5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文化】 "最速" 「国家の品格」、100万部突破…日本人が持っていた美徳を取り戻すよう主張★4

1 :依頼スレ30@かしわ餅φ ★:2006/03/19(日) 19:07:06 ID:???0
★「国家の品格」:新書で最速、100万部突破

・数学者、藤原正彦さん(62)著の「国家の品格」(新潮新書)が13日、発行から
 124日目で100万部を突破した。新書で100万部突破最速と言われる解剖学者、
 養老孟司さん(68)の「バカの壁」(同)より8日早いミリオンセラー達成となった。

 「国家の品格」は市場原理最優先の風潮に警鐘を鳴らし、日本人が持っていた美徳を
 取り戻すよう主張したエッセー。昨年11月に初版2万5000部が刊行され、12月10日に
 10万部を突破。ライブドア事件が明るみに出た今年1月下旬以降、藤原さんがメディアで
 同事件についてコメントする機会が増えたことなどから売れ行きに拍車がかかった。
 藤原さんは「受け入れられなければ筆を折る覚悟でいたが、思いもかけず大きな反響を
 呼んで驚いている」とのコメントを出した。
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060314k0000m040048000c.html

※前スレ:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142446087/

2 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:07:17 ID:IHBFV9mL0
2なら俺の未来真っ暗

3 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:07:43 ID:Lu9lZ81h0
3

4 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:07:57 ID:YGnuoMoo0
4なら2取り消し

5 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:08:20 ID:GHNG1U5h0
>>2
(´・ω・`)カワイソス

6 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:08:42 ID:nlxUJirW0
6なら2復活

7 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:09:58 ID:rxII8x+j0
7なら2に50点

8 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:10:20 ID:k88ojxCx0
ウンコしながら読んでて便器の中落としても別にいい本

9 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:10:29 ID:m8Y3DVMR0
8なら2の将来安泰

10 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:11:42 ID:rExdS5ZW0
>>8
貴様のせいで・・・

11 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:11:47 ID:NvFgDBtN0
>>2->>9

世も末だな

12 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:13:40 ID:vzrBWmyV0
>12なら8の年収の半分を2へ

13 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:15:31 ID:hRTqQHSb0
藤原正彦ってなんといったか作家の息子だっけ。登山関係の。

14 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:15:51 ID:c6zPZfnZ0
いつのまに4スレ

15 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:16:45 ID:YILiy+ue0
目頭が熱くなった
2は幸せ者だな

16 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:16:49 ID:t0ROGks2O
国家よりもむしろ国民の品格の方が問われている時代のような希ガス

17 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:17:38 ID:mfoZAgAM0
う〜ん、読んでみたけどイマイチだたよ。


18 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:18:42 ID:BvKPHk18O
↓↓↓天下りした馬鹿と大阪市役所職員が一言

19 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:18:57 ID:v0InlS9P0
薄っぺらなエッセイで、国家とか品格とか、胡散臭いとここの上なし。

20 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:19:00 ID:NYywxQt10
村の図書館に予約したら、一晩で取り寄せキター!!!
隣のでかい市の図書館は、60人待ちwwwうはwwwwokwww
穴場みーっけ!

21 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:19:24 ID:Cx4b+qVG0
>>1


22 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:20:34 ID:wLGbicPx0
まれにむるウンコ本だな

オッサンの独り言を口述筆記しただけ

23 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:21:04 ID:4iIJNVUx0
かわいそうな貧乏浪人生に入学資金寄付をお願いします
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/student/1142756930/
口座:記号19190、番号1472041

24 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:21:32 ID:vzrBWmyV0
>18
>19

25 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:22:07 ID:NYywxQt10
>>22
飲み屋のおっさんの独り言→金にならない
>>1の数学者の独り言→金になる

26 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:24:24 ID:EV/1sMy20
26なら皆幸せ

27 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:25:21 ID:KXLuxMs00
>>26
おまいいいやつだな

28 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:25:56 ID:IHBFV9mL0
28なら俺の人生お先真っ暗

29 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:26:12 ID:F5F0/JWS0
この本が100万突破とは日本もまだまだ捨てたもんじゃないな。ぜひ読んで欲しい。バカの壁は別に読みたいとは思わなかったがこの本はすぐ読んだ。

30 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:26:18 ID:cvWWZqGY0
↓誰かチョンに品格を教えてやれ

【野球・WBC】九回の表でイチローにボールを投げつける韓国選手の行為に米解説者も呆れる [03/19]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1142758202/


31 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:26:24 ID:se3Ka5ic0
29なら28はfix

32 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:27:25 ID:cX5GYvZY0
市場原理優先の否定は自由競争の否定では。官製談合、天下り、大きな政府の容認ということか。

33 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:27:26 ID:NYywxQt10
愚民どもは題名だけで本を選んでいることが判明しますた。

34 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:27:43 ID:VdD+60bj0
要は
小泉みたいな糞をありがたがってるバカが
ゴミだ。

35 :品格を貶めているのは誰か?:2006/03/19(日) 19:28:50 ID:aer9wgKs0
9月まで大丈夫か!?
小泉総理首脳会談で「セックス連呼」大事件!
通訳もあきれた仰天ハプニングの一部始終

まだある「SEX放言」
●首相公邸庭園で「パンツ一丁のオペラ絶唱」
●政府懇談会で「この料理は女性器みたいだ」
●「荒川静香と食事がしたい」熱望発言

かねてから関係者の間では有名な小泉総理の猥談好きが、
政権末期のここにきて大暴走しているという。しかも、
さる首脳会談で相手国首脳に「セックス!」連呼。
出された料理には、女性器に似ていると強硬主張したと
いうのだ。官邸から緘口令≠ェ敷かれた「総理ご乱心」
の全行状を、徹底取材で明らかにする!

週刊アサヒ芸能 3.23特大号


36 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:28:53 ID:1pXI14qB0
↑負け組乙w

37 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:29:31 ID:5QqNjRwk0
そんな本が出版されていることも知らなかった俺は愚民以下かw

38 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:29:40 ID:rxII8x+j0
たかが本1冊に4スレ目→ホロン部発生→結論:日本人は読んどけ

明日買ってきますw

39 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:30:24 ID:uo/ijB0HO
>>33
ん?

40 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:30:42 ID:HFZ5WYv80
983 名前:名無しさん@6周年 :2006/03/19(日) 19:05:54 ID:k4kgP6hI0
爺の繰言をありがたがって読む馬鹿が100万人近くいるのか。驚きだな。


この手の反応する人間が一番ものを良く見ていない、見えないタイプ

41 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:31:03 ID:3CbZXZj90
内容が的はずれだったり、レベルが低かったとしても、
日本人が問題意識を持ち始めたことは間違いないな。

42 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:32:23 ID:LHnViGag0
カシワモーチ!記者乙
  -、,;;、;,、
  (・∀・ };)
   ~~´


43 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:32:49 ID:HFZ5WYv80
極論ぽくても真実が含まれていることは多々ある
中途半端にもののわかってるつもりになってる奴が、この手の本を
重視しないのが一番アホ

44 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:33:15 ID:oCWbLnpH0
実に良い本だよ。

まさに日本人の復活だな。

45 :品格を貶めているのは誰か?:2006/03/19(日) 19:33:38 ID:aer9wgKs0
「疲れマラよろしくで、ビンビンだよ、ビンビン!」(小泉純一郎)
「いいなぁ、彼は。あんな美人の嫁さんと毎日マンコやれるのか。
オレも精力は負けないんだけどな。若いっていいな」(小泉純一郎)
(↑某代議士と女優との結婚式の場での小泉純一郎の発言です。)
「オレ最近、夢精しちゃうんだよね。しかも、それが相当濃いんだ
よな」(小泉純一郎)
「 し ば ら く は 右 手 が 恋 人 」(小泉純一郎)
「私はかつてイギリス人女性とお付きあいをしたことがあるが、
(セックスの)相性はバッチリだった。実に良かった!素晴らしか
った!」(小泉純一郎)(英国要人との会談の場で)
「最近どうだ、あっちの方は。良いマンコには良い精子が宿るっ
ていうからな。ハッハッハッ」(小泉純一郎)(週刊文春報道)

こんな恥かしい品性下劣な言葉を公言する、精神異常者の総理大臣
がかつて日本にいたことがあるでしょうか?頭が悪いのに見栄坊、
スーフリまがいの元レイプ常習チンピラ学生、首絞めセックス嗜好
の芸者誤殺犯人、ラブホテル経営会社の元幽霊社員で年金未納隠蔽
者、女子高生コンクリート詰めレイプ拷問殺人犯たちと愛唱歌が同
じ「なんてったってアイドル」を口ずさむ、頭カラッポのエロヒヒ
ときては、もう国民は救われません。 公約を守れないことを恥じも
せずに大したことではないと開き直り、いたずらっ子のような薄ら
笑いを浮かべながらその場しのぎの空疎な答弁とはぐらかし絶叫し
かしない姿には、質問議員が代表している背後の国民に対する姿勢
などは微塵も感じられません。500万人もの北朝鮮への経済制裁
発動を求める署名とそれに十数倍する国民の声なき怒りの声を前に
しても、まだのらりくらりとするマツタケ売国奴な汚泉不純一郎の
軽薄で臆面もない破廉恥さが、子供の教育や国民の倫理観に対して
深刻な悪影響を与えているのは間違いありません。


46 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:34:19 ID:l7JygrFh0
くだらん本書いてないで数学でもやってろよ

47 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:34:39 ID:rxII8x+j0
少ない情報で物事を判断するのは馬鹿の証拠で洗脳されやすい
様々な角度からの情報を持っていて、そこから判断するのが吉

48 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:36:23 ID:xeoxtIXvO
>32、33

早く読めよ。
読んでそれならつける薬が見つからん。

49 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:36:53 ID:8E1GzG4m0
日本人の美徳ってなに?
武士道精神?切腹?衆道?

不祥事で切腹するとか、ちょっとかっこいいな

50 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:36:55 ID:YrPZQDeX0
 
アメリカが覇権国としての地位を保っているのは、「条件」を充足しているためで、
それを満たせなくなれば「覇権国」の地位から降りる、つまり「普通の大国」
になるということを意味する。 その条件とは
  1.基軸通貨発行国としての地位
  2.日本がアメリカの国債を買いつづける
ということだ(@wぷ

イラクが攻められたのは、「石油代金はドルではなくユーロでもらう」
といったから。 サウジやイランもドルではなくユーロで貰いたがっている。

アメリカはサウジやイランにもそのうちイチャモンつけて攻め込むよ(@wぷ

「アメリカの国債を買わない」ことをカードとして橋本龍太郎は通産大臣のときに使ったが、
翌日アメリカの株は大暴落しただけでなく、橋本は反米政治家としてマークされた(@wぷ

橋本の娘は、六本木のクラブで米兵に強姦され、その米兵はアメリカに逃げ帰ったという。
これはCIAがやったという説が有力だ。
今でも警察の車両がときたまそのクラブの前に止まってるよ(@wぷ

  1.基軸通貨発行国としての地位
  2.日本がアメリカの国債を買いつづける

このうち、2は多分続くだろう(@wぷ
だが、1は危ない。
アメリカがしゃにむに中東で大戦争を起こそうとしているのは、
産業の中心資源でありしかも国際貿易でもっとも大きなカネを動かす産物である
「燃える水」すなわち石油を抑えることで、基軸通貨「ドル」の地位を守り、
EU、日本、中国の首根っこを掴もうとしているから(@wぷ

http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu113.htm

51 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:37:39 ID:gaWGWBUG0
こんなものが売れるようでは世も末。

52 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:37:48 ID:oCWbLnpH0
>>46ガキ認定

おまえ、まじめに勉強しろよ。

53 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:38:31 ID:d9U52Pi60



美 徳 が 欠 如 し て い る 人 が 多 く 集 ま る の は こ の ス レ で す か ?




54 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:40:06 ID:oCWbLnpH0
世の中が、まともになってきた証拠だな。

55 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:40:17 ID:wjhUrtP30
能無しの団塊が好みそうな本だなー

56 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:40:35 ID:0uAmKFu00
やはりあった!!
ライブドア幹部、○○会系企業舎弟、自○党大物議員の次男の交友写真

ttp://www.lamermelculo.com/imagenes/webs/141003/pelotudos.jpg

57 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:40:42 ID:5DdHkUAP0
この本の価値は、小林の漫画戦争論と同じ。
これをきっかけに色々なことを調べる入り口になればよい。

興味も何もない人間に、まずは興味を持って貰うこと。
内容は二の次だ。

問題は、売れた100万冊のうち、果たして何冊が実際に読まれたか……
話題だからと買っても積まれたままでは意味がない。


58 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:41:49 ID:LHnViGag0
>>45
また下らねえ攻撃だなあ。
小泉の施策の是非はともかく、2chに貼られる小泉攻撃ってホント下らなくて下品なんだよなあ。
攻撃する戦術としても下らないしなあ。

なんかこうダメにダメ続きでなるでギャグとしか思えない民主党をいまだに支持する
支持者に通じるものがあるんだよなあ、このバカさ加減が。

59 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:47:56 ID:pnLfFcGr0
>>57
おまえこの本読んでないだろw

60 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 19:58:33 ID:69YJl5Df0
数学者なのに読み物書いてベストセラーかよ。かっこいいな。

61 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:00:29 ID:bbJ0ej2H0
sin15°を求めよ。

62 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:02:02 ID:BnXg/VZL0
>>46
数学じゃお前には理解できないからさ

63 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:02:44 ID:FWpucGYS0
>>61

断る

64 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:04:13 ID:Nu48U0ulO
日本が市場から逃げ出してどーやって暮らしていくんたろ
コーラン読んで暮らせる石油産出国じゃ無いんだから

65 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:05:15 ID:YR4m3Txz0
>>57

これまで何も興味を持ってなかった人間がこれの続きを議論するとは思えない。
少数の信者と大多数の「ツマンネ」、これでおしまい。

66 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:05:57 ID:IoWFiTzg0
sin(45°-30°)

終了

67 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:06:34 ID:bbJ0ej2H0
正弦定理使えばちょちょいのちょいさ!
ヒント:15°=60°−45°

68 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:10:57 ID:FWpucGYS0
正 弦 定 理

69 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:11:57 ID:2+7uiaKh0
ざっと、立ち読みしたけど
正直、寄り過ぎで引いた

「武士道」は昔の書物として
補完しながら読めるけど
この時代にこの内容はないだろ
バランス悪すぎ

70 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:12:30 ID:sZIorSMx0
この人、過去にNHKで非道い扱い受けたとかあるけど詳細知ってる人教えてプリーズ

71 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:14:00 ID:pnLfFcGr0
>>69
すごいな、"ざっと"立ち読みしただけでそこまで
著者の言いたいことが理解できるのか。

で、どこがどうバランス悪いのか、偏りすぎてるのか
説明してもらおうか。

72 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:16:46 ID:oi5+vMbd0
>>60
新田次郎の息子だからな

73 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:17:21 ID:oCWbLnpH0
一万人の犯罪者が国を滅ぼすことはない。しかし、一万人のエリートがいなかったら国は滅びる。
真のエリートは、無駄と思えるような知識に対しても興味と好奇心をもち、広い視野と見識があるものである。

と、TVで申してました。

74 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:17:27 ID:MdTMhr8U0
養老先生の本なら、「バカの壁」より「無思想の発見」の方が面白かった。
強く推奨。一食抜いてでも買え。いや買ってください。

75 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:22:20 ID:bbJ0ej2H0
一万人のエリートか。20歳〜70歳までだとすると
各学年200人。どこに居るんだろうか?
東大は一学年3000人だけどこの中にはせいぜい数十人だろうな。
大多数の東大生はエリートなんかじゃない。
役所、大企業、大学、無職、フリーター、刑務所…
いろんなとこに意外と目立たない感じで真のエリートって居るんじゃ
ないかな。養老や藤原は200人以外の非エリートだと思うが。



76 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:23:26 ID:se3Ka5ic0
比喩を一生懸命追いかけて何になるのか。

77 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:24:47 ID:YrPZQDeX0
◆1.キリシタン遣害の理由

宣教師ルイス・フロイスが暴君と呼ぶ豊臣秀吉が「伴天連(ばてれん)追放令」を発したのは、
1587年7月24日(天正15年6月19目)でした。
これは天正(てんしょう)の禁令として知られる第1回のキリシタン禁止令です。
それ以後徳川時代にかけて、次々に発せられた禁止令の理由をまとめると、次の五つになるでしょう。

  (1)植民地政策

キリシタンの宣教は西欧諸国の植民地政策と結びついていました。
それは、初めに宣教師を送ってその国をキリスト教化し、次に軍隊を送って征服し
植民地化するという政策です。

秀吉は早くもそのことに気づいて主君信長に注意をうながしています。

ポノレトガル、スペインのようなカトリック教国は強力な王権をバックに、
大航海時代の波に乗ってすばらしく機能的な帆船や、破壌力抜群の大砲を武器として、
世界をぐるりと囲む世界帝国を築き上げていました。
その帝国が築き上げた植民地や、その植民地をつなぐ海のルートを通って、
アジアでの一獲千金を夢見る冒険家たちが、何百、何千とビジネスに飛ぴ出していきました。

そうした中にカトリックの宣教師たちも霊魂の救いを目指して、アジアに乗り出して行ったのです。
彼らが求めたのは、霊魂の救いだけではなく、経済的利益でもありました。

http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu112.htm

78 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:25:14 ID:awktBO+g0
糞とかいってるやつらは具体的にどこらへんが糞なのか何Pのどこどこの部分がだめなのか
説明してくれないか?

79 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:26:02 ID:Vh4VnXYu0
こういう商売がすでに糞だし

80 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:28:54 ID:Ea7Lz/0U0
一億人のエリートと
二千万人の犯罪者

と言う国家にせよと言うことでは?

81 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:29:33 ID:bbJ0ej2H0
友遠方より来たる、また嬉しからずや
って漢文があるがエリートが一万人に一人しか
いないんじゃこういう感情もわくわな。
また人間はどんなに優秀でも集団になると墜ちていくものだ。
とすると真のエリートってのはいろんな所に散らばって
孤独に生きていくものだとも言える。


82 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:30:21 ID:dbQsO+Bt0
読まずに感想

品のある日本じゃ何でもありの中国に負ける気がするんだ
個人に品格があるのはいいんだけどね

83 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:30:50 ID:FvgrTtfg0
あのなーお前らよく考えてみぃ
今まで問題意識あっても、日本人が実践に結びつけたことあるか?
すげぇー共感する!!でも実践とか無理でーすw 
これが俺らの歴史だろw

これは、今流行のダイエット法と同じようなもんw
わぁわぁ出ては、実践できずに一年後は忘れてんのよw

あれだ、資格取得のテキスト買っだけなのに、
なんか満足しちゃうみたいな感じw

84 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:37:07 ID:VdD+60bj0
糞というのは臭うんだよ。
それがわからないのは既に死人か
鼻づまりだ。

85 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:39:14 ID:wEaXffYJ0
小林よしのりの「戦争論1・2・3」で100万部で、一気に意識に変化がでてきた
わけだから、活字部門では「国家の品格」がそれにあたるのかもな。
100万部という売れ行きで比べると。

86 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:41:00 ID:se3Ka5ic0
>>82
何について負けるといっているのかわからないが、とにかく
悪があれば毅然と立ち向かうのも品格ではないか?

87 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:44:19 ID:UnL+xFCt0
現実が見えない愛国心=ジャマ

88 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:45:24 ID:oi5+vMbd0
各年代のベストセラー
ttp://www.dentsu.co.jp/trendbox/adnenpyo/thama_20.htm

末長く読まれている名著から
古本屋に一冊100円で積まれる紙屑までよりどりみどり。

後者が多い気がするが・・・
ちなみに漏れもこの本を読んだが、来年は古本屋に積まれると思う。
二度読む気は起きなかった。

89 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:46:14 ID:FvgrTtfg0
>>86 そういう品格は日本の歴史上見たこと無いのですがw
    品格よりも長いものに巻かれてきた歴史かと・・・
    本音と建前が2chで葛藤している瞬間だねw

90 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:53:15 ID:6WV0bopu0
カラ残業詐取してもおとがめなかった朝鮮人@大阪が一言
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

91 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:55:03 ID:ZJCM4HKv0
数学者とか解剖学者とか
理系の書く本がミリオンセラーになるって・・
文系っていったい・・・

92 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:56:25 ID:J52vVwrG0
漏れがこれまで読んだ中で最低の本。
親父の新田次郎が草葉の陰で泣いてるぞ

93 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 20:58:03 ID:wEaXffYJ0
>>91
まじれすすると、歴史小説の大家 新田次郎の子息
というイメージも売れ行きに影響してると思う。

新田次郎の「武田信玄」「武田勝頼」とかも個人の品格みたいなもの
重視してるし。

94 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 20:58:20 ID:I4f95ZMj0
>>89
それを国がやったらすぐ滅ぶからな

95 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:00:02 ID:3AwGBfkC0
この人はユーモアがあって、いいな。

いわゆる右と違う。

96 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:00:07 ID:fd/jKFsm0
これ読んでる奴馬鹿って哂う輩って何様?
そんなこと言うならお前がもっとありがたい自説を開陳してみせろ。
できもしないくせに利巧ぶって批判する奴って惨めすぎるよ。

97 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:00:15 ID:se3Ka5ic0
>>92
だいたい何冊読んだ?

98 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:01:07 ID:DjFV4Ccq0
反市場原理主義者が支持してるんだろ
新聞で言えば読売の論調と一番近いかな

99 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:01:09 ID:I4f95ZMj0
国家の品格であって、個人の品格でないから
国家が品格を持つと危ないよ

100 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:04:02 ID:I4f95ZMj0
国家が品格を持つと品格のない代表格のアメリカに説教しなきゃならなくなる
腹を立てたアメリカに空爆されて終わり

101 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:05:10 ID:eDqtmNAb0
>>91 文系には
グローバリズムとアジア友好を
女性の社会進出を踏まえた形で話し合いながら
平和に 以下ry

102 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:05:20 ID:2+7uiaKh0
>>71
なんかねえ
1人よがりで傲慢で
鎖国したがってるとしか思えんよ



103 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:09:28 ID:++62ZZJK0
政治活動に嫌気がさした西尾先生の代わりは見つかりましたか?

組織買い大変ですね。御用文化人のご活躍、影ながら応援させていただきますよwwww

104 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:11:33 ID:ibounnQh0
>99
品格のない国家が手段を選ばずどんなことでもしてしまうのでは?


105 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:11:42 ID:YrPZQDeX0
 
日本人の顔をしたアメリカ人といえば竹中平蔵をすぐに思い浮かべますが、
彼がホリエモンと自民党とを繋げた張本人ですが、いずれも日本人の顔をした
外国人と言うことで、ケイマンや香港やスイスの銀行などに財産を隠して
日本には税金はほとんど納めない。
竹中大臣などは住民票などを頻繁にアメリカに移して税金を納めていなかった。

外資系金融機関が強く日本の規制緩和や法律の改正を迫るのは彼らが
日本で荒稼ぎをするためですが、小泉竹中内閣は民営化や構造改革と称して
彼らが仕事がやりやすい舞台を整えている。
ホリエモンはその先駆けでありホリエモンは検察にパクラレましたが、
外資系証券会社は儲けた金はケイマンの本社に送金して日本には税金は払わず、
法律違反がばれても日本支店をたたんで引き揚げるだけだ。

外資系金融機関と言うのは国際金融暴力団みたいなもので、アメリカ政府ですら
彼らに使われる存在であり、彼らに逆らえば大統領選挙も落選するし
ケネディーみたいに殺されたりレーガンみたいにピストルで撃たれたりする。
日本政界だって彼らの思いのままであり、ホリエモンではないが
金と知恵で出来ない事はないのだ。

ホリエモンの元側近の野口英昭氏が沖縄で殺されたのも、彼らとのパイプ役
だったからで野口氏を消せば彼らとの関連は断たれる。

ホリエモンも昨日早くも逮捕されましたが自殺したり殺されるのを防ぐためだろう。
国際金融暴力団は絶対にばれない手段で人を殺す。
警察ですら彼らの支配下であり、暗殺されたのに自殺として処理されるようだ。

http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu112.htm

106 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:11:52 ID:I4f95ZMj0
朝まで生テレビで菅直人が、この本を握り締めて必死にライブドア事件を批判してたぜ

107 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:12:31 ID:rvZUuegW0
http://nandakorea.sakura.ne.jp/media/sinjituwadokoni.swf
-------------------------------------
僕らは きっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り 叫ぶよ
どんなに苦しいときも 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

霞みゆく景色の中に あの日の歌が聴こえる
さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻
変わらない その想いを今

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉

移りゆく街はまるで 僕らを急かすように
さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
泣くな友よ 今惜別のとき
飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく 光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう
さくら舞い散る道の
さくら舞い散る道の上で
-------------------------------------

108 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:13:14 ID:O6uRwkOMO
アメリカ合衆国日本州の品格

109 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:13:48 ID:++62ZZJK0
 藤原正彦さんは、あと何ヶ月で新生つくる会御用達の著名人として
ご活躍になるのでしょうか?

 「国家の品格」の組織買いは、そのための布石でしょ。つくる会は、
この間のごたごたで西尾さん、八木さんまで出て行かれてしまいました。
また、小林よしよりさんや西部さんがいなくなって久しいです。

 このあたりで新規の保守派論客を発掘する必要があります。藤原先生の
本を組織買いして、藤原さんをつくる会の会長に迎えるべきです。保守派の
皆さんは、どんどん藤原さんの本を組織買いすべきですよwwwww

110 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:14:09 ID:jJMOPGms0
新田次郎の息子なのか
戸川幸夫の息子かと思っていた

えらい苦労して大陸から引き揚げてきて
姉の小林千登勢がそのときの話書いたのが『お星さまのレール』

111 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:15:49 ID:WmSVZd8t0
【皇太子殿下の(゚Д゚)はぁ?な回答シリーズ】

メキシコ大統領「天皇皇后両陛下によろしくお伝え下さい」
バカボン皇太子「雅子がよろしくと言ってました」

日系人「愛子さまはお元気ですか?」
バカボン皇太子「連れてこられなくてごめんね」

メキシコ州知事にマヤ遺跡訪問の感想を聞かれて
「2度あることは3度あります。今度は雅子と来ます」



112 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:17:40 ID:tMLnhOxvO
左翼ってどうしてレッテル張りや印象操作に必死なんだろ?


113 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:18:27 ID:bbJ0ej2H0
藤原が一番嫌ってるのはエセ右翼だよ。
つくる会や靖国参拝してるキチガイどもだ。
藤原は本物の愛国者だからこういう連中とは一線を画す

114 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:20:54 ID:kWqE2agA0
>>91
理系が書くから毛色が変わってて、マスコミにも取り上げられるし、内容変でもまともに
叩かれず、大目に見てもらえるわけよ。

115 :ゴキブリ渡邊:2006/03/19(日) 21:22:11 ID:jPq+OjMw0
一万匹のゴキブリ

116 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:23:10 ID:LS236SN80
読んだが、捨てた。

実社会に出たことのない学者さんの書きそうな本。

理想的すぎる。

肌に合わん。

117 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:25:05 ID:I4f95ZMj0
現時点での、
品格のある国家ベスト5を巻末に付録で載せろよ

118 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:25:26 ID:2i63wB7i0
>>109
ありえんよ。藤原さんはアメリカの政治・経済政策には批判的なんだから。



119 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:28:02 ID:fd/jKFsm0
>>116
ならお前が実社会の体験を下にした説を披露してみせろよ。
どこが理想的すぎた?
どこが肌に合わなかった?
どこがだめだった?
ぜひ詳しく教えていただきたい。

120 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:29:39 ID:2i63wB7i0
>>114
右にも左にも批判されるような内容を書けるからじゃないのか。
いわば、公平な立場に立っている。文系だと自分の所属している
組織のしがらみを捕らわれていることが多いのでは。

121 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:30:00 ID:I4f95ZMj0
数学者なんだから地球にある全ての国の品格を数値化しろよ
一ヶ月ごとに、何ポイントダウン、何ポイントアップと発表しろ

122 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:30:32 ID:jJMOPGms0
バカの壁も内容は薄かったけど
人は解かり合えないって事を
脳を根拠に説明してもらえただけでもよかったな
村上春樹の風の歌を聴けの世の中には20万位の違った
考えがあるから殆ど友達になんかなれっこない
って台詞より説得力があった

123 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:32:04 ID:KXjwZI7p0
俺が思ってた事がそのまま本になったような内容だった。

124 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:32:23 ID:I4f95ZMj0
数学者なんだから昔の日本人が持っていた美徳と
現代の日本人が持っている美徳を数値化しろよ
あと何ポイントで、かつての美徳を取り戻せるのか発表しろ
毎月の上げ下げも発表しろ

125 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:34:04 ID:BmQ+NEmV0
>124
それは数学者のやる事じゃないな。統計学者や社会学者や経済学者。

126 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:34:19 ID:Evl1OA9I0
この人の書いた「遥かなるケンブリッジ」という本が
本当に面白かった。
イギリスの文化がよくわかった。

この本も読んでみたいお

127 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:35:04 ID:YrPZQDeX0
 
日本人の顔をしたアメリカ人といえば竹中平蔵をすぐに思い浮かべますが、
彼がホリエモンと自民党とを繋げた張本人ですが、いずれも日本人の顔をした
外国人と言うことで、ケイマンや香港やスイスの銀行などに財産を隠して
日本には税金はほとんど納めない。
竹中大臣などは住民票などを頻繁にアメリカに移して税金を納めていなかった。

外資系金融機関が強く日本の規制緩和や法律の改正を迫るのは彼らが
日本で荒稼ぎをするためですが、小泉竹中内閣は民営化や構造改革と称して
彼らが仕事がやりやすい舞台を整えている。

ホリエモンはその先駆けでありホリエモンは検察にパクラレましたが、
外資系証券会社は儲けた金はケイマンの本社に送金して日本には税金は払わず、
法律違反がばれても日本支店をたたんで引き揚げるだけだ。

外資系金融機関と言うのは国際金融暴力団みたいなもので、アメリカ政府ですら
彼らに使われる存在であり、彼らに逆らえば大統領選挙も落選するし
ケネディーみたいに殺されたりレーガンみたいにピストルで撃たれたりする。
日本政界だって彼らの思いのままであり、ホリエモンではないが
金と知恵で出来ない事はないのだ。

ホリエモンの元側近の野口英昭氏が沖縄で殺されたのも、彼らとのパイプ役
だったからで野口氏を消せば彼らとの関連は断たれる。

ホリエモンも昨日早くも逮捕されましたが自殺したり殺されるのを防ぐためだろう。

国際金融暴力団は絶対にばれない手段で人を殺す。
警察ですら彼らの支配下であり、暗殺されたのに自殺として処理されるようだ。

http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu112.htm

128 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:35:42 ID:VdD+60bj0
小泉とかホリエモンとか
糞も糞だ。
歴史的には今は最低の時代だ。

129 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:36:29 ID:I4f95ZMj0
>>128
平安の貴族はどうだ

130 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:37:08 ID:yaBf3sPQ0
日本的な美徳を持つ事は結構なことだが
それが他国には通用しないという事を忘れないで欲しいな。

131 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:37:52 ID:w7Ua2AK40
メディアにも品格ありません。


米のメディアは絶賛
日本メディアは日本の事より
負けた国をトップにするようです
ttp://www.asahi.com/

132 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:38:22 ID:bbJ0ej2H0
最近この手の新書7,800円+ドトールコーヒー180円=1000円
1,2時間で読了って感じで時間を潰してる。
しょせんその程度の本だ。気楽に読んで終了。

133 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:38:24 ID:VdD+60bj0
>>129
竹中などはお公家っぽいな。

134 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:39:27 ID:I4f95ZMj0
>>130
なぜ通用しないと言い切れる
>>133
意味が分からん

135 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:40:39 ID:A5Za381k0 ?
もう既に無いからこそ売れてんじゃないの。
還流ドラマとかもありえない理想だからヒットした
この本も同じ

136 :116:2006/03/19(日) 21:40:54 ID:LS236SN80
>>119
おう、本が手元にないから詳しくは思いだせんが言うぞ。
■具体例を挙げて、『論理』の批判をする。

■論理に替わるもの、それが武士道!
という構成が強引、かつ卑怯。

比較したいのなら、論理と武士道のそれぞれの
いい事、悪い事を具体例を挙げて出すべき。

自説に都合の良いことだけを書いて、終了。
たんなる与太話と変わらん。
もし作者が本気で本書と同じことを思っているのなら、子供だよ。




137 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:41:21 ID:VdD+60bj0
>>134まじかよ

138 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:41:41 ID:MdTMhr8U0
通勤用に買ったのだけれど、第一章の冒頭部分だけ目を通してみた。
初っぱなから飛ばすというか、とても読みやすいというか、食いつきやすい導入だなぁ。
もったいないから少し時間をかけて読み込んでみるわ。
>>126
積ん読リストに追加しときます。

139 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:42:46 ID:jJMOPGms0
>>136
数学者だから単純なのは仕方ない

140 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:43:09 ID:WmSVZd8t0
            __,,,、,、,、_
           /´ / ノノリ `ヽ,
           / 〃 /        ヽ
        i   /         リ}
         |   〉   -‐   '''ー {! >>27
          |   |   ‐ー  くー |  ヅラバカとは何だヅラバカとは!  
           ヤヽリ ´゚  ..,r(、_>、 ゚'} 帰国したらオマエと話したい!  
         ヽ_」    :: ト‐=‐ァ'::. !    
          ゝヽ、 ::..`二´'.::ノ   
              r| ` ー--‐f´      
         _/ | \   /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\

明太子さまはま雑子から返信メールが来ないため庶民にヤツ当たりしています。



141 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:43:09 ID:I4f95ZMj0
蹴りたい背中以下だろ

142 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:43:20 ID:KnUYdDpD0
今北。
どうもこの手の新書は読む気しないんだけど。

143 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:44:20 ID:JEWj2cfG0
その辺の簡単に一億儲かる株の本レベルの本に
何必死に議論してるんだwww

144 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:45:06 ID:VdD+60bj0
文化かポップ化しすぎて
小泉ップになちゃったってこと。
オツかれ。

145 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:46:41 ID:I4f95ZMj0
素人ばっかりかよ

146 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:47:49 ID:VdD+60bj0
>>145そういうこと
しかも目立ちたいだけ。

147 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:49:49 ID:jJMOPGms0
こんな本読むより毎日新聞を定期購読しなさい

148 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:51:34 ID:KQWuRHjr0
##以下はすべて、黄錦周(ファン・クムジュ)さん1人による証言です。##

(1)従軍慰安婦と戦後補償 / 著者:高木健一
「生活は貧しく、12歳の時100円で売られた。ソウルの金持ちの家で小間使い。
1938年に威鏡南道ハムン郡で女中をしていた時に、その家の娘の身代わりとなって満州に連行され慰安婦となった」

(2)国連・経済社会理事会クマラスワミ報告 / 1996年1月4日
http://www.jca.ax.apc.org/JWRC/center/library/cwara.HTM#testify
「17歳のとき、日本人の村の指導者の妻が、未婚の朝鮮人少女全員に、日本軍の工場に働きに行くように命じました。
そのとき私は労働者として徴用されたのだと思いました。」

(3)日本TV企業"TBS"「ここが変だよ日本人」というTV-Programより
「私は19歳で学校を卒業する25日前に、日本軍に引っ張り出され、仕方なく慰安所に行ったんだ!」

(4)日韓社会科教育交流団韓国を訪問 / 1997夏期
http://www2.nkansai.ne.jp/users/peace/heiwanews鐚・htm#1
「満18歳になった時のある日、男がやって来て、村から娘を提供するように言いました。」

(5)元日本軍「慰安婦」の証言を聞く集会 / 1997年12月5日
http://www1.jca.apc.org/aml/9711/6904.html
村の班長(日本人)に「一家に一人は行かなくては」と脅かされ、1941年、韓国を離れましたが、到着した場所は、慰安所でした。

(6)黄錦周さんの証言を聞く会 / 2001.07.17 / 東京大学にて
http://www1.jca.apc.org/aml/200108/23174.html
「14歳のとき、いわゆる「少女供出」で満州に連行され、皇軍兵士のセックスの道具にされた。つらい体験だった。」

黄錦周さん何重人格ですか?

