5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【研究】 旧日本軍「特攻作戦」、命中効果率は56%。予想以上の戦果…米軍機密文書で判明

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2006/11/15(水) 17:57:54 ID:???0
★旧日本軍の航空特攻作戦、命中効果率は56%=予想以上の戦果−米軍機密文書

・太平洋戦争末期、劣勢の旧日本軍が多用した航空機の体当たりによる米艦への
 特攻作戦で、米軍が至近自爆を含む特攻機の命中効果率を半年間で56%と算定し、
 日本側推定を大幅に上回っていたことが、米国立公文書館に保管されている米軍
 機密資料で分かった。日本側は特攻初期のフィリピン海域での特攻命中率を
 26〜28%と推定していた。

 戦史家の原勝洋氏が入手したこの資料は、未公開分を含む米側撮影の特攻写真
 340枚とともに、15日発売の「写真が語る『特攻』伝説」(原勝洋著、KKベストセラーズ社)
 で公表される。 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061114-00000162-jij-int

2 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 17:58:01 ID:NnVpcyOM0
>>306

3 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 17:58:56 ID:AhQJKjJt0
特攻隊員乙!

4 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 17:59:55 ID:Wd/EOkDX0
「乙」はねえだろ。国のために殉じた者に対して

5 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:00:33 ID:oCbBS+d70
アルカイーダも日本の特攻精神を尊敬してるらしいね。

6 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:00:58 ID:AhQJKjJt0
じゃあ特攻隊員ごめん・・・

7 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:01:02 ID:UT+7CRDO0
あの、某弱小日本軍列伝サイトじゃ、命中率2%以下とかいってなかったか?

やっぱ、あのサイト大嘘かw

8 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:01:04 ID:zkJ8GdrN0
特攻のやった指揮官は無能
パイロット養成に幾ら掛かると思っているんだ

そこらの兵器の比じゃねえぞ

9 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:01:41 ID:alc9AEWXO
皆さん!真実をお伝えします。日本は先の大戦で負けたことになっておるが、一度も負けたことはないんです。

10 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:02:24 ID:giLv44oS0
一方、朝鮮のテロリストらはヘタレ攻撃ばかりなのであった。




11 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:02:24 ID:AbfwUzbx0
>>8
現代と比べるなよ

12 :井尻 ◆2bWXZoSE7M :2006/11/15(水) 18:02:31 ID:s3H7F5ox0
フィリピンの辺りならまだ技量のたかいパイロットでは、


13 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:02:40 ID:0a7qAL+g0
全世界をあっと言わせた911テロの手法を、日本は60年も前にやってたんだから
すごいよ。

14 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:03:33 ID:Kq/Q3W7V0
>>8
敗色濃厚でまともな軍事行動も取れないと踏んで何もしないよりは
少しでも敵に損害をってことだと思うぞ

15 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:03:38 ID:x3smcIru0
命中しても、ほとんど意味がなかったのも悲しいな。

16 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:03:43 ID:CWe6Gm4C0
>>8
空戦は厳しい未熟な技量でも離着陸さえ出来れば特攻は出来るし。
有人ホーミングミサイルと考えたら当時としては使い道があったと思うよ。
今の人権思想で当てはめたら激しく愚かしいが

17 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:04:13 ID:rc3S3Q/v0
>>13
べつに民間機で民間人といっしょに突っ込んだりしてないわけだが。

18 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:04:36 ID:mJr9xTXd0
これまた2ちゃんウケが良さそうな話題だ

19 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:04:39 ID:pw2Mz00F0
最初は驚いただろうな

20 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:05:00 ID:Lqrm3/s40
>>8
実は着陸より特攻の方が技術的には簡単だったりする

21 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:05:20 ID:EbnRRSuN0
>>20
そりゃそうだ

22 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:05:39 ID:sjtaKpfS0
実はWW2当時、ドイツ軍も戦闘機による体当たり攻撃を実行していたりする。


ま、過剰爆装しての艦船への体当たり、じゃないけどね。
戦略爆撃してくる爆撃機への体当たり攻撃を敢行したらしいよ。

23 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:05:45 ID:arqeVLEs0
アメリカ海軍は、神風特攻にヒントを得て、
無人ラジコン特攻機を経て、現在のトマホーク巡航ミサイルを開発したんだよな。

有人なのは人道的に問題だが、飛行機ごと突入するというアイデアは
まちがっていなかったということだな。

24 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:06:09 ID:x8kFWYKJ0
提督の決断で特攻兵器でねえかな?

25 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:06:26 ID:rS3mVkxJ0
戦闘における現場の日本軍人が素晴らしかったのはわかるが
日本軍上層部の推定が完全に外れてるのが情けない・・・。

日本は昔から情報収集や情報の分析能力があまりに低過ぎる。

ニンジャ組織の復活をマジで考えるべき時がきてると思う。


26 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:06:32 ID:GT0Qe2IQ0
特攻隊は軍人同士、正々堂々と闘ったわけだから、一般人に
なりすまして武装してない一般人を殺す卑劣なムスリムの
テロリストと比較するなんて言語道断。

27 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:06:36 ID:RtPARXHG0
心理的ショックが凄そうだ

28 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:06:38 ID:5jpFRnqw0
特攻は効果少なく無意味な作戦という見方されてたけど
最近、YouTubeでみた動画で
小規模艦船の被害は大
沈没せずとも火災、消火活動、損傷に伴う修理で戦列離脱多いと解説
あった
さすがに正規空母に対しては上空防御戦闘機に片っ端から
落されてはいたが中には送り狼になって空母に被害を与えた
特攻機もあったとのこと
まあ日本の狙いは空母、戦艦にたいしても戦火のみに期待してたので
巡洋艦、駆逐艦、輸送艦なんか沈めても仕方ないと言えば仕方ない

29 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:06:58 ID:oy18H9lG0
一般市民相手のテロと戦闘部隊相手の特攻を一緒にするな。

30 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:07:11 ID:x3smcIru0
命中数/出撃数
じゃなくて
命中数/(出撃数-途中で落ちた数-手前で落とされた数)
なのか?

31 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:07:13 ID:sGuHOydM0
そりゃーkamikazeなんて英語にもなるわけだよ
2機に1機は突っ込んで来ると算段してるんだから恐ろしいわな

32 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:07:21 ID:AbfwUzbx0
>>13
戦闘員が戦闘機で特攻するのと民間機をハイジャック&バレても人質で人間の盾って最悪な手段と比較すんな

33 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:07:54 ID:UT+7CRDO0

困った事に、現代でも「特攻攻撃」は有効打になりうると

アルカイダが証明してしまったしな。。。

34 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:08:02 ID:sir3GmMi0
特攻隊SUGEEEEEE!!
米軍の対空砲火の中、半分以上命中?マジ?

35 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:08:09 ID:2MgJ7gA20
なんでも米軍兵士は、ノイローゼぎみになってたのが多数いたらしいな。
「信じられない攻撃」だったらしくて。

36 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:08:13 ID:yt0pUUTM0
でも、命中率の割に戦果は乏しいな。
炸薬はあまり積んでなかったんかな。

ともかく、散った方々のご冥福を祈ります。

37 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:08:23 ID:Rl9OC5DmO
>>8

小説「零戦燃ゆ」だと出世欲だけ強そうな無能が提案した作戦らしいよ。
何とか劣勢を挽回したい折、この作戦が持ち込まれ上層部は渋っていたが、提案者の「自分が行きます!」との決意を聞き、採用。
が、実際は怖じけづいて逃げ回っていたらしい。
終戦後に彼を見た、との目撃談もあるようです。

自分の記憶も定かではないので御一読を。

38 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:08:30 ID:NV7AyTa40
>>8
は未履修

39 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:08:39 ID:ip8bdG1O0
∠(´;ω;`)

40 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:08:43 ID:wwfHGj370
回天の方が危険だと認識されていたって本当か?
まあ、空からよりは防ぎにくいだろうが。

41 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:08:52 ID:bQT44Pj90
>>28
基本的には特攻で空母を沈める気は日本軍も無かったよ
それによっておきる混乱に乗じて通常攻撃をかけたり、戦線離脱を狙う

42 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:08:56 ID:DRk88Cr1O
他に手段が残って無かったからだしな
パレスチナの自爆テロといっしょだ
まあ特攻は民間人を巻き込んではいないけど

43 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:09:08 ID:Kq/Q3W7V0
>>22 ノモンハンでロシアの戦車の砲塔の先に噛み付いた日本兵の猛者も居たそうだ
そのまま砲弾を撃たれて下顎から上は吹っ飛んだらしい

44 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:09:10 ID:Aw5hJFoY0
でも半分は当たらなかったわけか。悲しいな。

45 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:09:34 ID:FRhxgEPT0

特攻が本格化する1年も前にドイツは誘導爆弾で戦艦を撃沈してる。

その技術が日本に行かなかったのが残念。

46 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:09:58 ID:QRz29nSA0
>>37
発案は一般に大西瀧治郎中将じゃないのか?
氏は敗戦の翌日に介錯無しで割腹自殺されたが

47 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:10:00 ID:TYHj5zwm0
だとしたら、北朝鮮はミサイルなんか作らなくても桜花型の
特攻機を作れば、かなりの命中精度をすでに出せるのか・・・。
もしかしたら、ノドンとかも人が乗ってるのかもね。

48 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:10:08 ID:hfLmCCAF0
俺の曾爺ちゃんは回天で益荒男の本懐を遂げ靖国に還りましたが
きっとこの成功率も高かったものと信じています。

49 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:10:16 ID:TTavC3v40
まあ〜米海軍のVT信管の餌食になった事は否めない事実

50 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:10:19 ID:C+ShwxSQ0
今のイジメと一緒だな

この狂気じみた行為は。 これが日本人の本性だということだな

51 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:10:20 ID:t+bS7JZO0
爆弾三勇士

52 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:10:37 ID:x8kFWYKJ0
>>37
大西瀧治郎じゃねえの?

53 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:10:39 ID:w8UqzR5a0
>>37
史実的にはどうなの?

54 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:10:45 ID:0CO8gmxD0
特攻隊フラッシュ 〜真実はどこに〜

http://nandakorea.sakura.ne.jp/media/sinjituwadokoni.swf

55 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:10:52 ID:LzPIzW9FO
日本つか海軍の狙いな

戦争じゃなくて試合ばかりやってたな
海軍

56 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:11:10 ID:8yZOUdna0

すごいな、専門の歴史学の教育も受けず、業績もなく、

よく出すよ、トンデモ本。それをいちいち丸ごと信じるおまえらクズ。



57 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:11:21 ID:0/dnaUuY0
>>51
肉弾だろ

58 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:11:27 ID:GTRfAqMd0
二発に一発は命中する超遠距離ミサイルだろ。
当時の基準からすれば驚異的な性能だぞ。

59 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:11:27 ID:2MgJ7gA20
>>45
だって日本は電気・電波関係は不得意分野だったもんな。

60 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:11:30 ID:rS3mVkxJ0
>>23
日本も戦時から(ソニーの)盛田海軍中尉と井深が現在のトマホークのような
誘導ミサイルの開発を米国に先んじて進めていた。
人間がそれをやる必要はないが特攻が有効であることは日本人はわかっていた。
戦後はアメリカに全部持っていかれてるからトマホークは特攻隊からヒントを
得たと言うより盛田や井深の発想をアメリカがパクったのではないかと思う。

61 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:11:32 ID:CWe6Gm4C0
特攻を人間ミサイルと考えると、
射程1000km以上、状況に応じて目標の選択が出来てかつ一番ダメージの大きいところに誘導できる
高精度なミサイルは現代においてもそうないんじゃない。

速度と目標がでか過ぎるから今なら速攻撃墜だけど。

62 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:11:39 ID:arWZV/QG0
つ 回天

63 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:12:09 ID:hfLmCCAF0
>>47
朝鮮人では無理だと思う。亡命に使うよ、きっと。

64 :出て来いニミッツ、マッカーサー!:2006/11/15(水) 18:12:21 ID:B3wKCIZxO
人間爆弾『櫻●花』の戦果[昭和20年]

《四月十二日》
@駆逐艦マナート・L・アベル撃沈。
A駆逐艦キャッシン・ヤング、
B機雷掃海駆逐艦ジェファーズ、
C駆逐艦スタンリィ 1機の至近激突により損傷。

《五月四日》
D軽型機雷敷設艦シェア損傷。
E機雷掃海艦ゲイティ小破。

《五月十一日》
F駆逐艦ヒュー・W・ハドレイ損傷。
  ( ⌒ )
  \| /
  [必●中]
⊂(*‘д‘)< 来たなら地獄に逆落し!!!
 /冊Y冊ノ∪
 し―-J |l| | 
   ☆ノ(。A。)\ -=3 ペシッ!!

65 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:12:23 ID:Ca4C+1hq0
>>22
エルベ自爆飛行隊だな

66 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:12:55 ID:NV7AyTa40
>>22
日本軍だって機会があればやっただろ。
敵民間機奪って特攻

67 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:12:57 ID:KWwKu3D00
大和もそうだけど、本土決戦で家族が虐殺されるのを、国が滅ぶのを避けるために
出撃していったんだよなぁ。で、主導者は沖縄落ちて原爆落ちて即降参。
もっと速く判断していれば無駄な死人が出なかったのに。。。

68 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:13:30 ID:BjELU+Er0
昔の日本人は無茶苦茶しすぎだ

69 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:13:40 ID:1/Ngckin0 ?2BP(2230)
>>47
いやもう・・時代が違うから

70 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:13:50 ID:jg41rT1y0
英霊に敬礼 /(・∀・)

71 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:13:57 ID:MfyXbEfh0 ?2BP(451)
源田実でググれ
戦慄を覚える

72 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:13:57 ID:Lqrm3/s40
>>45
誘導爆弾とは聞こえがいいが、実際は有線誘導で爆弾を目視しながら手元の
コントローラーで誘導するとかいう原始的なものじゃなかった?
高々度から落とすと爆弾を見失ったりケーブルが切れたりするからある程度
高度下げないといけなかったみたいだし。

73 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:14:14 ID:ZuhUpylC0
これは何かのゲームに反映されるのか

74 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:14:16 ID:bMZEP3DJO
特攻に最初に遭遇した米兵は
「何?ジーク?ベティじゃないの?何しに来たんだ・・」


「おいおい艦に突っ込んでやがる!何だ?何が起こってる!?うわまた来た!」
こんな感じか。

75 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:14:17 ID:mhLk52cb0
人がしんでんでんで

76 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:14:30 ID:4BLQ/IXm0
>>24
潜水艦で装甲を限りなくゼロにして速度と魚雷搭載に振り分ける。
後は数で押しまくるw

77 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:14:49 ID:SZKT3dHk0
>>66
いや、民間機奪えるくらい米国に接近できたなら普通に攻撃したほうが早いだろ

78 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:14:54 ID:C1i1SDufO
(≧人≦)ナモアミダンブ

79 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:07 ID:obg7drPW0
∠(´;ω;`)

80 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:10 ID:GmYl1Im40
ベトコンは地雷かついでシャーマン戦車の下に潜り込んで来たけどな。

81 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:12 ID:C+ShwxSQ0
天皇は詫び入れろや

そのガキ、戦争犯罪者・政治家のガキどもも

82 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:14 ID:iNMaoTkx0
>>25
そういや忍者って世界的に知られてるし名称に良さそうだよな。
JCIAとかありきたりの名称より遥かに良い感じ。

83 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:15 ID:QRz29nSA0
>>61
いや、残念ながらそんなに有効じゃない
爆装零戦は急降下できないし、爆弾も250kgに過ぎない
命中率は高くても、巡洋艦以上の沈没艦は無かったはず

84 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:37 ID:aI0IN0CM0
カミカゼの他に、バンザイ攻撃もアメリカを恐れさせた。
こっちは陸上だが。
日本兵はどんな劣勢でも最後まで死ぬ気で戦い、
いよいよ弾薬も尽きると「バンザイ」と叫んで突撃してくると
言われたからな。
勇敢だったとも、愚かだったともどちらとも言える。
だがその結果、「カミカゼ」「バンザイ」は英語として定着した。

85 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:38 ID:CWe6Gm4C0
>>43
それ猛者ってか、
ヒロポンやりすぎていってらしてるんじゃー?

86 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:45 ID:g1Ig+/ki0
>>37

そりゃ、たしか桜花の設計技術者で
特攻の命令者じゃない。

87 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:49 ID:BbRB5D9+0
<( ・∀・)

88 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:50 ID:Fm/UjV7P0
南無。

89 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:52 ID:bBdzDTgY0
>専門の歴史学の教育も受けず

命中率が50%とは思っても見なかったが(10%以上と考えていた)、
その専門の歴史学の教育って何だ???人をクズ呼ばわりするお前の方が見識を疑われるぞ?

90 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:53 ID:x9j3FwVn0
>>60
またアイデアで勝てたという仮想戦記厨か
竹と真空管でミサイルつくるつもりか

91 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:15:58 ID:ZrGtC4AZ0
>>22
日本軍もやってる。
まぁ、本土上空なのでパラシュートありの決死隊で特攻ではないけど。

92 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:16:15 ID:x8kFWYKJ0
日本にも試作だけど誘導弾はありましたよ・・・・・
ちょっとエッチな爆弾でしたが(照


93 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:16:17 ID:imnorg7u0
60年前、戦争があった。
日本人が忘れてはならない戦争があった。

彼らが交わす言葉は唯一つ、「靖国で会おう」

ZERO ACE Combat
http://www.youtube.com/watch?v=xWTfCcukCjQ

94 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:16:20 ID:rS3mVkxJ0
>>59
そんなことはない。
経済封鎖されて充分な電気の供給すらままならなかったから電気・電波関係の
開発が構想や設計の段階からなかなか先に進めなかっただけ。

95 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:16:26 ID:PliRqnM30
米軍のレーダーまで届いてない機も多かったからね
これをそのまま信じるのもどうかと

96 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:16:43 ID:2MgJ7gA20
>>60
ドイツの技術の方が参考になったかも。


「ナチスの超兵器」
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha650.html#02

97 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:16:55 ID:OK5rptZd0
行ったことのない方は是非、知覧の特攻平和祈念館へ行ってみて欲しい

彼らが持っていて我らが持っていないもの
彼らが持っていなくて我らが持っているもの
その繋がりについてあれほど考えさせられる所は無いと思う

願わくば彼らが今は天女に抱かれ穏やかに過ごしておりますように

98 :樹海 ◆riJk8MqKDg :2006/11/15(水) 18:17:11 ID:SJd0hTSy0
50%も命中できたのか、じゃあ世界貿易センタービルに命中したのは当たり前だったんだ。

99 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:17:25 ID:SmF5M7AHO
命中率が高い割には効果がなぁ
精神的ダメージも知れてるだろ

100 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:17:33 ID:arqeVLEs0
>>84
アメリカ海兵隊は、朝鮮戦争とベトナム戦争において、
敵の大軍に包囲されると「バンザイアタック」を敢行し、
何度も全滅の窮地を脱している。

101 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:17:33 ID:SZKT3dHk0
各国が無線誘導による誘導爆弾技術を開発・実用化している中


日本は赤外線誘導で開発していた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E7%88%86%E5%BC%BE

102 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:17:35 ID:8uzE6yHs0
この命中効果率ってのが怪しいな。
敵艦に1000bまで接近できた特攻機のうちの命中した割合だったりしないか?
で、大部分はその手前で撃墜されてましたってオチ。

103 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:17:39 ID:fNHBaa0c0
>>7
wwwwwwwwwwwwwww俺も騙されたwwwwwwwwwwwwwっうぇwwwwwwwww

104 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:17:47 ID:WFvrtMB60
>>3
ww


105 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:18:04 ID:0OalRA0B0
米帝のミサイルは、第一次世界大戦頃の航空機の無線操縦の研究に遡る。

106 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:18:35 ID:2jpm+YHn0
>>43
さすが、黒船に刺身包丁で切り込もうとした民族の子孫らしいなw
北の核もさ、決死隊を潜入させて、特攻爆破したほうがいいんじゃね?

107 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:18:37 ID:arWZV/QG0
>>30
目標から確認された特攻機の命中率じゃないか?

途中で撃墜された機数まで入れると
特攻機と一緒に飛んでた戦闘機やら報告用機とか
その辺がごっちゃになりそうな気がする。

108 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:18:38 ID:b/e6mg8/0
今の感覚で「愚かだ」と断じるのは簡単なことだが、当時の日本人がアメリカ人のように
(あるいは今の日本人のように)合理的に考え、負け戦を簡単に受け入れておれば、
天皇制度を異民族によって滅ぼされるという屈辱的な事態に至っていた恐れがある。

特攻隊の方々(だけではないが)は、負けたあとの日本の立場を考えて戦ったのだ
とよく言われるが、まったくそのとおりで、今の日本人はこの尊い犠牲に感謝して
しすぎることはない。

109 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:18:38 ID:SZnu8Jg/0
ブサヨの嘘がバレてきただけでしょ
奴ら「わだつみの声」まで改竄してたしな

110 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:18:47 ID:SH3fCAyU0
潜水艦で米国西海岸に近づき
艦載機で米国本土の山に爆弾落として、山火事おこさせた人の名前忘れた

たしか、米国史上唯一の本土僕激被害で
そのパイロットは尊敬されているとか

111 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:19:01 ID:RtPARXHG0
自主提案の建前から志願する方向に誘導してたってホント?

112 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:19:02 ID:aI0IN0CM0
>>94
実は戦前に、「八木アンテナ」という日本人の考案したアンテナがあった。
今でも使用されている優れた方式だった。
発明はできたが、それを周囲が活用しようとしなかったんだな。

113 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:19:27 ID:sHF2eCfa0
だからといって、安部の言う「美しい日本」論その実、
奥田や御手洗のために馬車馬のごとく働け論には乗らないぞっと。

114 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:19:28 ID:KWNnewR90
やってることが911のアルカイダと同じ、ああ戦争は嫌だね

115 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:19:33 ID:xmV2qLEj0
特攻も、攻撃機で敵艦を攻撃すんのも対して変わらないんじゃないかな。
どっちも、対空砲火の中に突っ込んで行かなきゃなんないんだし。

116 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:19:47 ID:X8/wOsdP0
自爆テロの先輩として現在の中東でアドバイスしてやる事は何かあるか

117 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:19:48 ID:/nWUtLok0
半分は無駄死にだったのか。無茶しやがって。AA(ry

118 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:20:17 ID:5r84AVOPO
>>92
エロ爆弾

119 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:20:46 ID:Lqrm3/s40
>>101
> 日本でも赤外線誘導のケ号自動吸着弾、固体ロケットモーター付きの
> イ号I型甲/乙無線誘導弾などが開発されたが、試作段階で終わった。
> また、イ号I型甲/乙無線誘導弾は実験中に誘導装置が故障し、旅館の
> 風呂に墜落、入浴中であった女中が裸で逃げ回ったため、「エロ爆弾」
> とのあだ名が付いた。

ちょっ(*´∀`)

120 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:21:01 ID:LziZdnL00
特攻作戦は戦果を上げていたように最近いわれているが、大した戦果は上げていなかった。
よく調べてるひとだけが知っている事実だ。

と予備校のせんせーがいってたけど、どっちがただしいのー?


