5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Holocaust】イラン大使がナチスによるホロコーストに疑問 ポルトガル外相が「歴史の歪曲」と声明★2

1 :バッファロー吾郎φ ★:2006/02/17(金) 16:25:59 ID:???0
★ホロコーストに疑問呈す イラン大使
 【ロンドン16日共同】リスボンからの報道によると、イランの
タヘリ駐ポルトガル大使は16日までに、ナチス・ドイツによる
ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)に関し「(殺害されたユダヤ人)
600万人の死体を焼却するには15年かかったはずだ」などと述べ、
疑問を呈した。ポルトガルのラジオのインタビューに答えた。

 これに対し、ポルトガルのドアマラル外相は声明を出し、発言は
歴史の歪曲()であり「受け入れられない」と同大使に伝えたことを
明らかにした。
 イランのアハマディネジャド大統領はホロコーストの存在自体を否定。
大使は大統領見解を補強しようとしたとみられる。

共同通信 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006021601000981

2 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:26:16 ID:oxCtAyba0


3 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:26:20 ID:MDhuc66v0
http://hccweb1.bai.ne.jp/aniki69/NewFiles/2get.html

4 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:28:44 ID:2zOitxn40
()

5 :バッファロー吾郎φ ★:2006/02/17(金) 16:29:06 ID:???0
前スレ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1140070206/


6 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:31:05 ID:nVSjDB6a0
では実際にホロコーストの検証をしてみましょう。

7 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:31:22 ID:AwtpX9KV0
調べてスレ落ちが悔しいのでコピペしとく。スマン

>>956
そりはT4計画のことを言ってると思うんだけど、一部でそれは事実らしい。

>>942
ホロ、と言える規模かは疑問だが、ポーランド、ロシア領内の虐殺の報告はある。
ナチ、といっても「SS特別行動隊」の任務なんだけど、2日で5000人を殺害した、
という報告はある。ここで重要なのは単に皆殺しではなく、ドイツ人気質のせいか細かく
報告する習慣がある。たとえば1941年9月1日と2日に行われた報告は「1289人のユダヤ人男性、
2038人のユダヤ人女性、817人のユダヤ人児童、8人の共産主義者、9人の共産主義者女性を
殺害」とある。個人的、感情的な殺害は報告好きドイツ人は好まないんだよね、組織的で計画的が
ナチスのしきたり。

あと強制収容所の所員の数なんだが、1937年当時は

 ダッハウ  121人   ザクセンハウゼン 111人  テューリンゲン 120人。

大体一箇所100人前後、アウシュビッツは隣にI.G.ファルペン(化学薬品)の工場があり
囚人を「借りて」操業していた。アウシュッビッツ、ザクセンは精肉工場が、ルブリンでは
パン工場が、これら囚人はSSの管理下にあり、SSブランドの「Apollinaris」は
ドイツ全土のミネラルウォーターのシェアの70パーセントを占めている。

この資料は無差別的な殺人は行えない、囚人こそ労働力、という図式を示すと思う。
過労死、病死はもちろんあり、その条件は過酷なのは分かるが、600万人はホロではなく
ホラだ、ということができる。


8 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:33:02 ID:DTHhaxxW0
まあここらで学術的に検証したほうがいいんじゃないの。


9 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:33:45 ID:241n/h9n0
証言だけでホロコーストや南京大虐殺が認められるなら、
日本も何か捏造して証言者を増殖すればユダヤみたいに世界を乗っ取れるぞ!。
反日教育みたいに学校の教科書に載せて教育すればOK。

10 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:34:57 ID:FZTuvDfo0
   |:;:;:;:::::i    ミィ`テ:;';';'ヽ、          ./'":;';'ヽヾシ       i:/  /;:;:;:;:;:|
    |;:;:;::::::i     ヽ,,ヽ●ノ__ヽ        ,イ.. ヽ●ノ-´`     i__/;:;:;:;:;:;:;|
    .|;:;:;::::::i      ~ ........ `      ::    .........         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
    |;:;:;:;:;:;i                              i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
    .|:;:;:;:;:;:i                             /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
     |:;:;:;:;:;:i         ..        ..            i :. .: :`ー、:;:;:;:|
     |;:;:;:;:;:;i       ,  (      .::. ) ヽ         i:. :. :. .  \;:;|
     .|:::;:;:;:;:;i     ノ    ‐●   ●-    ヽ 、     /|:. :. :. :.  |:;:|
      |:::;:;:;:;:;ヽ    :: _   ∪`ー' ∪    ___,  ;  / |:. . :.}     |;:;\
     /::::;:;:;:;:;:;:ヽ     ヽ:ー-、..__||___,,..-‐:'/     / .:|:. :.:/     |:;:;:;:\
     /::::::;:;:;:;:;:;:;:;ヽ     | /└|__|__|└\.../      /  ..:|:. :.:/     |:;:;:;::;:;:\
    /:::::::;:;:;:;:;:;:;:;/ ヽ    ∨         ∨     / ..  :. ヽ/      |;:;::;:;:;:;:;:::ヽ
   /:::::::;:;:;:;:;:;:;:;:/   ヽ   |,,,,/⌒ | ⌒\,,,,.|     /.. :. .: /       |;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::
   ::::::::;:;:;:;:;:;:;/      ヽ  .|    | .   .  |   / .. : : /       |.
        /       |  |    .|    . |   / :. : : /        |.
       ./         |  \    |    . ノ  /  .  : :/         |.
       /         .|  |    |     |  |    :. /          |.
                |  `ー、_:_.| ::  /  /
                ヽ   ヽΠΠ/  /

11 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:35:19 ID:BBOeXCZ70
歴史捏造には必ず左翼が絡んでいる。

12 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:36:35 ID:bN/f7VAW0
イラン大使が言うと真実みがなくなるけど

ほんまのことやからね ホロコーストが捏造なのは

13 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:38:00 ID:DTHhaxxW0
寄って立つマルクス主義そのものが嘘だから左翼というのは嘘と暴力でないと
持たないのよね。
ユダヤ人問題については日本人が、南京虐殺についてはイギリス人あたりに
検証してもらうのが客観的でいいと思うが。

14 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:39:15 ID:5r5V9Kz70
ポルトガルは南米で何したか考えろ

15 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:41:03 ID:AN/zWVDe0
ちなみに前スレで収容所の多くがポーランドやソ連にあるとされてますが、
とりあえず私の手元の理科年表によればポーランド(首都ワルシャワ)の平均気温は、
冬は札幌並み、夏は札幌より涼しいという気温の動きのようです。
もちろん平均気温と一日のうちの最高気温とは違いますが、
一番高い時期の平均気温が7月で18度未満というのでは、
チクロンBをガス室に放り込むだけで5分(夏)〜15分(冬)で毒殺、というのは難しいでしょう。

参考:チクロンBの主成分・シアン化水素の沸点=25.7度

16 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:41:05 ID:HRD4GPbE0
>>9
いまちょうど民主党の永田せんせいが実行中です。

17 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:41:10 ID:74A1cvP40
>>1
「holocaust」と定冠詞付の「the holocaust」を区別して欲しい。
前者が大量虐殺で、後者がナチスによる大量虐殺だ。

18 :7:2006/02/17(金) 16:42:58 ID:AwtpX9KV0
ドイツの創ったWW2映画「スターリングラード」の中にも
「報告書を出せ!」というシーンがある、ドイツ空軍の撃墜記録が
異常に高いので戦後、調べたところ「複数の証言で始めて撃墜が記録される」
ルフトバッフェのマナーがありその記録の精度は非常に高い、と賞賛された。

「報告」「記録」がドイツ人気質であり、ヒトラーの命令文はほとんど残っているのに
収容所での虐殺命令の文書がなぜないのか?漏れはここに疑問を感じる。
600万人殺害は一大プロジェクトであるのに・・・

19 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:47:55 ID:BBOeXCZ70
ここでインチキが暴かれている
http://www.shiojiri.ne.jp/~side8/uso.html

20 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:51:46 ID:ErZxibELO
歪曲なら科学的な反論をどうぞ。

21 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:52:24 ID:7QMQaQek0
て言うかここもネオナチばっかだよねぇ?
中立的な立場によって書かれたモノじゃ無い限り信憑性なんでどうにでもなるでしょ?

こうして日本でもヒトラー人気が盛り上がって行くんかね?
ネオナチがみんなホロコーストを肯定してるとでも??
現在のドイツで堂々と大手を振って歩いてるネオナチ君達が大勢いるのはなんでかね?
ナチスが悪い事をしたなんて思っちゃいないよ。
「よそ者は出て行け!」って事でしょうに。

22 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:52:29 ID:lSdlRiZM0
>>18
いざ連合国にバレた時に備えて、最初から必要最低限の書類以外は作成しないように細心の注意を払っていたって聞いた。
少なければ少ないほど証拠の隠滅も簡単だし。

一大プロジェクトというものは極秘であればある程、表沙汰には出来んものですし。

23 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:55:27 ID:Jj3RzMulO
ようわからんけど歴史は勝者が紡いでいくことだけは確か

24 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:57:17 ID:BBOeXCZ70
又、日本では全く報道されていませんが、一部の
心ないユダヤ人(シオニスト過激派)たちが、「ガス室」の存在に
疑いを投じる人々に暴力を加えると云った事件も多発しているの
です。その一方で、「ガス室」の存在に疑いを投げかける人々は、
近年増え続け、その中には、ユダヤ人も含まれている事に注目して
頂きたいと思います。そもそも、「ガス室でユダヤ人が殺された」
と言う話に最初に疑いを投げかけた歴史家や知識人は、レジスタン
スとしてナチスに抵抗した人々やユダヤ人だったのですが、この事
が余りにも知られていません。

25 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 16:59:40 ID:pkKrreqK0
>>22
聞いた。
だし。
ですし。

出所不明な伝聞に類推2つ

0点

26 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:00:22 ID:7QMQaQek0
ここのホロコースト否定派はナショナリズムに対してはどうなのよ?

肯定?
否定?

27 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:01:45 ID:63JjBNjh0
>>22
最小限と言ったって国家プロジェクトみたいなものだから
トップから末端までの連絡に必要な書類だけで
相当数に登るはず。

1枚も発見されてないってのはおかしいよ。
他の書類に関してはトン単位で見つかっているのに。

28 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:01:48 ID:5vsngKuP0
                   ,へr‐r,、 \. |//
      .,,,-‐'''" ̄ ゙゙゙̄''''ーi、,/  .,,ゝ `\_,* .─ -
    .,/゛    _,,ぇ_  .r‐''ミヽ/     //| \
   ,,i´     .,,r・"  "┐゙l、 ゚i、`ヽ      / i  ヾ
  ./`     ,r″     .゚!、`"''"  ゙i、
.,,ii″    <、B O M B `>      'liii,,,
,lll°     ゙'L     .,ノ゜       'lllllll
llll、       ゙ヽ,,_ _,,,r‐"       ,lllll!′
.,lli、   M O H A M M E D    .,illll゙
lllllli,、     ,,/'"゙゙゙"'ヽ、       ,illlllll  TORINO 2006
.゙!lllllii,, ,,,/` i、,r   `'ヽ,、   ,,iilllll!!゙′
 .゙゙゙゙゙゙リllliiiiiiiiii,,l゙ ],,iiilllliiiilll!l。゙'i、,,,,iillllllト  FORZA DENMARK !!
   ,,i, ゙゙!!!l!!!l! .,'゙゙lil゙!!!!゙゙  .,,,illl!!!!゙゙`
   ,illlll≪・≫] |.≪・≫  !lllll   http://www.geertwilders.nl/images/stories/m6.jpg
  .lllllll!゙゙~~~ |  .,!、~~~ ,iillllllllll,、
  ,lllllllii,,,,,,,|r|,,,iiiillii、   llllllllllllll  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゙llllllllllllllllllllll゙!!!lllllli,,,,,,_,,llllllllllllll  |  デンマーク頑張れ!!
   lllllllllllllllll!′  _,,!!!!lllllllllll゙゙゙` <
   ゙!llllllllllll,,,,~¨',""`,,,,iii!!!!!!゙    |  ホロコーストなど無かった!
    `゙゙゙!!!llllllllllllllllllll!!゙゙゜       \_____

29 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:01:55 ID:5apkfMll0
明るい


しか思わないね!

30 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:02:22 ID:pkIh/ger0
>>23
歴史を見ればわかるけど、戦勝国側が自分等の行為を正当化するために様々なプロパガンダやるからな。
尾ひれがついてる可能性はある。
最近のイラク戦争でもアメリカもイラクもプロパ合戦あったし


31 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:03:26 ID:pkKrreqK0
>>26

非論理的、非科学的で感情的な歴史認識は「危険な」ナショナリズムに繋がると危惧する。

32 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:04:26 ID:pO+jMDub0
とりあえず>>1のやり取りだけでは
イランの方が論理的だな

33 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:05:22 ID:7QMQaQek0
日本に於ける在日差別と同じように、いやそれ以上の感情として現在のドイツではユダヤ差別が常識化してるのをどう思うかねぇ?

34 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:06:01 ID:5apkfMll0
そもそも核開発して何が悪いのかわからんよね。

単なる押し付け、力がある国がやってるから正当化してるだけだわ。

国際法(笑)的には適法だろうね。

35 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:06:04 ID:AN/zWVDe0
>>33
>日本に於ける在日差別
具体的には?

36 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:08:15 ID:/12KrHmDO
>>33
嫌悪されるにはそれ相応の理由があるだろ?
ドイツの現状はしらんが日本としては、隣見りゃなんとなくわかるよな?

37 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:08:33 ID:OBIXhEH60
日本にはほとんど使われていない伝家の宝刀「被爆国」という
カードがありますが、これっていわゆる世界標準だと被害者は何人位?
中華標準にしたら被爆者1000万人超える?

38 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:08:46 ID:pkKrreqK0
>>35

ID:7QMQaQek0は生活保護を削られそうなんだろw
働け、クズ。

39 :7:2006/02/17(金) 17:09:35 ID:AwtpX9KV0
>>22
一理ないこともないんだけどね、苦しいなw
では強制収容所はSSのどこが管理していたか?答えは「SS経済・管理本部」
なんだよね、たぶんほとんどの人が「絶滅収容所」と「強制収容所」がゴッチャに
なってると思う、
 「絶滅」の方は1939年に「安楽死計画」としてブラー、ブラント博士が
任命され、「帝国委員会」「帝国作業委員会」が置かれその施設のあった
建物の通りから「T4計画」と呼ばれ、いくつかの収容所は「絶滅収容所」と
指定されたが1940年に偉い司教さんの反対で(!)この計画は中止になってます。

 なに?このT4計画を進めたナチが、「特別行動隊」の報告を残す連中が
なぜに600万人殺害の資料を隠匿するのか、理解に苦しむw

40 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:09:40 ID:7QMQaQek0
在日差別については先日テレビの記者会見で小泉さんが認めてたぞ??
そもそもドイツ人と日本人は気質が似てると言った事は昔から言われてる訳でさ。
戦前から言われてる。
選民思想や鎖国的な考え方。良く言えば真面目な職人気質か。
だがさ?
自給自足も出来ん癖にそんなんだから恥ずかしい訳だね。

41 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:09:44 ID:OeoqHSa50
連合国は、ドイツ人に拷問を加えて「自白」を得ていた。
        ↓
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-12.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-13.html

こんな「自白」を信用できるか。

42 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:11:45 ID:AN/zWVDe0
>>40
それこそ「言った」と言うだけで具体性の微塵も感じられませんね。

43 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:11:50 ID:YLf/K0rZ0
>前スレ998
>死刑執行記録なんて特殊な事例で危険物データブックに記された致死量を覆せると?

死ぬのに最適な環境下での話しですが

44 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:12:20 ID:OeoqHSa50
ガス室で殺された死体は一体も発見されていないし、
処刑用ガス室の設計図も発見されていない。

今日、アウシュヴィッツで「ガス室」として公開されて
いる部屋は、それらの設計図上、病死者などの死体を
安置する霊安室として設計されていた事がわかっている。

実際、あれらの自称「ガス室」からは、そこが真実
ガス室だったなら、検出されるような高濃度のシアンは
全く検出されない。


45 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:13:44 ID:DTHhaxxW0
ガス殺害者の遺体解剖はあるのか?死因が一番はっきりするだろう。


46 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:13:47 ID:x2IOn8OM0
ふと思ったが、小林よしのりが次にハマりそうなのは、ホロコースト無かった説
あたりじゃなかろうか。西洋社会のタブーに電波が向いているから。

47 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:14:02 ID:pkKrreqK0
>>40
総理の言葉は将軍さまの言葉じゃないから鵜呑みにしなくて良いんだよ。
まだ理解できないかもしれないけど早く馴染んでね。

48 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:15:18 ID:OeoqHSa50
戦後、連合軍がドイツで押収したドイツ政府文書の中に、
ヒトラーなどが「ユダヤ人絶滅」を命じた文書は、一枚も
発見されていない。

又、当時のドイツ政府が、そんな「絶滅計画」に予算を
計上していなかった事も明らかに成っている。

「ユダヤ人問題の最終的解決」とは、戦後、ユダヤ人を
ソ連領内に追放する計画を意味する言葉だった。それを
戦後の「歴史家」たちが、明らかに政治的理由から、
「絶滅」を意味する言葉ででもあったかのように宣伝
してきた。

49 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:16:55 ID:pkKrreqK0
ガスなんて、危険で扱いの厄介なものを流し込まなくても水を満たせば幾らでも殺せるじゃん。

50 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:18:41 ID:frhDxPN7O
>>40
日本には欧米みたいな差別はないがな
得に戦前は
天皇の下は平等はの「八紘一宇」の考え方だからな
一時、最強のドイツに逆らってまでユダヤ人助けたし


51 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:18:59 ID:waNBm55G0
>49 ゴルゴってあったな

52 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:18:59 ID:q8fWHhZc0
ヒトラーの父親がユダヤ人な件について・・・・。
ヒトラー自身がユダヤ人から資金の提供を受けていた件について・・・・。

53 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:19:22 ID:/12KrHmDO
>>49
体積増えちゃって益々処理に困るお

54 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:19:33 ID:ePrX4Cdi0
>>43

死ぬのに最適ってなあ……
ガスが出てくるのが分かってるというのはかなり特殊な環境だと思われるし、
じゃあ致死量が270ppmって書いてあるのは何なの?

55 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:20:14 ID:7QMQaQek0
ていうか俺はホロコーストが実際にあったかどうかなんてどうでも良いわ。
一人の人間さえも殺されてない訳はねぇべ??
で、それはナショナリズムに起因しちょる訳だべ??

敗戦国が良いように歴史を捏造されるのは歴史の常。
そんな事よりも恐ろしいのは選民思想やら勝手な妄想で人の死因や命にランク付けをするお前らですね。

人の上に人を作らず人の下に人を作らず。
良い言葉だ。
右も左も思想の統一を迫られる点で同じだからな。
気を付けた方が良いよ。マジで。


56 :7:2006/02/17(金) 17:20:45 ID:AwtpX9KV0
文書がないのはおかしいな、漏れもだいぶおかしいがw
600万人ヤル、となればSSの領域、司令官は誰で、1ヶ所に100人しかいない
所員を増やす計画、埋葬の計画、殺す計画、これらをすべて「SSだけで」
やらないといけない、しかも「経済本部」がそれを許すとは思えん。
占領地域が日に日に無くなっていくなかで、どこから労働力を持ってくるのか?
経済総局第1部は「レンガ」を2部は「セメント」を3部は7に書いた水や食料だ、
まぁ6部まであるんだけど、兵員、労働力の不足にあえぐ中でホロを実行するのは無理。
ヒトラーが出した計画は「ネロ計画」だが、シュペーアに拒否られているw事実がある。


57 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:21:22 ID:DTHhaxxW0
>敗戦国が良いように歴史を捏造されるのは歴史の常。
これ、第二次世界大戦以外では思いつかないんだが。

58 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:24:13 ID:pkKrreqK0
>>53
ブヨブヨになるまで放置せんでも、10分も漬けとけば逝くだろ。


59 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:24:19 ID:ttck/ll70
なんでそこでポルトガルが出てくるんだ?

60 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:24:33 ID:20U4erjV0
水で満たすとか言い出してるバカ、そんな水圧に耐えるドア持った施設が
どこにあったのか見せてみろ、な?

61 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:25:23 ID:7QMQaQek0
>>57
ばかだな。
どうやってそれを証明するっていうんだよ?
未だにキリストが白人だったのか?やブッダは実在したのか?
やら全てはミステリーじゃん?
疑問を示しそこにソースを求めてみりゃ実証なんて出来ないわ。
捏造資料と言えば全てが捏造資料だからさ。

62 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:25:59 ID:/12KrHmDO
>>58
それもそうか、スマン

63 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:26:20 ID:znukwP3C0
>55
>人の上に人を作らず人の下に人を作らず。

はい、ダウト。その言葉は  福  沢  諭  吉  が完全否定してるよ。
「人には能力の優劣があってそれによって生活レベルが違うのは当たり前。
 努力して学問修めて勝ち組にならないととえらいことになるぞおまいらwww」
というのが「学問ノススメ」の要旨だよ。

64 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:26:39 ID:pkKrreqK0
>>60
読解力がないのねw

65 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:26:56 ID:frhDxPN7O
>>55
わかってないな
こけであった派が語っても
個人的な発言
今まで絶対ない派社会の超サヨク思想が異常
なんでも疑うは善い事だ

66 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:27:49 ID:AN/zWVDe0
>>55
>選民思想やら勝手な妄想で人の死因や命にランク付けをするお前らですね。
誰かそんなことしてますか?

67 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:28:26 ID:7QMQaQek0
>>55
ネオナチ君のしっぽ捕まえた〜

ハッキリ言ってそんな世の中はゴメンです。
以上。

68 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:28:33 ID:u58FkA1O0
イラン大使がホロスコープに疑問と聞いて来たのですが。。。


69 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:28:35 ID:QOq3RVnG0
>>64
何言ってんのお前?

70 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:29:34 ID:znukwP3C0
>67
よし、釣られてやる。自己レス乙

71 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:30:51 ID:DTHhaxxW0
大量殺人ならやはり中国に学ぶべきだろう。万人坑だっけ?
効率的な大量殺人ね、がけの上から突き落とす?首吊り?銃殺?

72 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:31:07 ID:frhDxPN7O
>>63
そうゆうの差別じゃなくて
区別じゃないの


73 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:31:10 ID:5apkfMll0
オシロスコープ?

74 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:31:44 ID:pkKrreqK0
>>69
え?説明してあげないと本気で分からないの?


75 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:32:36 ID:20U4erjV0
>>58
なに? 上にハッチがついてるような貯水タンク状のものがあったって事?

76 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:36:51 ID:YLf/K0rZ0
>>54
>ガスが出てくるのが分かってるというのはかなり特殊な環境だと思われるし、
そうですね、なるべく吸わないようにするでしょうね
それでも10〜14分かかるんですよね
ガス室の場合は、普通に呼吸してるんですよね?
で、チクロンBからガスが発生する時間も含めて・・・ずいぶん短いですよねぇ

>じゃあ致死量が270ppmって書いてあるのは何なの?
前スレに貼ったURLのとこ参照してください。

77 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:37:25 ID:pkKrreqK0
>>75

このスレを最初からよーく読め。
どこに、水で殺す施設があったと書いてありますか。

78 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:37:31 ID:waNBm55G0
開戦は3月か?

79 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:39:08 ID:QOq3RVnG0
>>74
悪い。漏れは本気でわからない。

80 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:40:41 ID:20U4erjV0
>>77
>>49って何なの? ただのお前の妄想?

81 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:41:50 ID:qtl2fmL3O
愛國者求む!!
特に愛國精神は日本人なら是非薦めたい!!
愛國精神
http://m-space.jp/?risingsun
社会・思想・政治
http://megaview.jp/view.php?v=22602

82 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:41:51 ID:ePrX4Cdi0
>>76
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/rudolf_10.htm
> 毒物学の研究書は、毒物の致死性に関して、通常二つの限界数値をあげている。

>1.100%の致死濃度=LD100。これは、観察対象となる種の個体すべて(100%)
> 殺すのに必要な毒の濃度や量を指している。この値は、すべての個体を殺すことを確実にする値として使われている。

>2.1%の致死濃度=LD1。これは、観察対象となる種の個体すべてのうちの1%を殺すのに必要な毒の濃度や量を指している。
> この値は、この値以上の毒物にさらされることは決定的に危険であることを示す値として使われている。

> 明らかに二つの値はかなり異なっている。すなわち、LD100の方がLD1よりもはるかに高いのが普通である。
>シラミの駆除に必要な量が問題となるときには、シラミすべてを駆除しようと考えているので、専門書はLD100
>を使う。一方、人に対する危害を防ぐときには、LD1ひいてはもっと低い値が、誰一人として殺されないように
>保証するために使われる。それゆえ、この二つの値を比較しても無意味なのである。

これか。はっきりいうがかなり間違ってる。

ふつう何の断りもなく致死量といった場合LD50のこと。50%致死量だね。
つーかLD100はともかくLD1って聞いたこと無い。LDLoのことか?
LDLoの場合はちゃんと最小致死量と表記されると思うけどな。

ついでに、今考えてるのは致死濃度だからLC50だ。哺乳動物の場合数百ppmのオーダー。
人間の270ppmってのもこの範囲内だね。


83 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:41:53 ID:/12KrHmDO
>>80
それはネタなのか!?

84 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:42:22 ID:u58FkA1O0
水を流し込むとか言ってるヤツ頭悪いね。
水の出し入れ、死体の運搬を考えると非常に効率(時間・コスト)が悪い。


85 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:42:34 ID:pkKrreqK0
>>79
>>80

>>64
無限ループ


86 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:43:59 ID:5r5V9Kz70
ここでホロコースト擁護してるやつって何なの?ドイツ人或いはユダヤ人の陰謀を暴く正義の味方にでもなったつもりか?

87 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:47:24 ID:nVSjDB6a0
>>60
プールに気密の高い陸屋根付けりゃ良いだろ。
溶接技術さえ身に付ければ馬鹿でも造れる。

88 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:47:28 ID:pkKrreqK0
>>84
そうか?毒ガスをおっかなびっくり扱うよりよっぽど楽だろ。
しかも水は何度でも再利用できる。


89 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:47:42 ID:QOq3RVnG0
>>86
実際に在ったことなら擁護するのはアレだが、あったかのか無かったのか
はっきりしなくなってきてるんじゃね?

90 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:47:44 ID:/12KrHmDO
>>86

ヒマ

91 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:48:10 ID:AN/zWVDe0
>>49は、不便で危険なガスよりも、なぜもっと簡単な殺害方法を採らなかったのか?
と言いたいだけでしょうに。

>>84
水の出し入れは不便ですが、死体運搬の手間は大して変わりませんよ。
むしろ高台に収容所を配置して、大き目の排水溝を作って死体ごと流すと言う荒業だって思いつきます。
#これは衛生面の問題で現実的とはいえませんが……。
水を選ぶメリットは職員が何らかの事故で死亡したりするリスクをガスよりもかなり下げる、といったところですかねえ。

92 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:49:44 ID:20U4erjV0
>>91
それをどこに流したの?

93 :7:2006/02/17(金) 17:50:10 ID:AwtpX9KV0
>>86
漏れもヒマ。でもコレ足がかりに南京とか従軍イスンヨプとか
洗ったほうがよくね?

94 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:50:39 ID:q+aJSHO60
>>91
注水が面倒だし満たされるまでに時間がかかる。
死体ごと流してたらすぐ詰まる。

95 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:50:55 ID:R7cwOmJL0
>>1
誤解しやすいスレタイだ。

ナチスによるホロコーストに疑問を呈したイラン大使にポルトガル外相が「歴史の歪曲」と声明★2

これで解りやすくなるのではないか。

96 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:51:00 ID:zqzg6+flO
嗚呼、ゆとり教育

97 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:51:03 ID:frhDxPN7O
>>86
意味がわからない
文章になってないよ
まず国語が勉強した方がよい
ホロン部?君はどう思うの?

98 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:51:27 ID:acuxx1dJ0
お前らナチスとは関わるなよ。
日本まで印象悪くなるぞ。

99 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:51:33 ID:u58FkA1O0
>88
君はホントに頭悪いね。

水の排出を考慮に入れていないだろ。
水は低いほうから抜くが、死体が邪魔になって簡単には抜き取れない。

ガスに関しては、差圧を利用した簡単な排出装置を使えば、安全に捨てられる
化学の実験室にあっただろ。

水の再利用に関しては、マジレスする気になれない。首つれよ


100 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:51:51 ID:6EMRdeGg0
>>1
イランとネオナチが仲良しだったとは知らなんだ

101 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:52:05 ID:Kebbc0Zv0
>>95
むしろ
ナチスによるホロコーストに疑問を呈したイラン大使にポルトガル外相が「歴史の歪曲」と批判

この方が誤解されにくいかと

102 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:53:17 ID:aUDLuu270
>>86 「嘘」でなくただ真実を知りたいだけだ



http://up.arelink.net/up50/upload.html

南京大虐殺について突っ込んだ番組、そこまで言って委員会
亜細亜大学 東中野教授「証拠として通用する写真は一枚もなかった」
大虐殺あった派 デーブファビョる、遙洋子もファビョる。
デーブが論破され、最後は「無かった」と意見が変わる。


「たかじんのそこまで言って委員会」

103 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:53:18 ID:4Du/3phy0
>>46
昔のゴー宣にホロコースト無かった説をユダヤ人陰謀説といいたがる奴がいるが、それは無いみたいなことをと言ってたし、陰謀説主張の奴から手紙が来たとか言ってたんで無いかと。

104 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:53:33 ID:AN/zWVDe0
>>92
機能性文盲の方でしょうか?
私がどこに「収容所で水と死体を流した」と書きましたか?

105 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:53:44 ID:7QMQaQek0
歴史に学ぼうとするのは素晴らしいけどさ。
それを思想の根拠にしようってのはつまり「理論武装」だわな。
80年代に流行ったアングラ武装理論より程度が低いと言わざる得ないな。
70年代に流行った右か左かの論争からの発展でそうした流れになった訳さね。
ところが全ては机上の理論であると下火になっていった訳さ。
あらゆる思想文芸やアングラ雑誌の廃刊となってさ。
思想を作り出す努力では無く既成の思想に対する後ろ盾にしようってんだから志が低過ぎるよ。

つまり思想文化ってのは大きく退化して来ている訳だ。
嘆かわしいねぇ。
これじゃぁ70年代まで逆戻りだからなぁまったく。


106 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:53:51 ID:BBOeXCZ70
[3]戦争中、連合軍の航空機が撮影したアウシュウィッツの航空写真を見ると、アウシュウィッツで「ガス室大量殺人」が
行われていたと言う主張と両立しない様な事実が色々確認出来る。例えば、死体を焼却する煙が絶えず上がっていたと
強調されているのに、アウシュウィッツの敷地内から煙は全く上がっていない。又、多くの死体を焼却するのに必要な
石炭も写っていない。

[4]これだけ、「ガス室で多くの人々が殺された」と言われていながら、連合軍は、ヨーロッパの何処でも「ガス室」、
即ち「毒ガス」で殺された死体など一体も(!)確認していなかった。

[5]ドイツが、「ユダヤ人絶滅計画」などという計画の為に予算を支出していない事が確認されている。

[6]「ガス室」の設計図も発見されていない。

[7]「ガス室」での処刑を記録したドイツ側文書も発見されていない。

[8]ドイツは、ポーランドに建設したトレブリンカ、ヘルムノ、ソビボル、ベルゼックの4つの収容所で、「ディーゼル・
エンジンで一酸化炭素を発生させるガス室」を使っていたとされているが、そんな「ガス室」の「実物」は一つも
「現存」しない。それどころか、ディーゼル・エンジンは、 一酸化炭素を殆ど排出しない事が特徴であり、こんな事は
科学的に考えられない。

[9]マイダネック収容所で「ガス室」として公開されている部屋は、1966年頃を境にして変わっている(!)。
即ち、かつてポーランド当局が「ガス室」として公開していた部屋が、何故か今は「ガス室」として公開されていない。

[10]アウシュウィッツに展示されている「ガス室」の一つは、かつては、「戦争中そのままの状態の物」として公開
されていた。それが、今では、「復元された物」と説明されている。

107 :7:2006/02/17(金) 17:53:59 ID:AwtpX9KV0
>>100
ネオナチと仲良いのはイランの他にシリア、エジプト、イラク、リビア、
中東戦争で顧問で頑張ったからね、ネオナチって言うより元ナチが正しいw


108 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:55:38 ID:u58FkA1O0
>91
>水を選ぶメリットは職員が何らかの事故で死亡したりするリスクをガスよりもかなり下げる、といったところですかねえ。
このメリットもないな。ナチスでは死体の搬出もユダヤ人にさせていたのだからな。



109 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:56:04 ID:DTHhaxxW0
中東にはイギリスに反発したナチのシンパが多いんじゃなかった。

110 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:56:08 ID:LGYWl8Vn0
こういうこと?

第一次大戦では敗者に債務を負わせたら反感を高められて反撃を喰らったので
第二次大戦では敗者に経済的な援助をする代わりに精神的な債務を永久に負わせることにした。




111 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:56:44 ID:4Du/3phy0
ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html
とりあえず、ここのアドレス張っておきますね。


112 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:58:40 ID:ORljlNDi0
対ユダヤ勢力が台頭してくれればユダヤの対日圧力も緩めざるを得ないし
これは別に良いことじゃね?