149 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:51:45 ID:7wO9Qcny0
世の中のメディアに出てくる情報なんて、天国か地獄かだけさ…
やたらと成功した人や毎週出てくる「天才」、かたや老人、障害者、ニート、リストラ…
普通の人が普通に生きていることなんてネタになりゃしないからね。



150 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:52:01 ID:w2T3Q1lq0
こんなオカルト本が売れるなんて世もまつだな。
一緒に並んでる「ウェブ進化論」も買ってあげて下さい。

151 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:52:03 ID:VdD+60bj0
>>147デター毎日さん
でも新聞もねぇ、もうって感じ。

152 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:53:14 ID:I4f95ZMj0
>>150
ウェブ進化論が売れてもまつだろ

153 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:55:37 ID:z0ig/ndHO
武士道なんて役立たずの江戸時代の武士の理想論で全く役に立たない
戦国時代にこれを言ってたら笑われる

154 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 21:57:17 ID:p9sAKyg00
                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  巛彡彡ミミミミミ彡彡   |  あー茶がうまー
  巛巛巛巛巛巛巛彡彡 |  アホな本ヤナ
  |:::::::          i  | 嗤ってやるデ
  |::::::::     ノ' 'ヽ |  ヽ 
  |:::::    -="- , (-="   // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | (6    "" ) ・ ・)(""ヽ  
  |       ┃ ノ^_^)┃ | ,;' ((
  ∧      ┃ ` --'┃ | ( ( ヽ) ホワ〜ッ
/\\ヽ   ┗━━┛ ノ  ヽノζ
/  \ \ヽ.  ` ー- ' /|\| ̄ ̄ ̄|(^)
     `ヽ、 `ー--ー' /  | ''..,,''::;;⊂ニ ヽ
  ヽノ    `  ̄ ̄l ̄   .| .,,:: ;;;;ン=- )
  ,,r-\        | ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニ ノ ヽ
//⌒\_,,r─''´ ̄ヽ、    `__,ニつ   l
../   '"         / ̄ ̄´}  ヽ、   ノ


155 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 21:57:34 ID:I4f95ZMj0
>>153
そんな事はないよ

156 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:01:20 ID:I4f95ZMj0
戦国時代の武士が変化して江戸時代の武士になったわけだから、
笑うというのは無責任な話だ

157 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:02:25 ID:K7fciL7H0
「国家の品格を取り戻せ」といわれても、国内外で無茶してるのは
在日成りすましです、こいつらをたたき出さないで、どうにも
なりません、こいつらを国外追放しましょう、こいつらは
強いほうにつく民族です、今は中国ですが、近い内に中国は
崩壊しましから、また日本へつきますよ、そのときは取り合わないことです
助けてやっても平気で、裏切り、嘘をならべ因縁をつける民族です。

158 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:04:43 ID:LS236SN80
>>156
笑うんじゃねーの?
同じ人間の思想が変化したんじゃなくて、
平和ボケした江戸時代の学者が勝手にこしらえたパラダイスが武士道だぞ?
『敵は殺して、生き残れ!』で生きていた人間が見たら、笑うだろ。

159 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:06:18 ID:WwBfvtxk0
藤原は国家主義者の流れを汲む危険人物です。

全国の教員は生徒に読まさぬよう、指導徹底してください。

160 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:07:00 ID:LS236SN80
大体だな。
江戸期の武士道『二君に仕えず』なんて平和な時代だからできること。
実際の戦国時代には状況に応じて、主君を変えて生き残る
ことが当たり前だったんよ。

161 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:07:16 ID:I4f95ZMj0
>>158
同じ人間の思想が変化したんだよ
俺も俺の子孫たちも、この先、何千年もこの考え方で、
戦いを続けていくわけにはいかんと思ったんだから

162 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:10:05 ID:EtjWUJknO
時代は巡るんだよ。最近の政治家もどきにはげんなりだ。

163 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:10:19 ID:4u8zLHeC0
息子の検便問題で学校と教育委員会相手に一歩も引かない話が
おもしろかった。

164 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:12:48 ID:vxtuva120
韓国は日本にヒドイことしたよね(´・ω・`)

165 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:14:12 ID:/bva2/js0
>>113
愛国者なんて言葉を使うなら、この本を読んでない証拠だなw

166 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:14:23 ID:LS236SN80
>>161
うんにゃあ、そう思いません。
戦国の世に生まれた人間と
平和な世に生まれた人間は
時代に求められるスキルが違う。
その時代に一番あった考え方を、それぞれの頭でひねりだしたにすぎんよ。
決して、『考え方が進化』した訳じゃない。

その意味で、江戸期の『武士道』は机上の空論にしかすぎんと思う。
品格はあるかもしれんが、殺伐とした現代社会を生き抜くためには力弱いよね。


167 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:16:21 ID:I4f95ZMj0
>>166
戦国時代というのはバブルだ
戦争に行くたびに資産倍増だ
自然と調子に乗るよ
でも戦国末期にはそれは終わりに近いとみんなが気づいた
もう拡がる領土がなければ終わるんだから
バブルに乗っかった粉飾王秀吉は焦った
新たに朝鮮半島を指し示し、拡がる領土はある
新たな夢を示した
それも、あっけなく失敗に終わった
そして戦国バブルの象徴豊臣家も滅んだ
戦国武者どもは徳川に従い、
自ら変化を望み江戸時代の武士になったんだ
それなのに江戸時代の武士を笑うなど戦国の武士にできようか

168 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:16:47 ID:6VuCraqq0
>>91
日本で大文豪といわれる
2人のうち片方は理系だろ



169 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:21:44 ID:LS236SN80
>>167
なるほど、バブルになぞらえたその考え方は面白い。
でもね、実際、武士道の理屈は徳川幕府が作った
『徹底した産児制限に支えられた伸びない国家』で生まれた
『甘ちゃん理論』にしか見えないのよ。

21世紀の今、君も、私もどういう世界にいると思う?
小は職場での主導権争いから、大は国家の外交戦まで
冷徹な現実だろ?
武士道なんて現実的じゃないものにヤスラギを求めてどうする。

170 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:22:12 ID:I4f95ZMj0
つまり戦国の武士が江戸の武士を笑い
あくまでも変化を望まぬというのなら、
日本に攻める土地がない以上、
死ぬまで朝鮮半島に特攻を続けるべきだった
それがなぜ、さっさと帰国し、
平和な生活を望んだのか
自ら戦国気質を放棄したのは自分ではないか

171 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:23:44 ID:OJGpnoLN0
流れる星は生きている
八甲田山死の彷徨
国家の品格

親子でミリオンセラーってのは初めてかな

172 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:28:30 ID:LS236SN80
>>170
キミとの議論は面白いが・・・そろそろ帰宅時間なので。
これくらいにしましょう。

朝鮮から帰国したのは、単純さね。
当時の明国、李氏朝鮮が手ごわくて、続けても費用対効果がないからさ。
その後は、戦国武士自らの変化、というより。
家康をはじめたした、徳川家の思惑だろう。
『徳川君ちの小さな世界』にとどめたほうが、支配が続きやすいからさ。
だから、『武士道』なんてお子様理論生まれたのさ。

173 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:28:50 ID:am2pX00n0
「天皇と東大」をいま読んでいるが、次に読む本はこれに決めた。


174 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:29:50 ID:Josu8ZYl0
こんな本が売れる事自体、すでに国家の品格が失われてるんじゃね?

175 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:32:27 ID:iM9u+cml0
>>174
必死だねえ

176 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:33:45 ID:I4f95ZMj0
>>172
徳川の家来で大久保彦左衛門という武勇で頑固な戦国武者がいた
将軍や老中も、彦左衛門を尊敬していた
江戸時代になっても猛烈な武辺者だったわけだ
周りの人間が心配し、あんたの武勇は若い将軍も老中たちも尊敬してるが、
あんたの子孫の代になったらどうなる、困るのではないか、
そう言われて、それはそうですな、と彦左衛門は了解し、
はい、ちょっと、老中さん、ご在宅ですか
な、なんですか武勇じいさん?
焦る老中に、
周りの忠告されて自らの誤りを悟った
だから今日から心を入れ替えて老中さまに媚びへつらいに参ったガハハ
老中(トホホ・・・)
こうして戦国武士の代表格も次々と変化していったんだよ
分かったかね

177 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:34:19 ID:2i63wB7i0
>>169
藤原は新渡戸の武士道に多くを拠っていると書いている。
新渡戸が書いた頃というのは、戦国時代さながらの内戦が
起きてそう年月が経ってない頃だし、周りを見渡せば
ほとんどの国が欧米の植民地になって搾取されていた。

こういう時代背景の元に書かれていたものだから、
『甘ちゃん理論』と言い切るのはどうかと思う。

178 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:36:42 ID:I4f95ZMj0
まだ、いうかね
戦国の武士も江戸の武士も同じだよ
同一人物の心の変化さ

179 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:37:13 ID:iM9u+cml0
まず武士道を否定したいという気分ありきだからね

180 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:38:31 ID:LS236SN80
>>176
帰ろうと思ったが、ちょっと待て。
何か不気味なものを感じるぞ。
君の出した例と、我々の論点がかみ合っていないぞ。
論点は
『江戸期の武士道を、戦国武士が笑うかどうか』
だったよな?
私は『笑う』という立場、その立場に沿った具体例(主に武士道はおもちゃ
理論だという主張と、論拠)を出してきたつもりだ。
君は『笑わない』という立場。
・・・大久保彦左衛門の話はなにが言いたくて出したんだい?
論点とずれていないか?






181 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:41:06 ID:LS236SN80
>>179
否定したいんじゃないのよ。
そりゃ俺だって武士道にはあこがれるよ。
でもね、あまりにも理想的すぎて、現実には使えん理論だと思うのよ。
だから、否定せざるを得ないのよ。
分かる?

182 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:41:43 ID:I4f95ZMj0
>>180
つまり自分で自分を笑うというのか
いい趣味とはいえんな

183 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:43:36 ID:oOyoiYtG0
現代っ子の理論だな。出来る訳ないからやらない
出来なくてもやる事に意義がある

184 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:44:43 ID:u4qkckuQ0
印税はだいたい一割。
一冊140円とすると・・・・

ウラヤマス

185 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:45:22 ID:I4f95ZMj0
猛烈な徳川家臣の中でも突出した
大久保彦左衛門という戦国武士の典型が、
どのように変化していったか
その例を挙げるのが、何が不気味かね

186 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:45:57 ID:eVQaG3L00
数学者が書いた本とは思えないほど、面白かったよ。これ。
ノーベル賞とった朝永振一郎氏の『量子力学と私』を読んで
ゲラゲラ笑ったときのことを思い出した。ノリは全然違うけど。

187 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:46:06 ID:LS236SN80
>>182
ボタンの掛け違いが分かった!!
前提が違うんだから、そりゃ食い違うわな。
私『戦国期の武士と、江戸期の武士は違う人間』
パンツ(もっとましなHNはないのか・・・)
『戦国期の武士と、江戸期の武士は同じ人間』

>>183
結果が出ないことが明確なら、別の方法を探すのが大人だよ。
私は武士道より、論理を取るね。

188 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:47:41 ID:iM9u+cml0
>>187
誰か論理を捨てろと言ってるのか?

189 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:48:03 ID:I4f95ZMj0
>>187
そっちの前提が間違ってると俺は最初から言うてるよ

190 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:48:14 ID:CC1QTDsx0
だいたい反戦とか言ってる奴に限って暴力的な手段で自分の意見を押し付けるんだよ。


191 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:48:41 ID:kWqE2agA0
武士道つーても、いろいろな要素があるし、それを復活させるって、どうやんの?ってのが
この手の本の共通の弱点だな。

192 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:49:13 ID:LS236SN80
>>188
この本の著者だよ。
『論理は大切ではあるが・・・』ではじめるが、後はひたすら論理を
こき下ろし武士道を無条件で礼賛する。

193 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:49:38 ID:u4qkckuQ0
0一つ間違えた・・・orz

194 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:49:54 ID:XiGOfGGe0
週刊文春 ・ 皇太子と雅子さま夫婦別々の食卓(1)雅子妃の朝はいつも遅い

>雅子妃の朝は遅く、食堂に来るのは10時を過ぎることも
>雅子妃は10時頃に食堂に来て一人で朝食をとる
>皇太子は時間が正確で、朝8時に愛子さまと一緒に朝食をとる
>皇太子が地方公務の時でさえ、
>母親の雅子妃が愛子さまを起こしたり朝の世話をすることはなく、ご養育掛が愛子さまの朝のお世話をする。
>天皇皇后両陛下は時間厳守で決まった時間に召し上がるので、職員は雅子妃に驚いている
>「朝が遅いのは今に始まった事ではなく、ご結婚間もない頃から毎日のように遅かった」
>職員は雅子妃のマイペースぶりに今も戸惑っている。
>皇太子夫妻は昼食も別々が多い。

>雅子妃の昼食は雅子妃の都合次第で流動的。
>愛子さまのお弁当作りや、
>皇太子・雅子妃・愛子内親王の3殿下の朝食と昼食がバラバラになることもしばしばな為
>大膳はその都度作るので大変。
>3人揃うのは夕食の時だけ。

>静養中の雅子妃だが、深夜に経済書の原本を読んでいる。
>夜中に夜食を所望するので、女官に起きてるのがバレた。
>美智子皇后が皇太子妃時代にご家族のために料理をしたいと作った小さなキッチンがあるが、
>雅子妃は使っていない。

195 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:51:31 ID:I4f95ZMj0
戦国時代の武士と江戸時代の武士が全く違う生物
そんな馬鹿なことはないんでね
江戸の武士は戦国の武士になれるし
戦国の武士も江戸の武士になれるのさ
それが分からない奴は畑耕してろ

196 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:53:02 ID:oOyoiYtG0
>>187
結果が出るか出ないかか・・・目先の事ばかり考えてるって事ね
大人は大人でも駄目な大人だね。

197 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:53:11 ID:LS236SN80
>>189
いや、君の前提はおかしいぞ

198 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:53:24 ID:XiGOfGGe0
週刊文春・概要とまとめ(2) 皇太子が愛子さまの母親代わり

>朝になっても起きてこない雅子妃に代わって、
>朝は皇太子が愛子さまと車に乗り、愛子さまをこどもの城まで送っていく。
>天皇陛下の皇太子時代には考えられないこと

>愛子さまの母親は雅子妃だが、雅子妃の代わりに皇太子が"お母さん役"を買って出てる状態
>一昨年暮れの御所のお餅付きでは、また欠席した雅子妃に代わり、皇太子が甲斐甲斐しく愛子さまの面倒を見て
>しがみつく愛子さまを眞子さま・佳子さまの所まで連れて行って遊ばせていた。
>その皇太子の姿に思わず「おいたわしい」と漏らした側近。
>皇太子の、ここ2、3年の土日の過ごし方として圧倒的に多いのが「皇太子1人でのジョギング」・・・・・・
>次が「皇太子1人での散歩」・・・・・・
>皇太子夫妻揃ってのテニスや散策は少ない。

>「人格否定発言」から約1年半、
>皇居と東宮御所の間には特に大きな波風は立たず、徐々にいい関係が戻ってきたと思っていたら
>雅子妃が「東宮職医師団の見解」を発表し、天皇皇后の側近達の落胆ぶりは痛ましいほどだった。
>批判の対象は雅子妃だけではなく「皇太子さまはどうしてこんなに変わられてしまったのか」の失望の声。

199 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:53:44 ID:WwBfvtxk0
>>190
最初は暴力的でも一度民主思想を定着させれば、混乱はなくなるんですよ。
ソヴィエトがいい見本です。米帝の妨害で破壊されてしまいましたが。

200 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:54:41 ID:iM9u+cml0
>>192
論理は大切って言ってんじゃねえかw
論理の性質や陥穽を言うのは普通に重要なことだし
結局、「なんか嫌い」ってだけだろ

201 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:55:23 ID:I4f95ZMj0
>>197
戦国の武士を引っ張り出して、
江戸時代の武士は批判するなど、
武士を武士とも思わぬ所業と心得ろ
おかしいというのなら、なにがおかしいか言ってみい

202 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:56:28 ID:XiGOfGGe0
週刊文春・概要とまとめ(3) 「結婚して変わってしまった」といわれる皇太子 と 側近を怒る雅子妃

>「皇太子はご結婚以来、変わられた」の声はよく聞く。
>静養先ではビデオやカメラを手放さないマイホーム・パパ。
>ひっきりなしに雅子妃と愛子さまにレンズを向けている。
>愛子さま(体重18kg)はやんちゃ盛りで雪の日は愛犬ピッピとマリ(二匹は10歳以上の老犬)にそりを引かせている
>愛子さまは塩を撒いては四股を踏んで皇太子相手に相撲を挑んでいる。

>皇太子の優しさが"弱さ"に繋がっていないかと心配する声もある
>これまでも、厳しい局面を避けることが多く、優しすぎると評判がたったこともあった
>たとえば、学生時代に東宮御所でバーベキューをした時
>ご学友の一人が急性アルコール中毒で倒れ、医者や看護婦や出仕が介抱にあたったが、
>皇太子はその状況に耐えられなくなり「どうぞよろしく」と言って立ち去ってしまった。
>昭和から平成の代替わりの時(皇太子20代後半とみられる)には、
>ご一家がご陵墓について話している最中、皇太子は「それでは私は失礼いたします」と先に一人で引きあげた。
>紀宮さまがそんな兄の姿を見て「無責任ですよ」と仰ったこともあった。

>雅子妃は東宮職の側近達とも意思疎通がうまくいかないことがあり
>感情的なもつれから部屋に閉じこもられることもあった
>側近達は、雅子妃に怒られるのがイヤだから黙ってしまう。
>その悪循環で信頼関係がうまく築かれなかったようです。」

>紀子妃懐妊でショックを受けたのではの心配は杞憂で、
>雅子妃は書道展、乗馬、スケート、盆栽展、国連大学の長時間の講演を聴講するなど、よく外出している。

203 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:56:35 ID:LS236SN80
君は子供か?
家族を養ったことがないのか?
だったら言うぞ。
駄目な大人で結構だ。バカ野郎!
結果をなめるな!
リアル社会じゃ結果を出せなけりゃ、なんにも聞いてもらえんのだぜ。


204 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:56:51 ID:FllHEeKf0
安っぽい精神論が60年前の戦争を招いたというのに、ジジイ共は懲りないんだね・・・

205 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:57:07 ID:qmtqL8Ou0
この人のエッセイの
若き数学者のアメリカとか
遥かなるケンブリッジとかめちゃわくわくした
論理も情緒も両方大事にしてるところが面白い

206 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 22:58:41 ID:I4f95ZMj0
>>203
戦国時代の爆裂大王大久保彦左衛門は、
お前がガキの遊びという江戸の武士でもあるわけだ
お前の言うガキの遊びの江戸の武士も家族を養っていたのだぜ
ウヘヘ

207 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 22:59:19 ID:LS236SN80
>>200
ちゃうちゃう、武士道の無条件礼賛が嫌い。
前半の論理の性質や陥穽を述べるところは面白いのよ。
でも後半、武士道については一斉性質や陥穽を述べることなく
無条件の礼賛。
思考停止。
それが気に喰わんのよ。

208 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:00:27 ID:XiGOfGGe0
週刊文春・概要とまとめ(4)静養中のはずが、愛子さまの世話より大好きな英語で国際問題に長時間取り組む雅子妃

>20日(月)は国連大学の国際シンポジウムに、雅子妃は時間延長までして参加。
>当初、午前11時には帰られる予定だったが、
>朝9時半から、午後13時半まで延長して大変熱心に聞いていた
>講演は英語で、雅子妃は時折、英語でメモを取っていた
>内容は途上国の役人向けのセミナー
 (内容は、環境関係の国際条約を受け入れる際の途上国内における法的整備について)
>はっきり言って、日本人にはあまり関係のないセミナー
>国連大学としては、雅子妃が何か感心のあるものを見つけるお手伝いをしているとのこと
>国連大学には12階に雅子妃のための特別室も作られ、1月から頻繁に通っている。
>特別室では人に会ったり、本を読んだり、パソコンを使ったり。
>数年前には東宮御所に東大の研究者を招き、国際関係論の進講を受けていた
>東宮御所でラテン語を学んでいた
>今も静養中であるにもかかわらず夜遅くまで経済書を原書で読んでいる

>皇太子は全面的に雅子妃の「ライフワーク探し」を支持している
>このように皇太子が、雅子妃の良いようにいつも配慮し、
>あまりに雅子妃のことばかり優先するのに対して、
>それが良かったのかどうか、関係者の間でも意見が分かれる。

209 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:00:56 ID:oOyoiYtG0
>>203
あきらめを正当化する人多いよな。
家族のせいにしてはいけないよ。家族は湧いて出てくるものじゃない
自分で作る物でしょうが

210 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 23:01:16 ID:I4f95ZMj0
>>207
武士道というのは、
男であり、女であり、子供であり、大人であり、
ジジイであり、ババアである
お前の言ってるのは武士道じゃねえ
高倉健のヤクザ映画のヤクザの道徳だろ
武士道というものが何か全く分かってないな

211 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:01:53 ID:bUVzEoBL0
世界を跋扈したイデオローグ:市場原理主義

規制を極力撤廃し、自由な経済活動の範囲をできる限り広げるとともに、消費者・生活者本位の
経済社会システムを実現する。 【2001年6月26日骨太の方針より】

市場原理主義者が得意とする「消費者・生活者」を使った論法である。「消費者・生活者」のため
に規制を撤廃し、「自由な経済活動の範囲をできる限り広げる」というわけだ。
しかし、現実には「消費者・生活者」は従来よりも良い生活が待っているわけではない。規制撤廃
で多少価格は下がっても、給料の引き下げや解雇、安定性の喪失が一般国民を襲い、その損失
の方が大きいからである。市場原理主義というのはそういうものである。
ttp://homepage3.nifty.com/nskk/kenkyu020.htm

212 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:01:59 ID:LS236SN80
>>206
確かに武士道は思想的にガキの遊びと言ったぜ〜
でも江戸の武士はガキだとは言っていないぜ〜
過去ログ読めだぜ〜

213 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 23:05:34 ID:I4f95ZMj0
>>212
武士道というものは家の物である
決して男一匹の物ではない
それじゃ高倉健のヤクザ映画のヤクザ者だ

武家という言葉を知っているか、
武家だ
武家は武士道だ
男としての武士道、
女としての武士道、
親としての武士道、
子としての武士道、
夫としての武士道、
妻としての武士道、
総じて武士道というのだ
まだ、屁理屈を言うというのならその首ヘシ折るぞ

214 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:08:37 ID:LS236SN80
>>209
あきらめ・・・ねえ。
確かに武士道を貫いて生きることはかっこいいね。
でも、今、現実に、武士道以外の思想で結果を出しているので
いまさら武士道は無理だねえ。
ちゅーか、商売の世界は結局『ホリエモン的』な下品な方法が
一番結果に近いんだよね。あんなに露骨に世の中に本音を出すか
どうかは別として。
その意味ではあきらめているのかもしれんねえ。
でも、いまさら品格を持って生きて、月収20〜30万円の生活には
戻れんなあ。
それよりはうまく立ち回ってその10倍は稼いだほうがいいなあ。
でも、そんなおれ自身、きっとストレスを感じているのかなあ。
だから、深夜のこんなスレに粘着しているのかなあ。
・・・なるほど、だから俺はこの本が嫌いなのか。
おお!なんか自分語り、及び事故分析になってしまった。
耳汚し、失礼。
それでは、今度こそ、帰宅だぜぃ。

215 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 23:10:19 ID:I4f95ZMj0
>>214
馬鹿野郎
武士は生活の心配なんてせんぞ
農民からカツアゲだ
たわけが

216 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:10:49 ID:xeoxtIXvO
>203

その結果というのは目先の結果だろ?明日の取引が上手くいく程度の。

もっと先の「結果」に必要なのが「武士道」だよ。

駄目なやつだな。おまえ。

217 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:11:13 ID:XiGOfGGe0
ま雅子…連れて来れなくて ごめんね
ナルはとっても 淋しかっ…たの♪


バカヤロー!!


218 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 23:12:43 ID:I4f95ZMj0
江戸時代のホリエモンは全財産を没収されて島流しにされて野垂れ死んだ
この例は以前ここで書いたな
それが武士道だ

219 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:13:39 ID:LS236SN80
俺は17代続いている商売人の家系。
正直言って、武士の心はあこがれども、理解できんなあ。
『ラスト・サムライ』見ても疑問ばかりが残った。
『何で、死ぬ?逃げただけじゃないのか?』
自分の主義のために死ぬなんざ、単なるマスターベーションにしか見えん。
家族のことを考えない馬鹿の自殺にしか見えんのよ。

220 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 23:16:53 ID:I4f95ZMj0
>>219
武士の妻にも武士道がある
武士の子にも武士道がある
商人のせがれが武家の心配などするな
たわけが
夫が死ねば妻はどうする
父が死ねば子はどうする
それは武士道にある
あわてる必要など何もない
武士道をなめるな小僧

221 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:17:26 ID:LS236SN80
>>215
お前、面白いな。
なるほど、カツアゲか。
農民の生活の道筋ってないのかな。
武士は武士道・・・農民は、農道?

いかん、のどかにトラクターが通っているイメージが・・・

222 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:19:45 ID:kWqE2agA0
>>219
自分の主義のために死ぬってのは、その主義のためにやってきたことの責任を取るってこと
でもあるんだよ。逃げ出すことも必ずしも否定はせんがね。

223 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 23:20:25 ID:I4f95ZMj0
>>221
夫が死ぬのを怖がって臆病な振る舞いをしたのを
説教して自害を勧めた女房の例などいくらでもある
それは、その女房が嫁ぐ前の実家の教育だ
武家の女としての武士道を叩き込まれているから、
嫁ぎ先の夫が狼狽してもきちんと武士道を貫くのさ
これが武士道よ

224 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:21:02 ID:bGGKeAyU0
美徳より銭や!美徳じゃ飯くえないぜよ!

225 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 23:24:00 ID:I4f95ZMj0
家を構成する全ての家族が武士道だ
その家が集合して大名家を構成し支える
家族を心配する?
誰を心配する必要があろうぞ
皆、武士であり、
武家の女であり、
武家の子ぞ
心配する事などあるものか
クソたわけが

226 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:24:11 ID:HpbczMVq0
>>172
徳川は、朝鮮出兵に参加しなかっただろ。
そもそも、徳川が豊臣を倒せたのは、
朝鮮出兵に参加せず、その間に財力を蓄える事ができたからだろ。
出兵しなかったくせに、出兵して三成に不満をもつ武闘派をまとめることに成功したという事もある。
謀略、腹黒さ、運で、のし上がれただけで、特に賞賛に値する程の人物ではない。

227 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 23:27:06 ID:I4f95ZMj0
>>226
なぜ秀吉が家康に出兵命令出さなかったのか
インチキ、腹黒は秀吉のほうであろう

228 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:27:15 ID:eRbyeaBl0
市場原理主義が日本の伝統に合わないとか言っている奴に聞きたい。

江戸時代から大阪の中之島では、米の先物取引をやっていたぞ

229 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:27:36 ID:kWqE2agA0
>>226
世界にも稀な約三百年の平和を築いた手腕は見事だと思うけどね。

230 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:27:48 ID:pZsL8r3i0
62歳が美徳とか語れる世代なのか?
疑問だ。

231 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:31:07 ID:n1Mc9GcP0

このスレッドは15%の読者、

40%の表紙と雰囲気から知ったかしてる奴、

45%のブサヨクの提供でお送りいたします。



232 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 23:31:56 ID:I4f95ZMj0
徳川家のすごさは猛烈な家臣団とシビリアンコントロールにある
天下を取る前から一国の政府としての十分な機能を備え始めていたのだ
それは東照大権現の器を示すものだ

233 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/19(日) 23:40:55 ID:I4f95ZMj0
なんだ誰もいなくなっちゃったよ
これじゃ俺が単なるキモイ人じゃねえかよ
損しちゃった

234 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:43:10 ID:LS236SN80
>>233
わはは、放置されると寂しくなるか。
面白いな。
商売人の息子は帰るぜ〜
それじゃ。

235 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:43:43 ID:0lbwEZiy0
下らんエッセイ書く前に、数学の論文を書くべきだ。

236 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:46:22 ID:QKcMGZyX0
【中国】P2Pソフト「Winny」の中国版が完成
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fireworks/1141543328/

青年同盟と辛ネット社が共同開発した次世代P2Pソフト「釣魚台」を発表した。
P2Pとは、「ピア・ツー・ピア」の略で、特定のサーバーを介することなくユーザ
ー同士のPCがインターネット上でファイルの交換が可能になる技術。日本で
は、違法コピーされたプログラムや映画などが交換の対象となることも多く、
ソフトの開発者が逮捕されるという事件も起きた。
ネットワークインフォメーションセンターの評価では、このソフトは、日本人プ
ログラマーの開発した「Winny」というP2Pソフトのソースを元にセキュリティの
問題点を改善したもので、世界中で使われている様々なP2Pソフトの中では
極めて完成度が高いという。
現在、中国のネット人口は増加の一途を辿っているが、大容量のファイルをや
り取りするにはファイルサーバーの負担が大きく、コストもかかる為大きな障害
になっているのが現状だ。そこで、PC同士が直接ファイル交換を行うP2Pに注
目が集まった。このソフトは、来月からインターネット上で中国語版と英語版が
無料で配布される予定。

237 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:47:57 ID:33ZQvUm+0
持っていたって昔を美化しているだけのような。


238 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:48:26 ID:P/tcmquH0
>>235
母語を大切にすることによって論理的思考能力に長けた若者が
たくさん育って欲しいから
教育に関する啓蒙活動をすることにしたんだろ。

239 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:50:31 ID:WZlqjnRT0
>>238
この本で論理的思考能力が育まれるとは到底思えない・・・

240 :名無しさん@6周年:2006/03/19(日) 23:56:32 ID:2i63wB7i0
>>239
逆説的かもしれないけど、論理の限界を知ることが、論理的思考能力を
養うことにつながると思う。

241 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 00:02:21 ID:PAhRAG8P0
>>240
論理って、数学とか論理学の?
それとも日常言語の?