121 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:21:18 ID:qB0llkrQ0
敵からは「うわ、こいつら蜂かゾンビみたいに捨て身で
次々襲ってくる。キモッ!」とか思われてたんじゃないだろうか。

122 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:21:20 ID:Cb1OgNt+0 ?2BP(10)
>>116
正規軍同士の戦いをテロと一緒にするのは冒涜だから止めろ

123 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:21:26 ID:vjOuwxS40
命中率よりも、相手にどの程度の損害を与えたかの方が重要だと思うんだが

飛行機による体当たりは、飛行速度以上の重力加速度は得られないので、必然的に普通の爆撃よりも相手の装甲に大きな打撃を与えるのが難しいし

124 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:21:34 ID:RwgIk7xA0
>>100
万歳突撃は米軍日系人部隊の第100歩兵大隊の得意技だぞ。
結局、国籍が何であれ日系人は万歳突撃が本能らしい。

125 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:21:37 ID:ywPBW2/30
>>108

自分は、「核」なんかより
「男性のみ徴兵」の方が、はるかにタブーにすべきぐらい、
二度と繰り返してはいけない事態だと思う。

男性を徴兵しないためなら、核だろうがなんだろうが、
あらゆる手段を尽くすべき。
原爆なんかより、男性は300万人も殺されてる。

126 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:22:16 ID:0Bw4xHlP0
>>120
予備校の講師は全共闘連中が多いからな、
あまりアテには出来ないぞ

127 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:22:23 ID:VRJfnGbl0
これって、特攻して激突する前に脱出して、米軍に捕虜として助けて貰えば、
もうちょい生存率が上がったんじゃ?

128 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:22:38 ID:JczcG2zL0
>>120
初期のフィリピン戦では目論見どおりの戦果が上がった。

末期になるほど、搭乗員の技量不足&米軍の対応により戦果は低下する。

129 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:22:40 ID:GTRfAqMd0
>>124
つ Go for broke !

130 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:22:43 ID:BC8b6iyL0
>>1のソース開いたらすぐ右下に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061115-00000290-reu-int.view-000
この写真があって吹いた

131 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:22:51 ID:wEqaGCxh0
その後の朝鮮・ベトナム・アフガニスタン・イラクでのアメリカのヘタレ具合からして、
本土決戦やってれば負けなかっただろう。


132 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:22:52 ID:UT+7CRDO0

じゃあ、「義烈挺身隊」は?

サイパン陥落後、B29の基地となった同島への攻撃作戦。
小型輸送機10機に、合計120名の決死隊をのせ、夜陰にまぎれてサイパンまで飛び、
米軍の飛行場に強硬着陸して、航空基地を攻撃する作戦。

これは実際に行われ、9機は途中で撃ち落とされたが、1機が胴体着陸に成功。
20機以上のB29を破壊、10機以上を中破せめた。

むろん、決死隊の隊員は全員死亡した。

133 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:23:00 ID:iqLshSVo0
>>115
全然違うよ。
特攻による爆弾の衝突速度は航空機の速度と同等。
そんな低速じゃもし当たっても大した効果は無い。
攻撃機なら特攻の低速な爆弾より強力な魚雷を使えるし、
魚雷投下した時点で回避行動取れる。

134 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:23:01 ID:upM7Q8JY0
命中効果っつってもピンからキリまでなんだろうけどな。
甲板がちょっと焦げたとか破片が飛んできて機銃が曲がったとか、
そんなのも入れてるんじゃねえの。

135 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:23:03 ID:2jpm+YHn0
特攻作戦の最大の成果は、米に本土決戦をためらわせた事。
これに尽きる。
かわりに新型爆弾を2発受ける事になったが。

本土決戦になってたら、おまいら生まれてないっしょ。

136 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:23:03 ID:SH3fCAyU0
>>122
それをやっているのはアメリカなんだけどね
貿易センタービルの件を「カミカゼ」と新聞に書いたりしてるわけで

俺もアメリカにその点では抗議したいね、第二のパールハーバーってのもムカつくし

137 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:23:07 ID:YAMjoPHUO
>>112
八木アンテナな、八木博士自身、アンテナがそこまですぐれた発明だと思ってなかったんで、研究だけして後は宇田博士が完全させたんだよ。


138 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:23:15 ID:sjhS8akK0
彼ら英霊のおかげで、今、日本は欧米から軽んじられない。
戦った相手だけが、その苛烈さを知っている。

特定アジア3国が日本に無礼な振る舞いをするのは、直接戦わなかったためだ。
(中国共産党や日本の一地方であった朝鮮とは戦っていない)

139 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:23:18 ID:arWZV/QG0
>>114
特攻の対象を考えろよ

140 :出て来いニミッツ、マッカーサー!:2006/11/15(水) 18:23:38 ID:B3wKCIZxO
『沖縄陸上の主力戦最終段階 軍民一体の善戦敢闘三箇月
[六月]二十日敵主力に対し全員最後の攻勢 殺傷八万、撃沈破六百隻』【朝日新聞より】

☆米軍公表の損害
戦死者:陸軍海兵隊7613名、海軍4907名
負傷者:陸軍海兵隊5万8千余名、海軍4824名
戦闘神経症[PTSD]約1万5千名

艦船損害:沈没36隻、損傷368隻
航空機損害:損失763機、損傷約1500機



141 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:24:12 ID:z72OweAU0
劣勢になる前に特攻作戦を実行してたら・・・・・
ミッドウェーで武装変更で時間を食いつぶさずに特攻してたら・・・・・
まぁ、そういう問題じゃないか。
南雲中将が最悪だったなぁ。

142 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:24:16 ID:hjEeXbq60
桜花のフラッシュきぼん
零士の絵で櫻の曲で泣けるやつ

143 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:24:18 ID:0CO8gmxD0
アルカイダと同じとかいってる奴、特攻隊は民間人を標的にしてないぞ。

144 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:24:28 ID:KWNnewR90
>>122
戦争もテロも殺し合いをするのには変わらない

イスラエルから見たらテロ、ハマスから見たら戦争
在イラク米軍から見たらテロ、武装勢力から見たら戦争

145 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:24:31 ID:1U4Z1eV50
特攻対策をパッと立てていったアメリカには感心する

146 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:24:44 ID:0/fV2R/y0
>>116
民間人巻き込むなとか?

147 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:24:49 ID:ZrGtC4AZ0
>>116
軍人が軍用機に乗って戦争中に交戦国の軍用艦に攻撃を仕掛けるのはともかく
女子供を使ったり民間人の振りして民間機をハイジャックして民間のビルに突っ込むのはヤメロ

ってアドバイスなら出来るんじゃね?

148 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:24:55 ID:fJKyOChP0
最初だけだろ
トータルで命中効果率は56%なら太平洋艦隊は壊滅してるはず

149 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:24:59 ID:JczcG2zL0
>>124

銃剣突撃はイギリスもやるよ。
最近だとフォークランドとイラクでやってる。

150 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:25:06 ID:kM7YQRw20
まじか!
10%未満って昔聞いて、ずっと信じてた。
ほとんどずっと犬死だって聞いて信じてた。

命中率が上がったからと言って、亡くなったことには変わりないんだけど
最後に打ち落とされるのと、ぶつかるのじゃ気持ちが違ったと思う。

お国の為に亡くなった方々に感謝。
特攻隊員の方々に感謝。


151 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:25:19 ID:bMZEP3DJO
米兵「こいつら人間じゃねぇ。駆逐艦やら輸送船にも突っ込むとか・・・」

152 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:25:21 ID:ANLqOwCf0
>>22
日本はソレもやったよ。
体当たり直前にパラシュートで脱出するヤツだろ?
神風特攻じゃないけど。

153 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:25:47 ID:1mU9R4yD0
英霊の闘志は無駄ではなかったということか

154 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:25:56 ID:ySAx4yka0
この特攻隊員たちのおかげで日本は完全敗北してもアメリカにそこまで舐められずに済んだのかもしれん。

155 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:26:01 ID:iqLshSVo0
>>131
その代わり、ただでさえ空襲、原爆等でけちょんけちょんにされてた日本本土は更なる大ダメージを受ける。
今頃北朝鮮レベルの後進国だったかもな。
朝鮮ベトナムと違って原爆も使えるし。

156 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:26:10 ID:LziZdnL00
>>128 まさにそんなかんじでいってた

157 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:26:11 ID:pq9VGtL30
死を顧みず突き進む大和魂の気概を世界に示しただけでも意義がある。
日本男児万歳。

158 :名無しさん@6周年:2006/11/15(水) 18:26:17 ID:tzItEQ8t0
確認するぞ

特攻:艦艇などの軍事目標をねらった戦争行為

イスラムのテロ:民間人、民間設備をねらった犯罪行為

159 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:26:42 ID:6I9vSwnzO
特攻隊員乙

160 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:26:43 ID:wre01ujOO
野中少佐の攻撃隊あたりは勘定に入っとらんな。

161 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:26:48 ID:rS3mVkxJ0
>>66
敵民間機使っての特攻なんて日本は絶対にやらなかっただろうな。
諜報活動でさえ卑怯だとか言う馬鹿正直な軍人がたくさんいた時代w

162 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:13 ID:AxaKz3rG0
体当たりなんぞしなくても500kg爆弾敵に命中させて帰ってこれるのに!
って嘆いた歴戦のパイロットも居たのにな
まぁその人も見事に特攻して散っていたけどつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

163 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:15 ID:vXAL0pui0
>>157
つうか、今こそ示そうぜ本当の日本人なら

164 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:22 ID:JczcG2zL0
日本には全軍が特攻へ傾く中、頑として通常攻撃を続けた

芙蓉部隊

というのもある。

165 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:25 ID:RwgIk7xA0
>>141
そこまでやってたらただのキチガイだよ。
特攻の本質は『統率の外道』には変わりない。
ただ、もはや打つ手なしという国の存亡の際だったから、尊敬もされるし許されもする。
特攻繰り返して戦争に勝ったりしたら、そんなクズ国家は負けて滅びた方がマシ。

166 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:28 ID:NdhpkE+70
44%無駄死にか。

167 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:34 ID:+K4aBp+BO
全損が決まっている特攻と通常の攻撃を比較すれば、長期的に見て
どちらが効果的かは明確。反跳爆撃を採用するべきだった

168 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:41 ID:KWNnewR90
命を大切にしない考え方、文化そのものが今の児童の自殺多発を招いた遠因

169 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:45 ID:BC8b6iyL0
弾薬尽きて燃料も残り少なくてこういう戦術しか取れなかったんでしょ
全てはアメリカの禁輸政策と日中戦争のアメリカ介入、そして日本の妥協案を超越して送りつけてきたハルノートが原因

170 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:51 ID:x8kFWYKJ0
>>142
http://www.youtube.com/watch?v=7qYiIKgfK8o



171 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:53 ID:JKgIJ3/M0
神風って言葉は、現代で簡単に使ってほしくないと思ってしまう

172 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:27:54 ID:Cb1OgNt+0 ?2BP(10)
>>144
日本は戦争法を遵守し
民間人を巻き込むことを前提としたテロなんかはしていない

一緒にするなボケ

173 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:28:02 ID:C/fYwA6M0
あ〜あ
日本男児は本当にかつてはサムライだったね
今は細眉茶髪ガリガリの腑抜けの国だが・・

174 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:28:11 ID:uznf7l7G0
まさか50年後にイスラム原理主義者の自爆テロに繋がるなんて思ってもみなかったろうな

175 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:28:17 ID:6yOlvwlu0
>>154
特攻推進派の代表的論調だから、今さら「しれん」とか……

176 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:28:34 ID:1U4Z1eV50
>>156
別に大して間違ってもないと思うが
>よく調べてるひとだけが知っている事実だ。
ってのはいけすかないね。

177 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:28:39 ID:ySAx4yka0
今思い出したが特攻隊を見た米兵の回顧録かなんかが映像の世紀で出てきたな〜
「国の為に命を賭ける覚悟はしてきたつもりだが、間近であんなものを見せられると・・・」
みたいな。

178 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:28:39 ID:lnLRrtzU0
>>84,>>100
太平洋戦争の南方戦線における「バンザイ・アタック」は、
ジャングルの中からわざわざ日本兵が出て来て
集団で米軍の機関銃陣地の前に突撃してくれるから、
米軍は残敵掃討の手間が省けて非常に大助かりだったそうな。
故に、日本軍の敗因の一つにあげられている。

日露戦争でもそうだったが、堅固な陣地に対する闇雲な総員突撃は
いたずらに死傷者を増やして部隊が全滅するだけの結果にしか成らない。


179 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:28:41 ID:+RzZHWQQ0
>>120
ヒント:教師はサヨが多い

180 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:28:41 ID:38+9IV1xO
ぶつかる前に打ち落とされたり当たってもかすっただけとかで
ほとんど命中しなかったと習ったがな

181 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:28:48 ID:apdpWDTL0
>>80
ベトコンにシャーマンの組み合わせは、ありえない。
>>127
ムリだろ!

182 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:28:58 ID:QRz29nSA0
>>158
いかに効率よく相手を殺傷するかが戦争の本質だから
テロとか民間人攻撃が悪いってのは大国の都合でしょ

良いも悪いも無いよ

183 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:29:05 ID:dvOVQiUf0
アメ公制作の「カラーで見る神風特攻隊の悲劇」は必見。
時々ディスカバリー or ヒストリーチャンネルとかでやってる。

特攻攻撃に対する見方はアメ公の方が冷静。
ちゃんと客観的に作られている。

184 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:29:12 ID:RWLbp8cLO
>>1

いや、そこを誉められても……

185 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:29:15 ID:E1VvUGDz0
特攻と言えばこのフラッシュを思い出さずにはいられない
アジアの真実って何?

http://kandouf.sakura.ne.jp/flash/sinjitsu.htm

186 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:29:15 ID:NR4Cqc4o0
>>138
いや、今の日本が欧米から軽んじられないのは英霊のおかげじゃなく
敗戦後アメリカ様の指導のもとに驚異的な経済復興を遂げたからだろ…

187 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:29:18 ID:AbfwUzbx0
まあ、機密文書訳してみないとわからないが
数字が明確に出てる以上トンデモ扱いするのはブサヨ決定だな。

188 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:29:31 ID:hm75FNgA0
56%って、特攻始めた初期のころの数字だろ
そりゃ最初は米兵ノイローゼにするくらいだったんだからそのくらいはあっただろうよ

米軍が対処できるようになってからは違うんじゃないのか

189 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:29:38 ID:arWZV/QG0
>>158
イスラムにはイスラムの歴史と法があるんだから
宗教紛争を抜きにその結論を出すのはどうかと思う。

190 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:29:40 ID:sir3GmMi0
>144
アホか。
特攻隊がいつ民間人狙って殺した?

テロ=無差別攻撃

特攻隊=敵軍の艦船・航空機

この差はすんげー大きいと思うが

191 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:29:43 ID:Ccr6Zluv0
>>178
それを分かっていたのが栗林中将だな

192 :出て来いニミッツ、マッカーサー!:2006/11/15(水) 18:29:45 ID:B3wKCIZxO
撃墜されて脱出した特攻隊員が、
アメリカ海軍の水兵にタコ殴りにされて
頃されたことを何かで読んだ。

命中して即死した方が遥かに幸せだな。

193 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:29:51 ID:esX4e2fP0
工房のとき命中率はほとんど0って教えられたんだが

194 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:30:02 ID:4Kx2eRxp0
>>116敵の猛烈な対空砲火をかいくぐって特攻するパイロットと、
ただの箱に衝突する強盗じゃ全然違うだろうが。

195 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:30:07 ID:rS3mVkxJ0
>>82
知られ過ぎててどういう風に受け止められるか想像が付かないw
親しみを感じるのか恐れらるのか・・・どっちでもメリットはあるが。

196 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:30:14 ID:6+C6ngOc0
56%は凄い数字だろ


197 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:30:18 ID:oCT+JL300
特攻作戦だけでの被害って正確にはわからないんだよね?
アメリカが調べてないんだか公表してないんだかで。

198 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:31:05 ID:KWwKu3D00
地球の裏側で戦争するのが好きだなぁ。
アメリカのご都合主義の正義感には困ったもんだ。

199 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:31:19 ID:fJKyOChP0
>>161
日本軍の謀略部隊はすごいよ
岩畔豪雄とか土肥原賢二とかすごいことしてる

200 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:31:21 ID:x9j3FwVn0
>>140
撃沈破六百隻
撃沈破六百隻
撃沈破六百隻
大本営と一緒に地獄に逆落としにされろ

201 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:31:26 ID:AbfwUzbx0
>>173
ちゃんと公的な保証の元、死場所作ってくれれば復活するよ。
今は自衛隊海外派遣で殉職者が出たら政権交代の風潮だ。

202 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:31:26 ID:Bo1S7XkJ0
大日本帝国万歳!

203 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:31:36 ID:KWNnewR90
>>172
中国での上海爆撃とか色々やってますけどねぇ(呆

まあ東京大空襲も同じ理屈で散々やられましたが

戦争は嫌だねえ

204 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:31:47 ID:aI0IN0CM0
>>163
今やるべきことは、反日左翼と在日を叩いて影響力をなくし、
日本を堂々と防衛できる国にすることだ。
状況によって、やるべき戦いのあり方も変わる。
今すべき戦いは言論だ。

205 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:31:57 ID:N6o2eyP50
当時の日米が文字通り死力をつくして戦ったがために、
いまの日米の友好関係があるんだと思う。

アメリカにはマッチョ思想があるから、
純粋に強いヤツは尊敬される。

そして特攻を見たアメリカ兵は恐怖と同時に、
自分たちにはここまではやれないという畏怖の念もあった。

物量で日本には勝ったが、精神面ではやつらの方が上だったかも、
という思いがアメリカ人の中にあったのではないだろうか。

あまり特攻を賛美したくはないが、特攻隊はじめ当時捨て身で戦った
日本人がたくさんいたがために、今の日本はアメリカから
一目おかれる存在になれたのではないかと思う。

同じ敗戦国でも、イラクがアメリカから一目置かれるなんて考えられんし。



206 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:32:05 ID:C/fYwA6M0
>>131
本土決戦の前にここまで鬼畜米英にボロボロにされてんだよ
あ〜戦争がなかったら日本って本当に美しい国だったのに
トタン屋根の並ぶ今のほうがよっぽど後進国だよ

美しい戦前の日本 と空爆後
http://www.geocities.jp/dinetomi76/senzennihon.html

207 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:32:10 ID:iqLshSVo0
>>186
そのとおりだね。
米軍は無意味な特攻、万歳突撃を繰り返す日本軍を心底馬鹿にしていた。
桜花のコードネームなんかbaka bomb(=バカ爆弾)だ。

208 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:32:10 ID:+ra0LPk80
そういえば小学生の頃、教師に特攻隊はシンナー吸って突撃してったとか教わったな。
さっさとくたばれ日教組。

209 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:32:12 ID:0Bw4xHlP0
>>193
そりゃ未履修レベルだなww

210 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:32:28 ID:RwgIk7xA0
>>166
お前には、敵に一太刀浴びせる事が叶わずに前線で散った兵士全てが無駄死にに見えるんだな。
攻撃が成功しようが失敗しようがその意思の尊さに変わりはない。
お前みたいな敵前逃亡野郎が侮辱していい相手じゃない。

211 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:32:35 ID:ycXvQwTO0
仮に命中効果率100%でも戦況にさしたる影響を与えられんかったかもね。
国力の差が違うっていうレベルじゃ(以下

212 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:32:44 ID:rS3mVkxJ0
>>90
アイディアで勝てたなんて誰も一言も言ってないが?
脳みそが足りない馬鹿なのか?

213 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:32:52 ID:rNeaYw9e0
特攻は、
国が存亡の危機に立たされたときに起きる行動の一環と理解できる。
もちろん外道であることも。
散華した英霊に感謝しても足りない。

214 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:33:03 ID:E2BSNIcB0
>>37
発案者の大西中将はそんな人じゃないよ。
そもそも損害率の計算したら、体当たりの方がマシだって報告したら、上層部が真に受けて実行
しただけのコト。
終戦時は責任を感じて割腹自決されてる。

陸軍特攻隊の指揮を取った、富永恭次ならその通りの卑怯者だが

215 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:33:05 ID:1Q/n2JKc0
命をもって任務にあたられた特攻隊員の皆様、本当にありがとうございました。
今、日本にことあれば皆様のあとには私達がつづきます。
安らかにお眠りください。

216 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:33:12 ID:JczcG2zL0
>>193

ゼロではないが、駆逐艦以上のフネを沈めた例も無かったはず。


217 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:33:20 ID:hjEeXbq60
>>170
とんくす
これがみたかった

218 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:33:29 ID:KoC1JpkG0
>>178
ソ連や中共並に次から次へと繰り出せる人員が居れば別だがなw

219 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:33:30 ID:1U4Z1eV50
>>211
それを言ったら特攻を(r

220 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:33:36 ID:sHF2eCfa0
第二次大戦期の艦の対空射撃の目的は、目標を空中で撃破することにはない。

当時の航空機からの投弾は慣性頼みであったため単機による点の投弾では、命中率が低かった。
故に編隊を組んで一斉に投弾する面的攻撃で以って命中率を上げねばならなかった。

当時の艦の対空射撃は、敵機に回避運動を取らせて敵編隊を崩し、その攻撃命中率を激減させることにあった。
故に当時の艦の対空砲火は、回避運動を取らず目標に直進してくる特攻機に対して有効に機能しなかった。

スプルーアンス提督は、敵機を空中で破壊できる、より大口径の対空機関砲を本国に要望している。

221 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:33:52 ID:6+C6ngOc0
>>209  多分サヨ教員の戯言だろw

222 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:33:55 ID:/U+rAsiP0
自爆テロか(-∧-;) ナムナム

223 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:34:01 ID:QRz29nSA0
>>203
まあ上海も東京も無防備宣言していたわけでもなければ軍事関連の建造物が無いわけでもないしな

224 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:34:02 ID:cxhXmQf+0
支那人8000万殺すなんてギネスもんだろ。

225 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:34:10 ID:xmV2qLEj0
桜花みたいな明らかに特攻機みたいのならともかく、
普通の飛行機が突っ込んできても、それが特攻目的だったのか
どうかなんてわかんないんじゃない?