113 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 17:58:49 ID:CDNT9Yko0
>>102
所詮ローカル番組なんだよな・・・

114 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:00:55 ID:4Du/3phy0
>>113
ローカルというが、関東以外ではほとんどやってるらしいぞ。
北は北海道南は九州まで

115 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:00:57 ID:20U4erjV0
>>104
自分は支持してないけどこんな手もあるよって事?

116 :7:2006/02/17(金) 18:01:09 ID:AwtpX9KV0
>>109
その通り、リッベントロップ(ナチ外省)がビシー・フランス政権の
北アフリカの利権を重視したもんだから、中東諸国はなかなか重い腰を
挙げなかった。もし北フランス開放、とかやってたらスゴイことになってたね。
シリア、ヨルダンあたりは独自で駐留していた英軍と戦った歴史あり。

117 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:01:32 ID:AN/zWVDe0
>>108
「ガス室で大量虐殺を行った」という前提で話をしてますね?

118 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:01:48 ID:cTrq5uA00
ガスなんか使わなくたって、絶食させれば10日くらいで死ぬでしょ。

干からびるから、運ぶのにも埋めるのにも燃やすのにも都合がいいし。

119 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:01:58 ID:frhDxPN7O
>>105
思想の根拠?
そんなの全然ないと思うよ
嘘つきサヨクの組織的活動が疑われない時代より
進化してるだろ
興味をもつ事はよい事


120 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:02:36 ID:u58FkA1O0
>117
当然だろ
前提を覆す君の論理は?

121 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:03:09 ID:AN/zWVDe0
>>115
そうです。

122 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:04:14 ID:BBOeXCZ70
都合の悪い情報を徹底的に無視するのが左翼の常道。

123 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:05:04 ID:AN/zWVDe0
>>120
ナチスの主導で主に毒ガスによるユダヤ人の大量虐殺が行われたことを厳密に証明してください。
今はそこが疑われているので。

124 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:05:09 ID:u58FkA1O0
>91,108
どちらも、ダメです。
ガス室での虐殺を行った理由は、それまで行っていた銃殺よりも効率のよい処分方法を求められたからです。
・水の出し入れに時間がかかったら、元も子もない
・10日で餓死などもってのほか


125 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:06:21 ID:QOq3RVnG0
>>121
支持してない事を書き連ねて、突っ込まれたら相手を文盲呼ばわりはどうかと思う。

126 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:07:17 ID:pkKrreqK0
>>120

あ?ガス室がもう確定してるの?




127 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:07:23 ID:aUDLuu270
というか、ドイツ国内の世論はどうなってるんだろ。

気になる、日本と同じようにネットの普及で色々な
事が起こっていそうだけどな

128 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:08:30 ID:u58FkA1O0
>123
はーい。子供じみた論点のすり替えは止めときなさい。
現在の論点は、職員(笑)へのリスクだろ

129 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:08:37 ID:atoqK6cC0
フェノールの心臓注射なんて、何故面倒臭いことやってたんだろうな。


130 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:08:51 ID:4Du/3phy0
>>127
議論自体してはいけないことになってるんじゃなかったっけ?
ホロコーストは

131 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:08:59 ID:9rvHZFx70
>103
>戦争中、連合軍の航空機が撮影したアウシュウィッツの航空写真を見ると

相当末期でしかも3回ぐらいしか撮影してなかった筈。


>ドイツが、「ユダヤ人絶滅計画」などという計画の為に予算を支出していない事が確認されている。

予算はユダヤ人から搾取した分で十分賄えてた。


>「ガス室」の設計図も発見されていない。

>「ガス室」での処刑を記録したドイツ側文書も発見されていない。

2ヶ月の猶予の間にこれらが無傷で残ってるとは到底思えないね。


>ドイツは、ポーランドに建設したトレブリンカ、ヘルムノ、ソビボル、ベルゼックの4つの収容所でディーゼル

これらの収容所は早々に破壊された。あるわけない。

132 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:09:15 ID:BBOeXCZ70
>>124
[11]アウシュウィッツとマイダネックでは、「ガス室」で青酸ガスが使われたとされている。しかし、青酸ガス
が使われた筈のそれらの建物からは、青酸(シアン)化合物が多量に使われた形跡が無い事が、化学分析で
確認されている。

[12]青酸ガスによる処刑は、アメリカでは、最も高価な処刑法である。

[13] ナチスは、アウシュウィッツなどで青酸ガスを発生させる方法として、チクロンBと言う殺虫剤を転用したと
されている。しかし、チクロンBから青酸ガス(HCN)を発生させるには、何時間もの時間が必要である。又、
青酸ガス(HCN)には、壁などに吸着しやすいと言う性質が有る為、使用後の換気にも長時間が必要とされた。
こうしたチクロンBの性質から考えて、一日に大勢の人間をチクロンBで次から次へと処刑出来たとは到底
考えられない。即ち、チクロンBは、「大量虐殺」などという目的には向かない。

[14]チクロンBの使用効率を高める為には、チクロンBを加熱する事や、「ガス室」内部の空気を循環させる事が必要で
ある。それは、当時の技術で容易に行えた事で、実際、チクロンBによる殺虫作業においては普通に行われていた。
しかし、言われている説明には、そうした話が全く出て来ない。

[15]「ガス室」を見たと主張した「目撃者」の多くが、後年、他者から追求されると、自分の「証言」を撤回している。

133 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:09:57 ID:pkKrreqK0
ID:20U4erjV0
ID:QOq3RVnG0

こいつらはマジで文盲だな。
日本語が通じない。

134 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:10:26 ID:Xj5n6vPI0
>>127
論争したら逮捕される国では盛り上がりもしないような。

135 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:11:07 ID:7QMQaQek0
随分めでたい意見だなぁ

俺には単に二極分化して来てるようにしか見えないな。
知識を貪ろうとする奴は多いんだけどさ。
テメェの頭で考えてやろうって奴が殆ど皆無じゃね?
80年代より思想に打って変わって台頭してきたのがカルト宗教などさね?
で、そのままの流れで来てるから本当。
テメェの頭で考えてやろうって奴が少ない。
「お前はどれを選ぶ?」
そういうショーケースタイプな思想や啓蒙ばっかさね。

それに付け加えるならば人間の命は安くなる一方だね。
三島は今の時代だったなら自決なんてしなかったろうね。

右と選別思想ってのは本来違うべきなんだがな。


136 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:11:11 ID:20U4erjV0
>>133
いいから早く水で殺した証拠もってこい

137 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:11:30 ID:frhDxPN7O
それは左翼でもまだまし
問題なのは嘘を語りまくりのサヨク
外国に嘘を言いふらして
迷惑かけまくりの売国
真の左翼は国益も重視するよ

138 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:11:58 ID:4Du/3phy0
>>131
戦争に金突っ込まないで、ユダヤ人絶滅のために金を突っ込むなんて無茶なことをするんですか?
ユダヤ人絶滅は戦争に勝ってからやればいいんじゃないの?

後レス番間違ってるよ。

139 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:12:04 ID:XkXRKsc/0
日本にもいるぞ
反米反ユダヤヒトラー礼賛陰謀史観オカルト信奉恐怖支配大好き


140 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:12:54 ID:pkKrreqK0
>>136
すげえ、そこに戻りやがったw


141 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:13:34 ID:AN/zWVDe0
>>125
ちゃんと読めば仮定の話であることぐらいわかると思うのですが。

>>128
すり替えていませんが。

>>131
「搾取した分」をどうやって運用したか資料が残るはずですよ。
状況証拠ですが、収容所を早々に破壊してしまうと言うのも胡散臭いですね。

142 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:13:44 ID:QOq3RVnG0
>>140
グダグダ言ってないで答えればいんじゃね?

143 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:13:47 ID:u58FkA1O0
>126>133>140
おっと逃亡したかと思ってたID:pkKrreqK0の復帰ですか?
水の再利用はできたのかね?


144 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:14:42 ID:AN/zWVDe0
もしかして「機能性文盲」もわからないんでしょうかね。
ま、いいや。
後はよろしく。

145 :7:2006/02/17(金) 18:15:01 ID:AwtpX9KV0
>>131
ユダヤ人からせしめた金はSSでさえ自由に使えません、
一度政府に入ります。隊員の個人搾取は犯罪です。

2ヶ月の猶予って何?その他の重要書類はありますが、
たとえばリデッツェ村の虐殺はいたるところに証拠があるのに
なぜにホロのはないの?ガスを運んだ記録、設計を命じられた会社の書類、
などなど。

146 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:16:00 ID:pkKrreqK0
>>143

水が何で再利用できないの?蒸発デモするのw

147 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:17:01 ID:/12KrHmDO
ネタにネタを被せて更にループネタか?
それは面白いのか?

148 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:18:18 ID:atoqK6cC0
>>145
でも横領は多発してたよね。
コッホは捕まったし。ヘスは取り調べ不能になってしまった。

149 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:18:23 ID:u58FkA1O0
>146
ホンマに頭悪いな。
水は高いところから低いところへ移動する。
再利用するには再び高い位置に揚げる必要がある。
それなら、再利用などせずに新しい水を使えばよい。
蒸発するかボケ

150 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:18:56 ID:pkKrreqK0
>>147
すまん、盲相手にする気は殆どないが、
なんで水の再利用で勝ち誇ってるのか気になったモンで・・・

151 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:19:20 ID:7QMQaQek0
>>127
みんなやっぱり全然知らないよね。
思想的な事に無関心なのは日本ぐらいかもねぇ。
向こうに旅行とか行った事がある奴ならさ。
で向こうの若者の文化に触れてみれば良い。ライブハウスやクラブに顔を出そうならそれは思い知らされる。
トラブルの原因だから表だっては何も言わないだけ。
そうした事に起因するリンチや事件、トラブルは日常的に起きてるよ。
俺の尊敬する向こうのアーティストなんて3回ぐらい刺されてるしさ。



152 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:19:21 ID:BBOeXCZ70
ウソや電波にはレスが多くつくからいくら言い訳しても無駄なこと。

153 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:20:12 ID:/12KrHmDO
>>150
タイミング悪かった、あんたに言った訳じゃないよ。

154 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:20:56 ID:frhDxPN7O
135
君みたいの方が危険
世の中とネットの中の区別がつかない方が
現実は話半分だろ
気に入らないから
全批判は幼稚だよ

155 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:21:15 ID:20U4erjV0
連合軍が収容所押さえたときに注排水システム付きの部屋とか発見されてるわけ?

156 :7:2006/02/17(金) 18:21:17 ID:AwtpX9KV0
>>148
だね、ちとゲーリングはひどかったねw

157 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:21:52 ID:u58FkA1O0
>141
思いっきりすりかわってるじゃないか。
84:水とガスの効率性の話
91:水を使ったら職員のリスク低減可能
108:職員ではなくユダヤ人を使用
123:ナチスの主導で主に毒ガスによるユダヤ人の大量虐殺が行われたことを厳密に証明してください。
まったくの論点のずれだ
病院行けば〜


158 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:22:52 ID:oukE7G3v0
南京もコーストも共通して言えるのはいい加減すぎる殺害人数
その辺は当時の実体検証と電卓があれば当然の数字が出るわけだが

159 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:22:57 ID:WwuIeMJM0
南京大虐殺も、中国のプロパガンダ

160 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:25:20 ID:BBOeXCZ70
>>157
>>132は無視か?

161 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:25:33 ID:DTHhaxxW0
ホロコーストがあったとすれば一番メリットを受けるのは誰?
またどういう理由で?

162 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:27:30 ID:cTrq5uA00
>>161
わからん。

いずれ殺すにしても、戦争継続中である限りは
生かして労働力にしたほうがいい気がする。

163 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:27:36 ID:Xj5n6vPI0
>>161
連合国、かな。
多数の人間が死ぬのを見過ごしてしまった事をドイツのせいにすること
が出来るから。

164 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:28:53 ID:atoqK6cC0
>>156
国家元帥かぁ。往年のカリン・ハレは一度見たい気がするが・・・
ところで、大変博識でいらっしゃるようなので質問。
ガスの発注書とかあったような、また、何故警告用の臭いを除去したチクロンを発注してるんだろう。ガスのランクはC、より強力なA、Bもあるのに。

165 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:29:11 ID:4Du/3phy0
>>161
どー考えてもユダヤ人。
金儲けできる。

166 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:29:23 ID:u58FkA1O0
>160
スマンスマン
バカを2人相手にしていると、書込み制限にかかってしまってたわ。
で君は、水のほうが効率がよいという説を信じるのかね?


167 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:32:40 ID:7QMQaQek0
>>166
どういった殺し方が効率が良いのかをユダヤ人を使って散々実験、研究を重ねていたのは本当の事なんだろ?

168 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:32:52 ID:pkKrreqK0
>>161
まあ、ユダヤをはじめ、連合国、ドイツさえもあったほうがメリットがあるから、
事実はどうあれ「600万確定、議論の余地無し」ってことになってるんだろうな。

169 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:34:12 ID:u58FkA1O0
>167
スマン、論点がずれるので、君にはレスできない。
おれは、荒唐無稽な水での殺害が効率がよいという説に
ばっかじゃねーの
といってるだけだ。


170 :7:2006/02/17(金) 18:36:19 ID:AwtpX9KV0
>>164
鋭い、でもチクロンはダニ・虱対策が普通の考えと思われ。
ヒトラーのお抱え医師(評判かなり悪い)のモレルも虫よけ
開発したんだが、匂いだけ強烈で塹壕に散布すると害虫より
兵士がいなくなるwと言われた名品。当時のロシア戦線だと
クリーニングした服には虫が着きやすいので、あえて洗濯出さない
兵士も多く1944年には兵士の間でもチフスが蔓延してきた。
当然、収容所内でも蔓延してたんで、漏れ的には「虫よけ」だチクロンはっ
と思いますです。ロシア侵攻からの課題でした、「害虫対策」は。

171 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:36:33 ID:aUDLuu270
>>151 結局ドイツ国内だとどうなの・・?

172 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:38:27 ID:4Du/3phy0
ガスは高いし取り扱いもめんどくさいから水のほうが楽なんじゃない?って言ってるだけじゃね?

部屋として限定範囲の中の人間を殺すならガスより水のほうがいいよ。
ガスは広範囲の人間を殺すなら水より優位な武器ではある。

流し読みしたので関係ないといわれればそれまでだけど。

173 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:38:31 ID:DTHhaxxW0
逆に言えばホロコースト無かった説に一番反発するのは誰?
やはりユダヤ人かな。

174 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:40:29 ID:4Du/3phy0
>>173
ユダヤ人と左翼

175 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:40:30 ID:B999rdRL0
やっぱ否定論者は南京虐殺とリンクさせてしまうのかな・・どうしても


176 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:40:35 ID:u58FkA1O0
>172
99を読め
1回殺してそれで終わりならば、水が便利かもしれないが
大量に処理するには、水よりガスが効率よい

177 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:41:14 ID:7QMQaQek0
>>171
だからつまり。
今一番ネオナチの活動が活発なのがドイツ国内に於いてだと思うが?
分かり易く表現すると地下組織だよね。
音楽や文化を表立てとしているし。
日本にもそうした活動は根付いていて良好な関係もある。


178 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:43:12 ID:4Du/3phy0
>>176
部屋の何箇所かに棒をとおして、その棒に穴あけたら簡単に排水できると思うが・・・
それをすべて死体が塞ぐと言うのかね?

179 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:45:54 ID:pkKrreqK0
>>169
さて、お前だけは効率についての日本語だけは通じてるようなんで再開しようか。
またID:20U4erjV0 ID:QOq3RVnG0 が絡んできたら去るけどねw

水の再利用だが、揚水するポンプの電気代と、新しく水を注入する場合のコストどちらが効率が良いかは「状況に拠る」
まあ、いずれにせよガスを毎回注入するよりコストは安い。


180 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:46:03 ID:u58FkA1O0
>178
棒というのがよくわからんが、
部屋にぎゅうぎゅうづめにしても、ガスなら可能
水なら詰まる


181 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:46:39 ID:20U4erjV0
>>179
じゃあ帰れや

182 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:47:14 ID:/12KrHmDO
>>180
網位つかおうぜ


183 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:47:31 ID:4Du/3phy0
>>180
すまん、パイプだパイプ。

184 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:48:03 ID:atoqK6cC0
>>170
自分はヴァンゼー会議時には、出席者は誰しもヨーロッパのユダヤ人の絶滅なんて考えてなかったと思う。実際物理的に無理だし。
当初はウラルの彼方にも放逐するつもりだったが、ロシアで行き詰まって運ぶ場所がなくなった、だから処分したと思ってる。
フランクは二度アウシュヴィッツを突然訪問してるけど、中に入れてもらえず、総督でさえ門前払い。中で何かとんでもないことが行なわれている―という噂でやってきたわけだが。

185 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:48:23 ID:pkKrreqK0
>>181
やだw
でもレスはつけないから安心してチョ

186 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:51:23 ID:o7M8KTEP0
>>82
>つーかLD100はともかくLD1って聞いたこと無い。LDLoのことか?
そうか、聞いたこと無いのか
これ書いた人は化学の修士号を持ってるんだけどな。

187 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:52:09 ID:u58FkA1O0
>179
お前は日本語がわからないようだな。まだ理解できていないらしい。

論点1:水のほうがガスよりもコストが高い
 →単価なら水が安いが、出し入れにかかる時間的コストを考えると、水は効率悪し

お前の論点:水は再利用可能
 →ホントくだらない。揚水ポンプを使って、水をリザーバにためるのにどれだけ時間がかかるかを考えて首をつってください。



188 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:52:56 ID:zAH0m3D00
ヒトラーは優しいおじさん
ナチスはゲルマン的優しさを持つ

189 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:54:13 ID:/12KrHmDO
もうgdgd
何時まで水ネタを引っ張るの?

190 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:57:23 ID:ePrX4Cdi0
>>186
博士論文が例のルドルフ・レポートで受理されなかったんだっけ?

毒物を扱うなら普通は薬学なんじゃないかと。
何にしてもLD1って使われないというか超マイナーだと思われ。

191 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:58:03 ID:3QdCksrS0
LD1って薬理学で普通に使ってるぞ
http://www.kdcnet.ac.jp/kiso/shiyaku/doc2.htm

192 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:58:10 ID:u58FkA1O0
>183
パイプ。。。。。
プールを考えてみろ
出し入れにどれだけ時間がかかることか。。。


193 :7:2006/02/17(金) 18:59:08 ID:AwtpX9KV0
>>184
ヴァンゼー会議ってかなり怪しい、と漏れも思う。
現在伝わるその会議では「ユダヤ人絶滅」が立案された、とあるけど
かなり疑わしい、ハイドリヒはチェコ総督府長官だったわけで、ヒムラーや
ヒトラーの命令もなく議決するのはかなり不自然だし、「ユダヤ人絶滅」を
話し合った、として「ユダヤ人の定義」が問題になる。ドイツ人とユダヤ人の
ハーフに対する処遇でナチ法務省とSS人種・移住本部では温度差があり、
「ハーフのユダヤ人を殺すことはハーフのドイツ人を殺すことだ」と法務省は
言ったらしいが、これも胡散臭い。

194 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 18:59:54 ID:ORljlNDi0
ホロコーストの話をそらす為に水死の効率という関係あるんだかないんだかの話になってるのだな

195 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:00:04 ID:pkKrreqK0
反論1
>単価なら水が安いが、出し入れにかかる時間的コストを考えると、水は効率悪し
出し入れにかかるコストは使い捨てなら、0再利用式なら揚水ポンプの電気代のみで、ガスを毎回入れるより十分安い

反論2
>ホントくだらない。揚水ポンプを使って、水をリザーバにためるのにどれだけ時間がかかるかを考えて首をつってください。
首をつったら考えれませんw もとい、
リザーバーを二つ作り交互に使えばよいだけ。あと、お前が当時のポンプの能力を完璧に把握してるとは恐れ入ったw
まあ、当時のポンプにも、小型のものから、軍艦の注排水に使う超大型までさまざまなわけだが。



196 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:00:21 ID:+usyqxqD0
俺はそこらの話どうでもいいんだけど
鉄柵かなんかに人を詰めてプールにドボンじゃいけないの?

ついでにいえば気密室で練炭でよくね?

197 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:04:14 ID:pkKrreqK0
>>194
あー御免ね。
歴史関係や、化学関係の本筋の人は気にしないでください。

>>196
全くそのとおり。
わざわざガスを使わなくても幾らでも方法はある。


198 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:04:46 ID:u58FkA1O0
>195
ホント首つれよ

出し入れの時間的コストを言ってるんだ。ホンマにアホ屋根

当時のポンプは今より性能悪し。新しい水を川から引いてきて期待できる流量と比べたら屁みたいな量だ。
超大型を設置したら、ランニングは安いかもしれないがイニシャルは非常に高い。
新しい水を使えば、一切不要

今すぐ首吊れ

199 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:05:17 ID:qhNmo/Mi0
打算でイカンのかもしれんが、
ドイツの汚名を晴らしてあげることで、
日本の汚名返上にドイツが貢献してくれるかもしれんw

ざっと上のレスを読んだが、
ホロコーストもかなり怪しいモンだな。
確かに600万人の遺体を処理するのって、
すんごい時間と労働力が必要だ。
敗戦に転機していたドイツでそんな余裕があったのかな。。

200 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:06:46 ID:20U4erjV0
どっかに人の殺し方スレでも立てればいいんじゃない?

201 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:07:01 ID:atoqK6cC0
>>193
断種論もさかんに出てましたね。
しかし、チェコでけっこううまくやっていたハイドリヒが、もし暗殺されなかったらどうなったでしょうかね。

202 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:08:17 ID:ePrX4Cdi0
>>191
分野によっては使うのか、勉強になった。
でも、ふつう致死量といった場合はLD50なんじゃないか?
哺乳動物のLC50はだいたい数百ppmだし。

203 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:09:19 ID:qhNmo/Mi0
600万人って、札幌市や広島市(人口約100万人)を

6回も

皆殺しにするって計算も出来るよな・・・

ホロコーストでは道具がガスなんだろ?
それだけ大量の人間を殺戮するのに必要なガスの量と
資源・資金も計算出来るんじゃねーの?

204 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:09:40 ID:pkKrreqK0
>>198

>当時のポンプは今より性能悪し
そんなことは具体的な数値を上げないと無意味。



205 :7:2006/02/17(金) 19:11:20 ID:AwtpX9KV0
>>184 続き

 結論を言うと「ヴァンゼー会議」自体も捏造臭がプンプンしてしょうがないわけ。
ハイドリヒの政敵カナリスが英国に流したガセネタ説が浮上する。
 カナリスは連合国側、MI6をはじめ多くのつてがあり、アンダイユ会談でフランコ将軍に
「ヒトラーの要求をはねても、スペインに侵攻する余力はないので安心しろ」などど
進言もしていた、まぁかなりの反ナチの人物でハイドリヒやシェレンブルグから睨まれていたので
先に手を回した、とも思われ。カナリスは暗殺に関わったかどで処刑されましたです。
 そもそもナチの飛行機メーカーのハインケル社の社長さんもユダヤ人であったわけで
「ユダヤ人全員、移送する」計画はあっても本腰は入ってない、というか入れない状況だったと
思うお。

206 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:11:34 ID:qhNmo/Mi0
大量の遺体(遺骨)って出てるのかな?
埋葬は固めて処理するはずだよな?少数で分散させる意味ないし・・

207 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:11:58 ID:u58FkA1O0
>204
論点のすり替えか。。。
じゃあ、現在と同性能でよいよ

奇天烈なポンプがあるんだったら、それを出してみな。

早く首つれよ


208 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:14:07 ID:qhNmo/Mi0
そもそもユダヤ人って当時何人居たのかな?
例えば現在フィンランドやハンガリーでは人口1000万人くらいだけど、
それで当てはめると人口の60%くらいは死んだという事だよな?
すごい数だな・・・・

209 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:14:47 ID:QOq3RVnG0
>>204
費用対効果比の話だろ。
それぐらい理解しろや文盲。
あとホロコーストがあったなかったに関わらず、大量虐殺の方法を考えてるだけ
なんじゃ言い出すならスレ違いだから他池屋。

210 :1000レスを目指す男+:2006/02/17(金) 19:15:12 ID:adDhAJGa0
つーか、彼らはイスラエルの建国の根拠を否定しようとしてるだけ。
ユダヤ人はヨーロッパに帰れというのは正当性のある考え方。
ホロコースト否定するかどうかは、それに付随する戦略的な問題。
どうも、ヨーロッパの変な人達と間違った共闘をしようとしてるとしか思えない。
あるいは、ヨーロッパにいるイスラム教徒をもっとも攻撃しそうな人間達と手を結ぶことで、
その矛先をかわそうという、トリックなのかも知れない。

211 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:15:18 ID:MmR95uPD0
ユダヤってのは身内のグズな連中をわざと見せしめに殺させて、
一層の団結と種の強化を図る悪魔の種だよ。

212 :7:2006/02/17(金) 19:16:43 ID:AwtpX9KV0
>>201
暗殺されていなかったら、先にカナリスが葬られてるw
となるとへたしたらスペインが枢軸に参加してたかもよ。
ヒムラーの後釜、次期親衛隊長官候補だったからねぇ、なんかコワス。


213 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:19:50 ID:u58FkA1O0
識者の皆様:
ID:pkKrreqK0   →水の再利用ww
ID:AN/zWVDe0 →すり替えの反証できず
2機撃墜ということでよいでしょうか


214 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:19:56 ID:pkKrreqK0
>>207
ガス式の問題点
換気が終わるまで、死体処理の係員が入れない。
あるいは、ガスマスクの着用が必要。
ガスのコストが高い。

水式
排水に掛かる時間はガスと同等かそれ以下
作業員の安全性は満点
水のコストはほぼ0



215 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:24:33 ID:u58FkA1O0
>214
99を読め
これってお前へのレスやんけ。

それから水の場合、死体の焼却にどれだけコストがかかるんだ。
ホントバカだね


216 :7:2006/02/17(金) 19:28:23 ID:AwtpX9KV0
このへんで家に帰りまつ。最後に
カナリスは戦前から英国とスペインには内通してて、ヘスはその犠牲説もあるほど。
かな〜りカナリスはやばい人でしたよ、ナチにとっては。でわ。(オヤジギャグ誰か気ずいてくれたかな〜)


217 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:35:46 ID:pkKrreqK0
>>215
それから水の場合、死体の焼却にどれだけコストがかかるんだ。

何でガスだとしたいの焼却にコストがかからんのw

218 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:42:32 ID:u58FkA1O0
>217
まだいたのか
濡れた死体を焼くのにどれだけ燃料がいるんだ。
それに、冬になると凍結するぞ

ばーか

219 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:44:34 ID:4Du/3phy0
>>215
というか死体の処分でガスだろーが水だろーがホロコーストは胡散臭すぎる。
ガスだろうが水だろうが死体の処分は金と時間がかかる。

そしてガスだろうが水だろうが死体の処分されたという決定的証拠は無い。

220 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:45:17 ID:QOq3RVnG0
>>pkKrreqK0
ええ加減スレ違いの質問するなっつーの。

221 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:46:09 ID:pkKrreqK0
>>218
濡れた死体?人間はもともと水分の塊なワケだがw
マッパにして、窒息させるため数分水につけた遺体など
焼却場に運ぶうちに乾いてる。

ぼけ

222 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:47:18 ID:kRePacLo0
ホロゴーストってどんな幽霊?

223 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:47:57 ID:4Du/3phy0
>>222
ホログラムで浮き出てくる幽霊だよ

224 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:49:48 ID:BBOeXCZ70
ID:9rvHZFx70は反論できずに消えたか。

225 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:51:04 ID:u58FkA1O0
>221
水につけて濡れるだけかよ・・・
ホンマ頭悪いね。
溺死したら、大量に水を飲んでるんだよ。
そんなこともしらねーのか


226 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 19:57:56 ID:3DHqGiO60
2ちゃんで肯定派、全然ダメじゃんw

227 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:00:09 ID:20U4erjV0
話題逸らしぐらいしかしないしな。

228 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:03:24 ID:nusriCfo0
第2次世界大戦当時のドイツなら、人口の動態なら正確にわかるだろう。
それでユダヤ人の人口が大幅に減っていれば、原因も特定されるだろう。
まあ、ネオナチのこの種主張は見苦しいと思う。


229 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:07:21 ID:/tydz4jQ0
人口なんかガス室使わなくても寒いとこに押し込めとけば勝手に減る

230 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:07:27 ID:pkKrreqK0
>>225
また、具体的な数字を挙げないのなw
溺死は、肺に水が入るが多くて5リットル。
それ以外に胃に入る分も加えれば多くて、10から15リットル
たいしたことねえな

231 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:14:44 ID:nusriCfo0
きちんとしたところにでて、合理的な自らが責任ないとの主張できなかったんでないの。


232 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:18:50 ID:BBOeXCZ70
>>231
異論を法律で封殺する理由は何だ?

233 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:22:56 ID:nusriCfo0
アメリカ政府の言うことがすべて正しいということはない。
アメリカが自分勝手なことをしばしばすることも本当。
しかし、アメリカは、しばしば自国が不利なことも晒している。
ソンミ虐殺事件、イラクの収容所の虐待。
狭隘な愛国主義者どもの言い分よりはその意図を信用できる。

234 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:26:04 ID:BBOeXCZ70
言語明瞭意味不明

235 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:29:50 ID:7QMQaQek0
>>232
それは治安に対する懸念、牽制(本場のネオナチ君達)と諸外国に対するリップサービスみたいなものなんじゃないの?
実際にそれで逮捕された奴なんているのか?

236 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:30:57 ID:nusriCfo0
>>231
すべての国で法律違反になる訳でなかろう。合法の国できちんとして論文を発表すれば
受け入れられるだろう。イランみたいなところもあるしね。ユダヤ人が大量に死んだのは、
ガス室じゃなくてこういう原因だと言えばいいんだよ。

237 :236:2006/02/17(金) 20:33:53 ID:nusriCfo0
失礼
231ではなくて232です。

238 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:34:06 ID:BBOeXCZ70
>>235
毎年1万人以上逮捕。外国人にも容赦なくわが闘争を持っていた日本人の事例も。

民主主義国家のやることではないな。

239 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:37:05 ID:nusriCfo0
>>238
>民主主義国家のやることではないな。

ネオナチにでも言っときなさい。

240 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:38:39 ID:7QMQaQek0
>>238
そうかそうか。
それにしても民主主義以前に国の立場に関わるこの問題を政府を野放しにはしにくいのは分かるよね(対外的な意味合いが強いでしょ?)

ホロコーストは無かったとするネオナチ世代が民主主義とも思えないしねぇ。


241 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:40:42 ID:/12KrHmDO
>>238
今更気付いたが人権擁護法も、それのパクリ案?


242 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:40:51 ID:BBOeXCZ70
>>236
マルコポーロ事件をご存知ないのかな?

そもそも大量に死んだというのはユダヤ人の主張だろ。しかも数字もころころ変わってる。
ユダヤ人自身はヒトラーよりもスターリンに多く殺されたと言っている。ちなみにアメリカ
ではベニスの商人は上映禁止だ。


243 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:42:02 ID:nusriCfo0
ナチスって、戦後かなりしてから逮捕されて、裁判になった人たち、
自分の有罪をくつがえせなかったような気がするが。

244 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:42:10 ID:pu3x6wlA0
ここ、スレの半分が書き込み数上位8人のレスで占められるという、
典型的な停滞スレになってるよ。

終わったな。

245 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:43:18 ID:hcDLriQi0
>>12
> イラン大使が言うと真実みがなくなるけど
> ほんまのことやからね ホロコ

ついでに広島も捏造だろ

246 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:45:15 ID:7QMQaQek0
間違いなく言えるのは多かれ少なかれ犠牲者の出ている歴史上の汚点って事だよね?
ユダヤ人のデッチあげだみたいな事を平気で言うのも問題だな。
言論の自由とは言うけどさ。
ドイツ国内のネオナチ君達の凶暴さ加減に言論の自由が通用するとも思えないし。
意見の合わない奴は見つけ次第リンチだしさ。

247 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:46:00 ID:DTHhaxxW0
広島には無数の物証があるんだが。ホロコーストはどお?

248 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:46:34 ID:DqKAoqn40
広島と長崎の原爆被害者は、じつは合わせて100人程度だった
「犠牲者」と言われる数十万人は、戦後の自由党がでっちあげたウソ

249 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:48:11 ID:qSeWH3fa0
600万人って鳥取県10個分か!

250 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:49:21 ID:PAB1CS0PO
アンネの日記、ボールペン、筆跡
でググッてみなよ。
昔あの本見て涙してたけど、真実をしって愕然とした。
特に筆跡が決定的

251 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:49:37 ID:BBOeXCZ70
>>246
赤軍派のことを言ってるのか?

>>243
アルゼンチンの主権を踏みにじったイスラエルに公正さがあるのか?

252 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:50:18 ID:ExovBm3k0
収容所があちこちに存在して、そこにユダヤ人の死体が山積みにされていたのは明白な事実

ただそれが組織的な虐殺がどれだけなのか?
栄養失調や伝染病による死亡なのかが議論になってるんじゃない?



253 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:50:52 ID:7QMQaQek0
>>250
真実ってなんの事?

全てはユダヤ人の自作自演のでっちあげってヤツ?

