5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【財政】国の借金、800兆円目前…乳幼児を含め国民1人当たりの借金が626万円に

1 :諸君、私はニュースが好きだφ ★:2005/12/22(木) 18:52:35 ID:???0
 国の借金の残高が、9月末には799兆円余りに達し、過去最高を更新
したことが分かりました。国民1人につき626万円の借金がある計算です。

 財務省が発表した9月末の国の借金の残高は、国債や借入金中心に
799兆0201億円に達し、6月末と比べ3兆1864億円増えて過去最高
を更新しました。乳幼児まで含めた国民1人当たりの借金は、626万円
に相当します。

 国の借金残高は財務省が3カ月ごとに公表していますが、次回発表の
12月には総額が800兆円を超えるのが確実な情勢です。

 今回の統計は、国債の残高に財投債や政府短期証券、借入金などを
加えたもので国債残高に限ると2006年度末で542兆円になる見込み
です。

ソース(TBS News-i) http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3188932.html
別ソース(時事通信) http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=051222162236X111&genre=eco
関連スレッド
【財政】国の予算…「月給46万の勤め人世帯なら赤字が月に30万発生」の状況★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135144234/

2 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 18:53:02 ID:ZqlbZj4X0
どうでもいいよ

3 :ぴこぴこ:2005/12/22(木) 18:53:32 ID:R6qExq4Q0
公務員は、今後借金消滅まで、ボーナス返上でいいのではないか。
そもそも、ボーナスなんかが公務員に必要な理由がわからない。

4 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 18:56:46 ID:BAHnVdH60
韓国の借金など屁みたいなものだな、日本はすでに崩壊寸前。

5 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 18:57:15 ID:WZZnhoBs0
>国民1人につき626万円の借金がある計算です。
俺には全く関係ない話だね。
俺が626万返す訳でもないし。
意味不明な例えはやめてほしいね。

6 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 18:57:43 ID:mFWjsG/t0
■大学進学者数
中国:400万人(進学率20%、都市部35%)
韓国:50万人(進学率70%)
台湾:―(進学率50%)
インド:200万人(―)
日本:50万人(進学率40%)

沖縄:―(進学率25%)

■自動車販売台数
アメリカ・・・・1,691万台
欧州26ヶ国・・・・1,452万台
中国・・・・585万台
日本・・・・570万台
ロシア・・・・150万台
インド・・・・120万台
韓国・・・・115万台
タイ・・・・68万台
インドネシア・・・・48万台
マレーシア・・・・47万台
フィリピン・・・・9万台

7 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 18:58:06 ID:uCZax7wF0
ちょうど俺の貯金と額が一緒でビビった

8 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 18:58:20 ID:CcAm6ovB0
さっさと金利上げろや。それで公務員給与は今後10年間下げ続けろ。
そうすりゃプライマリーバランスは改善すっからよ。

9 :32歳独身公務員:2005/12/22(木) 19:00:07 ID:kbuJk7ez0



      まあ、俺様が死んだあとで
      
      おまえらが連帯責任でちゃんと返していくんだぞ




10 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:00:23 ID:6wNVQG1b0
借金、そもそも誰がしたのよ。

俺は借金した覚えは無いぞ。
国が勝手に、借金して、土建業者や公務員にお金を分配しただけだろう。
それをなんであたかも俺たち国民全員がが借金したかのように報道するんだよ?


11 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:00:32 ID:3O+tWEvHO
もうすぐ滅亡だね

12 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:01:03 ID:dHUAWZOp0
【社会】中学校の水道水に赤さび5年以上 財政厳しい市、管交換に難色〜北海道・小樽
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134919359/
【北海道】「日本一の貧乏都市」が17億円のボーナス支給! - 小樽
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1134661716/

 「日本一の貧乏都市」と山田勝麿小樽市長が自嘲的に称した小樽市。約1,300億円の巨額借金、
異例の2年連続の赤字予算、手持ち現預金ゼロの極貧状況が続く中、どこから調達したのか、
12月15日(木)に、総額17億円のボーナスを市長や市職員・市会議員ら2,050人に支給した。
 15日(木)に支給されたボーナス(期末・勤勉手当)は、市長・助役・収入役ら三役と一般職員の
2,018人に16億6,767万円、議長・副議長・議員の32人に3,735万円の総額17億500万円の
“大盤振舞い”となった。
 支給額は、市長217万円、助役185万円、収入役164万円、部長職123万円、次長職116万円、
課長職106万円。一般職員の平均支給額は82万円。課長以上の幹部職員は100万円の
大台を確保。不況にあえぐ市内の民間ボーナスとの落差を見せ、相変わらずの「官高民低」の
“役人天国”となった。
(略)
 小樽市財政部の試算では、平成16・17年の2年連続の赤字の累積で、これから歳出削減を行った
対策後の平成18年度でも、19億円の累積収支不足額が生じる。この19億円の収支不足額を
解消するのには、「神風が吹いても到底無理」と言う。
 財政破綻で実質では、すでに“倒産”している小樽市役所。民間では、このような状況では、
到底ボーナスなどは支給されない。累積赤字を増やしてまでの17 億円の“大盤振舞い”に、
失政のツケを回される市民の嘆きは深い。ボーナス支給を1回だけ削減するだけで、
累積収支不足が解消するのだが。市民に聞くと、「市民がこんなに困っている中で、
ボーナスも議員数も半分で十分だ」の声が圧倒的に返ってくる。
(略)
http://www.webotaru.jp/news/2005/12/1215-2.htm

13 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:01:17 ID:uftsG07I0
>国民1人当たりの借金が626万円に
生まれてから死ぬまでに626万円を余分に作ればいいんだよね?
頑張れば何とかなりそうな気がするけど・・・。

14 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:01:29 ID:mLk/He710
アメリカ国債を全て売れ
それで解決する

15 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:02:23 ID:uZS2xQGu0
>>13
現時点でだからなぁ。完済しないで死んでいった人の分は乗ってくるわけで。

16 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:03:23 ID:B39p+tCn0
だから超軽量気泡コンクリートとかいろんな素材使って耐震補強しろって。
もう見てくれはどうでもいいから。外枠作って吊れ。蓑虫マンソンでいい。
壊すな。もったいない。


17 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:03:31 ID:CBXaYrvH0
ジェンダーフリーに年間10兆円なんてかけるからだよ。

18 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:04:14 ID:lX12nAzu0
もう徳政令でいいよ。

19 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:04:36 ID:Q+MFq2R00
つーか誰がどうやって俺から借金したんだよ
その626万円で梅おにぎりうまい棒が62万本買えるんだぞ
一日3本として566年もうまい棒食えるってことか?




まあうまい棒は買わないけどXBOX360ぐらいは買ってもいいかなと思う

20 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:05:42 ID:pZ7pWHKQ0
この借金には地方自治体の借金も含まれているの?

21 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:06:01 ID:AT6MM37d0
国民への借金は無限に出来るんじゃないの?
日本国は倒産しないんでしょ?

22 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:06:02 ID:xgT7qbgv0
ほんとの事言うと・・・

国が集めてる税金、実は毎年240兆円。

なのに40兆円しか集めていないと言ってる国



国民の手に軍隊を取り戻すしか政府にものを言えない・・・ってことを早く気づいてください。皆さん。

23 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:07:41 ID:uCZax7wF0
日本政府の資産が1000兆くらいあるし、国民に完済義務なんてのもない。
決められた税金払ってればOKだよ。

24 :ホタルイカ <二:彡 @光学迷彩 ◆Optic4oz5g :2005/12/22(木) 19:08:22 ID:zqVPPDs60

338 名前:名無しさん@4周年 投稿日:04/05/21 15:29 ID:uAmNrups
核廃絶の理想を実現させるために大和民族をぜひ絶滅させましょう。
さきの大戦で前科のある大和民族を野放しにすれば
高齢化で社会不安を抱えたこの犯罪民族は自衛のために必ず核武装をします。
カエルを熱湯のナベに突き落とすと飛び出してしまいますが、
冷水から徐々に水温を上げるとそのカエルは逃げずにゆであがります。
ですから、核廃絶で桃源郷のような美しい世界が実現できると理想を説き、
やさしくゆっくりと耳元でささやいて誘惑し浸透させ続けなければなりません。
そうすれば大和民族を絶滅させ、核拡散防止の理想が必ず実現できます。

【治安か財政再建か】察官増員に財務省渋い顔 折衝難航
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1068314279/
 ↑あともう少し頑張れば、日本の財政は軍人の給料が払えなくなくなります。

愚者は体験に学び、賢者は歴史に学ぶ。
抵抗した歴史的事実があったからこんな結果↓になったのですよ。
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/virtual/VirtualMuseum_j/visit/art/art08.html
http://www.mctv.ne.jp/~bigapple/
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/virtual/VirtualMuseum_j/visit/subcon/sa141-2.html
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/gen/gen2.htm
http://peace-museum.org/galleryJPM/gallery_yamahata/visual-73.htm
http://www.nvccom.co.jp/abomb/gisei3.html
http://www.kamatatokyo.com/the_end_of_summer/images2/003.jpg
http://www.kamatatokyo.com/sounds/fever/004_win.jpg

25 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:08:30 ID:3Q7i1n94O
いままで借金しまくってまだ借金増やしてる老人達が返済するべきだろ。
何で次の世代が返済すんだよ。

26 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:08:58 ID:6wNVQG1b0
>>22
考えてみたら、俺個人が払っている税金は年間300万。
1人あたりのサラリーマンの税金を俺と同じとしたら、

日本の就業人口を6000万人として

300万 x 6000万 = 180兆円

それに企業の税金を足したら、確かに240兆円ぐらい行くね。

27 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:10:01 ID:xgT7qbgv0
>>26

財布が二つあることは知ってますね?

28 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:10:33 ID:03HkpVra0
いつも思うんだが、何で特別会計に触れないんだ?

29 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:10:36 ID:cBZMm25z0
だから、お札をじゃんじゃん刷ればいいだけのこと。

30 :ホタルイカ <二:彡 @光学迷彩 ◆Optic4oz5g :2005/12/22(木) 19:10:58 ID:zqVPPDs60

344 名前:名無しさん@4周年 投稿日:04/05/21 15:35 ID:uAmNrups
不可逆的に核開発できなくなるまで日本が衰退したら、
国際的な核恫喝外交で孤立させ大和民族を海洋投棄しましょう。
清潔で清浄の楽園になった黄金の国ジパング・・・。
羊かんに包丁を入れ子供たちへおやつを配るように
みなで未来の子たちへ日本列島を分け与えましょう。
たわわに実る甘いミカンをひとつひとつ摘むように
日本の住居、軍港、空港、肥沃な土壌、漁場や森、淡水を
みなで笑顔に満ちた未来の子供たちへ贈りましょう。

未来の子供たちへ日本を手渡す地ならしのため
大和民族の心に「愛と平和と核廃絶」が美しく響き合うよう
皆さんの努力で伝えましょう。

地中海地方には商売で栄華を誇るフェニキア人がいました。
そして、東の果てに浮かぶ楽園にも
商才のある人種がいたことを感謝して語り伝えましょう。

最期に大和民族へ「さよなら」ではなく「ありがとう」と
みなさんで声をそろえて大和民族を海へ送り出しましょう。

71 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/12/07(水) 01:29:05 ID:F4zeRLgm0
>>19
(環境破壊で住めない中国が)
日本を侵略して身分の高い人は移住するんだろう?

31 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:14:06 ID:xgT7qbgv0
>>28

政府(各省庁)が自由に使いたいからですよ。

都合の悪い借金だけ国民に擦り付けてるだけです。


昔は日本軍が国民側にいたから226などが起きたけど・・・今は国民に見方はいません。

国民は搾取されるだけです。

32 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:14:07 ID:XP/lAOI+0
関東大震災-->ハイパーインフレ-->一兆円を新一円としてデノミ
こういう恐怖のシナリオもあり?もちろんアメリカも中国も道連れw

33 :ホタルイカ <二:彡 @光学迷彩 ◆Optic4oz5g :2005/12/22(木) 19:14:55 ID:zqVPPDs60
日本の台所は火の車で、あと5年後には預金封鎖に追い込まれかねない。
空母3隻運用したら破産する。現実的な安い戦力は戦略原潜&搭載核ミサイルだ。

国、地方、公共の負債合計がおおよそ1100兆円(2003年度末)で、
さらにさらに借金は増えつづけている。
金融資産残高1411兆5882億円(2003年度末)をその借金が超えると
日本経済が末端の国民にまで理解できるほど目に見えてがおかしくなる。
2008年北京オリンピック閉幕、大晦日に小麦粉1キロ:200円

2009年1月元旦
ある朝起きたら正月番組の合間のNHKのニュースで政府が
「日本円から価値が10分の1の民主党円に切り代える。」と発表する。
どこのコンビニ銀行端末でもお金が下ろせない。
民主党円に交換しないと銀行から預金が引き出せない。
小麦粉1キロ:2000民主党円

2009年4月
ある朝起きたら、NHKのニュースで政府が、
「民主党円から価値が10分の1の上海円に切り代える。」と発表する。
上海円に交換しないと銀行から預金が引き出せない、使えない。
小麦粉1キロ:20000上海円

2009年8月
ある朝起きたら、NHKのニュースで政府が、
「上海円から価値が10分の1の北京円に切り代える。」と発表する。
北京円に交換しないと銀行から預金が引き出せない、使えない。
小麦粉1キロ:200000北京円

2009年10月
ニュースで政府が「価値が10分の朝鮮円に切り代える。」と発表する。
わら半紙製の朝鮮円に交換しないと銀行から預金が引き出せない、使えない。
小麦粉1キロ:2000000朝鮮円 → 200万円の預金が小麦粉1キロの価値へ暴落する。

34 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:15:01 ID:Y6gz84j50
皆さん騙されないでください、これは公務員とマスゴミによる架空請求です。


35 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:17:46 ID:AYDIDPyR0
とりあえず公務員の給料を民間水準まで下げろよ。貰いすぎ!!

36 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:18:41 ID:ZqUdzKSW0
国債を買うのは国内の証券会社や銀行とかだろう?
安定が身上の企業だから1000兆円くらい大丈夫だ

37 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:26:08 ID:EnTbhnwo0
特別会計で借金返せば一発

38 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:31:18 ID:60N1ZWYY0
そうそう特別会計で

39 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:34:19 ID:MhwNLlj1O
自民党の政策ってすごいなー
常識で考えたら有り得ない借金だ
まず議員と公務員から財産没収して補填してくれ
もちろん退職した奴らからもな−

40 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:41:48 ID:uCZax7wF0
特別会計で返済しろとかアホすぎ

41 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:43:41 ID:+e7KEEhq0
iii)「国債の発行は、家計にとっての借金と同じ」か?
ttp://sun.s15.xrea.com/lecture/lec1210.html

よく政府の財政を家計にたとえ、我が国における「国債の発行は、家計にとっての借金と同じ」
であるとしている説明がある。これは必ずしも正しくない。
ひとつの家庭に例えると、お母さんが、お父さんに借金をしたのと同じである。将来、借金は
利息をつけて返さなければならないが、返したといっても、単にお母さんからお父さんへと
元本と利息をつけた合計の金額のお金が動くだけである。

42 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:44:54 ID:63kWvbft0
まあ俺の分は宝くじが当たるまで待ってくれ

43 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:45:17 ID:IFJenFIC0
乳幼児を含め国民1人当たりが626万円の国債を保有してる事はなんで言わないんだろう…

44 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:47:19 ID:eKDK+VUA0
早くデフォルト宣言しないと。
財務省はとっとと、外国に国債売るのやめれ!払えないんだから。国際信用を失うぞ。
内国債は、国民が相手なんだから、払えない理由を説明すれば何とかなるって!

仮に、好況が50年続いて、増税をそれなりにやっても、数字上、大幅なインフレが
起きない限りは返済不能。
つまり、もう無理なわけで、株価が高く、景気が良いうちにデフォルトすべき。
(その後、20年ぐらいは、国債発行できないし、緊縮予算になるけど、小さな政府なら
乗り切れるはず)

45 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:47:31 ID:WCj7JBFR0
>>14 だな。
アメリカ人が豪遊するお金を立て替えて自分が
借金まみれになってるんだからお笑いぐさw

46 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:48:35 ID:IFJenFIC0
>>44
紙幣を印刷すりゃインフレになるんだからデフォルト宣言なんてする必要ないでしょ?

47 :44:2005/12/22(木) 19:49:48 ID:eKDK+VUA0
>>14
アメ国債なんて、スズメの涙だよ。マジで。
アメ国債は信用度も高く、金利も最高に良いので、持ち続けて、アメリカ財政が良くなった
時&円安の時売るしかないね。

48 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:50:29 ID:KmYeuAGy0
 ∧_∧
( `(・・)´)<国民一人あたりが、政府に貸し付けてる金額です
        TBSは、馬鹿です。

49 :44:2005/12/22(木) 19:52:12 ID:eKDK+VUA0
>>46
インフレターゲットはカナダとかで実施されてきたけど、例えばアメリカはやってないし、
日本ほどの規模での実施例は皆無。
もしやったら、(合理的期待形成学派が言うように)日本の経済運営に対して信用が
失われる可能性が高い。
なるべくは、市場原理主義を守るべきであって、極端な介入、裁量製作はとってはならない
と思う。ていうか、その前に日本経済が持たないだろうな。

50 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:56:05 ID:+e7KEEhq0
581 :名無しさん :05/06/09 20:26
政府の債務が増えてるってことは誰かが金を貸してるってこと。
その貸し手は誰かというと、つきつめると銀行に預金してる家計。
だから、政府債務が増える=家計の預金が増える。
将来政府が借金を返す相手は債権者たる家計。

51 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:56:24 ID:vnGsuUjf0
>>22
その事を猿でもわかるように解説しているサイト御存知ありませんか?


52 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:56:54 ID:j2I8oKK+0
30兆円で緊縮っておかしいだろ。

53 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:57:44 ID:Fle7CrKH0
誰の責任???

54 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:59:30 ID:IFJenFIC0
>>49
えーと、金融緩和とインタゲの区別ついないよね君?
ちなみにアメリカがインタゲ採用して無いのは目標を超えてインフレを起こしたい時に足かせにならないようにだよ
あんまり経済に詳しくないようだけど「合理的期待形成学派」の元祖のルーカスでさえ
日本では政府介入をすべきだって言ってるけど?

もうちょっと勉強してこような

55 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 19:59:36 ID:laeKpzHM0
それじゃ明日にでもお金返してくれないかなー

56 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:00:15 ID:+e7KEEhq0

「国債の発行残高は○○○兆円で、一家庭に○○万円の借金があることと同じ」と
いった表現で、「我々は子孫に借金を残すべきではない」といういかにも日常生活に
基づくような、倫理的に受け入れやすい結論が付いてきます。

ちょっと聞くと説得力があるように聞こえますが、「国債は家庭の借金と同じだ」という
言い方は、ほとんど国内で国債が「消化」されている日本の場合は正しくないのです。
ttp://sun.s15.xrea.com/mm/arc/mm002.html

57 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:01:45 ID:XpMdH7MW0
ほらな。言った通りじゃん。
いい事しか言わない小泉を信用するなって何回教えてやったのか・・・
人の言う事聞かないからこういう事になる。

58 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:03:27 ID:NaN+VqUEO
800兆も借金があるのに、100億も出して支那人の高校生を日本に呼び寄せるのか

59 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:03:34 ID:xRxKtg9w0
年間10兆円のジェンダーフリー教育の成果ですよ。

【社会】 "性行為図解、精液飲みも…" 学校の性教育に、問い合わせ・苦情520件
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135244956/

60 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:04:32 ID:+e7KEEhq0

財政赤字を家庭の借金の感覚で議論するのは適切ではありません。家庭の借金は
家庭の外から借金するのですが、国の借金は国の中の国民からするので、基本的に
性格が違います。
ttp://www.avis.ne.jp/~cho/nisy.html

61 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:05:16 ID:9HcLD6PV0
変わらんねぇ。糞左翼の言うことは半世紀経っても何も変わらん

62 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:05:33 ID:WoCRYuyK0
国と地方の借金は1000兆円を超えた。
日本の国民の総貯蓄高は約1400兆円。
この90%の額まで借金が膨れ上がると長期金利が上昇する。
債券市場で日本国債は投売りされ、円は売られ、株も売られる。
トリプル暴落である。
日本政府に許された国債・地方債の純増額は残り100〜150兆円である。

しかし、2008年には「小渕の呪い」「2008年問題」と称される大量の国債が償還される。
その借款債の額は何と135兆円。  新規国債を含めれば、180兆円に達する。
たった1年間の数字である。
本当に乗り越えることが出来るのか? 見込みはあるのか?  
消費税10%引き上げと、定率減税の廃止と、診療報酬の引下げと、公務員の削減だけで
大丈夫なのか?
仮に2008年を乗り超えられたとしても、2009年以降も国債の増発は避けられない。
国債が未達(売れ残り)になれば、その瞬間、日本の財政は破綻。
乞食国家となる。

食料自給率が僅か40%しかない我が国が、国家破綻すれば、たちまち北朝鮮なみの飢餓地獄が
訪れるではないか。  国家破綻した場合の食料対策を政府は講じているのか?  
マンション倒壊騒ぎを取り上げる暇があったら、なぜマスゴミは、この大問題を取り上げないのか。
悲しく、情けなくなるばかりである。もう時間がない!早くて2年、、遅くとも4年で日本は崖下に落下する。

異常なまでの政府短期証券(FB)の発行額と発行頻度を見ても、既に日本は5年前から、
その週のやり繰りにも四苦八苦の自転車操業状態ではないか。ヨ−ロッパやアジア大陸の歴史は、
難民の歴史でもあった。   しかし、日本人は有史以来、難民になった経験がない。
食料に瀕し、国を捨てた経験がないのである。 悲惨ではないか。
一秒でも早く無駄遣いを止めさせ、財政再建に国民全体が真剣に取り組まなければならない。
これは、脅しではない。 本当に日本の財政は危ないのである。


63 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:06:05 ID:iRivbNNS0

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/fb/fbnyusatu.htm

↑ これが、我が国の財政の実態である。
毎週、3兆円規模の政府短期証券(原則13週間で償還)を発行し、無利子同然で
民間の金融機関から借金をしている。

13週間を1サイクルとし、毎週、「借りては返す」の自転車操業を行っているのである。
この国は民間金融機関から借金を断られれば、1週間も耐えられないのが現状なのだ。
しかも、そんな状態が5年間も続けている。

また、応募額にも注目してもらいたい。
全盛期の1/100まで減少している。
つまり、民間の金融機関から見捨てられつつあるのだ。
悲惨ではないか。

こんな財政政策が通用すれば、どの国だって財政に苦労しないし、経済戦争も起こらないであろう。
「日本は経済大国、、、世界一の金持ち」なぞと言うのは妄想なのである。
内情は借金だらけの自転車操業なのである。

お前たちも日本国民なら、日本の財政を第一に真剣に考えろ!!!
自分の身に直接降りかかってくる大惨事になることだぞ!!!



64 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:06:32 ID:Ao2PD1800
日本の財政破綻は数年後、、、早ければ2年後に来る。
おそらく日本国債の暴落に端を発し、円売り、日本株売りと一気に発展し、
1日で潰れるであろう。

総理大臣が緊急記者会見を開き、沈痛な面持ちで、、
「国民の皆さん。 大変、重大かつ残念なご報告をしなければなりません。
私は、本日○時、金融庁ならびに日本郵政公社に対し、預金封鎖を支持しました・・・
つきましては、新札を発行いたします。  旧一万円札と新百円札との交換となります」
なんて言わなくてはならない。
デノミの敢行である。

その時、日本人は国内に残って餓死するか、難民となって外国に受け入れて貰わなければならない。
しかし、1億数千万人全員を一国で受け入れてくれる国があるとは思えない。

中国にも、相当数の日本難民を受け入れてもらわなければならない。
地政学的にも中国無しでは日本の将来はないのである。

靖国問題を再び引き起こした小泉純一郎は、真性の馬鹿である。


65 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:06:36 ID:WY+gZh/Y0
頼むから国債減らしてくれ
心配だ

66 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:06:55 ID:0wX07hEM0
何の資源もない、、交通の要衝でもない日本がアジアで発展した理由は、
日本人の勤勉さだけではない。

一般会計と郵貯・簡保・年金を原資とした財政投融資金で公共事業をやりまくったからだ。
簡単に言えば、借金で優雅な暮らしをしていただけである。
借金とは、次の世代へのツケ回しだ。
次の世代の所得を先食いして太っていただけである。

しかし、それが遂に限界に達した。  
郵貯・簡保の激しい財務の劣化である。
郵政公社のHPにアップされている財務諸表で郵貯・簡保の財務内容を調べてみろ!
簡保は事実上、既に破綻している。  郵貯の預託金も、あと3年で底を突く。
郵貯も間もなく破綻である。
そこで、郵政民営化という名で「隠ぺい工作」をしようとしたのである。

つまり、借金する所が日本政府には、もうないのである。
日本は間違いなく、間もなく財政破綻する。。。



67 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:06:59 ID:+e7KEEhq0


国全体では借金どころか貯金が溜まっているのです。
国が国民から借りているので返すのも国民なので、国全体で見れば貸し借りゼロです。

借金を子孫に残すと言う人がいますが借金を返してもらうのも子孫です。
国全体で見れば貸し借りゼロで借金はゼロなのです。
「借りている国民の借金の額」=「貸している国民の貸している額」です。
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/1156.htm


68 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:07:13 ID:aY3Q9DM80
先の総選挙における真の「敗者」は民主党ではなくて「小泉財政」である。
なぜか?
小泉政府が解体すると宣言した国営・郵貯簡保は、日本国家の不可欠の
財政基盤であった。

「民営化」を待つまでもなく、現に郵貯への預金が減り、引き出しが増えている。
2000年以降、郵貯簡保の資金が収縮に転じ、郵政資金を国債に流し込む仕組みが
麻痺しはじめたのである。

財務省は非常手段を発動して、郵貯簡保に国債を買わせてきたが、
それにも期限が迫っている。
これは、郵政よりも政府自体にとって致命的なタイムリミットである。
「郵政改革法」の施行(最速で来年度)を待たず、郵貯の自然収縮のあおり
で新規国債の「未達」(売れ残り)が発生する危険がある。
その時点で国家予算が執行できなくなり(財政破綻)、翌年度の予算案も編めない。
2008年度の予算編成は頓挫する公算が高い。


69 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:07:40 ID:96Blrf4Y0
>>10
完全雇用が達成されていれば国は財政政策を取る必要はなく、歳入は歳出より大きくなる。
歳出が拡大するのは有効需要が小さいことと外部性を解消するためにある。
一人当たりの借金が600万円あるということは国民が平均して600万円近く機会費用を無駄にしているか
外部不経済を生み出しているという考え方もできるだろう?
昨日あんたがポイ捨てしたタバコの吸殻、誰が掃除したんだろうね

70 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:07:52 ID:GJ5BRn1/0
郵貯は既に破綻している。
日本は「第二の予算(額から言えば一般会計より多額だが)」と言われた財政投融資金
を失っているのである。

郵貯の資金が無ければ、高速道路も新幹線も立派過ぎる橋も無用なダムも港も河口堰も
日本には出来なかった。

もっと言えば、日露戦争も太平洋戦争も起きていない。
郵貯の資金(財政投融資金)は、戦争とインフラ整備に使われ、功の部分と罪の部分がある。
郵貯は最後のセイフティ・ネットの役割を果たしてきた。
関東大震災、阪神大震災からの復興に大きく寄与した。
国鉄を民営化できたのも、不良債権を抱えた銀行を救ったのも郵貯資金で資本を注入したからだ。

しかし、これからは、負けた奴、災害にあった奴、病気した奴、障害を持った奴は地獄の底まで落ちる。
国は救済できない。
日本国自体が財政的に沈没寸前だからである。

どーしてこんな国になってしまったのだろう?
国民が、、、払った税金よりも、質の良いサービスを国に求めたからである。
地方では公共事業に頼り、自らの足で立とうとしなかったからである。
そして、政治家は、そんな国民に迎合した。
その成れの果てが、国の借金地獄。   そして、国家破綻である。

何とも愚かな国民性である。。。



71 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:07:53 ID:PnEdWoyV0
最後は踏み倒せばいいんだけど

72 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:08:31 ID:Howa/VAT0

http://ueno.cool.ne.jp/gakuten/network/fin.html


現在の日本のGDPの成長率、税収及び急速に増える社会保障費を勘案すると、
国債・地方債は200兆円の純増しか許されないだろうな。

あと3年で長期金利が上がりだし、日本の財政は間違いなく崩壊する。。。


73 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:08:51 ID:IGoGHGzm0
「小渕の呪い」と言われる2008年問題まで、あと3年である。
借款債だけでも135兆円、、、新規国債や地方債を合わせれば、180兆円である。
たった1年で、国民一人当たり約140万円の借金をさせるのである。
絶望的な数字ではないか。
国民に、そんな余力が残っているのか?

国債が未達(売れ残り)になれば、予算執行が出来ずに国家の財政が破綻する。
ちょうど60年前の8月15日に日本は破綻し、預金封鎖、デノミを敢行したが
やはり歴史は繰り返されるのである。

今度は、金融戦争での敗北である。
食糧自給率が、僅か40%しかない日本は、たちまち飢餓地獄に陥るであろう。
断末魔の叫びである。



74 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:09:21 ID:xFioGJCQ0

http://www.mof.go.jp/singikai/kinka_kenkyukai/1_auction171108.htm

↑ ついに、省内保管の金貨まで売却し始めた財務省。   もはや断末魔である。。。
多重債務者が金品を質屋に入れるのと何ら変わらん光景ではないか。
これが、借金で優雅な暮らしをしていただけの「経済大国」と言われた国の末路である。
茶番を通り越して、「悪い冗談」としか言いようが無いではないか。
もう、この国は終わりである。
あと3年の命である。



75 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:09:45 ID:9tUJ73YH0
小泉総理だけを責めもつもりは無い。
ただ、彼が就任してから国債残高は250兆円も増加した。
うち140兆円は、「財投債」である。

平成13年4月、政府は財投改革と称し、郵貯の自主運用を決定した。
一見、画期的な改革に感じる。
ところが、この内容がとんでもない大先祖返りだったのである。
郵貯の全額自主運用とは名ばかりで、「財投債」なる政府保証の債権を新たに発行、
「7年間の経過措置」と寝言を抜かし、それを郵貯に買わせ、特殊法人に金を流していたのである。
官僚や族議員の考えそうな話ではないか。
その額が140兆円なのである。

しかし、郵貯の財務が著しく悪化し、財投債を買わせるこが出来なくなった。
あと3年で郵貯の預託金が枯渇するのだ。
そこで、出てきたのが「郵政民営化」である。

衆議院を解散し、「民営化の真意を国民に問う!」と、ハッタリをかまし選挙である。
まったく国民をバカにした話ではないか。
なのに多くの無知な国民は熱狂したのである。
ワシは馬鹿らしくて投票所に行く気にもならんかった。
お前ら目を覚ませ!  日本の財政は絶望的なのである。



76 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:10:01 ID:yCfoHbQDO
え〜と、借金は分かった。

資産はいくらあって、差引どのくらい残るの?

77 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:10:06 ID:aVEDdnat0

日本の財政破綻・・・
対外債務(外国への借金)がない我が国が外国に対しデフォルト(債務不履行)し、
財政破綻することはない。

では何で?
日本国債の未達(売れ残り)がトリガーとなるのである。
我が国は日本国民だけで日本国債を買い支えなければならない運命にある。
外国に借金は出来ないのである。

しかし、国と地方の借金が1000兆円を超えたのに対し、国民の総貯蓄は1400兆円である。
また、急激な少子高齢化により貯蓄は取り崩される傾向にある。
今後も増発される国債に対し、それを支える国民の貯蓄は減っているのである。
その臨界点が近い。

日本国債の未達(売れ残り)は、即刻、日本国債の暴落に繋がり、「日本円」と「日本株」は
叩き売られる。
日本はハイパーインフレに襲われる。
そして、日本経済は崩壊、国は財政破綻である。

日本に残された時間は、あと3年くらいであろう。



78 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:10:09 ID:rpO49d2fO
徳政令カードの使い時ではなかろうか

79 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:10:17 ID:+e7KEEhq0

政府の借金は、国内貯蓄でまかなわれている限り、

おカネが一国内で右から左に移るのみである。

井上謙吾神戸大学大学院教授
「何が正しい経済政策か」(日本経済新聞社)
ttp://www.avis.ne.jp/~cho/zsho.html

80 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:10:33 ID:Zt87Lbjx0

日本人のことを「平和ボケ」って言うけど、それは安全保障だけじゃなく「経済」もなんだよね。
経済大国だとか、GDPが世界2位とか自負してるけど、内実はどうしようもない借金地獄。
例えるなら、身長2m、体重250kgなんだけど、高血圧、糖尿病、動脈硬化がひどくて、いつ突然死しても不思議じゃない相撲取りみたいなもんなんだよ。

しかし、その事に、ほとんどの日本人が気付いてない。
「大きい」 と 「強い」を混同してるんだね。

あと3年で、日本は財政破綻してひっくり返る危険性が高いのに、
まだ暴飲暴食を続けてる。
まったくアフォな国民だ。

「自分の内臓はボロボロだったんだ」と、死んでから気付くんだよ。



81 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:10:42 ID:Py7FZuv90
日本国が債務超過になるには、あと何兆円借金増えればいいの?


82 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:10:50 ID:IFJenFIC0
>>76
ほとんど内国債だから借金は差し引きしたらほぼゼロだよ

83 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:10:51 ID:yHSZbD9L0
セルシオ買えるじゃんか  すざけんな

84 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:11:16 ID:ULz/efSq0
国民1人当たりの国への貸付が626万円に

おまいら喜べ!

85 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:11:57 ID:4MUNfhkM0
円建てで国債発行してるんだから、いざとなればインフレ起こして解決だろ

86 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:12:30 ID:Bkxsoz8n0
今までの政治家は良いよな
生まれてもいない未来の日本人からお金を借りて
その時の実力以上の繁栄を見せる事が出来た。

小泉も、支払いが始まるくるしい時期を
避けるように辞めてゆくのだろう

87 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:12:32 ID:keQuAmoi0
俺は626万円の借金なんて返せません。他の人宜しく。

88 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:13:03 ID:Zt87Lbjx0
@ 国民の金を「貯金」の名目で銀行・郵便局を通じて吸い上げる
A 政府は日本国債を発行し、銀行・郵便局に買わせる。
B つまり、日本国債 = 国民の貯蓄

 ↑ こんな単純な仕組みすら知らない日本人が80%以上いるんじゃないか?

この夏、大騒ぎした「郵政民営化」つーのは、本質は「郵便貯金の破たん処理」って事に
どれだけの人が気付いてたんだろう?
郵便貯金の破たん処理に目途が付いたから、
次は「統廃合」の名目で政府系金融機関の破たん処理。。。  
急ぐわ急ぐわ。。。
最後は日本国の破たん処理となる = 銀行・郵便局に預けておいた国民の預貯金が全部パー!
日本円のキャッシュも紙くず同然となる。
年金・医療・教育も全部なし。

中国に侵略されんように、せめて安全保障だけは、しっかりやってほしいが、
その前に日本国民は飢え死にだな orz



89 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:13:11 ID:IFJenFIC0
借金してるのは「政府」
金貸してるのは「国民」

それなのに「政府」の借金を「国民」一人当たりに換算して何の意味があるんだ?
政府と国民を「日本」の構成員として同一視するなら内国債である以上借金額はほぼゼロ

こんな論理のすり替えを許してちゃダメだっての…

90 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:13:24 ID:NcjMK6IW0
一国で強力な軍隊を持つ米国や、集団的自衛権を行使するEUなどは、
外国に「自国の国債」を買ってもらうことが出来る。
つまり、他国に借金が出来るのだ。

しかし、「専守防衛」の日本は他国に借金をすることは自殺行為であり、絶対にできない。
日本国債は自国内で捌くしかないのだ。
しかし、日本国民の貯蓄高が減る中、いよいよ日本国債が売れ残る(未達)危険性が
高まってきた。
というか、もう目前である。。。
一刻も早く、社会保障や教育、地方交付税を減らし、増税しなければならない。
今日からでもやらなくては間に合わない。

国民は、いつ気付くのだろうか? orz



91 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:13:35 ID:epq/2zCd0
去年からいくら増えたの?

