5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【右も内ゲバ】「つくる会」内紛問題、八木秀次氏復権へ 西尾幹二氏の影響力排除めざす

1 :ブルーベリーうどんφ ★:2006/03/29(水) 01:43:06 ID:???0
http://www.sankei.co.jp/news/060328/sha108.htm

 新しい歴史教科書をつくる会は28日の理事会で、会長を解任されていた
八木秀次理事を副会長に選任した。7月の総会までに会長に復帰するとみられる。
同会の内紛は事実上の原状回復で収束に向かうことになった。

 つくる会は先月27日、無許可で中国を訪問したことなどを理由に会長だった
八木氏と事務局長だった宮崎正治氏を解任。種子島経氏を会長に選任していた。
副会長だった藤岡信勝氏も執行部の責任を取って解任されたが、2日後に「会長補佐」に就任していた。

 しかし、地方支部や支援団体から疑問の声が相次いだことなどから再考を決めた。
藤岡氏は会長補佐の職を解かれた。種子島会長は組織の再編などを進めた後、
7月に予定されている総会までに八木氏に引き継ぐとみられる。宮崎氏の事務局復帰も検討されている。

 理事会では西尾幹二元会長の影響力を排除することも確認された。種子島会長は
「会員の意見を聴いたところ、八木待望論が圧倒的だ。内紛はピンチだったが、
『創業者の時代』から第2ステージに飛躍するチャンスにしたい」と話している。

2 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:43:41 ID:Az+lN7mr0
2

3 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:44:16 ID:RlaRr74H0
3kurai?

4 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:45:03 ID:cFYXyc870
八木さんって格好いいね。

5 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:45:28 ID:B2K/usn10
誰かわかりやすくこの問題おしえてよ

6 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:45:32 ID:oOClwb8m0
お笑いだよね

7 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:46:29 ID:1KZ9SSxe0
馬鹿ばっかりやってると左翼につけこまれるぞっと

8 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:47:01 ID:RsOOJVNm0
で、これは喜んでいいのか?w

9 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:47:18 ID:VwJ09MmU0
攻守逆転
西尾幹二と藤岡信勝が追放される側に

10 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:47:24 ID:CksiKKmM0
このスレは伸びないな

11 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:47:35 ID:IEgaIqpv0
八木はみるからにへたれで憲法学者の中では三流以下の扱い。
作る会にいるやつはみんな変な感じ。
カルトっぽい。

12 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:47:49 ID:tbjlAY7k0
西尾幹二が
悪いって事か?

13 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:47:52 ID:ZAtS1bYk0
左翼も右翼も内紛大好きだな

14 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:47:58 ID:XpiM2AUn0
kawasaki

15 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:47:59 ID:+qfIsPMX0
新米と反米の両保守による喧嘩です。

16 :ブルーベリーうどんφ ★:2006/03/29(水) 01:48:23 ID:???0
【記者の一言】

小さなムラでメンツを争ってどうする、という印象です。



17 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:49:40 ID:IEgaIqpv0
うどん山本はどうした?
山本チェンチェイも今はやりの建艦ちゅうやつかね。
在日ネットワークがどうしたとか三国人がうるさいとか
よういっとるだろ。

18 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:49:40 ID:ksk0pKzT0
今回の件で日本近代史の重鎮伊藤隆までいなくなったのが痛いわな。
つくる会にはもう歴史学者いないなり。



19 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:49:41 ID:YW3q0/PT0
>>16
主義者の常ですが何か?

20 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:50:33 ID:sMjRTwpN0
3人寄れば組織
金が絡めばバトルロワイヤル

21 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:50:52 ID:iR/aY62m0
右だろうが左だろうが団体でなにか活動すること自体痛い

22 :(*゚ w ゚):2006/03/29(水) 01:52:27 ID:qpeOQgf50
まぁ右でも左でも、売国でなければいいんだよ。

23 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:52:40 ID:/e+wvRTV0
>>18
福地惇がいる

24 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:52:51 ID:8Qa5xGPb0
>>16

新左翼の分裂劇を思い出しますな。
タダでさえ少ない人数が離脱者をだしながら
分裂に次ぐ分裂を繰り返していく様によく似ているような。

25 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/29(水) 01:53:04 ID:sCVWBCXt0
電波系団体の内紛劇は、sage進行でお願いしまつ。
何も赤っ恥を天下にさらすこたぁないでしょ?

26 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:54:17 ID:hrUZBdtF0
>>25
>電波系団体

それ、なんて中核派?

27 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:55:37 ID:Grk2L2UB0
死者を出さない分左よりはマシ

28 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:55:39 ID:XtznqaK50
八木って電波なことしか言ってないじゃん

29 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:55:42 ID:oOClwb8m0
右も左も電波ってこと

30 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:55:43 ID:WnpxnIcQ0
内ハゲ勃発

31 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:56:05 ID:lO7MBU8U0
国の中枢で互いに暗殺しあっていた皇道派vs統制派の闘争に比べればかわいいもんだ。

32 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:57:44 ID:IEgaIqpv0
2ちゃんのスレ立てる人も一応記者ってなってるわけだし
調査報道じゃないけど少しは自分で
足でかせいでネタ取ってきたほうが面白いのにな。
既存マスコミのネタをコピペしてスレ立てるだけだもんな。

33 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:57:51 ID:8Qa5xGPb0
>>29

だから極右極左っていうわけだが。

34 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:57:59 ID:roOCuJjN0
味方のふりをした妙な連中を送り込んで混乱させるのは常套手段ですから。
拉致被害者の会とかも。

35 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:58:37 ID:ImHfAJCa0

もともと、あの面々じゃ、説得力ないなぁ。
みんな人相悪いし。

36 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 01:59:43 ID:XpiM2AUn0
>>34
kwsk

37 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:00:32 ID:XtznqaK50
>>34
元々妙な連中が作ったんじゃないのか

38 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:00:34 ID:VwJ09MmU0
>>32
ばく太に言えよ
うどんは自分で分析してスレ立ててるし
NHKの松尾のスレは鋭かった

39 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:00:54 ID:vQNB61+O0
>>34
公安が極左グループにもやってたんだっけ?
やっぱ国にとってはどっちも邪魔なんかね?

40 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:01:30 ID:F48tZz9L0
>>11
統一協会 八木 - Google 検索
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E7%B5%B1%E4%B8%80%E5%8D%94%E4%BC%9A%20%E5%85%AB%E6%9C%A8&num=50


41 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:01:49 ID:/zRCCax00
宮崎氏の事務局復帰も検討されている

これはまずいんでないの

42 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:01:56 ID:t7Nj/lI90
馬鹿三流学者ってなんで右に走るんだろう

43 :31:2006/03/29(水) 02:02:33 ID:lO7MBU8U0
統制派は暗殺まではやってないかな、失礼。

>>39
そら右翼も暴走するとクーデター起こしますから。

44 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:03:01 ID:4dYzqTxv0
八木が中心かよwwwもう終わったな。
まあ自虐史観の歴史教育に一石を投じてくれたことに意味があったと見るべき。

45 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:03:23 ID:Fk39o4kn0
 


http://www.vipper.net/vip24495.jpg

46 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:03:27 ID:QGDJ5jOC0
「つくる会」教科書は再び国民に支持されなかった
       これは市民の良識と民主主義の勝利です
http://www.linkclub.or.jp/%7Eteppei-y/tawara%20HP/2005.9.1/1.html

47 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:03:49 ID:/zRCCax00
西尾氏にいろいろ相談して成長したスーパー八木で戻ってくればいいよw

48 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:05:51 ID:vQNB61+O0
>>43
そういう意味では日本会議は政府公認ってことか

49 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:07:51 ID:5ZPcjbZ90
幕屋と勝共(統一教会)はどっちもCIAとのパイプの深い親米派
(ここで注意しておくべきは、CIAが統一や幕屋を支配してるわけではないということ)
だからつくる会にいる以上反米はありえない。小林と西部が辞任したのはこれが本当の理由だし
西尾も最近反米に傾いていた。だから排除された。
ただ、一つだけ付け加えると、アメリカは日本に対して歴史カードは切らない。
だから、歴史教科書問題だけに限定すれば、教科書内の反米記述が槍玉にあがるようなことはなかった。
原爆の記述が制限されるとか、作る会の中でそういうことはまったくなかった。
あくまで、政治問題でのアメリカ批判がタブーだった雰囲気があるだけ。

小林よしのりや左翼連中のポチ批判はあたってる部分もあるが、上記の点ははずして考えないでほしいものだ。



50 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:07:54 ID:QGDJ5jOC0
アジアを蔑視し、韓国への植民地支配を正当化する、日本の侵略戦争をアジア解放戦争などと肯定・美化する、
南京大虐殺や日本軍「慰安婦」は「日本を糾弾するために捏造されたうそ」だと主張して加害も被害もほとんど書かない、
民衆の視点を欠いて国家と天皇中心の歴史観を植えつけるなど歴史を歪曲する歴史教科書。主権は一人ひとりにはないなどと
日本国憲法を歪め、戦後の日本の平和は憲法9条とそれを活かす平和運動によってではなく、自衛隊と日米安保条約によって
守られたとして憲法「改正」が必要だと教えこむ、基本的人権の制限、権利よりも義務を強調し、「国防の義務」を
子どもに押し付ける、ジェンダーフリーを敵視する公民教科書。これは、「戦争をする国」の国民づくりをめざす
政治運動の道具として発行された新しい歴史教科書をつくる会(「つくる会」)の歴史・公民教科書(扶桑社版)です。


51 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:08:10 ID:v64osShu0
この1ヵ月、藤岡一派は中国旅行の件で八木のことを「中共の手先」と罵ってたわけだが
今度は藤岡が「つくる会破壊のために日共から送られたスパイ」と罵られる番です。

52 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:08:29 ID:mRP3D1fy0
>>45
右も左もいい具合にキンタマ片玉づつ握られてるよな……

53 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:10:17 ID:vQNB61+O0
>>52
握る側もその辺はちゃんと考えてるってことか

54 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:10:28 ID:QGDJ5jOC0
 「つくる会」は10%以上の目標を達成するために、政治家を使って文部科学省に検定・採択制度を改悪させ、
国会議員・地方議会議員を動かして教育委員会に圧力をかける、首長(知事・市区長)と教育長を支持者に
取り込むことを方針にやってきました。そして、白表紙本(検定申請図書)を不正に流出させ、高橋史朗氏の
埼玉県教育委員就任の際に公然とうそをつき、杉並区の採択では反対した教育委員に脅迫まがいの公開質問状を出し、
さらにその委員を誹謗・攻撃するビラを配布するなど、あらゆる手段を使って採択を取ろうとしてきました。
自民党は「つくる会」教科書を採択させるために自民党本部と地方組織、国会議員と地方議員が一体となって
活動するように、安倍晋三幹事長(当時)名で通達を出し、運動方針に「教科書の偏向是正」
(「偏った歴史観やジェンダーフリーに偏重した教科書の是正」−自民党のパンフレット)を掲げ、
憲法・教育基本法改悪と一体のものとして位置づけました。これを受けて、
各地の議会で自民党議員が他社教科書の誹謗と「つくる会」教科書を支持する発言を繰り返し、
「つくる会」が有利になる請願の採択を強行しました。自民党は県連主催の
「つくる会」教科書採択推進のシンポジウムなどを各地で開催し、国会議員が選挙区の教育長に
手紙を出して圧力をかけるなど、教育基本法第10条に違反するなりふり構わない活動を展開しました。
この自民党の党をあげての「つくる会」教科書の採択活動は、前回の2001年にはなかったことで、
「つくる会」教科書の採択問題は、「つくる会」や日本会議と市民運動などとの対抗だけではなく、
自民党など憲法改悪、戦争国家づくりをめざす政治家と歴史歪曲ゆるさず平和を求める市民運動との対決という様相を強めました。

55 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:11:28 ID:MUydh2QJ0
内ゲバというかプロレスだよな。
わざと喧嘩して世間の注目を集める。

56 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:11:53 ID:/zRCCax00
>>51
田中上奏文は偽者との発言を中国側から引き出したのに
作る会に相談がなかった?との理由で八木懐妊ってのはおかしいと感じた

57 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:12:31 ID:MDaNWdng0
 新しい歴史教科書をつくる会(「つくる会」)はこれまで何回も内部抗争を行ってきました。
そのことは西尾幹二前名誉会長も「『つくる会』は過去にも内紛を繰り返してきました」と
自分のHPのプログで認めています。その内部抗争の代表的なものを紹介します。

97年1月 「つくる会」結成。
98年2月 初代事務局長の草野隆光氏を解任。大月隆寛氏が事務局長に。
99年7月 藤岡信勝副会長と濤川栄太副会長を解任。藤岡氏は理事に、濤川氏は理事も退任。
      高橋史朗氏が副会長に。藤岡氏は01年9月の総会で副会長に復帰。
99年9月 2代目事務局長の大月隆寛氏を解任。高森明勅氏が事務局長に。
      高森氏は01年9月で事務局長退任して理事に。01年10月から宮崎正治氏が事務局長に。
02年    小林よしのり氏・西部邁氏が西尾・藤岡・八木氏らと対立して退会。
06年1月 西尾幹二名誉会長が辞任・退会。遠藤浩一・工藤美代子・福田逸副会長が辞任し理事に。
06年2月 八木秀次会長、藤岡信勝副会長、宮崎正治事務局長を解任。宮崎氏は退職(解雇)。


58 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:12:47 ID:6zvqZ64S0
ネットウヨっておもしろいなー。

59 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:13:55 ID:QGDJ5jOC0
 まず挙げなければならないのは、天皇神格化と国民主権の軽視です。「天皇は、古くから国家の平穏と
国民の幸福を祈る民族の祭り主として、国民の敬愛の対象とされてきた。……わが国の歴史には、
天皇を精神的な中心として国民が一致団結して、国家的な危機を乗りこえた時期が何度もあった。
明治維新や第2次世界大戦で焦土と化した状態からの復興は、その代表例である。」に見られるように、
天皇の立場についての神格化があり、大日本帝国憲法下において、「天皇が元首であった」としてその地位は、
「国民主権のもとで伝統的な天皇制度を維持することを確認している。」としています。
あたかも実際の政治には関与しないにしても引き続き天皇に主権者ないし主権の源があるかのように
記載しています。他方で、「国民主権」は言葉として出てくるだけで日本国憲法の重要な内容であること
についてはまったく説明されていないのです。教師による解説があるにせよ、国民主権の説明が絶無であり、
その重要性が述べられていないのでは憲法理念をきちんと子どもたちに教えることになりません。
天皇の神格化の記載が何行にも亘って続いているのとは対照的です。こうした対比を考えれば
国民主権を実際には軽視するものになっていることは明白です。

60 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:15:17 ID:hygBByxx0
>>41
なんで? くわしく

61 :反米だが・・・ ◆ai/4WmELPY :2006/03/29(水) 02:15:57 ID:I+IDAMGg0
この世代(60年安保世代)は団塊の世代(全共闘運動)
のような明確な左翼運動の死を実感してないから
いつまでも理念に甘えて駄目なんだよ。西部は例外かぁ。

62 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:16:06 ID:OWnI56bv0
麻日の大麻でとちくるったか?

63 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:17:43 ID:QGDJ5jOC0
 「つくる会」の教科書は、植民地の人々や日本人の被害について、少しは触れている。
台湾や朝鮮からの徴用や徴兵についても、検定の結果、少し記述されるようになった。
戦時下の耐乏生活や勤労動員、学徒出陣、玉砕、特攻隊なども記されている。しかし、それらは、
「多くの国民はよく働き、よく戦った。それは戦争の勝利を願っての行動であった」と、
戦争への協力と位置づける構成になっていて、沖縄については、「ひめゆり部隊の少女たちまでが
勇敢に戦っ」たと、事実に反することまで書いている。これらは、「自衛とアジア解放の戦争」への
協力として、その犠牲が位置づけられていることに注意すべきだろう。戦争そのものを疑問視したり、
それに反対する方向性はここには皆無である。
 また、右の被害の記述に関連して、戦争を容認したり推進していった軍部や天皇、また政府の中枢などの
責任について、ほとんど触れていない。逆に昭和天皇は、二・二六事件を鎮圧し、終戦の聖断を行ったという、
「美談」の主として、二度登場するだけである。そして民衆は、たとえば満州事変について、
「政府の弱腰な外交方針に不満をつのらせていた国民は関東軍の行動を熱烈に支持し…関東軍は満州国建国を宣言し」た、
と結論づけ、その責任を民衆に押しつける方向さえ打ち出している。関東大震災における「社会主義者や
朝鮮人・中国人を殺害」したのも、すべて「住民の自警団など」の責任とし、大杉栄の虐殺や亀戸事件をはじめ、
社会主義者の殺害における憲兵や警察・軍隊の今日明らかな役割さえ記していない。

64 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:20:51 ID:QGDJ5jOC0
「戦争は政治の延長」「戦争には善悪はつけがたい、国益がぶつかりあって話し合いで解決しなければ、
最後は戦争で解決する」などと戦争そのものを肯定しています。
 1999年5月にオランダのハーグで行なわれた市民平和会議の10項目のアピールは、その第1に
「各国議会は日本国憲法第9条のように政府が戦争することを禁じる決議をすべきである」を掲げています。
 第1次世界大戦以降、国際社会では戦争を違法化する努力が前進し、平和に対する罪、人道に対する罪、
戦争犯罪など戦争そのものを違法化する国際法が確立されてきました。21世紀は、できる限り早い時期に、
核兵器を廃絶し、この地球上から戦争をなくしていくのが人類の課題になっています。
そのような国際社会の動向を無視して、子どもたちに戦争を肯定することを教える教科書の登場は驚きです。
「一部情報」によると、検定によって上記の表現は中学生にとって「程度が高すぎる」として
やさしく書き換えられていますし、内容も弱められていますが、そのトーンは残されたままです。
西尾幹二会長は、この教科書のこの部分は、「私たちの志を表した部分で『つくる会』の原点である」といい、
「過去の戦争を評価すること」「過去の戦争が正しかったと理解すること」が必要、
「戦争については謝罪してはいけない」と主張しています。このような戦争肯定史観が
この教科書の近現代史部分の基調になっています。

65 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:24:47 ID:AL1JjXtC0
暴力を伴ってないのにゲバって表現は正しいのか?

66 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:25:57 ID:Awkaomjl0
上杉がつくる会に変な宗教団体がまぎれこんでいると指摘していたが
今になってそれが正しかったことが証明されたようだ。

67 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:28:26 ID:EIMA60yp0
ん?今度は、藤岡が追放ってこと?

68 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:30:06 ID:UzM1srJ/0
>>65
まあ猛威や威力って意味も有るからいいんじゃない?

69 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:33:16 ID:QGDJ5jOC0
 「つくる会」歴史教科書について『史』では、「学習指導要領の目標を実現できる教科書」だと主張しています。
学習指導要領の目標のなかで「我が国の歴史に対する理解と愛情を深め、国民としての自覚を育てる」としている点を
大きくとりあげています。学習指導要領のこの部分については強い批判があります。歴史の記述は学問研究の成果の一つであり、
そもそも愛情を持つ対象ではありませんし、それを国民としての自覚を育てるために利用すべきものでもありません。
冷静に批判検討し、将来に生かすべきものです。まして愛情をもつかどうかは個人の内心の自由の問題であり、
学習指導要領の名によって一人ひとりに愛情を強制すべきものではありません。この学習指導要領のもっとも悪しき部分を
根拠にして「つくる会」教科書こそが学習指導要領の目標をもっとも実現できる教科書だというのですが、
学習指導要領には「民主的、平和的な国家・社会の形成者」や「国際協調の精神」と述べている部分もあります。
これらの部分を「つくる会」は無視しています。「歴史的事象を多面的、多角的に考察し公正に判断する」という
学習指導要領の目標には程遠いアとを自ら明らかにしたものといえます。
公民では、学習指導要領が教科書に求めていることは「国民の健全な常識の反映」だと何の根拠も示さずに断定し、
だから「つくる会」教科書は「学習指導要領に最も合致した教科書」だというのですが、これは実に飛躍した論理と
いわなければなりません。「つくる会」が「健全な常識」だと考えているのは、どうやら憲法改正は当然、
個人よりも国が大切という考え方のようですが、それは決して国民大多数が合意した「健全な常識」
とはいえませんから、まずこの点で「つくる会」の主張は成り立ちません。そのうえ学習指導要領にはどこを探しても
「国民の健全な常識の反映」などという文言はありませんから、この点でも「つくる会」の主張は成り立ちません。

70 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:41:23 ID:g8b1r3aI0
そしてだれもいなくなった・・・

71 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:41:36 ID:QGDJ5jOC0
 いままでの歴史研究が積み重ねてきた常識と、それにもとづく多くの教科書の記述では、明治維新がおこった原因をこのようにとらえていました。
江戸時代の生産力の発達とそれによって活発になった商業の発達にもとづく経済変動により、幕府と藩の権力が衰退したこと、そこへさらに
欧米資本主義国家による開国要求の圧力が強まり、支配権力の改革によってそれに対応しようとする倒幕派下級武士勢力が、民衆の闘争をも利用しつつ
幕府権力を打倒した、と。ところが「つくる会」教科書は、江戸時代の民衆の暮らしも生産と流通の発達の記述もきわめて簡単になり、
それと社会の変動を結びつける記述はありません。明治維新の改革をもたらした底流として、経済の発展と資本主義への芽、そのなかの民衆運動に
目を向けることもしません。ではなぜ明治維新がおこったのか。それは「公共の利益のために働く」武士道のおかげだったと説くのです。
「武士たちが藩のわくをこえて日本の存続のために立ち上がったのは、武士道の中に公共の利益のために働くことに価値をおく
忠義の観念があったことと深い関係がある。」「全国の武士は、究極的には天皇に仕える立場だった。(中略)皇室を日本の統合の中心とすることで、
政権の移動が比較的スムーズに行われた。」などと書きますが、藩のわくの中にいた江戸時代の武士の立場と「忠義の観念」について、
なんの証明もなく勝手に断定をくだし、明治維新を民衆とは無関係に、武士道と武士の自己犠牲の精神によって武士がみずからなしとげた改革だとするのです。
ここにはいくつかのメッセージがこめられています。社会の変革は民衆の力によっておこるのではなく、支配者自身の努力によっておこるのだ、
だから民衆はそれにしたがっていればよい。日本では、天皇の存在があったために、それがいっそううまくできた。中国・朝鮮には
それらの条件がなかったから、欧米の植民地になったのはしかたなかった、というものです。このような考え方では主権者を育てることはできません。

72 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:46:07 ID:QGDJ5jOC0
 アジア太平洋戦争末期のところで、「日本の将兵は敢闘精神を発揮してよく戦った」一般国民も「このような困難の中、
多くの国民はよく働き、よく戦った。それは戦争の勝利を願っての行動であった」と称えています。なぜ人命を尊重せずに
全滅するまで無理な戦いをしたのかという問題も、戦争そのものの善悪も考えさせずに、ただ国のためにつくしたのが尊い
ということを子どもたちの頭に植え付けようとしています。
一方、日本の受けた被害は軽くしか扱っていません。広島・長崎への原爆については、それぞれ「投下した」とたった
一言書くだけで、その被害の実相は全く書いていません。原爆による犠牲者数さえ書いていません。被爆国日本の教科書としては
驚くべきことです。15万県民の命を奪った沖縄戦もたった2行半です。

73 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:47:29 ID:j6R20lf70
伊藤隆先生は、つくる会にまだいるのかなぁ。

74 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:48:13 ID:g8b1r3aI0
ゲバゲバ

 ぴ〜〜〜〜

75 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:54:11 ID:PzRfOKo50
>>33
つくる会が極右、極左と言う奴って、知障でしょ。
ウヨサヨ関係なく、真ん中だよ。



76 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:54:17 ID:Urkt4lzg0
>>55

新日 全日 ノアみたいなもんか

77 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:55:19 ID:QGDJ5jOC0
「つくる会」は、自分たちの教科書を学習指導要領が「歴史」の目標として示している
「我が国の歴史に対する愛情を深め、国民としての自覚を育てる」にもっとも合った教科書だと宣伝。
教育委員会にこの目標を基準に各教科書を比較した「資料」を作成させ、それに基づいた採択をさせようとしています。
「つくる会」の支部などが地方議会に「教育委員会の権限・責任で選ぶこと」「学習指導要領の『目標』を基準にすること」
という請願を出して圧力をかけ、彼らの要求どおりに教育委員会を動かそうとしています。熊本県では採択された請願どおりに
県教委が市町村教委を指導しているかどうかを、自民党県議が調査して回っています。


78 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:59:16 ID:PzRfOKo50

問い
以下の中から正しいものを選べ。


ID:QGDJ5jOC0=反日ファシスト  
ID:QGDJ5jOC0=反日糞サヨ
ID:QGDJ5jOC0=時代錯誤の馬鹿サヨ





79 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 02:59:33 ID:0q4L2tl/0
西尾は、すぐにカッカとなるからいないほうが、ためになる。



80 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:00:36 ID:QGDJ5jOC0
 「つくる会」は「学習指導要領の『我が国の歴史に対する愛情を深め、国民としての自覚を育てる』を
最も踏まえた教科書を採択せよ」と主張しています。
 しかし、教科書採択問題を長年研究してきた立正大学の浪本勝年教授は「検定に合格した以上、
どの教科書も学習指導要領を踏まえていると認められている。採択でより指導要領にあった教科書を選べというのは
検定を二回やるようなもの。採択ではそれぞれの地域や子どもの実態にふさわしい教科書はどれかということを考えて選ぶべきです」と語ります。
 しかも、「つくる会」が取り上げているのは指導要領のうち自分たちに都合のいいところだけです。
指導要領の社会科の目標には次のような記述もあります。
 「広い視野に立って…多面的・多角的に考察」
「国際社会に生きる民主的、平和的な国家・社会の形成者として必要な公民的資質の基礎を養う」
 仮に学習指導要領を基準に考えても、侵略戦争を正当化してアジアからの批判を浴びている
「つくる会」教科書が、こうした目標にそぐわないことは明らかです。


81 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:13:59 ID:PzRfOKo50
問い
以下の中から正しいものを選べ。


ID:QGDJ5jOC0=反日ファシスト  
ID:QGDJ5jOC0=反日糞サヨ
ID:QGDJ5jOC0=時代錯誤の馬鹿サヨ


82 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:15:44 ID:bdDwKTfLO
右も内ゲバ

ワロスw
うどんGJ

83 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:16:26 ID:xzd+qpuT0

>>81
先生!!全部そろってると思いまーーす!!

84 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:17:47 ID:NhyuPd4o0
>>60
今回の採択戦大敗の元凶だからな。

採択が成功した支部からも、その無能ぶりを非難されてたらしい。
おまけに、その責任を問われて会首脳から事務局長辞任を求められると、
自分の出身母体である日本会議をバックにつけて西尾、八木、藤岡を脅し
(八木はこれで転向した)
さらに種子島体制が成立しそうになると、
FAXニュース差し替えをはじめとする様々な妨害工作を新執行部に対し行った。
さすが学生運動家あがりは、やることがこすくてえげつないわw
(自分の権益に関わることには特にww)

85 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:19:04 ID:5E3PTupA0
生徒は大変だな・・・
作る会の教科書なんかじゃ受験大変だろ?

86 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:20:50 ID:Y0Tf1Xrf0
こんなカルト団体が書いた本を教科書にすることなんてできるわけないよな・・・・

87 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:20:56 ID:g8b1r3aI0
>>85
国士舘

88 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:22:13 ID:1OVH3doo0
無視、無視ぃ〜
ニャーニャニャニャーニャ

89 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:23:35 ID:9jfcDoe40
>>85
もともと教科書で受験なんて出来ないけどなーw

90 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:23:57 ID:QGDJ5jOC0
文科省は、10月にその事実を知って指導したが、扶桑社はその後も配布をつづけ、
文科省は1月に再度、3月に再々度の指導をしたと説明している。これは異常なことである。
文科省は、各社に検定中の白表紙本など資料を公表した事実が判明したら検定を中断するといってきた。
そのこれまでの指導からすれば、10月の時点で「つくる会」教科書の検定を中断すべきであった。
そうしたペナルティーを何ら課すことなく、不正行為を放任しつづけ、「つくる会」教科書を検定合格させたのは、
この教科書に対して、特別扱いして優遇したということになる。これは、「中立、公正」(検定審)な
検定行政をおこうべき文科省として絶対に許されない行為だといえる。

91 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:25:17 ID:azWbtc/2O
なんか坂本孝加雄センセが逝去されて保守論壇の命運が尽きたような…
もう藤原正彦や中川八洋をメディアにバンバン投入してくれ

92 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:26:06 ID:QGDJ5jOC0
  彼らは、今年四月の検定申請に先立って、「検定基準から近隣諸国条項を削除せよ!」という運動を繰り広げ、
そうして集めた五五万人分の署名をもって同月一二日、河村文部科学大臣に面会した。彼らの「公民」教科書の検定申請は
その翌日のことであった。あらかじめ、検定基準そのものを変更するよう圧力をかけておいて教科書の申請をするというやり方、
文科大臣もそれに拒絶の姿勢を見せていない以上、次は実質的に近隣諸国条項が骨抜きにされ、より悪質な教科書として
登場する可能性がきわめて高い。
  それを、とりあえず「愛国主義」教科書と予測するならば、その姿は、すでに前回の「つくる会」教科書の中に、
かなりはっきりした形を整えつつあったことを思い出す。たとえば、まえがきに、「歴史を学ぶとは、今の時代の基準からみて、
過去の不正や不公平を裁いたり、告発したりすることと同じではない」としていた。これはつまり、自国の「不正や不公平を
(今)裁いたり」しないことこそ大切である、と主張していることを意味する。

93 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:26:28 ID:j6R20lf70
>>91
坂本先生がお亡くなりになったのは痛かったね。

94 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:29:10 ID:v0BBTHbD0
 「教科書採択は教育委員会の権限だ」とする「つくる会」や自民党の攻撃で、一九九〇年代まで重視されていた
教師の意見を反映する仕組みが各地で廃止されています。
 中学校の教科書は九教科で各社合わせて百四十冊にのぼります。数人の、しかも専門家でない教育委員だけで
すべての分野について適切に判断することは不可能です。教師の意見が排除されたため、内容よりも表紙や
紙の質を基準にして選ぶ教育委員会が出るなど、子どもの教育にとって深刻な事態が起きています。
 浪本教授はこう指摘します。「いい教科書を選ぼうと思えば、実際に教科書を使って子どもを教えている
教師の意見を尊重するのが当然です。教育基本法第一〇条は、教育は不当な支配に服してはならないとし、
教育内容に教育行政が介入してはならないと定めています。どの教科書を使うかというのはまさに教育内容の問題で、
教育委員会が教師の意見も聞かずに直接、教科書を選ぶのは一〇条に反します」
 「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」は「教科書その他の教材の取扱い」にかんする事務を教育委員会が
管理・執行するとしていますが、あくまで事務の取り扱いについて定めたものにすぎません。
 政府も一九九七年以降数回にわたり、より多くの教師の意見を反映させるべきだという閣議決定をしています。
国連機関であるユネスコも「教員の地位に関する勧告」(一九六六年)で、教員は「生徒に最も適した教材および方法を
判断するための格別の資格を認められたもの」であり、教科書選択で「不可欠な役割を与えられる」とのべています。

95 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:29:39 ID:BVhKPHwU0
>>57
解任がやたら多いがどういうシステムでトップクラスを解任してるんだろう。
にしてもどんどん人材が減っていく団体だな。

96 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:33:52 ID:v0BBTHbD0
 「つくる会」を公然と支援している自民党がすべての県で賛成。公明党は少なくとも五県で賛成しています。
区市議会では民主党も賛成したところがあります。
 請願や陳情は「つくる会」の支部のほか、さまざまな団体・個人名で出されています。内容は(1)「不当な圧力」に
き然と対処する(2)学習指導要領の「我が国の歴史に対する愛情を深め…」「歴史上の人物と現在に伝わる文化遺産を
…尊重する態度を育てる」という目標に基づいて採択する―など「つくる会」の主張どおり。市民や教職員の意見を排除したり、
「つくる会」に有利な基準で教科書を選ばせようとするものです。
 今年に入ってから採択されたのは香川・千葉・神奈川・石川・滋賀・奈良・岡山・徳島・山形・宮城・熊本・和歌山・富山・栃木・鹿児島の各県議会。
 自民党は今年の運動方針に「偏った歴史観やジェンダーフリーなどに偏重した教科書」の「適正化」を掲げ、こうした請願・陳情の採択を
推進しています。国会議員が「つくる会」教科書採択のために「頑張りたい」と明言するなど、公然と教科書採択に介入。
「植民地支配と侵略」への反省を表明した日本政府の立場に反する侵略正当化の教科書を、学校現場に持ちこませようとしています。


97 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:34:55 ID:BydgeBik0
>>94
第七章●日本を襲う言論テロ----「新しい歴史教科書」を攻撃する反日ファシズム

図書館で密かに行われている言論テロ
偏向報道で「つくる会」を攻撃するメディア
反日スローガンの道具として使われている教科書
日本政府の怠惰と不見識
「客観的な歴史はあるのか?」「客観的な事実はある」
反日キャンペーンと共闘する「教科書ネット21」
扶桑社「申請本」回収は仕組まれたのか
教科書問題が外交問題になる構図
中国、韓国、日本で無限循環する反日スパイラル
レッテル貼りで言論抑圧するシステム
「書物を焼く者は、いずれその炎で自身をも焼くであろう」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569643663/


98 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:37:14 ID:BydgeBik0
「歴史は自由な国においてのみ真実に書かれ得る」------これはヴォルテールの言葉
だが、教科書問題を考えるとき、忘れてはならないキーワードになる。
平成十七年(二〇〇五)七月十四日、最高裁第一小法廷で非常に重要な、そして
画期的な判決が下った。六月二日に口頭弁論が行われたこの裁判は、千葉県船橋
市の船橋西図書館のいわゆる焚書事件を扱ったもので、実は、教科書問題の本質に
関わる裁判だった。言論、表現の自由を保障する憲法二十一条にも関係するが、横
尾和子裁判長は著作物の著者の人格権とでも呼べるものを認め、日本の言論の自
由をギリギリで守る判決を行った。

平成十三年(二〇〇一)八月に船橋西図書館の土橋悦子司書が廃棄処分に該当し
ない書籍百七冊を勝手に廃棄したのが発端だった。これは、たまたま発覚した事件である
が、恐らく全国の図書館でも同じようなことが行われている可能性がある。全国の公立図
書館で廃棄するまでもなく、司書の特定イデオロギーによって購入されない書籍や雑誌が
多くあるし、逆にほとんど読まれない書籍や雑誌を購入しているケースも多く見られる。
図書館の司書による言論テロリズムである。