226 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:34:12 ID:bMZEP3DJO
>>164
よく知ってるな。彗星と月光装備してた部隊だろ?

227 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:34:17 ID:sI1Pizr70
俺も「命中率最悪で無駄死にだったんだよ!」…って教わったな〜。

未だに左翼に洗脳されていた自分が情けない。

228 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:34:19 ID:Rl9OC5DmO
>>46

飽くまでも零戦燃ゆ、での知識ですので、誤認でしたら申し訳ありません。

229 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:34:29 ID:yfmc7NkU0
>>178
確かに日露戦争の旅順攻略では「消耗戦」が展開されたけど、いわゆる「万歳突撃」というものは
日露戦争におけるロシア兵の突撃を真似たものだというのが現実。日露戦争時におけるヘタレな
清国の兵隊とか傭兵と違って、露軍は当時の日本軍によって結構新鮮だったそうだ。

230 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:34:55 ID:NR4Cqc4o0
もういつ北と戦争が始まっても大丈夫だな
このスレに集結しているような真の国士達が必ずや日本を救って下さることだろう

231 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:35:00 ID:HxB2skkP0
感謝と慰霊の気持ちで靖国参拝すべきだな


232 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:35:08 ID:c4MnO2Ko0
こういう命令を出しちゃあ、いかんよなぁ
それでも国を家族を守るために散っていったんだよな
(´;ω;`)ゝ

233 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:35:13 ID:mpB5tsNl0
月光って斜め銃の?

234 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:35:17 ID:7KKkQy7k0
誰だよ?
成功率は僅か数%とかって言ってた香具師は。

235 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:35:46 ID:DKoh78440
飛行機を操れる優秀な人たちが特攻をかけた
たんだよな。非常にもったいない。生きていれば、
大きな社会貢献をしたであろう人たちが若くして死なねば
ならなかった。たとえ、不本意だとしても特攻かける勇気に
は感動する。最悪の戦術だったけどな。
しかし、たった60年前にあんな大規模なドンパチをこの国が
やったってのは信じられんな

236 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:35:52 ID:w8UqzR5a0
>>149
イラクでも!?

237 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:36:01 ID:KWwKu3D00
今も昔も役人の上層部は無責任な連中が多い。
まあ、封建社会で上には逆らえないから誰がやってもこうなるのかも。。。

238 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:36:11 ID:7FrlBAnD0
一方イタリア人は脱出可能な体当たり兵器を開発した

239 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:36:19 ID:yba1Osea0
確かアメリカ人が書いた特攻隊に関する本があったようなあれは結構いい的を得ていた
希ガス

何はともあれ靖国集った英霊に敬礼

240 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:36:20 ID:RwgIk7xA0
>>203
戦争よりも悲惨な平和ってあるんだよ。

241 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:36:21 ID:AbfwUzbx0
>>229
ロシア併合下のポーランド兵が頑張ったらしいな

242 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:36:41 ID:IBXeQyIV0
初期の頃は熟練航空兵が搭乗していた為に
命中率はかなり良かったはず、と記憶してたが当たってた

243 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:36:42 ID:1U4Z1eV50
特攻作戦に関わった大西中将を描いた映画「あゝ決戦航空隊」は
なかなか面白いので興味があったらみてくれい。


もっとも観たうちの何人かは胸糞わるくなるだろうがw

244 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:36:56 ID:+GeeuziE0
驚くべき命中率だな。

現在のアメリカの誘導弾でも、こんなに命中率は高くないぞ!


245 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:36:57 ID:+cWoM92bO
>>211
んー、戦艦・空母なんかは一艦隊に3隻いれば良い方
艦隊っても大体20隻の巡航艦が主力だしな
航空機は数百機あった訳だし、悪くない命中率だろ

246 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:37:11 ID:upM7Q8JY0
>>238
それでも誰も乗らねえんだろうなw

247 :名無しさん@七周年 :2006/11/15(水) 18:37:33 ID:pktuIBqz0
英霊達に敬礼(´;ω;`)ゞビシッ

248 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:37:44 ID:ASTmTwtR0
>>169
燃料弾薬よりも、熟練兵の欠損が特攻隊の大きな原因だった
空母に着艦できる兵がほとんど残っていなかったからね
消耗率を考えた場合突っ込ませたほうが効率よかったのさ

249 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:37:57 ID:rS3mVkxJ0
>>96
どちらにしても日本やドイツの技術はソ連やアメリカに相当持っていかれてる。
戦後の技術発展でアメリカに日本的なものが加わりソ連にドイツ的なものが加わってるのが面白い。
宇宙開発競争でソ連が一歩リードできたのはドイツのロケット技術からアイディアをパクったから。

250 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:02 ID:VxhAli5w0
8〜9割が落とされたんじゃなかったのか

251 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:07 ID:Ccr6Zluv0
特攻ってようは雷撃するにも低空飛行ができない爆撃するのも
技術が足りない即席航空兵を戦力化する唯一の方法だったんだよな

252 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:11 ID:rtV/NH6L0
VTヒューズを過大評価する人が多いけど
艦船から銃撃で飛行機を落とす確率は
かなり低いよ。
あれは、追い払って爆撃の狙いをしにくくするためのものだから。

253 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:15 ID:KzDDlrRM0
ラジコンがあったら・・・

254 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:17 ID:Tk+PUSoF0
素直に、心から誇りに思います。ぐっすり眠っていてください。

255 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:18 ID:BC8b6iyL0
>>235
60年前の日本は第一次大戦の戦勝国で太平洋の島々を手に入れていたし
台湾や中国北部の満州も日本の事実上領土になっていた。
南サハリンや北方領土も日本の領土だったし
今とは全然違うよ

256 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:32 ID:6+C6ngOc0
靖国云云より、この数字(命中効果率)が最大の弔いだわ

257 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:33 ID:HxB2skkP0
>>222
自爆だが
テロじゃねーよ
日本は国家でありテロ組織じゃねーし
民間人に特攻したわけじゃねーよ

258 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:35 ID:KWNnewR90
結局日本は負けてアメリカの庇護の元で冷戦を利用し経済復興したんだから
最後の悪あがきで死者を増やす必要性などなかった
軍国主義国家失政のツケによる犬死ですよ

259 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:45 ID:YAk0UP1I0
>>186
おまえは吉田茂に謝っておいた方がいい。

260 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:45 ID:rQ/sHD9AO
>>230
こいつら歩けないから無理
頑張ってくれ

261 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:45 ID:7FrlBAnD0
>>246
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%96%93%E9%AD%9A%E9%9B%B7

262 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:47 ID:3+UDLZCe0
硫黄島で空母轟沈している。

263 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:47 ID:sHF2eCfa0
>>216
沈めなくても前線から退かせれば十分だ。
修理期間中は、戦力にならないのだから。

正規空母、戦艦にも、そういった損害が発生している。

そして台湾沖航空戦を見ればわかるように第二次大戦末期の帝国海軍航空隊は、
通常攻撃で損害を与えることが殆どできなくなっていた。

264 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:55 ID:b/e6mg8/0
>>144
暗がりから飛び出してきていきなり人を殴る犯罪者と、試合で名乗り合って戦うボクサー、
どっちも人を殴るから同じだってか。頭悪すぎw

265 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:38:59 ID:Zo+Bql9d0
デイスカバリーチャンネルでやってたけど
現場の兵士にとって特攻攻撃は恐怖そのものだったと
実際アメ将官クラスも特攻で戦死してるし

それに当時アメリカも特攻による攻撃については報道管制してた。
あまりにも衝撃的過ぎて米国民に与える影響を考慮したそうだ

266 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:39:19 ID:wPKlHfiu0
>>207
命中率56%で無意味といわれても、説得力がないな。w

267 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:39:21 ID:0CO8gmxD0
>>254
ぐっすりてwww

268 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:39:21 ID:9Fr0FZQ20
Aチーム

269 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:39:46 ID:iqLshSVo0
>>251
即席航空兵が特攻したって当たりゃしないよ。
戦果を挙げられたのはほとんどがベテランによる米軍側も対策の出来てない初期の特攻。

270 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:39:51 ID:4pB1qLfu0
>>8
本人(大西滝治郎中将)自らが、そう言っている。
にも関わらず、そうせざるを得ない戦況にあった。
もちろん特攻を100%肯定する気はないが、
頭っから否定できないのも確か。

271 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:40:03 ID:SHFHY3Lk0
社会科教師に教えられてことがなにからなにまでうそっぱちで腹が立って来たよ。

272 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:40:04 ID:g/5sscOUO
大西中将は終戦直前に、「もうあと2000万の成人男子を特攻に出せば必ず勝てる」と内閣に噛み付いたそうだな。
もちろん無謀だが、意外に勝てたか、有利な講和ができたかもしれんな。


273 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:40:09 ID:e6bYoYrI0
>>235
遊就館で見た大学生の特攻隊員のメモ帳には航空理論なんかの書き込みがびっしり
書いてあって泣いた。
真面目な学生を即席の航空兵にして特攻さして何のメリットがあるのか。

274 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:40:15 ID:6GQ3Dx8c0
予想以上って誰が予想してたんだこれ。

当時の陸海軍か?人命かけて26%は低すぎだろ。

275 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:40:24 ID:8sXkShkQ0
玉砕戦法は戦うすべがなくなった部隊が後の日本人の精神を喚起し
たとえ日本が占領下に置かれてもその精神性を守るために行うということらしい
「英霊たちの叫び」って本で元日本兵の方が証言してた

276 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:40:26 ID:ietLPICMO
よく左翼が言う「ほとんど撃墜されて効果は無かった」ってのは嘘っぱちなんだな

しかしこんな作戦を思い付いてかつ実行に移すのは狂気の沙汰だと思う

277 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:40:38 ID:Tk+PUSoF0
>>267
あれ、なんか可笑しい?

278 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:40:38 ID:d5I3ZKJS0
英霊に、合掌。

279 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:40:47 ID:H+Ze3m8eO
>>250
反日マスゴミの捏造に決定

280 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:40:55 ID:Jj2R5VFw0
戦艦大和が就航直後に戦果をあげずに燃料不足で沈没したとかさ
あれらと同じですな
日教組め、奴等子供に嘘を教える事への抵抗は無いのか

281 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:41:06 ID:rS3mVkxJ0
>>105
それは無線の技術であって熱源を使って相手をロックすると言う発想には
繋がっていかないよ。
ソニーの盛田たちが戦時中に何を研究してたか調べるとおもしろいよ。

282 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:41:18 ID:NR4Cqc4o0
>>259
吉田茂って…
ああ例のアメリカ様の操り人形ね

283 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:41:24 ID:YAMjoPHUO
>>226
>月光と彗星

それとベテランパイロット
芙蓉部隊も初期、ベテランが多い時は戦果上げてたんだが、ベテランが減り、アメリカの防空体制が整うと、どんどん被害の方が増えていった。


284 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:41:29 ID:tT7LH64XO
じゃあアメリカ側の艦船被害はもっと多かったんだな。
実は正規空母十隻位沈めたんじゃないかな?

285 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:41:32 ID:IxPPYjTE0
特攻を立案し指令した奴らが愚かである事実には変わりない。

被弾により帰還不可ならともかく最初から特攻目的で出撃を指令
するなんて絶対にやるべきではない。

286 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:41:33 ID:HxB2skkP0
>>238
日本人にはその発想は無い
敵前逃亡は恥とされた


287 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:41:37 ID:K4eVpTkM0
56%こそ大嘘だと思うが・・・・

ほとんどが艦隊にたどり着く前に空母直衛の戦闘機に迎撃され
うまく逃げ延びて近づくことが出来たとしても近接信管付き高射砲弾に
狙われ、それもかわして特攻寸前までいったとしても
日本の25ミリ機関砲より優秀な30ミリとか40ミリの高射機関砲が待っているわけで・・・

今はもうリンク切れて見れないけど「群青」の流れるフラッシュ見れば
特攻の無理さがわかると思う

一式陸攻で2回桜花の射出に成功した機体があるみたいだけど
ほとんど奇跡だと思う

出撃機数から考えれば2%から良くても5%だろ
キムタク主演の某邦画でも特攻に使われる中等練習機白菊がちらっとでて
「俺たちはゼロ戦で突っ込めるだけよしとしないとな」みたいな台詞あったし




288 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:41:41 ID:xmV2qLEj0
メガドライブのスーパー大戦略の説明書に、敵機に体当たりして翼で切断する
フライングラムって飛行機が載ってたけど、アメリカがそんなの開発するかなぁ?

289 :名無しさん@6周年:2006/11/15(水) 18:41:45 ID:tzItEQ8t0
>>182
いい悪いは言ってない。
テロと特攻は明らかに違うにもかかわらず
同一にしたいヤツラがいるからなwww

ごまかしてまで同じだと、なぜ主張する?



290 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:41:48 ID:iqLshSVo0
>>266
56パーは初期の数字だろ。
米軍に特攻対策を取られて、搭乗員の質も下落した後の特攻は無意味だったよ。

291 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:41:49 ID:RwgIk7xA0
>>280
そんな話があるのか・・・
燃料不足で沈没する船って斬新だな。

292 :120:2006/11/15(水) 18:42:00 ID:LziZdnL00
盧溝橋は中国共産党が関与していたという学説もあるだとか。
南京事件も諸説がるとおっしゃるせんせーなんでサヨではないかと・・・
自分で勉強してなりの答えをだせ。というくらいなんで。
予備校の先生ではめずらしいかもですね。チラうらすいません


293 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:42:23 ID:oIKf2nqC0
俺はじいさんから昔日本は世界を相手に戦って、特攻隊というのがあって、
という話聞いた時、素直にカッケーと思ったけどな

294 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:42:37 ID:AbfwUzbx0
>>273
戦争とは人類最大の消費活動だから

295 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:42:41 ID:JczcG2zL0
>>284
正規空母撃沈の戦果はないよ。

296 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:42:46 ID:aI0IN0CM0
>>280
共産主義者は、自分たちの考える理想のためなら
いかなる手段も正当化されると信じているんだよ。
だから、チョンと相性がいいんだね。

297 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:42:54 ID:2BuBBk1Z0
またアホサヨのうそがばれたあぁあああぁあぁぁぁ!!!!!

298 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:42:58 ID:1bCDQz94O
なるほどこん棒しか武器がなく味方にも嘘ばかりつく朝鮮が一瞬でやられるわけだな
中国、ロシアを下し本当の総力戦でアメリカを苦しめた唯一の国であるのも当然だな
中国朝鮮を欧米から解放もしたし神国日本に住み着くチョンは感謝を込めて奴隷的に生きるべきだな

299 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:43:04 ID:rNeaYw9e0
特攻機の命中率の低さとVT信管のことで思い出したが、
確か、NHKスペシャルで見た記憶がある。


300 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:43:10 ID:g/5sscOUO
ところで伏竜はどうだったんだ?

301 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:43:14 ID:LmI+I5XwO
嘘だ体当たりしたにもかかわらず戦局はかわらず日本は敗北したそれが証拠

302 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:43:16 ID:lnLRrtzU0
>>272
それだけの数の機体が、終戦間際の時分に一体どこに有ったというのだ?
妄想厨、寝言は寝て言えや

303 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:43:23 ID:HoIpBb370
飛行機が簡単に撃ち落せるなんて思ってるやつは、
ゲームのやりすぎだろ。

304 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:43:47 ID:KoC1JpkG0
>>223
東京は勝手に無防備だったw

305 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:43:50 ID:zfe1Masc0
>>82
National intelligence Network of JAPAN
通称NINJA



306 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:43:57 ID:LCIM4BVIO
英霊達に合掌

307 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:00 ID:E1VvUGDz0
海の特攻のことも忘れないであげてくれ!!

http://tokyo.cool.ne.jp/kaiten_website/kaiten.swf

308 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:10 ID:1U4Z1eV50
>>287
キムタク主演の某邦画は邦画戦争映画の黒歴史

309 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:11 ID:kC0BnoWL0
>>164
あれは日本有数の部隊で通常攻撃でも命中率が異常な高さだったから許された
隊長の言い分だって「俺たちは通常で特攻以上の戦果を上げられる」「練度が低
い兵には特攻もやむをえない」だった

>>167
反跳爆撃ってどんなものだか分かってるのか?先ず特攻機が積むような一つ二つの爆弾でやっても
命中率は話にならない程低い、次にあれが出来る程近寄るのは特攻するのと殆ど変わらない
桜花が殆ど使うことすら出来なかった事の意味を考えるべきだな

310 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:16 ID:4pB1qLfu0
>>55

> 戦争じゃなくて試合ばかりやってたな

これ、名言かもしれん。

311 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:19 ID:fRdr61vU0
命中効果率は命中率とは違うの?

312 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:33 ID:wPKlHfiu0
>>287
アメリカの機密文書よりも、キムタクの映画を信用するのか。w
サヨクってのはまったく。w

313 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:35 ID:Mak+ikTKO
開始後半年か
末期の半年かで大分違うな(^-^)



314 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:36 ID:KWNnewR90
米軍撮影のフィルムで特攻直前に撃墜されたのか不時着したのか
鉢巻しめた特攻パイロットが海で泳いでいるのが映っていた

米兵は助けることなく甲板上からマシンガンで撃ってその日本兵を射殺した
戦争は嫌だね

315 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:37 ID:sHF2eCfa0
>>287
当時の艦の対空射撃は、敵機を空中撃破するものじゃない。
VT信管も過大評価のし過ぎだ。穴が開くけど空中で破壊されるわけじゃない。
太平洋戦域における未帰還機というのは、長距離の往来時の負荷に
損傷を受けた機体が耐えられず墜落するパターンが主。

突っ込んでくる敵機を空中遠くで木っ端微塵にしなければ、
艦は特攻機から身を守れない。

316 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:42 ID:Zo+Bql9d0
>>273
当時のもっとも優秀な学生が特攻で散ったんだよな
残ったのは奥田とかみたいなクズばかり

317 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:44 ID:esX4e2fP0
>>302
だから大西中将のifの話だろうが

318 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:44:58 ID:yC+fHqjQ0
特攻隊って名前は格好いいかもしれないね。

でも実際は「人間爆弾」。残酷きわまりないよ。
愛国心で美化して、よくもこんな悲劇を生み出したものだよ。

自分の息子を爆弾にして送り出すことを考えてごらんよ。

319 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:45:04 ID:AbfwUzbx0
>>287
>キムタク主演の某邦画でも特攻に使われる中等練習機白菊がちらっとでて
>「俺たちはゼロ戦で突っ込めるだけよしとしないとな」みたいな台詞あったし

どこを縦読み?お前の具体的な論拠ってフィクションの映画だけかよw

320 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:45:18 ID:d5I3ZKJS0
>>277
普通は「安らかにお眠りください」とかって言うんじゃないかな?

321 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:45:23 ID:yfmc7NkU0
>>237
本当に“無能”だったら上層部へいけないわけだがwww
っていうか、日本の軍部なんかは机上の空論で作戦を立案する場合が多かったからな。

山本五十六大将は無能ではないけれど、航空論者にしては航空機をわかっていない面もあった。
一方、神風特攻隊を組織した大西中将は安全な距離を保っていたとは言え、渡洋爆撃の現場に
参加し、僚機が次々と撃墜されていく中で命からがら逃げてきたという経験の持ち主。

一方の米海軍太平洋艦隊の航空主義者の筆頭でもあるハルゼーは50歳を過ぎてからパイロット
の免許を取得したという現場主義者。もっとも、米海軍の場合は原則として、パイロットの資格が
ないと空母機動部隊の指揮が出来ないという理由もあったけどな。

で、航空の現場を知らなかった山本五十六大将の不味かった点が作戦行動範囲重視の航空機
ばかりを開発させたこと。これでは熟練パイロットでないと作戦立案が難しい。

322 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:45:26 ID:VWUE8qlO0
特攻の精神とそれに殉じた兵士に敬意を払うのにやぶさかではないが、
軍事的には外道。
考え付いて実行した軍人は、戦争の何たるかを見失ったのだ。

323 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:45:37 ID:DKoh78440
まあ、馬鹿な戦術だしなんつーアホな上層部なんだと
頭ではわかっていても、YOUTUBEなんかで特攻映像見ると
泣けてくるんだな。降伏時に特攻提案者が一人飛び立ち帰って
こなかったなんて、映画の世界だよ。


324 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:45:39 ID:0FEOfPc90
アメリカの記録も日本の記録も
あまり当てにできない

激しい戦闘中に正確な
記録など期待できない

325 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:45:52 ID:+cWoM92bO
>>265
実際、硫黄島の時には既に戦費が無かったそうだな。プロパガンダで国民から金を巻きあげて、ようやく捻出したのがアメリカの現状
アメリカは余裕で勝ったというのは嘘ッパチだな
そんな中で、特攻なんぞ報道したらアメリカ人は付和雷同してこう言っただろう
「もう十分だ。戦争は止めよう。被害を増やすな。日本の言い分だって聞いてやっても良いじゃないか」とな

326 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:46:03 ID:HxB2skkP0
>>280
その日教組を抑制するための教育基本法改正ではないか


327 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:46:03 ID:/U6gs6WE0
>>277
安らかにだべ、こう言う時は

328 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:46:10 ID:ASTmTwtR0
>>301
つ物量

1船沈没させられても2船供給する、此れがアメリカ

329 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:46:35 ID:uV67Ob5zO
半木製の飛行機が鋼鉄の艦艇にどんだけ被害与えられるかと
失われたエースパイロット達は帰ってこない

330 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:46:38 ID:+g6CyBrj0
ちょっと調べてみたが、
効果っていうのはしりもち程度の事で、国際ルールとしてはあるが国内ではないとのこと。
効果の上が有効、その上が技あり最上級が1本
技ありは2つで1本だが効果・有効はいくら累積しても上位のものにはならないらしい。

331 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:46:40 ID:Q97EwZMC0
>>265
爆弾落としてくる飛行機も銃撃してくる戦闘機も恐怖だろうがw
つーかよく神風に恐怖した米兵云々言って美化してるのがいるけど
殺し合いやってるんだから発狂一歩手前なんてのはどこの戦場でも一緒でしょw

332 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:46:48 ID:CyPh2Ni00
特攻が意外に戦果がを出していたって、常識じゃないのか?
だからこそ、使われ続けてしまったって事なんで、喜ばしい事じゃない訳だが・・・

特攻は自殺じゃなくて、戦術的に使われたって証拠だよ
まともに戦っても、生きて帰れる戦況じゃなかった

333 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:46:51 ID:e6bYoYrI0
効果で言えばこうだな
ヒトラーユーゲントのパンツァーファウスト>>>即席のパイロットのゼロ戦特攻

334 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:46:51 ID:hjEeXbq60
じいさんたちは
未来の日本人(もれら)に
何かを伝え
何かを残すために
特攻や玉砕で死んでった

その大事な何かを
未来の日本人に悟らせないために
戦果はなかったとか
全くの犬死にだったとか
ウソを教えたのが日教組とかの組織

335 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:46:52 ID:b/e6mg8/0
>>287 キムタクソースとは恐れ入ったw

336 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:47:08 ID:H+Ze3m8eO
>>287
反日に
洗脳された引きこもり
見てきたようなウソを言い


337 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:47:11 ID:sLlI+oW/0
日本すげー
けど、そこまで根性と技術あるなら

なんとかならんかったんか?
真珠湾出来たなら
ホワイトハウス殺れたじゃん

338 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:47:14 ID:Zo+Bql9d0
>>302
飛行機は数千機
潜水艦も含めれば1万以上だな

まともな潜水艦だと伊400型なんて超巨大潜水艦もあってパナマ運河攻撃に行ってたし

339 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:47:20 ID:Waaej7wn0
またアホサヨのうそがばれたあぁあああぁあぁぁぁ!!!!!

