5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教育】 「日本人の誇りを」 "日本を知らない日本の子供"多く、高校に「日本の文化」科目創設…兵庫

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2006/02/20(月) 16:40:49 ID:???0
★高校独自科目に「日本の文化」 兵庫県、歴史教育を充実
 日本人の自覚、誇り養う

・兵庫県は二十日、高校教育における日本史教育の充実を図るため、県立高校の独自
 科目として「日本の文化」(仮称)を創設、各高校に新教材を配布することを決めた。
 高校の必修科目から「日本史」が外されている現状を重く見て、日本の伝統芸能や
 文化史などの歴史教育を充実させる。選択科目の中の「学校設定科目」に位置づける
 方針で、平成十八年度予算に関連事業費四百万円を計上する。

 大学受験で世界史や地理を選択する受験生が増えていることから、多くの高校で
 日本史が選択科目となり、高校で日本史を学習しない生徒も出ている。また、修学旅行で
 海外を経験した高校生の多くからは「日本のことを外国人に聞かれても説明できなかった」
 との感想も漏れている。

 県教委ではこうした現状を重視、日本人としての自覚と多様な文化を尊重できる態度を
 育成するには「足元からの日本史教育が不可欠」と判断、独自科目の創設を決めた。

 新教材開発の基本方針を定めるため、県教委に学識経験者や県立高校長、県立
 高教員を委員とする構想委員会を四月にも設置。基本方針が固まり次第、教材開発を
 行うため学識経験者や県立高校長らを委員とする開発委員会を設置する。およそ一年間
 かけて内容を吟味、検討する。

 県教委では「日本人の誇り、アイデンティティーが失われつつある。国語のスピーチなど
 学習指導要領にはない独自の科目を設けている高校は多く、県で独自科目を創設しても
 問題はない」と説明。教材は「伝統文化」に中軸を置く予定だ。
 県は二十一日開会の県議会に関連事業費を盛り込んだ来年度予算案を提出するが、
 歴史認識についての見解をめぐって議会の一部からの反発も予想される。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060220-00000024-san-soci

2 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:41:39 ID:SVioXY9X0
右傾化の危機だ

3 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:41:41 ID:kZxvrS+s0
だれか2取れよ

4 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:42:16 ID:YRHqq1g60
差別ニダ。

5 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:42:35 ID:Y5L9/ofl0
素晴らしい!!!!
兵庫バンザイ!!!!
大日本帝国バンザイ!!!!!

6 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:42:53 ID:LE5VqOtP0
大変結構なことなのだが
教員は指導できるのか?

7 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:43:10 ID:OdfT8val0
せっかく科目創設しても受験の役に立たないものは無視されるような気がする。
あと、兵庫県だと内容が心配。

8 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:43:14 ID:xvLNNCq80
大学に行くわけでもなけでれば、それもいんじゃね?

9 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:43:44 ID:JjgciGoH0 ?
おそらく兵庫の人は、日本史より、中国や韓国の歴史に詳しいからだろうな。

10 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:44:23 ID:fz5W5enj0
観音開きとか虎の巻とか、生徒に言ってもポカンとされる。
言葉もなんとかしないとと思う。

11 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:44:40 ID:4+Y3TAmH0
兵庫でこんなことしたら、在日がわめくんじゃ寝えの

12 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:45:41 ID:UxRFB/rK0
>>10
観音開きってM字開脚のことだよね?


13 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:45:47 ID:oPv9jDHA0
大阪人だが兵庫見直した

14 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:46:14 ID:WtGdlnL80
小学校や中学校でもやんないと駄目じゃない
それも地元からの日本史・世界史

長崎では今年から「長崎検定」ってのをやるし、
そのほかの町でもすでに似たような「資格検定」
やってる。
街にやってきた「よそもの」に対して
自分たちの「街」を説明できるように
しないと。
一学年にひとりでもいいから
自分たちの街をかたることのできる
「語り部」を育成すべき

15 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:47:02 ID:5WrQkerH0
日本史を学ぶことが幾ら大事だと力説しても、当の本人たちや
学ぶべき年代の目には鬱陶しく映るんだよな…。

16 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:47:40 ID:3/FjhD8U0
>>12
このバッキャーローw

17 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:48:01 ID:2U2HOO3f0
だいたい、修学旅行で海外に行く理由が分からん……。

100歩譲って、中国なら分かるんだ。今は危ないし問題ある場所だが、
やっぱり歴史施設は売るほどあるわけだし。

ハワイだの、韓国だのは、これっぽっちもわからん。特に韓国はまったく
分からん。

18 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:48:08 ID:Wtps1KgA0
市民団体が反対するニダ

19 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:48:21 ID:2FVPc1JO0
日本史受験者でも文化史苦手なやつはすごく多いな

20 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:48:26 ID:B66q0h4F0
よく考えると日本独自の文化って一つもないよね
すべて外国のものをそのまま使ったりアレンジしてるだけだな

21 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:48:35 ID:jsxnxi520
スシ、ハリカリ、フジヤマ、ゲイシャぐらいはマスターして欲しいもんだ。

22 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:48:42 ID:A6ACj0DV0
日本だけなんだっけか。自分の国の歴史が必修科目じゃないのは。

23 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:49:09 ID:AVv/Kbbi0
兵庫だから日本史と言っても
加害者の歴史とかいうのをやらされるだけじゃね?

24 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:49:37 ID:rJgXGLwK0
うん、馬鹿ん国に修学旅行とか
歴史も文化も何もないところに行ってどうすんだと

25 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:49:42 ID:TakxYnPk0
>>20
同意。日本人は全員死ぬべき

26 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:49:48 ID:IJBETKjp0
>>10
虎の巻は中国由来な訳だが

27 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:49:53 ID:c/rL6sgX0
>22
自虐日本史習うくらいなら
習わん方がましだ

28 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:50:15 ID:30/oI24h0
>日本の伝統芸能や文化史
何をやるのかわかったよ(´∀` )

29 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:50:28 ID:xUe5nQgN0
>>20
キムチ臭いニダ

30 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:51:10 ID:GfWvjBoa0
>>10
六韜って知ってる?

31 :殺韓3号:2006/02/20(月) 16:51:19 ID:GqP/fSBT0
例えば、英語の教科書でも、外国人が書いた日本文化についての考察とか、
そういうのを収録すればいいんじゃないか?

俺の英語の教科書には、何故か朝鮮の創氏改名のエピソードが
載ってたぞ。

32 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:51:41 ID:Wtps1KgA0

【韓国】韓国人男性の30〜50%は早漏。

昔は馬糞を食べたりしたが、今は手術で直せます[10/10]

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1129047946/

33 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:52:54 ID:3XNGT31l0
>>24
土下座しにいくんだよ

34 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:53:18 ID:EgFZzuT70
俺のには杉原ちうねのが載っていて、戦前の日本人の偉大さをたたえているものになっていた。

しかし、高校で必修でないのはおかしいよなあw

35 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:53:28 ID:vVHmpn7C0
修学旅行は京都か長崎、沖縄あたりに限定するべきだろ。

36 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:54:19 ID:/RogxHjMO
日本の景勝地は知らないくせに海外の景勝地には生きたがる阿呆とかな

37 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:54:22 ID:rQu2qDq30
神話とか非科学的なモノは知る必要もないけどね。

38 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:55:00 ID:4+Y3TAmH0
>>31
最近日本史・世界史だけじゃないらしいな、朝鮮史観強制は
音楽や国語とかでもあると聞いた

39 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:55:10 ID:pZMBw7E10
>  歴史認識についての見解をめぐって議会の一部からの反発も予想

一部って誰?

40 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:55:23 ID:xUe5nQgN0
オーストラリアは行きたい。

41 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:55:33 ID:kgoLohGi0
>>37
すべての物に神が宿るっていう考え方は素晴らしいと思うんだ

42 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:55:59 ID:UGsrq2qs0
桜チャンネルの仕業じゃ

43 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:56:21 ID:AUrPuL4h0
>>17
慶州ならちょっとは見る所あるのかもしれんが、それでも
やっぱり東アジア圏なら中国に行った方がいいわな。
でも阿保な講師なら結局ディズニーランドのあるとことか
連れて行くぜ。博物館の中身でいえば中華民国もよさげ。

44 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:57:02 ID:9T03+ssR0
>>35
長崎、沖縄はともかく京都はやめろ
修学旅行の餓鬼は恐ろしく気軽に
文化財に傷つけたり落書きしたりするからマジ勘弁

45 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:57:19 ID:aQeGj3qT0
↓オカラのAA(以下略

46 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:57:41 ID:rDySjGAe0
>>37
青いな。そして赤いな。

47 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:57:55 ID:pGnsl6Vs0
確かに外国人と接するときに日本人として如何に日本を知らないかを思い知らされる。
日本の文化歴史社会伝統をもっと積極的にあらゆる視点から検討する授業を行うといい。

48 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:57:57 ID:Xf8Mr+DO0
正しい歴史教えろよ。ついでに外国で教えてる捻じ曲げた歴史もおしえとけ。


49 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:58:51 ID:wZDOJHUT0
海外への修学旅行は、少なくとも国公立高校では禁止すべき
というか修学旅行自体いらない

50 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:59:45 ID:YLSvqMLV0
小泉・竹中の金融政策・金融教育お陰でパチンコ中毒・サラ金多重債務者予備軍大量生産中
Thanks! !Koizumi&Takenaka!

サラ金CM 高校生、肯定的な見方
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1113107048/

消費者金融などのCMを肯定的に見ている高校生が多いことが、
大分市の市民活動・消費生活センターが行った「消費生活実態調査」で分かった。
調査にかかわった研究者からは「金銭管理に関する学習が必要」との声が出ている。

消費者金融などのキャッシングに関するCMについて、
成人は67・5%、高校生は64・8%が「知っている」と回答した。

その人たちに「CMをどう感じるか」と尋ねたところ、
成人は「良くない」「あまり良くない」が合わせて6割だったのに対し、
高校生は逆に6割が「とても良い」「まあまあ良い」と答えた。

「とても良い」と答えたのは成人が3・4%だったのに対し、高校生は15・3%に達した。

ttp://mytown.asahi.com/oita/news02.asp?kiji=5630 (記事消失)

51 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 16:59:49 ID:b82ZBlJr0
>1
おいおい、大丈夫なのか?兵庫だろ、あの…
県教委にはガッツのあるところを見せて欲しいものだが

52 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:00:08 ID:9T03+ssR0
>>49
修学旅行は観光地にとって決して無視できない貴重な収入源だから
制度は残してやれw

53 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:00:10 ID:k/Q9gtRV0
>>38
朝鮮の友人とメールするなんて話が俺の高校の教科書に載ってた

54 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:00:40 ID:2U2HOO3f0
>>43
あぁ、台湾の故宮博物館はすさまじく良いわな。
でも、アホな高校生には紫禁城あたりをドーンと見せた方がクラッとくるような。

あぁ、しかし、それなら日本の建造物を見せた方がいいわなぁ……。

たぶん、「映像」で見せすぎなのかもしれんね。京都の風景とか、そういうの。
「映像で見たから、もういいや」って人も多いだろうし。


55 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:02:03 ID:wZDOJHUT0
>>52
その収入源を払うために、子供を持つ親は高額の負担を強制される。
学費が高騰して少子化に繋がる原因の1つだ。


56 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:02:32 ID:B1E6P3H/0
教員から教育しなきゃならんこの現状。 早く学校を民営化させてください

57 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:03:04 ID:1RYt09R40

た っ た 400万円 で 何 が で き る と い う の か ?

内 容 が 産 経 の 好 物 だ か ら と い っ て 、あ ま

り に も 大 袈 裟 に 取 り 上 げ す ぎ だ 。

58 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:03:27 ID:A6ACj0DV0
>>55
確かに修学旅行の費用はアホみたいに高い


59 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:04:08 ID:rDySjGAe0
>>55
それこそ海外とかに行かなけりゃそう高くもなるまい。

60 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:04:13 ID:69pDTnCJO
以前、この板で四神の朱雀の話をしたら、中国人と言われた。
京都の羅城門(羅生門)が朱雀だ。
絶望した。

61 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:05:20 ID:7F0ymgfU0
高校へも行けないDQNや貧乏人は・・・・

って事ですか???

62 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:05:23 ID:9T03+ssR0
>>60
ごめん意味がわからない。

63 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:05:27 ID:+fARNyPs0
>>51
知事はどんな人?日教の影響力は?

>>49
修学旅行は、「ヤマト博物館」なんかどうかな?

64 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:05:50 ID:3KMpkHc/0
>>57
1冊千円の本が四千冊配れます。

65 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:06:32 ID:UkdocGv/0
コレが外国じゃ普通なんだけどね。
日本の愛国心の欠如は世界最下位。確かどっかで見たけどな。

66 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:06:45 ID:Buih4Ieq0
>>60
ネットウヨクや自称愛国者は、本当は日本の文化のことなどほとんど知らない。
ただ、「愛国」を声高に叫んで、偉くなった気分になりたいだけ


67 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:06:51 ID:qSu6nIWQ0
土井たか子の重しが取れてきたら、
まともになってきたな。

68 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:07:32 ID:1RYt09R40

>>64

兵 庫 の 高 校 生 は 四 千 人 し か い な い の か ?

69 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:07:48 ID:y9iTznXm0
日本の文化を知ってもらうことは良い事だが、
「日本の誇り」などという言葉を使う奴は信用しない。

誇りのために日本文化を知るわけじゃないだろうが

70 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:07:58 ID:+ibizOZB0
どうだかね。
結局現行の憲法を正当化しようとすると過去の日本は否定せざるを得ないのよ。
特に反日的ではなくてもね。

71 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:08:07 ID:xUe5nQgN0
ウザい書き方すんなよ。

72 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:08:15 ID:rDySjGAe0
>>66
まったくその通り。
そんな状況を変えるためにも、>>1のような教育は必要だよね。

73 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:08:33 ID:gNotnchT0

≪高校の必修科目から「日本史」が外されている現状を重く見て≫

≪高校の選択科目から「朝鮮史」が外されている現状を重く見て≫

なら400万


74 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:09:06 ID:xWuQFjio0
漏れは2chで学んだので、少し右曲がりだ。

75 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:09:47 ID:a5VYwUnX0
>>65
愛国心ほど無駄なものは無い。
本当に良いものを良い、悪いものを悪いといえる人間こそ、
一番大事なんじゃないのか?

大体今の社会愛国心を育てても海外で働く人が増えているというのに。

76 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:10:24 ID:rDySjGAe0
>>69
自国の文化を知ることが誇りにつながる。
何か問題でも?

77 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:10:40 ID:3j1+sxVs0
最近は脳内欧州人が非常に多い
そんな奴らには個人で欧州旅行に行く事をお勧めする

78 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:10:49 ID:uBT0EuW20
憲法前文
君が代
脱亜論

とりあえず、この辺りはまったく触れられていないはずだから、
一から解説して理解を進めてやってほしい

79 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:11:04 ID:Buih4Ieq0
<日本文化周知度テスト>

「紙背文書」によって日本に伝来されたものは何か? また、多くの紙背文書を
蔵することで有名な寺院はどこか?



80 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:11:24 ID:9T03+ssR0
>>68
いや、学生じゃなく学校、教師に配布しろよw

81 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:11:45 ID:0o96Gd9I0
ただ指導する側の教師はマッカッカだからなぁ

82 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:12:16 ID:y9iTznXm0
>>76
その誇りが何になる?

愛国心は大事だというやつも多いけど、
俺は国の誇りが特に大事だとは思わないね。

大体誇りってのは自分自身が持つものであって、国の誇りを転化するものじゃないだろうが?

83 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:12:58 ID:9NAOxaTg0
俺が大学受けた頃は日本史を取る奴が多かったんだがな。
世界史より日本史が楽と言うことで。

84 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:13:27 ID:9T03+ssR0
>>82ちゃんと教育しないとこういう売国奴が育つ訳だな

85 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:13:58 ID:rDySjGAe0
>>82
国を大切にすることは社会を大切にすること。
社会を大切にすることは周りの人を大切にすること。

国に誇りを持たなければ、社会を大切にしようとする心まで
失くしてしまう事になる。

86 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:15:33 ID:r/5yBI150





     つか、『普通に教育』してたんなら、良い悪い以前に「愛国心は悪い」なんて思うことすらねーだろ?




そのように教育してたから愛国心は悪いとか思うヤツがいるに決まってんじゃん。

87 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:15:49 ID:AUrPuL4h0
>>76
そのとおり。
ただ>>69がいうように動機を気にするのも悪いことじゃない気はする。
>>79
裏書きだよな。大なんとか院?ぐぐったら大乗院と出てきた。
中身は知らない。ていうかメモがわりなんじゃなかったっけ。

88 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:16:00 ID:oQJNjntNO
国生み神話のある、淡路島(兵庫県)にきてネ!
田舎でなんもないけど・・・

89 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:16:19 ID:GfWvjBoa0
>>85
ネットウヨを見てるとその論法は成り立たないような気がするが。

90 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:16:25 ID:2IRnvvPQ0
海外に出るからこそ、自分のよって立つところが必要なのに。
愛国心とは盲目的の自分の国・物だけが素晴らしいということではないよ。

91 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:16:26 ID:gHNW9u3g0
近代史を手抜きですっとばすな
近代日本がどれだけ稀有な国家だったか教えろ
傲慢にならない程度に

92 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:17:28 ID:rQu2qDq30
成田童夢や今井メロを心から応援してこそ真の愛国者

93 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:17:38 ID:y9iTznXm0
>>86
愛国心は悪いじゃなくて、愛国心は無駄。
愛国心を一生懸命教育しても、米国で働く奴もいるし、中国で働く奴も出てくる。
これは当然のことだろ?そこで愛国心がどう働くよ。

俺は「国に誇りを持つ」のではなくて「己に誇りを持て」と言いたい。
ニートなんかも自分に誇りが持てずに、日本人であることに誇りを持っているような奴らばかりだろ。

94 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:17:52 ID:sFMRKyVQ0
つか、今って世界史か地理なの?

日本史のほうが簡単じゃん

95 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:17:55 ID:AUrPuL4h0
>>82
あなたはお神輿を担ぐ発想を持ってるのね。
でもべつに勉強のきっかけなんてなんでも
いいじゃん。自立は自力でするもんだよ。
それまでは集団に帰依してたら良い。
悟るのはそのあと。

96 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:18:07 ID:rDySjGAe0
>>89
どこが?もうちょっと具体的に。

97 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:18:57 ID:r/5yBI150
つか、マジレスすると自由にしてやればいいじゃん。
アンチ愛国心教育やってるヤツは自由にそれが出来るんだから、
愛国心教育するのもまた自由だろ?
教育される側が選べばいいじゃん。

俺はアンチ愛国心じゃない方を選ぶけどな。

98 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:18:59 ID:zx+fIwIR0
>>82
個人主義すぎるのも考えもの。
周りのことも考えられんようになるぞ。

99 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:19:53 ID:/T51yVMT0
言葉遣いを直せとか言われるような授業なら必要ない


100 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:20:18 ID:rDySjGAe0
>>93
愛国心があれば日本で働こう、海外で得た技術を日本のために使おう
と思うんじゃねーか。

ニート云々のくだりはあほらしすぎて指摘する気にもなれん。

101 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:20:46 ID:bBYjR2Ow0
体育は柔道、剣道をもっとやらせるべき。

102 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:20:53 ID:EeNarBmA0
良いことだとは思うんだが・・・兵庫かぁ('A`;)ちょと内容が心配
>>88
田舎が淡路にある。毎年玉葱を贈ってくるよ
そんな俺は三田出身だ('∀`)肉が美味いぜ

103 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:20:59 ID:r/5yBI150
>>93
それは「愛国心はムダ」って教わったからそう思ってるだけだろ?
俺は別に良いとか悪いとか必要とか無駄だとかの教育は受けたこと無いから判らんけどな。
「誇りを持ちたいヤツは持てばいいじゃねーか」って言ってるんだけどね、俺は。

104 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:21:10 ID:OLk6K3Ai0
在と層化の巣窟の兵庫でこのような運動が起こるのはよいことである。

105 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:21:21 ID:5V7v1Udw0
日本もいろいろ

106 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:21:42 ID:xVe/PPLg0
とりあえず、官僚と政治家が愛国心を持てと。

107 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:21:47 ID:mqnmf0Tk0
歴史教育ということは

当然占領下であった
元琉球王国
元大韓帝国
元満州国
中国沿岸部
現台湾
現ベトナム
現ラオス
現カンボジア
現マレーシア
現インドネシア
現フィリピン
現パラオ
等々

の日本軍が到達するあたりから
敗戦までの”史実”が入ってるんだろな?

108 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:22:01 ID:3KMpkHc/0
>>68
別に1人1冊である必要性はないんだけど・・・

109 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:22:04 ID:qvJMI8zn0
学校でやらなきゃいけない文化なんてもはや文化じゃない

110 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:22:04 ID:Nrsz57eK0
海外に逝って買春するツアーを企画する優れた企画力があるとか、
談合するための高いコミュニケーション能力を備えています、
とかそんなことですか?

111 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:22:09 ID:50zLUqbE0
>85
陰謀論だな。
ネットウヨの惨状を見ろよ。

112 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:22:39 ID:y9iTznXm0
>>100
それは行き過ぎた全体主義じゃねーの?

113 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:22:47 ID:rDySjGAe0
>>111
だから、もうちょっと具体的にw

114 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:22:59 ID:GfWvjBoa0
>>96
ネットウヨは国を大事にするとか言ってるが、それは自分に負担の
微塵も及ばないところだけで、自分が少しでも身を削るという事態になると
あれこれ言い訳をして逃げる。

国という、あいまいで広大な概念は大事にするが
それが社会という身近な概念になってくると途端に拒否する。

だからあんたの三段論法は成り立たない。

115 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:23:04 ID:VYCxvIdF0
>>5
やたらと大日本帝国っていいたがる奴は在日の確立70%

116 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:23:33 ID:zx+1KNhg0
伝統なんか今がダメなら全部ダメなんだよ。
だいたいアメリカに負けて何もかも捨てちまった日本に文化なんかあるのかよ?

117 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:23:34 ID:NTQKBMjMO
>>93
別に自分に誇りを持つのはいいがなんで他人が愛国心を持つ事を否定してんの?
他人に干渉して愛国は駄目とか言っても他人の自由だろうが

まさか日本人が愛国心を持つと戦争が起るとでもwww

118 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:23:54 ID:ZRtxiGz60
日本好きななのはニートだけかよ。
日本で害悪撒き散らしているのは外人コンプレックスの日本嫌いのほうだろ。
自分が生まれ育ててくれた場所に誇りをもてなくてどうするんだ。

119 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:24:30 ID:xVe/PPLg0
>>111
自分自身の変革が出来ない人間ほど、
社会の変革を求めるからなぁ〜。

全共闘もネトウヨも本質的には同じ穴のムジナなんだよな

120 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:24:35 ID:r/5yBI150
ごめんね、来年度から大手電機メーカーで働くことになってるネットウヨでごめんね。

121 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:25:07 ID:5sNaNng80
正直適度な愛国心は必要じゃないかなぁ

122 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:25:14 ID:FVGPYNYe0
これはいい事だろー。
自分の生まれた国を学ぶことは必要だし、もっと早いうちからやって欲しいもんだ。

123 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:25:28 ID:rQu2qDq30
必要以上に愛国心なんて持っても、あんな国にしかならんのだぞ。

124 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:25:42 ID:ps6th2Hg0
しかしこれで学べるのは
海外に知られている物質的もしくは文学的な文化である
という落ちが予測されます

125 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:25:54 ID:rDySjGAe0
>>112
別に全員がそうする必要は無いさ。
国のために何かをすることが選択肢の一つとして浮かぶくらいでちょうどいい。

>>114
だから、どこが。俺はそんなこと感じてないんだが。
事例を挙げてくれ。

126 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:26:22 ID:GfWvjBoa0
>>118
正直誇りをいくら持ってようが税金まともに治めない奴は社会の害悪だよね。
アカヒと同じ売国奴って奴だ。

127 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:26:27 ID:rD65PoLv0
学校の日本史は面白くなかった。
日本を否定しながら、日本史の教師だもんなぁ


128 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:26:52 ID:PU0Q9KjRO
自衛隊で頑張ってくるネトウヨ出来るかねごめんなさいね

129 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:26:55 ID:xvLNNCq80
今の日本の世相とのギャップを際立たせるだけだろ。

130 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:26:58 ID:wK8vDf6s0
あのうもう少し社会科学勉強したほうがいいと思う

131 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:27:22 ID:AUrPuL4h0
>>101
趣味だけの発言だけど大東流も選択支に欲しい。
弓も良いもんだと思う。これは場所がとれんかw

132 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:27:23 ID:r/5yBI150
俺は私立だったから、別に反日とか日帝万歳とかなにもなかったがなー。

133 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:27:37 ID:NTQKBMjMO
>>119
ネトウヨは保守なんだか

何が革変だよ革命野郎ww

134 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:27:51 ID:qp9hr4RV0
日本の文化、伝統、歴史に拒否反応を示すのは在日だけ。
左巻きの日本人でも日本のすべてを否定したりはしない。

135 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:28:46 ID:rDySjGAe0
>>130
門外漢なんだが質問させてくれ。
社会科学ってどの程度信用できるの?

136 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:28:54 ID:y9iTznXm0
誇りのためではなくて、
あくまで文化を学ぶ意味で学習することは否定しないわな。
それはいいことだと思う。

「ただ誇りを補完するために日本の文化を教育を」と考えているなら甘い。甘すぎる。
そんな誇りで育った子供が、まともに社会で活躍するかってんだわ。
竹細工の職人の元で働かせたほうが遥かにマシ。

137 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:29:41 ID:xVe/PPLg0
>>131
大東流なんて極限られた人間にしか習得不可能な
武術なんて意味なし。
柔道や剣道が発達したのは覚えやすくかつ実践的であるがゆえに
現代まで生き残った。 
大東流にその余地はなし。

おれなら日本拳法を勧めるが。


138 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:29:49 ID:wy9Rpund0
>>136
なんで?

139 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:29:53 ID:gHNW9u3g0
日本が好きな奴は全部ニート
byブサヨ

140 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:30:11 ID:8fHSdCP70
>>136
その誇りが原動力になんだよ。

141 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:30:50 ID:rDySjGAe0
>>136
>「ただ誇りを補完するために日本の文化を教育を」と考えているなら甘い。甘すぎる。
>そんな誇りで育った子供が、まともに社会で活躍するかってんだわ。
はーいせんせーい。どうしてですかー?

142 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:31:05 ID:r/5yBI150
御手洗ちゃんは愛国心は必要って言ってるけどね。

143 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:31:24 ID:6hIpe29J0
> 県教委ではこうした現状を重視、日本人としての自覚と多様な文化を尊重できる態度を
> 育成するには「足元からの日本史教育が不可欠」と判断、独自科目の創設を決めた。
これをどう読んだら
「ただ誇りを補完するために日本の文化を教育を」になるんだか…


144 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:31:37 ID:zyctJAom0
土井冬芝を輩出した
在日層化Bの楽園兵庫がそんなこと容認するわけないだろ。

145 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:31:43 ID:y9iTznXm0
>>138
日本の伝統を守り次いだほうが、日本のためじゃないのか?
形だけの誇りより遥かに、誇れると思うけどな。

大体、日本を知って日本の誇りを持とう、って中国や韓国がやってることと一緒じゃんよ

146 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:32:24 ID:KJXZNdX+0
卑怯者だけが上に上がって勝ち組になるという弱肉強食国家に希望も誇りも持てるはずが無かろう。 馬鹿めが。

さっき、NHKラジオで大変よい番組がありました。
生き生きホットラインとかで、フリージャーナリストのサイトウタカオ氏を招いてのことでありましたが。
この番組でNHKなるものを見直しました。
民放では絶対にできないしょうね。

147 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:33:14 ID:r/5yBI150
>>146
その考えって、さり気なく「お金万歳思想」を追認してるようなもんだけどね。

148 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:33:21 ID:+XWpLZ+d0
まともな日本史教育できる教師いんのか?
どうせ自虐史教育になんだろ?

