5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医療】福島県立大野病院の産科医起訴、医療現場反発 遺族「予見できたはず」[03/17]

1 :原子心母φ ★:2006/03/17(金) 18:47:44 ID:???0
福島の産科医起訴、医療現場反発
手術の死「医師個人の責任問えるのか」

 福島県大熊町の県立大野病院の産婦人科医が、帝王切開手術で妊婦を失血死させたとして逮捕、起訴された事
件で、日本産科婦人科学会などが16日、会見し、「故意や悪意のない医療行為に対し、個人の刑事責任を問う
のは疑問」と抗議、医療現場に波紋が広がっている。
[略]

遺族「予見できたはず」

 一方、亡くなった女性の父親(55)は「事故は予見できたはずだ。危険性が高い状態で、大きな病院に転送
すべきだったのに、なぜ無理に(手術を)行ったのか」と不信を隠さない。
 学会の反発の背景には、「地方の産科医不足が加速する」との懸念がある。
 起訴された医師は、03年に福島県立医大から派遣され、大野病院で唯一の産婦人科医として年間200件余
のお産を手がけていた。
 同様の「1人医長」の病院は少なくない。産科婦人科学会の昨年の調査では、全国の大学病院が医師を派遣す
る関連病院のうち、17%は常勤の産科医が1人だけだった。東北や九州、東海・北陸では20%を超え、地方
ほど診療体制が貧弱だ。
 常勤医1人では医師が24時間、拘束されて疲弊するうえ、患者の急変時などに十分な処置ができない恐れも
ある。就労環境の厳しさに加え、出産を巡る訴訟も多いことから産科医は年々減り、大学が医師派遣を打ち切る
例も相次いでいる。
 国も、1人体制などの病院から、産科医を地域の中核病院に集める方針を打ち出しているが、多くの地域では、
医師を引き揚げられる地元自治体の反対などで、医師の集約はスムーズに進んでいない。
 医療事故が起きた際の原因究明システムの課題も浮上した。米国では、州ごとに医療事故を監視する公的機関
があり、専門家が調査し、医師免許取り消しなどの処分を行う。一方、日本では「医療事故の真相解明は“かば
いあい体質”の医療界には期待できず、司法に頼るしかない」という患者側の声も根強く、米国のような医療事
故調査の第三者機関が求められそうだ。
[以下略]
(2006年3月17日読売新聞)

ソース:
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060317ik02.htm

2 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 18:47:51 ID:i0xU2Z2d0

     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   < 巨大な闇が広がってるんじゃ!>
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ   ,へ、        /^i
///// /::::   (y ○)`ヽ) ( ´(y ○)    ;;|  | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;|  7   , -- 、, --- 、  ヽ
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;| /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;| |  (-=・=-  -=・=-  )  | もちつけ狂牛! もうばれてる!
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| /  <  / ▼ ヽ   >   、
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;|く彡彡  (_/\__)  ミミミ ヽ
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/⌒⌒⌒\  (___ノ      ミミ彳ヘ
// // ゝ:::::::: :   | `ー----−' |__// / / /⊂)   ヽ--  ___/   \

3 :原子心母φ ★:2006/03/17(金) 18:47:58 ID:???0
関連スレ:

【医療】県立大野病院 「医師逮捕は不当」と日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会が会見 福島[03/16]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142506876/

【医療】大野病院医療ミス:医師起訴に抗議 県立医大医師会が声明 福島[03/17]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142586736/

4 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 18:52:56 ID:/rKtvYoc0
> 一方、日本では「医療事故の真相解明は“かばいあい体質”の医療界には期待できず、
> 司法に頼るしかない」という患者側の声も根強く、米国のような医療事故調査の第三者
> 機関が求められそうだ。


日本でやれば2年も待たず、役人の天下り先と化しますよ(´ー`)y−~~~

5 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 18:54:00 ID:En9NLBO50

訴えられる→医者減る→医者の質低下→事故→訴えられる

の悪循環だな。

6 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:02:31 ID:KMkL1yVr0
訴えられる→弁護氏増える→弁護刺の質低下→有罪→訴えられる

の悪循環だな。


7 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:08:39 ID:ZiB/m6820
>「事故は予見できたはずだ。危険性が高い状態で、大きな病院に転送
>すべきだったのに、なぜ無理に(手術を)行ったのか」

予見できなかったから手術に踏み切ったわけで、
転送していたらその間にショックで死んでいたわけで。

8 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:12:51 ID:YtahFAFm0
危険性が高いから、手術したんだろ
偉い先生だと思うよ、正直。

9 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:15:25 ID:CmJT1/7L0
だが、ちょっと待ってほしい。
妊婦の息遣いを感じていれば、事故は予見できたはずではないか。

…はともかく、きつい仕事を進んでやれる人間は少ないわけで。
何か利になる理由がなけりゃ、地方の「町のお医者さん」はなり手いねーよな。

10 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:16:51 ID:GS/ART6O0
予見できたはずだとわかってるんだったら
対応できるところへいけばよかったのに

医者がかわいそうに思える

11 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:17:12 ID:/gDuMw4QO
敢えて言えば患者の感情は、事故かミスなのかの判断には全く関係ない。
それを一緒にするからややこしくなる。
患者に対する補償こそ第三者が考えるべき。

12 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:17:32 ID:d+qg4fNt0
あれ、これって運ぶのが無理な状況だったんじゃないの?
出血が凄まじくて運んでる間に死ぬと思ってたが。

まぁ、一ついえるのは弁護士も遺族も無知だな。

13 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:26:50 ID:srf6M8dO0
本当に大病院に転送できたと思ってるんかね

14 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:30:19 ID:yVTl0tLB0

今、この病院のHP見たら、産婦人科は医者がいなくなって診療不能に
なってるじゃん。

この逮捕された医師が本当に無罪だったら、この影響は大きいな。



15 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:34:51 ID:ucmPskl8O
大きな病院に転送できたはずというが、
あの辺で大きな病院はそこだけだろが!
いわき市まで行くにしても、どれだけかかるかわかんねえのか!

16 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:36:03 ID:t1EqIAB/0
【福島】逮捕された産婦人科医師を救え11
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1142578563/


17 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:41:33 ID:mOUu3NLs0
>>1
>  起訴された医師は、03年に福島県立医大から派遣され、大野病院で唯一の産婦人科医として年間200件余

これ、最初の報道では「たかだか8年目の産婦人科医がせいぜい年間200件しかお産を取り扱っていなかった」
というスタンスで報道されていたよな。まぁ、その後ステップwで勉強してるみたいだけど。


> “かば
> いあい体質”の医療界には期待できず、司法に頼るしかない」という患者側の声も根強く、米国のような医療事
> 故調査の第三者機関が求められそうだ。

本当にそう思うよ。でも実際は天下り先が一個増えて終わりだろうなー

18 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:53:28 ID:t1EqIAB/0
[ 西島英利 : 活動報告 ]
http://www.nishijimahidetoshi.net/report/detail.php?RN=251&PG=t
厚生労働委員会 3月16日(木)11時25分〜12時05分(40分間)
医療提供体制を確保するために、医師法21条の改正または解釈の変更を
早急に検討する必要があることを問題提起したところ、川崎厚労大臣から
議論を進めていく時期を迎えているとの答弁がありました。

19 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 19:59:43 ID:NYEHG/NW0
福島の近くの県に住んでいる妊婦です。
こういった掲示板を読んでいて医者が身内をかばう密室体質が変わらないのがとても
悲しいです。
人一人の命を奪ったのですから人間としてきちんと罪を認めて服役して償うのが当然
だと思うのですが、医者ってこんなにも自分達は特権階級だと思っているのしょうか?
一人の妊婦としてはこんな腕の悪い医者には絶対に見て欲しくないという素直な気持ち
がありますし、私たちの周囲でもこの医者は許せないと思っている妊婦さんばかりで、
実際自分がかよっている病院が同じようにレベルが低くて同じミスを犯すのではないか
と不安で不安でたまりません。
産婦人科の学会は同じ医者の集まりとして責任を感じて謝罪の気持ちを表し、私たち
妊婦がどこにいても一流の技術で安価で親切な医療を受けられるよう全力で努力するべ
きだと思います。
とにかく収入だの休息だの家庭だの自分達の都合を主張するばかりで、自己犠牲の気持
ちの無い医者なんかには医者をして欲しくありません。
あと産婦人科が少ないっていう問題は医学部の人の中で一定の数を産婦人科に振り分け
ればすむことですし、地域で偏りがあるって言われてますがこれも医師会とかで話し合
ってまんべんなく移住させれば解決するでしょう?
自分達でそれくらいのことをしないで権利意識ばかり強いのは許せないです。
もっと国民のことを考えて下さい。


20 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 20:00:39 ID:hK/y7Yfl0
医療事故調査の第三者機関を本当に望んでいるのは、患者ではなく医師の方。
「かばいあい体質」などと、痛くない腹を探らるのにうんざりしている。
過失がある場合についても原因究明がなされれば、今後の対策として生かされるし、
現状では救いの手立てがない「過失が無いケース」について唯一救いの手となる。
医療側にデメリットは全くない。
患者さんの家族についても、若くして不幸な転機を辿ってしまった場合、
どうしても誰かに責任を求める事でその悲しみを紛らそうとしてしまうけど、
本当に亡くなった理由を知る事は、亡くなった方の声を聞く事であり、
仮に誰にも過失は無いと言う結論であったとしても、前に進むきっかけになる。

21 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 20:00:45 ID:SK1/uD1B0
コピペ乙

晒しage

22 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 20:02:36 ID:pbqqydgL0
予期できたなら、はじめから東京の大きな病院に
行けば良かったのに〜〜〜

23 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 20:09:02 ID:iB51/Lff0
>>19
元気な赤ちゃんを産むことだけ考えなよ。
俺もあんたが胎盤早期剥離にならんよう願ってるからさ

24 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 20:39:37 ID:IK5rRk480
>>23の博愛に感動

25 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 20:59:12 ID:/h75ge+H0
病院を札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡
の10個だけにして医者をセンター化すれば良いんじゃまいか?
そんで、開業医には税金を100倍重くする。
奴隷勤務医を救う唯一の方法。

26 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 21:27:55 ID:czrcvcxZ0
医者共、喪前らいつから裁判官になった? おとなしく司法の裁きを見守れ。
売り手市場だからといって、甘えるな!