92 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:14:20 ID:v961OObd0
どーんと いこうや

93 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:14:22 ID:7oBteMpd0
90年代後半、未曾有の不景気に喘ぐ日本経済を救うために
橋本内閣、小渕内閣は、大量の建設国債を乱発・・・・
その償還時期が2年後、3年後に迫っている。
いわゆる、2007年問題、2008年問題と称される危機である。
「借りた金は返す」は、国家でも同じである。

そして、2009年以降も国債の増発は避けられない。
増税にも限度があるからだ。

今頃になって、慌てて、、、「小さな政府」 「官から民へ」 「消費税10%up」
と、叫んでみても既に焼け石に水である。

竹中は、、、「インフレにするべきだ」と強く主張するが、長期金利の上昇を恐れる財務省は
インフレには反対し、日銀も言を左右にして方向性が定まらない。

もう時間はない!
本当に日本の財政は破綻する!!!!!


94 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:14:49 ID:2FkL7QsW0
「小渕の呪い」と言われる2008年問題まで、あと3年である。
借款債だけでも135兆円、、、新規国債や地方債を合わせれば、180兆円である。
たった1年で、国民一人当たり約140万円の借金をさせるのである。
絶望的な数字ではないか。
国民に、そんな余力が残っているのか?

国債が未達(売れ残り)になれば、予算執行が出来ずに国家の財政が破綻する。
ちょうど60年前の8月15日に日本は破綻し、預金封鎖、デノミを敢行したが
やはり歴史は繰り返されるのである。

今度は、金融戦争での敗北である。
食糧自給率が、僅か40%しかない日本は、たちまち飢餓地獄に陥るであろう。
断末魔の叫びである。



95 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:15:23 ID:+kcFsZog0
小泉総理だけを責めもつもりは無い。
ただ、彼が就任してから国債残高は250兆円も増加した。
うち140兆円は、「財投債」である。

平成13年4月、政府は財投改革と称し、郵貯の自主運用を決定した。
一見、画期的な改革に感じる。
ところが、この内容がとんでもない大先祖返りだったのである。
郵貯の全額自主運用とは名ばかりで、「財投債」なる政府保証の債権を新たに発行、
「7年間の経過措置」と寝言を抜かし、それを郵貯に買わせ、特殊法人に金を流していたのである。
官僚や族議員の考えそうな話ではないか。
その額が140兆円なのである。

しかし、郵貯の財務が著しく悪化し、財投債を買わせるこが出来なくなった。
あと3年で郵貯の預託金が枯渇するのだ。
そこで、出てきたのが「郵政民営化」である。

衆議院を解散し、「民営化の真意を国民に問う!」と、ハッタリをかまし選挙である。
まったく国民をバカにした話ではないか。
なのに多くの無知な国民は熱狂したのである。
ワシは馬鹿らしくて投票所に行く気にもならんかった。
お前ら目を覚ませ!  日本の財政は絶望的なのである。



96 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:15:49 ID:PB3q5q4O0
あっそ(^ω^) なら800兆円分福沢さんサクッと刷っちゃばいいじゃない

97 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:16:13 ID:16vPeshJ0
年金の替わりに個人向け国債を支給しろ

98 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:16:16 ID:9bZD5lH30
誰が誰に対して借金があるんだ?
おれは600万もらえるの?

99 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:16:22 ID:zymimU1j0
個人的に破産宣告出せば年金も受信料も払わなくていい?

100 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:16:31 ID:yn2J5vPE0
例のマンソン住人にこの件について突撃して聞いてみたい。

101 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:16:36 ID:yzWDGxmv0
郵貯は既に破綻している。
日本は「第二の予算(額から言えば一般会計より多額だが)」と言われた財政投融資金
を失っているのである。

郵貯の資金が無ければ、高速道路も新幹線も立派過ぎる橋も無用なダムも港も河口堰も
日本には出来なかった。

もっと言えば、日露戦争も太平洋戦争も起きていない。
郵貯の資金(財政投融資金)は、戦争とインフラ整備に使われ、功の部分と罪の部分がある。
郵貯は最後のセイフティ・ネットの役割を果たしてきた。
関東大震災、阪神大震災からの復興に大きく寄与した。
国鉄を民営化できたのも、不良債権を抱えた銀行を救ったのも郵貯資金で資本を注入したからだ。

しかし、これからは、負けた奴、災害にあった奴、病気した奴、障害を持った奴は地獄の底まで落ちる。
国は救済できない。
日本国自体が財政的に沈没寸前だからである。

どーしてこんな国になってしまったのだろう?
国民が、、、払った税金よりも、質の良いサービスを国に求めたからである。
地方では公共事業に頼り、自らの足で立とうとしなかったからである。
そして、政治家は、そんな国民に迎合した。
その成れの果てが、国の借金地獄。   そして、国家破綻である。

何とも愚かな国民性である。。。



102 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:16:41 ID:+e7KEEhq0

国の借金は家計の借金とは違う。また、財政状況を家計になぞらえて破綻寸前だとする見方が
しばしばなされるが、これは国の借金は家計の借金とは性格が違う点を忘れた議論である。
国債残高は、一国全体でみれば、国債保有者にとっては資産である。
ttp://www.tbr.co.jp/keizai/ronten/0504zaisei.pdf


103 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:17:13 ID:kot+l6zw0
今まで一度たりとも他人から金借りたこと無いのに
勝手に借金背負わされてる・・・

104 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:17:18 ID:7TuQg2770
そしてまた、中国へお金を差し出すんですよ、みなさん!
中国の高校生を日本に呼ぶためだけに100億円も・・・

もう泣きたいよ・・・つд`)

105 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:17:51 ID:e/C5hc760
国の借金といいながら地方の借金まで含めるのはなぜ?
米国などは州債などは別勘定なのだけど。

106 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:18:09 ID:96Blrf4Y0
>>96
そいで新通貨「レンテン円」でも導入するかw

107 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:18:20 ID:YfQ5EDFiO
東シナ海の日本の領域にある石油で借金全部返せるくらいあるらしいよ
俺レポート調べて書いたんだけど

108 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:18:55 ID:Uxoqhhom0
んじゃ国会も分割民営化の方向で

109 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:19:07 ID:+e7KEEhq0
◇◇◇◇◇『国債を家庭の借金に例えるのは間違いだ1』◇◇◇◇◇
ttp://sun.s15.xrea.com/mm/arc/mm002.html

◇◇◇◇◇『国債を家庭の借金に例えるのは間違いだ1』◇◇◇◇◇
ttp://sun.s15.xrea.com/mm/arc/mm002.html

◇◇◇◇◇『国債を家庭の借金に例えるのは間違いだ1』◇◇◇◇◇
ttp://sun.s15.xrea.com/mm/arc/mm002.html

◇◇◇◇◇『国債を家庭の借金に例えるのは間違いだ1』◇◇◇◇◇
ttp://sun.s15.xrea.com/mm/arc/mm002.html

110 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:19:24 ID:I16i3j0Y0
麻生が言ってるけどマイナス国債を発行して、相続税廃止すれば借り換えみたいな感じでなんとかなるんじゃないの

111 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:20:15 ID:kPig8RSo0
>>102
あんた財務理解しているwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
国民資産を国債を通して、税金と規制に寄生する寄生虫どもが食い潰したということ。


112 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:21:27 ID:4yYIJCbp0
ガタガタ言う前に公共事業費減らせよ

113 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:21:31 ID:+e7KEEhq0
政府の債務を家計(個人)と同じように考えることには問題がある。
「国民1人が600万円超を返済しなければならない」など、政府を個人にたとえて
危機感を煽ることが多いが、これは正しくない。

政府は国民から徴収した税金を必ず誰かに渡している(再分配)から、国民全体
では負担と受益は一致しており、純負担(=負担―受益)の合計はゼロである。

財政赤字の真実
ttp://www.dir.co.jp/publicity/column/051025.html

114 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:21:31 ID:cHVaUxP+O
国内債務に何嘆いてるんだお前ら
何の問題も無いのに

115 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:22:06 ID:s/3aDvby0
>>91
★「国の借金」過去最高を更新。3月末.781兆5517億円
1年間で78兆円増えました
          ↑
今年の春にこう言うスレが立ったはず

116 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:22:22 ID:N/j1sspV0
破産しても外国資本が国債を持ってないから問題ない。
国債持ってる銀行と、一部の大金持ち個人国債購入者が破産する。

いつごろ破産するか判らない、なんなら永遠に先延ばししてもいい。

ただし、日本人以外の外国資本が国債持っていたなら困る。
なぜなら破産した時に、外国資本が入って国政に介入して来るからだ。

117 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:22:49 ID:Pp8Ec+vu0
借金の大半が公務員・議員の給料に消えてます

118 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:24:30 ID:cHVaUxP+O
国が借金返したってさ
借りる時とは逆に金が回るだけじゃん
アホらし

119 :中卒:2005/12/22(木) 20:24:56 ID:R1PQN2StO
国の借金って何だよ?誰から借りてんの?はぁ?意味わかんない

120 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:25:16 ID:Zca/jRY6O
つうか偽装の一件で
また近付いた気がする

121 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:25:26 ID:Uxoqhhom0
さっさと破綻して減税しようぜ

122 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:25:45 ID:+e7KEEhq0
個人の金融資産 過去最高1433兆円  

日本銀行が15日発表した資金循環統計(速報値)によると、今年6月末の個人
(家計部門)の金融資産の残高は前年比0・7%(10兆円)増の1433兆円となり、
1979年度末の調査開始以来、最高の水準となった。
ttp://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20050915i502.htm

国の借金、781兆円 歳出歯止めなく過去最高

財務省は24日、国債や借入金など国の債務(借金)残高が、今年3月末時点で
781兆5517億円となり、昨年3月末より78兆4038億円拡大し、
過去最高を更新したと発表した。(共同通信)
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050624-00000250-kyodo-bus_all

個人の金融資産 過去最高1433兆円  
国の借金、781兆円 過去最高

個人の金融資産 過去最高 
国の借金、過去最高

個人の金融資産 過去最高 
国の借金、過去最高

個人の金融資産 過去最高
国の借金、過去最高

123 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:26:28 ID:jEgZmuKg0
また第二海援隊本がでてたな・・・・
浅井隆のいうとおりになってきた。

124 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:26:37 ID:kPig8RSo0
>>121
アホへ

ネバダレポート
どのような内容のものか。衆議院の第154回国会予算委員会10号平成14年2月14日の議事録によると、
以下のような内容である。

 日本の国家財政が破綻し、IMFの管理下に置かれると、

(1)公務員の総数、給料は三〇%以上カット、及びボーナスは例外なくすべてカット。
(2)公務員の退職金は一切認めない、一〇〇%カット。
(3)年金は一律三〇%カット。
(4)国債の利払いは五年から十年間停止。
(5)消費税を二〇%に引き上げる。
(6)課税最低限を引き下げ、年収百万円以上から徴税を行う。
(7)資産税を導入し、不動産に対しては公示価格の五%を課税。債券、社債については五から一五%の課税。
(8)預金については一律ペイオフを実施し、第二段階として、預金を三〇%から四〇%カットする。

125 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:27:33 ID:ViY6TVkG0
国の借金のお陰で国民は預貯金が出来るんだよ

126 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:27:33 ID:Mdkc1g580
国の借金???
役人の借金だろう。
使うときは勝手に散財しといて都合が悪くなったら国民全体にかぶせるのは止めてくれよ。

127 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:27:50 ID:+e7KEEhq0
個人の金融資産 過去最高 
国の借金、過去最高

個人の金融資産 過去最高 
国の借金、過去最高

個人の金融資産 過去最高
国の借金、過去最高

個人の金融資産 過去最高 
国の借金、過去最高

個人の金融資産 過去最高 
国の借金、過去最高

個人の金融資産 過去最高
国の借金、過去最高

128 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:28:50 ID:zymimU1j0
国債をチャラにすればいい

129 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:29:29 ID:yzWDGxmv0
近年、財政破綻したロシアやアルゼンチンに共通している事がある。
それは、財政破綻する数年前から、経済通の中では「悪魔の国債」「時限爆弾」と言われる。
↓である。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/kojinmuke/index.html

財政当局が、↑ を出し始めたら、その国の財政破綻が秒読みになってる証拠だ。
俺は、財務省がこれを出し始めたら日本は終わりだと危惧してたが・・・

ある格付け会社によると日本国債の格付けは「ボツナワ以下」だ。
AAAを誇った日本国債の格付けは、今やアフリカ貧困国の国債より格付けが低いとの評価もあるのである。



130 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:29:35 ID:qG8bjDt00
なんか、このスレ、国家社会主義者の残党の匂いがする。(w

131 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:29:47 ID:MiZHvcpF0
>>119
大卒でもそんな事言ってるやつがいるから。

132 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:29:49 ID:9zmzLEwN0
特別会計と一般会計を一律にし、公務員で無駄遣いした奴を死刑にすれば解決w

133 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:29:55 ID:+e7KEEhq0
国家の赤字=民間の黒字になります。
国民が、所得よりも消費を抑制することで生じた残金は貯蓄に回り、
それが結果として国債の原資となっています。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
ttp://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=77945

貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。

134 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:31:33 ID:YfYIC4kq0
コピペの多いスレだな

135 :愛知万博…?:2005/12/22(木) 20:32:19 ID:03HkpVra0
>>123
なんかノストラダムス本の趣がw。

136 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:33:14 ID:kPig8RSo0
政治家や官僚も悪いが
あれやれ、これやれと行政に要求してきた国民に大きな責任がある。

福祉充実と騒いでた奴
環境対策と騒いでた奴
地域振興と騒いでた奴
年金充実と騒いでた奴

137 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:33:38 ID:+e7KEEhq0

国の借金が 650兆円にも増えているという統計は、逆にいうと、国民の財産が
650兆円にも増えているという統計と同じ意味である。
ttp://www.ieice.org/~coa/localmoney/localmoneyProgram/004.pdf

138 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:35:08 ID:9HJY2g+Y0
>>137
海外で湯水の様に金使ってるアフォがいるから、それは無い。

139 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:35:42 ID:YHr4OYJq0
今ならば、国民一人当たり626万円を国にやれば解決する。

140 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:35:45 ID:wW3oBY8V0
国の借金を外国の金で回してるならヤバいだろうが
実際は国内で集めた金。それも利ザヤを求めて動く金だからすぐ集まる。
紙屑になったところで投資機関がケツ拭うだけで
1人600万の上納ノルマが課せられるわけではない。

141 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:35:53 ID:logbuN9A0
>>129
個人向け国債かあ。 まあ、国民が無知なことを良い事に財務省も詐欺まがいの政策だよなw
こんなもん買う香具師は、よほどの経済音痴だろ?
竹中や谷垣は買ってるのかな?w
絶対買ってないと思うんだが・・・(笑)


142 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:35:58 ID:pBr3hDv40
痴呆公共団体の借金は340兆円と聞いている。
 国とあわせると1000兆円を超える。
実は日本の国債は海外では紙切れ扱い。
 誰も買わなくなっている。
今の所
郵貯や日本の銀行や日本国民に売りつけているが、
いずれ これ以上買い手が見付からなくなる。
 その時、日本経済の崩壊が始まる。

143 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:36:19 ID:jEgZmuKg0
ほんの60年前に、国から預金封鎖を食らったことをきれいに忘れてやがる。
歴史教育に何か根本的な欠陥があるな。


144 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:37:55 ID:+e7KEEhq0
46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :05/06/27 00:27
国の財政と国民の財政を一体にして議論するのはナンセンスです。
国の財政と国民の財政は対になっているものです。
したがって
国の借金を国民の人数で割り算して一人あたりの借金はいくらいくらというのは無意味です。
国の借金を国民の人数で割り算して一人あたりの資産はいくらいくらというのでなければなり
ません。
この国の借金は国民の資産という考え方がないゆえに、ぜんぜん広まらないのか
よくわかりません。

145 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:38:46 ID:jEgZmuKg0
>>135
それはいえてる(w

146 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:40:25 ID:SiuWsNa40
>>110
麻生は資産家だからなー。ただ単に相続税廃止したら自分の資産とか減らないから
いってるだけのような・・・・
いまいち信用ならないなー。

147 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:41:27 ID:R1PQN2StO
[ホムンクルス]ってゆう漫画で主人公の元銀行員が千円札を燃やしてるシーンで
「これで国の借金が減る」みたいな事言ってた。
フーン

148 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:41:30 ID:byKaCWim0
誰をヌッ殺せば
この借金なくなるの?

149 : :2005/12/22(木) 20:42:04 ID:KhuDvrse0
>>136
それができないような、行政は必要ない。
何に無駄遣いしたのか、それが問題だ!
君みたいなのが指示した小泉総理になってから、
借金が急増したのだから… 

150 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:42:07 ID:BhIveWq40
65歳以上は死刑にすれば解決するんだろ?

151 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:42:12 ID:qUqW3XQP0
インタゲ基地外登場の悪寒

152 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:42:19 ID:+e7KEEhq0
323 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 12:52:54 ID:mp4hCxBq
国民の貯蓄から借金したものはその年の財政でばらまいて
また貯蓄に戻っていくだけ。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 13:20:43 ID:YG4zr82V
>>323
正解w
貯蓄→国債→貯蓄
公共工事の積み増しが出来ない今、この繰り返しをしているに過ぎない

153 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:42:39 ID:EGYLs+ei0
将来の自分に利子つけて借金してるってことは
資産がドンドン増えてるってことじゃないか!!!!!!!
すごいね まさに錬金術ヽ(´ー`)ノ

154 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:43:37 ID:8BDkCXJJ0
金持ちからザップリ税金取れば国の借金が減るんだろ?
金持ちも貧乏人も同じ1票なんだから、貧乏人中心の政府を作ればいいだけじゃん

155 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:44:07 ID:r/PTfqTg0
帰化しようとしてる在日に日本人になったら借金背負うぞって言ってやれば
帰化しないのかなぁ?

156 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:44:51 ID:+e7KEEhq0

271 :名無しさん :2005/07/20 19:23:35
国債残高は放漫財政のツケではなくて、デフレによる貯蓄超過の裏返しでしかない。



157 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:45:21 ID:Swn877xd0
日本国債ってのは、日本国民の預貯金が原資だよ。
つまり、日本政府がデフォルト(債務不履行)って事は、おまいらの預貯金が全部パーになるわけ。
で、日本は世界から信用を失い「日本円」と「日本企業の株価」は大暴落する。

ガソリンが、100,000円/L とかなるわけよ。
簡単に言えば日本人は餓死だな。



158 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:45:36 ID:p8s7A4C20
おまえら落ち着け
日本から大阪と小樽が無くなれば借金相当減るじゃないか

159 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:48:07 ID:O/o+xU2/0
うーむ、人口が減ってゆく日本では加速度的に
一人あたりの借金が増えてゆくわけだな。

160 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:48:27 ID:+e7KEEhq0

財政の赤字が大変だ、大変だと言っておりますけれども、見方を変えれば民間の
貯蓄超過が大きいということによるわけであり、貯蓄超過が減ってこないとぐあい
悪い。

金森公述人(日本経済研究センター顧問)
ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/003014720000224001.htm

161 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:48:27 ID:6wnoRZAx0
>>158
非現実的すぎる。なくしてそこに住んでた人は国外追放ですか?

162 :TR-774 ◆YMO/TMcupE :2005/12/22(木) 20:48:46 ID:aKTh3/tg0
>>127
公私混同はよくないな
個人の資産は個人のもの
国の資産は国全体のもの
おまいの勤務先が破産したら、おまいも破産するのか?
民主主義国家では国が破産しても個人は破産しないよ、但し金持ちだけだがな


163 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:49:06 ID:GZxjLOPI0
こんな国で子供なんか作れる訳がないわな

164 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:50:38 ID:PPOo49zp0
つーか、誰に対する借金なわけ?

165 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:51:10 ID:+e7KEEhq0

813 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2005/08/29 22:35:52

過剰な貯蓄と、投資の不足が財政赤字の原因。

437 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2005/10/23 18:54

借金というから誤解される。
「民間未消費金」「貯蓄過剰」と言い方をかえればよい。

166 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:51:11 ID:Swn877xdO
でその借金は誰が取り立てにくるんですか?

167 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:51:25 ID:Kb80a/V50
>>163
子供を作ってる奴は、まったく日本経済の現状を把握してないキチガイと同じだよ。
タイタニック号の船内で中田氏してると同じだもんw


168 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:51:51 ID:3DMLtjD60
あはあああああああああはあああはあははははははははっっっっっっっっw

国の財務トリックをしっかり理解しろ、馬鹿者ども。

いま国が1000腸炎もの借金をしているのは、莫大な軍費をしこしこ闇経済に流しているからなのだよ。

つまり第三次世界大戦用の軍事費を蓄えているわけさ。

そんなことも湧かんネーの? アホですねえっっっっっっw

169 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:52:07 ID:qYgd5L4y0
>>166
「長期金利」を勉強しろ!   


170 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:54:37 ID:N/j1sspV0
インフレが勝ち

調整インフレにし、年10%インフレなら10年で借金は半分で税収は2倍になる。

給料は倍になり国の借金は消えてなくなり、みんなハッピーハッピーーーーーー

(゚д゚)ウマー

171 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:56:31 ID:rVpqXJzC0
なんかもう、こういうニュースの裏が読める時代だから、
ぜんぜん驚かないし、笑っちゃうよね。
煽るだけ煽っても、内情知ってるから相手にされてない感じ。

172 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:57:05 ID:Uxoqhhom0
60回払いくらいだとキツイが、
長期ローンなら600万くらい返せると思うが。
なんで返済できないの?

173 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:57:20 ID:9HJY2g+Y0
>>171
感覚が麻痺してるだけだろ・・・

174 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 20:58:36 ID:jAdlUysY0
郵政民営化法案ってのは、郵貯と簡保の破たん処理法案だからね。
90%以上の有権者は気付いてないだろうけどw

郵貯と簡保の破綻ってのは日本の財政に全く余裕が無くなったって事。
つまり、「国は面倒見れませんから、各自で勝手にやってください。 全て自己責任です」って事。
偽装マンション買わされたバカ達が国に泣き付いてるけど、あいつら自民党、公明党に投票したんか?w
自業自得なんだよwww



175 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:01:48 ID:fHYUCS5Y0
国が国民に借金してるんだもんなぁ・・・

176 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:02:33 ID:ueM0rmK40
この借金、たばこ一箱いくらにしたら返せますか?

177 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:03:14 ID:+e7KEEhq0

財政赤字を減らすべきだという意見は、それを家計の借金と同一視することから
出てくるのだろう。
親が借金をして子供が返済の義務を負う場合には、親の浪費の後始末を子が
行うことになる。財政赤字もこれと同じ結果をもたらすと考えている人達が多い。

しかし、政府の赤字は、家計の借金とは基本的に異なるものだ。公債が発行され
たとき、公債購入者は、支出を削減している。したがって、公債購入主体がなす
はずであった支出が政府の支出に振り変わるだけである。
ttp://www.noguchi.co.jp/archive/yomiuri/yom34.html

178 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:03:36 ID:Xx6r+1NL0
官僚って優秀じゃないんだな

179 :TR-774 ◆YMO/TMcupE :2005/12/22(木) 21:05:29 ID:aKTh3/tg0
>>164
爺婆やバカ親が息子や娘のクレジットカードを無断で使ってブラックにするのと同じ

>>175
日本という国の資産価値は年々目減りし続けていて既にマイナス状態だよ


180 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:06:53 ID:+e7KEEhq0

国全体では借金どころか貯金が溜まっているのです。
国が国民から借りているので返すのも国民なので、国全体で見れば貸し借りゼロです。

借金を子孫に残すと言う人がいますが借金を返してもらうのも子孫です。
国全体で見れば貸し借りゼロで借金はゼロなのです。
「借りている国民の借金の額」=「貸している国民の貸している額」です。
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/1156.htm

181 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:08:53 ID:d8B+h42d0
財政破綻は避けられんが、国会議員やその家族、官僚とその家族・・・リンチ殺人される奴が
どれだけ出るのか楽しみだw



182 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:08:54 ID:6FqBszyG0
公務員の給料減法しる。政治家の給料も高すぎ。議員年金もとっとと廃止しる。

183 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:09:31 ID:RFLsDwzj0
こういう的外れな例えで脅しを平然としてくる政府と広報省マスメディア。

184 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:09:52 ID:+e7KEEhq0

富者(国債購入者)が消費をあきらめ、国債購入でその資金を政府に回し、

政府が政府支出に使い、その分徴税額は減る。

したがって、これは富裕者から非富裕者への所得移転に過ぎない。

ttp://bewaad.com/20050204.html

185 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:11:11 ID:Xca2VR5z0
>>180
なるほど!
ということは子孫からお金を借りて中国へどんどんODAしよう!!
どんどん国債刷って、公務員を5倍にしよう!
全員生活保護もできそうだ!!!!
日本人が使うなら借金は0だ!

186 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:12:40 ID:5viyI97TO
また出た国民一人あたり

187 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:15:36 ID:1XUF0SUdO
取り敢えず脳無し官僚や悪徳政治家、自称有識者等は皆殺しでよろしいかと

188 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:16:37 ID:+e7KEEhq0

財政赤字を家庭の借金の感覚で議論するのは適切ではありません。家庭の借金は
家庭の外から借金するのですが、国の借金は国の中の国民からするので、基本的に
性格が違います。
ttp://www.avis.ne.jp/~cho/nisy.html

国の借金が 650兆円にも増えているという統計は、逆にいうと、国民の財産が
650兆円にも増えているという統計と同じ意味である。
ttp://www.ieice.org/~coa/localmoney/localmoneyProgram/004.pdf

189 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:16:58 ID:2dvDEwL20
日本の財政破綻は数年後、、、早ければ2年後に来る。
おそらく日本国債の暴落に端を発し、円売り、日本株売りと一気に発展し、
1日で潰れるであろう。

総理大臣が緊急記者会見を開き、沈痛な面持ちで、、
「国民の皆さん。 大変、重大かつ残念なご報告をしなければなりません。
私は、本日○時、金融庁ならびに日本郵政公社に対し、預金封鎖を支持しました・・・
つきましては、新札を発行いたします。  旧一万円札と新百円札との交換となります」
なんて言わなくてはならない。
デノミの敢行である。

その時、日本人は国内に残って餓死するか、難民となって外国に受け入れて貰わなければならない。
しかし、1億数千万人全員を一国で受け入れてくれる国があるとは思えない。

中国にも、相当数の日本難民を受け入れてもらわなければならない。
地政学的にも中国無しでは日本の将来はないのである。

靖国問題を再び引き起こした小泉純一郎は、真性の馬鹿である。



190 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:17:19 ID:TYL2QKsS0
何の資源もない、、交通の要衝でもない日本がアジアで発展した理由は、
日本人の勤勉さだけではない。

一般会計と郵貯・簡保・年金を原資とした財政投融資金で公共事業をやりまくったからだ。
簡単に言えば、借金で優雅な暮らしをしていただけである。
借金とは、次の世代へのツケ回しだ。
次の世代の所得を先食いして太っていただけである。

しかし、それが遂に限界に達した。  
郵貯・簡保の激しい財務の劣化である。
郵政公社のHPにアップされている財務諸表で郵貯・簡保の財務内容を調べてみろ!
簡保は事実上、既に破綻している。  郵貯の預託金も、あと3年で底を突く。
郵貯も間もなく破綻である。
そこで、郵政民営化という名で「隠ぺい工作」をしようとしたのである。

つまり、借金する所が日本政府には、もうないのである。
日本は間違いなく、間もなく財政破綻する。。。



191 :TR-774 ◆YMO/TMcupE :2005/12/22(木) 21:17:35 ID:aKTh3/tg0
>>180

親が5000万円の家を借金して買う⇒2000万円支払って3000万円のローンが残る
⇒子どもが家とローンを引き継ぐ⇒引き継いだ時に家の価値が3000万円ならいいけれど、
 3000万円のローンと2000万円の価値の家を引き継いだら、差し引き1000万円のマイナスだろ

つまり子どもは1000万円分のマイナスを背負うことになるわけだ
このことが世代間格差の問題になるわけだ


192 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:17:39 ID:jBx9zHnb0
先の総選挙における真の「敗者」は民主党ではなくて「小泉財政」である。
なぜか?
小泉政府が解体すると宣言した国営・郵貯簡保は、日本国家の不可欠の
財政基盤であった。

「民営化」を待つまでもなく、現に郵貯への預金が減り、引き出しが増えている。
2000年以降、郵貯簡保の資金が収縮に転じ、郵政資金を国債に流し込む仕組みが
麻痺しはじめたのである。

財務省は非常手段を発動して、郵貯簡保に国債を買わせてきたが、
それにも期限が迫っている。
これは、郵政よりも政府自体にとって致命的なタイムリミットである。
「郵政改革法」の施行(最速で来年度)を待たず、郵貯の自然収縮のあおり
で新規国債の「未達」(売れ残り)が発生する危険がある。
その時点で国家予算が執行できなくなり(財政破綻)、翌年度の予算案も編めない。
2008年度の予算編成は頓挫する公算が高い。


193 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:17:45 ID:+iTs5wQpO
預貯金が多いから国債に回るんだろうが、
だったらなぜ民間企業に投資しない?
非営利団体ばかりに投資しちゃって良いの?
民間企業でもサラ金だったりする。
非生産的なものにばかり金が集まっている。

194 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:18:07 ID:h0fJhtcO0
「小渕の呪い」と言われる2008年問題まで、あと3年である。
借款債だけでも135兆円、、、新規国債や地方債を合わせれば、180兆円である。
たった1年で、国民一人当たり約140万円の借金をさせるのである。
絶望的な数字ではないか。
国民に、そんな余力が残っているのか?

国債が未達(売れ残り)になれば、予算執行が出来ずに国家の財政が破綻する。
ちょうど60年前の8月15日に日本は破綻し、預金封鎖、デノミを敢行したが
やはり歴史は繰り返されるのである。

今度は、金融戦争での敗北である。
食糧自給率が、僅か40%しかない日本は、たちまち飢餓地獄に陥るであろう。
断末魔の叫びである。



195 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:18:26 ID:88ogulnE0

http://ueno.cool.ne.jp/gakuten/network/fin.html


現在の日本のGDPの成長率、税収及び急速に増える社会保障費を勘案すると、
国債・地方債は200兆円の純増しか許されないだろうな。

あと3年で長期金利が上がりだし、日本の財政は間違いなく崩壊する。。。




196 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:18:49 ID:9zv6YOWP0

一国で強力な軍隊を持つ米国や、集団的自衛権を行使するEUなどは、
外国に「自国の国債」を買ってもらうことが出来る。
つまり、他国に借金が出来るのだ。

しかし、「専守防衛」の日本は他国に借金をすることは自殺行為であり、絶対にできない。
日本国債は自国内で捌くしかないのだ。
しかし、日本国民の貯蓄高が減る中、いよいよ日本国債が売れ残る(未達)危険性が
高まってきた。
というか、もう目前である。。。
一刻も早く、社会保障や教育、地方交付税を減らし、増税しなければならない。
今日からでもやらなくては間に合わない。

国民は、いつ気付くのだろうか? orz



197 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:19:08 ID:P4HyRwCz0

http://www.mof.go.jp/singikai/kinka_kenkyukai/1_auction171108.htm

↑ ついに、省内保管の金貨まで売却し始めた財務省。   もはや断末魔である。。。
多重債務者が金品を質屋に入れるのと何ら変わらん光景ではないか。
これが、借金で優雅な暮らしをしていただけの「経済大国」と言われた国の末路である。
茶番を通り越して、「悪い冗談」としか言いようが無いではないか。
もう、この国は終わりである。
あと3年の命である。


198 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:19:39 ID:0z8UcvHD0

小泉総理だけを責めもつもりは無い。
ただ、彼が就任してから国債残高は250兆円も増加した。
うち140兆円は、「財投債」である。

平成13年4月、政府は財投改革と称し、郵貯の自主運用を決定した。
一見、画期的な改革に感じる。
ところが、この内容がとんでもない大先祖返りだったのである。
郵貯の全額自主運用とは名ばかりで、「財投債」なる政府保証の債権を新たに発行、
「7年間の経過措置」と寝言を抜かし、それを郵貯に買わせ、特殊法人に金を流していたのである。
官僚や族議員の考えそうな話ではないか。
その額が140兆円なのである。

しかし、郵貯の財務が著しく悪化し、財投債を買わせるこが出来なくなった。
あと3年で郵貯の預託金が枯渇するのだ。
そこで、出てきたのが「郵政民営化」である。

衆議院を解散し、「民営化の真意を国民に問う!」と、ハッタリをかまし選挙である。
まったく国民をバカにした話ではないか。
なのに多くの無知な国民は熱狂したのである。
ワシは馬鹿らしくて投票所に行く気にもならんかった。
お前ら目を覚ませ!  日本の財政は絶望的なのである。



199 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:20:03 ID:DHgmY3+z0

日本の財政破綻・・・
対外債務(外国への借金)がない我が国が外国に対しデフォルト(債務不履行)し、
財政破綻することはない。

では何で?
日本国債の未達(売れ残り)がトリガーとなるのである。
我が国は日本国民だけで日本国債を買い支えなければならない運命にある。
外国に借金は出来ないのである。

しかし、国と地方の借金が1000兆円を超えたのに対し、国民の総貯蓄は1400兆円である。
また、急激な少子高齢化により貯蓄は取り崩される傾向にある。
今後も増発される国債に対し、それを支える国民の貯蓄は減っているのである。
その臨界点が近い。

日本国債の未達(売れ残り)は、即刻、日本国債の暴落に繋がり、「日本円」と「日本株」は
叩き売られる。
日本はハイパーインフレに襲われる。
そして、日本経済は崩壊、国は財政破綻である。

日本に残された時間は、あと3年くらいであろう。




200 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:20:32 ID:58mucE0B0

日本人のことを「平和ボケ」って言うけど、それは安全保障だけじゃなく「経済」もなんだよね。
経済大国だとか、GDPが世界2位とか自負してるけど、内実はどうしようもない借金地獄。
例えるなら、身長2m、体重250kgなんだけど、高血圧、糖尿病、動脈硬化がひどくて、いつ突然死しても不思議じゃない相撲取りみたいなもんなんだよ。

しかし、その事に、ほとんどの日本人が気付いてない。
「大きい」 と 「強い」を混同してるんだね。

あと3年で、日本は財政破綻してひっくり返る危険性が高いのに、
まだ暴飲暴食を続けてる。
まったくアフォな国民だ。

「自分の内臓はボロボロだったんだ」と、死んでから気付くんだよ。



201 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:20:57 ID:Wo/B4vog0

@ 国民の金を「貯金」の名目で銀行・郵便局を通じて吸い上げる
A 政府は日本国債を発行し、銀行・郵便局に買わせる。
B つまり、日本国債 = 国民の貯蓄

 ↑ こんな単純な仕組みすら知らない日本人が80%以上いるんじゃないか?

この夏、大騒ぎした「郵政民営化」つーのは、本質は「郵便貯金の破たん処理」って事に
どれだけの人が気付いてたんだろう?
郵便貯金の破たん処理に目途が付いたから、
次は「統廃合」の名目で政府系金融機関の破たん処理。。。  
急ぐわ急ぐわ。。。
最後は日本国の破たん処理となる = 銀行・郵便局に預けておいた国民の預貯金が全部パー!
日本円のキャッシュも紙くず同然となる。
年金・医療・教育も全部なし。

中国に侵略されんように、せめて安全保障だけは、しっかりやってほしいが、
その前に日本国民は飢え死にだな orz


202 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:21:34 ID:C4CjxmjeO
官僚・悪徳政治家と耐震偽造の連中は同類。マンション失った住民と国民は同類。幻想の国家の中で生活してる。中身はスカスカ。地震が来たらマンションも国家も崩れる。

203 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:25:03 ID:UQmxAYRP0
なんだか知らないがyahoo動画でJNNだけ音声が左しか入ってないぞ

204 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:25:10 ID:+e7KEEhq0


簡単でありまして、国債が存在しているということは、それは民間部門にとっては、
その分もちろん資産である。ところが、政府にとっては、ちょうど同じ額で負債である。
合計すれば消えるんだから、政府の負債ではあるけれども日本国の負債では
全然ない。
ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/003015420020227001.htm
小野善康氏、大阪大学教授
平成14年2月27日衆議院予算委員会



205 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:25:32 ID:3Q78mGEf0
日本は国民一人あたり稼ぐ額が1億円超えるんだろ?

だったら一人頭600万程度の借金がなんだっての?

206 :TR-774 ◆YMO/TMcupE :2005/12/22(木) 21:25:49 ID:aKTh3/tg0
国債の発行残高よりも、日本の価値がマイナス250兆円で年々価値が下がっているほうが問題なんだよ。

207 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:26:19 ID:Tz8qeHjJ0
無職のオレサマに借金を背負わすとはどういうことだ!?