99 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:40:11 ID:BydgeBik0
廃棄された百七冊の書籍の著者は「新しい歴史教科書をつくる会」(以下「つくる会」)
の人や彼らに近い人のものだった。西部邁氏、渡部昇一氏、西尾幹二氏、福田和也
氏、高橋史朗氏、福田恆存氏、長谷川慶太郎氏、岡崎久彦氏、坂本多加雄氏、
日下公人氏、谷沢永一氏、藤岡信勝氏、井沢元彦氏ら十四名と「つくる会」の著書
が勝手に破棄されていた。
この事件は言論の自由を侵害する重大な犯行であり、裁判は破棄された書籍の著者た
ちと「つくる会」が原告となって損害賠償請求で船橋市と土橋司書を訴える形となった。
だが、日本の司法も狂い始めている。平成十五年(二〇〇三)九月、一審の東京地裁
は、気に入らない書籍を恣意的に廃棄した被告と管理不能だった船橋市を詰問し罪を
認めるものの、以下の判決文によって原告が敗訴するという奇妙な裁判になった。
「被告土橋が単独でした本件除籍等の行為は、被告船橋市の定める除籍基準に反し
たものとして、被告船橋市との関係において違法となることはあっても、その著者である原告
らとの関係において違法となることはない。被告船橋市の法的責任が生じないことも前述
のとおりである。したがって、原告らの本件請求は、いずれも理由がない」。
意図的に書籍を廃棄したこと。それを違法と認めたことに於いては、実質勝訴なのだが、
損害賠償や言論・表現の自由を謳う憲法二十一条違反を東京地裁は認めなかった。
しかも、司書によるテロリズムの実行犯が罪に問われない、信じられない判決だった。
その後、上告され高裁が棄却したが、平成十七年(二〇〇五)七月十四日に、最高裁が
つくる会側の主張を退けた高裁判決を破棄し、高裁に差し戻した。判決は、著者の思想の
自由や表現の自由が憲法で保障された基本的人権であることを重視し、「著者が意見など
を伝える利益は、法的保護に値する人格的利益だ」と定義し、「図書の廃棄は著者の人
格的利益を侵害し、違法」と船橋市の違法性を指摘した。言論・表現の自由と著者の人権
や人格権を求めた損害賠償請求が、憲法判断の下で逆転勝訴したのだ。


100 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:42:28 ID:BydgeBik0
土橋被告は、現在も社団法人日本国際児童図書協議会理事という職に就いている。
こんな非常識なことが罷り通っていいのであろうか? 船橋市が土橋被告を器物破損罪、
背任で告発しないのなら、船橋市民や全国の国民から被告と市を告発する運動が起こ
るのは時間の問題である。
もし、被告と氏の刑事責任を誰も問えないなら、日本の言論の自由が反日ファシズムに
よって、ますます圧殺されてしまう。私たちは、言論の自由が、非常に危険で、深刻な状
況であることを認識しなければならない。
というのも、「つくる会」の反対勢力は、「つくる会」の教科書の存在そのものを認めないとい
う原則があるからだ。「つくる会」は決して自分たちの歴史観に反する教科書の存在自体
を認めないような認識ではない。むしろ「つくる会」にとって、他の教科書の存在はアプリオリ
なものなのだ。
一方、反対勢力は「つくる会」の教科書の存在自体が許されないという極めて偏狭な視野
狭窄に陥っている。他の歴史観の存在を一切認められないという一点だけを見ても、反対
派が反日ファシズムの走狗であることが理解できる。


101 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:47:24 ID:v0BBTHbD0
 「つくる会」は一九九七年の結成当初から「従軍慰安婦」や「強制連行」
「南京大虐殺」を書いた他社の歴史教科書を「自虐的だ」と攻撃してきました。
 呼応する形で安倍晋三・現自民幹事長代理、中川昭一・現経済産業相らが中心となって
「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」を結成。教科書協会会長らを呼びつけ、
なぜ「従軍慰安婦」を教科書に載せるのかと詰問しました。中山成彬・現文科相も
同会の副代表や座長を務めていました。昨年十一月には「従軍慰安婦や強制連行などの
言葉が教科書から減ってよかった」と発言しています。


102 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:47:39 ID:rxeVqv990
西尾幹二は失意の晩年だな

103 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:50:20 ID:v0BBTHbD0
 侵略戦争を賛美する歴史教科書を公立の中・高校で採択する運動を進めている「新しい歴史教科書をつくる会」が、
この夏全国各地で、侵略戦争を美化する立場から教科書パネル展や「戦争展」を相次いで計画・実施していることが
明らかになりました。
 同会の会報「史」(ふみ)の「各支部活動案内」によると、「つくる会」の西東京支部は、「教科書パネル展
・平和のための写真展」をこの夏から来年三月まで「支部内の主要拠点」で計画。静岡県支部は、
「激動の二十世紀展」と題するパネル展を八月から九月にかけて県主要都市で予定しています。和歌山県支部は、
今年から数年かけて県下五十市町村で小、中、高校生向けの「戦争展」を計画しています。
和歌山県で開く「戦争展」は、広範な民主団体・市民が開催している「平和のための戦争展」と同じ名称を使っています。
 愛知県では、「平和のための戦争展」(八月十三日〜十七日、愛知県中小企業センター三階展示室)と同じ時期に、
同じ公共施設内で「もうひとつの戦争展」(八月十三日〜十五日、同一階展示室)が開かれます。
この戦争展が「平和のための戦争展」を意識したものであることは明らかです。


104 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:56:34 ID:2cTDak/X0
内紛なんかやってる場合か

105 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:56:54 ID:v0BBTHbD0
 新訂版公民教科書の執筆者、高崎経済大学助教授の八木秀次氏(つくる会理事)は、
会報のなかで八つのポイントを説明しています。
 これによると、これまでの公民教科書は明治憲法を「天皇制絶対主義」と位置付け、
「明治憲法を一方的に悪者として」描いていると批判。新訂版は「明治憲法と日本国憲法を対比させ、
どちらかが一方的に優れているという構図は採用していません」などとしています。
現行憲法については「さまざまな問題点を包み隠さず提示」し、「政治日程にのぼりつつある
憲法改正の問題についても、タブー視することなく子供たちにわかりやすい形で」提起した――としています。
 また、自衛隊は「不可欠な存在」、天皇は「我が国の歴史の始まりとともに存在した」などとその「意義」を説き、
「男女のあり方」についても、他の教科書は「ジェンダー・フリー(本紙注=社会的文化的性差別をなくすこと)
という特殊な思想を盛り込んでいる」と攻撃。「家族の絆を断ち切り、日本の文化や人類の文明を根底からひっくり返す」
ような思想と「一線」を画したと宣伝しています。
 これらは、現行憲法の理念を否定するもので、侵略戦争を美化する歴史教科書と軌を一にしています。



106 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 03:57:57 ID:yyXj9ZXe0
内ゲバの言葉の意味わかってないようだな。うどんさんは。恥ずかしい

107 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:03:11 ID:BydgeBik0
教科書問題の本質は、韓国だろうと、中国だろうと、日本の反日勢力であろうと、
彼らが教科書を利用して反日的な政治主張を宣伝するという点で同様のもの
だ。つまり、政治スローガンの扇動の道具として教科書が使われているに過ぎな
い。
なぜなら、それは、彼らがこれまで20年以上にわたって教科書を政治手段として
使用して来たことと同位相の関係にならざるを得ないからだ。正しい歴史とは何
かという議論から遊離したイデオロギー対立になってしまうので、それだけ歴史教
科書批判から説得力が失われてしまう。つまり、「つくる会」の教科書に攻撃を
加えることで、彼らは馬脚を現すことになる。
朝日新聞の意図的誤報によって教科書に近隣諸国条項が備わったのが昭和
五十七年(一九八二)だった。それ以来、歴史教科書に特定の偏狭なイデオ
ロギーが忍び寄り、「従軍慰安婦」「強制連行」という虚構までもが歴史事実と
され、九〇年代半ばには歴史歪曲と反日主義に汚染された世界でも類を見
ない、世にも珍しい歴史教科書が日本に出現していたのだった。

次に、フィナンシャルタイムズの記者が極めて重要な質問をした。
「私の質問は非常に単純なものですが、客観的な歴史というものが存在するの
でしょか?」
この質問に答えた藤岡氏はこう言った。
「歴史哲学的な質問ですが、客観的な事実と言うものはあると思う。だからそれ
が重要であって、それを歪めて書くのは許されないことだ。だが、歴史とはHistory
にStoryという言葉が含まれているように、書く側が主体的に構成する傾向がある。
語る主体が歴史には出てくる。客観的な歴史はあるのか? という質問に対して
は、事実については客観的な事実があると思う」
この質疑で、この会見は大成功だったといってもいい。また、ガーディアンの記者が
日本の教育会にマルクス主義が勢力を持っているのは本当かという質問に対し、
八木会長が「信じられないかもしれませんが、日本の現実です」と答えたとき、ざ
わめきも広がった。


108 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:04:12 ID:3djNQ1m/0
おい、ブルーベリーうどん!

つくる会は全然右じゃないぞ。中道だ。

サヨク過激派と同列にして
内ゲバなんてサヨク専門用語を使うな。

つくる会の教科書読んだが、当たり前のことすぎてガッカリしたぞw

うどんも一回、読んでみろ。

109 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:05:59 ID:rxeVqv990
↑っと、ネットウヨクが申しております

110 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:06:16 ID:v0BBTHbD0
 東京都教育委員会が市区町村教委の教科書採択に対する「指導・助言」の一環として、
「新しい歴史教科書をつくる会」の歴史・公民教科書(扶桑社)が有利となる項目を
特別に設けた資料を作成していることがわかりました。
 この資料は九日の都教委の会議で了承された「教科書調査研究資料」。近く市区町村教委に
採択の「参考」として送付される予定です。
 同資料の「抜粋版」によると、歴史では「日本の神話や伝承」と「北朝鮮による拉致問題」、
公民では「拉致問題」と「我が国の領域」について特別に項目を設けて各教科書の扱いを比較。
「神話」では行数まで数えて、「神武天皇の東征」などを取り上げた扶桑社の歴史教科書が
最も多いことを示しています。このほか「拉致問題」や竹島などを扱った「我が国の領域」の記述も
扶桑社の公民教科書が他社より多くなっています。
 「つくる会」は自分たちの教科書について会報やパンフレットで「国の成り立ちに関する神話をきちんと紹介」
「北方領土、竹島、尖閣など領土問題や北朝鮮による拉致問題を積極的に取り上げた」などと宣伝しており、
「研究資料」はこの宣伝とぴったり重なる項目を選んでいます。
 都教委は二〇〇一年の中学校教科書の採択時の「調査研究資料」ではこのような特定の項目の比較は行っていませんでした。
「つくる会」の教科書は広島・長崎の原爆被害などの記述が他社より少なく、日本の「侵略」という言葉もありませんが、
そうした点にはふれていません。



111 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:06:16 ID:BydgeBik0
この記者会見の三日後に「教科書ネット21」も外国人特派員協会で記者会見を
行った。「教科書ネット21」は出版労連の活動家が中心になって作った組織と言っ
ても過言ではない政治団体だ。この十三日の金曜日の記者会見で最も奇妙だった
のは、司会者の原信子氏が「つくる会」という固有名詞を述べる時に、英語の時に
は必ず「Revisionist」(リビジョニスト・歴史修正主義者)という共産主義用語の枕詞
をつけていたことだ。
原氏は海外特派員協会に所属する人物なので、中立の立場で司会を行うはずで
ある。原氏とコンタクトを取り、電話で話をしたのだが、なぜ歴史修正主義者という言
葉をわざわざ「つくる会」の前に付けたのかと訊くと、そのようなことは海外特派員協会
に文書で質問をして欲しいと答えてくれた。
ただ、私がその質問をしたとき、明らかに狼狽の雰囲気が漂った。彼女は「『つくる会』
にそのような言葉を付けるのが普通だ」と最初は答えたのだが、歴史修正主義者とは
決してポジティブな意味でなく、むしろ「教科書ネット21」に付けられる枕詞ではないの
だろか? 「ネガティブなイメージですよね?」と訊くと、彼女は絶句してしまったのだ。
それに、日本語で「歴史修正主義者つくる会」と言わないのは司会として不適切である。

この記者会見を取材した野村旗守氏が「諸君!」(平成十七年7月号)にこう書い
ている。
「残り時間も迫ってきたので、私は司会者を無視して勝手に質問をしようと中腰になった。
すると(略)自分で質問をはじめるのである。(略)ようやく終わったと思ったら、『では
そろそろ時間が来ましたので質問はここで終わりにしたいと思います』とその司会女史が
言う」
あらかじめ決められた質問者にしか質問ができない奇妙な記者会見はこうして終わり、
外電が「Revisionist Tsukurukai」と文言を世界中に放電する。なんと素晴らしい政治
宣伝なのだろうか?


112 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:09:19 ID:v0BBTHbD0
 日本の侵略戦争を美化する「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーが執筆した教科書が
文部科学省の検定を通過した問題で、教科書を出版した扶桑社が検定規則に違反し、
検定合格前に教科書を地方の教育委員会関係者に渡していたことが六日までにわかりました。
研究者らから「禁じられた事前の営業・宣伝活動に当たる」と批判する声が出ています。
 この日開かれた衆議院文部科学委員会で、文科省は扶桑社の「白表紙本」と呼ばれる申請段階の本が
検定期間中に教員に「貸与、閲覧」されていたことを認めました。そして昨年から今年にかけて
「指導」を三回、厳重注意を一回したと説明。ほかの出版社が指導を受けた例はなかったとしました。
中山成彬文科相は「ルール違反」との考えを示しました。教科用図書検定規則実施細則は、検定終了までは、
申請本の内容が当該申請者以外の者の知るところとならないよう適切に管理しなければならないと定めています。
文科省は「違反した場合には検定を停止することもある」としています。この問題については、
高嶋伸欣・琉球大教授らが三月に「流出」を指摘し、実態解明を小泉首相と中山文科相に申し入れています。
 申し入れ書によると、埼玉県、東京都、京都府、和歌山県の各教育委員会関係者が、昨年末に「白表紙本」や
そのコピーを所持。そのうち京都府、和歌山県の関係者が「扶桑社から受け取った」と証言しているとしています。
 高嶋教授は、「採択権限を持つ各地の教育委員会に、出版社が事前の採択活動をするのは極めて不公正。
本来、検定はガラス張りの中で行うべきだが、つくる会側が事前公表の禁止を主張し、文科省が受け入れた。
その扶桑社の教科書が規則に違反しながら検定を通過することは悪質だ」と話しています。


113 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:09:25 ID:XeAjLkh90
左翼からの転向者がいるだけあって内ゲバが凄いですね。

114 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:09:31 ID:BydgeBik0
>>109
おまえ、恥ずかしいよ。馬鹿サヨなの?

問い
以下の中から正しいものを選べ。


ID:QGDJ5jOC0=反日ファシスト  
ID:QGDJ5jOC0=反日糞サヨ
ID:QGDJ5jOC0=時代錯誤の馬鹿サヨ

ID:v0BBTHbD0=ID:QGDJ5jOC0=哀れな宣伝マン

115 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:09:51 ID:XtznqaK50
>>110
>広島・長崎の原爆被害などの記述が他社より少なく
ここ重要だな
結局はアメリカの犬だろ

116 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:11:01 ID:KdyrY+bk0
>>91
おれは、どっちかというと左だけど、
坂本の「歴史教育を考える」は良かったな。

ああいう感じで、「国民」と「歴史」という議論になれば良かったんだけど、
教科書問題は、結局、化石のような左翼と、化石のような反左翼の泥合戦になってしまったもんな。

117 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:14:57 ID:v0BBTHbD0
 「…(大東亜)戦争中に日本が組織させた現地軍事組織は、独立を勝ち取る上で大きな役割を果たした」
―太平洋戦争がアジア解放の戦争だったというこんな記述を正解とする中学歴史教科書の「自習用ドリル」(扶桑社)
が発行されています。先の侵略戦争を“正義の戦争”と教え込む立場からの問題集です。
 ドリルは、「新しい歴史教科書をつくる会」メンバーが執筆した侵略戦争賛美の「新しい歴史教科書」(扶桑社)専用。
 「大東亜会議とアジア諸国」では、日本軍の侵略について、「東南アジアの人々の多くは、日本軍の進攻と勝利を歓迎し」たと、
事実をねじ曲げて侵略行為を美化し「日本側も…自治や独立を承認」したなどと記述。「大東亜戦争中に日本から独立を承認された
国を2つ書きなさい」という問いを設定しています。領土拡張を意図した「大東亜会議」や「大東亜共同宣言」をとりあげ、
「日本の戦争理念」が「各国自主独立」や「人種差別撤廃」にあったことを正解としています。
 「大東亜戦争(太平洋戦争)」では、「特攻」作戦について「神風特別攻撃隊による米軍艦に対しての航空機体当たり攻撃が
初めて実行されたのはいつか」が問題。「特攻」が英雄的なたたかいだったことを教え込む意図があらわです。
 韓国併合にかんし、「この併合は日本の武力を背景として行われたが、当時の国家間交渉としては合法的なものであった」という
日本の植民地支配を「適切」とする問題となっています。
 「つくる会」の中学歴史教科書については「教師用指導書」が発行されています。同書では太平洋戦争について
「日本の進出によって独立を早めるきっかけとなったことを理解させる」などと指示。「指導書」にそった問題集となっています。


118 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:15:29 ID:BydgeBik0
平成十七年(二〇〇五)三月十一日に記者会見をして、つくる会の教科書が
検定中なのに大量に全国の教員に配布されているという記者会見を行った高嶋
伸欣琉球大教授も、「教科書ネット21」の主要メンバーである。
高嶋氏は検定中の白表紙本(申請本)が大量に配布されているとして版元の
扶桑社を非難した。これも「つくる会」攻撃のバリエーションの一つで、同日の朝日
新聞によると、韓国メディアは十一日、扶桑社の歴史教科書の内容が明らかに
なったと一斉に報じたという。
明らかになったのは、他でもない高島氏が韓国に配布したからなのだろう。
「植民統治を美化している」、「歴史をまた歪曲」などと韓国メディアに批判させ、
韓国外交通商省当局者にも「相変わらず自国中心主義的史観に立脚してい
る。極めて遺憾だ」という発言の根拠を与えている。「教科書ネット21」や日教組
系団体が韓国の反日キャンペーンと共闘しているに過ぎないのだ。その諜報役を
担うのが、あの朝日新聞なのである。

申請本が多数流出するのが規則違反であると同じように、申請本を使ったネガ
ティブキャンペーンも規則違反であり、さらに悪質な工作なのではないだろか?
高島氏は「週刊金曜日」という雑誌でも普通の人が目にすることができないはずの
申請本を使ってネガティブキャンペーンに勤しんでいた。


>>115
知障は馬鹿サヨの宣伝文書にすぐ騙されるの?

>>116
その原因は、共産党の宣伝文書をせっせとコピペしてる時代錯誤の
馬鹿サヨのせいだね。
坂本多加雄が偉大なのは、同意。

119 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:17:46 ID:XtznqaK50
>>118
反米保守の西部が去ったことでも明らかじゃん

120 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:18:23 ID:KdyrY+bk0
>>118
どっちのせいでもいいけどさ。
コピペを貼りまくりの見苦しさは一緒なんだよね。

そうやって、結局、反(化石)左翼にしかなれないってわけだ。

121 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:18:31 ID:v0BBTHbD0
 東京都教育委員会が、教科書採択の参考資料の中で天照大神(あまてらすおおみかみ)やスサノオの命(みこと)など
神話・伝説上の存在を「国家社会の発展に尽くした歴史上の人物」として扱っていることが七日までにわかりました。
歴史教育関係者から「明らかに史実に反する。そのような資料に基づいて教科書を選ぶなど許されない」との声が出ています。
 この資料は、都教委が来年度から使われる教科書についての調査をまとめ、六月に市区町村教育委員会に配布した
「教科書調査研究資料」。中学の歴史教科書については、「歴史上の人物を取り上げている箇所数」や人物名を記しています。
 「新しい歴史教科書をつくる会」が主導した扶桑社の教科書について、日本武尊(やまとたけるのみこと)、イザナギ、イザナミ、
天照大神、スサノオ、神武天皇など架空の存在や実在性が薄い人物を列挙。「『歴史上の人物を取り上げている箇所数』の合計は
扶桑社が五百六十七ともっとも多く、他社と大きな違いがある」と持ち上げています。扶桑社を系列下に持つ産経新聞は、この資料が
「(扶桑社教科書の)人物重視の編集を裏付けている」と報道。「つくる会」も地方支部のホームページでこの資料を引用するなど、
各地で宣伝に利用しています。
 東京では石原知事が、教師の意見を教科書採択に反映する制度を「し意的な偏った価値観で一方的な採択が行われた節がある」と攻撃し、
都教委が市区町村教委に教員の意見の排除を指導。かわって教科書を選ぶ参考にするために、「厳正」な調査研究で作成したとしているのが今回の資料です。


122 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:20:44 ID:BydgeBik0
だが、この質問も、反「つくる会」運動の一環として行われた可能性がある。という
のも、検定合格前の「申請本」は他の教科書出版社も全国に配布しているからだ。
実際、ある中学校教師が他社の歴史教科書を見たと証言してくれた。川内議員
は「なぜ扶桑社だけを取り上げるのか、という質問は来てますが、埼玉県教育委員
会の問題で、文科省の教科書課と議論させていただく過程の中で、ルール違反を
しているのが扶桑社だけという事実が浮かび上がったから」と説明するが、実際に他
社の例もあり、この質問は社民党の福島瑞穂氏の埼玉県教育員会についての質
問後に出たということからも、社民党や文科省の一部と通じた仕組まれた国会質問
だった可能性もある。
じつは平成十三年(二〇〇一)の検定でも高島氏は申請本を多数入手し、扶桑社
の姿勢を批判しながらネガティブキャンペーンにも利用していたのである。フリージャーナ
リスト池添徳明氏のサイトの平成十三年二月三日の日記にこのような記述がある。
(略)
池染徳明氏の解釈には首を傾げざるを得ないが、この公開された日記で述べられた、
検定本が反対派によって流布され、アンチキャンペーンに利用されているという事実が
重要だ。
高島氏は筑波大付属高校教員時代の歴史の授業で、「赤旗」の記事で南京事件
を説明していたという当時の生徒の証言もある。さらに、江沢民が来日した平成十年
(一九九八)十一月には、朝日と共同が福地惇文部省主任教科書調査官(社会
科担当・当時)が、七カ月前の同人雑誌で学習指導要領を批判する座談会の発言
があったと槍玉に挙げ、その結果罷免される事件が起きたのだが、その時罷免を要求し
た出版労連と「教科書ネット21」の中心人物が高島氏であり、七カ月後の江沢民の
来日に合わせて座談会の内容を朝日と共同に <ご注進> したのではないかとある関
係者は述べてくれた。



123 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:21:15 ID:PjAujSJX0
 英紙タイムズ十三日付は、東京発の記事で、東京・杉並区の教育委員会が「新しい歴史教科書をつくる会」作成の
侵略戦争肯定の教科書を採択したことを報道するとともに、「傷にはまだ癒やしが必要だ」と批判する社説を掲載しました。
 社説は、「学校が(教科書の)選択肢を持つのは当然だが、その選択肢(「つくる会」教科書)はあってはならない。
ドイツでナチスの過去を粉飾することは許されていない。日本は少なくとも同じくらい厳格であるべきだ」と主張しています。
 また、「日本に対する戦勝記念日は、六十年たってもアジアでは苦い記憶を思い出す機会であり、憎しみを引き起こしている」と述べています。
 「捕虜への補償問題があるにもかかわらず、西側諸国は日本を平和愛好の民主主義国家とみているが、アジアではそう見られていない」
「日本は、繰り返し形式ばった遺憾と反省を表明しているが、真の償いを求める声に応えていないことを理解する必要がある」とも論じています。


124 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:21:58 ID:wm3gRmVg0
現在の日本最低気温ランキング。 1位は意外にも!?
http://weather.yahoo.co.jp/weather/amedas/ranking/amds_ranking_low_temp.html

125 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:23:33 ID:PjAujSJX0
 東京・杉並区で、教科書採択に向けて同区の中学校の社会科教員が区教科用図書調査委員会に提出した
教科書調査報告書をめぐって「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書を「適切でない」と評価した部分を
校長の指示で書きかえさせられていたことが二十七日、明らかになりました。
 書き換えを命じられた教員二人が記者会見。区立中学校の社会科の女性教師は、報告書の総合所見に
扶桑社の歴史教科書を「適切でない」とし、他の教科書について「やや適切」などとしたことに
校長からの指示を受けて書き直しをさせられたことを明らかにしました。
 別の区立中学校の男性社会科教師は報告書に扶桑社の歴史教科書について「神武天皇を『初代天皇』
=大和朝廷のはじまりとは誤り」としたのを「疑問がある」と書き直すよう指示されるなど、扶桑社の歴史、
公民教科書についてのみ書き直しさせられました。
 記者会見した杉並区教職員組合の長谷川和男委員長は「教科書採択に向けた意図的なものを感じる。
はじめから(扶桑社教科書の)採択先にありきではないか」と批判しました。


126 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:24:04 ID:BydgeBik0
そういった教科書の目的は、思想教育という意味では <教育> だが、もちろん本当の
意味での教育のためのものでなく、政治イデオロギーのためのものだ。特定の政治観念
に侵食された歴史教科書は、アジビラと同じようなレッテル貼が横行する安っぽい政治
宣伝のツールになる。

そんな中で「つくる会」が平成九年(一九九七)に誕生したのは、ある意味、歴史の必
然だった。自国よりでなくても、せめて自分たちの歴史を普通に叙述できないのだろうか、
少なくとも客観的に描けないのだろうか、そして、できれば最新の歴史学の成果も入れ
たい、というような想いが日本人から自然と沸き起こって来るのは健全であり、その結果
生まれたのが「つくる会」だったのだ。

そこで問題となるのは、もともと「つくる会」に反対する勢力は、史実や歴史教科書のあり
方でなく、<アジビラ> のつくり方を求めていたので、「つくる会」の教科書に対する攻撃が
必然的に <アジビラ> 的になったことだった。自分たちの方法論で教科書を捉えることしか
できないのである。彼らにとって大切なのは、史実や歴史ではなく、イデオロギーの実現とそ
のための <政治宣伝文書としての教科書> だったからだ。

したがって、彼らの「つくる会」への攻撃は、内容の検証よりも「極右」「右翼」「歪曲」「戦
争を賛美する」「皇国史観」というレッテル貼に終始して悉く信頼性を損なわせ、一部の
政治イデオロギーの信者からしか共感を得られなくなった。何が史実か、どういう教科書が望
ましいのかという点は無視され、自分たちの政治目標と偏狭なイデオロギーを実現させるた
めの手段にしかならないのだ。
簡単に言えば、教科書問題とは、反日勢力の政治運動のアリバイに過ぎないのである。


127 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:26:15 ID:h4p0JG3j0
 「戦争賛美」と思われないよう、教科書展示会でのアンケートの記入の仕方を文書でよびかけている
「新しい歴史教科書をつくる会」。興味を引くのは、その文書のなかで扶桑社版「新しい歴史教科書」の
「断然優れている点」を七項目にわたって列挙しているその内容です。
 たとえば、「このほど100周年を迎えた日露戦争が近代日本にとってどれほど切実なものであったか、
を4ページに亘ってまじめに解説している」という具合です。
 歴史観、戦争観は大きな売り物のようで、「先の大戦終結に当たって『戦いを収めることの難しさ』を
しっかり説明しているのは『新しい歴史教科書』だけ。昭和天皇の勇気によって国が消滅の一歩手前で存続できた
人間ドラマをていねいに紹介しているのは『激動の昭和』を印象づけるのに貴重である」と強調しています。
 「日本神話の代表的な話が要領よくまとめられている」ことなどもあげています。
 アンケートの記入で「戦争賛美」と思われないよう指南したつもりなのでしょうが、侵略戦争美化の
「歴史教科書」の本質が出ているといえます。


128 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:28:26 ID:h4p0JG3j0
 二〇〇二年六月のこと。東京都議会議事堂二階で、「中国・韓国の教科書に見る日本」と題する
「歴史教科書を考える展示会」が開かれました。主催したのは「世界の歴史教科書を考える議員連盟」。
中心は三人の都議――民主党の土屋敬之(板橋区)、自民党の古賀俊昭(日野市)、田代博嗣(世田谷区)の各氏でした。
 展示の文章をみても、日本のアジア侵略を肯定、美化するねらいであることは明白でした。
 韓国を日本の領土に併合したことについては「完全に合法的」。従軍慰安婦については「『強制連行』の事実はいっさいない」。
人体実験などで悪名高い「七三一部隊」では「毒ガス・細菌兵器の研究や開発は国際法違反ではなかった」…。
日本政府でさえ認め、反省を表明した事実さえも否定する侵略戦争美化の宣伝でした。



129 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:29:48 ID:KdyrY+bk0





なんか、自作自演の荒らしっぽいな。そんなに内紛を晒されるのがイヤなのかwww






130 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:30:29 ID:BydgeBik0
九〇年代に日本の歴史教科書が加速度的に偏った歴史観で塗り固められて行った
のは、一九八九年の冷戦終結の影響が色濃く影を落としている。東欧の自由化革
命、ソ連の崩壊が必然的にサヨクイデオロギーの終焉を告げるのだが、そうあって欲しく
ない人にとっては新しいテーマが必要になる。
簡単に言えば、ソ連に対峙していた日米安保条約に反対する意味がなくなり、飯の
食い上げになるので、どうしても新しい <敵> が必要となったのだ。彼らは、恐らく自分
たちが冷戦に破れた側に属していたという当事者意識もないのだろう。

もし、当事者意識があったら、敗戦を潔く認めて活動を中止し、さしずめ日教組(旧社
会党系)や全教(共産党系)などは自己批判と共に解散するべきだった。それもできず、
自分たちの情緒と妄念を燃やし続けてくれる <反日の素材> としての「教科書問題」が
必要となったのだ。日米安保反対の代わりに教科書を歪曲することに生き甲斐を見つ
けるまでそれほど時間は掛からなかったわけだ。
靖国問題もこのように無理やり <問題> にされてしまった。問題にされなければ、靖国は
戦死者を祀る神社に過ぎない。杉並区で反「つくる会」の運動を主導するのが中核派で
あることは自明の事実だが、何よりもそんな事情を証明してくれる。


131 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:30:51 ID:TYtdJVpI0
 侵略戦争賛美の歴史観を持つこれら三都議が、都教委の反動的教育行政を督励してきました。
 田代都議は、「新しい歴史教科書をつくる会」の歴史教科書採択が問題になった〇二年二月の都議会で
「つくる会」教科書採択に反対する運動を「不法・不当な妨害や干渉」などと攻撃。問題の教科書が採択されやすいような制度に
変えるよう要求し、横山洋吉教育長は「改善」を約束しました。
 また、ことし三月十六日の都議会予算特別委員会では、民主党の土屋都議が、卒業式で「君が代」を歌わない生徒がいれば
「教師の責任」という論理を展開。「指導を担当した教師は、処分対象と考えていいか」とせまり、横山教育長は
「おっしゃるような措置をとる事になります」と答弁。その後、都教委は実際に教員六十七人を「厳重注意」などにしました。
 都議が要求し、都教委が呼応する――。そのパターンは、この六月にも繰り返されました。自民党の代表質問でした。
 「君が代」問題で処分された教員にたいする「研修」を取り上げた古賀都議。「反省の態度が見られず、成果が上がっていない場合、
研修の延長、再研修を命じるべきだ」とせまると、横山教育長は「成果が不十分の場合は再度研修を命ずる。同様の服務違反を
繰り返すことがあった場合には、より厳しい処分を行う」などと答えたのです。
 これらは三人の都議だけの問題ではありません。もともと、都議会自民党は「君が代斉唱を指導しろ」という要求を都議会で繰り返し、
代表質問で会派をあげて「君が代」斉唱の「適正実施」や教員の処分などを求めています。古賀都議は、都議会自民党幹事長代行、総務会長を務めました。
 また、土屋都議は、都議会第二党の民主党で現在も総務会長を務める執行部の一員です。


132 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:33:54 ID:BydgeBik0
自分たちが敗者の側にいることも自覚できない驚くべき知的退廃こそ、彼らのリアリティ
の希薄さとレゾンデートル自体の否定を意味している。それとも、敗戦を自覚しないど
ころか敗戦を否定する地下組織の便衣兵を自認し、最後の抵抗として教科書の歪曲
と教育の破壊を武器にして戦って来たつもりなのだろうか?