27 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 21:40:55 ID:WCXzq8Lx0
これ転院させるとして受け入れ先の病院は探せたんかね?

自分の従姉妹がやっぱ問題のある妊娠とかで
診てもらってた病院では対処ができないってことで転院することになったんだが
肝心の受け入れ先の病院が無くて担当医が一時期、青くなってたっていってた。
幸い担当医の先輩が勤務している他県のでかい産婦人科と小児科専門の病院が
何とか受け入れてくれて無事出産してたが。
産婦人科って病院少ないから難産は大変だよーって
従姉妹が真面目な顔で言ってたのが印象的だった。

28 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 21:45:12 ID:OIWP8u2T0
>>19
>私たち妊婦がどこにいても一流の技術で安価で親切な医療を受けられるよう
>全力で努力するべきだと思います。
>あと産婦人科が少ないっていう問題は医学部の人の中で一定の数を
>産婦人科に振り分ければすむことですし、地域で偏りがあるって
>言われてますがこれも医師会とかで話し合ってまんべんなく
>移住させれば解決するでしょう?

産婦人科医ではありませんが、産婦人科医は足りないようですね。
まんべんなく医者を移住させるのは医師会にも無理だと思いますよ。
昔の大学医局ならできたかもしれませんが、今は無理でしょうね。
しかも都市部でも産婦人科医が足りず、ちゃんと雇用があるので
どうしても田舎へは行かなくなるのだと思います。
あと精神論だけで長期に働き続けることはできません。
入局当時は希望に燃えていても、何ヶ月も休みがなく
土日も夜12時頃まで帰れず、当直が3〜4日毎にあったときは
初心を忘れました。

29 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 21:55:33 ID:c8B9YaF30
こういう不毛な告訴をしてるから、産婦人科医が益々少なくなるんだよ。

30 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 21:57:38 ID:HtFXyM5s0
こんなDQN家族ばっか。

31 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 22:02:44 ID:G4FBN4uU0
こういうケースの場合、助けるのは母体優先、児優先どっちなんだろ

32 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 22:13:15 ID:Z2qyR2Ab0
この家族もそそのかされただけじゃねーの?
人は都合のいいものしか見ないから、
誰かがそうとささやけばコロっと「医者が悪い」ってなるだろ

つか、「予見できたはず」の根拠って何ナノ?

33 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 22:13:48 ID:6DSF2wVC0
>>32
助かる可能性が高いほうを優先。

34 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 22:14:07 ID:uOGC6vkh0
今村病院に入院すれば良かった。

35 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 22:22:17 ID:OD73fksA0
これまでの治療方針、
中期がん患者がいれば、拡大手術をすれば99人助かるが、1人ぐらいは手術が原因で不幸にも亡くなっていた。

しかし、現在では誰がやっても難しく、助かったどうかも分からない患者にでも当たった場合、結果が悪ければ
外科医は人殺しといわれ、逮捕され牢屋にいれられた

裁判官、検察が、完全なる体制の整っていない状態で手術は犯罪と決めつけ,
禁止した。
ところが、そこまで体制の整った症例、医療体制の整った病院はほとんどなかった。
そんな訳で、
これからの裁判官、検察が打ち出した治療方針

中期がん患者がいても、拡大手術をすれば助かることもあるが、100人に1人はあぶないので、手術は中止です。その結果
医療事故はくなりましたが、

100人とも残念ながら   全 員 病 死   となりました。  
手術は行わないので安全です。検察は国民を医療事故から守ります。

本来は、前者がいいと思うのだが、世間が世間知らずにも、前者ではいけない。という。
それなら、世間の言う通りに後者にしますが、、、、、残念ですが、国民の皆さんの意見なら後者にしましょう。   

36 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 22:22:34 ID:aWdY+TE9O
これからはトラブルにならないように「もし死んでも文句たれません」って誓約書でも書かせれよ
医者はあくまで「死ぬ確率を下げている」だけで「死ぬ確率をゼロにしている」わけじゃないんだからさ
最善を尽くした医者を責めてたらダメだろ

37 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 22:25:00 ID:Lws+qkDE0
強い癒着が原因とみられている。医師も「胎盤がなかなか取れない」と話しているという。
全国で医師達は書類送検の嵐に見舞われ、台風並みの強い風のバッシングが珍しくない。
そのバッシングにあおられたらしい。子宮付近の出欠は毎分約20ミリリットルで子宮摘出するほど
でなかったというが、胎盤を剥がした時毎分約200ミリリットルで出血したことに問題はなかったか。
癒着胎盤とは言いながら、

妊婦の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ。
僻地で一人医長の下、帝王切開をするのだから、手術には慎重であってほしかった。

前置胎盤であり癒着胎盤、胎盤が剥離しなかったら子宮摘出−−というマニュアルに違反していない、との説明にも
納得しがたいものがある。MRIやCTに頼っているだけでは、危険を察知できはしない。
五感を鋭敏にして安全を確認するのが、プロの産科医らの仕事というものだ。
しかも癒着胎盤での救命率などを引き合いにするまでもなく、前置胎盤では癒着の可能性が高いことは
医療関係者の常識だ。ましてや「癒着胎盤」は産婦人科医では高次医療機関へ搬送が当たり前だという。
大野病院では産科医が一人でオレがやらなければ誰がやるとしていたのなら、しゃくし定規な話ではないか。



38 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 22:28:44 ID:4TbuQivR0
>>36
「一方に著しく不利で公序良俗に反する契約」として無効です。

39 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 23:21:44 ID:FR0SlvhE0
>>36
>38氏の言うとおり無効です。「私には出来ません」「その手術はした事がありません」
で逃げるのが一番です。

40 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 23:30:42 ID:srf6M8dO0
これが続くとたらい回しにされるのが出てくるだろうね
さらに進むと拒否された時に行く病院がない状態になりそうだね

41 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 23:32:43 ID:t1EqIAB/0
http://ameblo.jp/sanfujinka/entry-10010265983.html
臨床経過中の合理的に説明のつく事象ですから、異状死かどうかの判断が難しいところがありますが、
異状死であったとして、その届出はこの医者がするのではないと思います。
これは、公式には病院長が届け出ることになっているはずです。
慣例で各科の医者が届けることが多いのは事実ですが、
病院長には当然届け出ているようですから、
この医者に責任はないと思います。
一部、否認を…とかいてありますが、
否認をしなければ、そのまま有罪確定になるのでは?
逃亡の恐れも、こちらが本当に聞き返したいくらいです。
「どこに逃げるの?医局ですか?守ってくれませんよ。」って。
手術前にスタッフが止めた>
スタッフが止めていてそのまま胎児や母体の生命を失えばそれも医師の責任です。
で、個人的には、手術を止めたとして、代替の案はどうしたのか知りたいです。
数時間かけて設備の整った病院に運ぶのか、
数時間かけて他の医者が到着するのを待つのか?
現実的な話ではないと思います。
この産科医の判断が正しかったかどうかは、今後、日本の世の中で議論し、コンセンサスを得ていかなければならないことですが、
もし、自分が同じ状況で、1人でいたら、無謀といわれても同じことをやる可能性はあると思います。
それは、多くの産婦人科医が思うところと一緒です。
だから、今回の学会声明文になったのでしょうね。


42 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 23:37:39 ID:8vAS7ydw0
予見できてたら手術しないで転送してるだろう。
最初から分かってわざわざリスクの高い手術をするとは思えん。
医者同士の馴れ合い、庇い合いはあるだろうが、今回の事故は違うだろ

43 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 23:38:10 ID:HV9XGZHl0
この父親は今後自分が病気になって医者にかかるとき
「亡くなった女性の父親(55)」という名札をつけておいてほしい

44 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 23:45:37 ID:mBS1GDRS0
早くできないかなあ ⇒ 衣料専門裁判所  BY 石全員

これでやっとバカに裁かれなくてすむようになるか。

45 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 23:46:53 ID:JvEUoYHW0
しかもこのなくなった女性は万一のときは子宮摘出にNoといってたし。

46 :名無しさん@6周年:2006/03/17(金) 23:59:21 ID:kmtaAQDc0
家族が亡くなられたのはお気の毒だと思うが、
「予見できたはず」 って、言われてもなあ。
その道のプロが予見できないって言ってるんだけど。

47 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 00:01:14 ID:QoJnvpTa0
>>44
裁判長が最強ウェポンFUJI(ryというオチだったりして。


48 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 00:08:33 ID:RFYHAoFM0
医師会の提言する
無過失補償制度案は無視されたままだしな。


>>44
バカ役人の天下りと「患者代表」によって現代の異端審問所になるだけ。
日本は米国に比べ、科学リテラシーは極端に低い。中国並み。
米国は宗教右翼が電波を飛ばしたとしても、論者が真っ向から噛み付くが
日本では雰囲気に流されたらそれまで。

