復帰したのか木寺宮を名乗っていた。

555 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:26:06 ID:3EWZQTba0
>>548
同意
女性週刊誌ではかなり同情されたかかれ方をされているしね


556 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:27:20 ID:vOvvuwjj0
>>548
逮捕されたらあなたも意識が変わる。
雅子さんは逮捕される可能性があるよ。

557 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:27:39 ID:6QkFvKAu0
>>538
前例はある。 だから前例で語るのなら、旧皇族復帰はいくらでもアリなの。

復帰の是非に関する論点はそこじゃないだろ。

558 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:27:40 ID:Vb7Ioi+e0
>>523
宇多天皇と、その皇子の醍醐天皇もそうだな。


559 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:31:31 ID:vOvvuwjj0
日本で21頭見つかった狂牛の全頭検査。
これを除去したことにより、確実にその肉を食べて感染していた人が助かった。
市場に出る肉は全頭検査をクリアした牛だ。
ということは現代の水準では完全に安全だと言い切れることになる。

いいか、ここの基準をとっぱらったらどうなるんだ。
事実上無検査の牛肉が大量に入ってきて、食品を扱う者としての倫理が
全く期待できない業者の手で、ラベル偽造含みで流通させられることになる。

560 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:34:34 ID:zRYnVJVV0
>>557
皇族が非皇族を養子にとった前例だよね。
前例あるなら挙げてみて。

561 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:34:44 ID:GXVg7mwq0
女系(併用)でいいよ。
国事行為するのに不都合なければいいじゃん。
親→子で継承するのに男系女系どっちでもいいよ
雅子さんがどうのというのとはまったく関係ない話
とりあえず変な鬼女は気持ち悪い


562 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:36:40 ID:vOvvuwjj0
>>560
あなたは前例、前例といってわざと重箱の隅つついて目をそむけているのか。

563 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:38:33 ID:zRYnVJVV0
>>562
いや、そうじゃなくて男系・女系どちらを選択しても
異例の継承になるということを言いたいんだよ。
いうまでもなく、女系による相続も前例がない。
だったら国民の支持が高いほうを選ぶべきだと。

564 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:41:19 ID:fPvsQbe6O
>561
女系での継承がなされた場合、憲法に規定された象徴天皇としての正当性には問題ない。
しかし、皇祖の祭祀継承者としての正統性に疑問がある。

565 :& ◆BL0Z2aP/2M :2005/12/11(日) 22:41:46 ID:kDN14f6r0
http://www.geocities.jp/ku_da_ra/ETC/ehonweb/ehon.htm
韓国文化HP

566 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:48:10 ID:FrD1bvo9O
女系派の根拠はきまって「国民の支持」だからな
自分の考えはないんだな

567 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:48:27 ID:ncFyE46g0
女系天皇になったら国が分裂するだろうな。
女系天皇支持者にどのくらい積極的に天皇家を支持している人がいるのだろうか?

568 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:50:01 ID:zRYnVJVV0
>>566
そのほうが皇室制度の末永い安泰につながるという確固たる信念があるけど。

569 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:51:50 ID:vOvvuwjj0
>>568
女系は前例が無いから駄目です。以上。

570 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:51:59 ID:PBEIB9hv0
もっと、問題の本質を国民に知らせて、それから
世論調査しないと。

571 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:53:49 ID:FrD1bvo9O
>>568
女系容認で皇室制度が永久に安定する保証もない
男系維持の万策が尽きてから容認するのが筋

572 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:54:32 ID:fPvsQbe6O
>563
確かに憲法に規定された象徴天皇は、国民の総意で維持されている。
その点で、あなたの意見も理解できる。
しかし、天皇には皇祖の祭祀継承者(天皇氏族の氏長者)としての側面もある。
その意味で、今後も象徴天皇が皇祖の祭祀継承者を兼ねることになるなら、
祭祀継承者の継承ルールの変更も必要になる。
だから天皇氏族のご意向を伺うべきだと思う。
今上陛下をはじめ皇族方が祭祀継承者の継承ルールを変更しても良いとのご意向ならば、
それでも良いと思う。

573 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:54:44 ID:6QkFvKAu0
>>560
後光厳天皇
(側室の実子ながら、皇族ともされず日野家で養われ仏門に下るところを北朝に呼び出され
三種の神器すらないまま南朝への対抗だけに担ぎ出され、天皇として即位)
尊超入道親王
(有栖川宮第8子で仏門へ下るも、その後光格天皇の猶子になり、後に将軍家斉の猶子になる)

他にも沢山ありますが。

574 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:55:13 ID:vOvvuwjj0
リスク管理もできていないことを推し進めるのはやめてもらえません?
これ強く言いたい。

575 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:57:22 ID:zRYnVJVV0
>>573
お二方とも臣籍には降りてませんね。よって却下。

576 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:58:31 ID:vOvvuwjj0
クロイツフェルト‐ヤコブ病の新しいタイプは、異型クロイツフェルト‐ヤコブ病(ウシ海綿状脳症または狂牛病)と呼ばれ、現
在までに約100人が感染しています。汚染された牛肉や牛肉加工食品を食べたことにより、プリオンに感染したと考えられて
います。異型クロイツフェルト‐ヤコブ病にかかると、65歳ころに発病する自然発生型とは異なり、30歳ころに発病します。

外部の感染源からプリオンがうつったケースでは、感染後数カ月から数年は何の症状も現れません。その後に痴呆を伴う脳の
障害の症状が現れ、何カ月もかけて徐々に進行します。初期症状は記憶喪失と錯乱で、アルツハイマー病などの他の痴呆の
症状と似ています。異型クロイツフェルト‐ヤコブ病では、初期に記憶喪失よりも精神病的症状が現れる傾向があります。遅れ
て現れる症状は、伝染型も自然発生型も似ています。

約10〜20%の人には、めまいと複視の初期症状を伴って症状が突然に現れます。徐々に発症する場合も突然の場合も、精神
の衰えが進行し、身の回りの不衛生、無感情、短気などの症状が頻繁にみられるようになります。人によっては疲れやすくなっ
たり、眠くなったり、寝つけなくなったりします。

発症して6カ月後には、筋肉のけいれんが起こるようになります。筋肉のふるえと動きのぎこちなさ、協調運動の喪失が起こり
ます。歩行は不安定になり、酔っ払いのような足取りになります。動作は緩慢になります。筋肉の調節機能が損なわれるために、
胴体や手脚を前方や横向きにひねる不自然な姿勢を取るようになり、筋肉を伸ばすときにビクッとふるえます。呼吸とせきの
調節を行っている筋肉も障害されるため、肺炎のリスクが増大します。

患者は何にでも簡単に驚き、大きな音が聞こえただけで跳び上がるなどの大げさな反応を示します。視力が衰えて眼がかすみ、
アルツハイマー病よりも病状が急速に進行して重度の痴呆となります。

クロイツフェルト‐ヤコブ病患者のほとんどは、発病から約3〜12カ月後に死亡し、2年以上の生存率は約10〜20%です。死因の
多くは肺炎です。

ttp://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec06/ch090/ch090b.html

577 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 22:59:24 ID:Vb7Ioi+e0
>>568
その手には乗らないよ。
女系天皇が誕生した瞬間から万世一系≠ニいう言葉をもちだして、
その大原則が崩れたとか何とか言って「天皇制」の廃止論議を加速
させるつもりだろ。

578 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:01:23 ID:FrD1bvo9O
>>575
旧皇族も臣籍じゃねーじゃん

579 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:01:37 ID:/MgLxQq40
わざと分かりにくい言葉を創作して自分たちに権威付けする人たちの言うことは
信用できません。(きっぱり!)

580 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:03:36 ID:zRYnVJVV0
>>578
旧皇族が皇族としての資格を失っていないとするなら
宮内庁の管理する皇統譜に記載されているはずだけど。

581 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:06:44 ID:/iZ+yaQ20
要するに男系支持派は


自分や身近な奴が皇籍に上れるとの淡い夢を抱いてる か
天皇制なんてさっさと絶えてしまえと思ってる


奴らということでFA? 売国奴だなw

582 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:08:17 ID:2lIf/EKfO
563
大原則は皇統。
女系は論外。
明治帝・昭和帝の血縁があるならその方の子供に継いでもらえばいい。

それだけのこと。
復帰の前例もあれば血縁的にも問題ない
あえて女系を入れる必要はないし
それをやれば、やまとの、アマテラスの子孫たる天皇の歴史は終わる。

その後内親王との婚姻を進めるもよし。
いずれにせよ、天皇の存続に絶対的に必要なのは皇統だ。


583 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:09:24 ID:zRYnVJVV0
だいたい旧皇族は姓を賜らなかったら
臣籍降下ではないとかいう男系派の理論には無理がある。
11宮家の皇籍離脱は現行憲法施行後なんだから、
旧華族制度に基づく賜姓などできるわけがない。

584 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:10:09 ID:FrD1bvo9O
要するに女系支持派は


自分や身近な奴が皇籍に上れるとの淡い夢を抱いてる(←皇婿容認) か
天皇制なんてさっさと絶えてしまえと思ってる(←皇統断絶)


奴らということでFA? 売国奴だなw

585 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:10:33 ID:3nvvC+I10
貧乏人の糞保守どもが無駄なあがきしてるね。


586 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:12:26 ID:6QkFvKAu0
>>575
却下ときたかw 随分お偉い先生だことで。
臣籍降下がポイントなら、臣籍にない(名前を賜ってない)旧宮家は前例の範囲内なんだけど。

まあ、他の有名な例だと、源忠房は父も祖父も臣籍だが、天皇の猶子となっているだろ。

つか、前例の有無は既に10年も前に宮内庁で検討済みなんで、いちいち議論したくないんだがw
旧宮家の復帰に関する問題は、そこじゃないだろうよ。 勘弁して欲しい。

587 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:14:31 ID:6QkFvKAu0
>>581
それは、男系も女系もどちらの論者もお互いをののしるために使っている論法であって、
どちらにも同じだけそのリスクがある。

FAじゃない。

588 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:15:19 ID:fPvsQbe6O
源氏、平氏、清原氏、在原氏、橘氏は皇籍離脱して、賜姓・臣籍降下している。
江戸時代の公卿の近衛信尋は後陽成天皇の皇子だが、藤原氏を称した。
旧皇族は皇籍離脱したが賜姓・臣籍降下はしていないと解釈している。

法的な皇統(狭義の皇統)は皇統譜に記載されている現皇族だけだが、
歴史学的な皇統(広義の皇統)の解釈があいまい。

1.現皇族
2.旧皇族
3.江戸時代に公卿に養子入りした皇族男子の男系子孫
4.源氏などの賜姓皇族の男系子孫

個人的には、上記の1および2を広義の皇統と解釈している。

589 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:15:37 ID:zRYnVJVV0
>>586
親王宣下を養子とするなら
世襲親王家の親王はすべて天皇の養子になるんだが、
あんたはそういう議論をしたいのか。

旧皇族が姓を賜ってないとかいうたわごとへの反論は >>583

590 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:16:17 ID:24uG/2F00
男系男子継承という厳格なルールがあったから、開かれた皇室を演出できたわけ。平民からお妃をもらえたのも、男系男子だったから。

反対に女系長子継承になれば、厳格に運用しないと、皇婿の扱いひとつとっても、国民世論がすぐ分裂する。
伝統の一言で断れないから、後世の国民はいばらの道を歩んでいく。

女系(雑系)相続派は、それをわかってるの?

今、旧宮家の復帰を決断すれば、後世の日本人の憂いを取り除ける。
決断できる時期は今しかないのに、それすら逃げている。

もし平成天皇が女系継承を阻止できなかったら、太平洋戦争で戦争を防げなかった昭和天皇の二の舞になるよ。


591 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:16:37 ID:lp6npvn30
桓武天皇の血統を核にしたからこそ日本分裂の危機を
2000年余り回避できたんだろ。
女系天皇になればいろんな争いの種がもちこまれそうな予感。

592 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:18:08 ID:vOvvuwjj0
小和田さんが確実に犯人一味とわかっていますからね。
切るしかないのでしょう。
暴力革命で引かない人には、暴力が加えられるのもやむを得ないと思います。

593 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:19:27 ID:fPvsQbe6O
>589
世襲親王家の親王宣下は天皇の養子ではなく猶子になったためと聞いたことがある。

594 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:20:42 ID:5ErrEGq+0
>>592
で、その証拠は上がっているのかね?

やっぱり「一人一殺」はウヨの常套手段かwww



595 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:20:45 ID:6QkFvKAu0
>>583>>589
そもそも旧皇族の離脱は、現行憲法の発布1ヶ月前で、施行半年前。

なにからなにまで、少しずつ知識が間違ってるんだよなあ・・・
旧皇族復帰の是非は別問題だってのに、間違いを認めず、引っ張るなよ・・・

596 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:22:12 ID:ncFyE46g0
仕事論に2割、8割の法則がある。
業務時間の2割でその日の8割の仕事をこなせる。
また、集団でいったら2割の人間がその集団の8割の仕事をやっている。
というもの

現世論調査結果でいくと、男系支持者がこの2割の人間ということになるだろうな。
で、その2割の人間が天皇家支持の8割のパワーを出しているということ。

即ち、女系支持者は今の国民の天皇支持パワーの2割くらいしか出していないということ。
数が多いからと言って支持パワーが強いというのは間違い。
女系支持者だけで新しい王朝の天皇をどこまで護ることができるのやら。

597 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:22:31 ID:2lIf/EKfO
伝統的価値を無視して天皇を天皇と認めている人間がどれだけいるんだ?

司祭でない天皇が伝統にたたない以上、現憲法下でも違憲になりうるぞ。
価値のないものにかしずく奴なんかおらん。

598 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:25:19 ID:zRYnVJVV0
>>595
日本国憲法施行1947年5月3日
11宮家皇籍離脱1947年10月

どっか間違ってるか w

599 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:27:41 ID:5ErrEGq+0
>>596
それぞれニュアンスは違うが所謂
「2・8の法則」
「ユダヤの法則」
「パレートの法則」
だなw

しかしその2割の人間が8割の人間を牽引できないのであれば
所詮2割と言う話しだなwww



600 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:30:10 ID:vOvvuwjj0
それはともあれお前ら、今は牛肉ですよ。
こんな国益に反することをする集団は、巨悪な何がしかでしょう。

ぶら下げられたニンジンなしには官僚も売国しないと思いますので。
何かがある。牛肉には何かがあります。

601 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:30:16 ID:ncFyE46g0
>>599
でも、女系支持者が女系天皇を護ることは極めて困難ということもできる。

602 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:31:38 ID:2lIf/EKfO
592
ウザ。
お前らは卑怯だな。
害宣車の鮮人然り、サヨクはやり方が汚すぎる。

女系をぶちあげるのもそう。
天皇制の廃止しか眼中にないの丸分かり。


603 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:34:01 ID:PnpDQb1b0
>>538
養子というのは語弊があるが、臣籍降下した男系男子を迎えて皇位継承者とした
例はあるけどな。また結果として即位に至らなかったが、ある宮家が他の宮家や
臣籍降下あるいは僧籍に入っていた男系男子を宮家の後継者とした例もある。
この場合、後者の例に倣えばいいだけじゃないかねえ。
一例を挙げると、傍系の男系男子が三笠宮家なり高円宮家なり、このままでは
確実に絶家になる宮家に入って皇統を継ぐ(必ずしも皇位を継ぐとは限らない)と。

604 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:34:06 ID:TpXpm6uP0
>>598
ID:zRYnVJVV0 頑張ってるな。

とりあえず皇室に意見伺ってから考えようや。
それでいいだろう?

605 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:36:14 ID:5ErrEGq+0
烏賊コピペ、この問題はどうなったん?w

>大正9年の皇族の降下に関する施行準則で宮家は永世皇族ではなくなってる。
>皇族足りえるのは8世まで。
>宮家については特別に伏見宮邦家親王を4世とみなし、その玄孫(つまり8世)
>までが終身皇族足りえる、と定められた。
>つまりこの基準に照らすと、秋
>篠宮殿下より若齢の皇族資格者は旧宮家に存在しない。


606 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:37:29 ID:FrD1bvo9O
だいたいイギリス王室みたいになんかなったら天皇制が終了することは目に見えている

607 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:39:26 ID:SFqUpDtO0
サイヤーラインは重要だよ。サラブレッドに例えて悪いが。

608 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:42:38 ID:6QkFvKAu0
>>598
はいはい。 じゃあ、正確にいこうか。

離脱が決まったのが1946年11月29日。
十一宮家からの自発的離脱のための書類受理が翌年5月1日。
そして、皇籍離脱の発表が同年10月14日。
宮内庁でのお別れの晩餐会が4日後の10月18日。

旧皇室典範下で受理されて、発表のみが日本国憲法発布後。

609 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:45:37 ID:fPvsQbe6O
ところで無嗣断絶した宮家の祭祀は誰が継承しているのだろう?
有栖川宮家は断絶したが、同宮家の祭祀は高松宮家が継承した。
高松宮妃は徳川慶喜の孫娘で、慶喜の母は有栖川宮家出身。
しかし高松宮家も断絶してしまったので有栖川宮家の祭祀継承者はもういないということ?

