5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社説】 「自閉などの障害児、全国で謎の急増。対策は緊急度が高い」…神奈川新聞★2

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2006/08/26(土) 13:56:37 ID:???0
・学校や療育施設などでの障害児の増加が全国的傾向にある。神奈川県内での急増ぶりは
 特に顕著で、ニーズに見合う施設整備のめどが立たず、人材養成も後手に回る状況が
 続いている。

 養護学校の場合、県教委設置の検討協議会が今年三月、急増に対応して今後十年間に
 十一校の新設が必要と提言した。県内の養護学校の在籍数の増加率は全国トップ。年間
 二百人のペースで増え続け、〇五年度には十年前の三割増となる約五千二百人に達した。
 養護学校一校の適正収容規模は百三十人とされてきた。増加ペースに対応して毎年一・五校
 ずつ新設しなければ、既存校の過密化が加速するのは必至である。しかし、県教委は「用地
 確保が難題」として、新設の見通しが立ったのは相模原市内に予定する一校にとどまっている。

 県内の公立小・中学校に開設された特殊学級(略称・特学)も増加の一途。〇五年度は
 十年前の二倍近い六千八百人余りが在籍し、専門性の高い教員の養成が追いつかず、
 障害特性に応じた指導のあり方が大きな課題になっている。

 普通学級に在籍する発達障害などの子どもは小中学校などに併設された通級指導教室で
 専門的指導を受けている。横浜市では、同教室に通う子どもは年々増え、十年前の約二倍の
 千二百人余になった。

 増えている障害児は自閉、多動性の強い子どもたち。県内では六、七年前から、従来の
 出現率では予測がつかない現象が顕著になってきた。子どもの“異変”を背景とした絶対数の
 増加なのか、医学の進歩を背景に障害児が顕在化したのか、専門家の間でも推測の域を出ない。
 しかし、原因がはっきりしないからといって、有効策を打ち出せないことの理由にはならない。
 少なくともこの数年、乳幼児健診などのあらゆるデータを基にすれば障害児がなおも増加する
 ことが予測できたからである。

 障害児の急増対策は緊急度が高い。関係行政機関は、従来の対策の延長線上では解決
 できない、との認識を持ってほしい。「財政難」という言い訳は聞き飽きた。(一部略)
 http://www.kanaloco.jp/editorial/entry/editorial33/

※前:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1156484992/

2 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:56:54 ID:+IjWgDcl0
ぬい


3 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:58:33 ID:Tkk5dai80
昔は生きていけなくて、結婚できなくて遺伝子が淘汰されたが
いまは何とかなるから増える一方だべなぁ。

4 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:00:36 ID:jf6Gg+la0
ってか妊婦にあらかじめ検査させればイイジャマイカ
それでも産むってなら勝手にし…ああ、大切な現金自動精製機ですか

5 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:00:46 ID:+Z+6E4JW0
アスペルガーとかLD、ADHDとか、今までボーダーにいたのが
しっかり障害と認識されはじめたからだよ


6 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:03:23 ID:a9ySrOC60
妊婦のアルコール摂取及び喫煙が原因だと何故気づかないか!?

7 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:03:28 ID:jVaNhcQQ0
痔スレ立てちゃったのか・・・
交霊出産と中五区野菜と水銀燈様の超原因説は禁止
富野ニュータイプ論はもう好きにして

8 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:06:01 ID:sKLdSbVy0
知的障害を生んだ親は国民に恥ずかしくて顔向けできない、一生国家のお荷物なんだから!

9 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:06:18 ID:Cve/rlbI0
>>4
産む前に障害があるって分かればいいんだがな。
今産む前に分かるのは奇形とかダウンくらいなんじゃない?
実際1歳半や3歳くらいにならないと自閉症と分からない(1歳半と3歳で健診があるのでその時にひっかかる)ケースは多い。

10 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:06:50 ID:O+M5UD9b0
>>3
お見合いが無くなったから大してかわらん。

11 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:08:32 ID:5r0uotlR0
自閉症の子供の舌のあごとの癒着を少し切り離したら症状が改善したって話はあるね

12 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:10:04 ID:v2w4NmqcO
>>8
お前、戦前の軍国主義者と同じだな。

13 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:10:27 ID:2PRJ46tl0
自閉症=ニート?

14 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:11:08 ID:DJqzEL4N0
自閉症と注意欠陥障害を混同していそうだな

15 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:12:27 ID:EXsYqPxg0
中国から輸入している「毒菜」が原因?なんちゃって。

16 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:15:21 ID:peQ4B2il0
自閉などの障害児が増えているのは家庭用ゲーム機が原因の後天的な脳障害です。

17 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:17:42 ID:CMUg+WCv0
>>4
出生前の検査でわかるのは遺伝子レベルの疾患じゃね?
羊水検査ってそれだけで流産のリスクが発生するはずだから
高齢出産とか身内に遺伝性の障害者がいるとか、
そんな場合しか病院ではしないのでは?どうなのだろう。


18 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:18:16 ID:DJqzEL4N0
もし増えてると仮定すれば、高年齢出産の増加、栄養障害、
親の乱倫による性的感染症の影響などが原因として推定されるが

19 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:20:37 ID:F/uQd9vi0
>>17
アメリカでは羊水検査をするのが当たり前だとか
日本でも頼めばやってくれるが「障害者団体が命の選別だ」と
猛反対している。あほらし

20 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:21:21 ID:fuaoAL9L0
>>13
違う

NEETというのは仕事も学校へも行っていない人がNEET

自閉症というのは病気の名前

健康な人でもNEETはいるよ

21 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:23:58 ID:XcGZ391d0
戦後の栄養の偏りでFA?>米国上院提出のマクガバン報告書を参照せよ

でも、出生率から計算したら、全体に占める脳機能障害児の出生率は一定だっ
たりしてな。

22 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:25:55 ID:CMUg+WCv0
>>19
そうなんだ。
でも自閉症とかって遺伝子やなにかの数字で診断できるもんじゃないから
(そのうち発見されるのかもしれないが)
そういう障害には羊水検査はつかえないよね。
まあなにか出生前診断に使える検査が今から開発されたとしても
「命の選別」って反対されるんだろうけどね。

23 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:30:24 ID:MnHoLpDdO
障害持った親の心労いかばかりか
近所の大学教授の子が障害児で、奥さん若いときは綺麗だったそうだが
その子が小学校くらいになってから急激に老けはじめたらしい
今は50代だけど全白髪

24 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:43:06 ID:gJ8exQDA0
これはおそらくフォトンベルトの影響だろうな

25 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:45:11 ID:ybAZeRxj0
大人であーぱーは障害と言われても仕方ないかもしれないけど
こどものうちに障害児とくくられるのはかわいそうだな。

障害ってなんだよ と言いたくなる。


適切な表現


26 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:49:36 ID:PBkZlKjB0
多数に逆らうとへんなひと

27 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:52:42 ID:q3VIKXcz0
ヒキが、精神病院に連れて行かれる年齢は17歳が多い
ニートは23歳だって

28 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:53:27 ID:GSBqRI+o0
>>24
潮吹いた

29 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:05:25 ID:DyrMhiou0




支那製野菜、喰ってるから



重金属入りで、出来損ないが出来る


100円均一は、支那製品ばかり




30 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:05:37 ID:n8GObFXh0
携帯のせい

31 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:06:26 ID:giBPFuwh0
携帯の電磁波なのだが。
いつごろ国は認めるんかねえ。

32 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:12:27 ID:mk2ykdVP0
中国産の食物が原因だろ

33 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:19:38 ID:n8GObFXh0
パソコンの前にいると頭が変な感じになる

34 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:20:22 ID:QfPWiva50
暫くは障害者にも劣る無知で無能なニート共のレスが続きます。

ニート共には自閉症と引き籠もりの区別すら付きません。
見逃してやって下さい。釣りですらないのです。本気で、無知で無理解なのです。
目の前の箱や携帯を、知らない事を調べる為のツールとして利用出来ない屑なのです。

それが日本の現状です。知らない事を恥じすらしない面々が、世間を作っているのです。

35 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:24:08 ID:QfPWiva50
自閉症は引き籠もりとは違います。

生まれてからの親の育て方や、食べさせた物に病原を発する事はありません。

水銀説、中国野菜説、飽きました。

ゲーム脳、いまだに信じるあなたはキチガイですか。

解らないなら口を噤み、先ず調べてみるべきです。脳内妄想の中に真実などありません。

36 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:26:54 ID:IydbFB5B0
急増も何も、自閉症という存在そのものの正しい認識が広まった結果「隠れ自閉症」が明るみになった
と考える方が自然じゃね?

37 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:29:34 ID:UEpjtY420
>>35
重金属説はいまだに有力だと思うが。アメリカなんかでは

38 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:30:56 ID:bKKpK/m00
>>34
それがさ、そうも言ってられないのよね。
何日か前の朝日に、ニートの中に相当数の発達障害者がいるって記事が出てたのよ。
ニート支援施設に来る数だけでかなりの割合なのに、
そういった施設に来ない人たちは計り知れないって出てたよ。

その新聞、どうも捨てちゃったらしいので記憶で書いてるので、違ってたらごめんね。

39 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:34:56 ID:QfPWiva50
うん、知ってる。前スレの無知な人達を見かねての、ある意味牽制のつもりだった。ごめんね。

>38の言っているのはこれのことじゃないのかな。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1156568096/
あんまり誘導したい雰囲気のスレじゃないけどね。それが現実みたいだ。


40 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:36:48 ID:te4rgYbfO
【私は】確定前の人が集うスレ【自閉症?】3
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1124809172/

【発達障害】高機能自閉症スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1146652361/

41 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:37:35 ID:JyB+QnlB0
昔、1学年に何人かは、どこかしら、おかしい奴がいたもんだな。
本人も周囲も知らなかったんだろうけど、障害の奴もいたんだろうな。

でも、躾のできてないガキまで、何とか症候群って仕立てあげるのは、
勘弁してくれ。

42 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:37:59 ID:IydbFB5B0
>>37
具体的論文出せ。

43 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:43:28 ID:QfPWiva50
健常者の考える「躾」は障害者には有効でない事があると知って欲しい。
障害者にはそれに合わせた「躾」が必要で、それは端から見ると奇異に見えるかも知れない。
躾のみにあらず、生き方も、考え方も、何もかも同じ事ではあるんだけども。

健常者の感覚で見ると苛立つだろうけど、障害者にはそれしか通じない。そんな事が案外多い。
どうにか世間と折り合いを付ける為の過程として見逃して貰えたら、
障害児かどうか判定される前の幼児虐待や、通院しなかった大人の自殺は減ると思う。

単なる虐待DQNと一緒にされても困るので大きな声では言えないけどね。

44 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:47:34 ID:QY46RPHX0
自閉症って別に心を閉ざしてる人のことをいうんじゃないんだぞお前ら?

つ【ウィキ】 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E9%96%89%E7%97%87

45 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:47:39 ID:bKKpK/m00
>>39
ああ、朝日じゃなくて読売だったか、ネットで読んだのを勘違いしていたらしい。ありがとう、
スレ立ってたのね、知らなかった。

>>41
その学年に何人かの人たちが今何してるかが問題なんじゃないの。
学校にいる間はまだいいんだよ。行く場所があるし、大人になったらなんとかなるって、本人も親も思ってる。
大人になってどうにもならない現実に直面して右往左往するんだよ。

46 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:47:56 ID:BWTms/GF0
>>35
「生まれてから」じゃないかもしれないけど
生まれる前に親が食べてたもの、遺伝とかは全く何も因果関係ないの?

今の日本ではとりあえず自閉症の原因って何だって言われてるの?
全て「原因不明」?

47 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:52:13 ID:wfl/k+/m0
>>43 あらゆる意味、色んなことを含めて難しい。

48 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:53:02 ID:+Z+6E4JW0
>>35
自分で調べなよw

49 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:53:27 ID:bKKpK/m00
>>46
こういう説もある。
http://www.nucl.nagoya-u.ac.jp/~taco/aut-soc/share/share10.html#g

50 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:55:43 ID:QfPWiva50
確固たる原因が分かればそれを取り除く事が出来る。判らないから現状がある。
幾つもが絡み合って発症するとしか言えないから、その分何かひとつだけをあげつらう事は出来ない。

生きていくのは難しいのはまぁ、よくわかる。判った上で生きるしかないのが障害者とその身内。

因みに、調べていてもこの程度です。調べない無知な人に言い掛かり付けられるのはイヤン。

51 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:55:51 ID:XJbH7JWr0
そういや市内の障害児が通う幼稚園みたいなとこもクラス増えてたな。

52 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 15:56:10 ID:PJ8dKPwj0
自閉症って高齢男の子作りが原因だとかいう説あったよな
はやく子ども作れよおまいら

53 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:03:40 ID:KEZ7QIe00
二十年前の時点では特殊学級はアーウー以外の言葉が話せず暴れまくる
本当に隔離病棟レベルの生徒限定だった
脳損傷でろれつがうまく回らずヨロヨロ歩きしかできない奴でも普通学級

54 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:13:29 ID:IydbFB5B0
>>46
遺伝は今のところ一番有力なんじゃね?一応それを臭わせる証拠も出て来てるし、第一>>35
遺伝説を否定してない。
食い物に関しては同じ親から生まれた子供の片方が健常で片方が自閉であるのかが説明つかないだろw
そりゃ重金属でそう言った子供が生まれる可能性があるのは水俣病患者みれば明らかだが、それは
ごく一部と考えるのが妥当。

あと、何故か自閉症障害者の親は医者や弁護士が多い。特に医者。まあ、あの職業でやっていける香具師は
自閉症と疑いたくなる香具師もいるので…遺伝の可能性が高いんじゃね?

55 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:19:06 ID:bKKpK/m00
>>54
自閉症児を抱える医者と弁護士の会、(多分歯科医師も入ってる)ってなのもあるくらいだからね。
TBSに署名入りで抗議してたっけな。

56 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:23:30 ID:ofoWO/M80
自閉症は引きこもりとは無関係だと必死でPRして
何となく世間も認識し始めてたところにもってきて、
ニートやひきこもりの何割かが自閉症などの発達障害だとー?

やっぱり関係あるじゃん!

57 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:24:08 ID:boMrD/0b0
全部支那畜が悪い!

58 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:25:49 ID:EZqg2Pkn0
今まで怖がって家庭内にとどめられていた子供たちが
きちんと診察を受けられるようになったんじゃないの?

59 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:27:39 ID:QfPWiva50
遺伝説は否定しない。後は出産時のトラブルも原因なのではと言われている。
他の妄想的要因と比べたら割とまともな説だとは思うんだけども、
他同様に明確なソースは出せないから仕方ない。

>56
自閉症と引き籠もりは全く別物である。
引き籠もりの中にも自閉症の人はいる。逆もまた真なり。

この二つの文章の違いが分からない貴方は学習障害だろうか。

60 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:28:19 ID:B2cF+QKg0
国民の象徴さんも自閉症産んじゃいましたから
しかもノイローゼになって逃げ切ります!!!!

61 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:30:21 ID:ofoWO/M80
>>59
私は両者が同じものだとは言っていない
自閉症児が健常児よりも高い割合で引きこもるとすれば無関係とは言えないだろう


62 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:31:03 ID:3MqP6WYR0
ニート=障害者

63 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:31:43 ID:IydbFB5B0
あと、(レイプ企ててるDQNには訃報だが)自閉症は圧倒的に男児で発症するってのも興味深い事実かも。

>>60
別にそれは問題ないかと。つーか大正天皇も自閉症だったらしいし。

64 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:32:02 ID:QfPWiva50
ノイローゼで人の金使って逃げ切れるって幸せだよね。
で、「この二つの文章の違いが分からない」→「この二つの文章の意味を両立出来ない」に変えておくね。

そろそろ自分がしつこくなってきたなw

65 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:32:56 ID:te4rgYbfO
専門職には自閉系がけっこういそう

66 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:35:22 ID:IydbFB5B0
>>61
まあ仕方ないんじゃね?社会にとけ込めない障害だから、成人した際にニートの定義に最終的に
当てはまる状態に到達するのは容易に想像できるでしょ。施設の類いから断られて仕方なしに
家にいて、なおかつあまり外に出たがらない性格だったらニートの定義に合致してしまう。

ただ、本来の議論の対象とされるべきニートとは成因も対策も全く異なる訳で、分けて考えないと
意味が無い。統計取る時点で考慮に入れるべきだったんじゃないかと。

67 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:37:11 ID:1w/YF2HM0
厨獄産の毒入り食品が平気でスーパーに並んでるのが原因。

68 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:37:46 ID:IydbFB5B0
>>64
その代償として、ストレスたまっても友人と夜遅くまで町で酒飲める訳でもなく、
友人と買い物とか行ける訳でもなく、どこ行っても何してても侍従がついてくる生活を
我々が強いてる訳で…

69 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:39:43 ID:gO9BK+9b0
* 限定された興味やこだわり、関心。(同一性保持への欲求、常同行動)
* 対人関係でのコミュニケーション能力の欠如。
* 言葉の発達の遅れ。

一般的な低機能自閉症児の特徴の例として、以下があげられる。 

* おもちゃ・本物の自動車の車輪や床屋の回転塔などの回転するものへの強い興味。
* 数字や風景などに対する高い記憶能力。
* ある特定の音に対する強い不快感、物を規則正しく並べる行動。
* 何かして欲しいことがあった場合に、近くの人の手を引っ張って対象物の所まで連れていく「クレーン現象」という行動。

普通じゃね?


70 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:41:24 ID:xT2sfOLwO
>>53
逆じゃない?
20年前の特学は普通に遊んだりできるけど、ちょっとペースがみんなと違いすぎたり
授業についていくのが無理な子が通うところ。
会話も身辺自立も難しい子は養護学校だった。
いまは知的障害があっても普通級に、重度知的障害でも特殊学級に入れたがる親が多い。
うちのまわりだけだろうか。

ちなみに我が家の半径500メートルぐらいの範囲で知っているだけで自閉症3、精神発達遅滞1、LD1、ダウン1人の子がいます。
LDの子以外は「昔なら障害児とみなされない」レベルではない。
親たちの普通学級好き傾向が進んでいるにも関わらず、我が子が通う養護学校も年々生徒
数が増加しているそうだ。それだけ絶対数が増えているんだろうね。


71 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:44:18 ID:3iVIzb4V0
なんか俺もW 

72 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:45:50 ID:4L7uoNAOO
>>69
ほとんど当てはまる私は自閉症なのだろうか?