149 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:33:25 ID:rDySjGAe0
>>145
あーなるほど。そういう事ね。
つか歴史や文化について詳しく教えるから
それを守っていこうと思う人が出てくるんだろ。
そしてその守っていこうと思う心こそ愛国心と言っていい気がする。

150 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:35:16 ID:ps6th2Hg0
>>145
それは教えるってことが一方的な情報提供の場合だろ?
学ぶってことは教えてもらうだけじゃねぇべ

151 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:35:25 ID:xVe/PPLg0
右翼 = アメリカ主義のポチ保守
左翼 = 反日中共礼賛主義


こんな国で愛国なんて育つわけが無い。

152 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:35:33 ID:XrIPA+Yl0
>>145
中国や朝鮮は事実に基づいた歴史教育をされているのでしょうか?

153 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:36:00 ID:rDySjGAe0
>>151
そしてあなたはコヴァ?w

154 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:36:03 ID:xMlQMOYZ0
温故知新

155 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:36:36 ID:tsBKPShK0
>>20
お前みたいなのがいるから教育が必要なんだよ

156 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:36:38 ID:p2dkpe7M0
中国や韓国の文化には誇りは持てなくても、いや持つ必要もないが
日本文化はおおいに誇れると思うが。
外国からの評価も高いのだから。
今は変に日本が欧米化されてきていい日本文化が崩れてきているのが問題だ。

157 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:37:08 ID:pGnsl6Vs0
外国で生活するとわかることが多いが、外国の人たちはそれぞれ自国の文化や伝統に
誇りをもっており、例えば食事をするときなどが顕著に現れるが、相手が外国人なら
外国の文化や伝統を積極的に尋ねてくれる。そういうことで会話がすすむ。


158 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:37:17 ID:8fHSdCP70
中国・韓国は自分の国にとって都合の悪い歴史は隠し
都合の良い強化は誇張(もしくは捏造)してるだけであって
日本は本当のことを書けば良いんだよそれを誇りに思うなら誇りに思えば良い。

159 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:38:25 ID:AUrPuL4h0
>>137
他の芸事に流用できる技術、考え方は合気道
系列にも多いよ。それに武術、武道はアートだよ。
武道は合理性を養うが、それその物に実践力はない。
日本拳法も良い感じだな。

160 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:38:38 ID:r/5yBI150
誇りとか愛国とかそういう概念に否定的な人って、
「そういうのを持っていないと非国民と思われる」みたいな強迫観念でもあるのかね。

161 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:38:49 ID:xVe/PPLg0
>>156
そのとおり。日本人が誇るべきは日本の文化であり伝統であって
ナショナリズムではない。

誇るべき文化も伝統をないがしろにする国ほどナショナリズムに傾倒し
道を踏み外す。

162 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:40:18 ID:y9iTznXm0
>>156
歴史は本人の実績ではない。
歴史を大切にすることは結構だけど、それを自分の誇りだと勘違いしてしまうと、
日本の歴史は止まってしまうよ。

信長がいかに優れた人間だとしても、信長を知ったところで信長には成れないのだからね・・・
どうも一部の人間が言う「誇り」と言う言葉に胡散臭さを感じる。

163 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:40:43 ID:bCtVRxdP0
自分が高校生の時は世界史を選択したよ。
なぜかって、日本史は江戸時代まではいいけど
それ以降になると、絶対戦争責任がどうたらとかいう話になっていくのが
目に見えて分かっていたから。
うんざり。
そういう意味で、選択してない子もいるんじゃない?


164 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:40:45 ID:tsBKPShK0
>>35
今の沖縄は中韓同様危険ですw。

165 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:41:16 ID:7zm3668J0
相撲の素晴らしさを教えるべき

166 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:41:21 ID:KJXZNdX+0
>>147 曲がって捉えては駄目ですぞよ。

現在に於いて誇りをとか言ってるのは単に兵隊として使い捨てにできる人間を作ることを目的としているとしか思えませんな。
言ってる連中が何をしてきたかを考えれば阿呆でも真意がわかるだろ。
愛国心とか誇りが持てるような国造りなどする意志がゼロであることは明白。
貧富の差を拡大しつつそれを固定化、その上で愛国心をだからな。 単に使い捨ての目出度い兵隊を作るだけ。

167 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:42:32 ID:AUrPuL4h0
>>165
そういや草相撲で遊ぶ子って見ねえな。
やってみりゃ結構はまるんだが。比較的安全だし。

168 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:42:41 ID:r/5yBI150
>>162
たぶん、信長を目指すヤツと目指さないヤツとでは違いが出ると思うぞ。
喩えだが。

>>166
それって、「愛国心を膨張主義の根拠にしてきた」ってだけじゃん?
つか愛国心さえあれば貧富の差なんぞどうでも良いって誰か言ったの?

169 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:42:43 ID:p2dkpe7M0
>>162
そう。誇って精進してもっと上を目指すのはいいじゃないか。
日本文化はただ誇ってそこで止まるもんじゃない。

170 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:43:58 ID:rDySjGAe0
>>162
もちろん過去の栄光に囚われて現在が蔑ろになっている
どっかの国みたいになっちゃまずい。

この国はこんなに素晴らしい文化・歴史を持っています。
だからそんな国の一員として恥ずかしくない人間になりましょう。

と教えるべきだな。

171 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:44:39 ID:y9iTznXm0
>>165
海外の「相撲」ってなんでああもレスリング調なんだろうなw
厳格な雰囲気が合わないのかもね

172 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:46:31 ID:r/5yBI150
あー、「愛国心」と「誇り」は違うもんだって判ってる人ー?

>>171
相撲って、もともとはスポーツの領域じゃなくて儀式から生まれたもんだしw
やり方としてはレスリングと似てるから、そういうものを持ってた外国人にはそっちの方が判りやすいと思う。

173 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:47:04 ID:ps6th2Hg0
いまさらすべてのものに神様がとか言い出したらえらい事になるだろうに
日本文化の元に自然の畏怖が含まれている限りこれを学ばないわけにはいかないのだが
はたして原点を抜かして日本の文化が学べるものかな?

174 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:47:13 ID:rDySjGAe0
>>172
二アリーイコールだからいいんじゃね?
愛国心と誇り

175 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:48:20 ID:0niInZxM0
>★高校独自科目に「日本の文化」 兵庫県、歴史教育を充実
>日本人の自覚、誇り養う

こんなことを「どいた過去」が許すはずがない!

176 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:48:25 ID:TiCYTFRw0
軍靴の足音が〜(以下略



>>171
元々日本の相撲は、神々に奉納する儀式の要素が強い。

177 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:48:43 ID:y9iTznXm0
>>170
誇りを育てると言うより、日本人を育てていくべきだよね。
本当、誇りを持たせるだけで終わりってのはやめたほうがいい。

178 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:49:50 ID:rDySjGAe0
>>173
えらい事にしたい人が>>1に反対してるんじゃねーの?
神道仏教の思想を歴史の一環として教えることに何の問題があろうか。

179 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:50:03 ID:r/5yBI150
まぁ「日本人としての誇りを持ちましょう」とかじゃないくて、
文化とか歴史とかを教えていけば、どこの国だってその国を誇りに思う人が育つもんだろうけどな。

180 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:50:26 ID:aGZOYhc8O
>>166
なんだかんだ言って、学歴社会なんだな、今は。貧乏でも、頭良ければエリートになれる。格差拡大がどうこう言っているやつは、大半が何の努力もしてないやつ。ただの妬みに過ぎない。
親の財産受け継いで金持ちになっているやつなんかもいるのは事実だがな。

181 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:51:55 ID:rDySjGAe0
>>177
>誇りを育てると言うより、日本人を育てていくべきだよね。
正にそういう事なんじゃないかな。
誇りを持つことは手段であって目的じゃない、と。

182 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:52:16 ID:y9iTznXm0
>>171,172
神事がベースなのか。
日本の古式ゆかし文化ってのは結構良いものが多いけど、
海外に紹介されるときはまず面白おかしく紹介されるのは、ちょっと気に入らんなw

183 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:52:24 ID:IV0rIa6R0
まぁ、なんだ。神々と死者が治める国、それが日本。

死者の民主主義をないがしろにしちゃいかん。

184 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:53:19 ID:r/5yBI150
>>182
ま、実際漏れ等も海外の行事とか文化を知る時は、面白おかしい方が判りやすいってのもあるけどねw

185 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:53:44 ID:ps6th2Hg0
>>178
民間における神道と明記すりゃ大丈夫だろうけどな

186 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:53:52 ID:Lx2WEiWs0
在日の多い兵庫で、よく出来たな

ところで、卒業旅行で中国へ って意見が出てたけど、
南京大虐殺記念館にでも連れてく気か?

187 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:54:25 ID:NTQKBMjMO
>>166
はいはい戦争戦争

軍靴の音が聞こえますよ〜

188 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:54:53 ID:Olf9q+my0
>>177
誇り「だけ」持っている人間がやたら多いけどな。
このスレにも。

過去や歴史や文化を知ってその結果誇りを持つようになったんじゃなくて、
誇りをとにかく持ちたくて誇りが持てそうな歴史・文化だけピックアップして
都合の悪いことには目をつぶる人間の多いこと。

189 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:55:42 ID:r/5yBI150
>>188
例えば?

190 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:55:46 ID:7zm3668J0
>>182
昨日は成田山新勝寺で朝青龍の土俵入りやってたよ

191 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:56:41 ID:rDySjGAe0
>>188
ほらまたそういう事を言う〜。
批判するなら具体的な事例を挙げて批判しましょうね。

192 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:57:11 ID:RIR3/3d30
GJ!!!!!!!!!

日本人以外の誰が、日本を愛するのですか?

193 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:57:49 ID:ps6th2Hg0
>>182
日本に古くからある遊戯の大半は神事や民間信仰がベースですよ

194 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:58:05 ID:DfQl8kS7O
>>43
そういえば自分は卒業遠足で何故か東京ディズニーランド行ったわw(修学旅行とは別

195 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:58:12 ID:ba75wGus0
甥や姪に日本人の誇りを教えようと思ったけど
俺自身がそんなもの知らないので教えようがないことに気づいた


とりあえず苺ましまろとローゼンメイデンを見せて
こんなアニメ流せる日本は他の国とは違うぜ!!と教えておいた


196 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:58:46 ID:NTQKBMjMO
>>188
誇りを持つのがいけないことか?



勝手に人を批判して評論家にでもなったつもりか?

( ´,_ゝ`)プッ

197 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:58:49 ID:r/5yBI150
>>195
むりやり「春画」と絡ませるテスト。

198 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:59:11 ID:zjmzXh/K0
>>166
ん? 中狂の政策の事か?

199 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:59:17 ID:y9iTznXm0
>>195
20年後の日本史の教科書には「日本とアニメ文化」なるページが追加されてるんだろうなぁ・・・

200 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:59:36 ID:xVe/PPLg0
>>188
まぁ、ここに出入りしてるニートには愛国だの売国だの
言われたくないわな。
お前等には罵る権利も讃える権利もありませんよ、と。

201 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 17:59:52 ID:pGnsl6Vs0
誇りは結果であって目的じゃない。
そこを勘違いしてる人が多い気がする。
自国の伝統や文化を知ることにより、自国への愛着が湧き、誇りを持つ結果に結びつく。
逆に誇りに結びつかない人がいてもしょうがない。

202 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:00:19 ID:ylQk8TulO
何を持っての誇りなんだかイマイチよくわからん。
よく外国遠征が決まったスポーツ選手が突如"侍魂"とかホザくことがあるけど、
現代社会における侍魂ってなんだろう?
同様に日本人の誇りの定義とは何ぞや?
あまりに抽象的過ぎる日本人の価値観・存在意義に"?"してしまう今日このごろなんですよ

203 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:00:48 ID:rDySjGAe0
>>200
あなたもニートですよね!?

204 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:01:18 ID:VXteP6Gy0
自分の生まれ育った国を嫌いだなんて…そんな奴は真性マゾだな。

205 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:01:27 ID:KJXZNdX+0
>>180 単純すぎる。

皆が学歴UPしてエリート級になっても何も変わらんのだが。
需要の枠は決まってるからな。
比較的少数のうまくやったものが中間の上層に上がっているだけのこと。
努力が足りない云々などは関係がないわな。

兎に角、貧富の差は強制的な措置で小さくしていかないとこの国が駄目になってしまうことだけは確かだわな。
それで思う存分金を儲けることができない日本が嫌になって外国に出て行くならば出て行って貰えばよい。
そのほうが国内がより安定して盤石なものになるからな。
金持ちが出て行ったら貧乏人が困るだろというのは屁理屈のペテンであって別に困ったりはしませんわな。
皆が一様に貧乏するならある意味で安心して暮らせるからな。
卑怯な奴がやりたい放題にした結果、安心が奪われ、愛国心も喪失して我欲の深いものだけが旨くやることだけを考えて跳梁跋扈するようになる。
地獄の世の数歩手前ですわな。

貧乏人の御陰で法外な金を得ているくせに自分の力で富を得たなどと勘違いしているような基地外は日本から出て行け!!
支那でもアメリカでも逝って永住すればよろしいがな。 そこで低賃金で現地人をこき使って底なしに儲ければよろしいがな。
でもそんな人間の屑(四つ足)は日本にはいらん。 出て行け!

206 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:01:41 ID:zyctJAom0
>>136
>誇りのためではなくて、
>あくまで文化を学ぶ意味で学習することは否定しないわな。
>それはいいことだと思う。

日本人が自国のことを文化人類学の対象としてしか見ないとしたら、
日本の文化自身に価値はなくなる。
それをいいことだというのはどういうことか。
自分達の親、自分達の先祖が大事にしてきたもの、
今の自分達が大事だと思っていること、
それを他人事のように考えなさいとはどういうことなの。

「自分達の文化=誇り」とはならなくても
自分達の文化の中で自分に気に入ったものを誇りに思うのは
良いことだと思うがね。

207 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:01:56 ID:oC/DvsyC0
そういえば漏れも歌舞伎や能などは名前は知ってるけど、
詳しいことは何も知らないもんなあ…
これは非常にいい試みだと思う。
外国に行ったときに自国の文化を知らないと、
外国人との交流がうまくいきにくいしねえ

208 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:02:19 ID:s+n17BYZ0
>163
そんなヤツいるかwww
大学受験した?

209 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:03:23 ID:rDySjGAe0
>>208
横槍だが、うちの高校がそうだったぞ。
俺は理系だったから全く関係なかったが。

210 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:03:30 ID:r/5yBI150
>>205
明治以前の貧富の差はもの凄いものだったんだけど。
っつーか、「皆が一様に貧乏する」をやろうとした、ユーラシアのどっかのでっかい国は潰れちゃったんだけど。

211 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:03:32 ID:ps6th2Hg0
つか、誇りなんてものに定義があるとでも思ってるんだろうか?
誇りが経験から生まれてくるものなら、人によって違って当たり前だろうが

212 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:03:51 ID:Pi29xX1l0
若いうちに別にそういうことに興味なくたって、年を重ねるにつれてはっとして自国に興味を持ち出す時が必ずある。
授業で教えるのは否定しないが、そう心配することはないのにね。

213 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:04:15 ID:Qqa4bk4I0
手塚治虫万歳

214 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:04:27 ID:y9iTznXm0
>>204
嫌いな奴はいないだろ。桜はきれいだし、建物は美しいし、酒は美味い。

215 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:04:29 ID:bBYjR2Ow0
誇りも糞も日本の歴史と伝統文化を詳しく教えときゃあ勝手に誇らしく思うさ。
他人にどうこう言われるより、自分で日本の良いところを見つけさせたほうが良い。

216 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:05:31 ID:k8LeQuf70
おまえら理系は普段古典廃止しろって言ってるじゃないかw


217 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:05:43 ID:P6lvhBHt0
>>205 どういう育ち方をしたらそこまで卑屈になれるんだ。

218 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:06:06 ID:r/5yBI150
さりげなくスレに全く沿ってないアカい人が居るような希ガス。

>>216
受験用の古典ならない方が良くないか?

219 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:06:29 ID:0A+FIewR0
>>204
内閣府の調査を見れば
現在の若年層が日本が特別嫌いという感じはしませんよ
世界的に見て、ごく平均的です

220 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:06:36 ID:QSgyKxER0
日本以外の国の人は、そんなに自国の文化に詳しいんだろうか。
なんとなく、どこの国も似たり寄ったりな気が……。

221 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:06:40 ID:mgF6xc8V0
皆さんは、つい60年前に他国に侵略して、強姦、略奪、拷問、強制労働させて、
中国では300万人、朝鮮では90万人虐殺している国があるのを知っていますか。
その国の名は日本ですよ。知らなかったでしょう、学校では習いませんからね。




222 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:07:20 ID:xzROTNka0
なんかつまらない釣り針がいっぱいぶら下がってるのだが・・・

223 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:07:21 ID:8fHSdCP70
最近の若いのはネットのお陰で自虐史観を脱却しつつあるけど
団塊〜団塊Jrはやばい。
あいつらの望みは日本の滅亡に近い。

224 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:08:28 ID:rDySjGAe0
>>216

文系必死だなwwww


と言いたい衝動を必死に抑えて


俺は言ってないよ。むしろ古典好きだった。


とだけ言っていこう。

225 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:08:40 ID:Y/emnJ3E0
「国語のスピーチ」?まずは方言から始めんかい、ドアホ。

地元に伝わる民謡、民話などの口承文化の伝承から初めて、
伝統舞踊や伝統武術、伝統工芸、伝統料理などの技芸を伝え、
その上で、日本とはなんぞや、とやるのが筋やな。

日本史なんかより、地元の歴史をきちっと抑えとけ。

しっかりと根付いている文化を伝えずしてなにが日本や。


226 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:09:38 ID:8fHSdCP70
>>221
違いますよ。
中国では3000万人
朝鮮では600万人。
ですよ。

ちなみにそれを教えてるのは中国と韓国の教科書でしたっけ?

227 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:09:47 ID:r/5yBI150
>>220
歴史上の人物の名前とか、結構知らないかも。
前にディスカバリーでやってた紙幣の話の時、
アメリカで「20ドル札に描いてあるヒトはだれ?」って質問を通行人にしてたんだけど、
結構答えられてなかったw


つか、>>221みたいな「60年前に〜」とか、よく言うヤツが居るけど。
それじゃ1000年前にやったことだったら別にもはやどうでも良いことなのか? って思う。
年代が重要なら、「じゃああと500年くらいしたらもっかいやりますね」ってのを肯定してるように見えて危ない。

228 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:10:16 ID:SEvxrmIP0
>>162

大虐殺を行った信長が優れた人間?
冗談はよし子さん。

信長が戦争に勝てたのは尾張の無名の兵士のおかげ。

信長より信長に飯を食わせた無名の農民のが100倍偉いわ。

>>170

間違っても素晴らしい歴史などない。
江戸時代にどんな残酷な処刑や拷問が行われたのか知らんのか?

>>195

>とりあえず苺ましまろとローゼンメイデンを見せて
こんなアニメ流せる日本は他の国とは違うぜ!!と教えておいた

何が苺ましまろだぁ?
笑わせるな。
今の日本のアニメは過去の日本のアニメと比べると最低水準。
今の日本のアニメは量産し過ぎで質が低い。
メディアミックス、無個性な絵、韓国など外国が下請け、萌えアニメなどが質の低下の原因だな。
萌えアニメ何ぞ見るの奴は知的障害者。
アニメは1960年代、1970年代の頃のが断然上。

甥や姪に日本人の誇りを教えたいなら、
溝口健二の「残菊物語」、山中貞雄の「人情紙風船」あたりを見せるんだな。

229 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:10:42 ID:DfQl8kS7O
>>163
それは分かるな
自分は日本史が好きだし、特に近代史が勉強したかったから専攻したんだが、予備知識がなかったら、先生の思想に沿って学習してしまう所だったからな

230 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:11:01 ID:tF/jg9vP0
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/2005tenjikai/2005catalog/img/201-4l.jpg

こういう古地図を見るとワクワクするんですが。

231 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:12:29 ID:rDySjGAe0
>>228
よくわからんが、とりあえずかみちゅを見とけって事だよな!!

232 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:13:05 ID:Lx2WEiWs0
アメリカは国歌をフルで歌える人は1/4らしいな

233 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:13:52 ID:r/5yBI150
つまりあれだ、外国じゃ日本みたいに「日本という存在それ自体」を否定するような変な人は居ない、ってこった。

234 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:14:23 ID:8fHSdCP70
>>232
日本はもっと少なそう・・・。
教師が教えないからね。

235 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:14:47 ID:VKmXbKUG0
アナウンサー 「在日について、社民党へのインタビューです。在日の存在に
ついてどうお考えですか?」
福島代表 「日本人はその存在を認める必要があるでしょう。共存するべきです」
アナウンサー 「たくさんの日本国民の税金が支払われている問題については?」
福島代表 「日本国内に存在するのだから、日本人が支払うのは当然です」
アナウンサー 「本来日本人の土地を使用している問題については?」
福島代表 「今更、出ていけとは言えないでしょう。現実を受け入れるべきです」
アナウンサー 「政党の一部には、国外追放を主張するなど過激な意見もありま
すが?」
福島代表 「嘆かわしいことです。自分たちが気に入らないからといって、そう
いう荒唐無稽な公約を掲げるような政党は国民の信頼を失うでしょう」
アナウンサー 「しかし、犯罪なども多発しており、住民や国民の不満が鬱積し
ています」
福島代表 「日本人にも犯罪者はいます。犯罪多発を理由に外国人に出て行けと
いう主張は人種差別であり人権侵害です」

アナウンサー「以上、在日米軍に対する社民党のコメントでした」

福島代表「ええっ、ちょっと待て!!!!!!!!!!!!!」


236 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:16:24 ID:sAz077b60

誇りを教えるのであれば、驕りも戒めるように教えればよい
それだけのことだろう?
今までは戒めだけを刷り込まれ「日本は悪いことをしました」ばっかりだもの。

じゃあ、誇りを教えるのはどういうことなのか?といえば
偏った教育・特に自虐史観に基づく歴史教育をやめればいい。
どっかの新聞みたいに中国や韓国のニュースばっかり載せていればバランスが偏るだけだ。

生活や習慣は歴史の延長線にある。
その教え方がゆがんでいたら、本来なら「適度に持つ誇り」も教えられないわな。
シニカルぶって「誇りってのは自分自身で発露するもんだね」とか勘違いしたこと言い出す奴とかも
出てきてるのがゆがんだ教育の証拠。

237 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:16:29 ID:IVDoV4gRO
例えば東南アジアの奥地で上半身裸の部族の村にうまれても愛国心は普通にもつわな。日本に生まれて愛国心をもてないなんてのはおかしい 笑

238 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:17:14 ID:zyctJAom0
日本人の誇りとか愛国心とか
いままで絶対悪として教育されてきたんだから
「いや、そんなことはない。大事なことなんだ。」
と主張することに国粋主義だとレッテルを貼るのは
ずいぶんな話だな。

239 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:17:15 ID:r/5yBI150
>>237
その場合は愛国っていうより愛民族ぽ。

240 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:17:35 ID:SEvxrmIP0
>>234

君が代に異常に拘ってるのは、
東京都の一部の教師だろ。

ほとんどの教師が普通に君が代を教えてるわ。

241 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:17:49 ID:RV/L3drf0
日本の文化なら沢山知ってるよ。
ぱにぽに、ましまろ、あずまんが、ローゼン、マイメロ、アニ横、
バイオ、AC、メタルギア、大戦略、・・・・・etc

242 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:18:10 ID:duqOoPBp0
日本の歴史って、これからの世界史の先導の糸になるものなんだけどな?