340 :予想以上の戦果があった。:2006/11/15(水) 18:47:24 ID:Yp4kU39W0




      神風特攻隊 WWU 前編 1 of 5
http://www.youtube.com/watch?v=ETlGQ3RB5D8&mode=related&search=



        神風特攻隊 WWU 後編 1 of 5
http://www.youtube.com/watch?v=_imvALSmzKQ&mode=related&search=




             KAMIKAZE 神風 
http://www.youtube.com/watch?v=QsGJ1ZCxpAQ&mode=related&search=

          神風 KAMIKAZE Partー2
http://www.youtube.com/watch?v=WENblfDVbTU&mode=related&search=

341 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:47:45 ID:JczcG2zL0
>>323

宇垣は一人で飛び立ってない。

たしか12人くらい道連れにしてる。

342 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:47:49 ID:DfIi/9fY0
>>329
エースパイロットが特攻なんかするかよw

343 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:48:05 ID:ycXvQwTO0
>>272
2000万の人は用意できても2000万機を用意することは無理。

まぁ二人乗りとか三人乗りとかにすればもっと減るけど
大和一隻でも数千人でしょ。
そりゃ大和5000隻作れる国力があれば勝てたでしょう。


344 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:48:09 ID:YAk0UP1I0
>>223
無防備宣言してても、国際法上なんか意味あんの?

345 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:48:24 ID:ASTmTwtR0
>>325
ああ、その展開はありえたなぁ
日本は、情報戦で負けたのかもなぁ

346 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:48:37 ID:fql2HG8R0
>>318
今も大して変わりません
家族の為、会社の為見も心もボロボロになって働く人たちがいるし。

347 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:48:44 ID:4pB1qLfu0
>>63
日本に亡命しないでねw

348 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:48:49 ID:iYRFnhFt0
>>287のキムタクソースは噴飯物だが、練習機まで引っ張り出したのは本当だぞお前ら


349 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:49:09 ID:Zo+Bql9d0
>>314
そのシーンは撃ったやつと上官はB級戦犯で死刑なんだよな 
東京裁判がインチキなのは証拠があるのに不問なところだ

350 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:49:13 ID:0FEOfPc90
長い時間をかけて養成されたパイロットが
たった一回の特別攻撃で使い捨てしてる時点で
戦略的にアウトだろ

351 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:49:20 ID:OHbp8txW0
日本としては命中率は低かったことにしたい。
アメリカとしては逆に命中率が高かったことにしたい。


352 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:49:36 ID:OaO7Uai5O
いまのよは こういうせんじんたちを 踏み付けてる

353 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:49:36 ID:66aFXplZ0
特攻により大破させる事は出来ても、当時の戦況じゃトドメの一撃も、潜水艦による追撃も
出来ないから正規空母撃沈には至らなかったと聞いた

354 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:49:37 ID:q7vGc5Jw0
新日本軍の自衛隊員もいざとなったら特攻して日本を守ってくれるのかな

355 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:49:51 ID:HxB2skkP0
>>285
国民を守れるなら仕方ない選択だったのであろう
数人の命で戦艦を沈め本土への侵攻を止めることができるのだから
国民全員を特攻させたわけじゃない


356 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:50:06 ID:E2BSNIcB0
今思い出した。
「零戦燃ゆ」って日本軍の飛行場がアスファルト舗装されてたアレか!

戦争舐めきった映画だったな

357 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:50:06 ID:wT7gwIKTO
>>276
相手が狂ってたからしょうがない。
一般人と民家を目的とした空爆が、国内の全ての街に行われてる状況ではな。
およそ街とは呼べない田舎まで空爆されてる。
普通に考えればナチスによるユダヤ人迫害以上の狂気。

358 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:50:17 ID:AbfwUzbx0
まあ、でも、こんなことする前に講和するのが筋だけどな。
勝てない戦争はしない。これをこれからの日本の課題にするべき。
その前に大掃除しないとな。

359 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:50:23 ID:PJcfeVwF0
>>323
特攻隊の発案者は終戦時に切腹じゃなかったか?
普通は介錯で首切ってもらうんだが、あえて腹裂いた状態で
苦痛を味わいながら死んだってどっかで読んだ希ガス

360 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:50:29 ID:CyPh2Ni00
>>350
お前は本当に解ってない、、解ってない、、、

361 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:50:35 ID:iqLshSVo0
>>342
サブローは特攻命令受けて特攻行ったぞ。
途中で戦闘機に襲われて帰ってきたけど。

362 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:50:47 ID:/U6gs6WE0
>>329
甲板に山なすゴミの処理で兵力が!

363 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:50:51 ID:upM7Q8JY0
100機出撃
   ↓
50機が落伍または戦闘機により撃墜
   ↓
米軍艦艇が確認し対空砲火で迎撃した50機のうち
20数機が命中効果を及ぼす

これなら日本軍と米軍の誤差の謎が解ける。

364 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:50:51 ID:hDosjemO0
>>287
近接信管付き高射砲弾といっても、
命中率が従来の一万発に一発から一万発に三発になった程度だよ。

命中率が三倍というのは確かに凄いが、
実際には0.01%から0.03%になっただけなので、
VT信管と言っても万能の兵器というわけではない。

365 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:51:06 ID:1U4Z1eV50
>>351
まあね、
「俺達はこんな勇ましい日本軍と戦って勝ったぜ!」っていう宣伝に使えるしね

なんだか悲しいわ(´・ω・`)

366 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:51:18 ID:zSZCNe5m0
本作戦の愚行と非人道性は問題なんだが
特攻隊員の家族への手紙を見ると、涙が止まらない。

それに付けても、戦後に特攻隊の格好を真似て屋台ドブ
板を荒し回り非道を尽くした第三国人は許せん!

367 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:51:53 ID:YAk0UP1I0
>>325
千隻単位で空母つくってりゃ金も無くなるわ。

368 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:52:05 ID:e6bYoYrI0
魚雷とかと違って飛行機がぶつかっても軍艦は沈まんしね。
艦橋は破壊されてもすぐに修理されてしまう。

369 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:52:13 ID:Zo+Bql9d0
>>331
特攻以前の感覚なら退却するのが常識ってのが
アメの感覚
それが自殺が大前提だから恐怖なんだよ
助かりたきゃ絶対に撃墜しないといけないから
機関砲の命中率って1%もないから


370 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:52:16 ID:WO4CSG3w0
何より精神的ダメージのが高かったと聞くが。
7割は凹んで3割は逆ギレってなんかで読んだ

371 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:52:23 ID:5r84AVOPO
敵の船にぶち当たる
つもりで攻撃しろって
指示しただけとか
・・・それはないか
だけど敵の迎撃をかいくぐって
爆弾ぶちあてるより
機体をぶち当てるほうが
難しいような気がする

372 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:52:27 ID:aM9BPZQ+O
で? って話だろ
結構効果あったんだから正当な作戦だった
とでもしたいのかよ
タイミング的に嫌な感じだ
今さらホメたって特攻した人たちには聞こえない

373 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:52:33 ID:rNeaYw9e0
>>364

それを、効果絶大のようにNスペで紹介されていたからなー。

374 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:52:42 ID:K4eVpTkM0
日本の高射砲弾がずっと時限式だった件・・・
初速が速く優秀といわれた10センチ砲でもね・・

375 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:52:48 ID:arWZV/QG0
>>234
特攻隊というと出撃して二度と帰らないイメージがあるけど実は違う。
敵機と遭遇した場合の護衛用戦闘機や索敵機も同行。
特攻機は目標が見つかれば特攻しますが見つからなければ帰還。
同行機も何事もなければ帰還するということで
特攻攻撃の成功率を特攻作戦の全体の出撃数で割れば当然低くなる。

例えば特攻機50機と同行機50機が出撃すると100機
特攻の成功率が56%だと28/100機=28%
その前に一度敵を見つけられずに帰還していると
28/100+100=14%

実際は同行機の数はもっと多かった気がするし
中盤以降は目標に到達する前に攻撃されてたんで
計算の仕方によっては数%にもなりうるんじゃないかと。

同行機まで計算に入れて出した成功率に意味なんてないと思うけど。

376 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:52:56 ID:r8Ivf2t60
護衛空母を何隻か撃沈してるのはスルーされてるのか

377 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:53:02 ID:ZBtgGCgw0
1945年8月16日、日本の敗戦を見とどけると、
「特攻隊の英霊に曰す」で始まる遺書を遺して割腹自決。
自決に際しては敢えて介錯を付けず、
また「生き残るようにしてくれるな」と医者の手当てを受ける事すら拒み
特攻隊員に詫びるために夜半から未明にかけて苦しんで死んだという。

378 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:53:07 ID:JczcG2zL0
>>359
大西中将は割腹。

宇垣中将は玉音放送後、彗星11機とともに沖縄へ特攻。

小沢中将は「宇垣め、自決するなら一人でやれ」といったそうな。

379 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:53:20 ID:GOdIQmBn0
こういうの聞くと特攻って言葉を安易に濫用できなくなるね

380 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:53:37 ID:PJcfeVwF0
>>365
「俺たちはこんな連中に勝ったんだぜ!」
っていうのはイギリスがよく言う気がする
アフリカでロンメルに負けてた頃は「ちょwwwwwロンメルヤバスwwwwwあいつ神」
とか言ってたが、アメリカがきてロンメルが撤退すると
「うはwwwwwwロンメルに勝った俺達強すぎwっうぇwww」
って感じだからな

381 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:53:37 ID:ycXvQwTO0
>>363
勝手に落伍した分はともかく戦闘機で撃墜の分は
戦闘機隊から撃墜数の報告あるから分母に加算されるんじゃないの?

382 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:53:38 ID:1beLwCiD0
たいした手柄じゃないけれど
父さん母さん お元気で〜


ヒューン ドーン!!

383 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:53:41 ID:rS3mVkxJ0
>>112
アメリカと日本では経済力が大人と子供ぐらい違った上に
経済封鎖までされてたんだからどうしょうもない。

>>133
遙か上空から機首を倒して飛行速度に落下速度も利用して
突っ込むわけだが?

384 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:53:56 ID:uojZ6LG50
特攻の戦果は非常に強力だったから
日本軍が確認できないことを良いことに
アメリカは隠したし、早く終わらせなきゃまずいので
原爆も落としたし
特攻が悲惨な攻撃だと戦後教育してきた面はある。

385 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:53:56 ID:Zo+Bql9d0
>>354
だから特攻などする必要のない
強力な兵器を配備する必要がある
サヨクはどうも自衛隊員を殺したがってるフシがある

386 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:53:57 ID:yfmc7NkU0
何か即席のパイロットでも特攻さえすれば敵に被害を加えられると思っている人間が
少なからず見受けられるが、敵艦に突入する場合には、直前でスピードを落として、
必死に回避運動を取る敵艦に照準を合わせないといけない。そうなるとやはり機体を
ある程度操れる技術が無いとオーバーシュートしてしまって至近距離の海面に突入
してしまうという結果に終わってしまう。実際、映像に残っている特攻機の突入場面では
直前で逸れてしまっている状況が多々見られる。結局は機上の空論でしか戦局を
捉えていなかった軍令部のせいでいたずらに“犠牲者”を増やしてしまったというのが現実。

387 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:54:18 ID:QRz29nSA0
>>344
ハーグ陸戦条約25条

無防備都市、集落、住宅、建物はいかなる手段をもってしても、これを攻撃、砲撃することを禁ず。

まあ相手が批准していないと無意味だし、適当に理由つけて攻撃しても裁けないし
罰則規定があるわけじゃないし
法に従って徴用されようが、陣地構築のために家が壊されようが文句は言えないが

一応意味が無いわけではない

388 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:54:22 ID:lGasKDst0
>>350
うむ。
生きて帰ればもう一度出撃できる。
実に単純なこと。

389 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:54:44 ID:+cWoM92bO
まあ、当時の技術水準からすれば、命中率が低い方がおかしいからな
当時の対空砲火というのは、弾幕を貼って大なり小なり航空機に被害を与え、帰投させるか、あるいは寄せ付けないようにするか、というレベルであり、機銃の命中率から見ても撃墜はまず不可能だった
被害を省みずに突撃されれば、撃墜は出来んから防ぎようがない

390 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:54:57 ID:HxB2skkP0
>>318
美化してるんじゃなくて
犠牲になってくれたことを感謝してるんだろボケ
美化ってのは特攻万歳ってことだ
感謝と美化は違う


391 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:55:02 ID:Zo+Bql9d0
>>368
艦橋破壊されたら命令系統が無くなって
実質航行不能でしょ

392 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:55:12 ID:wwfHGj370
まあ、外交の失敗が国を滅ぼす実例だな

393 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:55:36 ID:b/e6mg8/0
明治政府が徳川時代を暗黒史観で語り、自らの正当性を喧伝したように、戦後の
日本は戦中戦前を否定してきた。しかしだいぶ前に江戸ブームが起こって日本近世が
見直されてきたように、前の大戦の実相を伝える史料がだんだん発表され、左翼の嘘も
暴かれ続けていくだろう。

394 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:55:37 ID:Xy4JqYn10
いくら命中したって250キロ爆弾一発ぐらいじゃめったに軍艦は沈まねーよw

395 :予想以上の戦果があった。:2006/11/15(水) 18:55:39 ID:Yp4kU39W0


            kamikaze attack 1
http://www.youtube.com/watch?v=r7cD9BG_46Y&mode=related&search=


            kamikaze attack 2
http://www.youtube.com/watch?v=JGnUyx9a31U&mode=related&search=



         ザ・コクピット 音速雷撃隊 桜花 神風特攻隊
        http://www.youtube.com/watch?v=x8XYI4FyixY




396 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:55:40 ID:j+aXDlz50
YouTubeでThe Cockpitを検索したら・・・・・・・・
音速雷撃隊発見、保存するか、消える前に見て来い。




艦長!緊急電であります。たった今ヒロシマに原爆が投下されました。

狂ってる 敵も味方も皆狂ってる ウワーーーー

397 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:55:49 ID:/U6gs6WE0
>>376
あれは燃料切れで沈没したんだよ

398 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:55:57 ID:Waaej7wn0
またアホサヨのうそがばれたあぁあああぁあぁぁぁ!!!!!

399 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:07 ID:fNHBaa0c0
ものすごく高所から全体を眺めると、日本人てハチやら蟻みたいな種族だよな
何か今ふとそんな気がしてきた。

400 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:17 ID:+k16/V4LO
本土決戦を少しでも先延ばしにしようとした必死の策だった特攻を歪曲する輩は何がしたいんだろ。
特攻は正解ではないと思うが、でもあんな状況下なら仕方ないと思うぞ。
大事な人々が少しでも長く生き延びる為ならと考えれば志願する人も多いんじゃね?

401 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:18 ID:sHF2eCfa0
>>373
1993年の『ドキュメント太平洋戦争』だな。
第3回「エレクトロニクスが戦いを制す」

あの頃のオレは、NHKを無条件で信用していたから鵜呑みにしちまったぜ。
それはそれとしてあの番組のOPテーマと空母に突っ込む特攻機は美しいよな。

402 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:24 ID:JczcG2zL0
>>391

米軍のCICは艦橋じゃなくて、艦中央部。戦艦だとバイタルハート内にある。

403 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:25 ID:K25mQtzL0
出撃数なんか、米軍側にはわからんだろうに…

特攻隊が前線に到着してからも、米軍側には、
当たらなかった機を性格に数える理由も余裕も有るまい。
東京大空襲で、爆撃機が何機飛んできたか、
日本には正確な記録あるのかな?

404 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:25 ID:B2Cv953o0
>>2
>>2

405 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:29 ID:E2BSNIcB0
>>350
大戦末期のパイロットの訓練時間は、現代日本の自動車教習時間未満だぞ

406 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:29 ID:QRz29nSA0
>>350
残念ながら促成栽培で、着陸も航法満足にできず
防空は強力で普通に攻撃しても生還は難しい

しかし、結果は出さなくてはいけない

407 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:31 ID:9L0hk5h50
>>391
艦橋どころか艦の前半分が無くなったけど機関が無事だったから生還出来たって艦も有るよ。

408 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:39 ID:1U4Z1eV50
>>380
ちょwwwwwwモンゴメリーwwww
そんなだから物量でとか言われるんだよwwww

409 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:56:45 ID:rS3mVkxJ0
>>138
中国共産党軍は戦後に武装解除されて武器を持っていない
日本軍を見ても逃げ出したらしいからな。
武装した国民党軍を武器を持たない日本軍が護衛した伝説
もできたぐらいw
塩爺もなんか似たような戦争体験談をしていた記憶がある。

410 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:57:04 ID:upM7Q8JY0
>>381
しかし、空で落としたんじゃそれが特攻機かどうかわかんねえだろ?

日本軍の認識としては飛行場から飛んでったのが全部特攻機でも、
米軍の認識としては
「うわー、あいつまっすぐ突っ込んできた。あれカミカゼだよー」
って奴だけ特攻にカウントしたんだと思うんだよね。

411 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:57:10 ID:mBqBSVQy0
無駄死にではなかったと信じたい。
死んだ人が戻ってくるわけじゃないけど、
少しだけ慰められるニュースだ。

412 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:57:16 ID:lnLRrtzU0
>>297
米軍の資料は日本側の出撃機数を全て数えた訳ではないから、
その数字が正確である根拠は薄いんだがな。

>>1の「命中効果率56%」も正確な数字では無くてあくまでも算定された「推測値」。
防御側が現場の意識を喚起する為に、数字を多少多めに見積もっている可能性が高い。

413 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:57:23 ID:LCKjQ6CR0
途中 米艦載機に落とされ たどり着いた特攻機の
命中効果率じゃないの?
それに 至近自爆を含むが問題 当たっていない
完全ヒットは出撃総数の1割ぐらい?

414 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:57:26 ID:ASTmTwtR0
>>397
燃料切れで船沈むのか?

415 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:58:02 ID:iYRFnhFt0
>>414
ネタだろ、ネタ

416 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:58:13 ID:fRdr61vU0
>>395
kamikaze attack 1の最後の機体以外が桜花?
高いところから落ちてくるのと海面すれすれで飛んでくる
機体の違いは何?

417 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:58:26 ID:cwwsLJMh0
日本の年間3万人の自殺者を特攻隊に仕立て上げられれば
最強だな

418 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:58:30 ID:MbQ/rfCoO
敬礼と合掌、両方したい…

419 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:58:31 ID:HxB2skkP0
>>322
戦争の何たるかって
何だ?


420 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:58:33 ID:e6bYoYrI0
>>389
まあそうなんだが重い爆弾積んだら対空砲火避けれんよ。
かといって爆弾積まんでぶつかっても重量の軽い飛行機じゃたいした被害はない。

421 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:58:36 ID:zgFTVZMa0
>>354
自衛隊は日本の財産であり最後の砦です
特攻なんて国民が許しません

422 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:58:41 ID:66aFXplZ0
レイテ当時の日本軍の見積もりが控え目なのは、直前の台湾沖航空戦で
大甘な見積もりで大恥かいたからじゃないか?

423 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:58:43 ID:yt0pUUTM0
空母・戦艦に特攻させたのが引っかかる。
航空機は駆逐艦狙って敵艦隊の対潜能力奪ってから、
その後、潜水艦で大物狙うのが合理的なんじゃないのか?

424 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:59:08 ID:pOzjAgV+0
そんなに驚くことでもないような。

(1)フィリピン海域のデータ
 比較的優秀なパイロットが多く残っており、米軍側の対策も不十分で、
 しかも島が多くてレーダー探知を回避しやすい。
 後の本土周辺の作戦とは大きく状況が違う。

(2)米軍側の観測
 日本側は特攻のつもりで出撃しても、遠距離で撃墜されたものや、
 攻撃目標を探知できず帰還にも失敗したものは、分母に含まれない。

425 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:59:14 ID:LlWi0FB1O
>>357
ナチのホロコーストは平常時に軍の独走でなくドイツ国民の意思で行われてるんだが
戦時の窮余の策でかつ、軍部独走で行われた特攻隊と同列に語るのは如何なものか
狂気なら遥かにホロコーストの方が上でしょ

426 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:59:39 ID:r8Ivf2t60
通常攻撃して失敗すれば再出撃すれば?
って言う人もいるけど、それがさっぱり効果がなくて
再出撃する暇があったら一隻でも多くの敵艦に
損傷を与えなければならない状況だったわけで

427 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:59:44 ID:p9/od5PP0
効率の良い自爆テロを考え出した日本海軍GJ!

