5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】 「日本への原爆投下、戦争終結のため必要」「戦った相手は市民でなくサムライ」…エノラ・ゲイ元機長★4

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2006/08/09(水) 00:09:30 ID:???O
★原爆投下「戦争終結のため必要」…エノラ・ゲイ元機長

・広島に原爆を投下した米軍のB29爆撃機「エノラ・ゲイ」のポール・ティベッツ元機長
 (91)が6日、米ラスベガスで読売新聞のインタビューに応じ、「広島、長崎への原爆投下は
 戦争終結のために必要だった」と、その正当性を主張した。

 一方で、「私が戦ったのは日本の一般市民ではなくサムライ(旧日本軍)」と表現する
 など、現場の当事者としての複雑な思いものぞかせた。

 ティベッツ元機長は母親の名エノラ・ゲイを爆撃機に付けたことでも知られる。戦後60年の
 昨年、乗組員2人と共同で「当時原爆投下は必要であり、我々は後悔していない」との声明を
 発表したが、日本のメディアの取材には一切応じていなかった。
 元機長はインタビューで、原爆投下について「今も全く後悔はない。任務を果たし、(戦争
 継続で)これ以上血が流れるのを止めたかった」と強調。当日の朝は「準備を徹底して
 いたので不安はなく、成功しなければとの思いだけだった」と語り、さく裂の瞬間は「大きな
 肩の荷が下りたようだった」と振り返った。

 さらに、長崎への投下についても「もちろん必要だった」とした上で、「日本が無条件降伏
 しなければ、我々は第三の原爆を落とす用意があった」と述べた。この「第三の投下計画」は
 近年、米軍の電信記録などで裏付けられている。
 一方で元機長は、「原爆投下の結果、犠牲になったのは市民」との指摘に対しては無言で
 うなずくだけ。日本のメディアの取材については、「近年は気が進まず拒否してきた」と
 口ごもった。

 原爆投下の正当性に関しては、開発に携わった科学者らの間でも戦後は意見が割れたが、
 元機長は一貫して正当性を主張。「戦争を終結させた」と退役軍人らに英雄視されることも多い。
 しかし、そうした言動には批判も少なくない。近年は日本の被爆関係者との交流も断っており、
 米国の核開発関係者からは「内面では、投下に携わったことが長年の重荷になっているの
 では」との指摘もある。
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060807i104.htm

※前:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1154971148/

2 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:09:56 ID:K3FZ0FIc0
うほ禁止

3 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:10:01 ID:/EB7K5Zu0
2だったら彼女と仲良くなれる

4 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:10:14 ID:KKJGr7dq0
もういいだろ
死ね

5 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:10:18 ID:u1oLwx2g0
チョソっていうサムライもどきもいたがな 

6 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:10:29 ID:HMaoC8sqO
6くらい

7 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:10:42 ID:yTs+z9yF0
アインシュタインが原爆投下を進言したんだよね。


8 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:10:48 ID:EZ8xuGiX0
戦争を無くしたいから落とした


今戦争したい国がターゲットだね。

9 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:10:55 ID:FQqPzohT0
命令を実行するだけの、いち機械に過ぎない機長さんを責める気はありませんが
虐殺した相手は民間人ですよ。

10 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:12:19 ID:WZabvu6T0
ビンラディンにNY・ワシントンを核攻撃してもらえば良いんじゃない?
テロ戦争終結する為に必要だからOKでしょ

11 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:12:39 ID:kLGEimRG0
ごめん、ぐらいは言ってもバチはあたらんだろ。

12 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:12:41 ID:LSl+cN0O0
ん〜  ノーコメントはだめですか




13 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:14:30 ID:ORWXhIJt0
>7
アインシュタインは原子力の有用性を示しただけ

14 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:14:35 ID:f189e5/q0
あなたにとっては仕方なかったのかもしれない。
しかし、あなたの背後には数十万の死者の顔があることを忘れないで欲しい。

と、静かに言った方が効果的かも。


15 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:14:49 ID:KG8lMRAg0
エノラゲイの日本上空での飛行ルートの情報公開まだぁ?(・∀・ )っノシ凵 ⌒☆チンチン?
より多く殺すために反転爆撃したって本当?

16 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:15:38 ID:cVe31T7O0
ドラクエでイオナズンを覚えた直後に出た敵が
スライムでもとりあえず使ってしまう心理か。

17 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:15:45 ID:CTrXGfh20
もうね、アホかと。口を開けばサムライ、サムライって。


18 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:16:11 ID:HMaoC8sqO
命令に対してNOとは言えなかったかも知らんが、それを正当化するのはどうかと思う

19 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:16:54 ID:liMBcb+b0
女・子供がサムライとは、よく言ったwwwww

20 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:17:29 ID:dUDZOX0Q0
まあ、死後は地獄逝きだよ

21 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:17:53 ID:CiAN79zA0


        どう考えても大量虐殺以外考えられません





22 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:18:15 ID:KG8lMRAg0
片手にピストル持って、アルコール度数高い酒をあおり、心に花束を、背中に
人生を背負った連中と戦ったのか、アメ公は。

23 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:18:44 ID:tUojOufN0
これだけの事されて、黙っている民族も日本人くらいか。

戦後のアメリカの統治もうまくいったな。感心するよ。

よその国では、毎年、アメリカ大使館の前で市民が大勢

集まり、追悼集会やったり、もっと原爆の残虐さを訴える

英語のホームペ−ジが乱立するだろうに。

まことに、平和な国民。おめでたいことだ。

24 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:19:22 ID:eeb3V/150
オレは被爆2世。チベッツぶっ殺したい

25 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:19:25 ID:z7T/wLWE0
ただの虐殺人体実験だったことを本人もしらんのだろう


26 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:20:19 ID:cEEMjxQ+0

  人体実験 

27 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:20:39 ID:M57Kn32B0
ヒロシマはそうだったとしても、ナガサキは完全に人体実験

28 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:21:48 ID:aUKPcMyv0
庭の桜の木に毛虫が湧いて、ばーちゃんが
灯油缶に500匹くらい集めた。
それに、ガソリンかけて火つけた。

500匹が一瞬で焼死。

アメリカはうちのばーちゃんみたいなことを
人間に対し行った。しかも被害者20万人と桁違いのスケールで。

29 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:21:56 ID:9Rad+Oam0
30万人の民間人を大量虐殺しておいてよくいえるよ。
適応機制の合理化のプロセスをしてるだけ。
あと真珠湾攻撃は奇襲だけど、軍事施設を狙ったものだからね。

30 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:22:06 ID:hSW1HPZw0
>>23
そうだよ。すばらしいことだと思うけどね

31 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:23:03 ID:IXudlzEv0
核使用の肯定は自信を持って行う必要があるのだ
それはジャップに迷いを見せてはならないからだ
なぜなら彼らは猿と同じで視線をはずしたが最後
歯を剥き出しにして反抗しはじめるはずだからだ

32 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:23:36 ID:Yc2mqYUU0
91年も生きれば十分長生きだな。
数十万人の呪いもこの人には通用しないのか。

33 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:24:23 ID:BmkGHAdAO
アメリカでは原子爆弾とは別に、放射能毒の兵器利用も研究されていた。
マンハッタン計画では実際に放射能の人体実験が行われていた。18人にプルトニウムが注射され、刑務所の囚人131人が睾丸に放射線を照射され生殖機能の影響の調査をとられた。
リンドバーグは太平洋の戦線をまわり、米軍の蛮行を目撃している。生きている日本兵の金歯を引き抜いたり、意味もなく殺害したり、日本兵の死体が残飯と一緒にごみ捨て場に捨てられているのを見て慄然としたりしている。
日本兵の大腿骨でペーパーナイフを作り、本国に送るのが流行っていた。日本兵の頭蓋骨を本国の恋人に送り雑誌に載ったスゴい米兵もいる。        
>>717
沖縄の捕虜収容所で「人体実験」があったという証言があります

テント内で、色々な毒物を注射して反応を実験して殺したり
何ヶ月にもわたり内臓を摘出したりしました

 アメ リカ軍は、治る見込みのないと思われる患者には薬を注射して「安楽死」をさせた。
また、内臓を何か月にもわたって摘出していたのは死んだ患者だけだと主張しています


34 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:24:39 ID:jQlOPK+d0
諜報大国アメリカの元軍人さんですよ
たとえ謝罪の意思があったとしても、国がしてないんだから一個人が出来るわけない

35 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:24:44 ID:925ipZPq0
>>32
死ねない呪いだろ

36 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:25:00 ID:PfHVfSL+0
原爆よりもルーズベルトのほうが遥かに憎い

37 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:25:08 ID:OyFfzahc0
まぁ、この機長も人体実験対象かもしれないがね。

38 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:26:31 ID:UShwOTBs0
客観的にみて、一部の役人は終戦工作をしていたが、当時の日本軍は、
戦争終結の意図は全くなく、本土決戦、一億玉砕をとなえていた。
もし原爆がおとされなかったら、 本土決戦でおそらくほとんどの
日本人は死んでたでしょう。現在のイラクのようにゲリラ戦で10年は
もちこたてていても、イラクとちがって、アルカイダのような
全世界的な救援組織もなく、他国の援助も望めず神風は不可能
だったでしょう。その点では原爆は多くの日本人の命を救ったとも
いえるのでは?

39 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:26:59 ID:BmkGHAdAO
原爆を投下するまで日本を降伏させるな――トルーマンとバーンズの陰謀 (単行本)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794214081/250-3247660-6107420?v=glance&n=465392
原爆を投下するまで日本を降伏させるな――トルーマンとバーンズの陰謀 (単行本)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794214081/250-3247660-6107420?v=glance&n=465392
原爆を投下するまで日本を降伏させるな――トルーマンとバーンズの陰謀 (単行本)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794214081/250-3247660-6107420?v=glance&n=465392


40 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:27:06 ID:p4O5Zx070
この人も毎年責められて気の毒だ、任務なら行かなきゃしょうがない。

41 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:27:21 ID:cf7sB0fu0
日本人ておとなしいな

42 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:27:32 ID:FHgPWrUS0
チベッツ=ガガーリン


43 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:28:12 ID:eVInWRil0
>>32
永遠に生きて償えという呪いだって。
殺すだけが呪いじゃないよ。

この男の子供以下親族も相当にハードな呪いを被るだろうね。
追跡調査が楽しみ。

44 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:29:07 ID:hSvS3w4I0










45 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:30:17 ID:53y226e+0
アメ公は基地外

46 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:30:45 ID:kowETd8V0
ユダヤ系アメリカ人の人でなし。

47 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:31:09 ID:IXudlzEv0
そのアメリカ人もいまやコスプレオタク
遊ばれてるな日本人

48 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:31:19 ID:p0pewGV1O
ルーズベルトって映像見てるとけっこう格好いいんだよね。
スターリンやチャーチルよりかは全然イケてる。

49 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:33:51 ID:baRmzj810
東京を焼け野原にしたり民間人を殺しまくってるだろが


50 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:34:13 ID:QDmxnLDF0
>「日本が無条件降伏しなければ、我々は第三の原爆を落とす用意があった」

日本はナチス・ドイツとは違って、無条件降伏はしていないはずだが。

51 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:35:17 ID:qt6t5lMH0
というか
原爆を落としたのは判断をした軍の司令官であって運んだ兵隊じゃないだろ
もし、原爆を落としたことに責任を問うならそちらであるべき
こんなクソみたいな任務をまっとうにこなし、今尚取材を受ける機長に拍手

52 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:36:06 ID:cEEMjxQ+0


 日本人のほとんどが 小学校卒業までには
   原爆投下という 事実を 教え込まれるが
  なぜ 方向性 が反米感情や 報復意識 にはつながらず、
     原爆の 死者の霊を 弔い、
  被爆者の労苦を思うという受け止め方で受け止める
 と なっているのだろうか



53 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:36:32 ID:FHgPWrUS0
>>38コピペ乙

本当にそのとおり
多くの中国人・北朝鮮人の命を救うために早く原爆を落とすべきだ


54 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:36:47 ID:p0pewGV1O
>>50
ソ連が参戦したからトルーマンも焦ったんでしょう。
ヤルタ会談の密約が裏目にでたかな。

55 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:40:10 ID:IXudlzEv0
日教組はなぜ報復感情を煽らないんだろう…

56 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:40:34 ID:zLlGMvr10
>>32
死んだら終わりだからな。
内心では苦しんでるらしいし、生きてる限りその地獄が続く。

57 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:42:30 ID:DmiBsC2q0
この人、上官にトイレに連れ込まれて
「君は逮捕されたことはあるかね」と言われて正直にあるって答えたら
「よろしい、合格だ。さて、司令官室に行こうか」と来たんだよね。

いつの世も正直者が貧乏くじ引くのさー。

58 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:42:40 ID:jQlOPK+d0
日本人は、これから世界が原爆を使わないようにできる発言力を一番持ってるってことだろ
そこだけは譲れないな

59 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:42:44 ID:BWj6QGnB0

>>38 ばーか!アングルサクソンの思うつぼ。
だからぬるいんだよ!
もろ実験台なんだよ。

60 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:43:06 ID:OGgLynWT0
季節の風物詩的な定例発言なのに
妙にスレが伸びてるのはなぜ?

61 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:43:08 ID:ikY2HMoK0
例の「あやまちはくりかえしません」という広島の碑について、俺は自分の子供に
「二度と負け戦はしません」「次はかならず勝ちますから」という意味だよ、と教えている。

女房には嫌な顔されるけど・・・

62 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:44:07 ID:L7VTj9s00
良心の呵責があればとても生きてはいけないほどの人間を殺している。

命をかけた作戦命令を見事になしとげ大量の有色人種を蒸発させ、
生き残ったものを今日まで殺し続けていることを誇りに思えれば幸せな
人生だっただろう。
そのことを気づかれないように振舞う苦労は今日まであっただろうが、
それに勝る喜びだと思う。

63 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:45:20 ID:aUKPcMyv0
>>52

あまりに被害がでかすぎて
地震、台風なんかの天変地異の一種
みたいな捉え方になってるんじゃないのかな。



64 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:45:55 ID:p0pewGV1O
>>61
わたしはトルーマンのあやまちだと教える事にします。
夫には嫌な顔をされるやもしれません。

65 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:46:00 ID:0lCG3u8e0
>>61
洗脳か
プロ市民だなw

66 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:46:21 ID:FHgPWrUS0
あー、もう、「今日」だな


67 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:46:29 ID:kV5zsb7J0
米国がどんな理屈を言おうと

原爆を落した事は
無差別爆撃の象徴として後世に語り継がれる

ナチスが行った無差別殺人と変らない

68 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:47:33 ID:3QK8LEFk0
>>61
へー、俺と同じ事を子供に言っている方がいたなんて。
ちょっとした驚きです。


69 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:48:29 ID:FHgPWrUS0
>>52
原爆ショックとその直後の敗戦占領ショックだな
いまだに尾をひいてるわけだ


70 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:48:36 ID:9O1Z5afC0
いくら正当化して慰めてみてもお前は大量虐殺者だ!

71 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:48:39 ID:c9CQ3xaC0
そう自分を偽らないと押しつぶされそうなんだね

72 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:48:53 ID:IXudlzEv0
先に手を出したのが日本側だから
報復に対する報復になってしまう

73 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:49:43 ID:L/xNI0EcO
わすれないで
ちなみにぼくら
にほんじんだよ

74 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:51:06 ID:LFIiWRNn0
アメリカが原爆を落としたことは許せないし
投下を決定したヤツこそS級の戦犯として裁かれるべきだと思うが
投下スイッチを押した誰かに責任を問うのはどうも違和感がある

75 :日本のイスラエル化推進委員会:2006/08/09(水) 00:51:06 ID:nGLfhQ160
ティベッツ一族を永代まで呪い殺そう!必ず地獄へ落としてやる!
皆さん、ティベッツ地獄に堕ちろと話し、思い、念じてくださいね。


76 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:51:51 ID:SW1KaboA0
>>52
うちの父親は原爆のことは触れないけど
日本は戦争に負けて良かったといってた。

私は子供の頃からそう聞いてた。

だからアメリカの原爆投下は漠然と仕方がないものだと思ってた。

77 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:52:56 ID:jQlOPK+d0
>>68
俺は父親に>>61のように教えられた
だが、父親の意図とは裏腹に「勝ち負け」関係なく戦争はよくないという感覚を持ってる
当の父親は祖父(彼の父親、海軍)に「戦争は勝っても負けても悲しいだけだ」と教えられたようです

78 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:53:31 ID:IXudlzEv0
報復するにしても次にまたアメリカと戦争になった場合であって
報復のためだけに対米戦がおこなわれることはないと思われ

79 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:53:34 ID:FHgPWrUS0
負けてよかったのは、たまたま亜米利加が寛大な占領政策をしてくれたから(思惑付きだが)


80 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:55:50 ID:l3gmvjIl0
また反米誘導記事か
とめどもないこと何度も何度もほじくり返して
やるせない思いを呼び起こさせて
誰かになんかいい事あるんか?

81 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:56:08 ID:hKmmsKLc0
>>38
本土決戦になっていれば、ベトナム、イラクにみられるようにゲリラ戦になり
勝利とはいえないまでもきっと現在までもちこたえていたでしょう。むしろ
原爆ぐらいで降伏した当時の勢力がにくい。現在の中国などによる屈辱を招いたのも
彼らのせい。

82 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:56:46 ID:FHgPWrUS0
戦わずして勝つ が極上 孫子

なお、これの実践が歴史的に上手かったのはエイコク


83 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:57:14 ID:TgBVrKNR0
>日本のメディアの取材については、「近年は気が進まず拒否してきた」と
>口ごもった。

後悔してんじゃねぇか。w
大量殺人したのに間違いないしな。
戦争を早く終結させたいなんて理由にはならないぞ。
あの時点で日本軍は壊滅状態だし本土に上陸しても勝ちは決まって
いただろうしな。
単に被爆の実験材料にしただけでしょ。
もう戦後60年以上経っているんだし男らしく正直に言えや。


84 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:57:16 ID:SW1KaboA0
日本は戦争に勝ってたら国民はますます奴隷のように戦争にいかされてたんだろうな

85 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:57:35 ID:2H50jcvh0
>>74
言い訳に『無理がある&見苦しい』と看做されて反感買ってるわけよ。


86 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 00:58:06 ID:S/5cPCJQ0
この機長が、自分の行為の正当性を主張するのは仕方がないんじゃないのか。

それまでの歴史の中で、一気に数十万人を殺害した人間なんていないわけだし。
それが例え上官の命令であるにせよ、自分が直接的に手を下したことになる。

数十万人の命の重さを考えてみろ。
世の中には一人殺しただけでも自殺したりする者もいる。

正当性を主張することをやめれば、途端にその責任の重圧が襲い掛かってくるんだと思う。
そんな責任に耐えられるわけがない。

87 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:00:19 ID:jh5tIVJ20
原爆落されても日本は全面降伏する気はなかった、
天皇の無事を保障されたから降伏した、
原爆はあまり関係なし。

88 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:00:30 ID:l3gmvjIl0
一軍人責めてもしようがない
憎しみが憎しみを生む
それが戦争ってもんだ
ガンダム見てみろ

89 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:00:48 ID:p0pewGV1O
>>81
まるで村上龍の小説みたいだな。

90 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:01:21 ID:IXudlzEv0
親米派は言う「日本は負けて勝ったのだ」と
反米派は言う「虐殺されて得た豊かさだ」と

91 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:01:27 ID:AVW2eOSa0
ヒトラーとルーズベルトの違いは勝ったか負けたかだけである。


92 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:01:37 ID:1peQ0ZvY0
>>84
これはない
戦争に勝ってたらもう戦争する必要ないから
そもそも太平洋戦争は春ノートを突きつけた諸国に対し、
自国の権利を説き講和することが目的だった


93 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:02:39 ID:UShwOTBs0
>>59
別にアメリカに感謝しているわけではない。実験だったのは確かでしょう。客観的
に、感情ぬきで、結果論をいっているだけです。

94 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:03:25 ID:s4hq4kKS0
機長は軍人としての責務を果たしたまでだ。
責められることはなにもない。

しかし、日本は長崎が世界で最後の被爆地となるように世界に呼びかけなければ
ならない。二度と核の惨禍が人類に訪れる事のないように

世界人類が平和でありますように





しかし、皇国に仇なす国は許さんぞ!!!

95 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:03:29 ID:CTrXGfh20
>>88
おまえ最後の一行でカコワルイw

この機長の人生も台無しだよな、歴史に原爆機長で名を残すんだから。。

96 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:03:52 ID:1peQ0ZvY0
結果良ければ全てよしだから、結果を良くするためにとことんやろうぜ


97 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:05:11 ID:AVW2eOSa0
スイッチ押したのはこの爺なのか?
部下じゃないだろうな

98 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:05:58 ID:NtO10X3w0
>>92
戦争する必要無いって、アメリカのやった地獄の朝鮮戦争、ベトナム戦争を代わりに
やるはめになるんじゃねーの?
アメリカは太平洋戦争に勝って貧乏くじをひいた

99 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:06:35 ID:1peQ0ZvY0
レンズで目標地点を目視しながらの投下だから、ボタンは投下の専門員だとオモウ


100 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:07:04 ID:Ufmp512X0
>>1
おじいちゃん。お昼ご飯は さっき食べたじゃありませんか。

101 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:07:32 ID:qvY5e58w0
いまだにアメリカの植民地みたいなもんだよな。
せいぜいアジアのイスラエルにならない様にしないとな。
中国が親米になったら日本の役割も終わりだから、その時下駄を外されないようにしないとな。


102 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:08:39 ID:IXudlzEv0
東京大空襲の方が地獄絵図だぞ
そしてその司令官に勲章やったのが純様のお父様

103 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:09:08 ID:1peQ0ZvY0
日本が勝っていたら(講和が成功していたら)、
朝鮮戦争もベトナム戦争も多分なかった
アジアは、(中華を除き)それなりに共栄の方向を模索していたとオモウ


104 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:10:46 ID:L7VTj9s00
>>76
うちのお袋は戦時中は病院船の看護婦でラバウルまでいってた。
子供のころは毎日の授業で日本軍が占領した地域を赤く塗るのが
楽しかったって聞いたよ。

病院船では次々に死んでいく兵士をずいぶんと看取ったそうだ。
負けて当たり前の戦だったとは聞いたが、負けて良かったとは
言わないな。。。。

105 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:10:49 ID:Z2Ur4Rg/0
投下スイッチのボタンを押した奴を責めても仕方ない。
彼は命令に従っただけなんだから。
だから、アウシュビッツの看守も悪くない。

そんなことよりも、三発目って?
トールボーイとファットマン以外に完成していた原爆なんてあったのか?


106 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:11:14 ID:KG8lMRAg0
近年は気が進まず拒否してきたのは秦郁彦がしつこく反転爆撃疑惑を
問いただしたからだろう?w

107 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:11:28 ID:KZGbcyPq0
第三の原爆ってどこに落ちる予定だったの?

108 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:11:29 ID:Rp4OIC9O0
部下には自決を強要し、捕虜になるより死をえらべといい、おのれは切腹できず
敵の裁判に醜態をさらし、飢餓にくるしむ国民の自負心を汚した東条はサムライか?
敵前逃亡した陸軍次官はサムライか?
アメリカ側の承認になった陸軍中将田中はサムライか?
情けない話だ

109 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:12:22 ID:1MXafEHh0
アメリカがソ連の参戦や中国までも入れて戦おうとしたのは本土決戦での
被害の予想が膨大だったからだろう。
8月に原爆を投下したのも一つの焦りだね。
米軍は戦争中、台風をおそれて9月10月はあまり空襲していない。
2ヶ月も空襲できずに放置した挙げ句、本土決戦が11月となれば
米軍も怖いだろう。いくら子供とおっさんばかりの予備軍中心でも
本土に300万の陸軍と一万機近い特攻航空機が待ち受けているとすれ
ば半端じゃないよ。

110 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:12:38 ID:1peQ0ZvY0
中華が親米になることは多分永久にない たとえ中凶がつぶれても
それが中華思想だから



111 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:14:14 ID:cqgQ5ogh0
米国人には「原爆でカトリック教徒や米国人捕虜まで死んでいます」と言ったほうがよい。

112 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:14:47 ID:IXudlzEv0
アメリカは得するから原爆使ったわけだが
日本人は得しないから報復しない
両国とも得を基準に動く

113 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:16:07 ID:pL+kdiaG0
>>105
>トールボーイ
リトルボーイ

114 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:16:27 ID:cxPH/iSq0
   「みんなにロボット(殺人兵器)の
    恐ろしさを教えたかった。」         動画の3分59秒あたり

   「マキちゃん、
    世の中には恐ろしければ恐ろしいほど、
    (高く)売れるものがあるんだ。」      動画の4分22秒あたり

                     /\
                     |・:◎|
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                |_||  ∩ ° ∩ ||_|
                |_| | ∪   ∪ | |_|
                |__| |       | |__|
                |__|  |____|  |__|
                |__|  |__0__|  |__|
                |__|  /\_/ヽ  |__|
                |__|  |_|  |_|  |__|
.     おいでラムダ  |__|  |_|  |_|  |__|
          V     |__|  |_|  |_|  |__|
        ノハヽヽ    |__|  |_|  |_|  |__|
        ( ´D` )   |||||ヽ  |_|  |_|  /|||||
 ◎ ◎    ∪  ⊃        |_|  |_|       ◎ ◎ ◎
,,,ソ',,,,,'ト,,,,,,,,,, (__)(__) ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, |___| |___| ,,,,,,,,,,,,,,,,,,ソ',,,,γ,,,'ト,,,,,,,,,,
ルパン三世 2nd「さらば愛しきルパンよ」第155話 (最終回) ダイジェスト
1980年10月6日放送 (宮崎駿監督作品) 12.1 MB
日本テレビのスタッフが没にしようとしたいわくつきの作品
http://up.viploader.net/src/viploader38924.mpg

115 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:16:58 ID:PU1DxwOF0
アメリカ人は図太いというか、神経がどっか足りないのか
心優しい日本人なら、もり日本が原爆で30万人を虐殺させたら、その重みに耐えられないな。

116 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:17:39 ID:9YU7xV9X0
um〜 ah〜♪
(oh lord) don't let them drop that atomic bomb on me♪

117 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:18:19 ID:PD8CSKTp0
>>52
ヒント:在日に都合がいい方向

118 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:18:29 ID:cxPH/iSq0
  Λ_Λ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <丶`∀´> <  ウリたちが日本に原爆を落としたニダ
 (    )  │  思い知ったニカ
 | | |   \__________
 〈_フ__フ
http://freett.com/kininaru001/s-korea/little-boy-nida/
http://freett.com/kininaru001/s-korea/20030212prostitute/
http://freett.com/kininaru001/s-korea/20040226prostitute/
韓国は"なぜ"反日か? http://newsstation.info/jump/to.php?id=156
人類の起源は朝鮮です。
http://www.youtube.com/watch?v=wpM6IYhALTk&search=pandiani

                   「ういヤツじゃ、
「中国の核はキレイな核」     ちこう寄れ。」
                      ∧∧、    かっぽれ  かっぽれ
       宗主様〜      ,  /支 \     ∧_∧     ∧_∧
     /)ヽ_∧/)      /\ (`ハ´* )   (<`∀´丶/´)  (<`∀´丶/´)
     //-@∀@)      (,☆ ⊂,   ⊂ノ   ヽ 韓  〈    ヽ 北  〈
    .ゝ  朝 ノ       ヽ,/  (, ヽ,ノ    ヽ <⌒,ノ)     ヽ <⌒,ノ)
   と __)_)            し( __)      <_,ノ         <_,ノ

               チャイナスクールは 支那のなか
                 そっとのぞいて みてごらん
                 そっとのぞいて みてごらん
                 みんなで おゆうぎ しているよ
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/m/medakanogakko.mid
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/r12-123.htm

119 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:18:56 ID:FHgPWrUS0
予定されていたオリンピック作戦が11月なのはその通り
ただ、その頃には大量の餓死者が出てて、
その惨状に、いずれ大本営も決断せざるを得なくなっただろう
陛下のお言葉も前からあったわけで



120 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:19:47 ID:hbkdtcKQ0



ルーズベルトこそA級戦犯




121 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:20:46 ID:cxPH/iSq0
中国共産党は
「日本は核開発できる技術とお金を持っている。
 しかし、日本は北朝鮮から軍事的に追い詰められても、
 今現在、日本は政治的に核開発できない。時間切れだ。」とこう判断した。
だから、中国共産党は北朝鮮の核開発を看過した。
看過どころじゃなく、中国共産党は北朝鮮に石油を援助している。
中国共産党は、北朝鮮の鉱山を租借し、
日本侵略の足がかりとなる日本海側の北朝鮮軍港も租借している。

北朝鮮が核爆弾の小型弾頭化性能を確認する(プルトニウム核実験成功が目安)。
すると、日本が批准した核兵器関連条約の例外条項による抜け道ができる。
2006年現在、財政出動可能な体力の残っている日本は、日米安保が機能不全を起こさず、
中共に先制核攻撃されず、国際法、条約にも抵触せず、安全に核開発できる。


   核不拡散条約(NPT)の例外条項 第10条
    締約国は、この条約の対象である事項に関連する異常な事態が
   自国の至高の利益を危うくしていると認める場合には、
   その主権を行使してこの条約から脱退する権利を有する。
   NPTの発効25年後に、その後無期限に延長するか
   期限(単数又は複数)付きで延長するかを決定する。

   包括的核実験禁止条約(CTBT)の例外条項 第9条の2
    締約国は、この条約の対象である事項に関係する異常な事態が
   自国の至高の利益を危うくしていると認める場合には、
   その主権を行使してこの条約から脱退する権利を有する。

122 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:20:51 ID:IXudlzEv0
マッカーサーが言うには、
「日本軍の将校の評価は、実戦ではなく、学業で判断されるので、
ちっとも怖くなかった」。『陸軍参謀』(三根生久大/文芸春秋)

123 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:20:55 ID:87VjKVJN0
原爆投下は人類史上最大最悪の犯罪
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1137141639/

そもそも無差別爆撃からして巨大な戦争犯罪だが、
その上、降伏寸前になってる国家への原爆投下は、
ノックアウトされたボクサーにガソリンまいて火を放つような行為である。
しかも、ウラニウム型とプルトニウム型の2種類投下したかったと推測され、
人体実験としての企みがあったことは明白。
おぞましき人類史の汚点である。

「原爆ホロコースト」の実態
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc700.html

「原爆投下問題への共通認識を求めて−長崎の視点から」
ttp://www.ops.dti.ne.jp/~heiwa/peace/shiryo/nagasakigenbaku.html
>最初に確認しておく必要があるのは、「原爆が第二次世界大戦の終結をもたらしたというより、むしろ戦争終結を
遅らせたということだ」(注4)(米国のマ−ティン・シャ−ウィン教授)という基本的事実である。米国は、すでに1943
年5月の軍事政策委員会や翌年9月の英国とのハイドパーク協定(1944年9月)で原爆投下の対象を日本にする
ことをほぼ決定していた。

>つまり、米国政府は都市の物理的破壊ばかりでなく都市住民の皆殺しを狙って新型兵器の実戦使用を行った
のであり、人体実験の性格が濃厚であったという主張である。これが真実であるならば、原爆投下は戦争の
短期化と人命の救済という「人道的行為」であったという「原爆神話」が根底から崩れ去ることになり、これまで
主張されてきたいかなる「米国の論理」をもってしても原爆投下を正当化することは到底できなくなる。

『原爆を投下するまで日本を降伏させるな――トルーマンとバーンズの陰謀』
鳥居 民 (著) 草思社
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794214081/qid=1119454340/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-9169562-6325962

アメリカ指導者らの原爆投下不要論
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1061354893/ 94 95 377 612
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/whis/academy3.2ch.net/whis/kako/1061/10613/1061354893.dat

124 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:21:56 ID:p0pewGV1O
>>108
東條英機は立派に死んだだろ。
冨永は慎重だったんだよ。
田中は晩年かなり憔悴してたらしいから許してやれよ。

125 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:22:56 ID:cxPH/iSq0
日本に核兵器が必要なとき、
それは米国との外交関係が悪化したときだけだ。
日本が外敵に攻撃されずに安全に核開発しようとする。
そのときには、米国との外交関係が良好な状態が必要だ。
  「日米関係が良ければ、(日本が核開発に着手したとき)中韓はじめ
   世界各国と良好な関係が築けるというのが基本だ。」 小泉純一郎
  「核兵器の脅威に対しては、(中略)
   米国の核抑止力に依存するものとする。」防衛白書のテンプレート
日米関係が悪化した後、日本政府は核開発できない。
つまり、日米関係が良好なうちに日本は核開発するしかない。

982 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/03(火) 02:27:08 ID:vwM51Cs60
>>973
>おかげ様で、今の日本はいつでも核を作れるよ。

左翼が主張し時間切れを狙う「100円でお湯をかけて三分核武装論」か?
電算機だけでは設計製造不可能なプルトニウム核弾頭はどうするの?
実戦に耐えられる丈夫なロケットはどうするの?
ロケットの発射台となる原子力潜水艦と乗組員養成はどうするの?
お金はどうするの?困っているときにはお金がないぞ。
国際政治対策はどうするの?困っているときには国際社会から孤立しているぞ。

385 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/06(金) 01:46:49 ID:+30sNsqL0
>>376
>今は今の方針で良いと思うがアメリカの力が弱まったときに
>核武装は必要だと思う。

米国の力が弱まったとき、日本が米国の役に立たないと日米関係が悪化する。
在日米軍再編で、もう極東の米軍はグアムや北米本土へ撤退を始めている。
米国の衰退は、日本のアジア外交も世界外交も国連外交も破綻を意味する。
そのとき外交破綻の日本は核開発できない。

126 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:25:30 ID:hbkdtcKQ0



日本の降伏が近いと知ったルーズベルトは、急ぎ原爆を作らせ
原爆の影響を調べるため、空爆をしていなかった広島を選び
落とした。すべては人体実験だった


127 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:25:33 ID:cxPH/iSq0
日本が独自に核武装する場合、
日本の核開発施設が米国中国の先制核攻撃を受ける可能性がある。
日米同盟に陰りがさしてから日本が核開発すると最悪の結果になる。
なぜなら、米帝に歯向かう形で日本が核開発するから。
   「日本のような非好戦国が もし核武装をしたとしたら
     (米国中国のはさみ撃ちで日本)自らを標的にしてしまう恐れがあります」
                 アーミテージ元米国国務副長官 2005年8月14日放送
   http://neko-loader.ddo.jp/up/src/neko4789.mpg.html
米国に歯向かって核開発する国は、米国中国共同で八つ裂きにされる。
日本の核開発は日米関係が蜜月期間のうちにやるしかない。
しかし、日米関係の蜜月期間は有権者が核武装の必要性を感じないジレンマがある。


392 名前:名無しさん@6周年[sage] 投稿日:2006/07/17(月) 08:26:53 ID:FAbvT68b0
>>353
>捏造。
>>(米国中国のはさみ撃ちで日本)
>ホロン部の願望に過ぎない

村田晃嗣(同志社大学教授)が関西の言葉でそう言っていた。
  「核保有国同士で米中の方が深いかもしらん。
   あるいは、安保理の拒否権を持っている
   常任理事国同士の関係で米中の方が深いかもしらん。
   経済関係で見たら、形が変わってくるかもしらん。」 2006年7月8日放送
  http://neko-loader.ddo.jp/up/src/neko4791.mpg.html
村田晃嗣は米国共和党のメッセンジャーボーイだ。

日本に田中角栄、宮沢喜一、村山富市のような政治家が登場する。
そうして核兵器を持った日本の媚中政権が誕生する。
そうたら、日中合体する可能性があるぞ。
米国の不安を払拭させるには、高いハードルがある。

128 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:27:41 ID:cxPH/iSq0
日本はハッタリで核開発したフリをしろと言うが、
実際は海から大気観測でウソがすぐにばれる。

IAEAが日本の核施設のプルトニウム残量を監視しているので、
兵器転用できない。兵器転用でプルトニウム残量が減れば、すぐにばれる。

またIAEA監視員を日本から国外追放して
放射性物質を兵器水準に濃縮する。すると、
日本列島の大気中に特殊な放射性物質が浮遊するので
日本列島近海から気象観測用仕様の旅客機で大気観測すれば、すぐにばれる。
放射性物質の種類や衛星写真、地震、気圧、水音波測定で
核兵器の種類や濃縮具合まである程度、逆算、特定できる。

ちなみにイスラエルを外部から分析すると、
イスラエルは核実験をしていないので
ミサイルで運搬する小さい核弾頭を保有していない。
車両や輸送機、爆撃機で運搬投下する大型核爆弾を保有している。

2003年7月、北朝鮮で放射性物質のクリプトン85が検出された。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/07/13/20030713000001.html
クリプトン85は天然には存在せず、
原子炉から使用済み核燃料を取り出したことを示す指標となるものだ。
まだ核実験をしていないので、日本へ運搬するノドンミサイルに搭載できる
小型化性能の信頼検証までは、我慢してボタンを押していないようだ。
が、北朝鮮は本物の核爆弾を保有している。

129 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:29:29 ID:IXudlzEv0
評判の悪い日本の「対華21か条の要求」が出てきた理由は、
アメリカが日本を素通りして中国と交渉し、
中国の沿岸部にアメリカ軍基地を設ける交渉を始め、
これに日本政府が「脅威」を覚えたからだ。

130 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:29:34 ID:oM0iKHOK0
>>80
何か都合が悪いの?
こういう事知らない人結構いるんだし、
知らない人が知る事も大事なんじゃないの。
アメリカとの関係で都合の悪い事って、
第二次大戦ぐらいしかないし。
それに、若い人はほとんど新聞読まないから。
そんなに関係が悪くなるとか心配する必要ないんじゃないの。
そんなもんじゃ壊れないでしょ、日米同盟関係は。

131 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:29:42 ID:cxPH/iSq0
363 名前:名無しさん@6周年[sage] 投稿日:2006/07/17(月) 06:57:40 ID:FAbvT68b0
>>358
>と、思うだろう。ところが消えてるんだな、確か、核物質が40キロばかり。
>かなり昔の話。
>
>今のような国際情勢の時ではなかったから、核開発云々とは多分関係ない。
>たしか、精製設備の管内などに付着していると思われる、とかいう話に
>なって手打ちになったはずだ。
>
>使用済み核燃料の取り出しなんて、日本じゃ数え切れないほど行われて
>いる。そんなものが核爆弾保有の根拠になるのか?密閉チャンバー内で
>すべての作業を行えば、漏れは少ない。レーザー圧縮すれば
>地震も水音波もヘッタクレもねぇよ。

薄いプルトニウムが40キロ消えたら、今だったら大騒ぎになり、安保理召集だ。
しかし、薄い40キロだと一応なんとか核分裂して綺麗な花火にはなるが、
海外相手には戦略兵器、核抑止力にならない。
それに、日米安保が機能不全に陥って、
日本の核開発施設が中国の東風核ミサイルの先制核攻撃を受けたらどうするの?

