5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【靖国】 「遊就館を見る限り、兵隊は喜び勇んで戦地に行ったとしか…」 ゲンダイ記者、体験談★2

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2006/02/03(金) 19:20:14 ID:???0
・小泉首相の靖国参拝に中韓両国だけでなく、米国まで難色を示しているという。
 靖国神社本殿の脇にある戦争博物館「遊就館」には、先の大戦は米国が日本を
 資源禁輸で追い詰めたのが原因。白人優越打破の戦いだったと説明しているからだ。
 渡辺恒雄氏(79)も「軍国主義をあおり、礼賛する展示品を並べた博物館を、靖国
 神社が経営しているわけだ。そんなところに首相が参拝するのはおかしい」と吠えていた。

 よっぽどヤバイ施設なのか。記者がじっくりと見てきた。
 とにかく、デカい。総面積1万1200平方メートル。新館入り口には、復元された
 「ゼロ戦」が。玄関ホールにはカノン砲が置いてある。ナマの兵器を初めて見る記者は、
 圧倒されるばかりだ。

 20部屋に仕切られた展示室は古墳時代から第2次大戦までの日本の戦史をたどる
 仕掛けだ。映像、音響、パネルと工夫がこらされ、軍服や兵器が並ぶ。中国から持ち
 帰った戦利品も堂々と展示されている。

 圧巻は「日露戦争パノラマ館」。3面スクリーンが戦闘風景を映し出し、勇ましいナレーションが
 流れる。兵士の雄叫び、轟く大砲の効果音にまじり「軍艦マーチ」が鳴り響く。
 大きなスペースを割いているのは、やはり「大東亜戦争」のコーナー。勇敢に散った
 “軍神”のエピソードや遺品は豊富だが、戦争に苦しんだ庶民生活や戦争指導者の
 責任には一切、触れていない。展示室の最後には、壁が戦没者の遺影で埋め尽くされ、
 東条英機の写真もしっかり飾ってある。

 約2時間で展示室を回りきると、最後は大型兵器がズラリと並ぶ大展示室がお出迎えだ。
 戦車や戦闘機のほか、ロケット特攻機「桜花11型」や、人間魚雷「回天」が当時のままの
 姿で展示されていた。小泉首相は「はからずも戦争の犠牲になった人を追悼する」というが
 遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。(一部略)
 http://gendai.net/?m=view&g=wadai&c=050&no=16564

※画像:http://img.gendai.net/img.php3?tbl=050&id=16564&dt=20060204&hs=0101
※遊就館:ttp://www.yasukuni.jp/~yusyukan/

※前:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1138946042/

2 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:20:39 ID:g2zPjhOX0
>>1
見事なフィルターですね

3 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:22:03 ID:2vSh6ETS0
在チョンこそ、喜び勇んで日本に来たとしか…

4 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:22:35 ID:ms9BV3NP0
朝鮮日報あたりの記事じゃねーのか
それとも書いてるのが在日か?

5 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:23:07 ID:Do+R3siA0
売国奴め!!

6 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:23:35 ID:ed0aV7CC0
>ロケット特攻機「桜花11型」や、人間魚雷「回天」
を見た後でよく
>兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない
こんなことが言えるな… ゲンダイにはあきれるよ…

7 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:23:53 ID:wzjfF7ts0
 シンゴラ、バタニーの日本軍は、高さ約二メートルの荒波に悩まされたほかは、抵抗をうけること
なく、無血上陸に成功したが、コタバルでは、潮流に流されて、インド第八旅団第三/十七ドグラス
大隊の防御陣地の正面に上陸したため、激戦となった。また、コタバル飛行場から発進した爆撃
機、戦闘機の攻撃により、輸送船三隻は一隻が沈没、二隻が大中破の損害をうけた。しかし侘美
少将みずからが軍刀をふるって突撃、将兵もまた、中にはクツを輸送船でぬいでハダシのまま、鉄
条網をのりこえ、トーチカを爆砕するなど、果敢な攻撃を行った。
 海岸では、アンテナをはるべき立木も見あたらないため、檀上等兵、山崎一等兵の二人の通信兵
が電線をにぎって直立し、“人間アンテナ”をつとめた。絶好の目標とばかりに降りそそぐ弾丸は、た
ちまちその一人、山崎一等兵の右腕を貫通したが、山崎一等兵はとっさに左腕に持ちかえ、かけよ
る衛生兵を退けながら、アンテナをにぎりつづけた。
 このような日本兵の猛勇ぶりは、コタバル飛行場を守るインド兵たちに深刻なショックを与えた。午
後四時ごろになると、早くも日本軍が防備線を突破して飛行場のすぐそばにせまった、というデマが
ひろまった。たちまち、飛行場は撤退準備でごった返し、つぎつぎに飛行場、駅の建物に火が放た
れ、将兵はまっしぐらに南を目ざして逃げだした。建物は焼いたものの、弾薬、ガソリンはそのまま、
滑走路もそのままだった。

児島襄 「太平洋戦争」

8 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:24:26 ID:CmhAnpdt0
天国のあなたへ   柳原タケ

  娘を背に日の丸の小旗をふって、あなたを見送ってから、もう半世紀がすぎてしまいました。
  たくましいあなたの腕に抱かれたのは、ほんのつかの間でした。
  三二歳で英霊となって天国に行ってしまったあなたは、今どうしていますか。
  私も宇宙船に乗ってあなたのおそばに行きたい。
  あなたは三二歳の青年、私は傘寿を迎える年です。
  おそばに行った時、おまえはどこの人だ、なんて言わないでね。
  よく来たと言って、あの頃のように寄り添って座らせて下さいね。
  お逢いしたら娘夫婦のこと、孫のこと、また、すぎし日のあれこれを話し、思いっきり甘えてみたい。
  あなたは優しく、そうかそうかとうなづきながら、慰め、よくがんばったねとほめて下さいね。
  そして、そちらの「きみまち坂」につれて行ってもらいたい。

  春、あでやかな桜花
  夏、なまめかしい新緑
  秋、ようえんなもみじ
  冬、清らかな雪模様

  など四季のうつろいの中を二人手をつないで歩いてみたい。
  私はお別れしてからずっとあなたを思いつづけ、愛情を支えにして生きて参りました。
  もう一度あなたの腕に抱かれ、ねむりたいものです。
  力いっぱい抱きしめて絶対にはなさないで下さいね。

Web版「正論」 遊就館の見学記録より
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2003/0308/message1.html



9 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:24:45 ID:MdLJHbIX0
ゲンダイのその腐った感性に乾杯

10 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:25:26 ID:I+TozfOx0
いや・・・それならそれでいいじゃん
「はからずも」と「喜び勇んで」をただ対極に、両立しないと
考えている時点で、想像力が無い記事

11 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:25:56 ID:RDBh42Jl0
小学生でも、もっとましな理解をするぞw

12 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:26:00 ID:g2zPjhOX0
週刊現代は小泉批判に首相としてではなく個人の中傷でいってるところだからなw

13 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:26:01 ID:+e1VzFKE0
>“軍神”のエピソードや遺品は豊富だが、戦争に苦しんだ庶民生活や戦争指導者の
>責任には一切、触れていない。

もともと我が国の戦争で戦死したものを祀る場所だぞ?
こいつらが言ってるのは
ケーキ屋さんに「なぜおにぎりが売ってないんだ!!」
って憤怒してるようなもんだ

って例えが大袈裟かな

14 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:27:25 ID:4jWyeVQL0
>戦争に苦しんだ庶民生活や戦争指導者の責任には一切、触れていない

戦争博物館でそういうのに大々的に触れている国の例を挙げてくれ

15 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:28:20 ID:/V/78jxk0
>>8
泣けるな。

16 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:29:21 ID:KU1bs5c/0
おいおいゲンダイってここまで腐ってたのかよwwwww

17 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:29:37 ID:MYpqtF0w0
>遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。

馬鹿が見るとそういうふうに見えるんだな
たしかにあそこは馬鹿にはあんまりやさしくない施設かもしれん
理解力にハンディキャップのある人も利用できるようにバリアフリー化を検討すべきだな

18 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:29:58 ID:EYYuPjnA0
遊就館は、はっきり言って基地外じみた施設だから。
あれは靖国神社の敷地から取り除いた方がいい。

19 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:30:08 ID:vEISBcx+0
流石ゲンダイ記者。朝日と一緒だな

20 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:30:35 ID:cFmRLGGPO
>>6
禿同

21 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:31:09 ID:RDBh42Jl0
ホロン部が頑張ってるなw

22 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:31:34 ID:/V/78jxk0
”遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない”
 遊就館へ行くたびに、家族を残していった兵隊さんの悲しみや、それを
見送った家族の悲しみに打ちひしがれて、涙が出るおれは、頭がおかしい
のかえ。

23 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:32:13 ID:gm+IgpPI0
>>16
チャイナスクール協力者と朝鮮総連シンパと全共闘世代の残党が合体して
化学反応を起こしたのが日刊ゲンダイです。

川鍋・日刊ゲンダイでググルと日刊ゲンダイ社長川鍋が
いかにして講談社グループの影のドンに上り詰めたかが判る
ある一冊の本に出会えます。

24 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:33:09 ID:y+t/Bc+10
ゲンダイに釣られすぎ

25 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:33:16 ID:a9B9fbdv0
馬鹿の壁


26 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:33:31 ID:EhGTl+Se0
2ちゃん=便所の落書き
ゲンダイ=チラシの裏

27 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:34:44 ID:h3GnQ9ru0
敬意を払ってると言えば聞こえはいいが
戦争の汚い部分はどんどん端折るし

死人をズリネタにモニターの前で愛国オナニー
ウヨの口だけ自己陶酔にはもうウンザリだな

28 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:35:26 ID:0u7KfR150
これは批判してるんだろ

29 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:36:14 ID:vBIJ4NVnO
またウヨの妄想でレスが埋まるわけか

30 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:36:15 ID:ODO9eNxG0

  |         …まだやるのかよ。
  |  (;'A`)  まぁ、中朝とはそこそこに仲良くやろうぜ。
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ヒュンダイも、もう少し冷静になれ、と。

31 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:36:52 ID:EYYuPjnA0
総理が日本の礎を築いたの先人への礼節とともに
参拝理由の一つにしてる「戦争への反省」

それを否定するのが遊就館。
遊就館には戦争への反省なんて皆無だからな。
アレが存在するおかげで誤解が大きくなる。
さっさと靖国から取り除け。

32 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:37:08 ID:O27LsxRl0 ?
>>842 だから張作霖・張学良と
仲良くすればよかったじゃないか?
張一族の満州国でよかったじゃないか。
何故、完全な傀儡にこだわる。
彼らもプライドあるにんげんだ。
父を殺せばビビって息子の学良は言うこと聞く。
関東軍の糞甘い読みが電波だ。

33 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:37:38 ID:lcpu2xo30
>>18
うるさい特亜のバカがいなけりゃとっくになくなってるよ。
靖国が支援者を増やしている背景には反特亜があるわけで
真の理解者は少ない。


34 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2006/02/03(金) 19:37:43 ID:aPhhpMud0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<800円払わなくてもゼロ戦だけ見られるよ♪



( ^▽^)<800円払うと学校では教えない(都合の悪い)

       日本の真実の歴史がそこに!


35 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:37:59 ID:c/8hQNUR0
>>8
に全米が泣いた!

36 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:37:59 ID:F6HGlb7W0
もちろんバカウヨは毎年遊就館に行ってるんだろ?


37 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2006/02/03(金) 19:38:06 ID:aPhhpMud0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<歴史資料館としては異常に展示内容が膨大で

      一日じゃとても見切れない・・・


( ^▽^)<でっかい空母がある


38 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:38:42 ID:xNgJSO9w0
小野田さんは小泉の「心ならずも戦地に・・・」ってのを批判してたな。
戦地にいった当人の意見をもっと尊重してほしい。
中帰連の意見ばっかり尊重するのはやめてほしいけど。



39 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2006/02/03(金) 19:38:51 ID:aPhhpMud0


  >軍国主義をあおり、礼賛する展示品を並べた博物館


  ∧∧
 ( =゚-゚)<当時の日本は、戦争放棄もしてないし
      あきらかに帝国主義路線をしいていたから
      歴史資料館としてなんの矛盾もないと思うけど?


40 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:39:22 ID:RDBh42Jl0
>>31
夜勤頑張ってねホロン部さんw

41 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:39:25 ID:S7vBeXix0
前にもいってた香具師いたが実際に行ってみるとマターリした雰囲気のごく普通の
大きい神社みたいな印象だったな。遊就館は単なる博物館で当時の遺品を淡々と
展示しているだけみたいな印象だった。
こういう報道から受ける印象とは全然違うよ。まったくなんなんだろうね。

42 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:39:45 ID:cdzyfky/0
明治維新により武士階級の特権は廃止され、政治に参加する権利、公職に就く権利が国民に公開されました。
近代日本は国家運営の責任を国民ひとりひとりが分担する、国民国家として出発したのです。
日本はアジアで最初の議会をもつ立憲国家です。
日章旗と君が代は明治時代に制定された、民主日本の象徴なのです。
日本国民は天皇陛下の元に団結し、民主主義と自由と平等とを追求してきました。
現代に生きる私たちは、民主主義の理想を追求した、先人の労苦を忘れてはいけません。
これまでに民主日本建設の為に、多くの人が命を落としました。
犠牲となった自由の戦士たちが奉られているのが、靖国神社です。

中国政府が靖国神社を嫌うのは、靖国神社が民主主義の砦だからです。
共産党一党独裁体制が、民主主義の理想の前に崩壊するのを恐れているのです。

日本にも、日章旗、君が代、靖国神社、天皇陛下を嫌がる人たちが居ます。
あらゆる汚らしい言葉で、民主日本の象徴を貶めようとしています。
そうした人が、旧ソ連、中国、北朝鮮などに見られる、独裁体制を理想とするファシストである事は周知の事実です。

邪悪なファシスト勢力から、日本の自由と民主主義を守らなければいけません。
心ある日本国民のみなさん、天皇陛下の元に団結しましょう。
天皇陛下万歳。

43 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:40:09 ID:bryNdcqO0
>>34
野戦砲と蒸気機関車も忘れないで上げてください。


44 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:40:24 ID:IQttD1Pm0
政府に騙されて戦争に行った人達の怨霊が渦巻く靖国。

A級戦犯様、様の小泉は怨霊の祟り大丈夫なのかな?


45 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2006/02/03(金) 19:40:29 ID:aPhhpMud0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<外で戦争やってると、被害がない国内の批判もなく
      いつまでも続けけられるいい見本だな・・・

      海洋国ならでは・・・


( ^▽^)<代わりにアメリカがいまやってる・・・


46 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:40:42 ID:Ym6rKG4m0
>兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない

ウソだろ?マジで言ってんの?
遊就館に行ったら見たら、「酷い」とか「かわいそう」とか思うんじゃねーの?

47 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:41:25 ID:IWkCXsQW0
>>31
普通の人なら、遊就館にある、兵隊さんの手紙とか見ると、
心底、「戦争はしちゃいけないな」と思うはず。

48 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:41:28 ID:g6xVZhIG0
アメリカのスミソニアンと比べてどうよ?
ちなみにそれ以外の国でも知ってる人いたら教えて

49 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:42:38 ID:MdLJHbIX0
真珠湾開戦がなかったらどうなってただろうね。誰か教えて

50 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:42:45 ID:yNjno2j20
「遊就館」あたりで驚いているようじゃ、
ソウルの戦争博物館に置いてある、B52戦略爆撃機やファントム、
M61戦車、4連装ボーフォートガン他の殺りく兵器の山、
ありとあらゆる重火器、対人殺傷兵器を見たら腰を抜かすぞw

ゲンダイの記者さんよ、一度飛行機でたった一時間の朝鮮に行って、
半島人がいかに好戦的かレポートよろしくな。

51 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:42:48 ID:h3GnQ9ru0
>遊就館は単なる博物館で

ここ笑うとこっスかね?

52 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:43:28 ID:RDBh42Jl0
>>31
お前行ったこと無いだろw
もし、見て行ってるなら、小学生以下の理解力だねw

53 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:43:32 ID:czCWNUNR0
海軍?だったかのカレーの価格が800円ってのは高杉とオモタ

54 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:43:34 ID:ZqwEFjxy0
>兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。(一部略)

   行くわけないだろ、お金ももらえないのに。

55 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:43:57 ID:MsDkRksl0
はいはいゲンダイゲンダイ

56 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:44:22 ID:IWkCXsQW0
>>41
去年、おれが靖国行ったときも、静かだった。
ただ売店で、「小泉さんが来ないから、おれが来たにゃあ」
と大声で名古屋弁しゃべってるオヤジがいた。
ものすげえ、浮いてた。

57 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:44:22 ID:vBIJ4NVnO
兵隊さんはA級戦犯に奴隷のごとくこき使われたんだよ
靖国神社は早く潰せよ

58 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:44:27 ID:iFOGpoW00 ?
>>27
当たり前だろ敬意を払う場所なんだから
美空ひばり館にいって、なんで美空ひばりと暴力団の関係について展示
されないの?なんていう馬鹿いないだろ

戦争の悪い部分は他で学べ
そのくらいのバランスは自分で保つべき

59 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:45:01 ID:B3fNFIXg0
靖国で売ってたCDの曲
「矜持」
http://land.issaigassai.com/cgi/upload/source3/No_0435.mp3

頼むから聞いてくれ

60 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:45:11 ID:7Jd1cMWFO
とりあえず軍神なんてのは靖国にはいない
軍神が鎮座している某神社から出動する時は柱が必ず倒れる

61 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2006/02/03(金) 19:45:25 ID:aPhhpMud0

  ∧∧
 ( =゚-゚)<ゼロ戦のカッコ良さにつられて800円払っちゃうんだよ

      んで、刀とか火縄銃とか見て へ〜とか思いながら順に見てって

      最後に無言になる・・・


62 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:45:46 ID:tyNEKcnD0
確かに戦死者慰霊施設に戦争博物館くっつけちゃだめだろ。

63 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 19:45:55 ID:s01gIoQd0
最近のホロン部はパスワークが上手くなったな。

64 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:46:06 ID:x5A+nGwi0
戦時中の日本の国威発揚映画は悲壮美が有りすぎて、
検閲したGHQメンバーが「これって反戦映画?」
って思ったと伝えられるくらいだからな

ゲンダイ記者は悲壮感とか理解できない様だ
GHQメンバー以下だよ理解力

65 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:46:25 ID:ODO9eNxG0
>>57
  |        …今も誰かにこき使われてるだろ、お前は。
  |  ('A`)    俺もだが。
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄

66 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:46:25 ID:coVYwd670
>兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない
純粋に「お国の為に」みたいな感じに勇んで戦地に行く人の方が当時としては普通
なんじゃないの?
「早くチャンコロぶっ殺して〜w」みたいに勇んでたとか思ってんのか?この記者

67 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:46:31 ID:PovTmkCh0
>>62
詳しく

68 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:46:49 ID:iS9ssO4F0
首相が、「心ならずも〜」って言ってたときに、「心ならずもって何だよ」という
レスが結構あったような気がする

69 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:46:51 ID:OEkk93wb0
資料館に初めて行った青二才がえらそうに記事なんか書くなよ

70 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:47:27 ID:O27LsxRl0 ?
戦前の日本で一番繁栄してたのは、
第一次世界大戦時、大正景気なんすよ、朝鮮人も
この時期に「経営者」に望まれて来日しております。
そして、第一次護憲運動とか第二次護憲運動とか、
制限選挙の納税額が10円から3円になったりとか、
たぶん一番言い時代。

ただ文学的には、八方ヤバスの20年代が結構いい。
30年代は戦争
40年代は締め括り対米戦、
50年代は、朝鮮特殊で復活、高度経済成長へ。

細かいの違ってたら訂正よろ。

71 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:47:37 ID:v7TmdRfX0
このゲンダイの記者は、特攻隊員の遺書を読んでないのか?
それとも読んだ上で、「喜び勇んで」いると解釈したのかな?

俺はあの遺書を読むたびに、この国のために若くして犠牲になった先輩方に
こんな国にしてしまって申し訳なくて泣きそうになるぞ。

72 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:47:48 ID:RDBh42Jl0
>>62
戦死者の遺品を展示するのが、そんなにおかしいかね?


73 :しつこいようですが:2006/02/03(金) 19:47:50 ID:mYK7lmCB0
零式艦戦のりたい人は
グラフィックカードとジョイスティック
Pacific Fighters http://www.pacific-fighters.com/en/home.php
をかってフライトシム板へドゾー


74 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:47:54 ID:nFkvWZhc0
そもそも、遊就館って誰がどんな意図を持って作ったのかね

75 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:48:10 ID:gnUqAO7+O
>>62
マラソン選手の棺にシューズを入れるようなもんじゃないの?
骨があるわけじゃないからピント外れな例かもしれんが

76 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:48:18 ID:z0KYHSnh0
バカ。国のためと思わされて死んで言ったんだ。小泉の奴の「国のため」とは意味が全然違う。


77 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:48:25 ID:GLxIwO3T0
私が靖国いったのは夜桜見物に出かけたとき。

遊就館どこにあるのかよくわからなかった。
菊のご紋の大きな門をみてちょっと感動したくらい。

78 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:48:41 ID:Ym6rKG4m0
>>61
なんとなく同意

79 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:48:57 ID:vEISBcx+0
日本を作った英雄から>>57のような未熟児がうまれるとは

80 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2006/02/03(金) 19:49:01 ID:aPhhpMud0
>>64

  ∧∧
 ( =゚-゚)<あははw

81 :70:2006/02/03(金) 19:49:39 ID:O27LsxRl0 ?
ああ朝鮮特需ね。

朝鮮特殊ってなんだらほい、潜在意識か。
かなり自由主義者な俺でも無意識にそうなのかな。

82 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:49:44 ID:IQttD1Pm0
57>よく言った。靖国はやく潰せよ!!!

83 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 19:49:47 ID:s01gIoQd0
>>66
兵隊に取られるって言葉があったくらい、軍隊ってのは不人気なところだった。
大概の人は仕方なく応集していった。

84 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:49:59 ID:53qntbpD0
この記事によって俺が日刊ゲンダイを買うことは無くなったな

85 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:50:00 ID:RDBh42Jl0
>>79
何時の時代もクズは居るんだよ…

86 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:50:23 ID:xiBCK8qm0
喜んで言ったのならそれでいいじゃん
もう過ぎたことはどうでもいい

87 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:50:26 ID:LEhlQy3+0
またチョンダイか!こんなのつぶせよ

88 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:50:42 ID:CDH6ou5J0
戦死者を美化しない戦争博物館が世界にどれだけあるのかね?


89 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:51:07 ID:8/beIB6B0
実際遊就館見学して喜んで戦地行ったなんて感想は嘘だな、偏見としか思えない。
どっちかっていうと桜花とか回天なんか見てこんなのに乗りたくないとか
死にたくないなと思う気持ちのほうが強かった、特に特攻が決まって実家に帰って遺言録音した少年兵の
肉声聞いたら国のためとはいえ絶対戦争なんか嫌だと思ったけどね。俺的には見学してよかったと思った。

90 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:51:25 ID:X+r+QNNSO
小泉みたいなバカな奴だろ。いまだにあの戦争を美化したがる時代錯誤

91 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:52:05 ID:D8E0xxIe0
靖国って特亜人もよくきてるし。
アイヤーといいながらデジカメでニコニコ記念撮影している(多分)台湾人とか
出張のついでに見物に来ました、という雰囲気のスーツ姿のニダーさんとか
いる。もちろん白人さんもいっぱい。
以前遊就館に行ったときはひとつひとつの展示を食い入るように眺める中国語話す
二人連れがいた。中国人かな、だったら誤解を解いてくれればいいな、と
祈るような気持ちで眺めた。

92 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:52:05 ID:rF1CEcwl0
喜び勇んで行っただァ?
みんなを守るために、悲壮な気持ちで行ったと思うのが普通じゃねえか?
それに、戦死した人たちを祀る場所なんだから、展示するとしたら
「あなたたちは立派なことをしてくれました。ありがとう」っていう内容になるのが
当然だと思うが。
「戦争なんていうひどいことをして、悲惨な状況にしやがってテメエら」
なんていう内容にしろとでもいうのかこのバカは。
この記者に対して禿しい憎悪を覚える。

93 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:52:07 ID:Dg2a6kIP0
就遊館の中で、日の丸に○○君へ、という日本人名が書かれていて、
その下に○○君の写真があったから、見てみたら、モロ白人、
それもドイツ系の顔立ちじゃない人の写真があったけど、
あの人は混血の人なんだろうか・・もしそうだとしたら、当時のこと
だから多分相当苛められていたんだろうな・・。その上で
戦死しちゃうなんて、ちょっと可哀想だ。うと思った。


94 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:52:55 ID:MYpqtF0w0
新館ができてずいぶん雰囲気が変わっちゃったからなあ
以前はほんとにひっそりと奉納された遺品の展示をしてる感じだったが。

イデオロギー色が強くなってしまって個人的にはあんまり今の遊就館は好きじゃない。
まあ、他に求心力のある施設がないからしょうがないとは思うけど

95 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:52:57 ID:QmzpWDx90
>>89
あなたが、そういう感想を得たのなら、
それは靖国側の失敗です。

96 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:53:05 ID:2nnltfT20
>>79
アジアの哲学的に英雄というと、ガンジーの非暴力主義みたいに、帝国主義で植民地化されようが
なにされようが、人を武力で傷付けることをしない、みたいな覚悟のことだと思うのは間違いかな?

97 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:53:26 ID:h3GnQ9ru0
当時の切迫した悲壮感をなんで
現代人がイタコのように口寄せできるんだ?

英霊に呪われればいい

98 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:53:26 ID:IWkCXsQW0
>>66
当時女学校の教師だった、婆さんから聞いた話だと、
勝った勝ったとされた時代でも、召集された場合は、
見送る側は、「職業軍人でもないし、戦争に不慣れだし、もう帰ってこない」
と暗黙の共通認識があったようだ。
また兵隊さんは、相手を殺すより、どうしたら殺されないで済むかを悩んでたともいう。


99 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:53:40 ID:R5NV4eqN0
馬鹿か?この記者
自分の国、愛する女房や子供達を守るため、
そんな信念と誓いを立てて戦地に行ったに決まってるじゃないか。

面白がって人を殺したのは三国人だろ。

100 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:53:57 ID:DXAQNTYS0
>>1
おい! 新聞も雑誌も同じ穴のムジナだな

101 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:54:31 ID:RDBh42Jl0
>>96
それはタダの宗教家でしょw

102 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:54:41 ID:sPIW9Bqs0
いまさら鬼畜日本軍を糾弾するスレはここでつか?

あのねえ、戦争なんて喜び勇んでいってくれる
ぐらいじゃなきゃ出来ないでしょうが・・
前立腺パンパンの状態で、「敵陣突破できたらドイツ女輪姦し放題」
ぐらいじゃなきゃ銃剣突撃なんて馬鹿らしくて出来ませんって

103 :70:2006/02/03(金) 19:54:42 ID:O27LsxRl0 ?
だから満州棒重大事件の総括を疎かにしたので
関東軍が勘違いし、暴走し、
アメリカが怒り、
天皇は丸投げ、
皆は天皇の為と思ってやってる。

ひとゆる日本的なんとなく戦争。これが実態です。責任者、そりゃ昭和天皇。
積極的に進めた訳ではないが、誇大妄想の関東軍の暴走を止められなかった。

おわり。人は自分の力を適切に社会に敢然せねばならん、私は無能だ。
しばらくニート。

104 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:54:49 ID:EYYuPjnA0
戦争を美化、あるいは、止むを得ないものだったとして戦争を正当化する博物館は当然あるべきだ。
ただ、それが靖国神社の施設としてはあるべきではない。
靖国神社と(形式的でよい)独立して存在すべき。
それだけで靖国神社の印象は大きく変わる。

105 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:54:50 ID:PovTmkCh0
>>96
そんな英雄像聞いたこともないが・・・

106 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:55:09 ID:IQttD1Pm0
靖国神社は、長州の山県有朋が、民衆をただで戦場に送り込む
ために造った神社。わざわざ東京招魂社という名前を「靖国」と作り
替えて霊力をあるかのように思わせた作為的行為の神社。

長州の大村益次郎が突貫工事で建てた(東京の片隅にあったボロ神社を改築)、

天皇と何のつながりもな い、何の由緒も無い100年くらいの歴史しか無い
カルト神社。靖国は敗戦後GHQによって日本中にある護国寺と切り離された
日本政府となんの関わりもないただの宗教法人(拝観料と献金だけが収入源)

誰も見向きしなくなったら自然と崩壊する財団法人。

107 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:55:23 ID:53qntbpD0
>>83
徴兵制がある国ではほとんどそう
だから大人になるための通過儀式だとか
義務だとかいって納得させることになる

108 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:55:43 ID:W8CI/B9T0
勝つと思っていれば喜ぶ勇む
その面を書いて何が悪いんだ
いい加減暗黒史観から抜け出せや、現代
2年前から講談社は一切買わないよ
性格が暗くなるから
柳沢きみおも連載止めろよ

109 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:55:47 ID:ODO9eNxG0
  |        今も昔も左程変わらんだろ。 俺はそう思うよ。
  |  ('A`)    ただ、感慨深い何かはあるな。あそこには。
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄一生懸命生きて、死のうぜ。オマイラ

110 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:56:12 ID:mYK7lmCB0
少し不思議なのは、
時の政府の失策で大量に死んでるわけでしょ?
だったら「ありがとう」ではなくて「ごめんなさい」ではないんかな。
被害者に「ありがとう」ってのは変じゃまいか?


111 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:56:12 ID:IWkCXsQW0
>>96
ガンジーは非暴力と共に、非服従を唱えるのがかっこいいね。
日本の平和主義者は、非暴力は唱えるが、非服従は言わないから、情けない。

112 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:56:14 ID:lzXXWc5w0
もう2スレ目か。俺が依頼したスレが伸びてゆくのを見るのは気分がいいものだ。

113 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:56:22 ID:2nnltfT20
>>105
ブッダだよ。まあ宗教といえば宗教なんだが、神様がどうこうだからどうするというん出なくて
なんぼ脅かされようが正しい行いをする、見たいな覚悟。

114 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2006/02/03(金) 19:56:34 ID:aPhhpMud0
>>104

  ∧∧
 ( =゚-゚)<だから見てこいって・・・


( ^▽^)つI

115 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:56:45 ID:vBIJ4NVnO
靖国って単語を聞くだけで気分が悪くなる
あそこに展示された軍服を見るだけでアジアを侵略してしまいそうだ
早く靖国は潰せ

116 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 19:57:26 ID:s01gIoQd0
>>102
戦争なんて多くの場合は命令だから行くだけ。
喜び勇んで行くような奴は人間のカス。

117 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:58:13 ID:huZuqgU+0
歪んだ鏡には歪んだ像しか映らぬものよ

118 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:58:16 ID:sPIW9Bqs0
>>115
釣り師乙

119 :70:2006/02/03(金) 19:58:21 ID:O27LsxRl0 ?
>>110 関東軍幹部は、誇大妄想ですいません。
昭和天皇は、誇大妄想軍団を止められずにすいません。

これだと思う。一般国民は、歴史って悲しいね…誰を責めればいいのか
とは言わず、当時の関東軍幹部に怒ってよろしいと思う。

120 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:58:32 ID:ODO9eNxG0
>>116
  |        韓国には居そうだな。そういうの。
  |  ('A`)    
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄

121 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:58:48 ID:Dg2a6kIP0
>>117
それいいね。俺も今度使ってみるよ。

122 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:58:47 ID:sbpQTTOh0
お母さんへの手紙とかあって悲壮な印象しか残らなかったけどなあ。

肖像写真で埋め尽くされた部屋をひとつひとつ見ていくと
なにげに幕末の勤皇志士たちの写真や肖像画が混じってて
多摩の百姓一族の自分はやや複雑なキモチ。


123 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:59:12 ID:h3GnQ9ru0

>>104
全く持って同意

124 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:59:14 ID:53qntbpD0
>>115
日本を侵略したくて仕方がない国の人ですかw
あそこはあなた達のような人たちが行く所じゃありませんから

125 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:59:31 ID:VQsiOf0TO
>>71
そうだな
だれがこんな国にしたんだろうな

でも一つだけ確かなのは、
アンタは国のために何にもしてない
ってことだな( ´,_ゝ`)プッ


126 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:59:33 ID:l86sBg2N0
>>79>>85
こういう事ですw
http://stick.newsplus.jp/id.cgi?bbs=newsplus&word=vBIJ4NVnO
604 : 名前:名無しさん@6周年 E-mail: 投稿日:2006/02/03(金) 02:32:58 ID:vBIJ4NVnO
日本人は狂牛病にかかって死ねよ

72 : 名前:名無しさん@6周年 E-mail: 投稿日:2006/02/03(金) 02:18:16 ID:vBIJ4NVnO
日本人は憲法も守れない池沼

76 : 名前:名無しさん@6周年 E-mail: 投稿日:2006/02/03(金) 02:23:26 ID:vBIJ4NVnO
>>73
なら破棄しろよジャップ
お前らに憲法なんていらねーだろ
サルなんだから

107 : 名前:名無しさん@6周年 E-mail: 投稿日:2006/02/03(金) 04:12:58 ID:vBIJ4NVnO
日本人は憲法も守れない土民

127 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 19:59:50 ID:Ym6rKG4m0
アメリカと戦争しなきゃ1000万以上の失業者が出る
しかも物資は入ってこない

やるしかないでしょう、当時の考えでは・・・

128 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:00:24 ID:rF1CEcwl0
ああいう場所や、特攻隊の記念館なんかに行って
「喜び勇んで戦争に行った」なんて思う奴は真性のキチガイ。
思いっきり病気。精神病。

129 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:00:43 ID:uzkTbKOf0
>>127
>やるしかないでしょう、当時の考えでは・・・

大東亜戦争はやむを得ないと言う人は二通りいる

A・ABCD〜ハルノート後の開戦はやむを得ない
B・満州事変〜大東亜戦争までの過程はやむを得ない

Aはまだ理解できる
Bは無反省に失敗を繰り返させる国賊


130 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:00:45 ID:x5A+nGwi0
>>119
石原とか辻とかの個人名が出ない時点で
日本の歴史教育は失敗してる


131 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:00:50 ID:OQfwz8p70
ゲンダイの記者に人格とか求める気はありませんが…。親の顔が見てみたいよ。

132 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:00:51 ID:O27LsxRl0 ?
しかし、関東軍がヘンテコな人気を得てしまったのは、
国内が不況だからなのだ。

ちょうど関東軍がライブドアみたいなもんだと思えばよかろう。
金融庁が天皇みたいなもんだが、追認追認……そりゃ積極的にはやってないけど
帝を名乗るなら義務を果たさねばならない、そして果たせなかった。

133 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:00:56 ID:noznlZNR0
負け戦したというのが痛いな
戦犯視されるのは当然だろ

134 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:01:00 ID:5CmJwVmc0
最低

135 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:01:03 ID:7Jd1cMWFO
>>113
別にそれはそれで否定しないがそうした理想レベルのものは世界で広げないと意味が無い

136 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:01:26 ID:Dg2a6kIP0
>>122
「まだ女も酒も知りません」っていう遺書には泣けた。

137 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:01:31 ID:jv299LiA0
>>18
だよね

138 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:01:39 ID:RDBh42Jl0
29 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/02/03(金) 19:36:14 ID:vBIJ4NVnO
またウヨの妄想でレスが埋まるわけか

57 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/02/03(金) 19:44:22 ID:vBIJ4NVnO
兵隊さんはA級戦犯に奴隷のごとくこき使われたんだよ
靖国神社は早く潰せよ

115 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/02/03(金) 19:56:45 ID:vBIJ4NVnO
靖国って単語を聞くだけで気分が悪くなる
あそこに展示された軍服を見るだけでアジアを侵略してしまいそうだ
早く靖国は潰せ

139 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:01:41 ID:EQsE8h070
>戦車や戦闘機のほか、ロケット特攻機「桜花11型」や、人間魚雷「回天」が当時のままの
>姿で展示されていた。小泉首相は「はからずも戦争の犠牲になった人を追悼する」というが
>遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。

この記者は正気か?