208 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:26:28 ID:Xca2VR5z0
>>205
GDP換算だと一人当たり500万円やがな(´・ω・`)

209 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:26:47 ID:6OzH8UZu0
>>201
> ↑ こんな単純な仕組みすら知らない日本人が80%以上いるんじゃないか?

中国人から見たら、すごく不思議な仕組みらしいな。

210 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:27:40 ID:+e7KEEhq0
78 :  :04/12/25 05:10:28 ID:oiLq1MhQ
国が借金した分どこかの貯蓄が別のどこかの貯蓄に移ってるだけ。
家計→財政支出→家計
財務省の増税工作に加担するマスゴミ

244 :小泉信者は馬鹿ばっか :04/10/13 11:58
国の借金は国民の余剰貯蓄です。
国の財政収支が赤字であればあるほどその分だけ国民の黒字分が
増えるだけです。

211 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:30:02 ID:xll4DpLr0
>>209
的を射たというか・・・>>201のカキコしてる内容に反論できる奴はおらんだろ?
経済がまったく理解できていない、あんた以外わな。

212 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:31:33 ID:InwvLZss0
>>209 ← 単なる馬鹿ですw  教養が無いだけなのですw


213 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:32:06 ID:squiZky00
そーいえばNTTの固定電話が資産計上されなくなったな。

ま、そーいうことだ。

馬鹿みたいに「国の赤字=国民の黒字」とか書き込んでるアジ野郎は恥を痴れ。

んなもん、消える時は瞬間的に消えるよ。>財産

214 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:32:08 ID:+e7KEEhq0
民間の貯蓄が多過ぎるわけですね。民間貯蓄が多いから政府が赤字になる。
国全体としては黒字と赤字は相殺されてゼロになる。

財政の赤字が大変だ、大変だと言っておりますけれども、見方を変えれば民間の
貯蓄超過が大きいということによるわけであり、貯蓄超過が減ってこないとぐあい
悪い。

金森公述人(日本経済研究センター顧問)
ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/003014720000224001.htm

215 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:32:22 ID:NGkAvisI0
>>209
おまいは幸せもんだよ

216 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:32:33 ID:8aiwmoPJO
なんだよ無理ゲーかよー

217 :TR-774 ◆YMO/TMcupE :2005/12/22(木) 21:33:33 ID:aKTh3/tg0
>>211
つか、日本銀行券も日本国債も、ただの紙切れに過ぎないわけだが
平和ボケな頭には、それがわからないんだろw

218 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:34:11 ID:fE7KOuTjO
これってどこに借金してんの?外国?

219 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:34:16 ID:4nCB4IVj0
俺のリアル借金もそろそろ500万円超え
冬ってこんなに寒かったんだって実感してます

220 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:34:48 ID:+e7KEEhq0
国家の赤字=民間の黒字になります。
国民が、所得よりも消費を抑制することで生じた残金は貯蓄に回り、
それが結果として国債の原資となっています。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
ttp://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=77945

貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。

221 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:35:41 ID:squiZky00
国内。インフレにしたら借金なんて消し飛ぶ。心配すんな。

けど、わけのわからんアジはいかん。無駄な支出ははぶかないかん。

222 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:36:21 ID:4OaZ56ge0
オレだって生きるのに精一杯の金しか稼いでないが借金はゼロ
国は維持するのに精一杯以上の金はあったはずなのに借金800兆かよ
一人626万も背負わされて…その上に増税?
そんなに使った覚えもないし恩恵も受けちゃいない
ってことは自分と係わりのないところで手厚い恩恵を受けている奴がいるってことだろ


財務省は利権の発生しない主婦にしろ
毎年、明細を公表して交替しろ
こんな状態なら公務員削減だけじゃ済まんよ
公務員給与や手当ても抜本的見直し
公共事業は全て見直し

納税の義務は果たすが
これ以上いわれのない増税は受け入れられない
国を維持する為にオレの人生は無駄に出来ない

223 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:37:58 ID:+NE2sqs70
なあに、かえって免疫力がつく

224 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:38:21 ID:CqO47Aw40
>>217
島国だから仕方ないってw    円にも日本国債にも「信用」に何ら疑義を持たないんだからw
ヒューザーを信じて倒壊マンション買う馬鹿が出る国民性だからw


225 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:39:42 ID:2qasuRmA0
これって、国民全員が同時に貯金を下ろそうとすると、
800兆円分足りないって事?

226 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:40:25 ID:cUiyLYaC0
在日が一斉に帰化して集団移住したら・・・テラオソロシス

いや、佐渡辺りに強制移住させて自衛隊の射爆場にすればいいのか。
日本の財政一気に改善だなw

227 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:40:44 ID:C4CjxmjeO
国民は絞るメシネタ。いかに国民をだまし、裕福に見せかけ、すいとるかが優秀国会議員、官僚の腕の見せどころ。

228 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:40:59 ID:+e7KEEhq0
149 :名無しさん :05/06/29 12:48
個人金融資産って、半分以上が既に財投や株価買い支えで
存在しないと言われている。
個人金融資産は単に名目上の数字を集めただけの砂上の楼閣。

153 :名無しさん :05/06/29 15:56
>>149
国民の金融資産が実体がないなら政府の借金がどうのこうの言うのは無意味なんだけど

154 :名無しさん :05/06/29 16:10
何で?そんなことないだろ(w

156 :名無しさん :05/06/29 16:35
>>154
国民の金融資産が実体がないなら政府の借金もないのと同じだからです。
逆に政府の借金を返さなきゃいけないからって心配するなら
借金を返される相手に資産が実体があることになります

229 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:41:21 ID:jEgZmuKg0
>>224
その点中国人は偉いよ(爆)
日本に出稼ぎ強盗にきても、貴金属しか盗んでいかない。
やつらは紙幣なんて信用してないんだよね。


230 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:42:40 ID:yDNljKjt0
いざとなったらアメリカも道連れにすればいい

231 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:43:02 ID:F92tDiNa0
>過去最高を更新したことが分かりました

この言い方がすでに欺瞞に満ちてるな……。
増えたり減ったりしてるなら「更新した」ってのもありだろうけど
右肩上がりで更新しつづけてるものを、いまさら何言ってやがる。

232 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:43:19 ID:YTmUTc0M0

「国の借金」を批判しながら、「増税」も批判するマスコミって・・・・(w


233 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:44:00 ID:O10vnLdS0
国民1人26万の借金じゃなくて
1人26万国に貸してるてことでしょ?

234 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:44:01 ID:+e7KEEhq0
175 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2005/11/20(日) 10:12:20

破綻論者
1.財務省の工作員
2.行革馬鹿
3.先物の営業
4.ただの馬鹿

235 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:44:07 ID:PwYuU+V30 ?
つまり、1人当たり平均626万円、何かの形で貰ってるというわけですね?
年金やら福祉費用やら減税やら、あと道路の一部とか、ヘンな公民館の一部とか、
そういうのもひっくるめて。

236 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:44:12 ID:squiZky00
アジってる奴に言っておく。

現在、ものすごい勢いで「国債」が「国民の財産」を「喰い散らかしてる」状態だ。
いずれ喰うものはなくなる。日本国民の財産は残念ながら有限だからね。

まるで死ぬまでオナニーする猿のようだわ。日本は。死ぬそのときまで気づかんよ。

237 :TR-774 ◆YMO/TMcupE :2005/12/22(木) 21:44:16 ID:aKTh3/tg0
>>224
笑いごとじゃないよ、、、
このままどんどん債務超過が酷くなっていったら円は価値がなくなっていく
信用不安になったら、いっぺんに暴落するぞ
ロシアが財政破綻した後、ルーブル握り締めて並んでもパンが買えない光景が頭に浮かんだよ
ま、自分の生きている間は、なんとか持つかもだがな

238 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:44:18 ID:2aUt/HOG0
>>225
日銀が印刷機をフル稼働させて日本円を刷りまくることになる。
「ハイパーインフレ」になるわな。
大根が一本、100,000円って事になりかねん。

日本が大金持ちなんて思ったら大間違いだ、多重債務の自転車操業、破綻寸前の貧乏国だって。
ほとんど絶望的な財務情況になってるんよ orz




239 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:45:09 ID:XtQ7af5h0
〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜

 働けども 働けども  我らが暮らし 楽にならず

どんなに働いても、財布に穴が開いてりゃ貯まるもんも貯まりません。
まずは、財布の穴を塞ぎませんか?

紅の傭兵他売国議員へ集団提訴しませんか?2審目
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1134208354/

【現在の拠点サイト】
http://dx37.ja-21.net/

【賛同者集計メール送信先(件名に「訴えてやる」)】
ikazuchi23ch@yahoo.co.jp

長い長い線路を作るために、まずは鉱山掘ることからやってみませんか。

〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜

240 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:45:20 ID:FsrFvW5SO
政府は日本銀行に借りてるんだから大丈夫だろ
利子が大半なんだから焦る必要がない
馬鹿ばっか

241 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:46:10 ID:2qasuRmA0
>>238
なるほど、説明サンクス。

242 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:46:32 ID:03HkpVra0
何でこれらのコピペは日本が最後まで微動だにしない事が前提に
なってるんだろう。

>>147
もしかしてネタバレ?(;・∀・)

243 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:47:06 ID:FS4BGL0C0
国民一人頭の借金出すなら
国民一人頭の貯蓄も出せよ


TBSは頭沸いてるのか?

244 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:48:01 ID:C0CofK9a0
【移住】or【ニート】

これが最良の方法。
ずっとリーマンなんて事してると、ずっとかすめとられる奴隷でしかない。
フリーターを正社員に!  なんて笑っちゃうよね。ハッキリ言えばいいよ。
もっと働いて奴隷になれって!っていうと露骨だから
フリーターはヤバイよ!!!!!!!!!って植え付ければいい。そして正社員が
まともな仕事だって事にすればいい

245 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:48:22 ID:F1TsyPET0
国の資産は国民1人あたり1000万円近くあるんだよ

246 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:49:08 ID:4OaZ56ge0
>>232
>「国の借金」を批判しながら、「増税」も批判するマスコミ

批判するのは借金をした過程の問題
増税をする過程の問題

吸い上げた税金の使い道を誤ったから増税がある
本来ならあるべきでない借金な訳で…

247 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:49:23 ID:YHr4OYJq0
少し金利あげてみようよw

248 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:50:08 ID:2aUt/HOG0
>>237
ロシアには油田があったし、国民に米ドルを持つ習慣があった。
しかし、日本には資源はないし、日本人には外貨を持つ習慣もない。
日本の財政は一日で終わるだろうなw
もう笑うしかないだろ? 少子高齢化・・・どう考えたって日本の財政は助からん orz





249 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:50:17 ID:+iTs5wQpO
‥‥そしてカエルさんは茹で上がったのでした‥‥
‥‥めでたし、めでたし。

250 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:50:18 ID:KJiB82C/0
ODAとか全部貸し剥がしたらええねん

251 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:50:52 ID:tiQQ0xzV0
在日の生活保護打ち切れ。生活できない奴らは本国に帰せ。

252 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:50:56 ID:03HkpVra0
>>238
マジレスする前に突っ込めよw

253 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:52:01 ID:FS4BGL0C0
朝鮮球入れから30%徴収すればOK

254 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:52:05 ID:xq/4bVp10
破綻はしない、家計が苦しくなるだけ。

255 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:52:09 ID:squiZky00
そそw

そんなにダイジョウブおkおk!な状態なら金利上げてみろってw

できひんねんw死ぬからwwダイジョウブなら行動で表せよwww

256 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:52:45 ID:om7P2AP30
>国民1人につき626万円の借金がある計算です

つーことは公務員1人につき約6千万円の借金がある計算なわけですか、そうですか。
公務員ども、私財を投げうってでもちゃんと返済しろよ。

257 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:53:23 ID:OL2R9CoO0
小鼠が私財なげうって返してくれるんだよね

258 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:54:00 ID:CLrwfJhc0
実際、どんぐらいの危機なのか目安がわからんな
マスゴミは何でも煽るから近頃は
大雪が降っただけでも
「温暖化による地球滅亡へのカウントダウンでしょうか・・・」とか言いだすし

259 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:55:00 ID:FS4BGL0C0
>>257
あいつ内閣の中で一番金なさそうなんだが

260 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:55:04 ID:CizWr5jy0
>>258
雪が降っても温暖化、雪が降らなくても温暖化だからなぁ。。

261 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:55:34 ID:FRVjBCgrO
煽るからには何か理由がある。
国民性なのか、悲観的なニュースばかりがもてはやされるな。
そんなだから自殺が増えるんだよ。
仮に破綻したところで、神戸の例で分かるように良い国民性なのだから、どうってことないぜ。

262 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:57:21 ID:ZEOdjGOU0
256がいいこといったなあ。対策としてはこれしかないだろ?
今まで散々甘い汁吸ったんだからさ。

263 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:58:14 ID:j9rQV8Zk0
やっぱ自民党じゃ駄目かもね。
来年度予算でも、歳出の削減はほとんどやっていない。

それどころかODAは増えちまった。もう日本は駄目かもしれんね。

264 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:58:24 ID:DG1PPIR50
特別会計を崩せや

265 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:58:44 ID:YHr4OYJq0
どーんといこうやw

266 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:59:09 ID:+e7KEEhq0
558 :名無しさん@6周年:2005/09/24(土) 21:02:24 ID:xjUy4Vnq0
誰かの債務は誰かの資産である。誰かが貸し付けない限り債務は発生しない。
つまり必ず資産が発生しているわけで、債務が増えると同時に資産が増えることになる。
ここが借金を語る上で家庭と国の一番違うところ。

451 :名無しさん@5周年:2005/03/23(水) 20:29:18 ID:Y27YuSVm
馬鹿馬鹿しい。
日本には1400兆円の金融資産があるから、1400兆円を借りている奴も
いるわけだ。この10年民間企業が借金返済したから、政府の借金が
増えただけ。民間が1000兆円の借金を背負えば、政府の借金は400兆円に
減る。コインの裏表の話で、どうでも良い話だわな。

267 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:59:11 ID:d6e9VatHO
245
日本人の九割は貧乏人
国民総資産千二百兆円
一世帯割りで1781万円
実際 こんなに預貯金などない
一部の金持ちが平均値を上げてるだけ
実際の庶民の貯蓄額は200〜400万円
しかも、ローンやクレジットなどの負債額は勤労労働者世帯平均で500万円
ほとんどの庶民世帯では、貯蓄額より負債額のほうが上回る

268 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:59:20 ID:03HkpVra0
>>213
>アジ野郎は恥を痴れ。

>んなもん、消える時は瞬間的に消えるよ。>財産

(;´Д`)

>>255
朝日かお前はw

269 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:59:28 ID:dVcIMa9y0
どこでどう無駄遣いしたら、こんな借金が出来るんだよ・・・・
国の財政ってどんぶり勘定なのか??

270 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:59:45 ID:F1TsyPET0
貸借対照表で考えろ
借金だけ見ても意味無いぞ

271 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 21:59:46 ID:xq/4bVp10
>>258
自分の預貯金と給料と勤め先、後は金預けてる銀行だけ気にすれば?
貿易で黒字なんだから原理的に国の破綻は無いから。

272 :TR-774 ◆YMO/TMcupE :2005/12/22(木) 22:00:07 ID:aKTh3/tg0
しかし、酷いなマスコミも肝心なことは報道しないんだよな

あの時、債務超過が酷い長銀の株をたくさん持ってた奴は今頃さぞかし金もってるんだろうなぁ、、、

273 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:00:42 ID:6wNVQG1b0
国民一人当たりの借金って表現を使うな。

公務員一人当たりの借金って事に書き直せ。
借金を作ったのって、公務員だけだろ。

274 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:00:42 ID:IJNRDk6l0
>>269
昭和一桁と団塊がどういう人たちかわかってないようだな。

275 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:03:44 ID:3EgUeCMZ0
http://www.mof.go.jp/genan18/zt001.pdf
http://www.mof.go.jp/jouhou/zaitou/kinri/yotaku171207.htm
http://www.mof.go.jp/jouhou/zaitou/kinri/kashi171207.htm


↑ もはや、絶望的な第二の予算。   財務省の断末魔w  

   どうしようもない「財政投融資」 「預託金」 の運用。

   底なし沼に落ち込み、動けば動くほど沈んでいく焦燥感が浮き彫りw

   笑いを通り越して泣けてくる。


  

276 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:04:12 ID:FS4BGL0C0
>>269
何処もにたようなもんだよ
アメリカなんて日本以上だけどな
ttp://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=101718



しかしアメリカがこけるとアメリカの国債のほとんどをもってる日本も死ぬ


277 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:04:13 ID:34ZoBGdK0
いっそのこと国民一人一人に626万円払わせたらいいんだよ
そしたらこれにて一括返済だろ

278 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:04:54 ID:GRIg5PDg0
まあ、最後はインフレでチャラしかないだろ。
年寄り、資産家には厳しいが、若い人、働いている人、借金抱えてる人にはいい話だね。

太平洋戦争でリセットされ、まあそろそろリセットが必要な時だな。

279 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:06:01 ID:j9rQV8Zk0
キャッシュはドルに換えとくな

280 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:06:51 ID:LyWEwnIt0
それプラス個人的な借金で・・・ ゲゲッ!1000万超えた

281 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:08:34 ID:9LQwzJ1g0
この夏の衆院選の経費は750億円
中国人高校生の留学費用100億円
イラクに貸して棒引きにしてあげた金6900億
ヒューザー関連出費80億

282 :TR-774 ◆YMO/TMcupE :2005/12/22(木) 22:08:42 ID:aKTh3/tg0
>>271
今は貿易黒字かもだが、外国からの調達コストが上がればそうはいかなくなるぞ
借金増やしまくると、円に対する信用度が下がる
そうなると輸入コストが上がる、相対的に黒字が減っていく
戦前の歴史を振り返ってみたらどうだ?

283 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:09:16 ID:squiZky00
あのな。俺、提案があるんだけど、移民したい奴、移民してくる奴から一律に
一人あたま626万×エックス(エックスは1.0以上)を徴収したらどやろか?

284 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:11:24 ID:9LQwzJ1g0
これから米軍がグアムに移転する経費も日本持ちの予定。
駐留米軍の住宅の光熱費も日本持ち。でもこれやっているのは日本だけ。

285 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:11:29 ID:+e7KEEhq0

日本のような膨大な貯蓄余剰、世界最大の対外純資産を抱えた国でデフレが起きている
状況では、理論的には、債券がキャッシュと同じになるまで国債は買われ続けると考えられる。

国債市場懇談会(第21回)議事要旨
ttp://www.mof.go.jp/singikai/kokusai/gijiyosi/a141016.htm

286 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:12:23 ID:9PfhTo7r0
日本人として、自分の資産を生かすことによって国に報いるよ。
一時的にキャピタルフライトすることになるが恨まんでくれよ。

破綻に伴う混乱が終わったらすぐに資産を国内に戻しておまいらを
助けてやるから。

287 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:12:24 ID:3EgUeCMZ0
>>282
ここの連中に為替とか債券市場とかの話をしても無駄だって。
「日本はGDP世界第二位の経済大国」だと信じきってるんだからw


288 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:14:04 ID:squiZky00
>>285
馬鹿が。
経済成長率の公表値が「2.6%」で、それ以下の金利である「国債」がなぜ買われるのか、
わかっていってんのか。

289 :TR-774 ◆YMO/TMcupE :2005/12/22(木) 22:14:18 ID:aKTh3/tg0
>>276
アメリカは経済がコケてもそう深刻にはならないよ
資源もあるし国内産業も揃ってる、障壁作って国内産業を保護するだけだろ
そのための軍事力でもあるわけだしな

290 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:15:30 ID:xq/4bVp10
>>282
日本の経常収支のうち、貿易収支と所得収支の割合って、
今後はどんな見通しだっけ?

291 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:16:33 ID:F1TsyPET0
ところでアメリカに外貨準備ってあるの?

292 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:17:30 ID:3EgUeCMZ0
>>285
だろ?
日本国民の貯蓄を原資として、「日本国債」と「円」が飽和するまで、日本国債は買い続けられるんだよ。
そして、飽和(臨界点)を超えたら日本の財政は破綻するんだ。
やっと、理解できたか?  算数の話なんだってw





293 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:21:14 ID:+e7KEEhq0
財政赤字を減らすべきだという意見は、それを家計の借金と同一視することから
出てくるのだろう。
親が借金をして子供が返済の義務を負う場合には、親の浪費の後始末を子が
行うことになる。財政赤字もこれと同じ結果をもたらすと考えている人達が多い。

しかし、政府の赤字は、家計の借金とは基本的に異なるものだ。公債が発行され
たとき、公債購入者は、支出を削減している。したがって、公債購入主体がなす
はずであった支出が政府の支出に振り変わるだけである。
ttp://www.noguchi.co.jp/archive/yomiuri/yom34.html

294 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:21:18 ID:byKaCWim0
国が財政破綻したら国会議員とか官僚(元も含め)は
まっ先に八つ裂きにされるな

295 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:23:45 ID:9PfhTo7r0
>>292
飽和状態を超えて破壊されるという予想も十分可能性があるが、
突発的なハプニングに起因するショックで破壊が始まる可能性の
方を俺は予想している。

296 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:25:31 ID:j9rQV8Zk0
これで、株が上がるのが信じられない。

297 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:25:37 ID:JSl+ziTo0
>>269
バブル崩壊後に減税と財政出動してなきゃ確実に恐慌が起こってたよ
公共投資の内訳には批判の余地はあるが
借金を作ったこと自体は批判すべきではない

298 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:26:12 ID:Wy6EcfyA0
>>293
それ、鎖国してた江戸時代の話な。
いわゆる「徳政令」が、まかり通ってた時代の話。
今、21世紀だ。
寝言を言ってちゃダメだw



299 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:26:45 ID:Df4QDFdN0
みんなが海外に投資して一人年100万ほど儲ければ、10年頑張れば回収できる

300 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:27:11 ID:DEtqeTQ60
借金という書き方は良くない。
みんなが使用する(使用しない)道路になり
みんなが使用する(使用しない)建物になり、
みんなが使用する(使用しない)橋になったり、
みんなが使用する(使用しない)施設になったり、
みんなが使用する(使用しない)造成土地になったり
みんなが使用する(使用しない)ODAになったり
みんなが使用する(使用しない)公的制度を支える人件費に変わっているんだから。

301 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:27:31 ID:MYs9KLdW0
国民一人あたり、、、、って国の借金だろ?
国民の借金じゃねー。
市ねチョンビーエス!

302 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:27:33 ID:+e7KEEhq0

財政赤字を家庭の借金の感覚で議論するのは適切ではありません。家庭の借金は
家庭の外から借金するのですが、国の借金は国の中の国民からするので、基本的に
性格が違います。
ttp://www.avis.ne.jp/~cho/nisy.html

国の借金が 650兆円にも増えているという統計は、逆にいうと、国民の財産が
650兆円にも増えているという統計と同じ意味である。
ttp://www.ieice.org/~coa/localmoney/localmoneyProgram/004.pdf

303 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:28:34 ID:9CmRP64y0
日本には売れる資産が何百兆円かあるはずだよ
資産をある程度売って、歳出削減と増税を同時にやって
緩やかなインフレになればクラッシュせずに済むんじゃないの?

304 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:28:46 ID:YHr4OYJq0
国民の自己責任だな

305 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:29:40 ID:jEgZmuKg0
簿価と売却価格は違う

306 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:30:02 ID:EnTbhnwo0
>>283
それだけあるなら移民してこないんじゃないか

307 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:30:32 ID:JBACISXC0
>>296

まあ偽装マンションとか不祥事が起きた翌日、
何故か株価が爆上げして

 「今年最大の上げ幅です・・・」

みたいなニュースが喧伝されるのを見れば資金の出所が知れると思う。
確かに提灯を持ってついて行ってるのは一般庶民だけど
先頭を走ってるのは、ユダヤ人と厚生年金基金のオジサンだろう。

308 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:31:10 ID:squiZky00
資産を売れば云々って・・・需要供給曲線なんて小学校でも習うだろが・・・

309 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:31:17 ID:JSl+ziTo0
>>305
国有資産の簿価など存在しない
取得時に全部費用化されてるんだから

310 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:31:57 ID:DEtqeTQ60
デノミすればいいんじゃないか。
来年から800兆は800円になります。

                     俺の貯金は1銭にも満たなくなるが。

311 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:33:09 ID:Q9a5SDow0
耐震偽装事件みたいに国が金を出せばいいじゃん。

国は借金でも国民は債権者なんだろ?w

312 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:33:13 ID:Y8phUkvr0
>>301
その金は俺達の貯金から借りてるわけだが。

313 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:33:16 ID:hDcus6M/O
国民一人当たり…って換算するの止めて欲しいな。
多くの国民は真面目に働いて生活してるんだから。
無能な政治家達のせい。

314 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:34:12 ID:LINVtZP60

日本はお先真っ暗・・。ますます国際的に存在感の無い国に・・。


315 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:34:29 ID:L+EWXWA30
>>295
国民の総貯蓄高が1400兆円に対し、国と地方とFBの残高は1000兆円を超えてるんだ。
昨日、内示のあった来年度の一般会計だけでも新規国債は35兆円。
借款債や地方債、財投債、FBを合わせたら、100兆円を軽く超えるぞ。
郵貯の預託金が、あと50兆円ほど残っているから財投債は売さばけても、
あと数年で飽和するって。

だから、消費税を10%upさせて、25兆円/年の税収を確保しようとしてるんだよ。
もっとも、消費税を10%upさせたら企業倒産が続出だろうけどな。



316 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:37:19 ID:Q9a5SDow0
日本の円が終わったら元になるのかな?

317 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:37:47 ID:F1TsyPET0
今お金で世界中どこでも交換可能なのは
USドル、日本円、ユーロ
お金として意味を持つのは
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのドル、英ポンド、スイスフラン

あとせいぜい台湾ドルと香港ドル、シンガポールドルくらい

それ以外のお金は国境を超えたら紙クズです
韓国ウォン、タイバーツ、中国元も日本に来たらだれも受け取ってくれません

318 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:38:06 ID:KtJIY8mV0
だから626万は誰に返せばいいのさ?
返すから、ちょっと優遇してくれ

319 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:38:41 ID:jEgZmuKg0
>>309
それでどうやって貸借対照表なんてつくれたんだ。
だいぶ前に大蔵省が試算値を出してたようだったが。

320 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:38:46 ID:JSl+ziTo0
>>313
国民が貯金ばっかしてるのが問題なわけだが
まあ国民に金融の金融の教育をしてこなかった国の責任でもあるわけだが

321 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:39:21 ID:A1d99W3k0
国債は借金とは性格が違うって誰かTBSに教えてやれよ

322 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:41:01 ID:JBACISXC0
誰かが勝手に俺の名前で借金をしている・・・。
626万円も借りてないデスヨ。

323 :TR-774 ◆YMO/TMcupE :2005/12/22(木) 22:41:20 ID:aKTh3/tg0
>>321
そうだな、国債は株式と同じだと考えたほうがいいよな

324 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:41:34 ID:JSl+ziTo0
>>319
無理やり時価評価とかしてたはず
本来売買目的でない資産は時価評価などしないのだがな

そもそもお上の財政は現金主義だから単純に会計理論で考えても埒があかんが

325 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:41:38 ID:Y8phUkvr0
>>318
破綻する前にjに換えとけ。

326 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:41:54 ID:U0e86/gP0
>>320
>国民に金融の金融の教育をしてこなかった国の責任でもあるわけだが


この一言に尽きるな。  あまりにも日本人は経済音痴だ。
「貯金は善」と教えてきた事が大問題だな。
もう手遅れだけど 

327 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:44:54 ID:Q9a5SDow0
公共事業を0にして政治家や公務員のボーナスも0にしたら即解決するんじゃね?w

328 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:46:26 ID:A1d99W3k0
アメリカが借金ふやしまくってたときにも、
アメリカは破産すると予告したやつがいたけど
結局破産しなかった
その理由がわからないやつは日本は破産すると思うんだろうな

329 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:46:34 ID:F1TsyPET0
インフレが来ればチャラ
ドル建て国債なんて無いんでしょ?

330 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:47:29 ID:90TYHR170
年末の風物です

「いっき!いっき!」

331 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:48:53 ID:nlVJwg2y0
破綻厨は1レスごとに日本が取るだろう対応も書いとけって。
破綻という危機に際して何で最後まで政府も国民も無策なんだよwww

332 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:49:02 ID:mo8kCBMA0
1000万以下の預金は保護されなくなったんだから。
銀行がちゃんと潰れれば余計な預金をしてる人は、もっと他にお金を使うでしょう。
銀行がどんどん倒産すればいいと思うよ。

333 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:50:12 ID:JSl+ziTo0
>>327
公共事業を廃止したら
大量の失業者がでて
彼らを客にしていた店が軒並みつぶれて
その店に商品納入してた店の業績が悪化して・・・・

334 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:52:28 ID:/z4Ndlgn0
ここで実行可能な解決策が浮かぶくらいならもうとっくにやってんじゃね?財務省いらなくね?って感じですがどうなんですか?

335 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:52:53 ID:GRIg5PDg0
今の日本は、医療費、年金で 40兆以上使われている。
そのほとんどが、老人である。
未来のない老人に投資しているようなもんだ。
資源の無い日本は、知識で生きていくしかない。
ハイテク、バイオ、などアメリカに研究開発で遅れ、落ちぶれる一方である。
若い頭脳に今すぐ100兆の投資が必要だ。

336 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:54:10 ID:mNSeaBpo0
インフレ起こしてすべてチャラ。物価10倍で借金も十分の一へ。

337 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:54:12 ID:j9rQV8Zk0

人民元 → レンミンビーエン
日本円 → ジャパニーズエン

元は同じ円だよ。多分、モンゴル帝国の元から来てるのでは?

338 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:55:55 ID:5s8TGj6o0
>>328
アメリカには基軸通貨と言う武器がある。
つまり、国内がヤバくても海外からガンガン借りられる。
円は無理、日本ヤバイ、OK?

まぁその米ドルも段々信用を失って来てるから、
遅かれ早かれ破綻するだろうけど。

339 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:56:42 ID:JzUZzRAY0
「乳幼児を含め」から思いついたんだけど、中絶される予定の子供を
出産させて、その臓器を移植用として海外に輸出して借金返済に充てたら
どうだろ?

340 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:57:34 ID:jEgZmuKg0
>>334
じーさんの時代にあったという伝説の禁じ手
「預金封鎖+新円切り替え+財産税」ってのはどう?

うちのじーさんは本気で心配しているよ

341 :hae ◆smgcUIROwg :2005/12/22(木) 22:57:55 ID:JjhwoZC10
ぶっちゃけ その債権を持っているのは誰なんだよ。
俺らが銀行に預けても全く利子がつかないのに
偉い高利で貸しているのは誰なんだよ。

つーかぶっちゃけ 元本保証を条件に、マイナス金利で借りたら?>国債

342 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:59:19 ID:aidAhI/b0
>>1
日本の借金、誰が返す。


あと10年もしたら


公務員のの給料を払うだけで


何もできなくなりそう。



(しかも公的年金カット、
 医療費の自己負担7割とか。)

343 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:01:07 ID:2KFfCfnP0
>ぶっちゃけ その債権を持っているのは誰なんだよ。

郵便局の簡易保険もってる、君の家のおじさん、おばさんだよ。

344 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:01:45 ID:SlQXh4a40
>>340
去年の秋、新札が発行された時、「ついにデノミかよ?!!!!」って俺マジで心配した。
太平洋戦争は全く知らない世代だけど、「預金封鎖」「新札発行」「財産税」は過去の話じゃない。
数年後に起こっても、何ら不思議じゃないから。

345 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:02:02 ID:GRIg5PDg0
>>338
アメリカがあれだけ貿易赤字、国債で借金があるのにドルが担保されているのは、
軍事力と、食料(穀物市場)を牛耳っているからだ。
特に小麦、 とうもろこしは 凄いぞ。
これが原油みたいに跳ね上った時のアメリカの利益たるや。
円の担保は、まあ国際競争力のある企業ぐらいだからな。

346 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:02:26 ID:9xXHgr550
>>334
パチンコ&宗教団体&特別会計&公務員&100兆のアングラマネー&低所得層増税…

まだまだあるよ。

347 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:02:55 ID:n0HrwhXK0
無能公務員(勉強だけは出来る)が国を破綻させる。・・・(翁藁

348 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:04:47 ID:2ILAsNXt0
>>327
政治家の給料(歳費)は今年からアップしました.
(都市部)公務員の給料は来年からアップします.



349 :ゴキブリ渡邊:2005/12/22(木) 23:05:54 ID:QCzQampb0
まだ800兆円か。あともうちょっとで1000兆円だな。

350 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:08:20 ID:GRIg5PDg0
安心しろ。一万円札なんて原価 数十円で刷れる。今もガンガン刷っているが(国債購入している)
そろそろ10万円札とかが出てくるよ。そうしたら金とかユーロ、に逃げた方がいいな。

351 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:08:42 ID:aidAhI/b0
>>347
しょうがない。
日本は民主主義国家。

借金をここまで膨らまして平気な国会議員と
その政治家と結託して自分らの既得権を守る官僚
が行う政治・行政をよしと認めてきたから
まさに国民の自業自得。

無責任な国会議員と官僚は無責任な国民の了解の
上で成り立ってきた。


それが日本社会だ。





352 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:08:43 ID:F1TsyPET0
国債なんてどんどん償還すれば良いじゃん
1万円札をじゃんじゃん印刷すれば済む事

353 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:10:24 ID:KGp6ikbK0
>>352
そして菓子パン一個10000円の時代が来るわけだ。

354 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:10:36 ID:9PfhTo7r0
預貯金・・・生活費など必要最小限
株式・・・三菱商事などの貿易関連株約1000万円
債券・・・なし
投資信託・・・インベスコ約80万円
不動産・・・自宅
外貨預金・・・スイスフラン約1500万円、豪ドル約800万円
外国株式・・・MORGAN STANLEY、CITIGROUP、GD、GE、HALLIBURTON
LOCKHEED MARTINなど約4000万円

355 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:13:02 ID:xbnxY81S0
君たちが銀行や郵便局に貯金する。
政府は銀行に日本国債を買わせる。
郵貯の資金を財務省の「財政投融資金特別会計」に繰り入れる。
その金で、採算度外視でムチャクチャな公共事業などをやってきたわけ。

高速道路、ダム、病院、橋、河口堰、ロケット開発、政府系金融機関、新幹線、やりたい放題だ。
ジャンジャン使え!
借金で優雅な暮らし、豊かな生活をしていただけである。

それが限界に達した。  国民の貯蓄高が減り始めたから借金する所が無い。
慌てて増税と社会保障の切捨てってわけ。
この夏、自民党に投票した皆さん、お疲れ様ですw





356 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:13:10 ID:aidAhI/b0
>>353
その時日本の借金は1京円?



357 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:13:13 ID:GRIg5PDg0
>>352
昔から、ガンガン刷っています。日銀が国債を引き受けてますから。
これからますます勢いを増すでしょ。
それをマスコミが取り上げだすと一気にインフレーションになるかな??

358 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:14:57 ID:JSl+ziTo0
>>351
最大の問題は間接金融の国だと言うこと

預金者の金を運用する機関投資家はあまりリスクをとることができない
だから国債など比較的リスクの低いところに金が流れてしまう
つまるところお上の主導で金を回すことになるわけで
どうしたって無駄や既得権が生まれてしまう

359 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:15:00 ID:cSW8FjVj0
言い換えれば、国民一人あたり、626万円を国に貸してるってことだ。




早く返せ。


360 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:15:36 ID:xZryV2yN0
>>353
必ずハイパーインフレってなるん?絶対に?

一気に金が流通することによってハイパーインフレになるなら、
やっぱ貯金封鎖とかすればいいんじゃね?(^ω^)


361 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:15:57 ID:1IxpKxhy0
もうすぐ、バブルが弾けて800兆円の借金がプラスされますw

362 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:17:01 ID:nYoNfLuHO
債務を増刷で賄おうとすれば、そのうち、缶ジュース1本1万円という時代になるね日本通過の価値が無くなりまつ

363 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:17:11 ID:RFZznptw0
>>1
訳分からん例えだな。
外国に借金してる訳じゃないから、政府が赤字だということは、
国民がそれだけ黒字ってことなんだが。

不況が続いたから、その間、政府が負担して国民を支えてたけど
どうやらもう不況から脱出したようだし、大丈夫じゃないの?