254 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:53:02 ID:nusriCfo0
>>242
ガス室否定論を反論により貫き通せなかったんだよな。

255 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:54:15 ID:qSeWH3fa0
命令書が見つかってないなら捏造決定。

256 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:55:37 ID:2H7QCh6e0
ホロコーストにしても南京にしても
やられた国が対外的にアピールするために事実を誇張した点がたくさんあるんだよな。
その誇張を指摘して「無かった」っていう結論に結びつけるのは短絡だと思うけど
無かったっていう意見を消したいなら歴史に正直になるべき。

257 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:56:22 ID:IO/HWC7kO
ユダヤの人々が受けた仕打ちを理解していればホロコーストを否定する
ことはできないはず。否定派の人たちに共通のレイシズムを賛美するのかといいたい。ホロコーストはさまざまから事実とわかっている。

258 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:56:29 ID:7QMQaQek0
>>250
なるほどググッたよ。
てか思い出したコレ。。
まぁ捏造は幾らでも出て来るだろうね。。

しかしなんでこんなにネオナチに肩入れする奴が多いんだろね?
日本に於ける中国に対する立場とオーバーラップしてるかね?
濡れ衣だぜみたいな?
ドイツのネオナチも在日は駆除するべきだって見解だよね?
んなもんで仲良いんだよなぁ。

259 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 20:57:36 ID:BBOeXCZ70
>>254
はあ?

広告に圧力かけられて廃刊になったのだよ。とぼけたって無駄。言論の封殺は真実
である何よりもの証拠。これは現代の焚書坑儒。

260 :7:2006/02/17(金) 21:00:42 ID:CWupR/wK0
帰ってきますた、>>257は釣りか?
で、命令書はどこ?指揮官は誰?I.Gファルケンの労働者は減ってないけど
どっから持ってきたの?600万人の遺体はどこでどう処理したの?
SSのどこの部隊が虐殺に加わったの?ホレ、言うてみぃ〜日教組のアナタ。

261 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:05:27 ID:BBOeXCZ70
ID:7QMQaQek0
ID:nusriCfo0

こいつら反論されても無視して己の主張の連呼のみ。

262 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:06:48 ID:dX3B4dwoO
ホロン部が一言↓

263 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:07:11 ID:aUDLuu270
>>256
>>102


264 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:07:29 ID:nusriCfo0
>>259
南京大虐殺事件もその否定論普通に出版されているよ。まあ、赤報隊事件はあったけれどね。
自説を真実だと主張するなら、圧力に抗する覚悟は必要だよ。
不当な圧力ならそれに抗する責任も大きくなるがね。

265 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:07:30 ID:7QMQaQek0
てかネオナチの大部分が「むしろ俺達はユダヤの為に尽くしたんだ」みたいな極端なさ?
ホロコースト完全否定な訳じゃん?

それはどーかと。

266 :もjdv:2006/02/17(金) 21:07:30 ID:hFPBV6jU0
いhspchp;hs

267 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:10:44 ID:7QMQaQek0
>>261
アンカー付け忘れてたか。。
なに?どした?答えるよー

268 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:12:05 ID:rUSgRiWC0
>>265
ホロコースト修正主義側の主張は後にも先にも
「ユダヤ絶滅政策と無差別虐殺は捏造である」
であって、それ以上でもそれ以下でもないぞ。
ネオナチとか言われる人種がどう主張しているのかは知らんが。

269 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:19:00 ID:7QMQaQek0
>>268
まぁそれなら俺的にも問題ない訳だ。
俺はまるでナショナリズムの宣伝ようにさえ聞こえるような極端な意見に対して疑問視してるだけだよ。

規模やそうした諸々について捏造は当然含まれてもいるだろう。
ただし規模や理由がどうあれ虐殺が起きた事も間違いないだろ?
犠牲者家族など今も苦しんでる人達もいるしね。
歴史的悲劇に対してそうした被害者の心境を不用意に逆なでするのはえげつないと思うね。

270 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:20:10 ID:sHmw0Ael0
殺すだけなら囚人に穴掘らして埋めたら簡単だし、隠蔽もできるのに
なんでわざわざ逐一ガスかなんかで殺してから完全に灰になるまで焼くのかという
理由がわからん。

271 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:25:11 ID:BBOeXCZ70
>>269
ホロコーストはユダヤ国家の正当性を証明する道具にされているんだよ。だから
数字が少ないとまずい。彼らは現在何をやってるんだ? あそこが民主主義国家か?
五族協和の満州国が侵略国家にされてるのにふざけた話だ。

272 :7:2006/02/17(金) 21:28:36 ID:CWupR/wK0
>>269
パレスチナでなにやってんのか知らないらしいなw
「ここは2000年前、先祖が住んでたニダ、だから住むことにしたんだ、
ナチに迫害されてるからいいだろ?土地なら、ロスチャイルドとロックフェラーが
ついてるから、よろしくっ」って感じなわけだが。

273 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:30:19 ID:aUDLuu270
>>269

だからど言って摸造を許していい事には
ならんだろ。

274 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:31:30 ID:kSkpJBdK0
>>253
本人の他の文書と筆跡が全然違うって話でしょ

275 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:37:22 ID:7QMQaQek0
シャロンのやってる事は俺も許せない。
ネオコンも嫌いだ。
でもさぁ、それはユダヤ人の総意じゃないし政治に携わる一部の者が音頭を取ってその利権に群がる連中がどうのこうのって事でしょ?

北が悪いと言ったって悪いのは指導部だぜ。
国民に罪はない。
洗脳されているだけの事じゃん?
ナチスのやった事は他の事とは切り分けて考えるべきだろ。

でなければユダヤ人が殺られるのは当然の事っていう方向に収束されて行くだけだがな。

276 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:37:55 ID:ORljlNDi0
ドイツを擁護する為に、はたまたユダヤを叩く為にホロコースト否定をするならダメ過ぎ。
ただ、600万人も金掛けて焼却処分するっておかしくね?
ていう疑問意識はユダヤへの愛憎とかと全く関係なく沸くものだとは思うけどね。
所詮、日本に直接影響ないし、推理小説の粗探す楽しみ、みたいな。

277 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:43:22 ID:iD7BTG+V0
maaに書いてることが全てだとは思わないけど無理が多いのは事実じゃないの?

278 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:45:18 ID:CWupR/wK0
>>275
最初、シオニスト会議でマダカスカルへ国を造ろう、
アフリカに国を造ろう、という運動は知ってるのかな?
サブラ・シャティーラでパレスチナ人が虐殺されていますが、
パレスチナ人の遺族の気持ちはどうお考えで?国民に罪がないのなら
どうしてガザ地区から引き上げないのでしょう?イスラエルはガザ入植地から
撤退宣言をしても、自国住民が「イヤだにだ」と逝ってるわけですが。

279 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:46:12 ID:ykYEi87P0
自 称 偽 ユ ダ ヤ は イ ス ラ エ ル か ら 出 て 行 け

280 :7:2006/02/17(金) 21:48:57 ID:CWupR/wK0
ところで電通とイランが協定結んだら強そうだなwwww

281 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:52:37 ID:TfSfNhfO0
>>273
模造???

282 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 21:54:47 ID:7QMQaQek0
>>275
だからさー
そういう政策上の問題と人種を=で結びつける短絡さが我慢ならんのだよね。
政治的問題は政治問題として決着を付けるべきじゃん。
民主主義ならそこに国民を巻き込むなよって事だな。

まぁ日本も森やら小泉やらの発言で日本人そのものを判断されている訳だが。ナンセンスだとは思わないかね?
言論の自由の保証されたこの国でさえだ。
民主主義=思想の統一じゃぁ無いって分かるよねぇ?

283 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 22:01:08 ID:7QMQaQek0
>>278だったな。

愛国心も十人十色で当然だと思うぞ。
きっと他国もそうだろ?
皆が同じように考える(思想の統一)のと愛国心や民主主義とは違うから。
政治上の問題がどうあれ大方、政治なんて無関心だったりする一般の市民に負を押しつけたその上でだ。
政治的に正当なんてのがバカげてるって話しやん。

だったら大統領なりそれぞれの主同士で勝手に殴り合ってくれれりゃ誰も止めん。

世の中には右、左以外に無政府主義者つぅもんも居るのを忘れて貰っちゃ困るよ。

284 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 22:03:37 ID:1ZLt0OmP0
>>278
マダガスカルに強制移住。
アイヒマンも研究させられてな、ユダヤ課で。
当時の輸送力ではとても無理という結論だった。

285 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 22:07:16 ID:BBOeXCZ70
満州もユダヤ人の標的にされていた。

286 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 22:08:11 ID:7QMQaQek0
>>278
日本でも区画整備事業のたびに「俺は断固ここに住み続けるぞ」っ人は大勢いますよねー?

つまりそれは単に土地に対する愛着だろ?
政治的意思なんかじゃないだろぅ?

287 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 22:11:55 ID:7QMQaQek0
やっと定住の地を得る事が出来たって思ってさ。
別に政府の命令に従ってるだけな訳だがさぁ。
でやっと馴染んだ頃にまた良く知らん政治的都合だかで「お前らこの国からすぐ出て行って下さいよー!」ってさ。
話しが違うじゃん?て感覚だろ?

まぁ君達が当事者なら大人しく出て行くんだよねぇ?当然。

で君ならどこに行くよ?

288 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 22:18:04 ID:o7M8KTEP0
>>285
河豚作戦ね、杉原がビザ出したのは東条英機のgoサインがあったから
杉原ビザで命拾いした人は東条に感謝すべきだね

289 :7:2006/02/17(金) 22:19:42 ID:CWupR/wK0
>>283 ID:7QMQaQek0はちょっと歴史を勉強してからこい、学生さん。
    ジューのおかげで何回、中東戦争があった?いまだに紛争は続いている。
    まぁ漏れはイランを応援する。
>>278 愛肥満はナチだからね、塩がなぜにパレスチナへ?ということ。英国の
   3枚舌もあるが、最後は「聖地エルサレム」が表向きの理由だが、1920年代の
   中東での鉄道や石油資源の利権も理由があるらしい。

290 :7:2006/02/17(金) 22:24:29 ID:CWupR/wK0
>>287
おまいは勉強がタリン。ビルビジャンでググってからこい!

291 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 22:30:23 ID:7QMQaQek0
>>289
中東の戦争なんてまだまだ続くだろ。
いつだって政治的衝突のしわ寄せは市民がかぶる訳さぁ。

お前がイランを応援するってのはイランの政府を応援するって事だろ?
どうせならイランの市民を応援してみぃ。
どこの国だって政府が考えてるのは国益つぅ建前の利権だからな。
で市民は将棋の駒さね。

むかつくねー
俺は全ての国の政府というものを否定しているよぉ
例えばアメリカのブッシュは大嫌いだがアメリカの懐の深い文化は大好きだ。
ジャマイカもどこの国もだ。
それぞれに素晴らしい文化を持っているものだ。
中東にだって反政府的なラッパーがいたりもする訳さ。


292 :名無しさん@6周年:2006/02/17(金) 22:36:29 ID:BBOeXCZ70
日本がイラン側に立つのは石油を売ってもらっている以上当然のこと。ただ1979年以前の
イランのほうが好きだ。パーレビ王朝は明治維新を手本にしてたというし。

293 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 00:42:43 ID:ABd6XnPQ0
ホロコーストへの疑問をどう見るか。イラン人の間にも、ホロコーストそのものは
疑いようがないという立場と、ホロコーストはやはり疑わしいとする立場の両方が
あるようだ。

だが、何かが忘れられている気がする。

パレスチナ問題はイラン人にどれほど関係があるのだろうか。ユダヤ人の非道さ
を追及している暇があったら健全で厚みのある中産階級を育てるための経済政策
にもっと力を注ぐべきではないか。そんな疑問が沸いた。


【イランのテレビ討論―アハマディネジャド発言を受けて】
―― イランTV、2ch、2006.01.05放送
www.memritv.org/Transcript.asp?P1=997

Siddiqu(在ロンドン、イラン系イスラーム主義誌編集長):
第二次大戦以降シオニスト運動によってホロコーストは政治利用されてきたとい
うことを認識することがとても重要だと思います。ユダヤ人がアドルフ・ヒトラーの
もとで大変な苦しみを受けたのは疑いのないことです。ジプシーのジェノサイドや
ヒトラーによる他の犯罪とともに、ユダヤ人のジェノサイドは行われました。
…… 問題なのはその利用なのです。ユダヤ人やシオニストの指導者たちはそう
いった出来事が起きた後に、それをパレスチナ人に対する同様かつ同等に邪悪
な自分たちの行為を正当化するために使っているのです。

294 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 00:44:45 ID:ABd6XnPQ0
----------
Dr.Goudarzi:
シオニストは自分たちは世界の支配者でなければならないと主張しました。その
ためにロシアで「シオンの長老の議定書」を書き、一つ一つすべての項目を実現
したわけです。……

司会:
シオニストは世界を経営する立場になったのですね。

Dr.Goudarzi:
そうです。…… 彼らは自分たちの好きなように歴史を書こうとしており、メディア
における彼らの比類なき力を使って、うまくホロコーストの話題を押しつけ、自分
たちを虐げられた存在として演出しています。
----------
Dr.Goudarzi:
アハマディネジャドが言っていることは実に明快です。ヨーロッパ人がやったの
なら、ユダヤ人に補償すべきなのはヨーロッパ人だということです。でも厳密に
は誰が補償を支払うべきなのでしょうか? 当時の世代が支払うべきだったので
あって、現在の世代ではないでしょう。

たとえばドイツでテレビを買おうとすると20%の税金を前もって払うことになりま
すが、その税金の一部は存在するかどうか疑わしいあの火葬場のために払って
いるのです。つまりそのお金は存在しない犠牲者のポケットに入ります。何故っ
て、絶滅したのなら生存者はいないはずじゃないですか。……

司会:
ホロコーストは本当はなかったということですか?

Dr.Goudarzi:
いいですか、ユダヤ人が言っていることはどちらかというと嘘に近いんですよ。……

295 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 00:54:54 ID:3M3VIO5l0

香山リカ
『2ちゃんねる』に書き込んでいる人のなかには、一般社会では
発言権がないからああいう場で発散している人もいるわけで、
そういう意味では彼ら こそ社会的に弱者だったりマイノリティの
立場だったりするはずなのに、 なぜ石原さんが好きなのか
理解に苦しみ ます。
石原さんはあんたたちのこと嫌いだよ、と思うんですけどね(笑)。

浅田彰
右傾化した若い人たちは「サヨ」を嘲ってさえいれば自分が
ひとかどの「国士」として公論を述べているかのような錯覚を
持てる。 
実際はひきこもりの「ネットおたく」に過ぎないとしても、たま
たまネットという媒体が与えられたため、
自分が「政府高官」にでもなって「国益」を論じているかのような
妄想が膨れ上がってくるんでしょうね。

宮台真司
男の子は「2ちゃんねる」的な掲示板に引きこもって脆弱な
プライドを温存する結果、とても人前に出せない、
それこそ掲示板の世界に永久に引きこもっておいて
もらうしかないような勘違い野郎が急増しています(笑)。



296 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 00:55:33 ID:nJSe6Kzv0
>>291
ここにこうして、好きなこと書けているのは”この国の政府のおかげ”ですよ?


個人の自由なんて所詮、政府の保証の枠内。
そんな幻想的なものなんですよ。



297 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 01:11:34 ID:ACpcw7Tg0
日本が他の民主主義国家と違って独特なのはさ。
なんでもかんでも政府のお陰です。おかみのお陰ありがたやーってヤツね。

ところがだアメリカを例にあげるでもなくさ。
個人の権利つぅのは流血の末、市民が国から勝ち取るものだ。
それが出来るのが民主主義であるのだよ。

与えられるものだけをただ有り難く頂くってのはだ。
これ北と同じ。

よって日本の民主主義は建前と評されがちな訳でと。
日本於いても君の知らない所で色んな人や団体が市民の為、ホームレスの為、国と戦ってる訳さね。
政府に感謝する暇なぞあったらそうした活動家を知りなさい。

世間知らずも良い加減にしなさいね。

298 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 01:20:57 ID:nJSe6Kzv0
>>297
自称・活動家なんてのが気楽に”ごっこ”してられるのも、
この国の政府のお陰です。

そもそも別に「民主主義が正解」と決まったわけでもなく。



>政府に感謝する暇なぞあったらそうした活動家を知りなさい。

自称・自慰的活動家なんか知りたくもないDeath。
日本が嫌なら日本から出てってくださーい。


299 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 01:21:42 ID:3ru/zk840

◆臨時政府の「対日宣戦布告」64周年の記念式(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=70473&servcode=200

「対日宣戦布告日」は、日本が真珠湾を攻撃した翌日の1941年12月9日で、
臨時政府が奪われた国権を取りもどすため、
日本への宣戦布告を行ない、声明書を発表した日。
臨時政府は、この日から連合国の一員でとして参戦した。


なんで、韓国はこう平気で歴史を改竄しちゃうんでしょうか。
それにもかかわらず、この国は日本に対して
「歴史を歪曲してる!」とか「過去の歴史を直視しろ!」とか
したり顔で言ってくるんだよなぁ〜・・・。
こんなやつらと共通の歴史認識なんて持てるわけねっつーの。
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/45126/diary.html


300 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 01:24:23 ID:nJSe6Kzv0
>>299


【韓国】ダイヤを使った30億ウォンの玉璽、「600年受け継がれた世佛玉璽展」に登場 日本の某企業家が製作を支援(画像あり)[02/17]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1140161067/



要約:「600年受け継がれた世佛玉璽展」に「閔氏がこのたび製作した玉璽」を出展


笑うポイントが広範囲過ぎて、笑えません。



301 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 01:26:45 ID:vI5fRtwQ0
600万人は多すぎだろ。
都市という都市を焦土にされ、2発の原子爆弾を落とされ
何十万という将兵を戦地で餓死させた日本ですら
軍民あわせて300万しか死んでないのに。


302 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 01:32:45 ID:ACpcw7Tg0
戦後の民主主義はアメリカの影響だろぅ??
活動家ごっこ??

君が安全のモノを食べられる事一つをとっても政府は認めるのが仕事。国民の為に提案した訳じゃぁありませんわ。
戦後、そうした事柄のガイドラインはアメリカが準備した訳でさ。

アメリカに感謝してればー??
大戦中の日本が理想の人だろうけどさぁ

戦争中はそんなに良かったっすか??
勘弁しちくりー

303 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 01:44:24 ID:ACpcw7Tg0
政治家が動くのは市民が陳情するからってのを知ってる人っている?
みんな
政治家が自発的に市民の人権を守る為の提案なりをしてると思ってんの??
民主主義ってのはだよ??
民が主なのだよ??

分かってますか?地球のみなさーん

304 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 01:47:40 ID:ACpcw7Tg0
つまりですよ。
活動家、活動家と言ってみんなバカにしますけどねー
彼らが政治家を動かしてんですからね。

市民の安全を考えてるのは「市民」なんですよ!!
騙されちゃぁいけませんよー

305 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 02:11:07 ID:bFhuWGfH0
市民の利権を考えてるのは「市民」なんですよ!!
騙されちゃぁいけませんよー

じゃないの。

306 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 02:28:02 ID:ACpcw7Tg0
>>305
つまんねー
レスする気にもなんねぇーよ

307 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 02:59:33 ID:h2H1amA+0
『我が闘争』に「テロにはより強力なテロでもって応える」と書いてあるが、それを一番忠実に実践してるのはイスラエル。

308 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 03:09:43 ID:bFhuWGfH0
活動家の利益誘導はすべからく人権保護のためと言うのか?
政治家は自発的に人権保護の政策を作らないのか?

>市民の安全を考えてるのは「市民」なんですよ!!
>騙されちゃぁいけませんよー
何で民主主義の建前で語られる市民を全てと捉えて政治家と市民の活動の関係を
矮小化するの。活動家の陳情が政治家を動かす姿しか知らないなら、君が知ってるのは
現実じゃなくて片面的な知識でしかないな。
>よって日本の民主主義は建前と評されがちな訳でと。
君の語る民主主義も建前に過ぎないよね。

309 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 03:16:51 ID:aqRQfdrg0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/berg_01.htm
8.車両に搭載されていた50万の毒ガス発生器が大量殺戮にはまったく使われなかった!

第二次世界大戦中、ヨーロッパ諸国の多くは、非軍事的な乗り物輸送の分野で、ガソ
リン・エンジンもディーゼル・エンジンも使わず、木材、コークス、石炭のような固
形燃料を燃やす車両にかなり依存していた。多くは木材であったが、固形燃料は、普
通車両の後部に搭載されていたガス発生器の中で燃やされることによって、可燃性ガ
スの混合気となった。このガスは、ガス発生器からエンジン吸気によって排出され、
車両前部にある改造ガソリン・エンジン、ディーゼル・エンジンのなかで燃焼した。
この可燃性ガスには普通、18%/vol.から35%/vol.の一酸化炭素が含まれていた。しか
し、ほぼすべてのCOはエンジンで消費されるために、排気ガスには0.3%/vol.以上の
COは含まれていなかった[71]。

ヨーロッパのドイツ語圏では、これらの車両は「ガス発生車(Generatorgaswagen)」
もしくはたんに「ガス車(Gaswagen)と呼ばれていた。木材を燃やしている場合には
――大半がそうであったが――、「木材ガス車(Holzgaswagen)とも呼ばれた。英語
圏では、これらの車両は、一般的には「ガス発生車(producer gas vehicles)と呼
ばれた。しかし、発生するガスはきわめて毒性の高いものであったので、「毒ガス車」
と呼んでも間違いではなかった。これらの車両を操作するには、特別な安全手順とと
もに、その運転手には政府公認の訓練と免許が必要であった。ドイツ占領下のヨーロ
ッパでは、数十万のこのような運転手が、毎日これらの車両を運転していた[72]。

310 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 03:30:31 ID:bBT196aS0
 いまでもユダヤ人虐殺を信じている人がいることが信じられない。

 一昔前の日本では、韓国や朝鮮関係できつい報道があると、
日本人による民族学校生徒に対するチマチョゴリ切り裂き事件が報道されたものだ。
でも、最近ではこの手の報道がまったくされなくなった。さすがにチョンどもの
たわごとが嘘で、これ以上視聴者をだましきれないとTV局も理解しているからだ。
ドイツによるユダヤ人虐殺もチマチョゴリ切り裂き事件同様、根も葉もない
捏造にすぎない。
 チマチョゴリ切り裂き事件の被害者がマスコミに堂々とでてきて事件の検証を
できないのと同様に、ユダヤ人虐殺肯定派もきちんとした証拠をだしてユダヤ人
虐殺が存在したことを立証できない。昔日本で多発したチマチョゴリ切り裂き事件
と同じでユダヤ人虐殺なんてなかったから、科学的に検討すればすぐに嘘が
ばれてしまうからだ。

 ドイツ人によるユダヤ人虐殺が確かに存在したと言う者は、殺された個人を特定し
いつどのような方法で殺されたのか立証する義務がある。根も葉もない噂話程度で
ドイツ人がユダヤ人を虐殺したとか言うのは名誉毀損であり、悪意ある民族差別だ。
 近代刑法では罪を認定するには、厳密な手続きに従って犯罪行為を確定し、相手に
反論を認めた上でなければ犯罪を認定することなんてできない。
 ユダヤ人がしていることは、虐殺と称するものが行われた日時や場所、殺人犯を特定
することなしに、根拠もなく俺たちは600万人殺されたとホラを吹聴してまわっているだけだ。
朝鮮人が差別を目的にした日本人にチマチョゴリを切り裂かれたと称して、なんの証拠も
ださずに、政治宣伝を繰り返していたのとまったく同じ。日本人は、ユダヤの虚言と
悪辣さをもっと知るべきだ。
 一つだけ確かなことは、批判に耐えうる確たる証拠があるユダヤ人虐殺なんて一件も
なかったと事実だ。

311 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 03:36:16 ID:ACpcw7Tg0
>>308
お前は極端すぎ。
俺は分かり易く書いただけ。

政治家に任せきりの政治がどれほど危険か知るがいいー
日本のバカウヨは屁理屈ばっかで困ってる市民を助けるような発言や行動は皆無だ。
それで万事オーケーと信じてるアホ。

あのさ??
そんな連中の方がよっぽどお花畑と知れ。
コレ愛国心のはき違え

本当に愛国心があるならば自国を良くする為の行動を伴うべき。
理論武装はただの自己防衛でしかない。

312 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 03:44:06 ID:bBT196aS0
 なぜ日本であれだけたびたび、民族学校女生徒に対するチマチョゴリ切り裂き事件が
発生したのか(笑)?それは、チマチョゴリ切り裂き事件が発生した方が、朝鮮人にとって
得だったからだ。日本人から不当な差別を受ける朝鮮人を劇的に演出することによって、
朝鮮人が日々日本に対して犯している反国家行為から目をそむけることが、過去にしばしば
報道されたチマチョゴリ切り裂き事件の真実である。
 日本人に罪悪感をいだかせるのに、なぜ女生徒のチマチョゴリ切り裂き事件をネタに
使ったのかは解らない。もう少し時間が立てば、拉致事件のように真相がわかってくるかも
しれない。過去に実際にあった事件をモチーフにしたか、北の将軍様が作った侮日映画か
なにかが元ネタになっているのだろう。ともかく、テポドン試写や拉致事件など日本人が朝鮮に
対して反感をいだくような事件がおきるたびに、なぜかチマチョゴリ切り裂き事件がつごうよく
発生して、マスコミで報道されたのは紛れもない事実である。事実であるかどうか十分な
検証をへることなしに。

 ユダヤ人虐殺もこの類の政治宣伝である。架空のチマチョゴリ切り裂き事件が実際には
存在しないように、ドイツによる組織的ユダヤ人虐殺なんて一切存在しないと勇気をもって
言うべきだ。日本人は、ドイツみたいにユダヤ人に対して大した利害関係もないのだし、
彼らの政治宣伝に付き合う義務などない。ドイツですら最近では、ユダヤの虚言を真に
受けて大虐殺があったなんて本心から思っている良心的知識人は一人もいない。歴史的には
ユダヤ人虐殺は存在しないが、政治的にはユダヤ人虐殺は事実である、とするのが
ドイツ人の公式なユダヤ人虐殺観である。
それを

313 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 03:53:43 ID:aqRQfdrg0
ホロコーストは第一次大戦の頃のプロパガンダにそっくり。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/grubach_01.htm
 第一次世界大戦中、反ドイツ虐殺捏造宣伝は、連合国兵士の士気をかきたてるとい
うような目的を達成するために、連合国の指導者によって利用された[3]。

 反ドイツ宣伝の中でもっとも悪名高いものは、ドイツの会社が後方地帯で「死体活
用施設」を操業しているという身の毛のよだつ話である。「邪悪なドイツ人」は、自
軍の戦死した兵士の死体を利用して石鹸を製造しているというのである。ペルトによ
ると、この虚偽の宣伝を捏造した人物は、イギリス軍情報局長J.V. Charteris准将で
あった。彼の目的の一つは、死者を敬う中国人をドイツ人に敵対させることであった
という[4]。
(中略)
すなわち、赤軍が東ヨーロッパと中央ヨーロッパに侵攻したときに行なった虐殺行為
から国際社会の関心をそらすために、反ドイツ的虐殺宣伝を広めるキャンペーンを手
伝ってくれるように、自国の教会やマスメディアに要請したのである。その際、連合
国政府は、何と第一世界大戦時の嘘にまで言及している。例えば、イギリス情報省は
、1944年2月29日に、イギリス聖職者協会とBBCに次のように通達している[24]。

「われわれは、赤軍が1920年にポーランドで、ごく最近にフィンランド、ラトヴィア
、ガリツィア、ベッサラビアでどのような振る舞いをしたか知っている。

 それゆえ、赤軍が中央ヨーロッパに侵攻したときにどのような振る舞いをするかを
考慮しておかなくてはならない。…

 経験の教えているところでは、事態から目をそらせるもっとも有効な手段は敵国に
対する虐殺宣伝である。不運なことに、世論は、『死体工場』、『手を切断されたベ
ルギー人の赤ん坊』、『十字架にかけられたカナダ兵』といった話が受け入れられて
いた時代のようには、感化されやすくはない。

 したがって、赤軍の振る舞いから世論の目をそらすために、あなた方の協力がぜひ
必要である。その協力とは、本省が広めてきた、また、これから広めるであろうドイ
ツ人と日本人に対するさまざまな告発を、熱心に支持することである。」

314 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 03:54:02 ID:JEpw+sX8O
>>311そうか皆が理論武装すればいいんだ!



ネトウヨは活動の方法を知らない希ガス。
せいぜい政治家や各省庁にメール送ったり、デモしたり、啓蒙サイトを作ったり、2ちゃんで啓蒙したりくらいでは?

315 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 03:54:30 ID:F/RJAPg+O
ネットウヨはイランに移住して
一緒に盛り上がってください><

316 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 03:57:29 ID:JEpw+sX8O
>>315ネトウヨにさよくみたいに人間の盾になるような信仰心は有りません。

317 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 03:58:22 ID:ACpcw7Tg0
>>314
ごめんごめん。
リアル右翼じゃ色々ちゃんとやってる人がいるのは知ってるからさ。
ネトウヨだよな

318 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 04:03:03 ID:x1wPfZIL0
あなたは半島に帰ってね

319 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 04:04:00 ID:vIebPLDDO
表現、発言の自由が認められてるんだろw

320 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 04:05:25 ID:bBT196aS0
 現在でも新聞やテレビなどのマスメディアで、ユダヤ人虐殺に関する報道が
まことしやかになされている。しかし、あと四半世紀もすればこの手の報道は
ぱったりとなくなってしまうだろう。今ではチマチョゴリ切り裂き事件がまったく
発生しなくなったと同じように(笑)。
 マスコミは、この種の政治宣伝に対して無責任だ。マスコミは、騙されたとはいえ
自己の間違った報道を謝罪し、いかにして政治宣伝にのせられたかを検証し
視聴者に報道すべきだ。

 いま現在、朝鮮人・韓国人がこんなに不利な立場におかれたことはかつてない。
戦後もっとも強い逆風が、在日社会には吹いている。もし過去のチマチョゴリ切り裂き
事件などの差別事件がほんとうに発生していたなら、こんなに日本人の朝鮮人観が
悪化した現在、もっと発生し報道されてもいいものだ。マスコミが報道しないのは、
そんな嘘の報道をしてもすぐばれることわかっているからだ。
 これはつまり、自分達が過去に嘘の報道をしつづけてきた事実を間接的に認めている
ことになる。しかし、過去の報道について自ら間違いでした、朝鮮人の政治宣伝に
のせられましたと反省報道することはない。

 ユダヤ人虐殺の嘘が歴史的事実として確定した場合、いままでさんざんドイツを
非難してきたマスコミはどう言う態度をとるのか?一連のチマチョゴリ切り裂き事件報道と
同じで、知らんぷりで押し通すつもりなんだろうか?どちらにせよ、政治宣伝で踊り、
事実が判明しても責任をとらないマスコミの言うことなど信用できない。
 チマチョゴリ切り裂き事件もユダヤ人虐殺も、マスコミの報道はすべて政治宣伝だ。
ネットの情報だけが信用できる唯一の情報だ。

321 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 04:24:52 ID:1xHSoOC90
言ってる事は正しいが、今イランに言われたらただのイチャモンにしか聞こえないよなぁ

322 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 04:36:20 ID:JEpw+sX8O
>>317
Yes, ネトウヨs are in 2ちゃん.
2ちゃんは匿名という性質上、リスク無しの言論の自由があるが束縛性が無く組織を作るのに向いてない。
誰でも参加でき限りなく透明だがそれゆえ攻撃されやすく攻撃する者が粘着し議論を破壊する。
また責任を問われないため飽きれば無責任に議論から脱退できる。
仕切る奴がいないと政治活動はムリポ。しかもネラーは仕切られるのを嫌う。
ニュース速報はそもそも政治活動する所ではないし。
と初心者がエラソーに語ってみました。

323 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 04:58:05 ID:uXqLdE8K0
>>245
> >>12
> > イラン大使が言うと真実みがなくなるけど
> > ほんまのことやからね ホロコ
> ついでに広島も捏造だろ

釣りでもそんなこと言うなよ 広島は・・・

324 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 05:06:00 ID:aqRQfdrg0
>>323
2chで「広島が捏造」というのは犠牲者数水増しという意味。
本当に原爆で死んだのは10万人弱ではないかという説が出ている。
(定説では13〜15万人)

325 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 07:37:22 ID:MKIl4fZj0
>>324
どこにそんな説があるのか、ソースを出してみ。

326 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 07:41:34 ID:0xlAYt9mO
イラン、アフガン、聞かせてバラライカ

327 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 07:44:05 ID:ej+ygffF0
>>325
アメリカでは原爆死者は5000人程度というのが定説。



328 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 08:42:40 ID:M5T8CXLs0
欧米のホロリビが、日本の「つくる会」あたりと根本的に違うのは、
欧米のホロリビは、「右」とか「左」とかいう党派に限定されて
いない事。宗教的にも民族的にも色々な人間がいる事だろうな。
この辺が、やっぱり、欧米の個人主義の伝統か。

最初のホロリビ歴史家はラッシニエという左翼のフランス人だったし、
ユダヤ人のホロリビも居る。

日本の「つくる会」は、司令塔があって、司令塔の方針を外れない
連中ばかりだから、「右の共産党」みたいで、人間的に面白みのない
人間が多い。

日本で、左翼が南京大虐殺を否定したり、中国人が南京大虐殺は
ウソだ言ったりしたら、欧米のホロリビみたいなんだが。

329 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 08:46:46 ID:dGKEZszi0
>>18
ごく一部の上級幹部しか知らなかった計画で
そんな記録なんて残すわけないだろ。

物理的に無理という主張ならわかるが
記録を残していないことでなかった説を
補強するなボケ。

330 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 09:01:33 ID:76Hd6Exp0
「黒い九月」事件もヤラセ殺人の疑い
http://0000000000.net/p-navi/info/news/200510050628.htm

331 :やぶへび:2006/02/18(土) 09:04:46 ID:FgiqojCV0
>ナチス・ドイツによる
>ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)

みんなは、アウシュビッツや南京大虐殺を
そのまま信用してますか?