140 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:01:45 ID:sPIW9Bqs0
喜び勇んでいったのは勳章がほしいDQN参謀達でしょうが
将校商売、下士官道楽、兵隊ばかりが国のため とはよく言ったもの

141 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:01:46 ID:w/26XcSI0

靖国の偽装問題も、ついにあばかれたか。


142 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:01:53 ID:5qRizL+f0
>>127
当時の薬漬けになった様な脳味噌では、それ以外選択肢は無かったかもしれんな。

143 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:02:38 ID:Sm3DmWjyO
スミソニアンにもB29の原爆展示してくれ

144 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:02:42 ID:5ZcY5SSI0
>遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。

職業軍人と徴兵の違いに気がついてない基地外だなこいつ
「戦争に苦しんだ一般庶民」が一番戦場で死んでるんだよ

無知ならジャーナリスト失格だし知っててこういうこと書くなら
人間として失格だ


145 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:03:06 ID:O27LsxRl0 ?
>>130 反省反省とは言うのに、なにがどうなってるのかは
ブラックボックスのまま高校卒業してるもんな。

まあこれもセンター試験問題で解決できたりするのだが。

146 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:03:08 ID:8/beIB6B0
>>115
俺は靖国より売国とか反日行動とかの単語のほうがむかつく

147 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:03:12 ID:SA1gmce00
ID:vBIJ4NVnO
はおもしろいな。判で押したように典型的で

148 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:03:19 ID:evWljakZ0
>>125
携帯で必死だね

149 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:03:30 ID:Dg2a6kIP0
>>142
他の選択肢を聞かせてくれ

150 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:03:31 ID:IWkCXsQW0
>>115
有名な軍人の軍服から、その人の体の大きさとかわかって面白いじゃん。
確か、大山巌とか、榎本とかが案外小さいんで驚いた記憶があるよ。
大山があれだと、西郷も現代人から見ると、あまり大きくなかったのかな、とおもたよ。

151 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:03:35 ID:vEISBcx+0
>>126
ちょwwwwwコイツ日本人じゃなくねwwwww

152 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:03:38 ID:rF1CEcwl0
日本が戦争に突入したのは、自国の安全保障のためであった。

マッカーサーが戦後、アメリカの上院でそう断言してるよ。

153 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:03:55 ID:y1pNzPjs0
死者になるか失業者になるかの問題

154 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 20:04:28 ID:s01gIoQd0
>>147
結構リアリティーもあるし、魚伸さんクラスの凄腕か?

155 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:04:34 ID:2nnltfT20
>>135
意味がないからと折れてたら、広がらないんだ。で、武力行為に命を落とすよりも
そういう知恵と覚悟に命をかける、みたいなのが、東洋的哲学じゃないかとちょっと
勉強してみておもったな。

156 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:05:15 ID:m8me/UNg0
>>144
皮肉だろww

157 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:05:16 ID:ODO9eNxG0
>>140
  |        今も変わらんよ。愚痴はいいから変えてみろよ。
  |  ('A`)     遠慮はいらんよ?俺にはそんな力は無い。
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄ やる気のありそうな、お前に頑張って貰わんと困るよ。

158 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:05:29 ID:j554vmOo0
ゲンダイの編集長が朝のテレ朝モーニングに出てるわけだが・・・・

159 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:05:31 ID:IWkCXsQW0
きっと、この記者は、喜び勇んで、
桜花や、回天に乗り込める人なんでしょうな。

160 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:05:46 ID:Ym6rKG4m0
白人は植民地支配O.K
日本人はダメ、さっさと中国から撤退しなさい
じゃないと鉄とか原油とか輸入させませんよ

やるしかねーじゃん

161 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:05:50 ID:dm7UO9Qq0
俺の親父さんは、喜び勇んで戦地へ赴いた。
本人から聞いたから間違いないw

162 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:05:50 ID:7Jd1cMWFO
>>133
日本として見るなら負けたがアジア解放として見るなら勝ったようなものだけどな

163 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:05:53 ID:sYgZ0wQe0
遊就館大和ミュージアム白百合の塔・・・
偏見に満ちた記事しか書けないのか?
明らかに営業妨害だろ

なぁカス、ゲンダイよ
どうせ特亜から何らかのコネクションを貰ったんだろ!?

北朝鮮、中国侵入、チベット実情調査は金が無くて逝けなくても
創価学会の総本部や元オウム信者運営の詮索位はやれよ

こっちの方が売り上げに貢献できるだろ?

164 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:06:02 ID:AfGxbhat0
>>93
おそらく栗栖大尉でしょう
栗栖大使とアメリカ人の婦人との間に生まれた

後に福生飛行場でプロペラに首を切断され戦死(事故死)


165 :145:2006/02/03(金) 20:06:15 ID:O27LsxRl0 ?
日教組も、戦争反対のスローガンはよいが、
その為のスキル、現実的解決策、相手も否定できない提案能力とか
著しく低く、ひたすら政権党のせいにする。

関東軍並の馬鹿精神を日教組が引き継いだ。そのぐらいに私は思ってます。

166 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:06:32 ID:PovTmkCh0
>>113
仏教はね、土着色が薄いわりに骨子がないんだな。
同様に反宗教的に発生したキリスト教やイスラム教に比べて。
故に故国を離れて伝播していきながらも、影響を与えながらも併呑はできなかった。
アジアをブッダで語られても困る。


167 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:06:40 ID:n4o1A7nx0
お母さん、お母さん、お母さん、お母さん
っていっぱい書いてあったのには泣いた
すごく切なかった

168 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:06:41 ID:uzkTbKOf0
>>149
>他の選択肢を聞かせてくれ

自衛の戦というなら
せめて満州に徹してればよかったんだよ

満州停戦後も北支へ介入し軋轢を生んだり
ヨーロッパ情勢に乗じて仏印や続いて蘭印を狙ったりして泥沼に嵌ったんだろ

169 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:06:50 ID:5qRizL+f0
>>149
満州国とか日中戦争の手打ちとか仏印からの撤退とか、選択肢は色々あったろ
>>152
マッカッサーは基本的に脳が秀才軍人だからな。
それ以外の要素を考えられない、その程度の人。

170 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:06:58 ID:x5A+nGwi0
>>160
ハルノート要約

1・ 日本は支那から無条件撤退する事
2・ 支那における中華民国政府以外の政府、政権の否定
3・ 全体主義国家との同盟の死文化
以下略


「今」突きつけて貰いたいんですけど・・・・

171 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:07:04 ID:5ZcY5SSI0
まあ最近日刊ヒュンダイよんでるサラリーマンも減ったな明らかに

172 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:07:35 ID:Dg2a6kIP0
日本がアメリカを差し置いて満州で成功しちゃったから、
アメリカ経済界が政府に泣き付いたのが発端だろ。


173 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:08:01 ID:IWkCXsQW0
>>122
おれは長州の連中より、新撰組が好きだよ。

174 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:08:06 ID:YvC2w8Ct0
>>96
遅レスだが、ガンジーは非暴力だが徹底して非服従だぞ。

175 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:08:12 ID:53qntbpD0
>>127
それなら日本もヒトラーみたいに「日本を追い込むと戦争になるぞ!!」と言いまくれば良かった
第一次世界大戦に参戦して犠牲ばかり出して何ら得るところがなかったアメリカでは中立を望む人が多かった
(ヒトラーはこれでポーランド侵攻まで英仏と戦争をせずに領土拡張を果たした)

176 :しつこいけど:2006/02/03(金) 20:08:14 ID:mYK7lmCB0
73 :しつこいようですが :2006/02/03(金) 19:47:50 ID:mYK7lmCB0
零式艦戦のりたい人は
グラフィックカードとジョイスティック
Pacific Fighters http://www.pacific-fighters.com/en/home.php
をかってフライトシム板へドゾー

空飛ぼうぜ!

177 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:08:24 ID:5CmJwVmc0
>>59
最初は何かと思ったが意外にいい曲でびっくりw

178 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:08:31 ID:sPIW9Bqs0
>>169
秀才というならばマッカーサーは本当の秀才 
士官学校4年間の成績の平均点が98,4点だったとか

179 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:08:56 ID:5qRizL+f0
>>162
それは「日本が戦争やったから」じゃないよな。
多少は関係するが、他の要因の方が大。
多分に、日本の戦争関係無しにアジアは独立した。

180 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:09:16 ID:m221vBPk0
遊就館を見るかぎりだろ
他は無問題だから良いだろ別に


181 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:10:00 ID:rF1CEcwl0
「たとえ自分が命を失ってでも守らなきゃ、負けたら日本がダメな国になっちゃうんだよ!」
というのが当時の若者の気持ちだと思う。

…経済的にはなんとかなったけど、精神的には、やっぱりダメな国になりました。ごめんなさい。

182 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:10:05 ID:H0QYcowlO
遺書を読む度に胸を打つものがある。
日本語の理解できないバカとチョンには通じないのだろう。
故郷を守る為、愛する人を守る為、散らざるを得なかった当時の人達の心意気に、現代人が及ぶべくもない。

183 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:10:21 ID:bryNdcqO0
>>169
支那側が邦人の安全保障しないし、満洲ないと外貨を稼げない。
米英が仏印通じて支那を援助。ついでに給料と階級称付きの義勇軍を派遣。

日本に落ち度が無いように見えるのは気のせいか?


184 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:10:45 ID:vBIJ4NVnO
靖国はアジア侵略のシンボル

185 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:10:46 ID:IWkCXsQW0
>>161
実戦経験がない人ほど、勇ましい話をしたがる傾向もあるようだが。

186 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:10:49 ID:l86sBg2N0
>>179
このスレはまた伸びるw

187 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:10:58 ID:ThLHpFxy0
想像力が欠如している人間は死ぬべきだ

188 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:10:59 ID:soHucMVN0
イスラム原理主義への対応を省みれば
911は自ら招いたようなもの
テロリストを糾弾するのはおかど違い
とアメリカに言ってみれば

189 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:11:10 ID:jm5SGaVO0
本来は国で戦史博物館でも建てればいいのだけど、
船橋焚書司書のような学芸員達に支配されて、
李舜臣将軍や安重根義士の常設展示室が出来かねないからな。
現状は靖国神社の運営でいいでしょ。

190 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:11:21 ID:jV30SzPX0
映像の世紀で、第一次大戦直前に召集されて
国のために戦うことに大喜びしてる
イギリス人だかドイツ人だかの手記があったが。

実際に戦地ではともかく、行く前は結構そんな考えの人も多かったんではなかろうか。
悲惨な戦場の情報なんて流れてこないだろうし。

191 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:11:38 ID:p9IdxuW90
ゲ「遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない」
純「知能が低いと大変ですね」


192 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:12:02 ID:ODO9eNxG0
>>183
  |        独逸も追加しておくれ。
  |  ('A`)    
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄

193 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:12:04 ID:uzkTbKOf0
>>183
>日本に落ち度が無いように見えるのは気のせいか?

君がアメリカに生まれてたら
アメリカの行動に何の落ち度も感じないのだろう

君の頭はその程度


194 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:12:07 ID:vEISBcx+0
>>182
あの国は量産型だしな

195 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:12:17 ID:YvC2w8Ct0
>>179
インドネシアだけは、大東亜共栄圏の理念
があったと言ってもいいと思う。ま、ロームシャ
問題こそあるがな。


196 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:12:28 ID:Wca9q4tc0
小泉批判のために、見当違いの批判して敵を増やしてどーする…

197 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:12:29 ID:Jl1+9Lmh0
俺はライブドアで思ったのは、違法行為云々ではなく、忘年会の模様を
見て日本とダブらせた。

かつて日本は、一等国を目指して富国強兵を行い、明治の戦争に勝ち抜いて
領土を広げて昭和初期に絶頂を迎えたが、知っての通り最後は出る杭が叩かれ、敗戦で全てを失った。
これはM&Aを繰り返す事によってグループを肥大化させた
ライブドアの姿そのものではないのか?
あの忘年会ではしゃぐライブドア社員を見ていると、
旅順陥落の報を受けて花火を上げたり、近衛文麻呂の「われら国民党政府を
相手とせず」という近衛声明に湧きかえった当時の国民を思い出す。
堀江は3年後に世界一などと不可能な大風呂敷を広げていたが、
当時の日本も、米英と対峙しても戦えると判断を誤っていた。
国家の品格を書いた藤原氏はライブドアを日本的でないと語っていたが、
ライブドアの栄枯盛衰は日本が辿った歴史そのものだと思う。
ホリエモンの転落は、規制緩和、新自由主義が日本で受け入れられなかったのではなく、
実は、規制緩和だろうが新自由主義だろうが日本の負の面が浮き彫りに
なるというのが今回の事件でわかった。


198 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:12:32 ID:fUJwrb/i0
>>6
禿同。
こんな馬鹿でも記者としてメシ食えるんだから、日本ってほんとにいい国だ。

199 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:12:53 ID:VQsiOf0TO
靖国は残すべきだと思う
あそこに対する思う処は個人で様々でしょう
首相が参拝したりしなかったり、漢、朝人のみなさんがいろいろ言ってくるし
でもね、そういうのがあって議論されて言い合いして、
あの戦争のことを考えられるんじゃないかな?
単純に戦犯が、とか展示物が、とかではなくて
靖国ってものが善くも悪くも戦争ってなんだ?ってのを
俺たちに意識させてんじゃないのかなぁ

200 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:13:29 ID:PovTmkCh0
>>190
当時の欧州人は相当な平和ボケなので

201 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:13:50 ID:hQTLSJgi0
別に遊就館作ったの小泉じゃないだろ
靖国参拝すれば遊就館作ったと見なされないといけないのか?
なんだよ この息苦しさは
ファシズムそのものじゃないか

202 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:14:03 ID:5qRizL+f0
>>178
そう。
米士官学校始まって以来最高の学校秀才。
でも、それだけ。
あれだけの名声を得ておきながら大統領になれなかった男。
高齢の為ってのもあるが。
>>183
落ち度の有る無しは関係ない。
戦争での負け(しかもまれに見る大敗)はそれを簡単に覆してしまうから。
要は勝つか負けるか。

203 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:14:07 ID:FnnfFOCe0
国のために進んで戦争に行って氏んだ人を追悼してはいけないのですか


204 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:14:19 ID:DfaOhV700
戦後60年記念作品 東映「男たちの大和/YAMATO」 心臓発作23回目
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1138757753/

205 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:14:29 ID:IzCkcUy10
>>193
米国はそう教えてるからな
だが日本は自国に落ち度があると教える国だ

その国で>>183の様に考えられるのはいいことだよ
アホだねあんた

206 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:15:06 ID:mYK7lmCB0
だれか>>110の俺の疑問にも答えてくれ

207 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:15:17 ID:XGsOAmcF0
憂愁管を批判するのも結構だが
沖縄の平和祈念資料館は逆の意味でかなり逝ってる

こちらも批判してね♪

208 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:15:24 ID:RlpZO9eq0
>>203
国のために死んでいった人を晒すのはどうかと思うけどね

209 :145:2006/02/03(金) 20:15:57 ID:O27LsxRl0 ?
>>183 だから張親子と仲良くすべきだったんだよ。

210 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:16:13 ID:x5A+nGwi0
>>179
全てが終わったと思ってるの?

アフリカ諸国の独立は1960年代を待たねばならなかった
しかも独立後の補償金、旧宗主国から貰って無い状態

独立時に約束した補償金を払って欲しいと
2001年8月28日から9月8日まで南アのダーバンで会議が開かれたが・・・

ここでもアフリカ諸国の旧宗主国はナシのツブテ・・・
韓国代表は日本を誹謗するのに汲々、アメリカ代表は途中退場



閉会3日後・・・・飛行機がWTCに突っ込みました。




本当に全てが終わったと思ってるの?


211 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:16:21 ID:ux9Umgew0
戦争には喜んで参加したかもしれないが(親しき人を守るために)
回天や特攻隊に喜んで参加した人は居ないと思うなぁ。

212 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:16:21 ID:pUsXKEYSO
>>193
愛国心とは本来そういう物だ

隣の国を見てごらん?

213 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:16:25 ID:uzkTbKOf0
>>195
>インドネシアだけは、大東亜共栄圏の理念
>があったと言ってもいいと思う。

つーか逆に
インドネシアは直轄領として、独立を認められなかったのだが
終戦の年にようやく認めるが間に合わず
スカルノも大東亜会議に出られず

戦後インドネシア独立闘争に参加した日本兵は脱走兵扱い
恩給も無し

まあ日本の教育が独立の糧になった側面はある


214 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:16:49 ID:PCMDOPGV0
靖国は好戦史観だからな。うせろよ靖国。

215 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:16:59 ID:IzCkcUy10
>>206
なんで時の政府でもない俺らがごめんなさいなんだ?
確かに犠牲になったろうが、その犠牲になった魂があってこその現代だ
その方々に対してはありがとうだろ

じゃまいか?なんて変な日本語使う前にちゃんと考えろよ…

216 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:17:07 ID:ODO9eNxG0
>>206
  |        好きにしなよ。
  |  ('A`)     リアルでそう言ってみ?
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄ 大丈夫、俺も少しはそう思うから。

217 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:17:18 ID:hQTLSJgi0
>>206
君が想像するより遥かに民主国家だったんだよ 日本は
そして大東亜も帝国主義も急に芽生えたんじゃなく明治、大正、昭和初期を経て成された
自分に唾吐いてどうすんのさ

218 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:17:21 ID:iN5VVYA80
ナペツネ偉そうなことぬかしているが奴は戦争中何をやっていたんだろう。
御国のために身を賭して働いていたのであろうか。

219 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:17:37 ID:vFBVqUAL0
現代の記者さんは四季のミュージカルはどう思うんだろう?
ttp://www.shiki.gr.jp/applause/minami/

220 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:17:46 ID:5qRizL+f0
>>210
少なくとも現時点では戦勝国の言い分がまかり通ってるよな。
全てが終わったかどうかなんてどうでもいいよ。
今は関係ない話だ。

221 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:17:51 ID:mec2u8SyO
>>208
晒す?
追悼施設ってのはご冥福を祈る場所ですけど…

222 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:17:58 ID:sH66TxKVO
右翼や大学生でも右翼シンパの方々がよく靖国で花見をされてますが、一般の方々同様ゴミはそのままおいていかれます。
酒が入ると地金が出るもの。
毎年のその季節、靖国では色々な種類の桜が楽しめ、薄緑の桜までが和ませてくれますが、ゴミのかさと臭いが全てを台無しにしています。
靖国を大事に思うなら、足元からみてはよろしいのでは?
道でタバコを投げ捨てながら、俺は綺麗好きと言うようなもので、言行一致がない分、一般人より質が悪く見えます。

223 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:19:09 ID:rF1CEcwl0
>>213
敗戦国の正規の将兵の身分で「連合国に楯つく反乱軍」に参加できるわけがない。

224 :145:2006/02/03(金) 20:19:32 ID:O27LsxRl0 ?
兎に角、特高は関東軍を監視すべきだった。
ヤバイ暑い、国作る〜ですな

225 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:19:35 ID:RlpZO9eq0
>>221
当たり前のこと。冥福を祈る場所で無ければならない。

226 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:19:54 ID:mYK7lmCB0
>>215

ああ、「ありがとう」ってのは俺たちが言う言葉なのか。
でもどうかな。それだとやっぱ「かわいそう」だな。
そいつらが犠牲になった「おかげ」で今があるわけじゃないしな。
犠牲にならなかったほうが良いに決まっているじゃん。

227 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:19:57 ID:iN5VVYA80
そもそも黒船での砲艦外交が軍国主義なわけだが。

228 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:20:05 ID:6TadZj8t0
売国奴タイ━━━||Φ|(|´|゚|ω|゚|`)|Φ||━━━ホ!!!

229 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:20:20 ID:Ym6rKG4m0
アメリカ:白人優越主義には日本のサルは目障りだな
サルのくせに大陸利権獲ろうとしてるし・・・
じゃあぶちのめすかwww
でも先制攻撃は国際的評判が悪くなしな・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうだ日本から攻撃させるよう仕向ければいいじゃん!
お前頭イイ!

つ【ハルノート】

日本:真珠湾攻撃!
裏ワシントン:シメシメwwwwww
表ワシントン:やったろうじゃねーか!黄色サルジャップ!!!!!!!!!!


230 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:20:25 ID:vEISBcx+0
戦争を終わらせようとした英傑によくもまぁこんな言葉を投げれたもんだ。
ゲンダイさんは喜び勇んでこの記事を書いたとしか思えない。

ゲンダイの記者が犠牲になりゃよかったんでねーの?
喜んで行ったと思ってんだろ?

231 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:20:25 ID:pUsXKEYSO
>>222
花見に行くのは右翼じゃないものw

232 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:20:39 ID:8/beIB6B0
靖国には朝鮮人の兵隊や将校も日本国民として戦って立派に軍神として奉ってあるのが特亜の連中や
売国奴の連中には朝鮮併合の事実がわかるから問題なんじゃね?先入観なしで朝鮮人が見学したら不思議だろうね、
なんで朝鮮人の兵隊や少尉が日本国の軍神なんだってw




233 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:20:39 ID:4a/Md04i0
このページに展示物がある程度乗ってるな
ttp://www.yasukuni.or.jp/yusyukan/movie.html

234 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:21:05 ID:ODO9eNxG0
>>222
  |        その通りだね。注意しなさい。
  |  ('A`)     当然の事を言うんだ、遠慮はいらない。
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄ 俺はめんどくせぇからお前に任せるよ。

235 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:21:19 ID:mec2u8SyO
だよな
晒すってよく解んないんだが、どゆこと?

236 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:21:22 ID:H90m3DAd0
特効とかで命を落とした人達の遺書とかみると、すごく美しい日本語で知的水準の高さを感じる。
どうじに精神年齢の高さも。
だから余計に胸がつまるし、日本の未来を戦争に託して死ぬために死んだ特攻の気持ちを想像すると、つらくなるよ。
三島由紀生が日本を憂いたのは、日本の精神の敗北なのだと思う。別に戦争に行くことが高潔な精神と言うのではないよ。

237 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:21:27 ID:PSzGsumN0
>>183
満州がないと外貨を稼げないって・・・
盗人猛々しいとはこういうことを言うんだろ
国際社会の批判の中無邪気に中国侵略しといて
米英が仏印通じて支那を援助したよ〜って泣き言言うなんてアホかと
落ち度ありまくりじゃねえか

238 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:21:40 ID:hQTLSJgi0
あの当時を否定するなら、今頃共産主義になってる可能性だってあった

239 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:21:51 ID:mragP+rX0
>>1の記事に同感
今の靖国支持者はかっての者たちとはまったく異質のものだ。
こいつらは単なる寄生虫とたかり
従軍慰安婦なんぞよりたちが悪い
最近では北朝鮮の二重スパイなのではとまじめに疑っているよ
たんに戦争従事者の遺産目当てだけではないよ
こいつらの活動は

240 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:22:06 ID:iN5VVYA80
奉天会戦の野木第三軍を奉れ

241 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:22:29 ID:UTj6SVwL0
あの時は戦死することが名誉とされていたんだろ。
当時の様子を今の価値観で語ることが間違ってる。

242 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:22:31 ID:OEkk93wb0
あの小国でないインドでさえ、どうやっても英国を追い出せなかったが、
日本との間接的な戦争を経て独立できた。
この事実はインド人が一番知っている。
植民地は独立運動なしに独立できないんだよ>チョン

243 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:22:55 ID:WJ6Zc1bR0
主観偏見バリバリですね。

244 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:23:05 ID:sH66TxKVO
ナベツネは兵卒に過ぎなかったから、旧軍の女の腐ったようないじめの伝統を大いに嫌っている。
古参の新兵いじめやリンチは今の自衛隊に至るまで受け継がれている。

245 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:23:37 ID:mYK7lmCB0
>>217

自分に唾ってのがいまいちよくわからないんだが・・

246 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:23:38 ID:l86sBg2N0
>>218
ナベツネは当時学生、学徒動員されブン殴られたりしてる内に一月経って終戦。

>>222
>右翼や大学生でも右翼シンパの方々がよく靖国で花見をされてますが、
あそこ場所いいし思想までは判んないんじゃ?軍装でもしてたのか?

247 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:23:50 ID:vEISBcx+0
>>239のレスに同感
今の韓国支持者はかっての者たちとはまったく異質のものだ。
こいつらは単なる寄生虫とたかり
北朝鮮なんぞよりたちが悪い
最近では北朝鮮の二重スパイなのではとまじめに疑っているよ
たんに戦争従事者の遺産目当てだけではないよ
こいつらの活動は

248 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:24:08 ID:evWljakZ0
>>239
>>1、おつ
きちがいとチョンは死んでね

249 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:24:16 ID:bryNdcqO0
>>237
残念ながら事態進行中はそれほど大事にはなってないんだよね。
アメリカが開戦したくなってから、ごちゃごちゃ言い始めた訳で。


250 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:24:16 ID:2nnltfT20
>>166
それはそうだな。がしかし、骨子がなくてもそういう哲学が東洋に伝わってたということは
キリスト教的倫理観で戦争に望んだ西洋と対比して考える時、意識して良いことだと思うよ。

251 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:24:25 ID:4a/Md04i0
お前らも日本人なら遊就館に一度は足を運んでみるものだぞ

252 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:24:31 ID:IzCkcUy10
>>226
かわいそうだと思うのは勝手だが

日本が戦争をしたお陰で今があるのはまごう事なき事実だよ
戦争を賛美する訳じゃないが、当時の国民が頑張らなければ
アジアは今でも欧米諸国の植民地だね
勿論中韓含めてね

勿論犠牲がない方がいいに決まってるが
世界は理想論だけで動いているわけじゃないんでね…

253 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:24:42 ID:nQYWLyKT0
>>1
1階の靖国の神々の部屋を見学してなおこの記事を書いたんなら、心底この記者を
軽蔑するぜ。

254 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:24:43 ID:rF1CEcwl0
沖縄の海軍壕に行ったら、素直に
「日本軍のみなさん、沖縄県民のみなさん、ありがとうございました」
っていう気持ちになったよ。

255 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:25:31 ID:sPIW9Bqs0
>>244
ナベツネ 野中は最下級で引っ張ってかれて、小突かれて
散々いやな思いをしたから旧軍に否定的というのは通説だな

256 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:25:54 ID:RlpZO9eq0
誰か特攻隊の感動フラッシュを貼ってくれ

257 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:26:09 ID:W6NCKOz/0
・統帥権の独立
・軍部大臣現役武官制

これが無ければ日本は名実共に大国になってたんだろうなぁ。。

258 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:26:54 ID:rF1CEcwl0
>>257
心の底から禿同。

259 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:28:22 ID:5qRizL+f0
>>242
インドはまとまった大国じゃない。
地域によってバラバラ。
現在のインド全域を支配した王朝など、イギリス統治以前にはほとんど無い。
イギリスの統治を経て、「南アジアにおけるイギリス統治地域=インド」が出来た。
これはオランダの支配のを経て形成されたインドネシアも同じ。

それと、「日本との間接的な戦争のために独立できた」と言うが、
むしろ米国との力関係による。

260 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:28:28 ID:Wca9q4tc0



       坊 主 憎 け り ゃ 袈 裟 ま で 憎 い





261 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:28:50 ID:ODO9eNxG0
>>236
  |        …所感ってフラッシュ、知ってるかい?
  |  ('A`)     ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/1715/syokan.html
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄  まあ、航空隊戦史(近現代史編纂会)でも読んでみるといい…

262 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:28:57 ID:sPIW9Bqs0
>>257
何をもって大国と言う?資源 戦力 精神文化?
今以上に利権漁りの糞DQNばかりで何も出来ない議会政党では
文民統制は夢のまた夢


263 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:28:58 ID:/A4EDilH0
 
   かつて、日本が「国連」の常任理事国だったと言う事を皆さんはご存じでしょうか? 

http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/pm_of_lu.html

大正8(1919)年2月13日、第一次世界大戦の戦後処理を行う為に開催されたパリ講和会議の際、
米国大統領・ウィルソンの首唱による「国際連盟」設立の為に同時開催されていた
国際連盟規約委員会の席上、日本は既に固まっていた14ヶ条に加えて、

  「第15条」として、

人種あるいは国籍如何(いかん)により法律上あるいは事実上何ら差別を設けざることを約す

と言う条項、所謂「人種差別撤廃条項」を盛り込もうとしました。

しかし、欧米列強社会に蔓延(はびこ)る根強い人種差別意識を目の当たりにした日本は、
より採択可能な修正案として、「人種」の文言を削除した

  国家平等の原則と国民の公正な処遇を約す

を提案し、評決にかけられたのです。(「国民の公正な処遇」によって、人種差別撤廃を実現しようとした)

 同案は、16票中11票の賛成多数だったにも関わらず、議長であったウィルソン・米国大統領が突如として、
「重要案件は全会一致でなければならない」等として勝手にルールを変更し、不採択を宣言、



日本提案の「人種差別撤廃条項」は「幻の第15条」として葬り去られてしまったのです。

264 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:29:20 ID:FvPC6vfG0
>>255
海軍は大学生は士官に準ずる扱いだったが陸軍は平等主義で他の
兵隊と同じ扱いだったんで戦後インテリから陸軍は悪く言われてたらしい。

265 :閑人:2006/02/03(金) 20:29:53 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『追悼』? 1−1 

小泉総理はいつも
『心ならずも国家に命を捧げた戦没者を追悼して何が悪いのでしょうか』といっています。
靖国神社を各国の戦死軍人の墓所にたとえて、
慰霊のために参拝するのは当然と言う論をよく聞きます。
私も以前このような考え方をしていたことがありました。

今年5月初めに神社の中にある「遊就館」を子供と一緒に見て180度意見が変わりました。
この神社の実態と主張を伝えることがタブーになっていたことに気付きました。
数十年にわたって私は全く知らなかったのです。
遊就館を知ったのはある見学者のインターネットのサイトで兵器の写真を見てびっくりしたからです。

前に行ったときは遊就館によらなかったので気が付きませんでした。
そのときはただ「教育勅語」のビラが境内に置かれていたのと、

266 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:30:06 ID:jV30SzPX0
日中戦争の原因は蒋介石の上海攻撃

267 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:30:32 ID:mragP+rX0
特攻隊員は集団自殺においやられた哀れな犠牲者

自己犠牲の侍道とか言うやつははよ消えろ

268 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:31:41 ID:rF1CEcwl0
>>267
貴様が消えろ、人間のクズ。

269 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:31:43 ID:uzkTbKOf0
>>266
>日中戦争の原因は蒋介石の上海攻撃

その前に日本から開戦通告を出して北京を占領している
真相不明の廬溝橋の前から、北京周辺に分離工作を掛け抗日を煽ってる


270 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:31:56 ID:FBQsIZPU0
紀元節に靖国行こうかな。。。(´・ω・`)
なにかイベントやってるかな?

271 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:32:16 ID:PovTmkCh0
>>257
無理ぽ。弱国だから軍国主義に走ったという側面もあるのですよ。

272 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:32:29 ID:x5A+nGwi0
>>257
統帥権の独立が口喧しくなった原因

昭和5年4月25日
政友会の犬養毅と鳩山一郎、ロンドン軍縮条約は統帥権干犯と、衆院で浜口雄幸首相を糾弾
党利党略のまま、政敵浜口首相を追い落す為に、軍縮条約批准を妨害。
浜口雄幸の構想した日英米大同盟も儚く潰えたばかりか、
最終的には犬養毅本人の暗殺を以て、萌芽の兆しのあった戦前民主主義も崩壊した・・・

最初に議会へ統帥権干犯を持ち込んだのは軍部ではなく犬養毅と鳩山一郎
帝国議会を機能不全に陥らせた憲法問題(統帥権問題)を持ち込んだ張本人

昭和5年4月25日以降、軍部は統帥権干犯の名の下、
帝国議会のコントロールを離れる口実を得てしまった

犬養が憲政のかみさまあ?プ、なワケだが・・・
犬養がマスゴミ出身であることも付け加えとく

273 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:32:31 ID:D2G32BGr0
ってか何で「遊就館」っていう名前なんですか
何かの故事から取ったの?

274 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:32:32 ID:RglKCA6I0
戦争のお蔭で、今があるわけじゃない。
焼け跡から、みんな必死で働いたからだ。
それが無かったら、未だに米ロの支配下。
フィリピンを見てみろ。

275 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:32:55 ID:2PO4r79+0

ゲンダイの記者は頭沸いてんのか?


276 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:33:05 ID:jV30SzPX0
こんなニュースもあったなぁ、と

ttp://usam.blogtribe.org/entry-ab5da5fe2dc41716359b819172eefbab.html
北京TV「盧溝橋事件は支那共産党地下党員がまんまと引き起こした」と報道

277 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:33:55 ID:bryNdcqO0
>>269
真相不明は最初の一発だけで、その後国民党軍は思いっきり撃ちまくってるんだが?



278 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:34:01 ID:RlpZO9eq0
ロケット特攻機「桜花11型」の神々しい姿
かつて特攻隊が信念の元、敵艦隊に突っ込んだその感動を日本人は忘れてはならない。

ttp://www.exkw.bias.ne.jp/~tabiari/images/kasima01.jpg

ttp://garekino.at.infoseek.co.jp/yasukuni9p.jpg

彼らの勇気と、軍部の英断を今の日本人は感謝しなければならない。
決して靖国参拝を非難するなど持っての他。感動と感謝を忘れた日本人は日本人ではない。

279 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:34:02 ID:OEkk93wb0
>>259
机上の知識だな

280 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:34:33 ID:uzkTbKOf0
日中戦争にしても大東亜戦争にしても
相互の行動が要因となり勃発したのに
特定の事柄だけ持ち出し、片側が全面的に悪いというのが
低脳ウヨサヨ

281 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:34:50 ID:sH66TxKVO
旧軍のイジメや員数合わせってのは、常態的に軍規が乱れていた証拠。
しかし、軍では作文を奨励したりして、殴られるのは自分の至らない証拠で、殴られるのも結局は国の為とかと論理化させようとしている。
今でもあるが、昇任の為の参考書が市販されたりしていて兵の投稿が多いになされていた。
で、新兵が入ると、自分達がされた分は帳尻を合わせようという小さな魂で、陰湿に続ける。

282 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:35:27 ID:5qRizL+f0
>>278
「バカ爆弾」なんかなにも神々しくは無いよ。
>>279
脳内の知識よりは良いよ。

283 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:35:32 ID:mYK7lmCB0
>>252

植民地うんぬんは当時の大日本帝国のおかげなんかな。日本も領土拡張政策してたのに?
たとえは悪いけど暴力団同士の抗争みたいなものでどっちの肩を持つこともできないなあ。
戦争が終わってみて諸国の住民も、日本の住民ももうこりごりだと思ったんじゃない?


284 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:35:32 ID:W6NCKOz/0
>>272
それは知らんかった、つまり政友会は墓穴を掘ったってことか。
ただ俺は誰が最初に言ったとか関係なく、そういう概念の存在自体が問題じゃないかと言っただけ

285 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:35:34 ID:kFGkHYL50

「勝ってくるぞと勇ましく!」と表向きは天皇のため国のためだが本音は

どうせ死ななければならないなら日本の家族のためにと

家族を不安にさせないように喜び勇んで大手を振って戦地に赴いたに違いない

そんなことも読み取れないのか?このゲンダイのボケ記者が…(´Д⊂


286 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:35:35 ID:DGhqSjhh0
これから国のために戦いに行くのに、(´・ω・`)ショボーン
しながら戦地に赴く兵隊はいないと思うがな。

そりゃ、銃後の家族や大切な人を心配しながら、
行ったことは間違いないだろう

287 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:35:57 ID:bvUe003a0
>>279
インド人キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!!