364 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:17:24 ID:wvLi+hJ80
政治家と公務員の給料半減して、公務員の年金は全員国民年金にすれば国家予算は、
20兆円は削減出来るよね。後は、公務員と政治家の削減で10兆円減らせば、トントン
の収支になるよ。
他に有効な手段は見当たらないよ。頼むから年収200万の人間から増税しないで欲しい。

365 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:17:38 ID:JSl+ziTo0
>>356
額面は変わらない
800兆のまま

366 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:17:52 ID:9xXHgr550
>>355
>ロケット開発、


>国民の貯蓄高が減り始めたから借金する所が無い。
過去最高の1454兆円 家計の金融資産が拡大
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1554786/detail?rd

367 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:20:20 ID:pbEahmpaO
これからはある程度の資産は金に変えたほうがいいな
ま、ニートのオレには関係ないが

368 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:20:27 ID:gW7OJ8dM0
>>366
株高による含み益でな。
残念だが、貯金の話をしてるんだw
分かった?w


369 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:21:00 ID:2+zFLyjr0
>>339

370 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:21:37 ID:F1TsyPET0
百円=1両
って単位にすると
800兆円=8兆両

1両硬貨は真鍮で楕円形にします

371 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:21:59 ID:aidAhI/b0
>>365
新たにするだろう借金と今までの借金の利息が見る見る膨らんで
倍々ゲームで増えていって借金が兆を超えて京にとか。



372 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:22:00 ID:nfpojoXf0
800兆だけ万札を刷ればよい。

373 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:23:07 ID:L5ptHOU30
>>356
以前の借金はそのまま
だから相対的に軽くなる。

1000万円借金がある状態で物価が10倍になれば収入も10倍になるが借金はそのまま

374 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:23:13 ID:9xXHgr550
あ、コピペか?

>>368
何でID違うのに脊髄反射レスしてるの?

>景気回復による家計の収入増が要因とみられる。

375 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:23:27 ID:JSl+ziTo0
>>368
分かってないのはオマイさんだろ?
それは貯金から有価証券に移行してると言うことだぞ


376 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:24:51 ID:6wNVQG1b0
>>372
800兆円のお札を一枚刷ればいい。


377 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:25:08 ID:squiZky00
>>354
すげーな。

378 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:25:33 ID:JSl+ziTo0
>>371
プライマリバランスの均衡は必要だろうね

379 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:26:50 ID:GRIg5PDg0
>>372
そういうこと。そこの帰結するんだが。
段階として、もっと高額な紙幣が登場しだす。10万円札、100万円札。
必需品が値上がりしだす。食料、エネルギー。
物価が上がり企業収益が上がり、そんで給料が上がりだす。


380 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:27:23 ID:aidAhI/b0
>>373
金利が上がっていくだけの収入が見込めなければ
結局借金の総額だけ増えていくことになる。
サラ金で個人が破綻していく姿がまさに日本の
国の姿ということになる。



381 ::2005/12/22(木) 23:29:33 ID:2onGDNLTO
国民の金融資産が1400兆くらいあるんじゃなかったっけ?諸外国にくらべ税負担がかるく、国から民間にお金をおとしてきた面もあるのでは?
もちろん国の努力が足りないのはその通りだと思うけど。


382 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:30:09 ID:squiZky00
株高っていっても、たしかネット証券の預かり資産は7〜8兆円程度。
焼け石に水やで。しかもリスク資産。

383 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:31:48 ID:4Pfzdwny0
「日銀が日本国債を引き受ければ・・」ってカキコしている香具師がいるけど、
現在、規制を超えて日本の債務を日銀は引き受けてる。
もう、これ以上は無理。

先日、G7財務当局・中央銀行総裁会議があったけど、
やはり世界の先進国は、アメリカの意向に沿った金利政策だし、
アメリカも世界一の金利を維持したいのが本音。
ドルが天井から落ちてきたらEU諸国も大変だから・・・

別に日本が債権を抱えたまま沈没しても世界は困らん。
アジアは既に中国が覇権を握ってるし、20年後はインドがアジアの覇者となる。
日本は少子高齢化で、年寄りばかりの三流国に転落することは火を見るより明らかだしね。




384 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:32:26 ID:squiZky00
これな。
http://www.netsecurities.jp/disclose/

385 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:34:59 ID:aidAhI/b0
>>384
いつ消えてもおかしくないお金

386 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:38:15 ID:F1TsyPET0
■大学進学者数
中国:400万人(進学率20%、都市部35%)
韓国:50万人(進学率70%)
台湾:―(進学率50%)
インド:200万人(―)
日本:50万人(進学率40%)

■自動車販売台数
アメリカ・・・・1,691万台
欧州26ヶ国・・・・1,452万台
中国・・・・585万台
日本・・・・570万台
ロシア・・・・150万台
インド・・・・120万台
韓国・・・・115万台
タイ・・・・68万台
インドネシア・・・・48万台
マレーシア・・・・47万台
フィリピン・・・・9万台

387 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:39:56 ID:JSl+ziTo0
>>385
そうやって国民がリスクから逃げ続けてきた結果が現状だろ?

388 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:41:09 ID:GRIg5PDg0
>>383
いやいや、まだまだ引き受けるでしょ。
国債の大量償還が迫っているしね。

日本の戦略としては、勝ち目のあるところで突っ走るしかないね。
自動車。
半導体製造装置。
素材などかな。


389 :踊るガニメデ星人 ◆VZh84upjtQ :2005/12/22(木) 23:43:43 ID:lCHB8YwH0
借金といっても、その借金は国民から借りた物だから、国民はぜんぜん
困らない。仮に大増税してもその金は国債を持っている国民に返ってくる
だけだから結局貸し借りゼロだ。

390 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:44:04 ID:squiZky00
         口座数  預り資産額  一口座あたり平均
2004年 4月   889,915  3,791,423    平均4.26
2005年11月  2,095,437  7,794,578    平均3.72  (単位:百万)

もちろん一人で複数口座持ってる奴も多いだろうが、
素人が参入しつつある現状がわかる。

おまえら最後に誰に買った株買わすつもりや?乞食にか?
乞食は金持ってないぞ。だから一般人が買い始めると相場は終わるねん。

391 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:44:49 ID:L1DgdiEk0
公務員1人あたりいくら借金作ったかという計算にしろ

392 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:45:53 ID:kHkwXMQf0
貿易赤字、財政赤字の双子の赤字を抱えているとは言え、腐っても鯛なのがアメリカ。
ヨーロッパはユーロで通過を統一し、領土的な国境はあるが、通貨の国境はなくなった。
世界は、「アメリカ」「ヨーロッパ」「アジア」の三極で構成されていると言っても過言ではない。

日本はアジアに属するが、ご近所と喧嘩ばかりしている有様。
いちいち文句を付けてくる中国や韓国もケシカランが、小泉も思慮が浅いよ。
バカとハサミは使いようだ。
小泉総理は在任中に日本国債の残高を250兆円も増やした借金王だが、
外交も全くダメだったな。
何で、こんな無能宰相に人気があるのか、俺には全く理解できん。
小渕よりアフォな総理大臣だってw


393 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:47:07 ID:aidAhI/b0
>>387
まあそういう部分はあるだろうけど、実際は
実態のないマネー。
何かが起これば紙くずもある。
その支え(裏づけ)になるものが日本にあるのか
ないのか。
今のように借金まみれの国だとリスクが高まる
ばかり。それなのに何か困ればまた安易に借金。
それでまたリスクが高まる。この繰り返し。

394 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:47:48 ID:JSl+ziTo0
>>390
・・・・・・・・

お前のような、株を投機としか考えられんやつばかりじゃないことを祈るよ

395 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:51:38 ID:JSl+ziTo0
>>393
お前は批判がしたいだけなのか?

国民は投資に回らず貯金するだけの状態で
政府がその金を回さなかったら誰が金を回すんだ?


396 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:55:06 ID:squiZky00
>>394
デイだらけらしいよ。俺は株はしない。才能は多分ない。
適当に会社でっちあげてIPOしたいとは思う。
それが一番確実ちゃうか?株で儲けるのって。

画面みてピコピコ動いてるのなんて見てられん。

397 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:59:05 ID:+u7CDNNE0
で、庶民としては、なけなしの貯蓄をどうすればいいの?
ドルに換えておくのが正解?

398 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 23:59:15 ID:aidAhI/b0
>>395
国が借金した分がみんな国民の貯金になっているわけだ。
今は国民の貯金が多いが、だんだんその差がなくなりつつある。
しばらくすれば国民の貯金より国の借金が多くなる現実がある。

それでホントにやっていけるのかということ。
確かに金を誰かが回さないと経済がしぼんでいくのはそうだけど
今のようなやり方でずっと通用するとは思えない。

399 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:01:33 ID:jpEW3ER10
ハイパーインフレ楽しそうだな。東スポが1200円とか
カップラーメンが1500円とか。

400 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:03:02 ID:38YExAUW0
個人投資家が儲かるなら機関投資家が潰れるよ。
ジェイコムの誤発注事件で証明されたとおり、証券取引所のシステムは
いわば、イカサマ賭博場だ。
機関投資家に絶対有利なようにシステムが構築されてるわけ。

機関投資家は、とんでもない空売りができ株価を自由自在にコントロールしてる。
その間隙を縫って、個人投資家がキャピタルゲインを得るなんて、極一部の天才デイトレだけ。
99.9%の奴は損する。
だから、株に手を出すのはヤメトケw




401 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:03:26 ID:cctx47v00
逆に、どうやれば800兆も使いきれるのかを聞いてみたいわ。

402 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:03:35 ID:s64loi/m0
ハイパーインフレは楽しいですよ。月給も300万とか。

403 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:04:36 ID:s/3aDvby0
>借金といっても、その借金は国民から借りた物だから、国民はぜんぜん 困らない

どうせなら 税金0円にしたら毎年45兆円余分に借金額が増えていくだけなので
困らないどころか嬉しい。
去年1年間で78兆増えたのが123兆になるだけだから。

404 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:05:45 ID:Bog6F1d80
>>398
やっていけるわけないだろう
だがそれでも止められんのだよ
国民が自分でリスクを負う様にならん限りはね

つーか株の入門書とかありゃなんだ?
いきなり信用取引の話が入ってるぞ?
株とは会社のオーナーになると言うのが根幹だろ

405 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:07:14 ID:NBLq/EZtO
>>401
中国にあげる

406 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:07:16 ID:3ECEncHW0
俺はドルやユーロだと思う。
それも「ドルやユーロを買う」そのまんまのつもりで買うわけじゃない。
「元を買う」つもりで「ドルやユーロを買う」。

なぜか?それはまたどうせ「元の切り上げ」があるだろうから。
「円⇔元」じゃなくて、「ドル・ユーロ⇔元」で見るね。もう一つ向こう岸を見るわけよ。

「元の切り上げ(変動に移行など)」これだけで資産そのまんま増えると思うよ。
もちろんそのときに起こるであろう日本の多少のインフレにも対応できるわけ。

円や日本国債で持つのは結構きついと思うけどなぁ。

407 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:07:36 ID:/Z2LvJ9k0
国債無期限償却延期法案だせばいいじゃん。

       構造改革とか言えば、国民は信用して、自民応援するでしょ?

408 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:07:46 ID:6YFJjdsJO
外国への募金活動やってる奴は日本の現状を理解してるんだろうか
日本はもう沈没目前ですよ。

409 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:08:57 ID:Bog6F1d80
>>400
プロと同じ土俵で喧嘩するのが馬鹿なんだよ
俺は配当と優待で細々とやってるぞ
銀行に寝かせとくより全然利回りいいしな

410 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:09:36 ID:28GJgB4r0
>>401
風邪ひいた・・・・・・・病院に行って、注射一本、薬少々・・・日本なら1000円。
アメリカなら15,000円だ。

「貧乏人には何も、くれてやるな」 アメリカの自由主義
「困った人はみんなで助けましょう」 日本の偽善主義

だから、日本は資本主義じゃない。   官僚社会主義なんだって。

財政破綻したアルゼンチンも官僚社会主義だった orz



411 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:10:41 ID:dsvi0bnO0
俺626万払えないから、
嫌いなやつ1人か金持ちのボンボン1人に
俺の分も合わせて1252万払ってもらおう。

412 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:10:51 ID:VsdxvwOt0
じゃあ日銀を構造改革すると称して、政府に統合して、
日本銀行券は日本政府券に名称変更し、
日本国債も日本政府券に名称変更。

413 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:11:14 ID:d9SDBKc60
>>407
そんな法案出さなくても、延々と返すのを引き延ばせる。

414 : :2005/12/23(金) 00:13:26 ID:3ECEncHW0
>213>221>236>255>283>288>308>377>382>384>390>396>406

なんかID変わったんで自分のカキコを抽出

415 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:13:46 ID:uYPTZGjx0
国債持ってないし国債チャラになってもいいお( ^ω^)

416 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:14:46 ID:VA1QHuH90

 これからも小泉竹中飯嶋自公党は、パチンコ利権も、在日特権も、長銀破綻処理への不透明な巨額公的資金投入も、
もちろん拉致問題も何一つ満足に解決できぬまま、マスコミの洗脳により思考停止した今の日本国民には簡単に受け容れられそうな、

                    ” 日朝国交正常化 = 善 ”

という、薄っぺらな図式を手を変え品を変え繰り返し唱えて、新たな洗脳工作を行うのだろうな。


 北朝鮮と国交正常化をすることが日本国民にあたかもさも何か幸福をもたらし、日本の国益に適うかのように宣伝し、
それを成し遂げた暁にはマスゴミは、偉大なる領主 小泉将軍と自民党を繰り返し繰り返し、賞賛するのだろうな。

 正直、今の日本キモイよ。
 マスゴミが郵政民営化法案に反対票を投じた議員をその理由にかかわらず『造反者』と決めつけ、小泉劇場お得意の
印象操作に率先して協力し、 『 郵政民営化 = 改革 = 善 』 の図式を国民に刷り込んでたときから、そう思った。


 BKSはもとより、官僚、経団連、売国政治家の企みに騙されてはならない。


417 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:15:24 ID:ggx2OEFv0
>>415
おまいが銀行や郵便局に貯金してる金が日本国債に化けてるんだよw



418 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:17:10 ID:WvAegVWQ0
>>417
知らず知らずに貯金が借金に化ける。
タンス預金が最強の時代がやって来るのか?

419 :踊るガニメデ星人 ◆VZh84upjtQ :2005/12/23(金) 00:17:38 ID:Ip/C0d4E0
>>403
ようするに、国債を持っているのは国民だから、国の借金はイコール国民の債権
という事になる、国の借金がいくら膨れ上がろうともその国債を持っているのが
国民である限り、日本全体の総資産額は変わらないという事だから何も問題は無い。


420 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:18:42 ID:FOlXu7aC0
世界に広めよう!この素晴らしいシステムを!

421 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:18:48 ID:JP+ZPcssO
百姓公務員氏ね

422 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:20:51 ID:tddrlXQ00
タンス預金が2000兆位あったという展開キヴォンヌw

423 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:21:22 ID:yr52urI50
まあもはや返済できるレベルじゃないから
@大増税(財産税すなわち預金封鎖による財産の一部没収含む)か
Aひたすらスルー(多少は返済しようと増税するが利子が増えるスピードを抑えるのが
精一杯)
するしかないんだが、Aをやると金もコネも持ってる奴らが本格的に海外に資産
を逃がし始めるだろうからな。そうするとどっちにしろ破綻する。
まあ数千万〜2億くらいもってる引退した団塊世代がかなりの資産を没収されて
平穏な老後の計画がぶっつぶれるのは笑えるが。

424 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:21:22 ID:Lk4568UQ0
>>395
国民は投資に回らず貯金するだけの状態で
政府がその金を回さなかったら誰が金を回すんだ?

泥棒も同じようなことを言う

425 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:21:47 ID:ggx2OEFv0
>>418
爺さん、婆さんたちの中に、腹巻に現金入れて持ち歩いてる人いるだろ?

何で、あーいうことをしてるかと言うとだ・・・太平洋戦争で負け時、日本政府は銀行と郵便局を預金封鎖。
預貯金を没収してるんだよ。
その経験があるから、爺さん、婆さんは金融機関を信用してないわけ。
で、肌身離さず現金を身に付けてるのw




426 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:21:51 ID:8H2z67kJO
>>418
政府にとっちゃ借金だが、個人にとっちゃ財産だぞ
つまりお前も国債持ってるって訳さ。ちょっと違うけどな

427 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:23:22 ID:O1rVx0W20
国が800兆も借金があるって誰から借りてるんすか?

428 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:23:48 ID:/7NYNeYZ0
太平洋戦争に負けて東京が焼け野原の時代に、マンハッタンではエンパイアステイトビルがすでに
そびえたっていた。1931年完成、381m。

そんな日本が経済大国にまでなったんだからたいしたもんだ。
まあそのツケとして 800兆の借金をかかえただけだ。


429 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:24:10 ID:/Z2LvJ9k0
あなたの財産です。


 とか言われて、ノブテル曰く「車よりたぬきの方が多い」道路だされたら、飯も食えんな。

430 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:25:14 ID:yr52urI50
タンス預金してても新札に切り替えられたら終わりだけどね。

431 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:26:17 ID:/29Qm+B60
>>406
それができないから苦労してる
プラチナ 金 ニッケルなどの貴金属
石油の採掘権などヨーロッパ諸国がもってる富を日本はもてない
日米安全保障条約の本当の厄介な点は
何をするにもアメリカのお伺いを立てなければならない点につきる。
本来日本の共産勢力を抑えるシステムのはずが日本の政治力の足かせになってしまった。
これはかなりやばい

432 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:28:28 ID:Bog6F1d80
>>428
皮肉を言ってるように聞こえるがいいとこを付いてる

証券市場が未発達だった日本では金融機関が国民から金を集め
それを企業や国に流すことでインフラを整えてきた

433 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:28:58 ID:jevz/jvt0
>>430
旧一万円札と新百円玉との交換か?
政府はやりたくて、しょうがないだろうな。 >デノミ



434 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:29:29 ID:/7NYNeYZ0
>>431
アメリカに依存するしかないでしょ。
そのかわり、小麦、大豆、とうもろこしなど、一応最優先で供給されるわけだからね。
日本が自給率100%なら、主張できるが、40%じゃあしかたない。

435 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:31:48 ID:zl6BcxgS0
>>過去最高を更新

そりゃ更新するだろう。
あいかわらず高給維持の公務員。
しかも赤字の自転車操業状態なのにボーナス(w

なんだこの国は


436 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:32:22 ID:yr52urI50
まあこうやって借金が増えていく傍で政治家や官僚は海外の口座にせっせと
資産逃がしてるんだろうな。

437 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:36:24 ID:hsuBb7om0
国と地方で1000兆円の借金を抱え、こうしてる間にも、1秒間に200万円以上の利息が付いてるのに、
「タバコ1本につき1円の増税」とか「倒壊マンションの住民に80億円の支援」とかが
話題になってるんだからなあ。

本当に情けない国だよ orz




438 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:38:33 ID:VsdxvwOt0
>>437
こうしてる間にも、国民の貯金に1秒間に200万円以上の利息がついているとも言える。

439 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:40:56 ID:ilGtDYte0
最優先課題は財政再建と憲法改正。
郵政改革や靖国参拝ではない。
小泉の責任は重大だな。

440 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:41:39 ID:hsuBb7om0
>>438
「長期金利」と「預貯金の金利」の区別すら付かんの?
典型的な日本人だな。 
経済音痴 orz



441 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:41:50 ID:PnKVvXov0
それでもなお財布のひもをしめようとしない役人たち!すげぇっす!

442 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:41:51 ID:fRMkuSdp0
【政治】 100億円使い、中国の高校生を日本へ受け入れ…「日中21世紀基金」設立

何言ってるんだ?無駄金撒けるほど、日本の経済状態は絶好調だよ。

443 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:43:01 ID:DbU+5q5+0
>>439

 ↑ 未だに郵政改革なんて言ってるよw   どこまで馬鹿なんだろうw




444 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:43:37 ID:tfQzl9dGO




借金製造政党、自由民主党マンセーーー





445 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:45:48 ID:P6mdwrw20
有馬のディープの単勝に800兆円ぶち込めばいい

446 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:47:39 ID:hNxFchYu0
>>442
そうだよね。日本の経済絶好調!!
だってほら、こんなに気前いいもん。


>イラクの対日債務80%免除・年内に合意文書
 日本、イラク両政府は約73億ドル(約8600億円)に上る
イラクの対日本債務の80%(約6900億円)を3段階で免除することを決めた。残りはイラクが23年間で償還する。
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20051106AT1E0500I05112005.html

小泉純一郎首相は、アフリカ向け以外も含めODAを、
今後5年間で計100億ドル(約1兆1200億円)増額すると表明。
アフリカ支援に関しても、3年間で倍増する方針もあらためて打ち出した。
 日本が目指す国連安全保障理事会の常任理事国入りのためにアピール。
(共同通信) - 7月8日23時13分更新


447 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:48:01 ID:ZllWXcBV0
>>445
ハズレたらどうする?

448 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:48:57 ID:Z6lXUOz10
しかしだ、国がデフォルトといった時点で銀行や郵貯の持ってる
国債が価値0になれば自己資本比率落ちて、取り付け騒ぎで預金封鎖
ということになる可能性があるな。

449 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:52:11 ID:eoZdJOl50
なんで世界二位とか言われてる石油埋蔵量の国の
債務放棄せなならんのや
石油で返せや!
糞売国奴ポチはほんと飴のいいなりな

450 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:55:16 ID:hNxFchYu0
296 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:25:31 ID:j9rQV8Zk0
これで、株が上がるのが信じられない

307 :名無しさん@6周年:2005/12/22(木) 22:30:32 ID:JBACISXC0
>>296
まあ偽装マンションとか不祥事が起きた翌日、
何故か株価が爆上げして
 「今年最大の上げ幅です・・・」
みたいなニュースが喧伝されるのを見れば資金の出所が知れると思う。
確かに提灯を持ってついて行ってるのは一般庶民だけど
先頭を走ってるのは、ユダヤ人と厚生年金基金のオジサンだろう。


400 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 00:03:02 ID:38YExAUW0
個人投資家が儲かるなら機関投資家が潰れるよ。
ジェイコムの誤発注事件で証明されたとおり、証券取引所のシステムは
いわば、イカサマ賭博場だ。
機関投資家に絶対有利なようにシステムが構築されてるわけ。
機関投資家は、とんでもない空売りができ株価を自由自在にコントロールしてる。
その間隙を縫って、個人投資家がキャピタルゲインを得るなんて、極一部の天才デイトレだけ。


政府とマスコミは必死になってジェイコム長者をあおってますねw。
カモカモ―ンってw 

451 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:02:06 ID:hNxFchYu0
>>446
アフリカ支援を倍額。それとともに↓
うっそー、小泉、ひとの金だとおもってふとっぱら。
アフリカは欧米が植民地にして搾取してたところ。
なぜ日本が尻拭いすんだよ?


>日本は6千億円超負担へ 最貧国の債務削減最終局面
 アフリカを中心とする最貧国が世界銀行グループなどの国際金融機関に対して負っている債務の全額削減問題で、
日米欧などの主要国(G8)が削減総額の70・19%を負担する方針で合意したことが18日、
分かった。日本の分担は米英に次ぐ3番目の13・17%で、最大約6200億円分を負担する。
国際金融筋が明らかにした。
 日本の負担額(共同通信) - 9月19日2時16分更新

452 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:04:17 ID:ZHT4PgICO
氏に損ないの婆がウン千万円持ってたりして、騙し取られてワイドショー飾ってるわけだから、身近の爺婆の家廻って持ち金没収したらどうよ?
あと団塊2007年問題に合わせて退職金禁止法をつくれ。(但し五年で解除)
元々こいつらの世代が作った借金なわけだし。
そうすりゃすぐ返せるだろ?

453 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:04:18 ID:/GgFyh1H0
誰もはらないからはっとく
http://www.takarabe-hrj.co.jp/takarabe/clock/

454 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:06:32 ID:/29Qm+B60
自分たちが年金もらえる寸前で日本デフォルト
アメリカ国債も大量放出でアメリカも共倒れ
世界の証券市場は一瞬で完全崩壊
中国のバブル経済は一転して最悪の地獄に直行
第三世界の債権もドサクサに紛れて全てデフォルト
世界各国は生き残るためにブロック経済に移行
石油をめぐり中国とアメリカが激突
かくして第三次世界大戦に
頭いたー



455 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:15:35 ID:FOlXu7aC0
政府が国民から夜逃げするとかw

456 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:17:57 ID:VsdxvwOt0
>>440
じゃあ、その1秒間に200万円てのはどこに行くの?

457 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:19:26 ID:EoSWkEXk0
国債残高がGDP比180%って、異常を通り越して絶望的な数字だよな。
地方を合わせたら200%を超えてるんだからね。

デフォルトしたら政治家と官僚と皆殺しになるだろうな。
永田町と霞ヶ関に、あいつらの生首が晒されることになる。
デフォルトを避けるためには大増税しかないわけだが、これも袋叩きになる可能性が大。
今後、10年は動乱の時代になる。

問題は国民が、いつぶち切れるかだな。
民主党は選挙で大惨敗して正解だったよ。
責任ないから・・・




458 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:22:04 ID:ep2WOMql0
政府が株をたくさん買っていたはずだから、

現状で払えるだろ?w

459 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:23:27 ID:HRUBZiky0
>>456
利息は当然、国債購入者に入る。
しかし、その原資は次世代へのツケ回しだ。

460 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:24:43 ID:nPkkr7Gy0
NHKの受信料だけじゃなく、税金もみんなで払わなければいい

461 : :2005/12/23(金) 01:31:01 ID:JHf5Ut7D0
小泉の自民党をぶっ壊すは橋本派をぶっ壊すの偽装。
民間にできることは民間には森派の新利権をつくることの偽装。
偽装建築疑惑にほとんど触れようとしない小泉の腹黒さ。
借金800億あろうと屁でもない。 目的ほぼ達成したから
ブッシュの贈り物に乗ってヘラヘラヘラ。

462 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:33:23 ID:/29Qm+B60
ソ連 アフリカ 中南米 イラク そして韓国 
いろんな国が借金踏み倒して
全部日本が払ってる!!
その結果がこれだ。

日本が倒れても何処の国も助けてはくれない以上
全世界を巻き込むしかないな(案外いいかも
にこやかに笑って全世界の経済破壊するかw

463 :名無し:2005/12/23(金) 01:33:43 ID:ddYXsn8r0
test

464 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:33:45 ID:Ik3uzFew0
借金が多いから、増税てか?
バカ野郎!、G7内で他の6カ国の合計額よりも多い銭を
公共事業に使っていて何を言っているのだ?!

公共事業抑制と法人税を以前に戻すだけでOKよ!

465 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:33:58 ID:kOuIf9g10
>>460
それでなにか解決するのか?

466 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:34:15 ID:WvAegVWQ0
>>462
全世界経済破綻も間近か...。

467 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:35:40 ID:6b/InTv60
>>457
>>331

468 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:35:46 ID:l97RurLs0
浪費は公無員付けは国民

469 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:35:46 ID:a9sTDqXY0
パチンコ税取れば少しは足しになるのにな…。

470 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:36:42 ID:/JNwarGq0
輪転機音速廻しすりゃ、すぐに解決ですがな。

471 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:37:22 ID:FnWeHwbr0
それでもボーナスが出る公務員

泥棒め

472 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:42:09 ID:HRUBZiky0
>>467
日本の財政破綻を避けるためには、大増税と社会保障の切捨て、地方の切捨て・・・
それしかないじゃん。
現に定率減税は廃止になるし、タバコ税も上がるし、診療報酬も引き下げだよ。
地方交付税も減額される。

また、この夏を騒がせた郵政民営化と称する「郵貯・簡保破綻処理法案」は可決され、
民営化後は順次、採算の取れない郵便局は無くなりますからw



473 : :2005/12/23(金) 01:43:17 ID:JHf5Ut7D0
>>464
それと高額所得者の累進税率も元に戻すことだぜ。
高額所得層のマスコミ、委員会の連中、政治家、高級官僚らは
自分達の懐を痛めるので、誰一人としてそれに触れようとしない。

474 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:48:15 ID:6b/InTv60
>>472
>>346
きれ〜に抜け落ちてるのがハゲワラw

475 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:49:49 ID:XAVnN5uh0
おまえら公務員叩きが好きだなw

日本の法人税率10%は世界的に見ても低い
もっと挙げていいと思う。消費税も然り。
特に消費税は、科目ごとに税率を変えて弾力性を。
特別会計も全て廃止を含めて見直し。
道路財源などの目的税を普通税に。
社会保障費はもっと高齢者負担。障害者負担を増やせ。
税金上がるのが嫌。保険料払うのが嫌という国民が足すういる
以上、もっと当事者負担を増やせ。

そして、雇用対策にもっと力いれろ。
国際協力1兆使って、雇用対策に1000億程度ってどうよ?
フリーター、派遣、契約などからいくら課税強化しても
たかが知れてる。正規雇用対策をして所得税、住民税を底上げしろ。

半永久的な生活保護もやめればいい。
期限を決めて、生涯で最大何年未満とか規制しろ。

公務員改革も大切なんだろうけど、こんなものやっても
効果なんてたかが知れてる。それよりもっとやるべきことがあるはず

誰も郵政民営化なんぞ期待してないよ。

476 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:52:12 ID:ye2EpfZP0
>>475
郵政民営化の本質を理解していないようだねw


477 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:55:25 ID:94Nivzdh0
日本は海外から見たらスネオの様な国
そんな良い顔をする為だけに国民の首を絞める国家って
ハッキリ言って北朝鮮と変わらない
実際政府に対して講義も出来ず諦める状況も似てるような気がする。
1秒に100万借金している国家っていったい何なんだ?
800兆円って誰が穴埋めするんだ?
杉村太蔵(26歳)年間2500万って誰が支払うんだ?
息しかしていない議員に給料を払う必要性があるのか?
オレは626万なんて持ってないぞっ

478 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 01:56:39 ID:8nzWUaRV0
公務員のボーナスは消費税8%分相当。

479 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 02:08:08 ID:nvcMSlhn0
理論上は、金利を上げ、インフレにしないと国の債務は軽減しない。
ただ、金利を上げると国債の利払額が増えるというジレンマに陥ってる。
要約すると身動き不能って事。

日銀は量的緩和の解除をしたがってるけど、当然の事ながら財務省は大反対さ。
大蔵族の小泉も量的緩和の解除に反対してる。

日本の財政再建が出来たら「ノーベル賞」だろ?w
どう楽観的に考えても手遅れだね。
プールの中の鯨だ。
窒息死だって orz




480 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 02:39:49 ID:/JNwarGq0
>479
インフレ率>金利だから、国は利鞘とれるだろ。
つうか、政治家が金利引上げに、反対するのはどこの国もそう。
単純に、景気を冷やす要因になるから。

だが、金利引上げは 適切なタイミングで行われなければならない。
中央銀行の独立性を 高めなければならないというのはそういう事。
馬鹿な国では、往々にして政治的意図によって、利上げのタイミングは遅れがちになる。

481 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 02:44:16 ID:aA3mflo/0
>>479
家庭で例えると
お母さん(政府)がお父さん(国民)の入れる生活費(税金)では足りない分を
お父さんから借りて教育費や家の維持とかに使っているような感じ。

その借金が積もり積もって凄い金額になってもその家庭そのものは大丈夫。


482 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 02:45:51 ID:hMCs+EcpO
100兆円札を8枚印刷すれば解決します

483 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 02:48:45 ID:/JNwarGq0
>482
オマイ天才。 紙とインクの節約にもなる。

484 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:03:13 ID:RWAnlqIc0
結局、金の出所が、公務員と銀行なわけだが、
こいつら頭が悪いし、フットワークも悪いし、
金の出しどころがわからないから、
お互いにやり取りしてるだけ。
公務員なんかに金を渡さずに
銀行ぶっ潰して、個人投資ですべてが動く国にすりゃいいんじゃね?
金もってるじじばばに強制的に投資させる。
それが改革だろ。

485 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:08:54 ID:9ZqGf+IY0
まっとうに働いていれば600万円なら別に払えない金額ではないべ

486 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:11:34 ID:UBxAIydD0
限界まで借金して踏み倒せばいいやん
お前ら馬鹿ですか?

487 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:18:30 ID:oWNxsZL50
大企業への税金を強化すればいいんじゃないの。取れるところからとる
まずはそれからだ。

488 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:18:44 ID:61z984vQ0
教え子レイプ未遂、熱血小学校教師の“性癖”
「マッサージ」口実にお触り→服はぎとる

橋本容疑者が女子生徒に襲いかかった現場の区立小学校=東京都世田谷区

 青春ドラマに出てくるような熱血先生は、ロリコンのレイプ魔だった。
警視庁成城署に、強姦(ごうかん)未遂容疑で逮捕された
東京都世田谷区立小学校教諭、橋本拓容疑者(33)。
普段は生徒から慕われるスポーツマン先生の凶行に、
関係者は「なぜ」と声を挙げるが、「兆候はあった」と指摘する者も…。
教え子を校内で、レイプしようとした鬼畜の正体を追った。

 【犯行の経緯】

 前代未聞の事件があったのは、23日午後5時半ごろ。橋本容疑者は、
顧問を務めるバスケットボール部に所属する5年生の女子生徒を
「部活の相談がある」などと言葉巧みに、校内の会議室に誘い出した。

 「『より強くなるため、マッサージをしてあげる』と足などを触り始め、
まもなく短パン姿の生徒の服を剥(は)ぎ取り、強姦しようとした」
(捜査関係者)

 生徒が泣き出したため、橋本容疑者はレイプを断念。
生徒は会議室から脱出し、帰宅後、犯行を両親に打ち明けた。

 「夜9時ごろ、両親が学校を訪れ、被害を訴えたが、
校長と橋本容疑者は『マッサージだった』の一点張り」(同)

 両親は翌日未明まで、抗議を続けたが、学校側が聞く耳を持たないため、
知人を通じ、同署に通報し、逮捕となった。

ttp://web.archive.org/web/20031127044647/http://www.zakzak.co.jp/society/top/top1030_1_16.html

489 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:19:35 ID:nPkkr7Gy0
超赤字財政なのに公務員が国民の平均年収より遥かに高いのが問題

490 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:20:50 ID:8YLd5DuRO
穀潰し公務員

491 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:21:20 ID:NCrA1Ta30
>>485
おまえ一人だけならな

492 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:24:55 ID:gJHeah000
踏み倒したらもうチャラになんの?

493 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:26:27 ID:ANZ4HBoJ0
魔法の言葉「マクロで見れば大丈夫」ハイみんなで御一緒に。

494 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:32:20 ID:94Nivzdh0
これ見ると脱力できます↓
http://www.takarabe-hrj.co.jp/takarabe/clock/

495 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:32:31 ID:gJHeah000
なんで誰も貿易黒字の話しないんだ・・・
最近また増加したってのに、その金はどこにあるんだ?

496 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:33:21 ID:/Y158zR/0
湯水のように税金を使っていた公務員、政治家、土建屋から、
"貸してた金"に利子つけて返してもらう。
対象者が死んでいたら遺族から取り立てる。
自殺者が大量に出るが、年金受給者が減るので一石二鳥。

497 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:33:54 ID:NqX5Mz/S0
財政改革を進めるためには国債の大暴落による大混乱しかないと悲観している。

498 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:35:01 ID:UfMficaK0
>>495
企業の懐の中

499 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:35:39 ID:fPpf/nRbO
おまいらまだこんなのに踊らされてんの?
国債買ってんのは日本国民なんだがね。
つまり平均すると、赤んぼからジジババまで一人600マソの借金の一方、一人600マソの資産もある。
っても、実際は国債は銀行・金持ちがもってるから、返した金は金持ちの懐へwww

500 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:36:08 ID:2vhFb2bG0
日産のようにゴーン氏に頼めば良い
国策はともかく、税金の配分からリストラ(殆どの馬鹿は首だろうが・・)
までスリム化するでしょ?
消費税率upは良いが、、、
まずは公務員の人件費を減らせよ

501 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:37:46 ID:94Nivzdh0
息してるだけの議員のリストラはしないの?
タイゾーの2500万って払う必要性はあるの?