あともうひとつ。
核弾頭は紙と鉛筆で作るものではなく、
熟練した核爆弾製造技術陣が長年培った経験と勘で作るものだ。
核実験もしていない初心者の作る核弾頭は計算どおり爆発しない可能性がある。


132 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:29:51 ID:yVvGi+uTO
思い出せ。世界は元々一つだったのだ。

133 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:30:01 ID:a6b5YQWy0
たかが原爆2発で根をあげたからな日本は。
米軍も拍子抜けしたって感じだったろうな。

134 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:31:42 ID:cxPH/iSq0
BRICs(経済用語)が台頭すると予言している人が、
日本は経済力世界第二位だから核攻撃されないと言うのは、
矛盾している。

時間軸によって場合が違うが、
経済用語で言うBRICsが台頭したとき、
つまり、日本の経済価値、魅力が相対的に落ち込んだとする。
すると、日本の核爆弾開発研究施設建設中に
中国共産党の東風核ミサイルが10分くらいで
核爆弾を運搬して日本の核爆弾開発研究施設の上で爆発させる。

元内閣総理大臣で大勲位の中曽根康弘は報道2001で
日本の借金は1000兆円を超えていると言っている。
日本の金融資産1500兆円を借金が超えると
ガソリン1リットル100億円、小麦粉1キロ100億円に物価上昇する。
そうなったら、日本は核開発どころか、自衛隊員の給料が払えない。
ちなみに日本の行政側の収入は年収40兆円台しかない。

135 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:31:58 ID:IXudlzEv0
自衛隊は日衛隊なのか白衛隊なのかはっきりしろ

136 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:34:01 ID:ScatgDwq0
国家が国益を追求するのは当然のこと。
その延長線上に原爆投下があっただけ。
批判されることは何もない。
知能の低い感情論はいい加減にしとけ。

137 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:34:25 ID:cxPH/iSq0
金正日将軍は盧武鉉大統領のことを嫌いになったら、
地続きのソウル市街を熱蒸発させることができる。
メラメラした火の海ではなく、シュワーッ と熱蒸発でガスになる。
ソウル市街からはるか遠く南の安全地帯へ在韓米軍は逃げ切ったので、
ホワイトハウスは高みの見物だ。

138 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:34:29 ID:yc2q1rFG0
戦後大本営の参謀達約30人はGHQに協力を始める。
長は降伏使節団長をした河辺虎四郎大佐
大本営作戦課長の服部卓四郎大佐
陸軍側は有末機関、海軍側は中村機関と称していた。
表向きは太平洋戦争の戦史研究。
実際は謀略にも関わっていたのではないかという証言もある。
この機関から後の自衛隊の将官も出ている。
参謀本部一課員浦茂中佐→自衛隊空将(航空幕僚長)
同じく軍務課員中村雅郎中佐→自衛隊空将
他にも関係した大本営参謀たちには、
南方軍参謀曲寿郎→陸上幕僚長
第17方面軍参謀杉田一次→統合幕僚会議議長
他にも第三師団長辰巳栄一中将(元参謀本部欧米課長)は、
在米経験と語学力が買われて吉田茂首相とGHQの連絡役
を果たし、警察予備隊の生みの親といわれている。

139 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:35:12 ID:IXudlzEv0
陸軍人が敵前逃亡したのは
海軍人が一人も処刑されないことに気付いたあと
ライバルたちは侵略者とグルだ!と悟ったときには手遅れだったわけだが

140 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:35:52 ID:cx80rIJl0
皇居に爆弾を落とせば戦争はすぐに終わったんじゃないの?

141 :REI KAI TSUSHIN:2006/08/09(水) 01:35:57 ID:p/HRElcW0
【正論 1】
アメリカ政府:『日本本土決戦(オリンピック作戦)によって予想される
日米双方の犠牲者を救うため、原子爆弾によって日本の抵抗意思を砕き、
降伏に導いた』
・それとも何かね?本土決戦でもっと殺し合いたかったのかな?(`´メ)

【正論 3】
・自分達だけが被害者面するなよ!【偽長崎県人】(`´メ)
【偽長崎県人】とは
原爆投下後に【貧乏大分県人】,【貧乏熊本県人】,【貧乏在日朝鮮人】
が自分勝手にバラック小屋を建てて【土地の所有権を主張】&【戸籍の虚偽申告】
偽長崎県人 曰く:『裸一貫から財を築きました。』

【長崎市】
:【軍需施設】1940年 三菱造船所で戦艦武蔵進水
1945年8月9日 AM11:02
1. 長崎市の人口は24万人と推定。
2. 即死は推定3万5千名、負傷6万名、結局7万名以上が死亡。

142 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:37:01 ID:2LsxvT2v0
本土決戦の作戦を練りながら降伏後の身の処し方も研究していたんだろなぁ・・・

自殺したり死んでいった連中の気持ちを考えると複雑

143 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:37:25 ID:FHgPWrUS0
海軍のエロイ将官はほとんど戦死してたからね


144 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:41:35 ID:FHgPWrUS0
>142
死人が増えはじめた頃からおかしくなってきたな〜
「計画通りにいかない場合にどうするか」がいまだに下手な日本人
経済もそう 年金もそう

東大出の人々、もっとがんばってホスイ あんまり戦時中とかわっとらんぞ



145 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:41:37 ID:hbkdtcKQ0
>>136
全く必要のない原爆を落として批判されることはない?
ナチスのホロコーストに匹敵するぐらいの戦争犯罪だよ



146 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:41:56 ID:p0pewGV1O
>>129
加藤高明らへの風当たりはかなりきつかったようだね。

147 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:42:22 ID:QCS0kc+m0

>>134
それでも円高のままって理屈なの?wwww。

それより無茶苦茶な日本製品の輸出攻勢による世界経済の破壊や対外債権の換金で
戦争になるって説の方が正しそうだなw。日本のかけてる、ある意味「保険」は凄い。
それこそ戦争か余程の天変地異など物理的方法以外では日本は潰せない。


148 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:45:25 ID:ocyqH13w0
戦後エノラゲイの機長や搭乗員は被害の大きさに発狂したという伝説が広島でまことしやかに
語られていたが、出てくるより隠れていたほうがよかったと思うけど。

149 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:48:06 ID:IXudlzEv0
本気で報復やろうとするときって
将来が失われたと思ったときだから
原爆で未来の繁栄を約束された日本人が
報復など考えもしないのはそもありなんだな

150 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:48:13 ID:8TPNlQ9w0
原爆なんてとてつもないもん落としちゃったんだから、この機長はこうやって正当化しておかないと狂いそうなんだろうな
絶対許せはしないけど同情はするな

151 :ちべっつ:2006/08/09(水) 01:49:10 ID:FHgPWrUS0
そこで、発狂したと思われていた俺様がでてきましたよっと


152 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:51:24 ID:FHgPWrUS0
>本気で報復(戦争)やろうとするときって
>将来が失われたと思ったときだから

これで太平洋戦争にやむなく突入しました


153 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:52:26 ID:KZGbcyPq0
原爆落ちない状態で講和したら、部隊レベルでのゴタゴタがもっとあったんじゃないかなあ。
それが大規模な反乱にまで発展したかどうかはわからないけど。

154 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:53:52 ID:FHgPWrUS0
>153
このあたり、どうなっていた(だろう)かの分析がいまひとつまだまだだねぇ


155 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:55:21 ID:IXudlzEv0
結局中国をどちらが取るかという戦争だったから
原爆によって日本が放棄させられたのは大陸領なんだよ
今の日本人は大陸に執着ないから報復にも興味がないわけだ

156 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:55:40 ID:QCS0kc+m0

>>149
アメリカという当時の典型的勝ち組の成功パターンを学習した日本は、
明確な目標が出来たから、ある意味、後はやるだけって開き直りかな。

バブル以降の様に目標を見失った時期より、前向きになりやすいな。


157 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:55:58 ID:FHgPWrUS0
>153
でも226もなんとか収まったし、
あの御方がご健在なうちはなんとかなったのでは


158 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:56:37 ID:p0pewGV1O
>>154
誰だよw

159 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 01:58:38 ID:+a7ATL+BO
エラノゲイの機長命令されたから仕方なくなのにカワイソス。

160 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:00:49 ID:12tgaN/j0
厚木基地の小園大佐以外反乱した人はいないよね。
彼は戦後逮捕されて宮城刑務所に服役させられたが、
敗戦で軍刑法が失効しているのになぜに罪を問うのか
と最後まで戦った骨のある人。

161 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:02:43 ID:rkr0KmFs0
読んでみておくれ、衝撃の内容だった。

「原爆を投下するまで日本を降伏させるな」

http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/032f23a9.aa3bbae6/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/3571842/

162 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:05:34 ID:p0pewGV1O
>>160
畑中とか佐々木とか

163 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:09:22 ID:FHgPWrUS0
結局、大陸政策も、ロシアの南下が怖かったわけで
戦後亜米利加がずいぶん肩代わりしてくれたからなー


164 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:10:11 ID:sC+MceCK0
コイツが原爆落としたのはサムライじゃなくてドヒャクショウだろ

165 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:11:47 ID:oDTElx4tO
まあ、一生大量虐殺者の業を背負っとけや。

166 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:16:30 ID:QCS0kc+m0

結局、この極東の地での安全保障は日本だけの手には余ったんだろな。
勝者のアメリカに否が応でも肩代わりして貰ってw随分楽になり、
安心して経済に精を出せる様になって、日本は繁栄出来たってワケだ。

この辺の辛さをマッカーサー辺りが身を持って分かったからこそ、
議会であれは日本の祖国防衛戦争だったと言ったんだろ。



167 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:16:53 ID:X8RKwgVN0
>>161
アフィリエイト死ね

168 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:26:34 ID:8sU6S3Mu0
海にでも落としときゃ良かったんだよ。
そのあとビラでもまいてさ。
すぐに戦争は終わったろうよ。

何が何でも原爆を使いたかったんだな。

169 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:28:39 ID:a8s7nrrK0
Doolittle

170 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:29:53 ID:SmljA73o0
アメリカ人としては、こういう歴史観で押し通すしかないんだよ
日本人には受け入れがたいが、この手の話は永久に平行線
互いに過去は正当化して干渉しないのが吉



171 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:30:42 ID:mEVzpfnv0

 本当にむかつく。
 だけど、国防では頼らざるを得ない現状が悲しい

 無駄に時間と金を浪費してきた団塊世代を殺してやりたい!


172 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:31:37 ID:0xmiFTOY0
このスレ、昨日は多少まともなレスもあったのに、
今日のこの惨状・・・。

やれやれ。

173 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:32:30 ID:5L/UFtAoO
自分の母親の名前が
二十世紀最大級の大量殺人に関係した飛行機の名前になるとわね

174 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:33:26 ID:pL+kdiaG0
>>171
核の傘さえなければアメリカなんて。く、くやしい!

175 :小日本沈没 ◆5NL0IryTrA :2006/08/09(水) 02:33:35 ID:iGc+cELX0
(1)広島原爆の本当の死者は15万人にも満たないのに30万人以上と主張する。
(2)広島原爆の放射線による死者は千人にも満たないのに何万人もいるかのように主張する。
(3)広島原爆の被曝者は程度によってはかえって健康になったのにその事実を隠す。
(4)広島原爆はアメリカによって予告されていたのにその事実を隠す。

日本ってどうしようもない国だね。

176 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:35:27 ID:5L/UFtAoO
まず兵隊に教えることは
「これは殺人ではない。重要な国家事業だ。」
ということです。どの国でも。

177 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:41:02 ID:djh0JwCX0
【戦争】イラクで米兵が少女を集団でレイプし燃やす。殺戮直前にはゴルフを楽しむ【ストレス?】

(米CNN、英紙ガーディアン)イラクで米海兵隊員が14歳の少女をレイプし、一家皆殺にした
事件が全米で波紋を呼んでいる。聴聞会での証言によると強姦と殺人に関与した海兵隊員らは
その行為の直前に酒を飲みゴルフを楽しんでいたという。
主犯格の海兵隊員は事件当時、イラク人を殺したいと繰り返し主張し、検問所を通りかかった
イラク人少女の家に集団で押し入った。そこで少女を床に押し倒し下着にした。主犯格の米兵
が少女の家族を全員、銃殺しその後、一人の米兵が少女を押さえつけているあいだ別の米兵が
少女をレイプした。レイプの後で主犯格の米兵が少女を撃ち、さらに油を少女にかけて燃やした。
この事件をきっかけに米兵の犯罪をイラクの裁判所で裁くようにイラク首相は要求している。
CNNによると事件の背景には戦争のストレスで米兵の間にドラッグや飲酒などが広まっている
ことにあるという。
http://www.guardian.co.uk/Iraq/Story/0,,1839522,00.html
http://www.cnn.com/2006/WORLD/meast/08/08/iraq.mahmoudiya/index.html


178 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:43:02 ID:mM/cutm5O
>>175
そうだよな。日本はとんでもない国だから、お前は早く母国の北朝鮮に帰ったほうがいいよ

179 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:45:56 ID:TW9EsUdu0
もう昔の事は忘れて
今を楽しく生きればいいじゃないの

180 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:50:20 ID:IXudlzEv0
日本を反共の砦とすることは、日米が開戦する前からのアメリカの狙いだった。
だから、原爆を投下し、完膚無きまでに叩きのめしたのである。そして、日本が
アメリカの支援なしには一歩も進めない状態のなか、日本の政治・経済・教育な
ど、すべてをアメリカは思うままにしていった。

181 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:51:05 ID:A2p1DQZW0
好きに言うが良いさ。本人が一番良く判っているだろうからな。
精々己の魂の安息を神に祈るがよい。

182 :小日本沈没 ◆5NL0IryTrA :2006/08/09(水) 02:51:24 ID:iGc+cELX0
(1)広島原爆投下時に放射線の影響を受けたのは、爆心地から約2.5km以内の人々。
 それより外では、年間自然放射線被曝の数倍程度のため、ほとんど健康に影響はない。

(2)爆心地から約2.5km以内の人々には(爆風・熱線などで幸いにも死亡しなければ)
  がん・白血病になるリスクが実証されている。
  ただし、被曝しなくてもがん・白血病には一定の割合でなるため、被曝しなかった
  場合のがん発生率を引くと、広島原爆と長崎原爆のどちらかが原因でがん・白血病
  になった人は、放射線影響研究所の調査範囲では約500人。調査範囲は爆心地を中心
  に数万人以上にものぼるため、最大でも数千人を越えることはないと考えられる。

(3)「死の灰」については、広島原爆で反応したウランは1kgと、チェルノブイリ事故の
  数百分の1の規模であり、また空中で爆発して広く飛散したため、健康に影響しない
  と断言はできないが、影響は非常に軽微であった。そのチェルノブイリ事故でさえ
  最終推計死亡者数は約4000人。つまり広島原爆で「死の灰」による死者はほとんど
  いないと考えられる。

つまり広島原爆で「被曝・核物質により」死亡したのは500人から数千人程度であり
それ以外は爆風・熱風・火災による死亡者
日本が発表した人数や被害は嘘偽り捏造

183 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:54:53 ID:IXudlzEv0
マッカーサーが日本国憲法に盛んに平和の文字を書き込んだのは
日本に対して強制した「武装解除」を日本の国民に不当なアメリ
カの圧力だと思わせないための防衛策の一環なのです。つまり日
本が自国の利益を追求する為の重要な手段を奪ってしまったので
す。日本を強制的に丸裸にしておいて、誰でも容易に日本から餌
(富)を取れる状態にしておいて、その上で「裸=平和」という論
理的にも現実的にも全く間違った概念を、正しい民主主義の概念
だと教え込んだわけです。当時も今もそうですが、日本人は民主
主義の本当の意味、即ち民主主義とは争う哲学であり、奪う哲学
であることを知りません。

184 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 02:59:32 ID:IXudlzEv0
お客さん今日はこれで店じまいです

185 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 03:03:40 ID:5G+kom0UO
>>175
>>182
捏造資料の公開は済んだかい?
済んだら、とっと祖国に帰りな!北か南か知らんけど2度と日本の土は踏まないでくれ。

186 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 04:12:56 ID:OyibwOig0
当時、日本人なんて未開の国の野蛮猿程度にしか思っていなかったのだろう。
月日が流れてその認識が変わるにつれ、また、戦時でも民間人を殺すことが
大問題にされる現代に至って、任務とはいえ、自分がやったことや爆撃機に
母親の名前をつけたり爆弾にふざけたメッセージを書いたこと等々の
重さもだんだん変わっていったんだろうよ。
せめて死ぬ間際には後悔の言葉でも吐いてほしいもんだ。

187 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 04:22:05 ID:ig7+FRPa0
ああで言わないと自分を正当化することも出来ないし、あまりの罪悪感に
いたたまれない心境なんだろう。91歳にもなって哀れな人だ。
何をやったかはチベッツ本人が一番よく知っている。卑劣な韜晦航路で
廣島の空襲警報発令を遅らせたり、岡山まで飛んでからUターンして
8:15に廣島上空に戻り投下。最も爆発の打撃力が期待できる高度で
爆発するようにセットして(地表爆発よりも高度がある方が地上への
ダメージは大きい)、まあ人体実験だな。防空壕にいると被害は激減
するので、空襲警報を解除させることは重要なプロセスだったと明らかに
なっている。
あまりに卑劣だ。人類に対する罪、文明に対する罪というなら
トルーマン他は最大の戦犯人ということになる。
下手人のチベッツも基督教の説く「天国」へ行くことは出来ない。
だからこそ死ねないのだろう。91歳の下手人、発狂しないだけの
精神力は褒めてやるが、まあこれから「地獄」に堕ちて永遠に苦しんでくれ。
ルーズベルト、トルーマンらも待っているから。


188 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 04:26:57 ID:ozkIjhZVO
また馬鹿なネットウヨが論破されてるな

誰か、俺を論破してみなよ

189 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 04:29:17 ID:xrenRtat0
「私が戦ったのは日本の一般市民ではなくサムライ(旧日本軍)」

これって国名とサムライの部分変えれば、何にでも使えるなw

190 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 04:42:28 ID:ig7+FRPa0
原爆を恫喝につかうなら一発目は無人島に落とすとか、やり方はあったはずだが、
ノックアウト寸前の日本の生きた人間の上に何としても落としたかったわけで、
悪質であるし恥ずべき行為と断ぜざるを得ない。
何と言って自分を美化しようとしても、チベッツの行為は卑劣漢そのものである。
それにしても、犯罪行為を行う自分の機の名前に母親名を使う神経が理解できない。
やっぱり、どこか狂っているんだろうな。そういう人間でなければ実行できなかっただろう。


191 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 04:48:53 ID:/C/V/bkE0
100歩譲って軍事目標を重視する日本・ドイツ側と
国力軽減も重視する米側に航空戦略の違いは見られる

だが膨大な対人のデータが欲しかったと思う。それは戦時にしかとれない
残存する軍事拠点ではなく市街地の中心部でなければならない
実際の投下地点からみると
早期決着説、ソ連南下阻止説は当時の状況をみると整合性に欠ける
終戦、戦後の国際情勢の結果論からは整合性があるが。後だしだとみる

192 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 04:57:27 ID:ig7+FRPa0
爆撃手「機長、我々の眼下にいるのは老人婦女子ですよ」
機長「うるさい!余計なこと考えずに任務達成のことだけを考えてろ!」
副操縦士「やっぱり、気が進みませんよ。無差別非戦闘員殺戮は国際法違反じゃないですか」
機長「勝てば官軍だ。下にいるのは人間と思うな。猿だと思え!」
爆撃手「機長、やっぱり俺、落とせない。照準器故障と言うことで帰還しましょう」
機長「何寝言を言ってるんだ。ただ落として帰れば英雄で勲章望み放題。軍人として
   これほどの栄誉はない! さあ爆撃コースに乗るぞ。投下用意!」
副操縦士「ジーザス! 神よ私をお許し下さい・・・」
機長「バカヤロウ、戦争やってんだぞ。相手は非戦闘員だと思うな。サムライだと思いこめ。」
爆撃手「・・・」

機内でいきり立つチベッツとドン引きの部下たちの様子である。正気がちょっと
ぶっ飛んでいて、功名心にかられたチベッツ。戦争にはフェアもアンフェアも無いが
それにしても常軌を逸した大量破壊行為が、蛮勇のチベッツの手で実施された。



193 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 05:11:34 ID:OcxT3FVN0
まわりの国が中韓ロの段階で
もうどうしようもないな

アメリカ様が何を言っても正義です
あなたが力がないと生きていけませんです、はい

194 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 05:12:42 ID:tnTHo1HM0

バカか? 機長なんて戦争の駒を虐めてみても意味ないだろ?
軍人は命令を拒否することなんか出来ないんだから。


195 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 05:25:48 ID:Ff/ZGlsx0
そうとでも言わないと自我が保てないんだろ
結果の悲惨さを見たらまともな人間なら自殺しても無理ない

196 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 05:27:28 ID:9inUfykP0
いかなる解釈であろうが、人類史上最大の虐殺をくらったのにも関わらず
国としては一片の怨嗟も抱いていない日本には敬服する。
それは誇ってよいことだと思うが、いまだに正当性があったとか、当然の報い
だとかいう程度の問題に拘泥する者には呆れ返る。

197 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 05:31:21 ID:FvqvdGcH0
そりゃ本当は酷いことしてしまったなーと思ってるって。
でも、アメリカも日本と同じで世間体ってもんがあるから、
大っぴらには本心は言えない。
特にこの人のような重要人物は。

198 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 05:31:40 ID:iu1zwjbzO
よく訓練されたサムライ

199 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 05:39:08 ID:0IQOdWgv0
そりゃ、銃数万人も殺したら、原爆投下は正しかったと思い込まないと絶えられないだろ。どっちにしても一回の軍人にはなにもできん

200 :\(^■^ ラ 【卍】おはよう!:2006/08/09(水) 05:40:39 ID:CD9Uw0aNO
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\
トルーマンも遅ればせながら、ソ連のアジア侵略の意図に気付いたんだよな…。

ここから日本と我々の関係が生ずる。
余は、日本を傷つけることによってヨーロッパの世界に奉仕していると
信ずる政治家たちに同意することはできない。
余は、東亞において日本人が敗北すれば、
それは決してヨーロッパまたはアメリカに何ら有益ではなく、
ひとりボルシェヴィキ・ソヴィエト・ロシアに
利するに過ぎぬであろうと信じている。
余は、支那をボルシェヴィキの攻撃に抵抗し得るほど
精神的または物質的に強力だとは考えない。
しかし余は、日本の最大の勝利ですらも、
ボルシェヴィキの勝利に比すると、
世界の文化と一般的平和にとって、
危険は無限に小さいものと信じている。



201 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 05:45:31 ID:H+GQUyeY0
広島や長崎にはあまり空爆をせず
原爆によってどれだけの被害が与えられるか実験場にしたくせによくいうよシネ

202 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 05:57:26 ID:uXwjixTh0
ヘレンミアーズのいっていることが本当だよ。


203 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:29:53 ID:+0UGrowR0
タダの一軍人を叩いてるヤシって池沼ですか?

204 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:37:57 ID:D4+XzLOW0
ほとんどの一般家庭に刀はなかっただろ
包丁ぐらいはあるけどね、じゃ、アメリカ人も含め世界中がサムライじゃんw

205 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:40:06 ID:8cUOQPto0
法、そのサムライがいったい何人いたのか言ってみろ。1発で十万人を殺戮して、一般人と戦ったのではないとはふざけた野郎だ。

206 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:42:45 ID:hJQcpuZT0
原爆食らって今も苦しんでいる人には申し訳ないけど。
しょうがないっしょ
負けるくらいなら1億総人口特攻なんて言葉もあったくらいだから

207 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:43:59 ID:Anw37hwRO
ぢぢもばばもあかんぼも赤人から見るとサムライに見えるとです。


208 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:46:41 ID:rMlc0vKH0
ココハ タイヘン 良ク 教育サレタ サムライノ イルスレデスネ
ヨロシイヨロシイ メリケン ナーンモ ワルクナーイ ムシロ GJネ!

209 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:50:51 ID:0nor/9MuO
戦争しても原爆はいけないのか
原爆を落としたから戦争はいけないのか
小泉〜、その爆風後の頭で少し考えような。

210 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:51:28 ID:qZnB94aLO
核を持って無かったから落とされただけ。
我々日本人は世界で唯一、核兵器を持つ
正当な理由がある。

211 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:52:44 ID:7y0CaJrnO
30歳で機長だったのか。

212 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:54:29 ID:VVeDpk46O
>>206
その当時は人口1億もいないから

213 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:55:15 ID:1Kxn1laz0
>>210
その通り
いい事を言う

214 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:56:34 ID:0nor/9MuO
210
同意
ただ、チョンは喜んで攻めてくる。
核もったらアメリカ裏切るだろうし

215 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:58:39 ID:JNskPFtt0
> 「日本への原爆投下、戦争終結のため必要」「戦った相手は市民でなくサムライ」…エノラ・ゲイ元機長

エノラ・ゲイ元機長は頭がぼけたんかw

「戦った相手は市民でなくサムライ」・・・一般市民を無差別に殺して何言ってんだか
死を前に、自分のしでかしたことに恐れおののいているんだろうなぁ

216 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 06:59:01 ID:4MOWsNCy0
>>210
アホか。核持っていても落とされてる。

217 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 07:02:33 ID:DfqhAsRYO
黄色人種なら、どうなっても構わない。

218 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 07:03:42 ID:n+UZm5kQ0
原爆よりもB29編隊で焼夷弾の絨毯爆撃のほうが
えげつないんだがな 総死者数も比べ物にはならんし
非戦闘員の殺傷という点ではこっちのほうが遥かに

219 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 07:09:57 ID:0IQOdWgv0
どう見てもハーグ陸戦条約違反です

220 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 07:14:41 ID:kXne0nkj0
アメリカは許せない

221 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 07:15:52 ID:UQezAtne0
>>209
なんで小泉?

222 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 07:29:05 ID:Lc9yOF430
終戦が決定的だった時期に行ったアメリカ軍の作戦は完全にジェノサイトです。
ソ連のシベリア抑留といい、戦勝国こそ最悪最狂の戦争犯罪を行っている。
戦争は勝たないと地獄です。

223 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 07:33:07 ID:0nor/9MuO
221
政治家の一部が『戦争しないために核必要』としきりに吠える中、素知らぬ振りをする爆風頭。
アメリカにコビ売って、広島に外面合わせて、カッコつける為に靖国参拝。
そして私は小泉大嫌い!!!


224 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 07:55:47 ID:UQezAtne0
>>223
最後はともかく、前2つは>>209とどういう風につながってるのかな?

225 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 07:56:13 ID:sK4BR0jeO
世界遺産である原爆ドームに原爆を投下するなんて。。。


226 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 07:57:07 ID:bSCmwA/y0
>>1
激しく同意。
日本も戦前は、今のイラクみたいな国だったからなあ・・・。

227 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 08:06:13 ID:P8RXVZ03O
この爺さん、死後がたいへんだね。
かわいそうにね。

228 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 08:27:37 ID:3YWoQhhtO
同じ人間だろ?みたいな考えが根底にあったりしないのか?
といつも疑問に思う発言が多いのは悲しい

229 :日本の降伏の経緯@:2006/08/09(水) 08:28:33 ID:S/S7Dxpw0
(原爆投下後)米大統領トルーマンは、直ちに次のような声明を出した。

「六日、広島に投下した爆弾は、戦争に革命的変化を与えるもので、
これは、原子爆弾である。日本が降伏に応じない限り、さらに他の都市にも投下する」

八日朝、天皇は、参内した東郷外相から惨状を聞いた後次のように告げた。

「このような新しい兵器が使われるようになったからには、これ以上戦争を
続けることは出来ない。有利な条件を得ようとして時期を逃してはならぬ。
速やかに戦争を終結するよう努力せよ」

そこで、九日朝から、最高戦争指導会議が開かれた。
三時間にわたる激論の末意見はまとまらず、その後、第一回閣議を午後二時半から
三時間、更に、第二回閣議を午後六時半から午後一〇時まで開いたが、
ポツダム宣言を受諾すべきか、否か、閣僚たちの意見もまとまらなかった。
この間にも、日本の運命を左右する重大事が続いて起きていた。
同日午前、長崎に二発目の原爆が投下され、同じくこの日、ソ連が怒涛のように
満州に侵攻を開始したのである。

どうしても意見がまとまらないので、夜十一時ごろ、鈴木首相は、
天皇に御前会議を願い出た。宮中の地下壕の一室で御前会議が開かれたのは、
午後十一時五〇分であった。

天皇の前で、主な人々が意見を述べる。

東郷外相と米内海相はポツダム宣言受諾説を述べ
阿南陸相は宣言受諾に反対して本土決戦論を述べた。
鈴木首相は、自分の意見は述べず、誠に恐れ多いことであるが
聖断を拝して結論としたいと申し出た。

230 :日本の降伏の経緯A:2006/08/09(水) 08:30:40 ID:S/S7Dxpw0
天皇は、政治に対して自分の意見は言わないのが慣例であった。
このような、日本の運命を決する重大事に関して、天皇が意見を述べ
それによって結論を出すというようなことは、正に異例中の異例であった。
天皇は、大要、次のように発言した。

「本土決戦というけれど、その準備は出来ていない。
飛行機の増産も思うようにいってはいない。これでどうして戦争に勝つことが出来るか。
忠勇なる軍隊の武装解除や戦争責任者の処罰等を考えると、
それらの者は忠誠を尽くした人々なので、実に忍びがたい。

しかし、今日は、忍びがたきを忍ばねばならぬ時だと思う。明治天皇の三国干渉の際の
御心を偲び奉り、自分は涙をのんで、ポツダム宣言受諾に賛成する」

また、天皇は次のように発言した。
「自分一身のことや、皇室のことなど心配しなくもよい」

天皇の発言が終わると、人々の口から「う、うー」と堪えて(こら)も押さえられない
嗚咽(おえつ)の声がもれた。これが第一回の聖断であった。
鈴木首相は静かに言った。

「会議は終わりました。ただ今の思召しを拝しまして、会議の結論とします」

時に、十日、午前二時二〇分であった。鈴木首相は、更に官邸に帰り、閣議を開き、
ポツダム宣言受託の案文を決定した。既に、十日午前四時を過ぎていた。


231 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 08:37:43 ID:LrUtuAnS0
戦争だからな
爆弾落とされても
しかたないと思うんだよな

232 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 08:52:00 ID:rvCA7Yw70
戦争終結時期において、アメリカでは原子炉からのプルトニウム抽出は
非常に円滑に進行しており、年産20発程度の長崎型爆弾を製造できる
程になっていた。対して広島型の超高濃縮ウラン235は生産にコストと
時間がかかり、ニ発目を作る予定は当分無かったぐらいで、だから
実戦前の試験をするわけにもいかなかったが、その原理(イギリス学者が
もともと提唱したものである)の単純さから成功は間違いなしだった。
但し威力がどれほどになるかは、あの当時の計算と物理測定の精度の限界
から正確にはわからず、数キロトン〜30キロトン程度と幅があった。
 ともかく、日本投下用の第3発目の原爆はプルトニウム爆弾で、投下予定
は皇居からきのこ雲が目撃できるということで都心のどこかになるはずで
あったが、アメリカ本土から南洋の前線基地に爆弾が積み出されようと
していたときに、日本がポツダム宣言受諾の方針を伝えたために、大統領が
ストップを命令した。
 原子爆弾はいろんな政治的意図を持って作られ使われたが、トルーマンに
とっては、ソ連を押さえ込み、アメリカが単独で日本を降伏させたという
形をとることでこれ以上のアジア域でのソ連の膨張を押さえることが重要
であった。

233 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 08:53:28 ID:mEg8RjCn0
>エノラ・ゲイ元機長

この爺さんに責任は無いだろ・・・

234 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:08:02 ID:0lCG3u8e0
一般市民を10数万人殺害か・・・
犯罪国家アメリカの大量殺人鬼でも、桁が3つ違うな。
そりゃ正当化しないと気が狂うわ

235 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:12:53 ID:rvCA7Yw70
冷戦時代の最初頃に、爆撃機によりソ連の100の主要都市に一斉に原爆を
投下してという作戦計画がなされていた時がある。もちろん先制攻撃として。
さすがに一部にはこれはやりすぎだという意見もあった。

236 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:14:23 ID:gplJ/29ZO
この機長がエノラ・ゲイ乗っとってワシントンに突っ込んだら世界初のテロリストになれたのにな

237 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:17:24 ID:nsUP9vDYO
強いアメリカの英雄であり日本の恩人ってか
核兵器自体が矛盾の塊だからな


238 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:18:13 ID:gRIXPsGD0
>>233
この糞ジジイはキノコ雲型のピンバッヂかなんかを売りさばいて金儲けしてたはず。

239 :名無しさん@4周年:2006/08/09(水) 09:19:15 ID:WASFJEqr0
とりあえず謝らないのな

240 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:20:43 ID:Zv7Fr+yG0
とりあえず日本人相手にはサムライって言っとけばいいと思われてるな

241 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:21:53 ID:IlaIW6Ub0
>>233
じゃあ誰に責任があんの?

