5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】 "沖縄戦での日本軍による「集団自決命令」は事実。ゆがめるな" 大学教授、資料発見★2

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2006/10/04(水) 10:42:50 ID:???0
・沖縄戦時下の慶良間諸島の「集団自決」をめぐり、米軍が上陸直後にまとめた資料に、
 日本兵が住民に「集団自決」を命令したことを示す記録があることが、二日までに分かった。
 関東学院大学の林博史教授が米国立公文書館で発見した。「集団自決」発生直後の記録と
 して、住民への命令状況を伝える貴重な資料。林教授は「自決命令があったことは、既に三月
 下旬時点で島民たちによって語られていた。戦後創作されたものではない」と指摘。近年、
 「集団自決」の軍命を否定、沖縄戦の事実をゆがめようとする動きを批判した。

 記録は、四五年四月三日付の米歩兵第七七師団砲兵隊による「慶良間列島作戦報告」。
 報告では、慶留間の住民を尋問した内容として「三月二十一日に、日本兵が慶留間の島民に
 対して山中に隠れ、米軍が上陸してきた時には自決せよと命じたと繰り返し語っている」と記述
 されている。また、座間味島については歩兵第七七師団「アイスバーグ作戦 作戦報告」で、
 座間味の「集団自決」の生存者に対し、医療スタッフが治療を施していることを記述。「治療した
 負傷者の多くは自ら傷つけたものである。明らかに、民間人たちはとらわれないために自決
 するように指導されていた」と記録されている。

 林教授は、「三月下旬の時点において、慶留間では日本兵が自決せよと命じていること、座間味
 でも島民たちが自決するように指導されていたことが保護された島民たちの証言で示されて
 いる」と解説する。その上で「日本軍ならびに行政・教育を含めて、島民たちは自決するように命令
 あるいは指導・誘導されていたことは、この三月下旬時点でも明確であった。米軍は事態を正確に
 認識していたといえる。自決するように命令あるいは指導されていたことが当時から認識されていたことを
 裏付ける資料といえる」と指摘。(一部略)
 http://www.okinawatimes.co.jp/day/200610031300_01.html

※関連スレ
・【沖縄戦】 「ウソをつき通してきたが…。"日本軍の命令で自決"、実は創作」 渡嘉敷島集団自決で、初証言★12
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1156862336/

※前:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1159874035/

2 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:43:24 ID:h3OhHGvW0
2w

3 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:43:52 ID:MpEXxtl/0
ライブドア事件総合スレッドpart02
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1142857522/901-1000
【2377】サイバーファーム【タワー】
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1153620142/101-200

【LD事件】野口氏の自殺偽装殺人のトリックを暴け!
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1139215133/101-200
【野口逝去】安部晋三について語れ【暗躍議員】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1138805943/401-500
【ライブドア】なぜマスコミは野口の死を疑わないのか?2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1141610817/201-300
野口さんを殺したのは創価じゃないの?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1138529413/301-400
沖縄県警はライブドア事件の野口自殺としたの?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/police/1138295064/601-700
ライブドアショック、野口他殺でマスコミが死ぬ日
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1139049823/1-100
【「命」の重み・野口HS証券副社長】沖縄タイムズ「一票」の重み考えよう【ライブドア・サイバーファーム】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/editorial/1141033636/1-100
【ライブドア】野口氏他殺説ビラ配りOFF【自殺?】
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1139142778/201-300
野口さんの死の真相は?(結局うやむや)
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146620956/1-100
エイチ・エス証券 野口氏は本当に自殺?
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/venture/1138084127/201-300
宮内も岡本も野口も38歳
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/cafe30/1137945583/101-200
なにを根拠に野口が他殺だと思うのか?
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1139382661/201-300

4 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:44:32 ID:DyM7A9AR0
( ´_ゝ`)フーン

5 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:45:35 ID:E7ECHbep0
ゆがめてるなどっちだか

6 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:46:05 ID:Y1bIzaEI0
命令書のようなものはあったんでしょ。
それが創作によるものかどうかっていうだけで…

関東学院大学の林博史教授の論点逸らし。
(´-`).。oO( こいつも弱者利権の中の人か…

7 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:47:20 ID:zH6EQrVN0
その資料の現物見せてくれないの

8 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:48:21 ID:2i0FoRbf0
もう独立しかないよ!


大阪はw

9 :ガムはロッテ:2006/10/04(水) 10:48:32 ID:ZmWCIs0m0
まあ戦時中だからいろんなところで集団自決があったらしいな。

10 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:49:11 ID:jSFpM4h50
戦没者や英霊を食い物にする生霊、それが左翼。


11 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:49:49 ID:4BQTJ7xM0
ゆがめるなってそんなに焦らんでも・・・。

12 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:50:00 ID:sZwFVZux0
だからさっさと独立したら?
で、米にでも中共にでも占領されてろ。

13 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:50:21 ID:HXZ85HUI0
天誅だな

14 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:50:45 ID:SWZcdwaw0
これ、なんて大江?

15 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:50:48 ID:GJFUYp3L0
当事者がなかったといってるのに?w

16 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:51:32 ID:cZ30cEyR0
リン教授張り切りすぎw

17 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:52:02 ID:SDEqssMh0
英文見せろ。この手の学者は意図的な誤訳が多すぎるからな。
たとえばこの文章、「三月二十一日に、日本兵が慶留間の島民に対して
山中に隠れ、米軍が上陸してきた時には自決せよと命じたと繰り
返し語っている」
「命じた」と訳してる動詞は原文ではなんだったのかとか、「日本兵」と
訳してる主語は原文ではなんとかかれているのかとかが知りたい。


18 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:52:32 ID:jFVghOvv0
集団自決否定してる香具師なんて居るのか?

俺の祖父は台湾に行く船中で終戦を迎えたクチだが
それでも向こうに着いたら、「負けて申し訳ない」とかいって無理心中や集団自決が結構あったそうだ
激戦区の沖縄ならあって当たり前だと思うが

19 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:53:09 ID:mNGEa6Hn0
反日沖縄人は朝鮮人と同様、殺されるべき存在。天皇の赤子でない沖縄人は日本人ではない。
>>1が仮に真実だったとしても、日本軍が偉大だったことは動かぬ事実だ。

20 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:53:32 ID:L7L8uGsw0
>>10
顔が真っ赤だぞw
>>11
マウスを持つ手が震えてるぞw
>>12
涙目だぞw

ネット右翼必死です!www

21 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:53:32 ID:RJSUAvHH0
日本にも創作の歴史の中で生きている人がたくさんたくさんいるんだね

22 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:53:42 ID:Slncz/LA0
この教授はどこに話を持って行きたいのか全然分からん
沖縄の戦後保障を怠っている政府を批判したいのか?
それともただ日本軍は畜生だったという戯言を言いたいのか?

23 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:54:16 ID:ICf8jQRd0
>12
中共の工作員乙

24 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:54:34 ID:O8583apq0
>>沖縄戦の事実をゆがめようとする動きを批判した。(謝花直美)

ここ余計。

25 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:55:23 ID:A3ajFwo10
>>18
当事者が集団自決は嘘だったといっている。
全く関係ない第三者があれは事実だったといっている。
さて。

26 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:55:36 ID:iKTW2MLK0
>>18
実際にはあっただろうな。
でも証拠がない以上憶測でしかない。
と、いうのが理屈だよな。

27 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:55:59 ID:BYJp/sak0
報道するのはいいけど本物かどうか確認したのかな

28 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:56:05 ID:Zd23kvbL0
菊水特攻

29 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:56:25 ID:dmx058+2O
>>18
軍が強制したかどうかが問題なんだろうが。

30 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:56:56 ID:vQmHQzUC0
最近はこんなことまで否定する動きがあるのか・・・
当時の日本軍はそんなこと言わないわけがないだろ


31 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:57:15 ID:R46fz/pSO
>20
心が真っ赤だぞw

32 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:57:37 ID:SDEqssMh0
>>18
集団自決があったことは誰も否定していないが、「天皇の手先の悪の日本軍wが
嫌がる住民を無理やり集団自殺させた」かどうかが問題。

33 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:57:40 ID:Hf6GyWpS0
住民皆で口裏合わせした、って証言の記事なかった?
じゃ、そういう資料が残っているだろうよ。

34 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:58:00 ID:cZ30cEyR0
あってもなくても、それが戦争というものだ。
その戦争も半世紀以上も前の大昔のことだ。
今更、どうでもいいのでは?

低脳バカチョンじゃあるまいしwww

35 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:58:53 ID:MfPU2grc0
>>33
「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん

 第二次大戦末期の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で
 軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)が、「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等
 援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする
 住民は1人もいなかった」と証言した。現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑性が
 薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な
 材料になりそうだ。

 照屋さんは、旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の
 支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や日本政府南方
 連絡事務所の担当者らで、集団自決犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。

 同法は、一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いと
 する案が浮上。村長らが、赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、
 同意を得たという。照屋さんらは、赤松元大尉が自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の
 厚生省(当時)に提出。これにより遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。

 照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の
 悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/16661/

36 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:59:00 ID:8BxsGBm70
沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200508271300_09.html

「集団自決」の真実探る/渡嘉敷などで証言聞く

> 金城さんは「自決を命令する言葉があったかなかったではなく、軍隊によって住民が
>                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>追い詰められていったことが問題だ。上陸一週間前に自決用の手りゅう弾を渡すなど、
>                                 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>日本軍は巧妙に住民を追い詰めていった」と説明。           ↑これもウソ

>「集団自決」は、直接、手を下さなかったが日本軍による「虐殺」だと指摘した。
           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

広義の虐殺キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ !!

つーか2005年の記事なんだねコレw
2005年の時点で逃げに入ってるじゃん。
もうヤバイって完全に自覚してるよコレm9(^Д^)プギャーーーッ

37 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:59:06 ID:iQNNT61J0
*関東学院大学の林博史教授が米国立公文書館で発見した。
今まで証拠も無いのに「集団自決命令」て言っていたのか?


38 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:59:07 ID:oH8qmx9a0
>>33
「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん

 第二次大戦末期の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で
 軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)が、「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等
 援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする
 住民は1人もいなかった」と証言した。現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑性が
 薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な
 材料になりそうだ。

 照屋さんは、旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の
 支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や日本政府南方
 連絡事務所の担当者らで、集団自決犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。

 同法は、一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いと
 する案が浮上。村長らが、赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、
 同意を得たという。照屋さんらは、赤松元大尉が自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の
 厚生省(当時)に提出。これにより遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。

 照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の
 悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/16661/

これな

39 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 10:59:11 ID:vQmHQzUC0
>>34
同じことを繰り返さないためにも明確にしとく必要がある

40 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:00:27 ID:oH8qmx9a0
当時の座間味島駐留軍の最高指揮官、梅澤部隊長からもたらされたという、
「住民は男女を問わず軍の戦闘に協力し、老人子供は村の忠魂碑前に集合、
玉砕すべし」の箇所の削除を指示する母の表情には、険しさが感じられました。
 〜中略〜
事実はそうではなかった。
母は自分の“証言”がもとで、梅澤元部隊長を社会的に葬ってしまったと悩み、
戦後三五年経ったある日、梅澤氏に面会して「あなたが命令したのではありません」
と告白≠オました。

著者
宮城 晴美(みやぎ・はるみ)
1949年、座間味村に生まれる。
http://www.koubunken.co.jp/0250/0249sr.html


41 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:01:33 ID:Hf6GyWpS0
>>35 >>38
サンクス。

>村長らが、赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、
>同意を得たという。照屋さんらは、赤松元大尉が自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の
>厚生省(当時)に提出。

ほら。

42 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:01:56 ID:eJzq3cfl0
都合のいいときだけアメリカの肩もつんじゃねーよ、糞サヨが。


43 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:02:30 ID:K3VO+wMs0 ?PLT(10635)
ほんと日本って何時まで経っても糞サヨが多いよな
戦前云々なんてもういいじゃん

44 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:03:13 ID:ZARhxzHb0
日本が大戦中の文書をなかなか公開しないから、公開条例が
きちんと定められているアメリカで調査するんだよ。
防衛庁がちゃんと公開すれば、東京で調査できるんだがね。
まだ生きている人間がいるから難しいんだろうな。

45 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:03:13 ID:G+tWFKql0
>>18
自分の意志での自決 なら問題にはならない。

「民間人が軍命令で無理矢理自決させられたのだ!」と
言い張る人達の証拠があいまいなのが問題

46 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:03:48 ID:Slncz/LA0
>>39
明確にするためにも
まず、当時の日本軍がどのようなものだととらえているのか
聞かせてもらえますか?

47 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:05:23 ID:amVCTDeFO
沖縄人の立場からしたら補償金をもらえるから
命令されたことにしといた方が好都合だよなぁ。

48 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:05:29 ID:ZARhxzHb0
>>38
過去に嘘をついたという人間の言うことを、今度は
全面的に信用するわけだ。

信用する根拠は何だ。今度こそ嘘をついているかもしれないぞ。
今回は本当だと信じる根拠は何だ?

49 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:06:01 ID:9ytFWxRFO
残念ながら日本は壺国家になったからまた繰り返されるようなものだろ。
戦争、争い、人殺し、事件、事故を繰り返したければ、
全世界のそれを阻止したい者達が子孫を残さず寿命を終えることで
そのすべての人々の全子孫は生まれないことで死からも守られるから、
夢は叶うのと同じ。
残った人類で、人類が滅ぶまで戦争させればいいだけ。

50 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:06:03 ID:x7GWoUvQ0
くだらない学問芸者の、嘘よりも、照屋さんの証言に、すがすがしさを感じる。

51 :他人の子息には特攻を強要しながら :2006/10/04(水) 11:06:16 ID:x3aRiFDE0
>>28
       
東條英機(*1)には長男 英隆(1911年生) 、次男 輝雄(1914年生) 、三男 敏夫(1925年生)の3名の男子がいたが、
日中戦争と、それに続く太平洋戦争で、立場を利用して画策し、1人も戦死者を出さなかった。
 
長男、次男は兵学校進学を希望したが、それを許さずに理科系に進学させ、
卒業後それぞれ鴨緑江発電、 三菱重工業に就職して徴兵を逃れた。
   
三男は士官候補生(59期生)となったが、 東條の意をくんで、軍は前線には出さなかった。  
 
これと対照的に、日露戦争の第三軍司令官・乃木希典(*2)は長男勝典(1879年生)、
次男保典(明治14年生)のいずれも軍人に育て上げた。
両名とも日露戦争に出征し、それぞれ1904年5月27日および同年11月30日に戦死した。
 
また最後の陸軍大臣・阿南惟幾(*3)は、次男惟晟(陸軍少尉)を昭和18年戦死で失った。
 
  *1 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%A2%9D%E8%8B%B1%E6%A9%9F
  *2 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%83%E6%9C%A8%E4%BF%9D%E5%85%B8
  *3 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E5%8D%97%E6%83%9F%E5%B9%BE

52 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:06:25 ID:fOh9TpBX0
>>48
根っからの売国奴だな。
日本から出て行け。

53 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:06:59 ID:bWyh3KTE0
書類を自分たちで作ったって言ってるし、その書類を証拠だっていってるのか?

54 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:07:02 ID:GzDGAITV0
別に強制しなくても、江戸時代から脈々と自決する文化があるわけですが・・・。
今の日本人は、欧米文化の価値観を持っているから理解できないけれどね。
昔は、それが当たり前だったんでしょう。
敵の捕虜になって生き恥さらすなという感覚は、一朝一夕のものじゃない日本の精神文化だった。
現代の善悪の価値観で判断しては、いけないよ。

55 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:07:17 ID:MfPU2grc0
当時の米の公文書とやらが信用に足るといえるのだろうか?

「初めからマッカーサーは山下大将を殺すつもりであった事は記録から明らかである。
私が思い起こすことのできるこれと一番良く似た裁判は、法廷が「判決が第一、証拠
は二の次」と宣言する「不思議の国のアリス」の裁判である。
山下裁判は訴訟手続きの上でも問題があった。マッカーサーの定めた指令は証拠
の採用について、これまでの裁判や軍法会議にも見られぬ幅の広さをこのように
規定していた。
「軍事委員会は、訴因を証明または否定するに足ると当委員会が判断する
一切の証拠、もしくは理性のある人間の考えで証拠力があると当委員会がみなす一切の
証拠を認めるものである」これで普通の訴訟では認められぬどんな伝聞証拠も認められる
ことになり、法廷に出廷しない承認の口述書も証拠になりえるということが起こった。

レイノルズ少将はマニラの軍事法廷前日に舞台稽古、または陸軍の予行演習を行った。
舞台稽古はしっかりしたものだった。全裁判は世界の視聴を集めて演ぜられる演劇
の性質をおびたものだったからである。

弁護団による証人の反対尋問は徹底的に制限され、10月8日の罪状認否のさいに被告に
わたされた明細訴状に64のつみが列挙されてあったのだが、与えられた3週間の休廷期間
の間に弁護団が日曜も返上して反証に最小限必要な調査を整えたのもつかの間、
再開の直前に59に新項目を並べた「追加訴状」が届けられた。弁護団の再延期の要求
に対し、レイノルズ裁判長は、必要な時間を与えようと公言した。ところがその約束は
4日後に破られた。弁護団bんは全く偶然のことからこの日付の間に、東京のマッカーサー
の司令部からマニラの司令部代表に無線電信が送られた。その電信によれば、マッカーサ
は山下裁判に延期があるかもしれないということにいらだってせきたてていた。・・・

マニラ軍事裁判弁護人A・フランク・リール


56 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:07:18 ID:eJzq3cfl0
日本軍が現地住民に干渉しすぎたのが結果的に
罪だと見なされたってことだわな。
ヒズボラみたいに住民が死のうが我関せずで黙々とゲリラ
やってればこうはならなかった。
従軍慰安婦でもそうなんだけど、いろいろと民間人にまでいらぬ
世話を焼きすぎるんだよ、日本軍は。

57 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:07:33 ID:7A8pn2S60
自決命令だしたといわれてる当人がまだ生きているんだよ
その人が新聞社や大江を訴えている
事件はもっと具体的だよ
>>1程度の資料で覆せると思ってるんなら驚きだ

58 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:07:39 ID:8BxsGBm70
沖縄が唯一の地上戦てのもウソだしね。
北方領土はどうなんだと。
氷雪の門を知らねーのかと。
米軍なんかより、ソ連軍の方が遙かに残虐非道だったからな。

そもそも東京だって無差別大空襲を受けたわけで、空襲より
地上戦が悲惨だなんて誰が言ったんだ?

沖縄はウソにまみれてる。
金目当てにやってんなら朝鮮人並みの所業だな。

59 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:08:29 ID:Y8CfI5wA0
こいつのホームページ、見てると頭が痛くなってくるwwww

>朴一、大田修ほか『「マンガ嫌韓流」のここがデタラメ』(コモンズ)
>これほどのウソ、でたらめ、間違い、詐欺だらけの本(「マンガ嫌韓流」のような)が出版されるだけでなく、
>人気を博す日本社会は、腐りきっているという以外に言いようがないですね。
>批判の労をとった執筆者のみなさんに心から敬意を表します。

林博史研究室へようこそ
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/

60 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:08:46 ID:59K0OX6G0
冷静に客観的に考えてみて、兵隊でない民間人に集団自決させる意味がわからん。
民間人にはさっさと降伏させるのが軍隊の務めじゃないのか?
従って、私は軍による集団自決の強要はなかったと思いたい。


61 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:08:46 ID:yBpRnTzZ0
>>51
203高地で出生した子供を失った親も、
乃木のことは悪く言わなかったと聞くな。
「子供を二人なくした親(乃木)もいる」
と。

62 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:09:10 ID:opsN+RcK0
正式の命令か、一部の軍人の暴走かが問題なんじゃないか。
渡嘉敷の場合は善意から認めたウソが暴走したパターンだ。

63 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:09:59 ID:eJzq3cfl0
>>60
住民を機銃掃射や火炎放射器で焼き殺したりしてるような
軍隊に投降しろなんて言えるか?

64 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:10:02 ID:MfPU2grc0
ラトレッジ判事
「普通の証拠規定、或いは正当にそれに代わるべきものであろうが
文官法廷あるいは刑事裁判に関する慣習的な保護がこれほど撤廃
されたことはない。証拠の許容性と立証価値に関する限り、マッカー
サーの指令は軍事裁判官そのものを法律にした。」

マーフィー判事(米連邦最高裁判事)
「少なくとも私が知る限り、あらゆる歴史の中の、或いは国際法
の中の、何物も、敗北した軍隊の敗北した将軍に対する、その
ような起訴を認めない。敗軍の将校を断罪するのに、戦勝軍によって
「創り出された」無力と崩壊を根本的基礎として使うということは
裁判もしくは軍事的現実からあまりにかけ離れてる」

「今日、戦場で敗北した敵軍の指導者である山下と本間の生命が
法の正当な手続きを無視して奪われる。それに講義するものはいない。
しかし、ここに打ち立てられた先例は明日、他のものに向けられるのである。
法の手続きを無視した法律的リンチが、今後ひきつづいてぞくぞくと
発生するかもしれない」(同判事)


65 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:11:23 ID:ZARhxzHb0
52 名前: 名無しさん@七周年 投稿日: 2006/10/04(水) 11:06:25 ID:fOh9TpBX0
>>48
根っからの売国奴だな。
日本から出て行け。


ははは、敗北宣言ととってもいいな。

66 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:12:44 ID:Slncz/LA0
>>48
人間の心境の変化を語るにはあまりにお粗末な感性じゃないか?
政府が戦後保証をしなかったから、こういう理由で保障を受けたが
大江の件もあり、あまりに悪く言われるから事実を明かした、と取るのが普通
逆に嘘をつく理由と取るのはどういう考えからだね?

67 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:12:51 ID:SewRSGTC0
>>54
俺は日本人の心性って今も昔もあんまり変わってない気もするんだよね。
「空気読め」ってのは独特のものだし。
意外と俺らも同じ状況に陥ったら自決するかもしれんよ。

68 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:13:31 ID:611m+9OH0
住民からの自発もあったし、強要もあったんでしょうな。
なんでこう、両論併記ができないんだ?

69 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:13:36 ID:amVCTDeFO
沖縄市民からしたら命令されたことにしておいた方が都合が良いからな。    
皆、沖縄人の立場を考えてアメリカ様の文章を認めようよ。
日本軍は鬼畜だったんだよ!

70 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:13:41 ID:ZARhxzHb0
>>57
まあ間違いを犯すこともあるさ。
当時は自決命令を出して、今からそうじゃなかったと
考えたい人もいるさ。
だから何って感じだね。

71 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:14:10 ID:yBpRnTzZ0
>>67
空気嫁文化は確かにあるな。
南極の基地にまで持ち込んでいた。>空気嫁

72 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:14:21 ID:8wHJsXtt0
原文 チン☆⌒ 凵\(\・∀・) まだぁ?

73 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:14:26 ID:oG8Mq2bV0
>>44アメリカは対日戦に関してはほとんどまともに公開してません
陰謀だらけだからです

74 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:14:38 ID:eJzq3cfl0
>>68
ウヨもサヨも結局自分達に都合のいいことしか
語りたがらないってことさ。

75 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:15:20 ID:nIwMyNwZ0
くすくすw

76 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:15:23 ID:fOh9TpBX0
>>65
勝利勝利大勝利かww
池田先生マンセーのキチガイだな。


日本人の人情のない奴には永久に理解できないことだ。
さっさと中国にでも行けよ。非国民。

77 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:15:50 ID:E0S2KDya0
この前の住民の証言で決着がついたと思ったけど
こっちの証言も無視することは出来ないような気がする、、、
何を信じれば良いのだろうか

78 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:16:36 ID:9ytFWxRFO
ほぼ全世界が金大好き=戦争大好き→庶民捨て駒って考え方なんだから
そんな世界で子孫残して殺された、許さん!とか言っても誰も助けてはくれない。
子供を作っても死ぬ=捨て駒に使ってもいいと世界中の政府は考えている。
寿命のある人間が子供をつくることは、つくった時点で殺すことと同じだ。
酷なことを言うかもしれないが、嫌ならつくらないしかない。

79 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:17:35 ID:G+tWFKql0
それよりさー、
この照屋氏の証言が一切TVのニュースで取り上げられないって事の方が恐いよ

ウソか真実か判らないまでも、「こう言う証言が出ました」ってくらいにはニュースでやると思ったのに・・・

80 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:18:03 ID:N14uKhUc0
飲酒運転による被害・事故が多発する中、
自社の田島真一記者の飲酒運転事件を知りながら長期間報道せず、
記事でも匿名のままにした中日新聞、
また彼を身内のコネで入社させ、
かつ今回の事件では幹部として揉み消しを図った
田島暁中日新聞論説主幹および、
コラム「筆洗」での
「キムチは最近、寄生虫卵騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫力がつく」
で知られる田島力東京新聞論説委員に対して抗議する。

詳細は以下を参照のこと
http://www.tanteifile.com/diary/2006/09/17_01/index.html

ご質問・お問い合せ
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/qa/index.shtml

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/questions/questions.html



81 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:18:07 ID:aRgBBSnx0
>>21
歴史とは創作である

82 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:18:09 ID:qfpmKYuiO
>>61
乃木に対する賛否両論はあったぞ。まー児玉のせいで神格化なっちゃったがな。
東條は息子の軍隊入りを喜んでいたという話だがなあ。
>>51なんか、ゆがんでないか?w

83 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:18:16 ID:kxZgZfVS0
【女子高生】オークションでパンツ丸見え【女子高生】 
ヤフーオークションで服を売る女子高生の染み付きパンツ丸見え 
Q&Aでは、「その染み付きパンツ売れ」が殺到www
 
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1155138639/




84 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:18:17 ID:qtQ4v9pF0
どっちの証言を信じるか、の不毛な議論
それにのめり込むやつは、職業「大学教授」であっても
運動家に他ならない
警察官が物を盗めば、「泥棒」であるように

軍命令を証明する命令書がなければ推定無罪

85 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:18:18 ID:ZARhxzHb0
>>77
戦時中に現場で記録されているという事実は重いよ。
戦後60年も経ってから、実は俺は嘘をついていた。
赤松にも嘘をついて、一緒に厚生省を騙したなんて
通らない。

おまえら一緒に刑務所にいけよ。って言いたいな。
死んだ奴も被疑者死亡のまま送検だ。

86 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:18:20 ID:FAKa81Tw0
>1を読む限り米軍は“指導されてた”と記録していて“命令されてた”とは書いてないような気がするのだが?