49 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 00:12:48 ID:l66slCNy0
 娘を持つ親として、このお父さんの気持ちは痛いほど良くわかるが、
産婦人科医の私であっても、もし娘がどこかの病院でこうなったとしたら
「ああ運が悪かった。仕方ない。」
とあきらめます。はっきりいって当たった病気が悪すぎます。
 調査書に「あの時こうしていれば...」みたいな結果論ばっかり書いてあったから
それが頭に粘着して無限ループしてるんだと思う。

 実現性のないことだが、できるものならこのお父さんや検察・警察は
一度でも前壁付着の前置胎盤の帝王切開を執刀してもらいたい。
せめて清潔服で入らせてもらえばいいと思う。
産科医がこの手術に毎回どんな気持ちで入っているか少しでも理解して欲しい。
そして少しでも納得して欲しい。
赤ちゃんや母体をみすみす死なせたい産科医はいません。
でも100mを1秒で走れる人がいないように、人間にできることには限度があります。

「お産は今や100%安全がデフォだから、もし母子のどちらかに異常が出たら絶対ミスをしててそれを隠してる」
「医療事故はすべて医師のミスが原因」
みたいな無茶なことを言われても応えきれません。(できる限り応えようと頑張ってはいますが...。)

50 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 00:33:32 ID:d/DS8zwQ0
どんなに最善を尽くしても救えない命がある。
そんな当たり前のことすら理解できずにじいさまになろうとしてやがりましたか。

日本人には理不尽な死を必ず避けられるものだとでも勘違いしてるやつが多そう。

51 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 00:41:04 ID:owiW3WmO0
この父親も娘が死んだときに納得しようとすればよかったのにな。
悲しくて誰かを恨むことで救われようとしたのがそもそもの間違い。

たしかに悲しみに沈んでる人間に「仕方がなかったんだよ。」というより
「あの医者がああしていれば助かったかもしれない。」
「あの時の病院のあの態度は気に入らない、何かあったんじゃないのか?」
などと焚きつける方が精神的に楽だからね。

そういうのをカバーするのは宗教とか理性とかだと思うのだが、どちらも今の日本には少ないものだ。

52 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 00:44:12 ID:Gjg00vgw0
人の命や人権を過大に評価してしまうのは
豊かになってしまったがための一種の現代病かもね

53 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 00:50:56 ID:cIerf32z0
昔祖母が親戚の子供が死んだ時に
「また産めばええ」と言った時は鬼婆に見えたよ
でも13人子供産んで6人亡くした人だった
今生きていたら何と言うか聞いてみたいとたまに思う


54 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 00:58:02 ID:RrJSFrDL0
>50
>どんなに最善を尽くしても救えない命がある。
>そんな当たり前のことすら理解できず

ものすごく、同意。医者=神でない。
だから、
>19みたいなのが、湧いてでてくる。


55 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 01:37:37 ID:eIBopkrI0
>>51
そういう、おやじには「エホバの証人」を紹介してやれば

【医療】札医大 輸血回避の新指針策定 「エホバの証人」など患者の意思尊重 北海道[03/16]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142484352/

56 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 01:39:54 ID:+5KPeVgR0
>>48
青戸病院の医者みたいなのが多数いる状況では、何言っても無駄。

57 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 01:42:17 ID:SFTxrWGN0
アメリカみたいに第三者機関を作るしかないね

58 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 01:44:47 ID:7AHWX8ol0
>>52
それは日の丸のおかげだ。
中国では人の命は10万円くらいだし。

59 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 02:39:27 ID:RTZ5PCqAO
32歳、大学勤務、産婦人科医です。

私を含め、10年選手に到らない若輩者たちは、
今回の一件で、正直、産科を将来やりたくないな
と毎日のように話すようになりました。

不妊専門、もしくは転科も視野に入れるよう
になりました。

だから、なんなんだ

と思われるかもしれませんが、大学医局の
現状を素直に書きました。


さぁ、今、陣発が3人います。何事もなく無事に
いくといいなぁ…。


60 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 02:59:43 ID:Dz03056l0
>>59
妊婦の息づかいを感じることができないなら辞めろ

61 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 04:02:13 ID:mhfwu/dLO
何だよ「妊婦の息づかい」ってよ?アホか!
「医療崩壊の息づかい」でも感じてろ。

62 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 08:49:48 ID:RIkRa1r40
>>59
同じ年代の他科の医者ですが、うちの大学も検診とかにいく
産婦人科Dr.が多いみたいですよ。
年配のDr.たちは負担が減らないと嘆いています。

63 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 08:53:05 ID:ezhC/oZz0
まあ2ちゃんのニートどもにとっては産科医が減っても
痛くも痒くもないからな

64 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 08:56:06 ID:PxjbMFIf0
ニートの臭い息づかいは感じられるがなw

65 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 08:58:24 ID:HNbn7OJu0
>「医療事故の真相解明は“かばいあい体質”の医療界には期待できず、司法に頼るしかない」

もう手間かけずに医療も司法に任せればいいじゃん。
医者の裁量より、裁判所の判断の方が正しいなら、怪我や病気は裁判所で治して下さい。
それとも治療方針は裁判所で決めてもらって、その通り病院で治療するかだ。

66 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 09:07:25 ID:Hm1ythaK0
>一方、日本では「医療事故の真相解明は“かば いあい体質”の医療界には
>期待できず、司法に頼るしかない」という患者側の声も根強く、米国のよう
>な医療事 故調査の第三者機関が求められそうだ。

読売ヤクザの怨恨と悪意が込められた世論誘導がにじみ出てますね。
第三者機関、結構ですよ。どれだけ日本の医療が素晴らしいか、証明
できるからね。でもどうせマスゴミは難癖つけるんでしょww



67 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 09:28:14 ID:avR0WxkN0
医者はいくらでもいる。
だから コキ使って当然。給料なんて要らない。
だまって働け。
この病院 にくれば、おまえの好きな仕事24時間働いてもいい。
おれたち患者さまが困っているのだから、休むなんてとんでもない。
医者は俺様の召使みたいなものだ。
俺たち患者様は弱者でこまっているので、お前たち医者はもっと困れ。
だから黙って働け。俺たちが苦しむ以上に苦しまないと満足しなし。
一切文句を言うな。

「すこし頭痛するのだけど、どういうことだ、頭痛するなんて、医者が悪いの
ではなか?休む暇あったら、俺の頭痛いますぐなおせ」

過労死しようが、なんだろうが、死ぬまで働け。
文句を言うと、 訴えるぞ。
嫌なら今すぐ辞めろ。 byおれたち患者さま一同
---------------------------------------------------------
そこまで言われるなら、やめます。
by 産科研修医

68 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 09:36:11 ID:ax8AJc+P0
こうして産科医のなり手が減り、全国的な産科医不足が加速。
やがて出産は都市部だけでしかできなくなり・・・。

確かに子どもを亡くす悲しみもわかるけどさ。
なんか自分で自分のクビを絞めているような気がするよ。

69 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 10:13:15 ID:aTMVfUYp0
>>65
そうだよね。何しろ検事も裁判長も専門医より
すばらしい判断ができるらしいからね。
裁判長や検事に医療を任せるのが一番と思われるが
いかがでしょう?

70 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 10:15:39 ID:MCARrm3J0
いってろ
くず医者

71 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 10:29:57 ID:FEHNZ5/r0
少子化対策のために産科医増員と事故補償に金をかけてくれよ。

72 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 10:58:24 ID:eXlk5RU+0
>>57
厄人の天下り機関になって原告勝訴率99%のすてきな機関になるでしょう。
目に浮かぶ

73 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 11:07:46 ID:fDiWoJ4B0
>「事故は予見できたはずだ。危険性が高い状態で、大きな病院に転送
>すべきだったのに、なぜ無理に(手術を)行ったのか」

今の時代、転送先を見つけること自体大変ですよ・・・・まさにこの症例並に。

74 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 11:27:18 ID:Q0fhYyZc0
>>7
転送中に患者が死んだら、遺族は誰を責めたらいいんだろうね

遺族は医師の責任を問うのはしかたないと思う
かけがえのない家族が死んだのだから

でも、私たちはもっと冷静に事実を見つめなくてはならない。
一人医長で年間200人もの赤ちゃんを取り上げてきた先生を
このままにしていたら、絶対にいけないと思うよ。

75 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 11:29:49 ID:Q0fhYyZc0
>>68
遺族にしてみたらさ、これから出産するはずの娘(妻)はもういないわけだから
これからどうなろうと関係ないんだよね

76 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 11:30:11 ID:9RCDMM/BO
予見できたはずとかいうならセカンドオピニオンして他の医者の意見もきいとけ。
それをめんどくさがった患者の自己責任だろっ

77 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 11:31:38 ID:aTMVfUYp0
>>76
怪しいホメオパスに聞きに行くと思われ。

78 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 11:34:08 ID:msXXs8Yi0
>74
転送中に亡くなったら
「医者はもっと早く転送の判断をすべきだった!」
って言いだすかも知れない。

どこかに責任をとらせないと気持ちがおさまらないんだよ。

79 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 11:36:48 ID:9gJDCPR30
まあなんだ。
もうそろそろ医師側にも患者を選ぶ権利を与えてくれ。

80 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 11:38:02 ID:aTMVfUYp0
>>78
あるあるww

81 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 11:45:05 ID:Q0fhYyZc0
福島の隣の県に住んでいますが
一流ホテル並みの豪華設備で食事がおいしいと
評判の人気産院があります。
友達もたくさん、そこで生んでいます。
私の友達は次もそこで生みたいと言っています。

でも、異常分娩ならすぐに同じ市内(たぶん5km離れていない)にある
巨大総合病院に転送しちゃうんだろうな・・
そこの医者は患者を選んでいるといえなくもないかな?

