5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【中国】2年間に計108人の日本人が中国で臓器移植の手術受ける 瀋陽・上海

1 :依頼234@試されるだいちっちφ ★:2005/12/31(土) 01:58:51 ID:???0
★邦人多数、中国で臓器移植の手術

多数の日本人が臓器移植手術を受けた中国・遼寧省瀋陽の病院。同病院や上海の病院で
この2年間に、計108人が腎臓や肝臓の移植手術を受けた。国内の深刻なドナー不足で、
「移植大国」の中国に行く人が多いという。

時事通信社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051230-04170244-jijp-int.view-001
画像
http://ca.c.yimg.jp/news/20051230205252/img.news.yahoo.co.jp/images/20051230/jijp/20051230-04170244-jijp-int-view-001.jpg

関連記事(12/09付)
中国国内の臓器提供、大多数が死刑囚・衛生省が確認
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20051209STXKF033309122005.html

2 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 01:59:23 ID:T6kupPf00
ドナドナドーナードナー

3 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 01:59:43 ID:cLvi/GE90
臓器をのーせーてー

4 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 01:59:43 ID:NPd5ejan0
うへぇ・・・あまりいい話じゃないな

5 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:02:10 ID:9Rfzsnrk0
中国の臓器は死刑囚の使ってるんだよな。


6 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:02:47 ID:QJ+j3guF0
>>2
ワラタ

7 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:03:48 ID:UNF47LbEO
今すぐ中国で手術の必要があります
って言われたら悩むだろうな。

8 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:03:48 ID:Ry2A2wVy0
日本人に侵略か…
事あるごとに『慰謝料』って口走る人間が多くなりそうだな

ま、別にいいんじゃん
腐るほど人間はいるんだし

9 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:04:00 ID:k0ezEAbT0
中国産人間牧場のお世話になってる日本人が108人もいるんだなあ。
やっぱ生きたいよね☆

10 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:04:51 ID:tQQPyQT/0
うわいきなり臓器の写真かよ

11 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:04:55 ID:KQ2w4PXq0
中国は地球上で一番人命の安い国だと思う


12 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:06:00 ID:99FC46Ug0
一人っ子政策からひそかに外れたやつなんか、
臓器目的で殺されてそうだ

13 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:06:10 ID:7GXnPthn0
穢れたシナ人のパーツが入ったカスどもはもはや日本人ではない
そこまでして生きたいかね
卑しいやつらだ

14 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:06:53 ID:inphhBmO0
まえNHKのBSでやってたな。

15 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:07:13 ID:O8dlj7570
国民の臓器うって私服こやして、愛人かこってる共産党員をおもうと、ヘドが出るな。

16 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:08:08 ID:xDXjEnGp0
金の力で他国の貧困者の臓器を買う。
汚い日本人であることが恥ずかしい。韓国に生まれれば良かった。

17 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:08:13 ID:BYkXlzxG0
死ぬよりは良いってか・・・何か悪魔に魂を売り渡すようなw


18 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:09:20 ID:IKufbrkr0
>>2-3
ワロタwww

19 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:09:33 ID:BMHWxaus0
>>16
つ【半島に帰化】

20 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:09:53 ID:tQQPyQT/0
2年で108人じゃ少ないほうだ

中国人死刑囚の臓器で移植手術=イスラエルでブームに
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20050610/050609133316.6j0i5ioe.html

【エルサレム9日】9日付のイスラエル紙マーリブは、同国市民が毎月30人程度、
中国に渡り、死刑を執行された囚人から取り出した臓器の移植手術を受けていると
報じた。(写真は腎臓移植手術を行う外科チーム)

 これらイスラエル人は、ドナーが現れないことに業を煮やして中国に渡航する。
イスラエル当局者はマーリブ紙に対し、「中国での移植手術はコロンビアよりも経
費が30%安くすむ上に移植される臓器の質もよい。術後のフォローアップも世界
最高水準だ」と語った。求められる臓器は腎臓が大半という。

 最近、中国で移植手術を受けて帰国したアブラハム・サッソンさんは「中国で腎
臓移植手術を受けなければ、わたしはとっくに死んでいただろう。中国人死刑囚が
わたしの命を救ってくれたのだ」と話した。〔AFP=時事〕

21 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:11:22 ID:uhC1Eu1x0
自分が患者の立場なら金で貧困者の臓器を買うなんて絶対にしない。



ただ、子供が患者の立場なら・・・NOと言い切れない自分がいる。。。
そういうケースも多いと思う。遣り切れないよ。

22 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:11:36 ID:i+R6UMOi0
>>17
>死ぬよりは良いってか・・・何か悪魔に魂を売り渡すようなw

同感。
「だから日本でも臓器移植を推進しなければ日本の恥だ」
とマスゴミがもっていかないように強く願う。
なぜなら、脳死患者は死んでいるのでなく、生きているのだから。

23 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:13:04 ID:Zz4svNYA0
肝硬変が進行して肝臓がんになってる人などは本当に深刻なんだぞ
見た目にはぴんぴんしていても余命3ヶ月プラマイ1ヶ月


24 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:13:10 ID:fsZIxc9I0
>>21
死ぬべき運命のガキを生かしてどうする
次を作った方がいい

25 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:15:57 ID:i+R6UMOi0
>>21
>ただ、子供が患者の立場なら・・・NOと言い切れない自分がいる。。。

その指摘も、移植反対論者のまじめな声のひとつであろう。
人間は所詮エゴの塊。
究極の選択を迫られれば、エゴイズムを選ぶ生き物。

だからこそ、全世界で臓器移植医療を廃止しなければならないと思う。
貧乏人は臓器移植医療が利用できない。
中国は国庫が潤うからこそなにも問題にしていないのだ。
結局は富裕層が貧困層から臓器を売買していることとなんら変わらないのだ。

26 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:17:58 ID:sFJ2Tm0z0
中国で移植を受けた患者から謎のウイルスの感染が広まる

27 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:17:59 ID:XN9OvifU0
金持ちが貧民から臓器を買って何が悪いんだ?

28 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:19:37 ID:HLQm4xEu0
アメリカで移植を受ける日本人も多いけど、アメリカは臓器が余ってるわけじゃありません。
アメリカも慢性的な臓器不足に悩み続けてる国です。

29 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:19:55 ID:i+R6UMOi0
インドなどでは臓器を売って生計を立てている人が少なくないという。
そうしてそれを買うのは日本・韓国。

買う人がいるから売る人がいる。
なにか間違っていないのか?

30 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:23:02 ID:avi+St4JO
水滸伝の豪傑たちの生まれ変わり?

31 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:23:13 ID:KKc8MPEC0
>>22
マスゴミはともかくとして、脳死は人の死です。

32 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:23:23 ID:8O+Nl/0g0
そのうち日本でも、意思表示カードに「NO」を記していても、
家族の同意があれば、亡くなった本人の意思とは関係なく
臓器提供が可能になる時代が来そうだな…。

33 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:23:53 ID:T9aLf7stO
昔は人の臓器に限らず、皮や髪、骨、脂など利用できる物はなんでも利用した。

34 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:24:53 ID:i+R6UMOi0
>>27
>金持ちが貧民から臓器を買って何が悪いんだ?

死んだ人の臓器なら別にいいと思いますが。
でも脳死の人は、脳死体ではありませんので。
汗をかき、涙を流し、女性は生理があり、出産し、苦痛を感じます。
生きている。
その証拠に、脳死の人から臓器を摘出するときに医者は必ず麻酔を強くかけますが、
これが何を意味しているかわかりますか?
苦痛にのたうちまわる姿をみて、看護師をはじめ動揺するのを未然に
防ぐためです。

35 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:27:06 ID:i+R6UMOi0
死体だとして、どうして臓器摘出のときに、
麻酔をかけなければならないのでしょう???
http://www6.plala.or.jp/brainx/
http://www.ceres.dti.ne.jp/~gengen/masui/nousi.html

36 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:28:23 ID:mhxA3eza0
中国は人間一匹いくらで買えるの?

37 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:29:13 ID:i+R6UMOi0
コピペ

法的脳死判定9例目ドナーからの臓器摘出において、「ベクロニウム(筋弛緩薬)4mgを
静脈注射した。臓器摘出手術の開始直後に一時的に高血圧となったため、ニトロプルシド
(血管拡張薬)3γ、イソフルラン(ガス麻酔)0.5%を数分間投与した」と、
日本麻酔学会準機関誌 麻酔 第50巻6号 p694に掲載されている。

「痛みは感じず、意識もなく、もはや生き返ることがない確実な死体になっている」
との認識で、生前に臓器提供を自ら承諾するからこそ、脳死判定も臓器摘出も合法化
される。しかし本当は、上記の認識が間違っているのかもしれない。
http://www6.plala.or.jp/brainx/


38 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:35:25 ID:i+R6UMOi0
日本の臓器移植の実態:

福岡徳州会病院における、8例目「脳死」移植について
全国から237人が、異議申し立て!


一、 何人も死にいたるまで救命治療を受ける権利を有している。臓器移植法に
よ っても、脳死判定によって二回の判定で脳死が確立するまで、救命を目的と
した治療の変更は許されない。
医師は救命のための合理的で適切な裁量権を有しているが、救命治療 の放棄や
、死を早める処置、及び、臓器移植のために脳死に至るのを待 つが如き裁量権
は有さずこれらの行為は違法であり、患者の人権を侵害 する。

二、 ところが、臓器移植法が成立した後、ドナーカードの存在もしくはその提示
があれば、上記原則が逆転され、移植のために救命治療がなおざりにされ、 もっぱら
移植への進行過程が優先される事態が生じている。

中略

法的脳死判定で咳反射が認められたのであるから、直ちに、積極的な救命治療がなされ
なければならなかった。本件のように外傷性くも膜下出血や脳幹損傷にたいしては、
脳低温療法が適応を有し、現在ではひろくゆきわたった治療法で、かつ、被申立人病院でも
実施しているにもかかわらず、この救命治療をなさず、ただ、漫然と脳死に至っていく過程
を追認し、いわば完全な脳死になることを待つという違法な行為がなされている。
脳低温療法の実績からすれば、本件では救命の可能性もありえたと考えられ、この努力を
なさずして、脳死に至らしめて臓器を移植した事は著しい人権侵害である。
http://w3.v-net.ne.jp/~pikaia/kyusaifukoka.html

39 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:38:09 ID:WwSteauY0
こりゃそのうち、日本の臓器売買業者が乗り込んで、
手術は日本人移植専門医と日本人スタッフが担当するので安心
ですよなんてキャッチフレーズで移植ビジネスをやり始めるの
はあるまいか。
中国政府にしてみりゃ日本人から法外な外貨はせしめられるし
やりかねないな。

