5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】セクハラで日本共産党を離党の筆坂秀世氏、著書で党批判[04/10]

1 :はぶたえ川 ’ー’川φ ★:2006/04/10(月) 21:21:45 ID:???0

日本共産党:セクハラ離党の筆坂氏、著書で党批判

 セクハラ問題で03年6月に参院議員を辞職し、
05年7月に共産党を離党した筆坂秀世氏が、
新潮社から共産党の実情を批判する著書「日本共産党」を20日に出版する。

 筆坂氏はセクハラ問題で党政策委員長を解任されるまで、
不破哲三議長(当時)、志位和夫委員長、
市田忠義書記局長に次ぐ実力者だった。

 新潮社によると、筆坂氏は著書で共産党についても
「党大会で現実離れした大言壮語が飛び交っている」
「選挙の敗北を素直に認めず、毎回、政策は正しかったと総括する」
などと指摘。セクハラ事件については事実関係を認めた上で
「事実はあったが、党側から公に発言するなと言われた。
弁明の機会を与えず、一方的に離党処分にした」
などと党の対応を批判しているという。

毎日新聞:http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060411k0000m010055000c.html

日本共産党:http://www.jcp.or.jp/

278 :名無しさん@6周年:2006/04/13(木) 22:50:00 ID:AeuoP2Lc0
>>277
おまえの何十倍も鍛練しているし学習している。
薄っぺらい反共思想の理屈なんてミニにたこができるくらい聞いているし、自身でも検証済み。

279 :cotton candy:2006/04/13(木) 22:54:26 ID:2ZpPGb9i0
>>269
それいいねえ。矢野絢也みたいなポジションで。

今売りの週刊新潮読んだ方おられますか?
金子勇さんを英雄視するものではないが、
言うに事欠いてこともあろうに「募金成金」呼ばわりとは
あまりに口が過ぎる乞食雑誌めが。
彼奴らに一銭たりとも利益をもたらしてはならぬ。

280 :名無しさん@6周年:2006/04/13(木) 23:05:27 ID:Gar2mGAP0
>>278
「学習」という言い方そのものにある種のにおいが漂っているな。
幹部の作ったデマゴーグを懸命に「学習」している姿が目に浮かぶよ。

281 :名無しさん@6周年:2006/04/13(木) 23:10:17 ID:bEMfKJ5i0
サヨlくは共食いを始めるの法則

282 :名無しさん@6周年:2006/04/13(木) 23:11:02 ID:b5iClS0O0
初期にブログで名前を出していた有田芳生は
最近の記事で取り上げたときに、なぜか名前を伏せてたぞ。

283 :名無しさん@6周年:2006/04/13(木) 23:13:26 ID:AeuoP2Lc0
>>268
>レーニンは共産党の一党独裁を主張したはず。
>連中は民主集中とか権力集中とか言い換えが好きだが。
>日本共産党はマルクスレーニン主義政党であると明言しているよ。
>ゆえに日本共産党は議会政治を否定し、革命を目指す政党なのです。


ちょっと古典的すぎないか。


284 :名無しさん@6周年:2006/04/13(木) 23:31:03 ID:Gar2mGAP0
科学的社会主義とかよ、まだやっんだ?
進歩しない連中だな、超科学的社会主義くらいになれよ。
共産党関係は2ちゃんでも盛り上がらないな。

285 :名無しさん@6周年:2006/04/13(木) 23:37:13 ID:jPHt8h1r0
だんだん日本の深層が表に出てきます。
拉致に関与なんて・・・・してないですよね リンチとか・・・・色々期待します
社会党からも、リストラされた職員の告発本が出ると期待してます

286 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 00:11:45 ID:P+fzW/Nm0
党中央の言い訳が楽しみだな。

287 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 01:55:45 ID:KhujsifE0
>>283
こらこら
共産がなぜ今なお古典的な

反国旗国歌闘争、戦前日本極悪史観教育=祖国を貶める策謀
護憲闘争=日本の軍事力弱体化の策謀
反米闘争=日米離間工作

を必死で繰り返しているのかを、ちょっとは考えろ
これらを革命闘争でないと思うのなら、そうとうのバカだぞ

288 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 01:59:18 ID:KhujsifE0
>>278
上祐並に「修行」しているようだな
ご苦労さん

>>276
アホな言葉遊び
共産党は虐殺革命の実行者レーニンについては今なお美化賛美している
今も間違いなく「レーニン主義者」ではある

レーニン=軍事革命論者
それに対する
トロツキー=大衆政党論者

289 :新聞配達しただけの元党員:2006/04/14(金) 02:26:55 ID:TZBYnUWdO
俺:『80歳ちかくの党員に赤旗の配達さして、我が党は政党助成金は貰っておりません…か?』