73 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:46:05 ID:IydbFB5B0
>>69
まあそんな簡単なリストで語れるような単純なものじゃない訳だが。。。
例えば
>* 数字や風景などに対する高い記憶能力。
6歳くらい、周りの子供はまともなコミュニケーションができるようになって来て、「ませた」
子供も見られるようになる中、とてもじゃないがまともと言えるコミュニケーションが取られない。
会話が成立しなかったりとか日常茶飯事。文法、特に助詞とかが正しく扱えない。
なのに、世界中のどんなマイナーな国の国旗を示しても性格に国名を言い当てられる。
それがここで言われるところの「高い記憶能力」だ。

74 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:48:49 ID:huWSMMVh0
単に自閉症が認知されるようになってきたからそっちに送る親が増えただけでは?

75 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:52:02 ID:Cl2H3RyX0
妊娠中の食事に問題がありそうだな。

一番怪しいのは、食品添加物か、残留農薬。

76 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 16:58:16 ID:xT2sfOLwO
>>74
少なくともうちの養護学校や近所の特殊学級ではそういうグレイゾーンの子はごく少数派だね。

こだわりとか数や列に執着のない自閉症児もいるし、何を満たすと自閉症と言うのはなかなか
難しい。

77 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:14:38 ID:bKKpK/m00
つーか、神奈川県は特殊なんだよ。
何年か前から、神奈川県の療育はスゴイらしいってな噂が流れて、
親が仕事変えて神奈川県に移り住むってことが起きてるらしい。

噂に拍車をかけるようなことは書きたくないんだけど、現状としてある。
全国的に有名なY発達クリニックもここにあることだし。

78 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:18:17 ID:+u0TO2Hs0
高機能自閉症だとかアスペルガーだとか多動性だとか
言われてるけど、前はただ
「変わったこ」「へんくつ」「へんなこ」「落ち着きが無い子」
で終わってただけじゃないのかなあ。
身内に高機能自閉症いるけど、まあ「変わった子」だ。

79 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:19:03 ID:UQO/yzW90
食材とかが問題とか?

80 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:23:58 ID:Ins1Rwuj0
>>78
>身内に高機能自閉症いるけど、まあ「変わった子」だ。
病名がはっきりしてるということは、かなり顕著な問題があって、
病院についれていったんだね。
たぶん、「変わった子」という見かけ以上に問題があるんだと想像する。

81 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:25:50 ID:Zp0jcnFF0
変わった子、で済むなら病院も病名も、身内の悩みも要らないしね。

82 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:27:15 ID:C5N4DjF00
居住地域の中に自然環境が少ないところで育つと
そうなるのかもしれない。

83 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:29:52 ID:IydbFB5B0
>>82
関係ないかと。

84 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:30:02 ID:bKKpK/m00
>>82
ソースきぼんぬ。

85 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:30:08 ID:8MzWp0lo0
隠れ自閉症で苛められた人は多いだろう。
でも、みんなから認識されるようになれば、手足
の不自由な障害者のように苛められる事は少なく
なるんだろうな。
障害者を苛めたら罪悪感を感じるもんなぁ。

86 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:30:11 ID:+u0TO2Hs0
>>80
3歳のときに診断がついたんだけな。
はじめは言葉が遅いってことだったと思うんだけど色々検査して。
お友達とうまく遊べない、こだわりが強いなど、色々あったはず。
水銀の検査もしてた。確かに多かったらしい。頭の毛根の水銀。
あと、ステンレスのなべだのアルミのなべだのなんだのって話もあった。
高機能自閉症の子は知能には問題がないみたいなんだけど、
接するのが疲れる。わかっててもムカつくんだよ。オトナでも。
人の気持ちを考えること能力が欠けているらしいからねえ。


87 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:30:21 ID:Zp0jcnFF0
ちょww、田舎に自閉はいないって新説か?
ジジババばっかのド田舎なら、気付かないか隠されてるかするかも知れないけどな。

88 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:33:24 ID:bKKpK/m00
>>86
それって変わった子で済ませられる問題と違うんじゃね。

89 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:36:24 ID:kKvddNuYO
>>63
大正天皇は小児マヒじゃなかったけ?
結婚したら病状が大分良くなったってwikiにあった

90 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:38:10 ID:4SjGVWdf0
>>70
統合教育なんてのがもてはやされた時期があったからね、。
今では、それは健常児にとっても障害児にとってもあまり良い結果をもたらさない、って
わかって見直され始めてるけど。

91 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:38:58 ID:+u0TO2Hs0
>>88
空気の読めない子。って感じかな。水銀だのアルミだのは
詳しく覚えてない。
歳をとったら落ち着く人もいるらしい。
自分の欠点を理解できるようになったら。
今はまだ小さい子だから無理だろうけど。うちの身内は。
人の気持ちがわからないから嫌がってても理解できないんだよ。
自分の興味があることに集中したらもうダメなんだよ。
ナニいってもだめ。とりあげたりしたらパニック。
まあ子供って少なからずそういった部分はもってるけど、
それが顕著に出てるって感じかな。

92 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:40:29 ID:Zp0jcnFF0
それだけ解ってる癖にどうして
>身内に高機能自閉症いるけど、まあ「変わった子」だ。
で済ませようとしてるのかを謎がられてるんじゃないのか?
少なくとも自分はそこが凄い謎だが。

93 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:40:52 ID:yYOp4Isl0
幼い子を無理やり自閉症だと言って専門の託児施設にやって
保護受けてるDQNな親が増えたのもある

94 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:41:05 ID:djlyv2y10
>>91
なんか、こういう人、今の30後半に多いように感じるのは気のせいなのかな。

95 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:42:45 ID:Zp0jcnFF0
>93
ソース若しくは当人のレポ希望。
本当に自閉でも程度によっては何も恩恵を受けられない昨今、
(預かってくれる保護施設なんて以ての外ww)
そのDQNがどう保護を受けてるのか知りたい。

余りにも嘘臭すぎるよ。

96 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:44:57 ID:bKKpK/m00
>>91
だからそれが一生続く問題だから障害なんでしょ。

>自分の欠点を理解できるようになったら。
>今はまだ小さい子だから無理だろうけど。

希望的観測で語られたらその子が可哀相だ。

97 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:45:11 ID:0ZafenIE0
子供は減ってるのに障害児は増えてる

98 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:46:14 ID:q6iHC1cz0
これ、別に増えたんじゃなくて単に認知数が増えただけだろ

99 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:46:29 ID:+u0TO2Hs0
>>92
それ以上なんとも表現できないもの。
高機能自閉症を本当に只の変わった子だとは思ってないよ。
でも、知らない人(高機能自閉症であることを)がみたら
多分カレは「変わった子」でしかないと思う。
生活はできる。社会のお約束も守れる。知能も普通。
ただコミュニケーション能力が欠けている。
クラスメイトや近所の人は「変わった子」って思うんじゃないかな。

100 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:50:07 ID:Zp0jcnFF0
病名として認定されても、病状が認知されないから、くだらない勘違いがたくさん。
周りからの印象が「変わった子」で済むと思っているなら、ちょっと楽観的すぎるんじゃないの。

101 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:54:31 ID:cchBK6ZL0
高機能自閉症の子は他の子を「変わっている」と感じるのかね。

「空気が読めない」っていうけど、
人が何のために空気を読むのかっていったら、
人間関係の中で生き残るためでそ。
そういう「生き残りたい、いい目を見たい」っていう動機自体が、
自閉症とかその他の空気を読めない子(人)にはないんじゃないの。
土壌が違うのに同じ価値観で測るのってどうかなと思う。
「あなたは空気が読めない」っていうクレームも、
所詮は「私の気持ちを読んで安心させてくれ」っていうワガママでしかない。
そういうワガママを自閉症の子とかにも勝手に押し付けて、
ダメだって言ってる世の中のほうがどうかなって気がするよ。

102 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:55:32 ID:+u0TO2Hs0
>>100
そうかもね。
毎日接していたらそうかも。
ttp://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/ask/utiyama/
まあ当てはまるわね、身内の子。
「普通じゃない」ってのはわかるよ。


103 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:58:14 ID:H4sEp4BF0
一対一の関係で「空気が読めない」と非難される場合って
結局「相手の思惑どおりの反応をしない」だけのことだよね。
それってお互い様のような気がするんだけど。


104 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 17:58:33 ID:IydbFB5B0
>>93
自閉症だと言い張っただけで預かってくれる施設なんてあり得ない。あったとしても発覚し次第
補助金引き揚げであぼーんだろw
自閉症だと言えるようにするためには児童相談所で障害程度区分認定調査を受けなければならず
ttp://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jiritsushienhou08/index.html
ttp://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jiritsushienhou08/pdf/1.pdf
それもやってない、障害者手帳も持ってない香具師が自閉症と言ったところで普通の施設は門前払い。

105 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:04:10 ID:AXenVkAF0
まぁ、他人の話は聞かないよ。

106 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:04:24 ID:WMFO2zn20
>>93,95

病名がわかれば安心するんだろ。
だから、「病気」といってもらえるまで、
医者のはしごをする。

知り合いにいる。


107 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:05:59 ID:Zp0jcnFF0
自閉症は知的障害がないと手帳も出ない。良いとこなしの障害。
空気が読めないのが一対一なら相手の所為もあるかも知れない。
けど、自閉症の人は集団の醸し出す空気すら読めない。

>106
病気と言って貰えたなら病気なんだろう、としか言えないが。
何度も言うがそんな理由で預かる託児施設なんて有り得ないんだってw
話が微妙にずれてますよ。

108 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:08:05 ID:0Q9gOT+60
言い換えれば
天使が増えたということ

悪いことではない

109 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:08:14 ID:BWTms/GF0
>>103
自閉症同士の子だけの集団の場合、
それはそれで仲間関係とかうまくいくの?

110 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:09:31 ID:Zp0jcnFF0
>108
そんな天使が貴方の元にも降り立ちますようにw

111 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:09:56 ID:WMFO2zn20
>>107

託児施設は行き過ぎとしても、
自分の子がもしかするとASとかADHDとか自閉とかじゃあないかと
不安で仕方がない親もいる。

昔、アスベルガーのコピペがあったろ、ああいうのを見てね。




112 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:13:21 ID:Qz1ri/HW0
不妊治療して生まれた子が多いんじゃないの?

113 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:13:59 ID:UWdY29r80
自称専門家が何度書いても判らないのは、
自閉って一般語なんかを発達障碍の病名に使うからだよ。

さっさと言葉狩りして変えたら?


114 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:14:23 ID:H4sEp4BF0
>>109
自閉症の子供、特に知的障害をともなう子供のケースはわかんないけど、
いわゆる空気が読めず、細かいことに異常にこだわるとされる
プログラマ同士、研究者同士の集団では、それほど問題なく意思疎通ができている。
厳密な話をしているときに無知な一般人が言葉をはしょると、
それはそれは腹が立つ。

115 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:14:31 ID:XJbH7JWr0
ちなみに自閉症は治らないんだZE

116 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:22:02 ID:BWTms/GF0
>>114
じゃあやっぱり自閉症児といわゆる健常児は
分けて教育したほうがいいのかもね。
なんかどうやってもコミュニケーションとれなくて
お互いストレスたまるようだし、子供同士だとかなりキツそう

117 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:26:38 ID:djlyv2y10
>>114
ヲタのこだわりが空気を乱すこととは、ちと違う。

発達障害の「空気を読めない」っていうのは、他人の悲しい表情だとか、
バイバイっていう仕草だとか、そういうボディランゲージのようなものから
意図を読みとれない。

「読む読まない」とか「分かる分からない」とかいえるレベルではなく、
その様子が何を意味しているのかすら知らない状態。

118 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:28:18 ID:H4sEp4BF0
>>116
いわゆる能力別学級編成については賛成。
理解のペースが違いすぎるとお互いに不幸だ。
低機能の自閉症児については、また違ったアプローチが必要なんだろうけど。

119 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:30:04 ID:WMFO2zn20
>>113

漏れもそれがいいと思う。

自閉症が先天的だという医学的根拠や実験例があるのかと思ってたが、
そうではなくて、先天的なものを自閉症と定義する、ってだけだし。



120 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:30:28 ID:vgcbLT9gO
>116
そこでソーシャルスキルトレーニングですよ。 
まったく非自閉と接しないで生活することはできない。


121 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:32:18 ID:IydbFB5B0
>>113
心配せんでもそういった動きは既にある。どんな名前にする予定かは失念したが。

>>115
そりゃ病気じゃなく障害だからな。

>>116
訓練すれば少しは空気読めるようになる。コミュニケーションとれないまでも、例えば静かにすべき
状況で静かにできるようになる、くらいは不可能ではない。障害の程度によりけりではあるが。
そして、そういった訓練しようと思えば健常児学級に支障が出ない程度で混ぜるのが最適。
そりゃまあ「健常児だ」といって学級に混ぜるとトラブルメーカーだが、「障害児だ」と
あらかじめ教えた上でクラスに混ぜると、むしろプラスの効果の方が大きいのが実際だよ。

122 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:35:26 ID:H4sEp4BF0
>>117
>その様子が何を意味しているのかすら知らない状態。

はじめは知らなくて当然だろうけど、
意味を教えた後でも、しかるべき行動がとれないということでしょうか?

123 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:35:42 ID:Tl5YFEGk0
>>109
誰かが管理しないと、うまく行きません。
その人が持ってる本来の性格もあるんだろうけど、
それぞれに不快に思うことやこだわりが違うし。

でも、好き嫌いを超えた友情はあるように思うよ。
純粋な人間性が垣間見えることがあるし(基本的にすごく真面目)、
他人と関わることで本人も成長していく。
そんな場面に出会ったときは、自閉症を持っていても
人間として変わりはないんだと感じる。

>>118
低機能の自閉症は知的遅滞が顕著で、発語がない場合も多いから、そうだと思う。
しかし、知的に遅れがない場合は、インクルージョンでしょう。
全く分けてしまうと、ソーシャル・スキルが身に付かない。
中学校くらいになると学校も親も嫌がるけど、アホかと。

124 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:38:24 ID:Zp0jcnFF0
>118
能力別学級の「能力」の捉え方にもよる。
知能に障害のない自閉は、物凄く頭は良かったりするから。
理解の問題はあくまで、人間関係に関する事。

キツイのは子供同士は勿論なんだが、親の目なんだよな。
自閉ですって(ヒソヒソ)ならまだしも、
「自閉って言ったってこんな物でしょ?だったら普通よ」みたいな、不用意なポジティブがキツイ。

治らないのは仕方ないから、少しでも社会に馴染ませるように頑張るしかない。それが自閉。

125 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:42:01 ID:BWTms/GF0
>>121
>そして、そういった訓練しようと思えば健常児学級に支障が出ない程度で混ぜるのが最適。

そりゃ「健常児の集団に馴染む目的」って方向性がしっかりしてて「混ぜる」んなら
わかるし、健常児にも「相手への理解」が育っていいだろうけど
>>101みたいな

>そういうワガママを自閉症の子とかにも勝手に押し付けて、
>ダメだって言ってる世の中のほうがどうかなって気がするよ

っていう考え方が主流になってきてるとしたら
もう全く違うルールのもとでの別集団に分けたほうが良い気がしたもんで

126 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:42:45 ID:H4sEp4BF0
>>124
いやその、ものすごく頭のいい(もしくは一芸に秀でた)自閉症児が、
あまり頭の良くない一般児童と一緒になったときが一番不幸なのでは、
と思ったので。

健常・異常で分けるのではなく、勉強できる同士で一緒にしておけば
何らかの交流やリスペクとが生まれるかな、と。

127 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:43:44 ID:Zp0jcnFF0
>122
意味が通じればそれに応じた行動を取れるようになる事もある。
が、本音と建前を理解せよ、とかはちょっと高度すぎ。
「泣いてる人は励ましてあげよう」→転んだ子を励ます は正しいが、
嘘泣きで特定の人の気を引こうとしてる子をしつこく慰めても良い事無し。

>101はちょっと親切すぎるかもなぁ。土壌はもうどうしようもなく、健常者の物。
それは障害者側も理解した上で付き合って行かねばと思うよ。

128 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:44:01 ID:TvCK/iut0
        『 幼女!ようじょ!ょぅι゙ょ! 』

               _∩__
               /( ⌒) ̄\,.  ∩__
     / ̄ ̄ ̄\_,.i"/,. ノ|_|i_トil_|i i/ .)E). ̄\.
    i'___{_ノl|_|i_トil_|i.l/ /┃ ┃{.i| / /ノii|_|i_トil |
  _n i|,彡 ┃ ┃{.i|i./ /'' ヮ''丿li/ /彡┃ ┃{i|
 ( l 》|il(_, ''' ヮ''丿|/  ク  i´i//li(_ ''' ヮ''丿| 
  \\リ i `フ i´il l|(      ヾ ノリ i `フ i´il l|    n
   ヽ______   ノリl ヽ  '   '|二⌒ ̄     ヽ  ( E)
    ノリノ'    '/'ノ゙  |      |   ̄ヾ  '   'lヽ_/


129 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:44:53 ID:qsYwuPC90
未熟児とかさ、もともとは助からない命を人工的に助けてるからさ、
命の質が低下してくんだよな。優生保護法は間違ってない、
まあそんだったら俺も生まれてないけどさ、それでもやるべきだと思うよ。

130 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:46:32 ID:Zp0jcnFF0
>126
自閉児は多分、周りの頭が悪い事を余り気にしない。
基本的に(二次被害とも言える)、自分は出来ない子、って気分を大きく感じる事が多いようだから、
周りが多少自分より劣っていてもそこは見えないみたいな所があるよ。(うちの場合)

131 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:46:32 ID:djlyv2y10
>>122
んにゃ、その意味と行動(モノ)の繋がり自体を苦手とすることが
障害といわれる由縁らしい。

例えば、「涙」から多くの人は「悲しみ」や「喜び」を連想するけれども、
その連想機能が働かないんだな。だから、「泣いている人は悲しんでいる」と
教えても、その連想自体を覚えることができない。

教えるとしても「涙を見る」「ごめんなさいと言う」という一連の動作を
身につけさせて、取り繕うのが精一杯らしい。だから、笑い泣きして
いる人にも「ごめんなさいごめんなさい」と謝り続ける。

ただ、全滅している人は少なくて、ある特定分野にポロポロと発生する
ものらしい。表情は読めるけど、指の動きを読めない、とかね。

132 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:50:59 ID:BnR3MlCD0
自閉症なんて精神科医の金儲けの為に発明された病気
躁鬱病なんかも簡単に認めてくれるもんね 
精神薄弱児を鍛える事なく、安易に病気にしてしまい薬漬けにするから
特別な施設が必要になる
アフリカの土人の地に躁鬱病はいるか? 南米のスラム街に自閉症はいるか?
パレスチナの難民キャンプに自閉症はいるか?
精神は鍛えればいい それで死ぬ奴がいたらそれまでの奴だ


そんな事考えながらクーラーの効いた部屋でアイスコーヒー飲みつつパソコンに向かってます

133 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:53:16 ID:Zp0jcnFF0
判って書いてるんだろうが、鍛えてるからいなくなるんじゃなく、淘汰されて死んでるんだよ。

クーラー無しじゃ生きていけないよな。

134 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:57:42 ID:qwXF4Hoq0
>>132
お前ちょっとひまわり学級とか見学させてもらえ

いや本当に凄いぞ


それから精神鍛える関係ない
釣りだろうが、マジだとお前やばい

135 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 18:58:19 ID:vgcbLT9gO
落ち着きのない子は事故に遭いやすいしね。
小説にも時々出てくるけど、周りの者が目を離した隙に高い木に登って落ちたり。

136 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:07:32 ID:j+my5UNY0
>>132はヒキなんだな
ということだけはわかった

137 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:12:18 ID:aESZI/ye0
別に最近この手のガキが急増した訳じゃない。
昔から一定のパーセンテージでいたが、つい最近までこの方面の研究が全然遅れてて、障害と認定されてなかった。
研究が進んだ結果、以前は認定されていなかったのが認定されるようになっただけ。
しかし、こうした研究がどんどん進むと、症例として認定されるパターンがどんどん増え、「異常なし」と診断される子供の方が少なくなる。

138 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:12:24 ID:gE5W8aBX0
>>101そうだ!