イスラエルなんて目じゃないぜ

428 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:00:02 ID:Z7KVKMjc0
56%とはちと大きすぎる。

429 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:00:06 ID:PVSktUA/0
56%かぁ・・・隊員の意地というか執念というか侍魂というか、
そんなものを見せ付けられたような感じ

430 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:00:18 ID:rNeaYw9e0
>>401

thx。まさにそれ。

国の存亡が何か理解できなければ、
特攻はクレイジーとしか理解できないだろうな。

こういう嘘にだまされないよう、子孫に正しく伝えていかないと。

431 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:00:21 ID:TbHCmmr80
高すぎる…本当にありがたい。

432 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:00:27 ID:zaGI+krb0
特攻でない400機近い正規の空母攻撃隊を出撃させたら半日で38機になって戻ってきたマリアナ沖海戦とか
1400機の攻撃部隊が米軍の迎撃で一週間で300機以下になった台湾沖航空戦とかやらかした果ての結論が

これはあかん後は特攻しかねえかも (´・ω・`)

433 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:00:45 ID:KWNnewR90
ドイツは戦闘機の被弾が多くなってくると防弾板や防弾ガラスを強化し
さらに射出装置まで装備して貴重なパイロットの損失を防ごうとした

日本は戦闘機の被弾が多くなってくると防弾板を外して軽量化を行い
速度や旋回性能で対抗しようとした

一方、アメリカは排気量増加やターボによってゼロ戦の速度を上回った
弾が当たればすぐ燃料タンクから火を吹くことから米パイロットはゼロ戦を
「ライター」と呼び撃ち落としまくった

歴戦のパイロットが次々戦死、新米パイロットも対抗できず撃ち落とされ航空隊壊滅

434 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:00:53 ID:pILItHqf0
>戦史家の原勝洋氏が入手したこの資料は、
>未公開分を含む米側撮影の特攻写真340枚とともに、

生きるか死ぬかって時に撮影するんだからたいしたものだな。
手振れとかもしてないんだろうな。

435 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:01:02 ID:JczcG2zL0
>>426
だからといって、着陸も満足にできないヒヨコを練習機に乗せて
特攻させた理由にはならんよ。

436 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:01:06 ID:/U6gs6WE0
>>414
>>280の先生によると沈むらしいよ


それ考えるとイカダってすごくね?燃料無いのに沈まないもの
あとお風呂に浮かべるアヒルのおもちゃの技術で船を造れば浮沈艦だよね

437 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:01:19 ID:uRFAKlP50
>>420
地上からの砲弾や機関砲の玉をよけられるとはニュータイプでしか?

438 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:01:30 ID:MjN5wILDO
日本人の精神は…

439 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:01:31 ID:D39g4YJo0
まあ、こういうことを兵士にやらせて、
いざ負けたら、軍上層部総切腹かと思いきや
数えるぐらいしか自決してないんだからな。
あにはからんや。
ブッシュはホワイトハウスでプアホワイトがイラクでスタックと
同じだわな。
戦争なんてやるだけ無駄だ。

440 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:01:38 ID:HxB2skkP0
>>350
温存できるような状態じゃなかったんじゃね?


441 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:01:39 ID:8sXkShkQ0
開戦直前の日本は人気取りや観念に凝り固まった連中がたくさんいて暴走してたのは
間違いないんだよなあ
聖戦貫徹議員連盟とか今聞いたらぶっ飛ぶでしょ。

右も左も観念に凝り固まった連中や人気取りに観念を利移用する連中は国のガンになる
この資料も詳しいものが知りたい

442 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:02:01 ID:y77rPwc90
どこまでも特攻をテロにしたい連中がいるようだな
クズとしかいえん

443 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:02:01 ID:sHF2eCfa0
>>426
それに出撃するごとに機数が減るしな。事故や脱落で。
共食い整備まで事態が悪化したら目も当てられない。
燃料だって持つのか。
最悪、敵空襲で滑走路を潰されるかもしれない。
航空機だって機銃掃射で地上撃破されるかもしれない。
特に宴会の日。

444 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:02:02 ID:Os0a669X0
終戦間際に始めたからダメだったんだろ。
最初っから全部、特攻にしてれば勝ってたな日本。

445 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:02:17 ID:+cWoM92bO
>>420
……言ってる意味が分かってるのか?
被害を気にせず突撃されれば、機銃の命中率から見ても防ぎようがないと言っているんだ
回避する必要は無い。そのまま突っ込むだけで命中する

446 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:02:40 ID:Jj2R5VFw0
物心ついてそう間もない子供に教師が真顔で言ったら
どんな出鱈目でも信じてしまうのも無理は無いと思う
赤の罪は重いぞ、覚悟しろ

447 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:02:42 ID:RwgIk7xA0
http://www.youtube.com/watch?v=mwlJY3_I_wc
コメント欄のやりとり
「神風攻撃なんて、日本人は臆病者だ」(←タイガー)
「神風攻撃をするんなら、お前にはでかいタマが必要だと思う」
「臆病者には無理だと思う」
「タイガー、敵に対する軽蔑は、戦場では行動となって表れる。アフガニスタンでは、お前の敵はお前を殺すためなら死んでもいいと思ってるぞ。気をつけな」
「双方における信じがたいほどの勇気の産物だ。私はじかに目撃したかった・・・もちろん、ちょっと離れた場所から。我々アメリカがやられてるから。」

448 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:02:44 ID:TTavC3v40
硫黄島からの手紙

449 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:02:48 ID:rS3mVkxJ0
>>144
全然違う。
テロはテロであり戦争は戦争。
一緒にしてるのはお前のような馬鹿だけ。

戦争にもルールがあり、テロはそのルールから外れてるからこそ犯罪。

450 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:02:59 ID:vU8ZqXIJ0
自爆攻撃をもっと早い時期からやってればよかったんだよ。少なくても100
万発の人間爆弾が必要だった

451 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:03:00 ID:ASTmTwtR0
>>427
GJじゃない、その前に勝負を付けねばならんのに其処まで追い込まれる奴は、アフォじゃ
ただし、特攻隊員の皆様には、素直に頭をたれる

452 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:03:04 ID:QRz29nSA0
>>435
理由にはならんけど、後知恵で批判していいことでもない
赤城が6隻あったらとか、富岳があったらとか、塾長が10人いたらとかと同じエrベル

453 :出て来いニミッツ、マッカーサー!:2006/11/15(水) 19:03:04 ID:B3wKCIZxO
神風特攻第二御盾隊

昭和20年2月21日32機で出撃。

21機が米機動艦隊に突入。

護衛空母ビスマークシー撃沈

正規空母サラトガ大破

他2隻に損傷を与えた。

後年ニミッツ太平洋艦隊司令長官は、
『200機の日本機に攻撃された』と
著書に書いている。

454 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:03:09 ID:YAk0UP1I0
>>387
なるほど、攻撃は無理だけど進駐はできる訳だな

455 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:03:17 ID:1U4Z1eV50
>>433
馬力の出るエンジンがなかなか作れへんかったんです
堪忍してつかあさい堪忍してつかあさい

456 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:03:55 ID:uRFAKlP50
残念ながらアラブの自爆テロのルーツは日本赤軍

457 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:03:56 ID:WKaYvzmL0
けっこう当たってたんだな。算出方法がわからないが。

当時としては仕方ないんだろうけど
もう二度とできないよなw

458 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:04:09 ID:yfmc7NkU0
>>433
>弾が当たればすぐ燃料タンクから火を吹くことから米パイロットはゼロ戦を 「ライター」と呼び撃ち落としまくった

これは零戦ではなくて一式陸攻の話。しかも、日本側は燃料タンクが原因と考えて必死に防弾装備を考えて
いたんだが、米軍側の認識は燃料タンクの脆さではなくてエンジンの脆さだったらしい。実際、エンジンも被弾に
弱かった。これを現場で確認した、ある米軍のパイロットが一式陸攻のエンジンばかりを狙って一気に6機も
撃墜したという戦果が確認されている。

459 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:04:10 ID:5r84AVOPO
特攻ってそのままつっこんだのかしら
それとも魚雷やら爆弾やらが外れてから
突っ込んだのかしら

460 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:04:28 ID:lnLRrtzU0
>>410
考えてみれば、米軍側は「目視出来る距離」に(運良く)到達した機体しか
特攻機かどうかの判別は出来なかった訳だから、
日本側の資料よりも戦果が高いのは当然だと言える罠。

461 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:04:35 ID:6Z4+unhj0
江田島は無傷だったそうじゃ

462 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:04:35 ID:HxB2skkP0
>>372
だから靖国で慰霊なんだろ


463 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:04:44 ID:eBnrMwX+0
アメリカ人に第二次大戦の敵は? と聞くと「ナチス」。
日本はアメリカが戦争に参加するための噛ませ犬。

硫黄島でアメリカ人死者はたった6000。全く相手になってません。
こんな恐ろしい国に戦争しかけたアホと、それをボケーッと眺めてた昭和天皇こそ最大の国賊。

464 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:04:47 ID:YMo/MRf90
56%は多すぎる、>>363辺りの指摘が順当か。

465 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:04:49 ID:270FObU/0
>330
おまいは軍艦を一本背負いでもする気か?

466 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:04:54 ID:4RRSOB8GO
>373
弾バラまいてなんぼの兵器の非命中率なんて大して関係なくね?
絶対当てるためにバラまくんだから、より早く当てて落とせるって充分だと思うんだけど

467 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:05:03 ID:H0plYVt/0
>>344
相手が約束を守る事前提だが、

最も良い点は占領前に軍(兵器)による攻撃を受けない。

最も悪い点は占領後に一切の抵抗や救援要請が赦されず
、占領軍の要求を全て受け入れるのが前提と言う事である。



468 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:05:10 ID:afabCox/0
いい人間が死んで卑怯者ばかりが生き延びたので日本はだめになった。

469 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:05:01 ID:Lf4jN7gSO
命を賭したのだから当たり前だ。
しかし、命を捨ててまで守ろうとした日本の60年後が腐り切った醜い国になってしまうとは、戦死者が草葉の陰で泣いているぞ…

470 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:05:16 ID:K4eVpTkM0
>>455
誉エンジンは?(時既に遅し気味だが・・・)

471 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:05:19 ID:Jpf2p1gN0
>>200
「大本営発表」っていう言葉が戦後、嘘八百を発表する意味になったのは面白い。

472 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:05:19 ID:sOzSalhg0
抱えたまま突っ込まなきゃ意味無いジャン

473 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:05:23 ID:BsD5EbFTO
至近(破片が飛んで来て当たる)も含めて命中と判定された特攻機の内、何らかの被害を発生させた率。
命中効果率ってのはそういう意味じゃなかろうか?

474 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:05:37 ID:bMZEP3DJO
>>361
違うぞ。ただ目標が発見できなかったんじゃなかったっけ?
でも必ず着けてた落下傘を特攻って事で外して出撃したって話は印象的だったな。

475 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:05:58 ID:Nj+puOs70
>>8
おそレスだが、特攻も玉砕も同じだな。
人数で言えば、特攻で数千人が死んで、
玉砕で数十万人が死んだとすると、
その損失は計り知れない。

あのような戦況に持っていった、軍部自体が無能であったといえる。

極論すれば、戦争を起こすこと自体が無能の極みなのだが。。。
だが、理想的平和主義者は、無能を通り越して基地外だろうな。
そんな奴等が政治をすると、村山のような亡国政治をやり始める。
つまり、日本軍部以上に戦争を引き起こす政治家ってことだ。

476 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:06:10 ID:cwwsLJMh0
今なら核ミサイル積んでアメリカ本土に特攻


477 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:06:13 ID:kklcRV0e0
特攻を煽った上級士官のほとんどが特攻に行かず生き残ったわけだが
なんだかなぁ('A`)

478 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:06:15 ID:JczcG2zL0
>>470
ありゃ大量生産と物資不足を考慮してないから・・・。

479 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:06:16 ID:0CO8gmxD0
愛国心や国を守るという言葉は、家族や大切な人を守るという事だ。

ちなみにパレスチナの自爆攻撃も、攻撃対象は違うが心意気は通じる所がある。
「子供達に同じ思いはさせたくない。だから今、我々は闘っている」と何かで読んだ。


480 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:06:43 ID:yt0pUUTM0
>>445
ただ、機体の重量増やして機動力犠牲にすると、艦隊に近づく前に
敵の戦闘機に落とされる。

481 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:06:48 ID:zoZdqCEq0
これは双方の予想数字でしょ?
実際の命中率は?

482 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:07:01 ID:zaGI+krb0
米軍機動部隊の防空網は日本機1000機規模での航空機攻撃もほぼ無傷で防いでおまけに最低半分は撃墜してくれます

483 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:07:11 ID:TTavC3v40
>144
戦争 軍人同士の闘い   テロ 武装組織が民間人を無差別攻撃

484 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:07:13 ID:8AJ918Kv0
特攻隊要員と本土防空のパイロットは別扱いだったらしいな
特攻隊に行ったパイロットは早期育成か攻撃機パイロットが多い

485 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:07:39 ID:3zQgK19U0
しかしこれで自爆テロが有効であると教えてるもんだよな

486 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:07:44 ID:uRFAKlP50
>>458
ちなみに開発段階から一式陸攻の防弾強化を主張してたのが特攻の考案者

487 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:07:54 ID:+cWoM92bO
>>463
負傷者の数を数えてみろ
死者のみを数えていては、対人地雷の有効性は見えてこないぞ

488 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:08:10 ID:ZoIOJNSl0
>>481
タイムマシンで過去に戻って実際に数えてくるしかないな

489 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:08:27 ID:pOzjAgV+0
やたらと特攻ばかり取り上げず、通常攻撃を続けたことも忘れないで欲しい。
終戦3日前の8月12日に、戦艦ペンシルヴァニアを通常雷撃で大破させたり。


>>423
潜水艦が無い。対潜警戒の航空機は無傷。

まあ、いきなり主目標を狙わず、護衛艦艇を潰して突破口を開くというのは、正しい。
で、実際にこれは、後期になってやっている。

490 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:08:27 ID:K25mQtzL0
成功率なんかどうでもいいだろ。
米兵を恐怖のドン底に陥れたのは、破壊力より凄惨さだ。
今で言う、PTSDってやつだ。

戦略に携わる者は、敵が自爆攻撃を始めた段階で「勝った」と
ほくそ笑むだろうが。

491 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:08:33 ID:D39g4YJo0
>>485
自爆テロには
無人兵器で対処するようになるよ。もうすぐ。

492 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:08:51 ID:xbWIBQt80
>>468
聞き捨てならんな。
この60年、あの戦争で死んだ連中がいなくても、何とか良い国にしたつもりだが。

493 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:08:54 ID:l0W7k7re0
いまで言ったら自爆テロみたいなものか。
そこまで追い詰められる前にさっさと降伏すればよかったのに。

494 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:09:08 ID:ZnURLKD70
サヨク・・・・・

495 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:09:16 ID:yfmc7NkU0
>>40
回天は特攻機と違って絶対に帰って来れなかったからな。
特攻機の場合はエンジンの不調で“無念”にも帰ってきた機体も結構あったから。
それと回天は母艦となる潜水艦も十分に敵艦に近づく必要があり、一式陸攻同様
発進前に母艦ごと撃沈される可能性も高かった。

496 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:09:20 ID:lZKjsu+V0
命中効果率高かったんだなあ。
殆どが無駄死にだったなどと信じ込まされていたが。
しかし、命中しようがしまいが、国の為めに戦われたことに変わりは無い。
感謝の念を込めて黙祷するのみだよ。


497 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:09:21 ID:HxB2skkP0
>>382
おまえは死んだほうがいい
人間失格

498 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:09:28 ID:Jj2R5VFw0
>>414>>436
驚いた事にマジで言ってる奴がいるんだなこれがw

499 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:09:47 ID:TbHCmmr80
>463の人気に嫉妬予定

500 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:09:48 ID:JczcG2zL0
>>493

負けたことが無かったから、どう負けたら良いか分からなかったんだよ・・・。

501 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:09:53 ID:nDRBjC0uO
俺も特攻しよっと

502 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:09:57 ID:iqLshSVo0
まー何にせよ特攻いくらやっても連合国の要求は無条件降伏で変わらず、最終的に日本は無条件降伏した。
特攻では何も覆せなかったわけだ。

503 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:13 ID:rNeaYw9e0
アカは人類の敵。

504 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:30 ID:+cWoM92bO
>>480
それはその通りだな
戦闘航空機隊は必要だ

505 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:35 ID:0xd2KD3E0
>>498
ファミコンウォーズは確か燃料切れで沈んだ。
そんくらいの知識じゃね?

506 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:36 ID:pOzjAgV+0
>>490
戦争神経症はどの戦場でも多数発生するものです。
特攻が無かったヨーロッパ戦線でも膨大な数。

507 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:39 ID:arTzkKNS0
自爆テロの原型、ここにあり、ってか。

508 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:43 ID:iQLajdd/0
>>468
うちの爺さんたちを愚弄する気か

509 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:43 ID:RwgIk7xA0
>>502
無条件じゃねー!

510 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:45 ID:TTavC3v40
独のラジコン戦車爆弾ゴリアテ

511 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:48 ID:Q97EwZMC0
>>453
Kill Japs!! Kill Japs!! Kill more Japs!!


512 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:52 ID:sHF2eCfa0
>>475
吾が平和主義国家の平和的暴力装置「自衛隊」は、
非人道と叩かれまくる皇軍ですらやらなかった(満州・太平洋・南洋と外征軍だった)
本土決戦がデフォとゆー国民を巻き込む地上戦に何の疑いも持っていないすばらしい代物だからな。
まあ国民と政治家と官僚と教育関係者と言論界の責任だが。

513 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:10:55 ID:lDKT3sF00
>>463

    チョン? ボコボコにしてやんよ
 ∧_∧
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪


514 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:11:06 ID:66aFXplZ0
>>433
ただ海軍が時期主力と開発を進めていた烈風は防弾とか意識しすぎて艦載機としては超重量の
戦闘機になってしまった
アメリカがゼロ戦意識しまくった結果F8Fベアキャットか軽量軽快(それでも防弾はしっかり
してたが)な戦闘機になったのとは好対照

515 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:11:26 ID:NXxtjene0
英霊に合掌(-∧-;) ナムナム

516 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:11:36 ID:rS3mVkxJ0
>>177
覚悟してるつもりでも日本の兵士とは覚悟の度合いが全く違ったと言う事だろうな。

517 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:11:51 ID:CdpBxehu0
「特攻は成功率が通常攻撃とほとんど変わらず、乗員を無駄死にさせただけだった」

とか言ってたブサヨの嘘がまた一つ暴かれましたね。

518 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:11:58 ID:lGasKDst0
>>502
でもまあ「追いつめられると何しだすかわからない民族」
ということで戦後各国にある程度の影響は与えていたようだ。
副次的な効果だけど。

519 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:12:02 ID:HxB2skkP0
>>392
外交が通用する相手なら戦争にならないんじゃね?


520 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:12:23 ID:1U4Z1eV50
>>510
ゴリアテ可愛いよゴリアテ

そういやドイツの航空機にも特攻兵器みたいなのあったような。思いだせん。

521 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:12:24 ID:fRdr61vU0
大和が撃沈が早かったのは武蔵のせいだろ?
燃料が空ならバラスト水の嵩を増すようにするだけでは?

522 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:12:47 ID:BC8b6iyL0
>>493
負けても経済制裁が解かれる確証はなかったから。
戦うしか道はないようにアメリカが日本を追い詰めたから。

523 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:12:49 ID:K25mQtzL0
>>500
これ正解。


524 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:12:55 ID:zaGI+krb0
USAと本気の喧嘩するのはこれっきりでやめとこうと言う教訓が日本人に刻み込まれたな


525 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:12:55 ID:8dFtuIUQ0

特攻隊員! バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!

    遺族にしてみれば遅き勲章ものだろう。

  死に直面しても怯まなかった、紛れもない証拠!

死して名を残した!偉大なる大和魂を持ってた人たちだよ!

言いたか無いが・・・
死ねば済むと人生を逃げる現代っ子に告ぐ!

特攻隊員並びにその家族がどんな悲痛な思いだったのか
どれほど生きていたかったか・・・よくわかって欲しい! よな。


526 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:01 ID:5jpFRnqw0
>>340
神風特攻隊 WWU 前後編みたらおまいらの疑問はALL払拭するぞ
ALLみたがもし本土決戦したらアメリカには勝ったかもしれないな
北から来るソ連までは知らないけどな


527 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:11 ID:auVggKlu0
>>509
はいはい日本は無条件降伏してないし、
戦前の日本はすでに民主国家だったし、
大東亜戦争は侵略戦争では無かったんだよね

528 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:19 ID:tjlysxne0
FEだと味方だと信用できないけど、敵だと油断できない命中率だ

529 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:24 ID:ZoIOJNSl0
>>512
いや、自衛の為の戦争っつーのはそういうもんなわけだが
自衛の為とか言って相手国の領土に攻め入るのは現代ではアメリカぐらいなもんだ

530 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:24 ID:LS3pUpHQ0
日本は特攻のような非人道的作戦を前提に戦争をし始めたわけじゃない。
敵が一般市民を虐殺するような鬼畜じゃなかったら、もっと早く戦争は終わっていただろう。
軍が決死の攻撃、抵抗せず、簡単に降伏する安い相手だと嘗められたら、
原爆どころじゃなく、本土に侵攻され、征服されただろう。
敗戦後、満州やその他の外地であったような日本人一般市民を標的にした虐殺が行われただろう。
数千万の民衆がころされ、女は陵辱され、日本民族は本当に滅んだかも知れないのだ。
今、愚かしいと言われる当時の悲壮な行為、その積み重ねが今の日本を作ったのだ。
彼らの死のおかげで我々は今日本人として生きていけるのだ。そう思う。

531 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:26 ID:fjpXkA4i0
昔から言われてた事だ。特攻を知って米兵の多くはパニックに陥った。
それを和らげるため命中率は低いと虚偽の報告をしていたんだよ。

532 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:26 ID:tif1gBRs0
開戦当初から特攻やってればもっと良かったんじゃないの?
ビってんじゃないよ。

533 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:30 ID:JczcG2zL0
>>521
ちょっとちょっと。

武蔵の方が先に沈んでますがな。

534 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:35 ID:iqLshSVo0
>>509
まだそんな事を言う奴がいるか。
無条件降伏の意味も知らんバカは黙ってろ。

535 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:36 ID:lUQoKF7s0
>>502
特攻精神はアルカイダに受け継がれたぞ

536 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:40 ID:3OE2ofCS0
>>516
特攻していった少年兵達は、別に国のための覚悟をしていたから特攻したわけじゃないよ。
彼らを駆り立てた、本当の理由を確認しましょうね。

537 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:53 ID:K4eVpTkM0
>>484
坂井三郎は教官として生き残ったしな
まあ戦闘機郡と勘違いして4機編隊に突っ込んだら
アベンジャーかなんかの攻撃機郡で集中砲火浴びて
目に破片をうけて、視力低下というのもあるんだろうけど
ホントにうまい奴は特攻隊ではなく松山の紫電改部隊にでも送られて
生き残ってそう

538 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:13:56 ID:P2tJTJZL0
特攻アホスwwwwwwwwwwwww
死んで当然www
だってバカだものwwwwwwwwwwwwww


539 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:03 ID:TbHCmmr80
なんで自爆テロと特攻を結び付けたいやつらがいるんだろう…
今井雅之さんが怒るよ・・・

540 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:06 ID:TTavC3v40
F9Fパンサー

541 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:09 ID:HUnClFzDO
英霊の皆様方 今の日本、今の私の幸せは、
貴殿方の貴重な命という犠牲で成り立ってます。
心からありがとうございました

542 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:10 ID:RwgIk7xA0
>>518
まあ、終戦と同時にピシっと銃を納めたのがイラクとの違いだな。
日本は終戦10年後には高度成長に入ってたけど、イラクはこの先荒れる一方という気がする。

543 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:13 ID:fNHBaa0c0
>>468
マジレスすると
古いタイプの人間が死んで、新しい時代に適した人間が残った。
が、古いタイプでも生き残っちゃった人がいて、それが日本をダメにした。これが真実

544 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:14 ID:qoAv4Dy70
>>493

あの状態でアメリカが無条件降伏以外の選択を提示したかどうか・・・

当時の日本側としては無条件降伏=日本滅亡という認識だったわけで。
それに特攻が始まった当時は日本本土は無傷だったわけで。
陸軍側は本土決戦で米軍を一度打ち負かせてから条件付講和を結ぶといって
聞かなかったわけだし。

545 :(´-`).。oO ◆abcDBRIxrA :2006/11/15(水) 19:14:21 ID:aEGnPlw80

「音速雷撃隊」について語るスレはここですか?