288 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:36:18 ID:tstZfMPL0
特攻なんか軍事的に殆ど効果がなかったし、当時もそれは理解していた。
それを無理強いさせた責任は明確にある。

ただし、特攻をさせられた人にはなんら非はないわけで
彼らの生き様・死に様を展示するのを
命じた側と同列に見て悪だというのなら、それはひどい曲解だ。

289 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:36:22 ID:e0ALKYCE0
特攻隊が無駄死にといって、いま呑気に低能レスしてられるのも、
その人達のおかげと感じないクズは死んでいいよ。
侍道とか関係なく
彼らを無駄死にということがいかに冒涜か、遺族にも失礼だよ。
何でも批判したいクズにいっても無駄だろうけど

290 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:36:54 ID:Q8/PQ8DP0
>>274
歴史の後付けで戦争を正当化しても無意味。

291 :閑人:2006/02/03(金) 20:37:09 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『追悼』? 1−2 

しかし「遊就館」を見ると靖国神社というのは次のような施設といえます。

******************

たとえばドイツで類似の施設を作ってみます。
普仏戦争以来の戦死者をニュルンベルク裁判で処刑された人を含めて
国家の守護聖人であるとして祀る教会です。
教会の敷地内に博物館があり、その教会の主張を述べています。

ゲルマン魂をもち、「喜んで進んで」ドイツ国家に命を捧げるという意味の詩を
要所に大書して飾っています。
博物館には、戦死者の遺書や写真をはじめさまざまな遺品があります。
遺品の無い人は名簿だけの名前だけの存在です。
 
戦死者にゆかりの様々な兵器、また第二次大戦中のドイツ自慢の兵器も飾っています。
古代ゲルマン以来のドイツの戦士たちの用いた兵器を飾っています。
多分戦勝祈願を主目的にしていた国家護持の教会だったのです。

292 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:37:31 ID:I9bLn5ba0
・大祖国戦争のとき、兵士はいやいや逝ったのか?
・バトルオブブリテンの時、兵士はいやいや逝ったのか?
・ヨム・キプール戦争のとき、兵士はいやいや逝ったのか?

・太平洋戦争のとき、兵士はいやいや逝ったのか?

293 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:37:36 ID:h5Qaogmy0
誰だって死にたくないに決まってる。
ただそれだけの話。
説明の必要もない。
なのに、なんでそれが理解できない人間がいるのか。


294 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:37:52 ID:j7KkZxQH0
>>265
遊就館には何度も行っている
解せないのは歴史を都合よく曲解するスタンスだな

靖国神社は本来、幕末に非業の死を遂げた敵味方を、等しく祀る趣旨だった
少なくとも明治天皇の意向はそうだった
それが西南戦争を境に、敵味方を峻別するようになったんだよ。ここまでは史実

問題は靖国神社の曲解で、西南戦争の汚点を、神道の死者崇拝と入れ替えている。
他にも徳川氏に好意的で毒殺された孝明天皇を志士と同列に扱うような非礼とか、歴史に対する尊敬が皆無。
結局、こいつらが英霊を汚しているとしか思えなかった。

295 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:38:02 ID:LHMVl5tJ0
>254
沖縄の海軍壕・・・太田中将の文章も見ましたか
 戦後、お母様と3人の息子さん・・苦労されたでしょうね
 

296 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:38:53 ID:4enbe3fr0
新施設は必要だな。靖国は追悼施設のみならず英霊顕彰の場としても不適切。

297 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:38:54 ID:QYlIAvLW0
特攻隊は無駄死にじゃないと思ってたけど
もし蒼星石のような死にっぷりだったらちょっと…

298 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:39:08 ID:GhdgctH80
とりあえずお約束のを。

ゲンダイwwwwwwwwwwwww

299 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:39:18 ID:AI4PXiaX0
日本は、1年半分の燃料の備蓄が無いこと
分かってて第二次世界大戦に突入した。
負けることが当然わかってて、戦争を仕掛けた
ということだ。しかも、一億玉砕などという
冷静な判断とは程遠いスローガンを呼称し
国民に無用な犠牲を強いた。
そして、昭和19年から始まった人間を兵器と
みなす特攻作戦と回天。あまりにも人間性を無視
したこのような戦術を強行したぐんじ指導者は
最も恥ずべき指導者として批判を受けてあたりまえ
無駄死にした人たちと一緒に奉られるべきではない

300 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:39:29 ID:MC+mSSRb0
「遊就館」にあるものは我々の歴史。
それを軍国主義をあおっている、なんて捉え方はおかしい。
臭いものには蓋、ではダメだよ。

展示は必要。

301 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:39:33 ID:uzkTbKOf0
>>276
>北京TV「盧溝橋事件は支那共産党地下党員がまんまと引き起こした」と報道

>>277
>その後国民党軍は思いっきり撃ちまくってるんだが?

国民党の兵によるものか
共産党幹部の手柄話通り潜り込んだスパイによる者か
知られていない真相があるのか
どちらにせよ100%は鵜呑みに出来ない
真相が完全に判る日は来るのかね


302 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:39:35 ID:vBIJ4NVnO
日本がアジア解放したなんて嘘っぱち
実際は、アジア人を殺戮したりレイプしたくて戦争したんだよ
素直に反省しようぜ

303 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:40:04 ID:DGhqSjhh0
>>292
ベトナム戦争のとき、韓国人はいやいや出兵したのか?

304 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:40:09 ID:x5A+nGwi0
>>284
戦前の日本は三権分立どころか諮問機関を含めた、多数権分立状態で
議会が内閣を決めてたワケじゃなく、元老院が決めてたり、
さらに枢密院、陸海軍と、国の重要な決定権を
バラバラに保有しているという状態だった

明治期天皇親政だったのに、大正デモクラシーを経て
立憲君主として振舞う様に変わったため
各諮問機関が権力を持ったまま、旧態然として取り残されていた

昭和期に入り、結局それぞれが権力争いを始めてしまい
帝国議会で野党だった政友会が与党民政党を追い落とすために
元老院、枢密院、陸海軍と結託するという異常事態に発展・・・・

いわゆる「統帥権干犯問題」が発生する事となる

この辺りの経緯は実際のデモクラシーの崩壊として
歴史教科書に特に記載すべき事項だと思う

似たような憲法論議で、今も国会を空転させる輩の実に多い事!

305 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:41:18 ID:ODO9eNxG0
>>302
  |        …反省してるよ。俺が悪かったよ。
  |  ('A`)     日本なんて最低だよな。
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄  生まれてこなければ良かった。

306 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:41:48 ID:QkKYIcNH0
これは無茶だろ、そんな内容ではないよ、あれは。

307 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:41:53 ID:CmhAnpdt0
素子  靖国神社遊就館蔵 植村眞久大尉 命

素子は私の顔を良く見て笑ひましたよ。私の腕の中で眠りもしたし又、御風呂に一緒に
入つたこともありました。素子が大きくなつて私の事が知りたいときは、御前のお母さんか
佳世叔母様に私の事を良く御聞なさい。私の寫眞帖(しゃしんちょう)も御前の為に家に
残して在ります。 素子と云ふ名前は私が付けたのです。
素直な心のやさしい思ひやりの深い人になる様にと思つてお父様が考へたのです。
私は御前が大きくなつて 立派な花嫁さんになつて幸になるのを見届けたいのですが 
若(も)し御前に私を見知らぬままにしてしまつても決して悲しんではなりません。
御前が大きくなつて父に會ひたいときは九段へいらつしやい。
そして心に深く念ずれば、 必ず御父様の顔がお前の心の中に浮びますよ。
父は御前は幸せ者と思ひます。
生れながら父に生きうつしだし、他の人々も素子ちやんを見ると眞久さんに會つて居る
様な気がすると良く申されて居た。
又御前の御祖父様、御祖母様は御前を唯一ツの希望にして御前を可愛がり下さるし、
お姉様も又、御自分の全生涯をかけて唯々素子の幸せをのみ念じて生き抜いて下さる
のです。必ず私に万一の事があるも、親無し児などと思つてはなりません。
父は常に素子の身辺を守つております。
先きに云つた如く素直な人に可愛がられる やさしい人になつて下さい。
お前の事は万事につけ家の人がお前の最も幸になる様にして 呉れます。
父も安心して出陣するのです。
お前が大きくなつて私の事を考へ始めた時にこの便りを讀んで貰ひなさい。

 植村素子へ 昭和十九年九月吉日 父
追伸 素子が生れた時オモチヤにして居た人形は、お父さんが戴いて自分の飛行機の
御守り様として居ります。だから素子は父様と一緒に居たわけです。
素子が知らずに居ると困りますから教へて上げます。






308 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:42:11 ID:bryNdcqO0
>>288
効果はあった訳だが?初期は。
問題は作戦として恒常化し始めたときに、
ベテランや新型機は温存したい、でも戦果は挙げてこいで、
新兵をゼロ戦などに乗せて突っ込ませたのと、
米海軍側が囮艦隊を編成できるだけの余力を持ち合わせてた。

だがそれでも、損失一機で一隻という戦果に目が眩んでいた司令部は、作戦を続行する。
まあ、図らずも米軍兵の士気を削ぐと言う二次効果は、その後も効力を発揮すると言う皮肉。

309 :閑人:2006/02/03(金) 20:42:14 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『追悼』? 1−3 

1870年ころのドイツ統一以来のドイツの行った戦争は
すべて神の命じた正当なものであったという主張を延々と述べた戦争史のパネルを展示しています。
守護聖人たる戦死者たちの行為はすべて正当であり
我々はこれを慰霊のために顕彰すると述べています。
教会らしくありませんが「顕彰」を主にしているからそうなるのです。
守護聖人だから間違ったことはなし得ないのです。
「顕彰」のためですから、守護聖人の善行を世に広め首相や大統領の参拝を熱望しています。
「顕彰」のためですから世に守護聖人の行為をおとしめる言があれば反撃します。
 
また1970年には輝かしい100年前の普仏戦争の勝利を記念して戦争展を開きました。
また第二次大戦中の隣国への快進撃と
隣国の民衆の歓迎を報じる戦争中のニュース映画の上映なども行っています。
守護聖人たちの功績を顕彰して慰霊するためです。

この教会は恐らく戦前は戦勝祈願の役目をし
兵士に戦死すればこんな輝かしい場所に
君たちの霊は入ることができて栄光にあずかれると宣伝していました。

*************************

このようなものを想像するとかなり近いものになるでしょう。


310 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:42:18 ID:IzCkcUy10
>>273
荀子じゃなかったか

君子は居るに必ず郷を擇び、遊ぶに必ず士に就く

高潔な人物に就いて交わり学ぶ 館って感じかな


311 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:42:41 ID:WK4xKHvZ0
>>1
九七式中戦車チハタンを忘れてるぞおおおおおおおおおお!!

           ___
           ヽ=☆=/
         ∩( ・ω・)∩ チハタンばんじゃーい
       ─┬=====┬─┬─┬
         ヽ┴-----┴ 、/_ /
       ==||:|:  :|: 「r-┴──o
 ____________ |:|:__ :|: ||--┬┘ ̄
 |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___
└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤
 ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三)
  ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ

312 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 20:42:39 ID:s01gIoQd0
>>283
結果的には日独のお陰。
対独戦で本国はボロボロになり、対日戦でアジアの植民地はボロボロ
アフリカの植民地には戦争遂行のために大きな借りを負う。

戦争が終わった頃には、膨大な植民地を支配する余力なんて無くなって
いましたとさ。

313 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:43:15 ID:2l1PJM0n0
いい加減、軍国神社潰せよ

314 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:44:12 ID:Q8/PQ8DP0
>>300
「遊就館」にあるものは我々の汚点の歴史。

汚点の展示は必要だが、それを正当な戦争だったとこじつけた展示はやめましょう。

315 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:44:18 ID:evWljakZ0
携帯がパソコンと両方で靖国はいらないって鼻息荒くして打ってると思うと正直気持ち悪い

316 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:44:20 ID:ODO9eNxG0
>>311
  |        …チハタンバンジャーイ!
  |  (゚∀゚)ノ     
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄

317 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:44:44 ID:Zf6rSi5U0
>遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない
見る限り、って書き方が卑怯な気がする。
日本人として育ってきているのなら、そうじゃないことは分かっているはず。

318 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:44:59 ID:mragP+rX0
今の政府のおかげで初詣も行く気がしなくなってしまった
ここ二年まったく行っていない
宮という字を見るだけでもムカムカしてくる
官と言う字は吐き気がする

319 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:45:06 ID:sPIW9Bqs0
>>299
最近良く思うのは靖国に好意的意見が多数派になってきたこと。
それに伴い戦争指導者達(A級とか書かないよ)の責任追求や
敗因の徹底的な追求が緩んできてる様に思う。
で結局戦前に批判的な意見は抹殺される「空気」が出来てきた。

何も戦前のこと反省してないのでは?
次やったらホントに日本が焦土になりそう

320 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:45:45 ID:8IzcQtXN0
あそこは一回いったぐらいじゃわからんよ


321 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:45:55 ID:vojUyG5N0
一箇所くらい戦争肯定の施設があったほうがいいよ
どこもかしこも自虐で日本が全て悪いって言ってたら
骨までしゃぶりつくされるぞ

322 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:45:55 ID:FsYGskNp0
人が評論を書いた場合、
評論対象のものだけではなく、
その評者の知性もまた評論の読者によって評価される。

最初から結論が決まっていて、偏った見方しかできない評者は、
知性が疑われても仕方ない。

323 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:46:08 ID:OijDbkQg0
神社っていうものをわかってないんじゃないかと思う

324 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:46:16 ID:YvC2w8Ct0
>>213
遅レスだが、戦争が終わったあとで、
日本人が独立に協力したわけだろ?そこには
胡散臭い大東亜共栄圏よりも、ハルカにまともな
理念があったんじゃないかってことだ。

325 :閑人:2006/02/03(金) 20:46:23 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『心ならずも』?2−1

小泉総理はいつも『心ならずも国家に命を捧げた戦没者を追悼して何が悪い』といっています。
「心ならずも」というのは神社の主張ではないと思います。
神社は「進んで」命を捧げたと言っているようです。

神社の中にある「遊就館」には、大書された和歌がいくつも垂れ下がっています。
館内の神輿のそばにも大書されていて、英霊に対して重要な意味を持っていると分かります。

代表歌2首。
『海行かば水漬く屍山行かば草生す屍大君の辺にこそ死なめ顧みはせじ』
『敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花』(小泉総理愛唱歌のようであります)

他にもいくつかあります。
いずれも「天皇のために進んで死ぬ」ことや、
「潔く命を捨てる」という滅びの美学を表現しています。

靖国神社は幕末維新のときの官軍戦死者と勤皇の志士への慰霊から始まったそうです。


326 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:46:27 ID:nQYWLyKT0
>>314
汚点、ねえ。まあ今の時代に生まれられて良かったね。お互い。

327 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:46:31 ID:c/cHFygE0
>>318
精神科行ったら?m9(^Д^)プギャーー!!

328 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:46:57 ID:rAvisXb10
喜び勇んで死ぬヤシなんか2ちゃんにしかおらんだろう。
こりゃ、吊りだよな?
そりゃまあ、兵器オタクとかどの時代にでもいたとは
思うんだが、自分が戦地に赴くなんて考えたら、兵器の
性能云々より、生きて帰ることをまず第一に考える。

好き好んで戦地に行くヤシがいるわけない。
なんなんだ?この記事。結局、靖国を戦争ヲタの
聖地とでも言いたいのか?ふざけるな!そりゃ、
首相になってからしか参らないコイズミなんかに
来られたくはないけど、こりゃヒドイぞ。

329 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:47:13 ID:iN5VVYA80
>274
みんなが戦後がんばって働いて復興できたのは7500万人の統一市場が維持されたから。
傾斜生産と輸出、内需拡大ね。特攻隊に代表される必死の戦いが統一された日本の維持に
戦後物凄く貢献しているのよ。アメリカは本来分割統治する計画だったんだからね。

330 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:47:16 ID:mYK7lmCB0
>>312

結果として成立条件をつくった、てのと、おかげで、てのは大分印象ちがうよなあ。
独立させた、わけじゃなくて、列強が疲弊すると同時に
それぞれの国の人々がナショナルアイデンティティの高まりにより
独立した、わけでしょ?

331 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:47:31 ID:GLxIwO3T0
>>318
自民党が圧勝してる結果をみると
靖国参拝は、国民から指示されてることになる
民主主義の日本は少数派より多数派が優先させる。
残念だったねw

332 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:47:49 ID:PovTmkCh0
>>314
靖国の祭神は戦死者だぞ?祭神の不名誉となるような事物をあえて展示するわけねえじゃん。


333 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:48:11 ID:h5Qaogmy0
>>318
でも不思議と「菅」って字をみると安心するんでしょ?

334 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:48:20 ID:VukT+ebK0
「思う」「思わない」という主観で記事書く時点で間違ってる。

335 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:48:26 ID:r6w/C4Jc0
就遊棺とか靖国とかいいけど
おまえら徴兵の命がきたら、いくよな
徴兵の言葉には抵抗あるかもしれないけど
国家と家族まもるために戦うんだから

336 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:48:31 ID:vBIJ4NVnO
>>305
あなたは立派な人だ
これからもその気持ちを持ち続けて下さい

337 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:48:58 ID:ODO9eNxG0
>>336
  |        …はい。
  |  ('A`)     
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄

338 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:49:00 ID:5qRizL+f0
>>308
士気をどれほど削げたかね。
特攻は初期以外には笑い者になってたのに。
英海軍の艦艇に突っ込んで1センチほど装甲を凹ませた特攻機とか、
いかにもイギリス人好みのブラックジョーク。
それに士気を削げたとして、そのおかげで日本は有利になったのかねぇ?
日米の戦力差は、士気とかそういうのがもはや意味を為さないほどの物だったと思うよ。

339 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:49:18 ID:RlpZO9eq0
>>331
同意。女流天皇も国民が支持した結果である。
自民党を非難することは民主主義への冒涜。

どうしても女流天皇が嫌ならば投票しなければよかった。

340 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:49:44 ID:WgF53QRj0
うは、ゲンダイって異常だな。
単純に、
「お前ら、日本が勝つから戦争行け。」
っていわれて行きたいって思うか?
長期間家族とも会えず、挙句死ぬかもしれんのに。
このゲンダイの記者はどこかが欠落した奴としか思えない…。
共感する力も物事を察する力もない人間は怖いな。

341 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:50:15 ID:IzCkcUy10
>>339
いーや
選挙の時にそんな公約はないからね
女系天皇は指示しない

342 :閑人:2006/02/03(金) 20:50:25 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『心ならずも』?2−2

「貴方がた英霊は『心ならずも国家の為に命を捧げた』のではない。
あなた方英霊は勤皇の志士たちの志を継ぎ、天皇のために皇国のために、
進んで、喜んで、潔く命を捧げた。
後に続くものの手本である。
私たちはあなた方英霊を『追悼する』のではなく『功績を顕彰』する」

というのが神社の言いたいことでしょう。

「遊就館」では国家という言葉より皇国という言葉が多かったと記憶しています。
この大書された和歌の重要性は明らかです。
これに触れないジャーナリストやノンフィクションライターと称する人々、
マスコミを私は信用しません。
自分の取材に基づかないで、誰がどう言ったああ言ったというようなコメントは無意味です。

この人たちに比べると総理は立派です。
歌の重要性を百も承知と推察しています。
神社の見解と自己の見解との関係について国民に説明して頂きたいものです。

343 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:50:32 ID:ibNFI9FD0
>>319
反省しようとすると戦前の日本以上に危険な中国とか北朝鮮の存在が目に入るけど
なぜか平和を訴える人たち(左な人)がスルーしてるのでコリャ怪しいって事になっちゃってるんだろ
形だけでも反日反米だだけでなく軍国主義そのものを批判して
特定アジアの批判もすれば平和主義って素晴らしいって流れになるのにな

344 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:50:42 ID:Rh4BOfWj0

昔徴兵 今サービス残業

345 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:50:43 ID:sH66TxKVO
特攻はハジメこそ心胆しめるものがあったかも知らないが、あとはマンネリ化。
率はどんどん落ち、送る側も何機飛ばすかという机上計算だけ。
燃料を焚いて海に落ちるの繰り返し。
多く、無駄死にというほかはない。
ただ、無駄死にした人のそれまでの人生や家族を冒涜する積もりはないし、悼む気持ちはある。
ただ、単に海に落ちて甲斐があったとはいえはすまい。彼らが海に落ちて今の自分があるとも思えない。

346 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:51:23 ID:RlpZO9eq0
>>341
支持しなくても自民党を落とすことはできない。
それが今の日本の民主主義。あきらめろ。

347 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:51:28 ID:bryNdcqO0
>>330
その中で、東南アジアなどで字の読み書きまで含めた、
組織的な戦争の方法を教えたのは日本だわな。

まあ、日本は日本で、米英追い出したい、
でも防衛するだけの国力ない、なら、独立させますか。
と言うこちらの目論みもあった事だし、別段感謝しろとも思わんが、
その課程で戦い方を教えたのは事実。

348 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:52:03 ID:OijDbkQg0
あのさあ神社ってのは死者を「持ち上げる」ための施設なんだから
言ってることをそのままうのみにしてどうすんのよ

349 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:52:04 ID:nMvJMmFh0
>>339
自民党って、そんなこと公約したっけ?

350 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:52:40 ID:s99K5Ur40
>喜び勇んで戦地に行った
これも一面事実じゃないかな。特に若い兵隊の中にはアジア開放の理想を信じて
戦った兵士も多かったと聞くし。
大和の乗組員なんかサマール沖開戦の時、敵艦隊を砲撃できることに嬉し涙まで
流して喜んでるし。「日頃の火の様な練磨の成果を発揮できる」と。

351 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 20:52:45 ID:s01gIoQd0
>>330
日本の戦争遂行のお題目と戦後の結果が偶然にも一致したわけだな。


352 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:53:02 ID:iN5VVYA80
日比谷騒乱とか知ってるか。戦争推し進めたのは大衆の総意でもあるんだぞ。
日本は空気が全てを動かす。戦うべきだという空気は誰が創ったと思う。

353 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:53:14 ID:c/cHFygE0
>ナマの兵器を初めて見る記者は、圧倒されるばかりだ。

社会見学になりましたか? 帰ったら作文提出ですよ。

 

354 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:53:33 ID:zi9rTz1R0
読売新聞の「検証・戦争責任」はためになる

355 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:53:47 ID:LHMVl5tJ0
>>265 >>294
 私の立場としては、毎年一回は参拝が必要なのでしょうが・・
 どういう訳か、今まで一度も行ったことがありません。

 現代記者・ナベ常・・・の言い分はおかしいと思っていましたが、
 上は総理から、現場指揮官に至るまでの敗戦(負け)の責任は誰が?
 で、旧日本軍には明確な答えがないのです。 

 あなた達のカキコを読んで、靖国の実際をこの目で確認する必要が
 あることが判りました。  

  
 

356 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:53:51 ID:ODO9eNxG0
>>352
  |        …そりゃ国民だろう。
  |  ('A`)     
/ ̄ノ(ヘωヘ ̄ ̄

357 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:54:02 ID:AF6C+2r10
近くに中国だのロシアだの、極悪非道な国家しかなくてそんな国家ばかりだと思ってたんだから、
アメリカに負けたら男は虐殺&奴隷、女は全員レイプで強制妊娠、
くらいの状態を想像せざるを得なくて、喜ぶもなにも、
自分や自分の家族や恋人を守るために戦地に行くしかねーだろうが、って状態だろ。
で、戦争に負けて、アメリカが思ったよりいい人達だったので、
ハァァァァァ???ってなったわけで。

358 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:54:07 ID:5qRizL+f0
>>347
>組織的な戦争の方法を教えたのは日本だわな。
反乱恐れて大した「方法」は、少なくとも君が思うほどのものは教えてないよ。
大体、植民地被支配民族はヨーロッパの戦場にも駆り出されてたんで、
銃剣突撃一筋の日本軍よりゃ余程マシな戦い方知ってたしね。

359 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:54:17 ID:c5Be7t9NO
記事なら記事でしっかり調べて書けよな。

これじゃただの中学生の社会科見学で書かされた感想文だ。

360 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:54:42 ID:3qV7CgYN0
わけわからん文章だな

361 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:55:09 ID:HMXTSgOb0
皆が靖国に行って思う所を感じればよい。

他人が感じ方を強要すべきではない。

362 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:55:18 ID:8/beIB6B0
>>314
>それを正当な戦争だったとこじつけた展示はやめましょう。

靖国の肩をもつつもりないけどいったいどこの展示場所見て言ってるんだ?
普通の日本人なら見学しても戦争は嫌だなって感じるだけじゃね?

363 :番組の途中ですが名無しです:2006/02/03(金) 20:55:31 ID:MdIYVC0b0
ゲンダイ記者って義務教育受けてんの?

364 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:55:44 ID:338xBanP0
>>「遊就館を見る限り、兵隊は喜び勇んで戦地に行ったとしか…」

あんなに展示されてる遺書を見て、こんなことを言える人もいるんだね・・・

まぁ、ゲンダイの記者だからね・・・


365 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:55:48 ID:RlpZO9eq0
特攻隊感動フラッシュ
ttp://nandakorea.sakura.ne.jp/media/sinjituwadokoni.swf

彼らのような特攻隊のことを知ってもらうためにも
遊就館のような施設は必要。彼らをいつまでも祭り上げる事が
残された我々にできる、彼らを忘れないようにできる唯一の方法ではないだろうか。

366 :閑人:2006/02/03(金) 20:55:51 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『平和を祈念』?3−1

小泉総理は神社に『平和を祈念』するために参拝しているそうです。
この神社の英霊の性格を考えると相応しくない行為です。
神社は戦争を賛美していると考えるほうが適切です。

神社の中にある「遊就館」には多数の兵器が展示されています。
初めて見たものはぎょっとするはずです。
零戦や回天、戦車、大砲などなど。私は回天を見て暗然としました。
売店でも様々の戦争グッズを売っていたかと思います。おかしな神社です。
何故こんなに兵器を展示するのでしょうか。
英霊が生前親しかったものを英霊に見せようというのでしょうか。
私は想像しています。この神社は墓ではなく名簿しかなかった。
そこで、奉納品によって具体性をもたせたいという心理が働いているのだと。

367 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:56:55 ID:bryNdcqO0
>>338
精神病院行き多数で効果なし?
それと、米軍の末端は本気で上陸作戦嫌がったんだが?
それも一応その後の、国体護持に一役買ったわけですよ。

お前の与太話は無意味でも、彼らの死は全く意味の無いものではなかったと。

368 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:56:57 ID:8koPqUys0
たいした読解力の記者がいたもんだな。

369 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:57:11 ID:GLxIwO3T0
>>345
アメリカは戦後、天皇を殺したかった。
しかし殺さなかった。
正確には「殺せなかった」

なんでか?

日本人の高潔なまでの忠誠心が怖かったからだよ。

もしその忠誠心をアメリカはみてなかったら、
今頃とっくに天皇は殺されて日本に天皇制は存続してない

370 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:57:13 ID:JO0kOnV+0
今読んでいる本に回天を運搬した潜水艦艦長が搭乗員の様子について書いてあるが
二十歳そこそこで若いが、死が目前に迫っても訓練に精を出し、とても落ち着いた
生活態度だったそうだ。
周囲は彼らに気を使って艦内の雰囲気が重苦しくなるが、それを察してか、朗らか
に振舞っていた。
いよいよ出撃というとき、こう言った。
「私どものために、みなさんに非常に迷惑をかけました。すみませんでした」
十二人の隊員を送ったが、皆こういった態度だった。
こんな彼らのことを、この艦長は、みんな神様。私には、とてもできないと表している。
そして、この艦長は戦後に遺族の元を訪ねているが、どの遺族も、息子が最後までお世話に
なりました。面倒をみていただいて有難うございましたと言うそうだ。
いいじゃないか。神として祀ったって。

371 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:57:14 ID:h3GnQ9ru0
守る家族もなく
家族から守られる事もない
永久にモニターで罵倒し続ける人生






372 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:57:29 ID:Q8/PQ8DP0
>>332
負け戦の象徴である、特攻系を展示しています。
負け戦って普通は不名誉でないの?

373 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:57:33 ID:j/A/9lG10
ゲンダイ=ヒュンデ=朝日

374 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:57:34 ID:mYK7lmCB0
>>347

うーん、事実は事実なんだろうけどね。同じ論法で、
程度の差はあれイギリスのインド支配だってインド近代化の役に立ちました
って話にならない?

なんか、アジアの独立について当時の大日本帝国に点数を与えようとする論者が多いのが気にかかる。

375 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:57:39 ID:sa1AZsKc0
遊就館を見に行っただけ現代の記者の方がマシ。
遊就館を見たこのないどころか、存在そのものをこのスレで知ったような奴が愛国者気取ってる方が異常。

376 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 20:58:06 ID:s01gIoQd0
>>358
日本人が教えたのは、民族としてのアイデンティティーだな。
八紘一宇のスローガンも、彼らには嘘じゃなかったみたいだ。

377 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:58:38 ID:j7KkZxQH0
>>361
はげどう
ネラーの持ち味は空気のように偏在することだ。
まずは現物を見て、褒めるもよし、貶すもよし、ついでに逝ってよし!

378 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:59:00 ID:RlpZO9eq0
>>375
行かなくてもわかる。靖国神社は紛れも無く愛国神社であるから、
遊就館も愛国のために存在しているのは誰の目から見てもわかることだろ?

379 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 20:59:11 ID:2l1PJM0n0
いい加減、軍国神社潰せよ

380 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:00:10 ID:GLxIwO3T0
>>372
日本は戦後世界第二位の経済大国になったのだから結果として負けてないよ。残念だったねw

381 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:00:41 ID:bryNdcqO0
>>358
えええ?硫黄島や沖縄で制空権も火力も無い日本軍にあれだけ損害出して、
銃剣突撃よりマシだったの?そりゃ凄い。
キスカ島では、日本軍は全軍撤退していないのに、
事前の下調べもせずに上陸して、味方同士で殺しあった米軍には負けるよなあ。

そもそも、組織的な戦闘ができるから、銃剣で突撃させられた訳ですが?

382 :閑人:2006/02/03(金) 21:00:42 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『平和を祈念』?3−2

もう一つの理由はもともと兵器に関心のある神社ではないかということです。
「遊就館」には古代中世の兵器をも陳列しています。まさに戦争博物館といえます。

「遊就館」には戦争の勇ましさがあふれています。
今年の5月初めに行ったときの特別展示「日露戦争百年記念」では
勇ましい映画、軍歌、作戦模型など。
その日には2階で支那事変の記録映画を上映していました。かなり長く一部しか見ていません。
皇軍の快進撃に支那各都市が陥落し民衆や子供たちが
皇軍兵士を歓迎しているというような内容でした。
ニュース映画を編集したらしい戦中の勇ましい映画でした。
今の北朝鮮の放送を連想する語り口でした。
「支那民衆を苦しめているのは支那政府ではないか」。
一緒に見ていた人は数人でしたし、全部見た人は案外少ないかもしれません。

英霊の神格を考えてみました。思うに「軍神」ではないか?。
「遊就館」のサイトには「戦争を知らない世代にこの感動を伝える」という一句があったはずです。
靖国神社は主に戦時に戦勝を祈願するための神社だったのではないか?
「靖国神社」というのは「国を安んずる神社」という意味でしょう。
外国サイトによくある靖国=peaceful country というのは全くの誤訳です。

靖国神社のいいたいことは
「英霊よ、まつろわぬ賊を平らげて皇国を安んぜよ。」というものではないか?

遊就館の実態に基づかない政治家・ジャーナリストやノンフィクションライターと称する連中の
誰がああ言ったこう言ったなどという議論は無価値だと思います。
ありのままを伝えてこなかったマスコミは恥を知るべきです。
 
小泉総理は神社の実態と自分の言葉との食い違いについて国民に見解を述べるべきだと思います。


383 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:00:51 ID:c/cHFygE0
>>371
平和そのものだよなw
喜べないヤツは死んだも同然だwww

384 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:00:54 ID:iN5VVYA80
しかし皮肉なもんだよな。ルーズベルトがぽっくり死んだり金日成が南進したり
戦後になって神風が吹きまくるわけだ。漏れも含めておまいらは幸運だよ。

385 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:01:11 ID:MC+mSSRb0
>>314
感じ方、物事の捉え方の相違。
先入観はすてましょう。

386 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:01:27 ID:j/A/9lG10
>>372
日本は敗戦から何かを学ぼうとする意識があるのだよ

>>374
イギリスが植民地で行ったことと
日本のそれとはずいぶん違うよ

387 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:01:57 ID:5qRizL+f0
>>367
>精神病院行き多数で効果なし?
多数?
それは日米の戦力差を埋められるほどの多数なん?
>それと、米軍の末端は本気で上陸作戦嫌がったんだが?
そりゃそうだ。
ドイツは降伏済み。
日本は降伏秒読み段階。
勝ちが決まった戦争では誰もが命を惜しむもの。
>それも一応その後の、国体護持に一役買ったわけですよ。
一役つーか0.1役位なんじゃないかな。
国体護持は冷戦つーアメリカの都合のおかげなんだから。
数字はてきとーだけども。

388 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:01:58 ID:no3ZPJvB0
東征直前の日本武尊を「古事記」は女々しく、「日本書紀」は猛々しく描いている。
この違いは私的記述の「古事記」と正史としての「日本書紀」の立場の違いに起因するが、
日本人の心情の二面性「たをやめ」と「ますらお」の発露にもよると思う。
「本音」と「建前」を全体として上手に使い分けたとも考えられる。

翻って「遊就館」の記事を書いたゲンダイ記者の視点は明らかに隻眼である。
もう少し物事を多面的に捉える訓練を積んだ方がよいのではなかろうか。

389 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:01:59 ID:338xBanP0
>>378
>>行かなくてもわかる。靖国神社は紛れも無く愛国神社であるから、

えーと・・・・自分の国や地域を反対する神社って聞いた事無いけど・・・・

するってーと、何かい?
神社に賽銭を入れて願うと、その村が滅びるような神社が、あんたの村にはあるのかい(w




390 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:02:00 ID:bu3hmiXq0
その当時の日本の熱気、雰囲気を閉じ込めている博物館のようなものだろ

391 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:02:04 ID:bwPrB5fP0
遊就館がどんな施設だったら満足なのか教えてくれ。

392 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:02:04 ID:MdLJHbIX0
平和だね

393 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:02:11 ID:OUHlwCzO0
>379
そんなにいやなら日本でてけば?
だれもとめないからw

394 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:02:48 ID:Q8/PQ8DP0
>>362
遊就館

395 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:02:58 ID:PovTmkCh0
>>372
それは特攻隊員の勇猛さを示すものという位置づけでしょ。

396 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:03:17 ID:mYK7lmCB0
>>386

それを検討すると「日本はいいことをした」っていう話になるの?

397 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:03:45 ID:QViWvTAh0
靖国神社は戦死者+戦犯処刑者が祀られてる。これは紛うことなき事実。
つまり直接的には「神社」と「遺族(維新〜第二次大戦)」との関係性しかないわけだ。
実際、遺族会は遺族年金貰ったり、公費で靖国参拝ツアーに参加してるわけ。
今ウチの祖母(85歳)がまさに「戦没兵士の寡婦」なわけで年金貰ってるんだが、
その祖母が亡くなった後、「じゃあ今後の祭祀や運営に関してそのご身内ブッチャケどうします?玉串料くれまっか?」
という伺いは神社本庁からも、靖国神社からも、日本遺族会からも、厚生労働省からも一切来てない。
この意味判る?
国会で首相がどう判断しようが、誰が参拝しようが、日本遺族会という戦後最大規模の公的支援プロジェクトが任務完了するんだよ。
その後の靖国神社?さあ?有志で運営するなり、世界文化遺産に登録するなり、ご自由に。
寡婦の親族は原則「繋がり」が途絶えちゃうんで(個人で参拝するのは勿論自由)
ただ現実言っちゃうと、初詣客は明治神宮というキラーコンテンツに当面叶わないだろうな・・

398 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:03:55 ID:j/A/9lG10
>>396
誰が言ってるの?