242 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:23:20 ID:OzHuiluW0
そして61年後の今日も理不尽な原爆が落とされる。

【米牛肉】 今日9日から、店頭販売開始
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155064903/l50

243 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:25:19 ID:dgFKJHJy0
>>241
横レスだが、命令を出した奴。
命令された下っ端兵隊をいじっても仕方が無い。

244 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:27:38 ID:b0fqV7U20
戦争に勝った負けたで大違いだよな。
日本勝っとけよ、核の開発に成功しておけよ。ってアメ本土には落とせなかっただろうけど。
勝ってれば勝ってたで変な世の中になってたかもしんないけど。

245 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:28:07 ID:gsS6sRtBO
ジジィなりに葛藤があるんじゃないかと
しかしアメリカでは国内でも意見が別れるだけマシだとあらためて感じる
日本では左側がウルサいだけ
多面的に考えようとするだけでウヨ扱いだからな

246 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:31:43 ID:ck9EuD670
>>234
なんで原爆だけとりあげるんでしょう。
東京大空襲の方が多く死んでいるのに。

247 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:35:34 ID:HBirnjM3O
市民ではなくサムライというか市民が被害を被ったわけだからね…

248 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:36:07 ID:0lCG3u8e0
>>246
東京大空襲って一人でやったことだっけ?
もちろん東京大空襲も考えるべきだとは思うよ。
ただ、俺は彼が正当化する理由を考えてみただけ。

249 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:37:28 ID:rftKXFg+0
ってか 開戦から日本の負けは、予想されていたし
日本が降伏するのも時間の問題の時期に原爆投下している
アメリカの言う戦争を終らせる為なんて嘘

第二次大戦で核兵器を使いたかったのが事実
核兵器で世界の勢力図が変わる事を知っていた。

日本の平和とか核兵器反対とか言ってる団体こそ
真実を知るべき

そんな事を騒いでも意味も無い

250 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:38:15 ID:LrUtuAnS0
原爆落とされても
戦争だからしょうがない
憎むなら戦争を憎め

251 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:41:42 ID:IlaIW6Ub0
>>250
戦争で殺された日本人は戦争を憎み
戦争で殺されたアジア人は日本人を憎む

252 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:45:22 ID:TVrq/rk50
アメリカに恨みはないけど、この機長は地獄に落ちて
千年くらい苦しめばいいと思うよ。

253 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:45:55 ID:RkM05tF70
そもそも最初から勝つ気のない戦争だろ。山本はじめ軍上層は、対米協力者ばかりで、わざと情報筒抜け。参謀や現地指令官も妙な部隊の運用してるし。負けるべくプログラムされた偽装戦争

254 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 09:46:25 ID:dofyjO9v0

ですから、サムライはみんな東南アジアで戦ってたの。

国内は女と子供と年寄りが殆んどでした。

エノラ・ゲイのポール・ティベッツ元機長にきちんと教えてあげて下さい。

サムライはやってません、一般人の女と子供と年寄りを殺したんです。



255 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:48:20 ID:hSW1HPZw0
原爆落とす前に降伏をアメリカは打診してこなかったの?

256 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:49:44 ID:RkM05tF70
どう考えても日本の有能な将官達は、対ソ防衛に自信がもてなかった。そこで米上層と利害が一致し巧妙なシナリオを仕組んだ

257 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:50:02 ID:HBirnjM3O
サムライだけを倒すつもりでやったのでしょう
それならば仕方がなかったと納得がいきますね

258 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:50:11 ID:IlaIW6Ub0
>>255
原爆は人体実験だと早く気付け

259 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:53:57 ID:RkM05tF70
山本イソロクの死の真相は、いまだに謎。替え玉説が盛んに囁かれてる。

260 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:56:07 ID:S/S7Dxpw0
>>255
ポツダム宣言(降伏勧告)を日本に向けて発信していました。
その返事が10日経っても日本から来なかったので黙殺されたと思い、
原爆は投下されました。

261 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:57:53 ID:rFafUG1mO
>>255
してるよ。
連合軍は日本に対しポツダム宣言(無条件降伏)を七月に勧告している。

262 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:58:44 ID:RkM05tF70
踊らされたのは、日米の一般庶民。上層部は、しっかりと気脈を通じていたのが真相

263 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 09:58:56 ID:vZeoLOkyO
実験したかっただけでしょ。
被爆した人達を興味津々に調査しまくったけど薬なんかくれなかった。

264 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 10:00:15 ID:xd9qoRwG0
ですから、サムライはみんな東南アジアで戦ってたの。

国内は女と子供と年寄りが殆んどでした。

エノラ・ゲイのポール・ティベッツ元機長にきちんと教えてあげて下さい。

サムライはやってません、一般人の女と子供と年寄りを殺したんです。


アメリカも新型爆弾、一度(2度した)試したかったんでしょ?

265 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:00:55 ID:/yzAWI5E0
元機長を追求しても・・・

266 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:01:12 ID:W0PzLwgv0
一億玉砕とか国民総自殺命令だからな。

狂気以外のなにものでもない。
戦前、戦中の日本の基地外っぷりは恐ろしいよ。
一億玉砕って完全に戦争目的を忘れて、本末転倒。

それでポツダム宣言黙殺して、原爆投下を誘発したんだから、東条ら当時の戦争指導者は
地獄の業火に永遠に焼かれても、まだ足りないだろ。

アインシュタインもナチスの原爆開発に対抗するため協力したけど、現実の投下には心を痛めた。
戦後のアメリカが水爆開発で遅れをとったのも、アメリカだけが原爆を持つ恐怖に技術者の
情報漏洩があったのと、原爆の破壊力に恐怖した科学者の反対があったから。

原爆の非人間性、破滅性を理解せず、所持しろとか言う奴は戦争にいったことのない右翼が
戦争を賛美してるのといっしょ。
アメリカでも戦争を賛美してるのは後方任務の兵士やお偉いさん。地獄をみた最前線の兵士は
アメリカ兵でも帰国後、大量に除隊する。そして一生悩まされている。

フォークランド紛争で勝ったイギリス兵も大量の精神疾患兵を出した。
戦争は近代化が進んでも地獄は地獄。
中韓と戦争しろとか、核武装しろとか言う奴に限って、戦争をしらない。
俺も体験はしてないが、どれだけ恐ろしいか、理解しようとしている。
理解しようとすらせず、戦争賛美する奴に限って、自分は戦場に行かず、他人を行かせようようとする。


267 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:05:13 ID:IlaIW6Ub0
>>265
アメリカ人は原爆は正義だと思ってる
彼が土下座をして泣いて謝ればアメリカ人の間違った考えも少しは変わるはず

268 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:07:15 ID:07rUw9OX0
>>267
この問題については、お互いが冷静でなければならないと思う。
感情的な謝罪要求は、相手側の反発を引き起こすだけだしね。
それに、サンフランシスコ講和条約で、相互に請求権放棄してる
から、謝罪を求めるのは約束違反だから、やるべきではないと思うよ。

269 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:08:30 ID:RkM05tF70
日本は、表面的には負けたけど長い目で見れば大勝利。戦略的な目標は、達成して日米共同でソ連を崩壊させたし、約束通り米国市場も、たんまり頂いた。大局的な観点から見れば山本五十六は、極めて有能な戦略家とみて間違いはない。

270 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:08:33 ID:eCSLrvHwO
>>266
2ちゃんには珍しく正当な意見だな。

271 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:08:53 ID:LrUtuAnS0
原爆落ちたって
戦争だからしかたない。
無知な市民には
それがわからんのさ。
怨むなら戦争を怨めってことだ

272 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:10:20 ID:0nor/9MuO
224
ごめんなさい。
最後だけ抜粋でお願い申しあげます。

273 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:10:31 ID:IlaIW6Ub0
>>268
ちがうちがう謝罪を求めるのではなく心の問題として彼に求めたい

274 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:10:51 ID:S/S7Dxpw0
>>267
たとえ原爆で日本人が何十万人死んでも、
原爆でたった一人でもアメリカ人の命が余計に救えれば、
アメリカ人にとっては原爆投下は正しかったと言える。

敵国の何十万人の命よりも、自国民一人の命。
これは考えてみればあたりまえ。

275 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:11:02 ID:rvCA7Yw70
東京のアメリカ大使館長だった外交官が米国に戻って
ポツダム宣言の原案の段階で天皇制を保証すれば日本は
直ちにも降伏すると助言したのだが、それが返って逆用
されて原子爆弾を2発(それぞれ方式が違う)投下実験
完了するまでは日本が降伏しないようにと保証の条項を
除いたともいう。当時東條と並んでヒロヒトはアメリカでは
戦意高揚プロパガンダで悪人とされ死刑にすべきだという
感情は非常に高かったので、勝っている側から相手の首領
の地位を保証するという条件を議会に納得させることは
難しかったというのもある。
 東京裁判の政治的側面の一つとして今日忘れられかけている
ものは、プロレスのようなショーとして「悪人は誰か」という
決め付けを行い、復讐劇の形をとることで、逆に裁判にかけられ
なかった者は悪人ではなかったという刷り込みを行い、便利に
使える傀儡として温存しようとしたことにある。
 日本側にしてみれば、いわゆるA,B,C級戦犯特にA級戦犯は
天皇の身替わりとして死刑になって貰ったわけで、裁かれた
人には気の毒だが、国体護持側からすれば、むしろ歓迎すべき
事態であったことは間違いない。アメリカも裁判に天皇を出さない
ように各種工作をしているし、でっち上げの裁判もそちらの方には
行かないようにアメリカ主導でシナリオが作られていたというべき
だろう。

276 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:13:19 ID:grRNOtyjO
>>266
士気高揚のプロパガンタを命令と思ってる時点で頭悪いだろお前
講和の呼び掛けは始めからしてたし、降伏もする事が分かってたのにわざわざ「無条件」降伏を要求して戦争を長引かせたのはアメリカだろ

原爆は破滅的で、使ってはならない兵器だよ。だからこそ持つ意味がある
相互破壊という防衛戦略のために持つんだよ。相手に核を使わせないために
戦争しなきゃたくさんの利益が失われる。兵士の精神疾患ごときと同列に語るべきではないような損益だ。戦争はしない方が良いが、損益を死人と精神疾患ごときで回避出来るなら、戦争はするべきだ

277 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:14:38 ID:RkM05tF70
そんなに思想的に熱くなっても不毛だろ。所詮日米上層部合意済みの出来レースなんだからさ

278 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:14:56 ID:LrUtuAnS0
原爆落とされたから何?
いまさら被害者ぶっちゃって。
当時なら15、6になったら
強制的に徴兵されるんだから
被爆者が一般市民だろうが関係ない。
敗戦国だから、何を言われても
しかたがないじゃん

279 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:15:19 ID:IlaIW6Ub0
>>274
だからこそアメリカ人も日本人も同じ人間なのだと・・・
命の価値は平等なのだと・・・
アメリカの子供たちに知ってもらうべきじゃないのか

280 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:16:36 ID:jYca86uM0
スレ伸びないね。
たとえば中国では、「原爆投下は正しかった。原爆投下が無かったら
あれ以上の中国人民殺されていた。だから、原爆投下は正しい」と
教えているのだけど、これに対してだったら、物凄くスレ伸びただろうな。

281 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:17:00 ID:6aMnP/Af0
>>243
横レスだが、命令された兵隊が無罪だったら、
日本のBC級戦犯も、多くは無罪だったんですが。
それを認めなかったのは、ほかならぬアメリカ人ですが。
それとも日本人とアメリカ人は、別の基準で生きてるのだろうか。

282 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:17:44 ID:yE4fPFaV0
>>266
確かに戦争は何も生まないし無いにこしたことはない。
しかし、
人類の歴史を顧り見てみよ。
争いの歴史ではないか。
誰かが言った、
愚者は経験で学び 賢者は歴史から学ぶ
人間にはなんとも愚者の多いことよ。
ただしもっと性質が悪いのは
賢者になりたがる愚者だということも覚えておけ。
理想を追求し現実を見ず頭の中だけの解決法を押し付ける。
近年ではそういう人たちが変な団体に騙されて
派手に踊っているのも良く見かけるな。
踊り過ぎないように気をつけなさい。

283 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:18:57 ID:KY+nurKe0
実行者に何かを求めるのが明らかに間違い
投下を決定したのは政府であり軍首脳部 
末端の兵士に何を求めてもまったく意味が無い

284 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:20:10 ID:W0PzLwgv0
>276

ネットウヨキター!
言ってることが意味不明!
とりあえず、戦中の狂気を認めないでむしろ擁護!
現代に生きてるのに、正常な感覚じゃないね!!!!

15,16の子供を徴兵する狂気も、理解できない、ネットウヨもキター!!


285 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:20:10 ID:WgInX8F40
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14959.wmv
中国のウソにとどめを刺す関東軍秘密文書・兵器引継書ほか・ジャーナリスト水間政憲
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14959.wmv
中国のウソにとどめを刺す関東軍秘密文書・兵器引継書ほか・ジャーナリスト水間政憲
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14959.wmv
中国のウソにとどめを刺す関東軍秘密文書・兵器引継書ほか・ジャーナリスト水間政憲

原爆投下は3個!

286 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:20:44 ID:jYca86uM0
>>278
今、韓国がどっか(日本でもいいけど)と戦争始めて韓国に原爆落とされて
韓国市民が殺されても、あなたは同じ事言う筈だよね?

287 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:23:26 ID:6aMnP/Af0
>>283
だからそれは違う。
兵隊もまた、人道に反する命令には従ってはいけない、
というのが今の流れだろう。
その考えが生まれたのはWW2から。
当然この機長も、その観点から責められるべきだ。

288 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:24:04 ID:grRNOtyjO
>>284
戦中の狂気ねぇ……
戦争自体が、大して理性的な事象でもないよ
15,16を徴兵したのは、単に兵士が足りなかったからだし、何が狂気なのか分からん
15だから兵士にさせられないと考える方が、合理性に欠ける思考だ
15じゃ兵士にしてはいけない理由を述べてみろ

289 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:25:41 ID:07rUw9OX0
謝罪を求めるべきではないのは、講和条約で、相互に請求権を放棄
しているからです。
ですが、謝罪を求めないから、彼の発言を容認、肯定してるわけでは
ないです。
原爆はWMDであり、その使用は、過去も現在も国際法違反です。


290 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:25:49 ID:/R94axyyO
原爆落とさなかったらアメリカとロシアで日本が東西で分割されていた。
原爆はあの頃のアメリカや日本にとって必要だった。
勿論原爆は使うな、というのは建前上絶対に必要だけど、ケースバイケースだね。

291 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:26:42 ID:HBirnjM3O
>>276
俺たぶんお前とは気が合わない気がするよ

292 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:27:20 ID:W0PzLwgv0
>282

近代戦争とは、戦争のかっこよさやナショナリズムを煽っている者が、
自分の利益のために、自分以外の人間を戦争に行かせるという面も知っておかなければならない。

自衛権まで放棄しろとはいってない。
外国に兵士を送り出すということはそれだけ何らかの利権があり、戦争を賛美するものがあり、
そういう奴は決して自分は最前線にはいかない。

最強のアメリカ兵ですら、最前線経験者は大量に精神疾患を抱える戦争の現実を教えず、知らせず、
ナショナリズムや国益などという、一般庶民にはなんら利益還元されない、もののために
戦争に行かされるのは、警戒しろってこった。

責めてこられたら、必至で誰もが戦うだろ。ふつーに。

293 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:27:45 ID:s/o8rI3V0
政治的意味が強いので、微妙なんだけど、
おもしろい記事だと思ったので、レスしてみる。
たしかに、戦争の進展には影響を与えただろう。
だけど、原爆投下した当事者として、苦しい思いもするだろう。

>米国の核開発関係者からは「内面では、投下に携わったことが長年の重荷になっているの
>では」との指摘もある。
ベトナム戦争の退役軍人は、復員後、
悪夢に悩まされたり、精神的に不安定になったりして、
けっこう問題になってる。

原爆が平和をもたらしたと思うなら(そういう要素もないとは言えない)、
原爆の罪悪感を補うくらい、平和に関する活動も、
行っていくことが重要じゃないかと思う。

294 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:27:54 ID:grRNOtyjO
>>291
それは核保有論に関しての考え方でか?

295 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:29:01 ID:MnzSTtty0
死海文書みたいな
隠れ聖書というのを捏造して

キリスト教信者の連中に
因果応報みたいな教義をしこんでたら

高熱で体が溶かされる熱風地獄を自分が体感させられるのが怖いから

”原爆はやめとこう”とならんかったかねw

でもやっぱすべての苦しみはイエスが、かわりに引き受けてくれるってんで
”やっぱ落としとこか”って
やりたい放題はかわらんかったんかねww

296 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:29:48 ID:hSW1HPZw0
>>288
兵隊足りなくなって徴兵するのがすでに狂気なんじゃね?
15を兵士にしてはいけないと理由にはやはり精神の未熟さがあったりするからじゃなかろうか?
普通に未成年(これは現代人だからそう思うのかもしれんが)を戦争に使う時点で負けに
気づいてないトップに問題あると思うぞ。
おまえは何も学んでないんじゃないか?

297 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:30:04 ID:07rUw9OX0
もしこの老人に発言してほしい事があるとするならば、
過去の行為に対する謝罪ではなくて、今後は核兵器は
使われるべきではないという内容のことだとおもいます。

>>1の新聞記者は、質問のしかたが感情的だし、講和条約
などの意味をあまり理解していないと思います。
お互いに過去のことについて謝罪などを求めるべきでは
ないのです。むしろ、決死の覚悟で闘った兵士達には、
その勇気への賛美と、安息を、お互いの国民が与え合う
べきでしょう。

298 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:31:06 ID:ruWjMG1h0
1人殺すのも30万人殺すのもそんなに違いはないんじゃないか。

299 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:31:09 ID:XkoLLefM0
まあ一人くらい罪の呵責で苦しむ奴が居てもいいのでないかな
命令であれ何であれ30万人の民間人を殺した人間には変わりないし
死ぬまで苦しんだらいいのでないの

300 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:32:25 ID:W0PzLwgv0
>288

おまえは自分が家にいて、自分の15歳の子供を戦争に行かせるわけですか。
戦争に勝っても子供がいなくなって国が滅びてしまうね。
大人が戦って子供の未来を残すことでyはなく大人が残って、子供が戦場で死ぬ戦争って何?

戦争が狂気であっても限度があるよ。一億玉砕って異常すぎるから。
国民が全滅したら国がなくなるわけで、本来の戦争目的から逸脱する。

国民総自殺命令が異常ではない根拠は?

301 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:33:02 ID:F1Riq58b0
米軍でも爆撃機って欧州戦線ではぼこぼこ落とされてるんだよな。
24回(数字適当)くらいの任務をこなさなければ除隊もできない。
そんで平均では10回くらいで消耗する確立になる。
だから愛国心が強くて国のためなら何でもできる人でなければ初めから爆撃機乗りには
ならないよ。

302 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:34:20 ID:s/o8rI3V0
アインシュタインなどは、
自分は原爆を開発したくせに、「原爆を使うな」と各所で発言してたり。
そういう活動に目を向けることは、苦しみを癒していくと思う。

303 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:34:42 ID:g+HNlXjl0
>>294
>>276>損益を死人と精神疾患ごときで回避出来るなら、戦争はするべきだ
人命以上に重要な「損益」とは、具体的になに
>>297
死に意味を見出すことになる
死に意味があれば、そのために死なされる人間が出る

304 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:35:12 ID:grRNOtyjO
>>296
別に少年兵なんざ珍しくないし、訓練された少年のが根性無しの大人より使える。能力に問題は無い
天皇の身柄の保証させしてもらえれば、少年を徴兵する必要も無かったが、国体維持のために少年の数千人程度犠牲にする事の何が狂気だ?国体よりガキを優先しろと?

305 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:36:49 ID:07rUw9OX0
>>300
ちょっと感情的過ぎるのではないですか。落ち着いてください。
一億玉砕は、現代では異常だと思いますが、当時は、異常ではなかった
ということではないでしょうか。

当時は根拠があって、当時の価値観ではその根拠を受け入れて、
一億玉砕の道をすすんだと思います。ですが、最初に申しましたように、
その根拠は、今日では受け入れられないものです。だから、当時の
根拠をここに示しても、だれも納得しないのではないでしょうか。
ですから、一億玉砕の根拠を求める質問は、ナンセンスであると思います。
当時はそう言う決断をしたという事実のみを受け入れるしかないと思います。

306 :日系アメリカ人は反日だな…:2006/08/09(水) 10:36:58 ID:CD9Uw0aNO
《太平洋戦争》で米国に忠誠を尽し、
日本を敵に回すことを誓約させられたから、
民族的には日系でも心底から
《アメリカ精神≒マニュフェスト・デスティニイ》
の信奉者である。
マイク・ホンダみたいに華僑のバックで
反日している奴がいる。

偉大な正義のアメリカ合衆国が悪の日本帝国を倒して
圧制に苦しむ人民を解放してやったというシナリオ…。

307 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:37:37 ID:a8s7nrrK0
>>290
アメリカが原爆を落としたから、ソ連が日本本土侵攻を中止したというのは違くね?
実際、ソ連は8月下旬以降に北方領土に武力侵攻してるし
北海道を含む本土まで到達しなかったのは単にあちらさんの準備不足だったにすぎないと思うが

308 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:38:08 ID:W0PzLwgv0
>304

おまえは真性の基地外だな。

中学生ころして生き残る国体の法が異常。
少年兵は珍しくないのは社会が崩壊したアフリカ諸国だろ。
日本のような近代国家で行われるのが異常なの。

中学生を徴兵するなら、負けを認めて、再起にかけるが正常。
中学生も徴兵し、それでも足らず全国民を兵士にして全員玉砕しようは異常。

狂気は304おまえ自身だ。右翼は日本の害だとはっきり認識できたよ。

309 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:38:08 ID:/R94axyyO
>296
少年兵士なんて、いまでも世界中のゲリラ組織にいるやん。
旧日本軍の狂気ってのは、絶対に投降を認めない、投降する者は射殺、
捕虜になるまえに自決、日本の民間人にも自決を強要、とかだろ。
そんな気違い日本を降伏させた原爆はやっぱり凄いよ。

310 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:39:11 ID:rFafUG1mO
>>301
つーか欧州戦線は旧式のB-17だもんw
それに加えて応戦するのは重武装・高性能のドイツ機。
日本とは状況がちゃいます。

311 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:39:56 ID:grRNOtyjO
>>300
別に子供全員を徴兵した訳では無いだろうが
15歳代という限られた層が消えただけで国が滅びる訳が無い
プロパガンタを命令と間違えるな

>>303
イギリスを例に出せば、植民地拡張の方が経済破綻よりマシだな

312 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:40:00 ID:M1SRq3Zh0
従軍慰安婦といい、こういう正当化は見苦しいな
ノーコメントにしておけばいいのに。被害者に失礼。

313 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:40:59 ID:LrUtuAnS0
>>286
現在と昔じゃ、風土も違うからな。
今はテロとかじゃない限り、
一般市民は巻き添えにはしないだろうけど
昔の日本には徴兵制度があったからな。
韓国は今でもあるから、
そりゃ戦争になって、敵国にバクダン落とされて
一般市民が犠牲になっても
しかたないじゃん
戦争だもの。
どっちか叩き潰されなくちゃ終わらないし。

314 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:41:29 ID:F1Riq58b0
>>307
軍事オタの間では北海道占領を食い止めたのは占守島防衛隊の奮戦のおかげだと言われてる。

315 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:41:35 ID:hSW1HPZw0
ID:grRNOtyjO

こわー・・・・マジでやばい人きた。しかも気づいてない

316 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:41:55 ID:07rUw9OX0
>>303
意味のある死か、意味の無い生、どちらを選ぶのが人として
あるべき姿なのでしょうか。ただ生きている事だけを目的とするなら、
それは、獣とどう違うのだろう。
死に急ぐ事は、ないけれども、意味のある生、意味のある死を得たい
と思うことは、けしておかしな事だとは思わない。ただ、それは個々人が
選択すべき事で、誰かに強制されるべきではないというのが、現代だと思う。

過去においては、より封建的でなければ国家の体裁が保たれなかった
から、過去においては、意味のある死を強制されることはありえたと思う。

317 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:41:58 ID:WGhh+gqM0
ウルトラマンが怪獣と戦って街壊すのと同じ感覚だったんだろう

318 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:43:30 ID:F1Riq58b0
>>310
B29に乗ってる人はB17が欧州で落とされまくってる時に飛行訓練受けてるわけだからさあ
死ぬ覚悟はできてると思うんですわ

319 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:43:47 ID:hNAzDYlAO
おいコラ!サムライっていっときゃなんとかなるとか思ってんじゃねぇぞ、( ゚Д゚)ゴルァ

320 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:44:33 ID:Vj5JAFrk0
女もサムライですか?

321 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:45:50 ID:W0PzLwgv0
>311

全部じゃないとかいう感覚がおかしいって気づかないんだな。

戦前の日本はアジア屈指の近代国家で政治制度だってかなり進んでいた。
それが戦争になったら、特高憲兵で反対は弾圧し、中学生を徴兵し、国民全部玉砕って異常。
自分の中学生初日を思い出してみろ。小学校上がったばかりの奴に単発小銃もたせて地獄送り。
近代国家で行われる異常性にきがつかないことが、すでに異常。

実際に全国民に訓練を施していて、作戦も立案されてたのに、プロパガンタの一言で片付けるな。
そんな誤魔化しは通用しない。


322 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:46:15 ID:TVrq/rk50
新しいおもちゃを手に入れたら使いたくなるのが
人間ってものです。恐ろしいね。

323 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:46:17 ID:LrUtuAnS0
ヒトラーや帝国主義の日本の考えが
人民は国家の盾だから
そりゃ、しかたないでしょw

324 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:47:03 ID:grRNOtyjO
>>308
国体維持が出来なきゃ再起も図れなかったからな。子供はまだたくさんいたし
15歳を犠牲して国体維持出来れば、14歳から再起を図れる。だからそうしただけだ
国体維持が出来なければ、それこそ全国民の人権は保証出来なかった
狂気どころか、妥当な判断だろう。何が狂気なんだ?

>>309
連合軍の捕虜の扱いが酷かったから、自殺を勧めただけだ。死んだ方がマシだったからな

325 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:47:08 ID:qHMNURDqO
女はゲイシャとでも言うんかい?
ゲイさん

326 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:47:16 ID:qkExzkxj0
>>309
そうだな。もし米軍が原爆を落とさず、日本が降伏しなければ、

狂気の軍部は本当に

「一億総玉砕」

日本人が全員死ぬまで戦争を続けたかもしれないからな。

327 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:47:27 ID:4bhzL2OcO
>>320
女もみな孤独なサムライ

328 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:48:32 ID:f7xMleRz0
原爆は、投下されたんじゃないよ。
広島と長崎で爆発した原爆は日本製。

このままだと天皇制が危ないと危惧した一部の軍部が
ようやく製造できた原爆を広島長崎で爆発させて見せた、
天皇制維持を認めないのなら、どんなになってもこの爆弾を
英米で爆発させるとの脅しだったんだよ。

だから、エノラゲイの元機長は口を噤んだままだったんだ。

この程度の陰謀は国際社会じゃ良くある事。

329 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:48:52 ID:nejF02wr0
あかんぼも胎児もサムライです

330 :右の人:2006/08/09(水) 10:49:10 ID:vWjGI0AG0
>>304
>国体維持のために少年の数千人程度犠牲にする事の何が狂気だ?国体よりガキを優先しろと?

君みたいな無学無知蒙昧の徒と同じに思われたくないな。
こんなことを言うぐらいの君だ。戦争になったら真っ先に盾になってくれ。
でも、戦争になれば真っ先に無様に逃げ出す非国民なんだろうけどな。

>296
>旧日本軍の狂気ってのは、絶対に投降を認めない、投降する者は射殺、
>捕虜になるまえに自決、日本の民間人にも自決を強要、とかだろ。
>そんな気違い日本を降伏させた原爆はやっぱり凄いよ。
ほう!アメリカ軍とは品格のある、正義の軍隊ということですな!!www
…君はもっと、社会や常識について学んで正常な感覚を身に着けた方がいい。
左翼も引くよ。君のその論法はw



331 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:49:11 ID:a8s7nrrK0
>>308
何かあんたは左翼的だな
占領されて女子供を陵辱され、人権も生命すら保証されるかどうか分からない
国その物が破壊されかねないのに
そんなのんきな考えに到るかよ

昔なんて12歳前後で元服(今でいう成人)だったじゃないか

332 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:49:43 ID:BmkGHAdAO
原爆を投下するまで日本を降伏させるな――トルーマンとバーンズの陰謀 (単行本)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794214081/250-3247660-6107420?v=glance&n=465392


333 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:50:55 ID:W0PzLwgv0
>305
当時だって、玉砕や特攻作戦は間違ってるといってる人は軍内部にもいたんだよ。
大和の艦長だって沖縄特攻作戦を最初は拒否したんだ。

君こそ、当時の価値観と振りかざして、当時にも反対意見があった事実を隠蔽してないか?

334 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 10:51:06 ID:+CBn6FOs0
当時の常識的認識
 
 無条件降伏の要求=全員皆ごろしの意味→かえって徹底抗戦を煽る

勝敗がほぼ決まったところで講和会議を開くのが常識的やり方
日本側はソ連を通じて講和会議を開こうとしたが

講和会議に応じなかったのは誰だ?

335 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:52:31 ID:grRNOtyjO
>>321
近代国家なら、まず考える事はより多くの国民の人権の保証だ
中学生を犠牲にすれば、より多くの国民の人権を守る希望があった。だからそうした
それだけの話なんだがな
訓練と作戦くらい、ヤバくなったら施すだろう。戦えなきゃ守れないからな。国民が

336 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:52:42 ID:F1Riq58b0
>>333
海軍の中の人たちは山本をはじめ開戦自体反対だったしね。

337 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:52:53 ID:BmkGHAdAO
アメリカでは原子爆弾とは別に、放射能毒の兵器利用も研究されていた。
マンハッタン計画では実際に放射能の人体実験が行われていた。18人にプルトニウムが注射され、刑務所の囚人131人が睾丸に放射線を照射され生殖機能の影響の調査をとられた。

リンドバーグは太平洋の戦線をまわり、米軍の蛮行を目撃している。生きている日本兵の金歯を引き抜いたり、意味もなく殺害したり、日本兵の死体が残飯と一緒にごみ捨て場に捨てられているのを見て慄然としたりしている。
日本兵の大腿骨でペーパーナイフを作り、本国に送るのが流行っていた。日本兵の頭蓋骨を本国の恋人に送り雑誌に載ったスゴい米兵もいる。        
沖縄の捕虜収容所で「人体実験」があったという証言があります

テント内で、色々な毒物を注射して反応を実験して殺したり
何ヶ月にもわたり内臓を摘出したりしました

 アメ リカ軍は、治る見込みのないと思われる患者には薬を注射して「安楽死」をさせた。
また、内臓を何か月にもわたって摘出していたのは死んだ患者だけだと主張しています


338 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:54:03 ID:8KydhnhW0
戦った相手は市民でなく侍(兵士)だったとするならばだ、
平和記念公園式典に日本の首相が出席するのは
戦争肯定以外の何ものでもない。 ノーコイズミ!ノーコイズミ!

339 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:54:11 ID:W0PzLwgv0
>309

アメリカ軍の捕虜の扱いははるかに良かっただろ!

ウソツキだな。



340 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:54:51 ID:grRNOtyjO
>>330
中傷と罵倒を並べるだけでは反論にならん事は理解しておくように

341 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:55:51 ID:DmiBsC2q0
>>334
無条件降伏=皆殺し

だと勝手に解釈して勝手に恐慌状態に陥って
勝手に世をはかなんでばたばた死んでいったのは
いかにも世間知らずで一途な日本人らしいと言えばらしい。

342 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:57:06 ID:6B50oJVg0

サムライって 最大限の賛辞だよ。 戦ったのは獣と言ってほしいのか。

命令に従うのは軍人として当然。 ただ、ことの重大性に投下まで気付いていなかったと思うがそれが人間。

軍人せめても意味ない。 シビリアンコントロールだから命令出した人間を責めるべき。 

343 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 10:57:31 ID:+CBn6FOs0
>>341
いや当時の世界の常識だから
嘘だと思うなら調べてみな

344 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:57:45 ID:W0PzLwgv0
>335

>中学生を犠牲にすれば、より多くの国民の人権を守る希望があった。だからそうした

って、一億玉砕ですよ? 国民みな死ねですよ?人権守る気なしでしょ。
いってることむちゃくちゃだって。

345 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:58:15 ID:/R94axyyO
>333
一億玉砕を強行しようとしたA級戦犯どもに感謝している小泉や安倍は馬鹿だよな。
感謝するなら戦場で死んでいった兵士や最後まで玉砕に反対した人達にしろと。

346 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:58:22 ID:grRNOtyjO
>>339
飯も水も出さず、強制的に労働させるのが連合の捕虜待遇だが、それは日本より良い待遇なのか?
そもそも連合は捕虜自体、あまり取らなかったけどな。降伏を受け入れずな皆殺しにしましたww
これでも日本よりマシか?

347 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:58:31 ID:g+HNlXjl0
>>340
君は、あまりにも無知すぎる。
2ちゃんねるに洗脳されたのですか?非常に心配です。
まずは、
アンダーソン『想像の共同体』から読み始め、
「近代」と、「国民国家」について勉強しなさい。
萱野稔人『国家とはなにか』も啓蒙的で入門的な書です。
ウヨもサヨもなく、一般常識として。

348 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:59:02 ID:qkExzkxj0
米軍捕虜になって、戦後帰国した人の話では

米軍は捕虜の扱いはまともだったそうですが。



349 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 10:59:31 ID:5xJ9+Jpb0
なんだこのほめ殺しwww

350 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:00:21 ID:3vpNOt8G0
>>330
論法がイカれてるわね。戦時に一般市民如きが何をしようというのよ。
精々銃後の守り、要するに後方支援の支援ぐらいしか出来ないのだわ。
戦争になったら、一般市民は逃げて隠れる事が最大の任務よ。

351 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:00:39 ID:a8s7nrrK0
>>341
今だからそんな事が言えるんじゃん

352 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:01:12 ID:3OjGbC9W0
長崎の原爆投下は明らかに新型爆弾の実験をかねた無差別殺人。
チャンネル桜で水間政憲さんが話されてたことで
長崎には実は2発の原爆が落とされていて、1個は不発弾で日本軍
が回収して、東京に持ち帰りなぜかソ連の大使館に運び込んだと言
う極秘文書が見つかったとのこと、日本人のサインと受け取った
ソ連人のサインもしてあるそうです。
これが事実なら、新型の原爆の効果を確かめるべくおこなはれた
人体実験であった事はあきらかです。


353 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:01:21 ID:QCS0kc+m0

>>341

英米の支援を受けた中国戦線の国民党軍がそういう残虐な戦い方をしたからだよ。


354 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:01:34 ID:cxPH/iSq0
>>147
>それでも円高のままって理屈なの?wwww。
>
>それより無茶苦茶な日本製品の輸出攻勢による世界経済の破壊や対外債権の換金で
>戦争になるって説の方が正しそうだなw。日本のかけてる、ある意味「保険」は凄い。
>それこそ戦争か余程の天変地異など物理的方法以外では日本は潰せない。

工業国でハイパーインフレや激烈なデノミなど、
そんなことは起こらないと言う。
しかし、過去の歴史では起こった。
第二次世界大戦前の工業国ドイツでは経済恐慌により、
天文学的な桁数のハイパーインフレが起こった。

355 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:01:44 ID:qkExzkxj0
おまいら冥福を祈れよ

356 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:01:48 ID:LrUtuAnS0
すべてが思いやりや話し合いや愛情で
片がつくなら
戦争なんて起こらないよ

357 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:01:49 ID:2ayejkwC0
ま、落とした奴より落とす作戦を立案と遂行した奴の方が悪いと思うのだがな

358 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:02:10 ID:VVdDuQ7T0
黙祷

359 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:02:12 ID:bhTVJ+3g0
黙祷

360 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 11:02:18 ID:+CBn6FOs0
>>341
いや当時の世界の常識だから嘘だと思うなら調べてみな

無条件という事は戦後の民族の生存すら保証されないと同じ事だよ
何されても文句言うなと言う事=皆殺しにされても文句は言えない降伏条件

人が人を家畜化する時代、そんな条件を飲む奴はありえない
ポツダム宣言も無条件降伏じゃないしな

361 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:02:46 ID:W0PzLwgv0
>343

真っ先に無条件降伏したイタリアは皆殺しになってなかったけどね。

降伏=皆殺し、奴隷化国家滅亡ってのは、多くは紀元前の話になるね。
都市国家は敗北=国家消滅だった。
ジンギスカンすら、最初から降伏すれば市民は皆助けた。


362 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:02:50 ID:pk2FtEJZ0
まあ、特年兵の悲惨な体験でも読んだら。

つ渡辺清「戦艦武蔵の最期」

大和の映画なんて作る暇あったらこっちを映画化して欲しいもんだ。

日本はとりあえず近代戦では最低最悪の戦いをしましたな。
まあ、アメリカさんから「日本ってバカすぎて、そもそも近代戦を闘う資格ねーじゃん」って
笑われてますけど・・・戦争の大義いぜんに戦前の日本はアホすぎ。

363 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:02:51 ID:CqpXd/cy0
また黙祷コールが始まった。
いい加減うんざり

364 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:03:06 ID:ej4Js+t70
(−人ー)

365 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:03:25 ID:a8s7nrrK0
>>348
在米の日本人はアメリカ国籍を取得している者まで含めて
財産を没収されアリゾナの荒野の隔離所に幽閉された事実もあるわけだが

366 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:03:52 ID:cxPH/iSq0
>>341
>無条件降伏=皆殺し
>
>だと勝手に解釈して勝手に恐慌状態に陥って
>勝手に世をはかなんでばたばた死んでいったのは
>いかにも世間知らずで一途な日本人らしいと言えばらしい。

第二次世界大戦でアメリカは捕虜の資格のある正規軍の日本軍兵士を皆殺しにした。
アメリカが捕虜を採り始めたのは世界大戦末期のほんのわずかな期間だ。

367 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:03:56 ID:07rUw9OX0
>>333
それをいうなら、現代だって、一億玉砕を主張する人もいるかもしれない。
だが、現代ではそのような主張は受け入れられないでしょう。
当時、反対意見があったのは事実ですが、社会的には一億玉砕のほうが
受け入れられる土壌があったということです。

368 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:03:59 ID:/R94axyyO
>346
日本は撃墜したB29の搭乗員を、生きながらにして人体実験を行い殺したらしいですが。


369 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:04:05 ID:MnzSTtty0
いくらアメリカが強くても

ゲリラ戦に持ち込んだら、
一億が玉砕する前に、
アメリカ兵も500万くらいは、死んだり発狂したりするから、
アメリカ内部で厭戦気分が蔓延し、
和平交渉がはじまったと思うよ


370 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:04:10 ID:LqrkHIkV0
原爆を投下されないと、戦争をやめようとしなかった、
当時の日本の首脳陣の戦争責任は大きいが、狂気に走った
上層部を転覆できなかった社会風潮にも問題がある。
当時の正しいと認識されていた社会常識は間違っていたのだが、
それに疑問を持ちつつも、対抗できなかった社会は恐ろしいと思う。

今、現在の社会常識、風潮は本当に正しいのかと、日頃から
疑問におもっておくべきだろう。
ネットでの批判や、議論はいい判断材料になっているかもしれない。



371 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:04:18 ID:IlaIW6Ub0
日韓併合した時もすべての朝鮮人は泣いて喜んでたって言うからな
これもひとつの時代なんだろな・・・

372 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:04:33 ID:20jCN+Dx0
戦争起こすのはいい年した男ばっかり

373 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:04:40 ID:f7xMleRz0
>>356
文系を駆除しないから、思いやりや、話し合いや、愛情で片が付かないんだよ。
文系を駆除すれば良いんだよ。

374 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:04:50 ID:ZxeU1zEV0
 町中に設置してあるスピーカーは連日北朝鮮
よろしく全体主義的共同体主義的メッセージを
垂れ流しているけど、この時ばかりは「ああそういえば」
という気持ちにさせられる。

375 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:04:58 ID:VquhLPPcO
もし天皇に戦争責任を追わせ死刑でもしてたら、
当時の日本国民は、(ry
現代国民と来たら、(ry

376 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:05:01 ID:Q1wXEi/h0
>>機長
911はどう思われますか?