じつは、ここ二、三年の「教科書問題」を眺めていると、そんな疑問に見事に答えてくれ
る事例がいくつも見つかるのである。どうやら彼らは敗戦を認めず本気で地下組織で戦っ
ているつもりなのだ。それが顕著になったのは、平成十四年(二〇〇二)の小泉訪朝で
の拉致事件発覚後からだった。それもそうだろう。何しろ、北朝鮮に最も近い組織の一つ
が日教組だからである。

蛸壺に密かに潜った便衣兵は韓国、中国に連絡を取りながら武器の支給を待ち、武器
を得ると散発的な攻撃を繰り返し、終わりのない絶望的な戦いに明け暮れるのである。
そして、その戦況を見つめつつ、武器供給で側面支援する朝日新聞という特異な存在が
ある。
船橋西図書館の焚書事件で明瞭になったように、教科書問題は言論・表現の自由に
抵触するばかりか、一種のファシズム、全体主義的な攻撃に曝されている。四年前の採択
では教育委員に数々の嫌がらせや脅迫状が送られていたが、今年も反対組織はメーリング
リストや個人サイトなどで、教育委員の個人情報を曝す犯罪を犯しながら、全国の組織を
動員して採択妨害行為を働いているのだ。

それは、敗戦を認められない彼らが、最後の生命線を死守する行為に他ならず、反「つくる
会」運動は、韓国、中国と連携を取る反日国際ネットワークを形成している。それを象徴す
るのが、読売、朝日に掲載された、韓国の極右民族主義と反日ファシズムを背景とする
「アジアの平和と歴史教育連帯」という団体の意見広告である。


133 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:34:14 ID:TYtdJVpI0
 侵略戦争を美化する「新しい歴史教科書をつくる会」メンバーによる教科書を出版した扶桑社が、
規則に反し文部科学省の検定前に地方の教育関係者に申請本を見せていた問題で、同省は十九日、
十九都府県で七十冊が貸与・閲覧されていたことを明らかにしました。
 参院文教科学委員会で日本共産党の小林みえこ議員の質問にこたえたもの。銭谷真美初等中等教育局長は、
四十九冊が貸与、二十一冊が閲覧されており、「貸与のうち五冊が回収されてない」と答弁しました。
太平洋戦争を「自存自衛のための戦争」と表現し、アジア諸国への侵略をアジア解放などと美化する扶桑社の歴史教科書は、
二〇〇一年に続き今年も検定を合格しました。検定前に、白表紙本と呼ばれる申請段階の教科書を他人に見せた場合、
検定規則に違反することになります。文科省は六日の衆院文部科学委員会で、扶桑社の違反を認め、
中山成彬文科相も「ルール違反」との考えを示していました。
 小林議員は、「ルールを守っていないのに何のペナルティーも科さず検定を合格させるのは問題だ」とのべ、
扶桑社の教科書を不合格にするようもとめました。
 銭谷局長は、「極めて遺憾だ」としながら、流出があったにもかかわらず、検定は「静ひつな環境のもとおこなわれた」と答えました。


134 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:37:13 ID:BydgeBik0
そもそも、日本の将来を左右する子供たちの教育が、政治主義に領導される労働
組合の勉強会の宣伝文書と同じようなものでいいはずがない。まずは史実を正確に
把握して客観的な歴史観を身につけるのが教育としての歴史の役割であり、日本
人はどこから来て、何をやって来たのかという、日本人の物語を学ぶことでなければな
らない。
これから日本人はどこへ向かうのかというテーマも、そういった物語が前提になって子供
たちに新たな物語が紡がれていくのである。

平成十七年(二〇〇五)一月十二日の朝日新聞朝刊に掲載された「安倍・中川
NHK政治介入疑惑報道」も、反日活動としての教科書問題という文脈から読み解
く一面もある。教科書採択の年に、「つくる会」を支援してきた代表的な政治家である
安倍晋三氏と中川昭一氏を、虚偽報道で窮地に追い込むというオペレーションが発動
されたと考えられるからだ。
四年前の教科書採択と同時期の「戦犯法廷」と称する <従軍慰安婦> を扱った番
組が蒸し返されたのは決して偶然ではない。

だが、なぜ、これだけの反日活動が脈々と生き永らえているか不思議に思われる人もい
るはずだ。そこで、東西冷戦が平成元年(一九八九)に終結したのはヨーロッパであり、
世界に残存する共産主義国家三カ国の内、中国と北朝鮮の二カ国が北東アジアに
位置することに、一層の注意を傾けるべきだ。つまり、日本は地上最後の冷戦地帯の
真っ只中に位置しているという地政学的上の危機を忘れてはならない。その上、韓国
は、今まさに冷戦に敗北しつつある状況で、北朝鮮に朝鮮半島統一の主導権を譲渡
しつつある状態である。



135 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:40:01 ID:DhZgae+70
長文乙 ついでにソースキボン

136 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:43:43 ID:TYtdJVpI0
 杉並区教委の採択には同区の山田宏区長の意向が大きく働いたと指摘されています。
同区長は、二〇〇一年の教科書の採択前に「つくる会」教科書を支持する二人を教育委員に入れました。
しかし、結局、扶桑社支持は二人だけで不採択になりました。同区長はそのときに
扶桑社を支持しなかった教育長をやめさせ、側近である当時の区長室長を教育長にしました。
明らかに教科書採択を意識した人事です。
 同区長は改憲派の主張を頻繁に流しているCS放送局に定例の出演番組を持っています。
この放送局は「つくる会」前副会長の高橋史朗氏が発起人の一人で、西尾幹二名誉会長、
藤岡信勝副会長らが賛同者となってできたものです。藤岡氏は歴史教科書の代表執筆者でもあり、
十二日は自ら委員会室で傍聴しました。
 同区長は今年の成人式で特攻隊員の遺書を読み上げて美化したり、区議会で「大東亜戦争」
という言葉を肯定的に使うなど、戦争正当化につながる発言を繰り返しています。自民・公明・民主の各党は
同区長の与党になっています。


137 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:44:01 ID:BydgeBik0
>>135 疲れたから寝るよ。ソースは>>97
タイプミスしたはずだから、そこんとこヨロシコ  もう指が動かないww


何よりも「つくる会」攻撃がファッショ的な形態を取ることを証明するのは、中国、韓国
の「つくる会」教科書批判が、教科書の内容と関係なく、何の根拠もなしに行われて
きたことだ。

教科書の内容を知らない政府関係者が、「極右」「右翼」「戦争を賛美する」「皇国
史観」というスローガンでレッテル貼りし、メディアもそれに唱和する。反日デモの参加者
も教科書の内容も知らずに、それらのスローガンを連呼することになる。

教科書の内容そのものと関係ないところで、こういった滑稽なレッテル貼の攻撃が行わ
れるのが教科書問題の一番の特徴である。平成十七年(二〇〇五)七月二十六日
に発売された『マンガ嫌韓流』を内容を精査せずに、一方的にヒステリックに攻撃する
韓国メディアは、教科書問題への幼稚な攻撃と同じことをやっている。

それは、日本の反「つくる会」運動にも共通した特徴である。と同時に、自分たちのイデ
オロギーに合致しないものを全て「右翼」「極右」「歪曲」という奇妙なレッテルで葬ろうと
いう行為は、極めて全体主義的な言論弾圧の方法論だ。「反革命」という言葉でレッ
テル貼すれば、全ての抹殺が許されるフランス革命からの手法であり、スターリン、毛沢
東に受け継がれた <粛清> という抑圧システムが今なお北東アジアで猛威をふるっている。

船橋西図書館で行われた司書による言論圧殺行為とそれに厳しく対峙しなかった船
橋市の行政も、そういった抑圧システムが知らず知らずの内に日本を蝕んでいることを
端的に表したものだ。反日ファシズムと言える言論抑圧システムが形成されつつあると
いう現実に私たちは危機感を抱かなければならない。


138 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:45:45 ID:AjfEeEQ40
おめでたいやつらだな

139 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:48:47 ID:TYtdJVpI0
 侵略戦争を正当化する「新しい歴史教科書をつくる会」の中学校公民教科書などに、自分たちが写った写真が無断掲載され、
写真説明や文中に不適切な記述があるとして、旭川チカップニ・アイヌ民族文化保存会と同会会長の川村シンリツ・エオリパック・アイヌさん
(54)=日本名・兼一=らは二十一日、札幌市内で抗議の記者会見をしました。
 扶桑社発行の「中学社会 新しい公民教科書」は差別問題の項目で、二〇〇三年旭川市内で開かれた「こたんまつり」で
川村さんらが披露したアイヌの古式舞踊の写真を掲載。同写真には、川村さんや家族、同保存会の人たち約十人が写っています。
 川村さんやピリカ全国実行委員会副代表の北川しま子さんらは「断りもなく本人と特定できる写真を無断で載せることは許せない。
差別の項目に掲載するのはアイヌ民族を侮辱し差別する行為だ。正しい歴史を広めていきたい」と語りました。
 小学五年の子がいる島崎直美さんは「自分がアイヌだと宣言していない子もいる。その子の写真が載ることは人権無視であり怒りを覚える。
子どもの将来に出版社は責任を持ってくれるのか」と強い口調で話しました。
 同会は同日、同様の写真を自社の歴史教科書に無断掲載した、大阪書籍にたいしても抗議・要請を送付しました。



140 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:54:58 ID:TYtdJVpI0
 「つくる会」とはどういう団体でしょうか。
 この会の目的は、一九九七年に発足した際の「趣意書」にはっきり示されています。
 「私たちは……新しい歴史教科書をつくり、歴史教育を根本的に立て直すことを決意しました。
…中略…戦後の歴史教育は、日本人が受けつぐべき文化と伝統を忘れ、日本人の誇りを失わせるものでした。
特に近現代史において、日本人は子々孫々まで謝罪し続けることを運命づけられた罪人の如くにあつかわれています。
冷戦終結後は、この自虐的傾向がさらに強まり、現行の歴史教科書は旧敵国のプロパガンダをそのまま事実として
記述するまでになっています」
 つまり、日本がおこした戦争が反省すべき侵略戦争だというのは、アメリカなど旧敵国のプロパガンダ=宣伝文句にすぎず、
日本の戦争を侵略戦争だったと教えることを一掃するために、自分たちは立ち上がったというのです。これはいま世界から批判されている、
靖国神社の戦争観とまったく同じです。
 「つくる会」は他の教科書会社とは性格を異にする、靖国神社の“別動隊”のような運動体であることは、動かせない事実です。


141 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:58:10 ID:HviOHwAOO
歴史ヲタだが既存の教科書も新しい歴史教科書もどっちも読んでて眠気が・・・漫画日本の歴史より面白ろくて歴史の流れがわかるやつキボン。
まあウヨサヨとか関係なく受験の影響で歴史を暗記科目と思い込んでる教師とかも原因なんだけどね。
左翼が終わってるのは当然としてつくる会自体の寿命はどうなんだろうな、現在は検定を通すのが目標なんだろうが
こうも内部でゴタゴタしてるようじゃよほど優秀なリーダーがいないと駄目だと思うんだが。

142 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 04:59:41 ID:zg8wI4bW0
>>139
( ´,_ゝ`)プッ

馬鹿サヨ、恥ずかしいから止めろよ。
かえって、おまえら糞サヨの無能ぶりとキモサを公表するようなもん。
裸の王様以下だぜ。w
おまえ、荒らしで通報しておいたから。


>>137
TXS!!
前の「反日の構造」も読んでいるし、ちょうど買おうと思っていたから。

143 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:00:45 ID:OFlUyyB40
ID:TYtdJVpI0
   ↑
荒らしで通報したぞ

144 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:02:23 ID:DhZgae+70
ボリュームあり過ぎの長文コピペや

>114 名前: 名無しさん@6周年 Mail: 投稿日: 06/03/29(水) 04:09:31 ID: BydgeBik [ 0 ]
>
>>>109
>おまえ、恥ずかしいよ。馬鹿サヨなの?
>
>問い
>以下の中から正しいものを選べ。
>
>
>ID:QGDJ5jOC0=反日ファシスト  
>ID:QGDJ5jOC0=反日糞サヨ
>ID:QGDJ5jOC0=時代錯誤の馬鹿サヨ
>
>ID:v0BBTHbD0=ID:QGDJ5jOC0=哀れな宣伝マン

みたいなレスをしていると
>>97の本の内容もたかが知れているな、と思われかねないぞ

これは ID:TYtdJVpI にも言える事だが

145 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:02:37 ID:zg8wI4bW0
>>141
つくる会の教科書は前回の方が良かったな。今回のは普通すぎてつまらん。
東京書籍なんかよりはマシだと思うけど。


146 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:05:14 ID:4Wwf/+1s0
中高生は教科書なんか読まないからどうでもいいよ
実際つくる会でも他のとこでも中身変わらないし

147 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:05:32 ID:wXPFFcfp0
>八木

うちの大学の教授。
こやつのゼミはゼミ生も信者っぽく怖いです。

148 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:06:25 ID:rgHbExz20
ゲバルトって暴力って意味と違うの?

149 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:08:24 ID:FhkdFsKqO
教科書利権はデカイからなー有力教員の子弟は軒並み教科書会社に就職だし。
自民党だって教科書会社との癒着がある。

「つくる会」は西尾の影響排除よりも宗教右翼の影響排除をやれよ。
それができない「つくる会」の教科書は創価の人間革命みたいなもんだ。

150 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:08:26 ID:zg8wI4bW0
>>144
同意。でもさ。馬鹿サヨコピペ貼ってる馬鹿がいたから、本を手に取って
正義感に駆られてって、感じかもな。


151 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:08:43 ID:bwgdl5Tv0
人と交わったら争いが起こるから独りが一番だよ。

152 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:10:29 ID:YUbYzeG20
学校にいかないウヨニートが支持するような教科書は要らない。

153 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:11:03 ID:Q758ntsOO
小林やすのりの例のアレが南京とか戦争論とかに行ったあたりで
読まなくなったんで、よくわかりません。

154 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:12:26 ID:qU+zoVtx0

ID:QGDJ5jOC0

ここぞとばかりに長文書きなぐるのは非常に逆効果 w

155 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:14:33 ID:zg8wI4bW0
>>149
俺はひそかに西尾幹二のファンだよ。

156 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:19:25 ID:YUbYzeG20
この教科書とも言えん糞本は教科書と銘打っているところが悪質

157 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:23:00 ID:/gehJfHj0
これを「内ゲバ」と表現してしまう

日本語能力の極めて低い>>1

死ねばいい

158 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:25:54 ID:kZ4dAD9Y0
>>156
どの辺が、クソ本なのかな? 教えて♪

159 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:27:47 ID:YUbYzeG20
>>158
それは読んだことのない奴の言うせりフだ。

160 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:28:36 ID:0lQ5xb3C0
右翼の内ゲバといえば・・・

明治神宮と神社本庁の紛争もありましたにょ〜
あっちは右翼らしくカネがからんでるので、醜かったよ〜

161 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:36:09 ID:q+TPa6r50
やっぱ、通州事件とかシナの残虐行為とチョソの事大ぶりを
きちんと書いた教科書を出さないとダメだ。

162 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 05:42:14 ID:Ra957RNc0
こいつらが右か。もっと右は日本にはいないの?

163 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 06:01:26 ID:D4mU3+EeO
この位で右翼とか言われるわが国っていったい・・・

164 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 06:04:30 ID:9U7cjk9K0
どんな所だろうと意見の確認会しかできなくなったらもう終わり。
形こそ様々だが、反対意見を排除し独善に陥る。
思考にとって真に重要な要素は反対意見の中にあるのに。

165 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 06:05:27 ID:tTz92SVU0
西尾とかいなくなると完全に統一教会の巣と化しているな。
もう、ここの団体の言う事なんて誰も信用しないよ。

166 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 06:07:27 ID:EFwmXBHe0
つくる会m9(^Д^)プギャーーーッ

167 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 06:23:58 ID:Qge4uYRN0
>>165
やっぱり統一協会と関係が深いの?
主にどんなメンバーが?

168 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 06:31:11 ID:FhkdFsKqO
母体が勝共でしょ?

169 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 06:37:29 ID:QUk1qIK20
>>166
はいはい、わかったからご飯たべないと
学校遅刻するよ。君の学校は日本書籍?
山川出版?ああごめん、日本語じゃないのか。

170 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 06:42:17 ID:rQ15u+iJO
統一協会が関係しているとかいうのは、
安倍がパチ屋と繋がってるとかいう類の支那の犬どもによる印象操作の工作だろ。

そんなことより、反米保守ってのは所謂左翼だと思うぞ。だから反目して当たり前。
彼らの言う所を見ればわかる。戦中の陸軍に賛同してんだからな。

171 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 06:49:04 ID:azWbtc/2O
なんだかんだ言っても教科書としてはつくる会の教科書がベターなんだが、
統一協会の影があるというのがイマイチ意図がわからん…
Y染色体云々とか主張する曲学阿世の徒をもって保守のイメージダウンするのが目的?
もうだめかもわからんね、我が国は。。。

172 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 06:56:38 ID:rQ15u+iJO
南京虐殺や強制連行などの濡れ衣を晴らしてくれるのは結構。

しかしそれを利用して反米を唱えるのは中共や左翼らがやってるのと同じ、歴史の政治利用だ。
無鉄砲な理念だけで国が守れりゃ苦労はしない。
戦中の精神論に基づきアジアを軸とした国家戦略をごり押しする奴は国賊だよ。
歴史に学ばず自分の理想が至上とされてる。
脱欧入亜が国を危機に陥れる羽目になると解らんかったらそれこそ馬鹿だ。

173 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:01:02 ID:ffddkJxT0


つまんない話してんのね(苦笑)






174 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:04:23 ID:rQ15u+iJO
>173
そうか?
折角出てきた歴史の再評価の目を変な懐古主義者に利用れるままにしておくより
こういう動きがあるほうが自浄作用が見えて結構だと思うよ。

175 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:04:53 ID:/Tw1sVkTO
最近はあっち側の人達も、お花畑の住人と化して来ているからなあ。
別に内ゲバでいいよ。

理念に固執し過ぎて現実と折り合えない人々が、寄り集まって身内同士で誉め合っている感じ。
これがカルト化って奴なのか。

176 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:07:48 ID:rQ15u+iJO
>175
東亜プラスにも見られるけど、罵倒するあまり相手と同類になることはあるみたいだね。
現実に即した思考ができなくなったら人間終わりだよな。

177 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:09:02 ID:PsnFPvwYO
反米保守=左翼

媚米保守=真の右翼

これが2ちゃん「お手軽」右翼の考え。
そりゃ米に未来永劫くっついていればそれで食べていけるからな。英みたいに。
それに媚米保守は、何でもかんでも他人まかせで自分では一切何もしない
2ちゃんニート引きこもりの思想にマッチしている。

178 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:15:24 ID:67U6dbLuO
>>165
幕屋な

179 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:17:04 ID:I/ZoDMHgO
産経、米国の反進化論と進化論も否定、日本神話肯定
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1128014156/

進化論は共産主義的な間違った説だ!byつくる会ってか

180 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:18:04 ID:rQ15u+iJO
>177
所謂対米追従って何の為にやってるのかっつったら国を守るためだよな。
それが国にとって最悪の危機を招く事態になれば変えればいいだけだろ。
おまいは米国との同盟以上に国を守る方法を知ってるのか?

俺は知らん。だから米国との共同路線を支持してる。下らんプライドに依存して国力を落とすのは馬鹿のする事だと思うぜ。
右翼だの左翼だのどうでもいいんだよ。日本が日本のまま生き残りさえすれば。

181 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:18:30 ID:62st3YYSO
もう単なる「新しい歴史教科書をつくる」団体から、いわゆる利権団体になっちまったからな。
左翼や売国がカネになるように、右翼や愛国もカネになると気付いた途端このザマ。

まあ日本の場合、右も左も根っこの部分はほぼ同じだから、こうなるのも必然ではあるが。

182 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:20:26 ID:OG1RExUR0
>>16
「つくる会」より説教部屋のほうがまとまりある悪夢

183 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:29:47 ID:S76u6g8V0
>>180
空論だな
一蓮托生という言葉の意味くらい日本人ならわかると思うが


184 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:35:23 ID:rQ15u+iJO
>183
言葉の意味は解るがそれが今の何に対する例示なのかわからんな。
空論ってのは現実に即さない理論の事だ。

何が言いたいか解るか?

185 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:37:53 ID:PsnFPvwYO
>>180
ある程度の米との同盟は必要だが、今の米に媚びて防衛を丸投げする姿勢は
自分の生活の面倒の一切を他人に任せるニート引きこもりと変わらない。
日本も国軍化し防衛も自前で行う事で中朝韓だけではない、世界に認められる。
普通の国なら自前で防衛をしている。

186 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:47:35 ID:rQ15u+iJO
日本とアメリカは互いの利益が反目しないからくっついていられる。
部分部分での対立はあるが別に日本はそこでは引いているわけではないだろう。
何故今アメリカから距離を置かなければならないのか、メリットデメリットは何か
それを示してから対米追従だの媚米だのは言ってほしいね。

俺はアメリカから離れるデメリットより、くっついてるデメリットがでかくなるなら離れる事にすればいいって言ってるんだよ。

187 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:50:17 ID:S76u6g8V0
>>184


188 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:50:28 ID:rQ15u+iJO
>185
自前でやっているのは後進国だったり地形に恵まれている所ばかりだぞ。
日本にはそもそも単独防衛は無理。おまいは大東亜戦争の何を見てたんだ?

189 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:54:51 ID:S76u6g8V0
>>184
土壇場になって方針を転換できるほど外交は甘くない
平時から離脱の為の布石も打っておかなければ無理だということだ
日本の外交は戦略外交と呼ぶには値しない

190 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:55:59 ID:rQ15u+iJO
支那が必死に日米離間工作をやっている現状があるのに
わざわざこちらから距離を置くなんて阿呆としか言い様がない罠。

191 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 07:59:38 ID:jpKZLACV0
まあなんだ、最終的に2009年夏には「新版教科書」という形で
作る会が良くなったのか悪くなったのか示されるだろう。
心配にはなるが部外者は

各々の考える良い結果

を期待するしかないよなぁ。

192 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:02:06 ID:zDDxqC+HO
左翼でキリスト教徒の>>1は印象操作ばかりだね


193 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:04:13 ID:rQ15u+iJO
>189
はいはい>186を見てから言ってね。
おまいはBSE問題も基地問題も見てねーのか。盲目なのは対米追従とか批判する連中の方だと思うぜ。

国会も時々企業買収を海外にまで許可しようとしてたり、そういう馬鹿をやらかすが
日本の意見を全く持っていないとしか見ないのは洗脳されてんじゃねーのかとしか思えんな。

194 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:09:37 ID:rQ15u+iJO
>191
うん。
まあ楽しみが増えたぐらいのもんだな。
どーせネット世代はいろんな歴史観に触れる機会に恵まれてんだし心配はあんまりしてないけど。

195 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:10:55 ID:so9CmTi40
結局、大月やコヴァ氏を追放しただけならはいいが、
その後の活動に幕屋を使いすぎたのがまずかったね
宗教のダミーと成り果てちゃ一般人はせいぜい書籍は買っても
それ以上になかなかコミットしないよ

196 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:15:59 ID:rQ15u+iJO
>195
幕屋って何者?
宗教団体かなんかか?

197 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:18:56 ID:XMx7tGJz0
結局、親米保守がサヨクだったということなんだろ。
「まあまあお互い人間なんだから」というものがない原理主義者は
必ず内ゲバをやるからね。

ちなみに近い将来原理主義政党に傾いた自民党もひとつのきっかけでこれをやるよ。
右から左まで居て不安定な民主党の方が実は強い。

198 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:19:03 ID:QUk1qIK20
少なくともニートは黙っててくれよ。
戦わない奴らなんだから。

199 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:20:53 ID:so9CmTi40
>>196
日本人の作った新宗教。
ヤハウェを信仰し、政治思想は親米(親ユダヤ)って感じ

200 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:23:59 ID:6FCpfGV90

>>197

>ちなみに近い将来原理主義政党に傾いた自民党もひとつのきっかけでこれをやるよ。
>右から左まで居て不安定な民主党の方が実は強い。




201 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:24:28 ID:ZKAosgLp0
スレ読んだだけでも


プロサヨクが本気でこの問題に関心を持ち、
すごい勢いで口出し&工作して



潰れたんだろうな、と容易に想像できる。


202 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:25:07 ID:kJYHgkr30
>>198
戦わない人間ほど声だけはでかい。

203 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:25:08 ID:/LdFZ3Tf0
だからナショナリズムは劇薬なんだよ。
社会の不満を抑える代わりに、宗教ウヨみたいのをはびこらせる

204 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:33:57 ID:rQ15u+iJO
>199
へぇwそんなのがあんのか

フリーメーソンとかそんな感じ??
新興宗教はボケた宗教観のモノしかないよな。

205 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:34:46 ID:XMx7tGJz0
>>200
森派は一つにまとまるのか?とか問題は多いよ。
靖国参拝賛成派反対派とか、かつてのように呉越同舟出来る政党ではなくなってきているからね。
つくる会と同じでピーンと張り詰めた人ばかりになったら
結局少しの差異も許せなくなって分裂するんだよ。


206 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:37:42 ID:vd+qoKAu0
>>197
自民は完全なる拝金党だ。
思想で内ゲバなどありえない。
内紛が起こるとしたら、利権(それも100%実利に基づく利権)同士の争いだけだろう。


207 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:40:20 ID:/d7RPS1qO
八木センセ、
学内にめ目を向けて下さい
万年助教授のままですよ

208 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:41:53 ID:/LdFZ3Tf0
>>206
そうとも言いきれないんだな。
日本では有力な利権団体が、大蔵族と経団連以外
ほとんど解体されちゃったから。
こうなると統合のための幻想がいるのであって
ここに宗教ウヨがつけこむ余地というか、飛躍するチャンスがある
飛躍したらえらいことだけどな

209 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:44:43 ID:r3dN9diU0
ひどいニュースだ。
相性が悪いなら悪いでさっさと別れてそれぞれに教科書活動すりゃいいのに。
古い巣にこだわって新しい巣を作れないやつに”新しい教科書”なんて作れるわけがない。

210 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:44:51 ID:rQ15u+iJO
>207
森博嗣が言ってたが、教授・助教授って学校運営の会議ばっかで、すげー下らねぇ仕事が多いんだと。
あんまり興味が向かないんでないの?八木がどんな人間かは知らんが。

211 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:46:53 ID:U1RGnWx40
>>71
ち ょ っ と 待 て

他のの部分は典型的なつくる会批判だけれども、
 
>いままでの歴史研究が積み重ねてきた常識と、それにもとづく多くの教科書の記述では、
>明治維新がおこった原因をこのようにとらえていました。
>江戸時代の生産力の発達とそれによって活発になった商業の発達にもとづく
>経済変動により、幕府と藩の権力が衰退したこと、
>そこへさらに欧米資本主義国家による開国要求の圧力が強まり、
>支配権力の改革によってそれに対応しようとする倒幕派下級武士勢力が、
>民衆の闘争をも利用しつつ幕府権力を打倒した、と。

>と。ところが「つくる会」教科書は、江戸時代の民衆の暮らしも
>生産と流通の発達の記述もきわめて簡単になり、それと社会の変動を結びつける記述はありません。


>ここにはいくつかのメッセージがこめられています。
>社会の変革は民衆の力によっておこるのではなく、支配者自身の努力によっておこるのだ、
>だから民衆はそれにしたがっていればよい。日本では、天皇の存在があったために、それがいっそううまくできた。


これはどこからどう見ても(ry
実に典型的な、まさに教科書通りすぎるほど唯物史観です本当にどうも(ry

212 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 08:50:42 ID:XMx7tGJz0
>>206
それは小泉以前かつての自民党だな。
利権政治を壊して来たんだから。

実利に基づく利権同士の争いはそんなに先鋭化しないものじゃないか?
結局は、まあまあお互い様の世界だよ。

213 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:04:01 ID:U1RGnWx40
確かにそうかも利権と談合は切っても切れない セットであることが多いような
縄張りが違えば自然とお互いの裏庭に手を突っ込むことなどしなくなるだろうし
金持ち喧嘩せず のことばもあるわけだし

で、とりあえずコピペ連投は終わったようね
2つのが並行して落とされてるけど、それぞれの引用元のアドレス教えて 誰かぁ

214 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:11:43 ID:D4y4jsOb0
もう、自称保守だの中道だのと言う人もつくる会なんかほとんど興味ないの
ではないでつか?小林よしのりを始め、アクの強い能力のある人間を寄せ集め、
反目しながらも一つの目標に邁進して行ったからこそ、価値もあったし多くの
賛同もあったのでつ。多々ある失敗を組織的に反省せず、責任をあげつらい、
なすりつけ、内ゲバ化してきたらみんなもう興味ないはずでつよw勝手にやっ
てくださいとwこの権力闘争、誰が勝つかは知りませんが勝ち残って、「さあ俺
の主張を聞いてくれ」と言ったところで、はたして全国の皆さん聞いてくれるの
でしょうかね?wなんか連合赤軍の末路みたいでつわw

215 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:13:24 ID:/8+I0uRs0
八木秀次ってアンテナを発明した人?

216 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:13:32 ID:/LdFZ3Tf0
利権の構造が違うんだよ。
戦後ずっと、各種利権団体のおこぼれにあずかる人々が末端までいて、
(本当にあずかれたかは別問題として)
利権団体それ自体に動員力があった。
しかし大蔵族も経団連も、超少数の勝ち組団体であって
末端の人々はそれと関係なく、ポピュリズム人気投票で小泉に入れてるわけだな。
2ちゃんでも経団連と奥田の評判は最悪だ。
民意の調達に脆さがあるんで、劇薬に手をつけなきゃいけない理由もあるってわけ。

217 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:15:09 ID:HqZqUa6vO
>>212
しむらー、ハム介!ハム介!

218 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:15:59 ID:hZvwfoQs0
「従軍慰安婦を反省するニダ!」
とか言っている教科書よりは、はるかにましだよ

219 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:16:17 ID:ESO83IgY0
>>214
なにその妄想力

220 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:17:00 ID:ZJ9VkAsO0
>>210
そんなのはどんな仕事でも当たり前。

221 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:18:01 ID:JwUFHxFR0
小林よしのりも呆れて出て行ったくらいだからなw

222 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:20:03 ID:gUTL78M1O
>>189
政権政党内で考えが統一されてないんだから当然だろ

223 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:21:39 ID:kqlhd+jW0
>>210
この程度の知識で偉そうに語る奴多いよなあ、ニュー速+って
だから廃れる

224 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:24:42 ID:rQ15u+iJO
金権政治だの売国だのやってるうちに、官僚が特別会計で金を200兆規模で垂れ流すシステムが完成している現実。
宮内庁も外務省も法政省も社会保険庁も防衛施設庁も腐りまくり。

民主党?あの党は巨大な闇組織との闘いが忙しいみたいだからどうでもいいや。

225 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:26:50 ID:rQ15u+iJO
>220

だから?

226 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:28:18 ID:66TzXNjK0
80 :朝まで名無しさん :2005/11/09(水) 03:02:21 ID:DXRQyvq5
つくる会歴史教科書執筆者一覧・解説

藤岡信勝  拓殖大学教授、代表執筆者  東大教育学部で社会科教育法を研究。非歴史学者。
岡崎久彦  評論家、監修者兼任  元外交官。非歴史学者。
九里幾久雄  元教員?文部省等の関連組織に所属。非歴史学者。
小林弘治  中学教員らしいが、誰?
坂本多加雄 故人  政治学者(政治思想史)。歴史学者と言うことも可能。
高森明勅  國學院大学講師?  宗教学者(神道)。講師となっているがデータベースに出てこないので「非常勤」だと考えられる。
西尾幹二  評論家 非歴史学者。
広田好信  中学教員らしいが、誰?

 執筆者は兼務含めて上記8人ということになっている。GeNiiなどで調べたところ、
以上8人のうち7人の歴史研究歴はほぼ皆無。唯一坂本が歴史を研究していると言え
そう(ただし主たる研究対象は思想・思想家)。
 執筆者に専門外の人物を入れることは、教育上悪いことではないと考えられるが、
大学におけるまともな研究歴のない専門外の人物ばかりで、日常業務も「評論」とい
う名の政治活動しかしていないような人物が複数含まれ、人選に教育的な意味があ
るとも思えない。
 執筆分担が謎だが、おそらく一番無名な中学教員が多くの部分を担当していると
思われる。しかし、中学の教員が歴史研究の最先端に日ごろから接しているとも思
えないが、どうだろうか。事実、この教科書の前のバージョンでは、歴史的事実の誤
認、解釈の誤り・恣意性、日本語の乱れなどが再三に渡り指摘されており、執筆者の
研究レベル、知識レベルの低さが専門家から指摘されているのは周知のとおり。

参考:GeNii
http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp

227 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:32:55 ID:JwUFHxFR0
日本の近代史なんて客観的に見たらどうやっても反米に行き着くよ。
数百万人をジェノサイドされて、なおも従属政策を嬉々として受け入れてる
国にだれがナショナリズムやアイデンティティを抱くというのだろうか。
日本人は物資的豊かさと引き換えにその事実から目を背けることしか出来ない。

228 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:34:10 ID:rQ15u+iJO
>223
ひけらかしているように見られるのは心外だなあ。
ヌ即ぷらすは恐いところだねw

229 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:35:01 ID:qpdYYM6TO
大橋巨泉のゲバゲバ90分

230 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:37:31 ID:voEMNoD90
>>226
他のスレッドにも書いたが、もともと、自分たちが主に興味のある時代以外は、
適当に他の教科書を引き写して書いたと公言している程度の教科書。

こんなの、イデオロギー抜きで、「出来の悪い」教科書だと思われて当然。
褒めているのは、イデオロギーだけで教科書を見ようとする一部の連中。

231 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:42:44 ID:rQ15u+iJO
>227
俺は陸軍連中や近衛や幣原犬養らが憎たらしいがな。アメリカ民主党も大嫌いだが。

自己正義の為の覇権主義で或いは利権で、日本を欧州から切り離した連中は糞だよ。
墓を暴いて罵るつもりは毛頭ないが。

232 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:47:36 ID:DemSGB9R0
何だこのスレ。>>1を読む限りだと、「内紛問題解決へ」に見えるが。
どこの組織でもちょっとしたいざこざはあることだろ。

ただ、つくる会だからその部分が注目されるだろうが。

233 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 09:50:06 ID:JwUFHxFR0
>>231
俺は別に戦前も美化するつもりも無いよ。
自国の惨状を省みず、領土拡大路線に突っ走り多くの
自国民を無駄死にさせた責任は問われてしかるべきだと思う。



234 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:14:40 ID:zDDxqC+HO
日本会議のメンバーの比叡山延暦寺や四天王寺や高野山
なんかでも、この教科書を推進してたね


235 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:16:13 ID:voEMNoD90
>>232
報道しているのは、応援団の産経だけ。

236 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:24:37 ID:j87CB9fM0
>>230
>こんなの、イデオロギー抜きで、「出来の悪い」教科書だと思われて当然。
>褒めているのは、イデオロギーだけで教科書を見ようとする一部の連中。

そうは言っても、イデオロギーが注入されてない歴史教科書なんざ、存在しないからな。
教科書全体で見れば、一方向のイデオロギーに偏向しすぎている現実を見れば、
こういうのがイデオロギーのタブーを打破する意義は大きいぞ。

237 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:30:03 ID:voEMNoD90
>>236
つまり、出来の悪い教科書を、自分の気に入るイデオロギーに基づいて書かれて
いるというだけの理由で推奨しているということは自認している訳だね。

238 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:41:37 ID:rQ15u+iJO
>237
つうか、今までの教科書は南京虐殺など事実にない事を歴史として記述している時点で
そもそもこの教科書と同じ土俵にはないだろ。思想以前の問題だよ。

専門家が書いたってのが更に呆れる罠。俺の厨房時代なんか三光作戦とかマジで書かれてたんだぜ。
阿呆ちゃうかと。

239 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:41:38 ID:aRBzjQk/0
八木は地域政策科の助教授だったか。

240 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:43:51 ID:MFt6NcPe0
>238

あれまぁ、洗脳されちゃって・・・

241 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:46:41 ID:rQ15u+iJO
>240
残念だったな。

242 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:47:00 ID:RCq+D7jOO
八木は挙動不審で目が泳いでるからマジきもいです。

243 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:54:31 ID:rWs8yT+o0
結局、(理想)主義者の末路はこんなもんだ。左翼運動然り、右翼運動然り。
「あるべき日本」「誇らしい日本」っていう理想ばっかおっかけてると、現実から強烈なシッペ返し喰らうぞ、と。

どうして右も左も、今の日本を好きになれないのかなぁ・・・。

244 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 10:59:00 ID:rk47BW7E0
>>243
今の日本に上手く馴染めないから
自分の理想の日本を勝手に妄想するのが活動家

245 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:01:43 ID:vYohAU050
一般書籍としてそこそこ売れたから、扶桑社としたら、それでいい?