399 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:04:02 ID:oaoGVAer0
広島平和記念公園の
「過ちは繰り返しませんから・・・・」
の方がオカシイ。

「日本が悪いから原子爆弾で虐殺されてしまいました
 悪いのは全部日本です、ゴメンなさい、過ちは繰り返しません」

っていう風にしか思えない。

400 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:04:35 ID:KhwoJ/fw0
>>396
真偽はどうあれ日本はいいことしたで押し進めていけばいいんでない?どうせプロパガンダ戦争なんだし。

401 :閑人:2006/02/03(金) 21:04:59 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『顕彰史観』4−1

靖国神社の中にある「遊就館」には明治以来の戦争を中心とした歴史が
延々とパネル展示されています。
明治以来の戦争はすべてが正当であり輝かしい勝利を得た。
大東亜戦争は敗北したが必然に起こった正当な戦争であったという主張です。
当然戦争犯罪人などというものは存在するはずがありません。

神社は何故このような追悼施設にふさわしくない政治的、歴史的主張をする必要があるのでしょうか。それはこの神社の言う「慰霊」=「霊を慰める」というのが
私などが抱く死者を『追悼』(死者を静かに悼むイメージ)ではなく
『顕彰』(功績を賞賛し世に知らせる)だからでしょう。

目的が『顕彰』ということは神社が述べています。当然支那事変は賞賛すべき正当な行為と考えられています。

402 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:05:08 ID:MdLJHbIX0
それにしても、自分の祖先である戦没者のことを
これだけクールに論じられる人たちって、すごいね。

403 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:05:38 ID:mYK7lmCB0
>>398

そういう論法に使われてるのをよく見かけるってこと

404 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:05:59 ID:j/A/9lG10
戦いを憎み
戦没者を悼む

これでいいじゃないか

405 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:06:11 ID:8/beIB6B0
>>382
詳しく見学したみたいだが、朝鮮人や台湾人も日本国民として散って
軍神として奉られてる感想は?


406 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:07:05 ID:iN5VVYA80
大東亜共栄圏が具現化しワシントン体制と共産主義が打破された今、
ようやく大日本帝国の戦争目的は完遂されたわけだ。皮肉だがめでたいことだ。

407 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:07:08 ID:IMfJLQcY0
>>399
お前みたいなアフォ久しぶりに見た
過ちはその過ちじゃない

勘弁しろよ
読解力ないのにもホドがある
いい加減にしてくれ

408 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 21:07:08 ID:s01gIoQd0
>>396
併合や占領した時期や場所によって違う。
大まかに言ったら、後になればなるほど統治が駄目駄目。

409 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:07:27 ID:XWTIxToy0
>>374
最近の学校ではセポイの反乱やアヘン戦争を習わんのか?
大日本帝国を肯定するつもりはないが、
欧米列強ほど非道じゃあなかったとは思うよ。

410 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:07:28 ID:5qRizL+f0
>>381
マシだったさ。
硫黄島、沖縄の戦い方は日本軍にとっちゃイレギュラーだしな。
>そもそも、組織的な戦闘ができるから、銃剣で突撃させられた訳ですが?
その程度で「組織」つーのは近代軍隊をバカにしてるよ。

411 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:07:30 ID:VcIv3nim0
喜んで死にに行く奴は狂人しかいないよ。

412 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:07:52 ID:Q8/PQ8DP0
>>380
結果として負けていない・・・はぁ、何とでも言えるなドイツ・イタリアも勝ち戦になるな。
詭弁。

>>386
ドイツ・イタリアは、何も学ばなかったのですかね? そのソースは?

413 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:07:56 ID:sa1AZsKc0
2チャンネルで歴史を学んできた様な人達は知らないだろうが、
A級戦犯合祀への疑問の投げかけは、日本国内でも昔からあった。
だがこれは「A級戦犯」に問題があるのではなく、極東裁判で
死刑になった人達が、果たして戦死なのか?という疑問だ。

言うまでもなく靖国神社には、戦場で死亡した「戦死者」しか
祭られない。単に戦争被害で亡くなった民間人は対象外なのだ。
軍人でも、訓練での死亡だと対象外となる。
なら、裁判で死刑となった戦争指導者達も対象外なのではないか?

A級戦犯とされた戦争指導者達は、もし死刑にならなかったら
その後も生き続けただろう。彼らだけでなく、
民衆を戦場に追いやった高級軍人達は、一般兵士に戦死を強要しておいて
当の自分達は終戦後ものうのうと生き延びているのだ。
これは、果たして恥を知る者の態度だろうか?

414 :閑人:2006/02/03(金) 21:08:18 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『顕彰史観』4−2

靖国神社のいいたいことは

「英霊よ、貴方がたが天皇の為に進んで命を投げ出した戦争は正当なものだった。
(神である天皇が命じたのだから)貴方がた英霊の行った行為はすべて正当で顕彰されるべきものだ。功績に疵をつけようとする連中に反撃する」

というものでしょう。

神社の主張をきちんと踏まえないで、
ジャーナリストやノンフィクションライターと称する連中の、
誰がああ言ったこう言ったなどと議論しているのを聞いていて空しい。
この連中は恥じというものを知らないのでしょうか。
ありのままを伝えてこなかったマスコミも恥を知るべきです。

小泉総理は靖国神社に参拝するなら支那事変から大東亜戦争についての自分の見解を
「詳細に」説明すべきでしょう。



415 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:08:30 ID:MWnDh5qxO
>>1
特攻隊員に捧げられた花嫁人形見ても
何にも感じなかったんだろうか・・・

416 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:08:38 ID:bryNdcqO0
>>387
>それは日米の戦力差を埋められるほどの多数なん?
その論法だと戦闘そのものが無意味になるが?
日本は珊瑚海あたりでは、一時的に機動戦力の駆逐に成功しているんだが?

>日本は降伏秒読み段階。
>勝ちが決まった戦争では誰もが命を惜しむもの。
決まってなかったんだよねえ。
だって、アメリカが日本の降服認めないと突っぱねて、
その舌の根の乾かぬうちに、日本が降服しないと国民には宣伝。
そろそろ終わるだろうとは言うものの、まだ終わって無いところに特攻。
これが末端の兵士の厭戦ムードに拍車かけましたが?

>国体護持は冷戦つーアメリカの都合のおかげなんだから。
冷戦よりもルーズベルトの痴呆爺の尻拭いだろう。
そこに+してそもそもの作戦の遅れが加味される。

417 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:08:42 ID:j7KkZxQH0
顕彰するなら、不祥事も遠慮なく公表すべきだな。
善悪は、どちらも公開してこそ意義があるんだ。善だけではない!

靖国が戦争をどう評価しようと知ったことではない。
しかし、西南戦争、竹橋事件、5.15、2.26といった反乱事件を隠すのはお門違い。
悪は悪として曝す!!
そうしなければ、いかな正義も善も存在意義がないのだ。

418 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:08:43 ID:338xBanP0
>>411

そりゃそうだ・・・


419 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:08:51 ID:GOiJT+mA0
>>402
いいことじゃないのか?

420 : :2006/02/03(金) 21:09:59 ID:fXAuOseu0
戦没者等のご遺族の皆様へ
 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第八回特別弔慰金)が支給されます。
(支給の対象者)
 平成17年4月1日において、恩給法による公務扶助料や戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お−人に特別弔慰金が支給されます。
戦没者等の死亡当時のご遺族で
 1.平成17年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
 2.戦没者等の子
 3.戦没者等と生計関係を有していた@父母A孫B祖父母C兄弟姉妹
  (戦没者等と生計関係を有していなかった方、平成17年4月1日において婚姻により姓が変わっている方又は遺族以外の方と養子縁組をしている方は除かれます。)
 4.上記3以外の@父母A孫B祖父母C兄弟姉妹
 5.上記1から4以外の三親等内の親族
  (戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上生計関係を有していた方に限られます。)
(支給内容)
 額面40万円、10年償還の記名国債
(請求期間)
 平成17年4月1日から平成20年3月31日まで
(請求窓口)
 お住まいの市区町村の援護担当課

421 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:11:01 ID:j/A/9lG10
>>412
>ドイツ・イタリアは、何も学ばなかったのですかね? そのソースは?

はぁ?
どこに「日本だけ」と書いてある?

422 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:11:10 ID:GLxIwO3T0
>>413
戦勝国にも戦死者はいるんですが。

423 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:11:13 ID:338xBanP0
>>417
>>しかし、西南戦争、竹橋事件、5.15、2.26といった反乱事件を隠すのはお門違い。

?????? どこの世界で隠してるんだ・・・・


424 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:11:22 ID:mYK7lmCB0
>>408-409

レスどうも。
うーん、ましだったかどうかってのもなんか論点違う気がするよ。
そもそも植民地当地や占領ってのは現地人のためにやってんじゃないんだから

あー当初の疑問は、
なんで「ありがとう」なのかってことなんだ。「ごめんなさい」や「かわいそう」じゃなくて



425 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:11:37 ID:KhwoJ/fw0
>>402
祖先っつーか爺さん世代か曾祖父さん世代かで随分違うだろねぇ。

426 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:11:38 ID:IMfJLQcY0
俺らの祖先は狂人や馬鹿じゃねーよ

今の世の中は勝ち組が全てで
死んだら馬鹿じゃん、
生き残った方が勝ちというイメージがある

でも死んでも得るものはきちんとあると理解しろっての

427 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:11:42 ID:RlpZO9eq0
>>419
普通の日本人なら、感情が高ぶって討論とか出来ないだろ。
こんなにも冷静に討論できる奴らは、靖国神社を解体させようとしている朝鮮人としか思えない。

428 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:12:02 ID:iN5VVYA80
>413
まあな。でも東條は東條で辛いものがあったと思うぞ。本来インテリのテクノクラートが
不毛な精神論で国民を鼓舞せねばならなかった。心では泣いていたのでは。

429 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:13:01 ID:bryNdcqO0
>>410
イレギュラーねえ。マシねえ。
相手の戦力も武装も把握せずに、
更にはその日本軍の戦訓も活かさず、
爆撃機を護衛無しで突っ込ませて、
毎度火達磨になって帰ってきた国がありましたっけ?

>その程度で「組織」つーのは近代軍隊をバカにしてるよ。
組織的に戦うというのは、末端が上層部の言うことを聞き、
歯車になって戦う事を言う訳だが?
で、護衛無しで爆撃機突っ込ませたり、囮艦隊編成して、
特攻機そこに突っ込ませたりと、そういう死に番勤めができるのも、
組織がつくられて居たからな訳ですが。

430 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:13:10 ID:MdLJHbIX0
>>419
いや、親族が命を落としているので、どうにも感情的になってしまう。
あんまり冷静になれないので、このての議論にはオレは向かない。
すごいね、って別に嫌味だけで言ってるわけじゃない。

431 :閑人:2006/02/03(金) 21:13:15 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『The 英霊』?5−1

私はいわゆるA級戦犯の合祀問題についてそれほど関心はもてません。
神社にとって、神社の本質からして戦争犯罪人などというものが存在し得えないことは明らかです。
ただ教義上英霊を分祀できないと聞いて大変関心を持ちました。

町村外相が「分けられないらしいです。信仰のことで良くわかりませんが・・・」
と曖昧なごまかすような笑いを浮かべてインタビューに答えていたからです。
この男は「神道政治連盟」の応援団体の国会議員懇談会に属しています。
「神道政治連盟」は公式参拝を推進しています。
教義を人に説明できて当然の立場にあるのです。

そのときは第一感大変不気味に思いました。
二百数十万からの霊が一つになって分けられない?
個性を全く無視しているように感じました。「The 英霊」集団主義の極北と。


432 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:13:19 ID:j/A/9lG10
>>424
つうかイギリス引き合いに出したの誰よw

>>427
ファビョったらそれこそ半島人だよw

433 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:14:01 ID:PovTmkCh0
>>417
今後お前がなんらかの表彰を受けるときは、その場で大告白大会だなww

434 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:14:16 ID:5qRizL+f0
>>416
>その論法だと戦闘そのものが無意味になるが?
無意味だったろ?
>これが末端の兵士の厭戦ムードに拍車かけましたが?
でも、その厭戦ムードを無効化する手段をアメリカはたくさん持ってたんだよね。
高高度からの絨毯爆撃とか、後には原爆。
アメリカにとっては大した問題じゃないんだよ、そんなもの。

435 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:14:43 ID:Q8/PQ8DP0
>>385
客観的に冷静に物事を見ましょう。
そうすれば、自分の考えにこそ先入観が有る事を冷静に感じることが出来ますよ。

436 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:14:48 ID:338xBanP0
>>429
>>組織的に戦うというのは、末端が上層部の言うことを聞き、
>>歯車になって戦う事を言う訳だが?

おいおい・・・・じゃぁ、ベトナムは米国やフランスに勝てなかったな・・・・


437 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:16:23 ID:XWTIxToy0
>>424
……漏れは374で提示された論点にレスしただけなんだが。

438 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:16:38 ID:j/A/9lG10
>>435
自分の先入観を発見できていない
詭弁。

439 :閑人:2006/02/03(金) 21:17:40 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『The 英霊』?5−2

しかし今はもっと便宜的なもので、神社の教義などはいい加減のものではないかと思っています。
神社は何百、何千、何万もの霊から出発しました。
個々の霊をきちんと心を込めて祀れるものでしょうか。
名簿を読み上げることさえ困難でしょう。
そこで英霊をいわば一括して祀れるようにしたと想像しています。

だから分祀自体は事実上簡単な話だと思っています。
個人としての祀りはなく所属は名簿によってしか分からないわけです。
名簿から抹消すれば廃祀したことにならざるを得ないでしょう。
どこかに祀ればおしまいでしょう。皆がそう思えば。


440 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:17:47 ID:MC+mSSRb0
>>435
なるほど。
では、どこらへんが『正当な戦争だったとこじつけ』だと?

441 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:17:57 ID:c5Be7t9NO
まぁなんだ。
日本てのは無念の死を遂げた者に鞭打つ文化ではないわけだ。
それを理解できんので反対されるんだろう。

442 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:18:07 ID:ABv44ZwW0
>ID:HzzD9SDq0 閑人
これコピペか書き写しだろ?出展貼っとけよw。つか筆者がグーグルも使えず、ニュースはあんまり
チェックしてなくて、朝の政治番組も全然見てないって事は良く判る(;・∀・)ナンジャコリャ

>>413
>言うまでもなく靖国神社には、戦場で死亡した「戦死者」しか祭られない。
明治時代既に非戦死者が祀られてるし、終戦時自決者も祀られてるし、BC級戦犯刑死者も
獄死者も祀られてるし、民間人も祀られてるよ。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/yogokaisetyu.html

443 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:18:12 ID:XufKFFSr0
>>426
>でも死んでも得るものはきちんとあると理解しろっての

君は理解してるとでもいうのか?当事者じゃないのに?

444 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 21:18:12 ID:s01gIoQd0
>>424
建前上、戦死者ってのは英霊であり護国の鬼でもある。
よって、国と国民が安寧に暮らしていけるのは死んだ兵隊さんのお陰です、ありがとう
という理屈が成り立つ。
だから靖国神社や護国神社は、戦死者に感謝の意を捧げる場所なんだな。

445 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:18:59 ID:bryNdcqO0
>>434
>無意味だったろ?
ソ連がドイツ終わらせて引き返してくるまでの時間稼げたのは、
充分意味のあった事だと思うがねえ。

>高高度からの絨毯爆撃とか、後には原爆。
その特攻が恒常化した辺りでは、高高度の絨毯爆撃ではなく、
低空進入が増えてたわけですが?
原爆はソ連への牽制の意味合いの方が大きいよねえ。
それと、上陸する部隊にとっては、それよりも爆弾持って突撃しかねない、
変な想像上の日本人の方が脅威だということが、
まさか旧軍上層部より賢いあなたに理解できないはずは無いでしょう。


446 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:19:00 ID:h3sndLBg0
遊就館の最後のコーナーにある英霊の写真や遺品の陳列などは涙を誘うものが多い
特攻隊で出撃する前の録音も胸にジーンとくる
よってゲンダイの記者はシナのスパイと断定する
死ね!糞ゲンダイ

447 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:19:00 ID:IMfJLQcY0
お前ら自分の尊厳死(安楽死)は欲しいくせに
自分で死地を選んだ祖先は馬鹿にするんだな
おめでてーな

勝てない相手に逆らったら馬鹿か?
従う方の奴がよっぽど馬鹿
意地を見せつけた祖先は馬鹿じゃない
わずかの金の為にプライド捨てられるお前らよりはるかにマシだよ

448 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:19:42 ID:Q8/PQ8DP0
>>395
無謀と勇気との違いは解りますよね?

成功率が低く、え〜成功率16%位だったかな、84%無駄死に。

449 :閑人:2006/02/03(金) 21:19:50 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『The 英霊』?5−3

遺族の主張は靖国神社の公式主張にとっては関係しないはずです。
この神社や護国神社は遺族に合祀の可否を聞きはしないことになっています。
また実際廃祀する手続きは実際上は備えていると思います。
合祀には資格が必要のはずです。間違いは起こり得ます。そのときどうしてきたのでしょうか。

分祀できないという教義的な裏づけはよく知りません。
多分真面目に考えれば不気味なものでしょう。
個を認めないか脱会を許さないということになるからです。
そう言えば「英霊たち」という言葉はあまり聞きません。
単数の「The 英霊」は不気味です。
200万人が唯一つの霊になる・・・・。あるいは個としての霊が多数いるのなら、
脱会を認めないという、古い体育会系の精神を連想してしまいます。

神社の教義の意味について分析もしないで、
信仰のことは分かりませんが、
などとしたまま神社参拝を論じようとする評論家なんて全く無価値です。
この神社はそこらの神社と違ってある種の教義をもっているのですから。

450 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:20:13 ID:3ouJszVc0
素朴な質問!

ゲンダイスレはよく見るけど、東スポはダメなんですか?

451 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:20:34 ID:338xBanP0
>>447
>>勝てない相手に逆らったら馬鹿か?

喧嘩で勝てない相手に喧嘩して負けるのは馬鹿です・・・・


452 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:20:52 ID:ofshrSpv0
やっぱコピペだった>>413 orz

453 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:21:02 ID:j/A/9lG10
>>448
自分の主張だけは淡々と続けるんだな
それが先入観の無い客観的で冷静ということなの?

454 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:21:11 ID:GRGpUSc00
>>447
命のためならプライド捨てられる人間が大半じゃね
どう見ても旧日本軍はバカです。本当にありがとうございました

455 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:21:26 ID:hrc07qrM0
>遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。

皆反応してることだろうが・・・
仮にそうだったとしても、そういう気持ちで戦地に行くような
環境があったこと自体が戦争の悲劇であると思わんのだろうか。

俺は靖国に行くと気分が滅茶苦茶重くなる。
遊就館は高いから入らないけど。

456 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:22:15 ID:G0XbYEfQ0
旧日本軍はタダでさえ物量に極めて劣り、あまつさえ救いようの無いくらい弱小なのに、
「兵士の命は鴻毛より軽い」などと妄言を吐いて次から次へとまともな装備どころか
食料さえも持たせずに、貴重な人的資源を戦地へ間引きの如く捨ててくるのである。
兵士達は粗大ごみか?ゴミのつもりで送り出しただろう?素直に軍部に人身供与する国民も国民である。
いやはや、かくして米軍の爆弾や銃弾が無慈悲に飛び交う南方の名前も知らないような孤島に
放置された哀れな兵士達はもはや子供のように小便をたれながら泣き叫ぶしかないのだ。
それにしても、兵士達にとってみれば、銃弾や爆弾の破片で死ねれば随分と幸せな方で
実際は病気で糞に塗れて蛆が自分の体を貪り食うのを眺めながらじわりじわりと死んで
いったり、長く苦しいひもじい思いのあと餓死して彼の元戦友に貪り食われるのが大多数であって
素直に戦死できた者は「アメリカ様、殺してくれてありがとう」とも言いたくなるほだなのだ。
兵士の全員が全員、アメリカというか日本に堵殺されて喜んで御国のために死ねたなどと
分裂症まがいの馬鹿げた考えをもっていた愚かなバカ猿ではなかったであろう。中には
「僕がこんな僻地で餓死して日本に一体何の得があるんだ?」と事の真実に気づいてしまった人も
いたであろう。バカなドン百姓が何人死のうとどうでもいいが、彼の場合はまさに悲劇である。
これらの可哀想な同胞に対する日本人の割り切りの良さはもはや動物並と言わざるを得ない。
彼等を人間と認めるのは人類の尊厳に対する重大な冒涜とすらいえる。
そして、戦争が終わったとたん、「人の命は地球より重い」などと言い出す始末である。
無意味な虐殺や自殺のオンパレードが終わってしまった後で何を言う?

457 :閑人:2006/02/03(金) 21:22:30 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『わだかまりなく』?6−1

靖国参拝について何故こんなに長々ともめるのでしょう。
中韓のせいだと言う人があるでしょう。
何故中韓が騒ぐと日本で問題になるのでしょう。
左翼のせいだと言う人があるでしょう。
何故左翼が騒ぐと問題なのでしょう。
時の総理の気が弱いからだと言う人があるでしょう。何故弱くなるのでしょう。

基本的には日本人の問題なのです。
靖国神社の実態が問題なのです。
墓のように純粋に死者を愛惜する場所ではなくて神社の言では「顕彰」施設だからなのです。
「顕彰」だから神社からあふれ出てきたがるのです。

戦死者を神としてその功績を「顕彰」し広めようというのが目的の神社なのです。
英霊が行ったことはすべて褒め称えるべきものだというのが神社の主張だから、
ひっそり私的に参るしかなく公的性格を持たせてはもめるのが当たり前なのです。

458 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:22:50 ID:5qRizL+f0
>>429
死に番勤めなら別に近代軍隊じゃなくても出来るだろ。
蛮族のガリア人でもやってるよ、その程度。

でさ、聞きたいが君は日本軍が具体的にどういった教育をしたと思ってんの?
例えば、ベトナムやビルマじゃ日本兵は新兵教育係として新兵怒鳴ってただけで
誰にでも出来るような事しかしてなかったんだが、彼らがどんな「戦法」を植民地人に教えたと?

459 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:22:57 ID:IMfJLQcY0
>>448 >>451
極論で言えば
勝てなきゃ無謀
勝てたら勇気
って事か?

だったら禁輸されて干からびて
ハルノート受け入れて
アフリカみたいにされてれば良かったのか?
その方が馬鹿だと思うけどw

460 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:23:10 ID:338xBanP0
>>448
>>成功率が低く、え〜成功率16%位だったかな、84%無駄死に。

あんたさ・・・・100%あたらないと無駄なんかい(w

じゃぁ、歩兵戦で、分隊支援で機関銃を撃ったり、準備砲撃するのも無駄なんだな(w


461 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:23:21 ID:XEjZU7F30
放っておけや。いまや、各地の護国神社はボロボロ。

462 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:23:32 ID:NisGZYEY0
さすがに週間ヒョンデは一味ちがうぜ!

このアホウは特攻隊の異物展示の所をちゃんと見たのか?
零戦とか彗星とか見て物言ってるんじゃないのか?
小学生レベルの脳みそでライターやってんじゃねーよ。


463 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:24:01 ID:mYK7lmCB0
>>444

なるほどね。よくわかった、ありがとう。
感謝というのは死んだあとに果たしている機能について感謝していると。

ほかにレスくれた人もどうもでした。

464 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:24:13 ID:vKkXhjt5O
戦勝国には戦争を賛美する施設ばかりだけど。

敗戦国は死者の戦いぶりを讃えることも許されないのかよ

まぁ風俗新聞ゲンダイがなに言おうがかまわないが

465 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:24:25 ID:j/A/9lG10
>>448
交通事故の確率より低いという理由で
危険性のある牛肉を売りつけようとする論法に似てますね

466 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:25:22 ID:Q8/PQ8DP0
>>421
つまり日本に限った事でない訳ですね。
態々「日本を例に挙げる程の事でも無い」って言う事ですね。

467 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:25:29 ID:338xBanP0
>>459
>>だったら禁輸されて干からびて
>>ハルノート受け入れて
>>アフリカみたいにされてれば良かったのか?

それも馬鹿です・・・

あなたは「外交戦略」って知らないみたいね・・・


468 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:25:45 ID:5qRizL+f0
>>460
当たっても当たらなくても損害は確実、つまり「死」だかんな。
準備砲撃と一緒には出来ないだろ。

469 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:25:53 ID:bryNdcqO0
>>436
仏はともかく米は政治的な判断から、変な作戦を実行しまくったんだよ。
航空基地を爆撃せずに、わざわざドッグファイトやったりとかな。
で、一時的には勝つんだが、手詰まりになって撤退。

>>458
お前は字の読み書きが出来て、命令服従が理解できなきゃ、
組織そのものが出来ないってことを、まるで理解していないだろ。



470 :閑人:2006/02/03(金) 21:26:28 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『わだかまりなく』?6−2

例として外国要人が参拝に来たとします。
神社の「すべて」をその要人に伝えられますか?
英国女王が来た時、アメリカ大統領が来た時ごまかしたり隠したりしないで、
要人たちが時間がたっぷりあったとして、
「遊就館」のすべてをきちんと紹介できますか?
また天皇が参拝したとき「遊就館」のすべてを
支那事変の皇軍快進撃の国策映画も見せて説明することができますか?

靖国神社の英霊顕彰の精神が歴史観に影響を及ぼすことは明らかです。
例えば満州事変のリットン調査団の報告について
私の記憶では神社はこういっていたと思います。
満州の権益は日露戦争において英霊が血を流して獲得したものであり放棄は不可能だったと。
このような思いそのものは他国の歴史でもよく聞く話で不思議ではありません。
また当時の指導者が神社の見解のようなことを考えていたかどうか知りません。

このような思考法は時に実態を把握できなくします。
「戦後の繁栄は英霊のおかげです」神社にひっそり参っているときだけの台詞ならあまり害が無い。
しかしこれが大声で言われることになれば、
戦後の繁栄が本当は誰の努力、誰のおかげなのか考えることすらしなくなって来るでしょう。

小泉総理と言う人は死んだ国民には感謝するが
(それも劇的に死んだと考える人だけ)
生きて働いている現実の国民に感謝する心は無い人ではないかと疑っています。

471 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:26:29 ID:8cj4p7vN0
兵士がどういう思いで戦いにいったのかはこのフラッシュ見ればわかりやすいよ。

ttp://www1.u-netsurf.ne.jp/~kokueki/guntai/kakutatakaeri.htm

472 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:27:05 ID:PovTmkCh0
>>448
・・・で?特攻自体の戦術的価値なんて論じていないんだが?

473 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:27:40 ID:/nn9w4bgO
万歳と挙げた手を大陸に置いてきた

474 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 21:27:41 ID:s01gIoQd0
>>465
本土決戦用に温存しておいた貴重な機体と搭乗員を投入して
16%の命中率は出血大サービスだと思うのだが。

475 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:27:45 ID:IMfJLQcY0
>>467
口では何とでも言える
当時の日本には外交戦略など無理です
得意不得意も時代背景もあるんです
全ての条件が整った歴史にifは無いしね

つまりホリエモンみたいな驕った奴に
勝ち以外の敗北は全く理解できないという事だろうな

逮捕されるまで分からないという事だろう
悲惨すぎる


476 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:27:46 ID:vTZAItE00
>>1
ヒュンダイの韓国人記者にはそう見えるかもな


477 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:27:50 ID:j/A/9lG10
>>466
一応日本人だからな
日本を例に挙げる傾向があるのは当然だろ

>>467
「外交戦略」とやらを
先入観無しで冷静且つ客観的に教えてよおりこうさん

478 :閑人:2006/02/03(金) 21:29:16 ID:HzzD9SDq0
私が初めて遊就館を見たときに思ったことです。
『わだかまりなく』?6−3

本当はあれは徹底的に無駄死にだったのだ。
あのような無駄死にを二度としない、
させないためにはどうすべきかという考え方もあってよいはずです。
「国家に命を捧げた人を祭る靖国神社に参らなければ国家に命を捧げる人はいなくなる」などと
まだ他人が国家に命を捧げ自分は参るつもりの政治家がいます。
まず自分が祭られることを考えよ。

英霊は神である。神が悪いことをしたはずが無い。英霊は顕彰しなければならない。
このような心が神社の外に出て来て極端になると、
実態を見究めようという心が衰え、
英霊(神)のした行為は正当であり、
非正当な行為はしたはずがないというところまでいくでしょう。「顕彰史観」です。

靖国神社は天皇が勝手に「人間」になり、
占領軍を「官軍」としたときから、
名実共に一宗教法人として静かな哀悼に切り替えるべきだったと思います。
今からでもできるはずです。遊就館を名簿と写真と遺品を除いて閉鎖すればよいのです。


479 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:29:23 ID:iN5VVYA80
プライドねえ。佐藤愛子が書いてるよな。人間にはたとえ殺されるとわかっていても
尊厳のために戦わなければならないことがあると。

480 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:30:15 ID:XufKFFSr0
靖国に参拝して
メチャクチャ気分が重くなる人さえも
平気で在日や左翼呼ばわりして悦に入るのが今の自称愛国者。
こんな奴らに勝手に感情移入される英霊の方こそ迷惑だろう

481 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:30:18 ID:DPSAyt4vO
ゲンダイのマヌケ記者共に捧げる言葉


木を見て森を見ず

482 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:30:28 ID:Q8/PQ8DP0
>>438
そのまま、お返しするよ。

自分の先入観を発見できていない
詭弁。

483 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/03(金) 21:30:45 ID:s01gIoQd0
>>474
つか、カミカゼに命中率って3%だったと記憶しているのだが。
末期は迎撃機とピケット艦に阻まれて目標にすら一機もたどり着けなかったのに
16%の命中率は高すぎるだろ。

484 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:31:11 ID:j7KkZxQH0
>>470
まず、ゆっくり取材する外国人向けに英文で表示すべし

あと、各国研究者向けに資料を公開すべし。
歴史の解釈など、情報公開に勝るものではないからだ。

485 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:31:42 ID:JO0kOnV+0
こうして話題になると今年の8/15は昨年の20万人を超えるかな。

486 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:32:18 ID:j/A/9lG10
>>482
俺は先入観もあるし
完全に客観的になることもできないし
冷静さを欠くこともある

そう思っていますが何か?

487 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:32:27 ID:NisGZYEY0
なぁ、この記者はおじいちゃんとかに戦争体験の話を聞いた事無いのかなぁ?
天皇の為とかで戦争に言ってないって言ってたし、ここで戦って米軍を止めないと
本土の家族が大変な事になるからって仕方なく行ったのが多いって言ってたぞ。
特攻隊も最後は天皇陛下万歳!なんて気分になれなくて
お母さんや恋人や子供の事を考えながら特攻に行ったそうだ。
そもそも天皇なんて言われても近い存在じゃないから実感が沸かなかったてさ。
だれも好き好んで家族と離れて危ない場所に行く奴なんていねーよ。
このバカ記者はもうちょっと人間の心を考えれるようにならないと
いつまでも5流以下の記者でしかないだろうね。
て言うか、現代はこんな低脳記者はクビにしろ。

488 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:32:42 ID:SW7vOlAN0
歴史にifは無いが、余りにも結果論に走りすぎだな。
アメリカは現在のような超大国ではなかったし、何よりもドイツに勢いがあった。
日本ももしミッドウエーで勝利できていたら、非常に有利な条件(西海岸の割譲等)で講和出来ただろう。


489 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:32:48 ID:Ht3fR29U0
>>428
なんで彼らばかり証拠もなしに必死に美化されるのか

490 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:34:06 ID:5qRizL+f0
>>469
植民地被支配人は命令服従くらい理解してたぞ。
支配されてたんだから。
それ以前にも命令をする権力者はいたし。

んで、字の読み書きつっても教えたのは日本語だし。
独立軍はんなもん使わなかったよな。

491 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:34:10 ID:tyNEKcnD0
遅くなったが
>>67
どこの国でも、遊就館よりもっとすごい戦争博物館を持ってるが、
それを宗教施設の中には作らないよ。

>>72
普通はお墓には展示しないだろ

>>75
そんな風に、零戦を置くだけみたいに、
単純に戦争遺跡的なものを展示するだけならOKだと思うがな。

492 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:34:22 ID:PovTmkCh0
>>488
爆笑田中のAAを張ろうと思ったがめんどいので止めた。

493 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:34:23 ID:MC+mSSRb0
>>482
で、どこらへんが『正当な戦争だったとこじつけ』だと?

494 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:34:35 ID:FhrEmZLG0
団塊負け犬どもが、思想でもリアルでもズリネタにできるのがゲンダイなんだから
もっとそっとしてあげようよ。

495 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:34:53 ID:cW0+ue3M0
靖国のどこが軍国の象徴だと反論が出てきたので遊就館という新しい部分を見つけて騒ぎだしたね
もともと遊就館のことは誰も言わなかったのに

496 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:35:34 ID:OT0lUYVH0
靖国は日本はアジア解放の英雄とか言ってるのがおかしいよな。
それさえやめてくれればいいのに

497 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:35:59 ID:ICRx1VaD0
>>479
佐藤愛子ってだれだ?
そいつが命を賭けて戦えばいいだろ

498 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:36:19 ID:jxEndEe+0
>>1から>>495まで見る気にならないんだけど、

>兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。

これに同意してる人っているのか?

499 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:37:06 ID:6fCqa1rr0
>>2-498
生長の家キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

500 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:37:12 ID:ZFNE16jO0
宗教色抜いた別途追悼施設もありだと思う。
ただ麻生の言うとおり中韓が言ってくるかぎり靖国には参拝しなければならん。

501 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:37:14 ID:FhrEmZLG0
>>497
せいぜい鮮人を敬ってろ

502 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:37:18 ID:iN5VVYA80
>488
無謀でなくそれなりの読みは松岡にあったんだよな。まさか米国がナチスと日本両方と同時に
戦うことはあるまいと。だからこそ三国同盟締結で太平洋での戦いは当面防げるとな。
誤算だったのはアメリカの底知れぬ国力だ。

503 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:37:42 ID:cW0+ue3M0
>>498
遊就館を見学したことないからわからん。。。
俺は広島だよ。東京の靖国神社までそうそう行けるわけもないし

504 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:38:27 ID:NisGZYEY0
展示の仕方=実際に戦争に行った兵士の気持ち

って発想がわからん。
なので、こんな糞偏向こじつけ意見なんぞに同意なんかできねーよ。

505 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:39:38 ID:aami+v4k0
 

  世界で最も

日本国は世界で最も歴史の古い王家の血脈、【天皇】を国家元首として戴いてきた。

今上天皇は実に 125代目 にあたり、英国王室のエリザベス二世で 38代目、
欧州最古といわれるデンマーク王室のマルガレーテ二世でさえ 54代目 である。
遥か神代から続くその万世一系の血筋は地球上に於いて比類なき重みと
日本国の永劫の繁栄を象徴し、自国の歴史に対する深い理解と気高い誇りを表している。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4792/senzai.html




第1代神武天皇(前660)から 第125代今上天皇(現在)までの
歴代天皇の在位期間をすべて収録

http://homepage1.nifty.com/gyouseinet/history/tennouTaiin.htm




506 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:39:42 ID:cW0+ue3M0
>>500
いずれにしても新追悼施設を建設しても中韓は新しい理由をつけて騒いでくるよ。
実際、遠まわしにそれをにおわすような発言だってあるしな

>>504
戦死なさった兵隊達を讃えるための施設だ。
馬鹿な戦争で死んだと言う方が心情的に理解できないがな

507 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:41:00 ID:xx7XZBsy0
60年前の同胞あるいは祖父、曾祖父の時代のことなのに断絶しているというか、
もの珍しい石器人でも見るかのような冷たい視点で記事を書いているよね。
一見、客観的にも見えるがそうじゃない。徹頭徹尾、無関係な異物を見る目だ。
この「歴史の断絶」といった視点こそ記者が意図する自虐史観なのだろう。

508 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:41:01 ID:4YxCulAa0
大国同士の最後のガチンコ勝負がWWUだった。
英米露vs日独(裏切り者は無視)
最後のガチンコ勝負で、負けたせいで、
ぼこられただけの弱小仏中にでかいつらされるは、
団塊オヤヂがなぜか喜んでるし、
もう辛抱たまらん!
次は絶対に勝とうぜ!
戦争は勝利が全てだ!