地区委員長:『はい分かりました』

これが共産党の限界。

290 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 02:58:36 ID:VorYnRRiO
筆坂の弁舌は好きだったんでテレビで復帰してほしい

291 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 14:30:41 ID:C5lQcXDY0
>東大出の超エリートが支配して
こんなこと言ってる奴って、知ったかぶりしてるだけで、実は不破と志位しか知らないんじゃないか?
学歴はたいしたことなくても議員(国会)になった人間の割合は、はっきり言って自民や民主より上だぞ。
さらに地方議員レベルになると高卒・短卒が8割。
昔は国会議員では金子満に筆坂、最近では紙・八田・大沢など結構いる。
それに新聞の縮刷版で過去の選挙での共産候補者の学歴調べてみろ。
高学歴と言えるような人間は自民に比べて圧倒的に少ないことが一目瞭然。
共産嫌いはいいけどさ、事実を確認してから物言えよ。永田と同類項ではないというならな。



292 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 14:38:07 ID:JJnNqtUyO
共産も人気なくなったね これが民主なら少なくとも4はいってたな

293 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 15:09:16 ID:yy3oVUZh0
>>291
あんたも人の学歴細かく調べるね〜

294 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 15:36:16 ID:C5lQcXDY0
いやいや別に調べるほどのもではないですよ。
選挙時の新聞の候補者一覧眺めてれば目に映りますから。

295 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 15:36:38 ID:udFLN+F+0
http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~shiokawa/ongoing/notes/seijigakkai2002.htm
 旧社会主義諸国の体制転換に前後して、「民主主義」「民主化」の言葉がいとも安
易に広く使われ、脱社会主義の体制転換のことを無造作に「民主化」と呼ぶ用語法が
一般化した。そこでは、社会主義体制と「民主主義」とが正反対の対概念であること
が暗に前提されていた(4)。こうした用語法に対して、私はこの10年間、一貫して
異議申し立てをしてきたが、孤立した声にとどまっている。しかし、実をいえば、私
の言っていることはそれほど風変わりなことではなく、むしろごく当たり前のことを
思い出そうというだけのことに過ぎない。
 政治学会大会に参加されるような方々を前にして「釈迦に説法」だが、自由主義と
民主主義とは異なる概念であり、両者の間にはしばしば緊張関係がはらまれる。そこ
で、そうした緊張を前提した上でなおかつ両者を結びつけようという思想があり、そ
れが自由主義的民主主義と呼ばれる。これに対し、自由主義をとらない民主主義とい
うものもあり、その代表例がまさに社会主義的(あるいはソヴェト的)民主主義だっ
た。ということは、社会主義は民主主義と単純に無縁だったり、その反対物だったり
したのではなく、むしろ民主主義の特異な一形態だったということになる(いうまで
もないが、「民主主義の一種だった」ということは、「だからそれほど悪いものでな
かった」ということを含意するわけではない。むしろ、民主主義は時として非常に危
ういものであり得るという認識を前提している)。


296 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 15:39:17 ID:udFLN+F+0
>>295
 ソヴェト政治体制が一種独自の「民主主義」としての「ソヴェト民主主義」に基づ
いていたとしても、その「ソヴェト民主主義」とは偽りの概念、民主主義とは似て非
なるものだったのではないかという問題がすぐ提出されるだろう。結論的にはその通
りであり、そのこと自体を否定しようなどというつもりはない。ただ、民主主義的な
政治思想や政治制度が非民主的な帰結を生むことがあるというのは、民主主義自体の
固有のディレンマの一つのあらわれなのであって、自己否定的な帰結をもたらすこと
も、民主主義の一つのありうる可能性として考えないわけにはいかないのではない
か。そのことを尖鋭に突きつけたという点に、社会主義の経験の歴史的な意味があ
る。
 いま述べたように、「ソヴェト民主主義」は「民主主義」一般の否定、その対概念
ではなく、「自由主義的民主主義」の対概念としての「もう一つの民主主義」だっ
た。レーニンをはじめとするボリシェヴィキは、自由主義的民主主義(彼らの用語で
は「ブルジョア民主主義」)は形式だけの民主主義であり、その制度を自己の利益の
ために利用できるような経済力のある人たちにしか奉仕せず、結局は「ブルジョア独
裁」を覆い隠す「イチジクの葉」でしかないと批判した。そのような「ブルジョア民
主主義」に対置され、より広汎な勤労者大衆の参加を可能ならしめるものとして構想
されたのが「ソヴェト民主主義」である。