246 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:08:15 ID:voEMNoD90
>>238
南京虐殺は事実ですが?

その被害者数について争いがあるだけ。

247 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:11:49 ID:A0BO/5Kc0
>>246
「虐殺」って言葉を使う時点でセンセーショナリズムを狙った宣伝になる。

なら、南京事件を南京虐殺とするなら、
天安門事件も天安門大虐殺とでもしないと不正確になるね。


248 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:22:58 ID:voEMNoD90
>>247
そうネーミングしたいなら別にそれでもいいよ。

昔は「南京事件」と言っていたが、歴史上他にもいくつかある南京事件と
区別するために、南京大虐殺という呼称が定着したのでしょ。

249 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:29:18 ID:r3dN9diU0
>>247
日本が戦争に勝ってれば堂々と南京虐殺はないと言えたかもしれないし、事件と言えたかもしれないし。
戦争の勝敗が尾を引いてるのを考えないと。

250 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:29:26 ID:y8v1qIEQ0
ID:voEMNoD90の発言意図が「戦争には無辜の民が殺される事がつきものだ」
であるならば、大虐殺でも堵殺でも事件でもない。
「南京戦」「南京攻略戦」「南京防衛戦」だ。

251 : :2006/03/29(水) 11:30:50 ID:sHqsstS80
でも
小林よしのりと宮台が和解するとは思わなかったなw
この二人って完全に意見一致してるし
小林も南京事件はやっぱりあったっていうのも時間の問題っぽい


252 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:37:45 ID:Kyddu4xtO
皇軍の虐殺は正義の虐殺でFA?


253 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:45:34 ID:rQ15u+iJO
>246
虐殺の証拠は?いったいどこの史料を検証して導いた?

そんなんだから歴史学の学会はサヨがうじゃうじゃだとか言われんだよ。
思想に固まった集団だろうが嘘を書いてなけりゃまだマシってもんだ。

254 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:49:32 ID:i1FhcXpe0
原状回復って言ってるけど、要するに日本会議側の勝利でしょ?

255 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/29(水) 11:51:12 ID:sCVWBCXt0

「つくる会」は右翼の恥部なんだから、上げちゃ駄目だってば(w

256 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:52:14 ID:i1FhcXpe0
>>230
基本的にコピペだから、最新の研究を追えてなくて、検定で修正がたくさ
ん付いてしまうし、「合格」後もミスを指摘されているみたいだね。
あと、世界史の記述が少なすぎ。入試に使えない以前に教育になってない。

257 :〈(`・ω・`)〉Ψ ◆EQUAL/Pi.Q :2006/03/29(水) 11:53:11 ID:w4Y4FfZn0
世代闘争がまだ尾を引いてるのか・・・やれやれ

258 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:55:56 ID:rQ15u+iJO
>255
ならもっと上げてやれよw
小林も西尾も西部も中西も糞食らえだ。


259 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:56:58 ID:HuMzMVye0
>理事会では西尾幹二元会長の影響力を排除することも確認された。

合掌(-人-)ナムナム

260 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:57:10 ID:oQw3+1en0
西尾とよしりんは和解するかもしれんな。
岡崎との和解はありえないだろうw

261 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:57:58 ID:Qjf5EMo30
>>243
どっちも今の日本に絶望してるから理想を追い求めたくなるんじゃない

今の日本って美しくないからわからないでもない
キメラっぽいというか

262 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 11:58:15 ID:+gxC+6u50
>無許可で中国を訪問したことなどを理由に会長だった
>八木氏と事務局長だった宮崎正治氏を解任
何だこりゃ・・・

263 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:00:21 ID:uVJeo9kt0
うちゲバ【内ゲバ】
〔「ゲバ」は「ゲバルト (ド Gewalt)」の略〕 政治目的を持った組織の内部や分派同士の間などで行われる、
主導権争いをめぐる暴力的な闘争。


264 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:02:17 ID:rQ15u+iJO
>262
なんか知らんが田中上奏文の件と関係してるらしいぞ。
上のどっかにあった。

265 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:02:21 ID:J38sj10h0
こいつら、極左の内ゲバと変らないよ。日本人の恥。

266 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:03:47 ID:A0BO/5Kc0
>>248
そんなことを言ったら、「天安門事件」だって複数あります。

一方については「虐殺」、もう一方については「事件」
一方については「侵略」、もう一方については「進出」

こういう公平性や整合性の欠けた表現を疑問も持たずに使っている人たちが、
事実や真実を尊重したつもりになって話していることをどう思う?

特に「虐殺」なんて言葉は定義が曖昧な、
主観に頼った解釈であり、扇情的に使われる言葉。


267 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:06:04 ID:HuMzMVye0
そういえば数年前、西尾幹二は金美齢のことも罵倒してたな

268 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:06:56 ID:9Vb9SgkvO
暴力でぶの復帰は無いの?

269 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:12:31 ID:1NRx57qk0
>>265
>こいつら、極左の内ゲバと変らないよ。日本人の恥。

いや。日本人の誇りだよ。
堂々と喧嘩やってる。
どんなことでも、異論や見解の相違は、あって当然のことだから、
問題が外から見えるよう形で、やりあうのは立派だと思う。

270 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:13:11 ID:rQ15u+iJO
>261
失敬な。甲子園は毎年感動するぞ(マジ)

連中はめんどくさいから理想にすがっちゃうんだよ。
テレビを消してしまえば今も綺麗なものは沢山あるはずなのにね。

271 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:15:36 ID:Siwn9SDi0
あんまり詳しいことはいえないけど、
西尾はつくる会とは別の会を立ち上げる準備をしてるよ。
3年後の教科書採択では、
新しい歴史教科書と似たような教科書とが競い合うことになるかも。。。

272 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:24:33 ID:iR/RqEfR0
>>271

なわけないだろ。
もう運動から手を引いて
自分の研究や執筆活動に専念したいんだから

273 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:25:02 ID:FAg7awui0
藤岡って明治の日本はよかったが
第2次大戦は日本が悪い派なの?

274 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:25:06 ID:RCq+D7jOO
書き込みの早きこと風の如く
他人と会話せざること林の如く
ネットで煽ること火の如く
部屋から動かざること山の如し
 
 ━
┃風┃
┃林┃
┃火┃
┃山┃
 ━┃
  ┃
  ┃ ∩_∩
  ┃(*・∀・)<ひきこもりニート様のお通りだい。
キコキコ ( つ┬フ
εε ◎ー∪┴◎

275 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:27:14 ID:T2F4/rwV0
やはりアメリカの扱いが問題なのかな。
親米教科書は読みたかないぞ。

276 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:27:36 ID:GXWptaujO
出た!右翼の喧嘩はキレイな喧嘩!
m9(^д^)プギャー

277 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:27:38 ID:1prmBkFZ0
大義の為に集ったんじゃないのかよって思うな。
がっかりだ。

278 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:28:27 ID:cjFQ4mAE0
小林が抜けた時点でもうこの会は終わってるだろ

279 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:30:01 ID:T2F4/rwV0
中傷が激しいんだから、それだけ脅威を与えてるのは確かなんだがな。

280 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:31:59 ID:4XSr/qdA0
日本の右は必ずカルトに侵食される
だめだコリア

281 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:32:54 ID:QLWLL1cJ0
まあ、いろいろ叩かれて不買運動されてるからなぁ

282 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:43:38 ID:ZS7dYxvi0
八木は万世一系の皇室に男系による継承が重要なのは神武天皇のY染色体を継承するためだとか抜かしてる電波だぞ

283 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:45:48 ID:hfx7oQsy0
ホロン部の地道な活動が
続いていますね
がんがってください


284 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:47:22 ID:voEMNoD90
>>266
あなたがそう思うなら、そういう用語を定着させるべく努力されるのは自由ですよ。

アウシュヴィッツの虐殺だって、スターリンの「大テロル」だって、そういう風に
いわれるのを面白くないと感じる方はいますからね。
赤穂「義士」という用語に違和感を感じる吉良町の方も同じかな。

285 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:48:14 ID:fzGnMhfZ0
藤岡信勝に主導された今回のクーデターの失敗の原因を省みるに
藤岡信勝の最大の失策は、産経新聞の正論編集部がコーディネートした八木の中国訪問を解任の理由にしたのが拙かったな



286 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 12:51:48 ID:kv2G20jH0
>>1
小さな子供がさ,よく会社ごっことかやるでしょ。
おまえはしゃちょー,おまえはぶちょう,おまえはそうむかちょう,おれはじんじぶちょう,とかってやるやつ。
なんかそれにものすごく似てる気がするね。

287 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:04:44 ID:oaBNE2q30
それで結局次は真性保守路線になるのか?

西尾幹二
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B0%BE%E5%B9%B9%E4%BA%8C

八木秀次 (法学者)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E6%9C%A8%E7%A7%80%E6%AC%A1_%28%E6%B3%95%E5%AD%A6%E8%80%85%29

藤岡信勝
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%B2%A1%E4%BF%A1%E5%8B%9D

親米保守
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E7%B1%B3%E4%BF%9D%E5%AE%88

真性保守, 反米保守
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E6%AD%A3%E4%BF%9D%E5%AE%88




288 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:07:13 ID:3e3xu+pf0
つーか小林よしのりと宮台っていつ和解したんだ?
初耳。


289 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:09:03 ID:Qjf5EMo30
>>270
いや、現代日本でも感動するものもきれいなものもあるけどさ、
なんつーか歴史や伝統がWW2を境に断絶されちゃってて、
歴史の連続性とかがスポイルされちゃってる。
そういうとこに重点を置く人間からすれば許し難いものがあると。
きれいなものもあるけれど、ヘンなものをムリに移植されて不気味な
形状になってる<キメラっぽい
そこから産まれてくるものもあるし、それはそれで面白いけれど。
うーんうまく説明できない。

290 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:13:22 ID:1NRx57qk0
>>289
どこの国でも、侵略されたり王様が外国から来たり、宗教戦争やったり、いろいろなんだから、
むしろ、日本は、いろんな意味で潔癖さにこだわりすぎだと思う。

291 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:18:59 ID:ObfTAZut0
>>289
つ 隣の芝は良く見える

そもそも歴史なんか何も途切れてないし。
単に自分の気にいる歴史でないだけだろ。

292 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:25:02 ID:Qjf5EMo30
>>290
他民族も意外と結構潔癖だぞ。
でも他の国って侵略したりされたり、でも自分らのアイデンティティを失わないけど、
日本のこの脆弱さはなんだろうかとよく思う。一度や二度負けたぐらいで60年も
ヘタレてんじゃねーよぼけって言う。
日本は島国で一国一文明、さらに鎖国を長年続けてたから、外敵に対する免疫がない
ってことだろうか。他の国と比べるとかなり特殊だよね。

293 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:27:09 ID:hR9GbHZ20
http://gazo03.chbox.jp/home/gazo03/data/gazo/wara/src/1141725257305.jpg

294 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:40:28 ID:A0BO/5Kc0
>>284
用語が定着しているかどうか、という問題じゃない。

現実に、日本がやったとされることは「虐殺」「侵略」とし、
外国がやったとされることや日本が被害側である場合は「事件」「進出」
などとちぐはぐな使い分けがされているが、
これは明らかに外国にだけ肩入れした物の見方でしょ。

あなたに少しでも理性があるなら、自ら使う言葉の整合を取ろうとするのは当然。
「あなたがそう思うなら、そういう用語を定着させるべく努力されるのは自由ですよ」
なんて言葉は出てこないと思うけどね。


295 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:47:31 ID:itsIvguo0
>>291
> そもそも歴史なんか何も途切れてないし。
そうね。
つくる会の連中は認めたくないだろうけど
大日本帝国憲法→日本国憲法
への憲法の変化もきちんと当時の国会で日本国憲法の内容は
国会審議されて国会で全会一致で大日本帝国憲法を日本国憲法へ
改正する事を決議&可決しているのだからアメリカに押し付けられたという
のも的外れなのにね。

法的には、大日本帝国憲法を改正したものが日本国憲法
というのは法学者なら誰でも知ってる事なのにね。
まあ「改正」というにはあまりに大きな内容の変化ではあるけど。

つくる会の連中は憲法が「断絶」してると勘違いしてるっぽいし。

296 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:52:40 ID:kLiDyDRC0
>>287
wikipediaは誰でも編集できるから政治問題などのソースの真偽は怪しいんだよな

297 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 13:54:41 ID:T2F4/rwV0
>>295
解釈の違いだろ。占領下でアメリカの検閲があるんだから断絶してると言って良いだろう。

298 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 14:00:25 ID:voEMNoD90
その程度のことで断絶しちゃう脆弱なものだったのか。

299 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 14:01:14 ID:T2F4/rwV0
憲法の話だね。

300 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 14:02:56 ID:rQ15u+iJO
>292
もともと日本人はどんちゃん騒ぎが好きだし、なあなあで済ませられる民族だったんじゃないかなぁ。
自己主張より協調性というか。
復興に頑張っていた時期、子供らは教師からの「価値観の裏切り」に遭っていたみたいで、その影響は尾を引いてたようだね。
でもさ、テレビや新聞では日本がこけおろされてたけど、実際には日本が嫌いな人ってそんなに多くなかったと思うよ。
言わないだけでさ。

個人的には、剣道がGHQに禁止されたあと、ちゃんと復活がなされたことに感謝してるんだ。
メキラに見えるのはわからんでもないけど、そうじゃない部分は見えにくいだけなんじゃないかなぁ。
そうでないと、文化や伝統を大切にしようという最近の気運も出てこなかったと思うんだよ。

なあなあで、日本が好きで、なんとなく文化復興になるって、俺は日本人らしいなと思うんだけど、どうだろう?

301 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 14:49:43 ID:Z3aU6I0r0
>>157
> これを「内ゲバ」と表現してしまう
> 日本語能力の極めて低い>>1
> 死ねばいい


同意。

302 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 14:52:34 ID:Z3aU6I0r0
>>156
> この教科書とも言えん糞本は教科書と銘打っているところが悪質

反日ファシスト、乙!!

303 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 14:54:58 ID:6GtgAMdx0
>>282
そういう極右電波が公立大学の教員だからなw
おかしいわw

304 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 14:57:21 ID:oaBNE2q30
舊字や歴史的假名遣で書くだけでクレーム附けられたりと、
隨分と斷絶してゐると思ひますけどね。

憲法は米國に押し附けられたが、
表面上は正式な手續きを踏んで改正した、
といふ解釋ですね。私の場合。


305 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 14:59:30 ID:voEMNoD90
>>300
GHQの行った改革で日本に定着したものは、元々日本国内にそれを受容する
基盤があったものだけ、それがなかったものは独立回復後ほどなく覆ったと
いうのが一般的な把握の仕方。

306 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:00:14 ID:ViLN4Y4i0
左翼は内ゲバすると大量に人殺しをするが。
右の人は話し合いで決着するってことだろ。

307 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:07:02 ID:rQ15u+iJO
>305
一般性の押しつけイラネ。
その当時の人の努力がなかったら俺はきっと剣道ができなかった。
そんな無味乾燥な把握の仕方なんかしたかないね。

308 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:08:14 ID:YXgXZUbg0
>【右も内ゲバ】

っつってるけど、今やメジャーな左の団体でウチゲバなんてやってるのか?

309 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:09:39 ID:zfc2ayf/0
工作員を会にいれるからだよ

310 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:10:37 ID:FEuoBhX+0
>>306
いつの時代の話だよw

左右など関係なく組織が大きくなれば必ず分裂の兆しが現れる

311 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:12:56 ID:YXgXZUbg0
経過としては
日本会議系列の事務局長を解任しようと西尾が指示
八木は先送り
混乱を理由に八木・藤岡解任、事務局長も解任、日本会議系の理事はこれに反対
なぜか藤岡が幹部に復帰、八木も復帰、事務局長も復帰、西尾だけ追放でつくる
会は完全に日本会議の支配下に

ってこと?
なんかわけわかんないなあ。
裏で変な力が働いたのかな。

312 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:14:52 ID:ViLN4Y4i0
>>310いつの時代だろうが内ゲバは殺人が起きているじゃないか。
考え方の違いから組織が別れたりすることを内ゲバなんていうこと自体
そういう感性持っている革労協みたいな連中だろう。
いつの時代って、数年前も人殺ししていたか。革労協は。

313 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:17:01 ID:YXgXZUbg0
ttp://nishiokanji.com/blog/

産経新聞がなんかいろいろ絡んでるらしいな。
わけわからん。

314 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:17:31 ID:CYAcoeX10
端から見てると、そんなに主張が違うのか、とはおもう

ミンスだってまとまってんだからw、もうちょっと仲良くやれ

315 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:19:49 ID:voEMNoD90
>>313
 産経新聞の記者の中に明かに会の一部の勢力の謀略に協力して、捏造記事を書く者
がいることが以上で明瞭になったので、私に対する名誉毀損も含まれているので、本
日、産経新聞住田良能社長に書簡を送り、事実調査をお願いした。記者の名を公表
し、厳重に処罰することを要求した。書簡は29日付の郵送である。

いったいどうなっているの?

316 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/29(水) 15:22:32 ID:6BoyjfTx0

「つくる会」はへたれ右翼の恥部なんだから、上げちゃ駄目だヨ(w

317 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:32:08 ID:YXgXZUbg0
ttp://www.tsukurukai.com/fax-news/fax-news170.pdf

やっぱり産経新聞の捏造なのかな?新しい会長は宗教団体の人らしいし。。。

477 :朝まで名無しさん :2006/03/04(土) 01:49:05 ID:sfcV0uK0
516 株価【2400】 !stock  2006/03/03(金) 21:51:42 ID:rl0vzT9l0
種子島経理事はバリバリの「マクヤ」らしいな。

518 株価【2400】 !stock  2006/03/03(金) 21:54:26 ID:rl0vzT9l0
▼「キリストの幕屋」のテレビ番組『希望之光』に種子島氏が出演

http://www.makuya.or.jp/tv/dijest/tv097.htm

▼日本イスラエル商工会議所の講演会に種子島氏が出演

http://www.jicc.or.jp/info_event/

▼種子島経 著作

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8E%ED%8Eq%93%87%8Co/list.html

>1. チャレンジ!わが人生

種子島経 /ミルトス 2005/09出版 294p 20cm ISBN:4895860264 \1,575(税込)

>2. くたばれ!リストラ日露戦争に学ぶ経営・人生

種子島経 /ミルトス 2002/07出版 237p 20cm ISBN:4895860248 \1,470(税込)



318 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:37:21 ID:T2F4/rwV0
>>317
ソースが古い。

319 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:38:46 ID:azWbtc/2O
もうセクト主義に陥って救いようが無い。
福田恆在や江藤淳、三島由紀夫みたいな保守論客は二度と出てこないだろう…
同様に、政治家にも大局観を持ち、主導力のある者がいない。

もはや日本の命運は尽きた。

320 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/29(水) 15:49:26 ID:6BoyjfTx0
>>319
その3人の内2人は自殺だね。(w
自殺するようなへたれどもに、「主導力」なんてあるわけがない。(プゲラ

321 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 15:58:29 ID:vzhk9Dxy0
一般国民への問題提起というこいつらの役割は終わった
あとは各々の元いた場所に戻ってそれぞれ本来の仕事をすべきだ
これ以上内紛問題でごちゃごちゃすると
今までやってきた運動も全部水泡に帰すぞ

322 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 16:06:40 ID:UdR/jg9b0
平成18(2006)年3月29日(水)

第88回理事会報告 7月総会に向け理事会一丸の取り組みを確認
八木秀次理事が副会長に就任
  「つくる会」は3月28日(火)、第88回理事会を開催し、種子島会長から次期総会に向けて
取り組むべき基本的方針が提案され、十分な審議を経て決定されました。
また、同日付けをもって八木秀次理事が副会長に就任し、種子島会長とともに方針の
具体化に向けて取り組むことも併せて決定されました。この決定は、3月11・12日に開催された
「第4回評議会及び全国支部長会議(合同会議)」での各代表の意見や広く会員の意向を反映したものです。

  決定された基本的方針の概要は次のとおりです。
(1)法務、財務、人事、教科書制度・採択制度研究について担当理事を任命し、
それぞれのプロジェクトとして早急に取り組む。さらにブロック担当理事を任命し、
支部の採択活動の支援に当たる。
(2)会長、副会長に担当理事を加えた執行部会を隔週開催し総会に向けた方針の
具体化に取り組む。
(3)執行部会で検討された内容は4月、5月、6月の理事会で逐次決定し、
総会に向けた方針とする。
(4)次期総会は、7月2日(日)に東京で開催する。
(5)総会に向けた人事案件などについては6月の理事会で決定し、総会に提案する
以前に評議会に諮ることとする。なお、評議会は欠員補充等の人事を早急にはかり、体制を強化する
(6)前記方針を実現するために、種子島会長を中心に理事会が一丸となって取り組む。
(7)前期方針の決定をみたので、藤岡、福地両理事に緊急に要請した会長補佐の
任を本日をもって解く。両理事のご尽力に感謝する。

http://www.tsukurukai.com/01_top_news/file_news/news_060329.html

323 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 16:08:01 ID:6pXWD5uw0
『産経新聞』(3月29日付朝刊)で報道された理事会の内容は、憶測を多く含んでおり、
「つくる会」本部として産経新聞社に対して正式に抗議しました。
とくに、「西尾元会長の影響力排除を確認」「宮崎正治前事務局長の事務局復帰も検討」は
明らかに理事会の協議・決定内容ではありませんので、会員各位におかれましては
、誤解することの無いようにお願い致します。
http://www.tsukurukai.com/01_top_news/file_news/news_060329.html

324 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 16:13:06 ID:FLlkQwFK0
日本の左翼勢力はなぜ特定アジアの手先なのか理解出来ない。社会主義という幻想から覚めないおめでたい人達ということか。

325 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 16:17:49 ID:T2F4/rwV0
>>324
相手を信用しきって、反論する日本人は極右の嘘吐きだと思ってるかも。
それか特定アジアのデタラメがわかっていても反日的なものに惹かれて支持してる。

326 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 16:24:18 ID:VcA8qNXm0
アメポチ、中国ポチ、どっちもグダグダだな
売国奴どもには内ゲバがお似合いだ

327 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 16:41:56 ID:PO9pcdYs0
>>324
親中・親朝韓というより反「反中・反朝韓」の要素が強いと思う。
結果的には似ているが同じではない。

328 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 16:43:56 ID:CIN6yHWL0
内ゲバ90分

329 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 16:52:40 ID:dX11XL7T0
>>326
左翼の俵儀文氏をTVで見たけど、
教科書問題を明らかに「権力闘争」だととらえているらしく
「我々の勢力のほうが強いことがわかった」とか述べていらした。

自分たちの活動に都合がいいから、特アを利用しているんだろうと思う。


330 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 16:59:20 ID:9oC9nhrcO
本当に国民のことを考えてるなら、くだらない争いして自分たちの評価落としてんじゃねーよ糞

331 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 17:00:08 ID:J38sj10h0
昔、右の内ゲバでも実は殺人をやっている訳だが…

332 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 17:20:51 ID:T2F4/rwV0
八木も復帰したのに内ゲバというのは題名が間違ってるんじゃないの?

333 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 17:25:37 ID:5hxav5Jy0
小林にさえ見捨てられるこんな会解散してしまえ

334 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 17:27:59 ID:5YY4ShPU0
>>331
見沢知廉とか知らないだろ、ゆとり教育世代は。

335 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/29(水) 17:35:24 ID:6BoyjfTx0
ageたらだめだっつーの(w

馬鹿ウヨどもにこれ以上恥をかかせたら、自殺しちゃうよ(プゲラ

336 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 17:42:06 ID:oaBNE2q30
現代假名遣ひなんてシステム自體が破綻してゐるのに、
それを覺えさせようといふのは無理がある。

337 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/29(水) 17:49:20 ID:6BoyjfTx0
>>336
ageたらだめだっつーの(w

これ以上いじめたら、ネットウヨがリストカット始めちゃうよ。(プゲラ

338 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 17:56:00 ID:XMx7tGJz0
右よりの言論もピークアウトかな。
こういう騒ぎするようになったら落ち目でしょ。


339 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/29(水) 18:00:11 ID:6BoyjfTx0
>>338
武士の情けだ。

水に落ちた犬コロを叩くのは、もうやめよーよ(プゲラ

340 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:12:37 ID:e9pJeMRB0
>>327
同感。俺はもともと反「自虐派」だったけど、2chウヨのあまりの差別主義
に対する反感から今は反「嫌韓中派」だ。

341 :295:2006/03/29(水) 18:13:23 ID:bUBfgdLx0
>>305
>それがなかったものは独立回復後ほどなく覆ったと
>いうのが一般的な把握の仕方。
その通りですな。例えばGHQは三菱や安田等の財閥の解体をしたけれども
結局10年もしないうちに復活しちゃいましたからねえ。
そんな事すら知らない連中=ネトウヨ、だったりするんですが。。

>>334
> 見沢知廉とか知らないだろ、ゆとり教育世代は。
知らないでしょうねえ。。右翼の内ゲバでリンチ殺人をしてたなんて。
見沢知廉は最近お亡くなりになりましたが(自殺でした)あの人の著作の
「囚人狂時代」は13年間の千葉刑務所経験が一冊につまった良い本だと思いますね。

私はネオコンや親米右翼は嫌いですが由緒ただしい旧右翼とは結構話があいますね。
西尾幹事も小泉を発狂宰相とか呼んでいる所は評価してますですね。

342 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:19:29 ID:e9pJeMRB0
右翼は反米でしょ。親米は保守でいいんでない?
西尾は保守にして右翼にあらず。

343 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:23:32 ID:qRN8sJvh0
>>327
「反」じゃないな。
明確に権力志向だ。

344 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:31:21 ID:rQ15u+iJO
由緒正しい旧右翼=国家社会主義=実は西洋合理主義→正しくは左翼。

そら気は合うだろうよw
愛国者どころか国賊モノの思想家だものw

345 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/29(水) 18:33:36 ID:6BoyjfTx0
>>342
あげたらあかんて(プッ

日本の右翼は名誉を重んじるらしいから、これだけ恥をかいたら、ふつー腹を切るよ。(プゲラ

346 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:35:34 ID:peA+ZCxx0
ばか?

347 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:36:59 ID:VlNiP2Zx0
こんな教科書採用する学校ってあるの?
間違ったことばかり書いてるらしいぞ。
外国から書いてある内容に文句をつけられる教科書なんて誰も使わないってwww

348 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:37:55 ID:fbxUdVhIO
西尾みたいな糞は日本に不要
藤岡みたいな元マルキストも不要

349 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:38:35 ID:bUBfgdLx0
>>344
> 由緒正しい旧右翼=国家社会主義=実は西洋合理主義→正しくは左翼
こういう連中は鈴木邦夫も左翼(サヨク?)扱いしそうだなあ。。
国家社会主義≠実は西洋合理主義、なのだが。
なんで344みたいなバカというか物を知らない連中がここまで2ちゃんに増えたのかね。。

西洋合理主義は小さな政府志向で安倍官房長官とかは明らかに西洋合理主義なのだが。
安倍は左翼なのか??

350 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:46:20 ID:3eUwCzpY0
>>347
らしいぞって読んでから批判しろよ。
読んだけど言われてるほど右でもないぞ。

351 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:48:16 ID:rQ15u+iJO
>349
西洋合理主義が小さい政府?何じゃその手前勝手な定義。
小さい政府なんてのは形にすぎん罠。何の思想なのかさっぱりわからん。
国家社会主義と西洋合理主義との差異は精神論に依拠し、天皇(実は塊儡)に依拠することのみ。
もとは西洋思想だから右翼とは本来言えん。

てか、日本には右翼はいないんだよ。保守しかね。

352 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/29(水) 18:50:38 ID:6BoyjfTx0
>>349
西洋合理主義≠左翼

所得再配分政策支持者=左翼
この定義では、旧社会党も、田中角栄=経世会=橋本派的な土建屋再配分システムの支持者も、ともに左翼ということになる。

所得再配分政策不支持者=右翼
この定義なら、小さな政府志向の子鼠や安倍珍三は、バリバリの右翼。(w

それと、小さな政府≠西洋合理主義
小さな政府は、弱者切り捨ての、勝ち組合理主義。

353 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:52:18 ID:4xNgy1xL0
岡崎VS西尾なのか?

354 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 18:52:30 ID:rQ15u+iJO
北一輝からしてもともと社会主義者だ。
おまいらのお仲間さんだよ。

355 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:00:18 ID:3eUwCzpY0
しかし北一輝みたいなDQNに踊らされた青年将校達ってオウムの連中と
大差ないな。(本筋と関係なしでスマソ)

356 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:01:21 ID:N98KJB4M0
なにやってんだか。

357 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:01:30 ID:bUBfgdLx0
>>351
> 小さい政府なんてのは形にすぎん罠。何の思想なのかさっぱりわからん。
やはりID:rQ15u+iJOの脳味噌はこの程度か。相手した漏れがバカだった。。
小さなor大きな政府でぐぐれ。

>>352
>それと、小さな政府≠西洋合理主義
>小さな政府は、弱者切り捨ての、勝ち組合理主義。
それはその通りなんですが小さな政府を推進している連中は
「小さな政府こそ合理的だ。大きな政府は非効率的で非合理だ」
と主張してはばからないので。安倍とか武部とか竹中とか。
安倍とか竹中は明らかに、小さな政府=欧米的合理、と思ってるし。

358 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:08:35 ID:XMx7tGJz0
>>355
小泉竹中に踊らされているフリーター派遣ニートを見てるから
全然不思議じゃないよ。


359 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:12:56 ID:Adp8N7ra0
>>358
情報化社会になっても本質はそう簡単に変わらんてことだよな
バカはやっぱりいつの時代もバカ

360 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:15:13 ID:rQ15u+iJO
馬鹿認定されちゃったw

まぁ何でもいいけどさ、右翼と左翼は同根なんだよ。
だから気が合って当たり前。逆に言うと気が合う奴はヤバスなんだわな。
俺は戦前回帰もヘンテコ革命もごめんだね。

361 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:19:12 ID:4oprNyfq0
新しいカルトをつくる会

362 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:20:13 ID:LBS3LQdK0
我が強すぎて誰かに従うなんて無理な連中。

363 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:20:34 ID:rQ15u+iJO
>358
よく言うぜ。選挙前のマスコミは小泉バッシング一色だったのに圧勝したのを忘れたのか。

あ、それとも2ちゃん世論と一般社会は殆ど乖離してないってことか?w
まーそれはそれで面白いからいいけどな。

364 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:28:25 ID:dDGaG9Gt0
教科書なんて思想の乗り物程度にしか考えて無い奴が集まればこうなるにきまってんだろ

365 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/29(水) 19:29:44 ID:6BoyjfTx0
>みんな
あげちゃ駄目だって!

つくる会の、コヴァ(最近は宮台と仲直り)や、大月(どこへ行ったの?デブ)、西部(まだ生きてるか)なんかに煽られて、立派な2ちゃんねる右翼になった馬鹿どもがいじけちゃうでショ。

奴らは繊細な神経を持ってる自我肥大坊やなんだから、いじめると自殺しちゃうよ(w

366 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:30:08 ID:ULbtK7+20
今のつくる会をいくつかに分けて、保守系教科書をいっぱい出せばいいのに。
組織が一つしかないと集中攻撃受けやすいし、内部分裂するとダメージも大きい。
内容も、真正保守系から真ん中よりまでバラエティーに富ませておいて、
時間かけて淘汰されて行けばいいと思うのだが。

367 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:32:15 ID:fNuLBjyh0
山羊は金に汚いと言われる
勤務先のOB会に出席するさえ
多額の金を取ろうとする


368 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:33:37 ID:4xNgy1xL0
>>363
バッシングって何?

くだらない小泉劇場・チルドレン持ち上げて田野しか知らない

369 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:36:00 ID:yQS7Fg3b0
>>366
それじゃ何にも出来ないぜ。
何なら2chでやってみるか?

370 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:37:18 ID:4xNgy1xL0
>>363
ブサヨの大谷や毎日新聞のオヤジもみな郵政民営化大賛成してましたがw

371 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:39:35 ID:YXgXZUbg0
>>366
教科書って値段決まっている上にコストが異様にかかるので、それは
やらないほうがいい。カラーページが多く、執筆のために資料代がかさ
むし、編集のための会議は何回も行われる(通常は。つくる貝はしてな
いかも)。書き始めてから校了まで、さらには採択までに異様に時間が
かかるのも特徴。普通は教科書単体では赤が出るもんなんです。

372 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 19:40:07 ID:S0MeqTBc0
内ゲバかwww

373 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 20:23:11 ID:l6uibvZe0
>>282
「私の主張がまるでY染色体論がメインかのようにマスコミが扱うので困っている」

by八木

374 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 20:31:37 ID:LaZc7Vu60
>>368
確かにマスコミ特に週刊誌とかテレ朝は完全に反小泉だったな。

375 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 20:33:21 ID:mop16ugV0
やめてけれ
やめてけれ
やめてけーれ
ゲバゲバ
やめてけれ
やめてけれ
ゲバゲバパパーヤー

376 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 20:42:59 ID:Ni1vYIC30
つくる会内紛に関する繊細はつぎのHPに書かれてある
ttp://nishiokanji.com/blog/2006/03/post_298.html
ttp://nishiokanji.com/blog/2006/03/post_305.html

あとはそれそれ判断してくれ

377 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 20:57:31 ID:4xNgy1xL0
>>374
>>370
みのもんたも追加なw

378 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 21:00:30 ID:2RXh0JI60
>>377
しかしみのは神発言やらかしたりしてるから判断に困る・・・
あれは一体どっちなんだ?