502 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:41:46 ID:axwzCvLC0
ここでお札を800兆円分刷りまくって債務返済ですよ


503 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:43:41 ID:fPpf/nRbO
国債もってるのが銀行・金持ちである以上、返す金は結局こいつらの懐に入る。
だから、こいつらは増税で借金返すのは大歓迎なんだよ。
だって増税分が自分らのフトコロに入ってくるんだからな。

504 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:45:26 ID:cwldE0CY0
だんだん国債も引き受け手が居なくなってると聞くが…

505 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:45:59 ID:C91tj8rm0
なんか国民から借りたモノだからそんなに借金でもないような話とか出ているけれど、

国内だけでやっているならいいが、国民も国も海外でも使っているんであるから、、、はてどうなの?

あと、国債って日本人しか購入できないんだっけ??

506 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:46:07 ID:P+Buwxuk0
そこで増税ですよw

507 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:47:06 ID:vynTnYk20
地方交付税改革:歳出削減の焦点に 総務省は抵抗の構え
 国と地方の税財政を見直す三位一体の改革のうち、約4兆円の補助金削減と
約3兆円の税源移譲が決まり、06年度予算編成で実施する地方交付税の改革が
残された。小泉純一郎首相は06年度予算で、新規国債発行額を前年度比で4兆円
程度減らして30兆円に近づけるよう谷垣禎一財務相に指示しており、思い切った
歳出削減が課題。地方交付税等交付金は一般会計歳出総額の約2割を占め、最大の
歳出要因である社会保障関係費と並んで削減の焦点になっている。
 地方自治体全体の財政の見通しを示す05年度の地方財政計画では、地方交付税は
約19兆1000億円にのぼる。国税の一定割合を地方に渡す分を除き、約4兆3000
億円の財源が不足している。国は、この額の半分を国債で借金して地方交付税に回して
穴埋めし、残りは赤字地方債を発行してしのいでいる。
 同計画は財務省と総務省が毎年末に交渉して決める。国・地方の借金を増やさない
ためにも、この財源不足を解消する必要性で両省は一致しており、地方公務員の給与
水準の見直しなどを進める考えだ。ただ、給与水準を見直すだけでは06年度から5年間で
合計約6000億円の削減効果しかない。
 財務省は、地方公務員人件費をその地域の民間企業の給与水準並みに見直すよう要求。
さらに、地方単独の公共事業費が03年度計画で約5兆1000億円過大計上されていたと
指摘し、この分が地方公務員への不適正な手当などに充てられたと見て、計画作成段階で
経費の内訳を公開させ、無駄遣いに切り込みたい考えだ。
 しかし総務省は、不適正な手当が約1000億円含まれていたことは認めているものの、
残りは新たな行政サービスに充てたと説明し、大幅な歳出カットには抵抗の構え。地方交付税
をどこまで削減できるかはまだ不透明だ。
毎日新聞 2005年12月3日 19時28分
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20051204k0000m010040000c.html

508 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:47:49 ID:gJHeah000
よし、俺が800兆円全部もらってやろう。
国のためだし仕方ないなw

509 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:48:45 ID:ANZ4HBoJ0
国債買った奴は紙屑になったら困るだろ。ただで貰ったわけでもないのに。
増税の前に公務員減らせって言えよ国民供。

510 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:49:47 ID:RWAnlqIc0
増税でもインフレでも、資産が偏ってる以上、
貧乏人はいまより割りを食う。
つまり真の財政改革というのは、
公務員、銀行、資産家じじばばを叩きつぶすような、
貧民による革命しかない。
現貧民による
新政府の樹立、新中央銀行、新紙幣の発行が
財政問題の根本解決法である。

511 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:51:53 ID:fPpf/nRbO
>>505
いんや、海外でも売ってるよ。
ただ、海外分はお話にならないぐらい国内のがでかいが。
あと、まぎれもなく借金だよ。「庶民にとってはね」
金持ちにとっては、まぎれもなく「資産」だけど

512 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:52:33 ID:ObrHJCe6O
とりあえずパチンコ税導入と在日生活保護止めないとな


513 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:54:58 ID:C91tj8rm0
>>510

なんかあれだな、財政が苦しくなったら金持ちを陥れて資産没収し、死刑、
そして奪った資産を国民に還元するローマ時代みたいだなー

>>511

あやや(´・ω・`)

514 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:56:45 ID:yr52urI50
本当の資産家なら国債なんて怖くて買ってねーよw

515 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 03:59:18 ID:fPpf/nRbO
公務員減らすのはいいんだけどさ、結局、銀行や金持ちに800兆円を返していかなかゃいけないのは変わらないわけだ。
どうころんでも。
な〜んか、この辺がいつもスルーされてるんだよな。

516 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:02:20 ID:lAIUlyUR0
800兆を全部返す必要はないだろ
500兆ぐらいまで減らせればいいんじゃね?
どの国だって借金は抱えてるわけだし・・・・

517 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:03:45 ID:ANZ4HBoJ0
>>515
それは返さなきゃ駄目だろ。例え借りた金の使い道がアレでもそれはしかたない。
アホに判子を預けて自分名義の債務増やしてるのは国民だ。

518 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:04:03 ID:bEomAhyc0
金持ちだってこの国を利用して金蓄えたわけだから
偏りすぎたら国民に返すのが道理だろ

519 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:06:27 ID:fPpf/nRbO
国債を持ってるのは銀行や金持ち。
ものすごく単純な例で言うと、今国債が紙屑になったら誰が困るでしょう?

国→借金がなくなる
銀行・金持ち→証文が紙屑に
庶民→増税がなくなる

520 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:06:54 ID:nPkkr7Gy0
タイゾーは100万だなー

521 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:12:58 ID:lAIUlyUR0
>>519
国債が紙くずになる時は
ハイパーインフレか債務不履行の時だろ
どっちのパターンも庶民も苦しむ

522 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:13:46 ID:RWAnlqIc0
>>519
銀行・金持ち→証文が紙屑に

こんなこと常識だから、彼らは個人の高給、資産を
せっせと海外に移してますよ。
んで法人は国債紙くずとともに破産だが、金預けてる、従業員として
雇われてるのは、庶民だから
最終的に庶民がぜんぶ損をかぶるわけさ。プギャー



523 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:16:36 ID:mntnBHFn0
政府部門のしかも債務のみに着目して国民一人あたりいくら借金があるなんてまったくナンセンスな議論。

524 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:16:44 ID:X/UUS1l00
>>482が実にいいこと言ってる。

525 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:17:07 ID:fPpf/nRbO
>>518
いやいや、それは間違いだよ。
今、羽振りの良い銀行や金持ちさんがどれだけリスクを抱えて努力してきたか。。。
例えば銀行なら、公的資金投入でも超高給を貰いながら、中小へは貸し剥がし、サラ金を子分に荒稼ぎ。
経営者は派遣やパート、サビ残強要で人件費削減。
とまあ、どれだけ苦労して金をかせいできたか。。。
それだけ苦労して貯めた金で買った国債だもん、ちゃんと返してあげないと。


526 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:18:45 ID:jVIkLYGlO
徳政令

527 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:20:03 ID:RWAnlqIc0
バブルで庶民に助けてもらった銀行と
バブルで儲けた金持ちに
さらに庶民が増税で国債の金を返すなんて
納得する庶民が居たら真性マゾ。

528 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:20:41 ID:SrxCvJoq0
国民の預貯金は金融機関を通して国債に変わってるって事だから、
国民一人当たりの借金が626万円
てのは
国民一人当たりの国への貸付金が626万円
てことか。

…おまえら、資産が増えて良かったじゃないか!w

529 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:31:43 ID:X/UUS1l00
要するに政府が無駄遣いして借金を作った。
借金の借り先>資産家
借金を増税という形で返していく人>庶民
ってことでしょ。

解決策としては、
徳政令を出して、借金帳消し。
徳政令を出しちゃうと、もう誰も国債買ってくれなくなるから、
政府はいったん潰して、ニュー政府って名前でまた登場すればよい。
首相はニュー首相のニュー小泉さん。

530 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :2005/12/23(金) 04:35:04 ID:WRgdev440 ?
おいおい、一人当たりっていう表記やめろよ。俺なんか収入80万しかないんだぞ。
貧乏人と差が出るから収入比率で書き直してこい!



531 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:40:43 ID:hhLBe1nw0
一家四人の家族(一家は他の家にお金を貸すぐらい裕福)で、
お父さんがお母さんから100万借りたら、
家族ひとりあたりの借金は25万円です、みたいな屁理屈。


532 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:45:30 ID:fPpf/nRbO
>>528
考え方としてはまさにその通り。
ただし、それは金融資産が家族一人あたり600万円、つまり、4人家族なら2400万円の資産がある人にのみ言えること。

そんなにもってねーよ!
という人も多かろうが、まあ、あなたの足りない分を代わりに持ってる人が確実にいるということ。
その人へ、あなたがこれから返していくという構図かな。増税でね。
あ、お金持ってる人へは増税しないよ。だって、自分で自分に返すの変でしょ。

533 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 04:56:05 ID:fPpf/nRbO
>>531
ドンピシャな例えだなぁ。。。
でも、そんなに分かりやすく言ってはいけないよ。

お母さんはね、是が非でもお父さんから金を返してほしいの。
これは家族みんなの金だから・・・と言われるのがとても嫌なの。
だから、子供たちに「あんたらにも25万ずつ借金あるんだからね!」って言い聞かせてるのさ。
そんなに分かりやすく言ったら、子供たちが母さんの言うこと変だなって気付くじゃないか。。。

534 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:01:43 ID:/JNwarGq0
>513
馬鹿か。インフレって金融資産税と意味が同じだぞ。
対外債務が無い国で、インフレ起して損するのは金持ちだけ。
貧乏人にきついのは、デフレ&消費税増です。

谷垣は金持ちの味方 小泉は庶民の味方です。

535 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:03:34 ID:hBhCmldl0
しかし、本気で日本が借金地獄で潰れるなんて思っている人が多いんだな。
経済学をちょっと知れば、日本の持っている資産の膨大さに気が付き、破産なんてありえないのが
解るんだけどね。そもそも、税収が46兆しかないと思い込んでいる人が多くて困る。

536 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:12:12 ID:6WLS56Mb0
>>535
資産が膨大でも、それ以上に借金が多いわけだが。
これだけの借金を抱えたのは歴史上、明治時代の中期と太平洋戦争後。
前者は松方デフレで庶民の生活をつぶしまくり、後者は思い切りインフレで、ちゃらにした。
国民が痛みを伴わず、財政再建は不可能。
何しろ消費税30%でも返済まで100年かかる膨大な借金だ。

537 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:14:32 ID:EMTrfLuA0
確かに政府の借金は多く見えるが、ほぼ国内の銀行やらが買ってるんだよな。
ここでは出てないが、他の国の事例と比較するのに、数字だけ見てウヴォア、と言うのは如何なものか。

こういう風に不安感を煽るほうが余程危険なんだけどな。
国債が売れ残ったりしたら、それこそ経済破綻に近づく。

538 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:24:07 ID:6WLS56Mb0
>>537
国内が買ってようが、国外が買ってようが借金は同じ。
国外が買っているわけではないので、IMFの定義である「破産」はありえないというだけ。
借金返済のための負担を国民が負わなければならないのは一緒。

太平洋戦争後の日本も、ロシアも海外からの借金じゃないので、IMFの定義である「破産」ではなかったが、
国民は高インフレで生活はどん底まで叩きおとされた。

539 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:24:10 ID:hBhCmldl0
>>536

日本国の資産と言うのは、日本株式会社に例えれば、企業も連結子会社であり
明治政府以降、過去最大の資産を持っているんですよ。消費税を上げる事こそ
この話題をマスコミに流させている奴の思う壺ですわ、はっきり言うと財務省。

国民も薄々、国が潰れないと気が付いているんですよ、なぜなら、銀行に貯蓄をしているんですからw
潰れると思っているなら貯蓄しませんよ。去年一年間で貯蓄高が30兆も増えていると言うのは
潰れないと信じている証拠です。

540 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:26:42 ID:6WLS56Mb0
>>539
明治以降最大の資産を持っていても、それ以上の借金を抱えているわけで。

それから企業にたとえれば、企業の借金の大部分を従業員の社内預金で賄っているだけ。
銀行という外部から借りていなくても、返さなくてはいけない、という点では同じ。
社内預金を踏み倒す(国債を踏み倒す)ことになれば、従業員はパニック。

541 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:31:56 ID:/JNwarGq0
>540
踏み倒すことで、現状のサービスを維持できる。
結局、経済は回れば良いのよ。

つうか、オマイ資産家だろ。
まぁそれを見込んで、皆さん株なり、土地なり、外貨なりに社内預金から
移してらっしゃるから、どこかで、近いうちに均衡点を迎えるよ。

542 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:33:16 ID:HUhId0M90
こういう借金は加算されていないんだろ?

大阪が誇る三セク破綻の数々・・・誰も逮捕されないキチガイ運営

300億かけて作ったゴミフェスティバルゲート
http://www.osaka-minkoku.info/osaka/osaka02.htm

ウンコ大阪シティドームの借入金残高が約511億円
http://www.osaka-minkoku.info/osaka/osaka01.htm

総事業費827億のチンコクリスタ長堀
http://www.osaka-minkoku.info/osaka/osaka01.htm

赤字見通し2,100億円 クズ阿倍野再開発事業
http://www.osaka-minkoku.info/osaka/osaka17.htm


543 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:38:04 ID:QvzkvoqP0
>>538
国債の利子を受け取るのも日本国民ですが


544 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:38:38 ID:6WLS56Mb0
>>541
踏み倒したら、1000兆円の国民の貯金もぱーになっちまうわけで。
それで公共サービス維持なんて言えるのか?

預金を守るのも国の仕事だと思われ。

ま、貯金のまったくない貧乏人には痛くもかゆくもなかろうが。


545 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:40:44 ID:6WLS56Mb0
>>543
破綻すると、その国債そのものの価値が暴落、無価値になってしまうわけで。
利子とか言う問題ではなかろう。

546 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:42:27 ID:/JNwarGq0
>544
公共サービスは、フローの経済の話だから、ストックとは無関係ですな。

金持ちの資産保全は自己責任だと思います。結局、馬鹿な金持ちは、
貧乏人の餌ですので、十分頭使って頑張って下さい。

547 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:43:29 ID:hBhCmldl0
>>540

社内預金を踏み倒すんじゃなくて、具体的に言うと株価なんですよ。
企業の金融資産は、過去最大の1600兆(今年4月の話)、これは株価が上がれば更に増えるんです。
政府が持っている資産はおおよそ400-450兆でしょう。800兆の借金なんて屁ですよ。


548 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:44:42 ID:QvzkvoqP0
>>544
国内債権を債務負担者なしに維持しろとはキチガイ沙汰ですな
つうか、誰かが生産して国民経済が成り立ってるのにひたすら金融債権を保護して
誰にそれをまかなってもらうつもりだ?

549 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:47:01 ID:6WLS56Mb0
>>546
別に金持ちに限らず、貯金がぱーになったら、普通の庶民も大変だと思うが。

>>547
株価が永遠に上がり続ければな。
下がったらどうすんの。

あと資産をいくら持ってても、売却できなければ無価値と一緒。
国鉄も資産から見れば、赤字よりも多かったが、結局破綻したわけで。


550 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:48:15 ID:QvzkvoqP0
>>545
国債保持者に国債償還費を負担してもらったと考えれば単に精算しただけですが


551 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:48:25 ID:RaE63LxG0
>>538
よくわからんけど、かつての戦後直後の高インフレで国民が苦労したっていうのは、
単になにもかも破壊されて物不足だったからなだけなんでないの?

国債チャラにしたからって現代の生産力が高すぎるぐらいのモノ余りのこの日本で
高インフレになったりするんだろか?

552 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:49:14 ID:6WLS56Mb0
>>548
>国内債権を債務負担者なしに維持しろとはキチガイ沙汰ですな

その債務者が国民でもあるわけだが。

553 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:53:58 ID:WDZYbyhw0
日本銀行券は日銀の債権ということに気がついていますか?
紙幣と国債の違いは日本が保証しているか日本政府が保証しているかの違いでしかないですよ。
自国の通貨が対外で価値を維持しながら、より大きく国内で流動させれば破綻することなんてないのです。
バブル崩壊で流れが滞ったマネーを官が国債を大量に発行し強制的に流動させなければ、それこそ日本経済は破綻していたかもしれないね。


554 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:55:32 ID:hBhCmldl0
>>549

下がらないように、より魅力的なマーケットにするよう努力していけばいいんです。
そうすれば、国際競争力UPということなんだから日本国は安泰です。
具体的には透明性、自由化、効果の無いところに投資をするな(公共事業バンバンするな)と言う事です。
資産が売れないのなら、売れるように努力するのも国の仕事でしょうね。

555 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:55:40 ID:V1675Iam0
>>550
清算ということは、借金も貯金もちゃら。
全国民単位ならプラスマイナス0でも、個々の国民ベースで見れば、貯金のある人は地獄行き。

>>551
国債の担保は税金。
国債残高に見合う税金が取れなくなって、国債も通貨も価値が暴落→高インフレになった。
担保の無い債権なんて無価値だし。
ヒューザーに対する賠償金請求権と同じ。

556 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:55:42 ID:QvzkvoqP0
>>552
債務者の存在を作らずに債権者保護しろっていうのは
取り立てる相手がいないけど必ず借金返してもらえというのと同じくらいトンチンカンな話


557 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:56:08 ID:/JNwarGq0
>549
相対的な問題よ。負担をどういうふうに分合うかの話。
ストックから取るか?フローから取るか?その違い。
収入に対して資産がでかい人(=資産家)は、デフレ有利。
収入に対して資産が小さい人(=貧乏人)は、インフレ有利。


株価に関しては、輪転機廻して、インフレにすれば理論上は上がりつづける。
勿論その中で、過大評価・過少評価の並みがあるから、上がったり下がったりしながら、
トレンドとしては上がりつづけることになる。

558 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:57:44 ID:QvzkvoqP0
>>555
債権のある人が債権を失い、債務のある人が債務を失うだけの話だが
債務をなくすのに債権者だけが残るわけなかろう

559 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 05:59:05 ID:V1675Iam0
>>553
債権は担保があって価値がつく。
通貨にしても、国債にしても、担保である税金が取れなくなったら、無価値になりますよ。

>>554
それができればバブル崩壊も無く、企業経営者も苦労しないでしょう。
国債でどんどん国が民間のカネを吸い上げてしまったら、いつかは株も買い手がいなくなりますよ。


560 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:01:50 ID:QnPypZX60
こりゃ、そろそろ外貨を持つクセつけといたほうがいいかもしれん・・・

561 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:02:58 ID:V1675Iam0
>>557
>>558

消費税反対論者の金子勝は日本を破産させればよい、と言っているが、それに近い。
つか、債権を失う人がいる=破産なんだけど。

インフレ政策 =貯金のある人が大変
リーマン増税 =中堅層が大変
消費税増税  =貧乏人が大変

選択の問題はあるが、いずれにしても痛みは伴う。

562 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:03:30 ID:RaE63LxG0
デフォルトするのと、福沢さん800兆円分サクッと刷って返しちゃうのってどっちがいいの?(´・ω・`) 教えてエロイ人

563 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:04:08 ID:hBhCmldl0
>>559

民間の金を吸い取るんじゃないんですよ、作り上げていくんです。
現在の株価を更に上げるのではなく、新規の事業を立ち上げる手助けさえすればいいんです。
ITに力を入れて、ITバブルは起き潰れてしまったけど、また形になり、新しい資産になってきたでしょ
こういう事をやっていれば良いのです。

564 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:04:35 ID:6LOt0SJp0
ただ今テレ朝のニュース。
女大臣が会見で、
買い物袋の対策で、普段はスカーフ、使う時風呂敷。
この予算に数億つかうって。
思わず。「え!」と大声をあげてしまった。


さぁ問題です。
あなたは風呂敷を使っている女を見たことありますか?
もし見ているなら、年に何人みているでしょうか?
私は去年1人見ただけだよ。
風呂敷なんんか。今の若主婦の親世代が辛うじて使えるかどうか。

565 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:04:53 ID:/JNwarGq0
>559
そうなんですよ。そういうことに気付いて金持ちが、円を売って、
海外資産に換えてれば、円安になって国内の景気は良くなってるはず。

ところが、ちょっと円安になると日本企業がバビューンと稼いじゃうもんで
すぐ元通り。まぁ、微妙にバランスが取れてるような...。
経済なんて相対的なもんです。日本もでかい弱点があるけど、
相対的に見ればまだまだ強いんですよ。

566 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:06:40 ID:V1675Iam0
>>563
そういういわば高度経済成長で日本は経済大国になったが、
これからの時代も可能とは思えないわけだが。

中国などの経済発展も著しいし、国際競争力もきびしくなる。
高度経済成長時代と違って、じじばばも多い。
いまさら「生めよ増やせよ」政策もできまい。

567 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:07:02 ID:20BKTg7q0
つーか、こんな状態なのによくODAで大量の金を外国にばら撒けるな


568 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:08:32 ID:/JNwarGq0
>561
てかさ、受益者負担って奴で、今の国の借金で良い思いをした奴が
負担すべきと考えるべきじゃね。

そうなると、どう考えてもインフレ政策がフェアだと思う。

>567
ODAは対外問題だから、国と国民の間の貸し借りとは、切り離して考えるべき。

569 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:09:39 ID:20BKTg7q0
>>568
ばら撒いてる金を国内向けに使えよ って思うのはおかしいことなのか?

570 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:09:43 ID:V1675Iam0
>>565
今はまだ相対的には強いがね。
10年後、20年後もこのままいけるかどうかは不明

それからかつてと違って、円安=好景気になるとは限らないよ。
企業は工場など海外に移転させているし、石油など輸入物は値上がりするし。

571 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:11:16 ID:N9T0hX320
政府と日銀で国債4割近く保有している。

すなわち、国民一人で言うなら
国民一人の右のポケットに借金証・左のポケットに債権証

572 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:13:05 ID:QvzkvoqP0
>>561
別に国債を破綻させろといわんが
債権債務があることを痛みといったら、国民生産そのものが痛みであるというようなもんだ






573 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:13:28 ID:/8tinlcT0
「国」は借金してねえよ。
謝金してんのは「政府」でしょ。
政府が国民相手に借金してんでしょ。
どっちも日本国の一部だから
全体としてみたら借金は無いんだよ。

っつうかむしろ他国に貸し付けて日本は貸付屋だよ。

574 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:15:06 ID:eMd99ZbR0
>>568
>てかさ、受益者負担って奴で、今の国の借金で良い思いをした奴が
負担すべきと考えるべきじゃね

となると、庶民増税では?

国の借金でいい思いしているのは、サービスに見合う税金を払ってない庶民だし。
金持ちはむしろ夜警国家でもかまわないわけで。

575 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:15:28 ID:/JNwarGq0
>569
ハイ。
マクロ的には、寧ろ経済は悪化し、外国からは守銭奴と思われます。
政府の変わりに、金持ちが自ら対外投資を行うって言うのならアリ。

576 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:15:38 ID:QnPypZX60
んじゃ、極論からすると、
政府が借金してる企業達にチャラにするの泣いてもらえば
俺ら一般市民が増税に泣くことから解放される?

577 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:18:04 ID:WDZYbyhw0
政府が国債の金利を無くし、その代わり紙幣と同じ価値を持たせると保証した場合どうなるか考えればわかるでしょう。
対外純資産が大きい日本は破綻することはありません、ただ金融市場が調整が取れなくなる事態に陥ってしまいます。
この低金利で極度なインフレになることはありませんがバブルになる可能性は間違いがありません。
しかし、その株価に似合ったサービスを民間が提供し経常収支を維持しながら国民全体にマネーの流動性を保てるかが問題です。


578 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:19:02 ID:eMd99ZbR0
>>571

全国民単位では右ポケット左ポケットでも、個々の国民単位では違う。
右ポケットしかない人(貧乏人)、左ポケットしかない人(金持ち)がいるから。

>>573
その政府の借金のおかげで、公共サービスを受けて、暮らしている国民が多いわけだが。

金持ちが政府にカネを貸し、そのカネを政府が貧乏人にばら撒く。
金持ちが政府にカネを貸さなくなったら、貧乏人は地獄。


579 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:19:26 ID:bvjQe5qY0
>>573

飛んでる矢は止まってる とか言う話する連中と同じですね。

580 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:20:30 ID:x4LFvDhA0
だいたい、資産家、資本家、企業連中ほど、
これまでぐだぐだズブズブの日本社会、経済システムからそれだけ利益、権益を得てきたわけなんだから、
その結果としての今の国の膨大な借金のツケを国債チャラによって払うのは当然だと思いま〜す(^ω^)

581 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:23:18 ID:6F2KGPM+0
>>576

ちょっち違う。

ちゃらになると困るのは、貯金のある国民とトヨタなど一部の大企業。
喜ぶのは、貯金の無いビンボー人と借金漬けのほとんどの企業。


582 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:23:49 ID:/JNwarGq0
>574
そういう考え方もあり。これは相対的な問題。

ただね。衣食足りて礼節を知るという言葉もありまして、
警官増やすことに金使うよりは、貧乏人金配って礼節教えた方が良いと
考えて来たのが歴代の日本のエロイ人だと思う。俺もそっちの社会の方が好き。

まぁ、団塊の馬鹿政治家や経済人は、そんな機微の分らん移民を増やせとか言ってますが、、、


583 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:23:51 ID:/8tinlcT0
>>578
金持ちはその金どうすんの?国債みたいな超安定債権以外に何処に金使うの?
国内に資金需要があるぐらいなら好況だから何の問題はないし
タンス預金で死蔵させるつもりなら日銀か政府が輪転機回して財源にすりゃいいだけじゃん。同じ事でしょ。
連中が金使わないでマネーサプライに影響与えないなら。

584 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:25:44 ID:QvzkvoqP0
>>578
金持ちは貧乏人から金をかき集めて金持ちになったわけで

585 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:26:39 ID:bvjQe5qY0
いざとなったら、なりふり構わず大増税すりゃすぐに借金減らせるぞ。

シムシティで政策間違えたとき、増税が一番効果的。人口減るが

586 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:28:33 ID:6F2KGPM+0
>>583
国債が安定債権とされているのは、担保である税金徴収権を市場が信用しているから。
その担保がだめ、ってことになったら、カネなんて貸しませんよ。
株なり、土地のような「物」にカネを投資するほうに向かいます。
売上げが大幅に減少したヒューザーにカネを貸す阿呆はどこにもいないでしょ。

>タンス預金で死蔵させるつもりなら日銀か政府が輪転機回して財源にすりゃいいだけじゃん。同じ事でしょ。
インフレ政策でしょ。
でも、それを続けて通貨に見合う「担保」が無いと判断した時点で、ロシアのように高インフレになるよ。

587 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:29:21 ID:/8tinlcT0
>>585
超不景気になります。逆効果です。
金持ち増税なら悪影響少ないけど
奪った金はそっくりそのまま放流しないと結局不景気は不景気。
銀行だって使い道もないのに銀行に金返したってしょうがない。

588 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:29:53 ID:x4LFvDhA0
>>581
その結果として経済が健全化、活性化すれば、
借金チャラによって泣いた一部の国民や一部の大企業も
新たなひょっとしたらより大きな収益を得られるかもしれないんだから
それによって今泣くことになる債権者にとっても将来的には利益になると思う(^ω^)

589 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:29:59 ID:cEFPVBwY0
官僚や政治家の横領や無駄遣いをなんとかしないと増税しても無駄。
穴の開いた船底を放置すると沈むな。

590 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:31:00 ID:/JNwarGq0
>586
てか、もうなってなきゃオカシイよ。
よっぽど、( `ハ´)というデフレーターの影響がデカイんだと思う。

591 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:32:13 ID:6F2KGPM+0
>>589
無駄使いとかそんなのは全体から見ればたかが知れている。

問題は公共サービスに見合う税金を国民が払ってないこと。

592 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:32:18 ID:arls+ksN0
国債の金利分だけ
金持ちから税金取ればいいだけの話だろ?

で、インフレにもっていって経済を拡大させていく

昔、大卒サラリーマンの初任給は1万円
今は20万円

国債残高1000兆円なんて実質50兆円になる

つまり、構造改革は糞ってことじゃないの?

593 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:33:29 ID:/JNwarGq0
>591
でも、無いトコからは取れない。

594 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:33:41 ID:QbvTslJT0
これって新手の架空請求詐欺ですか?

595 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:33:48 ID:/8tinlcT0
>>586
国債の信用が失せるわけねーじゃん。
徴税権どころか発行権すらあるのに。

連中が土地なんぞに金をガンガン作ってくれれば
わざわざインフレ政策なんかする必要なく税収が自然増するでしょ。
つーか輪転機回すとインフレが暴走するってなら
現状量的緩和やってるのにまだデフレ抜けきってないのをどう説明するわけ?

コントロール不能論は本当にアホらしい。対外債務もないのにインフレが暴走するなんて何処にそんな国があるよ。

596 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:34:19 ID:uElUxVqT0
>>592

そうしてほしいが、無理だな。
だって、国を動かしてるのは金持ちやからな。

597 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:35:17 ID:QvzkvoqP0
>>586
つうか別に国民の生産ではまかないきれないほどの消費を政府がしようって計画してるわけじゃないから
通貨担保であるその経済圏の生産から著しく乖離するわけもない


598 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:36:12 ID:cEFPVBwY0
>>591
知れてねーよ。
使ってない道路、使わない電車の路線、大阪南にある船の博物館、
全部でいくらよ?無駄遣いでえなりかずきも怒ってるぞw

599 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:36:22 ID:QnPypZX60
んでも、現在払ってる税金に見合うだけの公共サービスを受けてる実感ないんだが。
歯医者の保険くらいかなぁ。
でも、税金ゼロで歯医者全額払いのが安くつくと思うがなぁ。
いつか受けるかもしれない難病のための、まさに保険としての税金かなぁ。

600 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:36:46 ID:lvrIrYFQO
>>596
俺が政党作ろうか?
経済政策だけ金持ちに厳しくて、
他は自民右派と全く同じ政党

601 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:37:13 ID:yiF0ifet0
>>595
>徴税権どころか発行権すらあるのに。

発行権なんて国債の価値とはあまり関係ないわけだが。

>コントロール不能論は本当にアホらしい。対外債務もないのにインフレが暴走するなんて何処にそんな国があるよ。

太平洋戦争後の日本。


602 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:37:48 ID:/8tinlcT0
>>598
全政府支出って120兆ぐらいあるんだけど
その内の大きな部分が無駄で
穴掘って埋めてるような超無駄な、不労所得みたいなもんだったとしたら。

デフレなわけないでしょ…。

603 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:38:43 ID:QvzkvoqP0
>>601
太平洋戦争後の日本は進駐軍に債務を負ったようなもんだったが

604 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:39:44 ID:uElUxVqT0
>>600

おー、そのスレすぐおちそうやなw


605 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:41:00 ID:yiF0ifet0
>>598

>使ってない道路、使わない電車の路線、大阪南にある船の博物館、
全部でいくらよ?無駄遣いでえなりかずきも怒ってるぞw

それでもわずかな利用者であっても、その人たちには生活道路、生活路線だし。
「無駄な」ってのは、主観の問題で、客観的に無駄と言えるものはそう多くは無い。
社共などにとっては、防衛費も「無駄」だろうしな。

>>599
若いうちはそうでも、じじばばになれば、病院通いも増えるだろうし、年金ももらう(税金も投入されている)。
車に乗れなくなれば、赤字のバス電車にも乗る。

一生単位で考えてみ。

606 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:41:33 ID:cEFPVBwY0
>>602
デフレは政府が決めるわけではないだろ
流れでそうなったもの、税金の無駄遣いとは関係ない。

607 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:42:35 ID:arls+ksN0
国は公共事業で金ばら撒いて
国民を働かせて税金を取る

亀井静香理論が一番正しいと思うけどね

とりあえず、小泉政策って職の無い貧乏人、高齢者だけから搾り取るのが
目的だから一番最悪だと思うんだけどw

608 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:45:06 ID:/8tinlcT0
>>600
国民新党じゃん。

>>601
貸した金は必ず返ってくるという信用に通貨発行権はこの上の無い信用になるんだが…。
戦後の日本て外国に払う金無かったわけ!?マジで!?

>>606
GDPが500兆で20%ちょいが政府支出なんだから、そんだけの規模の生産集団が超不効率な生産してたら
どっかの国みたくインフレで不景気っつうスタグフレーションになってるはずでしょ。
需要が足りないのがデフレなんだから、デフレの解決のためには穴掘って埋めろとまで言われんだよ?

609 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:45:07 ID:yiF0ifet0
>>603

太平洋戦争のとき、日露戦争のときみたいに海外からカネを借りることができず、
国民に戦時国債をばんばん買わせたわけで。

で、戦後国債に見合う税金を取れるわけがなく、あぽーん。

>>607

亀井静香理論は100年後の連中に借金は払わせろ、だろ。
日露戦争のときの借金を今返す羽目になったら、そんなことを主張した政治家はコテンパンでしょう。

亀井は先が短いから、あの世に逃げちゃえばいいだろうけどね。


610 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:45:55 ID:cEFPVBwY0
>>605
おいおい、大阪南にある船の博物館は維持するだけで(10億だっけ)赤字だぞ。
使わない電車の路線も赤字、つーか赤字になるのがわかってても未だに作り続けている。

てか、2ちゃんねらのくせに官僚や政治家の肩持つのか?お前まさか・・・

611 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:46:06 ID:/JNwarGq0
>607
でも、従来どおりの金の流れだと、偏ったまんまだから構造改革は必要だべ。
あと、ハコモノと道路は環境破壊になるから、もうイランから、新しい使い道
考えてくれ。

俺は、道路を止めて、農業・医療・軍事だと思うんだが、、、

612 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:47:20 ID:QvzkvoqP0
>>599
ヒッキーでも治安や防衛分の恩恵は受けてるわけで



613 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:48:42 ID:yiF0ifet0
>>608
>貸した金は必ず返ってくるという信用に通貨発行権はこの上の無い信用になるんだが…。

その信用を裏付けているのが、国家の税金徴収権。
それが機能しなくなったら、「1万円札」の実際の価値は暴落しますよ。

同じ「株券」でも、倒産した会社の株券は額面から1円に価値が暴落するのと一緒で。
オレのダチで山一證券の株券を飾っているやつがいるけどw

614 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:49:38 ID:/8tinlcT0
>>609
100年前の借金なら物価考えればチョロイわけですが。
なんなら更に100年後に回せば良いだけ。
名目GDP成長率が金利を上回れば一生そうしてりゃいいだけでしょ。

>>611
構造改革したほうが偏ってんですけど。富める者更に富み。貧するもの更に貧する。

615 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:50:23 ID:uElUxVqT0
>>609

今もほとんどが国内で消化されているぞwwww


616 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:52:07 ID:cEFPVBwY0
このスレには「増税賛成」「政治家の無駄遣いを止めるより国民に税金払わせろ」と思ってる奴がいるのか!!

617 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:52:16 ID:yiF0ifet0
>>610
>おいおい、大阪南にある船の博物館は維持するだけで(10億だっけ)赤字だぞ。
使わない電車の路線も赤字、つーか赤字になるのがわかってても未だに作り続けている。

博物館はどこも大赤字。
でも、文化を残したり、国民に学ぶ機会を与えるという点で価値がある。
ヨーロッパがどこの国も税金をたくさんつかって、ルーブル美術館などを作っているのと一緒。
オレは無駄だとは思わない(無駄な博物館はあるとは思うがね)。

電車だって、インフラとして赤字でも作る必要のあるものはあるだろう。
交通インフラで黒字なんて、鉄道なら新幹線と都市圏、空港なら羽田、成田、大阪、道路なら東名とか少ないぞ。
北海道なんて大変。

618 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:52:23 ID:QnPypZX60
>>612
公共サービス何も受けてないって話しじゃなくて、
税金に見合う公共サービスかどうかって話しなので。

619 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:53:57 ID:uElUxVqT0
>>616

この前、政治版にやってきたやつと同一人物だと思う。
散々な論理破綻を見せていたが・・・・

620 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:53:58 ID:/8tinlcT0
>>613
税金徴収権を否定した覚えは一切ないんだが…。何に反論してんの。

621 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:56:32 ID:cEFPVBwY0
>>619
なるほど、基地外か公務員かだな
相手にするより寝た方がいいな、もう朝だしwww

622 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:57:31 ID:ACnHKdCx0
>>614
その間に戦後の高インフレとかあったんだけど。
要するに国家が破産したのと一緒。

>>616
政治家の無駄使いをやめろとは思うが、財政再建のための増税は必要だと思うが?
このままいけば、どこかで破綻(高インフレか、預金ちゃらか知らんが)すると思うから。

アメリカ並みの軽い税金で、ヨーロッパのような福祉国家なんて幻想を持つ国民が多すぎ。
外交安全保障では、社会党の滅亡と同時に、世界は一家人類はみな兄弟、って幻想を持つ人は少なくなったのにね。

623 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:59:14 ID:ZDspMXn+0
国が国民からした借金を、国民1人頭で割るんじゃねー

624 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 06:59:36 ID:ACnHKdCx0
>>620
通貨発行権ってのは、通貨の価値を維持することについて、あまり意味が無いってことですよ。

625 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:00:49 ID:WDZYbyhw0
国債が市場で消化出来なくなれば、日銀が直接買い切りオペの実施が可能なように法案改正を推し進めるでしょう。
国債が暴落するような事態になれば日本経済そのものが破綻してしまいます。
それは財務省も日銀も日本国民が最も望んでいない結果であり、これが日本国内だけの問題だと仮定すると全くあり得ません。


626 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:01:07 ID:arls+ksN0
>>616
「増税賛成」

庶民をターゲットにした増税を繰り返す小泉には刺客を送るべき

金持ち増税に賛成です
ホリエモンや村上ファンドからもっと税金を取るべきですね

「政治家の無駄遣いを止めるより国民に税金払わせろ」

小泉自民党みたいにヒューザーから献金受け取って
タイゾーにボーナス300万円と餅代400万円支払って
おまけに、欠陥マンションに税金投入しちゃうような
腐った連中は抹殺すべきです

627 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:01:26 ID:/8tinlcT0
>>622
年率2%のインフレが100年続いたらどうなるのか考えろよ…。
高インフレなんかなくても100年も後回しにしてりゃ消化できるよ。
ドーマーの定理知らんの?