332 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 09:09:49 ID:eWN05UKM0

 自分たちに都合のわるい 「解釈」 は、「歴史の歪曲」 ですか

 そうですか


 やってること、思考回路がシナチョンと同じ件



333 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 09:10:49 ID:GfvnlCxR0
進退窮まったポーランド政府、イランのホロコースト調査団受け入れ拒否
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/683.html

334 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 09:15:29 ID:5HUU0s7y0
ユダヤ人600万人虐殺が事実なら何の躊躇も無く資料を提供できるはずだと思うが。
何か隠し事でもあるのか?

335 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 09:19:00 ID:Rgsi0KEF0
イランを全面的に応援したい
逆に欧米のタブーに切り込むとはさすがだ

336 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 09:30:00 ID:5HUU0s7y0
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/683.html#top
>"Under no circumstances we should allow something like that to take
>place in Poland," Meller told Polish news agency PAP. "It goes beyond
>all imaginable norms to question, even discuss or negotiate the issue."
いかなる状況でも我々はそのようなことをポーランドで行われることを許可
しない、この問題に疑問を呈する、議論する、または交渉することさえも全ての
想像できる水準を超えている。と、メラーは政府広報機関PAPに語った。

337 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 09:32:48 ID:5HUU0s7y0
×しない、
○しない。
どこかの国と言ってること同じだよ。

338 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 09:58:11 ID:ZQ/OPjlo0
永遠に続くプロパガンダ。
今効果を上げてるのは、ミュンヘンかな。
"目には目を"あれっ。これってマホメット。

339 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:08:06 ID:KJUqDY/90
>>335
胴衣胴衣 いつの間にかイランが正義の味方
「ヨーロッパの問題なんだから、イスラエルをヨーロッパに作れ」
は正論すぎてグゥの音も出ないだろう。

340 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:19:10 ID:MeWB89ii0
 スピルバーグ映画はユダヤのプロパガンダだからな。
未知との遭遇やETは、欧米にいる異質なエイリアン(ユダヤ人)を
肯定的に描写してユダヤ人の立場を肯定することが目的だったわけだし。
シンドラーのリストは、ユダヤ捏造史観のかたまり。ジェエラシックパークは、
暴虐さゆえにイスラエルに隔離され繁殖したユダヤ人たちを排除してはいけません
と言う内容を暗示している。

 ミュンヘンで、ユダヤ史観を露骨に出したのはイスラム敵視、イスラエル擁護を
大々的に宣伝する目的があるからだろう。イスラエル・アメリカ連合軍による
イラン攻撃を正当化するために。スピルバーグはユダヤの手先だよ。
 
 

341 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:23:46 ID:QwqYyg5W0
仮に殺害された真実の数が100万人程度だったとしても
大量虐殺だと言える
過去の住所録とか綿密に調べて行けば

かなり正確に本当の数って判明するのではないかな?
600万なのか、300万なのか100万なのか?

ユダヤ人大量虐殺が有ったのは真実だけど
数が誇張されてるだけなのかも知れない?



342 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:27:09 ID:6V1wVriK0
アメリカのイラク戦争の死者も正確に統計すると9千人以上なるそうだ。
ホロコーストは逆に水増しし過ぎだ

343 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:28:50 ID:DikloPj30
>>329
>>ごく一部の上級幹部しか知らなかった計画

ガス室の建設、運用、遺体の焼却をごく一部の上級幹部がやっていた????
数百万人のベルトコンベア式虐殺の実際の作業を一部の上級幹部が全てやり遂げたと???


344 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:29:55 ID:vPLDlV1D0
>>331
>>102

345 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:34:00 ID:L5VTqVwD0
終戦間際に連合軍は報復でSSの下士官とか殺しまくった
からな。数の捏造もしやすかったんだろう

346 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:36:06 ID:DikloPj30
>>341
南京と違って、論点は数の問題ではない。
唯一の証拠の証言で、殺害場所と殺害方法が限定されている。
そのガス室とされていた部屋は、あらゆる化学的証拠、技術的証拠、史料的証拠
を調べれば、遺体安置室として計画され、建設され、使用されたとしか
判断できない。
だから、「虐殺数=0」だとしか解釈できない。
その検証が日の当たる世界では禁止されているわけ。

347 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:37:01 ID:QwqYyg5W0
>>342
え! 米軍戦死者の話ですか?
現時点では2200〜2300人くらいの米軍戦死者って出てるけど
9000人?


348 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:42:22 ID:KJUqDY/90
>>347
1万人超とも言われている。

2000人は、イラクで即死した兵士の数。
重傷を負ってヨーロッパの基地やアメリカ本土に移送され、
そこで死んだ兵士の数はカウントされていないというマジック。

数字なんか乳繰り回すのは簡単だからねぇ。

349 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:42:48 ID:PBLV8Q9k0
広島原爆即死死者数 約7万人 1945年12月末死者数 約14万人
長崎原爆即死死者数 約3.5万人 1945年12月末死者数 約7.4万人
東京大空襲死者数  約8.4万人

兵器を有効利用した大量虐殺でもこの程度しか殺せないのに
いちいち一人一人捕縛して収容して殺害して焼却して100万人殺すっていうのは
それはもう凄まじいくらいの兵力を投入してやらないと無理だろ
そしてこの作業はなんら国家のためにもならず勝利に貢献もしない
戦勝国の大量殺戮を上回る記録がほしかったから捏造しただけじゃないの?
今の軍隊でも捕虜収容所で虐待してるくらいだから 当時の収容所で虐待や殺害の事実があったことは間違いないだろうが
せいぜい1000人とかその程度じゃない?
南京にいたっては 毛沢東が日本軍は敵兵を殲滅しないので戦闘が長引いたとかいって戦略を批判してるくらいだから
もう完璧にデッチアゲだろうなぁ

350 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:42:48 ID:rBXnx7Dd0
否定論者は南京事件とリンクさせないほうがいいよ。

南京とリンクさせるのは肯定派が、欧米の支持を得るためによく使う手法。
自爆になってしまう。

351 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:44:29 ID:QwqYyg5W0
>>346
ナタで首を切り落とされて死ぬのも虐殺だよ
表現のやり方を言い争ってもしょうがないでしょう?
殺し方がどうであれ監獄に入れられて
餓死したり病気になって死ぬのも虐殺だよ

虐殺数が何人だったのか
ナチのユダヤ人追放から始まって殺された数が
全体で何万だったか?
それを被害者側はまとめて約600万人犠牲者が出たと言っている
この殺し方で何万で、この殺し方に入らない数は別問題だから
虐殺はゼロって言うのは言葉の遊びに過ぎない



352 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:51:09 ID:KJUqDY/90
>>351
それが戦争だし民間人が死んだりするのは当然でしょ。
そもそもユダヤ人は愛されてきた民族じゃないんだしさ。
ウサギが一匹DQNによって意味も無く虐殺されたら胸が痛むが、
人間が何千万人殺されてもも無問題。なぜなら生存をかけて
同族で殺しあうのが生物だからだ。同族に対して真の哀れみは存在しない。

数や方法が問題でないのなら、朝鮮系中国人が5歳児3人を殺すのも虐殺。
だから朝鮮族居留地は日本の領土。違うか?

353 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:52:05 ID:MeWB89ii0
>>351

 個々の殺人行為が立証されなくて、ただ漠然と数字があげられているだけだから
ゼロと言っているんだろ。

 殺人事件が東京で起きても、誰がいつどこでどのような方法で殺したのか
確定できなければ、だれかれが起こした殺人事件とは認定できない。
立証責任は、殺人行為があったと立証する側にあるわけで、ユダヤ人虐殺で
殺された者のリストを提示し、その者がいつだれによってどのような方法で殺されたのか
しめすべき。立証が確定できてはじめて、ユダヤ人虐殺はあったと言える。
それができるまでは、あくまでユダヤ人虐殺の人数はゼロと言うべき。
言葉のあそびじゃないよ。冤罪を着せられているドイツ人とヒトラー総統の名誉のために
これだけは言っておく。

354 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:52:32 ID:5HUU0s7y0
>それを被害者側はまとめて約600万人犠牲者が出たと言っている
死に方はどうでもいいというわけでもないが、600万人の証拠を出せって。
広島では一名一名の名簿があるぞ。

355 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:53:03 ID:QwqYyg5W0
>>348
ベトナム戦争での米軍戦死者は約58000人って言われているけど
あれは即死も病院で死んだのも含めた数なんですかね?
古い話で恐縮だけど

仮に58000人が戦地で即死の数だけだとすると
欧州や日本の基地の病院で死んだ数を入れると
10万人くらいになるのかな・・・

これは勝手な憶測だから、誤解しない様にお願いします。


356 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:55:33 ID:RAkrVRH50
>>351
病死も「虐殺」ですか。

鈴木邦男が、西岡と対談した後で、ガロにそんな記事を書いてたな。
もっとも、対談で、そんなやりとりは無かったから、その箇所は
鈴木の創作だけど。(w


357 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:56:26 ID:QwqYyg5W0
>>354
抗議はイスラエル大使館へお願いします。w
ユダヤ人犠牲者の数の根拠を出してくれと私に言っても
それは出来ませんから

言ってるイスラエルへ抗議してくださいな



358 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:57:16 ID:MeWB89ii0
 ユダヤ人虐殺あった派は、自分達の主張に自信があるならきちんと大虐殺の
立証をすべきだ。まんぞくな立証もせずに、第三帝国や当時の国家元首ヒトラー総統に
罪をなすりつけるのは、まちがっている。

 虐殺されたユダヤ人が存在すると言うなら、虐殺されたユダヤ人の氏名を公開して
そいつかいつどこで誰によって、いかなる方法で殺されたか証拠を提示して立証しろよ。
それができないなら、第三帝国やヒトラー総統を虐殺者よばわりすべきではない。

 戦時下の混乱状態の中でまったく虐殺がなかったとまでは言わない。イラクのように
住民が虐殺されることもありうるわけだし。だからこそ、実際に殺された人を確定して、
それがいつどこでいかなる方法で殺されたのか確定されなければならない。
 文明国においては、確たる証拠もなしにいかなる集団や個人も殺人者呼ばわりしては
ならないよ。そして、それを証明するのは虐殺があったとする側だ。

359 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:58:38 ID:SDQ8t6tW0
このイランのおっさんは正しい

ほんと600万人も殺すのどんだけかかるか。



360 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 10:59:37 ID:QwqYyg5W0
>>356
監獄内での病死は虐殺の中に入ると思うよ
監獄に入る理由はユダヤ人だと言う理由だけなんだから
監獄に入れられなければ急速な衰弱も無いだろうし
急速に不衛生な環境にもならないだろうし

それを行ったのがナチスドイツ
責任はナチスドイツに有る



361 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:00:09 ID:6V1wVriK0
>347 348氏の言う通り戦闘で直接死亡した米兵が2200人みたいです。
病院で死亡 アメリカ国籍を取得しようとしている準アメリカ人は
カウントされていないので1万人近くになっているようです。

362 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:00:24 ID:RAkrVRH50
病死も「虐殺」と言うなら、シベリアで病死した日本人捕虜も
ソ連に虐殺されたわけだし、満州で、発疹チフスや飢餓で死んだ
日本の子供も、「虐殺」された事になる。

なぜ、ユダヤ人だけが、「虐殺」された事になるの?

363 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:00:57 ID:KZUizcXc0
>>353
俺はホロコーストにはいろいろ疑わしい点もあると思ってるけど

>立証責任は、殺人行為があったと立証する側にあるわけで、ユダヤ人虐殺で
>殺された者のリストを提示し、その者がいつだれによってどのような方法で殺されたのか
>しめすべき。立証が確定できてはじめて、ユダヤ人虐殺はあったと言える。

これは小学生の論理だ。嫌疑をかけられている対象が情報を一元的に管理
している側であるとき、立証責任を負うのは嫌疑をかけられている側だ。

日本を含め、たいたいの民主主義社会で「推定無罪」の原則が権力側には
認められていないのもこのためだ。

364 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:01:55 ID:QwqYyg5W0
>>358
だから、その抗議文を貴方の署名入れて
イスラエル大使館へ入れなさいよ
あそこが発信元の出先なんだからね

2chでゴチャゴチャ文句を垂れてもねw


365 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:03:54 ID:RAkrVRH50
>>360
あのねえ。ドイツがポーランドを占領した時、既に
ワルシャワのユダヤ人ゲットーは、不衛生だったの。

そして、ワルシャワ・ゲットーでは、発疹チフスが既に
発生して居たの。

じゃあ聞くけれど、ワルシャワ・ゲットーのユダヤ人を
ワルシャワに残しておいて良かったの?

そうしたら、もっと多くの発疹チフス患者が発生していた
可能性だってあったんじゃないの?

ポーランドはね、元々、発疹チフスの発生を繰り返して
いる土地だったの。

366 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:04:19 ID:KZUizcXc0
>>ID:MeWB89ii0
あ、一応先に言っとくけど

「今は権力者じゃないから立証責任はない」という言い訳は通用しないからね。
権力を失う前に多くの資料を処分しちゃったことはわかってるんだから、その
ことによって免罪の資格を失う。


367 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:04:50 ID:MeWB89ii0
>>360

 監獄で病死者がいたとしても、それがイコール虐殺であるかなんてわからない。
ドイツ側が最善を尽くしたが、病死してしまった場合もありうるわけだし。日本でも
高名な哲学者をはじめたくさんの囚人が、監獄で病死しているよ。もちろん、
虐殺されたなんていわれていない。

 監獄で病死者がいたとして、それが虐殺というなら、その者の氏名を確定し、
いついかなる場所で、どのような環境に置かれて病死したかを確定すべきだろう。
確たる証拠もなしに、思いつきで監獄・病死・虐殺とか言っても説得力ないよ。
 もし監獄で満足な食料や医療を与えられず、意図的に病死させられたとすれば
それは立派な殺人行為だ。だからこそ、慎重な検証が必要だろう。文明国では
確たる証拠もなしに、人を犯罪者よばわりしてはならないのだし。

368 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:05:59 ID:QwqYyg5W0
>>362
当たり前の事でしょう?
ソ連軍によって強制的に収容所に入れられて
強制労働させられて
急速に衰弱して栄養失調で病気になり死亡すれば
ソ連によって虐殺された事になるよ

>>362
その抗議文をロシア大使館に入れなさいよ
署名をいれて


369 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:06:42 ID:KJUqDY/90
>>358
そのイラクの虐殺やテロルも、捕まえてみたらイギリスの工作員だった、
で拘留された2名の工作員をイギリス軍が塀をぶっこわして突入、奪回した、
なんてお粗末な舞台裏がたまに見えちゃったりするわけで、、、、、

民主主義というのは、無知蒙昧な民衆の意向を、どうやって目的のものに
誘導するか、という技術だ。そのためには、「正義&大義名分の捏造」が
必要になり、こういったあからさまな捏造が行われる。民主主義の影の部分、
必要悪とも言える。

絶対君主制ならそれほどの捏造はいらない。「あの国が嫌い、生意気だ」
というだけで戦争になり、勝てば正義、負ければ滅亡。スッキリしてる。
君主制の欠点をなくすための民主主義だが、欠点が皆無な体制でない以上、
こういった秘密の舞台裏装置が必要になるのは当然と言える。

370 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:07:55 ID:GQeJM5uI0
病死・衰弱死に関しては「待遇がどうであったか」によって判断されるのが
国際常識だから、君たちがここで議論しても無意味

371 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:08:06 ID:Xv2kPSHz0
Typhus and the Jews
by Friedrich Paul Berg
http://www.nazigassings.com/typhusandjews.html

東欧ユダヤ人の想像を絶する不潔さはチフスの温床であった

372 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:08:23 ID:DikloPj30
>>360
>>監獄内での病死は虐殺の中に入ると思うよ

いや、現実問題入ってない。
残念ながら、君がどう言おうが入らない。
ヨーロッパで、公に

「ガス室による虐殺は無かったが、
ソ連からの資料にあるとおりアウシュヴィッツでは主にチフスで
13万人が死亡した。これこそ虐殺だ」

と言ってみな。これはホロコースト否定論者と同じ主張だぞ。
すなわちネオナチ決定。監獄行き。

373 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:08:36 ID:MeWB89ii0
>>363

 虐殺があったと主張しているたちも、権力だよ。連合国とかイスラエルなどの
政治権力が虐殺があったと主張している。ユダヤ人虐殺「捏造」問題では、
むしろ虐殺がなかったと主張する善意の個人や集団が、権力によって踏みにじられて
いる構図がある。
 虐殺があったと虚偽の政治宣伝を繰り返す連合国やイスラエル、ドイツ政府こそ、
立証責任があると言うべきだ。

 民主主義国における政府は、証拠もなしに個人の言論や主張を弾圧してはならないよ。
政府が、特定の個人や集団の過去の行為を虐殺と認定するなら、確たる証拠を提示
すべきだよ。

374 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:08:43 ID:QwqYyg5W0
>>367
監獄に入れる理由は?
ワルシャワゲットーが出来た理由は?
(作られた理由は?)



375 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:10:09 ID:RAkrVRH50
数年前、NHKで、「沈黙の村」というドキュメンタリーを
やったの、見た人いない?イェドヴァブネ村という村で、
大戦中、ドイツ占領下の(!)ポーランドで、ポーランド人
たちが、子供を含めたその村のユダヤ人たちを多数焼き殺した
という事件に関するドキュメンタリー。

戦後、永い間この事件は封印されていたが、大戦中、こうした
事件は多数起きていた。つまり、ドイツ占領下のポーランドでは、
ポーランド人が、ユダヤ人を虐殺していたのに、ポーランド人は、
その事に頬かむりをしていたんだよ。

悪い事は全部ドイツのせいにしてね。

イスラエルもイスラエルで、金を取れないポーランド人が
やった事については沈黙していた。

ドイツだけが、悪いんだろうか?

376 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:10:40 ID:yjtwfNJl0
ホイコーローに疑問?

377 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:13:37 ID:ekZRw+ln0
>>370
>民主主義というのは・・・
いや、それ民主主義じゃないしw

そういうことがないように、法の恣意的運用に厳しく枷をかけたのが民主主義
そういう恣意的運用が行なわれている時点で、それは「民主主義が機能していない」証拠

そういう点で言うと、民主主義ってのは宗教原理主義に似ている。
目の前で人が生死の境をさまよっていても「緊急避難」に該当しない
限り法を曲げることは許されないという制度だから。


378 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:13:46 ID:MeWB89ii0
>>374

 問題は虐殺があったかなかっただろ。虐殺があったと言うなら、
誰がいつどこで誰によってどのような方法で殺されたのか、
通常の殺人と同じで確定すればよい。それが正論だろ。

 それが一人としてできないなら、虐殺はなかったと言うしかない。

379 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:17:58 ID:QwqYyg5W0
>>378
だから抗議文をイスラエル大使館へ署名付きでいれなさい
それれ早道だよ

何でユダヤ人が監獄に入れられたかも教えて貰いなさいね


380 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:21:35 ID:MeWB89ii0
>>379

 つまり、ユダヤ人大虐殺はイスラエルの捏造だと認めてるわけね。

 そりゃあ、ユダヤ人虐殺の具体的事実じゃなく、政治的事実なら
いくらでもイスラエル大使館は教えてくれるだろうね。
こころならずもプロパガンダを広めるのが大使館での外交活動だしね。

381 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:24:34 ID:GQeJM5uI0
>>373
だから言ったのに・・・
>>366だってば。

「権力」の意味わかってる?
たとえば、学内自治が原則である大学の中で不正疑惑があったとしよう。
国がその疑惑を調査しようと考える。
社会的には「権力」があるのは国家の方だ。だが大学という系の中では
違う。だからこそ大学側はその不正疑惑に関して「シロ」であることを
みずから証明しなければならない。それができなければ国を拒めない。
当時収容所に関して権力を持ち、情報を一元管理していたのは当時の
政府であって連合国じゃない。本来なら権力を移譲してしまった時点
で立証責任も移るのは事実だが、管理していた情報を一部にせよ処分
してしまったという行為がある以上、立証責任は彼ら自身が負う。

とはいえ
>>374
君も勘違いをしている。ゲットーとは、元々ユダヤ人が彼らの宗教的事情
のために作ったものだ。


382 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:24:51 ID:W2MnsaV00
つまり日本もイランと同じ歴史の歪曲してるわけだな。
こりゃ国際社会はそう日本のことを見るようになるし麻生や安倍は窮地に
追い込まれるな。


383 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:28:30 ID:GQeJM5uI0
>>382
南京虐殺のこと?
あれが「なかった」とかほざいてるのは一部の大馬鹿だけだろ?
日本政府の公式見解は「あった」だろ

384 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:30:30 ID:q+dqcv910
ユダヤ人虐殺はみんな騒ぐ癖に
ジプシー虐殺は誰も騒がない件について・・

ジプシーは本当にヨーロッパから消されちゃったのに・・・


385 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:30:54 ID:MeWB89ii0
>>381

 その理窟はおかしい。それではイラクに対して核兵器が存在しないことの
立証義務を課していた、アメリカとなんらかわらないよ。
 虐殺があったのかなかったのかは、権力犯罪に対する断罪にとどまる問題
ではない。実際にドイツでは、個人の言論の自由までもが虐殺あったかの
歴史観を根拠に制限までされているんだよ。

 虐殺があったかなかったかは、戦争犯罪人の処罰だけの問題ではない。
現在の政治権力による言論弾圧や価値観押し付け、名誉毀損の問題でもある。
政治権力が特定の思想や事実を根拠に、言論活動を制限したり特定個人や集団を
殺人者扱いするなら、きちんとした立証にもとづいてすべきだよ。それが文明国だろ。

386 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:31:09 ID:QwqYyg5W0
>>381
ワルシャワゲットーは意味合いが違っていたのではないの?
ポーランド全体から集められて来たユダヤ人が全部入れられたのではないの

自由に外国などに移動出来ない状態で
その場所に封じ込められたのではないかな
国外に出るとか移動の自由が有りましたか?
ワルシャワゲットーに




387 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:31:34 ID:/lO0wbvS0
寒いので七輪置いといて暖を取ってるうちに一酸化中毒で脂肪。
機密性が高い部屋なら手軽に実施可能。

388 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:34:25 ID:RAkrVRH50
ワルシャワ・ゲットーはドイツが作った物じゃないでしょう。
それは、ポーランド人とユダヤ人の間の関係が生み出した物で、
ポーランドにゲットーがあった事までドイツのせいにするのは
滅茶苦茶なんじゃない?(w

389 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:38:09 ID:MeWB89ii0
 例えば特定の政府に対して権力犯罪があったことの立証義務を課すとする、
そしてなかったことを立証できない場合は、その国に不利益処分を科することが
できるとする。これは、まさに米軍によるイラク攻撃の理窟そのものだ。
しかし、実際にそれによって不利益を受けるのは、イラク政府だけではない。
無関係のイラク市民までもが、無茶な立証責任によって爆撃され殺される。

 ユダヤ人虐殺あった派のやりくちもイラクの場合とまったく同じだ。虐殺がなかった
ことに対して立証義務が昔のドイツ政府にあったしても、現在のドイツ市民まで
なんで不利益をうけなくてはならないんだ。ドイツでは、虐殺がなかったと言っただけで
豚箱にぶちこまれる国柄だ。なかったことの立証責任とかなかったと正直に主張する
だけで、受ける不利益までもだまって甘受しろとでも言うのかよ。無辜のイラク人が
爆弾おとされたみたいに。そんな理不尽なことはない。

390 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:39:05 ID:aj8RcilgO
ユダヤ狩りはヨーロッパ人みんな参加してたじゃないか

391 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:41:44 ID:NFHAadyA0
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sinbunterebiiranaiyo.htm#

ナチスもヒットラーもユダヤの装置

392 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:42:43 ID:GQeJM5uI0
>>385
>その理窟はおかしい。それではイラクに対して核兵器が存在しないことの
>立証義務を課していた、アメリカとなんらかわらないよ。
なにをもってそう言っているのかがよくわからないが。
もう少し正確な議論にしてもらえないか?
イラクの場合「国連」に対して「立証しうる状況を整える」義務を有して
いたのであって、「アメリカ」に対してはいかなる義務も負っていない。
(アメリカが言っていたのはただの盗賊の主張であって、なんらの裏づけも
持たない)。その状況の中のどの部分が君をもって「かわらない」と言わせて
いるのか、俺にはさっぱり理解できない。

> 虐殺があったのかなかったのかは、権力犯罪に対する断罪にとどまる問題
>ではない。実際にドイツでは、個人の言論の自由までもが虐殺あったかの
>歴史観を根拠に制限までされているんだよ。
それはおかしいと思うけど、元々そんな話じゃないだろ。ここで問題にされ
得るのは「そのことによって『なかった』という証拠を用意しにくくなる」
という二次的問題の可能性に限定される。議論の本質じゃない。

>政治権力が特定の思想や事実を根拠に、言論活動を制限したり特定個人や集団を
>殺人者扱いするなら、きちんとした立証にもとづいてすべきだよ。それが文明国だろ。
いや、だからさ。当時権力を保持していた側は「政治権力」じゃないのかい?
その上で、
>>本来なら権力を移譲してしまった時点で立証責任も移る
ことも指摘してるだろう?

とか書いておいて悪いが、これから仕事で外出だ。夕方また来るので、すまんが後で。

393 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:44:56 ID:MeWB89ii0
 ユダヤ人虐殺否定は無茶なことなどなにも言ってないことに注目すべきだ。
イスラエル政府やその下僕のドイツ政府が、真実ユダヤ人大虐殺があったと
言うなら、具体的に殺されたユダヤ人のリストをだし、それぞれのユダヤ人が
いつどこで誰によってどのような状況で殺されたのか説明すべきだ、としごく
もっともなことを言っているだけ。

 今回のイランもおなじで、ポーランドで虐殺があったなら使節を派遣して
実際に検証してみようとまで言ってるわけ。それを拒絶するんだから、
虐殺の根拠はますます疑わしくなるだけだ。

 そろそろ虐殺がなかったことを認める潮時だろう。そしてプロパガンダを流した
ユダヤ人や各国の政治家、文化人を戦争裁判に準じた法廷を設置して処罰すべき。
もちろん、日本でユダヤ人虐殺が存在したなどと主張している者も法廷に引きずり出して
厳正に処罰すべき。

394 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:49:24 ID:GQeJM5uI0
レスのびてるな
とりあえず出る前に簡潔に・・・

>>386
俺はワルシャワゲットーの発祥は中世だって聞いてるよ。
後でどう悪用されたかは別問題だろ。

>>389
責任は権限と相対関係にあるんだよ。
俺が説明しているのは、非権力者たる国民と権力者との責任関係。
国民に権限を付与されているから責任があるわけ。
外国の場合はその国の政府になんら権限の付与をしていない以上、
責任を問う資格がそもそもないわけ。
(例外はある。イングランドに外交権を付託しているスコットランド
のように)



395 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:50:25 ID:1bpZ2waa0
ホラコースト ワロタ

396 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:51:08 ID:IrNncg240
ホロコーストはなかった
南京大虐殺はなかった
イランの核保有は正当
アメリカはテロ国家

何せ自動車事故より低いテロの犠牲を大義名分にして攻め込むくらいだからそもそも論理破綻

ここらへんが史料や証拠を精査した場合導かれる結論

397 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:51:50 ID:qUdr/Mnc0
今日の肯定派は極めて程度が低いw

398 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:57:20 ID:RAkrVRH50
>>384
ジプシーの話も検証が必要。
そもそもガス室自体が捏造なんだから、ユダヤ人であれ
ソ連軍捕虜であれ、ジプシーであれ、ガス室で殺された
人間は一人も居ない筈。

ガス室で殺された人間が一人でも居たら、西岡は、医者をやめると
言ったけど、誰か、証拠を示して西岡を失業させてみたら?
ガス室で殺された死体の解剖記録とか見つけてさ。

http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/gas.html

399 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:59:27 ID:5HUU0s7y0
ポーランドはイランの調査団を受け入れるべき。
じゃないと、ポーランドまたはポーランド人もユダヤ人虐殺に関与していたん
じゃないの?と疑われても仕方が無いだろう。

400 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:05:33 ID:ryBXu4Ov0
日本に圧力をかける
シオニスト組織「SWC」〜「シモン・ヴィーゼンタール・センター(SWC)」の実態〜

ttp://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html#07
■■第6章:親中反日路線を強めつつある「SWC」

ところで、1990年代に入ってから、「SWC」のアブラハム・クーパーは「731部隊」の賠償についての
キャンペーンを展開し、アメリカ司法省は1996年12月、「731部隊」や従軍慰安婦動員に
関与したといわれる旧日本軍関係者を入国禁止処分にした。


401 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:12:11 ID:qUdr/Mnc0
年間30億ドルもイスラエルがアメリカにたかってるのも問題だな。

402 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:16:52 ID:QwqYyg5W0
>>388
ドイツ占領下だったのでしょう?
ポーランド人が副主役でドイツが主役だと思うよ

>>394
ユダヤ人排斥に利用された訳だから
別問題ではないよ
ユダヤ人封じ込めにポーランドが使った訳でしょう



403 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:20:56 ID:fCBMtohtO
いわゆる『大』虐殺といわれてるものはほとんど捏造って事ですね。

404 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:22:36 ID:5HUU0s7y0
共産主義者による大虐殺は事実だろ。
スターリン、ポルポト、毛沢東。
金もかな。

405 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:24:09 ID:MeWB89ii0
>>402

ゲットーって言葉自体に深い意味はないよ。ワルシャワゲットーは、昔からある。
戦時中、昔からあるゲットーに周辺のユダヤ人が集められただけ。

406 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:26:59 ID:qtysOugs0
>>404
ID:MeWB89ii0の言うように
>いつどこで誰によってどのような状況で殺されたのか説明すべきだ、としごく
>もっともなことを言っているだけ。
この説明がされない限り、それらの虐殺も全部捏造だな


407 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:27:35 ID:QwqYyg5W0
付け加えると
インディアンを大虐殺した欧州人
オーストラリアで原住民を人間狩りして殺したエゲレス人
南米でも欧州人って現地人を殺してるのでしょう

アフリカでは奴隷にして世界中に売りさばいた
白人種って (幅が広くて申し訳ないけど) 残虐な事を繰り返して来てるね
世界中を荒らし回ってるよ



408 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:27:46 ID:DikloPj30
>>404
因みに、ホロコースト修正主義者たちは、スターリンによる粛清
1000万人という数字も多すぎると疑問を持っているけどな。


409 :ピロピト(アナル触診中):2006/02/18(土) 12:27:57 ID:3f0gVlGh0
カンボジアのポルポトの虐殺も捏造だ!!

もありうるのか?


410 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:28:29 ID:jyR/lBxs0
漫画けしからん!!で10人も死ねるなんて
やっぱ怖いヤツラダナ。

411 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:30:17 ID:tCMenWao0
>>409
日本にはそれ言ってたやついたけどね。
本田勝一って宣伝屋がね。

412 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:30:26 ID:Y7BoaxFu0
ユダヤ虐殺も南京大虐殺もでっち上げ。連携したらいいんでね?
石原さんならやってくれそう。

413 :410:2006/02/18(土) 12:30:37 ID:jyR/lBxs0
ъ( ゚ー^) 誤爆スマソ

414 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:30:37 ID:QwqYyg5W0
>>405
封じ込めだろ
要するに範囲は広いけど監獄、収容所と同じ働きをしてる

>>406
ポルポトはかなり明らかにされてるのではないの?
近々裁判が始まるとか新聞記事で読んだよ


415 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:30:40 ID:DP0Mofkv0
>>409
あの骨山を見てそれはさすがに、ねぇ。
ただ政治的に誇張される面は必ずあるよね。

416 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:30:54 ID:RbMZIc1a0
>>393
当時と比べると科学は飛躍的に発展してるわけで、
人間の知識レベルも飛躍的に発展している。

当時はUFOも信じてもらえただろうが、
今はUFOを信じてもらうことは困難だ。

ホロコーストもUFOもトンデモ扱いされる時代なんだよねw。


417 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:32:27 ID:qtysOugs0
>>408
深く突っ込まれると自分らの立場がやばくなるから、
「自分は専門外だからこれ以上深く言わない。」なんて玉虫色の発言をしただけ
でもこれって裏を返せば、自分らのやっている手法を使えばスターリンの虐殺も
無かったことにできる事を修正主義者自身が暗に認めているとも取れるな

418 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:34:05 ID:2ynBNHmd0
>>407
アフリカの奴隷は違うよ。他部族を戦争で負かしたり誘拐したりするのは
西アフリカの常識。
当時すでに白人奴隷が不足していた白人がそれを買ってきただけ。
その時白人に買われなかった黒人奴隷の子孫は今もアフリカで奴隷。
白人に買われた奴隷は米国市民。


419 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:34:20 ID:RbMZIc1a0
>>408
「ホロコースト修正主義者」って言い方おかしいよ。
日本人の場合、好奇心強いから、野次馬と言った方がいいくらだw。

420 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:35:24 ID:BECJo1v70
>>415
あの骨山7000人分くらいしかないんだってな、公式に言われている20万とか40万には遠く及ばない数だから
ポルポトの虐殺もつけこむ隙はいくらでもあると思うよ

421 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:35:56 ID:tJXe1CJx0
>>396
上二つの史実的事項にたいして
イラン核保有という権利を同列に語るのが馬鹿すぎ。
歴史とは善悪を語る学問ではなく、それを考察する為の前提を作る準備でしかない。
善悪の概念を持ち込むことは事実の探求とは異なる作業なのだ。

お前、この前から覚えたての観念論を振りかざして得意になってるみたいだが
コギト・スムはあらゆる客観性を無視するが故に絶対不可侵なのであって
故にコミュニケーションその他あらゆる社会性を構築することは不可能なんだよ。
結局は自己完結以上に発展しないオナニー理論を公共の掲示板に誇示するなよ、な?