509 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:41:20 ID:JAbzxvNL0
>>478がいいこと言った

510 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:41:27 ID:Kxo0XXfT0
>>498
> >兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。
> これに同意してる人っているのか?

当時は、兵隊にヒロポンとか打ってたんだろ?


511 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:42:08 ID:nGgOmPPJ0
当たり前じゃん。
現在の価値観から過去を見て評価するのは本質を見誤る。

今現在支那、朝鮮征伐に赴くとなったら皆喜んで参加するだろ。

512 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:42:58 ID:Q8/PQ8DP0
>>460
あの〜特攻って人が死ぬ前提で、弾の無駄とは意味が違うのですが?


513 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:43:52 ID:5qRizL+f0
>>508
そのとおりだな。
情けないボロ負けして「無意味じゃなかった」と強がるのは滑稽。
勝ってふんぞり返る、でもたまに勝者の優越感で敗戦国への理解も憐れみ程度に示す。
これこそが王道。

514 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:43:55 ID:ofshrSpv0
>>491
>どこの国でも、遊就館よりもっとすごい戦争博物館を持ってるが、
>それを宗教施設の中には作らないよ。

お隣さんw
http://www.lifeinkorea.com/cgi-bin/travel2j.cfm?TravelID=335
>顕忠塔には韓国戦争(朝鮮戦争)当時に戦死した勇士の中、遺体が見つからない
>10万3千余の位牌を安置しています。

>ほかにも殉国烈士及び護国の英霊の活躍ぶりを上映する顕忠館、遺品と戦利品を展示する
>遺品展示館、写真を展示する写真展示館などがあり、

>ベトナム戦などで戦死、殉職した

つか日本は一国で文化圏作ってるから比較はあんま意味無い。

515 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:46:48 ID:k7RFpgRD0
>>507
現実から遊離して美化された姿はグロテスクに見えて当然。
君らが共産主義の理想に燃える連中を見たときと同じだ。

516 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:48:18 ID:CbhBdVQM0
頭脳でアメリカに勝とうなんてとんでもない話、何でもっと早くアメリカに降参しなかったんだ。
おかげで、俺の叔父は4人亡くなった。此の事は俺の家の問題では無い。そういうことを知っての上で論議して欲しい。

517 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:48:59 ID:Q8/PQ8DP0
>>472
84%( ID:s01gIoQd0だと97%)の無駄死にするのが勇猛と言えるのか?
漏れは、16%の成功率が勇猛とは認識できませんがね。

518 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:49:10 ID:8/beIB6B0
>兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。

俺の祖父は赤紙で召集されて陸軍に4年満州に行って終戦迎えたんだが
大多数の赤紙召集兵は敵を殺さないとこっちが殺されるって状況で喜んでる行った奴いないと思うよ。
航空兵はその当時の少年達の憧れでカッコよくて志願が多かったらしいけどね




519 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:50:07 ID:KhwoJ/fw0
>>515
あー、日本の外から見たらそう見えるのかもね。

520 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:50:22 ID:PovTmkCh0
また用兵論になるし・・・
靖国関連スレっていつもこんなん。

521 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:50:25 ID:XufKFFSr0
>今現在支那、朝鮮征伐に赴くとなったら皆喜んで参加するだろ。

残念ながら、見込み違いだよ
せいぜいネトゲ止まり
OFFすら億劫な出不精揃い

522 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:51:09 ID:M3pjJQod0
>>511
勝手に行ってろ...

523 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:52:02 ID:5qRizL+f0
>>519
中から見てもそうだよ。

524 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:52:20 ID:bryNdcqO0
>>490
組織的に上位の命令に服従するのと、
単に圧政下に置かれて服従させられてるのとは違うだろうが。
また、組織内に日本軍の軍人がいたんですが?
日本語でなくて何で命令伝達したの?

525 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:53:05 ID:JAbzxvNL0
>>511
こういうキチガイが軍国日本マンセーしてるのか
だれが参加するかよ、少しはお外に出てみろ

526 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:54:04 ID:Kxo0XXfT0
まー犬死にだな>当時の兵隊

527 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:54:31 ID:nMQxEGII0

(´・ω・`)
遊就館はマズイと思う。
「戦争賛美」とかそういう理由じゃなくて、死んでいったヒトたちを安っぽくみせるから。



528 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:55:49 ID:tg4j47Tg0
ホロン部が多いな。

529 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:56:00 ID:Q8/PQ8DP0
>>486
人を先入観で見ていて、人の先入観を発見するとは器用な方ですね。

530 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:56:21 ID:5qRizL+f0
>>524
>組織的に上位の命令に服従するのと、
>単に圧政下に置かれて服従させられてるのとは違うだろうが。
同じだよ。
軍隊の服従てのはそういうもん。
その為にしごきとか罰直とかそーゆーのがあるんだから。
>また、組織内に日本軍の軍人がいたんですが?
>日本語でなくて何で命令伝達したの?
で、2000人の日本兵のうちどれ程がインドネシア人に命令を出せる立場だったと思ってんの?

531 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:56:37 ID:MC+mSSRb0
>>527
どこをどう見て、どう解釈すれば安っぽく見えるのか教えてくれ

532 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:56:46 ID:jQIbkiKP0
・小泉首相の靖国参拝に中韓両国だけでなく、米国まで難色を示しているという。
 靖国神社本殿の脇にある戦争博物館「遊就館」には、先の大戦は米国が日本を
 資源禁輸で追い詰めたのが原因。白人優越打破の戦いだったと説明しているからだ。
 渡辺恒雄氏(79)も「軍国主義をあおり、礼賛する展示品を並べた博物館を、靖国
 神社が経営しているわけだ。そんなところに首相が参拝するのはおかしい」と吠えていた。

 約2時間で回りきれる展示室には、大型兵器がズラリと並ぶ。
 戦車や戦闘機のほか、ロケット特攻機「桜花11型」や、人間魚雷「回天」が当時のままの
 姿で展示されていた。小泉首相は「はからずも戦争の犠牲になった人を追悼する」というが
 遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。(一部略)

 そこで記者がじっくりと体験してきた。

 調布飛行場には兵士の雄叫び、轟く大砲の効果音にまじり「軍艦マーチ」が鳴り響く。
 近頃復刻された「特攻機」に記者が乗り込む。母機となる小型飛行機に吊り下げられた
 体験機はまもなく太平洋上空へ。程なく母機から切り離され、滑空とロケット推進により
 簡易目標となるボートへ突入するという特攻機。推力800kgのロケットで突き進む姿は
 そこらの遊園地で体験できるものではない。

 感想を聞こうと記者を捜したがどうも見つからない。喜び勇んで行ったわりに、どうも
 あまりの恐怖に逃げ出したようだ。これだから最近の若者は・・・なんて言ってられない。
 記事にすべく2人目の記者をあさって搭乗させることにした。

 今度こそ体験記を書かせるので楽しみに待っててもらいたい。

 ゲンダイ

 

533 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:56:50 ID:CbhBdVQM0
本当のことを言うと、やれ共産、やれ左だの、いい加減にしろ。それに日本人だろう?もっと日本語を丁寧にしゃべろ!。

534 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:57:56 ID:xWwuJfEv0
中国人の日中戦争や北朝鮮人の朝鮮戦争の
美化に比べたらまだまだヌルいよ。
彼らは皆喜んで祖国や民族に命を捧げたと放言してはばからない。
何人日本兵を殺したとか血なまぐさい話ばかり。
ヒュンダイは一度北朝鮮の革命歌劇を見る事をお勧めする。

535 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:58:39 ID:tg4j47Tg0
>>533
自分の日本語をどうにかしてから言えよ、チョン。

536 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 21:58:56 ID:bryNdcqO0
>>530
>同じだよ。 軍隊の服従てのはそういうもん。
お前が旧日本軍以下の馬鹿だってのがこれではっきりした。

>で、2000人の日本兵のうちどれ程がインドネシア人に命令を出せる立場だったと思ってんの?
命令出すほうも出される方も、言語が理解できて意思の疎通がはかれんといかん訳ですが?
おいおい、馬鹿にしている辻正信の方がまだ何ぼか賢かったとかいうオチじゃないだろうな?

537 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:00:23 ID:5qRizL+f0
>>534
朝鮮や中国がキチガイだってのは今更君に教えてもらわなくとも誰でも知っとる。
問題は日本がどうかって事。

538 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:00:35 ID:mHYx93850
あぁ、よその未開国に領土を取られた戦争を「正しい」とかほざく
売国博物館のことか。一部の売国軍人を必死にかくまう理由も
この辺りにありそうだな。



539 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:01:51 ID:PovTmkCh0
>>517
しつこいね君も。
1、隊員の攻撃精神に敬意を払うものであり、特攻戦術を採用する指導者の精神を称えているわけではない。
2、当時の彼我の兵器や戦術を鑑みたとき、16%はさほど低くはない。
3、そもそも勇猛と無謀は相反する概念ではない。
くらいでいいか?なんで不名誉となる展示云々からこんな話になるのやら。

540 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:01:59 ID:b92EfYNwO
今の価値観からみても、黙って家族殺されるのをみるか(and自分も殺される)、死してでも家族を守るかの選択だな

541 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:02:41 ID:nGgOmPPJ0
>>522 >>525
朝鮮人はあの汚らしい半島へ帰って徴兵の義務に就けよ。
祖国はお前ら朝鮮健児を待っているぞ。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


542 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:03:14 ID:jV30SzPX0
 朝 日 新 聞 とかがあれだけ戦意高揚記事書いてたんだから
行く時は喜び勇んでてもおかしくない。

543 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:03:35 ID:ncWJS1g50
「兵隊さんは喜び勇んで戦地に行った」ってのは、「一般庶民が無理やり戦地に送られた」
というサヨ史観と同じぐらいズレてるよな。
従軍経験者の手記とかを少しでも読めば、国民の義務を果たすため、粛々と戦地に赴い
ていった、というのが一番実相に近いってことぐらい、解りそうなもんだが。

544 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:03:36 ID:mHYx93850
>>540
その選択肢を脳内妄想というのだよw

545 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:03:57 ID:j/A/9lG10
>>529
お褒めの言葉ありがとう
どうやったら先入観を無くし
また無くなったと自己判断できるか教えて欲しいな

まぁ他人の内面までは分からんが
このゲンダイの記者が主観的且つ冷静さを欠いていること感じ取れるな

546 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:04:31 ID:KhwoJ/fw0
>>537
別に基地外ってわけじゃないだろ。奴らの方が大東亜戦争の扱い方をよく知ってる。

547 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:06:03 ID:uv/Bkj+z0
http://www.google.com/search?num=100&lr=lang_ja&q=%E9%9F%93%E5%9B%BD+%EF%BC%99%EF%BD%83%EF%BD%8D

548 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:06:07 ID:tg4j47Tg0
>>544
お前の祖先は朝鮮戦争時に戦わず、日本に密入国したもんな。
現実には。

549 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:06:35 ID:fFtpOq4n0
「渡邉恒雄回顧録」読むと、新兵へのイビリというかリンチは、ひどかったみたいだとわかる。
特攻隊の志願者を選ぶとき「一歩前へ」と言われて、前へ出ないと、朝までずっと殴り続けられるとか。
そんでヒロポン渡されて、特攻。
あれだ、ヤクザの鉄砲玉とたいしてかわらん。
暴対法以降に湧いてきた関東連合もそんな感じらしいぞ。
ベンツにわざとぶつかれとか、あの店行って暴れて来いとか、組関係者に金もらって、その通りやると刑務所直行。
結局、日本軍てヤクザだったわけで。
ヤクザだから任侠みたいなのが上のほうにはあって、その辺の連中は、あれもよかったと言うんだろ。
今のヤクザだって、組長クラスはすごい紳士だからな。
ただ、喜んで鉄砲玉になる椰子はいねーよ。

550 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:06:53 ID:5qRizL+f0
>>536
旧日本軍の、それほどでなくとも軍隊の服従ってのはそーゆーもんだよ。
愛国心に燃えて軍に入った志願兵が1日で愛国とかそーゆー心の問題から開放される組織。
そうでなくては兵士はつとまらないからね。.

>命令出すほうも出される方も、
>言語が理解できて意思の疎通がはかれんといかん訳ですが?
で、どれほどの日本人がインドネシア人と意思の疎通をしなきゃいかん立場にあったの?
どれほどのインドネシア人が日本語を理解しなきゃいかん立場にあったの?
イギリスのグルカ兵と同様、インドネシアの日本兵はほぼまとまって他と意思疎通をしなきゃいかん立場にはなかったのに。

551 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:08:15 ID:mHYx93850
いつの価値観からみても、

  ・ 戦 争 に は 勝 た な け れ ば な ら な い 

これを否定する奴は 売 国 奴 。



ID:tg4j47Tg0 <= 売国奴は氏ねよ

552 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:08:30 ID:sbpQTTOh0
>>173
ありがと。
なんか救われた。

553 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:09:41 ID:j/A/9lG10
>>551
というか勝った方が正義ってことだね

北京の軍事博物館なんか靖国の比じゃないよw

554 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:11:16 ID:mHYx93850
愛国者の皮を被った自己保身論者は消えてくれるかな?
(○○だから、前の戦争は「よかった」とほざくゴミ)

本当に国を愛し死んでいった人間に失礼だろ?


555 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:12:03 ID:CbhBdVQM0
>>535
おい!非国民お前みたいな奴がいるから日本で今、色々な問題が起こっているんだ。確認のために、良識ある人と話してみろ。いかに自分が.....かよ〜くわかるよ。
言っちゃ〜悪いが君には友達が居ないだろう。いたらお〜怖。

556 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:13:06 ID:Kxo0XXfT0
>>554
> 本当に国を愛し死んでいった人間に失礼だろ?

そんなアフォはいないよ。戦前の人間をナメすぎ。
特攻隊とかみんなヒロポン打たれてアタマやられて飛んだ。

557 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:13:42 ID:tGaS9rJ10
>>538
いかな靖国と言えどかくまうのはw無理だろう。むしろ晒しageになっとるし。
左の連中も釣られて14人以外をほぼ完全に忘れ去っちゃってるな。

558 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:14:07 ID:tg4j47Tg0
>>555
なにファビョってるんだ、白丁。

559 :誓○一死報國:2006/02/03(金) 22:14:57 ID:Q6c0O5wpO
断じて我が大日本帝国は侵略などしてはおらん!
大東亞共栄圏の独立国は、大日本帝国はじめ、大満州帝国、
蒙古聯合自治政府、中華民国南京政府、フィリピン共和国、
ビルマ、タイ王国、ラオス王国、カンボジア王国、ベトナム帝国、
自由インド仮政府、インドネシア等数多くある。
もっと勉強せんかい!
───────v─────────
         <_☆_>
         (〇m〇)
       ._φ※:⊂)
     /旦/三/ /|
     | ̄[●] ̄| |
     |大東亞聖戦|/



560 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:15:12 ID:G0XbYEfQ0
特攻を賞賛する精神からして、衰退日本の象徴だろう。
第一次大戦後の日本は、領土の拡大と反比例して精神は衰退していったからな。
ノモンハン事件のときにそれに気がついても良かった。ソ連軍ははるかに進んでいたからね。
だが旧態依然の戦闘方法で十分だと言う結論に達した。
変化に対応する精神の衰退の象徴が、特攻精神だろうな。
バルチック艦隊を殲滅した精神と反対の、自己中心的で閉鎖した精神。

561 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:15:38 ID:NisGZYEY0
>>556
なぁ、お前の親戚とか先祖に特攻隊員居たのか?
その人に聞いたのか?
想像で語ると、このバカ記者とかわらんぞ。

562 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:15:43 ID:SA1gmce00
>>556
へ?みんな?

563 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:16:06 ID:jSkQJznFO
40年くらい後には、
「当時の若者は自ら望んでフリーターになった。
政府のせいにしてる無年金無保険ジジイどもは手前の怠慢の責任を政府に押しつけてる日本の恥」
とか言ってもらえるだろうよ。
その時の若者にな。

564 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:17:09 ID:QoLGhX/U0
無理に特攻に生かされた人は、わざと海に落ちて、運がよければ、アメリカの潜水艦に助けてもらったらしい。
そうやって終戦後日本に帰ってきた人いるよ、両足無くなっちゃったけど。アメリカにいるときは肉を食わせてもらったって。



565 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:17:38 ID:yq/12Q9f0
確かにあそこはキモい

566 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:17:57 ID:tg4j47Tg0
>>563
言われて困るのは、生活保護で生きてるチョンくらいだろ。

567 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:18:46 ID:Q8/PQ8DP0
>>539
精神云々言っても、極端に言えば勇猛とは言える行為が達成出来たのは16%、あとの84%は少なくとも無駄死に近い。

>2、当時の彼我の兵器や戦術を鑑みたとき、16%はさほど低くはない。

何が16%?・・・つまり相手を1人殺すのに日本兵6.25人死ぬのが当たり前ってこと?

>3、そもそも勇猛と無謀は相反する概念ではない。

相反する概念でも、同概念ではないだろ。

負け戦の展示物だろ。


568 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:19:38 ID:KhwoJ/fw0
>>566
40年後にはさすがに生活保護打ちきられてるだろw

569 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:19:39 ID:yq/12Q9f0
tg4j47Tg0はなにか実生活で嫌なことでもあったのかw?

570 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:20:25 ID:Kxo0XXfT0
>>562
そう、みんな、だ。

571 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:20:52 ID:tSYWoj7t0
つくづく「潮目が変わった」なぁ…

572 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:22:28 ID:ug95927v0
戦争に喜び勇んで行くように仕向けた朝日新聞を、我々は決して許しません

573 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:23:01 ID:fO4srGcE0

ぬこちんに挨拶したかった。

574 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:23:48 ID:SA1gmce00
>>570
あのー、
ヒロポン打ってるんですか?

575 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:23:53 ID:j/A/9lG10
>>567
>負け戦の展示物だろ。

じゃあ北京の軍事博物館は「勝ち戦の展示物」でよろしいんですね?
というか「展示物」の何が悪いんだろ?

あと上げ足取るようだけど
>1人殺すのに日本兵6.25人死ぬ
これこそ数字の詭弁ですが・・・?

あと上の方のイギリスについて答えてよ

576 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:23:54 ID:bJX5Wc3HO
基本的な靖国参拝する人はキモオタしかいないからな。常識があれば、あの戦争は間違いだとわかる

577 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:24:12 ID:cem72vpD0
>>1
中共のマスコミ工作のバカっぽいところは、日本人のメディ
アリテラシーを全く理解してないところ。(独裁政権に理解
出来るはずもないけど。)

同じく親中だからと言って、「(自称)高級紙」の朝日と、
「オヤジ族のルサンチマン紙」ゲンダイに、同じ主張をさせ
ている。バカ過ぎ。

朝日新聞さん、ゲンダイと同じ論説でよかったねぇ。激w

578 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:24:51 ID:O64MBloC0
軍国主義をあおり礼賛していた読売新聞も朝日同様
許しません。

579 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:26:39 ID:yq/12Q9f0
>>577
賛成してるの産経くらいだろ

580 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:26:40 ID:Q8/PQ8DP0
>>545
>どうやったら先入観を無くし
また無くなったと自己判断できるか教えて欲しいな

「先入観はすてましょう。」と言っていたID:MC+mSSRb0に聞いてくれ。

どちらにしても自分以外(自分自身の深層的なものも)の内面等は解らないもの。
だから千差万別?多様性?が有って面白く不愉快で興味深い。

581 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:27:09 ID:tGaS9rJ10
>>576
戦争の評価と参拝するかどうかは別でそ。去年の8/15、20万人全員がキモオタだったら
それはそれで見物だったろうがw

582 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:27:32 ID:JAbzxvNL0
>>563がいいこと言った

583 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:27:45 ID:NisGZYEY0
>>576

間違いと言うのなら、どうすればあの戦争を止められたか教えてくれ。
当時の状況でちゃんと考えてね。

それをする事によって戦争が無かったとしても日本がかなり不利になるのならダメだよ。
当時の政府が受け入れるはずが無いからね。

584 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:28:15 ID:wy6UFLoc0
「遊就館」に行ったけど、どう見てもそのようには感じられませんでしたが?

585 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:28:56 ID:j/A/9lG10
>>580
質問に質問で返答するのが好きな方ですね

586 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:28:57 ID:Kxo0XXfT0
>>581
20万人っておまいwwwwwww

「主催者側発表」って意味わかるな?「大本営発表」とも言うがwwwwwwww

587 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:30:44 ID:jJGgjfgy0
ゲンダイにしては珍しくまともな記事だな。
遊就館が靖国神社の中にあるのは絶対おかしい。


588 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:30:49 ID:mCku7SMM0
どう解釈すれば喜んで行ったなんて言えるんだ

589 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:31:13 ID:NisGZYEY0
ナナメ上の思考で

590 :ノラ親父:2006/02/03(金) 22:31:30 ID:Cap+jrCR0

言論の自由かもしんねえけど・言って良い事と悪い事があんぞ!


591 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:31:39 ID:QoLGhX/U0
日本人は草食動物なので兵站部隊などいらぬ。草を食って進軍すればよい。


592 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:31:42 ID:JAbzxvNL0
>>583
最悪、アメリカの要求に完全に屈して満州国と中国利権を手放してたとしても、
朝鮮・台湾・北方四島・南樺太・南洋諸島群はまるまる残ってるよ。

膨大な人命、海外および国内資本、独立外交のみでなく、
膨大な海洋資源と海底資源を失ったわけだ、我が国は。

593 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:32:08 ID:WCFk1VRv0
>>588
万歳っていいながら、確か旅立ったんだよね?w
嬉しそうじゃんw

594 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:32:19 ID:Q8/PQ8DP0
>>575
だから何が16%なのよ?
>2、当時の彼我の兵器や戦術を鑑みたとき、16%はさほど低くはない。
とは何よ?
それとも、大砲の弾が16%しか発射されなかったのか?・・・一体何?

>あと上の方のイギリスについて答えてよ

イギリス等一言も触れていませんが、何か?



595 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:32:56 ID:bJX5Wc3HO
大本営発表なんて見栄っぱりだけのやり方しかできない国家を作ったこと自体が間違いなんだよ。分かってて嘘をつくのはやめましょう。日本が侵略国家だったことは事実なんだから。そんな妄想はやめて外にでて友達作りましょう

596 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:33:06 ID:yq/12Q9f0
>>588
あの展示見る限りは喜んで行ったように見えるな

597 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:33:08 ID:UfeWKjKx0
【創価大出身 公明北側】天皇参拝発言の麻生外務大臣にケチをつける
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1138967432/

【日韓】「日本も先祖を敬う精神は変わらないはず」海底の遺骨発掘求める 強制連行被害の韓国人遺族★2〔02/03〕
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1138967966/



598 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:33:17 ID:Txes+OkK0
なんか単発ID多いけど、生粋の日本人の方々?

599 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:34:10 ID:SA1gmce00
宗教の問題といえば
靖国より、ソーカだな

600 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:34:49 ID:GnerK7u3O
戦争の悲惨さを一番分かってないのはゲンダイとしか思えない。

601 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:35:07 ID:tGaS9rJ10
>>586
この数字に突っ込まれても。俺統計を出してもしょうがないし。

602 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:35:39 ID:rVLv7hPe0
庶民生活の悲惨さなどは、靖国斜め前の九段会館の横の建物へ行くか、新宿
住友ビルだったかの上のほうで展示紹介している、とおもた。

603 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:35:44 ID:JAbzxvNL0
>>598
すごく…単発です…

604 :馬鹿な記者:2006/02/03(金) 22:37:23 ID:ATXCROnK0
遺書に書かれていることの裏も読めない記者では遊就館違反などできるわけは
ない。誰も死にたいと思っている人間はいない。しかし、明日の命は分からな
いことは遺書を書いた人間が一番良く知っている。
一見気丈な文句が並んでいても、死後見苦しかったと思われたくなかったから
だ。当時の日本人は今の日本人程女々しくはなかったのだ。
ハルノートなどという日本の到底受け入れられない「最後通告」をされれば、
戦争になるのは当たり前だ。当時の情勢では誰が首相になっても戦争になって
いた。戦争をすれば勝てないことは分かっていたのに何故戦ったを考えなけれ
ば歴史の真実は捉えられない。


605 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:37:28 ID:nvE25erc0
>>600
素直に考えれば靖国だな。

遊就館であれだけ脚色してるんだから。
戦争は聖戦。愛する人を守るため!
戦死者は英雄。国のために死んだ!!

侵略とか兵站軽視とか、眼中になさそうだぞ。

606 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:37:30 ID:QoLGhX/U0
もし8月15日に降伏などせず本土決戦をしていれば、
九十九里から上陸してくる海兵隊と戦車を千葉の女学生が竹やりで全滅させ、
神奈川の女学生が竹やりでB29を撃墜し
米国側が降伏していたであろう。



607 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:37:53 ID:uCzV9Qk90
名誉だと思って死んだ若者もいたかもしれないが
当時の情報統制は徹底していたからね。
国家ぐるみで洗脳していたようなもの。
反戦にかかわれば最悪、拷問獄死。上官にも絶対服従。
出征後、戦地でかなりが餓死していたが隠蔽。
手紙も当然検閲。

まあ庶民に選択の余地があったとは言いがたいな。

608 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:38:01 ID:jSkQJznFO
>>592
それにそうなりゃ中国はまたもや内戦しただろうしな。
食い込むチャンスはいくらでもあったと思われ。

609 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:38:14 ID:seTxeVwk0
もっと事実だけを淡々と伝えてれば違った反応もあったろうに・・・
こんな文章書いてりゃ逆効果だとなんで気づかないんだろうw
たぶんバカなんだろうけどww

610 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:39:02 ID:tHVZIByJ0
今頃、ゲンダイの記者はゲラゲラ笑いながら、このスレ見てるよ。
釣れすぎ〜wとか言いながら。

611 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:39:08 ID:9j0IIB1/0
零戦21型、一式陸攻、銀河、流星等の展示なら
喜び勇んで見学に行くけど。
大砲、機関車では

612 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:39:08 ID:ui7l/6aG0
>>592
アメリカがたかれたなら
その他の国も、日本を食い物にするよ?

脅せば、無条件で譲歩する様な国が相手なら
世界中の国が無謀な要求をしてくるだけ。

613 : :2006/02/03(金) 22:40:21 ID:DgvhBV7c0
別にゲンダイ記者の主観なんぞ聞いてねえし。

614 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:40:21 ID:XufKFFSr0
キモオタの聖地と鳴り果てた今の靖国を支持するなんて
右翼も堕ちたもんだ

中国の戦争博物館よりマシとか
比べてるのもかなりアホ。
何考えてんの?

615 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:40:36 ID:NisGZYEY0
>>592

石油とかの物資はどうする?
朝鮮、台湾や南洋諸島では算出できないよね?

ここで引いたら後の軍事行動が出来なくなるのでは?
恐ろしいのは軍事行動が出来なった時に欧米が日本に対して
どう言う行動に出るか信用ならん所。
実際にあいつらは前科があるからね。


そう言えば、当時の日本は農産物って自給できてたっけ?


616 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:41:39 ID:dTlytEBI0
>>592
アメリカの要求に完全に屈して満州国と中国利権を手放してたとしても
対日禁輸は解除されなかっただろうね。
ルーズベルトは対独戦をしたかったから、どこまでも日本を挑発したでしょう。

617 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:42:02 ID:z+cN9jSO0
こいつにスミソニアンの博物館いかせろよ


618 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:42:19 ID:uzkTbKOf0
>>604
>戦争をすれば勝てないことは分かっていたのに
>何故戦ったを考えなければ歴史の真実は捉えられない。

欧米との貿易に頼っていながら
列強間条約も無視して中国戦線を拡大したり
ヨーロッパ情勢に乗じて南進を計ったりしたからだろ

せめて石原完爾の言う様に満州に徹してればね
ハルノート後の判断は厳しいね


619 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:42:56 ID:nvE25erc0
8月15日は、ウヨを靖国に隔離しよう。
空気が読めずに、妙に高揚してるからな。

2月11日は、ウヨのオナニー日。
ウヨは、外出禁止にしよう。
妙に興奮しているから、あぶない。

620 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:42:57 ID:LHMVl5tJ0
ナベ常は、二等兵で戦地には行っていないだろ。
何故なら、戦地じゃ鉄砲は後からも飛んでくるので、ひどいリンチなんて
できない。リンチを受けたのだから、安全な内地だろ。
特攻隊の話なんか・・・見てきたようなウソ・・・間違っても二等兵に
持ちかける話じゃないし、現場にも居るはずがない。

回顧録ですか・・・夢は枯れ野を駆けめぐる・・状態だろうね。


621 :反日コカコーラ不買運動@竹島奪還!:2006/02/03(金) 22:43:04 ID:H88uq85Q0
顔から負け組みオーラが出まくった腐れ団塊が駅で買ってよむ極左テロリストのアジビラ。

持って歩いて恥ずかしいと思わない腐れ団塊の顔、みんなでよーく見てみよう!!

622 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:44:10 ID:NisGZYEY0
>>596

ヒョンデの記者の方ですか?

623 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:44:11 ID:jSkQJznFO
>>618
その石原自身が統帥破壊の元凶じゃん。

624 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:44:39 ID:JAbzxvNL0
>>612
そうだな。無条件で譲歩するor奇襲攻撃しか選択肢が持てないような馬鹿な国なら当然、食い物にされるだろうね。

で?

625 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:45:36 ID:PovTmkCh0
>>567
だから戦術や戦果を称えているわけじゃないといっているだろうが。
16%が低くないというのは、完全に人道的な立場を廃したとき、他の戦術に比べて見劣りする
ものではないといったまで。無謀ゆえに勇猛でないとはしない。同概念でないから同居不可能とは
どういう了見だ?
負け戦を表すものというのなら、特攻兵器のみならずチハタンもゼロ戦も遺書も、先の大戦に関わるすべての
展示も全てそうだ。だが負け戦を戦い抜いた戦士たちを祭神として、誉として扱う靖国にそれらがあるのは別に
不自然でも、不名誉の暴露でもない。

あ、ちなみに遊就館展示の靖国の神社としての立場の符合性を主張するものであって、俺自身は先の大戦大好きっ子
ではない。

626 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:45:51 ID:pRGa67aL0
まあ事実だね。他にも戦後作られた嘘に

・兵隊は「お母さーん」と叫びながら死んでいった。
・マスコミは弾圧されて仕方なく戦争に協力させられていた。

ってものがある。
実際国民全体が熱狂していたんだと思うよ。終戦の日まで・・・。

627 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:46:22 ID:yq/12Q9f0
>>622
あの展示みていったいどう戦争の悲惨さがわかるの?
原爆資料館のがずっといい

628 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:46:50 ID:QoLGhX/U0
>>614
今はキモヲタの聖地になっちゃったの?
20年前は暴走族の聖地で「愛国バリバリィっ」だったけど。
世の中すごく変ったなあ。


629 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:47:11 ID:Kxo0XXfT0
>>626
> 実際国民全体が熱狂していたんだと思うよ。終戦の日まで・・・。

×熱狂
○兵隊は全員ヒロポン打たれてた

630 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:48:02 ID:JAbzxvNL0
なに、結局、靖国マンセー史観の方々って、
「欧米は何が何でも戦争したがってた、日本がどう動こうが戦争は避けられなかった」
って思ってるわけだ。そりゃ歪む罠。
>>583のように言っておきながら結局、>>615じゃ議論にも何もならんじゃん。まず戦争ありきなんだからw

631 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:48:30 ID:JlxOLRpA0
二次大戦の善し悪しは別問題として
戦争に喜び勇んで行くような人がいるのかよ。
というかヒョンデでこの記事書いた記者は物事を額面どおりにしか受け取れないのか。
ヒョンデの記者云々言う前に社会人としてどうなんだろう。

632 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:48:41 ID:ku0Cvbaj0
米内山本井上3大将は好きだな

633 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:48:54 ID:wlhVs2Lo0
>>1

ウヨ厨は池沼だという事が、実に良く分かる記事だな。
戦後生まれの上に、ゆとり教育でも受けたんだろうなw

634 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:49:23 ID:HybbLSrI0
特攻隊の手紙とか見てそんなこと言えるのか?
何も見てないで記事書いたな

635 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:49:31 ID:SA1gmce00
>>629
また来たな、ヒロポンマン

636 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:50:28 ID:ui7l/6aG0
>>624
20世紀の戦争の80%以上が奇襲攻撃で始まっているのだが?
(宣戦布告を事前に行なった事例の方が少ない)

国力の無い者が大国を相手にする以上
多少の無茶は当然だろ?

637 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:51:42 ID:SW7vOlAN0
ヒロポン無しで特攻は惨いな。
まだヒロポンを打ったほうが人道的だろう。
ヒロポン批判は間違い。

638 :大日本雄辯會講談社:2006/02/03(金) 22:51:50 ID:Q6c0O5wpO
[●] ⊥講 ̄]
  G\(@∀@-ア <ヘイタイサンヨ、アリガタウ!
   \ <!>報\
  ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\ ∠☆ ̄\
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ハ
 \‖~:~‖\‖~:~‖\‖~:~‖\
『大日本雄辯會講談社』って言ったんだよね。

ゲンダイの出版社は…

プギャプギャ━━━m9(^Д^≡^Д^)9m━━━━!!!!!!!!!!



639 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:52:14 ID:QoLGhX/U0
>>626
>実際国民全体が熱狂していたんだと思うよ。終戦の日まで・・・。
してねーよ
米軍機が飛来した時点で「こりゃ負け戦だな」と陰口利いてたし。
竹やり訓練は「鉄砲で撃たれたらおしまいじゃないかしらん」て笑ってたよ。


640 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:52:48 ID:4EbMvcjF0
>>634
日本語読めないんだよ、きっとw

641 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:52:50 ID:nvE25erc0
>>626
憲兵や特高の資料では、厭戦気分が蔓延してたそうだ。
毎日のように全国のあちこちを空襲されて、勝利を信じろといわれても、それは無理。

食料はない、工場設備はない、男はいない、戦場は日々本土に近づいてくる。
これで熱狂しているのは、きみみたいな基地外だけだな。

642 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:53:06 ID:KhwoJ/fw0
>>626
> ・兵隊は「お母さーん」と叫びながら死んでいった。

これはうちの爺さん婆さんも言ってたけどなぁ。

643 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:55:07 ID:bjpRkX2c0
>>618
同意する。
少なくとも太平洋戦争以前に
日本政府は自ら戦争の口実をを与えるミスをいくつも犯している。
その前提あってのハルノート。
戦争になってしまったこと自体が指導者層の罪であり
その意味で指導者層が戦犯であることは左右無関係に正しい。
一般兵士と同様に祀ることには違和感がある。
東条英機を再評価する人は東条でなければ陸軍を抑えられなかった
という言い方をすることがあるが
実際に抑えられなかったからこそあのような間延びした戦線に
なったということは都合よく無視する。
また東条以前にすでに戦争への種がまかれていた、という意見には
上記理由から同意するが、だからといって実際に開戦を選択した人間の責任が
免れるはずもないのは言っている人間自身が一番よく知っている筈。
>>604
一般民衆についてはそのとおりかもね

644 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:55:50 ID:GSDAhsvq0
片道分の燃料で特攻は完全に嘘だな

645 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:55:52 ID:f6JkVVsl0
それよりさー、10分の1とは言わないから1/20くらいでいいから
艦の模型つくってよ!長門希望!