139 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:12:49 ID:08253R4p0
神奈川県では障害児が多く生まれるという事は良く分かった。

140 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:19:17 ID:HLGBGUyf0
違う。支援が充実している(とされる)神奈川に障害児が集まってくるだけのこと。

141 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:23:26 ID:BWTms/GF0
朝もやの中を太極拳やってる中国美人、なんてCMは
日本人の美しき妄想という事はよくわかったw

142 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:23:53 ID:umsImjNu0
>>132
発展途上国では病気である事にも気付かれずに黙殺されていくのでしょう。

143 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:24:56 ID:9OoCfBzq0
>>1 最近は精神科のクズ医者どもや
臨床心理士という詐欺商売のクズどもが
やたら、子どもに発達障害や精神病の病名をつけやがるからな。
日本人全員が精神病患者にされてしまう日も近いぞ。

144 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:26:56 ID:Oh7wugX/0
全国で謎の急増w


どう考えても30過ぎの高齢初出産が原因だろうw

145 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:28:06 ID:xT2sfOLwO
うちは埼玉だが確かに障害児へのフォローは悪くないらしい(療育ではなく福祉面)
そういうこともあって回りに多いんだろうか。

さっきも書いたけど、単に認定される数が増えただけというのは違うと思う。
いまだに地域の学校でってのにこだわる親は多いから、ちょっと変わってるぐらいで特殊
学級や養護に来る子は本当に本当に少ない。よそは知らないが埼玉ではそんな感じ。

146 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:29:03 ID:TVHZv/w9O
高齢出産と毒入り食物の賜物です

ちなみに環境ホルモンは生物を雌化させるからもっとばらまくべきである

147 :141:2006/08/26(土) 19:29:07 ID:BWTms/GF0
ゴバーク 大変失礼致しました orz

148 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:29:42 ID:sDThKPNG0
昔から、階段の最後の段は右足じゃないと嫌なんだが
自閉症のひとはそういうこだわりがたくさんあるんだろうなあ

149 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:34:37 ID:VGnJJNQ1O
精神病なんざ病気じゃねぇよ、ただの人間の屑、それだけ

150 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:37:08 ID:IydbFB5B0
>>149
精神障害と知的障害は別物ですが何か?

151 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:37:59 ID:Zp0jcnFF0
しっ、その違いも分からない屑の中の屑に話しかけちゃ駄目。

152 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:39:39 ID:nWVq8CG80
精神疾患に対する偏見をストレートに表現するバカがいるな。
おまえの論法でいけば、治療法のない病人はすべて屑って言いそうだな。
将来おまえが屑になる可能性は100%wwww

153 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:41:35 ID:XJbH7JWr0
うちは神奈川。軽度で扶養手当と療育手帳が貰えました。
公園の市営駐車場とか無料になってビクーリ。

最初小児科の先生が、市の未収園児の中で発達が遅れている子の教室を
紹介してくれて、後に遅れている・障害がある子・母親などが集まる教室を
紹介。そこで専門医に見てもらって自閉って言われた。
後にそこでやってる幼稚園みたいなとこに入園。
今は近所の小学校への入学のつもりで集団生活に慣れさせる為保育園に入れてるよ。
小学校は支援学級へ入れるつもり。
他の県は知らないけど発見次第色々と用意してあるのが凄い。助かりました。

ちなみに自分は20で産みました。旦那は25。

154 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 19:47:33 ID:xT2sfOLwO
うちも埼玉だけど似た感じだね>神奈川事情

ただうちの場合は最初は微妙すぎて通園施設も必要ないと言われ、療育手帳の存在すら
4歳すぎまで知らされなかった…
ようやく通い始めた施設の補助金の都合で手帳の取得を勧められて、そんなものがあると
初めて知ったよ。なんだかなあ…
福祉制度は恵まれてる方みたいだけどネットワークが全然ないのが埼玉の現状だな。
でもありがたいです。

155 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 20:39:41 ID:qWbswXLb0
たばこの害がたまってきたんだろ
今の調子で喫煙者に厳しくなれば、そのうち減るさ

156 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 20:45:30 ID:bKKpK/m00
日本人は江戸時代からタバコをたしなんでいたわけだが。

157 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:01:29 ID:cchBK6ZL0
なんでこんなに「うちの子も自閉症」って親が多いんだ?
「うちの子も心臓病」とかよりずっと多いんじゃないのか?

158 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:11:23 ID:Zp0jcnFF0
「うちの子も風邪」って親よりは少ないと思うよ。
臨床例の数の問題じゃないの?

159 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:16:36 ID:Zp0jcnFF0
あと、ここは心臓病スレじゃないしな。

160 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:21:15 ID:Gpbi1W5o0
急増はやっぱり高齢出産が増えたからかな?
ダウン症も1/1000の確率で産まれるらしいけど、
30過ぎの出産だと確率が上がるらしいし。
35以上で1/60とか・・。

132は釣りか無知か?プ
自閉症は脳の障害ですよ?
鍛えられません。
半分は知能障害も伴うけど・・。
他の高機能自閉症の人を精神病と間違えてるのでしょうか?

161 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:22:53 ID:lEswMNTh0
高齢出産の増加の影響じゃないの

162 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:29:43 ID:4SjGVWdf0
>>117
>その様子が何を意味しているのかすら知らない状態
これ自体は定型発達より遅いものの、経験と学習である程度補える。重度の場合は知らんけど。

軽度の場合はなぜ悲しいのか、なぜ怒ってるのか、ってところでつまずく。
なぜ相手が怒っているのかわからず、自分なりに理屈をこねて解釈するのだが、間違ってることも多く、
相手を怒らせないように、悲しませないように、という対策が建て難い。
知能が高ければそのたびに、こういうときはこうすれば良い、というパターンを見つけていって、
なんとか適応するのだが、なにぶん対人関係においてはそのパターンが膨大すぎて苦労する。

163 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:31:53 ID:kpEtiMe90
>>160
現在はダウン症はトリプルマーカー検査とかでかなり出産前に分かるから、
実際に生んでるのは20台のほうが多いラスい…

けど、ダウン以外に影響が出ないとは思えないよなあ。

164 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:44:13 ID:xT2sfOLwO
私は30で産んだ娘が自閉症児だけど、お母さんの年代はバラバラで、特に保育園のときに
比べて年齢層高いとは思えない。
添加物とか環境の変化とかそういうものなのかね。

165 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:49:19 ID:vRo4MAt10
小児科の先生が言ってたけど
親の都合による不規則な睡眠パターンによる子供の精神疾患が増えてるんだと
自閉症や多動性はもとより知恵遅れや認識障害にまでなるそうだ
小学生くらいまでは、8時くらいまでに寝かさないと駄目だそうだ


166 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:50:46 ID:BWTms/GF0
嵐の前の静けさ

167 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 21:51:16 ID:Zp0jcnFF0
>自閉症や多動性はもとより知恵遅れや認識障害にまでなる
ソースよろしく

168 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:00:33 ID:kBE0unuR0
うちの神奈川県だけかもしれないけど
手当て欲しさに障害学級にむりやり入学させる親がかなり多い
盲腸の手術が長引いただけで入学させられた人を知ってる
不況の影響で、お金ほしさじゃないのか?

169 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:20:23 ID:qvPOydiu0
>>165
どこの小児科だ

170 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:21:06 ID:oPC37qbk0
上の方にあるリンクで[自分で]アスペルがーじゃないかなんて
心配している人たちは、障害でなく別の病気でしょ。たんに自分の人生が
思い通りに行かないのを障害があるから仕方ないんだって納得
したいような気がしましたよ。ほんまもんのアスペルガーの人と
接したことあるのかね。。

171 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:29:17 ID:sJqTitVu0
まあ連続体だから、グレーゾーンっぽい人もいるでしょう
そういった生難さを感じているなら、アスペの療育を参考にして
自分をコントロールしてみるのも有効かもしれませんし。

172 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:32:50 ID:7OByzrk/0
自閉症って強い人見知りの子ってことじゃないの?
親の育て方が悪いんだよね?

173 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:37:09 ID:c1Ntb3dD0
>>172
大人の話題に入ってくるのはいいか
最低ググって来いよな

174 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:41:15 ID:srQh5npU0
そういや、フェミの代表選手・上野千鶴子がその著書『マザコン少年の末路』で、
自閉症の原因は主婦である母親の過干渉であり、ワーキングマザーを増やし
女性を子育てから解放することで自閉症は治療できると書いて、自閉症児支援
団体から猛抗議されてたな。

でも、上野千鶴子は「自閉症の原因も医学ではわかっていないのに、フェミニズムの
研究成果を疑うのは笑止千万」と挑発し、一切の謝罪撤回を拒んだ。

175 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:41:38 ID:a1kAIr4VO
トリイヘイデンの出番か

176 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:43:20 ID:xT2sfOLwO
>>165
睡眠リズムが崩れて自閉症になるんじゃなくて、睡眠障害は自閉症児に多い症状。
まあこんなバカ医者がいてもあまり驚かないけど…


特殊学級への措置と障害判定→手当金給付は全く別ルート。
手帳交付に当たっては妊娠出産時にさかのぼって療育歴やら発達テストなどかなりきめ
細かい判定作業がある。

偽装が絶対不可能とは言えないが、取れても最軽度でしょうし、最軽度では経済的メリット
はほとんどない。

ネタにしてもあまりに失礼なのでマジレスしてみた。

177 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:43:42 ID:7UB70+Vi0
>>160
これか?

染色体異常の生産児を出産するリスク

母親の年齢 ダウン症候群のリスク 染色体異常のリスク*

20          1/1667          1/526
22          1/1429          1/500
24          1/1250          1/476
26          1/1176          1/476
28          1/1053          1/435
30          1/952           1/384
32          1/769           1/323
34          1/500           1/238
35          1/385           1/192
36          1/294           1/156
37          1/227           1/127
38          1/175           1/102
39          1/137           1/83
40          1/106           1/66
41          1/82            1/53
42          1/64            1/42
43          1/50            1/33
44          1/38            1/26
45          1/30            1/21
46          1/23            1/16
47          1/18            1/13
48          1/14            1/10
49          1/11            1/8

http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url=18/t247_01.html

178 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:46:04 ID:kmlpiJC+0
EDENという漫画でクローサーウィルスという免疫形態を暴走させて外界の
全てを拒絶して死に至る病気が出てきたな。
人類が身体的自閉症で壊滅するという発想が面白かった。

179 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:47:55 ID:9OCe7Xey0
ダウン症は一定の確率で生まれるので、
高齢出産だと出産率が低いから生まれる確率高くなるんじゃね?

180 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:47:58 ID:MaTkC/u60
どう見ても高齢出産が原因です。
本当にありがとうございました。

181 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:48:48 ID:Ds/KEzAt0
この世代の親の脳に異常があるって何かで見たな

182 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:51:08 ID:8Q1NKp/g0
>>178
で、それがおさまったら今度は逆に
外界に自我が流れ出す病気が流行るんだっけか

183 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:52:17 ID:BWTms/GF0
>>179
一定の確率で生まれるのなら
出産絶対数が減る年代はダウン児出生絶対数も減るはずなんじゃないだろか

184 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:52:20 ID:IydbFB5B0
どうでもいいけど、アスペにせよ自閉にせよダウンにせよ、これらを支援する
施設や団体には24時間テレビの義援金ってほとんど入ってないんだよね。
あの番組の募金は何故か恵まれまくってる身障者ばかりにつぎ込まれる。
時代錯誤もはなはだしいよ…。

185 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:52:46 ID:R1x19IfZ0
つまりニートが急増してると

186 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 22:53:36 ID:mZ3FBSt+0
医療技術の発達により、本来胎児や出産の段階で亡くなる子が少なくなったことも原因の一つ。

187 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:02:51 ID:aspvFcYOO
177
160です。
それです。
私が覚えてたのは違う年代だったようですね。
ダウンの出産率は母親の年齢だけで父親の年齢は関係ないようですね。


188 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:06:51 ID:mZ3FBSt+0
>>187
父親の年齢も関係がある、という批判はある。

母親年齢とダウン出生率に相関はあるが
母親の年齢と父親の年齢には当然相関があるからだ。

189 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:07:58 ID:z0GTDKX/O
バカだなー市販品のシャンプーばっか使ってるからだよw

190 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:12:52 ID:WxZ9sXgR0
精子はその都度新鮮なものが作られるが、卵子は女子が産まれたときから体内に保存されているものを使う。当然加齢による劣化が起こる。30女と性交しても意味がないってことだなw

191 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:14:49 ID:Ins1Rwuj0
2ちゃんでも、アスペの子供の話がでてきたりするけど、
なんか、本当、切なくなるよね。
その子がこの先、いろいろ辛いことにぶち当たり、絶望し、
それでも前に進もうとできるだろうかとか。
再起不能なほど大きな問題をおこしてしまわないだろうかとか。

192 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:18:35 ID:RUhgbqAK0
>>190
卵子の数は絶対数が決まっている。
今は初潮年齢が早いから逆算すると上がるのも早いのなw
ある意味、悲劇だな。


193 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:20:56 ID:Fgisu43p0
嫁さんの妹の子供が発達障害みたいで、
受け入れ可能な幼稚園探してるけど大変みたい。

194 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:25:03 ID:mZ3FBSt+0
加配は基本的に市が負担だから
中途だと予算立てづらいからね。

195 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:27:42 ID:sTi449We0
発達障害は子供の頃から大人まで苦労する事が目に見えているからな。
俺もADHD持ちだからいじめも受けたし対人関係にえらく悩まされたし
今じゃ半ヒキフリーター。勿論社会で活躍する人もいるけど上手く適応
できない人も多い。

196 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:31:08 ID:G2eWp9MA0
無気力症でつか?

197 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:40:03 ID:HRqSW1wuO
住民の平均所得が最も高い田園都市線沿線に、発達障害の人や知的障害者が多い件について。
いや、民度云々は抜きにして、真剣に傾向と対策、原因を考えた方がいいんじゃないかい?

