5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【奈良医師宅火災】長男は発達障害【精神鑑定】

1 :関西直撃三文字φ ★:2006/10/14(土) 01:19:34 ID:???0 ?2BP(10)
長男は「広汎性発達障害」 医師宅火災で精神鑑定書

 母子3人が死亡した奈良県田原本町の医師宅火災で、
放火や殺人などの非行事実で送致された元高校1年の長男(16)は、
広汎性発達障害だったとする精神鑑定書が13日、
奈良家裁(石田裕一裁判長)に提出された。

 家裁は同日、新たに2週間の観護措置を決定、
近く審判を再開し、検察官送致(逆送)や
少年院送致などの処分を決定する。

(以下ソース)


※元記事: http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2006101301000443_National.html
中国新聞 平成18年10月13日
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200610130268.html


元事件のニュース:
高1長男逮捕、奈良の医師宅放火殺人事件
http://osaka.nikkansports.com/news/p-on-tp6-20060623-50143.html

2 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:19:59 ID:IklhD9uK0
え?2??

3 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:22:27 ID:APj9nzat0
また金か。

4 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:22:50 ID:5P+oP+mh0
( `ハ´) 4ナ


5 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:23:23 ID:59vTzWym0
発達障害で東大寺学園の成績優秀者になれるかボケ!
理解できないから病気認定かいな。

6 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:23:42 ID:RcP3rsqR0
継母と異母弟妹を殺したのは許されないが、まあ同情すべき点も
幾つかある少年だったな・・・親が離婚して妹と別れる時は
泣いて離れたがらなかったんだっけ。
親父はいまさら悔いても遅いよ。

7 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:27:27 ID:vEAtEqys0
どう考えても普通の親不孝者じゃん

8 :某仏教学校男子生徒:2006/10/14(土) 01:31:52 ID:2/7nVMiN0
死んだのは、血の繋がらない母親とその子供たちだけ。
ぼくの家族はみんな生きているんだ!∩(・ω・)∩バンジャーイ

9 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:32:39 ID:JaeEtoyE0
>>7
両親の離婚、父親不倫相手と再婚で、
祖父母の家に引き取られて妹と暮らしてたのに、
妹と引き離されて、再婚相手の女と子供まで居る家に連れてこられたらしいよ

10 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:33:45 ID:qvp71p970
長男の境遇に同情はするがなんでも精神病にすんなよ

一番の問題はこのアホ父親がその後どうなったかだ

11 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:35:12 ID:oHNiua7p0
養子縁組して将来は医者か弁護士ですね
その頃には発達障害はなかったことになってるでしょうし

12 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:36:36 ID:M7mwwV1o0
おにいちゃんは私が育て直してあげるの!

おにいちゃん、私のオッパイ吸ってもいいよ!!

13 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:36:43 ID:z5ZAGefe0
>>5
知的には 問題ないよ そういう自閉症
知的に問題ない とは 一般人と同じく 頭いい子も悪い子もいると
言う事 勿論 重複障害もあり 
分かり易く言うと 感情に問題あり



14 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:37:53 ID:KioRY/Ue0
長男が取った手段は最悪だけど同情はできる
この敏感な年頃にこんな境遇押し付けられたんじゃあ
遅かれ早かれ、って感じだな

15 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:39:11 ID:91S/ajzE0
>>10
>長男の境遇に同情はするがなんでも精神病にすんなよ

精神病とは違うよ。先天性の脳の機能障害。

16 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:43:04 ID:RcP3rsqR0
定かじゃないけど異母弟には障害があって、
この長男は弟妹たちの面倒をよく見ていて
幼稚園への送り迎えなんかもしてたらしいね。
その弟妹達まで巻き添えにしたのは酷い。

継母は長男の一挙手一投足を見ていて
事あるごとに旦那に報告→それに怒った父親が
ICUと称する部屋で暴力を伴った深夜までの厳しい勉強
を強いたり、友達と遊んだりゲームも禁止されて壊されたとか。


17 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:45:46 ID:YYwv3FVH0
医師っていいね。同じ医師だから手を伸ばして、精神障害にして無罪にしたいんでしょ。
実母実家も確か、医師家庭でしょ。

18 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:45:59 ID:JaeEtoyE0
>>16
異母弟に障害があったから、障害発覚後に、
長男を後継ぎにするために引き取ったって噂があったよね

19 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:52:26 ID:DnluxkFg0
発達障害は知能とは無関係。
医者やってるおやじも発達障害だろう。

20 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:55:33 ID:d8fjyx6fO
父親は学歴コンプレックスだっけ?手術中の自分の写真を飾ってたとか。

21 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:55:37 ID:iMJqnTCq0
発達障害者でも東大寺学園で真ん中の成績が取れるのに
お前らときたら・・・・

22 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 01:55:55 ID:zSPHIjDa0
放火当日は、父親は病院で夜勤をしていたんではなく、愛人の家にいたんだろ。
だから、放火後に、警察などが連絡をしようとしても、なかなか父親と連絡が取れなかった。
父親が愛人宅なんかに行かずに、放火当日、自宅にいれば、少年は父親を恐れて放火しなかったか、
父親が放火に気付いて、3人を助け出していたかもしれない
父子そろって、どーしようもないな

23 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:12:28 ID:pF4EMQLh0
>>21
久しぶりに逝っちゃいます!

 おまえモナー!

24 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:18:14 ID:59vTzWym0
>>19
まずはおやじの精神鑑定をするべきだなw

25 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:21:43 ID:5neZd3agO
発達障害は遺伝するからね。

26 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:24:02 ID:6DiERcO+O
この長男には同情しちゃうなぁ…おにいちゃんと慕ってくれる妹との生活を
奪われたんだ、楽しかった妹との日常はもう帰ってこないと分かったら俺だってもしかしたら
犯罪に手を染めてしまうかもしれん

27 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:24:13 ID:grlzc8sk0
こんな父親に育てられたら、先天性でなくても発達に障害がでるんじゃね?

28 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:25:20 ID:dcEsvm2J0
つまり名前は間違っているが「感情障害」ってことか?
知能は普通と同じで、感情(他人の喜怒哀楽他の把握)のみがおかしい。

難しいなぁ。

29 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:27:24 ID:gijhoRXX0
家族の知り合いにもおそらく発達障害(多分アスペルガー)と思われる中学生がいるけど、
数学とかめちゃめちゃ出来る。進学塾の成績上位者にも名前が載ったりするし。
でも、コミュニケーションに決定的な問題があるんだよね。
こないだ草なぎ剛の自閉症のドラマ観たけど、
他人の言動への反応が、あれとすっっごく似てる。
でもその知り合いの子はなまじ勉強ができるだけに
親とかは「ちょっと変わった子」くらいにしか思ってないらしい。
この長男もそうだけど、それも逆に不幸なのかねえ……。

30 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:30:44 ID:gHd2migK0
何でも病気認定すればいいってもんじゃないだろうが。
犯罪者なんて多かれ少なかれ基地外なんだから、すべて措置入院で
治るまで社会復帰させるなっつー羽目になるぞ。

31 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:31:15 ID:3M+ursZY0
で、広汎性発達障害てどんな病気よ?

32 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:32:08 ID:dcEsvm2J0
つか、普通に親父を中心とした教育方法と家庭環境だけ見ても
普通の健康児が精神破壊してもおかしくないような感じなんだが、
それでもこの事件の因果は先天的病気だったとなるのか?

なんか違う気がする。

33 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:33:22 ID:De11V79KO
あのキムタク知らなかったって子供か。
なんか切ないな・・・

34 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:40:05 ID:pM3O+mCM0
このオヤジ、ケロッと再再婚してまた子供ふたり作りそうだな。

35 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:43:30 ID:guD7hIzk0
>>13
あなたの病名は何?

36 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:46:25 ID:+qj93rKF0
>>30
病気じゃないし、治るっていうこともないんじゃないの?
親も気がついていない軽度ならゴロゴロいると思うけどなぁ。

37 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:46:25 ID:frJw7h900
>>35
昔のファミコン表記がああだったんだ。

38 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:49:01 ID:RcP3rsqR0
離婚した母親と会うことを父親が禁じたというのもな・・・
妹とも仲良しだったみたいだし、母親と妹との面会を
禁じられるのはかわいそう。

39 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:54:42 ID:frJw7h900
しかし体の良いドンブリだな。
”コウハンセイハッタツショウガイ”とやらは。
相変わらず腐った精神鑑定と、相変わらず腐った家庭裁判所だぜ。

きゃつらは診断結果などどうでもいい。
体の良い言い訳が作れればいいのさ。

所詮奴らは事後処理機関。
”コウハンセイハッタツショウガイ”という障害を付ければ、奴らの仕事は完成。
易い仕事だ。

40 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 02:56:07 ID:RcP3rsqR0
>>33
そういやそんなのもあったね。>キムタクを知らない
サッカーが好きで才能も結構あったのにサッカーが強い学校や
サッカー部に入ることを許されなくて、父親の命令で
剣道部に入れさせられた。犯行後見たくて仕方が無かった
W杯を他人の家で見ていたのも図々しいけど
よほど見たかった&久しぶりに初めて思う存分
見たい番組を見れたんじゃないかと思うと少し切ない。


41 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:01:01 ID:3M+ursZY0
>>40
東大寺ってなんか運動部強いのってあったけ?
はなから運動目的で東大寺なんて行く奴いないよ。

勝手なパパりんの人生台無しだなこの少年。
息子のこと思ってやるならもう会わないでいてやれよ…
追い詰めてるだけだから、って精神鑑定出してやれよ。。


42 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:04:52 ID:o2zcXnru0
逮捕時、他人の家にいたわけだが
靴はそろえてあった、牛乳を飲んだが、コップを使った。
こういう日常的動作をそつなくこなす奴が、広汎性発達障害と言われても信じられないな。



43 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:05:13 ID:jykd3hnkO
いちいち病気で片付けんなよ。こいつもまた普通に社会に戻り恋愛したりするんだろうね。


44 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:05:50 ID:CHwyKKU30
こだわり…なんじゃね?