646 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:56:11 ID:Kxo0XXfT0
>>642
解説しよう。

「もうこんな負け戦、バカバカしくってやってられっか!戦線離脱して故郷に帰った方が
まし!」ってのを「自分は、親孝行がしたいでありますっ!」という。京都のぶぶ漬けみたい
なもんだな。

間投詞「お母さん」もそれと同義。無能な参謀本部への精一杯の抵抗。

647 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:57:48 ID:nvE25erc0
なぜ戦ったのか?

兵士と指導者では違って当然。
兵士の心情はどうこう言えないよ。

ただ、靖国ってのは、指導者が作って、兵士といっしょに指導者も祀られてるんだな。

648 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 22:57:55 ID:j/nnBGic0
>>641
俺の母親は戦時中の生まれなんだが、終戦間際には子供たちで鞠をつきながら
「見よ東条の禿げ頭〜」(見よ東海の空明けて〜、の節で)
とか歌って遊んでたそうだw
もう大人も投げ遣りだったので、憲兵も全然来なかったらしいw

649 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:00:02 ID:fO4srGcE0

>約2時間で展示室を回りきると、最後は大型兵器がズラリと並ぶ大展示室がお出迎えだ。

まあ個人差はあるだろうけど、あえてツッコミたい。
たった2時間で正確に見学できるか?

650 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:00:45 ID:E8DGhrEG0
ゲンダイなんか読む奴はバカだけ。

651 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:00:51 ID:DvL+DXb00
靖国神社の歴史観や主張と靖国神社に参拝することは別問題。

靖国神社も、参拝する人にその歴史観や主張を強要していたり、
意見を異にする人の参拝を拒絶しているわけでもなかろう。

カトリック教徒でも進化論に賛同する者もいるんじゃねーの?

652 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:00:56 ID:Kxo0XXfT0
>>648
♪あーさだ夜明け〜だ、弁当のひ〜び〜き
♪う〜ちを出て行〜く、おやじのす〜が〜た〜〜

♪上は〜ボロシャツ〜、下も〜ボロズボン〜
♪うち〜のオヤジは土方の大将、一日5銭の安月給〜


まさか「一日5銭の安月給」=「月月火水木金金」とは思わなんだwwww

653 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:01:38 ID:FXDSu17J0
遊就館で血染めの旗とか見てあれだけの数(しかも一部!)の
遺影をみて戦争賛美になるやつは頭がおかしいとしか。

654 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:01:39 ID:IczL4/M60
そういえばなんで東條はハゲだったんだ?

655 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:03:02 ID:+xKGwAzO0
>>兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。

まぁ、アメリカも第二次大戦の時には、軍隊で、生まれて初めて
アイスクリームを食べたという貧乏兵隊が大勢いたそうだから。

656 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:03:11 ID:JTkvDVKO0
>>649
だって最初に結論ありきの見学ですから

657 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:03:18 ID:JAbzxvNL0
>>636
20倍の工業生産力および隔絶した技術力(当時の日本は軽工業国家、
たとえば精密加工に必要な工作機械等はほとんどを欧米に頼っていた)
を持ち、かつ国内世論が非戦に傾いている民主主義国家を相手に
奇襲攻撃をかけたら、そりゃ馬鹿呼わばりされても仕方ないと思うんだけど?w

ただ、ハルゼーだかニミッツだかはど忘れしたんだが、彼は
「日本人将兵の日記は涙なしでは読めない」
というようなことを述べているんだよね。
祖国防衛の志に燃え、アジア解放の大義を信じた日本人達が存在し、
命を投げ出したことは事実で、それは忘れてはならないことだと思う。
そう考えてる俺でも、ユウシュウカンには大反対。あれはどぎつすぎるし、
先の戦争の負の側面(のほうが大きいだろ、どう考えてもw)にあまりに無頓着だ。

>>641>>648
そりゃ、一般国民はそんなもんだよなぁw
ネトウヨは戦争を美化しすぎだよ

658 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:03:40 ID:jSkQJznFO
国会の公聴会あたりで靖国の宮司に戦争観を語らせて全国的にオンエアすりゃいいじゃん。
「マスコミのミスリード」は効かなくなるぜ?

659 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:04:29 ID:PovTmkCh0
>>643
実際に責任を明確にする機会がなかった以上、戦犯という概念を以って靖国に祀るあたわざる存在とするのは
納得しがたい。ていうか戦線の拡大は陸軍じゃなく海軍の方針。

660 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:04:39 ID:vfoMOJQu0
>>654
軍人は若い頃から頭は丸坊主にして、
ずっと帽子かぶりっぱなしだから、禿げる率が高かったみたい

661 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:04:53 ID:VBKxqeVg0
馬鹿過ぎて話にもならない記事だな

662 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:05:40 ID:yq/12Q9f0
戦争映画とかやってんのまじきもい

663 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:05:57 ID:Kxo0XXfT0
>>659
> 実際に責任を明確にする機会がなかった以上、戦犯という概念を以って靖国に祀るあたわざる存在とするのは
> 納得しがたい。

責任も何も戦死してないじゃん。
犯罪者として処罰されたんだから(たとえ冤罪だったとしても)名誉の戦死者として
祀られるのには納得できぬ。

664 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:06:20 ID:nvE25erc0
>>648
> 憲兵も全然来なかったらしいw

それはよかった。
流言飛語をまき散らしたと逮捕された人もいたらしいから。

川島高峰『流言・投書の太平洋戦争』(講談社学術文庫)ってのに、書いてあった。
民衆の暴動をおそれたらしいね。
それがポツダム宣言受諾を早めた理由の1つにもなっていたようだ。
国体を国民の反乱から護持するってことだな。

665 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:06:21 ID:j/nnBGic0
そういや、井上成美も板垣征四郎も石原莞爾も、2323だな!

666 :(〇m〇)そりゃそうだろ!:2006/02/03(金) 23:07:06 ID:Q6c0O5wpO
∀ <_☆_>
G\(〇m〇)
 \ ※:@*\
確かにワシは主要ポストを独占したこともあったが、
サイパン陥落の引責辞任して以来無職なっていたんだから、
ハゲとかなかんとか言われたって責める気持ちは毛頭ない!

667 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:07:06 ID:Q8/PQ8DP0
>>625
>無謀ゆえに勇猛でないとはしない。

無謀とは、よく考えずに行うこと。結果も考えず乱暴に物事を行う・こと。

思慮不足の作戦・行動が勇猛とでも言うのかな?
無駄死にを名誉と言うのかな?

>他の戦術に比べて見劣りするものではないといったまで。

他の戦術と何を比べて言ってるのか、ずばり言って16%(13%が正解らしいが)で何が出来る?
勝てないのだろ!!

それと、負け戦って名誉の有る事じゃ無いだろ、勝手官軍だろ。



668 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:07:22 ID:uCzV9Qk90
田舎の年寄りでも、おばあちゃんの一人だけの兄が優秀だったのに
「兵隊にとられて」将校になった後戦死した、とか迷惑そうな口調で聞くよ。
馬に乗ってポーズした白黒写真とか大事にとってあるんだよね。
「誉の家」だっけ? ヨイショされてもな〜みたいな。
まあ「建前と本音」の国なんで、建前の美学だけ見てもしょうがない。

669 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:07:38 ID:jSkQJznFO
>>657
やっぱり想定する立ち位置によるんじゃねーの?
コマを動かす側と動かされる側で。

WSLゲームやってると、
遊び半分で奇襲して人数が半減したら逃走したり、
敢えて敵と同数かそれ以下の数で「男らしく」戦ったり、
気紛れで自爆させたりできるからステキだよな。

670 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:08:58 ID:GSDAhsvq0
史上稀に見る多くの日記をつけてた軍隊が日本軍なんだよな

671 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:09:41 ID:JAbzxvNL0
>>664
45年の冬は越せない、餓死者が数百万(だった、確か)規模で出て共産革命が起こるやも
という観測があって、それも一因になったらしいが
ネトウヨがいうような高いモラルを国民が保っていたのなら、革命なんていう観測が出てくるはずがない。
いかに厭戦気分が蔓延していたかの証左だろうね

672 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:09:48 ID:X+Mm1/z70
とりあえず売店で売ってる遺稿集は買っとけ

673 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:10:34 ID:KhwoJ/fw0
>>663
それだったら宗教介入の疑いが強い分祀より、名誉回復決議の撤回を訴えるのが筋じゃね?

674 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:11:02 ID:jSkQJznFO
>>667
大勢の命がかかった無謀のリスクを自分が負わないのは羨ましい話だよな。
国民のカネで阿呆極まる投資ゲームやってた厚生官僚の数倍ほどな。

675 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:12:06 ID:HOXFC3yc0
>>記事冒頭
靖国神社「遊就館」に行ってみた

ナベツネが「軍国主義礼賛の博物館」と批判した


>>ALL
おいおい、ナベツネ。お前は単に「強いものの味方」なだけだろ。何を偉そうにwwwwwwwwwwwwwww

676 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:12:06 ID:5qRizL+f0
>>673
靖国には参拝しないのが一番手っ取り早いよ。

677 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:12:42 ID:lhWc7Ive0
 

  世界で最も

日本国は世界で最も歴史の古い王家の血脈、【天皇】を国家元首として戴いてきた。

今上天皇は実に 125代目 にあたり、英国王室のエリザベス二世で 38代目、
欧州最古といわれるデンマーク王室のマルガレーテ二世でさえ 54代目 である。
遥か神代から続くその万世一系の血筋は地球上に於いて比類なき重みと
日本国の永劫の繁栄を象徴し、自国の歴史に対する深い理解と気高い誇りを表している。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4792/senzai.html




第1代神武天皇(前660)から 第125代今上天皇(現在)までの
歴代天皇の在位期間をすべて収録

http://homepage1.nifty.com/gyouseinet/history/tennouTaiin.htm




678 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:13:42 ID:QoLGhX/U0
今で言うキモヲタみたいのも召集されて、その手の覇気の無い奴らは毎日のように殴られていたんだろ?


679 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:14:03 ID:sFokvM1u0



中韓のネチズンの皆さん、観てますか?

2ちゃんねるは最早、右翼や狂信者の巣窟ですから、日本人の意見を代弁してると思わないでくださいね。

社会から落ちこぼれて愛国心にすがるよりないクズが怨み節を書いてるだけです。

哀れんでやって下さい。





680 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:14:23 ID:4EbMvcjF0
>>668
そのおばあさんにザマーミロとお伝えください(ハァト

681 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:15:35 ID:JAbzxvNL0
ID:4EbMvcjF0は最悪のクズだな

682 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:15:45 ID:fO4srGcE0
>>656
だよな。

先入観ありありで、それを確認する部分しか見てねーだろ、こいつ。

1階のカノン砲に残ってた弾痕、あれ見ただけでも鳥肌モンだった。
大東亜戦争時代の展示物なんて、どういう感情からか分からんが胸かきむしるような思いだった。

美談に酔って賛美する気にもなれず、ただただ同情や悲壮感に打ちひしがれるわけでもなく・・・
それでも行って良かったと思ってる。

683 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:16:20 ID:eLuojHxR0
>>676
本人がそうしたいなら別に構わんが、人様に指図されるいわれは無いな。

684 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:16:36 ID:jSkQJznFO
>>679
向こうは向こうで敗残者の吹き溜まりだろ。泪橋のさらに奥。


685 :ゴキブリ渡邊:2006/02/03(金) 23:17:06 ID:Wsk62WhG0
神社が本当にこんなの経営しているのか?

686 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:17:38 ID:mckn7hXB0
約2時間で展示室を回りきると、最後は大型核兵器がズラリと並ぶ大展示室がお出迎えだ。
B21やICBMのほか、「ファットマン」や、「リトルボーイ」が当時のままの
姿で展示されていた。広島市長は「はからずも戦争の犠牲になった人を追悼する」というが
被爆者の写真を見る限り、日本人は喜び勇んで原爆を落とされたとしか思えない。(一部略)


こんな論調でも許されそうだなw

687 :大日本は神の国なり:2006/02/03(金) 23:19:54 ID:Q6c0O5wpO
そして日本人の性格に存する
多くの不思議な感情の秘訣の求めらるべきところは、
この感情にあるのである。
驚くべき勇気をもって死に向かうことよりも、
泰然自若として最も苦しい犠牲をなすことよりも、
更に一層私共の観念の世界から見て不思議に思われることは、
これまで詣でなかった神社の前に立って、
不意に涙を催す少年の単純な深い感情である。
その少年は私共の決して感情的に認めないこと、
即ち死者に対する現在の極めて大きな負債、
及び死者に対する愛の義務を―
その一刻に自覚するのである。

   ∧∧
  (  ・ω・)  英霊よ、もって暝すべし…
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

688 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:20:08 ID:zgzzdhd20
日本版「スミソニアン博物館」建ててくれ。

689 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:20:30 ID:HfgaD5hR0
>>686
>>こんな論調でも許されそうだなw

まぁ、ゲンダイ、フジ、東スポ等のレベルならOKだな。

690 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:21:21 ID:jSkQJznFO
ぶっちゃけアメじゃ、「国のためにイラクで戦い命を捧げた誇り高き勇士」(当時700人程度)の名前を読み上げる(写真付き)番組が圧力受けてたしな。

戦没者の皆さんは十巴一からげでまとめて、「英霊」として黙って指定施設に鎮座ましましてくれないといろいろと困るのさ。

691 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:21:46 ID:QoLGhX/U0
若い奴はリアリティーないんだろ
傷痍軍人さんなんかと話したことはおろか見たことも無いだろうから



692 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:22:32 ID:b8LRNUuU0
所詮はエロ本屋。

693 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:22:44 ID:f5NZAL7T0
ニューリアルしてから、翼賛調がたかくなって駄目になったと思うが、
旧館は淡々と遺品がおいてあるだけだったからな。
故人を偲ぶのなら旧館じゃないかなぁ。。。。
嫁も「しらなかたと」ずーっと泣きながら閲覧していたしな。


694 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:24:26 ID:Zn6ndKL50
あれを見て「喜び勇んで・・・」なんてコメントできる神経はおれにはわからん。
>>682と同じように、俺も回天に触れて寒気がした。
どんな気持ちでこれに乗ったんだろと考えて本当に怖くなった。

695 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:24:55 ID:9AvaPkdq0
ま、あれだな。

良い悪いは別として、
靖国とは何なのかを考える日本人が
増えてきたのは良いことだ。


696 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:24:55 ID:ri5w3l800
ヒュンデ・・・

697 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:26:28 ID:HfgaD5hR0
>>694
>>あれを見て「喜び勇んで・・・」なんてコメントできる神経はおれにはわからん。

そりゃ、ゲンダイの読者層と、一般人では感性が異なると思われ。。。

698 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:26:49 ID:PovTmkCh0
>>663
戦争指導の誤りの責任によって、軍法により刑死したのなら当然に納得できる。
しかし、冤罪いかんを問わず占領国の軍事行政によって処分されたものをさして
先の大戦の責任者と称するとは笑止極まりない。本来は戦犯を敵国軍政による犠
牲者とみなした上で、別個に敗戦責任や一般に軍法に反したものをあるいは罰し
あるいは名誉の戦死たる資格を失わせる、というのが筋ではなかったか。
事実本来なら国民に泥を浴びせられておかしくないような輩が、いちはやく
GHQに取り入り、戦後日本の中枢に残り続けた事実、多く罪なきBC級戦犯が
刑場の露と消えた事実もある。彼らの功罪やその軽重を全て修正できるというの
なら話は別だが、さもなくば戦犯であるということで処遇に何らかの変更をつけ
ることには反対する。

699 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:29:57 ID:wlhVs2Lo0
>>626
また妄想と現実の区別が付かないお馬鹿なウヨ厨が湧いてきたね。
靖国で作られた嘘話を、何の根拠もないのに
頭から歴史事実だと思い込んでいる池沼君です。
>>626のようなタイプは、もし厨獄に生まれ場合は
南京大虐殺記念館などを見て喜んでいる事でしょうw

>・兵隊は「お母さーん」と叫びながら死んでいった。
>
 これについては、多数の証言・証拠があるがな。
 瀕死の特攻隊員に遭遇したアメリカ兵の記録でも、上記の通りなのにね。

>・マスコミは弾圧されて仕方なく戦争に協力させられていた。
>
 これは大嘘だな。
 当時のマスコミは、喜んで戦時体制に協力したからね。
 というか、こんな言い訳がましい主張は何処の新聞社もして無いが。
 これは寧ろ、ウヨの捏造だ罠。
実際国民全体が熱狂していたんだと思うよ。終戦の日まで・・・。

700 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:29:59 ID:++FSMcI2O
靖国参拝や憲法改正は賛成ですが正直、遊就館だけはヤヴァイと思います。
色々調べましたが、あそこだけはどうしても腑に落ちない。
ましてや戦敗国である以上、問題視されてしかるべきだと思います。
公平と思われる目線なしで現同盟国を公然とこき下ろしてるし。

701 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:30:35 ID:QoLGhX/U0
変な本読み過ぎちゃって脳内ドーパミンなのが何匹かいるぞ

702 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:33:17 ID:JAbzxvNL0
>>698
他のA級戦犯については知らんが、例えばよく争点に挙がる東條にはこのような評価もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%A2%9D%E8%8B%B1%E6%A9%9F
歴史学者の秦郁彦は「もし東京裁判がなく、代わりに日本人の手による国民裁判か軍法会議が開かれた、と仮定した場合も、
同じ理由で東條は決定的に不利な立場に置かれただろう。
既定法の枠内だけでも、刑法、陸軍刑法、戦時刑事特別法、陸軍懲罰令など適用すべき法律に不足はなかった。
容疑対象としては、チャハル出兵、陽高の集団虐殺、中野正剛以下の虐待事件、内閣総辞職前の策動などが並んだだろう。」
と著書『現代史の争点』中で推測している。

703 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:33:55 ID:wlhVs2Lo0
>>691
> 若い奴はリアリティーないんだろ
>傷痍軍人さんなんかと話したことはおろか見たことも無いだろうから

有りますよ。>>>>「水木しげる」


704 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:34:13 ID:RrI9Ir/UO
ゲンダイのオツムお花畑記者もゴミウリの主筆も同じ糞であることはたしかに分かった

705 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:36:38 ID:rmnJnw0JO
ゲンダイ潰れろ!
戦争の言い分なんか自国の都合の良い方へ片寄りがちだし…例えその戦争にいかなる大義が有ろうとも良い戦争なんか無いよ。
せめても悲惨な戦争を唯一美化するならば、その戦争のもたらす結果を良い方向へ導くという事で償うしかないよ。
色々な意見があるのも分かる!けど良い悪いに関わらず今の日本が有るのは多くの犠牲と過ちのお陰で有ると言う気持ちだけは、どの様な考えの人にも持ってもらいたいなぁ!

706 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:37:20 ID:GYu4ocLWO
毎度のことながら…


















707 :(〇m〇)そりゃそうだろ!:2006/02/03(金) 23:37:45 ID:Q6c0O5wpO
∀ <_☆_>
G\(〇m〇)
 \ ※:@*\

『罪を憎んで人を憎まず』

功績も正しく見なければ評価したことにはならない野田が…

708 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:39:42 ID:HfgaD5hR0
>>706

あのさ。。。スレも2になって、706レス目に「予想通り」と書いて、恥ずかしくない?


709 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:40:34 ID:uCzV9Qk90
>>678 まー若い奴は「きさまら消耗品は…」とかののしられて
大事な兵器にキズつけるなよ! つー世界だったんだっけ?
旧満州辺りじゃ新兵がヤリで中国人を(ry させられたり
役人も国策に合わないと左遷させられたり。
本来徴兵される年齢じゃないのに、東条に目をつけられた?だったかで
無理やり徴兵された40代ぐらいの人?もいたよね。
(生還したらしいが、名前忘れた)
行ったことはないが、マジキモス な部分には重点が置かれてないんだろうな。




710 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:41:35 ID:jSkQJznFO
>>708
「想定内」みたいな印象を持たせたいんだと思われ。

711 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:43:52 ID:cJPL+W230
使用前:
『さらに戦後、日本と戦った連合軍(アメリカ、イギリス、オランダ、中国など)の、形ばかりの裁判によって
一方的に“戦争犯罪人”という、ぬれぎぬを着せられ、無惨にも生命をたたれた1068人の方々…』

使用後:
『さらに戦後、日本と戦った連合軍(アメリカ、イギリス、オランダ、中国など)の、形ばかりの裁判によって
一方的に“戦争犯罪人”とせられ、無惨にも生命をたたれた1068人の方々…』
(去年の秋にはこうなってた)
http://www.yasukuni.or.jp/annai/qanda.html


『とせられ』って。『とせられ』ってwwww 靖国必死だなあ、おい。
無惨にも『いう、ぬれぎぬを着』だけHPから削除したもんだから、もう文章メチャクチャwww

もう、どう見ても「『ぬれぎぬ』キーワード検索」対策です。








本当にありがとうございましたm(_ _)m

712 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:44:03 ID:JAbzxvNL0
>>709
逓信省工務局長松前重義は東條反対派の東久邇宮に接近したために、42歳にして召集され、南方で電柱かつぎに使役された。
高松宮宣仁親王は日記のなかで次のように述べている。
『松前運通省工務局長が応召したとの話で尋ねたら、やはり熊本の西部22部隊に二等兵として召集された由、実に憤慨にたえぬ。
陸軍の不正であるばかりでなく、陸海軍の責任であり国権の紊乱である』

713 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:47:06 ID:DmvPJwI60
夏になるとお化けのように各地に出現する戦争展なるものの、これでもかとばかりに残虐さを誇張した展示は
背景の思惑が透けて見えて違和感ありまくりなんだが、遊就館の数々の遺品や展示物には目を奪われる。
特に特攻隊員の遺書などを読み進めると不覚にも涙が溢れてきて、平和な時代に生まれた有り難さを
痛感させられたが、あの展示を観て兵隊さんが喜び勇んで戦地に行ったと感じる感性がまったく理解できないわ

>>693
確かに旧館のほうが落ち着きがあって良かったと思う

714 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:47:22 ID:nFtZqw1X0

443 名無しさん@6周年 New! 2006/02/03(金) 21:18:12 ID:XufKFFSr0
>>426
>でも死んでも得るものはきちんとあると理解しろっての

君は理解してるとでもいうのか?当事者じゃないのに?


480 名無しさん@6周年 New! 2006/02/03(金) 21:30:15 ID:XufKFFSr0
靖国に参拝して
メチャクチャ気分が重くなる人さえも
平気で在日や左翼呼ばわりして悦に入るのが今の自称愛国者。
こんな奴らに勝手に感情移入される英霊の方こそ迷惑だろう


521 名無しさん@6周年 New! 2006/02/03(金) 21:50:25 ID:XufKFFSr0
>今現在支那、朝鮮征伐に赴くとなったら皆喜んで参加するだろ。

残念ながら、見込み違いだよ
せいぜいネトゲ止まり
OFFすら億劫な出不精揃い


614 名無しさん@6周年 New! 2006/02/03(金) 22:40:21 ID:XufKFFSr0
キモオタの聖地と鳴り果てた今の靖国を支持するなんて
右翼も堕ちたもんだ

中国の戦争博物館よりマシとか
比べてるのもかなりアホ。
何考えてんの?



715 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:48:11 ID:PovTmkCh0
>>667
日本海軍航空隊が米海軍艦船に対して取り得る戦術に比して、だ。
特攻のみあげつらうことに対して意見したまで。どうせなら
「日本軍の航空戦自体が無駄じゃん!」くらい言う能はないんかね?
勇猛、されど無謀というのは容易に想定できる。強く勇ましく、しかし
向こう見ずな人間がいても誰も驚かん。
ていうか勝敗ではなく、戦ったことに敬意を払っていると何回言えばわかるんだ?

716 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:49:42 ID:HfgaD5hR0
>>712

まぁ、そんな暗部は軍隊につきものだね。。。。
ドイツの懲罰部隊や、米軍の水中工兵なんか、死ぬまでやらされるもんなぁ・・・・


717 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:51:22 ID:nFtZqw1X0
ここでサヨ発言している香具師って皆釣り目的なんだろ
夜釣りは体冷えるから風邪引かないでね

718 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:52:34 ID:FDgOM+2H0
まぁそれが戦争ってもの

719 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:53:50 ID:H7E+qQdN0
>>713
日露戦争とか、太平洋戦争でも初期は喜んで行ったようだよ。日本全体が
そういう方向で高揚しまくってたからね。ただし、太平洋戦争も3年目くらい
になり、負け戦ほぼ確定で国民生活が窮乏するようになると、政府に対する
怨嗟の声が広がったらしい。政府はそういうのを特高等を使って弾圧したん
だけどね。

720 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:54:03 ID:j/nnBGic0
ID:nFtZqw1X0みたいなやつは、自分がもし戦争に行ったら
勇ましく戦って敵をなぎ倒すとか、カッコ良く氏ぬとか、そういう妄想してるんだろうな。
千切れた誰かの下半身だけがこっちに吹っ飛んでくるとか、
自分も手足失うとか、そういうことまで想像できないんだろうな〜

721 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:54:24 ID:8/DCD7FU0

「遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。」

ように遊就舘の展示は作られているのであって、実際はどうであったかは別問題。

喜び勇んで行った者もいたであろうが、喜ばない者もいたであろう。



722 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:54:30 ID:rVLv7hPe0
>711
「〜とせられ」は、文語文法にのっとった正しい言い方だよ。現代語の文章中でも
威厳・格式などを必要とする文体ではしばしば用いられている。

 おまけ サ変未然形+助動詞「らる」の連用形

723 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:54:41 ID:FDgOM+2H0
>>717
夜の釣師はクラブのママと一本釣り

724 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:56:00 ID:6J/tdI6Y0
他人の発言が釣りに見えるってのは
自分の考えに確信が持てなくなった証拠だw

725 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:57:10 ID:baCA6TNhO
靖国の展示を見て、日本がやった戦争は誤りだったと思うやつはいない。

そういう展示だよ。靖国は。

726 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:57:42 ID:PovTmkCh0
>>702
秦ソースかよw・・・といいたいところだが、東条に軍法上罪が無いとは俺も思っていない。
ていうか本来なら罪にとわれてしかるべきだった、と思っている。しかし実際にとわれていな
い以上、彼のみ責めるのは片手落ちであろうと言っているのさ。


727 :名無しさん@6周年:2006/02/03(金) 23:59:43 ID:cJPL+W230
>>722
> >711
> 「〜とせられ」は、文語文法にのっとった正しい言い方だよ。現代語の文章中でも
> 威厳・格式などを必要とする文体ではしばしば用いられている。

『 一方的に“戦争犯罪人”とせられ』

威厳・格式? どこが???


728 :\___  ____________/:2006/02/04(土) 00:01:28 ID:W9GDQ3f40
      V

        ∧__∧   ________ 
      <丶`Д´>/ ̄/ ̄/ 
      ( 二二二つ / と) 
      |    /  /  /  
  __  |      ̄| ̄ ̄   
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||             ||

729 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:03:53 ID:kh8NuQGZ0
特攻隊は無駄死にだろ

まあ大部分の戦争の戦死者の殆どが無駄死にだけどな


730 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:04:31 ID:CMm7eXE/0
親父が12歳の時に戦争が終わったんだが
玉音放送を聴いて鬼畜米英に殺される〜!と泣き叫んで
裏山に逃げ込んだ近所の若い女達が
数週間後には米兵と腕を組んで本牧を歩いていたそうだ。

1人でも多く日本に来る鬼畜米英兵を殺してやると
息巻いていた隣のおっさんは米軍の下げ渡し品を
売り飛ばして大儲けしたそうだ。

従兄がぼろぼろになってソ連から帰ってきた時
親戚一同は日本を守れなかった糞兵士が
おめおめと生きて帰ってきたと行って
土蔵に2年間閉じ込め、彼は病気で死んでしまったそうだ。

親父は山の手の某学校に行ってて横浜大空襲に遭い
でどうにか生き延びて空襲地域から少しだけ離れた我が家に帰ったが
家族全員彼はもう死んだものと思って
誰が死体を捜しに行くか話し合っていた最中だったそうだ。

戦争を美化する奴は馬鹿。

731 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:05:42 ID:+tITOqCK0
>>680
680は確実にキチガイ

732 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:08:02 ID:di/fISpyO
>>730
勝てば官軍、負ければ賊軍か…

日本人もなんだかんだ言って現実的だよな
核落とした国と、たった60年後には仲良くなってるし

733 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:09:13 ID:KZD7Fipp0
>>726
東条のみを責めるのは確かに無理もあるだろう。日本全体がそういう
空気の中で戦争に突入したわけだからな。それは事実だが、「東条ばかり
責めるな」というのは責任逃れととられても仕方ないんじゃないか?
彼は開戦時の首相であったわけで、やはり責めを負わないというわけには
いかないだろうよ。
たとえば明治の元勲と呼ばれる人たちは、国民に非難されても戦争をキリ
の良いところで止めるだけの決断力があった。対局を見て行動できるだけ
の力があった。東条の悲劇は、そうした能力を持たない人間が不相応に
高い地位についてしまったことにあるんだろうな。

734 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:10:31 ID:+tITOqCK0



735 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:12:35 ID:PLHeF0FWO
世界一他国を責めず、世界一自国を責める国。

736 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:17:49 ID:yMogINQq0
>>735
賊軍も一生責められてるがね。

737 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:18:03 ID:di/fISpyO
>>729
スマン、戦争を美化する気は毛頭無いが…

彼らは犬死ではない。せめて彼らを英雄として散った、そう思うことで彼らへの手むけにしたい


738 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:19:04 ID:6+lGSiTO0
>>712 即レスありがd
有名な人なのに名前覚えていなかったよ。おかげでぐぐれた。
松前の場合、召集令状もなく電話一本だったとか。
Wikipediaの東条のところに他の例もあった。
毎日の記者に「竹やりでは勝てない」と書かれたら懲罰召集。
37歳(大正生まれ)で、当時この年代の召集の前例はなかったのに押し切り、
つじつまあわせのため、この記者と同年代の250人も招集されて硫黄島で玉砕。

明らかに兵卒とは「罰」として使うような境遇だったが
戦略の都合上、最大限に美化していたつー話

739 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:19:09 ID:KZD7Fipp0
>>732
その辺は、日本人というよりはアジア人に共通しているような気がする。
目先の現実的利益に弱いというか。欧米人はもっと大局的なところで判断
することが多いと思う。そういう意味で第二次世界大戦は典型的だよね。
ドイツにしろイタリアにしろ、是非はともかくとしてイデオロギーの上に
戦争があったわけだが、日本は単に大陸の利権確保という現実的利益で
動いていただけ。大東亜共栄圏なんてのはとってつけただけだし。

740 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:22:35 ID:XMpREu1v0
靖国神社本殿の脇にある戦争博物館「遊就館」には、先の大戦は米国が日本を
 資源禁輸で追い詰めたのが原因。

↑日中戦争は無視している卑怯な書き方だよ。
簡単にばれるのによくしゃあしゃあと。

戦争に苦しんだ庶民生活や戦争指導者の
 責任には一切、触れていない。

↑憂愁かん建てたのが戦争指導者層だからだ。

日本は政治家がガンです。覚えておきましょう。

741 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:23:13 ID:MX4RE6Mr0
>497
79歳になる女性作家。佐藤ハチローの母さんだよ。いい人なのさ。
若い人には著作を読んでもらいたいね。
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-yuigon.html

742 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:23:26 ID:yMogINQq0
>>739
をいをい。
勝てば官軍負ければ賊軍 の語源は戊辰戦争だぞ。
すなわち靖国そのものだ。

743 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:35:42 ID:96aoaofw0
>>741
ribbonの人だお!


というのは置いといて、ハチローの妹だろ。で、紅緑の娘。

744 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:36:59 ID:FFJjt0xg0
>>737
んなもなー手向けにならん。
英雄は良いとして、彼らは犬死。
そしてその責は彼ら自身には無い。

745 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:38:44 ID:6+lGSiTO0
>>741 サトウハチローと佐藤愛子は異母兄弟だよ
(ハチローの母が捨てられ、後に違う女性との間で愛子が生まれた)

愛子は男性の「弱体化」を批判する肝っ玉母さん
サトウハチローの母は詩の中で「ほんとにちいさい母」とうたわれ叙情的
2人が親子関係だったら、「おかあさん」詩集はこの世に存在したかどうか…?
関係ないのでsage。

746 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:40:42 ID:qtF5V5Xz0
>>743
「ああ玉杯に花受けて」だっけ?
30年くらい前、小学校の図書室にあった
復刻版の少年倶楽部で読んだ記憶があるよ。

747 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:40:54 ID:EeOj/COY0
>>1
ヒョンダイは、あの当時の兵士は戦争マシーンだと言いたいのか?

時代の中で、彼らは歯車になっていたかもしれない。
が、それはどの時代どの場所でも永遠と普遍的に続いていることじゃないか。
彼らが持っていたであろう、純粋な気持ちを汲み取るところから始めろよ。
特攻隊員の時世の句を、軍国主義の落とし子程度に表層しか見ないのは簡単だ。

748 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:48:53 ID:yHBMEb3W0
戦争マシーンじゃなきゃ糞尿製造機。
人間とはそういうものです。

749 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:50:49 ID:yMogINQq0
>>747
安らかに眠るどころか死してもなお軍艦マーチでお出迎え♪
靖国の地では今、かつての上官と一兵卒の立場が逆転して
軍艦マーチに乗っておぞましき復讐劇が繰り広げられてるのさ。




とてもみんな成仏してるとは思えん...


750 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:51:24 ID:TqDVC87y0
靖国神社には違和感はないしむしろ敬意を表しているし、シナチョンに口出しされる筋合いは絶対にないと思う。

でも遊就館はどうみてもカルトです
本当にありがとうございました

751 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:53:34 ID:/qsF2YyS0
>遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない

ほんとに行ってきたの?