610 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:46:34 ID:zRYnVJVV0
>>608
わかったよ。そこまでは知らなかったのは認めるけど
決定の時点ですでに現行憲法は公布されてるんだから
憲法の趣旨からいっても賜姓は無理だったろうね。

611 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:50:14 ID:zRYnVJVV0
>>609
秋篠宮が祭祀を引き継ぐことになっている。
ちなみに伏見宮家の祭祀はなぜかいまの旧皇族ではなく
華頂侯爵家が引き継いだ。

612 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:51:06 ID:PnpDQb1b0
>>608
>>610
その時系列に、意味はあるのか?
華族制度がなかったら賜姓できないってのはわけわからんのだが。

613 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:51:08 ID:6QkFvKAu0
>>609
昨年末に途絶えています。
これを苦慮して、元皇族に秩父宮や高松宮の祭祀を継がせたほうが・・・と発言したのが三笠宮発言。

614 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:51:43 ID:sTsMfeko0
平沼は最後の民族派

615 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:53:17 ID:eb+qpeEL0
>>608
結局臣籍という概念が無くなったからということだな

当時の政治状況から考えると当然皇籍復帰など考える余地もなかっただろう
あったとすれば皇室典範に反映されててもおかしくない
まぁ、陛下の気持ちがどうだったかはわからんが


616 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:54:45 ID:6QkFvKAu0
>>612
旧皇族がどこに位置づけられるかの定義問題だけで、さしたる問題じゃないけどw
賜姓については、天皇が自発的にしなかっただけで、できない、じゃないので更に
関係なし。

男系女系論議関係なくつい枝葉末節で論じて横道ですた。 すまんw

617 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:55:38 ID:5MKSkuQs0
天皇制なんて
いったい何の役に立ってるんだ。
早くやめてしまえ。

618 :名無しさん@6周年:2005/12/11(日) 23:58:11 ID:6QkFvKAu0
>>615
確かに。 当時の世相をそのまま表した事象だと思う。
それで、今になってそぐわなくなり、男系なり女系なりで存続案を出し合って揉めてるわけで。

まさか、わずか60年でこんな事態になるとは当時の人は誰も想像しなかっただろうからw

619 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 00:03:35 ID:3EWZQTba0
ここ結構いいこと書いてる
http://blog.livedoor.jp/myogab/archives/50250109.html

620 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 00:04:36 ID:e9dCSalU0
>>617
日本という国の意味だろうな
日本は天皇が統治する国だというね
天皇家を否定するならそれにかわる日本の意味みたいなもんがほしいね
あいまいになるのは俺は嫌だな
みんな平等だ日本は身分なんて一切ないんだとかいうなら
そういう運動とかで天皇無用論がもっとこれだけ日本人全体がおもってるならしょうがないというような世論にでもならない限り
俺は今の天皇家を掲げる国であってほしいしそれが日本という国だと思う

621 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 00:06:28 ID:PnpDQb1b0
皇室の価値が一体何によって担保されているのかという問題。
万世一系という物語によってか、国民に親しまれるロイヤルファミリーとしてか。
前者なら否が応でも男系を維持しなくてはならない。
後者ならそもそも宮家自体不要(直系主義でいくってことだから)。
マスコミに露出することの少ない宮家や旧宮家に皇統のスペアとしての価値を
認めるなら、皇統>国民の親しみってことだろう。
今上ご一家、東宮ご一家に対する国民の親しみを、将来にわたって皇統より
優先させるなら、宮家は必要ない。

俺は天皇や皇室の価値はその物語性にあると思っている。
神話と史実との間に連続性がある壮大な物語。

だけど、親しみやすいロイヤルファミリーという点を最上の価値とするなら、
東宮家を除く全ての宮家がそれを脅かす要素となる。

まあ、一朝一夕に結論を出していい問題ではないってことだ。

622 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 00:43:37 ID:+AOicdgr0
統一教会系の世界日報が女系天皇を絶賛
http://society3.2ch.net/korea/index.html#1

623 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 00:47:33 ID:g2S685ZP0
アイコさまがタケダ君の息子とケコーンすれば万事解決だろ?
何を長々と議論してるんだ

624 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 00:54:02 ID:N5MIf2DV0
平沼がいれば日本は俺が死んでも安心だ

625 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 02:17:04 ID:jQwkmcAT0
「天皇の地位は長子あるいは長男が継ぎましょう」で何の問題があるんだろう?
どこでもそんな風にして家業を継ぐでしょ?


626 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 02:37:12 ID:inJhtd3b0
>>617 :天皇制なんて いったい何の役に立ってるんだ。
     早くやめてしまえ。

あなたは、次に日の丸・君が代も日本語の使用も辞めろと言いだしそうですね。

627 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 02:38:21 ID:ddwHkeVI0
先月の朝まで生テレビを見るまでは、女系でも女性でも天皇にしてやれよと思ったが

女性にはY染色体が遺伝しないため、男系の女性天皇なら暫定的に許されるけれど
女系天皇を認めてしまうと、天皇より他の宮家、旧宮家の人間の方が
天皇家のDNAをより強く引き継いでしまうという矛盾が生じてしまうんだよな。>>





628 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 02:42:10 ID:iWVdJYo40
過去には、いろんな手をつかったらしいね。
いままでのやり方をよく調べて踏襲すればよいと思います。

なんで急に根本を変えようとするの?

629 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 02:47:00 ID:jQwkmcAT0
どこの国にでもある、国旗や国家への敬意を促す制度と
天皇と言う、かつての主権者・現在の象徴の継承問題を
同次元で考えてはいけないと思うよ。
右の人たちってなんでもかんでも伝統とか愛国心に利用しようとしてるみたいで怖い。

630 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 02:57:17 ID:PrKS0kqL0
>>625
本来、天皇家というのは、長男優先ではあるものの、親王宣下した人の中では誰が継いでも
いいんです。 一応、第一候補として皇太子は立つけれど。
親王宣下っていうのは、「こいつは、継承候補の一人」って宣言のことです。
実は、長男だって、これをしてもらえないと、跡は継げません。

普通の家庭の相続じゃないんですね。

で、明治と戦後で、これまでのルールと大きく変えたんです。
女帝禁止、養子禁止、皇籍復帰禁止・・・室町以前と同じなんですが、江戸時代にやっぱり
廃絶危機があって、女帝も養子も皇籍復活も全部OKにしていたんです。

そうしたら、増えすぎた。
親王家だけ見ても、伏見宮が男子15人女子17人作っちゃうくらいで、皇室の興味は、いかに
子供たちを臣下に落とすかに集中します。
で、結果として皇室典範っていうのは、減らすルールばかりで、増やすルールや復活させる
ルールを作り忘れちゃったんですw

人間、過ちを繰り返すもので、今になって青くなって、どうやって後を継がせようか悩んで、
こうやって男系で継ぐか女系で継ぐかなんて昔の人が見たら頭を抱えるようなバカな議論を
しているわけです。 そもそも皇室典範自体が間違ってるから、救いがたいんですけどね。

631 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:03:21 ID:PrKS0kqL0
個人的には、旧宮家も希望者は復活させ、女系もアリにして、天皇がそのうちから皇太子を
選ぶ(長子優先とかは、慣例であって、法制化からは外して天皇の意志優先とする)ように
するのが、一番良いんじゃないかなあと思っています。
女性蔑視云々という心情もわからなくないし、かと言って男系を踏みにじるのような強引な
やり方は後世に禍根を残すでしょう。

今の男系案も女系案も、どちらを選んでも呪わしい結果を待つばかりです。

跡継ぎくらい、天皇自身に決めさせてあげればいいじゃないですか。
他の自由なんて、ないに等しい「象徴」なんですから。

632 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:08:53 ID:inJhtd3b0
>>629
意味がよく分かりません。
日本国を表す国旗国歌と象徴する天皇。
日本国ではほぼ同一だと思うが、君の国や脳内花畑王国ではちがうのかい?

633 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:15:36 ID:inJhtd3b0
アメリカは歴史の浅い国なので、伝統を大切にすると聞いたことがある。
日本はおかげさまで歴史は長く、至る所に伝統がある。
その所為かどうか知らんが、伝統を軽んじているのではないか?
他スレにもあるが、拙速に決める必要はないのだ。
郵政民営化だって何年かかったんだ?

634 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:19:51 ID:jQwkmcAT0
>>630
時代に合わせて継承の仕方を変えてきたなら、今回も時代に見合った
制度にすればいいと思うんですけど。
「万世一系」を唱えることが時代錯誤になってしまっているなら
制度変更は仕方のないことだと思います。
継承の仕方を変えても国民の支持が得られるなら変えたほうがいいのではないでしょうか。


635 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:21:58 ID:KAsdaCw80
>>631
その気持ちはわからないことはないけど、
ほぼすべての立憲君主国で、皇位継承の方法や順位を憲法などの成文法できちんと定めている。
日本国憲法も
「国会で議決した皇室典範の定めるところにより、これ(皇位)を継承する」
と規定している。

636 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:22:03 ID:FXyZfB9iO
>> 631
それこそ大変な争いになるだろう。皇室が政争に巻き込まれる可能性もある。は
っきり言って一番やっちゃいけない意見だと思うよ。

こう考えると、皇位の継承制度は実によくできていると思う。原理と柔軟性があ
る。1500年続いた制度には長い間でねられた英知がつまっている。たかだか数十
年の人間の人生からくるアイデアなんてたかが知れていると思った方がいい。

637 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:23:21 ID:o5jbC8RrO
>>634
服を変えるのと中の人間を変えるのとでは意味が違う

638 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:23:28 ID:jQwkmcAT0
>>632
国家や国旗と違って、生身の人間ですから。
まさか、天皇は一般の人間とは違う神々しいものだと考えてますか?
あなたはいつの時代の人なんでしょう?感性を疑っちゃいます。


639 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:24:58 ID:PrKS0kqL0
>>634
その通りです。
だから、有識者とか政府とか右翼とか左翼とかそういう思惑じゃなくて、継承のルールを
全部とっぱらって、天皇が親王にしたいと思う人を復活させればいいし、天皇が継がせたい
と思う人は男子だろうと女子だろうと継がせればいい、ということ。

今は、中国に支払ってる賠償金代わりのODAが皇室予算の500倍以上なんですから、
皇室はそこからちょっとくらい戴いてw、もう少し大きく自由にしてあげたほうがいいと思う
んですよね。

ほら、皇太子妃の一族は、外務省出身だし、そのくらいの痛みは耐えてくれますよw

640 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:25:07 ID:fc0cD+zl0
>>629
おまえはバカだなぁw

641 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:25:57 ID:o5jbC8RrO
>>638
お前の頭が疑わしいよ

642 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:26:39 ID:itvGSxBt0
法律が通ってしまえば終わりだろうなぁ…。
日本は法治国家。法律に従うのが嫌なら、
男系「天皇」連れて勝手に国を興すしか…

643 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:27:06 ID:fc0cD+zl0
神々しいとまでは言わんが、一般人とはおのずと背負うものが違う

644 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:29:36 ID:o5jbC8RrO
>>642
似非が即位する前に変えりゃいい
それ以前にその時代になったら女系は即位することすら不可能だろうけど

645 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:29:50 ID:fc0cD+zl0
結局今まで通りに原則を守って、今まで通りの皇室を後世に残せるかどうか。
千年以上そうだったものを変えちゃいかんわな

646 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:29:57 ID:jQwkmcAT0
>>639
「天皇や皇族にも人権を!」という考え方は原理的には賛成ですけど、
ほら、天皇に神性を見出して政治的に何とか利用しようとしたり、自分の
アイデンティティの拠り所として依存する対象にしたい人たちがいるでしょう?
悪用されないために縛っておかなきゃいけない面も多々ある人たちなんですよね、皇族って。
天皇にはライトな関心しか寄せない人たちの多数意見を尊重して、うまく運用するって
ことを重視するべきだと思います。


647 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:32:00 ID:fc0cD+zl0
>>646
つくづくおまえはバカなんだなぁw

648 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:32:03 ID:PrKS0kqL0
>>635
そもそもドイツ皇帝中心に考えたドイツ憲法をモデルにした明治憲法や、イギリスアメリカの
思考をミックスした昭和憲法自体が本来の皇室に合わないものだし、固執しなくていいと
思うんです。
9条なんかより、よっぽど改正すべきところだと思いますよw

あと、これも個人的意見ですが、日本の主体のためのルールですから、諸外国は全く見習う
必要はないと思います。

>>636
利用される可能性なんて、今の皇族詐欺や皇后の背後関係勢力と同じことですよ。
まあ、たかだか〜というのは、同意です。 そのたかだかで作られた明治典範、今の皇室典範が
限界に来ているんですからね。

649 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:32:30 ID:o5jbC8RrO
>>646
お前のレス自体が政治的利用の発想だろバカが

650 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:34:06 ID:fc0cD+zl0
まぁGHQ介入前の状態にすればいいよ。宮家復活だな。
そういう方向で直せば、伝統的に元に戻った事になるからな。

651 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:36:53 ID:jQwkmcAT0
>>648
皇室典範を憲法の下位法という地位から開放して憲法と並び立つ最高規範にしよう
という意見が国会で通るわけもなし。
「皇室あっての日本」なんて主張は世論の主流にはもはやならないでしょう。

652 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:37:54 ID:PrKS0kqL0
>>651
?? そんな話はしてませんよ ??

653 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:40:56 ID:jQwkmcAT0
>>652
「明治憲法や、昭和憲法自体が本来の皇室に合わないもの」であるから「固執しなくていい」

という意見は、そういうことなんですよ。
憲法に固執しなくていいとは口が裂けても言えないでしょう、有識者会議の連中や国会議員は。


654 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:41:17 ID:fc0cD+zl0
>>651
( ´,_ゝ`)プッ

655 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:43:53 ID:PrKS0kqL0
>>653
なんだか、ハリネズミみたいに、悪意に怯えてるんですね。

ここで言っているのは、天皇の自発的意志で継承を決めることができるようにするための
改正であって、あなたが怯えている方向ではありませんよ。

まあ、怯え始めたらキリがないのはわかりますが、天皇の自発的意志で後継者を決める
ということは、現在の世論に一番沿ったもののような気がしますよ。
どうでしょう。

656 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:48:31 ID:jQwkmcAT0
>>655
自発的意思を尊重できるような方向に憲法を改正する、ということですね。
それなら分かりますが、決して憲法に縛られなくていいという誤解を生むのは拙いかと。

ただし、天皇親政説で突っ走ったかつての政府・軍の記憶がまだあるうちは
なんか無理そうな気がしますけどね。


657 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:51:04 ID:KAsdaCw80
>>655
それだと、陛下ご自身に非難が向かう可能性があるんだよね。
日本の憲法には書いてないけど、立憲君主が無答責(いっさいの責任を問われない)
のは君主自ら裁断を下さないとか、内閣がすべての責任を持つとかいう前提があるからで。

658 :名無し:2005/12/12(月) 03:54:18 ID:Pf/rFbmj0
>>543
うちの会社に四辻さんという方がいます。
その四辻宮と関係あるのかな?

659 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:56:17 ID:PrKS0kqL0
>>656
そうですね。 あくまで、継承に関してのみ、天皇の意志優先とするとしないと、誤解が
いっぱい生まれそうですw

個人的には、今の有識者の女系論や、右翼の男系皇族復活論みたいなほうが、
皇族をほったらかしで何でも外野で決めちゃおうとしていて、戦前の軍部みたいに
見えちゃうんですよね。

それで、どっちもアリで、本人に決めさせるのが一番健全じゃないかと思ったわけです。

660 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 03:59:27 ID:PrKS0kqL0
>>657
それは、今だって非難があるわけで、大して変わらないと思いますよ。
子供を産まないのはどうこうとか教育がどうこうとか・・・かしましく話す人はいっぱいいますw

むしろ、本人が決めることで、外部の思惑や影響が少なくなる分健全だと思います。

661 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:00:03 ID:yTD6hdnQ0
>>658
ttp://www.myj7000.jp-biz.net/
ここよると日本に四辻姓は推定1700人いるようだ


662 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:01:25 ID:t15YrhH90
女系天皇なんかが実現するくらいなら30%の男系支持派だけで真の日本国を
継続させたいですね。4000万ぐらいいるなら国として十分やってけるし。

663 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:02:20 ID:inJhtd3b0
>>638
国家や国旗と違って、生身の人間ですから。
まさか、天皇は一般の人間とは違う神々しいものだと考えてますか?
あなたはいつの時代の人なんでしょう?感性を疑っちゃいます。

勝手に疑ってください。
それよりも読解力をお付けに成られた方が良かろうかと。
神々しかろうと無かろうと天皇(制)は日本の象徴です。
生身だろうと象徴です、憲法を読んだことがありますか?