45 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:06:35 ID:RcP3rsqR0
小学生の頃からサッカーが上手くて所属していたチームでも
中心的存在だったからサッカーの強い学校に行きたかったけど
許されなくて東大寺
→東大寺は強くは無いけどせめてサッカー部には入りたい
 と思ってたのに強制的に剣道部入り

だったらしい。


46 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:10:06 ID:6qafqWpg0
高機能自閉症?いまひとつわからないな。
神戸のAのときは、サディズムということが判明して事件の全容が明らかになったし、
矯正教育もそれに沿って行うことができたと聞いている。
精神障害で罪を逃れるということでなく、今の事件は精神鑑定によってしか
わからない部分も多いと思うけどね。事件が与えた影響が大きいだけに、
わかる形での説明がほしいね。

47 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:10:54 ID:YMC/n22Q0
精神鑑定側が長男に同情して態と広汎性発達障害と書いたという可能性は
ないか?
少年の家庭での境遇見たら、同情したくなるし、少年院の長期の集団生活
に耐えられるようなタイプでも無さそうだし

48 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:11:38 ID:ROnsMUOw0
>>45
サッカー好きは止めさせられると殺人を犯すのか?

49 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:12:21 ID:Um7f/42g0
この息子は父親だけやっておけば、よくある親子喧嘩の果てっていう
結末だけで、こんな噂になることもなく済んだのにな。

50 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:12:34 ID:frJw7h900
ヒヒヒヒヒ。腐った世の中だぜ。

”コウハンセイハッタツショウガイ”という障害を付ければ、奴らはお偉い身分なんだからな。

ヒヒヒヒヒ。狂ってやがるぜ。マヒしちまってやがるぜ。
この世は修羅場だ。抜け殻とタマキンのパンセだ。

きゃつらは知っている。
ありとあらゆる言論を尽くし、己の理解できないものを、己の領域から抹消させる。
そして奴らが最終的に選択するものは、極論と妄想のドグラマグラ。

DICK HEAD! 

愚か、愚か愚か愚か、愚か過ぎるぞペニス!

51 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:13:57 ID:YMC/n22Q0
>>48
少年の場合はサッカーだけじゃないだろ


52 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:16:06 ID:In8l53AY0
>>48
ソマリアではイスラム過激派が「サッカーW杯なんて娯楽は神を冒涜するもんだから見るな」って騒いだら
住民が総出でテロリストどもをボコったという

娯楽の少ない人間からサッカーを取り上げようとするとマジで人を殺しかねん

53 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:16:17 ID:96z2/aDV0
http://twitwi.s10.xrea.com/psy/pdd01.html
高機能広汎性発達障害

病気だと事件のみかた、がらりとかわるね。
親父が悪いというのはかわらないけど、一方的にせめられるものでもないかな?
ただ親父の行動が、この子の先天的資質を過度に刺激して、通常考えられる
以上に、過激な行動になったんだろうね。

先天的だからなおしようないんだろうね。逆に怖いけどね。
将来親父さんといた場合、親父さんを殺してしまう可能性だってありそうだし。



54 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:18:01 ID:rmHHTn520
***本家ヨハネスブルグ    −   特定アジアのヨハネスブルグ“大阪民国”対置リスト(改2)***
 <本家>                   <民国>
・カールトンセンター      =       通天閣
・ヨハネスブルグ中央駅周辺 =       難波駅〜新今宮駅周辺
・タクシーランク         =       天王寺周辺
・ヒルブロウ           =       OBP〜上町台地
 (ポンテ・シティ        =       世界貿易センタービル)
・ヨーヴィル           =       心斎橋〜道頓堀〜日本橋〜アメリカ村周辺
・ゴールドリーフ・シティ    =       USJ
・サントン地区          =       北摂地域
・ローズバンク地区      =       西宮周辺
・アレクサンドラ         =       尼崎・豊中南部周辺
・プレトリア            =       神戸
・ソウェト             =       西成・平野・生野・鶴橋・南海線沿線・阪和線沿線・南大阪線沿線・大和路線沿線・阪堺線沿線

(ムババネ/スワジランド   =       高槻・茨木)
(マセル/レソト         =       京都)
(ハボローネ/ボツワナ    =       奈良)
(マプート/モザンビーク   =       和歌山)


55 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:19:14 ID:RcP3rsqR0
放火の数日前に父親だけ殺そうとバット持って
寝室に向かったら、たまたま父親がトイレのため
起きてきて機会を逃したらしい。
その数日後に放火しようとしたら肝心の父親は
家にいなかった。(当直じゃなくて愛人宅にいた?)

どうせなら父親だけ狙えばよかったのに。

56 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:24:20 ID:+GIGVDD70
>>40
そのW杯も見たかった日本戦は日にち間違えて見られなかったんだったよな…


あと、なんでも発達障害はどうかと思う
タリウム少女も同じ診断出てなかったっけ


57 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:30:37 ID:hfReyVlC0
>>5
高機能発達障害で検索してごらん

58 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:31:44 ID:b990vRzt0

世間知らずの裁判官が、子供に騙されるの巻


59 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:33:03 ID:oHNiua7p0
意外とこいつに同情的なんだな
殺されたやつらに罪はないだろうに

60 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 03:36:26 ID:gijhoRXX0
>>56
>なんでも発達障害はどうかと思う

うん、確かにそれは同意。なんだけど、逆に考えると、
自分の身近に実際にいたり、これまで間接的に接してきたいろんなレベルや種類の
発達障害系の人たち(小学生〜高校生)とかのことを考えると、
概して一般的な「常識」とかが理解できてないタイプが多いから、
(「ちょっと、普通そんなことしねえよ!」って本人に面と向かって言っても、
その人は、その「普通」という曖昧な概念がまったく理解できないので、「???」っていう反応)
だから「普通」では考えられないような極端な考えや行動にでることはあり得るかなーなんて思ったり。
あらかじめ予定された行動や手順に異常にこだわったりする人もいたりする。
だから「普通そんな状況でW杯観るか?」と思ったけど、発達障害と聞いて、なんとなく納得。
まあ、病気じゃなくて、脳の機能による障害だから、ある意味「治らない」んだよね。
子供の頃からその子の障害に対して周りの理解があって、
専門的なやり方で療育して、社会の一般常識的ルールを根気よく教えていけば
少しは本人にとっても生きやすくなるんだろうけど、この長男の場合は、
生活環境のあらゆる面で、それが悪いほうへ悪い方へ向かうしかなかったような感じがする。

61 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 04:30:10 ID:LzeGep660
東大寺学園のすぐそばに、奈良少年院がある
ラッキーなことじゃないか

62 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 05:59:56 ID:JbXiGEmj0
3/09 東京 中2男子  (14) 学校に行けと父に殴られ。生後2ヶ月の妹が死亡
6/20 奈良 高1男子  (16) 父に殴られ、勉強。成績低下。義母、弟、妹が死亡
6/26 福岡 中1男子  (12) 姉とけんかしたため
6/29 岩手 男子     (19) 母、兄、妹死亡。家庭に不満。
7/02 千葉 女子      (19) 家庭に不満。父親死亡
8/10 徳島 高2男子  (17) 父親との長いいさかいあり
8/22 茨城 大学生男子(18) 母親のベッドに放火。鉄道模型を買った事で口論
8/23 埼玉 中1男子  (13) 宿題について父に叱られ。小6の父の再婚相手の子が死亡
8/24 大阪 中2女子  (13) 勉強に関して叱られた
8/25 兵庫 男子     (17) 父親が『仕事をしろ』と息子をしかり、口論になることがよくあった
9/05 神奈川 中1男子 (12) 引越し準備の事で母に叱られ
9/12 埼玉 中3男子  (14) 進学問題で悩み。三者面談を途中退席後


63 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 07:37:48 ID:YYwv3FVH0
>高機能発達障害

こう診断が決定されれば、犯罪は無罪、将来社会復帰できて、かなりの職業にも
つけれるのでは?