752 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:58:30 ID:PPsdF8yG0
>>736
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog202.html
>明治5年、明治政府は賊軍の追忌のための墓標の建設を許し、さらに、7年には
>戦没者遺族が賊軍ゆえにその祭祀を憚っていることから、堂々と祭祀を執り行うよう
>お達しが出されている。

>「朝敵」徳川慶喜は大きく減封されたとは言え、駿河70万石は安堵された。
>五稜郭で最後まで抵抗した榎本武揚は一時獄につながれたが、命を助けられ、
>やがて新政府に出仕して栄達の道を歩んだ。
だそうだ。一生責められた人がいたら可哀想だから挙げてみてくれ。

753 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 00:58:34 ID:/qsF2YyS0
>>750
カルトじゃない宗教なんてほとんどないけどな

754 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:03:58 ID:/qFUoY9O0
>戦争博物館「遊就館」

九段下は通勤途中なんで、一度見に行ったけど、
あそこまで露骨な大東亜戦争史観だと正直引いた記憶がある。

755 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:08:46 ID:yMogINQq0
>>752
> >明治5年、明治政府は賊軍の追忌のための墓標の建設を許し、さらに、7年には
> >戦没者遺族が賊軍ゆえにその祭祀を憚っていることから、堂々と祭祀を執り行うよう
> >お達しが出されている。

現地でだけね。 なんとか墓標とお祭りはお許し頂けたわけだw
少なくとも英霊ではない。


756 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:14:40 ID:Ybe5yIxp0
この記事を書いた記者が年齢いくつなのか、日本史や世界史の知識がどれだけあるのかわからんからなあ。
日東小間船以下のアホ大学でまともに歴史勉強してなければ、……………

日清日露で負けてたら、現在の日本は、もう絶対に、ない。

ロシアの植民地になって、その後多大な犠牲を払って独立したクロアチアみたいなもんか?
そこまで上等でなくて、内モンゴルレベルか

757 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:17:44 ID:ySh74YZx0
「靖国参拝」を商標登録するバカとか出てきたりするだろうか。

758 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:18:28 ID:zSmxJbzX0
当時の世界情勢を知らなさ杉。
アフリカのほとんどは植民地状態、アジアも実質的には欧米の配下。
その上欧米では日本人のことを平気で猿扱い、戦争が始まるや根絶やしにすべき
という民衆の意見さえも出てくるような状態。
こんな中で1億の日本人が生きていくためにはどうすればいいのか。
我が身を肉片にしても愛する国家のため国民のために敵を一人でも多く殺さねば
ならない。
いまのような世界各国が一応は形式上対等になったのはここ30年くらいだろ。
こんな原理的なことを忘れて議論するというのは、防衛戦争の一番の根拠を
抜かしているようなもの。議論に何の意味もない。本当にこの記者は信じがたいほど愚かだな。

759 :一生…:2006/02/04(土) 01:21:07 ID:PPsdF8yG0
>>755
>現地でだけね。
上野西郷像、全国4ヵ所の南州神社。

人目を気にする事は無い。素直になれw。

760 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:21:40 ID:PMFyYDh60
>>758
というようなことを信じ込まされて侵略の先兵を担ったのが
靖国に祭られている人々だということを忘れるなよ、ネトウヨ君w

761 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:23:17 ID:mtZ10Egz0 ?
>>758 だから満州某重大事件を起こした関東軍を
昭和天皇の勅令で壊滅させるべきだった。

おわり

762 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:24:53 ID:23LObP+3O
新宿の平和祈念館(だっけ?)もなかなか見応えあるよな。

763 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:27:13 ID:PMFyYDh60
というか、はからずもネルーが指摘したように、
アメリカと満州・中国利権で対立するまでは日本も
列強の一員として当時の帝国主義国家の中で
一定の秩序を担う役割を果たしていたことを
都合良く無視するウヨが多すぎる。

764 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:27:36 ID:AuYuqzqH0
>>760
侵略の内容を、具体的に言え。
ソースも付けろ。

765 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:28:02 ID:omqYQ2ee0
  ●〜 自慰的歴史観 〜●

      ヽヽ〃 /
       ヽ〃   プシュ!    
      ( _)
       | |  シコシコ・・・ シコシコ・・・
       | | /⌒⌒⌒ヽ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     /⌒ヽ⌒ヽ___   |  ∴ヽ  3  ) <誇り高き我民族、その歴史に一点の曇無し!あッ!うっ!
     /  ゝ      |
    /  _  ゝ___)(9     (` ´) )j
   /  丿ヽ___,.───|彡ヽ ―◎-◎-| ハァハァ…
  /   )           (   Y ̄ ̄ ̄ ̄)←つくる会・靖国・無職・ニート
 / _/           \____/



766 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:29:34 ID:4ypgtaD40
仮にA級戦犯の分しをやったとしても、次はこの遊就館でケチをつけられるのかな

767 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:30:10 ID:kxHFKXCe0
敵に敬意を払わない奴って最低だよな…

768 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:30:37 ID:zSmxJbzX0
>>760,761
その時期では遅すぎ。
日露戦争が終わった直後にハリマンからの提案がなんだったか知らんのか?
それを小村がどうあしらったか学校で習っただろ。(底辺校ならやらんだろうが)
米国の投資を許す代わりにその投資による市場開拓のパイの分け前を日本も
もらえるようにするなどの策をとらなかったのがいけない。
そういう短い視点でものを見ているから歴史が分かってないといわれるんだよw
ちゃんと勉強してから発言するように。

769 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:31:52 ID:yMogINQq0
>>759
白虎隊も作ってやれよ。 全国各地にwww

まあ西郷さんは責められてないだろうが、彼は特殊な例だろ。
で、西郷さんのどこが英霊なの? 
天皇にたてついても英霊になれるのかい?


770 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:32:13 ID:AuYuqzqH0
>>765
我民族?

お前、もしかして地下評論員か?

http://www.asyura2.com/0502/bd39/msg/679.html

771 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:32:57 ID:PMFyYDh60
>>768
いったん要求をのんだ後、それをひっくり返すという最悪の交渉パターンだよな。
あれでハリマンを完璧敵に回した。

で?それが>>760になにか関係があるのか?

772 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:34:29 ID:yMogINQq0
薩長の工作員大杉

773 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:37:27 ID:PMFyYDh60
しかし、>>768のようなレベルのことを得々と語るネトウヨっていったい何だろうな。
自分たちだけが真実の歴史を知っている、とでも思いこんじゃってるんだろうか。
かなりキモイ。

774 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:39:54 ID:3R5YXikl0
この記者はよほど感性が鈍いか、それとも最初から書くことが決まってたか
どっちかだね。


775 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:42:02 ID:AuYuqzqH0
>>773
では、お前が知っている真実の歴史を言え。

776 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:45:33 ID:YGtPk1C30
PMFyYDh60とzSmxJbzX0は出来事の解釈や経緯について意見が違うようだが、
いちいちウヨとかなんとか罵りあうほど、違う二人でもないように思える。
まぁこういうこと一つ見ても、人間が戦争をやめられないのは、なんとなくわかるけど。

777 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:50:40 ID:yMogINQq0
会津出身者に聞いた恨みつらみだが...

戦争に負けたおかげで会津藩の生き残り連中はみんな東北各地の田舎に移され、それまで
政治文化の中心だったのに(勢力をそぐため)廃藩置県により県庁を遠く離れた福島に持ってかれ、
国道4号線も東北本線も外されたため、産業も栄えず若者は外に出て行ったまま帰ってこず
土地はだだっ広いのにいまだに人口10万ちょっとのさびれた街... 
会津の地では戊辰戦争で負けた恨みがまだ尾を引いているんだそうだ。


778 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:53:08 ID:dQkOGtZM0
司馬遼太郎は赤紙が来たとき、誰だったか忘れたけど女優さんのブロマイドを並べて
「よし、この人を守るためなら死のう」
って決意したとかなんとか。

うろ覚えだけど、どっかで読んだ気がする。

「大東亜共栄圏」なんて、本気で信じてた人ばっかじゃないんだよね。
ちゃんと批判能力がありながら、それでも出征しなきゃいけない人もいたんだよ。

島尾敏雄とか読むと切ないなー。

とりあえずヒュンダイ記者は馬鹿。

779 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:57:53 ID:5BnB02jjO
戦場に向かうの兵士の気持ちも汲み取れないのかねぇこのアホ記者は…

自分が死ぬことや、家族への心配をかけまいとする精一杯の気丈な振る舞い…
そんな悲しい勇ましさだよ

780 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:58:23 ID:YGtPk1C30
>>778
批判能力は政治や社会に対する思考や考え、出征は義務の履行だからね。
政治的行為としての戦争の評価が、軍務の遂行に対する、特に現場レベルの将兵の評価と連携したらかなわんし。
でも今でもいるんだよなぁ、自衛隊の海外派遣が決まると自衛官を怒鳴りに駐屯地に行く人。

781 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:58:41 ID:6t30lV6X0
ちょwwwwwwwゲンダイやりすぎwwwwwwww

俺も遊就館いってきたけど、喜び勇んでというか、
悲愴ながらも国のために身を捧ぐという自己犠牲の精神を
強く感じたぞ。

782 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 01:59:27 ID:f6TWz4cx0
いい加減、軍国神社潰せよ

783 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:00:26 ID:9xG/sSnH0
ゲンダイ→現代→ヒュンダイ→韓国→宗主国様

784 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:01:21 ID:yMogINQq0
>>781
> 喜び勇んでというか、

ヒント:バンザイクリフ 


785 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:04:43 ID:6t30lV6X0
>>784
いや、そこから自殺したのは靖国の軍人じゃないしwwww

786 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:05:34 ID:yMogINQq0
>>785
ヒント:公務死

787 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:05:35 ID:Q4nmdm1m0
提灯記事にもほどがあるwwww
誉め殺しだろこれwwww

788 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:05:53 ID:AuYuqzqH0
>>781
天井からつるされた桜花を見たとき、その存在がかなり心に突き刺さった。
そして、特攻隊員の遺書を読んで、不覚にも泣いた。

戦争が悲惨だと、再度認識したよ。

789 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:06:44 ID:Y0JfdTyeO
>>775
773はたぶん、「それは間違っている」ではなく「そんな事は誰でも知っている」と言いたいのではないか。

790 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:10:41 ID:BLN0xsCOO
この記者は展示物の説明やエピソードを聞いてないな

791 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:11:02 ID:p5SB7W6qO
あれを見てこんな感想だとは、ゲンダイの記者の脳みそには
致死量の異常プリオンが蓄積しているようですね。

792 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:11:45 ID:Xbs/VWXmO
チョンやチュンは、就学館なんか比べものにならない戦争賛美を
学校教育の場で行ってるんだろ?

無問題じゃん!

793 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:15:44 ID:PPsdF8yG0
>>769
>>736
賊軍も一生責められてるがね。

一生責められた賊軍て?

英霊になれないよ

それって「一生責められた」と全然違うぢゃん ←いまここ

本当に論点スライド有難うございました。
>彼は特殊な例だろ。
南州神社の祭神には西郷軍の死者もいるみたいよ。

794 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:27:03 ID:3x7CFt8r0
為政者は「はからずも戦争の犠牲になった人を追悼する」って慰め
遺族は「あれは、お国のためだって勇んで戦地に行ったですよ」ってまた相手を慰める
お互いの心を気使っての言い回しだと思ってる。
軽々しく「兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか」などと、茶化すな。遊園地じゃないぞ

795 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:37:02 ID:Sv9WZ0IS0
残された”遺族”の、心情です。こういう本音の展示を公開する、靖国神社に乾杯!

天国のあなたへ   柳原タケ

  娘を背に日の丸の小旗をふって、あなたを見送ってから、もう半世紀がすぎてしまいました。
  たくましいあなたの腕に抱かれたのは、ほんのつかの間でした。
  三二歳で英霊となって天国に行ってしまったあなたは、今どうしていますか。
  私も宇宙船に乗ってあなたのおそばに行きたい。
  あなたは三二歳の青年、私は傘寿を迎える年です。
  おそばに行った時、おまえはどこの人だ、なんて言わないでね。
  よく来たと言って、あの頃のように寄り添って座らせて下さいね。
  お逢いしたら娘夫婦のこと、孫のこと、また、すぎし日のあれこれを話し、思いっきり甘えてみたい。
  あなたは優しく、そうかそうかとうなづきながら、慰め、よくがんばったねとほめて下さいね。
  そして、そちらの「きみまち坂」につれて行ってもらいたい。

  春、あでやかな桜花
  夏、なまめかしい新緑
  秋、ようえんなもみじ
  冬、清らかな雪模様

  など四季のうつろいの中を二人手をつないで歩いてみたい。
  私はお別れしてからずっとあなたを思いつづけ、愛情を支えにして生きて参りました。
  もう一度あなたの腕に抱かれ、ねむりたいものです。
  力いっぱい抱きしめて絶対にはなさないで下さいね。

Web版「正論」 遊就館の見学記録より
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2003/0308/message1.html



796 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:40:01 ID:yMogINQq0
>>793
俺が言ってる英霊とは、靖国のいう『英霊』なんだが。
で、西郷どんは英霊かい?

つーか、>>735のDQNには全く突っ込まず、
>>793みたいに粘着されるとは思わなかったなw 
さすが薩長工作員乙。


797 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:53:38 ID:PPsdF8yG0
>>796
僅か3レスで粘着ワロスw

798 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:58:47 ID:yMogINQq0
>>797
>>793の中身の事なんだが。
言い直そうか?
>>793みたいな粘着質のレスされるとは思わなかったなw

で、西郷どんは靖国で英霊にしてもらえたのかい?


799 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 02:59:36 ID:Le95WRQ50
そりゃ、そうだろw
だってレイプやり放題だお!
おれだって参加したいよ!

800 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 03:08:31 ID:AuYuqzqH0
>>799
ネタの仕込みから延々と続く、ベッドインまでの道のりが楽しめないのか・・・

それでは、とある粗チン国家の国民と同じだろ。

801 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 03:14:05 ID:PPsdF8yG0
>>798
だからさー
>>736
>賊軍も一生責められてるがね。
と言うから、一生責められた賊軍ってだあれ?って聞いたら

君は答えなかったの。ていうか答えられるなら現地とか墓標とかお祭りとか言わないのw
で答えず変わりに

西郷どん(賊軍)は英霊になれたの?

って逆に質問を返してるわけw。それはもう元の話と違うわけw

賊軍も一生責められてるがね

賊軍は死んでも英霊として祀って貰えないがね

と都合が悪いから途中で勝手に話変えてるの。こういうのはやっちゃダメでしょ。
ま、ただそれだけのハナシだな。一生責められた賊軍がいないorアンタが知らずに
話してたのは良く解ったw。

てかやっぱ最近いるコピペマンもそうだが薩長とか言い出す奴はヤバイなw。
上のバンザイクリフとか公務死とか日本語通じてねぇしw

802 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 03:16:17 ID:6+lGSiTO0
当時出征した学生も、結構言いたいこといってるよ

>出陣学生5
>沖縄戦で特攻隊員を命ぜられた。金属の骨に布を張った飛行機だった。これしか残って
>ないから使ってやってくれという。 こんな捨石には、勝っても負けてもなりたくないですよね。

>見送った女子学生5
>出征直前、婚約した彼が軍服で挨拶にきました。初めて二人になったとき、
>彼は襟を正して言いました。「この戦争は間違ってる。 国のためならともかく天皇のために
>死ぬのはイヤだ」と。出征を見送る ホームで、彼は笑っていたけど涙していました。

ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/gakuto/sub_gakuto.html

諦観とか自己犠牲の美もいいけど
内部告発や批判、苦しい体験談も聞いてみたかったよね。
死人に口なしだから、生存者から聞くしかないけどさ。

オーストラリアの捕虜収容所では、日本兵も草野球なんかしていたらしいが
捕虜となったことが国にばれたら屈辱だからといって
わざわざ日本兵だけが暴動を起こし大量死、墓まで仮名になっている。
捕虜=末代までの恥、みたいな教育で
他国の兵隊なら死ななくてもいい人まで死なせた訳で
ジュネーブ、ハーグ条約無視の「戦陣訓」には今更ながら呆れる。
靖国も「死」のプロパガンダ装置でもあったと思うが、その辺はスルーなのかね。
ttp://www.ozpro.net/topics/cowra.html

803 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 03:28:30 ID:G1B0o80R0
身内に遺族を持つ者としては、この記者の書いてること解るよ。
最後の一文は逆説的に書いてるんだよ。

「遊就館」は、大東亜戦争突入の正当性と当時の軍人や政治家の名誉回復を訴える場所。
胸張って莫大な恩給や補償をもらってもいいんだよ、あんた方は国の英霊なんだから、
って感じなもんで、行ってみて仰天した。
台湾の少数民族とかひっぱりだして来て、「日本が占領してくれたおかげで、良い
暮らしができた」とか言わせてる。(まあ、それは事実なのかも知れないけど)
機会があれば、是非自分の目で見てきて欲しい。
一般庶民で突如徴兵され、どこでどう犬死にしたか判らない人間の遺族にとっては
「好きで行ったんじゃないやい」って、それを当時の軍部を英雄視しやがって・・て
冷ややかな気持ちにもやるよ。

小泉さんは、本当に慰霊する気持ちがあるなら、千鳥ヶ淵の戦没者の慰霊碑に行くと思う。
彼は靖国に意固地になって、慰霊どころか、そのうち戦没者に祟られるだろうね。


804 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 03:35:12 ID:AuYuqzqH0
>>803
小泉は、既に千鳥ヶ淵に行っているわけだが。
ついでに言うと、小笠原諸島とか硫黄島には、現役総理として初の出席を果たしている。

http://www.nippon-izokukai.jp/kyou.html

805 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 03:42:37 ID:/mKiSarq0
正直戦争好きだった人もけっこういたと思うけどなあ。

806 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 03:42:54 ID:Y0JfdTyeO
はー、解らんことはないな。自らの正当性を主張する場所を作りたい心理。
人間だからそういうのもないとヤッテラレナイ、みたいな。
でもそうすると遊就館は反省したり批判する場じゃないちゅうことか。
まぁ館って大体そんなもんか。

807 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 03:47:40 ID:AuYuqzqH0
>>806
同じことを、シナの「抗日記念館」にも言えよ。

808 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 03:57:09 ID:Y0JfdTyeO
>>807
そういや、そうだね。
行き比べた事とかないけど中国側が正当性を訴えてる館なのだったら、文句は言えないか。
こっちが言わなかったら向こうも言わないといいな。

809 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 03:59:53 ID:AuYuqzqH0
>>808
向こうが言うのだから、こちらも言う。
それでいいと思うぞ。

ついでに、シナの主張にソースを求めてみるのも一興か。

810 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:01:05 ID:NW/hGzofO
突撃錠でテンパッて無差別に人を殺したり強姦して楽しんでた集団に
悲愴感なんかあるわけないじゃんw
なのに、なんかワケのワカラナイことばかり言って狂気の歴史を
美化してるウヨはマジきもいw
とくに2ちゃんのネットウヨは工作活動必死だよね。
チョーうけるw


811 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:02:51 ID:Sv9WZ0IS0
靖国神社の「英霊」「遺族」の方が書かれた手紙・遺書・詠歌こそ、真に靖国が
主張したかったテーマなんですよ。
それは欧米流の価値観では「反戦」にあたるのかも知れません。
そのテーマとは、
「国家に命じられ死地に赴き、生還は絶望的なのかもしれない。
だが、わたしは日本人として何一つ恥じる事無く生きてきました。
ご両親、妻や子よ、健やかに生きてください。幸せになってください
わたしが亡くなった後、家族で笑顔の耐えない生活してください。」

こうした書展を公開する、靖国神社が戦争への賛美と軍国主義への宣伝であるかのように
扱うマスコミの人は、本当に日本人かと思いますね。
「遊就館」や靖国神社こそ、左翼シンパの空虚な「反戦スローガン」より、ずっと国民の心にしみます。

812 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:05:29 ID:MpOnjvGd0
遊就館は普通にDQNだろ。
あんなの軍ヲタはともかく一般国民は引くよ。

813 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:06:30 ID:j1znqHf+0
買っても負けても庶民は貧乏から抜け出せない悲惨な国家だったからなぁ。

814 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:07:22 ID:u9WakjQY0
>>810
右向き団体がバイトで雇ってる工作員の尻馬に
ヒッキーが乗っかってるだけだな。
2chもつまらなくなったもんだ。

815 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:08:18 ID:Y0JfdTyeO
軍ヲタだから無くさないでください。ちなみに幕末ヲタでもあります。
行ったことないけど垂涎の場所のようです。

816 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:10:34 ID:3pkiEyOY0
日章旗を創ったのは我が薩摩!!!!!!
君が代を創ったのは我が薩摩!!!!!!
天皇中心の国を作り上げたのは我が薩摩!!!!!!
靖国神社を創ったのは我が薩摩!!!!!!
北海道開拓の指導者は我が薩摩!!!!!!
琉球を制圧し日本の領土としたのは我が薩摩!!!!!!
台湾に武力行使を行い日本の領土としたのは我が薩摩!!!!!!
朝鮮半島を併合し日本の領土としたのは我が薩摩!!!!!!

817 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:13:34 ID:AuYuqzqH0
>>814
ID制度がなかった頃のニュース板が恋しいのか?w

所詮、自作自演とか単発レスが通用しなくなれば、こういう結果になるぞ?w

818 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:14:48 ID:0Cg3nImQ0
>>799
一人100人のノルマ付だぞ?w

他にも日本刀で100人斬らなければいけなかったり
20万人しか居ない場所で30万人殺さなければいけなかったり
(殺しても死なない奴と戦わされる?)


819 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:17:13 ID:p6PorfqDO
>>816
薩賊は死ね。

820 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:23:00 ID:u9WakjQY0
米でも露でも最前線の兵士の略奪行為やレイプは特別ボーナスみたいなもんで
黙認のようだったが、日本陸軍の場合は上層部的にはどうだろ?
規律の乱れなのか、作戦の内なのか?


821 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:23:34 ID:AuYuqzqH0
>>818
機関銃を、銃身交換なしで2時間もブッ放す神業もないとなw

WW2の最優秀機関銃ことMG43(戦後、小改良だけで西ドイツ陸軍制式機関銃MG3に化けた)
ですら、銃身交換を実施した上で7分間までしかデータがないようだが。

822 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:24:36 ID:yMogINQq0
>>801
少なくとも俺の知ってる限り、会津藩だ。 
つってもほかの賊軍もみんな似たり寄ったりだろ。
俺が書いたレスをきちんと読んでたら察しがつくろうが。

『現在への遺恨
会津(会津若松)では、今日においても長州(萩)や薩摩(鹿児島)への敵対心を持つ者が多いとも言われる。
明治新政府は会津戦争における戦死者の埋葬をなかなか許可せず、長期間に渡って戦死者の死体を放置させるといった
冷酷な弾圧が続いた。その後、賎民にまで身を窶した旧会津藩士有志による戦死者の埋葬が行われ、
更には死者に対する冒涜に憤った彼らによる新政府の官僚への暗殺事件も起きている。

また西南戦争のときに新政府軍の主力となったのは、皮肉なことにこの旧会津藩士であった。
薩摩への敵愾心がぬきんでて強かったために他地域出身者より使いやすかったのだという。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E6%B4%A5%E8%97%A9#.E6.AD.B4.E5.8F.B2

所詮靖国なんざ、自分に逆らう者は例え自国民と言えども未来永劫許さない『戦争神社』なんだよ。

> 上のバンザイクリフとか公務死とか日本語通じてねぇしw
この糞ガキが。 まず大嘘つきの>>785を突っ込めよ。
そして靖国をゼロから勉強し直せ。 『公務死』の持つ意味もな。

それにしても、『世界一他国を責めず、世界一自国を責める国』には一切疑問を抱かず、
『賊軍も一生責められてるがね。 』には執拗にこだわるところは、さすが熱湯だけあるなwww


823 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:29:38 ID:Y0JfdTyeO
>>820
規律の乱れだと思うよ。

824 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:29:45 ID:aWFVZaKg0
>>821
MG42じゃないか?細かいが。

まあ、日本じゃ重機関銃ですら弾薬の基数がアレだな。
チェッコ式とか持ち出しても…あぁ勿体無い。考えたくも無い。

825 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:33:05 ID:NRxuFlSM0
>>369

> 今頃とっくに天皇は殺されて日本に天皇制は存続してない

天皇に戦争責任があったかどうかは全く別の問題として(大御心で太平洋戦争が回避できたとは思わないから)、天皇制が存続していなくて何か問題があるの?


826 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:37:31 ID:u9WakjQY0
>>825
マスゾエみたいな新右翼に言わせると伝統文化だから保存すべきだそうだ。
オレもそう思うんだけど、同じマスゾエが「アイヌみたいなのは百年前のインディアンみたいな
民族だから同化して無くなってもかまわん」と道民として言ってるのはワケわからん。

827 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:38:23 ID:j1znqHf+0
>>823
2000年以上前から、占領した地での略奪、レイプは兵のボーナスだった。

でなかったら、誰が我先にと敵中の突進する。w



828 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:40:02 ID:1hJf+8+M0
靖国神社は、長州の山県有朋が、民衆をタダで戦場に送り込む
ために造った神社。わざわざ東京招魂社という名前を「靖国」と作り
替えて霊力があるかのように思わせた作為的行為の神社。

長州の大村益次郎が突貫工事で建てた(東京の片隅にあったボロ神社を改築)、天皇と何のつながりもな い、何の由緒も無い100年くらいの歴史しか無い
カルト神社。靖国は敗戦後GHQによって日本中にある護国寺と切り離された
日本政府となんの関わりもないただの宗教法人(拝観料と献金だけが収入源)

民間人を騙して戦争に行かせる目的で長州が作った捏造神社
靖国の参拝やめれ〜〜〜!!!!



829 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:44:46 ID:AuYuqzqH0
>>824
ごめん、MG42だった。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=MG42&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

ちなみに、7分間近くブッ放したときは1万発近くを撃耗したようだ。
ソースは光人社NF文庫。

830 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:51:27 ID:u9WakjQY0
>>823
まあそれが事実なんだが、将門公や道真公のように
朝廷の政策の犠牲なって死んでいった者をちゃんと
どこかで祀って魂奉めをしないとまた政府が祟られかねないんだな、
日本の神秘主義としてはw
大空襲の犠牲者や特攻隊員や戦犯が化けて出て日本が滅ぶのはイヤだな。


831 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:55:56 ID:AuYuqzqH0
>>829の訂正。

撃耗・・・×
射耗・・・○

832 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:57:06 ID:G1B0o80R0
>>804
首相として初めて行ったとは知らなんだ。それは感心な事だと認めよう。
硫黄島は、自衛隊と米軍の基地があるから、遺族でもなかなか自由に墓参に行けない。
色々手続きをふんで、「行かせてもらえる」

身内は昨年60年目にして、やっと墓参かなったが、現地に着いたら日米合同式典準備
のため、予定スケジュールをそうそうに切り上げさせられて帰ってきた。

>>828
の視点が正しいと思う。自民党の献金の上得意様。ただそれだけの神社(と名乗ってるだけ)

833 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:57:37 ID:R8ntkClp0

大英博物館なんて敷地を100倍にしてもあふれるぞ!

反省展示物が

834 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 04:59:45 ID:0Cg3nImQ0
>>832
参拝するだけで仮想敵国の中国経済にダメージを与え
仮想敵国の工作員をあぶり出し
それに対する国民の反発を呼ぶことで支持を得ることが出来る
と言う
御利益の有る神社

835 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:00:22 ID:Y0JfdTyeO
戦犯は化けて出ても、日本を滅ぼそうとしないと思うけどなー。
七生報国!とか言いそう。
でも結果てきに滅ぼしたりして。

836 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:03:11 ID:RByP3ZTK0
二木死ね!!!

837 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:04:33 ID:AuYuqzqH0
>>834
少なくとも去年から、恐ろしいくらいに御利益がある神社だな。

このまま御利益がありますように。

俺は地方在住なので、靖国神社に直接お参りに行くのは難しいが、
明日は近くの護国神社にお参りしてみよう。

838 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:05:52 ID:0Cg3nImQ0
>>835
当時の価値観で「誇り有る強国に!」と考えるとアメリカとぶつかるハメになりそうだからね…



839 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:14:40 ID:MpOnjvGd0
>>830
それを言うなら支那人を祀ってやらないと論理がおかしくないか?

840 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:17:23 ID:0Cg3nImQ0
>>839
シナ人の担当は中国の神様だし

一応日本に元軍として攻めてきた人たちは弔っていたような…




841 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:21:15 ID:5nlyZqpf0
まあ、日刊ゲンダイの書いてることなんか
まともにとりあげることもないけど。
アホ記者が書いた煽り記事なんだからさ。
ゲンダイのスタンスっていつもこんな調子。

しょっぱなからしてアホバカ丸出し。
「ナマの兵器を初めて見た」
勉強不足だ。だからこんなタワケたレポートしができんのよ。
駆け出しのガキンチョ記者だろ。もっと取材してから書け。

842 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:22:26 ID:u9WakjQY0
>>839
渡来人ならね。
唐の国の民は、国賊でも逆賊でもまつろわぬ民でも元寇でもないだろう。


843 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:31:04 ID:MpOnjvGd0
>>842
大空襲の犠牲者や特攻隊員が逆賊だとでも???

844 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:32:40 ID:HHWMiUiM0
兵士はマインドコントロールの元祖原点なんだよな
これを善とするか悪とするかで
意見が対立する
環境とょ右派か場合によるつかいわけだなんて
生死にかかわる問題だからそんな主張は無意味

845 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:35:59 ID:CMm7eXE/0
ゲンダイの記者はレベル高いな。
俺が愛読してるだけある。

846 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 05:46:15 ID:u9WakjQY0
>>843
そういう意味ではないが、ちゃんと奉っとかないと国を恨みに思う魂もいるだろそりゃ。
火垂るの墓でもラストで死んだ兄妹が化けて出て来て、
繁栄する神戸の夜景を恨めしそうに眺めてただろ?

847 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 06:27:10 ID:FNNT/5190
>“軍神”のエピソードや遺品は豊富だが、戦争に苦しんだ庶民生活や戦争指導者の
>責任には一切、触れていない。

もともと我が国の戦争で戦死したものを祀る場所だぞ?
こいつらが言ってるのは
ケーキ屋さんに「なぜおにぎりが売ってないんだ!!」
って憤怒してるようなもんだ

848 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 06:33:54 ID:FNNT/5190
日刊ゲンダイ編集部

03−3543−0531

849 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 06:43:34 ID:S6j8zKnk0
軍隊・徴兵の話をするとき、だいたい当時の大学卒のインテリは
悪口をいう。
なぜなら、社会階層の高いぼんぼんにとって、旧陸軍はつらいところだったから。
シャバの学歴・社会的地位・財産などが全く考慮されずに
新兵として、百姓の上官に殴られる。
シャバでは人間は平等ではないが、軍隊では完全な平等社会。階級が全て。
だから、当時の虐げられていた庶民は圧倒的に軍隊を支持した。
貧しい庶民の暮らしからしたら、軍隊の衣服・メシの方が贅沢だったし。

850 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 06:51:26 ID:HM8rafUQ0
上から読んでいっても最後の感想にどう行き着くのかさっぱりわかんねぇ。
遊就館が軍国主義一色だと、兵隊が喜び勇んでいったに違いないと思うと。。。だめだわかんね。

851 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 06:52:44 ID:f2OaOsjq0
おいおい、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったんだよ。
否定するやつは売国左翼だな。

852 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:03:25 ID:NRxuFlSM0
>>828
そのとおりなんだよ。
いまだに藩閥がまかりとおってるんだよ。

853 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:05:50 ID:S6j8zKnk0
当時の貧しい農村の百姓からしたら旧軍は天国のように楽なところだった。
メシはうまいし、朝は明るくなるまで寝させてくれるし。
軍服はくれるし。
訓練もつらい農作業に比べりゃ、お遊びのよう。
それで農村で働くよりたくさんの給料までもらえる。
だから東北、九州の人間は大勢、仕官になった。
商都・大阪のように豊かな地域では軍人になる奴はアホ扱いだったが。

854 :ヨッシー:2006/02/04(土) 07:10:43 ID:XY1TtZpA0
>>853
いまのアメリカ合衆国がこの状態ですよ

855 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:19:17 ID:Y0JfdTyeO
山県有朋や大村益次郎が作っただなんて、ワクワクする話ではないか。

856 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:23:21 ID:dIaHn9BmO
おいおいあの遺書みても喜び勇んでいったようにみえるのかと…

857 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:27:33 ID:Vk+ti1+w0
議員年金廃止法案といい、今の日本
言葉とその中身が乖離している。

858 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:42:56 ID:0BJNwcke0
まあここはけっこう刺激的な驚きの博物館だよねぇ(苦笑)
いや、それなりに楽しめる展示だとは思うけど、方向性としてはアメの退役軍人会みたいな感じ。
 
靖国がこういうものを副業(入館料、ちと高くないか?)でやるのはOKなのだが、こういう
片一方の視点でのみ先の大戦を解釈する宗教法人に、戦死者の追悼を任せておくのも
国家としてはちょっと問題かな〜とは思うね。

859 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:48:20 ID:owlPrTXH0
戦争の本質を理解できないお子ちゃまには観る価値のない所だと思った。

日本は民間人が殺されすぎたのが全ての間違い。この点は責められるべき
だが、何かを守る為に戦ってくれた人たちを侮蔑する事は正当化出来ない。

860 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:50:29 ID:t2VbKwBL0
民間の靖国が戦争の正当性を訴えるのはよいが
半民・半官のイメージがどうしてもあり
政府答弁もそこをつかれ、結局は堂々巡りかと



861 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:52:31 ID:0BJNwcke0
>>859
片方にとって”守る為”が、もう片方にとっては”攻められた、殺された”に
なるわけで、それが戦争というものなのだが...大人にならんとわからんかな?

862 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:52:53 ID:0Mtmqs/K0
自分たちのために死地に赴いていった人たちを
ヒーローにできない人ってさびしいね(´・ω・`)
今俺らが、アメリカ人でもなくロシア人でもなく中国人でもなく
日本人でいられるのは誰のおかげか勉強しなおして来い。

863 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:53:09 ID:L+CSQpTR0
薩摩厨ウゼー!!

>>859
兵士も死なせすぎたのが間違いだ。
戦前戦中は侮蔑はしてなかっただろうが、命は軽視しすぎ。

864 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:53:58 ID:owlPrTXH0
>>861
相対化して感情論に逃げても問題は解決せんよ。


865 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:55:21 ID:Q0+0ZR3MO
戦争博物館としては最低ランクの下品な施設であることは間違いないよ


俺がもし子供にあの戦争を教えようと思ったら
ここ連れてくより映像の世紀かNスペ(昔の奴な)見せるよ

866 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 07:57:33 ID:0BJNwcke0
>>864
相対化できる程度には大人になりなさいよ、という書き込みなわけだが。
観念論では問題の解決にはならないからね。

867 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:06:35 ID:rRlhe+IK0
コブレンツ軍事技術博物館
ムンスター戦車博物館
ジンスハイム自動車、技術博物館
http://www.seaz.jp/anthology/seaz_talk/tank.html

ドイツ博物館
http://homepage3.nifty.com/tompei/WorldMuseum2.htm
Me262、コメートにV−1飛行爆弾の実物

ロケット迎撃機「ナッター」。
高速で高高度まで行き時速1000km/hで敵機をロケット弾で攻撃する

ドイツも誇らしげに展示してますよ

868 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:07:32 ID:LcS7a1/k0
>戦争に苦しんだ庶民生活

そう言うのは新宿の昭和館で展示してるだろ


869 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:09:17 ID:P2s4RONt0
>>865
ちなみにお前お勧めの戦争博物館ってのはどこ?

映像の世紀もNスペも博物館ではないわけなんだが。

870 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:09:48 ID:rRlhe+IK0
肉弾をもって敵に体当たりする「特攻隊」が出撃したのは、日本だけではない。
航空特攻への最初の言及は、エチオピア戦争当時イタリアのムッソリーニ統帥が
「我々には、敵艦への体当たりも辞さないデスペラータ(命知らず)部隊がある」
と英国にはったりをかましたのが最初とされる。

人命尊重の米英空軍でも、決死の自爆攻撃を行った者は、
戦死後にヴィクトリア十字勲章や合衆国議会勲章の栄誉を受けている。
(アメリカ陸軍航空隊のコリン・ケリー大尉、
ミッドウェイ海戦・ホーネット雷撃隊のジョン・ウォルドロン少佐等)

共産主義のソ連軍でも、自発的体当たりは「タラーン」と呼ばれ、
必死ではなかったものの約600の実例がある。
さらにナチス・ドイツも実は、自発的体当たり攻撃は恒常的で
約500名の搭乗員が散華している。

特に有名なのは「エルベ特別戦闘隊」と呼ばれる特攻隊で、
1945年4月7日の白昼、2000機もの米戦爆連合に
183機(護衛63機)で挑み133機を失って50機を撃墜したと言われる。
米軍の記録では撃墜撃破23機とある

捕虜の虐待とかもそうだが、
未だ「日本だけやった」と思い込まされてるのは
有る意味、悲しい事だと思う

871 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:11:38 ID:m1rVlBqP0
>>865
> 戦争博物館としては最低ランクの下品な施設であることは間違いないよ

それというのも国立のきちんとした戦争博物館が
日本に存在しないことが問題

少なくともかはく・れきはく・みんぱくと同じ予算規模の
マトモな国立戦争博物館を早急に設立すべき
そして日本の兵器の体系的な資料収集・展示および
戦略・先述研究を進め、次の戦争は負けないように努力すべきだ

872 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:13:40 ID:6lKscJSR0
おいおい、当時戦争高揚の宣伝、教育されてたのに
否定的な記録を安易に残せると思ってるのか?