82 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 11:50:26 ID:ax8AJc+P0
>>75
 その気持ちもわかるだけに・・・あ〜あ。

 うちの場合は無事に娘が生まれてくれたけど、万が一の場合は冷静になれるかどうか・・・orz


 出産は100%安全ではない・・・とはわかってるんだけどもね。

83 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:08:56 ID:A6ebCLlq0
これでさらに逆子の経膣分娩をする産科がいなくなり、逆子は昔経膣分娩をしていたんだ
教科書には書いてあるけど見たこともやったこともないという若い産科医が増えてゆくだろう・・
と書いていて、若い産科医はもういなくなり、老産科医も消え行くのみということに気がついた。


84 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:12:20 ID:Q0fhYyZc0
>>82
遺族は冷静になれなくて当然だよ
当事者なんだからそれで当たり前

> 出産は100%安全ではない・・・とはわかってるんだけどもね。

昔、後妻や継子の話が多かったのって
出産で死ぬ人が多かったからなんだよね。
今は普通に生まれて当たり前、という時代だから
納得できない気持ちもよくわかる。

85 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:14:50 ID:sA1ZW1yl0
妊娠出産に伴う危険性は予見できたはずだから、妊娠させた奴を裁くべきだな。

86 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:18:34 ID:Xy9OmZJDO
>>40 実は報道されていない、明るみになっていないだけで
裁判になりたくなくて東京で大人も子供もたらいまわしは起きてるよ。
ただ自分達患者がそうしたことに気が付いてないだけの話。


87 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:19:05 ID:MtzXe26x0
桜井充(民主)
http://www.dr-sakurai.jp/
3/13 参院予算委員会 質問
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/library/reference.php?cd=1230 12分17秒〜

西島英利(自民)
http://www.nishijimahidetoshi.net/index.php
3/16 参院厚生労働委員会 質問
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/library/reference.php?cd=1243

仙谷由人(民主)
http://www.nmt.ne.jp/~sengoku/
3/17 衆院厚生労働委員会 質問
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.cfm?deli_id=29735 12分26秒〜


88 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:20:37 ID:Q0fhYyZc0
>>85
昔のお殿様の奥さんはある年齢以上になると
お褥下がりといって、お殿様とセクースしなくなったんだよね。
自ら若い娘を探してきて、あてがうこともあった。
なぜなら、妊娠出産は命にかかわる、そういう時代だったから。

89 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:37:10 ID:4yN2Nc1Z0
>>72
でも各地の医師会も顧問として厚労省官僚の天下りを受け入れればいいんだよ。
さすれば医者ももっと行政に働きかけやすくなる。

>>81
出産は自費だからね〜、お金さえ出せばいいサービス受けられるんじゃない?
ベッド数少なめに作って豪華なサービス充実させ、入院費用を高額に設定してセレブ相手の産院がいいね。
DQNはベッドが満床だからと断る。

90 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:44:35 ID:mYFuvzIJ0
この遺族の場合、もし大病院に行けたとしても、治療が遅れたことで死亡に至れば、
同じように「医師の判断ミス」とこの医師を訴えるでしょう。
もはや、結果責任なんでしょうね。失敗は許されない。

もう、このまま、検察も遺族もつっぱしって、行くとこまで行ったらいいんじゃないか、と思うこの頃。
そうすれば、国民全体がこの問題を共有できる。
ただ、事態を把握するころには手遅れかもしれませんが。

91 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:46:47 ID:4yN2Nc1Z0
医療界反発 異論も噴出 福島県立大野病院の医師逮捕、起訴
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060318-00000011-khk-toh

>一方、地元の福島県双葉郡では、学会などの抗議に「身勝手だ」と憤る住民もいる。
しかし相変わらず感情的ですね・・・理性というものがないんでしょうか?
医学的に無理だと言っているんですがね。
>ある保育所の女性保育士(51)は「人の命を預かる仕事だから万全の準備をするの
>は当然」と怒りをあらわにする。
こういう人に限って献血してなかったり、万全の準備するためには医療費かかるというと文句言い出すんだよね。
>別の保育士も「実情を知る医療界が、1人体制の厳しさや危険性を今になって言い出すのはおかしい」と疑問を投げ掛けた。
昔から言ってるけどマスゴミが報道してくれないだけ。
それに一人体制は危険だからと集約させようとするとこれまたこういう人に限って、「アクセスが悪くなる」、「地域を見捨てるのか」と
いって騒ぎ出す。
要するに心がひ僻地なんですよ。

92 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:47:04 ID:2LhilRZk0
地元の福島県双葉郡では、学会などの抗議に「身勝手だ」と憤る住民もいる。
ある保育所の女性保育士(51)は「人の命を預かる仕事だから万全の準備をするのは当然」
と怒りをあらわにする。
別の保育士も「実情を知る医療界が、1人体制の厳しさや危険性を今になって言い出すのはおかしい」
と疑問を投げ掛けた。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060318-00000011-khk-toh

93 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:49:20 ID:Jx0vGT3A0
>>91
マスコミに都合のいい意見を
「良識的な街の声」として 載せているだけでは?

同意見の人を併記している時点で 人為が感じられる

94 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:52:36 ID:mYFuvzIJ0
>>93
仕方ないよなぁ。
なぜ、マスコミがそっちの意見ばかり載せるかというと、それを国民が望んでると思ってるから。
もし、医療側に好意的な人ばかりなら、そういう意見載せても批判されるだろうからね。
結局、国民の意識の問題。

95 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:53:25 ID:4yN2Nc1Z0
>>94
しかしもう医学的には叩きようがないから感情的な市民の非難の声を載せて
いじでも医者叩きがしたいって感じだよね。

96 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:56:56 ID:yI9qkZZN0
>ある保育所の女性保育士(51)は「人の命を預かる仕事だから万全の準備をするの
は当然」と怒りをあらわにする


この辺の年代は、難しいことをさも簡単なように言うよな。

97 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:58:33 ID:Gl3T9bBK0
感情論でやられちゃますます産婦人科の医者がいなくなるな。
小児科の人材不足のすごいらしいが、じいさんさんばあさん
しか産婦人科医いなくなるぞ。

98 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 12:59:55 ID:Q0fhYyZc0
知人(男)にこの話をしたら
(病院に)殺された・・みたいな反応が返ってきて
これが、大多数の意見なんだろうな・・と思った。

ちなみに、3人の子の父親だけど
皆安産だったそうです。

99 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:00:07 ID:4mOGySTP0
産婦人科の場合、婦人科に特化するという方向があるから、人手不足の度合いはさらに激しいね。

100 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:01:36 ID:Jx0vGT3A0
>>94
この件に関しては「国策」記事だと思うよ

まあ 一般人は
日経大暴落>>>福島の1医療事件(というよりは検察の暴走)

のスタンスだってのは まあ、現時点では しょうがないと思う
単に切迫感がなく 無関心なだけで
年がら年中 医者たたきに粘着する 一般人など数えるほどだと思う

101 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:02:03 ID:mYFuvzIJ0
>>96
保育士の世界も、「熱中症死亡の責任とれ」だの、「看護師いるんだから、園児を入れろ」だの、
責任責任と言われてるからじゃない?

ギスギスした世の中になったもんだ。
弁護士にとっては、活躍できる世界になりつつあるが。

102 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:02:49 ID:MLotCmnH0
「心が僻地」だから仕方がないね。
誰も逝く人がいなくなるから、自然淘汰されることを願う。

103 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:03:45 ID:9ubur3P70
万全の準備にはコストが必要だ。資本主義社会なんだからな。
医療予算大幅削減が加速度的に進んでいるのだからこういうことは
今後も当たり前に起きるのであろう。

104 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:04:47 ID:v4/N5guv0

●僻地で産婦人科医をやりたいが偏差値が足りない

105 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:06:06 ID:Hm1ythaK0
まあ、出産する場所がなくなってDQNがどんな風に騒ぎ立てるのか
生暖かく見守ってるよ。

106 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:06:44 ID:Jx0vGT3A0
>>104
岩手県に移住して
「岩手医大」にGo

お礼奉公制度 絶賛発売中みたいだぞ

107 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:07:29 ID:hbAKi8SZ0
運命を従容と受け入れる美徳が
なくなったんだよ、主に日教組の
せいで。
潔い日本人はレッドデータ中の
レッドデータだね。
醜い日本人ばかりで先達に申し訳ないよ。

108 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:08:29 ID:KxtjuCpJ0
患者のためにと身を削って出産を著しく安全にしたら
妊産婦死亡で逮捕された。
笑い話にもならないなぁ。

たぶんこれから徐々に妊産婦死亡率は上がるでしょう。
で、少子化のときみたいに5〜10年後にマスコミが
「妊産婦死亡率が上昇している! 政府が悪い!」
と騒ぎ立てる、と。

ちなみに妊産婦死亡率は10万人比でアフリカが830、
日本を除くアジアで330、一般の先進工業国で20、
日本は6。

109 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:09:46 ID:2LhilRZk0
>>108
今の医者は努力が足りない、昔の医師を見習えとマスコミに叩かれます

110 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:10:55 ID:1eukTERe0
俺は医学知識はゼロだけど、絶対に予見できてたと思う
医者なら誰が見たって診察すれば分かるだろう