664 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:07:53 ID:yTD6hdnQ0
>>662
男系維持派は世論調査だと十数パーセント
分からないとか言うのが十数パーセントある



665 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:09:09 ID:jQwkmcAT0
>>663
象徴と本質はまるっきり違うものです。まずここを押さえてください。
本質ならば不変でなければなりませんが、
象徴ならどんなに変化してもよい。
主体たる国民の意識次第でどのような色にでも変われる存在です。


666 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:09:30 ID:tu5J+vzQ0
>>662
女系容認は70%以上いるけど、女系反対は30%もいないよ。せいぜい1割台。

667 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:10:01 ID:5XHpkrOh0


愛子様が不幸な星のもとに生まれたことだけは確かです。

668 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:12:19 ID:inJhtd3b0
>>665
主体たる国民の意識次第でどのような色にでも変われる存在です。

間違い。

669 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:12:43 ID:/8LjLEJD0
まだY染色体の話してるの?

670 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:13:37 ID:o5jbC8RrO
>>662
時間がたつほど男系維持の声は増えるよ

671 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:16:14 ID:X2V8Uvu20

男系天皇制を維持して有終の美を飾ろうよ。

672 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:16:22 ID:tu5J+vzQ0
>>670
共同の調査が最新だけど
その前の朝日よりちょっとだけ減ってるね。男系維持派の数。

673 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:17:09 ID:t15YrhH90
>>664>>666
別に1千万でもいいよ。日本が滅亡することに比べれば。
男系天皇がいる国が日本だ。女系天皇の国は別の名前にしてね。

674 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:17:23 ID:SUOyBYYH0
ネットでは男系維持が8割いることを考えれば、
女系即位後に正統性の欠如を宣伝するだけで、
かなり楽に皇室廃絶に持ち込めそうだな。

675 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:18:50 ID:tu5J+vzQ0
>>674
その頃まで生きてるつもり?

676 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:19:15 ID:yTD6hdnQ0
>>674
>ネットでは男系維持が8割いることを考えれば
居ないよw


677 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:21:35 ID:o5jbC8RrO
>>674
結局情報に触れているかいないかの違いだけなんだよ

678 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:22:01 ID:DQtfx8tD0
>>674
男系、女系どっちに転んでも
天皇制廃止をめざす勢力はある程度
展開を考えてる。
男系派はいまだに旧皇族対反旧皇族
の内部対立が沈静化してない。
愛子天皇即位の展開すらばらばら。

679 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:23:18 ID:jQwkmcAT0
>>668
天皇を「天照の血を引く子孫」と本気で考えてる人はまずいないし、
都で歌を詠み祭祀を行う文化人・宗教人と考えてる人は少ないし、
軍の統帥にして強く立派な日本軍の象徴と考えてる人もいません。

天皇像は時代とともに変化します。
「長子か長男が継げば立派に天皇だよ」と思う人々がたくさんいるのも
時代の変化の顕れです。たかだか歴史的・社会的な存在である天皇に
本質論は成り立ちません。


680 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:23:25 ID:wUe71M9d0
これは女系容認へ向けての
小さな一歩だったりするんだろうか。


今まで男系女子の天皇の例があることは知ってるけどさ。

681 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:27:04 ID:tu5J+vzQ0
>>680
日本会議の決定がってこと?
さすがにそれはないと思うけど、国会で政府案に反対する議員が
この中にどれほどいるかは疑問視していいと思う。

682 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:28:09 ID:SUOyBYYH0
>>678
男系維持が決まった場合の廃絶派の戦略として、
どんなのが考えられる?

683 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:29:19 ID:yTD6hdnQ0
>>679
天皇と国民のあり方、天皇の位置づけが時代時代で変わるのは同意だけど
「本質」は変わらないと思う
ただ、その本質が男系派が言うような継承方法のみで決められるような
ものではないといことじゃないか





684 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:30:19 ID:LOD+u7zE0

女系容認ということは誰でも天皇になれるということよね。

長生きしてたら,天皇家滅亡に立ち会える♪

685 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:33:10 ID:tu5J+vzQ0
>>684
誰でもなれるわけじゃない。
それじゃ憲法違反になっちゃうよ。

686 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:34:48 ID:yTD6hdnQ0
>>682
戦略はわからんが民意から乖離した形での皇室維持
現天皇家のが断絶となれば、天皇不要論が起こる土壌が
できる




687 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:35:07 ID:o5jbC8RrO
>>679
普通に天照の子孫だと思っているよ
それで継承しているのだから
それ以外の先祖だと信じる方が珍しい

688 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:36:52 ID:inJhtd3b0
>>665 >>680
主体たる国民の意識次第でどのような色にでも「変われる」存在です。

天皇家は国民のおもちゃじゃあないんだよ。




689 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:37:17 ID:DQtfx8tD0
>>682
共産党の案では皇太子から秋篠宮
そのまま現行皇室典範のまま断絶が理想
といってる。


690 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:37:59 ID:aM4Ea9Fb0
正直女系だろうが男系だろうがそこまで気にしないって層が大半だし
その層は天皇家がこのままだとなくなるんだから女系も女性も仕方ないと思うのも当然。
女系天皇と女性天皇の区別もついてない人いるんだしさ
天皇家や皇族の知識をしっかり持ってる人なんて少数なんだからさ

691 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:38:38 ID:5vCMM5x90

天皇がサルから進化したと考える人いるの?

692 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:38:55 ID:Op8vhtLG0
>>682
たとえば愛子さまが立太子されたあと
民間人と結婚されたり、おふたりの間にお子さまが生まれたりしたら
国論を二分させようとするだろうね。

693 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:43:19 ID:DQtfx8tD0
>>692
わざとやってるのだろうけど
それは女系派の戦略。
まあ、愛子の婿しだいなのは
どっちも同じ。
ただ主導権が男系にあるのと、
愛子の結婚、婿については
女系内の内紛がおこりつつある。
特に社民の福島は一般人婿強制案に
は反対だろう。


694 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:44:06 ID:SUOyBYYH0
>>686
男系維持で民意の形成をさせることも十分可能と考えられるのよね。



695 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:46:35 ID:n3dscz/t0
要するに女系を認めても現実的には皇族男子と結婚させて男系維持だろ?
となりの山田くんが結婚しちゃうわきゃーない罠。

696 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:47:09 ID:o5jbC8RrO
>>689
それ男系維持できてないがな

697 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:48:52 ID:SUOyBYYH0
>>689
共産党案はちと現実味が薄いかも。
男系維持でいくなら維持できる目処がたってからだろうし。


698 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:49:35 ID:yTD6hdnQ0
>>694
現時点で十数%だからなぁ

この報道がなされる時は男系に関しての解説もなされてるし、男系派が思うほど
告知がなされてないわけじゃないよ




699 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:51:02 ID:DQtfx8tD0
>>696
男系維持に同調して秋篠宮にして
その次をもめさせてしまうのでは?
女系だと天皇制は誰かが象徴天皇になって
しまうので自然消滅はないから。

700 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:51:09 ID:Op8vhtLG0
>>689 の共産党案って冗談だろ。
今の共産党は天皇制容認だし、
こないだも、女系容認は歓迎するけど宮家の創設については検討が必要
というコメント出してたし。

701 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:54:33 ID:qq2HjiAV0
男系なら男性でも女性でも良いに決まっている。
こんなもんに容認も糞もない。

ただ女性だと後継者に困るんだよ。 女系になっちゃうじゃん。

702 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:56:54 ID:DQtfx8tD0
>>700
TVで発言してるの見たから
調べれば真偽はわかるよ。
女系賛成は現状を考慮しての賛成と
いってた。
天皇制容認はただしょうがないからで
あって本心ではないよ。
案外共産、社民は愛子後の策では
一致してない。

703 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:57:31 ID:CkFm9y1O0
産経新聞夕刊
お堀の内側で見る女性天皇論 伝統は「柔らかく」継承
社会部 豊川雄之

 敬宮愛子さまの誕生にあたって、“大大叔母”にあたる高松宮妃喜久子さまが、女性誌「婦人公論」(中央公論新社)で、男児誕生への期待を述べる一方で、「長い日本の歴史に鑑みて(女性天皇は)決して不自然なことではないと存じます」とつづられた。
 敬宮さま誕生に関して皇族方が女性天皇問題に言及したのは初めてのこと。宮内庁には直面する最も大きな懸案の一つである半面、「宮内庁が議論の先頭を切るわけにはいかない」(幹部)微妙な問題でもあった。

 大上段に歴史を振り返ってみれば、中世以降、天皇家は、幕藩体制、近代の明治憲法、戦後の現行憲法の下で、時代に沿いつつ歩んできた。

 「本音で言えば、男系の伝統を守りたい」という宮内庁幹部も、男系を守るための旧皇族の皇籍復帰や養子縁組には「世の中に受け入れられるのは難しい。仮にこのままならば(女系による継承の)他に選択肢はない」と打ち明ける。
 
 皇位継承は政治問題であると同時に、天皇家の私的な問題でもある。
 天皇陛下は、外国訪問や王室来日の際に、同じ悩みを抱えている各王室の話に耳を傾けられていると聞く。
 印象的だったのは敬宮さまが誕生した翌日の昨年十二月二日、記者団が病院前で天皇陛下に初対面の感想を尋ねたときのことだった。
 天皇陛下は、こちらが拍子抜けするほどてらいのない笑顔で「とってもよかったね」と皇后さまに笑いかけられた。継承問題について、誰よりも深く考えられているはずの天皇陛下が見せた笑顔からは、男児でなかったことについて一点のわだかまりも感じられなかった。
 残念ながら直接、気持ちを確かめる機会はないが、長く子供に恵まれなかった皇太子ご夫妻を純粋に祝う気持ちとともに、陛下は継承問題について、自身のなかで、何か“柔らかく”整理をつけられているのではないだろうか。
 皇室にとって難しい時代、仮に「男系継承」の伝統が失われ、社会の在り方が変わったとしても、こうした「柔らかさ」が、皇室に受け継がれてきた、ひいては私たちの社会の伝統なのかもしれない。お堀の内側で、そう考えている。

704 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:57:39 ID:0SC6a0G60
やっぱり戦争に負けた時から
こうなる運命だったんだな
アメも上手くやったもんだ
俺も天皇などもうどーでもいいや

705 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:58:13 ID:Op8vhtLG0
>>702
はは。共産党の本音が廃止派なのはわかるけど、
そんな発言した議員がいるんだ。

706 :sage:2005/12/12(月) 04:58:41 ID:Eph/GcNK0

いまどき,天皇になりたい人なんていないよな

受刑者の方がまだましかも



707 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 04:58:59 ID:t15YrhH90
>>698
別に全員を男系派にする必要もないだろ。朝鮮人と同じ国を望まないように、
女系派とも同じ国を望まない。男系派、女系派で別々の国になってもいい。
共産主義者とか創価とかもうっとうしいので隔離してほしい。
そしてそれぞれが好きな国に住んだ方がストレスのない暮らしができると思う。

708 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:01:03 ID:Op8vhtLG0
>>707
いまでもごく少数の天皇制廃止派の方が
天皇制のもとで暮らしてますけどね。そのぐらいの我慢もできませんか。

709 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:01:56 ID:qq2HjiAV0
>>706
お前になってくれなんて誰も頼んでないから。

意図的に刑務所に入るつもりか? 税金の無駄だから自殺しろ。

710 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:04:22 ID:yTD6hdnQ0
>>707
死に体の共産主義者を目の敵にするのは、日本会議と生長の家と勝共連合ぐらいの
もんだぞ…あっ同じ穴の狢かw

我々は日本国憲法の下民主主義国家を維持しますんでどこか日本の領土以外のところで
理想の国家を形成して下さい



711 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:05:52 ID:t15YrhH90
>>708
できませんね。それに嫌なら日本から出て行けばいい。女系派は男系天皇の日本国を
地球上から消滅させようとしている。男系派からすれば絶対容認できません。

712 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:06:26 ID:UIRbF/I/0
戦後延々左翼教育で天皇なんてどうでもいいじゃん
国旗や君が代どうでもいいじゃんって教育受けてきたんだからな
女系でもなんでもいいというアンケート結果が出るのも当然だと思う

713 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:07:46 ID:jQwkmcAT0
>>687
「おおきみが支配の正当性を示すために神話を利用したんだろうな」程度が
大方の理性的な人の判断だと思いますけどね。
それにまた、継体天皇という血筋不明の人もいることだし。
「アマテラスの子孫云々」で説得されるほど、もう世間は馬鹿じゃないと思うよ。


714 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:08:52 ID:Op8vhtLG0
>>711
なめんじゃねーよ
わがままばかり言いやがって。
おまえらこそ、この日本から出てけ。
中国でも朝鮮でも、好きなところ逝けよ。


715 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:11:48 ID:DCrc49zq0

今の天皇家は朝鮮人の子孫です。

朕も認めとるぞ。

716 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:13:36 ID:k9zQ8kxx0
>>713 
こんなバカが何を言っても。  天皇は男系って決まってんの。 女系なんて天皇とは呼べない別物。
伝統を破壊することが生き甲斐のフェミバカが何を言っても無駄。


625 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2005/12/12(月) 02:17:04 ID:jQwkmcAT0
「天皇の地位は長子あるいは長男が継ぎましょう」で何の問題があるんだろう?
どこでもそんな風にして家業を継ぐでしょ?

717 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:13:39 ID:0SC6a0G60
>>713
そんなこと昔の人でも分かってたってw
天皇制は皆が虚構を分かち合う事で成立してるんだから
それが無くなる時が天皇制の終りなんだろうな

718 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:13:49 ID:nB2uh3/Q0
男系を失ったらそれはもう天皇ではない。根拠がなくなる。

719 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:14:02 ID:qMx6V3Vc0
これを一般人は「男装の麗人」とミスリードし

 再びタカラヅカ・ブームが巻き起こることになったりして・・・

720 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:14:24 ID:FXyZfB9iO
>>648
おれは典範を高く評価する立場だ。古代からの英知を近代的な成文にしたという
。当時元老院は女系賛成だった。伊藤博文のブレーン、井上毅は「僅具意見」の
なかで、欧米の模倣ではなく、日本の古来からある継承法があるので、それをと
るべきことを主張した。彼の意見が入れられて皇室典範が作られた。

確かに典範も時代によってかわるが、根本精神は古代からの伝統を現したもので
、一過性のものではないと思う。

721 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:20:28 ID:FXyZfB9iO
>>656
天皇親政だったというあなたは講座派のマルクス史観決定だな。「明治維新はブ
ルジョワ革命ではなく、封建体制の最終段階である天皇制絶対主義の誕生した」
という考えだからな。だから、あなたがマルキストか、唯物史観の教育に侵され
た人かどっちかだな。どっちみち、今は通用しない考えだよ。

722 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:20:43 ID:jQwkmcAT0
>>717
皆が嘘だと分かってて、なおかつそれを信じるふりをしろと言うなら、
原理主義的な天皇制はすでに終わってる。
現在の天皇支持の力点は神話や伝統にあるわけではない。

男系維持を主張する者が神話や伝統に基づく原理主義を大声で唱え始めれば
かえって天皇に対する大衆の支持は揺らぐだろう。


723 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:21:36 ID:F1znf7sK0
天皇マニアと一般庶民のあいだの温度差がありすぎる。
これをひっくり返すためにはテロしかないだろ。
さあどうする?

724 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:21:53 ID:Op8vhtLG0
万一、男系原理主義者が勝利することがあれば
神道の国教化が推し進められることになるだろう。
そんな日本はごめんだ。

725 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:23:24 ID:pqvDOhM70
>>723
一般庶民って? アカのこと?