誰が、誰に宛てて、どんなときに残したのか、
その背景を無視して文面だけ取り上げてんじゃねえのか?
まあ、兵器を見るとワクワクはしてくるがな
出来ればアメリカとかの兵器も展示して欲しいわ

873 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:14:01 ID:j1znqHf+0
場当たり的な戦術で体当たり攻撃は他国でもあったが、
体系化した戦術に組み込んだのは日本だけじゃないかな。


874 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:16:28 ID:V8/xrtxL0
どこを見れば喜び勇んでと解釈できるのか分からん。
大和ミュージアムの戦艦大和ですら、軍国主義の象徴だって書きそうだな。

875 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:16:31 ID:rRlhe+IK0
>>873
ドイツ北部ツェーレ市に1991年4月7日「エルベ特別戦闘隊」の慰霊碑が除幕され、
欧米諸国の書籍でも近年ではドイツ版「カミカゼ」として紹介されるようになり、
非道な戦略爆撃に立ち向かった77名の戦死者への追悼儀式が続けられている。
(ベルリン防衛戦でも10〜60機の特攻機が出撃したと言われている。)


876 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:19:23 ID:0BJNwcke0
>>873
つーか、”総玉砕”(=皆自殺)なんていう発想をしたのは、正真正銘日本だけらしい。
”武士道精神の暴走”と言えんこともない。あれってあくまでも武士(兵士)の精神論で
一般国民はそもそも適用外なのだが。

877 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:22:55 ID:rRlhe+IK0
>>876
でもそのあとは「一億総懺悔」だろ
単なるスローガンじゃねーか・・・

878 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:24:11 ID:TclVcJvB0
当時の世の中の雰囲気は、結局のところ、その中に実際にいた人にしかわからんものなのかもしれない。

879 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:24:13 ID:SWvvhn5C0
>>875
追いつめられると人間はキチガイになるといういい見本だな。
日本ほど大規模じゃないし、効果的でないことがわかると
二度とやらなかったあたり、わずかながら理性も残っていた
ようだが。

880 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:24:26 ID:Y0JfdTyeO
>>876
徴兵制は国民を総武士化するようなモノでは。
まぁ勿論玉砕はヤバい。特攻も死ぬほどヤバい。つかじっさい死ぬ。

881 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:26:14 ID:Wzw57Fc+0
中国共産党の指示で一斉に遊就館に攻撃入れるマスコミ

882 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:27:10 ID:yy8SQHBCO
>>868
俺は小泉が靖国参拝をするために
別の追悼施設なんか要らないからこの辺りのことも一緒に書けばいいじゃんと思った。
物事の表と裏、光と影を一体で表現してればおkじゃないのかと。

883 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:30:02 ID:MOXSGeH30
遊就館は英霊たちを辱めてる。


884 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:31:36 ID:dKbH7Nw20
>>879
そこは、「さすがナチス」と讃えるところだ。
ハイルヒットラーと叫びながら散っていったのだろうか?
あのチョビ髭野郎のために。


885 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:33:58 ID:JOEOWVUJ0
どう脳みそいじったら、喜んで行ったとか思えるんだろ?w

886 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:35:13 ID:pfBCObOl0
>880
特効じゃないけど、桜花とかにいた人は当時のエリートで
戦中なんだから、自分らがやらんと、他に任せても難しいから無理だしなぁ
ってとこだったって、戦後はめちゃくちゃパワフルに各分野でのし上がっていった
人も多いし、陸のエリートさんも海のエリートさんも当時のこと話すときは武勇伝みたい


887 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:36:49 ID:abSLB8fZ0
>>885
そういうふうに印象操作するための施設だから。

888 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:37:15 ID:0BJNwcke0
>>877-878
ブームが起きやすい気質は昔から...ってことなんでしょうな。
国民が揃って強硬だったもんで、政府も軍部を引くに引けなくなったという話も
あるくらいでさ。”大衆ファッショ”というおもしろい言葉もある(藁)

>>880
徴兵されなかった国民を新聞が煽ってたってのもあるからね。(朝日もそうだぜっ!)
当時の大本営と報道機関の関係を書いた本もあって、なかなかおもしろい。

889 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:39:22 ID:qEDypO120
サンスポやゲンダイは東スポクオリティに近づきたいのかよw

890 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:43:16 ID:SWvvhn5C0
>>884
まあ、日本もある意味チョビ髭野郎のために行かされたようなもんだ。
ナチスの場合、10時間くらい訓練してようやく飛び上がれるようになった
だけの飛行兵を戦闘空域に投入しまくっていたが、戦果への期待度の
薄さと生還の望みの薄さの点では恒常的に特攻させられていたような
もんか。

891 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:43:33 ID:XkturO6vO
喜び勇んでって、煽られ杉だろ
そんで記者は煽り杉

892 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:45:24 ID:6KSq4OJe0
>>889
そりゃヒュンダイは東スポより下だからね。
サンスポはどうだか知らんが。

893 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:47:00 ID:EuvIsBGZ0
妄想だらけのおまえらに質問。以下のうちから選択せよ。

A)大戦の時代に生まれ「靖国で会おう」と言われ戦場に出征する。

B)今の時代に生まれる。

894 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:47:14 ID:0BJNwcke0
>>891
行く人はハツラツと出て行った人も多いみたいだけどね。当時は軍ってヒーローだったし
仕事するぜっ!って思ったひとも少なくない。もちろん、嘆き苦しんだ人も沢山いる。

だから片一方の視点のみでこういうプレゼンをやるのは危険なのだ。騙されちゃう人が
必ず出る。まあそれが主旨なんだろうけどさ。


895 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:47:27 ID:HiD1UoEpO
PTSDだっけ?ベトナムに行った米兵がかかるやつ。
日本兵でこういう話聞かないけど、やっぱ精神力と動機の純粋さだよな。たぶん。
喜び勇んでたからではない。士気を高めるために自らを鼓舞してただけだろ。

自国を事実に基づいて擁護するのは普通の事だよな。

896 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:47:59 ID:d7VmW75D0
日本の戦争が無益だったという前提で反戦平和を叫ぶ団体は、
将来の国を憂いて散った者を誇りに思う遺族の顔にツバを吐くようなものだ。

897 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:52:12 ID:CAGc8Y390
>自国を事実に基づいて擁護するのは普通の事だよな。

○ 国を愛する
× 国家体制を愛する 

コヴァの罠から抜け出せ


898 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:52:51 ID:SWvvhn5C0
>>895
今風に言えば、戦後の帰還兵の多くは無茶苦茶PTSDだっただろ。
いい目に遭っていた香具師、それなりに戦果を挙げた香具師は
それほどでもないが、フィリピン、インドシナからの帰還兵なんて
ボロボロ。

まあ、それでもキルレートが50:1くらいのイラク戦争でも戦争神経症
などとビービー泣きわめいているヤンキー共に比べればずっと
強靱だとは思うが。アメリカが日本みたいに本土を蹂躙された
すえに惨敗なんてことになっていたら、国ごと発狂してただろう。

899 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:54:39 ID:0BJNwcke0
>>895
戦後の混乱期にそんな優雅な診断なんぞしてくれるはずなかろ(苦笑)
まあ大混乱の中からの再生過程で、生きていくためにそんなこと気にしてらんねってのは
あったかもしれんね。

>>896
日本国への善意=他国への悪意、な。善意だけで英霊まんせーするのは、他国への悪意だけを
見て、日本軍を糾弾する平和バカと同じだと認識すべし。


900 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 08:57:37 ID:HiD1UoEpO
>>893
選べるんだったらBに決まってるだろ。
問題は不幸にもAの状況になったときにどうするかだろ。

日本にとって不利な証拠は日教組の先生様方から捏造も含めてミッチリ教わったからな。有利な証拠も見なさいよ。

でさ、頭のオカシイ国、あるだろ。攻めてきたらどうすんだって話。これからはな。


901 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:01:25 ID:EJBDe8rYO
この記者バカじゃないの?
心なさすぎ

902 :正確だった《大本営発表》:2006/02/04(土) 09:03:14 ID:H0sultIsO
事実を調べるとかなり正確だったことが判明する!

『沖縄陸上の主力戦最終段階 軍民一体の善戦敢闘三箇月
[六月]二十日敵主力に対し全員最後の攻勢 殺傷八万、撃沈破六百隻』【朝日新聞より】

☆米軍公表の損害☆
戦死者:陸軍海兵隊7613名、海軍4907名
同負傷者:陸軍海兵隊5万8千余名 海軍4824名
その他に戦闘神経症[PTSD]約1万5千名
艦船沈没36隻、損傷368隻
航空機の損失763機(約1500機とする資料もあり)
最高司令官サイモン・バックナー中将6/19戦死。


903 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:03:18 ID:koa0oPty0
>900
昔攻めて行ったのはどこの国だろう。

904 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:04:54 ID:5nlyZqpf0
>901
それが日刊ゲンダイ。そんなレベルさ。

905 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:11:35 ID:SWvvhn5C0
>>902
最後の全力出撃でその程度の打撃しか与えられなかったことが
悲劇をより悲劇的に見せるんだよな。戦闘機に巨艦致死量の
爆弾など積めるはずもなく、撃沈破の大半はレーダーピケット艦。
フランクリンは大破させたが、結局エセックス型空母は1隻も沈め
られなかった。

906 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:12:44 ID:9/uO5FGK0

子供を戦争に送りたい
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1127483044/

907 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:14:11 ID:j1znqHf+0
>>875
エルベ隊って体当たり専門に計画、教育、編成されたわけじゃないだろ。



908 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:18:22 ID:6Q8m+HFs0
これだけ毎日クソマスゴミに自虐的史観を強要されているんだ

日本に 「 た っ た 一 箇 所 ぐ ら い 」

靖国神社や就遊館があったってかまわんだろ?


909 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:22:32 ID:tispnb4Z0
>908 「自虐的史観」
この言葉がずいぶんお気に入りのようでごわすな
侵略は侵略だし、虐殺は虐殺、植民地は植民地・・・
事実は、事実として認識できないのは「史観」とも呼べない「創作」でごわす

910 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:39:52 ID:abSLB8fZ0
愛国無罪史観が好きなんだろ。

911 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:41:59 ID:wCov+LL00
考えてみたら、印象操作のためのレッテルである「自虐史観」がここまで浸透してるってのは凄いな。
自由の無い時代を賛美して自由主義史観ですか、おめでたいですね。

912 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:49:44 ID:0BJNwcke0
>>908
ああ、全然かまわないと思うよ。他人に迷惑にならん限り、靖国に自由だもんよ。
たださ、そんなとこに一国の指導者がノコノコ出かけて行くなよ...と。
戦後60年、先方が偏向してきたなら政府要人として対応を考えろよと言いたい。
国家の利害を代表してんだからさ。

913 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 09:52:53 ID:S6j8zKnk0
>>909
日本も
イギリスやフランスのように
劣等民族に文明の恩恵を与えてやったと
胸を張って言わないといけないな。

914 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:05:48 ID:NAYLixv60
>>909
「侵略」「虐殺」ってのもレッテル張りのための用語だぞ。

915 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:14:05 ID:93MlMJSl0
>>909
植民地ってどこのこと?
満州か?

916 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:25:36 ID:/mykQPes0
>>82
なんだそのアンカー。

急遽召集されたんだなw
お前は喜び勇んで任務を果たしているのかな?


917 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:27:33 ID:Esu0uHp80
昔は振り返らずに前へ突き進め!

918 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:30:01 ID:xQnzUg9H0
なんで神社に博物館みたいなの作ろうと思ったんだろうな。。
神社だけの方が雰囲気的にTHE日本!て感じでいいと思うけど。

919 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:34:24 ID:f2OaOsjq0
>>918は朝鮮人

920 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:35:41 ID:xQnzUg9H0
>>919
僕は生粋の日本人ニダー!!

921 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:43:44 ID:omqYQ2ee0
【靖国】遊就館


  ●〜 自慰的歴史観 〜●

      ヽヽ〃 /
       ヽ〃   プシュ!    
      ( _)
       | |  シコシコ・・・ シコシコ・・・
       | | /⌒⌒⌒ヽ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     /⌒ヽ⌒ヽ___   |  ∴ヽ  3  ) <誇り高き我民族、その歴史に一点の曇無し!あッ!うっ!
     /  ゝ      |
    /  _  ゝ___)(9     (` ´) )j
   /  丿ヽ___,.───|彡ヽ ―◎-◎-| ハァハァ…
  /   )           (   Y ̄ ̄ ̄ ̄)←つくる会・靖国・無職・ニート
 / _/           \____/



922 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:46:20 ID:9FeBZUOI0
意外とスレ伸びなかったな

923 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:46:48 ID:rRlhe+IK0
>>907
http://www1.mahoroba.ne.jp/~ple/t125.html

924 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:49:02 ID:jB8KaZoz0
>>922
ゲンダイだし

925 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:54:48 ID:6KSq4OJe0
>>893

妄想だらけのおまえらに質問。以下のうちから選択せよ。

A)大戦の時代に生まれ「靖国で会おう」と言われ戦場に出征する。

B)今の時代に生まれる。

C)中華人民共和国日本省に生まれ、去勢されて強制労働。


926 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:56:52 ID:sz5uqC8w0
兵器や遺品を展示するだけならともかく賛美するからダメなんだよな。

927 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 10:58:27 ID:d2RQ1qNT0
氏子のいない靖国神社は、戦死者その遺族が頼り。これからも戦場で散ってもらわなきゃ神社経営もジリ貧ということ?

928 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:03:06 ID:8jjBbSBO0
>>926
 お前よその国にある同様の「展示」をひとつも見たことないだろ

 一体どこの国に「謝罪や反省」を中心とした展示があるんだ?

929 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:16:52 ID:yQ3yrqsi0
ゲンダイフィルターで全て説明できるな。

930 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:18:40 ID:MoHh8i900
ゲンダイの記者、なんて恥ずかしくて世間に顔向けできないだろう。

931 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:20:33 ID:VpKaWMai0
>>930

合コンなんかの時は「俺はマスコミ関係者なんだ」で通すんじゃないの?


932 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:25:02 ID:0swVRJqr0
アメリカがイラクに侵攻するのに色々な理由を並べ立ててアメリカの正義を主張しているけど、
だからと言って兵士達が喜び勇んでイラクに向かってるなんて思った事がない。

ゲンダイの記者は想像力豊かなんですね。

933 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:39:39 ID:fos4Gh6b0
日本も当時は立派に列強の一員だったんだけどなぁw
ネトウヨは日本がよほどの弱小国家だと思いこみたいらしいが。
日本は中国などのアジア諸国に対してあくまで、帝国主義国家としてふるまったのであって、
それを実証する研究はいくらでも存在する。
西欧だろうが日本だろうがインペリアリズムはインペリアリズム。
ネトウヨちゃんのダブルスタンダードがもっとも無惨に露呈するのはそこだな。
日本のインペリアリズムだけはいいインペリアリズムってか?アホとしか思えんw

934 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:42:56 ID:Hx2K2KTS0
>>933
だがそれも、アメリカ様がご指導になった
中米の民主主義諸国やひりぴんの現状を見ると
「あー日本に占領されてよかった!」
と思えてくるから不思議だな。

万歳アリステッド大統領!!

935 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:43:59 ID:VHblIgE2O
バイト終わったら現代に電話して記者の名前聞いてみる。

936 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:44:05 ID:1o9ReEFB0
相手が言ってもいない
「誇り高き我民族、その歴史に一点の曇無し」
「―◎-◎-」
「つくる会・靖国・無職・ニート 」
を勝手に捏造する>>921はチョーセンやシナの犬畜生と同程度あることは分かった。
取り合えず>>921は死ね。氏ねとか市ねじゃねえぞ。死んでしまえ。

937 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:45:03 ID:NVoZ94Yy0
まあ、行った人もイロイロだろうな
立派な軍人さんもいれば変なのも混ざってた。
近所でつまはじきもんのDQNジジイが、戦争に行けば女も金も略奪し放題なんてDQNワードを振りまいていた。
なんであいつ捕まって裁判にかけられなかったんだろう。そうすれば近所も平和だったのに。
こういうヤツの素行が日本軍全体の評判を落としたんだと思う。

938 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:46:54 ID:fos4Gh6b0
>>934
アメリカ様にご指導されて世界第二の経済大国にまでのし上がった日本に住んでおきながらw
本気で笑えるんだけど。

939 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:47:22 ID:nTgIenQy0
>>933
その列強の座は石油も鉄も輸入できてこそなんだよ馬鹿

940 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:48:40 ID:IgmF0nnq0
なべつね発言と言いここんとこ支那から新聞各社に指令がでてるのか?

941 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:49:44 ID:QDgFYVM70
>>933
と言うより、中国自身が周辺の弱小国に対し【帝国主義国家】としてふるまったのだが?
そして、中国より日本の方が格上だったので、併合されただけで
それ以前は、漢民族が周辺蛮族に対し圧制を強いていた時代(現在も含む)が続いているだけで・・・

942 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:50:03 ID:Hx2K2KTS0
>>938
アメリカ様がご指導になって成功したのは
西ドイツと日本だけ、戦前からの先進国ですよ。
あとは死屍累々。
韓国も台湾も、アメリカ様が手を引いた後に
やっと繁栄してますよ。

943 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:50:13 ID:yrAV/z/v0
ゲンダイ Good Job!

944 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:52:17 ID:fos4Gh6b0
>>939
だから、しょせん「帝国主義国家同士の覇権争い」(>>939はまさにそういうことだろw)に対して、
アジア解放の聖戦だの、そういうキーワードをひっつけたがる
ネトウヨ君のダブルスタンダードを指摘してるんだよwまだ分からん?

945 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:54:05 ID:ZMP4Te5v0
この程度の異常な認識しか出来ないからこそ
ゲンダイの記者になれた

946 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:54:27 ID:YwXw9qW90
当時国家の為に生き死にしようとした日本人が、
国を守る為に喜んで戦争に行きました。



おいおい、何かモンダイでもあるのかヒュンダイ?

947 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:55:34 ID:nTgIenQy0
>>944
なんで両立しないと思うんだ?

948 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:56:15 ID:VpKaWMai0
>>944
ゲンダイの記事で義憤出来る、おめでたい人ですね(w


949 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:58:52 ID:cFcOiLxA0
日はとても列強とは言えない
米英独に比べて技術力も工業力も軍隊の機械化も明らかに数段劣っていた
最期は独の兵器の劣化コピーに頼ろうとしたが完成を待たず敗北

950 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:59:05 ID:CHlG/sPx0
俺の夢は事業を起こし、その収益の一部を靖国神社に寄付することだ。
できれば毎年億単位で。

951 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 11:59:05 ID:fos4Gh6b0
>>942
東アジアの奇跡などといって高い経済成長を見せ始めたのもここ20年ばかりのことですが…。
それも日本のご指導のたまものかwずいぶんと時間がかかるものだな
それに、>>942は結局、国民性や伝統といったものが経済発展に大きく寄与するといってるんでしょ。
南米やフィリピンなんて、あんないいかげんな国民性の国も少ないだろ。日本のODAも死屍累々だしな。

952 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:00:50 ID:im/oO0Lr0
日本は焦り過ぎたんだと思うな。領土は拡大するより維持する方が余程大変。

953 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:02:07 ID:1o9ReEFB0
>>937
人間としてのそいつの本質が、日本国内ではつまはじきものに、シナでは
悪行三昧に走らせたのだと思われ。2つの文書は逆接で繋ぐよりも、順接なんジャマイカ?

>>947
激しく同意。
>>944はいつの間にか帝国主義間戦争と人種差別戦争とが背反事象になってる。
(ダブルスタンダードとは背反する価値観の使い分け)
自分はそう思っている前提事象を他人が受け入れないで話をしようとすると
>>921のようにレッテル張りをするのは知的水準が低く人間として下劣な証拠だよ。
議論が成り立たないからここに書き込んでも意味がないw

954 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:02:39 ID:fos4Gh6b0
>>947
だって、大東亜解放の聖戦を認めるなら、合法違法に関わらずインペリアリズムによる植民地政策を「侵略」と定義せざるを得ないんじゃない?
ところが、日本も実際にそれをやってる。キミはどっちを認めるのw?

955 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:05:32 ID:pU850bJ80
戦争を主導したのは帝国陸軍大学校(陸大)卒の30代、40代の
陸軍省、大本営陸軍部所属のエリート佐官クラスで、バックには大
物中将、大将クラスがいた
本土決戦、一億総玉砕の主張も彼らによるもので恐いものなしの存在だった
陸大へ入学できるのは陸軍幼年学校でエリート教育を受けた英才達で
入学には知事の推薦が必要で、東大へ入るより遥かに難しい超エリートコース
であり、大将になるのが世の中で一番の出世と言われた時代であった

956 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:06:13 ID:fos4Gh6b0
>>954
人種差別撤廃なんてタテマエだったろw

957 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:06:23 ID:wsoAFNrq0
>遊就館を見る限り、兵隊さんは喜び勇んで戦地に行ったとしか思えない。

北朝鮮の人民も、「喜んで将軍様を讃えてますしね」w

958 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:06:35 ID:cFcOiLxA0
>>952
そのとおり
インドシナや満州などはさっさと捨てとけばよかった
なぜ三国干渉のときに遼東半島を捨てることができて、
ハルノートのときにこれらを捨てることができないのか
三国干渉の時だって勝ち目が無いと思ったから捨てたのだ
勝ち目がない相手から逃げるのは恥ではない、無謀な戦争を挑んで負けるほうが恥である

959 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:07:26 ID:CHlG/sPx0
>>954
侵略って独立した自治国家に武力侵攻することを指したと思うが、
当時の支那大陸は独立国家だったのか?


960 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:07:39 ID:4x+SU3M80
国家のために身を捧げるって建前と、でも死にたくないなあって本音は
普通に両立するじゃん。

961 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:07:51 ID:HNzeFY/50
支那戦線の支那軍にティーガ―重戦車が一匹紛れ込んでたら、
帝国陸軍のアレほどの活躍は無かったであろう。

962 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:10:11 ID:Hx2K2KTS0
>>951
20年、といえば、
円高で日本の工業界が海外進出始めた頃ですね。
あっという間、ではないですか。
それに戦前の日本統治時代てのもあって、
余所の植民地と比べて随分と工業化は進んでいたのですよ、
日本が撤退した後は自力で喰い潰したけど。

そもそも北朝鮮を見て
朝鮮人がひりぴん人より優れている、と思うのは
どうでしょうか?


963 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:10:37 ID:xj6hhb4MO
で・兵隊さんは喜んで戦争に行ってはいけないの?o(^-^)o

964 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:10:56 ID:gxhe3qb/0
>>956
全ての戦争にタテマエありますが何か

馬鹿ですか?

965 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:12:29 ID:lcrvnpgQ0
敗北は何も生まない。

大東亜戦争の正義についてなんかどうでもいい話で、
ただただ敗北に導いた指導者を讃えるのはどうかと思うだけだな。

966 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:13:07 ID:HNzeFY/50
帝国陸軍に、せめてパンター戦車並みのMBTが与えられていたら、
帝国陸軍将兵は喜び勇んで支那戦線への転属を希望したであろう。

967 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:13:26 ID:h1wk0y71O
「マスゴミ記事を見る限り、記者は喜び勇んで捏造を行ったとしか…」

968 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:13:32 ID:6KSq4OJe0
>>952
今にして思えば、ハルノート逆用してアメリカを中国という泥沼に
引きずり込めたかもしれん好機でもあったんだよなあ。
まあ後知恵だからなんとでも言えるわけだけどさ。

日本軍の支那・仏印からの無条件撤兵を認める代りに、
日本と大陸の日本人の安全を保証するためにアメリカ軍の派遣汁、
とか言ってたら、アメリカは乗っただろうか?

969 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:13:35 ID:0OM1DeNb0
戦後の自虐的な反日義務教育と、マスコミによる左翼思想的偏向報道に騙さ
れてませんか。

オランダ  サンティン・アムステルダム市長 (1994年内務大臣)
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦
したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から
追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の
功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。自分
をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」

タイ  ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産
して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南ア
ジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であ
るのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して
重大決意された日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床
に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」

マレーシア  ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。敗れ
て逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞ
れの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教
育をおこなってくれたのです。」

970 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:13:47 ID:im/oO0Lr0
極東ローカルで戦っていて連戦連勝。でも強い相手とやれば負けるでしょ。
ノモンハン事件のときにそれに気が付けば避けられたな。

971 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:13:58 ID:CHlG/sPx0
>>965
お前、日本人じゃないな。
その考え方は支那人そのものだ。

972 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:14:55 ID:MX4RE6Mr0
>965
そうかい?身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれだぜ。

973 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:15:18 ID:9pSHeObd0
>>893



正直、おいしいご飯が毎日食べられて、銃で撃ち殺される心配も無い時代に生まれたのは
怠け者な私としては、宝くじ100回当たるより奇跡に近いラッキーだと思っている。

ただ、どの時代に生まれるかは、運の問題なので、Aの時代に生まれていたかもしれない。

仮に、毎日爆弾落されて、愛するものが撃ち殺されまくる状況に置かれても、
どうせ薄汚い私のことだ、戦時中は適当に「非国民だー」と戦争に行かない人間を
煽りつつ自分は安全圏を探そうとし、戦後は戦後で、「米国万歳」とか
きっと抜かしていたに違いない。

せめて、この安楽椅子な時代に生まれておきながら、いろんなものを守る想いを背負って
戦った人たちを貶めることだけはしないようにしたい。

974 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:17:03 ID:0OM1DeNb0
インドネシア  ブン・トモ 元情報相
「日本軍が米・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。我々は白人
の弱体と醜態ぶりをみてアジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。一度
持った自信は決して崩壊しない。そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、
我々がやらねばならなかった。そして実は我々の力でやりたかった。」

         サンパス 元復員軍人省長官
「特にインドネシアが感謝することは戦争が終わってから日本軍人約1000人
が帰国せず、インドネシア国軍と共にオランダと戦い、独立に貢献してくれたこと
である。日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を贈っている
が、それだけですむものではない。」

マレーシア  ガザリー・シャフィー 元外務大臣
「日本はどんな悪いこ事をしたと言うのか。大東亜戦争でマレー半島を南下した
時の日本軍は凄かった。わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、我々にはと
てもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。私はまだ若かったが、
あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。日本は敗れたが英軍は再び取
り返すことができずマレーシアは独立したのだ。」

975 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:18:17 ID:NVoZ94Yy0
>963
別にいいんじゃないの?
それに靖国は元々兵隊の士気を鼓舞するための政府機関だし。

976 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:19:39 ID:9NvRBbqkO
>>966
マキシマム・バスター・タイフォーン?

977 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:19:49 ID:nTgIenQy0
>>954
台湾の例をみるまでもなく日本の植民地は豊かでしたからw
国民党軍が台湾にやってきたとき台湾人は弾圧されまくって日本が抑圧してなかったんだとしみじみ理解できたでしょう
抑圧されてないのに開放とは?
欧州の植民地は食料生産の制限をして餓死者をだすのがデフォの抑圧されっぱなし
欧州からアジア人を解放し独立させかってに防衛をやってもらい資源も日本が買うことで列強から転落しなくてすむと当時は踏んでたんだろう

978 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:21:10 ID:CHlG/sPx0
>>975
靖国を冷静に「政府機関」と言えてしまう人は、自分の生死に対するリアリティを
失っている気がするね。

979 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:21:23 ID:gn5AdK/BO
男同士のケンカもしたことがないどころか他人と目を合わせて話すこともできんオタクボクちゃんたちがこういうところでは勇ましくなっちゃうんデスネ
勇ましいこという奴は本気で調べで徴兵してもらうことにします
覚悟シトケ
戦争の狂気が想像できん坊やたち

980 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:22:17 ID:eugSxuL30
ゲンダイの記者なんてこんなもんでしょ

981 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:22:52 ID:qkcgN7Ge0
>>974
なんだ金出して書かせても世界中にインドネシア2人とマレーシア1人の
計3人しか日本の味方いないのか。
やっぱな。w

982 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:23:27 ID:1o9ReEFB0
>>954
大東亜聖戦の目的は戦争中から存在したが、欧米はそんなものを一切認めていない。
一方帝国主義による植民地政策などという考えは戦後しばらくたってからのもの。
当時は露骨に利権の侵害といっていただけだ。(それは帝国主義などという
ものとは関係ない)
ゆえに片方しか存在しなかった両者は当時から背反になるわけがない。
確かに日本の上層部は建前としての認識だった奴が多かったかもしれないが、
圧倒的多数の日本人は軍や政府の振った旗を信じて戦を戦ったのは事実だ。
(例えるなら、今われわれが豚や魚を殺して食っているが、1000年後の人類はバイオ
リアクターででんぷんを直接生成し、たんぱく質も直接培養、調味料なども
すべて合成して調達することで生物を本当に殺さない社会ができているかもしれない。
そういう時代から見るとわれわれはとてつもなく残虐に見えているかもしれない。
今目に見えている現実世界をあるがままに受け取るだけではなく(そんなことは
子供でもできるんだよw)、さらに他の時代からどのような見えているのかを
ちゃんと想像できないと、歴史の議論をする資格はないだけでなく発言に何の意味もないのだ。)

戦後こうした事柄はGHQやマスゴミによってことごとく否定され、人々も
洗脳されたからな。戦前の時点でよほど強い自我が形成されていた、現在90代以上
の人でかつ自分に嘘をつかず当時を覚えている人でない限り、
本当のことを言う人はいないだろう。

983 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:23:29 ID:S5QZBn5xO
残された遺族の記した手紙や奉納品等を展示するコーナーや、
東条秀樹の遺影は、他の戦没者の遺影と一緒くたで掲示されている事などスルーか。
編集理念や偏向報道ですらない、悪意満載の記事としか思えない。
朝日辺りで使えない記者達が回送されて成り立ってるんだろうな>ゲソダイ

984 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:24:53 ID:qkcgN7Ge0
東条秀樹なんかペット霊園で充分じゃね

985 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:24:54 ID:Hx2K2KTS0
>>981
クソウヨが金出したのかしらんけど
この間
ベトナム独立に功のある老将軍が
ベトナム独立運動に、旧日本兵の貢献が大であった
と言ってたぞ。

986 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:25:52 ID:6KSq4OJe0
>>981
【中国】英BBCアンケート「世界に悪影響及ぼす国家は?」★2[02/03]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1139017142/l50

987 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:27:02 ID:qkcgN7Ge0
>>985
おお4人目がでたのかよかったなw

988 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:28:21 ID:6KSq4OJe0
>>987

Global Poll Finds Iran Viewed Negatively
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/articles/home_page/168.php?nid=&id=&pnt=168&lb=hmpg1
http://www.globescan.com/news_archives/bbcpoll06-3.html

グラフ:
全体図
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/articles/home_page/168.php?nid=&id=&pnt=168&lb=hmpg1
http://www.globescan.com/news_archives/images/overview.png
中国の評価
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/images/feb06/ViewsCountries_Feb06_grph4.jpg
http://www.globescan.com/news_archives/images/china.png
日本の評価
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/images/feb06/ViewsCountries_Feb06_grph7.jpg
http://www.globescan.com/news_archives/images/japan.png


989 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:29:00 ID:1o9ReEFB0
>>957
北朝鮮が問題なのは国民そのものが不自由をしているからではなくて、日本人を
拉致レイプして子供を生ませたり、核兵器で日本人を皆殺しにしようとしているからだ。
日本に対してそのような事を一切行わずそれなりの経済交流があり、日本人も
まともに扱われるなら
(独裁国家との正常な国交と国益の確保は難しいというか、ありえないだろうが)
チョーセンの中で誰が崇拝されようが知ったことじゃない。

というか、おまえってさ、他人の家の中まで自分の規則押し付けるタイプだろw
いるよな、お前みたいなすごい不愉快な奴。

990 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:29:13 ID:cFcOiLxA0
そもそもなぜ敗戦を美化できるのか、そのような精神構造がまず理解できない
勝った戦争を美化するのは普通だ
しかし負けた戦争では徹底して指導者・責任者を追及・弾劾し敗戦原因を徹底解明し
反省し二度と負け戦をしないような国作りをしようというふうになるのが普通の反応だ
ところが一部のものどもは
「あのとき対米開戦の判断をしたのは仕方のないこと、やむを得ないこと」などとほざく
そして指導者のミスのために無駄死にした若者を
「圧倒的な敵に命を投げ出して立ち向かった勇士」などと美化し、醜い真実を隠す
仕方がないとは何だ?後先考えずに圧倒的な力を持つ国相手に戦争に突っ走り
空から焼夷弾の雨が降り注ぎしまいにゃ原爆が降ってくることが
仕方のないことなのか
こいつらにとって戦争とか人命とか国家とはその程度のものなのだ
そんなのに日本を正しく導けるわけがない

991 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:29:33 ID:5nlyZqpf0
植民地獲得が「善」とされた時代があったことを忘れないように。
こうした価値観は時代によって変わる。今の価値観で往時を専断するのは
どうかね。欧米各国の歴史をちゃんと読めば見方が変わる。
韓国は中国追随主義だからね。彼らの価値観には中国>韓国>日本という
意識が潜在している。中国の文化を伝えてやったのはオレたちという
認識がある。格下に見ていた日本にしてやられた、ってのが我慢ならんのよ。


992 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:29:44 ID:qkcgN7Ge0
>>986
なんか意味あんの?今の調査が
その調査糞東条なんかを否定した日本のイメージでしょw

993 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:30:14 ID:MX4RE6Mr0
>979
狂気ってのは今の甘い時代にのんびり暮らしてる人間の価値観だよ。当時の人間は
狂っていると嘲笑されようがただ食うか食われるかの帝国主義の世界で生き残るのに
必死だっただけ。

994 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:30:33 ID:CHlG/sPx0
>>991
そうだな。
朝鮮でさえ、支那帝国に与えられた蔑称なのに、有難く拝領した。

995 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:31:25 ID:6KSq4OJe0
>>992
>>981

ハイハイカネカネw

996 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:31:36 ID:nTgIenQy0
>>981
反日と言われているフィリピン人も日本がアジア独立のために寄与したと思っている
教科書にも書かれている
フィリピンはアメリカから独立が約束されていて日本軍が開放する必要が無かったのにも関わらずだ
まさに戦場になった損
もちろん日本軍がやった残虐行為も教科書に書かれているが、それでも日本のアジア開放の戦争という側面では日本を評価するのは
アジア人が日本をどういうふうに見ていたかがよくわかる

997 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:31:46 ID:irDXjpn20
>>990
反省するには考えなきゃいけないだろう。
日本人は考えるのが嫌いなんだよ。
だから「あの戦争は良かった」で問題なし。

998 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:32:21 ID:qkcgN7Ge0
>>993
にのんびり暮らしてるのは「お前だけ」

999 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:32:22 ID:HNzeFY/50
日本は、だらしが無く無気力で、白人の奴隷になるだけの極東亜細亜人どもに
喝を入れるために我が身を粉にして働きまくったのだ。
蚕食されまくりだった支那に、19世紀〜20世紀の亜細亜に関してグダグダぬかす権利など無い。

1000 :名無しさん@6周年:2006/02/04(土) 12:32:40 ID:1o9ReEFB0
勝利宣言w

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

310 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)