111 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:11:15 ID:Jx0vGT3A0
でも 将来予想される 危機的状況を訴えかけたら
「患者の命を盾にとって 既得権益wにしがみつく気か」って言う人もいるよねえ。。

112 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:11:22 ID:Hm1ythaK0
そのうち癌で死ぬのはおかしい、とか
叫ぶ奴らが出てくるだろうな。

113 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:14:07 ID:mYFuvzIJ0
>>108
<患者のために「身を削って」地域医療に貢献していた>ことが、逆に、
<患者のために「身を削って」いたから、過失を誘発したんだろう>になる、論理のすり替えの恐ろしさ。

そりゃ、医師も守りに入りますわね。

114 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:14:35 ID:2LhilRZk0
>>111
武見太郎医師会長のときそうやって叩かれまくったよね。
医師はその後謙虚になりマスコミや患者様の意見を最大限尊重しろと
学生の頃から叩きこまれるようになったが

その結果がこれですかw

115 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:14:39 ID:Q0fhYyZc0
>>99
茨城県の県立病院がそうだね

>>106
岩手は県立病院がいくつあるんだろう?
どこもかしこも僻地だらけ

116 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:14:40 ID:Jx0vGT3A0
>>112
そして こうしていたら「あと3日間」延命できていたかもしれない
の 後出しで 救済判決を出すと。。

117 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:18:47 ID:0YbfVFOs0
事実がどんな状況だったか、裁判になればわかるよ。まだ、マスコミは本当の
状況を書いてないね。医師会、大学ものけぞるよ。やはり、守り方ってあるよね。
現場の凄惨な状況はいた人でないとわからない。何故、家族が騒いでいるか思い
をいたしたほうがいいよ。

118 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:30:41 ID:SgEmcQ9RO
117 ヒント:金

119 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:32:40 ID:mFqXyQ9P0
>>117
多分、家族の人も想像出来ないほど、現場の状況は凄惨だったでしょう。
何故医師が騒いでいるか思いをいたしたほうがいいよ。
(思いをいたすって何だ?思いを馳せるの事かな?)

120 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:34:42 ID:MCARrm3J0
ねえサンバにまかせるようになるんじゃないの?

121 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:40:09 ID:YQCDtENl0
そのサンバは怪しくなったら転送。
救命できなかったらその医療現場の医師アボーン。

122 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 13:53:00 ID:8M3VEdUA0
もう、都市部の大病院以外はhigh risk患者の緊急時の診療や手術を拒否できるようにすれば?
亡くなった女性には心からご冥福をお祈りするが、こんなことで訴えられて逮捕されてたんじゃ
地域医療はあぼーん確定なんじゃが?
どうやらこの方のご遺族やマスゴミ様は地域医療の破綻と荒廃をお望みのようで…

123 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:01:16 ID:Q0fhYyZc0
>>122
遺族とマスコミは分けて考える必要がある
マスコミが遺族よりの報道になるのはしかたないかもしれないけど
それならそれで
過疎地の周産期医療の実態も
もっと報道するべきだと思う。

124 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:06:22 ID:Udai5YV60
検察とかも逮捕する前に当然他の医師とか
専門家の意見きいてるんじゃないの?
専門家がこれは過失があるんじゃないかと判断したんじゃないの?


125 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:12:32 ID:Jx0vGT3A0
その専門家が、もう20年も30年も現場仕事をしてないこともあるがな

立件を目指す 検察が「御用医者」を引っ張ってくるのは 
そんなに難しいことではないと思うけど

126 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:22:49 ID:4yN2Nc1Z0
>>121
事故調査で「搬送の判断が遅かった」・・・とひとこと。これでサンバも巻き込まれる。
うかつな搬送はしないだろ。

127 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:29:44 ID:k6CKtIq50
>>119
「いたす」の用例はあるので、変なところにつっこまないほうが……。

128 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:35:16 ID:AnzP+n+I0
そもそも医療に「万全の準備」なんて無い事に気付けよ
 金かけても、専門医集めても、ダメなときは死ぬのが医療。

129 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:42:40 ID:NFmIKnl60
業務上過失致死には「予見可能性」だとか「回避義務」だのとかが重要になるとのことだが、 
医者だったら分かるだろうが、医者は鑑別診断なり治療法を選択するなりする際には、
「可能性が非常に低い」と思われる疾患や状況まで想定し、一度「まな板」に載せた上で
その上で現実の状況に照らし合わせて「どの位確からしいか?」と考えた上で、あまりにも
確率の低いものについてはそれ以上は「診断の為の検査」や「回避するための努力」はしない
ことを選択する。
医療資源は無尽蔵ではない。特に、日本のような保険医療制度で医療の報酬が予め決められており
しかも保険適応外ならば一銭も入ってこないような状況では、あまりに確率の低いものについては
対処する事は事実上不可能だろう。だから、敢えて切り捨てるしかない。
 
だから、医者にとっては「危険性を予見し、危険を回避する方法を知りながら、その上でそれをしない」
という状況は日常茶飯事であり、結果が悪い方向に転べばいつでも検察・警察にしょっ引かれても
おかしくないのだ。しかも、日本には諸外国にあるような「医療行為の妥当性を医学に照らして
客観的に判定してくれる機関」は存在しない。それはド素人の裁判官の仕事だ。
 
その事実に直面して俺はアホらしくなって医者稼業を辞めた。


130 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:43:09 ID:mhfwu/dLO
>>117
凄惨な状況とは何だ?
関係者で何か知ってるなら書き込んでみてくれ。

131 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:43:12 ID:qZfhUGAgO
転送無視の産婆

132 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:44:05 ID:L8+EOmA50
この病院で産もうと決めたのは遺族側だろ
小さな病院で産むなら緊急時に高度な医療ができずに
結果死ぬ可能性も遺族には予見して病院を選ぶことができたはずだ

133 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:46:02 ID:Jx0vGT3A0
>>130
ヒント;単なるフカシ 

検察の人とまんま同じ発言じゃん

134 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:47:08 ID:sqwh+IcA0
卒後研修制度を導入し
卒業生を医局に入らなくし
地方医大の医師数はここ数年で激減し
そのしわ寄せは地域医療が全てかぶっています
医師がいないと市長は県知事に陳情しても
<ないものは出せない>のです
このような結果を招いた厚生労働省を
一生恨みます

135 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:48:26 ID:4yN2Nc1Z0
>>134
ま、厚労省も認めてるみたいだし、もう僻地での一人医長体制はどんどん引き上げましょう。

136 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:50:16 ID:AnzP+n+I0
>>132
 >小さな病院で産むなら緊急時に高度な医療ができずに
 この症例は、一般基幹病院でも救命できたか疑問。
 KO、女子医、日医クラスなら助かったかもしれない難事。

137 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:52:28 ID:95TNEAMl0
予見できるかどうかの問題なら
予見はできなかった、が臨床の見解だと思うよ。

前回帝王切開でも、エコー上で後方の前置胎盤だったようだし
MAPもある程度の出血は予想しておいて3単位だったかは用意してたんでしょ?
MAP1単位1万5千円かそこらするしろモンだったはず
無駄に多く用意はすることもないだろ
3単位ぐらいが予見できる範囲だったんじゃないだろうか。

138 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:54:30 ID:pl/2kP2u0
KO, 女子医、日医の一日20万円の特別室なら助かったかもね。

139 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:55:46 ID:95TNEAMl0
出産費用を100万とか200万とかにしたら
助かる人も増えるってか?w

それくらいお金出さないと
医者も引き受けちゃくれないだろうね。

140 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 14:57:03 ID:Q0fhYyZc0
>>138
最初から子宮摘出すれば助かる話だよ
でも、残せるものなら残してあげたいと考えるのが
人情でしょ。

141 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 15:01:09 ID:rkOKD9kY0
どうせ、糞弁護士とマスゴミが煽ってるだけだろう?遺族を

142 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 15:08:05 ID:MXDgnn5S0
10年位したら表立って出産取り扱う産婦人科は全国に10箇所程度になり
全て健保取り扱い無しになったりして。

143 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 15:08:18 ID:Jx0vGT3A0
県立病院も遺族を煽っていると思う

144 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 15:11:23 ID:rkOKD9kY0
>>142
それか、全部公務員で、出産する前に百科事典より分厚い契約書を読まされて、それにサインをしなきゃ出産が出来なかったりして

145 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 15:24:40 ID:Q0fhYyZc0
これ確か、調査委員会のメンバーに
福島県立病院の産科医がいて、その人が
一人で執刀したのがまずかったとか
応援を頼むべきだったとか
言ってるんだよね。
医者は医者を庇うどころか足を引っ張ってる

なんか確執があったのかな

146 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 16:38:34 ID:SFTxrWGN0
>>87
仙石由人は神!

この今度の、どちらが事件になるのかわかりませんが、つまり法務省が、
いやいや検察庁が、あるいは警察、検察が起こした事件という風に
将来なるんじゃないかと、私思っておるんでありますが、・・・

http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.cfm?deli_id=29735 18分45秒〜

147 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 16:45:11 ID:2LKs7vUF0
難しい病気になった患者の責任はどうしたんだろう。
運が悪いのは患者の責任だと思う。

148 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 16:55:45 ID:SFTxrWGN0
>>145 
>「『過誤がない』という結論では、遺族に補償ができないから困る。そういった示唆が、
>県側からあった」と、調査にかかわった複数の関係者が声を上げているからだ。

http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000000603160004

つまり、遺族に補償金を払うために事実を曲げて医師に過失ありとの報告書を作成した。
これは立派な汚職事件です。

事故調査委員会、
委員長:宗像正寛(県立三春病院 診療部長) ←報告書から引用
はその後なんと同病院長に就任。

報告書はこちら。
http://www.dd.iij4u.or.jp/~ssd/oono/oonohpgyne.html

149 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 16:57:14 ID:z57NF+cj0
想定の範囲外

150 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 17:00:39 ID:MKH6R5170
メチャエロ産婦人科医 僻地医療に貢献する自慰医大卒 
日本産婦人科学会認定医 母性保護法指定医

もうナマモノでは勃たない!無修正エロアニメ大好き!