198 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:56:45 ID:F/uQd9vi0
自閉症に対する誤解ってこんなに多いんだな
平たく言うと、自閉症は心の病気ではなく頭の障害
頭がイカれてるから、治療法もなにもなし
先天性のものなので、家庭環境が悪くて〜などは
いっさい関係ない

199 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 23:58:54 ID:ro/OHno60
今では常識のように思ってるけど、前に2ちゃんでそのような知識を得る前は
引きこもる心の病気だと思ってたなぁ、かなり長い間。
名前変えるとかしたほうがいいよね

200 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 00:02:04 ID:4ptNOviW0
昔は心理学者もわかってなくて
親がネグレクトしたせいだの言われてた

201 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 00:04:53 ID:DpjS24W70
カナーに言わせれば
小児期精神分裂病だからな。

202 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 00:17:57 ID:TYPzfDwr0
正確には、ネグレクトや心の病で子供がおかしくなっても、
それは自閉症とは言わないってだけだよ。



203 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 00:28:07 ID:XbJZJnwx0
発達障害は、情報の処理に障害があるんだよな。
例えば自分がコップを割ってしまった。持ち主がこっちを睨んでいるとする。

健常者==「やべ、俺がコップ割ったから怒ってる…」と反射的に思う
発達障害=コップが割れている・自分が落とした・誰かがこっちを見てる・目が変

というように、発達障害者は情報がバラバラのまま関連付けがない。
健常者は、パリーン→睨む男→やべ謝らなきゃ!→「ごめんなさい!」となる。
これはかなり高度な情報処理が行われている。発達障害者にはこれが出来ない。
しかも人間は、どんな反応をするか無限のパターンがある。

だから高度に情報を処理しないでいい、規則的なものを好む。
電車とか、時計とか、機械の構造とか、地図とか、国の名前とか。
動き回り、予測できず、あいまいなものから高度な情報処理を行わなければならない
人間との付き合いよりも無機物に興味を示していくのは自然なことなのだ。

204 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 00:31:38 ID:KlS2KE7i0
何かね、原因は何だって犯人探しの不毛なことは学者がやるべきだと思うのよ。
素人がやること(親や教師)いかに子供を見て伝わるように生活しやすいように、
彼らに沿った教育をするべきだと思うわけよ。子供を客観的に見て健常児と同じ
生活態度にならすことじゃないと思うの。

たとえば川に高いところから石を放り投げるのは他害につながる可能性があるから、
他に注意や楽しみを見つけるとか。困った行動を少しずつ無害な楽しみに変えるとか。
本当はここが難しいいし、一見遠回りに見えるけど、これが確実だと思うんだよね。

親は焦りがちだけど、よそ様の子供に被害を与えるわけには行かないので、
地道に子供を注意観察しなけりゃダメなのよね。根気が必要だし近くにいすぎてるからこそ見逃している部分が多いと思う。
彼らに通じる魔法の言葉を捜してるけど、いつも壁にぶち当たる。

中途半端に進んだ医学に高機能やアスペルガーの人たちからのメッセージを
ちゃんと受け止めなきゃならんと思うわけよ。でも彼らの言葉は時として難解で、
何回も読み返さないと意図が通じてこないこともある。理解が進むことを祈って周りにはカミングアウトをしている。

いつの日にかこのの障害が『うちの子自閉症なの』と『うちの子にんじんが嫌いなの』同列に語られる日が来ると信じてる。

ちょっと酔っ払ってるので乱文失礼。


205 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 00:33:00 ID:XbJZJnwx0
↑ごめん、スレ間違えちゃった。レス不要。

206 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 00:40:06 ID:XbJZJnwx0
>>205>>203のことです
>>204さんごめんなさい

207 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 00:40:33 ID:XwT0/BaY0
>>203
例えに突っ込むのもなんだが、
無神経である、ということではないと思う。

コップわった程度なのに、おろおろして頭をふかぶかとさげたとしても、
世間的には発達障害に当たるのではないか。

208 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 00:58:24 ID:wSc7Lgg3O
203みたいなのはアスペルガー? いわゆる行間を全く読めない人のことかな。
広汎性発達障害と自閉症のうちの子は、人の顔色も読むし因果関係も理解しますよ。
発達障害のある人がみんなそういうタイプなわけじゃない。
情報処理のどこかに欠陥があるってのにはハゲドだが。

209 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 01:06:38 ID:1oMMH73WO
自分の子供も自閉気味らしい。。。と言う椰子は
代理ミュンヒハウゼン気味らしい

210 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 01:09:41 ID:wSc7Lgg3O
>>209
私のこと?
うちの子供は知的障害A判定のお墨付きですがorz

211 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 01:22:55 ID:XwT0/BaY0
毒が基本のN速+だ。あまり気にせずに。

212 :204:2006/08/27(日) 01:23:14 ID:KlS2KE7i0
>>209
うちの子供は長女次男ともにB2判定。
特に次男は、IQ75超えたので特別児童扶養手当が切られた。
ちゃんとそこまで言わないとダメ?

213 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 01:25:32 ID:DpjS24W70
障害児を持つ親かどうかと
代理ミュンヒハウゼン氏症候群かどうかは
独立した問題。

214 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 01:29:10 ID:AGuxmFTX0
>>203
>「やべ、俺がコップ割ったから怒ってる…」と反射的に思う

これは猫でもやってるな。
前に飼っていた猫は、一切人間に甘えない性格だったが、
暴れてえさ入れを引っくり返したりモノを落として割ったりしたときに限って、
人の膝に上がって「ニャーン」と甘えるのだった。

215 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 02:18:57 ID:xDEJ4uXT0


216 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 04:40:45 ID:sB149C6i0
ハイハイ 予算目当ての数字の底上げ厚生省 もう時期、来年度予算要求の締め切りだからね 

217 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 06:42:00 ID:stO1P64S0
この時期になると、なぜか「児童虐待の相談件数が増加」て記事が多くなる
自閉症もそうだけど、少子化社会で急激に増えるわけがない

厚生労働省関連は、来年度の概算要求締め切りに合わせたパフォーマンス


218 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 07:57:04 ID:qYWXFkCUO


219 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 08:36:31 ID:USpj0wMY0
【このスレの阿呆選別キーワード】
高齢出産 中国野菜 水銀 ダイオキシン タバコ 育児の問題

220 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 09:53:41 ID:xHGiP5I1O
>217
暑いからじゃないの?
私の元亭主も包丁振り回して措置入院になったよ。

221 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 09:54:41 ID:aihMsK2k0
そんなDQNと一緒にするなよオマエもキチガイか

222 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 10:10:10 ID:xHGiP5I1O
>221
児童虐待がDQNでないとでも?

223 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 10:19:44 ID:DpjS24W70
>>217
数字アピール、問題アピールは予算取りの時期には
どこの省庁も恒例だけどね。
警察庁だってこの時期に意図的に大きな事件を摘発する。

224 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 10:41:42 ID:aihMsK2k0
>222
「相談件数が増加」の記事 と 措置入院したオマエの元亭主
違いが分からない?

225 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:11:47 ID:XxVXVjQJ0
ネグレクトが原因だ。母子関係がおかしいいから後天性の発達障害の発達障害になっちまったんだろ。

226 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:14:15 ID:XxVXVjQJ0
先天性の自閉症とは別でしょ。

227 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:22:20 ID:hz7hiEEC0
自閉といっともバカ親が甘やかしすぎた結果そうなってるんだろ?
バカな親が変わなきゃバカな子供も変わらねーよな。プッw

228 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:23:47 ID:DpjS24W70
>>225
>>227
こういうレスを釣りだと思えない人間が多数いるのも事実。
そういう奴にとっちゃ世間は確かに生きづらいと思うよ。

229 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:38:27 ID:mvpYDInP0
そのうち2CH病ってのも報告されそうだな

230 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:38:27 ID:/Pi75eMC0
>>214
> >>203
> >「やべ、俺がコップ割ったから怒ってる…」と反射的に思う
> これは猫でもやってるな。
> 前に飼っていた猫は、一切人間に甘えない性格だったが、
> 暴れてえさ入れを引っくり返したりモノを落として割ったりしたときに限って、
> 人の膝に上がって「ニャーン」と甘えるのだった。

それ条件反射。
皿ひっくり返す

怒られる(ネコの心理)

その場からいったんは逃げ出す

ソレ見て怒る(怒鳴るなど)

その後に「怒った事を反省して」なでる(人間の行動)

ひざの上で甘える


一連の行動が途中でショートカットされてしまうので
ひっくり返す

ひざで甘える

となる。イヌでも見られる。(健常な)人間はそうは行かない。何度でも同じ過ちは繰り返すし行動も不定形。

231 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:38:55 ID:clrlOUUi0
>>228
だって東大教授だってこんなこと書いてるもん。
一般人が誤解するのも無理はない。

「自閉症は母親の過干渉・過保護によって引き起こされる。」
               上野千鶴子著「マザコン少年の末路

232 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:39:54 ID:IuP6Adlm0

 人類はそのうち他人を認識できなくなるんだよ

 そのまま滅ぶんだ



233 :とおりすがり ◆PaaSYgVvtw :2006/08/27(日) 17:45:17 ID:0FAJtZ2c0
高齢出産じゃないの? 結婚年齢が上昇してるんでしょ。
あとは人工添加物とか?

234 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:48:23 ID:pivJYLyo0
だから淫行条例など廃止しろと言ってるだろ

235 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:51:39 ID:zSgDdr1h0
医療の発達で、流産・死産が減ったのも関係してるんじゃ?
本来なら、生まれてくるはずのない子達。

236 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:52:24 ID:9GaqY0BB0





   TBS報道特集で、スクープ!『大阪、同和行政、最大の闇』


            は じ ま た !!!




237 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:52:26 ID:TW/rYDLA0
親が養護学校教諭なんだけど、最近ADHD・アスペルガー・高機能自閉症とか
すごく増えてるんだって。
つまり、普通は殺したいって思っても殺さないはずのところを、
殺したいと思ったときには相手はもう死んでいるんだ!な人ですね。
他には、小さい子は他人が手を振ってるのを見ると自分もまねするけど、
自閉症の子は「他人が手を振っているのと同じことをまねする」というのができないから
「目の前の映像を再現する」ことになる。
結果、相手が見せたように自分の手のひらを自分に向けて手を振る、らしい。
だから自閉症の子は見た物を一瞬で記憶して精密に再現するのも得意らしいよ。
いわゆるサヴァンですな。まあサヴァンの現れ方は人によって、視覚は全然だけど
聴いたものを一発で覚えてピアノで再現とか、色々違うらしいけれど。

238 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:53:48 ID:44P54cfr0
七色に輝く河川の水で育った中国野菜や韓国の蛆入りキムチ食ってるからだろ

謎でもなんでもない

239 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:56:11 ID:yQdxS6Hr0
高齢出産マンセー

240 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:56:16 ID:XrrGGnKp0
マサコの呪いに違いない

241 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:59:12 ID:qcIbAYeM0
>>1
ソースが神奈川新聞と聞きピンと来た

子会社の かなしんオフセットが聖教新聞を印刷してるよね?
http://www.forum21.jp/contents/contents9-15.html

んでこの記事かあ・・・

242 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:59:35 ID:+4ruqGaG0
>>234
それは賛成だ。
学校なんて子育てが終わってから行けば良い。


243 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 17:59:40 ID:TW/rYDLA0
あとADHDってのは、脳の使い方が普通とは違う病気です。
精神じゃなくて、脳の使い方です。脳そのものの見た目は同じ。
でも使い方が違う。脳を活発に集中しなきゃいけない場面になると
反対にそこの血流が低下する。これが多動症とか教育障害とか
そう言うもの、らしい。精神っていうのは、たとえで言うとwindowsとかの
ソフトなんだけど、ADHDをたとえて言うと、これは「3Dゲームをやろうとすると
いっつもブルースクリーンになるグラフィックボード」みたいな感じでしょうか。
パソコンなら相性があっても取り替えられるけど、脳はそう言うわけにはイカンからね。

244 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:02:31 ID:jRf4wrk6O
何だか知らないけど洒落になんないわね

245 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:02:56 ID:POsvzdtL0
つ【ウィキ】 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E9%96%89%E7%97%87

学習障害でないなら少し頭を使ってみたらいいと思うよ。
障害者以下の知能しか発揮出来ないんじゃ勿体無いでしょ。

246 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:04:37 ID:COfxqV6b0
>>237
>つまり、普通は殺したいって思っても殺さないはずのところを、
>殺したいと思ったときには相手はもう死んでいるんだ!な人ですね。
親が養護学校の先生なのに子供は障害者に憎しみもってるんですか。

247 :245:2006/08/27(日) 18:06:12 ID:POsvzdtL0
因みにwikiは、未だに中国野菜だのネグレクトだの言ってる面々に宛てて。
無知って恥だからね。

>246
多分解釈が違う。
>つまり、普通は殺したいって思っても殺さないはずのところを、 
↑健常者
>殺したいと思ったときには相手はもう死んでいるんだ!な人ですね。
↑障害者
と言う意味で書いているんだと思う。
どっちにせよ、障害の質を全く理解していないので、親の職業は眉唾だな。

248 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:07:43 ID:2/laZA5O0
>>237
ちょいと質問だが、

>つまり、普通は殺したいって思っても殺さないはずのところを、
>殺したいと思ったときには相手はもう死んでいるんだ!な人ですね。

おまいの親がこんな悪意に満ちたガセを言ってるんじゃないよな。

>>243 のADHDの記述も気になるな。血流の問題ではないでしょ。
それも、おまいの親が言ってるんじゃないよね。


249 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:09:00 ID:9NevlQzs0
後天的な異状→愛着障害 これも最近多いんでない!

http://nogiku.fc2web.com/aityaku2.htm

250 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:10:05 ID:POsvzdtL0
>249
全く別物なのに、自閉症と同列に並べられてはお互いに困ると思いますが。

251 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:14:46 ID:USpj0wMY0
>>237
僕はバカです、まで読んだ

252 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:15:37 ID:TW/rYDLA0
>つまり、普通は殺したいって思っても殺さないはずのところを、 
↑健常者
>殺したいと思ったときには相手はもう死んでいるんだ!な人ですね。
↑障害者

この文章が大変わかりにくかったようですけど、上の解釈通りですよ。
病気の行動は分かっているけど、原因自体はよく分かっていないので
上のような書き方をしました。誤解を恐れずに簡単に言うと
「抑制がきかない」ってことです。いや、これホントは抑制がきかないのか
攻撃性が以上に高くなっているのかは実際分かっていないので(たぶん前者)。

ADHDと脳血流は実際に何か関係があるらしいです。
でもこれも「関係がある」ってことくらいしか分かってないので、
アメリカなんかではちょっとでも落ち着きがない子はリタリン漬けにされるらしいし、困った困った。

253 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:18:11 ID:9NevlQzs0
>>249
だから、はっきり後天的なものと書いてます。

このスレには、現象面では似てるせいか、先天的なものと後天的なものをごちゃごちゃにしてる人がいる。
それで、違うものがあることを紹介したわけです。

254 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:20:19 ID:2qFHPji+O
単純に高齢出産が増えたからじゃないの?
ちょっと前まで30過ぎて初産なんて結構珍しかったでしょ。

255 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:20:30 ID:mC6NnhOrO
神奈川新聞ってテレビ欄の裏に毎日「池田大作氏〇〇賞受賞」と載っててキモイ

256 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:20:55 ID:kUPqM+1+0
インパルス板倉の発言
「姿をつつしめ 」

障害者も見てる
24時間テレビで「外見」を中傷

257 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:21:05 ID:78Ud1f3t0
「逆バイバイ」ってのがあってね。
相手の「バイバイ」を真似するとき、自閉症児は掌を自分に向けて「バイバイ」する。
「コミュニケーション能力の欠如」って、一般人が考えるような生やさしい話じゃないのよ。
生まれつき手や足がないのと同じで、頭の中の回路がない。
教育とかしつけとか、そういう問題じゃないのよ。

258 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:21:34 ID:JBiroEaX0
やっぱり統合失調症みたいに病気の名前変えたほうがいいね
いくら無知だなんだとここで一般人を叩いても
実際に現実生活でそういう病気の人に関わった事なければ
知る必要のない人間にとっては
字面だけで誤解してしまいそうだし

259 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:23:38 ID:BKQwALO/0
自閉症も、児童虐待も、この季節になるとなぜか急激に増える
来年度の概算要求の締め切りが近いから
子供や障害者を予算取りの道具にするなぁ

本当に急に増える訳がないじゃろうが

260 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:28:21 ID:CMKlulDyO
>257

自分に「おかえり!」っていうね
あと人の名前を絶対よばない。
特定の人物にメロディーを歌ってきかせてきたり
謎だけど 時々すげぇかわいい。

261 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:28:34 ID:2/laZA5O0
>>258
広汎性発達障害 ( Pervasive Developmental Disorders: PDD )

262 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:28:43 ID:KIiPg9oH0
先天的ってのがむかつく。
「先天的だからしょうがない。保護しろ。彼らは悪くない。」
って感じの論調がまかり通っている。
もっと自閉症を厳密に定義しろ。


263 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:31:05 ID:Mv4b1Dok0
かながわしんぶん
訳してかなぶん
京急線でもAV女優でもありません。
http://youtube.com/watch?v=efDV7sdzOgU

264 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:31:57 ID:78Ud1f3t0
だからって、手のない人に「お箸は右手、茶碗は左手」と教育しても仕方なかろう。

265 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:32:00 ID:ALr4wvCz0
「電気」と言っても「電球」ではない、
「仕事」と言っても「労働」ではない、
「麻痺」と言っても「しびれ」ではない、
「自閉」と言っても「引きこもり」ではない…

 こ れ ら は 「 学 術 用 語 」 だ と
 何 度 言 え ば 分 か る の だ !

大学の先生でも間違っている人いるから、しょうがないかもしれないけど、
おまえら、いいかげん分かってくれw!

266 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:33:57 ID:78Ud1f3t0
>>260
子供の頃は「かわいい」で済むかもしれんけどね・・・・
これからの苦労を思うとお気の毒だ。

ウチの「障害児」はもう40才。

267 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:35:02 ID:DpjS24W70
18歳以上は「障害者」だよ。

268 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:37:45 ID:2/laZA5O0
>>267
行間読めよ、ガキw

269 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:38:10 ID:78Ud1f3t0
>>267
冷静なツッコミ、サンクスw

身体がデカくなっても、「児」の頃からほとんど変わらないんでね・・・

270 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:38:55 ID:419K0HDZ0
>>252
抑制がきかないというのは、特定のこだわりに深く干渉されたときなどに起こす
かんしゃくといわれる部分だと思いますが、
これは個人差があるので一概には言えないのでは。
アスペルガーなどでも、むしろ苦痛や周囲からの非難に対して鈍感であったり、
理性が先行することが多かったりで、普通の人より我慢強く見えることもあると思います。
特定のことに対する頑固さというふうにカタチをかえているのかもしれませんが。
低機能だと、理性による抑制が不十分であったりするかもしれませんが、
どの程度、かんしゃく起こすのかは、性格によると思います。
ただモラルを心で理解する部分が弱かったりするので、
知らずに一線を越えたりする怖さはあると思います。

271 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:42:18 ID:zksvxMCLO
これらの障害を持つ子は近所から距離を置かれる

孤立する

ますます社会性が育たなくなる

これが現実

272 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:43:05 ID:5n5MAdEl0

高齢出産は障害児が生まれる確率が高くなるようだけど、
晩婚による高齢化出産との因果関係はどうなんだろう。

273 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:43:55 ID:nnANz2sJ0
昔はたんなる「変わった子」、「困った子」ですまされてたもんが、
障害扱いされるようになっただけでは?