前者の限界を示したからって、我々そんなに関係ないし、
後者の限界を示すには、筆者の議論では不十分。
そもそも後者に関して筆者の言ってることは、
論理に関してではなく、「因果関係」に関してだし。

242 :241:2006/03/20(月) 00:05:29 ID:PAhRAG8P0
>前者の限界を示したからって、我々の論理的思考能力の話とはそんなに関係ないし、 

243 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 00:08:18 ID:H2akBWDl0
国民はバカ
俺様はエリート
アメリカは野蛮人の集まり
自由平等なんて幻想

これで全部。

244 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 00:28:45 ID:lB7AQPg80
国家の品格の前にてめぇの品格をどうにかしろよ。某社長。
何の落ち度も無い社員の給与下げるくせに、てめぇが気に入った本を全社員に配ってんじゃねーよ!


245 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 01:02:54 ID:vFsBhQq20
>>244
だって社員の給料下げると儲かるんだもん。

246 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 04:41:46 ID:/66GyI1e0
品格か。いつ頃の日本ならそれを備えていたのだろう。
そしてそれを破壊したのはどの世代の人なんだろうね。

247 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 06:12:01 ID:vVzumY5H0
見た限りでは2ちゃんには日本人の美徳などないように思えますね。

248 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 06:16:45 ID:76RZfIRs0
高品格


249 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 06:30:01 ID:/qNaT2xtO
今の時代は、日本人の美徳を大切にするタイプって、ニートになりやすいからなw
謙虚で上品=対人関係が苦手につながるし。

250 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 07:20:00 ID:WZcBetiD0
どうもこのスレを読んでいると、組織的な中傷を受けているようだが
特定の組織を怒らせるような内容が書いてあるの?

251 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 07:23:49 ID:9TA1Q9INO
>>250
おおかたヤンキー共が激怒してるのであろw

252 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:03:33 ID:o0son7yz0
批判は共産党か創価学会かデーブ・スペクターが書いてんだろ

253 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:07:54 ID:HExrWm8f0
>>250
・日本および日本人の美徳を抹殺したい連中
・成功を妬む数学関係の同業者
・同じく成功を妬む本が売れない出版関係者
・ばっさり切られた経済・社会科学関係者

こんなところかな。

254 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:25:57 ID:76RZfIRs0
なんでデーブがw

255 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:27:57 ID:sQFueYar0
467 名前: 132人目の素数さん 投稿日: 2006/03/19(日) 17:07:25


藤原せんせが数学者なら
チョウチョ、トンボも鳥のうち
アコリャコリャ

http://science4.2ch.net/test/read.cgi/math/1142247937/l50



256 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:30:49 ID:HExrWm8f0
>>255
あっ、さっそく現れたw

257 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:32:54 ID:HExrWm8f0
ただ、

・日本および日本人の美徳を抹殺したい連中



・成功を妬む数学関係の同業者
・同じく成功を妬む本が売れない出版関係者
・ばっさり切られた経済・社会科学関係者

を装っている場合も多いと思う。

258 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:38:23 ID:9EyTs3He0
>>253
>>・ばっさり切られた経済・社会科学関係者
とてもばっさりとは言えない様な・・

259 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:39:12 ID:ETGa5Zvj0
黒澤明の「悪い奴ほどよく眠る」を見てみ。
少なくとも日本の“エリート”と呼ばれるような香具師らには
昔から美徳なんてないから。
使命感や正義感を持った香具師ほど損をする
それが日本社会。

260 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:40:39 ID:z3CAxBLcO
要するに、「最近の若いモンは・・・」式のぼやき節だろ。

261 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:44:46 ID:jr2bIeh2O
>>260
そういうこったな。典型的な俗流若者論だ。
アホくさ。

262 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:44:54 ID:VQYZHb+Y0
イエ制度とセットで品格があったんだろ。
恥ずかしい事をすれば、家名に傷がつくから思いとどまる。
自分が切腹すれば、お家断絶をまぬがれる。
アメリカ流の個人主義じゃ、それが薄まるってこったろう。

263 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 09:56:59 ID:qUZ/GIeT0
品格ある人物の集合が品格ある組織になるとは限らない。


264 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 10:04:44 ID:AYvceSZJO
修身盛家治国平天下

265 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 11:07:42 ID:rm9jlKAn0
「論理的」ではなく、「ダメな物はダメ」という教育にしないと
イカン!という事が論理的に書かれている件について。

266 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 11:18:09 ID:UT+RMvKz0
読んだけど天下の糞本だった。ブクオフに売る。

忠告する。買う価値ナシ。古本か図書館で読め。


こいつ本当に数学者か? というくらい内容が”情緒”wにあふれめちゃくちゃ。
論理をこき下ろす例示をみても「論理的に飛躍のあるおかしな論理」をもちだし
論理では適切な結果が得られないと書き、では情緒ではどうなるかということを
「論理的」に書いている。大笑いだよ。

ようするに、「緻密な論理」を意識的に無視し、「粗い論理」をこき下ろしているだけ。

情緒に論理はない「駄目なものは駄目」というが、それも緻密な論理で説明ができる。
悪しき風習・慣習を破棄するのは論理でしかあり得ない。

267 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 11:21:22 ID:UT+RMvKz0
>265と>266が
被っていた。同意見の者が居て安心したよ。

268 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 11:25:52 ID:xge/rkK50
下郎どもが、高級官僚してるからだよ。
品性のない、下郎どもがな。

269 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 11:26:43 ID:UT+RMvKz0
卑怯が法律に定められていないというが


公共の福祉、信義誠実の原則、権利の濫用の禁止、
公序良俗違反 等有ります。

270 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 11:29:43 ID:UT+RMvKz0
犯罪者が1万人居ても国家は何ともないが
エリートが1万人いなければ国は滅びるという趣旨のことが
書いてありましたが

   比較対象する概念ではないでしょうコレは。
  こういうのを情緒というんですかね。

DQNの作文レベルですよ。この比較は。

271 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 11:49:25 ID:UT+RMvKz0
戦後日本がアメリカ文化を受け入れたのも


基本的情緒の中に受け入れる余地があったからなんだろ。
禅を受け入れたのと同じじゃあないのか?

272 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 12:36:22 ID:qUZ/GIeT0
>>78
どこもかしこも本全体が糞。それ以上の説明は難しいな。
論理には限界があるので、論理的に説明することはできない。

273 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 13:15:48 ID:YXb83HbU0
>>272 どこもかしこも本全体が

と言い切ってしまうところを見ると、あなたは永久に論理的な
考え方はできそうもないね。そらにその上にたって
論理の限界を知ることも無理。

274 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 13:18:14 ID:YvqDg3N40
印税でカツラ買わないのですか?

275 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 13:21:20 ID:FOUWidUd0
年を取るとこういうカンジで考え方を変えがち。
ダメなものはダメが徹底されている社会は、「権威のある年長者」にとってもっとも暮らしよい社会だからね。

276 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 13:24:35 ID:N1445eu50
美徳も何も、印税ガッポリ稼いでおいて
何をいわんや。

277 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 13:28:00 ID:0x9DR2c30
<丶`∀´>我々に美徳などない!!!クックック・・・

278 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 13:46:08 ID:4M7PcLSu0
現実は、百万部突破ということだから。


279 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 13:50:00 ID:jytTwn1l0
読んでみた。
ジジイ学者にありがちな妄想だらけのチラシの裏話。

280 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 13:52:34 ID:g+evuZrK0
国家の品格なんて日本人が取り戻したら政府は慌てるだろ。
奴隷のままでいるほうが幸せだと思い込まされてる国なんだから。

281 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 13:55:34 ID:qUZ/GIeT0
>>273
この本を読んで感動した読者の言いぐさそのままなのだがね。

282 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 14:04:45 ID:ZVBKCwGE0
武士道盛んな時代でも、ほとんどの人が農民及び工商だったわけで、全ての日本人に
あてはまるわけじゃない。「武士は食わねど高楊枝」みたいなスタイルは現代にはあわない。
それよりも、外国かぶれ文化を見直そう。日本人にしかないもので勝負するのが一番効果的
だという事だと思う。武士道は実践するにはしんどいわ。現代の正しい倫理を自前の
スタイルで実践するべきだ。とにかく欧米かぶれ社会がいけない。

283 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 14:05:53 ID:jytTwn1l0
なんか最近感じるのは、2chばかりやってるせいか、ジジイが書いた
文章が素直に読めなくなったこと。
コイツの本にしても突っ込みどころ満載でいい事言ってるとは思うけど
例えが論理的に破綻してて賛同できない。
2chってクソAAも含めて今までの人類が経験したこともないような
文章量を読んでるし、すぐに殺伐とした攻撃にあうから迂闊なことを
人前で言いにくくなる。
コイツの文章はいまどき新聞しか読めないヤツが書いたようなにおいがする。

284 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 14:32:39 ID:qUZ/GIeT0
酔っ払いの与太話をまとめた本という印象。
西洋批判はいいのだが、それではどうするか。まともな対案がない。
武士道、情緒、道徳精神ときて、
結局「昔は良かった」と書いてあるだけである。
世の中にはヘンテコ本はいくらでもあるから、
この本がヘンテコなのはどうでも良い。

だが、この本の読者の書評、ブログを見ていると心配になる。
下記のような感想を大真面目に書いているのだ。

「自由、平等、民主」を超える日本独特の概念
論理を徹底させると原理主義になる
論理や合理主義で改革しようとても、成熟した文化を持つ国ほど難しい

おいおい、大丈夫か、日本。こんな本が100万部も出てしまったことに
暗澹たる思いを抱く俺であった。

285 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 14:39:34 ID:hTLCMIay0
誰が品格なくしたんだ?
とりあえずオレは結構もってるぞw ニートだからなw

286 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 14:43:49 ID:hTLCMIay0
>>272
それ苦しくないかw

287 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 14:46:52 ID:jytTwn1l0
具体的に突っ込むと、その情緒、武士道にあふれた日本はどんな国だったんだと。
いきなり西洋文明を目の当たりにして、あまりにも劣っていることを認識できたからこそ
ほとんど抵抗することもなくそれらを取り入れることができたのではないかと。
どこの文化にも少しくらいいいところがあるが、だから優れているという論理は隣の国と一緒。

288 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 14:57:56 ID:qLGr9vj40
日本語は論理的思考に向かないと思う。

289 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 14:58:43 ID:5BFfnZwO0
伝統文化が以下に大切か・・・分かりやすく解説してあった文章があったので是非読んで

第十四話 造られた聖人ヤン・ネポムツキー

さて、チェコを占領したハプスブルク家は、チェコ人の洗脳教育に苦慮していました。
征服者たちは、チェコ人の心の底にヤン・フスやヤン・ジシュカの栄光が根付
いていることに気づき、これを除去するのが重要だと考えました。そのための手段
として、「フスは単なる向こう見ずな坊主」「ジシュカは単なる野盗のの頭目」とい
ったプロパガンダを行うのと同時に、全く別の偉人をでっちあげたのです。それが、
ヤン・ネポムツキーです。
ヤン・ネポムツキーは、14世紀末の実在の人物です。

ハプスブルク家の解釈では、この「偉人」は次のような人物です。(中略)
ハプスブルク家は、フスの名声に対抗するために、フスと同じヤンという名の
「僧侶」を英雄に仕立て上げなければならなかったのです。
歴史というものが、権力者のエゴによって、いかに捻じ曲げられるかが良く分かりますね。
プラハに行くと、いたるところに聖ネポムツキーの銅像が建っています。
肖像画もたくさん残っています。肖像画は、ほとんどがカレル橋での受難シーンです。ハ
プスブルク家は、被支配者であるチェコ人を洗脳するために、たいへんな努力を払ったのでした。
〔中略)

290 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 15:00:25 ID:jytTwn1l0
ちなみに国民は基本的にバカだから民主主義は完全ではないというのは同意する。
小泉総理はかっこいいとか言って、投票するバカなババアとか、参政権剥奪してもいいと
思ってる。初心に戻って、30歳以上男性だけでもいいと思ってる。
(おれは小泉政権応援してるから、勘違いするなよ)

291 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 15:03:01 ID:5BFfnZwO0
さてさて、話を元に戻しましょう。

洗脳教育の成果は着々とあがり、多くのチェコ人はチェコ語を忘れ、チェコ史を忘れ、チェコ文化を
忘れてしまいました。チェコは、オーストリア帝国の植民地に成り下がり、厳しい経済的搾取の下に喘ぐのです。
当時のヨーロッパは、いわゆる大航海時代でした。西欧の国々は、次々にアジア
、アフリカ、アメリカに出帆したため、もはや東欧の経済圏は「穀倉」としての役割しか期
待されていませんでしたそこで、東欧の農民は、大地主の厳しい監督下に置かれ、いわゆる「再。
販農奴制」のくびきに縛られたのです。
伝統文化や伝統技術が失われたチェコは、こうした情勢下で、もはや遅れた農業国に
成り下がってしまいました。このまま推移したら、きっとロシアみたいな国になっていたでしょう。
〔後略)
http://www.t3.rim.or.jp/~miukun/tyere14.htm

292 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 15:05:08 ID:qUZ/GIeT0
明治に入って捏造された「武士道」が伝統文化か? 笑わせる。

293 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 15:11:13 ID:YXb83HbU0
>>287
>いきなり西洋文明を目の当たりにして、あまりにも劣っていることを認識できたからこそ
>ほとんど抵抗することもなくそれらを取り入れることができたのではないかと。

もしそれだけで話が済めば、植民地される民族はなかったろうな。

294 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 15:19:25 ID:jytTwn1l0
>>293
シュリーマン旅行記になぜ日本が植民地化されないかという一文がある。
これで全てを語ろうとは思わないが、日本が植民地化されなかったのは
タイミングの差だけだと思っている。

295 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 15:27:52 ID:YXb83HbU0
>>294
もちろんタイミングもあったと思うけど、それプラスαの
日本独自の地力のようなものがあったとも思う。タイミングだけなら
植民地にされない確率が低すぎるよ。

シュリーマンの本は俺も持っているので家帰ってからもう一度読んでみる。
何ページぐらいかな。

296 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 15:30:32 ID:jytTwn1l0
>>295
167ページくらいから。

297 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 15:41:31 ID:tL7MOwM40
やっぱ自然科学系の学者だといいのかもしれないな。

思想的にウヨサヨ超越している感じがするから。
でそういう人に「愛国心は大切」っていわれると、
説得力があるということかも。


まあ常識的に考えてそうだよな。
「日本人を愛し、そして世界を愛する。」それが正しい気ガス・・

今までの日本人は、
「日本人を憎み、そして世界を愛する。」これはちょっと・・

298 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 15:49:30 ID:jytTwn1l0
すでに中国の植民地化に成功していた西欧列強にとって、日本は軍隊を派遣して
植民地化するほどの価値がなかった。イギリスがもっとも力を入れていたが
抜け駆けしようとすれば他国との争いになるのは明らかであり、しかも当時綿などは
価格的に下落し割に合わなかった。
江戸を制圧するには地理的に無理があるという記述があるが、経済的に割に合わなかった、
あるいは他国との牽制でやはり割に合わなかったと理解している。


299 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 16:01:30 ID:doqmRcJb0
年喰った懐古虫が喜びそうなタイトルだな。

300 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 16:13:50 ID:uFPc23w60
明治以後開国による日本の西洋文明化がどんどん進んだ。
明治の賢人たちは、日本古来の東洋思想を学びながら西洋文化を吸収した。所謂、和魂洋才だ。

しかし戦後、日本人の魂はアメリカ精神に蝕まれ、これまで日本人なら誰もが持っていた
精神構造を完全に破壊されてしまった。
アメリカ文化の良いところは取り入れるが、日本人が持ったていた失ってはならないものを取り戻す必要がある。

こういうことを常々思っていたから結構共感するものがあったな。

301 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:15:11 ID:UT+RMvKz0
政治についてこの馬鹿は民主主義について疑問を呈しているが、
チャーチルのこの言葉を贈る

「民主主義は最悪だ。だがコレよりマシなものはない。」


この馬鹿=著者は、エリートによる哲人政治みたいなものが理想なのかねえ。

いっとくけど、善政=多数国民の幸福=民主的に判断された幸福  なんだよ。
国民の大多数が反対する善政って何?

あと、戦前、日本人の30%が戦争に賛成した。民意が戦争に賛成したと
書いてあったが、  w(゚Д゚)w ハァ? おいおいおいおいおいおいおいおい

30%じゃあ、過半数にいっていない。 それは少数意見って言うんだよ
度低脳が!!  と本を投げつけたくなったよ。

302 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:20:55 ID:EU0Iwi610
この本を全否定する気はない。

303 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:24:35 ID:tjCmfbWH0
意味のない批判だな

304 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:32:40 ID:P0J9yVbo0
セコウチームががんばってバッシング。ご苦労様です。
でも100万部いってるんですよ。いくらたたいてもねw。
それより
森首相の息子当選おめでとう。向こうにも出張してもりあげなきゃ。
それとも 小泉首相のボスである森首相の息子の当選は 隠さなきゃいけない話題なんでしょうか?


305 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:35:32 ID:jytTwn1l0
何万部売れてようが、その本を買ったヤツは読んでないヤツなんだから意味ないだろう。
そのくらいわからんのか?

306 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:43:05 ID:UT+RMvKz0
詭弁だらけの本

36ページ
英語の時間にタイプを習っていたら英語力が落ちた。(アメリカで)

タイプは社会に出たら必要だからタイプを学校で教えようという
論理が正しいにも関わらずさんさんたる結果になった・・・・


と著者は言う。だから論理的思考は使えないと・・・・・

w(゚Д゚)w ハァ?   

英語教育をせず、タイプだけを打っていればよいという理論なんか
有ったんですか? 
タイプなんかより英語教育(アメリカでいうと国語教育)が必要だという
のも理論でしょ。 間違った理論を例に出して使えないって、そりゃ使えないよ。

で、間違った情緒はどうすれば良いんだ? 駄目なものは駄目ならば永遠に
是正されることはない。
神道で言えば、女性の生理を穢れとする考えとか、らい病患者への差別とか。

307 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:45:52 ID:+isvJNgTO
>305このあいだ貸してくれた『OLDBOY』面白かったよ!

308 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:46:44 ID:BN2hPY8P0
日本人は読むべき本だろう、納得するはず。

朝鮮人は読もうが読むまいが勝手にすれば。 要らぬお世話だ!


309 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:46:50 ID:UT+RMvKz0
間違った理論は結果が悪い。で是正。

間違った情緒はどうするんだよ。
村八分とか、エタ非人とか。

310 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:49:28 ID:EU0Iwi610
ID:UT+RMvKz0

311 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:51:16 ID:uVcqNwp20
保守系の人が大喜びしそうな本でありながら
「会社は当然従業員のもの」
と、古き良き・・
実は原始共産社会系の主張をしている件について↓

312 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:53:30 ID:UT+RMvKz0
風が吹けば桶屋が儲かる・・・

この馬鹿は、コレを長い理論の例としてだし、成り立たないと言う。

w(゚Д゚)w ハァ? おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい

この諺は理論ではなく、詭弁の象徴だよ。
若しくは少ない可能性をたどってとんでもない結果が得られることもある
という例示だよ。

根本が理解できていないよこの馬鹿。まず、こいつの国語力を疑え。

313 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:54:03 ID:bOjsyKoT0
>>308 その通りです。

日本人が日本人らしさを取り戻すためには読んでおくべきでしょう。
神の国には神の国のあり方がありますからね。
現在は四つ足の部類に片足をつっこんでいますがそろそろ正しき方向に元返りしなくてはなりません。
コケにされ続ける国であっては神様に申し訳が立ちませんし、やられたらやり返すなどの卑しいことをするようでは神様に顔向けできません。
如何にして真(良心を基とした理)を貫くか、それを現実的に為すにはどのようにしなければを再考する必要がありますね。
世界中に散っている善良なる人達(神の民)と手を組んで前進してゆかねばなりません。

314 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:57:42 ID:UT+RMvKz0
風が吹けば桶屋が儲かる・

これは、北京で蝶が羽ばたくと、○○(地名忘れた)が台風になる
という英語の諺と同じで、
ちょっとしたことから予想外の大きな結果が出るという意味で
カオス理論、不確実性の理論などで引用されている。

315 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 17:58:10 ID:TK7y/MMU0
>>313日本人が日本人らしさを取り戻すためには読んでおくべきでしょう
って、日本人らしさって何よ?
どの時代でもいろんな考えの人はいるんだ
例えば江戸時代の風俗あげれば生粋の江戸っ子は現代人のニートやフリーターに近いわけだが

316 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:00:03 ID:UT+RMvKz0
卑怯を教えろ、法律にないってこの馬鹿は言う。

法律にもある。
信義誠実の原則。これは司法の大原則。権利の濫用を許さず。民法一条。

317 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:02:56 ID:UT+RMvKz0
この馬鹿は自由という言葉は不要という

w(゚Д゚)w ハァ?  人間には自由が無いという  w(゚Д゚)w ハァ?


自由はある。ただ自由と自由の衝突があり調整が必要であるということだ。
憲法にものべられている。

公共の福祉。

これをきっちり教えればよい。

318 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:03:22 ID:EU0Iwi610
賢い君が本を出してみるといいよ。

319 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:06:45 ID:uVcqNwp20
なんだ殴られっぱなしじゃないか
ネットウヨщ(゚д゚щ)カモーン !

320 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:07:04 ID:TK7y/MMU0
そもそも日本人だって道徳やら和を重視するとか言ってるのは
もともとそういうこととは逆な民族だから
アメが自由だなんだ言ってるのはもともと自由な国ではなく右にならえな民族だから

321 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:07:25 ID:IK9HE6RyO
元に戻すには
現在の教育を師範学校にし、男塾開設でいいか校長は李登輝氏で

322 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:11:17 ID:UT+RMvKz0
日本が民主国家だった????????

こいつ大日本帝国憲法の上辺しか見ていない。

軍の統帥や宣戦・講和等に関する事項は議会の立法権限の枠外だよ。
それなのに議会が開戦を政府につっついたとこの馬鹿は言う。
内閣の成立にも議会は無関係。
治安維持法により議会政治の前提条件たる市民の自由な政治活動が
できなくなった。

これで、何が民意が政治をうごかしただw

323 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:15:08 ID:JnRbvGEu0
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1142841553.jpg

324 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:17:53 ID:UT+RMvKz0
エリートが欧米では機能しているとこの馬鹿は言う。87ページだ

「日本という国は存在する限り悪をなすから国家を壊滅した上で
民族を奴隷にすべし」を(アメリカ)国民の3分の1が支持している
という結果がでました。しかし政府にいるエリート群が、このような
国民的ヒステリーは無視したのです・・・・・引用終わり


w(゚Д゚)w ハァ?  3分の1だよ、そのヒス支持は。
エリートでなくても民主主義の多数決原理で否定されるぞど低脳。



325 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:19:42 ID:zobtJ+jM0
治安維持法も、1940年の大改正まではそこまで酷い法律ではないけどな
まぁ反国家団体を認めないのは最初からだが

326 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:21:31 ID:uVcqNwp20
>>324
> 87ページだ

添削乙!w

327 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:22:06 ID:TK7y/MMU0
ゆとり教育反対論者だよね、藤原正彦って
中途半端な危機を感じる層には売れるわけ

328 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:24:24 ID:UT+RMvKz0
ツッコミ所満載。
裏付け無しの私的感想。 まさにチラシの裏。

329 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:24:25 ID:u4Wyu83E0
こういうお花畑で、100万人近くが感動できるんだよ。
閉じた社会こそが美しいと感じるメンタリティーとでもいうか
まあ、大先生のお説としてお聞きはするが
複雑・高速度回転した現実社会の問題点を改善するには
ちぃと難しいですわ。

330 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:24:45 ID:ugNDmpv+0
>>283
お前それマジで言ってるならそうとうまずいなw
2chに文章なんかねーよ。意見だけw
食い物に例えるなら、ファーストフードばっかり食ってるやつが
料理について語るようなもん。
まあ国歌の品格は読んでないから、それについてはなんともいえないけど。

331 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:25:53 ID:nvDAVEHO0
明治憲法は、文面見ると、それほど専制的ではないのだが

332 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:27:22 ID:uFPc23w60
この本がツッコミどころ満載なのは承知しているが、
こういう重箱の隅をつついて全てを理解してると勘違いしてる奴がいるのはいただけない。
良いところは吸収し、悪いところは直すというのが日本人の持っている美徳だ。

333 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:28:02 ID:zobtJ+jM0
運用の問題だべ。元老が生きていた頃はまだまともに運用できてた
ただ、統帥権というアキレス腱があったのが致命的
これを最初に持ち出して内閣を攻撃したのが犬飼養というのも情けない話だが。

334 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:29:53 ID:xt5DaeoT0
俺は読んでいないから批判しない。これぞ、俺の美徳。

335 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:32:51 ID:PAhRAG8P0
>>332
突っ込み所のある議論を除くと、

「卑怯なことをするな」とか、
「弱いものに対する思いやりをもて」とか、

言われなくても分かってる程度のお説教しか残らない。

336 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:35:28 ID:CnteiAuz0
>>334
「これぞ、俺の美学」って書き込むのは、美学に反しないのか?w

337 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:36:15 ID:UT+RMvKz0
>こういう重箱の隅をつついて全てを理解してると勘違いしてる奴がいるのはいただけない。


w(゚Д゚)w ハァ?  説明の根拠が総崩れなんだからそれこそ結論は採用できない
          のは当たり前だろう。

こんなくだらないつっこみまくられる例示や論拠をだすくらいなら
最初から情緒一本で感動させろやってことだ。

338 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:39:09 ID:jXq/qBDQ0
山崎邦正みたいな奴だな

339 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:42:40 ID:UT+RMvKz0
だから新渡戸武士道を読んで

これを現代に採用できないかな〜しようよ〜
ということを情緒的な美文で書けばいいんじゃんか>藤原〜〜

別に新渡戸武士道自体をウソこけとは思っていないからね。

まあ、和魂洋才 つ〜ことに反対はしない。

中国文明と一線を画した貴重なアジア文化の国だ。
その文化の心を大事にしつつ、一方ではグローバルスタンダード
も理解し、諸外国と渡り合える。 コレ重要。

ダブルスタンダードで良いんだよ。 和魂 と 洋才。 漢才ではなく中近東才でもなく
洋才。

340 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:45:42 ID:YXb83HbU0
>>316
ちょっと違うと思う。例えば、弱いものがいじめられているのを
見て見ぬふりをしても全然罰せられないだろう? もっと法律以前の
精神の根源的なことを言っていると俺は解釈している。

341 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:49:31 ID:UT+RMvKz0
藤原、文系をなめすぎ。

あんな論旨で論文にも人を感動させる文章にもなる加代。

あの程度の国語力や論理力で数学ってできるんだねって

理系の価値を暴落させることになったぞ。

342 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:57:58 ID:UT+RMvKz0
>340

通報義務とか。
職務によっては不作為で罰せられる。
緊急避難正当防衛では他人の危機を救うために
刑法を犯しても罰せられない。

かならず自分で介入する必要はないし時にこじらせる。

343 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 18:59:11 ID:YXb83HbU0
>>341
> あんな論旨で論文にも人を感動させる文章にもなる加代。
何いっているかよくわからん。

> あの程度の国語力や論理力で数学ってできるんだねって
英語の数学の本を一度読んでみることを勧める。
高校程度の文法しか出てこないよ。読むだけなら文学より100倍
簡単なんだよね、実は。論理力(初めて聞いたが)は大事。

344 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:01:20 ID:I0kE7M/X0
非常にわかりやすい。
今までなんとなく感じてたことを言葉にしてる。
多少自分と合わないところもあるが
言ってることに文句はない。


345 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:06:07 ID:YXb83HbU0
>>342
> 通報義務とか。
義務というのはしなくも罰せられないことだろ。
素通りする人間の方が多いと思うぜ。

>職務によっては不作為で罰せられる。
ここは普通の人の話と仮定している。

>緊急避難正当防衛では他人の危機を救うために
>刑法を犯しても罰せられない。
普通に教育していたら、我が身かわいさで人の危機を
救おうなんて香具師は滅多にいないだろう、と思う。

346 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:13:48 ID:H1sIk1710
東京(首都圏4000万人・・世界最大)、大阪(関西圏1800万人)、名古屋(中京
圏1000万人)集中都市国家日本の現状!
これではアメリカという宗主国がないと防衛もできない?米中対立しているうちは
よいが、米中結託したら米国にとっては日本は中国へのおみあげ程度に翻弄される?
この現状の悲哀がよく出ている作品?
やはり、日本が誇るアキバ系ロリ萌え作品の世界発信にて世界の若者を味方につけ
(世界の若者を日本的に洗脳しちゃう!)
アングロサクソンの破壊的な野望を打ち砕き、世界を日本化しよう!
それが唯一の生き残り戦略?

347 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:14:36 ID:UT+RMvKz0
義務というのはやらなくてはならないこと。

罰則があるかどうかではない。

それと、シロウト仲裁は危険。

卑怯者制裁のつもりが自分が傷害罪になるというのは
良くある話だ。


卑怯をさけるのも義務ではないのか?
罰せられるのとは別の観念だろ。

348 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:17:37 ID:cSsrlrI70

>日本人が持っていた美徳

実はそんなもの最初から無かったのです。

349 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:21:02 ID:UT+RMvKz0
そもそも卑怯な行為は刑法犯で有ることが多い

いじめも暴行罪・傷害罪になる。
民事商事でも
法の抜け穴探しは脱法行為として罰せられることもある。
法的根拠があっても信義誠実・権利の濫用で無効となることも
多くなってきた。

たとえばサラ金。足元を見た法外な金利=卑怯な高利貸し からの借金は

   利 息 ど こ ろ か 元 本 す ら 返 済 す る必 要 が な い

と先日最高裁は判示した。

350 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:26:58 ID:YXb83HbU0
>>347
> 義務というのはやらなくてはならないこと。
そんな言葉の上の取り決めだけで人が動けば苦労しない。
守っているように見えても、面従腹背ということになるだろう。
人の中にその義務に応えるような倫理観や精神力のようなものが
必要と思う。

351 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:39:20 ID:UT+RMvKz0
>そんな言葉の上の取り決めだけで人が動けば苦労しない。


卑怯だって同じじゃん  激藁〜〜〜〜

卑怯には私的制裁=リンチがあるってか〜〜〜

352 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:39:40 ID:YXb83HbU0
>>349
>いじめも暴行罪・傷害罪になる。

もちろんそうだが、いじめるような、暴力をふるうような
人間にならないのが最も理想的。そして、そんな人間を
作り出さないこともね。

353 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:41:33 ID:UT+RMvKz0
卑怯=情緒=駄目な者は駄目
義務(罰則無し)=やるべき事。

両方とも教育でたたき込むべきことである点でなんの違いが?

354 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:41:35 ID:H1sIk1710
武士道といってもね?田舎もののおいらにとっては東京の過密は敗れてしまいます。
電車の中やホームでの喧嘩の仲裁に入っていたら精神が持たないかもね?
田舎ものは最初は正義感から仲裁に入っても、あまりの数の多さに苦痛になる?
そのうちどうでもよくなる!死ぬまで喧嘩していろとなるしね!
東京人が冷たいのではないことが月日とともに田舎ものは気がつきます?

355 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:41:41 ID:jytTwn1l0
>>330
2ch脳の俺から言わせればお前のその「ファーストフード」も誤りなわけよ。
なんでみんなファーストフードというのか理解できん。
お前らは一番最初にマックとか食べるのか?