40 :ドナーカードをもっているあなたへ:2005/12/31(土) 02:39:16 ID:i+R6UMOi0
一度このビデオをご覧になることをお勧めします。

果たして、死んでしまった人間を「人」と扱うべきか、「物」と扱うべきか、
意見は様々なようですが、なにもそこまでしなてもというのが正直な気持ちです。
アメリカの現状は、まさにアメリカの的な合理的考えに基づいていると思われました。
死んだ人の意思で移植が行われるのはいいとして、「脳死」と判定し、移植がおこな
われるまでの過程に日本での臓器移植、あるいは世界の現状に問題があるように思います。
たんたんと行われる各種臓器の摘出、はたして最善の努力をもって延命に勤めたのかという疑問が持ち上がります。

それが、次のビデオ「生と死を見つめて」を見て、強く実感しました。
最善の努力(治療)を施せば、今まで簡単に「脳死」とされていた状態から生還できるのだという事実。
http://w3.v-net.ne.jp/~pikaia/bideoks.html

41 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:40:42 ID:DWbp3CM60
そのうちジャスコに並ぶのかな。臓器。

42 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:45:59 ID:XwqVuZm90
そりゃファン教授も注目されるわ。

43 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:46:24 ID:i+R6UMOi0
>>37
>臓器摘出手術の開始直後に一時的に高血圧となったため、

これが何を意味しているかおわかりですか?
この現象は、この患者に特異的なものでなく、脳死のひとから
臓器を摘出するときには普通にみられる反応です。
メスを体に入れた直後に、なぜか血圧が急上昇する、ということですよ。
その理由は「痛み」です。
脳死のひとは、臓器の摘出時に麻酔をかけられますが、それでも痛みを強く感じている、
ということです。
これでもドナーになりますか?
>>38のようにドナーカードをもっているというだけで、「生きのいい」臓器を摘出する
ための医療に切り替える準備が必要になるため、救命医療がずさんにならざるを
えないのですが。

44 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:49:55 ID:i+R6UMOi0
いくつかの病院で、脳死判定の現場を何度か取材したことがある。
最初はもちろん、脳死判定というものが正確に行えるのかどうかを、この目で実際に
確認するのが目的だった。
しかし、次第にその判定方法に疑問を持つようになった。
痛み刺激に反応するかどうか体のあちこちに鋭い痛みを与えて調べる、瞳孔を見る。
このあたりまでは私も冷静でいられた。
が、そのうち医師が患者の顔を揺さぶる、耳に水を入れるといった行為に及んで、
これはもう瀕死の患者に対して医療側が行う行為とはとても思えなくなってきた。
その極めつけが無呼吸テストだった。
無呼吸テストとは、
人工呼吸器のおかげで何とか呼吸が保てている患者さんから人工呼吸器を外して、
自発呼吸が戻るかどうか、10分間、患者さんを観察するものだ。
医療の専門家ではない私には、このテストは瀕死の患者の体力を一気に消耗させて
しまうように思えてならなかった。
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/ishoku/ishoku318.htm

45 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:50:56 ID:2WZu9tm90
某氏のなかみは本当に息子のmうわなんだおまえやめr

46 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:51:02 ID:bl0CPHO80
>>41
猟奇の檻 を思い出した(;・∀・)

47 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:51:56 ID:jbqP4ELc0
中国人って悲惨だな
世界の奴隷だよ
よく平気でいられるな

48 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 02:55:43 ID:pE/SUj9m0
>【エルサレム9日】9日付のイスラエル紙マーリブは、同国市民が毎月30人程度、
>中国に渡り、死刑を執行された囚人から取り出した臓器の移植手術を受けていると
>報じた。(写真は腎臓移植手術を行う外科チーム)

oioi
いったい、どの位死刑囚いるんだよ。
臓器需要に合わせて、死刑してるんじゃ?
死刑つうより、私刑だな。恐ろしい。


49 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 03:06:10 ID:COsRzaxP0
>>i+R6UMOi0
その張ってるリンク先をご自分でよく読み返しなさい。
麻酔は脊髄反射と血圧を抑えるため、とある。
・・・・これ以上議論の余地があるのだろうか。

>血圧が上がったのはなぜだと思います?
>痛みを感じているからですよ

いいえ、違います。(この一言で終わる

というかそもそも
脳死しても痛いなどというのはさすがにあなた以外誰も言わない暴論です。
とりあえず医学の知識がある者なら一人も賛成するものはいない。
その暴論を認めれば、脳障害からくる無痛覚症候群というものが
「この世に存在しない」ことになってしまう。
医学を捻じ曲げるのは容易ではありませんね。

動く=苦痛でのたうっている
涙を流す=泣いている
血圧が上がる=痛みを感じている

こういった投影はロマンティックで結構ですがね。
「苦痛でのたうち回る」などといった
根拠の一切ない あ な た の 想 像 を
さもリンク先に書いてある事実のように言ってはいけない。
よく読まない人は信じるかもしれないんだから。

50 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 03:10:48 ID:f0XDk3RB0
自分が病気になったら、カネで臓器買ってでも生き延びたいと思うなあ。
いっそ法で規制されればあきらめがつくかもしれん。

51 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 03:18:16 ID:COsRzaxP0
まあ追い詰めるつもりはないよ。
脳死者の意識が確認できない(当たり前)以上
内心では苦しんでいるに違いないと“信じる”のは自由。
それはすなわち宗教に近い。「脳死者生きている教」だ。

そう“信じてる”なら
痛みを感じるのは脳だとか、脊髄だけで不随意反射が起こる(中学レベルの知識)とか
そういう科学的事実は無力だわな。。

52 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 03:29:52 ID:bl0CPHO80
なんだか意識っていうものがどういうものかわからなくなってきた(;・∀・)

53 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 03:40:09 ID:0QSaQwjC0
>>48
死刑囚の臓器だったのか
臓器売買で一般人が殺されるのかと思った

54 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 03:58:16 ID:ywtexsvx0
でも、死刑囚って言っても
はたしてどう言う罪状なのか・・・

ttp://www.geocities.jp/saveeastturk/index.html

↑こう言う感じの、政治犯だったりしたらかわいそうだなァ・・・
中絶胎児の脳みそを、なんかの病気の移植にも使ってたりするらしいね・・・


55 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 03:59:35 ID:HS/rHwr/0
「死刑囚」だったらいいや、と思考停止しないでどんな罪で裁かれたのかまともな裁判だったのか考えたほうがいいのでは?中国だぞ?
だいたいビジネスになってるんだったら「商品」を補充してもっと儲けるという力がどうしても働くんだけど、それをちゃんと律していると言えるのか。

56 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 04:38:07 ID:SpwpLLwb0
フランケンシュタインの怪物は、博士が大男の肉体に
死刑囚の脳味噌を移植したので暴れ出すんだよ

57 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:03:46 ID:4cm6G9Em0
死刑囚の肝臓に一部は豚の肝臓もまぜています


58 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:06:11 ID:5/b7onSU0
略奪・裏切りの歴史の中国人のDNAから
作り出された臓器を移植するなんて考えられません><


59 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:10:59 ID:VKItdBHL0
>>58 患者と、その家族に言ってこいよ。同じ台詞を。

60 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:14:26 ID:cbAIGibmO
知らない間に中国人のお世話になっていたんだな。


日本人は、もっと中国に感謝しないとな。


いつか、お世話になるかもしれんからな。

61 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:16:48 ID:/eg+XfEF0
脳改造されて帰ってきました

62 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:26:45 ID:/KA8M7oh0
もしかして水滸伝?

63 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:33:51 ID:vSMolLzYO
>>59

たとえ患者でも、ある程度の倫理観は必要だと思うよ。
こんなの国内法で規制するべきだと思う。(ま、可能なら)
たとえば自分の子供が助かるなら子供のクローン人間を作って、そこから臓器を取ることが許されると思いますか?
だからこそ日本国内では臓器移植に高いハードルがある。(ちょっと高すぎるとは思うが)
死刑囚の臓器なんて、しかも独裁「圧政」政権下で生まれた死刑囚の臓器移植なんて正気の沙汰ではない。
考えてみろ。
アメリカが独裁を許している(独裁政権を作り出した)国家で生み出された(大量の)死刑囚の臓器をアメリカ人が大量に買い付けていると考えれば許せないだろう?
(ま、こういう実態も有るかも知れないが)


64 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:35:49 ID:Uh1GQmF90
これってあまり臓器が売れすぎると死刑囚が増えるような予感。

65 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:36:11 ID:99FC46Ug0
回族とチベット人の臓器だったりして。

66 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:38:25 ID:UWQ6FAEz0
移植した臓器からシナーウイルス蔓延中

                アイヤー!        ○   ○  ○
                              ヽ  ノ  ノ アイヤー!
                  ○   ○  ○     、ヾ''""'ツノ,  
                  ヽ  ノ  ノ  ○⌒ミ ( `ハ´)ミ⌒○  
       アイヤー!      、ヾ''""'ツノ,     "ミ,, , ; ;;::ヾ     ○   ○  ○
               ○⌒ミ ( `ハ´)ミ⌒○   .ノ "''')'''"ヽ、    ヽ  ノ  ノ アイヤー!
    ○   ○  ○      "ミ,, , ; ;;::ヾ      ○  ○   ○    、ヾ''""'ツノ,   
    ヽ  ノ  ノ       .ノ "''')'''"ヽ、              ○⌒ミ ( `ハ´)ミ⌒○
    、ヾ''""'ツノ,       ○  ○   ○  ○   ○  ○      "ミ,, , ; ;;::ヾ 
 ○⌒ミ ( `ハ´) ミ⌒○                ヽ  ノ  ノ      .ノ "''')'''"ヽ、 
    "ミ,, , ; ;;::ヾ     ○   ○  ○     、ヾ''""'ツノ,      ○ ○○ ○ ○
    .ノ "''')'''"ヽ、     ヽ  ノ  ノ   ○⌒ミ ( `ハ´)ミ⌒○     ヽ  ノ  ノ 
   ○  ○    ○    、ヾ''""'ツノ,      "ミ,, , ; ;;::ヾ        、ヾ''""'ツノ,  アイヤー!
              ○⌒ミ ( `ハ´)ミ⌒○   .ノ "''')'''"ヽ、   ○⌒ミ ( `ハ´)ミ⌒○
                "ミ,, , ; ;;::ヾ     ○   ○   ○    "ミ,, , ; ;;::ヾ
                .ノ "''')'''"ヽ、 アイヤー!             .ノ "''')'''"ヽ、
               ○  ○   ○                 ○   ○   ○