297 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 15:42:45 ID:udFLN+F+0
 「ソヴェト民主主義」は、自由主義的民主主義と対置されるいくつかの特徴をもっ
ていた。もともとソヴェト(評議会)は革命的大衆運動の熱気の中で生まれたという
経緯もあり、直接民主制に近い性格をもっていた。工場などの生産の場で大衆討論を
伴って選挙されること、代議員は選挙母体から遊離した権力者ではなく、むしろ有権
者たちの「代理人」とされること、あからさまに階級的な選挙方式(ブルジョア・地
主から選挙権を奪い、また都市=プロレタリアと農村=プチブルの間に意識的に格差
を設けるなど)をとること、ソヴェトが単なる「おしゃべりの場」にならないように
するため、立法と執行を兼ねた行動的機関にすること(権力分立の否定)、政治と一
般民衆の距離を広げないため、職業議員をおかず、一般勤労者が勤労生活を続けなが
ら議員を兼ねること等々である。また、自由主義的民主主義で重視される種々の自由
権については、独自の変形が提唱された。たとえば出版の権利は、紙や印刷所へのア
クセスが金持ちに限られている条件下では貧乏人には無意味なので、その権利の実現
のための条件(紙、印刷所など)を国家が実質的に保証するという考え方(「実質的
保証」論)がとられた(5)。
 これらの特徴は「ブルジョア民主主義」批判から導かれたものであり、自由主義的
民主主義がしばしば形骸化しやすいという傾向を指摘する限りでは、実際に当たって
いる面をもつかのようにみえる(「ソヴェト民主主義」をそのものとして擁護する人
のいなくなった今日でも、「民主主義の形骸化」を憂え、その「深化」を期待する
「ラディカル民主主義」論者の議論の中には、これと類似した性格のものが含まれて
いるように思われる)。


298 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 15:44:02 ID:d4Mtg8kN0
>>292
まあ国民も連中にはもう飽きているからね
カビの生えた思想を抱いて消えれば良い
それが民主主義を謳う日本国民の思いだ。


299 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 15:45:21 ID:udFLN+F+0
>>297
 しかし、結果的には、このような特徴をもつ「ソヴェト民主主義」は「ブルジョア
民主主義」以上に甚だしい形骸化を経験した。その要因は既に論じ尽くされている
が、簡単におさらいするなら、次のような点が指摘されている。ソヴェト権力は直接
に民衆に担われているものと観念されたために、それが民衆から乖離する可能性が否
定され、それ故に、権力抑制メカニズムが欠如した。自由主義的民主主義において採
用されている一連の制度--権力分立、競争的選挙、自由で批判的なマスメディア、独
立した司法など--を、「ブルジョア独裁を覆い隠すイチジクの葉」とみなして、軽視
したことは、「実質的な民主主義」と想定されたものを結果的に空洞化させた。勤労
者が勤労生活を続けながら議員を兼ねる方式は、ソヴェトの実質的活動を困難にさせ
(兼業である以上、会期はごく短いものになり、実質的討論ができない)、「プロレ
タリアの前衛」とみなされた共産党がソヴェトにとって代わる結果に導いた。出版・
集会・団結権その他の諸権利の「実質的保証」という考えは、それらを実現する条
件--紙・印刷所・集会スペースその他--を国家が独占的に管理し、割り当てるという
ことを意味し、市民の自由よりもむしろ国家統制を優先する結果になった。

300 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 15:47:37 ID:udFLN+F+0
>>299
 このような形骸化をこうむりつつも、「ソヴェト民主主義」は大衆の政治への参加
を奨励し続けるという点においては、「民主主義」の特異な形態たることをやめはし
なかった。ファシズムについて「大衆民主主義」の一形態として捉える見地が提出さ
れているように(6)、スターリニズムもまた「大衆民主主義」の時代の産物だっ
た。そればかりか、一旦その体制が「民主的な国家」と宣言されるなら、そのような
「民主国家」を敵(帝国主義・ファシズムのスパイ)の破壊工作から守るためには仮
借ない闘争が必要であり、国民の警戒心を最大限動員しなくてはならないという論理
が正当化されることになる。「世界で最も民主的」とうたわれた憲法が1936年に採
択された直後に「ファシスト国家のスパイ」「人民の敵」を摘発するためという名目
で大テロルが発動されたのはこのような論理によるものであり、主観的にはそれは
「民主主義」と不可分だった。
 以上にみたように、ソ連の政治制度は、単純に民主主義と無縁だったのではなく、
むしろ主観的目標としては「自由主義的民主主義」が陥りがちな形骸化を克服し、直
接民主制的要素を取り入れつつ、高次の民主主義を実現しようとする志向を出発点に
もっていたが、そのようにして構想された「ソヴェト民主主義」には、その期待に反
する結果に導く可能性が当初より内在していた。このことは、「制度的民主主義の形
骸化傾向」を批判的に指摘する現代の「ラディカル民主主義」論や「参加民主主義」
論にとっても他人事ではない深刻な問題を突きつけているのではないだろうか。そし
てまた、「民主国家」を守るためにこそ、その敵(「国際テロリスト」「悪の枢
軸」)と断固戦わねばならないという論理にどのように立ち向かうかは、まさに現在
(2001年9月11日以降)の最大の問題である