377 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:05:04 ID:grRNOtyjO
>>344
だから、それはプロパガンタだろうが。本当に玉砕する気なら、無条件降伏などしない

>>347
そのアンダーセンとやらが何をほざこうと、国家の在り方が変わる事は無い
共同体とは不幸を共有し、幸福も共有する物。より多くの幸福のために、不幸を強いる物だ
>>348
そういう捕虜収容所もあったぞ。捕虜を全く取らなかった訳ではないしな

378 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:06:29 ID:a4fiP8bM0
マンザナールは非文明人の所行よね。
原爆は平和のためでも。

379 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:06:38 ID:07rUw9OX0
>>368
米国は、そもそも捕虜を取らず、その場で殺害する例が少なくなかった
ともいわれています。

380 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:06:51 ID:f7xMleRz0
>>372
戦争をそそのかすのは、文系女(30代以降の女)だよ。

381 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 11:07:07 ID:+CBn6FOs0
>>361
嘘言うなよ
>>ジンギスカンすら、最初から降伏すれば市民は皆助けた。
ジンギスカンは抵抗しない民族は徹底的に殺戮し
はむかう民族と戦うと消耗戦になるのを恐れたので講和し従わせた

英米がやったのはジンギスカンですらやらなかった
はむかう民族を徹底的に殺戮しようとした愚策


おまえあふぉ?

382 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:08:07 ID:grRNOtyjO
>>368
人体実験をした証拠は?「〜らしい」って話だけならいくらでもあるが、真偽が定かでは無い

383 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:08:38 ID:cxPH/iSq0
ポツダム宣言草稿の「天皇を残す」を出せば、
日本は原爆使用前に和平した。
原爆を実験するために
日本が飲めない文言にした。

スチムソン陸軍長官が日本本土での焦土戦を恐怖し
「天皇制を残す。」という文言をポツダム宣言草案に書き入れた。
これは米国陸海空軍みな戦争の早期終結を願う人々の意見だった。

その草案ができるとバーンズ国務長官(後にソ連スパイとして逮捕)が
急遽、ソ連の政治工作かなにかでその長官に就任し、
その天皇制を残すと解釈できる文章を
ポツダムへ向かう土壇場の巡洋艦オーガスタ艦上で削除した。
意地悪に書き換えられたポツダム宣言では日本側は飲めなかった。
それで、日本側がオロオロしているうちに原爆が落ちた。
ソ連工作員の陰謀だ。

敗戦後、マッカーサーの裁量で天皇制は保障された。

384 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:08:55 ID:qkExzkxj0
「原爆ゆるすまじ」「戦争ゆるすまじ」ってヘンだよな??

「米英ゆるすまじ」「軍部ゆるすまじ」じゃないのか

385 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:09:24 ID:07rUw9OX0
講和条約で、相互に請求権を放棄してるので、相手に謝罪を求めるのは
おかしいと思います。

やるべき事は、二度と原爆が使われないように、世界に働きかける事。
また、大きな戦争が起こらないように努力する事です。

386 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:09:33 ID:f7xMleRz0
>>382
戦時の証拠なんて有るわけ無いから証拠云々で議論しても無駄だと思う。

悪いのは文系って事にすれば、そのての詰まらない議論しなくて済むし、
前向きだと思う。

387 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:09:40 ID:W0PzLwgv0
>369

仮定の話だから、仮定の話で返すけど、
アメリカ軍は陣地周辺にマイクをしいて、日本軍の抜刀突撃を感知して、
あらかじめ設置した十字銃座で撃退していた。

抜刀突撃しかできない日本兵にゲリラ戦はむりだな。
500万も殺せない。死屍累々の日本人の死体の山だけ。
日本人のメイン兵装は竹やり、弾なし小銃。orz

388 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:10:07 ID:06ku9d2j0
20万殺して自分は大往生ですかwwwwwwwwwwwwww


389 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:11:53 ID:HW7+XBwS0
非難すべきは原爆落としたアメリカより、国体護持に拘って戦争を終わらせ
なかった大本営。原爆投下がなければあと200万は死んで、北海道はソ連
に占領されていたぞ。

390 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:12:01 ID:MnzSTtty0
鬼畜米英は

どんなに悪行をはたらいても
イエスがその罪をかわりに引き受けてくれる

という邪教を信じているから
教団の許しさえあれば
平気で鬼畜の行いができる


391 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:12:08 ID:QCS0kc+m0
>>354

インフレの主因はフランスが懲罰的に過酷なまでの巨額賠償を課したからです。
この反省から第二次大戦後は非合理なまでの賠償要求は認めらません。
分かっている癖に、意図的に不安を煽るのは止めなさいよw。
もし分かってなきゃアフォだよ。アンタ、中国人かなんか?


392 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:12:26 ID:LrUtuAnS0
まぁ、負けたのは事実だから
負けを受け入れて
お墓参りにでも行ってこい
お盆なんだからさ

393 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:12:37 ID:grRNOtyjO
国民に危害を与えるつもりが無ければ、先に言うだろ。「市民に危害は加えないという条件は守りますから、降伏してください」と
そしてそれは有条件降伏だ

無条件降伏要求なら、皆殺しと取られて不思議な部分は0だな

394 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:12:42 ID:RBUy1Deo0
>>381
俺がネットで見た情報だと他の部族の女を計画的に犯して子供を作らせたらしい

まぁ、あくまでネットの情報だけど

395 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:12:42 ID:20jCN+Dx0
戦争やりたい男だけどっかの島に集めて好きなだけ戦わせたらいいよ

関係ない人を巻き込むな

396 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:12:43 ID:sxwRQx4rO
今、長崎の原爆公園でなんかイベントみたいなのやってるんだけど
マイクでわめいて喧嘩しててうるせえ(´・ω・`)チネ

397 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:12:44 ID:f7xMleRz0
>>384
だーから、日本の原爆技術を戦後、英米に全部引き渡す事を条件に
原爆を長崎と広島で爆発させたんだから、逆に原爆許さないと言う
方向で騒ぐしかなかったわけ。

英米許さないと言っちゃうと、その英米に原爆技術引き渡した
お前の国は何なんだ?って話になるでしょ。

戦後の国内世論が、広島長崎の原爆が日本製だったって事の傍証。

398 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:13:41 ID:qZlmPUk60
>>388
こいつは任務を遂行しただけなのだろうが
あの世が本当に存在するのなら
間違いなく「落ちる」だろうな。

399 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 11:13:52 ID:+CBn6FOs0
戦局が決したときに講和会議を開催するのが戦争の常識

 戦争が日本本土決戦寸前・原爆投下まで 長引いたのは
 
無条件降伏という戦争の常識ではありえない条件をつきつけた連合国側が
結果的に戦争の継続を望んだからに他ならない

それぐらい学習しとけ

400 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:14:01 ID:cxPH/iSq0
>>387
>仮定の話だから、仮定の話で返すけど、
>アメリカ軍は陣地周辺にマイクをしいて、日本軍の抜刀突撃を感知して、
>あらかじめ設置した十字銃座で撃退していた。
>
>抜刀突撃しかできない日本兵にゲリラ戦はむりだな。
>500万も殺せない。死屍累々の日本人の死体の山だけ。
>日本人のメイン兵装は竹やり、弾なし小銃。orz

天皇を殺害したり、天皇が怒りの声明を出すと、
日本国民全員ではないが、
かなりの民間人が包丁を持って茂みや辻道から
アメリカ軍を襲う。

401 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:14:20 ID:9ptdUuGU0
高松港とnew hongkongは
一部地形が似ている。

402 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:14:55 ID:LrUtuAnS0
神=天皇だから
ヘンなカルト宗教と思想が変わらんね

403 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:16:05 ID:cxPH/iSq0
>>389
>非難すべきは原爆落としたアメリカより、国体護持に拘って戦争を終わらせ
>なかった大本営。原爆投下がなければあと200万は死んで、北海道はソ連
>に占領されていたぞ。

戦争を終わらせても、日本国民全員を餓死させたら、
それはそれで問題だ。真珠湾攻撃前、米英は日本国民全員を殺すつもりだった。

ハイドパーク協定

1944(昭和19)年9月18日
フランクリン・ルーズベルト米大統領とウィンストン・チャーチル英首相が
米ニューヨーク州ハイドパークで会談し、日本への原爆投下と将来の核管理について
申し合わせた秘密協定
1972(昭和47)年に初めて公開された

ニューヨーク州ハイドパークの大統領私邸でルーズベルトと会談した英国の
ロナルド・キャンベル大使がルーズベルトから「劣等アジア人種」の品種改良と
いうとんでもない提案を受けたと本国に宛てた書簡に書き残している。
「インド系、あるいはユーラシア系とアジア系を、さらにはヨーロッパ人とアジア
人種を交配させ、それによって立派な文明をこの地に生み出していく。
ただ日本人は除外し、もとの島々に隔離して衰えさせる」(73ページ)。
歴史の真実   前野徹 著
http://www8.ocn.ne.jp/~senden97/history1.html

日本列島の人口収容能力は三千万人以下だ。
経済制裁されたまま当時の八千万人の人口は養えない。

404 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:16:37 ID:IoMiOifx0
原爆投下を戦早期終結のためだと正当化する馬鹿がたくさんいますが、人口数十万人の一般人の住む都市をターゲットにすることは許されない蛮行だ。

原爆の破壊力を示すためだけなら瀬戸内の無人島など離島で十分でないか。

405 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:17:14 ID:W0PzLwgv0
>381
ジンギスカンの後世のほうだよ。
亜ふぉはおまえ。
とかいいつつ、ジンギスも後世は虐殺を後悔していたという側近の話をよんだだけだが。藁
何回目かの遠征では抵抗したら皆殺し、降伏したら残すといのをやったと読んだ。
おぼろげですまん。

>367

市民は隣組で言論監視され、戦争反対を言えば、憲兵と特攻で赤だろ逮捕されてた
実情からすれば、土壌ってのはどうだろう。
そういう圧力から比較的逃れられた軍上層部に反対意見があったことが重要だとおもうけどね。


406 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:17:39 ID:NicYCj110
>>387
栗林中将に死んで謝れ

>>402
天皇は地上に於ける統治者であり、本来祭祀者。
それを「神」と同一化するからややこしいことに・・・

407 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:17:57 ID:LrUtuAnS0
>>404
だから、徴兵制度ってのがあって
一般市民と軍属の区別は関係ないんだよなw

408 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:18:05 ID:DTSiCXPf0
> 原爆投下は、戦争終結のため必要
まあ戦略上正しい判断だったなアメリカとしては、何が何でも日本を早く降伏させて
自分たちの支配下におきたかった訳だし。

409 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:18:33 ID:cxPH/iSq0
>>391
>インフレの主因はフランスが懲罰的に過酷なまでの巨額賠償を課したからです。
>この反省から第二次大戦後は非合理なまでの賠償要求は認めらません。

賠償請求を口約束でやめたのは
ドイツの武徳のせいだろう。
連合国の温情ではない。
武徳のない国には容赦なく経済搾取する。

410 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:19:23 ID:pk2FtEJZ0
>>400
いやいや、どんだけ頑強に抵抗しようが、
アメリカさんにしてみたら最悪、海上封鎖して放置プレーするだけでも、
勝手に日本人は餓死してくれるから・・・

411 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:19:58 ID:MnzSTtty0
>>387

そんなに一方的な大量殺戮をしても
毛唐は発狂しないってか?本当に鬼畜だな!

仮に500万でなくても、その十分の一の犠牲で長引くだけで十分厭戦がはじまるよ!




412 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:20:13 ID:qkExzkxj0
大本営もひどいが、米英はもっとヒドイな。
民間の非戦闘員を無差別に殺害。

戦争を仕掛けてきたのは米英なのに。

しかも、日本が先制奇襲攻撃した=卑怯な民族
と刷り込まれてる。

413 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:20:18 ID:NR1DqWz10
つい先程サイレンに黙祷を促された長崎市民が書くが
原爆についてこんなとこで議論して意味があるのかね
当時と今では価値観も考え方も違う
俺は>>1のジジィの考え方を肯定も否定もしない

表面的な平和さえ保たれていれば万事おkみたいに単純に戦争反対とか述べるヤツは消えろ
例えば現在チョンによってどういった危機が存在するのか
個人的には核武装もやむなしと考える

414 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:21:19 ID:g+HNlXjl0
>>403
2ちゃんねらーは、こういう↑トンデモ本を本気にして読むから
冗談ではなくて、
本当に、恐ろしいことだと思う。

415 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:21:29 ID:8mBL9kS20
妄言の一言で片付けてしまうどこぞの国とは違って
ちゃんと賛否両論あらゆる視点から意見を交わすところに
日本人の民度の高さがあらわれてるね。

416 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:21:37 ID:cxPH/iSq0
>>404
>原爆投下を戦早期終結のためだと正当化する馬鹿がたくさんいますが、
>人口数十万人の一般人の住む都市をターゲットにすることは許されない蛮行だ。
>
>原爆の破壊力を示すためだけなら瀬戸内の無人島など離島で十分でないか。

国家総動員法やさまざまな法令で日本国民は全員軍事貢献していた。
それに広島市は軍事都市だった。原爆を落とす理由はいくらでもある。

417 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:22:15 ID:4fEHKNM5O
チョンみたいに蒸し返してガタガタ言うなよ。本土決戦してもっと死んだ方がよかったっての?
過ぎたことは仕方ないっしょ。

418 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:22:27 ID:f7xMleRz0
>>412
大本営が殺したのは日本人で、
英米が殺したのも日本人。

大本営(文系)が一番悪いと思う。

文系を駆除するべき。

419 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:22:33 ID:S/S7Dxpw0
>>399
ドイツやイタリアは条件付降伏を認めてもらったの?

420 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:23:29 ID:sxwRQx4rO
今原爆落下中心地公園で行われているイベントは何なの??どっかの宗教?

421 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:24:09 ID:LrUtuAnS0
真珠湾攻撃で約束破って戦争しかけたのは日本だけどさw

422 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:24:53 ID:qkExzkxj0
>>418
ところが大本営のエリートはみんな理系出身だったんだぞ

423 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:25:41 ID:QCS0kc+m0

>>421
それ以前に、アメリカ相手に戦争しかけたのが日本だけだw。


424 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 11:25:48 ID:+CBn6FOs0
>>399
ではなぜ連合国側は日本との戦争継続を望んだか?
アメリカ大統領ルーズベルトははソ連との共産主義勢力と
世界を2分し共生できると国内の共産主義者にたぶらかされたからだ。

欧州でヤルタ協定を遵守しないソ連の横暴の前にトルーマン大統領は
日本を徹底的に叩くよりも戦後の共産主義勢力との戦いを考えた
敵が変わったのだ
そこで有条件降伏であるポツダム宣言を日本につきつけ日本に降伏を求めたが
黙殺された。そこで戦争を早く終わらせいとあせり始めたアメリカは
原爆投下という愚策を犯す

そのアメリカの愚策を救ったのは昭和大帝の英断

昭和大帝がいなければ日本は本土決戦に突入しベトナムのような状況に
突入したのは言うまでもない話

おそらく共産主義勢力の後ろ盾で英米と戦うという日本共産化も十分考えらた話

425 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:25:59 ID:NR1DqWz10
>>421
何も知らんならつまらんこと書くなよw

426 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:26:13 ID:f7xMleRz0
>>417
機長に文句言ってるのは、何故か、平和が好きな特別な人たち、
日本人なら、この機長を誉めれても、叩く事は出来ない。

今の広島、長崎の、人、見てみな、ちょー文系だから。
よく殺してくれました、もっと殺すべきだったとか思うヨ。


平和平和と騒ぐなら、足元の犯罪無くしてから騒げって感じ。
生活保護受けて、その上犯罪率高いんだから、最悪な人種どもが
広島県民長崎県民。

427 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:26:34 ID:a8s7nrrK0
>>421
真珠湾攻撃以前にアメリカは中国国民党に軍事支援してたが

428 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:27:06 ID:yE4fPFaV0
なんか必死な W0PzLwgv0 が頑張ってますが
あんた>>292
自衛権まで放棄しろとはいってない。
責めてこられたら、必至で誰もが戦うだろ。ふつーに。
と言っておられますね。
学徒出陣や現場徴用兵なんてのは大戦の末期も末期
日本が半ば死に体の時に出てきたこと。
さすがの軍部でも積極採用したわけじゃない。
また出陣した中で相当数の方が家族の為を思い散っていったと思いますが
その方々の思いも否定するんですか?

それと指揮官は最前線に出ないとやたら訴えてますが
そんなことしたら指揮系統が崩壊してもっと多くの兵士が死ぬ場合だってある。

なんかすべてを平和ボケした21世紀の倫理価値観で物事判断してない?あなた。

429 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:28:12 ID:cxPH/iSq0
>>410
>いやいや、どんだけ頑強に抵抗しようが、
>アメリカさんにしてみたら最悪、海上封鎖して放置プレーするだけでも、
>勝手に日本人は餓死してくれるから・・・

もちろんそのとおりだ。
海上封鎖すれば日本人は半分以上が餓死していた。
しかし、わずかに残った日本人が親米になるとは思わない。
史実で、アメリカ軍は日本を放置せず、
九州を占領するオリンピック作戦を組んでいた。

それに、日本は赤化したかもよ。

430 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:28:14 ID:LrUtuAnS0
どこがサムライだよ

不意打ちはいかんでしょ

不意打ちはw



431 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:28:54 ID:cnqGRxYiO
>>426

お前見たいな奴が一番に氏ね

432 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:29:07 ID:f7xMleRz0
>>422
嘘付くなばーか。

共通一次の時に数学の試験も受けてたから、経済学部出身も理系って言うほど無茶な話。
勝てない戦争するのは、文系だけ、というか、戦争に負けたら何やってても文系。

軍人は、どんな知識が有ろうが、戦争に負けたら文系。→つまり死刑にするべき。

433 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:29:37 ID:NR1DqWz10
>>430
しつこいな
勉強してから書き込めよカス

434 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:29:53 ID:qkExzkxj0
ヘンな煽りが増えたので退却

435 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:30:47 ID:cxPH/iSq0
第二次世界大戦に対する日本の戦略
「日本は(侵略戦争ではなく)自衛(security)のために戦争へ飛び込んでいった。」
1951年5月3日
アメリカ上院軍事外交合同委員会
マッカーサーの発言

日本は八千万に近い膨大な人口を抱え、それが四つの島の中に
ひしめいているのだということを理解していただかなくてなりません。
その半分近くが農業人口で、あとの半分が工業生産に従事していました。
潜在的に、日本の擁する労働力は量的にも、質的にも、
私がこれまでに接したいづれにも劣らぬ優秀なものです。
歴史上のどの時点においてか、日本の労働者は、人間は怠けている時よりも、
働き、生産している時の方が幸福なのだということ、つまり労働の尊厳と
呼んでもよいようなものを発見していたのです。これほど巨大な労働能力を
持っているということは、彼らには何か働くための材料が必要だということを
意味します。彼らは工場を建設し、労働力を有していました。しかし彼らは
手を加えるべき原料を得ることができませんでした。日本は絹産業以外には、
固有の産物はほとんど何も無いのです。彼らは綿がない、羊毛が無い、
石油の産出が無い、スズがない、ゴムが無い。その他実に多くの原料が
欠如している。そしてそれら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。
もしこれらの原料の供給を断ち切られたら、一千万から一千二百万の
失業者が発生するであろうことを彼らは恐れていました。したがって、彼らが
戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に
迫られてのことだったのです。

石油を禁輸されたら、マッカーサー証言の1200万人の失業者では済まない。
当時の日本列島の人口は8000万人なのに対し、
日本列島の江戸時代の人口扶養能力は3000万人しかない。
だから、石油なしの江戸時代に戻れば、5000万人が死んでしまう。
それに、江戸時代のような3000万人を収容できる善政ができるとは限らない。

436 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:30:50 ID:LrUtuAnS0
>>433
あれぇ?歴史を勉強したつもりなんだけどなw
どこか違ったかなw

437 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:31:05 ID:W0PzLwgv0
>ID:yE4fPFaV0も軍部擁護に必至だな。


大戦の末期も末期 なら、一億層自殺してもいいんだ。すごい理論だね。

思いの否定ってなに?
間違った戦術や政策を批判することが思いの否定になるって、どういう理論?
若くして命を無駄に散らせた人のことを思うなら、なおさら間違った政策や戦術は
否定されるべきでしょ。

指揮官が前にでないなんていってないよ。ちゃんとよんでから レスしなよ。
戦争を煽るだけ煽って、そのくせ絶対に戦場に行かないタイプのあなたには耳が痛かったかな。


438 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:31:36 ID:f7xMleRz0
>>434
将棋で王手(春ノート)かけられてるのに、仕方なかったと言う議論する
文系は死んだほうがいい、二度と、出てくるなばーか。

文系死ね。

439 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:32:14 ID:S/S7Dxpw0
まあ日本も風船爆弾とか飛ばして、アメリカの一般市民を無差別殺戮しようとしてたんだから、
程度の差こそあれ同レベルだったわけで、原爆投下を責められんだろ。

440 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:32:52 ID:LrUtuAnS0
あれぇ?
日本の戦争は人種差別と脈打って
植民地支配が目的の侵略戦争でしょ?

441 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:32:56 ID:20jCN+Dx0
この世から男がいなくなれば戦争もなくなる

442 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:33:34 ID:MnzSTtty0
日本人は

毛唐は鬼畜、特亜も鬼畜

と唱えて退席!

443 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:33:45 ID:4fEHKNM5O
>>426
広島長崎の人はゲンの作者しかわからないわ。

この爺ちゃんだって命令だからやっただけだよ。
歴史は変えられないんだから、この過ちがまた起きないように、みんなが自分なりの力で頑張ればいいでしょ。

444 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:33:54 ID:a8s7nrrK0
>>416
詭弁だな
広島が軍事都市だったとしても非戦闘員や民間人を大量に殺傷せしめた事実に変わりはない

445 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 11:34:10 ID:+CBn6FOs0
>>439の頭の中
原爆投下=風船爆弾

あふぉ?白痴?BSE?アルツハイマー?

病院いけ

446 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:34:55 ID:FBzokmugO
国としてはそうだけど、個人として思い悩み苦しむ事はないのかな。


447 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:35:21 ID:rGGtBZFr0
>>433
勉強勉強って、なんかネット右翼みたいな奴らは散々言うけどさ、
お前らは、何の教材で、どれぐらいの量を勉強したの?

俺は大学受験時代に日本史とって、旧帝入ったからそこまで勉強してない
ことはないと思うんだけど。

448 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:35:31 ID:/6ecH2Mr0
91歳にこれ以上何か言っても無駄だとは思うがな。

449 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:35:40 ID:ZqwwlgWGO
>>426
あなたは被爆者の苦しみをわかってない。
原爆資料館行ってきなさい。

450 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:36:06 ID:cxPH/iSq0
世界恐慌で労働者が余っていたから、
飢餓疫病戦争で誰かが死んでいたと思うぞ。

451 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:37:06 ID:5/O0X4D60
>これ以上血が流れるのを止めたかった
日本人の血はいくら流れてもいいみたいでつね

452 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:37:41 ID:S/S7Dxpw0
>>445
「爆撃により敵国の民間人の無差別殺戮を肯定してた」という点で、
日本とアメリカにはその思想において何の違いもないと言いたいんだが。理解できない?

453 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:37:51 ID:2DyoR0yi0
戦争終結が早まろうが遅かろうが

国際法違反である事にはちがいない。

454 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:37:59 ID:ZpcyqzU30
というか機長ってあれこれ言える立場じゃねーよな
何か言うべきは命令を出す側だし

455 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 11:38:06 ID:+CBn6FOs0
要は原爆投下前に日本が飲めるような講和条件でアメリカが講和を
してれば問題なかった話

原爆投下=戦争終結論は 昭和大帝がいたから戦争が奇跡的に終わった
という結果論

昭和大帝が日本に君臨されてなければ 

原爆投下は 8000万人の日本国民と泥沼の本土決戦を日本共産化と
言う代償を引き換えに遂行されただろうな



456 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:38:18 ID:cxPH/iSq0
>>449
>あなたは被爆者の苦しみをわかってない。
>原爆資料館行ってきなさい。

   「みんなにロボット(殺人兵器)の
    恐ろしさを教えたかった。」         動画の3分59秒あたり

   「マキちゃん、
    世の中には恐ろしければ恐ろしいほど、
    (高く)売れるものがあるんだ。」      動画の4分22秒あたり

                     /\
                     |・:◎|
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                |_||  ∩ ° ∩ ||_|
                |_| | ∪   ∪ | |_|
                |__| |       | |__|
                |__|  |____|  |__|
                |__|  |__0__|  |__|
                |__|  /\_/ヽ  |__|
                |__|  |_|  |_|  |__|
.     おいでラムダ  |__|  |_|  |_|  |__|
          V     |__|  |_|  |_|  |__|
        ノハヽヽ    |__|  |_|  |_|  |__|
        ( ´D` )   |||||ヽ  |_|  |_|  /|||||
 ◎ ◎    ∪  ⊃        |_|  |_|       ◎ ◎ ◎
,,,ソ',,,,,'ト,,,,,,,,,, (__)(__) ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, |___| |___| ,,,,,,,,,,,,,,,,,,ソ',,,,γ,,,'ト,,,,,,,,,,
ルパン三世 2nd「さらば愛しきルパンよ」第155話 (最終回) ダイジェスト
1980年10月6日放送 (宮崎駿監督作品) 12.1 MB
日本テレビのスタッフが没にしようとしたいわくつきの作品
http://up.viploader.net/src/viploader38924.mpg


457 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:38:55 ID:uYX51gHh0
>>451
戦争だろw

自国民>敵国民 

なのは当然

458 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:39:55 ID:9/vxZdQL0

1.↑ アメリカ軍の記録では投下時刻は午前10時58分
2.↑ アメリカは、長崎に投下した原子爆弾のコードネームをファットマン (Fat Man) と名付けていた。
   制式名称はMk-3核爆弾。
3.↑ 原爆死没者名簿の人数は2006年8月9日現在で14万144人。
4.↑ 1945年7月16日にアメリカ合衆国ニューメキシコ州アラモゴードのホワイトサンズ射爆場で行われた
   世界史上初の核実験『トリニティ』及び1946年にマーシャル諸島のビキニ環礁で行われた核実験『クロスロード・
   エイブル』(クロスロード作戦を参照せよ)の実験結果から、仮に東京都心上空で爆発させたと仮定した場合、
   山手線の内側を壊滅させるだけの強大な破壊力を有していた。したがって、現在の東京都心に対してファットマ
   ンによる昼間攻撃を行ったと仮定した場合、死者100万人を超す被害が想定される。

http://ja.wikipedia.org/wiki/長崎市への原子爆弾投下

459 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:39:56 ID:YPhjEeTN0
命令によって大量殺戮してしまい、その大罪を認めるだけの
精神力を持った人なんていないよ。
認めてしまったらその罪悪に押しつぶされ、また、自身の末代に
大しても大きな精神的ダメージを与えてしまうからな。
セルフマインドコントロールするしかなかろうに。
あれは仕方なかった…と。

460 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:40:05 ID:UOlR4hc20
戦争は汚いもの、
戦争に良い戦争など有りません。
地球上に生息するすべての生物においては戦争は不可避なる宿命。
中国もロシアもアメリカも日本もすべて汚い手口で相手を負かしていかなければ
自国民が総死滅するわけです。
戦争を回避するための人間の叡智による
知的レベルでの解決策を見出していくことは不可能だろうか?

461 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:40:53 ID:sueUcb1NO
またレッテル張るリアサヨいるよ

462 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:41:16 ID:S/S7Dxpw0
>>444
軍事施設周辺に民間人を居住させていて、
軍事施設を民間地区から隔離した場所に建設しなかった、
あるいは民間人を避難させておかなかった日本が悪いという理屈は通るでしょう。

南京で一般市民の中に便衣兵を紛れ込ませた国民党が悪い、
っていうのと同じ理屈ですよ。

463 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:42:17 ID:cxPH/iSq0
ポツダム宣言草稿の「天皇を残す」を出せば、
日本は原爆使用前に和平した。
原爆を実験するために
日本が飲めない文言にした。

スチムソン陸軍長官が日本本土での焦土戦を恐怖し
「天皇制を残す。」という文言をポツダム宣言草案に書き入れた。
これは米国陸海空軍みな戦争の早期終結を願う人々の意見だった。

その草案ができるとバーンズ国務長官(後にソ連スパイとして逮捕)が
急遽、ソ連の政治工作かなにかでその長官に就任し、
その天皇制を残すと解釈できる文章を
ポツダムへ向かう土壇場の巡洋艦オーガスタ艦上で削除した。
意地悪に書き換えられたポツダム宣言では日本側は飲めなかった。
それで、日本側がオロオロしているうちに原爆が落ちた。
ソ連工作員の陰謀だ。

敗戦後、マッカーサーの裁量で天皇制は保障された。

464 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:44:20 ID:cxPH/iSq0
死者10万人の東京大空襲、広島と長崎の
原爆投下など対日空襲作戦を指揮したアメリカ空軍の
爆撃兵団司令官カーチス・ルメイに
勲一等旭日大綬章を授与した日本政府。
1964年のことである。

カーチス・ルメイ曰く、
「原爆を落とすまでもなく太平洋戦争は実質終わっていた」
「私は日本の民間人を殺したのではない。
 日本の軍需工場を破壊していたのだ。
 日本の都市の民家は全て軍需工場だった。
 ある家がボルトを作り、隣の家がナットを作り、
 向かいの家がワッシャを作っていた。
 木と紙でできた民家の一軒一軒が、
 全て我々を攻撃する武器の工場になっていたのだ。
 これをやっつけて何が悪いのか…。」

ちなみに授与理由は「航空自衛隊の育成に尽力した」ことによる。

1945(昭和20)年1月7日 グアム島に到着 以後、対日戦略爆撃を指揮
 2月15日 名古屋空襲
 2月18日 硫黄島空襲
 3月9日〜10日 東京大空襲
 3月16日〜17日 神戸空襲
 3月27日 沖縄発空襲 以後、5月まで空襲を続行
 8月6日 広島へ原爆投下
 8月9日 長崎へ原爆投下
1964(昭和39)年12月8日 勲一等旭日章受勲

465 :sage:2006/08/09(水) 11:45:03 ID:NR1DqWz10
>>447
俺だってたいした勉強したつもりはないさ
しかしチョン臭いのが「アレは侵略戦争」とか「真珠湾攻撃は卑怯な奇襲」
なんて義務教育の知識でしかモノを言ってないから書いてるだけだ
あと俺は当時を知る人から
今ではまるで無理に戦争させられたように言われているが
本当は国民全体が戦争をむしろ望んでいた
と聞いたこともあるしな
今の流れは所詮価値観が違う人間が妄想してるに過ぎない


466 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:45:40 ID:tQtYsJVyO
原爆持たないとまた原爆落ちるんだけどw

467 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:46:37 ID:ZpcyqzU30
ポツダム宣言をどうするかはその中の subject to の日本語訳で揉めた。
結局、当時和平工作やってたソ連の出方待ちで「様子見」しようという結論だったが
それがマスコミでは「黙殺」に変わって、最後に相手国に行くときには「拒否」と
伝言ゲームのようになってしまった。

468 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:47:41 ID:k9R969OF0
原爆落とされて
次は東京かと騒がれて
ようやく
昭和天皇がビビッて無条件降伏したわけだからな

469 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:48:45 ID:f7xMleRz0
>>444
だから、今の広島県民、長崎県民みれば、原爆の投下は正解だったとしか
言いようが無い。

民間人だろうが軍人だろうが、文系を合法的に殺した人は良い人。

470 :日本の降伏の経緯:2006/08/09(水) 11:48:55 ID:S/S7Dxpw0
>>229-230

471 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:50:06 ID:cxPH/iSq0
>>467
>ポツダム宣言をどうするかはその中の subject to の日本語訳で揉めた。
>結局、当時和平工作やってたソ連の出方待ちで「様子見」しようという結論だったが
>それがマスコミでは「黙殺」に変わって、最後に相手国に行くときには「拒否」と
>伝言ゲームのようになってしまった。

うそを書くな。

ポツダム宣言で天皇を残す文言の草案ができると
バーンズ国務長官(後にソ連スパイとして逮捕)が
急遽、ソ連の政治工作かなにかでその長官に就任し、
その天皇制を残すと解釈できる文章を
ポツダムへ向かう土壇場の巡洋艦オーガスタ艦上で削除した。
意地悪に書き換えられたポツダム宣言では日本側は飲めなかった。
それで、日本側がオロオロしているうちに原爆が落ちた。
ソ連工作員の陰謀だ。

472 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:51:09 ID:fEMXmoZJO
エノラゲイってこの大佐の母親の名前にちなんでつけられたんだ…知らなかったよ…

473 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:51:13 ID:rXLQoMLp0
まぁ竹槍で飛行機うちおとされたらびびるよな

474 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:52:04 ID:Vu3v1Hd0O
なんか文系がどうとか言ってる奴いるんだけど何なの?