67 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 05:38:51 ID:9j30E8b60
リアル人体模型のプラスティネーションも、中国産死刑囚を再利用してるんだったな。

68 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 06:12:18 ID:G0plZuo30
良識ある医者なら、中国での移植を進めないよ。
医療の水準が、欧米に比べて安かろう悪かろうじゃ。

69 :諸君、私はニュースが好きだφ ★:2005/12/31(土) 06:17:18 ID:???0
中日新聞ソース。ちゃんと触れてますね。

中国で邦人108人臓器移植 死刑囚から提供
http://www.chunichi.co.jp/00/kok/20051231/mng_____kok_____000.shtml

 中国で日本人の臓器移植手術を仲介する中国国際移植支援ネットワーク
センター(遼寧省瀋陽市)は三十日、今年末までの二年間に、日本人計百八人
が腎臓、肝臓の移植手術を受けていたことを明らかにした。日本国内のドナー
(臓器提供者)不足が深刻なため、多くの重症患者が中国に渡航し、移植手術
を受けている。

 同センターによると、移植手術は北京、上海、瀋陽の有名病院で実施
され、これまでに腎臓が九十七人、肝臓が九人、腎臓・肝臓が二人の
計百八人が手術を受けた。諸費用は腎移植が六百万円台、肝移植が
千三百万円ほどで、米国などと比較するとはるかに安い費用で済むという。

 ただ、中国人ドナーの95%は死刑囚とされ、倫理問題を指摘する
専門家も多い。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは中国で
昨年、約三千四百人の死刑が執行されたと発表。これら死刑囚の臓器
は移植手術に使われたとみられる。

 中国では年間六千件の腎移植が実施されるが、移植が必要な患者は
約五万人いるとされる。金銭的に恵まれた日本など外国人患者の増加
は、中国人患者の手術の妨げになるとの指摘もある。

 同センター代表は「死刑囚から臓器提供を受けていることは分かって
いる。だが、自分の身内や子どもが重症患者だったら、倫理問題を
言ってはいられない。中国の医療技術は高く、今後も臓器移植をサポート
したい」と話している。

70 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 06:20:29 ID:cLJX/k2ZO
オエー!よく自分の体内に汚い臓器入れられるな
中から腐るよ
移植した奴はもう中国人判定でいいな
子孫遺すな

71 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 07:53:30 ID:NwSMiVDd0
>>70
まあ、それもこれもきみ&きみの身内ならどうする?ってのが問題なのだが。
どうする?>>70

72 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 08:03:25 ID:4gaFGAwb0
時々中国人の外科に凄腕がいるんだよな、胆嚢を中国人の医者にやって貰い
命拾いしたよ、有難う

73 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 08:10:25 ID:rKRLxauo0
>>72
【中国医療】金持ちからは治療費8千万円、点滴1日170`、貧しい者は見殺し、誤診と手術ミスでも「命があっただけありがたく思え」
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1135953033/

74 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 08:31:25 ID:Ly/onMOX0
実際、自分や家族の命がかかってれば、手段を選んでいられないってのはあるかもね

75 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 08:41:50 ID:9mqTFWlG0
脳死になったなら移植に使ってもらって良いよ
今の医学ではどうせ回復できないんだし
植物人間は死ぬよりつらい


76 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:20:26 ID:i+R6UMOi0
>>49
反論はその程度ですか?
それではなぜ、筋弛緩剤で十分なのにモルヒネをつかうんでしょうか?
痛いから使うんですよ、痛いから!

以下引用:

両側大脳半球を除去した動物から自発行動は無くなるが、強い不快な刺激を与えると覚醒する。
これら除脳動物にみられる共通の症状は、インプットは保たれているが、アウトプットは極度に
障害されているということである。≪無意識的・受動的な感覚≫と、≪意識的・能動的な感覚、
知覚≫は区別しなければならない。後者は大脳半球によって起されるのに対し、前者は間脳、
中脳、橋、延髄、脊髄に依存している。

頭皮上脳波が平坦でも、脳室内あるいは鼻腔からの誘導では活発な活動電位が見られる例が
しられている。さらに臓器摘出のために皮膚に切開を入れると同時に、血圧の上昇、頻脈の
出現することは1985年 Wetzelの報告以来、よく知られた事実である。このような現象は、
脳の一部に機能が残っていなければ起こりえない。

意識は大脳皮質のみで感じているという根拠は無い。高次の中枢が障害されれば、それより下位
の中枢が働く。皮質下中枢、脳幹、さらに脊髄にも中枢がある。客観性、再現性、普遍性を金科
玉条とする現代科学は、≪意識≫を扱えない。

77 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:22:51 ID:i+R6UMOi0
>>76つづき

米国では脳死やそれに近い患者からの臓器摘出に、モルヒネを使うようになった。
脳死患者の種々の体動は反射とされているが、脊髄反射を抑えるためならば
筋弛緩剤を用いれば十分であるのに、なぜモルヒネを使わねばならないのか。
人に言えぬ不快感を感じて移植手術から手を引いた外科医や、脳死と判定すること
を嫌がり、脳死判定を遅らせる傾向もあるのはなぜか。実際に救急部で医師は
このような経験をしている。手術台上に起き上がる脳死患者もいるのである
(会田 薫子私信)。
これが脊髄反射であろうか。(注:手術台上に起き上がる脳死患者については、
上記以上の記述は「神経内科」誌上にはない)

麻酔をかけるだけでは解決しない問題である。脳死と診断された患者に100%
意識が無いとは言えない、と考える神経内科医はいる。前述の除脳動物ではインプットは
入ってもアウトプットができない状態であり、脳死患者もこれに近い状態にある可能性を
筆者は考えている。

果たして脳死という診断が可能かという疑問を出す研究者もいるが、移植が優先される現在では
あまり問題にされない。「脳が無いからといって意識もないとするのは、胃が無いから食物が
摂れない、と考えるに劣らず愚かしいことである」といったのは1907年Henri Bergsonであるが、
この言葉には今改めて深く考えさせるものがある。現在脳死は、臓器移植の必要に迫られて無理に
設定されているとの批判を免れない。意識がある状態で臓器を取り出しているとすれば、われわれは
恐ろしい罪を犯していることになる。われわれは進歩の名において、取り返しのつかない罪を犯して
いるのではないか?

移植臓器の不足から、脳死以外に心臓死5分後(施設によっては2分後)に臓器摘出が行われる例が増えて
きており、このような場合は患者は本当に痛みを感じていないのかとの強い疑問も出されている。

78 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:23:19 ID:d5v0KkjH0
1.帰って来たら別人だった。
2.結婚して家族をぞろぞろ連れて帰ってきた。
3.洗脳されていた。
4.帰ってこない。

79 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:23:26 ID:Dfg7LH1do
医は仁術なり。

80 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:24:02 ID:b67+EfhN0
>>76
脳死って大脳半球だけの障害と思っている人ですか?
寝耳に水入れてまで確かめようとしているのは何であるのか。

81 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:25:47 ID:i+R6UMOi0
>>76
脊髄反射でも問題は解決しない
 古川 哲雄:脳死と臓器移植 ―脳死患者に本当に意識はないのか?―、
神経内科、54(6)、529−533、2001

から引用。
http://www6.plala.or.jp/brainx/reflex2.htm


82 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:26:06 ID:b67+EfhN0
>>77
続きがあったのか・・・・
で、脊髄って人格あるのかな。
末梢神経は?
神経以外の組織は?

ってなことになるな。
話は脳死を認めるかどうかじゃないのですよ。
部分死を認めるかどうか、その線引きはどこという話なんですよ。
だからこそ今のところ家族じゃなく自分で決めろと言うことになっている。

83 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:27:55 ID:6Ha6QaJ6O
108煩悩?

84 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:28:41 ID:i+R6UMOi0
>>79
臓器移植医療が仁術だとおっしゃっているのでしたら
考えを改めたほうがいいと思いますよ。

>>80
英国のみは脳幹死を脳死としていますね。
もちろん、日本における脳死の基準は全脳死です。
ただし、脳死は死である、とは私は決して認めませんよ。

85 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:31:53 ID:WI9EH/mE0
日本人最低だ・・・

86 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:35:12 ID:Vr7ytWQU0
>>2-3
>>3のセンスがいいなw

87 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:35:26 ID:i+R6UMOi0
>>80
あなたは脳幹聴性反応で脳幹機能がすべて代表されるとお考えですか?
機能が一時的に失われていていて実は脳幹は死んでいない可能性は
どうして否定できますか?

>>82
>で、脊髄って人格あるのかな。
>末梢神経は?
>神経以外の組織は?

まじめな科学者なら、「わからない」と答えるでしょうね。
意識と脳の関係すらまったくわかっていないのに、
ましてや脊髄、末梢神経、神経以外の組織と意識の関係はわかりません。
「記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記(クレア・シルヴィア他)」
という本のような話はありうるかもしれないとは思っています。

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2005/10/post_a47b.html

88 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:36:39 ID:1yiaihlg0
108人も生き汚い連中がいるのかよ。
ちょうど煩悩の数だなw
さっさと死んでしまえ!

89 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:36:43 ID:EntuYhdE0
病気になってみりゃ分かるが、治すためならなんでもするって気持ちになるぜ。


90 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:37:20 ID:H9Utx2At0
デパートで
親がトイレ入っている隙に子供いなくなる→行方わからず→臓器
と思っていた。

91 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:39:02 ID:Vr7ytWQU0
腎臓と肝臓なんだろうな
しかも正常な人間からの


92 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:44:44 ID:rKRLxauo0
>>87
そのリンク先みたいのまで言い始めたら、例えば脳は送信/受信機で、
肉体とは独立した意識/魂がどっかにあって、それと交信している、
とかそういう電波まで考慮せなならんの?

93 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:52:58 ID:i+R6UMOi0
>>49
>脳死しても痛いなどというのはさすがにあなた以外誰も言わない暴論です。
>とりあえず医学の知識がある者なら一人も賛成するものはいない。
>その暴論を認めれば、脳障害からくる無痛覚症候群というものが
>「この世に存在しない」ことになってしまう。
>医学を捻じ曲げるのは容易ではありませんね。

暴論はどっちでしょうか。
私は「脳死である場合、かならず痛みを感じないとはいえず、筋弛緩剤で十分な
はずであるのに、アトロピンやモルヒネや笑気ガスを使うのは痛みを抑える以外の
何者でもないのではないか?」と提言しているんですよ。
無痛覚症候群は遺伝性運動知覚ニューロパチーなど、末梢ニューロンの疾患がほとんど
ですが、脳死状態であるから(必ず)痛みを感じないとはどのように証明するんでしょうね。
ぜひその方法を示してください。


94 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:53:52 ID:8YNy0NNd0
麻酔が覚めたら逆に腎臓が一個減ってたりしてそう。

95 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:54:44 ID:mMp72pgX0
>>1
頼むから変なウィルス持ち帰ってくんなよ

96 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:57:09 ID:buB6Zax8O
>108人

それ何て水滸伝?