301 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 15:49:47 ID:I7leoHN20
セクハラって何したんだっけ?

302 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 17:31:36 ID:yy3oVUZh0
>>301
チークダンス

303 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 19:13:23 ID:xH6q46Y90
セクハラで離党はしてないだろ
実際議員辞職後も長い間党内に留まっていたんだから
筆坂の依願によるものなのになんで「粛正」扱いされてるわけ?w

304 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 22:09:26 ID:8HqD9qVV0
ココは左翼バカが共産主義は民主主義ととなえるスレになったな。

305 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 22:12:12 ID:EH1Fj1TM0
こんな形で共産党員の質の低さを証明してくれるとは

306 :cotton candy:2006/04/14(金) 22:25:55 ID:3VISFvgr0
新潮新書 4月新刊速報
ttp://book.shinchosha.co.jp/shinsho/shinkan/index_sokuhou.html
164:『日本共産党』筆坂秀世
「鉄の規律」「秘密主義」。
現在でも公安警察の監視対象ゆえに、ある種の物々しさが漂う日本共産党だが、
その実態とは――。出来レースで選ばれる党指導部、給与遅配も珍しくない地方組織、
度重なる募金で疲弊し離党する一般党員たち。
党歴39年、党ナンバー4の政策委員長となるも不祥事を契機に
参院議員辞職、離党した著者が、日々の党運営の仕組みから宮本顕治引退の真相まで、
「革命政党」の内情を明らかにする。

■定価:714円 ■ISBN:4-10-610164-5



307 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 22:35:36 ID:NueHI0bW0
共産党員ってそんなに日本がいやだったらでてけばいいじゃん。亡命すればいいじゃん

308 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 22:37:08 ID:u+yMNQ4X0
>>307
ねー。

309 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 22:38:10 ID:gMqxi+3s0
党が酷いのはわかってるけど
それとは関係なくシェクハラはいかんよ

310 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 22:43:07 ID:8HqD9qVV0
共産党は公安警察の監視対象になっている。
それは、マルクスレーニン主義を捨てていない、なんのかんの
言っても暴力革命の可能性を否定出来ないためだろう。

このような悪イメージを払拭するためか、共産党の幹部は
決まって人柄のよさそうなヤツを選ぶよな。
しかもトップは決まって東大出。
東大出ていないヤツは絶対に党首にはなれないな、ココ。
これほど学歴偏重の組織はほかにないな。

311 :cotton candy:2006/04/14(金) 22:46:36 ID:3VISFvgr0
酔醒漫録
ttp://www.web-arita.com/sui064.html
4月13日(木)
朝日新聞の談話室で筆坂秀世さんの『日本共産党』を読了。
筆坂さんは拉致問題や自衛隊問題で共産党の方針を批判しているが、
なぜ幹部のときに表明しなかったかといえば、保身があったからだという。
全体として正直な著作だと思った。なかでも興味深く、唖然としたのは、
最高幹部の人物像だ。共産党では常任幹部会が日常の最高指導組織だ。
筆坂さんが所属したときには20人のメンバー。
ところがそこで発言するのは限られた人物であることにまず驚いた。
革命運動の最高指導部の会議は、
さぞ理論的で活発な議論が行われているものだとずっと想像していた。
ところが、そうでなかったと筆坂さんは書いている。
その会議を主宰するのは幹部会委員長の志位和夫氏だ。
したがって会議をまとめるのも志位氏の役割である。
ところが志位氏が「まとめ」を語ると、不破哲三氏(当時は議長)が
「僕は違うな」と志位氏の結論を覆したのだという。
それが何度も続いたそうだ。
 その結果、志位氏は精神的な病を抱えることになってしまった。
かつて「週刊文春」が志位氏の母親を取材したとき、
病気を認めたことを思い出した。「そうだったのか」とこれまた驚いたのは、
宮本顕治議長(当時)が引退する経緯だ。
党大会の開会中に伊豆の会場から多摩市の宮本宅に不破、
小林栄三氏(かつての宮本秘書の幹部)が連日通い、引退を求めたそうだ。
そこで宮本氏は不破氏に「君、僕は何か間違いを犯したのか」と語ったという。
筆坂さんはのちに不破氏が常任幹部会で「宮本さんには知的後退が見られる」
と語ったと書いている。
結論的な感想は、もっともっと自由に議論が行われることが必要だということである。

