5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】「ゆとり教育」の弊害に歯止めを・・・「教育改革推進会議」設置を公約へ - 安倍氏

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2006/08/13(日) 04:17:55 ID:???0
安倍官房長官は、9月の自民党総裁選の公約で、首相官邸主導で子どもの学力向上などを
図るため、首相直属の「教育改革推進会議」(仮称)の設置を打ち出す意向を固めた。
教育改革を国家戦略の最優先課題の一つと位置づける。先の通常国会で継続審議となった
教育基本法改正案を秋の臨時国会で成立させることも公約に盛り込む方針だ。

教育改革推進会議は、教育行政の重要事項を事実上決めている文部科学相の諮問機関
「中央教育審議会」の上位に位置づける方針で、より迅速な改革の実現を目指す。
具体的なメンバーなどは今後、検討する。小泉内閣が経済財政構造改革の司令塔とした
「経済財政諮問会議」を参考に、首相を議長とし、文科相ら関係閣僚と有識者で
構成する案も浮上している。
安倍氏は教育改革の具体的な課題として、
〈1〉学力の向上〈2〉教員の質の確保〈3〉学校評価制度の導入――などを掲げる考えだ。
「ゆとり教育」の弊害と指摘されている学力低下に歯止めをかけるため、
学習指導要領の見直しや、授業時間の増加、全国レベルの学力調査などを検討する。
基礎学力が低いと判断された学校などに国が支援策を講じるなど、自らが提唱する
「再チャレンジ」政策の考え方を生かす方針だ。

教員の質の確保策としては、能力の高い教員を給与・待遇面で優遇し、指導力不足の
教員との差を付けることで、教員のやる気を引き出す。学校の管理運営や生徒指導の
状況などを第三者機関が評価する「学校評価制度」の導入も視野に入れている。

>> YOMIURI ONLINE 2006/08/13[03:05] <<
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060813i401.htm

2 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:19:01 ID:7pJNScYtO


3 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:20:07 ID:DP9HG9pN0
安晋会の野口さんを殺したのもゆとり教育のせいですか?

4 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:20:11 ID:30e0khZ1O
この人マジだw

5 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:20:13 ID:SWWKRnru0
>>1
GJ!

6 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:22:55 ID:cR0byVQ50

■産経新聞 教育を考える 2005.08.04

【戦後60年 歴史の自縛】(3)GHQ「ウォー・ギルト・プログラム」

  刷り込まれた「罪の意識」


 さきの大戦を日本の「侵略戦争」ととらえ、指導者が諸外国に謝罪を繰り返すのも
やむを得ないと考える日本人が少なくないのはなぜか。

 その出発点に、占領期の連合国軍総司令部(GHQ)による検閲と「戦争への罪悪感を
日本人の心に植えつけるための宣伝計画」(文芸評論家の江藤淳)であるGHQ指令
「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の存在がある。

 検閲は、極東国際軍事裁判(東京裁判)に関して徹底的に行われ、「リベラル派」の
雑誌『世界』(岩波書店)も論文の全文掲載禁止処分を受けていたことが、三日、わか
った。GHQにより、同盟通信や朝日新聞なども発行停止や掲載禁止などの処分を
受けているが、『世界』への検閲処分が判明したのは初めてだ。
http://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku/etc/050804jibaku_etc.html


■閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文藝春秋 文庫) 江藤 淳

内容(「BOOK」データベースより)

さきの大戦の終結後、日本はアメリカの軍隊によって占領された。
そしてアメリカは、占領下日本での検閲を周到に準備し、実行した。
それは日本の思想と文化とを殱滅するためだった。
検閲がもたらしたものは、日本人の自己破壊による新しいタブーの自己増殖である。
膨大な一次資料によって跡づけられる、秘匿された検閲の全貌。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4167366088/

7 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:24:20 ID:F8aYYrNn0
廃仏毀釈は、日本の文化の破壊じゃなかったのかねw?


8 :2,7:2006/08/13(日) 04:27:36 ID:bH1HpMX10


9 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:28:54 ID:lKSma4F40
で、またしばらくしたら詰め込み教育反対とか言って改革ごっこだろ。アホか。

10 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:29:46 ID:vlje+FJ+0
いいね 期待大

11 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:30:02 ID:hlnAc5qd0
だから、ゆとり教育を提案&推進させた
寺脇研と遠山文科大臣(当時)
の責任追及は?
うやむやかよ?!

12 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:33:16 ID:JSX/Fp0e0
インドを見習って2桁の九九を小学校からやろう

13 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:33:55 ID:J57EuATV0
基本法を改正して、ボランティアの強制化を盛り込んだら、後は時代錯誤の詰め込み型を提唱してくる
だけの臭いがプンプンする。
このメンバーの中に何人の教育学者や認知心理学者、脳機能学者が含まれるか、甚だ疑問。
馬鹿の一つ覚えみたいな指導方法が良いと何の科学的根拠も無く主張する財界ジジイとか提灯評論家とか
有識者という名前の分野外の素人学者で固められる悪寒。
そして日本の教育&学力は最終崩壊を起こすと。

14 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:35:02 ID:uenwbjpp0
文部科学省を解体して教育省を新設しなきゃな。


15 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:35:35 ID:eqMT4lkN0
安部には安心して任せられるな。

16 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:36:04 ID:MTzsRI6kO
選挙を経ずにこんな大事なことをやってしかも責任も取らなくて良いって怖いわ

17 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:36:45 ID:tc9tIMQE0
>>13
詰め込みで日本はうまくいっていた。

創造力とか個性とかいいだすとかならず「ゆとり教育」に結びつく。

かけ算の九九を覚えさせるのに「認知心理学者、脳機能学者」なんて不要

18 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:37:41 ID:gzpC/T9x0
>>1
たのみます
おながいしますよ本当に

19 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:38:12 ID:SWWKRnru0
>>16
それは有馬や遠山、寺脇、三浦(朱)に先に言えよ(笑)。

20 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:38:59 ID:a0cAHLT00
週休2日廃止しろ
授業の時間が足らずに詰め込みになってんだよ
馬鹿文部省の役人責任とって腹切れや

21 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:39:08 ID:adRHXrdi0
>「ゆとり教育」の弊害と指摘されている学力低下に歯止めをかけるため、
>学習指導要領の見直しや、授業時間の増加、全国レベルの学力調査などを検討する。
見直しは結構。でも、授業時間の増加ってどうするの?小中学校で1日7時間授業とかを
やんのかね?それとも土曜日の授業を復活させるか。

>基礎学力が低いと判断された学校などに国が支援策を講じるなど、自らが提唱する
>「再チャレンジ」政策の考え方を生かす方針だ。
基礎学力が低い小中学校ってのは、大体において地域的な問題を抱えていることが多い。
低所得者層が多く居住している集合住宅があるとか、保護世帯が多いとか。そういう地域の
学校に対する支援策って何だろう。まあ、そういう学校の多くは教育困難校だったりするから、
人的配置を増やすのかね。

>教員の質の確保策としては、能力の高い教員を給与・待遇面で優遇し、指導力不足の
>教員との差を付けることで、教員のやる気を引き出す。
「能力の高」さって、何で量るの?進学率とかですか。学力調査の結果ですか。そういうので
量られたら、それこそ教育困難校に配置されたら給料上がんないよね。

>学校の管理運営や生徒指導の
>状況などを第三者機関が評価する「学校評価制度」の導入も視野に入れている。
これがどうやって学力向上につながるの?

22 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:40:24 ID:yCRSJTogO
土曜日復活だな

23 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:41:06 ID:J57EuATV0
>>17
詰め込みで上手くいくフェーズは、国力が発展途上の段階まで。
それまでの詰め込み教育は機能するが、日本のように成熟した国では、詰め込みをしてもワーキングプアにしか
なれない単純労働者を量産するだけ。
それでは途上国の糞安い人件費に食われて産業全てが崩壊する。

24 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:42:25 ID:7f4EWIaa0
朝の4時 皆眠れないのか 俺はさっき起きたばかりだ

25 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:42:44 ID:k4M7mW880
学力低下は親のしつけも関係あると思うが。

26 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:46:26 ID:SWWKRnru0
>>23
初等教育で基礎を叩き込むことは非常に大事。
九九の二桁なんかは非常に良い。

大学入試の段階で算数や初等幾何でつまづいている人間がいかに多いことか。
応用やessay、プレゼンテーションの授業は中等教育・高等教育でやれば良い。

27 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:50:21 ID:TK4zQ3u30
安倍総理に期待すること

靖国参拝の継続
中韓の干渉は無視
北朝鮮への圧力強化と拉致被害者救済
ゆとり教育見直し
男女共同参画の見直し
売国系議員を内閣に入れない
外国人犯罪の取り締まり強化と入国審査の強化

できなければ麻生たんに変わってくれ

28 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:50:23 ID:gexMz+oEO
どう考えても自民党の自作自演

29 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:50:59 ID:DekJY0kp0
早く政権交代してくれ

30 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:51:26 ID:pwUHJgWf0
月曜 算数、国語、道徳、体育 算数、国語

火曜 算数、国語、道徳、体育 算数、国語

水曜 算数、国語、道徳、体育 算数、国語

木曜 算数、国語、道徳、体育 算数、国語

金曜 算数、国語、道徳、体育 算数、国語

小学校の6年間はこれでいいよな。

31 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:53:07 ID:DekJY0kp0
>>30
体育イラネ

32 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:55:49 ID:bXbx/AXA0
今更・・?

だいたい、ゆとり教育なるものを導入する前の日本の教育が詰め込み教育だったとかアホか。
私は子供の頃海外に住んでて、週一回しか日本人学校に通ってなかったけど
帰国した後は何の遅れもなく付いていけてたよ。
その頃に詰め込みだとかいう風に感じた事はなかった。
誰なの、これを先に言い出した人。これに反対する人は当時いなかったの?

33 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:58:13 ID:J57EuATV0
>>26
基礎を叩き込む事=詰め込み教育
ではない訳だが。
学力とは何で、基礎とは何で、それを効率的かつ効果的に、そして将来の応用性を担保しながら学習できる
状況こそが「基礎学力をつけること」なのであって。
世界中でそのいわゆる科学的トレーニング方法が研究され示されているのに、日本だけはいまだに
そういう教育学の成果を無視して情緒的思い込みで教育方法論が語られる。

34 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 04:59:49 ID:bXbx/AXA0
>>28
自民党だよな・・?ゆとり教育を推進してきたの。
何で今更変えようかという議論に発展してるん?
安倍さんは何故その時に反対しなかったの??

35 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:06:26 ID:qYEzJn5y0
「ゆとり教育」なんて言いだしたのってサヨの馬鹿どもなんだよね

36 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:07:34 ID:03UZEq9L0
ゆとり教育うんぬんより
勉強しないやつはしないし、馬鹿は馬鹿というより学校の先生の教え方がヘタ
すぎる。
しかし、円周率3なのはひどいな
まーそれより最近の子は肉の食いすぎで凶暴化してるから、そっちをなおしたほうがいい


37 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:08:41 ID:J57EuATV0
>>34
一応OECD標準の学力観があって、日本の教育ではそれに対応できないことが明確になって改革をしたのだけれど、
そもそも本当は指導方法の効率化と基礎学力の選別の上に応用力養成指導の時間を確保するはずだったのが、
中教審が教育にはド素人なただのエライ人会議になってて、どうすれなOECD標準の応用力を身につけ
させられるのかという議論ができず、焦った寺脇がその応用力養成の部分を実装しないままの施策を打ってしまって
ゆとり教育なんてアホな状態になってしまった。
安倍は基本的に良く分かっていなかったので、これがどういうことかすら認識できていなかっただけ。
そしておそらく今も良く分かっていないし、これから良く分かっていないままおかしなことをしだす可能性大。

38 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:09:20 ID:adEE2GaDO
40

39 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:10:11 ID:EqDpHHjU0
じゃあ、何のためにゆとり教育をやったんだ?

40 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:10:40 ID:YQYFzpd10
>>32
基本的に詰め込みって言う奴は低学歴^^
無理やり勉強させられた記憶しかないバカなやつだけだよ^^

41 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:17:35 ID:TK4zQ3u30
ゆとり教育は文部科学省の官僚が個人的な思いで暴走した結果だろ


42 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:19:46 ID:adRHXrdi0
OECD標準の学力観がすべてだとは思わないけど、まあ確かにあの手の問題は
苦手だと思う。て言うか、OECDの学力調査で日本が順位を下げることなど別の
調査から予測できたことだったりもする。今の学習指導要領の案が発表された頃
だけどね。
文科省も無策だったわけではないけれど、世論は違う方向へ向いてしまったし、
いまさらベクトルの向きを変えられないのが現状のような気もする。

43 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:26:15 ID:AlP/bfTX0
日教組をぶち壊せばオーケー

44 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:28:34 ID:IHIDjnQf0
成蹊大卒が言っても説得力が無いなぁ

45 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:30:11 ID:RJKHzx5x0
楽する事を覚えちゃった教師には辛いんじゃね?

46 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:30:54 ID:YQYFzpd10
ゆとり教育を推進したのは東大卒なんだけどな^^

47 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:31:49 ID:q1KJ3QR70
安部に教育の厳格化とできれば徴兵制を実現してもらいたい

学校をでても定職につけるのが少数派にになった時代に
国を巨大化して軍備を拡大し徴兵制を導入するのが日本にとって
もっとも健全だとおもう


48 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:31:55 ID:AlP/bfTX0
本格的な「ゆとり教育」の最初の世代(別名:失敗した世代)が今年大学一年(19才〜)と言われている。
早く直さないとこれからの世代の国益の損失は大きいよ。

49 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:32:30 ID:NQYOHXgc0
安倍さんの言うことは当然だな。今の小学校、中学校、高校の教科書を一度
みなさん見てください。その薄さに感動します。
 大学で、高校程度の授業を講義しなきゃならなくなってるという現実を見れ
ば、さっさと、昔に戻すというのが筋だとおもう。週休2日廃止。ゆとり教育
廃止。実力、やる気のある若い先生の登用。これをやってくれ。
 じじいからの最後のお願いだ。

50 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:36:22 ID:SWWKRnru0
>>33
お前何言ってんの?

だったらなんでアメリカや発展途上国の初等教育に
日本の(ゆとり教育以前の)方法論・カリキュラムが導入されんのよ?

日本は孤立してるんですか(笑)。そうですか(笑)。

51 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:38:18 ID:NQYOHXgc0
>>47
 そんなばかっぽいつりが通用するわけないだろ。アホ

52 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:39:37 ID:SWWKRnru0
>>33
「科学的」
「教育学の成果」
「日本だけは」


なんだ、権威主義・教条主義丸出しのゆとり教育推進のブサヨか。

ところでゆとり教育って世界中で成果挙げてたか(笑)?

53 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:41:53 ID:4z0d4M32O
>>46
違います
腐れ文科のアホ私大どもです

54 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:42:29 ID:J57EuATV0
>>50
されてないよ。
一時期、1080年代に一部で流行ったけど、今じゃ先進国では失敗例として教科書によるような状態。

55 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:43:01 ID:oHG8Fvsm0
これ以上授業時間増加してどうすんだよ
ますます遊ぶ時間、自由時間がなくなっちまう

英検とか漢検みたく科目ごとに
一年に2、3回くらい共通テストしてできるやつはどんどん進学させればいいの
学歴はコンピューターで管理しといて学生にはICカードでも持たせとく
つまり単位制を小学校3年ぐらいから導入。必修科目、選択科目
昔のホントにできる人間はどちらかというと破天荒な人間で内申点とかホント意味ない
塾と学校両方通う非効率を解消ことが急務

今の学校の最大の欠点は同年齢でみんなで仲良くお勉強ってとこ
これは幼稚園から小学校低学年までで十分
非効率の極み。公文式みたいなのが理想。それぞれが自分の課題に取り組む
できる人間はさっさと高等教育に送り込む
これが真の教育改革

体育とかもスポーツクラブ、部活なんかをを指定団体とかにして単位認定すればいい
そうすればスポーツ振興にもなって一石二鳥

文化活動、社会活動も一定の教育的効果が認められれば選択科目の範囲で単位認定すればよい

56 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:44:34 ID:adRHXrdi0
>>50

>だったらなんでアメリカや発展途上国の初等教育に
>日本の(ゆとり教育以前の)方法論・カリキュラムが導入されんのよ?

かつての日本がそうだったように、その国がそういった教育システムを必要とする
時代があるのは無理もないことだと思う。特に発展途上国に関しては。
アメリカについては、ちょっと違う。主に学校経営の手法を参考にしてることのほうが
多いよ。

>日本は孤立してるんですか(笑)。そうですか(笑)。

これはある意味正しい。日本の教育システムは独特な部分が多分にある。

57 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:45:15 ID:F8GT9bpX0
必死こいて勉強しても見返りがないってことに
気付いちゃっただけで制度的な問題ではないだろう

58 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:46:23 ID:NQYOHXgc0
>>33
 の意見ももっともとおもうが。現実問題として、アメリカの大学は日
本人の入学を許可しなくなってるらしいということ。学力が低くて、か
わいそうで見てられないというのが理由だそうだ。

59 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:47:05 ID:NX6LJQEPO

まあ安倍が目指さなきゃならんのは徴兵制だあな



60 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:49:11 ID:jtGO2d4fO
安部は勿論東京大学卒なんだろうな!

61 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:50:36 ID:7ODRgY6k0
よくいう、「本当にできる人間」は天才の類。
天才はすばらしいが量産はできない。
秀才は結構量産できる。
天才はほっといても天才。自由を与えれさえすればいい。
教育改革は秀才の向上と増加、アホの減少と平均の向上
を主眼に置くべき。

天才ばかりを見た教育改革は間違っている。

62 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:51:43 ID:NQYOHXgc0
>>57
 確かにナ、おれもそう思う。しかし、それでも教育はあきらめるわけには
いかないのさ。

63 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:52:29 ID:4z0d4M32O
>>58
灘からわざわざハーバードに直行した人のこともたまには思い出してやってください

64 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:55:18 ID:ImoAVV6N0
良純でも慶応
ゆとりがありすぎて成蹊か

65 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:56:23 ID:NQYOHXgc0
>>60
 東京大学は官僚を養成するための大学だった。他にも、優秀な大学
はある。京都大学のほうがノーベル賞受賞者が多いだろ。田中さんだ
って東大じゃないよな。東大は、理学の研究に向いてないのかもしれ
んな。

66 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:56:33 ID:adRHXrdi0
>>58

>学力が低くて、かわいそうで見てられないというのが理由だそうだ。

学力って何?てことにもなるけれど、欧米の大学で勉強するにはこういったことを
あらかじめわかってないとだめですよ的なマニュアルみたいのがあるんですよ。
study skills だったかな?それをやらないとサパーリ。
教育システムが違いすぎちゃうので仕方がないかと。

67 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:57:14 ID:x0akIJ8L0
まずは週休二日を廃止して、授業時間を確保することだな。

68 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:58:02 ID:SWWKRnru0
>>54
ソースは?

ちなみに、こちら側のソースらしきものは

「日本の算数」海外で人気
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20060719ur01.htm

ね。


69 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 05:58:55 ID:J57EuATV0
>>62
いわゆるパイプライン理論の崩壊というやつね。
成熟した国家においてはどこでもその傾向が見られるし、特に今の日本が近い1990年頃のイギリスでも
全く同じ事が起こって、イギリスではその対応策として学問そのものに対する面白さの喚起であったり、
新たな社会契約の過程を作ることで社会参加の自覚を促して目的意識を強化したりしてる。
日本も今のところ、他に根拠ある理論が出てこない限り、イギリスのその路線をたどるしかないかもしれない。

70 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:01:09 ID:l7434dcG0
公務員叩きの次は、子供叩きですか。
分かりやすい。
しかも18歳になったら子供を寄宿舎に入れて奉仕活動の義務化をして、
米国のように9月入学にするって?
莫迦じゃねぇのこいつ。

71 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:02:34 ID:ObcFEhXb0
>>65
いやいや、教育(アスピレーション)っていうのはさ、
保護者の収入と相関関係があるわけでしょ(苅谷剛彦のいうとおり)。
にもかかわらず、
成蹊って、ヒドすぎないか?
それなりの志と、あの家庭環境があれば、普通、東大に行くよな。
経済的な事情で大学進学すら儘ならない
大学進学率約50パーから漏れた残りの50パーに
申し訳立たないだろ。

72 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:02:56 ID:SWWKRnru0
<「日本の算数」海外で人気>

日本の算数教科書が英訳され、米国など海外の教室で使われている。わが国の初等数学の水準の高さが証明された形だ。

今年4月、小学校算数で市場占有率トップの36%を誇る「東京書籍」が2000年版の教科書「新しい算数」を英訳した。
学習内容が3割減った現行の学習指導要領を導入する前の教科書で、発売以降、米国などで使われ出している。

「網羅的な内容の充実度に加え、実際に米国の教室で使う英語表現を踏まえた翻訳にしたのが人気の秘密。
内外の教育学者も高い関心を寄せている」と同社算数編集部の小笠原敏成編集長は語る。

米国の教科書は、分厚いわりに内容は浅く、学年ごとの教える内容に重複がある。こうした反省から、数学教育改革が進められているが、
その具体的なお手本の一つが日本の授業だ。1999年に米国で出版された「ティーチング・ギャップ」
(邦題「日本の算数・数学教育に学べ」)はベストセラーとなり、深い授業研究の成果が結実した教科書には特に熱いまなざしが向けられる。

今回の翻訳に携わった米デポール大学の高橋昭彦助教授は、米国の教師らに数学教育の改善法を指導しているが、
「日本の算数教科書は薄くても内容が充実している。そのレベルの高さに、米国の高校の先生も感心する」という。

日本の教科書の最大の特長は、問題を解く考え方を解説してある点。知識を覚え、練習問題を解くのが中心となる米国と異なる。
実際に、米国では、先生の講習会や、大学での教育にも翻訳本が使われる動きが広がっている。

同社によると、米国のほかに、国際調査で数学応用力が日本より上位に位置するシンガポールなどアジアからも関心が寄せられているという。

「学校図書」も昨春、算数教科書の英訳本を出版した。内容は新学習指導要領に基づくもので、
米国や、太平洋に浮かぶマーシャル諸島などで副教材や教科書として活用されている。
また日本国内でも、英語教材として、英語教育に力を入れている私立学校などで使われているという。

日本の数学文化は今後も世界に広がる勢いだ。しかし高橋助教授は、「評価されるのは小学校の算数まで」
「教科書も、海外で高く評価されているのは、内容が3割削られる前の旧指導要領のものだ」と現状への厳しい見方も示している。

73 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:03:41 ID:7ODRgY6k0
柔道か剣道を小学生のころからやらせればいいんじゃね?放課後に一日2時間。
心身鍛えるの大事。礼を知り、体を鍛えれば自然と品行方正になると思う。

74 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:03:58 ID:J57EuATV0
>>68
その教科書はいわゆる君が批判するところのゆとり教育の教育課程の教科書なんだが。
しかも教科書と指導方法は関係ない。
教科書をどう使うのかが問題であって、日本の指導方法は特に1990年代からは一貫して批判されてる。
ソースっても専門的はことを語りたいなら本読めよとしか・・・
東大がCOE関係で「日本の教育と基礎学力」という本を出してるので、アマゾンででも注文してください。

75 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:05:51 ID:sObsU5cX0
進級試験導入で解決するんじゃね?


76 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:06:05 ID:MNOTtRM6O
安倍の本には、教科書をもっとまともにする(自虐はやめる)とか、変態・能力不足教師は
辞めさせるとか書いてあったぞ。


77 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:08:03 ID:J57EuATV0
>>68
しかもそれ、人気って書いているだけで、どこがどう、どれだけ人気で、どう評価されているのか全然書いてないじゃん。
提灯記事をソースと言われても。

78 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:09:02 ID:SWWKRnru0
>新たな社会契約の過程を作ることで社会参加の自覚を促して目的意識を強化したりしてる。

ブサヨに都合の良い洗脳じゃん(笑)。
これとワーキングプアを量産しないこととどう関係すんのよ?

何のスキルも身につかず、自意識だけが肥大して、ワーキングプアにすらなれないんじゃねーの?

79 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:10:54 ID:AlP/bfTX0
ゆとり系フレーズ
「ナンバーワンよりオンリーワン、個人の気持ちを尊重、あなたは世界にひとつだけの花」、
とかインチキ宗教みたいな綺麗事並べたけど、実態は他人の痛みが分からず自分さえよければいいみたいのが量産されてグダグダw
上みたいなフレーズは人並み以上に優れた土台があってから出てくる考えなのに、
単なる怠慢と逃避のいいわけになってしまったのがゆとり教育。
つい最近のジーコの「個人が自由にプレーするサッカー」もブラジル人並のテクニックも戦略もない日本人には無理で終了。



80 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:11:31 ID:MNOTtRM6O
ああ、つまり次の文科大臣は、自民がイギリスに送り込んだ、教育調査団から選ばれるのか。
誰がいたか知ってる人いる?

81 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:11:32 ID:unE6lfVT0
とりあえず日教組解体してよ

82 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:12:20 ID:eaOOTjMZ0
俺もとりあえず日教組潰してほしいな。

83 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:12:35 ID:ObcFEhXb0
>>78

ID:SWWKRnru0

低脳発覚 謎のブサヨ宣言とお題目スリ替えで逃げる 重症2ちゃん脳

84 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:12:51 ID:y3XlL/vC0
ゆとり教育の弊害って、少年による凶悪犯罪激増ってのと同じく迷信だろ?
教師の質が悪いから学力低下。以上。
違うのォ?
日本より先に週休二日制やってた某国のガキどものほうが日本のガキどもより成績いいという(ry

85 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:12:53 ID:l7434dcG0
>>79
例えば?
明確な目的を持った平成のゆとり教育世代はまだ
高卒の一部が社会に出てるだけで結果も何も出せてないと思うが。

86 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:13:46 ID:J57EuATV0
>>78
痛々しいまでに意味を履き違えてるようなので、馬鹿に分かるように説明すると、
遊び呆けてるガキに仕事を与えて、社会人としての意識を植え付けるということなんだけど。
これは安倍も主張してるんだが。
別にブサヨ認定してても構わないけど、少しぐらいは意味を理解してから認定しようよ。
どっちかというと新自由主義的政策なんだけどな、これ。

87 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:14:20 ID:SWWKRnru0
>>74
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

>ゆとり教育の教育課程の教科書なんだが。

・学習内容が3割減った現行の学習指導要領を導入する前の教科書で、発売以降、米国などで使われ出している。
・「教科書も、海外で高く評価されているのは、内容が3割削られる前の旧指導要領のものだ」

>教科書をどう使うのかが問題であって

教科書はどうでも良いと?指導方針は教科書にまったく反映されないのか(笑)?

>日本の指導方法は特に1990年代からは一貫して批判されてる。

だから誰が批判してんのよ?
東大教育学部の日共シンパのサヨ教授連中か?

>>77
あなたの主張のソースまだ?



88 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:14:57 ID:eSpBMuPc0
まず、おまえらが襟を正せぇぇぇぇ

89 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:16:25 ID:NfHa6KXo0
ゆとり教育っていつから始まったのよ?

90 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:16:37 ID:Sn1KT1Bb0
>>74
>その教科書はいわゆる君が批判するところのゆとり教育の教育課程の教科書なんだが


ゆとり教育以前の教科書だと思うんですが・・・・

>>77

>どこがどう、どれだけ人気で、どう評価されているのか全然書いてないじゃん。


ちゃんと書いてあるじゃん・・・・


91 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:18:09 ID:ObcFEhXb0

苦しくなった

ID:SWWKRnru0

の自演が始まりましたー

みなさんミモノですよー

92 :停止しました。。。:2006/08/13(日) 06:19:28 ID:754o+aau0
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

93 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:19:50 ID:adRHXrdi0
いわゆる「ゆとり教育」は昭和52年だったかな?の学習指導要領からだよ。

94 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:21:50 ID:J57EuATV0
>>87
2000年規準の教科書なんだから、ゆとり教科書ですよ。
3割削減が指導要領上で実行させられるのが2002年だけど、その10年前にゆとり施策は始まっていて、
1998年には実装されてるんですけど。
指導方法は教科書に影響されないですよ。
生活科導入以降の教科書見たことあるの?
絵と少しばかりの問題だけで、基本的には何も書いて無いから。
教師の力量と指導方法で、それこそブサヨ的指導からウヨ的指導まで、教師の裁量で授業の質が変わる。

というか分からないのならせめて入門書ぐらい読んでよ。

95 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:21:57 ID:SWWKRnru0
>>86
基礎的なスキルがなきゃそもそも雇ってももらえないし、すぐ首だろうが。

・上司の指揮・命令を理解できる
・初等教育・義務教育水準の算数・数学が出来る

自意識だけ肥大して、「社畜」にすらなれないぞ。

96 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:22:39 ID:dim3p3ps0
安倍GJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJ

97 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:23:54 ID:7ODRgY6k0
で、おまいらの学歴は?とつってみるw

98 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:25:00 ID:J57EuATV0
>>95
君があげたその2点を身につける以前の段階で崩壊する、つまり今まであったモチベーションが
社会の変化でもてなくなったから、新たにモチベーションをあげましょうねという話なんだが。

99 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:26:03 ID:2q74Ujk30
義務教育期間はむしろ封建的に躾をしたほうがいいんジャマイカ
ゆとり教育だので自由と勝手きままやりたい放題とゴッチャになってモラルハザードになってる。
結果、法律で罰せられないことはやりたい放題の嘆かわしい風潮。やらなきゃ損だすらに。

100 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:26:41 ID:mUbd8eUIO
貧しくてもハイレベルの学問が受けられるのが、
かつての日本の教育制度のウリだったと言うのを聞いたことがある。

101 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:28:45 ID:0oupvZLrO
知識のないネウヨが崩壊するとこうなるのか
恐るべし ID:SWWKRnru0
自分が反論できなくなったら、勉強させて貰いました、って謝ればいいのに

自意識だけ肥大すると、それも無理なんだな



102 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:28:57 ID:VrqmPJbi0
はっきりいって詰め込み世代の方が個性的な人多そうだしな
まだゆとり世代は社会進出してないけど

103 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:29:38 ID:Sn1KT1Bb0
>>94
今問題になっている「ゆとり教育」以前の教科書だよ。

10年前、20年前の話とごちゃ混ぜにしないほうがいい

104 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:30:25 ID:l7434dcG0
昭和のゆとり教育世代が無個性で無気力で中身が空っぽだったからこそ
平成のゆとり教育で奉仕活動の義務化であるとかディベートやリポート教育が重視されたわけで
20代30代が10代叩くのは滑稽としか言いようがない

105 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:30:30 ID:SWWKRnru0
>>94
>指導方法は教科書に影響されないですよ。

誰がそんなこと言ったんだよ。
指導方法(の変更)は教科書の記述・分量に反映されるでしょ。

>3割削減が指導要領上で実行させられるのが2002年だけど、
>その10年前にゆとり施策は始まっていて、1998年には実装されてるんですけど。

今話題になってるのも、世間で問題になったのも
1999年の学習指導要領改訂(2002年度実施)以降の狭義のゆとり教育でしょ。

>というか分からないのならせめて入門書ぐらい読んでよ。

2ちゃんで権威主義は通用しないよ。

106 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:31:16 ID:OzNB6g7I0
これは安倍が言っても全く説得力の無い話題だ

107 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:31:25 ID:adRHXrdi0
アメリカの算数教育はあまり芳しくないんですよ。
教員が作ったプリントをこなすだけみたいな…
だから、日本の算数の教科書を見るとびっくりするわけ。
今の教科書がいいとは思わないけれど、そんなに悪い教科書ではないよ。
教科書さえやっておけば十分、というのがむしろ問題かと。

108 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:31:35 ID:eFLkycIN0
うちの周りでは、ある程度豊かな家庭では、幼稚園くらいから
塾や習い事をきっちりやらせ、女の子にも柔道、空手を習わせている。
うちも、嫁が元塾講師で、5教科はもちろんピアノ、習字は家で間に合うくらい。
近くにいい私立がないのが残念と思っている。
公立学校のレベルアップがなされるならまことに喜ばしいことだ。

109 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:32:22 ID:JiiKdAHA0
それよりも「ゆとり政治」の改革をヨロ

110 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:32:24 ID:7ODRgY6k0
本当の「ゆとり教育」をしたければより高等教育になって、教科書の扱う内容は減っても
分厚くなると思うんだがね。学問は存外面白い。面白さを伝えるには色々関連付ける必要が出てくる。
それでも面白くないなら外に出て体育させろ。

111 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:32:26 ID:tJ8pddgEO
>>99
賛成。
自分も昔、自由やら平等やらをはきちがえてたしなァ。
教師と自分が平等だと思ってたから、教師が一方的になにかを決めて生徒にやらせようとするのが嫌だった。
自分やら平等やらを教わる前に、まずは規律を守ることを教えるべき。

112 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:33:15 ID:NQYOHXgc0
一般的な教育と学問は違うってことだな。
 低学年は躾、高学年は学問。アメリカではそういうシステムらしい、だから
低学年の数学などでは、日本のほうがレベルが高い。だが大学になると、大人
と子供ほどの学力差になっている。どうしてかな。

113 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:33:28 ID:SWWKRnru0
>>98
>つまり今まであったモチベーションが社会の変化でもてなくなったから

事実認定から間違ってますね。

114 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:33:49 ID:J57EuATV0
>>103
だから今問題になってるゆとり教育の教科書ですよ。
指導要領で強制されるというのはつまり評価基準がゆとりに合わされるということ。
で、2002年度からいきなりゆとり教材が出てくるんじゃなくて、教育施策は10年前に施策が発表されて
その間に教科書会社がその施策に合わせて教具を改変していって、スタート年度ですぐに移行できるように
ランニングさせるから、1992年から実際のゆとり施策は始まってるんだよ。

115 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:34:17 ID:1nWmDIqc0
最初にゆとり教育を提唱した人って誰?