87 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:19:12 ID:RIi1PoXv0
>>59
なんでこういうヤツラのHPってこんな配色なんだ?
目がチカチカするし、文章も読みづらい。

お花畑で生きてるとこんなんになるんかね〜。

88 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:20:02 ID:G+tWFKql0
>>77
「軍からの命令だと(人から)聞いた」人が、「軍命令」だと信じて自決した
ってケースもあるだろうしね

89 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:20:20 ID:611m+9OH0
>>74
だよなぁ。
従軍慰安婦にしても、そういうこともあっただろうし、半島住人が売春を行った場合もあっただろうに。
どっちかしかない、なんてことはなかろうに。

あと、慰安婦に関しては、戦争に行ったじいちゃんの話ではなかったそうだ。レイプはしたそうだ。なんじゃそりゃ。

90 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:20:48 ID:Slncz/LA0
>>85
お前のしょぼくれた感性も通らないな
要約も読めないようじゃお笑い種だねぇ

91 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:21:00 ID:MfPU2grc0
>>85
固有名詞がない

92 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:21:26 ID:qfpmKYuiO
>>68
なに馬鹿なこと言ってるんだ?
間とっとけってか。
それを言うなら「わからない」にしとけよ。

93 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:21:52 ID:ZARhxzHb0
>>89
慰安婦が配置されなかった地域に派遣されたってことでは。
慰安婦自体がいたことは議論の余地がない。


94 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:22:06 ID:SWyRazlz0
なんだかネトウヨがドンドン追い詰められていくね
そういう流れなのか?

95 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:22:57 ID:qtQ4v9pF0
時代の「空気」も考えなきゃならんよ
当時軍人と民間人のどちらの戦意がより高かったのか
想像してみにゃならんよ

96 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:23:03 ID:ueO3+mh30
>>86
そもそも軍が国民に対して自決しろなんて命じる法的根拠はないから、「命令する」も「指導する」もカワラン。


97 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:23:25 ID:fOh9TpBX0
>>89はさりげなく工作員

98 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:23:45 ID:YVd0hROm0
>>88
そういうのはけっこうありそうだね。
母親が、「そういうことをするとお父さんに怒られる」とか言って子供に言うことをきかすみたいにね。
実際には父親は全く無関心だったりするんだが。

99 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:24:37 ID:SWyRazlz0
もし、俺が女性達を集めて手榴弾を手渡して「自殺しろ」と命じて
女どもが自殺したら、勝手に死んだバカな女達なのだろうか?
なんとなく刑法に触れる気がしてならないんだが。

100 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:24:53 ID:EwlOvhWZ0
・白旗振って投降しようとした女学生の集団を目標にコルセア(F-4U)で「射的ゲーム」
・「英語」でガマ(洞窟)の住民投降を呼びかけ返事がなければ手榴弾or火炎放射
(最初は日本語で行っていたが日本語ができる将兵が不足&面倒くさくなった)
・日本語で投降を呼びかけて1分待たずに攻撃
・投降の呼びかけを聞いて出てきた女学生を写真のネタにする為射殺(未確認)


101 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:25:15 ID:RDjfZpix0
洗脳もしくはソレに近い事があったことはおおよそ事実だろうし、実に良くない事だ。
そんなことはどうでも良いから「何が実際あったのか」だけをキッチリ書類にして公開すりゃ良いんだよ。
都合良いところだけスポイトして全体に当てはめてちゃ実像は掴めんし後代への教訓にもならん。

102 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:25:20 ID:Sj6rzuOd0
結局、軍の命令という根拠は一切なく
感情論のみで攻めるんだな

証言なら集団自決否定は報道しないのかよ
その姿勢でお里が知れるな

103 :名無しさん@6周年:2006/10/04(水) 11:25:38 ID:5ynGoxpI0
俺の婆ちゃんは終戦時仙台に住んでいたが、自決用に青酸カリの入った薬包を配給された
と言っていたゼ!親父は婆ちゃんがしばらくの間その薬包を大事に持っているのを見て
いたと言ってた。なんでも進駐してきた連合軍に陵辱されるまえに使うらしかった。

104 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:26:21 ID:qtQ4v9pF0
>>96
暴力的強制があったのか、広義の強制があったのか、って話か?

なにやらアレみたいな話だな

105 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:26:54 ID:611m+9OH0
>>97
ちげーよw
じいちゃんの経験のみだ。全体がこれに準じるなんてこれっぽっちも思ってねーよw

106 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:26:55 ID:G+tWFKql0

*****初見の方へ**********************************

ttp://blog.zaq.ne.jp/osjes/article/22/ 

ここの下半分くらいからの「照屋昇雄さんへの一問一答」
がわかりやすいかも

*************************************************

107 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:26:58 ID:xX2ngC3j0
軍を守るためなら
沖縄住民までも在日朝鮮人認定して
金目当てで自決させられたと嘘をついたとする糞ウヨ

108 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:27:30 ID:eJzq3cfl0
>>99
民間人に武器を手渡したり、自決を促したりするのは国際法違反だよ。
米軍にレイプや虐殺されない為と善意からの行動だとしても、それは違法。
結局、そういったことが後々にまで禍根を残してしまってるわけよ。

109 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:27:35 ID:y34A61Cf0
正直どっちでもいい

110 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:27:38 ID:xEchMP1U0
まぁ、小林よしのりを読もう!それでこのスレ観ると、集団自決命令は事実と
政治的に意図的にそう思わせる理由がよくわかる。

ただ、日本がどうより、中韓やアメリカの方が酷い事をまず言うべきだ!

111 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:27:49 ID:SWyRazlz0
モニターを見ながら涙目で必死にキーボードを打ち込むネトウヨの姿が想像できて笑えるんだが。

112 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:27:56 ID:EwlOvhWZ0
>>103
実際沖縄じゃかなりあったらしいからな>集団レイプ
そりゃ若い女性の生存率は低いわな。死人に口無しってやつ。

つーか今の米軍見てれば奴らが紳士的だったとか大嘘だったわかりそうなもんだけどな。

113 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:28:01 ID:f3a9O29H0
集団自決といえばまだ聞こえはいいが、軍が自国民間人を殺したのと同じだからね
沖縄の人の中に本土に複雑な思いをもってるひとがいるのも分かるよ

114 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:28:04 ID:611m+9OH0
>>93
だろーねー。

軍派遣か、商売かは知らんけど。

115 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:28:39 ID:611m+9OH0
>>111
自己紹介乙

116 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:28:50 ID:qtQ4v9pF0
>>103
おまいの婆さまには悪いが「配給」は嘘だ
動員先の工場で貰ったんじゃね?

117 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:28:59 ID:DMcAV80M0
捕虜になったらレイプされて殺されると思い込んでて
追い詰められたら先に死にたいと思うのが日本女性の発想だろう
追い込んだのが日本軍だってのもわけわからん

118 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:29:00 ID:RDjfZpix0
>>103
まー戦争とレイプは相当近い関係にあるしな。
レイプで済めばまだ良いが、戦後の混乱期ともなるとレイプ後に切り捨てられるって二重苦も有りうる。

死ねと命令するのはともかく、死ぬ手段を与える事がすなわち悪では無いと思うよ。
つーかまぁ自決用の薬物や火力だってタダじゃないし。

119 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:29:43 ID:611m+9OH0
>>103
ああ、うちのばあちゃんも持ってるなぁ。そんなに大量に配ったんか? あぶないなー。
賞味期限(?)もあるんだろうけどさ。

120 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:29:56 ID:fOh9TpBX0
>>103
満州では侵略して来たソ連軍にレイプされた挙句に殺された女性が多数いた。
ドイツのベルリンでは全女性の半数以上がソ連軍にレイプされた。
薬物を与えるのは地獄からの回避のため。

121 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:29:58 ID:EwlOvhWZ0
>>108
真珠湾のあとにハワイ住民に軍事教練やってたのどこの国だっけ?

122 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:30:00 ID:MfPU2grc0
w


94 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/10/04(水) 11:22:06 ID:SWyRazlz0
なんだかネトウヨがドンドン追い詰められていくね
そういう流れなのか?


111 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/10/04(水) 11:27:49 ID:SWyRazlz0
モニターを見ながら涙目で必死にキーボードを打ち込むネトウヨの姿が想像できて笑えるんだが。

123 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:30:24 ID:qfpmKYuiO
>>108
手榴弾の出所は防衛隊員というわな。
わかるよな。

124 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:30:33 ID:eJzq3cfl0
>>118
でも、その死ぬ手段を与えたことが米軍の蛮行を
正当化してしまってるんだよな。
民間人でも手りゅう弾持ってたら殺されても文句言えないよ。

125 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:30:51 ID:+KcCRWsK0

クソサヨの嘘が段々ばれてきて

住みにくい世の中になりましたね(w

集団自決を信じている奴は宗教と同じだね。



126 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:30:57 ID:qtQ4v9pF0
>>113
戦後のパラダイムシフトによって「複雑な思い」を持たされたのだということが
なぜわからん! 坊やだからか?

127 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:31:08 ID:5sWM+GZk0
で、日本の軍部からの命令書類という一次資料は無いわけね。
わかりました。

128 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:32:02 ID:RDjfZpix0
ねらーの大半は真実を知りたいだけで都合の良い嘘を知りたいわけではない。
明らかに嘘だとされるモノが嘘であると証明されれば拍手喝采だが、
それを覆す事実が呈されるのであれば素直に受け入れるだろう。

無論、新たに呈されたものが事実であるかの検証は必要だが。

129 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:32:48 ID:yqgzGtzlO
で、ホントはどっちなんだよ
互いに都合の良いことばっか言ってないで真実を明らかにしろ

130 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:32:51 ID:op1aEWAi0
>>77
そもそも、この前の証言からして怪しかったよ
このニュースで、やっぱりうそだったんだって確信したよ

131 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:33:05 ID:SWyRazlz0
麻原ショーコーがサリンをばらまかせた際に命令書類ってあったっけ?
俺は、あまり記憶にないんだが。

132 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:33:31 ID:MfPU2grc0
マッカーサーの定めた指令は証拠
の採用について、これまでの裁判や軍法会議にも見られぬ幅の広さをこのように
規定していた。
「軍事委員会は、訴因を証明または否定するに足ると当委員会が判断する
一切の証拠、もしくは理性のある人間の考えで証拠力があると当委員会がみなす一切の
証拠を認めるものである」これで普通の訴訟では認められぬどんな伝聞証拠も認められる
ことになり、法廷に出廷しない承認の口述書も証拠になりえるということが起こった。
A・フランク・リール米軍大尉

133 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:33:40 ID:QM5K1mEoO
まああの御時世だからな〜。
自決の指導ないしは米側に捕まると男は虐殺、女は陵辱されると言った一方的な教育があったんだろうな。

134 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:33:39 ID:9ytFWxRFO
どんなに真実、嘘のことを本などにして後世に残そうが
後世の人はどれが真実かもわからん。
ピラミッドだってマチュピチュ遺跡だってさっぱりわからん。
またその謎のほうが後世の人には魅力があったりする。
つまり、全ての子孫を守りたければコンドームつけて子供はつくらないに限るということだ。
昔と違ってコンドームがあったり半ば強制的に結婚させられたり、子供つくらされたりしないから
今なら自由だろ。

135 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:34:05 ID:MqvbEpMv0

いい加減 沖縄沖縄うるせえよ。

そりゃ、激烈な地上戦で亡くなった人は気の毒だと思うよ。
だけどな、当時は戦争してたんだよ。

日本全国の主要都市に絨毯爆撃され沢山死んでんだよ。
原爆も2発落とされたし、東京じゃ一晩で10万人以上が炎に巻かれ焼け死んで 家も家財も失った。

何も沖縄だけが悲惨だったわけじゃない。 
ブサヨに良いように操られんのも いい加減にしろや。


136 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:34:11 ID:611m+9OH0
>>127
外務省が公開せんかららしい。
ステイツの文書がどれほど信頼できるものなのかは知らん。

137 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:34:36 ID:6qffwS4W0
渡嘉敷島は嘘
慶留間はホント
ってことでいいんじゃないの?


138 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:35:08 ID:f3a9O29H0
世界に冠たる無能・自己保身集団の旧日本軍なんて
ウヨ基準でもかばうに足らない存在だろ
旧日本軍かばってるのは、じいちゃんが将校だったとかで過去の栄光にすがってるやつだくらいだな

139 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:35:24 ID:qtQ4v9pF0
>>131
そうそう、ヒトラーがユダヤ人を虐殺しろと命じた命令書も存在しないから
ホロコーストもなかったんだよな?ww

140 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:35:35 ID:611m+9OH0
>>128
だねぇ。
たかだか60年で、生きてる人も居るのに、これだけウソとか入り混じるほうが異常。

141 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:36:07 ID:MfPU2grc0
>>138
>世界に冠たる無能・自己保身集団の旧日本軍
間違い。

142 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:36:13 ID:eJzq3cfl0
>>133
でも実際、米軍は戦後もキャンプで虐殺、レイプし放題でしたよ。
GHQの情報統制でそれがもみ消されて結果日本軍の
違法性だけが問題視されてしまってるのがこの問題であるわけで。

143 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:36:14 ID:oH8qmx9a0
>>48
>>1と矛盾ないんだが?




144 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:36:27 ID:RDjfZpix0
>>124
そりゃま手榴弾はなw
法に反しようが一人一人に薬包一つでも与えられりゃ良かったんだろうが、当時の物資状況はどうだったんだろうね。

戦場で狂に走るのは何も殺す側だけではない。
「苛烈な蛮行が起こりうる」と思い込んでしまった、
または思い込まされてしまった時点で第三者的な判断は下せないだろうな。

だから戦争は起こらないように、動いていかにゃならんわけです。
ねらーはみんな平和主義よん。

145 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:36:32 ID:ZARhxzHb0
>>108
実際に日本全土で住民に竹やりを作らせて、地上戦要員として
訓練していたし、墜落した爆撃機の乗員を住民が殺害しているが。

146 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:36:50 ID:op1aEWAi0
>>131
ウヨは自分の信じたくないことは、そのつど「証拠」を要求します
時には証言を信じません

信じたいことについては、根拠のない事も簡単に信じます
根拠のなさそうな証言も妄信します

>>139
こういう馬鹿がウヨwwwww

147 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:36:50 ID:RnxQlx2l0
生きて虜囚の辱めを受けず・・・
自決って美しいね。でも東条自身は失敗したけど
おれもそんな勇気はない

148 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:37:19 ID:5P2DjKGv0
>>1
自決した人に聞いてきたのか?

149 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:37:21 ID:qfpmKYuiO
>>129
さあ、君が関東在住ならば、今すぐ沖縄戦資料室に走るんだ!


150 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:37:22 ID:iZ3tITKl0
>>135
いや、日本人は太田少将の意思もあるからね。
沖縄には怒りの感情は沸かないが、いい加減、沖縄を食い物に
してきた、この手の汚い左翼には堪忍袋の緒も切れようってもんだよな、、、、、



151 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:37:28 ID:Sj6rzuOd0
>>138
具体的には?
そういうのすべてが脳内妄想か伝聞から生まれてるんだろ
俺は日本軍は日本軍としか認識してないんだがな

152 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:37:42 ID:9ytFWxRFO
昔の人はコンドームなんかなくて、大家族でたくさん殺されたのはかわいそうだけど、
そういう歴史知ってて中田氏で子供つくるやつは、これから戦争がおきようと、
何がおきようと自己責任な、ってことだ。

153 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:37:46 ID:SWyRazlz0
>>139
福岡の緒方一家殺害事件の犯人の松永太も、そういう言い訳をしてるんだよね
「俺は直接的に誰も殺してない」「緒方一家がお互いに殺しあった」
「俺が殺せと命じた物的証拠はありますか?」ってね。

流石プロだ。

154 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:38:22 ID:eJzq3cfl0
>>145
だから結果的に日本は戦犯として裁かれてるじゃんか。

155 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:38:34 ID:urgtH6ef0
>135
沖縄はもともと日本じゃないのに徹底的に利用されたからだろ

156 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:38:35 ID:JvEH4APg0
>>39
「あってもなくてもそういうのはいけないよネー(´・ω・)(・ω・`)ネー」って
認識を皆が持ってればいいんじゃないの?


157 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:38:39 ID:buBE9Ac30

行政的にやったものじゃないと
一切無意味だと言うことが理解できないのがブサヨククオリティww

158 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:38:52 ID:PuQ/FIOW0
沖縄の人たち自身はどう思ってるの?
こんな日本に属するのはイヤかい?

159 :名無しさん@6周年:2006/10/04(水) 11:39:04 ID:RymvXtuC0
なんで↓みたいなのはちゃんと報道しないの??????????

第二次大戦末期の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で
軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)が、「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等
援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする
住民は1人もいなかった」と証言した。現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑性が
薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な
材料になりそうだ。

照屋さんは、旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の
支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や日本政府南方
連絡事務所の担当者らで、集団自決犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。
同法は、一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いと
する案が浮上。村長らが、赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、
同意を得たという。照屋さんらは、赤松元大尉が自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の
厚生省(当時)に提出。これにより遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。

照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の
悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。

渡嘉敷島の集団自決は、昭和25年に発刊された沖縄戦記「鉄の暴風」などに軍命令で行われたと
記されたことで知られるようになった。大江健三郎さんの「沖縄ノート」では、赤松元大尉が「『命令
された』集団自殺をひきおこす結果をまねいたことのはっきりしている守備隊長」と書かれている。
その後、作家の曽野綾子さんが調査やインタビューを基にした著書「ある神話の背景」で軍命令説への
疑問を提示。平成17年8月には、赤松元大尉の弟らが岩波書店と大江さんを相手取り、損害賠償や
書物の出版・販売の差し止め、謝罪広告の掲載を求める訴えを大阪地裁に起こしている。(一部略)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/16661/


160 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:39:31 ID:MfPU2grc0
マーフィー判事(米連邦最高裁判事)
「少なくとも私が知る限り、あらゆる歴史の中の、或いは国際法
の中の、何物も、敗北した軍隊の敗北した将軍に対する、その
ような起訴を認めない。敗軍の将校を断罪するのに、戦勝軍によって
「創り出された」無力と崩壊を根本的基礎として使うということは
裁判もしくは軍事的現実からあまりにかけ離れてる」

161 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:39:52 ID:TzuIbausO
ネット右翼は低脳だからな

162 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:40:01 ID:FAKa81Tw0
だから!
米軍は「民間人たちはとらわれないために自決するように指導されていた」と記録してるんだよ!
指導だよ“指導”!
“命令”されてたんじゃないんだよ!

163 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:40:24 ID:Fs0z6GlV0
>>138
その無能に勝てた国はアメリカしかない事を忘れては困るな。
漁夫の利で戦勝国の中国とか、同じ日本軍だったくせにいきなり裏切った朝鮮とか
終戦間際になだれ込んだ今は亡きソ連なんて問題外。

164 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:40:27 ID:qfpmKYuiO
>>152
つ突撃一番

165 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:40:54 ID:tGSScWx8O
えっと、、

これ、何か証拠になる(;´Д`)?

166 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:40:59 ID:qtQ4v9pF0
>>146
あのな、ちょっとだけマジレスすると、
立証責任は原告側にあるんだよ
他人を罪人だと言ってる奴が、罪の証拠を提示せにゃならんの。
法治国家に住んでる自覚はあるか?
話が難しすぎるか?

167 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:41:04 ID:op1aEWAi0
>>159
一部の3流メディアでは報道されただろ

きちんとしたメディアなら、この発言の信憑性の低さから
報道を控えたかもしれないがね

168 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:41:08 ID:9ytFWxRFO
自分が伝えたい真実を本にしてタイムカプセルみたいに埋めればいいんじゃないか?
どうせ本当だろうと政府は金払いたくないみたいだし。


169 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:41:10 ID:D8TFHHK50
林博史 - Google 検索:
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%9E%97%E5%8D%9A%E5%8F%B2&start=0&hl=ja&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox&rls=org.mozilla:ja:official
林博史はサヨクの研究者だね。

この資料の背景分析しないとこれだけでは当時の意味は不明だろう。


170 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:41:23 ID:611m+9OH0
>>159
じいちゃん、ぼけた。

だそうだ。

171 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:42:31 ID:oH8qmx9a0
>>167
一流メディアって、どこ?

172 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:42:44 ID:16UUxdVj0
おい馬鹿ウヨ


言い訳ごまかしがバラバラだぞ

苦しいのはわかるがせめて統一しろよwww


173 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:43:09 ID:2phyH95p0
>>157
は? 軍の命令は絶対だろ? 平時じゃあるまいし。

174 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:43:10 ID:icp4BEg+0 ?2BP(0)
>>169

googleで調べたら、凄いよ。

この教授、日本のことを多少捏造しても、悪く言うのが商売みたいな感じだね。

175 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:43:21 ID:MfPU2grc0
マッカーサーの定めた指令

「軍事委員会は、訴因を証明または否定するに足ると当委員会が判断する
一切の証拠、もしくは理性のある人間の考えで証拠力があると当委員会がみなす一切の
証拠を認めるものである」

176 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:43:26 ID:+KcCRWsK0

「日本を貶めるのが生きがい」って奴は何がしたいんだろうね

暇でいいねプッ(w

177 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:43:29 ID:Zsnuiq1V0
日頃から米兵は残虐非道で女はレイプ、男は拷問の末殺されると
教えられていたから洞窟内でガソリン燃やしたりして窒息死しようと
市民が自発的に集団自決することもあったらしいな。
俺もそういう教育を受けていたら自殺したかもしれない。
北朝鮮人も心の底から日本人が鬼だと思ってる人もいるみたいだし。

178 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:43:45 ID:op1aEWAi0
>>166
何で裁判の話になるの?
原告って誰?

179 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:44:06 ID:SWyRazlz0
ここのネトウヨは「昭和天皇メモ」が出て来た時も

「そのメモは捏造だ!」「メモは伝聞だから無意味だ!」とか必死に否定してたんだよな。

もし天皇自身が書いてたら、「その天皇は偽者だ!明治時代に長州藩によって寅田と交換されたんだ!」

とか平気で言い出しかねない連中だもんな。

180 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:44:45 ID:oH8qmx9a0
>>173
唯一あった自決強制の命令書が
赤松大尉が戦後に書いたモノでした

181 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:44:58 ID:XbpQEJMiO
>>128
本当にそう。真実が知りたい。
それだけだ。

182 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:45:06 ID:611m+9OH0
>>169
そうじゃなきゃ、研究しないでしょw

183 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:45:23 ID:FAKa81Tw0
>>172
いつも自分たちが組織だって動いてるから
自分たちに反対する者も組織だと妄想してしまうんだな…

184 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:45:50 ID:iTA4uHVo0
公文書って日本の公文書じゃないだろ。

アメリカの聞き取りやん。
壕の中の住民は米兵に火炎放射機で焼き殺された、って記録もあったかい?

185 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:46:15 ID:611m+9OH0
総合すると、戦争にだけは負けたらあかん、ということですな。

186 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:47:05 ID:Lu7jz51Y0
よくわからんけど、軍令じゃなくて、単に末端の兵士が独断で命じただけってのはどうなんだ?

だいたい米軍の資料だろ。わけわからん。

187 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:47:05 ID:MfPU2grc0
一部の自称左翼の方、内容のない印象操作はやめて意見があるなら
論理立てて実証してください

188 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:47:19 ID:3VOMl6Z70
>>185

オッサンを神だとか言って神風だよりの国じゃ戦争に勝てないよ

189 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:47:45 ID:eJzq3cfl0
米軍基地に反対してるブサヨがなんでこんなときだけ
米軍を正当化するんだよ。
戦中の米軍はきれいな軍隊で戦後の米軍は悪い軍隊とでも言うのかよ。

190 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:48:34 ID:SewRSGTC0
>>185
むしろ負けることも想定して戦争計画しろってことじゃね?