379 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 21:14:21 ID:mdZv8/QNO
内ゲバって意味わかってる?           ゲバはゲバルト暴力の意 ただ使ってみたかっただけか

380 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 21:19:20 ID:YXgXZUbg0
>我が家は産経新聞を三部取り、ウェッブ産経にも入っていますが、

つくる会の人って○部買った!とかって自慢(?)する人がいたりするけど、
どうなんだろうか。聖○新聞とかみたいだと、傍らからは思うのですが。

381 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 21:21:56 ID:tjO2i3Mu0
「新しい歴史教科書をつくる会(通称、つくる会)」の支持母体が、この「キリストの幕屋」らしいです。
WEBで調べた感じでは、「つくる会」から人が離れていくとともに「キリストの幕屋」が勢力を伸ばし、今では
切っても切り離せない関係になっているようです。さらに、「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国
協議会(救う会)」でも勢力を伸ばしているそうです

悪徳商法マニアックス
http://beyond.cocolog-nifty.com/akutoku/2005/08/post_1b33.html


382 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 21:24:45 ID:0lQ5xb3C0
右派の内ゲバはきれいな内ゲバw
右派はテロや暴力を決してしないw すべて街宣似非右翼のしわざww

保守原理主義者<ぷ

383 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 21:29:14 ID:giSvNDuM0
>>382
しかし、発足当時からこのくらいオープンで偽善がない社会運動も珍しいよ。
トイレと給湯室が筒抜け状態だもんw

384 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 21:45:59 ID:VRb59bCX0
キリストの幕屋とイスラエル

キリスト教を信奉する幕屋と現今の西洋キリスト教の違いは、ユダヤ教やイスラエル国に対する
態度の違いにあります。現今の西洋キリスト教はイスラエルに巡礼で訪れて聖地や遺跡巡りはし
ても、幕屋のようにユダヤ教や再建された現代イスラエルから学ぼうとはしません。
イスラエルの人々は、「1900年間、世界じゅうをさまよい続けたが、建国を達成できたのは
旧約聖書を読み、その預言を信じて祈りつづけてきたからだ。自分たちは、祖国の再建という20世紀
最大の奇跡を体験することができた」といって、聖書に対する強烈な信仰と誇りと喜びを抱いています。
聖書に対するこの想いは、幕屋の私たちが共鳴共感するものです
(キリストの幕屋公式ホームページ)
http://www.makuya.or.jp/makuya/israel.htm

385 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 21:48:47 ID:nPGUTCUf0
日本の思想対立の構造は【反米と親米】ではなく【親大陸と親英米】だそうだ。

>日本の対立構造は
>・親大陸派=親アジア主義,親儒教,親社会主義,親官僚制(=中央集権) 親全体主義,親人治主義
>と
>・親英米派=親国際主義,親資本主義,親封建制(=地方分権),親自由主義,親立憲主義
>なんだよ.
>
>親大陸派は,天皇制を認めるかどうかで国家社会主義(親ドイツ)か共産主義(親ソ連)に分かれ,
>親英米派は伝統の重視の度合いで保守主義と自由主義に分かれる.
>
>今風の言葉で言えば,反米保守は親大陸派で,親米保守は昔ながらの親英米派なんだよ.
>両者は戦後,反共産主義という一点で手を組んだ訳だが,元々は水と油.
>共産主義が崩壊した90年代以降,元の親大陸派vs親英米派の構図に戻っただけの話.
>戦前の革新官僚や軍部の中に,国家社会主義者に偽装した共産主義者が沢山いたってのは有名な話で,
>この両者は,天皇の扱いを除いては対立点はないから,転向は簡単.
>西部邁,小林よしのりも何度も転向してるでしょ.
>
>でも,親大陸派は絶対に親英米派にはなれない.逆もしかり.根本の思想が違う.



386 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 22:01:40 ID:T2F4/rwV0
>>385
どこのくだらないコピペか知らないけど、反米保守は親大陸派というのは違うんじゃないの?

387 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 22:22:03 ID:xic9bm0+0
新しい歴史教科書をつくる会 東京支部長 松本謙一
昨年夏の杉並では幕屋に動員をかけて大活躍だったんだけどな

388 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 22:27:09 ID:nBFCowNd0
>>386
明らかに違うね。
小林よしのりとか西部が憎い工作コピペだな。


389 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 22:31:12 ID:RZ6SmOow0


右往左往

390 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 22:35:29 ID:ybU1c62P0
なんか産経新聞も含めてぐだぐだな展開になりそうで、期待大だなw
ttp://nishiokanji.com/blog/2006/03/post_305.html

391 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 22:44:44 ID:63DWWkDL0
産経の記者が西尾幹二とつくる会の声明に反論してます
http://nishiokanji.com/blog/2006/03/post_305.html#c2807

事実に反する書き込みがありますので訂正を求めます。

本日午前、新しい歴史教科書をつくる会事務局員の鈴木尚之氏から私に対し、
組織内を収めるために抗議しなければならないという趣旨で電話があり、
「あなたのお立場も大変ですね。聞きおきます」と返答しました。

しかしFAX通信に掲載されるに及び、私は種子島経会長あてに文書で厳重に抗議しました。
抗議の内容は
@昨日の理事会で「今後は西尾氏を無視する」旨の確認がなされたことは取材で判明している
A宮崎氏の事務局復帰については理事会で議論されたとは書いていない
(執行部で検討されていることは事実であり、現に4月からの復帰が固まっている)−です。

FAX通信の内容は事実に反しており、引用は嘘を増幅することになります。
この事実を知った後も「捏造記事」などの誹謗中傷を不特定多数の閲覧に供することが続くようであれば、
刑法の名誉毀損罪を構成することをここに警告致します。

平成18年3月29日午後8時5分
産経新聞社教科書班 渡辺浩


392 :385:2006/03/29(水) 22:45:28 ID:nPGUTCUf0
軍板FAQhttp://mltr.e-city.tv/index.htmlから拾ってきた。
ネタ元は軍板の書き込みらすい。

393 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:01:30 ID:nBFCowNd0
軍板なんてバリバリ親米でしょ?
反米とかアメリカ追従路線からの脱却論者はアカになるようだな。

394 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:03:55 ID:MjIkwYsB0
下らんことで内紛してる場合ではないだろ。

395 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:05:42 ID:tSQV2cjZ0
ちなみに渡辺浩は反進化論。親ID論で一部に有名な記者ですよ。
産経のというか日本の新聞記者でID論に好意的なのはこの人くらい。
http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku/etc/050926etc.html

396 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:06:30 ID:WXuGn6h50
右も左もきもい感情をこめるからな。
たんたんとくわしい歴史を文字にするだけで十分。

397 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:07:05 ID:cBG0vZM10
八木って電波で有名な?

398 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:07:10 ID:AzfCsJjW0
内紛つーより、左のスパイが紛れ込んでるんじゃね。

399 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:17:05 ID:j6R20lf70
>>397
「たんたんとくわしい歴史を文字にする」ことが出来るんなら、誰も苦労しない罠。

400 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:18:21 ID:4xNgy1xL0
>>397
八木アンテナかよw

401 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:21:10 ID:cKaeLSQa0
>386
フォローしてみると地政学からの視点じゃないかな>コピペ

現在の反米保守派が親大陸派になれないのは
大陸がいまだ共産主義(名目)なのと、中共政府が発動してる外交言説が「反日」「戦争責任」であること・・・
というエクスキューズをつけてみる

まあ分析というのは所詮過去の話なわけで
コピペにあるような対立軸はもう古いのかも知んない

402 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:22:35 ID:YXgXZUbg0

http://nishiokanji.com/blog/2006/03/post_305.html#c2807

事実に反する書き込みがありますので訂正を求めます。

本日午前、新しい歴史教科書をつくる会事務局員の鈴木尚之氏から私に対し、
組織内を収めるために抗議しなければならないという趣旨で電話があり、
「あなたのお立場も大変ですね。聞きおきます」と返答しました。

しかしFAX通信に掲載されるに及び、私は種子島経会長あてに文書で厳重に抗議しました。
抗議の内容は
@昨日の理事会で「今後は西尾氏を無視する」旨の確認がなされたことは取材で判明している
A宮崎氏の事務局復帰については理事会で議論されたとは書いていない
(執行部で検討されていることは事実であり、現に4月からの復帰が固まっている)−です。

FAX通信の内容は事実に反しており、引用は嘘を増幅することになります。
この事実を知った後も「捏造記事」などの誹謗中傷を不特定多数の閲覧に供することが続くようであれば、
刑法の名誉毀損罪を構成することをここに警告致します。

平成18年3月29日午後8時5分
産経新聞社教科書班 渡辺浩
Posted by: 産経新聞教科書班 渡辺浩 at 2006年03月29日 20:05


403 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:25:58 ID:hObzeJCj0
>>401
大陸が共産主義を捨てたら反米保守派も親大陸派に戻るんじゃないかな。


404 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:36:11 ID:cKaeLSQa0
>403
言われてみますと
経済人はとっくのとうに親大陸派のような気がしてきました

なんせ連中が一番「偽装共産主義」に気づいてる訳でw

405 :名無しさん@6周年:2006/03/29(水) 23:40:18 ID:T2F4/rwV0
>>403
共産主義というより反日を捨てないとだめだね。

406 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 00:27:24 ID:nGPFFHdB0
>>404
経済的には資本主義だな

政治的には一党独裁だが、日本も変わらないからなw





407 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 00:43:24 ID:e5ha//x00
産経の記者と電話と仲良くお話した鈴木尚之って人は、
西村真悟(民主党、刀剣友の会=建国義勇軍)の弁護
士法違反事件で証拠隠滅で逮捕された人間という噂が。

http://asyura2.com/0601/senkyo20/msg/353.html

408 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 00:49:48 ID:hnstup6S0
ネガティブな選択としての一党独裁なだけまだマシじゃね

409 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 00:50:00 ID:ZXuqbYYI0
>>404
経済人は、市場規模の大きいところに注目するという、資本主義の大原則に
忠実な行動をとっているだけ。

410 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 01:32:59 ID:e5ha//x00
68 名前:日出づる処の名無し 投稿日:2006/03/30(木) 00:56:58 ID:WWFeqtQz
産経新聞への私の対応 ttp://nishiokanji.com/blog/2006/03/post_305.html#comments
>  産経新聞の記者の中に明かに会の一部の勢力の謀略に
> 協力して、捏造記事を書く者がいることが以上で明瞭に
> なったので、私に対する名誉毀損も含まれているので、
> 本日、産経新聞住田良能社長に書簡を送り、事実調査
> をお願いした。


> 本日午前、新しい歴史教科書をつくる会事務局員の鈴木尚之氏
> から私に対し、組織内を収めるために抗議しなければならない
> という趣旨で電話があり、「あなたのお立場も大変ですね。聞
> きおきます」と返答しました。
 (略)
> この事実を知った後も「捏造記事」などの誹謗中傷を不特定多
> 数の閲覧に供することが続くようであれば、刑法の名誉毀損罪
> を構成することをここに警告致します。
>
> 平成18年3月29日午後8時5分
> 産経新聞社教科書班 渡辺浩

395 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/03/29(水) 23:05:42 ID:tSQV2cjZ0
ちなみに渡辺浩は反進化論。親ID論で一部に有名な記者ですよ。
産経のというか日本の新聞記者でID論に好意的なのはこの人くらい。
ttp://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku/etc/050926etc.html

産経の記者と電話と仲良くお話した鈴木尚之って人は、
西村真悟(民主党、刀剣友の会=建国義勇軍)の弁護
士法違反事件で証拠隠滅で逮捕された人間という噂が。
ttp://asyura2.com/0601/senkyo20/msg/353.html

411 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 01:34:07 ID:p1MjQzWx0
渡辺浩記者と西尾幹二は2年前は蜜月だったんだけどな

大学入試センター試験疑惑 緊急報告(一)
 投稿者:西尾 幹二 投稿日:2004/01/24(Sat)16:15
> 大学入試センター試験の世界史に虚偽問題が、日本史、現代社会に不適格問題が発見されて、19日
>以来23日まで、私の周辺はにわかに騒がしくなった。私自らは動くことはなかったが、電話とファクスが
>終日鳴りっぱなしで、2年前の机上の賑やかさを思い出させた。
> 産経新聞の水戸支局の渡辺記者が世界史の虚偽問題に気がついて、私をはじめ関係者にファクスを
>送ってきたのは1月19日(月)午後3時頃だった。もっと早く気がついた人もいたかもしれないが、私は新聞
>の入試問題なんか見ないから、自分では発見することができない。
http://www.megaegg.ne.jp/~nitiroku/kako33.html

思い出の地訪問
 投稿者:西尾 幹二 投稿日:2004/03/08(Mon) 15:17
>以上の記事を書いて下さったのは水戸支局の渡辺記者で、短い中にとてもよくまとめている。心がこもっている。
>今は水戸支局にいるが、少し前まで東京本社でつくる会を応援してくれていた。
>水戸にいても問題を決して忘れない。
>大学入試センター試験の世界史の逸脱問題をいち早く見つけて水戸から私にファクスを送ってきて
>くれたのは彼である。あの一件はこれで火が点いたのである。
http://www.megaegg.ne.jp/~nitiroku/kako39.html


412 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 01:48:46 ID:6ttl+/SsO
吉田茂は日米同盟を「手段」として捉えていたと思うけど、
小泉首相に代表される親米派は同盟堅持「目的」になっている。
自称親米派はいわゆるポチが大多数、自称反米はただの反対屋だったり中共の手先が大多数で、
当面の課題である「“脱”米」を主張する人はなかなかいないな…

413 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 01:49:54 ID:EylZrq040
インテリジェント・デザイン論の電波記事のアレか!www
産経も「左翼憎し!」でカルト記者まで抱え込んでいるのな。
2ちゃんねるでもあるまいし…

414 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 02:48:00 ID:BoVogRT+0
救う会がお金が集まりすぎて内紛になったのは理解できるが
つくる会ってそんなに儲かってるようには見えないけどな

415 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 03:24:21 ID:8zVd61650
>>329
俵義文さんって、古いよね。完全に時代遅れの糞サヨ。
西村幸祐氏にこっぴどくやられてるね。

http://nishimura-voice.seesaa.net/article/13686721.html
第七章●日本を襲う言論テロ----「新しい歴史教科書」を攻撃する反日ファシズム
図書館で密かに行われている言論テロ
偏向報道で「つくる会」を攻撃するメディア
反日スローガンの道具として使われている教科書
日本政府の怠惰と不見識
「客観的な歴史はあるのか?」「客観的な事実はある」
反日キャンペーンと共闘する「教科書ネット21」
扶桑社「申請本」回収は仕組まれたのか
教科書問題が外交問題になる構図
中国、韓国、日本で無限循環する反日スパイラル
レッテル貼りで言論抑圧するシステム
「書物を焼く者は、いずれその炎で自身をも焼くであろう」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569643663/
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31674016

>>364
> 教科書なんて思想の乗り物程度にしか考えて無い奴が集まればこうなるにきまってんだろ

それって、反日馬鹿サヨの教科書でしょ。

416 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 04:57:43 ID:Qw8gCfWB0
>>397 同姓同名(字も同じ)の別人

417 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 06:59:34 ID:r24gfPSOO
>386
反米保守はアジア指向の覇権主義→親大陸派かと。

418 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 07:01:49 ID:1lnZUUSi0
外国の宗教団体が日本の歴史教科書に口出しすんな。

419 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 07:03:21 ID:xhg4MZtP0
ウヨも馬鹿で低脳が多いってことか

420 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 07:18:55 ID:r24gfPSOO
>385の分類はうまくまとまってると思う。
ロシア側から日本の思想家に関する資料とか出てこないかなー。
まだ謎なことが多いよね。

421 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 07:35:58 ID:5sMKMViA0
産経の中でも、最強の馬鹿記者 安藤慶太

産経新聞 平成10年8月17日(月)
http://www.marginal.com/p13.htm
http://www.geocities.jp/ookaminami/zakki1998-8.html
(「超能力」で検索すれば、すぐに見つかる)

”超能力”解明は国家戦略
http://www.marginal.com/kikou1.htm
「気効」研究に初めての予算
http://www.marginal.com/kikou2.htm
次世代ハイテク「脳や心」が戦場
http://www.marginal.com/kikou3.htm

で、この馬鹿を見るチャンスが来月到来w
http://www.sankei.co.jp/wave/html/tokyoivent/tokyoivent.html
(顔写真付き)

「国を愛する心」がどうのと御託を並べる前に国家戦略である超能力解明に
ついての話をして貰いたいものだ。



422 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 07:45:49 ID:0Qx0fkZNO
八木って人はちとクサい

423 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 08:23:28 ID:XkJIduGe0
>>417
反米保守はアジア志向というよりアメリカ以外にも目を向けてるだけでは?
アメリカべったりを危惧してる。親米保守はアメリカに対する警戒感がない。

55年体制が崩れて、親米保守が実はもう保守でなくただのサヨク化してることがばれ始めたから
そんなものを持ち出してるのかもしれない。

424 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 08:44:53 ID:r24gfPSOO
>423
その危惧が何に対する危惧なのかが問題なのでは?
要するに反米保守は、大陸での権益をアメリカの利益の範疇に取られることを嫌っているのではないかと。
支那に対しても然りだったけど、もう共産主義ではなくなったから警戒が緩んでる。

対して親英米派は、大陸での権益には興味がないから、アメリカとの共同歩調を取るのに抵抗がない。
こちらは自由貿易が肝みたいなかんじだから。

425 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 08:47:02 ID:bB1ed38M0
小林よしのりが復活して井沢元彦も参加したらいい

426 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 08:47:36 ID:BG21YPbT0
極右極左になると、現実とは妥協を許さないメルヘン世界の方ばかりだから、
すぐそれぞれのメルヘンの違いが元でケンカになるのな。
道理と言えば道理か。

427 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 08:49:25 ID:XkJIduGe0
>>424
経済は別に国益に反しなければどこでもいいんじゃないの?
国益に反してアメリカの利益を優先的考えてしまいかねないところが危惧される所でしょうね。
アメリカの制度、考え方を真似ろというのが親米保守じゃないかな。

428 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 08:50:54 ID:r24gfPSOO
日米同盟は別に行動を縛るものではないから、自由主義の立場から他の国にも連携を広めていくのは可能で、
実際インドやオーストラリアとも関係強化に動きつつあるし、
他に目を向ける=反米保守という考え方は対偶が成り立たないのではないかと思います。

429 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 08:54:44 ID:0q+c/gXcO
>>424
反米保守は

銭金より「日本の国柄」な
天皇制や日本語の維持尊重とか国民性でWASPに迎合したくないんだろ?


430 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 08:59:06 ID:r24gfPSOO
>427
アメリカの経済利益と日本の経済利益は他のどの国よりも密接な関係性が既に出来上がっているから、アメリカも日本も、互いが不利益を被るのを避けたがります。
それに日米間の対立的な経済分野は今は殆どないそうですよ。自動車ぐらいだそうで。

経済優先と国益優先は必ずしも一致しないとも思いますが。

431 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:02:41 ID:Byer83y70
>>425
それくらいじゃないとダメだろね。
結局今のつくる会の教科書は、
反共産なだけで自虐史観に戻ってしまってる。




432 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:02:56 ID:r24gfPSOO
>429
保守と呼ばれる者は皆天皇や日本語の尊重を唱えるものだと思いますが。
対立軸に立つのは共産主義なのでは?昔、日本語表記をローマ字に変えようとしていた事もありましたし。

433 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:12:49 ID:RD/IeWYx0
とりあえず日本の言論とメディアがもうちょいマシになるまで我慢して団結する
とかできんのかこのオッサン達は

434 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:15:37 ID:QB5Iryol0
ウヨって敵対する存在にサヨレッテル張って終わらせるのが好きだよね。
お互い相手がサヨクだって言い張ってるwww

435 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:16:03 ID:0q+c/gXcO
>>432
「天皇の尊重」と逝っても「相撲の横綱」なみの「尊重」だと、
困るのが反米保守の立場だと思うよw


436 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:17:00 ID:r24gfPSOO
>433
もしバックに日本会議があるなら無理でしょうね。
八木氏がどちらの思想者なのかが解らないから何とも言えませんが。

437 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:19:37 ID:r24gfPSOO
>435
よく解りませんが、まぁそれぞれにとっての「天皇」のとらえ方は違うんでしょうね。

438 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:20:10 ID:x2iWGJms0
男系維持に染色体論持ち出した電波を会長にって
つくる会って変態じゃないの

439 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:22:00 ID:lmjK4onm0
右も左も極端な奴はカルト

440 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:25:48 ID:KzODcERI0
う〜ん、内紛だの内ゲバだの書き込まれてるけどさ、揉める事って悪い事なのかな?
左翼のように襲撃したり人質とって立てこもったりしたなら非難されるべきだろうけど
議論の過程においての揉め事ならそれは揉め事とはいわないんじゃないか?
それを揚げ足とって内ゲバだの内紛だの煽り立ててる事の方がおかしいと思うが
まあ揉めない事に越した事けど

441 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:39:20 ID:ob1q6t4V0
>>436
http://www.nipponkaigi.org/reidai01/introduction(J)/introduction%20top.htm
自分たちの会長に敬語つかいまくってて、
乙部の敬語云々って釣りを思い出した。

442 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:42:36 ID:GyVvAJzm0
>>440
お互いを発展させるための議論ではなく、単なる権力争いになってりゃ
内紛・内ゲバって言われてしょーがないだろ。

443 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 09:42:53 ID:x2iWGJms0
>>440
健全な議論というかディスカッションか?

444 :田宮良子:2006/03/30(木) 09:56:43 ID:9liOLewP0
関西学院大の名物男、谷沢のエーちゃんや西部邁、西尾幹二はああ見えてもか弱い生き物なんですから
生暖かい目で見守ってやってください。


445 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 10:08:30 ID:fJTadLgT0
>>444
谷沢永一は関西大じゃ・・・

保守の内ゲバといえば「司馬史観」をめぐる谷沢vs藤岡論争なんてのもあったねえ・・・(;´Д`)y-、


446 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 10:32:40 ID:e5ha//x00
>>415
自分の知的水準が 西村幸祐 レベルだと言っているようなレスですね。







447 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 10:33:12 ID:zDc5uypp0
保守を3分割すると
大東亜戦争積極肯定論
大東亜戦争やむをえなかった論
大東亜戦争否定論(日露までは肯定)・・司馬史観


448 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 10:38:02 ID:cuQDaELg0
日本会議の自信の表れだろうな。
国会議員使って公然化したり、表舞台に出てきたようですな。
カルトが手足になってくれるんで便利に使ってたら
乗っ取られてしまったって訳だな。

ところでカルト右翼って日本独特なのかな。
日本でも原理主義が台頭したと言う人がいるが、全然違うと思うんだな。
教義からして、民族主義としての一貫性があまりに無い。
草の根ファシズムか、たんなるゴロツキのどっちかだろう。

449 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 10:49:10 ID:fJTadLgT0
日本会議って政治家と付き合いがあって、作る会にも入り込んでるみたいだけど、なんなの?

宗教?どういう利権があるの?

450 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 10:51:10 ID:e5ha//x00
宗教ウヨクの集団


451 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 11:03:48 ID:9liOLewP0
>447
寺内寿一元帥、南方軍総司令官。
一九四四年十月、フィリピン決戦を前にマニラを去り、
赤坂の芸妓を軍属として呼び寄せてサイゴンの豪邸で優雅な生活。
ルソン島で総力戦を構える山下大将に対し、レイテ島への兵力分散を命じる。
三七万という大戦最大の犠牲、うち八七%が餓死。

第四航空軍司令官、富永恭次中将。
レイテ戦末期、第四航空軍は六二回、四百機の特攻を敢行。
最後の一機で本官も特攻と訓示しながら、台湾へ敵前逃亡。
死刑が当然なのに、陸軍当局は予備役へ編入、後、当時安全とされた満州軍司令官として復帰。

連合艦隊参謀長、福留繁中将。
捕虜となり、機密文書を奪われながら不問、第二航空隊司令長官に栄転。
山本祐二作戦参謀は第二艦隊先任参謀に昇格。

外務省編
一九四一年十二月八日午後一時、野村吉三郎駐米大使はハル国務長官に宣戦布告の予定。会見予約もあり。
前夜、転勤する寺崎英成書記官の為の送別パーティがあり、全員がぐでんぐでん。
責任者、野村吉三郎駐米大使、来楢三郎特命全権大使、井口貞夫参事官、奥村勝蔵書記官は不問。
戦後、井口、奥村両名は、外務事務次官、勲一等まで受領。

開戦事後通告という史上空前の大失敗をやらかしながら、井口参事官、奥村書記官は出世して勲一等まで貰い、
訓令違反の杉原千畝はクビ。

やっぱ、大東亜戦争・・・だめぽ・・・司馬史観に毒(?)されていくワタシ。。。。

452 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 11:18:55 ID:e5ha//x00
来楢 → 来栖 だろ



453 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 11:20:09 ID:zDc5uypp0
2chでは定番のスーパーDQN牟田口廉也もいれてくれや。

俺も満州事変から道を間違えたという考えに一票

454 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 11:36:50 ID:e5ha//x00
牟田口はDQNだが、陸軍中枢もスーパーDQNだな。
以前NHKでインパールの失敗を追った番組があったが、無責任体制を絵に
書いたような状態。あんなメチャクチャな作戦を、さらに損害を拡大させる
糞指令。

455 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 11:38:21 ID:9liOLewP0
>>452
_| ̄|○ アゥゥ
>453
無駄口・辻マ・後 etc定番キャラはあまりに定番過ぎるんで割愛しちゃいました(汗

456 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 11:42:12 ID:r24gfPSOO
日本会議は保守系の国会議員で構成されていたように思いますが。
違うんですか?日朝友好議連や拉致議連等のような超党派の組織だと思っていたんだけど。

457 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/30(木) 11:48:45 ID:Pmi3uil00
>>453 に一票

458 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 11:57:41 ID:r1RKTIYW0
いくら旧軍がDQNでも戦後国民はそれを許したんだから仕方ない。
辻も源田も議員になってるんだし。

459 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 11:59:34 ID:e5ha//x00
>>456
日本会議自体は、宗教系組織と遺族系組織が集結した団体。
国会議員は下部構成組織のひとつ。
単なるイデオロギー・宗教組織と捉える見方もあるが、立派な利益集団でもある。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB?%F1%B5%C4?kid=25541
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本会議

460 :459:2006/03/30(木) 12:01:57 ID:e5ha//x00
補足だが、「立派な利益集団」というのは、尊敬できる、カコイイという意味ではないからな。
一応。

461 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:07:40 ID:qEGQKav/0
これって、徴兵制導入のための前振り
キャンペーンなんじゃね?
今じゃ、宗主国も志願兵減ってきているらしいしな。
劇画的には、反日役と愛国役を競わせて、徴兵制
導入なんじゃないかと疑っている。
愛国だとか、売国だとか、そういう目的とは関係の無い事情
で事は動いているような気が。
若い諸君にとっては、避けられない運命なんじゃない?



462 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:08:34 ID:nv4pT/7p0
おいおい、なんてこった。
ネットウヨクの牙城が崩壊の危機ジャマイカ。

463 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:10:57 ID:9fQ8QYjJ0
つくる会の方針は素晴らしいけど中の人がな…
西尾なんて在日偽右翼と同レベル

464 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:14:21 ID:BUHBmTQi0
>>458
仕方なくなんてないよ。歴史的評価は時代とともに変わっていくんだから。
2chとしては辻や源田はDQN決定です。

465 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:20:58 ID:qEGQKav/0
>>458
旧軍批判するなら、太平洋戦争と日中戦争が
なぜ起こり、誰が主導したかがわかっていて
言っているんだろうな?
戦後、真相について書かれたり報道された事は
皆無に近い事を認識するべき。
戦後は、主犯の存在を隠すよう隠すように出版や
報道で、印象操作が行われてきた事実に気づくべき。
新しい歴史教科書の記述だって、はっきりいって真実では
無い。


466 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:24:57 ID:BUHBmTQi0
>>465
教えて下さい。
誰が主犯なの?
マスコミとかいうのは無しね。アメリカ、中国の陰謀も無しね。

467 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:25:54 ID:e5ha//x00
>>465
旧な言・・・

わからん、ヒントくれ。

468 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:27:20 ID:QumoRxFU0
意見の違いを戦わせるのは大いに結構だが
今回の騒動は「あいつが嫌いだから」という権力闘争だからね

469 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:29:24 ID:Aye1TArj0
>>466
いや、主犯はマスコミ。
今現在も、東京新聞は、フランスの若者みたいにストを打て、とか煽ってるし。

戦争を煽りに煽ったことは間違いない。
新聞も関連書籍も写真集も、アホみたいに売れただろうからね。

470 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:30:11 ID:qEGQKav/0
>>466
世界恐慌後の景気刺激策。
両建て主義による、イスラエル建国 ⇔ 欧州側から見れば追放
欧州製造拠点の破壊。

日本に関してだけに言及するなら、主犯はスターリン。




471 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:31:08 ID:RMfrObAY0
>>461
>今じゃ、宗主国も志願兵減ってきているらしいしな。

全く逆で、徴兵制廃止して志願制に移行する国ばかりですが

472 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:36:02 ID:qEGQKav/0
>>471
その移行が失敗しているんだろうが。
好き好んで、外国に死ににいく香具師が
多いわけないだろ。
金の為に行って、後遺症貰って帰ってくる
のがせきのやまだ。


473 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:36:43 ID:BUHBmTQi0
>>469
主犯マスコミと言っちゃうと主犯は国民ということになる。
マスコミは所詮売れるように記事つくるから。
東京新聞なんて売れないだろ。

474 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:41:28 ID:RRl9yel70
つくる会ねぇ

こんな既知外どもが作った”教科書”ってどうなんだよ。
結局ウヨクも腐されな訳ね。

475 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:42:21 ID:BUHBmTQi0
>>470
期待してたのにトンデモさんだったか・・残念

476 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:49:02 ID:qEGQKav/0
スターリンは、2・26事件に目をつけたわけだ。
そもそも日本は、昭和恐慌以来農村部には
貧乏人が溢れていたわけだ。
当然、旧軍にもそういう貧乏人を何とかしたいという
派があったわけ。
統制派と皇道派の争いだって、片側は農村部の貧乏人
寄りの人間が多くいたわけよ。
そういう一派に共産勢力が忍び寄り、たきつけて騙して
躍らせて戦争へ突っ走ったわけだ。
中狂だって緒戦では、仕掛けて先頭を誘発させたわけだ。
ソ連や中京は、それぞれの思惑で利益を得たわけよ。
結果的には、植民地勢力つまり資本主義の防御に成功し、
中国では共産革命を実現したわけだろ?
当時の米政権は、ニューディール派だ。
つまり赤連合の盾として、日本は頑張って戦ったわけだ。
戦後は、その赤の勢力に批判されて、現在に至っている訳だね。
戦前も戦後も、赤の手玉に取られているだけのこと。
戦前の赤の総帥はスターリン。背後がどんな勢力だったかはシラネ。

477 :中の人見習い補佐代理候補付 ◆Qw5aKYwoS6 :2006/03/30(木) 12:52:47 ID:GPPOlFyP0
高崎経済大学地域政策学部(八木の勤務先)卒業の漏れが来ましたが
特に何もないようなんで帰ります。

478 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 12:56:41 ID:fJTadLgT0
>>477
ちょっと待て、質問がある。
八木さんってホモ同人描いてたって本当ですか?

http://bogusnews.seesaa.net/article/7817480.html

479 :中の人見習い補佐代理候補付 ◆Qw5aKYwoS6 :2006/03/30(木) 12:59:33 ID:GPPOlFyP0
>>478
んー、とりあえず自分がいた頃にはそんな話は一切聞こえてこなかったなあ。

480 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:02:40 ID:RRl9yel70
>>478
八木氏の顔が ホモにしか見えなくなってきた

481 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:04:32 ID:fJTadLgT0
>>479
そうか。やはりガセネタか

482 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:05:29 ID:r24gfPSOO
>459
どうも。ソース見れないけど・・・。

神社系とか真言宗とかかな?>宗教団体
皇室典範改正の問題に関して男系維持を主張していて、対案を作成していたところだよね。

483 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:08:02 ID:r24gfPSOO
>477
八木氏は反米保守?親米保守?それともノーカラーですか?

484 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:11:41 ID:Aye1TArj0
>>473
>主犯マスコミと言っちゃうと主犯は国民ということになる。

なんでマスコミ=国民?

当時はネットもないし、外国の情報も取れないから、
政治家、官僚も含めて、国民はマスコミに情報操作され放題。

売るためだけなら、オリンピックなど、戦争以外のイベントでもいいんだろうに、
在郷軍人会やその家族など、大量にかてくれそうな層に媚びて、軍人を持ち上げた。
マスコミに責任あり。

485 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:11:49 ID:1uJolfFk0
>>475
>>470
>期待してたのにトンデモさんだったか・・残念


まあ、これでも読めよ。

「大東亜戦争とスターリンの謀略」
http://www.daitouasensou.com/
書評 岸信介
http://www.daitouasensou.com/review/index.html

http://www.shinseisobi.co.jp/daitoasenso3.htm

486 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:14:07 ID:AdNTAM0Z0
とりあえず産経の正式な対応待ちだな
記事の内容については

487 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:15:34 ID:cXD/rW6v0
統一●会臭が漂うスレでつね

488 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:16:10 ID:DVv9q9ZlO
小林もこうなるのが分かってたから早々抜けたんだな。
組織の理論で動くから個人の連帯を目指してた小林も嫌だったろうな。

489 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:19:33 ID:eZtlKp530
>>1
「つくる会」は右じゃないぞ
単なる親米(おやべい)反中のサヨク
ネットウヨと同類だよ

490 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:24:55 ID:eZtlKp530
>>108
初版はまだマシだったんだよ
でも岡崎久彦が大部分を書き直しちゃったんで現在出ている版はポチ史観そのもの
他の教科書と変わらないかむしろ酷いくらいの代物に成り下がってるよ

491 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:27:08 ID:jSnaeoHC0
よしりんがなぜ支持されるのか少しわかった

492 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:28:18 ID:AdNTAM0Z0
おれもTVで岡崎が「反米的記述は全て削除した」と勝ち誇ったように発言したのを見て、買うのやめた。
初版だけでいいや。
それでもまだ自虐部分がかなり残ってるけど。w

493 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:31:07 ID:ZXuqbYYI0
>>476
ただの陰謀論ですか。

494 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:47:13 ID:ZXuqbYYI0
>>490
> 他の教科書と変わらないかむしろ酷いくらいの代物

元々、自前の専門家がいない時代や分野の記述は、
他の教科書を適当に引き写して書いたと公言している、コピーアンドペーストで
体裁を整えている程度の教科書だから、そうなって当たり前。

この程度なのに、自分のイデオロギーに近いからと、内容の不出来を不問にして
持ち上げている一部の連中もどうかしている。

495 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:49:34 ID:e5ha//x00
>>482
コピペすると
「神社本庁・生長の家・仏所護念会・念法眞教・モラロジーなど宗教・修養団
体が中心となり、そこに曹洞宗管長・日蓮宗管長なども名前を連ねる宗教関
係者中心の団体であった。」

「「キリストの幕屋」も「日本会議」の有力な構成団体である。「キリストの幕屋」
は毎週、サンケイプラザで日曜集会を行なっている。」

「「日本会議大阪」の構成団体をみると、キリストの幕屋のみならず、神道政治
連盟(神社本庁)・国柱会・仏所護念会・IIC(霊友会)・崇教真光・念法眞教・神
道青年会などの宗教団体が名を連ねているし、大阪府遺族連合会という日本
遺族会の下部団体も名を連ねている。」


つまり神道だけでなく、新興宗教系も多数。思想・教条的には「伝統的価値観」に
重きを置き、いわゆる宗教右翼と呼ばれる組織も多数。生長の家、統一教会とも
関連があるらしい。
神社・宗教右翼や軍恩等の組織の高齢化、衰退が激しかったので、価値観と利
害の一致している組織を糾合してスケールを大きくし、発言力を高めようとした、
というようなことが背景だと聞いたことがある。

496 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 13:53:01 ID:qEGQKav/0
>>493
ん?
謀略無い戦争なんてありませんが。
日露戦争時に、ロシア革命に協力するかわりに
情報提供や資金提供を受けた事も、陰謀論に
なると?
南満州鉄道の利権に関して、外国の会社と揉めた事や
盧溝橋事件も陰謀論で片付けると?