64 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 07:39:06 ID:aMGr5wc40
はいはい発達障害、発達障害。

言葉ばっかりでじゃあ、どうすれば防げるかなんて全然話題も出てこない。


65 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 07:40:05 ID:YqCHhwal0
障害があり、なおかつこういう事件を犯すような危険人物は、
殺した方が良い。死刑以外に道はない。
なに、公然とやらずに殺してしまい、病死と発表すりゃいいんだよ。

66 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:21:18 ID:SzQZQ6Eu0
父は医師免許持ってるのに見抜けなかったわけですね。

67 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:23:24 ID:6ItZW5N60
>>1
あれ進学校に通ってたんじゃなかったっけ?

まあ、妻娘を失った父親が減刑望んでるから
落としどころとしては仕方ないのか。

68 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:26:22 ID:RiGroz7+0
とりあえず将来医者になる権利は剥奪されたわけだ。

少年法のおかげで殺人少年でも弁護士にはなれても、
医者は精神障害がある人間はなれない。

欠格条項。

69 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:26:37 ID:YYwv3FVH0
【少年法って必要?】ナイフ首切殺人犯Aが弁護士に
1 :可愛い奥様:2006/10/01(日) 22:44:29 ID:BhwUrhzw
★加害少年は弁護士に。 遺族は家庭崩壊に。
★30年前の「酒鬼薔薇」事件」とも呼ばれるサレジオ高校殺人事件などを参考に
少年法を母親の立場で語ってみようか

【参考文献】
奥野修司『心にナイフをしのばせて』文芸春秋社
■内容紹介■
高1の少年が同級生の首を切り落とした驚愕の事件。被害者の母はさながら
廃人のように生き、犯人は弁護士として社会復帰していた!
1969年春、横浜の高校で悲惨な事件が起きた。入学して間もない男子生徒が、
同級生に首を切り落とされ、殺害されたのだ。「28年前の酒鬼薔薇事件」である。

10 年に及ぶ取材の結果、著者は驚くべき事実を発掘する。殺された少年の母は、
事件から1年半をほとんど布団の中で過ごし、事件を含めたすべての記憶を失って
いた。そして犯人はいま、大きな事務所を経営する弁護士になっていたのである。
これまでの少年犯罪ルポに一線を画する、新大宅賞作家の衝撃ノンフィクション。(MK)
http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/3/68/36/4163683607.shtml


70 :69:2006/10/14(土) 08:33:19 ID:YYwv3FVH0
上記スレで弁護士にになった加害少年は石川一郎とされている。

33 :可愛い奥様:2006/10/02(月) 00:55:53 ID:lt/kVQoy
http://kangaeru.s59.xrea.com/kubikirikantei.htm
高校生首切り殺人事件 精神鑑定書

横浜家庭裁判所裁判官判事新川吹雄
鑑定人は聖路加国際病院神経科医長土居健郎
東京大学医学部附属病院精神医学教室助手石川義博※※、
東京医料歯科大学総合法医研究施設助手福島章

上記スレでは加害少年はその後名前を変え、弁護士になっている。
鑑定人にも石川がいることに注目!石川は渡来人系苗字。
福島も同じ。福島瑞穂氏など。
新川も同じ。

つまり、加害少年を判定するひとがほぼ、渡来人系と推察される。
土居氏はまだ調査中。

71 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:34:29 ID:VdKSEwTo0
他人の家に上がりこんでサッカー見てたって聞いてから疑ってたけど
やっぱりね、って感じ。
アスペって、駿ちゃん事件の犯人とかネオ麦茶とか
人を殺してみたくて近所のおばあさん殺した奴とか、怖いよ。

72 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:42:41 ID:RF4LmcRq0
>>52がなにげに良い話。ほのぼの。

73 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:44:07 ID:GfFWebxN0
死刑にしろよ
医者の息子だからって甘くするな

74 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:49:03 ID:had9LBDj0
パチスロ狂阪大生はどうなるんだ?

75 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:50:09 ID:b5QNJMS80
医者ってストレッシーな人多いからね・・・
子供のころ医者の子の友達は何人かいたが揃ってヘンな奴だった

76 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:52:10 ID:2p33A/Zn0
まぁ今のところいいんでね

77 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 08:58:11 ID:5lUwqOn40
普通に切れただけだと思うけどな
不良やってる子どもの家庭環境をいろいろ知ってる俺にしてみれば、正常な精神を持っている人間の1反応にすぎないぞ

不良やってる奴はこんなときは夜の町に出て他人なぐるけど、こいつは全部内に抱え込んで他人の変わりに親殺しただけだろ。

78 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 09:02:54 ID:5lUwqOn40
あ!わかった。
これはお前ら日本人による 少年を甘やかすな。厳罰を とか世論が沸き起こってるからだよ!

ガキが犯罪起こすときは大部分外的要因によるものなのに、なにもしらない素人が刑務所入れろとか死刑にしろとか
ごちゃごちゃ言うから、未成年の実情わかってる医者としては精神病にして裁判で情状酌量得るしかないんだよ

79 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 09:05:20 ID:LjGhkRSZO
精神病んでなくても少年法で死刑にはならないんだろ。
出てきたらすぐに自殺して欲しい。

80 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 09:13:48 ID:b5QNJMS80
>>77-78
朝鮮人は臭いから市ね

81 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 09:17:23 ID:DsXXNdaF0
家裁段階の精神鑑定でこういう鑑定結果が出た場合はほぼ間違いなく医療少年院送致の保護処分だよ。


2人を医療少年院送致 家族殺傷事件で大阪家裁

 大阪府河内長野市の家族殺傷事件で、大阪家裁は18日、強盗殺人などの非行事実で送致された長男の
元大学生(19)=2月に除籍=と交際相手の高校1年の女子生徒(16)に対し、ともに医療少年院送致
とする保護処分を決定した。

 改正少年法で原則検察官送致(逆送)となる事件だが、湯川哲嗣裁判長は「妄想、現実感喪失などの
精神病理上の症状や資質上の問題点があり、医療的措置を含む処遇が相当。被害者である家族が厳罰を
求めていない」として例外のケースに当たると判断した。

 収容期間について元学生は「3年を超える長期間」、女子生徒は「2年程度」と勧告した。

http://www.usfl.com/Daily/News/04/03/0318_016.asp

82 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 09:23:35 ID:AKHoyrZi0
発達を阻害したのは父親なんだろうから、父親も一緒にムショに放りこんどけ。

83 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 09:33:32 ID:4f29MgjA0
人殺しは 精神鑑定し 精神異常

窃盗犯は 精神鑑定なし 正常?



84 :69:2006/10/14(土) 09:56:26 ID:YYwv3FVH0
「吉川元祥医師(奈良県田原本町放火殺人事件)
>3人の遺体に刃物で切りつけたような複数の傷があることが21日、田原本署の調べで分かった。

>焼け跡から吉川さんの妻民香さん(38)、小学2年の二男祥貴君(7つ)
>保育園児の長女優民ちゃん(5つ)が遺体で見つかった。玄関や窓はいずれも施錠されていた。
http://www.google.com/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=%8Bg%90%EC%8C%B3%8F%CB%88%E3%8Et&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja

「祥」
路甬祥中国全人代副委員長
理事長 武 文祥中国印刷技術協会(PTAC).
中国琵琶奏者の 善祥(ト ゼンショウ)
法輪功学習者、米国民の李祥春(チャールズ・リー)
王敬祥の活動年表@国民党神戸交通部設立
長女靄齢は財閥・孔祥煕へ、次女慶齢は革命家・孫文へ、三女美齢は
權 五祥 ぐぉん おーさん 韓国 写真家
辛 容祥 しん よんさん    W杯サッカー日本組織委員
「民」
江沢民中国国家主席
中国 第三の革命―ポスト江沢民時代の読み方: 本: 朱 建栄
年5月 甘建民二胡学院を設立
秦 悦民 中国弁護士
呉建民(中国外交学院院長).
李 宣民 いー そんみん 韓国 写真家
張 宗民 ちゃん じょんみん 鼓手
朱 民 ちゅーみん 中国銀行行長経済顧問


85 :69:2006/10/14(土) 10:00:48 ID:YYwv3FVH0
(つづき)
「香」
金 香淑 きむ ひゃんすく    作家
金 香都子 きむ ひゃんどじゃ
代表講師 Tea Plan 翠香
朴枝香(パク・ジヒャン)ソウル大学西洋史学科教授
朝鮮舞踊研究所代表 任秀香さん
金香淑(きむひゃんすく). 論文題目, 「朝鮮神話の源流]

吉川姓は渡来系の安倍氏族にある。

奈良家裁(石田裕一裁判長)
 石田=石田一成、石田ひかり、

86 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 10:09:13 ID:didTobtF0
「広汎性」を省略するスレタイとマスゴミに文句を言いたい。

「量刑」は知能の程度によると思われる。おそらく無罪放免はありえん。
「心神耗弱」に相当すると思われるので、数年間の医療少年院行きか。

87 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 10:18:07 ID:5lUwqOn40
>>77
>>78
こんなのにまで発達障害つけるたら、本当の発達障害者にたいする不当な差別偏見を助長するってことわかってないのか?
以前精神病患者が薬飲んでひところしたって報道で、本当の精神病患者が薬の飲むの止めたこと忘れてもらったら困るぞ?