191 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:48:36 ID:/XdNTEveO
事実だろうが捏造だろうが別にどうでもいいじゃない。
俺達には全く何の関係も無い。

192 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:48:38 ID:611m+9OH0
>>186
うーん。

都合のいい資料を探してきたとしか…… 反する資料はスルーしてそうだしさ……

193 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:48:56 ID:wMsdDhGA0
火炎放射器で焼かれるくらいなら自決するわな

194 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:48:57 ID:qfpmKYuiO
>>188
なんだそりゃ。

195 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:49:28 ID:l9RHKOiA0
>>188
その国に負けたロシアの立場はどうなる。

196 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:49:41 ID:SWyRazlz0
ネトウヨの皆さんにも本当は少し同情してるんだよ

小泉に裏切られ、安倍に裏切られ、自分の信じてきた証言が次々と嘘と発覚。

追い詰められて狂乱するいかない君等を「頭の不自由な可哀想な人達」と

世間は生温かく同情してるんだよね。

197 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:50:12 ID:D8TFHHK50
>>176
>「日本を貶めるのが生きがい」って奴は何がしたいんだろうね

自分の権力、発言力の源泉にしたいわけでしょう。
反日、売国が商売という人間なのですよ。
悪業もいいところ。サラ金やパチンコ屋、キャバレーなどより酷い商売。


198 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:50:19 ID:MfPU2grc0
小泉とか阿部がなんで関係あるのかね?

199 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:50:33 ID:3VOMl6Z70
>>195

つまり革命中のロシア相手にちょっとマシな講和結ぶところ
止まりってことよ

200 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:50:47 ID:tGSScWx8O

この大層もったいぶった証拠とやらをどう読んでも、

日本人の自覚としての、「陵辱されるくらいなら死を選ぶ」という精神による、単なる同調圧による
悲劇であって、「軍人の中に個人的信念から住人に自決を勧めた事があったかもしれない」という
以上の結論にはならないんだけどw

先生が生徒に死ねっつって、その生徒が真に受けて死んだ場合、文科省や日本国の命令で死んだ
事にされちゃうのw?

って話なんだけどw

さっと記事読んで、この程度の理屈もわからない人間って、知能に相当欠陥があるんジャマイカw

201 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:50:54 ID:buBE9Ac30
はいはい。
広義の強制ですね。
もうこのような言葉や定義を
発明する段階でブサヨクはド低脳でどうしようもないww
脳味噌が腐ってるよwww

202 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:50:56 ID:JLYl3MLPO
ゆがめようとする動きを批判したってwwwwwwwww
恣意的すぎるwwww

203 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:51:18 ID:ACEQtuXF0
なんかバカサヨが必死で笑える

204 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:51:18 ID:9ytFWxRFO
政府と同じ意見になるかもしれないが日本がどうなろうと知ったこっちゃねーよ。
子孫を残さず寿命を全うすれば、揺るがない地位や金なんか無くとも、心配事などなくなる。
子孫つくった人間は、日本の終焉に置き去りにされた子孫に恨まれて大変だろうがまぁ頑張れ。

205 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:51:46 ID:wMsdDhGA0
北方領土の電話局員は自決を強要されたのか?

206 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:52:00 ID:9u3VgPSjO
>>188
そういえば、アメリカの新聞で、開戦早々米軍のBー17が日本海軍の戦艦ヒラヌマに特攻、撃沈したと報道されてたな。w

207 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:52:14 ID:SWyRazlz0
>>200
はいはい。確か麻原さんも「弟子達が勝手にやった」と言ってたねw



208 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:52:23 ID:iTA4uHVo0
だいたい、「敵軍の捕虜になるぐらいなら死を選べ」っていうのは意識レベルではあった話で、
そういった意識があった人間が口々にそういったことを口にしたことは想像に難くない。
でも、そういったことが叫ばれたからといって、命令があったとは限らないんだよね。

国民が熱病に冒されてた事は否定できないが、イコール命令が発せられたということでもない。

209 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:53:10 ID:meth/D6m0
この資料自体の信頼性があやしい。
JAPJAP言いながら民間人も平気で殺すような連中が自決者に対する医療スタッフを用意するかねぇ・・・
何となく占領後、チョコレートをばら撒いてる、そんな光景ににているな。

210 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:53:12 ID:Lu7jz51Y0
>>192
そうなんだよな。

創作って証言が実際にあるから、渡嘉敷島の件は嘘だとわかったわけだが、単
に兵隊が言ったことが軍令になるなら、そういうこともあるかもしれん。

ただ、この米軍の資料だけ見て論じるのは中立性に欠いている。全ての集団自
決について精査しないといけないが、もう無理だろうな。

211 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:53:21 ID:qfpmKYuiO
>>199
そんなショボい国と組んでた英国はアホなんだな?

212 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:53:36 ID:fOh9TpBX0
今もアメリカ軍はレイプや殺戮してるってしらないんか?
イラクであれだけ問題になっただろ。

213 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:53:36 ID:CHGFfEqj0
日本人が半日になる理由がわからん

利権が絡んでるの?
自分は人とは違うという選民意識?

214 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:53:41 ID:MfPU2grc0
アンダーソンじゃまいか?アメリカはその特攻を英雄行為
としてガダルカナルの飛行場をアンダーソン飛行場と名付けた

215 :<:2006/10/04(水) 11:54:42 ID:IVfy/uLs0
>>1
このバカ教授も頭に毒素が回ってしまってるな・・・

事実だと言うのなら、さっさとその資料を公開しろよ。

216 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:54:49 ID:wMsdDhGA0
開戦した事が広義の自決強要だったんだよ(キバヤシ)

217 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:54:58 ID:3VOMl6Z70

「捕虜になるくらいなら死ね」だと?
逆だろ。
「死ぬぐらいなら捕虜になって生き延びろ」と言うべきだろ。

218 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:55:31 ID:SWyRazlz0
ここのネトウヨさんの理屈では

松永太も麻原ショーコーも弟子や緒方一家が自主的に殺人したり殺しあったという事で

二人とも無罪!

お疲れ様でした。飯食ってきます。ばいばい



219 :☆暴言ダン吉 ◆07OdcvwWr6 :2006/10/04(水) 11:55:52 ID:ltL/hMA/O
これ ど〜見ても、
アメリカのハーグ条約違反をもみ消す為に
GHQが捏造した文書だろwwW☆

ハッキリ言って作為性が判り易過ぎwwW
要は住民の自決(とされる)は自分達のせいじゃないって事を、
米軍は証明したかった訳じゃん☆

イラクやベトナム見ても解るが、
あんだけ辺り構わず艦砲射撃加えて、
洞穴かトーチカか防空壕かも判んないのに
片っ端から火炎放射器で焼き払ったら、
民間人に犠牲者が出ない方が不思議だろ〜がw☆

現地の生き残りの爺さん婆さんの証言の方が、
よっぽど真に迫ってるぞ☆
(-_-)y-~~

220 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:55:55 ID:PILP7r4U0
この史料の信憑性は
日本語(多分琉球方言)>英語>日本語(バイアスかかりすぎ)

って三重に翻訳を繰り返してる時点で胡散臭い。


221 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:56:17 ID:eJzq3cfl0
>>217
で、レイプされて米軍の子供を孕んで下さいってか?
そんなこと自分の子に言えるか?おまえ。

222 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:57:29 ID:qtQ4v9pF0
日本人が、民族の誇りをかけて戦争をしたんだよ
「愚かな軍部が賢明な民衆を扇動して」戦争できると思うのか?

沖縄人は旺盛な戦意を持っていた。老若男女みな戦闘員だった
それを米兵も知っていた。油断した米兵が竹槍で殺された例もある
だから洞窟にひと声かけただけで、即座に火炎を放ったりもした
民間人に「無抵抗であれ」と、逃げるよう促した日本軍の士官もいれば、
戦力として計算し、共に戦った士官もいた

そして軍民共に、米兵の残虐さを信じていた
これは時代感覚だ。当時の白人国家が有色民族にしてきたことすべてが
作り出した時代感覚なんだよ

ともかく、現代の価値観で過去を裁くな

223 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:57:34 ID:oH8qmx9a0
>>217
ニューギニア戦線でのオーストラリア軍やマッカサー指揮下の第四十一師団は、
「捕虜を取らない」つまり武器を捨て両手を上に挙げて降伏しようとする日本兵や、
既に降伏した日本兵を殺するので有名だった。

軍事歴史家デニス・ウォーナーは1982年に出版した日本の特攻隊に関する本の中で、
ブーゲンビル島での自らの体験を紹介している。そこで彼は、投降しようとした日本の負傷兵を、
オーストラリア軍の司令官が射殺するように命じるのを目撃する。

「しかし彼等は傷つき、おまけに降伏を望んでいます」と、
日本軍の大規模攻撃が失敗に終わったあとの戦場で、部下の大佐が司令官に反論した。
「私の言うことが聞こえただろう」と、両手を挙げた日本兵からわすか数ヤード離れただけの少将(司令官)は答えた。
「捕虜はいらない。全員射殺してしまえ」。そして彼等は撃たれた。

日本軍も負傷兵や捕虜に対する連合国側の殺害に関する情報をつかんでいて、
戦時中の日本からの対米宣伝放送(東京ローズ)では、第四十一師団のことを「屠殺者、Slaughterer」と呼んでいた。
終戦直後ある米陸軍大尉が公表した記事には、第四十一師団、捕虜を取らず
という堂々たる見出しが付けられていた。
この師団が例外的に日本兵を捕虜にしたのは、軍事情報の収集のために捕虜が必要な場合だけであった。
(容赦なき戦争、副題太平洋戦争における人種差別、カリフォルニア大学教授ジョン・ダワー著)


224 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:57:51 ID:LTumx+ny0

戦中の米軍の謀略文書を見つけて喜んでるバカ教授。

225 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:58:33 ID:Oks5NuzE0
証拠の文書って公開されてるのか?

226 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:58:47 ID:qfpmKYuiO
>>218
沖縄方面陸軍作戦を100回読み直せ。

227 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:58:54 ID:iZ3tITKl0
>>217
日本軍やドイツ軍、あとは、英本国軍あたりが相手ならばな。
イタ公も大丈夫そうだが、なんせ、あそこは捕まる方専門だからな、、、

米軍は比較的まともな方だが、中国軍(国民党、中共両方とも)や
ソ連軍、オーストラリア軍、あと、国ではないが朝鮮人共の所業を
知れば、とてもじゃないが「捕虜になれ」なんて残酷な事は言えなくなる。


228 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:59:01 ID:FRfh+ON00
んっと

「自決せよと命令が出ていた」と言う記録が出てきただけ?

命令の記録はないの?

229 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:59:10 ID:611m+9OH0
>>213
衣食住が足りたからじゃね?

230 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:59:26 ID:PTpJuRO/0
>>1
アメリカに、公文書があったんですね、
公文書が、 
こりゃー事実だわさー
公文書じゃー仕方がない
やっぱり あったんだな

231 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:59:26 ID:d/sjAUWKO
まああったかもしらんがだから何?
中国人のリン(林)さんは何をしたいのか…

232 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:59:29 ID:NdsN7C6t0
頭蓋骨をお土産に持ち帰った米兵の事も書いとけや。

233 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:59:37 ID:viQaDojC0
「従軍看護婦の集団自殺」
http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8947/aoba.htm

234 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 11:59:55 ID:8RZy3txv0
チョンの教授がまた屁理屈こねてるのか

235 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:00:09 ID:611m+9OH0
>>217
時代が違うんだ。

236 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:00:43 ID:oH8qmx9a0
この期に及んで
「米軍の捕虜の待遇は良かった」
なんてプロパガンダを信じてる人は

イラク戦争での米軍の捕虜虐待を
見てみぬフリする人であろう

237 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:01:19 ID:G+tWFKql0
>>217
現在のイデオロギーと当時のイデオロギーを一緒にしちゃイカン

238 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:01:20 ID:9ytFWxRFO
子孫作らないならまだ平和な今のうちだってことだ。


239 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:01:32 ID:shRv9Wxo0
資料ってのはメモかなw

240 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:01:40 ID:iTA4uHVo0
>>217
鬼畜米英って別に敵国だから言われたってわけじゃないぞ。

241 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:01:50 ID:nP73+Ter0
>>214

ヘンダーソンな。

242 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:01:52 ID:saY7NwQv0
つまり 米軍の証言記載に数多くみられる

朝鮮人慰安婦は 高額の給与とりであった

ということを左翼の皆さんはようやく事実認定してくれるわけですね。
よかったよかった。

243 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:02:42 ID:BDNRstyOO
>>1
単なる憶測で、証拠じゃないじゃないか。

244 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:03:22 ID:G+tWFKql0
>>239
日記帳に貼り付けてあったりしてww

245 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:04:14 ID:MfPU2grc0
>>236
まあそれは物資の差ってものがあったから
なんともいえんが。



246 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:04:38 ID:MkYhFNft0
で、結局集団自決だのひめゆりだのはデタラメなのか本当なのか

247 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:04:50 ID:9ytFWxRFO
どの道もうすぐエイズで日本人のほとんどが滅びるよだから
それまで政府はのらりくらりやるつもりだろ。
文章だけでもひっそり残しておけばいい。

248 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:04:53 ID:HCCsgjHD0
>>6でFAとは、最近はホントに10レス以内に結論が出てるスレが多いなw

249 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:05:12 ID:Yi6Vos2X0
http://64.233.167.104/search?q=cache:t9zBMgvIf9wJ:www.okinawatimes.co.jp/sengo60/tokushu/dare20050227M_01.html+%E8%AC%9D%E8%8A%B1%E7%9B%B4%E7%BE%8E+%E6%88%A6%E9%97%98%E5%8F%82%E5%8A%A0%E8%80%85%E3%81%A8%E3%81%AF%E8%AA%B0%E3%81%8B&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2

250 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:05:18 ID:qtQ4v9pF0
>>246
おいおい
集団自決を否定してる奴はいないぞ

251 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:05:46 ID:3VOMl6Z70
>>235
>>237

黙れ馬鹿野郎。特攻なんかやらせたのは日本くらいだ。
時代など関係ない。大体、アメリカに占領されてから
自分が出した命令通り自害した指導者・軍人がどれだけいたのか。
言ってることが全部嘘。ゴミどもは消えうせろ。

252 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:07:03 ID:MfPU2grc0
>>241
ああスマン。米空軍艦上爆撃隊長ヘンダーソン海兵隊少佐だった。

253 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:07:12 ID:iZ3tITKl0
>>251
はぁ?
ソ連軍にはもっと恐ろしげな懲罰部隊がありますが、何か?
中国軍お得意の人海戦術は、実体、部隊単位の特攻ですが、何か?

254 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:07:27 ID:9ytFWxRFO
特攻=アルカイダの自爆テロ並みってことか


255 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:07:36 ID:18RhXqlv0
最近歴史改ざんの志向が高くなってるねぇ。

かの国流といえばいいのか、壷流といえばいいのか・・・



256 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:08:09 ID:8ltGiLRUO
敵国の伝聞資料が何の役に立つ
アホ

257 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:08:11 ID:Qa0QW4+Q0
まぁ、沖縄は日本に属してたほうが沖縄のためだと思うよ
中国さまのもとにいったら、言論統制されるだけだからね
アメ公の基地があるほうがはるかにマシなのでは?

258 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:08:31 ID:oH8qmx9a0
>>251
肉弾をもって敵に体当たりする「特攻隊」が出撃したのは、日本だけではない。
航空特攻への最初の言及は、エチオピア戦争当時イタリアのムッソリーニ統帥が
「我々には、敵艦への体当たりも辞さないデスペラータ(命知らず)部隊がある」
と英国にはったりをかましたのが最初とされる。

人命尊重の米英空軍でも、決死の自爆攻撃を行った者は、
戦死後にヴィクトリア十字勲章や合衆国議会勲章の栄誉を受けている。
(アメリカ陸軍航空隊のコリン・ケリー大尉、
ミッドウェイ海戦・ホーネット雷撃隊のジョン・ウォルドロン少佐等)

共産主義のソ連軍でも、自発的体当たりは「タラーン」と呼ばれ、
必死ではなかったものの約600の実例がある。
さらにナチス・ドイツも実は、自発的体当たり攻撃は恒常的で
約500名の搭乗員が散華している。

特に有名なのは「エルベ特別戦闘隊」と呼ばれる特攻隊で、
1945年4月7日の白昼、2000機もの米戦爆連合に
183機(護衛63機)で挑み133機を失って50機を撃墜したと言われる。
米軍の記録では撃墜撃破23機とある

捕虜の虐待とかもそうだが、
未だ「日本だけやった」と思い込まされてるのは
有る意味、悲しい事だと思う



259 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:09:34 ID:3VOMl6Z70
>>256

天皇はアメリカのラジオ聞いて戦況を調べてたくらいだからな。
それで降伏の決断もした。
無能軍人どもが嘘しか付かないの知ってたから。

260 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:09:45 ID:xsxCE8MxO
実は民度の低さは

特攻野郎イスラム教徒>基地外の露スケ>下巣な支那チョン>アメリカ人

だと思う。

261 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:09:57 ID:MfPU2grc0
>>251
>自分が出した命令通り自害した指導者・軍人がどれだけいたのか。
いくらでもいるじゃんw
南雲中将も死んだし、有馬正文少将も特攻がはじまる10日前に
一式陸攻にのって体当たりしたし、大和特攻もそうだ。

262 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:10:36 ID:nP73+Ter0
>>254
航空機特攻はもともと44年のフィリピン戦において空母を一時期使用不能に
するための苦肉の策だった。
問題はそれがその後正規の戦法とされ、敵に損害を与えるよりも「特攻する」
ことが目的とされていったこと。発案者の大西中将は「特攻は統率の外道」
とまで言っており、終戦後割腹自殺してる。


263 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:11:02 ID:wMsdDhGA0
映画スターリングラードの冒頭を見るとソ連は二人の兵士に銃を一丁しか支給しないで突撃させてるし
中国も南京で民間人に鎖の足かせをつけたりしてるが

264 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:11:07 ID:qfpmKYuiO
>>251
は。大西がのたうち回って死んだところで特攻問題は不問にはならん。
阿南が腹をきって、一死をもって大罪を謝したところで陸軍から何人吊されたんだ。
自決すればそれで済む時代ではない。

265 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:11:38 ID:qtQ4v9pF0
>>258
「司令部の命令による特攻」は日本だけかもしれん
俺は特攻隊こそ、悲しくも美しい、日本人の戦争そのものだと感じるけれど

266 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:11:44 ID:9ytFWxRFO
まぁ子孫つくるとまた戦争なんかに巻き込まれるよって事か。
宗教にでも入ってない限り子供作らなきゃすむだけの話だな。
生まれれば例外なく死ぬって事だし。

267 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:12:11 ID:+FUKdcHe0
>>217

んで敵の手先になるわけだ

268 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:13:28 ID:3VOMl6Z70
>>258

最初から死ぬこと前提にやる特攻と逃げ場がなくなって
最後の突撃をするのをわざと混同させようとしてるな。
卑劣というか、関わるだけでこちらの人間性が腐るような
ことをレスするな。

269 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:13:30 ID:MfPU2grc0
大西と阿南しか知らんのか。やれやれ

270 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:14:16 ID:oH8qmx9a0
>>268
またそうやってスライドさせてく・・・

強制がいつのまにやら関与に
あるいは広義の、とかに変わった様に

271 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:14:40 ID:+FUKdcHe0
>>262
>敵に損害を与えるよりも「特攻する」ことが目的とされていったこと。

これってよく聞くんだけど何のことを言っているの?

272 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:14:43 ID:2phyH95p0
>>258
>捕虜の虐待とかもそうだが、
>未だ「日本だけやった」と思い込まされてるのは
>有る意味、悲しい事だと思う

そんな事言ったら、皆もやってたんだから日本は悪く無い、
とか開き直る奴が出てきてしまう。

273 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:15:15 ID:OqvXAMgE0
>>262
特攻は文字通り「特別」に行われるはずなんだが、
戦況が悪くなれば常態化するわな。

274 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:15:52 ID:poJH1sR/0
特定アジアとそれに味方する奴らのやり方が良く判った。

少なくともここには、裏付けのない情報は同意見でも叩くというソース至上主義がある。
自己批判能力がある。
若干ではあるが、彼らよりは建設的だ。

275 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:16:12 ID:eyEYT/Im0
ちょおおおwww
林教授ってあの沖縄独立のアンケートとった在日中華じゃなかったっけ?

276 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:16:28 ID:oH8qmx9a0
>>272
>>251のレスだよ・・・

皆、思い込まされて来たのは事実だし

277 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:16:58 ID:+FUKdcHe0
>>272
捕虜の虐待を行った外国の政府が謝罪と賠償をしているのなんて見たことないけどな。

278 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:17:47 ID:MfPU2grc0
インドネシアは逆にオランダからカネとられたよな

279 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:18:32 ID:qfpmKYuiO
>>269
なんだおまえ。リストアップしてほしいのか?うぜぇ。

280 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:18:33 ID:iZ3tITKl0
>>268
おいおい、都合の悪い253の書き込みは無視かよ(藁

281 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:18:44 ID:9pLgYIoJ0
つか60年前以上も前のことし真相なんて完全に究明できないんじゃ。
でも形はどうあれ多くの住人が亡くなったのは事実だし
酷かもしれんが今更取り立てて騒いでも仕方ねえべ。
それとも将来自衛隊がこんな命令出す危惧でもしてんの?

282 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:18:59 ID:9ytFWxRFO
こういうスレがたくさん立つときは必ず中国や北朝鮮のニュースがでてくるよな?
わざと北朝鮮と争ってるふりして北朝鮮に日本がミサイル実験させてるだけだったりしてな。
そうやって国民に揺さぶりをかけて軍事費を増加させる→見返りに北にご褒美
なんてことだったら笑えるな。

283 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:19:03 ID:oH8qmx9a0
>>278
インド独立時にも、イギリス政府は補償したそうだよ

インド資産を失ったイギリス人限定で・・・

284 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:19:25 ID:hbyumEbyO
>>262
特攻することが目的なのは大和くらいだろ

285 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:19:43 ID:PqKech0H0
>林教授

中国人じゃないですか
却下

286 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:20:07 ID:+FUKdcHe0
>>251
軍人は全員特攻すべきだった。命に代えても日本を守る義務がある。
特攻隊員には「1億章玉砕の先駆けになってくれ」と説明したのだから、
ホントは全国民が死ぬまで戦わないと特攻隊員を騙したことになる。

287 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:20:09 ID:IGyH1GqN0
この「創作」って言ったのは、その場に居た人の証言な訳だろ?
それを否定する教授ってのも凄いよな・・・。

まぁしかし、命令が無くても集団自決があったっておかしく無い状況ではある。
なんせ、この後に核が2個も落ちるんだからなー
数十万を蒸発させた訳だし、捕まったら生きたまま解体されると思っていてもおかしくない。
当時の白人はそれほど酷いことをアジアのイエローにしてきたのも事実。

288 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:20:13 ID:G+tWFKql0
>>251
そんな短絡的な事で済む問題じゃないんだよ

289 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:20:37 ID:3VOMl6Z70

この命令の何が問題なのか全くわからん。
自軍に死ねと命令するくらいだからこんなの当たり前だろ。
強いていえば、「死ね」と命令した以上、テメエの銃で殺して
差し上げるのがせめてもの礼儀だったのではないか。

290 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:21:38 ID:RSBfDL09O
スライドさせてるのはど〜みても>>270なんだが。

291 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:22:35 ID:qunDIoRg0
ムー大陸が有った証拠はインドの古寺院で
石版を発見した

292 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:23:37 ID:oH8qmx9a0
>>290
そんなあ、謙遜しちゃうな〜

でも1番スライドさせてるのは>>1の教授

293 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:24:49 ID:cnkWqaPR0
>>1
だってさあ、そういう国のフインキを作ったんだからしょうがないじゃん
兵隊さんだって自殺してんだし、大見出しで一億玉砕、本土決戦迫る!な煽り入れてたんだろ

294 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:25:16 ID:+FUKdcHe0
>>281
つーか軍隊には民間人に命令する権利なんてホントはないけどな。

>>284
敗戦後、敵に大和をくれてやるのも悔しいしな。戦闘で使い潰す方がいい。
大和の乗組員には敗戦の責任があるから戦争中に死んだ方がいいと思うよ。

295 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:25:58 ID:RSBfDL09O
>>289
それを民間人相手にやったっつぅことが問題なんだろ。

296 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:26:11 ID:3VOMl6Z70

別に軍なんだからさ、いつでも自国民など殺せるわけだ。
だからこんな命令があったのかどうかなど全く関係ない。
命令どおり死んだ人間には恩給が出るが、ただ死んだ人間には
何も出ないというのもおかしい。

297 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:26:18 ID:Y1ivMU9Q0
>>286みたいなキモヲタはどうしようもないな。
ここではその義務自体が誤りだって話だろ。

298 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:26:28 ID:fxIDAFKM0
>>271
員数主義の事じゃないかな?