546 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:20 ID:2CpWp4CA0
>>67
>大和もそうだけど、本土決戦で家族が虐殺されるのを、国が滅ぶのを避けるために
>出撃していったんだよなぁ。で、主導者は沖縄落ちて原爆落ちて即降参。
>もっと速く判断していれば無駄な死人が出なかったのに。。。

即降参の割に、原爆2発うたれてますね。

正直あれはアメリカが異常だっただろ。
人道的に使用できないであろう兵器を2発撃って、降伏しないなら降伏するまで撃ちこむ、
と宣言・・・。 おいおい、しんでるのは民間人だっての><;;わかってんのか鬼畜米軍?

国内に国民皆兵宣言してたのは確かだが、それは国が一丸となって戦うという意味であって。
じゃあ逆に、アメリカの一般市民は軍に全く援助行為をおこなわなかったのかと問いたいもんだ。


・・・ともあれ英霊たちに黙祷をささげます。今の日本をみたら無念の涙を流させてしまうだろうけど^^;ゴメン

547 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:25 ID:pOzjAgV+0
>>514
本質的問題は旋回性能を削らなかったことですよ。
重量増大自体はなんとかなるのですが、それに応じた運動性で我慢せず、
従来どおりの小回りを要求したから、翼を馬鹿でかくする必要があって、
それでまた空気抵抗が増えて速力が落ち、の悪循環。

548 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:35 ID:uRFAKlP50
無条件降伏はカイロ宣言では

549 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:35 ID:fRdr61vU0
>>533
だから武蔵のせいだといってるんだが

550 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:43 ID:J/ZIH5F80
皆がお国のために死んで行った訳ではないので
本当に悲しい戦法。戦力が枯渇した時点で
潔く負けを認められなかった一部の人間のための犠牲。
人間が兵器になった時点で殲滅させられても
おかしくなかったのが我が日本。

551 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:44 ID:8AJ918Kv0
確かに引き起こししなくていい急降下攻撃なら確率高いよな
機体と人間がもてば・・・

552 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:46 ID:Ca4C+1hq0
<<機体なんか消耗品、パイロットが生きて帰ってくれば大戦果さ!>>

553 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:14:53 ID:imnorg7u0
ZERO ACE Combat
http://www.youtube.com/watch?v=xWTfCcukCjQ

554 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:03 ID:4gbBtaIN0
あのまま神風特効を続けていれば日本は勝てたんだな

当時から朝鮮人を中心とした非国民分子が
国の中枢に潜り込んでいたのだろう

555 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:04 ID:j+aXDlz50
>>463
天皇に上ってくる情報は制限されてます。
責任追及を逃れる為に、天皇に真実を進言する者に圧力をかけて、
嘘を伝え続けてます。(ちなみに何事もなく生き残りました)

リヒテンシュタイン公国のように独裁しても、
いつか通る道を先延ばしにしただけであり、
国民の意識が変わらない限り、政治家だけで問題の解決は計れない。
ましてや、軍人なら尚更だ。

556 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:10 ID:rS3mVkxJ0
>>182
戦争の本質が敵の殺傷とか言ってるからサヨクというか共産主義者はすぐに人を殺すんだよ。
戦争の本質は国家間の外交の武力的側面であって敵の殺傷は本質とはまるで関係ない。
より多く敵を殺したから戦争に勝てると言うわけでもないし、殺さなくとも威嚇だけで成立
する場合も多い。

557 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:12 ID:NAn11AWo0
>>203
上海爆撃したのは中国軍の方だろこのボケ!!
捏造するな。

558 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:18 ID:OHbp8txW0
日「日本人は悲惨な目にあった。ただ殺されるだけだった。戦争反対26%っ!」
米「アメリカ人だって大勢死んだんだぜ56%っ!」




559 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:22 ID:66aFXplZ0
>>526
当時原爆を独占して持ってる国にどうやって勝てと・・・

560 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:35 ID:sHF2eCfa0
>>539
日本赤軍が半端に神風っぽさを演出したからでないの。

561 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:36 ID:1U4Z1eV50
>>545
いえ、もうすぐ「成層圏気流」について語るスレになります

562 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:42 ID:JczcG2zL0
>>542
アメリカは日本の占領をモデルケースにイラク統治しようと考えたが。


まさか政府関係者(軍・警察も)が全て逃げ出しちゃうとは考え付かなかったらしい。

563 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:46 ID:zaGI+krb0
特攻はアノ時点での最大最良の戦術的選択だったというと怒られるだろうな

564 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:46 ID:rNeaYw9e0
>>538

チョンはしね。

565 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:15:47 ID:BBK2v2Ue0
>>531
「命中率低い」って聞いてたのに回りの艦船がガンガン突っ込まれて炎上してるから
かえってパニックになったかもな。
B-29の搭乗員も「楽勝だから」とか聞かされて出撃したら全然楽勝じゃなかったらしいしな。


566 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:16:00 ID:U37DF15/0
>>506
パットンは部下をなぐって問題になったな。

567 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:16:01 ID:HxB2skkP0
>>427
まだテロとか言ってる馬鹿がいるのか
┐(´ー`)┌

568 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:16:03 ID:vRJ+0lbsO
英語霊魂に敬礼( ̄^ ̄)ゝ


569 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:16:17 ID:Xy4JqYn10
>>498
だって光栄のゲームとかマジで沈んじゃうじゃんよ! あれはムカついた

570 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:16:30 ID:Fw6puue20
英語の資料を漠然と読んでたらカミカゼ後期には
督戦機が付いて見張ったとか書いてあったけどウソだよな?

571 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:16:36 ID:WhMJXboP0
源田実みたいな卑怯なのもいるからな

実際特攻した人達はサムライだと思う

572 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:17:14 ID:CdpBxehu0
>>502
ポツダム宣言って知ってる?

573 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:17:20 ID:2Y3iFMEtO
>>520
見捨てるだっけ?
ミサイルの先駆けみたいなの

574 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:17:45 ID:JczcG2zL0
>>561

「衝撃降下90度」はまだですか?

575 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:18:01 ID:wRBD9Dvm0


>>287
米軍が残していた一次資料より
君の妄想と映画のワンシーンと聞き伝えの記憶の方が事実を正確に捉えているとは到底思えないんだが。



576 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:18:16 ID:f0Khc6nQ0
敵さんには頭抱えた攻撃だったろうね。

半世紀以上前に現われたAI搭載の巡航ミサイルとなんら変わらんのだし。
臨機応変に最終行動できる分、今のミサイルよりスペック上だろ。

無謀な軍部はともかく、亡くなられたパイロットの方々にはご冥福をお祈りします。

577 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:18:17 ID:6JTf2BoA0
特攻隊員のかたがたの努力に敬服する
今まで、アメリカの宣伝にだまされ、特攻の効果が貶められていたことを
申し訳なく思う

ひとつ許せないことは
高齢者を特攻をお願いすればよかったのではないかという点だ
同じ素人でも、前途有る若者たちを特攻に行かせるのは、まっとうな
国のやることではない
アフリカの子供兵と同じ程度の低い発想だ

578 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:18:26 ID:Jj2R5VFw0
>>505
俺の小学生の頃の担任だw
洗脳されまくりでしたよホント
妙な作文書かされたりなー
ああ、ムカムカしてきた

579 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:18:29 ID:2MgJ7gA20
いまの目で見て特攻を非難するのは、頭のいい人間のする事じゃない。
戦争という、国家間の真剣な殺し合いをはじめた後に人的な損失がおしいから
直ぐに止めますって有り得ると思うかい?
民族としてはじめた事は終わりまで真剣にやらなければならなかったって事だよ。

580 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:18:40 ID:87EGD8zG0

パイロット一人を育成する時間と金を考えたら、そのパイロットを一度で使い捨てする特攻は贅沢な戦法ですな。

581 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:18:51 ID:MjN5wILDO
出てこい!フリーザーッ!

582 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:18:53 ID:BBK2v2Ue0
>>570
それ多分特攻機の途中まで付いていく護衛機じゃね?。
終盤は本土決戦の為に虎の子の新鋭機は温存して、旧式のポンコツやら練習機で特攻してたから。


583 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:19:09 ID:iqLshSVo0
>>572
知ってるよ。
・日本の領土を日本列島及び諸小島に限定する。
・戦犯裁判
・連合国による占領
などを諸条件とした。

584 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:19:24 ID:uRFAKlP50
燃料切れで船が沈むって見方の駆逐艦の魚雷とかで処分されるという設定では

585 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:19:25 ID:HxB2skkP0
>>439
戦争は好き嫌いでやるものでは無い


586 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:19:30 ID:P2tJTJZL0
>>564
軍事ヲタ死ねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

587 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:19:36 ID:xT0OVGhw0
ふむ。このデータにどれほどの意味があるのかわからんけど。
命中効果率ってどういう意味かねぇ。

ただ、散っていった英霊への感謝
結果的にだが、そのおかげで今の自分がいること。
しかし、戦術としては決して認められるものではないこと。
それをわすれなきゃいいよなあ。

588 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:19:37 ID:Waaej7wn0
またアホサヨのうそがばれたあぁあああぁあぁぁぁ!!!!!

589 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:20:06 ID:l0W7k7re0
>>500
> どう負けたら良いか分からなかったんだよ・・・。

勝ち負けというか、日本としては戦争を継続する一方で
講和の希望をつねにもっていたんだけどね。

アメリカを降伏させるなんて無理だと分かっていたわけで。


590 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:20:11 ID:1ISYF49R0
>>13
よく民間人を標的にした自爆テロなんかと一緒に出来るな・・
馬鹿じゃねーの

591 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:20:17 ID:rS3mVkxJ0
>>193
アカ教師は徹底的に日本軍人の死を犬死にだと言いたがるからな。
授業中に間違いを指摘しただけでマジで激怒された経験がある。
生徒にものを教えると言うよりも左翼活動家の演説と同類だった。

592 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:20:17 ID:TTavC3v40
「源田はどうした?」
「源田実か?あの男は使えるよ!」
「奴は最高ですよ」

593 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:20:21 ID:J/ZIH5F80
死んだらおしまい。
特攻に殉じた者達は全く報われてないよ。
生きてこそ。遺族の一生もとてもむなしい。

594 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:20:22 ID:6+C6ngOc0

 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1123988870/33


595 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:20:28 ID:uWdsEoyjO
むしろ女を知らないような純真な少年の方が、国を想って身を捧げた。
ファナティックな熱情でこちらも感動する。
しかし既婚者の遺書からは妻子を守ることばかり感じられて、はっきり言って興ざめ。

596 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:20:30 ID:LEQq6Yyu0
必死に戦ってたからこの割合がでたんだろうね
 改めて、英霊に感謝

597 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:20:36 ID:lJ0Ddsyx0
兵頭帰れ。

598 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:21:00 ID:+kWudSah0
有人の誘導ミサイルだから、50%を超えていても不思議ではないか。


英霊に申す、よく戦いたり。深謝す。

599 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:21:02 ID:C0B4Vpa/O
鮮人に汚された我が国土

英霊達に申し訳ない気持ちが

600 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:21:10 ID:j+aXDlz50
>>565
そりゃあ、朝鮮戦争と違って海上ですから。
ちょっとした事で、戻る余裕もなく墜落です。
特に燃料の問題は苦労したようです。

601 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:21:19 ID:CdpBxehu0
>>583
>などを諸条件とした。

じゃあ無条件降伏じゃないって分かるよね?

602 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:21:21 ID:9pV5xTZX0
>>7
おそらく分母は輪形陣を突破して突入態勢に入った機じゃないかな。
特攻として出撃した機全部では無いと思う。
沖縄戦では陸海軍合わせて2000機近くが特攻出撃したんだから、その半分が
成功してたら米英機動部隊は壊滅してるよ。

603 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:21:51 ID:rNeaYw9e0
事実が明らかになると、
>>586みたいに断末魔をあげるのだろうな。

604 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:21:57 ID:lnLRrtzU0
>>492
何か問題が起きても誰も責任を取ろうとしない今の日本の、どこが「良い国」なのだ?

>>471,>>200,>>140
「大本営発表」と「朝日新聞」っていう言葉が、戦後、嘘八百を発表する意味になったのは面白い。

605 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:21:57 ID:sHF2eCfa0
>>577
二次元の動きしか要求しない自動車の運転ですら高齢者の技量には信用が置けないというのに、
三次元の動きを要求する航空機の操縦に高齢者の感覚がついていったかどうか。
あと舵の重みに腕力が持つか、気圧や温度の変化に肉体が耐えられるか等も気になる。

とはいえ可能なら高齢者を優先してほしかったよな。
当時は子供が多くて若い鉄砲玉には事欠かなかったのだろうけれども。

606 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:22:05 ID:Yp4kU39W0
>>502
>まー何にせよ特攻いくらやっても連合国の要求は無条件降伏で変わらず、最終的に日本は無条件降伏した。
>特攻では何も覆せなかったわけだ。


ばか者、お前はGHQのプロパガンダに洗脳されているのか。  

日本国は降伏文書(停戦合意文書)に調印した。 停戦合意文書には条件が書かれている。


>>562

イラクは停戦合意文書には調印していない。  国際法上征服されたのだ。

607 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:22:07 ID:P2tJTJZL0
英霊wwwwwwwwwwwwww
ただの死人だろうがwwwwwwwwww

608 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:22:10 ID:iqLshSVo0
>>601
無条件降伏の定義を勉強して来い。
条件が無い降伏=無条件降伏じゃないぞ。

609 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:22:14 ID:pZac4/5y0
>>590
「飛行機で突っ込む」という事実で括っただけだと思います


610 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:22:34 ID:66aFXplZ0
>>572 >>583
ポツダム宣言は

・日本軍の無条件降伏、及び日本国政府によるその保障(十三条)

が明記されてるから、争点になるのはwikipediaにも書かれてるように
日本軍というのが戦争主体としての日本国そのものを指すか、日本の軍隊に
限定されるのかだと思うが、違うの?

611 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:22:40 ID:05QgZG010
56%って高確率だな
犬死じゃなかったわけだ
>>570
督戦機じゃなくて護衛機
敵機が来たら護衛機が引き受けて特攻機がその間に逃げて目的まで行くってわけ

612 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:22:45 ID:pOzjAgV+0
>>570
たぶん、>>582の通り。
護衛と戦果確認を兼ねた直掩機の誤解。
ただ、これは後期になって始めた試みじゃないから、その点変だけど。

613 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:22:57 ID:Cb1OgNt+0 ?2BP(10)
>>555
というより日本は戦前から議会制民主主義で
最終決定権を天皇陛下が持っていたわけではないので
法的にも天皇陛下に責任はいかない。

今のイギリスと一緒

614 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:22:59 ID:JczcG2zL0
沖縄戦で出撃した特攻による戦果よりも、そのときの台風による
米艦船の損傷の方が大きかったとちょっと前の歴史群像にあったなあ。

615 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:06 ID:fRdr61vU0
上に出てた敵艦から視認できた機体の56%だと理解すればいいんだろう。

616 :\(^■^ ラ 【卍】:2006/11/15(水) 19:23:08 ID:B3wKCIZxO
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ 第3帝国の特攻機
   \ <!>+\

バッヘムBa349ナッター

フィーゼラーFi103ライヒェンベルグ

ブローム&フォスBV40

『見捨てる』ってのもあったな。



617 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:09 ID:zaGI+krb0
内地でも爆撃喰らって10万〜20万単位で民間人が日夜殺されて行く中での出来事だからな
もはや命の尊さとかそういう価値観が破壊されてしまってるよ

618 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:13 ID:7cUGdtLYO
なんかの番組で見たけど神風=自爆テロとか言ってる東南系の外人がいた。一緒にすんなボケカス

619 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:21 ID:kaX0K1hh0
>>206
同じ頃、その朝日グラフで日本の田舎を特集してるが、今の日本以上の格差だった。
でもNHKアーカイヴスなんか見ると、そんな生活格差がこの国では事実上戦後十数年も続いたんだが。
ま、とにかくそんな国がアメリカを敵に回して戦争したという事実は、人命や経済等の事はさておき、
誇ってもいいんじゃないかと思う。特亜の日本に対する態度もその辺が微妙に影響してるんだろうね。

620 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:23 ID:ug2HDftp0
>>587
> そのおかげで今の自分がいること。

これ、具体的にはどういうことなんだろう?
よく見る言葉だが。

特攻がなくても、今の自分はいるんじゃなかろうか。

621 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:25 ID:yC+fHqjQ0
人間爆弾にあるのは悲劇だけ。

英霊? 国に踊らされた戦争の被害者です。

622 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:37 ID:vU8ZqXIJ0
やはり独ソ戦におけるソビエトのように2000万人程度死ぬ必要があった。
人間爆弾の数が少なすぎた

623 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:48 ID:u6xTvchs0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ...   --─-  :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::..   (___ )(___ ) ::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::........ . .::::::::::::::::: _ i/ = =ヽi :::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡::::   //[||    」  ||]  ::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::: / ヘ | |  ____,ヽ | | :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::...゜ . .:::::::::  /ヽ ノ    ヽ__/  ....... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .     く  /     三三三∠⌒>:.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ… ..........
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三
 三三  三三  三三   三三


624 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:48 ID:ki+cCU4H0
特攻って通常の爆弾攻撃に加え、機体の運動エネルギーと燃料で
艦船により多くのダメージを与える
開戦最初から特攻やってれば休戦に持ち込めたんじゃない?

625 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:54 ID:1U4Z1eV50
エキセントリックな左翼教師のことを思い出してムカついてる人は
その教師の思い出にとらわれないようにして下さい。

反動で明後日の方向を向いた愛国心ってのはよくねぇと思うですよ。
こないだそういう人見ちゃったんでね。。。

626 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:23:57 ID:+SP1N8Tb0
大西瀧治郎中将特攻作戦の真意

『これは、九分九厘成功の見込みはない、これが成功すると思うほど大西は馬鹿ではない。
では何故見込みのないのにこのような強行をするのか、ここに信じてよいことが二つある。

 一つは万世一系仁慈をもって国を統治され給う天皇陛下は、このことを聞かれたならば
必ず戦争を止めろ、と仰せられるであろうこと。

 二つはその結果が仮に、いかなる形の講和になろうとも、日本民族が将に亡びんとする時
に当たって、身をもってこれを防いだ若者たちがいた、という事実と、これをお聞きになって
陛下御自らの御仁心によって戦さを止めさせられたという歴史の残る限り、五百年後、千年
後の世に、必ずや日本民族は再興するであろう、ということである。

 陛下が御自らのご意志によって戦争を止めろと仰せられたならば、いかなる陸軍でも、
青年将校でも、随わざるを得まい。日本民族を救う道がほかにあるであろうか。

戦況は明日にでも講和をしたいところまで来ているのである。
 しかし、このことが万一外に洩れて、将兵の士気に影響をあたえてはならぬ。さらに敵に
知れてはなお大事である。講和の時期を逃してしまう。
敵に対しては飽くまで最後の一兵まで戦う気魄を見せておらねばならぬ。
敵を欺くには、まず味方よりせよ、という諺がある。

627 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:24:03 ID:rS3mVkxJ0
>>199
そういう連中がどんなに頑張っててもそれを卑怯だと言って
重要視しない馬鹿軍人がたくさんいたんだよ現実に・・・。

>>203
上海爆撃って民間住宅への絨毯爆撃じゃないわけだが?


628 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:24:05 ID:fNHBaa0c0
>>595
まさに童貞という言葉どうりだな

629 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:24:14 ID:pZac4/5y0
>>614
本当のKAMIKAZEだなw

630 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:24:36 ID:66aFXplZ0
>>622
本土決戦やればそのくらい死んだんじゃないかって言われてるな

631 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:24:39 ID:P2tJTJZL0
>>618
一緒だろ?

戦うお金ありましぇん だから敵に突っ込むでちゅ

632 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:24:45 ID:iqLshSVo0
「ポツダム宣言の諸条件を無条件に受け入れた」から日本の降伏は無条件降伏なんだよ。
阿呆ウヨのたわ言を真に受けるのは止せ。

633 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:25:08 ID:Di/BCc4M0
後の巡航ミサイルである

634 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:25:12 ID:yfmc7NkU0
>>591
俺の中学の時の社会科の先生は右翼主義者ではないが戦争の話が好きな人間だったので
先生の記憶があやふやな点を補足したりして、俺的には結構楽しかったな。もちろん、その
学年の時の社会の成績は全ての学期で「5」だったしwww

一回、フォークランド紛争で名を知らしめた対艦ミサイルの名前を思い出せないでいたので
俺が「エグゾセですよ!」って言ったら、「そうだ!エグゾセだ!さすがだな、おまえは!」とか
言って誉めてくれたしwww

635 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:25:16 ID:05QgZG010
護衛機は全部撃墜されて特攻機に乗ってた人は飛行機の不調で引き返して
そのまま終戦で生き残った人もいたってよ

636 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:25:28 ID:KoC1JpkG0
>>619
この頃、田舎じゃ、女性が道ばたで立ちションするのも普通の光景だったわけでw

637 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:25:32 ID:pOzjAgV+0
>>606
つまり、特攻開始の前後で、無条件から条件付に緩和されたという経緯があるというの?

638 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:25:50 ID:QJagE9WhO
命中率がよくても日本人が犬死にしたことに変わりねーよ。
日本はアメリカに無条件降伏して負けた事実は変わらないから。

639 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:25:50 ID:wzpD15Pb0
これって、特攻で出撃したけど、途中で自分の責任で戦災孤児になった数名を助け、
南の島で隠れながら暮らすって話でいいんだよね?