[仁義なきキンタマ] tnmrのドキュメント.zip e8d97965935f3045bfcc8096f5ec8ec5

勤務先

ttp://www.kouseiren-ta.or.jp/info/index.html

ほむぺえじ

ttp://www.asahi-net.or.jp/~PX6S-TNMR/

151 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 17:12:11 ID:p24FE4gt0
車に高度な盗難防止装置をつけたら、車が盗まれても「盗まれるわけがない」
と盗難保険が出なかったという話もあったなあ。

152 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 17:23:13 ID:gdJuZ4zrO
>>148
それって保険金詐欺じゃ・・・

153 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 18:03:36 ID:2LKs7vUF0
公文書偽造あるいは偽証かな。不可抗力による医療事故に対して被害者を救済する一般的な制度は
今はないと思う。強いていうなら介護保険がその役割を担っているのだろうが...

154 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 18:04:32 ID:PozQJ/Q10
どの時点でどういう予測の方法があったのかな
何で搬送が安全と断言できるのかな

155 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 18:04:40 ID:2LKs7vUF0
任意なら生命保険なんだろうけど。

156 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 18:24:40 ID:rG3bx9ni0
>>145
福島には県立病院が複数あって、(ちなみにウチの自治体は県立の「病院」は
一個しかないので「県立病院」といえば通る)、事故調査委員会に入っていたのは
そのうち県立三春病院の診療部長宗像正寛氏。

今回の事件のおきた県立大野病院とは別の病院のスタッフなので、
面識はあるかもしれませんが、確執云々ということは考えにくいです。

宗像氏の仕事
http://fukushima.harikyu.or.jp/02_report/con02_01_01.html
http://www.kamponavi.com/hospital/search/search.php?pid=7&did=521

157 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 18:38:10 ID:IjbdU8OX0
>>144
> それか、全部公務員で、出産する前に百科事典より分厚い契約書を読まされて、それにサインをしなきゃ出産が出来なかったりして

それに加え、分厚い契約書を理解しているかテスト付きで、全問正解しないと契約も出来なくなっていたりして。

158 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 19:11:31 ID:Q0fhYyZc0
>>156

じゃあ、その先生は自分なら救えたはず
だと考えているんだね

159 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 19:15:38 ID:2LKs7vUF0
留保条件が山のようにありそう
いわく助手を10人つけろ
いわく血液は500リットル用意しろ
いわく治療方法については白紙委任状をよこせ
(しろーとが適当なことを言っているので内容についてつっこまないように)

160 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 20:00:21 ID:Q0fhYyZc0
福島県の南の県にサッカーで有名な町があって
そこに私立の総合病院がある
院長の馬鹿息子が産科の医長
馬鹿息子のくせになぜに産科を選んだのかは謎・・

きっと、正常分娩しか扱わないんだろうな

161 :名無しさん@6周年:2006/03/18(土) 20:01:11 ID:sE+tVcxQ0
世の中ますます景気が落ち込み、消費税の引き上げ、年金問題、
偽装建築、不当逮捕による人権侵害と庶民の怒りが膨れ上がり
バクハツ寸前の中、わたしたちはGYNE(勇者)を募集しています。
あなたもGYNE(勇者)になって青春を駆け抜けてみませんか?
未経験者OK、先輩のGYNE(勇者)はだれもいませんが、
こころやさしい県職員があなたをサポート、今すぐ御連絡下さい。
資料を無料でお送りします。
福島県県立OH!NO!病院

162 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 03:11:42 ID:uuo6cnHb0
患者は可能な限り最善の医療を受ける権利があります。
可能な限り最善というのは、TPOに左右されます。
発作が平日昼間か、休日夜間か、都会か地方か、医師の能力、経験、
運ばれた病院、救急車の呼び方すら運命を左右します。
すべての人がその症状に対する最高の医療を常に受けられるわけではありません。
皇族やお金持ちすら時と場合によっては助かりません。
助けられなかった医師が有能で善人で努力家で誠実であったとしても、
神様でない以上、すべての患者を救うのは不可能なんです。
助けられなかったからといって、無能、悪人、怠け者、不誠実、
そして犯罪者と決め付けることはできません。



163 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 03:16:32 ID:lok/OLPDO
こんな裁判起こしたら、難しいお産は病院たらいまわしにされるぞ、難病の老人みたいに。

164 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 03:35:26 ID:6H5c+4Yr0
叔父が医者やってるけど、この手の話は辟易してるらしい。
右腕だった部下の医者も、いい加減こういうのに疲れて退職した。
その叔父自身も、早々にリタイヤしようかと考えている始末。
世の中極端。ますます、アメリカ式になっていくような気がする。
なんでも争いの社会。権利、権利、権利。
この事件の本当のところは知る由もないが、ただ、言える事は、
人の命を救うはずの医者が疲れきっては、人の命なんてとても救えない
ような気が禿げしくする。
今の世の中の医者叩きもいい加減にしたら?と思うよ。

ま、でも医者にもやっぱり旧態依然の人間もいて、不愉快なハイ、ハイ
癌、癌みたいなのもいるから。困ったもんだ。
これだけ禿げしい、患者と医師のぶつかりあいがないと、医者の意識改革
もないのかなあとも一方で思うし。
禿げしい権利争いは回避できないものなのかね。

165 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 03:47:17 ID:eqMvIWvz0
医師の勝利だな、、くくくく、、、

166 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 04:12:04 ID:Vzmgz+ax0 ?
>>165
医者は逃げ、患者は保険診療を受けられなくなり、
結局最後に勝つのはオリックス。以上。

167 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 04:40:55 ID:BqMu8QlQ0
>>104
・・・ってか、産科を含めて特に外科系は高偏差値である必要があるんかね?
設計士が設計して、大工が家を建てる。こんなんで良いんでない?
今の医師たちは設計士のポジションで、手術する香具師は手先の器用な
タフなおっさん。その手下の珍走上がりの高校中退が10年くらい丁稚になって
そのうち棟梁になって手術する・・・ってな感じ。
今の医師たちは頭脳労働に専念できるぞ。
その分、余った医師たちは優れた頭脳を科学技術の発展に寄与して欲しい。

168 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 04:47:51 ID:qnGTpvj/0
詳しくは分からんが要するに俺らがカサブタを無理に剥がして出血して後悔するみたいなもん?
たまに剥がしても大丈夫なときもあるけど、時期が早いと出血しちゃうみたいな。
だとするとやっぱこれは医師の過失じゃないかね。


169 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 05:20:43 ID:JgjnlICjO
>>168
そのかさぶたが偶然動脈につながっていて、
剥がしたら一分間に1リットルくらいの割合で出血したら?
その状態を確実に助けられる医者は一人もおらず、
1割程度が医者ではなく運次第で助かるとしても医師の過失?

170 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 05:21:00 ID:PhG1t/ft0
福島の医療過疎と医師の過失をごっちゃまぜにして考えるから複雑してわからなくなるな
この親だって福島でおきたからDQN扱いされてるだけで

現状では過疎になってでも医療の質をあげるしかあるまい
経済の商売だけ日本は発展してきたからその弊害でしょ

171 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 05:25:12 ID:JgjnlICjO
>>167
まあ、出先の器用さは知能に相関してるかもしれんけどな。
例えば成績がいいやつほどピアノがうまかったりする。

172 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 06:02:57 ID:7qz6R9x40
>>164
本来は「患者VS医者」の構図じゃないし、そうしてはいけないんだけどね。

173 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 06:19:49 ID:2ZMvgjvM0
「故意や悪意のない医療行為に対し、個人の刑事責任を問うのは疑問」
医療にはまったくの素人だけど、そのとおりだと思う。
ただ、放置するのも問題なので、ほかの対処を考えるべきだとも思う。

某大学病院の医師から聞いた話では、毎日分刻みのスケジュールで、
何がそんなに忙しいかと言えば、本来の仕事より部下の裁判沙汰に時間を
取られてしまうとのこと。
民事でも過度の訴訟は結果として医療の質を落とすのではないかしら。

と前を読まずに書いてみました。

174 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 09:11:00 ID:/eMpbIUy0
ところで、全然話題にならないので教えて欲しいのだが、
 
現在の健康保険で『癒着胎盤疑い』について保険適応になる検査
って「十分に癒着胎盤を診断しうる」のか?
 
もし、保険で定められた範囲内の医療行為で診断出来ないのなら
保険医療機関は保険の範囲内の医療しか提供出来ないのだから
今回の事例も診断は出来なかったことになるな。
 
この事例に拘らず、医療裁判では「保健医療の範囲内でどうか?」が
問われるべきだと思うのだが、どうなんだろうか?