356 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:42:02 ID:bJEGzyQI0
こうあってほしいと打ちたてられた規範が後世に実際に行われていたものと
錯覚されるのはよくあることだからな


357 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:44:23 ID:UT+RMvKz0
>そんな人間を
>作り出さないこともね。

人間は平等である。
権利・義務がある。
権利・自由は公共の福祉による調整が必要。
法律で刑罰が決まっている。
そのまえに法律を犯さないことが必要。

という教育でできますが。

358 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:44:42 ID:YXb83HbU0
>>353
同意

359 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:48:26 ID:UT+RMvKz0
武士道とやらを箇条書きにしてごらん。

そしてそれを守る。


法律を理解し守ることとなんの違いがあるのか理解できない。

360 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:48:49 ID:YXb83HbU0
>>357
それに
卑怯=情緒=駄目な者は駄目
を加えてくれ。=の使い方が気になるが雰囲気はわかるから許す。

361 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:49:36 ID:qUZ/GIeT0
>>345
> 普通に教育していたら、我が身かわいさで人の危機を
> 救おうなんて香具師は滅多にいないだろう、と思う。

親切のつもりで喧嘩の仲裁に入っても、
うっかりケガをさせたら傷害罪で引っ張られるよ。
過剰防衛ってことにされるらしい。

仲裁に入ったところ、自分が危険な目にあったとする。
で、それを避けるために殴ってケガをさせた場合、
緊急非難を主張しても、自ら危険に飛び込んだと見なされる場合があるのだとか。
仲裁に入らなければ、自分に危険はなかったわけだからね。
見て見ぬふりをしてるから卑怯とか、そんな単純な話しじゃない。
普通の人にできるのは、警察への通報が精いっぱいだろうね。

362 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 19:49:43 ID:6mP8Wdtb0
武士道知らない奴が武士道語るなよ
新渡戸なんて素人だぞ

363 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:50:01 ID:SvDq2sQj0
こないだ、ある講演で、黄文雄さんが、

「我々台湾人は日本人に1つだけ恨みがある。それは日本時代に、正直であれ、
誠実であれ、勤勉であれと教えたこと。それのおかげで、後からやって来た
中国人に台湾人はさんざ騙されました」と言ってたのを思い出した。
むろん、「今のはジョークよ」と付け足してたけど。

正直さも誠実さも特亜には通じないということだね。さんざ苦労した台湾人は
良くわかってる。 一番わかってないのが日本人。


364 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 19:52:16 ID:6mP8Wdtb0
>>361
けんかの仲裁に入って収めると褒められる
見て見ぬ振りをして逃げると切腹
それが武士道

365 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:54:02 ID:PAhRAG8P0
>>355
>お前らは一番最初にマックとか食べるのか?
ktkr

366 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 19:57:10 ID:6mP8Wdtb0
>>363
他人に通じるために正直やってるんじゃないだろ
なんでそんな事も分からない
正直なら正直に正直じゃない奴を誠実に殺せばいい
台湾人は正直だが臆病者だってことだ
正直が悪いんじゃなくて臆病が悪いんだ

367 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:57:29 ID:YXb83HbU0
>>361
> 親切のつもりで喧嘩の仲裁に入っても、
>うっかりケガをさせたら傷害罪で引っ張られるよ。
>過剰防衛ってことにされるらしい。

そこんとこが問題なんだよな。なんでって感じ?
見て見ぬふりする人が増えた原因の一つと思う。
まあ、こういうシビアの状況でなくても、
見て見ぬふりをするのは多いと思う。例えば、
2chで藤原が意味不明にバッシングされたりとか。
・・・これはそうでもないか。

368 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 19:58:15 ID:0DVZY7YNO
作家も出版社も印税を寄付でもすりゃ、品格を認めてやるが。

369 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:00:13 ID:6mP8Wdtb0
>>367
真の武士とは法律を恐れない

370 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:02:09 ID:oORUs6OV0
カキコした連中の著作権を無視して『電車男』の出版を強行した新潮社が、
どの口で「品格」などと言いやがるんだ?

371 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:02:14 ID:UT+RMvKz0
不法・違法行為をヤメさせるのは良いけど

その範疇を超え制裁となるとそれはリンチ=私刑。

リンチになっているかどうかは、社会通念等を考慮して決める。

刑罰権は国家にしかない。

372 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:03:12 ID:r5u/mckuO
著者のおっさん、男系天皇制引き合いに出して
「くだらなくとも合理的でなくても延々続いてきたものを
ただやみくもに守るのが伝統だから守るべし(意訳)」と薄笑い浮かべながら語ってた。
なんだかなー、ただの役所の前例主義思想じゃん。

373 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:03:22 ID:zL3x9bEA0
何例か論理の不備を指摘して、本全体を否定するのはどうかと。

374 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:04:14 ID:6mP8Wdtb0
法律を超越するのが武士道
法律を守ればいいだけなら武士道はいらない
なぜ法律と武士道があるのが、
優先させるべきは武士道だ

375 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:05:01 ID:UT+RMvKz0
>真の武士とは法律を恐れない

暴力団と変わらないね。


  任侠というわけの分からない行動指針で動き国家の法を無視する。

376 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:06:21 ID:6mP8Wdtb0
>>375
そうだよ
武士という暴力団が農民を支配していた
なにか文句はあるかね

377 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:09:38 ID:EoHn5Oq80
勇気と無謀を混同してはいけない

378 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:10:24 ID:PAhRAG8P0
>>373
筆者も言うように、論理というものは、

前提A,B,C,D....Yから結論Zが導出される形をとっている。

つまり、前提のどれかを否定すれば、結論Zは導けない。
もし否定された前提無しに導けるのであれば、
その前提は結論と論理的な関係のない、不要な議論ということになる。

そして、否定できる箇所がいくつもあるということは、
本全体が結論を導くことに成功していないということになる。

379 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:12:23 ID:UT+RMvKz0
>何例か論理の不備を指摘して、本全体を否定するのはどうかと。

数学では一カ所でも論理の不備が有れば
  
   結果は無効だよ。正答にはなりえない。

380 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:16:57 ID:6mP8Wdtb0
武士のパワーの源は暴力にあることは疑いがない
武士=暴力だ
暴力で全てをねじ伏せて天下を支配した
全ての権威を暴力が圧倒したのが戦国時代だ
だから武士道の根本は暴力だ
正しいと思ったら法律を破る
暴力パワーだ
その典型が、四十七人という大人数で、
一糸乱れぬ集団暴力を行使し、
吉良上野介を討ち取った赤穂四十七士
この47人は法律違反と知りながら、
冷静に武士道に照らし合わせ、それでも吉良を討つべしと決意した
優先させるべきは、法律ではなく武士道だ

381 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:17:07 ID:xxec5Due0
立ち読みしたけど
この本中身何にもないね。
つまみ食い本だ。

382 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:17:55 ID:EoHn5Oq80
武士道は、社会秩序の悪化を感じ取っている民衆が求めてる価値観であったために
その必要性を説いたこの本は売れている。しかし、著者は、武士道の必要性を必ずしも
明快には説明できていないのかもしれない。

383 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:18:18 ID:u4Wyu83E0
この著者は「国家の品格」で数学者としてのこれまでの立場を否定したということだね。
国文学か歴史学でも専門にすれば良かったってことですか。

384 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:18:21 ID:H1sIk1710
>>375
でも、任侠と武士道はある意味で似てるということか?

385 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:19:02 ID:zL3x9bEA0
>>378
いくつも間違ってるからといって全部間違ってるとはならないだろ

386 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:20:29 ID:6mP8Wdtb0
>>384
似てるよ
先祖は同じだもん

387 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:20:40 ID:zL3x9bEA0
>>378
間違っているといえるのは、否定された前提によって導かれる結論のみ。

388 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:21:35 ID:ImY5vgry0
>>204
> 安っぽい精神論が60年前の戦争を招いたというのに、ジジイ共は懲りないんだね・・・
禿同
またそれをもてはやす2chウヨニート
世も末

389 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:22:18 ID:UT+RMvKz0
>いくつも間違ってるからといって全部間違ってるとはならないだろ



算数の試験でも途中の数式が間違っていて答えがあっていたとして
点数くれるかよ。

ガキの作文並みだと言っているんだよ。なかにはマシな部分もあった
けどな。

390 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:23:35 ID:H1sIk1710
>>383
量子力学の世界の不確定性の原理?とかは現実の世界より不可思議ですよね?
だから数学者だからこそいえるのかも?

391 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:23:46 ID:6mP8Wdtb0
>>388
武士道と昭和の軍人は何の関係もない
武士は武士、
昭和の軍人は百姓
百姓兵が武士を圧倒したのが戊辰戦争

392 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:24:39 ID:u4Wyu83E0
この著者が数学の根幹といっていい証明すらまともにできない
バチモンエセ学者ということは理解できた。
数学者の看板を外して欲しい、でないと数学者の地位が貶められるから。

393 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:24:51 ID:UT+RMvKz0
昭和天皇の言葉を伝えよう。
「敗因について一言言わせてくれ
我が国人があまりに皇国を信じすぎて英米をあなどったことである
我が軍人は精神に重きを置きすぎて科学を忘れたことである(後略)
高橋紘「昭和天皇」より。

394 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:24:55 ID:mL81QBoA0
エリート教育を復活させた方がいい。
戦前の教育は、間違ってなかった。

395 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:25:04 ID:dHfkJlBzO
思考回路がシナやチョンなのが結構いるな。




396 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:25:34 ID:ekmeYMitO
ラストサムライでも見て書いた様な内容だよな

397 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:26:20 ID:6mP8Wdtb0
>>396
鎮台って知ってるか

398 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:28:43 ID:u4Wyu83E0
素人にここまで突っ込まれるような杜撰な論理展開しか出来ない者が
数学者であり得ようか、そんなものただのアホの与太話でしかない。
こうやってアホにアホ呼ばわりされてるんだから、、、

399 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:29:00 ID:6mP8Wdtb0
>>396
おい、なんとか言ってみろよ司馬信者
武士のぶも知らんガキはこのスレの俺のレス全部と俺のブログを読むんだな
http://pantu.cocolog-nifty.com/blog/

400 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:31:06 ID:HAX56C87O
>>391
西南戦争では薩摩隼人にかなわなかった
そこで会津武士を使った

401 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:31:36 ID:H1sIk1710
熊本鎮台だとかの軍事指令所?

402 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:32:11 ID:6mP8Wdtb0
>>400
いや、そんな豆知識いらないって

403 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:35:20 ID:6mP8Wdtb0
司馬遼太郎(変態シラガ頭)の翔ぶが如くの読者が、
読後の感想文を書くような低レベルな書き込みはいらんよ
司馬は万年筆のインクに文章に魂が宿るといって自分の精液を混ぜていた変態なんだから

404 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:35:20 ID:H1sIk1710
>>400
政府の農民徴兵は日本刀の白兵突撃に怯えたんだよな?それで会津武士!

405 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:36:50 ID:HAX56C87O
>>402
ごめん
いやちょっと武士の凄さを・・・

406 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 20:37:31 ID:6mP8Wdtb0
そんな素人レスするぐらいレベルが低いのか
田原坂と一言書けば十を悟るというわけには参らんか
素人じゃないんだぞ
しっかりしろ

407 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 20:57:37 ID:ekmeYMitO
>>399
しばしんじゃ??なんですかそれは、何かの妄想に取り付かれてるみたいですね
武士のなんたるかなんて知りたくもありませんし、貴方のレスなんぞ読みたくもありません
厚かましいと言うか品格のカケラも無い人ですね

408 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:11:03 ID:PAhRAG8P0
>>387
だとしたら、その結論は全体の議論と関わりがない。
それとも前提と結論が1対1で対応していると考えているのかな?

409 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:14:09 ID:H1sIk1710
武士道といっても結局、主君のためだったりとか西洋の神の概念のような明確に
信ずることができないためではないですか?
たとえば、一夫一婦制はなぜ必要なのか?といわれてもキリスト教の神の声(異性人)
でないと信ずることはできないだろう?
キリスト教は一夫一婦制を世界に普及させることで性のコントロールを通して
家族性の維持(乱交など不特定多数の関係をソドミーとして禁止、離婚の禁止
などで実の父母、実の子の維持)を最大の目的にした?
まさに原始性からの離脱を目的にしたものでしょう?
神(異性人?)の声信じるしかない?


410 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:17:17 ID:UT+RMvKz0
つまり藤原某の
著作は

傍論が間違っていても本筋には関係ないから、
結論が正しいということは
   本筋に関係ない傍論だらけということ?



411 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:19:18 ID:qUZ/GIeT0
いえ、暴論だらけです。

412 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:29:52 ID:EQSD359l0
数学版:「国家の品格」が100万部に最短記録更新
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/math/1142247937/

413 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:38:24 ID:H1sIk1710
神(絶対的な)がいない?不明確なところが日本の良いところでもあるのかな?
援助交際の善悪の絶対基準もないし?説明不能だしね!

414 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:40:28 ID:wapdSRRr0
戦争に勝てばいいんだよ、逆に言えばそれまではその望みは叶えられない

415 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:45:18 ID:AVOCa2cv0
>>414
アメ公見てる限り2位でいいや俺
1位は色々と槍玉にあげられるし

416 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 21:46:59 ID:6mP8Wdtb0
>>415
2位ってなんだよ

417 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:47:41 ID:AVOCa2cv0
>>416
現状維持ってこと

418 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:49:00 ID:2wcmeLHhO
公務員や会社員に武士道が復活したら日本は強くなりそう

ニートが武士道持っても無駄だろけど…

419 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:49:17 ID:9hoyAFUG0
イチローの愛読書だってさ

420 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:51:30 ID:2wcmeLHhO
ニートやフリーターは武士じゃなくてエタヒニンだもんな

421 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 21:52:35 ID:6mP8Wdtb0
>>417
日本が世界で2位なのか?

422 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:54:15 ID:AVOCa2cv0
>>418
DQNを許容範囲でぶっ飛ばしていい法案ができたらいいのにな
仕事があるから下手なことできん
結局注意だけで終わってしまう

犯罪やマナー違反が起こっても見て見ぬフリをする人が多いのも納得だよ
ホントはぶん殴りたいが何故か自分が罪人になって自分が不条理にも裁かれるし


423 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:58:57 ID:H1sIk1710
>>419
欧米社会の神に対抗するため?なにせこの人は欧米社会に晒されている有色人種だから

ただし、安易に安物にいかないほうが良いと思うよ!(この著作が安物といっている
わけではありませんので)
日本の中の目に見えない欧米の神を越える本体を信じるしかないかな?

424 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 21:59:56 ID:2wcmeLHhO
>>419
納得。
武士道とは程遠い精神構造をもつ朝鮮人の言動を嫌悪する気持ちはよくわかる

イチローは真の武士だな!

425 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 22:01:39 ID:6mP8Wdtb0
>>424
武士は軍人
イチローは野球選手

426 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:03:30 ID:AVOCa2cv0
>>421
違うのか?
軍事力と国土と頭数だけの中国やロシアには負けんだろ
プーチンの年収700万(円)だぜ?
日本だと女が男に望む年収のボーダーラインだぞ


427 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:03:43 ID:2wcmeLHhO
>>425
どう違う?


428 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:04:35 ID:2VKynh9u0
武士は食わねど高楊枝。

429 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:06:07 ID:8mVsepNM0
ジジイどもの脳内 → 武士は食わねど高楊枝。


現実からみたジジイども → 若年層にすべての問題をおしつけ年金逃げ切りウマァ。ウヒャヒャ


430 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 22:07:43 ID:6mP8Wdtb0
武士はいない
武士は滅んだ
西郷どんが全部包み込んで一緒に死になさった

431 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:08:58 ID:2wcmeLHhO
韓国野球チームの選手やサポーターの言動をみて
その潔さの無さ、見苦しい言動を見て
違和感を感じた日本人には武士道が残っている

432 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:09:42 ID:m5tkz0NF0
学校の先生について。

君の学校の先生は、毎日偉そうにしているね。
まるで、自分たちは社会の厳しさを知っているかのように。
だけどね、先生たちっていうのは大学の教育学部を卒業してから
一度も民間を経験していない人がほとんどなんだよ。
つまり今も学生気分のまま。社会の厳しさなんてほとんど知らないよ。
だから、大人なのに子供っぽい人が多いでしょ?
しかも、先生たちは、君のお父さんやお母さんの稼いだお金から
徴収した税金で信じられないくらいリッチな生活しているんだ。
例えば、君たちのお父さんの給料が50万円だったら、
約10万円ものお金を税金として奪われているんだ。
民間人は給料を下げられてボーナスもカットされても、
地方公務員の先生たちは超一流企業の給料と同額の給料やボーナスがもらえるんだ。
不景気でも関係なく貰えるんだ。君たちのお父さんお母さんが稼いだお金から
奪い取った税金でね。
それに、先生は遊んでても何してても給料やボーナスどころか、
将来の年金も保証されているんだ。
君たちのお父さんお母さんは夫婦で毎月10万円しか貰えないけど、
先生たちは共済年金っていう制度で毎月90万円ものお金がもらえるんだ。
もちろん共済年金はお父さんお母さんから奪い取った税金で賄われている。
先生は地方公務員だから忙しいフリをするのが得意だけど、
君たちのお父さんやお母さんに比べると、信じられないくらい暇だよ。
土曜日とか日曜日に部活で暇つぶししている人もいるけど、
そういう人は、ロリコンな人が趣味と実益を兼ねている場合も多いね。
だから、部活動は先生たちの性犯罪の温床になっているね。
君たちのお父さんやお母さんから奪い取った税金で
先生たちはのうのうと生活しているんだ。
君たちの家庭がお金の問題で苦しもうが崩壊しようが、先生たちには関係ないんだ。

   学校の先生は税金生活者 ⇒ 君達の家庭を苦しめている

433 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 22:10:36 ID:6mP8Wdtb0
徳川最後の大老勝海舟が武士はいなくなったと明治時代に断言している

434 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:10:57 ID:nkB/SXNk0
「流れる星」読んだ。
取りあえずこの人の母ちゃんはすごい肝っ玉。
まだ生きてるのかなあ?
旦那も息子も絶対に頭が上がらないね。

435 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:12:15 ID:svwrh2Hj0
こういう本読んでまじめに日本はこうあるべきだとか考えてるオヤジとか
きもちわるい

436 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:12:40 ID:2wcmeLHhO
>>430
武士は滅んだのは間違いないが
武士を描いた小説や映画は未だ脈々と日本人に好まれている
「ラストサムライ」みたいなハリウッド映画も作られている

437 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:15:47 ID:2wcmeLHhO
>>435
君は小泉総理の靖国参拝反対なの?

438 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:16:08 ID:Teaaz54z0
中核派活動家29人を逮捕 東京・法政大キャンパスで
http://www.sankei.co.jp/news/060314/sha079.htm

中核派系全学連が法政大学に設置した立て看板の撤去作業を妨害したとして、警視庁公安部と
麹町署は14日、威力業務妨害などの現行犯で、同全学連の委員長、織田陽介容疑者(24)や
法政大の学生を含む活動家の男女計29人を逮捕した。いずれも黙秘している。

調べでは、織田容疑者らは14日午後零時半ごろ、東京都千代田区富士見の法政大市ケ谷キャ
ンパスに管理者の許可を得ずに侵入。中核派系全学連が設置した高さ約1.5メートル、幅約4.5
メートルの立て看板を撤去しようとしていた大学職員の作業を妨害した疑い。

法政大は昨年春、中核派系全学連が拠点としていた学生会館の取り壊しを決定。全学連側は立
て看板を設置したり、ビラをまいたりして活発な反対運動を展開し、29人はこの日も直前まで大
学周辺で抗議デモをしていた。

中核派系全学連は「大学側は看板の撤去作業自体をやっておらず、抵抗するのは不可能。われわ
れを大学の中に入れて逮捕させるという意図的で仕組まれた弾圧だ」と主張している。

↑全学連の委員長、織田陽介容疑者(24) 24歳で学生なのか。さっさと就職しろよ。

439 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:17:11 ID:Cz9zDOH60
>>378
おい、おい、論理学をしっかり学んでおくれ。
前提A、B,,C...,Y から結論Zが導かれるという意味はね、
A,B,C...Y の「すべて」が成り立つ場合は、「必ず」Zが導かれるという
意味なんだよ。だから、A,B,C...Yの一部または全部が成り立っていなくても
Zが成り立つ場合はある。

例えば、1+1=2なんかで考えみてくれ。1+1という前提が存在しなくても
2という結論に成り立つ場合があるだろ? 0.5+1.5とか2+0とか。。。

440 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 22:17:25 ID:6mP8Wdtb0
>>436
武士は必要ないというのが明治維新の結論だろ
領地を没収され武士の特権も全て奪われた
全部西郷どんがやりなさった
そしてそれに不満を持っていた残りの武士どもを
全部まとめて抱きかかえて死になさったよ
その壮絶な武士の最期に比べたら、
昭和の軍人どもは未だにウヨウヨ活動してる
そんなみっともないことをしないのが武士だ
だから武士なんていない

441 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:19:19 ID:AVOCa2cv0
武士ってのはK-1の佐竹雅昭みたいなのを言うんだろうよ
武蔵見てるとそう思う

442 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:20:17 ID:2VKynh9u0
どっかの軍国

443 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:20:26 ID:A6wXT1dt0
>>431
2CHの厚顔で恥知らずな連中を見てどう思うんだよ。
韓国と少しでもましか?

444 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:21:28 ID:9Ja/EWi4O
史学に携わる人間の鉄則として「麗しい昔」なんてものは存在しないというのがある。
人間社会なんざいつの時代も変わりゃしないよ。
見たわけでもない過去を勝手に美化するのは中国人だけで十分。
この本の著者は数学者らしいが歴史をやってない人間にはその辺が解らないだろうな。

445 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:21:31 ID:snYHaRW20
臨時ニュース

【耐震偽装事件】ヒューザー小嶋社長が"衝撃告白"
「私は元学会員で公明党区議の娘に2000万円援助した」★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142849832/l50

現在学会員が猛烈な勢いで空アゲ攻勢中
スレ内に学会員が全くいないのもその証拠の一つ

446 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:21:35 ID:PAhRAG8P0
>>439
よく嫁。Zが成立するかどうかには触れていないから。
「導出できない」と言っているだけ。

447 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:25:00 ID:Z88R3vgV0
日本人が持っている美徳
どんな手を使っても、勝てば官軍
以上


448 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 22:25:54 ID:6mP8Wdtb0
昭和の軍人の残党が、未だに隙あらば昔の威勢を取り戻そうと活動している
それに比べて世の中をひっくり返し再び昔の領土を取り戻し、
藩主として君臨し封建の威勢を取り戻そうとする殿様などいない
武家の代表である、
官軍の西郷隆盛、徳川の勝海舟、
二人が徹底的に、そして巧みに武士を滅亡へと導いた
だから武士はいない

449 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:26:06 ID:mUz1FVOr0
>>444
価値観が変わることも知らない奴が史学やってると言えるのか?

450 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:28:23 ID:2wcmeLHhO
>>440
日本が、アジアで唯一欧米列強の植民地支配から免れたのも
(下級)武士階級のお陰だ
日露戦争に勝利したのも武士道精神のお陰だ
もし武士道がなかったら、日本や朝鮮は、ロシアの一部になっていた
君の名前も「なんとかスキー」になっていただろう

451 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:30:01 ID:lMBYRuXO0
日本みたいに資源に乏しい国は、貪欲なまでの
商売人の方が必要だと思うけどな。
だが、ホリエモンはやり方を間違えた。拘る必要のないところで
こだわりすぎたな。おとなしくネクタイしめてジジイどもご機嫌
とってればよかったのに。

452 :419:2006/03/20(月) 22:31:05 ID:9hoyAFUG0
嘘を嘘と(ry

453 :全宇宙全生命永久永遠の大天国:2006/03/20(月) 22:31:55 ID:zKqtIJME0

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★

中国共産党による拷問ビデオ
激動の中国が血と涙に染まる
(p)http://www.seigiryouchi.org/movie/zhenxiang/kuxing.ram
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
いまだに中国刑務所で行われている法輪功学習者への迫害実態
(p)http://www.epo chtimes.jp/jp/2005/10/html/d67889.html ←グロです。
法輪功の写真らしきもの
http://photo.minghui.org/photo/images/persecution_evidence/wuju_300_1.htm

マジやばいよ
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/03/html/d52158.html
こっちに遺体の写真あるお
(p)http://www.boxun.com /hero/64/52_1.shtml
(p)http://www.peacehall. com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml
(p)http://www.kinaboykot. dk/video.htm
(p)http://www.epochtimes. jp/jp/2005/10/html/d67889.html
(p)http://www.64memo.com/ disp.asp?gt=All&Id=1339&
(p)http://www.64memo.com/ disp.asp?txId=12220

中国における残虐画像 と動画  ↑スペース空けてあります

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★


454 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:32:22 ID:Cz9zDOH60
>>446
そもそも、あなたのいう

>前提A,B,C,D....Yから結論Zが導出される形をとっている。
>
>つまり、前提のどれかを否定すれば、結論Zは導けない。

主張は論理的に間違い。また、藤原もそんなことは言っていない。

455 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:34:13 ID:Hpf6zXlO0
今日立ち読みしてみたが、途中で頭痛くなって、止めたぞ。このスレで感じた印象
通りだった…。

456 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:34:23 ID:2VKynh9u0
最速「菜っ葉の味噌汁」、100万部突破

457 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:35:50 ID:H1sIk1710
>>450
でも、結局、真理としては弱かった武士道という奴は一人歩きして潰れたのか?

458 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:41:41 ID:lMBYRuXO0
思えば、幕末って大変な時期だったんだよな。

しかし、色々と制約がありながら、男達はロマンの中で
生きてきたと思う。

酒を飲み、遊郭で女を抱き、政治を変えるために奔走した。
出世欲、性欲、その他男が理想とする色々な欲を満たしてくれる
時代だったような気がするなw

今の時代はロマンがねーよ、ロマンが。

459 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:42:27 ID:9TA1Q9INO
まあ戦国時代の武士道的には、
主君が自分の領地を侵そうとしたり、或いは保護する能力がなくなったら、
速攻で他所に付くか牙を剥くかすべきなのだが。

大方江戸時代のちょうちん持ち儒者が適当に屁理屈捏ねあげたのであろ。

460 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:44:53 ID:1z/StgND0
はいはいブシドーブレードブシドーブレード

461 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 22:47:42 ID:6mP8Wdtb0
相変わらずガキが見当はずれなレスでとやかく言いよる

462 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 22:51:26 ID:6mP8Wdtb0
>>450
どうせこいつも司馬信者だろ
そんなマメ知識はどうでもいいんだよ
誰に物を言ってるのか

463 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:53:08 ID:2wcmeLHhO
>>457
西郷隆盛は西欧列強からアジアを守るため
自分は殺されてもいいからアジアを一つにまとめるという
決死の覚悟で征韓論を唱えた
しかし未開の支那や朝鮮はそれを許さなかった
もしあのとき支那や朝鮮が日本に賛同していたのならば
今のアメリカの世界支配はなかったろう
パレスチナの悲劇や9.11同時多発テロもなかったであろう

日本の武士道精神のアジア各国への輸出失敗が日本の痛恨である。

464 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:55:36 ID:vh2t1mOp0
印税ってどれくらいなんだろう


465 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:55:40 ID:sQFueYar0
藤原正彦: 数学の業績は皆無ではないが、ゼロに近い。

藤原正彦の論文は、プロシと日本語とお茶紀要を外すと、
・ Fujiwara, Masahiko. Counting points in a small box on varieties.
  Proc. Japan Acad. Ser. A Math. Sci. 64 (1988), no. 8, 267--270.
・ Fujiwara, Masahiko. Distribution of rational points on varieties
  over finite fields. Mathematika 35 (1988), no. 2, 155--171.
・ Fujiwara, Masahiko. theta-congruent numbers.
  Number theory (Eger, 1996), 235--241, de Gruyter, Berlin, 1998.
の3本しかありませぬ。14+17+7=38 で合計38ページかと。

残念だが3つめのはレフリーのない会議録。ひとつめのはコネで載る雑誌。レフリーは殆どない。
いまだったら助手にもなれない。

藤原せんせが数学者なら
チョウチョ、トンボも鳥のうち
アコリャコリャ


466 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 22:58:05 ID:Hpf6zXlO0
>>465
数学の単独著書ないの?

467 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 23:00:15 ID:6mP8Wdtb0
>>463
もう時間がない手短に要点だけ
西郷を殺したのは、西郷を許さなかったのは大久保を中心とする明治政府だ
逆賊にして殺した
朝鮮、中国、そしてペテルブルグに乗り込む
勝が練り西郷が行う大政略を理解できない新政府が潰した
そして西郷どんは部下を率いて下野し鹿児島で、
満州でロシアの南下を受け持つ最強軍を猛訓練した
それが西郷幕府への布石と勘ぐった新政府を狼狽させた

468 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:02:22 ID:sQFueYar0
>>466
ないはず。
「世にも美しい〜」とか数学者列伝とか
雑誌「数学」への寄稿はあるけど。

469 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/20(月) 23:02:45 ID:6mP8Wdtb0
西郷暗殺団、武器庫襲撃、
西郷軍を挑発し引きずりだして逆賊の汚名を着せて殺した

470 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:03:09 ID:Hpf6zXlO0
>>467
そんなもん、当時の明治政府に実行する余力があるわけない。

471 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:06:15 ID:lMBYRuXO0
>>463

当時の日本は、新政府が出来上がったばかりで、海外に遠征している
ほど余裕がなかった。
そんな状況で、遠征してたら、日本は滅んでたよ。だから、反対派が
圧倒的に多かった。

西郷や後藤象二郎みたいに人気と豪放さだけが取柄の人間や、高杉晋作
みたいに破天荒な人間は、国を改革するときには重宝するけど、改革し終わった
後は、無用の長物になってしまうもんだよ。

472 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:07:23 ID:PwOfBtN40
早くブックオフに並ばないかなー


473 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:07:24 ID:bnVrj9Sf0
>>465
まあ、自虐史観とか言ってる作る会の連中に歴史学の専門家が皆無なのと似たようなもんだな。

474 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:10:01 ID:0DVZY7YNO
最速で100万突破なんてあおり文句、品格とは対極にあると普通に思うが。

475 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:10:36 ID:2wcmeLHhO
>>467
西郷の、100年先を見据えた戦略を理解できなかったのは
大久保や木戸ではなく蒙昧な特定アジアだ
武士道精神を理解できなかった支那朝鮮だ
アジアを欧米列強支配から守るためには日本の武士道精神しかなかった
しかし、支那朝鮮は遅れ過ぎていた
日本の崇高な精神が進み過ぎていたんだよ
日本の不幸は周辺諸国の蒙昧さだ。

476 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:11:31 ID:8WPL9Wua0
買おうと思って本屋行ったけど、
売ってなかった。

477 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:14:26 ID:Cz9zDOH60
>>476
売り切れか、置かない主義の本屋さんなんでしょうw
アマゾンでは売り上げ4位だったかな?

478 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:15:50 ID:0gmgPLEr0
何もしないくせに夢見てんじゃねえよ、バカ日本人が。
本買って、満足してろ。
あとは俺たちのものさ。

479 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:16:23 ID:Hpf6zXlO0
>>473
それはちと違うぞ。もともと教育学の人間が歴史教育の問題性に気がついて検証したら、
素人でもあっさりわかるくらい嘘だらけだっただけ。

480 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:17:21 ID:2wcmeLHhO
>>478
お前は半島に帰れ

481 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:17:34 ID:UT+RMvKz0
俺がもうすぐブックオフに売る。

いや、アマゾンにしようか。アマゾンの方が高く売れるよな。

482 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:20:27 ID:OqBhscX60
>>472
近くのブックオフにはいっぱい並んでた。400円。
100円コーナーには、まだなかった。

483 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:21:38 ID:Cz9zDOH60
>>481
アマゾンのusedでは最低価格700円か。1,000円で出している椰子も
いる。信じられん。これなら普通は新品買うな。

484 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:22:48 ID:UT+RMvKz0
この糞本に投入した貴重なお金を回収せねば!!

485 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:27:00 ID:O+dX9Gz00
勝ち組と言われる奴らが
品格も外聞もなく金に目がくらんで暴走している日本って


486 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:28:20 ID:80M8XFf60
>日本人が持っていた美徳を取り戻すよう主張したエッセー。

日本人が持っていた美穂を取り戻す・・・・

に見えました。

487 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:28:43 ID:2wcmeLHhO
日本の武士道とは?
自分の「個」を殺し、主のために命を捧げる
「主」が栄えれば、己の家族、部下が栄える
ランバ・ラルの言葉だ。

ニートにはわからねえだろが?

488 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:31:09 ID:PAhRAG8P0
>>454
前提A,B,,,,YからZを導く論証が妥当である。(…@)⇔論理式(A∧B,,,∧Y)→Zがトートロジー(恒真)である。(…A)
aを論理式A〜Yの中の任意の一つとし、aを除いた論理式A〜Yの連言をbとする。

a,b,Z,¬a,それぞれの真理値割り当ては、
1,1,1, 0
1,1,0, 0
1,0,1, 0
1,0,0, 0
0,1,1, 1
0,1,0, 1
0,0,1, 1
0,0,0, 1
の組み合わせがある。

この組み合わせのうち、a∧b→Zが真にならないのは、a=1,b=1,Z=0の場合。
つまり、Aが成り立つのは、a,b,Zがそれぞれa=1,b=1,Z=0の組み合わせをとる場合以外の、
全ての組み合わせである。

一方、¬a∧b→Zはa=0,b=1,Z=0の場合に真にならない。
つまり、Aが成立する場合、¬a∧b→Zがトートロジーにはならない。⇔¬a,bからZを導く論証は妥当でない■

つまり、任意の前提一つ否定するだけで、Zは導出できない。藤原が言ったかどうかはともかく、論理的に証明できたけど。
論理学分かるなら、これ分かるよね?