243 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:18:16 ID:KJXZNdX+0
>>217

卑屈でも何でもないわな。 かなり誇張はしているけどな。
俺は人としての良心が第一でないと日本は駄目になってしまうと言いたいわけだ。
皆が一様に貧乏にとか言えばやれ旧ソ連だの支那だのが出てくるが全然違うだろと。
共産国においては民が一様に度を越して貧乏なだけであってあるレベル以上の階級は激しい贅沢をしておるわな。

日本をひとつの大きな家族として考えれということだわな。
枠は決まっているのだから誰かがたくさん盗ったら誰かが足りなくなるのは当然。
努力が足りんというが努力しても奪い合うなら同じ事だわな。 互いで首を絞めるだけ。
分け合わない限りはな。
分けて全然足りずに全滅するとかなら別だが、分ければ十二分に行き渡るだけの富はあるわけだ。

助け合い分け合っていかないとこの国は駄目になる。
6割方は既に駄目になってるけどな。 8割方駄目になったらこの国の国民生活は崩壊する。
大人しく野心を持たぬ健全な人間が大勢を占めているからこそまだ何とか保っているということに気づかんとな。

244 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:18:43 ID:tHLMSVfC0
誇りは人を幸せにするから価値がある。
自分は特に努力をしなくても国や民族によって自慢のタネを与えられるのだ。
一種の社会保障みたいなもんだな。
大変結構だ。
カネもかからんし。

245 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:18:54 ID:xzROTNka0
>>240
小中高大と普通に国家については指導されたしな
異常に固執している教師というイメージがあまり浮かばない

246 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:18:56 ID:enpHqJU/0
海外で働く云々という意見もあるが、ある程度のナショナリズムが欠けていては国際社会でやっていけない気がする。

247 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:19:51 ID:r/5yBI150
>>240
もれも小中高と普通に授業でやったな、君が代。
やっぱり、一部を取り出して騒ぐマスコミがごにょごにょ。


取り敢えず、空気の読めないコミュニストさんは共産板へ帰って下さい。

248 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:20:14 ID:MrtZgduZ0
>>228は時代背景もwから無いバカww
時代時代の倫理観・価値観は違って当然。
上杉謙信も信長の比叡山焼き討ちを怒ったが、彼とて人殺しでおまけに男色家。
出家した坊主のくせになww
話を中国に向ければ・・・こりゃもう春秋の時代から何億人殺されたか・・・
それでも「英雄」と呼ばれ尊ばれてる人が居る。

現在の価値観でモノを考えるなよ、バカが。


249 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:20:27 ID:DLjXbVNf0
日本史が必修じゃなくなってるってのがすごいな。
愛国だろうと反日だろうと、とりあえず知らないんじゃどうにもならないじゃないか。

文科省の馬鹿役人ってのは、経産や外務どころじゃない売国集団だな。

250 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:20:33 ID:rDySjGAe0
>>245
うちは任意起立だったよ。
ええ、ええ。もちろん兵庫県の隣のあの府です。

251 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:22:10 ID:q+utytkX0
手を変え品を変え子供達を中朝マンセーに洗脳する教職員乙

252 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:22:54 ID:aGZOYhc8O
>>205
旧制6大学や、早慶上に行けばイイ

253 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:23:36 ID:P/blh9/n0
自分は公立高校だったけど、日本史は
明治〜現代までが必修、
古代〜近世までが選択
だった。
どうしても明治〜昭和の侵略戦争だけは教えたいみたいだったよ。

親が憤慨してた。

254 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:23:58 ID:DZAfyMLL0
ってか 普通の日本人にさせろよ
日本人として誇りと自覚持たせたりさ

何でも欧米文化がカッコいいとか
白人が王子様とかお姫様とか
黒人かっこいいとか
日本文化がダサいとか
東洋人が不細工とか

マスゴミや左翼思想が日本人をマゾ民族にした様なもんだ
ってか マゾ過ぎるから白人様や黒人様に舐められているんだよっと

255 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:24:21 ID:n+7nLvTyO
>>250
県?どこだろう。

256 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:24:24 ID:wXSV0Lj00
日教組をどうにかしろ

257 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:24:30 ID:Lx2WEiWs0
>>250
うそ〜ん
俺も民国と言われるあの府だけど、普通に起立してうたってたぞ。
在日も中国3世も台湾3世もね。

広島のほうが凄そうなイメージだわ

258 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:25:37 ID:zyctJAom0
>>243
財布の中に1000円の人と1000万円の人で貧富の格差はないというのと
10万円の人と10億円の人で格差があるというほうがまし。
10万あればまあ人並みに暮らしていけるから。

259 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:26:56 ID:MrtZgduZ0
>>228
もう一つ言って置いてあげるが、
>間違っても素晴らしい歴史などない。
バカ言ってんじゃないよww
ヨーロッパの印象派に与えた日本の浮世絵のことは知らんのか?
ジャポニズムという。中国で焼き物が間に合わなくなってきたので日本からも
輸出を始めたとき、その焼き物(茶碗など)を無造作に包んであったりパッキン代わりに
していたのが広重や歌麿などだよ。
ま、一つの例を挙げただけだが、他にもたくさんある。日本建築(日光東照宮など)とかな。

日本を貶めたい意図は判るが、もう少し考えてから言えよ。

260 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:28:40 ID:+jZjDsvn0
自虐史観の偏った歴史ばかりを学んでは自国に誇りなどもてない。
真の平等を考えれば、栄光ある歴史も同時に学び大いに議論すれば良い。

261 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:28:48 ID:P46JyzIK0
ま、若い奴らはもっともっと日本の文化を学ぶべきだとは思うね。
誇り云々よりもまずは好奇心から。
自国の文化を知らないというのはアイデンティティの重要部分が欠けてるということ。
それは外国で生活するときに特に問題になる。

新渡戸の「武士道」は必読。小林の「本居宣長」、宮沢賢治の詩集も必須だ。
三島、太宰、芥川などの文豪は言うに及ばず。乱歩、久作、谷崎の変態ラインもいいぞ。
あと、歌舞伎も見に行くといい。
普通に面白いよ。客いじりとかもあって笑える。
吉右衛門が見得を切ったタイミングを逃さず「播磨屋!」とか囃すのも乙なもんだ。
実際にどんどんアクセスすべし。


262 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:29:25 ID:SEvxrmIP0
>>248

>228は時代背景もwから無いバカww
>時代時代の倫理観・価値観

それは相対主義、
プロタゴラスの「人間は万物の尺度である」って奴でしょ。
ソクラテスは否定してる。

当時も仏教思想とかありますしね。
人殺しが許される社会なんて無い。
当時でも人が人を殺したら罰を受けます。

スターリンだって権力持ってから、虐殺ができた。
信長もスターリンと同じで権力があったから虐殺ができただけ。
今も昔も変わりません。


263 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:29:30 ID:rDySjGAe0
>>257
国旗国歌法が制定された年度の卒業式だったからなあ。
上からお達しがあったらしくて職員室でももめてたらしい。
揉め事になる所をみると、今までは歌ってなかったみたいだが。

俺は深く考えずに起立したけど。

264 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:29:58 ID:yAE+WlzK0
>>259
どうして浮世絵の例が真っ先に出てくるの?
ヨーロッパに認められないとすばらしいとはいえないと
いう発想があるうちは、あんたも大して変わらないよ。

265 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:30:31 ID:tHLMSVfC0
>>258
それは書かない方がいい。揚げ足取られるよ。

266 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:30:44 ID:8eEeA7J/0 ?
虚偽なる反日教育を止め、
努めて冷静、公平、客観的に歴史を学べば
自ずと湧くと思う

267 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:32:19 ID:qvzXH6uLO
日本人の誇りとかどーでもいーよ
好きなだけ食って寝てオナーニできれば、三回回ってシナ畜最高!くらい言えるよ

268 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:33:04 ID:jb3CYNjb0
俺も高校の時、1年2年は日本史世界史、3年は選択で世界史とったけど、
世界史を一通り勉強したからこそ日本史に興味を持ったぞ。

269 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:33:49 ID:KJXZNdX+0
>>258 まあその通り。

それが成長期における図式であったわけです。
しかし今や、財布の中に1000円も入ってない人が増えたわけだわな。 激しく。

みなさん資本主義だからとはいいますが、制限のない資本主義は共産主義と同じですよ。
ペテンと竹中が目指しているのは資本主義の本来の目的である共産化ですから。
半永久的に層で仕切って上層階級より下は道具になるという構図です。

アメリカなどは既にそうなっていますからね。
外資とかは各自自由に振る舞っているようでいて根はつながっていますから。
株式上場していないし税金も払っていない有名な超巨大企業などは資本主義の目指す典型的な例であると言えましょう。
我欲の追求のみですからね。
赤字国債などは貧乏人に全て押しつけてという構図ですわな。

270 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:34:13 ID:xK+37oN20
また大阪か

271 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:34:55 ID:xzROTNka0
>>269
それは別にいいのだが
さすがにスレ違いだろ

272 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:34:59 ID:P/blh9/n0
やっぱ「教養」が必要なんだよなぁ。
寺と神社の違いもわからん30女が職場にいるよ。
初詣は仏教の行事だとさ。嘆かわしい。
もちろん歴史のこと、日本の古典文学のことなど
何も知らない。知らなくて当然という顔してる。
また皮肉なことにそういうやつに限って英語がそこそこできて、
しょっちゅう海外旅行にいくんだよ。
外国で日本のことどんな風に言ってんのか想像するとぞっとする。


273 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:35:14 ID:gOJcjW+E0
>>261
キモッ

274 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:35:43 ID:tHLMSVfC0
いろいろうるさい奴がいるな。一言で言うと日本オタクだな。
他人がどういう理由で日本に誇りをもっていても別に構わないと思うのだが。
自分流の考え方を押し付けないで欲しい。
ま、自分が素晴らしいと思っているものを主張せずにはいられないのも無理ないが。

275 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:35:53 ID:N1HRIOpk0
>>230
その気持ちわかるw

276 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:35:57 ID:KJXZNdX+0
>>272 (w 俺もそう思う。

277 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:36:20 ID:zyctJAom0
>>228
>江戸時代にどんな残酷な処刑や拷問が行われたのか知らんのか?

放火は火あぶりだけど、
当時の家屋や防火能力ではちょっとしたいたずらでも
町中焼け野原になる。
今で言うと放火はテロに他ならないわけだ。
誇るべきことではないけれども理由がないわけではない。

278 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:37:09 ID:tF/jg9vP0
武士道を必須というのはどういう意図なんだ?ちょっとそれはおかしい。
アレは新時代へ向けた新しい心得というべき、言うなれば、「新武士道」
ともいうべきものだろ。時代の背景を理解するのには必要かもしれんが、
文化として必読にするのはおかしい。興味のある人だけ読めばいい。


279 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:37:26 ID:rDySjGAe0
>>274
>ま、自分が素晴らしいと思っているものを主張せずにはいられないのも無理ないが。
あんたのレスのようにですかw

280 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:37:56 ID:P1fXrhkm0
自国の文化を教え、それに誇りを持とうという教育がニュースになっちゃう国って
世界広しといえど日本ぐらいなのではないかと。

281 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:39:14 ID:tF/jg9vP0
>>275
自分の住んでる地域の歴史を古地図から紐解いていくって授業よくね?
今俺が考えた。

282 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:39:27 ID:NTRlxfN50
兵庫は在日侵略の最前線だからな

283 :クロミ ◆f7JRhiNfc6 :2006/02/20(月) 18:40:14 ID:jVO9VkHL0
度が過ぎると国粋主義になりますよ。
でもまあ、君が代斉唱の時は立とうよ。

284 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:40:47 ID:P/blh9/n0
>>281
小学校って結構多くない?そういうの。
自分の住んでる地域の歴史をまとめる、とか、
農家のおばあちゃんに話を聞きにいく、とか。

285 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:41:12 ID:xzROTNka0
>>284
やったなそういうの

286 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:41:21 ID:oW61rBJC0
誇りの前に実績ありきだろ
見てくれから入ろうとすんじゃねえっつの

287 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:42:22 ID:tF/jg9vP0
>>284
そんなんなかった。新聞作るのはあったけど。
俺は四コマ漫画担当。

288 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:42:54 ID:rDySjGAe0
>>286
だからその実績を教えようとしてるんじゃ…

289 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:43:04 ID:P/blh9/n0
>>286
その実績を知らなさ過ぎるから問題なんだろ
実績(誇れる文化・伝統)はあるのに、あえてそれを
伏せてきたわけだ。

あげくに流浪の民が激増。
狂い出す人が増加。

290 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:43:32 ID:N8nSQNxkO
日本が失った多くのものを取り戻すいい機会なのに、
それを阻害しようと企む怪しいやからがやっぱり居るんだな。

291 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:44:28 ID:v5w0Q+L20
論語などの中国の古典に触れると、、今の中国人のダメさが際立つよ。
今の中国人を好きになりたいなら、絶対に「論語」とか読んじゃだめ。

292 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:44:35 ID:qyggOZdO0
高校よりも中学から教えるべきだな
そもそも教科書を何にするべきかの問題もあるし。
もう少しその辺を考えた方がいい

293 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:45:55 ID:fApyupbn0
ええ〜?今は日本史習わない子供もいるのか。

294 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:46:01 ID:zyctJAom0
>>269
でもねえ。
生活保護を受けている在日や脱北者、来日した残留孤児が
大陸に残っている家族に送金できるようにしろとか、
Bなら生活保護を受けてもベンツに乗れるとか
その子供も成人の暁には生活保護が貰えるとか、
いるんですよ。

295 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:47:32 ID:P/blh9/n0
夢の膨らむスレだな。
なんか涙出てきた。

もっとみんな日本のこと勉強しよう。

296 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:47:46 ID:v5w0Q+L20
三国志とかも読んじゃだめ。
無駄に、中国に夢もっちゃうから。
三国時代つったら日本でいうと弥生時代と奈良・飛鳥時代の過渡期だから。
今の中国に、孔明とかいないから。

297 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:49:27 ID:AUrPuL4h0
>>272
でもそういう奴が小噺のネタになる。
そういう人種もいていい。

298 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:50:09 ID:IVDoV4gRO
歴史もそうだけど国の体制をかえないとダメだろ。日米安保も改正しないとだめ。
誇りがないから主体性がないしどこかに属したくなる。それは東アジアであり欧米でもある。
文化もちゃんと保護すれば独自の文化がひらいてくる。

299 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:50:50 ID:rDySjGAe0
>>297
「小噺」が読めんかった俺は日本人失格\(^o^)/

300 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:53:05 ID:SMxSsSWa0
もっとちゃんと「武士」ってものを教えないといけないんだよな。
日本史を支えてきた精神なんだから。


301 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:54:18 ID:AUrPuL4h0
>>299
こばなし。これであなたも生粋の日本人。

ところで日本を"にほん"と"にっぽん"で
読む分けるタイミングが時々わからなくなる。

302 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:54:29 ID:tF/jg9vP0
>>300
農民の子孫がなにをいう!

303 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:54:32 ID:bPCd7ncn0
ジャップは自ら市民の権利を制限され自由を束縛されることに喜びを感じる

ジャップは雨でも風でも心配し、晴れならいつか天気が変わると心配する

ジャップは自分より弱い者を造りたがり集団で村八分にすることで安心する

304 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:55:09 ID:kwtkBvBi0
日本史選択者だったけど、明治以降の歴史はどうしてああ駆け足なんだ?
いろいろ現代にもつながってる部分がヤバいくらいはわかるけど、ちょっと及び腰すぎる。

305 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:55:33 ID:SMxSsSWa0
>>302
武士ってのは農民から出てきたものだしな。

306 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:55:38 ID:MIoEa66/0
先ずは地元の歴史から学ぶべきだろ。自分の住んでる場所がどんな
歴史経過を辿ったかを知ることで結構興味も湧くだろう
窮屈な教室で引きこもってないで外出ろや!と引きこもりの俺から一言

307 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:55:54 ID:qZP2qrIP0
愛国ニート・フリーターの素敵な一生♪


チョンはけしからん!もちろん自民に投票!

さっそく弱者切捨て政策で貧乏になる。

でも売国野党に投票するよりはマシ

ますます貧乏になる。必死にバイト。

でも売国野党に投票するよりはマシ

ますます貧乏になる。移民政策で仕事を外国人に取られる。
(あれっ!?愛国のはずなのに、いつのまにか外国人が・・・?)

でも売国野党に投票するよりはマシ

ますます貧乏になる。オッサンになり、まともなバイト先もない。

それでも売国野党に投票するよりはマシ

念願の公園野宿デビュー。冬は寒さが身にしみる・・・
2chで好き勝手言ってられた昔がなつかしい・・・。
同級生は皆、ささやかながらも幸せな家庭を築いている。
ふと気がつくと 目から大粒の涙があふれ出していた・・・。
でも仕方がありません。こうなったのも全部自己責任ですから。

308 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:56:16 ID:tHLMSVfC0
>>279
俺が素晴らしいと思っているものとは何?

309 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:56:20 ID:3/FjhD8U0
>>303
@とBはそっくりそのまま朝鮮人に変えた方がシックリ来る件について。

Aは当たりだろう。

310 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:56:35 ID:AUrPuL4h0
>>300
あんま士族中心の史観に偏向しないほうが良いと思う。
>>303
日本語でジャップ、ジャップとうれしそうに連呼する奴はだいたいグック。

311 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:56:39 ID:Hud0Ga080
>>262
そういう時代背景があって、それに即した価値観があっただけだろ?
坊主は仏教を盾に乱暴狼藉を働き金銭を不法に蓄え、暴動を画策し、力によって民を支配していた。
んで、それに力で対抗して勝利を収めて治世を行う。
そういう時代があった。タダそれだけのことじゃね?
それとも宇宙創生時から週末にかけて不変・普及の価値観があるとでも言うのか?


312 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:57:58 ID:rDySjGAe0
>>308
あんたの意見(>>274)。

313 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:58:05 ID:HMyCCdbu0
>>304
詳しく教えるといろいろ口うるさいのがいるからな。
真実教えるにしろ、嘘教えるにしろ。
だからささっとやって責任回避する教師が多いんだよ。

314 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:58:19 ID:1t5TLD3a0
これがアホでダサい日本民族だ
●とんがりコーンを指にはめる
●バームクーヘンをはがす
●扇風機の前であーーーって言う
●ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる
●全校生徒の前でバンド演奏という妄想
●自分の写メを何度も撮って、自分が一番かっこよく写る角度を研究する
●歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる
●自転車に乗ってる時ペダルを踏み外して空転したペダルがひざの裏にヒットする
●向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる
●鏡をみて、「俺イケメンかも」とか思うけど、それは光や角度の問題で町の外でふとガラスに映った自分を見て落ち込む
●実は部屋に誰かいるんじゃないかと思い「居るのは分かってるんだぞ」と独り言を言う。
●深夜にやっている映画を勝手にエロだと勘違いして夜更かしして後悔する。
●街中で考え事してたら、他の人に聞かれてんじゃと思い「聞いてんだろ?」と、意味不明なテレパシーを送る
●部屋の電気のひもを使ってボクシング

315 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:58:38 ID:tHLMSVfC0
>>307
ニートとフリーターは全然別もの。

316 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:59:23 ID:/oHD4O400
>>10
カメさんレスだけど、ご開帳とか腰巻きなんて言葉、現実に遣わないじゃん。
>>299
そんなの読めたってしょうがないじゃん。「満点星」ってなんて読む? 
こんなの読めたってしょうがないでしょ? 「二」は「に」「じ」「ふた」
なんかとともに「いちのつぎ」とも昔は読んだらしいけど、今は死んじゃっ
た言葉だもの、噺って字が読めなくても、それは時代の流れであって、日本
人失格とは違うよ。

317 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 18:59:40 ID:SMxSsSWa0
>>310
武士=士族というのは、視野が狭すぎる。
日本人の中にしみこんで空気のように当たり前になっている
武士の要素を教えることが重要だよ。
例えば、鎌倉と室町と江戸の武士では形態が全然違うのに、
なんですべてが武士を名乗るのとかね。

318 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:00:03 ID:rDySjGAe0
>>314

●とんがりコーンを指にはめる
●バームクーヘンをはがす
●扇風機の前であーーーって言う
●ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる
●全校生徒の前でバンド演奏という妄想
●歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる
●自転車に乗ってる時ペダルを踏み外して空転したペダルがひざの裏にヒットする
●向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる
●鏡をみて、「俺イケメンかも」とか思うけど、それは光や角度の問題で町の外でふとガラスに映った自分を見て落ち込む
●実は部屋に誰かいるんじゃないかと思い「居るのは分かってるんだぞ」と独り言を言う。
●深夜にやっている映画を勝手にエロだと勘違いして夜更かしして後悔する。
●街中で考え事してたら、他の人に聞かれてんじゃと思い「聞いてんだろ?」と、意味不明なテレパシーを送る
●部屋の電気のひもを使ってボクシング

あるあるwwwwwww

319 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:00:36 ID:P/blh9/n0
>>296
自分、無駄に中国に夢持ったクチだwww

でも日本の古典と漢文の素養は切っても切れないからなぁ


320 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:01:13 ID:AUrPuL4h0
>>314
ワロタ。↓はやった。
●とんがりコーンを指にはめる
●バームクーヘンをはがす
●扇風機の前であーーーって言う
●ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる
●歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる
●向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる
●部屋の電気のひもを使ってボクシング

321 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:01:29 ID:tHLMSVfC0
>>312
少なくとも日本人の誇りについての押し付けは行っていないと認めてください。

322 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:02:46 ID:hp+AL9na0
旅行好きな人間ならともかく、普通の人は地域の事だけでも知ってたらマシな方。
日本ってくくりにしたって範囲広すぎ。
勿論日本全国で共有する文化などはあるが、
どっちかっていうと地域の独自の文化の方が先じゃないか?
兵庫なら、兵庫県の圏域の事を扱ったほうがいいんじゃない?

NHKの新日本紀行ふたたび とか観てるけど、
日本で生まれ育った人間でもTVなどでしか知らない事が多いという事を実感する。

323 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:03:13 ID:rDySjGAe0
>>321
まあね。
てか他の人のも押し付けなんかじゃないけど。

324 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:03:33 ID:zyctJAom0
>>300
武士とはいっても
幕末期の江戸の武士は腰が抜けきってしまっていた(司馬遼)、
という話もある。
”形式”にこだわり社会のニーズをないがしろにして
結果お荷物になってしまうという末路にいたった原因も
”武士”の中はある。
武士道万歳というわけにはいかない。


325 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:06:55 ID:AUrPuL4h0
兵庫県にはなぜかモンゴル博物館がある。

326 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:07:54 ID:P/blh9/n0
現代では、中国人より日本人のほうが中国の古典を知ってるって
中国人に驚かれるらしいよ。
日本の義務教育では、今の中国人が学ばない漢詩や漢文を教えてる。
中国は自国の文化を捨てて、近代化への道をまっしぐら。
金だけの国へと突き進み、人の心がぼろぼろになっていくよ。

327 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:08:41 ID:AFx+Nmek0
誇り云々は置いといて、自分の生まれ育った国について
より深く知ることは良いことだと思う。

328 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:08:44 ID:DfQl8kS7O
>>261
自分は小さい頃、歴史アニメを見て日本史に興味を持ち始めたんだが、単に学問としてではなく、何か単純に楽しめるものがあれば、日本の事を知ろうと云うきっかけにもなりやすいと思ったな
今では落語や相撲が好きだし、寺や神社巡りも好きだw

329 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:10:53 ID:4is2GC/u0
>>20
低脳 おまえは何歳なんだ?

在日か それなら納得

330 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:12:26 ID:P/blh9/n0
>>328
やっぱり環境なんだよなぁ。
親がそういうの好きだと子供も好きになるし。

おまけに歴史的なことを大事にする人は
お年寄りにも敬意を表するようになる


331 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:12:38 ID:P1fXrhkm0
武士道には、そのバックボーンとなる儒学の流派の違いによって
「朱子学的武士道」と「陽明学的武士道」があります。

朱子学的武士道とは、とにかく形式にこだわり、
主君のために死ぬことに美を求めるものです。
有名な「葉隠」などもこれに含まれると思います。

陽明学的武士道とは、他人への思いやりや愛情を表す
「仁」を最も重視するものであり、
「東洋のキリスト教」になぞらえられることもあります。

これは、親子や夫婦の関係をはじめ、君臣の関係などすべての
人間関係を「思いやり」で規定しようとするものです。

武士階級の出身である新渡戸稲造や内村鑑三が
日本で初めてともいえるクリスチャンになった理由は
その陽明学的武士道とキリスト教の類似性にあります。

「武士は二君に仕えず」の教えどおり、
生涯を唯一の君主イエスに捧げ、
「仁の武士道」に生きたのが彼らだと言えるでしょう。

332 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:13:16 ID:YLutyVvT0
>>20
┝┥┌──────────────────┴┐
│┝┥┌──────────────────┴┐
││┝┥┌──────────────────┴┐
│││┝┥┌──────────────────┴┐
││││┝┥┌──────────────────┴┐
│││││┝┥Zainichisoft                   [×]|
┤│││││┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━| \カチ
└┤│││││┌───―┐                   ´||`| カチ
  └┤│││││ Λ_Λ | 在日に住み着かれました。  │ カチ
    └┤││││<=( ´∀`) |  謝罪と賠償するまで      │ カチ
      └┤│││(    ) │ 終了はできません。       |  カチ
        └┤│└────┘                    |  カチ
          └┤          [謝罪する]  [賠償する]    |   カチ
            └───────────────────┘


333 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:13:50 ID:zyctJAom0
>>322
地域のことを、ってやってると必ず
地域の重要な構成員である在日朝鮮人中国人ブラジル人について勉強しましょう
という話になる。
地域の抱える問題としてアプローチできればいいが、
地域の学習が外国文化の学習になってしまうかもしれない。

334 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:13:55 ID:N8nSQNxkO
皆特アに留学させりゃいいんだよ
嫌でも日本人としての誇りが身につくぜ
海綿体にまで染み渡る程に

335 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:15:09 ID:SMxSsSWa0
>>324
司馬遼なら、「幕末の武士は、多少畸形でも人間の傑作のように思える」とも
言っているな。
そりゃ、明暗あるけど、日本史の背骨はやっぱり武士だよ。

336 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:15:33 ID:MU3kx/8W0
うーむ・・・誇りなんてもないんじゃないか。
中国かアメの売国奴ばかりだし。

337 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:17:43 ID:WgEuK5PH0
>高校の必修科目から「日本史」が外されている現状を重く見て、


ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
知らなかった・・・
ここまで酷い事になっているとは。

338 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:17:46 ID:SMxSsSWa0
>>331
江戸期の武士は儒教的教養で教育されていたが、いざとなると、
武士の倫理で行動するんだな。
武士道(っつーか、この言葉は嫌いだが) > 儒教
なんだよ。

339 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:17:51 ID:mZ0du2Bx0
>>335
いや、京都のお公家はんどす。

340 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:18:19 ID:AUrPuL4h0
>>335
おれは職人が好きだな。
例えば100年生きた木からは100年使える物を作れみたいな。
弟子に鉋の刃を投げつけるキチガイばっかの世界でもあったw
全階級いっぱらげに扱わんと万人の興味なんて引けないよ。


341 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:20:51 ID:UIDZTS9z0
私は農民の子孫ですから、日本の支配者階級の文化はno thank u
ですね。むしろ、自由と平等のアメリカの文化でいいです。

342 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:22:07 ID:392hwG5wO
伝統とか文化はその国に生まれたら絶対学ばなきゃいけないのか?義務みたいなものか?

343 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:22:15 ID:WgEuK5PH0
>>328
そういや歴史に興味持つようになるからと
「ベルばら」とか「日出ずる処の天子」をクラスに置いてくれた先生いたな。


344 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:22:53 ID:SMxSsSWa0
>>340
例えば、そういう職人の誇りみたいなものが、どこから出てきている
かというと、武士の倫理なんだよ。
武士の登場以前は、他のアジア諸国ほどじゃないが、基本的に職人っ
てのは下等なものとしか扱われなかった。というか、庶民には誇りと
いうのと無縁だった。武士が農民から出て、庶民の誇りを持つという
ことを示して、それが日本全体に広がっていった。職人の誇りも、
武士の倫理をベースにしている。

345 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:23:21 ID:LJUjdvV50
必須の受験科目として設定しなければ身に付かないのか

346 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:24:04 ID:MU3kx/8W0
アメリカに追いつけ追い越せで頑張って欲しい。

347 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:24:14 ID:XrIPA+Yl0
伝統とか知恵というと、ことわざとか入りやすくていいかもですよね。
やっぱり小学校くらいから徐々にやっていくのがいいかと思います。


348 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:24:37 ID:xMlQMOYZ0
誇るべきものがない俺たちの国は反日で塗り固めていますがなにか?