726 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:23:51 ID:/8LjLEJD0
もう選挙でいいじゃん。
イケメン系だのアイドル系だの美形を持ち上げて。

デビュー曲
「 Emperor - the Love - 」

ファーストアルバム
「 皇 〜sumeragi〜 」

(発売元:宮内庁)


とかで勝手にやってろ

727 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:24:09 ID:nB2uh3/Q0
>>722
神話や伝統があるから天皇なんですけど。まあ宗教的だね。日本って国名も宗教的だけど。


728 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:25:28 ID:F1znf7sK0
ものすごく単純な話なんだよ。
一般大衆にとって皇室とは、戦後顔なじみの昭和天皇一家のことで、
天皇マニアにとっての「皇室」とは解釈が違うんだよ。
天皇マニアが必死になって、それは皇統の私物化だなんて言って
皇太子や雅子を非難すればするほど、むしろ一般大衆は
天皇マニアを「皇室の敵」とみなして更に支持が離れる。
もはやスパイラル状態だな。

729 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:25:45 ID:pqvDOhM70
>>724
>万一、男系原理主義者が勝利することがあれば

原理主義も何も日本国が生まれて依頼ずっとそうだけど?

>神道の国教化が推し進められることになるだろう。

国教化どころか日本文化の根源だけど。
あんたのようなアカは新興カルト宗教ね。

730 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:27:04 ID:jQwkmcAT0
>>721
現実の政治が天皇親政で行われたという主張を>>656に読み込む貴方の頭は
一体どうなってるのか、理解に苦しみます。


731 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:27:29 ID:FXyZfB9iO
>>722
マルキストのあなたが、「宗教」や「伝統」を認めないのはわかるが、伝統を認
めない国は解体するぞ。最終的に支持がなくなれば天皇制廃止でいいと思ってる
んだろ。

732 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:27:45 ID:dg5ti89z0
>>726
選挙で天皇立てるぐらい形骸化したらいらんわな
シナみたく誰でもいいわけじゃないし

733 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:30:37 ID:SUOyBYYH0
>>728
一般大衆とやらにに天皇マニアとやらと同じ認識を持ってもらえばいいじゃんよ。


734 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:30:46 ID:FXyZfB9iO
「開かれた皇室」運動も共産党の天皇廃止運動の一貫と聞いたことがあるが、レ
スを呼んでいるとそうだなと思ってしまう。男女共同参画のようにすっと浸透したな。

735 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:30:47 ID:jQwkmcAT0
>>728
要するに、理想の天皇像の奪い合いという構図なんだよね。
天皇がこういう議論の俎上に引き出される存在になっている以上、
もう天皇はかつての天皇ではない。
(実は戦前の天皇だってそんなもんだったと、個人的には思ってる)


736 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:33:02 ID:F1znf7sK0
>>733
どうやって?
一般大衆は情緒的だからこそ一般化された大衆という群像なんだよ。
天皇マニアはこの群像をうまく誘導する戦略が必要だったのに、
マニア独特の理屈で攻めることで大失敗したんだよ。

737 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:33:50 ID:o5jbC8RrO
>>713
それは神話を信じるか信じないかの話
天照の子孫であるという点を否定するとなるとそんなにいない

738 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:34:32 ID:0SC6a0G60
これを機に違う形で天皇制が続くか
いずれ廃止されるかと言えば
やはり何となく続くと思うんだよ
もうそれだけの存在って事だと思う
今の時点で
天皇にロマンを求める時代じゃないんだろうな

739 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:34:53 ID:jQwkmcAT0
>>731
伝統は現在において作り出されるものだよ。
伝統なら何でも重視すれば良い訳ではない。
現在伝統とされてるものも、意外に新しい起源を持つものだったりするし。
「なにが大事な伝統か」を議論せずに伝統伝統と振り回すのは感心しないな。


740 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:37:29 ID:o5jbC8RrO
>>736
いや、理屈がどうとかより単に露出の問題だから

741 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:37:52 ID:F1znf7sK0
でもまあ、なんとなく玉虫色の決着になるんだろうな。
愛子の結婚相手に旧宮家の直系男子が選ばれるんだと思う。
そのあとどうなるかは100年後の空気次第じゃね?

742 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:38:39 ID:MgvjeNrQ0
>>735
だからこそ皇室に意見を直接伺うべきではないと考える。
このスレの連中は、もし陛下の意向が自分たちの意に沿わなければ
何をしでかすかわからない。
有識者会議や小泉が非難されるのはまだ我慢できるけど。

743 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:39:45 ID:SUOyBYYH0
>>736
大失敗なんてしてないよ。
戦後ずっとかけて誘導されたものが、
この一年ぐらいでだいぶ変わってきたじゃん。
少なくともネット上では顕著に。

744 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:39:47 ID:UIRbF/I/0
>>736
失敗されたというか戦後神道や国史の専門家は教育の現場か排除されて
のこった左翼系の教師は組合は作れるようにするは政党(社会党、共産党)の支持母体となって政治参加できるようにするでこっちは強化されたって聞いたけど
そこまでされりゃ負けるでしょそりゃさ

745 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:41:41 ID:dg5ti89z0
>>734
廃帝を企む共産とかはもういいよ。共産だけじゃねえし

まあ天皇マニアが男系だというならそれが正しいだろうな

746 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:43:23 ID:jQwkmcAT0
>>744
近代的な歴史学の手法や成果を重視するなら、神道や皇国史観は
教育現場から排除されて当然でしょうね。
とりあえず左にぶれてたのは仕方ないとして、それに対抗するものとして
復古主義的に皇国史観を持ち出すのはあまりに馬鹿げてる。


747 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:44:06 ID:OweZrVFX0
>>730
天皇親政を口実に軍部が暴走したんだな。
どっちにしろヤバさに変わりは無いが。

748 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:44:39 ID:PrKS0kqL0
>>721
批判も結構ですが、自説を述べないと、ただのレッテル張りですよ。

一過性のものではない。 そこから、ではこの状況をどうすべきか、を論じましょう。
是非意見は伺いたいし、出勤時間までは付き合いましょうw

私の>>648の意見は、>>630-631のようにするためには典範に縛られるよりは、
どんどん改正していくべきという考えが元になっています。

更に言えば、今の男系・女系のいずれの意見をとっても、皇族の意志不在で、
禍根を残し、呪わしい結果になるだろう、という予想をしているからです。

今のところ、三笠宮、高松宮は女系反対を表明していますが、直接継承に関わる
天皇陛下や皇太子殿下自身の意見は出ていません。

男系も女系も、よほどの極論の人以外は「天皇が選んだのなら、結果を尊重するか」
となると思いますよ。

749 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:45:10 ID:o5jbC8RrO
歴史の重みは陛下が一番良くわかっているよ
実際そういう話しか漏れてこないしな

750 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:46:42 ID:0SC6a0G60
ここまで世の中が変わるとなあ
もはや天皇制の事だけ話しても無理だろうな
下地が無いもんな国民に
俺の親でさえ、昔の日本人(戦前生まれ)と
今の日本人は違うと言うくらいだもんな
俺は本当はこんなに軽く決めていいのかと
思ってるんだけどね

751 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:47:05 ID:FXyZfB9iO
>>730
天皇親政なんて戦争を主導した軍部や官僚はまったく唱えてないぞ。確かに北一
輝は「国家改造法案大綱」で「天皇親政」を主張したし、それを信奉した軍人(
皇道派)もいる。ただこの流れは2・26事件でたたれたよ。主導した軍人(統
制派)や官僚は天皇親政なんていってない。
それに天皇親政を言ってた奴なんて明治期のほうが多いから、あなたの文を「明
治以後の国家主義」的な流れのなかで書いたものと誤解した。それはすまんかっ
た。でもあなたの天皇親政説は間違いだよ。

752 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:47:14 ID:OweZrVFX0
>>746
そうですね。
普通の国民主権の民主主義国家じゃ駄目なんだろうか?

自民の一部は、憲法改正案で天皇主権にしろと騒いでいたようで。

753 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:47:31 ID:jQwkmcAT0
>>747
そして、その軍部や新官僚を、大衆党や大新聞も支持した、と。


754 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:48:31 ID:MgvjeNrQ0
>>752
天皇主権なんて話は出てないよ。
天皇元首の間違いでしょ。

755 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:48:56 ID:ZQjwAcf40
>>752
国家元首が天皇だと、絶対王政に変身するとでも思ってんのか?

カルトサヨクは世界中に沢山ある立憲君主制の国ってのを知らないのか?

756 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:52:52 ID:jQwkmcAT0
>>751
用語として「天皇親政説」は間違いだった。「天皇主権説」が正しいですね。
ただし、憲法解釈の常識としては「天皇機関説」が唯一の公式解釈で、
天皇親政や天皇主権を唱えるのは俗論として一蹴されたはずだけど?政党政治が崩壊するまでは。



757 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:55:13 ID:PrKS0kqL0
戦争時の天皇を担いだ経緯は、田中義一を叱ったら、内閣がひっくり返り、田中も死んで
しまったために、自分の一言で国がひっくりかえることに恐れおののいた天皇が何も
言わないとしたところに、軍部がつけいって田中の責任問題を話し合うために設けられた
会議を定例化し、さらにその場を軍部による国政を論じる場にしてしまったせいですね。

何も言えなかった天皇に責任があるかないかは議論の的になりましたが、いずれにせよ
これを天皇親政というのは、かなり無理がありますね。

全ては大本営政府連絡会議で決められ、天皇が参加する御前会議は報告会のみだった
わけですから。

758 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:55:52 ID:4amsY1G90
>>751
まあいいじゃないか。
統帥権を振りかざしたり、天皇機関説を弾圧したり、言論を統制したりして、軍部が暴走したのは事実なんだから。

759 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:55:54 ID:FXyZfB9iO
>>746
男系を維持することは皇国史観か?だれも戦前期のように神話を信じているわけ
ではない。ただ、その物語を支持しているということだ。伝統はかえる部分とか
わらない部分があるのはわかる。しかし、男系こそその根本であり、絶対変えち
ゃいけないところって思わない?かつてさまざまな試みがあった。女帝もいた。
近親婚もした。かけ離れた代でも継承した。皇族復帰もあった。養子もあった。
民間からの結婚もあった。皇室の歴史は柔軟性に富んでおり、例外のオンパレー
ド。でもその根幹であったのが男系であり、これを変えたら、根本がかわるとい
う意味だ。

760 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:57:23 ID:MgvjeNrQ0
>>748
陛下も皇太子も帝王教育を受けておられるから、
発言を請われたとしても、そのようにお答えになる可能性が一番高いけど、
(おふたりとも以前、もし国民が望むなら天皇制廃止となっても
従いますという趣旨の発言をされたことがある)
国民の意見や国会の決議に従いますとお答えになった場合どうしますか。

761 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 05:59:31 ID:ZQjwAcf40
>>758
暴走した軍部ってのは、親アジアの国家社会主義者。 今はサヨクに転向しているな。
アジア共同体、アジアへ投資・進出を! と叫き散らして反米を煽っている連中ね。
極右から反日に転向しただけで同じ事をやってんだ。

穏健派は親英米だった。

762 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:00:16 ID:jQwkmcAT0
>>759
男系を維持する根拠として皇国史観を持ち出せば胡散臭さ満点。
物語は物語りとして好きなだけ愛でていいけど、それをリアル世界に
持ち込んだらダメでしょう。


763 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:00:41 ID:MgvjeNrQ0
>>759
何を根幹と考えるかはそれこそ主観の問題。
旧皇族が皇位を継ぐ場合でも、前例や慣行を前提として考えるとさまざまな
問題を抱えていることは、すでにこのスレでも議論されている。

764 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:01:57 ID:PrKS0kqL0
>>760
今は、間違いなくそう言いますね。
だから、そうじゃなく自分で自分の意見を言えるように変えるべき、という意見です。

それでも自分で決められない、となれば、摂政を立てるまでではないでしょうか。

765 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:03:11 ID:ZQjwAcf40
>>762
明治・昭和なんて、日本の歴史ではほんの一瞬の出来事に過ぎない。
どうでも良いんだよ。 そんな近代の一瞬よりも遙かに長い伝統なんだから。

766 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:04:00 ID:UIRbF/I/0
>>762
万系一世=皇国史観といいたいのか?
ちょっと意味がわからないんだが


767 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:04:23 ID:FXyZfB9iO
>>756
天皇機関説は官僚の採用試験でも正解とされてた。そこまでわかってるのなら、
天皇親政説や主権説は建前ということがわかると思うが。

>>748
携帯からなんで時間がかかるがまとめよう。今までこのスレのなかで持論は言ってきたので

768 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:07:48 ID:Gk8bW0SR0
>>767
それも政党政治が崩壊するまでの話

769 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:09:09 ID:MgvjeNrQ0
>>764
それは憲法変えないと難しいでしょう。
ただ、ご意見を表明されるだけじゃすまないわけだから。
立法行為に皇室が関与してしまうことになる。

770 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:09:23 ID:jQwkmcAT0
>>766
何故万世一系が重要かと追求すれば、おのずと皇国史観に行き着くと思うけど。
憲法上の地位を捨てて一宗教法人として伝統維持するなら話は別だけど。


771 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:10:40 ID:PrKS0kqL0
>>767
では、お待ちしてます・・・けど、携帯から長文は大変ですね。
昨日からの流れで言っているなら、昨日のIDを教えて貰えれば、遡って読み返しますよ。

772 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:11:14 ID:Gk8bW0SR0
ひとたび陛下が意思表明するようになれば、勝手に利用する人々が大暴走

773 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:15:13 ID:MgvjeNrQ0
はたして小泉や有識者会議が
陛下のご意向を完全に無視して動けるものかどうかはかなり疑問。
いくつかの傍証がある。
まず、有識者会議のメンバーの一人が
「われわれは皇室の意向に沿うように動いている」
と発言。(産経・朝日が報道)
もうひとつは、陛下は「この問題で国論が二分されるのを一番心配されている」
との発言(朝日が報道)

774 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:16:09 ID:o5jbC8RrO
>>772
意志表明しなくても利用したい勢力が女系で暴走してるじゃん

775 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:16:45 ID:FXyZfB9iO
>>748



まず俺は男系派。男系の女性天皇は可能だが、実際を考えると難しいだろう。「
中継ぎ」としての例外になると思う。

まず、陛下の意志だが、もし女系容認なら止むを得ないと思う。しかし、発言を
控えられている以上推測するしかない。そして陛下の意志が、俺は男系維持だと
思う。一、歴代天皇の祭司と祖先崇拝。二、近代以降の詔勅の「皇祖皇宗」の文
文。三、昭和天皇の終戦前後の様子についての証言。祖先にすまないとか、自分
は退位して傍系に譲っても皇統を維持したいという発言。

これからから察するに、天皇こそ祖先からの伝統を最も大切にする存在であり、
孫の可愛さと比較して陛下の御意志はどこにあるかと考えれば、男系維持である
と思っている。戦後象徴になったとはいえ、天皇の祖先崇拝という本質は変わっ
ていないと思う。本来は発言をしなくても推察すべきじゃないか。けど、陛下の
発言があれば、それを支持するというのはわかる。

つづく

776 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:19:49 ID:PrKS0kqL0
>>769
もちろんです。 憲法改正すべきです。
先にも書きましたが、9条改正より、よっぽど必要な改正だと思いますw

誤解されやすいと指摘を貰っているので、注意して説明しますが、継承に関してのみ
天皇の権限を拡大すべきだと思うのです。
もちろん、誰を後継とするか、という点以外の権限は一切付帯しない、として。

継承ルールは全て取り払い、自分で判断するようにするのがよいと思います。
女系継承も、旧宮家復活もです。
予算は、使いすぎだと思えば、自然に世論が天皇廃位って言いますよw

継承は、天皇の義務であり、唯一の自発的意志を行使できる権限であるべきでは
ないでしょうか。

777 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:20:10 ID:1tQkH4wI0
国民レベルで、男系でなければ天皇と認めないという考え方も昔からある日本の伝統なのかね?
それは違うと思うけどな。

778 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:20:35 ID:jQwkmcAT0
>>775
印象として、あなたの歴史感覚は終戦直後でとまってる感じを受けるな。


779 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:23:21 ID:o5jbC8RrO
>>778
印象として君の頭は止まってると思うな

780 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:25:14 ID:FXyZfB9iO


なぜ、女系に反対するかといえば、将来廃止されるだろうことが想像できるから
だ。愛子さまが崩御され、女系天皇が即位されるであろうのは2080〜2090年。つ
まり、我々はもう生きていない22世紀の問題である。その時に伝統もない、血も
ない、ただのジェントルマンとしての存在に対する敬意だけで維持できるのか?
さらに代を重ねるごとに、正統性はさらにが崩れてしまう。2600年、実質1500年
続いた天皇制は女系天皇容認で将来廃止される、そういう懸念がある。朝日新聞
の退位条項や「皇室のあり方そのものに」とまで踏み込んでいることからすると
、別の廃止運動はかならず起きる。
そうならないために、1500年続いた男系というシステムを残すべきだと思うわけだ。

(続く)

781 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:27:30 ID:57kneW6c0
800 名無しさん@6周年 New! 2005/12/01(木) 00:45:14 ID:aDtakKkI0
あとさ、首相の靖国参拝であれだけ文句と内政干渉してくる中国・韓国がだよ、
女系天皇に政治工作しかけてくるのは火を見るより明らかじゃないか。

漢民族にゆかりのある男性を政治工作で皇室に送り込み、天皇と称させる。
ついで、中国か韓国で、「今の天皇は、漢民族の誰々の血を引く子孫云々・・・」

こうやって、中韓は靖国以上の日本叩きカードを手にしようとしてるのがミエミエなのに、
そんな事にも気がつかね-のか? 日本人はよ!