116 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:34:48 ID:ym3Wb+SU0
>>1
まだ8月の中旬だというのに、何故に9月発表予定の公約が漏れてくるんだか。
それは置いておいて、〈2〉教員の質の確保 にはどう対応するつもりだろう。免許の更新とか?
生徒の学力で比較した場合、DQN地域への配属拒否とか、テスト問題漏洩とか出てきそうだね。

117 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:36:08 ID:NQYOHXgc0
欲望を制御する訓練だな。これができないからキレル、非行にはしる、薬
をやる事になる。

118 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:36:51 ID:5b+UThsl0
>>12
二桁の九九って何?

119 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:38:09 ID:J57EuATV0
>>113
間違ってると言われても・・・
市川先生の学力論争の本でも、佐藤先生の学びから逃走する子どもたち系の本でも、なんでもいいから
とりあえずまともなデータを基に分析された本を読んで、それの何が間違っているのかを指摘してもらわないと。
とりあえずこの話はどの教育書でもすでに分析され結論化された共通した前提になっているから。

頼むから分からないのなら適当な事を語らないでくれ。

120 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:38:20 ID:Sn1KT1Bb0
>>108
それぞれの家庭の所得の差で
学力にも差が出てしまうのは、惜しい事だよね。

121 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:38:32 ID:gm36EDWVO
無能に総理をさせられる程
日本にゆとりはない筈なのだが?

122 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:39:17 ID:zaN0A2+l0
どう考えても自民党の自作自演

123 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:39:57 ID:OzNB6g7I0
もうゆとり教育下で育った人間が教員になってるから完全に手遅れ

この政策実行したらバカに刃物持たすことにしかならんよ

124 :鳥肌実(ニセモノ):2006/08/13(日) 06:40:02 ID:qlqmIBrv0
頼むよ、安倍ちゃん。w

125 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:40:17 ID:7ODRgY6k0
日本人の掛け算公式の暗記は9×9までだが、
インドは確か、99×99まで暗記させる。
つまりコンピューターも楽勝になる。
計算速度が比較的速くなる。
俺の経験上、暗記が早い奴は計算問題でなくても
数学そのた思考の能力も相対的に高くなる。

126 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:40:41 ID:8TaTgoZ10
こういうことになるのは政治家以外みんなわかってたのにな
誰だっけこれ打ち出した人は

127 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:41:55 ID:J57EuATV0
>>115
思想的には日教組。
政策的には文部科学省の寺脇研。
ただし日教組のはただの思想信条的な「詰めこみ良くない!」的な、なんら科学的根拠もなければ、その対案もなく
結果的に無思慮に学習量や質を低下させるだけの妄言。
寺脇のやつは、もっと腰をすえてやればいいのに、施策の完成度が30%ぐらいの段階で出しちゃって
崩壊した拙速施策。

128 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:42:42 ID:SWWKRnru0
>>114
お前何が言いたいの?

1989年の学習指導要領改訂(1992年実施)時の「ゆとり教育」に反対しなかったから、
1999年の学習指導要領改訂(2002年実施)に反対することは意味がないとでも言いたいの?

隔週の週休二日には賛成だけど、
これ以上教科書の記述や授業時間減らすのは反対、ってのは普通に成り立つわけだが。

129 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:43:26 ID:EKyq5SeWO
ゆとり世代って30代からだったよなたしか

130 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:44:15 ID:7tEYHklp0
おぉ!!この勢いで日教組にも手を突っ込んでくれ〜〜!

131 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:44:48 ID:SWWKRnru0
>>118
十の段〜九十九の段も暗唱できるようにするってこと。
ちなみにおいらは、十の段〜十九の段の暗唱は中学の教師にやらされたw

132 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:49:24 ID:tJ8pddgEO
>>127
しかも当時は、ほとんどの教師も親も、どんな世論調査しても、ゆとり教育には反対してたね。
「詰め込み批判のなかでゆとりになったんだろ?今はその逆じゃないの?」っていう意見をたまに聞くけど、当時の空気を知らないんだろーなと思う。
だって当時も別に誰もゆとり教育なんて望んでなかったんだし。
詰め込み批判なんて、よくあるサヨ運動の一つだったし、一般人はシラケてたような。
ゆとり教育も週休二日も、高所得家庭だけ塾に通える、学歴格差拡大制度じゃん。

133 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:49:29 ID:J57EuATV0
>>128
あのさ、レッテル張りまくって曲解しかできなくなってるようだけど。
まず俺も内容削減には反対で、さらに週休2日も反対なんだけど。
あなたのテキトーな話に「ちがう」って言ってるだけで、あなたの考えている事全てに反していると何の根拠もなく
既定するのはやめてくれないかな。
教育行政の制度の話として、導入年の10年前から施策はスタートするってこと。
つまり2002スタートの施策はその10年前に示されて、スタートまでの間に教科書も現場の教育もすでに
その施策通りに動いてるって話。
つまり今で言う2002改訂のゆとり教育の受けた世代というのは、実際は1992年以降に義務教育を受けた
全員がそうであって、決して2002以降に受けた世代ではないということ。
つまり実際にはかなりヤバイ教育が10年以上行われてたってこと。

134 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:49:52 ID:zaN0A2+l0
それよりも「ゆとり政治」の改革をヨロ

135 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:52:39 ID:TrfJxp9Y0
>>129
ゆとり世代はまだ二十台
三十台の世代は小中学校は土曜日も学校があった世代
今の二十七前後〜がゆとり世代だと思われる

136 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:53:53 ID:Jz1i3Noe0
>>132
>>しかも当時は、ほとんどの教師も親も、どんな世論調査しても、ゆとり教育には反対してたね。

これは正直「?」なのだが。
しかも、当時出てた反対意見の多くは 「漏れが子供の頃は・・・」 みたいな単にノスタルジックな物で、体罰肯定論者と大差無い。

もし仮に 「漏れがガキの頃は教師からボコボコにされた。体罰賛成!!」 みたいな意見が大多数なら、体罰肯定する?

137 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:54:19 ID:WykVpBGB0
>>23
文系のような緩い労働では知識量は必要ないが、理系はもろに知識量が重要。勉強したか
どうかが跳ね返ってくる。

138 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:54:30 ID:J57EuATV0
>>132
1980年代には国民的な詰めこみ教育批判は確かにあったんだよ。
それが1990年代に入って、つまり週休2日の実施や生活科の導入なんかで「詰めこみ教育は排除された」と
みんな満足して、無関心になってたのよ。
だけど日教組は満足してなくて、文部科学省の一部の官僚や中教審も、これはあくまで詰め込み教育の排除の
途中という認識があって、そこで政策的なズレが出てしまって、後で国民がビックリさせられた、と。

139 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:54:32 ID:SWWKRnru0
>>119
2ちゃんで○○先生とか権威主義振りかざしたり、素人は黙っていろとか、
書いてて空しくないか?しかもニュー速+で。

ちょっとは具体的に説明してみろよ。

小学生のガキにいまさら新しい動機付けも糞もないよ。
成績発表したり、習熟度別クラスにしたり、飛び級認めたり、
単純に問題児を隔離したり、補習を実施したりすればそれでいいんだから。

>>129
広い意味(広義)ではね。

140 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:55:35 ID:jX7ruZap0
これからの若人は、ゆとり馬鹿の元で働く事になるのか。
かわいそうすぎる。


141 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:56:10 ID:wVqaVmUW0
まぁ、インドは身分階級が凄いからなw
全国民にエリート教育は無理でしょう。

しかし、これでやっと売国教師も減ってくるかね。

142 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:56:26 ID:tJ8pddgEO
段階的にレベルを下げていったんだよね。
下げるのは簡単だけと、上げるのは大変だろうなー。
教師だって教えかたの分からないやつが増えてるんじゃ。

143 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:58:17 ID:TrfJxp9Y0
>>139
それ広すぎるだろ?
二十代後半を四捨五入すれば三十台だが

最初は週休二日制で始まって 次が授業内容削減だぞ
少なくとも週休二日制を導入していない三十台をゆとり教育に入れないでくれ


144 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:58:23 ID:MNOTtRM6O
今の子って、台形の面積の出し方習ってないのってホント?
公式知らなくても出せるけど、これぐらいやればいいのに。

145 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:58:24 ID:SWWKRnru0
>>133
既定してませんが。
あんたが一体何が言いたいのか、伺っただけです。

で、一体何が言いたいの?
なんの役に立たない机上の作文書きたいなら、研究室でもう十分やったでしょ。

146 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 06:59:21 ID:J57EuATV0
>>137
もしかしたら君達は詰め込み教育が排除された後の世代?
それなら詰めこみ教育の状態を間違って意識してると思うんだが。
言ってることはその通りで、詰めこみ教育とはその文系的発想から、例えば数式の意味は分からなくても
代入すりゃ答えが出るから数式を暗記しろ、意味とか考えるな聞くなという世界があって、
その弊害が「詰めこみ教育の弊害」として指摘されてたの。
知識量じゃなくて、知識の質ね。
両を優先して質を落とすのではなくて、質を確保して量を増やしていくことが理系の基本スタンスだけど、
それに戻そうと言うのが一連の詰めこみ教育批判の本質だったんだよ。
日教組みたいに意味不明の事を言ってる集団もいはして、その印象が強いかもしれないけど。

147 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:00:17 ID:k9udtKI00
>>142
何を教えていいのかわからない、ということがわかれば立派な出発点だと思いますよ。

148 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:01:41 ID:SWWKRnru0
>>143
いちばん広義だと1977年の学習指導要領改訂(1980年実施)からということになってる。

149 :英語バカ中教審:2006/08/13(日) 07:01:47 ID:7z3z3j4m0
>>30

月曜 英語、国語、道徳、体育 英語、国語

火曜 英語、国語、道徳、体育 英語、国語

水曜 英語、国語、道徳、体育 英語、国語

木曜 英語、国語、道徳、体育 英語、国語

金曜 英語、国語、道徳、体育 英語、国語

150 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:03:41 ID:wVqaVmUW0
>>146
それは「詰めこみ教育」というネーミングを利用した姦計ですな。

丸暗記教育じゃなく、詰め込み教育とミスディレクションしたのがポイント。

151 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:04:01 ID:tJ8pddgEO
>>136
> これは正直「?」なのだが。
> しかも、当時出てた反対意見の多くは 「漏れが子供の頃は・・・」 みたいな単にノスタルジックな物で、体罰肯定論者と大差無い。


それがつまりゆとり教育反対派が多かった理由になるっしょ。
親連中は、ゆとり教育にはまじで心配してたよ。
うまく言えないんだけど、別に学校が「ゆとり教育」しなくても、勉強したくないなら当時も勉強しないやつはいっぱいいた。
それを落ちこぼれにしないように、まわりを下げるなんてオカシイんじゃ?みたいな、当たり前の意見がいっぱいあったよ。

> もし仮に 「漏れがガキの頃は教師からボコボコにされた。体罰賛成!!」 みたいな意見が大多数なら、体罰肯定する?

ボコボコは反対だけど、廊下に立たせるとか正座させるとかは賛成だよ。

152 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:05:11 ID:7ODRgY6k0
算数、理科、国語、国語(兼歴史)、体育(柔道、剣道など礼節を重んじる)、英語

153 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:05:27 ID:J57EuATV0
>>139
権威主義て。
基本すら知らず踏まえずの暴論を振りかざす人には権威主義に見えますかそうですか。

その成績発表やら習熟度やらでも動機付けされないから問題化してるんですけど。
そもそも勉強自体をしない、する気がなくて、従来の動機付けが一切機能しない。
だからこそ改革が叫ばれて、ゆとり教育なんてアホな施策が出て失敗しちゃったけど、現状ではどうにもならない
状況には来てたんだよ。
問題児を隔離するとかそういう次元じゃなくて、学級総問題児化。
補習をしても基本的に取り組む意欲がないから効果が出ない。

154 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:06:17 ID:adRHXrdi0
>>139
>小学生のガキにいまさら新しい動機付けも糞もないよ。
そうかな。むしろ小学校からきちんとキャリアガイダンスやって、
「ニートやフリーターになってもいいの?」「こんな大人になってもいいの?」
とかいう方向に今進んでいると思うんだけど。

>成績発表したり、
人権問題だ!って叫ぶ大人がたくさんいるしな〜

>習熟度別クラスにしたり、
教員をどれだけ配置できるかですね。予算措置してくれるかな?

>飛び級認めたり、
落第とセットでね。人権屋がこれもうるさそう

>単純に問題児を隔離したり、
人権屋が…

>補習を実施したりすればそれでいいんだから。
時間がないよ。土曜日の授業復活とセットじゃなきゃできない。なんで週五日制に
なったかをよく考えないと。組合問題だけじゃないんだよ、週五日制になったのは。

155 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:06:21 ID:yeXuHOjl0
軽くスレ違いかもしれないけど、
俺、脳内だけど6階級制覇したことあるよ
あの時の事はは今でも奇跡だと思ってる。
ちなみに俺は元卓球部、普段からボクシングの試合は良く見てたってのも
功を奏したのかもしれない。
俺に比べたら亀田なんて瞬殺だよ
まあ、亀田はなんだかんだ理由つけて俺から逃げるんだろうけどな
八百長があるから戦うかもしれないけど、判定まで持つのはまず無理だと
言い切れるね。

156 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:06:33 ID:TrfJxp9Y0
>>148
凄い古いがそれが最初と言うなら ゆとり教育に入るのか.....
でも俺たち三十台って小学校の漢字一つ取っても約千五百習ってたのに
今は八百〜九百なんだろ?

公立校に行かせないはずだよな俺も子供は私立に派だし
(学級崩壊で動物園の猿山に公立校はなってるもんな)

157 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:08:39 ID:7ODRgY6k0
体罰の代わりに、罰則を与える。
罰則は・・・たとえばダッシュ20本とか腕立て伏せ30回とか。
鍛えられてかえっていい罠w

それを聞かないならペナルティ。体罰も可。
どんなスポーツでも審判の言うことを聞かない奴は退場である。
だからこそ規律は守られる。さすがに人生に退場はさせられないがw

158 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:09:13 ID:lRZ2grq60
寺脇犬とその綾子の罪は重いよ。
特に後者のバカは
「私は生活する上で二次方程式を使わないから
中学で教える必要がない」って云ったしね。

漏れは大学教員でいろんな高校の先生とも話すんだけど
もう格段に学力が落ちて困ってます,って口々に言うよ。

159 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:09:32 ID:wVqaVmUW0
つーか、いわゆるゆとり教育世代って、今大学に入るか入らないかくらいからだろ?

160 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:10:24 ID:Sn1KT1Bb0
>>143
もともと>1の文も
平成7年〜もしくは週5日の平成14〜からの事を言っているような気がするんだが
でもみんなは、昭和52年のゆとり教育路線からの話をしているみたいです。

161 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:10:53 ID:J57EuATV0
>>156
一応それは「最低基準」。
発展的学習を容認しているから、学校によって差はあるけれど、その規準のみの教育がされてたのは
導入後1年ぐらい。
後は親の反発が強すぎて、一応それなりの量はやってる。

162 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:11:17 ID:yeXuHOjl0
DQN教師に体罰は認められないな
体罰という名のセクハラが起こりやすくなるであろう
女子中高生が宿題忘れた→尻100叩き

163 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:11:32 ID:7ODRgY6k0
>>159
家庭教師やってて思うが本気でアホだぞ、今の高校生。

俺は京大生で、平均より学力が高い、ということもあるかもしれないが、
俺らの世代では創造を絶するアホさだ。
俺らも先生方から見ればアホだアホだと・・・OTL

164 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:12:01 ID:l7434dcG0
>>158
曾野綾子は子供だけではなく、国民全員にボランティアの義務を化すべきだと主張してたね。
基本的にそう言うレベルの奴等をメンバーに選んじゃう諮問機関ってのが一番の問題かも。

165 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:12:08 ID:4qdq5vkT0
ゆとり教育推進者って政治家では思い浮かばない。

政治家以外で個人名を挙げると寺脇、尾木がA級戦犯。

166 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:13:58 ID:tJ8pddgEO
子供のやわらかい脳は無限で、詰め込むだけ詰め込んでも、どんどん容量が大きくなるらしいよ。
これ、大人になってからじゃ遅いんだってさ。
「勉強ロボットみたいになる」っていうのが当時の詰め込み批判にあったけど、むしろ逆らしい。

167 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:14:00 ID:J57EuATV0
>>165
尾木さんってゆとり施策自体は批判してなかったっけ?

168 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:14:04 ID:SWWKRnru0
>>153
>その成績発表やら習熟度やらでも動機付けされないから問題化してるんですけど。

止めさせたし、やる気も無いくせに(笑)。

>問題児を隔離するとかそういう次元じゃなくて、学級総問題児化。
>補習をしても基本的に取り組む意欲がないから効果が出ない。

そりゃ、私立中学受験組は塾で高度な勉強やってるから学校の授業が馬鹿らしいし、
問題児は最初から勉強する気ないからね(やらずにすむならやりたくない)。

ちなみにすべての児童を救い上げることなど統計的には最初から無理な話だよ。
教師が生徒に誠実に向き合うことは大事だが。

169 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:15:25 ID:7ODRgY6k0
身体能力に差があるように。脳みそにも差がある。
マクスウェル分布的にw

170 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:16:23 ID:tvNl8RrBO
英語はさせるべきではないな。

171 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:17:25 ID:TrfJxp9Y0
算数の円周率が3のみになった時にそれまで考えてなかったゆとり教育の恐ろしさを実感したな
土曜日の授業がなくなり
小学校で習う漢字が三分の一減った(五百字位)
歴史は明治天皇&東郷平八郎が記載されない教科書もありって...

知れば知る程 公立校の魅力が下がって行く,,,,,,,,,

172 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:17:53 ID:J57EuATV0
>>166
ならない。
神経回路って絶縁体でコーティングされて伝達速度向上が図られてるんだけど、それが完了するのが18歳ごろ。
それまではネットワーク作りが大人に比べればしやすいって程度で、処理速度は逆に遅いので、
発達段階以上のことはできない。
当時のそのロボットになる批判や、勉強ばかりでかわいそうみたいな批判は、あほらしい感情論だけど。

173 :ゆとり世代です:2006/08/13(日) 07:18:02 ID:yeXuHOjl0
俺、脳内だけど6階級制覇したことあるよ
ちなみに俺は元卓球部、普段からボクシングの試合は良く見てたってのも
功を奏したのかもしれない。
あの時の事は今でもまだ奇跡だと思ってる。
俺に比べたら亀田なんて瞬殺だよ
まあ、亀田はなんだかんだ理由つけて俺から逃げるんだろうけどな 。
八百長があるから戦うかもしれないけど、判定まで持つのはまず無理だと
言い切れるね。

174 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:19:53 ID:tJ8pddgEO
>>163
塾講やってて思うが、本当に馬鹿だよ。
十年ぐらい前のプリントとか見ると、「うわ、そういえば昔はこのレベルのを普通にやらせてたのか、レベル高かったな」とか思う。

175 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:20:59 ID:XipZqiLu0
>>171
> 知れば知る程 公立校の魅力が下がって行く,,,,,,,,,

勉強の内容よりも教師の不祥事や、それに対する処分内容を
見聞きした時点で終わってるだろ

176 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:21:56 ID:O55+9dlh0
「非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」
  (三浦朱門  元教育課程審議会会長)

177 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:22:10 ID:2dIyQGWQ0
国旗、君が代反対の日教組解体から始めよ。
阿部さんに教育など徳育を…

178 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:25:37 ID:TrfJxp9Y0
>>175
それはそうだな
体罰を肯定する訳では無いがまだ俺が学生だった時は教師には権限があったもんな
今はフレンドリーらしいから教師もやる気起きないだろうな

教師は子供を食えるからラッキーの教師も多いし...体罰を全否定してますます
おかしくなった気する

179 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:27:02 ID:MWDPJ7+NO
>>166
そうなんだけどね
だけど、“勉強苦手”“暗記苦手”“興味が湧かない”
こういうのはいつの世にもいて、そういった人への救済がなかったのが問題だったと思う。
しかも、知識の多くは、大学受験以降使わない分野もあって、
受験のための暗記ってことで叩かれたと思うんだよ。

180 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:30:10 ID:tJ8pddgEO
>>172
子供相手にやってみたら分かる。
ご褒美シールを与えるだけで、毎日の漢字テストもやる気まんまんでじゃんじゃん覚えるし、十マス計算もやらせればやらせるだけ、どんどん早くなるし。
勉強は、やらなきゃダメ。
日本でちょっと下火になってきた公文式も、ヨーロッパで人気が高くなってる。
一見、無意味に思える計算の反復練習や毎日毎日漢字ノートに漢字を書くことなどが、ものすごく大事なのさ。

181 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:30:21 ID:SWWKRnru0
>>177
・日教組(旧社会党系)
・全教(日本共産党系)
・全日教連(自民党系)

ID:J57EuATV0は間違いなく全教シンパ。

「科学的」        2飜
「教育学の成果」    2飜
「尾木さん」(笑)    1飜
権威主義        1飜
日教組批判はおk   1飜
無謬性に固執     2飜

倍満ですな。

182 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:33:45 ID:ObVvRHrt0
>>149
算数、入ってないぞ。

183 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:37:00 ID:J57EuATV0
>>181
じゃあ

不破氏ね、志井氏ね、マルクス主義ってアホかwwwwwwwwww今日日労働価値説とか言ってるんじゃねーよwwwww

これで満足ですか?



184 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:38:39 ID:tJ8pddgEO
>>179
> そうなんだけどね
> だけど、“勉強苦手”“暗記苦手”“興味が湧かない”
> こういうのはいつの世にもいて、そういった人への救済がなかったのが問題だったと思う。

救済についていうと、いのこりの補習なんかなら、昔からあったよ。
てかむしろ、昔のほうが当たり前のようにあった。

185 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:40:01 ID:uLO8Tgon0
自民党員に言いたい
安倍が国民に人気あるなんて捏造です!
人気があるからなんて理由で安倍を支持するのはやめて自分の、自分の、自分の良心で判断してください!

186 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:41:49 ID:SWWKRnru0
>>183
踏み絵乙

187 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:43:45 ID:wVqaVmUW0
しかし、2chネラーってほんと正論が好きだよなw
中韓批判にしても、日教組批判にしても。

何気に一番冷静で論理的w

188 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:44:12 ID:TrfJxp9Y0
>>184
確かに夏休みとか冬休みでも補習ってあったな
行った記憶は無いが有った記憶はある

>>185
スレ違い帰れ!

189 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:45:01 ID:eDbcn4eY0
>「教育改革推進会議」

純潔キャンディーは配るのか?

「ゆとり教育」導入当時は、いらんな意味で勘違いしてるヤツが多かった。
右、左関係ナシだったな。財界からも「これからの高度情報化社会では、
創造性がなきゃダメ」とかいう要望もあったし。で、「勤勉さ」「偏差値」
「通知表の相対評価」とかの競争社会の基盤になる重要な要素を捨てて
しまった。確かに、授業についてきてる生徒(多くは進学希望)と、ついて
いけない生徒との格差が広がっていたが、下に合わせる必要は無かった。
結局、カネと意欲のある生徒は、学校を頼りにせず塾で勉強するから、ゆ
とりで、むしろ格差は広がってしまったな。

190 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:45:04 ID:/4rSVsY40
でも学力低下がビジネスに影響でてるわけ
じゃないんでしょ?受験エリートの増加が経済力の
増進に直結する時代でもなくなったと思うんだけど。

191 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:46:59 ID:UINYAmPG0
>>170
英語は絶対に必要。
インドでもシンガポールでもどこでも二ヶ国語を教えるのは当たり前。

英語を覚えて初めて日本語の異常さも理解できる。
つまり英語を教えることは日本語を真の意味で教えることにつながる。
オマエラみたいに客観性のない人間はもうたくさん。

192 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:48:27 ID:CxzzxKIf0
>>191
日本語の異常さって何?

193 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:48:51 ID:J57EuATV0
>>190
ニートが増えて税収減&社会保障支出に手がつけられず、増税&その他の公共支出削減で社会不安が・・・
こういうのはボディーブローのように効いてくるので一番性質が悪い。

194 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:49:11 ID:yeXuHOjl0
          ▃▅▅▄▂
         ◢██████◣
           ███████▉
            ████████
         ◥██████◤
  ▂▅▆▅▄    ▃██▀◢◤▀▅▂
 ◢██████◣ ▄███  ▍   ▼◣
 ████████████ ▎    ▂ ◥◣
▐████████■▀▀▉┃   █▌■ ▎
 ◥■██■▀█◤ ◢〓  ┃   ▆▋ █▐▬▅█▆
         ▎  ▐▄       ▀◢▀   ▀█◤
           ◥◣  █▅▂         ┃  馬鹿にはコピペできないミッキーマウスだよ。
            ◥▂  ▓█▅▂    ▂◢◤     できるものならやってご覧なさいよ♪
           ▂▅▆▆◣ ▀▓█▀ ◢▆▅▄▂


195 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:49:47 ID:pXuiwXYa0
著書『美しい国へ』に書いてあったし、これまでにも『諸君!』などの
オピニオン誌でも安倍氏は触れていたが、英国の教育改革を一つの
モデルとして参考にして教育改革を進めると考えられる。

英国では教育現場がトロツキストに乗っ取られ、自虐史観を強要し、
教育水準も酷く低下していた。まるで現在の日本である。
これに対して大鉈を振るったのがサッチャー首相である。
トロツキストを教育現場から追放し、国の教育方針に従わない学校は
廃校にするという大胆・非情な改革を行ったのである。

日本で言えば日教組を教育現場から追放するような事態である。
無論、労組自体は存在は構わないのだが、教育現場を政治の道具にし、
子供の事より己のイデオロギーを優先するような教師は追放すべき
だと思うのだ。

196 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:51:17 ID:eDbcn4eY0
>>190
学力そのものよりも、勤勉さや努力の習慣を身に着けてこなかった方がイタイ
んじゃないかな。
仕事で、三角関数や因数分解を使う機会はほとんど全くないだろうが、それを
身に着けるためにしてきた「努力」は、仕事に必要なものだ。
マニュアル読ませて、説明したのに、「えー、わかんないしぃ」では、仕事に
ならない。


197 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:51:39 ID:tJ8pddgEO
>>188
> 確かに夏休みとか冬休みでも補習ってあったな
> 行った記憶は無いが有った記憶はある

行ったことがないってことは、頭良かったんだねー。
今は「成績の悪いやつだけ補習させると、レットウ感を持たせるから良くない」みたいな批判が通っちゃうご時世ですから。
教師の側も、補習したからって別に給料変わるわけじゃなく、ボランティアで補習してるんだから、批判されてまでやろうなんて気、なくなるっしょ。

198 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:52:07 ID:UINYAmPG0
>>192
日本語の乱れといったほうがわかりやすいか?
日本人同士なら通じてしまう若者言葉も外人には通じない。
ちゃんとした言語を話さないといけないという習慣がつくということ。


199 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:54:02 ID:wVqaVmUW0
>>198
それは国語教育強化でおk

200 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:54:25 ID:QdiUxIjf0
>>184
今は居残り補習なんてやってくれない。宿題もない。
先生に補習とかないのかって聞いたら、「塾へどうぞ」って言われる。
子供も塾の先生のほうが熱心でいいって言うし、なんなんだ。

201 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:55:53 ID:TrfJxp9Y0
>>191
英語が必要とされるのは科学資料が殆ど英語だからだろ?
言い換えれば資料が他の言語が圧倒的になったら英語は意味が無くなる
医療の世界ではドイツ語が主流だし(カルテはドイツ語が一般的だし)
結局 世界でどれだけ通用するかだろ?他国言語は
一番喋ってる人が多い言語は中国語だし(北京語とか広東語とかの区別は別として)
英語と英語の選択性にしても良いと思うぞ第二外国語は

そして他国言語と比べて日本語の異常さなんて言ってる時点で思考がおかしいよ

202 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:56:58 ID:UINYAmPG0
>>199
これだから、ゆとり世代は話にならん。
なんでも限定して否定すればいいと思っている。
住む世界を限定して働くことを否定するのがニートだっけ?
はいはいごくろうさん。

203 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:58:19 ID:tJ8pddgEO
>>190
> でも学力低下がビジネスに影響でてるわけ
> じゃないんでしょ?受験エリートの増加が経済力の
> 増進に直結する時代でもなくなったと思うんだけど。

影響はこれからでしょうな。
広義のゆとり世代はともかく「もろゆとり世代」は、いまだ社会に出てないし。

204 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:58:49 ID:sObsU5cX0
>>198
スラングなんてどの言語にもあるだろ
そもそも言語は生き物で成長する道具なんだよ
それを認めないお前は

205 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:59:00 ID:mUbd8eUIO
予備校がない島根県では、高校の先生も生徒も夏休み返上で補習浸けです。

206 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:59:07 ID:4Ja72mcv0
すごくいいと思うけど、安倍には言われたくないな。

「子供なんだから勉強しろよ」

とか。


207 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 07:59:47 ID:5yrkCNQR0
体罰の復活を真剣に考えるべきでしょう
感情だけで生徒を殴るのは論外ですが今の子供は叩かれたことがなく
人の痛みや良い悪いの判断がしっかりできないのが多い
子供たちをほどよく鍛えておくことはとても大事だと思いますよ
新入社員などを見ていてその必要性を感じませんか?
あるいは若者に自衛隊、消防士、警察官などのいずれかへの一定期間の入隊を義務付けて
規律や人に奉仕することを体にしっかり叩き込むべき

208 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:01:22 ID:UINYAmPG0
ゆとり世代ってさ、「○○しなさい」っていうとすぐ「嫌です」「必要ない」「意味が無い」って
ガキみたいな反論して逃げ回るよなw

オマエラ、要は新しいことするのが怖くてウンコちびっちゃうから逃げてるだけじゃんw
(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

209 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:02:05 ID:CxzzxKIf0
>>191
よく第二言語の学習で、
第一言語に対する相対的見地、
メタ言語的視点を持ちうるみたいな話があって、
なるほど、とは思うんだけど、
それが具体的にどんな役に立つのか、
また学習、ひいては教育活動の中で、
どのように活かし評定するのかがわからん。
その手の客観思考が欲しいなら,
論理学でも教えたほうが早いと思うし。

210 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:02:14 ID:uLO8Tgon0
中学校に英語の先生なんかいらないからさっさと外人よべよ
ある公立学校が外人のTA呼ぼうとしたら英語教師の猛反対にあって断念したって話もあるんだからマジで話にならん
せめて教育学部卒じゃなくて外国語学部卒から優先で採用したらマシになるのに

211 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:02:55 ID:YqK9w+IhO
日本語の異常さってか
そんな事言う時点で日本語が不自由な人だろ

212 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:03:03 ID:0k9TFsIO0
 ゆとり教育世代は被害者。
彼ら自身に落ち度は無い。
しかしながら、どうしようもないクズであることは明らか。

213 :201:2006/08/13(日) 08:03:09 ID:TrfJxp9Y0
訂正→英語と英語の選択性にしても良いと思うぞ第二外国語は

正しくは 英語と中国語の選択制にしても良いと思うぞ第二外国語は

214 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:03:38 ID:sObsU5cX0
>>207
体罰を受けた育たなかった教員が正しい体罰をできるとでも?