299 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:27:30 ID:saY7NwQv0
2004年4・24 
沖縄戦当時、旧日本軍が警察官に対し、
米軍に協力した住民の殺害などを指示した文書
(英訳資料・イギリス国立公文書館蔵)を入手した
と関東学院大学の林博史教授が明らかにした。

こんなんばっかりだな

300 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:28:07 ID:hbyumEbyO
>>286
20年8月 陸軍はクーデターををおこしてでも戦おうとしていたことを忘れてはいけない

301 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:29:01 ID:Sb1iRC16O
だったら嘘だったといった奴と対決して矛盾なりなんなり突けばいいと思うんだが
資料だけ発表するよりそっちの方がよっぽどわかりやすいし

302 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:29:27 ID:BKz8lYIg0
富田メモ同様、現物が一般公開されないものは胡散臭い。

303 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:31:12 ID:qfpmKYuiO
>>300
海軍にもいたな

304 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:32:41 ID:p4pVXdox0
>>1だけ読んでも軍の命令だったとの証明にはならんと思うんだが、きっと決定的な物証があるんだよね?

ね、そうだよね?

305 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:33:50 ID:tVhLJF4Y0
集団自決の軍命を否定する証言が出たことを
全然報道しなかったクズ新聞が、何を偉そうに書いてるんだか。
「否定する動きがある」と言われても、沖縄タイムスだけ読んでる
アホは「え?そんな動きあったの?」と思うんじゃないの?w

306 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:33:58 ID:TYa2B9ReO
またメモが発見される?

307 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:34:03 ID:pGMGAXpc0
このスレを見る限り、馬鹿の右巻きが上官になったら、下っ端兵隊どもは玉砕だなぁ、
上官は命令するだけして、さっさと逃げてさ。おとなしく命令は聞いておいてやって、
逃げたら後ろから狙撃してやるのがいちばんだな。命令するだけの馬鹿は誰も尊敬しねーって。

308 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:34:45 ID:qtQ4v9pF0
60年前と現代ではメンタリティも価値観も違う、と
こんなに単純なことを理解できないやつは知能が足らんのか
理解すると自分が失われるのか

>>297
>義務自体が誤りだ

これこそ現代の価値観だ
おまいは信長や秀吉も叩くのか?
「戦争イクナイ!」と

309 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:36:15 ID:FoGMXdri0
>>307
右巻きの上官なら逃げない
迷惑なことに、人材が欠乏してるにも関わらず自決する

310 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:36:20 ID:5E/P8/D+0
>ID:+FUKdcHe0
おまえ、大西中将の遺書読んだ事無いだろ?
まあ読んだとしても、何故特攻隊員に感謝しながら、同時に軽挙を戒め、若者を国の宝と書いてるかは理解できないだろうな。


311 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:37:00 ID:MfPU2grc0
>>307
もっと勉強してからこいよ。

312 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:37:04 ID:9ytFWxRFO
今言っても嘘と言われるだけだし賠償金も絶対政府は払わない。
ならせめてタイムカプセルのように埋めて
日本が無くなり、後世の人が発見した時、
政府が残した歴史と隠された裏歴史が見つかれば、
悲劇的な方を主に信じるだろう。


313 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:37:27 ID:eJzq3cfl0
>>307
戦争で生き残れるのは階級の上下に関わらず
したたかな奴だけですよ。

314 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:38:44 ID:RvEnblZd0
なんか
「あのネッシーの写真は私がしかけた贋作ですよ」
という自首を無視して
「ネッシーはいるんだ」「いやいるわけないだろ」
と言い争ってるみたいだな。

315 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:39:01 ID:fGSWXcJR0
もうどれだけ頑張っても今の時代
あの戦争で日本だけが悪だったなんて考える人って
いないと思うんだけど。

316 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:39:26 ID:SWyRazlz0
辻政信と牟田口廉也の亡霊が出てる掲示板はここですか?

317 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:39:32 ID:Ndpuosix0
あれ?日本軍による集団自決の事実はなかったんじゃなかった?
つーか事実を歪めているのどっち方なのかしら〜?

318 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:39:55 ID:sqBzw6zp0
>>313

すっげー、軍人光臨ですか、マジタイプなんでちょっと塹壕掘らせてもらってオッケーっすか?

319 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:40:11 ID:OqvXAMgE0
そもそも集団自決って、何と何とを天秤にかけてその道を選択するのさ?

320 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:40:33 ID:140faNjD0
変化を恐れる典型的な糞教授だなw

321 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:41:14 ID:FoGMXdri0
>>314
ネッシー論争に悪意は無い
あるのは夢と浪漫と時間の余裕だ

この論争には悪意しかない
特に命令はあったんだと吹っかけてきてる方が発生源だ

322 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:41:16 ID:qfpmKYuiO
戦争で生きるか死ぬかは運。
軍隊に民主主義は無い。

323 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:42:07 ID:alRecNER0
相反する記事が一杯だな。この間の遺族年金説はどうなった。

324 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:42:26 ID:wMsdDhGA0
辻ーんはベトナムで失踪した後にナチスのUFOに拾われて南極の秘密基地でラストバタリオンの司令官になっていたのだ
♪チャララーーーッ

325 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:43:34 ID:G+tWFKql0

*****初見の方へ**********************************

ttp://blog.zaq.ne.jp/osjes/article/22/ 

ここの下半分くらいからの「照屋昇雄さんへの一問一答」
がわかりやすいかも

*************************************************


326 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:43:35 ID:sUa9SiyF0
(´ι _`  ) あっそ

327 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:43:59 ID:qtQ4v9pF0
>>324
ミステルヤオイ乙

328 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:44:30 ID:qfpmKYuiO
軍ヲタきもい

329 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:45:13 ID:SWyRazlz0
牟田口廉也中将

ビルマでやらかしたインパール侵攻は、はじめからだれの目にも失敗はあきらかでした。
インパールに集結しているイギリス軍に音もなく近づいて奇襲せよ、というのです。
まわりはびっくりしました。そんなけわしい山道をどうやって重火器や物資を運ぶのか?
 またそんな所へどうやって補給するのか?

「失敗を口にするヤツは精神がたるんどる!」

反対した稲田副長や小畑参謀長は解任されています。
 「牛に荷物をのせりゃいい。あとでその牛を食べりゃいい」と彼は言い、
これをジンギスカン作戦と名づけて一人でアイデアマンぶっていました。

日本兵は50キロもの荷をせおい、二千メートル級の目もくらむような危険な山をいくつも越え、
ついに食料がなくなりました。

武器弾薬も食料も医薬品も補給されない日本軍が山奥で孤立し、
滝のような豪雨と、飢えと、マラリアと、イギリス軍の猛攻撃という、
四重苦の地獄の中で毎日おおぜい死んでいくさなか、
牟田口中将は平地で(一説には芸者をはべらせて)たらふく飲み食いしながら、
「士気がない」「命令通りにしない」とののしり、
今度は3人の師団長をつぎつぎと解任していきました。











330 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:45:50 ID:FoGMXdri0
>>328
病気にならないには病気の知識をつけるのが一番だ
戦争を起こさないには戦争の知識をつけるのが一番だ

331 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:46:07 ID:96alI3KZ0
まとめ

○ 集団自決あった
× 軍命令あった
○ 島民は殺してくれと軍に頼みに言ったが早くにげろ邪魔だボケと怒られた

332 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:46:40 ID:nO9CD+jF0
そういう命令があったのかもしれないが、集団自決全部がその命令によるものとは限らないでしょ

333 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:46:56 ID:MfPU2grc0
>>329
誰か牟田口ほめてるの?

334 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:47:22 ID:V492zWA90
別に資料が見つかったから謝罪と賠償を要求してるわけでもなし。
照屋のジイさんが嘘だったと告白してもそれで他の全部の証言が覆るわけでもなし。
「証言」と言えば怪しまれる雰囲気があるが、それは朝鮮や南京のあからさまな嘘に毒されすぎ。

335 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:48:31 ID:SWyRazlz0
>>333

>>309
>>301

336 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:49:26 ID:vyyGGDq30
>>1
>民間人たちはとらわれないために自決するように指導されていた」と記録

って、米の主観で書いているだけだろ。
こんなものは資料にならない。


337 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:49:57 ID:np6qT3jZ0
何で今になって出てくるのか…

338 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:50:07 ID:FoGMXdri0
>>335
誤読、乙
あんたの中じゃ「右巻きの指揮官=牟田口」らしいが、
普通に見りゃ単なる無能だろ

339 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:50:32 ID:SIlzU+wp0
……たぶん、だけどさあ、「軍の命令があった!」って主張する人って、こういう事態を繰り返したくないわけだろ?
そうなら、はっきり言って命令があろうがなかろうが、さほど関係ないじゃないか。
『偉い人に命令されたら自殺する』って状況を作り出さないほうが、よっぽど大切だろ。
軍命令ってところだけを、青筋たてて主張してどうすんだ。
手段と目的がごっちゃになってる。
問題は、そうした土壌がどうやって作られたかであって、最後の一押しの有無じゃない。

この教授の主張って、単なる自己満足とか自己顕示欲にしかなってないんじゃないか?

340 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:51:03 ID:alRecNER0
史料が公開されなければ分からんな。

341 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:51:09 ID:YQpSFbsw0
軍隊命令として自決命令があったのか、現場の一軍人が跳ね返って
「生きて虜囚の辱めを受けることなかれ」という言葉を真に受けて
自決命令を出したのかで全然意味が違う。

おそらくあったとしても後者だと思う。前者だと指示文書が残っている
はずだし。

342 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:51:32 ID:wMsdDhGA0
辻だったか牟田口だったかは、士官学校の教官がこいつが要職に就いたら日本ヤバスと評していて
一方東条英機はベタ誉めだったという

343 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:51:35 ID:MfPU2grc0
>>335
どこに牟田口の名前があるんだよ。


344 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:51:47 ID:5jx2RX4B0
ああ、最近嘘がばれてきて焦ってるんだなw

345 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:52:00 ID:pGMGAXpc0
>>311 311は真実が好きらしい。戦争の真実について知れば汁ほど、戦争が好きになる?

346 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:52:38 ID:qfpmKYuiO
牟田口「米が無いなら草を食えばいいじゃないか」
佐藤 「(´д`)ムリポ」

347 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:52:40 ID:AlPmJDML0
住民が自決推進派に騙されてたんだろ


348 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:52:44 ID:L668kISe0
> 負傷者の多くは自ら傷つけたものである。明らかに、民間人たちはとらわれないために自決
> するように指導されていた」と記録されている。
 捕らえられたら、鬼畜米英に何をされるか分かったもんじゃないからな。


349 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:52:53 ID:FoGMXdri0
>>339
残念だが一行目から誤解だな
>「軍の命令があった!」って主張する人
こういうのは大抵沖縄と関係ない左巻き

350 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:53:30 ID:RvEnblZd0
>>321
いやそういう意味じゃなくってさー。
ネッシーの写真が贋作だって話が出てるのに
「ネッシーはいるんだ」なんていってもしょうがないでしょ。
「いや、あの写真は本物だ」っていう証明に全力を注がないと。

肯定派は照屋発言の否定からまずはじめるべきでしょ。
もう議論の大前提自体が怪しくなってしまっている現状で
枝葉の物的証拠を探してもしかたないぢゃないのさw

351 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:54:02 ID:qtQ4v9pF0
>>334
そりゃそうだが、
当時も今も地理的宿命を背負った沖縄の人々に
俺たちはもっと感謝すべきだと思うんだな
感謝が足らんと思うんだな
「防波堤になってくれてありがとう」と
だから彼らは鬱屈し、
反戦平和の聖地になっちまってるような気がするんだな
だからこげな資料が出たの出ないの、運動家教授が騒いだりするような
ことになっちまってると思うんだな

352 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:54:47 ID:cZ30cEyR0


沖縄を日本から独立させようとする中国のリン工作員の陰謀でFA?

353 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:54:47 ID:sGDfzkq00
>>1
・・・・どこらへんが”命令したこと”の資料なんだろ。

伝聞と憶測しか書いてないやんかw

354 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:54:48 ID:sqBzw6zp0
軍が正式に命令を出したら、そういうのって記録に「第何号」とか残ってないのか?

355 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:55:19 ID:+FUKdcHe0
>>297
軍人とは祖国を守るために命を投げ出すものかと思ったら、違ったわけだ。
がっかりだな。天皇が靖国参拝したくないのも理解できる。

356 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:55:23 ID:FoGMXdri0
>>350
肯定派がそれを理解してくれてたら、こんなに苦労することもないんだけどなぁ……

357 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:56:24 ID:1LYcapv/0
自決命令は嘘だったと言う人が出たのは渡嘉敷。
この教授が資料見つけたと言ってるのは座間味と慶留間。
慶良間には、あと阿嘉に人が住んでるんだが、ここでは集団自決は
なかったと聞いた。
ちなみに慶留間と阿嘉は数百メートルしか離れていず、現在は橋で
結ばれている。
何が真実かはわからんけど、少なくとも組織立った命令は無かったと
いうのが見て取れる。

阿嘉には何度か滞在したことがあるんだが、土地のじいさんが酒飲み
ながら話してくれたことによると、山に逃げるという申し合わせだか命令
だかはあったそうだ。畑が気になって見てたら米兵が来たんであわてて
畑横の用水路に隠れて夜になって山に逃げたと言ってた。

358 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:56:54 ID:MfPU2grc0

牟田口の悪口いっても別に反論ないと思うぞ。
評価するとしたらシンガポール攻略の際ブキテマを抜いた突撃振り
のことじゃないの?

359 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:56:54 ID:vdY+PLvy0
先の対戦に関しては言い逃れできんよ。
日本軍は相当酷かった。
こうゆう集団狂気にはしるところが日本の怖いところで気をつけよう

ぐらいでとどめるのがいいべよ。
だいたい若い世代は戦争いっとらんのだから、何も殺しちゃいない。
罪悪感にさいなまれることは無い。

360 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:57:47 ID:akH4e+nW0
住民に聞き取り調査した結果だろ
実際に軍の命令があったか疑わしい
集団ヒステリー起こして集団自殺したんだから噂が広がり
そういうデマが飛び交ってたとしても不思議ではない
当時の日本人はみんなアメリカに捕まると
女は辱められると信じてたんだから
実際戦後そういう例が多々あっただろ

361 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:59:16 ID:BohbkqNi0
沖縄人もサヨクに食い物にされて哀れだよな・・・牙城だし。

362 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 12:59:17 ID:OEQsi+pS0
敵だった米軍に都合の良い資料が一体なんの参考になるというのか

363 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:01:31 ID:6spw6NE0O
国を信じて多くの民間人が自決したのは事実だ
白虎隊より悲惨じゃねーか

お前らは言い過ぎだ

364 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:01:40 ID:DPl+zKc20
>>361
サヨさんの牙城、「オキナワ」ももうすぐ陥落しそうですし、歴史の審判は下されつつあるのがせめてもの救いですよね。

365 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:03:18 ID:MfPU2grc0
>>345
別に戦争は好きにならんよ。ただ公平な見方ができるようになること。
それがわかる。日本軍は上から下まで
命がけでたたかったこと。米軍も同様。あと戦争は避けるべきだということ。

366 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:03:25 ID:qfpmKYuiO
>>358
チャンドラ・ボースに感謝された。
ビルマを防衛するのにイギリスの空輸基地の大本は邪魔だった・・・。
くるしい。

367 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:06:03 ID:mkfG4dTR0
ロボット三等兵のインパール編に出てくる牟田口はトニー谷

368 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:07:17 ID:pGMGAXpc0
>>365 資料的な部分を詳しく押さえるのは公平な見方をするため、というのは了解。

369 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:07:25 ID:MfPU2grc0
>>366
ああそれがあったな。忘れてた。英軍から大量のインド兵が脱走して
シンガポールに集まったんだよね。


370 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:09:23 ID:BohbkqNi0
>364
ぶっちゃけ沖縄は米軍に殺された数では広島、東京にも負けてるんだよな。
東京なんか部分的だがGHQに直接接収されてるし、福生、淵野辺、厚木も取られたし。

沖縄もサヨクに踊らされてないで、サヨクを沖縄から追い出して前向いて生きろよって思う。
米軍基地無くなったら飢え死にする現実と向き合わなきゃ。

371 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:09:28 ID:alRecNER0
住民は日本軍を敵だと考えていたわけはないから、軍命令で殺されたといわんばかりの
林教授は単純すぎると思うよ。
軍も含めて集団狂気の産物だからね。


372 :星井美希:2006/10/04(水) 13:16:11 ID:2apFfVoBO
そもそも集団自決なんて
命令されなきゃやんないって

373 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:17:11 ID:qfpmKYuiO
>>371
集団狂気軍団、沖縄防衛軍は、米軍をして
「沖縄における日本軍は、まこと優秀な計画と善謀をもって我が進攻に立ち向かった」
と言わしめちゃいました。w
太平洋戦争中の日本軍で、最も良く戦ったのは沖縄防衛部隊でアッタ。トサ。

374 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:18:07 ID:JOz29YRC0
日本軍が軍命令にするように書類を書いたんじゃないの?
そういう証言あったよね

375 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:19:42 ID:1cWRff6m0
命令書を伴わないのに命令があったと断言。
一部の事を全体として語る。
伝言になっているものを事実と認定。

この人はいったいなにを焦っているんだ。

376 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:19:54 ID:alRecNER0
>>372
宗教団体や宗教的共同体にはよくあることだよ。

377 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:25:02 ID:BSm80HcR0
>>1
必死だなw

リアル現場の人からの自作自演の証言が出ちゃったからなw

378 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:25:15 ID:eJzq3cfl0
>>372
それは現代人の感覚だろ。
昔は教育勅語や皇国史観が日本人の思想の根幹だから
天皇陛下の臣民として自殺してもなんらおかしくは無い。

379 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:28:21 ID:OqvXAMgE0
>>378
それもまた現代人の理解では?

380 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:29:39 ID:BohbkqNi0
>378
昔の日本人は主君の後追いして自分で切腹するくらいだからな。

そんなの今では死んだアイドルのファンくらいだろ。
昔の天皇も今の天皇もアイドルちゃあアイドルだが。

381 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:30:02 ID:eJzq3cfl0
>>379
現代でも隣に戦中の日本によく似た国があるじゃん。

382 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:30:11 ID:H/Q0u2x40
また証言が元。

383 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:30:35 ID:lf3OHVhB0
>>372
極限状態で鬼畜米英と教育されていた米兵に追い詰められたら自主的と考える方が自然じゃねーかな。
現代と一緒にするな糞チョン。

384 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:31:09 ID:z5LpO2s70
近々グアム行くから色々ネットで調べてたら、すぐ近くにサイパン島があった。
そこにあるバンザイクリフって場所の由来を見て驚いた。
この問題はそれと似てるの?
「命令」か「教育」で揉めてるの?

385 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:31:33 ID:sqBzw6zp0
「日本軍」ってそもそも「国」じゃなくて「国民」を守るって思想があったのか?
なかったんじゃないかと思うけどねえ。
そりゃ、現場レベルではそういう行動や思想があったと思うが。

386 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:32:01 ID:iTA4uHVo0
>>217
向こうは下等な黄色人種に負けるはずがない、やっつけてやるって意識で戦争していたが、
日本はそうではない。
そういう優越意識がないところに「死ぬくらいなら捕虜になれ」なんて言ったら、
戦況が不利になった途端みな投降してしまう。
だから本人だけでなく回りに対しても「投降することは恥だ」とする意識を植え付けた。
それだけのこと。

そもそも日本人は今ほど個人主義ではなく集団への帰属意識が強いからな、
他が辛いのを堪えているところに、自分だけのうのうと生きているのは申し訳ない、
という意識もあったんだろう。

387 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:32:32 ID:0gw3A9IY0
なんというか、現代人のイス取りゲームのダシにされてるな〜

敵がきたらすぐ投降しろなんていうかよ。
命令だけで集団自決するかよ。

いつまでも戦争だしに商売すんなよ!

388 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:33:11 ID:eJzq3cfl0
>>385
そんなの日本軍に限った話じゃない。
国民を守る思想ならそもそも戦地に自国民を送り込んだりしないだろw


389 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:34:39 ID:qfpmKYuiO
>>378
思想対策を積極化したのは昭和7年の国民精神文化研究所ができてからなので、
やはり10〜20歳代ぐらいが血気盛んだったのではないだろうか。
年寄りとかは雰囲気で…とか、鬼畜米英が恐い!パニック!て感じだったらしいぞ。

390 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:35:14 ID:PzcIoMBK0
日本軍は人の命などなんとも思っていない
自軍の兵士ですら使い捨てなんだから
非戦闘員などなんともおもっていなかっただろう
>>1のような話はあったとおもわれる。

391 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:37:23 ID:sqBzw6zp0
関東軍も最後はほっぽって逃げたんじゃなかったけ
そうゆう軍隊に「集団自決命令」が事実っていったところで何をいまさらって感じなんだか

392 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:38:59 ID:RP7owcrh0
この資料だけで、この結論に至ったのなら、大学教授もたいしたことが無い。
どちらかといえば、自身の望む結論のために無理矢理こじつけ資料を持ち出したところかな。
第三者の推測のみの報告書が根拠なんて、恥ずかしすぎる。


393 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:39:56 ID:alRecNER0
あってもなかってもいいが、この間の渡嘉敷告白の真相を解明してほしいね。

394 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:40:11 ID:5u9yoHOQ0
米軍の調書だろ。自決者が多いから軍の命令があったと思い込みたかったんじゃ
ねえのか?当時、ほんとに理解できなかったらしいし。

395 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:40:27 ID:MfPU2grc0
>>384
>バンザイクリフ
命令ではない。サイパンでは1万人以上の非戦闘員が死んでるが
アメリカ軍の砲弾と爆弾と自殺によるもの。自殺は捕虜になるのを恐れてのことだから「教育」
にあたると思われ。

日本軍はマッピ岬のマッピ山に大艦隊によって算法囲まれていた。
在留邦人は東部海岸の絶壁の洞窟の中



396 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:41:11 ID:qfpmKYuiO
>>391
1945年8月当時の関東軍の実情を知っていて、そうゆう事をいうのか。
逃げるとは満州の退却戦のことか。

397 :アニ‐:2006/10/04(水) 13:42:17 ID:C44NFuTe0
現代人は昔の人たちをバカにしすぎ
やれ助かるものを洗脳で死ななくてもいいのにとか、犬死にとか
なんで自殺(自決)したか、それは恐怖と絶望しかないだろ
目の前で殺されて、犯されて、焼かれてを見たらそれが伝わる
兵隊も島民も、手を上げたまま殺されてる

398 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:43:39 ID:vFDlv9/jO
あるソースによると林の曾祖父は中華系らしく、大陸と太いパイプがあるらしい、以前の残留化学兵器を日本軍の物と確認したのもこいつらしいしな、そのごこいつが家を変え、ベンツを買ったらしいが、どこからでた金なのかな?

399 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:43:42 ID:iTA4uHVo0
だいたい、軍に集団自決を強要できるくらい余力があったのかね?

集団自決なんてよほど切羽詰まってからだと思うんだが、
敵兵が来たって情報だけでいきなり集団自決させたのか?
すると、敵兵はよほど恐ろしい存在だったってことだねぇ。

400 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:44:13 ID:gCpGmsscO
>>390
多分特攻隊の事言ってるんだろうが
人の命を何とも〜と決めつけている所が
怪しい

401 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:45:18 ID:oH8qmx9a0
牟田口とか辻とか関係ない話にスライドさせてるなあ・・・

慶良間と何の関係が有るんだい?

402 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:45:22 ID:MfPU2grc0
>>391
あまり知らないようだなキスカとか

403 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:46:17 ID:r9/WJQvLO
また日本は悪い事したよね(´・ω・`)的な記事か。くだらねぇ……

404 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:46:50 ID:z5LpO2s70
>>395
ありがと。

「教育」はほんと大事だ・・・。

405 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:46:52 ID:iTA4uHVo0
>>392
半島の学者にそういうのが多いね。
自分の理論の裏付けになる資料しか探さないような。

406 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:49:22 ID:5u9yoHOQ0
>>398
ググったらスーパー左巻き人だったよw
まだ、2ぐらいみたいだがファビョったらいきならい4になりそうな奴www

407 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:49:32 ID:PzcIoMBK0
>>400
全体的にだよ
いろいろ調べてみるとそういわざるをえない
人間使い捨てまくり

408 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:51:30 ID:alRecNER0
>>407
どこの国でもそうだよ。今もイラクに棄てている国がある。


409 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:54:44 ID:9u3VgPSjO
>>391
沖縄に配備された砲兵力(75mm以上の砲300門以上)はそれこそ関東軍虎の子の砲兵だったはず。
他にも師団や戦車太平洋の戦場に取られて、45年には関東軍の兵力は30万あるが、殆ど訓練もされていない新兵ばかりだった。

410 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:55:07 ID:5l6WkgWa0
もう時代が違うんだって

411 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:55:25 ID:MfPU2grc0
米軍「太平洋戦史」でも感嘆してるキスカ
1943年5月にアッツ島をアメリカが奪還すると、キスカ島でも緊張が高まった。
その結果、戦略的意義が再検討され、キスカ島より撤退することとなった。幾度
となく日本海軍救援艦隊が派遣されたが、気象状況(濃霧)や米艦隊の展開に
阻害され、ようやく木村昌福率いる救援艦隊(第五艦隊)により、1943年7月、無
事救出された。

なお、この救出成功の要因はキスカ島東側より救出に向かうと敵艦隊に狙われ
るため、霧発生などで危険であったが島を西からぐるりとまわり、あらかじめ艦
に用意していた「大発」とよばれる主に海軍陸戦隊または陸軍上陸用に使用され
る小型艇で救出し、それを破棄したスペースに兵を乗せたためである。この時期
になると物資もかなり不足しており、貴重な資源を破棄するという大胆な行動であった。

また、アメリカ軍は撤退したとは知らず、無人となった島に艦砲による猛攻撃をか
け、多数の陸上部隊を上陸させたが、いたのは軍犬2匹のみだったとのことである。
この際、アメリカ軍は同士討ちによる死傷者を多数発生させている。なお、

日本軍は悪戯で「ペスト患者収容所」と書かれた立て看板を残し(実は軍医某の
策略だった)、これを見たアメリカ軍は一時パニック状態に陥り、緊急に本国に大
量のワクチンを発注した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%AB%E5%B3%B6

ちなみにこの時米軍はからっぽの島に2週間以上にわたって爆撃百六回
艦砲射撃15回。数千トンの鉄量打ち込んでた



412 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:57:32 ID:qfpmKYuiO
>>407
もっともっと調べるんだ!