175 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 09:30:58 ID:ZnilTzTg0
>>168
カサブタはがして大出血して死ぬ人はいないでしょ
何いってんの

176 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 09:31:41 ID:FW8qketb0
>>19 こう言う無知識&無教養な妊婦は困るのよね。妊娠にリスクはつきものだよ。(経験者より)

177 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 09:37:52 ID:lioup0oo0
点滴失敗して、業務上過失傷害。
ようやく点滴できたら薬のアレルギーで死亡、助けられたはずだと業務上過失致死。
とても無理だと話すが、どうしてもと頼まれ、必死でやった大手術で患者が死亡、死ぬのは予見できたとして殺人罪。
いくらでもいいがかりはつけられるんだよね。

178 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 09:45:12 ID:JgjnlICjO
>>173
全くその通り。素晴らしい慧眼です。
一般国民でもそういう冷静な目を持つ人もいるのがせめてもの救いですね。

179 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 09:51:29 ID:JgjnlICjO
>>174
当然無理。帝切中に胎盤をはがして大出血し、はじめて癒着胎盤と分かる。
話題にならないというか、医者の中ではとうの昔に通り過ぎてしまった論点かもしれない。

180 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 10:01:36 ID:Cp4HBrtA0
いいこと考え付いた
こういうときにどういう治療をすればいいのか
判断する機関を国が作ってくれればいいだろ。

181 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 10:22:27 ID:jA9Jsioz0
頼むから、検察だか法務局だかどこでもいいから「訴訟で負けない診察・検査ガイドライン」を作ってくれよ
ハリソンを超えるベストセラーになること確実なんだからさ

182 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 10:32:53 ID:ynIw3lnc0
>>181
片っ端から転院させるって一文しか書かれてなかったりして

183 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 13:34:36 ID:kPxJInci0
>>181
アホか。結論は出てるんだよ。

日本で医療を提供すべきではない。医療を提供する者は潜在的犯罪者であり、
あまりに案件が多いため全てを立件しないだけである。

現実的に不可能なことを要求されているのだから、これが答えだよ。

184 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 13:48:36 ID:6LYge3pq0
わかりやすいたとえ

1.ちんこにかさぶたがある
2.かさぶたを剥ぐと時々大出血する
3.かさぶたを剥がずにちんこを切り落とすと命は助かる

185 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 13:57:45 ID:XxHJEleY0
>>184
4.かさぶたを剥がすか、ちんこを切り落とすか、どっちかを選ばないと死ぬ。
5.大出血するかどうかは、剥がすまで分からない。

186 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:59:21 ID:rb2mPkKX0 ?
>「事故は予見できたはずだ。危険性が高い状態で、大きな病院に転送
>すべきだったのに、なぜ無理に(手術を)行ったのか」
無理だにょー

187 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:40:45 ID:k2+O7C8h0
>>184 うまいな。
6.かさぶたがあるかないかはちんこ剥いてみるまでわからない
7.大出血に備えるには、全てのちんこ剥く人に(かさぶたができた人ではない)、肝切除以上の輸血準備をする
8.それでも助からない人は多い

188 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:10:51 ID:6JacrAYa0
>>187
9.手術前、患者はちんこを切り落とさないでくれといっていた

189 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:29:56 ID:UWsG6W7L0
>>174
外出だが、MRIで診断可能の学会発表があったそうだ。
まだ確立した診断方法ではなく、癒着胎盤の可能性がある場合でも、
患者負担だし、名古屋の八事日赤まで行かないと診断してくれないような話し
だったと思う。

190 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:33:11 ID:eBcG3KFz0
>>189
それは、診断できる場合がある。と書くべきでは?

191 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:34:55 ID:UWsG6W7L0
>>189
まだ症例が少なく、出来るかどうか確立されていない

192 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:38:06 ID:6JacrAYa0
>>189
臨月の妊婦がそうじゃない可能性もあるのに、
福島から名古屋まで自費診断しに行くのは非現実的だな。

進めて道中何かあっても文句いわれそうだし。

193 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:42:49 ID:UWsG6W7L0
>>192
だから、今のところ癒着胎盤は事前に診断できないということだよ

しかし、帝王切開既往で前置胎盤の場合、癒着胎盤の可能性は高くなる。
ふつう0.01パーセントとすると、5パーセントくらいまで上がるようなことだったかな

194 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:46:08 ID:eBcG3KFz0
>>192
福島に限っては、そういう検査が存在していて、やれば見つかるかもしれないけど
判らないかも知れない、とお話の上、選択の結果を書面で了承して頂く必要がありますね。

行くとしたら交通費宿泊費+自費診療、大体15万円くらい?
大垣行き普通電車で宿泊費を浮かすのは無しね。妊婦さんなんだから。

で、癒着胎盤ありと判っちゃったら国内で産めるところあるのだろうか・・・。

195 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:50:16 ID:T5IBEdbd0
>>194
自宅で分娩にトライして欲しいよ。

そしたらお産が本来どんなに厳しいものかわかってもらえるだろう。

196 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:51:45 ID:UWsG6W7L0
>>194
福島なら福島大学病院になると思う。

誰かが、東京女子医とか、東京日赤とかが良いと書いていたような

197 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:52:23 ID:a9Cq34KJ0
>>194
韓国で産めばいいニダ

198 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:56:22 ID:tf8tg6rs0
妊婦にちんこがあったの?

199 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 02:02:57 ID:T5IBEdbd0
>>198
男の子を妊娠するとホルモンの加減で、できるんだよ。知らなかったのか?

200 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 08:52:21 ID:iLDlnU290
今テレ朝でやってるぞ
「子宮全摘が基本」だってさアホクサ
これ見ると、どうも遺族がDQNらしいな

201 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:03:08 ID:iLDlnU290
んで結局加藤先生が悪いというコメント
本当にクズですねマスコミってのは

202 :亀レス:2006/03/20(月) 09:05:46 ID:IYImcdXm0
>>31
>助けるのは母体優先、児優先どっちなんだろ

例A)母体を優先し、胎児を死亡させた場合→「胎児の命の危険性は容易に予見できたはず」といって医者を告訴
例B)胎児を優先し、母胎を死亡させた場合→「母胎の命の危険性は(ry

お医者は速く逃げて下さい。

203 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:07:15 ID:WiEcvO5b0
ちょっと失敗するくらい誰だってあるだろうな
それに命が懸かっていたというだけのこと

204 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:07:36 ID:jhigGjtHO
友達の嫁さんも、ほぼ同じ状態だったけど「命には代えられない。子供だけ生き残ったって、意味はないから」と嫁さん自身の決断で、全摘したそうだよ。
今回のケースを見るにつけ、友達の嫁さんは凛々しいと思う。

205 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:14:17 ID:S0rfbdld0
子宮全摘出は、当然だけど一生子供の産めない体になるんだよな。
この医者相当悩んだはずだよ。

上にも書いてあったけど、これじゃ産科医のなり手、単純に減る。
東京に行かなきゃ子供も産めなくなる。

206 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:18:41 ID:XdIpqkri0
まあ、結果的に判断ミスで人を殺したんだから、豚箱に入ってもらうのは当たり前だな

プロセスなど動でもいい、仕事は結果が大事なんだ

207 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:18:41 ID:pbXKWF6p0
>>205
これで怒るような家族なら子宮取られて命助かっても、無駄な治療で子宮を
取られたと訴訟でしょ。
そういう患者・家族と関わった時点でもう将棋は詰んでいたってことだ罠。

208 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:21:20 ID:qBDocOfX0
鳥越の意見「医師側の意見もわかるが、事後の患者への対応に問題があったのではないか」
吉永みち子に至っては、「医師は全て起こりうる事象を考えながら行動すべきであり、今回それを怠っていたなら、やむをえない」

みんなで「そういえば、輸血パックも足りてなかったとか。そういうのが問題なんでしょうね」で締め。

医師がマスコミに希望を持つのは、やめたほうがいいっすね。

209 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:21:34 ID:pbXKWF6p0
>>206
そのとうり。結果が全て。
その結果を出す確証がないなら、産科医なんて絶対にやってはいけない。
おばさんのシミ取りかチンポの皮切りでもやってなさいってこった。

210 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:23:51 ID:uIp9tWPS0
医者が他人に理解してもらえると考えているとしたら馬鹿でしょう。
産科やる奴は馬鹿でしょう。

211 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:24:17 ID:9Gc6yEgH0
まあ産科医になった時点で危機管理能力が欠如してるという結論だわな
理系の中でも高い偏差値だったろうに医学部入ったときから判断ミス、
産科行くとか超致命的ミス。

212 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:26:19 ID:uIp9tWPS0
俺は20年前医学部に入るときに、親に諭されたものだ。
「産科と小児科だけは行くな」と。オヤジ、ありがとう。
先が読める奴はいつでもいるんだよな。産科は馬鹿のやる仕事だよ。

213 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:44:55 ID:MXfehJC10
>>208
いまさら日本のマヅゴミに何が期待できると?
奴らはスポンサーにならない相手なら面白半分に叩きまくるしか能が無いんだが。

214 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:01:46 ID:iLtKG3ZH0
>>212
この親にしてこの子ありってところだな。

215 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:03:42 ID:uIPmwtuP0
>>214

そのフレーズ、本来は肯定的な意味で使うんだよね。

216 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:10:07 ID:UoYm0n1E0
>>215

・親が親なら子も子(おやがおやならこもこ) 子供は親の生き方を見て育つものだから、善きにつけ悪しきにつけ、似てしまうものである。
血は争えないものである。多く、悪癖が似ることに言う。 類:●この親にしてこの子あり●蛙の子は蛙●瓜の蔓に茄子はならぬ●子を見れば親が分かる●Like father, like son.