97 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 10:59:03 ID:buvKoBtn0
>>1

というか、こんな話しは10年以上前からのはなし。
どう考えても今頃、こんな話しが出てきたのは領事館自殺事件の矛先変えたいんでしょ。

中国の移植実態

・もともとは死刑囚の臓器を中国共産党幹部へ移植したことが始まり

・死刑は銃殺だが頭部のみを狙うように兵士に指導。死刑上の横には搬送用の救急車が待機。

・適合のある囚人は軽犯罪であろうと死刑にしている節があり

・死刑囚の遺族が遺体の引き取りを要求した場合、法外な金を手数料として要求。
 そのため、貧困層の人間は遺体の回収さえ不可能。

これは事実上、中国の国家事業の一環です。
日本人を非難する前に中国政府の人権侵害を追求すべきでしょ。
とこくアカ日新聞さんあんたら日本人の事悪く書きすぎ。

98 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:05:54 ID:i+R6UMOi0
>>92
>例えば脳は送信/受信機で、
>肉体とは独立した意識/魂がどっかにあって、それと交信している、
>とかそういう電波まで考慮せなならんの?

わからないものは、わからない、で片付けるのが真の科学的態度でしょう。
痛みを感じる可能性が少しでも存在するのなら、脳死状態のひとから臓器を奪う権利は
ない、と私は考えます。
あなたのおっしゃっているようにおそらく交信云々という人は「電波」なのでしょう。
しかし、それを明確に科学で否定できないことも、我々は素直に認めなければならないと
思います。あくまでも霊肉二元論や一元論は科学とは別次元の問題です。

99 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:07:30 ID:CUvdx0sD0
中国での手術は躊躇する人が多いから、
中国からドナーを輸入して日本で移植したほうがいいんじゃないかな?

100 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:09:57 ID:b67+EfhN0
>>87
そう、わからないのよ。
わからないのに脳神経どころか心臓死で線引きしていたね。脳死が登場する前は。
死の本質はそのようなものなんですよ。

ただ脳死ってこれまで心臓死で見ていたのになんで逆行するの?と
パッと目には見えるよな。でもって、それを説明するために心臓は活きていても脳が死ねば
人格が云々言い出したらあなたや>>82で言ったようなのがクリアしようがないので答えは出ない。
結局、脳死+移植って、本人が「こうなったら俺は死んだものと思ってくれ」と表明してはじめて
有効だろうと俺は思う。本人が健常な間に脳死の概念を理解し、このへんならよかろうと了解
して成り立つわけ。おまけに臓器を有効に使ってくれという意思表示があれば移植も成り立つだろう。
法律は誰も殺人犯・屍体損壊犯にしないためにあるだけ。
現実には呼吸が止まったらそっとしといてください、って意思表示がまかり通っていますからね。

だから俺は小児の臓器提供は不可能だと思うし、自由に説明をつくして行われたかどうか
すげーぁゃιぃ今回の死刑囚臓器移植についても反対になるな。
家族が移植を受ける側になったらどうなるかわからん。
自分自身が受ける場合なら拒否する覚悟はもっているけど。

101 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:10:43 ID:twx4EX8c0
ジャンボ鶴田は臓器移植で死んでたんだな

なんか酒の飲み過ぎで肝臓壊しても中国で取り替えればいいでしょ
ってモラルの低い人たちがやってそうでやだな。

ジャンボ鶴田は純日本人じゃなさそうだが

102 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:13:59 ID:i+R6UMOi0
>>93つづき
以下、私の意見に賛同されている研究例を示しましょうか。
http://web.kamogawa.ne.jp/~ichi/cre-k/sugibbs2/trees.cgi?log=&v=590&e=msg&lp=590&st=0
以下、日本臨床麻酔学会第24回大会抄録号の付属CD\endai\1-023.html.
によると(中略)

執刀前から筋弛緩剤と麻酔薬の両方を投与した。従来は執刀前には筋弛緩剤だけを投与しておき、
執刀開始による侵害刺激に対応して血圧が上昇すると、急遽、ガス麻酔をかける対応がみられた。
ドナーが疼痛刺激に対し循環変動が起こる反応をみてから、麻酔をかけていたようだ。
筋弛緩剤だけの摘出例もある。
しかし、このドナーには最初から麻酔もかけている。もはや普通の生体を対象とする手術と、
同じ麻酔管理ではないか。
徐脈が起こりアトロピンを使ったところ、有効だった。(中略)
徐脈時にはアトロピンは無効とされるが、我々の症例では有効であった」とある。

(中略)あえてアトロピンを選んで投与したのは、脳死とされたドナーが回復して
きているのを予測していたのであろうか。

胸骨縦切開時の血圧上昇時にガス麻酔も追加した。臓器摘出の手順からすると、脳死ドナーに
対する侵害刺激としての「胸骨縦切開」は、時間的に後の侵害刺激になる。このタイミングで
血圧が上昇したことは、脳死とされた人が臓器摘出の激痛で昏睡から醒める可能性を示している。
                   ..................................................

103 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:18:57 ID:bvImx3R40
>>102
視野が狭い奴の代表例みたいな奴だな。

104 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:22:50 ID:XWspTJPv0
わかったアル
日本人のドナー用に日本人の臓器を準備しておけば問題無いアルね

105 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:25:56 ID:i+R6UMOi0
>>100

おおむね賛同しますが、死とは単に医学的死のみならず、社会的死、人間関係上の死
など、多くの側面をもっていることを忘れるべきではありません。
例の新興宗教に騙されて、死人を死人と認知できなかった家族を誰も笑うことはできないのです。
臓器移植をしたい人々(莫大な経済効果を生みうる)の思惑によって、人間として大事なものを
失わないようにしていきたいものです。

ちょっと論点がずれますが、私は果たして「自己決定権」なるものが本当に
存在しているのか、疑問に思っています。
自己決定と自己決定権とを混同してはなりません。
自己決定権というのは、自己決定することを社会や国家が個人の権利として
認めるということですが、自分と他人を厳格に峻別することが大前提となっています。
しかし、純粋な自己決定などあるのでしょうか?
私たちは、お互いの関係性のなかで生きているのではないのでしょうか?
(詳しくは、小松美彦氏「自己決定権は幻想である」などが参考になります。)

106 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:26:08 ID:5iy8LlOy0
いいんじゃないの?
需要と供給だよ。

金があるんら、何処の国でもいいから臓器移植も何でもやればよい。
募金など他人に頼る臓器移植は反吐が出るけどね。

107 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:26:49 ID:DasdDhc5O
そんな農薬まみれの臓器を…

108 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:28:49 ID:XUaEoL4SO
ソニータイマーではなく中華タイマーが発動しそうな悪寒
保証期間経過後に臓器が爆h(ry

109 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:31:41 ID:tHAklBKy0
i+R6UMOi0
興味深いい資料、提言をありがとう、感謝。
休みの間じっくり考えさせてもらうことにする。

110 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:33:34 ID:i+R6UMOi0
>>103

>視野が狭い奴の代表例みたいな奴だな。

負け犬の遠吠えのようなこといわずにきちんと論理的に反論してみなさい。
まともな反論なら歓迎します。ただし、これから出かけるのでレスは
また後ほど。

ここでも読んで勉強してみてください。

臓器摘出時の血圧急上昇、麻酔が示すこと
http://fps01.plala.or.jp/~brainx/morita1.htm#脊髄反射ではなく延髄も機能している可能性がある

111 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:42:25 ID:hc05p0ewO
中国人は大戦時に同胞を血祭りにあげて、さらに死体を蹂躙してたらしいし。

そこまで死体を玩具に出来たからこそ、今の中国があるのか。

112 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:43:24 ID:b67+EfhN0
>>105
自己決定権がないなら、他人が倫理という名の下に決めるのも同様に変なのです。
宗教の名の下に絶対的真理のように説く人もね。

書き忘れましたが、本人の意志だけじゃなくて家族が同意または許容していることも重要だと思います。
それなしではカード一枚なんてどうにでもなりますからという面もありますね。

113 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:50:54 ID:ZKgswecG0
金の力にまかせて臓器買収する日本人もひどいが
外貨獲得の為に自国民を犠牲にする中国もひどいな。

でも、俺が最も恐れるのは
日本人の体内に寄生してでも生き延びる中国人の細胞が存在していると言う事実だ。

114 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:51:44 ID:OpAekNeW0
豚の臓器を移植された数↓

115 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:57:49 ID:pE/SUj9m0
豚に謝れ! ↑



116 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 11:59:31 ID:WT5tyRyx0
【日中】 日本人108人 中国で臓器移植 ただ95%は死刑囚の・・・[12/31]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1135989248/
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20051231/mng_____sya_____015.shtml

【中国医療】金持ちからは治療費8千万円、点滴1日170`、貧しい者は見殺し、誤診と手術ミスでも「命があっただけありがたく思え」
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1135953033/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051230-00000010-san-int

117 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:03:51 ID:ibdL1F6h0
金持ちが貧乏人の臓器を金で。
ブラックだねー。

118 :& ◆Z2KySTSpOo :2005/12/31(土) 12:10:00 ID:9lGN90Zj0
こういったのはあまりよくないよな
自国で供給できるような体制作らないと・・


119 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:10:35 ID:TLQg8MAH0
煩悩臓器ーズ

120 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:12:01 ID:GvANG8x90
臓器は死刑囚のものですか

121 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:13:11 ID:cD6mmf8g0
>>120
適合者が見つかれば死刑囚にします。

122 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:13:40 ID:pE/SUj9m0
シナで死刑になった人たちは、一回でも正当な裁判が行われたか?


123 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:14:14 ID:qejQz2EZ0
いいビジネスじゃないか

124 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:16:52 ID:ibdL1F6h0
なかには冤罪で死刑になったひとも(((( ;゚Д゚))))

125 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:18:13 ID:e3qGgWmgO
あんな奴らの臓器なんておぞましい
しんだ方がまし

126 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:18:32 ID:hhxYvCz3O
ちゃん殺が更正して犯罪のない国になれば死刑の人もいなくなり解決

127 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:20:26 ID:ILdoSl5B0
高性能な人工臓器とかがんばって開発して
下さい、おねがいします>エロい人

128 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:21:28 ID:Y3bNNz150
怖くないのか……、やっぱり予算の都合?