この医者、偏狭な正義感の使い方を完全に間違ってるな

88 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 10:35:21 ID:bokqv+R20
父親の方が何かの障害ありそうだけどな。

89 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 10:36:27 ID:Q8QzZeAH0
僕の亀頭の皮も発達障害だから
犯罪をおこしても無罪ですね

90 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 10:49:17 ID:4cf+vN7Z0
発達障害と診断された子供は養育しだいで普通に戻るから
医学的障害ではなく、社会的障害といえる。

91 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 10:55:34 ID:5lUwqOn40
>>90

発達障害っていうか、精神病は先天的なものだけにしろよな。
社会的障害ということは、社会が理想的な人間像を作ってそれに適合しない奴を発達障害って言ってるってのが真実ってことか?

最近ボランティアとか、やけに国が求める理想像という画一的なものを国民に要求してるけど、
これって戦前の日本でも軍隊に適応できない奴は非国民って 軍靴の音が聞こえる って奴じゃね?

92 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:01:54 ID:/Uc+zl4B0
>>1
これ、犯人自身にとっては非常に不本意な結果じゃないのかw

93 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:05:36 ID:/GwpdPlh0
>>92
無罪放免になったら、憂さ晴らしにまた近所で放火するだろうなw

94 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:08:09 ID:5lUwqOn40
>>90

ただ単に
>>77
で正しかったって事か。

発達障害とかめんどくさいこといわずに、家庭環境によるものっていえばいいだろ

95 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:09:37 ID:N6RoZLXN0
この少年が発達障害ってのは納得できるな。

ただ発達障害で罪が軽減されるのはオカシイ。
心神喪失状態でも精神病でも
そういったもので罪を軽減する仕組みは変だ。

96 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:13:07 ID:4cf+vN7Z0
>>91
>発達障害っていうか、精神病は先天的なものだけにしろよな。
>社会的障害ということは、社会が理想的な人間像を作ってそれに適合しない奴を
>発達障害って言ってるってのが真実ってことか?
訂正を入れておくと、療育してもまったく持って社会に適応できない
重度の発達障害の人もいらっしゃる。
ただ、発達障害と診断されても、療育で正常に戻る子供がいるのは事実であり。
発達障害の器質的障害(たとえば脳の欠陥部位など)は見つけられておらず
DSM-IVなどによる発達障害の診断は、行動、特に社会的行動を重視して行われているので
医学的診断だとはいいえないというのは確かだ。

先天・後天に限らず、器質的原因がはっきりすれば、精神鑑定の論争はなくなるのだろうか
今のところ、そこをはっきりさせる方法は見つかっていない。
脳に作用する薬で治療できるとよく言われるうつ病でさえ、きちんとした診断法は確立されておらず
医者に悩みを持っているそぶりをするだけで、薬が処方されるのが現状であり
薬を適用せずにも、接する人を変える、周りの対応を変える、職場を変えるなど社会的変化で直りうるのも確かだ。

97 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:26:08 ID:4xQSXd2n0
>>47
そうした法廷戦術という意味が知らないものが、まともに受け取って
いらない心配をするのが嫌。




98 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:29:09 ID:1/GcCGrF0
血統的に発狂遺伝子調べたら

99 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:38:22 ID:4cf+vN7Z0
>>91
>最近ボランティアとか、やけに国が求める理想像という画一的なものを国民に要求してるけど、
>これって戦前の日本でも軍隊に適応できない奴は非国民って 軍靴の音が聞こえる って奴じゃね?
発達障害の診断は、社会全体から著しく外れる人間を、障害というものでくくり、社会から阻害してしまうという点では
全体主義的思想も持っているといえる。

また、社会的関係の中ではぐくまれる問題を、個人の障害というものに押し込めてしまい
社会や親から問題を切り離してしまい、個人への罪の比重を多くするという点では、個人主義的思想だといえる。
しかし、この個人的主義的思想は、多数にとって都合がいい個人主義である。
なぜなら、上で書いたように、この個人主義的思想は社会から問題児を阻害してしまう理由に使われているからだ。

そして、個人に罪を着せる発達障害というものは、完全なる個人主義的思想ではない。
なぜならば、発達障害は、それを持つ本人にとっても、どうすることもできない問題として扱われており
問題の理由を、個人からも切り離してしまうものであるからだ。

つまり、発達障害は、個人の社会との不調和という問題を、社会や親からも
その個人自身からも切り離し、<発達障害>というあいまいなもに押し込めてしまう
超全体個人主義的産物だといえるのではないだろうか。

ま、小難しくいったけど、要約すると、社会にも個人にも問題の本質を求めず
あいまいにことをおさめてしまう、ご都合主義が発達障害をささえているというこっちゃ。

あっ、書き忘れるところだった、軍国主義なんて考えすぎだと思います。

100 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:39:53 ID:PSBCRe3n0
このケースの場合は、オヤジが発達障害だったのであろう。

とりあえず
何でもいいから病名をつけとけば罪が軽くなるという思惑かと思われ。

101 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:41:23 ID:3TXw6M7C0
精神的に病んだ人は、身体的な病気にはならないの?
俺が欝ったときは、胃潰瘍とか吐血とかの症状がなかったから、大したことないと思って耐えたよ。
勉強強制されすぎて、ぶっ倒れて入院したとかなら分かるけど。
大学入って、家族と別れて遊びまくればよかったのに。


102 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:41:57 ID:4cf+vN7Z0
>>99
訂正
×阻害→○疎外(のけ者にする)

103 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:44:50 ID:Np5esAuI0
この少年に限らずここ最近起きている不可解な凶悪犯罪の正体は発達障害者によるものだったんだね
酒鬼薔薇、宅間守、宮崎勤、西鉄バスジャックの犯人、長嶋機長刺殺の犯人
小林薫、佐世保の小学生をカッターナイフで刺殺した少女、駿君を屋上から突き落とした少年
西尾のストーカー殺人、人を殺してみたかったといって主婦を殺害した少年etc・・・
コイツラ発達障害者をこれ以上野放しにしておくこと俺達普通の健常者にとって危険なことじゃないか?
確か発達障害者って100人に一人位の割合でいるんだろ?
そんな奴らが俺達の身近にいるんじゃないかと思うと怖いですよ
何時何時その凶悪な発達障害者達によって自分の身内が危険な目に遭わされるのかと思うとこの事件も人事じゃない
確かニートの何割かは発達障害ともいわれてるし・・・
どこか俺達のいない別の所に隔離しておくことは出来ないんだろうか

104 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:50:07 ID:4y163O0k0
知識だけをいびつに植えつけられたんだろうな

105 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:51:44 ID:VdKSEwTo0
>>103 ハゲド
よく発達障害の子供に関して、目に見える障害じゃないから理解されにくく
周りの対応によっては二次障害起こす。
犯罪行為は二次障害のせいであって、適切な療育を受けた子は害を為さないとか言うけど
そんな周りの人間の無理解のせいにされちゃぁ迷惑なんだよな。
簡単に二次障害とやらを起こす、発達障害そのものが問題なんだよ。

106 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 11:54:03 ID:i/yTEoI30
「発達障害」が新しい"便利な言葉"にならなきゃいいけど…
統合失調症とか心療内科とか煙にまくような耳触りのいい言葉は
本質までうやむやにしてしまって
決して本人にとっても良い事をもたらすとは思えない

107 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 12:32:43 ID:jCPOX6TK0
少年犯罪ではいつものこと。

108 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 12:50:56 ID:96z2/aDV0
統合失調署は2%発生するらしいから
この2ちゃんねるでも50人に1人は
統合経験者だよな。


109 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 13:05:03 ID:yCCfDQw60
>>96
前頭葉の一部の血流が悪いんじゃなかったっけ?

で、やっぱり父親もアスペルガーなの?医者とかには多いんだよね。

110 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 14:34:27 ID:3OqMuvij0
クヒヒヒヒ!
ちんぽども! 俺の考えたとおり、精神障害死ねの極論! これが、2ちゃんクオリティ。
馬鹿の極み。そして更に、精神障害とは別種の事項であるにも関わらず、知ったかレベ
ルのうんこクオリティ!

貴様らはクソ! そしてお前らもクソ!

すげえぜヤーパン! クソとクソが絶妙のハーモニーを醸し出し、もうくさすぎて! たまら
ない!

クヒヒヒヒ。低民度低レベル。自らを省みないその自己中心性! スタピッド!
死ね、いわずもがな死ね。こんな低俗民族、集団自殺してしまえばよいわ!
クヒヒヒヒ!