413 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:58:22 ID:5u9yoHOQ0
わかってない人が当時の日本人を今の目で考えると、人命を使い捨てと見えるよな。
ただ、近代化が進んで一部の知識人は今風の目を持っていたみたいだけど
当時の日本は開国してから60〜70年しか経ってなかったんだから、多くの人に
まだまだ武士社会の常識が生きていた事を考えような。
気概を示して死を迎えることは美徳だったんだよ。ここは褒めるところだ。

414 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 13:59:00 ID:OPDo/LEf0
 林教授は、「三月下旬の時点において、慶留間では日本兵が自決せよと命じていること、座間味
 でも島民たちが自決するように指導されていたことが保護された島民たちの証言で示されて
 いる」と解説する。

従軍慰安婦そっくりですね。
それしかいえねえのかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

415 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:00:09 ID:sqBzw6zp0
日本軍って最終的には一億総兵力にするつもりだったんだろ
集団自決どころの騒ぎじゃない

416 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:00:42 ID:54d47kxN0
アメリカの資料かよ・・・

417 :ユダヤ:2006/10/04(水) 14:01:04 ID:4XpL/DFuO
まぁ沖縄人は日本人じゃねーからな沖縄人を絶滅させたかった

広島も朝鮮人が多かった、朝鮮人を絶滅させたかった、日本人には医療受けさせたけど、朝鮮人にはシカトしてたもんな

418 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:01:54 ID:1N14139P0
>>415
それこそ命令書があるなら見てみたいw

419 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:02:26 ID:eJzq3cfl0
>>417
戦後、GHQの命令すらシカトしてやりたいほう題してたのは
どこの民族でしたか?

420 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:03:51 ID:hP79UeXj0
全てが真実でなければ、
全てが嘘というわけでもない。
これが戦場だろ。

421 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:05:28 ID:75drjp+t0
敵に辱められるくらいなら自決した方がまし
くらいには思ってたかも知れんな。

422 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:05:47 ID:92hrmdi3O
事実だろう。
沖縄戦も南京事件も重慶爆撃もみんな事実だ。
だけど資料から分からない事が、主観的な意見や証言のために尾ひれとなってくっつくからややこしくなる。

423 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:06:46 ID:vyyGGDq30
>>420
さらに、
正義もなければ悪もない。


424 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:07:18 ID:03i1Ol9s0
日本の歴史は朝鮮や中国が自由に作り変えるものだよ

425 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:07:21 ID:ChuJY16zP
>>179
あれは松平の発言である可能性が大きい。
メモの下の方にある「関連質問」とか、どう考えても不自然。

日経新聞が書きっぱなしで説明責任も果たしてないし
現段階じゃ、日経自身が非を認めたも当然な状況。

426 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:07:22 ID:75drjp+t0
>>422
そうやって一まとめに語るのはどうかと。


427 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:07:38 ID:/vfMgNgHO
自殺があったかどうかではなく
命令があったかどうか

428 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:09:06 ID:75drjp+t0
つか、なんで都合良く資料が「発見」されるんだ?w
おかしいだろw

429 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:09:49 ID:alRecNER0
>>422
事実がすぐ真実になるとは限らん。部分的事実もあるしな。
命令されなくて自殺した人もいるし。

430 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:10:39 ID:oH8qmx9a0
つーか>>1は何の反証にもなってない

431 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:11:32 ID:2l7HiqN50
資料が無いのに言ってたのかよ、となるな。

432 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:11:39 ID:qyRzeniP0
<丶`д´><南京大虐殺・従軍慰安婦・沖縄珊瑚事件どれも事実だ

ソースや証拠にこだわっては真実なんて見えない>(`ハ´  )


433 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:11:46 ID:w9knytZW0
当事者たちが無かったって言ってるのに。。。

434 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:15:53 ID:k6vJKxKi0
>>422
その通りだと思う。
尾ひれとして、感傷や同情、お涙優先の悲惨な枝葉を盛り込もうとするから
本来の歴史物語が、ドラマ仕立てになるんだよ。
現代の価値観のものさしでは測れないからな。
事実を脚色無く客観的に示す事ができればそれでいいと思う。


435 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:17:24 ID:MfPU2grc0
やれやれ。じゃ何をもとに「事実だ」と断定してるのやら・

436 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:22:01 ID:a1bCaicDO
日本軍が沖縄に犠牲を強いたのは事実だし、反省しなければいけない。

しかし、>>1は米軍の「感想」であって聞き取り調査結果ではないため、
全くもって集団自決の証拠となっていない。愚かしいと思う。

437 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:22:47 ID:ChuJY16zP
>>422
馬鹿か?
客観的事実と妄想をひとまとめにして全部事実にするような
論法はやめてもらいたいね

沖縄戦=客観的事実
集団自決=客観的事実
個人的に自決を主張する人がいた=可能性の高い推測
日本軍による自決命令=可能性の低い妄想

438 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:23:16 ID:dRezaS3BO
アホな奴は渡嘉敷島だけで集団自決が
起きたと思ってる。
スパイ容疑住民殺害も同様。
馬鹿ばっかだな

439 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:23:42 ID:qfpmKYuiO
美しくない真実はただの事実に過ぎないだろう。

440 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:27:05 ID:hQ5zFFO/0
戦闘後の米軍側の資料みたいだな
自決時に口裏を合わせてるから、戦闘後に調べたら命令されたって言うのは当然じゃないの

441 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:28:59 ID:g82C6z4Z0
論理的に反論できない者はアホだの馬鹿だの相手を罵倒することしかできない。

442 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:33:22 ID:eJzq3cfl0
そのうちイラクの爆弾テロもイスラム教指導者の
強制ってことにされるよ。

443 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:33:56 ID:s8rNhIWJ0
>>394
盧溝橋事件始めとしてシナ軍の残虐性は日本中で有名だったから
敵軍に捕まったら犯されて生きながら内蔵を引きずり出され肛門
から口まで棒で串刺しにされると日本の女性が思ってたのを米軍
は知らないからな。

444 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:36:35 ID:TudX7/kC0
>440
沖縄の民間人が、「命令された」と言う嘘の証言をしても、何も得る所は無いんですが。

 沖縄県民が反戦になったのは戦後の話であって、戦争当時は別に反軍的であった
訳じゃないしなあ。

 あと、米軍にも、特に日本軍の悪行をことさらあの時点で宣伝する必要も無いし。
「集団自決は命令された」と言う話をわざわざ作る動機が無い。
 

445 :名無しさん@6周年:2006/10/04(水) 14:37:14 ID:8+6te55T0
歪めたいのはどちらだろうねぇ

446 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:38:55 ID:hQ5zFFO/0
> 沖縄の民間人が、「命令された」と言う嘘の証言をしても、何も得る所は無いんですが

 戦後の保証金

447 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:40:53 ID:5BSICikZ0
筑紫が狂喜。

448 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:42:28 ID:qfpmKYuiO
戦後補償。昭和27年がネック。

449 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:43:07 ID:oH8qmx9a0
>>444
>>35に出てる



450 :とおりすがり ◆PaaSYgVvtw :2006/10/04(水) 14:44:26 ID:6PXn6o6+0
>>444
軍令だと遺族年金とかいろいろオトクだよ。で、
当事者の証言が全く信用できないのは、慰安婦の件で
わかりきったこと。

とにかく、自決せよなんていうところに大和や特攻を出撃させるか?

451 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:47:34 ID:TudX7/kC0
 
 記事を読めば判るけど、この証言を取ったのは、まだ戦闘中の45年4月なので、
戦後の保証金とかの話は全然出来てないんですが。
 
 そもそも、米軍にとっては、日本軍が自国民に自決を強いるなんていうのは
思いもよらなかっただろうし。他国民ならともかくねえ。

 欺瞞情報を作るにしろ、こういうのは白人にはちょっと想像が付かないんで。
米軍では、こういう捏造情報を仕掛けようにも、まず思いつかないんじゃないか
なあ。

 いずれ、この集団自決の件は、アメリカは政治的に使ったことは無いのでは。
私は聞いたことが無いけど。わざわざこういう話を捏造する動機は、アメリカには
無さそうですが。


452 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:48:34 ID:BnQJOQcT0
なんでこのスレではサヨのみなさんがこんなに必死なんですか?

453 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:50:05 ID:eJzq3cfl0
>>451
>いずれ、この集団自決の件は、アメリカは政治的に使ったことは無いのでは。

戦後、GHQが日本軍を貶める為と自軍の占領の正当性を
示す為に散々利用してたが。

454 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:50:16 ID:1N14139P0
そーいや証言の原文は出たのかな
昨日熟読中の人板よな

455 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:52:39 ID:xs+HYS2s0
>>449
それって、その人が個人的に嘘ついてたって話でしょ。
他の人の証言も一緒にするのは苦しいんじゃない?

456 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:52:40 ID:qfpmKYuiO
日本軍が正式に進めた施策は、自決せよではなく、疎開せよだろがっ。

457 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:56:03 ID:luzo8cVP0
まぁどんな命令が出ても
「全部戦争中だから」で流せないのは
馬鹿な人種の発想だよな。

458 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:58:28 ID:oH8qmx9a0
>>451
具体的な「命令書」は赤松大尉のものしかないんだよ



459 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:59:21 ID:f0P20NR80
実際その史料価値を判断できない俺らはなにも正しい事は言えないが
歪んでるのはどちらかというのを判断する基準として
極左の沖縄タイムスと右翼の産経がやり合ってるのだから
どっちもどっちと言うのが正しいような気がするねえ


460 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 14:59:53 ID:TudX7/kC0
>453
 そうなのかなあ、、、。あんまし聞いた事無いけど。

 第一、アメリカさんは、朝鮮戦争時には日本軍を再建させて戦闘に参加させた
がっていたから、アメリカ自身は、あまり反戦論調は煽ってないと思うけど。

 戦後すぐの反軍、反戦論は、日本人が自発的に行ったもので、米側の押し付け
はあまり多くない。アメリカに要請された朝鮮戦争やベトナム戦争への派兵を
蹴ったのは、日本人の意思ですよ。

 いずれ、この証言は沖縄戦の最中に取られた調書から来ているので、重要性
はかなり高いのは確か。
 あと、この時点ではまだ戦争の決着も付いていないし、日本国そのものが消滅
する可能性もあった訳で、軍人恩給云々とかはとても考えられる状況じゃないで
しょ。
  

461 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:00:18 ID:2uZs9gtt0
林博史教授、こういうやつって記録資料当たるだけで人には当たらないのかね。渡嘉敷島の件に関しては
照屋さんと島民に直接話聞けばいいだろうに。


462 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:01:48 ID:lijyg3oR0
右翼とか左翼とかいう自覚に基づいて書き込んでいる人は、結局何が言いたいのか分からない。
これはあれだ、ひょっとして米兵が一般人を手に掛けておきながら、虚偽の報告をした嫌疑から目をそらそうとしてるとかじゃないよね?

463 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:02:47 ID:aoV1xJYn0

当時は命令系統が混乱していた。
林は、一部を取り出してそれを拡大解釈しすぎ。
何はともあれ、学者やジャーナリストで更に大いに議論すればよい。


464 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:02:55 ID:1a8k86SDO
んもー!本当はどっちなんだよ!?

465 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:02:55 ID:oH8qmx9a0
>>460
戦前の日本より徹底してたGHQの検閲、

「新聞報道取締方針」(SCAPIN-16)がある




466 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:03:49 ID:eJzq3cfl0
>>460
>戦後すぐの反軍、反戦論は、日本人が自発的に行ったもので、米側の押し付け
>はあまり多くない。

はぁああああああ? 東京裁判に日本国民は同情的だったのに
反軍は日本人が自発的に行っただぁ?

お前、アメリカのおかげで日本が救われたとか本気で言ってる口か。

467 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:03:56 ID:j/+XwU/n0
「歪めるな」とかそういう、片方の言い分ありきで物を言うから、
調査結果の信用度まで落ちる。


468 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:04:32 ID:vzAf6hRJ0
>>32
「さぁ死ね、今死ね」と銃剣付きつけての命令なんて無いだろ
「敵に投降する奴は非国民、皇国の民なら潔く」と手榴弾を手渡した、なら理解出来るが

469 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:05:21 ID:MfPU2grc0
>>451
.>そもそも、米軍にとっては、日本軍が自国民に自決を強いるなんていうのは
>思いもよらなかっただろうし。他国民ならともかくねえ。

いや。そのころ在留邦人の島でも投降恐れての自殺とかの様子
見てるし、米軍の犠牲も多く思いもつかないどころか米国内でも報
道されて社会問題になっていた

470 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:06:00 ID:qfpmKYuiO
>>460
旧軍の悪業をあばくラヂオ番組「真相箱」
このいかにもオドろオドろしいタイトルの番組は、アメリカの宣伝工作です。

471 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:06:27 ID:xs+HYS2s0
>>461
自殺した人にどうやって聞くの?

照屋って人は基本的に嘘つく人なんでしょ

472 :とおりすがり ◆PaaSYgVvtw :2006/10/04(水) 15:07:25 ID:6PXn6o6+0
とにかく、大和や特攻は沖縄のために死んでいったんだよ。
それを沖縄の人は忘れちゃいけないと思います。

473 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:07:43 ID:MfPU2grc0
>>471
何も読まずになにいってんだ

474 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:07:45 ID:2uZs9gtt0
>>471
全滅したわけじゃない。相当生き残ってるんだよ。

475 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:08:36 ID:1N14139P0
>>471
ワロスw

476 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:10:07 ID:4efMidhB0
リン教授????

477 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:10:33 ID:SPMMaLvM0
>>444
お前さんは、古来より戦争より国民を大事にし、
貿易によって国を潤し、その利益で国民を守ってきた
琉球から続く沖縄を馬鹿にした。

478 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:10:48 ID:qfpmKYuiO
>>471
島民にも生き残りはいます。
渡嘉敷の集団自決が軍命令でなかった事は、林博史もその著書「沖縄戦と民衆」で認めています。
照屋氏が嘘つきだという根拠は薄弱といわざるをえません。

479 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:12:15 ID:NEFEh+D90
はいはい、何も知らない馬鹿教授が捏造資料を本物と信じ込んでの馬鹿記事です

480 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:13:33 ID:MfPU2grc0
>>476
>林博史
こいつ調べたらすごいよw

481 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:13:41 ID:9u3VgPSjO
>>460
バックナー中将が狙撃されて戦死した報復に、首里で米軍が住民虐殺したが、米軍占領中は口外できなかったし、吉田満の小説、戦艦大和でも、最初は日本軍賛美すぎるとGHQから許可降りなかった。

482 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:14:19 ID:sW+abuCg0
神IDキタ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━ !!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1156605998/22
神IDキタ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━ !!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1156605998/22
神IDキタ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━ !!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1156605998/22
神IDキタ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━ !!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1156605998/22
神IDキタ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━ !!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1156605998/22
神IDキタ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━ !!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1156605998/22
神IDキタ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━ !!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1156605998/22


483 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:15:02 ID:lQVQexSF0

このDQN 違法な無線機をオークションで売ろうとしたところ通報された事に
立腹し切れています。
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/auction/u5315500

自称右翼構成員の男が金欲しさに自ら使用していた違法無線機をオークション
に出品し飯代にしようとしたところ違法商品の出品を見破られ史上最大の通報数の記録を
更新中です。 人気投票続行中です。ウォッチリストにも加えてあげてください



484 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:15:03 ID:uyMT33R10
なんかさあ、信じられないんだよねえ、「大学教授」とか「市民団体」って。

ほとんどの人は現場見たわけじゃないじゃん?

だから世論に訴えるのって信頼がすべてじゃんね。

こいつらみたいに嘘ばかりついてると、どうせまたってなるんだよねえ。

胡散臭い。これも都合よく誤訳したとかじゃないの?

485 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:16:06 ID:ikErP4Rk0
「証言」だけに基づいた「米軍」側の資料をもって事実認定するのってバカか?
イラク戦争で「アメリカの嘘」がどれだけ暴露されたか知ってんのか?
宣伝工作の入りまくった半世紀前の戦争の資料を鵜呑みにするって、
どんだけお目出度いオツムなんだよ。

486 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:17:11 ID:ecrnGLl30



      当事者>>>越えられない壁>>>資料見ただけで実体験のない教授


 

487 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:17:38 ID:FnGZffOe0
>>485
こっちも「証言」だから気をつけたほうが良いな。

・【沖縄戦】 「ウソをつき通してきたが…。"日本軍の命令で自決"、実は創作」 渡嘉敷島集団自決で、初証言★12
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1156862336/



488 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:18:40 ID:MfPU2grc0
>>487
状況的にそちらの方が信用できるよ

489 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:20:44 ID:Xa0q+vOy0
俺はこの教授よりは当事者を信じるね

490 :とおりすがり ◆PaaSYgVvtw :2006/10/04(水) 15:22:49 ID:6PXn6o6+0
>>474
それは、沖縄のために亡くなった人に失礼だよ。特攻は爆弾抱えて3900人が体当たりだよ。
大和では乗組員3000人のうち犠牲者は2740人。船長も自決した。

491 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:22:54 ID:CrI+zeex0
F大は先生もあれだな

492 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:24:55 ID:MfPU2grc0
>>487
GHQは米軍に不利な事実やいくつかの証言が信用性がないのにも
かかわらず事実だと報道していたのをひたかくしにしてたし、
戦後GHQに逆らうことはできなかった。


恥をしのんで「嘘だ」といった当事者の方が信用に足る

493 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:26:36 ID:Ik0SLsBc0
関西学院のパチモン大が何を寝ぼけてwww

494 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:27:20 ID:IFPnP4w60
どうせ又一方的に有利な「証言」で塗り固められた資料だろーが。

495 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:27:32 ID:MfPU2grc0
>>487
例えばこのような米側の軍事裁判の弁護人がシカゴ大学出版
から出されたのを法政大学が訳そうとしたのをとめている

マッカーサーの定めた指令は証拠
の採用について、これまでの裁判や軍法会議にも見られぬ幅の広さをこのように
規定していた。
「軍事委員会は、訴因を証明または否定するに足ると当委員会が判断する
一切の証拠、もしくは理性のある人間の考えで証拠力があると当委員会がみなす一切の
証拠を認めるものである」これで普通の訴訟では認められぬどんな伝聞証拠も認められる
ことになり、法廷に出廷しない承認の口述書も証拠になりえるということが起こった。


496 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:28:03 ID:uyMT33R10
今沖縄に某支邦の工作員が頻繁に出入りしてるらしいよ。
それも学者を装って。
これも現地世論の左傾化を狙った言論テロとかじゃないの?

497 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:29:39 ID:1nXM6JazO
ここに書き込んでいる奴はバカばかりなので、中高生はあまり読まない方がいいよ。世の中人に、相手にされなくなるよ。

498 :とおりすがり ◆PaaSYgVvtw :2006/10/04(水) 15:30:51 ID:6PXn6o6+0
アメリカのプロパガンダは、沖縄戦の記録映画でもやってるね。
よく見かける米軍が取り囲んだ洞窟から、沖縄の人が出てくる映像。
あれよく見ると、少年とか笑ってるんだよね。緊迫感なし。なぜ?
って、演出された映像だから。つかまえた沖縄の人に演技してもらって、
さも米軍は民間人を救いましたみたいな。でも、それに続く映像は
火炎放射器満開。実は、洞窟は全て手榴弾と火炎放射器で破壊。
もちろん中にいたウチナーチュも殺された。

499 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:34:52 ID:xs+HYS2s0
>>489
当事者って誰のこと?

500 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:35:45 ID:1SHpbhOH0
「命令書を出したことにして欲しい」という形だったよな、確か。

そりゃ命令書はあるだろwwww
前の大尉の話は、その隊長自体が「命令なんて出してない」
って話で「命令書を出したことにして欲しい」ってんで「いいよ」ということになって
「ホントはその大尉が命令なんて出してなかった」ってことだろ?

そりゃ命令書あるわいなww

バカか、この林とか言う三流大学の教授は。
この大学は話の流れも読めない奴が教授になれるのか?
学生も哀れだなww

501 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:36:30 ID:eJzq3cfl0
アメリカ軍の蛮行を見て見ぬ振りしているウヨといい
GHQに捏造された資料を声高に強調するサヨといい、

本当にこの国には右翼も左翼もいないってことがよく分かる。

502 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:41:22 ID:sqo6LUYn0
GHQって史実を捏造するために
戦後スミ塗り教科書ってのを使わせたろ。
信長が暗殺されて
その直後の播磨での秀吉の動きですら
すみ塗りさせたんだぞ。

そんな国の作った資料が信用できるわけないだろーが。

それよりも米軍が住民を無差別に焼き殺した
ってのがゆるぎない史実。



503 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:41:36 ID:PJHRQl880

沖縄の人はウソつくからな。


504 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:43:45 ID:zoRcLtM90
>>460
>TudX7/kC0

慶良間作戦でどれだけ、艦砲射撃と空爆で死傷者がでたか、自殺したとされるその人数と
比較すればおのずと答えが出る。統計学は嘘を見破る。

慶良間諸島での米軍の不法行為を現場レベルでもみ消すためにこういった
偽の調書が取られた可能性だってある。というかその可能性が高いだろ。
まさか、米軍フィルムで米軍が日本人を助けてる場面を見て、ああ米軍は日本軍と違って
ものすごく人道的な部隊だとコロリとだまされる阿呆じゃないよね。
リンドバーグの手記だと米軍が降伏してきた日本軍を許さず皆殺しにした
描写があるわけだが。捕虜をとるののがめんどくさいと言う理由で。

すくなくとも日本側のどこの部隊の誰が口頭でもいいから命令したか分からないと
意味なし。

505 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:47:06 ID:76TLG7+60
Fランク大学の教員の話なんて誰も信じませんよ。うふふ。

506 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:48:35 ID:EgoMP5XO0
>>504

「戦地の恋人から送られてきた”日本兵の頭蓋骨”を見ながら、返信について考えてる米女」


この画像が全てだよ。

507 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 15:51:28 ID:FnGZffOe0
証拠や証言がどこまで本当かは分からないが、末期の日本軍がいかれてたのは事実だな。


508 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 16:38:17 ID:ZqtumO/C0
>>502
>それよりも米軍が住民を無差別に焼き殺した
>ってのがゆるぎない史実。

「集団自決」と記録されている中に、米軍の虐殺が幾つか混ざっているだろうね。



509 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:11:47 ID:0druVNwI0
ヒストリチャンネルでやっていたけど太平洋戦争のマニラ戦でアメリカ軍が爆撃、砲撃で街を木っ端微塵に
破壊しておきながら、”民間人10万人が虐殺された。すべて日本軍のせいだ。”で片付けたのには唖然とした


510 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:29:02 ID:WJMc8neeO
何で中国人が日本の事を語ってんの?