274 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:47:44 ID:JBiroEaX0
>>271
親でさえ扱いが難しくてヘトヘトになるらしいのに
正直他人はどう接したらいいのかわからない、ってのが本音だもんね

275 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:48:43 ID:qsnR8lSIO
自閉症などの障害児に分類されるハードルが低くなったってこと?
身体の障害児はよく見るけど自閉症の子供に出会ったことないよ
本当に増えてるのかな
それとも目にふれないところにいるのかな
それともみんな神奈川県に移住したのかな

276 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:51:27 ID:XGQdyAc40
認知症は名前が変だよね
自閉症も名前が合ってないよね
成人病は元のままのほうがよかったなぁ

277 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:51:35 ID:Ge2ilDuDO
ニュースを見れば分かるが、最近の日本人は上部で物事を判断しすぎる。

まあ昔の人と違って人の「中身」を見る能力が欠落してるんだろうけど。

と、空気を読まない事を言ってみる。

278 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:53:32 ID:POsvzdtL0
見た目に判らない、一見他人には気付かれない。
だから余計大変なんだよ。
出会った事がない訳じゃ無い。気付かない程度にしか接していない中にいるんだ。

279 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:55:02 ID:sX9uTUN40

いままで「ばか」の一言で済まされてたのが分類されただけだろw


280 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:55:04 ID:78Ud1f3t0
>>275
そりゃまあ、普通にしてるとあまりわかんないかもね。
慣れるとわかるよ、雰囲気がどこか違う。
相手が気付いても気にせずじっと見つめてたり、自分の表情を全く隠さなかったり。

281 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:56:12 ID:J8pKfe8w0
>>277
空気嫁なくて全て言葉そのままに解釈するから
どこまでも正確に物事を伝えなきゃならない一般人が増えたら
そういう特質が全て凝縮されたのが空気嫁ない自閉症児とのコミュニケーションは
うまくいくようになるんでないかな

282 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:56:40 ID:DpjS24W70
>>267
こういう空気読めない奴が困る
と書こうとしたら俺だった。

283 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:57:01 ID:lwCDX8o20
女性でADHDだったか自閉だったか忘れたけど
アメリカ行って徹底的に社会適応の訓練受けて医師になった人が自分を分析して
書いてたけど、外界の情報が全く同じレベルで関連無く入ってくるから
他人の私的な会話にいちいち答えてしまって分裂と間違われたり
買い物に行くと買ったものにのみ集中して、車で行ったの忘れて徒歩で
帰宅してしまったり、モノを置くとそのまま忘れて無くし物が頻発したりと
かなり大変だそうだ
日本では人権問題が絡むので、適応訓練は難しいだろうと書いてた
相当過酷な条件反射的な訓練を積み重ねるらしい

284 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:57:09 ID:eMI5fEfu0
高齢出産の弊害がダウン症だけだと思われている事に驚愕します

285 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:57:47 ID:qZcnrQUW0
只単に躾が出来てないクソ親に育てられたクソガキが増えたってだけのことでしょ・・・
躾がされてない猿山の猿同然のガキが多動児とカウントされてるだけ。
障害児の絶対数がそんな急に増えるわきゃねえよ。

286 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 18:58:50 ID:90PDb1Vn0
心理テストの結果では、この子は自閉症の可能性が高いです。

自閉症は先天性です。

あなたの育児が悪いわけではありません。

て、言ってもらえると親としてはすこし気が楽になるな。

こう言ってもらえないと、今度は親がノイローゼになる。

察してくれ。



287 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:00:02 ID:86MBtDtAO
いわゆる「高機能障害」ってのも、自閉の一種だからね。判定が難しいけど、普段身の回りにもけっこう多いよ。

288 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:00:27 ID:DpjS24W70
>>287
高次脳機能障害

289 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:03:52 ID:J8pKfe8w0
たとえば自閉症の人との会話って>>267みたいなやりとりの
連続って事になるのかな。こっちがイラッとしても当人は
何故相手がイラつくかわからない、みたいな

290 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:05:59 ID:XxVXVjQJ0
自閉症って名前が現象を的確に表現してないから混乱が起こるんでないの。

291 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:06:44 ID:9sQMJk5K0
つーかこの世にもし自閉のの人間がいなかったら

・「ハロー」という言葉は生まれなかった、見ず知らずの他人に話しかける方法は無い
・世界最大の企業は無い
・最近数代のアメリカ大統領は別人

292 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:08:02 ID:evlzclvj0
>>283
>買い物に行くと買ったものにのみ集中して、車で行ったの忘れて徒歩で
>帰宅してしまったり、モノを置くとそのまま忘れて無くし物が頻発したりと
>かなり大変だそうだ
これは俺も良くあるな…
さすがに完全に帰宅はしないで歩いてる途中に気付くが。

293 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:08:19 ID:Ge2ilDuDO
>>281
日本語でおk

294 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:08:27 ID:DpjS24W70
>>289
そうだよ。

多弁のアスペの子なんかまさにこんな感じ。
声のトーンもキンキンしがちでさらに苛つくよ。

295 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:09:14 ID:POsvzdtL0
>286
心理テストで結果が出るようなら障害ではありません。それこそただの思い込みです。

296 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:09:45 ID:lJ+LwBvD0
現代日本で子供ボンボン生んでるのはDQNが多いだろ?
DQN親の生活を見れば出産、育児がどうなるかよくわかる。



297 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:10:35 ID:ALr4wvCz0
>>291
ツッコミ:
×世界最大の企業は無い
○世界最大の企業は現在のそれとは違う

今現在、世界最大の企業がなくなっても最大の企業はやっぱりあるよ。
言いたいことはわかるけど。揚げ足ごめん。

298 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:11:23 ID:POsvzdtL0
>296
高齢出産説とDQNボンボン説の矛盾を指摘しておくので、ソース宜しく。

299 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:14:31 ID:2gz+aT110
自閉症も、児童虐待も、この季節になるとなぜか急激に増える
来年度の概算要求の締め切りが近いから
子供や障害者を予算取りの道具にするなぁ

本当に急に増える訳がないじゃろうが


300 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:15:32 ID:WoRNy7P30
>>295
PEPやWISCのことじゃない?
逐語的に理解して反応するな。一呼吸置けよ。

301 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:17:12 ID:sSXrdapU0
自閉症ってだいたいこんな感じ?

・興味がある記憶力が異常に高い
・プラレールが大好き
・特定の事物にこだわりが強く、他人の言うことを絶対に聞かない
・「バイバイ」と手を振るときに手の甲を表にする
・体力がとてもある(20キロくらい平気で歩ける)
・たまに出先で粗相をしてしまう
・他者をなかなか認識できない(人もコップも猫も同じ)
・同じことを何度も喋るので、ごく身近の人しか会話にならない

障害の重い軽いもあるから、ひとくくりには言えないけど
引きこもりとは訳が違うw

302 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:17:34 ID:90PDb1Vn0
>>295

ところが判定法は心理テストの域を出ないんだよ。

ダウンみたいな医学的な判定法はないし、
脳波や遺伝子診断でも確定しない。


303 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:18:58 ID:6y1n8oBZ0
障害者認定されて金をせしめ様と言う、Bやチョンの策謀だろうな。

304 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:19:15 ID:evlzclvj0
>>301
・興味がある記憶力が異常に高い
・特定の事物にこだわりが強く
・体力がとてもある(20キロくらい平気で歩ける)
・他者をなかなか認識できない(人もコップも猫も同じ)
・同じことを何度も喋るので、ごく身近の人しか会話にならない

くらいは当てはまるな。
つーか、バリバリの理系の大半はかなり自閉症のイメージに当てはまると思うw

305 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:19:15 ID:sSXrdapU0
>>301スマン、間違い

・興味がある分野の記憶力が異常に高い

306 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:27:07 ID:sSXrdapU0
>>304
前にニュースか何かで見たんだけど、両親とも理系場合
そうでない場合の3倍、自閉症児が産まれる確率が高くなるらしい

記憶力は凄いよ
俺の身近にいるんだけど、会社の社史が好きなようで
一度読んだだけで全て丸暗記してしまう
会社の歴代のロゴも、詳細に手書きで再現する
初めて見たときは驚いた


307 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:29:20 ID:DpjS24W70
>>306
アメリカのIT産業の集積地帯、シリコンバレー近辺は
自閉症患者の巣窟になりつつあります。
べつに工場が悪いとか言うつもりはありません。
そういう職業の方に多く、またその子どももそうであることが多いということです。

308 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:35:23 ID:78Ud1f3t0
>>307
遺伝はあるみたいね。
父系で遺伝するって論文があると聞いた。
ウチの家系も父系は精神疾患てんこ盛り。
歳取ってから鬱になるのも、それまで社会適応してきた自閉というケースもある気がする。
ただ、隔世で遺伝するみたいだからわからんね。
親は正常でも子が異常だったり、その逆も然り。

309 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:35:50 ID:qcIbAYeM0
>>276
物の呼び方が次々と変わっていくような社会はかなり危険な水準にあるらしい。

ユダヤ人は通りの名前や街の名称が変わり始めた時点で引越しの準備を始めるとか。

310 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:47:14 ID:g7aLWjN0O
>>1
>医学の進歩

とは高齢出産、低体重出産児に対する医学の発展って事か?
なら、これまでは助からなかった命が
大きなリスクを背負って産まれてくる事を遠回しに批判したの?

311 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:47:44 ID:cW35vS0MO
裏付けは無いが「環境ホルモン」も関係しているのでは?
福祉業界に従事する親の子供には障害を持った確率が高いと言われている
原因は不明だが。昔に比べ、障害を持つ方が社会に参加している・・・
これ以上は言いたくないが、これは知的障害関係では暗黙の世界だ。

312 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:54:48 ID:Ix6Giw8B0
自閉とは別だけど最近鬱症も増えてるよね。
身近な人で本当に増えたので鬱ウィルスでも有るんじゃないかと
思っちゃったよ。

313 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 19:56:23 ID:evlzclvj0
ウイルスかどうかは別として、鬱は伝染することは実体験してるな。
鬱の人が出る→家族友人の一部も鬱に→さらにその人達の家族友人の一部も鬱に
と連鎖してた。

314 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:06:59 ID:RmT6U98f0
>>304
>つーか、バリバリの理系の大半はかなり自閉症のイメージに当てはまると思うw
だけじゃなく、最近ではそう診断されちゃうケースも多い。
それだけ。

「症」でもなんでもないし、>>1の原因もそれ。

>>308
>歳取ってから鬱になるのも、それまで社会適応してきた自閉というケースもある気がする。
精神分裂とは両立し難いってことは、欝に近いのかねえ。



315 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:09:54 ID:+4ruqGaG0
技術者の自閉的な行動は、
機械への適応行動だと思うけどね。
自閉症とは違うような。


316 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:10:20 ID:XYaQYhN00
充分な知能を持つ自閉症患者まで知的障害者扱いするべきではない。
ウスラバカと同一に扱われて人格が傷つけられ、より苦しみが増すことになる。
自閉症患者の特殊学級・養護学校強制隔離はハンセン氏病政策以上の人権蹂躙だ。

317 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:13:13 ID:DpjS24W70
>>316
知能の高い自閉症(つまり高機能自閉症やアスペルガー障害)は
通常特殊学級にはいかない。
いくとしたら情緒的、行為的な問題がある場合。

318 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:17:37 ID:LB13+SWV0
>子どもの“異変”を背景とした絶対数の増加

すまん、これどういう意味だ?

>絶対数の増加なのか、医学の進歩を背景に障害児が顕在化したのか

この切り方なら分るんだが。

319 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:20:45 ID:J8pKfe8w0
>>311
>福祉業界に従事する親の子供には障害を持った確率が高いと言われている

それと環境ホルモンとどういう関係が?
福祉業界だけに存在する環境ホルモンがあるとか?

またはニューエイジ方向の因果付け??

320 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:21:44 ID:cW35vS0MO
>>317
その場合、発達障害として分類される。
しかし、自立支援法ではその位置付けは高いものでは無い。
10月からのサービス体系移行でも3障害(知的、身体、精神)より遥かにサービスは遅れているんだよね。

321 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:23:08 ID:/RglAAzZ0
愛子

322 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:23:52 ID:RmT6U98f0
>>319
福祉業界では環境ホルモンとやらを避けるあまり変なもの(鰯の頭とか)を摂取しがちだから、
その結果自閉症児が増えるってことじゃないの?

さもありなん。

323 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:24:04 ID:WoRNy7P30
>>317
それは先進的な取り組みがある地域での話。
田舎には児童精神科医はいないから医療からのサポートは望めない。
ASやADHDは、診断されると特殊学級適、養護学校適なんて露骨にある。
普通校の先生は知識や経験がないので指導できないし、熱心でもない。
教育現場、行政、地域や保護者の感情、旧来のパターナリズムと排他主義が蔓延してるよ。

324 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:30:08 ID:J8pKfe8w0
>>319
よくわからんが、なるほど

と、超ファジーーで曖昧なレスをしてみる

325 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:30:29 ID:KNPiNrJm0
>>322
どう考えても暗数の違いかと。
>>323
ADHDとか言語障害のある高機能自閉症ならありそうな話だけど、
ASがどうして養護学校送りになるんだ?
田舎のASの場合は、むしろ障害に気付かないパターンの方が多そう。
小学校低学年くらいまでは、本人がいじめられていることに気付かないから、
親が見ていないと単に変わった子として扱われる。

326 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:33:00 ID:x/4o2m4m0
正直、判定者次第の病気だなw
金貰って色々な犯罪の下請やる奴も居るんだから大した問題ではないな

85 名無しさん@6周年 New! 2005/08/04(木) 13:10:54 ID:7qZ4NoFE0
しかし
電通直轄のばぐたの立てるスレって最初からこういう釣りスレ丸出しなのが・・・
昔はコレでよくても、最近はもうちょっと工夫凝らしたほうがよくね?

マジ釣られ組と工作の比率って当然立てたサイドは把握してるんだろうけど
実際はどのぐらいなんじゃろ?



16 名無しさん@6周年 New! 2006/04/06(木) 14:39:55 ID:z6+dr8Di0
ひろゆき = ばぐ太の中の人の一人



327 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:37:44 ID:6ybQdgyF0
ASだとしても、感覚過敏やパニックのある子だったら
普通学級には居づらいかも。

328 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:40:38 ID:76NW070P0
自分は他人と何か違うとずっと思っていたけど
発達障害なのかなあ・・・・・
今まで健常者と思っていたのに障害者だったなんて思うと・・・・

329 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:43:03 ID:wnuyRYB00
>>3
昔は子沢山で乳幼児死亡率がたかく結果として劣等遺伝子が淘汰され
優性遺伝が生き残ったが、いまは何とかなるから増える一方だべなぁ。


330 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:47:44 ID:DpjS24W70
あと、こういう障害のある人達ってぽんぽん子ども産むから。
今の日本みたいに子ども産むと結構生活しんどい
ってことまで考えが回らないから。
結果的に割合は増えてるんじゃないかと思う。

331 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:50:25 ID:WoRNy7P30
>>325
HFAとASはもともとの概念自体が違うのは知ってるでしょうが、
田舎ではASって診断をつけられるだけでも著しく不利になる。

確かに、殆どの人がASとは何ぞやを知らないから診断はされにくが、
診断されてなくても、小学校中学年〜中学校で問題が顕在化して、
二次障害を起こす可能性は高い。

332 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 20:53:00 ID:WoRNy7P30
>>329
優性遺伝と劣勢遺伝くらい調べろよ。
劣等遺伝子というものは存在しない。

333 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 21:03:11 ID:76NW070P0
劣ってるか優れているかじゃなくて
遺伝しやすいかしにくいかだけで
その遺伝子事態が優れてるかどうかは別なんだよねたしか

334 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 21:20:01 ID:J8pKfe8w0
>>333
これも字面で誤解しやすい代表格だよね。
英語からの直訳か何かしらんけど。

優とか劣とか使わずに
和風に表遺伝子・裏遺伝子とかにしときゃ良かったのにね

335 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 21:25:24 ID:Ix6Giw8B0
>>334
裏表を使っても誤解するやつは誤解するよ
遺伝するのに優勢、劣勢って事だから表現は間違っていないんじゃ?
読む方の問題。


336 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 21:38:56 ID:J8pKfe8w0
>>335
少なくとも「優秀」とか「劣等」っていう誤解はかなり減ると思うがね

337 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 21:40:52 ID:KNPiNrJm0
>>330
知的な問題がない発達障害の場合は結婚できないことが多いから、
そんなに子供は出来ない。
女性の知的障害者の場合は妊娠を繰り返す場合があるけど、
やっぱり大半が中絶する。

338 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 22:45:45 ID:WoRNy7P30
>>329
ついでに、隔世遺伝ってのも存在しないから、勉強しとけ。

339 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 22:48:40 ID:SsXORBtO0
昔は自閉症っぽいと特殊に入れられそうになったが、
今は、普通に生活しているよ。

特殊な能力を持っている子を、隔離する政策なのかな?

340 :連想ゲーム:2006/08/27(日) 22:48:52 ID:d+sZtNOo0
カキコを概観すると、自閉症とはニュータイプのことでおk?

341 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 22:49:51 ID:76NW070P0
普通に生活してるから自閉症ではないというわけじゃないんだが

342 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 22:50:58 ID:SsXORBtO0
黒柳さんも、自閉系だったけど、
変わった人間ってだけじゃん。

343 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 22:55:10 ID:76NW070P0
>>340
全然まったく完璧に違うだろ

344 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 22:55:18 ID:SsXORBtO0
黒柳さんの窓ぎわのトットちゃんを読めば判るけど、
あなたは普通の子なんだよと云われたから、
今の自分があると書いてあった。
NHK辺りのアナウンサーになったんでしょ。

そんなにボコスカと、特殊に入れまくってたら、
人権無視のような気がするけど。

ちょっと奥手とか、おとなしいとか、
自閉症の中には、授業なんて聞かなくても理解して、
テストの点を上げられる子も居て、
退屈で飽きて、他動性になる子もいるって、理解しているのかな?

小学生の勉強じゃ、物足りないから、
一人遊びをしたり騒いだりする。

そんな子に対して、中学の勉強をさせるとか、
もっと別の対策も必要じゃないのかな?

345 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:00:09 ID:cW35vS0MO
でも、以外と知的障害の無い、アスペとか発達障害の人と、今の健常者の数が逆転したら・・・
オレらが障害ってことになりそうな感じ。彼等は彼等なりに想像つかないような文化創造したりしてw
もしかして彼等は人類進化の途中?


346 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:01:42 ID:KlS2KE7i0
>>344
小学校退学になったじゃんよ。
彼女にあった学校をお母さんが必死になって見つけた結果でしょ。

特殊学級は 他 の 子 の 授業を受ける権利を守るためでもあるわけよ。
授業中にちんどんや呼ぶなんてはた迷惑もいいとこ。先生が怒るのもわかるわ。

347 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:03:57 ID:SsXORBtO0
>>346
別に小学校退学になっても、
大学でて天下のNHKでアナウンサーして、
大金持ちになったのだから、普通の人より凄いと思うy。

348 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:04:15 ID:l7LdrAuzO
高齢出産が増えたから?