475 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 11:52:11 ID:+CBn6FOs0
>>468
>>昭和天皇がビビッて無条件降伏したわけだからな
ポツダム宣言は無条件ではない

ポツダム宣言を受諾しても決断した天皇は国内の主戦派に
暗殺される可能性は十分にあった

国内で玉音放送を止めるため陸軍のクーデター未遂を鎮圧したのは
有名な話




476 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:52:24 ID:yM8yoC53O
マンハッタン計画

477 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:52:43 ID:OJPZ47xz0
>>441
田嶋先生、乙であります

478 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:53:08 ID:cxPH/iSq0
>>474
>なんか文系がどうとか言ってる奴いるんだけど何なの?

目を合わしてはいけない。

479 :sage:2006/08/09(水) 11:53:10 ID:NR1DqWz10
>>474
ただの基地外だ 気にするな

480 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:53:12 ID:f7xMleRz0
>>449
苦しいからって犯罪犯して良い訳ないし、
平和都市とか言ってるのに、犯罪者とか柄悪いのが多すぎる。

生の、広島県民、長崎県民見ると、タカルネタにしてるだけだとしか思えない。

481 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:53:20 ID:cU8b8UTm0
あと10年くらい生きてそうな勢いだな

482 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:53:29 ID:S/S7Dxpw0
>>473
竹槍もった連中は全員便衣兵だったんだから、
裁判なしでアメリカに爆撃されて殺されても仕方がなかった。

483 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:54:13 ID:hSW1HPZw0
>>464
ルメイこそ恨まれて当然なんだがな。
焼夷爆弾で焼き殺し、市民を殺して士気低下を狙う案を出し採用された筆頭の人物。
逆に非人道的といって多くの将兵が反対。軍需工場だけで十分であり、極力一般市民を
巻き込む必要はない。
日本政府はこんな人物に勲章あげてたのか。あほだな。

484 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:54:47 ID:a8s7nrrK0
>>462
アメリカは広島長崎に落とす前にアメリカ本土の実験場で実験を行い
その殺傷力の凄まじさは十分把握していたはず
民間人も巻き添えにする事を理解していながら
避難勧告も出さずにいきなり落とすのか

485 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:55:13 ID:ZpcyqzU30
>>471
俺が言ってるのはポツダム宣言を受けての日本側の対応なんだが?
外務省の「制限の下におかれる」説
軍部「隷属する」説で揉めたのは事実
宣言の文章が出来るまでの経緯など知ったことか

486 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:55:51 ID:NR1DqWz10
>>480
広島長崎県民全部がブサヨみたいに書くなよw

487 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:56:02 ID:LrUtuAnS0
>>465
侵略戦争じゃなかったら何だ?
アジアの代表として戦ったとでも言うのか?w
真珠湾攻撃が卑怯だというのなら
ただの伝令ミスとでも言うつもりか?w

488 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:56:34 ID:xJeCpKch0
やはり鬼畜

489 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 11:56:55 ID:+CBn6FOs0
>>484
そおいうこと原爆投下=戦争を終わらせたというのは結果論

本当に脅しならば 人のいない東京湾で原爆を炸裂させ デモでも
やって脅せばいいだけ


490 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:57:36 ID:Mb8Z6fH70
ティベッツさんに、はだしのゲソとか原爆写真集を大量に送りつけてやろう!!

491 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:57:48 ID:MXXdlN3C0
>>469あなたは「人間」ではありません。


492 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:57:58 ID:k9R969OF0
いずれにしても
戦争遂行と降伏の意思決定できる連中が
新型爆弾2発きて
その被害報告があがって
自分の身があぶないと感じてようやく降伏したんだから。
原爆投下が終戦を早めたのは事実だ

493 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:58:09 ID:cxPH/iSq0
>>483
>ルメイこそ恨まれて当然なんだがな。
>焼夷爆弾で焼き殺し、市民を殺して士気低下を狙う案を出し採用された筆頭の人物。
>逆に非人道的といって多くの将兵が反対。軍需工場だけで十分であり、極力一般市民を
>巻き込む必要はない。
>日本政府はこんな人物に勲章あげてたのか。あほだな。

日本の軍事施設にピンポイント攻撃する空軍司令官がいた。
しかし、軍事技術的に戦果が上がらず、
ピンポイント攻撃の司令官が更迭された。
それで、絨毯爆撃するルメイ司令官になった。

494 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:58:41 ID:9D665ods0
>>231
北チョンと戦争になったらその爆弾が真っ先にお前の家に落ち、
お前の家族が火の海の中でのたうち回って死んでいくように祈ってるよ。
戦争だからしかたないもんな。

495 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:58:52 ID:S/S7Dxpw0
>>489
>本当に脅しならば 人のいない東京湾で原爆を炸裂させ デモでも
>やって脅せばいいだけ

なんで戦争中の交戦国が、そこまで敵国の国民の命を大事にしなきゃならんの?

496 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:59:11 ID:hSW1HPZw0
>>493
そうそう!ありがと

497 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:59:14 ID:f7xMleRz0
>>486
ブサヨじゃなければ、ヤクザや珍走、か、文系。
だから、広島、長崎への、原爆投下は正解だった。

あれだけ殺してるのに、これだけ、変な奴らばっかりなんだから、
あの戦争の終わりに原爆落としてなかったら、今の日本は無いと思うと
ぞっとする。


498 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 11:59:43 ID:NR1DqWz10
>>484
避難勧告は出されてるが

499 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:00:11 ID:Yk3Y5zx40



黒田福美 「韓流は"原爆"」1
ttp://www.youtube.com/watch?v=LIqvtm_e8FI

黒田福美 「韓流は"原爆"」2
ttp://www.youtube.com/watch?v=yC0OvzIGVTk



500 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:00:37 ID:kUjht1CWO
バッフクランめーっ

501 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:00:55 ID:QiIBbA/e0
侍どころか軍事施設もないところに落として、市民ではないと?

ってか市民と戦ったじゃなくて虐殺したが正解だろ。

502 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:01:21 ID:LrUtuAnS0
>>494
北朝鮮の戦闘機がどうやって日本領土内に侵入できるんだよw
バカかお前w

503 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:01:26 ID:cxPH/iSq0
>>491
>あなたは「人間」ではありません。

あなたはユダヤ人の金貸しに
自分の臓器を転売されるタイプだな。
手術台で「ユダヤ人は人間じゃない。」と叫びながら。

504 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:01:36 ID:UoYa6LQr0
長崎、広島だけでなく日本全国に原爆落とせばよかったのに
こんな島国いらん

505 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:02:35 ID:OWdRiiwB0
この話は毎年見るけど、国家と個人が一つになって戦うのが戦争なんだよな。
自分は国家の人間だと言い聞かせることでしか、勲章も原爆が戦争を終結させたという
理屈も意味を持たない。でも考えてみれば、勲章なんか人間にとって意味はないんだよな。
国家は個人を切り捨てるんだから。

>>460ありえない事を口走るお前って何なの?

506 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:03:21 ID:MnzSTtty0
>>504
特亜は鬼畜

507 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:04:57 ID:NR1DqWz10
>>497
逆だよ
壊滅状態に陥ったことで自治体系が崩壊
質の悪いのが入り込みやすくなった
その結果が現状だろ

508 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 12:05:25 ID:+CBn6FOs0
>>495
>>なんで戦争中の交戦国が、そこまで敵国の国民の命を大事にしなきゃならんの?
おまえ戦争に無知だな

戦争とは相手を皆殺しにするか?
戦局が決したところで講和して味方につけるかしか選択肢がないわけだ

当時の場合 ヤルタ協定を遵守しないソ連がアメリカの敵と認識されたわけだ
つまりやらなければいけないのは日本との早期講和

原爆投下はまったく反対の愚策。戦後味方につけなきゃいけない日本国民の
敵愾心を煽る行為は愚策としかいえない

だから原爆投下を電波で必死に正当化してる今日があるわけだ


509 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:05:33 ID:gXlCS1S/0
暑さで変なのが何匹か涌いてきたな

510 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:05:56 ID:+iRT85LMO
サイパンが陥落した時点で陸軍、海軍も負けが確定したことぐらい理解していた。
この時点で降伏していれば原爆は朝鮮戦争に使われていた。

511 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:06:54 ID:a1NNU/Go0
ルーズベルト大統領 トルーマン大統領 バーンズ国務長官 スチムソン陸軍長官 マーシャル陸軍参謀長 グローブス陸軍少将あたりが妥当だろ

512 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:07:06 ID:OWdRiiwB0
>>497お前さ、何にもわかってないよ。ヤクザがどうのとか
全く関係ないことだから。ここで釣りをするお前の頭が気の毒。

>あれだけ殺しているのに、これだけ、変な奴ら

違うね。あれだけ殺したから広島で朝鮮人の銭ゲバが成功したんだよ

513 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:07:13 ID:5n2Kh4B3O
だな
日本全体が悪いんだから長崎広島と同じように一億人をトロトロに溶かして欲しかったw
だいたい今日本が存在してるのもアメリカのお陰なんだよ
生かしてもらってるのに文句言うなっつーのw
こんなこと言うと叩かれそうだが、本当に賢い奴は俺のように身の程をわきまえてる奴だ
ここで反米煽ってるチョンは日本から出て行け

514 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:07:40 ID:LrUtuAnS0
>>494
第二次大戦や冷戦時代の兵器が主流で
頼みの綱のミサイルは
どこに飛ぶか分からないし当たらないしw
昔の日本には徴兵制度があるから
軍属と一般市民の区別は関係ないしねw
今は違うだろうけど?知ってるよねw

515 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:07:40 ID:MnzSTtty0
>>495
毛唐も鬼畜

516 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:08:42 ID:a8s7nrrK0
>>495
それなら日本がB項(戦争放棄違反)、C項(捕虜虐待等)で
罪に問われる事はなかったはずだが

517 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:09:04 ID:yk7sKyjW0
ポール・ティベッツは地獄に落ちるよ

518 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:09:45 ID:OWdRiiwB0
>>513お前もチョンそのもの。

>日本全体が悪いんだから長崎広島と同じように一億人をトロトロに溶かして欲しかったw

こんなこと言う奴にチョンを語られても説得力ありません

519 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:11:11 ID:a8s7nrrK0
>>516は戦争放棄じゃなくて戦争法規

520 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:12:27 ID:gmbmfaa60
>>471
>バーンズ国務長官(後にソ連スパイとして逮捕)

これのソースある?ソ連スパイとして逮捕されたという。

521 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:12:43 ID:5n2Kh4B3O
一つだけ確かなのはアメリカがいなかったら日本は滅んでいた
アメリカはいわば命の恩人なので原爆ぐらい寛大に受け止めましょう
冷たいかもしれんが、だいたい原爆で死んだのって数千人でしょw
たったそれだけで済んだんだからむしろ感謝しなきゃw

522 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:13:04 ID:a1NNU/Go0
まあ当時の日本政府高官達も肥大化した日本の巨大な病巣産軍複合体を解体するためには、アメリカの力を借りるしかなかった

523 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:13:20 ID:YbcnJWVe0
(-∀-)すべては、仕方がなかったのだ…

524 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:14:36 ID:1UdNMi8T0
>>471
何その的外れな指摘

525 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:15:51 ID:cxPH/iSq0
>>511

ハル・ノート:日本が対米開戦を決断した無理な米国側の要求。
        米国に潜伏するソ連スパイの高官が日米を衝突させるために作成した。
http://mikomo.hp.infoseek.co.jp/a-f2.htm#03
◆日本参戦の背後にソ連工作「ハル・ノート」(1999/8/22の産経新聞からの引用です)
米に強硬提案提示
米国の対日最後通告「ハル・ノート」を作成したルーズベルト政権の財務次官、
ハリー・デクスター・ホワイト氏が実はソ連スパイだったことがわかったこと
で、「米国の対日政策の背後にソ連工作があった」というショッキングな事実
が明るみにでた。
ホワイト氏がハル・ノートの原案を作成したことは、ニューヨーク郊外にあ
るルーズベルト大統領記念図書館に残されたホワイト氏作成の対日強硬提案か
ら明らかにされている。
しかも、そのホワイト案をモーゲンソー財務長官がルーズベルト大統領に提案し、
より穏健なハル国務長官の対日妥協案を押しのけることになったというエピソー
ドも四五年にスタートした米議会真珠湾攻撃調査委員会で明らかになっている。
 ホワイト氏とハル・ノートをソ連工作が結んでいたという解答は、
VENONA資料によるスパイ活動の証明とともにソ連NKVD(人民内務
委員部=後のKGB)工作員で、後のKGB高官、パブロフ氏の退役後の回
顧録が埋めることになった。

 同回顧録によると、当時のソ連指導部は、日本の軍事的脅威を取り除くため
に米国の対日参戦を早急に進める「スノウ作戦」にとりかかっており、その
作戦に最も重要な役割を果たしたのがルーズベルト政権内で最も影響力のあ
るホワイト氏だった。
パブロフ氏はホワイト氏と四一年五月にワシントン市内のレストランで接触し、
米国が日本に対し中国および満州からの撤退、さらに日本軍の所有する武器の
三分の二を米国に売却しなければならないとする提案を早急に作るよう指示したという。
実際、その指示どおりの強硬なハル・ノート原案が同年六月に作成されている。

526 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:16:42 ID:QCS0kc+m0

低学歴大統領トルーマンとバーンズの馬鹿コンビは女子供は殺せても
核兵器をもってしても、スターリンには相手にもされなかった小物。

駄目駄目のグダグダだろ、こいつら。


527 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:17:31 ID:ffN+prQg0
市民→サムライ→軍人
何このすり替え?

528 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:18:56 ID:gsS6sRtB0
≫447
教科書に載せられていないor教えてもらわなかった歴史を勉強しろって事だろ。
旧帝入ってるんなら、特亜みたく教科書丸覚えして信じきってる池沼ではないんだからさ。

529 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:19:42 ID:zPXF0aHr0
まあ、逆の意味でアメリカも日本に填められたわけだが(笑)巨大な産軍複合体のお荷物を捨てきれず今だ世界で、シノギのネタを探す毎日(笑)

530 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:19:56 ID:cxPH/iSq0
>>520
>これのソースある?ソ連スパイとして逮捕されたという。

逮捕されたのかソ連がらみで更迭されたのかは知らない。
2ちゃんの書き込みで見た。

531 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:20:01 ID:LrUtuAnS0
>>528
その、教科書に載せられてない情報を出してよ

532 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:20:33 ID:0MVY7wUVO
だからアメリカは世界一嫌われんだよ!
今度テロあっても俺は同情しねーぞ

533 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:21:17 ID:sRKpQMvB0
つーかこの人は落とせと上から言われただけだし・・言ってみりゃ単なる一兵卒じゃないの?
こんな耄碌してるジイさんの話なんか毛ほどの価値もない。

534 :明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE :2006/08/09(水) 12:22:04 ID:+CBn6FOs0
>>522
>まあ当時の日本政府高官達も肥大化した日本の巨大な病巣産軍複合体を解体するためには、アメリカの力を借りるしかなかった
これは絶対叩かなきゃいけないSF的書き込みだな

 まずひとつめ
  国内問題の解決に外国を直接関与させてはいけないという常識論がないな
 
 ふたつめ産軍複合体を病巣というが日本国民(当時の朝鮮・台湾も含めた)
 を食わすための経済を潰してどうするんだ?

今流行の潰せば、壊せば問題解決の破綻厨ですか?
 
 

535 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:24:09 ID:/k+Eue8R0
原爆ホロコーストを行なったのはユダヤ人達

原爆の発案はユダヤ人シラード
原爆の開発を大統領に進言したのはユダヤ人アインシュタイン
原爆の開発をスタートさせたのはユダヤ系ルーズベルト大統領(強烈な親中反日主義者)
原爆を開発したのはユダヤ人オッペンハイマーを中心とするユダヤ人科学者グループ
原爆を警告無しに日本に投下するべきだと主張したのはユダヤ人オッペンハイマーとユダヤ人フォン・ノイマン
ユダヤ人オッペンハイマーは最初から最後まで投下目標について日本だけを論じドイツを投下目標として論じたことはなかった。
原爆投下を大統領に進言したのはユダヤ人大富豪政治家のバーナード・バルーク(後の国連原子力委員会アメリカ主席代表)
原爆投下命令を出したのはユダヤ系トルーマン大統領
原爆投下指揮官はユダヤ系ルメイ少将(ルメイは民間人への無差別爆撃の発案者で東京大空襲(死者10万人)の指揮官)
原爆を投下したエノラ・ゲイ乗組員15名のうち7名がユダヤ人で機長のティベッツもユダヤ人
戦争中原爆はユダヤ人コミュニティーの独占管理のもとにあり
原爆ホロコーストはユダヤ人によってその開発から投下に至るまで全過程が行なわれた。

536 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:25:32 ID:k9R969OF0
原爆おとされなくても降伏してたなんてのは子供の言い分なんだよ。
恥ずかしくないのか?


537 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:26:04 ID:gsS6sRtB0
≫531
携帯だから無理
過去スレ読んだりぐぐったりして自分で調べて自分で検証しろよ。目の前に便利な箱があんだろ。
塾行かないと何も出来ないクチか?

538 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:27:48 ID:OWdRiiwB0
>>519まぁ、否定するつもりはないが東京裁判自体連合国の報復行為だから、
例に出すのはあんまり良くないかなとは思うな。
しかし、国家が戦争状態にあって、家族が招集されてもなお、非戦闘員である以上、
原爆投下は(倫理的には)まずかった。アメリカ軍はこの威力を知っていた。
知っていたということは、確実に未来の人間に対して責任が生まれる。戦闘員はもはや
「使い捨てのコマ」であるから、ある程度は許されると譲歩したとしても、非戦闘員は
そういった類の人間ではなく、未来を担う人間たちであるので、倫理的に許されるものではない。
ここで断っておくが、国家は利得に基づいてその行動を決めるが、個人は倫理が要求される。

だからエノラ・ゲイ機長は戦争当時は仕方なかったのだけれど、個人としては倫理的に許されるものではないので、
ここで何らかの犠牲者に対する供養があってもいいものだ、と思う。

>>536だから何なんだ?原爆がアメリカとその同盟国にとって切り札になることと、
倫理上許されない行為であることは全く無関係だろ

539 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:29:41 ID:k9R969OF0
原爆おとされなくても降伏してた

だったらもっと前にしとけよw

540 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:29:52 ID:zPXF0aHr0
産軍複合体は、病巣だろ(笑)当時の日本は、大和や赤城、零戦などの当時としてはハイテク兵器を作るテクノロジーは、あったんだから。それらが民生に生かされて戦後の発展に寄与したのは歴史が証明している。日本の軍事構造の役目は、終えるべくして終えたのさ

541 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:32:29 ID:p0pewGV1O
>>531
図書館ぐらい行けよ。

542 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:32:47 ID:iIY35k9TO
街でみかけるヨボヨボの今にも死にそうなジイちゃんも
若い頃から敵を殺す為の様々な技術を叩き込まれた優秀な殺人マシーンだったかも、
と思うとなんか見る目が変わるなー。

543 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:33:12 ID:WgKbXvUiO
本気で言ってんならアメ公は基地外

544 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:34:09 ID:nDxVT4v/0
しかし、アメ公は絶対あやまらないね
被爆者との対談の時もそうだったが

545 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:34:49 ID:cxPH/iSq0
>>537
携帯だとIDの末尾がOになるから、うそがすぐにばれる。
面倒くさいんだろうけど、すぐばれるうそはいけない。

546 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:35:00 ID:zPXF0aHr0
軍事予算と海外領土の運営費用で国家予算の大半が飛ぶような財政構造じゃ早晩大日本帝国は、戦わず破綻したろうな

547 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:35:48 ID:l9uSuJlPO
>>533
>>1を読めどあほ。「英雄視されている」って書いてあるだろが。この人は賛成論者、「百万人を救った」論者の急先鋒だから影響力は大きいの。

548 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:36:17 ID:aJNdOhAA0
>>544
アメは裁判国家だからな
謝る=自分が悪い=負けって構図がDNAに叩き込まれてる
どんな些細なことでも絶対に「ソーリー」とは言わない
それこそ道で肩がぶつかっても相手が悪いと言い張り、裁判沙汰にまでするキチ

だから平気でインディアン虐殺もできた

549 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:36:54 ID:ZpcyqzU30
軍縮会議での対米7割の時点でキチガイだわな
そんなに金つぎ込んだら国が傾くだけじゃんw

550 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:39:36 ID:MnzSTtty0
>>536>>539
毛唐の鬼畜のふりする特亜の鬼畜・・・


551 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:39:36 ID:jrWtrhM0O
幽霊とか呪いは無いと証明されたな
原爆落とした奴がこんな長生きしてるんだもんな

552 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:40:28 ID:78VNZnaT0
だったら9・11の連続テロも基地外国アメリカを終了させるために
必要だったんじゃねーのかw
ま、こんなアメリカに媚びる小泉と産経およびその信者の神経を疑うね。

553 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:41:08 ID:p0pewGV1O
>>549
六割九分七厘五毛だよw

554 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:42:07 ID:zPXF0aHr0
あまりの軍事構造利権集団のドキュソっぷりに山本イソロクは、すでに開戦前からこんな海軍辞めてモナコで博打打ちになりたいと四六時中周囲にこぼしていたほど

555 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:43:25 ID:oOt+Qjgh0
鈴香みたいな言い訳だな。

556 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:43:28 ID:a8s7nrrK0
>>537
(^^

557 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:45:38 ID:78VNZnaT0
>>537
IDについては無知だったかw
その程度だから幼稚園児でも言わないようなことを
平気でレス出来るのか。

558 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:45:43 ID:oXdPOB5n0
なぜ、短期間に続けて2発落されたのか?


559 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:46:15 ID:palGX6cc0
戦争の原因は白人による有色人種の奴隷支配
それに真っ向から立ち向かった日本
アジアを救った日本
鬼畜米英だよまさに

560 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:46:30 ID:oOt+Qjgh0
>>558
二つ作ってしまったから。

561 :537:2006/08/09(水) 12:46:43 ID:IvXqFivB0
≫545
PHSから書き込むと末尾がOじゃなくて0になるんだよ。
回線一度切れたからIDが変わってるかもしれないが、勘弁してくれ。

562 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:47:20 ID:FzYR0I+p0
人体実験じゃない。ソ連に主導権を握られないため。

563 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:48:36 ID:oOt+Qjgh0
>>559
なのに中国・朝鮮が逆恨みして、可笑しな立場に立たされた日本。w

564 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:49:15 ID:LrUtuAnS0
>>531
教科書に載ってない歴史を勉強しろって言って
それを知ってるような書き込みなのに、
その割りには、自分から知識は披露しないのなw
知識は披露しないと役に立たないよ?w


565 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:49:26 ID:FzYR0I+p0
>>588
ウランちゃんとプルちゃんがいたから

566 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:49:47 ID:QCS0kc+m0

まあ反共の砦だった大日本帝国を滅亡させて、初めてアメリカも事の深刻さに
気づくワケで、トルーマンやバーンズは共産主義者を原爆投下でも満足に
威嚇する事が出来なかった。

アメは日本の代わりに自国兵を殺し、莫大な予算を消耗して長い間冷戦を闘った。
どっちもどっちだな。


567 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:50:11 ID:hHwehPsV0
散々既出だろうけど日本が降伏したのはソ連の参戦で講和の目途が絶たれたから。
原爆はあんまし関係ない。せいぜい破壊力の大きい新兵器程度の認識だろ。
現実的に脅威なのはB29の絨毯爆撃と海上封鎖だからな

568 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:50:54 ID:tQtYsJVyO
ノゲイラがどうしたの?


569 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:50:57 ID:kS/zz8oV0
戦後のアメリカ統治が上手く行ったのは日本人の価値観を破壊した事が大きい

キリスト教 = イメージいい
日本の古来のもの = ダサい

みたいな。
キリ大として春を謳歌したのは上智、立教、青学など
日本古来のものに当てはめて凋落したのは日大(ここは戦後戦略として唯一解体させられた)など
今でも「日本〜〜」って付く企業はイメージが良くないと思っている人は多い、洗脳は完了しましたね。
今まで自分達を育ててくれた伝統を足蹴にして、西欧的な文化を以上に崇拝し、精神の奴隷化する。

今でもキリスト教では「原爆はイエスキリスト、神の支持による正当な行為」ですからな。
キリスト教の大学行っている奴は頭の中身を疑いたくなってしまいます。
どうせ、キリ大はバカしか居ないから不幸中の幸いでしたが。
上に挙げたキリスト教のバカ大学が東大や早慶に取って代わるような存在になったら、
日本はとんだバカ国家になってたでしょう。

思想を教育(洗脳)するには最高学府の大学から始めなければならない。

570 :564:2006/08/09(水) 12:51:16 ID:LrUtuAnS0
間違えた、>>537だ。

571 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:51:44 ID:FzYR0I+p0
>>567
ソ連の参戦は原爆が関係してると思うけど

572 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:51:50 ID:wiGsbBm50
>戦争終結のため必要
それはあくまで被害者側が言うコメントであり加害者が言うということからしておかしい

573 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:52:43 ID:p0pewGV1O
>>562
ソ連を牽制して、ソ連侵攻より早く降伏させようとする意図はあったかもしれないが、
それを以て人体実験じゃないとするのは頂けない。
様々な思惑の結果…だろう。ならば人体実験の側面もあり、早期終結の側面もあった、と言えるのでは。

574 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:53:20 ID:f7xMleRz0
>>572
逆なんじゃ?

575 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:54:15 ID:LrUtuAnS0
>>537
お前さんの知っている、
教科書に載ってない情報を知りたんだ
だから、語ってくれよ

576 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:56:12 ID:kS/zz8oV0
そして、最近気になったことを言わせてもらおう

最近はオシムが原爆を例にとって「そこから日本は経済大国になっていった」


            大  嘘  で  す


戦前、つまり明治維新以降、つまり原爆投下前から日本は北東アジア唯一の工業国でした。
現に戦前のGDPは右肩上がりです。また第一次世界大戦後には五大国にも名を連ねてます。
それをアメリカが神の意思w による非戦闘員になる国民に
大空襲を繰り返して、日本人を大虐殺しまくり、日本の経済をメチャクチャにしたのが原因です


そして今でもこういわれてます。アメリカに留学した人なら分るかな?
インディアンを大虐殺していた鬼畜白人の台詞です。


唯一のいいジャップは 死んだジャップだ

577 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:58:14 ID:6f3Xo2BI0
退役軍人会のアル中仲間とクネクネしていりゃいいのに
わざわざ今更、正当化発言ですか

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`) <そうだ、サムライって言えば納得してもらえるかも
     ノヽノヽ
       くく


578 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:58:30 ID:f7xMleRz0
>>576
そうでもないと思う。北東アジア一の工業国だったのはそうだと思うけど、
原爆落ちなきゃ、ヨーロッパ、アメリカ、って言う市場が無かったんだから、
原爆落ちたから、良かったてのは、本当だと思う。

文系頭悪すぎだ。文系は駆除するべき。

579 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:58:41 ID:zPXF0aHr0
まあ作戦見積もりで天皇温存を堅持した米軍首脳部は賢明。天皇処断を主張した政治屋や文官連中は大馬鹿。馬鹿の多さではアメリカも日本も、どっこいだ

580 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 12:58:55 ID:GDCCkINt0
>>571
原爆よりソ連参戦の方が先だろ。

581 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:00:18 ID:FzYR0I+p0
>580

582 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:01:55 ID:f7xMleRz0
>>580
アメリカには陸軍を送る能力が無かったし、ソ連が侵攻して米ソ戦争に発展する可能性が
有ったから、原爆を一度爆発させて、一旦終了にする必要が有った。

と考えると、原爆の爆発は、いい事ばっかりで、何一つ悪い結果は無かったと思う。

583 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:02:34 ID:zPXF0aHr0
まあGHQの公職追放により無能が駆除されて若いエリートにバトンが渡されたのは良かった

584 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:02:37 ID:p0pewGV1O
ソ連参戦は実際8/9からだったけど、計画はかなり前倒しになっとる。

585 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:03:48 ID:ozA3yO730
そりゃ向こうの立場からしたら、
原爆投下の「正義」は絶対に譲れないに決まってる。

自分どころか子々孫々にまで、許されざる大罪を背負い込ませるからな。

日本がアメリカ本土まで攻め入って徹底的にアメリカを叩き潰すくらい
までやって、尚且つ世界にそれを正義と認めさせるくらいしないと、
アメリカは決して原爆投下を公式に罪とはしないだろ。

要するに、有り得ない。

586 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:05:19 ID:LrUtuAnS0
勝った方が正義だろ?

587 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:05:59 ID:ZpcyqzU30
>>576
小林の戦争論に騙されてるクチか・・・純粋まっすぐなんだなぁ

588 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:06:10 ID:6Kf5YSSw0
ソ連に対するデモンストレーションという要素も当然あります。
ソ連参戦と原爆投下の順番については、( ´_ゝ`)

ソ連参戦は降伏を決意させるキッカケにはなったようですが、既に
海上交通線を遮断されていて、食糧も原料も廻らない状態だったの
で、実は戦争の大勢に影響はなかったかも。もちろん、戦争終了後
の国際情勢には多大な影響を及ぼすわけですが

589 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:06:49 ID:kS/zz8oV0
>>586
それじゃ動物の世界だよ。弱肉強食のな

文明持ってる人間の言う事じゃない

590 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:07:06 ID:zPXF0aHr0
今の北朝鮮なんてスターリンとトルーマンの殴りあいの喧嘩の後に残った、飲み屋の壊された立て看板みたいなもんだろ(笑)

591 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:07:35 ID:k9R969OF0
さんざん内地爆撃されたり
外地で壊滅的にやられたりしても
降伏せず
原爆2発おとされて急いで降伏。
弱すぎw

592 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:09:19 ID:AGhdWotGO
731は人体実験しまっくったあげくに責任者や多くを知る奴らはGHQに資料提供して責任放棄
結局裁判から逃げる
その後責任者の愛人だった奴に自分は悪くないという救いようのない内容のノートが公開される
敗戦が解りアメリカに負けたので来る前に責任波及を逃れるために当時の資料を厚生省の役人が片っ端から燃やした

アメリカが原爆が落ちる前に降伏勧告していたのを拒否そして落ちる

何故落としたかというと一つは実験だろうがもう一つは台頭してきたロシアに日本分割をさせたくなかったという所があって強力な爆弾をロシアより先に落として決着をつけロシアが付け入る隙を与えたくなかった。(
大陸は韓国以外共産圏だったので日本は大変重要な地理にあった)
もし半分に分割されてたらスターリンの事だから移住させられたり独裁者が居る国家で庶民はスパイに監視されて生活しなきゃいけなかっただろう…
大国の戦略的重要拠点にあって日本が自国の領土をほぼ残しアメリカに経済を預ける形で大きく発展できたのはかなり幸運だったと思う。
もしロシアになってたら貧民国になっていた可能性大

国民が困っている時日本政府や軍人高官達は三井や住友、三菱財閥系と結託して民衆コントロールと不平等な搾取を繰り返してた
食べ物が無いという事で自国民には倹約のプロパガンダをばらまきながら自分達はパーティー三昧
外国が鬼畜といいながら高級ワインなどを沢山持っていた


593 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:09:57 ID:kS/zz8oV0
>>588
事実上、日ソ中立条約という同盟を組んでたのに
ソ連が参戦した事に付いての批判や非難はあまり聞かない

ただ、ソ連が参戦しようがしまいが時期的にはズレたかもしれないけど
日本に原爆投下は決定されてた事だと思うが

594 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:10:11 ID:G1lo9D0wO
原爆落とされたほうはたまったもんじゃないな

595 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:10:40 ID:FzYR0I+p0
広島と長崎で原爆使われてなかったら朝鮮半島で使われてたんだろうな

596 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:10:42 ID:LrUtuAnS0
>>589
どちらか正義か分からないから
戦争して勝った方が正義を決めるんだろ?
勝ったもん勝ちよ

597 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:10:43 ID:ajjfa+Nm0
原爆投下が正当というなら、靖国は戦死者の慰霊ですよ
可愛いもんだよ

598 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:11:52 ID:hVNamgbS0
よく解からないけど、ジェノサイドだよな


599 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:12:55 ID:p0pewGV1O
>>591
もともと東條英機内閣を倒したのは和平派の策謀とも言われています。
すると、原爆投下で急いで降伏、とは言えないのではないでしょうか。
鈴木内閣は戦争終結の為の内閣ではなかったですか。

600 :537:2006/08/09(水) 13:13:39 ID:zjds9bbO0
≫575
偉そうな書き方して悪かったよ。
自分はまだまだ勉強中で、語れるほどの資料集めたり検証しきった訳じゃないから。
だから情報は自分で集めてくれ

嵐てスマソ

601 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:14:10 ID:kS/zz8oV0
>>596
となると、核兵器すら向こうに出来るような新兵器みたいのを
開発してその国が他国が口を挟めないほど帝国化して、
全地球の人類を奴隷に扱っても許されるという事か

アメリカのやっている事はまぁ近いけど

602 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:14:28 ID:QCS0kc+m0

>>591
その弱いが日本が有色人種唯一の誇り高き独立国家なんだからしょうがない。

日本以外の有色人種はすべて独立も近代化も出来ずに牛馬の様に
欧米列強の奴隷を何百年もやってた。チョンに至っては間抜けなロバ同様に
支那皇帝の千年奴隷に甘んじ、アフリカ最貧国並みの土人だった。



603 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:14:35 ID:FzYR0I+p0
ナチスホロコーストに近いものがあるからな。アメリカの戦略爆撃と原爆は。l

604 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 13:14:58 ID:ES2m5eN80
しかし、ネットうよくは、
いうところの自虐史観から解放されたら
そのあとどうするんですかい。
気分すっきりで、遺恨をはらしに突撃
開始ですか。
世界の常識からかけはなれた
きちがい国家としておまえらのきらいな北朝の
なかまいりですか。そーですか。

605 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:15:14 ID:zPXF0aHr0
何十年も前の喧嘩の後も、修理されずに今もスナックの店頭に置き去りにされた古看板。それが北朝鮮。韓国は、その隣のケバい ヘルス店みたいな感じか

606 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:15:47 ID:8F3W7hGk0
このくそ爺、軍人なんだから拒否できるわけないし、
40万を二発で一瞬にして殺したことを自分は
正しかったと自分に言い聞かせるのは当然。

607 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:16:03 ID:VTFkL2Tp0
そうでも考えないと精神崩壊するだろ

罪もない女子供虐殺したなんて考えたら気が狂う

608 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:16:34 ID:kS/zz8oV0
>>602
つうか、その弱い日本国家に負けた露助とシナの立場は…

戦後の状況からして両方とも負けながら勝っちゃったみたいなもんだが

609 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:16:37 ID:LrUtuAnS0
>>601
物事の真理って
そうじゃないの?
勝ったもん勝ちだろう?
戦争だってそうだろ

610 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:17:11 ID:QCS0kc+m0

>>603

アメリカ軍の将軍、参謀、士官クラスにはドイツ系が極めて多い。


611 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:17:48 ID:hGpJm8p90
小泉の長崎記念式典の挨拶って心がこまらない、ガキの走り書きみたいだったな。

「あっついなぁ、なんでこんなところに俺が居なくちゃならないんだよ、糞」


612 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:17:56 ID:lUhvcWh/0
サムライ相手なら原爆落としてもいいのか。
それに女子供もいたんだぞ。

>>604
くだらない「振り込め詐欺」を繰り返す中国韓国に取り合わなくなるだけ。

「お前の先祖は侵略した。賠償しろ。」

613 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:18:05 ID:8TIHNgeW0
命令を忠実に実行しただけの一軍人をいつまでも叩くなよ。
半島臭くて吐き気がする。

614 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:18:49 ID:d6aT52Z20
今のイスラエルと同じような事言ってるな

615 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:18:58 ID:8F3W7hGk0
>>587
>>576の文章
句読点なし、改行のみの行、ジャップ

どう見てもチョンです、ありがとうございました。

616 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:19:27 ID:MJCHDvtJ0
日本が幸運だったのはアメリカに負けたことだな。
だから、コンプレックスがないんだよ。
戦争で負けたり支配されるってのは民族的劣等を意味するわけだが
アメリカってのは多民族国家でそういうわだかまりがなかったな。

617 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:20:55 ID:iVwi4ru1O
機長に責任があるとも思わないが
機長に是非を論じる資格も無いと思う

まあマスコミがつついてコメントさせただけだろうけど

618 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:20:55 ID:PV7T1izzO

平和的に平和を勝ち取りたいなら
その国のやつら全員が子孫をつくらないことだ。
子供がいる人間はその子供が子孫をつくらないことでくいとめろ。
核も軍事力も金も一円たりともかからないだろう。


619 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:21:42 ID:ZpcyqzU30
>>616
戦後10年たって書かれ始めた書物、「家畜人ヤプー」には
見事なまでの白人コンプレックスが描かれてる

620 :我衆院:2006/08/09(水) 13:22:13 ID:T01l/7TR0
ID:ES2m5eN80
白痴だな。


自分で考えろ!