422 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:37:16 ID:IbSayyPl0
立証できなければ無罪

実際に死んだとか誰のせいで死んだとか何人死んだとか
言うだけで有罪になるのは法の否定ですね

423 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:37:36 ID:DikloPj30
>>411
スターリンの粛清もポルポトの虐殺も
矛盾があれば、それを追求すればいいだけの話。
あったという説に矛盾があるとか、
無かったという説に説得力があるなら、
いつでもそれを受け入れますが何か?
今のところ、そんな検証を聞いたことが無いので、
特に関心を持つ必要も無いというだけの話。

…で、ガス室に関する膨大な疑問点はどう解消されたのだ?


424 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:40:01 ID:RbMZIc1a0
>>418
ダホメ王国だっけ?。黒人を白人に売り飛ばしてた黒人国家。

425 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:40:17 ID:BECJo1v70
>>420に訂正、20万とか40万はゼロが一つ足りなかった

426 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:42:16 ID:vPx+S5Z40
日本は良い国だなあ。
ホロコーストの真偽について議論出来るんだから。

427 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:48:42 ID:U6hszi8HO
ついでに中国や韓国での虐殺についてもっと合理的に議論できれば完璧なんだが

428 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:56:31 ID:EqI4IOCu0
戦後世界史最大のタブー
ナチ「ガス室」はなかった
http://turugi10.hp.infoseek.co.jp/marco/marco0.html


429 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 12:58:00 ID:8AOU1Rd30
大虐殺は捏造だろうな

430 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 13:12:45 ID:DikloPj30
>>427
以前から比べれば充分出来てると思われ。
否定側の根拠が書籍でもネットでも自由に発表できる。
TVで慰安婦強制連行や南京虐殺肯定論を安易に流せない空気が逆に
立ち込めてきた。抗議の電話が凄いんだろう。
正に隔世の感がある。

431 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 13:16:06 ID:tCQIlJU50
>>423
>>423
ID:MeWB89ii0は
>いつどこで誰によってどのような状況で殺されたのか説明すべきだ
この理屈からすると、ポルポトの大虐殺もスターリンの大粛清も
ここまで細かいことが明らかになっているとは聞いたことがない。
つまりこれらの虐殺も無かったということになるな、あくまでID:MeWB89ii0の説に従うならばという話だが


432 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 13:22:27 ID:tJXe1CJx0
>>431
立証責任はあったと主張するほうにあるのが常識。
悪魔の証明の立証は論理的に不可能。

433 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 13:42:21 ID:62AdF5ma0
まあ結局イランの核保有は正当だし北朝鮮が核をもっても何も問題はないってことなんだろう。
これは論理的に考えれば当たり前のことだし、わざわざ言うほどのことじゃない、単なる政治の話。
正当という言葉を今の世界での正当性と誤認するから421のような馬鹿もでる。

434 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 13:44:44 ID:WkpHYQy80
ホロコーストの証拠と武部政治献金3000万の証拠きぼん

435 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 13:50:04 ID:LR8sF+HF0
何でポルトガルがわざわざこんなこと言い出すんだ?
ポルトガルはWW2にもホロコーストにも殆ど関係なさそうだけど

436 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 13:54:42 ID:tCQIlJU50
>>435
おまえ>>1を読んだか?
ポルトガルに在留しているイラン大使がホロコーストは無かったと発言したから
ポルトガルの外相が反論したんだよ。

437 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:04:03 ID:EneVLZMQ0
>>436
反「論」じゃないなー。

大使「○○という理由でそれは不可能だ」
外相「歴史歪曲だ!受け入れられない」

438 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:11:57 ID:H6m+ocYy0
ホロコーストは偽造と思う香具師は一度欧米のユダヤ系の団体や政治家の
前でマジでそのように発言したらどうだ? もちろん自己責任でね。

439 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:14:07 ID:Aj9UbJ6q0

実は欧州・ロシアに「いいぞイラン!もっと言って!」と思ってる奴は多い



440 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:16:20 ID:qD2AnfBf0
民主党の永田も悪魔の証明を要求しているな。

441 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:17:51 ID:CNikY0pK0
イスラム側も何十年も前からユダヤをちゃかした絵を書いてるんだよなあw
自分達が書かれた時だけ騒ぐってどうなのよ

442 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:17:53 ID:5HUU0s7y0
>>438
俺は一平民だからな、言ってもいいぞ。

443 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:21:09 ID:ca7tw4l30
正当な歴史は王朝が二つ後になって初めて記録されるのである

現王朝はプロパガンダを垂れ流すだろうし
その次の王朝は前王朝をすべて否定するだろう(現在のドイツは前王朝をすべて否定している状態)

真実を明らかにするには二つあとの王朝が誕生するまで待つしかない

444 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:27:12 ID:IbSayyPl0
>>443
中国が正しい歴史認識を持てるように、政権が倒れるよう運動すべきですね
なんなら、毎年でも政権ひっくり返ってくれないかな

445 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:44:27 ID:ABd6XnPQ0
便利な表。ヨーロッパ全体の犠牲者数の最大値、最小値がどういう範囲にあるの
か、計算すればだいたい分かるかと。


【ユダヤ人犠牲者数に関する推計の比較】
―― Benz ed., Die Dimension des Voelkermords, 15〜16ページ。
www.amazon.de/exec/obidos/ASIN/3423046902/br_lfbnb_b_12/302-7703843-5779245

(凡例)
R: ライトリンガー(1955)
W: ヴェルレール(1978)
H: ヒルバーグ(1990)
Y: ヤドヴァシェム虐殺祈念館(1990)
B: ベンツら(1991)
-----------------------------------------------------------------
[ドイツ]
R: 16万〜18万
H: 12万以上
Y: 13万4千500〜14万1千500
B: 最小16万、最大19万5千、現実的な数16万5千

[オーストリア]
R: 6万
H: 5万以上
Y: 5万
B: 6万5千459

[ルクセンブルク]
R: 3千
H: 1千以下
Y: 1千950
B: 1千200

446 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:44:54 ID:ABd6XnPQ0
[フランスおよびベルギー]
R: 仏6万〜6万5千、白2万5千〜2万8千
W: 仏7万5千721、白2万5千437
H: 仏7万5千、白2万4千
Y: 仏7万7千320、白2万8千900
B: 仏7万6千134(含外国籍)、白2万8千518(含外国籍)、3万2千200(仏白国籍のみ)

[オランダ]
R: 10万4千
W: 10万5千
H: 10万以上
Y: 10万
B: 10万2千

[デンマーク]
R: 1千以下
Y: 60
B: 116

[ノルウェー]
H: 1千以下
Y: 762
B: 最小758

[イタリア]
R: 8千500〜9千500
H: 9千
Y: 7千680
B: 6千513

447 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:45:26 ID:ABd6XnPQ0
[アルバニア]
B: 591(ただし移送数)

[ギリシア]
R: 5万7千200
H: 6万
Y: 6万〜6万7千
B: 5万9千185

[ブルガリア]
Y: 0
B: 1万1千393(ブルガリア占領地域からの移送。ブルガリア国籍以外。)

[ユーゴスラビア]
R: 最大5万8千
H: 6万
Y: 5万6千200〜6万3千300
B: 6万〜6万5千

[ハンガリー]
R: 18万〜20万
W: 42万9千28
H: 18万以上
Y: 55万〜56万9千
B: 55万

[チェコおよびスロバキア]
R: 23万3千〜24万3千
H: 26万
Y: 14万6千150〜14万9千150
B: 14万3千

448 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:45:54 ID:ABd6XnPQ0
[ルーマニア]
R: 20万〜22万
H: 27万
Y: 27万1千〜28万7千
B: 21万1千214


[ポーランド]
R: 235万〜260万
H: 300万以下
Y: 290万〜300万
B: 270万、最大300万(ヒルバーグ、ギルバート、クラコフスキに依拠)

[旧ソ連]
R: 70万〜75万
W: 193万9千940
H: 90万
Y: 121万1千500〜131万6千500
B: 210万

449 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 14:46:06 ID:IDsW8ze90
まあ、「アウシュビッツは無かった」も妄言だが、
モーゼの話とか持ち出してイスラエル建国を正当化しちゃうのも妄言だからなあ。

電波発言としてはどっちもどっち。

450 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:23:18 ID:hIdW8RfH0
なんかドイツのニュースを聞かないなぁ。
ムハンマド風刺漫画でデンマークやフランスは表現の自由という
声が大きいのに、ドイツのニュースを見た記憶がない。

ドイツはホロコーストへの批判を法律で禁じたから、表現の自由
という自由世界での当然の価値観を口にすることすら萎縮して
しまってるのではないだろうか。

イランの影に隠れてないで、ドイツ人自らが研究の自由、報道の自由
を認めた上で、真相を誰もが納得いく形で調査すればよいのに。

451 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:23:26 ID:9BDDzq610
ホロコーストと虐殺は区別するべき。
ホロコーストはナチスによる計画的なユダヤ民族絶滅政策。
これを否定したからと言って虐殺を否定したことにはならない。
これについて確実な証拠がないのに当然のこととして反論が封じられているのが問題。

452 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:25:31 ID:D21ui3xX0
否定する論調を禁じてるなんて、欧州もどうかしてるよ。
ユダ公ってそれほど怖い存在なのか……

453 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:29:24 ID:t/mAS0+/0
あいつらのことだから
民族繁栄のためなら自作自演など平気で行うだろう

454 :7:2006/02/18(土) 15:34:52 ID:/tZhaZLc0
>>451
反論するつもりはないんだけど、その「ユダヤ人絶滅計画」こそ多くの
誤解の原因。「人種法」やいろいろ法律はあったが、「絶滅計画」自体の
書類はニュルンベルグ裁判でも証拠として上げられていない、というか
そんな計画自体がもともとないんです。
 もしそんな計画を実際にやったら「ドイツ人とのハーフはどうする?」という
難題にぶつかるわけで、ナチは勿論虐殺もしたでしょうし、迫害もしました。
これは疑いようもない事実ですが、その「絶滅計画」こそ「風説の流布」としか
言いようがありません。
 ヒトラーが首相になった時点でも、ナチはユダヤ人の「移送計画」はありました。

 ナチ党が政権を獲得した直後の一九三三年、世界シオニスト機構の議長代理だったヨアヒム・プリンツはこう書いていた。
「強力な勢力(ナチズム)がわれわれの支援に訪れてくれ、われわれを改善してくれた。同化論は敗れた」
 ナチズムがユダヤ人の組織を「支援に訪れ」たとは、意外も意外の表現だが、これには切実な理由がある。
当時のユダヤ人社会の中には、西欧文化に「同化」しようとする人々と、「異化」してイスラエル建国をめざすシオニスト
との対立があった。狂信的な「異化」論者のシオニストにとっては、「同化」論者のユダヤ人こそが、打倒すべき当面の敵であった。
だから、ユダヤ人全体の排斥を政策とするナチズムは、「敵の敵は味方」という戦国の論理で、「味方」に位置づけられたのだ。




455 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:36:51 ID:jgTYpWbr0
ドイツごときに必死になっても仕方がない

456 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:44:22 ID:ACpcw7Tg0
ドイツのその法律だとかは議論を禁じてる訳じゃないんじゃないの?
もぅねネオナチの問題が大き過ぎる社会問題って事でしょ。

ちょっと前までは平然と行われてたネオナチ集会みたいなのが今は出来なくなったと。結果、尚更見えにくくなったし。
ドイツのバンド屋なんてネオナチ多いよねぇ?
ホロコーストの真相がどうこう以前にネオナチに対する恐怖があるでしょ?
ネオナチを敵にまわすか?
味方にするか?

自分と考えが合わない連中はみんな敵。
敵はやっつけて当然。
みたいな怖さがあるよねぇ?
じゃなきゃドイツ人同士のリンチなんてある訳ないよねぇ?
つまり言論の自由を実質制限しているのはネオナチの彼ら自身な訳さ。
法律で一般の市民を守るのも仕方ないだろ。


457 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:47:47 ID:tCQIlJU50
>>451
戦後イスラエルに捕まったアドルフ・アイヒマンは死刑判決が下った後も
ユダヤ人の大量虐殺は紛れもない真実だと主張、ウソつく理由のなくなった
人間まであったといっているのにいちいち反論する必要もないだろう
ちなみにアイヒマンは虐殺の実行責任者

458 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:47:49 ID:6aeLU6Us0
■[ホロコースト]ツンデル裁判再開
http://d.hatena.ne.jp/zundel/
また、裁判長が弁護団の一員に対し、彼女自身ホロコーストへの疑念を表明した場合訴追の対象になると脅迫したそうです。これはSylvia Stolz女史のことだと思います。

459 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:52:43 ID:8kaUOtZsO
ホロコーストってユダヤのマゾ女の
トラウマ捏造話たろ
三国人の慰安婦捏造と同じ心情だろ

460 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:53:39 ID:aqRQfdrg0
>>454
おまけにナチはユダヤ人のパレスチナへの移住にも協力している。
>>457
アイヒマンにも家族はいるだろう・・・

461 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:56:26 ID:4VdC4Y6k0
>>454
>「ドイツ人とのハーフはどうする?」
国防軍に焼く10000人のユダヤ系が居たこともお忘れなく。


462 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 15:56:58 ID:tCQIlJU50
>>460
家族を盾にイスラエルからアイヒマンが脅迫されたという証拠を出せたらいいんだけど
今までどの修正主義者もそんな証拠を出せたためしがない。
証拠がなくても信じられるか?

463 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 16:22:44 ID:tJXe1CJx0
>>462
アイヒマンに動機がないからアイヒマンの発言は正直である、という意見を覆す根拠にはなるんじゃない?
実際ユダヤ人が全く圧力をかけないとしても家族を守る為に心証がよくなる発言をする、
というのは証拠の必要のない、一般的にありふれている思考形式なのだから。

実際にあったということの反論ではなくて、「動機がない」との主張の根拠の剥奪製の指摘に過ぎないんだよ?

464 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 17:05:14 ID:XMhOmDtC0
>>131
航空写真は100枚以上あります

465 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 17:08:10 ID:XMhOmDtC0
>>131
何でも「隠滅」のせいにするわけですね(w

その論法なら,宇宙人の死体も,ネッシーも,UFOも,
あったけれどアメリカが証拠を隠滅したとかいう説明で,
存在が「証明」されそうですね.(w

466 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 17:13:56 ID:DikloPj30
>>462
そもそも
科学的、技術的証拠>史料的証拠>証言
なんだから、証言の信憑性云々以前に、
これまで出された膨大な否定派の根拠に反論する方が先だろ。

だから、ガス室の天井にガス投入穴がある証拠を出せっての。


467 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 17:20:45 ID:GcysBeQM0
ドイツ政府が認めている問題だから有ったで良いと思うよ
イスラエルとドイツの意見が一致しているわけだから

それを無かったって言うなら
ドイツ政府とイスラエル政府は間違っていると立証しないといけません
立証責任は無かったと言う人々の側に有りますよ



468 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 17:24:09 ID:DikloPj30
>>467
無かったと立証している否定派の90年代の論文に、
肯定派は15年間沈黙しているのだが?
その前にアウシュヴィッツのガス室の犠牲者は36万人であるという
肯定派の新説にすら反論できていないが?



469 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 17:30:31 ID:aqRQfdrg0
第一次大戦の頃のプロパガンダ。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/130.htm
 『ニューヨーク・タイムズ』1919年12月3日19頁:「奇跡だけが、この冬、ヨーロ
ッパと中東の500万から1000万の人々が凍死する、飢え死にすることから、…すなわ
ちユダヤ人大虐殺から救うことができる」

『ニューヨーク・タイムズ』1919年12月3日24頁:「500万人がポーランドで飢餓に直
面。…戦争は東ヨーロッパに500万人の窮乏し打ちのめされたユダヤ人を残した」

『ニューヨーク・タイムズ』1919年11月12日7頁:「600万人、世界のユダヤ人口の半
分、100万の子供と…500万の両親と老人が、悲劇的なほど窮乏化し、飢え、疫病にか
かっている」

『アメリカン・ヘブライ』1919年10月31日頁582ff:「600万人の男女が海の向こうか
ら救いを求めている。…600万人。…600万人が死にかけている…人間生活に対する脅
迫的なホロコーストの中で…600万人の飢えた男女。600万人の男女が死にかけている
…」(付録に掲載されている)


L:最後のテキストにはすべてが表現されていますね。600万人とホロコーストという
概念が登場してきています。

R:そうです、この資料の中身は、のちの話と驚くほど一致しているものなのですが
、もっと時間をさかのぼってみましょう。

 『ニューヨーク・タイムズ』1919年10月26日1頁:「東ヨーロッパの400万人の飢え
たユダヤ人」

 『ニューヨーク・タイムズ』1917年8月10日:「ドイツ人はユダヤ人を死なせてい
る。ワルシャワの女子供が飢え死にしようとしている。…」

L:何と、ドイツ人が悪者になっていますね。

470 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 17:33:47 ID:GcysBeQM0
>>468
裁判などでドイツ政府の見解が間違っていると立証されたのですか?

論文は単なる1団体の見解に過ぎませんから
ドイツやイスラエルの法廷等で勝訴したのですか?
公に認められた見解なんですか?


471 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 18:09:29 ID:tJXe1CJx0
>>467
>>470
イスラエルとドイツ政府の立場がそのような立場を取ったというだけで
歴史的事実にはまるで関係のないこと。ドイツ政府やイスラエルも1団体の見解といえる。、
イスラエルがUFOの存在を認めたら、実際にUFOは存在することになるとでも思うの?
歴史的事実は多数決ではなく科学的合理性にのみ根拠があるのだよ。

472 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 18:10:13 ID:aqRQfdrg0
>>470
裁判?
ホロコーストを否定したという事実さえ証明できれば有罪になるんだが。

473 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 18:24:24 ID:qUdr/Mnc0
ホロコーストは公的にはあったことにされている。しかし多くのヨーロッパの人間は
そんなことは端から信じちゃいない。

474 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 18:24:58 ID:ffWaTEmn0
なんか南京大虐殺みたいな話になってるな

475 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 18:33:56 ID:zBWj+jGj0
>473
ヨーロッパはそんなんばっか
中世からずっと

476 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:01:05 ID:qUdr/Mnc0
わが闘争が出版禁止というのはおかしな話だ。どこにもホロコースト否定なんて
書いてないのに。要するにユダヤ人に都合の悪い本は焚書なのね。

477 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:01:47 ID:JEpw+sX8O
ま、あれだ中世の教会の権威と権力に似たものをユダヤが持っていてホロコーストを批判すると異端と見なされるんだな。
実際ヨーロッパには法律でホロコースト見直しを禁止してる国があるらしいし。

478 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:03:44 ID:GcysBeQM0
>>471
国民の選挙によって作られてる政府なんです。
ドイツ国民も支持してる。

それが間違いって言うなら立証する以外に道は無いよ
民主主義だって庶民が立ち上がって、戦って勝ち取った物なんだから
戦うしか道は無いよ、立証する戦いだよ



479 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:04:55 ID:IDsW8ze90
イランの人は一応は非難はされるけど直接お咎めはないのに、
日本の某雑誌なんか廃刊に追い込まれたからなあ。
つくづく日本てのは人がいい国なんだなあ、と。

480 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:05:29 ID:LgmYy+Jo0
言論の自由がない、ユダヤに関しては。

481 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:24:51 ID:tJXe1CJx0
>>478
政府は間違いを犯さないとでも言いたいの?
ドイツやイスラエルが支持しているのは、科学的証明によるものではなく
たんなる政治力学の賜物でしかない。

政府だろうがなんだろうが、立証責任は主張する側にある。
というか民主主義国家もそれを認めている。
ホロコーストは特例。
なぜ、特例なのか、考えてみて、それから発言してみろ。

482 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:42:57 ID:GcysBeQM0
>>481
言論の自由って古代は無かったけど
多くの犠牲者を出して戦い取ったのだろ
悔しかったら戦えよ

ドイツやイスラエル政府の間違いを立証しなさいよ
EUなどの世論は間違っているって立証する戦いするしか
貴方の言う事は虚言に過ぎない



483 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:45:27 ID:BjALZWYe0
2ちゃんねるってのはこんな問題でも自由に議論できてなかなか良いね。

484 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:46:55 ID:e+g5o11l0
日本が南京を統治していたときに治安が万全でまったく犯罪がなかったか
といえばそれは言えないだろう
しかしそれをもって「大虐殺」と騒ぐのは歴史の歪曲もこれに極まれりと
いうところだ

485 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:55:07 ID:tJXe1CJx0
>>482
だから立証責任は主張する側にあるんだよ。
悪魔の証明を要求することがEUの世論の誤りの証明。
お前、悪魔の証明を知らずに話してないか?

486 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 19:57:25 ID:b/mq2zu90
アイヒマンは虐殺実行者じゃないよ。
ユダヤ人の移送担当。
まだ捕まってない同僚のアロイス・ブルンナーは生きていれば中東のどこかにいるらしい。
移送担当だから、末期にハンガリーのユダヤ組織と取引しようとした。

487 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 20:14:24 ID:76Hd6Exp0
>>482
なんか共産党員みたいな言い草だな。
言論の自由、ってのは戦い取るものじゃなくて為政者から与えられるものだろ。
どんなアナーキスト(自由主義者)であれ、そのときどきの公安に飼いならされてる
だけにすぎない。封建制から資本主義に代わるにしろ、庶民のオーナーが領主から
資本家に代わっただけにすぎない。その資本家が、庶民に大してある程度の
「言論の自由」を与えておくと「儲かる」ことに気づいたから、渋々認めているにすぎない。


488 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 20:40:26 ID:EqI4IOCu0
>>474
まあ、ほぼ同じなんだなw


489 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 20:47:26 ID:krWsMvZ20
ユダヤも、特定アジアと同じだとおもった。
歴史を捏造し自らの有利に事を運ぼうとする。ずるいやつら。


490 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 20:50:11 ID:krWsMvZ20
二チャンネルも人権擁護法案に狙われています。

491 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 20:52:57 ID:qUdr/Mnc0
民主主義をご神託の如く崇拝してる奴はヒトラーが選挙で選ばれたことをどう説明するんだ?

492 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 21:16:57 ID:QiGFqDp10
ぶっちゃけホロコーストがあってもナチスのせいにして逃げてるから
ドイツ国民もそれほど躍起になるほどのことでもないだろうな
ネオナチみたいなのは、躍起になるだろうが
ましてや日本人ならスルーするようなどうでもいい問題だ
ナチスなんて擁護したって、何の得もない

493 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 21:18:36 ID:JRsPageq0
>>465
もしホロコーストが捏造だったと考えると、連合国だかソ連だかは
「証拠書類を捏造し忘れた」って事になるんだけど
これってめちゃくちゃ無理のある話じゃないか?
あとガス殺が高価で無理のある殺人法だったとかいうけど、それなら
ホロコーストを捏造した連中は「バカだから無理のある殺人法で殺した」って事になって
これもまた無茶な話になってくる。
もし、ホロコーストが捏造されたものだと仮定すると凄まじい数の無茶な解釈が必要になってくるわけだが
そっちのほうがおかしいだろ

494 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 21:30:02 ID:aqRQfdrg0
>>493
・偽造の疑いの強い証拠書類はいくつも存在してます。
・ニュルンベルク裁判ではまともな証拠は要りませんでした。
・プロパガンダには合理性より煽情性が求められます。
・第一時大戦での「死体石鹸」は捏造がバレましたが、
 大衆はそんなことはすっかり忘れて死体石鹸を再び信じました。

495 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 21:30:07 ID:qUdr/Mnc0
>>479
ホメイニの革命の時にかなりのユダヤ人がイランから追放されている。

496 :394:2006/02/18(土) 21:31:39 ID:GQeJM5uI0
やっと帰って参りました
まずは昼間話していた人たちに

>>ID:QwqYyg5W0

>>402
>ポーランド人が副主役でドイツが主役だと思うよ
ポーランド政府は「積極的に関与した」ことを認めているよ

>別問題ではないよ
ご覧の通り、君自身が「出来た理由」の話を始めたのが発端なんだから

>374 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 11:08:43 ID:QwqYyg5W0
>>>367
>監獄に入れる理由は?
>ワルシャワゲットーが出来た理由は?
>(作られた理由は?)


>>ID:MeWB89ii0

>>405
>ゲットーって言葉自体に深い意味はないよ。
ゲットーは確か「大きな家」という意味。安息日は外出禁止の戒律があったため、
ゲットーという「大きな家(という概念)」を作って、「家」の中は安息日でも
自由に歩けた、ということ。

497 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 21:36:52 ID:GQeJM5uI0
>>411
ちなみに産経新聞も「反・ベトナム」の立場から捏造説を取ってたよね、確か
(てか「犯人はベトナム軍」説)

>>418>>424
>アフリカの奴隷は違うよ。他部族を戦争で負かしたり誘拐したりするのは
>西アフリカの常識。
いや、それも17世紀末だか以降、白人文化と接触して以降の「常識」だそうだ。
(ダホメ王国が奴隷狩りを始めたのは貿易で鉄砲を入手するためと言われている)

>>422
>立証できなければ無罪
「推定無罪の原則」は人権主義の成立と共に、権力者から人々を守るために
作られたルールであって、別にデフォルトのルールじゃないぞ。
あらかじめ「推定無罪の原則」を原則とすることが定められた法体系の中で
なければ推定無罪原則は成立しない。

>>471
>歴史的事実は多数決ではなく科学的合理性にのみ根拠があるのだよ。
それは自分の主張の理由に推定無罪原則を引っ張り出した人のセリフじゃないよw

>>485
>>363



498 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 21:45:12 ID:JRsPageq0
>>494
ではその偽造を命じた命令書を修正主義者は探さなければいけませんね。
これは悪魔の証明でも何でもありませんよ?
ニュルンベルク裁判では、ユダヤ人の大虐殺が理由でなくても死刑になった人がいますが
どう考えますか?というより、ユダヤ人大虐殺を理由にしなくても死刑にできるのなら
別にユダヤ人の虐殺を捏造する必要は無かったということになりませんか?
イディ・アミンも実は人肉を食べたりはしなかったそうですが、その一事を持って
アミンの大虐殺を無かったことにできますか?
人体石鹸とホロコーストを結び付けて考えるのはそれと同じような事ですよ。

499 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 21:55:42 ID:qUdr/Mnc0
>>498
ホロコーストはイスラエル建国の大義名分だ。何度も出ているぞ、よく読め。

500 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 22:07:57 ID:aqRQfdrg0
>>498
偽造を証明するには文書自体に偽造の痕跡を見付ければ十分で、
命令書などを探す必要は無い。
それに、100万単位の虐殺と数枚の書類の偽造に同じレベルの
証拠が残るわけが無い。情報機関のデスクで完結するんだから。
宣伝の動機だって、連合軍(特にソ連)の残虐行為から目を逸らして
戦意高揚を狙うというだけで十分な理由になる。(>>313参照)

501 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 22:09:54 ID:NWzkiztv0
人間石鹸はニュルンベルク裁判でソ連検察が証拠として提出したもの
普通はこういうのを偽証という
ホロコーストと関係ないなどとはよく言えたもんだ
ニュルンベルクの他の証拠も疑われて当然だろうが

502 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 22:13:19 ID:tJXe1CJx0
>>497
ナチスが今現在、情報を管理している状態であるというのは無理がある主張。
権力者側に責任を求められるのはその情報を権力によって妨害ことが出来るからだ。
検証しようすればいくらでも出来る状態であるのに、もはや滅んでいる権力者側にその責任を求めるのは機知外としか言いようがない。
むしろ、その検証を権力により除外しているのがどちらの勢力であるかを考えれば
>>363の主張がいかに詭弁かどうかわかるはずだ。

科学的合理性とはその因果関係をはっきりさせることであって、
「権力者の推定無罪は無効」という馬鹿の一つ覚えを
PTOも考えず使うことじゃないよw

503 : :2006/02/18(土) 22:16:18 ID:1byyNvmf0
最近のホロ関係の雰囲気はかなり変わったな〜。
ちょっと前に、俺がユダの大量虐殺へガセと書いたら、ウンカのごとく沸いた
ユダ迎撃部隊がごっそりわいて出た。
変われば、変わるもんだ・・・・・

504 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 22:16:21 ID:zOijIPAV0
>>500
数枚の書類以前に歴史上の一大事を捏造するのに一切証拠を残さなかったと?
上に出ていたUFOの捏造と同レベルですね。
そもそもその偽造の疑いのある書類とやらもどこまで本当の事か疑わしいと思いますよ。
本当に偽造された書類ならば、全く話題にならないのをどう説明しますか?
圧力をかけられているからだって政府の陰謀にする事もできるでしょうが、それにしたって
これだけ情報化社会が進んだ現代でもこの有様ですよ。捏造されたという説そのものが
非常に疑わしいから相手にされていないだけだった考えたほうが自然でしょう。

505 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 22:34:25 ID:Xi380hue0
>>502
過去レスのトレースぐらいしろ、たわけ

506 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 22:42:55 ID:aqRQfdrg0
>>504
>>313は捏造宣伝を行った証拠ではないのか?
それに、歴史の一大事を捏造といっても、物証を一から十まで
でっちあげるようなやり方じゃなく、宣伝と情報統制で「常識」を
作り上げるやり方だから、そんなに大層な仕事ではない。
放っておけば宗教のごとく勝手に詳細が出来上がって来るし。
「移送」は「虐殺」の隠語だなんて解釈が出てくるあたり、
新宗教の成立過程にそっくり。

507 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 22:53:08 ID:zOijIPAV0
>>506
それだけのことで例えばアドルフ・アイヒマンがやってもいない事を勝手に喋りだしたと?
アウシュビッツ所長のルドルフ・ヘスが、ウソのつきようの無い手記でユダヤ人虐殺を
やったと長々と書いたと?
そもそも、移送と虐殺の解釈に違いがあるからといってホロコーストそのものが無かったなどと
結論付けるのは、暴論過ぎるでしょう

508 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 22:56:51 ID:1Op2rsXo0
捏造だったら肝心要のヒトラーの命令書くらい
用意しとくよな・・・・

509 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:04:32 ID:aqRQfdrg0
>>507
アイヒマンの供述とヘスの手記と「目撃者」の証言が全く矛盾していて、
しかも物証やナチの内部文書にも反しているんだぞ。
>>508
戦争宣伝にまともな証拠なんて要りません。
戦争が終わって数年もすれば捏造がバレても大した問題ではない。
運良く虐殺物語が生き残って、ホロコースト産業なんかが成立しちゃったけど。

510 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:10:12 ID:qUdr/Mnc0
ホロコーストよりもシオンの賢人の真偽を知りたいな。あれも捏造と言われ続けても
今尚生き残っている。

511 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:12:53 ID:zOijIPAV0
>>509
ヘス自身、記憶のみを頼りに書いているから細かい所では違っている事もあるだろうが、と前置きして手記を書いているんですが?
それにアイヒマンも条件は同じです。さらに言うとそこまで明らかに矛盾しているとか、そこまで主張している修正主義者も
聞いたことありません。一体どこの誰ですか?

512 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:20:23 ID:wixJ/nfY0
>>510
あれは誰がいつごろ捏造したのか、一応はっきりわかっている事だけどな
ホロコーストは誰が捏造したのかとか一切わかってないね。
むしろ、修正主義者は証拠が怪しいとかそんなことには鼻息荒いくせに
それ以外の重要事項は頬かむりだね

513 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:27:33 ID:YwgZOod30
七輪のような装置でで一酸化炭素中毒説を考えたんだが
毒ガスより管理楽そうだし だれか突っ込みいれてくれ

514 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:34:25 ID:DikloPj30
>>513
残念!
ドイツは工業用に一酸化炭素そのものを大量生産していました。
これを使った方が簡単です。

515 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:37:21 ID:qUdr/Mnc0
>>512
ガス部屋を捏造したのはソ連だよ。西岡氏が証拠を挙げている。

516 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:46:30 ID:tJXe1CJx0
>>505
>>366の的外れ発言のことをいってるのか?

>「今は権力者じゃないから立証責任はない」という言い訳は通用しないからね。
>権力を失う前に多くの資料を処分しちゃったことはわかってるんだから、その
>ことによって免罪の資格を失う。

資料を処分するのは責任の問題なのであって
国家が証明責任を負うのは、隠蔽する能力があるからであって
その能力を使いきったナチスに証明なぞできる力はないだろう。

てか、まともにかんがえるなら
現在、捏造の嫌疑を掛けられていて情報を一元的に管理しているのはイスラエルおよびドイツであって
説明責任がこいつらにあるのは明らかだろうが。

能力でなくて、単に責任の所在をそのありかとするならばユダヤ人とナチの双方が
情報を一元的に管理し、また一元的に管理されるという滑稽な状況に陥る。

517 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:47:30 ID:0obJh4Zz0
>>515
それって>>499の主張と真っ向から矛盾しないか?
何でイスラエルの建国の大義名分のためにソ連が協力しなくちゃいけないの?
つうか、むしろイスラエル建国の原因はイギリスの二枚舌外交だろ。

518 :7:2006/02/18(土) 23:51:16 ID:Idt86rEm0
>>517
単純にアウシュッビッツは戦後のロシアの支配地域だったからだと思うお。

519 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:52:03 ID:0obJh4Zz0
そうそう後の中東戦争では、イスラエルがアメリカの兵器を使ってシリアはソ連の兵器を使ったんだよね。
なんでソ連が、イスラエルに協力して建国の大義名分を作らなきゃいけないの?