640 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:25:51 ID:NAn11AWo0
アメリカの沈没数が少ないのは、大型艦は意地でも沈めないで本国にもって帰って
修理したからだよ。
ミッドウェーで沈んだ日本の空母もアメリカなら持ち帰って修理してた。

641 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:25:53 ID:ASTmTwtR0
>>583
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1945Potsdam.html

読んでミソ、13条の無条件降伏は、軍隊に限ってるし
12条で将来日本に主権を戻すのを約束してる
すなわち、日本を植民地化しないことを確約させたとも言えるのさ、特攻攻撃は

642 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:25:58 ID:1ISYF49R0
>>609
だから、その「飛行機で突っ込む」なんてもので括れる神経を疑ってるんだよ

643 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:26:01 ID:JczcG2zL0
>>624
装甲化された目標に対しては、特攻より通常攻撃の方が貫徹力は高いと
どっかで結論付けられていたが。

644 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:26:07 ID:j+aXDlz50
>>613
天皇の所為にする香具師ほど、
自分達が軍部を支持した、圧力に屈した責任を曖昧にする。

軍だけで戦争できる筈なかろうに・・・・・・・・・・・・

645 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:26:16 ID:8AJ918Kv0
だいぶん前雑誌の丸の別冊で米軍側の写真があったな
空母フランクリンとか火災が酷くてヤバかったらしい
エセックス級であの被害だから結構壮絶だったみたい

646 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:26:16 ID:l0W7k7re0
>>619
> 同じ頃、その朝日グラフで日本の田舎を特集してるが、今の日本以上の格差だった。
> ま、とにかくそんな国がアメリカを敵に回して戦争したという事実は、人命や経済等の事はさておき、
> 誇ってもいいんじゃないかと思う。

それはいまの北朝鮮と同じ発想。
当時の日本人もそこまでアホな納得の仕方はしてなかったのではないか。

647 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:26:28 ID:K4eVpTkM0
おまいらも有事の際には核爆弾搭載の
F-2とかで特アに突っ込んでくれるんだろ?


648 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:26:30 ID:7cUGdtLYO
>>631
はいはい在日は祖国へ帰ろうね

649 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:26:34 ID:5LsFiav+0
ハンニバル
コング
クレイジーモンキー
フェイスマン

650 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:26:38 ID:YSH4dy2E0
実質誘導弾だからな。

651 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:26:51 ID:YXAaaIbn0
やっぱ、英霊たちはすごかったw

652 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:26:59 ID:vjOuwxS40
>>624
逆だってww
爆弾の自由落下による重力加速度の方が、はるかに当時の飛行機の水平飛行、多少のダイブによる最高速を上回り、装甲貫通力があった

653 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:27:08 ID:9Fgb715S0
>>46
俺は瀬島あたりの海軍中枢の参謀が考えたのが先だと聞いたけどな。

654 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:27:10 ID:tmdS9RJtO
ようつべでカラーの特攻映像が見れるよ

かなり長いけど

655 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:27:15 ID:ds8piZMY0
外れまくり撃ち落されまくりでほとんど効果無しってのも自虐史観の捏造史か
糞左翼って人間の命を何だと思ってるんだろうな

656 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:27:25 ID:KWNnewR90
一方、ナチスドイツは世界初の無線誘導式空対艦誘導爆弾フリッツXで敵艦を撃沈した

657 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:27:26 ID:yfmc7NkU0
>>633
マジレスすると巡航ミサイル構想の元となったのは伊400と晴嵐の組み合わせ

658 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:27:38 ID:aPyrDBqx0
「人間魚雷回天」の宇津井建さんの演技は芋すぎる

659 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:27:48 ID:uRFAKlP50
>>647
F-2なら簡単に無人化できそうだな

660 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:27:48 ID:P2tJTJZL0
>>648
はいはい高卒はこういう議論に入ってこないでね

661 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:28:03 ID:1U4Z1eV50
>>614
これ知らない。めっさ気になる。

662 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:28:03 ID:pmYq32cY0
56%だって!?!
オレは何かの本で成功率は一割にも満たなかって知って
いままでずっとそれを信じていたんだが?
著者名は忘れたけど思い出したらブチ殺してやりえて。



663 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:28:04 ID:EurM6DD/0
”ベトナムで鳴らした俺たち特攻部隊は、濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、
刑務所を脱出し地下に潜った。
しかし、地下でくすぶってるような俺たちじゃあない。
筋さえ通りゃ金次第でなんでもやってのける命知らず、
不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する、
俺たち特攻野郎Aチーム!

 俺たちは、道理の通らぬ世の中に敢えて挑戦する、
頼りになる神出鬼没の
特攻野郎Aチーム!

 助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!”

664 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:28:07 ID:9pV5xTZX0
>>645
フランクリンを撃破したのは、特攻機じゃ無いがな。

665 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:28:11 ID:xT0OVGhw0
>>620
お題目みたいに唱えてる連中がいるのも知ってるけど、
俺はオリンピック作戦を踏みとどまらせた要因の一つなんじゃないかと思ってるよ。
そしてそれを狙って特攻した人もいるだろう。戦争なんて負けだとわかっていても。

あまりにも悲しすぎる話。

666 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:28:14 ID:iqLshSVo0
>>641
日本は軍隊の無条件降伏や、その他の条件を無条件に受け入れた。
「無条件降伏」の意味がわかんない?

667 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:28:15 ID:J/ZIH5F80
負け方、というのもある。
太平洋戦争に関しては大変無様だったと思う。
特攻、沖縄戦は無ければ良かったのに。
原爆はどのみち落とされたと思うが。

668 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:28:29 ID:05QgZG010
きみ、戦争を知らずして平和を語るなかれ
特攻ってサヨクが言うほど悲惨でもなかったってさ
高揚しててある種の充実感があったらしい

669 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:28:34 ID:nqXGYeW30
>>632
日本語って面白い。
解釈する立場によって変わるとはこう言う事か・・・
途中で切ると条件があり
最後まで行くと無条件が成立してる。


670 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:28:55 ID:7cUGdtLYO
>>660
ただのオウム野郎か。つまらん奴だな

671 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:29:06 ID:1ISYF49R0
>>638
よく見回してみろ・・
命中率で無条件降伏を語ってるのは、おまえだけだ。

672 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:29:11 ID:zaGI+krb0
V2より精度がいいのは当たり前

673 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:29:22 ID:lnLRrtzU0
>>603
未だに「米軍の推測値」を「実際の数字」だと勘違いしているバカが居るね。


674 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:29:25 ID:YLO6gaPF0
>>657
V1だろ・・・常識的に考えて・・・

675 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:29:30 ID:yfmc7NkU0
>>656
>敵艦を撃沈した

これは違う。裏切り者を粛清しただけの話だ。
撃沈された時点では戦艦ローマは連合軍に接収されていなかったからな。

676 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:29:39 ID:9GovJDr30
フィリピン沖では、まだ熟練のパイロットが生き残っていたし
おまけにアメリカ側も特攻に対抗策を充分に練ることが出来なかったからな
成功率の高さはその点に尽きるだろう

677 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:29:45 ID:ds8piZMY0
>>536
>>586
>>607

>>660曰く議論(失笑)

678 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:29:47 ID:Sr6LHnTd0
誘導弾という発想自体は正しかったのかもしれんが・・・
人命一つはやっぱ高コスト過ぎだな

679 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:30:16 ID:BBK2v2Ue0
戦後まだミサイル技術が発達してなかった頃、「体当たり」に感化された
ノースロップ社は「機関砲で落ちない爆撃機が来たら体当たりして千切った方がよくね?」とばかり
体当たり専用のブーメランの様な厳つい試作機を開発したww
もちろん有人。

680 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:30:18 ID:iqLshSVo0
>>669
解釈する立場によっても変わんないよ。
南北戦争の当時から無条件降伏とは
「一方が示した条件をもう一方が無条件に受け入れ降伏する事」だ。
それ以外の解釈は無い。

681 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:30:19 ID:+SP1N8Tb0
靖国でピンズ買ってきた

http://ranobe.com/up/src/up149548.jpg

カバンにつけてるよ

682 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:30:31 ID:rNeaYw9e0
これだからチョンは、、、。

683 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:30:36 ID:qoAv4Dy70
>>640

いやミッドウエーでは無理でしょ。
敵空母2隻と基地航空隊が健在の状況で
曳航なんてしたら艦隊ごと全滅だよ。

アメリカが大型艦を何度も曳航できたのは
日本側も同等の損害を受けて撤退した後だから。

南太平洋海戦では損害を受けた空母ホーネットを曳航しようとして
追撃してきた日本側の駆逐艦に魚雷で止め刺されたというのもあるし。

684 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:30:48 ID:P2tJTJZL0
>>670
返事がない・・ただの高卒のようだ

685 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:30:53 ID:K4eVpTkM0
アサピーの中の人にこのスレ読ませて感想を聞きたい

686 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:30:54 ID:HxB2skkP0
>>463
おまえが国賊だってことに気付け


687 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:31:04 ID:EurM6DD/0
>>681
おお いいなそれ!

688 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:31:18 ID:YXAaaIbn0
やはり、英霊は戦後でも称えなければならんw

689 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:31:28 ID:SGO8CHYkO
>>668
おまえさんは戦争を知っててそれを口にしてるのか?
それじゃサヨと同じじゃないか

690 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:31:38 ID:Jpf2p1gN0
沖縄戦の時の映像みたら、海がアメリカの艦船で真っ黒だもんな。
あの物量に対して日本が勝てるわけがない。

アメリカの飛行機、艦船、潜水艦の大量生産映像みたら、いかに無謀な戦い
だったか思い知らされる。日本じゃ物資不足で寺の鐘まで供出して
学徒動員の子供が兵器生産だもんなあ。
勝てるわけ無いのにいつまで戦うつもりだったんだろう?本当に本土決戦して
日本国自体玉砕するつもりだったんだろうか?


691 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:31:38 ID:ZoIOJNSl0
538 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/11/15(水) 19:13:56 ID:P2tJTJZL0
特攻アホスwwwwwwwwwwwww
死んで当然www
だってバカだものwwwwwwwwwwwwww


586 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/11/15(水) 19:19:30 ID:P2tJTJZL0
>>564
軍事ヲタ死ねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

607 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/11/15(水) 19:22:07 ID:P2tJTJZL0
英霊wwwwwwwwwwwwww
ただの死人だろうがwwwwwwwwww

631 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/11/15(水) 19:24:39 ID:P2tJTJZL0
>>618
一緒だろ?

戦うお金ありましぇん だから敵に突っ込むでちゅ

660 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/11/15(水) 19:27:48 ID:P2tJTJZL0
>>648
はいはい高卒はこういう議論に入ってこないでね


ID:P2tJTJZL0の世界ではこういうやりとりを議論と言うらしいな

692 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:31:46 ID:iQLajdd/0
>>669
言葉足らずでどうとでもとれる用語を使うのは問題があると思う。

693 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:32:08 ID:pOzjAgV+0
>>657
>マジレス
はいはい嘘はよそうね。
WW2時点で、本物の巡航ミサイルが実用化されてます。ドイツのV1です。

日本の伊400が参考にされたのは、飛行機格納庫のハッチの水密構造のみ。

潜水艦に積もうという発想自体は誰でも思いつくもので、無関係。

694 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:32:18 ID:EDa5OJ880
>>37
それは「桜花」固有の話だろう


695 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:32:27 ID:1U4Z1eV50
>>658
木村功さんの欝ぶりが大変よろしい

696 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:32:32 ID:ASTmTwtR0
>>666
13条は、日本の無条件での武装放棄を想定していて、主権の無条件譲渡じゃないんだよ
ポツダム宣言の前は、主権そのものを譲渡しろって言っておった
ルーズベルトが死んだおかげで少しだが譲歩した内容になってるのさ

697 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:32:39 ID:+SP1N8Tb0
>>687
そのほかにもチハたんとかもあったな

全部買ってきたかったけどね


698 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:32:49 ID:pmYq32cY0
ドメスティック・バイオレンス井上の本に成功率一割以下って書いてあったような気がする。


699 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:32:53 ID:Cb1OgNt+0 ?2BP(10)
>>690
いかに有利に停戦するかの交渉をそのころはずっとしていた

700 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:32:54 ID:P2tJTJZL0
>>677
ちょっと待て>>536は俺じゃない

701 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:33:15 ID:BBK2v2Ue0
>>657が言いたいのは戦略ミサイル原潜じゃねえの?

702 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:33:26 ID:InqCUp8DO
>>691
罵倒以外に見えない俺はネット前進翼

703 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:33:29 ID:Nrf2Wpli0
>>690
サイパン、硫黄島、沖縄と陸上防衛戦メインになってからは
損害だけで言えばいい勝負してるぞ

704 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:33:35 ID:zaGI+krb0
まあ飛行機操縦出来ないアフォは地雷とか背負って敵陣にな

705 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:33:38 ID:sHF2eCfa0
>>661
「ハルゼー 台風」でググってみよう。

706 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:33:48 ID:ds8piZMY0
今度は揚げ足を取り始めたww
ID:P2tJTJZL0さんの高尚な議論マダー???

707 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:33:50 ID:xhZ9yz660
>>620
特攻がない→日本がすぐ負ける→日本は米中ソ連に切り刻まれる→あんたの母ちゃんは中国人の子供を産んでいた可能性大

708 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:34:14 ID:sYIUy2Lh0
>>690 物量ではドイツも日本も勝てないと認識していたから
ドイツと日本は質で勝負してたが・・

709 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:34:19 ID:6RM9NLQZ0
小室直樹は5%だとかいってたが・・

資料の大切さがわかるな

710 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:34:25 ID:05QgZG010
>>689
いや戦争を知ってる当事者の話としてだ
戦争を知ってる人間なんて80歳だろw

711 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:34:34 ID:iqLshSVo0
>>692
「無条件降伏」がどうとでも取れる言葉なわけ無いだろ。
その意味するところは一つだ。

意味を勝手に捻じ曲げて
「日本は無条件降伏してない。
『した』という者は歴史を知らないうそつきだ」
つー無茶を言う連中に騙されんな。

712 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:34:36 ID:lnLRrtzU0
>>632,>>666
日本軍は無条件降伏。
日本政府は有条件降服。
「無条件降伏」の意味をいたずらに拡大解釈すべきでない。

>>668
おまえは、戦前の朝日新聞を見過ぎて頭を腐らせたウヨ厨だろ?w

713 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:34:38 ID:7cUGdtLYO
>>700


714 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:00 ID:YJi+9kll0
>>632
おまいは、契約書の諸条件を無条件に受け入れたから、相手のいうままに
なるつうのか。例え、「命だけは助ける」でも立派な「条件」だぞ。
無条件降伏つうのは、民族根絶やしされても文句いわないつうこと。
軍を無条件に降伏させる条件で、他の、たとえば国体の護持などを条件に
してる。もっとも、占領後、マッカーサーはそれを反故にした。そもそも、
憲法などにタッチできんはずなのに。それゆえ、日本が自分で変えたという
形もとってるがな。

715 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:02 ID:erjLQDMo0
通常攻撃を行ったマリアナ海戦で全滅状態にさせられたんだから、もはや通常攻撃しても無駄だったでしょう。

716 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:05 ID:tnILq3Ho0
朝生に3度特攻に出かけて、3回とも帰還した人が出ていたな。

特攻は志願制の自由意志だったし、帰還する分の燃料も積んでいたと発言。

717 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:08 ID:KWNnewR90
>>675
ナチスドイツは世界初の無線誘導式空対艦誘導爆弾フリッツXについて

高高度から射出され、目標到達時には音速近く(1,035km/h)という速度まで
加速して敵艦に命中するフリッツXの威力は絶大であり、当時イタリア最新の
戦艦である2隻に大損害を与えたのである。
その後の連合軍サレルノ上陸作戦では上陸支援を行っていたアメリカ巡洋艦サヴァンナや輸送船
イギリス戦艦ウォースパイトにも被害を与え、ウォースパイトは航行不能に陥り、
マルタ島に曳航される羽目になった。

718 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:09 ID:YSH4dy2E0
ダウンフォール作戦は非道の限り

719 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:15 ID:zgFTVZMa0
>>681
カッコ(*´∀`*)イイ!

720 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:16 ID:IJq8h/8d0
今の日本人に、仮に自分が犠牲になっても日本という国を護る、親兄弟、愛する人
たちを護る、という気概があるんだろうか?誇りというものはあるんだろうか?
靖国の英霊達は、今の日本を、日本国民をどう思ってるのだろうか?

721 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:17 ID:wlDqHPyV0
安 倍 晋 三 が 教 育 基 本 法 改 悪 を 強 行 採 決 し た

報 道 自 粛 で 安 倍 晋 三 の 強 行 に 協 力 し た マ ス ゴ ミよ

明 日 か ら 与 党 よ り 野 党 を 叩 い て 安 倍 を 擁 護 す る つ も り 何 だ ろ う

だ が 最 期 に 一 つ だ け 言 っ て お く

お 前 達 自 身 が 安 倍 晋 三 の ウ ン コ を 食 う の は 勝 手 だ が

お 前 達 は お 前 達 の 子 供 や 孫 に ま で 

安 倍 晋 三 の ウ ン コ を 食 べ さ せ よ う と し て い る ん だ ぞ

722 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:19 ID:HxB2skkP0
>>468
おまえは卑怯者の尻からひねり出された糞カスってのがわかった


723 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:34 ID:xT0OVGhw0
>>690
いわゆる上層部の意向が統一されてなかったわけだから、
どういうつもりというように擬人化して考えるべき状態ではなかったと推測。

まだ現状のシステムのほうがまともだと思うよ。


724 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:34 ID:zN/H7MId0
別に人間を乗せなくても、GPSで誘導して敵艦に着弾するトマホークみたいなのを
日本でも作ればよかったのに。

725 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:40 ID:+SP1N8Tb0

結局また

左翼の捏造だったわけか…

なんでこう左翼は歴史を捻じ曲げるのが好きなのかなぁ

726 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:40 ID:wB6jIseqO
>>660
わかったから、二人とも早くライン作業にもどるんだ

727 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:47 ID:ftmS9+8S0
http://www.youtube.com/watch?v=NvOzvGKCbQw
http://www.youtube.com/watch?v=x7I0aFv_jdA
http://www.youtube.com/watch?v=5ppZC86PPec
http://www.youtube.com/watch?v=W7Vet3aP0p4
http://www.youtube.com/watch?v=8OiKSDswOGQ
http://www.youtube.com/watch?v=4YTn05IOxI0
A級戦犯はいない!佐藤和男・渡部昇一  1〜6
http://www.youtube.com/watch?v=v1m20n-xiHE
マッカーサー証言 / 昭和26.5.3 米国上院
http://www.youtube.com/watch?v=B5-CRAOtc4M
http://www.youtube.com/watch?v=wZ0VNqpYCUM
http://www.youtube.com/watch?v=DvyCen3MIDA
http://www.youtube.com/watch?v=Q4QX_uRo5pI
http://www.youtube.com/watch?v=xvKZAIx5j3A
http://www.youtube.com/watch?v=Vss7JZR147k
http://www.youtube.com/watch?v=OGujXyS3E-s
終戦特番 天皇陛下の御詔勅と英霊に捧げる歌 1〜7

728 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:35:53 ID:3G/0/QSm0

>>685
>>アサピーの中の人にこのスレ読ませて感想を聞きたい

おまえも早く特攻で逝け!!







729 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:36:00 ID:ELQDmoqw0
ま、特攻とかの無茶をやってくれたお陰で
アカ思想の本格流出を食い止めることに
なったわけで、ありがたい話だ。

730 :624:2006/11/15(水) 19:36:01 ID:ki+cCU4H0
>>652
それは高高度からの爆撃の場合でしょう。
急降下爆撃単体と比べてくれ。

731 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:36:03 ID:nqXGYeW30
>>680
当時のおばあちゃんからの聞いた話とか情報量では
前者の解釈だった感じだよ。

色んな意味で負けて卑屈になっちまってたから
そう言う風に感じやすかったのかも知れないけど。



732 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:36:12 ID:ZoIOJNSl0
むじょうけん-こうふく ―でうけんかう― 6 【無条件降伏】

(1)交戦中の軍隊・艦隊または国が、兵員・兵器などの一切を無条件で敵にゆだねて降伏すること。
(2)交戦国の一方が一定の降伏条件を無条件に受諾して降伏すること。


いちおー辞書ではこうなってるな

733 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:36:18 ID:rS3mVkxJ0
>>255
戦後教育の嘘のおかげで当時は台湾から朝鮮まで全部日本であり、
満州も殆ど日本の入植地のような状態で日本が大きな帝国だった
ことが忘れられがちなんだよね。
まるで朝鮮を武力で制圧してたかのように教えられてるし・・・。

当時の朝鮮人は日本人であり敵ではなかったことは現在の感覚で
考えると理解が難しいから仕方ない面もあるが・・・。

734 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:36:21 ID:JczcG2zL0
>>724
当時の日本は電線すらまともに作れなかったんだよ・・・。

735 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:36:23 ID:BBK2v2Ue0
>>724
いきなり技術的ハードル上げてんじゃねえ!

736 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:36:55 ID:8AJ918Kv0
>>715
電探(レーダー)の性能を過小評価した日本海軍の失敗だな

737 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:37:25 ID:05QgZG010
>>712
おまえほどは腐ってないと思うけどなw

738 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:37:26 ID:4EaXU0zK0
もう突っ込み入ってると思うけど
基地から出撃した数字じゃ無くて
防空網突破して突撃体制に入った奴の確立な
全体で見ればやっば突っ込めたのは一握り

739 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:37:28 ID:9pV5xTZX0
>>662
捉え方としては、そっちの本のほうが誤解が少ないでしょ。
56%という数字には、手前で阻止された機は入っていないと思われ。
このような細かい数字がニュースに取り上げられるのには、
何か意図があるんだろうな。

740 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:37:34 ID:iQLajdd/0
>>711
こうやってもめているの見るだけで十分です。
もめる用語はあまり良いとは思わない。

741 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:37:35 ID:YSH4dy2E0
>>721
強行採決って言葉は、民主主義を愚弄する酷い言葉だぞ。
国会での数を決めたのは国民なんだから。

742 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:37:38 ID:HxB2skkP0
>>479
パレスチナは自爆やれと言ってるのか?


743 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:37:48 ID:+cWoM92bO
主権を認める代わりに降伏したんだろ?
有条件降伏じゃないか

744 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:37:52 ID:lnLRrtzU0
>>711
貴方は「無条件降伏」の意味を勝手に取り違えて使用し、皆なを自虐史観に引き込もうとしているようにしか見えないが。

745 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:37:54 ID:zaGI+krb0
当時の零戦と爆弾でコスト幾らなんだろう 当時の金で一機24万とか聞いた気がする
当時は畑と家一軒で5万で買えるそうだからこれ結構バブルな作戦かも

746 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:38:04 ID:Yp4kU39W0
>>637

>つまり、特攻開始の前後で、無条件から条件付に緩和されたという経緯があるというの?