111 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 14:42:26 ID:qeh23EwgO
>>101
この少年も耐えてたんでしょ

112 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 15:08:35 ID:jCOjME0w0
いつもは発達障害って精神鑑定を叩いてる専門家のお医者様がどうしていないんだろ?
何でもかんでも広汎性発達障害にするなだの、精神鑑定は色んな結果が出てくるって叩いてる医者たちが
出てこないね。

どうして医者って同業絡みだとこうも両極端な対応しか出来ないかな。
いつも患者を診たことも無い、カルテを覗いたことも無いのに断定口調で発達障害じゃないと言うくせに、
医者が関係してると黙り込んだり擁護してる。

これで医者が高機能自閉症の人に殺されたりしたら刑務所に入れろとか言うんだろうな。

113 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 15:28:35 ID:6cEWAI190
この親って、子供の勉強部屋を「集中勉強室」と名づけてスパルタしてたんだろ。狂ってるのは父親の方。

114 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 15:31:54 ID:YPJm8H8D0
医者は医者の味方をする。
身内を守る意識は非常に強い。

身内に不利な診断をするわけがない。

それをいうなら、全ての少年の犯罪は「発達障害」で片がついてしまう

115 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 15:32:03 ID:HOWnkFYs0
東大寺学園の生徒達が、一番驚いてるだろ、これ。


116 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 15:40:31 ID:NYuZY5Uf0
少年が事件起こしたら何でもかんでも発達障害にされてないか?
本当にこれでいいのかかなり疑問に感じるのだが・・・

117 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 15:40:33 ID:yPjegzIb0
>>109
医者にアスペが多いは初耳。
私大以外で知力に偏りが多い奴がそう容易く医者になれるとは思えんが。
ま、この糞餓鬼のオヤジは確かに…ry

118 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 15:43:45 ID:NYuZY5Uf0
>>106
発達障害、人格障害、うつ病

どう見ても「魔法の言葉」扱いされてます。

119 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 15:48:26 ID:NYuZY5Uf0
>>117
医者に多いと職業で限定できるかどうかはわからないが、全体として理系の研究職・専門職には多いと思われ。

120 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 15:49:32 ID:seMremc60
自閉症
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E9%96%89%E7%97%87

自閉症は症例が多彩であり、健常者から重度自閉症者までの間には
はっきりとした壁はなく、虹のように境界が曖昧であるため、
その多様性・連続性を表した概念図を自閉症スペクトラムや自閉症連続体などと呼ぶ。

自閉症スペクトラムのうち、知的障害がないもの(一般的にはIQ70以上)を
高機能自閉症やアスペルガー症候群と呼ぶ。「高機能」というのは知能指数が高いという
意味であるが、平均的な健常者より高いとは限らず、知的障害との境界域の場合もあれば、
平均的な健常者をはるかに上回る場合もある。

121 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 15:57:24 ID:3X0+eJSw0
家裁関係者の既得権益維持のために、少年事件はいつも罪が不当に軽減されるため、
それを見越して、少年による確信犯的な殺人が今後も頻発するだろう。

122 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 16:01:39 ID:yPjegzIb0
>>119
興味に偏りがあるってことは学力にも偏りがあるってことだわな。
つまり余程知能の水準が高くなければ低い部分が足を引っ張って受験時に振るい落とされるのがオチ。
埼玉や愛知とかつく医大なら知らんけど。

123 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 16:03:38 ID:IhIAQKdx0
またアスペか!

124 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 16:05:14 ID:yrSdNQgd0
タリウム少女と同じだね
報道された時に偏差値の高い学校に通ってるって聞いてもしかして・・・とは思ってたけど
障害持ってても親が気づいて適切な教育をすれば問題ないんだろうけど
こういう風に事件を起こす子の親は勉強が出来るからその他部分を見落としてるんだよな
タリウム少女のときなんて事件起こす前に学校から薬品所持で親が三者面談に呼び出されてるのに

125 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 16:07:41 ID:dDmwmuI40
>>83
窃盗で捕まりそうになったら殺せ、という事でつね。

126 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 16:18:53 ID:ytCNb3fM0
>>9
あの世代で親やってる奴らって
子供を自分の成功の証程度にしか考えてないように思える。
自分より小さいその生き物が自分と同じいち個人で人類の一端であって
その子にも人生なるものがてめえと同じ長さと質量だけ存在する事を
承知の上で産んでるのか、聞いてみたいよ。

127 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 16:56:40 ID:yCCfDQw60
>>122
勝つこと(良い成績をとること)に執着すれば、学力は高くなるよ。
といってもアスペの中の一部の人たちだけどね。

>>116
アメリカなんかはそうなってるかも。

http://www.city.bunkyo.lg.jp/kusei/kaikaku/kuminkaigi/dai3-4.pdf 
の7〜8ページ目 

そのときにニューヨークで青少年犯罪の統計があったのですね。 
それの発表を市当局がちゅうしょしたのです。なぜかというと、その青少年犯罪の 
原因になる子供たちの中にLDとか、そういう子供たちが非常に多かったからです。 
そのまま発表すると、LDという診断のついた子供だちは犯罪傾向が強いとか、そういうふうな 
誤った誤解をされて、日本人に多いですよね。 
〜中略〜 
いずれにしても、そういう子供たちをほうっておいて、十分な手当てをしないで、そして犯罪に 
ある意味では追い込んで、そしてその後でいろいろな障害や殺人までありますよ。 
その結果として、皆さんがあがなう代価と、それから、そういう子供たちをやはり早くから 
きちんと対応していく教育に払う代価と、どちらが安いかという、こういう考え方はアメリカ人は 
好きなのですね。当然、後者なのです。したがって、教育に対して非常にお金をかけるわけですね。 

128 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 16:58:48 ID:yCCfDQw60
http://henatyoko.at.webry.info/200509/article_1.html 

軽度発達障害には、広汎性発達障害(PDD)、アスペルガー症候群、学習障害(LD) 、 
注意欠陥多動性障害(ADHD)、などに分類されていますが、文部科学省の調査によると、 
このような軽度発達障害を抱えている児童は通常学級に在籍する児童の6.3%を占めるとの報告があります。 
昨今少年矯正の場でも、この軽度発達障害について注目されつつあって、 
ある少年院の調査では、在院者の中で軽度発達障害の疑いのある少年の割合が 
7割程度との報告もあります。確かに私自身の実感としても、明らかな軽度発達障害の 
エピソードを示す少年は少数ですが、対人コミュニケーションが苦手、 
一つのことに集中できない、職員の指示を聞き終わる前に質問をする、 
場の雰囲気が読めない少年が増えてきている印象があります。 
しかし、軽度発達害があれば、必ず非行に走るかといえばそうではないということです。 
軽度発達障害を抱えた子どもに対する親、教師などの無理解(しつけがなっていない、わがままだ、など) 
による叱責やいじめなどからくる自尊感情の低下が、2次障害を引き起こし、 
その結果として非行という形で現れてくることがあるということなのです。 
少年院に送致されてくる少年の中にも、過去に医師や児童相談所などに関わったケースの 
少年がいます。そこで、ADHDやPDDの診断を受けた少年がいるのは事実です。 
面接の中でもADHDっぽい?なというような少年に小学校の時のエピソードを聞くと、 
「忘れ物が多かった」とか、「ぜんぜん授業に集中できなくて机に向かっていられなかった」などの 
話が出てくるのは茶飯事です。 
しかし、そんな少年でも、ここが少年院という施設の不思議さですが、 
すっと落ち着いて資格取得の学習などに集中して取り組むことができるのです。 
少年院の生活が、外的な刺激が比較的少なく、日常の日課がはっきりと決められて 
限定されているからなのでしょうね。 


129 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 17:42:17 ID:XUUDzEkJ0
>>128

加害者の親に2ちゃん対策たのまれた?

130 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 18:17:03 ID:DnluxkFg0
軽度発達障害は少なくなく普通に見られる。そして周囲も、本人も認識がない。

>>129
お前、これっぽいよ。

131 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 18:58:33 ID:cd7pbJmx0
肉体という地獄
家庭という地獄
社会という地獄

 どこにも逃げ場はない・・・

132 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 19:01:00 ID:r1XWbiKy0
家に火つけて、家族殺すなんて、どこかに障害があっても全然不思議じゃないし。
つーか、ないほうがおかしいし。

133 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 19:01:13 ID:ou5xGkz+0
d

134 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 19:37:42 ID:seMremc60
webで「自閉症スペクトラム」の簡易テストができるところが幾つかあって、
それ2箇所でやったら、33点以上でヤバいっていうのに
40点と44点だった。orz

実は発達障害持ちなのかも。

135 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 20:13:42 ID:4xQSXd2n0
>>112
医者だけでなく、一般人でも、人格障害、発達障害、PTSD
を否定するには勇気がいる。
今は少し治まったが、少し前までネットで否定しただけですごく
叩かれた。
>>127
いずれにしても、そういう子供たちをほうっておいて、十分な手当てをしないで、そして犯罪に
ある意味では追い込んで、そしてその後でいろいろな障害や殺人までありますよ

そういうレッテルそのものが、追い込む恐れがある。



136 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 20:17:58 ID:WPKfrlAt0
>発達生涯
4特4大本管の即自みたいに、昼間、公衆の面前で健康的なスポーツルックで、
味噌と汚物をごっちゃにして会話しながら満面の笑みでしゃがみ込んでる、
自衛隊の男女の隊員みたいなものか。

137 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 20:22:20 ID:U5IBV+aU0
事件のあとにワールドカップのこと気にしていたり、
忍び込んだ家にお金置いといたりって行動から
発達障害の可能性は考えていたが・・・・でも、ほんとなのか?