217 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:12:18 ID:iLtKG3ZH0
>>215
先を読める親に育てられて「産科は馬鹿のやる仕事だよ。」と言えるような
先の読める立派な医師になったという肯定の意味だよ。ww

218 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:21:46 ID:qBDocOfX0
>>213
医療が危機に瀕したとき、マスコミは医師側から行政府に矛先変えるかな、と思ってる人もいたと思うんだけどねぇ。
この調子を見たら、本当に危機に瀕したときも政府と共に医師側も叩き続けられるんだろうね、と。

医師にできる抗議は、無言で逃散することしかないのかなぁ。

219 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:23:33 ID:hc0WbIQC0
>>206 ww

220 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:25:19 ID:j2T4cRw+0
「予見できたはず」

 「事故は予見できたはずだ。地方での出産は危険性が高い状態である。
  避妊すべきだったのに、なぜ避妊もせず性行為を行ったのか」と不信を隠さない。

221 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:43:49 ID:1yv1au5e0
ここでMRI自費診療で癒着胎盤みつけます一回30万円と
やれば病院はもうかる。


222 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:49:06 ID:IMN3iuW00
>>221
「脳性麻痺になったのは妊娠中の無謀なMRIの為」
と訴えられるぞ。

223 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:49:14 ID:CXjy6Rf20
輸血をもっと多く用意しとけば助かったはず、とか言う奴
今すぐ献血行け。
3分以内にそこを出ろ。
再献血可能になったら、1日も遅れずに行け。

それもできないくせに文句いうな。

224 :10年前にドロッポしました。今幸せです。:2006/03/20(月) 15:07:35 ID:D6kpUmgh0
だいたい産婦人科一人部長って時点で既に終わってる。「もはや通常攻撃では敵に打撃を与えるのは不可能。かくなる上は体当たり攻撃を…」だ。
「それって戦争継続不可能ってこったろ!?とっとと和平交渉開始せんか!!」って現場が突っ込むべきだったんだよ。

225 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 15:19:19 ID:VDZx3z590
>>221

それでは安いと思う。頭部だけで4〜5万円でしょ。
腹部全体なら断面積を考えると50万円くらいが妥当だとおもう。
保険きかないから自由診療だし。

226 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 16:00:30 ID:MjLFtbtT0
ストーカーに付きまとわれると警察に相談したのに殺されたら
警察は被害を予見できたのに防げなかったのだから、担当者は必ず逮捕してね。

227 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 16:25:08 ID:VDZx3z590
日航機ニアミス事故、管制官2人に無罪判決 東京地裁

だそうです。分野は違えど類似案件と言うことで。

228 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:11:25 ID:DIpayUkK0
マスコミは虎の威を借りればいいですが、恥だけは忘れないでくださいね。
繰り返します。
『診療報酬点数表では、医師、看護師などの技術料が極端に低い。
日本の医師の技術料はアメリカの医師の2割程度である。
しかも、その労働条件は比較にならないほど過酷だ。
その半面、投薬、検査に対する報酬がきわめて高く設定され、その結果、日本の薬価は国際水準の2倍、あるいはそれを超える。
医療費に占める医薬品の比率も20%を超え、アメリカの約2倍である。
医療周辺産業の利益は、深刻な経済的不況にもかかわらず、高い水準を維持し、
とくに大手製薬会社は、薬価が高い新薬の導入でこの傾向が顕著である。』

大したことない事件で、マスコミはすぐに病院・医者を叩く。
マスコミのみなさま、もう少し勉強してください。
製薬会社からお金をもらう立場としては叩きにくいでしょうが、あなたがたの良心に訴えます。

http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/mathu2.html
http://www.showa.gunma-u.ac.jp/~toki/iryouhi.html
http://www.orth.or.jp/seisaku/akita/content/tousi.html
http://www.kochi.med.or.jp/opinion/yakka.htm
http://s1.kcn-tv.ne.jp/users/wood-med/wood_med/kininaru11.htm


229 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:21:14 ID:PN4Drejy0
>>228
無理無理。パチ・サラ金などへの対応見たら、わかるやん。
もう、マスコミには一切期待しないほうがいい。
おとなしく逃散して、国民が悲鳴を上げ始めるまで待つほかないよ。
そこまで行けば、さすがに政府もマスコミも対応せざるを得なくなるんで。

230 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:50:57 ID:VDZx3z590
>>228

経験年数とか専門医の資格とかによる技術料の加算はないのですか。そりゃむちゃだ。

231 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:01:00 ID:eBcG3KFz0
>>230
ご存じないのは当然かも知れません。でも、10年以上選手、専門医持ち、教授、助教授
研修医上がりの新人、誰が何をしても料金は同じです orz.

232 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:28:24 ID:VDZx3z590
で、うどん粉よりもきかない脳内循環改善剤につぎこまれた医療費は2兆円。
だれも責任取ってない。

233 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 15:12:00 ID:4e5N4WBz0
>>206
なんとなく正しそうに思えるけど、見返りがあってこそだな。
現状では、>>228-231
結果だけを厳しく追求して、成功しても当たり前で報酬なしだったら誰もやらない。
昔は感謝だけを求めて奴隷労働する風潮が当たり前だったようだけどね。
今の若い人はそんな幻想を求めるほど頭がお花畑ではないだろうね。

234 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 03:37:42 ID:JhCKEZEa0
「ロボット」

相手に、「こちらが、何を言っても『ロボット』と言い返して下さい(ね!)。」と言って、
自分の言った「ロボット」に、相手が「ロボット」と言い返す事をしばらく繰り返します。
この時、だんだん言うスピードを上げていくと効果的です。
こうして繰り返していく中で、いきなり自分は「ドロップ」と言い換えますと
相手はつられて、ほとんどの人が「ドロッポ」と言い返してしまいます。


235 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 14:22:11 ID:/y76uf6y0
私はこの地方病院の1人だけの産科医です、 

最近はほとんど毎日きちんと寝ていません。
きちんと寝れないせいか、外来診療中や
手術中に頭がボーとします。医療事故が今にも起きそうで心配です。

昨日も緊急帝王切開で夜中の3:00におこされ、病院にいって
手術に入りました。手術のあとは興奮してか寝付くことができません。
あさになれば、また外来診察が始まり、午後からは手術を執刀します。
こんな生活もう限界と思いました。

使命感を持って働いてはいるのですが、もう体力が持ちません。
医療事故も起こしそうで心配です。

家族も私の体調がどんどんおかしくなるのを見て心配しています。
自分でも、自分の体調、精神状態が明らかに異常をきたしているのがわかります。

残念ですが、もう限界です。
妊婦さんたちは自己責任でどこか探してください。

私の変わりは誰もこの病院には来ませんが
過労のため医療事故をおこして患者さんに迷惑かける前に、
わたしは産科医やめます。

さようなら

236 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 18:59:40 ID:OmQrBOue0
>>235
私も産科医です。総合病院の複数勤務なので一人医長の方よりは恵まれています。
235先生に同感するところが有ります。
一般の皆さんへちょっと日常をみてもらおうかと思い、ふと書きこみします。

ほんの数日前の或る普通の日々のことです。

1日目:朝から夕方まで普通の勤務をして家に帰りました。その後、深夜帯の午前2時から4時まで緊急手術しました。何かあったら逮捕になるのかなと思いながらも眠気と闘いながらの手術でした。
2日目:午前4時半に一旦帰宅して仮眠してから、翌日朝8時からの24時間勤務をしました。数人の救急患者も診ました。その幾人かは、近隣の内科からの紹介患者でした。そういう救急患者さんはなぜだかマナーのよくない方が多くて、閉口します。
3日目:引き続き朝になって病棟回診と外来をし、午後には手術して、ようやく夕方になりついに一晩解放されました。1日中、頭がぼーっとしておりました。この夜は家で過ごせました。
4日目:でもやっぱり次の日は普通に勤務です。

繰り返しますが、24時間の当直の翌日は普通に勤務することが求められるのです。休みたくても、休んじゃうと手術ができなくなり、患者さんが困るので、休めません。
思い出せば、約40時間の連続勤務でした。(うち3時間は自宅でしたが)。
これが総合病院の普通の産婦人科医の生活です。もっと気の毒な過酷な生活をされている産婦人科医の先生方も一杯いらっしゃいます。
これを、ずーっと、ずーっと続けていくんでしょうかね。特に当直あけに、癌の手術など難易度と危険度の高い手術をすることは患者さんにとっても、私たちにとっても、不安ですよね。でしょ。

これが「普通」というのは、普通ではないですよね。
警察は、当直の翌日は非番といって休みだと聞きました。うらやましいですねー。
まあこれはいいとして、なんと休日は非番とは別にあると聞きました。本当ですかね。そんな優雅な生活の警察に逮捕されるなんて、つらいなー。

ちなみに、かつて、一人医長をしておりました。危ない症例はすぐに基幹病院へ送っていたので、今よりは症例の平均難易度は低かったですが、精神的疲労は今以上でした。



237 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:03:37 ID:JhCKEZEa0
874 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2006/03/22(水) 15:43:27 ID:MMA2DyUy
この事件の影響でしょうか。。。
胎盤早期剥離を起こした患者さんが転送されてきましたが
到着時すでに救急車の中で母児ともにアボーンしていました。
最寄りの産科が閉鎖されて車で1.5時間の病院に通っていた方なんですが…。
ご冥福をお祈りいたします。

早剥は起こってから時間とともに救命率がどんどん下がりますから
産科までの距離が長くなると覿面に救命率が落ちる病気です。
今後早剥で亡くなる方は増える一方でしょうね…。

78 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)