ネット右翼め!

621 : :2006/08/09(水) 13:22:19 ID:TKWglzQC0
使ってみたくて使ってみたくてたまらんかった、と何故言えん?
プロレスワザ覚えたての中学生のように、セックス覚えた大学デビューの
あんちゃんのように。「早期終結」が唯一の目的だったならばどうして
小倉でなく広島や長崎だったのか?データ取りたかったから晴れてたとこ
狙っただけやんか。本当に打撃のみを目的とするなら直視下投下にこだわった
理由がさっぱりわかんねーっつーんだよ。開発の手間隙もったいねーから使ったんだと
どれぐらい威力があるもんだか実際の市街地で人間付きでためしてみたかった
って、言ってもらったほうがむしろさっぱりする。


622 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:22:45 ID:lUhvcWh/0
>>613
変な言い訳するからだろ。

命令を忠実に実行しました。逆らえませんでした。
って正直に言えば誰も叩かないのに。

623 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:23:04 ID:MJCHDvtJ0
>>619
そりゃ、戦争で植民地を失った欧米諸国が激しく日本を叩こうとしたからだよ。
イギリス、オランダ、フランス、スペインなどなど。

624 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:23:10 ID:kS/zz8oV0
>>609
残念だな。
勝ちに異常に執着するのも洗脳の一つなんだろね。
スポーツの世界とかでは当然の事なんだろけど。
そういう理屈で言うと、いくら粋がったところで君らは敗戦国の人なんだよ
君達は生まれながらに負けてるの。勝者のアメリカ人に何を言っても無駄

今では科学が発達し過ぎて大戦争が成立しない。
今大国同士が戦争したら、地球全体がシナイ半島みたいになる
核に対してはどの国もほぼ防衛上は無防備に近く、
核を持っちゃったもん勝ちになる

625 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:24:26 ID:p0pewGV1O
>>620
どこのポエマーだよお前。

626 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:24:49 ID:8F3W7hGk0
将来はウチの組のボディガードです、夜露死苦

627 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:25:05 ID:iVwi4ru1O
日本男児として
常々、サムライ的精神を心がけてる俺としては
サムライという概念を汚された感はある

628 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:25:32 ID:K9D5+MQC0

落としたっていいじゃないか 戦争だもの


629 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:26:23 ID:ZpcyqzU30
>>623
家畜人ヤプーは日本人が書いた小説だぞ。

630 :我衆院:2006/08/09(水) 13:26:40 ID:T01l/7TR0

「一般市民」
つまり、

女子供を含めてサムライとは言わない。


原爆で亡くなったのは、女子供など一般市民。



631 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:27:35 ID:StkOH9CQ0
原爆スレで誤爆orz

632 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:28:09 ID:QCS0kc+m0
>>621
トルーマンはいわゆるIVYリーグ卒の東部エスタブリッシュメントじゃないから、
周りから能力を低く見られることを極端に恐れてた。つまりコンプの固まりだったらしい。

どうもデカイ事をやって自分をアピールしたかったのは事実のようだ。


633 : 621:2006/08/09(水) 13:28:32 ID:TKWglzQC0
このおっさん単品の話としては>>622が結論を述べてしまっている。
でもカンボジアで捕まった元村長なんてのが「あのときは逆らえなかった
んだ。悪いのはポルポトで、おれも被害者だ。」なんて言い訳しても
あんときおまえも結構ノリノリで調子こいてやってたじゃん、みたいな
感じで結局リンチでぶちころされてたけど。

634 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:28:40 ID:Z0lnADmr0
何で誰も原爆を非難する英語サイトを立ち上げないんだろうね
こんな糞みたいな掲示板で延々と話し合ってても無意味なのに

635 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:29:51 ID:zPXF0aHr0
まあ半島は、日本が去った後、案の定、米 ソ 中がやってきて日本統治時代の何百倍の大損害を出したまんま去ったんだがな(笑)なぜか苦情の矛先は日本というヘタレ民族ぷり

636 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:30:54 ID:kS/zz8oV0
>>633
こういう下らん言い訳するって事は少しは罪悪感あるのかね?>アメ公

「有色人種は神の名を汚す者だから駆逐(大虐殺)して当然。神の意思だ!」
とか数十年前までは本気で言ってたのに
自分が正しいと思ってたらこんな事わざわざ言わないわなw

637 :我衆院:2006/08/09(水) 13:33:30 ID:T01l/7TR0
ID:Z0lnADmr0
俺はアメリカ人と英語で語ったことある。


そいつは歴史を学んでいたから、
日露戦争などで、日本に好感もっていたから、残念な出来事だといっていた。

医者志望だったから、あれは虐殺だと認めていたよ。彼個人は。

その彼は、日本に来たときに帽子脱いで靖国参拝してたよ。

時代が変われば、認識も変わってくる。


638 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:34:11 ID:AGhdWotGO
何だかんだ言ってもアメリカについた日本は大陸の中国や朝鮮よりは進歩した

639 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:34:34 ID:KqCiOPuU0
原爆云々よりもサムライを引き合いに出したことに腹がたつ

もし旧日本軍のサムライが原爆を落とした側としたらその後
そのサムライは腹きりで自殺するだろう

原爆を落として正当性を主張するやつにサムライという言葉を軽々しく
使ってほしくない

640 : 621:2006/08/09(水) 13:34:48 ID:TKWglzQC0
試しに「次の謝罪」では「あんときはごめんね。うちのA級戦犯どもが全部
悪い。全てあいつらが企み、しでかしたことであって自分たちも被害者なんだよ。」って
言ってみたい。彼らはどんな反応を示すことだろうか。

結局、一個人が国の方針みたいなのを背負って代弁するところに無理があり、
うそがある。おまえら「のばら」読んでねーのか、と。昔「ここがへんだよ、
日本人」もそのへんごちゃごちゃにして失敗してたやないか。

641 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:36:02 ID:zPXF0aHr0
でも、アメリカにもレイシズムは、あるが黒人でも国務長官、日系人でも陸軍参謀総長になれるくらいのフェアな面は、確実にあるぞ

642 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:36:43 ID:QCS0kc+m0
>>635
>日本統治時代の何百倍の大損害

いい加減な事を抜かすな。日帝36年で朝鮮は奇跡の様な高度成長と近代化で
人口爆発してる。

損害ってのは何だ?学校に行って文字を読み書きしなきゃならなくなった事か?
それとも清潔にさせられ、呪術を禁止される代りに、病院で苦い薬を飲んだり、
痛い注射を打たれた事か?風呂に入れられたことか?

あるいは泥水を飲む自由や窓からウンコする自由を奪われた事かwww。


643 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:36:53 ID:FzYR0I+p0
日本でも朝鮮系が国会議員だね

644 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:37:17 ID:MwK8UeGe0
死ね。内心では罪を感じてるだろ。
他人は騙せても自分は騙せないよ。死ね。
政治目的の為に市民の犠牲はやむをえないというのを
テロというんだよ。
死ね。

645 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:38:09 ID:p0pewGV1O
>>641
是々非々だね。

646 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:38:28 ID:unmn62VH0
仮にアメリカに原爆を落とした人は
「私が戦ったのはアメリカの一般市民ではなくカウボーイ(米軍)」と言い訳できるって事だね

647 : 621:2006/08/09(水) 13:38:33 ID:TKWglzQC0
>>636
この言い訳の出所は罪悪感5%、愛国心95%ってとこじゃないだろうか。

648 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:39:25 ID:UJm8toU30
>>642
ちょっとは落ち着いてレス見直せよネトウヨ

649 :我衆院:2006/08/09(水) 13:40:20 ID:T01l/7TR0
ネトうよがたくさんいるなww


俺もネトウヨだがwww

650 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:40:27 ID:QCS0kc+m0
>>648
プ

651 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:40:36 ID:kS/zz8oV0
>>647
ま、アメ公の事だし大して期待はしてないからね
俺が行った時はUSA!!USA!!だったからなぁ…
今も愛国心で行っているのかね。流石に飽きないか?

英語も話せんようなヒスパニックが多いので民度も低くなったってワケか

652 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:42:38 ID:qPRmpjlS0
>>285
>>352
その不発だったという3発目の原爆の正体は、原爆本体と同時に
投下された観測用のラジオゾンデ。
日本側はこれを不発の原子爆弾と思いこみ、それをソ連に渡すことによって
米ソの競争を煽り立て、日本はその間に再起をはかるという目論見だったそうだ。

「沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか」

653 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:44:53 ID:ZqEP0TYOO
原爆投下は国際法、交戦法規に違反。
これを知らない主張出来ない日本人は人間失格

654 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:45:45 ID:FzYR0I+p0
戦略爆撃だってそうだぞ

655 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:45:46 ID:kS/zz8oV0
>>653
その前に東京大空襲も明確な国際法違反ですよ

656 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:46:07 ID:zPXF0aHr0
まあアメリカなんて、せいぜい二、三百年の国。精神文明資産の蓄積なら、遥かに日本のほうが上なんだから多少の幼稚な発言くらい目つぶってやれ。

657 :我衆院:2006/08/09(水) 13:46:21 ID:T01l/7TR0
アメリカの精神を壊すのは容易ではない。


階層が違うし、民族も複数。

だが、

愛国者法などが通用する国家体制。

軍隊での規律も厳しい。

だが、中国人よりも建国精神を誇りに思っている移民が多い。

658 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:48:33 ID:JVW7w+4Y0
まーオレがアメリカ人だったとしたら、ふつーに原爆使うよ。
自国の死者を1000人減らすためなら敵兵10万人を虐殺したとしても良心は痛まない。


659 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:49:09 ID:RzNr0EvT0
機長を責めるのは筋違い
軍人としては立派だ

660 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:53:40 ID:IlaIW6Ub0
>>659
>軍人としては立派

なら韓国人や中国人を殺した日本の兵隊さん立派だったんですね

661 :たかし:2006/08/09(水) 13:54:20 ID:V3YSb/+V0
ほとんどの米国人は原爆投下は戦争を速く終わらせるために必要だったと信じている。が私は反論したい、何故あのような一発で10万人以上殺せる大量破壊核兵器を事前警告もなしにしかも民間都市に落としたのか、米国のゆう人道に対する罪ではないのか

662 :我衆院:2006/08/09(水) 13:55:09 ID:T01l/7TR0
イラク戦争への派遣拒否など


自己の良心を理由に派遣を拒否する米国軍人も多い。

彼らは、兵士でいることとと、大義無き戦争は違うという。


そんな意思のアメリカ人も多い。

663 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:57:06 ID:TKWglzQC0
>>661

 →621

664 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 13:59:37 ID:IlaIW6Ub0
>>662
イラクへ派遣されたら自分の命が危ないという理由で拒否してるだけ
アメリカ人はイラク人が何人死んでも興味ないって顔してるよ

665 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:00:03 ID:BmkGHAdAO
>>2369
○聖断の御言葉
∽ ∽ ∽
外に別段の発言がなければ私の考を述べる。
反対側の意見はそれぞれよく聞いたが私の考は此前に申したことに変りはない。
私は世界の現状と国内の事情とを十分検討した結果、これ以上戦争を継続することは無理だと考へる。
国体問題に就いて色々疑義があるといふことであるが、私は此回答文の文意を通じて先方は相当好意を持って居るものと解釈する。
先方の態度に一抹の不安があると言ふのも一応は尤もだが私はさう疑ひたくない。要は我国民全体の信念と覚悟の問題であると思ふから、
此際先方の申入を受諾してよろしいと考へる、どうか皆もさう考へて貰ひたい。

更に陸海軍の将兵にとって武装の解除なり保障占領と云ふ様なことは誠に堪へ難い事で夫等の心持は私には良くわかる。

しかし自分は如何にならうとも万民の命を助けたい。


666 :我衆院:2006/08/09(水) 14:00:56 ID:T01l/7TR0
戦争に拒否を示せる米国は、自由の国たる所以だ。


しかし、実際は、戦争反対の議員の息子が積極的に戦場に送られたりしたが、

667 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:01:25 ID:p0pewGV1O
>>664
ツンデレなんだよきっと。

668 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:02:17 ID:BmkGHAdAO
>>665続き
此上戦争を続けては結局我邦が全く焦土となり万民にこれ以上の苦悩を嘗めさせることは私としては実に忍び難い。
祖宗の霊にお応へが出来ない。和平の手段によるとしても素より先方の遣り方に全幅の信頼を措き難いことは当然ではあるが、
日本が全く無くなるという結果にくらべて、少しでも種子が残りさへすれば更に又復興と云ふ光明も考へられる。

私は明治大帝が涙を呑んで思ひ切られたる三国干渉当時の御苦衷をしのび、此際耐え難きを耐え、忍び難きを忍び一致協力、将来の回復に立ち直りたいと思ふ。
今日まで戦場に在て陣没し或は殉職して非命に倒れたる者、又其遺族を思ふときは悲嘆に堪へぬ次第である。
又戦傷を負ひ戦災を蒙り家業を失ひたる者の生活に至りては私の深く心配するところである。此際私としてなすべきことがあれば何でも厭はない。

国民に呼びかけることが良ければ私はいつでも「マイク」の前にも立つ。

一般国民には今まで何も知らせずに居ったのであるから突然此決定を聞く場合動揺も甚しいであろう。
陸海軍将兵には更に動揺も大きいであらう。この気持をなだめることは相当困難なことであろうが、
どうか私の心持をよく理解して陸海軍大臣は共に努力し、良く治まる様にして貰ひたい。必要があれば自分が親しく説き諭してもかまはない。
此際詔書を出す必要もあらうから政府は早速其起案をしてもらひたい。 以上は私の考えである。



669 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:03:07 ID:V2u+Hg/20
サムライなんていたのか?

670 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:04:38 ID:QCS0kc+m0
>>660

日本人と共にチュウゴク人を殺した残虐な朝鮮出身兵なら珍しくも何ともないが、
韓国人を殺した日本軍人ってのは珍しい。会ってみたいww。

ソイツ、早く連れて来てw。おまい時代考証も設定も目茶苦茶だなwww。
く、苦しい。おかしすぎて腹の皮がよじれるwwwww。


671 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:05:09 ID:MwK8UeGe0
>>659
ボタン押したら設計どおりに爆弾落ちた。
この機械は高性能。
っていうのと訳が違うよ。
軍人である前に人間だからね。


672 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:05:38 ID:p0pewGV1O
>>669
広島市民とは関係ないが、先の大戦では古式ゆかしい鎧兜で参戦した猛者も居たぞ。

673 :我衆院:2006/08/09(水) 14:07:06 ID:T01l/7TR0
なんでサムライなんだろ



ニンジャじゃ駄目だったのかな。


ゲイシャとかさ。

674 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:07:12 ID:RzNr0EvT0
>>660
>一方で元機長は、「原爆投下の結果、犠牲になったのは市民」との指摘に対しては無言で
>うなずくだけ。日本のメディアの取材については、「近年は気が進まず拒否してきた」と
>口ごもった。

機微の判らん子供は夏休みの宿題でもやってろ

675 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:08:44 ID:avBkzOQd0
自分から喧嘩しかけといて、負けそうになってボコボコにされたら
「そんなに殴るのは卑怯だ」とか言ってるんだろ。

じゃあ、最初から喧嘩なんかすんなよ。
言ってることは中国・韓国・北朝鮮レベルだぞ。

676 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:09:05 ID:rihXSp5X0
アメリカをはじめとした連合国の戦争犯罪について
詳しく知りたい奴は米田健三の本を読むべし

677 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:10:36 ID:WHSBsEAhO
まぁいろいろあっただろうし何より戦争してたんだから仕方ないだろ。
いつまでもしつこいチョンの方がよほど問題

678 :我衆院:2006/08/09(水) 14:11:02 ID:T01l/7TR0
喧嘩じゃねーし、


喧嘩にもルールはある。

679 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:14:50 ID:d/1+neKt0
東京裁判の日本が戦争したのは完全な合法だから
強引に罰するために作られた事後法による

人道に対する罪

これ、アメリカの方が犯しちゃってるんじゃない?w

680 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:15:01 ID:AGhdWotGO
アメリカとは原爆を落とされても関係を保てるが
チョンは過去過去としつこくこれからも干渉してくる
明らかにチョンは害悪の比率が大きい
日本はチョンとは価値観が大きく違い時間がたってもまともな会話もできない

681 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:15:09 ID:p0pewGV1O
>>675
開戦前後の経緯を見ればそんな極端な物言いはできないな。

682 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:15:48 ID:f7xMleRz0
>>583
それも、原爆の効能の一つだと思う。
文系を駆除すれば、日本人は全土が焦土になって、外地からの引き上げ組みを
養いながらも復興できるほどのパワーがあるって事の証明だと思う。

文系を駆除するべきだと思う。

683 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:16:59 ID:9rCjF2Ue0
>>エノラ・ゲイ元機長

ホモ?

684 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 14:17:22 ID:ES2m5eN80
>>676
そんなもん読まなくても世界中の人が
知ってるわ。ネットうよくってのは
自分だけが知ってると思いたいわけだ。
連合国も枢軸国も戦争犯罪を犯した。
それを前提に未来を考えるのが
今を生きる人間のすべきこと。
よーするにネットうよくのやってることは
自慰行為なのよ。OPEN YOUR EYES!

685 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:17:58 ID:+Wm46IOU0
必要悪と考えないと自身を正当化出来ないんだな
だが2発もする必要があったのか?


686 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:19:51 ID:p0pewGV1O
>>684
プ

687 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:25:28 ID:BmkGHAdAO
>>402
つ【キリスト教】

688 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:25:38 ID:StkOH9CQ0
>>684
不思議なことに、街宣右翼は
竹島問題に触れないね。
本能寺の変で信長殺した武将は
誰だっけ?

689 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:27:47 ID:QCS0kc+m0

表向きの百万の米兵を救う為なんてのは米世論を納得させる為の嘘っぱち。
講和の道を懇願してた日本が絶対に飲めない無条件降伏に変えてまで時間を稼ぎ、
原爆の完成を急いだのが事実。結局、最後は降伏条件を当初の案にまで
戻して緩和してる。

今ではトルーマンとバーンズの二人の小物が東欧を赤化しつつあった
スターリンに恐怖して、威嚇の意味で日本に落としたというのが大方の意見。

だが実際には核恫喝にも関わらずソビエトも中国も急速に力をつけて、
冷戦の時代になりアメリカ軍は世界中で長い間苦しむ事になる。
つまり原爆投下はその非人道的な大量殺戮の罪に比べ、さして効果のない
愚策だったというのが結論でしょ。



690 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:27:55 ID:UJm8toU30
>>688
仙台だけど竹島云々叫んでたが?

691 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:28:21 ID:avBkzOQd0
>>681
ハルノートが渡される以前に、日本は完全にキチガイ化してただろ。

自分が強いと思って他人に迷惑かけまくってた奴が、
ふとまわりを見れば、みんなから無視されてしまった。

完全に逆切れ。

692 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 14:30:20 ID:ES2m5eN80
>>688
それ、あけちみつひでよ。てれびでみたよ。
ドケスデンのばくげきもにっぽんのテレビで
みたよ。だからレンゴー国の戦争犯罪も知ってるよ。
こうかくと満足ですか?
のーたりんのネットうよさん。

693 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:30:25 ID:RzNr0EvT0
>>691
近現代史に対する知識と理解が徹底的に欠けている
もしくは夏休みの学生

694 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:30:38 ID:StkOH9CQ0
>>691
それ、北朝鮮

695 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:34:41 ID:avBkzOQd0
>>693
近現代史なんて学生時代以来だからな・・・

俺の中では太平洋戦争は日本の逆切れで片付けてあるんだが、間違い?


696 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:37:12 ID:f7xMleRz0
>>693
しょうがない、しょうがない、で原爆まで落とされたのは、文系の所為。
>>691
まぁ、日本には文系以外が3割もいるんで、北朝鮮みたいに縮小均衡に
ならないし、ならなかったのは、やっぱり日本と北朝鮮は違うとは思う。

でも、何時、日本がまた、今の北朝鮮みたいなレベルになるか、マジで心配。
文系を一刻もはやく駆除するべきだと思う。

697 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:37:35 ID:RzNr0EvT0
>>695
逆切れってことは先ず日本が責められる政策をしていたという前提ですか?
大陸進出とか満州経営のこと?日中戦争のこと?韓国併合?

698 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:39:01 ID:StkOH9CQ0
>>695
コヴァカの「いわゆるA級戦犯」読め
立ち読みなw

699 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:40:12 ID:avBkzOQd0
>>698
おk、本屋行ってくるw

700 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:40:49 ID:w3HUWvNb0
日本が開戦に至る過程は極めて粛々と正当な段取りを踏んでいるのだが、
駐米日本大使館のバカどもがアメリカと内通していたのか、宣戦布告が
真珠湾攻撃の後になってしまった。
戦争の局面局面で残酷な事は起きたが、アメリカやソ連のような超絶大殺戮はなかった。
南京事件は戦闘による殺し合いはあったにしろ、大虐殺はありえない。
戦争に負けることは、歴史を正当に書く権利を奪われること。

701 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:41:56 ID:78VNZnaT0
>>698
あんなイカれたオッサンの本は確かに立ち読みで十分だなw
>>697
パールハーバーだな。アメリカに暗号を完全に解読されてたのに
特攻して失敗。んで逆ギレ。昭和天皇も、アメリカに反発した行動を
取って、アメリカの怒りを勝った松岡に不快感を持ってたのは
独白録にも書かれてるしな。

702 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:43:47 ID:FHgPWrUS0
元機長はインタビューで、原爆投下について「今も全く後悔はない。任務を果たし、(戦争
継続で)これ以上血が流れるのを止めたかった」と強調。当日の朝は「準備を徹底して
いたので不安はなく、成功しなければとの思いだけだった」と語り、さく裂の瞬間は「大きな
ウ○コがようやく出たような気持ちだった」と振り返った。


703 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:45:03 ID:kB5ljFxO0
二度と帰らぬ魂の叫び
あの夏の悪夢を永遠の心に
過ちは神の数だけ我に
ああ無情

704 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:47:11 ID:yE4fPFaV0
>>W0PzLwgv0
その当時の植民地化政策ってしってるか?
インドシナ・清などがどういう目にあったか理解してますか?
当時の時代背景抜きに現代の倫理観で過去の政策や人物を断罪するのが門題ある行為だといってるんだが。

それと最初にも言ってるように戦争を煽っているは無い。
無いにこしたことはないと冒頭にことわっている。
だが何故戦争はなくならないのか?平和平和と念仏みたいに唱えてたら平和になるのか?
私はそうは思わない。

おまいさんがナショナリズムや体制に操られるのが嫌なのは良く分かった。
それを利用する反体制団体に操られていないように気をつけなよ。


705 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:47:21 ID:StkOH9CQ0
>>701
靖国行っことあるか?
賛成でも反対でも見てから判断しろ

706 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:48:59 ID:loHQ2FKT0
サムライだったら殺していいのか

707 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:50:21 ID:fsEZNWa20
教訓:人殺しの兵器にむやみに肉親のなまえをつけないこと。w

708 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:53:38 ID:StkOH9CQ0
>>705
中国で売っている日中戦争のゲームは
忍者だし、遣唐使は侍の姿だった。
外国にとってはちょんまげ、刀は日本の象徴です。

709 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:59:47 ID:p0pewGV1O
>>701
パールハーバーを批判するのに松岡洋右もってくるなよ。
間違っちゃいないが軽薄だぞ。

710 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 14:59:48 ID:k/69KYNa0
海軍の暗号は開戦当初からダダ漏れ。
なぜだか陸助の暗号は解読されずw
もちろん、外務省の暗号もバレバレ
闘う前から冗談みたいにブザマな有様
最後も原爆二発を落とされなきゃ、
自分のおかれた立場がわかんない。
どうみても、池沼です。本当にありがとうございました。


711 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:00:12 ID:FHgPWrUS0
>一億玉砕ですよ? 国民みな死ねですよ

これは当時のマスゴミが主に言ってた 郡部ではない


712 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:03:03 ID:0T/ippWW0
テレビタックルでカナダ人がWW2でドイツ兵捕虜を170万人意図的に餓死させたとか言ってたが。

713 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:03:39 ID:78VNZnaT0
>>710
ま、日本はアメリカに、2手先3手先読まれてて、
その時の状況に応じて、アメとムチを使い分けられてたもんな。
あんなアメリカに蹂躙される方向に持って行った軍部の責任は
重いな。

714 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:05:17 ID:FHgPWrUS0
>713
1942年以降のこと 連戦連勝に気が緩んだとしか思えない


715 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:06:03 ID:QCS0kc+m0

既に基本的人権を獲得した21世紀の人間から見て、いかに当時の日本軍が愚かで、
政府も稚拙な外交力しかなかったとしても、近代化された有色人種の独立国が
日本ただ一国しかなかったという現実からは、なんびとたりとも目を背ける事
は出来ない。少なくとも日本人は無力な奴隷などではなかった。
同じリングに上がり、誇りを持って敵と堂々と渡り合えた。

アジアアフリカの諸国民は欧米列強に数百年にわたって支配される牛馬同然の
扱いだったし、朝鮮に至っては支那皇帝の千年奴隷として家畜並みの暮らしに
甘んじていた土人だった。


716 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:06:38 ID:tzgtZPqG0
アメリカも日本同様、先制攻撃を現実の段階まで練り上げていたがな。
まぁ、日本の真珠湾攻撃の方が一歩早かった。
つまり、戦争は否応無く始まっていたというわけだ。

717 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:08:23 ID:0T/ippWW0
このスレでは旧軍の行いを糞味噌に貶すという点で新米派とサヨクは共通してる。

718 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:09:35 ID:XnG7136A0
A級戦犯として十三階段を上った七人の遺体は、横浜の久保山火葬場で火葬にされた。昭和二十三年十二月二十三日午前零時のことである。
それらの遺骨は米軍兵たちがシャベルで、コンクリート混合作業のようにして、もみくちゃにして、誰の遺骨が分明ならぬ状態にしている。右翼や元軍人がA級戦犯の遺骨を奪うことを恐れたからである。
そのうえでGHQ(占領軍)は「A級戦犯の遺骨は太平洋に捨てた」と発表した。多くの日本人はその説を信じたのだが、事実は多少違う。
三文字正平、林逸郎両弁護人らの密計によって、遺骨の相当量は日本人の手によって運びだされている。
火葬場に隣接する興善寺の住職が両弁護人の意を受けて、火葬後の暗夜、米兵たちの油断をねらって遺骨を持ち去り、それから十年間、興善寺に秘匿されていた。
米兵に見つかれば、射殺されるのを覚悟の住職の働きであったし、占領下では、どこに通報者がいるか分からない。
(以下略)
http://ameblo.jp/disclo/entry-10015609272.html

719 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:24:53 ID:FHgPWrUS0
1942.6にミッドウェイで正規空母4隻と熟練パイロット300名を一度に失ったことが日本敗因のすべて
あとは、講和が望めない状況の中でいかに終戦を迎えるかの残務整理でしかない


720 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:26:19 ID:f7xMleRz0
>>698
こばって文系だよ。

721 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:27:43 ID:V8cdcj6R0
昔の日本人はみな侍だったのか・・・

722 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:30:54 ID:f7xMleRz0
>>719
そこで出てくるのが、広島長崎、日本軍説ですよ。
戦後、欧米諸国がいきなり植民地政策を放棄したのが変でしょ。

日本にも、ドイツにも勝ったのに、なんで植民地政策は良くない、なんて
奇麗事言い出さなきゃならんの?

今の欧米諸国見ても奇麗事で動いてる国々じゃない。
なのに植民地政策を放棄したのは、放棄したくなるほど怖い目に有ったから
と考えれば、素直に納得出来る。



723 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:33:56 ID:tzgtZPqG0
そういや戦前アメリカは、プロパガンダで、
日本人は家に帰ったら洋服を脱いで、丁髷袴姿になるっていうような
宣伝していた時もあったらしいなw
まぁ、これでどれだけ信じた人間がいたか怪しいが。

724 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:35:14 ID:FHgPWrUS0
>放棄したくなるほど怖い目に有ったから

も1%くらいあるが、それだけでは植民地政策はなくならない

亜米利加は戦後政策「日本の魔の手からアジアを解放する」を(あせって)謳ってしまった

ま、日本の考えをパクられたわけだが


725 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:35:24 ID:ZqEP0TYOO
イタコに、パール判事を召喚してもらおう

726 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:37:44 ID:f7xMleRz0
>>724
焦って歌った位じゃ動かないのがアメリカでしょう。
今のアメリカ見てて気付かないの?

エノラゲイの機長が、侍とか言ってるのは、その為。
この機長は原爆落しに言ったんじゃなく、撮影に行っただけ。

727 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:39:20 ID:IXudlzEv0
原爆使用はロシア牽制などではなく
応じない場合は日本を壊滅させると宣言した
ポツダム宣言を実行したものだよCIA工作員に騙されるな

728 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:41:53 ID:+dRoHkXo0
>>710
アメリカが陸軍と戦う場面があったの?
解読の必要があったの?

729 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:42:31 ID:QCS0kc+m0

>>727
そうか?そりゃそりゃ良かったなw。
貴様の場合は句読点を書ける様になってから、もう一回出直して来いw。
いくら外人だとは言っても、そんな文章じゃ読みづらくっていけない。


730 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 15:42:58 ID:ES2m5eN80
ネットうよくってさー、
自虐史観に反発してむきになって連合国の戦争犯罪事例とかを
発掘してくるじゃん。
当然、自虐史観のつきつける事実だって人並みに
知ってるわけだよね。
ふつうさー、そうしたらさ、ああ、人間てのはどいつも
こいつも救いがたいくずだって絶望すんじゃないの。
ところがさ、ネットうよくはさー、真正日本人は
いつのまにか別格になってるのな。
やっぱ、真実から逃げようとしてるとしか
おもえないんだけど。

731 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:43:11 ID:f7xMleRz0
>>727
そうそれも、普通に考えれば変でしょ。
春ノート突きつけられて、しょうがない、で戦争始めたんだから、
ポツダム宣言突きつけられても、しょうがないで全滅を選ぶのが
筋ってもんじゃないの。

なんで春ノートのしょうがないは、OKで、
ポツダム宣言のしょうがないは駄目なのか理由になってないのね。

だから、あの原爆は日本軍が使った原爆なんだ、と考えると色んな事が
すっきりする。

732 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:44:04 ID:p0pewGV1O
>>728
あるよ…。

733 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:44:52 ID:FHgPWrUS0
>727
当時の亜米利加は、まだ、今ほど国際的な地位が確定しておらず、
強気になったのは原爆開発成功後

また、アジアでの植民地政策が破綻したのは
日本の健闘に打たれて立ち上がった現地の人々の敢闘が大きい
亜米利加はフィリピン以外は植民地を持っていなかったし


734 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:47:14 ID:f7xMleRz0
>>733
>日本の健闘に打たれて立ち上がった現地の人々の敢闘が大きい

嘘嘘、そんなのありえない。株やのあとつけ解釈みたいなもの。
欧米諸国が植民地政策を放棄したから、独立運動が始まったの。

735 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:48:01 ID:tzgtZPqG0
>>727
が、何言ってるのかサッパリ解らんのだが、よく読み取れるな。

736 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:48:13 ID:QCS0kc+m0

既に基本的人権を獲得した21世紀の人間から見て、いかに当時の日本軍が愚かで、
政府も稚拙な外交力しかなかったとしても、近代化された有色人種の独立国が
日本ただ一国しかなかったという現実からは、なんびとたりとも目を背ける事
は出来ない。

少なくとも日本人は無力な奴隷などではなかった。
日本だけは欧米と同じリングに上がり、誇りを持って敵と堂々と渡り合えた。

アジアアフリカの諸国民は欧米列強に数百年にわたって支配される牛馬同然の
扱いだったし、朝鮮に至っては支那皇帝の千年奴隷として家畜並みの暮らしに
甘んじていた土人だった。

日本人も彼らと同様の植民地奴隷なら最初から欧米と戦う事はなかったろう。
つまりその方(有色人種は皆平等に奴隷)が良かった人間がいるワケだな?


737 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:50:55 ID:IXudlzEv0
陸軍人が敵前逃亡したのは
海軍人が一人も処刑されないことに気付いたあと
ライバルたちは侵略者とグルだ!と悟ったときには手遅れだったわけだが

738 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:51:02 ID:DPI0X4VG0


というか、 ID:f7xMleRz0 は文系で間違いなし。


文系でなきゃこんな電波を書けるわけがない。まあ、ムー愛読者ってところだな。
経済学を文系学問と思い込んでるフシも見られるし、救いようがないね。

739 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:51:13 ID:XnG7136A0
>>722
いきなり放棄なんかしてねーよ。
一番往生際が良かった英も含め、みんな戦後は植民地体制復活させるつもりでいた。
インドネシアは戻ってこようとしたオランダと激しく戦ってオランダを諦めさせたのだし(インドネシア人に対する残虐行為への米などからの非難もあり戦争継続を諦めた)、
東南アジアでのフランスの諦めの悪さのツケがインドシナ戦争⇒ベトナム戦争。
ブルネイはともかくとしてマレーシアだって独立したの1957年。
アフリカなんか大体が1960年代になってからだろう。

740 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:51:34 ID:FHgPWrUS0
>734、、、ま、いいか

亜米利加を除く欧諸国も、へろへろだった
フランス、オランダはようやく祖国解放直後だったし
植民地までかまう余裕がなかった
その状況下、現地人が立ち上がり、独立を勝ち取った
やつらが植民地政策を放棄したことは一度もない(今でも、心の中では思っている)


741 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:51:46 ID:0T/ippWW0
なんだか急にアメ擁護が増えたな、アメリカからの大量アクセスでもあったのか??

742 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 15:57:24 ID:gsS6sRtBO
まだ文系文系言ってるキチガイが居るのかw

いいかげんウザいよ
一人で訳わからん振り分けすんな

俺からすりゃお前の方が電波だわ

743 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:01:08 ID:S/S7Dxpw0
>>739
まあイギリスは世界中の植民地を独立させたあとも親英で繋ぎとめて、
世界中の旧植民地60ヶ国以上の参加の元、英連邦に再編したがな。
フランスも、今でも世界中に飛び地領土・統治領を所有している。

日本は英米宗主国に比べ善政を敷いたとかいう割りに、
英米宗主国は今でも旧植民地を領土や連邦加盟国としてつなぎ止めているが、
日本はほとんどの旧植民地を敵国にしてしまった点は興味深いね。

744 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:01:20 ID:XnG7136A0
>>740
昭和天皇の訪欧の頃はオランダあたりでは反日デモとかやってた人がまだ堂々と、日本のせいで植民地を失った、と憎しみの理由を公言してたりしたね。
ある意味、正直でよかったが。


>>723
日本人は近眼だから飛行機の操縦が下手ってのはけっこう本気にしてたらしいけどな。
もっとも米軍部自身が信じてたんだからこれはプロパガンダというより偏見だな。
日本側もアメ若者は贅沢してダレてるから潜水艦に長く勤務するのは無理とか思ってたらしいが。

745 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:02:47 ID:NR1DqWz10
>日本はほとんどの旧植民地を敵国にしてしまった

具体的にどの国のこと?