215 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:03:46 ID:UINYAmPG0
ゆとり教育世代は社会の重荷。


216 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:04:12 ID:wVqaVmUW0
>>208
まぁ、歴史的仮名遣ひを復活させるのもよひかもなw

217 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:05:29 ID:U5NsPynf0
いやあ、最近のお子さんはものすごく賢いですよ。
「何で勉強しなくちゃいけないんだよ?九九とか何の役に立つんの?」
とか、意味がなければやらないとお考えになっておられます。
いつも私ども教師は
「やりたくないことは義務教育だからやらなくていいんですよ」
と教えております。
実に賢いですよ。

218 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:05:34 ID:g8oLbgYlO
結局、一時の大人の愚行で片付けられそうだな…

カワイソス

219 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:05:44 ID:lRZ2grq60
体育系の部活思い出してご覧。
メンドクセー筋トレや基礎訓練ひたすらするでしょ。

あるいは音楽やるヤツならわかるけど
ひたすらメソッドするでしょ。

そういう基礎的な体力や技術がないまま
うまいプレーやうまい演奏できるわけないのよ。

今の教育はそういう基礎的なことをないがしろにしているのよ。

「ゆとり教育によって,今までのやり方とは別の新しい切り口が
生まれるかもしれない」なんていう寺脇バカは
もうどうしようも救いようのない現実も現場知らない売国奴だよ。

220 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:05:48 ID:yeXuHOjl0
日大程度の奴らが教師になれる時点でろくな教育は受けられまい
それなら、早く帰って東大卒の先生がいる塾に行ったほうがまし
って奴も中にはいる 

221 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:05:57 ID:DVZFBLvH0

町村文部大臣が日本人の子供をバカにした。

ゆとりを導入したのは町村だ

222 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:06:08 ID:tJ8pddgEO
>>208
> ゆとり世代ってさ、「○○しなさい」っていうとすぐ「嫌です」「必要ない」「意味が無い」って
> ガキみたいな反論して逃げ回るよなw

俺の実感としては、
いちばん多いのは、
「何故?どうして僕がしなきゃいけないの?」だな。

223 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:06:13 ID:cE/6/IWI0
公立学校の正常化は、少子化対策にもなる。

224 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:07:39 ID:MxCidMit0
次の閣僚は時期的にみんな重要な役割を帯びそうだけど、文科相も大事だよなぁ。
あの猪フェミとたたかっている山谷とかいう女性かなぁ。

225 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:10:14 ID:uLO8Tgon0
>>220
東大卒の先生ってさ自分が頭がいいから
物覚えの悪い子供を教育する方法は知らないんじゃない?
むしろトップブリーダーとかが教師やったほうがいいと思う

226 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:11:39 ID:MNOTtRM6O
>>205
島根はマジメにゆとり教育だけやってた(他県は塾や予備校あり)から、センターの結果が
10年前からガタ落ちらしいね。
今頃になって慌ててるって記事を見たよ。

227 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:11:55 ID:eDbcn4eY0
>>224
文科省を統一色に染めましょう、ってか。

228 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:14:17 ID:yeXuHOjl0
>>225
東大卒の方が馬鹿にわかりやすく教えるの全然うまいよ。
日大程度の奴に限って簡単なことを難しく言いたがるんだよ。ありがたみを持たせるためにね。
東大式は逆、難しいことを馬鹿にもわかるくらい簡単に頭に入れてくれる。
→わかるから勉強が楽しくなってくる、の好循環が生まれる。
日大程度の奴に教えてもらっても勉強は嫌いになるだけだよ

229 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:15:00 ID:jWGzuNwk0
寺脇研を粛清して二度とこんなこと考える香具師が出てこないようにするのを
最初の仕事にしてくれ

230 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:16:39 ID:uyc8pDte0
まずは日狂蝕員組合の解体から。
いくら笛吹いても、こいつらが現場でテロられたらかなわん。

231 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:16:45 ID:lRZ2grq60
安倍が以前の諮問会議の委員全員と関わりを持たないのであれば
安倍を支持するよ。

あと東大出身が教師やりゃいいって意見があるが
少なくとも公立の先生にはならないほうがいい。
ガキがバカ過ぎてストレスたまるだけだから。

私立の進学校なら別。


232 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:16:54 ID:uHPoJBza0
おお、これはすごい
教育は大事だよな
どうみてもゆとりは失策だった。是非正して欲しいもんだ

233 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:17:05 ID:tJ8pddgEO
>>225
> 東大卒の先生ってさ自分が頭がいいから
> 物覚えの悪い子供を教育する方法は知らないんじゃない?

それはよく聞く理屈だが、塾講十年やってる経験でいうと、正直違うぞ。
そう言われるのは、「東大出や京大出で、頭がいいが教えかたが下手なやつ」がいると、単に目立つからそういう話をよく聞くってだけのような気がする。
もちろん「物覚えは悪いが教えかたがうまい」やつもいる。
しかし総合的にみたら、物覚えのいい頭のいいやつは大抵教えかたもうまい。

234 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:17:22 ID:MhIp1Zab0
>>228
教えるのが上手いか下手かは学歴関係ないよ。
うちの旦那は東大卒だけど、教え方は有り得ないくらい下手。

235 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:17:40 ID:54q3Ivh10
ゆとり教育で洗脳された消防厨房工房が集うサイト
http://sea.ap.teacup.com/dorass/

一度荒らしてやれ

236 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:18:56 ID:qxiq+qB70
ゆとり教育って実態をよく知らんのだが、6年3年の義務教育期間を延長しる考え方で
もっとゆっくり教えようってことではないの?
土曜休みはこのご時世まぁしょうがないが、聞こえてくるのは円周率3って話。
間違ったこと教えちゃダメだろう。ようはゆとりって、期間の話ではなく内容のゆとり?

237 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:20:32 ID:uLO8Tgon0
>>233
塾講って儲かるの?

238 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:20:53 ID:+JwS/9VR0
>>233
まあそうなんだが落ちこぼれや暴走族にやらせたほうがいいとか言う
馬鹿が増えてしまって。

239 : :2006/08/13(日) 08:21:13 ID:EJVoCvuq0
原始共産制ユートピア思想を教義とする
ジェンダーフリーが、日本解体教育運動をやってるので
それを阻止するのが緊急の課題ですね。

「革命のためには祖国を呪う青年をつくれ。

 自分の祖国ほどひどい国はない。

 革命せねばという感情をつくれ!・・・」  

 ・・byイワン・ステファノビッチ・レーニン(ロシア革命指導者)


240 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:21:18 ID:MxCidMit0
日本人にあった旧制にもどすといいね。

241 :ガムはロッテ:2006/08/13(日) 08:23:46 ID:FCkBhL7/0
ゆとり教育の弊害っていう言葉自体が、反政府マスコミが作り出した言葉だろ。
実際そんなものを盲目的に信じている地点でマスコミに乗せられているだけ。
大体、何を学力と捕らえるか、何をもって学力低下とするかでさえ評価がわかれるのに。

242 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:24:05 ID:uLO8Tgon0
仏教を扱っても、聖書を扱っても、宮沢賢治を扱っても問題にならないのに
教育勅語を扱うと大問題になるってのはおかしいことですよこれは

243 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:24:29 ID:BoTp5nlU0
ゆとりだろうが、詰め込みだろうが、出来ない奴は出来ない。

エリートを育てるにあたり、いかに塾等の出費を減らすか考えたほうがいいんでないかい?

出来ない奴は放置しておくとまずいんで、実学まなばせる方向で。

244 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:24:49 ID:AXwsJAM00
>詰めこみ教育とはその文系的発想から、例えば数式の意味は分からなくても
>代入すりゃ答えが出るから数式を暗記しろ、意味とか考えるな聞くなという世界があって、

お前の言ってる事は文系理系以前に低脳系だな
意味を考えるな聞くなという世界観と文系理系が関係あるか?(爆笑)
そもそもそんな世界おれは知らん
よほど低脳な塾に通ってたんだろうが一般論として堂々と語るな
かたわら痛いから

245 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:25:07 ID:YStETym50
詰め込みの手法のままで量を減らしてるんじゃ学力低下して当然だわな。
手法を変えれば昔の詰め込みよりは時間を減らせるけど、一般化させるかな。
ある程度上位の場合は、詰め込みでは無い方法で勉強してたはずだけど
自分の子弟のためにそういう方法は一般化させていないのではないかと
勘繰っています。

246 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:25:48 ID:UINYAmPG0
>>241
若者の意欲の低下は否定できんだろうよ。
性欲は世界でも抜群のようだがな。

247 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:26:17 ID:+JwS/9VR0
詰め込み自体はそんなに悪いものではないよ?
受験数学など暗記物に近いし。

248 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:26:21 ID:tJ8pddgEO
>>237
儲からん。。
氷河期に就職浪人して、仕方なく学生バイトから社員になったが、就職できただけマシだと思うようにしてる。

249 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:26:26 ID:0k9TFsIO0
>>241
>>大体、何を学力と捕らえるか、何をもって学力低下とするかでさえ評価がわかれるのに。

で、結局”何”基準にすればいいの?

250 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:26:55 ID:StgTP2hm0
>>201

ドイツ語でカルテ書くDrなんていないよ、絶対に。
と、お盆中当直2日目の8年目Dr

251 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:27:59 ID:yeXuHOjl0
>>249
偏差値

252 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:28:06 ID:Wn5SWHmK0
あれはドイツ語ではなくて字が汚いだけだよ。

253 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:28:16 ID:UINYAmPG0
>>249
決断力

254 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:28:49 ID:EKyq5SeWO
結局中学受験、高校受験までに成績いやでも引き上げるんだからあんま関係ないじゃん

255 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:29:38 ID:TrfJxp9Y0
>>250
そうなのか?俺の親が医者でカルテはドイツ語だったと聞いてたが
文献はドイツ語だろ?
唾をペッペと吐きかける....
どこかの世代でカルテの書き方も変わったらしいな...

取りあえず訂正しとく スマソ

256 :ガムはロッテ:2006/08/13(日) 08:30:20 ID:FCkBhL7/0
>>249
それが人によって分かれるってことだ。
そもそも教育っていうのは社会の要請による、社会の一員たる人材の育成なんだから、
詰め込まれた知識や数式よりも、社会的汎用性が評価されるべきだと個人的には思う。

257 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:30:31 ID:0k9TFsIO0
>>254
全体的に能力が下がっているので、引き上げって行っても低い中での引き上げになる。

258 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:30:55 ID:Fgo/Cj/FO
土曜は午前中授業だからよかったんじゃねーか
早く帰れるとそれだけで嬉しかったw
復活させろ

259 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:31:17 ID:uLO8Tgon0
>>241
そりゃそうだわな
ゆとり教育世代の学力を詰め込み教育時代のものさしで計ったら学力低下って結果がでてくるに決まってる
プレゼン能力やコミュ能力なんかを測るものさしはまだないからな

260 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:31:47 ID:vBU2IQXr0
いまさら全体の学力が上がったって、何も変わらないよ。
50年代、60年代ならともかく。
まあ自己満足みたいなものかな。

261 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:31:47 ID:wVqaVmUW0
>>254
余計短期間に詰め込み教育になっているということですなw

とりあえず、売国サヨ教師が消えれば、少しはマシになるだろうが。

262 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:31:57 ID:Wn5SWHmK0
医学も英語が標準だと思うぞ。。。

263 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:32:45 ID:0k9TFsIO0
>>256
>社会的汎用性が評価されるべき

それは一定のベースがあってこそ出来る物だと思う。

264 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:34:53 ID:YStETym50
>247
暗記というより回数をこなす事でスピードを上げてる。
暗記はいまだに苦手だけど、大学受験時は理数社は無敵だった。
暗記だけで済む人も居るんだろうけど、必要な情報から考えることが出来ないと難しいよ。
純粋に暗記なのは法律関係くらいじゃない?
ある程度は常識の範疇だけど、理解に苦しむ内容も有るし、罰則は決めだからね。

265 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:35:04 ID:vBU2IQXr0
カルテは最近の人は、日本語か英語で書くだろ。
年寄りの医者だってドイツ語がすらすら使えるわけじゃないよ。
よく使う定番表現はドイツ語で定着したものもあるので、
そういうのが使えるだけ。殆どの人にとってはね。

266 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:35:43 ID:uLO8Tgon0
あープレゼン能力とコミュ能力を同時に測るものさし思いついた


初体験の年齢www

267 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:36:57 ID:TrfJxp9Y0
>>262
今調べてみた学園紛争を境にしてドイツ語主流から
日本語オケ英語オケになったらしい

俺は親からカルテはドイツ語と聞いてたからそう記憶してたスマソ

268 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:38:06 ID:6LUgCyEn0
 
成蹊大学では4年間、終日パチンコ屋に通学して、
南カルフォルニア大学では外国人向け英語クラスに所属しながら、
現地日本人だけの世界に閉じこもって、
2年間で単位が1単位もとれずに、
大学から kick outされたおぼっちゃま君が
「教育改革推進会議」とは
マンガだね。

269 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:39:00 ID:yeXuHOjl0
>>266
おれ、初体験21なんだけど16って言い張ってるよ

270 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:39:18 ID:StgTP2hm0
>>255

えっとな、絶対という言い方は語弊があったかもしれん
いまの退官間際の教官がギリギリドイツ語で医学を学んだ世代だけど、
カルテは「現在」では英語か日本語です
なぜなら、カルテは共有することが今では前提だからドイツ語で書かれても
誰もわからないからなのです
ただ、用語にはまだいっぱい残ってますよ
胃をマーゲンって呼ぶとか、ご飯はエッセン行ってきますとか。

>>237
うまくやればすごく儲かるよ
いま、医者でのバイトが大体1万円/hだけど、塾講師のとき最終的には
8000円/hとか行ってたから、学部生の時に月収70万とかあったよ
学部生で50万を超えてた人は結構いたよ

ところで、ゆとり教育は絶対に失敗だと思う
というか、格差社会の根源はここにもあると思う

271 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:39:45 ID:dTGVTfAP0
>>246 あれ?日本のSEX回数は世界でも低レベルだと思ったけど。
ゆとり教育っていうのはそもそもゆとり教育自体に実体がなく、
文部科学省と教育委員会をはじめ学校組織全体が疲弊し
無能化した結果なだけでゆとり教育という看板さげたからといって
なにか変わったりよくなったりはしないよ。

ゆとり教育以前がそんなよかったかね?ほんとうに詰め込み教育
ハードだったのは60〜70年代くらいだし、荒れる学校なんていって
卒業式に警察きてたのはそれとかぶりつつ後くらい、歴史的に
つながって今がある、ゆとり教育の看板ひとつで今の状態に
なったわけじゃない。

272 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:40:08 ID:K0aj0GX90
たしかサッチャーがやったイギリスの教育改革まねするんじゃないかな
かなりの成果が出てたから

273 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:40:25 ID:6UB11MtI0
学力向上なんてやると、ゆとり教育を終了した奴らが一番惨めなことについて。
もう取り返しつかないんだよ?

274 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:40:43 ID:qxiq+qB70
ゆとりはいいけど、その出来たゆとり分何かしないとな。
俺も常々イタリアなんかの家具職人だとか、幼少からの職業選択もあっていいと思ってた。

全部が全部じゃヤバイし最低限の平均的な学力は生きて行く上で
誰もが身につけないといけないものだと思うが。
ただスポーツにしろ芸術にしろどの世界の頂点を極めてるものも
スタートは3歳だったりするじゃない。事実社会に出て専門分野に進む上で
役立ったものとまったく必要なかったものを実感する。あと足りてなかったものも。
はやくから選択させるのも一方じゃ悪くないとも思うんだけど。

ゆとりって言うならこういう人材の育成の概念も
あっていいと思うんだけど、単にさぼり癖をつけるだけっぽいね?

275 :ガムはロッテ:2006/08/13(日) 08:41:13 ID:FCkBhL7/0
>>263
その一定のベースっていうのを高く望みすぎなヤツが多いからな。
どこまでを基礎と考えるか、その辺の線引きの問題だと思う。
ていうか今の社会で、偏差値が高いほうがいいのか、社会性が高い方がいいのかみたいな。

276 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:41:34 ID:YStETym50
>265
名詞の羅列だから、用語としてドイツ語の方が一般化していればドイツ語も混じってるだろ。
私が通ってる所は、漢字「、平仮名、カタカナ、アルファベットが混じってる。
英語には無い文字も有るので、多分ドイツ語も有るだろう。

277 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:41:36 ID:yeXuHOjl0
>>ところで、ゆとり教育は絶対に失敗だと思う
というか、格差社会の根源はここにもあると思う

↑ 
ブルデューの文化資本からの推論によればまさにその通り

278 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:41:54 ID:wVqaVmUW0
>>273
知らんがな

279 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:42:32 ID:vBU2IQXr0
ゆとり教育で格差社会になったなんて幻想もいいとこだろ。
みんなが勉強するようになれば、ニートや派遣が減るとでも?
コスト低下圧力があまりに強いことが原因だろ。学力は関係ない。

だいたい30〜40年前より大卒の割合は遥かに多い。
それでもその頃高卒より就職状況悪いんだから、笑ってしまうよなw

280 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:44:02 ID:CxzzxKIf0
まぁ振り子現象ですな。
詰め込みとゆとりを行ったり来たりしてる。
どうせまたしばらく詰め込んだらゆとりに戻るんだろ。

281 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:44:38 ID:vBU2IQXr0
>>276
英語にはない文字ってなんだよ…。
もしかしてドイツじゃなくてロシアかアラビアの言葉じゃねーのw
ウムラウトのことだったら怒るぞ。

282 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:46:44 ID:6LUgCyEn0
 
教育改悪には、まず教師の改革が大事
 
外国企業日本語教師写真(外企日語老師冩真)  http://ent.6park.com/bbs2/messages/77011.html

283 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:46:48 ID:StgTP2hm0
>>279

うん、みんなが勉強すれば
「長期的、大局的に見て損な」ニートや派遣を選ぶことは「減る」と思うよ
ただし、損とは経済的な意味だけではないですよ

意味分かるかな?

284 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:49:40 ID:/4rSVsY40
自分は、なんか「土をこねましょう、平らにのばしましょう、
焼いてみましょう」というのを闇雲にやってきたような
気がする。それが皿だと本当に気が付いたのは、
社会人になってからで。それが皿だと初めからわかって
たら、もっと真剣に取り組んだように思う。

285 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:49:47 ID:4Ja72mcv0

「俺もおちこぼれだった。」

自分自身の体験を赤裸々に語り、
未来の美しい日本を背負う若者を育てる。



286 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:50:07 ID:vBU2IQXr0
>>283
派遣やパート以外の求人が増えないと、選びたくても選びようがないだろ。
それ以外の「まとも」な就職先があるなら、今からでもニートは減るよ。

287 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:50:49 ID:uLO8Tgon0
女性の社会進出と外国人労働者の増加で分母が増え
工場のの海外移転で分子が減ってるんだから
就職率が減るのは当然の結果

むしろこれは喜ばしいことなのよ
だってGDP自体は成長してるんでしょ?
つまり働かなくても生きていける社会に一歩近づいたって事じゃん

288 :ガムはロッテ:2006/08/13(日) 08:50:50 ID:FCkBhL7/0
>>279
幻想どころか、ゆとり教育世代はまだ18歳くらいで
実際に格差を作っているのは、詰め込み教育世代なんだよな。
社会問題にまでなったいわゆる落ちこぼれに由来するところが多いし、
大体教育制度も振り子してるからそんな簡単な話じゃないんだけど、
マスコミの話を間にうけて、教育制度も分からず知ったかするやつが多いからなぁ。

289 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:51:23 ID:1kbCQO4i0
詰め込み復活させろ

詰め込みという単純作業すらロクこなせないやつは
何やっても長続きしないよ、口だけは達者だけど。

ほんと最近そういう新入社員が多い

290 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:51:26 ID:XjjYxIfp0
まず親も教育しないとダメだろ
月一くらいで懇談会汁

291 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:51:58 ID:eDbcn4eY0
>>271
よかった、ってわけじゃないけど、良くも悪くも実力主義だった。
偏差値が大手をふってたし、通知表も相対評価だったから、「できる/できない」
は、客観的なデータではっきりとしてた。あと、内申点は今よりも軽視されてた
から、たとえば学校や教師に反抗的なヤツでも、ちゃんと勉強が出来れば、それ
なりの学校には進学できた。
今は、派手な暴力事件もないかわりに、キバを抜かれたような優等生じゃないと
出世コースに乗れないだろ? それってある意味、共産主義的な社会だよ。上へ
の反抗ってのにも「ケンカの作法」があって、それは経験をつまないと、うまく
いかない。子供のころから反抗することなく、服従することに慣れてしまってる
と、社会に出てから仕事が続かなくなる。実社会では、目上に、巧く反抗して、
自分の意見を通すことも、ときには必要なんだから。

292 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:52:06 ID:YStETym50
>281
怒ってくれ

293 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:53:07 ID:ksGdKMYHO
2行以上の文を読めないのはゆとり教育のせいですか

294 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:53:20 ID:M5vSxpPj0
>>288
全国模試が中止になった頃に中学生だった世代は既に20代半ばを迎えているわけだが?

295 : :2006/08/13(日) 08:54:17 ID:EJVoCvuq0
「ゆとり教育」を仕掛け、推進した文部省の審議官
(名前は忘れた)が雑誌の対談で言ってたが、

「私は学生時代に全共闘運動をやって、日本を

 力で改革(革命?)しようとしたがダメだった。

 それで、国家公務員になって、政策で日本を

 変えていこうと思い、国家公務員になりました」

ってことで、「ゆとり教育」を仕掛けた文部省の役人は、

全共闘運動の延長上で、この「ゆとり政策」をやってますよ。


296 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:54:29 ID:vBU2IQXr0
>>294
格差社会は20代だけの問題ではないのでは?

297 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:54:49 ID:wVqaVmUW0
>>292
エスチェットでそ

298 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2006/08/13(日) 08:56:50 ID:/BsAXzdW0

ゆとり教育の見直しなどといって、最初にやるのが愛国心とか
(たぶん効果のない)英語教育の強化ばかりで、以前の教育に戻ることは
ないであろう。とりあえず理系教育の軽視は継続

299 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:57:05 ID:K+2UfKki0
ぜんぶ当時の教育長 寺脇 研 のせい。

300 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:57:24 ID:JOyynm+d0
>>289
過去の自分を振りかえってごらん。
「新入社員が・・」等というのは、赤っ恥ものだというのがハッキリするぜ?w

301 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:58:47 ID:JVOR/l7s0
>>4
> この人マジだw

安倍ちゃん、最高だね。

8/15も近いので、ちょっと置いておきますよ。

・日本がアジアに残した功績
→ (p)http://www.geocities.jp/baud_2005/japan.html
・日本は負けたのか
→ (p)http://iimovie.com/syuusenn.html
・神風特攻フィリピン編『 真実はどこに・・・ 』
→ (p)http://minmin.kill.jp/flash/
・海の特攻 人間魚雷 回天特別攻撃隊
→ (p)http://tokyo.cool.ne.jp/kaiten_website/kaiten.swf
・春よ、来い (硫黄島の戦い)
→ (p)http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7482/haruyokoi.html
・軍歌 海行かば(フラッシュ)
→ (p)http://y4444y.hp.infoseek.co.jp/flagk/umyk.html

・長編フラッシュ 大日本帝国の最期
→ (p)http://www.teiteitah.net/
・極東国際軍事裁判
→ (p)ttp://web.archive.org/web/20030701160045/popup5.tok2.com/home2/usam/KGS.swf
・「かく戦えり。近代日本」
→ (p)http://www.studio-ipyou.net/swf/kakutatakaeri.swf

・桜花(日本を信じろ/反日の構造)西村幸祐氏「反日の構造」とスイス政府「民間防衛」がモチーフ
→ (p)http://nekozemax.hp.infoseek.co.jp/ouka.html
松本零士「コックピット」
http://www.youtube.com/watch?v=IOjPQoz8yXM

302 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 08:59:11 ID:StgTP2hm0
>>286
俺一応精神科なんでニートの問題とかを別の立場から見ることや
あるいは考えざるを得ないので、「就職先が少ないから」ニートを選んだというのは
ちょっと違うと思う、正規の就職先がないわけじゃないのだから

>>222 に指摘があるとおり
いちばん多いのは、
「何故?どうして僕がしなきゃいけないの?」

という、へ理屈が象徴的だが、とりあえずいまこれをやっておきなさい、という上からの指示に
従うことを拒否させてきた結果が大きいと思う
「親に寄生していれば喰っていけるのに、なんで働かなきゃいけないの?」という
問いに「合理的に」答えることは困難だと思う

教育とは本来、押し付けで、決め付けで、型にはめることだから‥
こんなこというとサヨクが発狂しそうになるけど、でもゆとり教育というワガママの増長が
いまの無気力世代を産んだのは無関係とは思えないよ 


303 :ガムはロッテ:2006/08/13(日) 09:00:12 ID:FCkBhL7/0
>>294
社会的に有害なひきこもりやフリーターは20代後半から30代が多いじゃん。
落ちこぼれが社会的反抗心、無気力を生んだんだよ。

304 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:01:02 ID:h0rNuWbV0
要するに、安倍氏の家庭教師だったひとは
典型的な反面教師ということですね。
安倍氏が教育改革を考えるとき、
いつもあの人のことが念頭にあるのでしょう。

305 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:01:10 ID:JVOR/l7s0
>>295
寺脇研だよ。そいつは、ゆとり教育で日本を弱体化した後、
文化庁に移って、寒流ブームを捏造した張本人!!

306 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:01:50 ID:tx9mxAK20
>>302
あと、あの連中が言うのが
「面倒臭い」

…3歳ぐらいでも平気で言うからね、今は。
面倒臭いから勉強しない、遊ばない。
ただボーっとしてるだけって子供が増えてるよ。

307 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:02:30 ID:0sCX9HhD0
1975年頃の高校数学の教科書はよかったと思う。
中学校1年の数学に「集合」が登場したのは1971年だったかな。

308 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:02:39 ID:vBU2IQXr0
>>302
ではなぜ彼らはニートを選んだんでしょうか?
どちらにせよ学力とはあまり関係なさそうですがね。
昔に比べ、学業期間は確実に長くなっているわけですから。
(基礎学力は怪しいですがw)

309 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:03:45 ID:1kbCQO4i0
>>300
少なくとも与えられた仕事もろくにこなしてないのに
もっとオレに合った仕事をよこせ的なことを思ったことはないよ

ちなみにどんな仕事を与えも、こればっかりなんだよねw

310 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:04:21 ID:uLO8Tgon0
就職率が下がるのは必然なんだから
無理矢理上げようとしたって
一つのパンを半分こすることしかできない
本当に対策したいなら、外人(在日含む)をもっと弾圧して、労働者に還元するしかない
ホームレスが飢え死にしていく傍らで外人に税金が投入されてるのは憲法違反以外の何者でもない

311 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:04:31 ID:FojWc0rZ0
無気力な人間が親だからな
やる気に満ち溢れてる人間は行為はするが子作りなんてしない


312 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:04:45 ID:HLamMuj20
3流大卒の阿部が東大卒のエリートを妬んで
日本の教育の信用を下げようと基地外な会議をするスレ
はここですか?

阿部に発言権はない。ゆとり教育に歯止めしたいなら
総理大臣は「東大卒のみ」にしたら良いじゃないか?

313 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:05:22 ID:4Ja72mcv0

大人はきちんと働いて納税しなさい。
ゆとりを感じるだけでなく、強い意志で勉強しなさい。


確かにそうだ。
すげえ正論だよ。


でも、制度の上に立つ官僚や政治家が腐っていたらどうだ?

勉強すればするほど反政府的な考えを持つ子供が育つよ。
何しろ不合理的なことは排除しようとするのが当たり前だもん。
勉強しなくてもいいから、納税してください、選挙は行かないで働いてください。
これが本音でしょ。

314 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:05:43 ID:6GBYJGvr0
これはした方がいい。将来に為にも
教免の勉強してるから分かるけど、やばいよほんと。小学生みたいな教科書だから

315 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:06:44 ID:qxiq+qB70
なるほど、ゆとりってそういうことなのか。子供に権利を与えようって政策なのかね。
なんか人権派の存在がちらちらと。

316 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:06:54 ID:2mevZkgD0
>>313
中2病乙

317 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:07:47 ID:StgTP2hm0
>>308

残念ながら、単一の原因を答えることは僕にはできないですし
おそらく、原因は単一ではないし、また本人だけのせいでも社会のせいだけでもないと思う

ただ確実にいえることは、学んだ人間は学ばなかった人間よりも悲しみや、怒りも含めて
豊かな人生を送る可能性が高い(高かった)という膨大な経験則があるだけです

俺は医学部に来る前は物理系にいたんだが(そのあと学士入学な)、最初は医学部の非合理性や
明快な解のなさにイラツキ、腹を立ててばかりいた
だけど、辞めずに医者になって、少しは大人になって(歳食ったってことだ)、やっぱり勉強しておいて
よかったなって思うよ 単に収入がいいとか、人に尊敬されるとかそういう意味ではなくてな

ニートを選んだか‥
選ぶっていう主体性すら彼らにはないんじゃないだろうか
水は低きに流れるっていうだろ?
それを水が低い(重力ポテンシャルが低い?)を選んだとは言わないと思うんだ


318 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:08:39 ID:uLO8Tgon0
子供に権利を与える
子供に法律教育をする
少年法を廃止する

この3つは等価で、同時に実現されなければならない

319 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:09:33 ID:M4J46zDh0
これをずっと言ってたから安部氏支持だったんだよな

個性を伸ばす為にゆとりっての発想がだいたい狂ってたからな
個性ってのは伸ばす物じゃなく個々が最初から持っていて
スポーツだろうが勉強だろうが伸びていくと勝手に出る物でしかない
そこをわかってないバカ教育者ばっかりだったからなぁ

320 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:11:06 ID:uLO8Tgon0
いや、個性ってのは伸ばすものだよ
それがわからない奴は個性がない人間なんだろうな

321 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:12:40 ID:fWkMtbYg0
ゆとり教育つぶしで、安倍総理VS日教組の戦いが始まるわけか。
これは楽しみだ。

322 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:12:55 ID:VP0W1ihj0
よし、俺の子供が小学校に行くころにはいい教育現場になってそうだな


まず、結婚相手見つけんとアカンがorz

323 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:13:25 ID:qxiq+qB70
>>319
大義はいいと思うよ。ただ実際にそれを活用するだけの才能を持った人間が
この社会にはいかに少ないかってことかもな。

324 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:13:57 ID:StgTP2hm0
>>320

個性ってそんなに大事かね?
つまり無批判に賞賛するほどの個性ってどれほどあるんだろう?
オウムの麻原も、小学生を殺めたタクマも個性的だと思うがどうだろう

そもそも個性がない人間、という言葉自体が、
320氏の定義する個性という言葉の貧弱さをあらわしていないか?


325 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:14:26 ID:htP8o7u20
脳ミソも使わないと退化するからな。


326 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:14:58 ID:VwThaINq0
で?ゆとり教育で育った世代の教師に
それをする力が期待できるのですか?