782 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:34:25 ID:UIRbF/I/0
>>770
さっぱり支離滅裂だおれにはあんたの言ってる意味がわからんは
俺の意見はかわらず天皇を国の象徴として居て貰うならとうぜんその正当性
いままでずっとまもってきた万系一世を守るべきだと思う
それが皇国史観だと考えればわかるといわれてもさっぱりだわさ

783 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:34:49 ID:MgvjeNrQ0
二の続きがなかなか来ないようなのでこっちも書いとく。
女系に懐疑的だと言われている朝日新聞編集委員の岩井の書いた署名記事に
(逆をいえば、だから信憑性が高いとも言える)
小泉は皇室や宮内庁と打ち合わせた上でことを進めていると書いてあった。
立法化するなら早くすべきだといって、法案の提出を早めたのは
宮内庁の意見を取り入れたものらしい。

784 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:38:32 ID:mUyxD5DM0
>>781
今更、そんな心配は無用。
既に、神武天皇は始皇帝が派遣した徐福のことであり、
大和民族は、徐福が連れて行った少年少女の子孫である。
との珍説が流布されているよ。
中国人の認識は、大和民族は漢民族の一派にすぎない、ということ。



785 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:40:34 ID:Gk8bW0SR0
>>776
そういう考えは別にいい
天皇家の跡継ぎを天皇家の人たちが決めるようにするのには特に異論は無い

過去の亡霊に囚われた人たちが男系男系騒いでるのを見ると、からかいたくなるけど

786 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:43:37 ID:FXyZfB9iO
三 具体的な男系維持方法
有識者会議は「少子化」で男系では続かないと言っていたが、あれは誤りである
。答申では平均出生率1.29に言及しているとおり、平均出生率では続かないのは
当たり前だ。それなら2を切った自転で女系容認となる。
で、男系を維持するために二つの方法がある。「スペアになりうる数の旧皇族の
復帰」「皇族が平均以上に産む」だ。
現在、旧皇族四宮家で男系男子は15〜20人ほどいる。女性皇族との結婚したもの
を皇族に戻すのでは1〜2が限界であろう。だから、女性皇族との結婚以外に旧皇
族の復帰が必要になる。だいたい10〜15宮の復活が望ましい。一つの世代で少な
くとも一つは断絶するから、スペアとしての旧皇族の復活は必要だ。予算も、皇
族費の増加は10億程度だろう。
さらにおそらく皇族は多く子供を産むだろう。常識的に皇族は男系を断絶させな
いために、平均して2〜3人産むようになるだろう。
つまり男系が維持できるかどうかは皇族の意志しだいと考える。

さらに持論だが、男系が維持されれば出生率があがり、少子化対策になる。国民
は皇室に敬意をもっており、一種の「モデル」としている。子供を多く産み、仲
良しの夫婦は国民の「モデル」になる。だから皇族内の平均出生率と国民の平均
出生率の差は皇室の方に夜のではないかと考えている。「女系」では平均一人産
めばいいという考えになるから、皇族の出生率は下がるだろう。

長文すまそ。以上。本当にありがとうございました。

787 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:43:45 ID:1tQkH4wI0
伝統というものは「古き良き」ものであり、普遍的に良いとされる価値観。
さて、男系という考え方がそれに当て嵌まるのか、ただ「古い」だけではないのか、よく吟味する必要がある。

788 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:45:17 ID:r0Nn/ZIh0
>>785
学術的に辿れるだけでも千数百年の歴史を過去の亡霊かよ。

流石は文革賛美のアカは違うな。

789 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:46:46 ID:o5jbC8RrO
>>738
草加が入り込んでいる宮内庁と天皇の意向は真逆だろうな

790 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:48:56 ID:o5jbC8RrO
訂正
>>783
草加が入り込んでいる宮内庁と天皇の意向は真逆だろうな

791 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:50:01 ID:FXyZfB9iO
ちなみにおれはファシズム理論ではなく、「革新派」の方を重視しているので、
戦前の軍部の台頭は社会主義という面があることを付け加えておく。



792 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:50:47 ID:PrKS0kqL0
>>783
女系にせよ旧皇族復帰にせよ、政府が押しつけたのでは、どちらも納得しないのでは
ないでしょうか。

「相談しただろう」という憶測ではなく、はっきり言わなければ、いくら信憑性があろうと、
皆納得できないし、今天皇がそうした発言をしにくいのもわかっています。

でも、もう御簾の向こうを政治家が代弁する時代じゃないと思うのです。
権力者が皇室を代弁して恣意的な方向付けをして「空気を読め」なんて言っても、
みんなが信じて同じ方向を向く時代じゃないですよね。 今って。

だからこそ、国民の前ではっきり誰に継がせたいかを決められるように改正した
ほうが良いと思います。

793 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:56:00 ID:9jLETgbl0
>>792
確かに。追認できないなら象徴天皇制は廃止すべきだ。

794 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:57:22 ID:r0Nn/ZIh0
>>793
「象徴」ではなくて、ちゃんと「国家元首」だと憲法に明記すべきだな。
国家元首以外の何者でもないんだから。

795 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 06:58:11 ID:SX1xxKnZ0
>>792
押し付けというより内閣(というか小泉)が全責任を負うということで
納得してもらえないかなぁ。この騒ぎに陛下まで巻き込むのはちょっと気がひける。

796 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:00:00 ID:FXyZfB9iO
皇位敬称には今まで血塗られた歴史がある。そういう中で男系を守ってきたこと
は重視されるべきだし、近代に入り、典範という形ではっきり敬称方法が体系づ
けられたことも評価できる。いろいろ調べてみると男系が根本というように思わ
れる。祖先崇拝と祭司の面から陛下が女系を容認しているとは思えない。発言を
望むが、陛下があれほど発言を行なわない自制心を尊重し、歴史的に陛下の立場
を推察するしかないだろう。

797 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:01:12 ID:VDoWHtUg0
>>785
伝統といわれ、貴方は過去の亡霊という。

しかしその伝統・過去の亡霊そのものが天皇家の存在理由なんだよね。


798 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:03:17 ID:PrKS0kqL0
>>786
長文ありがとう。 携帯じゃ大変なのに・・・感謝です。

読んでみて思ったのは、あなたは典範重視ではなく、江戸期の世襲親王制のほうに
思想が近いような気がしました。

私は持論の通り、あなたの持論の殆どの部分には賛成です。
違う点は、それらが天皇の意志で選択されるか否かだけではないでしょうか。

799 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:07:28 ID:PrKS0kqL0
>>795
小泉流の「痛みをともなう改革」で皇室典範が改正されるのであれば、皇室自身も
痛みをともなう必要があるのではないでしょうか。

自らの義務と権利を確認するという痛みを。

800 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:11:02 ID:Gk8bW0SR0
>>788
えっ?
2600年とか言い出さないの?

言ってよ、2600年前の弥生時代から続いてますって

801 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:14:29 ID:r0Nn/ZIh0
>>800
日本語読めないのか?

802 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:17:44 ID:9jLETgbl0
馬鹿の挑発など無視しろ。

803 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:18:38 ID:SX1xxKnZ0
>>798
もし陛下のご意向があなたの思いと違っても素直に従えるかな。
たとえば高崎経済大学の八木助教授は、インタビューの質問に応じて
かりに陛下が女系容認されたとしても、伝統はくつがえせない
という趣旨の発言をしてるんだよね。
男系派にはこういう人が多いんじゃないかと非常に危惧する。

804 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:21:10 ID:FXyZfB9iO
>>798
う〜ん江戸期の世襲親王制・・どうかな。おれは近代中心に考えてるつもりだったんだけど。
明治期の憲法論議(当時は皇室に関する事項を憲法に書くか、別の典範のような
ものにまとめるかも意見の相違があった、)を見ていったとき、皇室の伝統を唱
え、諸外国の模倣を批判した井上毅を支持しているからな。逆に明治期でさえ皇
統の考えをわかっていたのは少なかったってことだろうね。典範は古来からの慣
習を成文化したという意味で偉業だと思うし、典範の改正は賛成だが、根本まで
変えてはいけないと思う。

明治期も明治天皇の意志を示したというより、臣が汲み取って作ったので、今回
も陛下の意向を汲み取る「忠臣」が出てほしいと思う。

805 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:26:44 ID:PrKS0kqL0
>>803
天皇の意向に逆らってでも、というほど強硬な人は少数だと思います。
むしろ、親戚一同の反対表明を押し切って女系と宣言するのは、天皇には少々難しいような
気さえします。
両方ありにしてしまえばいいのに、酷な選択をさせるなあと、つくづく思います。

もし天皇の意向より自己の信念が上回る人が多ければ、そうした人が別に旧皇族なり、
誰かを立てて南北朝再来ですが、個人的にはそうはならないと考えていまし、もしなっても、
それが天皇の選択ですから、良いのではないでしょうか。

806 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:27:30 ID:FXyZfB9iO
陛下の意志に反してまで反対する気はない。しかし、将来廃止が確定されたと思
って、落胆するだろうな。どちらにせよ、我々が生きている間はよっぽどのこと
がない限り続くと思うが、将来はわからない。

俺は今回はおそらく、天皇陛下サイドと、皇太子サイドで意見が割れてると思う
。そして、有識者会議には皇太子の意向があるんじゃないかと勝手に思っている。

807 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:35:03 ID:LkgMFkG20
つか天皇制必要?

808 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:37:33 ID:FXyZfB9iO
女系になって恐いのは、いわゆる右翼的な天皇陛下万歳という人よりも伝統を重
視する保守派の支持をなくすことじゃないか。女系は皇統断絶であるとともに、
制度としての天皇制廃止も想定されることだ。それこそ独裁を産む恐れがある。
制度としての天皇制も昨日としては非常にすぐれたものだと思う。

809 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:39:43 ID:bKLXXRqu0
>>807
政権闘争の材料にされるだけだから必要ないよな・・・。
今回、平沼が反小泉につかってるように。

810 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:40:16 ID:7OwBFaIi0
>>807
少なくとも,日本人にとっては必要ですよ。

811 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 07:54:48 ID:psqkj7CZO
さも、日本人の意見を代表しているかのような事を言う
人達がいるけど、男系を堅持したい日本人はそんなにいないと思う。

なんか、勝手に俺をおまえらの意見に賛同している頭数
にいれんな、って思う。

812 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 08:01:40 ID:PrKS0kqL0
>>804
スレの流れと関係ないですが、少し調べてみると、井上毅って面白いですね。

補遺集もまだ出きっていなくて、現在も研究は殆どされていないので、世間には認知
されていないみたいですが、興味深い気骨ある人のようです。
不勉強で、江藤の部下程度にしか思っていなかったので、目から鱗です。

自らルールを作る立場ながら、徹底した清貧と護憲主義が良いですね。
皇室典範を作るにあたり、どう悩んでいったか、梧陰文庫研究会の研究が待たれます。

813 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 08:27:01 ID:FXyZfB9iO
>>812
梧陰文庫の中に「僅具意見」という典範の基礎になった文書があったと記憶して
いるので、時間あったら国会図書館等で見てみるといいと思いますよ。今の状況
と似ている部分もあるので。



814 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 08:42:04 ID:ngAO8aWRO
男女不平等な男系のみの維持は、明確な女性差別!
時代の流れに反するこの差別に疑念が多く、世論の7割は女性・女系天皇に賛成しています。
早く、法律が改正されおかしな伝統が改められる日が来る事を望みます。


815 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 08:54:29 ID:SUOyBYYH0
>>814
ちがうよ。
男系は窮屈な生活を無理強いされるのだから、
明確な男系差別だよ。
でも、日本国民のためにその生活を受け入れてるのだから、
有り難く男系維持を主張するといいよ。

816 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 08:57:45 ID:Rf/jtZeNO
>>814
あんた女性なわけ?自分は女だけど差別だと思うわけがない。優秀だ
とかそうでないとかじゃなくただ遺伝子の性質が違う、って話でしょ?


817 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 09:08:27 ID:3s8bJtQs0
503 :本当にあった怖い名無し :2005/12/11(日) 14:58:58 ID:QlMsk3Il0

実はね、いま女系派が狙っているのは男系派の分断。
その準備を着々としている。

その一番の一手が、美智子皇后陛下が女系を容認しているとの噂をリークすること。

まぁ、美智子皇后陛下は男系が大切だと頭で分かっていても心がついていかないのだろうね。
そのことをぼやきとして話したところを緒方貞子などのキリスト教徒・創価同盟に付けいれられてしまった。

これからは明治以降の今上陛下の系譜を守るのか、宮家復活で天皇家としての威信を保つのか。
そのふたつで、男系派を分断するための工作が進められている。

年明けに各雑誌でリークされていくから楽しみにしておいてね。

818 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 09:13:11 ID:wRT/35og0
やたら男系に反対してるやつって、キチガイじみてるよなぁ
言ってることに根拠ないし、屁理屈ばかりだし。
馬鹿サヨって本当にカルトみたいだな

819 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 09:18:02 ID:4bv6yYNM0
ま○このこれまでの態度は一貫して、
愛子を普通に育てたい(学習院じゃない一般の幼稚園を考えたとか)。

だから、帝王教育とか受けさせたくないんじゃないかな。

でも、まわりがその方向に動いていて鬱なのかなって思うよ。

820 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 09:22:05 ID:XmPcxi7P0
国民と皇族の区別はつけなくてもいいのでは。
人間の平等をうたう憲法の精神に反する。
血統によって人間が差別化される社会を容認してしまう。


821 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 09:22:50 ID:R7bOQ7b20
>>814
それならば長子優先も無いよね。
それと内親王は皇室に残ることになるよね。
もし将来の宮家が多産だったら(当然出生を制限するのもいけない)多くの宮家ができる。
大変だね。

まあ女性差別云々言う方は、戦争の最前線の戦士の大多数が男性なのにも抗議してください。
産科の看護師の男性増員にも賛成してください。

822 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 09:25:35 ID:1QpVb53S0
皇室改革関係のスレって、いつも同じ奴が暴れているみたいだな。

・勝手に勝利宣言
・相手の反論には語尾にw付けたりしてやたら煽る

先週あたりのスレもこんな感じだったし。

823 :緊急事態!?:2005/12/12(月) 09:30:12 ID:YWySAtfn0
503 :本当にあった怖い名無し :2005/12/11(日) 14:58:58 ID:QlMsk3Il0

実はね、いま女系派が狙っているのは男系派の分断。
その準備を着々としている。

その一番の一手が、美智子皇后陛下が女系を容認しているとの噂をリークすること。

まぁ、美智子皇后陛下は男系が大切だと頭で分かっていても心がついていかないのだろうね。
そのことをぼやきとして話したところを緒方貞子などのキリスト教徒・創価同盟に付けいれられてしまった。

これからは明治以降の今上陛下の系譜を守るのか、宮家復活で天皇家としての威信を保つのか。
そのふたつで、男系派を分断するための工作が進められている。

年明けに各雑誌でリークされていくから楽しみにしておいてね。

824 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 09:34:54 ID:4bv6yYNM0
旧宮家は、

男系派から見れば、遠いけど男系(必要条件を満たしている)

女系派から見れば、明治・大正・昭和と近く繋がっている

ってことで、どっちから見ても、ある程度適切だと思うんだけど・・・

なぜ女系派は馬の骨と言い出すんだろう?