746 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:07:27 ID:vMy68pgX0
日本も原爆を作ろうとしていたなんて知らなかった。

747 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:09:32 ID:FHgPWrUS0
>743
外交下手はお家芸だからなw

それに比べてエイコク外交(植民地政策)の伝統の見事なもの


748 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:11:06 ID:QCS0kc+m0
>>743
>英米宗主国は今でも旧植民地を領土や連邦加盟国としてつなぎ止めているが、
>日本はほとんどの旧植民地を敵国にしてしまった点は興味深いね。

反日するほど、深く土下座し、手厚く援助、支援する卑屈な態度では
そうなるのも当然だろなwww。

だが敗者日本が世界第二位の経済大国に成り上がり、勝者ヨーロッパは大航海時代
以前の元の小国に成り下がったのは、それ以上に興味深い事実だよ。


749 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:13:15 ID:/YUi/jvU0
>>745
特亜のことでしょ
ほら、今も売国奴マスコミと手を組んで
靖国を外交カードに利用してるあのクズ国家の方々

750 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:13:23 ID:GSbDS95X0
だよね、後世の歴史家はもっと不思議がるだろね。多分アメリカと一体にして分析
されるだろうね。

751 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:13:47 ID:f7xMleRz0
>>746
ある面ではアメリカのマンハッタン計画さえ凌駕してた。

てか、広島長崎の原爆は、日本製。この爆弾を使って戦争を継続したくないなら、
天皇制と日本国の国体維持を認めろって言うのが日本側の最後の要求。

752 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:15:08 ID:XnG7136A0
>>747
英の外交上手はそうだけど、日本の方は世界大戦に完敗、最高指導者が犯罪者扱いで処刑されちまってるから、もううまくやるとかどうとかいう問題じゃない。
元々伝統的な意識に侮日的な部分があるのに権威の失墜が激しすぎるから仕方ない。
英の方は戦後もある時期までは世界の大国としての権威を保ってたんだし。


753 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:17:19 ID:1peQ0ZvY0
ま、歴史も成り立ちも国土の大きさも全然違う二つの最強国
東の覇者と西の覇者どうしの不思議なタッグだな


754 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:17:22 ID:wZX3y7ba0
>>752
同意同意
第二次世界大戦の敗戦国で植民地を失ったのって日本くらい?
ドイツはもともと植民地なかったし、イタリアは一応戦勝国だっけ
どこかと比べたいけどサンプルないね

755 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:18:21 ID:NR1DqWz10
>>749
だろうとは思ったんだけど
確かに面積で言えば大半かもしれんが大半が反日国家になったみたいな言い方が気になってね

親日国家も少なくはないだろ


756 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:19:13 ID:FnqoZYP50
>>754
イタリア領リビアは連合軍に占領されてイギリスの委任統治領に移行したはず

757 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:20:31 ID:1peQ0ZvY0
>752
いや、戦時中の、某駐独ソ米大使など、、、お家芸だろ

要は、聖徳太子、陸奥を超える外務大臣がいったい何人いたかということだ

お家芸だろ


758 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:22:24 ID:GSbDS95X0
明らかに親日とわかるのは台湾くらいかな。

759 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:23:22 ID:8TIHNgeW0
>>660
韓国とは戦争してないよ。

760 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:24:51 ID:wZX3y7ba0
>>756
リビアの国旗 失礼ながら噴いた

761 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:29:25 ID:1peQ0ZvY0
ドイツの植民地(パラオ、トラック)→日本が借り受け→亜米利加に取られた


762 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:31:47 ID:XnG7136A0
>>754
敗戦の結果の独立なので、台湾は日本と戦っていた蒋介石政権が接収、支配者になったし、半島も南北とも国外にいて日本に敵対する勢力の助力を受けたというかそれらの傀儡みたいなグループが支配者になったという事情もあるだろうね。
当然、反日が国是になる。(台湾も蒋政権で反日教育)

あと日本の関わった地域が共産主義とつながりが深いということも多分、無視できない。

ドイツは第一次大戦の敗戦で植民地を喪失済だからね。
第一次大戦で独領から仏領になったカメルーン(だったかな?)の人に会ったことあるけど、ドイツは学校や病院を作ったけれどフランスは奪うばかりだったと言ってた。
あと知人のインド人がすごい反英でびっくりしたことがある。
国(政府)としてはイギリスとうまく付き合ってきたけど、国民の中にはそういう部分もあるんだな。
国が率先して反日やってるどこかとは対照的。



763 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:33:51 ID:ReR3O3j60
自分を正当化させておかないと、精神がおかしくなるだろうから、
こういった発言をしても仕方がないだろうね。

外国人は相手が悪いから殺した。俺は悪くない。で心の平安を求める。
日本人は自分が悪いから殺した。申し訳なかった。で心の平安を求める。
げんに中国へ言ったりして謝るじいさん達は、
戦時の命令を聞いた兵士だった訳だが、自虐心がそうさせるんだろうね。

764 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:33:57 ID:NR1DqWz10
親日国家
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/sinnichikokka.html
(まとめじゃにから色々リンク先見ないといかんが)

765 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:34:24 ID:/C/V/bkE0
少し残念なのは戦後の歴史教育が浸透してるなあっと
日露戦争の経緯、日米交渉の推移、大戦後の独立運動
無視できないのは歴史は連続体であり戦争の前後、至る経緯は相当重要だと思う

いきなりロシアやアメリカとの交渉を投げ出して奇襲したわけではない
いきなり欧米が植民地を大戦集結で投げ出したわけではない

義務教育の歴史授業の時間配分、現教科書の記述、日本史、現代史の分け方は
教育側の意図を感じる。それは一定の成果を納めたとは思う。自虐レスを見ると。残念だ

766 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:37:09 ID:QCS0kc+m0

欧米からの植民地解放戦争と唱えた日本には名実共に植民地保有を認めるわけがない。

それどころか併合されてた朝鮮を無理やり独立させ、罰ゲームの様に奴等に
眼をつぶって好きにさせ日本に嫌がらせして誇りを奪ったのってのが事実だろw。


767 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:38:39 ID:wMah0+Tr0
パラオは物凄い親日国じゃまいか

768 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:39:53 ID:IXudlzEv0
パラオは日本の利権がつくった親日国にすぎん

769 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:40:26 ID:w3HUWvNb0
エノラ・ゲイの来世は1945年、爆心地で原爆を積んだエノラ・ゲイに気づく一広島市民

770 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:41:49 ID:ymf5eOcf0
>>504
みたいな人だけ被爆すればよかったのに

771 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:42:41 ID:p0pewGV1O
松岡洋右だな。狂人たち(スターリン、ルーズベルト、ヒトラー)を相手にするには同じく狂人をあてがうしかない。
近衛は松岡を罷免しなきゃよかったんだよ。あと、妙な独自外交も慎むべきだった。
近衛ルートじゃルーズベルトに弄ばれて終わり。
まぁ、日米開戦なんて日中戦争の行き着いた先、石原莞爾に言わせれば「ペリーを呼んでこい」だしな。

772 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 16:43:42 ID:ES2m5eN80
>>765
歴史は連続体であり、金太郎飴のように
どこを切っても、正しい日本の顔がでくるって
狂った歴史観だろ。

773 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:43:52 ID:IXudlzEv0
真珠湾を攻撃せず挑発に耐えつづけたら
そのうちまた東京湾に米軍の戦艦が
やってくるまでに挑発がエスカレートしたかも
結局なんでもありになってしまうじゃないか今の中韓みたく

774 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:44:03 ID:1peQ0ZvY0
>日本の利権がつくった親日国にすぎん

なんで、日本人でこれをいうかな〜?

旧英国植民地の親英国も、英国の利権がつくったもの
でも、それを悪くいう英国人はいない(また気づかれないような根回しも上手い)
ここが、多分、英国植民地政策がうまくゆき
日本国植民地政策がうまくいかなかった原因のひとつ


775 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:44:20 ID:ymf5eOcf0
>>591
強い君がいながら、なぜ今の日本もこんなんなんだよ。

776 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:46:04 ID:/C/V/bkE0
大戦直前に治安維持法が拡大解釈で適合できるように7条→65条の全面改正
1941→1945までは右に傾きすぎたとは俺も思う。苦戦激化すれば庶民は犠牲となる

巧みな占領地政策、保守左派の誘導で戦後は左に傾きすぎてた
今は功罪見直し真ん中にしようとする自力反発の動きだと思う。不自然ではない

777 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:46:14 ID:w3HUWvNb0
原爆落とす予行演習で米軍は日本全国に模擬爆弾落としていった。
学校や民家など一般市民がいることがわかっていてもお構いなし。
そのうえ、逃げ惑う女子供に機銃掃射を浴びせていく始末。

778 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:46:57 ID:2gMJ+nJtO
要するに、この世から核を無くせば良いって事?

何故それを拒もうとする輩がいるのか不思議

779 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:49:10 ID:ymf5eOcf0
>417
同意

780 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:49:35 ID:SgayalT0O
ネット右翼はこの機長の発言を
マンセーしてんだろw

何人だよww

781 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 16:49:32 ID:TC9ky3p70
ま、アメリカ人が自らの過ちを認めるわけはないな。
都市爆撃は、是非はともかく大量虐殺には違いないんだから。

782 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:50:25 ID:ReR3O3j60
>>778
ようは核の遣い方次第じゃないか?
エネルギーは遣い方だよ。

783 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:50:50 ID:wMah0+Tr0
全てを肯定するのは偏った見方になるかもしれないけど、
日頃から特ア3国から「残虐国家」「軍国主義」「卑劣な植民地支配」と罵られて、
泣くに泣けない惨めな思いをしている日本国民のせめてもの慰め

反日マスコミが伝えない親日の話
http://mikomo.hp.infoseek.co.jp/menu00.htm

お世辞も多分に入っているのだろが、それでも嬉しくて涙が出るの、なんでだろう?

784 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:52:26 ID:IXudlzEv0
しかし利権って酷いよなぁ
パラオの国旗ってまんま色違いの日章旗w

785 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:52:31 ID:1peQ0ZvY0
亜米利加は、原爆投下によって、初めて国際社会で一流国として認められて嬉しかったわけだから
そのおもちゃを亜米利加から取り上げるなよ


786 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:53:06 ID:ymf5eOcf0
>>497
自分が死ねば良いと思った?自分では自殺できないから原爆で死にたいんだ?

787 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:54:52 ID:0yHovIrv0
つまりネラーは理系キモオタ君が多いってことか。
なんとなくわかるわw

788 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:55:32 ID:f7xMleRz0
>>781
アメリカ人じゃなくて、アメリカの文系と、日本の文系と、朝鮮半島の奴らが
過ちを認めないだけ。

文系を駆除するれば世界は平和になる。

789 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 16:58:00 ID:1peQ0ZvY0
>784
根回しの下手さを物語っているw
お家芸だな



790 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:00:01 ID:fB/WNU6F0
日本政府も、ヒロシマ原爆投下の後、「大した被害は出なかった」 ってラジオで
公式発表して、情報を隠蔽したのは良くない。

少なくとも、ヒロシマの後、降伏する気はなかったってことだろ。

791 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:02:57 ID:xkkWjRTu0
流れを読まずにカキコ。

原爆が戦争終結のために必要だった、で正当化されるならば
日本軍の行為は全て自衛のためだった、で正当化されるんだが。
この2つの統合性を説明できるヤシはいるんだろうか。

792 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:03:10 ID:NR1DqWz10
>>788

文系の人は考え方が偏るという統計でもあるのなら
まずソース出してください

出来ないなら変なレッテル貼り止めて消えてください

個人的にはそうやって思い込みの激しい極論ばかりの人の方が危険な気がします


793 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:04:07 ID:w3HUWvNb0
戦勝国が日本軍の悪行ばかり取り上げ、日本人もそれに賛同してしまうメンタリティーは
日本人が戦争を総括していなかったから。
戦争の呪縛から解き放たれた世代が大東亜戦争を眺めてみた時、日本の悪行ばかり語られる
歴史観に強い違和感を感じる。時代は違っても日本人はそんなに変わってないはずなのに、
俺らはそんなに残虐で理不尽で傍若無人なのか?と疑問を擁く。
日本は戦争に負けた。戦争に負けたからと言って全否定するのはあまりに愚か。
千路に砕け散った日本の本質を繋ぎ合わせる作業を戦禍を掻い潜り、血を受け継いだ
我々が再構築しなければならない。

794 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 17:04:24 ID:TC9ky3p70
>>790
当たり前じゃん。
原爆で経戦能力自体がなくなったわけじゃないし。

795 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:04:53 ID:f7xMleRz0
>>787
少ないと思う、文系ばっかり。文系と、文系キモオタ、馬鹿文系、が殆どだと思う。

文系死ねば良いのに、文系の駆除を合法化すれば良いのに、
そうすれば2chも、もっと、もっと、面白くなるのに。

と思う。

796 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:05:10 ID:QCS0kc+m0

日本の掲示板で日本語で書く以上は、マトモな日本人の意見と思われたいのなら、
せめて句読点位はキッチリ書いて欲しいんだがね。

書けてない奴は、日本の小学校も卒業してないガキか、日本人になりすました外国人
(特定国の立場に立った外国人)の偏った意見とみなされてもしょうがないぞ。




797 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:06:33 ID:1peQ0ZvY0
>790
そうだっけ? 広島壊滅のニュースは日本を駆けめぐったはず
でも、どこでも空襲で壊滅だったけどw


798 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:08:09 ID:NR1DqWz10
>>796
俺は最近2ちゃんで句読点使うヤツの少なさから
あえて倣って書いてるが

朱に交わればというヤツかね

799 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:08:10 ID:f7xMleRz0
>>791
戦争終結の為に原爆落とした→戦争が終わった。→正当な意見。
自衛の為に戦争した→戦争に負けた→沢山自国民が死んだ→言い訳。

文系って馬鹿?

800 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:08:58 ID:BE7DEHs20
>>796

>日本の掲示板で日本語で書く以上は、マトモな日本人の意見と思われたいのなら、

まずは自分がきっちりした文を書けるようにならないと。www



801 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:10:27 ID:1peQ0ZvY0
>799

戦争終結の為に原爆落とした→戦争が終わった。→言い訳。
自衛の為に戦争した→戦争に負けた→沢山自国民が殺された。→正当な意見。

ってのもある。もう少し客観的におなり


802 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 17:12:44 ID:ES2m5eN80
>>796
本気出して、きちんとした日本語で書くと、
ちょーぶんキモイとかいうくせに。勝手なやつだな。

803 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:12:47 ID:NR1DqWz10
>>791
かのマッカーサーがそういう発言してたと思う
調べれ

>>799
お前バカ?

804 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:12:55 ID:0ixRaEPl0
>>799
キミは人を馬鹿と思う前に自分が馬鹿なのではないかと一度疑ってみよう。

805 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:13:41 ID:fdrEOD8PO
ヒトラーより ひどい椰子だ!
一人で30万人 殺人

806 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:13:58 ID:f7xMleRz0
>>801
客観的に考えて、目的が有って、手段を行使して、目的を果たせたのなら、
それは正当性が有ると思う。

目的が有って、手段を行使したら、前より悪くなった、手段が目的そのものを
破壊してるのなら、それは言い訳でしかない。

と考えるのが普通だし、建設的。

文系には出来ない思考法だとは思うけど、文系死ねって言われるのはこれが理由なんだ。


807 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:15:13 ID:0ixRaEPl0
>>806
目的を果たせたら正当性がある?なんだその奇妙奇天烈な意見は?
論拠を示せ。

808 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:16:00 ID:BE7DEHs20

文系・理系とかいう2分法で人間の思考様式をとらえられると信じてる連中の視野狭窄ぶりこそが問題だな。

809 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:17:12 ID:1peQ0ZvY0
>806
目指した結果が得られなければ、その努力はすべて無駄であり、すべて言い訳
というあなたの生き方そのものがにじみでています


810 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:17:20 ID:QCS0kc+m0




漢語やハングルでは日本語の様に句読点を使う習慣がない。

思う壺ジャン。




811 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:17:29 ID:dOh4et5O0
663 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/08/09(水) 14:52:06 ID:YTHlpxWd0
協栄ボクシングジム掲示板
http://6219.teacup.com/macha/bbs

いっさい書き込み出来ないようになっているのに、亀田擁護レスが増えていく不思議w
串使ったり、会社のPC全部試したり、ネカフェ使ったりしましたが一切書き込めません。

掲示板も八百長でしたwwww



812 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:17:50 ID:XtT+gRd4O
軍人は死ぬまで軍人

813 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:17:51 ID:NR1DqWz10
お前の言う理系は状況の変化についていけないってことでFA?
つーかいいかげんその考え方やめれ
リアルでお前周りから浮いてないか?


814 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:17:52 ID:f7xMleRz0
>>807
嫌だよメンドクサイ。

目的を果たせない手段の行使に意味があると考える理由を示すほうが筋って
もんだ。文系死ね。

815 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 17:17:52 ID:TC9ky3p70
>>807
勝てば全てが正当化されるってのはあると思う。
戦争に卑怯だの残酷だのいったって仕方がない。

816 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:19:16 ID:0ixRaEPl0
>>814
俺は機械工学科の生産加工専攻だよ。文系ではない。
論拠がない論に意味もおまえがいうところの正統性もない。

817 :日本の降伏の経緯@:2006/08/09(水) 17:19:56 ID:S/S7Dxpw0
(原爆投下後)米大統領トルーマンは、直ちに次のような声明を出した。

「六日、広島に投下した爆弾は、戦争に革命的変化を与えるもので、
これは、原子爆弾である。日本が降伏に応じない限り、さらに他の都市にも投下する」

八日朝、天皇は、参内した東郷外相から惨状を聞いた後次のように告げた。

「このような新しい兵器が使われるようになったからには、これ以上戦争を
続けることは出来ない。有利な条件を得ようとして時期を逃してはならぬ。
速やかに戦争を終結するよう努力せよ」

そこで、九日朝から、最高戦争指導会議が開かれた。
三時間にわたる激論の末意見はまとまらず、その後、第一回閣議を午後二時半から
三時間、更に、第二回閣議を午後六時半から午後一〇時まで開いたが、
ポツダム宣言を受諾すべきか、否か、閣僚たちの意見もまとまらなかった。
この間にも、日本の運命を左右する重大事が続いて起きていた。
同日午前、長崎に二発目の原爆が投下され、同じくこの日、ソ連が怒涛のように
満州に侵攻を開始したのである。

どうしても意見がまとまらないので、夜十一時ごろ、鈴木首相は、
天皇に御前会議を願い出た。宮中の地下壕の一室で御前会議が開かれたのは、
午後十一時五〇分であった。

天皇の前で、主な人々が意見を述べる。

東郷外相と米内海相はポツダム宣言受諾説を述べ
阿南陸相は宣言受諾に反対して本土決戦論を述べた。
鈴木首相は、自分の意見は述べず、誠に恐れ多いことであるが
聖断を拝して結論としたいと申し出た。

818 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:21:29 ID:BcMG+HLA0
毎年毎年飽きもせず同じことを尋ねにいって何になるんだろう。
末端の一兵卒だった爺さんは、こう答える以外にないだろう。
来年聞いても再来年聞いても、爺さんが亡くなるまで同じ。
日本のマスゴミ連中もジャーナリストの端くれなら、当時の上層部に
近い人間を探してくるなり、意思決定までのプロセスを追えるような資料を
探したりしてこいよと思う。

819 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:22:12 ID:0ixRaEPl0
正当性などというものは一分の人間が手前勝手に決められるものではない。
大衆の様々の価値観の中で自然と確立するものだ。

820 :hae ◆smgcUIROwg :2006/08/09(水) 17:22:17 ID:AccO0Y5R0
そりゃ広島の姿勢の人々は
このオッサンとは「戦ってはいない」よな。
…一方的に 虐殺されたってだけで。

821 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:22:37 ID:P5qFjbOv0
広島の行動に憤りを感じてるのは米兵だけじゃない
韓国でも広島批判は強い
広島はそろそろ原爆で被害者ぶるのはやめたらどうだ?

韓国「日本人たは自分が加害者であることをすっかり忘れてしまったニダ」
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1155110802/

822 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:22:57 ID:f7xMleRz0
>>816
利かないブレーキ採用して、コストが安くなるとか言い出しそうなタイプだな(w

823 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 17:23:56 ID:ES2m5eN80
>>806
そんなおそろしい非人間的な思考法はできないね。
なにより大切なのは目的の意味だろ。
手段はあくまで目的に従属して制限を受けなければ
ならないでしょ。
文系文系っていうけどさ、どこの誰のこといってんの?
同級生のだれかにうらみでもあんの? あん?

824 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:27:44 ID:NR1DqWz10
とりあえず議論を重ねてハッキリしたのは

ID:f7xMleRz0 はキチガイってことか

もうちょっと社会性を身に付けた方がいい

825 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:27:50 ID:f7xMleRz0
>>823
落ち着いてもう少し考えてみれば?

826 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:28:32 ID:ikn1Z9u10
>>822
利かないブレーキを採用するぐらいなら、
最初からブレーキを取り付けずに低コストを実現するぐらいはするんじゃね?

827 :我衆院:2006/08/09(水) 17:28:50 ID:T01l/7TR0
客観的に考えて、目的が有って、手段を行使して、目的を果たせたのなら、
それは正当性が有ると思う。



受けるなこれwww


刑法機能では、結果だけでなく意思や行為態様まで求められますが?

理系人間はこれが理解できないのかな?www

828 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:30:40 ID:w3HUWvNb0
第2次世界大戦とひと括りにされているが、
欧州大戦と大東亜戦争の根底に流れる戦争の大儀は全く違う。
欧州大戦は白人間の序列の戦い。
大東亜戦争は黄色人種対白色人種間の人種戦争。
本来、小さな島国の日本がこの戦争を請け負う義理も国力もなかったのだが、
支那がダメ過ぎたために日本が先頭を走らなきゃならなくなった。
欧米列強はアジアの新興国家・日本を叩き潰すことで、アジアの植民地経営は
更に上手く行くと考えていた。しかし日本は強かった。
欧米が想定していた以上に強かったために、戦後の報復裁判で日本人が微罪、
もしくはでっち上げの証言で片っ端から処刑されていった。

829 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 17:31:08 ID:TC9ky3p70
>>827
ええと戦争の話なんですけれど?
米軍がうっかり広島上空でリトルボーイを投下したって
ついてくる結果は同じだと思うし、許されるとは思えないが。

830 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:31:15 ID:NaDIV1ag0
米が「核が戦争終結の為に必要」という論拠を振り回す様なら、日本は戦争時には核兵器を開発するべき。
これは当然の帰結である。
いいかげん、GHQ史観者と平和憲法原理主義者は>>1のキチガイ理論に荷担する者と心得るべきだ。
日本がどの国よりも不当に核開発を抑えられているという事実があるのに見ようともしない。
>>1が英雄として死のうと、大罪人として死のうとどうだっていいが、この論法がまかり通るなら日本は核武装しないと危ない。

831 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:32:11 ID:NR1DqWz10
>>827
ちょっと待て
理系が全部こんなだと思うなよwww
文系だろうが理系だろうがこんなキチガイは少数派だw

832 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:33:24 ID:f7xMleRz0
>>824
平均的な思考能力、判断力、から逸脱してる人間を、キチガイと定義する文系から
みたら、キチガイなんでしょうね。

それは仕方ないと思う。

>>827
刑法は所詮人間が作り出して文系でも扱えるようにしてるもんだから、
刑法に真理は無いよ。単なる手段の塊。目的に合って無い事もしょっちゅう。

文系を駆除しないから、目的に合わない手段(法律)が平気で運用されてるんだけどね。
文系を駆除してしまわない限り、法が真理に近づく事は無い。逆に言えば、文系を駆除すれば
法で、正義を行えるようになる。

だから、文系の駆除を合法化するべきなんだよ。

833 :我衆院:2006/08/09(水) 17:34:23 ID:T01l/7TR0
831

いや 皮肉で言ってみたんだ。www








834 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 17:35:22 ID:ES2m5eN80
>>825
考えた。
金貸しの老婆を殺す目的を明確に自覚した。
斧で頭をかち割った。
老婆は死んだ。
目的ははたされた。
正当性はどこにもなかった。

その狂った頭で夏休みにドストエフスキーでも読め。理系じゃ無理か?

835 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:37:03 ID:NR1DqWz10
>>832
つまりお前の考えを刑法に当て嵌めて考えた場合(これもどうかとは思うが)
情状酌量は一切無いということになるな?

836 :我衆院:2006/08/09(水) 17:39:18 ID:T01l/7TR0
>>827
刑法は所詮人間が作り出して文系でも扱えるようにしてるもんだから、
刑法に真理は無いよ。単なる手段の塊。目的に合って無い事もしょっちゅう。
文系を駆除しないから、目的に合わない手段(法律)が平気で運用されてるんだけどね。
文系を駆除してしまわない限り、法が真理に近づく事は無い。逆に言えば、文系を駆除すれば
法で、正義を行えるようになる。
だから、文系の駆除を合法化するべきなんだよ。



めちゃくちゃだな おい

>文系を駆除しないから、目的に合わない手段(法律)が平気で運用されてるんだけどね

運用するのは機械ではなく、人間だから、自由心証主義ってのが裁判官にあるんだけどな。

法律を作る立法府と司法の場はなんのため独立してるのか、理解がない。

法は、真理ではない、学問は真理の追究。

法は、妥協の策だ。 



837 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 17:40:05 ID:TC9ky3p70
>>835
情状酌量ってさ、法の恣意的な運用だと思うのだが。

838 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:40:56 ID:sUKjzDg30
結局、正義の元では、人を殺す事が容認される。グロテスクですな。

839 :我衆院:2006/08/09(水) 17:42:26 ID:T01l/7TR0
法に真理を求めているようだから、


裁判で被害者面してるんだな。


刑法機能でいえば、人権保護機能と人権制約の妥協だよ。

バランスが大切だから弁護士の証は天秤なのに。

840 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:42:37 ID:NR1DqWz10
>>837
恣意的な運用に何の問題があるのか逆に聞きたい
一絡げに刑罰を決めて構わないのなら裁判の存在意義すら無くなる

841 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:45:12 ID:QCS0kc+m0

>>821
ドサクサ紛れに勝手な事を言うなあ。朝鮮人こそ被害者なんかじゃないジャン。

朝鮮人は戦時中は日本人として、中国人を殺した加害者の側だ。

しかも半島出身者は基本的に志願兵。徴兵は最後の最後になってわずかだけ。

その意味じゃ朝鮮半島が平和を守れたのは、日本兵と僅かな半島出身志願兵の

犠牲のおかげ。馬鹿も休み休み言え。この徴兵逃れの裏切り在日めw。



842 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:45:25 ID:kQbYy7yA0
日本軍を支援して間接的に外国人兵を大量殺戮した分際で、なんでこんなに偉そうなのか広島県民共は

843 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:46:17 ID:BcMG+HLA0
文系理系いってる奴はまとめて学歴版に池。

>>1は日本マスコミ向けの紋切り型の返答だから、額面通りに受け取らないとして、
一般的なアメリカ人が、核兵器を「破壊力の大きい単なる爆弾」と思っているフシがあるのは確か。
アメの大学生と戦争の話をせざるを得ない事があったが、日本で言うところの自虐サヨっぽい
ねーちゃんが「核兵器1発だろうが通常兵器1000発だろうが同じ。だから通常兵器と核兵器に差はない」
といったのに引いた。もちろん文脈としては「…だから軍縮しないとダメね」というつもりだったんだろうが、
核兵器と通常兵器に質的な差が無いと言い切った所に、ああ日本人とは違うな、と感じた。

844 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:46:32 ID:1peQ0ZvY0
「正義」は紛争の種
全ての個人にそれぞれの「正義」がある
ある種の人々の正義の行使は、他の人々の正義を犯す可能性がある
正義を行使することは、つねに正しいとは限らない
あんたヤバイヨ>>f7xMleRz0


845 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:46:43 ID:r7Riwq8M0
原爆投下が無ければ本土決戦の上、一億総玉砕。
45年8月には九十九里浜への上陸を想定して、浜に砲を並べてたって言うしな。
日本列島は民主主義と共産主義で分断されてたのは間違いない。

俺は原爆を正当化するつもりもないし、無辜の市民を殺したアメリカを
許せないという気持ちもあるが、原爆と、それがもたらした現在の平和を
考えると、全面的に否定する気にもなれん。
そんな俺が出来ることは靖国で犠牲者の為に祈ることくらいかね。
8月15日にしっかりと靖国神社を参拝して、犠牲者の冥福を祈ってこようと
思っとります。

846 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:47:41 ID:lpXxZg3B0
1)米が原爆を落とした理由は何か
2)原爆を落としたから戦争が終結したのか、落とさなかったらどうなっていたのか
3)米の退役軍人が、当時の任務について語ることの是非
4)米軍の作戦について、作戦立案者ではなく作戦実行部隊の兵士に、作戦についてインタビューする事の是非

847 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:49:26 ID:8dGnojEeO
原爆の被害をくらったのはサムライではなく市民

848 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:49:34 ID:1peQ0ZvY0
>846
このあたりの視点を、取材するテレビ局なりは持ってホスイのだが
なんで毎年おなじなん? あんたらパカ?




849 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:49:47 ID:qxgvk84Z0
アメ映画でも結構近くの海とかで核爆破しといて
街は守られたみたいなのあるよな、こんな近くでお前ら吐き気を催さないのかwと思う

850 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:50:10 ID:f7xMleRz0
>>844
いやいや、文系を駆除すれば、全ての人間のそれぞれの正義を行使しても、
世界は平和になる。文系を駆除しないから、利害が生まれる。
文系を駆除すれば、人の行い全てが、人類への利になる。

851 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:50:10 ID:QCS0kc+m0

表向きの百万の米兵を救う為なんてのは米世論を納得させる為の嘘っぱち。

講和の道を懇願してた日本が絶対に飲めない無条件降伏に変えてまで時間を稼ぎ、
原爆の完成を急いだのが事実。結局、最後は降伏条件を当初の案にまで
戻して緩和してる。

今ではトルーマンとバーンズの二人の馬鹿な小物が東欧を赤化しつつあった
スターリンに恐怖して、威嚇の意味で日本に落としたというのが大方の意見。

だが実際には核恫喝にも関わらずソビエトも中国も急速に力をつけて、
冷戦の時代になりアメリカ軍は世界中で長い間苦しむ事になる。

つまり原爆投下はその非人道的な大量殺戮の罪に比べ、さして効果のない
愚策だったというのが結論でしょ。


852 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:50:45 ID:lpXxZg3B0
>>845
ちなみに、原爆を落として数十万の被害を出さなくても、
そこまでの大量虐殺でなくても、遅からず日本は降伏せざる
をえなかったという報告もあるな。

そして、あのタイミングで原爆を投入しなければなら無い
理由としてソビエトとの覇権争いというものが上げられたりするな。

853 :我衆院:2006/08/09(水) 17:50:53 ID:T01l/7TR0
夏休みだからかな?


まあ、勉強するといいよ。


色々気になるなら。

854 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 17:51:34 ID:TC9ky3p70
>>840
恣意的に運用したら、すでに法でないのだが。

お前は、不幸な境遇な人間になら殺されてもかまわないのか?
恣意的でなければ殺されても文句は言わないのか?

855 :我衆院:2006/08/09(水) 17:53:17 ID:T01l/7TR0


850 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:50:10 ID:f7xMleRz0
>>844
いやいや、文系を駆除すれば、全ての人間のそれぞれの正義を行使しても、
世界は平和になる。文系を駆除しないから、利害が生まれる。
文系を駆除すれば、人の行い全てが、人類への利になる。



あほなこと言うなww

核ミサイルを名誉のために作ったのは科学者だろ?www

856 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:53:25 ID:IlaIW6Ub0
ID:QCS0kc+m0
まだコイツ一人でうっとりマンセーしてんの?
恥ずかしいやつだな・・・w

857 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:54:12 ID:f7xMleRz0
>>852
>遅からず日本は降伏せざるをえなかったという報告もあるな。

でも、原爆落とされないで、戦争続けてたら、アメリカ軍が、本土上陸してたと思う。
となると、敗戦後の日本は、九州か、四国、を取られてて、沖縄返還も無かった。
そんな可能性が有ったと思うよ。

幕末の日本領土を守れたのを見ても、原爆日本軍説を裏付ける理由になると思う。

858 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:55:13 ID:BE7DEHs20
>>851

>講和の道を懇願してた

2chで目覚めたくちですか?www
馬鹿も休み休み(ry。www



859 :我衆院:2006/08/09(水) 17:55:40 ID:T01l/7TR0
でも、原爆落とされないで、戦争続けてたら、アメリカ軍が、本土上陸してたと思う。
となると、敗戦後の日本は、九州か、四国、を取られてて、沖縄返還も無かった。
そんな可能性が有ったと思うよ。



歴史にifはタブーだけどな。

原爆以前に首都圏大空襲されたのをおわすれか?w


860 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:57:17 ID:5t1Gcz5Y0
>>私が戦ったのはサムライ
違うだろ、大半が百姓だよ

861 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:57:24 ID:lpXxZg3B0
>>857
>原爆日本軍説
ごめんぐぐっても良く分からない。

862 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 17:58:14 ID:TC9ky3p70
>>857
原爆自体は講和とは関係ない。
ソ連の参戦がなければ、オリンピック、コロネット両作戦は開始されていたと思う。

>>858
ソ連を通じて連合国と交渉していたのを知らないのか?
そもそも戦争開始から適当なところで講和するのが前提だったのだが。

863 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 17:59:12 ID:1peQ0ZvY0
で、>>857原爆日本軍説 ってなんだよ?w

ドウヤッテバクシュクレンズツクッタンダ?
ドウヤッテダイリョウノウランチュウシュツヤッタンダ?


864 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:01:42 ID:NR1DqWz10
>>854
法を適用する上で殺されるわけではないだろう
恣意的とは言ってもタイミングまでごっちゃにするなよ


865 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:02:34 ID:9UuCOVGyO
アメ公、ふざけやがって
だったら、9・11は神のご意志だ

866 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 18:04:47 ID:TC9ky3p70
>>864
恣意的な運用は、結果責任がついて回らないって事が解らないわけ?
人治国家マンセーですか?

867 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:05:12 ID:0aa4pUMMO
まあ単なる人体実験&露助牽制だろ

868 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:05:15 ID:QCS0kc+m0

自分の国のたった60年前の事なのに、議論するだけのごく基本的な知識もなく、

思いつきの罵倒しか出来ないってのも惨めなモンだな。

夏休みだから、少しは学習して貰おうかなww。


869 :我衆院:2006/08/09(水) 18:06:26 ID:T01l/7TR0
9.11は 


日本人ビジネスマンも多く亡くなっている。


抽象的な法原理にどうこう言っても意味が無い。

具体的事象や法解釈になら一言添えるが、

870 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:11:51 ID:1peQ0ZvY0
>自分の国のたった60年前の事なのに

ホント、危機的状況だなw
左翼系教育者の面目躍如だな
マスゴミも>>1だしな、、、


これはもうだめかもわからんね


871 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:12:00 ID:/R94axyyO
武士道とは死ぬことと見つけたり
当時の日本人は投降よりも自決、竹槍特攻など、
死ぬことしか考えていなかったからね。
確かにサムライだよ。

872 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:12:24 ID:/4GoOsKK0
アメリカは日本が講和したがっていることをよく知っていたが、
大金つぎ込んでせっかく開発した新兵器を使わない手はないと
思った。だからわざわざタイプの異なる2つの原子爆弾を投下
した。人体実験。おまけに戦後の覇権争いも見据えた上での投下
だった。戦争を早期に終了させ人命を救うためとか言うのは大嘘。

873 :我衆院:2006/08/09(水) 18:13:51 ID:T01l/7TR0
戦後の情報操作に日本は独立国という機能がなかったから、

いいたい放題いわれた。


日本軍が南京で30万人虐殺は、アメリカのOSS現CIAが情報戦略を立てたもの、


それは、日本が原爆の批判をするときに被害者数相当の数として南京で日本軍も虐殺したと

情報操作していた。

よって、無条件降伏をGHQは日本に認めさせ、

後に中国が政治利用をした。

だから、アイリスちゃんだどは、アメリカで言論活動をしていた。




原爆投下は政治的判断で命令されたが、


南京は現場管理者の程度問題で、日本政府が決議して命令を下したワケではない。


政治的責任と一軍人の指揮管理責任とは異なる次元。




874 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:15:00 ID:1peQ0ZvY0
夏だねぇ


875 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:15:22 ID:NR1DqWz10
>>866
そんなもんバランスだろ
スマンが極論だからあんまりマジメに答えてなかったよ


876 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:15:53 ID:lpXxZg3B0
我衆院、改行ウザイ。見づらくてかなわん。改善してくれ。

877 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:18:47 ID:/R94axyyO
>872
だが、原爆があったからこそ無条件降伏したのは事実だからね。
やはり原爆は偉大だよ。

878 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:20:54 ID:f7xMleRz0
>>863
爆縮レンズは、花火職人が見つけ出したんだよ。
Vノイマンが、見つけたってのは嘘。

日本がウラン抽出に成功してた事はちょー極秘事項。
方法は熱拡散でも、遠心分離でもない、第三の方法。

879 :名無しさん@6周年 :2006/08/09(水) 18:21:13 ID:ES2m5eN80
いやはや、ほぼ一日このスレ見てたわ。
ネットうよくと、嫌韓誅、頭のおかしい理系、
司法浪人、ばか学生しかこの国におらんのかと
思ったわ。きずけば、ここは2ch。
ああ、よかったよかった。

880 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:24:00 ID:QCS0kc+m0

>>872
だが、「アメリカはこうだ」などと一枚岩の様に思うと見誤る。
米共和党は一貫して反共勢力の日本との戦争自体に批判的だったし、
米軍部でさえも原爆投下に慎重な将軍達は何人もいた。
誰だってこういう非戦闘員の女子供を大量虐殺する汚名はかぶりたくない。

国内の強い反対を押し切って人類初の核攻撃をやらかしたのは、
代ったばかりで国内外に力を誇示したかったトルーマンと国務長官のバーンズ。
その結果、共産勢力を勢いづかせ冷戦を招いた事に対する批判も多いんだよ。


881 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:24:03 ID:7s9a/ewY0
>>873
>南京で30万人虐殺は、アメリカのOSS現CIAが情報戦略を立てたもの

決してアメリカは日本の友人では無いということだな。

882 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:27:36 ID:/brENbqJ0
戦争終結に原爆が必要か必要でなかったかといえば、短期的には必要だった。
原爆を使用しなければ、長期化してコストも犠牲も多くなる。これは間違いない。

近代戦において民族の存亡を賭けるまで抵抗した国は日本だけだ。
はっきりいって非常識。欧米ではすでに戦争はただの暴力的外交であって、
民族殲滅のためのものじゃなかった。すくなくともアメリカにその意志はなかった。
単に他の国の思惑、意志をくじけばいいだけのものだった。その意味では日本の
戦略的敗北は1944年には明らかで、昭和15年の段階で、日本は敗北を認めるべきだった。

ところが、日本が勝手に民族存亡をかけた徹底抗戦を選んでしまった。
そうなると、アメリカにしてみればどうやってこの戦争を終わらせるかの方が問題だ。
軍隊をいくら潰しても、民間人の最後の一人になるまで徹底抗戦すると言ってる国を
いかにして屈服させればいいのか?