489 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:31:34 ID:lMBYRuXO0
>>475

西郷は暴走していただけだろ。西郷を止めたのは、大久保や木戸だよ。
改革を成し遂げたばかりで、国としての体制が整っていないのに、
戦争を仕掛けるのは自殺行為だ。だから、木戸や大久保は、戦争を仕掛ける
事自体を否定していたんじゃなくて、国内の体制を整えてから仕掛けるべきだと
言っていたんだよ。

結局、西郷は支持者が一人しかいない状況で、孤立無援になり、下野してしまった。

490 :488:2006/03/20(月) 23:36:11 ID:PAhRAG8P0
>つまり、Aが成立する場合、¬a∧b→Zがトートロジーにはならない。⇔¬a,bからZを導く論証は妥当でない■ 

つまり、Aが成立する、ある真理値の組み合わせにおいて、¬a∧b→Zがトートロジーにはならない。⇔¬a,bからZを導く論証は妥当でない■
こっちの方が良いな。

491 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:42:12 ID:Hpf6zXlO0
>>487
というわけで、単なる滅私ではなく、ギブ・アンド・テイクな関係なんだよ。

492 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:44:31 ID:2wcmeLHhO
>>489
西郷はあの時朝鮮で殺されていればよかったんだよ
そして朝鮮族はそれにより自らの無知蒙昧さに気付けばよかった
「西郷は欧米列強からアジアを守るために身を投じた」
西郷の命でアジアの心はは一つになっていたはずだ
特定アジアの蒙昧馬鹿、それを恐れる大久保、桂のせいで
アジアは100年遅れた。

493 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:48:50 ID:uxM3XH0J0

与党はさ、東大落ちのひがみ議員がいるから、青、東大出身を首相にしたくない、ことばかりを考えてるんだろう。


494 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:55:58 ID:lMBYRuXO0
>>492

はぁ?大事なのは日本国内だろ。
アジアがどうのなんてグローバルな視点はいらない。

西郷は馬鹿だったんだよ。

495 :名無しさん@6周年:2006/03/20(月) 23:56:29 ID:TFjBa9WeO
この人、ウルトラハンドータイセーゴヨー学者・ベーテーの走狗の西部邁と比べて何か目新しいことをいってますか?

496 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 00:00:10 ID:IsycRZq2O
>>494
自分だけがよければいいの?
他人は関係ないの?

497 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 00:06:29 ID:IsycRZq2O
世界的な評価を得ている黒澤明の映画を
一本でも観たことないの?w

498 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 00:06:36 ID:x1K6lZJ90
>>487
この世に「主」に値するものなんて存在しないことが判明したから
そんな馬鹿馬鹿しいことをするやつがいなくなったんだろ。ww

あほらしい。退屈で糞詰まりの秩序社会より、何が飛び出すか分からない
個人主義の方がいいね俺は。

それに世の中確実に昔より良くなってるだろ?モラルにしたって。
昭和なんてモラルも糞もない、不正しまくりの時代だったし。

499 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 00:10:39 ID:V2A20TiW0
でもさ、結局、日本は資源の無い国だし、
これからは、科学力命になってくるわけでしょ。
科学力を支えるのは、発想力だし。そういった意味で、
規格外の人間も、尊重していくべきだと思うけど。

500 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 00:14:36 ID:IsycRZq2O
>>498
「主」とは給料払ってくれるところだよ
わからんのかニートは?
家族を養うためには自分を殺すしかないのだよ坊や

501 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 00:27:51 ID:x1K6lZJ90
はいはい、土下座リーマンさん

502 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 00:30:10 ID:bA3cdXZe0
>>501
脳内妄想が達者だな。
社会に参加しないと平和でいいよね。自己完結できるから。

503 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 00:38:47 ID:kfPmzkln0
>>488
やっとあなたの言いたいことがわかった。
>前提A,B,C,D....Yから結論Zが導出される形をとっている。
で、
A,B,C,D....Y → Z
のことをいっているのかと思ったよ。納得。ただ藤原の本では、
A→B→...→Z
のことを言っているよ。


504 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 00:40:07 ID:dXfF4qX90
>>500
どんどん殺してくれ。
できたら心停止するくらいまで。

505 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:07:36 ID:qg/9KE4X0
>>503
>>前提A,B,C,D....Yから結論Zが導出される形をとっている。 
>で、 
>A,B,C,D....Y → Z 
>のことをいっているのかと思ったよ。

いや、それは問題ない。
論証の成功が、論証自体がトートロジーになっているかによって決まるということが、ここのポイント。

>ただ藤原の本では、 
>A→B→...→Z 
>のことを言っているよ。 

ざっと計算してみたが、おそらくその場合でも成り立つ。
>>488の三倍位になるので書くのは止めとく。

506 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:10:00 ID:kfPmzkln0
>>505
>A,B,C,D....Y → Z 

>A→B→...→Z 
は明らかに違うだろ?

507 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:13:19 ID:kfPmzkln0
>>505
>論証の成功が、論証自体がトートロジーになっているかによって決まるということが、ここのポイント。

論証なんて後から言い出したことだぜ。

508 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:18:24 ID:qg/9KE4X0
>>507
じゃあ、「論証」を前提から結論を導くことと言い換えて。
つーか、どの程度論理学やってるの?理解した(読んだじゃなくて)入門書とか教えれ。
正直分かってるか分かってないか微妙な回答が多いので。
それによって、>>506に真面目に答えるか決める。

509 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:27:02 ID:kfPmzkln0
>>508
論証だのトートロジーなどの話ならば最初に断って欲しいね。

で、
>A→B→...→Z
は、A,B,C...の順番が大事。
>A,B,C,D....→Z
では、A,B,C...の順番は入れ替えられるから全然違うだろう?

あと、沢田のぶしげの「考え方の論理」は読んだことがある。

510 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:36:31 ID:qg/9KE4X0
>>509
formal logicを少しでも齧ってないなら、>>488は分かってないか、
分かったとしても相当分かり辛いと思う。
さらには、>>506の証明を書いてもチンプンカンプンだと思う。

511 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:46:47 ID:qg/9KE4X0
>>509
というか、トートロジーとか、論証とか、真理値とか、
一から話していたら間違いなく夜が明ける。
悪いことは言わない、勉強しておいで。

512 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:48:42 ID:fRpZzEm10
なんで論理学の話しになってるのかと・・・
マグロウヒルの現代論理学、記号論理学、
名古屋大学出版の論理学を作る、
このあたりがお勧め

513 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:54:01 ID:kfPmzkln0
>>511
残念だな。結局、現代論理学ってやつは一般大衆には無益ってことか。
おれは、アリストテレスの論理学で十分。

ただ藤原のような人が数学の啓蒙してくれるからこそ、一見実生活に
役に立たない分野でも税金で養ってもらえることを忘れちゃ
いかんよ。あなたのことを言っているわけじゃないが。

>>512 Thanks


514 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:58:24 ID:qg/9KE4X0
>>513
ちょwww
お前が文字打ってるその機械は何の言語使ってるんだよ?www

515 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 01:58:38 ID:nIHNrK530
おい、パンツよ。
お前のブログ、プロフィール欄が壊れて見れんぞ。
『素人め!』が口癖のお前さんはどういう『玄人』なんだい?

516 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 02:07:24 ID:kfPmzkln0
>>514
まあ、要するに応用まで確立してしまえば、現代論理学の
基礎研究をしているような研究者は減らしてもいいっていう
圧力がかかるってこと。すでに減っているかもしれんがね。

517 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 02:11:57 ID:qg/9KE4X0
>>516
>まあ、要するに応用まで確立してしまえば、現代論理学の 
>基礎研究をしているような研究者は減らしてもいいっていう 
>圧力がかかるってこと。すでに減っているかもしれんがね。 

減ってるらしいが、俺には関係の無い話だ。
それはいいから、勉強しとけよw

518 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 02:26:44 ID:kfPmzkln0
いや、俺は素人だから説明を求める。どっかの
役所のように根掘り葉掘り聞くだけだw 結局おたくも
説明しきれないところを見ると、言ってることがどこまで
正しいか我々には判断できない。
ただ、こういうところでトートロジーなんて持ち出すなよ。
アリストテレスぐらいにしとけや。
藤原さんを見習うんだね。

>減ってるらしいが、俺には関係の無い話だ。
あれは一つのたとえ話。この手の話はいろんなところで聞く。

519 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 02:32:30 ID:qg/9KE4X0
>>518
徳川家も鎖国も元禄文化も知らない奴に、江戸時代は説明できない。
基本的な知識が欠けてると話がし辛いのよ。

520 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 02:34:34 ID:qg/9KE4X0
>>519
>ただ、こういうところでトートロジーなんて持ち出すなよ。 
>アリストテレスぐらいにしとけや。 
>藤原さんを見習うんだね。

アリストテレスの論理学の方が、よっぽど説明し辛い。
それでやると、もっとウンザリすると思うよ。
藤原がダメな一つの理由は、分かりやすいがいい加減な知識が多いから。

521 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 02:38:42 ID:p5nUKzHR0
若き数学者のアメリカだったっけ?
あれは面白かったよ
暇つぶしにはよろしかったです

522 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 03:36:18 ID:x1K6lZJ90
国家の品格という抽象的なものがさっぱり理解できない。

とりあえず世の中確実にまともになっているのだけは確かだ。
公務員のモラルも、政治化のモラルも、国民のモラルも全て昔より
今の方が良くなっている。

今の時代は現実離れした理想論の時代だから、理想と比べて
今は悪い時代だとか寝言言ってるやつが多いが。

523 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 03:42:51 ID:14rBUK4e0
>>522
ソースは?

524 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 03:57:48 ID:+J0Bezva0
>>512  初学者には、三浦俊彦の『論理学が分かる辞典』の方が良いと思う。

あと、『うそつきのパラドックス』も良い。
パラドックス関連の本から入るといいと思う。

525 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 04:04:55 ID:x1K6lZJ90
>>523
年配の人と話をしてみれ。祖父母や親戚とかでもいいから。
俺の思うに、2ちゃんによくいる社会に絶望して国家主義とかに走るやつって
数十年前の日本社会の生の姿を知らないやつが多いんじゃないかと思う。

昔なんて、公務員や政治家の不正や汚職は当たり前、というかそれは身近な人間を
幸せにする良い行いでさえあって、法律なんてものは建前に過ぎなくて、
私的な人脈とか、現場の人間の裁量で世の中全部が動いていた。
だから税金を私的な用途に使おうが悪いことをやっているという自覚さえなかった。
警察も教師もその他の役人も、全部コネとか義理で運営されていた。

526 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 04:06:15 ID:V9h500QI0
おまえらわかってないな。
藤原の朝臣、正彦氏が言ってるのは、要するにおまえらの人生において
もっと身体性を重視しろってことなのだよ。

わかんねえだろうな。きっと、、
もっと修行せよ。

この人の言葉遣いに難があるのは確かだが、それを言ったらキリがないだろ?
但し、品格って言葉が理解できない奴はただの餓鬼だと付け加えておきたい。


527 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 04:13:21 ID:V9h500QI0
>公務員や政治家の不正や汚職は当たり前、というか・・・

まさにその通り。
自生的秩序さえしっかりしてれば、近代的秩序なんて無くとも社会は廻ってゆく。
というか、何が不正や汚職かの価値判断の次元が違うわけだ。


528 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 04:23:14 ID:xupJn5oJ0
大体昔の人に品格があったら、京都の景色があんな風になってないって。

529 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 04:23:39 ID:x1K6lZJ90
>>527
むしろ昔の義理人情の人治国家だった頃の日本の方がむしろ
人間の本質というものに正直で、今現在の西洋的な、まず紙に書いた
法文ありきで、法律に人間を従わせる法治国家の概念の方が無理が
あるという考え方もあるかも。

ただ、昔の日本社会の方式は、人脈や派閥にうまくはまった人間には天国だが
そうじゃない人間は壮絶に差別され、地獄の社会になる。
法の下の平等性とか考えたら、今の社会の方が絶対にまともだよ。
昔の方が弱者が泣き寝入りしたり、不条理や非情なケースが多かったと思う。

530 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 07:36:12 ID:fM4vsk5T0
>>526
ならば単純にそういえばいいだけ。
よく知りもしない経済やら何やらの話を持ち出す必要はまったく無い。
だから作者自身の品格を疑われてしまうんだよ。

531 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 10:31:45 ID:sO1I7gwL0
>>520
勉強がてらに教えて欲しいんだけど、>>505をみると、
>A,B,C,D....Y → Z 

>A→B→...→Z 
が同値だと言っているように読めるんだけど、合ってる?

532 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 11:40:47 ID:ZSJUHYIX0
公務員をエリートにして年収250万くらいにできるか>藤原?

お前のいっていることはそういうことだが。




533 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 12:30:26 ID:F+6khYe90
>>532
いや賃金は低くても「この仕事をやりたい!」と思う
そういう人間の方が本当は高潔らしいよ。
あるエリートで一流大卒一流企業に勤めてて、どうしても
障害者教育とかやりたくって会社辞めた人がいる。
今では福祉施設に勤めて年収200万くらいでも幸せらしい。

腐った教師を駆除するには公務員=安定という
図式を崩すのもありかも。


534 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 12:56:54 ID:g6koDAqy0
2ちゃんねらーの演じる自分像
【学歴】
宮廷が基本で、医学部の場合は駅弁出身者もいるようです。
基本的に、理系なら医学部、文系なら法学部出身者が多いようです。
留学経験のある人はあまりいないようです。
何故か、あまり大学院進学者は多くなく、私大から国立院に進学する理工系学生を憎悪しています。

田舎者を馬鹿にする傾向がありますが、何故か高校は田舎の公立高校出身者が多いのも特徴です。

【職業】
医者、弁護士、自営、会社社長、大学教授などが多く年収は1800万を超える裕福な方も少なくないようです。
公務員はあまり多くないようです。
金は余る程あるはずなのに、アニメのDVDやPCソフトを買う金が無くwinnyを使用しています。
また、特定の大企業を批判する場合、唐突に貧乏人に様変わりするのも特徴です。
最近は、株ブームに乗ってネオニートも増えてきました。

【年齢】
20代後半〜30代前半が多いようです。多くが所謂団塊世代に対して憎しみを抱いており
自称勝ち組のハズなのに何故か、自分達は団塊の被害者という意識が強いようです。

【政治思想】
勝ち組のエリートに相応しく、小泉・竹中を全面的に支持しています。

535 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 15:12:49 ID:qg/9KE4X0
>>531
違う。

536 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 15:19:31 ID:2oTm2v8T0
2ちゃんねらーの演じる自分像
【学歴】
院卒、大卒、高卒とまんべんなくいるようです。

【職業】
会社員が多いです。公務員はあまりいません。

【年齢】
20代後半〜30代前半が多いようです。

【政治思想】
小泉&竹中の構造改革に懐疑的な目を向けてる人が多いです。
極端な愛国主義を嫌い、また自虐思想も嫌悪しています。
最近の投資ブームに目をひそめ、地道な労働にこそ価値を求めてるようです。


537 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 15:23:21 ID:PyJrDA6v0
お前らなんにもわかってないんだな。
あんな下品な本ないよ。藤原のカミサンも言ってだろ。おまいら白痴民族か?
国語を大事にしましょうだけだろ?当たり前のことじゃん。

あほか。


538 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 15:35:25 ID:rnTh6nZC0
江戸時代の商人は、資本主義市場原理主義の前衛だな。
先物取引やってたそうだ。
ローソク足も日本でつくられたものであるし。
このじじいは、武士階級しか見えんのか。

539 :535:2006/03/21(火) 15:50:06 ID:qg/9KE4X0
>>531
証明するには、

(A∧B∧C∧D....Y → Z) → (A→B→...→Z)

がトートロジーにならないことを証明すればいい。
典型的な帰納法の証明。とりあえず自明と言って逃げておこう。

540 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 15:54:57 ID:dXfF4qX90
>>533
腐った教師って、査読付き論文が一つしかない大学教授のことですか?


541 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 16:59:00 ID:2QD1Ifzx0
>536
株板・市況板の存在は無視かよ。

542 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 17:04:49 ID:5yEHlXoaO
春休み中だから、市場経済と倫理についての本を読んでみたい。

オススメがあったら、教えてください。

543 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 17:37:18 ID:8Unxhshi0
>>529
昔は公娼制度で売春婦は数十万人ということもあるし、都合の悪いことは
忘れてしまい昔は良かったと思いたいのも人情?
昔は妊娠中絶も今の7〜8倍あったようだし昭和30年で出生数170万人だが
それと同数以上が中絶されているしね!(200万人近い・・・現在の中絶は
30万人くらいか?)
昔は良いというよりのんびりしていた(これが風情や人情に感じる?)だけ
ではないか?

544 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 17:53:04 ID:7EM8OnK00
>>543
避妊技術が無かったから、中絶数が増えたのかも。
ま、それを加味しても多いけどね。

雪国の子売り。子殺し。コネ社会。

今の中国を彷彿とさせる。

今は、公娼制度の代わりにソープがあるんだから
全然、前進していない。
それどころか、伝染病の定期健診があった昔のほうが
マシぐらい。

纏めると。子殺しにしても公娼奴隷制度にしても、
そもそも、貧しくて学の無い圧倒的多数の庶民がしたこと。
教育もかなり関係してるよね。
「野蛮なことを平然と出来た。」というのは、昔の人間が特別に
野蛮なのでは無く、単に“知らなかった”ということ。
これは平凡なことのようで、かなり大きい。

昔の上層の人間については…徹底的にエリート育ちで、勘違いした
平等教育を中途半端に施されて無かったと予想する。
だから、今よりノブレスオブリージュはあったんだと思う。

愚民に選挙参加させて無かったという効用も大きかったと予想する。

ひるがえって、庶民の下層はというと、これはとんでも無く、酷い
部落差別があった。

545 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 18:17:27 ID:DxDNeRdQ0
>>539
それなら、>>378

>前提A,B,C,D....Yから結論Zが導出される形をとっている。

は藤原からの間違った引用ということでいいね?

546 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 18:48:27 ID:dXfF4qX90
>>544
どうでもいいが、売春防止法を骨抜きにしたのは
エリートとやらもたくさんいた。与党の政治家だよ。

547 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 19:01:39 ID:V2A20TiW0
この作者は、在日だの、部落だのいって差別しているネラーを暗に非難しているなw

548 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 19:05:05 ID:V2A20TiW0
>>544

まあ、どっちもどっちだよ。
日本は体育会系が幅を利かせている社会だけど、
その体育会系は先進国一品が無いといわれている奴らだから。
性犯罪も多発するし、全裸になって女にすぐに性器見せたがるし。
レイザーラモンHGなんてキチガイ芸人が堂々とゴールデンタイムのお茶の間で
腰振っているんだから、まあ世も末だ。


http://crime.bbs.thebbs.jp/1138945912/

549 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 19:19:24 ID:ZSJUHYIX0
高潔なエリートなんてあてにならん。

どんな低脳がやっても一定以上の結果を出せるシステム
が必要。

今のところ民主主義。

550 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 19:23:48 ID:ZSJUHYIX0
汚職が少ない国

一位 アイスランド

http://www.dataranking.com/table.cgi?LG=j&TP=go05-1

551 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 19:25:40 ID:H9HyqulL0
藤原の武士道によれば、韓国を負かした日本は弱いものいじめだから、武士道に反する。

552 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 19:39:36 ID:mZTksxDz0
日本のコヴァみたいな保守左派勢力って結局左翼と中身は同じだよ
自己主張しないことが日本の美徳などと宣伝して日本をずっと貶めてきた
保守右派の小泉が現れなきゃ日本は終わってた

553 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 19:43:04 ID:8Unxhshi0
武士道といってもローカル(少数派)で、その中の新渡戸の武士道となると
さらにローカル(少数)ですよね。
とても西洋においてのキリスト教のような、すべての日本人を包み込む規範
にはならないね?
統一規範がない以上、高潔なエリートがいつ悪魔に変容するかわからないしね?
逆にキリスト教のような規範がなくても、まとまっている日本が西洋には脅威的
に映るんだろうか?
空気?言霊?極めて原始的な面を内包している?外来のものを何でも取り込ん
で自分の物に変容させてしまう何かが?


554 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 19:46:23 ID:AvcljRAK0
清貧とかいう本を出して莫大な印税を得て
清貧じゃねぇじゃん、みたいな人もいたけど
この人も莫大な印税を懐にいれるの。
当然寄付するよな。

555 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 19:49:25 ID:H9HyqulL0
>>552
登録しといた

笑える小泉信者のレスはここに張れ!!【小泉は親韓】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135542792/157

556 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 19:53:25 ID:fPP55AVT0
バカの壁には笑ったよ。
なんであんなクズ本がベストセラーになるのかわからんかった。
多分本当のバカが全員買ったんだろうな。

557 :汚物を締め出そう:2006/03/21(火) 19:53:43 ID:IwA9eUfT0
本当のスポーツファンなら競技場から国旗や国歌という汚物を締め出そう。
http://zenkyoto68.tripod.com/CourtneyWhitney1.htm
すべてのスポーツ大会で国旗というボロキレを振り回したり
陰気なCMソングである国歌を喚いたりするのは
もういい加減にやめようヨ。
朝鮮チームや日本チームがグランドで国旗というボロキレを振り回している姿は醜悪だったよね。
君が代やアメリカ国歌を聞く度に世界中が頭痛に見舞われる。
http://www.gifu-u.ac.jp/~terasima/article1sports2spectaor3translation
http://members.jcom.home.ne.jp/u33/i%20think%20030525aaa.htm
中国人監督が率いる日本チームは韓国とアメリカに簡単に捻(ひね)られたが
決勝戦で頭脳的な中国人監督ワン氏の采配でキューバに勝つことが出来た。
尚、朝鮮チームと日本チームの試合には在日混血である事をカミングアウトした雅子さんの夫が
応援に駆けつけ、半島チームが勝った。w
http://www5.hokkaido-np.co.jp/kyouiku/fumfum/take/2002/20020126/
http://www.st.rim.or.jp/~success/gebara_ye.html


558 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/21(火) 20:00:03 ID:QuJ0DCFA0
>>475
>>489
>>492
西郷が暴走したこともないし、朝鮮で殺されることもない
司馬遼太郎(変態シラガ頭)の信者は俺が殺してやるよ

559 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/21(火) 20:03:35 ID:QuJ0DCFA0
>>475
>>489
>>492
司馬遼太郎(変態シラガ頭)の書き込みは、常にシラガ頭の考えをベースに
いきなり始まるのが特徴
他の国なんて関係ねい
お前らのいうアジア
無知蒙昧なクソアジアというのは明治政府そのものだ

560 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 20:04:12 ID:eSfV5sTx0

現在人類社会では、台湾海峡やパレスチナ、アフガニスタン、
イラク、朝鮮半島など、各地において危険な動きが増大しています。
さらに政治や軍事の面だけではなく、経済の面においても、
世界同時不況の予兆が高まっています。
このような危機的状況を乗り切っていくためには何を精神的指針とすべきかを考える時、
私は迷わず日本の「武士道」を挙げたいと思っています。
「武士道」とは人類最高の指導理念であると言って過言ではないのです。

しかしまことに残念ながら、世界が今最も頼りとするべき日本では、
「武士道」も「大和魂」も一九四五年の終戦以降はほとんど見向きもされず、
足蹴にされている状態にあります。もちろんその背景には、
日本人の戦争という「過去」に対する全面否定、つまり自虐的価値観というものが大きく
作用しているのでありましょう。
「武士道」などと言えば非人間的、反民主的な封建時代の亡霊であるかのように扱われている状態です。
                 

                               by李登輝

http://www.yorozubp.com/0303/030301.htm



561 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/21(火) 20:07:26 ID:QuJ0DCFA0
>>475
>>489
>>492
だいたいがだね、なんで朝鮮、中国が出てくる
関係ねえ
そんな事は後の話だ
その前の段階、明治政府が潰した
戦争?西郷が殺される?
誰に?
朝鮮?
西郷を殺したのは、朝鮮ではない
西郷と戦争したのは、朝鮮ではない
西郷を殺したのは、明治政府だ
西郷と戦争したのは、明治政府だ

562 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/21(火) 20:14:25 ID:QuJ0DCFA0
>>475
>>489
>>492
西郷が孤立無援になり下野した?
孤立無援になり下野したのは明治政府だろ
三国干渉?
当たり前だ
孤立して下野した明治政府には三国干渉が相応しいよ

563 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/21(火) 20:20:38 ID:QuJ0DCFA0
>>475
この考えそのものが無知蒙昧そのものだ
欧米列強支配という根拠のない妄想に恐怖し、
ヒステリックに勝手に孤立し、勝手に下野し、
偽りの武士道精神を振り回した結果が三国干渉だ
明治政府の精神が遅れ過ぎていた
日本の不幸は明治政府の蒙昧さだ

564 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 20:22:15 ID:8Unxhshi0
>>560
その武士道が勝手に暴走したからだよ!武士道だけでは規範としては悪用されやすいし
弱いのだよ!

565 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/21(火) 20:24:42 ID:QuJ0DCFA0
>>475
>>489
>>492
つまり、明治政府は、現代の2chのクソ素人と変わりはない
自分のしょっぱい頭で妄想し、
欧米を恐怖心理だけで捉え、
日本以外のアジアを見下す、
それが明治政府の基本姿勢であり、
現代の2chのクソ素人だ

566 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 20:25:51 ID:Ys/witLp0
水戸のご老公とか暴れん坊将軍が
悪魔のような人だったら大変なことになりますね。


567 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/03/21(火) 20:36:24 ID:QuJ0DCFA0
>>566
三代将軍家光は覆面をして夜、城を抜け出し、
通行人を殺して遊んでた
それを知った柳生但馬は注意しなかった
また、覆面をして江戸城から出る家光、
通行人を発見する
よい獲物だと斬り殺そうとした家光を通行人は背負い投げで叩き付けた
家光は必死に江戸城に逃げ帰った
次の日、柳生は家光に挨拶に行った
家光は、俺夜遊びしてたけど、世の中は強い奴もいるからやめたんだと言った
柳生は、それは、もっともですな、とだけ答えた
家光は自分をたたきつけた暴漢が自分の剣術師匠柳生但馬だとは気づかなかった

568 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 20:53:49 ID:qg/9KE4X0
>>545
そうだね。>>503の下の方を証明する必要があったな。

569 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:15:38 ID:oszawNYd0
「男たちの大和」も見るといい

570 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:18:33 ID:rhTVG7MV0
>>567
どういうネタ?

571 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:22:22 ID:4J3Scr0x0
当たり前に「ありがとう」とか「すいません」とか言える人が減ったよね。
俺も気をつけよう

572 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:23:39 ID:Ys/witLp0
「すみません」が正しい。

573 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:25:53 ID:R/Hi1fUi0
また字がいっぱいの本だろ。
読むのめんどくせえ

574 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:28:19 ID:ZXgrrFPi0
大学=知識部落


利権をむさぼる部落民が書いた本なんか読むな

575 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:29:19 ID:NJg3EBBM0
中国反日教育

     なぜか日本のマスコミが伝えない反日教育部分

中国テレビ放送では「日本人を殺せ!殺せ!皆殺し!ぶっ殺せ!!」とがなり立てる放
送がされている。「中国人民に対抗する日本人に死の道のりを!」「日本民族を消滅せ
よ」「殺せ!殺せ!日本民族を滅亡させよう」と物凄い殺気で怒鳴り立ってている。
 海外華僑向け衛星放送テレビでも、「日本人を殺!殺せ!、ぶった切れ!」「打って!、
殴って、叩け!」とがなり立てる反日放送を同胞に向け流している。このように恐ろし
いほど殺気に満ちた、日本人を殺せ!殺せ!の反日感情が中国人若者の精神構造に叩き
込まれている。彼らは子供教育の時から道徳、慈愛、耐える、などの道徳教育は一切受
けていなく、中国共産党への絶対服従と党への不満解消の吐け口として「日本人を、殺
せ!殺せ!」の反日感情教育を受けている。当然、殺せ!の感情教育のせいで悪い弊害
も多く出ている。それは若者世代における平気で人を殺すなど凶悪犯罪が年数百万人規
模で発生していることだ。17歳以下の青少年では人を殺す事をなんとも思わないとす
る異常精神の若者は、三千万人を越えているとする党政府調査報告もあるほど治安が危
ないところにある。中国犯罪はすぐ凶悪殺傷に走る傾向が非常に多く、青少年による殺
人殺傷などの凶悪化犯罪は年々深刻化している。少年による殺人、窃盗、婦女暴行、集
団暴行、身代金誘拐など凶悪犯罪だけでも2000〜2003年で年400万件を上回
っている。近年の党政府が仕掛けた反日デモや暴動騒動の結果、皮肉にも中国国内で
の青少年犯罪がエスカレートしたという。
 党政府による最近の青少年の意識調査があり、25歳以下の青少年男女からの意識調
査では、日本人に対して「中国人でないから日本人はいくら殺してもかまわない」「中
華民族に対抗する種族日本人はすべて殺してしまうきだ」「日本人の女は強姦しまくた
後と殺せ」「日本の男は腹を開いて皮を剥いで生殺しにしろ」「日本人は児童から老人
まですべて殺せ」という「殺せ!」の回答が圧倒的に多く出た結果となっている、この
結果に党政府幹部は大いに満足していると結んでいる。


576 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:34:19 ID:8Unxhshi0
>>575
その、国の維持と教育の失敗の付けを日本人のせいにされてはたまらないか?


577 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:35:29 ID:aGzv1hyi0
「むやみに他人の陰口を叩かない」
「障害者を馬鹿にしない」
という日本人として当たり前の美意識も持てないのが
お前ら

578 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:37:08 ID:mwnnZIk30
ニートが、この本を読んだら、怒り狂うだろう。

579 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:39:05 ID:rDLazcRh0
日本の三大バカ

戦艦大和。
女高生のミニスカ。
自民党の50年政権。

580 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:42:22 ID:iHLt8DDY0
「品格」とかお高いこと言ってるから日本は食い物にされてきたんだよ

581 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:45:05 ID:RutT+C3F0
立小便もしていいかな

582 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 21:46:45 ID:YFjc51hY0
「むやみに他人の陰口を叩かない」
オラが村きてみれ

583 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 22:04:27 ID:msKh48G10
>>525
そうそう、俺は公務員だしオヤジもそうだが、オヤジの昔の公務員の話を聞くとやりたい放題だからな。
公共物の改修工事のついでに業者に自宅をタダで増築させたり、旅費のごまかす、ウソ書類、報告書は当たり前。

つうか、そういうのを取り締まる警察、検察、裁判所でさえ、平気でカラ出張してウラ金をプールしてたしな。

年輩の公務員と話てみなさい、100人が100人とも「昔はもっと酷かった」って話になるからさ。

584 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 22:06:28 ID:g/hEqw2p0
むしろ、もっと欧米の道徳観や社会観みたいなもんを浸透させるように
した方がいいと思うんだけどな。決して悪いもんじゃないんだけどな。

585 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 22:10:59 ID:ePeOpemL0
>>584
しかし日本が取り入れて自分のものにする過程で変質してすっかり骨抜きに

586 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 22:37:45 ID:8Unxhshi0
>>584
欧米の良いものと日本的なものの結合はすでに始まっているし、今が一番
生みの苦しみの状況?どちらにしても日本は特殊な位置だね!
地球儀を北極から見ると北極海を取り囲むように欧州・ロシア・北米と白人
キリスト教、ヨーロッパ文明圏があり(資源の70%、面積も70%、人口12億)
ちょうど日本は欧米圏とアジア圏の中間にありすべての面での橋渡し役のようだ!
他のアジア諸国は周回遅れで日本の辿った道を来ているように思う。
日本は欧米とアジアの接点であり昔の西域のような重要な地域だと思う。

587 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 23:21:29 ID:8Unxhshi0
>>586の追加
たとえ中国の上海などの沿海地方がどれだけ発展しようと日本が130年前から
辿ってきた道を乗り越えて進むことはできないだろう?
成功、失敗を含むあらゆる面で日本が辿ってきた西洋と東洋の融合ノウハウは
宝物のように必要とされるだろう?
日本を無視して行えば必ず失敗するし驚異的な時間がかかるだろう。
日本の将来は、世界の中心としての資格があるのだと思うね。

588 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 23:25:32 ID:NmLVsE/RO
要約すると武士道を導入すれば市場原理は不要って事ですかね?

589 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 23:28:55 ID:EjPwW+g90
チョンとか言ってるうちは品格を語れないな


590 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 23:30:51 ID:Sg3wtxpW0
>>589
チョンコロ捕獲!!!!!!!!!
黙れ、チョンコロ!!!