520 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:52:43 ID:m3fDEXnU0
ホロコーストの真偽は不明だが南京30万人大虐殺は事実ですから

521 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:54:37 ID:qUdr/Mnc0
>>519
ソ連は猛烈な反共であるナチスを悪の権化にしたいだけ。ドイツに随分殺されたしな。

522 :7:2006/02/18(土) 23:55:32 ID:Idt86rEm0
ソ連は「カチンの森」の後ろめたさと1944年に起きたワルシャワ蜂起で
「ビッスラ川での謎の進撃停止」の後ろめたさもあり、「虐殺は全てナチ」の
せいにしたい政治的意図があったと思う4

523 :名無しさん@6周年:2006/02/18(土) 23:56:01 ID:aqRQfdrg0
>>511
ヘスの証言なんてこんな調子だぜ。矛盾以前に荒唐無稽。
「丸薬が投げ込まれると、『ガス!』という悲鳴があった。大きなどなり声がして、
囚人は2つのドアに殺到した。しかし、ドアはびくともしなかった。
数時間後に、換気をするためにドアが開けられた」
殺虫ガス室には完備されていた換気設備が殺人ガス室には無かったってわけだ。
>>512
絶滅神話の成長過程も分析されているよ。
第一次大戦の頃既にホロコーストという言葉も600万人という数字も出ていた。
その宣伝が第二次大戦でも繰り返され、戦後色々な矛盾を弥縫しながら正史が成立した。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/crowell_01.htm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/130.htm
>>519
ソ連にはソ連の利益があったからでしょ。
戦意高揚、自国の残虐行為から目を逸らす等々。

524 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:01:40 ID:ttYDSy280
>>521
つまり偶然ソ連がナチの虐殺を捏造してそれが、イスラエルの利害に一致したということか?
しかも、それはイギリス初めとする連合国のプロパガンダにもぴったり一致したと?
ムチャクチャな話になってきたな

525 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:08:01 ID:MrVvsOiL0
>>524
連合国側の歴史観では第二次大戦を民主主義vsファシズムということになってる。
反ファシズムで一致しているから好都合なんでしょ。

526 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:11:37 ID:WIJbfG7d0
つーか、情報操作に関して連合国の間で協力関係が無かったわけが無い。
偶然もヘッタクレもあるか。
ガス部屋作った(公式には「復元した」)のは戦後だし。

527 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:12:16 ID:9DX3PPH20
>>525
好都合とかそんな問題じゃなくて、常識では考えられないような偶然の一致でホロコーストが捏造されたというのはおかしいってことでしょう。

528 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:13:44 ID:m43tfFV90
>>526
だったらその証拠を出さないといけませんね。
修正主義者の大好きな証拠ですよ。

529 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:16:54 ID:RPtKFvM40
ガス室なんて使わなくても、生きたまま燃やしたほうが効率良くないか?
なぜナチスはガスによる殺害という極めて人道的な手段を採ったんだろう?
わざわざガス室を作る手間と、いちいちガスを入れたり抜いたりする危険性を考えれば、
ガス室殺害説が如何に無理が有るかは馬鹿でない限り、すぐ判ることだ。
そう、ガス室殺害説はナチスがユダヤ人虐殺を否定するために意図的に流した罠だったんだよ。
ここでガス室にやたら拘っているやつらもナチスの残党と考えて間違いないね。
本当はユダヤ人は皆、生きたまま火葬炉に投げ込まれた。
初めからガス室なんて無かったんだよ。
ネオナチにとってガス室の嘘さえ暴けば虐殺全体を無かったことにできる。
だから、虐殺肯定派の中にスパイを送り込みガス室殺害説を唱えさせているんだね。









という新説を立ててみたけど、どう?


530 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:17:24 ID:MrVvsOiL0
>>528
アメリカ民主党はソ連のスパイに相当入り込まれていたよ。日本国憲法を急造した
のはレオ・シロタという20代のユダヤ人だったし。

531 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:17:45 ID:ZOTjNloJ0
つぅかさ。
部分的な捏造や情報操作が加わってるよとかじゃ無くてさ??
全くの事実無根だ!!みたいな主張の人達さ。

俺が得られるデータはどれが正しいのかなんて?結局は分からん訳で可能性としては何事も無かったって事だってあり得るかも知れんけどさ?
無かったかも知れんけど確かに有ったかも知れん訳じゃん??

そこまで必死に完全なる事実無根だと主張するのはネオナチゆえなんだよな?
ネオナチの作る世の中なんてゴメンだよ。だから俺はホロコーストは間違いなくあったとする側につく訳だがさ。

まぁネオナチつぅかエセウヨだよなー
プライドよりも誇りを持った方が良いんじゃないかい??

プライドと誇りの違いが分かる人いる?


532 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:19:50 ID:m43tfFV90
>>530
いや、そうじゃなくてw
連合国が協力してホロコーストを捏造したという証拠のほうですよ。

533 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:19:51 ID:dWW6xY8j0
>>529
収容所になんぞ連れてこずにゲットーで処分したほうが早い、安い ってのはどう?

534 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:20:10 ID:WIJbfG7d0
>>528
とりあえずイギリスが情報操作した証拠なら>>313があるな。
まあホロコーストは無かったという結論を出すだけなら、
情報操作自体の証拠は無くてもいいと思うけど。
>>531
revisionistにはノンポリも赤もユダヤ系もいるぞ。

535 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:24:20 ID:m43tfFV90
>>534
つまり、連合国が協力してホロコーストを捏造したという証拠は一切存在しない
そして修正主義者もそれを見つける努力は全くやっていない。
こういうことですね

536 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:25:33 ID:ZOTjNloJ0
>>531
いや。
それでも俺はもしも被害者がいた場合その被害者の魂を踏みにじる事になるのでやめとくよ。
この件が事実の場合は人が死んでるんだからさぁ。

やっぱりね。
人道的に考えれば完全否定は出来ないんじゃないかい?

537 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:27:31 ID:MrVvsOiL0
面白いことに右の人間は否定肯定どちらも存在するが、左の人間は肯定かスルー
で否定派が全くいない。殆んどの人間が反イスラエルで一致しているのに。

538 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:30:08 ID:fbpDctbf0
>イラン大使がナチスによるホロコーストに疑問 ポルトガル外相が「歴史の歪曲」と声明

なんかどこかで見た構図だな

539 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:31:06 ID:HbnStNtJ0
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Holocaust/Nishioka.html
このへん見てると、西岡とかリビジョニストの連中が
歴史学の基本的な素養すらないことがハッキリするな。

だいたい、物理学者でもない人間(もちろん英語すら
読めない)が、「相対性理論は間違いだ!」って言っても
みんな無視するっしょ?否定派の連中はだいたいが
そういう手合い。

540 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:32:13 ID:14ue3tSJ0
>>535
それだと日頃証拠の無い事は信じられない、と主張してはばからない修正主義者は
ホロコースト否定論を信じることができないという自己矛盾に・・・・・

541 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:32:34 ID:MrVvsOiL0
ID:ZOTjNloJ0=ID:7QMQaQek0

こいつはトンチンカンだからスルーしたほうがいい。

542 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:34:43 ID:Ja9k5nq40
>>535
だれも連合国が協力して捏造したなんていってないんですが・・・。
ユダヤがホロコーストを表明して連合国は特に不都合がなかったか
好都合だったからがそれに賛同した、って話でしょ?

543 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:35:25 ID:RPtKFvM40
>>533
ユダヤ人が収容所に入れられたことは否定できないから無理。

544 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:35:25 ID:ZOTjNloJ0
俺はねぇ。
反イスラエルの政府だねぇ。
それとこれを短絡的に結びつけて陰謀だと決めつけるのは人道的にどうかと?
誰が見ても事実無根だと思えるデータなりを示せる訳でもなくさ。
どのデータもこじつけって言えばこじつけじゃん?
説得力が弱過ぎる。

イスラエルの事とは全くの別問題として考えてるけどなぁ。



545 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:39:01 ID:14ue3tSJ0
>>542
いや>>526ははっきりと「無かったわけが無い」と明言してる。
それにユダヤがホロコーストを表明してって一体何のこと?

546 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:39:55 ID:MrVvsOiL0
>>542
アメリカ政府は共産ユダヤに乗っ取られていたよ。マッカーシズムで追放になった。

547 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:40:40 ID:WIJbfG7d0
>>535
命題の内容に応じて求められる証拠の具体性は異なる。
複数の国が協力してプロパガンダを流すのは普通に起こることだし、
物証も一般人がアクセスできるような形では残りにくいから、
複数の国が同じ宣伝を流しているだけで協力関係を推定できる。
かたや、100万オーダーの組織的な虐殺には相応の具体的な証拠が必要。
>>542
ニュルンベルクで怪しげな「証拠」が各国から出てたりするから、
協力して捏造したと考えるのが自然。
>>545
『アメリカン・ヘブライ』1919年10月31日頁582ff:「600万人の男女が海の向こうか
ら救いを求めている。…600万人。…600万人が死にかけている…人間生活に対する脅
迫的なホロコーストの中で…600万人の飢えた男女。600万人の男女が死にかけている
…」(付録に掲載されている)

548 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:47:35 ID:OdRbBJ5m0
>>516
>資料を処分するのは責任の問題なのであって
はい? 処分する責任なんて話はしていないが?
ドイツは「無条件降伏=権限移譲」の責任を持っていたんだろう。
勝手に処分しちゃいかんがなw

>国家が証明責任を負うのは、隠蔽する能力があるからであって
そうだよ、だからドイツは責任を移譲できなかったんじゃない。
全部隠蔽せずにそのまま引き渡す「能力=責任」があったのに、
それを果たさずに処分したせいで。

>>517
>つうか、むしろイスラエル建国の原因はイギリスの二枚舌外交だろ。
ダウト!
バルフォア宣言のことを言ってると思うけど、それはユダヤ人の中の
過激派シオニスト(後にイスラエル政府を作った連中)のプロパガンダ
だよ。

バルフォア宣言はユダヤ人国家建設の前提条件としてパレスチナ人
の権利を侵害しないこと」が明記されている。
文面を素直に読む限り、逆に当時跳梁していたユダヤ人民兵組織に
よるパレスチナ人の土地強奪に釘を差したように見える。
バルフォア宣言は第一次大戦で英国政府を援助したロスチャイルドの
意向を受けたものと言われているが、ロスチャイルドが当時穏健派
シオニストと対立していたことを考えても辻褄が合う。


549 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:48:49 ID:14ue3tSJ0
>>547
修正主義者には証拠が必要でなく、推定だけで事足りて、相手には具体的な証拠を出せって?
自分らに都合のいい議論のルールを設定して押し付けているだけにしか見えませんよ。
第一歴史上の一大事の捏造に証拠が一切必要なくて、推定だけなんてどうかしているとしか思えません。

550 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:51:38 ID:OdRbBJ5m0
>>546
まだマッカーシーに洗脳されたままのヤツがいるのか・・・


551 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:53:10 ID:Ja9k5nq40
>>541
彼のアンカーは何故か自分に当てられているよね
とても不思議

>>545
情報操作と捏造のニュアンスの違い、程度ね
表明といったのは捏造と言うとまた話がややこしくなるから。

>>547
自然な考えなのは同意だけど断定口調で話すと語弊がでるような

552 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:54:09 ID:OdRbBJ5m0
>>547
ホロコーストとポグロムを混同してないか?

553 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:54:19 ID:SnOVLK310
>>549
当たり前だよ。全ての出来事は、それが「有った」と主張する側に
有る。

「きのう、俺の家に宇宙人が来た」と言うなら、それを証明する
義務は、その男に有る。
「きのう、俺の家に宇宙人が来なかった証拠を出せ。それが出せない
 なら、昨日、俺の家に宇宙人が来た事を認めるしかない。」
と言われたら、納得できるか?

「ガス室」も同じ。

554 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:58:14 ID:OdRbBJ5m0
>>553
ヒント PL法
いい加減に妄言のループはやめてほしいぜ

555 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 00:59:53 ID:WIJbfG7d0
>>549
「イラクの大量破壊兵器」が捏造された直接の証拠だって無いだろ。
それに比べてホロコーストは、虐殺そのものの反証ならいくらでもあるし、
「イギリスが虐殺デマを捏造したこと」の証拠なら上がっている。

556 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:00:37 ID:HqUT1gAq0
ちなみにドイツの掲示板ではこんな展開になってる。どの国でも似たようなもの
なのかもしれない。

(スレタイ)「博物館がホロコースト否定論者を立ち入り禁止に」
politikforum.de/forum/showthread.php?s=befb738dec41bef965e6675465544d85&threadid=130137

------------------------以下要約、意訳----------------------------

[Spartacus]  真相解明を恐れることはないはず。他に何か言うべきことがある
         だろうか?

[Piepi]     再検証の禁止はやりすぎ

[Cat in the]  言うべきことないなら黙ってろよ

[Feanor77]  アウシュヴィッツがイスラーム・ファシストの不潔な足で汚されるの
.         は我慢ならないので禁止に賛成

[Cat in the].  禁止するまでもなく、バカな否定論者はそもそもそんなとこ行かない

[chemiker].  再検証の禁止はやりすぎだよな

[texasranger]. 600万人の焼却には15年かかるはずと発言したイランの外交
.         官が既にアウシュヴィッツに立ち入っているわけだが

[Freispruch]. 有名な否定論者たちも皆すでに何回か立ち入ってるしね

[Spartacus]  黙ってろってなぁ。言葉尻とらえてつっかかてこられても…

[MikeRosoft] アウシュヴィッツ以外にも絶滅収容所があったと何故分かるんだ?

[texasranger]. イランの外交官に聞け。おれは引用しているだけだよ

557 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:01:20 ID:HqUT1gAq0

[Spartacus]  誤引用や誤訳があるかもしれないし。CNNはよく誤訳をやる

[texasranger]. ソースはポーランドの報道なんだが

[Spartacus]  CNNじゃないって否定しているところが笑える。やっぱりCNNは…

[Kaiser]    博物館が頑なな姿勢をみせるとは、イランに有利な展開だな

[texasranger]. ほれ、原文だ。(Mohammed Taheri がアウシュヴィッツを訪れ云々)

[Kaiser]    アウシュヴィッツは神聖な墓地じゃなくてあくまで博物館なんだが、
         穢されるのが嫌だという人もやはりいるんだな

[ArmalyteKid] イランは恥知らずだから相手にする価値なし

[Spartacus].  原文まで出して、必死だなw

[Kaiser]    真実は自らを語る。検証の拒否は神話であると認めるのと同じだよ

[Feanor77]  ホロコーストの研究はふつうに行われてるじゃん。イランのやろう
         としていることがまやかしなだけで

[Cat in the].  この外交官はたんにホロコーストを否定したいだけなんじゃね?
.         本気で検証しているとは思えん。

[pellwurst]   その記事ソースないの?

[Kaiser]    ホロコーストの研究に予断が入っているのはむしろヨーロッパ諸
.         国のほうだよ。はじめから結論ありきだ。イランはそうじゃない

558 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:01:21 ID:MrVvsOiL0
ホロコーストを積極的に肯定してる奴は要するに反共攻撃してるだけだな。

559 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:01:58 ID:HqUT1gAq0

[texasranger]. はい、URL。ポーランド語だけど

[pellwurst].  説明なしに出されてもソースになりませんw ポーランド語なんか
.         読めないし

(以降延々とつづく)

560 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:06:11 ID:Ja9k5nq40
>>548
ええっと?馬鹿の方ですか?
「政府の推定無罪は無効」の根拠は能力であるって書いていて
お前は能力と責任の分離が出来ていないから、分離させて解説したのだ。

馬鹿にはあの程度の理屈もわからないみたいだが、
>現在、捏造の嫌疑を掛けられていて情報を一元的に管理しているのはイスラエルおよびドイツであって
>説明責任がこいつらにあるのは明らか
は明確な事実だからお前でもわかるだろ?

「政府の推定無罪の無効」が正しいと表明するお前は現政府は
ホロコーストの立証責任があると認めなければならんはずだが、どうなんだ?
ナチに立証責任を求めるということは、現ドイツ政府には「政府の推定無罪の無効」は正しくないことになるが?

ほら、こっちのほうが本論なのに、どうしてこっちには反論してくれなかったのかなぁ?

561 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:06:30 ID:rpBcs0Zt0
イラン大便と読んでしまった。。。orz

562 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:09:28 ID:ZOTjNloJ0
>>558
普通は単純にさ。人道的なもんじゃないの?

2ちゃんブラウザを変えてからアンカーミスりまくり。。

563 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:10:13 ID:14ue3tSJ0
>>553
なら、ホロコースト捏造があった。と主張する修正主義者が捏造があった証拠を出すべきでしょう?
これは悪魔の証明ではありません。悪魔の証明は修正主義者にだけ都合のいい理屈ではないのですよ。

564 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:14:45 ID:Ja9k5nq40
>>ID:HqUT1gAq0
GJ。新聞じゃなくって生の声が聞こえるというのは良いよね。

>>563
ないものをあるようにいうことを捏造というんですよ。
そしてないことを証明するのことは悪魔の証明です。
もう100年くらいROMってろよ。

565 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:17:54 ID:HbnStNtJ0
>>564
否定派は陰謀の存在を主張してるんだから、
その陰謀が「ある」って証拠を出さないと。

ぜんぜん悪魔の証明じゃないよ。

例えば陰謀を命じたのは誰?書類とか残ってないの?

566 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:21:26 ID:Zl4dVZRo0
>>564
悪魔の証明を正しく理解していない。
だれも無い事を証明しろといっていませんよ。ホロコースト捏造が「あった」ことを証明しろといっているんです

567 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:22:00 ID:WIJbfG7d0
>>563
虐殺があった証拠がダメダメで、虐殺の反証もあって、
イギリスが聖職者教会とBBCに虐殺宣伝の協力を求めたことも
分かっている。それ以上の何を修正主義者に求めるんだ。
>>565
陰謀といっても大がかりなものじゃなく、よくある嘘だろ。
イラクの大量破壊兵器と一緒。
求められる証拠のレベルは大量虐殺の証拠よりずっと低い。

568 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:23:46 ID:ZOTjNloJ0
>>564
俺も知りたいわぁ

569 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:24:43 ID:MrVvsOiL0
>>566
何度も出てきてるが真偽の議論すら封殺しているのはなかったのを認めてるようなもんだろ。

570 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:24:53 ID:Ja9k5nq40
>>565
ああ、そうだったな。
捏造の証拠なら脂肪石鹸とかでいいんだよね?

571 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:27:57 ID:Zl4dVZRo0
>>567
その虐殺の反証とやらも、ネット上では様々に間違いを指摘されていますが?
とてもではないけど修正主義者は効果的な反論をしているとは見えません。
そんな生半可な事やるよりも、ホロコースト捏造が「あった」証拠を出したほうがいいと思いますよ。
これ出せたら間違いなく世界中の歴史書は書き変えられるでしょう。
反論も一切出てこなくなると思いますよ。何で出さないんですか?

572 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:29:11 ID:MrVvsOiL0
左翼連中の手法は煙に巻く神学論争か感情論で論点そらしばかり。

573 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:29:19 ID:duPoccgn0
   ∩___∩ 
   | ノ\     ヽ
  /  ●゛  ● | あ、クマーの証明!?
  | ∪  ( _●_) ミ 
 彡、   |∪|   | 
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

574 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:30:26 ID:Zl4dVZRo0
>>569
あれは修正主義者があまりにも何度も何度も(論破されているにもかかわらず)同じような事を言い続けるのと
そこからネオナチ思想にはまる人間がいるのを防ぐためのようです。

575 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:32:52 ID:mz27NZk60
捏造の証拠はちょっと違うんじゃね?ホロをやった証拠がないのに、
「600万人のユダヤ人が殺された」のをどうやって信じるの?


576 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:33:17 ID:lur1VUUe0
>>570
ウガンダの大統領、アミンが人間を食ったのはウソだったけどさ
この一事をもってアミンの大虐殺と暴政はウソだったとか言える?

577 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:34:45 ID:MrVvsOiL0
>>574
ん?  言論の自由を否定するのか?

ネオナチが悪なら刑法で取り締まればいいだけじゃん。

578 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:35:27 ID:HbnStNtJ0
>ナチ支配のもとで行われた、刑法第220a条(民族殺戮)第1項に示された行為を、
>公共の平和を乱す形で、公然とまたは集会において容認し、または事実を
>否定したり、あるいは矮小化した者は、5年以下の自由刑または罰金刑に処せられる

↑がドイツ刑法130条な。「真偽の議論すら封殺」されてるんじゃなくて、
ネオナチのプロパガンダだから取り締まられてるんだろ。

それがいいか悪いかは別問題として、リビジョニストの「言論弾圧だ!」って
主張は、かなり割り引いて考えた方がいいと思う。

579 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:35:54 ID:8j20WwYh0
>>574
例えばユダヤ人の戦前戦後の人口統計から推測しても、600万人殺された
事を事実とするのは難しいという指摘に対して「600万人殺されたんだか
ら殺されたんだ!!」と完全に論破したということですか?

580 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:36:24 ID:lur1VUUe0
>>577
君さ「戦う民主主義」って知ってる?

581 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:37:01 ID:elTqJaB80
そもそも、それぞれの収容所の犠牲者の数は
いろいろな調査の結果相当数減っているのに、
総数の600万人というのが減らないのは変な話。

582 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:37:58 ID:MrVvsOiL0
>>580
民主主義が無謬なら選挙でヒトラーやムッソリーニが選ばれたのはどうなんだね?

583 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:38:24 ID:lur1VUUe0
>>579
まあそういうことですね

584 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:38:36 ID:8j20WwYh0
>>578
その運用が「ユダヤ人600万人大虐殺は事実だから、それを否定したら犯罪」
ということになってたりするから問題視されてるんじゃないか?

つーかそれ、めちゃくちゃ弾圧に使いやすい条文だよな。まじめに。

585 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:39:07 ID:dWW6xY8j0
>>581
それを減らしちゃうとドイツでは罪に問われてしまうわけで

586 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:41:44 ID:lur1VUUe0
>>582
知らないのなら口出ししないほうが言いと思うな

587 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:42:35 ID:ldK144GT0
>>560
>ええっと?馬鹿の方ですか?
あ〜あ・・・
そっくりお返しいたします、その言葉w

>「政府の推定無罪の無効」が正しいと
「推定無罪はデフォルトのルールじゃない」という話をそんなふうに
言い換えて歪曲の印象操作ですかw
でもおあいにく。それが君の主張を論理的に支え得る話にはならんよ。

俺は既に「権限と責任が対応する」ことを指摘している。ここで能力
という君の言葉に乗ったのは、この場合それ(能力)が権限によって
派生する二次的概念であるため。よーく読んでみな。君は俺のロジック
に対する反論を全くすっ飛ばして俺様理論で「イスラエルおよびドイツ
に責任がある」と断定してるんだぜ。

だが、前提としての「権限の移譲」が正常に行なわれていない(当時の
資料を処分されてしまった)場合、新政府の側にも当時の状況を確認
する能力があるわけはないだろw
その場合、どちらも能力がない(旧政府は、資料を処分することに
よってみずから「証明する能力」を放棄してしまった)ということに
なり、責任問題は「権限」の問題に立ち返らなければならなくなる。
よって、権限に伴う責任(権限の移譲をする責任)を果たさなかった
旧政府側に責任がある。

ここに反論できなければ君の論理は成り立っていないよ。


588 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:43:27 ID:8j20WwYh0
ドイツのこういう傾向、俺嫌いなんだよね。心底。

解同や総連や民団やらその他の団体が「俺たちは差別されてきた人間だから、俺たち
に反論する者は差別者だ。」とか言って脅迫・恐喝・拉致・監禁軟禁・殺人をおかし
てきたでしょ。

それと同じ態度なんだよね。



589 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:47:52 ID:Ja9k5nq40
>>576
部分的な捏造の証明にはなってるよ。
あと、それいがいに、最も重視すべき死亡者数に物理的にありえない数字が
ポコポコでるということは捏造の存在の証明にならないかね?

590 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:50:01 ID:8j20WwYh0
物理的や統計から否定される数字を持ち出しておいて、それを主張の根拠の一つ
として使っているわけだ。
で、おかしいところを指摘すると「数が問題ではないのだ」とか言い出して、その
場は逃れて、次の日別な場所でまたその数を錦の御旗として使用する。

こういうやり口もうんざりです。

591 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:50:52 ID:MrVvsOiL0
要するにホロコーストはイスラエル建国の大義名分とナチスの封印に使われてるだけ。
ドイツにとってナチス思想が復活しても何の得もないという点で利害が一致している。

592 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:55:01 ID:lur1VUUe0
>>588
まるっきり違うよ。
ヒトラーみたいなのが今後現われないためにドイツは「戦う民主主義」を標榜して
国を運営してきたわけ、ホロコーストのウソを言うのを禁止したのもその一環に過ぎない
ネオナチみたいな右翼だけでなく、ドイツでは共産党もその活動を禁止されているようだな。
「戦う民主主義」は極右極左を許さないというのがドイツの態度、それとはまるっきり違う

593 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:57:31 ID:SnOVLK310
この問題に関するスレ、他にもある?

594 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:59:05 ID:8j20WwYh0
>>592
「俺たちに対する反論は一切許さない。」
「ホロコーストに対する反論は一切許さない。」

それで恐喝や糾弾(私刑)をやったり、人を犯罪者にしているわけです。
そういう態度です。
ご立派な思想なんぞクソ食らえ。


595 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 01:59:12 ID:HbnStNtJ0
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/nizkor/66qa01.txt
人口に関してはこの辺で納得できたけどなぁ。

596 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:01:40 ID:lIuuafsn0
ところでイスラエル建国初期にはパレスチナ人大量虐殺があったはずだけど、
どうしてそういう話は忘れられてるの?

597 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:03:16 ID:HqUT1gAq0
ドイツ刑法130条の運用については詳しく知らないが、
ドイツの掲示板を見ているかぎり論争の内容は日本とそれほど変わらないよ。
マットーニョやルドルフの論文が引用されることも別に珍しくない。

しかしホロコースト否定論のパンフを流布させるなどして捕まる人はいるようで
そういう人が裁かれた裁判の記録の一部をネットで見たことがある。
もちろん名の知れた大物活動家の逮捕はニュースにもなっている。

どこからが危険なのか判断は難しいが、論争そのものがまったく不可能という
わけではないのは確かだ。

598 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:09:48 ID:Ja9k5nq40
>>587
>「推定無罪はデフォルトのルールじゃない」という話をそんなふうに言い換えて
いいえ?言い換えてないですが?
日本語くらいちゃんと読めるようになってから発言してください。

前提が間違えまくってるからお話にならないわけだが、とりあえず、
現政府に証拠提供能力がないというのは間違いだ。
死体置き場の穴を掘る権利を与えたりすることだって、証拠提供能力だろうが。
また、資料は膨大な量が残されているがその中でホロコースト関連資料を探すことも
できるが、現政府はむしろ禁じている。

てかね?
旧政府側に責任があるという愚かな話が事実としてだよ?
その能力も、存在すらない旧政府がどうやって立証責任を果たせるといえるのだ?

すごいバカみたいなので、わかりやすくお話にしてみた。
中国が明日突然日本を占領して、コキントウ曰く
「小泉政権が日本内の中国人同胞2億人を虐殺したので占領したアル」
「虐殺の証拠は全部小泉が焼いたアル。虐殺の証明責任は小泉にあるアル。小泉はもう処刑したけどね」
お前がいってるのはこれくらい不条理。


599 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:11:26 ID:lur1VUUe0
>>596
忘れなくていいだろ、もしイスラエル人がその事に関してホロコーストを持ち出したら
毅然とした態度で「それとこれとは関係ない」って言ってやればいい。
これはそれだけで済む話だよ

600 ::2006/02/19(日) 02:13:47 ID:mz27NZk60
>>596
建国後の方が激しい気ガス。建国前後は主に土地の買収。
タッル・ザアタルとサブラ・シャティーラが悲惨。>>7で書いた
特別隊とそのときのジューの被害者の数に大差がないのはビビルw

601 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:15:52 ID:MrVvsOiL0
しかしわが闘争が欧米で出版禁止ってのはどうなんだ?
あの中ではユダヤ人を処分できればいいのにと書いてあって肯定派の材料に
なりそうなのに。

あの本にはマスコミのペテンなどなかなか役に立つことが多く書いてある。

602 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:18:25 ID:WIJbfG7d0
>>595
人口統計は肯定側にも否定側にも味方しないと思う。
曖昧な点が多すぎる。
特にソ連の場合、スターリン体制になってからユダヤ人は
弾圧されてて、しかもユダヤ人=ユダヤ教徒と定義されてたから、
信仰を隠すユダヤ系が多かったらしい。

603 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:23:20 ID:SnOVLK310
>>601
「ユダヤ人を処分できればいい」なんて、本当に書いてあるのか?
ソースの明示を!

604 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:27:23 ID:SnOVLK310
欧米では、言論規制だけでなくて、一部の心無いユダヤ人が、
ホロコーストに疑問を投じる個人に暴力を加える事例が後を
絶たない。

ツンデルもそうした暴力の被害者だよね。

605 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:30:19 ID:P0C2nbGl0
963 名前:世界@名無史さん :2006/02/18(土) 22:20:18 0
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060218/p1
2006-02-18■[ホロコースト]ツンデル裁判再開
The Canadian Pressがツンデル裁判について報じた記事、
「Trial resumes for German extradited from Canada on Holocaust-denial charges」です。
ツンデル側弁護団の裁判官忌避申立てが却下され、審理が再開されました。
三名の傍聴人が「第二次大戦以降禁じられた」ドイツ国家を歌ったため罰金を課され、
裁判官をナチ時代の検察官になぞらえた傍聴人は4日間の禁固を命じられるというハプニングがあったそうです。
ドイツ国歌の1番についての作為的な論争のために、
国内外のメディアは、1番を歌うことはドイツでは非合法であるとの噂、
虚偽のニュースを広めている。これはまったく真実ではない。
しかし、今日でも、多くのドイツ人は真実だと思っている[2]。
(ルドルフ 試訳:発見!不条理のかたまりの国)
また、裁判長が弁護団の一員に対し、
彼女自身ホロコーストへの疑念を表明した場合訴追の対象になると脅迫したそうです。
これはSylvia Stolz女史のことだと思います。

606 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:30:25 ID:HqUT1gAq0
>>601
ドイツにかぎって言えば、「わが闘争」のほうが禁止の対象としては分かりやすいんじゃないか?
共産主義と同様にナチズムも制限されるべきと考えられているようだし。

ホロコースト否定論の場合、ルドルフがナチズムを支持する立場をはっきりと
打ち出しているように見えるが、他の否定論者にそこまでの思想性はみられない。
ウェーバーのようなオタク風の中途半端な人間がIHRの代表をやっていたりする。

まあ、そういうウェーバーがネオナチや白人至上主義者と仲良くしながら
なんとか資金的、組織的にやっているのがいまの修正主義なんだろうけど。

607 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:32:21 ID:PRU2hNUX0
ところで当時「ファシスト政権」だったポルトガルが
何を偉そうなこと言ってるの?

608 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:35:10 ID:mgVuL9AK0
>>574
これって、論破されてたの?