349 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:24:40 ID:UIDZTS9z0
>>344
武士?笑わせないでください。なんという恩着せがましい発言でしょうか?
職業人の意識の高さは、職業人がはぐくんできたのです。侍なんてぶっつぶせば
いいのです。

350 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:25:22 ID:392hwG5wO
自分が好きで自分にあった文化を学べばいいんだと思う 押しつけられてもこまる そんなに文化っておもいものじゃない

351 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:26:14 ID:NrkqvLS+0
漏れも外国に住んでるけど他国の人に比べて
日本人は自国の知識について著しく乏しいのは確かだな。
ってか外国人の場合、どのメーカーが日本で・・・とか
日本人でも知らないの知ってるし。

352 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:26:20 ID:P1fXrhkm0
>>341
武士道に接したアメリカ人の映画がありましたね。

アメリカの自由と平等がインディアンを虐殺し、滅ぼした。

353 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:26:20 ID:SMxSsSWa0
もうちょっと鎌倉時代を重視して日本史教育した方がいいな。

354 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:26:28 ID:AUrPuL4h0
>>344
そうなの?
そうやって倫理観がしっかりしてきた庶民が、決闘
ばかりしてる武士をおかしいと思うようになったのか。
ややこしくなってきたな。
まあ武士の存在を外せないってのは納得した。

355 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:28:25 ID:yTMtBw8s0
国語をもっと大切にしたほうがいいね
みんな英語英語言い過ぎ
そりゃ喋れれば便利だろうけど国語が出来なきゃ
日本語喋るガイジンと一緒

356 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:29:17 ID:DfQl8kS7O
>>330
親が、って云うのは確かに大事だな
それは結局のところ、子孫に歴史を繋いでいくって云う事なんだが、今はこれがうまく出来ていないように思われる

歴史を誇りに思う事の意味は、昔の日本人や自分の先祖に敬意を表し、今までの日本人がしてきたように、自分も次に歴史を繋いでいく事にあると思う


357 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:29:21 ID:Ohw6ESpm0
おれは日本という国、民族性、文化、全てを愛しているよ。
粗暴で粗雑な隣人には汚されたくないね。

358 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:29:43 ID:SMxSsSWa0
>>354
なんか、知識が偏っているんじゃないか?
武士は決闘する存在じゃないぞ。決闘なんぞするのはただのヤクザだよ。
武士が私闘するのは、仇討ちするときくらいなもんだ。

359 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:30:53 ID:6MAdhyUn0
>>348
過去の政権を批判するのが反日なら維新の志士は反日だな。
現在の政権を批判するのが反日なら旧東側諸国は見習うべき愛国国家だな。

360 :i u:2006/02/20(月) 19:31:31 ID:UIDZTS9z0
>>355
小説や詩歌、漢文古文はいりませんね。選択性にすればいいのです。
むしろ、ディベート、データを集めて分析して自己主張させるレッスン
が必要ですね。

それから英語もひつようです。どうせだから、科学の授業は英語でやれば
いいのです。

361 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:32:07 ID:P1fXrhkm0
戦うことで自分たちや民衆の生活を守る必要がなくなった武士たちが、その存在意義を保つために
「高尚な支配者としての倫理」を磨いた、という側面もあるけどね。

ヨーロッパでいう「ノーブレス・オブリージュ」という奴に近い。

少なくとも、人の上に立つ人間はちゃんと知っておくべき「文化遺産」だと思う。

362 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:33:15 ID:E6SeP0v/0
外国行って何が恥ずかしいかって
自国の歴史をきちんと説明できないこと

363 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:33:58 ID:KJXZNdX+0
>>361 その代わりに貧乏だった。

それでバランスがとれていたわけです。
武士は食わねど高楊枝ですわな。
今はその欠片もありませんけどね。

364 :クロミ ◆f7JRhiNfc6 :2006/02/20(月) 19:34:55 ID:jVO9VkHL0
>>320
歩道をチャリで走ってチリンチリン鳴らすと
罰金2万円以下なんだよ、本当は・・・
歩行者の邪魔をした罪で。

365 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:35:26 ID:AUrPuL4h0
商道徳とか説いた商い人もいるな。

>>356
標準化の副作用じゃないの。
代案なければ受け入れて学校に期待するしかないのかもしれない。
>>358
役人と武士の悪口って結構見つかるぞ。
そういうのを適当にしか封殺しなかった武士らも偉いとは思うがな。
潔癖さも大雑把さも上手く受け入れられていたのかもな。

366 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:37:03 ID:tHLMSVfC0
俺はアニメ・漫画・ゲーム・ラノベとか好きだけど、紫式部の頃からの伝統と言うか積み重ねが
大きな意味を持っていると思うんだよね。
平家物語なんかも去年の大河ドラマに元ネタの一つだし。
こういうとこを見ると日本文化ってのは価値があるなあと思う。
俺自身にとっては間違いなく価値あるものだし、外国人にとってもそうなんじゃないかな。

367 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:38:04 ID:Uz971U+B0
>武士は二君に仕えず
こういうのって江戸時代以降だよね。
大河とか見ていると、戦国時代は二君だろうが三君だろうが家の存続が大事で、
敵だろうがサッサと仕えちゃう。

それと百姓っていうのも古くから史料に出てくる(時代によって内容はいろいろだけど)。

368 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:38:20 ID:SMxSsSWa0
>>361
戦うというより、土地から引き離されたのが大きい。
さらには、戦国時代の下克上の結果。
どこの国でもそうだが、貴族の条件というのは、血統が高貴であることと、
大きな財産があること。
武士はもともと、庶民から出た上に、武士が貴族化していった室町が崩壊
して戦国時代になって、血統をよりどころにすることができなくなった。
また、土地から離れてサラリー制になったもんだから、どんどん困窮化し
ていった。
貴族の2大条件を失った武士は、武士の倫理を身に着けていることで武士
としてのアイデンティティーとした。簡単に言えば「武士の魂」を持って
いるのが武士だとね。だから、「武士の魂」を持っていれば、意外なほど
に他の階級でも武士だと認めるようなところが江戸時代にはある。


369 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:38:27 ID:MU3kx/8W0
イザナギ・イザナミ

370 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:38:57 ID:mZ5qU4Dn0
日本人は諸外国に対して寛大過ぎる。
このままでは日本人が外国人に駆逐されてしまう。
やはりここは日本史に学ぶべきだ。
好戦的な渡来人が
土着の縄文人をどのように駆逐していったかを学ぶ必要がある。
どんなDNAを持っていても、のんびりしちゃうみたい。島国だと。

371 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:39:28 ID:xMlQMOYZ0
非西洋圏で唯一力の文明を成功裡に成し遂げた国にっぽん。
だが力の文明というのは終わった。その次に来るのは惹きつける文明。
人に感動を与える文明、美の文明を作り上げるべき時がきたと思います。
つまりこれからの日本は「富国有徳」の国にしていかなければ
ならない。
そのためには過去の歴史や文化を学び
良いところは次の時代へと継承していかなければならないのではないでしょうか。

372 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:39:56 ID:9d6LtmHG0
 衆議院
予算委質疑
   /::::::::::::::::::::::::::::::; :;:::"'
  /:::::;;:::::::::::::::::::::::::;;;ノ ヽ;:::\
 /::::::::ノ""'''''‐‐-‐'''"    ヽ:;::|
 |::::::::::|            |ミ| 
. |:::::::::/            |ミ|
 |::::::::|   ,,,,,    ,,,,,   |ミ| 民主党の岡田克也です。
  |彡|.  '''"""''   ''"""'' |/  まずあの質問を始める前に、
 /⌒|  -=・=‐,   =・=-  |   総理も御存知のことだと思いますが、
 | (    "''''"   | "''''"  | 
  ヽ,,         ヽ    .|
    |       ^-^     | あきしのみやひ のりこ様が
._/|     ‐-===-   |   ご懐妊されたという。。。
::;/:::::::|\.    "'''''''"   /
/:::::::::::|. \ .,_____,,,./::\
 民主党・無所属クラブ
   岡  田  克  也


「衆議院TV」予算委員会(休憩1〜散会)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=29050&media_type=wb&lang=j&spkid=147&time=05:29:47.2

373 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:40:11 ID:P1fXrhkm0
>>359
彼らにとって、国家体制や当時の政権よりも「日本」のほうが大切だったということ。

いま、もし中国共産党が日本を支配することになったら、
『日本共産政府』に牙をむくことこそが日本のため。

374 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:40:46 ID:SMxSsSWa0
>>365
支配階層への文句がない国なんて存在しないわな。
それに、300諸藩もあるんだから、悪政のところもあるしな。
ただ、江戸幕府の政治はかなりいいぞ。今の北朝鮮なんぞ足元にも
及ばないくらいだ。

375 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:41:33 ID:DfQl8kS7O
>>350
いや、文化は重いよ
人間を人間たらしめているものは文明だけど、日本人を日本人たらしめているものの一つは文化だと思うからさ

376 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:41:35 ID:jwUzva2a0
オレの部屋のほこりは

髪の毛→5割

陰 毛→2割

不 明→3割

377 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:42:16 ID:MU3kx/8W0
他国を晒すのは良くない。

378 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:43:15 ID:KTcqQUx70
 現在、日本が抱えている問題の全てに朝鮮(韓国)人が絡んでいる。
奴らは、日本のあらゆるところに入り込み、弱者のふりをして
卑怯な手段で、日本国民の財産を盗み、体を汚し、命を奪う。
我々の土地を盗み、文化を汚し、教育を歪め、子供たちの未来を壊す。
奴らのために、我々は平穏な生活が出来なくなっている。

 敵とは、強弱は関係ない。我が国に害をなす者のことだ。
アメリカが敵だという者もいるが、多少の利害の不一致もあっても
我が国にとって、経済的にも軍事的にもなくてはならない国である。
恩を仇で返し、寄生虫の如く我が国を食い荒らす朝鮮人こそが、
我が国にとっての最大の敵であり、彼らを排除するのに一切の情けは
無用である。敵としての立場を選んだのは奴らだからだ。これはすでに
戦争であり、容赦のない生存競争である。

 最早、話し合いで済むときは過ぎた。善人ぶるのはもうやめよう。
身を守るために戦うことは、悪いことではない。奴らがどんなに「差別だ!」と
わめいても、耳を貸してはならない。それは単なる「区別」なのだから。
国内にいる全ての朝鮮人を敵として認識しよう。犯罪者共を、我々の国から
叩き出さねばならない時が来ているのだ。
日本人よ。今こそ、立ち上がって戦おう。

我々の生活のために、子供たちの将来のために、我が国の未来のために。


379 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:43:35 ID:eIZPlsso0
幕末の武士は、西洋史で言ったら新興ブルジョワジー。
富を蓄えた農民や商人が武士の株を買って、武士になっていた。
付け焼き刃だからこそ、武士のアイデンティティとなる思想を
強く求めた。
生まれながら決まっていると言われた階級に反発した人たち
なんだよ。

380 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:44:29 ID:gXilFsgQ0
海外というかヨーロッパの某国で日本の歴史とか話したら、
自国と比較するから、突っこみがすごい。 まじで
調べなきゃならなくなったぞ。

381 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:44:38 ID:AUrPuL4h0
>>374
そうだな。また文化的にも結構面白い国だったと思う。
語彙が少ないといえば知識の少ない人を表す表現だが、
字語が多いという言葉もある。かなが公的に採用される前
漢字の意味を深く知らない人が暴走族の当て字みたいな
字で手紙を書いていた。俗称を百姓文字という。
日本てのは昔から結構な数の百姓が字を書く国だった。

武士なら確実に読み書きできたろうな。あと商売人もか。
僻地の住人でも2割が識字層だったという予想がある。

382 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:45:23 ID:Et4mmMg6O
日本の伝統誇りにする僕
今ではこない年賀状

383 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:46:57 ID:2R8Bb/xF0
じゃあ、明治時代みたいな学校作るのはどうだ?
女子は袴姿で男は詰襟マントで
カッコが変わると生活態度も変化するぞ

384 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:47:40 ID:tHLMSVfC0
>>382
年賀状はいつ頃始まったのだろうか

385 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:47:46 ID:Kp8Ot6Q80
兵庫県が教える「日本の文化」って
「日本文化の起源は・・・」

386 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:48:06 ID:P1fXrhkm0
武士道を一言でいうと、「他人のためにやせがまん」

387 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:48:49 ID:MU3kx/8W0
どっから教えるの?イザナギ・イザナミぐらいから?

388 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:49:03 ID:RbzOJtXB0
歴史から”日本人”をアプローチすんのは不可

だって、天皇とかBとか問題あるところを避けて説明しようとするもんだから
整合性とか全く期待できない

そもそも、ウヨもサヨも思い込みで歴史捏造する上に、
気に入らない学説(それがどれだけ客観的に事実に近くても)を唱えたやつに
実力行使したりする悪癖があるもんだから、まともな意見なんて出てこられる余地がない

ウヨもサヨも血統崇拝者も、日本の未来のために消えてなくなれ

389 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:49:23 ID:SMxSsSWa0
>>386
というか、「命がけのカッコつけ」だと思う。

390 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:49:52 ID:mbVOxkXz0
日本史より世界史のほうが重要だと思う。
すくなくとも日本史を履修する前に世界史をやったほうがいい。
世界史の一部としての日本史という観点を持たなければ、
歴史としての意味が薄い、愛国教育みたいなものになりかねない。

391 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:50:15 ID:0t1X65BA0
珍しくいいニュースだな

392 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:50:48 ID:DfQl8kS7O
>>381
昔は普段使われていた名前は通称だからな
だから漢字でいろんな書き方があるんだが、それはそれで面白い気もするw

393 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:51:27 ID:xMlQMOYZ0
「武士道」とは日本人の精神であり道徳規範だと申しましたが、
それは単に精神、生き方の心得であるというだけではなく、日本人の心情、
気質、美意識であると言ってよいかと思います。
さらに言えば勇気や決断力の源泉になるものであり、そして生と死を見つめる美学、哲学だとも言えます。

394 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:52:09 ID:MU3kx/8W0
武士道だけかよ・・・。

395 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:52:43 ID:P1fXrhkm0
日本人の「カッコイイ」という価値観の源流に、武士道があるのは確かだと思う。

396 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:53:43 ID:tHLMSVfC0
>>390
一般的に勉強嫌いの人が多いから逆効果だと思う。
日本史でも世界の歴史は学ぶんだろ?
俺は高校の時日本史を選択しなかったのでよく知らないのだが。
中学では勉強するよな?

397 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:54:30 ID:BJejBSfl0
教科書で学ぶんじゃ文化史ほどつまらないものはない

398 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:54:48 ID:MU3kx/8W0
古事記とかは?

399 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:55:24 ID:N8nSQNxkO
まずは信長の野望から

400 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:55:26 ID:UrEkw4RL0
大体、英語に赴き置きすぎたんじゃないの?
英語など、翻訳する道具に過ぎない、コミュニケーションとる手段に過ぎないのに。
今に、マルチモーダルの発達、翻訳機の発達等々で、
ほんやくこんにゃくも出来るだろうに。

そうなった時、スカスカな自国への認識・認知度じゃはずかしいだろうからな。

いい試みだね^^




401 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:56:39 ID:OwuMvFm+0
>>400
ソレは言えてる。
外国人との会話においてかなりの頻度で出てくるのは
「あなたの国はどんなの?」だからな。

402 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:58:07 ID:FnL4nnY30
日本が太平洋戦争で買ったか負けたかしらないと言う女は
兵庫県出身だった。

403 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:58:07 ID:DfQl8kS7O
>>396
自分も日本史だけだったが、特に近代以降は世界の歴史を無視して、充分に学習出来るものではないと思った


そろそろ水戸黄門

404 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:58:15 ID:egLu86uHO
文化の解釈が一面的なものになっちゃうじゃないか。

405 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:58:32 ID:MU3kx/8W0
日本の原点は?

406 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:58:42 ID:SMxSsSWa0
>>394
武士道って言ってしまうと、江戸期のものばっか思い出してしまうんだよな。
あれは、儒教と武士の倫理感覚が混ざったものだから、武士階級だけのもの
だし。
もともと、武士の倫理ってのは、人間扱いされていなかった東国の開拓
農民が京の公家に対抗するために磨き上げたもので、それは、下等な
人間だというコンプレックスを跳ね返すために、自分の行動を美しくし
ようとしたもの。
簡単に言えば、「潔くあれ」ということで、借りた恩を返すときには躊
躇わず命がけで行う、ってものだった。
で、後世の日本人はこの鎌倉武士の倫理、っていうか、美意識を愛した
んだな。だから、支配形態が変わっても、武士であろうとした。
つまり、日本人は「サムライというのはカッコいい」と考えて、それを
真似していった。
その結果、武士の倫理は日本人全体の倫理になっていったわけだ。

407 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:58:44 ID:nwzgVlgn0
センター試験で世界史の方が平均点が高い傾向があるのが問題

408 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:58:57 ID:HIvlNs1y0
教える側が問題だな。
今まで通り自虐史観で洗脳するようじゃ意味がない。

409 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 19:59:19 ID:AUrPuL4h0
>>396
法律で勉強を禁止したら流行るとも思うw

410 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:00:12 ID:FnL4nnY30
実践を中心に置いた授業にしたらいいと思います。


411 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:04:13 ID:DfQl8kS7O
>>410
やってる所もあるんじゃないかな

修学旅行でも歴史的な場所に行くとか、それが一番良い筈なのに、今じゃ単なる旅行だからな

412 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:04:49 ID:7zm3668J0
>>410
茶道、和歌、相撲、禅とか面白そう

413 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:06:07 ID:MU3kx/8W0
>>401
神様がいっぱい居る国といえば驚くだろう。

414 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:07:12 ID:8eEeA7J/0
>>410
夜這い

415 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:07:30 ID:xzROTNka0
>>412
小学校のとき選択で茶道とか華道を実際にやってみようっていう授業があった

416 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:07:40 ID:XrIPA+Yl0
>>412
文武両道ですね。

417 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:08:20 ID:zyctJAom0
>>390
自分の国ではこうだった、
という軸がないと世界史を勉強しても唐念仏になってしまう。

418 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:08:47 ID:AUrPuL4h0
>>414
冗談抜きで悪い文化じゃないと思った。
夜這いにも作法があったよな。

419 :411:2006/02/20(月) 20:09:43 ID:DfQl8kS7O
あ、ごめん
中心ではないけど、って事な

420 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:10:31 ID:sFbdHsdW0
私立だったら別に自由だが、県立高校でやることとは思えん。

421 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:11:18 ID:zyctJAom0
>>418
夜這いって
高慢ちきな女の所へ集団で押しかけ
輪姦顔射を決めるんじゃないのか。

422 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:11:33 ID:HW47hzms0
>>420
はいはいワロスワロス

423 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:11:36 ID:MU3kx/8W0
神社回るなら日本神話読むといいよ。

424 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:11:37 ID:xMlQMOYZ0
さっきから武士道ばかり一辺倒になてるけど
日本には全国各地に様々な慣習、伝統など想像以上に
豊かな文化がある。

425 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:12:48 ID:DfQl8kS7O
>>418
江戸時代までは、武家以外は、性については結構開放的だったよな
作法は知らんけどw
満月の夜とか?
夜出歩くのに提灯がいらないからw

426 :給食車 ◆Breath//ds :2006/02/20(月) 20:13:50 ID:fZzKXZfI0
戦争への道が開くのよ!!
侵略戦争だわ! 帝国主義の復活よーーーーーーーーーーーーーーーー

427 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:14:10 ID:S5PAr54PO
これはプロ市民へのいいネタ提供となりそうな悪寒

428 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:15:08 ID:2Cvs9Gci0

 プロ市民のアンチも闘わなきゃ

429 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:18:59 ID:AUrPuL4h0
>>425
輪姦にもルールのようなものががある。
逃げ切ったらセーフ。事がすんだら逃げきった子をやられちゃった
女の子と一緒に探して家まで送る。なんか頭が痛くなってくる世界だなw
貞操以上にはなにか奪われるわけではないという暗黙の了解があったとか。
あと近所のおばちゃんが童貞をつまみに来る事もあったらしい。
夜這いは記憶が間違っていなければまず約束をつけるところからはじまったはず。
もちろん貞操を重視する人もいた。

430 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:20:28 ID:bPCd7ncn0
その時代に生きてたわけでもないのに
歴史本ヲタうざい

431 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:20:38 ID:9zrgAit40
子供が「日本を知らない」なんて事は有り得ねー。
奴らの生活こそが現代の「日本の文化」そのものなんだから。

432 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:21:35 ID:pT3gQa+00 ?
一応、お前らのために参考資料

兵庫県の偏差値の高い高校ランク

星陵>>>>>越えられない壁>>>>>姫路西・長田・神戸・兵庫・県立西宮






433 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:21:43 ID:tF/jg9vP0
武士道武士道言う人はろくなやつがおらん。
武士だと言ってチョンマゲ結ってた議員を見ろ。


434 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:22:01 ID:tHLMSVfC0
>>429
財産を持っている人は相続の問題があるから・・・

435 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:22:18 ID:P1fXrhkm0
武士道にかかわりのない文化も、本当に豊かですよね、日本。

日本のいいところを残し、もっと良くしていって、悪いところはなくしていく。
それが健全な「保守主義」というものだと思います。

そういう気持ちを持てない人は、他国の人や文化を尊重することも不可能です。

436 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:22:56 ID:QlosJmwW0
>>421
集団で夜這いして、娘が妊娠した場合、
娘は、誰が父親か指摘することができ、指摘された男は、
有無を言わさず結婚しなければならない仕来りもあってようだよ。



437 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:24:13 ID:MU3kx/8W0
武士も良いが、日本神話も入れてくれ。
天皇の事とかわかるし。

438 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:24:29 ID:P1fXrhkm0
日本の「おおらかな性」を殺してしまったのも、武士道や日本古来の文化を殺した連中と同じです。

439 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:25:17 ID:DfQl8kS7O
>>429
へぇ…凄いなw
つまみに…って怖っw
まあ湯屋からして混浴だったからなぁ……

440 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:26:10 ID:pT3gQa+00 ?
>>438
今でもナンパとか風俗とかキャバクラがあるやん。
クラブとか行ったら、便所でアハーンウフーンしてるよ。

441 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:27:29 ID:DfQl8kS7O
>>430
そもそも自分が産まれていない頃の歴史なんて、史料などから読み取ったりして学ぶしかないだろが

442 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:27:55 ID:P1fXrhkm0
>>440
プロ市民の先生方は、そういうのは認めませんw

443 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:28:04 ID:6dRKL7BH0
夜這い文化まじきめぇ

444 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:28:38 ID:QlosJmwW0
>>440
日本古来のおおらかな性文化って、何となく趣というか、風情と言うかそんなのがあるじゃん。
おれ、その手の店に言ったことは無いが、情緒というか詩的な雰囲気とかありますか。


445 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:30:27 ID:vLORZQv20

愛国心?ばっかじゃね〜の?むしろ俺は日本という国に恨みを
持ってるね。みんな好き勝手やってるのに、俺は悲惨な人生だ。

どんどん壊れていったらいいよ。しるもんか。
おまえらが俺のことなんてしらないようにね。

446 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:30:27 ID:9zrgAit40
>>441
史料からしか読み取れない文化って、外国のと同じじゃね?

447 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:30:30 ID:pT3gQa+00 ?
>>444
形式は違っても、精神は同じだと思うよ。
その精神とは「やりたい」。

448 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:30:56 ID:J7wsedVd0
なんと素晴らしい改革だ。
改革の成果が上がってきてるナァ。
日本の将来に期待が持てるよ。
良かった良かった。

449 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:31:38 ID:MU3kx/8W0
探究心を持つ事。

450 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:34:00 ID:WiDbTIen0
>>432
灘>有象無象

451 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:34:35 ID:aGZOYhc8O
>>445
お前なんてシラネーヨ
だからさっさと消えてくれ。

452 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:35:47 ID:RQPvmM+/0
日本の文化って長州小力のことだろ

453 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:36:13 ID:pjB6EbeX0
巻き込まれる受験生カワイソス

454 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:36:37 ID:pT3gQa+00 ?
>>450
兵庫県の偏差値の高い高校ランク

星陵>>>>>越えられない壁>>灘>>甲陽>>姫路西・長田・神戸・兵庫・県立西宮




455 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:36:59 ID:DfQl8kS7O
>>446
だから「史料など」って言ったんだよ

まあ建築物にしても、仏像とか錦絵とかにしても、実物から学べれば良いんだが、色々あって残ってなかったりするからな
仕方ないと言えば仕方ない

456 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:37:52 ID:rIt9Sk8j0
司馬遼太郎の小説全巻を読めば、日本人が分かる。
日本人ならば、彼の小説を少なくとも教養として読むべきだね。

457 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:39:54 ID:P1fXrhkm0
そもそも、自分たちの社会がどうやって出来上がってきたかも知らないのに
他の国々の歴史を知っても意味がないと思うけどねえ。

自国を大切にできない人が、他国を大切にすることは不可能。

458 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:39:58 ID:VRoun83P0
本当に軍靴の音が聞こえるな。

日本人の誇りなんて、よく無神経にそんなことがいえるな。
日本人なら、皆日本人であることに誇りを感じなければならないとでもいうのか??
おかしな話だ。

日本人に誇りを感じる⇒日本を守ることは正しい⇒日本の為なら戦争をしてもいい

というように発展するのは目に見えている。
大体、誇りなんて、全く個人的なものを、公教育で教えるなんてことは、
戦争に駆り立てる為と、相場が決まってるんだよ。

バカウヨは中国、韓国を必死に叩くくせに、彼らと同じように、
誇りだなんだと国家規模で民族教育やるのに賛成なんだから、お笑いだよ。

459 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:41:05 ID:J7wsedVd0
素晴らしいのう。
>>456
小説ならば、「保元平治物語」「平家物語」「太平記」も良いのでは。

あと根底史料として「信長公記」とか。
まー探し出すときり無いけどなー

460 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:41:08 ID:DfQl8kS7O
>>447
江戸時代までの、性のおおらかさを象徴するものは夜ばいだけじゃないからなw
遊郭とかイメージに惑わされず、よく調べればなかなか情緒豊かだ

461 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:41:28 ID:AUrPuL4h0
>>439
性欲以外の何かも乱交文化を成していたのだと思う。
今だってみんな助平だし。

例えば寒いとき布団が冷たいと惨めでしょ。

462 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:42:03 ID:sN6YvJzt0
命、それより大切なものが俺にはあるからさ。

463 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:42:19 ID:f58SxZuA0
>>458
すでに民族教育やってる朝鮮学校に、それを言ってこい。

464 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:43:30 ID:bupB68wzO
国語と社会のカリキュラムを練り直せば済むだけの話。


465 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:43:59 ID:J7wsedVd0
「平家物語」は確かに名作だ。
全部は読んでないのだが、出だしからして名文だもんね。
簡潔な文にもののあはれが漂い、栄光と無惨の鮮烈な対比、時代の変遷の無常が描かれる。
そのストーリーも史実に即したものだし、詩歌も出てくるし、日本史の勉強になりつつ日本の
古典文学の代表にも触れる事が出来る。
いいよ〜

466 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:44:04 ID:xzROTNka0
>>458
短絡的過ぎる

467 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:44:20 ID:MU3kx/8W0
古事記から。

468 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:44:22 ID:Z96lzpKt0
>>458
つ「韓国の徴兵制」

半島だと自分のぐんくつの音が聞こえます。


469 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:44:23 ID:IdoN4X460
日本を知るってどういうことかよくわからん
日本史やれば日本がわかるのか
やらないと何もわからんかもしれんが

470 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:44:45 ID:P1fXrhkm0
>>458

いつもご苦労様です。

471 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:44:50 ID:bC0dZhRU0
そういや国語の授業は日本語という名前にすべきだって言ってる先生いたな

472 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:45:28 ID:nbcUxV4j0
50年左側に傾くいてゆきすぎると自然に右側に傾くのか・・・・
これから50年は右側か
3、40年過ぎると行きすぎた右側社会になってるのか
右側は変化でもあるけど破壊でもあるからなあ
立て直せなくなるほど崩壊しなきゃいいけど

473 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:45:42 ID:GO8w2euN0
>>458
愛国 = 軍国? 