327 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:16:00 ID:4Ja72mcv0
>>316

俺は教職持ってるよ。
でも職業として選ばなかった。

実習で愕然としたんだけど、子供が好きになれなかったので。
教えることは好きなのですが、子供に接するのが苦手でした。

公文式みたいな勉強をしている学校もあるよ。
創造力や個性を伸ばす前には必要かもね。

でも、俺は正しいことを言っているからといって政治家を許す気にはなれない。
彼らはいつも新しい利権を生むだけで成果を上げないから。


328 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:17:02 ID:G6gJtf8L0
問題は、”有識者”とやらの人選なわけだが。

俺的には、西部邁を入れて欲しい。

329 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:17:33 ID:M4J46zDh0
>323
ゆとりは確かに良い面もあったけど
元々色々な面でめぐまれてる人間にとって良い面があった
って話だもんな。
そしてそういう椰子は詰め込み目の教育でもなんら問題にしないわけで
結局全体の質が下がっただけという結果だったと思う。

330 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:18:41 ID:uLO8Tgon0
>>319
>スポーツだろうが勉強だろうが伸びていくと勝手に出る物でしかない

つまりある程度押し付けてやらせてみなきゃ、才能があるかないかがわからない
そして今の教育じゃ勉強とスポーツしかわからない
だからね、ゆとりを作って、勉強とスポーツ以外の才能も見つけてやらなきゃいけないって話でしょ
学校の勉強だけで東大に入ることはできる、学校の部活だけでポロスポーツ選手になれるやつもいる
でも画家になれる奴はいないっしょ

331 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:19:06 ID:G6gJtf8L0
>>327
ま、その政治家を選んでいるのも国民なわけだがね。
国民のレベル以上の政治家を得ようとしても無理。

332 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:20:35 ID:/moKjjPD0

 日本の学校教育が屑なのは同意だけど、2ちゃんねらーの批判はイマイチ
論点がずれている感じで、その通りにやると教育現場が悪化しそうな気が。

 教育を受ける子供の事そのものは殆ど考えない、と言う点では、教師も親も
霞ヶ関も政治家も2ちゃんねらーも、全部一緒、と言う気はしますね。


 どうも、ニート君は「自分がこうなったのは学校教育のせいだ」と思いたい
心理が非常に強く働くみたいだなあ。
 それで、半狂乱に日教組や「ゆとり教育」を叩くんじゃないかな。
 本当の教育現場の問題点は別の部分にあると思うんだけど、脊髄反射的に
学校を非難してしまうニート君には見えていない。

 まあ、教育問題については、2ちゃんねるで語っても仕方が無いのでここ
では止めます。教師本人からの妨害もあるみたいだし(苦笑)。

 ただ、年代が上の世代にとっては、ニート君の存在そのものが「学校教育の
失策」にあると考えているので、その点はよろしく。
 多分、安部氏も「ニート増加は学校教育のせい」と思ってる一人でしょ。


333 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:20:59 ID:mhdMETAj0

ジェンダーフリーも止めないと。


334 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:21:15 ID:eDbcn4eY0
>>324
たしか夏目漱石の言葉だったと思うが、「個性とは本来他人にとって迷惑千万
なものだ」。だから、教育で枠にはめて、削られて、それでも残るものなら、
「不利を有利に変えて」活用すればいい。
よく「個性尊重」の例として挙げられるイチローの振り子打法も、最初から
「自由にやっていいよ」と指導されたら、確立できたかどうか怪しいな。少な
くともイチローではない圧倒的多数の一般選手にとっては「正しい打法」を学
んで「クセ」を取ることは必要なことだろう。守、破、離のプロセスを踏まず
に、いきなり「自由に」というのは、指導しないのと同じだ。

335 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:22:30 ID:ym3Wb+SU0
麻生さんのニート論
ttp://www.aso-taro.jp/lecture/kama/2006_3.html

336 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:23:09 ID:wVqaVmUW0
まぁ、日教組批判は、ゆとり教育とは別に自虐史観教育批判だからな。

337 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:23:21 ID:uLO8Tgon0
>>327
新しいことをやった奴が利権を得ることは悪くないと思うぞ
そうじゃなきゃやる気が起きないでしょ
でもそれを墾田永年私財法みたく身内で独占するのはおかしいと思う
開拓した奴だけが偉いんであって、それ以外の奴、引き継いだだけの奴は利権を受け取る権利はない

338 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:23:39 ID:1WDgxL1g0
>>330
画家ってやつが世の中にどれくらい必要なわけ?
スポンサーつかなきゃ芸術なんてやってけないよ?
その辺わかっててそんなあほなこといってんの?
世界最高峰のアニメーター達が月10万程度でくってかなきゃいけない
現実みつめてほざけよ。


339 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:24:26 ID:b8zf9ElZ0
公立の教育をぶっ壊して何いってるのw

340 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:25:47 ID:Wn5SWHmK0
ざ〜っと見たんだがゆとり世代はまだ社会にでてないんでないか?
現状では実績ベースで非難は無理でないの?

341 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:26:10 ID:CaUWEEKq0
国の偉い人が「弊害」なんて言ったら、言質取られるんじゃないの?
つまり、ゆとり世代が「学力が低いのは国の所為」と訴えられるのではないかな。



342 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:26:59 ID:uLO8Tgon0
>>338
そんなんなんだって同じでしょw
物理なんか勉強してなんの意味があるって言ってる奴とおなじじゃんそれw

343 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:27:14 ID:Eno0uwjv0
「○○ちゃん、お母さん仕事に行ってくるからね。
ここにお弁当作っておいたから、お昼になったらチンして食べるんですよ」

344 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:27:28 ID:BbtwLNZ10
日本人が訴えても金にはならんw

345 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:27:53 ID:StgTP2hm0
>>334

あ、それを知っている方がいらっしゃいましたか
そうです、漱石の意見をふまえて、自分の割と長い教職暦
(学部生と院生の頃の塾講師+家庭教師)
から感じたことを書き込みました

個性個性と騒ぐ人間に、真の意味での個性的という人間はいないですね
サヨクがみな似ているのと同じです

「アインシュタインも学校のお勉強はできなかったそうですね」と
自分の愚かな息子の勉強のできなさっぷりを正当化かした家庭教師先の母親がいました
す、すごい
あなたの息子がアインシュタインほどの才があるという根拠は?
と聞きそうになりました

イチローの打法の件も激しく同意します
まずは、ルーティーンな基礎を叩き込むことでしょう
それはつまらない、苦しいものだと思いますがそれを耐えさせることが初等教育には必要なのですが
「楽しく」「自分の意見を大事に」という耳に心地よい、子供に支持される、
堕落した意見が、教育をだめにした原因の一つだと思います






346 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:28:21 ID:wVqaVmUW0
>>341
いや、明らかに国のせいだからw

347 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:29:37 ID:JOyynm+d0
>>337
その例でいけば、アベシなんて唾棄すべき存在の最右翼ですなあ
爺さん・オヤジさんの築いた財産で偉そうな口叩いてるわけだし

348 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:29:39 ID:1WDgxL1g0
>>55
それ賛成。
人間もとから能力の差があるんだからそれを踏まえた教育システムが必要。
弊害としては横のつながりが弱くなるというのが挙げられるけど、
それは決して社会性が無くなるということではない。
むしろ人に能力の差があるというのを早い段階から子供達が認識できるように
なったほうがいい。
大学も、そして企業の採用もそれに対応したシステムにしていくべき。


349 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:29:43 ID:EDMzsDLRO
>330
ゆとり作ってやらなきゃ画家になれないようではたかがしれてる
自分から優先順位をつけてくもの

350 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:30:09 ID:BbtwLNZ10
国賠は基準がきびしくてなあ。

351 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:30:27 ID:CaUWEEKq0
ぐわ
>訴えられる
訴えることができる に訂正。

352 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:30:32 ID:ObcFEhXb0
>>345
個性の話も基礎の話も同意だが
なぜ「サヨク」が出てくるのか


353 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:31:25 ID:rIIRteB20
>>342
おまい、物理使うヤシは学者だけだと思ってるだろw

354 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:31:38 ID:Dw/aaBvJO
ゆとりじゃなくて、しつけだろ…。今足りないのは

355 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:32:21 ID:syWVOLkt0
>>348
戦前は小学校で分離してたんだがなあ。
今は中学生まで一緒だから大学生と小学生を一緒にして高卒レベル
の奴が教えてる訳で。

356 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:32:52 ID:DTaff5qG0
成城大学という低レベルの大学にしかは入れなかった安部が

学力向上とは笑わせるぜwwwww





357 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:32:54 ID:hEZ6OKw10
マッチポンプ

358 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:33:00 ID:JOyynm+d0
>>352
とりあえず都合の悪いことがでてくれば「サヨク」のせいにしたり
疑問を持つ人々を「サヨク」のレッテル貼で無力化できると信じて止まない
エセウヨの小泉・安倍ファンクラブの会員様なんでしょう

359 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:33:32 ID:uLO8Tgon0
>>338
だからね、押し付ける量のバランスが問題だっつってんのよ
高卒で働いてる人間に高校の勉強で得た知識が必要な職についてる人間がどれだけいるか?
勉強より役に立つことがあるでしょ
それの例として絵を上げただけだから
例えば販売業なら、絵をもっと押し付けてれば、目立つポップが書けたかもしれない

勉強が社会に役に立たないことなんてみんな知ってるよ
なぜ絵だけ否定するの

360 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:33:37 ID:M4J46zDh0
>330
詰め込みだと画家になるべき人間が画家になれる可能性を
少しは潰す可能性はあるだろうが、たぶん画家になるべき人間ってのは
わずかな図工の時間で目覚めてどんなに詰め込もうが
勉強そっちのけで没頭するような椰子だと思うから
問題はたぶん無いと思うよ

それよりも全体の底上げの方が大事だと思う

361 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:34:20 ID:StgTP2hm0
>>352

あ、そういう自己正当化が激しい、あるいは自分は悪くないと思っている
学生の親の意見はかなりサヨクの臭いがすることが多かったからなんですよ

なんていうか、個性が大事とか、自己決定権、とかそういう感じしない?

上に誰かが書いていた
>どうも、ニート君は「自分がこうなったのは学校教育のせいだ」と思いたい
心理が非常に強く働くみたいだなあ。

という、他責的な発想って、まさに権力(責任)は握らずに批判だけする、茶々だけ入れる
スタンスをすごく感じるので。

人のせいにする、単一の原因に帰着させて叩く、という
構図は気分的に楽だが、解決や発展には遠いと思うのだがどうだ?


362 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:35:14 ID:qM6JBUQl0
日教組をまず駆逐すれば。

363 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:36:22 ID:G6gJtf8L0
>>359
> 勉強が社会に役に立たないことなんてみんな知ってるよ

いや、俺は知らんね。
とっても役に立ってる。
役に立たないって言ってる奴は、だいたい、物事を本質を理解していない。
だから、役に立てようがない。
それを「役に立たない」って言ってるだけ。

364 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:36:27 ID:qxiq+qB70
>>338
骨髄反射しちゃってるね。専門職という意味では他の技術者同様、画家も一緒だと思うよ。
社会に必要な職業。もしかして必要ないとか思っちゃってるでしょう?
音楽家や彫刻家、デザイナーやパフォーマー。ありとあらゆる職人。
一般の立場にたてば不必要なものでも不必要なもので成り立ってる社会でもあるわけじゃない。
そんなこと言ったら松井もイチローも中田もこの世でもっともくだらないことやてる人になってしまう。

ゆとりの理念はそこにあったんだろうけどね。ただ天才はそう多くはいなかったってことだ。


365 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:37:14 ID:StgTP2hm0
>>358

すまんがなんでもサヨクのせいにしてるわけじゃないよ
読んでたら分かると思うが俺の考えではどんなことでも「単一」の原因だけで
ものごとが悪化を続けるということはまずありえないから

ただ、人権、平等、個性、ゆとり、
というフレーズには多くはサヨクが煽っているという現実を指摘しただけです
それは同意してくれるだろ?




366 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:37:29 ID:1WDgxL1g0
>>342
ちがうね。
確かに物理も数学も専門としてやる以外になんの意味があるの?
と思われるかもしれないけど論理的な思考をみにつけるには必要。
芸術、とくに絵画関係には論理的である必要性はあまりない、批評家になるならともかく。
生産的かつ論理的でなければ生きていけない現状の社会システムであるのに、
それに逆らうような非論理性を身につけるような教育は多くの社会不適応者を生み出すだけですよ。
ニートが増えているというのもこの影響が大きいのでは。

367 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:37:32 ID:kFsVLaFOO
>356
あべさんの家庭教師は平沢wだったから仕方ない。
三流大でも、卒業してからの努力次第では総理になれる日本がいいぞ。

368 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:37:36 ID:syWVOLkt0
日教組は組織率も下がってるよ。でもこれは
日教組がデフォになったんで組織する必要もなくなったんだろうね。

369 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:37:39 ID:rIIRteB20
>>359
文系は知らんが、理系企業は高校レベルの知識使いまくりだよ。
仕様書は英文だし、微積分使えないと仕事にならん。

370 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:38:14 ID:C8WlQEmu0
安倍ちゃんが教育を語るなよw

371 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:39:05 ID:AEHJ4vjt0
>基礎学力が低いと判断された学校などに国が支援策を講じるなど

これは余計だけど
後は、悪くない案だな。

経済関係のブレーンと違って
教育関係のブレーンは少しはまともな人材を雇ったみたいだな。

372 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:39:20 ID:V/hHEPcP0
まあ事務処理能力だけでも
受験勉強は役にたってるけどな。
まあ書類使わない仕事もあるんだろうが。

373 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:40:06 ID:uLO8Tgon0
>>369
あ、そうなの
高卒なめてたわ
どこ?メーカー?

374 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:40:24 ID:PqFveBsj0
ゆとり教育でどのくらいの人材が出てくるのかまだわからない。
今はバカな側面ばかりが見えるけど。

375 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:41:13 ID:ObcFEhXb0
>>361
「サヨクの臭い」って、いったい、具体的に、なんですか?
あなたを批判する云々でなく、
「臭い」やら「感じ」やら、あなただけにしか分からない基準を
他人に対して語っても、誰にでもわかる「論理」で説明できないなら、
それは「レッテル貼りの2ちゃん脳」と言われても仕方がないと思うのですが。
あなたのいう「サヨク」の定義はそもそも不明ですが、
ネオアカに一度でも染まった、大方の「サヨク」は、
「個性」やら「自己決定権」なんて、一切、信じていないはずですが。
>>358さんの解釈も致し方ない。

376 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:41:18 ID:P4umfy1Z0
まだ廃止してなかったのか。

377 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:41:19 ID:wVqaVmUW0
ヘイワとかジンケンもそうだが、建前としては良いとこを言っても、
結局売国勢力に悪用されることが問題の本質なんだよなぁ。

売国サヨ勢力を一掃した後で、ゆとりでも何でも議論したらいいねん。

378 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:41:33 ID:JyMr44ZV0
ゆとり教育=愚民化政策
自民としては目標が達成できて本望だろうな

379 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:42:09 ID:G6gJtf8L0
>>369
理系は確かにそのとおりだし、クルマの運転ひとつとっても、
ニュートン力学を理解してるとしてないとでは、雲泥の差があると思う。

俺のカミサン見てると思うのだが、家事をやるにしても化学の
知識があるとないとでは、大差がある。
カミサンは、ない方だが・・・・orz

380 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:42:12 ID:K9MzzsOS0
初等教育なんて守破離の守の領域なんだから、ひたすら詰め込ませればよい。
特に、芸術は良い物に触れさせて審美感を養わせなければならない。
国語だって算数だって終局的には美のセンスを養う為に必要な物。
子供にゆとりだってほっといて、何をさせるつもりなのか。

381 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:42:40 ID:JOyynm+d0
>>365
煽ってるのはサヨクかもしれんが
実際施策してるのは、保守本流(藁)、長期に渡って政権を握っている某政党ですが?
暴走を食い止めるどころか、逆に利用してるわけですからねえw

382 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:43:13 ID:C8WlQEmu0
ゆとり教育で何が悪くなったのかデータも出さずに議論してどこが論理的なんだよ。
だから理系と安倍ちゃんはダメなんだよw
なんとなく最近の若者が気にいらねえってだけ。




383 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:43:23 ID:V/hHEPcP0
まあ日教組と自民がつるんでるのは確かだな。


384 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:44:00 ID:1WDgxL1g0
>>364
社会の中で画家その他に関わる人間はどれくらいいるんだ?ん?
そいつらが日本のGDPに占める割合はなんぼだ?ん?
現実にそういう職業についてる人間の何割が食ってけるほどの金かせいでんだ?ん?

将来どうにもならないような職業に勝手に駆り立てておいて、
現実を理解したときにどうにもならなくさせるのがゆとり教育?

本当に何か学びたいなら金はらって学べっての。

385 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:45:16 ID:uLO8Tgon0
>>382
コミュ能力やプレゼン能力を養うゆとり教育は成功していると言える
ソースは性年齢の低下

386 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:45:30 ID:rIIRteB20
55年体制と日教組のコラボだね>ゆとり狂育

387 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:46:07 ID:M5vSxpPj0
>>383
んなわきゃねー。社会党系の日教組は自民党が死ぬほど嫌い。

388 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:46:32 ID:V/hHEPcP0
繁殖率は良くなるかもなあ。エロ教員と密室だし。。。


389 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:46:44 ID:sf2HFAmQO
就職できない今の若いのはSPIで点数が低い奴が多いとな
二次方程式くらいできないとうからんよ入社試験

390 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:47:23 ID:StgTP2hm0
>>375

わかった、左翼と漢字で書かずにサヨクとカタカナで書いたことで少しはニュアンスが
通じると思っていた。
いわゆる2ちゃんで言うところのサヨクと思っていただいて結構
簡単に定義すると、
責任は取らずに、あるいは現実を知らずに空理空論で終始する
理想のみで、その理想に到達する実行可能な解結論を提示しない、輩一般というところでどうだろうか

>大方の「サヨク」は、
「個性」やら「自己決定権」なんて、一切、信じていないはずですが。

そうだろうか?それはちょっと同意できないが
というか、ややトートロジーになってしまうが、そういう言葉を前面に押し出して
既存のシステムを攻撃する人たちをサヨクと呼ぶのかと考えていたよ

いずれにしろ、サヨクという言葉にそこまで過敏に反応されるとは思わなかった悪かったね
教育を憂えるあまり、レッテル貼りしてしまったこと反省するよ

よかったら、君の教育の建て直し論を
「誰にでもわかる「論理」で説明」してくれないか


391 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:47:41 ID:YStETym50
>369
微積は高校レベルでは歯が立たないけど、統計、行列式、三角関数は良く使うな。
PCにやらしちゃうんで計算力は激しく落ちてるが。

392 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:49:17 ID:eDbcn4eY0
>>359
それはむしろ職業教育の話だろ。高卒で働くことが決まってるなら、普通科行かずに
商業・工業行けばいい、って話。そして、そういう生徒を、普通科に行けない落ちこ
ぼれ扱いするな、ってこと(ちなみに鳥山明は工業高校のデザイン科卒)。でも、それ
らの課程でも、中学での基礎教育は必要だよ。そして、高卒レベルじゃダメだ、とい
うなら、大学に行かなきゃならないから、やっぱり勉強は必要。
画家云々は、学校の勉強にあまり関係ないという点で、かなり特殊な職業。「画家」
のところに「アイドルスター」を代入してみれば、特殊例だとわかるだろ。そういう
のは公教育でやる必要はない。

あと、ウヨ/サヨの話は、ゆとり教育とはあまり関係ない。それは、ゆとり教育導入
を推進したメンツを見れば、わかる。日教組は、ゆとり賛成ってほど単純ではない。

393 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:49:27 ID:qxiq+qB70
>>384
なに煽ってるのかわけわからんが、君が平均的な人間であることはわかった。
まぁもちろんそういう人はこんな政策にはガンガン文句言っていいんじゃない?
ちゃんと国家として学ばせろと。まぁ俺なんかは、そんない学びたいなら
金払って学べばいいじゃんって思ってしまうが。

比率は知らないけど、少なくはないと思うよ。
国民全部がエリート社員になってもらっても器がそんなにないだろう。

394 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:50:37 ID:N3k1VDwS0
今は文化ひとつ学科ひとつでも吸収すべき事柄が多すぎる
低年齢での専門化を進めて、それ以外の学科をゆとり教育にしてはどうか

395 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:51:13 ID:uLO8Tgon0
>>384
画家じゃなくても建築系とか機械系とかは絵のうまさ、デザインセンスがないと困るのよね
別に絵を習ったら普通の職業には就けないってわけでもないしさ

言ってる事むちゃくちゃだよ

396 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:52:51 ID:ORGeh3YS0
高校で変分法をやっていた俺。そして、25年経って忘れた俺。

397 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:53:39 ID:uLO8Tgon0
>>394
俺もそう思うんだよね
高校教育って必要か?
大学の教養課程って必要か?って思うわ

高校の世界史なんてオクタビアヌスって言葉しか覚えてねー

398 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:55:03 ID:ORGeh3YS0
>>394
うーん、しかし、理系に限って言うと数学だけはしっかりとやっていないと、
「専門」が理解できないと思う。

399 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:56:21 ID:V/hHEPcP0
>>397
ああ〜それは大学の教養課程をDQNが教えてるからだよ。
まともな教員ならその分野の基礎を教えられるはずなんだが。

400 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:56:27 ID:MNOTtRM6O
>>383
つるんでるのは文科省官僚と日教組な。
自民も関係ないとはいわないが、国中がサヨってた時期だったから。
町村になってからようやく「ゆとり教育は間違ってますた」って弁がでた。

401 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:57:08 ID:1WDgxL1g0
>>393
なんだこのアホは・・・
まともなこと書けないならレスすんなよ
これくらいで煽りか?脳みそてんぱっちゃってんじゃねーの?
議論できないレッテル野郎は史ねよ。

402 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:58:20 ID:qxiq+qB70
>>398
理系分野で活躍してる人こそ社会の人口比率でいうと少ないだろう。
むしろ理系の人材はもっと早くから職業選択して専門的に学習した方が効率いいとは思わない?

403 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:58:57 ID:G6gJtf8L0
>>397
残念ながら、民主主義には、一般教養を有する大衆が必要なのだよ。


404 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 09:58:59 ID:ObcFEhXb0
>>390
…さあ?あなたの仰っていることは、全てが全て抽象的すぎて、
なにを答えようもないのですが。というと「サヨク認定」されそうですが。
>まずは、ルーティーンな基礎を叩き込むこと
には大いに賛成です。しかしそれと同時に
第一に、保護者の収入により、子供の教育アスピレーション、教育環境に格差がついてしまうような
現状は是正すべきでしょうね。
第二に、学校(とくに大学)を、就職への過程と位置づけるような職業訓練校化
は問題でしょうね。上述の第一の点と合わせて、社会移動の硬直性を強化するだけになるからです。
といったところも重要でしょう。

405 :卒男 ◆TheDQNG1WY :2006/08/13(日) 09:59:43 ID:3k63WqaG0
>>27
麻生タンに変わってどうするw
「替わる」だろ。これもYUTORIか…

406 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:00:40 ID:wVqaVmUW0
>>404
つーか、君の「論」は何よ?

407 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:01:29 ID:MZ8hzmBj0
>>394
もちろん程度問題ではあるがそれはかなり危険だと思うぞ。
専門以外何も出来ない人間が量産されたらどうなるかと思えば。

408 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:01:54 ID:pP5cNSmj0
とりあえず授業科目を再編したほうがいいな

いらないもの

英語
古文
漢文


409 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:02:15 ID:C8WlQEmu0
たとえばアメリカと比べると、日本の高校数学の方がかなりハイレベルだと言われる。
それ位が世界標準なんだよ。
それでアメリカの方が何百倍もノーベル賞出すわけよ。
おまえら何がしたいわけ?w
どこに行こうとしてるの? 詰め込み科挙?
シナ人由来の発想から抜けきれないウヨwwww




410 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:02:57 ID:G6gJtf8L0
もともと、ゆとり教育を煽った一大勢力は、マスコミなんだよね。
20年前は、「受験戦争」とか「詰め込み教育」とか、散々言ってたクセに、
手のひらを返しやがって。
文部省は、ある意味被害者。
共犯者でもあるが。

411 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:03:03 ID:BydxvjSb0
>>402
理系と技能者は別だよ。バイオリン作ってる人や伝統芸能なら若い方がいいだろうけど。

412 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:03:20 ID:8Hnzk+pc0
今はみな義務教育と高校大学に行ってしまうので、良い職人は育たない。
昔は小学卒で大工、左官、工員、料理人、看板書き、アニメーター、漫画家
などの修行をしていたようだが、まあいろんな知識を身に付けるという
意味で潰しは利くし廃業しても再就職する可能性は若干あるが、この
道で超達人というところのピークがさがってやしないか?

413 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:04:04 ID:L4OAO1rc0
科学が進歩してしまっているのにゆとりじゃ追いつけない。
教科書、小中学校の6-3を改革するくらいか??

414 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:04:37 ID:3mGrqDq60
ゆとり教育は、中華の陰謀

415 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:04:42 ID:nzxIWxuH0
小中の週休2日制を廃止してくれ

416 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:06:12 ID:u9lb0VNpO
ゆとり教育は格差を開くためにやったんだろ
んならやっぱり義務教育の水準を上げるしかない
機会が平等じゃない成果主義なんて意図的すぎる

417 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:06:35 ID:StgTP2hm0
>>404

きちんと話のできる人ならサヨク認定なんかしないですよ


>第一に‥
そうですね、だから公教育の建て直しが必要なんだと思います
いまは親の収入などにより公教育しか選べないと、学力がつかないまま受験を迎えないと
いけないですから

>第二に
逆説的だが、大学の数が多すぎるというのも問題だろうと思う
ほとんど価値があるとは思えないレジャーランドに国がつぎ込むリソースを、
厳選された大学につぎ込むべきだと思う
少なくとも広告のポスターに「就職率○○%」とか書くような大学はもはや大学ではないだろう

ただ、上記の二つは主に高校以降の高等教育に関してだよね?
ゆとり教育の問題は、高校までの問題だと思うのだが

失礼だが、教壇に立った経験はどれほどありますかな?
いまの公教育の酷さなどをどの程度体感しているかで、深刻さの伝わり具合も
違うと思う


418 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:06:50 ID:C8WlQEmu0
ウヨが古文漢文廃止とか言ってる時点で論理のかけらもねえだろw
詰め込み暗記マンセーの弊害だよ。


419 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:06:55 ID:BydxvjSb0
>>413
もっとアグレッシブに6-3-3-4(週休二日)を5-5-4(週休1日)ぐらいに変えたほうがいいよ。
授業数は4年×土曜日分増えるし、2年養育期間が減る。

420 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:07:14 ID:G6gJtf8L0
>>412
まったくそのとおり。
勉強嫌いな奴は、中卒で職人を志すべきなんだよ。
旋盤を極めて”神の手”と呼ばれる方が、誇らしいだろうに。

だいたい、9割も高校に進学することが異常。
半分は、高校で教わる内容を理解していないだろう。

421 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:09:01 ID:rIIRteB20
>>408
古文漢文は学者しか使わないからいいけど、英語は残してくれ。
消防からやる必要は無いと思うけどね。

>>410
マスゴミの手のひら返しは、いつもの事じゃんw

422 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:10:28 ID:qxiq+qB70
>>411
そうなのか。>>408じゃないが古文や漢文の時間を研究にあててくれた方がいいと思うが。
まぁそれも程度の問題だな。まったく知らないのも日本人としてどうかと思うし。
ただ、専門に勉強したい人の選択肢はもっと早い時期から設けてもいいと思うな。
今は全ての教科が義務なんだもんな。親の意志があれば選択できるのかね?
こいつには昼は染色技術教えるとか。

423 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:10:29 ID:G6gJtf8L0
>>418
> ウヨが古文漢文廃止とか言ってる時点で論理のかけらもねえだろw

古典を廃止すべきと主張する奴をウヨとは呼ばんよ。

424 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:11:22 ID:u9lb0VNpO
>>420
大学進学が増えてるご時世で難しいだろうね
でも義務教育おわってすぐ社会にもまれる子が増えたら人生舐めてるガキが少しでも減るだろうね

425 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:11:29 ID:XQUc1f0I0
「ゆとり教育の白紙撤回」を公約すべし。

426 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:11:30 ID:JOyynm+d0
>きちんと話のできる人ならサヨク認定なんかしないですよ

>失礼だが、教壇に立った経験はどれほどありますかな?
>いまの公教育の酷さなどをどの程度体感しているかで、深刻さの伝わり具合も
>違うと思う


自分は間違っていない、自分の意見を分からない人間はサヨクだ等と
独り善がりの権化みたいな御仁がおりますなあ
こういう人が「ゆとり教育」の集大成みたいなもんなんだろうね。
自己中も甚だしい

427 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:12:45 ID:1WDgxL1g0
>>421
古文漢文の出来ない日本人なんて日本人じゃないだろ。
日本人として一番大事な一般教養だろうが。

外で暮らしてみてなおさらそう思う。
英語なんてやる気になりゃ一年でビジネスレベルになれるよ、日本語の素養が高ければな。

428 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:12:52 ID:MZ8hzmBj0
>>420
中学で勉強嫌いとか言ってる奴の
何パーセントが職人としてやっていけるんんだ?
中学で勉強が嫌いな奴の数と
職人として生きている人の数を比べれば相当あぶれそうじゃね?

大半は挫折して「つぶしも利かず何も出来ない大人」
になってしまいそうじゃないか?

429 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:13:00 ID:1ygADvMZ0
ゆとり教育は必要なんだよ。
ただ、今まではそれが逆に適用されてたからろくでもないことになってた。


何の知識も経験もないガキにゆとり教育を適用するんではなく、
むしろガキは縛り付けて徹底的に教育を施す。ゲロ吐いても教育。殴っても教育。

そして13〜14歳あたりから、ゆとり教育に入る。
あらゆる教科を用意し、その中から気になった教科をいくつか選ばせる。
んでそれを時間をかけて徹底的に深く教えてゆく。

これこそが真のゆとり教育。
今までは前座というか大失敗ってやつ?

430 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:13:32 ID:StgTP2hm0
>>426

え、どうしてそういう解釈になるかな?
少しもそういうつもりではないが‥

真意が伝わらずに残念ですな

431 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:14:32 ID:eDbcn4eY0
>>408
英語・・・事実上の世界共通語。現代では、ある程度わからなきゃ、日本語の
文章も読めない。ただし、中国人やブラジル人しかいないような地方都市で会話
中心の授業なんていらない。むしろ、英文マニュアルを読めるように文法や読解
をやるべき。
古文・漢文・・・日本文化の一部。これを学ばずして日本文化を理解できようか。

432 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:14:37 ID:wVqaVmUW0
何にしろ勉強が楽しいということを教えられる教師が少ないのが一番悲しいね

433 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:15:08 ID:qxiq+qB70
>>429
そういうことだな。なにがなんでも高校大学に進学するって選択肢は
社会にとってよくない。むしろカタワを大量に生み出してる。

434 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:15:27 ID:L4OAO1rc0
>>419
そうだね。それくらいが妥当かなあ。でも最初の5年を4年に変えるのも良いかと。
あとは教科書を完全に組み直した方がよいと思う。効率よくしなくちゃね

435 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:15:31 ID:j3Q7g9pT0
ゆとりなんて自分で作るもので与えられるものではない

436 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:16:41 ID:JOyynm+d0
>>430

>真意が伝わらずに残念ですな

この一言だけでも、貴殿の独り善がりぶりが如実に出ているというものです。
真意を理解できぬ人間がおかしいですか、そうですかw

437 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:18:17 ID:9UnfNGMo0
>>429
13〜14歳から好きな科目だけってそんな偏った勉強して将来狭い考え方
しか身につかなくなってしまいそうなんだが。その典型的な例が所謂
「分数の出来ない大学生」

438 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:18:24 ID:G6gJtf8L0
>>428
職人というより工員と言った方が良かったかな。
中小零細工場の工員のなり手がいなくて、外国人労働者に
頼っているじゃないか?
その一方で、勉強も出来ない奴がニートとかフリーター。
勉強が嫌なら、体使って働けと。

439 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:18:25 ID:mhdMETAj0
ゆとり教育って、知識の無防備化だよ。
そして、一方的に特アの捏造歴史を教え込まれる。
知識がないから反論できない。

440 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:19:30 ID:MNOTtRM6O
ちょ…
古文漢文しようよ。
少なくとも素読はしようよ。
歴史や音楽美術も武道もしようよ。
理系も大事だが、かといって文化レベル下げてどうするんだ。

441 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:19:38 ID:pP5cNSmj0
>>431
英語は必要な人だけ学べばいい
今その辺で使われているのは英語というかすでに日本語になっているようなものだし

日本文化うんぬん言っていたらきりがない
趣味でやればいい


442 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:20:34 ID:V/hHEPcP0
>>440
どこの工作員かわかんないです><

443 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:21:12 ID:1ygADvMZ0
>>437
分数なんざ、5歳で理解させとけばよろしい。

つまり、13〜14才の時点で学問の基礎はすべて理解させとく、ということだ。


444 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:21:19 ID:mhdMETAj0
>>429
その一方で、ジェンダーフリー教育を受けてセックスという快楽に走るようになった。
ゆとり+ジェンダーは、どう見ても愚民化だよ。
楽、快楽を覚えた人間はなかなか立ち直らないと思うけどね。

>>432
マスコミ、人権屋などが学校たたきをして、まともな教師は辞めていく傾向にあるらしい。
残るのは、在日、日教組みたいな特ア勢力。
マスコミ、人権屋、日教組はグルだろうね。


445 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:22:26 ID:OnsIWcBm0
おまえに学力のことだけは言われたくないよ。

446 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:22:37 ID:yW66zYBOO
授業の質もさることながら、絶対量が少なすぎる。
まずは土曜授業を復活させろ。

447 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:22:53 ID:QyuoKTvW0
4流大学卒のおまえに言われたくないよW




448 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:24:21 ID:pDFi4N1x0
>>1
日教組らをちゃんと壊せ

449 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:24:42 ID:wVqaVmUW0
>>447
中卒の大統領の国の妄言なんて、完全に無視しましょうねw

450 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:25:13 ID:rIIRteB20
>>437
本文とあまり関係無いけど、分数同士の割り算って数学のセンスの有り無しが如実に現れるって聞いた事がある。
センスが無いと、どうしても感覚的に納得出来なくて丸暗記に頼っちゃうとか…

451 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:27:20 ID:1ygADvMZ0
>>444
そこにはモラル教育ってのが抜けてるな。

安寧と見える社会がいかに壊れやすいものか、人は結局社会に守られないと
生きていけない以上、みなその維持に腐心しなければならん、という教育が
必要なんではないかな?

452 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:27:46 ID:MZ8hzmBj0
>>438
それだと何も知らない(中卒レベルの知識しかない)人を量産して
日本人全体の大衆の持つ知識のレベルを引き下げることにつながると思うんだよなあ・・・

>勉強が嫌なら、体使って働けと
この1行は同意。

453 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:28:50 ID:pDFi4N1x0
ジェンダーフリーはやばいな
あれは潰さんと

454 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:29:09 ID:OQQQine8O
せっかく、ユトリ教育で愚民化できたのに?