「男系を切ることだけが目的」って感じだね。強い悪意を感じる。

825 :(´-`).。oO ◆abcDBRIxrA :2005/12/12(月) 09:47:03 ID:t99EK3SX0
女系のつながりを容認するのなら、内親王殿下と旧皇族が結婚すればよい。
愛子様、眞子様、佳子様がそれぞれ旧皇族と結婚すれば、
男系男子で、かつ血脈の濃い後継者が生まれる。

名家のお嬢様が婿養子を迎えるのだから、必ずしも自由婚でなくても良いと思う。


826 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 09:57:49 ID:R7bOQ7b20
日本では代理母出産が認められていない。
もし認められていたら、皇太子とまの人口受精卵を委託して生んでいただくと言うことが
可能になる。
不敬かも知れないが、これを機に認めることがおこるであろうか。

827 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 10:00:05 ID:e+7tzoGOO
女系をすんなり認めるようなやつらは信用できん

828 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 10:31:50 ID:24fDgPRu0
>>827
信用出来んっていうより、わかってないんだろ。
わかってないってことを知っていながら、わかっていることにして議論を進めてる奴らは信用出来んが。

http://www.asahi.com/national/update/1128/TKY200511280308.html
さすが、アサヒ。都合のいいときだけ、こんな説明で理解されていることにしてしまうw

829 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 10:41:06 ID:64YB/gr70
愛子さま4歳!女性天皇への道
--------------------------------------------------------------------------------
12/13 (火) 20:00〜20:54(54分)

テレビ東京 (地上波) 【ジャンル:その他】

女性天皇誕生の可能性は?▽他国の王室事情と比較▽ご静養を続ける雅子さまの近況 [S]



830 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 11:04:37 ID:rlHzOK2v0
>>823
kwsk

831 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 11:38:24 ID:je1uwUiP0
>>823
男系派は最終的には愛子と
旧皇族男子の結婚でまとめられる。
女系のほうは愛子の婿を本人の自由意志に
するか一般人強制を目指すかで分裂ぎみ。
しかも男系は十分分裂してるのに。


832 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:21:36 ID:ngAO8aWRO
日本の象徴に男性しかなれないのは、明確な女性差別です。
皇室典範を改正し、どちらであっても継げるようにしましょう。
そして、女性天皇のお子さまにも、きちんと継承者としての権利を認めましょう。


833 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:26:46 ID:aMKcaxBhO
女性差別ではないよ男系女子は良くて女系男子は駄目だもの。伝統の問題。仮に古代から女系で続いていたら男系は否認されるでしょう。

834 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:38:23 ID:ngAO8aWRO
そんな言葉に騙されません。
男系派は、自分たちの集会で相当ヤバイ発言をしてるようですねえ。
そんな人たちが、女性皇族をどう考えているか知れたものではありません。
男系派の集会に参加している連中は発言に気を付けないと、取り締まられても知りませんよ。


835 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:39:40 ID:69Q5zEfK0
古いとか言うヤツはバカだな。
今の今まで続いてきてるんだから、続行するだけ

836 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:40:08 ID:fiK9Am/W0
>>832
コピペ 乙

皇族しか天皇になれないのは明確な差別です


837 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:40:34 ID:69Q5zEfK0
>>834
日本は北朝鮮じゃないから心配するなw

838 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:41:54 ID:XSK/kwsD0
>>835
古いのがいいなら、三日前の刺身でも食ってろ!(w

839 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:42:45 ID:ykNRjdOV0
>>831
女系容認派は

「男系に固持する人々の反発を考えると」
旧宮家男子と愛子様が結婚するのが一番望ましいが、そんなの正直本人たち次第だろ

が本音。

また、旧宮家の皇籍復帰は
「どこの馬の骨?」
が本音。特に竹田くん。

840 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:43:15 ID:69Q5zEfK0
>>838
バーカw

841 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:44:14 ID:RsfJcbQA0
小泉=層化の勝ち

842 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:44:17 ID:l7KMK/AH0
アンケート
@「徴兵制」が実施された場合、男女平等の観点から「女性」の徴兵も認めますか?
 (Yes or No)
A 問@で(Yes)と答えた方で男女平等の観点から「女性天皇」を認めますか?
 (Yes or No)
B徴兵された「女性」は男女平等の観点から「最前線」で戦闘することを認めますか?
 (Yes or No)
C 問Bで(Yes)と答えた方で男女平等の観点から「女系天皇」を認めますか?
 (Yes or No)


843 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:45:45 ID:moAdXqYr0
>>837
たて読みだ。そおそおって書いてある。


844 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:46:27 ID:ngAO8aWRO
>837
いざとなったら刀でかたがつく、とか物騒な発言してるらしいですね。
自分たちは軽い気持ちで言ってるつもりでも洒落にならない事ありますからね。
ま、こんな発言してるような連中の運動に賛成する一般市民もいないと思いますが。


845 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:50:39 ID:69Q5zEfK0
>>839
おれは旧宮家復活でよいと思う、「どこの馬の骨」とは思わない。

846 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:53:43 ID:ykNRjdOV0
>>845
「でよいと思う」って言われても、そんなの当人たちに強制できる話じゃないだろ。

847 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:55:14 ID:69Q5zEfK0
>>844
そんな事は言ってない、その場で聞いた記憶では、
司会の女性が「自分の血を流してでも」、と言ったと記憶。
もちろん比喩だ、「個人的な意見で、ここでの次第の下書きにはない」と断って、
「それくらいの覚悟の必要な問題では」とかなんとか言ってただけ。


848 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:55:52 ID:69Q5zEfK0
>>846
離れる時には強制したんだけど

849 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:56:26 ID:CXSTKEhF0
>>832
こういう善良そうな単細胞が日本の歴史を台無しにする。
歴史とか伝統というものの本質が理解できていない。

あんた、男女平等と言うなら、女が裸で男の力士と相撲をするか。
宝塚歌劇団に男を半分入れて、男女同等で歌を歌うのか?スミレの花咲くころ〜♪。
お馬鹿はおよし。

850 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:57:27 ID:ykNRjdOV0
>>848
嘘つくな。

旧宮家自ら皇籍を離れることを申し出たんだよ。

少なくとも形式上はな。

851 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:58:58 ID:69Q5zEfK0
>>847の補足。
誰かをテロするとかいうのではなく自分の身を挺しても守る、という
そういうニュアンスを言いたかったと理解しているが

852 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 12:59:39 ID:69Q5zEfK0
>>850
キミはGHQ抜きでその話を語れるわけ?w

853 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:00:38 ID:hS3XPQUr0
>>849
相撲は女相撲もあるし、歌舞伎に対して宝塚がある。
それは差別じゃないでしょう。
ただし、「日本の象徴に男子しかなれない」は差別
でしょう。
日本は男性だけの国ではない。


854 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:03:40 ID:ykNRjdOV0
>>852
敗戦国の皇族として当然の申し出だろう?
ノーブレスオブリージュだよ。立派じゃないか。

確か華族は強制的に廃止されたよな?
彼らも身分を復活させるべきなのか?

855 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:04:45 ID:ONSYnXDAO
何でも意味分からんものまで保守とかいってる奴はネット使うなや
もっというと卑弥呼とかがいる時点で男だけが保守でもなんでもねーだろ

856 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:05:05 ID:CXSTKEhF0
>>853
「日本は男性だけの国ではない」のではなく、女系が生ずるところに歴史の破壊が
あるというのです。「女系」がキーワードです。男系から女性天皇は可能なんですよ。

857 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:08:56 ID:RXjuL61E0
旧華族も一堂に集められて
陛下から華族制度の廃止を正式に伝えられたんだよな。
これもGHQの陰謀なのか。

858 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:17:00 ID:XSK/kwsD0
>>856
「歴史の破壊」なんて誰にも出来ない。

歴史は既に起きてしまったこと。
いまさら壊すことは不可能。

それをいうなら「伝統の破壊」じゃないか?(w

859 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:21:18 ID:9jLETgbl0
馬鹿が無理するなよ。

860 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:21:22 ID:SUOyBYYH0
>>853
ちがうよ。
日本の象徴に対して女相撲と宝塚があるのよ。
ちゃんと理解して。

861 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:26:26 ID:WD4foo8/0
>858
まぁまぁ、意図はわかるんだから汲んでやれ。
つまるところ、>521だ。
チャッカマン点火が2000年続く伝統であるなら、
そっちが正しいと言えるけどな。

862 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:35:35 ID:1+SWlbWu0
>>853
象徴という言葉が先に来ていますが、
皇室は日本国憲法より前から存在した実体なのですよ。
それを象徴として扱うことに決めたのが日本国憲法です。
憲法にしたがって象徴として設置された機関ではなくね。

すなわち憲法が主、皇室が従なのではなく、対等な契約のようなものなのです。
それゆえ皇室の内部である継承に介入することは自治原則に反します。

「国会や裁判所などの機関とは、設立の経緯が違うことに注意してください」

国会や裁判所は憲法に従って作られましたが、皇室はそれとは独立に
いちおう2655年前からこの国を治めているという名目でかつ民衆の承認していた
存在です。あなたの思うよりはるかに深いものをこの存在は持っています。

象徴という把握形式から気に入らないところがある、というのならば、
契約形態を変えるしかありません。本質に手を突っ込んでデフォルメすることなど
誰にもできません。

863 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:42:06 ID:yTD6hdnQ0
>>861
旧宮家は皇籍を離脱したんだから火種が消えてる状態なんだが?



864 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:46:46 ID:yTD6hdnQ0
>>862
議会や裁判所も戦前からあったんだよ
それが新憲法になり形態も変わった

過去の経緯はともかく天皇の存在も法治国家の日本において憲法の下で存在してるんだから
例外とはならない



865 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:48:00 ID:ngAO8aWRO
>862
憲法の規定で象徴された存在になる事を受け入れたんでしょうに。
それが嫌なら象徴を降りたいから憲法改正しろと言うでしょ。
象徴である事を受け入れてる以上、憲法と法律に従ってもらわなきゃ。


866 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:50:19 ID:RXjuL61E0
>>862
民衆に承認された存在であることが、皇室の存在理由の根本であるならば、
そのときもっとも多くの民衆が望む姿に変わっていただくことが
皇室存在の基本原理に適っているということがいえるんジャマイカ。
歴史を振り返っても、皇室はそうやって時代に合わせて変化したきたといえる。

867 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:50:28 ID:u0rw9Ygm0
>>864>>865
だから男系男子でしょう。
当然だよね、現規則でそうなんだものね。

868 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:50:36 ID:QbSXmZIe0
鎌倉時代には一旦臣籍に下って数代後に親王宣下を受けた例もある。
旧宮家の「火種」は消えていない。

869 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:51:34 ID:1+SWlbWu0
>>865
契約は主体性を売り渡すことではないよ。奴隷契約ではないので。
憲法に規定されていない主体性を持っているということ。
乱暴なことされることは想定されていない。
乱暴なことするなら、アノミーを引き起こして、やり直すことになるでしょう。
黙っていいようにされる存在ではない、ということです。

870 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:54:12 ID:RXjuL61E0
>>867
男系男子は皇室典範の規定。
皇室典範はいまは他の法律と同じ一般法の扱い。
しかも憲法に皇位の継承は国会の議決した皇室典範に基づくと
ちゃんと書いてある。

>>868
で、その子孫は皇位についたことがあるんですか。

871 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:55:02 ID:w5yzh5ZN0
男系はシナの氏姓制度の影響。
女系容認で日本の継承形態に軌道修正すればいい。

872 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:57:05 ID:yTD6hdnQ0
>>868
それは誰?


873 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:57:10 ID:QbSXmZIe0
>>870

皇位には即かなかったが
親王宣下というのは
「あなたには皇位継承権がありますよ」
と天皇が認めること。

874 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:57:51 ID:u0rw9Ygm0
>>870
で現行の皇室典範にはなんて書かれて居るんだ?
で女系天皇は存在したのか?

875 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 13:58:02 ID:RXjuL61E0
>>873
今回のケースは、単に皇位継承権を認めるだけではなく、
実際に皇位を継承していただくことになりますが。

876 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:00:14 ID:u0rw9Ygm0
>>875
今まで女系男子・女子で皇位継承権のあった者はいるのか?

877 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:02:30 ID:RXjuL61E0
>>874
>>1 にもそのあたりのことは書いてあるじゃない。
皇室典範って短い法律だし、法律の条文としてはわかりやすいので一度読んでみたら。
男系を維持するために旧皇族に皇位をついでもらうにしても
現行の規定のままでは不可能なのも理解してもらえると思う。

http://www.houko.com/00/01/S22/003.HTM
(皇室典範)

878 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:02:47 ID:u0rw9Ygm0
前例踏襲の大好きな公務員がなぜこんな型破りを拙速に行おうとするのか?


879 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:03:09 ID:yTD6hdnQ0
>>874
指摘の通り、旧宮家の復帰も、女系天皇を認めるのも皇室典範では規定されていない
ならば、多くの国民に受け入れられ、且つ永く皇室維持できる方法を考えた結果が
有識者会議の結論

880 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:04:06 ID:FXW3cANI0
>>862
その通り。

憲法第一条の「国民の総意」とは、現時点での民意とか世論とかではなく、過去、現在および
未来にわたる日本国民全体を意味します。
すなわち「私たち日本国民は先祖代々天皇陛下を敬い、慕ってきました。それゆえに天皇陛下
がいらしゃるのです」というのが憲法第一条の正統な読み方です。
歴史や伝統から無縁のところに現在の天皇陛下や皇室があるわけではありません。
また、永きにわたる伝統はそのまま規範としての効力を持つようになりますから、皇位継承に
関しては充分にその歴史と伝統を考慮したものでなければならないというのは法学的にも至極
真っ当な考え方です。


881 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:05:02 ID:n6Z9DOCK0
女系宮家については殆ど報道されてない様な気がする
女系天皇か女性天皇だけ
日本のマスゴミも落ちる所まで落ちたな
女系宮家を増やすより旧宮家を復活させるのが先では?
もう知らん

882 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:06:06 ID:jh/FRgP50
>>879
それ有識者会議の押しつけ。
議論は全然されてないぞ

883 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:06:54 ID:RXjuL61E0
>>876
ないでしょ。それは否定しないよ。
継体天皇が応神朝とは男系ではつながっていないという一部学説をとるなら
話は別だけど、そういう歴史論争はしないんでしょ。

884 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:07:43 ID:jh/FRgP50
従前のものにするだけでいいのだから簡単な話だ。
旧宮家の復活、これが伝統にもかなう。

885 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:09:35 ID:u0rw9Ygm0
>>877
ご親切にどうも。
現行の規定では継承順位第5位ぐらいまでご存命なのだから、早まってへまをする危険性は
減らしたいものだ。
ところで、M子様が次男夫婦に第三子をつくるなと圧力を掛けたというのは本当か?

886 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:10:49 ID:QbSXmZIe0
>>872

順徳天皇の曾孫・忠房親王
父が臣籍降下したが子は親王になった。

>>875
問題ないのでは?
今上陛下か次代に即位された東宮様の「猶子」になるわけだから。

887 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:10:53 ID:LF27uBRl0
国民に受け入れられないだろ。
日本神道が国教であるからこそ天皇の地位もあるのだし。

888 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:15:29 ID:pN8XPuEs0
>>872
順徳天皇あたりはねえ。特殊な例だよね。。。。
隠岐に流されたり「徳」のおくりなとか。

889 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:15:43 ID:hR68tmp50
天皇家の跡継ぎを決めるのに、どうして縁もゆかりもない一般人があれこれ
口出しするのか。皇室の方々で話し合って決めればいいじゃないか。
養老孟司さんも、文芸春秋1月号で、有識者会議のメンバーは、よそ様
の家庭に口出しする不届き者の集まりと言っているが、もっともな発言
だと思うね。

890 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:16:02 ID:RXjuL61E0
>>886
前例となるかの議論は別にして、
現実問題としては皇室典範のこのあたりを変えないと。

第9条 天皇及び皇族は、養子をすることができない。
第15条 皇族以外の者及びその子孫は、女子が皇后となる場合及び
皇族男子と婚姻する場合を除いては、皇族となることがない。

だから、女系容認、男系維持のどちらを選択するにせよ、法律の改正が必要になる。
そのためには国会で過半数の賛成を得る必要がある。

891 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:17:26 ID:kP6cFGMJ0
>>885
>ところで、M子様が次男夫婦に第三子をつくるなと圧力を掛けたというのは本当か?