増税なんかしたら又デフレ圧力かかって名目GDPが落ちるだろ。

628 :779:2005/12/23(金) 07:01:47 ID:uElUxVqT0
キターーーーー!!!

粘着君あらため、鶏が先君と名づけて進ぜようwwwwwwww


629 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:02:22 ID:mntnBHFn0
>>618
税金には公共サービスの提供のほかに所得の再分配機能がある。つまり国民の半数以上の人が払った税金に見合った
サービスを受けてない。これは日本に限らず、すべての国でも同じなわけだ。

630 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:03:36 ID:Y91pgvr2O
経済板住人必死すぎ

631 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:03:39 ID:DsWaiX5pO
平和な時代が長く続けば貧富の格差は開くのはいつの時代も同じ。
チャラにするのは戦争くらいしか無いべ?


632 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:04:22 ID:x4LFvDhA0
>>622
なら、消費税じゃなくて、所得税でも無くて、”消費しない”税(”金使わない”税)キボンw(^ω^)

633 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:04:53 ID:QnPypZX60
>>629
いや、それにしても高すぎるって話しなので。

634 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:04:57 ID:atXA1EJe0
>>625
戦前、国債の日銀引き受けを考え出したのは高橋是清だが、それが常態化して、戦後破綻しているわけだが。

>>627
知らんな。

そもそもその理論はともかく、借金を経済成長だけで返済できた歴史を知らないからな。
理論より現実。

635 :779:2005/12/23(金) 07:05:04 ID:uElUxVqT0
>>631

ええこというな。そうかもしれんなあ。
今までが、異常ということか。

636 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:05:19 ID:QvzkvoqP0
>>618
いや、あなたがどんな生活してるかわからんけど
自分で払う代わりに直接税金から出してもらわないと公共サービスを実感しないのかと思って

社会資本整備や社会保障そのものからも間接的に恩恵を受けてるわけで
もちろん、負担が少なくてサービスの方が多い人もいるから、逆にサービスより税金が多い人もいるだろうけど




637 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:07:10 ID:/8tinlcT0
>>624
政府が輪転機回しまくって高インフレにする気満々なら
こいつインフレにするつもりだな。円に信用がもてねー。って
国債以前に円を敬遠するって事ならあり得るけど
実際はそれで起きるインフレなんか緩やかなものだし
不渡りだけは絶対にない。っていう信用には十分なってるでしょ。

そんなんだったら自分達資産家が投資することすらできなくなるよ
投資=マネーサプライの増加=インフレ圧力じゃん。

あと通貨価値の維持で発行権がないと、デフレ対処ができなくて困るよ…。

638 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:10:38 ID:atXA1EJe0
>>637
>不渡りだけは絶対にない。っていう信用には十分なってるでしょ。
>あと通貨価値の維持で発行権がないと、デフレ対処ができなくて困るよ…。

それは通貨発行権を信用しているのではなくて、市場なり国民が通貨や国債に見合う
税金徴収権を国家が維持している、と信用(幻想かもしれないがな)しているからでしょ。

ついこの間まで、土地の価値は下がらない、とか銀行はつぶれないとか信用していたのと一緒で。
実際は幻想だったわけだが。

639 :779:2005/12/23(金) 07:11:01 ID:uElUxVqT0
いや、鶏が先で大セコウくんかな?

640 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:11:48 ID:/JNwarGq0
>632
つか、それインフレwwwwwwwww
だから、インフレって、金持ち増税と相対的に同じだって
何回言ったら分かるんだオマイラ。

俺自身は、社会的にはインフレがいいと思うと言ってるけど、
俺個人としては、消費税増でも構わん。所得税って、脱税しやすすぎだもん。

消費税増+所得税課税最低限引き上げ+インフレ。これ完璧。
多分10年で、すっげー まともな国になる。

>637
やっぱ、人民元もっと切り上げんといかんね。

641 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:12:33 ID:/8tinlcT0
>>634
中央銀行の引き受けなんて米国だってやってることだけどな…。

ドーマーの定理は、名目GDPの成長率が債務の金利を上回るならば
財政赤字は持続可能であるという数理学的証明。
逆に言うなら金利がこれを上回れば発散するということの証明でもある。

全額返済する必要はない。
何度もいうけど信用があるなら何百年でも先に後回しにすりゃいいだけ。
資産として見なされ、そのまま運用できるぐらいの信用がある国債をバンバン発行してるってのは
結局のところ金刷ってんのと変わらん。なんせ返す度に発行してんだから。

642 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:12:52 ID:QvzkvoqP0
>>634
これから国の生産をフルに使って国土や国民の損害を受けながら戦争でもやろうってのかい?


643 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:15:20 ID:/8tinlcT0
>>638
なんかさっきからバブリーなものとばっかり比較してるけど
通貨の信用となんでそれらを一緒にするのかよくわからんなあ。
通貨に対する信用は、発行権も徴税権も込みでしょ。
発行権のない通貨なんて、それはそれで恐ろしいぞ。

幻想が云々とかいうなら土地も金も株もなにもかも同じ。実用品以外は全部幻だろ…。

644 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:16:26 ID:atXA1EJe0
>>641
>中央銀行の引き受けなんて米国だってやってることだけどな…。

米国の強みはドルが基軸通貨であること。
あと、米国の借金は日本よりはるかに少ない。
連邦予算200兆円で、財政赤字20兆円とかじゃなかったかな。
日本も予算80兆円で、財政赤字8兆円程度ならいいんだけどね。

>ドーマーの定理は、名目GDPの成長率が債務の金利を上回るならば
財政赤字は持続可能であるという数理学的証明。

理論上はそうでも、現実にできたためしがないから意味ないわけで。
理論だけなら消費税30%にして、財政再建できる、だろ。
実際に消費税30%の国家はヨーロッパにたくさん存在するし。


645 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:19:24 ID:/JNwarGq0
>644
今の日本国債が、外貨建て債務ってわけじゃないから、
この問題に関しては、円も基軸通貨扱いして良いだろ。

646 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:19:54 ID:atXA1EJe0
>>643
>通貨に対する信用は、発行権も徴税権も込みでしょ。

発行権が信用なら、ハイパーインフレ(高インフレ)なんて発生しないことになるじゃん。
第一次世界大戦後のドイツだって、ロシアだって、通貨発行権そのものはあったんだから。

元禄時代の徳川幕府だって、通貨発行権をタテに、ばんばん質の悪い金貨を発行したために、
庶民は高インフレでぼろぼろになったわけで。
荻原重秀の「幕府が発行する以上、紙幣でも、なんでも通貨として通用する」ってあれ。

647 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:20:02 ID:x4LFvDhA0
>>640
うん、相対的には金持ちにとっては都合悪いわけで、一見金持ち増税と同じかもしれないけど、
でも、ただの金持ち増税と違って有無を言わさず金持ってるという時点で課税対象になるわけじゃなくて、
この消費しない税、金使わない税は、金を使わなかった場合に初めて課税されるんだから、
それがいやなら自分で課税を回避すべく金を使えばいいんだから、まだマシじゃん?w(^ω^)ん?なんか分かってない?w

648 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:20:31 ID:QvzkvoqP0
>>644
国内で回す円を発行するのだから基軸通貨である必要はないんだけど




649 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:23:16 ID:uElUxVqT0
>>646

いや、庶民ぼろぼろになってないからwww


650 :647:2005/12/23(金) 07:24:04 ID:x4LFvDhA0
あ、ちなみに漏れが言ったなんか分かってない?
っていうのは”漏れが”わかってない?ってことだからw(^ω^)つっこみウェルカムw

651 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:24:28 ID:LIvlaY1w0
>国民1人につき626万円の借金がある計算です。

よくこう書いてあるの見るけどこの書き方やめてほしい。
全国民が税金を滞納してるみたいじゃないか。

『政治家1人につき』とかにしてくれ。

652 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:24:48 ID:nta4lTcb0
すごいな800兆円も貸せる奴等が居るのか。

653 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:25:23 ID:sx9LgtRN0
>>645
需要が桁違い。

日本人だけなら1億人だが、基軸通貨なら世界60億人の民が欲しがる。

>>649
ん?
ぼろぼろになった、というのが歴史学の通説だが。
だから、その後の改革者たち(新井白石や吉宗)はそういうのをやめた。

654 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:25:54 ID:/8tinlcT0
>>640
金持ち増税とインフレが同じなのは分かるが
そこに完全にデフレ要因であるところの消費税をセットにする意味が全くわからんのだが。

>>644
2004年の連邦財政収支赤字は▲4,126億ドル、財政収支赤字の対名目GDP比率は約3.6%となっている。
政府の債務残高は、2004年年央で約7兆3,000億ドル、対名目GDP比率で63%強となっている
http://www.nomura-am.co.jp/report/world/79/

日本の純負債のGDP比は70%台で米国と対して変わりはしないんだが。
機軸通貨が強みっていうけど、ドル建てで対外債務抱えてるのと
円建てで国内に債務抱えてるのでどう違うわけ?構造的にはほぼ同じか、日本の方がマシじゃん。
http://bewaad.com/20050823.html
ここにマイルドインフレを持続した場合の債務推移試算が出てる。

名目GDPが金利を越えないと何をどうひっくりかえようが発散するわけだけど
増税って明らかにデフレ圧力じゃん。名目GDPに対するマイナスの直撃じゃん。

前例がない云々言うならデフレでデフレ圧力かけるほうがよっぽど非常識。
それで立て直せる前例もなければ理論もねーのにどうすんだよ。
消費税30%なんかにしたらそれこそ破綻まっしぐらだ。理論だけならって、教科書真っ向反対だよそれじゃあ。

655 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:26:40 ID:mntnBHFn0
極端な話、相続税100%にすれば問題解決だろ?あんまり深刻に考えすぎだと思うんだがね。

656 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:26:43 ID:/JNwarGq0
>646
ドイツとロシアって、外貨建て債務があったんじゃね。

あと、新しい金貨が悪質では、ストックの金の価値を実質目減りさせることは出来ないけど、
5年前に刷った福沢さんの肖像画と 今年の肖像画の質は同じなんでストックの価値を減らせる。

>647
\を、株なり、土地なり、外貨なり、\建て債権以外のものに換えてれば、
インフレリスクは緩和できる。

だから、インフレは基本的に円建て金融資産を直撃(=金使わない税)

657 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:26:55 ID:uElUxVqT0
>>653

大石慎三郎先生の著作読んでみなwwww


658 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:28:19 ID:QvzkvoqP0
>>646
>元禄時代の徳川幕府だって、通貨発行権をタテに、ばんばん質の悪い金貨を発行したために、
>庶民は高インフレでぼろぼろになったわけで。
>荻原重秀の「幕府が発行する以上、紙幣でも、なんでも通貨として通用する」ってあれ
実証的研究では庶民は苦しんだというのはでてきてないんだが
ついでに言えば、その元禄悪政論に続いて正徳の治で通貨価値を元に戻して
デフレを引き起こしてまた「庶民は苦しんだ」といわれてるんだがな
権力者は庶民を苦しめるだけという歴史家の呪縛がなせる業だよ

659 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:29:14 ID:/8tinlcT0
>>646
対外債務は自国通貨の発行権じゃどうにもならんだよ。為替が変動するんだから。

660 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:29:49 ID:hjiHR7bF0
で、借金があるから何だって?
庶民が何かできんの?
どーでもいいですよー

661 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:30:21 ID:/JNwarGq0
>654
消費税UPは、貧乏人叩きというより、脱税者叩きの意味合い。
納税者番号制を強化して きっちり脱税者からブン取ってくれるなら、
やらなくて良い。
パチやとか、闇金とか


662 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:30:56 ID:sx9LgtRN0
>>654
経済学は基本的に経済成長をどうすればいいか、の学問なんじゃねーの?
財政に対する配慮は少ないように思えるが(オレも詳しく学んでいるわけではないからよくわからんが)。

例のミラーマン植草が健在のとき、そんなようなことを言ってたが、
「じゃ、財政はどうなるの?」って質問されると、
「経済学は経済成長第一の学問で、そちらが第一です」って言ってて、驚いた。
確かにその発想なら、とにかく経済成長すれば、小渕亀井のように借金バンバンは正しいんだろう。

>理論だけならって、教科書真っ向反対だよそれじゃあ。
理論だけなら、消費税1%2兆円×15%で30兆円だよw
ま、実際には景気が落ちるとかいろいろ要素が絡んでくるだろうがな。

663 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:31:13 ID:uElUxVqT0
>>658

歴史知らんやつにいってもわからんかも。


664 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:32:21 ID:QvzkvoqP0
>>653
国債の引き受けてはほとんど国内でかつ円がデフレになるほど欲しがられてるわけだが
需要が桁違いならドルに対してひたすら円安になってなきゃおかしいでしょ

665 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:34:14 ID:sx9LgtRN0
>>658
>実証的研究では庶民は苦しんだというのはでてきてないんだが
ついでに言えば、その元禄悪政論に続いて正徳の治で通貨価値を元に戻して
デフレを引き起こしてまた「庶民は苦しんだ」といわれてるんだがな

もし、そうだとすれば正徳の治のあとの、徳川吉宗も同じ政策をとって、「名君」とは呼ばれないと思われるが?
将軍就任して、20年近く経過して、財政再建も進み、デフレもあったので、方向修正はしたけど。

666 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:35:20 ID:b6Tvrb5O0 ?
「クロヨン」とか「トーゴーサンピン」という言葉を知っていますか?
クロヨンとは、所得の補足率がサラリーマンなどの給与所得者は9割、自営業などは6割、
農業は4割というものです。トーゴーサンピンもサラリーマン10割、自営業5割、農業
3割、政治家・宗教者などその他は1割しか所得が補足されていないというものです。
サラリーマンは、源泉徴収制のうえに年末調整で給与収入のほぼ全額が補足捕捉されるの
で10割とか9割といわれる。これに対して、事業所得者や農業所得者は申告制なので、
捕捉の度合いに、こんなに差が出るというものです。
いずれも、所得税の不公平の実態を揶揄していわれるものです
今までは、サラリーマンに基礎控除などがあり、これで調整しているので不公平ではない
と言われていましたが、基礎控除や配偶者控除をなくしてしまうので、この不公平は拡大
します。最近の増税論議は、給与所得者という「取りやすいところから取る」というもの
で、補足率の話など全然出てきません。事業主や農業や脱税一位のパチンコ屋など所得が
補足しにくいという言い訳でちゃんと納税させてこなかったところから、ちゃんと税金を
納付させてからにしていただきたい。それができないなら、給与所得者に対して減税して
消費税を増税すべきである。

667 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:37:12 ID:Re8aOGcO0
官僚って金の使い方ヘタすぎるよね

668 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:37:50 ID:X1nEpMaI0
>>660
能無しには分からんのかw

669 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:38:44 ID:/8tinlcT0
>>661
消費税はシステム的に消費性向が高い低所得者に直撃して
消費性向の低い富裕層に利するものだから、それじゃあ貧乏人が困るだけでしょ。
パチとか闇とかイチから捏造するような連中には消費税も脱税されるよ。

>>662
だって財政なんか二の次だよ。
名目GDP成長率が金利をこえれば破綻の可能性は無く
逆にこれを達成できなければ破綻へまっしぐら。
それでどうして表面的な財政の赤字を気にして名目GDPを損なうようなことする必要があるわけ?
子供の小遣いの帳尻合わせるのに親父が休職して家に戻ってくるようなもんだよ。

つーかリンク先読めよ。

>理論だけなら、消費税1%2兆円×15%で30兆円だよw

そういうのは理論っていわねーよ。経済学バカにしてんのか。

670 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:39:07 ID:wxNPt2mX0
特別会計の方から50兆毎年出して返済に充てれば直ぐ済む話だ

671 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:39:08 ID:uElUxVqT0
>>665

同じ政策ッスかwww


672 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:39:28 ID:z2g7Cwoi0
>>664
おかしくないよ。

今はまだ国債の担保である租税徴収権を市場が信用している、つまり国債の信用があり、
他の株式や土地に比べて、相対的に有利と判断されているから。

今の時点云々ではなくて、長期的に見ないと。

>>666
今は事業所得者も法人からの収入で源泉徴収されるので、そこまで極端じゃないよ。
パチンコ屋も、例のカードの導入で、補足されるようになってきたしな。

風俗とか小売店のように、個人から現金で金をもらうところはごまかしが利くだろうけど。

673 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:40:10 ID:QnPypZX60
国民がこうして苦悩してる間、
政治家は正月はハワイで迎えるか温泉で大騒ぎするかで
苦悩してるわけですね

674 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:41:30 ID:/JNwarGq0
つうか、俺あんまり苦悩してないけど、、、
景気いいよ ウチの業界。

675 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:41:32 ID:QvzkvoqP0
>>665
吉宗は別に庶民の生活改善の視点で「名君」扱いされてるわけじゃないのだが



676 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:43:15 ID:M7LFW4pA0
>>668
愚痴こぼすだけのカスが偉そうにw

677 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:43:21 ID:z2g7Cwoi0
>>669
>名目GDP成長率が金利をこえれば破綻の可能性は無く
逆にこれを達成できなければ破綻へまっしぐら。

経済学はともかく、現実にそれができない以上、意味が無いのでは?
その理論が正しく、現実性のある理論なら、日本は失われた20年になることもなかったわけだし。
いくらでも経済学者は政府の政策遂行にタッチしているだろ。

>そういうのは理論っていわねーよ。経済学バカにしてんのか。

日本を長期不況から脱出させることができなかった以上、既存の経済学はもはや死に体でしょうな。
自衛隊は憲法9条違反と、主張しつづけた憲法学と同じ。



678 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:44:04 ID:X1nEpMaI0
税金少なすぎね?消費税率50%キボンヌ。

5割アップでなくて、100円の物買ったら、税込み150円ってことだ。
いずれそれに近くなって来るわなwww

679 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:44:19 ID:C91tj8rm0
日本が破綻したら、米国中心に国連(IMFとか)が介入、
実質的には米国が統制となれば、
ひょっとしたら日本のダニ駆除(天下り、ムダな法人団体、ムダな行政機構、部落、同和、在日、不法滞在者etc)とかできるんじゃないかと。

ふと思ったのだが。

680 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:44:27 ID:uElUxVqT0
>>675

あきれないでね。この子、すり替え得意やねん。
スリじゃないで。

>>673

めちゃおもろいwwwwwwwww


681 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:44:34 ID:/8tinlcT0
>>672
信用もあるけど、結局のところ連中からしたら
土地買っても毎年デフレで資産価値が減少し続けるなら投資し甲斐がないって事でしょ。
札束もって眺めてるだけでも価値が上がりつづけるんだから貯金や国債は美味しい投資先だよな。

しかし機軸通貨だと世界中に需要があるから云々の理屈がさっぱり分からん。

682 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:44:40 ID:nta4lTcb0
>>661
脱税されまくりの消費税で脱税懲罰かよ。
脱税野朗は消費税の増税分をそっくりネコババできてウハウハだな。

683 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:45:20 ID:7DKwIhhn0
そのうち80円くらいは偽装マンション分なのか・・・

684 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:46:01 ID:z2g7Cwoi0
>>675
庶民の生活改善したとしても、「名君」として後世伝わるとは限らないが、
庶民の生活改善しないような人は「名君」として後世伝わりませんよ。

必要条件ってとこだな。


685 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:46:06 ID:RsOF1jiQ0
対外的に、ニッポンは実は貧乏なんですよって発信すると思えば、
国益のためにこういう報道をしてるのかな〜とも思えます。

どうなんでしょ

686 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:46:55 ID:8H2z67kJO
>>677
まあ日本経済を小渕が救ったかどうかは中国のバブル見てから判断しな
バブル崩壊後も海外旅行できてて、全然救済してないとは言わさん

687 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:47:08 ID:/JNwarGq0
>677
つうか、日本人の物差しで見たら不況なだけで、
世界標準の物差しで見たら、不況でも何でもないんだよ。

バブルの過大評価の反動と、中国発世界デフレの影響がでてるだけ。

688 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:47:21 ID:94Nivzdh0
オレは626万なんぞ持ってないぞっ
借金して払えってかっ!
まず意味無し議員のリストラから

689 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:47:23 ID:b6Tvrb5O0 ?
以下の無駄使いを即刻中止せよ!!
これらを残したままの増税などとんでもない。

*核武装する中国へのODAを即刻中止せよ。
*国税支出の大きな部分を占める地方交付税は地方公務員の人件費が大きな部分を占めている
ので、赤字財政の地方は地方公務員の削減・地方公務員の給与削減を即時に実行せよ。
*憲法25条に違反する疑いが濃い日本人以外への生活保護費支給を再検討せよ。
*社会保険庁や郵貯・簡保による「厚生施設」という名の無駄な施設建設を即時凍結せよ。
*収益が期待できない整備新幹線・高速道路の建設を即時凍結せよ。
*公務員優遇の共済年金を即刻凍結せよ。かつ破綻ゴマカシの厚生年金との統合は禁止せよ。
*北朝鮮の核開発や弾道ミサイル開発費用を不正送金する朝銀への税金投入の責任者を処分し
再発防止せよ。
*朝鮮総連の建物に対する固定資産税免除の様な逆差別を即刻中止せよ。
*クロヨン・トーゴーサンピンの様な給与所得者とそれ以外の部分との不公平感を解消せよ。

690 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:47:54 ID:/8tinlcT0
>>677
何か勘違いしてるみたいだけど
失われた10年は尽く経済学の教科書が否定するようなことに
チャレンジしまくった挙句にこうなってるんだから
否定されてんのは経済学じゃなくて、構造改革の方だよ。
そんなもん数字見れば明らかで、第一の改革者橋本の増税でガクンと落ち込んで
影の支配者であるところの日銀がゼロ金利を解除して更にガクンと落ち込ませて
続く小泉が規制緩和だの国債30兆枠だのバカなことしてトドメを刺すという
見事な教科書通りの状態を続けてるぞ。

イメージだけで物語るのやめなよ。
学者の言う事聞かないで、学者の言う通りにしたからだ!と言い出すなんてそりゃ責任転換だろ。

691 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:49:23 ID:nta4lTcb0
過去10年の実績

増税→財政悪化
利上げ→財政悪化

692 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:49:36 ID:QvzkvoqP0
>>672
基軸通貨であるかと何の関係もない話に変えてるな



693 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:49:42 ID:x4LFvDhA0
>>656
あぁ、そっか(ノ∀`) アチャー
なら、そういう他の資産への消費というか投資は、
普通に金持ち増税=消費しない税適応と言う事でw(^ω^)


つか、普通にインフレ政策だと一般庶民にも少なからず影響が出るわけだから
ま、基本的には金持ち増税だねw
ただ、自分で消費することによって回避できるわけだから
まだマシじゃん?ていう・・・w(^ω^)

694 :地に足 改め 地に足:2005/12/23(金) 07:50:43 ID:J85OzeWKO
ところで、日本が貸してる金って幾ら位あるの?同程度かな?

695 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:51:14 ID:/JNwarGq0
>690
不況克服というより、少子高齢化社会への下準備としての
構造改革は必要だったと思う。

超巨大対外債権国の経済不況なんて ただのギャグ。

696 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:51:45 ID:z2g7Cwoi0
>>690
橋竜はそうだろうが、それ以外の歴代政権は君のいう経済学に乗っ取ってばんばんカネを使っていたわけだろ。
5年で500兆円の投資とか。

でも、君のいうドーマーのなんとかは結局実現しなかった。

逆に経済学者からコテンパンの竹中政策では経済が回復している。
赤字が増えなかった分、竹中のほうが勝ちじゃん。


697 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:52:44 ID:uElUxVqT0
>>690

あかんて、むきになったら。
この子は、いじってなんぼ。
荻原重秀語るに、なんせ大石せんせのほんもよんでないから。

698 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:52:48 ID:/8tinlcT0
>>679
国連もIMFも日本が超金出してるわけですが。

>>687
中国デフレーター論は数字上おかしくないかね。
むしろ特需のお陰でちょっとマシになってるところあるじゃん。

>>693
インフレって経済を流動するマネーが増えないと起きないから
つまりどういうことかっつうと投資を含めた消費が増えないとインフレにならないわけで
資産家とかが土地だのなんだのに金使い始めたらインフレになるよ…。

まあつまりそれって雇用とか賃金が上昇してるってことだけどな。

699 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:54:24 ID:QvzkvoqP0
>>684
あんたの独特な定義で「名君」扱いされてもな



700 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:54:52 ID:8H2z67kJO
>>696
不良債権を税金で穴埋めしたからな
結局大金使ってやった事さ

701 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:55:14 ID:nta4lTcb0
インフレなら株持ってりゃ金が増えるのに
インフレ=擬似増税かよww
16世紀の人間かおまえら。

減るような金融資産持ってない連中には
給料増えて借金減るって朗報じゃねーか。

702 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:57:06 ID:uElUxVqT0
>>699

あきれた?おもろいな。

>>700

そう、それが竹中の政策。
誰も責任を取らずに、まあ日本的。

703 :ゆんゆん ◆vha3FDwXe6 :2005/12/23(金) 07:58:06 ID:1nrAoUmS0
来年から人口が激減してゆく・・・

と、いうことは新規国債を例え発行しなかったとしても
国民一人頭の借金は増大していくのね。
もう国民一人頭いくら借金が・・・っていうのやめようか?労働人口で割らなければ意味がない。
本当は一体いくら借金を返済しなければならなくなるのか?
今後いくら借金をかさねなければならないのか分からなくなるしさ。

704 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:58:15 ID:8H2z67kJO
国が借金返したって、金のが逆に回るだけ

705 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 07:58:19 ID:EMTBN4Wf0
何で、マイナスになるよな予算組むんだ?

706 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:00:03 ID:/8tinlcT0
>>695
でも一番の少子化高齢対策って好況にすることじゃん。
年金問題だって結局名目GDPの伸びが止まったために起きたことだし。
そんで不況にして更に少子化進めちゃ世話ないよ。
社会保障とかを削って更に将来不安煽ってるし
労働規制の緩和なんて、明らかに子育てできなくする環境整備でしょ。

百害あって一利ぐらいしかないんじゃないの。

>>696
いや残念ながら橋本以後は唯一経済学の正道っぽいことをした小渕だけがまともな結果を出してて
小泉なんて最初の二年からずっと最低の結果だよ。景気回復してるとか言ってるけど
実際は実質失業率が9%近くあって名目GDP成長率は相変わらず金利を越えてない。
つまりさっきから言ってるドーマーの定理でいうところの負債発散の道を突き進んでるわけ。
橋本以前なら、これもバブル直後はともかく橋本までは堅調に回復してたよ。

小渕と小泉って使ってる金が対して変わらんのに、税収で8兆も差があんだよ。なんで竹中の勝ちなんだよw

ドーマーの定理は実現するとかしねえとかじゃないからわかんないなら調べろよ。概要は説明したんだから。

707 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:00:10 ID:/JNwarGq0
>701
株に行ってくれれば、良いんだよ。

708 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:00:32 ID:8H2z67kJO
>>703
なんつーか、自分が貸してる金を自分で返すようなもんだぞ
そして借りてる金を貸すようなもん
無意味

709 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:01:00 ID:mntnBHFn0
バブルの崩壊とデフレで企業と家計のBSが痛んだのが失われた10年の原因。その為政府はじゃぶじゃぶお金
を使っても景気がなかなか回復しなかった。最近はBSの修復が済んだ企業が多くなってきたため景気回復しつ
つある。

710 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:01:04 ID:QvzkvoqP0
>>696
つうか、いくら赤字を抑えても名目GDPや税収を増やしてないわけで

711 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:03:50 ID:QnPypZX60
1年で1兆円返済しても800年かかるのか・・・

もう返済しなくていいってこれw
どうせ800年後には日本なんて国なくなってるだろよ。
100年後すら日本あるかあやしいよ。

712 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:05:37 ID:z2g7Cwoi0
>>706
>橋本以前なら、これもバブル直後はともかく橋本までは堅調に回復してたよ。
直後だけではなく、その後宮沢、細川、村山とどんどん落ち込んでいたわけだが。

>小渕と小泉って使ってる金が対して変わらんのに、税収で8兆も差があんだよ。なんで竹中の勝ちなんだよw
あれ?
経済学とやらを言う割には、間抜けなことを言うなあ。
小渕と小泉じゃ使ってるカネはぜんぜん違うぜ。
公共事業も半減しているし。
小泉が増えているように見えるのは、小渕などが作った借金の返済のせいじゃん。

それに小渕が不景気で10兆円減税したのはスルー?
ITバブルのあった小渕より、株式の時価総額が大きいのもスルー?

経済学って本当に死に体の学問なんだな。

713 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:06:46 ID:bIiBTsMD0
こりゃ、宇宙人が攻めてきて、それに勝って賠償金を得るとかしないと
返済はむりだな。

714 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:08:04 ID:uElUxVqT0
>>706

ええこというな。たしかにそやな。

>年金問題だって結局名目GDPの伸びが止まったために起きたことだし。

でもこれは、ちがうんじゃね。野口せんせのほんじゃ、もともとの設定が狂ってたっていってるよ。



715 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:08:56 ID:C91tj8rm0
まあ、正直、5年間で自己資金300万を80億円にまで膨れ上がらせる

現代の錬金術師トレーダーが27歳という現実を知ってから

なんかこんな話どうでもよくなってきましたよ。


716 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:09:56 ID:nta4lTcb0
100年前のロスケとの戦争では国民一人当たり5円も借金したんだぜ
5円といえば俺の爺さんお爺さんの年収の2倍くらいだぜ
絶対返せないよね。

717 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:12:31 ID:PecOfWqR0
小泉がひとこと言えば解決だよ

「国債は紙切れだ。ありがとう、助かった」

718 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:14:11 ID:nta4lTcb0
やべ、日露戦争は戦費20億円、当時の人口4000万人だから
一人当たり50円だ50円。

俺の爺さんの爺さんに
 5 0 円 も の 巨 額 の 借 金  な ん て 絶 対 返 せ な い
 

719 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:16:37 ID:x4LFvDhA0
>>693
そか、んじゃ、あくまでインフレ政策の一つのアイデアってことで(^ω^)

720 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:16:41 ID:uElUxVqT0
>>712

>それに小渕が不景気で10兆円減税したのはスルー?
ITバブルのあった小渕より、株式の時価総額が大きいのもスルー?


おまえ、ほんまパチ多いなあ。ええかげんなことばかりいって、
ちゃんと筋の通った説には、ちゃんとした反論せえよ。嘘で理屈かためたらあかんで。

一応

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=998407.o&d=c&t=ay&l=off&z=b&q=c&k=c3&a=v&h=on&p=m130,m260,s

721 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:17:11 ID:z2g7Cwoi0
>>718
君の爺さんのときに、アメリカに戦争負けて、国債全部紙切れにして
借金はちゃらになっているから大丈夫w

722 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:17:25 ID:Y91pgvr2O
まあまったりいこうや

723 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:19:25 ID:/8tinlcT0
>>712
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3
92年から97年まで増え続けてるのが分かるか?そこから2000年の悲惨さは分からんか?

小泉は最初こそ使う金を30兆枠とかいったものの、自分で自分の首締めた結果
結局のところ36.5兆発行することになった。小渕は37.5兆だ。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/saimukanri/2004/saimu02b_02.pdf

法人税の減税をしたのは小渕に対するマイナス評価だが、所得税の定率減税は悪くない。
しかもそれで税収は減ってない。ITバブルっていうけどバブルを演出するのに金使ったの無視するなら中国特需も無視しろ。

つーかそれで小泉政権下で税収が激減したことの言い訳にはなんねーだろ。


724 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:22:26 ID:/8tinlcT0
>>714
いや、歳出の伸びは今までの20年間と変わってないのに
税収のほうが伸びなかったり下がったりとかしてるから
そりゃあ困るよね。っていう状況になっただけで
仮に名目GDPが年2%成長を持続的に達成できていたら
別に問題になりゃあしなかった。っていう試算が確かどっかで出てたよ。
橋本がバカやってなければ今GDP600兆越えてるよ。

年金もプールしてある金が凄いあるんだよね。
それなのに破綻を煽って、納付する奴が減ったとかいう状況の方が問題多いのではないかなあ。

725 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:24:15 ID:GtLLYX8v0
国家なんて無い方がいいだろもう。単なる詐欺組織に過ぎないんだから。

726 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:25:06 ID:/8tinlcT0
>>718
>>609に対するアレか。

727 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:25:41 ID:QnPypZX60
>>721
んじゃ、同じような境遇の国と嘘の戦争やって今回も国債ぜんぶチャラにしよーよ。
戦果は、うちの純ちゃんと相手国の代表でパンチ一発。
「なんか戦争やっちゃいました。借金返せません」
そー言っときゃ国民わかんねーって。

728 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:27:54 ID:ECM2986v0
パチンコ玉は一年間に約十兆個販売されるらしい。
このパチンコ玉一個に付き十円の税金をかければアラ不思議。
一年間に百兆円もの財源が確保されちゃう。

729 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:28:23 ID:uElUxVqT0
>>724

今、手元に野口せんせの本がないから、説明しにくいねんけど、
もともとの算出してる値がおかしいからって確か書いてた。
もう全部ちゃらにせなあかんってかいてたよ。

たぶん、ちゃんとした設定でなされてたらきみの言うとうりかもしれん。
けど、はなから歪められてたみたいだよ。


730 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:29:29 ID:z2g7Cwoi0
>>720
株式の時価総額の意味がわかるか?

>>723
なんか経済学をやたら言う割にはいい加減なことを言うなあ、という思うんだがw

そりゃま、何百兆円も公共投資すれば、名目では上がるだろうて。
でも、ドーマーのなんとかなら、借金は減るんだろ?