455 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:31:10 ID:bELCqli60
勉強ってのは学校を出てからもするもんなんだよ
学校教育だけを頑張って直したってどうにもならん

理科の学力は落ちたといっても世界5位とかで、
統計誤差を考えれば世界トップレベルなのに、
大人の科学知識は先進国中最低レベルなんだぜ?

そんな大人に育てられてりゃ、学習意欲なんか低くて当たり前

456 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:31:14 ID:ZJoxvrPR0
あくまで”ゆとり教育の「弊害」”であって絶対「失敗」とは言わないところに今の日本の限界を感じる。

457 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:31:58 ID:VwThaINq0
>>450
LD等に関係する問題であって、教え方の工夫が必要なだけかと
義務教育期間に飛び級、留年を含めて、じっくり詰め込む教育も必要かと。
それ以降にそれぞれの適正に応じた道に進めばよい。

458 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:32:44 ID:G6gJtf8L0
>>452
君の意見も分かる。
だがね、平均以下の高校生は、恐ろしいほど勉強してないぞ。
達成レベルを厳格に評価すると、ほとんど卒業できないと
底辺高で教師をやってる知人は言ってる。
それらの高卒は、中卒と何ら変わらない知識レベルだと断言して良い。


459 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:32:47 ID:qxiq+qB70
>>439
いやいや子供のうちはあらゆる事に触れさす事は大切。
ただ悲しいかな、その後勉強を続けるものはごく少数なんだな。

大人になると学びたい欲求が出て来る。俺は時間さえあればあらためて
社会科の勉強がしたい。地理も日本史も世界史も。
ようは当時教わったことを何ひとつ覚えていないんだな。
その気になればいつでも学問ってものは学べるものだと思うから
ある程度の詰め込みが終わったら、社会に出る前に徹底的に専門教育を
受けるのも悪くないんじゃないかと思う。

社会に出てから結局一から学んでるでしょう?脱落する人がいても無理ないと
思うんだよね。だって6+3+3+4年も学んで社会に一切通用しなっかたりするんだぜ?
もう少し効率よくやろうよって気持ちはわかる。


460 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:32:51 ID:I6d+VPOU0
金で釣って教員にやる気を出させようというのが笑える。
民間人と教員の精神構造の違いが分かっていない。

461 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:33:05 ID:J/6DIuR10
先ずは日教組から潰さないとな
んでアカ教師を片っ端から解雇
どうせ教師なんて余ってるんだからこれぐらいで丁度いいだろ

462 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:33:52 ID:qsDOq3jI0
>>457
同様にある程度のレベル別授業とかね

463 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:34:41 ID:/LIo2Jf40
 われわれの血税で食わしてもらいながら、こんな本を書いて
遊びほうけていたわけだね。しかも、内容が内容だけに毎日毎日
映画三昧だったに違いないわけで。

映画を追いかけて / 寺脇研. -- 弘文出版, 1988.5
映画をみつめて / 寺脇研. -- 弘文出版, 1989.3
映画に恋して / 寺脇研. -- 弘文出版, 1990.6

 と り あ え ず 公 開 処 刑 っ て こ と で。

464 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:35:49 ID:j3Q7g9pT0
せめてセンター全教科70%ぐらいの知識を全国民に義務化してほしい

465 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:36:07 ID:1ygADvMZ0
>>461
日教組、と特定するよりもむしろ、学校で特定のイデオロギーをその対立軸の
説明もなしに教え込む教師、な。

逆に言えば「日本悪くない中韓悪い」ばっかいうヤツもいらん。

466 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:38:59 ID:bELCqli60
>>464
そんなことが本当に可能だと思ってるならお前の学力の低さは相当なものだ

467 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:39:16 ID:BHklCXfY0
全員100点でないとおかしい

 このような「ゆとり教育」の中心的推進人物である文部省大
臣官房政策課長・寺脇研氏の考えを、その発言から探ってみよ
う。寺脇氏は、大学関係者から問題視されている今回の学習指
導要領改訂の狙いを次のように説明する。

 2002年からの学習指導要領では、分からないで出る子は
一人もいないようにする。中学卒業時点で全員百点でない
とおかしいんです。

 また広島県の教育長時代には、高校の定員を希望者総数より
も多くして、次のように自慢している。

 高校で学習したいという権利を行使したい人は、たとえ
入学試験の点数がゼロ点でも入れます。

 すなわち、中学卒業時点では誰でもが100点をとれるよう
に学習レベルを落とし、高校に入りたい生徒はゼロ点でも入れ
るようにする、というのである。ここには、中学生として、高
校生として持つべき学力とは何か、という問いかけはどこにも
ない。全員満点卒業、希望者全員進学という「絶対平等」実現
のために、学習課程のレベルを落とし、とめどなく「ゆとり」
を増やすのみである。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog131.html

468 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:40:09 ID:Hk8gstwc0
モラル教育と基礎学力は、詰め込み教育に頼らざるを得ない。
また、どこかのボクシング兄弟のように、実態のない義務教育の修了を認定してしまう、
現在の卒業認定制度の改革が必要。

469 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:41:48 ID:MZ8hzmBj0
>>458
なるほど、それはそうなんだろうな。
地方の営業所で高卒作業員を採用することになった時
上から地元の高校一覧を渡されて
下半分は相当見所ある奴以外は落せと指示されたのを思い出した。

やっぱ小手先じゃなくて根本的な問題なんだろうな。
日本のマスコミは子供に迎合するからな。
社会もそうなってしまってる気もするし。

470 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:42:15 ID:Ud4dDTGn0

あれ?Fランク大学にしかいけなかった安倍壺三が何か言ってるよ

471 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:43:19 ID:zBSonGoO0
ゆとり世代とアンチ伊東美咲はみんな死ね

472 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:43:40 ID:PqFveBsj0
国語も数学も古文も漢文や美術も
役に立つ立たないは人によって違うんじゃん。
後で何十年もたってからやったことがある経験から
関連した勉強をやってみようかなと思うことがある。
どんな教科も接してみることが大切なんじゃないでしょうか。
そのチャンスを与えるということで・・

473 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:44:08 ID:BHklCXfY0
「このところ、アメリカの大学や大学院に優秀な学生を推薦してもなかなか合格しない。
先方に言わせると、日本からの学生は学力が低く、到底われわれの授業にはついて
こられない。基礎基本ができていない。とするならば事前に不合格にするほうが親切
というものだろう。」だそうである。昔は、日本人の留学生は優秀で、入学はもちろん
奨学金、授業料免除資格も容易にとれたことを知っている筆者としても、この事態の
変化を知るに及び、残念ながらついに来るべき時が来たのかと憂いたのである。
 次の報告はこれを更に証拠付けるものであろう。全米科学財団によれば、1999年に
アメリカの大学で博士号を取得した留学生の数は、中国が一番多く2817人、韓国738人
に対して、わが日本はわずか156人とのことである。明らかに日本は中国や韓国の後塵
を拝している。これはなにも大学院生だけに留まることではない。現在の日本では
小学校から大学まで、殆どの教育段階で生徒や学生の学力が低下しているのである。
これは先日の国際主要教科学力調査にも如実に現れている。筆者は浅狭なナショナリズム
から言うのではなく、学生の質の低下は、やがてこれからの日本国力に大いに反映する
ことを慮るからである。
ttp://www.mizuno-g.net/tokai/ushiroda2.htm

474 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:45:11 ID:6TOsz1L0O
とりあえずDQN親の教育もしてほしい。

475 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:45:16 ID:zpo1a3FP0
日教組がくたばらないと、何やってもダメだな
ニュー速騒がせてる教師は今年もたくさんいるし

476 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:46:52 ID:G6gJtf8L0
>>472
役に立つ/立たないは、理解の度合いによるものが大きいよ。

少なくとも、学校の勉強が身についていない人が「役に立たない」と
言っている例が多い。

477 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:47:09 ID:wVqaVmUW0
>>472
まぁ、教科ごとの重要度や勉強する順番はあると思うけどな。

478 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:47:29 ID:h0etAbuG0
ゆとり世代のバイトってほんとに使えん。
気分しだいで無断で勝手に休むわ、それで怒られると
明日からまじめにやりますって言ったまま、もうそれっきり
来なくなるわ・・・。
ほんと無気力なやつが多すぎる、全部が全部そうじゃないけど。

479 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:48:19 ID:BHklCXfY0
私立文系の2割が小学校レベルの計算を解けませんでした。 

みなさんは国内の企業で「日本人の技術者はもう増やさない」とか「外国人を優先する」
と言っているところがあるのをご存じですか。アジアをはじめ海外の人材の方が優秀に
なった、というのが理由です。
 米国の大学院では、日本人の入学を渋るところも出てきました。理由は、授業について
こられないから。
 すべて背景にあるのは深刻な「学力低下」です。若者の学力がどんどん落ちている。
京大生も例外ではありません。数年前に定期試験で経済学部1年の数学の点を比べてみた
ところ、留学生の方が圧倒的に高い点をとっていました。
(中略)
私が変化を感じ始めたのは20年ほど前です。専門の経済学でいえば、学生たちは講義で
使う数式の意味がわからない。グラフを描いても理解できない。1990年代には他大学
の先生方と「なぜこんなことに」と嘆きあうようになりました。
 7/8−4/5や2÷0.25といった小学校レベルの計算問題などを用いて調査も
しました。数学受験のない私大文系の約2割が解けませんでした。
ttp://www.asahi.com/kansai/wakuwaku/class0412-1.html

480 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:48:42 ID:qxiq+qB70
>>472
そこが難しいね。生まれ落ちて自分の意志に関係なく英才教育されて実際にその分野で
活躍する子供をどう捕らえるか。不幸と思うか理想と思うか。
このプランはそのへんの中途半端なとこにあると思うよ。

481 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:50:06 ID:D06S9tIf0
英国の言語学者グラットストンがその言語を母国語に持つ者を対象に
成人一般的な書物を読めるようになる、必要学習時間を割り出した
(金田一京介著国語Uから抜粋)

イタリア語 945時間(小学二年程度)←スペイン語もこれぐらいでしょう
ドイツ語 1302時間
英語   2320時間(小学五年程度)

英語教育なんて無駄無駄、スペイン語で十二分。



482 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:50:46 ID:mhdMETAj0
>>456
文部科学省は、謝罪したはずだよ。



483 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:52:57 ID:bELCqli60
過去の数字を出さずに今の博士取得数だけで学力低下と言うあたり
それを書いた人の学力の低さはよく分かる

484 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:53:06 ID:vIUkbkEA0
教員になるためのハードルを上げろ。
大学生のバカ化が進んでいる

その中で選ばれる教員の卵もバカ化

バカ教員が教える子供も伸びない。

オールバカ

このサイクルを断ち切れ

485 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:54:10 ID:mhdMETAj0

ゆとり教育の犯人である、寺脇は朝鮮シンパ。


486 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:56:43 ID:vsz1eFu00
>>472
違わん。
学校の勉強が社会で役立つのは、直接の内容じゃない。
興味も沸かない、与えられた仕事に対する取り組み方を学ぶんだ。

筋力をつけるために筋肉に負荷をかけて鍛えるように
面倒なことに取り組んで精神力を鍛えるんだ。

四則演算と最低限の国語力さえあれば、あとはこの
モチベーションが仕事の出来・不出来を握る。

なんて、子供のうちは言われても実感できないだろうが
社会に出て身にしみて実感してからじゃ手遅れ。
騙されたと思って勉強しとけ。全科目。

487 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:57:08 ID:8K5+0bRr0
「バーチャルリアリティは悪であるとはっきり言う」復活で、
ゲーヲタオワタ。

488 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 10:58:39 ID:uyc8pDte0
>>335
麻生が一番経済的にも家系的にも恵まれてるのに、なぜか他の二人より世間が見えてる
気がする。

ニートを語るなら、今度は「ローゼンメイデンに見る引きこもり」についても語って欲しいw

489 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:05:50 ID:jV+uC/6H0
よその国がどーだから日本も〜って意見あるけど
国民性も関係するから一概には言えなくない?

490 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:08:09 ID:4Ja72mcv0

義務教育の中で例えて言えば「左側通行」みたいな
簡単な世の中のルールを我が子に教えて欲しいって親が多い。

あのな。
そんなん家で教えとけ。

もはや団体行動をとらせることが困難なんだよ。
家庭でのしつけがなってないからさ、教育改革推進会議なんて絵に描いた餅に終る。

子供に罪は無いんだが、ついつい近所の子供を怒ってしまう。
本当は親に注意しないといけないんだがな。

お前らもろくな親がいなくて不憫だなあ。
兄弟がいればまずまず救われるのだが、一人っ子じゃ更に可哀想だ。


491 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:08:48 ID:Eg4+ZuTJO
教員採用試験の科目に、「日章旗を振りながら君が代を3回熱唱」を加えればいいよ

492 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:09:46 ID:V/hHEPcP0
まあそっから始めないと駄目なのは確かだがw

493 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:09:47 ID:ZzjdE9qU0
成蹊大出の、元祖ゆとり教育受講者・安倍

494 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:10:26 ID:bELCqli60
>>486
なこといったら四則演算と最低限の国語力以外は学習内容は何でもいいってことになる
そんなバカな話はない
いくらモチベーションがあったって、過去の知識の蓄積には効率で勝てんよ

495 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:10:41 ID:OQQQine8O
学力が無い餓鬼は、施設に隔離!

496 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:11:10 ID:G6gJtf8L0
>>493
東大卒の政治家の顔ぶれを見ると、大学で判断するのもなぁ。。。。。。。

497 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:11:15 ID:MZ8hzmBj0
>>486
同意。
そもそも教育の場ってのは実社会に出るための準備期間なんだよな。
実社会は基本的には競争の場。

それなのに「みんな100点」なんて方針は馬鹿げてるし
教員が純粋培養なのも個人的にはありえないことだと思う。

498 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:11:31 ID:Hg7r3i110
>>30
道徳イラネ

道徳って偽善者を作るかガキを寝させるかどっちかに使う時間だろ

499 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:12:28 ID:P2eQYcMV0
ゆとり教育じゃなくなると
いじめ問題が過熱するんだよな。

いっそのこと、学級崩壊起こすガキとか
躾出来ていないガキを隔離した方がいいんだが




500 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:13:42 ID:V/hHEPcP0
とりあえずまともな子供を私立に避難させた方がいいけどな。
公立は基本的に廃止の方向で。

501 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:13:51 ID:CxzzxKIf0
>.486
今国語って虚学化してないか?
論理学やったほうがいい気もするな。
読解力もそっちのほうが身につきそうだが。
数学も統計学のほうが有用だったりするのに、
理系ですら数Cはスルーしたりするしなw

502 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:13:50 ID:BydxvjSb0
>>499
それができるから私立は人気なんだろうな

503 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:14:49 ID:pP5cNSmj0
現代国語
数学
政治経済
近現代史
地理
理科

このくらいでいいだろう


504 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:14:51 ID:K9MzzsOS0
国語は情感を養う為に必要。

505 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:14:56 ID:4Ja72mcv0
悪いことしたら「ごめんなさい」と言いなさい。

きちんと並んで順番を守りなさい。

来たときよりキレイにして帰りなさい。

きちんとした挨拶をしましょう。


はあああああ。
今の団塊は出来て無さ杉。しかも居直ってる。
全ては団塊の奴らの責任だ。


506 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:16:12 ID:6ejW2QMI0
これからの世代がまた賢くなって
将来ゆとり世代は、上からも下からも馬鹿にされることに

507 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:16:23 ID:i5BO+hxL0
>>482
文部省じゃやなくて、
ゆとり教育を言い出した、研究者・学者に責任とってほすい。

そいつら今なにしてんのかな。

508 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:16:56 ID:9gRJIq7u0
知識の無いヤツ、経験の薄いヤツは多かれ少なかれ、いずれ
痛い目にあうんだから、ゆとり世代がどうこういったところで、
いずれ社会的に矯正されるんじゃないの?

まあ、最初から落伍者をつくる教育してるのは非人道的だけどな。


509 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:17:13 ID:hWgI8qua0
>>505
また「○○のせいだ」ですか。ゆとり脳乙。

510 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:17:56 ID:V/hHEPcP0
まあ団塊はどこでも悪さしてるからなw

511 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:18:14 ID:G6gJtf8L0
>>507
マスコミも散々あおってましたが、何か?

512 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:18:28 ID:K9MzzsOS0
これからの時代は、親が宿題を出して学校で解かせるのを推奨。

513 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:18:47 ID:CxzzxKIf0
>>507
ゆとりって言い出したほうは、
「学力低下?当然じゃん。
 何で今頃問題視してんの?
 ひょっとして学力低下しないと思ってたの?
 馬鹿だねえ〜プギャー!!」
って言ってるよ。

514 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:19:26 ID:jiJa0LNa0
【 ニート狂歌〜弱肉と 強食を説く この僕は 何をやっても 必ず負けなり 】

◆在日を 見下す僕の 自慢点 日本国籍 保有それだけ
◆在日は 日本を出てけと 言う僕は 家を出てけと 家族に思われ
◆愛国を 語る自分は 稼ぎなく 税金納めず 国のお荷物
◆安倍が言う 再チャレンジへの 支援策 そもそもニートは チャレンジをせず
◆イラクでの 人質叩いた この僕は 海外どころか 家からも出ず
◆ニッポンの 伝統たたえる この僕に 今では来ない 年賀状かな
◆新聞は 朝日が嫌いな 僕だけど 朝日の社説 いつも読むかな
◆首相らの 靖国参拝 当然だ だけどこの僕 一度も参らず
◆中国を 嫌うこの僕 昼飯は カネが少なく いつもラーメン
◆わが国の 過去をたたえる この僕の 現在未来 ほぼ終わりなり

◆公務員 リストラしろと 叫ぶ僕 親が相談 それは保健所
◆ニュース見て 企業倒産 祝う僕 就職活動 不戦敗なり
◆安っぽい クルマをけなす この僕の 貯蓄額では バイクも買えず
◆親戚を うざいと感じる 僕だけど 未だ要求 お年玉なり
◆行員の 給料下げろと 叫ぶ僕 預けるだけの カネも持たざる
◆弱肉と 強食を説く この僕は 何をやっても 必ず負けなり
◆主婦達は 楽をしてると けなす僕 家事手伝わぬ パラサイトなり
◆同人と オタクさげすむ この僕の 深夜の楽しみ 萌えアニメかな
◆浮浪者を クサイとにらむ 僕だけど 親亡き後の 将来の自分

◆生活保護 受給者馬鹿に してるけど 自分も生保の 受給者予備軍
◆障害者 嫌うこの僕 人生の 障害物走 いきなりこける
◆板の自治 好きな僕だが 自治会や 生徒会など やりたくもなし
◆少年の 犯罪に対し 厳罰を 要求する僕 ウィニー使う
◆女生徒の 援助交際 怒る僕 エロゲーの中で 幼女をレイプ
◆高卒を けなす自分の 年収は 大卒の割に 低すぎるかな
◆説教が 好きな僕だが 教習所 一回怒られ 不登校なり
◆女らを マンコ臭いと けなす僕 マンコ実物 かいだことなし
◆さればとて 就職活動 するでなし 平日昼から 2ちゃんねるかな

515 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:20:11 ID:9gRJIq7u0
社会党が与党になってから世の中がおかしいんだよなあ。
マジで工作だったんじゃないの?


516 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:21:16 ID:V/hHEPcP0
うんにゃ。戦後教育の影響がでるまで半世紀かかってただけ。

517 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:21:34 ID:P2eQYcMV0
>>500 それなら、私立受かった子どもは、
公立で学費タダなんだから、その分の学費を補助してもらえるにして

余りを公立にすりゃいい。



518 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:22:14 ID:b76wm38Z0
安倍さんGJ!
「美しい国へ」読んだよ。ちゃんとやることやろうとしてるんだね!

519 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:22:26 ID:+7ZgqEAe0
>>397
大学の教養課程は
旧制高校の名残りみたいなもんだからな。
で、旧制高校の教養教育は
非常に良かったんだけどな。orz

520 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:23:28 ID:mhdMETAj0
>>500
文部科学省職員の子供って、どれくらい公立行っているのか知りたいね。


521 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:23:58 ID:V/hHEPcP0
>>519
なんでぱんきょーの教員って馬鹿なのかな
学生に合わせてるわけでもなさそうだが。

522 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:24:34 ID:9gRJIq7u0
>>520
金に物言わせて越境入学してるようなのばっかりだよ。
足立区の公立とか、まともな神経だったらとても行かせられないし。


523 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:25:14 ID:pP5cNSmj0
まずは大人の再教育が必要だ
大人といっても勉強しないまま体だけ大きくなっただけの奴らがほとんど
使われていない施設なんかを使って再教育する制度を作ったほうがいい
通うのが困難なら通信教育を課すとかね


524 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:26:20 ID:vsz1eFu00
>>494
ある意味そう。四則演算+最低限の国語さえやれば
それ以上の学習内容はなんだっていい。
子供が「めんどくさい」「むずかしい」「やりたくない」と思うものなら。

入社して一定期間過ぎると、専門学校出たやつより
一定以上の大卒の方がいい仕事をするだろ?
モチベーションと、そこから生まれる理解力の方が
学習内容よりどれだけ大事かわかる例。

525 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:26:38 ID:qxiq+qB70
まぁ今のゆとりが馬鹿だと言っても、俺自身がじゃぁ、しっかり勉強したのかと言えば
自信がない。ゆとり世代だって東大だって芸大だって行く奴もいるんだろうし。
ただ働く気力をなくさせているのがこの教育のせいだとしたら大問題。
大量のニートを生み出してるのってこのせいなのかな?

教育に問題があるとしたら授業の内容以前に「生き方」の教育の欠如じゃない?
それさえ上手くいってれば土曜休みも円周率3も、ごくごく些細なこと。

526 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:26:41 ID:V/hHEPcP0
http://www.kobe-np.co.jp/edu/s-9/01.html
まあお約束なんでリンク貼っておくけど。
なかなか周知徹底しないな。。


527 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:26:55 ID:mhdMETAj0
>>522
やっぱりw
自社製品を買わない社員と同じだw


528 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:27:12 ID:kpYR2bG6O
まあ今更遅いけどな、調子こいたナルシストバカばっかりになっちゃったから

529 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:29:01 ID:9gRJIq7u0
>>525
ニートってのは「働かなくても生きていける」という選択をした人でしょ。
同じようにゆとり世代は「勉強しなくても大丈夫」という不可解な自信に満ちている。
この延長で、「オレが頑張らなくても世の中はまわる」と考えている。


530 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:29:02 ID:2Dtvi7Sa0
つーかね、円周率を3として計算させるというのは別にいいんだよ
ちゃんと円周率というのは本当は3.141592…と永遠に続いていく数字だと理解させていればね
今はコンピュータでπとすれば勝手に3.14よりも細かい計算してくれる時代なんだから
πが、手計算の小学校教育では3になっただけなんだよ
問題は、本当に円周率は3だと教えるのだと思ったアホが多かったということだろう

531 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:29:27 ID:+7ZgqEAe0
>>521
学部で使えないのを
パンキョーに回すから。

うちの大学ではそうだった。

532 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:29:36 ID:aqoeIC580
ゆとり教育の平成生まれが集まるVipとか見てると頭痛くなるよ

533 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:29:44 ID:4Ja72mcv0
安倍さんはボランティアの一部義務化も言ってるよね。

外交政策でつまづいてるから
国民の意識が高い教育問題で人気を得ようとでも思っているのか。

消費税上げの対応としては
間違ってはいないよね。
国民は増税自体よりその使い道を問うているのだから。
教育問題はこれからも頑張ってもらいたい。



534 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:30:26 ID:S3j1xQaf0
高学歴AVギャル一覧(※は高校)
*****************************
桑名みどり  東京大学理科U類(工)→同大学院 ※県立神戸
高田眞子   東京大学(文科3類) ※岡崎 
菊川真由   東京大学(文)
なかむら芳美 東京大学(医‐医)-入学は理2 ※佐賀西
響奈美     京都大学(農) ※桜陰女子
高沢幸恵   早稲田大学(法)
涼木ももか  慶應義塾大学(総合政策) ※御茶ノ水女子大学付属
尾崎麻衣   慶應義塾大学(法)
摩湖      大阪大学(学部不明)
黒木香     横浜国立大学(教育) ※女子学院
土屋まみ   お茶ノ水女子大学(文教育)
月丘うさぎ   お茶の水女子大学(文教育)→東大大学院経済学部修士 ※御茶ノ水女子大学付属
原早苗     お茶の水女子大学(理)→ハーバード大学院(MBA) ※田園調布雙葉学園
浅倉舞    ?大学文学部英文科
西野美緒  立命館大学文学部
二宮沙羅  早稲田大学天文学
朝香詩織  東北大学歯学部
白石みゆき ※桜陰女子
*******************************
「ゆとり教育の弊害」を説く安倍さんよりも高学歴の方も多いようです。

535 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:31:00 ID:9XQnx9ix0
普通に以前に戻せばいいだけ

土曜は半日授業

536 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:32:49 ID:yaZ2RNSn0
>>534
まさにゆとり教育の弊害だな

537 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:33:21 ID:kpYR2bG6O
>>525
ゆとりの問題点は「勉強しないこと」ではなくて

「勉強しなくても怒られなかったこと」だと思うな

どんなに教育に力を入れたところで完全にバカがいなくなることはない

ゆとりが問題なのは自分のバカさ加減を自省しないことだと思う

538 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:33:51 ID:6b4MFXG+0
天文学って?

539 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:33:57 ID:9XQnx9ix0
>>536
お前よりは高そうだが…

540 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:34:53 ID:yaZ2RNSn0
>>537
いや、そんなことは社会に出たら
思い知るだろ

541 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:36:32 ID:KLgNK8Jx0
>>533
> 安倍さんはボランティアの一部義務化も言ってるよね。

この件に関しては、ちゃんと「奉仕活動」と呼称しないと、
一般のボランティア活動を貶めることになるという点だけ問題。


542 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:38:35 ID:LgOUqk3Z0
ということは、町村が官房長官or文科大臣で決定か。

543 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:39:44 ID:9XQnx9ix0
壷売りのボランティアはしたくねぇな…w

544 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:39:47 ID:rIIRteB20
>>540
薄々気付いてるんだろうけど、直視したくないからフリーターやニートに逃げてるんだと思う。

545 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:39:58 ID:mhdMETAj0
>>526
でっち上げもあるからね鵜呑みには出来ないよ。



546 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:41:23 ID:bELCqli60
>>524
子供がめんどくさいと思うものをやらせたところで、
モチベーションが向上するわけじゃないでしょ

その例でいうなら、モチベーションのある奴は
仕事始めたら自分でちゃんと仕事の勉強をするってだけの話

547 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:41:48 ID:DV0IiFGW0
子供は大人を見習います
ゆとり世代のDQNを見習って、すべてがパーです

548 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:43:54 ID:RxW98PVu0
先生まで自分の生活にゆとりを持てると思ったのが間違い。

549 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:44:03 ID:bELCqli60
>>537
怒られないと勉強しない大人が大勢いるから
それを見て育った子供の学習意欲は低いんだよ

大人になって、怒られなくなると勉強しなくなる大人が多いこと
なことやってるから大人の科学知識のレベルが低くても平気なんだ

550 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:44:05 ID:M8bg4XOV0
>>547
それは一理あるかもしれんなぁ

551 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:44:23 ID:ym3Wb+SU0
>>540
評論家  「それは制度のせいですな」
プロ市民 「それは政府のせいですし」
野党連合 「それは与党のせいですぞ」
特定アジア「それは小泉のせいアルね」
マスコミ  「そうだそうだ悪くないぞ〜」
           ↓
ニート「ぼ、ぼくは悪くないんだ(・∀・)♪」

552 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:47:51 ID:w2lZiLVs0
でも実際ゆとり世代って、柔軟に考えたり、
考えを表現する能力は上がってるっていうデータがなかったけ?

覚えてる奴おらん?

553 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:49:09 ID:Iy6wUyv80
GJ! 安部超GJ!!!