138 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 20:28:19 ID:ab0FL5pz0
>>112これで医者が高機能自閉症の人に殺されたりしたら刑務所に入れろとか言うんだろうな。

診断と責任能力は別。
おそらく、司法のバランス上、発達障害で免責されることはこれからもないと思う。
ほかの要因でも重複すれば別だが。

少年犯罪だと医療少年院(医療刑務所とは存在意義が違う)とかあるから混乱するけど、
かれが青年だったら普通に刑務所に送られてわかりやすいと思うよ。

139 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 23:20:36 ID:jCOjME0w0
>>138
俺が書いたのは、一般の発達障害児が犯罪を犯したら厳罰を求めるくせに、
こいつには厳罰を求める声が無いってこと。

だから医者やその家族が発達障害児に殺されたら医者はどう反応するのか気になってな。

診断と責任能力は確かに別だけど、2ちゃんの医者は自分たちが被害者か加害者かによって
対応が両極端過ぎるのよ。
さっきのNHKの特集見たけど医師会の本なんとかって人、自分が極論言ってて
他の人に引かれてるって気付いてないんだろうな。
医師会長のほうがまともなこと言ってた。
あの人もなんか発達障害か何か分からないけど、人付き合いに障害を持ってるのかな。
2ちゃんねらーだったりしてね。

140 :名無しさん@七周年:2006/10/14(土) 23:29:23 ID:RFpTKRo60
>>139こいつには厳罰を求める声が無いってこと

親がエリートだけどDQNだったからでしょ?

個々の医者なんて大病院でも個人商店みたいなところがあるから、
医療費のことでもない限りそんなに仲間意識ないよ。
あと、科によっても温度差はあるけどね。

141 :名無しさん@七周年:2006/10/15(日) 11:52:29 ID:pkloyCdw0
2chでは発達障害はあまり叩かれないね。
2chネラの大嫌いなDQNの多く(ジャイアンタイプ)もこれだってのに。
のび太タイプの発達障害者が多いからか?

142 :名無しさん@七周年:2006/10/15(日) 12:19:29 ID:5XZSi+YD0
長男への同情論多すぎ!
勉強したくないという自分のわがままを通すために無関係の家族3人殺して、
ちゃっかり食いっぱぐれないように資産家の父親だけは生かしておく計算高さ。
一片の同情の余地ない鬼畜だろが!!!


143 :名無しさん@七周年:2006/10/15(日) 13:42:48 ID:jUkCHvHo0
>>141ヒキニートに発達障害者は多いっていうしね
知的に遅れはないんだけど、ちょっとずれてるというか
浮いちゃうような人

144 :名無しさん@七周年:2006/10/15(日) 14:04:15 ID:hZxRjbJi0
「広汎性発達障害」?
生活レベル・知的レベルが高いために情状酌量の余地の無い人間の罪を軽減させるための
魔法の言葉ですか?



145 :名無しさん@七周年:2006/10/15(日) 14:13:19 ID:W96CNzCC0
>>142
父親への同情論多すぎ!
家庭にいたくないという自分のわがままを通すために愛人の家に居て、
ちゃっかり食いっぱぐれないように自分だけは生き残っておく計算高さ。
一片の同情の余地ない鬼畜だろが!!!


146 :名無しさん@七周年:2006/10/15(日) 14:49:12 ID:hZxRjbJi0
人間的に問題の無い人物が容疑者で、なおかつ動機が不可解な場合に用いる魔法の言葉。
それが「広汎性発達障害」!

これさえ用いれば、簡単に死刑回避できるので、人権派弁護士の皆様は積極的に御使用下さい。

147 :名無しさん@七周年:2006/10/15(日) 15:40:31 ID:FZJ52Tcy0
>>146人間的に問題の無い人物

何らかの問題があるのが広汎性発達障害

>これさえ用いれば、簡単に死刑回避できる

んなこたぁない。

148 :名無しさん@七周年:2006/10/15(日) 21:55:54 ID:F560zt0k0
医師免許持ちながら発達障害を見抜けなかった両親に是非見てもらいたいCM
ttp://www.ad-c.or.jp/campaign/nikkan/01/index.html

149 :名無しさん@七周年:2006/10/15(日) 22:47:15 ID:ghQBFg6p0
>>148
発達障害は信じる人には見え、信じない人には見えない不思議な障害だからね

150 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 00:46:44 ID:sRe+8mOo0
>>149
勉強してる医師には診断でき、勉強不足の医師には診断できないって訳か
泌尿器科といっても、腎癌患者とかも診るわけだから精神医学の基礎知識は持っててしかるべきと思うのだが・・

151 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 00:48:33 ID:QcOXQTjS0
それならオレだって発達障害だわさ

152 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:01:49 ID:k85UuvMe0
>>148-150

精神科医だって経験ないと人格障害と区別がつかない場合が多い。
診断基準を読むだけではピンと来ないんだよ。

153 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:15:30 ID:spQave7b0
ーーてか、誰でも気が狂うよ。気が狂うのなんか簡単で
メチャクチャな食生活、甘いものや冷たいものばっかり食べたり、
夜昼関係ない生活したり、教育をされてないとか、情報に流されて
偏った考え方をするとか、物凄い強いストレスがかかれば、
だいたいみんなおかしくなるよ。

東洋医学の考え方では、
内臓の不調と精神状態は関係すると考えられてる。
胃腸が弱い人は悩みやすく、肝臓が弱い人はイライラしやすく
腎臓が弱い人は驚きやすく、疑り深い、肺が弱い人は憂い悲しむ
ーーーと言われる。
西洋医学的観点からしか見れない人は不思議な話だろうが、
心を治せば身体も治るように、身体を治せば心も治る。

生まれつき胃腸が弱めとか、腎臓が弱めとか全体が弱いとか
人によって違いがある。完全な健康体の人間などいない。

この少年だけに特別起こったことと考えず、常に自分もいつそうなるか
分からんということちっとは考えにいれた方がいいと思う。
更年期障害とか、生理中にイライラしたりとか、
某かの原因で身体が変化すれば心も不安定になる時が必ずあるんだから。


154 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:21:16 ID:BQb2r3srO
>>153
もっと簡単におかしくなれる方法があるよ
寝ないこと
特に眠いのに寝かせてもらえないと即貴違いになるよ
赤ぬっコロス母親とか父親に多いのよこれ

155 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:22:23 ID:c4zczK4v0
一回全国民を診察したほうがいいんじゃないか

156 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:29:08 ID:KDq4KBY/0
医者のアスペルガー症候群の罹患率ってどれくらい?
平均より高いのだろうか?


157 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:43:19 ID:tc6NEa6rO
>>154
そう育児で一番辛いのは寝せて貰えない事だよ。
良く寝る赤ちゃんを持った親は果報者だよ。


158 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:53:11 ID:aH0Edb5V0
>>156医者のアスペルガー症候群の罹患率ってどれくらい?

うーん、医者はアスペルガーでも続けやすいからね。
他の職種だったら辞めちゃってる人が辞めない分、高くなると思う。

それと発達障害・アスペを専門にしているやつにはアスペ多い。w ほとんど男医だけど。
コミュニケーションに問題があるから、子供相手だったら何とかごまかせるって発想。
だいたい、発達障害にたどり着く前に別の科で失敗したりしてる。
でも、子供に口答えされたりすると、アスペ医者のほうがパニックになったりして
はたから見てると面白いよ。

医者は、入試、国試ともマークシートだからアスペの人にはクリアしやすいよ。
論文なんかさせると全然ダメだけどね。

159 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:56:01 ID:aH0Edb5V0
それとアスペ医者が発達障害診てても、全然治療能力はダメだよ。
ほかの科よりは勤まるってレベル。

よく障害があればその人の気持ちがわかるなんてきれい事
言う人もいるけど、そもそも気持ちがわからない障害だからね。

160 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:56:28 ID:91xR9f6tO
うちの息子アスペちゃん(年長)10歳位までには落ち着くらしいけど
落ち着きの無さが「悪」と捉らえられてしまうと
自分は駄目だと思い自信を失い
先々、引きこもりなどになると言われたよ

161 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:58:17 ID:MxvDPW/o0
おもしろいですね〜

162 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 01:59:21 ID:tjo2hl+v0
何でもかんでも「広汎性発達障害」の所為にして甘えては困る。
ガキのうちはそれをカミングアウトすることで何かと気を遣って貰えるだろうが、
実社会ではそういう甘え(「自分は広汎性発達障害なので、仕事に不出来な点が
有っても見逃してください。」云々)は通用しなくなるのだから。

私の場合、実社会で揉まれたことでアスペルガーを克服しつつあるが、
他人を見る目が厳しい上司・同僚からは、それがもとで失敗する度に
厳しい叱責を受けるため気が滅入る。
まあ、カミングアウトすれば楽にはなるのだろうが、それは自分への甘えと
逃げを作るだけであるので実行せずにいる。



163 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:00:27 ID:R2zVKT8+0
>>160 10歳位までには落ち着くらしいけど

それってアスペじゃなくて多動痔のことじゃなかったっけ?