>小泉は最初こそ使う金を30兆枠とかいったものの、自分で自分の首締めた結果
結局のところ36.5兆発行することになった。小渕は37.5兆だ。

ここがいい加減。
その財政赤字のうち、借金返済分を考えろよ。
単年度のプライマリーバランスを見ないと。

>ITバブルっていうけどバブルを演出するのに金使ったの無視するなら中国特需も無視しろ。
それを言ったら、小泉政権時は世界同時株安もあったわけだが。
小渕の時代はずっとITバブルだけだったわけで(アメリカを中心に)。

>つーかそれで小泉政権下で税収が激減したことの言い訳にはなんねーだろ。
税率を下げれば、税収は減るだろ。
7兆円だか、10兆円だか減税すれば、それだけ減ってもおかしくないわけで。



731 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:32:34 ID:nta4lTcb0
>>727
俺の爺さんの爺さんが背負った50円の借金は
大戦景気のわずか数年で返せたそうです。
本当にありがとうございました。

732 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:33:59 ID:ywiho1I80
このニュースを政府が国民に増税やむなしと思わせる為のプロパガンダ以外にどう受け止めろと?
ある会社の財務状況を説明するのにその会社の借金を社員数で割った数字だけを示して注目しても無意味。
その会社の資本、資産、キャッシュフローの内容も同時に示さないと判断できませんよ。


733 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:35:14 ID:aGRghXX90
これって普通の借金と言うよりは家庭内での貸し借りに近いよね。

親父(政府)が息子(家計)から800兆円と言う大金を借りてるんだけど、
傍から見ればその家族(国家)の総資産は差し引き0だって話。

でもこの駄目親父が借りた金の運用を間違えてよそ様(外資)を介入
させたらさぁ大変!もしも借りた金の運用で負債が出て息子の資産を
超えた場合、家族の総資産は差し引きで赤字。これが続けば破産って事。


734 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:40:29 ID:z2g7Cwoi0
>>733
>親父(政府)が息子(家計)から800兆円と言う大金を借りてるんだけど

ちょっち違う。
親父(現役世代)が息子(息子世代)から借りているが正しい。
別に政府予算のすべてを政府の役人がフランス革命時代の王室みたいに飲み食いしているわけじゃないから(一部はありそうだが)。



735 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:42:52 ID:arls+ksN0
小泉なんて税収落としまくってボロボロじゃん
しかも増税、増税だろ
人間のクズじゃんw

736 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:44:18 ID:c938Lb140
国が自己破産すれば解決

737 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:46:19 ID:arls+ksN0
小泉内閣なんて
少子化も雇用も生活保護率も自己破産の数も
歴代史上最低内閣だよ

はっきり言って
はっきり言わなくてもw

738 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:47:47 ID:QnPypZX60
んじゃ、ひひ孫くらいまで借りまくって現在の国民負担減らそうぜ。
ギリギリ、ひ孫くらいまでは身内だが、さすがにひひ孫あたりは他人だぁな。

739 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:48:45 ID:uElUxVqT0
>>730

はいはーい、うそつき君。めんどくさいことさせるなあ。
もうちょっと、ちゃんと調べてね、本読んでね、受け売りばかりしない。
頭、わるいんだからwwwwww  
ちなみに、おぶっちは、1998/7/30〜2000/4/2


http://www.asianstocks.info/stock/stockvalue.htm

こいつ、マジで自民党工作員かなあ。マニュアルとか資料、不足してんじゃねえの?


740 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:51:31 ID:uElUxVqT0
あ、まちがった。
4/2 入院
4/4 総辞職

おやすみ。


741 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:53:31 ID:/8tinlcT0
>>730
>でも、ドーマーのなんとかなら、借金は減るんだろ?
分からないなら調べろって言ってんだろー!

http://bewaad.com/20050823.html
もうめんどくせえからお前はここを熟読しろ。

>その財政赤字のうち、借金返済分を考えろよ。

お前金利っていう概念知ってる?

742 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:56:18 ID:uElUxVqT0
>>741

ありがとう。オレが読ませてもらうわ。
数学好きとしては、発散が気になる・・・・・それじゃ。

743 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:59:10 ID:KWyP+nS60
>>718
日露戦争の戦費は絶対に必要だと言う国民的合意があった。
だから、国民は重税にも耐えられた。おかげで日比谷で暴発したが。

また、貧乏な国民からの上がりでは足りないので、ロンドン市場で外資から大量に調達した。
外資からの借金は、今の国債より非常に危険なものだった。
しかし、第一次大戦で英仏露に兵器や物資を売りまくって、あっという間に債務国から債権国に転換。
実質的に外資には完済している。

>>721
そのちゃらになった国債は、日華事変以降のもんだろ。

744 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 08:59:47 ID:Dvl1AK0SO
5人家族だと3千万円強か
住宅ローンが同じくらいあるし
世帯年収がいくらあればいいんだ
まっとうなやり方では零にはならないよな、この数字では

745 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:09:16 ID:EXuAdkpU0
>>281
佐渡わかめ1000円

746 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:09:58 ID:V71lDGLQ0
>>739
君があまりに間抜けすぎて、笑えるんですが。
日経平均1つとっても、去年から思い切り上昇しているのを知らないの?w
たまには新聞とか読もうね。

東証時価総額 15年ぶり500兆円突破 活況、バブルに迫る
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/keizai/20051206/m20051206000.html?fr=rk

>>741
>分からないなら調べろって言ってんだろー!
でたらめ脳内経済学者のソースみてもねー。

>お前金利っていう概念知ってる?
その言葉そのまま返しますよw

借金の大小(つまりは金利の大小)を考慮しないで、小渕の方が単年度赤字が少ない、ってアタマ大丈夫かw


747 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:10:03 ID:/8tinlcT0
>>730
統計を見ないバカはもう去ったかもしれんが
小渕の減税分とは全く関係ないところで小泉は税収減らしてんだよ。
税収の推移をよーく見やがれ。
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/003.htm

748 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:12:24 ID:V71lDGLQ0
>>747
小渕のおかげで53兆円から47兆円に減ってますが。
小渕減税7兆円分ほぼそのままだね。

それに小渕時代はずっと世界でITバブルで活況のとき。
小泉時代はずっとITバブル崩壊、世界同時株安のとき。
ようやくここで追いついてきたけどな。



749 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:14:37 ID:/8tinlcT0
>>746
まだ居たのかよ。
金利は下がってんですけど?
http://www.publicchoice.jp/tudo2005_kawanobe_nikei.pdf
利払い負担で小泉は小渕に比べてどこが大きくなってるわけ?

データも出さなきゃソースも読まないってクソだな。

750 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:16:19 ID:QqbuXY/r0
徳政令を出して、国民が買ってる国債は返さなくて良いようにするしかないな

751 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:16:35 ID:V71lDGLQ0
>>749
あのー、借金が小渕時代に比べて、200兆円近く増えているんですけど、それはスルーですか?

それから毎年医療費や年金などの福祉関係の税支出が1兆円ずつ増えているのもスルーですか?

君、本当に経済学まじめに勉強してんの?

素人のオレでもおかしい、ってわかることを力説しているんですけど?

752 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:18:34 ID:qaE6p1hj0
スレ読んでないけどまたリフレ派と構造改革派の不毛な争いですか

753 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:18:51 ID:/8tinlcT0
>>748
9年度には誰が総理になりましたか。バカですかお前は。

754 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:20:01 ID:uFTbQLUG0
老人が増え続ける日本では医療費は増えるだろう。
年金も増えるだろう。
政治家以外にも公務員が無駄使いを続ける限りは借金は減らない。

755 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:21:16 ID:QnPypZX60
>>744
別スレで話題になった例として、現在の日本の状態を一般家庭に置き変えると
月収46万くらいの家庭で、月々30万円くらいの赤字を作り続けている、
くらいの計算になるらしい。(ようするに毎月30万の借金)
けど、国の経営を一般家庭の家計と同じレベルで考えること自体が不毛
というのが大半の意見で、まあ参考までにって数値。
(だからこのレスに反論返さないでね。俺が計算したわけじゃねーしw)
ようするに、住宅ローンを組んで、ローン返済表もなく、
自分以外は病気がちな老人ばかりで、
しかもサラ金から借りまくってるみたいな感じ?
返済できるわけがない。

756 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:22:44 ID:/8tinlcT0
>>751
借金が増えないとか、減るとか誰が言ったんだよ。
借金は増えたってGDPとの比が収束に向かえば問題ないんだよ。
>>741のリンク先を読めよ。

757 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:24:13 ID:g5qX1WQp0
日本の発展は嘘空なんじゃない?

エネルギーも何も無いのに、素晴らしい発展したとか言ってるけど、
こんなに借金してたら、どんな途上国だって日本になれるよ。

技術が精密っていうのも嘘で、検査段階がいい加減で、精密に見えてる
だけなんじゃないの?その綻びが今ボロボロ出てきてるんでしょ?

758 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:24:28 ID:V71lDGLQ0
>>753
あのー、平成10年7月に小渕が総理になり、歳出を増やして、減税をして、税収が減っていますが?
平成10年9月に減税を始めたんだから、平成10年に減収になるのは当たり前では?
平成10年末に減税分のお金返ってきたしね。

ひょっとして、君釣り氏?

759 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:24:50 ID:QqbuXY/r0
返せないなら踏み倒すしかないよな

760 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:26:37 ID:V71lDGLQ0
>>756
あのー、それが収束しないから、苦労しているわけで。

永遠に高度経済成長なんてできっこないから、単年度はともかく、景気が落ちたときに
とたんに借金で苦しめられるわけで。

ドーマーのなんとかは単年度とかは正しいか、知らんが長期的には成り立たないんでないの?

761 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:26:43 ID:g5qX1WQp0
例えばどこかの途上国に800兆円貸してあげて、日本のようにインフラ整えてみろ、
ッて言えば何処の国だって出来るでしょ?

日本って、日本人って本当はたいした事ないんだね。

762 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:26:58 ID:cE8ft+TV0
>>757
釣りなのか、真性バカなのか、判断に迷う書き込みだ・・

763 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:29:35 ID:2d3L/j+M0
つうか、こういう場合だけ1人辺りって表現するのも変だよね。

納税額にあわせて言うべきでしょ?
年収500萬で、xxx萬納税してたら、そのうちxxx円が借金返済って。


764 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:29:53 ID:cvBVmlIx0
だから羽振り良く海外に使いすぎるなって言ったんだ。
   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧
  ( ・∀・)  ∧ ∧ < 外交は金じゃ買えないってねぇ。
 (  ⊃ )  (゚Д゚;)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (つ_つ__
 ̄ ̄ ̄日∇ ̄\| BIBLO |\
        ̄   =======  \


765 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:30:20 ID:n3w+u4lsO
年よりたちは、逃げ切り死亡

766 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:31:29 ID:2To5xvaK0
>>1
自民党のこさえた借金だ。
自民党支持者だけで責任を取ってくれよ。

767 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:31:50 ID:dpNeCxaV0
国の借金は自民党全員で国民に返せ!!!
腎臓、肝臓、心臓売ってでも返せ!!

768 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:34:06 ID:V71lDGLQ0
ドーマー君(経済学にドーマーの法則とかがあるらしい)がいなくなってしまった…

ミラーマン、亀井があぽーんして、もはや絶滅危惧種のカネばんばん使え派だったのに…

769 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:36:07 ID:dRLBEQ3Y0
国民一人当たりの借金額に換算する意味がワカラン。
公務員一人当たりの計算にするのなら分かるが。
例えば国会議員一人当たり○○円の借金と言えば無駄な国会議員を何人減らそう、
という議論になるでしょ。

770 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:38:02 ID:V71lDGLQ0
>>769
ようするに、いずれ「公共サービスの見返りの無い」、借金返済のためだけの、税金を1人あたり払わないといけない、ってことですがな。

771 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:38:39 ID:/8tinlcT0
>>758
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/003.htm
もう一度よーーーーくみろよ。
その上で>>748のてめえの発言を読み返せ。

>小渕のおかげで53兆円から47兆円に減ってますが。
>小渕減税7兆円分ほぼそのままだね。

なにこれ。バカじゃないの。
53兆から47兆に落ち込んでるのは9-11年度で橋本が増税した時だろうが!
それなのになんでぬけぬけと平成10年に小渕が総理になり…とかボケた事言ってるわけぇ?
小渕が総理になってから橋本不況のための景気回復策として国債が30兆を越えてるが
それでしっかり12年には税収が50兆を越えてる。
その後減税も無しに43兆にまで落としてる小泉がなんで問題にならんわけ?
国債をその分減らしてるとかならともかく、全然減らしてない。
それは小渕のせいだって?でも金利が下がってて利払い費は全然増えてない。

お前は嘘ばかりだなあ。


772 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:40:49 ID:/8tinlcT0
>>760
だからリンク先読めよ。日本語読めないほどアホならそろそろ黙れよ。
年率数%の成長が高度成長なわけねーだろ。それすらできなきゃ逆立ち下ってどうにもなんねーよ。

773 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:44:54 ID:V71lDGLQ0
>>771
はい、よく見ましたよ。

まず、平成10年7月に小渕が総理になり、9月に7兆円だか10兆円高のの小渕減税と補正予算を組んだわけです。
で、平成10年度は歳出が80兆円までふくらみ、税収も減税の影響で減るのは当たり前なわけです。
平成10年末には年度初めにさかのぼっての所得税減税による還元もしていますから。
もちろん、橋竜不況の影響による減収も無いとはいいませんが。

でさらに11年になると、1年分まるまる7兆円減税分減ってるよね。
もちろん、小渕時代後期にはITバブルが始まったので、その分税収は増えたでしょうけど。

>国債をその分減らしてるとかならともかく、全然減らしてない。
それは小渕のせいだって?でも金利が下がってて利払い費は全然増えてない。

毎年1兆円ずつ社会保障費(税金分)が増えるのだから、赤字が増えるのは当たり前でしょ。

経済学とか言う割には基本的な知識がなさすぎですな。


774 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:45:34 ID:RzAcKZMt0
>>770

人数で割って意味のあるものと無いものがあるでしょw


775 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:54:33 ID:8SHk6ieFO
団塊の大量退職で退職金が株に流れれば少しはマシになるのかな?

776 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:58:06 ID:isNerLBm0
ああ、その800兆円が
動物専用道路やあちこちのダム
人のいないリゾート施設やごみ処理施設となって
いたるところに存在しているんだろうな(´・ω・`)・・・

777 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 09:59:05 ID:Ncs5EhMc0
小渕の呪いなんて借り換えすればいいだけやん

778 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:05:54 ID:CAsrNV2EO
国の資産の売却と、メタンハイドレートで借金を返せないものかね、しかし。

779 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:07:15 ID:1V6pZA7+O
八百兆枚印刷して返せよ。
八百兆枚で済むうちにやっとけってば。

780 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:07:32 ID:xHtdR1H30
>778
返したって、国内の金持ちんトコに戻ってくるだけだし。

781 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:09:44 ID:QnPypZX60
>>779
1円紙幣を印刷ですか?

782 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:12:55 ID:/8tinlcT0
>>773
俺には11年度は前年比2兆のマイナスで12年度には50兆に税収が上がってるようにしか見えないわけだが
そこ10年辺りでピークだった9年度に比べて7兆の減税をしたのにそこと比べて4兆しか税収が下がってない。
基礎的な体力でいうと3兆の自然税収増があったわけだろ。

つーかあんたの時間の概念捻じ曲がってるよ。10年度の収支を小渕の責任にするってどうかしてるだろ。
じゃあなにか?橋本の結果は9年度までだから橋本はここ10数年最高の税収を記録して栄誉ある退任を遂げた。
とかそういう歴史にあんたの脳みその中ではなってるわけ?本当ウジでも湧いてんじゃないの?
予算組んでからそれが経済に影響を及ぼし税収に関与するのにタイムラグがないとでも思ってるの?

経済云々以前に常識が無い。


783 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:15:31 ID:ECM2986v0
3000円札と4000円札を作ろう。
きっと話題になる。

784 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:15:53 ID:xHtdR1H30
>779
>781
紙の使いすぎ。

785 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:17:29 ID:9yiciPSV0
まだ、600万程度じゃ破産する金額じゃないね。
一応一安心。

786 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:19:43 ID:uBSai1GuO
小渕の呪いまであとわずか
お多福Y子先生は責任取って貰わんとなw

787 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:20:33 ID:fT9Qes4fO
もうこの国は駄目かもしれんね。少子化、増税、先は長くなさそうだよ。

788 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:21:15 ID:8SHk6ieFO
>>785でも4人家族で2400万だぞ?

789 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:22:21 ID:FlJ8DGBL0
50000円札、きぼう!

790 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:25:08 ID:mntnBHFn0
>>788
国民一人あたり100万円の貯金が正しい表現なはずだがね?

791 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:25:24 ID:yRpJIT3M0
なんだそりゃ、俺の年収の3倍近いじゃねーか!

792 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:33:14 ID:V71lDGLQ0
>>782
どうも基礎的な知識が無い人は疲れるなーw

平成10年度は、7月から9ヶ月は小渕が政権担当しているわけ。
で、小渕は就任後すぐ、7兆円の減税だの、10兆円の補正予算だのしているの。
実際歳出、国債発行高は平成10年にぐーんと増えているだろ。
しかも、その減税は年度初めにさかのぼって行われたんだよ。
年末調整のときに、減税分お金が戻ってきたしな。
それでも法人税などは4月〜6月までの3ヶ月分は「高い税率」のままだから、完全に年度を通して7兆円分のまるまるの
減税になったのは、平成11年度。
ここまで説明すればおわかり?

>予算組んでからそれが経済に影響を及ぼし税収に関与するのにタイムラグがないとでも思ってるの?
減税すれば、タイムラグなくして、速攻で税収は減りますよ。

減税により景気回復の増収へのタイムラグはあるかもしれんが。
それから50兆円に増えたのは、平成12年度で森政権なわけだが。
ま、ITバブルとタイムラグの関係で、これは森の功績じゃないだろうけどな。


793 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:34:50 ID:E+RhZxSL0
徳政令キボンヌ

794 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:36:23 ID:V71lDGLQ0
>>782
あと、知識の無い阿呆な君に言っとくけど、このグラフは決算ベースですよ。
わかってる?

最初の予算に、途中で減税したり、補正予算組んだりして、決算となるわけで。


795 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:41:24 ID:QnPypZX60
まあ実際のとこ、無理です、って言ったら政治家の存在意義が
問われるから言わないだけで、実際はもう無理だわな。

796 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:49:40 ID:/8tinlcT0
>>792
減税が実施されたのは11年度だ。アホ。なんで10年度まで入れてんだよ。
プラス成長から明らかなマイナス成長でガタガタになった橋本不況分を無視すんのはわざとか?

タイムラグがあるんだから小渕が急死した森政権の時にも効果がでるのは当たり前だろうが。
景気も回復しなけりゃ増税してるわけでもないのに税収が増えるわけないだろ。
さりげなく認めてるところが痛々しいぞ。

797 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:54:39 ID:/8tinlcT0
>>794
そうだね。11年度に実施した減税が10年度の決算に影響出すんだよネ。凄いね(^^)

798 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 10:58:42 ID:g3gyDVKr0
小泉政権だけで250兆円も国債残高は増えてるからね。
クソ特殊法人に流れる財投債を市場を通さずに郵貯資金で買わせ、
消費税を上げないから当たり前だわな。

今さら何の意味もない郵政民営化で国民を騙し、選挙でボロ勝ち。
こいつを見抜けない国民が一番アフォなんだがw



799 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:00:04 ID:8LA+IjEi0
>>333
公共事業やめたら、国民の税負担減って、景気よくなるんじゃねー。
無駄な公共事業で食っていた連中は商売替えすればいいんじゃねー。
ついでに特別会計とやらも国民の目にさらして、
一般財源にしたら増税しなくて済むんじゃねー。
でもってODAやめたらいいんじゃねー。
国連分担金も常任理事国でもないのにアメリカの次、フランスイギリスをぶっちぎり
で抜いて払っているのをやめればよくねー。
日本に駐留している米軍住宅の光熱費の負担をやめれば良くねー。
 そうやっていけば、日本って幸せになれるんじゃねー。
あっ国会議員の数も減らして、国会議員の政務調査費も領収書必要にすればよくねー。
社会保険庁も解体すればよくねー。
 


800 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:00:51 ID:PU4CVd9V0
2000円札を作るぐらいなら、50000円札・100000円札を
作って欲しかった。

最近財布の中の10000円札がかさばって仕方がない。
そうは言ってもクレジットカードを持つのは嫌だしなぁ。

801 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:01:52 ID:UuHEV1kP0
建設会社が多すぎるから公共事業が当然だと思ってるんだよ。もっと淘汰すべきだ。政治かも多すぎる。

802 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:04:01 ID:znhR4MBn0
>>617
そういえば、大英博物館って入場料無料だよね。


803 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:05:04 ID:/8tinlcT0
>>794
つーかさ、そんなに自信あるならソース出したら?
俺が調べた限りじゃ98年の補整予算では公共事業予算の追加はされても
減税がされたなんて記録はどこにも残ってないし。小渕・減税でぐぐりゃ
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&rls=DVXA%2CDVXA%3A2004-47%2CDVXA%3Aja&q=%E5%B0%8F%E6%B8%95%E3%80%80%E6%B8%9B%E7%A8%8E&lr=

平成11年(99年)から実施された

っていう文句が溢れるほど出てくるわけだが?どうなってんの?君の脳内歴史ページは何をソースにしてんの?



804 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:05:54 ID:FqYCkRCl0
どうにもならなくなったら踏み倒せばいーじゃん

805 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:07:06 ID:n31XZxd80
借金あるのに、金配りまくるしかないいじめられっこ(wwwww

流石日本人。

806 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:09:51 ID:QnPypZX60
>>804
誰だって自分が責任者の時に借金踏み倒しなんかしたくないもんだよ。
踏み倒すという結末は決まっているが、みんな「俺じゃない時に」と思ってるだけのこと。
そのうち運悪い人が貧乏クジ引くんじゃね?

807 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:11:57 ID:FbrfvE1p0
>>806
量的緩和ってある意味借金踏み倒しなんだけど。

808 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:12:40 ID:PU4CVd9V0
>>806
運が悪い人が麻生になるか、谷垣になるか、安倍になるか、竹中になるか。。

俺は竹中に全責任を押し付けた非常事態内閣を作るんじゃないかと思ってる。
もちろん、次の次の内閣でな。

809 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:13:34 ID:vcu3XVHw0
借金って言うけど、固定資産も含めてるんじゃないの?
売れない物もあると思うけどさ。

810 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:16:59 ID:zHa/wp3KO
国が内緒で1000兆円くらい作って返せばよくね
てか誰から金借りてんの

811 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:18:43 ID:qaE6p1hj0
>>807
日銀が持ってる国債の利子は国庫納付金として政府に返還されてるらしいね。本当かどうか知らないけど

812 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:20:11 ID:/8tinlcT0
>>810
中央銀行とか政府系金融とか郵貯とか
ようは自分自身に借りてる金が沢山ある。
あとは民間金融。最後に個人投資家など。

まあ全部結局日本国内で完結してる。

自分で金刷っちゃえば良いってのは通常なら絶対にやっちゃいけない。
なぜならインフレになってしまうから。国内で流通するマネーの総量が
生産される財やサービスに対して過剰に増えれば金の価値が下がっちゃう。

でもまあ今は逆にデフレで困ってるからインフレはむしろ望んでるから
ある程度は刷っちゃって良い。

そんで量的緩和っていうのは実際のところそれだから、実はもう刷ってんだよ。チビチビね。

813 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:20:53 ID:4xZ0I9QJ0
>>810
金持ちの日本人や銀行など

814 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:22:18 ID:RWAnlqIc0
ドーマー持ち出す馬鹿は経済学基地外だから無視したほうがいい。
そら、経済成長が永遠に続くなら借金などし放題だろう。
しかし、この経済成長はたかが1万年の昔から考えれば、
ここ200年の偶然。それまでは、成長してんだかしてないんだか
わかんないぐらいのもん。
なのに、現代の経済成長が、1000年、2000年続くと思うか。
そんなことありえない。
現に、地下資源エネルギーの使いすぎによる
地球温暖化が現実のものとなって、
いかに使用を制限するか侃々諤々の議論になってる。
たかが200年の地下資源の利用でだぞ?
ドーマー馬鹿はそれがまったく見えてない。

815 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:22:32 ID:g3gyDVKr0
鎖国してた江戸時代なら借金の踏み倒しが可能だが、今、そんなことをやったら、
円も株も大暴落だ。
1ドル = 1,000,000円 なんて事になる。

食料自給率が40%しかない日本じゃ国民は餓死だ。



 

816 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:25:16 ID:9nkbms880
【資産】国民の国への投資、800兆円目前…乳幼児を含め国民一人あたりの資産が626万円に

817 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:26:26 ID:96ekLLXf0
>>775
つ「退職金倒産」


818 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:27:35 ID:FbrfvE1p0
>>811
本当。国債の利子に限らず、日銀の利益は国庫に入る。
>>814
100年先のことなんか知るかヴォケ。
50年前だって日本人の半分は農家だったんだぞ。
>>815
逆。今は管理通貨制度だから借金を少しずつ踏み倒せる。
マイルドインフレという形で。

819 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:27:44 ID:8dcz8+By0
国民「の」借金じゃなく国民「への」借金であることを相変わらず無視してますな。
政府の借金と国民一人一人の債務はまったく別物だということすら理解できないのか糞マスゴミは。

820 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:30:22 ID:g3gyDVKr0
>>819

↑ 全く経済の知識がない馬鹿の独り言ですw



821 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:30:47 ID:/8tinlcT0
>>814
年率2%程度の安定的な成長すら望めないなら日本どころじゃなくて世界中の国が破綻するよ。アホ。
自然税収増による改善が望めないなら、現状の名目GDPを限界に増税と歳出の削減だけで賄う事になる。
増税も歳出削減もどっちも不景気要因で、GDP低下を招いて税収減らすんだよ。消費税増税したら不況になったろ。
金利も含めてとにかく黒字にしようとしたら消費税なんて20%にしても30%にしても追いつかんぞ。
経済にはキャパシティってもんがあるから、一定のラインを超えると増税すると余計に税収減るんだから。

成長してるんだからしてないんだかわからないような平坦な状況でも、物価が毎年数%でも上昇してりゃ
100年も経過すりゃあ今こさえてる借金なんか屁でもないんだよ。っつうか現状日銀が頑張ってインフレ率を2%にすりゃ良いだけ。


822 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:31:59 ID:wXE3o9/+0
こんなもん、日銀が引きうけりゃ何事もなく終了だろ

一般市民は気にするな

823 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:32:01 ID:xHtdR1H30
ついでに、国民一人当たりの国債保有額を、
書いてくれれば議論の馬鹿らしさに気付くはず。

824 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:33:01 ID:ltGMK8Lf0
('A`)国保有の資産が700兆ほどあるから
差し引き100兆なんだがな・・・

ほんと、毎年飽きないねぇ財務省の洗脳記事出して

825 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:34:03 ID:g3gyDVKr0
>>823

↑ こいつも経済音痴。  救いようの無い馬鹿w

826 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:35:05 ID:wXE3o9/+0
言いたいことはあれだ

増税したいんですがよろしいですかw

827 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:35:10 ID:ywiho1I80
ちなみに06年には世界最大となる国内シェア4割強の絶好調の自動車メーカーの有利子負債を従業員数で割ると3400万円程になります。
従業員1人あたり3400万円なんて返せる訳な〜い。破たんじゃ〜。全力空売りせねば〜。

828 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:36:04 ID:/sROnoq10
何か煽ってる書き込みがあるな。

最悪ケースでも、国が個人資産全部没収すりゃ返せるんだから、
焦る必要は全くない。具体的には資産凍結してデノミするとか。

戦後すべてが焼野原になってから日本を立て直した先人達のこと思えば
大したことはない。

829 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:36:28 ID:E/mHNCRaO
借金なんか問題無いのに馬鹿ばっか

830 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:37:46 ID:g3gyDVKr0
>>828

↑  救いようのない経済音痴w  IQ60以下の池沼w




831 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:38:00 ID:/Y2uwloY0
たしかに大したことはないな・・・・。

いつもいつもこれだけ借金が増えましたってww
で、だからどうすんだってのw


832 : :2005/12/23(金) 11:38:04 ID:A0aU04etO
>>819 国がマスメディア使って危機感煽ってるだけっしょ。中国だけがマスメディア統制の悪玉なんて言われてるけど、どこの国でも多かれ少なかれやってる

833 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:38:27 ID:wXE3o9/+0
あれだろー

日銀が物価安定をやりすぎただけだろ

本来自然にインフレになるべきなのに無理やり物価を安定させすぎたから
結局デフレターゲットになって金がまわんなくなっただけだろー

んなもん日銀がどんどん札刷って軽いインフレにもっていけよー

何サボってんだ日銀

834 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:39:57 ID:YNK9DitW0
こういう事は止めてもらえますかね?


中国高校生受け入れへ100億円、年150―200人
 政府は20日、中国の高校生の留学を受け入れるためなどの「日中21世紀基金」
(仮称)を来年2月に設立する方針を固めた。

 基金の規模は、国際交流基金に既に出資した80億円と、2005年度補正予算案に
計上する20億円の計100億円。日中関係が停滞する中、若者の相互理解を通じて、
中長期的に両国関係の改善を図る狙いがある。

 留学事業では、中国の高校生が日本でホームステイし、一般の高校で日本の高校生
とともに勉強する。2、3か月間の中期と、1年間の長期の留学生を受け入れる。
中期は年間に100〜200人程度、長期は50人程度で、来年9月に受け入れを開始する予定だ。

 また、日本に対する中国国民の理解を深めるため、中国国内に20か所程度の
交流拠点を設け、日本の文化を紹介する。日本の図書の展示や、インターネットによる
日本文化の紹介なども検討している。

 中国側も、日本人の高校生らを受け入れる同様の基金の設立を検討している。

 補正予算案には、基金のほかに、日中交流事業費5億円を盛り込む。中国との
文化交流などを行っている日中友好会館に拠出し、10日間程度の短期の高校生交流などに役立てる。

(2005年12月20日14時30分 読売新聞)

835 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:40:15 ID:E/mHNCRaO
借金は利子が大半で、その利子は循環する
んで今がデフレならすぐ返せんだろ馬鹿ども

836 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:40:23 ID:WHVJQayXO
男女参画の10兆円は?
ついに国もDQN化ですか?

837 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:41:08 ID:/8tinlcT0
>>828
金刷った方がマシでしょ。全部刷る必要全く無いし。

>>830
おまえうるさい。

>>833
日銀はCPIがゼロ%は実質デフレという事を認めておきながら
ゼロ以上だからデフレ脱却しました!と二枚舌使って何とかして量的緩和解除しようとしてる
インフレチキンだからなあ。バーナンキが1人を除いてクズって言った発言がもっと流行れば良い。

838 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:42:01 ID:kFpRMuWP0
今のところ債権価格が高止まりしてるからいいが
いざ暴落否暴落せずとも下がってきたら話の流れが
一変するんだろうねw 目の前にある危機が読めてない

839 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:42:55 ID:wXE3o9/+0
もっと日銀の役割を国民に知ってもらわないとな

インフレを抑える必要があるのは確かだけどデフレも日銀のせいだお

物価安定してりゃ仕事してると思ってもらっちゃ困る

840 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:43:13 ID:g3gyDVKr0
これが、どれだけ深刻な問題であり、日本人に悲劇をもたらすのか多くの人は気付いていない。



841 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:43:13 ID:8LA+IjEi0
254 :闇の声 :2005/12/03(土) 16:54:11 ID:XGafjAL5
幾つか、面白い話を聞いた

姉歯の問題で、某コンサルタントが浮かび上がってきてるが、この人物数少ない
フィクサ−と言うか、調整役の出来る人物だ
それ故、政治家との交流も多い・・・当然裏金の調達にも関わってくる
政治家が裏金を作るときに、一番良いのは借用書のない借金だ
それも、ある時払いの催促無しで、その仲介人物が二割を取り代わりに政治家は
この仲介人物に利権を渡す
この人物は利権で、銭儲けをして貸し主にこの中から金を返してやる
その利権というのには、必ず組織が絡んでいて組織と組織か、或いは組織と企業(特に銀行)や
組織と役所(主に自治体)それを巧くコントロ−ルして儲けを出す
例えば、ある介護施設があって運営が上手く行っていない・・・たいてい人件費や物資の調達コストが割高なのだが
それを巧く組織を入れることで圧力を掛けてコスト削減させるし、現金を組織から引き出して
資金繰りを巧くやってやる
運営が上手く行き出せば政治の力でこれを拡大させて、金を引き出す
この時に、見積もりは相当の水増しにして浮いた分を仲介者と組織で分ける
組織をライバル蹴落としやメディアへの圧力、人の管理の徹底化等でのコスト削減に
使うことが急増中だ
これを巧く使いこなせるのがフィクサ−と言う事になる
当然、件の紳士もその一人だ

政治家は焦ったらしいね


842 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:43:17 ID:ez7to4wR0
無駄遣いなくせよ
それと、いろんな所で削減できんだろ?
しっかりやれよ
俺たちの代表なんだから

843 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:43:49 ID:E/mHNCRaO
>>838
深読みし過ぎて損するタイプだよおまえ

844 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:43:59 ID:Mqh69MFJ0
どう考えても破綻です
本当にありがとうございました

845 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:44:01 ID:xHtdR1H30
>837
>バーナンキが1人を除いてクズって言った発言がもっと流行れば良い。

詳細キボンヌ

846 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:44:18 ID:iJ8R/1CP0
いまさらだな。
インフレ起こせば借金はチャラ。
まあ現金持ってる奴は目減りするが。
問題は借金返済目的で税金うpして
財政安定化してもその税はうpしたままということだな。


847 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:45:36 ID:wXE3o9/+0
んだから、ハイパーインフレを恐れてデフレスパイラルに陥ってるという極端な考えは止めろってことだろ

軽いインフレがいいんだよ本来

完全に物価安定しちゃうとみんな金貯め様としちゃって現金まわらんし

848 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:47:02 ID:Mqh69MFJ0
>>846
藻前は何も分かってない
少しでも流れがインフレに振れれば
その時、日本経済はジ・エンドだよ

849 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:48:25 ID:wXE3o9/+0
デフレで困ってるのになぜインフレの心配をしているんだ
何かの精神的病気持ちなのか?ただの馬鹿か?

850 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:48:50 ID:xHtdR1H30
>848
んなこたーない。

長期国債を買ってしまった資産家様でしょうか。

851 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:50:01 ID:/Y2uwloY0
>>848
「ジ・エンド」はどんな状態になるのを言うの?
一般的なサラリーマンの場合はどうなるの?



852 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:50:06 ID:g3gyDVKr0
>>849
おまえは、「長期金利」を勉強して来い!  冬休みの宿題だw


853 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:50:23 ID:/8tinlcT0
>>845
http://d.hatena.ne.jp/svnseeds/20051025#p1
パっとしらべたら良く読んでるブログが出てきた。
日銀の議事録見て
1人を除いて後はジャンクだ。って切り捨てたんだよね。
ジャンクってクズのことさ。

日銀は主要国がインフレターゲットを拒否するのに
米国はしてないってことを理由にあげてたんだけど
FRBの議長にこのバーナンキが就任する事になったから
面目がねえよなあ。っていう話。遅かれ早かれインタゲ大好きバーナンキがやらないわけない。と。
しかもそのバーナンキにクズ扱いされたわけだし。

竹中はクルーグマン教授に、お前には失望したよ。って面と向かれて言われたって話もあるな。


854 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:52:03 ID:wXE3o9/+0
インフレを止めるのなんて日銀のお得意芸でこっちは困らないだろ
どんどん金融緩和しちまえよ

855 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:53:11 ID:YaiNx52c0
乳幼児を含め国民1人当たりの借金が626万円だと言う。
一挙に借金返済する必要有りません。程々に借金返済しその能力あれば
良いのです。今や世界経済は信用創造にあり貨幣価値に目減り傾向に取
り立て煽る必要有りません。
橋本内閣の失敗に学び、日銀は過去に学び注意すべきなのです。

856 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:53:25 ID:/8tinlcT0
>>852
お前も加重利率や税収弾性値を勉強しろよ。
http://bewaad.com/20050823.html

つーかデフレ下だとデフレ分ゼロ金利でも実質金利として上乗せされること、分かってる?

日本語の読めないID:V71lDGLQ0と良い知った被ったバカの多いスレだなあ。



857 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:54:24 ID:aJWrxeh30
心配するこたーない、国民の預貯金が1400兆ありますぜ
政治屋や無責任官僚はしっかり見てますがな。


858 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:54:48 ID:/54BMp2tO
難しい言葉が飛び交ってますね^^;

859 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:55:36 ID:fYHue28i0
デフレは終わった
すでに資産インフレが起きている

860 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:55:55 ID:wXE3o9/+0
だから物価安定はこれまで良いものとされてきたけど、実はその仮定そのものが間違いで
物価を完全に安定させちゃうとデフレスパイラルに陥るという壮大な実証実験になっちまってるんだよ

ただそれだけのことだ

インフレが正常な経済状況だということを認識する必要がある

861 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:55:56 ID:kFpRMuWP0
日銀がこれだけ金利引上げに慎重なのは
国債価格が敏感に反応することを恐れての事
でなければとっくに上げてる。
金融引締めの兆候は米ではすでに始まっている。

862 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:58:09 ID:Jkg2PlxJ0
国が所有している洋館が欲しい。
2〜3年ぐらいなら、18歳のメイドを住み込みで雇えるぐらいの
資産は増えたし。

863 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:58:09 ID:6Ukbv6A70
返すのは数世代後の奴に任せて使いまくろうぜ

864 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:58:40 ID:K9xkdhJn0
借金といっても、政府が国民に借りてる金じゃん
なんか、国民がどっかの誰だか解らない連中に借りてるみたいな印象与えるよ、この記事


ま、そういう国の人が書いたんだろうけど・・・

865 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:59:32 ID:wXE3o9/+0
デフレで困ってるときは金利は下げるものです
上げるのはインフレがひどくなってきてからで、現在のアメリカのような状況下での話です

いまは金利0でもみんな金を貯め様として困ってるわけですが、根本的な問題点は、
現金の信頼度が高すぎて、これでためればみんな将来安泰だと思ってるからです。

ですので、溜め込んである金を市場に回して景気を回復させるためには、
「わざと現金の信頼度をさげてやる必要があります」

どんどん札刷ってみんなをびびらせろやこらぁってこと

866 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:00:17 ID:9g4WghL50
ニートが国の借金を論ずるってどこか間違ってるよな?