511 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:41:55 ID:BZmjQ5aK0
あ〜あ。
60年以上も経つと、あったことまで、無かったことにされるわけだね。

日本軍の敵兵や住民に対する残虐行為は、なにも沖縄だけじゃないよ。
南京攻略の途上では、捕虜や農民を大量に虐殺している。
フィリピンでも、スパイ容疑で捕まえた村長や教師などのインテリを多数虐殺している。
シンガポールで華僑青年を数千人虐殺した件では、東南アジアに広くネットワークをもった華僑資本の離反を招き、戦争遂行の足を引っ張った。

もちろん日本の軍人が、全員馬鹿だったり、ごろつきだったわけではない、中には立派な人もたくさんいたが、
残念ながら、無謀で残虐な侵略戦争を起こした連中の多くは、馬鹿でごろつきだった。
だから住民に自決命令など出したのだ。

これが事実だ。

512 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:45:09 ID:VDYyBOWf0

 いずれにせよ、ネットウヨクは常日頃から全力でアメリカマンセーなんで、
こういう時だけ、いきなり反米になっても全然説得力が無いよなあ。

 ブツブツとカゲ口はつぶやくけど、正面切ってアメリカ様に反論されると
全く逆らえない訳でねえ。

 アメリカの悪行を糾弾したければ、市民団体と一緒になって東京空襲や原爆投下
の抗議デモにでも参加するんですな。

 実際、ネオナチなんかは、ドイツ都市爆撃の抗議デモなんかにはちゃんと参加
してるんで。「反米・反連合軍」と言う点では、彼らは揺るぎが無い。
 ネットウヨクも、反米のイラン大統領やビンラディンでも支持したらいかがかな。
そこまでやれば、なんぼかあんたがたの反米説を信じないでもないですよ。


513 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:50:33 ID:UIL7s/LPO
釣り臭い馬鹿レスがちらほら

514 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:51:07 ID:MfPU2grc0
山下裁判/A・フランク・リール」

「初めからマッカーサーは山下大将を殺しつもりであった事は記録から明らかである。
私が思い起こすことのできるこれと一番良く似た裁判は、法廷が「判決が第一、証拠
は二の次」と宣言する「不思議の国のアリス」の裁判である。
山下裁判は訴訟手続きの上でも問題があった。マッカーサーの定めた指令は証拠
の採用について、これまでの裁判や軍法会議にも見られぬ幅の広さをこのように
規定していた。「軍事委員会は、訴因を証明または否定するに足ると当委員会が判断する
一切の証拠、もしくは理性のある人間の考えで証拠力があると当委員会がみなす一切の
証拠を認めるものである」これで普通の訴訟では認められぬどんな伝聞証拠も認められる
ことになり、法廷に出廷しない承認の口述書も証拠になりえるということが起こった。

レイノルズ少将はマニラの軍事法廷前日に舞台稽古、または陸軍の予行演習を行った。
舞台稽古はしっかりしたものだった。全裁判は世界の視聴を集めて演ぜられる演劇
の性質をおびたものだったからである。

弁護団による証人の反対尋問は徹底的に制限され、10月8日の罪状認否のさいに被告に
わたされた明細訴状に64のつみが列挙されてあったのだが、与えられた3週間の休廷期間
の間に弁護団が日曜も返上して反証に最小限必要な調査を整えたのもつかの間、
再開の直前に59に新項目を並べた「追加訴状」が届けられた。弁護団の再延期の要求
に対し、レイノルズ裁判長は、必要な時間を与えようと公言した。ところがその約束は
4日後に破られた。弁護団bんは全く偶然のことからこの日付の間に、東京のマッカーサー
の司令部からマニラの司令部代表に無線電信が送られた。その電信によれば、マッカーサ
は山下裁判に延期があるかもしれないということにいらだってせきたてていた。・・・

515 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:53:40 ID:MfPU2grc0
ほかならぬマッカーサーの父アーサーが司令官となってフィリピンを占領したとき、
独立を目指して戦うゲリラとの戦争でアメリカはどう振舞っただろうか?血なまぐさい
フィリピン反乱の期間、フィリピンを鎮圧するためにアメリカによって考案され、アメリカ
人によって用いられた方法は?サマル島のゲリラ活動を抑えるための「懲罰遠征」で
米軍指揮官のスミス准将は「小銃を持つことのできるものは全て殺してもらいたい」
と命令した。虐殺を免れることのできる住民は十歳以下の子供だけであった。」

マーフィー判事
「少なくとも私が知る限り、あらゆる歴史の中の、或いは国際法
の中の、何物も、敗北した軍隊の敗北した将軍に対する、その
ような起訴を認めない。敗軍の将校を断罪するのに、戦勝軍によって
「創り出された」無力と崩壊を根本的基礎として使うということは
裁判もしくは軍事的現実からあまりにかけ離れてる」

ラトレッジ判事
「普通の証拠規定、或いは正当にそれに代わるべきものであろうが
文官法廷あるいは刑事裁判に関する慣習的な保護がこれほど撤廃
されたことはない。証拠の許容性と立証価値に関する限り、マッカー
サーの指令は軍事裁判官そのものを法律にした。」



これが事実だ。

516 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:54:07 ID:nlWGMEz90
沖縄土人うぜぇ…日本人として扱ってもらえるのを有りがたいと思ってないのか?
カスが。

517 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:57:27 ID:iBnvCDhS0
>>516
お前は早く半島に帰ろう、な?

518 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:57:36 ID:fFXXJGB90
とりあえず馬鹿大学の林って教授が
蛆虫なのはわかった

519 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:58:12 ID:Fan8i66C0


「無垢の沖縄県民が集団自決をしたという事実を認めようとしない馬鹿右翼がまだいるのだな」


などというレスを見つけたら、それは釣りだと思っていい。

520 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:59:08 ID:VDYyBOWf0

 何が釣りなんだか、、、。ネットウヨクのご都合主義は、あまりにもひどす
ぎると思うんだけど。

 そんなに沖縄戦で米軍が悪逆非道だったなら、何故ネットウヨクは沖縄駐留の
米軍を支持するんですかね。

 今の米軍は、二次大戦の米軍とあまり変わっていない。と言うか、質はむしろ
落ちているんで。イラクでの悪行三昧は聞いていると思うんだけど。
 そんな危険な米軍が沖縄に我が物顔で駐留しているのに、ネットウヨクは駐留
に反対するどころか、米軍駐留反対運動を誹謗中傷して抹殺しようとする始末。

 あんたらは、沖縄で日本人を殺しまくった米軍による占領を見逃すばかりか、
それを積極的に擁護してるじゃん。
 残虐行為の下手人アメリカ軍の奴隷こそ、ネットウヨク。


521 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 17:59:49 ID:8Hj+lV3T0
>>1
アメリカで見つかったんですね
公文書が
やはり事実だったんだー

なににせよ 貴重な公文書がみつかって
事実が解明されましたね、

522 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:02:28 ID:yCpXd2CqO
チョンもシナも沖縄人も
皆殺しにしておいてくれれば俺たちが苦しまなかったのに。


523 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:04:28 ID:vzAf6hRJ0
>>446
遺族年金がもらえる事となったのは昭和何年で
照屋氏が厚生省に報告した日付とかどうなってるの?

>>440
>>自決時に口裏を合わせてるから
えーっと、「自決時に口裏合わせ」と言う事は
死ぬ気が無くて、生き延びる気まんまんと?
つうか、誰と誰が共謀したのか主語が抜けてるんですけど

少なくとも死んだ人は
「言われた事を信じて遂行」して物言えなくなったのだけは事実

524 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:04:39 ID:XlnI8gNP0
自分の都合の良い情報しか信じない右翼は哀れですね

525 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:05:11 ID:MfPU2grc0
アメリカの情報はあてにならないとかいうくせにアメリカの公文書とやら(が見つかった)
ということでありがたく奉るサヨク

526 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:07:46 ID:MfPU2grc0

で今回、林のやつって誰が証人に?名まえは?内容は?その文自体は?
どこの部隊の誰の命令?

527 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:08:15 ID:nlWGMEz90
>>517
とっと死ねよクソサヨw

528 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:11:24 ID:dRezaS3BO
>>522
苦しいのか?だったら、それよりおまえ一人が死んだ方がいいよ?
そのほうがはるかに作業が早く簡単に話が解決する。
楽になりたいんだろ?

529 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:12:11 ID:TdzlaaGZO
また沖縄豚のたかり行為か…沖縄人全員死んでホスィー

530 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:13:19 ID:mUP7TImb0
先入観は別にしても、米軍の調書なんかより生き残り住民本人の証言のほうが
資料として信憑性高いと思う
その場にいた本人が「命令はなかった」って自分の口で言ってるのにこのセンセは・・
なんでこういう方向に持っていきたがるのかなぁ

531 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:13:26 ID:MCF1pTnD0
>沖縄戦の事実をゆがめようとする動きを批判した。

一新聞社が何を断定しとるのだ。



532 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:14:02 ID:MfPU2grc0
>>529
まあそういうな。沖縄の人は日本のために戦ってくれた勇敢な
人たちだ。一部のバカがいるだけ

533 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:14:49 ID:naKVPlWoO
まあ、歴史家にまかせる

534 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:15:00 ID:nlWGMEz90
ゴーヤ土人の有りもしない集団自決をネタにした、お得意のゆすりたかりが
始まるわけですね(笑)

535 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:15:28 ID:dRezaS3BO
>>527
ちゃんと日本語書けないなら半島に帰れってw

536 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:17:25 ID:l9RHKOiA0
バカ連中は
日本兵が命令した!!!沖縄人は被害者だ!!!と叫ぶのに
その日本兵の中に2万の沖縄人の将兵や軍属がいたことを無視する。

537 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:17:33 ID:MfPU2grc0

で今回、林のやつって誰が証人に?証人の名まえは?内容は?その文自体は?
どこの部隊の誰の命令?公文書ってどんなもの?



538 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:17:53 ID:PoQ7O+d60
嘘をついていた場所と、嘘じゃなかった場所があったということか。

539 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:20:30 ID:r88NcLbG0
証拠をだせっつーから証拠出したら、今度は証言のほうが状況から信憑性が
あるか。ネットウヨには、いい証言と悪い証言ってのがあるみたいでつね。
どこぞのプロ市民とどこが違うのか。

540 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:22:28 ID:MfPU2grc0
>>539
まず出してからいったら?つかなーんにも出てないのに信じるオツムがどうかしてるのでは?

541 :名無しさん@6周年:2006/10/04(水) 18:23:52 ID:Qts8nRUN0
>>539
その証拠ってのも書いた本人が「後から自分が書きました」って暴露してるわけだし。

542 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:25:39 ID:MfPU2grc0
で今回、林のやつって誰が証人に?証人の名まえは?内容は?その文自体は?
どこの部隊の誰の命令?公文書ってどんなもの?

543 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:26:42 ID:aFmPyxx10
>林博史教授が米国立公文書館で発見した。

あれか、NASAの機密書類を入手したってやつか?www
都合よくいろいろ発見するよな、サヨクって

544 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:29:59 ID:7FLy/Iwp0
今回はウヨの旗色がわりーな
つか最近2ch内でもやばくね?
がんばらねーとニートどもの洗脳も溶けちゃうよ

545 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:31:40 ID:oDm2EDfHO
恩人の名を死後も猶汚すか…
沖縄人はそんなに情の薄い連中なのか?

546 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:32:15 ID:MfPU2grc0
サヨクってぼろぼろやられてんのに
池乃めだかみたいなやつだな

547 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:32:18 ID:VXiGD3Pm0
まぁいとしこくと、自分の意見を変えるのが難しくなるのは解るけどさ・・・
事実は事実として、証拠があれば受け止める柔軟さが必要だと思うよ
教授という立場ならなおさら、人に教える立場なんだから

548 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:33:20 ID:zJ72I55x0
これでもし「命令がなかった」ってことになったら、
沖縄人は恩給返上しないとならないの?

549 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:33:46 ID:Rz/827Wi0
>>544
インターネットがなかったらそれですんだんだろうけどねぇ…。

550 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:35:19 ID:KEr44wxrO
いまさらネトウヨ気取るのもダサいんでやめました。

551 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:48:50 ID:FAKa81Tw0
サヨクが脳内で吠えようと、日本の世論は選挙でわかるw

552 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:49:19 ID:25uROAg20
まーた都合良く資料発見か

553 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:50:09 ID:KCyKTHUn0

そろそろ命令したっていう御爺ちゃんが登場予定。。。。




554 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:54:46 ID:5Jndtyth0


妄説に断! 渡嘉敷島集団自決に軍命令はなかった
 
「日本文化チャンネル桜」社長 水島総/同局取材班 井上和彦、仙頭直子



http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0610/mokji.html
正論11月号目次

555 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:54:55 ID:m34edTkY0
>>31
ワロス

556 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 18:58:38 ID:vzAf6hRJ0
とりあえずこんなの発見
コメントのやりとりが興味深い内容である>照屋証言の信用性
ttp://www.fukkan.com/bbs.php3?act=topic&t_no=20251

生き証人なら曽野綾子氏がいるな
彼女に「富山(旧姓・新城)真順」と会った事有るか
是非裁判の証言台に立って証言してもらいたい

557 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:03:59 ID:l2RBnlON0
アメリカはたくさんの沖縄人殺したから
日本軍が自決命令をしたってことにすれば都合がいいよな
あといいかげん証言以外の証拠だせや


558 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:05:46 ID:MfPU2grc0
そこの人、なーんも証明してないね
自分の意見いってるだけじゃん。

559 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:08:37 ID:oLouqCG70
>>1
貴重な公文書がでてきたんですね
やっぱり真相は本当でしたか

560 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:10:05 ID:mYZXkpBg0
これでネウヨ惨敗は決定的だなw
ネウヨのコメントは遠吠えばっかりwwww

561 :(´-`).。oO ◆abcDBRIxrA :2006/10/04(水) 19:12:38 ID:q7z5lCE40
いつ、どこで、誰が命令したのか、記録されてなければ証拠にはならない。

証言は証拠じゃないんだよ。 ┐(´ー`)┌  

検証して、裏づけをとって、初めて証拠となる。住民の証言が真実とは限らない。

562 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:14:29 ID:G19ycjev0
うちのひいおじいちゃんが「実はワシも秘密裏に原爆を開発していた」と言い出したんだけど
これ歴史をひっくり返す大スクープじゃね?

563 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:15:12 ID:ICO6ndEJO
たしか軍命令での集団自決が唯一立証されたのが渡嘉敷だったよね。
で、最近それを「被害者」自らウソだったことを認めた。
新しい証拠探してくるのもいいけど、
まずは渡嘉敷が捏造だという証言を否定する事から始めないとな。

564 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:15:50 ID:EqHstz4g0
ねらーは、自決命令が無かったことにしたいようだな

565 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:16:16 ID:vzAf6hRJ0
>>561
>>証言は証拠じゃないんだよ。 ┐(´ー`)┌  

照屋昇雄氏の「証言」をさんざん持ち上げてそりゃねーべw

566 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:18:03 ID:Rz/827Wi0
>>565
墓穴掘ってるのわかってる?

567 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:18:20 ID:5mcFQti00
批判してる人はどうして自決命令が事実だとすると都合が悪いの?

568 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:19:10 ID:jctp7FxL0
マイナスねらーは、自決命令が有ったことにしたいようだな

569 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:20:24 ID:u9g559lM0
>>567
無かったことを在ったことにするとまずいでしょ?
変態か君は?

570 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:20:42 ID:DPl+zKc20
>>568
日本軍残虐説の最後の砦ですからw

571 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:21:50 ID:Xks94SSf0
>>565
>>563


572 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:22:11 ID:ICO6ndEJO
>567
命令があったことが事実なら別にいいけど
具体的な証拠(命令書等)もないことを「やっていたに違いない」とか
「やっていてもおかしくない」みたいな理由で事実にされちゃたまらん。

573 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:30:45 ID:r88NcLbG0
うちのじいちゃんはそんな残虐なことしてないやい!か。ネットウヨ
ってのは、とことん幼稚園ですなー。だいたい極限状態にある人間に
倫理を求めること自体馬鹿げてるでしょ?皇軍兵士は例外ってか?戦
争にはいい戦争と悪い戦争があるってか?ネットウヨの言説とプロ市
民の言説の違いが全然見えてこないよ。歴史に政治を持ち込まないで
解釈しなきゃー。ネットウヨ史観って言うカテゴリーができそう。

574 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:31:44 ID:YQCYKFqz0
軍人は命令書なしに勝手な行動をすることはないんじゃないの

575 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:33:34 ID:5kNVlDoZ0
この関東学院大学って、北朝鮮シンパがごろごろしてたな、そういえば。
昔、千葉の船橋で「朝鮮の子供たちに学ぶ」という講習があって
一般市民を装って入り込んだ事がある。
イラク戦争で使われたという劣化ウラン弾の被害を訴えるビデオを見せられたりした。
日本に帰国した拉致被害者5人を北朝鮮に返せ、と言っていた大学関係者は
確か関東学院大学と名乗っていたな。
もちろんさんざ議論を吹っ掛けてやったがねw

576 :名無しさん@6周年:2006/10/04(水) 19:35:34 ID:Qts8nRUN0
>>573
極限状態にある奴は皆に自殺を強制するのか?バカじゃねーのお前?

577 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:40:31 ID:Xks94SSf0
>>573
兵士の極限状態なんかどうでもいい
軍による命令が証明できるかどうか
要するに命令書があったかどうかだよ
わざわざ下品な言葉で煽る必要さえない

578 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:40:35 ID:oLouqCG70
http://www.zyne.jp/
ウヨ脳www

579 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:41:10 ID:nYD8QO1yO
北朝鮮シンパのアカ教授の捏造か 懲りないな

580 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:43:13 ID:vzAf6hRJ0
>>574
赤松隊長は32軍本部の意に反して特攻ボートを使用前に自沈
「大町大佐の命令で攻撃中止した」と語ってるが
大町大佐は慶良間近海で戦死してるので命令の有無は不明

32軍参謀の八原博通大佐は手記(沖縄決戦)で
出撃しなかった事に失望した、と記している

581 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:43:44 ID:nah2dVmtO
ってゆーか、だから何?この教授に謝罪すれば良いの?

582 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:45:26 ID:oYhPLXfBO
なにかと思ったらプロパガンダ戦略文章じゃん

情報戦争のは無意味ですよ


583 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:45:42 ID:zJ72I55x0
>>562
日本も核兵器には目をつけてなかったっけ?

584 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:48:03 ID:YEIUJwvY0
どっちでもいい。

軍命があろうがなかろうが、
「戦争(・A ・)イクナイ!」って事実に変わりはない。

585 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:50:10 ID:voujeNsQ0
まあ当時としては、米兵に捕まるくらいなら自殺しようという、極限状態だった訳だ。
別段日本兵が沖縄県民を殺して廻っていたわけでもない。それをやってたのは米兵だ。
民間人のいる所で戦争すれば、仕方のない悲惨な現実だとは思うが、これが日本兵残虐説に繋がると急に
おかしな話になる。

586 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:51:55 ID:r88NcLbG0
>>576
君は誤謬についてきちんと勉強したほうがいいよ。
自決命令書なんてあるわけないでしょ。当時の日本人は、捕虜になるなら自決
するっていうのが常識だったんだから。何で文書でそれを徹底しなきゃならん
のさ。住民に自決を命ずる軍隊なんてお笑いだよね。北朝鮮軍並みだよー。

587 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:55:02 ID:R5GFAf/b0
米軍の医療スタッフの感想を資料って言い切っている馬鹿が、
なんと大学教授にいるとは何とも不思議なゆとり教育だ。

沖縄の人が先の大戦で多くの被害を被り、
また現在も基地の負担を多大に負っていることとは別。
逆に嘘や脚色は死者に対する冒涜じゃないのか。
この辺は反日カルト連中の人権意識の低さだろう。

まあ、ネットウヨが沖縄の人を冒涜するのは許せないが。
そもそも嘘が生まれたのは遺族年金をケチったからとも言える。

>>544
反日カルトが馬鹿なことを連発しすぎて一々対処できないから。

588 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 19:55:05 ID:MfPU2grc0
誰が、誰に命令したの? で証言してる人の名前は?
それも文も出てないのに信じるサヨはお花畑w
悔しかったら答えてね。

589 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:00:06 ID:ICO6ndEJO
>586
つまり「常識」だから住民が自発的にやったことで、軍命令なんか無かったって言いたいんだよね?

590 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:05:31 ID:IVXhPinJ0
これ、米軍が火炎放射器で非戦闘員を殺しまくってしまい、
その濡れ衣を日本軍側に着せるための報告書じゃまいか?

591 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:06:57 ID:kPvA6JBNO
>>581
事実を曲げようとしてる動きがあるから事実をもって批判したんだろ。
だから何ってそー思うだけなら
わざわざ書き込むな。市ね

592 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:07:34 ID:MfPU2grc0
>>586
俺もそう思う。
サイパンでも住民が岬から多く飛び降りてるが、軍のほうは別の場所で
すでに包囲されてた。
「米軍は鬼」「生きて虜囚の辱めを受けず」こういうことだろう。
軍のほうは全滅してるよ

593 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:09:25 ID:Xks94SSf0
>>592
容赦ないですね

594 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:09:55 ID:50O1KFIVO
>>591
そうだよな。軍による自決命令なんて無かったわけだからな。
謝るなら英霊に謝らないとな

595 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:10:51 ID:MfPU2grc0
>>593
米軍のこと?非戦闘員一万人のほとんどは米軍によって殺されてる。
住民には真実だったろうね

596 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:12:53 ID:M6eEp66s0
>>592
つまり旧日本『軍』は一切集団自決命令に関係ないってことかい?
それはゆがんだ教育の結果だと。

597 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:17:47 ID:faFIkUVo0
>慶留間の住民を尋問した内容として「三月二十一日に、日本兵が慶留間の島民に
 対して山中に隠れ、米軍が上陸してきた時には自決せよと命じたと繰り返し語っている」と記述
 されている。
だろ。住民間に米軍上陸(調べたところ、3月26日らしい)の何日か前からそのような風評が広まっていたという内容でしかない。
沖縄以前に南洋諸島各地で住民が多数犠牲になっていることくらい、沖縄県民は知っていたはずであり、
自分たちにも同じ運命が訪れるだろうという予想くらいできるだろう。

それに、この教授も「日本兵が自決せよと命じている」と言っているのであり、
「日本軍が」と断言していない。また、「日本軍ならびに行政・教育を含めて、島民たちは自決するように命令
 あるいは指導・誘導されていた」として、行政・教育による、という逃げ道や
指導・誘導という逃げ道を残している。これだと、誰が命令したか、誰が指導や誘導を
したかがあいまいである。マスコミを使ってうまく煽ろうとしているとしか
思えないんだが。

598 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:20:43 ID:WflVPLnQ0
住民の証言が出て来た、ってだけで、
どこの誰が命令したとかの具体的な記述は無いんだろ?
現代の証言と何も変わらんじゃないか。

599 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:20:45 ID:qyLoxoFc0
ここまで教授の名前が「林」であるという指摘が
5回はあったに偽造紙幣で5000元

600 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:22:50 ID:MfPU2grc0
>>596
日本軍は捕虜にだけはならなかっただけ。逃げられるところは
逃げろと命令受けてる。キスカは有名だし、ギルワにも
「玉砕せず、万難を排して撤退せよ」という命令を受けてる。
指揮官は歩けるものは逃がし、自分は動けないものといっしょに
残って拳銃自殺している
たいがいは爆撃と集中砲火を浴びた中山とか洞窟においつめられて
捕虜にならず死んでいってる

>ゆがんだ教育の結果だと
教育とそれを納得させる米軍の絨毯爆撃


601 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:23:00 ID:pJscJCgf0
基地害ウヨが湧いてるねぇ。
なんで、そんなに一生懸命に、皇軍の犯罪を隠したがるんだろう?

ちょ〜せんのようなゆがんだ愛国でも、歴史は変えられないと思うよ。


602 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:25:14 ID:MfPU2grc0
>>600
数々の島に関して米軍は日本居住民のいるところとか日本軍がいるところとか
確かめもしないでとにかく艦砲射撃と空襲を何週間も続けて、そのあと突撃
するってな攻め方してたんだよ

603 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:27:18 ID:qyLoxoFc0
神戸出身の工作員のようですw

http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/19prof.htm

604 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:27:37 ID:6o6e+xNg0
自決がたくさんあったのは事実でしょ。
それが強制だったかどうかが問題なのであって。
アメリカは日本人は全部敵として住民を区別しないで
扱ってたから、アメリカに占領されたら住民も死ぬしかないと
思い込む状況だったし。

昔、テレビで戦争のときのアメリカの記録フィルムを
流してたのを見たけど、サイパンで洞窟に逃げ込んだ
住民を火炎放射器で焼いてるのを見ると鬱になったよ。

605 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:28:53 ID:CYde8oSO0
あなあなほれほれ
もっとほれ♪

606 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:30:54 ID:sRmWfdSwO
で強制だったら何かあるの?