497 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 14:02:33 ID:hnstup6S0
資金は提供したほうだろ

498 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 14:24:49 ID:qEGQKav/0
>>497
シフ


499 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 14:33:55 ID:ZXuqbYYI0
>>496
戦争を含め、国際的な外交には各国や諸勢力の様々な思惑が入り乱れ、錯綜した
多様な現実がある。
その本の一つだけを取り上げ、他のところに全く目配りをしないまま、あたかも
それが終始一貫してことの推移を動かしたかのような立論は、ただの陰謀論。

500 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 14:37:50 ID:cuQDaELg0
まあこれで誰の目にもハッキリしたわけだ。つくる会=日本会議ということは。
いままではブサヨの捏造とか横槍が入ったが。
西尾としては清濁合わせ飲んできたつもりだったが
親米カルトウヨの影響力が強まるにつれ危機感を感じ
逆転策を練ったらしいが、すでに遅し。
自らの軍事スペンディング政策で増長した右翼に殺された
高橋是清に通じるかもしれない。

501 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 14:38:29 ID:r1RKTIYW0
会長が副会長になる人事を復権と呼ぶのか?

502 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 14:43:54 ID:r24gfPSOO
>495
う〜ん、なんか陰謀論くさいからなぁ。それ。
ウディは書き替え可能だからあまりソースとしては使えないし。

503 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 14:45:38 ID:ZXuqbYYI0
>>501
内部で批判を受けたために会長を解任され、無役になった人が改めて
副会長という重要なポストに就き、やがては会長に復帰するというシ
ナリオが提示されている以上、復権と表現して問題ない。

504 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 14:58:29 ID:1uJolfFk0
>>490
>でも岡崎久彦が大部分を書き直しちゃったんで現在出ている版はポチ史観そのもの

>>492
>おれもTVで岡崎が「反米的記述は全て削除した」と勝ち誇ったように発言したのを見て、


これか。

次に新版『新しい歴史教科書』は私の記述の主要部分が知らぬ間に岡崎久彦氏の手で大幅に改筆され、
この件で、執筆者代表の藤岡氏からいかなる挨拶も釈明もなかったことを遺憾としてきました。
採択が終るまでこの件を表立てて荒立てることは採択に悪影響を及ぼすから止めるようにと理事諸氏に抑えられ、
今日に至りました。
http://nishiokanji.com/blog/2006/03/post_298.html

505 :ねちねち小学生 ◆in.mBbu0ME :2006/03/30(木) 15:12:06 ID:Pmi3uil00
貧すりゃ鈍する。
結局ほとんど採択されず、金も入ってこなくなったので、仲間割れ。
よくある話じゃまいか?

506 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 15:14:07 ID:S+/DpOLh0
>>484
一般国民が好戦的な記事を好んで買ったんだよ。
反戦的な新聞は売れなくなった。

今でも朝日みればわかるでしょ。戦前はもろウヨだし戦後はサヨ。
なぜそうかと言えばそのほうが売れるから。
20年もすれば朝日もサヨじゃなくなるよ。このままじゃ売れなくなるからね。
マスコミなんてそんなもん。マスコミは主犯じゃないよ。

507 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 15:19:49 ID:6GEt7TMy0
まぁ世論とマスコミ、どっちが悪いかは難しいところではある、
マスコミが先か世論が先かといえば、間違いなくマスコミのミスリードが先に来るんだけど・・・

508 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 15:40:39 ID:yoELMuvV0
右翼にしろ左翼にしろ、全体主義者の権力闘争は過酷だよな。
敗北は死を意味するからな。

509 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 15:57:46 ID:r1RKTIYW0
つくる会に発足当初の理想が生きていたら
「ポツダム宣言によって日本は破滅から救われた」
なんて教科書に書かないだろうなあ。

510 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 16:00:43 ID:S+/DpOLh0
>>509
救われてないの?

511 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 16:02:26 ID:NdZoTLw0O
サヨのレスが詭弁のガイドラインのまんまな件

なによりレッテル張りや印象操作が多い 


512 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 16:07:31 ID:NdZoTLw0O
>>495
比叡山延暦寺や四天王寺なをかも日本会議のメンバー
比叡山延暦寺は天台座主が役員
それと神政連と神社本庁は別組織みたいです


513 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 16:15:47 ID:EMoAPo3p0
西尾幹二=毛沢東
藤岡信勝=林彪
八木秀次=トウ小平

514 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 16:43:58 ID:r1RKTIYW0
>>511
サヨって?八木?渡辺?日本会議?西尾?藤岡?

515 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 16:45:04 ID:9liOLewP0
>>513
西部=周恩来


なんて事だけは絶対書かないでね

516 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 17:03:12 ID:KAqocuwK0
>>513
その心は?

517 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 17:10:04 ID:xhg4MZtP0
つくる会の教科書は、領土問題・朝鮮・中国の方に
作成に力を注いでいるのは良いが、

他の分野、章で、いい加減な記述、あいまいな記述が多いから、
採用されていない…。

518 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 20:29:04 ID:06IdWRga0
>>504
そう、それ

519 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 22:04:26 ID:GTwdh5T/0
いやあ、みんな大好きな内ゲバなのにスレが伸びませんなあ。
さすがバカウヨで持ってるN速+www

520 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 22:06:42 ID:GTwdh5T/0
>>512
神政連と神社本庁の関係って、日医と医政連(だっけ?)と同じ?

521 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 22:08:15 ID:H3U7ibJJO
>>511
そのガイドライン自体が詭弁だろ

522 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 22:45:03 ID:5fM3PvdB0
>>506
いや。
マスコミの情報操作は、国民の責任じゃないよ。
買うほうが悪いと言うのは開き直り。
マスコミから出る情報以外に、国民は判断のしようがなかったんだから。

523 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 22:45:39 ID:/1P1lLxq0
>>511
ヴァカウヨは、すぐに他人のことをレッテル張りするくせに
自分がされると「レッテル張りするな!」とブチ切れる。
その素晴らしいダブスタぶりは、論破など不可能。もはや無敵!w

524 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 22:53:24 ID:ZmYH8cor0
>>523
そりゃサヨも同じだろw
二言目には「ニート」「低学歴」と罵るくせに、自分らがやられると怒る。

525 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 22:55:59 ID:GTwdh5T/0
しかたないさ バカだもの
ってレッテル貼りでもしとくかw


>>522
そのとおりだね。新聞に市場経済はなかった。
国民に自由選挙はなかった。
マスコミに選択肢はなかった。
政治家のほとんどにもまともな発言権はなかった。
それが全体主義だよ。

526 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 23:15:29 ID:DwzNp52c0

内ゲバでも何でもいいから前進してくれ。

全員尊敬はしているんだ、オレ。

527 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 23:22:43 ID:JT1HyqSk0
>>525
>国民に自由選挙はなかった。

なかったっけ?
現代の価値観で言えばそうなるかもしれんけど。

528 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 23:22:53 ID:/iMqyhZN0
西尾幹二と産経新聞記者が互いに相手を名誉毀損だと罵り合ってる事態なんて一年前誰が想像できようか?

529 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 23:28:39 ID:8wgcAjI10
>>523
文章の起点からレッテル貼りですか・・・
言ってるそばから

530 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 23:40:50 ID:Q3Xa/Shz0
>>528
二階堂が産経新聞社に噛みついたりもしてるじゃんwwwwwww

531 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 23:45:27 ID:GTwdh5T/0
>>527
ワロタ
つくる会の常套句を使った知的レベルの高い皮肉だね。

532 :名無しさん@6周年:2006/03/30(木) 23:59:42 ID:/1P1lLxq0
>>529
だって、漏れは何度もキミたちにサヨ認定されているからな。
それで、得意の「レッテル張り」と「印象操作」をしてみたんだよ。
無敵のダブスタぶりが素敵なヴァカウヨくんのためにねw

533 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 00:06:52 ID:N9jODw/P0
お前に中身がないのはわかった

534 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 00:09:21 ID:ZN+XF3Q00
とレッテル貼りw
自己満足の遠吠えwww

535 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 00:13:28 ID:AuOBsDuP0
>>446
西村さんの知的レベルがあったら、羨ましいよ。
俺も頭良くなりたいな。
お前よりは頭が良さそうだけど。ww

536 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 00:18:41 ID:roa3Bf2v0
>>519
つーか、現実から逃げるなよ。馬鹿サヨwwwwwwwwwwwwwwww
お前の知能レベルの馬鹿サヨは、どっかの隔離板にしかいないんだよ。

現実逃避で自殺するなよ。


>>535
>>446は加齢臭ただよう、俵義人のカキコと思われ。だって、馬鹿サヨ臭いから。



537 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 00:21:52 ID:Wm4h4UaZ0
つくる会は転向右翼が作ったエセ保守だからwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

538 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 00:47:20 ID:Hp0jU73Y0
日本の保守運動に2つの潮流があるかもと西尾が言ってるが
それは自分の運動の過大評価。
児玉がCIAの金で自民党をつくって以来、右翼は一貫して米国の番犬であった。
一水会みたいな例外はいたが、潮流といえる程のものではおよそない。
宗教ウヨの最大勢力にしても、KCIAおよび本家CIAが養成したカルト団体である。
右翼は右翼らしく、大義より金を欲しがる。
それは健全なことではあるがね。自爆テロするような純粋な民族原理主義者より。

539 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 00:57:32 ID:yJGPrkLj0
日本にはもう、野村秋介みたいな漢はいないのか。

540 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 01:20:47 ID:rrCAOQzW0
>>538
無知と不勉強丸出しw

541 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 02:21:11 ID:lw+EEMWN0
>>539
いないんjね。
ネットの勇ましいカキコと、客センへのイヤガラセ電凸で
鼻を高くしているヴァカどもが主流で…。

542 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 02:41:12 ID:PQid3l4m0
〈癒し〉のナショナリズム
―草の根保守運動の実証研究
小熊英二・上野陽子著     四六判・上製・232頁
定価:1,890円(本体価格1,800円) 慶応義塾大学出版会発行 
「新しい歴史教科書をつくる会」とは何だったのか。
―〈日本〉という居場所をもとめて「つくる会」につどう人々―
「新しい歴史教科書をつくる会」を一事例に、保守系ナショナリズム運動の草の根的活動を担う、
自称〈普通の市民〉たちのメンタリティを実証的に分析。
人々の心の闇のひろがりによる共同性の喪失を浮き彫りにし、現代日本のナショナリズムの行方を問う。
http://www.keio-up.co.jp/iyasi/iyasitop.htm

543 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 02:45:13 ID:0TlNd/c10
>>538

陰謀論言う人ってDQNだよね。

544 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 02:46:03 ID:leTedCFz0
ゲバってどういう意味?

545 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 03:00:03 ID:3FsiH4o50
>>524
ウヨに低学歴が多いのは統計的な事実だからなあwww

>>544
ゲバルト=暴力(ドイツ語) っていうか、ぐぐれ。

546 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 03:02:14 ID:3FsiH4o50
>>511
っていうか、「詭弁のガイドライン」なんてDQN向けの怪文章をまにうけるな。

二分法などの強力な詭弁法をフォローしていないガイドラインなど無意味。

547 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 03:09:11 ID:lw+EEMWN0
>>544
ゲバルト(Gewalt)はドイツ語で、「権力」「支配力」「暴力」といった意味。

「内ゲバ」は、「内部ゲバルト」を略した言葉で、同組織や近似の組織
同士による(時に暴力を伴う)抗争をいう。中核派と核マル派の抗争が
有名(いまだにやってるらしい…)。

組織内の支配権をめぐる内輪揉めを「内ゲバ」と揶揄することもあるが、
ゆとり教育世代は「極左暴力主義」の意味(?)と勘違いしていることもある。

548 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 03:37:40 ID:lnGgmt+M0
>>504

> 次に新版『新しい歴史教科書』は私の記述の主要部分が知らぬ間に岡崎久彦氏の手で大幅に改筆され、
> この件で、執筆者代表の藤岡氏からいかなる挨拶も釈明もなかったことを遺憾としてきました。
> 採択が終るまでこの件を表立てて荒立てることは採択に悪影響を及ぼすから止めるようにと理事諸氏に抑えられ、
> 今日に至りました。
> http://nishiokanji.com/blog/2006/03/post_298.html

歴史教科書を編纂するための組織なのに、主要幹部の知らぬ間にその肝腎の教科書の
重要な記述が改変されるようなことをやる組織というのは、そのイデオロギー
の当否以前の問題として、組織の体をなしていないと評されてもやむを得ない。

549 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 03:52:18 ID:leTedCFz0
>>545 >>547
教えてくれてありがとう。

550 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 04:27:50 ID:IHsroidY0
>>548
修正前のを読んでみたいな。

551 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 04:35:26 ID:sVJowmfWO
>>545
とっととソース持ってこいカスww

552 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 05:44:56 ID:IHsroidY0
>>551
首都大学東京の博士論文でそういうのがあるらしい。
ソースは宮台のところだったはず。

553 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 07:25:36 ID:3FsiH4o50
>>551
直近だと、>>552 の言っている論文な。

あと、ヨーロッパのネオナチがらみの研究でそういう結果の奴もいっぱいあるから。
世界的に普遍的で常識的な状況なのだよw お前が知らないだけでなwwww

554 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 11:44:40 ID:ZETp2wXi0
産経のほうの調査はどうなってんだろね。

555 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 12:14:50 ID:G0m3er2O0
西尾が「岡崎久彦が教科書をアメリカマンセーに書き換えた」と暴露したのが産経新聞の逆鱗に触れたか?

556 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 12:15:18 ID:C3QZeVbj0
スレタイで丑かと思ったのに!

557 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 12:23:46 ID:lnGgmt+M0
>>555
それはないんじゃないか。

元々岡崎が得意げにテレビでそれを吹聴していた。

558 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 12:40:06 ID:ZIxltXOkO
ウヨサヨの分類は無意味だって。どっちもヴァカだし、日本の場合はとくに。
>385の分け方が分かりやすいよ。

559 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 12:45:05 ID:jZFtWULEO
>>558
普通政治学では、大陸派と英米派と区分するね。
リベラルも今使われているリベラルとは意味合いが違う。
そういう意味では中曽根はリベラルだね。

560 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 12:49:32 ID:jZFtWULEO
自己レス
×政治学→○政治思想
それと大陸派と英米派というわけ方は
あくまでも戦前の政治思想学で使われていたもの。
だから今も全面的に応用できるかといえば違うかも。

561 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 13:03:23 ID:ZIxltXOkO
所謂ウヨサヨ論は大陸派の親天皇・保守と反天皇・反保守を基軸に
英米派の保守とリベラルも内包させて攻撃対象?にしてるからややこしくなるんだよな。

端から見てるとそれ自体がアレな感じ。

562 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 13:05:40 ID:ZIxltXOkO
>560
いや、地続きになってるよ。わざと誤魔化されてるだけで。

563 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 13:08:08 ID:ofHYEy5s0
■▲▼
【8:682】【イタリア】「中国共産党が何百万人も殺害、歴史的事実」
イタリア首相、謝罪拒否★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本もこれくらい事実発言してやれ!バカ中国に、
靖国参拝抗議などこの国の数千万にも及ぶ大虐殺とはレベルが違いすぎ!

564 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 13:35:07 ID:tb33+S9H0
>>562
そのあたりは大学・専攻なんかで変わってくるんだろうな。
ウチの大学では>>560という解釈だった。

565 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 13:48:30 ID:xLM60+5K0
カルト死ね

566 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 14:58:05 ID:IHsroidY0
>>1
>『創業者の時代』から第2ステージに飛躍する

壮絶な抗争史からすると、すでに第6ステージくらいのようなw




567 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 15:00:13 ID:H/Es//2M0
>>1
左の内ゲバとは次元が違うだろカス

氏ね

568 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 15:02:10 ID:K1Z4XgI70
>>545
プロ市民なんて低学歴しかいないだろう。
どっちもどっち。

569 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 15:07:21 ID:IHsroidY0
>>568
日本共産党は学歴社会

570 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 15:08:03 ID:l/2iL6JrO
>>545
サヨが低学歴なのは統計的にもあきらかだしなwww

サヨが日本会議なんたらと言ってたから調べたら代表が最高裁長官だったしwww


571 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 15:08:37 ID:PdTy7MDl0
リベラルとリヴァタリアン、コンサバティブとナショナリストが
ごっちゃになってるから日本の政治は意味不明になっている。

572 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 15:12:46 ID:IHsroidY0
>>570はネットウヨが低脳であることを印象付けるサヨの工作?

少なくとも「統計的」の意味を知らないという印象を受けるが。

573 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 15:15:19 ID:ECMofeTS0
>>571
外国の学術用語で考えようとするからわかりにくいんだよ。

574 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 15:36:57 ID:9JZHm1070
内ゲバだの白色テロルだの
酒に酔うとそんな話題ばかりふってきたA新聞のオサーン元気にしているだろうか。。。



575 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 15:39:08 ID:9XhEHTvR0
やめてけれ やめてけれ
やめてけれ ゲバゲバ♪

576 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 15:43:50 ID:yelGtiJk0
栗原宏文が週末上京するそうです

577 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 16:09:40 ID:T30KM1/Y0
分類なんてどうでもいいけど、つくる会は小林よしのりが離れた時点で
終わった希ガス

578 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 16:29:55 ID:ZIxltXOkO
始まってもいなかったと思うが・・・。一般書籍としてある程度売れたぐらいで
教科書としての採択率も、歴史学会への影響も殆ど皆無だったしょ。

本当に破壊力があるとすれば東中野氏の論文だろーなー。
アレが今どういう扱いされてるのか気になる。

579 :つられるな:2006/03/31(金) 16:34:55 ID:T30KM1/Y0
一般人にはそれなりに影響力があったと思うよ。
特に2chとか。
一連の運動でかなり自虐という言葉が浸透して左→恥ずかしい
に効果あったと思う。

580 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 16:56:56 ID:ZIxltXOkO
左が恥ずかしいのは共闘やらのお陰でだいぶん前からあったと思うけどなぁ。

俺自身はその頃まだ無色なガキだったけど、多分テレビの所為で、持ってたイメージが「恐い教科書」だったよ。
でも確かに自虐史観て言葉は結構聞いたね。

581 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 16:58:17 ID:01v/fPv90
諸君!5月号

八木会長解任劇
「つくる会」──内紛の一部始終  西岡治秀(ジャーナリスト)
教科書改善のために集った志ある人々が、なぜ罵り合う仲に? 事の経緯を詳らかにする
http://www.bunshun.co.jp/mag/shokun/index.htm

582 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 17:49:53 ID:3nzH6BkP0
俺30代後半だけど、高校のころは君が代とか歌わないってえのが
なんかかっこよかった時代だった。坂本龍一とかカリスマだったし。
もろ金八(キンパチ)世代なんだけど初期の金八ってかなーり左よりだった。
卒業するだれかが自衛隊に入って国に貢献したいとか言ったら校長(赤木春江)
と金八でやめなさいと必死に説得したりしてた。日本国憲法を声を出して読んだり。
それが普通だった。

つくる会の運動のはたした役割は大きいと思うよ。

583 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 19:17:07 ID:SeQyo7yL0
>>568 >>570
統計と言う言葉の意味をシランのか、君ら?

大体、インテリサヨクが空回りして、民衆の支持を失ったなんて
常識も持ち合わせていないのかね?

584 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 19:29:56 ID:pcdVb87a0
常識という名の

妄想

585 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 19:33:36 ID:pcdVb87a0
しかし>>570が統計という言葉を知らないというのはその通りみたいだなw

586 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 19:33:58 ID:6kpkRrU20
7%のシェアをつかまないとペイしない教科書事業で扶桑社が
大赤字を出しながらどれだけ続けられるか

週刊誌で教科書事業は内容の調査や精査などコストが
高いからうまみの無い事業だと書いてあったけど
作る会の財政事情を知りたいなあ



587 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 20:32:21 ID:jC6mwKr/0
あの紙質で1200円ってのはかなりきついよ。
絵が多いから、デザイン関連のコストも当然かかる。
扶桑社がコストカットしているとすれば、執筆料かな。

588 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 20:54:02 ID:CEBGq0pD0
ヨーロッパでは、日本のニートのような無職がネオナチになって低賃金で働いている
肌の色の違う人を叩く。
いい職種にありつけない人が肌の色の違う(ry
亡命してきた肌の色の違う(ry

ってのはあちらでも一緒。
ようは自分の無能さを外国人に転化してるだけ。

589 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 20:59:51 ID:+lQnUjJc0
産経新聞への私の対応 ttp://nishiokanji.com/blog/2006/03/post_305.html#comments
>  産経新聞の記者の中に明かに会の一部の勢力の謀略に
> 協力して、捏造記事を書く者がいることが以上で明瞭に
> なったので、私に対する名誉毀損も含まれているので、
> 本日、産経新聞住田良能社長に書簡を送り、事実調査
> をお願いした。


> 本日午前、新しい歴史教科書をつくる会事務局員の鈴木尚之氏
> から私に対し、組織内を収めるために抗議しなければならない
> という趣旨で電話があり、「あなたのお立場も大変ですね。聞
> きおきます」と返答しました。
 (略)
> この事実を知った後も「捏造記事」などの誹謗中傷を不特定多
> 数の閲覧に供することが続くようであれば、刑法の名誉毀損罪
> を構成することをここに警告致します。
>
> 平成18年3月29日午後8時5分
> 産経新聞社教科書班 渡辺浩


西尾幹二「名誉毀損だ」
渡辺記者「そっちこそ名誉毀損だ」

子供のけんかですね

590 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 21:31:14 ID:jC6mwKr/0
産経新聞は記者の教育はどうなってるんだ?
それともその記者は産経新聞を代表してブログに書いているの?
わけわからん!

591 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 22:14:09 ID:n668FF210
結局、右も左も"中道"もみんな目を背けたい事実が其々に存在するから、
喧嘩になるんだろうね。
真実ってなんだろう。と考えた時、
全員が全員それは嘘といえば嘘になるし、
本当といえば本当になる。真実じゃなくて作られた"真実"も存在するわけだ。
見たくない事は嘘というし、そうでなければ本当という。

人間が人間である以上、様々な思惑が存在し、立場立場で見方が違う。
自分は中立だなんていう人間こそ胡散臭い。(そういうテストも存在するが、それこそ虚実である。)
結局私こそ中立だと言い張り、扮装になり、こういう事になったんだと私は考える。

私思うに、歴史つまり"真実"で稼ぎたいだけなんだよねこいつらは。
としか見えない。

592 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 22:21:25 ID:n668FF210
まぁ、つまり、物事を見るにあたって色眼鏡で見ない人間は心が存在する限り居ないということだ。

何時もレッテルの張り合いを見てるが、虚しく感じる。
私こそが中立であるというプライドのぶつかり合いだよね。
ある無い言い合っているだけだよね。

私みたいな酔っ払いでもこれぐらいわかるのに、この人たちは
素面でも分からない。ああ面白い。

593 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 22:22:14 ID:cr4UISq80
所詮こいつら全員エッタ部落民だろ。

部落民って解同が表向きサヨだけど、本質的には在日朝鮮人に近い似非ウヨが多いね。

嫌だ嫌だエッタ部落民。エッタエッタエッタホイタッタ。

594 :名無しさん@6周年::2006/03/31(金) 22:24:21 ID:a+97JSDP0
とりあえずシナ・チョンを滅茶苦茶にしてから分裂してほしい

595 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 22:26:39 ID:cr4UISq80
>>594
貴様も部落民だな。エッタめ。

596 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 22:38:12 ID:PG2PuoI20
つくる会は中道から右まで幅広く
集まってるから内ゲバみたいになるんだろ。
2つに別れて親米路線は産経が、
嫌米路線はコヴァが面倒みればいいんでないの。

597 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 22:44:57 ID:n668FF210
>>596さんゴクローさんw
で、そんなん面倒見てどうするの?

なんか、思惑ばっかりでまとまらないね。
明らかに右翼、左翼って居るけれど、
中道にもいろいろ居る罠w
立場も違えば、考え方も違う。だから、論争になるんだろ。

598 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 22:46:27 ID:jC6mwKr/0
>つくる会は中道から右まで幅広く

みんな右に見えますけど。。。

599 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 22:48:54 ID:lxqrK34q0
楽しいな。まともな連中の集まりじゃないってことをもっともっと
アピールしてくれ。

600 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:02:46 ID:ZIxltXOkO
>593
自分の思想の根本、方向性を「知らない」のは、単にモノを知らないゆえに
答えがえられないだけだと思うぞ。
それに思想の中立性と真実は別だろ。真実に色を付けるのが思想だが、いくら塗りたくっても真実そのものは変わらない。
真実を受け入れられるかどうかはその人個人の資質によるのであって、全ての人が見る事に難があるわけじゃない。


601 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:08:37 ID:ZIxltXOkO
失礼。>600は>592へ

連投規制はこういう時ちょっと悲しいなw

602 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:10:07 ID:B7uxnnYi0
>>578
そもそも、まともな歴史学者は参加していない。歴史学者以外の学者で
まともなのも数人で、その何人かも死去したか会を離れた。その意味で、
小林、西部が会を抜ける以前からというか、最初から終わっていた。

高校レベルの教科書とはいえ、石器時代以前から現代までを一冊の中に
書き通すのは難しい。既存のコピペが精一杯。初期の版の記述の誤りを
指摘していた(それはサヨの揚げ足であったかもしれないが)まともな
歴史学者がいたときが、まだ華だったw 正しい批判に対してまでも、
無関係に歴史観云々を持ち出してつくる会やその仲間が叩いた(まるで
「愛国無罪」のようにw)ので、学者たちは誰も何も言わなくなった。

結局はスローガンだけの広告塔。内紛で広告塔としての価値もなくなった。
政治家から見ても利用価値はない。むしろ、統一や幕にからんでいると
見られるから、手を引くのが正解。

広告塔の意味では、小林がぬけた時点で「つくる会」の存在意義は
なくなったと言ってもいいかもな。

603 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:22:19 ID:ZIxltXOkO
>602
わかるけど。
まともな歴史学者の執筆する歴史教科書がまともだったら、そもそも変な思想者には出る幕はなかったんだがな。
左翼思想のアナキシストで、事実をきちんと追求しようとしている人に俺は指導してもらったことがある。
だから余計に近代史のサヨ臭のキツイ嘘のひどさは目に余る罠。

604 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:24:48 ID:fQY2dAfF0
>>538
なにこれ?知障?

605 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:26:21 ID:jC6mwKr/0
アナキシスト?

606 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:27:17 ID:fQY2dAfF0
>>579
同意。それに、従軍慰安婦とか、強制連行という捏造が
つくる会以外の教科書から無くなったのは、つくる会の功績だろ。


607 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:29:40 ID:fQY2dAfF0
>>582
悲惨な時代を送ったね。そんなにひどい状況だったの?
それ、普通の学校で?特殊な学校ではないの?


608 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:31:47 ID:K9YgZmCi0
そもそもヤギは何しに中国いったんだ?


609 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:35:37 ID:vZosH0sn0
小林が脱退した時点で、興味を失ってたな。
コヴァですまんがw
ただ、もうその頃から教科書現場の雰囲気や流れは変わってたんだから
ひとまず役目は果たしたってあたりなんじゃないの?
実際、左翼的教科書って消えうせたでしょw

610 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:40:27 ID:ZIxltXOkO
>605
マルキシストを消してアナキストと書きなおしたらシを消し忘れたみたいごめん

611 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:44:04 ID:Yv0lB/MJ0
>>608
正論3月号、4月号に面白いレポートを書いていたよ。
田中奏上文が偽書だってことを支那の歴史学者に証言させた。
それだけでも歴史的快挙だと思う。もっと、評価されていいのでは?



612 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:47:28 ID:ZIxltXOkO
>609
そうなの?2年くらい前に購入した山川の歴史小辞典には
しっかり従軍慰安婦だの南京大虐殺だのが「事実」として載ってるんだが・・・。

613 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:54:08 ID:xCg5aBXE0
桜井とかいう蒼白い女の人はメンバーじゃないの?

614 :名無しさん@6周年:2006/03/31(金) 23:57:28 ID:U2HpFq5q0
男ってどうして喧嘩するのさあ。
あたい、小学校から大学まで女子校だったけど、
悪口は言いまくりだったけど、本人を前にしては
「こう今日の服かわいいね」
なんて言って適当に馴れ合ってたよ。
意見が違っても、言葉を択んで、険悪にしないように
できてたよ。
はじめから「つくる会」応援してたけど、ちょっと
考えなきゃね。

615 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 01:29:53 ID:2/Xzzx3N0
>>612
名称や規模の程度はともかく、そういうことがあったのは否定しようがないので、
当たり前のこと。

616 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 01:36:28 ID:y61aP50J0
こいつ今だに文章で「ゐる」とか「であろうか」とか使ってるやつだろ?
こんなのを会長待望論が出てる時点で終わってるよ。

617 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 01:39:11 ID:CGVxLaES0
で、扶桑社≒産経は
どう思ってるんでしょうか?


618 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 01:39:17 ID:2/Xzzx3N0
>>616
そう?
外側から見ると、いかにも「つくる会」のような組織にふさわしいお方だと思うんだ
が、間違い?

619 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 01:43:51 ID:v+6uw8wVO
>>614
女って…
男なら嫌いな奴は無視するけどな。

620 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 03:13:44 ID:LKzTU2yGO
>615
規模も名称もなんだって?

戦闘と虐殺は日本語では明らかに意味が違うんだが、日本史専門の歴史学者って日本語が不得意な人ばかりなのか?
誤解するような教科書を創るのは止めたほうがいいと思うなぁ。

621 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 03:21:17 ID:2/Xzzx3N0
>>620
言っていることの意味が分からないが、
南京虐殺があったというのはごく一部の変わり者を除いて共通の認識。
ただし、その規模をめぐってはいろんな説がある。
「従軍慰安婦」についても、その名称がいいとか悪いとか、その「可哀想度」が
どの程度かについて認識の違いはあっても、軍人の性的な相手をする女性たちが
いたことはだれも否定していないこと。

だから「山川の世界史小辞典」にそういう事項が掲載されているのは当たり前のこと。

たしか、山川の本の編纂には東大の先生方が中心になっているので、「つくる会」の
伊藤隆氏も噛んでいるはず。

622 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 03:23:04 ID:m8EfVFBz0
http://violet.homeip.net/upload/img-box/img20060401031842.jpg
http://violet.homeip.net/upload/img-box/img20060401031851.jpg
http://violet.homeip.net/upload/img-box/img20060401032049.jpg



623 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 04:03:06 ID:LKzTU2yGO
>621
その史学者に共通の認識とやらがいい加減だったから自由史観なるものが流行りだしたんだよ。
どの史料に基づいて検証したの?現場の検証は未だ出来てないよね。東中野氏の論文は?

架空の事実を史実とするのが歴史学者のすることなんかい?


624 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 04:20:42 ID:uvUtjp4m0
南京虐殺は秦郁彦さんも、「あった」というのがほぼ共通の認識だけど、
一部の強硬な電波ウヨの頑張りで、「声」の大きさでは、
良い勝負になってるって言ってるよなww

625 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 04:24:35 ID:R8/+far7O
朝日には「内ゲバ」
作る会には「クーデター」

を用いるべきだろう

626 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 04:30:11 ID:uvUtjp4m0
>>625
ウヨなら「抗争」がふさわしいよ。

仁義なき「西八抗争」って呼べばいいんじゃねw

627 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 04:33:50 ID:1Si/8HreO
>>624
このスレで名前だすのもあれだがホンカツの本では、左翼の学者は7〜8万ぐらいと言ってたな。
さすがに中共の30万人説は否定していた。

628 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 04:35:06 ID:VZEFf5Vr0
南京虐殺は旧陸軍の資料を政府が握っていて、軍の中枢の人が古くは自民党にいたわけで
その政府が公式に認めているし。
退役軍人で作る偕向社が仲間の聞き取り調査した本でも認めているし、
「ウソだ」「ウソだ」だけじゃ無理だろ。
例えば南京事件幻想を作った証拠とか出さないと。
山のようにある証拠の証言の一部にいちゃもんつけて、それで全体をひっくり返したかの
ようにというか思いたがる感情論で大人が語るから、余計に右の立場が悪くなる。
子供のやりとり。

629 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 04:35:15 ID:kurYrk860
>>75
>ウヨサヨ関係なく、真ん中だよ。

在日右翼の巣窟が「真ん中」wwwww
たしかになwwwww

630 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 04:44:08 ID:jHZxGTam0
自国で虐殺が起きたと想像してみるとさ、

3〜5万人くらい殺されていたら、30万〜50万くらいに
誇張して叫びたくなるのも無理なくねーか?