867 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:02:51 ID:QnPypZX60
>>851
政治家にしてもスレにしても
一般市民がどうなるかは語られたためしは無い。
デカイ規模で抽象曖昧に答えると、答えに失敗がなく、エラそうで詳しそうに見えるからだ。
首相から浮浪者に至るまで、この国がどうなのか、どうなるのか、なんて、
頭良さそうなフリしてても、ほんとはみんなチンプンカンプンなの。

868 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:03:11 ID:/8tinlcT0
>>859
企業が金使わなきゃ株価が上がってもどうにもならん。

>>860
デフレを物価安定っていうのがそもそも間違いだと思います!

>>861
量的緩和どころかゼロ金利解除すんの?日本経済今度こそ死ぬよ?

869 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:04:07 ID:wXE3o9/+0
アメリカがインフレ起こしてるのもまた問題をややこしくしている

870 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:07:35 ID:xHtdR1H30
金持ってる人は、相対的に有利な場所を一生懸命探すことだね。

貧乏人は、増税よりインフレに汁!と叫ぶのが正解。

871 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:10:24 ID:wXE3o9/+0
まぁ、アメリカの主張は、日本はインフレにするよりまずは増税でどうにかしろ
ってことだから増税になるんだろうけどさw

872 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:12:56 ID:b9FkDfYC0
国債がさばける間は問題ない。
だが、資金というものは有限だから、
借金が増え続けると処理できなくなる可能性がある。

国債の利子が税収を超えたらアウト

平成17年度一般会計歳入歳出の内訳(予算)
ttp://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/002.htm


873 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:14:36 ID:ltGMK8Lf0
('A`)2兆の増税も姉歯や小嶋のおかげで
話として影が薄くなってるしなぁ・・・

来年度は2兆の増税+3兆の財出削減 計5兆の金が
民間市場から消される・・・そして、金融緩和解除も
タイミングを計ってる団塊だし消費税増税も控えてる

ぶっちゃけ日本経済は来年半ばから再来年にかけて
いっきに衰退すると見たほうがいい

874 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:17:10 ID:/8tinlcT0
>>873
っつうことは乗数効果考えて8兆ぐらいのGDPが消し飛ぶわけだな。
実質はなんとかなるかもしれないけど、名目はまたマイナスじゃないかね…。

875 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:18:08 ID:kFpRMuWP0
もひとついえば0金利解除出来ないから
日銀は過去に例を見ないほどMACD+通貨供給量を
増やしてゆるやかなインフレにもっていこうとしてるが
ほとんど効果を見せてないのが現状

876 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:19:39 ID:wXE3o9/+0
でも国民の資産は確実に現金から他に移動しつつあるから
もう少し金融緩和続けてれば事態はかわるだろ

そんな悲観したもんでもない

877 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:21:26 ID:xHtdR1H30
>876
同歩。漸く、多くの人に「貯金してても馬鹿を見るだけ」と
結末が見え始めたから、好転しだしたと思う。


878 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:21:43 ID:ltGMK8Lf0
>>875
('A`)効果は見せてるよ・・・資産インフレ(ただ今バブルの入り口)と
サムライ債と言う形で世界に資金を供給し世界的に金余りを引き起こすと言う
素晴らしい効果を・・・

879 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:24:25 ID:wXE3o9/+0
国の借金やばい→ならもっと現金で貯めなくちゃ(これは馬鹿の考えなんだが気がついてない人多し)→不況でデフレスパイラル

という間違った認識じゃなくて

国の借金やばい→インフレになるぞ→現金を他に換えとこう(=何に換えても消費になる)→好景気で自然に国の税収も増える

という方向に認識が変わればいいわけ

何がどうなるのかを経済わからん人に説明していくしかないね。


880 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:25:12 ID:E/mHNCRaO
国債脅威論を述べてる馬鹿が多過ぎだね

881 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:25:30 ID:/8tinlcT0
>>875
効果ないって事はないでしょ。
足りないなら増やせば良いだけ。
歳出増やした分まで量的緩和続けて
それでもインフレにならないなら夢の無税国家だわ。

882 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:26:45 ID:YaiNx52c0
>>24
中華の国、共産党一党支配が諸悪の根源です。、
核廃絶の理想を実現させるために中華民族をぜひ絶滅させましょう。

883 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:26:59 ID:wXE3o9/+0
この借金の行く先がインフレにあるとマスコミが煽ればいいんだけど
逆になぜか増税を匂わせて結果、国民の消費を冷え込ませるのが馬鹿マスコミ

もっとインフレ煽っていいのにさぁw

884 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:28:22 ID:g3gyDVKr0
>>879

  ↑ 島国猿の妄想でしたw



885 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:30:20 ID:wXE3o9/+0
ここだけの話、このまま借金膨れ上がってくると最後はお札刷ってどうにかするしかなくなってハイパーインフレになるから
今のうちに資産を株にでも換えといた方がいいよとかって、煽ればいいんだよ

結局景気は良くなるわけで、国民がみんなこう考えて行動してくれれば全てうまく回る。
何が問題ってみんなが現金で資産溜め込もうとするのが現在の現況なんだからさ。

886 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:30:25 ID:INj+Snkm0
公営カジノを解禁すれば借金なんてすぐ返せるって何度も言ってるのにな
そんなに借金が好きなら1000兆円超えてデフォルトに陥るまでいつまでも借金してりゃいい

887 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:30:37 ID:8LA+IjEi0
21 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 11:58:35 ID:g7Rxj9Vy0
自民議員に「第3の財布」 献金受け皿に 政治資金集計
http://www.asahi.com/politics/update/1223/001.html


888 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:33:03 ID:xHtdR1H30
>879
金の話は、結局落ち着くトコに落ちつくんだよ。

問題なのは、少子高齢化で、人口構成が変わっても、
技術立国であり続けられるかどうか、今までははっきり言えば
人余りだったから、社会福祉としての無駄な公共投資や、働かない公務員を
抱える必要はあったけど、もうそんな余裕は無いから、構造改革は必要。

つうか、そんな状態で、移民とか言ってるのは、ホントクズ政治家&経済人。

ほんとに必要なのは、ゆとりとは正反対のスパルタ教育。流動性が高くなった
世界経済の中で、生きていける能力を子供達の腕につけさせてやることが必要。

889 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:34:37 ID:Cf+eSZ630
>1
>国民1人当たりの借金は、626万円に相当します。

あのさぁ、この言い方ってまるで国民が国に借金しているみたいに聞こえないか?
国民は貸してる方なんだろ?

890 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:36:19 ID:g3gyDVKr0
>>889
「借り手が倒れれば、貸し手も倒れる」  こんな事も分からんのか?w


891 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:36:24 ID:wXE3o9/+0
将来不安が収まれば少子化も収まるよ

これだけ金をためようとするのは結局将来不安から来る安心が欲しいからでしょ。

結果デフレに落ち込んで景気悪くなってるのが全体でみりゃ頭悪いんで、
資産貯めるんなら当分は株にしとこうという風潮にすれば株バブル崩壊まではうまく回るよ。

実際に株価も上がるし景気も良くなるしな。

インフレにはなるだろうけど。

892 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:36:24 ID:kFpRMuWP0
みんなが株買ったらみんなが儲かればいいけどね
儲けた人の分だけ損した人もいるから
2極化が進むだけで結局トータルチャラ

893 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:36:44 ID:xHtdR1H30
>884
オマイさっきから、一人で破綻・破綻って煽ってるけど、
長期国債シコタマ買いこんでしまったんか?インフレになったらそんな困るか?

894 :議員年金廃止しろ。:2005/12/23(金) 12:37:10 ID:W+i4KMrB0
給食のおばちゃんの平均年収が800万円〜1000万円 退職金3000万円←――1日4時間勤務夏休み、冬休み有り。
みどりのおばちゃんの平均年収800万円←――1日2.5時間 (時給1万円)
用務員の平均年収800万円
市バスの給料・・・ 

小学生の時、給食のおばちゃんの給料がこんなに高いことを知っていたならば、いつも「給食のおばちゃんありがとう!」なんて言わなかった。
みどりのおばちゃんは善意でやってくれてるのかと思ってた。  


895 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:38:57 ID:pMwjma4z0
インフレ煽りすぎても怖いんだよなあ
日本人はいつもいつもいつもいつも極端な方向しかむかないんだもの

896 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:40:03 ID:Cf+eSZ630
>890
言い方がおかしいと言ってるんだ
そう思わないか?

897 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:40:18 ID:RWAnlqIc0
借金の額よりも
その借りた金を何に使ってるかが重要。
未来の地下資源代替エネルギーの開発に使ってるのか、
誰も使わんど田舎のコンクリートインフラに使ってるのか
それが20年先には日本の国力に結果として如実に現れる。

898 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:40:54 ID:fPpf/nRbO
もはや周知だろうが、国債を持ってるのは銀行や金持ち。
で、こいつらに800兆円を返すために、庶民から増税しようとなっている。

単純な解決策としては、銀行・金持ち増税で返済にあてる。
するとあら不思議、庶民は増税の痛みを受ける事無く、借金が返せるでしょう。

この手の煽り記事は、「国民」と一纏めにして誤魔化す。
そろそろ、同じ国民でも、金持ち国民と貧乏国民の二種類いることに気付こうぜ。

899 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:41:20 ID:g3gyDVKr0
>>893

↑ スゲェー 馬鹿w


900 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:43:50 ID:wXE3o9/+0
土地は絶対安くならんから金があるなら土地買っとけ→土地バブル

土地バブルは絶対じゃなかったけど国債なら絶対目減りしない→国債バブル

みんながみんが現金溜め込んだら金まわんないで経済冷え込むよ→デフレスパイラル

どうも現金で溜め込むのはやばそうだ→みんなこぞって株なんかの投機へ→たぶん最後はハイパーインフレ状況へ

日本人は行動が極端なんだよなw


901 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:43:59 ID:g3gyDVKr0
>もはや周知だろうが、国債を持ってるのは銀行や金持ち。

   ↑ 中学校くらい卒業してるんだろ?w   こんなアフォな事を書き込んで恥ずかしくないか?w




902 :議員年金廃止しろ。:2005/12/23(金) 12:45:13 ID:W+i4KMrB0
格言:底の抜けたバケツにいくら水を注いでも無駄無駄無駄!

格言:母屋(一般会計)でお粥を食っているのに、離れ(特別会計)で子どもがすき焼きを食っている

★特別会計−−−一般会計の5倍ぐらいの予算を使っている。
「各特別会計を管理する官庁の財布と言われている」

グリーピアなど、税金の無駄使いばかりしている。
電源開発特別会計では、ホームページの制作費に3億も使っていた。その他原子力相談室で質問1件当たり、25万3千円も使っていた

903 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:45:21 ID:XMF8gYPd0
もうハイパーインフレ引き起こすしかない!!!

904 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:45:22 ID:xHtdR1H30
>897
御意。

905 :議員年金廃止しろ。:2005/12/23(金) 12:47:30 ID:W+i4KMrB0
○イスや机の購入費総額250億円の無駄―――毎年購入してるとは思えない!流用の可能性大!
○社会保険庁6年間で6億のイベント代が全く異なる支出に流用。――関係者の処罰はどうした?
○44億の施設を2億で売却――アホか?これも計画した人間にお咎めなし?
よく出来た例
○東京都で2004年度から、職員の定期代を1ヵ月から6ヶ月に変更しただけで
1年間に34億円の節約が出来た――東京都だけで34億節約できたなら、全国に拡大したらどうなるか?
○警察庁でせっせと裏金つくり。
○社会保険庁 監修料を取りその製作した本を自分の庁で買うという。犯罪行為への処分はどうなった?



906 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:47:53 ID:xHtdR1H30
>900
日本人の行動パターンを、見切って半歩前に種撒いとけば、
大儲けできるよ。

907 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:48:14 ID:fPpf/nRbO
>>901
金持ち増税で庶民は増税から逃れられること、金持ち国民と貧乏国民の二種類あることは異論なしですね。
ありがとうございました。

908 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:49:45 ID:kFpRMuWP0
この先何が起こるかなんてわからない
金価格は絶対下がらないとも限らない

909 :議員年金廃止しろ。:2005/12/23(金) 12:50:34 ID:W+i4KMrB0
雇用・能力開発機構
○スパウザ小田原のように四百五十五億円もの建設費用を投入した豪華設備は結局八億五千万円で売り払われました。(447億の損失)
○グリーンピア事業は三千八百億円の貴重な年金資金を無駄にする勘定になります。
○年金:大切な積立金の一部を株式で運用しています。平成十四年度には二兆六千億円もの損失を出し、その時点での累計損失は六兆円にも達していました。
さすがに平成十五年には二兆円ほど取り戻しましたが・・・(4兆円の損失)。
○年金資金運用基金では前の節で述べましたようにグリーンピア関係で三千八百億円の損失、住宅融資で九千三百億円の損失です。(合計1兆3千億円の損失)

国が滅ぶのの原因は国の無駄使い。フランス革命は何故起こった?


910 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:51:42 ID:/8tinlcT0
>>888
当分人余りだからそんな心配するのは杞憂だ。
っつうか結局のところ金の問題で需要がないから子供が負債になっちゃうわけだろ。
労働需要が高まれば安心して産めよ増やせよできるよ。

世界経済云々はあんまり関係ない。大体のことは国内で完結している。

911 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:53:44 ID:/8tinlcT0
>>900
国債バブルというのはないし
どんなに煽っても投機が過熱したってハイパーにはならんよ。

912 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:57:00 ID:Cf+eSZ630
これだからこそ、行財政改革路線を打ち出した小泉自民が高支持を受けている
わけだな

913 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:58:10 ID:9qSQi5zg0
在日飼ってる金をやめて、パチンコ業界から税金きちんと
とるようにすれば、5年くらいでチャラになるんじゃね?

914 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 12:58:23 ID:wXE3o9/+0
国債バブル→インフレの可能性を無視した現金のリスクを無視した資金運用
ハイパー化になる可能性はいままで国債で持ってたところが一斉に手放して他へ資金を移す可能性からだね

そこまで極端なことにはならんだろうけど、日本人はみんな右へならえだから、
国債売れなくなったらまったく売れなくなるだろうし、そのときは円がやべぇとみんなに認識されたときだろう

915 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:01:46 ID:Cf+eSZ630
まぁ、いよいよとなったら米国債売っぱらって足しにすればいい
戦争になるかもしれんが、戦争も景気対策の一環だと思えばいい

916 :議員年金廃止しろ。:2005/12/23(金) 13:02:58 ID:W+i4KMrB0
○1127万円分のパソコンを紛失した東京労働局
○【社会】"夜間照明もあるよ" 工事費流用し、職員テニスコート造る…大阪の河川事務所
○【社会】国交省3事務所「作業服」と偽り公費でユニホーム購入
○【社会】作業服などの名目でユニフォーム購入 全国で22事務所で同様の処理 680万円余り
○【厚生労働省】27億円あまりの不適切な会計処理、厚労省が職員1083人処分
○兵庫労働局内部調査(裏金)――、職員が個人的着服(2億1331万円)や組織的にプールして(2億2019万円)
職員同士の懇親会費やタクシー代に使っていた。

917 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:03:39 ID:/8tinlcT0
>>914
国債が実態以上に評価されて値上がった事なんかないし
実質金利に応じた、今のところは一番得っていう実に合理的な判断の下買われてるでしょ。
幾ら買ったって資産価値上昇したりするような性質のものじゃないんだからバブルなんてないよ。

円より財だ!って資産バブルが起きるのは大いに在り得るけど、物理的にハイパーインフレはあり得ない。
対外債務が不渡り起こしそうになって輪転機大回転しても追いつかないで、しかもインフレ期待に市場が応じて…
っていう無茶苦茶な状況じゃないとハイパーにはなりようが無い。日銀もインフレ抑制能力はピカイチだしね。

言わんとすることは分かるけど誤解を招くからやめたほうがいいよ。

918 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:04:26 ID:BG7l+HPfO
日本終わってますね

919 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:06:20 ID:wXE3o9/+0
んだから、国債買うのが一番合理的って状況から脱しないと状況よくならないんだけど
日銀がそこから抜けたくないのがまた問題でねぇ

基本的に日銀はインフレを抑えるのが役目でデフレをどうにかするのは本来政府の仕事だけど
公共投資やると今度は借金増えるからやめろ言われる始末だし

920 :議員年金廃止しろ。:2005/12/23(金) 13:09:23 ID:W+i4KMrB0
国債は今国債の満期に返済できないので、また新たに国債を発行して賄っている状態。(自転車操業)
これ以上国債を発行し続ければ、国債の信用度が下がり銀行も買わなくなる。いままで郵貯が引き受けていたけど、民営化により
これからはそうもいかない。
国債を発行しても買い手がつかなければ。破綻。
そうなると日銀が現金を大量に発行して、スーパーインフレになる。らしい。


921 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:10:07 ID:xHtdR1H30
>910
移民移民っていってる馬鹿どもを何とかして欲しい。
どれだけ、アチコチの失敗例を見たら学習するんだ。

一緒に住めない位、考え方が違うから、違う国に分かれてるんだよ。
それを無くすなんて、オカシクなって当たり前だろ。

922 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:15:09 ID:Mqh69MFJ0
>>915
日本がそれ言い出す前にアメリカはチャラにするように要求してきます

923 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:17:27 ID:VA1QHuH90
▼ 景気回復の瀬戸際なのに増税で冷や水の狂気 ▼
 06年度予算の財務省案は、8年ぶりの緊縮型で、負担増のオンパレードだ。
 最も打撃が大きいサラリーマンは、所得税と住民税の定率減税半減で、ベラボーな
負担増になる。庶民の楽しみである第3のビールやワインは税率アップで、たばこは
1本1円の増税だ。たかが1円と思っていたらダメだ。すでにマイルドセブン270
円のうち170円が税金なのだ。それが190円になる。1日2箱として、年間14
万円近くを国に払うことになる。
 収入がある高齢者の負担も激増する。70歳以上が医者にかかる窓口負担は2割か
ら3割にアップ。65歳以上の介護保険料は引き上げられ、65歳以上の個人住民税
の非課税措置は来年6月から段階的に廃止となる。
 狂気の沙汰ではないか。企業収益が個人消費に流れ、本格的な景気回復になるかど
うかの瀬戸際なのに、これでは消費マインドが冷え込む一方だ。

▼ みずほ誤発注の裏に過酷リストラ ▼
 双日総合研究所のチーフエコノミスト・吉崎達彦氏は「みずほ証券の誤発注は証券
業界が行ってきた過酷なリストラと無縁ではないはず」と、こう言う。
「東証のシステムに問題が続出しているのも、設備投資を怠ってきたからでしょう。
日本企業の業績の裏には、こうしたひずみが見え隠れします」
 上場企業の利益は、無理やりひねり出した数字で、それを前提に浮かれている株価
もバブルである。
 その裏には、リストラされ、あるいは給与を減らされたサラリーマンの犠牲がある。
中小企業の悲鳴が聞こえる。だから、個人消費は伸びない。日本フランチャイズチェー
ン協会が20日発表した11月のコンビニエンスストア売上高(既存店ベース、11
社)は前年同月比4%減で、なんと、16カ月連続で前年割れだ。これで、どこが景
気回復といえるのか。浮かれるのは早すぎるのだ。

924 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:26:16 ID:wXE3o9/+0
だーれも国債買わなくなる可能性とか、買わなくなったらどうなるのかって話は
禁句なんだよなw

わかる人にはわかるけど言いだしっぺの法則が働くからなw

925 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:30:09 ID:vcu3XVHw0
↑すげー頭悪そうだな・・・

926 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:31:56 ID:xHtdR1H30
>922
なんか、日本の輪転機vsアメリカの輪転機
どっちが高性能かの勝負になりそうな悪寒。割を食うのは、、、

927 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:32:17 ID:ZllWXcBV0
景気が回復傾向と言ってるのになんで借金増えてんの。

928 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:32:19 ID:b6Tvrb5O0 ?
財政赤字の原因は、理念も見識もない売国政治家や官僚による無駄使いだ。
以下の無駄使いを即刻中止せよ!! その後だったら給与所得者減税とセットで消費税率アップ
もいたし方ない。これらを残したままの増税などとんでもない。

*核武装する中国へのODAを即刻中止せよ。
*国税支出の大きな部分を占める地方交付税は地方公務員の人件費が大きな部分を占めている
ので、赤字財政の地方は地方公務員の削減・地方公務員の給与削減を即時に実行せよ。
*憲法25条に違反する疑いが濃い日本人以外への生活保護費支給を再検討せよ。
*社会保険庁や郵貯・簡保による「厚生施設」という名の無駄な施設建設を即時凍結せよ。
*収益が期待できない整備新幹線・高速道路の建設を即時凍結せよ。
*公務員優遇の共済年金を即刻凍結せよ。かつ破綻ゴマカシの厚生年金との統合は禁止せよ。
*北朝鮮の核開発や弾道ミサイル開発費用を不正送金する朝銀への税金投入の責任者を処分し
再発防止せよ。
*朝鮮総連の建物に対する固定資産税免除の様な逆差別を即刻中止せよ。
*クロヨン・トーゴーサンピンの様な給与所得者とそれ以外の部分との不公平感を解消せよ。

929 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:34:04 ID:wXE3o9/+0
>>927
もはや返済の半分が利息だし

930 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:35:35 ID:7m/LPo+N0

× 乳幼児まで含めた国民1人当たりの借金は、626万円に相当します。
○ 乳幼児まで含めた国民1人当たりの債権は、626万円に相当します。


どーでもいいから、俺が生きてるうちに全額耳を揃えて返しやがれ > 国

931 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:37:10 ID:fT/DPRUI0
ID:g3gyDVKr0はキチガイだな

932 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:40:12 ID:ZgJR6s6f0
つーか、そんなに借金があるのに
何で公務員の給料は据え置きかアップしてるんだ?
毎年、人件費だけで40兆円で国債の発行額が30兆円だぜ?


933 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:42:07 ID:wXE3o9/+0
で、毎年の返済が20兆円で、そのうちの利息分が10兆円な
利息分が返済額超えなけりゃ大丈夫ってのが、問題ないという人の意見だけど
金利上昇するとやっかいだな

つまりここから突然インフレんなったらどうなるかだが

934 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:45:09 ID:vWtSRCPj0
金利0なのになぜ借金増えるのかなあ。
年収200万以下の俺でも借金0でやりくりしてんのに
贅沢しなけりゃ借金返済できると思うんだけどなあ。

935 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:47:45 ID:EEgqagI30
国には貨幣発行特権があり

すでに71兆円を日銀が肩代わりしている。

あと100兆円刷ったところで、インフレにはならない。

要は、キャッシュフロ−で経済をみればいいわけで

なんの心配もいらない。

936 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:48:14 ID:vyA79CNj0
やっぱインフレに持って行かなきゃどうしようもない。
アメリカ様の許可を得てからだが。

937 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:49:00 ID:wXE3o9/+0
金利0の国債なんてだれも買ってくれないわな
現金で持つのと同じじゃん

938 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:49:03 ID:Jcw1CS6k0
早くデフォルト宣言しないと。
財務省はとっとと、外国に国債売るのやめれ!払えないんだから。国際信用を失うぞ。
内国債は、国民が相手なんだから、払えない理由を説明すれば何とかなるって!

仮に、好況が50年続いて、増税をそれなりにやっても、数字上、大幅なインフレが
起きない限りは返済不能。
つまり、もう無理なわけで、株価が高く、景気が良いうちにデフォルトすべき。
(その後、20年ぐらいは、国債発行できないし、緊縮予算になるけど、小さな政府なら
乗り切れるはず)


939 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:49:07 ID:gu/jcLUy0
こんなこと発表しても国民の心情的にマイナスでしかないだろ。
だれがこうしたのかを発表するならいんじゃね?

940 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:51:04 ID:Mqh69MFJ0
>>936
国債たんまり持ってる銀行は即死ですが
すなわち国民の預貯金あぼーん
それでチャラ
そういうことでいいんですね?

941 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:52:04 ID:vyA79CNj0
>>940
なんでそこまで極端なんだよw

942 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:53:49 ID:kFpRMuWP0
>>932
ヒント:カースト制度

943 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:54:16 ID:LlrSDPi20
破綻・破綻と昔から騒いでいるけれど

全然平和じゃん、2ちゃん内だけですか?

944 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:54:44 ID:DkaaNOzNO
なんでこんな事に・・・
てか国の借金て国民の金なんでしょ?
貸してるみたいなもんじゃないの?
なんで国民一人あたり626万円の借金になっちゃうの?

945 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:54:51 ID:n6/cKOQW0
借金は増えつづけるのに公務員の給料はあがりっぱなし

946 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:57:46 ID:mXdfZ7nL0
まず公務員のボーナスなくせよアホが

947 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:58:29 ID:xHtdR1H30
>940
極端にはならないだろうけど、相対的に損するのは明らか。

結局誰かが負担しなければならん。
>561の中からどれを選びますか?って話。

948 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 13:59:56 ID:t7zRdXdD0
自らの政策の失敗と役人放置の姿勢が国を傾けたのに、自分たちじゃないと改革できないとか
絶叫する面白い男が総理になんてなってるんだから、どうしようもない。
国有財産売りまくれ。ドアホが。


949 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:00:55 ID:wXE3o9/+0
国民が平均1400万円の現金を、郵貯や銀行に溜め込んでる
郵貯や銀行はその金で国債を買う(金利が高いから)
国はその国債でいろんな物を作って公共投資する
国債の返還は、公共投資で景気良くなって税収が増えたらそこからまわす

ということで、メカニズムとしては増税しないで将来の国民から勝手に税金を取るというおいしい手法なわけです
増税すると国民が文句いくけど、別に国はそれでも巻き上げることが可能ってこと

税金の前取りでもう1000兆円ぐらい使っていろいろ作っちゃったから、国民は金払えってことです

950 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:02:38 ID:qUrW0oogO
議員の給料や手当て、退職金を7割位カットすればイイ

951 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:04:27 ID:yvQMAOIr0

政府の債務を家計(個人)と同じように考えることには問題がある。
「国民1人が600万円超を返済しなければならない」など、政府を個人にたとえて
危機感を煽ることが多いが、これは正しくない。

政府は国民から徴収した税金を必ず誰かに渡している(再分配)から、国民全体
では負担と受益は一致しており、純負担(=負担―受益)の合計はゼロである。

財政赤字の真実
ttp://www.dir.co.jp/publicity/column/051025.html

952 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:06:15 ID:t7zRdXdD0
橋本みたいに「明日アメリカ国債をすべて売却する」といってみろ小泉。


953 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:07:38 ID:wXE3o9/+0
つーても、国民の溜め込んでる金は1400兆円しかないから、1000兆円使い込まれたら
打ち消しあって400兆円しかのこらんけどねw

国が勝手に国民の資産を使い込んだだけ。
建前上は、それで国民の役に立つものに先行投資したことになってるけど
さて、その借金で何を作ったのかというのが問題なわけだ。

954 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:08:07 ID:yvQMAOIr0

民間部門が自分で使い切れず、海外にも貸し付けられない余りについては、国(政府)が
借りないと誰も借りてくれないということになってしまいます。そうした余りがある状態を
放置しておけば、経済全体として貯蓄ができなくなるまで民間部門の所得が下がるという
調整が働きますから、国(政府)が借金をすることには、民間部門の所得を下支えするという
一面があります。
ttp://bewaad.com/20050204.html

955 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:10:45 ID:vyA79CNj0
インフレターゲットまだ〜 (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
グリスパが辞めたら流れも変わるかも?

【経済】ブッシュ大統領,次期FRB議長に大統領経済諮問委員会のバーナンキ委員長を指名:U.S.(画あり)
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1130174963/


956 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:11:39 ID:ia8YrerJ0
>>951
前も見たコピペだけど、
要するに、国債を買った債権者がいるから、国民全体でプラマイゼロってことだろ
単純化し過ぎ

957 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:11:43 ID:kxMpjPx40
何で国の借金をいちいち国民の頭数で割らなきゃいけないんだ?
俺は国の連帯保証人か?

958 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:12:17 ID:yvQMAOIr0

国全体では借金どころか貯金が溜まっているのです。
国が国民から借りているので返すのも国民なので、国全体で見れば貸し借りゼロです。

借金を子孫に残すと言う人がいますが借金を返してもらうのも子孫です。
国全体で見れば貸し借りゼロで借金はゼロなのです。
「借りている国民の借金の額」=「貸している国民の貸している額」です。
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/1156.htm

959 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:15:23 ID:pkl3QREn0
破綻が近づいてまいりました

960 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:16:06 ID:yvQMAOIr0

財政赤字を家庭の借金の感覚で議論するのは適切ではありません。家庭の借金は
家庭の外から借金するのですが、国の借金は国の中の国民からするので、基本的に
性格が違います。
ttp://www.avis.ne.jp/~cho/nisy.html

国の借金が 650兆円にも増えているという統計は、逆にいうと、国民の財産が
650兆円にも増えているという統計と同じ意味である。
ttp://www.ieice.org/~coa/localmoney/localmoneyProgram/004.pdf

961 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:16:36 ID:wXE3o9/+0
消費税増税などで、みんなで返したらみんなの借金になる。
もしデフォルトやハイパーインフレで落とし前つけたら、現金で資産持ってる人だけがいたい。

だから、金のない若者は破綻してくれた方が助かる。作ってもいない借金に付き合う必要がなくなる。

962 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:16:49 ID:ZllWXcBV0
>>958
なんだかよくわからんがジャイアンのアイスクリームの理論みたいに
うさんくさいんですけど。。。

963 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:18:22 ID:sz3Mq/FB0
銀行の資産
・貸出金 → インフレ率から計算し固定金利であろうが強制的に利率変更
・国債 → 紙切れ

銀行の負債
・預金 → 預金封鎖でインフレが収まるまで利率凍結

結論:銀行は勝ち組

964 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:20:05 ID:yvQMAOIr0
国家の赤字=民間の黒字になります。
国民が、所得よりも消費を抑制することで生じた残金は貯蓄に回り、
それが結果として国債の原資となっています。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
ttp://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=77945

貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。
貯蓄(+企業の利益蓄積)=国債となってどちらも増加しながら均衡します。

965 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:21:50 ID:wXE3o9/+0
その仮定は日銀の収支とか海外のことを無視してないかい

966 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:22:30 ID:yvQMAOIr0

「国の『中での』借金を家計の『外からの』借金に喩えるのは、論理的な誤り」

野口悠紀夫「超」整理日誌4
tp://www.eonet.ne.jp/~nak1/rakuten/diary.2003.11.html

967 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:23:33 ID:Mqh69MFJ0
>>963
貸し倒れ不良債権がまたもや膨らむことをお忘れなく

968 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:30:54 ID:0E7KX3aL0
どうもこの借金は、完済は無理ということは確かなようだ。
・・・で、聞きたいのだが、デフォルトとかIMFとかってやつは
ある日突然やってくるの?それとも何かの予告・兆しがあってから起こるものなの?
どうも、これまでの例を見てるとある日突然やってくるようだが・・・

969 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:32:51 ID:wXE3o9/+0
IMFの金はほとんど日本から出てるわけですが

970 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:34:10 ID:Mqh69MFJ0
>>968
今の現実がすでに予兆なのだが…
何が引き金になるかは分からないが崩れだしたら早いだろうね

971 :名無しさん@6倍満:2005/12/23(金) 14:35:40 ID:vKGyrSMR0

花のお江戸は800兆

972 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:40:26 ID:9NFnq72G0
国債って国内の銀行や金持ちが買ってる(買わされている)のだ
ろ。
だったらいっその事破産した方が社会格差無くなって精神的には
穏やかになるぞ

973 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:42:45 ID:UiYWRKXL0
誰から借金してるの?
俺はそこから分かってない…

974 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:43:50 ID:xSNICoIl0
今の資産家の貯金は国債を振り替えただけとも言えるな。
金利所得は有益かどうかという哲学の問題だろ

知価社会で技術立国目指すなら金利収入は有害だが
政府が国債続ける限り利権社会のままということ


975 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:45:35 ID:kFpRMuWP0
政府(本店)の借金と国民(支店)の黒字を同等に考える論理にも無理があるがな
いくら国民資産が潤ってても火事場政府のサービスが受けられないと国は滅ぶ

976 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:47:49 ID:Mqh69MFJ0
>>973
国債買った人
銀行や郵便局が主な購入主
そこに預金してるのが国民

977 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:48:39 ID:KWXGVVnD0
国の借金って、その半分以上は国の資産に置き変わってるわけだから、
借金だけ計算しても意味がない。

978 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:52:13 ID:zWRdzqvM0
22

979 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:52:53 ID:NujG3x/O0
>>976
だから全然利息が増えない?

980 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:54:22 ID:zWRdzqvM0
20

981 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:56:26 ID:zWRdzqvM0
19

982 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:56:35 ID:Mqh69MFJ0
>>979
利払い金利が国債金利を下回ってるうちは銀行は左団扇
逆転したら火の車

983 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:57:01 ID:yvQMAOIr0

271 :名無しさん :2005/07/20 19:23:35
国債残高は放漫財政のツケではなくて、デフレによる貯蓄超過の裏返しでしかない。


984 :973:2005/12/23(金) 14:57:05 ID:UiYWRKXL0
>>976
どうもありがとう!外国からかと思ってた…ほんと馬鹿
親戚の薦めで国債買ってるので少しはチャラになってるのかなー w

985 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:58:40 ID:zWRdzqvM0
15

986 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 14:58:54 ID:Rt1zEPGO0
日本破綻5年前

987 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:00:01 ID:76acgnl30
TBSや毎日や朝日や共同は直ぐに浮上してきた景気に水を刺すような真似をする・・・

988 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:00:01 ID:yvQMAOIr0

借金を続ける放漫家計のたとえは当たらない。
この放漫家計は借金返済には将来、家計の消費支出を削減せざるを得ないのに対し、
内国債の返済の場合、国民全体の消費支出を減らす必要はないからである。

京都教育大学教授 田岡 文夫 
ttp://www.japanpost.jp/pri/reserch/monthly/2001/151-h13.04/151-POINT.PDF


989 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:00:34 ID:6HWRZZoPO
ア○フルにでも借りろやw

990 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:01:09 ID:zWRdzqvM0
10

991 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:02:23 ID:yvQMAOIr0
富者(国債購入者)が消費をあきらめ、国債購入でその資金を政府に回し、

政府が政府支出に使い、その分徴税額は減る。

したがって、これは富裕者から非富裕者への所得移転に過ぎない。

ttp://bewaad.com/20050204.html


公債が発行されたとき、公債購入者は、支出を削減している。したがって、

公債購入主体がなすはずであった支出が政府の支出に振り変わるだけである。

ttp://www.noguchi.co.jp/archive/yomiuri/yom34.html

992 :諸君、私はニュースが好きだφ ★:2005/12/23(金) 15:02:38 ID:???0
次スレ立てました

【財政】国の借金、800兆円目前…乳幼児含め国民1人当たりの借金626万円に★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135317715/

993 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:03:20 ID:lntCQxte0
破綻したら暮らしが変わるとかあんのか?

994 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:03:31 ID:NujG3x/O0
   /     \
  /   / \ \
 |   (゚) (゚)    |
 |    )●(   |   どう見ても>>1000はクリスマスは一人です。
 \   ▽    ノ   本当にありがとうございました。
   \_    /
.  /   ̄ ̄\

995 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:03:42 ID:zWRdzqvM0
5

996 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:05:46 ID:zWRdzqvM0
4


997 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:06:15 ID:3K2QgAZ+0
銀行に泣いてもらおうぜ(w

998 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:06:36 ID:NPDzJXqRO
個人的には999が・・・

999 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:07:21 ID:Mqh69MFJ0
皆さんご達者で

1000 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:07:25 ID:Jb3m0aMQ0
1000なら童貞卒業

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

311 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)