129 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:24:33 ID:Y3bNNz150
中国が、「日本の臓器庫」と呼ばれる日も近い。

130 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:25:27 ID:vHLmqcDU0
そこでES細胞ですよ...

131 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:27:32 ID:pE/SUj9m0
>>129
中国の臓器は、世界中で使われてるわけだが。

中国人死刑囚の臓器で移植手術=イスラエルでブームに
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20050610/050609133316.6j0i5ioe.html
とか。

要するに、シナは発表以上に死刑囚が多いんじゃねえ?
それとも、公害病で一人当たりの臓器保有が2人分とか。


132 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:27:34 ID:OzIIaUsg0
>>2-3
わらた


133 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:28:48 ID:ibdL1F6h0
公開処刑で銃殺された中国人の臓器が
あなたの体の中に息づいているのです(^^;

134 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:29:04 ID:T01/5UFr0
108というのは、除夜の鐘と何か関係あるんだらうか?

135 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:29:53 ID:XBSZzGNX0
嫌な話だな・・・。

136 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:30:21 ID:Ko0rdKIM0
中国の死刑囚の中には政治犯の方もいるはず。無念の思いで死んでいった人の
臓器を体に入れる醜い害人達・・・・・・・
 それでUSAより安いの?    臓器移植ビジネスは中国だね〜〜

137 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:30:47 ID:vHLmqcDU0
煩悩の数

138 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:32:11 ID:XWspTJPv0
>>131
死刑囚の数って年間7万人じゃなかったっけ?
世界中の死刑囚のほとんどが中国という比率だったような

139 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:32:22 ID:ibdL1F6h0
中国ではひとさらいが横行してるらしいね。
いや、別に深い意味は無いけど。。。

140 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:33:05 ID:5vze0AxS0
実験台の数が108人なのだな

141 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:34:22 ID:2yIuAQmW0
臓器移植によってドナーの趣味や性格までも引き継ぐことがあると聞いたことがあるが、
死刑囚のって...

142 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:37:49 ID:XBSZzGNX0
臓器売買ビジネスとか想像しちゃってなあ。

143 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:38:41 ID:RuiD9WM70
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20051231/mng_____sya_____015.shtml
ただ、中国人ドナーの95%は死刑囚とされ、倫理問題を指摘する専門家も多い。

144 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:44:35 ID:PejhVRpO0
108人という事は煩悩の数と同数ですなw

145 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:47:12 ID:SzaskYzA0
ここでいろいろ言ってる奴らも自分の命が危なくなれば喜んで移植を受けるだろうな
人間とはそういうもの

146 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:53:43 ID:DBb+fJU5O
移植してもいずれエイズ発症とかさぁ・・・

147 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:54:43 ID:ibdL1F6h0
臓器移植を禁止している宗教はあるの?
自らの体に取り込むという意味で人肉食にあたると思うんだが。

148 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 12:56:44 ID:SzaskYzA0
>>147
エホバの証人とか
輸血もダメ

149 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 13:02:05 ID:ibdL1F6h0
>>148
キリスト教の他の宗派とか仏教、イスラム教は禁止じゃないのね?
法王とか偉い坊さん聖職者が臓器移植とかしたら笑っちゃうんだけどなあ。

150 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 13:06:35 ID:SvoqjUxt0
この件は将来に禍根を残すよ
日本人は中国人を30万人殺して自分達に
臓器を移植した。
なんて事を言い出すに決まってる。

これは決して冗談じゃないですよ。

151 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 13:10:49 ID:EjMQSLn20
おワットる


中国の処刑は「薬殺」が主流ですよ。

臓器だなんてそんな・・・・。
致死量の筋弛緩剤とかに浸った臓器でも
動けばいいのか・・・・。



152 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 13:12:36 ID:XWspTJPv0
>>150
いつものことじゃん。
731部隊だって、中国人を大勢治療し助けていたことも
恩を仇で変えさえてるし

153 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 13:17:43 ID:OzIIaUsg0
>>146
いま、生きれりゃ良いだろ

154 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 13:20:43 ID:tP3Qy0xVO
>>150
中共が崩壊したら言われるだろうね。日本人の脅迫により死刑にしたとか、日本政府が一枚かんでたとか。
それより中共に援助したとして崩壊後は謝罪と賠償を求められそう。

155 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 13:26:30 ID:s9PDCS1E0
>>154
前の国家の全否定が中国王朝だから、
南京大虐殺でも毛沢東が殺したのを外国のせいにしてた、
の方が中国っぽい気はするんだけど。

156 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 13:26:40 ID:Dai5ZIj80
当事者たちは必死なんだろうけど、あんまり
好ましい事とは思えないなぁ。
金で外国人の臓器買っちゃってるワケだから。
しかも死刑囚。
相手国にだって、臓器移植希望してる人は多い
だろうし。

157 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 13:33:16 ID:mifMel2X0
>>151
たぶん塩化カリウムあたりを使ってるんだろうな。

158 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 14:01:53 ID:bvImx3R40
>>110
こんなとこでうだうだ言ってないでさ
脳死状態から回復した例をしかるべき機関の学会などに提出すればいいんじゃないの?

159 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 14:26:15 ID:5Gq6lB8s0
日本人の身体に中国人の脳を移植したんじゃ...

160 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 14:43:43 ID:AYGLL/Ck0
健康保険料半額にしてくれるってんだったら、
ドナー登録してもいいよ

161 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 14:53:49 ID:Eqh8Ls/BO
>>141
中国の死刑囚は周りの中国人よりまともだから死刑なんだろ(`・ω・´)
政治犯ならなお良い人なはず!!!

162 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 14:55:48 ID:zo2YpYTp0
中国国際臓器移植支援センター
http://www.zoukiishoku.com/index.html

まだだれも話題にしてないので、とりあえず窓口張っておきますね。

ちなみに
>昨年中国で実施された肝移植は約2700例
日本では死体生体併せて、1964年の一例目から2003年までの
累積が2700例。2003年は年間440例。
http://jlts.umin.ac.jp/annual/Registry(2004).pdf

数「は」多いんだよなぁ、実際。




163 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 14:59:24 ID:CA/y6YzE0

中国の臓器って農薬があるだろう。だからいやなんだよ。


164 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 15:28:48 ID:Y3bNNz150
臓器売買では、世界シェアNo.1か。

165 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 16:40:23 ID:PD6l3ZOE0
薄汚い中国人の内臓使ってまで生き延びたいのか。
俺なら日本人として誇りある死を選ぶよ。
命根性の汚い国賊どもが。恥を知れ。

166 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 16:44:09 ID:A7A3GH76O
金満リーベンは、臓器までも買いあさりですか

167 : ◆Z62ETnTQww :2005/12/31(土) 16:47:25 ID:LIVxYAQo0
コレも国策?

168 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 16:51:24 ID:3wLE41PP0
http://www.zoukiishoku.com/
おらもはっとく。

169 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 16:52:18 ID:cqnlluRS0
>>165
命にかかわることだからねぇ。


170 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 16:53:35 ID:OAh8vxXL0
つくずくチャンコロって日本人の下僕だよねー


171 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 16:55:03 ID:diurLNj/O
アメリカ行って白人やら黒人の臓器をもらうより
適合しやすそうだな。

172 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 16:55:33 ID:sRa+wQlK0
世界最大の死刑執行国だからドナーには困らないわけか。

173 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 16:57:56 ID:d5v0KkjH0
若しかして、死刑にしたチベット人とかの臓器かよ。

174 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 16:58:06 ID:UOpxRvgH0
まあこんな問題も、近い将来ES細胞が実用化されれば
解決する問題なんだけどね。

175 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:00:47 ID:lYO995sY0
中国から臓器を買うとは何事か
非国民だよ
ただでさえ倫理的に劣っているのに

108人の連中に心情が理解できん 何考えてるんだ?

176 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:01:36 ID:BRgyDHQX0
108人も犯罪に手を染めた日本人が日本で生きてるのかよ!

177 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:05:25 ID:3wLE41PP0
いやぁ。
これでひろまって、もっと増加するだろうね。
法的には問題ないわけだから。

ずっと前から、日本の脳死移植なんかドナー基準厳しくしすぎて、ドナーでないから。
世界中に臓器買いにいってる。

中国は安くていいらしいよ。


178 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:05:26 ID:GlasIPse0
俺もどうしても国内での臓器移植が無理ってんなら海外いくよ
国賊だろうが何だろーがニートよりはマシでしょ

179 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:05:43 ID:RO1O8gMC0
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/campus/1058923288/

180 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:09:53 ID:mXO+BHM30
中国の言うことは信用できない。今このタイミングで、というのも怪しい。

181 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:12:13 ID:3wLE41PP0
うそつき!
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2001&d=0702&f=general_0702_004.shtml

182 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:13:28 ID:lAnmgA+H0
かなり適当にやってるんだろーなー

183 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:13:41 ID:BRgyDHQX0
一つ聞きたいんだけど
中国で密告移植しても、定期的に病院通うわけだけど
中国に定期的に検査しに行くのか?

184 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:19:00 ID:NeFsGDxz0
>>2>>3
今年の笑い納めできますた

185 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:27:57 ID:p2tRbFjy0
要するに、108人の脱北者及び少数民族が
臓器を奪い取られたというわけですね。

186 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:38:55 ID:sVphBKvI0
中国の医師の技術
中国人の質の悪い臓器
移植したとしても長生きできるとは思えない

187 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:39:33 ID:9Kc7V7rm0
支那人の医師 「臓器移植したい人が来てるんだけど、いい臓器あるか?」

支那人の刑務所看守 「生きのいのがあるよ。用意しとくよ。何時だ?」

支那人の医師 「明日の午前中に取りに生きたい。」

支那人の刑務所看守 「間に合わせるあるよ。」



188 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:43:32 ID:3wLE41PP0
日本人は生きてる健康体から肝臓腎臓取るの好きだからな。
どっちもどっちだ。


189 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:58:33 ID:Q3voURmS0
輸入解禁すれば国内で安心して手術受けられるのにな

190 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:59:24 ID:7AWuR+lz0
あれだウルトラセブンの何とか星人

191 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 17:59:49 ID:/seepF4M0
何か気色の悪い話だ

192 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:11:42 ID:sRa+wQlK0
>>187
死刑執行日は患者側の都合で変わって来るんだろうね。
ビジネスが優先するとすれば、最も怖いのは詐欺だけど。

193 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:15:59 ID:3wLE41PP0
欧米人は死体から臓器を取る。
中国人は死刑囚から臓器を取る。
日本人は生きてる人間から臓器を取る。

う〜むぅ。

194 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:21:09 ID:jrjmKWGN0
ジャンボ鶴田はフィリピンで失敗したな

195 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:25:24 ID:5Ke6+gNg0
中国の病院は衛生管理が糞。中国で医者にかかると変な病気をもらうぞ。

196 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:26:43 ID:3TiAaDKn0
クローン技術の応用で自分の臓器の大量生産が出来れば問題解決

197 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:29:02 ID:Y3bNNz150
>>193
死体から取らないのは、臓器売買ビジネスで人命が失われるのを防ぐ為ですよ。

198 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:40:30 ID:3wLE41PP0
>197
???