やめとけ。こういう香具師が男系論者だ、と思われるだけだ。
あるんならソース付けて出さんと、な。

892 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:17:45 ID:7QtgfSTf0
>>889
賛成だな。
天皇制に興味の無い一般人のアンケートをもとに変えてもね・・・
天皇の価値を暴落させる話だし、当事者で決めてもらった方がいい。

893 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:18:08 ID:LF27uBRl0
雅子さんには誠意が感じられない。

894 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:19:43 ID:o5jbC8RrO
>>887
実際に女系とやらの頃には国民が即位自体を認めないだろうな

895 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:20:11 ID:jh/FRgP50
うわさ話はこの際取り合わなくていいよな。
後の世に、これまで連綿と続いてきたものを残して、
今で終わらせないように、というのが本題だから。。。

896 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:24:07 ID:u0rw9Ygm0
女性天皇誕生が可能になったとしても順位として
皇太子ー秋篠宮ー(紀宮)ー愛子さまー眞子さまーかこ様ー
でいいじゃん。
決めるのはこれが絶えてからで十分。

897 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:25:31 ID:QbSXmZIe0
「有識者会議」が根拠もなく
「旧皇族の復帰は国民に受け入れられない」と言いつつ
民間人男性が女性天皇の夫や内親王・女王の夫になって
皇室入りする事に何の躊躇いも持たないでいることが
どうにも理解できない。

旧皇族ですらないただの民間人男性が
「皇族」になる方が余程違和感あるよ。

898 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:26:03 ID:RXjuL61E0
>>892
まず近代の立憲君主国では、国王による恣意的な王位継承を許さないために
王位継承を憲法か特別な法律で規定しているのがほとんど。お家騒動のもと
になるし。また憲法の趣旨からいっても、皇室が立法に関与することは
許されないと解釈できる。

こういう建前論は抜きにしても、三笠宮寛仁殿下が男系を主張されたとき、
小泉首相は皇室が意見を述べるのはかまわないと発言した。これは彼の自身の表れではないのか。
もし、男系派が無鉄砲に反対を唱えて、典範の改正が難しくなった場合、
小泉は皇室の意向を伺うという形で伝家の宝刀を抜くかもよ。
おれとしては絶対に避けてほしいけどね。

899 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:28:15 ID:u0rw9Ygm0
その時こそ解散総選挙だね。

900 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:29:32 ID:yTD6hdnQ0
>>886
サンクス
天皇の近親ということだな


901 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:32:18 ID:yTD6hdnQ0
>>899
税制の見直しをしたいからそれはない



902 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:33:23 ID:RXjuL61E0
>>899
かりに国会が混乱しても解散はしないよ。
一部の人以外には、たとえ国会議員でさえ、
この問題は大きな問題ではない。

903 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:39:17 ID:u0rw9Ygm0
なんか変。
本当に国民は今回の内容を認識・理解しているのか。
こんなんだったら国事行為は協力するが解放してくれと、皇位継承問題よりも先に
天皇陛下が述べられそうだ。

904 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:40:59 ID:ngAO8aWRO
>897
婚姻による正当性がある。
一般の家だって、娘がいれば娘に婿をもらって、となる。
娘がいるのに、わざわざ養子をもらおうと思う人は滅多にいない。


905 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:42:14 ID:IgSzKW3t0
>>902
大きな問題だよ。ソ連が共産主義を捨てるかどうか、に匹敵する大きな問題。

906 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:44:24 ID:RXjuL61E0
>>905
ごく一部の人にとってはね。
大部分の国民や国会議員にとっては大きな問題ではない。
君たちが世論調査から感じるギャップの大きな原因は
この意識の違いだ。これを国民の不勉強のせいにして
責めるのはおかしいと思うよ。

907 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:44:36 ID:u0rw9Ygm0
何でもかんでも一般人と同じで良いなら選挙権も与えたら?

908 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:45:57 ID:QbSXmZIe0
>>904

皇室は摂関家に内親王を降嫁させてもその夫を皇族扱いしたりはしなかった。
自分より何親等も離れた宮家の当主を「猶子」として
擬似的に親子関係になり皇位継承権を認めてきた。
一般の家とは比較できない。

909 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:46:00 ID:IgSzKW3t0
>>906
大部分を切り離そうとしているけど間違っているよ。
大部分の人にとって大きな問題だよ。
どーでもいい、という言い回しで誘導しているのは改造派でしょ。

910 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:50:36 ID:u0rw9Ygm0
そのうち「ロイヤルファミリー」って新しくできた「ロイヤルホスト」のチェーン店程度の
認識になりそっす。

911 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:52:16 ID:ngAO8aWRO
>908
だから、今までは降嫁でこれからは婿養子にきてもらうんでしょ。
なんて呼ばせるのか知らんが。


912 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:58:57 ID:LwP1ZeBU0
>>723
まずは皇室の意向を伺うということで責めてきゃいいんだよ。

皇室の意向を聞こうともしない女系推進者は、皇室への敬意が
足りないのではないのか?とか何とか言ってさ。

913 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 14:59:24 ID:ykNRjdOV0
>>908
養子を禁止したのは明治天皇なんだが。

914 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:00:03 ID:QbSXmZIe0
>>911

「遠縁の皇胤を猶子にして親王宣下」という何百年も続いてきた伝統があるのに
何で「婿養子に来てもらう」なんて慣習を取り入れる必要があるの。
旧皇族の子孫は絶えていないんだよ。

915 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:01:58 ID:RXjuL61E0
>>914
世襲親王制は中世から近世までの制度。令制にもないし、
明治の旧皇室典範でははすでに廃止されていた。

916 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:03:40 ID:QbSXmZIe0
>>913

明治天皇の頃は今とは逆に皇族男子の数が多すぎたんだよ。
だから明治以降は宮家の次男、三男は侯爵位を賜って臣籍降下させた。
今は皇族男子の数が極端に少ない。
次代を担えるのは東宮と秋篠宮だけ。
ここで古き伝統を復活させるべきなんだよ。
皇統の連綿とした継続の為に。

917 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:06:26 ID:QbSXmZIe0
>>915

旧典範を重んじるなら
「男系男子」は絶対に譲れなくなるよ。

918 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:11:05 ID:u0rw9Ygm0
>>911 : ID:ngAO8aWRO
>908
だから、今までは降嫁でこれからは婿養子にきてもらうんでしょ。
なんて呼ばせるのか知らんが。

君が古くから有る決まり事を守りたがらないのは、アンカーをみてもよく判るよ。
何とかもどきがお好きなようで。

919 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:13:30 ID:IgSzKW3t0
重箱の隅つついてるやつが多いけど、
この問題は結局側室で解決すべきと思うし、それを推すよ。
古来の文化を伝えるにはそういう形での女官制を
ひながたのような小さな形で残し伝えていくのが一番だからね。

920 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:14:47 ID:aMKcaxBhO
元正天皇は母のみが天皇。もちろん父は皇子だけど。母親のみが天皇で母から皇位を譲られ即位した元正が男系天皇として位置づけられていると言うことは、愛子天皇の婿が男系男子なら男系の血が保たれる?

921 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:29:36 ID:QbSXmZIe0
元正天皇の父草壁皇子は皇太子で
母の元明天皇は皇太子妃になって元正天皇を生んで
更に長男の文武天皇が崩じてからその遺詔で即位しているので
単純に「愛子天皇の婿が男系男子なら男系の血が保たれる」とは言えないと思う。
女性天皇が即位してから結婚した前例はない。
それが許されるなら美人だったという元正天皇には
いくらでも婿の相手がいた筈だけど天皇は終生独身だった。

愛子内親王の血統で皇統を伝えたいなら
男系男子が天皇になって愛子内親王が皇后になるべきだと思う。

922 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:35:10 ID:Vu3ha7Z10
既女板じゃ
おwdはせんべいだと検証始めてるぞ。おい。まじだったら
すげぇ国賊だ。

923 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:43:08 ID:pN8XPuEs0
せんべいって何?

924 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:46:54 ID:Vu3ha7Z10
せんべいの有名な産地はどこでしょう・・ヒント

925 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:47:50 ID:Hwa22tII0
>>921
それが1000年前の国民とか世論とかへったくれもない時代ならよかったけど
今は絶対無理だな

926 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:48:46 ID:ibX8VO5a0
女帝論議は、かつては女が天皇を務めること自体が問題の中心だったのに、
男子の産まれる見込みが少なくなって「男子」の壁が持ちこたえられないと見るや、
急速に「男系」こそが天皇の本質みたいに言われるようになってきた。
昔からの「女帝容認、男系堅持派」ならいいけど、「女帝否認派」からの鞍替え、
もしくは潜在的女帝否認派は、ご都合主義で胡散臭い。


927 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:51:42 ID:NSKROoJ00
何で男系反対のやつって反対してるんだろう?キチガイじみてるし

928 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:55:23 ID:RsfJcbQA0
女系否認派が言葉遊びしてる間に平沼までYESと言わされちゃったね
もう後はないよ

929 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:55:44 ID:yTD6hdnQ0
>>927
男系派に>>922みたいな奴がいるから


930 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 15:59:29 ID:ykNRjdOV0
>>916
違うよ。

明治天皇は「直系優先継承制度」に変えただけだ。

そしてその後大正天皇が側室制度を廃止することでさらに直系の範囲を狭めたんだ。

今回の皇統断絶の危機を早めたのは、主にこの2天皇の制度改正と敗戦による皇室のあり方の大転換だ。

931 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:02:39 ID:h65JkhZF0
>>927

単純に反対って訳じゃないと思うよ。単純に従前のような男系継承が難しい
んではないか、ってな話で。

旧宮家の復帰で男系継続を続けてもいいんだけど、そうなると男系だけど23
世とか24世の男子孫が皇位を継承することになる訳で、皇統の伝統上極めて
血縁の薄い皇位継承になるんでは、ってことでは。今までの一番離れた継承
が男系5世の継体天皇だった訳だから。

万世一系維持するためには何らかのプラスαの理由付けが必要でしょ。



932 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:04:07 ID:QbSXmZIe0
>>925

皇室はあくまで伝統第一という事を主張すれば分かってもらえる。

>>926
別に女帝を否定してはいない。
ただ伝統的な女帝は本人が男系女子で
元皇后・元皇太子妃・或いは終生独身の内親王というのが大前提。
それを踏まえれば現状では女帝を認めても後が続かない。

933 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:04:43 ID:VkH5gYcn0
なんだかんだいって
直系継承は光格天皇以来、すでに7代226年続いてる。
愛子天皇まで続けば9代250年以上になる。
こんなに直系で続いたのって神話時代以来なんじゃないの。

934 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:05:02 ID:RwqEFjKu0
>>920
へえ、系図見てみたけど本当だ。
これ、草壁皇子の上に線引いて上に繋げてるわけじゃないな。
元明の上に天智天皇が繋がるんだ。

935 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:05:29 ID:9PHIa0se0
小和田家( ´゚,_」゚)ヒッシダナ





936 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:10:37 ID:hS3XPQUr0
>>914
今の国民にそんな制度が受け入れられると思ってるの?
なんで実子がいるのに養子なんてとる必要が。



937 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:12:38 ID:QbSXmZIe0
>なんで実子がいるのに養子なんてとる必要が。

現在女子には皇位継承権がないし
伝統を踏まえたら即位しても終生独身でいてもらわねばならないから。


938 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:15:19 ID:ykNRjdOV0
>>934
元正天皇は男女双系ということになるのではないかな。

元明天皇の父は天智天皇、草壁の皇子の父は天武天皇だから。

彼女は聖武天皇に引き継ぐまでのピンチヒッター的役割だったんだろうな。

939 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:18:26 ID:kP6cFGMJ0
>>937
だから長子承継にしようということだ。

940 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:20:27 ID:QbSXmZIe0
男女問わず長子継承にしたら
男系相承の大原則が崩れる。

941 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:23:24 ID:VkwG3m9I0
なぜ男系派内で意見が分れるのか。

養子・側室・旧宮家復帰派は、有史以来の皇統の伝統に基づいた考えから発言しているのですよ。
これはこれで正しい主張。

しかし現皇室は、戦後憲法に規定された存在。
戦後憲法には、象徴天皇制を「国民の総意に基づく」と決められているから、国民の意向を無視出来ないわけですよ。

そりゃ、皇統は憲法に先立つこと2000年だから、本当は憲法の規定なんか関係ないで、
男系維持のためにあらゆる手段を取ればいいはず。
でも、それは出来ない。なぜなら、今の天皇は憲法に規定されてしまっているから。
だからまず、国民の意向を聞かなきゃなにも出来ない。
男系派の現実派は、この考えに基づいている。

だから一番は、憲法を改正して、皇室を憲法外の存在にすること。
そうすれば、側室でも養子でもやりたい放題。
憲法を変えたくないなら、国民投票に訴えるか、あるいは内親王と男系男子の結婚とか、
国民から批判の少なそうな方法をとるしかない。

942 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:30:14 ID:Hwa22tII0
>>933
確かに
調べると神武〜成務の13代1000年以来
あとは兄弟継承が多かったしね
つぎが後花園〜正親町の五代160年だし

943 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:32:57 ID:4J1iOgZb0
このまま行くと兄弟継承だが問題ありまっか?

944 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:36:44 ID:zlSrccpC0
>>943
弟宮に男子がいればorz

945 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:36:51 ID:QbSXmZIe0
憲法は変えずに皇室典範で旧皇族の復籍と
猶子・親王宣下制度を復活させるのが一番いい。

皇室を憲法外の存在にしたら日本は共和制になってしまう。
皇室の政治利用は凄まじいものになるだろう。

嘗てワイマール共和国ではナチスが旧皇族の支持を取り付けて
保守層に食い込んだ歴史がある。

946 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:40:35 ID:LwP1ZeBU0
>>942
ちょっとズレている。

皇室自身が、こういう皇位継承方法がいいと訴えても別にいいのよ。
いよいよにならんと公式表明はしないだろうけどね。

憲法違反、憲法違反と声高に叫ぶ人がいるけど、悪質なプロパガンダ。

仮に今上天皇陛下が、「男系維持のために旧皇族復帰希望」とおっしゃった
として、それが憲法違反になるとは俺は思わないし、そもそも誰が訴え
て誰が憲法違反て判決を下すんだ?

日本人の感情的にも、法制度上も、あり得ない話。


947 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:41:04 ID:pN8XPuEs0
>猶子・親王宣下制度

agree.

948 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 16:43:28 ID:+uhHMoM50
女系とか男系とかよりも
今の皇太子夫妻が将来の天皇皇后になるってことの方が問題。


949 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 17:18:35 ID:PahJ/hdU0
小和田朝の始まりか

950 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 17:25:30 ID:QbSXmZIe0
仮に愛子内親王が即位したとして
その夫が雅子妃の従兄の子だったりしたら
その次の代に初めて「小和田朝」になる。

951 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 17:34:02 ID:bvwsOPHf0
天皇制and男系支持してる人の言ってることって一貫性が無いんだよね。
天皇制が「非民主的だからなくすべきじゃないか」って批判にさらされた時
にはイギリス始めヨーロッパにも王室があるんだから日本に皇室があっ
てもいいじゃないかと言い訳をする。ところがじゃあ皇室をヨーロッパの王
室みたいに女系にすべきと言うと、今度は皇室はヨーロッパの王室とは別
のものだから同じ制度にする必要は無いという。

要するにヨーロッパの王室を自分の都合のいい時にだけ肯定し都合が悪
くなると否定する。
こんな一貫性の無い態度をとっているんだから男系派の言うことが国民に
理解されないのは当然だよ。

952 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 17:37:07 ID:djdijWQs0
まあ

953 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 17:38:59 ID:QbSXmZIe0
真似をしていい所は真似をして
日本古来の伝統に合わない部分は受容しない。
これは異文化伝達の基本ではないのか。

ちなみにイギリス王室より日本の皇室のほうが歴史がある位のことは
知っているよね。

954 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 17:47:15 ID:QbSXmZIe0
皇室批判者に問いたいが
共和制の方が自由があるとでも
本当に思ってるの?
国民みんなが平等だとか思ってるの。

先日のフランスでの暴動での
サルコジ内相の発言
まさにエリートが大衆を蔑む典型だった。

それに「世界の大勢は共和制」と言われるが
その共和制各国の中で民主主義が本当に実現されている国が
一体どれだけあるか考えてみたらいい。
民主主義は憲法の条文上だけで、実態は紛争を続ける部族の寄り合い所帯だとか
大統領一族が軍、政府、財界のトップを独占している国々とか。
今の日本は立憲君主制国家として相当成功している方だ。

955 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 17:53:52 ID:RsfJcbQA0
そんなの小泉に聞いてよ

956 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 17:55:02 ID:yTD6hdnQ0
>>954
皇室批判者じゃないけど

フランスの暴動と共和制との因果関係はないし、日本は天皇制があるから
民主主義が成立しているわけじゃない








957 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:01:44 ID:DQtfx8tD0
愛子の婿がどうなるかで決まるから
一般人と結婚した場合、本当にその子
を天皇にするかはっきりしといたほうがいい。
後になるほど変更しずらい。
男系派も愛子容認とか先送りの
考えは捨てて今ごねるべき。

958 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:04:48 ID:QbSXmZIe0
>フランスの暴動と共和制との因果関係はないし

万民平等が大前提の共和国で為政者がたとえ暴徒であろうと
国民を「屑」呼ばわりするのは
大問題もいい所だ。「俺様とお前らは違うんだよ」って意味なんだから。
為政者は国民から行政管理を委託されているに過ぎない。

>日本は天皇制があるから
>民主主義が成立しているわけじゃない
戦後民主主義において象徴天皇の存在はきわめて大きい。
戦後の混乱期に天皇がいなければ日本国の中核がなくなり大混乱になっていただろう。


959 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:08:23 ID:p1FNv+sv0
>>957
その問題もあるし、
ほかの独身女性皇族はすべて愛子さまより年長なので、
そのお子様たちがどうなるのかも、ちゃんと決めないと。
宙ぶらりんのまま放置しとくわけにもいかない。

960 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:12:52 ID:klSBPkHX0
愛子には天皇家のチンポコが付いてないからダメ。
チンポコのみが天皇継承の証。

961 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:18:50 ID:DQtfx8tD0
いまのところ愛子と旧皇族の結婚
の可能性は高いと思うけど、
男子優先は最低やっとかないとまずい。


962 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:21:01 ID:aMKcaxBhO
チンポの有る無しは問題ない。問題はどのチンポから生まれたか…だ。

963 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:23:39 ID:R8wdqh910
>>961
ハゲドウ!