554 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:49:30 ID:VwThaINq0
壁を越える小さな経験の積み重ねが
モチベーションにつながると思うのだが。
小2で逆上がりを全員に課したが、その後の意欲の向上は
すごいものがあったけどなあ。

555 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:49:59 ID:CxzzxKIf0
単純なゆとり教育より外的報酬の均一化が問題な気もするな。
インセンティブ・ディバイドの問題でよく上がるが、
ゆとり教育それ自体より、それに伴う、
個性の尊重という名の悪しき平等主義で、
外的報酬が均一化され、子どもは学習への意欲を失った。
内的報酬だけで勉強するほど、
子供というか人間は真面目じゃない罠w

556 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:50:03 ID:dgE6sJB1O
推進委員会を作るのは、良いが!先ず誰がゆとり教育を推し進めたかの検証が先だと思う

557 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:50:55 ID:kpYR2bG6O
>>540
ゆとり世代は社会に出ても怒られると死ね死ね言ってるだけですが

558 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:51:58 ID:V/hHEPcP0
多分氷河期同様まとめて廃棄処分だろ。給料払う馬鹿いないって。

559 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:52:20 ID:vsz1eFu00
>>546
学生のうちにやっておくべきことは
自分の興味の無いことにも、できる限り手を動かすこと。
このひとことに尽きる。

出来る人間にはわからないよ。こればっかりは。
「こんなもの、社会に出たら使わない」って勉強してこなかったやつは
社会に出ても何か別の言い訳を考えて仕事しないし
できないんだ。

恐ろしいことに、好きな仕事に就いても
目の前の課題に取り組む力(いわゆるモチベーション)が
沸いてこない。せいぜい最初の3ヶ月程度かな。
自分がそうだからわかる。

560 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:53:43 ID:8CWrkgy/0
>>557
おまえのことじゃん

561 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:54:33 ID:DV0IiFGW0
も う 『 ゆ と り 』 か ら 逃 げ ら れ な い

562 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:54:52 ID:9gRJIq7u0
性善説で「自由な発想の時間」ってのを勤務時間中に3時間設けたら、
昼寝するわ、ゲームしてるわ、株取引してるわ、好き勝手に遊んでるから、
「もうオマエラ全然ダメ、今日から厳しくやるから」って社長がキレ始めた段階。


563 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:56:16 ID:V/hHEPcP0
でももう直らないぞ。幼児体験ってのは大きいんでな。
つーわけで廃棄処分ね。

564 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 11:56:28 ID:8CWrkgy/0
>>557
おまえのことじゃん

ってか、ゆとり世代1年生は今大学1年だ
無知ってやだねー

565 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:00:16 ID:eDbcn4eY0
>>540
思い知ってニート化するんじゃないの?
RPGに喩えると、適正レベル20のフィールドにレベル15で出て行くようなモン。
これは学力というよりも、困難なことでも努力して乗り越えるっていう訓練の
話としてね。そりゃレベルが不足してるから、負けるよな。
ゆとり以前の教育で、授業なり部活なりで厳しい訓練をうけて、レベル20にま
であげておけば、戦闘不能になっても挑戦し続けて、レベルアップできる。
でも、ゆとりでレベル15しか無ければ「戦えば必ず負ける」状態。そのうちに
無力感に打ちのめされて投げてしまう。
不況とかで、フィールドのレベル自体が上がってる面もあるだろうが「日本人
はダメだ、外国人の方がよく働く」とかいう中小企業経営者の声を聞くと、や
っぱり、レベルが不足してるんじゃないのか、と思うよ。

566 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:01:01 ID:vsz1eFu00
>>563
あーあー。なおらない。ほんと直らないよ。
どれだけヤバいかっつーと、あと一週間で転職のための
一次面接&筆記試験なんで今SPIの本を前に勉強中なんだけど
1時間経ってまだ2問しかやってねーの。

このたった1冊読み通すだけで大体イケるって分かりきってるし
給料も今の1.5倍になるのに、それでも体が動かない。
こういうのハタチ過ぎまでになおさないと一生モンだってさ。

おまえらほんと、ラクしたかったら今すぐ宿題広げて
8月31日までに終わらせてスッキリしとけよw

567 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:01:06 ID:lPvSNmrYP
>>562
それが成功しているのがGoogle
それが失敗の元になるのが、時間の重みを知らない凡人

568 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:03:31 ID:/4rSVsY40
もちろん理系・工業に数学は必要不可欠だけど、
昔、町工場に「職人のカン」ってあったでしょ。あれって
体系化して説明するのが面倒だから「カン」って
言いきってると思うんだ。カンの体得は学問に劣るもの
ではないんじゃないかと。

569 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:04:27 ID:CxzzxKIf0
俺はゆとり教育賛成だったりするんだけどね。
もちろんカリキュラムの整備や、
方法論の確立は必要だし、
このままでいいわけもないが、
学力低下なんて最初からわかってたことだからなw

格差社会にあって、教育、学力だけ平均であげろってのは無理。
二極化のエリート教育でいいよ、もうw

570 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:05:14 ID:CZzKotsP0
「教育」を「専門分野」とする政治家には、実は無能な議員が多い。

教育は、誰でも気軽に評論家になれる分野といわれる。

例えば、学校で受けた教育の経験、親から受けた教育の経験、親として我が子に
行った教育の経験など、誰であっても、自らの経験を基に、一応にそれらしい
「教育論」を論ずることができるのである。つまり、「教育」が「専門分野」というよりは、
それしか論じることができない、というのが正確なところだろう。

そのことは、「文教族」議員、ないしは衆参の文部科学(文教科学)委員会の委員の
顔ぶれを見れば、よく分かる。

文部科学(文教科学)委員に目立つのは、まず教員出身者であるが、これは
教育制度、教育法制の基礎に通じているので問題はない。しかし問題なのは、
世襲議員が目立つのと、芸能・スポーツ出身者が目立つということとである。

芸能・スポーツ出身議員に無能なのが多いことについては、いちいち論ずるまでも
ないが、世襲議員にも同様のことが言えるのである。要するに、政治家としての
能力の有無以前に、親父が政治家だったからそれを継いだだけ、というのも
少なくないからである。

また、世襲議員は、親からもらった田舎地盤でのらりくらりと当選を重ねてきた者も
多い。選挙で落ちる心配がないから、大して勉強の必要がない「教育」を「専門分野」
としていれば済むのである。

次期首相の座を確実としている安倍官房長官は、教育基本法改正など、
「教育改革」を最優先に取り組むという。親譲りの田舎地盤で、「教育」を語って
いるだけでも当選を重ねられた「無能」議員の烙(らく)印を押されないためにも、
観念論ではなく、科学的な知見に基づいた教育論を展開してもらいたいものだ。

(東京新聞夕刊コラム 2006年8月12日)
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1151547380/

571 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:08:54 ID:wCKvLmyT0
>>569
学力は上がってます。

<学力テスト>「好成績」戸惑う文科省 なぜ、上向いたのか
 「総合的な学習の時間」を導入した新学習指導要領の定着度をみる学力テストの
結果が公表された。ゆとり教育路線の総仕上げとして02年4月から導入された新指導要領は、
学力低下を招いたと批判を浴び、文部科学省は昨年末、見直しに向け舵(かじ)を切った。
しかし、初の検証材料となる今回の結果は、ゆとり教育の狙いの正しさを証明したようにも見える。
なぜ、学力は上向いたのか。この結果が突き付けるものは何なのか。

 今回の最大の特徴は、授業時間で小学校が314時間、中学校で175時間多かった旧指導要領下で
学んだ児童・生徒より、新指導要領の「ゆとり教育」で学んだ子どもの方が、
大半の教科・学年で成績が良かったという点だ。
ttp://blog.so-net.ne.jp/kikuchin0601/archive/200504

572 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:09:19 ID:bELCqli60
>>552
データというほどのものは知らんが、最近の大学の新入生は
ディベートとかを積極的にやるという話は聞いたことがある

ソースは忘れた

>>566
もう夏休みのレポート終わらせた俺は勝ち組

573 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:10:20 ID:mBIHLYGc0



暇な人はどうぞ。

日テレ 「太田総理」
終戦記念日直前スペシャル
マニフェスト:
アジア諸国と共同で第二次世界大戦の歴史教科書を作ります

http://www1.axfc.net/uploader/9/so/N9_7513.zip.html
DL Keyword : ntv


  

574 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:13:33 ID:wCKvLmyT0
>>552
これか?
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060701-00000130-kyodo-soci

 授業時間や学習内容が少ない新学習指導要領の下で学んだ“ゆとり教育第一世代”が今春、
初めて大学1年生になった。
 人前での議論が平気で、プレゼンテーションが得意な学生が増加。
 大学教員からは「今までの学生とは違う」「ゆとりの効果では」という声も上がっている。

575 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:14:27 ID:KlyhHnR10
>>571

俺は大学教員だが、

  実際学生の学力は年々下がっている。

  ゆとり教育の手本の欧米が、必死に教育制度の見直しをしている

  のに、まだゆとり教育なんて主張しているやつはアホだな。

  二流浣腸・文科省のアホな役人の言う通りにしていたら、

  この国は滅ぶ。。。

576 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:14:28 ID:aFAIfluv0
ホームレスの大部分はゆとり以前の世代

不安を煽り銭もうけをする教育産業に気をつけろ

577 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:14:47 ID:9gRJIq7u0
>>567
つまり、昼寝やゲームや株取引をしている姿をみて「ああダメだコイツラ」って
乱暴に言い切っちゃうのはどうかなってこと。

食器洗い機はテニスしてるときに思いついたし、ウンコしてるときが
最高にアタマが冴えるヤツだっている。

578 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:15:08 ID:V/hHEPcP0
大学一年でプレゼンとか議論ってw
どう考えてもネタだと思ったけどな。

579 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:15:32 ID:eDbcn4eY0
>>569
逆だよ、逆。
エリートとその他の庶民の二極化をするなら、庶民の側には、上から指示を理解し、
それに従って、真面目に勤勉に働く「兵隊」になることを求めなきゃならない。
「嫌なことはしなくていい」タイプのゆとり教育なんてしたら「兵隊」として使い
モノにならなくなる。
それに社会が円滑に機能するためには、エリートと庶民をつなぐ中間層ってが必要。
エリートは一般的に庶民の気持ちなんてわかんないし、懇切丁寧に説明して納得さ
せるほどヒマじゃないから。

580 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:15:53 ID:6jB5kqzw0
詰め込みが悪いなら、勉強に興味を持たせるような教師を育てて、
自主的に勉強をする子供をつくるべきだった。
それがなぜか、勉強が悪という意味が解らない方向に行ってしまった。

581 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:16:26 ID:WmzqEfgC0
内容が少なくなれば・授業がわかればやる気も出て勉強するだろう、なんてフレコミのスタートだったけど、
はじめから「ハア?馬鹿じゃねーの?」と思ってたよ。教科書の内容がたとえ1ページになろうと、
勉強しないやつは絶ーーー対にしない。量じゃねえよ。家庭のしつけだっつーの。
金出して塾にやらせりゃ教育してるなんて錯覚してる馬鹿も多い。
金じゃなくておまえ自身が我が子に何を教えましたかと。

582 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:16:58 ID:IgsmKG5C0
ゆとり教育
ゆとりローン

ヤバイものには必ず口当たりの良い言葉が用意されるな。

583 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:17:00 ID:wCKvLmyT0
>>575
子供の数は減っているのに、大学の定員は変わらないんだから、
今まで入試で落ちたようなのが入ってくるようになっただろうな。

584 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:20:03 ID:KlyhHnR10
   
 >583

  それもあるが、全体の質も下がっている。特に教養が無い。

  偏差値50以下の大学は、すべてリストラ対象でいいんだが。

  わけのわからん学生と学歴ロンダのアホな教員が多すぎ。


    

585 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:20:11 ID:kpYR2bG6O
ゆとりはディベートが得意って要はああ言えば上祐なだけだよな


586 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:21:44 ID:Aga6SsPV0
教育といえば、大正時代は良かったらしいね


587 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:21:46 ID:9gRJIq7u0
でも、フランスなんかだと10時くらいになってからダラダラと出勤して
5時までには全員定時でオワリ、みんなでダラダラとしゃべりながら
ワイン飲んだりメシ食ったり。そんなかんじで一日が終わる。

ああ、これこそゆとりなんだなーと思ったね。
日本に帰ってきて地下鉄待ってたら「只今2分ほど遅れております」って
アナウンスしてるの聞いて、うわー日本だわーってウンザリした。


588 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:22:19 ID:V/hHEPcP0
いや、さわいでて授業にならないのを婉曲にアレしたんだと思うけどな。

589 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:23:55 ID:G6UKGBml0
自分ゆとり第一世代ってやつだけど、実感は別にわかないんだよねぇ・・・
大人ぶってるのに、子供より論理的でない奴ってかなり多いし。
自分がムカツクから怒る、叱らなければいけないところで怒る。そういう大人が多いと思う。
そういうことされたら子供が学ぶのは非論理的考えだと思うよ。
嘘ついても怒られない大人、イジメをみてみぬふりする教師。点数稼ぎに必死の警察官。
社会のせいにするわけではないけど、こういうのをみてクズになっていく人も多いと思うな。
子供に文句言うなら自分を正せ、できないなら汚いところを子供にみせないでクレ。
道徳は学校で学ぶものでなくて、生きていくうえで自分の身で学ぶ。
最近の子供はを、ゆとり教育を、免罪符にしないでほしい。


590 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:24:57 ID:bELCqli60
>>584
人数が一定で、下のほうまで取るようになったら、
全体的に下がるに決まってるでしょ
どこまでがゆとり教育の影響かなんてお前の狭い経験だけでわかるわけがない

この程度で教育を語る奴が教員やってるんじゃしょーがねーわな

591 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:25:21 ID:V/hHEPcP0
間違いなくゆとり世代だ。。。

592 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:25:42 ID:mhdMETAj0
>>577
しかしなぁ、小学生が学校で金貸しをやっているのを知ってしまうと流石にやばいと思うが。


593 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:27:36 ID:CaUWEEKq0
>>587
> 「只今2分ほど遅れております」
そのアナウンスは日本の鉄道が仕事をきっちりやっている証明でゆとりとは関係ないですよ。
ゆとりってのは仕事を時間内がんばればプライベートが楽しめるって事では無いのでしょうか。
貴方の例えはだらけが最高としか読めないですよ。

594 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:28:24 ID:kpYR2bG6O
>>589
どう見ても主張だけはいっちょまえのゆとり世代です
本当に…(ry

595 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:28:41 ID:7zw9MLfq0



それで、当然、オリックス会長やトヨタ会長が審議委員に入るんだよね。





596 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:29:00 ID:G6gJtf8L0
>>581
禿同。
少なくとも、親が大学出なら、中学位までは自分で子供の勉強見ろよ
と言いたい。

597 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:29:01 ID:UI07c/C20
なんで学力が向上しなくてはいけないのか、
学力が向上するとどおういうメリットがあるのか、
説明できるのかね?
じゃあなんで安倍さんはもっと勉強をがんばって、東大に
いかなかったのだろう?

598 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:29:58 ID:dHlmG5uy0
正直ゆとりってそんなにバカじゃなくね?
モラルはないけど、勉強だけはきっちりしてるだろ奴らは

599 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:30:01 ID:HLamMuj20
ニート世代ってお受験世代じゃないか?浜学園とかあったじゃん
ゆとりはその後だろ。勉強の有無は就職とはあんまり関係ないよ
労働法の領域、勘違いしてる馬鹿が多いよ2ch住人、さすがニート

3流大卒の阿部が親の七光りで総理大臣になれることのほうがおかしい。
福田なんていい年こいて未だにパパのレポートにしがみついている、馬鹿?
東大卒のみが総理大臣になれる様にすれば良い、桝添やれよ。

600 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:30:23 ID:DV0IiFGW0
>>597
キミみたいな馬鹿がいなくなる 以上

601 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:30:33 ID:TjjZAs090
インドや香港や韓国は英語をしゃべれる人が多い。
グローバルな仕事を請け負う時に公用語の英語がしゃべれるのは有利。
しかし日本は中、高、大と出てもしゃべれない人ばっかりだ。
使えない受験英語なんてもうやめるべきだ。

602 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:32:21 ID:aFAIfluv0
学力向上は建前
本音は教育に対する支配力の強化



603 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:32:26 ID:UI07c/C20
>>600
まあ、私のようなバカが大学教員ってことで世もまつだなw
これで600がうちの大学には入れないようなレベルの子だったり
するからネットって面白いねw

604 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:32:29 ID:wCKvLmyT0
>>599
家庭教師まで付けてもらって成蹊大の安倍が
総理になったらいけないとは言わない。

しかし、教育に口出しするな。
多分こいつは、ゆとり世代の平均より学力ない。

605 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:32:44 ID:G6gJtf8L0
>>601
インドとか香港は、英国の植民地だったからなぁ。

606 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:33:05 ID:mhdMETAj0
>>587
しかし、そういう気質が技術の向上につながるんじゃないの?


607 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:33:13 ID:AqrxTCJA0
>>599
日本はね、80年代の教育改革以降からずっとゆとり教育
なんだよ。それ以前の大学の入試問題を見てみ?今の連中は
誰も解けないと思う。

確かにここ数年を指して「ゆとり教育」と言うけど、80年代に
進められたゆとり化から見ると全然比べものにならないぐらいの
小さい差だ。

608 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:33:13 ID:aGff0Nc+0
>>587
やはりゆとりは物事を表面でしか見られんらしいな。
フランスが何で立国してるか分かって言っているのか?
日本、シンガポール、アメリカ、それぞれ何で立国してるか分かってる?
時間の使い方とか重点を置く部分とかは、国によって異なるんだよ。

609 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:33:14 ID:ZtPl49a40
合格実績を看板などにペタペタ貼りつけて肥大化してきた
いわゆる合格実績ペタペタ塾に行っても成績は上がりません。
在日が経営してたり、陰でラブホテルを経営してたりする塾まであります。

エセ教育者(塾経営者)が「学力低下の危機!」を叫びながら
実際は塾の宣伝に使える生徒を集めて、合格実績を稼ぎ、
偏差値63以下の大半の生徒は飼い殺し(金づる)になっている。

ネットが普及してなかった頃、何も知らない親御さんや生徒さんは
こういう欺瞞(ぎまん)塾にだまされ放題でした。

合格実績ペタペタ塾へのお布施
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=ED&action=m&board=1834899&tid=9g3jbcbc0sa5za5bfa5za5bfbdna4xa4na4aaidbbbdc&sid=1834899&mid=1&type=date&first=1
     
だまし続けること
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=ED&action=m&board=1834899&tid=a4c0a4dea47b3a41a4ka43a4h&sid=1834899&mid=1&type=date&first=1

610 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:33:22 ID:9gRJIq7u0
>>593
だらけが最高でしょw
命縮めてまで仕事や他人への奉仕に犠牲になるなんてナンセンス。
駅員殴ってでも時間通りに行動したいっていうほうがおかしい。


611 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:33:23 ID:Yii86nKh0
ゆとり教育の弊害って、ゆとり教育推進したヤシ等野放しにして
なんのお咎めもかせないことのが一番問題だろ?

612 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:34:16 ID:UYPdgRsX0
>>598
勉強をきっちりやると言っても、
教科書の厚さが10年前の半分になってるんだぞ

613 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:34:32 ID:dHlmG5uy0
>>587
二分遅れで謝罪する日本最高

614 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:34:49 ID:qfGz6D+UO
まさにゆとり教育の弊害の権化みたいなヤツが何言ってんだろうね
>岸ノブスケの孫

615 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:35:08 ID:7zw9MLfq0


天コロに土下座するような土人がいなくなって、文明国になるのが日本の教育の目標。

安部の教育改革では、純潔キャンディをなめる、愚民しか生まれないだろうな・・・




616 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:36:15 ID:NARd2FgyO
>603 よもまつ?高学歴レベルの釣りか?

617 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:36:21 ID:UYPdgRsX0
>>611
ゆとり教育の本質は、エリート教育だから成功している以上お咎めなしなのは当然
金のある勝ち組は、私立に行かせて、しっかりとした教育を受けている
それ以外は、命の大切さを教えて、低賃金労働者として、
文句が出ないように従順教育をほどこしている

618 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:37:14 ID:wCKvLmyT0
>>616
なぜか変換できないw

619 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:37:31 ID:7zw9MLfq0
安部の教育改革じゃ、犬作先生の息のかかった連中や、
統一がらみの連中、神社がらみの連中、カルトだらけの教育改革になりそうだねwww

620 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:37:55 ID:9ABvy3BT0

キチガイみたいなジェンダー思想教育も何とかしてくださいよ阿部さん。



621 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:38:44 ID:CaUWEEKq0
>>610
だらけが最高って・・・。メリハリだと思いますけどねぇ。
時間内がんばって、プライベートを満喫したい訳ですよ。ノルマ多すぎますけどね、実際は。

622 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:39:09 ID:V/hHEPcP0
まあ今後は公立出は企業でもはねられるだろうなw

623 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:40:21 ID:UI07c/C20
・・・「世もまつ」でこれ程食いつきがいいとは思わなかった・・・・・・
もはや「w」すら使う気がしない。
本当に世も「すゑ」だな・・・・・・

624 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:40:27 ID:ItkJ3z+H0
金持ち右翼がやりたいように仕切る日本に、
明るい未来はありません。

625 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:40:32 ID:CtWiJTifO
>611
じゃあお前が寺脇を糾弾しろよ。

626 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:41:14 ID:YnBOd3m0O
ゆとり世代は大変だなぁ…マジで。

627 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:41:27 ID:7zw9MLfq0
>>620
各学校で純潔キャンディをくばりましょうw

628 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:41:39 ID:e1qFmfTz0
これから頑張っても結果が出るのは30年後か・・・

629 :名無しさん@6周年 :2006/08/13(日) 12:42:11 ID:3Jln6L8D0
>能力の高い教員を給与・待遇面で優遇し
こんなもの単に
校長の受けがいいやつが上がるに決まってんだろうが

630 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:42:59 ID:865WYoLL0

2ちゃんのオフに出てみな、今なら夏厨がたくさんいるから
マジオススメ。リアルでゆとり【脳】が体験できる。

特に19歳以下が酷いね。簡単な加減乗除の計算ができない。
そのくせ、口だけは達者。でも中身の無い議論。無駄に空論。



631 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:43:22 ID:wCKvLmyT0
>>617
ゆとり教育を推進する学習指導要領は私立も拘束してます。
また、ゆとり教育以降、教育現場に格差が持ちこまれたという数値上の根拠は見たことが無い。

>>1の改革を見ると、競争と格差の肯定によって、
親の経済力がダイレクトに子に影響する学力格差の来そうな予感がしますが。

632 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:43:50 ID:IaDdtJpy0
何も無いトコからは何も生まれない
ゆとり教育なんてくだらない

633 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:44:12 ID:TjjZAs090
>>605
禍福はあざなえる縄の如しだな。

634 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:46:12 ID:bELCqli60
>>631
安倍ちゃんは「格差問題は朝日新聞が争点にした」とか言っちゃう人ですから
(まあこれはソースがゲンダイなんであれだが)

635 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:46:20 ID:mhdMETAj0
>>611
寺脇は文化庁に飛ばされて、自慰を表明したが、
大臣だかが引きとめたんだよな。


636 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:46:21 ID:wCKvLmyT0
>>632
無から有を生むのが教育。
そもそも学校と生徒に意欲がなければ何も生まれない。

> 学力や学習意欲を押し上げた理由として、
> 都内のある小学校長は「総合学習と教師による授業の工夫」を挙げる。
> 「総合学習は本来、家庭や地域が担っていた部分を肩代わりしている。
> 例えば、地域を知るフィールドワーク。
> その教材作りなどを通して、学び方のプロセスを学ぶことで、
> 受動的でない自ら考える力や意欲が身につく。基礎・基本の定着は、
> こうした姿勢がなければ成り立たない」と話す。

637 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:47:06 ID:dG1fRBR8O
文部省の罪は、重い。

638 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:47:33 ID:RkBM9+bB0
>>無から有を生むのが教育
語源氏欄の科w

639 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:47:49 ID:Lxacu+ak0
まあ、反面教師という言葉もあるからな…
大昔に流行った“でもしか教師”の意味を知ってる香具師いる?

640 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:48:22 ID:SIrmGX2I0
なんかさ。話し聴いてると、ゆとり世代の親が、おかしくなってるんで
そんなのが増えちゃ、困るって言ってるみたいだね。

それを甘やかして癒着して美味しい、思い出来てる間は何もいわないが、
本当の馬鹿息子達が出てきて、どうにもコントロール聞かなくなってきた現状。

641 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:49:20 ID:wsjHFCJH0
ゆとり教育に加え、小学校からの英語教育が始まると更に(他科目の)授業時間が減る。
つまり、「世界的にも低レベルな学力で、乳幼児レベルの英語力を持つ小学生」を作るという
とんでもなくダメな教育。
そもそも、英語が必要になる日本人とは、少なくとも平均以上の学力を持つ人間だから、
小学生から幼稚な英語教育を全員にしても屁の役にも立たない。

642 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:50:14 ID:RkBM9+bB0
まあそこまで割り切るなら第二外国語・・

643 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:50:13 ID:dG1fRBR8O
>>639
教師でもやるか
教師しかないし

644 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:50:35 ID:bELCqli60
ナニもしないオトコからは何も生まれません。たぶん

645 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:51:13 ID:GTxLkcTv0
「格差が出ることは悪いとは思わない。成功者をねたんだり、能力のある者の足を引っ張ったりする
 風潮を慎まないと社会は発展しない」
  (小泉純一郎  第89代内閣総理大臣)

「競争が進むとみんなが豊かになっていく」
  (竹中平蔵  第3次小泉改造内閣総務大臣)

「格差があるにしても、差を付けられた方が凍死したり餓死したりはしていない」
  (奥田 碩  日本経団連会長 トヨタ自動車会長)

「パートタイマーと無職のどちらがいいか、ということ」
  (宮内義彦  規制改革・民間開放推進会議議長 オリックス会長)

「非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」
  (三浦朱門  元教育課程審議会会長)

「格差論は甘えです」
  (奥谷禮子  人材派遣会社ザ・アール社長 日本郵政株式会社社外取締役 アムウェイ諮問委員)

「フリーターこそ終身雇用」
  (南部靖之  人材派遣会社パソナ社長)

「業界ナンバー1になるには違法行為が許される」
  (林 純一  人材派遣会社クリスタル社長)

646 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 12:51:41 ID:xFR5vDfI0
日本語も出来ない連中に英語教えてどうすんだ

647 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 13:17:26 ID:zaDX9vA70
>>201
>医療の世界ではドイツ語が主流だし(カルテはドイツ語が一般的だし)

いま、現場でも英語が増えていますが。

648 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 13:37:35 ID:3YoadtUn0
>>643 正解

俺が知ってるのは"教師でもするか 教師しか出来ない"だけど
ゆとり世代前の大昔から"でもしか教師"という言葉ができるくらい
イッパイDQNな教師はいたんだよな
だから俺は、学力低下は学校の問題じゃないと思うんだが…

649 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 13:43:07 ID:15WzGRH80
「教育」を「専門分野」とする政治家には、実は無能な議員が多い。
というのは、教育は、誰でも気軽に評論家になれる分野とも言われるからだ。

例えば、学校で受けた教育の経験、親から受けた教育の経験、親として我が子に
行った教育の経験など、誰であっても、自らの経験を基に、一応にそれらしい
「教育論」を展開することができるのである。つまり「教育」が「専門分野」というよりは、
それしか論じることができない、というのが正確なところなのだろう。

そのことは、「文教族」議員、衆参の文部科学(文教科学)委員会の委員の顔ぶれを
見れば、よく分かる。

文部科学(文教科学)委員に目立つのは、まず教員出身者であるが、これは
教育制度、教育法制の基礎に通じているので問題はない。しかし問題なのは、
世襲議員が目立つのと、芸能・スポーツ出身者が目立つということとである。

芸能・スポーツ出身議員に無能な者が多いことについては、いちいち説明する
までもないが、世襲議員にも同様のことが言えるのである。要するに、政治家としての
能力の有無以前に、親父が政治家だったからそれを継いだだけ、という者も
少なくないからである。

また、世襲議員は、親からもらった田舎地盤でのらりくらりと当選を重ねてきた者も
多い。選挙で落ちる心配がないから、大して勉強の必要がない「教育」を「専門分野」
としていれば済むのである。

次期首相の座を確実としている安倍官房長官は、教育基本法改正など、
「教育改革」を最優先に取り組むという。親譲りの田舎地盤で、
「教育」を語っているだけで当選を重ねることができた「無能」議員、
というの烙(らく)印を押されないためにも、観念論や情緒論ではなく、
科学的な知見に基づいた教育論を展開してもらいたいものだ。

(東京新聞夕刊コラム 2006年8月12日)
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1151547380/

650 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 13:45:38 ID:luD8zYpO0
OECDの学力調査1位のフィンランドは日本より授業時間が少ない現実。

651 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 13:46:02 ID:Rdb/55At0
心のゆとりが1番必要なのは安陪

652 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 13:48:01 ID:BuLgPAjm0
高学歴AVギャル一覧(※は高校)
*****************************
桑名みどり  東京大学理科U類(工)→同大学院 ※県立神戸
高田眞子   東京大学(文科3類) ※岡崎 
菊川真由   東京大学(文)
なかむら芳美 東京大学(医‐医)-入学は理2 ※佐賀西
響奈美     京都大学(農) ※桜陰女子
高沢幸恵   早稲田大学(法)
涼木ももか  慶應義塾大学(総合政策) ※御茶ノ水女子大学付属
尾崎麻衣   慶應義塾大学(法)
摩湖      大阪大学(学部不明)
黒木香     横浜国立大学(教育) ※女子学院
土屋まみ   お茶ノ水女子大学(文教育)
月丘うさぎ   お茶の水女子大学(文教育)→東大大学院経済学部修士 ※御茶ノ水女子大学付属
原早苗     お茶の水女子大学(理)→ハーバード大学院(MBA) ※田園調布雙葉学園
浅倉舞    ?大学文学部英文科
西野美緒  立命館大学文学部
二宮沙羅  早稲田大学天文学
朝香詩織  東北大学歯学部
白石みゆき ※桜陰女子
*******************************
「ゆとり教育の弊害」とやらを説く安倍さんよりも高学歴の方も多いようです。

653 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 13:48:11 ID:J/6DIuR10
>>649
別にそれって議員に限った話じゃないよね

654 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 13:50:33 ID:dG1fRBR8O
結局、教育格差は広がったわけか。最初からわかっていながら…



まるで教育のインサイダー取引や〜〜

655 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 13:51:47 ID:Zt9D5QXl0
ゆとり教育それ自体がダメなのに……

656 :まずは、日教組潰そう:2006/08/13(日) 13:52:25 ID:rG+fqlPg0
・槇枝元文【元日本教職員組合委員長・元総評議長】
「私は常々一番尊敬している人は、という質問に対して金日成主席と答えてきました。」
出典元:1997年4月10日『朝鮮時報』より
ttp://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/meigen/n-korea.html
「この国には泥棒がいない。 泥棒とは富の片寄ったところに発生する。
この国には泥棒の必要がないのである。 泥棒も殺人犯もいないから警察官もいない。
交通整理や怪我人のために社会安全員が街角や交差点に立っているだけ」

・奥山えみ子【日本教職員組合婦人部長】
『チョソンという国はキム・イルソン一家だ』と私は率直に思った。キム・イルソン
主席を 父として、すべての人民が一軒の家族のように、ぴったりと呼吸を合わせ、
輝かしい未来に 向かって。チョンリマのようにかけつづけている。

・久保田欣一【鹿児島県高等学校教職員組合執行委員長】
この国の人々が、明るい未来の建設に身も心も捧げ、そしてそのために真剣に世界の
平和を 願い、日本の民主勢力の発展に期待する心をひしひしと感じ取る。
日教組の任務と責任は大きい。 5年、10年と経てこの国がチョンリマの発展を
とげることを確信し、滞在中に寄せられた さまざまの心づかいに深く感謝して帰途についた。

・藤田行雄【三重県教職員組合組織部長】
各界の指導者が30歳〜40歳が中心で若さのあふれた国だけに、10年後の共和国は
南半 分の統一も含めてすばらしい社会主義国として発展するであろうと確信した。

・本間直行【岩手県高等学校教職員組合常任執行委員】
「チョソンのすばらしい教育に直接ふれ、今のうちに日本の教育の行くべき道を正さねば…
とも強く感じるのである。ほんとうによい学習の機会を与えていただき感謝にたえない。
ttp://www.sankei.co.jp/databox/kyoiku/teacher/030120-2teach.html

日本の教育界は、将軍様の工作員に乗っ取られている




657 :滝川:2006/08/13(日) 14:16:57 ID:PUzOf0VLO
そうかと一緒で洗脳するのかなー
(∵)??

658 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:17:33 ID:sbwZJaGD0
忍耐強く従順な奴隷労働者を大量生産するんだろう。
行動的で騙されにくい投資家や経営者候補を養成するんじゃなくて。

659 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:18:41 ID:NhyX9SFH0
奴隷つーても使い捨てだしなあ。

660 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:23:47 ID:1byyA8U20
土曜日復活ね。週休二日で夏休み、冬休み、月2千円の教員住宅、
ふざけんなよ、バカ教師ども。

661 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:24:13 ID:P2eQYcMV0
ゆとり世代って、
団塊世代連中より、国の不良債権だろ





662 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:25:43 ID:NhyX9SFH0
団塊と氷河期とゆとり始末すればおk?

663 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:31:48 ID:aGff0Nc+0
氷河期はかわいそうな人達なんじゃねえの?

664 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:38:52 ID:0sML9jNb0

北朝鮮をなめてると痛い目にあうからね。

土曜日も世界最強だったイスラエル軍がヒズボラの前にボコボコ。

【最新情報】
イスラエル紙ハアレツ
http://www.haaretz.com/hasen/spages/749479.html
IDF(イスラエル国防軍)発表で土曜日に兵士24人死亡。
撃墜されたヘリ搭乗の5人も全員死亡確認。

-----------------
自慢だったメルカバ最新戦車も、連日ロシア製ATMメチスMでズタズタのボコボコ。
Anti-tank missiles were a key tool used against the IDF, claiming lives of soldiers.
* Three fighters of the Armor Corps' Battalion 9 were killed after an anti-tank missile hit a Merkava tank in which they were riding in Wadi Sluki on the eastern region.........
↑↓土曜日の戦車被害が並んでるけど多すぎて以下省略。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3290185,00.html

[これが恐怖の携行ATMメチスMだ→]http://www.shipunov.com/eng/atgw/metis.htm


665 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:43:04 ID:P2eQYcMV0
>>620 だめぽ。
安倍は絶対、アンチジェンダーフリーだったと思ったんだけど
違ったし



666 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:45:36 ID:gMG/ywwX0









「ゆとり教育」の弊害に歯止めする前に
教員をなんとかしろ。

教員の性犯罪がどれだけ行われているのか知っているのか?

http://www.geocities.jp/masakari5910/seihanzai_keikou.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oidaseundou/diaryall
http://homepage3.nifty.com/kdw/renga_g_256.htm











667 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:47:20 ID:NhyX9SFH0
社会の安全のために隔離してるんだよ。だから日本は治安はいいことになってる。

668 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:48:53 ID:OnsIWcBm0
おまえ、再チャレンジで東大受験しろや。

669 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:50:34 ID:qUo5+wt80
53
>45
>GHQ教育に大罪があるんじゃないかな 憲法9条が戦争放棄だよ
>どうやって闘争本能養うのよ 敗北主義を教育されて、というか洗脳されてしまったと 思うよ
>残されたニートと フリーターが 夢と誇りを持てる生活は どうすりゃいいんだろうねぇ

戦後の、戦争犯罪国家、自虐的敗北教育は、「対外的な思想教育」でした。
でも、国内向けには大競争時代を生き抜く「受験戦争教育」でした。
ハッキリと、「国外向け」と「国内向け」の歴史教科書が、2通りありました。

でも、あの頃の日本は「鎖国状態」でしたから、大多数の日本国民には、「国内向け」歴史教科書で対応し、
「国外向け」は、あのように チャランポランにやってましたね。
それでも、なんとか やってこれたんです。

海外で暮らされた「帰国子女」さん達には、特別カリキュラムが施されたくらいですから。
「国内向け」の思想教育プログラムの、再インストールです。

でも、それが、今のようにグローバル社会に、すっぽり飲み込まれてるって言うのに、
アイも変わらず「海外向け」と「国内向け」の歴史教育を続けてるのですから、
国内でも、海外からも、ミスマッチの連続ですね。

時代の流れに、マッチングできてないのは、結局、上の方が、ヘタだからでしょ?
「帰国子女対策」のような施策なんか、考えもしてなかったから、
今の時代の枠外に放り出された「ニート」さんは、
もう引き篭もるしかない。

----------------------------------------------
★★★ 2ch版 若者の人間力向上会議  ★★★
http://makimo.to/2ch/news18_news2/1117/1117296325.html

670 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:53:03 ID:qUo5+wt80
54
>時代の流れに、マッチングできてないのは、結局、上の方が、ヘタだからでしょ?