199 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:44:10 ID:xn/DImE20
キモすぎる…

俺だったらどうするかな。
手術しないと死ぬからといって、成功するとも限らねえし…

中国レベルだと、
手術中にミスされたり、
手術中に故意にずさんな扱いを受けて死んだり、
不衛生すぎて感染病で死ぬかもしれねえし、

たとえ成功しても、しょせんは他人の臓器っつーのがなあ…
なんだかなあ

200 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:47:27 ID:8udQFSKV0
死刑囚の臓器じゃないのかよ???

201 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:48:40 ID:U5P6LAv9O
画像の建物は立派だな。中身はどうだかわからんが。

202 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:55:19 ID:WEy/GmQ50
寒い冬
冷える、冷える。

203 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 18:58:15 ID:xUqF5/Hl0 ?
これは、日本も中国に見習わないといけないね。

204 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 19:07:39 ID:Vr6jGfFPO
さすが中国。どんなビジネスチャンスも逃さない!

205 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 19:10:12 ID:yGRnowUG0
108・・・除夜の鐘か。。。

206 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 19:42:16 ID:0BAS2B/X0

患者の命がけの願いを考えると非難できない。

日本で脳死認定と臓器提供が根付かないのが問題だな。

死刑囚? 死刑判決が妥当なら臓器提供は問題ないよ。
相応の支払いもするだろうし、凶悪犯のせめてもの社会貢献だ。

政治犯だったら? それは、臓器利用の是非の問題でなく、裁判の当否の問題だろう。

207 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 19:48:39 ID:Ss+iYV680
臓器移植、冗談じゃねえ、ましてや中国人の、
どうしてそう死にあがきをするかねぇ。
日本人は従容として死に就け、桜のようにな。

208 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 19:54:47 ID:l3uUjMtS0
だ。か。ら。

人類皆友達。

お互い批判したり憎みあったりしないで、
助けられる所はお互い助け合いましょうよ。

日本は中国に大金を援助して・・・っていう人多いけど、
我々が予期せぬところで、多くの日本人の命を助けてもらっているではないですか?

209 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 20:04:26 ID:FQKytEOO0
親父の知り合いも2年前に中国で手術受けた。
日本では規制が厳しくて駄目なんだよね。

命が危なかった人が今では酒も飲めてぴんぴんしている。


210 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 20:08:19 ID:BRgyDHQX0
>>206

麻薬所持で死刑に成った人が居るんだが
日本じゃ執行猶予付くかも知れないけど
中国じゃ死刑ですわ

211 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 20:13:36 ID:zzpnT2Lc0
中国で移植することでガタガタ言ってる奴は、自分の臓器でも提供するべし。

212 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 20:13:40 ID:gJDHjDai0
まあほんとうの日本人かどうかには疑問符が付くけどね。
日本国籍の人が半数以上かもしれん。


213 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 20:13:51 ID:plOIGTEQ0
国土交通省 カルト 北側一雄の不穏な動き
大阪16区 (堺)  創価大学初の司法試験合格者。

http://www.kitagawa-sakai.org/
国交省に抗議メールを
http://www.mlit.go.jp/hotline/index.html

北側一雄後援会事務所 ttp://www.kitagawa-sakai.org/
〒590-0957 大阪府堺市中之町西1丁1番10号堀ビル2F
TEL:072-221-2706 FAX:072-221-3001
info@kitagawa-sakai.org

大臣更迭 !!

冬柴鉄三・公明幹事長「宗教的活動はするな」
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1116161390/
兵庫8区(尼崎市) ← 事故現場
http://fuyusiba.net/

創価学会に支配されつつある尼崎市
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1118103863/

創価学会芸人「久本雅美」 政界進出の可能性
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1118031009/

創価学会インターナショナルが韓国で反日運動を煽動
http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/

◎ナベツネ独演会 渡辺恒夫氏
生活保護世帯が非常に多いのは、某政党の強い地域。はっきり言おう。
公明党と共産党だ。それが事実だ


214 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 20:48:47 ID:Rf99f1kY0
中国に、世界でも「優秀な」日本円が流れ込むのは、不愉快。

しかし、カネが払える日本人は、「優秀な」ヒト達なんだろうネ。

「カリュウド」ってマンガみたいに、脳を移植しちゃうとタイヘンだが。

215 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 21:02:53 ID:pZDQ91Nb0
臓器移植しなくても、どんな病気でも治療できれば問題ないんだけどね...

216 :名無しさん@6周年:2005/12/31(土) 23:45:43 ID:xUqF5/Hl0
臓器移植された108人の臓器のなかには政治犯の死刑囚の臓器も含まれてるんだろな。

108の煩悩の数、除夜の鐘が鳴るよ。


217 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 03:24:13 ID:GqpcCa0f0
ま、生きるためなら何でもするわな。当たり前だ。

218 :nanashi-gonbe:2006/01/01(日) 04:01:00 ID:jpCORRHw0
 でも、2年間で108人が移植手術を受けたとして、生存者は何人ほどだろう。
医学的に見て、死刑になった人からの臓器を移植するのは相当リスキー。
実際には「心臓が動いている人」の臓器をもらわないといけない。
肝臓とかは30分血が行かないともうだめなのに、頭部を銃撃して執行した後
急いで摘出にかかったとして、どんなに優秀なドクターでも20分以上かかる。
もう手遅れに近い。
それに、限りなく黒に近い移植手術を受けたとして、免疫抑制とかの
術後管理を引き受けるドクターが国内にはいるかなあ。
こう考えると、108人が全員生存しているとはちょっと考えがたい。


219 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 04:18:31 ID:NH8NXU/vO
臓器移植ツアー、一回三百万円也。死刑囚の肝腎を移植するんだよな。
なかには原疾患以上の重い疾患に悩む人もいると言うがね・・・C肝とか。

220 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 07:23:07 ID:6p1XtKac0
>>218
うち90人(180人?)が腎臓や角膜っておちじゃないかな?

221 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 10:41:05 ID:irtC+QBJ0
>>219
ん?もっとかかるよ。
肝臓だと国内でも1千万かかるし。

>>220
正解。
>中国国際移植支援センターでは毎年腎移植100例以上、肝移植20例前後の日本人患者様方のサポートを行っております。
http://www.zoukiishoku.com/

222 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 10:45:52 ID:6BmKlMjx0
>>218
何処かのサイトにあったが
手術自体が処刑なんだそうだ。

223 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 11:35:12 ID:8T9Ep7cE0
脳死の定義なんざ自力で生けられなくなった時点で良いんじゃね?
自然界だと骨が折れた、歯が抜けたの時点でアウトなんだしさ。
人間だって未開地や貧乏国なら同じだろ。
強制延命措置なんて資源の無駄、その分医療の充実に金使えよ。
スパゲティーでも生きてるのは、個人資産の有る奴だけで良い。
漏れならニートや引きこもりにも、脳死判定しちゃうけどねww

224 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 12:05:13 ID:CsrLekMg0
脳死が人の死かどうかって議論は水掛け論になるんだけど
とりあえず機械のデータを見て医者が判定するような「死」に不安があるのは確か。
自分の生死という根本問題がたかだか書類審査で片付けられてしまうんだな。

心臓が止まっていて血液も流れてなく体温も失われた人間が「死んでいる」のに異論はないが
そうじゃない人間を、ただ医者が「死んでます」と言っただけで
「はい、そうですか」とはいかないと思うよ。

225 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 12:06:56 ID:ogGgz7Us0
風俗に行って女を買うのも(女が体を売って金を稼ぐのも)
死刑囚の臓器を買うのも(臓器を売ってお金を稼ぐのも)
同じ事だろ?
前者は、出来たら中絶すれば良く、
後者は、多数から憎まれ死刑囚なのだから。

最近では結婚する気もないのに付き合えばSEXして別れ、
また新しい彼氏彼女と付き合ってSEXし、
出来たら中絶して命を捨てている人々が多いからね。
それに比べれば、生きようと思う意志があって
命を大切にしている(中国で手術を受けた)患者のほうが
いくらかましな人間と思えるがね。
例えそれが哀れな中国の死刑囚の臓器を使ったとしても。

226 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 12:12:12 ID:HdF3BpEf0
何十年単位のビジネスのにおいがする。


227 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 12:19:25 ID:XyIcxXOf0
>>51
> 痛みを感じるのは脳だとか、脊髄だけで不随意反射が起こる(中学レベルの知識)とか
> そういう科学的事実は無力だわな。。

脊髄だけで不随意反射が起こるのは科学的事実ですが、痛みを「感じる」のは脳であるという
科学的事実は特にありませんよ。

痛覚情報が脳で処理されている事実はあるのですが、それを「感じる」主体としての「意識」の
存在が、そもそも科学的に定義も実証もされていませんので。

脳が意識をつかさどっているというのは、コンピュータなど先端技術知識から類推された
一種の信仰に過ぎません。
この種の信仰は、その時代ごとの科学知識、技術環境に影響されますが、それ自体が
科学的知見に基くものではありません。
(丁度、蒸気機関などの熱力学的な技術が進展していた時代には、食物を熱量で換算したり、
循環器としての心臓に意識があるかの様に信じられたりしました。)


228 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 12:27:15 ID:XyIcxXOf0
>>158

日本国内だけでも、脳死判定後に回復した例は4例存在します。

これは、並行して行われていた治療の影響による(主に薬物投与による)誤判定で
あったことが事後的に判明しておりますので、公式には正当な脳死判定後の
回復例には含まなくなっています。

但し、これ等の失敗を繰り返さない為に必須な、誤判定原因となりえる治療法、
治療薬のスクリーニングは今現在に至るまで実施されていません。
「たまたま」誤判定が見つかった4例についてのみがその知見の全てであり、
他の、これから起こり得る誤判定については予測も防止も出来ません。


尤も、誤判定に気づかれるより先に摘出してしまえば、公式には誤判定は存在
しないことになるのですが…。

229 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 13:48:10 ID:98D+8LLQ0
日本もあっさりと凶悪犯を死刑にして、そいつらの臓器を提供させればいいのに。
牢屋にぶち込んでおくだけでも税金がかかってるからなあ。

230 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 14:50:36 ID:Pwzp/g0H0
>>218>>222
この車の中で処刑するってこと?
http://www.jinguankeji.com/newproduce/excutevehicle.htm

231 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 15:14:09 ID:lAv3VvR2O
水滸伝?