ブサヨは、悩み事がなくていいね♪

474 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:45:47 ID:DfQl8kS7O
>>458
だって日本の歴史は捏造じゃないからな

475 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:46:31 ID:DPDqVTa60
土曜学校で校区内の老人会や婦人会・自治会・手芸サークルetcが
毎週体験教室みたいなのやってるけど小唄とかでも2・30人は集まるよ。
生花やお茶でも男子がちらほら居るし。

味覚と同じで幼少〜思春期の体験は後々まで生きる筈。
親の消費趣向だけに引き吊り倒されて育つ子供は本当に可哀想だよ。
空っぽだもんね。

こういうのは小学校の総合学習でも積極的に導入するべきなんだけど、
日教組や全教のアカ教師がキムチ作りや朝鮮ドラマの研究させんだよな。
あいつらどうにかしてパージ出来ないもんかね。

476 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:46:44 ID:yWNATqNL0
萌えの極意とかp2pのハウツーでも教えとけw

477 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:47:19 ID:tHLMSVfC0
>>456
吐き気がする。

>>458
その通り。
これからは国家や民族という枠を越えた個人単位の社会になってくる。
その実現は簡単ではないが大まかな方向性はそうなる。
こんな時代に民族として誇りを持ち出さなくてはならないということは、
日本人に団結が求められているということだ。
それは場合によっては戦争につながるかもしれない。
日本が滅ぼされてしまえば元も子も無いとはいえ、歓迎すべきことではない。

478 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:47:28 ID:P1fXrhkm0
>>472

右は保守=維持
左は改革=破壊

だよ。

479 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:48:47 ID:J7wsedVd0
>>467
古事記は日本各地の伝承を集めて、それを大和朝廷の正統性(天皇が天津神、天照大神の子孫で
地方の豪族は国津神の子孫である、など)の根拠とすべく編集したものであるが、それでも各地の伝承
をまとめて読めるだけでも価値がある。
あと、朝鮮や中国との関係が古代より強かった事も分かるが、読む限り、日本は朝鮮から貢ぎ物を受け取る
宗主国側だ。勿論朝鮮は中国にも貢ぎ物を送っていたのだが。

日本書紀になると古事記の味わいが薄れて無味乾燥な感じになってしまうが、まぁそれでも古代史の史料
としては貴重だな。

480 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:49:25 ID:GO8w2euN0
>>477
支離滅裂とは、貴方のことですねwwww

481 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:50:04 ID:J7wsedVd0
世阿弥の「風姿花伝」もいいよ。
日本の心、侘び寂びの奥義書だからな。

482 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:50:14 ID:DfQl8kS7O
>>469
今の日本を形成しているものが見えてくる
日本のように長く深い歴史があり、かつ素晴らしい文化を持つ国の歴史は、学べば学ぶ程楽しい

483 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:50:46 ID:zyctJAom0
>>458
ホントにサイテー。

日本人である以上しょわなければならない
遺産と負債があるのに
全てを拒否して自分は日本人ではないと主張するあなたは何人。

484 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:51:00 ID:3z40Fsii0







日本・中国・韓国・北朝鮮の歴史をわかりやすく学ぼう。
 
 ↓

韓国は “ なぜ ” 反日か?
ttp://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html


485 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:51:16 ID:QlosJmwW0
>>447
それだと風俗でも、もてなそうだよ。
谷崎潤一郎の師匠すじの人だれだったかな。
おれは、耽美派は避けてたんだが、その人の随筆か何かにはいいことが書いてありそうなんだがな。
その人は、遊女にほれさせておいて、ころあいを見て姿を消すとか何とかの話だったはず。

486 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:51:34 ID:AUrPuL4h0
>>468
韓国人はグンクツが足りてないから警官とかやってたりします。
仲良くなったタクシーの運ちゃんと一緒にもなかを食べました。
彼は言ってました。「そろそろ徴兵やめちゃえばいいのに」

当事者は在日が知らないことを知っているw

487 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:51:53 ID:VNlQcR/oO
>>458
フランスは愛国教育を小学生からやってるよ?
フランスが軍国主義かい?
わたしたちは中・韓のように平気で侵略したりしないよ。
日本は礼を重んじます。

488 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:52:08 ID:J7wsedVd0
吉田松陰の「留魂録」とか、西郷隆盛の「西郷南洲遺訓」、勝海舟の「氷川清話」
大久保利通とかの明治維新の頃のもいいんだよなー

489 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:52:34 ID:MU3kx/8W0
>>479
ありがとう。
中国とか政治的問題はあるが、それで埋もれちまうのはもったいない。

490 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:52:46 ID:oLNS1qzm0
俺が幸せならどうでもいいや

491 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:53:16 ID:DfQl8kS7O
>>477
国家や歴史を蔑ろにして、どうして日本人は「日本人」であり続けられるんだ?

492 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:53:28 ID:VRoun83P0
日本の文化と言うが、
大体、日本人なら皆剣道やってないとダメなのか???
日本人なら、皆武士道精神じゃないとダメなのか???
でも、お前らが日本人なら、大半の先祖は武士じゃないぞwwwww

日本の文化と言えば、ワビサビだが、
お前らほんとにワビサビ知ってんのか???
ありえないね。
どう考えても、ヤンキー並の下品ささらしてる。
なにかっていうと、お前らの嫌いな韓国の火病とやら並に癇癪起してるんだからwww
ワビもサビもないだろwwww

そういう日本の文化の何も知らないバカウヨが、
フンガーッ!!!って日本人の誇りだなんだ騒ぐんだからお笑いだなwww

493 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:54:03 ID:zyctJAom0
>>477
しっかりしてくれよ。
個人単位で拉致事件を解決しろっていうの。

494 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:54:41 ID:P1fXrhkm0
小学校で毎朝、全員が国歌を歌い、
すべての男子が2年間の徴兵に服し
「総合防衛」として市民の心理防衛(愛国心の高揚)に努め、
建国記念日には毎年、ポップス歌手が新しい愛国歌を歌い、
政府の記念式典のチケットがプラチナチケットと化す国、シンガポール。

経済と技術が高度に発展した平和国家として、また
東南アジアのリーダーとして信頼される国です。

495 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:54:52 ID:pT3gQa+00 ?
反日のくせに生活保護で生きている革命戦士wwwwwwww

496 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:55:02 ID:z9ZKL3ut0
>>492
おいおい、しっかりしてくれよ・・・

497 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:55:19 ID:xzROTNka0
>>492
なんかしらんが必死だな

498 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:55:53 ID:VGTe+wyQ0
兵庫県の中高は昔から、教師が日教組でも、教える内容は産経新聞並み。

499 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:55:57 ID:x49Ny5kp0
>>478
それは近代の西洋のはなしでしょ。
今の日本だと
右=変化、破壊、封建
左=維持、停滞、堕落
なんじゃないの?
戦争始めたのだって右か左かっていったら右なわけでしょ。
別に今のいきすぎた左向きがいいとはいわないけどさ。

500 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:57:00 ID:P1fXrhkm0
>>492
湯気でてるぞ頭からw

501 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:57:00 ID:5QaYtoUT0
>>498
ホントかよ、、

502 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:57:16 ID:J7wsedVd0
オレとしちゃやっぱ、太田牛一の「信長公記」を押したいなー
これ、信長の実像に迫る根底史料、第一級史料なんだよなー
小説としては面白くないかも知れない。
しかし数多ある信長小説の多くの逸話、エピソードはここから採られている。
信長が苛烈な人物であったこと、乗馬と鷹狩りをこよなく愛する心身強健な武人であったこと。
迷信などを信じない合理精神の持ち主であったこと。
苛烈ではあるが公正な裁きをしていた事。

色々、残虐な面と共に優しさや教養、威風堂々たる勇姿など、戦国武将の鑑の如き信長の姿を偲ぶ
事ができる。

503 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:57:26 ID:zyctJAom0
>>492
武士の求めていた倫理観美意識を見直そう
というのと
自分の先祖は武士ですというのとはでは
天と地ほど違いがある。

504 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:57:31 ID:6VzjCEsv0
<日本文化周知度テスト>

 平安時代以降、天皇の葬儀は仏式によって行われていたが、それが神式に
戻ったのは何時の御代からか?


505 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:58:59 ID:AUrPuL4h0
>>492
ちょwwwまてww
お前勝手にお前と「俺ら」に分けて話を展開してるぞ。

506 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:59:03 ID:tHLMSVfC0
>>483
全てを拒否するのはある意味潔いのでは?
遺産はマイナスよりプラスの方が多いんだから。

507 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:59:16 ID:5QaYtoUT0
>>499
極右と極左は本質的の同じものだよ
今は極左から中道保守左派にちょっと戻ってきてる程度

508 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:59:25 ID:DfQl8kS7O
>>488
身はたとえ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留めおかまし 大和魂

これは本当に心に響いたな………
確か、大東亜戦争の時の軍人の時世の句に、この松陰の句に似たものがあった気がする

509 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:59:53 ID:QlosJmwW0
>>477
おれは逆だと思う。
一民族で一国家を形成する方が理想だ。実際、国が民族ごとに分裂してるじゃん。
あと少数民族とか、自分たちの文化伝統を見直そうという動きがあって、
世界各地で、文化伝統を復活してるしね。

民族、国家を否定して、地球全体で一つの共同体になろうという考えもあるけど、
それはようするに、地球規模の超巨大国家、超巨大政府、超巨大権力機構を作ることで、
もしそういう超巨大な政府が暴走したら、誰も止められず、亡命するところもなく、
悲惨この上ない状況になると思われ

510 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 20:59:56 ID:VRoun83P0
>>503
じゃあ、君は、ちょっとしたミスでも、名誉のために切腹するのか???
すごいな。立派だよ。尊敬する。武士道ってそういうことだよ。
常に名誉の為に死の緊張感を持って生きるのが武士道だよ??

それを、現代に復活させるわけ???
苛烈なカルトだな。やっぱり異常だ。

511 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:00:20 ID:7IfPDkSg0
>>494
最悪な男性差別国家だな
女は徴兵されなくていいのかよ?

512 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:00:35 ID:P1fXrhkm0
>>499

右っていうのは、「保守」のことです。
良いモノを受け継いで、悪いモノをなくしていこうとするのが本当の保守だと思う。

戦争を始めたのが右側の人たちなのは確かだけど、
あの戦争は、破壊するためじゃなくて、守るために始めたんだよ。

513 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:00:38 ID:VNlQcR/oO
>>492
俺は書道やってた。
別にヒアノとかでもいいと思うよ。
にしてもあんた極端だね。
やっぱり知っているのと知らないとじゃ愛着とか違うし、いいところは真似ようとするでしょ?
>>1には自国の歴史や文化を知らない人が多いから教えようって書いてあるんだから、ヤンキーが自分を恥じて改めてくれればなおいいじゃん。

514 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:01:04 ID:AUrPuL4h0
>>504
>>平安時代以降、天皇の葬儀は仏式によって行われていたが、
まずこれをしらんかったww

515 :1000レスを目指す男:2006/02/20(月) 21:01:49 ID:h4XYnVR30
つーか、日本の文化とか言っても、自分の親父も、その親父も見たことないような、能とか歌舞伎とか勉強しても間抜けなだけだよな。
ありのままでいいんじゃないの。

516 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:02:22 ID:J7wsedVd0
>>508
そうだね。
あと、織田信長の好んだ、幸若舞の「敦盛」から

 人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり。
    一度生を得て滅せぬ者のあるべきか

もいいねぇ。そして信長の好んだ小唄から

 死のうは一定、しのび草には何をしよぞ、
    一定かたりをこすよの

とかも何だか信長の生き様が伺えて好きなんだよねー

517 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:02:27 ID:QlosJmwW0
>>510
死の緊張感を持って生きるのが武士道というのは正しいと思うが、
何かを理由に、すぐ腹を切るのが武士道とは言えないと思うよ。
それは逃げであって、名誉に傷がつくからね。

518 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:03:33 ID:ogGbQv1BO
小中で糞日教組の奴らにされた反日教育ですっかり日本が嫌いになってた。
美術系の高校で日本の美術や古典に触れて、いい国なんだと見なおした。世界史のサヨ教師がウソつくと生徒に論破されるような学校で、洗脳が溶けた。
日教組なんて丸めてマンギョンボンゴウに放り込んでしまえ!

519 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:04:08 ID:P1fXrhkm0
>>511
女が「参加したい」って言っても参加させてくれない制度なんだけど、男性差別?
わけわからんw

520 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:04:49 ID:QlosJmwW0
>>512
あの時代の右翼の思想は、社会主義だよ。
北一輝とかだって、○○社会主義という本を書いてて、青年将校とかそれに心酔してたんじゃなかった?
あとナチスも、正式名称は○○社会主義だったと思う。
社会主義って、左の思想でしょ。

521 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:05:19 ID:Z96lzpKt0
>>477
それは逆よ。

国際化がすすむほど、
日本の知識が必要になってくるのよ。
外国人が最初に興味をもってくれるのは、
あんたという個人よりも、日本人って事からだもの。


522 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:05:45 ID:J7wsedVd0
>>518
横山大観とか、日本画っていいなぁと思うんよ。

あと、安土桃山時代の雄渾な芸術もいいなぁ。狩野永徳とかの。

523 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:06:11 ID:xzROTNka0
右翼も左翼も基本的に国のことを考えてるのが前提じゃないのか

524 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:06:31 ID:P1fXrhkm0
とりあえずその場をおさめるために、自分にはない責任を敢えて負ってみたり、
自分は悪くないと思っているのに謝罪したりすることは、
本当に責任をとることとは程遠い。

525 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:06:35 ID:MU3kx/8W0
>>514
明治。

526 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:06:37 ID:zyctJAom0
>>510
見直すというのは
まねする復古するというのではない。
非キリスト教徒に倫理観はない、という意見に
そうじゃないんだという意味で新渡戸は武士道を持ち出した。
これは根も葉もない新渡戸の妄想
ではないと思うがね。

527 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:07:19 ID:UrEkw4RL0
別に戦争放棄した国でも、自国を守ると言う点で、自衛隊を置いた日本なわけで
自衛隊はプロとして、
それ以外の今の軟弱な男児は徴兵に行くべきかもな。

いざという事に防衛出来るようにさえ出来れば
あんなメチャメチャなアメリカに依存しなくても済むだろうし


話は変わるが、日本文化を学ぶ事は、高齢化で消えゆく伝統文化を復活させるいい機械かも。

528 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:08:10 ID:yWNATqNL0
日本の文化って、ヲタとワレズか?

529 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:09:08 ID:P1fXrhkm0
>>510

「葉隠」「朱子学」「陽明学」
少なくとも、これらの違いがなんとなくわかるぐらいでないと
武士道については語れないと思う。

530 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:09:30 ID:MU3kx/8W0
融合だろ。

531 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:09:30 ID:tHLMSVfC0
大事なことは日本人というブランドが自分の利益になるかどうかです。
同じ日本人同士の社会では、これは通用しないので、
今度は個人の自由と権利が優先するようになります。

532 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:09:38 ID:VRoun83P0
>>517
武士はすぐ腹を切ります。
式典の不手際でもすぐ切腹です。
場合によっては、遅刻程度でも切腹です。

日本人のリスクテイクの無さは、武士道に由来します。
ちょっとしたミスで切腹しなきゃならんので。
リスクを冒さずに、無難にこなそうとする日本人の習性は武士道由縁。
そして、敗者復活がないのも武士道由来。腹切るんだから復活しようが無い。
二度目のチャンスは絶対にない。

今の官僚が、ミスを認めたがらないのも武士道由来です。
官僚叩く自称愛国者が武士道崇拝するのは矛盾です。

おめでたい奴らだ。
武士道なんて百害あって一利なしだよ。

ていうか、そんなアナクロ神経では、
君たちの好きな日本は没落します。

戦後日本の発展>>>>日本成立以来戦前までの発展

これは武士道など、日本的価値観を捨てたから。
ちなみに、終身雇用は、日本的といわれているが、
日本の伝統的慣習じゃない。江戸時代も明治日本も、
今よりももっと転職が普通だったんだからな。

まあ、そんなこともわからないだろうけど、バカウヨは。

533 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:09:54 ID:DfQl8kS7O
>>516
良いね良いね
この儚さは日本人に象徴される美しさだな


でも「一度生をうけ」じゃなかったか?

534 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:10:23 ID:db19c03j0
国際的には世界史は重要だと思うが、
社会はもちろん、国語の一部とかとまぜこぜにして、
小学校低学年から教えないと、
日本史世界史両方覚えることができねんじゃね?
量が多すぎる。


535 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:11:04 ID:6VzjCEsv0
<日本文化周知度テスト>

 時代劇でよく取り上げられる次の人物のうち、実在しなかった者は誰か?

 @遠山金四郎
 A長谷川平蔵
 B柳生十兵衛
 C水戸黄門
 D聖徳太子
 E大岡越前
 F北条政子
 G牛若丸
 

536 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:11:33 ID:tHLMSVfC0
>>532
イイこと書くなあ。もっと読みたい。

537 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:11:37 ID:VNlQcR/oO
>>532のさすバカウヨというのが、どういったものかわかりません。

538 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:11:44 ID:RMhCoVyO0
兵庫でそんなこと言われても信用できんな。
組合活動優先で自習ばっかりの学校もあるというのに。

539 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:12:54 ID:uFsl5tpD0
>>504
は明治時代で
535は長谷川平蔵?

540 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:13:08 ID:bBYjR2Ow0
最近は若者も無条件に日本批判はやらなくなったよ。
意外と日本は結構凄い国だって思ってる奴らが多い。
ただ、肝心の知識がない気がする。
天皇についての知識とか、ああいうのを教えないと。

541 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:13:13 ID:MU3kx/8W0
柳生

542 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:13:22 ID:dfy8VEzg0
国が荒んでくると国粋主義に傾くんだよね。
何でなんだろう?
未来に希望が持てないから過去を振り返って歴史が大事に思えちゃうのかな。
歴史が大事じゃないとはいわないけどさ。
単なる解釈の問題でどうとでも作れるファンタジーに思えるんだよね。
声の大きな仮説がその時々の定説になってるだけでいつまでも証明されないっていうか。
こないだの戦争だって侵略っていう面と植民地支配の防衛っていう面と両面あったんじゃないの。
歴史をどっちか一色に塗り込めようとするからおかしくなるんじゃないの。

543 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:14:23 ID:IEPvMsG8O
武士道云々難しい議論をするよりも、すぐに『欧米は…』という例え話をする日本人の悪癖をなおすべき。

544 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:14:26 ID:8YDXvM6T0
コレ読むと、日本人としての誇りを取り戻します。

【世界の偉人たちが贈る日本賛辞の至言33撰】
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4341083007/503-1228248-3200712


545 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:14:35 ID:QlosJmwW0
>>532
足利尊氏は、戦に負けても、負けても、生き抜いて再チャレンジを繰り返してるよ。
西南戦争でも、熊本城を鎧袖一触で落とすといいつつ、落とせず、
負け続けても、桐野は腹を切らなかったみたいだな。


546 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:15:11 ID:Sy48BrrE0
ここ、無知な人多すぎ
無知は罪ですよ

自分の目で見て、自分の耳で聞け そして自分で考えろ
人の話、マスコミの言うことなんか軽く受け流せ 全部疑っとけ
宗教とかもそうだけど、いくら内側から見てもその全容は見えてこない
外側から見て初めて全体が見えてくるもんだ

547 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:15:24 ID:9TrKv5Ne0
>>532
もともと武士道のカケラもない極東3バカ国は
日本よりはるかに官僚はミスを認めないけどwww

それは、どー説明するの?バカサヨ君www

548 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:15:47 ID:C7I+mfOpO
こんなこと、我が母校は6〜7年前からやってる

549 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:16:16 ID:J7wsedVd0
まー宮本武蔵の五輪之書でも読めよ。

550 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:16:27 ID:DCZIWd2p0
教えられてわかったような気になる歴史なんていらねーな。
どうせ学校なんて
生きるためにはクソの役にもたたねー嘘っぱちの知識を詰め込むだけのとこだしな。

子供の知育には教育からとか言って、いまの腐りきった大人から
教えてもらいたいことなんか何にもないよ。

551 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:16:33 ID:6Td7XvDJ0
日本人が日本のことを知らないってのはギャグ以外の何者でもないからな。
高校とは言わず、小学校くらいから積極的に日本の文化について教育するべきだね。
国際社会に出しても恥ずかしくない人間を育てるためには必須だと思うのだが。

552 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:17:04 ID:Ghbj8AtL0

  Λ_Λ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <丶`∀´> <  ウリたちが日本に原爆を落としたニダ
 (    )  │  思い知ったニカ
 | | |   \__________
 〈_フ__フ
http://newsstation.info/up/img/ns5295.jpg
韓国は"なぜ"反日か?
http://newsstation.info/jump/to.php?id=106

553 :1000レスを目指す男:2006/02/20(月) 21:17:15 ID:h4XYnVR30
つーか、日本歴史というより、自分の家族の歴史でも勉強しろよ。
百姓の癖に武士道とは少子千万。

554 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:17:29 ID:xzROTNka0
つーか大学でも日本の文化についての授業が普通にあったな
複数のテーマがあって選択式だった

555 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:17:30 ID:+uY042nT0
まあ大阪民国(デーハンミングック)の植民地だしな
あんまり外国の言うことに口出すのはよくない


556 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:18:21 ID:7zm3668J0
>>545
石田三成の最期、カッコ良いと思う

557 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:18:24 ID:DfQl8kS7O
>>539
平蔵は実在w

558 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:18:47 ID:6VzjCEsv0
<答え>

 504=孝明天皇(明治天皇の父君)
 535=全部実在の人物


559 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:18:48 ID:9TrKv5Ne0
>>542
>国が荒んでくると国粋主義に傾くんだよね。

極東3バカ国は有史以来、荒みっぱなしってことかwww

560 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:19:17 ID:MU3kx/8W0
調べたりすると面白いぞ>歴史

561 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:19:21 ID:J7wsedVd0
>>556
弁慶の立ち往生も壮烈だぞ。

562 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:19:54 ID:uFsl5tpD0
>>558
504惜しかった!535ズルス

563 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:20:11 ID:iqsol4zY0
日本人が誇りを持つこと自体に反対の勢力があるみたいだね。

564 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:21:07 ID:Fb95L+b3O
富山では既知害ハウス農家が補助金もらって大喜び

565 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:21:44 ID:VRoun83P0
ID:9TrKv5Ne0は典型的なバカウヨだな。
誰も、北東アジア三国の話なんかしていない。

いちいち引き合いに出すところに、
バカウヨが、以下にコンプレックス持っているかがわかる。
他所はどうであろうが、日本ではそうなんだから、仕方が無い。

566 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:22:02 ID:J7wsedVd0
>>563
そうした勢力に対する免疫を付け、正しく生きる為にも日本の文化を知るのはいいよ。

567 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:22:05 ID:ZCWUhWR40
>>552
チョンってやっぱ頭おかしいな



568 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:23:15 ID:off6V1/s0
>>244
うまいこと言うなぁ。

569 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:23:20 ID:QlosJmwW0
>>556
そうそう。あれはカッコいい。
あと、そのエピソードを語り伝えていることも重要かもしれん。
三成に共感した人も多かったんだろうな。

570 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:23:36 ID:DCZIWd2p0
ウヨだのサヨだの声高に叫ぶことこそみっともないって誰か教えてやれ。

571 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:24:04 ID:J7wsedVd0

 金谷に花を詠じ、栄花は先って無常の風に誘はる、南楼の月を弄ぶ輩も、
  月に先って有為の雲にかくれり、人間五十年、下天の内を比ぶれば、
   夢幻の如くなり、一度生を享け、滅せぬもののあるべきか

572 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:25:29 ID:DfQl8kS7O
結構毛だらけ 猫灰だらけ お尻の周りは糞だらけ

573 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:25:58 ID:MU3kx/8W0
胡散臭いんだよな・・・>誇り
俺は静かに探求するんで。

574 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:26:30 ID:+uY042nT0
>565


おやおや、もう論に困り、はやレッテル貼りですか
もうちょっと頑張ってくださいよ
それじゃいつまでたっても世界同時革命なんて起せませんよwwww



575 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:27:51 ID:zyctJAom0
>>565
3馬鹿のことに触れるのは当然。
今日本は3馬鹿は違うんだと強く世界に主張しないと
将来の支那の混乱に巻き込まれてしまう。

576 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:28:10 ID:xzROTNka0
まぁ人に言われてどうこうってもんじゃないよな
こういうのは自分の内側から沸きあがってくるものだ

そうあろうとするか否かは別として自分の国のことについて知っておくのは重要だろう

577 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:28:52 ID:J7wsedVd0
「平家物語」 巻第九 4.木曽の最期

の、今井兼平の最期は壮烈だよなー
これが武士の死に様、という死に方だ。
ちょっと真似できんなー
というかよい子は真似しちゃダメ。

578 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:29:48 ID:8YDXvM6T0
「もし日本人が(中略)、あちらのすべてを真似しようというのであれば
その時は、その時は、日本よ、さようならである」
ドイツの医師、ベルツの言葉です。

579 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:30:13 ID:SsVnU3nL0
 ナチスの思想は全体主義で、少数の個人の権利よりも国家全体の利益を優先
する主義主張。
 今の日本も、どちらかと言うと全体主義的な方向に行ってる。「日本全体の
ため」とか言ってる小泉首相に共感しているのだから。
 あと、20世紀の共産主義も全体主義で、その点では北朝鮮もソ連も中国も
北朝鮮も同様。実は、ナチズムもソ連式共産主義も似てるって言えば似てる。
一時両者は同盟してたし。ナチスドイツも「何ヵ年計画」とかやってた。

 実は、「共産主義」というのは、社会の経済の形態を表す言葉で、政治形態
の用語じゃないんだけど、その辺は日本ではごっちゃになってるかなあ。
 「共産主義」は「資本主義」と相反する言葉で、「社会主義」はその中間あ
たりの形態。
 また、「全体主義」は「民主主義」と相反する。全体主義は国家の利益を優先
するのに対し、「民主主義」は国民個人個人の利益を優先する。

 「日本人としての誇りを持とう」という教育は、全体主義の方向を強化する
教育である事は確かかな。
 民主主義は個人を重視するので、国家という枠組みは薄くなる。それに逆らう
動きである事は確か。


 まあ、しかし「日本人の誇り」とか言うなら、海外にバンバン工場を移す
大企業はどうなのかなあ。連中が一番「日本をないがしろにしている」気は
するんだけど。日本の誇りが重要ならば、日本人をちゃんと雇用しろよ。

580 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:30:13 ID:KjwUP8y00
誇りってなんぞや
ウルティマで誇り高いのは徳ではないっていってなかったっけ?
くだらないガキが人のふんどしでえばるのは勘弁

581 :米沢市民:2006/02/20(月) 21:32:47 ID:KjwUP8y00
>>36
うちのかげかつがなんかしましたか?

582 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:33:08 ID:+uY042nT0
  革マル派の松崎明 

  逮捕は間近か

 日本生活問題研究所が発行する「日生研レポート」春季号に、

 「松崎明氏の逮捕は時間の問題」

 という記事が掲載されている。又、警視庁公安部は革マル派を北朝鮮とも連動
したテロ組織と位置付けているという。

松崎明
 JR内の労働組合はJR連合(約43%)、JR総連(約42%)、国労
(約14%)で連合と総連が拮抗している。その総連の最大組織・JR東労組
の最高実力者が極左テロ集団、革マル派のナンバー2・松崎明(写真右)だ。

 「鬼の動労」を引っ張り、自らも鬼と称する活動家だが、国鉄民営化に際して
経営陣に寝返り、以後歴代のJR首脳と密着してJR東日本を裏で支配してきた。

 JR東日本経営陣の中でも、副社長、社長を歴任した松田昌士会長は松崎を
「国鉄改革の最大の功労者」と高く評価した。

 更に革マル派のJR支配を許したのは警察官僚。

 故秦野章元警視総監、
 柴田善憲元警察庁警備局長

 は組織的に「革マル隠し」を行った。

 現在、松崎の所在は不明だ。

583 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:34:01 ID:J7wsedVd0
「平家物語」 巻第四 12. 橋合戦

はカッチョいいアクション・シーンだよなー
平家方が射ってくる矢を僧兵が高い矢は屈んで避け、低い矢は跳んで避け、
中程の矢は薙刀で叩き落とす。しまいにゃ平家方も喝采する始末。
カコイイ。
壮絶な血戦で有りながら、どこかスポーツのような清々しささえある。

584 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:34:18 ID:AUrPuL4h0
日本とは、
ムスリムはムスリムのまま、ユダヤ人はユダヤ
人のままで豚骨ラーメンを仲良くすすれる国だ。

585 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:34:33 ID:xzROTNka0
>>580
そういうのは誇りじゃなくて驕りな気がする

586 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:34:33 ID:9TrKv5Ne0
>>565
>バカウヨが、以下にコンプレックス持っているかがわかる。

漢字の使い方も知らずに、コンプレックスとはwww
日本語の勉強もしてねwww

587 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:35:09 ID:DfQl8kS7O
三千世界の烏を殺し 主と朝寝がしてみたい
これも好きだな

588 :1000レスを目指す男:2006/02/20(月) 21:35:17 ID:h4XYnVR30
>>580
そういやそうだな。
万人に価値があるものでなければ、本当の誇りには繋がらないだろう。
ところで、ウルティマって誰?