上の方ってやっぱ日教組なのかなぁ  でも 日教組いらね、共産いらね、売国奴議員いらね、
公明いらね、層化いらね、アカヒいらね、経団連オクダいらね、三馬鹿国いらね、アメリカいらね
って考えだして

こないだの森岡せんせみたいに 正論を言える世の中になってほしい
自分たちの国は自分たちで護れる国になってほしい  と考えていくとなんだかとっても
おいらはファシズムなんじゃないかという気がしてきて・・・orz

55
>経営者は利益追求に走りすぎ  社員のほうを向かなくなった  このへんが 問題じゃないかな

「人は 何のために 働くのか?」の価値観というか、尺度 ものさし が、てんでバラバラになってしまった。
と思うのであります。
金銭目的に働いて来た、およそ団塊世代までと、それ以降の世代の多種多様な 生き甲斐を目指す人達が、
同一社会に混合して生きる時代になり、人間を計量する「尺度」が一つでなくなった。

だけど、個性重視と言いながらも、実社会の「組織」内だけにおいては、旧態依然として、唯一絶対の「尺度」が、
君臨して、物事を決めていた。その唯一の「尺度」に計量されてしまい、枠外とされてしまえば、
「この社会では 生きていけません」とレッテルを貼る。それが、いはゆる「勝ち組」と「負け組」。

そのような階級社会の存在を肯定するように、マスコミ・メディアまでもが、今の社会的風潮なんだと、
全国の視聴者に向けて電波していた。
これじゃ、枠外に はじき飛ばされた「ニート」さんは「落ちこぼれ」と世間に公表してるのと、 なんら変わらん。

片方では、個性重視と言いながら、実社会の組織の身内意識は、依然として、そのような「尺度」でしか、
物事を「計量」しないアンバランスな仕組みが、一つの時代の一つの社会に存在している。

だんだんと 日本人は、じゃあ 何を信じて生きていけば良いのか? が見えなくなってしまった、のではと。

671 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:54:51 ID:45cB3FpC0
二極分化のためにゆとり導入したくせに、何を今更w
ゆとり教育でまったり過ごす→労働層
親の財力で塾通い→支配層
まさに支配層がわが子を支配層にするための政策だったのは明白。

672 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:56:00 ID:P2eQYcMV0
コピペうざいな

673 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:57:58 ID:qUo5+wt80
>>670

59
>「人は 何のために 働くのか?」の価値観というか、尺度 ものさし が、てんでバラバラになってしまった。
>と思うのであります。
>金銭目的に働いて来た、およそ団塊世代までと、それ以降の世代の多種多様な 生き甲斐を目指す人達が、
>同一社会に混合して生きる時代になり、人間を計量する「尺度」が一つでなくなった。

このへんは団塊世代がうらやましいとこだと思う。金銭目的をモノに例えると高度経済成長で出現した
テレビや車や洗濯機に炊飯器に冷蔵庫にビデオデッキや電子レンジやクーラーなどなど 
三種の神器と呼ばれたものはすごく生活を楽にしてくれた
働く意味をみつけてくれたと思う

俺だって 例えば家に洗濯機がなかったら がんばって働いて買いたいと思うもん
それが今じゃ あって当たり前の生活、生まれた時からあるもんだから  ありがたみが わかりにくい
車ですら大学生がバイトして買っちゃうくらいの感覚で なにかモノが欲しいから働くという動機は、
まったくないとは言えないけど  とても動機に結びつきにくい世の中だと思う

例えば 今の三種の神器にあるプラズマテレビ欲しくて働いてますって人は なかなかいないと思う


674 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:58:12 ID:m5HL1V4z0
>>1 安倍総理GJ!!!!!!!

675 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 14:59:40 ID:OA+G60jo0
>そのような階級社会の存在を肯定するように

「階級」というよりは、単純に経済的な「階層」じゃないかな。
にわか成金が急激に増えたがゆえの過渡期かもしれないが、
いまの「勝ち組」は必ずしも文化資本を備えてるわけじゃない。

676 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:00:03 ID:qUo5+wt80

61
結局、戦後教育の弊害、マスコミによる反日洗脳と、BKへの特別優遇制度とか、
戦後60年の総括をしないと、新しい仕組みが再構築できないってことでは?

62
BK利権とかの裏闇支配が、本当の構造改革を妨げてるとも聞いてる。
その真実を誰も語ろうとしないのは、それだけ恐ろしいものだからかもしれない。
60年前も闇雲に本土決戦、一億玉砕へと突っ走った当時の陸軍と似てると言われるのは その通りかもしれない。
特高が怖くて誰も反戦を言わなかったようにな。

今の若者は 昔の特攻隊のように時代の犠牲者かもしれないね。

63
小手先だけで、その時その時をゴマかすような教育改革ばかりやって来たから、日本国民は落ちぶれてしまったんだ。
愛国教育すればすぐ戦争反対とか民族主義といつもの連中は叩くし。やりにくかったのは分かるけど
国家がそんな自虐姿勢で国民を教育したから、ここまで堕落した国民に育ったんだよ。

ニートの親のシツケが悪いって言うなら、国家は国民をどのようにシツケて来たんだ?
と言われても仕方ない。
義務教育ってのは、国家が国民に教育する「義務」があるという「義務」なんだ。
子供が教育を受けなければならない「義務」じゃない。

国家は国民に どのような教育をして来たのか? が問われていると思うけど。


677 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:00:33 ID:MUgizrgz0
公務員ももっと給料高くていいんだよ。
質が高ければな。

情報公開と、評価を厳密にやれ。
できないやつは徹底的に薄給でかまわない。


678 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:03:08 ID:qUo5+wt80
64
>小手先だけで、その時その時をゴマかすような 教育改革ばかりやって来たから、
>日本国民は落ちぶれてしまったんだ。

日本の教育現場にも、問題がありましたね。教員採用方式について、その方法論として、
例えば、教員採用の「年齢条件」を30歳以上とす。。
社会人の経験は有った方がベターと言う考え方から、新卒すぐに「教諭採用」するよりも、
一度社会に出てもらって、いろんな体験をしてねらってから、それでも  まだ「教職」に就きたいと
30歳になっても願望する人だけを、採用する方式が、よりマシな教員を判定できると思う。

30歳まで、教員採用試験を受けられないようにして、どーしても教員に就きたいなら、
30歳になったら全員が試験を受けられる方式にすれば良い。このようにして、誰が不利益を被るのか?
とまぁ〜、ココまでは、建前です。

もし、その不利益がある とおっしゃるなら、それは多分、
教員採用コネクション、その特権を保有してる人となる。

----------------------------------------------
★★★ 2ch版 若者の人間力向上会議  ★★★
http://makimo.to/2ch/news18_news2/1117/1117296325.html

679 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:03:35 ID:KsvmpCkt0
ゆとり教育 て言い出したのは、教師。
サラリーマンとして週休2日がほしいから。
学力低下なんて知ったこっちゃない。

680 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:05:55 ID:mhdMETAj0
>>646
キリスト教を植え付けるためじゃないの?


681 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:06:06 ID:qUo5+wt80
65
自分の子供とか、親戚を、22歳の新卒で、教師にしたいと願うのは、親としては当然と思う。
もし、自分の息子が30歳になるまで、新卒から8年間も、待機状態にさせられてしまえば、
そりゃ不安になるし、親の保有する採用コネクションの特権を、一日でも早く行使して、
息子を「教師」にと受け継がせたいのは、当然なのですが、
そうすることで迷惑するのは、生徒になります。

校長先生の息子さんが、30歳になった時でも、それでも「教師」になりたいと願っておられれば、
それは、もう立派な志を抱かれた「教師」ですので、それで良いのでは? と思うのであります。

人間とは、30歳にもなれば、ほとんど 「人 と なり」 は、もう出来上がっていますので、
その人が「教師」に向いてるのか? どーか? を判定するのは、とても分かりやすい。
その方が、よりベターな「教師」の判定ができます。

大学を卒業して8年間、ずっと待機状態になってしまい、自分の子供を教師にさせたい人達からすれば、
採用コネクションの特権の行使が、なかなかできなくなってしまう。
逆に言えば、親が教師であっても、その子供さんを「教師」にさせたいと願っていても、
親が、そのような特権を持っていても、教師採用を有利に取り計らえるような人達からすれば、
とんでもない制度になる。


682 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:08:24 ID:qUo5+wt80
66
学校世界を、いつまでも自分達だけの世界にしておきたいからと、
そのように閉鎖社会にしてしまい、どんどんと、次世代を教育すべき教育現場は、
荒廃して行った。

日本を変える、そんな新しい改革をすると言うなら 人心の一新しかない。
そのためには、先ず教育を抜本的に改革するしかない。
だから、そんな教員採用コネクションなんか、断ち切ってしまうしかない。

その方法論として、30歳まで教員になれないようにする。
そうすれれば、本当に「学校の先生」になりたいと願う人達だけが、
「教師」になる確率が高くなる。
そのようにして教育現場を立ち直らせ、生徒を教育して行くしかない。

生徒に教師を選択する権利がない以上、義務教育の公立教員だけでも良いから、
キチンと対応してもらえる人材(教師)を、国家の責任を持って取り組んで欲しい。

>63で書かれているように、義務教育とは、
子供は小学校、中学校に行かねばならない義務がある、と言うのでなく、
子供世代の9年間は、国家はその年代の子供達に、教育を受けさせる義務がある。
と言う意味で、義務教育である。

まさしく、国家は国民をどのようにシツケたのか? ですね。


683 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:09:29 ID:LmoXg0fe0
教育論はブッシュに聞こう。
ttp://kaz1910032-hp.hp.infoseek.co.jp/121007.html

684 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:09:50 ID:9XQnx9ix0
>>630
理系低所得者乙

685 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:10:30 ID:qUo5+wt80
67
だから、少なくとも、義務教育の9年間の教員の選定方法は、キチンと対応してもらいたい。
教師の子弟とか、地方の政治家コネクションを利用して、
教員採用の権利行使するようなことでは、国家の義務教育の現場担当に責任ある対応など、
期待できない。

それがため、トンでもない教師に ぶち当たったら、生徒は悲劇、一生を台無しにされてしまう。
つまり、犠牲者になるのは、生徒の方であり、ホントの弱者となってしまう。

教師が「聖職」と言われる所以は、相手(生徒)が弱者であり、
その弱者の将来を台無しにするかもしれないほど権力を有した立場に居る、
とする理由なのだから「聖職」と言われている。

そのうえ、弱者(生徒)には、先生を選べない。

絶対的な立場で「弱者」に対する「教育的指導」を権利行使するのが、「教師」なのだから、
くれぐれも、慎重にも慎重に取り組んでもらいたい。

今のような「ダメ教師」の群れを作り、それを「親から子供へ」と伝承して行き、
将来ある若者を、台無しにしてしまうような、挙句は「ニート」になるまで堕落させながらも、
それでも、何一つ 責任を取らず、「教師」を続けているのは、はなはだ 迷惑 遺憾です。


686 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:12:46 ID:qUo5+wt80
68
教育は国家100年の計というもんね  
まぁ教育勅語葬って教育基本法つくったのがマッカーサー
選挙制だった教育委員会を 戦後できた日教組が改変 

日教組は戦後60年一貫して日本は悪いことしたと教育してきたわけだ
さらにコネを使い自分の意思を世代を超えて劣化コピーしていくと
どこかで歪みが起こるのは当たり前だね

69
事の始まりは、あの田中政権の "人確法" にあると思う。
ある組合が、 "ある法案の成立" と引き換えに、取引して、その「人確法」を手に入れた。
今の教育現場は、それに起因していると思う。

その ある組合は、それを境に、聖職者であるはずの「教師」の "魂" を売り払い、
その後の教師達は、ものの見事に堕落した。

「ゼニ」に支配された人間とは、こうなる と言う良い見本だ。


687 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:12:47 ID:P2eQYcMV0



コピペうぜええええええええええええええええええ




688 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:15:27 ID:qUo5+wt80

★★★ 2ch版 若者の人間力向上会議 その2  ★★★

http://makimo.to/2ch/news18_news2/1119/1119828671.html



689 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:21:33 ID:D06S9tIf0
>>664
金糖尿豚を潰せば終わりだから楽勝でしょ、不味くて肥料にも役にたたないけど


690 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:24:25 ID:YqjWVlSzO
ゆとりの弊害かどうかはわからんが
バイト先の高1は仕事の上達が悪い。

691 :アニ‐:2006/08/13(日) 15:26:49 ID:RjlA9oPF0
山谷えり子
稲田朋美
この2人は大臣、かたいね

692 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:27:13 ID:lg8TP9430
>>671
それは、「支配層」の意思も多少あったのかもしれないが、
主な原動力は、共産党とかそういう類の組織だろ。
格差がなくなると、そうした怨念政党の支持層が消えてしまう。
社会を悪化させるような政策を推し進め、真っ当な政策を邪魔し、
貧困を創出し、そうした層を取り込み、さらに社会を悪化させる。

これが、こうした組織のやり方。

693 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:32:08 ID:t3RQ7dZO0
マジレスすると生まれつき能力にも財力にも差があるのに、格差が無い社会
なんかありえません

694 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:38:06 ID:LwK6ZXDD0
幼児期格差がデカいってのが問題なんじゃないのか。

695 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:39:25 ID:dZJj5Qum0
塾いかないと大学いけねー厨はまだか?

696 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:42:46 ID:K69OzjDR0

 財力はともかく、能力の方はなんとか努力でカバーして欲しいけどなあ。

 まあ、今の若い世代に一番足りないのは「努力する能力」だとは思うけど。


 実際の話、人間と言うのは、自分がどういう才能を持っているのか、自分
では良く判らない事が多いので。

 たまたま、見識のある親や教師に当たって才能を引き出してもらえれば幸運
なんだけど、そういう事はあまり多くないので、結局自分の才能は自分で見つ
けるしか無い。

 で、自分の才能を見つけるには、色々な物事にチャレンジして、失敗を重ねて
いくしか無いので。
 数打てば当たる戦法で、色々な事に挑戦すると、何か「これはオレが向いて
いるんじゃないか?」と言う物事に出会うものなので。

 何も行動を起さなければ、自己の才能を見つけるのはそもそも不可能なんだ
よなあ。だから、ニート君は永遠に自分の才能に気づく事は無い。
 なんか、手近に出来る事からでも行動を起さないと駄目。あと、失敗を恐れる
べからず、と言うのは基本。


697 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:43:46 ID:v3AnVGQ00
ついに自虐教育が転換する日が来るのか・・・・!?

そのためだけにも安部首相でいいや。

698 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:45:00 ID:qUo5+wt80
>>688

191
学校では個性尊重「ゆとり教育」をしてながら、現実社会では正反対の全体主義・体育界系労働社会が成り立っている。
だから、義務教育では、雇用主にも劣らない卑劣さ、無神経さ、厚かましさを、生徒に教えなければならない。
今の時代は、ズル賢さ 要領の良さ こそが「人間力」となっている。

支配体制側にジャマな存在が正当な権利を主張しても、支配体制側は法的手段で正攻法で切り返すより、
そんなヤツラは「この世に存在してはならない不要な人間だ」と他の多くに知らしめ公表する方が、
そのような社会風潮を世論で醸し出す方が、支配体制側にすれば、デメリットもなく、マイナスにもならず簡単だった。
そんな社会にしてしまえば、傷ついて立ち去るのは、少数派「落ちこぼれ」「負け組」だった。

今までなら、こんな手法が通用できした。「勝ち組」が多数派工作して、少数派を結束しないようにできた。
でも、負け組「ニート」が、全体の何割も占め、100万人にもなれば、無理だからアイツらは焦り出した。

民主主義の原則「数の理論」とは、多数が少数を制することだけど、少数であったのが、どんどんと激増して来た。
少数派は、自分以外にも自分と同じ「人間」が、この世に多数「存在」していると確認できるようになった。
少数派同士が意思疎通し合い、結び付き、一気に集団化へと流れは加速している。

今までなら、少数派は別々の「個」であって、しかも引きこもっていたから、お互い同士の意思確認はできなかったけど、
インターネットの登場で、他の「個」と意思疎通が容易に可能となった。
だから、潜在化していた「問題」は、ココに来て一気に表面化している。

日本人というのは、自分と同じような「仲間」が、自分以外に「存在」していると知れば、ホッと安堵し、
集団化しやすいし、社会的弱者であるなら、なおさらとなる。
巨大インターネット匿名掲示板で「ニート問題」は盛り上がっているけど、何故、あんなに必死になって
「ニート・バッシング」しているのか?

つまり、そういうことなんです。

699 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:49:41 ID:dVw3EtvWO
カリキュラムじゃなくて意欲の問題だろ

700 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 15:53:45 ID:v3AnVGQ00
>677
よくそうやって公務員叩きしている意見って、
つまり自分ができないやつだったら
薄給で仕方ないと思うの?

701 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 16:04:49 ID:pQvYMo2A0
>>685
コピペにレスするが、
>そのうえ、弱者(生徒)には、先生を選べない。
弱者と決め付けるのはどうかな。
子供というのは案外したたかで、残酷な面をもっている。
最近の過保護主義で、大人や社会をなめている傾向にあると思うが。



702 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 16:09:05 ID:z6D1EcoX0
安倍ちゃんのアイデアか?
だとすれば
また、大きく道を誤ること必須だな
どこまで、ガキを甘やかすんだ?

703 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 16:15:07 ID:t3RQ7dZO0
>>695
地元の駅弁大学に逝って得意になってる口だなお前は

704 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 16:17:36 ID:MePMoHnc0
この会議自体にゆとり教育的な無駄を感じるのは俺だけか?

705 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 16:30:36 ID:0Ikv3kxt0
教科書含め全てを50年前のやり方に戻せばいいだけじゃん。
会議自体税金の無駄。

706 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 16:32:33 ID:dVw3EtvWO
ゆとり世代だけどこれだけ削られてたら叩かれてもしょうがないと思う

でも今の19と20でそんなにはっきりアホさが分かれてるものなのか?

707 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 17:11:40 ID:6Un2N/9i0
社会ではアホの評価が定着してるから一生いわれるよ

708 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 17:13:50 ID:ZzA60IGh0
>>706
ゆとり教育がいつから始まったかも知らないのか
さすがゆとり世代

709 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 17:17:42 ID:0F3HrBeu0
今更かよwもう遅ぇよwwwww

710 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 17:21:24 ID:dVw3EtvWO
>>708分かるけど叩かれてるのは結局今年19〜の奴らだろ?

711 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 17:21:29 ID:MTolrzzu0
>>706
俺もゆとり教育一期生らしいけど、
一つ上の学年よりセンター試験のレベルが下がったりしてるからじゃないの?
高専に進んでしまったからよくわからないけど。

6時間×5日より5時間×6日のほうがゆとりがある、とか中3のころ思ってたなあ。

712 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 17:35:12 ID:jE8Hp7iM0
こいつの方がよっぽどゆとり教育受けてそうだがw

713 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 17:36:35 ID:Qrcto/A70
ゆとり教育世代もヒキヲタニートには馬鹿にされる筋合いはないって思ってそうだ

714 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 17:38:55 ID:dVw3EtvWO
>>713それは誰だってそうじゃね

715 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 17:41:07 ID:6Un2N/9i0
まあけどなんかあったらゆとりだからって馬鹿にされるよ。
それは覚悟したほうがいいし。。。景気後退で就職の問題もでてくるかもな。
あと4年か。

716 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 17:42:20 ID:QOkYFoT40
なにお今更いってるんだ

717 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 18:01:04 ID:J/sXPwvn0
腹減った

718 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 18:07:07 ID:UJYsXhGrO
壮大なマッチポンプだな。
20年がかりで国民をバカにしたり利口にしたりか。
役人主導で何かやると、結局何もやらないときより余計ひどくなるっていう見本だな。
役人は何もしなくていいよ。
現状維持を目標にして日々仕事をやっている ふ り だけしてくれれば。
当然独立行政法人も作っちゃだめだよ。
何もしないのが役人の仕事なんだから。

719 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 18:31:37 ID:Il/nYNq10
ま、当然だろ

720 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 18:32:31 ID:J/sXPwvn0
バンキシャおもろいのやってる

721 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 18:42:14 ID:+24M69p/0
掛け算九九をインド並みの19×19までにしたりして。

722 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 19:04:39 ID:ax38H/ZX0
小泉さんって、すぐキレるんですね。幼稚臭くて大人げないです。
そんなことより、きちんと仕事してください。

幼稚な小泉さんのせいで、自殺者が後を絶ちません。
また、イラク派遣の後の、自衛隊員たちの相次ぐ自殺も、
小泉さんのせいなので、まさに殺人政権だと思います。

殺人政権も、後少しで終了。殺人者はその後、
自分の息子を芸能人に出来ていれば、それで満足なのでしょう。
頭の悪い中学生みたく、キザにかっこつけてても、
殺人者は殺人者です。はやく死刑になって下さいね。

723 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 19:37:33 ID:uGnsjHz50
あ〜あ、要するに「ゆとり世代」は壮大な人体実験失敗作か。
今さら勉強させても、子供時代からしっかり教育受けたのと同等にはなれないし
人工的に作られた落ちこぼれ、気の毒にな〜

724 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 22:23:51 ID:AhFOxdRN0
>>23
>詰め込みで上手くいくフェーズは、国力が発展途上の段階まで。

まさにその通り。
詰め込みでうまくいくフェーズは、学力が低レベルの段階。
つまり、全員が学力の低い初等教育や,
学力低下した落ちこぼれDQNには、詰め込みが有効なわけだ。

>日本のように成熟した国では、詰め込みをしてもワーキングプアにしか
>なれない単純労働者を量産するだけ。

ワーキングプアや単純労働者にしかなれないDQN下層階級にこそ、
詰め込み教育で、最低限の手に職をつけさせるべきである。
そうしないと、世の中がニートや浮浪者だらけになるからな。

天才や秀才は随時選抜して、考えさせる教育をすればいい。

725 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 22:27:42 ID:LmoXg0fe0
官僚とか東大卒なのに失敗ばかりだな。

726 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 22:35:27 ID:dTGVTfAP0
>>725 だってべつに失敗しても官僚はだれも困らないもん、
だから彼ら的にはなにも失敗していない。
文句いわれたら、それに即して仕事しつついかに
天下り先つくるかが彼らの仕事。

727 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 22:41:05 ID:uFt6KkM60
とりあえず、寺脇を小学校の用務員にしろよ。

728 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:30:10 ID:K9MzzsOS0
19×19って試してみたけど10より上の読み方が難しい。
誰か考案してくれないか?

729 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:32:30 ID:++DeXuLt0
ゆとり教育世代って何年〜何年生まれ?

730 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:37:23 ID:qoAOLv2EO
理屈ばかりいうお偉いさんばかりじゃなく、普通の教員も多くメンバーに入れるべきだ!

731 :ガムはロッテ:2006/08/13(日) 23:40:32 ID:3eB+T4w/0
>>729
今年の3月に高校を卒業した世代。

732 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:41:31 ID:GYgEYJERO
本をもっと読ませろよ。ゲームなんて買うなよ。
家庭が甘やかすから、学校が本来詰め込まなくてよいことまで詰め込まなきゃならないようになるんだよ。

733 :???:2006/08/13(日) 23:42:17 ID:ybLpWGin0
DQN親が学級を引っかき回すこともあるからDQN親を排除できる方策も入れるべきだな。(w


734 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:43:05 ID:FC1V1AkCO
ゆとり教育が問題じゃなく中身とシステムがしっかりしてなかったのが問題。 

現に世界一学力が高い国は超ゆとり教育。

735 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:44:58 ID:FBG7xalD0
〈1〉学力の向上
の部分は単に知識の詰め込みということを指さないだろう。
そんなんただの反動だし。もっと発展的な試み(抽象的だなぁ。。)があるはず。

736 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:46:34 ID:4IRjRTdj0
まず基地外教師達を何とかすべきだろ



737 :???:2006/08/13(日) 23:48:53 ID:ybLpWGin0
あと、どうしても学力がついていかないのは徹底的に留年と退学を適用すべきだ。ミソもクソも一緒
だから今の体たらくがある。騒ぐDQNは追い出せ。(w


738 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:53:07 ID:FBG7xalD0
ゆとり〜では習熟率80%以上を目指すと謳ってたが、新制度でも
習熟率の向上は目指すべきだな。これはゆとり〜以前の制度下でも放置されてた
気がする。つまずきの克服は今後の学習体系の大きなネックだ。

739 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:53:25 ID:vBU2IQXr0
もはや平均学力で国力が決まる時代じゃないんだよね。
だから学力を向上させてもどうなるってわけじゃない。
ちょっと勉強すれば就職できるってわけじゃないし。
どちらかといえば治安対策の域だな。

740 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:55:24 ID:nUdgRmcO0
ゆとり教育を推し進めた奴らの責任をはっきりさせるのが先だろ?

741 :名無しさん@6周年:2006/08/13(日) 23:59:19 ID:K0CurRNKO
離婚女大喜び
既知害教師とおめこ最高
ガキはどうでも良い

742 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 00:05:11 ID:pVLnrEfr0
インドやシンガポールと日本を比較するのは難しいような。
前レスにもあるが前者2国のようなキャッチアップ型の国は日本と比べると
モチベーション高いし。かつての日本がそうであったように。

743 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 00:14:10 ID:YmHlSBqK0
高校も大学も入試は簡単にして勉強しなきゃ卒業できないようにすればいい
そうすれば「受験」というものは今よりは楽になる

744 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 00:28:17 ID:pVLnrEfr0
しかし大学でそれほど勉強させるのほど、大学教育が充実してるかという
問題もあるような。「アメリカみたいに」つってもあっちは大学が教育プログラムを
研究しまくった上でやってるから、日本とは比べものにならない。だが日本も
これから駅弁以上は真剣にやらんといかんかな。

745 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 00:39:56 ID:akS6nJpH0
>>743
両方厳しくしたほうがいいね。

746 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 00:44:46 ID:ET7tdMVl0
>>1
うほっ!!

安倍ちゃん、応援上げ!!!!!!!

747 :???:2006/08/14(月) 00:57:15 ID:YtplKxnl0
駅弁以下は学生集めのためにもっとゆとり教育を推進しそうだな。何あの最近の大学の遊園地みたいな
施設。建物やレジャー施設は立派だけど中身が何もない。(w


748 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 00:58:22 ID:kawSQNDy0
教員だけど、前のように土曜日を復活してくれるとありがたい。
今のままでは、毎日が過密すぎる。これ以上、授業時数は増やせないでしょう。
まぁ、総合や生活をなくして、その分国語や算数を増やせば問題ないですが。

あと、子どもの質も低下。小学校に上がってきた時点で、生活の基礎基本ができていない子が多い。
生活の基礎基本ができていない子に勉強を教えるのは、非常に難しい。

749 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 00:59:05 ID:ovBNkvbi0

首相官邸主導で今の腐った公務員制度をどうにかしたら、オレは安倍を支持する。

750 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:02:28 ID:q2whvh2h0
財政再建の事は?安倍ちゃん?

小渕さんの負の遺産はどうするよ?


751 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:03:15 ID:NtOlTBPD0
教師だけどゆとりは維持したい。
安部ちゃんは好きだけど。

752 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:05:34 ID:0O3e0x9l0
>>749
同意。

自分の金じゃないから、潰れないから、足りなくなれば増税すればいいから、
給料あげまくり、手当つけまくり、年金貰いまくりで、

公務員は人間の有り方として下品きわまりない。

その上先週、
子供を持つ公務員に7年間、半日勤務を決定、
その間の補充要員も雇うって、呆れて果てて、阿呆かと。

どんだけの税金使って、好き放題すればいいのか。

民間だったら育休取るだけでもリストラ対象になりかねないのに、
財政赤字で、増税だと言ってるのに、この危機感のなさ、無責任さ。

次に首相になる人間には、日本の未来を真剣に考えるなら、
まず手始めに国民の癌、公務員をリストラできる制度改革希望。

アルビントフラーも「富の未来」で公務員の癌さ加減を書いてますよ。
公務員がいなければ、民間が富を得るスピードがもっと早くなる。


753 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:06:23 ID:lVF6Fb1z0
>第三者機関が評価する「学校評価制度」
なにこの馴れ合い温床&天下り先


いまの大学評価機構見れば…

754 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:06:24 ID:W/yn9KUI0
>>751
安倍事務所の職員 乙

755 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:06:53 ID:qG/JNZuP0
安部は教育のことよりも、自分が統一教会に土下座して日本女性を
朝鮮カルトに売り渡した責任を取れよ
秘書の責任にしたり、ああいう責任逃れの卑怯なやり方こそ子供の教育に
良くないだろ

756 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:07:45 ID:io8Nfcdb0
ゆとり世代の奇行は目に余るものがあるからな。
2ちゃんの書き込みとか見ててもよくわかるよ。


757 :???:2006/08/14(月) 01:09:03 ID:YtplKxnl0
ゆとりがひどいと安倍先生を攻撃するのが出てくるんだよ。しっかり勉強して安倍先生を支持しよう。(w


758 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:10:33 ID:lVF6Fb1z0
>>747
わけわからん専攻を量産するのもなぁ

759 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:10:34 ID:w+Zny5UF0
さとり教育
卒業後は自殺

760 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:11:17 ID:ovBNkvbi0
>>752
小泉自民が大勝しても、公務員改革は全くやる気がないというのが証明された。

761 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:17:45 ID:6tv57Vai0
体の弱い男子理系受験生は
帝京よりも上位の大学へ入学したほうがいいぞ。
帝京は設備が良いがヤバイ世界だから上位大学のほうがいい。

762 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:19:49 ID:6tv57Vai0
・高校生がパッとわかる説明

上位の大学へ行ったほうがいいぞ。
帝京科学でまじめに勉強していると、
荒れた底辺暴力高校で猛勉強するのと同じくらい恐ろしい結果になる。

底辺暴力高校の学校風景、
右を見ると、人々は火のついたタバコを自分の手にジューっと押し当て
その火傷を「根性焼き」と説明して自慢する。
左を見ると、人々はイレズミを入れて違法脱法ドラッグを楽しんでいる。
そんな人々に囲まれながら、
あなたは大学受験の英単語帳を開いてブツブツ暗唱できる?
単語帳をカバンから出した瞬間、
人々は一斉にあなたをにらむ、………勉強できないでしょう。

それと同じくらい帝京は恐いぞ。
しかも教授は肉体労働者としての協調性をとことん追及し、
モラルを無視して学生に協調性を押し付ける原理主義者だぞ。

763 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:22:01 ID:6tv57Vai0
・上場企業に勤める親がパッとわかる説明

帝京科学大学では就職活動説明会を開く。
100人ぐらいの学生が集まった中で
「食品スーパーなどでPBというのは何か知っていますか?」
と質問されたので、
「プライベートブランドです。」と答えたら、
「そのとおりです。」となり、
説明会が終わった後、裏で締められた。ボコボコにされた。
「努力すれば何とかなる。」としゃべる連中は
努力する人を見るとペシャンコに潰す。
肉体労働者の親に育てられた子は
努力の意味を知らないので秩序に違反することはないのだけれど。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

帝京科学大学から頭脳労働の世界に行き長続きする子がまれにいる。
が、それはその子の『運』と『家柄、生活習慣の力』だよ。
就職室のおじさんの力や膨大な就職資料の力じゃない。
呪われた就職課から情報をもらって頭脳労働の世界に行く子は、
地に足が着いていないから3年以内にクビになる。
就職課のツテで頭脳労働の世界に行くと、いろいろと嫌なことがあるんだろうね。

764 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:24:26 ID:6tv57Vai0
これは自分の失敗談だ。
受験生は上位大学へ行ったほうがいいぞ。
帝京科学大学の人は否定するが、帝京の理系にはこんな人がいる。

・不良グループの見ている前で、帝京の女たちがセックス、結婚、金を求めてくる。
・不良グループの聞いている場所で、帝京の女たちが金をもらう算段をしている。

→ 嫉妬した不良グループにこっちはいじめられる。
  日常生活、勉強実験が妨害される。さまざまな支障が出る。
  教授に相談してもラチがあかない。
  シモネタを叫ぶキャラになって不良グループから逃げ回る生活になる。

警察を動かし、会心の一撃となる刑事事件に持ち込むには、証人が必要だ。
そこで、言い寄ってくる女を味方につけ、警察で証人になってもらおう。
知らなければ、犯罪現場を目撃させて、警察で証言してもらおうと活動を始める。

民事裁判で重要となる時系列で言うと、
この後で、帝京の女たちがこっちのことを「ストーカー」と教授や不良に言い始める。
それと同時に、不良グループの見ている前で、
帝京の女たちが再びセックス、結婚、金を求めてくる。
帝京の女たちの行動は、ストーカーと言いつつ金をほしがるなんて、矛盾している。

女が言い寄ってきた。それで、味方が増えたと勘違いしちゃだめだぞ。
こうなったら、帝京に授業料を払っちゃだめだ。親、親戚を説得して退学しよう。
口説き文句は「ここじゃ飯が食えない。」と卒業後の統計数字を見せよう。
縁故採用や家柄就職を割り引いて見る常識もサラッと説明して。

765 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:26:46 ID:6tv57Vai0
   /     , −  ヽ    |        /
  /      //  ヽ  ヽ   |        | 不良「ウマい、ウマい、いいぞ、
 |  怖   /  /低凶女\ |       |    その調子でもっとしゃぶれ。
|   い  |    | | | ) ) )` |       /     あ゙〜、便利な道具だ、極楽だ。」
|   表  |   |ノノノノノノ    /       |
|   情 |ジロリ|-・==-_|    |       \
ゝ    (|   |   ̄  〉 ∩/        |
  \ヽ  .||   | "   ( ̄ ̄/         |
    w 从|l |ll ハ   /~ ̄フ⊃         |
   ヽ/  ||  / ̄ ̄  /〜|         /
  / \ ̄||‐ l |    /\_/        /
「ほら、アタシのフェラチオをありがたく見ときなさい。これも大切な社会勉強よ。
 アタシは協調性のあるエリートだから、こんなに不良グループと仲がイイのよ。
 教えてやるからオマエもアタシのようにマネしなさい
 (不良への金品献上だけではなく、男性の私が口でフェラ奉仕をするのか?)。
 このままオマエが現状維持を続けると、不良や教授へ依頼しオマエの荷物を
 燃やすなどして、大学生活、ひいてはオマエの人生設計すべてを
 破壊し続けてやる。それがいやなら、アタシに金を出せ!セックスしろ!
 今度からオマエはアタシに対しチヤホヤしろ!」

『不良を信用している女』=『何千、何万種類の常識が欠落している女』
1つか2つ、女っぽい、かわいらしい欠点があるとか、そんなもんじゃない。
バケツの底が抜けている。

こういう帝京の女は日本語なんか通じないよ。

こういう疫病神の女に金持ち坊ちゃんがプロポーズされた。
さあ、どうする?傷の浅いうちに上位大学へ逃げよう。

766 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:28:55 ID:6tv57Vai0
低凶理系ではこんなタイプの低凶女がしばしば存在する。
権力(教授)と暴力装置(不良)の両方を手に入れると
実現不可能な要求を弱者に突きつけてくる女たちだ。
こういう事態は↓必ず巻き込まれる決まりきったパターンだった。

 /i               iヽ アタシは不良たちや教授たちを
 ! !、      ___        / ノ 味方につけた協調性のあるエリートだ!
 ヽ ヽ、 ,彡フ ̄  ̄ヽミミ、/ / オマエには日本語の意味がわからないのか!
  ヽ フ''  低凶女   く / アタシは不良たちや教授たちを味方につけ
   _ 〉'   疫病神    ヽ/,_ オマエの悪口を彼らにタップリ言ってやったんだぞ。
  (ヽi,      /;ヽ       i/ ) これでオマエはもう破滅だ!破滅だ!破滅だ!
   i ! ,,_____ノ、i;;iヽ、_____、 i i  聞こえているのか!オイ!破滅だ!
    ! 'ヽ__●ノ' 'ヽ_●,ノ ,ノ i  ハ ・ メ ・ ツ ・ だ〜〜!
   !、jヽ、 ,-   ;; -、 / _ノ  オイ、何か言え!オマエは頭がおかしいのか?
    〉 /,、''`ヽ__/` ' ,、'  )  オマエは破滅した人間なのだから、
    '!, ヽ`t-,、__, -'イ/  /  協調性を身に付けたエリート様である
    ヽ ヽt,=,='='=イi  /  アタシに敬意を表してカネ出せ!セックスしろ!
     \ `'"~⌒~"' ノ   それしかオマエの助かる道はない!
       `-- ^-- '  アタシとセックスすればオマエもエリートの仲間入りだ!!