349 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:05:11 ID:0Fz0AGam0
少子化でさらに急増中って救いようがないな。

350 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:07:05 ID:76NW070P0
能力の高い発達障害ならいいけど能力の低い発達障害は本当にどうしようもないな
アスペルガーは特化した能力持ってることが多いらしいけど
ADHDとかはそうとも限らないんでしょ
まあその特化した能力が生活上役に立たないならやっぱどうしようもないけど

351 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:07:30 ID:SsXORBtO0
>>346
彼女も授業なんてすっかり判り切っていて、
退屈だったんだと思うよ。

教科書とか一度読めば、小学校の勉強なんて、
教えて貰わなくても十分だと思うし。

日本は飛び級の制度が無いから、そのあたりが嫌な国だと思う。

352 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:08:21 ID:8fzovHW90
原因はなんだろね。食い物かな

353 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:09:02 ID:nT613K3n0
自閉症なんてPC斧でぶっ壊して家の外に叩き出せば直るだろ

354 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:10:34 ID:76NW070P0
>>353
という勘違いしてる奴がいる限り直らないな
つうか障害は病気じゃないから完治はしないdろ

355 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:11:10 ID:466F7uXw0
>>352
自動車の排気ガスって聞いたことがある。


356 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:13:17 ID:za+2fFbb0
たばこと酒だろ。

たばこ=ADHD・ADD
酒=FAS

両方=自閉・池沼

357 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:13:58 ID:i0hn95h5O
奇妙な矢で刺されたんだよ。

高熱出してるはずだ。




そうじゃなければマニアックな体位で種付けしたかだな。


358 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:18:01 ID:SsXORBtO0
日本の景気が悪くなって、

極端なお金持ち(高学歴同士)か、
極端に貧乏(虐待派)の結婚パターンが多くなり、増えたんでは?

高学歴同士だと、どうしても遺伝的要因が高くなる。
虐待派同士だと、子供が後天的に自閉症を発症する。

少子化だち、親が子供に構い過ぎで、勉強や生活の事で口うるさくなり、
徐々に精神的に病んでいくことも考えられると思う。

359 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:19:59 ID:76NW070P0
>>358
自閉症は後天的に発症しないぞ

360 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:20:35 ID:/gGPwxKu0
ほとんどのガキが役立たずということは実質的出生率は絶望的数字だな
年金制度は完全に崩壊したな

361 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:23:23 ID:nT613K3n0
え?
自閉症って必ずクラスに一人いる
休み時間中寝てるか本読んでるかしてるヲタっぽいやつの事じゃないの?

362 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:23:40 ID:SsXORBtO0
>>359

違った。
学習障害とか、注意欠陥障害のことでつ。
ちょっと簡潔にくくってまつ。

ちなみに虐待派でも、遺伝的な要因も高くなると思う。


363 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:24:19 ID:EGVNsRm+0
後天的な障害は人格障害。
病気じゃないから簡単には直らないし、本人に自覚が無いからたちが悪い。

364 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:26:00 ID:ISncj05k0
DQN家庭では自閉症児はほとんど生まれないけど、
ある程度裕福な家庭では確率が一気に跳ね上がる。

なんでだろうね?
外的要因が原因なら、DQN家庭に自閉症児が集中しそうなもんだが
実際はそうではないんだよな。

365 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:27:22 ID:SsXORBtO0
普通の世代(20〜30代)の出生率が低下したのが、
著しい要因だと思う。

ピラミッドの頂点付近と底辺付近が出産しているから、
どうしても不思議な子が増えてしまう。

366 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:27:28 ID:76NW070P0
>>362
注意欠陥障害ってADDかADHDのことだよね?
それ後天的じゃないぞ

367 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:29:43 ID:SsXORBtO0
>>362
いえ、いくつかのページをぐぐりましたが、
後天的にもなるそうでつ。

とはいえ、その世界は詳しくないのであまりつっこまないでぽしい。

368 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:29:56 ID:ISncj05k0
>>359
インフルエンザや脳梗塞で脳に障害を起こすと、似た症状になる事はある
大半は身体にも影響が出るんだけど、稀に精神のみに後遺症が残る場合がある

先天的異常
・ダウン症
先天的障害
・自閉症
・ADHD
後天的異常
・後天的精神障害

369 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:38:31 ID:QZJn5M7A0
>364 自閉は高齢出産が大きな要因。高学歴富裕層の女は高齢出産が多い。
自閉は男が女の3倍。
出生のステップで、初めに女脳がで作られ、そこに男性ホルモンが働き男脳が
作られる。男の脳が作られるステップが一工程多いというわけだ。ミスも多くなる。
高齢女の加齢による劣化した卵子にこの男性ホルモンの行程ミスが重なると自閉w
女は22歳から28歳ぐらいに限る。男はいつも新鮮な精子を供給できるからなw
なんという生命の仕組みの素晴らしさ!!!

370 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:39:37 ID:jSuQ//ZV0
>367は喋り方とソースの出し方が障害っぽい

371 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:40:44 ID:KlS2KE7i0
>>367
高次能機能障害。

ADHDじゃないよ。

トットちゃんは成人してからも、電子レンジの取り説読みながら壊しちゃったけど、
賢い人間のすることと違うと思うよ。最初の小学校の授業もちゃんと聞いてなかったっみたいだし。

372 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:42:53 ID:jSuQ//ZV0
>369
>自閉は高齢出産が大きな要因
ソース宜しく。
じゃないと、若くして生んだうちの子が自閉なのがやるせないじゃないww

373 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:45:04 ID:QZJn5M7A0
>372 逆に極端な低年齢も広汎性発達障害の要因。
妊娠可能な15歳?ぐらいから20歳ぐらいでもリスクが高いといわれる。
筑波大学の小児科医教授の講義より。

374 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:45:06 ID:76NW070P0
>>372
そりゃあんた年取ってるとそれだけリスクが高いというわけであって
若いから0というわけでもないし遺伝もするらしいから
親もしくはもっと前のご先祖様とかにいるなら遺伝したって可能性もあるし
原因は色々でしょ

375 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:46:12 ID:SsXORBtO0
>>370
2chなんかで、普通にロムって居るほうが、
自閉っぽい気がするけど。


376 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:48:32 ID:jSuQ//ZV0
>375
あー、自閉の意味を取り違えてるって自分で認めちゃったのね…

377 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:48:55 ID:SsXORBtO0
>>375
あんたもね。

378 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:49:14 ID:QZJn5M7A0
ADHDやLD、高機能、アスペルガーは結婚する人も多く遺伝要因も多い。
広汎性発達障害の多くは結婚しないので、遺伝要因は少ない、と習った。

379 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:51:42 ID:jSuQ//ZV0
>377
自己レス乙。
焦ると良い事無いから気を付けてw顔真っ赤じゃないの?

380 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:53:52 ID:SsXORBtO0
>>376
粘着と基地外、どちらですか?
こんな時間まで、他人の書き込みに必死になって、
自閉症じゃなければ、そうとうな暇人ですね。

ちなみに自分はあさって試験ですが。
勉強してませんよ。

381 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:56:16 ID:J8pKfe8w0
>>380
ワロス

382 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:57:24 ID:QZJn5M7A0
>380 嫌な野郎だな。試験かどうかそんなこと知るか!ヴォケ!!
「自閉症」という言葉を侮蔑に使うな!!!この糞ガキ!!
なにも知らないくせに偉そうに。お前は屑野郎だよ。市ね!

383 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:58:47 ID:SsXORBtO0
>>380
侮蔑に使ってないよ。
自分が自閉症で、ニーとだし。
開き直っているだけだよ。


384 :名無しさん@6周年:2006/08/27(日) 23:59:55 ID:MLotLDT/0
神奈川新聞ごときが何を書こうと政府与党は眉一つ動かさないよ。
そもそも今は福祉縮小路線だし。この国はもうダメポ。

385 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:00:59 ID:cnowbIvE0
>>380
「 全国で謎の急増 」
なんてタイトル見て、なんだかな〜って、
そんなに大騒ぎしなくてもって思っただけだし。


386 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:05:41 ID:Jk9ID0iM0
ID:SsXORBtO0の人気に嫉妬

387 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:07:29 ID:cnowbIvE0
唯でさえ、肩身が狭いのに。。。
日本での居場所が少なくなる。
愛煙家の気持ちがよくわかるよ。
愛自閉家の自分としては、実に残念。


388 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:11:06 ID:y0e+sQXj0
1 化学汚染
2 定義の変化(今までの正常児も繰り入れられた
3 社会的、精神的な問題

原因はどれ?

389 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:13:27 ID:noE3z6aS0
おれってダウン症か自閉症じゃないかな?


390 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:13:42 ID:46zrDaTz0
神奈川…謎の急増…?

!!!


      ○
      !||!
         ブチッ
 ○    |
  |    ∧

391 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:18:10 ID:noE3z6aS0
中途半端が一番きついよな。
はっきりと障害を認められたら保護されるんだが、
ギリギリだと保護はされないし、健常者からいじめられ
親兄弟からはののしられ

392 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:26:13 ID:Jk9ID0iM0
障害を認められたら保護される、なんて夢だから早めに現実を知った方がいい。

393 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:28:47 ID:uD+LPAdM0
>>388
どれでもない。
ちなみにアメリカの調査によると、グレーゾーンが増えたのではなく、確定診断例が増加している。
一方で、遺伝子異常と関係があるタイプ(レット症候群、脆弱X症候群など)の患者数は増えていない。
また、自閉症が増加傾向にあるのは、世界的な傾向だと言われている。
参考までに言うと、ダウン症などの遺伝子異常がある新生児数は増加してない。

あとは自分で考えてみ。ま、原因探しは研究者に任せとけばヨロシ。

394 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:29:22 ID:jZe4WMXxO
>>388
自分は2だと思う
まだ、日本でかなりの数の障害者を国が把握できてない現状。
成人障害者は昔の風潮の流れで在宅が多いよ(経済的、近所の目、制度を知らないなど)。
今はだいぶオープンになってそのことが統計になって出てきているだけ。

395 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:38:37 ID:BNgvCU+E0
日本一有名で愛されてる
アスペルガーは長島茂雄と黒柳徹子?

396 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:41:47 ID:Nwz9T7hB0
ちょいと自分の子が、告知されたときに、いろいネットの海を泳いで、ダウン症にも男女率があり、
自閉症にも男女率があるってなことを知った。レット症候群は女子にしか発現しないんだと。

これらを理由に自閉症がも遺伝の可能性が高いのではないか、という仮説があるのだよ。
男の精子は新鮮なのが毎日生産されるとおっしゃる殿方がいらっしゃいますが、
父系の場合でもダウン症は発現するんだと。

いちおーソース
ttp://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/resource/ld/z12019/z1201901.htm

397 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:49:30 ID:DM01HRou0
小、中学校に擁護学級というクラスがあった。
難聴の子や常時よだれを垂れてるような子が入ってた。
いつもグフフと笑い、時には奇声を発しながら走り回ったり、
放課後、意味も無く自転車で町内を奇声発しながら走り続けたり。
校外学習でそいつ等の親の話を聞きにいった事がある。
両親ともに何か変だと、子供ながらに感じていた。
今思えば、障害児を生む親にこそ原因があるのだと改めて思う。
障害者の親は障害を持たせてごめんなさいと反省して死ね。
世間に迷惑をかけるな。

398 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 00:51:35 ID:Jk9ID0iM0
バカだな、親が死んだら障害児だけが残ってもっと大変なのにww
つかアンタは障害者でもないのに脳は腐ってそうだね。障害児以下だよ。

399 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 01:01:06 ID:Nwz9T7hB0
>>395
つまり、アスペルガーやADHDはもっとたくさんいるであろうに、
愛されてるのは2人だけってことかいね。個人的にはジミーちゃんも入れてくり。

400 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 01:01:07 ID:1Dhyi/I/O
たまに電車やバスの中で見かけた、ちょっと風変わりな人。
ずっと何か独り言繰り返してたり、自分でかけ声や相槌うったり、独特の手ぶりとか首を
チックみたいにしきりとかしげてみたり、周りの人に見境なく機械的に話しかけたり…
ずっと精神障害の人だと思ってた。自閉症の人なんだって、自分の子がそうだと知って
初めて分かったよ。



401 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 01:09:08 ID:lE+Zwbkx0
「のび太ジャイアン症候群」なんて言うように、
のび太も発達障害だし、ジャイアンも発達障害。

のび太タイプの発達障害は晩婚高齢出産ぽいし、
ジャイアンタイプの発達障害は早婚低年齢出産ぽい。
いわゆる適齢期に結婚出産する人たちは普通の人が多そう。



402 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 02:10:11 ID:twBaf0BN0
いつまで経ってもこういう偏見がなくなる事ってないんだろうな、と思う。
2chのような巨大井戸端会議システムは、そういうのを助長するようにも感じる。

403 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 02:23:42 ID:CQnRXbXj0
2ちゃんはリアルじゃ言えない本音の掃きだめだもんな
障害というだけで障害の種類も問わずもう人間扱いもされないとよく分かる

404 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 02:31:17 ID:ecumU+1xO
でもね、偏見の固まりみたいな人はリアルではそっちが避けてくれるし、
彼等が何を勘違いしてるか、何を聞きたいのかがわかるって点では2ちゃんはいい場所だと思う。

405 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 02:32:53 ID:CQnRXbXj0
>>404
見た目で分かるならいいけど発達障害はそうもいかないし
他者から見ればまともに会話もできない仕事もできない見ててむかつく無能だよ
まあアスペルガーとか一芸に秀でてたりするケースもあるけど

406 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 02:46:16 ID:oFqTybYX0
>>402
そうも感じるけど、なんというか、偏見を消す?効果もあると思うんだよ。

申し訳ないのだけど、私も、自閉症ってヒキコモリのようなものだと漠然と思ってた。
それが2ちゃんに来て、障害であることなどを知ったよ。

テレビでドキュメントやっててもそれほど興味がない人間は見ないし、
リアルで自閉症の話題なんて出ないから、このまま普通に生活していたら、
間違った認識を正すチャンスもなかったかもしれない。

人間性に呆れるようなレスも多いけど、
一生懸命に真実を伝えようとするレスは、届くところにはちゃんと届いてるよ。

407 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 03:48:20 ID:twBaf0BN0
2chとリアルが分離してる今のうちはいいんだけど。
2ch内では数=正義でしょ。
弱者は弱いのが悪いって風潮でしょ。
それがリアルに溢れて来るときが怖いね。

408 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 04:13:20 ID:djK3B0z40
ハァ??
自閉症とヒキーと混同してるんじゃねーか?(テラワロス

自閉症≠ヒキー

ヒキーは社会的にはクズでも、自分の意思でヒキーになった分だけ
自閉症に比べて極めて健康。
自閉症は脳の機能に障害があってコミュニケーションなどに障害がある。
症例によっては広範性発達遅滞と言われることもあるが、症例は様々。

だから自称「自閉症」ってのはまず有り得ない。自称「ヒキー」とは違う。


409 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 04:16:03 ID:djK3B0z40
↑スマン、380付近のヴァカに対してのレスということでよろ

410 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 04:20:31 ID:CQnRXbXj0
なんか自分が自閉症くさいと思ってるけど
まだ医者に診てもらってないから分からない
自称自閉症ならいるんじゃね

411 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 04:22:03 ID:RwuZ4Qbo0
自閉症を勘違いしてる人は置いといて


病名増えたから患者数も増えたんでしょ
一昔前なら、ちょっと変わった子ですんでた
一長一短かと思うけどね

412 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 04:30:46 ID:Lk7sp3ekO
>>1 精神科医らが、恣意的に、何でもかんでもを、アスペルガーや、ADHDだと拡大解釈し、カネ儲けしてると云う面もあるように見える。
人気がなく社交的でない子は『アスペルガー』、落ち着きがなく騒がしい子は『ADHD』、其のようなレッテルを貼る事が健全な発達成長を妨げる事も多々あるだろ。
ADHD(ほんとにADHDかどうか疑問だが)に投薬されているリタリンに因る薬害もあるようだし。
そう云う事は、在日マスゴミは、報じないよな。 特に、在日放送局は。
精神科医を盲信する事は危険。



413 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 04:33:19 ID:CQnRXbXj0
>>412
薬には必ず副作用があるからそりゃ当然だ
つうか西洋医学やら科学はそんな曖昧なもんじゃないだろ
合理主義者な西洋人の学問だからな

414 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 04:34:48 ID:jq+Yn+wx0
2chみてれば今の日本が精神障害だらけだということがよくわかるよ
まだ人畜無害な自閉の子のほうがマシ

415 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 04:38:41 ID:HgR4cmaj0
>>414
ぉぃぉぃ・・・身をもって持論を実証しなくても・・・・

416 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 04:53:52 ID:0Mn+ftPNO
>>407,>>412
剥げしく同意。

417 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 05:12:14 ID:Lk7sp3ekO
>>413←DSM-WのADHDの診断基準を見ろよ。 結構、微妙だぜ。
騒がしくて落ち着きのない子は、精神科医が恣意的に、何でもかんでも、ADHDだと拡大誤診し兼ねない。
悪性症候群、脳梗塞、不整脈など、死に至るかもしれない、リタリンの毒性を考慮すれば、
まだ、発達段階の子どもに、騒がしく落ち着きがないからと、ADHDのレッテルを貼り、
リタリンのような劇薬を投薬する事には反対だ。
リタリンは、市販薬ではなく、劇薬指定の薬物だ。
しかも、リタリンの毒性に因り、反って、不安、焦燥などの精神症状が起こる事もあるようだが、
其のような薬原性の症状も、精神科医らが、ADHDに因る症状だと誤診する危険もある。
ADHDに対しては、『医者が病気をつくっている』と批判するアメリカの医者もいるようだ。



418 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 05:13:40 ID:k5mlBU190
>>414 自閉症は人畜無害じゃねーよ。

419 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 05:15:29 ID:Lk7sp3ekO
>>413← アスペルガーの診断基準も微妙だ。



420 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 05:16:38 ID:7JwNbmS40
>>412

精神科医や在日のせいにするのはどうかと思うが、
レッテル張りや拡大解釈、というより判定法のあやしさ
については漏れも同感だ。
異質を排除して、均質化させようとする最近の風潮は良くないと思う。
教師や為政者にはとても都合がいいんだろうけどな。



421 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 05:17:22 ID:0NiW2eub0
自閉症も、児童虐待も、この季節になるとなぜか急激に増える
来年度の概算要求の締め切りが近いから
子供や障害者を予算取りの道具にするなぁ

本当に急に増える訳がないじゃろうが





422 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 05:44:57 ID:exmTKu850
自閉症(アスペ)は先天的な脳障害と言われてるが
3歳位にならないと診断出来ないというのは、
1〜3歳までの育て方が原因で発症している可能性が
無いとは言えなくない?