あれだけの人口を誇る国だもの、戦争のさなかに
それくらいの人数は巻き込まれたり殺されたりするわな。
組織的に虐殺の意図をもってやったわけじゃなくても。
でも、全体の人数としてはやはり少なくはない人数だ。
そうなると、インパクトを増すために、水増しも起こる。

歴史なんて、利害や感情で簡単に書き換えられちゃうんだろな。

631 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 04:46:45 ID:XHo17Z+L0
右翼には一人一党が一番似合っているなんてゆ-なよ。それこそ、逆コ-スだぞ。


632 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 05:00:13 ID:h/RKt8uH0
>>631
ウヨもサヨも極端な思想となると、わずかな妥協を許さなくなるもんだ。
実利で動いている組織なら、どこかで手を打つ。そのほうがお互い
得だから。まともな人間は大半がとっくに手を引いてる。そうした
人の動きを見てりゃ、本質が見えてくる。

>>629
まあ、作る会を支えてるのは、統一+幕屋だからな。それを「真ん中」と
主張したいヤツだっているさ。日本人かどうかは知らんがw

633 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 05:01:15 ID:8sOYScHZ0
2005年4月8日朝日社説
>産経新聞が「つくる会」の教科書を後押ししたい気持ちはよく分かる。
>発行元の扶桑社は、産経新聞と同じフジサンケイグループに属しているのだ。
>それどころか、産経新聞は98年1月の社説で
>「新聞社が教科書づくりにかかわるのは初めての挑戦であるが、
>『つくる会』ともども、読者および国民の支援を仰ぎ、また批判も受けたい」と書いていた。
>「つくる会」が教科書づくりを始めたころのことだ。
>自らがかかわっている教科書を自社の紙面で宣伝してきたと言われても仕方あるまい。

2005年4月9日産経社説
>また、八日付朝日社説は、産経の平成十年一月九日付主張を取り上げ、
>「自らがかかわっている教科書を自社の紙面で宣伝してきたと言われても仕方あるまい」
>と書いている。完全な事実誤認であり、読者のために朝日が指摘した問題に答えたい。
>当初は、産経が教科書を発行し、扶桑社が発売する予定だったが、
>十一年の旧文部省の指導で、発行と発売が扶桑社に一本化された。
>それ以降、産経は教科書の編集に一切かかわっていない。

634 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 05:03:17 ID:qnR6rkz6O
南京で一般市民が犠牲になったのは事実だとして、
どうしてそれが短絡的に「虐殺」となるのか。
沖縄における米軍の虐殺には目を背けるくせにね。

635 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 05:19:12 ID:7QJizpJBO
幕屋とかってよく出してくる香具師いるけど、
ぐぐって調べたら主張がすごい電波っぽかったよ。
本当のことが知りたい、どうなんだろう?

636 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 05:25:49 ID:yAAUWl2O0
藤岡氏って、共産な人だったのよね。で、湾岸戦争で極右へw。
意外とこういう人多いかと思う。何事もポジションが決まってないと安定しない人。

637 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 05:37:23 ID:3mJM8F+80
>>635
全部信じるかどうか別にして
ttp://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1179.html
この辺からキーワード拾って探ってみたら?

幕屋と直接関係しているつくる会主要メンバーがどの程度いるのかまでは
なかなか読み取れない(地方組織まで見る必要がある)けど、日本会議と
つくる会は人脈がかぶってる。
サンケイビルでキリスト幕屋の日曜集会やってる(た?)のは事実。

そこに名前出ている、学者・財界人が名義貸しだけなのか、実際に
運動しているのかまで知らんけど、宗教右翼と言われる勢力の拡大は
創価同様にけっこうヤバイ状況ですよ。

638 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 05:41:38 ID:KgRmrtzd0
>>611
田中奏上文でぐぐって見た。正論の記事関係ばっかで笑った。
田中上奏文は、日本のまともな歴史学者は、みんな否定しているよ。

教科書は、伊藤隆氏とか歴史学の最前線でちゃんと研究している人に書いて欲しい。

639 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 05:53:43 ID:1W6mDZ6R0
強制連行問題の本質は、強制連行ではなく、強制労働
なわけだ。まあ疑う奴は、北海道来てみれば、腐るほど
事実としてあるから、まあおいでw。

640 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 06:04:11 ID:1hOz8qnq0
帝国陸軍は大陸でも普通に一般住民を銃剣で脅してムリヤリ労働力として使っていたからな。


641 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:09:15 ID:bxPHIvTz0
>>634
食べ物イパーイで勝ち戦続きの米軍ですら虐殺してるんだから貧困日本軍が
しないわけないだろ。
国際法はよく知らんが無抵抗の捕虜を殺したら日本語的に虐殺だろうし。

642 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:19:49 ID:/kVzNVgs0
>>634
目を背けてないよ

まぁ、沖縄戦では日本軍の行いもひどいものだったようだけどな
ttp://www.mugisha.net/okinawasen.html


643 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:20:59 ID:ZG09q2E3O
南京事件は(規模、実態はともかく)あったってのは、右よりでもまともな歴史家の中では常識なのに
ニュー速厨は平気で捏造なんていえる神経が凄まじいw

624の秦郁彦さんって人は慰安婦問題でブサヨのメチャクチャな主張を史料に基づいて一つ一つ論破していった人なんだけど
この人も「数万人」の虐殺説だしな

ネットばっかりやってないで少しは本も読んでくれ。おまいら

644 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:28:50 ID:862wUnbqO
>>643
秦含め中虐殺論者と虐殺無かった論者はあまり変わらん
便意兵の考え方の違い

ちなみに中虐殺ならば中国が日本を非難する資格はない
なぜなら中国も通州事件を起こしているから

645 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:31:19 ID:LKzTU2yGO
なんか自民党が認めたからあったとか、共通認識だからとか証拠は隠蔽されてるとかそんなのばっかりだね。
証拠は結局今現在存在しないんでしょ。中共のプロパガンダ史料以外は。
強制労働って徴用のことかいな。そんなもん日本国民みんなやらされてた罠。内地人はよくて外地人は駄目ってこと?

陸軍が糞だった事は証拠にはならんでしょ。歴史学って推測を事実認定する学問なんかい?

646 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:34:42 ID:qrBBr1a80
この会の人間って部落出身者が多いそうですね。

647 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:37:59 ID:LKzTU2yGO
>643
秦氏のは見て東中野氏は無視?
しかも虐殺に関しては推測でしょ。何か根拠があるわけじゃない。

便衣兵の処刑が虐殺になるの?便衣兵が7〜8万人いたらそりゃ戦闘じゃないんかいw
そんでこの数字の根拠は何?

648 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:48:32 ID:bxPHIvTz0
>>647
大半が捕虜虐殺だ


649 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:53:57 ID:4NFVs1xz0
秦教授は五万以下だっけ?以下だよ。

650 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:54:46 ID:uHUEhQy70
便衣兵は国際法違反だから、便衣兵は捕虜として適切な扱いを受けなくてもしょうがない。
が、便衣兵が国際法違反だからって一般市民を殺していいっていう理屈にはならんわけだが。

651 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 10:55:54 ID:6jGgx55G0
左の内ゲバと違って血を流さないな

652 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:12:59 ID:QlP/7YC/0
もともとつくる会の教科書は論理破綻してたしw
当時日本から余計なビザ出すなと命令されてて無視して解雇した杉原地千畝を持ち上げたり、
従軍慰安婦は日本軍はやってない、やったのは日本の軍属だって強弁してるくせに、
すべて管理維持を軍属に任せていた捕虜収容所を取り上げて、日本軍ほど捕虜を
丁寧に扱った国は無いと持ち上げたり・・・
どこに日本軍が直接管理した捕虜収容所があるのかと小一時間・・・(ry
まともな歴史学者が論理破綻していると関わらないようにしているのが当たり前の話。

>>647
東中野は右の仲間の前では電波を飛ばした発言をしてるけどテレビとかでは名誉毀損を恐れて
まともな発言をしてるよ。
例えばよくネットウヨがたかじんの南京大虐殺は無かったって番組に東中野が出てすべて捏造と
証明したと言ってるけど、あの番組を確認してもらえれば分かるけど、彼は中国側が証拠だと
主張している写真はすべて捏造です。と逝っている。けして南京大虐殺は無かったとは
一度も逝っていない。たかじんが大虐殺は無かったと言ったときも誤解を恐れて証拠が捏造と言い直している。
あの番組の中では日本兵の撮った虐殺シーンや日記には触れてなかったから番組の主張としては
正しい。ただ南京虐殺があったのは日本兵の証拠から事実。彼は右の中ではある程度まともだと思う。

653 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:23:33 ID:YQmmgfHo0
>>652 江戸時代の人間ですか・

・杉原地千畝が解雇された記録は無し。戦後の断定情報は今のところ無い
・杉原地千畝よりも、万単位のユダヤ人を救った2人(名前忘れた)と、その2人に許可を下した東条英機も偉大な功績
・東中野は、新しい虐殺の根拠が出てこない限り、違法な殺人は「0」と明言している。教科書には0説もある、と書けと

これら、いわゆる右派の歴史調査の事実発掘は進行中であり、
思考停止した左派やおまえは全くついていけていない

654 :Levchenko:2006/03/32(土) 11:23:58 ID:Yb/LcdJl0
>>644
虐殺事件って国家間で相殺できるもんなんですか?
殺された人たちの視点が抜けてますね

655 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:28:54 ID:tMkz1uM10
左翼の内ゲバに大多数の人が興味ないように、
今回の事も大多数の人が興味ないよ。

所詮右翼と左翼の争い。
真摯に次代を担う世代への教育なんて観点は無かったんだろう。
まあ、お陰で、少しなりとも公正な視点を持てるようになったかとも、自惚れてる。

656 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:29:41 ID:bxPHIvTz0
便意兵が民間人の服装して銃持って抵抗してたらそりゃあ射殺してもいいだろうが
ただ隠れてたところを引っ張り出されてその場で殺されたり連行してその後
殺されたりって感じだろ。

つくる会でも完全まぼろし派の人(せいぜい数百人)ってあんましいないん
じゃね?

657 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:32:13 ID:QlP/7YC/0
>>653
>・杉原地千畝が解雇された記録は無し。戦後の断定情報は今のところ無い
そりゃあそうだわなあ。日本軍が軍法会議にかかるのを恐れて当時の貴重な文書を大量に焼却処分したんだから。
つくる会が主張するように何もおそれることが無いのなら機密文書を焼却する必要なんて無いよなw

>・杉原地千畝よりも、万単位のユダヤ人を救った2人(名前忘れた)と、その2人に許可を下した東条英機も偉大な功績
おたく、救った数じゃなくて、結果論で比較しちゃうのぉ?
世界中が爆笑の渦だよぉw
そっか〜。今日はエイプリルフールだもんねwwwww

>・東中野は、新しい虐殺の根拠が出てこない限り、違法な殺人は「0」と明言している。教科書には0説もある、と書けと
テレビとかまともな歴史学者の前で言わないのはなぜぇ?歴史学会で「証拠」を揃えて主張しないのはなぜぇ?

つくる会支持派なんてこんなのばかり・・・

658 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:34:44 ID:5lPGEWnF0
>>647
便衣兵が国際法違反なのは市民を巻き込むことになるからだろ。
相手が国際法違反の便衣兵化したらそれを攻撃できなくなるわけではない。
それでは便衣兵化最強になってしまってますます戦場は混乱のドツボw
相手の汚い行動に対して、自らが不利な立場を受け入れなければならない
道理は無い。

相手が便衣兵化した場合に出る市民の被害は全て便衣兵化した側にある。


659 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:41:54 ID:XHo17Z+L0
そもそも検定教科書は、そのあたりの大学院生がアルバイトで書くことに決まっているよ.

660 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:44:39 ID:QlP/7YC/0
あらら。往生際が悪いようだったら杉原千畝は遺族が本人から解雇されたと直接(ryと書こうと思ってたらいなくなっちゃった。。。

もし便衣兵だと主張するのなら逮捕して軍事裁判を起こしてから処刑しないといけない。
武器を所持してない人を便衣兵だと主張して殺害するのは虐殺以外の何者でもない。
上のほうにいたどっかの誰かたちの主張のように便衣兵だったとの証拠はどこにもないしね。

そもそも便衣兵ってのはゲリラの話であって逃げ出す兵士には当てはまらないんだが・・・

661 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:48:38 ID:VZ4A+rJpO
こないだチャンネル桜に当時南京に行た90代の爺様が出演して色々話したらしい。
南京虐殺なんてあり得る訳がない、と写真やら資料を見せて話してたそうだ。


自分は見損なったんだけど誰か見た奴いない?

662 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:52:44 ID:tMkz1uM10
>>661
その90代の爺様が撮った写真を見せてくれるんなら、
資料的にも価値があるかもしれないけど。。。
まあ、おれも見てみたい。

663 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 11:59:24 ID:2rZ6BID+0
>>661

たぶん、来週もパート2を放送する。



664 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:01:41 ID:5lPGEWnF0
>>660
まず、逃げ出した兵士は兵士でなくなり攻撃してはいけない
などというルールは無いな?
戦場にいて闘う意志が無いというのなら降伏せねばならないわけだ。
降伏せずに戦場にとどまるなら攻撃対象。
ということは、降伏せずに便衣に着替えた兵隊は
戦闘継続中の便衣兵になるわけだ。

ということで、
「そもそも便衣兵ってのはゲリラの話であって逃げ出す兵士には
当てはまらないんだが・」

これはアウトね。




665 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:07:08 ID:ZISkJEpD0
創業者を排除するようじゃ、もうだめかな。

666 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:07:39 ID:BUPrGA/b0


杉原千畝元在カウナス日本国領事代理に関する質問主意書

提出者  鈴木宗男


http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a164155.htm



667 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:11:08 ID:5IB7GRxG0
【元寇について】
高麗の関与
『元史』によると1272年に、高麗の王世子の椹(後の忠烈王)が、元国のクビライ皇帝に「惟んみるに
日本は未だに聖化を蒙らず。故に詔を発し、軍容を継耀せしめんとせば、戦艦兵糧まさに、須
いる所あらん、もし此事を以って臣に委ねなば、王師を小助せん」と具申したとある
したとある。また「高麗史」によると、元寇の発端は、高麗王の忠烈王が「元の皇帝に執拗に、東征して日本
を属国にするよう勧めた」との記述がある。これに対して忠烈王の発言の所以を高麗の国内事情に求める
向きもある。高麗はモンゴルの侵攻前は武臣が王を傀儡化して政権を執っており、王はモンゴルの兵力を借
りることによって王権を奪い返した。それ以後、高麗王はほとんどモンゴルと一体化し、モンゴル名を貰
い、モンゴルの娘を王妃にしていた。これに反対する勢力は反乱を起こし、モンゴルにより鎮圧されるが
一部はなお激しい抵抗を続けていた。これが三別抄である。忠烈王の発言は王権を保つためにクビライの意
を迎えようとしたとする見解がある。上述の三策の内、高麗ルートを選ばせたのもモンゴル兵力が高麗から
離れてしまうことを恐れたためとも考えられる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87

668 :東京いぎん ◆aRAnj9VVXE :2006/03/32(土) 12:11:12 ID:1IHfzGDa0
これは、、、、、
よしりんのマンガで結果見ないと
なんとも言えないね

669 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:12:35 ID:wZZzBYOC0
>>638
東大での、伊藤隆の後継の加藤陽子が山川の教科書に噛んでるじゃん。
ま、教科書に関しては、山川以外は、ホントはどうでもいいんだけどね。



670 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:13:25 ID:/MqbS8fMO
作る会はウヨじゃないよ。ただのバカの集まりだよ

671 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:17:01 ID:QlP/7YC/0
>>664
ほんまもんのDQNか・・・
こういうのに説明するのは理解力がないからめんどくさいんだが・・・・

>まず、逃げ出した兵士は兵士でなくなり攻撃してはいけない
>などというルールは無いな?

ジュネーブ条約すべて読んで来い。自衛の意味すら知らんDQNか?
ついでに現地の中国人と同じ服装を着ているのにどうして便衣兵だと分かったんだ?
その証拠がないと兵士と認定してはいけない。
つくる会が証拠がないとよく主張しているが、そんなことを言うのなら当然、「証言」じゃなくて、
「証拠書類」を見つけた上で射殺したんだろうな?
便衣兵だと言う証拠の書類はどこにあるんだよ。

>戦場にいて闘う意志が無いというのなら降伏せねばならないわけだ。

イラクで怪我して武器を所持してないイラク人を虐殺した米兵に世界中からどんな声が浴びせられたのか
勉強して来い!
そのときの国際法上の解釈もな。
調べる能力がないみたいだから一回だけリンク貼っといてやる。
http://www2.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200411160309.html

お前の回答0点!書き直し!

672 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:19:30 ID:bxPHIvTz0
664は完全まぼろし派ね?

673 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:28:49 ID:5lPGEWnF0
>>660
続き

裁判をしていない場合この殺害は虐殺になるって誰が決めたのだ?
それは一つの意見に過ぎないわけだ。

そして、便衣兵かどうかの見分け方についてこうしろという定義は無いな。
だからこの場合日本側がどうやって見分けようが批難されるいわれは無い。
見分けるのを困難にしたのは便衣兵化した側で、そのことに対して
相手の汚い行動に対して、自らが不利な立場を受け入れ
なければならない 道理は無い。
あくまで日本軍が殺害したのは兵士であって、市民を殺害した
わけではないわけだ。





674 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:33:36 ID:bxPHIvTz0
673は完全まぼろし派ね?

675 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:36:08 ID:5lPGEWnF0
>>671
673に書いた通りだな。
そして、あまりにも当然といえば当然のことだが、
便衣戦術を常套手段としていた中国とイラクの傷ついた兵士を
同列に論じることは出来ないわけだ。

>>672
まぼろし派って言うかただ単におかしいと思うところに
つっこんでいるだけ。


676 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:45:13 ID:bxPHIvTz0
675は多少は虐殺あったと思っているの?
それともまったくなかったと思っているの?

677 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:46:22 ID:C/MaNTjJ0
だから、殺した相手が「便衣兵」だということがどうして分かったのか、それを
証明しないといけないだろ。

678 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:50:09 ID:ma4/lDxP0
とりあえず>>671は、ジュネーブ条約をもう1回読んできた方がいいな。

679 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:53:31 ID:qnR6rkz6O
裁判の話が出たので…
南京事件(虐殺疑惑)は便衣兵の暗躍もあるし、
日本軍が国際法を逸脱したと証明出来る、正確な資料が無いため、
法の下では「疑わしきは罰せず」としか言えないでしょ。
そして国際社会では国内の民事裁判における「和解」のように、両国間で平和条約が締結される。

680 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:57:45 ID:5lPGEWnF0
>>671
リンクしてくれたアサヒの記事を読んだが、
このアカヒ・・じゃなかったアサヒの記事でさえ
そちらの主張を裏付けるものどころか、こちらの
主張に有利に引っ張ってくることさえできるわけだ。

わざわざリンクして何がしたいのか?
自らの無能の証明?

681 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 12:57:55 ID:LKzTU2yGO
>677
史料にそう書いてあったんだろ?確か旧日本軍側のものだったと思うが。
この史料が粉飾・虚偽を記載しているとなれば、そも戦闘(殺害)自体があったことを証明できなくなるのでは?

682 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:04:19 ID:C/MaNTjJ0
>>682
それで分かるのは、「日本軍が『便衣兵だ』と評価した」ということだな。
その「評価」が適正だという証拠はあるのだろうか。
因みに「人を殺した」ということは「評価」の問題ではないから、やった方が
残した記録は正しいと考えるのが普通だろうな。

683 :    :2006/03/32(土) 13:07:36 ID:2asH/J6S0

 これ、いい流れですね。

西尾幹事さんは、組織の代表には向かないでしょ。

八木さんのほいうが、柔軟で行動力があって、

敵対する意見ともしっかり議論していくタイプです。

中国に行って、中国の専門家と議論した様子は

諸君に出てますが、それはそれでよかったですね。

西尾さんこそセクト主義に凝り固まっています。



684 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:13:26 ID:5lPGEWnF0
>>677
だから、定義がないのなら証明する必要なないでしょ。
そもそもわからなくする目的で便衣兵化するわけだが。

>>682
だから、書いたように適正かどうかのルールがないのなら
そもそも証拠もくそもないっしょ。

「・・やった方が 残した記録は正しいと考えるのが普通だろうな」

は?

では飯も食ったのでまた会えたら会いましょう。

685 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:13:28 ID:YGX0hPOGO
>>645
>強制労働って徴用のことかいな。そんなもん日本国民みんなやらされてた罠。内地人はよくて外地人は駄目ってこと?

一日ふすまダンゴ一個でタコ部屋労働させて、負傷者・病人は放置、ついには反乱、というケースは
勤労動員ではなかったが・・・
シベリアの強制労働を国内の勤労動員と同程度にとらえるような発言だぞ
シベリアやナチの収容所と違うのは、軍が管理していなかったために
花岡事件のような労働者の反乱が起きたことか

686 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:15:03 ID:QlP/7YC/0
     673が誰かを殺した              日本軍が誰かを殺した
          ↓                          ↓
  検察が殺害の事実を証明する          中国が殺害の事実を証明する
          ↓                          ↓
 673が相手がテロリストだったと主張      日本軍が殺害されたのは便衣兵だったと主張  ←今この段階


テロリストだった、あるいは便衣兵だったとの証拠が無いとどっからどう見ても犯罪だわな。。。
早いところ便衣兵だったとの証拠を出してくださいな。

やっぱり裁判制度も知らないDQNだったか。。。。
そういえばつくる会にもまともな学者は・・・(ry

理解力が無いってのは幸せですなあ。。。

687 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:17:52 ID:QlP/7YC/0
>>677
彼に理解を求めるのが無理かと。
便衣兵の定義は無理って言うのなら、日本軍やつくる会が殺害したのは便意兵化した中国軍との
主張はできないのに、そっちでは平気で便衣兵だと強弁しているダブスタに気づいてすらいない。

688 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:20:03 ID:C/MaNTjJ0
>>684
「『便衣兵』の定義がない」のなら、「便衣兵は国際法違反」ということも意味がなくなって
しまうのではないか。後に残るのは「一見兵士と見られない人間を殺した」という事実だけ
ということになる。


689 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:20:54 ID:MljsYs/50
朝鮮カルト必死だなw

690 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:22:11 ID:RX51E0pG0
>>686
立証責任の意味がわかってないDQNですか?

中国は
「自国の一般市民が殺された」
という構成要件の主要部分を全部証明しなきゃ駄目なんですよ。

違法性阻却事由なんかの検証を始めるのはその後です。
刑罰法の基本ぐらい理解しておきましょうねw

691 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:23:46 ID:5lPGEWnF0
>>686
だから、君の方こそ全然人の話を理解してないわけね。
同じ主張を繰り返しているだけで反論になっていないわけよ。

まあ、別に理解しあおうとも思ってないけど、
また夜にでものぞいてみてなんか進歩があったとおもったら
また書き込むかもってことで。ほんじゃ。

692 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:25:25 ID:C/MaNTjJ0
日本刑法の一般的な理論を類推すると、
構成要件=人を殺した
違法性阻却事由=相手が便衣兵だった(一般市民ではなかった)
ということになるわけで、そうなると殺したのを正当化しようとする方が
「殺されたのは便衣兵だった」と立証をしなければならないことになる。
国際法の判断に日本刑法の議論を援用することが良いのかどうかは別問題
かもしれないがね。

693 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:27:00 ID:5lPGEWnF0
>>688
は?便衣兵の定義が無いってなに?
じゃ。貴方もまた会えたら会いましょう。

694 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:27:32 ID:QlP/7YC/0
>>690
中国は一般市民が殺されたと言い続けているじゃんwww
頭大丈夫?
それを便衣兵だと主張してるのがつくる会とか一部の軍人会。
便衣兵だと証明するのは日本サイドの仕事w

ほんまもんの馬鹿?

695 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:28:49 ID:RX51E0pG0
>>691
陸戦協定の構成要件は
「兵士ではない者の殺害」
が法文上の構成要件。

したがって、便意兵であることは違法性阻却事由ではない。

構成要件はあくまでも法文言に準ずるので・・・。

696 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:31:52 ID:DeHcc/ipO
>>693て自分が言いだしておいて何?だってw

697 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:32:52 ID:2/Xzzx3N0
歴史教科書の見直しというと、どういう訳か南京虐殺がどうとかいうだけの
矮小な議論に落ち着いてしまうのはどうして?

本来は日本近代史全体の見方=グランドデザインをどう再構築するか、という
議論がなされるべきなのだが、昔の『昭和史』論争と比べても、議論の質が相
当程度落ちているとの感慨を禁じ得ない。

698 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:35:07 ID:mjc/xngz0
小室直樹ガンガレ

699 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:36:03 ID:0nh/8VEB0
先月の朝生で天皇問題をやったときの八木にははっきり言ってがっかりだった。
女系容認論にまったく反論できなかった。
過去の自らの女系容認発言まで暴露されて塩塩。
コイツはダメ。

700 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:36:41 ID:k050U/F70
まあ、内ゲバでも人殺さないだけマシだろw

701 :正論派 ◆KtKsDuZC0Q :2006/03/32(土) 13:40:15 ID:RSK2VquaO
>>692

「疑わしきは被告人の利益に」って司法の大原則を知らないの?
(笑)



702 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:41:48 ID:RX51E0pG0
>>694
中国側は「一般市民」であることの証明を行っていない。
殺害された人数やその傍証があるだけ。

中国側に未だ挙証責任がある。

703 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:43:12 ID:l8rg7TKH0
全く、
藤岡が会長補佐を解任され
八木が副会長に就任し
事務局長解任された宮崎の4月復帰が決まり
西尾が会長から会を辞めた人が発言している
ことに理事は困惑していると言っている
この局面でよくもスレ違いの話を延々と
続けられるもんだ。
それが目的なのかねえ?

704 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:44:54 ID:gpCnGPf60
八木は、憲法学会からは完全に無視されているな。当たり前だが。
憲法学者を名乗っているが、知識は大学生以下。
仲間のお情けで仕事を食いつないでるにすぎない。

本業すらまともにないような連中が、天下国家を論じるなんてどうなのかね。
歴史や道徳を語る前にやることがあるだろうと言いたいね。

705 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:45:21 ID:EQqLOH7t0
八木ってなんか信用できねえよ。
日教組でマルクスレーニン主義が蔓延してるから、我々の教科書が採用されない、だとか
アホな発言が多すぎる。多分こいつは頭が固いだけでなくヨワい。こんな人を会長のままに
していたら、保守の印象がどんどん悪くなる。

706 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:46:57 ID:FgChAofSO
>>775 事実じゃん

707 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:47:16 ID:QlP/7YC/0
>>697
右にしろ左にしろ、相手の叩きやすいところを叩くのが正攻法でしょう。
南京大虐殺や従軍慰安婦なんてのは右よりの人が叩きやすいところ。

まあ今回みたいにどっちもボロを出して自滅するんだがw

それに日本の教科書では表現の自由なんて認められてないから昭和天皇の戦争責任なんて
絶対記述できないしね。

これじゃあチベット虐殺や天安門をこちらから叩くこともできない。。。
日本人は自らを改めてから周りを諭す民族だったと思うんだが、どうやら変な人が紛れ込んでるみたいだし。。。orz

708 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:51:02 ID:YYj3uiLH0
つくる会の教科書は中学の教科書なんだから、他の教科書も南京等について詳しく
載っているわけではないと思うが。だいたい南京の死者が何人かとかを、城内と城外
で分けたりしているけど、戦争の一局面として考えれば、城内だろうが城外だろうが、
南京だろうが重慶だろうが、多数の死者が出ていることには代わりないわけで。


709 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:52:06 ID:4NFVs1xz0
>>707
「自らを改めて」
詳しく聞こうか。何を改めるんだ?

710 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 13:53:51 ID:+5cZpktf0
>>697
南京虐殺の論争を大陸での戦争全体の矮小化につなげようとウヨが必死だからですよ。

南京虐殺依然に、帝国陸軍なんて捕虜など適当に殺してたのがデフォだし、
略奪前提で成り立ってた大山賊集団だし、道々でこき使う労務者として土民を狩り集めては
奴隷労働させてたし・・・

中国がまともな国じゃなくて良かった。
もう少し、まともな国ならこまごまとした調査の上で
山ほど悪行三昧の資料出されてグーの根もでないところだww

中国が虐殺の数にこだわってくれるなんて、ありがたいことじゃないですか。
ウヨどもは感謝汁!!

711 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:00:04 ID:EQqLOH7t0
実際欧米では、南京大虐殺は日本軍の中国戦線での残虐さの象徴みたいになってるから、
これが否定されたら、かなり残虐さの矮小化に成功するがな。

712 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:01:01 ID:QlP/7YC/0
>>709
太平洋戦争&旧日本軍美化
南京大虐殺や従軍慰安婦問題

この辺を美化したり問題が存在しないと言ってるようじゃお話にならないでしょ。

靖国は微妙だが、国立の軍人慰霊の場が無いのは日本だけだから宗教に依存しないところをつくればいい。
ドイツがヒトラーだけを慰霊対象にしてないように、日本もA級戦犯を排除した神道職の少ないものをつくればいい。
できたら、A級以外にも排除したいDQNは大量にいるけどな。。。福留とか・・・

この辺の問題をきっちりして、中国には金も技術もやらない&中国あたりから工場撤退してもっと安いベトナムあたりへ。
それにあいつら内政干渉しまくったのだから、チベット問題を徹底的に追求してやればいい。

あいつら金が無くなればすぐにまた三国志始めるよ。中国が共産主義だと思ってるのは日本だけ。
欧米では国をまとめるために一時的に共産主義を取り入れただけで、5000年の歴史のうちの極一部だってのは
分かってるし。

欧米にも中国にも尻尾を振らない国になって欲しい。そのためにはまず自らを省みるべし。

713 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:08:59 ID:DeHcc/ipO
ブウヨ

714 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:09:54 ID:EQqLOH7t0
>>712
「A級戦犯」が日本にとって一体何の意味があるの??
まさか、ヒットラーと同じだとか…。ひょっとして君…。

715 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:16:17 ID:QlP/7YC/0
>>714
だからさあ。文中にA級とかのランク分けは無意味って書いてるだろ。
岸とかのDQNを首相に選ぶ国なんだし・・・

A級以外でも部下には特攻を命じながら自分は芸子遊びをしたり、自分も一緒に
突っ込むといいながら台湾に逃げ帰ったDQNとかいるだろ?

宣戦布告時間に間に合わなかった害務省のDQNとかも。
あいつらをきちんと叩く国になって欲しいってこと。

その上で杉原とか、インパールで軍命に反して捕虜を逃がしたり食料与えた人の
名誉を回復して欲しい。

ヒトラーとA級戦犯を一緒にしたらいけないとか、単なる短絡的な思考だけで物事判断してるの?

716 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:16:44 ID:iUu8NBB/O
>712
大国相手に日本が信念貫いて喧嘩売ったのが凄い痛快なんですが?


ところで終戦直後の満州における邦人婦女子に対する暴虐やシベリア抑留はどうなの?
君たちは南京や従軍慰安婦(強制連行したのに下士官待遇で働かせて、しかも定期検診や食料物資を軍が途切れることなく配給するなんて不思議…しかも一般兵卒が食えなくても果物まで与えるなんて)の事は話題にしても絶対に触れないよねw


717 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:17:41 ID:YYj3uiLH0
>>714
むしろ欧米ではヒットラーやその周辺の人間の「個性」に戦争を押し込めようとしているところがあるな。
たしかにヒットラーの個性は強いと思うが、体制とか、戦争が拡大した仕組み、止められない構造などは、
ドイツと結構似ているんじゃないかな。

>>713
ブヨク?

718 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:18:32 ID:/MqbS8fMO
南京大虐殺という名前が正しくない。南京大自殺ってのが真相。

719 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:20:37 ID:EQqLOH7t0
>>714
いや、だから「戦犯」自体が日本にとって一体何の意味があるの?
そのとき全く存在しなかった罰を後からつくり、戦勝国には全く存在せず敗戦国にしか存在しない
「戦犯」が日本にとって一体何の意味が?

720 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:23:11 ID:nwFqtRCE0
509 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2006/03/30(木) 15:57:46 ID:r1RKTIYW0
つくる会に発足当初の理想が生きていたら
「ポツダム宣言によって日本は破滅から救われた」
なんて教科書に書かないだろうなあ。

これは本当なのか?
まるっきり自虐史観じゃない。


721 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:24:48 ID:QlP/7YC/0
>>716
そっか〜。じゃあ今年あたりに北朝鮮が日本とアメリカに核ミサイル打ち込んでも痛快なんだな。

国民の犠牲とか勝てるかどうかも考えずに資源と頭脳が優秀な大国相手に戦争売って
なんの意味があるんだか。
あっちは植民地主義で占領しようとしてるんだから脳みそ使って抵抗しないといけないのに、
同じ植民地主義で抵抗しようとするのがDQN国家・・・


722 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:28:11 ID:vCnCvHeBO
ホント、ネットサヨって詭弁のガイドラインのまんまだね

インテリサヨのレベルも下がりすぎだけど
ネットサヨのレベルは低能すぎるwww


723 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:28:28 ID:EQqLOH7t0
>>715
君が言ってるのは、戦犯とかと何の関係もない国内問題ばかりじゃない?
何故そんなことを外国から問題にされなきゃならない?
719は>>715

724 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:28:52 ID:/5LJ9Gn00
>>722
詭弁のガイドラインってあれは…

725 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:29:45 ID:YGX0hPOGO
確かに戦犯はおかしいな
日本を北朝鮮ばりの全体主義国家に変身させ、滅亡の縁にまで追い込んだ当時の指導者こそ
最も反日的な人間として「日本国民の手で」断罪すべきだったのに

726 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:34:02 ID:EQqLOH7t0
>>725
戦争の時はだいたいどんな国でも、全体主義になるでしょ。
アメリカだってとんでもないプロパガンダやったり、日系人の土地や財産をすべて没収して
強制収容所に入れたりしてるし。
第二次世界大戦は基本的にドイツから始まったんであって、滅亡の縁に追い込んだなんてとんでもない。
国際関係や、状況が戦争を作るんであって、個人が戦争を生み出すなんてキチガイの発想。

727 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:34:45 ID:iUu8NBB/O
>715
台湾に逃げた富永 恭二中将の事か?
軍は志気に関わるからと閑職に追いやったがな

しかしインパールで捕虜逃がしたって誰よ?

軍令違反つながりで宮崎中将の話と勘違いか?