591 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 23:33:09 ID:zUa4Anoj0
どうしてイチローを誹謗中傷するような人が
「愛と平和」なんて標榜するのかね?
活発な意見で盛り上がっているみたいだけど...

イチローはネット右翼?
http://blog.livedoor.jp/karen1985/


592 :名無しさん@6周年:2006/03/21(火) 23:57:12 ID:dXfF4qX90
こいつといい、潰瘍とかいう学校作ったヨトタだのJR倒壊の葛西だのといい
品性下劣なバカがエリート作るとかは、
週休二日と祝祭日と有給休暇つきで言って欲しい。

593 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 01:11:37 ID:z3h6ULiK0
関東の下衆どもは、反日朝鮮人・新羅人の分際で
そもそも日本人でもないくせに、日本人を騙り、日本の美徳をとやかく言うとは、分不相応である
朝鮮の美徳でも語ってろ、クズども

いつから、関東のエミシ奴隷の子孫どもが生意気にも日本の伝統を語るようになったのか?

594 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 02:10:58 ID:lxXlzhgcO
583
それは「だから俺が少しくらいやってもいいじゃん」って事じゃあないの?

595 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 02:17:37 ID:lxXlzhgcO
アンカミス>583

596 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 02:24:39 ID:H+4PgBxi0
葉隠は戦中に兵隊のマニュアルのように扱われたが
戦後になると忌々しいレッテルとともに紐で括られ
廃品回収の日に束になって捨てられた。

しかしである、葉隠はその闇に方葬られた時にこそ
真の光をはなつっいた。
まばゆい光の中で閃光をはなつのではなく
その闇におかれたときにこそ、真の輝きを見い出した。

597 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 02:38:29 ID:EKY/EGol0
オナニー死ってあるんだねぇ
この本をこすりつけてやると死んじゃうんだろうか(;´Д`)ハァハァ

ttp://blog.livedoor.jp/insidears2/archives/50388931.html

598 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 09:12:11 ID:6cCczEm10
>>257
>・日本および日本人の美徳を抹殺したい連中
>・成功を妬む数学関係の同業者
>・同じく成功を妬む本が売れない出版関係者
>・ばっさり切られた経済・社会科学関係者

ウヨクの一部もこれに加えてくれ。ところで
最近、セコウ部って聞くのだけれど何者?

599 :598:2006/03/22(水) 09:14:54 ID:6cCczEm10
失礼。>>250>>253に対するレスも含んでいる。

600 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 09:28:20 ID:nXXihxBN0
まだやってたのかw

601 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 10:04:58 ID:Jvdi1o6B0
読んでみたけど、なかなか面白かったよ。

短くまとめると、

「論理の出発点は情緒である。情緒なき論理を有り難がるな。情緒なき論理は人間という
 生物に適さない。豊かな情緒を獲得してはじめて人間的な論理を構築できる。

 しかし、最近の日本人は情緒が破綻しているのが多い。家族を愛し郷土を愛してはじめて
 国を愛せる。日本人でも郷土愛がない人間は魅力に欠けるし信頼できない。」

ってことだな。

602 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 10:18:38 ID:yYLau1e8O
立ち読み三ページで断念
面白くないよこの本

603 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 10:33:55 ID:Jvdi1o6B0
「武士道」は日本人の情緒の例として出してるだけで、武士道がもっとも素晴らし
いなんて筆者は言ってないよ。

あくまで筆者が言いたいのは、
「能率主義・合理主義は素晴らしいといわれるが、その能率主義や合理主義の
土台となっているものはなんなのか。能率的・合理的であるなら卑怯でも許
されるのか。結局、能率主義の土台となるもの、合理主義の土台となるもの
も、全て情緒である。」

ってことが言いたいから武士道の話をだしてるだけ。

しっかりした情緒を獲得してから論理を構築しないと、その論理は人間を殺
すものになる。共産主義の論理は素晴らしい論理で構成されていたが、結果
はどうなったのか。

と話が展開していく。



604 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 10:41:06 ID:gWPXepX10
IQ vs EQ ?

605 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 10:45:37 ID:9850Un5cO
素直におもしろい本でした

606 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 10:48:20 ID:Jvdi1o6B0

で、共産主義の話しがでたあと、世界で正しいとされる「〜主義の話になっていく。

平等主義が素晴らしいと言われているが、人間なんてもともと不平等である。欧米が
言う「平等」は王権神授説で権力を握っていた論理に対抗するために作られた錦の
御旗であって、それを日本人が鵜呑みにして有り難がる必要はない。

日本人は人間が不平等であることを知っている。その上で、豊かな情緒を獲得したものが
日本人の論理を構築していくことが大切なのである。日本人は欧米の「愛」より「惻隠の情」
の方が理解しやすい。なにもできないが傍にいて泣いてあげる。これが日本人にとっての
愛であった。弱者切捨ては日本人には合わない。しかし国民はこれを支持する。

大多数の国民が支持したからといってそれが正しいと言えるのか?民主主義こそ正義だ
という風潮があるが、民主主義が完璧な政治体制だというのは、アメリカが流したプロパ
ガンダであって、民主主義は何度も失敗を犯している。

ヒトラーが台頭するまえのドイツは、理想的な3権分立が憲法に明示された、選挙によって
議員が選出される民主主義国家だった。

〜とつづいていく。

607 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 10:53:40 ID:Jvdi1o6B0
このスレざっと読んでみたけど、読まずに叩いてるよなw ほんと口だけ偉そうなのが
揃ってるよ。叩ければなんでも良い。人が良いと言うものはなんでも腐してやるってのがあり
ありとでてるなw

608 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:06:57 ID:rIQoIv5l0
読まずに発言するけど、別に近代合理主義や西洋思想が「情緒」を無視してるわけでは全く無いよ
むしろ「情緒」(倫理というべきか)なるものを論理的に解釈しようと努力してきたのが西洋思想であって、
藤原の立場は単なる思考停止でしかないと思うけど?
もちろん日本だっていろんな人が「情緒」の源泉を論理的に求めて来たわけで、
「情緒」が日本独特の優れたものだとか、情緒を情緒のままほったらかしておくのが望ましいっていう考えは
自民族中心主義の最たるもんだろ

まあ読んでないから違うのかも知れんけどね、ここで擁護してるやつの論調からはそう思えたもんで

609 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:12:38 ID:oon+3Il00
この作者がこないだTVに出てた。
中曽根とかと一緒に出てたんだけど、うん、あの様子でこの本かいてたんなら内容は知れてる。

610 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:17:42 ID:Jvdi1o6B0
腐すだけが得意だなwほんとw 読まないし、読んでも理解できないし、読んだら間違いだらけの
論評するから嫌われるし、の3重苦かw

611 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:21:20 ID:gWPXepX10
「知と情」が、人間の精神の2本の柱。
日本も「和魂洋才」とかいって、認識してきてたし、
西洋にだって、合理主義精神と、宗教で、どちらも備わってる。

「知」だけを強調するのはおかしい。「情」よもう一度。

本は読んでないけど、そういうことですか?

612 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:23:45 ID:twlXU3dP0
人類を長い間支配してきた情緒とやらが
とんでもなく不都合な結果を生んだので

それを是正しようとしたのが「論理」ですよ。
「論理」が人間の生活全般を支配するようになったのは
19世紀以降でまだ歴史が浅い。

「論理」が良くないのではなく、悪い結果を生む論理には
間違いが存在するのである。。
「論理」は修正できる。そうやって完全に近づく(完全にはならないが)

しかし、情緒は修正できない。悪い結果を生む情緒は
論理で封じ込める以外に方法はない。

613 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:28:08 ID:285hoEHm0
つーか二値論理では限界がある、多値論理を発展させるべきだって一言言えばいいだろうに…
出発点としての「情緒」に注目するのはまあ構わんが、そこから先の論理として
盲目的に二値論理を採用するからおかしいんだよ
その上で「情緒」を論理的に分析することもアカデミズムの立場からは怠ってはいけないけどね

614 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:35:27 ID:Jvdi1o6B0
>>611
まあ、俺がいうよりも本を読んでみたら良いと思うよ。薄い本だから。30分〜1時間もあれば
読めるよ。

しかし、あんな薄い本にあれが書いてないとか、これが書いてないとか、よくそんな要求ができるよ。
書店でこの本を見たこともないんだろうw

武士道を現代に復活させろとか言ってるから読まない、古臭い爺だに至っては呆れるねw

615 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:36:44 ID:twlXU3dP0
情緒情緒というけど

それを箇条書きにしてみると、、

  それは、法律 となる。

情緒を明確にして、行動指針、適用範囲などもはっきりさせ、どういう行為
が罰せられるかも決めておく。で明らかにおかしい情緒は排除する。

  法律ですよそれ。

616 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:44:07 ID:twlXU3dP0
>614

ブックオフに売ろうと思っているよ。

糞本を買って後悔したよ。


情緒という曖昧な物では、人により解釈が異なる。
だれがその解釈を決定するのか?

国の基本とするからには、解釈は統一しなければ意味がない。
具体的ケースで情緒を適用すると

  不平等な結果となる。 法律では最高裁が最終解釈を決められるが。

617 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:45:27 ID:xty9HSx80
>>615
結局、「運用まで情緒的にやれ」って事に繋がらざるを得ないんだよねこの人の主張は
それはさすがにまずかろうとw

618 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:46:37 ID:Jvdi1o6B0
>>616
買ってないくせにw 

619 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:50:33 ID:ztwb8oOP0
>>601

>しかし、最近の日本人は情緒が破綻しているのが多い。家族を愛し郷土を愛してはじめて
>国を愛せる。日本人でも郷土愛がない人間は魅力に欠けるし信頼できない。」

そうか。だから埼玉県人は信用出来ない奴ばかりなのかwww

620 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 11:51:53 ID:i1TyfiaP0
法は最低限の道徳でしかない。
法に縛られなければ道徳的振る舞いができないなら
赤の他人に罵詈雑言吐いたり自分勝手な言い分を押し通したりする人間ばかりになってしまう。
これを罰する法はないのだから。

621 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:00:42 ID:twlXU3dP0
>618

じゃあ、何頁の何行目に何が書いてあるか
リクエストにお答えするが。

622 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:03:22 ID:twlXU3dP0
>601

情緒が破綻しているのではなく

  情緒で国や隣人を嫌っているとしか思えないが。

論理でいったら隣人と不仲で得することなど何もないという
ことになる。

623 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:03:39 ID:Jvdi1o6B0
>>621
250頁の3行目

624 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:04:16 ID:OpYz6UPo0
この手の本を買う人間を、
ど庶民、一般大衆というのですよ。

625 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:10:08 ID:Jvdi1o6B0
やっぱり買ってないw

626 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:12:22 ID:wtGefjF60
こんな糞本のせいで漏れの親が洗脳されちまったよ


経済の代わりが情緒だって思ってやがるOTL
まぁもうしばらくしたらさめるだろうがよ

627 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:14:16 ID:6NFQzTS10
読む読まないはともかくとして。
買わないというのは一つの意思表示かと。

雑誌の対談なんかで著者は馬鹿丸出しだもの。



628 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:17:38 ID:tM6hTLZt0
>>1
読んでないんだが、「日本人が持っていた美徳」の中に、企業経営者にとって便利な解釈の「御家大事」や「滅私奉公」が入ってないだろうな?

629 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:21:34 ID:b33pm3to0
日本に7%しかいなかった武士を
日本人代表のように書く馬鹿って多いよね。
昔の日本の本質は農民中心の村社会さ。
社会が変わってきてホント良かったよ。


630 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:28:21 ID:VRPXyC9lO
なんかこのスレ見て
マトモな人がけっこう多いとわかって
なんか安心

>>620とか>>626とか>>628とか>>629とか
めちゃくちゃ正論だと思う

631 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:33:31 ID:m3hVL0aq0
幕末に武士道を貫いた新撰組は、百姓の出。
肝心の武士ですら武士道などというものを全うするものはほとんど居なかった。

632 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:36:46 ID:twlXU3dP0
>623

この本は191ページまでだ。

くっだらねえ釣りすんな。ボケ

633 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:37:02 ID:3BeSO13h0
>>626
それは君の親がちゃんと読めてないから。藤原はそんなこと言っていない。
または君が親の言ったことを間違って理解している。

634 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:38:55 ID:Jvdi1o6B0
>>632
遅っ!本屋まで走って調べてきたのか?w それとも買ってきたのかw

635 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:40:32 ID:twlXU3dP0
法は最低限の道徳。

その最低限を情緒で無視して良いというのが
著者。

636 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:48:57 ID:i1TyfiaP0
そんなこと言ってないはずだが

637 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:49:38 ID:twlXU3dP0
>634

なにが遅だ。

お前みたいに飯も食わず張り付いている訳じゃあないんだよ。




638 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:50:45 ID:3BeSO13h0
>>629
スレ違い。

639 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:53:42 ID:6yfKb1+60
この本の内容はともかく
昔は家のかぎをかけないで生活してたし、
ご近所コミュニティで、助け合いや、防犯の役目を果たしていた
時代はもやはなくなりつつある。
学校に防犯カメラ、家のベルがなれば、訪問販売か、
宗教の勧誘。みんなが疑心暗鬼の国になったのは確かだな。
これが、進歩した人間なのかと疑問に思う。
あ・うんのコミュニティがなくなったのは、良いことか悪いことか・・・

640 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:55:14 ID:kIO0blxXO
ホロンっぽいのがイッパイ沸いてるってことは…良書認定していいのか?w

641 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 12:59:52 ID:tXFT6krEO
美徳が藤原にあるのか

642 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:00:14 ID:twlXU3dP0
>昔は家のかぎをかけないで生活してたし

お金持ちは昔から土蔵に鍵掛けて防衛していました。

庶民の生活では、そもそも盗む物がありませんでした。

643 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:01:00 ID:3BeSO13h0
>>626>>629の返事が聞きたい。

644 :639:2006/03/22(水) 13:05:45 ID:6yfKb1+60
>>642

>お金持ちは昔から土蔵に鍵掛けて防衛していました。

>庶民の生活では、そもそも盗む物がありませんでした。

ごめん。20〜30年前のことね。俺の子供のころは・・・というべきでした。
金持ちの話はしてないけど、今はご近所は疑心暗鬼でしょ。
俺が子供のころはみんな気軽に人の家に入ったりしてたから、
懐かしいなと。今が良いとか悪いとかの話しじゃないよ。

645 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:06:35 ID:twlXU3dP0
日本人の美徳とやらは武士道ではなく
主に農業を通じて形成されたと思います。
田植え・稲刈り等は相互に協力して他人の田植えも手伝ったし
水の確保も集団で計画・工事しました。

極めて同質の集団でした。
それ故異端児は徹底して村八分、出る杭は撃たれるという
社会でもありました。

646 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:10:40 ID:fR5m8wNi0
農村共同体だからルールがあるのは当然。それが村八分。

647 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:12:41 ID:twlXU3dP0
つまり日本人の美徳が失われたのは論理とかではなく


農業の衰退 が原因でしょう。

サラリーマンは職種が違えばやることが違います。
所得格差も生まれました。ライフスタイルも多様化しました。
職場の人と近所に住むと言うことも無くなりました。
近隣関係の希薄化です。
土をさわらなくなった人は着る物も変わってきます。
農民をカッペとさげすむ風潮も生まれました。

648 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:14:45 ID:twlXU3dP0
>農村共同体だからルールがあるのは当然。それが村八分。

そのルールとやらが極めて情緒的。不合理。

649 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:19:59 ID:twlXU3dP0
藤原の理想国

農業国家であり、一部のエリートが国を動かす。そのエリートの年収は
250万で赤貧に耐える。法律以前に情緒で裁かれる。

650 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:25:11 ID:8gVOlhpB0
>>649
ポルポト・カンボジア?

651 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:26:51 ID:rIQoIv5l0
そもそも論理よりも情緒を優先させてきた国家はろくなことになってないからこそ
論理を優先するほうを選択したんだろうに
ユダヤ人がウザイから皆殺しにしちゃうような国家が望みなのかw
今の日本で情緒優先したら在日朝鮮人を虐殺する2chねらーとか普通に現れそうだなw

652 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:28:08 ID:3BeSO13h0
>>648
ならば、合理的、論理的ならばいいのかというとそうでもない。今は昔、
当時のエリート集団連合赤軍が結局内ゲバ、身内同士の凄惨なリンチ等々で崩壊して
いったことは記憶に新しい。おそらく論理中心で情緒が心から欠如していた
からだと思う。

653 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:35:36 ID:3BeSO13h0
>>652
記憶に新しくもないか。。。

654 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:36:44 ID:8CE39uai0
>>652
そうか?俺は論理が欠如していたからこそ、
意見の違う人間を暴力的に排除したんだと思うが。

655 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:41:43 ID:twlXU3dP0
>当時のエリート集団連合赤軍が結局内ゲバ、身内同士の凄惨なリンチ等々で崩壊して

あれは論理ではなく、情緒の内ゲバ。

656 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:42:31 ID:3BeSO13h0
>>654
論理的というのはある意味皮肉をこめて言っている。が、本人たちは
そう思っていたことは確かだ。

スレ違いすまん。

657 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:44:13 ID:MwXiIqq/0
キタ━━━━━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!

【台湾】民主党岡田氏の台湾独立不支持発言で、ジャスコ台北店の営業許可を凍結

詳しくはここ↓
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1141616992/

658 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 13:46:45 ID:gWPXepX10
人間の性質って、どれくらいの時間スケールで変わるのだろうな。
それによって、どこを参考にすればいいかが変わってくる。

10年:個人の考えでどうにでもなる
100年:近代
1000年:日本史
10000年:農耕の時代
100000年:狩猟の時代
1000000年:サル→人間
10000000年:動物
100000000年:下等生物

現代を生きる人間は過去の全てに依存してるだろうけど、、、。

659 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 14:02:43 ID:K4IOdiC40
>>652
論理の違いによる抗争ではなく、信ずる公理の違いによる抗争。
あの世代の運動は極めて情緒的と思う。

660 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 15:47:41 ID:8050+v080
大脳辺縁系と大脳新皮質が一つの脳のように、
情緒と論理も分けられない。

暴走する情緒もあれば、論理もある。

世に統一の基準を ということ自体間違っている。
それは世の幅を知らないガキの寝言。

人間が混沌としているのだから、世が混沌とするのは
当たり前。

嫌なら遺伝子操作して新生物にでもなれば?

661 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 17:25:23 ID:K4IOdiC40
著者が望むのは、多様性を認めない「統制の取れた美しい国家」だな。
物事は美しくなければならないという、いかにも数学者らしい心理だねえ。
実用的なモノは必ずしも美しくないというのが、この世の真実だというのに。


662 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 17:48:13 ID:twlXU3dP0
国際関係はグローバルスタンダードでないと
余計紛争が起こる。

竹島だって尖閣だって、国際ルールで裁けばよい。

で、国内はお好きに。

663 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 17:50:17 ID:twlXU3dP0
お好きにっていったって

結局、圧政、偏狭、差別は

  グローバルスタンダードで矯正される。

北チョンを放置できるわけがないし。

664 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 17:58:57 ID:shvVGSXN0
筑紫23の偏向報道に対しスポンサー不買運動始まる★6
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1143017165/l50

おまいらも協力汁!

665 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 18:04:22 ID:nXXihxBN0
コミュニケーション弱者は「論理」の方をことさら重視しそうだなw

666 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 18:12:27 ID:MmutD5Ss0
まだ諦めの悪いサヨが頑張ってるのか
おっと、「この本はウヨ批判だぞ」というアホ反論はナシなw

667 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 18:17:32 ID:g0BQjocF0
903 名前: 無名草子さん [sage] 投稿日: 2006/03/18(土) 23:58:19 
「wの数と知能は反比例する」法則は、このスレでも有効であったか。 

668 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 18:20:13 ID:MmutD5Ss0
そうやって食らいついてくる時点でアウトw

669 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 18:24:20 ID:g0BQjocF0
>>668
釣り?

670 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 18:29:02 ID:DA5rtLnA0
無機質な東京ドーム、クッキーカッターが日本人に合っているとかいう馬鹿は
歴史文化が無く精神的に貧しい東京人の思考
和のこころ・粋・わびさびの分からない人種。

671 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 18:34:05 ID:twlXU3dP0
でも武道館、国技館も醜悪

672 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 18:41:17 ID:8050+v080
今、前書きだけをチラッと読んだ。

 もまいらネット右翼2ちゃんねらーのハートにドンピシャじゃねーか!!!

673 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:04:00 ID:K4IOdiC40
ウヨサヨの二元論でしか物事を見られない人達にはうってつけの書だね。
品格とか道徳とかいうキーワードに反応してるだけだもんなあ。

674 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:07:55 ID:I3KeKPFx0
サヨはあるけど、ウヨはないだろ。

675 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:17:45 ID:GhmjfV/30
この本のさわりしか読んでないけど、いいこと書いてあった。要約すると、

世の中、白黒はっきりつけられないことが多いから、
これを前提にして論理的に導き出した結論の正解率もまた100%にならない。
最近は論理を重要視する傾向があるが、論理的だから正しいとは限らない。

例えば、人を殺してはならない理由をいくつか挙げることが出来るのは当然だが、
反対に、人を殺していい理由もいくつかあげることが出来る。
前者は、法律や倫理遵守を前提とした場合、後者は人の気持ちを重視した場合。

法律や倫理遵守は大切だが、人の気持ちもまた大切だと教えられている。
だからといって、論理的に人殺しが正しいという結論になったとしても、
さすがにこれはまずいだろう。

論理ほど前提次第で結論が変わってしまうものも無いから、論理は万能ではない。
それならば、論理的に結論を出せないようなことでも、正しいと感じることは、
論理ヌキで正しいと、又は逆にダメなものはダメと決めつける事も大切ではないか?
論理的ではないかもしれないけれど、日本人が持っていた美徳を取り戻そう。
そうすればきっと、思いやりのある良い社会を作ることができる。

676 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:20:58 ID:twlXU3dP0

>例えば、人を殺してはならない理由をいくつか挙げることが出来るのは当然だが、
>反対に、人を殺していい理由もいくつかあげることが出来る。

だから論理で

殺人禁止。
死刑はある。
正規の戦闘による殺人は合法。
正当防衛あり。

なんだろ。情緒じゃない。

677 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:21:58 ID:bzXt5Ha70
アホが稚拙な論理でこの本を否定してるってことは、この本は良い本なんだろ。

678 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:23:42 ID:GhmjfV/30
>>676
どこまでを正当防衛にするのか、
どこからが正規の戦闘なのか、
どの程度の殺人に対して死刑を適用するのか、
これらの結論は前提によって大きく変わる。

679 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:26:37 ID:twlXU3dP0
>正しいと感じることは、
>論理ヌキで正しいと、又は逆にダメなものはダメと決めつける事も大切ではないか?

世界中、いや日本人全員が正しいと納得できるならな。

そうでないから論理がいるんだろうが。
正しいと感じることに恣意性はないのか?

逆に大多数が正しいと思うなら、法律にできるだろう。

680 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:28:46 ID:GhmjfV/30
>>679
大多数という人数の前提次第で結論が変わるだろう。
そういうものを排除するのが美徳なんじゃないの?

681 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:30:51 ID:twlXU3dP0
>678

情緒で不公平感なく解決できるとでも?

そういうのを独裁という。

682 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:35:23 ID:twlXU3dP0
>そういうものを排除するのが美徳なんじゃないの?

そういうのを独裁、人治という。
人類の歴史は、それを克服することに努力してきた。

まさに逆行。

イスラムと同じ。イスラムができた時代の価値観を21世紀に当てはめる
のと同じ。

インドのカーストを存続させるのと同じ。

683 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:36:36 ID:GhmjfV/30
>>681
まぁ、法律にのっとった判決でも、裁判官の法解釈次第でかわる判決じゃ、
不公平感の残る解決がなされることが多いよね。
法解釈なんて時代とともに変わったりするし。

あと、美徳は法律じゃないから、事件の解決に使うわけじゃないよ。
美徳というのは法律で決まってるわけじゃないけど、心の中で守るものだ。

684 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:37:29 ID:Duue+4O30
嫌韓流2も、ヨロシク!

685 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:39:39 ID:GhmjfV/30
>>682
日本には日本の、イスラムにはイスラムの美徳がある(あった)というだけの話。
たとえそれらが欧米の合理主義と相反するものだとしても、
価値観として否定する必要はないんじゃないかな。

別に日本人という理由で日本人の美徳を持つことを強制してるわけじゃないと思うよ。

686 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:41:08 ID:twlXU3dP0
情緒で決めて良いなら

イラク戦争支持も小泉の情緒で決めて良い。

仲の良いブッシュが国際的に困っている。
助けてやらねば。   コレも情緒。

いや、ブッシュは判断を誤っている。ココは親友として
諫めねばならない。  コレも情緒。

あっれえ、情緒でも2つに分かれるよ?

687 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:42:05 ID:GhmjfV/30
>>686
情緒じゃない、美徳だよ。

688 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:49:39 ID:twlXU3dP0
美徳でも同じこと

それに著者は情緒といっている。

689 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:56:05 ID:GhmjfV/30
>>688
著者も情緒といってるのか。

情緒でも論理でも結論が分かれるなら、どちらも同じレベルともいえるね。

大事なのは、論理が通るから絶対に正しいというわけではない、という所だと思う。
というわけで、論理が絶対に正しいといえないのと同様に、美徳が絶対正しいともいえない。

論理や合理性だけを追求するような社会を正とする傾向があるが、
これも必ずしも正しいとは言えないということが、大事なんじゃないかな。


690 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:56:09 ID:twlXU3dP0
ならぬものはならぬ。

戦争はならぬもの。

戦争放棄、9条まんせー。

691 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 19:56:57 ID:Q93qEXw+0
国家の品格の前にテメエの頭部の品格がやばいわけだが


692 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:00:49 ID:twlXU3dP0
ブッシュのイラク攻撃も

フセイン生意気だという情緒の結果だと思うが。。

その情緒に突き動かされでっち上げの論理を使ったんだよ。

693 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:02:54 ID:GhmjfV/30
前提次第で結論がかわってしまう論理を絶対視することは、
情緒やら美徳を絶対視するのと同じくらい危険なことなのかもしれないね。

戦争は悲惨 -> 戦争放棄:論理的
戦争は悲惨だけど、国や家族を守るために必要なときもある:美徳、情緒

694 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:05:31 ID:twlXU3dP0
日本の情緒は話せばわかる。

イスラムの情緒、キリスト教の情緒は神の言葉は絶対。

これが衝突すると、日本の情緒では、日本が譲歩することになるよ。


コレでじゃまずいのでさすがに著者は日本の情緒を世界に広めろと言う。

昔、八紘一宇とかいっていましたね〜〜

695 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:06:21 ID:YrEp8/Z80
ドイツの真珠湾攻撃は、全く妥当な判断であった思う!

696 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:09:12 ID:twlXU3dP0
>戦争は悲惨だけど、国や家族を守るために必要なときもある

これって論理だけど。

戦争は悲惨→戦争放棄→侵略があったら国土崩壊・国民奴隷→防衛力は必要。

697 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:12:25 ID:GhmjfV/30
>>696
まぁ、情緒も論理も似たようなものだから気にするな。
情緒から論理も作れるし、論理から情緒も作れるんだから。
さっきのレスじゃないが、情緒を正当化するのが論理かも。

戦争は悲惨→戦争放棄→侵略があったら国土崩壊・国民奴隷→戦争するよりましだから無防備宣言

698 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:16:24 ID:twlXU3dP0
では国土を攻撃される可能性は→北朝鮮が日本を敵国として照準も合わせている。

では日本に非があるか→国際法上の非はない。むしろこちら側に北朝鮮を非難する理がある
(拉致、麻薬、密猟、偽札)

北朝鮮は合法の抗議を勝手に宣戦布告ととっている。

    だが、日本の情緒は「和を持って尊しとなす」

    故に話し合う。 で、  北 朝 鮮 の 言 い な り。

699 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:19:11 ID:vK4pgCTQO
印税を寄付するなら、品格を認めてやるが。

700 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:22:46 ID:GhmjfV/30
>>698
かつての日本の美徳では、話し合ったのち意見があわなければ死力を尽くして戦う。
元寇や西南戦争、日米開戦etcもそうだったじゃないか。

言いなりなのは、戦後、日本が戦争恐怖症やら戦争絶対悪思考にそまったからだ。

701 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:23:16 ID:twlXU3dP0
情緒だって複数有る。

どの情緒を使うか、誰が決める? エリートが決めるのか。
著者がいっているのはこういう事だ。

情緒選択に国民が反対したら?

「黙ってろ、俺様が決めた」とでもいうつもりか?

まったく無茶苦茶な本だ。

702 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:26:58 ID:Sa8FwGue0
個人の利害を忘却して全体のために奉仕するという精神
は実に素晴らしいと思う。他民族には決して見られない。
そしてその最たるものが特攻隊員であったのはいうまでもない。
戦前の軍人精神というものは人間性の発露として至高のものであったと思う。
ただ戦争に勝てなかったことだけは無念としかいいようがない。

703 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:27:02 ID:K4IOdiC40
なんか論理と公理がゴチャゴチャになってる人が多いな。


704 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:29:23 ID:twlXU3dP0
>日米開戦etcもそうだったじゃないか。

それこそ情緒の暴走だった訳だが。だれも責任を取らない陸軍・・・・
越境将軍・・・・誰それの顔がたたん・・・・・・国際世論をみやまり
情緒で暴走。 日中戦争まではアメリカは日本の味方だったぞ。


高倉健じゃああるまいし、「俺を止めるな」って情緒でやられると
国民が迷惑する。

705 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:29:40 ID:SGXdab2m0
>>702
バタイユっていう人の名前くらい聞いたことるかな?