589 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:36:17 ID:+uY042nT0
>566
>バカウヨが、以下にコンプレックス持っているかがわかる。

以下の続きマダ〜〜〜?チンチン


590 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:36:40 ID:5cI6wKED0
他人に迷惑をかけて平気でいる若いもんも日本人が
どれだけ凄い歴史・文化・精神をもっていたかを教わっていれば
己を律するということ自然に身に付けていたんじゃないだろうか。

591 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:38:13 ID:J7wsedVd0
「平家物語」 巻第十一 5.那須与一

は何と言ってもハイライトの一つだねー
ここには滅亡していく平家の悲劇があり、しかし死ぬまで捨てきれない雅があり、
源氏の名誉を賭けた一矢を放つ与一の悲壮な覚悟と晴れがましさがあり、
もののあはれ、無常、武人の誉れが格調高く一幅の名画のように展開する。
名作だよやっぱ。

592 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:38:52 ID:AUrPuL4h0
>>590
若いうちは昔の偉い人も馬鹿。

でもこれは福音だな。
誰でも死ぬまでそのままって事は絶対ではないのよ。

593 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:39:50 ID:QlosJmwW0
クンタキンテは、奴隷承認につかまってアメリカにつれてこられても、
胸を張って「誇り高きマンディンカの戦死、クンタキンテ」って自己紹介してるんだよな。

おれはこういうのは良いと思うのだが、
誇りを持つことに否定的な人って、他人が胸を張ることからして許せないという性格なの。

594 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:40:37 ID:MU3kx/8W0
胡散臭い。
つーか恥ずかしい。

595 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:41:32 ID:J7wsedVd0
能の奥義書、世阿弥の「風姿花伝」より

   秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず

はぁ〜・・これぞ日本の心よノー

596 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:42:56 ID:DfQl8kS7O
>>591
確かその一場面を、NHK教育放送の「にほんごであそぼ」で、野村萬斎が演じていたな

597 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:43:31 ID:AUrPuL4h0
>>595
深いな。
おれはチラリズムまでしか理解できないな。

598 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/20(月) 21:44:00 ID:YRJ6mV6X0
一部のプロ市民以外では、多かれ少なかれ日本人としての誇りくらいあると思うのだが・・・
今日日の高校生って、日本人としての誇りがないの?

599 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:44:55 ID:tHLMSVfC0
>>579
企業は基本的に商人ですから。
日本は資本主義国で国家経済は主に企業活動に頼っている。
商人頼りの国となると、民族の誇りは後回しになりがちだろう。

ただし今日の日本企業があるのは日本人と日本国のバックアップあればこそ、
というのも事実なので、そこのところは忘れてもらっちゃ困るわけです。

ま、過去の恩など忘れ去られてしまうので、ここら辺りで日本のありがたさを各企業に
再確認させる活動が必要なんだろうねえ。

600 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:45:58 ID:MU3kx/8W0
あんまり誇示するもんじゃないと思ってるので。

601 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:47:07 ID:J7wsedVd0
『風姿花伝』 世阿弥

”第五”より。
 ことさらこの芸、その風を継ぐといへども、自力より出づるふるまひあれば、
 語にも及び難し。その風を得て、心より心に伝ふる花なれば、『風姿花伝』と名づく。

 (先人からの芸の風姿を継承しつつ、心から心へと言葉を超越して伝授していく
 「花」が大切だという意味合いで『風姿花伝』と名付けるのである。)


602 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:47:10 ID:TjD0LSwO0
>>598
日本人が日本文化に親しむ右傾化とか軍国化とか騒ぐ奴らのせいで
今の教育の世界は滅茶苦茶。

603 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:47:49 ID:tHLMSVfC0
>>596
字幕も解説も無かった。子供に理解できるとは思わんな。

604 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:48:14 ID:HHEXw9c90
>>44
恐ろしく気軽にサンゴに落書きしたらどうするんだ

605 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:48:47 ID:QlosJmwW0
>>579
個人の利益と、社会全体の利益はどちらを優先すればよいという簡単な問題じゃないからなぁ。
国家無くして、国民の生命・安全を維持できないし、
国民無くして、国家は無いしな。




606 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:49:00 ID:u6gIlFVt0
>>584
カンドーした


607 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:49:32 ID:off6V1/s0
>>605
国家の利益は手段であり、目的ではないと思うんだが

608 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:49:49 ID:MPKhlELv0
>>585
誇りと驕りは紙一重。英語ではどちらも同じだし。

609 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:49:54 ID:qLRclA1d0
>>1
せっかく、こんな科目作っても、教えられる教師がいないだろ。
教師って、反日馬鹿サヨクが多いんでしょ?


610 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:51:13 ID:AUrPuL4h0
>>598
公共心と照れの感情とリンクしてる人が日本人には多い。
だから愛国心というキーワードを否定してる愛国者は多い。
そこに個人主義者混入、現在の有様なのではないかと思うw
>>599
そこで商道徳ですよ。
住友の創始者が説いたんじゃなかったっけか。

611 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:51:16 ID:6PfTBk8K0
>>602
日教組が弱くなった今ではウヨ教師がゴロゴロしているわけだが。

612 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/02/20(月) 21:51:31 ID:YRJ6mV6X0
>>602
それって、プロ市民並みに偏った意見だぞ。
いくら日本人だって、そんなに馬鹿ではないのだが。

613 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:52:07 ID:KjwUP8y00
自分に自信があれば誇りなんてほっといてもついてくる
身内が偉いから、所属団体が偉いから、なんてものは驕り以外の何物でもない

614 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:52:22 ID:RbzOJtXB0
今日は夕方のニュースで裸祭りを堪能した。
日本の文化というなら、あれはぜひ体験すべきだな。


615 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:53:10 ID:BuVoaeQT0
新渡戸稲造が「武士道」でデッチアゲタ武士像より、
津田左右吉や折口信夫によって観察された武士像のほうが、
新渡戸なんかよりは遥かに歴史的には忠実らしいね。


616 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:53:57 ID:isGlU0RF0
根本的な問題として日本は近代史を教えていないからね。
しかも戦前と戦後で歴史観が分断されているし、自虐史観だし。

それに、よく「愛国心は愚か者の最後の拠り所」とか言うだろ。
否定的に使われる警句だが、本当は肯定的に捉えるべきじゃないかと。
言ってる意味は「信仰心は愚か者の…」というのと同じだから。
異様な自殺率の高さは正常な愛国心が醸成されていないからだと思う。

617 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:54:05 ID:6PfTBk8K0
>>613
驕りとすら言えん気がする。
虚勢というか虎の威を借る狐というか。。。

618 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:54:34 ID:AUrPuL4h0
>>606
元ネタがコピペなんだが、妙に感心した記憶がある。

・敬虔なユダヤ教徒のおっちゃん(イスラエルのエリート)
・敬虔なイスラム教徒のお兄さん(パレスチナから某国経由で某国籍getした元苦学生)
そしてふたりは仲良し。
ユ/兄ちゃんみたいな人ばっかやったら、わしら戦争せんで済んだやろな
イ/難しいです。でも、今のような泥沼はありませんでしたです
ユ/せやなー
イ/故郷に帰ったらもうお会いできないかも知れません、残念です
ユ/くやしぃなぁ、せやけど、これが神の定めたもうた運命なんかなぁ
イ/ここは日本ですから、仲良くしても誰も怒りません
ユ/せやねー。国に帰りとぉないわぁ、このまま日本にずっとおれたらええねんけどなー

 ずるずる。
 そして、ふたりと私は仲良く 豚 骨 ラ ー メ ン をすする。

ユ/おっちゃーん、すまんけどセアブラちょいと足してんかー
イ/替え玉ひとつ、バリ固で
作者/・・・おまいら。国に帰れなくなっても知らんぞ?
ユ/ここは日本やからな(笑
イ/日本ですから(笑

 それが免罪符か!

619 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:54:43 ID:RbzOJtXB0
>>593
米軍の捕虜になった日本兵は日系人アメリカ兵との雑談に応じて
ぺらぺら日本軍の内情を喋りましたとさ。

620 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:55:27 ID:DfQl8kS7O
>>608
日本語には深みと云うものがある
言葉そのままの意味だけでなく、その裏にある感情を読み取るのが日本人の美徳でもあるよ

621 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:57:01 ID:xzROTNka0
>>620
つか日本語ってむずいよな?

622 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:57:13 ID:YtLGuO/u0
>>616
愚か者ではなく悪党・ごろつきだったはず。

623 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:57:42 ID:6VzjCEsv0
 弱体化した日教組が文科省と手を組んで始めたのがゆとり路線



624 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:58:03 ID:DfQl8kS7O
>>613
「自分個人の誇り」ではなく、「日本人としての誇り」だから難しい

625 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:59:14 ID:tHLMSVfC0
>>613
人間社会において全ての人が自信を持てるわけではない。そんなことはありえない。
セーフティネット的な意味で、万人に共通の最低限の自信のモトを国家が用意して
あげることは社会の安定維持や個人が伸び伸びと暮らす上で有効なものだと思う。

626 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:59:18 ID:AUrPuL4h0
>>619
おれは個人主義も全体主義も糞くらえだ。
個人の力は常に無力だし、行き過ぎた標準化は人の可能性を縛る。
おれは例えば戦争を取り戻すべきだと思う。戦士同士で戦える戦争な。
そして戦場では停戦のラッパがなったら敵と酒を飲んで歌うべきだと思う。
そのあとまた殺し合い。だって人間は喧嘩をする動物だもの。
人生の悲しさを当り前に受け入れられる強い侍にならなりたい。

もしくは人間を卒業して地球市民になれる新生命体でも目指すかww

627 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:59:20 ID:YtLGuO/u0
>>620
>日本語には深みと云うものがある
>言葉そのままの意味だけでなく、その裏にある感情を読み取るのが日本人の美徳でもあるよ
んなもん多くの国にあるもんで日本特有のもんではないんだが。他の国以上に重視する傾向はあるにしても。
こういうのこそ「驕り」だなw

628 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 21:59:21 ID:5cI6wKED0
>>608
誇る=to be proud of
驕る=to be arrogant

じゃないの?

629 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:01:35 ID:OJsGRb6L0
和を持って、尊しとす

でも、今の時代じゃ世界に飲まれてしまうよな。

いっそ鎖国でもしちゃえ

630 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:01:47 ID:YtLGuO/u0
>>628
七つの大罪の一つはPride

631 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:03:05 ID:DfQl8kS7O
>>621
だよな

何かで読んだんだが、外国人(確か欧米人)と日本人が居て、外国人が「喉が渇いたわ」って言ったら、日本人が飲み物を持ってきてくれたと云う話で、外国人からしてみれば「催促した訳ではないのに…」って感じだったらしい
でも妙に理解出来る話だったな

632 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:03:26 ID:+uY042nT0
>619
生きて虜囚の辱めをうけず、で思考停止して秘密保持の術を全然訓練してなかたからな
基本的に人がいいから、鬼畜と教えららえていた相手が意外にいいヤツだと認識すると
かえって親切になってしまう日本人の性格がでてしまったんだろな


633 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:03:42 ID:qlHgZfeP0
ようこそノーモア「君が代」の掲示板へ
http://geocities.yahoo.co.jp/gb/sign_view?member=yt0342346

ノーモア「君が代」のホームページ
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3614/

634 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:03:47 ID:6Td7XvDJ0
>>629
世界に飲まれないように
確固たる個性を構築する1つの要素として
自国に対する理解を深める必要があるのでは?

635 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:05:35 ID:pa1DOxV/0
世間に叩かれすぎて、ほこりも出ませんが。
それよか、永田町の大人を誰か叩きまくってくれよ。

636 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:05:55 ID:+uY042nT0
ゆとり教育推進の中心人物は文部官僚の寺脇健
学生時代は全共闘で結構、暴れてたそうだ
どうりでサヨマスゴミはゆとり教育は叩いても
中心人物はたたかないわけだな

637 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:06:54 ID:DfQl8kS7O
>>627
いや、他の国の言葉にそんなに詳しい訳じゃないし
それに今は日本語の話をしただけだ
まあお前が裏の裏を読んだ、と言えばそれまでだがw

638 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:08:35 ID:H/CPBkir0
外に出た時に『日本人として恥ずかしく無い振る舞いをしよう』と
いう自覚を持つことが、外に出て変な行動を起こさせない抑止力になると、
どこかで読んだ。

639 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:10:57 ID:tHLMSVfC0
>>629
もともと聖徳太子の意図は「日本人は中国に対抗するために団結しなくてはならない」
ということだとか。

640 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:12:46 ID:BuVoaeQT0
なんかさあ、ヤマトタケルって、結構、小ズルイやつだよね。

女装して宴会に潜り込んで、色仕掛けでクマソタケル兄弟に近づいて刺し殺したり、
友人になったふりして、用意した木刀とイヅモタケルの真剣をスリカエテ、
剣術の試合に誘って殺しちゃうとか。
騙まし討ちばっかりw


641 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:13:32 ID:tHLMSVfC0
>>640
それが日本人の精神

642 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:17:31 ID:FBf+30Xc0
「愛国心のために戦うという考え方は、国家成立以前の集団の考え方と
根底から異なる。われわれがこのことに理解が及ばないのは、学校や
教会や政府によって、愛国心の偉大さを頭に叩き込まれているからである。
その証拠にどの国家にも、必要とあらば国のために市民に命を捧げさせる
スローガンがある・・・英国では『祖国と王のために』、スペインでは『神と
スペインの名において』である

(ジャレド・ダイアモンド著 「銃・病原菌・鉄」(下巻109頁))

愛国心というのは世界的に見てもかなり普遍的なものだと思える。
日本みたいに愛国心を土足で踏みつけて笑っている国というのは、
実はかなり特殊な部類かもしれないと思う今日この頃。

「愛国心なんて関係ありません。だってボクは地球市民だから」
これでは世界のどこで仕事しても笑い者かつまはじきかも知れんなぁ。

643 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:18:53 ID:k9b+M4ULO
>>640
ガチの勝負に綺麗ごとはいらん



644 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:22:42 ID:BTXgMSex0
昔話の善玉って結構卑怯でズルイ。
善玉は常に正々堂々って結構最近の風潮じゃないのかな。

645 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:24:16 ID:MU3kx/8W0
ぶっちゃけ愛国と言うオナニーにしか見えんのよ。

646 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:25:25 ID:BTXgMSex0
>>645
オナニーの何が悪い。よその国と結婚する予定でもあるのか?

647 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:25:53 ID:tHLMSVfC0
オナニーは気持ちいい。

648 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:26:04 ID:TKfTMCch0
>>645
そういう事を言うのは愛国無罪のレベルになってからでいいんじゃね?
現状だと未だ自虐まっしぐらでそ。
ちょっと中道になろうかという程度でこの騒ぎ。

649 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:26:35 ID:+uY042nT0
まあ世界中の国は学校で一所懸命オナニー教えてるという理屈だな


650 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:28:23 ID:tHLMSVfC0
他国からチヤホヤされればいいってのか?
それじゃあ他国の顔色を窺って生きろというのか。


651 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:29:06 ID:MU3kx/8W0
悪くないけど恥ずかしいだろう・・・誇りつーけど。
外交系のニュース見ると現実はボコボコだぜ?

652 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:29:30 ID:DfQl8kS7O
>>646
上手い事言うなw

653 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:30:04 ID:6dRKL7BH0
俺も民族教育よりも地球市民教育の方が重要だと思う。
民族なんて幻想に過ぎないんだから、これか

654 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:32:57 ID:DfQl8kS7O
>>653
幻想って結構大事だぞ
歴史を学ぶ上で、日本国の神聖さを理解し得るか否かは、その幻想にかかっている
目に見えない何かは必ず存在しているからな


655 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:34:23 ID:tHLMSVfC0
>>651
だからオナニーが必要なんだろ。
日本は素晴らしいって考え方と同じくらい、日本はダメだ、最悪って考え方もある。
2chを見れば毎日のように「日本は滅亡する」みたいな書き込みがある。
何でもいいけどとにかく日本人に人生を投げ出されちゃあ困るわけよ。
だからさも素晴らしいように宣伝せざるを得ないんだろう。

656 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:36:05 ID:FBf+30Xc0
一回戦争に負けて、占領政策で洗脳されまくり、やっつけ仕事の憲法を
ありがたく頂戴して、愛国心も国体もかなぐり捨てて今じゃ地球市民か。

情けねー。

657 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:36:28 ID:tHLMSVfC0
宇宙人が攻めてくれば俺も地球市民になれるかもしれん。

658 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:38:57 ID:tHLMSVfC0
1回戦争に負けたくらいでクヨクヨしすぎなんだよ。挫折の経験が足りないとしか思えん。
もちろん日本国千数百年の歴史始まって以来の大失態だけどさ。

659 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:40:31 ID:W2Ea155h0

アカの登場まだ〜

ブサヨの登場まだ〜

日教組の登場まだ〜

待ちくたびれた〜

660 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:41:41 ID:BuVoaeQT0

水面に映った自らの姿に恋焦がれてしまったナルッキソスは、
その美しい姿に見とれたまま食事もせず、やがてやせ細って死んでしまいましたとさ。

後には水仙の花が咲きましたとさ。


661 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:44:48 ID:QPJNFStf0
永きにわたる日本の多様なショタ文化を、しっかりみっちり教えるのだろうな。
それを教えなかったら許さんぞ。

662 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:45:38 ID:qrk0UXu2O
てす

663 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:45:46 ID:BuVoaeQT0
で、北一輝や三島由紀夫は、
学校教育を媒介にして愛国心を植え付けるような行為は邪道、
だと言って反対していたんだってね。


664 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:48:09 ID:MU3kx/8W0
イスラムとかみたいにならないよう程ほどにしといた方が良い。
ありゃあ悲惨すぎるぞ。

665 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:49:26 ID:6dRKL7BH0
>>663
その考えには同感だ。
今この日本を動かしている大人たちに魅力があれば、子供たちも愛国心を
持つようになると思うけど。

日本の保守と革新、そのどちらも日本を愛しているように思えないからね。
私利私欲、党利党略。これだけでしょ。

666 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 22:51:03 ID:7PS83ooh0
三国志とか戦国時代ヲタとかモテない条件の筆頭だよな

667 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 23:35:17 ID:5zUscart0
日本人の過半数が「このままじゃいけない」と思った事が一瞬だけあった
日本新党の細川政権
でも官僚の抵抗で潰され、殿は逃亡
不況に喘ぐ日本人は日本の未来より目先きの安定を求めて、自民崇拝に戻った
おそらくは滅亡までこのまま

痛い治療より安らかな死を選んだ

668 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 23:57:59 ID:hRV0YMGH0
また現場の教員からの意見を聞かないトップダウンですか。

669 :名無しさん@6周年:2006/02/20(月) 23:59:37 ID:byXHgkA+0
誇りワロス

670 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:06:24 ID:NkQJDI2t0
>>642
その文章を読んで「愛国心とは普遍的に素晴らしいものである」って感じるようなら
愛国心よりも先に国語を学校で教えてもらった方がいいな。

671 : :2006/02/21(火) 00:07:49 ID:kQl1VOjQ0
中学校で十分理解力有るから
日露戦争しっかり教えろ。

開戦理由、水師営の会見、黒木将軍の勇気
立見尚文中将の人生、児玉源太郎少将のさわやかさ
泣けるぞ。

原哲夫のマンガ以上に漢だぞ

672 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:08:45 ID:Dr5Gl1Ml0
国際戦略論と世界戦史をラインナップに追加すべきだ。

673 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:10:35 ID:8bndvKvm0
鉄骨の数を減らすようなオトナ、それをごまかすようなオトナが減れば、子どもたちも日本人であることに誇りを持つと思います。

674 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:13:43 ID:T9nrKIyF0
>>670

誰も「素晴らしいもの」だなどとは一言も言っていないわけだが。
人類みなゲスならゲスも普遍的だろ、って意味だよ。

675 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:20:41 ID:0STnnAXQ0
世界は日本の味方であることを心に刻んで行動しましょう。

「日本は世界で最も好影響を与える友好国家。
支那は世界で大きな悪影響を与える孤立国家。」

世界三十三カ国四万人に対する世界世論調査(世界の機関がBBC(英放送協会)の依頼で実施)
によると、 世界にもっとも好影響を与えている国は日本だという結果が出た。

詳しくは、http://www.globescan.com/news_archives/bbcpoll06-3.html
これにより、朝日などの反日工作機関のいう日本孤立論がスパイ工作活動
だということが判明しました。


676 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:22:25 ID:FipMgk1/0
修学旅行がニュージーランドとかわけわからない。

677 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:22:45 ID:E0JKRBe30
でも、内容によるよな。

678 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:22:55 ID:bigcTJEd0
今の中学の歴史では、秀吉の朝鮮出兵について、加藤清正を教えず、李ナントカの方を教えるらしいからな。


679 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:28:18 ID:BwvU/xDUO
>>678
そういえば自分も中学高校と、加藤清正習わなかったな

中学の時新選組はやったのに……

680 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:28:19 ID:G0424eN40
2ちゃんあたりの正統的日本人気取りの連中くんだりなんぞより、
よほど日本文化への造詣が深いブロガーの日記

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060220


681 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:28:33 ID:AxS+AACDO
最近の大人はよく子供を殺すから愛国心なんて持てないよ。

682 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:49:38 ID:sx4QkxPX0
誇りを育てると言うより、日本人を育てていくべきだよね。
本当、誇りを持たせるだけで終わりってのはやめたほうがいい。

683 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 00:59:41 ID:R3wRsfbS0
>>663
>>665
そういうこと

アホな「平和教育」なんぞやめてもらいたいよ
「平和」に魅力があれば、別に教育で洗脳する必要なんかない
こんな売国心を植えつける行為は、邪道未満の畜生道だよ

684 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:00:26 ID:racCvwkq0
ふぁびょーん

685 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:11:06 ID:RWuvH5Ci0
政府が愛国心を教えるようになったら危険水域だな
私心にまみれた現体制の受益者が、幕末の志士を奮い立たせたような
愛国心≒愛体制心を教えるかね?

まず国会議員を教育しろ
ボケナス

686 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:13:50 ID:RWuvH5Ci0
んで、あれだ
小中高制には「その時 歴史が動いた」でも見せてろ
全部

687 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:14:00 ID:tt1BSL3C0
別にいいと思うけど、それよりも授業してくれた方が進学校の生徒や親は嬉しいだろうな。

688 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:16:31 ID:yz+DEgpv0
祖国、故郷ってのは自分の生きてきた環境、つまり人生の背景っていうか
それをいとしいとは思うけど
誰か偉い人のために死ぬ愛国心や人のふんどしに誇りを持つってのは違うんじゃないの?

689 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:18:30 ID:DmrXcSIN0
「日本人の誇り」というより

西洋の毛唐やチュンチョンに日本のことを説明しなければいけないときに
説明できない、
言語上の問題もあるが、説明すべき内容を知らない、という状態にして
日本には説明する価値のあるものは何一つないとか、
そんなことより日本人として謝罪し
地球市民として平和の歌を歌おうというお馬鹿なことを刷り込んでしまったということを
どいた過去の地元兵庫の文教人は反省しないといけない。

690 :大阪人 ◆zCu.5JLPJA :2006/02/21(火) 01:23:34 ID:qLZ867fU0
これは良いニュースだね、日本にはすばらしい伝統と文化が沢山あるから
それを知ることで、日本人としての自覚と誇りは、自然に芽生えると思う、

>>683
そうそう、おまえたちの先祖は悪者だったんだ、と子供の頃から
嘘の自虐史観をたたき込まれれば、誰だって正常な判断ができなくなる
別に、昔のように神話を史実としたり愛国心を強調して教育する必要はない、
日本のすばらしさを知れば、愛国心は自然にわいてくる

試行錯誤の中から、国を作り上げた神代、平和を愛し雅を愛した平安時代
雄々しくも清廉潔白な武士の世、これだけ素晴らしい歴史を持つ国なんだから






691 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:32:10 ID:DmrXcSIN0
>>688
電気水道はあるとか
赤信号は止まるとか
警官の職質には協力するとか
子供は保護するとか
災害時には助け合うとか
義務教育は受けれるとか
基本的にはスーパーマーケットの商品表示は正しいとか
そんなことが
存在もしない世界政府や
あてにならない地球市民の善意で
成り立っているとは到底思えない。
偶然日本に生まれたので享受できているものを
チャンと教育しないと
放浪の旅行者としてイラクを訪ねて首を切られてしまう。


692 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:42:00 ID:G0424eN40
>>690

>平和を愛し雅を愛した平安時代

 東北のほうでは殺し合いの真っ最中でしたが、なにか?


>雄々しくも清廉潔白な武士の世

 謀略策略あたりまえが江戸以前までの武士の常ですが、なにか?
 「きりどり強盗は武士のならひ」とも言われていましたが、なにか?
 

693 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:42:38 ID:RWuvH5Ci0
大久保利通が廃藩置県を断行して大名から領地を奪ったとき
その大久保を取り立てた主君である薩摩藩主・島津久光はだな
怒りの余り家臣や家人に命じて何をするかと思えば
一晩中、花火を打ち上げ続けたんだぞ。戦や謀略の準備をするわけでもなく。

藩主としては我慢ならないが、それが公のために必要だってこと
久光わかってたんだな。すごいな久光。

でも、久光をそうさせた「公」を代表する権威は天皇だったんだな
すごいな天皇。

694 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:43:35 ID:pjW6zBn20
日本史を必須科目に戻したらいいだけの話やないの?

695 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:43:40 ID:vbXJkHwj0
台湾人が知ってる日本
http://myweb.hinet.net/home14/weijon/20040101/20040101.htm

このサイト閉鎖されたのかな?フラッシュは残ってるようだけど。。

696 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:45:45 ID:TceteYN1O
兵庫県の教師は結構右寄りが多いよ




うちの学校そうだし

697 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:46:58 ID:b1nZxrG+0


自国の歴史を隠蔽、捏造してるような国の子供に誇りなんぞ身につくハズが無いだろww






698 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:49:55 ID:AppldDt7O
日狂糞を 日本から無くすという訳だな。 素晴らしい。ゴミは半島かシナに逝けな。

699 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 01:54:55 ID:/3qc/3bs0
中学でやる内容。

700 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 02:02:58 ID:G0424eN40
昔の合戦って、敵の根拠地やその近辺とか、村ごと直ぐ焼き討ちだよな。
まるで中国軍だなw

701 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 02:08:22 ID:kksQG8oq0
食文化比較 アングロサクソンのメシを食べて日本食の素晴らしさを悟る

702 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 02:10:43 ID:j834h1F10
<1時間目>
 男子:ハラキリの授業
 女子:ゲイシャの授業

703 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 02:21:03 ID:XhR/f74K0
>>690
そりゃ貴族とか武士とか、上層階級の歴史だけじゃないかw

704 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 02:30:27 ID:7U5wVu610
俺が中学生だった当時は、歴史の授業は、第二次大戦あたりは
「日本がアメリカに負けますた。マッカーサーが来て、今の日本
憲法ができますた」程度で、後は卒業式の練習とかだったぞ?
今はどんな感じなんだ?


705 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 02:46:36 ID:R3wRsfbS0
>>703
ん?歴史ってそんなもんだろ?

現に今も戦後日本の「上層階級」であるGHQの侵略戦争を
「民主化」と美化賛美する教科書だらけだし

706 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 02:48:25 ID:uPUc4vJT0
マリア・ルス号事件
エルトゥールル号事件
ドイツ商船遭難事件

全て美談なのだが教科書にそもそも載っていない。

707 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 02:57:23 ID:BwvU/xDUO
>>702
男子:剣道
女子:日本舞踊
なら面白いかもしれない

708 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 02:59:16 ID:EmgGsX5N0

古来の日本文化と現代日本の文化には連続性がない。博物館行き同然の
文化であることを踏まえたうえで教育するならまあいいんじゃないの?