423 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 05:46:06 ID:acLjJB4A0
自閉などのおまいらが急増してるのか

424 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 05:46:57 ID:JT7zGrN+0
単純に卵子の高齢化じゃね

425 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 06:10:00 ID:BUl/CpJl0
>>424
20代に出産して自閉症児だったケースは多々ある

426 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 06:46:02 ID:npQA0MF5O
>>422
三才になるまで普通のそこら辺にいる子と変わらなく見えたのよ。
三才って社会性とか言葉は発達途上段階だから分からなかったね。
でも診断されて「そういえば」っていう事がたくさん思い当たった。
言葉がないとか電車や天気図や標識が異常に好きだとか。話しかけても無視するとかさ。
普通そんな二才児いるか?

427 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 06:46:22 ID:kSuMGo4a0
オタ箱を妊婦が汚水になると
血行が悪くなり体時の成長に影響するのは確認されてるよ〜ん
今のママンは妊娠中毒症の防止以前に肥満が怖くて
妊娠中も医師の指導以上に太らない努力をする
そのくせ飲酒や喫煙、菓子やジャンクフードの馬鹿食いは平気で〜す
よって胎児の脳の成長に必要な栄養素が十分に供給できてません
よっておかしな子供が製造される一因になってるのよ〜ん

428 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 06:56:08 ID:w5Ge+0EI0
>>427
日本語でおk

429 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 07:20:04 ID:5S/rWvzW0
天才は自閉症という話はあるが逆は無い。
天才と基地外の関係は発酵と腐敗の関係で、
役に立つ基地外を天才と呼ぶだけの違いだ。


430 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 07:41:57 ID:Rw/2Djdq0
安全な羊水検査とか無いんですか?

431 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 07:47:16 ID:exmTKu850
自分の子が障害児だったらどうしよう・・・


432 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 07:54:03 ID:okM7G+phO
隣に引っ越してきた人が
『うちの子、自閉症なのでよろしくお願いします』
って言ってたんだけど
自閉症ってどんな病気?

433 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 07:54:11 ID:NsjpvfFv0
どうやってDNAに異常がでるかわからんがとりあえずアメリカ産牛肉と中国産の食品はなるべく食べないようにしよっと。

434 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 08:19:12 ID:mDP+Wl+mO
自閉症の子って皆同じ顔してるけど、生まれた時点ではやっぱ見分け付かないのかな?

435 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 08:28:51 ID:exmTKu850
>>434
ダウン症と勘違いしてない?

436 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 08:39:59 ID:npQA0MF5O
>>432
自閉症の子は一人一人様子が違うからおとなりさんに直接聞いたほうがいいですよ。
親ごさんも迷惑をかけないかとヒヤヒヤしてるかも知れません。
その子が奇妙な行動をしても迷惑にならない程度だったら隣人として普通に接してもらえるとありがたいと思います。
いたずらとかしたらちゃんと親ごさんに言うべきですが。

437 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 08:41:07 ID:WgmKBWHN0
>>434

ダウンは血液検査(トリプルマーカー)で妊娠中にも調べられる。

自閉症やADHDは精神病医の胸先三寸。



438 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 08:50:39 ID:0NcTJAZP0
精神科に通おうと思う時点で周りは相当苦労してるし、本人は障害児の行動を取ってる。
何ともない健康な人間を精神科にぶち込んでまで偏見を受けたがる親はいないだろ。

良くも悪くも、障害児は障害児たる所以がある。

439 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 08:51:09 ID:wi7/ND8d0
日本の象徴、女系天皇愛子だって
どうやら自閉症くさいから、
日本は自閉症の国であるぞと
しておけばよい。

440 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:01:15 ID:w5Ge+0EI0
>>438
見た目にはわかりづらい高機能の人がいるから、
障害デッチあげ説が出てくるんでしょうかね。

高機能の人は知的障害がないだけで、コミュニケーション不全の障害、
つまり自閉症と定義される根本のところの不自由さは同じに持っている。
アスペルガーは高機能の中でも言葉を使うことに障害がないだけで
あとは同じ。人の心の動きを読みとったり、社会生活に必要な能力が
抜け落ちている。感覚過敏もあればパニックにもなる。
うまくやってる人はうまくやるためのテクニックを持っているにすぎない。

441 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:01:43 ID:npQA0MF5O
世界中のどの民族でも発生率は同程度と
自閉症協会が公式発表してるよ。

442 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:03:00 ID:wi7/ND8d0
>>441
それと急増は矛盾するが。


443 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:04:31 ID:CTrGxN+e0
昼間の電車に乗ってると、それっぽいガキや若者が多いなぁ。
増えてるように思ふ。
まあ 食生活をはじめ複合的な要因だろと思ふ。

444 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:08:38 ID:0NcTJAZP0
簡単にでっち上げるなと言う人は、苦労している障害者を馬鹿にしている。
それっぽいガキが増えたという人は、根本的には障害のない健常者を馬鹿にしている。

どちらも多発している意見な上に的外れで失笑物だが、何故かこのスレでは王道。

445 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:11:09 ID:npQA0MF5O
治療薬がないんだから薬価報酬で金を稼ぐ医者にはメリットがないんだよ。
しかも完治しなくて扱いにくいから自閉症の専門医は少ない。産婦人科が減ったのと同じ理屈。
数少ない病院は激混み。初診の予約三ヶ月待ちは当たり前。
誰かなんとかして。

446 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:12:23 ID:vQJGsN/00
>>442
結局知能に問題がないASとかもカウントされるようになっただけっぽい気が…
だいたいADHDなんてただのしつけのなってないわがままでウザいガキと
して片づけられてたんじゃないか?

忘れ物と遅刻が多くてランドセル忘れて学校に行ったり社会見学の日だって
ことを丸ごと忘れて普通の支度で学校に行ったり、登校中に虫取り始めて
遅刻したり、幼児期にスーパーに行けば親の手をふりほどいて勝手にどっか
行って行方不明になったりしまくってても普通の子供として扱われたけど、
あれ今だったら確実に医者に連れて行かれてたと思う。

447 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:13:45 ID:0NcTJAZP0
きちんとした躾をせずに馬鹿ガキ量産のDQN親は、
うちの子を障害者と一緒にするなと煙草をふかしながら怒るだろう。

障害認定されて通院する自閉症ガキの親は、
うちの子をDQNと一緒にするなとソース引いてきてまで整然と語るだろう。

無知の勘違いは両者に対して失礼なんだよ。例え両者ともが社会のお荷物としても。

448 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:14:14 ID:i9F1S+WB0
なんの障害であれ、容姿と声は万能の判断要素だろうね

まあ容姿は今更言わずもがな。声はやはり独特なものを持っている
これは障害者だけでなく、失礼な言い方すればギリギリ健常者
な人にも当てはまる。甲高い声、早いテンポなど

449 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:15:54 ID:0NcTJAZP0
>448
顔面障害者みたいなブサニートに喧嘩売ってるのかw

450 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:16:51 ID:w5Ge+0EI0
http://www.ad-c.or.jp/campaign/support/08/index.html

451 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:17:15 ID:9pIioR1W0
殻機動隊(講談社/作者/士朗正宗)マンガ 第1巻

 脳以外を義体化している主要人物のセリフ : 「節電のため(脳を)自閉症モードに」


452 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:19:22 ID:0NcTJAZP0
>451
「マンガやエッセイでの誤用例」としてwikiに載ってたヤツだよね。
「不適当で、自閉症に対する誤った認識の使用例と言える」と。

453 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:19:34 ID:i9F1S+WB0
>>449
本当に気持ち悪い人は母親にも嫌われるからニートや引き篭もりなんて
不可能

454 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:22:23 ID:vQJGsN/00
>>452
カミーユ・ビダン(Ζガンダム)の「僕は自閉症の子供なんですよ」も強烈だったなあ…

455 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:25:35 ID:0NcTJAZP0
まぁ、未だに勘違いした自閉症の定義を振りかざす人は、
殻機動隊1巻や、Zガンダムが発表された頃の自閉症知識しか持っていない、可哀想な人って事。

456 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:27:37 ID:rrzBj9JN0
自閉症児の血液中から重金属を抜くキレート剤を使うと、
頭が回るようになるらしい。
キレート剤なんて便器のカルシウム沈着を防ぐ
トイレ掃除用途にしか使わない薬品なのだが。
キレート剤療法は
抗がん剤並みに管理と副作用がすごいらしい。

457 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:28:48 ID:guIRZ5EH0
医者の診断基準が変わったんだろ。

458 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:33:16 ID:0NcTJAZP0
>456
ttp://www.nutcns.com/iframe/03_ippan/02jukinzoku/autism.html
>残念ながらDMSAやDMPSなどを用いて正しくキレーションを行える医療施設が日本には無いに等しいということ。
>またもう1つは、水銀をキレーションして排泄すれば自閉症の症状が全て改善されるわけではないということです。

本当にそれで治るなら、治療法が確立されたって事で「障害」じゃなくなるんだろうが。
現状はそうじゃない。


459 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:34:10 ID:rrzBj9JN0
自閉症児の血液中から重金属を抜くキレート剤を使うと、
頭が回るようになるらしい。
キレート剤なんて便器のカルシウム沈着を防ぐ
トイレ掃除用途にしか使わない薬品なのだが。
キレート剤療法は
抗がん剤並みに管理と副作用がすごいらしい。

便器に尿石のこびりつきを防ぐ
青い薬剤「ブルーレット置くだけがあるでしょう。
キレート剤療法は
あの青いトイレ掃除液体を自閉症児に
点滴するイメージを思い浮かべればいい。

460 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:44:53 ID:SQh7+4Yl0
高校の家政科や農業科にいくような奴は発達障害だと思う

461 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:48:20 ID:Qu3JOdyxO
 相子様も、自閉の疑いが…。

462 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:56:15 ID:y4cc4a4y0
自然分娩が少なくなってることは無関係だろか?
戸塚ヨットのオサーンの説によると、生死の境を彷徨うような体験が脳幹を強くするとか。
そんな体験は普通は誰にでもあるわけじゃないけれど、
分娩時には似たような、いわば最後の試練というか最初の試練というか
けっこう必死な状況を誰でも体験しているはず。
無痛分娩とか出産日の調整とか、そういうのってひょっとしてヤバイとか。


463 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:58:05 ID:nysZtV0DO
神奈川だしアニメとゲームが原因で終わりだな

464 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 09:58:41 ID:A6i3AYX40
高齢結婚高齢出産が原因だろ?

465 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 10:01:11 ID:w5Ge+0EI0
>>461
はやくカミングアウトして、あの子の両親が先頭に立って
啓発してくれたらいいのに、と思ってる。
>>463みたいな説がでたらめだってわかりやすいでしょ。

466 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 10:38:05 ID:JcnbGWBk0
>>395
服腹 藍

467 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 10:46:36 ID:ecumU+1xO
>>465
無理無理!療育センターにも時々いるでしょ!電波な事言って周りの血圧上げる母親! 
100人に一人って言われたのに(当時。今は16人に一人と言われてる)診断される数が多すぎる、
だからウチの子は自閉じゃない、保健婦が成績上げるためにこんな所に来るはめになってしまった
とか(見た感じバリバリの自閉ちゃん)だったら来るなよ、待機児童どれだけいると思ってやがる、
福祉予算削りたい横浜市がわざわざそんなことするわけねーだろ、八兆円も借金があるんだぞ、
と言っても通じない人。

468 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 11:06:55 ID:wsaPWyTO0
攻殻機動隊でいえば、電脳硬化症の子供たちのほうが
自閉症にちかい描かれ方をしてた希ガス

469 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 11:20:30 ID:SyJ4fxJ4O
ポッケの携帯電話の電磁波に晒され続けた精子が、そろそろ3〜4歳といったところか。

こころある科学者よ、子孫を介護まみれにしないために、暴露キボンヌ。

470 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 11:24:49 ID:zug0lIHG0
神奈川だけのことなのか、全国的に急増なのか

471 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 11:58:20 ID:hfKeZ7vC0
環境汚染や食物の問題なのか
単に「障害児」のラインが引き下げられたからなのか
原因はわかんないけど・・・

身内が産婦人科やってるんで
DQN夫婦の出産率がガンガン上がってるという話は
10年以上前から身内で話題になってた
知的レベル・環境レベルの高い人がだんだん子供産まなくなってきて
赤ん坊虐待するような家庭ばっかり子沢山、というのは
関係ないんだろうか

472 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 12:15:44 ID:36saAUZeO
虐待するバカ親は自閉なんてロクに知らないだろ。オマエみたいにさww

473 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 12:22:31 ID:E31Rwftl0
>>470
全国的に増加傾向だが、神奈川は特にひどい。
支援が充実しているという評判が流れて、
障害児が一家で引っ越してくるようになったらしい。

474 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 12:33:14 ID:36saAUZeO
高年齢出産で卵子精子腐り説VS若者DQN出産・虐待説

どっちも的外れなこの二派の議論が見たい。
障害者以下の無知同士が争ったらさぞかし楽しそう。

475 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 12:33:40 ID:w5Ge+0EI0
>>471
関係ないよ

476 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 12:46:21 ID:RIEtMT6D0
>>474
ははは、伝聞ソース&妄想ソース出まくりで、見るに耐えない状況になるかな。

ところで、悪意のある表現だとは思わないけど、
「障害者以下の無知」・・・言葉には気をつけようね。

477 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 12:47:13 ID:yIuyp/on0
もっと自閉のことを学んでから批判しろ、といいたい。
自閉って言えども子育てはきついぞ!
高齢で自閉が生まれやすいなら、皆自閉傾向だな!
うちゃ、二十代で産んでいるが、自閉だよ

478 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 13:05:32 ID:ecumU+1xO
>>473
英語喋れて資産のある親はアメリカ行くらしいよ。
でも、あの国は交渉の国だから療育を勝ち取るまで大変らしい。

479 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 13:09:09 ID:Xn3XLCcn0
>>440
<高機能自閉=自閉症−知的障害>って全然違うだろう。
自閉症の人間には話しかけてもふつうのコミュニケーション自体が全然成り立たなくて。話しかけ
ても話した内容が伝わってるのかすらわからない場合がある。
一方、高機能の人には話しかけても多少の齟齬がある程度でふつうのコミュニケーションは成立しうる。

>うまくやってる人はうまくやるためのテクニックを持っているにすぎない。
つうか一般的にたとえ社交的な奴要領だけでやってるやつが多いと思うんだけど。
実際そういうやつはその自分のもってる対人パターンに合わない人間を前にすると混乱すると
まではいかなくとも、対応をとりかねるのか態度を急変させたりするし。社交的なやつに限って
人によって態度を使い分けることが多いのはこのため。
本当に柔軟に人とコミュニケーションをとれる人間なんて100人に1人ぐらいしかいないと思う。

480 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 13:41:45 ID:wjX8Ir910
ここ、自閉症児の親がけっこういるみたいなんで、
40歳自閉症(知的障害A)の兄を持つ俺から。

「障害を持った子が生まれたのは、神様があなたを選んだのです。
 神様が、あなたならこの子を任せられると、あなたに託したのです」

別にキリスト教信じてるわけじゃないけど、養護幼稚園とかの関係で教会に行ったとき、
障害児の兄連れて俺をおぶった母親に、神父さんがそう言ったんだって。
この言葉がずいぶん救いになったと、今もたまに言ってる。
苦しいこと、辛いこと、これからたくさんあると思うけど、
考え方ひとつでずいぶん気持ちが違うと思うよ。

その子を守ってあげてください。
俺は母親を尊敬してきます。

481 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 13:44:41 ID:RIEtMT6D0
>>479
高機能←→低機能
アスペルガー←→カナー

子どもの頃にはカナータイプであっても成長するにつれ、
アスペルガーに近くなることも稀ではないから、
こういう分類は、子どもの成長にとってはあまり意味がない。

自閉症スペクトラム(連続体)という概念で捉え、
それを元にその子に応じた介入や訓練を行うべきでしょうし、
成長に伴ってその方法を柔軟に変えていくべきでしょう。
いつまでたってもTEACCH一本やりなんて論外です。

482 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 13:46:57 ID:wjX8Ir910
「しています」だ。
はは、決まらないやw

483 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 13:51:28 ID:0NcTJAZP0
>480
誰に何を言われようと我が子を守らないはずが無く。
神父の家に障害児がいる訳でも無く。
良い言葉で美しいとは思うが、追い詰められた時には逆撫でされそうな言葉だと思うよ。

事実は小説より奇なり 事実は聖書より苦なり
そうとしか思えない状況を潜り抜けた時に、やっと身に染みる言葉なのかも知れない。

484 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 13:52:58 ID:DHMSSdVM0
レインマンみたいな人達が「十二分に適応」する社会が訪れれば
ひょっとしてこれは「進化」の断面なのかもしれない。
現在の「健常者」ではついていけないシステムがあるのかもしれない。

485 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 13:53:46 ID:WCWiI7l20
マサコの野望


486 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 13:59:03 ID:RIEtMT6D0
>>484
障害を持つものが適応するか否かではない。
適応する者は適応し、そうでないものは適応しない。それだけ。

本人や周りの努力だけでは前に進めない場合も多々あるし、
資産家の家なら社会的問題は減らすことができる。

結局、社会が受容するかどうかの問題。

487 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 14:05:39 ID:wjX8Ir910
>>483
まあ、俺が言っても説得力ないのかもね。
たぶん「事実を受け入れる」きっかけになった言葉だったんだろうと思うよ、俺の母親にとって。
自閉症児の親って、心中考えない人いないと思う。
それほどに重いからさ、正直、他人が何言っても綺麗事でしかないんだけど。
わずかでもいいから応援したい。そんだけ。

488 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 14:18:36 ID:DHMSSdVM0
>>486
ネオダーゥイニズム全盛の現代にもあたなのような意見が出る。
突然変異がセレクトの主流になる、とは私も思わない。
素直に考えれば当然のだが・・・。

ただ気になるのは人数が本当に増えている気瓦斯ること。
いわゆる健常者の信じられないポカ、
たとえばバケツの中で臨界核反応をやってのけるとか
電車の運転手が「おそらく望んで」カーブ奥のマンションに突っ込むとか
そういう一杯一杯の不安定さは自閉症児にはないと思う。
規則を守る、融通を効かせない、というある意味での厳格性は健常者の遙かに上。

489 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 14:20:11 ID:exmTKu850
>>467
えっ!今って16人に1人もいるの?