原爆のような戦略兵器を使わざるを得なくしたのは、非常識な決断をした
当時の日本の指導者だろう。
そもそも近代の戦争は軍隊だけがやるもの。軍隊が負けたら戦争は敗北すべき。
民間人を巻き込んだのは軍部だ。

883 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:32:39 ID:NR1DqWz10
>>879
>ネットうよくと、嫌韓誅、頭のおかしい理系、
>司法浪人、ばか学生

お前がコイツらよりマシなレスつけてるか?
見当たらなかったぞ?

884 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 18:37:01 ID:TC9ky3p70
>>882
ドイツはベルリン陥落まで頑張りましたが?
原爆も通常爆撃に比べて際だった効果を上げていませんか?
日本もシビリアンコントロールあったことをご存じですか?

885 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:40:39 ID:/brENbqJ0
>>884
ドイツは全国民玉砕なんてくだらんことはいってませんが?
一発で都市を壊滅できるのが際立った効果じゃないとはどういう価値判断だ。

>日本もシビリアンコントロールあったことをご存じですか?

はあ? 民間人が民主的に反戦の声を上げたら戦争が終わった時代だと思ってるのか?
そもそもそんな政治団体は弾圧された時代ですが? 
平和ボケして軍国主義、国家主義体制の恐ろしさがわからなくなってるのか?


886 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:41:36 ID:ScatgDwq0
国家が国益を追求するのは当然のこと。
その延長線上に原爆投下があっただけ。
批判されることは何もない。
知能の低い感情論はいい加減にしとけ。

887 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:43:09 ID:lpXxZg3B0
>>886
国益を追求する場合に、ジェノサイドは許される範囲を超えちゃいませんかね?
まあそれさえも、メリットをデメリットを天秤に掛けた結果なのでしょうが。

888 :いちばんの加害者はマスゴミだが:2006/08/09(水) 18:43:29 ID:Y8bSB2YG0
日本は民間人の大虐殺など行なわなかった。
南京大虐殺は、アメリカのOSS(現CIA)が原爆を正当化するために立てた情報戦略
広島で14万人、長崎で7万人、東京で20万人の民間人(非戦闘員)の大虐殺をしたのは、アメリカのほうだった。
アメリカがやりたかったのは、原爆の実験、そして唯一白人にたてついた黄色人種の日本を潰すこと。日本はアメリカに潰され属国になりはてた。日本の空には未だに制空権は無い。日本の空は全てアメリカのものとなった。

イラクに大量破壊兵器など存在しなかった。
イラクで劣化ウラン弾という大量破壊兵器を使ったのは、アメリカのほうだった。
アメリカがやりたかったのは、劣化ウラン弾の実験、そしてイラクの石油をアメリカのものにすること。イラクの油田は全てアメリカのものとなった。

アメリカの残虐性は全く変わっていない。
中国共産党よ、チベット人、ウイグル人を何十万人殺したんだ。おまえらの残虐性は民度が低いだけに輪をかけてたちが悪い。
日本が降伏した翌月、9月に北方領土を占領したロシア。きたない泥棒には成り下がりたくないものだ。ロシアがシベリアで日本人捕虜を10万人殺したことは絶対忘れない。

アメリカ、中国、ロシア。常任理事国って汚い国ばかりだな。
これでは地球に平和なんて永遠にくるはずもない。常任理事国がひどすぎるから、戦争がなくならないのは、あたりまえ。

889 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:44:36 ID:CXqkjZ+j0
>>886
それは朝鮮人にも言ってくれ

890 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 18:45:02 ID:TC9ky3p70
>>885
国民突撃隊の事はご存じで?
彼らには総統から死守命令が出ていたのですが?

それと、当時の日本が軍政を引いていたとは初耳です。
すみませんがソースをください。

891 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:45:24 ID:Vt8jv0Yg0
>>882
>戦略的敗北は1944年には明らかで、昭和15年の段階で、日本は敗北を認めるべきだった。

意味不明。


>アメリカにしてみればどうやってこの戦争を終わらせるかの方が問題だ。
>軍隊をいくら潰しても、民間人の最後の一人になるまで徹底抗戦すると言ってる国を
>いかにして屈服させればいいのか?

ルーズベルト大統領が、無条件降伏を突き着けてくるからだろ。
文明国どうしの戦争の終わらせ方を理解していないルーズベルトの責任だろ。


892 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:45:57 ID:/brENbqJ0
原爆を落とさざるをえない戦争を選んだ日本の指導者がバカなだけ。
民間人を巻き込むどころか、民間人に徹底抗戦を強要したのが当時の指導者であり軍部。

当時の日本には民間人と軍隊の区別という発想すら浸透してなかった。
敵国の兵士と戦うのは軍人の仕事なのに、民間人ですら敵国の兵士と
戦わなければならないと思っていた。
そこまでしなければ絶対に降伏しないという当時の日本がバカ。
アメリカが市民を巻き込む虐殺を行わざるを得なかったのは
日本のそういう狂った思想に原因がある。原爆は当然の対応だ。

893 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:46:40 ID:w3HUWvNb0
ドイツは一応同盟国だったけど、日本を軽蔑し憎んでもいたんだぜ。
第一次世界大戦の敗戦でドイツがアジアに持ってた権益を全て日本が引き継いだから。
支那や印度支那ではドイツの工作員は対日霍乱とかしてたし、ドイツは単に
欧州戦線の英仏戦力削減に日本を利用しようとしただけだったし。
アーリア人至上主義のバリバリ民族主義、人種差別のヒトラー総統。

894 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 18:47:08 ID:TC9ky3p70
>>886
それはアメリカの理屈だが正義は一つではない。
日本がそれを認めるいわれはないと思うが。

895 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:48:08 ID:PKEF2RbW0
現場で任務を果たした軍人を責めるつもりはないが、女子供と老人を殺すと
わざわざビラで予告しその通りに実行させたトルーマンが国際法に違反する
極悪犯罪を犯したことだけは揺るぎようのない歴史の事実。

896 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:48:09 ID:WjfS7SPT0
原爆無いと
通常爆弾でボロボロになった所でアメリカ上陸、ボロ雑巾状態で
アメ軍と決戦
更にソ連も遅れちゃやばい、ついでに中国も
朝鮮戦争の代りが国内で繰り広げられている。
原爆有れば
ソ連、北の島4つだけ?俺も占領したいけど
新型兵器マジ怖い。


897 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:49:51 ID:GeCqRzwHO
水、水。水をください。



戦争テラオソロシス

898 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:50:19 ID:2wcpnh0H0
この人は、毎年8月が近づく毎に、この質問を答えてるのかなあ
だんだん歳もとってくるだろうから、そろそろボロが出るよ。

899 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:50:48 ID:K0HPNUPRO
>>890
当時国民が満足に軍隊を飼い慣らせていて、マトモな民主主義が成り立っていたと言うソースをください><

900 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:51:42 ID:/brENbqJ0
>>890
稀有な例外を取り上げて反論になると思ってますか?
そもそもドイツ市民は戦争に巻き込まれたら降伏するということができた。
日本人には民間人が降伏できるという発想すらなかった。

>当時の日本が軍政を引いていたとは初耳です。
恐怖政治の背後には特高と軍隊の圧力があることくらいわからないのかね。
またしても書類上の文言が実像の全てだと思い、実態を理解しない平和ボケか。

>>891
無条件降伏を突きつけられるまで戦うのが間違い。
戦争の終わらせ方がわからなかったのは日本。
日本の指導者が賢かったならミッドウェーでその決断をしてるところだ。

901 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:51:46 ID:qCQ77pOY0
当時、どのような状況だったとしても、原爆を落とされて当然などという奴は
最低の人間。
後出しジャンケンの卑怯者。


902 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:55:58 ID:w3HUWvNb0
南京事件と違うところは、原爆で死んでいった非戦闘員の一般市民の名前がわかること。
米軍にジェノサイトされた被害者の数がハッキリしてること。
プロパガンダで原爆で死んでいった人間が劇的に増えていったりしないこと。
戦争の生身が被爆に詰まっている。
原爆投下はナチのユダヤ人虐殺をも上回る人類史上極悪な所業。

903 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:57:23 ID:f189e5/q0
サムライ、ニンジャ、フジヤマといったキーワードを使う外人に弱い
日本人の性質をよく理解してるなw




904 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 18:58:44 ID:M9Dl4B6K0
>>899
全ては大日本帝国憲法の仕様です。

>>900
老人から子供までことごとく動員されたのに、例外ですか?

それと、マニラや那覇などを無防備都市化する構想はありました。
アホな海軍の反対で実現はしませんでしたが。
ついでに言うと、日本でも民間人に玉砕命令は出されませんよ。

最後に。
シビリアンコントロールの意味って知っていますか?

905 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:59:03 ID:v3ktz7uI0
キムチードールです
「あのー。ちょっとファビョっていいですか?」

906 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 18:59:19 ID:QCS0kc+m0

過去に学ぶのは将来に備えての事。
単なる懐古趣味でも、誰かを罵倒したいだけでもない。

過去に激しく憎しみ合い殺し合ったはずの、この世界一位と二位の経済大国が
現在強力な同盟国として、互いに相互補完しながら豊かに存在出来ている以上は、
二度と不幸な争いがない様にせねばならんのは自明の理。
俺達はノムヒョン政権の韓国ではないんだw。

その意味で中国ってのは一つの重要なキーワードだろうな。
前回は老獪なこの民族にたぶらかされて日米は物凄い消耗をさせられた。
日米ともに共存共栄出来る事が分かったからにはニ度と同じ失敗は出来ない。
いかに中国を日米の価値観に上手く巻き込み、組み込んで機能させるかだと思う。

だからこそ俺は単純に今の中国の言い分を認める奴が信用できんのだ。
中国はそもそも価値観が日米とは違う。騙してナンボの世界だ。
例え内心であっても、いささかもアメリカ人の様に恥じる事はない。


907 :神奈川県民:2006/08/09(水) 19:01:10 ID:ehbXIPVj0
中国・韓国などのアジア諸国では原爆投下は正しかったとされています。
今後、アジア諸国と連携するためには「原爆投下は誤りである」との
日本人の歴史認識は改めなければならないであろう。

908 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:03:45 ID:w3HUWvNb0
サムライなら女、老人、子供、赤ん坊さえ原爆で一瞬にして焼き殺していいのかね?
人種差別戦争に和睦はないからな。

909 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:05:06 ID:f7xMleRz0
>>908
じわじわと殺すよりは人道的かも。
殺さないのが一番なんだけど、日本軍(文系)が駄目だったから。。。。

910 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:07:11 ID:TRNtx/S00
知ってるか?サムライって怖いんだぜ。
腰に危ない刃物ぶら下げて、なんか偉い人の前横切っただけで
その刃物で斬ってくるんだぜ?やばくね?
しかもなんかよくわかんないんだけど、腹を刃物で斬って死ぬとか、、、

こんな感じか。

911 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:08:35 ID:QpxvSnEJ0
アメ公は自分たちと違う民族・違う宗教・有色人種はいくら非戦闘員だろうと
何人でも殺していいと思っている。こいつも「命令なので仕方なかった」とは
絶対言わないだろう。アメ公はほんとに糞だな。

912 :樹海 ◆riJk8MqKDg :2006/08/09(水) 19:08:35 ID:V2wWF81R0
ひょっとすると硫黄島でかなりの損害を出したせいでひどく警戒してたのか?>>米軍

913 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:09:17 ID:w3HUWvNb0
単なる駒である軍人個人を責める事は妥当ではないが、
この元機長の論理は茨城の暴走族以下の脳味噌。
本来ならBC級戦犯で絞死刑確実の人間が戦勝国側であったために
勲章さえもらってる不条理。

914 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:10:17 ID:CSEqspFu0
>>907
歴史認識ってなんだよw。
原爆投下が正しいかどうかとどうどう関連するの?
原爆投下が正しいなら、チベットなりなんなりに使ってみろよ。
中国なら可能だろw
ま、被爆してから、同じこと言ってみろよ。




915 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:13:23 ID:OnYYEpe4O
>>909
じわじわと未だに死ねない人もいるわけだが、
徹底的に知識が足りてないな。

916 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:16:41 ID:9dleM9Mu0
「戦争終結のため」という理屈がわかりませんね。
好きで人殺しをやっている連中が何万、何十万死んだところで、無辜の市民を殺すわけにはいかないでしょ、それも30万人も。
軍隊の命は市民一人の命よりも軽くあるのが、本来の姿。
軍隊なんてみんな殺しあえばいいのに。そうしたら地球はもっと綺麗になるのに。

917 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:18:22 ID:6AnV/NUbO
アメリカに核打ち込んで100万人ぐらい殺す度胸のあるテロリストいないの?

918 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:18:46 ID:IXudlzEv0
第二次大戦で唯一無傷のアメリカは今度は中日戦争を煽って
また唯一無償傷国として極東全域を手中に納めようとしている

919 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:20:09 ID:CSEqspFu0
>>915
しかも二世・三世にも後遺症らしきものが見られる。
まさにじわじわと・・・しかも戦争の当事者でないものも苦しめるわけ
だよな。



920 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:21:25 ID:x6rBzc3o0
あのコロの日本より原爆がお似合いの国が今4個くらいあるだろw

921 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:24:57 ID:OnYYEpe4O
日本人なら一生に一度くらい原爆記念館に行ってみると良い。

922 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:26:18 ID:s/o8rI3V0
原爆記念館は行ったことないけど、
新木場の第5福竜丸展示館には、たまに行ったりする。

923 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:27:52 ID:OnYYEpe4O
原爆資料館だっけ。失礼。

924 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:34:43 ID:CSEqspFu0
原爆資料館には行ったほうがいいな。
しかし・・・いまだに後遺症に苦しむ人が数多くいて、それが、この時期
になると必ずニュースで取り上げられるわけだが、それすら知らずに
いることが不思議だな。

925 :つまりこういうことですね:2006/08/09(水) 19:43:35 ID:hg1jxJkT0
  _____          || ヨ || ヨ  ||
  /.::.ヽ ハ     ,r‐-っ  || イ || イ ||
_c!::::(・)o(・)___ノ:::ノ`´  || ヤ || ヤ ||
::::::( `ー―' ):::::::/    || サ || サ ||
::::゛==="::ノ ̄      ||   ||   ||
:::::;;;;;;;::::;;;;;ノ                   r.、
=====、                ))_.ノ ノ       ,.、
ii ii ii ii ii i iヽ      __        ヽ) /       ∧ヽ、
i ii ii ii,,ii,,ii,,ii ヽ   rニ二_ ヽ       ノ /       |l::::|lミヽ
'"''""\:::::ヽ"`   ,.-  -、ヾ|      / /        .|l::::::|lミ|
     \::::\  l,.= =、|リ__r‐y'フ‐( /         |l:::::::|lミ|
     /.:::/  (  3  小 /  /__ノ         _|l::::::|lミl
   /.:::::く   ,.<` ー..く ノ !/ /             )):::::::!ミ/
   `ー---' / ヽ(;;Y;;;;>,.-‐-、       ,.-‐‐- 、  ヽ`Yノ
       /ヾ  ヘ___/ 人__ミ、    / ,.-‐‐-、、   |  l
      /   ヽ/Y  /_|  f三y!   l./ ノ` ヘ リ  !ヾvヽ
      \__ハ\__ノノノ  | ) ソ   !! (・) (・)  /   /
       /   ◇O◇ )  | ヽ    ヾ   ーo.∠   /
      ∠____/ー‐\_)  ト、|\ _/ミ|\ー‐'::.ミ/  /
     /.:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ  | `  Vミミ/\/;;ノ'ヽ;;>ヽ /
     /.::::::::::::::::/ヽ.::::::::::::::::::) |   ノヾ    \ヽリ  | 

ピカっと光った原子の玉に ヨイヤサ飛んで上がった平和のハトよ♪

926 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:54:22 ID:sZpsCkKI0
やっぱり、原爆落として正解。
落とさなきゃ大戦は、終わらなかったよ、いっそ日本人は、滅べばよかったんだよ。
そうすれば、アジアは、平和だった。

927 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 19:54:33 ID:IXudlzEv0
原爆を使用することよりしないことの方が問題だった
なぜなら原爆開発には多額の予算が当てられていたからだ
つまり 予算>>>ジャップ だったのである
日本人に対して使いもしない兵器を何故つくったという非難対策だったのだ!

928 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:01:32 ID:CSEqspFu0
>>926
日本が滅べば、おまえのようなばかも生まれなかったのは確かだなw。

ま、もっと勉強しろよ。


929 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:07:29 ID:QoDEjBig0
その当時は今のイラクみたいな位置づけの国だったんだから原爆投下は仕方がない。

930 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:13:23 ID:IXudlzEv0
日本はアメリカの保護国だから
日本の再軍備化はアメリカの軍備を増強するに等しい
だから核武装させることも将来はありうる
しかしその核のボタンはアメリカが掌握することになるが

931 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:16:40 ID:FhJSVv830
>>907
韓国と中国だけ。

932 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:19:06 ID:IXudlzEv0
なぜアメリカは日本に原爆を使用したのか
それは日本がアメリカのパートナーだったからである
パートナーとは自分より多くの犠牲を引き受けてくれる者のことである
だから少数の米兵の命と引き換えに大勢の日本民間人が丸焼きにすることができたのである

933 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:19:08 ID:CSEqspFu0
>>929
いや、違うからw。もっと勉強しなね。



934 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:30:04 ID:ya8T9qXAO
機長に尋ねるのは少し酷な気がする。
軍人がこれ以外の答えができるのか?

935 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:33:31 ID:iTdnX9n+0
いくらあんだけのむごいことをしたアメリカに対して、
避難の声が日本以外他国からあまりおこらんのは寂しい限りだ。




936 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:33:43 ID:QoDEjBig0
>>933
じゃあ、どういう国だったんだよ?

937 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:36:34 ID:QoDEjBig0
>>935
当たり前。
日本の方が悪い事をしているんだから・・・。

原爆は国家への体罰!

938 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:37:38 ID:IXudlzEv0
 アメリカは、命を投げ出しても相手の国を守る血の同盟を求め
ている。日本がアメリカのために犠牲になる、あるいは日本の犠
牲のほうがアメリカよりも多かったということが証明されてはじ
めて、日本はアメリカの真の同盟国となることができる。

939 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:38:17 ID:CNLP25Zf0
>937

早くお国にお帰り。
あんたの故郷の半島が天罰で沈没するよ。

940 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:40:14 ID:IXudlzEv0
 真のパートナーとは、自分のために死んでくれる人である。つ
まりアメリカは、日本がアメリカの安全のために自らの安全を犠
牲にすることを求めているのである。

941 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:42:40 ID:IXudlzEv0
 中国や北朝鮮などのアジアで軍事衝突が起こったとき、日本の
自衛軍が前線の立ち、米軍の戦死者より多くの戦死者を出した―
―たとえば、二〇〇人の自衛軍兵士が死に、そのお陰で一〇〇人
の米兵の命が助かった――ということが戦場で起きないかぎり、
いくら同盟国だといっていても、真のパートナーとは認められな
いのである。

942 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:43:04 ID:WYabCZAB0
原爆使わなかったら日本は降伏しなかっただろう
ソ連に北海道を奪われ、国土はさらに憔悴して
本当に日本は玉砕したことだろう
原爆が戦争終結を早めたのは事実だし最悪の事態を回避できたのも結果オーライだ

943 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:44:50 ID:9cPGQ1jO0
>>1
こいつは罰としてホタルの墓を300回観ろ

944 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:50:10 ID:CNLP25Zf0
>>942
釣りじゃなかったとしたら、あんたは完全に洗脳されているな。

945 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:50:24 ID:iTdnX9n+0

もし北朝鮮が日本の米軍基地に何発かテポドンを落としたら、
アメリカが小型原子爆弾で金正日が隠れていそうな地下要塞、軍事拠点を攻撃しても、
その結果北朝鮮人が数十万人死んでも
中国もロシアも日本もだれもあんまりアメリカに文句はいわんようなきがする。
当時の真珠湾攻撃は、西側から見るとそんな感覚だったのかな。
大日本帝国情けないな。

946 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:54:40 ID:IXudlzEv0
むしろ原爆のために戦争終結が遅れてしまったというのが真実
たとえば原爆投下までは日本が降伏しないようにしたのがヤルタ会談
ソ連に日本の北方領土を与える約束をして終戦交渉の仲介を断るように頼んだ

947 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:54:42 ID:p0pewGV1O
>>945
時代背景も条件も違うものを安易に比べるなよ。

948 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 20:56:27 ID:ig7+FRPa0
機長「俺たち永遠に悪者になるんだろうな」
副操縦士「機長、今になって何をそんな弱気なこと言ってるんです?
      一仕事終えたら勲章も望み放題。軍人としてこれほど名誉なことはありません」
機長「ハーグ陸戦協定って、知ってるか? 無差別非戦闘員の殺戮は国際法違反だぞ」
爆撃手「相手はジャップ、人間じゃなくて猿だということですよ。私は何度でも
爆撃スイッチを押せます。戦死した兄貴の仇討ちでもあります。任せて下さい。」
機長「君たちは本当に威勢が良いが、本当に老人婦女子を虐殺するということを
    理解しているのかね。」
爆撃手「戦争なんて勝ちゃあ良いんですよ。さあ爆撃コースに乗りますよ。操縦を下さい!」
機長「ジーザス! 神よ我を助けたまえ・・・」


ドン引きの機長とイケイケの乗組員。未来永劫語り継がれるエノラ・ゲイ号の
スペシャルミッションは、このような機内模様の綾を描きつつ、廣島に向けて
突進していった。



949 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:00:55 ID:ig7+FRPa0
爆撃手「機長、我々の眼下にいるのは老人婦女子ですよ」
機長「うるさい!余計なこと考えずに任務達成のことだけを考えてろ!」
副操縦士「やっぱり、気が進みませんよ。無差別非戦闘員殺戮は国際法違反じゃないですか」
機長「勝てば官軍だ。下にいるのは人間と思うな。猿だと思え!」
爆撃手「機長、やっぱり俺、落とせない。照準器故障と言うことで帰還しましょう」
機長「何寝言を言ってるんだ。ただ落として帰れば英雄で勲章望み放題。軍人として
   これほどの栄誉はない! さあ爆撃コースに乗るぞ。投下用意!」
副操縦士「ジーザス! 神よ私をお許し下さい・・・」
機長「バカヤロウ、戦争やってんだぞ。相手は非戦闘員だと思うな。サムライだと思いこめ。」
爆撃手「・・・」

機内でいきり立つチベッツとドン引きの部下たちの様子である。正気がちょっと
ぶっ飛んでいて、功名心にかられたチベッツ。戦争にはフェアもアンフェアも無いが
それにしても常軌を逸した大量破壊行為が、蛮勇のチベッツの手で実施された。



950 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:02:05 ID:pCdFPCu/0
東京大空襲で10万人殺しのルメイ中将には日本は勲章を送ってるが
さすがに原爆落としたエノラゲイの乗組員には勲章をやらない理性があった。
自国民を虐殺されても殺した相手を褒め称える日本人って世界でも・・・

951 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:03:58 ID:IXudlzEv0
 そして、いよいよ実際に軍事衝突が起こった場合には、日本の
自衛軍が日本国内にあるアメリカの参謀本部を守らなければなら
ない。さらに、中国大陸が戦場となったら、日本の自衛軍が先陣
を切って戦い、米軍が後ろに続くかたちをとることが求められる
だろう。
 その結果、自衛軍の兵士が一〇〇〇人死んで米兵は一〇〇人し
か死ななかったという事実があってはじめて、日本はアメリカが
望む真の同盟国となることができるのである。

952 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:06:18 ID:9tsjKg3+0
>>948 システム詳しいな。ちょっと聞くが、ターゲットなしで帰還した場合B−29は原爆積んで着陸できたのか?
そういうプロシージャだったのかという意味だけど。


953 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:10:57 ID:dIn7rYQU0
サムライって、日本人を黙らせる魔法の合言葉か何かか?

954 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:12:11 ID:DeCB270n0

おーい、日本の自衛軍。ところで誰、それ?

955 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:12:54 ID:6sl95SeF0
コイツ何ほざいてるの?死ね。

956 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:13:52 ID:ig7+FRPa0
>>952
素人ですから分かりかねますが、普通は爆弾を抱えたままの着陸は危険きわまりないので
絶対禁止だったはず。まして原爆は何トンもあって、ようやく離陸できたようなお荷物で
抱いたままの着陸は自殺行為のようなものだったのでは。
ま、フィクションですから「照準器故障にかこつけて帰還しましょう」とやりましたが
あれだけの爆弾ですから、落とせるなら精密照準は不要で、見当をつけて適当に落としても
問題ないのでしょうね。


957 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 21:36:24 ID:M9Dl4B6K0
>>934
だわな。
任務を拒否して軍法会議にかけられても、代わりはいくらでもいるし。

958 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:39:56 ID:CSEqspFu0
>>936
>>937

おまえほんとに何にも知らないんだな。
どうすればそこまで無知になれるの?
いや、無知でもいいから、黙ってろよ。
ばかすぎて話にならんw。




959 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:43:37 ID:T/dupSgE0
>>1
 くやしいが、軍人かつ真に愛国心のあるアメ公なら当然の発言だ。
 つまり、文句があるならUSAの政府に直接言えってことだ。

 しかし、JAPじゃなくてサムライと表現したのはすくなくとも現在
 同盟国である日本を最大限尊重したってこと。

960 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:51:52 ID:EbPgCIzG0
個人に責任を問うても?

戦争は国家の命令で兵隊が実行する。

少なくともアメリカ政府に言うのが筋。

でも、戦争だから。殺し合い。どっちもどっちも。
とくに、日本は敗戦国。
勝てば官軍。日本人なら誰でも知ってる。

961 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 21:55:56 ID:7m2tu+mF0
まあ、このオッサンは単なる駒でしかないから、
責めたてるのも可哀想な気はする


962 :m9('v`)ノ<あなたは愛国者ですか? ◆6AkAkDHteU :2006/08/09(水) 21:58:00 ID:M9Dl4B6K0
>>961
自衛隊にデモかけるプロ市民の感覚じゃないの?
決定のプロセスは自衛隊に無いって事を知らない小学生と同じ。

963 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:01:29 ID:IXudlzEv0
 しかし、私のつかんだ情報によると、アメリカの有力なシンク
タンクではすでに、「日米安保条約保持のもと」に、すなわち日
本をアメリカの軍事占領下においたままの状態で、日本を核武装
させる案が検討されはじめているという。

964 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:03:47 ID:I7n3oeQoO
エノラゲイってどういう意味?

965 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:05:26 ID:j6EmYZOi0
ゲイラ・カイト

966 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:06:30 ID:pwcaLaS40
【戦争】殺戮直前にゴルフを楽しんでいた。イラクで米兵が少女を集団でレイプし一家ごと惨殺の事件

(米CNN、英紙ガーディアン)イラクで米海兵隊員が14歳の少女をレイプし、一家皆殺にした
事件が全米で波紋を呼んでいる。聴聞会での証言によると強姦と殺人に関与した海兵隊員らは
その行為の直前に酒を飲みゴルフを楽しんでいたという。
主犯格の海兵隊員は事件当時、イラク人を殺したいと繰り返し主張し、検問所を通りかかった
イラク人少女の家に集団で押し入った。そこで少女を床に押し倒し下着にした。主犯格の米兵
が少女の家族を全員、銃殺しその後、一人の米兵が少女を押さえつけているあいだ別の米兵が
少女をレイプした。レイプの後で主犯格の米兵が少女を撃ち、さらに油を少女にかけて燃やした。
この事件をきっかけに米兵の犯罪をイラクの裁判所で裁くようにイラク首相は要求している。
CNNによると事件の背景には戦争のストレスで米兵の間にドラッグや飲酒などが広まっている
ことにあるという。
http://www.guardian.co.uk/Iraq/Story/0,,1839522,00.html
http://www.cnn.com/2006/WORLD/meast/08/08/iraq.mahmoudiya/index.html

967 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:08:29 ID:IXudlzEv0
>>954
今読んでる最中
「日本大復活! 増田俊男著」
2006年2月刊


968 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:10:25 ID:1UfFl6QE0
日本の90%はサムライ以外なんだよ!! それくらい理解しろ!!



つーか核兵器って情報収集能力無くても、ちゃんと効果発揮
するの? 北や中国みたいな、指導者がサダムみたいに逃げ回る
ような所相手に、日本が持ってもあまり意味ないような。

969 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:15:00 ID:EbPgCIzG0
>>968
戦争は国どうしがする殺し合い。
相手が屈服するまでする。
サムライもサムライ以外も関係ないよ。

970 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:16:31 ID:LCCkKJZo0
>>964
元はフランス語
エノは純粋な
ラは定冠詞
ゲイは言わなくてもわかるな

971 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:16:41 ID:sZpsCkKI0
原爆投下は、当然の罪だが、それで全て許された訳じゃない。
韓国、中国、北朝鮮に謝罪と賠償を!


972 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:18:11 ID:1uQS4joY0
アメリカ人は日本の民間人をいったい何百万人虐殺したんだろう。

その国にいまだ属国としてひれ伏してる。表向きは仲良しなんだろうけど
あの戦争に亡くなった方々には、本当に申し訳ないし、何のために命を捧げたんだろう。
アメリカはイラクを侵略し、イスラエルでも戦争を後押ししている。
自由をうたうアメリカ。実は奴らこそが戦争の火種を撒き散らし、日本もまた
アメリカに戦争をしかけられた。 アメリカこそが侵略国家なんだよ。

973 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:19:35 ID:p0pewGV1O
スレも終わりだというのにあからさまな釣りってどういう事だ。

974 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:19:46 ID:EbPgCIzG0
>>971
韓国、中国には、賠償も謝罪もしてます。
君も、事実を曲げるのが得意ですね。

975 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:23:07 ID:EbPgCIzG0
>>972
お前、何歳だ?
戦争なんだよ。
日本だってアメリカ人を数十万人単位で殺してる。
お互い様。


976 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:23:21 ID:m/xlolaT0
原爆実験の最大のチャンスしかも、
ウラン型を試した後にプルトニウム型も早く試さないと
ってことで急いで長崎に落としました

本当にありがとうございました

977 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:25:05 ID:PxPZJho60
アメ公を皆殺しにしたい。

978 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:26:34 ID:EbPgCIzG0
>>976
原爆落としてもらって、本当にありがとうございましたか?

バカか?もっとまともな議論ふっかけろ!

979 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:26:54 ID:IXudlzEv0
アメリカは日本を解放すると言いながら
半世紀以上も首輪をつなぎっぱなし
だから首輪をつなぐために
原爆を使用したことになる

980 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:28:47 ID:EbPgCIzG0
>>979
お前、中国か、北朝鮮いって活動しな。
そのほうが、お前の幸せだよ。

981 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:29:24 ID:p0pewGV1O
>>978
野暮なこたぁ言うモんじゃねえや。

982 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:32:12 ID:iLgSgL/k0
まぁもしも最終的に日本が勝ってたら、東京大空襲、広島原爆、長崎原爆を
指揮した人たちはA級戦犯だったろうけど。
東京大空襲の指揮官は後日「もし我々が負けていたら、私は戦犯として裁かれただろう」とか
言ってるし。
つまりそういうことだ。

983 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:34:45 ID:XbipDytr0
>>1
戦った相手は市民じゃなくサムライ

サムライのつもりのサムライがサムライ相手に絶対勝てる原爆使うとは、
サムライのやることではないだろう。卑怯にもほどがある。


984 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:37:17 ID:aV6a26g7O
軍隊相手ではなく、初期は軍需工場や製鉄所、のちに都市無差別爆撃をしたB-29パイロットが
我々が戦ったのは市民ではなくサムライ(軍人)だったとはわろす。

べつに国家総力戦としての都市爆撃を否定はしないが、せめてやったことは認めてから正当化しろよ。
「確かに市民を目標に爆撃はしたが、戦争遂行に必要な正当性のある軍事作戦だった」とか。

985 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:38:16 ID:+U05twqT0
<a href="http://www.guardian.co.uk/Iraq/Story/0,,1839522,00.html">Soldiers 'hit golf balls before going out to kill family' </a>

986 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:40:10 ID:p0pewGV1O
>>984
上から下まで同意

987 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:41:35 ID:m/xlolaT0
こいつが死んだら原爆地獄で苦しみますように

988 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:42:00 ID:EbPgCIzG0
>>984
彼は、前そういってた。

今回のインタビューでサムライといったのは、市民も戦争に加担してたからです。

989 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:43:34 ID:LC/nl5MW0
日本が原爆持ってたら、躊躇無くサンフランシスコだの
ヒューストンだので炸裂させたくせに、果たしてアメリカを非難できんのか。
アメリカに甘えて反米を叫び、対等な立場に上ろうとしない感じ。

990 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:45:37 ID:0D/mSUVp0
>>978

>>976は皮肉で言ってるんだよ。
それくらいわかってやれ。

991 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:47:01 ID:p0pewGV1O
>>989
結局持ってなかったんだし実際落とさなかったし。
仮定の話で批判するより、まだ風船爆弾を批判したほうが有意義だよ。

992 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:47:08 ID:m/xlolaT0
まあこいつは命令されてやったんだが
実際に原爆落とすことを決めた奴らはとっくに死んでんのか?

993 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:47:54 ID:0AD+t5V70
>976は事実だと思うな。
アメ公は、ジャップは人間ではないから実験には最適だと思っていたんだろうな。

994 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:49:05 ID:zuF8WnzW0
>>989
妄想乙。

995 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:49:56 ID:1PEAy5af0
まぁ戦争だからな。
それに日本の場合、臣民の末端まで軍需工業が行き渡っていたわけだし、
総力戦において銃後なんて存在しないよ。

さすがに負け惜しみはちょっと・・・。


996 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:51:05 ID:cOtIJIYY0
日本人を人間だと思ってたら原爆は落とせんわなー

997 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:52:27 ID:sZpsCkKI0
戦争は、お互い人間と思ったらできないからね

998 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:52:35 ID:wZ7JafZo0
>>987
そういう考え方だったら、当時の広島や長崎にいた人は本当は無実の人ではなくて
何か悪いことをした前科のような、いわば業を持って生きていたことになるな。
何の理由もなく被爆者としての一生を終えるということはないということに。
それに、原爆を投下した人は年がら年中原子爆弾を爆発させていたわけではない。
むしろ「大虐殺をしていない時間」の方が多かったわけだ。
だったらみんな天国に行くということに。
因果のことわりはよくわからんな。

999 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:53:31 ID:tOy0oIys0
999
国の命令に従っただけ。

1000 :名無しさん@6周年:2006/08/09(水) 22:53:35 ID:y0JMmQEN0
1000なら大阪に3発目

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

304 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)