709 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 03:01:00 ID:tyK3grd5O
柳田翁の妙にくらぁい小説が教材

710 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 03:10:39 ID:7U5wVu610
日本の伝統を叩き込みたいのなら、田植えやらせるのが一番だろ。
日本人の8割は農民だったんだから。
こんな自給率低い国を、どうやって誇れというんだ。ボケが。

711 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 03:12:46 ID:HjrN0iEw0
>>707
男子だけ完全なるスポーツというのもあれだから

男子:剣道
女子:弓道or薙刀

これと

男子:茶道、和歌
女子:茶道、和歌

などでどうかね

712 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 03:17:28 ID:4WQGDCF40
>>708
浮世絵とエロゲくらいは連続性があるよ

713 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 03:22:54 ID:Ufme3z680
>>703
この手の議論で過去の一部の文化に過ぎないとかいう奴って必ずでてくるよな。

日本の一部で始まったことが、全国に広まることなんていくらでもあるし、
過去の部分でもいいものであれば、積極的に広げるべきだろ。

それとも、お前は過去の上層階級の人々の文化だから、現在広めてはいけませんとでも考えてるのか?
あほくさ




714 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 03:29:26 ID:HSqYAr170
雅楽とか知らない高校生もおるしな。
「何それ」っていうから「みぇ〜〜ってヤツ」
っつうて教えてたら
「それ科学じゃないじゃん音楽じゃん」だってさ。

715 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 03:30:00 ID:Ufme3z680

ついでに、過去の人間が全員、古来の日本文化に精通していたと教えるのは歴史の捏造。

古来の日本文化をみて素晴らしいから現代に広めようとするのは、
現代の教育論の問題で悪いことでもなんでもない。

716 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 03:40:26 ID:9SY5mjXPO

時計じかけのオレンジ〜ラストサムライ〜タクシードライバー
〜チャタレイ夫人の恋人〜フルメタルジャケット〜ショーガール

このサイクルで半年間週一で 子供等に与えよ。

717 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 03:51:39 ID:BTw005RJ0
日本人の誇り・・・
政治家や官僚にこそ考えてもらいたいことだな
本当にこの国を、国民の生活を良くしようとしているのか、と・・・

718 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 03:56:36 ID:bPsNRDLq0
ウリジナルの正当化に使われれば本気で教師を粛清すべき

719 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 04:35:02 ID:XhR/f74K0
>>713
広める?
ただそれは一部の歴史だけじゃんと言ってるだけで
広めるとかいうのは別にどうでもいいんだけど・・・
広めたり紹介したりしちゃいけないと誰かに言われて嫌な思いをしたの?
可哀想に・・・
でもな、勝手な憶測はやめてくれよ

720 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 05:33:10 ID:BwvU/xDUO
>>711
●国文学
和歌,俳句,古文(平安文学から江戸文学まで幅広く),明治文学,評論,随筆
●体育
男子:剣道又は柔道
女子:弓道又は薙刀
●給食:たまに「〜時代の食事」と云うように再現料理を出す
<昼休み十五分間:茶湯で一服(茶道)>
●日本史(日本地理
従来の古代からではなく、特に近代史に重きをおく

どうよw

721 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 05:37:51 ID:rXqHlnMu0
>>717
外国人出資比率高い企業の政治献金を緩和・自民検討
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1139930811/l50

こんな法案を臆面もなく検討してるやつらに、愛国心があるとでも?
言っちゃ悪いが、政治家が言えば言うほど胡散臭くなるから
黙ってろと思う

722 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 05:40:19 ID:k8xf8ehc0
全然ダメだな。
文化なんぞで何を語ってもダメだ。
そもそも兵庫の人間なんか真の日本文化を知ってるとは到底思えない。
姫路まんじゅうでも食ってろ。

723 :絶対平和主義者  ◆rRGDEPedlc :2006/02/21(火) 06:24:51 ID:/GeZTVm+0
太古〜明治までの日本の歴史を今までのカリキュラムのなかで、きちんと教えればよい。近代史
は解釈が固まっていないのだから、それぞれの個人にまかせればよい。きな臭い教育は不要。

日本人の誇り?

具体的にどういうことを言いたいのかわからん。


724 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 07:06:14 ID:jvq0dJa40
日本人の死に様を学校で教える、というのは過激でしょうか?
題材として面白いと思うのですが。

725 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 10:00:51 ID:fsPmoWph0
>>722
>真の日本文化
素泊まり宿に衆道だろ?元来農耕民族寄りだからホント温くて
エロい民族なんだよな俺ら。武士道だの何だのはそういった
悪徳に敏感極まる支配者達が何とか作り出した防波堤であって、
「生きて虜囚の辱めを・・・」とかわざわざ書かないと戦争も出来
ない体たらく。


だが、それが良い。こんな素晴らしい民族他にねぇw


726 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 10:48:11 ID:jsZ/eVyd0
愛国自治体 島根・兵庫
売国自治体 鳥取・長野


727 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 11:06:15 ID:NxZyy8X60
>>705
>>ん?歴史ってそんなもんだろ?
庶民生活の研究て難しいらしいな。
けどそれが一般受けしないんだろ。


728 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 11:08:57 ID:Mx0erKFi0
藤原正彦風に言えば祖国愛ですな

729 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 11:20:01 ID:zoKNv9+n0
人口の多い神戸あたりに多い社民、共産、プロ市民らの反発が予想される

730 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 11:53:44 ID:GVjYEqnD0


手始めとしてすべての天皇陵の公開調査の実施。話はそれからだなwww




731 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 11:55:54 ID:uzED9pGg0
井戸知事がこんなことするとは正直意外。
個人的には賛成だが。

732 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 11:59:55 ID:D2NTWwE30
>>7
>受験の役に立たないもの
修学旅行、文化祭、タイ臭いとか全部取りやめ

733 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 12:16:03 ID:jwiMAYJN0
>>723
>>近代史は解釈が固まっていないのだから、それぞれの個人にまかせればよい。

それが一番、イヤだ。

釣りになっちゃうけど、自虐史観でもやらないよりはまし。
国家の礎が築かれた最も重要な時代について共通の認識をもてなくなったら
国は分解する。
共産党やナチみたいな連中が、現代について歪んだ認識を広めて
国民を過激な方向に煽動する可能性はいくらもあるんだ。

いいよ、解釈が固まっていないなら
いろんな解釈を手間ひまかけてそれぞれ紹介していけばいいさ。

「東南アジアの国々や台湾では日本はアジアの解放者という見方も…」
「中国や朝鮮では南京大虐殺があったとされ、日本軍は侵略者として…」
「当時の帝国主義列強から見ると、中国大陸から日本を排斥することが…」

734 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 12:30:09 ID:EPA30osL0
誇りを育てると言うより、日本人を育てていくべきだよね。
本当、誇りを持たせるだけで終わりってのはやめたほうがいい。

735 :小日本沈没 ◆5NL0IryTrA :2006/02/21(火) 12:30:59 ID:tDvei2650
ドイツ:
これからは繰り返さないように国旗も変えてキチンと教育はします。

日本:
国旗そのまま 国歌そのまま 教育は曖昧 謝罪も曖昧
挙げ句の果てには首相がA級戦犯を祀る靖国神社に参拝

こんな日本が俺は恥ずかしい

736 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 12:33:44 ID:5TxWd1RoO
兵庫でこんな動きがあるとは・・
時代の流れを感じる

737 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 12:34:46 ID:Eii80AYp0
やっぱり第二次世界大戦で独裁者ムッソリーニ、ヒトラーと
手を組んだのが痛いよな。色んな白人と議論したんだけど
これで言い訳出来ない。とりあえず西洋人が「日本人が悪い!」と
言ってる根拠はここです。

欧米の侵略戦争や植民地支配の方がずっと酷くて
今もその後遺症が残ってることを考えると
日本のやったことなんて全然大した話じゃないと思うんだけど。


738 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 12:39:50 ID:CrTxjrbJ0
>>737
そんなこと言ったら英米はスターリンと手組んでるジャン

739 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 12:41:17 ID:KLpCITvl0
>>737
組む相手を待ち上げたな
碌に支援も受けられない地球の反対側の陸上国家の独伊と同盟組むより
7つの大洋を支配していた米英豪アングロサクソンと組んでりゃまた違った未来になってただろう
満州で意固地にならず米にも権益分け与えてれば経済封鎖食らうこともなかったかな

740 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 12:42:04 ID:qTbZoJ/s0
まず給食を全部ご飯にしよう

741 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 12:42:52 ID:TqDyrt3v0
>>1
>修学旅行で
 海外を経験した高校生の多くからは「日本のことを外国人に聞かれても説明できなかった」

↑って英語が出来なかったってだけじゃないのか?


742 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 12:54:40 ID:gPkeQ3QDO
日本の歴史で明治時代が一番重要なんだからもっと丁寧に教えてほしい

743 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 12:56:31 ID:I2qx101V0
教員組合が実施するとこうなる悪寒

・日本人は過去何度もアジアを侵略しました
・アジア人をレイプしました
・米軍に卑劣で悲惨な特攻をしました
・・・・こんな日本は革命で倒して、天皇を処刑して、平等平和の国をつくろう

っていいそうな希ガス

744 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 13:00:37 ID:TqDyrt3v0
>>743
2ちゃんをみているといつも日教組の話でそういうのが出てくるけれど
本当にそんなの教えている人っているの?
赤が多いといわれる北海道出身だがそういう教師に当たった事無いし
そういう話も聞いたことが無いんだよね。

745 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 13:04:16 ID:mz2PElJN0
>>735
> ドイツ:
>これからは繰り返さないように国旗も変えてキチンと教育はします。

これぞサヨクの妄想の典型。
ドイツの「反省」は、「あれは我々ドイツ人がナチスに騙されたのであって、
悪いのはあくまでもナチスである」というもの。

ドイツは「私(たち)が悪かった」なんていう反省をしたことはない。

746 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 13:05:46 ID:Eii80AYp0
>>738
勝った方は問題ナッシング

>>739
そうそう。西洋では「間違った相手と組んだ方が悪い」って認識。
西洋は合理主義だから「精神論を振りかざした要領の悪い日本人が
ヴァカなんだよー」と思ってる。


747 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 13:11:09 ID:mz2PElJN0
>>739
日本との戦争における「戦意高揚ステッカー」に「銃を持って鉄かぶとをかぶったサル」の絵を描き、
硫黄島の日本兵と戦う兵隊たちがヘルメットに「ネズミ駆除業者」と書いていた。
当時の米英にとって、日本人は人間ではない。気味の悪い生物にすぎない。

そもそも、日本がどこまで譲歩してもけして手を結ぼうとせず、日本を戦争に追い込んだのは米英。
はじめから日本と戦争する気だったんだから、どうやって連中と組むんだよ。

748 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 13:40:58 ID:CMm+EVNW0
>>747
そういう意見もあるが
イギリスとは日英同盟を結んでいた頃もあった
ロシア相手に戦争で勝利できたのは日英同盟による恩恵でもある

749 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 13:47:50 ID:GnY5ALewO
昔、蕎麦屋でバイトしてたら、恐そうな金髪カップルが来ました。猪に似た男のほうが
「やっぱ、蕎麦食わねぇ奴は日本人じゃねぇよぉ。コシと水がマジ命。まじ水が駄目なら、蕎麦げろ不味いから。」
とか叫びまくりながら、ぐちゃぐちゃずるずる食ってたんです。頃合いみて、僕が
「蕎麦湯です。」
って持っていったら、彼はいきなり
「はぁ?そんなもん頼んでねーだろが!席間違えてんじゃねーよ!馬鹿!」
ってさんざんに僕を罵倒。
びっくりした僕は思わず、自分のちん毛ごそっとひっこぬいて、そいつの頭にごしごしシェイクしてしまいました。当然、金髪にしこたま殴られて、店もクビに。婆ちゃんに話したら
「あなたはお金をもらう立場なんだから、些細な事で、そんな事をしてはいけません。日本男児ならぐっとこらえて教えてあげればいいでしょう。」
と言われました。僕もこのような教育を受けていればなぁ。

750 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 14:14:52 ID:I2qx101V0
そば湯サービスを知らない馬鹿客相手、乙です

751 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 14:19:10 ID:rXqHlnMu0
>>744
最近は結構2ちゃん化してる教師も多そうだけどな

752 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 14:47:46 ID:mY5cAFpn0
中韓の圧力に屈した捏造教科書が使われないことを願いたい

753 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 15:13:48 ID:zZtnf6qj0
やっぱり、朝鮮族でした。

火病だよ。火病。朝鮮の機知外そのもの。

>成浩さんの幼い記憶に、鄭容疑者が時折みせたある姿が鮮明に
>焼き付いている。10代半ばだった鄭容疑者が突然、
>大声で意味不明の言動を繰り返し、直後に、
>普段の穏やかな表情に戻ったのだ
>五四村は約70世帯、人口約200人で、朝鮮族が8割を占める。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060221-00000015-mai-soci
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060221-00000021-san-soci

754 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 15:22:16 ID:jwiMAYJN0
>>753
毎日の記事とは思えん


755 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 16:38:20 ID:KJ9kvAvU0
俺、兵庫に住んでるけど
小中と義務教育期間はみっちり自虐史観教え込まれたよ
在日朝鮮人学校の生徒とも交流とかしたし(良い奴らだったけどね)
ぶっちゃけ兵庫で正しい歴史をくわしく教えんのは相当無茶な話なんじゃないかと・・・
かなり人権団体が蔓延ってるし
特に公立はかなりの確立で授業内容曲げられる気がする

756 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 19:43:06 ID:s3cId+Hk0

日本人としての自覚を促す最善の方法は、

トラウマになるまで旧日本軍の残虐行為の証拠写真を見せつけること。

というのが、特ア的教育観だなw

757 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 19:43:51 ID:NzNckYkD0
パーキングにて
日本人 --> いちいちバックで停める人多し。
外国人 --> そんなめんどくさいことはしない。当然頭から

地下鉄にて
日本人 --> 駅が近づくと階段の方向へ電車内を移動する人多し。
外国人 --> そんなめんどくさいことはしない。移動するのは強盗ぐらい。

街中にて
日本人 --> 遅刻しそうなのか走っている人多し。
外国人 --> そんな疲れることはしない。10分かそこらの遅れは遅刻と
       考えない。走ってるのはひったくりぐらい

本屋にて
日本人 --> 本を下から引っこ抜いていく人多し。
外国人 --> そんなめんどくさいことはしない。汚れてても気にしない。

要するに外国人は細かいことは気にしない、めんどくさいことはしない
疲れることはやらない、急がない。 外国人がこれを破る時は
 
= = = 金 か 命 が か ら む 時 で あ る = = = 

758 :名無しさん@6周年:2006/02/21(火) 21:35:37 ID:sOMcwcqG0
隣の婆ちゃんが仏壇返しとか尺八と俺にいわせては
凄く嬉しそうな顔をします。どうしてですか?

759 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:43:34 ID:E+KV/f05O
>>758
仏壇返しとは、歌舞伎で使われる仕掛けの事である
東海道四谷怪談で使われるが、仏壇の中の戒名を書いた掛け軸から、お岩が出てきて、長兵衛(?)を連理引き
後は掛け軸も元に戻っていると云うもの

尺八は日本の管楽器
きっとその婆さんは日本文化をこよなく愛するお方なのだ


とマジレスしてみる


760 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:48:05 ID:k4GfLNJt0
自国の文化、伝統も後世に継げないなんて国家として失格だ

761 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:49:31 ID:KiWKPszY0
また米長が動いて将棋をいれろとゴリ押すんだろーな・・・

兵庫・神戸には盟友の内藤がいるし

762 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:50:50 ID:JpCNINqe0
だから、日本人が誇りを持ったら碌なことにならないんだって。
歴史を振り返れば直ぐに分かる事。
日本人は自国を誇れず一生欧米に憧れてればいいのだよ。

763 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:51:24 ID:ygtVACVU0
ええことやね。

764 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:52:16 ID:rCJPPGRU0
学校の授業で教わるプライドなんて過去にもないし、今でもない。
服の中に包まれているものが教えてくれる。

765 :1000レスを目指す男:2006/02/22(水) 00:52:41 ID:69FOjU4j0
まあ、日本文化を振興したいなら、もっと日本文化をわかりやすくする必要があるね。
相撲にしろ歌舞伎にしろ、今でもポピュラーなものは、時代に即して変化してきたものばかりですよ。

766 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:54:51 ID:DgXuVB290
高校では日本史と地理の難易度が違いすぎる
覚えなければいけない量は日本史は地理の実に5倍
そんなので日本史は選ばれるわけがない

767 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:56:07 ID:AFvHU2A+0
個々人が歴史や文化を学ぶ上で抱くプライド、愛郷心、愛国心なら別にいいけどね。
共同体や組織が、画一化した「誇り」なんて教えてどうすんだろってのが正直な感想。
個性の薄い日本人がますます平坦になるだけなんじゃないの?

ああ、それが狙いか。

768 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:58:14 ID:iMki41fT0
官僚の天下りで5兆円を使うような共産民族は
尊敬の値にしない。

アメリカ様の51番目の州になったほうがまだまし

769 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:58:55 ID:0WNqf7Pj0
>>762

自分ところの国を誇るのはかまわないと思うけどなぁー。
見習うべきサンプルがたくさんあるってのはすばらしいことだ。

政府のやり方を盲信しなければ、それでいいんじゃないの?
それならば政治的に利用されることもないだろうし。

770 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 00:59:52 ID:B638NDex0
一番簡単なことは海外で2、3年滞在することだな。

771 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:00:56 ID:iMki41fT0
>>770
こいつらみたいにか?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/northa/1140287387/l50

772 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:02:42 ID:0WNqf7Pj0

とりあえず、日本は文化的に非常に洗練されている、
と言う自覚は持ってもいいんじゃないかと思うけどね。

もちろんベストじゃないけど、かなりいい部類に入ると思う。
政治およびメディア産業がイマイチだから、
日本の潜在的な文化力の良い部分を引き出せていないとも思う。

773 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:03:01 ID:6+JOdKiH0
お隣の国を嫌えば嫌うほどお隣の国と同じことをするようになる
ってのは興味深いね。最近の「国を愛せる歴史教育」ってのはお隣の
専売だったのだが…
俺的には徹底した異常とも思える自虐歴史教育をしてもらいたいね。
そうすれば隣と同じ国にならないで済む。

774 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:04:08 ID:iMki41fT0
>>773
それ一理あるね。

775 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:04:45 ID:D6icG+HrO
アングロ・サクソン系の国(米英豪など)に行くと
日本の料理がいかに完璧なのかよく分かるよw
その点で海外を学ぶことも無駄ではない。
問題はそのバランスだな。

776 :        :2006/02/22(水) 01:05:02 ID:wKf3Zrbn0
兵庫県には、強烈な反日副教材を造って配る

日教組の最強先生がいたはずですが、

最近は影が薄くなったのですか?w

777 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:05:17 ID:0WNqf7Pj0
>>773
反対。そういうのは教育じゃなく、洗脳っていうんだよ。
教育と言うのは、正誤を確定するためにいろんな要素を付き合わせる
プロセスが必要でしょ? あなたのやりたがってるのは、洗脳です。

>>774
洗脳されたいならぜひどうぞ。ゆとり教育世代かよ……。

778 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:06:30 ID:AFvHU2A+0
深夜になるとまともな意見が増える。
これが「愛国スレ」クウォリティ

779 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:07:22 ID:yDNROdIb0
隣は愛国と言う名のキチガイ反日教育じゃん。
日本文化を学ぶのに仮想敵国など必要ない。
そのままで好きになる者は好きになれば良いだけ。

780 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:08:39 ID:6+JOdKiH0
俺は朝鮮人も中国人も大嫌いだ。だからこそそいつらが自国で
やってる「愛国教育」なんてのを日本で絶対やって欲しくない。

781 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:10:58 ID:p2b3vivU0
在日が多い兵庫県でこんなことして大丈夫か?

782 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:10:59 ID:iMki41fT0
>>775
それは、子供の頃食べていたものが
舌の味覚に残っているんだよ。

日本に来ている外国人はマクドナルドや
自分の国のレストランにばかり通う傾向があるよ。

783 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:11:32 ID:0WNqf7Pj0
>>778
日本文化がベストのように言うのは、さすがにバカらしいとは思うよね。
もっといいところっていっぱいあるでしょ。どう考えたってそう。
アメリカのほうが良い部分ってたくさんあるとしか、個人的には思えない。
(もちろん、アメリカにはあまりにも暗い部分が多いけど)。

ただ、日本文化にもいいところはたくさんあると思うし、
個人的にはそれを再発見したいなぁ、と思ってる。
ともすれば価値観そのものが箱庭のようになっちゃうから気をつけなきゃならないけどなぁ。

784 :1000レスを目指す男:2006/02/22(水) 01:13:28 ID:69FOjU4j0
まあ、なんにしろ、日本のものだというだけで、無条件で受け入れたりする必要はないわけだ。


785 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:13:54 ID:QAgytvzKO
正確な歴史認識なんて無いよ。だから相対する異なった歴史資料を持ってきて、
「どちらが正しいかは可能性でしか測れない、歴史にはグレーゾーンがある」
と教えりゃいいのだよ。

786 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:15:26 ID:tMPZ7SQ10
>>773
でもお隣で教えてるのは
ここ最近のうちにアレンジした検閲済みの絵空事だから
厳密には歴史授業ではない。

787 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:17:13 ID:D6icG+HrO
暗記する歴史じゃあなくて、考えさせる歴史・文化教育をしてほしいね。

788 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:19:55 ID:8BuoD+pi0
正直、特亜に負けているとは微塵も感じないが、ヨーロッパの
文化に比べれば、日本の中世古代は特異ではあるものの
見劣りは禁じ得ない。


789 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:24:06 ID:0WNqf7Pj0
>>788
中国の歴史的な文化背景には負けている、
とおもうところは多々あるなぁ。

三彩の陶器が国立博物館に展示されているけど、
あの時代のあの造形の確かさって、
日本の多くの人たちがあこがれて、
積極的に輸入したのは分かるような気もした。

最初は、釉薬が流れている色味がイマイチに感じられたんだが、
であっても、形の取り方は間違いなく良いと思う。

見習うべき何か、というのはあったのだと思う。

790 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:26:45 ID:AFvHU2A+0
>>788
そうか?キリスト教国の中世って、暗黒時代なんて言われてるが。
まあ、一方で荘厳華麗な文化を生み出したってのも事実っちゃ事実だがね。

政治に優劣はあっても、文化や人間そのものに優劣はないってのが個人的信念なんで、そもそも本気で比較したことないけど。

791 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:27:07 ID:QAgytvzKO
日本の短歌は素晴らしいよ。
中国の漢詩なんかも良いと思うけど、短歌は素晴らしい。俳句も好きだけど、歴史は浅いか…?
日本語は良い!曽根崎心中なんて暗記したもんなぁ。つい、美しすぎて。

792 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:28:04 ID:O2xRyM4m0
日本の地域コミュニティとか家族とか日本型経営とか、とにかく良いものブチ壊しにしておいて、
今さら何を言ってるやら。
政府も経営者も株主とやらも、グローバルスタンダードだなんだと、横文字言葉並べてアメリカ追従。

793 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:28:20 ID:owq1RLZv0
小学生くらいのときに万葉集をただであげるのがいいと思う。
日本の古典授業は漢文に偏りすぎだよ。

794 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:30:08 ID:lOFrHS+10
派遣社員、フリーター、ニート、および予備軍が何を言ってるんだか…
「日本人の誇り」を教える前に「落ちこぼれの末路」を教えてやれよw

795 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:31:08 ID:ooKEzHe9O
>>773
腐れ自虐史観で洗脳とか頭悪すぎ。
結局日教組がやってた事を支持してるだけじゃん

796 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:31:26 ID:0WNqf7Pj0
>>790
っていうかさ、日本の文化の源流の一端が、
ギリシャあたりまえでは図像学的に余裕で遡れる、
という事実ってもっと知られるべきだと思うよなぁー。

歴史的記憶と文化遺産が国家の枠が変わらなかったことで、
じんわりと蓄積され洗練されていった過程が
ちゃんと保存されている強みってこういうところにあるような気がする。

蛇足だけど、一部の人たちがやってるような、中国、韓国、日本と言う枠組みで、
東アジアだけで、あーだこーだとお互いが貶しあって足を引っ張り合ってるなんて、
本当にバカらしいという感がある。そんなことはどうでもいいというか。。。

797 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:31:43 ID:AFvHU2A+0
>>793
万葉集いいな。個人的には百人一首のほうが、遊べるからいいと思う。
子供って遊びに関するものだと驚異的な記憶力あるからなw

でもおれも現役の頃は、漢文のほうが簡単で好きだったw

798 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:33:14 ID:hBRdzlgxO
A型が全滅しない限り日本人はまともにならない!

799 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:33:47 ID:VyrgTp890
伝統文化で日本の誇りを持つのも悪くは無いが、現在の日本の技術力やらを
教えるのも大切じゃないか。理科系離れ防止にもなるし


800 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:35:23 ID:ZhB3KeM60
英語の授業で海外でよく聞かれる質問への対応会話練習として
実践的に教えたらいいんだよ。だいたい古文とか漢文とか教えてる
暇あったらそれ全部現代語に訳したのを読ませて、それを英語で
説明する練習でもさせたらいいわな。頭の弱い外人教師に発音
直してもらうなんて時間の無駄。発音むちゃくちゃでも内容ある
事を英語で説明する能力つけさせんといかんぞ。
海外で「日本の古代の墓の名前」とかそんなの誰もきかないけど、
「天皇って普段何してるの?」とか「神道ってどんな宗教?」とか
「サムライって今もいるの」「芸者はどうやったらなれるの」とか
そんな質問ばっかりやから、歴史の勉強とは程遠い、そういう質問の
模範解答を英語で教えたらいい。で、英文法とか語彙を増やせたら
受験にも役立つだろ。

801 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:35:26 ID:svqrUIvvO
時代劇とかみてると日本いいなとほのぼのすんだけど
実際どうなん?

802 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:35:38 ID:Uej4RO440
兵庫県南部は特に反日勢力が強いからつぶされないことを祈る

803 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:36:23 ID:WTQUg2Bj0
なんか最近の調査で国際的な好感度で日本がトップになってたでしょ
俺はその結果を誇りに思うし、それが愛国心だと思う
それで十分じゃないか?