312 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 22:59:58 ID:yy3oVUZh0
>>306
>現在でも公安警察の監視対象ゆえに、ある種の物々しさが漂う日本共産党

自民党政治に異議を述べれば監視されるからおまえらも覚悟しておいたほうがいいよ。

ちなみに公安調査庁の監視対象は、その他労働組合や労働争議支援団体。
反戦運動・反基地運動、反核運動、原発反対運動。
市民オンブズマンなど行政監視グループ、部落解放。
女性解放など人権擁護運動(アムネスティ・インターナショナル、自由法曹団、国民救援会等)。
消費者団体(生活協同組合や産直運動・環境保護団体)。
言論団体(日本ペンクラブ、日本ジャーナリスト会議等)などについても情報収集を行っているとされ、これらの団体から“調査・監視対象化は不当”と非難されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/公安調査庁

313 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 23:18:44 ID:I7leoHN20
■定価:714円

うひょw
さすが元共産党員ww乙!

314 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 23:23:29 ID:urxWUxpF0
せっかく都民が選んだ議員を、でっちあげのセクハラ事件で追放するなんて。
共産党の候補に入れた有権者の票は、全部死票になるということだな。

315 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 23:23:57 ID:yEaDIPhY0
>>313


316 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 23:27:33 ID:yEaDIPhY0
不破による党の私物化が明らかになった。
全国の低賃金専従党員は打倒不破に決起すべし。
キムジョンイル党になったら手遅れだよ。

317 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 23:42:21 ID:nDx5h5VV0
ある意味、共産党をぶっ壊した男だな不破哲三

318 :名無しさん@6周年:2006/04/14(金) 23:50:18 ID:ykUlALSK0
>>312
公安がこんなことしてることに物々しさを感じない方がへんだろw
まちごーてるがなw

319 :名無しさん@6周年:2006/04/15(土) 00:06:40 ID:qKrEF0ex0
>>316
どこの国の共産党もヘンなヤツが党を乗っ取っちゃうね。w
志位なんて東側が崩壊し、日本共産党もヤバくなったので、
問題が起きたときのための捨てゴマなんだろうな。
志位が登場した当初からなんかおかしな印象だったし。

320 :名無しさん@6周年:2006/04/15(土) 02:17:45 ID:JUIGjJXR0
>>314
少なくとも衆議院小選挙区ではその通り。

321 :名無しさん@6周年:2006/04/15(土) 02:26:47 ID:YzQrBrurO
>>312
怪しげな団体ばかりだなww
公安関係者にきちんと監視しといてもらいたいもんだ

322 :名無しさん@6周年:2006/04/15(土) 03:51:54 ID:ILjjdXw80
どーする? やまぬ違法行為、過酷な取り立て 大阪のホームレスが増加するぞ

323 :名無しさん@6周年:2006/04/15(土) 07:41:09 ID:QqVzrI5Z0
>>321
あんたのようなイエスマンは大丈夫。
せいぜい上司に監視される程度だから。

324 :名無しさん@6周年:2006/04/15(土) 09:31:08 ID:UPU3jeFS0
>>312
なんでオウムや朝鮮総連は入ってないの?
わざと?

325 :名無しさん@6周年:2006/04/15(土) 09:36:46 ID:QqVzrI5Z0
わざとです。オウム・総連の監視は別に問題視していないからです。

326 :朝日歌壇鑑賞会事務局長:2006/04/15(土) 20:47:34 ID:X+ptfmcU0
「赤旗」に掲載された、共産党員の素晴らしい詩を2編UPしました。

2006年04月15日
赤旗は「詩」もアカいんだぞ
http://blog.livedoor.jp/asapykadan/

327 :名無しさん@6周年:2006/04/15(土) 21:17:32 ID:6qlPU/ka0
>>312
スパイ防止法に半狂乱で反対しそうな団体ばっかりだなあ…

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)