232 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 18:22:20 ID:p4pdpY060
>>224
>「はい、そうですか」とはいかないと思うよ。
ということで、それを受け入れるかどうかの決定権はある罠。本人にも家族にも
心停止は受け入れるしかないのだけど、それでも24時間火葬禁止だったりするし。
あれは犯罪捜査がらみなのかもしれないが

233 :名無しさん@6周年:2006/01/01(日) 18:24:39 ID:p4pdpY060
>>228
論文か何かになってたっけ?どういう判定をしてどの程度の回復を見たのか読んでみたいな。

234 :名無しさん@6周年:2006/01/02(月) 00:38:42 ID:bmfJRMpu0
脳死は人の死です。
体は生きているかもしれませんがね。

235 :名無しさん@6周年:2006/01/02(月) 02:51:55 ID:VPHSHPhq0
>>234
人って定義も難しいな。
特に遺体にも尊敬が残る文化では。
移植がらみで脳死概念を入れるなら、当人の遺志ってのが必要だな。

236 :名無しさん@6周年:2006/01/02(月) 03:34:53 ID:3HUjcRLX0
>>234
「脳が死んだら人の死」というのなら、
脳だけ移植したサイボーグは不死なのでしょうか?
人間は脳がすべて、という思想にはどうしても賛同できません。
脳梗塞で植物状態になったら即殺せ、っていうことにならないでしょうか。
重度精神遅滞者はいきている価値がないといっているようなものではないでしょうか。
そんな弱者を切り捨てる社会が健全だとはおもえないからです。
脳死は絶対に死であるとは認めません。

>>235
>移植がらみで脳死概念を入れるなら、当人の遺志ってのが必要だな。

本人の遺志は最低限必須でしょう。
だから親の意志が働く小児の臓器移植なんて論外です。
脳死はひょっとしてアウトプット(意志表出)ができない状態なのかも
しれません。
脳波が一時的にフラットだからといって意識が存在しないなんて、
誰も証明できないんですよ。

脳死状態で、「自分は死んでない、臓器を取るのはやめてください!」
と本当は臓器を取られることを後悔しているかもしれないのに、
無残にも意志を表明できないまま、他人のために臓器を取り出されている
可能性だってあるかもしれません。

そして、その悲劇の人は奇特にもドナーカードをもっておられるあなたになるかも
しれませんがそれでもいいのですか?
もちろんそれでもいいのですよね。


237 :名無しさん@6周年:2006/01/02(月) 08:17:09 ID:yO67mOMM0
チャンコロの医者に手術される位なら猿にやってもらったほうがまだマシだ
猿のほうがまだチャンコロより頭がいいからな。

238 :名無しさん@6周年:2006/01/02(月) 08:48:01 ID:sCCTvImb0
特命リサーチ200Xで見たのだが、
臓器移植後、患者の趣味や好みが、臓器提供者と同じものに変わったり、
記憶の一部が受け継がれたりする事例があるらしい。
http://homepage2.nifty.com/LUCKY-DRAGON/kakurega-11-zouki-1.htm

死刑囚の臓器なんてもらって大丈夫か?

239 :名無しさん@6周年:2006/01/02(月) 09:17:04 ID:CudRu5xH0
潜在的な願望が臓器移植をきっかけに出てきただけ。

240 :名無しさん@6周年:2006/01/02(月) 10:16:16 ID:VPHSHPhq0
>>236
>そして、その悲劇の人は奇特にもドナーカードをもっておられるあなたになるかもしれませんがそれでもいいのですか?
少なくとも俺はそれで納得しているよ。多少死にきっていなくても結局助からない状態ならうだうだ言ってもしょうがないだろ、と。

241 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 01:19:30 ID:z1YlqFnX0
>>240
>少なくとも俺はそれで納得しているよ。

止めはしないが、まあ、これでも嫁。

七日以上生存の例が多く、最長は脳死判定例で三四六日間=前田 基晴:
小児脳死判定基準(案)を満たし約11ヶ月間脳死状態を呈した男児例、
日本小児科学会雑誌、105(3)、424、2001。
この要旨はhttp://www6.plala.or.jp/brainx/recovery1.htm#杏林大:
虐待され小児脳死判定基準(案)を満たし死亡まで346日間
 脳死疑い例の最長生存期間は九〇八日間=桂木 誠:乳幼児脳死例に
おける脳SPECTについて、核医学、37(3)、276、2000。
この要旨はhttp://www6.plala.or.jp/brainx/recovery1.htm#聖マリア病院:
脳血流あり、心停止まで22日、23日、97日、323日、414日、
445日、757日、908日

新潟大学脳研究所の生田房弘氏は「視床下部の神経細胞は脳死後二四時間以内に解剖された
六名はみな、おそらく生存していたとみなされた」と報告した=生田 房弘:“脳死”例の
剖検所見からみた個体の死の時刻、週刊医学のあゆみ、172(10)、641−646、
1995

http://www6.plala.or.jp/brainx/sekai2004.htm

242 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 01:29:58 ID:rNv4yV5v0
>>240
そうなんだけどね、問題は「助からない状態」ってのが
あくまで人間の判断なんだよね。
臓器取られた後じゃ、その判断が正しかったかどうかは永遠にわからないのでな。

243 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 11:00:50 ID:avWqlpio0
>>241
小児は論外だと思う。確固たる脳死判定基準があったとしても本人が納得することができません。

あくまで本人が(+家族も)「もういいだろ」と思うから許されるのであって。
他人が勝手に決めるなら、よほど確実なところに線引きしないといけないとおもうよ。
結果として人間の判断として脳死判定が下った時点でまだ生きていたかどうか(そもそも生きてるって
何だよといいたいけど)なんて正直どうでもいい。
俺的に納得できる帰還不可能点で、法律が許す時点でよい。

だから、納得できない人は勝手に臓器移植されるのは拒否できるわけで。
臓器移植だけではなく実質的に脳死判定による死亡判定もされないことになるが、このへんは
はっきりしていないのは残念。

脳死判定はやだというならわかるけど、人間の判断だからだめという理屈は変だよ。
どこかで聞いたような話だけど、ミイラ化するまで待つの?

ついでに、視床下部の神経細胞が生きているのがどうかというのはむずかしいところ。
従来の死亡判定でも、その時点で生きている細胞は山ほどある。
それらの細胞と視床下部の神経細胞の大きい違いは何かといわれると・・・困るでしょ。
視床下部の細胞が生きていること云々を問題とするんじゃなくて、
心臓がしっかり動いているようなのを死と認めるか(循環機能が残っていることをを特別視するかどうか)
一般的に意識に関与すると言われている部分の不可逆死だけで死と認めるか(大脳を特別視するか)

完全に死にきっていない脳(機能は停止しているが脳幹などはどこかは生きているかも)+その他の臓器の生存と、
完全に死にきっていない心臓(機能は停止しているが心筋細胞は全滅してない)+その他の臓器の生存、
似たようなものと割り切るか、何かが違うと言うのか(少なくても脳死は集中治療を続ければしばらく「生き続ける?」のは違うな)
そのへんを話題にすべきかなあと。

244 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 11:03:29 ID:avWqlpio0
脳死にいろいろ問題があるかもしれないのは同意するよ。だからこそ選択が与えられた。
でも俺は、たとえそれが死にきっていなくても「もういいだろ」と思うし、臓器移植にも部分的に賛成なので
ドナーカード書きました。勝手に決めてもいかんので家族にも話しました。
たとえ家族でも他人が「もういいだろ」ということはできないので自分で決める。
いやな人は拒否を家族に伝えておけばいい。
心停止や致死的不整脈に対してはいちおう治療があっても「もういいだろ」が本人の同意なしで
行われているのに比べればましなのかもよ。

245 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:07:36 ID:5WW7/vJw0
>>243-244
ある状態に対して「もういいだろ」ってのがあるわけで
その状態に達したかどうかを決めるのは自分じゃないんだよ。
そういう難しさもあるのに、あまりその辺は考えている人が少ないな。
「納得できる帰還不可能点」とか言っても本人に決定権がないだろ。

「死」という現象が専門家にしかわからないブラックボックス化するのが
まずいわけで、心臓死とはその辺が根本から違うでしょ。
医者にしたって機械を使わないと脳死かどうかわからないわけで
そこまでわかりにくい「死」って何だろうね。

「死にきってる」とか「死にきってない」とかを問題にするんじゃなく
それが帰還不可能点じゃないのかもしれないのに、ってことをまず考える。
状況証拠で判定を下す裁判と同じ手続きだから、冤罪ってこともあるよな。
それでも裁判なら即座に本人が反論できる。
脳死は判定が下ればすぐに執行だから、真相は闇の中だ。

脳死って倫理観や宗教観の問題じゃなく
医者への信頼の問題だと思うけどな。
俺だって医者の意見は「尊重」はするが
自分が生きてるか死んでるかまでは委ねたくはない。
今の日本の選択性が妥当なんだろう。強制化の動きには反対をしたい。

246 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:17:35 ID:z1YlqFnX0
>>243
>従来の死亡判定でも、その時点で生きている細胞は山ほどある。

従来の死亡判定は問題にしていません。
かならず人工呼吸器につながれている状態である脳死状態を問題にしています。
脳死状態が死であるかどうかを決めようとする以前に、当該患者が
脳死状態か否かをまず明確にしておかなければなりません。

あなたは「全脳死状態を脳死とする」という日本における脳死の定義も
無視していいとおっしゃるのでしょうか?
全脳死状態とは、視床下部をも含めた大脳、脳幹のすべてが死滅することを意味します。

視床下部は脳の重要部分です。
そして、視床下部が生きていれば全脳死とはいえません。

視床下部が生きていても脳死である、というのならば、「脳死判定から視床下部
細胞の生存は除く」という除外項目をつくるべきではないのでしょうか?

247 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:26:59 ID:z1YlqFnX0
>>245
>今の日本の選択性が妥当なんだろう。強制化の動きには反対をしたい。

この意見には同意します。小児も含めてね。
自分が親で子供が臓器移植で助かるっていわれたならばどうかって?