164 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:02:39 ID:R2zVKT8+0
>>162実社会ではそういう甘えは通用しなくなるのだから。

だけど、障害を理解してもらうことでむしろお互いが楽になる面はあるよね。
他人に対して決して強要はできないし、仕事内容によっては無理だけど。

165 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:03:55 ID:91xR9f6tO
>>163
多動もあるよ

166 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:08:08 ID:rmXwrLbq0
>>165

診断はちゃんとついてるのかな?ADHDとアスペルガーは
基本的にはわけないと。

167 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:12:47 ID:tjo2hl+v0
>>164
仕事の特性上、広汎性発達障害だのアスペルガーだのを過去に患っていたのを
失敗の言い訳にするのは許されない雰囲気。

客を満足させるのが最優先であって、自己都合を失敗の言い訳にするのは
最低の行為とされている。

168 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:18:56 ID:OwBkipyX0
広汎性発達障害や精神障害をこうやって免罪符にされたら、一般の同じ障害の人は
たまったもんじゃないよね。
そうならないように、させないように日々努力して子供を守ろうとしている親達に
とったら、奈落へ突き落とされるような気持ちを毎回味わうんだろうな。

・・・と、この手の知り合いがいる身としては感じるね。

169 :名無しさん@6周年:2006/10/16(月) 02:25:18 ID:U2u800Ug0
wikiでアスペルガーを調べてみたんだけど

たとえば教師が、アスペルガーの子供に「犬があなたの宿題を食べたの?」と尋ねたら、
その子は表現が理解できなければ押し黙り、先生に「自分は犬を飼っていないし、
普通犬は紙を食べない」事を説明する必要があるのかどうか考えようとしている。
つまりその子は、先生が示す表情や声のトーンから暗に意味している事を理解できない。

とあるんだ。
この文章で先生が示したこととは何?
それが分らない自分はアスペルガーなの?

170 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:32:56 ID:sNN2Eoqc0

嫁さんは、それなりに仕事やら家事やら育児に忙しく、
協力的じゃない夫は理不尽に威圧的、あるいは暴力的な父親・・・

このパターンで、クラス中、学校や地域全体から恐れられる
トンでもな少年に育ってるのが昨今、急増している気がしてならない

それに比べ、この子はよく辛さを内側に押し込めて耐えていたと思うが…

171 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:33:28 ID:91xR9f6tO
>>166
診断ついてるよ
アスペでも幼児期には多動をともなったりするよ

うちの息子は胎児の時から動きがひどかったしw

172 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:37:30 ID:tjo2hl+v0
>>169
先生はこの子が宿題を忘れたことを「犬が食べたからなんでしょう?」と、
からかってみた。

普通の子なら「そんなのあるわけないでしょ。アハハ。」と反応するが、
アスペルガーの子だと常軌を逸した思考と反応をしてしまうということ。




173 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:40:21 ID:IHniT65i0
俺だったら何の脈略もなくいきなり犬がなんたらとか言われたら
一瞬固まるかもしれんのだが・・・アスペなのか・・・。

174 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:44:46 ID:QOfNYO430
>169
私も以前その項目読んだことがあるけど、
その部分は、欧米人が書いた本の引用みたいで
イマイチ分かりにくい例えだと思った。
良く、海外ドラマで嫌味な先公が
宿題忘れた生徒が理由をはっきり
言わないのを問い詰める時に言う台詞
って感じだな。


175 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 02:44:51 ID:U2u800Ug0
>>172
そうか、普通はからかわれたと思うのか。

・・・俺、まずいかも。

176 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 03:05:52 ID:rgiapR4c0
>175
漏れもまずいかも( ^ ^ ;

177 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 03:12:03 ID:tjo2hl+v0
コントでは予想外のボケをする者(志村けんが良い例)が喜ばれるが、
教育の場では教師の予期せぬ反応をしたり、場の空気を読めない子供
(アスペルガー等)はたちまち邪魔者扱いってどうなのよ?

大人数一斉教育では個性的な人間は邪魔なのだろうが、初等教育がそれでは
マズイと思う。


178 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 04:11:04 ID:rgiapR4c0
>教育の場では教師の予期せぬ反応をしたり、場の空気を読めない子供はたちまち邪魔者扱い

それが集団教育だと多くは思ってるし、初等教育でやるべきことだと思ってるんだよ。

古くは葬式仏教ばっかりやってるくせに、寺なんかで自分たちの宗派の拝み方をしない
ものは排除してた(それがムラとムラでない者の見分け方でもあり防衛手段でもあった)
名残で、根性だけがしみついてるんだから仕方が無い。

田舎へ行くほど、この傾向は顕著になり、「ムラ」であればすべて正しく、
「ムラ」でなければ正しくない。

小学校なんて地域社会の権化に憧れて教師になる奴はこの「ムラ」の中の空気が大好き。
だから「ムラ」でないものははじき出す習性を持っている。

小学校、中学校といった地域社会と直結した学校でいじめや自殺が多いのはあたりまえ。

地域社会なんてものは一度崩壊させて、ムラでない形をつくらなければ駄目。

179 :150:2006/10/16(月) 07:31:16 ID:sRe+8mOo0
>>152
書き方まずくてスマソ。別にそこまでのレベルは要求してない。
専門外の疾患については、実務で要求されるのは
「異変を察知し速やかに専門医にヘルプを仰ぐまで」のレベルでよい。

今回はそれすら出来ていない。

180 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 11:00:26 ID:xMRKrmB30
要するに冗談とか比喩がわかりにくい。

基本は人の気持ちがわからないので他人の身体的特徴などを
面と向かって口にする。注意されても「本当のことを言って何が悪いの?」
と思う。開き直りとかじゃなくて本気で思ってる。
たとえば背の高いのはそれほどでもないけど、低いことは言わないほうがいい
というような常人の感性は理解できない。

181 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 12:10:53 ID:QXwtzfFN0
>>175
俺もだ。。。病院行った方がいいかな?

182 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 12:15:31 ID:Tc3b2RPh0
明日ぺだったの嘉

183 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 19:58:24 ID:GlCbBvL30
つまり、アスペルガータイプですね。

○○寺には20%いてもおかしくないと思う。

184 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 20:01:36 ID:WTp/IFTC0
汎用性発達障害ってつまり何

185 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 20:04:45 ID:pibhuBWd0
んじゃ
俺のチンポも
発達障害

186 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 21:03:11 ID:4JMItK/H0
弁護士は親父が雇ってる。
発達傷害って事にしとけば親父の虐待は問われずに済む。

187 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 21:07:20 ID:HpMrhuR10
とりあえず、アスペとは関わらないほうがいい。

188 :名無しさん@七周年:2006/10/16(月) 22:26:38 ID:d3VIpAuo0
>>186発達傷害って事にしとけば親父の虐待は問われずに済む。

発達障害の子を虐待したら常識では理解しがたい反応を示したってこと。
虐待を正当化はできない。
まぁ被害者が身内だったから甘い判断がなされる可能性はある。

189 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 06:26:31 ID:YmzigcYx0
家庭・学校・職場 共に「アメとムチ」の使い分けができない親・教師・上司が
多いことが、昨今の若い世代を精神的に追い込んでいると思う。
ムチ(失敗した際の叱責)で苦しめるばかりで、アメ(成功したらベタ褒め)
をくれないから、常に緊張を強いられる。
失敗したら自信の人格を否定されるような叱責を受け、成功しても「それは当たり前
のことだ」と褒め言葉の一つも寄越さないとなれば、何をしても苦行にしかならないだろう。

何故、失敗したら鉄拳制裁→しかし「結果を出したら褒美をやるから、自分を憎まないでくれ。」
と、実は制裁を加えた相手に大きな期待をしていることをほのめかす→結果を出したらベタ誉め
というようにできないのか?

190 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 07:05:35 ID:aCVcU9gZ0
普通の弁護士なら親父の虐待による心身消耗を主張する。
それだと虐待の詳細が争点になり、親父の日頃の所業が明るみになる。
弁護側の証人として実母も登場し、親父に不利な証言をするだろう。
つまり親父には都合が悪い。ヘタすりゃ長男の親権を失う可能性もある。
長男の病気を主張すれば診断の正否が争点になり虐待が争点から外れる。
親父が雇った弁護士は顧客に忠実だね。

191 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 07:06:36 ID:Q2GTHL8n0
これは明らかに親父の意向だろ。

そりゃ子供もおかしくなるわ。

192 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 09:52:30 ID:Vc+p+PV20
>>171診断ついてるよ。アスペでも幼児期には多動をともなったりするよ

それは疾患の性質上、当たり前。
鬱状態は鬱病でも統合失調症でもその他の障害でも起こるのと同じ。
でも全てを鬱病とはしない。

193 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 11:02:35 ID:JVAsSZa/0
うちの息子も軽度の発達障害なんだよなぁ。

将来が不安。。

194 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 12:20:35 ID:v0GcpPAc0
第一子だったため親が異常(他の子供と何か違う)に気付けなかったことと、
アスペルガー症候群というものが知れ渡っていなかったことのダブルパンチ
によって、私の小学校低学年時代は悲惨なものだった。
授業中に暴れる&騒ぐ、しかしテストをさせると常に満点レベルということで
担任教師には「私には手に負えません。どっかヨソに転校して下さい。」と
言われる始末。
年齢が進むにつれてそういった傾向が減ったことで、中学(公立)・高校(その地域で最難関)
・大学(国立)は順調に卒業したが、職場において第二の悲劇が待っていた。