607 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:31:48 ID:50O1KFIVO
>>601
集団自決=犯罪というわけのわからない思考回路
人、それを、平和ボケと言う


608 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:33:10 ID:4QQVPJ8K0
歪んだ人間が日本のために戦った人間をとやかく言うな

609 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:33:29 ID:MfPU2grc0
だって上陸する前に島丸裸になって形変わるまで鉄打ち込んでるんだから
住民だって捕まればどうなるか考えるだろ

610 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:33:57 ID:r88NcLbG0
>1990年11月12日、「即位礼正殿の儀」に際して、天皇が「日本国憲法を遵守(じゅんしゅ)し、
日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓う」と述べた
ネットウヨのみなさ〜ん、憲法は遵守してくださいよー。恐れ多くも陛下のお言葉でございますよ。

611 :朝日新聞より:2006/10/04(水) 20:34:09 ID:Dd9yfutvO
批判性がたりないといふことは、またすぐデマを信じ込むことで、
スパイのはなつ宣伝謀略にのせられやすいからつつしまなければならない。
デマなどの噂に対する好奇心は、いはば本能的なもので、
これは誰もが一応は面白がってきくものだが、
それを信じるが信じないかは一つに批判力の有無にかかわっている。
ところがさらに悪いのは、これをすぐ他人に話し、
おまけにそれに尾鰭をつけたり、別の話を捏造したり、
また直接行動にうつす者さへ出てくる。
専門的にみると、これはとくにヒステリ性の女の人にひどい。
男なら一応調べてみようと思ふことでも、
さういふ人はその材料を吟味せず鵜呑みにする。
相当理知的な人でも、一応否定してみても感情的にそれを統御できないといふ始末で、
根も葉もない流言が婦人の間に多いのは、
そんなヒステリ性の人がひろげているためである。

【昭和17年7月14日、朝日新聞より】

612 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:35:59 ID:MfPU2grc0
>>610
他のところ池。なんかおまえ勘違いしてる。天皇親政希望してるやつのところいって来い

613 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:36:02 ID:+lN56j5l0
ネット右翼は、頭が悪くて気が小さくて臆病者で卑怯者で怠け者で、
自信も能力もやる気も体力も無くて、皆の嫌われ者だから、
少しでも権力に擦り寄って、権力にこびへつらって生きていこうっていう、
ウジムシよりいやしい卑屈な気持ちも分からないではない。

だがな、ネットで国士気取りするのもいいが、本当に日本に貢献したいと思ったら、
まともな職を見つけてカネを稼いで税金払えよ。その方がお前らの大好きな
国益にも合致するし、お前ら自身のためにもなる。少しは親にも楽をさせてやれ。

いつまでも怠けてばかりじゃ、きりがない。怠けるための理由は
いくらでもあるんだよ。だがそれに甘えてると、お前らネット右翼のように
きたならしくて役立たずの廃人のまま、一生を終わることになるんだぞ。

わかったか。ネット右翼のゴミどもが(w



614 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:37:25 ID:qyLoxoFc0
>>610
バカだなキミは、北朝鮮が核実験しようかという世の中だぞ。
早めに改憲して日本軍復活するからよろしくなw

615 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:40:15 ID:MfPU2grc0
なんでサヨクって品のない煽りとうそしか並べられないんだろな。


616 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:40:25 ID:50O1KFIVO
中国や韓国みたいに征服した他国の女を凌辱して
なぶり殺しにするようなのもいるからな
そりゃ自決を選ぶだろ


617 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:40:31 ID:IhQiAI770
>>611
もっともな内容の記事だね。・・・て昭和17年か〜

618 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:44:04 ID:pJscJCgf0
>>613

ウヨって、痔見んあたりの政治家から金もらって、脅迫のバイトとかしてるのかな。

ネトウヨって、
しつこいけど、中身ない書き込みばっかだし、バイトなのかな。


619 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:44:57 ID:MfPU2grc0
もはや罵倒しかできないバカサヨw

620 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:46:56 ID:VuD8oeqY0
該当する原文読みました。

1.Operation report, Iceberg: phase I [77th Infantry Division].
2.Okinawa Operation Report: Iceberg: Phase I.
3.Estimate of the Situation: Iceberg: Kerama Retto.

林博史さん・・・・どこにも書いてないんですが・・・・

621 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:46:57 ID:5E/P8/D+0
>>468
>「敵に投降する奴は非国民、皇国の民なら潔く」と手榴弾を手渡した、なら理解出来るが

自決用に手榴弾を手渡したなどあったか?
戦史叢書では沖縄の陸軍の弾薬備蓄は輸送船が沈んだ事もあり45年3月で0.6会戦分と、余裕がある状態とはいえなかった。
従軍した島民に配られた手榴弾を自決用に分けてもらったとかいう証言はあったが、武装した島民は戦闘に直接参加する人限定にされていたし。
弾薬に余裕の無い中、自決用に民間人に手榴弾を渡すというのは考えられないが。


622 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:47:06 ID:ICO6ndEJO
>604
しかも今回の教授は日本軍を犯罪者に仕立てあげるために
住民を火炎放射器で焼き殺した米軍が作った資料を持ち出してきて
得意になっているんだからな…

623 :ななしさん:2006/10/04(水) 20:47:54 ID:TMz3MFDi0
>620

とりあえず原文の翻訳キボンヌ

624 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:49:44 ID:R5GFAf/b0
>>586
容赦ないバカだなw
命令というのは、守備隊本部から各部隊への命令。
つまり軍が兵に対して住民に自決を促させる命令だろうが。
住民への命令じゃねーよ。タコ。

でもって、反日カルトは「そうじゃなくて広義の命令だよぉ〜」
と涙目になって反論するんだよね。広義の命令ねぇ...w

625 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:49:45 ID:MfPU2grc0
>>620
英文でもいいよ。

626 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:50:12 ID:hhIlSMPV0
自決命令の何がいかんの

627 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:50:56 ID:vzAf6hRJ0
>>611
デマ→流言
スパイ→間諜
ヒステリ→熱病

30点減点  もう少し頑張りましょう

628 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:51:53 ID:oorm9i7W0
>>620
いろいろkwsk

629 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:53:00 ID:ZIXi5k5JO
ぶっちゃけ、だから何?だ。
それがチョンに対する備えを怠ったり、シナの属国になる理由になるとでも思ってるのかw
おめでたいな、勝手な白昼夢見とけよ。

630 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:53:15 ID:FX1pUmC20
>>623

157頁あるんだけど・・・・

631 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:54:36 ID:MfPU2grc0
>>624
現地の軍の守備隊本部からのバンザイ突撃命令はあった。
自決命令はどうかな? 大体そういうときは軍自体包囲されてる

632 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:55:41 ID:+lN56j5l0
【「日の丸」「君が代」が嫌なら北朝鮮に行け!という人がいます】
  むしろ「日の丸」「君が代」の強制に賛成の人こそ行くべきでしょう。あの国は
  「反政府的」な「売国」メディアも全くなく、自国の国益を何より優先し、他国に
  土下座することなど絶対にしない。全国民がこぞって国家元首をほめたたえる
  など、これ以上はないだろうというくらいの究極の愛国主義国家です。
【なぜネット右翼は「君が代が嫌なら北朝鮮へ行け!」とか必死なの?】
  元右翼で作家の雨宮処凛(かりん)は、06年5月19日付朝日新聞で
  以下のように指摘しています。

   「強い日本を求めるのは、弱い自分の裏返しだ。家庭や学校や職場には
   裏切られたが、国家は新しい居場所を提供してくれそうに思える。
   インターネットで情報を検索し、都合のいい歴史をつなぎ合わせれば、
   理想の国家像を作り上げるのは簡単だ。国が強くなれば、フリーターや
   ニートと呼ばれる自分も、強国の国民としての誇りとプライドを持てる
   かもしれない。」

  つまり、ニートや引きこもりが多いネット右翼にとっては、「強国の国民」である
  と思うことが、自己肯定感を得る、ほとんど唯一の方法となってしまっている
  のでしょう。家庭にも学校にも職場にも居場所がない、居場所を求めることが
  できない彼らにとって、最後の居場所が「国家」なのです。その「国家」を象徴
  する「国旗」「国歌」を尊重しないことは、自己を否定されているように彼らには
  感じるのかもしれません。その意味ではかわいそうな人達で、せめて2ちゃん
  くらいは、彼らの不満をぶつける掃き溜めとして存在すべき、かも…?


633 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 20:59:04 ID:R5GFAf/b0
>>626
市民に犠牲を強いるのは国際法違反ではないのかと。
でもそんな非常識なことはなかったんじゃねーのと。

>>629
過去の反省は必要です。事実なら、の話だけど。

>>631
だから市民に自決を促す命令は、軍事隊が包囲されていたらないということでOK?

沖縄戦は熾烈を極めたので、他の面で戦争の悲惨さを語ることが出来るのに、
こんな嘘や脚色で戦争の悲惨さを穢す反日連中は本当に平和への意識が低い。

634 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:00:10 ID:im8oGPTS0
中国なら今でも命令しそうだな

635 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:01:36 ID:R5GFAf/b0
>>632
雨宮さんは作家というよりコスプレの人だよね。
ものすごい説得力だw

>>634
八路軍は突撃命令と同時に後方から前線部隊に一斉射撃させて、
無理矢理突撃させていたそうですよ。

636 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:02:13 ID:1nXM6JazO
ネットウヨは必死に揉み消すが、都合悪いのか?また戦争するか?

637 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:02:52 ID:KTBLVa5tO
まさか翻訳ソフトで翻訳したというオチは無いよな。
林さんよー

638 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:04:06 ID:FX1pUmC20

常石敬一氏の731部隊に関する米軍資料引用は、引用元を明確にしていたので、
常石氏は原文を基に、推定していたことを指摘したけど・・・・
林博史氏は巧妙だな・・・
引用箇所がうやむやで分かり難く、該当資料を読んでも、林博史氏が引用したような
文書が見つからない・・・・


639 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:04:23 ID:MfPU2grc0
>>633
ないじゃなくてできない。できないところでも住民が自決してる。
サイパンで住民が自殺したところと軍が
やられたところは別。軍はすでに囲まれてるから。

640 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:04:24 ID:pJscJCgf0
>>634
戦前の日本のように、今の中凶、ちょ〜せん政府は腐敗してますね。
戦争で学ばなかったのか、強い国のあり方を間違えたのか、リーダに恵まれないと憐れなものです。


641 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:05:20 ID:mM630Owq0
今までと同じで住人の証言だけじゃん

642 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:06:19 ID:FX1pUmC20
>>637

原文は、書き込みやスタンプが多く、スキャンできないよ。

643 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:06:21 ID:R5GFAf/b0
>>641
原文読みたいのですけど、この記事だと住民の証言ですらないようですね。

644 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:09:02 ID:MfPU2grc0
ひでえな。報告書にJapsって書いてるよ。逆に
米軍による住民虐殺の証拠できそう

645 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:11:19 ID:oorm9i7W0
原文は見つけたけどどこ読んでいいかワカンネ
そもそも読めねw

646 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:12:15 ID:FX1pUmC20
>>644
当時の話だから仕方がないでしょ(笑
俺としては、偵察情報で日本軍の配置が細かく記述されている処を読んで、
「これじゃ負けるなぁ」と思ったね・・・

647 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:12:33 ID:MfPU2grc0
バカサヨにはさらに無理だなw

648 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:12:55 ID:R5GFAf/b0
>>644
原文のアドレスをキボンヌ。

649 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:13:04 ID:r88NcLbG0
>>624
>容赦ないバカだなw
君にそのまま返すよ。当時は、自決するのが常識だったんでしょ。だったら、何故
住民に自決を促す必要があるの。そんなこといちいち文書で命令する必要がないで
しょ。自決を促さなくても、自決したんじゃないの?

650 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:14:43 ID:vzAf6hRJ0
>>631
牛島満中将が自決したのちも
沖縄守備隊は9月4日まで降伏しなかった
(9/7の南西諸島守備軍代表の降伏文書調印を「終結」とする見方も有る)

6月23日は沖縄の組織的戦闘が終結した日であり
個々の部隊にとって「最後の一兵まで戦うべし」の命令はその後も生きつづけた

651 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:15:38 ID:MfPU2grc0
とりあえずokinawa uerrilla kill あたりで米軍による虐殺でてきそうなんで
探してる

>>648
とりあえずここらへんで一つ一つあけてるんだが
http://cgsc.cdm.oclc.org/cdm4/browse.php?&CISOSTART=1,101

652 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:17:55 ID:lEJDMuHIO
>632

こういう意見はよく見るが、経済的社会的弱者の希望、心の支えになれない国家は国家としてどうなのだろうか。
資本主義や民主主義は、結局のところ個人の心しか救えない。
上記のシステムは必ず勝者と敗者、多数派と少数派が生じるからだ。
弱者を含めた多くの人間を救うものは、善きにしろ悪しきにしろ、国家か宗教または民族といった概念だけだろう。
この概念には勝者と敗者、多数派と少数派も含まれるからだ。
自分に自信が持てる精神的貴族など、人類全体の一割にも満たない。
残り九割の、自分に自信が持てない精神的貧民から、集団としての自信まで取り上げようとする言説『国家に自信を求めず、自分に自信を持て』は、
『パンがないならお菓子を食べればいいのに』と同じく無情かつ無知なものだと思う。


653 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:25:17 ID:R5GFAf/b0
>>651
ありがとさん。

読むのには時間がかかりそうです。

654 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:31:33 ID:pJscJCgf0
大量の沖縄ぱんぴ〜をいけにえに時間稼ぎし、広島、長崎と大量虐殺されるまで、
てんの〜まんせ〜たちが見栄でがむばったのが大きな誤り。

でも、日本最高のり〜だ〜は責任とらずに処刑されませんでした。
のほほんと生き永らえたものの、自分の子供の誕生日にA級戦犯が処刑されました。

かの基地害てんのが生かされた理由は、後のてんのの誕生日のたびに、
てんのまんせ国家が招いた惨劇を日本人が忘れぬよう戒めたためだとも言われる。


655 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:33:09 ID:MfPU2grc0
>>653
せばまった
http://cgsc.cdm.oclc.org/cdm4/results.php?CISOOP1=any&CISOBOX1=kerama&CISOFIELD1=CISOSEARCHALL&CISOROOT=all

656 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:34:28 ID:mYZXkpBg0
アメリカがこの時期に日本軍による自決命令を偽装する動機が無い。
したがって今回の資料は高度な信用性を備えており、その内容が真実である可能性が極めて高い。

∴ ネウヨの負け

657 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:34:39 ID:fr6UNffU0
>>命令あるいは指導・誘導

どんどん言葉が広がっていくなw
「広義の強制」と同じだ


658 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:36:41 ID:FX1pUmC20
>>655

それ、作戦計画書。

659 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:36:55 ID:0wOAturu0
>>654
おまえ、生きてて恥ずかしくない?

あ、そんなこともわからないから駄レスで必死に煽ってるのか。
ごめんごめん。


660 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:37:13 ID:MfPU2grc0
おまえもちゃんと探せよ。英語読めないだろうけどw

>アメリカがこの時期に日本軍による自決命令を偽装する動機が無い。
>>514


661 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:39:21 ID:k4u4CbQM0
>>657
最後は「当時の風潮が」とか言い出すんだろ。

今日埼玉で火病ったチョソ(軍に拉致された年齢が14とか15とか16とかころころ代わるし、1944から3年間慰安婦にされたとかほざくし)
と一緒で所詮ブサヨの作り話だからなwwwwwwwwww

662 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:40:30 ID:MfPU2grc0
>>658
そっからさらにせばまるはず。期間別

663 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:43:14 ID:pJscJCgf0
>>659

ぷっ♪

664 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:45:59 ID:FX1pUmC20

げげげ・・・・林博史教授ってVAWW-NET Japanの人だったんだ・・・・

665 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 21:51:10 ID:R5GFAf/b0
>>664
一生懸命英文を読んだのが無駄に感じた瞬間がここにある。

バウネット...ってことは上海系列の強硬派の犬かぁ...何だかなぁ。

666 :名無しさん@6周年:2006/10/04(水) 21:54:49 ID:aRA/q/zN0
左翼て凄いね
集団自決は、嘘です。遺族が補償を受けられるように当時の軍の責任者に
了解をとって「軍の命令」だとねつ造しました」
と、当時の生き証人が告白してるのに
ここまで来れば、一種の宗教だな

667 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:05:54 ID:pJscJCgf0
ウヨのしつこさも立派だね〜。
ほれほれ、こんなくだらんスレに書き込みしている暇があるなら、
アメ大使館にでも言って、抗議してこいよ〜。

「捏造メモで、てんの〜の軍隊を辱めるなぁ〜〜〜。」とか、叫んで来い!
「てんの〜まんせ〜〜〜」だけでもいいかな。基地害らしさが出てる。

668 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:06:55 ID:mC3ZVRUM0
鬼畜米英、生きて虜囚の辱めを受けず。
米兵に捕まると男はみんなタマを切られ、女は犯される
というのが、当時の軍国教育+民間に流布していた噂。
これは沖縄に限らず本土でもそうだったみたい。

当時の日本では兵隊は天皇の赤子、お国のために命を捧げる尊い存在で
軍が一般市民を守るというよりは、一般市民が(天皇の)軍隊のために
自己犠牲を強いられるのが常識だったから、こういうこともあったろう。
帝国陸軍が焦土戦を敢行する過程で、戦闘の足手まといになりそうなものは
切り捨てるのが当然という感覚だ。

669 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:06:57 ID:oorm9i7W0
>>664
本人のサイトの自己紹介を見たら色々見慣れた名前が並んでたなw

670 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:11:22 ID:3Hj+DhM50
沖縄タイムス(2000年9月28日)

「全ての米軍は本国へ撤収せよ」

政府は違憲の日米安保は破棄し自衛隊も即刻解散、平和国家として
諸外国との友好に力をいれるべきだ。特に中国との友好関係の構築は
将来米国の核の傘から離脱した時、日本の安全保障を考える上で
最重要課題である。

米軍の撤退後は人民解放軍の駐留も視野に入れた安全保障面での
関係強化を 計るべきだろう。その実現には利用価値に乏しい尖閣列島の
領有権の放棄や、 過去の謝罪と倍賞等でも最大限の誠意を示す必要が
あると考える。

671 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:17:42 ID:HaqzAlTf0
おまいらも
ウヨだのサヨだのと
いつまでくだらん事を言ってるんだか・・

ばくたも糞スレ立ててんじゃねーよ、ったく


672 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:18:35 ID:k9jHo3vD0
まあ、戦争だからさ、いろんなことがあるよ。
相手は鬼畜米英でしょ、自決命令も出したろうよ。そういうもんだよ。
現実見ろよ。完全無欠で一転の曇りもない軍隊なんてないんだよ。
何かといえば捏造、捏造、いまやこの板で火病ってる奴って大抵ネトウヨじゃねえか。

673 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:18:47 ID:mC3ZVRUM0
人民解放軍が駐留すれば、中国が琉球は中国固有の領土と言い出すまで
さして時間はかからないと思うけどな。
尖閣諸島は琉球の属島なわけだから、沖縄が中国琉球省になれば、
領有権があーたらこーたらと言うまでもなく、中国のものになる。
その時には沖縄タイムズの社長が初代琉球省知事になるか。

それにしても常に他国の軍隊に駐留して
自分を守ってもらおうという他者依存思考は見上げたもんです。
沖縄が独立国家になれなかったわけだ。

674 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:20:25 ID:ueO3+mh30
>>673
ネタにマジレス

675 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:21:13 ID:Cml1uwrOO
誰かVAWW-net JAPANについてkwsk

676 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:23:12 ID:FX1pUmC20
>>675
北朝鮮工作員シンガンスが指導している反日組織。
2ちゃんでは「NHK 天皇裁判」が有名。

677 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:24:46 ID:MfPU2grc0
G-2 Periodic report.
ここのPart_15_27Mar_19Apr
の中の3 APRIL 1945のはず。
http://cgsc.cdm.oclc.org/cdm4/document.php?CISOROOT=/p4013coll8&CISOPTR=584&REC=4


そんな報告おまへん。

678 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:26:18 ID:QAGyv6Wj0
米軍の医療スタッフの記述を島民の証言と歪めてはいけない。

679 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:27:04 ID:MfPU2grc0
林の捏造でした

680 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:29:10 ID:FX1pUmC20
>>678

その前に、原文が見つからない・・・

681 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:29:25 ID:pN6Msr1pO
うちの大学は馬鹿大のくせに左翼多い

ヨーロッパでは死刑制度はないんだから日本でもいらないとか、君が代は天皇の統治永遠にという歌だから民主主義国家の国歌にはふさわしくないとか

いってることも馬鹿学生はもっとばか

682 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:30:10 ID:MfPU2grc0
>>680
>>677からPDFが読める

683 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:33:26 ID:pJscJCgf0
>>681

「君が代は天皇の統治永遠にという歌だから民主主義国家の国歌にはふさわしくない。」

たしかに、てんの〜まんせ〜なんて、中凶、ちょ〜せんみたいで受けが悪いわ。



684 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:35:02 ID:MfPU2grc0
>>680
ただし劇重。そのpdfの真ん中ぐらいに4月3日付けの報告がある

685 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:51:49 ID:5u9yoHOQ0
林?




はは〜ん、そういう事か。

686 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 22:53:12 ID:clbXmQR40
月刊正論11月号”現地詳細報告渡嘉敷島集団自決に軍命令はなかった”328ページよりより抜粋
証言者 照屋昇雄 
あの、赤松隊長が(手りゅう弾)渡したってあれも嘘ですよ。防衛隊って言ってね、
一般の人がすぐ召集されて、何でもない、兵隊も軍だか分からないものを、鉄砲も
つけたし、全部、手りゅう弾渡してあったのよ。一人くらい撃ち殺せって。
防衛隊の人たちがね、逃げてきてね、村の人たちの中に入って、これを爆発させて
いるんですよ。もう全員死ぬという噂が、流れ流れて渡嘉敷村に愛着を持っている人は
、集まって自決した。

687 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:03:46 ID:AN/hIJdw0
史料は本当かもしれない。一億玉砕を主張している以上そのような命令を
だしたということはありうる。しかし慶良間の島民は従っていない。
その場合、軍はどうしようもなかった。勧告程度だったことがわかる。
座間味島についてはそのような証言がまったくえられていないことを
この史料は示している。この教授の解釈は間違い。

ただ当時の日本についていけない点があるのは確か。これで(同じような
状況下で)現在、非戦闘員である私たちは死ぬことができるか?できない。

688 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:06:06 ID:MfPU2grc0
>>687
G-2 Periodic report.
ここのPart_15_27Mar_19Apr
の中の3 APRIL 1945のはず。
http://cgsc.cdm.oclc.org/cdm4/document.php?CISOROOT=/p4013coll8&CISOPTR=584&REC=4


そんな報告おまへん。

689 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:06:28 ID:6Ib9aDpy0
結局ソースは確認できたの?

690 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:09:46 ID:kEoHfkk20

チーム在日w

691 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:13:59 ID:wexEOMm00
集団自決が強制だと主張したらブサヨ、強制じゃないと主張したらバカウヨ
お前らの停止思考にはあきれるわ


やっぱ2chなんかではまともな議論などできないな。世間に馬鹿にされても仕方ないわな


692 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:15:59 ID:MfPU2grc0

元ソースは>>688だけど林がいうような内容は確認できず。

693 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:20:49 ID:4Pya2J7d0
結局、根拠と言っても島民の間に流れた風説以上のものはないということがはっきりしたな。
軍の正式な命令ではなかったと言うことだ。
事実を歪めようとしているのはこの教授の方。

694 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:22:25 ID:wexEOMm00
軍の正式命令がなかったとしても日本軍が正しいという結論に至るわけではないがな

695 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:25:10 ID:YoPTDC7m0
戦没者を食い物にする奴はむごたらしい死がまってるんじゃないかな。

696 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:26:13 ID:wdVG9UvY0
>>694
>軍の正式命令がなかった

コレが全て

697 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:27:05 ID:wexEOMm00
>>696
あぁそうだね

698 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:31:44 ID:302kRBX+0
でもさ左翼の肩持つわけじゃないけど
ネトウヨがよく言う「証言じゃなくて証拠出せよ」
ってさ、>>35にも通じるんじゃないの?

699 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:32:59 ID:tCfJzGm90
馬鹿学者死ね。そんなことより、原爆落としたアメ公の責任を追及しろ。

700 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:34:42 ID:Uyne2U960
確か、本人の証言はあてにならないんだっけ

701 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:34:53 ID:xZiXJDtG0
http://www2.ezbbs.net/24/techside/img/1159687681_1.jpg
なんという化粧栄え・・・
メイク前を見ただけで萎えてしまった
この顔は間違いなく詐欺
.      /       . . .ヾ      i /              \
    /     . . : : : :  ヾ、    l/                 ヽ.
ノノノノ       __    ヽ   |           ./八     ヘ
  r_kjヽ :.   /_ゝソヽ     |   !            //  ヽ     :ハ
:::i  : : : ::  ::  : : :       l     !           /l     \    :ハ
::ハ     :::  ::         j    !         ,イ! .ノ _,,、ェ= ヽ    ハ
 ハ     ノ   ヽ         ハ   .ノ  //ノノ |.i ,r''¨_,,  リ    i
  .ヘ    ヘ  ゎj        ハ   〈   :/,ェ=、  l.i  ,代ソゞ   j    :|
〉  ヽ   、 _,、・__     ./   ハ .|   i 込ソヽ リ   ´¨ ゙`   リ   :!
リi     、 ゝ ー _ノ   ./   / i .|   :ヘ     ::j  : :      ト、  :|
.リ|i     ヽ、¨ _  ィ |  イ .i i   ハ    ソ   ヽ      ハ   {
 {i       |\__/∧   ノノヽ    ゝ.   ヽ、  ‐ '      /ヽ  〈
 {       .i      i  イ i| ヽ   ヽ   _,.._ ・,.....,  /  |  i
                      ヽ ト、 `ヽ. ヾ¨´ ´ ./  ノ   ヽ
                        \ ヽ  ` ー  ゙    イ    |

  メイク前                →     メイク後

お祭り会場@本スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/female/1159934912/

702 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:42:05 ID:pP71aiXJ0
集団自決があったことは事実だけれども、
それが「軍の命令であった」ことは「嘘だった」と証言する人が出てきた、と。
まあ、命令てのが、どの範囲までなのか、
強制性てのがどこまで及んでたのか、検証するに良い機会だと思うんだけど。

「事実だから歪めるな」と言ってもさ、
「すべて日本軍による強制だった」とするのは無理があるかも、とか思わないのだろうか。

学者なんだしさ。
歴史には色んな側面があるということに、もう少し率直に向き合ってもいいんでないかね。

703 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:45:51 ID:pP71aiXJ0
>>698
そうねー。その人がその証言によって
何か得することでもあるのか、というと「ないなあ」と思うけど。
証言だけで鵜呑みにするのは良くないかもね。

でも集団自決も、>>1の教授の調査では、
「島民の証言を米軍がまとめたもの」という資料なわけで。

戦争の悲劇的側面を想起させるけど、
良いとか悪いで判断して良いよなもんでもない気がするな。

704 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:46:34 ID:wexEOMm00
集団自決が強制であったかどうかが問題ではなくて
そんなことが起きてしまった背景はもっと複雑なものでしょ?
それを解き明かすのが大切だと思う
軍の強制かどうかだけで判断を終わらせようとしているのが情けない・・・

705 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:47:01 ID:ueO3+mh30
兵隊に「君、自決しちゃいなよー」とニコニコしながら言われたとしたら、強制じゃなかったと言えるとでも?