Q ホロコーストのどこに疑いの余地があるの?
A 絶滅計画を命じる書類が無い事、ガス室で殺された数百万にも及ぶ筈の死体が殆ど見つかって無い事、
  そもそもユダヤ人絶滅用ガス室の実在が危うい事、裁判でなされた証言が矛盾だらけであること等です。

Q ユダヤ人を絶滅させる計画はあったんじゃ無いの?
A ユダヤ絶滅計画を命じる文書、計画、命令、予算、部署は存在しません(存在を証明出来ていません)。

Q アウシュビッツでは、400万人の人が殺されたって…
A 様々な矛盾が指摘された結果、今ではアウシュビッツの被害者数は当の収容所の公式見解でも約100万人程に下方修正されました。

Q アウシュビッツ等の強制収容所にあるガス室でユダヤ人を処刑したらしいけど?
A アウシュビッツでは、一体の死体も見つかっていません。
  ガス室で多用されたとされている青酸ガスで殺害されたユダヤ人の検死解剖報告は一つもありません。

Q でもユダヤ人をナチスは迫害していたんでしょう?
A ナチスはユダヤ人を敵視し、迫害していました。これは事実です。
  
Q じゃあユダヤ人はどこへ行ったの?
A 元々、数が把握出来ていない上に戦時中の混乱、チフスの蔓延等があった為、詳しくは解っていません。
  さて、アウシュビッツでの犠牲者数は400万人から100万人〜150万人に減りました。けれどユダヤ人全体の公式な被害者数は600万と変わりません。
  ……アウシュビッツでの被害者で無くなった300万人はどこに行ったのでしょう?
  ホロコーストを強く主張する人達のこのようないい加減な態度も、ホロコーストが疑問視される要因の一つとなっています。


609 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:35:24 ID:KQHUsZRf0
ナチのホロコーストは捏造ってのは世界の常識

610 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:36:34 ID:vLLekTpe0
http://www.geertwilders.nl/index.php?option=com_content&task=view&id=381&Itemid=74
http://www.occidentalism.org/wp-content/uploads/2006/02/jyllandscartoons.jpg
                   ,へr‐r,、 \. |//
      .,,,-‐'''" ̄ ゙゙゙̄''''ーi、,/  .,,ゝ `\_,* .─ -
    .,/゛    _,,ぇ_  .r‐''ミヽ/     //| \
   ,,i´     .,,r・"  "┐゙l、 ゚i、`ヽ      / i  ヾ
  ./`     ,r″     .゚!、`"''"  ゙i、
.,,ii″    <、B O M B `>      'liii,,,
,lll°     ゙'L     .,ノ゜       'lllllll デンマーク応援AAできたよ〜。
llll、       ゙ヽ,,_ _,,,r‐"       ,lllll!′
.,lli、   M O H A M M E D    .,illll゙
lllllli,、     ,,/'"゙゙゙"'ヽ、       ,illlllll  TORINO 2006
.゙!lllllii,, ,,,/` i、,r   `'ヽ,、   ,,iilllll!!゙′
 .゙゙゙゙゙゙リllliiiiiiiiii,,l゙ ],,iiilllliiiilll!l。゙'i、,,,,iillllllト  FORZA DENMARK !!
   ,,i, ゙゙!!!l!!!l! .,'゙゙lil゙!!!!゙゙  .,,,illl!!!!゙゙`
   ,illlll≪・≫] |.≪・≫  !lllll   http://www.geertwilders.nl/images/stories/m6.jpg
  .lllllll!゙゙~~~ |  .,!、~~~ ,iillllllllll,、
  ,lllllllii,,,,,,,|r|,,,iiiillii、   llllllllllllll  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゙llllllllllllllllllllll゙!!!lllllli,,,,,,_,,llllllllllllll  |
   lllllllllllllllll!′  _,,!!!!lllllllllll゙゙゙` <  デンマーク頑張れ!!
   ゙!llllllllllll,,,,~¨',""`,,,,iii!!!!!!゙    |  
    `゙゙゙!!!llllllllllllllllllll!!゙゙゜       \_____

611 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:37:29 ID:mgVuL9AK0
>>578
>↑がドイツ刑法130条な。「真偽の議論すら封殺」されてるんじゃなくて、

嘘つき。
疑念を表明しただけで逮捕みたいだけどー?

http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060218/p1
2006-02-18■[ホロコースト]ツンデル裁判再開
The Canadian Pressがツンデル裁判について報じた記事、
「Trial resumes for German extradited from Canada on Holocaust-denial charges」です。
ツンデル側弁護団の裁判官忌避申立てが却下され、審理が再開されました。
三名の傍聴人が「第二次大戦以降禁じられた」ドイツ国家を歌ったため罰金を課され、
裁判官をナチ時代の検察官になぞらえた傍聴人は4日間の禁固を命じられるというハプニングがあったそうです。
ドイツ国歌の1番についての作為的な論争のために、
国内外のメディアは、1番を歌うことはドイツでは非合法であるとの噂、
虚偽のニュースを広めている。これはまったく真実ではない。
しかし、今日でも、多くのドイツ人は真実だと思っている[2]。
(ルドルフ 試訳:発見!不条理のかたまりの国)
また、裁判長が弁護団の一員に対し、
彼女自身ホロコーストへの疑念を表明した場合訴追の対象になると脅迫したそうです。
これはSylvia Stolz女史のことだと思います。


612 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:38:01 ID:MrVvsOiL0
>>603
わが闘争は一度くらい読んでおくべし。大衆操作の手法が克明に書いてある。

613 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:41:32 ID:arLR2qme0
とりあえず、米軍の最新装備で実験してみたらいいよ。
600万人の中国人を何日で焼却できるか。
30万人の中国人を何日で虐殺できるか。

614 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:41:40 ID:WIJbfG7d0
>>606
ルドルフはノンポリ。
別の人と混同してない?

615 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:42:39 ID:HqUT1gAq0
>>612
「わが闘争」に書いてある大衆操作の心構えなどは、別に秘儀でもないと思うが。
そういう関心ならむしろ政治学の本をいろいろ読むほうがかっこいい。

616 :中道左派の小泉支持者 ◆Jz9y3GJYBc :2006/02/19(日) 02:42:51 ID:rBpN/TkJ0
今となってはわからんがポルトガルやスペインが
 中南米で大虐殺をしたというのもどうも 怪しいと思うよ



617 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:43:44 ID:kaLUE/cC0
イランいいなあ。

イスラム教徒ってのは、宗教かかってるから、日本人みたいに
ちょっとボコボコにされたぐらいで、尻尾振って付いていくみたいな
ヘタレさがなくていい。


618 :中道左派の小泉支持者 ◆Jz9y3GJYBc :2006/02/19(日) 02:47:57 ID:rBpN/TkJ0

>>617
命がけの特攻攻撃をし
人類で始めて核兵器を使用され

300万人が死んだ戦いをちょっとボコボコ?

味噌汁で顔洗って出直して来い!

619 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:47:57 ID:HqUT1gAq0
>>614
> ルドルフはノンポリ。
> 別の人と混同してない?

いや全然混同してないよ。
去年だったか元KKKのある人物のパーティーでルドルフがやった講演を聴いた。

ホロコースト修正主義は共産主義と資本主義の両方に対する抵抗であり、
それはすなわち悪しき国際主義から民族的な固有性を守るための闘いであって、
さらにはそうした国際主義を陰であやつっているユダヤ人との対決なんだそうだ。


620 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:48:33 ID:WEk2cZlc0
根絶やしなんて出来やしないのに実行する馬鹿いるのかね。。。
根絶やしするつもりなら600万てあまりに少ないだろ。
ユダヤ人が当時どれくらい居たのか知らないけどw

621 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:51:33 ID:P0C2nbGl0
>>619
口では何とでもいえるから証拠を出してくれ。

622 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:53:27 ID:HqUT1gAq0
>>621
http://www.vho.org/GB/c/GR/Duke2004.html

623 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:55:04 ID:sYJbXIYf0
>>519
遅レスだが、ソビエトもアメリカ同様ユダヤ国家。
ロシア原住民はユダヤ官僚のゴーレムにすぎない。
今でもモスクワはイスラエルと一心同体だ。
行けばわかる。

624 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 02:59:23 ID:P0C2nbGl0
>>622
http://www.asyura2.com/0505/war74/msg/722.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.voltairenet.org/article128748.html
Israel Shamir: “Equal rights in Palestine/Israel is no utopia”
http://www.voltairenet.org/article30568.html
Olivia Zemor: "Israel is Lying!"
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


****************************************

http://www.voltairenet.org/article128331.html?var_recherche=Silvia+Cattori+Israel+Shamir?var_recherche=Silvia%20Cattori%20Israel%20Shamir
および
http://www.rebelion.org/noticia.php?id=20470
>>■同時にまた、「極右組織と結び付いた雑誌」のインタビューに応じたことであなたが非難されています。
>>これにはどうお答えになりますか。
>>あなたは極右に対してどのようにお考えですか。
>◎私は世界中どこにでも行きます。
>最も近い友人のところだけではありません。
>「なぜなら、さまざまな世界にいる人々に影響を与えたいし、彼らに私の視点に近づいてほしいからです。」
>私はイスラエルで非常に売れている新聞ハアレツにも書きました。
>まさに『それ相応に』です。
>「その新聞が極端なイスラエル・ナチズムの記事を発表するにも関わらず、です。」
>また私はニューヨーク・タイムズに書くかもしれません。
>それがイラクに対する戦争を支持しているにも関わらず、です。
>私の考えでは、どのような新聞社をも「排斥する理由は無い」のです。
ではもう一つ。
シャミールはネオナチなんですか。
シャミールはキリスト教に改宗したユダヤ人です。

625 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 03:02:08 ID:ZOTjNloJ0
>>619
つぅか要はオカルト懐古趣味だよな。
そこに暴力生が無ければ問題ないはずだと思うけどねぇ。

現実性に乏しいし妄想も強い。
特定のタイプにとっちゃ魅力的にも映るだろうね。

以上。

626 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 03:03:18 ID:HqUT1gAq0
>>624
シャミールという人物は知らないが、
修正主義のイデオローグとして重要な人物ではないし、興味ない。

申し訳ない。

627 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 03:07:34 ID:vLLekTpe0
                   ,へr‐r,、 \. |//
      .,,,-‐'''" ̄ ゙゙゙̄''''ーi、,/  .,,ゝ `\_,* .─ -
    .,/゛    _,,ぇ_  .r‐''ミヽ/     //| \
   ,,i´     .,,r・"  "┐゙l、 ゚i、`ヽ      / i  ヾ
  ./`     ,r″     .゚!、`"''"  ゙i、
.,,ii″    <、B O M B `>      'liii,,,
,lll°     ゙'L     .,ノ゜       'lllllll
llll、       ゙ヽ,,_ _,,,r‐"       ,lllll!′
.,lli、   M O H A M M E D    .,illll゙
lllllli,、     ,,/'"゙゙゙"'ヽ、       ,illlllll
.゙!lllllii,, ,,,/` i、,r   `'ヽ,、   ,,iilllll!!゙′
 .゙゙゙゙゙゙リllliiiiiiiiii,,l゙ ],,iiilllliiiilll!l。゙'i、,,,,iillllllト
   ,,i, ゙゙!!!l!!!l! .,'゙゙lil゙!!!!゙゙  .,,,illl!!!!゙゙`
   ,illlll≪・≫] |.≪・≫  !lllll  http://www.geertwilders.nl/images/stories/m6.jpg
  .lllllll!゙゙~~~ |  .,!、~~~ ,iillllllllll,、
  ,lllllllii,,,,,,,|r|,,,iiiillii、   llllllllllllll
  ゙llllllllllllllllllllll゙!!!lllllli,,,,,,_,,llllllllllllll 俺を風刺した者は爆殺する!
   lllllllllllllllll!′  _,,!!!!lllllllllll゙゙゙`
   ゙!llllllllllll,,,,~¨',""`,,,,iii!!!!!!゙   悪魔の詩を翻訳した五十嵐と同じにしてやる!
    `゙゙゙!!!llllllllllllllllllll!!゙゙゜

91年7月12日朝、筑波大構内で同大比較文化学類の五十嵐一助教授が他殺体で見つかった。研究室のある校舎7階エレベーターホールで鋭利な刃物で首などを切られていた。
五十嵐助教授が翻訳した英国人作家、サルマン・ラシュディ氏の小説「悪魔の詩」は当時、イランの故ホメイニ師が「マホメットの私生活をスキャンダラスに描くなど、マホメットとイスラム教を冒とくする内容だ」として著者を死刑宣告していた。
http://www.mainichi-msn.co.jp/yougo/archive/news/2005/07/20050709dde041040034000c.html

01年3月、爆破されたバーミアンの巨大大仏。国際的文化遺産破壊の影に、アフガニ スタンの支配者だったタリバンに食い込んだオサマビンラディンの策謀があった。
http://www.nhk.or.jp/special/libraly/03/l0009/l0906.html

628 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 03:08:33 ID:HqUT1gAq0
>>625
修正主義には賛成しないけど、だからといってそれを潰そうという意思も能力も無いよ。
修正主義を嫌悪していたら、修正主義のものをいろいろ読んで楽しむことも出来ない。

629 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 03:10:30 ID:P0C2nbGl0
>>626
>シャミールという人物は知らないが、
>修正主義のイデオローグとして重要な人物ではないし、興味ない。
「悪魔の絵」byイズラエル・シャミール
【概訳】:ユダヤ・メディアのコントロールに打ち勝たなければならない
http://www.asyura2.com/0601/war78/msg/384.html
http://www.israelshamir.net/English/Satanic.htm
http://asyura2.com/0505/holocaust2/msg/401.html
http://comment.independent.co.uk/commentators/article329989.ece
>(シオニスト)ユダヤ人はホロコーストのタブーを強制することで国々をコントロールする。
>思想警察はErnst Zundelを米国で誘拐しカナダの刑務所に監禁した後、ドイツに連れて行かれた。
>その間、主要メディアは口を閉ざした。
>David Irvingはつまみあげられオーストリアの牢獄に放り込まれた。
>欧州のどの新聞も彼の釈放を敢えて求めない。
重要人物ですね。
アーヴィングとツンデルとホロコースト弾圧法にも触れてますから。

630 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 03:21:38 ID:XOk8fAat0
何か最近立証責任がどうとか言うレスを良く見るんで考えてみましたけど、
この件に関しては一般に民主主義国家で取られてる裁判の事実に関する
立証責任という概念を持ち込んで考えるべきものでは無いと思う。
要は裁判的な立証責任が求められるんじゃなくて、政治的あるいは歴史的に事実の立証が求められる
ものだから、それぞれの肯否の立場によって負うものだろう。

その上で、政治的責任で言うとイスラエルとドイツはそれぞれ建国の大義と刑法の大義にしてるんだから
強力な証明力のある立証がなされないといけないだろうが、例えば600万で遺体が無いのはほとんど完全焼却しました、
って言う説明については、否定派の言う実現可能性の問題や事実関係の確認に対して十分な説明がないと
やっぱり責任を全うしてないと思うな。その上で議論を封じるのは大分政治的な大義を怪しくすると思うね。
しかし一方否定派、例えばパレスチナとかにしても、政治的責任については文句をつけられたほうにしても
負ってる部分はあるだろう。イスラエル撤退を内外に呼びかけて、交渉で成立させるならやっぱり議論に
巻き込まれるからな。だから政治的には程度の差はあれ問題になった時点でどっちも負うもんだと思う。

歴史的証明で言うと、肯否における立証責任は更に縮まるだろう。議論の開始は肯定派が一応の証明資料を
持ってこないと始まらないけど、資料のアラや証人の不在を理由にしても議論が進まないしな。
だから例えば南京事件について言えば、否定派は事件後の南京市の人口増加や日記・写真・目撃証言の検証を
積極的に行ってる。そういう不存在の立証活動は裁判と違って出来る限りで否定派が行うものだ。

要するに裁判・政治・歴史の証明責任を分けて考える必要があるし、歴史について言うならそこまで
峻厳に配分するべき問題でもないからあんまり議論する価値が無いと思う。

折角分けたんでドイツの歴史的事実の証明責任について言うと、否定派の主張はいわゆるいちゃもんじゃ無くて
一理ある部分があると思うんだけど、議論の一部を封じるというのは肯定派としてはやっちゃいけないことだろう。

631 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 03:24:10 ID:P0C2nbGl0
>>630
>議論の一部を封じる
議論の大半を封じると言うべき。

632 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 03:32:45 ID:P0C2nbGl0
>>627
http://www.globalresearch.ca/
米国と英国の体制変革と両国への経済的・政治的な制裁措置を希求するチョスドウスキー
http://www.asyura2.com/0601/war78/msg/155.html
http://www.flamingpear.com.my/gpf/michaelc_slide.wmv
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=viewArticle&code=CHO20051221&articleId=1576
The Anglo-American War of Terror: An Overview
本物の反体制左翼知識人、ミシェル・チョスドウスキー
http://asyura2.com/0601/war77/msg/268.html
数々のユダヤ人の犯罪を追及してきたオタワ大学の教授をADLが告訴
http://www.asyura2.com/0505/war73/msg/619.html
アルカイダやイラク戦争の真実を追究しているオタワ大学経済学教授でユダヤ人のチョスドフスキー(Chossudovsky)は、
ホロコーストの虐殺人数の誇張を指摘したためユダヤ人でありながらホロコースト弾圧法で訴えられてしまいました。

633 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 03:33:53 ID:HqUT1gAq0
いや、議論なんかする必要はないんですよ。

否定派を自認する人が勝手に本を読めばいいだけの話だから。
それで納得するかどうかは本人の自由。それで終わる話でしょ。

たまたま出会った変なパンフのために疑問ではちきれそうになってしまった頭をかかえて
誰かに納得いく説明をしてもらおうとわざわざネットくんだりまでお越しいただいても、
どうしようもないんですよ。

だいたい、本人にすら手に負えないわけだからw


634 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 05:15:04 ID:C9/L4GEP0
おまえらさあ議論大好きっ子だな。
職業何?お金貯まらないでしょ。

635 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 06:59:41 ID:ymdl+qSI0
論議内容、全く知らんが、
未だかつて、捏造を施さなきゃならん納得いく理由が、全く示されていない件についてw

636 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 07:02:51 ID:ncDhl6hz0
捏造だったこと自体がバレてるんだからいまさらそんなこと言っても遅いよ

637 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 07:05:58 ID:ymdl+qSI0
話の腰を折ってスマヌ
しかし、肯定派には、示して欲しい所だとは些か思う。

638 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 07:27:56 ID:MEZxMFkI0
もう一度手ぇむか!模造の件でよう。
同じ敗戦国同士、気が合うかもしれんよ。

639 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 07:31:29 ID:0fsGXmAJ0
ホロコースト議論の歴史

1.ニュースソース
2.あった派:なかった派=50:50
3.いつもの流れ
4.あった派がいなくなる



640 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 07:32:29 ID:ilhiEMdH0
誰かアハマディネジャド大統領やタヘリ駐ポルトガル大使に
南京大虐殺も捏造だと教えてあげてください

641 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 07:34:08 ID:7t2xgV+00
なんでポルトガルが反応するのかよくわからん

642 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 07:34:19 ID:KgDe0P4/0
>>630

 難しく考えることはない。この問題は、国家対個人の問題だ。対象になるのは、
権力犯罪。これを念頭において考えれば、立証責任の問題は明快になる。

 まず第一に現在におけるホラコースト問題とは、虐殺者に対する処罰とか
当時の政府に対する批難とかの問題ではない。虐殺者は、もうほとんど生きて
断罪されることはないし、虐殺を行った国家もいまは滅びて存在しないからだ。
 現在あるホラコースト問題とは、「ホロコースト」なるものの実在を根拠にして、
ドイツなどの旧枢軸国及びその関係において自由な言論活動を規制する問題
と解釈すべき。そしてそれを行っているのは、イスラエル政府やその下僕の
ドイツ政府などの権力。不利益を受けているのは、ドイツなどで表現活動を
行っている個人や団体だ。

 国家権力が特定の歴史的事実を根拠に個人の言論の自由を制限するなら、
根拠をしっかりさせるべき。あやふやな事実を議会による多数決で少数派に
強制するのでは、自分達が批判する戦前のドイツとなんらかわらない。

 ホラコースト肯定派のしていることは、ナチスドイツとなんらかわないとことに
気づくべきだ。言論の自由を議会での議決を唯一の根拠にして永久に封じ、
以後否定派が議論をする余地すらうばって民主主義を機能させなくしている。
ホラコースト肯定派の唯一の根拠は、ドイツ議会などの多数決しかない。
自由な議論に基く検証すら拒絶している。ホラコースト肯定派こそは、自由主義と
民主主義に敵対し、権力犯罪としての言論弾圧に加担する政府の犬どもだ。
やってることは、ヒトラーユーゲントやゲシュタポと同じだ。

643 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 07:41:51 ID:wTYCxk1f0
ユダヤ人相手に事故したら人生が終わる。
部落や朝鮮よりもえげつない追い込みをする。

644 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 07:43:17 ID:KgDe0P4/0
 イスラエルやその下僕のドイツ政府は、否定派の言論の自由を法的に制限したり、
無実の人々を虐殺者として糾弾している。そして、根拠となる歴史的事実の真偽を
一切あきらかにせず、根拠にしているのは政府の答弁と議会の多数決だけ。
これでは、自分達が批判するナチスの政権奪取と授権法の制定となんらかわない
ではないか。

 国家が誰かを虐殺者よばわりしたり、市民の言論の自由に対する制限を政府が
することは原則的に許されない。なぜなら現代の国家は、個人の人権を守る使命を
おびているからだ。議会が多数決で決めたから、と言うただそれだけの理由で、
特定政治勢力の趣味による言論弾圧が認められてはならない。
 特定個人や集団を国家が弾圧するなら、市民を納得させるだけのきちんとした
根拠に基いてなされるべきだ。これはつまり、否定派(社会正義派)が要求する
肯定派による立証責任問題の本質である。

 ホラコースト肯定派がドイツなどでしているポロパガンダは、権力犯罪である。
多数者による少数者への露骨な暴力だ。断固としてホラコースト肯定論者の
権力犯罪を許してはならない。

645 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 08:05:27 ID:WH1cGCyLO
まあ、白人ユダヤ人のほとんどがもともとパレスチナに住んでいた民族ではない事にくらべれば、たいしたことない発言。

646 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 08:14:11 ID:eTTgBC0CO
>>638
この件に関しては無理
ナチスに逆らってまで
ユダヤ人を過去に助けてる

647 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 08:59:07 ID:HBmxVOYP0
>>646
「歴史」を材料に、金をせびられている事は、日独共通。




648 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 09:02:33 ID:RoGaIqC20
ポルトガルの植民地政策は償ったの?

649 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 09:05:14 ID:HBmxVOYP0
>>598
全く同感。(拍手)

650 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 09:22:24 ID:OUcB6iFj0
ここでドイツに住んでる俺が来ましたよ

651 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 09:48:09 ID:xCbiKUvv0
とりあえず中国朝鮮は元寇について謝罪しろよな

モンゴルはいいよモンゴルは

中華6000年とかいうし支配されたとしても弱かった責任というものがあるだろう?

652 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 09:53:15 ID:63XKQoix0
>>650
ドイツって、ヨルダン川西岸の国でしたっけ?



653 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 10:02:34 ID:l7nBnCW90
このイラン大使は馬鹿か?
死体を焼くのに15年もかかるわけねーよ。
広島の原爆でも何万もの死体の山が出来たが
わずか数日で焼かれて無くなっている。


654 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 10:04:16 ID:MrVvsOiL0
>>641
ポルトガル人の多くはスファラデ系ユダヤ人と混血しているから。彼らは
自分達は昔はユダヤ人だったと思っているらしい。

655 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 10:04:45 ID:C/wsBy9Z0
>>651
東亜三国も日本に粘着しなければ元寇なんかとっくの昔に忘れてるのにw
部落問題もそう。あいつ等の団体が粘着してない東北人は彼らの存在すら知りません。
当然問題も起きてません。

656 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 10:05:10 ID:mcPHcrOX0
死体を放置していたら変な病気が発生しそうだけどな

657 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 10:06:58 ID:MEZxMFkI0
>>654
お前らが昔朝鮮人だったみたいにか?

658 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 10:09:29 ID:raBWX+g50
>>653
実際、投下後〜1週間以内に亡くなった方って何人いるの?
死体として残っている数、と言うべきか

659 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 10:17:17 ID:oVDrF2cS0
>>653
イラン人の本音は、その点はどうでも良くて
要するにイスラエルをヨーロッパに持って行ってくれって事だろう?
戦時中に主にヨーロッパで迫害されたユダヤ人をヨーロッパで面倒を見てくれ
これを言いたいだけでしょうね



660 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 10:27:25 ID:MrVvsOiL0
>>657
何の脈略もなくチョン認定とは恐れ入ったw

661 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 11:30:30 ID:MI77v/dqO
懐漫板から来ますた。
こっちにも遊びに来て下さい
【石の花じゃないけど】坂口尚総合スレ1【石の花】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1122572180/

662 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 15:25:54 ID:D9NmgdCt0
ガス室で殺された死体は、見つかりましたか?

663 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 15:59:43 ID:GzVKnQat0
>>553

毎度のことながら、日本を厄介なことに巻き込むかもしれない修正主義派の
必死さはよく解せない。熱血漢の情熱は悪意ではなさそうだが…、それ故に
厄介だよなぁ。ドイツなんか放置しておけばいいのに。

まぁ、それはさておき、その宇宙人の例えはいささかオーバーだろう。仮に
ユダヤ人大量虐殺の決定的物証はないとしても、収容所の存在や、各種の
差別的待遇が「確信犯的」にナチスの政策となっていたという状況証拠面
から、シロ前提に議論するのはちょっとバイアスが掛かってるだろう。

罠主党の怪文書や、件の宇宙人話とは事情が全然違うからねぇ。あえて
言えば、宇宙船らしきものが庭に「駐船」しているが、宇宙人は見当たらない、
もしかしたらそれは宇宙人ではないかもしれない、てなところじゃないか?

664 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 17:50:41 ID:MrVvsOiL0
ユダヤ教はゾロアスター教から教義をパクってる。

665 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 18:02:12 ID:3iuQI4+d0
ホロコーストがあったにせよ無かったにせよ学術的な議論をすることは良い事だ。
なんにしろタブー視するのは良くない。

666 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 18:07:12 ID:1PeMSkec0
>>665
Poland will not let Iran "research" Holocaust

WARSAW - Poland‘s Foreign Minister Stefan Meller on Friday ruled out allowing any Iranian researchers to examine the scale of the Holocaust committed by the German Nazis on Polish soil during World War Two.
http://www.leadingthecharge.com/stories/news-00144819.html

こういう態度をとるポーランドはイクナイね。

667 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 18:27:03 ID:YqWOg3000
天皇陵なみですなw

668 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 18:40:03 ID:6uN5bDv40
>>666
なにせ、ガス室の天井にはガス投入口が無く、
その代わりに、明らかに戦後にこじ開けた穴が開いてる。
共産政権時代とはいえ、ポーランドが開けたものだからな。
これを調査させるわけにはいかんだろ。

669 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 18:43:55 ID:7MVeUEi+0
>629

エルンスト・ツンデルって経歴が爆笑モノなんですが。
ナチスがUFOを作っていた!w

670 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 18:52:19 ID:u8fhScgs0
ホロコーストはあった。
ただ、600万人の根拠に関しては、ゲッペルスが大げさに
言った可能性は高い。

南京では、大勢の死傷者がでた。
ただし、中国が言っているように30万人も無差別に虐殺
したなどということはなかった。


671 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 18:56:27 ID:mz27NZk60
ゲッペルスwwwwwwwwwwwwが大げさにwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
www言ったwwwwwwwwwwwwwwww

お子様は寝れww

672 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 19:06:53 ID:A9hRxX6g0
確かにそうだよな、日本がイスラエルを敵に回したら日本が困るもんな
日本は感知せずで、ドイツとイスラエルに処理を任せるのが賢明だね



673 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 19:33:31 ID:FUgPkmt90
ポルトガルの植民地政策は、列国の中でも最後に行われた。

アンゴラ
モザンビーク
東ティモール
が近年内戦と虐殺の舞台となったことは、ポルトガル左翼政権の影響も大きいと
思われる。
またアンゴラとモザンビークは中国の影、東ティモールにはオーストラリアの欲が
見え隠れする。
この他にポルトガル領ギニア(ギニア・ビサウ)、印度にゴア、中国にマカオがあった。

674 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 20:58:21 ID:MrVvsOiL0
ブラジルは?

675 :名無しさん@6周年:2006/02/19(日) 21:59:08 ID:pVeSitXF0
小・中・高と一貫して学校の歴史をまともに勉強しなかった漏れこそが勝ち組

676 : ◆IxjxQYOO6g :2006/02/19(日) 22:09:23 ID:6WvI5JSO0
原爆の借りは100倍にして返す

677 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 00:11:32 ID:aTmQSWw+0
ホロコースト電波も出力が弱まってきたかw

678 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 01:18:39 ID:ZVB+M89K0
ユダヤ人が居なくなればいいと思う人が600万人!!

679 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 01:56:59 ID:GE+wvKWO0
>>663
鎮めたいと思うなら黙っていれば良いのに・・・
悪魔の証明に対してそんな的外れな返答をするから
肯定派は否定派の怒りを買うんだよ。


680 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 02:18:04 ID:l92xz+gB0
ゲ!
世界史板でキチガイ認定されてる悪魔の証明厨!

681 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 04:03:12 ID:YCqP6zba0
肯定派も、もう少しマトモな証拠を出せていればね。
って、今、どっかの国の国会でも言われてるよーな話だな。

682 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 04:08:24 ID:OSNuWjsI0
>>1
2ちゃんのバカウヨどもは「南京大虐殺は捏造」と言ってるし、
アメリカのバカKKKやネオナチどもは「広島や長崎の原爆は捏造」と言ってるよ。

どこの国にも低学歴低能バカって多いんだなと改めて認識。

これはマジレス。

683 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 04:13:37 ID:OSNuWjsI0

世界3大バカ右翼 w

1. 2ちゃんのバカウヨ「日本軍が南京大虐殺という話は捏造」
2. イラン大使「ユダヤがホロコーストされたという話は捏造」
3. アメリカのバカKKKやネオナチ「米軍が広島長崎に原爆投下したという話は捏造」


684 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 04:17:25 ID:OSNuWjsI0

世界3大バカ右翼 w

1. 2ちゃんのバカウヨ「日本軍が南京大虐殺したという話は捏造」
2. イラン大使「ユダヤがホロコーストされたという話は捏造」
3. アメリカのバカKKKやネオナチ「米軍が広島長崎に原爆投下したという話は捏造」




685 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 04:29:28 ID:aprmLthBO
まぁ、日本人を装ってコソコソ潜伏してる在日支那・チョンよりはマシだわな

686 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 07:09:44 ID:fe9voR9b0
ホロコーストがなかったのだとしたら、帰って来なかったユダヤ人がどこに
行ったのかとりあえず教えてほしい。神隠しにでもあったのか。



687 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 07:14:30 ID:bruzfo7v0
万が一ホロコーストが「捏造でした」って事になっても
元となったプロパガンダを広めた連合国は認めるに認められないだろうねぇ。

「ナチスによる民族浄化」は多数のコピーキャットを生んだ。
もし、プロパガンダが「ネタでした」って事になったら
連合国は「迷惑なネタを広めた連中」って事になっちゃうもの。

688 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 07:18:29 ID:bruzfo7v0
>>686
「収容所内で死んだ」って事なんじゃないの?
否定論者も別に「ユダヤ人への迫害」や「収容所での大量死」までは否定してないんでしょ?
「それ(大量死)が意図的に為されたモノであるかどうかは疑わしい」っていうだけで。
読みかじった否定論からのイメージってそんな感じだったと思うけど。

689 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 08:33:05 ID:aTmQSWw+0
ユダヤ人はかなりアメリカに吸収されている。全米で600万らしいが実際には
もっと多いんじゃないか?

690 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 09:30:29 ID:dhc3ZSOW0
おれ、興味があるんだが、2ちゃんとかで「否定論」一生懸命
書き込むやつらって、(1)民族主義者らなどの、ま、右翼 
(2)親パレスチナの、ま、左翼、のうちどちらが多いんだ?

サンクス


691 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 09:37:21 ID:YfO/+4wcO
>>690
句読点多すぎ

692 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 09:37:46 ID:HC25h1p10
実はヒトラーはいい人だった事なんて

GHQに洗脳された日本人は知らないだろうな

693 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 09:56:09 ID:+W4YOEzc0
■[ホロコースト][本]イラン大統領も『ホロコースト講義』を読んでいる
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20060219/p1
The CODOH Revisionist Forumのスレッドです。ゲルマール・ルドルフがドイツ送還された後に出版社
Theses & Dissertatonsの経営を引き継いだマイケル・サントマウロによれば「イランの大統領はルドル
フの『ホロコースト講義』読んでるよ」だそうです。

isbn:1591480108

↑Amazonで扱ってるんですが、ISBNを書いてもはてなの書籍情報は表示されませんでした。


試訳:ホロコースト講義
ゲルマール・ルドルフ
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/000.htm

694 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 09:57:57 ID:V0joY7qt0
例のユダヤの圧力でマルコポーロを強制的に廃刊に追い込んだやつか

695 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 11:16:26 ID:+HuXUS/q0
>>686 収容所内で病気等で死んだんだろうが。
あんなチンケな焼却炉で何百万人も焼ける訳ねーだろ。

696 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 11:30:11 ID:/+easLRI0
だから最大規模を誇るアウシュヴィッツで110万程度と言ってるだろうが。


この腐れ無知が

697 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 11:58:21 ID:yVgFPpMM0
批難やけんかの必要はない
疑問をなげかけられたら
証拠をだして疑問をといてやればいいだけ。

698 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 12:07:41 ID:bjHuASN/0
>>696
根拠となる一次資料は?