706 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:29:47 ID:GhmjfV/30
論理絶対主義に疑問を呈すことだけとってみても、この本は十分意味のある本だ。

一般的に正しいことに対して論理立てられると、それだけが全てになってしまって、
正しいことが状況次第で間違いになるということが隠れて見えなくなることが多いから。

707 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:30:33 ID:7WBPe4aU0
情緒を大切にってようは空気読めってこと?空気読めないで論理で押して無粋な
こというんじゃないよ、みないな。

708 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:34:57 ID:+Y5yM+He0
>>702
個人レベルの武勇伝がザクザク出てくるって時点で「終了」なんだが。
そもそも連中は好んで戦争したわけでも特攻に行ったわけではない。
彼らの犠牲には敬意を払うが、カッコイイと思い込んでいるのならアホだな。

709 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:35:25 ID:GhmjfV/30
>>704
少なくとも、脅されたらハイハイ言うような言いなり国家では無かった。
それに、日米開戦だって国益を論理的に考慮した結果だろう。

前提が間違った論理は間違った結論を導く、というだけの話だ。

710 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:42:21 ID:twlXU3dP0
>一般的に正しいことに対して論理立てられると、それだけが全てになってしまって、
>正しいことが状況次第で間違いになるということが隠れて見えなくなることが多いから。

状況次第で間違いというのは
いいかえれば結果の妥当性がないということ。で修正されるんだよ。論理で。



711 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:45:09 ID:K4IOdiC40
>>706
論理絶対主義っていったい何?
論理なんてものは、色々な物事をちゃんと筋が通るように説明する手法に過ぎない。
前提が変われば修正されるべきものだ。

論理よりも情緒なんていう曖昧なもののほうが絶対主義に陥るように思う。
誰かウルサイ奴の主張だけが強く反映されがちだからな。

712 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:45:19 ID:twlXU3dP0
>日米開戦だって国益を論理的に考慮した結果だろう。

中国で暴走した結果、反感を買い

ソ連つぶしを考えて日本を支持していたアメリカが、ソ連よりも日本を
危険と考えた。もっとも後で後悔することになるのだが。

国益じゃなく、省益、軍益、ひいては自分の名誉優先だよ、暴走軍人は。

713 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:46:34 ID:00/dMhfe0
この本買って読んでみたけど、要するに
日本特有の伝統・文化・文明・風流・精神を大切にしろってことだろ。

「たかじんのそこまで言って委員会」で映像化されて紹介されてたからとりあえず買ってみた。

714 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:47:16 ID:XECqn67n0
これが日本人の持ってた美徳です。
http://gureda.com/goumon/goumonkennkyuu/kennkyu.html

右翼の人は何故か江戸時代までの日本はスルー。

日本人が持ってた美徳?
奴隷の道徳だろ。


715 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:48:22 ID:2SYX36fP0
私は前園顕子、32歳独身
総合病院内肛門科勤務、毎日(*)を拝見しております。
私は自称AM女です。仕事も午前中しかしませんし
名前のイニシャルもAMなのです。そして、さらにアヌスマニアなのです。
実は、私はある貴重なアヌスを探し求めています。
それは滅多にないような形をして色をして匂いのするものなのです。
もしかすると貴方かもしれないのです。貴方はアヌス毛は生えていますか?
私はいままでに沢山のアヌスを拝見させていただいてきましたが、
いまだに私の求めているプレシャスアヌスに出会えていないのです。
それで、無礼なこととは思いますが貴方にメールを差し上げました。
一度お逢いして拝見させていただけないでしょうか?
もちろん、拝見料はお支払いします。
それと、もし貴方が私の求めているプレシャスアナルの場合は
舌でテイストさせていただきたいのです。
もちろん、テイスト料もお支払いいたします。
良い御返事を期待しています。



716 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:48:28 ID:K4IOdiC40
>>707
[空気に支配されて失敗した日本軍]

同じく沖縄作戦の策定過程に開かれた台北会議で、八原高級参謀が戦略合理性
の高い「第三二軍指令官の意見書」を朗読し、以後沈黙を守ったが、それによっ
て「会議の空気を重苦しいものにした」といわれている。そのうえ、陸軍中央
の実務責任者である大本営作戦課長服部大佐は、八原大佐の態度に驚き、具体
的に議論する「気分」をそがれたという。ここでも、空気、気分が支配し、戦
略的判断にかかわる議論が行われないままに終わった。

「失敗の本質 -日本軍の組織論的研究-」より


717 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:50:04 ID:twlXU3dP0
>711

同意。情緒による決定に有無を言わせないために
天皇の権威を必要とするわけだ。

情緒主義こそ絶対権威を必要とする。
なんせ「駄目なものは理屈でなく駄目」 なのだから。

718 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:50:21 ID:Q+a0UnOg0
日本人て予想を遥かに越えてバカが多いんだねぇ

719 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:53:31 ID:ZhFFPSjC0
実に外患が多いスレだな。
お前ら近いうちに確実に全滅するから今のうちに楽しんでおけよ。
もうこの未来は決定してるんでね。詳しくいえないが

720 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:56:34 ID:Qfx8GAdD0
このスレは朝鮮人であふれてる。
腐海に落ちたなこのスレも。


721 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 20:59:47 ID:twlXU3dP0
あほか

朝鮮人は日本人以上に情緒民族。

情緒の内容が日本とは違うが。

722 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 21:26:28 ID:GhmjfV/30
>>710,711
当然、前提が正しければ正しい結論に近くなるが、見落としてる情報が絶対にないと言い切れるのか、ということ。
そして、実際に動き出したあと初めに出した結論が間違ってることが見えてきたときに、
すぐに修正できる人間なんてどれだけいるのか。初めの結論で思考の方向が縛られてしまう人間が大半。
これには、周りが見えなくなるだけでなく、結論を出した自分の責任やプライドとか意地によるものも含まれる。
さらに悪いことに、人は信じたいことを信じようとして、信じたいことに当てはまる情報ばかり信じてしまう事が多い。

皆が皆、冷静に情報を吟味して前提を立てて論理的に結論を導けるわけじゃないんだよ。
誰だって自分がかわいいし、人は完璧な前提を立て、間違いをすぐに修正できるほど完璧じゃない。

だからこそ、論理にはきおつけなくちゃならないんだ。自分に有利になるような論理的な結論を出してくるのもいるから。
美徳と論理の優劣は、そういう意味ではどっこいどっこいなんだよ。
ある意味、歴史がある分美徳のほうが信用できるかもしれない。

繰り返すけど、論理的だからといって絶対に正しいとは限らない、という事を指摘した点で、この本は意味があると思う。

723 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 21:35:42 ID:GhmjfV/30
そういう意味では、合理性という論理を振りかざしてくる欧米の価値観にも、疑問を持たなきゃならない。
オリンピックの採点やら経済摩擦なんかを見ると、必ずしも正当な論理だけで動いてるわけではないだろう。
日本では本音と建前なんて言うけど。

欧米の合理性という論理で、かつての日本人が持っていた価値観は否定されたが、
本当にそれが正しいかどうかはわからない、という事。

この機会に結論はともかく、そのことについて少し再考してみるのも良いのではないかな。

724 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 21:43:40 ID:DGKaDZve0
 良心/道徳/徳なら、ソクラテス、プラトンでも良いし、カントでもいいし、
孔子でも、キリスト教(プラトンが元だけど)でも何でもいいよ。
 徳を納めた人が治める事を理想とした政体を、徳治政治っていうの。
 徳によって治めるって、個々人の心の働きが取り出して比較できない以上、
それは個人が決めてるのと一緒なのよ。客観性がないの。
 孔子の時代は反対に君主政治がまずあったから、その君主の中身を改良するために
君主を教化することによって徳治政治を目指したし、実際現実的解決でもあった。
 どういうつもりで孔子勉強したんだ?歴史とか背景を加味しなきゃ何にも取りさせねーよ。

 生類憐れみの令は、良心にかなったものだけど独善的だろ。猫や鳥、さらには
魚類貝類、殺せなくなって困った。困るからやめてくれよって言って、聞いてもらえる
仕組みがなきゃ困るんだよ。
 お前やりすぎだよバカ。じゃ、これぐらいで許してやる。まあ、そんなもんじゃね?
善と悪とはこうやって峻別されていくわけ。こんな状況の人とか、あんな状況の人とか...
いろんな人の状況が加味できるようになっていくわけ。道徳/倫理/徳ってのは、他者がいなきゃ
そもそも始まらない。一人ですき放題できるのは無人島にただ一人住んでる人だけなの。
小学生でも分かりそうなことが分からんやつしか、こんな本読まないよ。

725 :724:2006/03/22(水) 21:45:40 ID:DGKaDZve0
 哲学者は皆、前者の論理的欠点や思考の不足を指摘してやりあってる歴史なんだよ。
そういう中で本質的なものを探してるわけ。つまり論理的に否定できないか探してるわけ。
このオッサンの理論(同じことだけど主張とでもしとくか?)なんか低級すぎるんだけど...
 戦前の教育とか世界観の良いところを分析もせず、勝手な日本人像として押し付けて、
馬鹿ですか?
 その背景や原理を分析して、再利用可能な要素に租借して、さてどうやって生かそうか
って歴史学ぶ基本じゃないの?その過程の全ての要素で皆引っかかる部分があって、
結論も納得できないって言ってるのに、褒められる人間のほうがおかしいって...

726 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 21:47:01 ID:V1oSUxAM0
近代合理主義批判して、でてくるのが武士道じゃねえ。

727 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 21:57:35 ID:XFlpt2kz0

http://www.amezor.to/cgi-bin/res.cgi?dir=lobby&res=060319191629&st=15

728 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 21:57:51 ID:K4IOdiC40
>>722
> 見落としてる情報が絶対にないと言い切れるのか

見落としている前提があるかも知れないから、情緒などという曖昧なもので
白黒つけるのか?

> 初めの結論で思考の方向が縛られてしまう人間が大半

情緒こそ最初に結論ありき。情緒に頼ることは、取り得る選択を狭め、
思考を縛ることにつながる。

> 冷静に情報を吟味して前提を立てて論理的に結論を導けるわけじゃないんだよ

論理なら、その結論が間違っていることを、誰もが同じ手法を用いて指摘、
修正を求めることができるけど、情緒に基づく思い込みを、
どうやって修正することが可能なのかな。情緒に訴える?
白黒つかないから、結局、ウルサイ奴の意見が反映されるだけだな。

> 人は信じたいことを信じようとして、

情緒を重んじる精神主義のほうが、信じたいことを信じようとする思うね。
希望的観測というのも情緒主義の一種だし。


729 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 21:59:43 ID:GhmjfV/30
>>724,728
繰り返すけど、論理的だからといって絶対に正しいとは限らない、という事を指摘した点で、この本は意味があると思う。


730 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:01:02 ID:DGOLSjt40
品格ってなんスか?
何でも言うこときいて奴隷のように働くことッスか?

731 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:02:34 ID:K4IOdiC40
>>723
論理を変えているわけじゃない。ルールという前提を変えているだけ。
そのルール決定に参加しにくいことが問題というだけのこと。

732 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:02:39 ID:GZRZsbgW0
社会の混乱期には必ず「伝統に立ち返ろう」という復古主義が
出てくる。

733 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:03:47 ID:GhmjfV/30
>>731
それを情緒というのでは?

734 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:08:01 ID:g0BQjocF0
>>729
無矛盾な推論と正しい推論をごっちゃにさせた点でこの本の罪は重いと思う。

735 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:08:46 ID:K4IOdiC40
>>729
つーか、まさか、そんな当たり前のことに感動してたわけ?
日本には、そんなことも理解できないようなアフォばかりがいると言いたいの?
優秀なソフトウェアにクズデータを食わせると、
論理的な処理が行われるが、クズ結果しかでてこない。
でも、処理自体は論理的。論理的だからといって正しいとは限らない。
そう言ってるのと同じ。誰でもわかることでしょ。

736 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:11:57 ID:GhmjfV/30
>>734
そうとも言う。

>>735
コロンブスの卵。
そうでなければ売れない。

737 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:17:33 ID:gWPXepX10
しばしば言われる、「今、日本はあらたな共同幻想を必要としている」という問題提起に対する
答えを与えようとする一つの試み、とでもいったところか?

738 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:22:21 ID:K4IOdiC40
>>733
それはそうだね。ルールは情緒や道徳の集積とも言える。
だけど、なるべく矛盾のないように作られている。
単に情緒や道徳を集積するだけでは、矛盾を内包したままになってしまう。
ルールが誰か特定の人やケースにだけ部分的に適用されたり、
ケース間で矛盾が起きないように「筋を通す」必要がある。
その「筋を通す」手法が論理。論理に弱いから情緒というのは短絡的だね。
著者はそこまでは言っていないが、
書評やブログを読むと、かなり多くの読者がそう受けとったと思われる。

>>736
> コロンブスの卵

コロンブスに失礼だな(笑)。


739 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:30:31 ID:twlXU3dP0
まあ論理と伝統で新しい道を造って欲しい。

戦前や帝国憲法に戻せとか、ヨタ話はやめてね。

740 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:32:59 ID:twlXU3dP0
王政復古って必ず失敗してるよね。世界史で見ても。

元には戻らないんだよ、歴史って。

741 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:34:22 ID:K4IOdiC40
>>723
> 欧米の合理性という論理で、かつての日本人が持っていた価値観は否定されたが、

合理性という論理ではなく、合理性という価値観では?
合理性という言葉も、能率という意味と論理的という意味の
二つがあるように思われる。

742 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:36:31 ID:jvuJXG/oO
美濃部達吉は明治憲法のままで民主主義は復活できると言ってたんだがな



743 :ttp://ameblo.jp/tosatosa/entry-10009751806.html:2006/03/22(水) 22:38:21 ID:+cfB4Ns60

ttp://ameblo.jp/jukinzoku/entry-10010263303.html
サムライは今日も盲従〜世界が頽れても〜

何が起こるか分からない、こんな時代、ずっとそばにいて守ってあげるよ。とささやくのが正解。
愛するあの人も目を潤ませて、こくんと頷くのさ。
何が起こるかわからない、こんな時代、素晴らしい世界に変えてみせるよ。と宣言するのは間違い。
愛するあの人は目をそむけて、さようならと吐き捨てるのさ。
(中略)
毎日のように弱者が叩き伏せられ、毎夜のように詐欺師が起訴される。毎日のようにえげつない事件が起こり、毎夜のようにサイレンが鳴り響く。
毎日のように政治家が弁解を続け、毎夜のように芸能人が晒し者にされる。 毎日のように天下りが糾弾され、毎夜のように役人が金を撒く。
毎日のように警官が加害者になり、毎夜のように無法気取りが輪禍を起こす。 毎日のように少年が人を刺し、毎夜のように少女がかどわかされる。
毎日のように大人が法の目を盗み、毎夜のように子供が悲鳴を上げる。毎日のように教師が生徒を食い物にし、毎夜のように生徒が弱者を叩き伏せる。

そんな世界をのさばらせておけない愛よりも、そんな世界は放っておいて抱きしめてくれる愛に価値がある、
(中略)
それが正しい人生の歩み方だとしたら。我が子が刺し殺されても仕方ないと頷くしかない。

「俺はいい加減な男だけど、何が起こるか分からないこんな時代、何があってもお前だけは守り抜くよ、だって俺は侍なんだぜ。」

なるほど。
頽れる世界にも盲従する男。
主君になろうとせず。
頽れる世界を放置する男。
確かに。
「侍」

744 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:43:18 ID:qkQcp0UL0
>論理的だからといって絶対に正しいとは限らない、という事を指摘した点で、この本は意味があると思う。

ニュー速あたりのウヨたんは「中国は法治が通じず、人治の国」なんて馬鹿にして喜んでいたと思っていたけど。

日本もやっと怪しげな顔役(例:森善朗)がナアナアで物事を決めて
権力のある人間だけで利益を分けてあとは泣き寝入りさせる社会を克服しつつあるのに
そういうのが懐かしい人間が論理はダメで情緒がというんだろうね。

まだ全然足りないんだよ。個人主義の確立も論理も。

745 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:43:56 ID:FuUYfvSw0
この人、数学者のくせに「論理」と「情緒」の二項対立でしか思考を進められないの?
バカじゃないの?
論理が完全じゃないことぐらい、理系ならわかっていて当然でしょ?
完全じゃないからこそ、精査吟味していく作業が重要なんだってことぐらい、
まともに大学で勉強していたら身についていることでしょ?
数学者という肩書きを利用して、パンピーを煙に巻いて儲けるなんて、
品格がなさ過ぎる。

746 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:45:25 ID:GhmjfV/30
>>741
まぁ、価値観を導くのにも論理がからむと思うからいいと思うけど。
価値観のほうがわかりやすいかも。

>>739
WBCみたいに一体感を感じれるような日本らしい価値観が出来るといいと思う。

さて、皆が批判する本編部分でも読んでみるかな。

747 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:46:38 ID:K4IOdiC40
>>744
主張に矛盾があり、手前勝手なことを言っていることを
論理的に指摘されると困る人達が「論理」を否定するのかな、という気がする。
すっかりそれに乗せられて、武士道だ情緒だという人達がいると気が滅入ってくる。


748 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:51:20 ID:K4IOdiC40
>>746
> さて、皆が批判する本編部分でも読んでみるかな。

まだ読んでないのかよ…


749 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 22:53:46 ID:GhmjfV/30
>>748
昨日買って来たからね。初めのところしか読んでないんだよ。
前提と結論までの過程が不完全だと結論も不完全、ていうところまで。

750 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 23:00:18 ID:kwtAutcb0
読まずに語ってる奴が多そうだな。


751 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 23:20:55 ID:KmxAo/+d0
 人々が協調して社会を形成する方法論の問題だろ。
宗教でもナショナリズムでもなんでもいいけど、秩序だった社会を
形成しようとすれば、核になるイデオロギーが必要。

 核になる部分に曖昧なものを持ってくるのは、賢い方法とは言えない。
秩序を共有する際に、核になるものが曖昧だと善悪の定義や社会の
範囲が不明確になってしまう。善悪自体の検証も不可能になってしまう。

 この著者のしていることは、社会の核になる部分の規範に情緒と
称する曖昧なものを持ち出しているだけでお粗末。
 しかし、日本の保守派の論調は「伝統」とか「国体」とか「国柄」とか、
それ自体では意味のないことを繰り返すだけだから、この著者も
日本の保守派の空っぽな論調を繰り返すだけで新鮮さがない。

 人々が共通の社会を持つ場合は、核になる規範は明快な方がよい。
現在の日本では、自由・平等を核とする人権思想が憲法などで明快に
語られている。それに代える価値を出すなら少なくとも人権思想程度には
明快に価値観を定義し体系化して出さないと意味ない。

 この本は読む価値なし。

752 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 23:28:38 ID:KmxAo/+d0
 人権思想自体に科学的な根拠はないし、絶対に守るだけの価値の
ある思想ではない。人々がそれに価値を見出さないなら別の価値を
社会の中核に据え代えればいいだけ。

 ただ重要なのは、人々に共有される価値が明確に提示されないと
それが支持する価値があるかどうか判断しようがない。
 「国柄」でも「情緒」でもなんでもいいけど、それが具体的になにを
意味するかを語ってくれないと、それを支持しようにも判断のしようがない。

 現在のほとんどの国が立憲主義を採用し、世界規模で展開する宗教が
明快な教義を持つのは、価値観が定義されないと支持しようがないし、
間違っていた場合に修正しようがないから。
 日本の保守派のおかしなところは、明快に自分の支持すべき価値観を
定義し、体系的にそれを示さないところ。これにつきる。

 人の支持する価値観はすべて本能に基かない後天的なものだから、
価値について定義し体系化してくれないと支持しようがない。この本の著者も
単純なこの事実を無視して、自分の主観を語っているだけ。くず本。

753 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 23:29:18 ID:twlXU3dP0
>美濃部達吉は明治憲法のままで民主主義は復活できると言ってたんだがな

ムリムリ。
大正デモクラシーもつぶされた。
帝国憲法に欠陥があるからね。

754 :名無しさん@6周年:2006/03/22(水) 23:53:31 ID:+R7m8yVJ0
この本読んだけど・・・
自己肯定してるだけとしか思えない。

755 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:07:11 ID:DHSoFsyI0
ttp://gorirapongo.run.buttobi.net/hinkaku.htm
前書きだけUPしたお。

756 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:07:12 ID:fjg8vaXq0
>日本の保守派のおかしなところは、明快に自分の支持すべき価値観を
>定義し、体系的にそれを示さないところ。これにつきる。

それが日本の情緒なんだよね。

三種の神器は絶対に見せない。秘仏。
言挙げしない国柄。
肝心なところはみんなブラックボックス。

この国は肝心なところは見せない。批判されるから。
見せると価値が無くなるから。

757 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:10:40 ID:fjg8vaXq0
見られる=支配下に置かれる
名前を知られる=支配下に置かれる

日本ではエライ人が見たいといえば「寄こせ」と言ったのと同じ。
見られる知られるは=奪われる ことなんだこの国では。

758 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:11:33 ID:KW4GLch90
この本読んでも
国家としての日本を愛する理由なんか見つからないよ

759 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:13:43 ID:zCPbfZd80
>>758
そういう本じゃないと思う。

760 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:19:04 ID:VxjM0jpP0
単なるエッセーに大げさだな、みんな。

761 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:23:06 ID:VxjM0jpP0
こういう本はさらっと読むものだよ。

762 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:27:08 ID:KmDe4QlqO
おもしろくなかった、という真実がひっそりと…

763 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:29:16 ID:bgQSrrIF0
おもしろそうな本だ
明日買ってみるよ

昔は良かった〜
っていう爺臭さがなければいいが

764 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:41:48 ID:6//Jy+q/0
反対派の人たちの論理的な攻撃がすごかった。一体
何人いたのだろうか?

「平等」なルールの下で、こういった論理の強い人が、論理の
弱い庶民を蹴散らしてウイナー・テイクス・オールとなっていくのか。
どこかの国みたいに。。。

765 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 00:59:00 ID:UdynZbkZ0
>>764
彼らはp53後半〜p55に書かれてるような人達なんだろ。

766 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:09:37 ID:E9tWfPZ60
なにが論理的な攻撃だよw

この本に書いてる内容を理解せずに、(A)という仮想の問題をつくりだして(A)に対する反論を書いて
この本は価値がないと勝手に結論付けてるだけだろw

アホ臭くって見てられんわ。なにがやりたいんだ。一体。

767 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:11:05 ID:ANP86c+F0
じじいの説教本?

768 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:17:30 ID:IlQ0twZJ0
女系天皇など議論する事すら眩暈でクラクラするって言ってたオッサンだなw
なかなか爽快であった

769 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:18:27 ID:t8DijBVM0
まぁ、あれだ、この本に論理で反論しようとしても無駄だという罠が仕掛けられているので
反論するなら、感情論で反論するしかない。

ただ、一貫して主張されている、「ならぬものは、ならぬ」という言葉は
とても爽快であり、大事だと思う。
平和ボケと、中途半端な裕福な暮らしにふぬけた日本人たちは心して読むべしだ。


770 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:20:37 ID:OL48sC660
まあおまいら落ち着いてシグルイでも読もうぜ。

771 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:22:36 ID:bYsk6xsi0
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。
ニート・引篭もりを一掃すれば美徳は取り戻せる。

772 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:28:15 ID:zCPbfZd80
>>766
よー分からんが、
具体的にどこでそう感じたか説明しなければ、
彼らは納得せんと思うぞ。

773 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:29:47 ID:NFYRdUmS0
>>769
 社民党のオバサン議員もそんなこと言っていましたねw

774 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:33:36 ID:Z6QeFEIzO
つ【嫌韓流2】

775 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:39:17 ID:E9tWfPZ60
>>772
別に納得せんでも良いよw 

776 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:42:59 ID:IsSd26FO0
100万も売れる本を書くのは「美徳」か

777 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:44:15 ID:sH7xBAp00
■このスレにいる方々へ
    
外資企業の献金緩和案了承、今国会で改正目指す
   (金を使った外国人参政権)   
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1143026641/
 
書き込まなくても結構です。
上から少しずつでも読んで下さい。
最初は不快に感じる方もおいででしょうが、日本を思う気持ちがあれば
1度でいいので目を通してください。

778 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:45:14 ID:CFzC1KwW0
揚げ足取りをやってる人間が納得するわけないなわ。まあ、余りにも稚拙な論理で糞飯物だけど。
多分、煽りでやってるんだろ?違うんだったら危ないな。

779 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:45:59 ID:Q1rZyplj0
アホくさ、この著者はこれからの日本は現在の韓国(コウモリ国家)と
同じになれ、といってるだけじゃん。



780 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:47:39 ID:G/yzRbJ40
小泉流構造改革やライブドアブームに対するアンチテーゼとして流行っているのかな。
一理あるけど、なかなか現実は上手く行かないよね・・・と思う。

781 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 01:59:09 ID:6//Jy+q/0
>>776
最初から100万売れるとわかっていれば苦労せんよ。売れて悪いなら
バイブルが一番美徳からほど遠いということだね。

>>777
Thanks

782 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 02:04:01 ID:G/yzRbJ40
>>779
アホくさ、曲解しすぎ。
まあ、コヴァの戦争論以来、ウヨ系出版物が頻繁にベストセラーになって
サヨク系出版社に閑古鳥が鳴いている現状には同情するがな。

783 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 02:06:01 ID:QhSh+jW00
パンツっていう頭のおかしいコテハンが、名無しで書き込んでるようにしか見えんかったのだが・・・



784 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 02:09:43 ID:7ift2ps80
この本が売れているという事は、
武士道の日本語訳も売れてるんだろうなー。

どうでもいいけど、武士道に書かれている太田道灌の蓑の話は実話ではないらしい。

785 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 05:56:12 ID:6iSpimxR0
        /〜〜〜  
 ∧_∧  /  X /   持ち株と役員がウリナラでも、
<丶`∀´> /〜〜〜       日本で上場して本社がある会社なら、献金できる二ダ!!
(    つ

 <自民党>外資系企業の献金規制緩和改正案を了承3月17日23時40分 毎日新聞
自民党は17日の総務会で、政治資金規正法改正案を了承。1)日本に本社がある2)日本の証券取引所に
上場している--の2条件を満たせば献金できる。今国会に議員立法として提出。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060317-00000147-mai-pol

 日本企業の政治献金、自民が外資規制撤廃提案へ2006年3月20日22時34分 読売新聞
改正案では、証券取引所に上場している日本法人は、外資比率にかかわらず政治献金が可能になる。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060320ia23.htm

 外資系の献金緩和 経済界と思惑一致 自民改革本部 2006年3月10日02:34産経新聞
九日の総会では、北朝鮮からの献金を防ぐべきといった疑問も。http://news.goo.ne.jp/news/sankei/seiji/20060310/m20060310008.html?C=S

 政治献金:外資系企業の規制緩和で改正案 自民党2006年3月9日20時52分毎日新聞
外資規制の緩和は外国からの政治介入を招くきっかけ。河合秀和は不透明な資金が増える恐れがある」
と懸念。http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20060310k0000m010102000c.html

 自民改正案 外資の献金緩和 国内上場条件 キヤノンOKに3月7日2時43分 産経新聞
自民党がまとめた政治資金規正法改正案が六日、明らかに。これまでの議論では、1)献金を禁じる外資
の持ち株比率を30%程度に引き下げる2)日本人役員が過半数を占める-との案も検討。持ち株比率30%の
根拠が説明困難、役員の国籍も個人情報、調査の徹底は難しいと採用を見送った。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060307-00000007-san-pol

2005年10月「自民党遊技業振興議員連盟」が発足(@グリーンべると 過去のニュースを見る)←パチンコ月刊誌
会長 中馬弘毅,副会長 望月義夫,幹事長 大村秀章,幹事 田中和徳,幹事 西田猛,事務局長 平沢勝栄,事務局次長 葉梨康弘(全て衆議院議員)http://www.adcircle.co.jp/greenbelt/news/200510/0401.html

786 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 08:21:58 ID:U4gL+Bov0
ウヨサヨの二元論でしか物事を見られない人達にはうってつけの書だね。
品格とか道徳とかいうキーワードに反応してるだけだもんなあ。

787 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 08:29:27 ID:ZC5fC5bY0
>>785のスレ

↓北朝鮮・在日からの献金(賄賂)の可能性もある!
【政治】自民党、外資系企業の献金規制緩和改正案を了承…今国会に議員立法として提出[03/17]★3
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1143026641/

まとめサイト(産経・毎日等の他新聞社の記事へのリンクも有り)
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1143026641/18

788 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 08:54:04 ID:dmmQH4Jd0
>>769
それは単なる思考停止
公理として「ならぬもの」を定めるのであればそれが公理として
適しているのかどうか吟味せねばならない

著者は数学者なんだから選択公理くらいは知ってるはずだが、
それを「成り立つものは成り立つ」で片付けられちゃ困るっての

789 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 09:01:48 ID:AQcXFqEI0
献金規制緩和改正案,三角合併解禁 等等・・・
コイズミ,官僚の売国政策の結果が楽しみだね
9割のロークラスは、海外企業の為に死ぬ程働いたらいい

790 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 10:03:13 ID:Ku2uMGWx0
>>788
日常生活の話で、公理だの選択公理だの持ち出す時点で
すでにづれている。

791 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 10:16:21 ID:Pjl56gCB0
ここのサヨは「復古的なものが嫌い」という感情論だけで反応してるな
全ての論理がそこから演繹されている
この本はそういうことのアホさについて書いてるのにね
だからサヨはアホだといわれるんだ

792 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 10:32:41 ID:U4gL+Bov0
>>791
ウヨサヨの二元論でしか物事を見られない人達にはうってつけの書だね。
品格とか道徳とかいうキーワードに反応してるだけだもんなあ。


793 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 11:13:24 ID:y4bXcMH30
>>788
>著者は数学者なんだから選択公理くらいは知ってるはずだが、
>それを「成り立つものは成り立つ」で片付けられちゃ困るっての
ここで選択公理はおかしいだろ。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%B8%E6%8A%9E%E5%85%AC%E7%90%86

794 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 11:57:56 ID:Pjl56gCB0
>>792
君は知能レベルが低いなあ
「ここのサヨは」って書いてるだろ

795 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 12:40:17 ID:U4gL+Bov0
>>794
限定したところで、ウヨサヨの二元論に変わりなし。

796 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 13:01:39 ID:zWGKpj9L0
バカの壁と同じで安い・早い・薄いがポイントか。
こいつといい西尾といい、どうして留学失敗組は尚古的な日本原理主義に奔るのかね。


797 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 17:31:34 ID:Pjl56gCB0
>>795
二元論を全否定するのもアホのやることだよ

798 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 18:35:35 ID:Xep7A3jQ0

日本人に謝りたい──ユダヤ長老が明かす戦後病理の原像──
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe800.html



799 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 18:44:56 ID:p5r0MsE00
2ちゃんねらーが好きそうな本なのに・・批判ばっかだな。
売れすぎが批判の原因かな。

この人の他の本けっこうおもろい。

800 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 18:52:20 ID:pjndSCwD0
>>799

2ちゃんの主流は親米保守だし、アメリカ型資本主義を批判してたらそりゃ叩かれるだろな

801 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 18:57:31 ID:p5r0MsE00
>>800
なんですと!!そうだったの?
偉そうにしてる国はみんな嫌いなのかと思た。

802 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:01:03 ID:rd7U/ot20
>>799

おそらく、題名だけ見て、中身読まないで買ってる
ネット右翼が多数ではないかと思われる。

しかし、内容的に見れば、あんまり右よりではなかったりする。

日中戦争をしかけたのは、日本の誤りだったと指摘しているし。

あと、ホリエモン嫌いが多数購入したんだろ。

そもそも、弱者をいたぶるなとか、そういった綺麗事は最もネラーの
嫌うところであり、その点でネラーが必ずしも受け入れられる本ではないな。

803 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:17:45 ID:p5r0MsE00
>>802
なるほど、綺麗事は確かに嫌い奴おおいな2ちゃんねら。
古臭いじじいの説教は聞いてられんと言う事か。

804 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:17:49 ID:kwH/bbEG0
この本の一番の問題はリアリズムの欠如した精神主義の押し売りだ。経済軽視以上に糞本さをageてる。

805 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:20:09 ID:Y8gKcOa30
品やら粋が失われた日本人は、ただのアジア人。


806 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:21:41 ID:kwH/bbEG0
>>803
藤原なんかもっとも古臭いじじいじゃんw

807 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:24:31 ID:Mdmpt4q5O
礼儀すら守れない友人に
「てめー在日かよw」と言ったのだが

そこで「人種差別だ!」と叫びだされてな
これが日本人だとは到底思えないのだ

808 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:25:43 ID:0bsy+w9B0
 
イケメン爆上げ材料キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━ァ!!

http://homepage3.nifty.com/whales/usen/usen2.htm
http://daisukepro.exblog.jp/m2005-05-01/

個人情報・クレカ情報・絶対安心OK!今すぐ君も会員登録!

な、な、な、なんと!?仮面ヒエダーも仰天!
恐怖!マイケル・チャン男がデューティーフリー男に大変身♪
地上の楽園計画!沖縄リゾート大規模開発も順調に進んでおります!

USENがリゾート計画 伊武部ビーチに13ヘクタール
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-10872-storytopic-4.html
大型リゾート開発計画が明らかになった伊武部ビーチ=恩納村名嘉真 有線放送大手のUSEN(東京都、宇野康秀社長)が恩納村名嘉真の伊武部ビーチで大型リゾート開発計画を進めていることが6日までに分かった。

あなたも野口サンが愛した沖縄へ逝ってみたいと思いませんか?

※サッカーシャツは有料です

809 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:26:40 ID:T6dqORTu0
>>57
コ、コヴァなのか???

微妙じゃねーか。

810 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:31:48 ID:e6weiYgR0
>>807
>そこで「人種差別だ!」と叫びだされてな

「そうだよ、差別だよ。だから何だよクズ ( ゚д゚)、ペッ」

って言い返せばいいのに

811 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:34:45 ID:HlrcJk+30
今NHKでやってる

812 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:37:01 ID:e6weiYgR0
>>811
ほんとだ
「さおだけ屋」は立ち読みした。なかなか面白かった

813 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:38:54 ID:rd7U/ot20
>>807

そもそも、「てめー、在日だろ!」って言う事自体
礼儀に反すると、この作者は説いているよ。

日中戦争云々にしても、日本が悪いって言ってるしね。

まずは、何が礼儀なのかから定義しなければ、2ちゃんねらー
がこの本を論評することはできないと思われる。

814 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:39:50 ID:kwH/bbEG0
>>812
さおだけ屋もおもろいけど一番おもろかったのは光文社の99.9%は仮説だったな。

あれ読んだ瞬間、ああ国家の品格も所詮暇なオッサンの仮説に過ぎない、と。

815 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:41:15 ID:in5D4KaG0
本当の戦犯は近衛文麿

816 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:42:12 ID:k9W+O7jl0
荷ちゃんが叩いて
しかも論理論理wと言い出すということは いい本なんだろうなw

817 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:46:27 ID:e6weiYgR0
>一万人の犯罪者が国を滅ぼすことはない。しかし、一万人のエリートがいなかったら国は滅びる。
>真のエリートは、無駄と思えるような知識に対しても興味と好奇心をもち、広い視野と見識があるものである。

>と、TVで申してました。

やべー・・俺エリートかもしれん・・


818 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:46:39 ID:y0wAqlvI0
こういうのは体現してる人間がたくさんいてこそ意味があるんだが、
今まで生きてる限りそんな連中がたくさんいるとは到底思えないな。

こういうのを机上の空論というんだっけか。

819 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:50:56 ID:rd7U/ot20
集団で少数のものをいたぶったり、中傷したり、
いじめたりすることは品格を欠く行為であり、対象者がどんな性質の
人間であるかを問わず、それは絶対に許されてはいけない
って書いてあったな。

こいつの言ってる人間像って結局のところ、2チャンネラーと正反対
の人間ってことだろ?