706 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:50:36 ID:MfPU2grc0
> 記録は、四五年四月三日付の米歩兵第七七師団砲兵隊による「慶良間列島作戦報告」。
> 報告では、


G-2 Periodic report.
ここのPart_15_27Mar_19Apr
の中の3 APRIL 1945のはず。
http://cgsc.cdm.oclc.org/cdm4/document.php?CISOROOT=/p4013coll8&CISOPTR=584&REC=4

どこにそんなことが書いてあるのか指摘してくれる?



707 :名無しさん@七周年:2006/10/04(水) 23:54:03 ID:4Pya2J7d0
兵士の強制と軍の命令はまた別のものだと思うが。
そりゃ死んだ方にしてみりゃ同じかも知れないがそんなことは問題ではない。

708 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 00:05:18 ID:iU8jH/Ye0
>>1
米国立公文書図書館からでてきたら
事実あったんだろうな

やっぱり、真実だったんだね。

709 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 00:19:10 ID:V7hMeMLO0
2ちゃんが勝ったな。
正義は勝つ。

2ちゃんだけが信頼できる。
ブサヨは氏ね。国益にならねーし。

710 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 00:19:56 ID:ywgd6tBh0
はいはい、思考停止思考停止

711 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 01:04:02 ID:KPL9iVY30
何か、昔、コンノケンイチとかが「NASAや米国立公文書館から入手した、UFO宇宙人情報」なんて発表したけど、
それと似てるな。

712 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 01:07:51 ID:7JC9eH7q0
そんな事よりチョンが被害者顔しているのが腹立たしい。

713 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 01:10:29 ID:u6g+B4Jf0

当人が否定してるのにwwwww

どこの捏造資料だよwwwwwwwww
公開しろ

714 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 01:12:59 ID:KPL9iVY30
>>713
常石もコンノケンイチも文書公開で墓穴掘ってるじゃん。

715 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 01:13:34 ID:SNzx6b1/0
あまり調子こいてると今度こそ本当に「侵略」するぞ。

716 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 01:14:06 ID:e+B7uWVRO
命令があったのかわからんが、東条が捕虜になるなら
自決しろと言ってたのは事実。
それはすごく責任があると思う。

717 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 01:15:52 ID:q2oOcqPa0
>>716
そりゃ兵隊だろ。
民間人は関係ない。

718 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 01:18:00 ID:KPL9iVY30
まぁ、実際のところ、「兵隊さん、米軍が攻めてきたらどうするんや」と言われたら、
「一緒に死のう」とか「死ぬ時は一緒だ」ぐらいは言うだろうな。

そんな状況を「軍の命令だぁ」と声高に批判するのは筋違いだな。

719 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 02:13:23 ID:53HBIxLZ0
>>698
捏造だった事の一次資料としては、「命令があった」と
証言した人の告白手記がそれにあたるだろう。

ってか、それをいいだすと、軍の命令があった、とする
事の証拠自体が存在しなかったりする。

720 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 02:24:17 ID:PVz9/pAl0
インターネットにより、一般国民が自分の意見を表明する機会を得たことにより、それ以前の
新聞やテレビで流布されていた言説の多くに虚偽や捏造が含まれていたことが判明した。
在日韓国・朝鮮人が強制連行による被害者であるという虚偽、共産主義は平和主義という虚偽、
憲法9条が戦争を防止したという虚偽、中国は日中友好を望んでいるという虚偽。様々な虚偽
がインターネットでの事例紹介で虚偽であることが証明され、自由な言論による各人の判断が
保障されたのだ。しかし、虚偽を流布してきたサヨク達は、国民が本当の事実に基づいて判断
することを嫌っている。左側の新聞が盛んにインターネットを悪し様に言い募るのは、サヨク
新聞の虚偽がバレてしまったからの他ならない。サヨク新聞の他に自分な言論を妨げる典型例
に船橋市の図書館司書による焚書である。
その司書は、サヨク偏向に基づき、井沢元彦とか渡部昇一とかの正鵠を射るいい本を破棄基準
を無視し、早期に勝手に破棄したのである。
図書館利用者に対して、それらの本を読ませないための焚書である。
かたや、購入要求がまったくない自分の本を税金を使って多量に購入させるなどの、偏向した
活動をいまだに続けている。サヨクの言う「言論の自由」とは、自分が好きなサヨクインチキ
言説を言いふらす自由のことであり、自分が嫌いな言説には言論以外の方法を用いてでも封殺
するものであり、本当の意味の「言論の自由」からは一番遠い最悪の行為をしているのである。
【焚かれた人たち】: http://bksoko.hp.infoseek.co.jp/flash019.html

721 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 02:37:55 ID:L0wWu5ue0
オレの感覚からしたら
従軍慰安婦で嘘をついていた左翼の言うことを
盲目的に信じるようなことはしない
この件については詳しくしらないからなんともいえないけど
サヨクの人は狼少年のようにならないようにしないと
本当のことを言っていても信用されなくなるよ


722 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 02:38:07 ID:loj6K/JS0
>林博史教授

実は中国人だったって人だっけ?沖縄を日本から切り離すような工作を担当してる人だよね。確か。

723 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 03:40:50 ID:DGR+mXDG0
電通 〜そのぼろ儲けの仕組み〜

単体では世界最大の約1兆4千億円の年間売上高を誇る広告代理店。
(株)電通は、社員約5700人を抱えるメディア・政財界に巨大な影響力をもつ企業。
日本ではトヨタも日産もマツダも電通、家庭電器でも東芝、松下、日立、サンヨー、
ソニーが、揃って電通に広告を任せている。

広告面を買い取るのではなく、上半期や下半期という単位で紙面を買い切り、
それを広告主に売り捌くやり方で、完全におおもとから利権を掌握している。
さらにこの事自体が広告で経営が成り立つマスコミからはタブー視され、
電通に関しては表立った報道がされることは無い

創価が日本を裏で牛耳るカルト教なら、マスコミ界の主は電通

法律上、独占禁止法に違反することが問題となるが、真の社会的害悪は政財界と利権上癒着し、
マスコミを操ることによって市民への情報を管理している点にある。税金が非課税である広告宣伝費が企業から流れ、
政治とのパイプは太く(電通の前身は第二次大戦時の諜報機関)、マスコミを支配して情報の流れを掌握する。

昨今の国の財政難で、広告費課税の動きが出ている
そこで↓の様な嘆願書を出して
http://www.pressnet.or.jp/info/seimei/iken20050926.html
広告の広告、CMのCMでテレビでサルが踊る結果になっている
2004年度の有力企業の広告宣伝費総額は3兆4892億円らしく、一社独占している電通としてはボロい商売ということだ
http://crdesk.bayashi.net/d/h11ad_top20.html

電通は消費、ブーム、社会通念に影響を及ぼす巨大企業。

724 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 03:44:40 ID:nADhoKEJ0
日本軍人が悪くて沖縄の人は犠牲者みたいに言うけど
沖縄にいた日本軍にどれだけ、沖縄の人も所属してたか分かって言ってるのかな

725 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 03:45:45 ID:HY+TRy+w0
本人が言ってることをアメリカの資料で否定できるのかよ。

726 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 03:52:55 ID:nADhoKEJ0
この教授に言わせると、被害者側の沖縄人の証言よりも
大量殺戮したアメリカの方が信頼出来るのでしょう

727 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 03:58:26 ID:k2bMg5R40
>>1
やっぱり、事実だったんですね、

728 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 04:03:29 ID:/1Xsz/PX0
>>725-726
むしろ逆。
アメリカのほうの資料でしか証明できなくなってる。

日本でいくら証言証拠をあつめても
照屋発言の影が常に付きまとう。
「お前それ恩給目当ての嘘ちゃうんかw」と。

729 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 04:35:54 ID:5jw0fY1u0
>>728
つか資料原文チェックした人がこのスレで
「そんな記述は見つからねえ」
って言ってるみたいなんだけど

730 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 06:02:13 ID:MgK1LkEi0
>>728
> 記録は、四五年四月三日付の米歩兵第七七師団砲兵隊による「慶良間列島作戦報告」。
> 報告では、


G-2 Periodic report.
ここのPart_15_27Mar_19Apr
の中の3 APRIL 1945のはず。
http://cgsc.cdm.oclc.org/cdm4/document.php?CISOROOT=/p4013coll8&CISOPTR=584&REC=4

どこにそんなことが書いてあるのか指摘してくれる?

731 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 09:08:43 ID:Wpn/isgS0
ありもしなかった集団自決とやらで、本土にたかるのはやめろ。
沖縄人ウザ過ぎ。

732 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 09:14:39 ID:YOjtL6a70
地域や司令官によっても違うだろうよ。

733 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 09:39:50 ID:8VrBQNui0


工作員が

沖縄を日本から引き離そうと

必死ですね♪




734 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 09:45:07 ID:zWstBK52O
百歩譲って、あったとして(ないけど)今更持ち出して来てなにがしたいんだか…沖縄人って腐ってんな。死ねば良いのに。

735 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 09:51:38 ID:3shcs3myO
>>734
こういうの見つかると喜ぶのは中国共産党と韓国政府

736 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 09:52:44 ID:lJQJLsnb0
>>734
沖縄県民は関係ないだろ?
関東学院大学の林博史教授が勝手に言ってるだけで。

737 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 09:53:07 ID:qfNmD9zQ0
沖縄、アメリカに帰してあげたい
日本人じゃねえよアイツラ

738 :名無しさん@6周年:2006/10/05(木) 09:55:02 ID:A2vkqdjr0
嘘を嘘と認められない時点で何を言っても説得力0だから。

739 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 10:31:42 ID:oSXiyTvzO
とにかくこの教授とやらを討論の場に引きずり出さなくては駄目だな。

740 :とおりすがり ◆PaaSYgVvtw :2006/10/05(木) 10:40:39 ID:QxlslYvA0
戦艦大和、神風特攻隊、みな沖縄のために散った。沖縄の人はそれを忘れてはならない。

741 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 14:14:42 ID:yy9mpfvK0
>>740
安い犠牲だなw

742 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 15:04:39 ID:5jw0fY1u0
>>741
沖縄をアメリカに渡して本土の独立が守れたんだから、これまた安い犠牲w

743 :とおりすがり ◆PaaSYgVvtw :2006/10/05(木) 15:34:55 ID:QxlslYvA0
当時、日本が占領していた台湾の日本軍基地にはちょっかい出しただけで、沖縄を総攻撃したアメリカ。
戦後のパワーバランスを考えて、台湾は占領しなかった。航空機の相続距離を考えれば、台湾に基地を
設置するだけで、沖縄攻撃など必要なかったのに、戦友の中国へ戻ることを考慮して手をださなかった。
戦後を考えるとどうしても沖縄は戦争で手に入れておかなければならなかったということなんだろう。

744 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 16:19:44 ID:xOXe5+1l0
関東学院大学の教授が言ったことを
沖縄人が言ったことにしようとしてる人たちは
>>1の文章読んでないの?それとも噂の分断工作?

745 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 16:46:49 ID:m0eyAzuB0
沖縄は日本で陸上戦があったたった一つのところだ。沖縄の人たちは
勇敢に戦った日本人の誇りだ。また本土の犠牲になり、米軍基地の
集中でさらに犠牲になっていただいた。それを忘れてはならない。

東京新聞のようなきちがい新聞が東京にあるからといって東京が
キチガイでないように
林のようなキチガイや沖縄タイムズのようなきちがいがいるから
といって沖縄がおかしいのではない。

また基地のそばに住んでいらっしゃる人たちの気持ちも大事にし
できるだけの配慮をするのも当然だ。

犠牲を軽んずる心と日本のために死んでいった帝国軍人を重んずる
心とは同居しない。

746 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 16:54:53 ID:5jw0fY1u0
>また基地のそばに住んでいらっしゃる人たちの気持ちも大事にし
>できるだけの配慮をするのも当然だ。

自分たちだけがババ引いてると思わないで欲しい。
横須賀、岩国、厚木・・・本土にだってたくさん米軍基地はある。
戦前から軍が使ってた所がほとんどだから、地元民も慣れてるだけだ。

747 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 17:00:27 ID:m0eyAzuB0
>>743
>航空機の航続距離

いやよく日本軍はB29に完全に無力であったわけではない。
九州には西部軍司令部があり、屠竜などB29をたたける戦闘機があった。
B29も数多く落とされている。つまりB29が大丈夫でも護衛戦闘機
の航続距離の問題があったと思われる

748 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 17:03:05 ID:m0eyAzuB0
>>746
>横須賀、岩国、厚木・・・本土にだってたくさん米軍基地はある。
パーセンテージからすればくらべもんにならないと思う。また横須賀、岩国
厚木の人たちにも配慮せねばならない。

749 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 17:23:36 ID:5jw0fY1u0
>>748
当たり前だ。本土に沖縄と同じ割合で米軍基地ができたとしたら、
そりゃもう独立国とは言わんがな。
非現実的な数字だけの比較論で、俺たちかわいそうなんですと語るなよ。

750 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 17:28:58 ID:xOXe5+1l0
>>749
横須賀、岩国、厚木・・・本土にだってたくさん米軍基地はある
中のどこに住んでるの?

751 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 17:34:06 ID:5jw0fY1u0
>>750
横須賀。

752 :sage:2006/10/05(木) 17:39:19 ID:mq8mOkUr0
>>751
横須賀か……小泉前総理の故郷だな
つか、横須賀の原潜反対キャンペーンをしてた「自称平和団体」の
小牧みどりは東京新聞御用達だったような気がする
米軍基地周辺の界隈には工作員が湧きやすいから注意

753 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 17:43:26 ID:5jw0fY1u0
>>752
米軍兵士目当ての女も良く湧いてたぞ。
最近はどうだか知らんが。

754 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 18:03:52 ID:Wpn/isgS0
沖縄人の被害者意識は異常

755 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 18:09:35 ID:L1UhvfPxO
そもそも日本に再び帰属することを望んだのは沖縄人自身なんだけどね
まぁ、沖縄の米軍基地で反米デモやってる奴らは大概プロ市民で、沖縄県民じゃなかったりするし
琉球新聞とかも、アカヒみたいな新聞だから、本当の県民の声は分らないよな

756 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 18:11:34 ID:m0eyAzuB0
>>749
あんた横須賀に住んでいるのか? じゃ一部にいるキチガイのために
横須賀が異常だといわれたら気分悪いだろう?

757 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 18:18:11 ID:qlc8UkNfO
>>749
なにその沖縄に米軍基地集中して当たり前みたいな言いぐさ?
沖縄が日本の国土全体の1%に満たない面積だってわかっているか?
おまえの脳内じゃ沖縄以外の他都道府県は日本国という独立国の一部としてなりたってるみたいだが、沖縄はどうなんだ?


758 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 18:25:42 ID:jBALaFik0
やはり反日勢力も必死なんだよな。

759 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 18:25:55 ID:1IP2sesjO
実際、嘉手納とか住んでみないとわからないだろうな


米軍のヘリが墜落した夕方のトップニュースは台風だった記憶があるよ

現地なんて報道して、私たちには関係ないみたいな・・・




760 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 18:31:47 ID:YsBLe2Vr0
>>562

おれの爺さんも同じとこにいたよ。

違うグループで原爆作ってたって。

実験は成功し、作る前に落とされたってさ。

761 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 18:43:46 ID:R3va7fmi0
ネット上に馬鹿教授のリストを作って、林の名前も載せておくべきだな。

762 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 19:25:28 ID:CUOKX8UD0
別に事実でも構わないけど、歪めるなみたいに言い出すと学者というより運動家に見えちゃうんだよな。
それにしても、まだまだこういうネタが飯のタネになるんだね・・・

763 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 19:38:59 ID:jBALaFik0
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/
林博史はどう見ても活動家

764 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 21:20:39 ID:5jw0fY1u0
飯食ってきたんでレス遅れてすまんな。

>>756
まーな。
で、林ってのは沖縄人なのか?
よそもんが沖縄についてあることないこと騒いで、
それで沖縄どうよって言われるのは、恥ずかしくないのか?

>>757
なにその被害者意識むきだしのヒステリーw
俺は、数字の上で非現実的な比較をするなと言ってるんだよ。
おまいさんのいうとおり、本土と沖縄の面積は絶対的に違う。
その中へもってきて、沖縄の基地の比率は本土よりはるかに高いんだし、
本土には基地がほとんどないんだからどうこう言うな、
俺らをかわいそうだと認めろ、なんてのは、ナンセンス以外の何物でもないと思うが?
その論で言ったら、本土にも沖縄と同じ割合で米軍基地ができない限り、
何も言うなって話になる。

ま、自分らだけが不幸だとは思うなってことだよ。

765 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 22:01:58 ID:l7Hzj0iy0
基地害ウヨちゃんたちさ、くだらんスレでオナニ〜歴史してないで、
アメ大使館でテロしておいでよ〜。

「てんのまんせ〜」とか叫んで、自決してきていいよ。


766 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 22:09:30 ID:m0eyAzuB0
>>764
俺は沖縄の人間じゃない。いってるのは沖縄にしろ、横須賀にしろ、
日本の安全の犠牲になってもらっているところには他の地域の人間は
敬意を表する必要があるし、また便宜を図る必要がある。

おまいは慣れていてもやっぱどこかにがまんしてるところあるだろ?
人間だから不満も持つのも仕方ないと思う。自然に起こる気持ちの不満は
当たり前だ

まあ俺はあんたにも沖縄の人にも感謝の気持ちがあるってことだ。

問題はあらゆる意味で地域の「外から」やってきて政治的活動をする
やつらだ。そういうやつらの手にのることはない

767 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 22:21:00 ID:Nu9QG0eb0
地政学的状況から言って、沖縄に基地が集中するのは当たり前だと思うが。
基地がどこにあってもいいと思ってる奴の頭の構造がさっぱり理解できない。

768 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 22:25:36 ID:xOXe5+1l0
「林」で沖縄出身てことはまずない。
台湾出身の方で「林」は見たことがある。



769 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 22:37:46 ID:X3OUochp0
自決の強制が事実であっても、「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓を
叩き込まれた当時の日本人がそのような行動に走ったとしても不思議ではない。
日本人なら当時の人々の絶望と恐怖に思いを馳せ、静かに冥福を祈るだけでいいと思う。
今の日本には、こういう戦時下の日本人の行動をあげつらって日本人が
道徳的に劣る鬼・畜生・悪魔民族であるかのごとき主張をする人間がいるが
このような人間は、たやすく反日国家に利用され、また進んで協力し
戦時中とはまったく違った形で日本人を不幸に巻き込むであろう。


770 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 22:42:58 ID:Yb4cPaYz0
>>764
臆病者ほど事実を見たがらない。うぬら、それでも♂か! w

771 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 22:43:19 ID:1R0razeq0
結局,原文は見つかったのか?

772 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 22:51:55 ID:m0eyAzuB0
>>771
昨日、俺が出したモノが>>730にある
G-2 Estimate of the Situation: Iceberg: Kerama Retto.
の中のG-2 Periodic report.の3 APRIL 1945
だから

=四五年四月三日付の米歩兵第七七師団砲兵隊による「慶良間列島作戦報告」

773 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 23:18:22 ID:rMl2N0Ga0
>>745
>沖縄は日本で陸上戦があったたった一つのところだ。

つ硫黄島


774 :名無しさん@七周年:2006/10/05(木) 23:30:54 ID:m0eyAzuB0
>>773
硫黄島も海兵隊が中心的存在
それをいうならガダルカナルもラバウルもフィリピンもマキンもタラワもサイパン
もそう。陸軍師団が大規模だった沖縄戦と意味合いが違う。

775 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 00:15:36 ID:1Zt1Tee4O
>>764
質問の答えになってねぇよ
日本は「敗戦国」だ

でも日本が独立を保つ為に国土の1%にも満たない沖縄に在日米軍75%集中していたらそれは不幸だろ。
沖縄の基地の事でないちゃーにとやかく言われる筋合いはない。


776 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 00:17:03 ID:wx2MRY270
>>774
先生、日本には明治初期以外海兵隊はありません。

777 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 00:19:51 ID:wx2MRY270
>>775
日本がとやかく言わないと、沖縄の基地はなくならないと思うんだけど?
揚げ足とるようだけど。

778 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 00:23:44 ID:1Zt1Tee4O
>>777
沖縄県民は沖縄から米軍基地がなくなるなんて
もう思ってる奴なんていねぇよ。


779 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 00:29:57 ID:wx2MRY270
>>778
なくならないって分かってるなら、なんで基地、基地って目の色変えて騒ぐの?

780 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 00:30:22 ID:cLl56UVV0

戦争を口実に国からたかる奴らはみんな芯でほしい。


特に、靖国参拝なんかは日本遺族会の巨大な組織票、個人献金等の
金銭的支援に期待したた自民党政権が行う利権誘導行為。基本的に
土建屋に公共事業をばら撒くのと同じ。信念も何もない。

★恩給受給者数(1996年度)
 計:167万人
 軍人恩給:160.5万人
   (普通恩給:64.3万人、扶助料:87万人、その他:9.3万人)
 文官恩給:6.5万人
   (普通恩給:1.4万人、扶助料:5.1万人)

★一人あたり恩給額(1996年度)
  軍人普通恩給:62.6万円
  軍人扶助料: 98.1万円
  文官普通恩給:138.2万円
  文官扶助料: 111.7万円

★恩給費(1996年度)
 合計:1兆4868億円
 軍人恩給:1兆4091億円(普通:4022億円、扶助:8531億円)

自民党はここからキックバックを受けているのではといわれています。


781 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 01:14:14 ID:w8z7okd2O
最近、反日が暴走してるな

782 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 01:17:59 ID:1Zt1Tee4O
>>778
騒いでる内容やその人数とか本当に沖縄県民かどうかちゃんと調べて。
沖縄県民全体を批判しているのか?
本土でも同じような基地反対運動があるよ?
それなのに沖縄県民全体を「被害者面するな」とかぬかすバカが多すぎる。
だから本土の人間に沖縄をそんな風にとやかく言われる筋合いはないって事。

783 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 01:18:14 ID:tEzPZ2Z10
だからどうした?だからどうなの?
現在とは異なる体制・環境での過去に起こった事象でどうしたいわけ?
謝罪と賠償シル!!って?

784 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 01:26:33 ID:NhRH/NwCO
>>783
過去に起こったことが再び繰り返される可能性は常にあるのだから
忘れずに伝えていこう、と言いたいのでは?
この件に限らず、日本に限らず、ね。

785 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 01:34:40 ID:tEzPZ2Z10
>忘れずに伝えていこう、と言いたいのでは?
「過去にこんなこと事がありました。時代柄とはいえ、これからはこんなことが無いようにしましょう」などという明るい健全とされる未来志向で言ってるとは到底思えないです。
歪曲した自己主張と欺瞞以外、感じ取れません。

786 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 02:43:42 ID:GWkPvtAW0
>>769
「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓を
叩き込まれた当時の日本人がそのような行動に走ったとしても不思議ではない。

これさ、軍人だけだろ。
女などの民間人に自決を迫るというのが良くわからない。

787 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 02:52:42 ID:2gBgLOAz0
>>738
お前の事か。

788 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 02:56:17 ID:GCYpEy/E0
当時すでに、対馬丸の事実からの教訓があった。
民間人を攻撃して子どもすら容赦なく殺傷する米軍の正体はバレていたから、
住民は、米軍に捕まれば殺されると思っていた。

789 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 03:09:03 ID:xiu0DnZ40
最初から何が何でも日本軍が悪いという
結論ありきの研究だから矛盾も出てくるんだろうな。




790 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 04:53:06 ID:yVve4bam0
ていうか仮に軍が自決命令出してた場合どこからそういう証拠ってのは出てくるの?
国が持ってたら絶対表に出てこないんじゃないの?


791 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 05:04:52 ID:zBTsZMrbO
国が証拠を隠してる証拠を出せば問題ない

792 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 05:05:41 ID:jaaUUZ6l0
まー都合よく出てくるもんですねぇ
今までどうして出てこなかったんでしょうかねぇ

793 :名無しさん@七周年:2006/10/06(金) 05:23:14 ID:kw1LJvtY0
>>776
米軍のことだよ。ぼうや

221 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)