490 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 14:23:32 ID:w5Ge+0EI0
>>479
高機能でも知的障害があっても、同じだよ。
たとえ高機能であっても、苦手分野はカナーと同じ。
もちろん個人差もあるし、>>481の言うように自閉症は「連続体」で
あって、ここからここまでという区切りは無意味。

普通の人でもコミュニケーションは難しい、それはその通りだけど
「難しい」のレベルが全然違うことを理解したほうがいい。
>>131の涙の話なんかがわかりやすい。

491 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 14:23:45 ID:0NcTJAZP0
>488
日本語でおk

492 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 14:35:43 ID:iN26HGN0O
はいはいどすこいどすこい

493 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 14:59:37 ID:RIEtMT6D0
>>488
ごめんね、適応ってのは社会適応のこと。
どうも、このスレに進化論論争はしっくりこないな。

ところで、人数は増えています。

 Yazbak FE.
 Autism seems to be increasing worldwide, if not in London.
 BMJ. 2004 Jan 24;328(7433):226-7.
 http://bmj.bmjjournals.com/cgi/content/full/328/7433/226-c

バケツや電車の例は、過剰適応もしくは過ストレス反応で説明できる。
これは、本人の問題というより、新自由主義政策の下では必然的な結果の一つ。

自閉症であろうがなかろうが、障害があろうがなかろうが、
自尊心(self esteem)は持っているし、人間の尊厳は損なわれてはいけない。

494 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 19:17:10 ID:YN3ht7JQ0
アスペルガーの男性を好きになってしまった〜
でもうまくいかないかな。。。

495 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 19:47:58 ID:zPSTW2Zw0
自閉症は脳機能の欠陥が原因だから先天性(遺伝性)の病気。
考えられる原因としては

・高齢出産の増加
・夫以外の優秀な人間の精子を使った人工授精(IQの高い人間の子供は自閉症になる確率が増える)
・環境ホルモンといったホルモン攪乱物質

らへんか。

496 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 20:07:56 ID:cQy1hvOrO
増えてるのに養護学校を減らそうとしてるのは矛盾してる

497 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 20:09:03 ID:vCR163Uf0
>495 知ったかぶりめ。それがどうした。

498 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 20:10:54 ID:0rd6+snq0
知ったかぶった内容が嘘だと恥ずかしいよね。
>考えられる原因としては
って余りにも脳内ソース過ぎて、偉そうに書き込んでるかと思うと可哀想。

499 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 20:53:07 ID:vCR163Uf0
>自閉症は脳機能の欠陥が原因だから先天性(遺伝性)の病気。
この一行だけでこいつの馬鹿さ加減がわかるw
突っ込みどころだけでできた一行。すげーな。
もっとなんか書かないかなw
面白そう。

500 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 20:56:24 ID:SGjVlXfx0
突っ込みどころはそこじゃないwww

501 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 21:01:18 ID:vCR163Uf0
>500 じゃあどこ?知ったかぶり君wwwww
教えてよ。くわしくね。

502 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 21:31:53 ID:SGjVlXfx0
wikiにも「現在では先天性の脳機能障害によるとされており」とあるように、
>499の上げた一文は、他と比べればそれほど突っ込むべきポイントではない。

このスレを見ても既に矛盾がある、
「高年齢出産説」(DQNが子沢山だからだと声高に言う人も多いけど両方ソース無し)
世の中の何割がそんな事試してるんだと訊きたくなる、
「夫以外の優秀な人間の精子を使った人工授精」。

突っ込むなら先ずはこっちでしょ、どう見ても。

503 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 21:39:55 ID:vCR163Uf0
>先天性(遺伝性)の病気
というところが最大の知ったかぶりだと思うけどw
病気じゃないしwwww

>「夫以外の優秀な人間の精子を使った人工授精」。
こんなもん、妄想以外のなにものでもない。突っ込む価値なし。

高齢出産、若すぎる出産によるリスクは医学界の常識。
筑波大学の講義でそう小児科医が言っていましたww

だから女は23歳から27歳ぐらいまでが出産適齢期。
そうでないと卵子になる細胞が未熟だったり加齢による劣化がある。
その点男の精子はいつも出来たてwwww

>500 も知ったかぶり君2号ということでwwwww

504 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 21:46:11 ID:1mF+1YdH0
DQNの子に自閉症がほとんど見られない、ってのは小児精神科に
連れて行って診断を貰うほど親が教育しつけに関心が無い、或いは
育てにくい、可愛くない子として淘汰(真夏のパチンコ店駐車場車内放置とか
暴力的なせっかん)でもやってんじゃねーの?

真面目な普通の親は辛いよな。


505 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 21:48:05 ID:vCR163Uf0
付け加えておくが俺はおまえらの知ったかぶりの話より、
筑波大学の講義で聴いた話を信じているからねwwww
俺が直接研究して確証を得たわけではないけれど、
講義をした小児科医の話を信じるぜ。

506 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 21:50:29 ID:RloQIdOd0
思考回路みたいなものって遺伝するのですかねぇ
記憶でさえ遺伝するんだからするんだな

環境に適応しているというか、コミュニケーションっていう部分は
文明の発達でだんだん昔と比べて不必要になってきてますよね
都会では隣近所と顔も会わせた事がないとか
愚痴こぼしたり悩みの相談するのでさえ2ちゃんで済んじゃったり

だからコミュニケーション能力が徐々に退化してるんでない?

507 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 21:50:47 ID:SGjVlXfx0
勝ち誇ってるみたいだから申し訳ないんだけど、
余りにも明らかな妄想でも、このスレ住民は信じるから突っ込まないとダメなんだよ。
ここまでのスレを読んでたら判ると思うけど、無理だったかな?
個人的な感想で、明らかな問題点をスルーするのは何か思考に偏りがあるんじゃないか?

>男の精子はいつも出来たてww
男として誇るべきポイントだと思ってるなら本当に申し訳ないけど、実は違います。
自分が二号ならあなたは三号なので、そろそろ口を噤む方が後で恥をかかないと思う。

508 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 21:53:02 ID:vCR163Uf0
じゃあ筑波大学の小児科医が馬鹿だってことだねwwww
おれは講義で聞いた通りを書いているまでwwww
違うなら教えてよ。別に黙る必要もないwww
俺の意見ではない。習ったとおりのことだもん。

509 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 21:58:34 ID:SGjVlXfx0
加齢で精子の質が低下し、遺伝子欠陥も増える  と言う研究例もある。
妊娠の為の機能低下ではないので、不妊治療関係の話を聞いただけなら知らないかもしれないけど。

510 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:00:02 ID:vCR163Uf0
あ、そういうわけで、大学で講義を受けたぐらいの知ったかぶり三号です。
毎日仕事で自閉の子供や親の顔をみているだけのなにも知らない知ったかぶり三号です。
その呼び名は甘んじてちょうだいいたします。

511 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:00:22 ID:SGjVlXfx0
酷くなると妊娠も出来ないようだね、精子の所為で。
毎日新しく出来るように頑張れ少年w
ttp://matsuda.c.u-tokyo.ac.jp/~ctakasi/osf/resume/dansei.html

512 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:01:11 ID:vCR163Uf0
>509 広汎性発達障害児についての講義を受けたんだよ。

513 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:02:54 ID:36saAUZeO
なんでお兄ちゃん、そんなにはしゃいでるのん?

514 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:03:47 ID:vCR163Uf0
俺、ADだから。

515 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:05:31 ID:SGjVlXfx0
>毎日仕事で自閉の子供や親の顔をみているだけ
こっちは毎日自閉の子の顔しか見ていないから知ったかぶり度は上だろうけど、
そのぐらい仕事をしている一なら尚更、明らかな矛盾は正しつつ、事実を啓蒙して欲しいとは思うよ。

516 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:06:19 ID:vCR163Uf0
だからなにがどう矛盾なの?教えてよ。

517 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:08:06 ID:SGjVlXfx0
繰り返しになってしつこくなるけど、先に

>「夫以外の優秀な人間の精子を使った人工授精」。
こんなもん、妄想以外のなにものでもない。突っ込む価値なし。

とスルーされてたこのポイント。
このスレ住人の知識と照らし合わせて突っ込みレベルを下げる事は無理か?
無理ならいいよ。

518 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:13:21 ID:4R+jyjX60
>>503
PDDは障害の側面と、疾患の側面、双方から捉えることは重要。
医学的に原因を探るということは診断や治療の向上、ひいては治癒に結びつく。

あとの話は、もいっかい調べてから書け。
生殖細胞と生殖機能について学びなおせ。
おまえの頭ならPubMedでも本家Googleでも何でも検索できるだろ?
あほらしすぎて話にならん。

519 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:19:29 ID:vCR163Uf0
>518 医者?俺はただの知ったかぶり三号。
広汎性発達障害は疾患ではありません。
治療により治るものではありません。
生殖の話は正直知ったかぶり。ただし、講義で聴いたとおり。
それが間違っているなら、講師の話がいい加減だったということでwwww
あんたが専門家なら短く説明してくれwww
みんなの役に立つ。

520 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:42:06 ID:4R+jyjX60
>>519
「現時点では」治癒をもたらす治療法がないということでしょ。
専門家は治癒を目指して研究を続けている。

疾患か障害かなんて別に拘泥する問題じゃない。
PDDの人たちが少しでも楽に生きられるようにすることが大事でしょ。

生殖細胞云々の話もさして重要ではない。
細胞がもともとDNAエラーを持っている可能性はある(男女とも)。
生殖機能が未熟だったり、衰えていることにより受胎時のエラーのリスクは増えるし、
精子がDNAエラーを起こすリスクも増えるし、加齢でもリスクは高まる。

それより、適齢期って言葉を堂々と出して、
筑波の先生が言ったことだからと言い放つ、
おまえの無神経さは何とかならんかね?


521 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 22:52:07 ID:vCR163Uf0
>520 自閉について、病気だから治る、と言うことは自閉の子供や家族に不利益をもたらす。
だからはっきりした原因がわからない現時点では、疾患ではない、と言うことに意味がある。少なくとも特別支援教育の枠組みではそれが共通理解だ。

>生殖機能が未熟だったり、衰えていることにより受胎時のエラーのリスクは増えるし、
>精子がDNAエラーを起こすリスクも増えるし、加齢でもリスクは高まる。
ほらみろ。俺が言っている同じことを術語を交えて言い直しただけじゃんwww

四号さんwww

筑波大の教授だか講師なんてそのくらいの与太話をしますよ。
嬉しそうに語ってましたよwwww
女には出産適齢期があるけど男はいつでもできるってwwww

522 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:01:37 ID:K3eu20SY0
とりあえず、ノーパソを膝の上に置いて、キャンタマに無線LANの電波を当てるのは止めよう


523 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:02:09 ID:36saAUZeO
ADって障害がめんどくさいものなのはよーく伝わったwよくがんばったな人柱ww

524 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:02:45 ID:L/Goo8QO0
全員死刑にすればいいのに

525 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:09:39 ID:Nwz9T7hB0
もうすぐ夏休みも終わりだね。宿題やったか?厨房ども

526 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:10:44 ID:zNuejqtw0
>>506
遺伝というのはコピーみたいなもんだと理解してるんだけど
そうであるならばこの問題は遺伝には当たらない。

コミュニケーションの不具合が世間的に多いとは思う。同感。
でもそれは技術力が衰えているのだと考える。教わってない。

自閉症の人達は技術以前に既に問題がある。
もしくは今までの技術伝承が上手くいかないという問題がある。
この二つは矛盾する言い回しではないのだけれど。

新しい技術を新しい方法で教える、という方向があってもよい。
上で進化論じみてバカを書いたのはこの今西ファンの俺だが
どうもこの増えようはハンパない気がしてならない。

私の知る保育園ではお医者から病名を貰った子が
50人中3人。上の方にある16人に一人にあたる。
しかも男の子に非常に偏っている。勿論程度はバラバラ。

527 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:12:31 ID:vCR163Uf0
>526 なに?このぐにゃぐにゃ日本語。気持ち悪いww

528 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:15:20 ID:C9dV/A6H0
食いもんとか環境汚染で遺伝子が狂い始めてるんだろ。


529 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:16:42 ID:SGjVlXfx0
>筑波大の教授だか講師なんてそのくらいの与太話をしますよ。
>嬉しそうに語ってましたよwwww
>女には出産適齢期があるけど男はいつでもできるってwwww
って発言を女子学生の前でもするの?皆で笑うの?その人達が医者になっちゃったりするの?

530 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:18:47 ID:vCR163Uf0
>529 しますねえ。平気で。誰も笑わないけど。つまんないから。

531 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:31:40 ID:6r5v7+k60
そういや筑波大って40以上の女性は肉の塊とか発言した教授がいる大学だよね。

532 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:47:51 ID:ecumU+1xO
誰もADに突っ込まない件について。

533 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:49:49 ID:4R+jyjX60
>>521
ははは、特別支援教育ねぇ・・・あんなIDEAやIEPの上っ面だけ掬ったようなもんイラネ。
大義名分のために、こどもが生きてるわけじゃねぇぞ。
お前の詭弁は、文部科学省の木っ端役人と言い草と同じ。
おまえが働く現場では、それが共通理解なの?信じられん。

>女には出産適齢期があるけど男はいつでもできるってwwww
それはヨタじゃねぇ、無神経なだけ。

>>532
ADってAlzheimer's Diseaseだろ?大変だよな。

534 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:53:01 ID:X15FoHtbO
やはり農薬だらけのシナ野菜食ってるから・・・

535 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:56:05 ID:vCR163Uf0
>533 寝たかと思ったよ。
障碍を持った子供たちのことを考えている人かと思ったらただの四号さんww
あんたの与太書き込みこそイラネ。バイバイ。

536 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:56:08 ID:JLwq8Eri0
食べ物の添加物とか危ないんじゃないの?

537 :名無しさん@6周年:2006/08/28(月) 23:57:27 ID:tyrERKlj0
>>536

牛肉ばっか食ってるからだ。

538 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 00:01:38 ID:xKubpDGi0
食いモンのせいならなんで男の子に多いんだ?


539 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 00:02:26 ID:B6ZDt8jS0
飛び降り自殺したらしいよ、精神科で診ても異常なかったんだけど
ニート歴が長くて、生きてるのが恥ずかしくなったんじゃない?

540 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 00:02:27 ID:qYJNTQqA0
>>535
IDEAとかIEPってご存知なかったみたいですなw
Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder のスラッシュの意味もご存知ではないでしょうなw

バイバイ


541 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 00:08:08 ID:jSljXaiC0
ASとかLDとかADHDとかADDとかPDDとか
英語の省略形は間違えると意味全然違うから難しいよな…
かくいう俺もよく間違えるけど

542 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 00:21:22 ID:mps9AyN5O
ASDってのもあるんだよな。PDDと同じらしいけど。

543 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 00:37:24 ID:VT2DJNn30
ジャガー横田の子が障害児、又は奇形児な可能性って高そうだな

544 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 00:38:55 ID:3EeJwFW60
友達の息子が自閉症の症状を表してるのだが
どう接していいのかわからない
とてもかわいらしい子なんだが・・・

545 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 00:56:46 ID:mps9AyN5O
>544
近所でなければ無理して会う必要ないんじゃね?
近所だったらそのうち親がコツを教えてくれるよ。

546 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 18:38:58 ID:HPZ5hhG20
>540 こんなところでひけらかしwwww
馬鹿だねぇ。どうでもいいじゃん、そんなことwww
ちゃんと仕事しろよ。放課後活動の知ったかぶり野郎だろ、どうせwww
よくいるよ、そういう小生意気で帽子かぶって髭生やした奴。
福祉オタク。きもい。

547 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 21:54:05 ID:MKV3Kjdf0
994 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 投稿日:2005/12/14(水) 23:41
>>992
それ全て短期的な視野でしか考えてないじゃん。
運用益の試算がどれぐらいかは分からんが、いつかは少子化対策しなきゃいかんのだし。
年金支払い人口減るにも関わらず195兆円(40年分)を遥かに上回る勢いで積立金増えてくらしいが。
長期的に労働人口増やした方が年金運用も当然楽に。運用益に回す金も増える。
子供を増やしたくない輩がいるみたいだがどこかの工作員?


きみこそ短期的な視野なんだ実は(´・ω・`)

出生数を増やして生産年齢人口を増加させるというけどまずそれは15年先になるんだ。
その15年間に1220万人くらい生産年齢人口は減少するんだ。この予測の誤差は1パーセントくらいかな(´・ω・`) 20年後には1875万人今より減ってる。

すでに生まれちゃった人の15年後の人口予測って15年後のGDPの予測よりはるかに正確なんだ。15年前のGDP予測を見つけて今日のと比べてみなよ。結構イケてるギャグだよ。酒のつまみにできるね(´・ω・`)

まあ日本に核ミサイルが打ち込まれたとか新型インフルエンザが流行したら人口予測はあてにならないって言われちゃうと困るけどさ。(´・ω・`)

これから20年でちょこっと出生数を増やした位じゃ2005年の生産年齢人口は保てないんだ。
せいぜい15年先くらいから減り具合が気持ち緩やかになる程度かな。
破局的な減少速度に変わりはないけどね。(´・ω・`)

きみが労働力人口をどの基準点からの増加で見積もっているかわからないけどアフリカや中東の「北斗の拳」状態の国並みの出生率を短期間で実現しなければ何年か先の2005年程度の水準はまったく不可能なんだ。(細かく計算してないから大雑把なことしかいえなくてスマソ)
実際にそんなに生まれちゃったら年少人口の増加で約20年後の生産年齢になる時期まで養わなきゃいけない。わかるよね?ものすごい予算を組まないと「チャウシェスクの子どもたち」になっちゃうんだよ。

残念だね。本当に。(´・ω・`)
きみの人口問題、少子化問題に対する気持ちはわかるけどもうどうしようもないんだ。


548 :名無しさん@6周年:2006/08/29(火) 22:22:04 ID:MgYo1Wz+0
日本はホロン部

155 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)