699 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 12:49:10 ID:V0joY7qt0
ユダヤ人以外はゴイム

700 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 13:37:04 ID:+W4YOEzc0
試訳:フリツォフ・メイヤーの新説批判
カルロ・マットーニョ
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_09.htm
 アウシュヴィッツの死亡者記録によると、16000名ほどが1943年3月15日から10月25日のあいだに
死亡した(登録者数は3月15日に15000名から10月25日の31000名にまで拡大している)。これに
よると、焼却(炉の加熱も含む)ごとに、1体につき39kgの石炭が必要であった(628500÷16000)。

 しかし、チェクの『アウシュヴィッツ・カレンダー』では、この時期に、118000名ほどがガス処刑された
ことになっている。もし、これが本当であるとすると、134000体の死体が存在したことになる[37]。
すると、4.7kgの石炭で1体を焼却できたことになり、それは、熱力学の法則のもとでは、まったくあり
えないことである[38]。自然死した16000体の焼却は、文書資料に記載されている石炭の消費量に
対応しているのに、ガス処刑された118000体の焼却はどのような条件であってもありえないことで
ある。このことは、ガス処刑がありえなかったことの証拠である。

701 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 13:40:47 ID:6N4euabM0
イスラムとユダヤの喧嘩は放置で良いと思う
日本が関わる理由は全く無い


702 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 13:41:13 ID:a1gH0jHd0
>>690
単なる興味本位のヤジ馬根性の人間だと思うけどな…


しかし、やっぱり歴史は“科学”なんだかさ、思想とかは別にして
何が起こったのか、出来るだけ正確な事実を記録として残すべきだと思うが。
「ホロコーストでユダヤ人600万人が虐殺された」というのは厳密な意味では
捏造だろ。虐殺されたのは確かなんだから数は問題じゃない、というのは一面
では正論かもしれないが、事実を追求する立場の人間にとっては感情論でしか
ないわけだしな。

703 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 15:18:46 ID:S0NUmsW90
>>669
ツンデルがUFO本書いたのは「生活のため」(裁判での証言)で、
当人はUFOは信じていないらしい。

704 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 15:30:44 ID:oJ2qVjxH0
3大どころか。。
どこの国にだったバカウヨは居るし自国の汚点は全て敵の捏造!!事実無根であーる。
これがバカウヨの仕事ですからねぇー

705 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:35:52 ID:NhYfM3fJ0
>>701
つくる会か、幕屋の方とお見受けする。

「それは、日本に関係ない」が口癖。



706 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:53:31 ID:MPynDQyH0
>>702
> 単なる興味本位のヤジ馬根性の人間だと思うけどな…

否定論オタクともいうべき人種がいるんじゃないかな。
類型化すればこういう人種。

・ナチスへの憧れや、見えない権力への反発がある。
  しかしドイツ史や政治学には詳しくない。

・政治運動に関心がなく、外国人・移民排斥デモや
  パレスチナ支援活動に実際に加わった経験はない。

・否定論の論文は読むが、アカデミックな文献は読まない。
  そのため特定のトピックには異常に詳しいが、
  ホロコースト史そのものはよく知らないし、関心もない。

・インターネットをして過ごす時間が多い。

・大衆的な価値観の持ち主で過激な思想とは無縁。
  だが内に秘めたルサンチマンは大きい。

否定論の隆盛はもはや2chでは無視できないほどの大きな
流れになっており、その流れに乗ろうとニュー速+では記者が
ホロスレをつぎつぎと立てる。

そういうスレで大活躍しているのがこの否定論オタクであって、
現代ニッポンはもう彼らの時代になっているといっても過言ではない。
そこの君も乗り遅れるなよ!

707 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:23:35 ID:GE+wvKWO0
>>706
敗戦国である日本がが戦勝国側の論理を打ち破る為に科学的な根拠を培う習慣が定着し、
科学的根拠にそぐわないホロコースト史に疑問の念を掛けている、程度だと思うよ。
知識量については肯定、否定ともにある人にはある、程度しかいえないが
直接関係ないドイツ史を持ち出す理由が良くわからないし、
そもそもデモ自体少ない日本でデモをやらないから、政治的関心がないオタク、
というのはレッテル張りじゃないかな。

ただ、真実かどうかはともかく言論の自由を行使してイスラムから総スカンを食らったデンマークを
教訓に、ホロコーストを検証する権利はあるが、行使しない、という立場をとるのは政治レベルでは正しいだろうね。
名と実とどちらが価値あるものかどうかは知る術はないのだけど。

708 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:44:06 ID:dMmR9wK80
マイケル・ルパート=FTW誌のニューズレターは、
2006年2月11日付け、ケネス・デフエィエス(Kenneth Deffeyes)の論文を引用した。

ケネス・デフエィエスは、米国プリンストン大学、そしてキング・ハバート博士の同僚であった。

ケネス・デフエィエスは、2004年1月、彼のウェブサイトで、世界の石油供給は、
2005年12月24日=サンクスギビング・ディの日に、ピークに達する、と予告した。

その後公表されたデータを検討すると、世界石油供給のピークは、2005年12月16日に
来たことが明らかに成った。公表された統計によれば、2005年の石油生産は、2004年の
石油生産に対して、0,8パーセントの増加、と言う。

この増加の大部分は、サウジアラビア、ロシア、アンゴラによる。
この状況下で、もしも、イランの日量400万バレルの石油供給が休止すれば、
世界経済恐慌が開始され得る、と。

イラン、そしてベネズエラの反米政権は、米国に対して、きわめて高姿勢である。
この二つの国はいずれも、重要産油国に含まれる。

日本の白痴的権力階級、とりわけ白痴的マスコミ、白痴的「学者」階級、などなどは、
今日に至るまで、石油ピーク問題など、およそ、この世に存在しないかのように、
まさしく、白痴の挙動を示して居る。

イラン、そしてベネズエラの産油国反米政権は、石油ピークの到来を熟知して居り、
この情勢下では、米国に対する自分たちの立場は非常に強いことを理解して居る。

2月10日のロイターの報道によれば、ベネズエラのチャベス大統領は英国に対し、
フォークランド島をアルゼンチンに返還するよう、要求したと言う。
これも、ベネズエラの高姿勢を示す。これは、チャベスの単なる空威張りではない。

ケネス・デフエィエスは、2005年12月16日、世界石油生産はピークに達したと言う。
この説が正確であるとすれば、2006年は世界的大動乱の幕開け、と成る筈である。

709 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:04:34 ID:aTmQSWw+0
ホロコースト否定は大衆の反逆だ。

710 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:39:10 ID:MPynDQyH0
>>707
だからさ、そもそも君自身が否定論オタクの類型に当てはま
っちゃってるんだよ。

> 科学的根拠にそぐわないホロコースト史

これは否定論の典型的な主張をなぞっただけの物言い。
どうやら否定論の立場らしい。

> 直接関係ないドイツ史を持ち出す理由が良くわからないし、

本を読んでいれば、ナチスに関するアカデミックな文献は
分野で言うとドイツ史に分類されるものが多いと気づくはず。
よって本を読まない人らしい。

> デモ自体少ない日本でデモをやらないから、

ニュースでとりあげられているデモなんか、笑っちゃうほど
ほんの一部だということが分かっていない。
そもそも右翼の街頭宣伝はほとんどニュースにならないし。


711 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:12:10 ID:GE+wvKWO0
>>710
否定論者がどのように考えるか、を論じているのだから
>これは否定論の典型的な主張
をなぞってそこから動機を推測していくのは当然です。
主張を無視してどうやって分析するつもりなんですか?
一方の主張を検証しただけで否定論である、と決め付ける
貴方はレッテル張りとしか言いようがないです。

>分野で言うとドイツ史に分類される
ホロコーストは歴史的事項なのでドイツ史に分類されるのは当たり前です。
というよりは、ドイツで起こった全ての事項はドイツ史に分類されますよ。
だから何?というお話で、全てのドイツ史に精通していなければならないか、ということには全く関係ありません。
神聖ローマ帝国の知識がホロコースト検証に必要ですか?

あと本ですが、雑誌を含めれば月10冊以上は読んでいますし、
ドイツ史についても大学生向けの参考書が古本屋で安く売られているのを纏め買いしたので
結構所持していますよ。
>よって本を読まない人らしい
が、レッテル張りである、ということが証明できて良かったと思います。

貴方の価値観で言えば政治意識が高い人種というのはプロ市民や街頭右翼のことなんですか。
偏屈な考え方は結構ですが静かに選挙によってその政治意識を表明する人をルサンチマンと断言されるのは不愉快です。


712 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:47:23 ID:aTmQSWw+0
ここで長々とレスを垂れるのは不毛だ。急所を突いて退場させよう。

713 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:11:46 ID:lxXv6jTr0
漏れとしてはASSのおかげでドイツ国防軍までが悪者扱いされているのが少々残念。
世界で最も権威ある組織として西側連合国上層部からも尊敬されていた組織だったのに。

714 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:33:36 ID:+bQ22I2V0
こりゃ面白い。
ヨーロッパ及び連合国側では完全にタブー、言論統制まで成されてる事項だからな。
日本でさえ、一般レベルならいざ知らず、政治家がこういう発言したら首が飛ぶ。
完全に無関係なイランだからこそなしえた発言だ。

715 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:37:54 ID:rO/vMOsU0
連合軍、特にアメリカが民間人を大量虐殺したのは事実だからな。
日本でやった事をドイツでもやっていても何ら不思議はない。

716 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:53:22 ID:AwYsgH0Q0
いつもいつもチョンや中国人にやってないことまで
やったことにされ続けて、その捏造を根拠にカネせびられてるから
ドイツの気持ちはよくわかる。
だがやってしまったことなら批判は受けよう。ただ事実が知りたい。

717 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:03:12 ID:+W4YOEzc0
ホロコースト狂信者の思い込みに哀れみを催す昨今
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/699.html

718 :ゴキブリ渡邊:2006/02/20(月) 22:20:46 ID:jScFO+4C0
そういえばユダヤ人を題材にした映画いっぱいあるが、パレスチナ関連の映画は全然無いな。

719 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:21:24 ID:49rOS1De0
>>679

まぁ、別に「鎮めたい」なんて思っちゃいないよ。どの道、止めようがないしねー(w
ただ、個人的に理解しがたいことだね、という感想を述べたまでだ。

否定派の人たちは得意げに「悪魔の証明」を持ち出すが、火の無いところに煙を立たせよう
という魂胆に対するそれならば、そういう弁護も立派なものだ。ただ、繰り返しになるが、
前提条件としてある程度の外堀が埋まってるだろ。たとえば実際に収容所が存在したこと
とか、ナチスが正当な政策であると堂々と主張して行った種々のユダヤ人への差別的待遇
とかねー。そうなると疑いに足る事情はあるわけで、立証責任が全面的に肯定派にあるよう
には思えない。ってことさ。

いっとくが、別にサイモンなんちゃらセンターの立場で指摘してるわけじゃないからね。

上記の事情に鑑み、否定派としては「神隠し」になっちまってるユダヤ人の員数合わせ
の立証責任くらいは負ってもいいんじゃないの? ってことですよ。意図的虐殺では
なく、病死・戦災死等で死亡したという積算根拠を、ね。

720 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:26:35 ID:JtkmvuU30
アウシュビッツだけで600万人焼いたわけじゃないだろが。

721 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:27:40 ID:9oSx16s/0
ホロコースト肯定派はどうなの?
保守派に見えるけどww

722 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:35:31 ID:+W4YOEzc0
つくる会は幕屋が入ってるからガチガチのホロコースト肯定派だよ

723 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:47:17 ID:Mx1qke/u0
>>46
オウムの頃に「もしホロコーストが無かったらゴー宣やめます」
と言ってしまってるから、たとえ現在は「無かった」と思っていても
描けないかも。

724 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 23:38:48 ID:oLokO8mb0
>>719
人数合わせも何も、信頼に足る人口統計が無いんですが。
ユダヤ人の定義が問題になるし、アメリカに随分流れてるし。
特にソ連では、スターリン時代に信仰を隠してユダヤ人の
定義から外れた人が相当数存在する可能性が高い。

725 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:06:33 ID:jAfi7uWL0
だいたいねぇ。
今現在のこの日本に於いて5年前に施行された法案の言い出しっぺは誰なんだ?って事すらうやむやな訳です。
結局はお前が言ったーいやアイツだーってな具合。。
データが完全に無い訳はないが巧妙に隠されてたりするんだろぅね。
ホロコーストなんて尚更だと思うね。

726 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:48:03 ID:rBmt7ncL0
このホロコーストの問題って、イスラム圏ではどういう扱いなんだろう?
このイランの大使のような見解が一般的なのかな?

727 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 11:47:00 ID:JGbrP+0e0
イスラエルに対する反発があるからイランと同意見じゃないかな。

728 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 15:30:51 ID:mhJmoobi0
パレスチナのアッバースは修正主義者だったはず

729 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 15:34:03 ID:7A63hK/t0
歴史修正主義者=歴史の真実を検証しようとする者に歴史改修者が張るレッテル

730 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 15:38:50 ID:9NZvaHaP0
イラン、がんばれw

731 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 17:59:12 ID:7N5Roh3O0
>729

修正主義者のメンツがビックリするほどネオナチか極右なんですが。


アンネの日記の件だけどアレは出版前から最初から叔母などが関わり複数の原稿がある上に
オランダ国立公文書館がオットーフランツから寄贈されたアンネの日記を検証した結果
1950年代以前のインクに用いられていた鉄分が混入していたことが明らかになり
捏造説は完全に否定されてんですよ。

その上その後の調査の結果ボールペンインク原稿は結局

見 つ か ら な か っ た ん で す よ 。w

修正主義者の方はこういう都合の悪い事実には 一 切 言及しません。

732 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 18:51:10 ID:KSnxzZX70
>>731
じゃ、この人はなに?(w
     ↓
http://www.jca.apc.org/~altmedka/gas.html

左翼も左翼、極左じゃないの?

733 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 19:19:03 ID:SdLrZ2390
>>427

http://up.arelink.net/up50/src/are0422.zip.html


南京大虐殺について突っ込んだ番組、そこまで言って委員会
亜細亜大学 東中野教授「証拠として通用する写真は一枚もなかった」
大虐殺あった派 デーブファビョる、遙洋子もファビョる。
デーブが論破され、最後は「無かった」と意見が変わる。


「たかじんのそこまで言って委員会」


734 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 19:21:44 ID:gzuWNn0zO
イランには自由を認めないのか
ウンコだな

735 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/02/21(火) 19:22:46 ID:DL9E9O5K0
ナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺、ホロコーストは誇張されていると主張した
イギリスの歴史学者に対し、オーストリアの裁判所は20日、ホロコーストを
否定することを禁じる法律に違反したとして、禁固3年の有罪判決を言い渡しました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    むしろ何故60年も経った今、ホロコーストを
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 学者が否定しなければならないか、が重要なポイントだね。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| つまり各国の企業が行き詰まりを見せており、政治を牛耳る
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   資本家が大規模戦争を望んでいるという事でしょうね。(・A・ )

06.2.21 NHK「ホロコースト否定 学者が有罪」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/02/21/k20060221000055.html

* 第二次大戦終結後まもなく、医学界は大規模な発展を見せた歴史的事実があります。

736 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 19:50:07 ID:IoQRgKJE0
276 名前:richardkoshimizu ◆wL1NqpcWWs [] 投稿日:2006/02/21(火) 19:13:58 ID:uUoP+bSU
さてさて、ホロコースト否定論者、アービングがオーストリアで禁固刑を受ける。慌てて裁判で、「やっぱりガス室は

あった。ごめんちゃい。だから、許して。」と懇願するが、実刑から逃れられず。世界中のホロコースト否定論者が

萎縮する。ホロコーストの嘘追及に躊躇する。一般人は、裁判で簡単に撤回したくらいだから、やっぱり、ガス室は

あったんだろうと思う。ホロコーストの嘘を暴かれたくないユダヤ人がほくそえむ。これで当分、静かになるだろうと。

アービングの臭い芝居に感謝する。早い時期に仮釈放されたアービングに巨額の報酬が支払われる。反ユダヤ

強硬派の中には、時としてユダヤの協力者が紛れ込んでいる。胡散臭いヤクザまがいの反ユダヤのネオナチが、

「ホロコーストは嘘」と主張すればするほど、ホロコースト否定論の信憑性が損なわれていく。ホロコーストの嘘を

真摯に追及する人物をも、同じ類のネオナチと決め付けて攻撃し、口を封じる。

最も胡散臭い連中に真実を語らせることで、真実を隠蔽する。これが、シオニストの手口である。

ま、この程度の話だろうな。あーつまらん。

737 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 19:51:32 ID:TBLXBc6j0
ホロコーストはあったが被害人数は、サイモン・ヴィーゼンタールの嵩上げ。

738 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 20:09:16 ID:lEL5/euQ0
検証すことさえ罪ってのはむちゃくちゃだと思うよ

739 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 20:27:00 ID:f/UZs/iN0

嘔吐嘔吐嘔吐

と出てくるのがアンネの日記を男が書いた何よりもの証拠だw

740 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 20:28:59 ID:wv1rUwl40
2chに書いてもしょうがないよな
イスラエルに行って言わないと


741 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 21:21:18 ID:x+5i/sSf0
やっぱイランは頑張ってホスィな。

742 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 21:21:51 ID:LCFJHpwp0
ttp://cgi.2chan.net/f/src/1140522069045.jpg

743 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 21:45:37 ID:9pVdj7ur0
ホロコーストも、南京虐殺や従軍慰安婦や強制連行みたいな
後付の捏造糾弾でしょ。

なんせ、命令書が無い。
アウシュビッツに関しても毒ガス設備が無い。
しかも敷地内に捕虜用プールまである。

敗戦国である日本とドイツは似たような状況にあるんだよ。

744 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 22:02:30 ID:rJPLSr6+0
>>743
そろそろ特亜の抗体ができてきた分、日本のほうがドイツより幸せかも。

745 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 22:24:14 ID:7N5Roh3O0
>743

>しかも敷地内に捕虜用プールまである。



3万人規模の収容所に数人詰めに詰め込んで数十人利用出来るか怪しい、
3コースしかない小さな小さなプール。

アレはなんなんでしょうね一体。限りなくトマソンですよ。
一説には国際社会の批判逃れと言われています。

746 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 22:26:21 ID:7N5Roh3O0
そうそう。


あのプールを利用したという囚人の証言もありませんよ。

747 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 22:31:49 ID:4l3FPA/+0
チクロンBでガス殺を行った場合には生成されるはずのプロシアンブルーがガス室から検出されない。

748 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 22:37:41 ID:f/UZs/iN0
>>746
プールとガス室と何の因果関係があんの?

749 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 22:40:55 ID:5dlhPluf0
何もない。あんなものが絶滅政策を否定する根拠になるなど笑止。

750 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 22:46:50 ID:KaU5bkgz0
ストラスブール大学教授マルク・クラインの回想
http://www.rense.com/general24/controversy.htm
日曜と休日には労働時間が変更され、コマンドのほとんどは余暇を過ごした。点呼は昼頃に行われ、
夕刻は休息と文化やスポーツ活動を選択できた。サッカー、バスケットボール、そして水球試合
(敷地際に収容者によって建設された屋外プール)が見物人の群れを引きつけた。

751 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 22:47:16 ID:HrPjSdzW0
>>746
残念ながらあるんですよね、水球やったとか。
アウシュビッツ、ウォーターポロでぐぐって見てね。


752 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 22:51:34 ID:KaU5bkgz0
「コマンド」は労務班、囚人のことです。

753 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 23:16:40 ID:vMngbVoD0
しかし何で議論さえ封じるんだ?
そこが腑に落ちん

754 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 23:19:32 ID:5dlhPluf0
>>746
囚人といっても、政治犯、ゾンダーコマンド、一般のユダヤ人囚人がいることくらいは説明しておくべきだったな。

755 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 23:22:59 ID:nbR49Vn+0
事実かどうか以前に言論封殺がアウトなんですが

756 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 23:28:15 ID:IoQRgKJE0
>>746
richardkoshimizuを論破してやってくれ。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1139581007/



757 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 23:34:51 ID:iiBZx6Ft0
>>749
その絶滅政策とやらの証拠そのものが無いのだが。


758 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 23:44:02 ID:7N5Roh3O0
>751

バカだな。だから国際社会の批判逃れと言ってるだろ。
当時から収容所の厚遇ぶりのアピールをニュース映画作るぐらい念入りにやってたのよ。

ゲッベルスお得意のプロパガンダで
実態は大違いだったけどな!!

759 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 23:47:08 ID:HrPjSdzW0
>>758
>バカだな。だから国際社会の批判逃れと言ってるだろ。

元収容者が回想録を書いてるんですけどw

760 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 23:51:51 ID:7N5Roh3O0
>759

1人だけで
しかもぶりぶりのネオナチアングラサイト

ちょっと無理がありすぎ。

761 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:02:59 ID:JiSpcV8d0
好意的に解釈するならカポや政治犯などある程度厚遇されていた囚人向けのモノ。売春宿と同じ類。
マーク・クラインも薬学教授で経験を買われ収容所内でで囚人の医療などを担当していたのだろう。
そういう記録もある。

どっちみち3万以上の囚人をフォローするものでは到底無い。

それからやはりここでプロパガンダ映画は撮られている。



762 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:05:11 ID:rMEO407J0
アウシュビッツから生還した7人のこびとw
http://www.heretical.com/miscella/dwarfs.html

こういう人たちは真っ先に処分されるはずだよね?

763 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:09:17 ID:JiSpcV8d0
ところでホロコースト証言を片っ端からアテにならないと言ってるのに
何故都合の良い証言はこれ見よがしにアピールするのか。
そういうのを二律背反という

>762
SSへ見せ物・被虐対象として生き延びていたのでは?
ユダヤ人楽団とかも有名だろ

764 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:11:36 ID:rMEO407J0
>>763
あてにならないというのは、証言を裏付ける物証がないからですよ


765 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:13:41 ID:JiSpcV8d0
>764
プール証言もこれだけじゃ全っ然足りんぞ。


そうそう小人は中世から王侯への見せ物として需要があったのよ。
貴族趣味を気取りたかったのだろう

766 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:24:36 ID:rMEO407J0
>>765
まあ不十分だな、だけど矛盾はないね。

小人についてななんとも言えないな、ろくでもないこと言ってるしw

767 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:31:46 ID:pBoCHw3E0
あんだけユダヤ人が必死にナチの残党を探しつづけるのは、やっぱりガス室とかあったんだろう。
しかしタブーにする必要は無いから、イラン人が疑問を投げつけても、何ら問題は無いと思う。
同じようにもマホメットを馬鹿にしても、反論こそすれ、実力行使はいけない。

768 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:35:28 ID:49MMzh930
アメリカ最大のタブーはホロコーストではなくてルーズベルト。

769 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:35:46 ID:0KjhE2hm0
>>749
そもそも、絶滅政策というもの自体が証拠もなく、物理的に不可能で
あったとは到底考えられない。

>>758
実態はどうだったと言いたいのかな?
ユダヤ人が虐殺されていたなんて、証拠とまったく反する主張はやめてくれな。

770 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:45:25 ID:S/bn+JG00
イスラエルは、イスラム世界からは何言われても仕方ないと思ったほうがいい。

771 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 03:39:09 ID:EoPddXeL0
ああっ、もうダメッ!
ぁあ…マホメット出るっ、マホメット出ますうっ!!
アッ、アッ、アッラー、アッラーアクバルーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!風刺画見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ターバンのぉ!おつむがあっ!爆弾!!自爆しちゃうぅーーーーーッッ…聖戦ッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
大使館にぃ!放火あぁーーっ!!!ジッ、ジハッ、ジハードォォッッ!!!んはああーーっっっ!!!アッ、アッラ、アッラーーッッ!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!

ビンラ−ディンッ!!ザルカウイィッ!!アルカイーダァァ!!
おおっ!首切りっ!!コッ、コオッ、香田くぅ〜〜んッッ!!!生首見てぇっ! ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
くうぅ…首切っちゃった!!悪魔の詩!翻訳のぉ!五十嵐さんっっ!!!
暗殺ウッ!決行オッ!暗殺決行暗殺ウウゥゥッッッッ!!!!
いやぁぁっ!風刺画家にぃ、こんなにいっぱい懸賞金懸けるてるゥゥッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
作者はぁぁっっっっ!!!!処刑エェェェッッ!!!
                  ヽ,| /
       ,. -‐‐‐‐-- 、 /\〜〜* ―
    /     ○  \/  / | 丶
   /    / \   0  }
    l   <BOMB>      l
   {.    \ /       |
    {  MOHAMMED  .}
   \ / ̄ ̄ \   ,ノ■
    /┗┓| |┏┛\▲■■
   ▲≪・≫ ≪・≫ ▼■  http://www.geertwilders.nl/images/stories/m6.jpg
   ■  /  |    ■■
   ■  ■■■   ■■
    ■■+++++■■■■  ムハンマドのガイドライン
    ■■■■■■■   http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1140413055/
     ■■■■■▼

772 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 06:48:00 ID:uPILfMeL0
>>753
だからドイツなんかじゃネオナチ(修正主義者)が暴力的過ぎるから。

773 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 10:41:13 ID:9PBFcrdi0
>>767
ガス室で殺された死体は、一体も発見されていない。
(テレビでよく見る死体の山は、発疹チフスなどによる
 病死者の死体だよ)
また、ヒトラーが「ユダヤ人絶滅」を命じた命令書は
発見されていない。

774 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 10:51:16 ID:phzrj4Vt0
>>772
本書いただけの学者も投獄されてるでしょ
過激派がいるから議論禁止って問題外
言論封殺反対

775 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 10:52:09 ID:0KjhE2hm0
>>772
暴力的なのは、そもそも議論自体が違法にされているからじゃないか。
きちんと議論できるなら暴力的になったりしないさ。

776 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 11:39:51 ID:9PBFcrdi0
>>772
欧米で、ユダヤ人が、ホロコーストに疑問を表明した個人や
出版社に対して、どれだけ暴力を加えて来たか、あんた知ってる?

777 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 12:10:41 ID:V2p3t9rV0
いずれにせよ言論封殺は正当化できんな。

778 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 12:30:12 ID:pMIqNTtD0
ニュージーランドの研究者ジョン・ヘイワードは陰湿な脅迫の連続に耐え切れず大学の職を失った

How caged birds sing / Parallels to Irving
http://revforum.yourforum.org/viewtopic.php?topic=2972

779 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 12:32:52 ID:nhtZzHn10
أعلنت قوات التحالف الشمالي
المناوئ لطالبان أنها تستعد
لشن هجوم على العاصمة الأفغانية كابل (w

780 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 13:03:08 ID:uV+QtzDr0
>>773
本気で連合国が捏造しようとしたならば、命令書一枚くらい偽造できないわけがないと思うんだが
捏造を担当した人間は、相当な間抜けだったのか?

781 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 13:31:50 ID:hJT0R+rN0
言論の自由に反してホロコーストの検証を禁じていること自体が、
ホロコーストの信憑性を損ねているな。

782 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 15:22:24 ID:49MMzh930
ネオナチを暴力的と批判する奴は過激派をどう思ってるのかね。こいつらの
存在のほうがずっと脅威と一般市民は感じてる筈だが。

783 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 15:30:55 ID:49MMzh930
>>780
ヒトラー関係の書籍や文書は捏造が多く、すぐに見破られるから敢えてやらなかったんだろ。

784 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 15:33:02 ID:qR8P6dgd0
>>779
右から左へ読むのに、行の先頭に(wがついているとは!


785 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 15:33:25 ID:Yvqo/gAB0
ユダヤは怖いね。

786 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 15:45:32 ID:voB+Rdsk0
ユダヤ人600万を計画的に殺すって、ポーランド落とすより大変なことなんじゃないか?

787 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 16:00:47 ID:bgtWR24C0
日本人ならドイツ人に同情してしまう。
歴史を捏造して徹底的に叩かれれば、
其の国の若者は怒り、右翼化する。

ドイツの若者がネオナチとか言ってる気持ちが少し理解できた。

788 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 16:22:20 ID:T1U4i2Un0
>>783
つじつま合わせの妄想だな

789 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 16:46:23 ID:49MMzh930
>>788
都合の悪い意見を具体的に指摘しないで妄想で片付けてるようじゃ説得力ないね。

790 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 16:50:40 ID:dYuVFAXn0
>>789
指摘するまでもないだろ、「敢えてやらなかった」ということを証明する証拠もないのに
どう信じろと?

791 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 16:57:37 ID:N2yyoEUI0
>>790
それは連合国が証拠を徹底的に隠滅したからもう残ってないだけで、本当はあったよ。

792 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:01:30 ID:6/PiHw0F0
ナチの組織はスパイ防止のためか幾重にも複雑な組織が構成されている。
「警察」だけ見てもSD、保安警察やゲシュタポ、秘密警察が国家保安本部の
統率下に置かれ、SSは独自に秩序警察本部を置いている。アウシュッビッツは
SSの警護下に置かれ、SS強制収容所総監部のほかにSS経済・管理部の管轄でもある。
こんなに複雑な組織構造は戦後に鮮明になってきたので、ニュルンベルグ裁判では
証拠の捏造が出来なかった、と思うよ。というかゲシュタポとSS保安情報部の全容は
今でも組織構造の全容は解明されてない。

793 :772:2006/02/22(水) 17:19:17 ID:uPILfMeL0
だからドイツ本国にしたって議論自体は活発でしょう??
なんの問題があるっていうの?
現実としてだよ。
で、ちょっと前まではネオナチ集会だって堂々とやってたでしょう??
それが暴力沙汰が目立ち過ぎて来てそうした集会も禁止になったし。
そういう事を
あくまでも表立ってやれば逮捕って事じゃん。

794 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:21:25 ID:uPILfMeL0
みんな「議論の自由」と「国の立場」
これをごっちゃにしてないかね?



795 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:24:11 ID:49MMzh930
文書の捏造はなかなか成功しない。シオンの賢人や田中上奏文は完膚無きまでに叩き潰されている。
ヒトラーのテーブルトークの偽書説を取る学者も多い。

796 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:27:01 ID:6/PiHw0F0
たとえばユダヤ人を600万人殺そうとすると、国外のユダヤ人移送計画は
だれが、どこの機関がやるのか?基本的にはシューマ、SSに秩序警察本部が
取り仕切るが、実はシューマの構成は占領地の現地募集や民族ドイツ人が
ほとんどで言語の違いから命令書がないのは明かにおかしい。この仕事は
ゲシュタポ4d局とかぶるので、どちらの機関に優先順位を与えるか、という
詳細な命令書があるはずなのに、それもない。
 ちなみにアイヒマンはゲシュタポ勤務で、「輸送管理官」をしていた、とされている。
では、だれが「移送汁!」という命令を出したのか?ヒトラーから、ともし答えるなら
OKWから国家保安部へ、そこから第4局へ伝わる書類がないといけないし、シューマをはじめ、
現地警察やいろんな機関へ指示命令がないと動けない。
 まぁこんな構造は戦後に明らかになったわけだし、捏造するには組織を解明する時間がなかった
と思うお。
 「ヒトラー最後の12日間」を見たけど、エンディングで秘書さえユダヤ人虐殺を知らなかったらしいw

797 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:30:34 ID:xXWGbK1Z0
やばい書類は片っ端から燃やしたんじゃね?

798 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:30:37 ID:s4y1SAkx0
おいらは論理実証主義派なので、
明確な証拠が無いも事象はウソだと思ってます。
なので、ナチスによるホロコーストも…以下略

799 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:35:06 ID:qdACZMgmO
ムハンマドの誠実さにも疑問

800 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:37:33 ID:PqKlKnkq0
>>793
>だからドイツ本国にしたって議論自体は活発でしょう??

そうなの?
この前ν速で、主張したら逮捕されたとのニュースが立ってたけど。

801 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:38:28 ID:/F3v9NDB0
>>796
俺もユンゲさんの独白で「知らなかったのかよ!」と思わず突っ込みを入れてしまった

802 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:38:36 ID:6/PiHw0F0
>>797
ポーランドは1944年の後半にはロシアに侵攻されていて、リトビア、
アルメニアは陥落している。シューマのほとんどはその辺りの国に
集中していたので、命令書の1枚くらいあってもおかしくないはずだよw

803 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:40:16 ID:uPILfMeL0
>>798
まぁ今話題のPSE法の言い出しっぺだってうやむやなのにね。
明確な証拠が無い事象は嘘だとするなら歴史上の大半の事は嘘になるよな?

別に構わないけどね。君の立場としてはさ。
俺はこの件に関しては肯定でも否定でもないけどねぇ。

ネオナチが嫌いなだけですけどねぇー

804 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:44:06 ID:PqKlKnkq0
>>803
>>736
>最も胡散臭い連中に真実を語らせることで、真実を隠蔽する。これが、シオニストの手口である。

>ま、この程度の話だろうな。あーつまらん。


つまりこれ?

805 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:44:57 ID:uPILfMeL0
>>800
表立って主張すれば逮捕されるのは当たり前だって言ってるんですけど?
だから向こうの掲示板とか見てみりゃ良いんじゃないですか?
それに向こうのミュージシャンにネオナチが多いのは特定のジャンルでは常識ですしそうしたライブパーティーは事実上の集会の場となっていますよ。
日本の人達には理解出来ないのかもしれませんけど。

表看板は文化活動で。
実際には政治活動ってのは普通の事だと思いますよ。
ネオナチの件に限らずですねぇ。

806 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:45:18 ID:Q4NrkBT80
>>804
大変ユダヤ人らしいやりかたですね

ネオナチは嫌いだがユダヤはもっと嫌いだ

807 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:46:38 ID:PqKlKnkq0
>>805
表立って主張=ネオナチなの?
って、つまり736って事?じゃあそれでいいや。

808 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:53:37 ID:3rNBn3830
>>793
>だからドイツ本国にしたって議論自体は活発でしょう??

ドイツでは、異端的見解を公的に表明すると処罰される。
にもかかわらず、真理の要求にしたがって、発言したいならば、
何らかの方法を使わなくてはならない。
このために、この脚注はラテン語で書かれている。
絶滅収容所なるものでのユダヤ人虐殺に使われたガス室の物語は真実ではない。
修正主義者の議論のほうが説得力がある、と。


http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/rudolf_04.htm

809 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:57:11 ID:uPILfMeL0
>>808
だから「公的」にだろ?本当バカつぅか揚げ足とりつぅか。。

一般にドイツじゃネオナチの悪口を言う方がリスキーな行為ての分かる??
あの、俺はもう落ちるけどね。

ネオナチは氏ね!!


810 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 17:59:49 ID:0kwR5ST+0
ホロコーストがでっち上げでユダヤ人が虐殺されてないならヒトラー総統

が激怒なさるのでは、だってユダヤ人を皆殺しにするために強制収容所

建設を命じたんだから

284 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)