820 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:54:03 ID:SY7qsWHP0
>>818
論語が知識階級の必読書だった時代、知識階級は孔子レベルの人間ばかりだったのか

821 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:54:16 ID:k9W+O7jl0
論理についてやたら熱く語る人って
ただの社会不適合者だろうw


822 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:55:06 ID:ylADehKt0
どこにも置いてねーよ馬鹿氏ねもう読まねえ

823 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 19:56:39 ID:8rgWqe3b0
読んだけど、ただ学者の戯言だろ

市場主義社会の荒波を経験したことのない甘ちゃんだとしか思わなかった

824 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:01:34 ID:p5r0MsE00
>>821
論理はいかようにも正当性をもたせる事ができるので、
論理がとおっててもしょせん当てにならんと批判してるんだと思うが。

まあ数学者は社会不適合者多いけど。うちの大学の教授も変人。

825 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:01:57 ID:e6weiYgR0
「下流社会」は読んでたら鬱になった
「頭のいい人、悪い人の話し方」は、「ああ・・俺もこんな風に話してるかも・・」
ってなかなか良かった。

この本はまだ読んでないからアレだけど、モラルの話なんか?

826 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:02:35 ID:LTpdZNge0
読んでみた
タイトルの付け方がすべてだった
中身は無い。
陳腐な話題ばかり
文章力がきわめて低い。どのつらさげて国語だの読書だのといえるのか疑問
嫁さんを引き合いに出しているところなど、品格のなさが露出
思想と呼ぶに値しない駄作だった。
国民の読書力が落ちていることに便乗した「売るための本」
本人の美徳も気概もまるで伝わらなかった
これで、ウヨが喜んでいることが「品格」のなさの象徴だった。
以上、読書感想。

827 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:04:55 ID:kwH/bbEG0
でもこのスレッドには藤原教信者があまりいないことに安心した。
2ちゃんねらーの日本国民に占める比率が2%ぐらいだったと思うけど、
この国にはその半分ぐらいの人数がすでに信者だよ。
漏れの親戚でも信者にされるしえらい迷惑だw

828 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:06:07 ID:sNHyv2Tj0
朝日新聞に書いてあったけど、日本はアジアで孤立しているらしい。
千本にも及ぶ魔羅を1週間で受け入れてきた慰安婦を売女などと呼ぶ
人にあるまじき卑しい心根の国だと蔑まれているのを恥ずかしく思う。
とたんに2ちゃんねるに湧いてくるネット右翼は何を考えているのか?
はかない人生で正直に、優しく生きようと思ったら自ら行動することだ。
なるようになるなどという投げやりな態度では戦後処理は終わらない。
にうけ人として、韓国政府は日本からの補償を慰安婦に分配してくれる。
かじ取りまで韓国政府がやってくれると言うのは有難いことじゃないか?
とむらいの気持ちがあるなら、既に亡くなっている慰安婦の遺族に謝罪の
意志を伝えるべきなのに2ちゃんねるのネット右翼はどうしようもない。
エデンの園以来アダムは戦時にはイブを必要とするのはわかるだろうに。
ばすえの売春婦や援助交際の女子高生と違って慰安婦は気の毒な存在だよ。



829 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:06:53 ID:EvjM9IAg0
表面的な感想ばかりで、マッタク中身がないな
アホだこいつ。プププ

830 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:08:10 ID:roNcJCZP0
戦後の自虐的な反日義務教育と、マスコミによる左翼思想的偏向報道に騙さ
れてませんか。

オランダ  サンティン・アムステルダム市長 (1994年内務大臣)
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦
したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から
追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の
功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。自分
をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。」

タイ  ククリット・プラモード 元首相
「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産
して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南ア
ジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であ
るのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあった為である。
12月8日は我々に、この重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して
重大決意された日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床
に伏した日である。我々この2つの日を忘れてはならない。」

マレーシア  ラジャー・ダト・ノンチック 元上院議員
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。敗れ
て逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞ
れの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教
育をおこなってくれたのです。」

831 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:08:19 ID:k9W+O7jl0
当てにならんてことがわかってる奴 実際のとこ少ないだろ
2chなんかでは特に。
論理こええ



832 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:11:57 ID:p5r0MsE00
>>826
頭よさそうですが、あなたにも「品格」は備わってないということで
よろしいですね。

833 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:12:28 ID:roNcJCZP0
インドネシア  ブン・トモ 元情報相
「日本軍が米・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。我々は白人
の弱体と醜態ぶりをみてアジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。一度
持った自信は決して崩壊しない。そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、
我々がやらねばならなかった。そして実は我々の力でやりたかった。」

         サンパス 元復員軍人省長官
「特にインドネシアが感謝することは戦争が終わってから日本軍人約1000人
が帰国せず、インドネシア国軍と共にオランダと戦い、独立に貢献してくれたこと
である。日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を贈っている
が、それだけですむものではない。」

マレーシア  ガザリー・シャフィー 元外務大臣
「日本はどんな悪いこ事をしたと言うのか。大東亜戦争でマレー半島を南下した
時の日本軍は凄かった。わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、我々にはと
てもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。私はまだ若かったが、
あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。日本は敗れたが英軍は再び取
り返すことができずマレーシアは独立したのだ。」

834 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:14:01 ID:Z+1mBC8O0
>>830
他国のお偉いさんには、上が馬鹿だったせいで無駄死にすることへの怒り、
それを無駄死にと認めることで貶められるという矛盾した感情の機微は
わからないだろう。
戦争当時安全な場所にいた者や、危険であっても自発的だと言い切れる
裁量ある立場にいた者も、彼ら同様本当のところは理解できないし、
平和な現代に家族や友人への情が希薄なまま国家と直結して
過去に憧れる連中も同様。

835 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:42:02 ID:xGlF3rvv0
どうせ落ち目の国民なんだから、最後のオナニーくらい多めにみてやってくれないか?

836 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 20:47:12 ID:Pje3ylhl0
本当にひどい本だった…保守とか右翼の本
でももっとマシなものってあるだろうに。

837 :労働者 ◆0JXWyICF5. :2006/03/23(木) 20:57:48 ID:8e19tROs0 ?

今の世は、既得権者の為に政治が動き、貧乏人は見向きもされない。
既得権者は自分達の既得権を守る為に法をつくり政治を動かす。
そして、既得権者は更に富むことが出来、貧乏人は更に貧乏になる。

金持ちは、自分の権威を振り翳し、貧乏人が訴える行為を「無駄」だと言うが、
それは金持ちの権利を守る為の、いわば「嘘」である。
また、金持ちは出来ない理由を並べるが、それらは「解決可能な問題」なのである。

例えば、「個人で吼えても何も変わらないよ」と金持ちが言ったとする。

なら、団結して集団で訴えれば良い。

金持ちは「団結」する事に対するあらゆる印象操作を行うが、
それは団結されれば自分達が不利になるのが分かってるからだ。
何故なら、我々は圧倒的な多数派なのであるから。

権威を楯にした嘘に騙され、愚民に甘んじてはならない。

838 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 21:08:25 ID:YhPNZAR80
>>799
新田次郎氏の息子で数学者ってことでエッセーは面白かったねぇ。
なんかこの本で急に人が変わっちゃったみたいで・・・
イギリスで嫌な目に遭ったとか?
昔、松岡洋右外相もアメリカ留学中に差別にあってすっかり嫌米になったらしい。
途端に国粋主義に転じ、国際連盟脱退かよ、って。
差別ってのはなんも国益にならんね・・・

839 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 21:09:20 ID:CKCOlJI80
大学は特殊部落。そんなとこに何十年も居た人間がまともなこと言うはずがない。
こいつの話も電波だと思って聞くべき。

840 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 21:30:01 ID:JX7I95uk0
たぶんホリエを引き合いに出せば売れると・マスコミが取り上げてくれると・
想定外の反響に本人も驚いているのでは。マスコミがホリエを持ち上げといて
今さんざん叩いている、何か滑稽ですね。日本人の美徳、品格、メディア報道って?

841 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 21:49:31 ID:A0tCXq420
 現代社会に、国民共通の善悪などは存在しない。法律などは、
あくまで多数決による一時的に意志決定にすぎない。
 国民すべてを縛る絶対的な善悪が存在しないなら、国民が共有する
社会道徳とか品格なども同時に存在しえないことになる。政教分離し、
内心の自由を認める現代国家に、道徳や品格など存在しようがないのだ。

 道徳とか品格を無理に国民に強制すれば、国民個々人の内心の自由を
縛るものになり全体国家になってしまう。道徳とか品格がないことは、
むしろ国民個々人の内心の自由が保障されている証拠だ。

 日本国民すべてに共通の道徳とかそこから派生する品格を求めるなら、
日本はイスラム教国のような内心の自由の存在しない国になってしまう。
国民すべての精神生活まで権力や聖職者が介入する社会が好ましいと
思うのはファシストだけだ。

 現在世界の先進国は、言論の自由や内心の自由を抑圧するイスラム教徒の
脅威と闘っている。
 日本も先進国の一つとして、自由・平等の精神の尊さを忘れてはならない。
この著者は、日本をイスラム教国のような道徳や宗教が支配する不合理で
不自由な社会にしろと言っているのだ。

 藤原正彦は自由の敵である。自由で平等な日本から追放すべき。

842 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 21:54:16 ID:RFHPCDEW0
武士道武士道いうなら、同性愛も認めるんだろうな。
武士道は男同士の色恋沙汰刃傷沙汰と置き換えてもいいぐらいだ。

843 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 21:57:44 ID:lWc9mwbS0
読みたいからだれかさっさとウィニーで放流汁。

844 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:02:16 ID:A0tCXq420
 戦前の日本は、全体主義国家であった。戦前の日本は、国民共通の
社会道徳が説かれ、それが国民に強制されてきた。戦時においては、
敵に自爆攻撃を仕掛けることが美徳とされてきた。

 現在イスラム諸国では、コーランの思想を国民すべてに強制し、
自爆テロを喜んで行うように国民を洗脳している。
 「国家の品格」の著者の思想は、コーランで国民を縛り、社会のために
自爆テロを礼賛するイスラム諸国の狂人聖職者となんらかわりがない。
 藤原のような危険思想が、無批判に礼賛されること自体が問題だ。

 現在、個人の自由・平等による解放を共通の価値とする欧米諸国は、
全体主義的なイスラム諸国や中国などの共産主義諸国の脅威と戦っている。
 イスラムや中国などの全体主義国家にとって個人は、共通の価値観を
もって国家や社会に奉仕する奴隷である。
 藤原はこの本で、日本もイスラム諸国や中国のような全体主義的な社会
になれと主張しているのである。危険極まりない思想だ。

 独善的な善悪とか道徳が、自爆テロなどの極端な行動に民衆を駆り立てる。
それぞれの人々が個々に善悪を判断する社会では、共通の品格や道徳などは
存在しない。してはいけないのだ。

845 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:04:21 ID:k9W+O7jl0
なんか おまえの方が怖いんだがw

846 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:11:35 ID:RFHPCDEW0
武士道の男尊女卑からくる
男色や衆道などの美少年趣味も引き受ける気あるんだろうな、藤原!
都合のいいところばっか切り張りするんじゃねえぞ

847 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:16:49 ID:U4gL+Bov0
>>797
だれが全否定してるんだ? アホ?

848 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:17:19 ID:DI/jo4k00
この人が読売新聞の人生相談で回答していた時はおもしろかった

849 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:19:27 ID:U4gL+Bov0
>>828
朝日
千本
人に
とた
はか
なる
にう
かじ
とむ
意志
エデ
ばす


850 :釣られて候:2006/03/23(木) 22:19:34 ID:p5r0MsE00
>>841
どう誤読したらそういう解釈になるのか。やっぱり国語教育の徹底は
必要かも。

851 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:24:31 ID:XOaA3FB60
>>828
はぁ?
死ね


852 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:49:01 ID:x8bDHoVG0
新田次郎といえば思い出すのは富士山レーダー。

プロジェクトXの見過ぎだな。

853 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:49:39 ID:ykvxY2al0
品格のカケラもない日本の女

432 :名無しさん :2006/03/20(月) 06:41:20 ID:leFI4q6i
バンクーバーでは、一部の日本人女性が酷過ぎます。
現地の人に公衆便所扱いされている日本人女性を良く見かけます。
しかも、本人はソレを喜んでいる。公衆便所になっていることを、
「地元に馴染んでいる」とでも勘違いしているんでしょうね。
単なる性欲処理道具なんですが。

日本人女性の部屋から代わる代わるカナダ人男性が出てきて、
外で談笑した後、オシッコでも催したように部屋に入っていって、
股を開いている日本女性に突っ込んで射精したら、
また交代という風景を見たことがあります。
この時ほど、自分が日本人であることを恥ずかしいと思ったことはありませんでした。
できるなら、その女を殺したいと思いましたが、
そんな女の為に自分の人生を棒に振りたくはないので無視しました。

854 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:52:21 ID:FWtr9bP70
こんなスレにもホロン部の工作かよ。

ほんと、ホロン部必死だなwww



855 :名無しさん@6周年:2006/03/23(木) 22:54:59 ID:rd7U/ot20
>>827

藤原教って何じゃらほい?

藤原さんて人が何か本かいたの?

856 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 00:19:41 ID:fh+NuriP0
読んだけど、面白かったですね。
主張したいことを素直に書いてるだけだね。酒飲んで書いてる位の勢いかな?
どっちかというとへそ曲がりな人なんじゃないかな。
論理性、自由、平等といった、とても批判の対象にならない程に正しいと思われることに
対してアンチテーゼを投げかけているにも関わらず、ある程度の人生経験を摘んだ人には
「そういや、そうだな」って思えるところがある内容でしょう。
こういうのが売れるってことは、最近のグローバル何たらカンたらを直感的に胡散臭いって
感じている人が増えてるってことでしょう。

857 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 00:25:57 ID:N0WnpqCV0
>>856

単に社会の変革を受け入れられない年寄りというだけでは?

858 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 00:28:30 ID:/Xm2MTh80
>>857
社会の変革が常に正義だと思ってる堀江信者みたいな人ですか?

859 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 00:45:48 ID:eav1gkev0
自由からの逃走。

860 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 00:50:01 ID:qX6EzJWA0
まあ、藤原さんの本はなんだかんだいってもいいね。
読んでない人は是非よんで欲しい。書いてあることが
当たり前だと思える人ばかりになれば、日本も結構
変わっていくと思う。

861 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 00:56:57 ID:UQoEAwqTO
これを読んだあと日本をオチにしたジョークを集めた本を読み、武士道を買ってしまった17歳の俺。

862 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:00:41 ID:sSazMaoP0
なにこの右傾化。

こわっっ

日本人の美徳なんて一部の上流階級にしか存在しねえっつーの。
幻想だ。

863 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:17:11 ID:qX6EzJWA0
>>861
新渡戸の本ですか? あの本は古今東西の古典からの引用が
あるのがちょっと魅力。あの本で読んで、安直なウヨクになることは
まずないだろうと思う。

864 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:21:12 ID:qX6EzJWA0
>>862
ラフカディオ・ハーンでも読んでみんしゃい。

865 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:29:57 ID:VAJrbKyI0
◆日本の品格の最後の砦を守り抜こう!◆
http://uploader.fam.cx/data/u2954.jpg
http://www.geocities.jp/banseikkei/aikosama-kodomo-keifu.jpg
<まとめサイトなど>
優しい説明 http://kousitutenpan.harisen.jp/
まとめサイト http://www.geocities.jp/banseikkei/
エッセイ風 http://www.geocities.jp/hiko10ro/
★★政界最新状況★★
http://seisaku-center.net/sunbbs/
<政府案に反対する意見のメール先>
◇自民党本部  http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi
◇民主党本部  info@dpj.or.jp
◇首相官邸   http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

OFF板(議論OK板)
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1142004385/l50
OFF板(議論NG板)
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1143108283/l50

866 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:32:10 ID:CGVuvQFj0
数学者なのに、品格云々言うなんて、まあ
宗教的なものに憧れるんだろうな。

867 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:35:51 ID:HrXYwyj70
>>828




!!

868 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:39:24 ID:qX6EzJWA0
>>866
じゃあ、おっさん、どういう職業なら品格について語っていいのかね?

869 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:42:56 ID:CGVuvQFj0
>>868
数学者が国家の品格について語ってることについて言ってるんですよ。
国家の品格なんてとらえどころのないものについて語ってる。
とらえどころのないものを宗教と言ったまでです。

870 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:44:17 ID:7wwcE2zC0
と言うか欧米人への認識そのものがズレてるから、反論にもなってないよな。この本。

871 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:45:40 ID:2FRXTEe30
国家の品格、なんて下駄屋だろうがなんだろうが、自明なものだと思うが。

872 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:47:38 ID:N0WnpqCV0
>>862

ちっとも、右翼じゃないんだけど。

日中戦争は日本の過ちだったって書いてあるし。

まあ、中道派だろうな。

873 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:48:00 ID:nGmUTsiIO
828
こういう朝日の受け売りみたいなことを言う奴が日本を駄目にする

874 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:49:04 ID:oKXM03Fq0
新聞の特殊指定をみなおそうという動きがあるのをしっていますか?
http://www.asahi.com/politics/update/0317/010.html
民主党の議員有志は17日、新聞販売のあり方を考える「新聞と『知る権利』議員懇談会」を設置した。
公正取引委員会が昨年11月、新聞などに適用される独占禁止法の特殊指定の見直しを表明したことについて、
「戸別配達網を崩壊させ、国民の知る権利を損なう」と反対している。

えー・・・「国民の知る権利をそこなう」とか彼らはおっしゃっておいでですが、
最近の新聞はというと、ウソ捏造あたりまえ、意図的な誘導、みさかいのない親中韓報道、
新聞社とスポンサーの都合の悪いことはなるだけ報道せず、国民に『新聞社が信じさせたい事実』をおしつける。
韓国投手のドーピングや韓国チームのモラルの低さを隠し、荒川選手のウイニングランも隠す。
朝鮮サラ金武○士から5000万献金される新聞社、インサイダー取引肉茎新聞もあったなぁ・・・。
こんな捏造広告屋の利益をまもるために『特殊指定』をまもろう!・・・と民主党他はおっしゃっています。

国民はもうそろそろ目を覚まして『捏造新聞の利益を守るな!』と声をあげるべきだとおもいます。
http://www.jftc.go.jp/ (公正取引委員会)
http://www.jimin.jp/ (自民党)  主権は国民にあるのです。 みんなで苦情をおくろうとおもいませんか?(^^;

追加です。
自民党丹羽・古賀派が23日開いた総会で、新聞の全国同一価格での販売などを定めている
「特殊指定」の撤廃を公正取引委員会が検討している問題について、反対論が相次いだ。
丹羽雄哉・元厚相は「新聞の役割は大変大きい。宅配制度を維持するには、
再販売価格維持(再販)制度と特殊指定制度を守ってもらいたい。
最近、市場主義が声高に言われているが、日本の良き伝統と文化はしっかり守らなければならない」と訴えた。
岩永峯一・前農相も「再販、宅配、全国同一販売価格の問題は、我々の民主主義の根幹をなすものだ」と同調した。
(2006年3月23日22時47分 読売新聞)

『我々の民主主義』なんだそうな・・・国民の民主主義ではなく・・・(−−;
日本をたてなおすには、政界財界マスゴミ内の極左を『公職追放』せねば・・・。
まずはマスゴミと反日勢力の癒着をなんとかしないと・・・

875 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:49:42 ID:N0WnpqCV0
内容見たけど、単なるホリエモン批判、2チャンネル批判ってところだな。

876 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 01:59:25 ID:qX6EzJWA0
>>869
夜遅くご苦労さんです。数学者としてというよりは日本人の一人として
語っていると私は思います。確かに国家の品格と言われると
もやもやした感じがあります。例えば、昨今の日米、日中、対北朝鮮の
ような国対国の関係を考える上で、「品格」という捉え方は新しい
視点を与えてくれると期待しています。

877 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 02:22:23 ID:DiIRH/pb0
1万人の犯罪者がいても国家は揺るがないが、
1万人の真のエリートがいないと国家は滅びると言ってたな。このオッサン。

真のエリートとは如何でも良い圧倒的な知識と、なんつってたかな?。。。
頑固な正義感みたいなのが必要だと言ってたな。
まったく同意だな

878 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 02:47:52 ID:GLj7PzHA0
>>877
当たり前の希ガス。
「国に1万人」ということは、「国民1万人につき1人」ということだ。つまり、
大企業に一人、大学に一人、町に一人、最低その程度はエリート(指導者)が必要、ってことだ。

また、その規模の組織で一人犯罪者がいるのは当たり前のレベル。
それで国が滅びる事は無い。というのも当たり前。

879 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 04:58:37 ID:31KHRSoH0
鮮人に
 都合の悪いの
  みな右翼

880 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:02:19 ID:sudhFa030
念のため言っておくが、藤原の朝臣、正彦氏の主張している事は、
80年代に散々言われていた事だぞ。

85年以降、表面的には日本社会は全く進歩していなかったってことだ。
まあ、なにはともあれ、こういう本が一般に広く読まれることは悪い事ではない。



881 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:03:36 ID:lb1tACtJ0
朝鮮人右翼の小泉チョン一郎を排斥すべきと主張してる彼の発言には頷ける。

882 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:07:23 ID:5LGmQ1UC0
イチローが王の品格を賞賛したりするし、この本はタイムリーですな。

883 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:14:26 ID:gyhe7YpW0
黒現見たけど、マーケティングの勝利だな
書いたおっさんは大したことなさそうな人だった

884 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:24:21 ID:sudhFa030
>>883
確かに、出版前から『これは確実に大ベストセラーになりますよ』
なんて言われてたってのは、驚き桃の木、山椒の木だわな。w
マーケティング恐るべし。。。

しかし、藤原が禿じゃなければもっと説得力があったと言いたげなおまいは、
たぶん女だろ?



885 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:36:20 ID:2/nIE80/0
大衆が支配者の正義を語り始めりゃ世話無いな。
そういうのを奴隷の美徳っつーんだ。

こういう勘違い本が売れるのは今に始まったことじゃないが、
マスコミがおおっぴらに持ち上げるってことは、本格的に世の中狂ってきてるのかもな。


>>858
堀江は変革が正義だなんて言ってたっけ?
あいつは金を価値観の基準にしよう的な平等主義者だったと思うけど。

俺も堀江の主張を支持するわけではないし、支持しろと他人に強要もしないけど、
家柄や肌の色、親の七光りと比べて、金には普遍的な平等性がある、
という言い分自体はなんら論理として破綻するものではないし、
意見の一つとして認めるべきもの。

その辺りを勘違いして、犯罪行為だけを非難すればいいものを
調子に乗って堀江の主張叩きまで始めるマスコミやアンチ君はどうかと思うよ。

886 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:39:34 ID:Sq25xD1A0
買っているのはライブドアマンセーしていた団塊

887 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:43:29 ID:253BzO1O0
この人の基地害数学者を取り上げる人間講座は面白かったな
外で撮影してたから風が強い日にはもうwwwwwwww

888 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:49:25 ID:Rns/WQbo0
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1143140253/l50
ナイナイ岡村がイチロー&王JAPANを痛烈批判

・イチローの「向こう30年間、日本には勝てないなと思わせるような勝ち方をしたい」等の
発言は意味分からん。あれで韓国に誤解された、謝罪すべき
・たなぼたで優勝した。メキシコ様様。
・エラーした選手が態度悪い
・日本人のくせにイチローの「ファック」は許せん、謝罪すべき
・ボブ・デービットソン
・野球とサッカーは違う。サッカーで世界一になるのは難しい。


annより

889 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:49:51 ID:sudhFa030
>金には普遍的な平等性がある・・

それよ。
金の最大の効用はそれ。
それに対して、品格は人を選ぶ。
それがダメとは言わんが、金の効用と品格の影響力。
どちらが真の国益に適うのか? そのあたりが不明だわな。

少なくとも60年前には、品格は理解されなかった。

 

890 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 05:59:44 ID:ClfQsWxO0
※家庭が崩壊すれば社会が崩壊する、社会が崩壊すれば国力が低下する!!

@日本の金融は米に握られ A終身雇用は崩壊 B親父はリストラで母親はパ-トで穴埋め
C職人技術の継承困難 D少子化で「将来の労働力・購買力・税収・人口」の低下
E昔は珍しかった離婚家庭が急増 F学校を退学する生徒が増加 G借金での破産者急増
H自殺者の増加 I治安の悪化 J正社員の雇用減 K非正規雇用・無職者の増加
L国の社会補償費の増加 M結婚者数減 N外国人労働者や国際結婚の増加 
O外国人犯罪の増加 P企業の海外進出 Q産業技術の流出 





891 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 06:06:59 ID:MtC+sGz50
武士道なんて軍国主義の元になった思想じゃん。

892 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 09:05:29 ID:8l7tIxQt0
>>869
とらえどころのないものはいらないというのも一つの宗教なんだが

893 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 09:14:38 ID:ZUMiAYV30
この種の関東系爺は、武士を美化する傾向があるが、(関東にはそれくらいしか無いのでワンパターン)
争い混乱ばかり起こして、日本の品位、品格を落とし俗化してきた張本人は、特に関東の武士ではないのか?

鎌倉、応仁の乱以降の戦国時代など、日本での戦争は、大抵、坂東武者絡みで
こいつらが、朝鮮(高句麗など)から大量に沸いてきた以降だろ。

894 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 09:24:58 ID:JBkW5hzB0
ハッスホッス

895 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 09:33:12 ID:uxL6MzCj0
個人が高い美意識を持つことはいいことだと思う。

しかし国がそれを貫くとアメリカとも中国とも戦争覚悟で外交しなきゃ
ならん気がする。

896 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 09:43:26 ID:gW50QzOP0
>>895
日本もチベット化されるということか。

897 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 10:03:55 ID:eav1gkev0
エリートによる政治が破綻したから

民主主義が生まれたんですけど。

898 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 10:06:55 ID:5LGmQ1UC0
なんかプリプリした人が多いスレなのね。

899 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 10:17:59 ID:RFKOnGtk0
読みたい

900 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 10:25:34 ID:jKix1qp90
復古主義やエリート主義が嫌いなあの方々が必死こいているんだよ
100万部売れてしまったからね
必死さが余計に哀れみを誘う

901 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 10:31:10 ID:9TbT/mEx0
このおっさんはただ単にああ、昔はよかったから戻ろうって話になるだけでしょ
それを必要以上に人に押し売りしたり。新聞の拡張団と同レベル。
経済を必要以上に見下したり。
こいつは金融は銀行だけで十分で、証券会社とか保険会社は
汗を流して働くのを阻害して日本人の情緒を破壊するとか思ってんじゃねーか?
工場や田畑で労働に勤しむ事ばかりが美しいと勘違いしてる気がする。江戸時代じゃないんだよ

こいつは東京地検の「欲得ずくで(ryは許せない」という迷言を残した時代錯誤もはなはだしいクソ検事と一緒じゃんw

902 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 10:32:34 ID:jKix1qp90

これが必死な人です

903 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 11:23:25 ID:52MtJ7bk0
>>893
>鎌倉、応仁の乱以降の戦国時代など、日本での戦争は、大抵、坂東武者絡みで

日本史勉強しなおせyo

904 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 11:51:52 ID:eav1gkev0
日本の美徳を世界に広げろって

八紘一宇・・・・・

905 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 12:07:31 ID:Iq39gM63O
読みやすい本だった、面白かったよ
日本人が持つ感性や文化にもっと誇りを持とうという事には
禿しく賛同する

906 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 12:19:47 ID:eav1gkev0
天下の糞本

907 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 12:40:53 ID:52MtJ7bk0
>>906
じゃあ、どういう本ならいいんだい?

908 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 12:53:30 ID:+I7fnLcO0
>>907
売れない左翼の本でしょ

909 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 13:02:24 ID:52MtJ7bk0
>>908
漏れは、>>906の口から直接聞きたいw

910 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 14:48:11 ID:uTh/YEUY0
>>907
地下室の手記、じゃないか?


911 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 15:07:24 ID:eav1gkev0
エリートとか情緒とか戯言が書いていない本がいいね。。

912 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 15:32:20 ID:xBdHG9U/0
嫌韓流2もよろしく!

913 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 15:33:10 ID:52MtJ7bk0
>>911
具体的にお勧めがあれば是非

914 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 15:48:24 ID:oFedgNFw0
「武士道」とか「学問のすすめ」のほうがお勧め。

国家の品格で感銘を受けなかった人には↑の2つをお勧めする。
これよりも凄くまともなことが書いてあるから。

915 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 15:48:36 ID:BM5W8n6C0
俺も勝ったぞ

916 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 15:59:16 ID:qRZsbwuL0
大変美しい日本の風景
http://img240.imageshack.us/img240/75/sarabill9ne.jpg

917 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 16:05:08 ID:E61qdP/k0
 社会科学の中で経済学が唯一「科学的」として尊敬されているのは、
経済学が数学を駆使して理論モデルをつくっているから。他の社会科学は、
不定形な価値に捕らわれ、理論を数値化する努力を怠っている。

 数学者たるものが、数値化・理論化の努力を払わないのは学者として失格。
数学者として品格を語るなら、数値化された理論倫理学の分野を提唱すべき。

 ベンサムの提唱した快楽計算の数式を作って、それに基いた国民倫理を
打ち立てれば歴史に残る数学者として尊敬もされよう。
 藤原の倫理学は、数値化されていないし計算式もない。これでは数学者として
失格だ。
 数学者として少しでも自分の専門分野に矜恃があるなら、国家の品格を
数理モデルをもって語るべきだ。

918 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 16:13:49 ID:E61qdP/k0
 民族などの人間集団が普遍的になんらかの品格を持つものであるなら、
そこに一定の法則性があってしかるべきだ。藤原教授が数学者のはしくれなら、
その法則性を数理モデルを持って説明し解明することこそが学者としての義務である。

 数学者であるにもかかわらず、数学的アプローチを忘却し、情緒などに逃げるのは
知的怠慢である。数学者として「国家の品格」がなんなんのか、それを実現するために
なにが必要かを、数理モデルをもって説明すべきだ。
 経済学は、人々の生活の経済的側面を数理モデルで説明するものだ。政治現象や
倫理問題も、経済活動のように数理モデルで説明することは不可能ではない。

 藤原教授が数学者なら、国家の品格を実現するための数式を提示すべきである。
パラメータに何が必要で、どれだけの資源を投入すればどの程度の品格が達成
されるかを証明する「品格方程式」を提示すべきだ。

919 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 16:26:33 ID:uuXmt4EL0
うーん、本読んでて思った。 俺は結局アンチ反日以外の何者でも無くて、
核はやっぱり戦後の左翼無抵抗平和主義がベースになってるんだなあって。
美徳とか今更言われてもなー・・

920 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 16:54:18 ID:YS+CUuLA0
>>891
武士道は包丁と同じ
要は使い方次第
愛国心は包丁と同じ
要は使い方次第

921 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 17:06:09 ID:uxL6MzCj0
>>917
藤原さんはその経済学を否定してるんでしょ。
その数学を駆使した理論モデルってしらないけど、その理論モデルが
現実には全く作用しないといっている。

922 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 17:10:59 ID:IAaPiAxH0
買うのは嫌だから図書館で借りようと思ったら、予約が30人だってさ・・・
そんなに話題になってるの?

923 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 17:19:20 ID:tDTX7SVUO
何千円もする様な本じゃねえじゃねえかw
貧乏人が。

924 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 17:19:46 ID:x1/jN4pC0
>>914
私は福田恆存さんの著書を紹介しておきたい。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167258056/qid=1143188292/sr=1-45/ref=sr_1_2_45/250-8474837-0666669


925 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 17:21:32 ID:eav1gkev0
>923

10円でももったいない糞本だが

926 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 17:34:25 ID:rmBSvJkh0
■ 「日本国憲法と武士道精神」 〜 和の心による国づくり 2004.01.06
http://nagane.kimono.gr.jp/hideki/messages/26_title_msg.html



927 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 17:35:31 ID:0i5K5uHA0
週刊誌でこの人の長男がメンノンにおしゃれさんとして掲載されたことやモデル
並に美形だとか自慢していたがこれって美徳なのかよww
本当でも黙っておくのが「美徳」なんじゃねーの?

そもそも美徳なんてねーんだよ
バーロー!!


928 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 18:54:39 ID:52MtJ7bk0
>>925
まだいたのか。。。

929 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 18:58:22 ID:jSVf07+L0
結構面白い本だったけど、唯一「日中戦争は悪い戦争」って必死になってるのが気になった。
裏に中共がからんでそうでそこで一気にうさんくさく感じたわ。

930 :名無しさん@6周年:2006/03/24(金) 19:12:47 ID:52MtJ7bk0
>>929
別にうらに中国がいるとは思えないが。。。

2chのウヨのように日中戦争は正義の戦争などと書いたら、中韓を
刺激したであろう。100万部も売れたりしたら、「軍国主義の復活」とかなんとか
大キャンペーンを行ったのではなかろうか? するといいこと書いてある部分も
軍国主義と決めつけられたと思う。


281 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)