他人とのコミュニーケーションと取るのが苦手、怒られるとすぐにヘコむ&ふてくされる、
健常な人間ならすぐに覚えられることが覚えられない&覚えてもすぐに忘れる
という傾向を示したことで、口の悪い上司から「学業面では人並み以上、仕事面では知的障害者レベル」
とのレッテルを貼られる始末。
気の合う&口うるさくない人と仕事をするのなら何ら問題無い(失敗も大目に見てくれるので)が、
仕事に厳しい&細かいことにやたらうるさい人と仕事をする(失敗すると、バカ呼ばわり。そういう人
に限って、私よりレベルの低い学校しか出てないがw。)のは地獄でしか無い。


195 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 12:26:09 ID:v0GcpPAc0
194訂正
×他人とのコミュニーケーションと取るのが苦手→○他人とのコミュニケーションを取るのが苦手

196 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 12:28:18 ID:RaYxQu3i0
糞親父が息子を壊した

197 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 12:28:56 ID:yTUQsZj5O
多動とかはないのに、発言や発想が個性的な子には受難な時代だな。


198 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 12:29:52 ID:N5tlUZ+g0
>>194失敗すると、バカ呼ばわり。そういう人に限って、私よりレベルの低い学校しか出てないがw。

アスペの人は資格とか学歴とかのはっきりと形のあるものはわかりやすいんだよね。
だけど、そこが自分の弱点であると言うことには少なくとも理解しないと。

その上で自分にはわからないけど世の中は学歴以外のほかの部分で
評価されることもあるんだってのは知っとかないと。

学歴なんて財産があるとか、高貴な家系だったとか、決定的なものじゃないんだよ、
残念ながら。

199 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 12:46:01 ID:v0GcpPAc0
>>198
残念ながら、そういう思考からは抜け出しにくい環境だった。
オヤジが国立大学の教授という特殊事情ゆえ、自然と学力・学歴一辺倒の思考が染み付いた。



200 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 12:53:14 ID:AdswYgnX0
>>199
教授だっけ?

201 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 12:53:17 ID:qWVkgNrO0
>>199

多分、アスペの人は親が偉い人でなくてもそういう思考に走りやすいよ。
学校教育自体がそういうところがあるからね。

それ以外のトレーニングが不十分だったのはあなたのせいではないし、
不運だったけど、今でもそれほど状況が激変しているわけではない。
現状は社会的に認知されつつあって、対策はこれからってところ。

病気が見つかってもすぐにワクチンができるわけではないが、
見つけないとワクチンもできないってとこかな?

202 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 21:39:52 ID:WYNUpZjX0
裁判】 小学生を殴った男について、自閉症を理由に公判停止が決定

曽我大三郎裁判長は17日までに、精神遅滞を伴う自閉症により

曽我蕭白。仇討ちした兄弟ではない。江戸時代の画家である。
1730年は享保十五年生まれ。円山応挙より三歳年上である
最初に画業を学んだのは、たぶん高田敬輔(けいほ)という、近江は日野の画家である。
けれど蕭白は高田ではなく曽我を名乗っている。(中略 )
式部蛇足は朝鮮から渡来した秀文という画家の子と伝えられるし、秀文は曽我派の祖とされる。
漢の時代には蕭何という功臣と蕭照という画家がいたらしい。
だから、蕭白がそのまま明大祖の十四世、ではなくて、明大祖の皇帝に十四世前には仕えてい
たかも知れないしそのまた
玄孫の蛇足軒の画を見て面白いなと思ってあれこれ勉強してよしこれからは曽我を名乗ろうと決めた
左近次郎暉雄入道が蕭という漢字が好きだから蕭白にしました、の描いた画、というなら、なんとかなる。
http://paper.honesto.net/cyotto/kin/kin05.html


203 :名無しさん@七周年:2006/10/17(火) 21:48:17 ID:WYNUpZjX0
家裁段階の精神鑑定でこういう鑑定結果が出た場合はほぼ間違いなく医療少年院送致の保護処分だよ。


2人を医療少年院送致 家族殺傷事件で大阪家裁

 大阪府河内長野市の家族殺傷事件で、大阪家裁は18日、強盗殺人などの非行事実で送致された長男の
元大学生(19)=2月に除籍=と交際相手の高校1年の女子生徒(16)に対し、ともに医療少年院送致
とする保護処分を決定した。

 改正少年法で原則検察官送致(逆送)となる事件だが、湯川哲嗣裁判長は「妄想、現実感喪失などの
精神病理上の症状や資質上の問題点があり、医療的措置を含む処遇が相当。被害者である家族が厳罰を
求めていない」として例外のケースに当たると判断した。

 収容期間について元学生は「3年を超える長期間」、女子生徒は「2年程度」と勧告した。

http://www.usfl.com/Daily/News/04/03/0318_016.asp
☆★「湯川」=渡来系苗字
村上ファンド事件の担当検察官=大鶴検事も渡来系苗字


204 :名無しさん@七周年:2006/10/18(水) 00:19:13 ID:g76E8jFJ0
>>193
発達障害の子って小さい頃は池沼と大差ないけど成人するとまあそれなりにしっかりとなる。
放任主義にしないで、適正を見極めて療育をきちんとうけさせる努力は必要ね。

205 :名無しさん@七周年:2006/10/18(水) 12:22:22 ID:RL03D0F80
>>204発達障害の子って小さい頃は池沼と大差ないけど

何もわかってないのにいい加減なレスしないほうがいいと思う。

206 :名無しさん@七周年:2006/10/18(水) 20:11:35 ID:jK8caHW80
そうすると、障害児持ったら殺されることも覚悟しなきゃ
いけなくなるじゃん。子供持つの、怖くなるなあ。

207 :名無しさん@七周年:2006/10/18(水) 20:14:33 ID:tHVWiK2K0
これが普通だろ
安倍みたいに学歴で馬鹿にされたくなければよ
というか安倍が異常なんだよ

親が東大や医者なのに
東大、医学部に入れなかった奴は
みんな罪悪感と、劣等感で精神を病むからな

208 :???:2006/10/18(水) 21:36:46 ID:m9JINvyv0
???

209 :名無しさん@七周年:2006/10/18(水) 22:56:22 ID:to7UkH500
>>31
ググレ
>>206
「広汎性発達障害 犯罪」「自閉症 犯罪」で検索。
「健常者が犯罪を犯す確率」と「自閉症者が犯罪を犯す確率」、どちらが高いか。
私は前者だと思う。
それから、親が子どもを殺す確率、子どもが交通事故で死ぬ確率の方が遥かに高いと思われる。

210 :名無しさん@七周年:2006/10/18(水) 23:22:49 ID:RJAYdxVQ0
209に補足するが、(一応俺はそっち系の医者w)
犯罪を犯す可能性のある自閉症スペクトラムの場合、
動物実験に興味を持ってしまった子の場合が多い。
そういう子の場合はいくら説明しても、
なぜ動物や人を殺しちゃいけないのか理解できないから、
動物などを殺して内臓をとりだして実験的なことをしていたら、
ひどく叱るなど、
悪く言えば犬の教育のように罰を与えることで、
それをしたら怒られるという条件付けをさせる。
いわば行動療法っていわれるやつだが。

211 :名無しさん@七周年:2006/10/18(水) 23:25:49 ID:RJAYdxVQ0
そうすることで、動物を殺したら嫌な目にあうという
オペラント条件反射のようなものができあがるから、
将来的に何か殺して実験して遊ぶようなことはなくなることが多い。
殺したらきっとなんか自分の身に不幸が訪れるという法則が刻み込まれちゃってるからね。

以前にネコを殺してネットでうpして捕まった子がいるが、
あーゆー子はいくら説明しても「なぜ殺しちゃいけないのか?」
ということは理解できないよ。
どうしても「心の理論」が弱い子達なんだから。

212 :名無しさん@七周年:2006/10/19(木) 00:29:31 ID:7kZ/QT1N0
あのさ、
発達障害と人格障害ってどう違うの?
精神科医が一番手を焼いて、最悪の場合は自身も精神的にヤラれちゃうのが
人格障害の患者だと聞いたけど

213 :名無しさん@七周年:2006/10/19(木) 00:36:23 ID:dgxXZPyj0
岐阜県笠松町田代、松波総合病院の内科医 井尾謙介さんはどこにいったの?

214 :名無しさん@七周年:2006/10/19(木) 00:38:02 ID:EG0VRftz0
本当に発達障害なのか?事件直後の友人などの話しではまったくそのような
話しはなかったと思うが。
鑑定はしなおさないのか?これで決まってしまうのか?
事件の背景がなにも見えなくなってしまっている。

215 :名無しさん@七周年:2006/10/19(木) 01:12:34 ID:G7f9SseM0
>>214
IQが高ければ、表面上は適応できてしまうタイプもけっこういる。
ちょっとズレてる部分も、環境によっては面白いヤツと受け入れられたりするしね。


72 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★