他人の子供なんてどうでもいい、悪魔に魂を売ってでも、自分の子供を
生かしたい、という気持ちがむくむくと起きてきます。
だからこそ臓器移植医療なんていう、倫理を破壊する野蛮な医療は世界から
なくなって欲しいと思う。
ドナー不足のアメリカでは、我が子の臓器提供の順番待ちの母親は、毎週金曜日を
心待ちにするといいます。
家族で自家用車を運転して事故に遭い、脳死の小児が出る可能性が高いからです。
他人の死を強く願う医療、それが臓器移植医療などやめて人工臓器医療の推進に
力を注いでほしい。

>脳死って倫理観や宗教観の問題じゃなく
>医者への信頼の問題だと思うけどな。
>俺だって医者の意見は「尊重」はするが
>自分が生きてるか死んでるかまでは委ねたくはない。

脳死判定の決定権を握っているのは確かに医者です。
しかし、「死」 は患者本人だけの問題ではありません。
人は一人だけで生きているのではないのです。
家族、社会、倫理、宗教、習俗、多くの問題を含んでいるからこそ
慎重に論議を続けなくてはなりません。


248 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:35:03 ID:d/O0amI30
支那しかないと言われたら迷わず安楽死を申し出る
まぁ現実的に普通はアメリカに渡る努力をするがな

249 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:35:52 ID:BK0quV+dO
脳死の定義くらい勉強してから議論に参加した方がいいと思います

せめて植物状態と脳死の違いくらいは

250 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:37:10 ID:0f81WNR00
中共当局にしてみれば思想統制と外貨獲得を同時に出来て
まさに一石二鳥。どんどん人民を金に換える。

251 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:41:04 ID:avWqlpio0
わかりにくい・信用できないなら受け入れない。それでいいんじゃね?
強制的ならまずい。俺もそう思う。

>>247
>他人の子供なんてどうでもいい、悪魔に魂を売ってでも、自分の子供を生かしたい、という気持ちがむくむくと起きてきます。
>だからこそ臓器移植医療なんていう、倫理を破壊する野蛮な医療は世界からなくなって欲しいと思う。
これは理解できます。
理想は他人の脳死を期待せず、降ってわいたときは感謝して受けることですけど、
そんなにできた人はまあほとんどいないわな。俺だってそうありたいと思うけどまあ無理だろうとは思ってる。
自分自身はともかく、家族なら難しい。
でもわかっていてそうありたいと願いたいな。そういう状況になったときは。

252 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:48:35 ID:BK0quV+dO
「もう助からない」と「死」をごっちゃにしてる感もあるね。

「もう助からない」が移植可の条件だったら死んでいる必要はないのだから、脳死なんて概念必要ない。データ上生存率が0で意識不明かつ戻る見込みなしなら移植オッケーみたいなよくわからない事態に。

253 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:50:41 ID:zgOB+HM60


死刑囚は日本にもいっぱいいるんだから、早く有効利用するべき!

254 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:51:14 ID:CUxuQJhV0
身体は完全義体化し脳は電脳化。それに人のデジタル化した記憶を植え付けても
その義体は動かないし、その電脳にニューロAIを埋め込んでも植え付けた
記憶を機械的に取り出すコンピュータ化するだけでその人の個性は取り戻せ
なかったわ。皮肉にも科学が魂、ゴーストの存在が証明したの。
――――――――――――――――v―――――――――――――――
          /                           、  ゙:、ヾ:、
            /          .::  ..:  .:.   .:.. :!:.. :!.. .  :i::.. i:.. ゙;
         i          ..::::: ..::::::. .:::::::.  .:Y:..|:::::.:::i::::i:. ::|::::.:i:::. i
          |    i  .: .:::::;:::::::::/i::::::::;::::. .:::::!:::ト、::::::|:::::i::::|:::::::|::::.l
         i  i :! .;:: .:::::/:::::/ .l::::::/!::::::::::ハ::i ゙:;::::!:::::|:::!:::::::l、::::i
            ':  | l:::i:::::::::i::::/    !:::i l:::::::::/ j/,.、-゙:;i゙:、::|:/;::::::i ヾ:、
             ゙. 丶 ゙::!::::::/l::/''"" ̄ヾi' |::::::/ 'ゾ    i i、i':/ i!:;'
          ト   ゙i:::::ハ i' 、_, ....::::;_  i/  ;:=''''''ヾ' | iソ ' i'
             i.     i:::!::|  ~                i.    l
          l      :::: |             i        !     |
           | .i:.   i.  |、           '     /      |
          i.::l:. .   ゙、 |:\     __,,...-......    /:::..::..  i !
             !::i!:.i.  . ゙、|;;;;l \        -    /;;;:::::::::. |: l
           ゙:;i!::゙、 i !:.i;;;;|  丶、     ,.イ;;;;;;;;;::;;;;r':. i;:!!
              〉!:::゙、゙、 :!;;;;;|    ` ー- "  |;;;;;;;;;;;;;;i'l:::. !リ、
        ,. -‐:'/ ゙:;:!::、ヾ!;;;;;|             |、;;;;;;;iヾ!.|::::l  ヽ,...、

255 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:54:58 ID:CUxuQJhV0
      つまり 魂のデジタル化は出来ないってことよ。
――――――――――――――v―――――――――――――――――
            _, -‐ ''' ー 、-‐‐ 、_
          /      _、      ̄\ _
        /´      /      ̄ヽ =ニ二 \
       l      /   /  /  ヽ _.、- ニ'、
        |        | i / //  / /ヘ |'´ _   ヽ \
         レ  /  |イ|イ /| /| / /ヽ:l,_イ-r''' l 、ヽ. l
      /   / _,.ィ'' ン!∧トkz|〈|/      |,/ l l  i/
   /  / ィ'‐'',1|;'     ィi'=ッミヾ=、    ./i| |/| /
  /   //  ヽ、ヽ!′   └'く、 ′   ,ィ二ツ'ノノ シ′
  /,イ //  i  <ij>           il;リ/{
  |!| /'7   |  i ト          :l ソ'|
  ! |' レヘ ,」 j l           `=zx ¨´イ  l
       '´ レ'V     \       ,.ィ´ ;| |/
           /      \ __ /|/イ/'|/
     ,. ―ァ′      |
    /   ̄`ヽ、        !`ヽ、_
    了`'‐ 、    \    { \、ヾ、‐- 、 _
   ノ  ̄`¨ニヽ、  \ _   ,ノ''\ \   `ヽ、
   /        ヘ   \ `    \ \    l\

256 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:55:01 ID:avWqlpio0
>>252
正直、程度問題であって、きわどいところではごっちゃなんだと思うが。
今の脳死は・・・・まあきわどくもない、いいかげんなものかもしれない、と思うことはある。

257 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 12:57:57 ID:HwnyhDdn0
死刑囚なら、生きてるうちに臓器取っちゃえばいいんだよ。
成功率もかなり上がるだろう。


258 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 13:00:34 ID:avWqlpio0
おやすみ〜♪

259 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 13:02:25 ID:YJoiTJOX0
押しつけがましい奴が多いスレだな

260 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 13:02:29 ID:d/O0amI30
>>258
ねるんかーい!

261 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 13:05:02 ID:CUxuQJhV0
日本では昔からの言い伝えで死者を3日間そのままにして
埋めない焼かない。大雑把に言うと魂が抜けきってないからだ。
つまり何千年もの月日が生んだ日本人の知恵がそうさせている。

何故か?脳は3日間の間ゆっくりと死んでいくからだ。

ES細胞臓器生産の確立や人工骨格、ニューロチップによる
電脳化技術の発展によりサイボーグ化の発達が人の死と魂の
存在の謎を証明してくれるだろう。

262 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 13:09:09 ID:cylg1l+G0
>>261
んじゃ焼かれる時、まだ意識あるって事か??
怖いよーー

263 :えICBM:2006/01/03(火) 13:16:04 ID:b8/pBDv70
中国の市場経済もいよいよ本物になってきたな。
日本も負けずに臓器売れよ。

264 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 13:57:00 ID:12zhNa01o
>>261
死亡から24Hで魂の緒が切れると思ってたが・・・

だからこそ日本では24H以内の火葬や埋葬を認めないし、
中近東では、中途半端な蘇生は惨めだとして24H以内の埋葬を勧めてるんだと…。

265 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 14:09:28 ID:d0oocIE3O

この在日臓器野郎!



266 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 14:40:47 ID:z1YlqFnX0
>>262
>んじゃ焼かれる時、まだ意識あるって事か??

その可能性は否定できない、とするのが真の科学的態度だと思います。
意識と脳の関係についてえらそうに語っている脳科学者は
澤口さんとか茂木さんとか沢山いらっしゃいますが、
実際のところ、脳と心の関係なんて、科学的になにもわかっていません。
全部が仮説のレヴェルに過ぎません。

「脳波がフラットだから意識がない」とは誰も証明なんてできないのです。

あと、聴覚は最後まで残る可能性が高いから、脳死状態の人や、
瀕死のひとに対しては話しかければ表出はできなくとも理解しているのかも
しれません。私は、そう信じています。

267 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 20:52:30 ID:/dlVoUVA0
>>261

クローン人間にせよ、所詮は一卵性双生児のようなもので
もとの個体とは別人格です。


268 :名無しさん@6周年:2006/01/03(火) 20:54:04 ID:kSBliQxs0
>>266
どっちもわからないんだよな。
だから、「信じている」と表現するあなたはいい感じ。

269 :名無しさん@6周年:2006/01/04(水) 01:03:23 ID:1z8m9/W/0
ここで熱弁ふるってる人ってただのオカルトじゃん。
バカバカしくて読んでられんよ。

270 :名無しさん@6周年:2006/01/04(水) 14:38:59 ID:7jOS7gCn0
俺が一番怖いと思うのは、肝臓や腎臓の移植によって性格に変化が現れることなんじゃないかと

臓器は交感神経・副交感神経や、ホルモンで、脳と情報やり取りしてるので
臓器移植することで、臓器提供者の性格を微妙に受け継いじゃったりすることもある

具体例を挙げると、東洋医学によると確か、心臓が怒りの感情と密接に関わりがあったはず。
あんまり怒りすぎると血圧上がって心臓に負担がかかるというし。
他の臓器も他の感情と関わりがある。だから死刑囚の臓器を受け取るのはいかがなものか。

271 :名無しさん@6周年:2006/01/04(水) 20:16:29 ID:9kBqSs/N0
さあオカルトってまいりました!

85 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)