   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : :::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄
『オマエは女と会話するな!金を渡すな!セックスするな!
 俺たちの決めた法律ルールを破ったらぶっ殺してやる!』
と教授たちや不良たちから私は釘を刺されているのに・・・・・・。

767 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:31:56 ID:6tv57Vai0
体の弱い金持ち坊ちゃんが、帝京の理系へ進学するのは良くない。
卒業しても就職ができないし、在学中に努力できる環境ではない。
帝京科学大学は危険だ。

帝京の女たちは不良グループのいる前で
金持ち坊ちゃんのカネを欲しがる。
金持ち坊ちゃんへオッパイ、乳首を見せる。
金持ち坊ちゃんへスカートをめくって下着を見せる。
金持ち坊ちゃんへクルリと回って背中を見せて、
お尻を突き出し、背中を弓状に湾曲させ、
さらにお尻の中に収納されている女性性器を
突き出すポーズ(ロードシス反射)をする。

       ∧_∧
      (´∀` )    / ̄ ̄ヽ
        i i⌒\__ノ     ノ
        ヽヽ ヽ    / /
         )) )-─/ /
         // /  //  /
        ((__ノ  // /
            // ノ
            |_|_/

帝京の女たちの行動を見ている不良たちは金持ち坊ちゃんに嫉妬する。
嫉妬して、金持ち坊ちゃんの勉強や実験を邪魔し、
カツ上げをはじめ、健康と将来を奪う。

金持ち坊ちゃんはシモネタを叫ぶ汚れチャラになり、
不良から逃げ回る生活になる。

768 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:37:20 ID:6tv57Vai0
不良グループの見ていない場所で、金持ち坊ちゃんに対して
女性性器を出すポーズをしてくる女たちがいる。
それは、女たちが
「不良に見つかったら、金持ち坊ちゃんがいじめられるんじゃないか。」
と金持ち坊ちゃんの人間関係に配慮して女性性器を出しているのではない。
たまたまその日がその女の排卵日だったり、
オナニーをやり忘れた日だっただけなのだろう。
そして、その女たちが女性性器を出した瞬間、
偶然、その場に不良がいなかっただけだ。

このタイミングは、金持ち坊ちゃんにとって
帝京の女の精神面を勘違いしてしまう。

769 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:39:27 ID:6tv57Vai0
金持ち坊ちゃんは人間関係が壊れた。
それで、金持ち坊ちゃんは複数の教授に相談する。
すると教授はこう答える。
「オマエに因縁をつける学生なんか存在しない。
 もし、オマエを攻撃する人がいれば、
 我々は教授権限を駆使して、オマエを攻撃する側を支持する。
 なぜなら、本当に悪いのは、オマエだからだ。」
教授、教授会、帝京科学大学側、経営側はこういう立場だ。
不良とカドを立てたら除籍だ。事実上の大学出入り禁止宣告だ。

770 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:41:39 ID:6tv57Vai0
上位5本の指に入る優等生の帝京の女へ手紙を封書で郵送した。
この女はカネ目当てで迫ってくる女だった。手紙の内容はこうだ。

      「体育会系やプレイボーイの前で私についての話題をしないでくれ。
       体育会系やプレイボーイが私に嫉妬するんだ。」


この手紙を帝京の女の自宅へ封書で郵送したのに、
帝京の女には手紙の文面の内容がサッパリ伝わらなかった。
それどころか、どういうわけか手紙の内容は不良や教授に筒抜けだった。
すると、金持ち坊ちゃんは不良や教授から
「女たちに真実の情報を与えるな!」と攻撃された。
推測だが、おそらく帝京の女は手紙を不良や教授へ見せてしまっていたのだろう。

だいぶ後でわかったことだが、
帝京の優等生の女は「嫉妬」という基本的な漢字が読めないし、
「嫉妬」の意味も知らないことが判明した。
基本的な漢字が読めないのでは、
何通手紙を送っても帝京の女は手紙の内容を理解できない。
つまり、帝京の女たちは文盲だった。
ほかにもいろいろな人格障害を持つ恐ろしいボーダー女たちだった。
偏差値50の世界は恐ろしい。帝京が経営し、1円でも出資する世界は恐ろしい。

771 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:43:55 ID:6tv57Vai0
カネは世界の共通言語だ。
聞き分けのない女はカネでホッペタを叩いて買収すればいいのではないか?
それは無理だ。なぜなら、帝京の女たちは口が軽いからだ。
テストで帝京の女たちへ千円ぐらいのモノを与えると、
帝京の女たちはたちまちそれを不良や教授に自慢し始めた。
帝京の女へまとまったお金を渡して買収しても、
買収されたことを不良や教授に告げてしまうだろうから、カネを渡せなかった。

女たちはオッパイやパンティー、お尻を金持ち坊ちゃんへ見せて
彼女たちなりに考えたサービスを提供しても、女たちに大金は手に入らなかった。
まとまった金が手に入らなかったので腹を立てた女たちは、
金持ち坊ちゃんのことを不良グループや教授たちへ
「あいつはストーカーだ」と悪口を言いはじめた。
帝京の女たちが不良グループや教授たちへ金持ち坊ちゃんの悪口を言うと、
金持ち坊ちゃんの人生は狂い、もう収拾がつかなくなる。

帝京女は不良男の存在をチラつかせるので路上売春婦としては失格だ。
で、帝京の女はお客様に嫌われるタイプだから売春業が成り立たない。
商売が成り立たないから、帝京女だけは、色気で全くお金は稼げないだろうね。

772 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:46:08 ID:6tv57Vai0
789 名前:大学への名無しさん 投稿日:2006/08/01(火) 03:12:01 ID:9ewII4fc0
>>786
> ・西東京科学大学理工学部バイオサイエンス学科卒
>  (1990年〜95年入学。「願書を書いたときは新設学科だった」との記述があるので1990年入学だと思われる)
> ・推定年齢36歳(浪人してたら+1〜2歳)
> ・病院通い(「医者の診断書がある」との記述あり。おそらく精神病)
> ・資産家の家に生まれ大学卒業後、親の会社に就職。しかし親が事業に失敗。こんなダメ人間を雇ってくれる会社もなく、無職になる
> ・コンビニのバイトですら2週間でクビ
> ・頭が弱いので論理的な思考が苦手
> ・主張が支離滅裂
> ・精神年齢は10歳児並み
> ・帝京大学より2ランク下の西東京科学大学のOBのくせに
>  帝京出身だと学歴詐称

帝京科学大学(西東京科学大学)は帝京資本傘下のグループ大学だ。
一般常識で会社の経営母体が同じだと、ほかの会社も同じような経営をする。
だから、ほかのグループ大学も同じようなことをやっているということだ。

金持ち坊ちゃんがタチの悪い不良連中にカネ目当てで因縁をつけられた。
勉強、実験の妨害をされた。傷害を負わされた。進路の妨害をされた。
それで、複数の教授にこのことを相談したら、こう答えた。
「オマエに因縁をつける学生なんか存在しない。
 もし、オマエを攻撃する人がいれば、
 我々は教授権限を駆使して、オマエを攻撃する側を支持する。
 なぜなら、本当に悪いのは、オマエだからだ。」
教授、教授会、帝京科学大学側、経営側はこういう立場だ。
不良とカドを立てたら除籍だ。事実上の大学出入り禁止宣告だ。そもそも就職先も危ない。
「この大学は危険だ。マズい。」と入学して後悔し、進路変更をしよう。
しかし、人生は石油タンカーのようなものだ。そんな簡単に人生の小回りはできない。
両親への説得や自分の年齢、健康状態などなどの様々な手続きやボトルネックがあり、
進路変更ができないケースがある。事実、自分は進路変更できないケースだった。
だから、受験生は上位大学へ行ったほうがいいよ。このレスは親に見せたほうがいい。

773 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:48:15 ID:6tv57Vai0
209 名前:学籍番号:774 氏名:_____ 投稿日:2006/08/08(火) 17:50:41 ID:47slT3hN
>>164
>オッサンが生きてる事のメリット
>・ない。
>オッサンが死ぬ事のメリット
>・生活保護分の税金が節約される
>・このスレの嵐の99%がなくなる
>・2chのサーバーへの負担が減る
>・このスレの住人の精神的負担が減る。

「失敗」をみんなへ伝え共有する必要はある。
体の弱いお金持ちの受験生とその両親や親戚へ帝京の実態を伝える必要はある。
特に学費を出す両親は知っておくべきだ。現場の子供と危機感を共有すべきだ。

 たとえば、北海道の山へ大学生パーティーが登山をした。そのとき、
 ヒグマが現れ、テントの外に置いてあったリュックサックの食料を食べ始めた。
 この大学生パーティーはリュックサックを取り戻し、常識に沿ってラジオ、食器を
 鳴らし、火を焚いてヒグマを追い払った。ヒグマは常識に沿ってテントから去った。
 このあと、どうするか?当時の登山ガイドブックに掲載されていない、
 前例のない人生の選択だ。登山を続けるか、下山するかの決断だ。
 この大学生パーティーは下山せず、登山を続けた。結果は死人が出た。
 カムイエクウチカウシ山におけるヒグマによる遭難(から北海道登山の教訓)
 http://tokyo.cool.ne.jp/sunpillar/kamueku/kamueku02.htm

新設大学、新設学科で帝京の女たちがカネ目当てで金持ち坊ちゃんに
オッパイを出してきた。しかも、嫉妬深い不良グループのいる前でだ。
教授、教授会、帝京科学大学側、経営側はこういう立場だ。
「オマエに因縁をつける学生なんか存在しない。
 もし、オマエを攻撃する人がいれば、
 我々は教授権限を駆使して、オマエを攻撃する側を支持する。
 なぜなら、本当に悪いのは、オマエだからだ。」
不良とカドを立てたら除籍だ。事実上の大学出入り禁止宣告だ。

774 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:50:37 ID:6tv57Vai0
847 名前:大学への名無しさん 投稿日:2006/08/14(月) 01:16:13 ID:CpTH54DS0
>>833
>>> 我々は教授権限を駆使して、オマエを攻撃する側を支持する。
>>> なぜなら、本当に悪いのは、オマエだからだ。」
>
>おっさんが痛い奴だったということはよくわかった。
>っていうか、おっさんは何を望んでたんだ?
>「A君(おっさん)は頭と体が弱いかわいそうな子だから
> みんな、優しくしてあげてくれ」と教授に言ってもらいたかったのか?
>それをしなかったのが大学当局の責任ってこと?

受験生のみんな、受験生の親御さん、よく見ておいて。
帝京の関係者が集まる帝京スレッドの匿名のカキコでも、
なんとなく帝京の理系の雰囲気が伝わるでしょう。
帝京の経営方針では学内で犯罪者が野放しで、体の弱い金持ち坊ちゃんは、
髪をつかまれて、頭をグルングルン振り回され、バカになり失業者となる。

上位大学へ入学、卒業したほうがいい。

775 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:52:48 ID:6tv57Vai0
>155 名前:名無しさん@6周年[sage] 投稿日:2006/07/29(土) 15:33:54 ID:INcdFK3F0
>友達が死んだ。自分と良く似た知人が死んだ。変な死に方をした。
>そうしら、アリバイ崩しのために大学近所の公衆電話から
>防犯カメラのない店で買ったテレホンカードで、
>警察署に帝京女たちとヤクザたちと教授たちが、何時、どこにいたかを伝えておけよ。
>また、警察が一般人から公衆電話で言われたことを聞くかどうかは分からないが、
>司法解剖と血液検査をするよう伝えろよ。
>被害者の人体の一部(肝臓など)を保存するようにも言えよ。
>受話器、ボタンをハンカチで拭いて、使ったカードも拭いて捨てろよ。
>それが友情であり、自分の身を守るためでもあるから。
>
>また、帝京は地元警察署の剣道会に
>お金などの付け届けをしているから
>そのことも頭に入れておけよ。
>帝京が地元警察を完全に支配しているわけではないが、
>警察官僚だった亀井静香議員も飼っているから
>そのことも頭に入れておけよ。
>ホテルで新井将敬議員が首吊り自殺(他殺説あり)をしたとき、
>亀井静香議員が現場検証を始める前の検査官を恫喝して自殺部屋へ入り、
>亀井静香議員と死体とが向き合う空白の時間があったことを頭に入れておけよ。
>
>あと、民主党の仙谷由人議員や自民党の小野清子議員、
>大勲位も飼っているから、そのことも頭に入れておけよ。
>また帝京の施設にいる上級管理職のおっちゃんは、
>実は、文部科学省などの省庁をあごで使う元高級官僚だから
>そのことも頭に入れておけよ。
>
>薬害エイズ事件、酒田短期大学騒動、帝京安積学園銃撃事件も頭に入れておけよ。
>http://www1.u-netsurf.ne.jp/~Nakajima/branch/juugeki.htm

776 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 01:53:22 ID:8MNApjIiO
実際ゆとり教育でそだったおまえらは社会になにも貢献できてないからなぁ
先人のレールに乗ってるだけ
ニートなんかもいるし最低の世代だよなぁ

777 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 02:15:44 ID:zGbD2FKS0
【セックス教団"摂理"】 「日本、カルトに対し能天気」「騙されない教育を」…専門家ら★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155475439/

778 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 12:55:01 ID:6YTP/tnP0



北朝鮮に制裁のポーズをとっている祝電壺三が、実はパチンコ業界と
ズブズブなわけで、、

表の顔は制裁ごっこ、裏の顔はパチンコ利益でミサイル費用の支援
北豚日が一番ダメージを受けるのは、パチンコの換金制度にメスが入って
賭博性を無くされるコトなのに、祝電壺三がそれを口にすることは決して無い

本丸の換金制度にメスが入っては将軍様に申し訳ない、ということで
とってつけたように、北にとっては痛くも痒くもない税務調査ごっこや
送金停止、輸出入制限、資産凍結、入国制限などの制裁ごっこで誤魔化す始末

祝電壺三が私淑し、北朝鮮と太いパイプを持つカルト教祖が引きおこした
日本人女性6,500人の拉致事件に関しても、消息を案ずる家族の悲鳴は
一切聞こえないという特殊な耳を持つ

実効性の無い強硬ポーズをとることで、自らの無知無能をカムフラージュし
実は北と内通している祝電壺三のようなのを売国奴という





779 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 12:57:06 ID:28ASzCEj0
マッチポンプ?ゆとりなんてしだしたのどこ?

780 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 12:57:19 ID:2EOUFhql0
ゆとり世代はこうして社会から黙殺されるのだね。ナムー

781 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 12:58:02 ID:rMez38f60
脳がゆとりだらけのアホボンに言われてもな
こいつで総理確定なのがおそろしい

782 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 12:59:19 ID:dvmFk4V30
ゆとり教育の代わりがボランティアの義務化ですかw

783 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 13:01:29 ID:Mkd4ci680
ゆとり教育政策は失敗だったの? 失敗なら、誰か罰を受けたの?
ご存じの方お教えください。

784 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 13:05:02 ID:2EOUFhql0
>>783 犠牲者は存在するけど、責任者なんてのは最初からいなかったのです

785 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 13:13:38 ID:4/2GkI/y0
脳みそが柔軟な子供の頃にぎゅーぎゅー詰め込まなければ、いつ詰め込むんだってことだな〜。
向き不向きがあるんだから子供の学力に差ができるのは仕方ない。
ゆとり教育推進した官僚と政治家に責任とらせろ。

786 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 13:16:58 ID:V3YdX4L/O
2、30年後はゆとり世代だけぽっかり穴が空いてるんだろうなぁ

787 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 20:21:23 ID:SAndq1N/0
サッチャー首相が行った英国の教育改革をモデルとした
教育改革が行われるであろう。

788 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 21:00:59 ID:gVp708dw0
子供が相手とは言え生産物じゃないんだから、
指導力云々で差をつけるのはあまりよろしくないと思いますよ。

789 :名無しさん@6周年:2006/08/14(月) 21:59:57 ID:cTStm2wG0
代ゼミ偏差値(文系)
         95年 06年            95年 06年
慶應経済A   67 65 -2  同志社経済  65 60 -5
慶應商A     66 63 -3  関学経済    64 57 -7
早大政経経済 67 65 -2  関西経済    60 56 -4
早大商      66 63 -3  立命館経済A 61 58 -3
上智経済経済 64 61 -3  龍谷経済    58 52 -6
明治政経経済 62 60 -2  甲南経済    58 53 -5
立教経済    63 60 -3  京産経済    56 50 -6
学習院経済   62 58 -4  近畿経済    55 52 -3
中央経済A   62 59 -3  <中部>
青学経済    61 57 -4  南山経済A   61 56 -5
法政経済    60 57 -3  愛知経済    56 51 -5
成蹊経済    61 56 -5  <福岡>
成城経済    59 55 -4  西南学院経済 60 55 -5
日大経済    58 53 -5  福岡経済    56 51 -5
東洋経済    57 52 -5  <女子大>
駒沢経済    57 52 -5  津田塾英文  65 61 -4
専修経済    55 51 -4  東京女英文  63 57 -6
大東経済    54 47 -7  日本女英文  63 58 -5
東海政経経済 57 50 -7  聖心女文    61 55 -6
亜細亜経済   56 49 -7  フェリス女英文  61 52 -9
帝京経済    49 48 -1  清泉女英文  60 56 -4
国士舘経済   52 46 -6  大妻女英文  57 51 -5

790 :安倍壷三は辞任せよ!:2006/08/15(火) 09:45:45 ID:VM9GKXv50
赤旗は統一教会をきびしく追及しています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html

       _______
      \      /
       │    │
       │    │
       │    │
       │    │ 
  /⌒ヽ__// ‖\\__/⌒\
  ( ◯ / /)  (\\ ○ )
  \ / ./● I  I ●\\/   皆さん壷は要りませんか?
   /  // │ │ \_ゝヽ
   /     /│  │ヽ    ヽ
  /    ノ (___) ヽ    |
  │     I    I       |
  │     ├── ┤     |
  \    /   ̄  ヽ    /
    \    __   '  /


791 :名無しさん@6周年:2006/08/15(火) 15:01:42 ID:2VUKVajo0
age

792 :名無しさん@6周年:2006/08/15(火) 15:04:00 ID:LHB9hRTv0
心にゆとりなさすぎの安倍


793 :名無しさん@6周年:2006/08/15(火) 15:39:01 ID:Ofmjezry0
犠牲者を認めながら、売国を放置してるんジャマイカ?
いっそ平成のA級先般として実名を晒せ。

794 :名無しさん@6周年:2006/08/16(水) 09:44:20 ID:4dxEFfvh0
俺は子供作る可能性が小さいので、ゆとり教育はこのまま継続でいいよ

795 :名無しさん@6周年:2006/08/16(水) 10:01:41 ID:tiEdcODC0
自分の子供じゃなくてもDQNがこれ以上増えたら嫌だ
マトモな教育を復活してくれ

796 :名無しさん@6周年:2006/08/16(水) 10:23:04 ID:sG0/mCeUO
教員の待遇に差をつけるとやる気がでるという精神論的な発想で改革かよ。ダメポ

797 :名無しさん@6周年:2006/08/16(水) 11:41:04 ID:yzwg3yUb0
>>752
>>民間だったら育休取るだけでもリストラ対象になりかねないのに
労働基準法で保障されている権利なのになんで公務員が率先して法律敗れるんだ?
こないだ、労働時間8時間ごとに15分間の休息時間を設けてないからと言った
人がいて、超勤申請の仕方変えさせられたというのに。

798 :安倍壷三は辞任せよ!:2006/08/16(水) 13:03:20 ID:s+ORDQX70
赤旗は統一教会をきびしく追及しています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html

       _______
      \      /
       │    │
       │    │
       │    │
       │    │ 
  /⌒ヽ__// ‖\\__/⌒\
  ( ◯ / /)  (\\ ○ )
  \ / ./● I  I ●\\/   皆さん壷は要りませんか?
   /  // │ │ \_ゝヽ
   /     /│  │ヽ    ヽ
  /    ノ (___) ヽ    |
  │     I    I       |
  │     ├── ┤     |
  \    /   ̄  ヽ    /
    \    __   '  /


799 :名無しさん@6周年:2006/08/16(水) 22:44:23 ID:NrRewq4p0
私大バブル期に日東駒専レベル卒の人一言どうぞ
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/joke/1153063860/

800 :名無しさん@6周年:2006/08/16(水) 22:46:35 ID:KVDKZSWS0
俺たちはゆとり教育に捨てれた世代か?

801 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 00:40:21 ID:ArRQBOEjO
安倍は小学からの附属上がり。就職先もどうみても親のコネ
わずか数年で退職、親のコネで親の手伝い。
親の金と力で議員に当選。実績無しだが、右派的な発言で人気を得る。
まさにデマゴーゴス。扇動政治家。カルト統一とも繋がりがある。
コイツが総理になったら日本は終わり。

802 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 00:50:31 ID:ehWo21I00
基本的にゆとり教育ってのは
需要を増やすためだからな
学校週5日制ではなく家庭教育2日制が正しい
アホが金のために下らんことするから後々大変な事になる

803 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 00:56:57 ID:50aWpPmL0
安倍壷いいね

804 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 01:34:30 ID:va8jn79n0
スレタイに『安倍』とあると、必ず、共産党員が赤旗の電波を垂れ流して、
統一教会と様々な保守政治家・保守新聞を関連付け、売国奴扱いする。

つまりは、保守の間で人気のある政治家や新聞と、保守が嫌悪する朝鮮
を意図的に関連付けることにより、保守の離反工作をしているのである。

冷戦時、韓国は日米と協力して反共運動をしていた、当時日本は、社会党や
共産党が勢力を伸ばし、社会主義陣営に乗っ取られかかっていた。
韓国政府は当時から反日をしていたが、北の共産主義に対抗するために
日本と協力し、韓国系宗教である統一教会も、日本の保守政治家と
手を組み、社会主義勢力に対抗したのだ。
冷戦後は、韓国政府の親北路線に伴って、日本の保守と韓国は、逆に敵対
するようになり、統一も、韓国政府の意向に従い、親北化した経緯がある。

日本共産党から見れば、統一教会と日本の保守は憎き政敵なのだ。
よって、現在の日本人の嫌韓感情を利用し、保守を潰すために情報工作
をしているのである。

捏造の陰謀論ソースを貼る共産党員と、その資料を使い、一般人のふりを
して、保守政治家や保守メディアを罵倒する共産党員など、よくみれば、
ほ〜らwww おかしな人が湧いているw

805 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 03:55:11 ID:KwS3t7Kw0
政策はどれも人気取りに直結するような姑息なものばかりだな、何のビジョンも持ってないってのがバレバレ。

806 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 05:24:30 ID:c+Q5PgDj0
で、これからまともな教育に戻るんだろうが
その教育を受けた子供たちが社会に出たとき
ゆとり世代が上司をやってるんだなwww
マジカワイソスwwww

807 :???:2006/08/17(木) 05:25:35 ID:zuOQeoyg0
ゆとり世代はそのころにはホームレスをやっているから上司にはならない。(w


808 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 05:26:50 ID:Khcwt0Ij0
大学へ行って薬剤師と教員の免許をとるぞ!!
これで日本が潰れでもしないかぎり漏れの将来も安泰だ。
うぇーはははっはっははっはwwwwwwwww

809 :???:2006/08/17(木) 05:28:11 ID:zuOQeoyg0
薬剤師で安泰だと思っているそこが甘い。(w


810 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 05:33:17 ID:bp8JVLC90
たしかに1の方がカッコいいwwwwwwww
だけどマクロス好きだから2やろ

811 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 05:38:31 ID:x1rAheG90
学習院を日本のハーバードにしよう。

812 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 06:35:23 ID:nNbWISgn0
ttp://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3358850.html

[息子を人気者にさせる為] 8才の子供に整形手術をさせる馬鹿親のドキュメンタリー番組

813 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 06:39:03 ID:6MCB9yto0
安倍氏の教育改革はかねがね出ているとおり、英国のサッチャー首相の
教育改革をモデルとしたものになるだろう。

トロツキストに乗っ取られた教育現場に対してサッチャー首相は強権を発動
し、トロツキストを追放し、自虐史観を追放して公正な歴史観教育に変えた。

日本でも同様の教育改革が望まれる。
教育方針に従わない学校法人は廃止しても良いだろう。

814 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 06:42:11 ID:bB5vlPWM0
もともとゆとり教育になった理由が学力低下だと思うんだが…。
詰め込み教育でもゆとり教育でもなく新しい教育制度を定めて欲しいよ。
とりあえずニートとフリーターにならないような忍耐力をつけさせろ。

815 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 06:42:59 ID:LLcqjQWUO
ゆとり教育世代へのフォローはないのか?
明らかに政府の手で作り出した世代間格差だぞ
団塊孫の為に作為的に生産したのか?
生涯格差を背負って生きていくなんて、あまりにも可哀相な世代だよ

816 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 06:53:23 ID:pCgE7oO80
>813
女がやったことを評価できると思ってんの?

817 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 09:27:28 ID:/FeaEiyH0
ゆとり教育世代の中で
得したのは、高所得者の子供
損したのは、低所得者の子供
なのか?

818 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 13:19:57 ID:CO7xEdIjO
教育が変わっても子供は変わらないと思う

819 :名無しさん@6周年:2006/08/17(木) 19:37:43 ID:7u2UH9M10
ゆとり教育って、自分たちが休みたかっただけだろ

820 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/08/17(木) 21:01:22 ID:ILP/jrg50
石元委員長は「保護者の収入によって子どもたちの成長や発達、それに学習の
権利まで奪われる深刻な格差が教育現場で広がっている。こうした格差は構造
改革がもたらしたもので、子どもたちを追い詰めている教育や社会のあり方を
根本から問い直さなくてはならない」と訴えました。全教は、文部科学省が
来年度実施する全国一斉の学力テストや学力低下を受けた学習指導要領の
見直しについて、「学校や子どもたちの間での序列化が進み、新たな格差を
生むものだ」として批判しています。教研集会では、子どもたちが置かれて
いる格差の現状や、子どもひとりひとりの実態に合わせて学力を向上させる
ための授業の進め方などについて、現場からの報告を基に議論が行われること
になっています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    * 小泉改革は金持ちや特権階級を社会の中枢に
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 置き、この国家体制をより特権階級中心の
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 社会にしようとするものだったという事だ。
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 教基法改正は教育現場をより国の管理に置こうとするものです。(・A・ )

06.8.17 NHK「“教育現場まで深刻な格差”」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/08/17/d20060817000145.html

* 靖国参拝には軍事化路線以外に、そうした意味もあるようです。

821 :名無しさん@6周年:2006/08/18(金) 00:07:02 ID:tmMt3Yk9O
嫌でも受験の時にみんな引き上げられるんだけどな

822 :某大阪市職員:2006/08/18(金) 00:11:15 ID:azztdVJc0
ゆとり教育をするんだったら大学の卒業基準をアメリカ並みに厳しくしないと
意味無いな。

823 :名無しさん@6周年:2006/08/18(金) 00:15:12 ID:983FRn+R0
                       _,,t-‐‐-、,-‐‐-、
                     三'::::::............... .....::::::`y,.
                     ナ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
              | ̄|   V::::::::::::::::_{{ ({∫∬ノノjヾ:::::{
           | ̄| | ̄|   ナ::::::::::::::i`__,,,,,,,ァ_  _,,,,,_ t;;:ヌ
           |  | |  |  イヘ::::::(ヾ~!,ャt、 !'''i ィtン )=f }f
           |  | |  |  i {t)テ" ヘ' '___,イ ヽ_/ 介'
           |  | |  | _,rヘ_,j|!'     /ー--''!     |'
           |,.ィ―'''' ̄ /| |       /二ク     !         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           /;;:::'';;::''::;;:/ { ! 、     ヾニン   ノ\      / 
            /'''::::;r|''':::;;;|  | ! \       _,,./|::;;'''\  <   全く、その通りだ
        /:;;/ |;;;''::;;|   丶\  `__>-ー´   !;;;:'''::iヽ、  \ 
          i/   |'::;;;;''|      三 ―''"       !''::;;;;| /ヽ    \________
        /⌒ヽ  |;;''':::;|       \            !;;::''|/  i
         /     \{'';;;::''}          ̄二ニ=    !::;;|   |
        /ヘ     |;;:::::;{            ‐-      !/   |
        /  i     |:::;;;''!             ー       !  / |
     /   l     |;;'';イ                }   {、   
     〉、      ∧テ{ ヽ  _   _,,,,;;;;;:::-==ニ;;;_   ノ __,イ´
      / \_    //レ!      ̄           ̄ { ̄  |

824 :名無しさん@6周年:2006/08/18(金) 00:22:16 ID:T/MAjMLN0
>>822
してもいいんじゃないか?
少子化で学生数少ないんだし、簡単に卒業させてやるのは勿体無いよ

825 :名無しさん@6周年:2006/08/18(金) 01:06:51 ID:LoQtN42C0
>>817
どっちも損してるんじゃね?
低所得の方がより損してるだろうけどな

826 :名無しさん@6周年:2006/08/18(金) 01:52:58 ID:f0xjoH1g0
言うだけならタダだしな

827 :名無しさん@6周年:2006/08/18(金) 01:57:54 ID:I4TckTiH0
リーディングの授業ですよとかいって、
出席番号順に英文を1文づつ全訳させて、
それで「いいね」、もちょっと「訳を変えてみよう」などと
簡単なコメントをしていく授業で英語力がつくと思ってのか!

どにかしろ!自民党!進学校だぞ!

275 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)