ビルマ戦線じゃ、軍病院が敵に包囲されて院長や婦長、重症患者は自決、従軍看護婦は赤十字職員として国際法で保護されるからと投降させたところ、
英軍は戦車の全面に全裸にして看護婦を磔にして日本軍陣地に攻めてきたと糾弾する生き残り兵士の話もあるんだがな


サイパンでも生き残った守備隊大尉の目撃談に米兵が保護した筈の一般邦人を爆撃で出来たクレーターの前に集めてガソリンを満たし着火、そこへ老人子供を突き落とし、女は全裸にしてトラックに押し込んで連れ去るのを見たそうだよ

黒人兵が赤ん坊の片足を持って火の中に放り投げるのを見た時は、部下から攻撃を懇願されて、隠れているのが露見するのもかまわずに大尉自ら銃を取って撃ちまくったなんて話もあったな

728 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:38:03 ID:QlP/7YC/0
>>723
最初に南京大虐殺の話とかを書いてるだろ。
それにインパールで処刑されたA級戦犯はいるよな。B級だったら大量にいるし。

>>725
そうそう。本来ならきちんと日本人の手で断罪すべきだった。
東京裁判を叩く人が多いが、東京裁判のおかげで日本軍の焼け残った資料が証拠提出されて
日本軍が中国で何をやっていたのかが明らかになって日本軍たたきが始まったし。
まあ当時は敗戦後に共産党が跋扈し始めてそれどころじゃなかったって歴史的背景があるのかも
しれないけど、それならこれだけ資料がオーストラリアなどの連合国の博物館などに大量に保管されているのに、
現代で国民の手で断罪しないのかが謎。
右翼の連中はその手の議論から逃げてる。学会に出てこないし。

東京裁判を叩く連中がイラクのフセインをなぜ擁護しないのかも謎なんだよなあ。。。
クルド人への毒ガス使用と言っても、フセインは日本の天皇と一緒ですべての刑事的責任から免責されてるし、
湾岸戦争的には国際法上の交戦権だし、それで逮捕したとしても一国の首相は外交特権を有しているんだから
裁判にかけられるはずが無いのに、平気で今晒し者にして裁判をやってる。。。

まあ戦勝国が歴史を作るってのは事実だがそれなら東京裁判を叩くのはダブスタ。

729 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:40:09 ID:iUu8NBB/O
>728
人民裁判ですかw

730 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:41:10 ID:YGX0hPOGO
>>726
別に「平和な時代にある大統領が突然戦争を決定したから始まった。つまりその大統領が悪い」
みたいなことを言ってるわけじゃないんだけど

731 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 14:52:35 ID:EQqLOH7t0
>>728
アメリカの枠組みの中ではあるけど、フセインはあくまでも国内で自国民によって裁かれているんでは?

732 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:05:45 ID:4NFVs1xz0
日本は普通の戦争をしていただけだから、裁くのならまず民間人を大虐殺をしたアメリカ
なんだよな。

733 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:07:46 ID:UwzWnJEF0
>>726
石原莞爾とか松岡洋右とか、個人の責任がかなり大きいと思うが。

734 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:09:10 ID:/JwS3JCj0
帝国主義先進国に帝国主義後進国が無茶な戦いを挑んで
負けたんでしょ。
反省するとしたら、もうちょっと上手いやりようはなかったのかってことで
道義的にどうこうなんて意味ないでしょ。

735 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:14:45 ID:UqpLRoI/0
力の弱い阿保が力の強い阿保につっこんでボロ負けして百倍返しされた。
力の弱い阿保は心も弱く負けを認めると自分が壊れそうなので、
実は俺と力の強い阿保は同一人物だったんだ!
といってストックホルム症候群になってるというのがネトウヨですか?

736 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:17:48 ID:QlP/7YC/0
>>731
だからね。当時の法律上は大日本帝国憲法や今の日本国憲法と一緒で天皇が殺人犯そうと
何をやろうと無罪なのよ。これと全く同じ法律をイラクでは施行してた。
だからアメリカ軍にはフセインを逮捕する権利は外交特権を保持してるからないし、イラク人にも
法律上無罪なのだからフセインを裁く権限は無い。
昭和天皇を裁こうとしたら靖国を中心とした人たちが火病起こして天皇には訴訟を起こせないと
ほざいてる癖にフセイン裁判には何も声を上げない。。。

こんなことじゃ天皇がどうなってもどこの国も相手にしないかと。。。

歯医者いってくる。

737 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:22:08 ID:YGIx585X0
一部宗教団体が、
「つくる会」にもぐりこんで
内部分裂の要因を作り出した。


そのように聞いたが本当でしょうか?

738 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:25:54 ID:EQqLOH7t0
>>733
満州帝国は侵略かどうか微妙だけど、将来独立した経済ブロックになっていた可能性があった。
アメリカ合衆国みたいに。
国家運営自体は非常にうまくいってたんだよ。
日中戦争の原因は確かに、近衛文麿の失政によるところが大きいが、それだけで日本が壊滅的になったわけではない。

739 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:26:17 ID:gpCnGPf60
>>736
場合によっては憲法より国際条約の方が優先される場合があるんだけどな。
まして法律だったら、国際条約が優先されるとする見解が多数。

明らかに国際人権規約に反するイラクの法律は無効となるので、
法律上、フセイン裁判は違法でもなんでもない。

740 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:27:08 ID:oMGu4MrM0
>>736
いい加減に洗脳といてください。
真実を何もしらないから困る。。

741 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:28:59 ID:8XHFY3qX0
>>1
ウヨゲバキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

742 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:29:25 ID:oMGu4MrM0
>>734
さて、戦わなかったらどうなってたでしょう?
ハルノートをつきつけられて戦うか、自滅するか、植民地になるかの選択だったわけですが。
尊厳を守るために戦った日本人、昔の日本人を責めることが貴方にできるの?
今の世界を作ったのは日本ですよ。

743 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:29:48 ID:MEqX93bn0
「虐殺?全然見たことも聞いたこともありません。夜は皆集まりますが、そんな話は一度も
聞いたことはない。誰もそういうことを言ったこともないし、朝日新聞では話題になったことも
ありません。難民区は兵隊や憲兵がいて入れませんでした。ですから市民は安全でした。
一般市民の屍体というのは一つも見ていません。紅卍字会の人が戦死体をかたづけたり
していました。」(山本治氏 大阪朝日新聞記者)

「南京事件ねえ、全然聞いてない。もしあったとすれば、記者の中で話が出るはずだ。記者
というのは、少しでも話題になりそうなことは、互いに話をするし、それが仕事ですからねえ。
噂としても、聞いたことがない。
朝日では、現地記者を集め、座談会もやったが、あったなら話がでるはずだ。報道規制?
何も不自由は感じていない。思ったこと、見たことはしゃべれたし、書いていた。」
(橋本登美三郎氏 朝日新聞南京派遣記者団キャップ)

「私が編集局長の時、南京に特派した記者たちを集めて、一人一人聞いてみたが、そのよう
なことは見たことも聞いたこともない、という返事ばかりだ。何万、何十万なんていう虐殺など、
絶対にない。」(細川隆元氏 朝日新聞編集局長) 

朝日新聞がまだ、少しはまともだった頃の有名記者たちの言葉だよ。


744 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:31:38 ID:UqpLRoI/0
>>742
作ったのはアメリカ

745 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:32:21 ID:uqRtDanz0
皆さん、心と宗教板の「原始福音・キリストの幕屋」もちゃんと見ましょう。

746 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:32:34 ID:UwzWnJEF0
>>742
中国から撤退。それでいいじゃん。

747 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:34:26 ID:It6SqeQVO
>>742
事実はきちんと言おうぜ。
「そういう選択『だと思った』」からやったんだろ。

748 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:35:39 ID:LMxS92Y70
内紛の究明よりもっと大事なことがある。
この教科書がどんな弾圧を受けていたかという、事実の究明だよ。
そういうファッショ的な圧力が、結局、内紛に繋がった面もあるのでは?

第七章●日本を襲う言論テロ----「新しい歴史教科書」を攻撃する反日ファシズム

図書館で密かに行われている言論テロ
偏向報道で「つくる会」を攻撃するメディア
反日スローガンの道具として使われている教科書
日本政府の怠惰と不見識
「客観的な歴史はあるのか?」「客観的な事実はある」
反日キャンペーンと共闘する「教科書ネット21」
扶桑社「申請本」回収は仕組まれたのか
教科書問題が外交問題になる構図
中国、韓国、日本で無限循環する反日スパイラル
レッテル貼りで言論抑圧するシステム
「書物を焼く者は、いずれその炎で自身をも焼くであろう」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569643663/


749 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:39:25 ID:YGIx585X0
>>742
「中国から手を引く」と言っちゃえばよかったんだよ。
でも期限は設けない。

「いつか手を引く。もう少し待て」
そう言ってダラダラと先延ばしにする。

当時の指導者には、このくらいの狡猾さが欲しかったよ。

750 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:43:03 ID:LMxS92Y70
>>746

( ´,_ゝ`)プッ

頭悪そうだね。

>>747
日本語できるの?


751 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:43:15 ID:gKjmAVY30
西尾も政権などしなければ、もう少し活動を続けられただろうに。馬鹿な奴だ。

752 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:45:26 ID:LOTfvmsl0
ウヨクもサヨクも極端な事言ってる奴らはみな同じキチガイ。
末路も驚く程類似。

そんな奴らにお前ら踊らされて、情報操作・洗脳めでてぇーな。

753 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:47:56 ID:l8rg7TKH0
>>748
はあ?内紛スレで内紛よりも優先するネタなんぞねーよ。

754 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 15:48:05 ID:YGIx585X0
>>750
どうした?
火病かw

755 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:14:27 ID:LKzTU2yGO
対米戦争は生き残り戦争で、信念じゃなくてもとは馬鹿どもの大陸の権益保護だけど
それと南京虐殺なるものの史料が全くない事は関係ないよね。

ウヨもサヨもここいらをごっちゃにするのはやめようぜw
嘘はよくないし都合の良い解釈もよくない罠

756 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:20:01 ID:UwzWnJEF0
全く無いは言い過ぎ

757 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:21:56 ID:Q/5lOUoT0
>>743出典を提示してください

758 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:25:22 ID:ToH2gNef0
>>757
人に頼らないで自分自身で探してみなよ。

759 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:26:18 ID:LKzTU2yGO
>697
>711
歴史観の見直しと事実とは異なる推測を除外することは別問題だろ。

便衣兵の処刑を記す史料に対し、実は便衣兵の処刑ではなく民間人への虐殺であったという史料が
出てこないかぎり、南京虐殺の立証は不可能なのに
歴史教科書に事実として書かなければならない理由って何?
そんないい加減な歴史研究をしている奴が専門家にいるという状態も異常だと思うぞ。

760 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:26:56 ID:ffYBwfR20
八木のアホに止めを刺さなかったまぬけどもwww
このままだと当初の設立した意志とはかけ離れた場所に行ってしまうな。

761 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:27:48 ID:RX51E0pG0
集まったメンバーの顔ぶれ見たら、まともな歴史教科書など
書けるわけない。思想以前に正しい知識がない。

バカが何人集まったところで、教育や歴史観などまともに語れる
わけない。金出してくれる人が裏にいて、末端で動く工作員が陰に
いた。最近は表に立つのが減ってしまったので、こいつら宗教右翼が
目立つようになった。

結局、少しは他の教科書がまともになったと自画自賛することで
自らのプライドを保っているだけw

762 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:31:55 ID:LKzTU2yGO
>756
全くないだろ。
便衣兵の処刑の史料と、伝聞の証言以外は。

763 :サラたん ◆SALA/cCkcU :2006/03/32(土) 16:36:18 ID:RPcgAlKm0
>>718
それはいいすぎ。

でも、事件はあったんだと思う。
「南京殺人事件」みたいなのがw

それが「南京殺人事件」→「南京一家殺人事件」→「南京虐殺」→「南京大虐殺」と変節した。



時の流れとは、げに恐ろしきものよ。

764 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:38:32 ID:P9t1Y1BE0
http://mltr.e-city.tv/faq08d06.html#nanjing-slaughter

ここを根拠に採用するとすれば、捕虜を2万人くらい殺してるね。
もちろん違法に。

765 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:38:55 ID:ToH2gNef0
>>762
伝聞の証言を無視すれば歴史なんて、どうとでも好きな方向に持って行けるよなw

766 :サラたん ◆SALA/cCkcU :2006/03/32(土) 16:41:22 ID:RPcgAlKm0
西尾さんは抜けてよかったと思うよ。
ニーチェやってよ。

八木はさ、ワケわかんねーことする前に、少なくとも自分の専門がある大学に
雇ってもらうなりしたら?
おまえ、学会じゃ単なるオマケじゃん。

そんなんがさ、ウヨの癖にサヨ紛いの運動なんてするから、ゲバるんだよw

767 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:42:33 ID:P9t1Y1BE0
>>764から一部抜粋

 まず,虐殺否定説では,その論拠である「陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則」によって,
その殺害は交戦の延長としての戦闘行為,そして,便衣兵は捕虜の資格がないので
殺害しても不法殺害にならない,としている点.
 これは,武装解除している捕虜・便衣兵を自己の管理下に置いていながらそれを
殺害するのは,戦闘の延長とは言えず,叛乱を起こしていない限り,不法殺害となる.
 また,第一線部隊ではその処断権限はなく,軍法会議あるいは軍律会議の判決に
より処断すべしと言う,国際的慣習であり,現に上海派遣軍,中支那方面軍,第十軍に
軍律会議があるので,勝手に処断できないはず,と言う論旨.

 また,下関付近での包囲撃滅戦,揚子江を船や筏で逃げる兵士を射殺したのは,
ハーグ陸戦規則の第23条ハ項を根拠にしているが,これは,「武器を捨てまたは自衛
の手段尽きて降を乞える敵を殺傷すること」を禁じており,降伏の意思表示を示さずに
逃亡する敵兵はこれに当たらない,としている.

 その人数に関しては,「南京地方法院検察処敵人罪行調査報告」での数値を論拠に,
30万人説が打ち出されてはいるが,日本側の証言・史料からは,第9師団歩兵第7連隊の
安全区掃討作戦による便衣兵殺害の6,670名,第16師団第33連隊の太平門,下関,
獅子山付近の捕虜3,096名の殺害,山田支隊の幕府山付近に於ける捕虜など数千名,
第十六師団第30旅団が南京西部地区警備中に捕らえた敗残兵数千名,第114師団第66
連隊第一大隊が雨花門外で捕らえた捕虜1,657名をそれぞれ殺害しており,日本側は
都合20,000名であり,民間人の死者は,金陵大学のSmythe教授の調査によって(但し,
これは推計の範囲を出ないと注記している)南京市部における暴行死者2,400名,江寧県
の被殺者9,160名.


768 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:44:06 ID:LKzTU2yGO
>765
伝聞の証拠だけで証拠能力有りにすれば、いくらでも歴史的事実を創れるよなw

769 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:47:56 ID:ToH2gNef0
>>768
いや、それは違う。
おまえさんはそこが判ってないから、的外れな書き込みとなるのだよ。
ちゃんと勉強しような。

770 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:50:55 ID:gpCnGPf60
>>766
学会のおまけどころか
加入しているかでさえ怪しい。
まともな論文なんて一本もないし。

771 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:51:51 ID:P9t1Y1BE0
じゃ、南京事件で日本軍が虐殺したのは2万人、ということで良いですか?

772 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:52:23 ID:LKzTU2yGO
>769
裏付けのない証言、しかも伝聞情報を信用に足る情報だとすると
2ちゃんねるは便所の落書きじゃなくなっちゃうよなw
俺は馬鹿だけど、どうやらもまいよりはマシらしい。

773 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 16:59:50 ID:A8/t2hqU0
西尾幹二色は排した方がいいよ。
あの性格の悪さが会のイメージを落としてる。

774 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 17:06:25 ID:MxNVkWzI0
>>771
君は被差別部落出身のエタですか?

775 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 17:32:16 ID:UqpLRoI/0
>>774
生きてて恥ずかしくない?

776 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 17:32:56 ID:8Qo90Kmc0
必死で南京話にすりかえようとしている香具師は見苦しいなあ。
東京支部の実力を見せてやるよ。

777 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 17:35:59 ID:Q9TQ5BgR0
ま、スレ潰しをおいても、傍目で見ていて、創業者を侮辱する連中は応援はしないのがの。

778 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 17:49:43 ID:CnJmpdRT0


 
    八木秀次は、統一協会系の雑誌・新聞に平気で出たり、記事を引用する男だからね。

         西尾幹二先生は、八木から離れて、大正解







779 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 17:52:30 ID:BbraL3VT0
左翼勢力が衰退してきてから右翼の内ゲバか
冷戦終了後の成果情勢みたいだ

780 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 17:55:10 ID:S1eb+D0K0
>>79
( ´,_ゝ`)プッ
お約束の、負け犬goriの登場だwww

西尾先生に粘着するしか能の無い、2ch名物男www

まだ「ソースロンダリング」とか何とか、笑殺された例の珍語を、
涙目でふりまわしているのか?www




781 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 17:55:40 ID:EwSv9Xmm0
>>778
「つくる会」は統一や幕屋の支持がないと活動を継続できないよ。
そういう組織なんだよ、あそこは。宗教右翼をなめちゃいけないとも
言えるんだがな・・・

>西尾幹二先生は、八木から離れて、大正解

客観的には完全同意だが、負け惜しみでしかないとも言うw

782 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 17:58:56 ID:xCDOx9mb0
>>391
>刑法の名誉毀損罪を構成することをここに警告致します。

>平成18年3月29日午後8時5分
>産経新聞社教科書班 渡辺浩

日頃、「表現の自由」とか何とかほざいている新聞ゴロが、いきなり「刑法」かよwww
なさけねーーーー

表現上の問題は、まずは民事だろーが。

783 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 18:13:15 ID:splrtBq50
>>775
貴様同和部落民認定。エッタ!

784 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 18:22:49 ID:S7ON+4nz0
>>772
いわゆる百人切り競争において本人がその話をもってきたのは事実だし
部下が彼らが積極的に殺していた事実を証言してるが
それも全部洗脳とか嘘とかきめつけるのか
裁判においても負けてるし

785 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 18:24:47 ID:splrtBq50
>>784
ついでに貴様も部落民認定。

786 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 18:25:21 ID:hOhU2Vcd0
証言が証拠にならないんだったら裁判は成り立たなくなるしな。


787 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 18:27:40 ID:QlP/7YC/0
>>739
そうだよ。場合によっては憲法より国際条約が優先されるからインパールなどの最高責任者の
昭和天皇は銃殺刑にするべきだったんだよな。

まさかフセインが指示を下した文書は無いのにフセインの処刑は許されるが昭和天皇は会議に
出席しただけの形式的な責任者だなんて眠たいこと言わないよな。

実際、作戦に自ら口まで出してるのに。

788 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 18:29:10 ID:splrtBq50
>>787
確かに天皇とエタはいらないよな。

789 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 18:30:16 ID:RM4C84Sy0
西尾先生の若いころはワルだった自慢にはマイッタ

790 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 18:33:01 ID:splrtBq50
>>789
育ちの悪いエタ。

791 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 18:55:19 ID:LKzTU2yGO
洗脳とは言ってないなw
裏の取れない伝聞情報が証拠能力ありとされるなら、ここは事実の坩堝だよねと言っただけw

大体百人切りは、本人らが実際に虐殺したかどうかにおいては争われてない罠w
その部下の証言て何処から拾ってきたん??
裏取れてんの?w

792 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 19:08:07 ID:TyBgwql80
こいつらは、所詮、新興の左翼の一派に過ぎない。

793 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 19:19:25 ID:bPJB+Lvp0
こおいうのを民法でやってくれるといいんだけどな。

「インコリア!」「インコリア!」  <= 「場の空気の読めない韓国人が多い」

ttp://www.fileup.org/fup74516.wmv.html



まあ、かつて朝日テレビでやったアニメ特集に出演していたユンソナが
ドラえもんをみて韓国のトンチャモンが起源みたいなことを言い放ったということがあったくらいだからな。


794 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 19:19:38 ID:LKzTU2yGO
>792
左翼というか、新大陸派です。
八木氏はどうかわかりませんが。

795 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 19:39:56 ID:wZZzBYOC0

山川の教科書以外はゴミなんだけどね〜


796 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 21:18:04 ID:jHZxGTam0
虐殺があったとしても、なかったとしても、どっちでいいんじゃね?

797 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 22:32:39 ID:4NFVs1xz0
>>794
新大陸派というと親中派に聞こえるんだが、だれか名前を挙げてくれ。

798 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 22:40:46 ID:5lTJw10L0
 西尾幹ちゃんの若いころの業績は否定されないと思う。とくにシ
ョーペンハウアーの全訳をやったのはえらい。なんで歴史にこだわ
るのか疑問。八木大先生も、西尾会長にいろいろ面倒見てもらった
のに恩を忘れたのだろうか、それとも・・・?

799 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 22:46:16 ID:/btjlRNg0
馬鹿ほど高いところに登りたがるという格言


800 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 22:50:04 ID:zkC10DUv0

結論として「つくる会」は統一協会(勝共連合)派に乗っ取られたわけか
右も左も朝鮮の勢力だな。四面朝鮮歌。

801 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 22:59:46 ID:OyqUCG0K0
カ〜ンジ 教科書つくろ!

802 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 23:01:27 ID:g7lthR+w0
八木秀次VS豊臣秀次VS姉歯秀次

803 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 01:07:49 ID:1I7g+imYO
>797
>385

804 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 01:36:45 ID:dtQBUpPg0
女系反対の八木は朝生で女系容認の高森に議論で負けてたし

805 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 01:43:05 ID:ZKNgMJGF0
とにかくまとまってくれよ。内紛なんかしてる場合か。
我々の心配と期待に応えてくれよ。

806 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 01:45:17 ID:7eqd1SGJO
まだこの記者いたの?とっととキャップ剥奪汁。

807 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 02:03:01 ID:R3xfr9nZ0
西尾幹二なんて、ゆとり教育を徹底的に推進したときの中教審委員だしな。
このときの中教審は激烈だぞ。
塾関係者を参考人として呼び出して武器商人だと罵ったり、
私立有名校を敵視して東大入試に学校別合格枠制を導入したらどうか
なんて提案をしたり、本当にやりたい放題。

結局のところゆとり教育は完全崩壊したし、今や文部科学省も180度方針転換。
十年も持たない教育政策を提言した方に、教科書を書く資格があるのかね。
八木も西尾もどっちもどっちだな。所詮評論家に過ぎん。

808 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 02:06:17 ID:OXnB0rQc0
>>807
受験モルモットばかりが入学して東大のアカデミズムを担う人材が
枯渇してるのは深刻な現実だし。ただ西尾の教育論も放って置いても
勉強するようなごく一部の生徒にだけ焦点を合わせていて、大多数の
愚民の子弟のことなど念頭になかったから現実に適用した時に
大失敗したのだ。

809 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 02:12:09 ID:v/TeZoFX0
>>807
西尾幹二は著書でゆとり教育を批判してるよ。

810 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 02:12:11 ID:zYqYzs2vO
歴史は必要なのか分からなくなた。
だって今のことだって、わからないままになってることたくさんある。
それなのに昔のことなんかほとんどわからない。
だいたい平安とかの時代の書物などがあったとしてその時代のことすべてはかかれていない。
なのに現代の人がそれみて、当時は、こうですた、と言ってもピンとこないんだよな。
他になにか発見されたら真偽が覆ることあるし。
とゆうことは当時の状況がすべて現代に残っていないのに限られた情報で判断するのは愚かだ。
タイムマシンができてから歴史を語るのがよかろう。

811 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 02:42:28 ID:R3xfr9nZ0
>>808
最上位クラスの中高一貫校出身者ほど受験モルモットは少ない。
もちろん旧制高校時代と比べたら違うのかもしれないが。
まぁ西尾の教育論が一般的な政策として通用するものでないのは確かだな。

>>809
中教審自体も批判してたな。しかし後だしで批判するのは簡単。
中教審委員当時は村崎芙蓉子委員と共に積極的な役割を果たしたことは
誰の目にも明らかなのだから、むしろ見苦しいとさえ思う。

812 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 04:03:59 ID:bxmMzHOx0
ここにいる西尾ヲタの人ってやっぱ反米なの?

813 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 04:11:05 ID:v/TeZoFX0
>>811
>>807
詳しいようだけどどこで聞いた話ですか?
以下の著書ではゆとり教育とは違う感じがするけど。

---------------------------------------------
教育と自由―中教審報告から大学改革へ 新潮選書
西尾 幹二 (著)

第1章 中教審委員「懴悔録」(指導者なき国で理想の指導者像は描けず
「教育改革」論議はなぜ人を白けさせるのか
答申から消された文部省批判)
第2章 自由の修正と自由の回復(「格差」と「序列」で身動きできない日本の学校
文部省文書のスタイルを破る
公立学校と私立学校の宿命的対比
入学者選抜は「大学の自治」か
なぜ地獄の入口に蓋をするのか)
第3章 すべての鍵を握る大学改革(混沌たる自由の嵐を引き起こすために
私の具体的な大学改革案
“競争の精神”を忘れた日本の学問)
終章 競争はすでに最初に終了している(誰にでも開かれているべき真の自由
効率から創造へ)
付録 学校制度に関する小委員会審議経過報告(中間報告)抄録


814 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 04:36:26 ID:nuHp71Wz0
>>813
ttp://www.zenjikyo.jp/kankei.htm
に中教審答申があるから読んでこい。

基本的に「個性を重視する」方針が打ち出された頃だ。

西尾が審議会の中で、具体的に指導要領に関係してゆとり教育推進で
あったかどうかまで知らんが、中曽根臨教審で定まった方向(二極分化
して上層に教育ソースを集中させる)に従う方向に、結果的に動いている。

815 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 04:40:39 ID:UVgypml60
幕屋
幕屋
幕屋
幕屋

816 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 07:28:22 ID:RnZNIBMZ0
つくる会はもうどうでもいいけど、既存の教科書会社にいかに「変節」させてまともな日本のための教科書売らせる方法とかないのかなぁ。



817 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 08:57:50 ID:Y0RLfQ+80
明治の時代の教育の方針(村に無学の戸なく、。。。)がすばらしいのなら、
今のようなゆとりの愚民化教育による階層二分化の固定方針とかは論外だし、
むやみやたらに国公立大学の学費を上げたり、奨学金制度(実際には借金制度)
を廃止したりせず、民度の向上と人的資産を階層や階級に関係なく吸い上げて
真の富国化(精神文化も含めて)を目指すべきだ。
誰でもチャレンジする意欲を持たせつづけることを止めて、諦めを強いるような
政策は国威と活力を削ぎ、他の後進のアジア国に道を譲ることを決め込んだ
ようなもので、納得がいかん。

818 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 09:03:55 ID:DG7onkPi0
>>817 は負け組下層階級

819 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 10:07:03 ID:kj4Ti+l00
>>816
まともな教科書ばかりだけど?


820 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 10:39:39 ID:R3xfr9nZ0
>>813
当時の新聞報道、公開資料、塾関係者の機関紙、
教育関係の雑誌等で確認している。
このときの中教審時代、あまりの内容のひどさに
逐一情報をチェックしていたし。

西尾の教育政策の重点は、反エリート教育、反格差、反序列、反競争ということにあり
中等教育の中身自体には無理解といえるほど関心がなかった。
その点では文部省の推進したゆとり教育とは齟齬が生じているのだが、
上に挙げたような点は、文部省のゆとり教育を進める上で合致するものであり、
結局のところゆとり教育を強力に後押しすることになった。

>>814
後半部分はちょっと違う。
中曽根臨教審は教育の自由化を提言するもので、
西尾委員のいる当時の中教審はこの臨教審とは逆の方向。
むしろ教育現場における自由判断への不信感から
国家介入を積極的に容認するものになっている。

821 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 11:50:53 ID:RT443vaN0
>>819
反日にとってはね。

822 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 12:29:48 ID:v/TeZoFX0
>>820
ゆとり教育は小学校、中学校のものだと思うけど。
ゆとり教育は平成元年から始まったんでしょ。
なんか根本的にずれてる。
中央教育審議会答申は高校や受験のことしか書いてないが、何か勘違いしてるんじゃないか?
>>813の表題をみてあてずっぽうに返答してるように見えるが。
反競争というが「“競争の精神”を忘れた日本の学問」という記事を書いてるぞ。


823 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 12:45:25 ID:34mUTGgh0
親米派と反米派のやつで内乱してるだけでしょ?

824 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 12:51:52 ID:R3xfr9nZ0
>>822
第14回中教審がゆとり教育そのものを答申したのではない。
そのようなことは言っていない。
「ゆとり教育を進める上で合致する」という言い回しで
表現したつもりだがちゃんと意味が分かってるのか?

西尾が転向したのかどうかは分からないが、
かつての公文書からは彼の思想を見てとることができる。

例えば、中教審中間報告は西尾が一人で書いたとさえ言われており、
公文書らしからぬ報告書として有名なのだが、その中には
「熱病じみた受験競争」
「大人の競争を肩代わりする日本的競争の病理」
「世界に例のない悲喜劇」
という言葉があるほどだ。まさに西尾語だ。

これで「反競争ではなく、競争はいけないが競争の精神が重要だという趣旨だ」とか
言い出すのだったら詭弁という他ないだろう。

825 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 13:19:56 ID:1I7g+imYO
ひどい話だな。西尾がゆとり教育に絡んでたとは知らなかった。

やっぱり>385の分類は面白い。

826 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 13:25:40 ID:v/TeZoFX0
>>824
西尾はゆとり教育にはからんでないけど、受験戦争反対ということを言ってたから
いまさらゆとり教育を非難するのはおかしいということが言いたいのかな。
受験戦争反対=ゆとり教育ということだよね?

827 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 13:27:32 ID:x1L5Cndx0
つくる会の教科書は
大学受験には不向きだしな。

低偏差値のネットウヨには適しているが。

828 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 13:57:09 ID:6DM8qwIYO
>>827
ネトウヨの理想はつくる会教科書内容での大学受験では?

829 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 14:24:14 ID:72tDdH1S0
産経新聞渡辺記者が騒いだセンター試験の強制連行裁判なら
原告敗訴になったよ。

830 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 14:25:57 ID:gRcKZUM40
>>826
違う。
ゆとり教育は中曽根臨教審から始まったもので、座長の三浦朱門によると
「戦後はできないやつのために手間と暇をかけすぎた」
「エリート教育がゆとり教育の目的。それを言うと抵抗が大きいので、
ゆとり教育とまわりくどく言っただけだ」
ということだ。産業界の要請にそって一部エリート以外を落ちこぼして
中国並の低賃金労働者をつくりだすのが目的。
西尾は格差教育(複線型教育)の復活に反対なんだよ。
誰でもデッチ奉公から初めて暖簾を持てるのが日本社会と考えてるから。

831 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 14:29:12 ID:4VYdanhG0
諸君に内ゲバの真相が明らかにされているみたいなんだが、誰か俺の代わりに読んで要約してくれ。

832 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 14:31:13 ID:0XM5SjqK0

★李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった!
(正確に言うと日本派の朴泳孝が身分制度を廃止した。)
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp

833 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 14:37:16 ID:72tDdH1S0
>>831
〈「つくる会」――内紛の一部始終〉について  [日々雑感]
http://blog.so-net.ne.jp/endoh-opinion/2006-04-01


834 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 15:42:32 ID:Ki75KKXZ0
そもそもカルト2団体とバカ新聞が絡んでる時点で終わってる

835 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 15:43:37 ID:7QiQUCDw0
西尾は反米だからダメなのか?

836 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 16:36:20 ID:vyuIy2TI0
>>46
一部の左翼の反対だけでは、ここまでの惨敗にはならない。
結局、国民から遊離した内容だったということだろう。

837 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 16:38:39 ID:VW/3u7R10
歴史教科書って山川以外はゴミ扱いだろ?

838 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 17:18:29 ID:+T6XT5xd0
>>833
> もう手に負へないといふのが、率直な思ひである。

もうだめぽ感が内部でも支配的なのか

839 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 17:36:27 ID:10JaCSRT0
ブログ更新

840 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 17:42:32 ID:90sLplOV0
いかにも内ゲバっぽいけどどういうこと
国粋派に親米派が追い出されたってことかな

841 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 17:43:32 ID:GEXReQGs0
>>798  俺もそれには同意する。>若い頃の業績 とりわけ「意思と表象としての世界」(ショーペンハウアー)の全訳

ただ、その業績が現在の言動につながっているということも指摘しておこう。
ドイツ文学・思想の分野では、三島憲一大阪大教授には勝てないという劣等感から、
日本の江戸・明治時代の研究っていう専門外の趣味をかじるようになって、、
そういうバカをこじらせて現在のウヨになっちゃったわけだし。

842 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 17:44:45 ID:+T6XT5xd0
左翼の陰謀なんじゃね?





と言い出す右翼が出てくると思う。

843 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 17:51:50 ID:gyZHx3de0
>>842
つくる会を今一番支えているのは宗教右翼だからね。
あとは、それに乗せられているだけの有象無象と、ごく小数の
「このままではダメだ」とがんばっている人。

宗教右翼の工作員なら、そう言い出しかねんな

844 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 18:33:25 ID:esQZSpEQ0
http://nishiokanji.com/blog/2006/04/post_307.html

まだまだ揉め事は続く



845 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 19:12:27 ID:WrKo0WNQ0
日本にいるのは、まともな左派と無政府主義者、売国奴だよ。
世界標準の右翼なんてほとんどいない。
http://blog.livedoor.jp/nsylvania/archives/50364858.html

846 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 20:52:57 ID:MMb+cw500
age

847 :名無しさん@6周年:2006/04/02(日) 22:34:21 ID:esQZSpEQ0
この事実を知った後も「捏造記事」などの誹謗中傷を不特定多数の閲覧に供することが続くようであれば、
刑法の名誉毀損罪を構成することをここに警告致します。
平成18年3月29日午後8時5分
産経新聞社教科書班 渡辺浩
Posted by: 産経新聞教科書班 渡辺浩 at 2006年03月29日 20:05

これが産経新聞の渡辺浩記者によるものと確定したわけですが。

848 :名無しさん@6周年:2006/04/03(月) 00:33:06 ID:1XTWSekgO
つくる会の故・坂本多加雄氏は「自尊史観や自虐史観といった対立以前に、
歴史教育とは何かという視点を」と説いていたのになぁ…

849 :名無しさん@6周年:2006/04/03(月) 00:34:56 ID:n97V1DjA0
西尾さんは、ヒステリックになるところがあり、、
ちょっと問題がある。

850 :名無しさん@6周年:2006/04/03(月) 00:41:44 ID:QSgWszs4O
一神教をベースにした西洋保守主義理論を、日本に移植しようとしても違和感ありまくり。

なんか、日本人になじまないんだよね。

282 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)