964 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:24:35 ID:DzBOUrgP0
>>961
敬宮の両親を見て、その可能性が高いとは到底思えませんが。
というか、今となっては正直言って>>948 に同意orz

965 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:29:20 ID:DQtfx8tD0
>>964
関係者が努力するしかない。
皇太子夫妻がそうでも周りに人はいる。


966 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:32:00 ID:XQssnIqz0
小泉のやることは全て間違い。
早く追い出して、元に戻すこと。

967 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:37:03 ID:DQtfx8tD0
天皇家はトキ状態。
皇太子と秋篠宮の精子保存しといた
ほうがいいよ。

968 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 18:40:11 ID:amKjfj7w0
>>948
>>964
そう遠くない将来、雅子皇后が誕生しそうな悪寒。天皇陛下はガンだし。
だから女系派は焦ってるんでは? 憶測ですが...

>>961
雅子がそんなことさせるとは思えん。


969 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 19:06:03 ID:SxWaRoTTO
951
頭悪いのかわざとなのか。
王と天皇は社会的地位が似ているから
それによって民主主義が阻害されているかどうかを見ることは出来る。

しかし王室と皇族それ自身はその伝統格式は違う。

社会的に同類であるものも
個々に見れば個性があって当たり前だろ。
類と個の概念ぐらい持てば?
恥ずかしい奴だな。

970 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 19:06:03 ID:FXW3cANI0
>>956
しかし、「人権」や「(国民)主権」といった無制限の権利主張を促す思想が革命と少なからず
結びついてきたという歴史には多いに学ぶところがある。
天皇がおられるから民主主義が成立しているわけではないが、現代日本の民主主義の存立に対し、
天皇および皇室の存在が抑圧を加えたり弊害をもたらしているといった実害もない。
世界的に見ても、先進民主主義国と呼ばれる国々には立憲君主制を維持している国が多いという
傾向もある。

971 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 19:25:47 ID:FXW3cANI0
>>913-916
現・皇室典範は大筋において旧・皇室典範を継承したものであり、旧・皇室典範は慣習法を
明文化した法典である。現・皇室典範において不明な点は慣習に遵うのが法学の常識である。

「女系天皇」の禁止もさることながら、皇室における「養子」の禁止も厳に守るべき伝統である。
仮に「養子」を認めたとしても、それが「女性天皇」の継嗣であればまぎれもない女系となり、
たとえ旧皇族を「養子」に迎え実質男系を維持したとしても、早晩君臣の別は溶解混合し、また、
皇位継承順位に相当な錯綜を来すことになる。
すなわち、制度論として「養子」制度を認めた場合、現在の状況下では必然的に「民間人」から
「養子」を取ることになり、いずれは皇胤すべてに対象が拡大する可能性を有することとなる。
また、「養子」によって宮家を継承可能にした場合、恣意的な皇位継承順位の変更が可能となり、
それが慣例化すれば実系の確認に困難をともなうようになる。
これはそのまま万世一系の皇統の紊乱に直結する。
宮家の存在意義と使命はひたすらに皇統を護り伝えることにあり、武家や庶民のような「家」や
「名跡」の継承ではない。ゆえに皇族方は天皇陛下と同姓(無姓)となっている。
明治初めの一時期行われた皇族間の養子は宮号や財産の承継を目的としたもので、万世一系の皇統を
護り伝えてきた皇室の本義に違背し、これを先例として「養子」制度を正当化することはできない。

よって、今日の皇位継承者不足を解消する唯一の道は、戦後「皇籍離脱」された旧宮家の方々に再び
皇籍に復帰していただく(原状回復する)ことである。


972 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 19:34:34 ID:mUyxD5DM0
>>971
相変わらずのコピペで進歩が無いな。
慣習法については、私法と公法で扱いが違うだろう。
皇室典範は、私法たる民法の特別法なのか、それとも公法なのか。
お前なりに、主張、立証してみたらどうだ。



973 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 19:41:13 ID:FXW3cANI0
皇室典範は本来、憲法と同格あるいは憲法の一部であるべきもの。

974 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 19:57:10 ID:je1uwUiP0
旧皇族工作員まったく元気がないな。
以前みたいにがんがん張ってほしい。

975 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:02:53 ID:mUyxD5DM0
>>973
日本国憲法は慣習法を明文化したものではないが、
皇室典範が憲法の一部とすれば、
この2つの関係をどのように整理するのか。


976 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:03:50 ID:y3NoM/NV0
小泉キモイ

977 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:05:32 ID:yTD6hdnQ0
>>973
憲法で詳細まで決めてる国は少ないだろう
概要を書いて詳細は「法律でこれを定める」というのがデフォ



978 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:05:52 ID:je1uwUiP0
あとは国会の採決か。
小泉に何人造反するか。

979 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:11:59 ID:mUyxD5DM0
>>977
ということは、皇室典範は慣習を優先すべきとする特殊な法律ではなく、
一般の法律と同じく国会で制定可能なものだな。


980 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:12:15 ID:QbSXmZIe0
小泉のレームダック化期待。

女系天皇は歴史への冒涜である。

981 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:16:03 ID:FXW3cANI0
>>975
立憲政治の本家とも言える英国の憲法が不文憲法=古法の集積であることをご存知ですか?
&憲法の英語が「constitution」であることはご存知ですか?

>この2つの関係をどのように整理するのか。
簡単。明治憲法と旧皇室典範の関係に戻せばいいだけ。


982 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:18:48 ID:yTD6hdnQ0
>>978
立案→閣議決定→与党の了承→議長に提出→委員会に付託→本会議
とあるけどね



983 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:28:52 ID:kWtHo3+a0
女しかいないんだから、男子を引っ張り出すしかないだろう。
女帝容認するのは、まだ早い。50年後に決めればいい。

984 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:30:58 ID:mUyxD5DM0
>>981
マグナカルタを手本にするなら、
律令格式と禁中並公家諸法度に戻した方が良いな。


985 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:32:15 ID:dk9ivlN50
南朝子孫と出雲が組んで、

出雲が南朝子孫に、国譲りの儀式を行い、
正統な皇統に服すべきと思う。

北朝男系男子なら、女系にしようがどうしようが
関係ないと思う。

986 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:42:58 ID:Kwos47ux0
ナルちゃん、奮起しろ!ここで一発逆転サヨナラ満塁ホームランかっ飛ばせ!

離婚→再婚→親王誕生だ!!!


987 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:44:42 ID:CkFm9y1O0
産経新聞夕刊
お堀の内側で見る女性天皇論 伝統は「柔らかく」継承
社会部 豊川雄之

 敬宮愛子さまの誕生にあたって、“大大叔母”にあたる高松宮妃喜久子さまが、女性誌「婦人公論」(中央公論新社)で、男児誕生への期待を述べる一方で、「長い日本の歴史に鑑みて(女性天皇は)決して不自然なことではないと存じます」とつづられた。
 敬宮さま誕生に関して皇族方が女性天皇問題に言及したのは初めてのこと。宮内庁には直面する最も大きな懸案の一つである半面、「宮内庁が議論の先頭を切るわけにはいかない」(幹部)微妙な問題でもあった。

 大上段に歴史を振り返ってみれば、中世以降、天皇家は、幕藩体制、近代の明治憲法、戦後の現行憲法の下で、時代に沿いつつ歩んできた。

 「本音で言えば、男系の伝統を守りたい」という宮内庁幹部も、男系を守るための旧皇族の皇籍復帰や養子縁組には「世の中に受け入れられるのは難しい。仮にこのままならば(女系による継承の)他に選択肢はない」と打ち明ける。
 
 皇位継承は政治問題であると同時に、天皇家の私的な問題でもある。
 天皇陛下は、外国訪問や王室来日の際に、同じ悩みを抱えている各王室の話に耳を傾けられていると聞く。
 印象的だったのは敬宮さまが誕生した翌日の昨年十二月二日、記者団が病院前で天皇陛下に初対面の感想を尋ねたときのことだった。
 天皇陛下は、こちらが拍子抜けするほどてらいのない笑顔で「とってもよかったね」と皇后さまに笑いかけられた。継承問題について、誰よりも深く考えられているはずの天皇陛下が見せた笑顔からは、男児でなかったことについて一点のわだかまりも感じられなかった。
 残念ながら直接、気持ちを確かめる機会はないが、長く子供に恵まれなかった皇太子ご夫妻を純粋に祝う気持ちとともに、陛下は継承問題について、自身のなかで、何か“柔らかく”整理をつけられているのではないだろうか。
 皇室にとって難しい時代、仮に「男系継承」の伝統が失われ、社会の在り方が変わったとしても、こうした「柔らかさ」が、皇室に受け継がれてきた、ひいては私たちの社会の伝統なのかもしれない。お堀の内側で、そう考えている。

988 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:45:35 ID:XQssnIqz0
もう離婚は必要。この騒動であの態度の嫁は人間として信用しちゃいけない。

989 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:50:36 ID:Kwos47ux0
天皇陛下が「よかったね」と仰ったのはようやく無事に出産が済んだことの
素直な感想と、これでようやく男児が産まれるという期待感だろう。

まさかM子が勝手に第二子断念などとは夢にも思っていなかっただろう。

陛下の胸の内を思うと誠に心が痛む。

990 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:52:47 ID:3WlgJMNR0
>>988
適応障害なら、離婚が最善の治療だよなあ。


991 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:54:32 ID:QbSXmZIe0
皇太子妃の「医師団」の医師の名前が一切公表されないというのがなあ。

本当に「医師団」なんているのか、と疑いたくもなる。

992 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:54:48 ID:arnEdSYI0
おれ的まとめ12/12版
歴史的事実:女系天皇は未だかつて存在しない(=万世一系)。
      子供をもうけた男系女性天皇はいない(在位中独身or生涯独身)。
      男系女性天皇は全て次代の男系男子が成人等するまでの中継ぎ。
皇室典範:上記の不文律を成文化したもの。帝国憲法下には旧典範があった。

男系派 いずれの派閥も旧皇族の皇族復帰、皇室典範の改正が前提?
1.伝統的暫定男系女性天皇容認派  
  暫定女帝は次代の男系男子を決めて即位する必要があり。  
2.男系女子天皇容認派 
 次代の男系男子を定めず愛子様を即位させ、その代での皇室終焉を目論む者あり。
3.男系男子限定派
 3-1 旧皇族を皇族復帰させ男系男子に天皇になってもらえば良いよ派
 3-1 愛子様が男系男子と結婚して男子が出来れば良いよ派(愛子様の結婚の自由は?)
 3-2 愛子様が男系男子を猶子(養子)に取れば良いよ派

女系派
1.共産,社民,公明 まず女系天皇を認めさせ、その後に実は正統性無しと主張予定
2.ジェンフリ論者 伝統よりも男女平等、性差の撲滅が大切  
3.(女系+α)派  双系、長子優先派

皇室典範改正に関する対立
男系派→古来の慣習を保持する目的でのみ改正すべき。慣習法派?
女系派→なんでもあり。

993 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 20:55:00 ID:Kwos47ux0
天皇陛下にドタキャンかます女に皇太子妃の資格なし。

即刻離婚すべし。


994 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 21:00:29 ID:Wk07o1tr0
麻垣恒三、はたして誰が子ネズミの意に反して(実は子ネズミは何系でも良かったりするかも)
男系を打ち出すのであろうか?
大穴で中川か?

995 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 21:04:17 ID:bvwsOPHf0
>>969
天皇家の男系文化を単なる個性で片づけるのは無理があるね。
そこには男女平等の問題が絡んでくるから。

996 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 21:05:46 ID:Wk07o1tr0
夫である皇太子に礼も出来ない失礼な40過ぎ女はとっとといとまごいしる。
君のおかげで夫は皇太子で居られるのではなく、夫のおかげで君は皇太子妃で居られるのだぞ。
お里にお戻り。

997 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 21:07:01 ID:jdApHFsB0
雅子は本当に皇后になりたいのかなぁ
雅子大好きヨーロッパ皇族だって、ドタキャンなんてしないし、嫌いな
相手と会談もするよ。
皇后が「風邪」ごときで来日なさった様々な国との会合ドタキャンしたら
絶対裏があると思われるよ。靖国参拝どころの騒ぎじゃない。


女帝の件が無くても、本当にこの女はなんとかしないとまずい
離婚したって小和田パパがなんとかしてくれる立場なんだし離婚しろ
これ以上国益を損ねないうちに

998 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 21:07:40 ID:D9Qn1W3U0
男系の女性天皇ってなんだ???
女性天皇になっても子供は天皇にはなれないってこと?

999 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 21:08:20 ID:n4CFv9mqO
未来にでも正統の名義への復活を主張して 運動、教道(明治に廃止、禁止に成った神道の教道職の復活)みたいな事をすれば良い。
制度は所詮制度で有って廃止も改正も再改正も自由ですからね。
制度としては残っていても正統の復活にはやりやすいかもね。
女系の名義天皇が正統に頭を下げ「天皇陛下」と言ったりとか、
現在も行われてる勅使の形態を、正統にお伺いをたてるとかの名目にしても法的には問題が無いしね。
現在も勅使が神に頭を下げ、宇佐では神主が「天皇」と呼び捨てにして勅使に命じる儀式も在るみたいですしね。

(但し天皇は仏教とも関わりが現在でも深く繋がりが有るので
神道のでは無く、神道や様々な団体を下に置く朝廷式のが良い)

また、名義天皇が正統を「天皇陛下」と呼んだり、
現在、行われてる勅使を正統にお伺いをたてる形式に替えたりしたら旨く良くよ。
菊栄会や宮中祭祀など関わりも深いから意思疎通出来るしね。
愛子様が嫌とか正統に頭を下げたりして。
今も宇佐では神主が勅使に「天皇」と呼び捨てにして馬を降りさせる儀式が有るしね。
また明治に禁止、廃止された教義や口伝を復活しても良いしね。
(聖書や仏典みたいに口伝の編纂をするべき)
勿論、正統天皇は宗教では無く、君営(民)朝廷の形ね。
あと、神社の長では無く、神社や一部仏教や団体、宗教、人を傘下に治める。
徐々に増やす。布教や活動してね。
国際運動もする。
50年くらいで独立亡命朝廷を世界各地に創れるくらいにしたいね。
正統な朝廷として。
少しずつでも徐々に正統を伝えて未来の復活を目指そう。
数十年後にはアメリカ、中国、インド、欧州の大国には正統による朝廷の支部を創って協力を働きかけたいね。
最後に、私が個別に正統な神武皇統を担ぐ事は無い。
正統の長は菊栄親睦会や神社や露会や各種団体なり、
書類名義以外も含めた皇統に属してる人が決めた事を優先しますので。


1000 :名無しさん@6周年:2005/12/12(月) 21:08:25 ID:Fv8iya+t0
1000なら雅子さま男子出産。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

345 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)