804 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:36:49 ID:O2xRyM4m0
>>799
それはそうなんだが、現実の技術者冷遇を知った時点でまた理科系離れになるだけだろう。

805 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:37:09 ID:0WNqf7Pj0
>>799
C.P.スノーの指摘じゃないけど、文理の学際的な融合と、
それに裏打ちされた知性を持つ人たちが必要とされているようにも思う。

個人として俯瞰する知性を持つのはかなり難しいことだけど、
集合知のレベルとして成り立って、コミュニケーションしている
社会単位としては、情報の流れが検閲などで閉ざされなければ、
自由な議論がある限り、十分に可能だと思う。

806 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:37:23 ID:AFvHU2A+0
>>796
日本は文化の吹き溜まりだからなw
ギリシア、ペルシア、アフリカ、インド、東南アジア、中国、朝鮮・・・
すべての文化を咀嚼して飲み込んで、独自の文化を育てた。そういう意味で日本は島国で本当によかった。
そういう意味では、確かに「日本」が維持し続けたってのは大きい。

蛇足には同意。

807 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:38:18 ID:ooKEzHe9O
>>790
キリスト教国の中世はまじ非科学的魔女狩りやら理想無き十字軍やらでまじ暗黒だよ
あの時代はイスラム国家の方がよほど開明的で寛大だった。サラディンとかバイバルスとかまじ尊敬できる英雄だし。

808 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:40:29 ID:AFvHU2A+0
>>807
その通りだと思うんだが、それだけキリスト教が力を持ったおかげで、いろんな文化が育ったことも事実らすいね。
だから物事ってのは優劣や善悪の判断が難しい・・・w

809 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:43:09 ID:ZDfl8hs10
で理数を減らすと

810 :大阪:2006/02/22(水) 01:50:08 ID:ANJxe5cuO
なんか産めよ増やせよとかも言ってるし。

ちょっとヘンですよ。最近の兵庫。
うちは…まあ気にしないで

811 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:50:22 ID:0WNqf7Pj0
>>809
っていうかさ、専門的な自然科学の研究者になるつもりがないなら、
なおのこと、広くいろんなことを見たり読んだり聞いたりしたほうが
人生が豊かに過ごせるような気がするけどなぁ。。。

理数系の勉強も面白いけど、あれ数式いじらなきゃダメだから……。
自分はしょせん線形代数あたりまでしかやる能力がなかったから
現代数学なんて、足立先生の一般書レベル以上にはとてもついていけない。

自分は雑学やさんてきな立場に過ぎないからそう思うのかもしれないが、
餅は餅屋じゃないのか、と言う観がある。なんでもそうだろうけど。

812 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:53:37 ID:QAgytvzKO
完全文系の自分としては理数は…orz
いつか数字に萌えれる日が来ることを願う。

813 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:55:04 ID:/F3v9NDB0
むしろ、比較文化論としてやった方が、より日本文化が際立って見えたりしそう

814 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 01:56:42 ID:ANJxe5cuO
文理両方できるが某国立大すべって
同志社卒(理数学力の証明にならない。。。)
ふだんは経理なので数字ばっかり見てます。

815 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 02:22:00 ID:VGdcLJeo0
日本の文化はまだ100歳にもなってないと思う。
敗戦以前の文化はピラミッドやインカみたいな古代史だと思って欲しい。

816 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 02:27:45 ID:W+oUNdBw0
>>809
なんでもやりゃ良いんだが、個人的にやりたいこともあるだろうしな。
ただ、考古学、歴史学でも化学とか数学、論理学くらいはつかうだろ。
あと一人の人間に色々やらせる必要も無い。1チームで全部揃えば良い。
無理の無い目標を定めるのも教育には重要だろ。
全教科水で薄めて馬鹿量産ってのもあれだが、専門化は選択肢の一つだと思う。

817 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 02:29:47 ID:ANJxe5cuO
100歳にもなってませんが日本の製品やマンガがよく売れています
ヨーロッパの人がセーラームーンのコスプレしてる画像を見ますが彼らは何歳だろう

818 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 02:30:39 ID:3zAl+GCQ0
日本史って最高におもしろいのにもったいない。
自国の歴史が必修じゃないってありえん。

819 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 02:30:56 ID:W+oUNdBw0
>>811
うん。
お友達の仕事を引き受けて、できないことは
かわりにやってもらう。これが社会生活だと思う。
>>812
情報処理やったら直感でも掴む機会はえられると思う。
Cでも勉強したらどうだろう?それ以上の高級言語は
親切すぎて、実用には向くが学習に向かない感がある。
この言い分、まともな反対意見も結構でるだろうなw

820 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 03:03:09 ID:I6NgzJyH0
本物の教科書を作ろう。創価・・・とかが関与してないヤツでヨロ

821 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 05:02:13 ID:E+KV/f05O
>>801
ほのぼのかw
まあ分からんでもない

江戸時代に生まれてみたかったと思った時もあったしなw

822 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 05:04:22 ID:eytsMrvC0
♪戦争を知らない子供たちさ〜 って歌もあったが

 戦争どころの騒ぎじゃないね。 ←戦争を知らない香具師の発言・・・

823 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 05:23:07 ID:tfdOXc+20
良い教育だね

824 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 05:28:16 ID:XeTrSKgR0
日本に生まれた以上、一生、中国と韓国からイビられる対象になることは
避けられないんだよね。。
日本を憎む人間が地球上に13億人いると考えるだけで。。

825 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 05:32:37 ID:iMki41fT0
遡った日本史が知りたい。
日本人て中国大陸の秦族がルーツらしいんだけれど
実話なのかな?



826 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 06:12:26 ID:GyDl29uc0
2ゲット

827 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 06:16:54 ID:hJLXsL9k0
マジで童貞と処女ってヤバイなw
ウヨク思想なんて2ちゃんとオタクブログでしか
受け入れられていないことに気づいた方がいいよ

828 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 07:42:15 ID:dSICvG+E0
文化的敗勢ジャップ


829 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 07:44:55 ID:7ElZjS1f0
アンチ教師が多すぎて逆効果だったりしてな(・ω・)

830 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 07:50:57 ID:rGMnlLo10
文系受験生に言わせるとセンターの日本史の難度は何とかして欲しい。
1年間必修だったけど、後輩には地理か世界史を勧めざるをえない。
知識としては求めたいけど、比重はあんまりかけられないってことになっちゃうな。

831 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 07:54:35 ID:FjR6m7wd0

日本に誇りをもっててもニートだったらイラネ

832 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 08:03:07 ID:6auYbOVHO
暗い未来ばかり聞かされて、過去は何も知らないとなると、
今、生きてる意味が、判らないだろう。



833 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 10:42:11 ID:tqKN1d6A0

    ∧_∧       
   <=(´∀`) < 日本は文化の吹き溜まりニ…だからなwww
   (    )     
   | | |    
   〈_フ__フ



  ∧__∧
 ( ´・ω・) ∫  朝鮮の文化とやらを教えてもらおうじゃないか?
 //\ ̄ ̄旦\
// ※\___\
\\  ※  ※ ※ ヽ
  \ヽ-―――――ヽ

834 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 11:02:50 ID:3xTp0xxr0
高校時代 日本史偏差値89の漏れが来ましたよ


ぶっちゃけ、最低限の知識もないと、旅行に行ってもオモシロくないと思うんだが。


835 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 11:14:25 ID:Uej4RO440
プロ市民どもがうごめき始める悪寒

836 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 11:19:53 ID:Pq9RKyWyO
い ま さ ら か 。

政治家は後手に回りすぎ。

837 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 12:28:50 ID:NzOvScs00
カーリングの映画


相手役男性に“韓流”を代表する韓国人俳優
コーチの韓国人男性が繰り広げる笑いと涙のラブコメディー


カーリングをテーマに青森市を舞台にした映画が三月、制作される。
監督は「櫻の園」「12人の優しい日本人」などを手掛けた中原俊さん。
ヒロインにはテレビ、映画で活躍する人気女優、
相手役男性に“韓流”を代表する韓国人俳優がほぼ決定。
映画は、カーリングに目覚めた女性四人と、
コーチの韓国人男性が繰り広げる笑いと涙のラブコメディー。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/0206/nto0206_1.asp


838 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 13:55:09 ID:NzOvScs00
「実際のコーチは日系カナダ人!」

http://www.joc.or.jp/torino/sports/curling.html

839 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 14:04:41 ID:kOqGt7i30
「皇位継承と和の心 ― 天皇の子が天皇とならない理由」 長根英樹
http://nagane.kimono.gr.jp/hideki/mess/book001/

 血筋や血統、Y染色体ではない
 役割意識としての「系統」を重んじる男系男子による継承を

 我が子かわいさ
 直系独占継承=女性天皇 は皇位を危うくする
 皇位の私物化 

 万世一系、系統継承に込められた仁、無私の心、和の心
 凛とした自己抑制の美学に支えられてきた皇位継承の伝統


目次
はじめに
  天皇の子が天皇とならない継承方法――系統継承と直系継承
  天皇の子が天皇とならない理由
  執筆後のご慶事等を踏まえて
序章   皇位継承の伝統と和の心――天皇陛下と日本
  天皇陛下と日本
  私たちの日々の暮らしにもつながる皇位継承問題
  伝統の文化的な意味、今日的な意味
  本書の流れについて
第一章  和の国、和の心――天皇陛下と日本
 ネット論文 和の国、和の心――天皇陛下と日本   二〇〇五年二月十八日

840 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 14:06:44 ID:kOqGt7i30
「皇位継承と和の心 ― 天皇の子が天皇とならない理由」 長根英樹

第二章  系統継承と直系継承――王位・皇位の世襲分類
  直系と系統――男系(父系)、女系(母系)について
  王位・皇位の継承方法比較分類――欧州王室と日本の皇室の違い
  伝統の普遍的な真理、伝承方法に込められた永続装置
  皇位継承論議の整理
  皇位継承の伝統、系統継承を守る立場で現在の状況にいかに対応するか
第三章  系統継承における女性天皇の存在
  系統を次世代につなげ残せない立場での即位による苛烈な自己犠牲
  T最後の女性天皇Uによる女性天皇の封印と男系男子継承の確立
  「天皇の子なら天皇になれる」という差別
第4章 帝王学――日々の心構えとその積み重ねの尊さ、廃太子による牽制
  日々の心構え、日常のふれ合いを通じた心の伝授こそが重要な帝王学
  事後法による継承順位の入れ替えは帝王学の軽視、大逆の罪
  帝王学と廃太子――天皇からの牽制があってこそ機能する
  東宮家、各宮家、妃殿下の役割と後継者
第五章  天皇、憲法、政治――今後の皇室、天皇と国民、国会、内閣との関係
  政と祭(ビジョン、理念、和の心)――天皇のあり方
  憲法より重い歴史、国のあり方、ビジョン(理念、和の心)としての天皇
  憲法、皇室典範改正と天皇――天皇と政府との関係性
  政治、政治家への期待
  天皇と国民との関係性
第六章  陛下のお言葉をよく噛みしめて
  陛下、皇族方の正式な発表、お言葉に込められた真意を受けとめて
第七章  参考――和の心
 ネット論文 日本国憲法と武士道精神――和の心による国づくり 二〇〇四年一月六日
  皇太子殿下の山形県米沢市行啓―国民文化祭・やまがた2003―に際する書状 
あとがき

841 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 14:08:47 ID:kOqGt7i30
国歌「君が代」にあるさざれ石について、私の場合学校では“小さな石”ということで
習い、小さな石がやがて大きく岩となって更にそれが苔むすほどの長い年月に渡って君
が代が続く様に― との形で、(小石が物理的に大きな岩となるという意味ではなく)
年月の長さを表す比喩の意味合いとして理解をしていたところです。
しかしながら、さざれ石にはそうした一般的な意味の他に、特定の石を表す意味がある
ことを知りました。
その特定の石とは、色も形も材質も大きさも違う小石が寄り集まって出来た大きな石、
岩であるとのこと。
雨水が石灰石を溶かして鍾乳石と同じように小石を含めて固まった場合や、強い圧力と
熱により固まった場合など、岩と固まる理由は様々とのことですが、実際にそうして小
さな石が寄り集まって岩になることがあると知り驚いたところです。

これはまさに、様々な考え方、立場の人びとが、お天道様の心を大本にして寄り集まり、
天道を祭り天道を広め深める皇として天皇を奉り、君民一体となって想いを一つにする
ことで繋がりを強め、結果多様性を残しつつ強固な国として形を成してきたという君民
共治の日本の国の在り方、国体を表しているものと理解することが出来ると思います。
君が代とは、君=天皇の世という解釈でよいものと思いますが、その天皇の世は天皇の
ためにある世ということではなく、国として天道を歩んでいくために民によっても能動
的に選ばれた世、国の在り方であり、私優先(直系優先相続)ではなく上に立つ者の最
高の徳である“仁”を守り民に想いを寄せる天皇を戴き、君民共治で築いてきた国体を
誇りに思う国民全体の気持ちが込められた言葉であると思います。

【和の国、和の心 ― 天皇陛下と日本 長根英樹】 
 http://nagane.kimono.gr.jp/hideki/messages/27_title_msg.html

842 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 14:10:03 ID:jL78mvNE0
日本の誇りやアイデンティティが失われつつあるって行ってる時点でもう馬鹿かと。

843 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 14:18:59 ID:Uej4RO440
西宮市とか猛反対するじゃろね
有事の際に自衛隊には協力しませんって宣言するくらいのサヨ市だから

844 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 14:35:29 ID:++0d6Xao0
上を見たらきりがないが下を見てもきりがない。
数千年前のいたずら書きが残っている国もあれは
9000年の歴史があるといいつつ500年前編纂した
歴史書がやっとという国もある。
借り物でも確かにあって根付いているならそれでいいではないか。

845 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 15:25:18 ID:deF+4vXO0
歌舞伎とか見ると、3、400年前にこんな手の込んだ演出の芝居を
町民が見てたのかと驚くけどね。
黙阿弥の悪党像なんて、タランティーノの脚本のはるか先を行ってるし
いまだに新規の若い観客がつくのも分かる。

846 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 23:37:37 ID:2ah9VwEs0
>>845
能はもっと奥深い

847 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 04:52:44 ID:evoTs5x20
昔の文化を教えるのもいいけどそれ以上に現代日本に固有の
文化を尊重すべきじゃないか。日本の「オタク」はいまや世界語に
なっていて、「オタク」といえば世界中で尊敬される存在になっている。
「良い」「悪い」という単純な価値判断を超越した「萌え」という
日本独自の価値観も注目されている。この「萌え」の概念は「あはれなり」に
通じるところがあり、まさに日本がこれから世界に誇るべき素晴らしい
文化だと言える。能や歌舞伎もいいが、言語や人種、宗教の壁を越えて
世界中のあらゆる人々がその良さを理解できる「萌え」こそ日本独自の
文化の極みだ。また、そういう普遍的な素晴らしさだけでなく「濡れる」という
一般動詞だけで限りない妄想と萌えを生み出せる日本語という言語の特質性も
やはり世界に誇れる立派なものだと思う。「オタク」「萌え」の文化は
理解に無理がない。だから世界中で受け入れられる。まさに日本人の民族性そのものだ。万歳。

848 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 08:54:01 ID:SIuh7ut70
皆さんは、つい60年前に他国に侵略して、強姦、略奪、拷問、強制労働させて、
中国では300万人、朝鮮では90万人虐殺している国があるのを知っていますか。
その国の名は日本ですよ。知らなかったでしょう、学校では習いませんからね。


849 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 08:56:29 ID:JkbFeIca0
地味だけど、この教育方法が一番良いよね。

850 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 09:08:52 ID:SIuh7ut70
>>848
えっ?本当ですか?
私たち祖父や曾祖父たちが、つい60年前にそんなことをしたのですか。
日本がそんな卑劣なことをしていたなんて初めて知りました。
学校では本当の歴史を習っていません。

851 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 09:13:48 ID:4dPBdHpb0
>>848
えっ?本当ですか?
私たち祖父や曾祖父たちが、つい60年前にそんなことをしたのですか。
日本がそんな卑劣なことをしていたなんて初めて知りました。
学校では本当の歴史を習っていません。

852 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 09:17:27 ID:v9rz4tgO0
>>848
皆さんは、この60年間に他国に侵略して、強姦、略奪、拷問、強制労働させて、
中国では3000万人虐殺している国があるのを知っていますか。
その国の名は中国ですよ。知らなかったでしょう、学校では習いませんからね

853 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 09:19:07 ID:5oM5oyWh0
>>848ID:SIuh7ut70
>>850ID:SIuh7ut70

面倒なことせずに、普通に書けよ。




854 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 09:21:25 ID:AomyGu3TO
>>848
>>850
の、酷い自演と

>>851
で急いでID変える必死さにワロス。


で、そんな酷い行為のソースは何処にあるんよ。

855 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 09:28:52 ID:0qhNeOLZO
>548
えっ?本当ですか?あなたたちシナチョンがつい60年前にそんなことをされたんですか。
日本がそんな卑劣な嘘をつかれていたなんてことは知っていましたがここまでヒドいとはしれませんでした。
学校では本当の歴史は習ってしません。(南京大虐殺、従軍慰安婦、中国は偉大だと教育する教師、日本人はこれからも謝罪していかなければならないという校長)

856 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 12:22:05 ID:7f/8cFg+0
ここのスレに来てシナやチョソの人達が想像以上に卑怯者だということを知りました。
ほんとうにありがとうございました。

857 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 13:28:31 ID:tQKb/gZn0
兵庫だろ?

ウ リ ナ ラ 起 源 の 羅 列 になるにきまってんじゃん。

だってチョンがチョンに教育するわけだろ?

858 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 13:40:55 ID:RoJFSoNO0
>>847
悪いがヲタの自画自賛はもうお腹いっぱい。

859 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 13:43:15 ID:d3xAW9Fx0
嫌韓流を読ませれば良いだけ

860 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 14:50:07 ID:SzCGYfwI0
>>847
「ピザでも食ってろデブ」
まで読んだ

861 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 20:24:15 ID:vF5Ko5WR0
日本の古式ゆかし文化ってのは結構良いものが多いけど、
海外に紹介されるときはまず面白おかしく紹介されるのは、ちょっと気に入らんなw

862 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 20:56:59 ID:D/hBDT7t0
>>353 SMxSsSWa0
>>406
おまえ、関東人?関東人の思い描く日本は日本人が思い描くのとは違うな。
関東のヤツらは、武士を美化したがるけど、そんな崇高なもんでもないだろ。
関東の武士なんてのは、植民地の反逆者みたいなもん。

永年私財法が発令されてから、各地で土地を巡って争いが起こったが、
関東では移り住んで来ていた高句麗百済難民、新羅人などが、
半島式の武芸、半島での争いを持ち込み土地の奪い合いが始まった。
彼ら朝鮮渡来人たちは、都から下野した武士(源氏)などの子分になり、
家系をロンダし朝鮮系だと言わなくなった。

これが、武士の起源。 司馬遼も著作に書いてる。
関東武士なんぞ朝鮮ヤクザみたいなもん。

それは兎も角、関東は畿内より遅れてたことは否めない。
武力闘争→安定化→軍事力低下→貴族文化の開花のようなプロセスは、
畿内ではとっくの昔で終わっていたが、関東ではそれが遅れて起こった。

時代が違うが、徳川末代の慶喜のヘタレっぷりを見ればわかるだろ。
所詮、劣等、下劣で粗暴なだけの関東では、優雅な貴族文化の開花なんて結局は、なかったけどな。

>>406
武士道なんてのは、江戸期のは徳川が自らを正当化するために中国から輸入した儒教の焼き直しに過ぎない。

鎌倉期のも、特に賛美するほどのものではない。そこに普遍的な価値という程のものがあるわけでもない。
そういう、恩とか借りとかは、ヤクザの仁義の話と重なる。

863 :名無しさん@6周年:2006/02/23(木) 21:14:57 ID:D/hBDT7t0
>>406
>京の公家に対抗するために
「アンチ-京」文化をもつ関東に、「天皇」と呼ばれる人が居座ってるのって一貫性が無いと思わないか?

日本人は、みんな一緒、習う歴史、史観(天皇中心)も一緒という
今の「日本」、単一民族国家は、ある種の左翼主義者の明治クーデター政府がつくった虚構に過ぎない。
(東洋人はみんな一緒、世界はひとつなんて言い出せば、分かりやすい左翼となるだろ。
右翼か左翼かの違いなんてその程度のもの。)

当時は、欧米列強の帝国主義、植民地主義に対抗するため、ひとつにまとまるという目的があったが、
状況は変わってるし、ネット時代でそういう虚構が通用する時代でも無い。

各地で各々の史観で歴史を教えるべき。違和感(嫌悪感)のある歴史を強制されたくないだろ?

史観、文化を共有できるものの集まりが国とすれば、今のこの国は分割されるかも知れないがな。w

関東人は、「関東中心の日本」をでっち上げ、既成事実化したいらしいが、
元々関東に日本をまとめる求心力は全然無いから勘違いするな。クズども

864 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 07:22:53 ID:cBtIRDKe0
>>862

日本人なら誰でも知っている「鎌倉」「室町」「戦国」「江戸」の各時代…

朝鮮の歴史にはこれら「中世」の時代が存在しない。

「古代」から「近代」に突然、ワープしてしまう。

日本でいうと「平安」時代から突然、「明治」になって近代文明の科学や思想に晒された訳である。

朝鮮に存在するのは権威主義の王侯貴族だけで、武士や騎士が存在しない。

中世の実力主義を経験していないのだ。

よく朝鮮は「10年遅れている!」と言われる。

確かに表面上の経済制度や社会資本の差は数十年程度の差かもしれない。

しかし、国民の意識、民度の歴然とした差は

歴史と同様に数百年の次元で乖離している。

この差は埋まることが無いのである。

865 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 09:37:06 ID:T8cf7iFP0

荒川は在日ニダ
ttp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=1989788


さっそく始まりましたよ、おまいらw

866 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 09:42:08 ID:jC2eHGL20
数十年前の大日本帝国は
ハワイの1つ前の島まで、インドの一歩手前まで
支配して広大な領土があったのに
いまの日本人って、ほとんど知らないよね。

867 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 22:38:42 ID:wP43JK+20
期待age

868 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 22:43:42 ID:i22zy5tp0
>>864
> 「古代」から「近代」に突然、ワープしてしまう。
それは、オマエの頭の中だけだろ。

>朝鮮に存在するのは権威主義の王侯貴族だけで、武士や騎士が存在しない。
>中世の実力主義を経験していないのだ。

朝鮮も古代から、中世にも何度も戦争を経験してるぞ。オマエが碌に知らないだけ。
あのモンゴルと徹底抗戦してたしな。
モンゴルの戦争は「実力主義」なんて言う甘っちょろいものじゃないぞ。

中国もそうだが、むしろ戦争をやりすぎて凋落していった。
知識層の離散、虐殺が起こってバカ兵士が生き残る傾向があるからな。
2度の大戦後の、西欧、特にドイツが衰退傾向にあるのもそのせい。

869 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 22:44:20 ID:mmD4G20W0
>関東では移り住んで来ていた高句麗百済難民、新羅人などが、
半島式の武芸、半島での争いを持ち込み土地の奪い合いが始まった。
彼ら朝鮮渡来人たちは、都から下野した武士(源氏)などの子分になり、
家系をロンダし朝鮮系だと言わなくなった。


朝鮮系や源氏、平氏、藤原秀郷系が入植する前の関東は
人も文化もない不毛の大地かよw
大型の古墳だって存在してるのに歴史観が甘い。


870 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 22:52:11 ID:i22zy5tp0
文明を広げるタイプが、ローマだとすると、
文明破壊型の蛮族は、モンゴル、関東朝鮮だろう。
創るより略奪強奪、盗人猛々しい、というタイプが後者。

871 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 23:18:26 ID:tgwY8waG0
日本史は小学生の時に吉川弘文館だったか、通史をひととおり読んだ。
世界史は中1の時にひととおり読んだ。

で、中学高校の日本史・世界史の授業では教科書開いた記憶がない。
講談社の「人類文化史」シリーズとか読んでたな。あとギリシア神話。
そこからはじまって、聖書も読んだし記紀も読んだ。史記も読んだよ。

でも赤点はなかったよ。

子供のときの歴史の勉強なんて、デカい枠組みの中で眺めてればいい
のであって、細かい年号だの事件だのに目を奪われていても仕方ない。

自虐史観とか自尊史観とかバッカじゃねーのと思う。
史記や記紀の時代に自虐史観とか自尊史観とかあったか?

曇りガラスごしに歴史を見ても無意味というか逆効果だろ。

872 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 23:26:30 ID:wP43JK+20
>>868
>>870
ageた途端に朝鮮人の脳内妄想史観が書き込まれたな〜。

873 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 23:26:54 ID:pqhVrXxB0
私は卒業式を控えている都内の高校生です。
大好きな先生が強制的に国歌を歌わせるのは憲法に反すると言っていたので
そうなんだろうと思います。今日も仲のいいクラスメートと話していて
さすがにビックリしたのが、その友人は今日の早朝からテレビでフィギュア
見ていたのですが、荒川選手が金メダルを取り、表彰式で国旗が掲揚された
シーンで、家族全員で目を瞑り、君が代が流れた時は耳を塞ぎ消音したと
言うのです。それで私が荒川選手君が代を歌っていたよと教えてあげると
なんで?理解できない。誰かに強制されたの?としつこく聞いてきました。
それを聞いて、私もああ、そうなんだ。誰か五輪関係者に強制されたんだと
知りました。やっぱり私は国旗も国歌も軍国主義の復活を連想させるので
やめたほうがいいと思います。

874 :\________________________/:2006/02/24(金) 23:51:51 ID:HQuAOM380
       ∨
       ∧__∧
      <#`Д´>/ ̄/ ̄/
      ( 二二二つ / と)
      |    /  /  /
       |      ̄| ̄


875 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 23:52:41 ID:TDcZbj0R0
NHKが国歌をカットしてるようじゃ駄目だろ

876 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 23:53:04 ID:jMmAjEjm0
もちろん「越後屋、おぬしも悪よのう」とか
「お殿様お止めになって」とか日本の歴史を教えるんだろな

877 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 23:55:44 ID:lVRitBS10 ?
>>868
はぁ? あんたバカぁ?
ラインの奇跡も知らないわけ?

878 :名無しさん@6周年:2006/02/24(金) 23:55:53 ID:Vz1yCLrT0
自習時間が増えて生徒も喜ぶ

879 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 00:39:28 ID:u83d+0Yx0
>>875
マジ?
LIVEで見たときは国歌流れてたけど。

880 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 04:22:42 ID:U5QuB0Lz0
ちょいクオリティ高いね

881 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 04:28:25 ID:1kYAXcn9O
レゲエやヒップホップやら海外の歌を聞いてる時点で日本人失格
日本から出ていけ

882 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 04:36:46 ID:7EapLNQ60
おやじがロリコン
お袋がチョンびいき

なのに誇りを持てなんて無理だと思います。
塾に来る子供たちの親に対する悪口はものすごいよ。
俺でもブラック過ぎると思うもん。
たぶんほとんどの親の想像以上だと思う。


883 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 04:38:36 ID:qO8JD5ZL0
クソウヨのみなさん!護憲平和勢力は貴方達をうち負かします。
悔しかったらかかってきなさいな。

ノーモア「君が代」のホームページ
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/3614/

私が管理人「ホープ」です。このホームページは私がつくりました。
このホームページのセールスポイントは、君が代の強制がこどもの「思想・良心の自由」を侵すものであるという点です。
このことを私なりに法律的な観点から展開しているつもりです。
一応日本は「法恥国家」「法置国家」ですから。よろしかったら、ご一読を。

沖縄と「君が代」、@君が代の歴史、A君が代の歌詞関連のホームページを探しています。
自薦・他薦は問いません。
もし、ある方は掲示板にURLを書くなどして、お知らせ下さい。
お願いします。

ようこそノーモア「君が代」の掲示板へ
http://geocities.yahoo.co.jp/gb/sign_view?member=yt0342346

884 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 04:40:20 ID:HEGZwQvaO
>>882
詳しく

885 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 04:44:33 ID:aiNgo4Om0
>>883
.............................悔しくないです.......................................。

886 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 04:48:39 ID:bqCX+KTrO
上智受かったのに最近まで天皇陛下の名前すら知らなかった俺が来ましたよ
日本が世界で国号(?)的に一番古い国ってホント?

887 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 07:53:48 ID:GC9wMt470
天皇家は世界最古

888 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 13:32:54 ID:Utn2ZcQ00
日本教職員組合
全日本教職員組合
全日本教職員連盟

889 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 13:48:45 ID:5uWM9IV80
このスレを見ていたポーランド人の妻が言った。
日本文化に誇りを持つ事と、日本社会に誇りを持つ事を混同している人がいる、と。

890 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 13:50:35 ID:7Qzd9clP0
受験科目は世界史選択したけど・・・今思うと日本史にしときゃ良かったと思う。

891 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 13:52:32 ID:hAdxekhS0
うむ、日本の文化か。

・駅前にパチンコ屋が多い。
・CMでヤミ金融の放送を平気でする。

こんなところか、重要なところわ。

892 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 13:54:38 ID:YBflf7/q0
>>891
サラ金の自動契約機。あれは日本独自の文化じゃね?w

893 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 15:46:47 ID:ZMSyiVjU0
>>889
日本文化を産み出したのは日本社会なわけだが。


894 :名無しさん@6周年:2006/02/25(土) 15:49:44 ID:OduH+dNt0
日狂組が巨悪の根源。
みんな気付いていることだろ?

243 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)