特攻隊、硫黄島決戦、沖縄の持久戦と 粘り強い日本軍の抵抗が続くわけだな。

ルーズベルト大統領は、 カサブランカ会議でも、アルカディア会議でも、 「日本国に無条件降伏を付きつける。」

ヤルタ密約でもそのまま。

ルーズベルトが死去し、トルーマンが大統領になって、ポツダム宣言という条件が提示される。

トルーマンの日本国民に対する声明 1945年5月8日
http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/01/008shoshi.html
「無条件降伏とは軍隊の無条件降伏である。」

http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/01/008/008_001l.html

747 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:38:06 ID:egzJmssI0
兵隊さん  ありがとう

748 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:38:10 ID:BdvewezE0
>>691
テラワロウスwww

749 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:38:17 ID:iqLshSVo0
>>712>>714
お前らは>>680をもう一度読め。
無条件降伏の意味はその単語が初めて使われた南北戦争の当初からその意味だ。
「無条件降伏=条件の無い降伏」ってのが拡大解釈なんだよ。

750 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:38:26 ID:pOzjAgV+0
>>665
日本が降伏しなかったら、普通にオリンピック作戦が実施されてた。

日本側の戦力を無駄遣いさせて、早期降伏を狙ったという意味ならスマソ

>>679
ドイツのアイディアだな。

>>683
>ホーネット
アメリカ側が放棄したのを、日本側が曳航して帰ろうとして、でもあきらめて沈めたんだよ。

751 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:38:27 ID:sYIUy2Lh0
>>736 無線機すら しょっちゅう故障してた日本軍にレーダーは
技術的にムリです^^;

752 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:38:31 ID:hjEeXbq60
特攻も玉砕もなかったら
アメは日本人なめきって
皇族を処刑したと思うよ

もうじき処刑される
イラクのフセインみたいに

753 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:38:31 ID:UdcW9q4U0

有難うございました (;´Д⊂)

754 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:38:42 ID:YXAaaIbn0
英霊のおかげで、今の日本があるw まあ、腰抜けどもが増えたのが現状だがなw

755 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:39:15 ID:P2tJTJZL0
戦争イクナイ!
美化しすぎ!君たち!

何がすごいの?
特攻って何がすごいの?英霊って何がすごいの?
何に共感してるの?
靖国とかいらないでしょどう考えても

756 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:39:16 ID:CdpBxehu0
まあID:iqLshSVo0 は民主党員並みの馬鹿だって事は分かった

757 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:39:36 ID:MYXEkj+YO
当たるとか当たらないとかってレベルじゃねーんだよ!

758 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:39:38 ID:fY2a1POK0
>>626
これがホントだとしても、

「自身の脳内美辞脚本を元に
作戦立案するような最強度の無能」

だからどっちにしろ無能w

759 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:39:49 ID:gHPr2ZXc0
だから、靖国に行くべきなんだって思うよね?

760 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:39:59 ID:wb4Ldddb0
命中効果率って何?

761 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:40:00 ID:9scuHvwr0
>>631
社民党議員で護憲派の田英夫(元特攻隊員)でさえ、軍事目標を攻撃した特攻と
最初から民間人を標的にした自爆テロを同一視する論調に不快感を表明
しているわけだが(参照:『特攻隊だった僕がいま若者に伝えたいこと』)?

お前、「高卒でない」ことだけが生きがいの五流大生(or卒)だろw
マトモな大学だったらいちいち高卒なんか眼中にないしw

762 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:40:01 ID:YSH4dy2E0
>>755
戦争イクナイのは確かだけど、世界は理不尽で非道なんだよ。

763 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:40:08 ID:UCdxADaB0
特攻隊の人は夢半ばにして死んでいったんだよな・・・
上層部の糞どもは東京裁判で死刑になって当然だな。

764 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:40:14 ID:HxB2skkP0
>>493
テロじゃない
おまえみたいな平和ボケには当時の人々の考えは理解できない


765 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:40:14 ID:1U4Z1eV50
>>705
dクス。ググるか。


「敗戦後の収容所の中、結局我々は物量に負けたのだという意見は多かった。
 馬鹿な兵が多いのに米国が勝ったのは物量だと。
 だが米軍はその馬鹿な兵でもきちんと任務をこなせるシステムと機器を備えていた」

766 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:40:17 ID:emZU5tWz0
命中効果率ってなに。
つまり巡洋艦一隻落とすのに何機の特攻が必要だったと思われるという算定なんだ?

767 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:40:28 ID:fNHBaa0c0
>>746
原爆がぬけてまつよ?

768 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:40:44 ID:EurM6DD/0
>>755
660 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/11/15(水) 19:27:48 ID:P2tJTJZL0
>>648
はいはい高卒はこういう議論に入ってこないでね

769 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:40:49 ID:2lGR4DH40
>>758
降伏が遅れれば遅れるほど日本に有利になる。
有効な作戦だよ。倫理的な是非は別として名。

770 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:41:13 ID:rS3mVkxJ0
>>269
後期になってアメリカが撮影した特攻の映像見ても敵艦に当たってるものが結構あるけどなあ。
まあ56%の命中効果率なら映像が残っていない初期の特攻は殆どが成功してたと言う事かも?

771 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:41:13 ID:zaGI+krb0
戦争の正面装備は高いぞよ リーマンの一生分の稼ぎが魚雷一発分だ

772 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:41:14 ID:RwgIk7xA0
>>754
重要なのは、日本人とは何者かと問われた時に、立ち返るべき場所があるという事だ。


773 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:41:14 ID:NAn11AWo0
>>441
今の、反日左翼や核議論絶対反対派みたいな奴らのことだろ。
なんで、こんな、現実無視した基地外が発生するんだ、日本は。

774 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:41:26 ID:ug2HDftp0
>>665
> オリンピック作戦を踏みとどまらせた要因の一つなんじゃないか

まあ、むずかしい評価だな。
日本の国民を救うためには早期降伏という手段もあったから、軍の正規の
作戦として行うべきではなかったとも言えるから。

775 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:41:44 ID:ds8piZMY0
ID:P2tJTJZL0氏の高尚なる議論まだぁ??

776 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:41:46 ID:7cUGdtLYO
>>755
祖国へ帰れ。話はそれからだ

777 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:42:08 ID:dnNpt2nm0
        ∧_∧      なんだこのニュースは!
        (@Д@-) ポイ  我々はこれからも命中率が低くて 
     _ ( 朝 つ     ムダだったと報道していく!    
   /      /|            
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   〜 /三/  
  |   反日  |/


778 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:42:08 ID:pOzjAgV+0
>>746
命中率は直撃したやつ。
命中効果率は、外れたけど惜しかったねも含む。

779 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:42:18 ID:HxB2skkP0
>>507
自爆なんて特攻以前にあった
どうしてもテロにしたいようだな


780 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:42:21 ID:wb4Ldddb0
宣伝記事は、言葉の定義をすっ飛ばすのが基本だね(´∀` )

781 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:42:23 ID:P2tJTJZL0
>>775
何が聞きたい?^^

782 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:42:34 ID:9VSKcC3KO
南無(−人−)
無駄にしないためにも、俺も必死に生きなければ。

783 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:42:41 ID:zgFTVZMa0
>>755
どこを縦読み?

784 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:42:44 ID:CMc5LR9m0
ぁあうぅううwwwww VIPに接続できねぇですぅううううwwww
翠星石だけ締出しですかぁ!? アク禁ですかぁwwwwwwwwwww
ひどいですぅううううwwwwwwwwwwwwwwwっうぇwww



785 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:42:52 ID:G6A3FrOlO
常々申し上げおりますが。
特攻の起源は韓国です本当にカムサハムニダ

786 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:42:58 ID:lnLRrtzU0
>>737
ID:05QgZG010は、高揚してある種の充実感を持ちながら
御国の為に自殺してくれるそうですw

でも間違っても慎太郎辺りに手紙なんか出すなよw

787 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:43:04 ID:3G/0/QSm0

 50%も命中したのに、無条件降伏かよ!?
死ぬ意味ないじゃん!




788 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:43:14 ID:fNHBaa0c0
>>758
正直同意。
当時の日本人はまるで国際社会が見えてない
外交がそのもっともたるもの。
勝手に主人公気取り

789 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:43:37 ID:Nrf2Wpli0
艦船もそうだが高空のB29迎撃する為の話なんて悲壮だもんな。
技術屋の苦悩もしかり

790 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:43:38 ID:eBnrMwX+0
何、特攻隊員ごときゴミクズを神格化してるんだか。

特攻隊員 = お上に逆らうのが恐くて思考停止した奴隷

回天もそうだけど、生き残りの話を聞けば分かる。
戦争が終わったとたん「本当はこんなこと、やりたくなかったんです!」。

要するに根性無し。自国に家族を人質に取られてイヤイヤ特攻してんのw
イジメられて自殺するガキと同レベル。

明らかにおかしな戦争が起きたとして、もし俺が特攻隊員に徴兵されたら自分の正義を信じて自軍に突っ込んでやるよ。

791 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:43:44 ID:2vMMv7VN0
今さらそれが分かってもそれで?って感じだな

792 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:43:49 ID:ldat9pgv0
命中率が問題なのではないな。
人的・物理的損害で議論されるべきだろうな。
例えが悪いかもしれんが、自爆テロ。
99人失敗して死刑にされたとしても、1人成功して100人以上殺せれば成功じゃないか。
まあ、例えが悪いかもしれんが、命中率云々ではなく特攻という行動によってアメリカ側の
厭戦感を引き出し、現場の兵士には恐怖感を与え、特攻要員以上の死傷者を出し、
艦艇にも大損害を与えているから、作戦的には成功だったんだろう。


793 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:43:55 ID:Yp4kU39W0
>>632
>「ポツダム宣言の諸条件を無条件に受け入れた」から

まず、これが間違っている。

降伏文書を読んでみろ。  他にも条件が書かれている。

http://www.bauddha.net/instrument_surrender/

794 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:03 ID:YJi+9kll0
>>749
ならば、カイロ宣言を受諾した場合と、ポツダム宣言のそれとの違いを説明
しろよ。どっちも無条件降伏だとしても、ちゃんと違いはあるだろうが。
で、日本は、前者は受諾しなかったが、後者は受諾するという選択肢がちゃんと
あるだろうが。選択肢のあるとこに無条件なることはない。おまいの言ってる
ことは言葉遊びにすぎん。

795 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:14 ID:D0oYJxv60
56%って凄いぞ

796 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:15 ID:+cWoM92bO
うーむ、>>1だけを見ると、戦闘機隊に撃墜されたのを含まずに56%とは断定出来んな
案外、艦隊と会敵した特攻隊は全て成功したのかもしれん

797 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:19 ID:InqCUp8DO
>>774
うーん早期降伏した後日本が分割統治された可能性考えるとどっちが悪かったかわからんと思うが

798 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:23 ID:ASTmTwtR0
>>784
おまいは、東亜に行ってろw
っていうか、翠星石ってVIPERだったんだ・・・

799 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:23 ID:iqLshSVo0
>>744
勝手に取り違えているのはお前だ。
無条件降伏は「条件の無い降伏」を意味しない。
字面からそう勘違いするバカは古今東西大勢いるが。

800 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:24 ID:rS3mVkxJ0
>>287
映像に残ってるのはもう最後の末期の頃の奴だけだぞ?
最初の頃の映像は当前と言えば当前だが撮られていない。

801 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:33 ID:EurM6DD/0
>>781



学歴が滲み出るような ハイレベルなディベート


>1について   ハイどうぞ!

802 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:34 ID:bchDElS40
特攻なんか考えて若者を死に追いやった偉い連中は糞だが
実際命をはった特攻隊員の事を悪く言う奴は糞以下

803 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:36 ID:Jj2R5VFw0
>>781
民族学校出に用は無いから
釜山港へ帰っていいよ

804 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:37 ID:egzJmssI0
>>755
あなたには自己犠牲の精神がわかるまい。

805 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:39 ID:p4+Tp7DU0
>>766
巡洋艦以上の艦は一隻も沈めていないから、その条件では計算できない

806 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:44:48 ID:XKcMHhsQ0
桜花ゲーム化決定!!!!

http://forgottenhope.bf1942files.com/main.php?module=vehicles&country=2&type=2&lang=japanese

807 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:45:01 ID:z38AnnJx0
軍人の生涯収入は高いぞよ フリーター4人分の稼ぎが自衛官一人分だ

808 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:45:04 ID:HxB2skkP0
>>538
おまえはもっと馬鹿だけどな


809 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:45:12 ID:JczcG2zL0
特攻で散った英霊を悼みつつ、なぜ特攻という「「統率の外道」が行われるに至ったのかを冷静に判断することが、
現代日本人に課せられた課題ジャマイカ?


810 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:45:24 ID:emZU5tWz0
>>778
バスケで言えば、シュート打って、リングに当たったけど入らなかったのも、
命中効果率アリとされるって感じか。

811 :\(^■^ ラ 【卍】:2006/11/15(水) 19:45:44 ID:B3wKCIZxO
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\ 『我が語録』より
我が国にも2種類のドイツがあるように、
日本にも2種類の日本がある。
一つが資本主義的、親英的日本。
もう一つは、「日出づる国」、
「サムライの国」としての日本だ。
日本海軍は後者の具現化だ。
人間が自分自身の本質に一番近いものを
見出すのは海の男の中なのだ。

日本の宗教は何よりも英雄崇拝を旨とし、
英雄達は母国の栄光と安寧のためなら
命を投げ出すことも厭わないのである。

812 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:45:46 ID:CdpBxehu0
>>790
コレがブサヨ脳www

813 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:46:10 ID:JDRQe6+L0
>>765
大恐慌で失業していた高卒、大卒がいてアメリカの方が質が高かったという説もある。
>>766
沈めるよりも、中の乗員を殺傷されるほうが怖かった。
空母に突入すれば、沈めなくても、百人単位で死ぬからな。

814 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:46:15 ID:2PSbPDVj0
>>806
sugeeeeeeeeeeeeeee!!!

815 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:46:17 ID:oH+x3RGV0
後の電凸作戦である。

816 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:46:44 ID:UYs/ho8b0
25回の出撃が義務で、1回生存率が生存率が8割か9割か知らんけど、その25乗なんていうとんでもない戦争させられた第8空軍の方がよっぽど凄いと個人的には思ってる。
やっぱ、算数できないdqnは戦争くらいしか使い道がないってことなんだろう。

817 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:46:46 ID:h6EWnGxT0
56パーセント…二人に一人は当たったのか。微妙な数字だなぁ。
普通に戦っても何もできずに殺されることを考えたら半分以上の確率で敵に損害を与えて死ねるのは
効果的…なんだろうか。悩むな。

818 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:09 ID:p4+Tp7DU0
>>770
半年で56%だとよ。
日本側のフィリピン戦での推定と比べているから初期だろう。

819 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:17 ID:2z17K4V+0
アメ公が民主主義を押し付けたわけですね

820 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:21 ID:RWLbp8cLO
国のために死んだ英雄を馬鹿&奴隷&キチガイ扱いする国は日本だけです><

821 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:24 ID:JMuDC1oP0
日本軍の中でも特に有能なパイロットたちがあればこその結果ですな。南無(ー人ー)

822 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:25 ID:hjEeXbq60
>>658
その映画の監督(元士官、今は監督&僧侶)がこないだ
NHKラジオにでてた気する

当時の俳優は、戦争中の兵隊の顔を作れた(表情だせた)けど
今の平和な時代の俳優は、絶対にああいう顔作れない

といってますた

823 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:26 ID:RwgIk7xA0
>>790
つっこむ以前にお前じゃテイクオフする技量もないだろうが。
いいからどこかに隠れてろ。

824 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:31 ID:qLiXgjH0O
>>791
だよね。

825 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:35 ID:zaGI+krb0
250k爆弾は今の金で300万くらいゼロファイターは3600万くらいか 特攻装備費用だけなら4000万とみた


826 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:44 ID:JbF7W/5O0
つうか、他の国なら逃げ出して成功率といったらおかしいが、低かったんだろうな。
立派な先人に対して俺はorz

827 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:45 ID:kFdR6Txi0
ぶつかる寸前まで操縦桿を握ってなきゃいけないんですよね。
凄いの一言だなぁ。こういう勇敢な人達の子孫だと思うと誇らしい。
ただ特攻は統率の外道。その精神だけ受け継ぐようしないとね。

828 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:57 ID:LYNqrSLi0
殆ど効果なかった、ってのは嘘だったのか?

829 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:47:59 ID:WLmTenol0
海外のテレビのディスカバリーチャンネルとかで見ると、特攻は有効な攻撃手段で恐れられたって紹介するけど、
日本のメディアとか教科書だと、殆ど当たりもしない、非効率的で無駄な攻撃だったって紹介するよな。

830 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:11 ID:P2tJTJZL0
>>801


          ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \    <学歴が滲み出るような ハイレベルなディベート
    |      |r┬-|    |    >>1について   ハイどうぞ!
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //    だっておwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/     なんで大和ヲタの原がそんなん持ってんだww
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

831 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:16 ID:Cg65WtYx0
>>1
だからと言って特攻が褒められた戦術ではないわけだが・・・
二度とああいう戦い方をするような戦争しちゃならん。


とはいえ命を賭けて突っ込んでいった人々の魂もほんの少しは慰められるかな・・・

832 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:16 ID:Yp4kU39W0
>>749
降伏文書をよく読めよ。  そこに日本国と交戦国の代表が署名をしているんだ。 

ポツダム宣言以外の条件も書かれている。

>>680
>「一方が示した条件をもう一方が無条件に受け入れ降伏する事」だ。

これだけじゃないんだよ。

833 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:19 ID:E9T94UqJ0
沖縄戦の頃はどんなもんだったんだろうか
あれは全然成功していないような

834 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:20 ID:+cWoM92bO
>>805
沈没した数だけを数えては戦果は見えてこないだろう

835 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:27 ID:0wOGyp7x0
とはいえ残り44%は帰ってこないわけで、いくら燃料云々言っても機体がねぇ

836 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:29 ID:8AJ918Kv0
自爆テロはコミュニストの戦法なんだが
未熟な兵隊に爆薬背負わせて敵陣に突入
よく共産ゲリラがやる手口

837 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:30 ID:NAn11AWo0
さっさと降伏すればよかったとといっている奴は降伏後、満州や朝鮮で
日本人がどういう目にあったか考えたこともないんだろうな。

838 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:37 ID:ug2HDftp0
>>797
8月8日以前ならソ連はそもそも関係がない。
それ以後でも、ソ連が北海道を占領する以前なら、分割統治にはならなかった。
ソ連が絡まない分割統治(たとえば英米)なら、基本的に問題はないはずだが。

839 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:43 ID:05QgZG010
ID:lnLRrtzU0はへたれだな
おれはサヨクが言うような絶対平和なんて求めないよ
奴隷になるくらいなら死んだほうがまし

840 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:48:52 ID:nl0WjlxlO
>>314
体当たりで突っ込んで来る様な相手だぜ?助け上げた瞬間自爆とか十分に考えられるし。

米兵からしてみれば恐怖の対象。モンスターに見えてもおかしくない。
んで「来るな、来るなーっ!」みたいな…

841 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:49:19 ID:7ZRENAqY0
イラクで毎日の様に特攻して
「特攻」の価値が下がった事も事実だな

武装勢力で特攻した奴の方が多い罠・・・orz

842 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:49:55 ID:rS3mVkxJ0
>>321
山本五十六は熟練パイロットだけを使って短期決戦で講和に持ち込まないと
日本に勝ちめはないと最初から主張してたわけだが・・・。

843 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:49:59 ID:iqLshSVo0
>>794
>日本は、前者は受諾しなかったが、後者は受諾するという選択肢がちゃんとあるだろうが。
そんな選択肢はねーよ。
ポツダム宣言の条件の中に「カイロ宣言の履行」ってのがあるだろ?
ポツダム宣言を受諾する事は自動的にカイロ宣言の受諾にもなるんだよ。
で、カイロの時点で無条件降伏してりゃカイロ宣言に書かれた事のみが日本の義務。
が、日本はポツダム宣言受け入れで無条件降伏したため、
ポツダム宣言でプラスされた義務も遂行しなきゃならなくなった。

つまり「戦犯裁判」と「日本を世界征服へと導いた勢力の除去」。
条件はかえって悪くなってんだよ。

844 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:50:05 ID:HxB2skkP0
>>607
おまえは生きている屍だ


845 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:50:10 ID:grgp4R1F0
遅レスもいいとこだが、豆腐の角に頭ぶつけて死ねよ>>13

846 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:50:17 ID:EurM6DD/0
>>830
?意味がわからん?



誰かわかる?  訳してください お願いします

847 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:50:22 ID:8GRQGGuC0
敵の弾幕の中に突っ込んでいって
ぶつかる瞬間まで操縦し続けなきゃならん
この恐怖ったら

848 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:50:41 ID:YAk0UP1I0
>>632
で、無条件だと何が嬉しいの? おまえは。そこんところを聞こうか。

849 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:50:48 ID:zaGI+krb0
イラク人の特攻用ボーイング機150億はするだろ 高価なもん使いやがる

850 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:51:04 ID:7ePcZqsYO
海面すれすれに飛んで突っ込んでいく映像みたことあるけど凄すぎだった
敏腕パイロット 合掌。

851 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:51:11 ID:UYs/ho8b0
>>828,829 そう、嘘だったの(きっぱり

852 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:51:13 ID:EKYTmvSm0
作戦の良し悪しは別として、尊敬するなぁ。


853 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:51:49 ID:3G/0/QSm0

>>821
>>日本軍の中でも特に有能なパイロットたちがあればこその結果ですな。南無(ー人ー)

有能なパイロットは残されたよ。
特攻死したのは、ほかに使い道がないクズがほとんど。
そりゃそうだろう。




854 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:51:54 ID:4I+mibmw0
56%の命中ってか 100%が何機かで偉く変わる問題だな



855 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:51:54 ID:YJi+9kll0
>>841
仮に自分の命を捨てるという同一点は認めるにしても、特効は日本人の、心身
ともに優秀かつ、冷静で、その意味を理解したものであり、イラクの自爆テロは
宗教的洗脳のもとに、しかも、死の先に快楽と利益を約束されてるもの、という違い
はある。

856 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:05 ID:+cWoM92bO
特攻で主権の持続は保持出来たのだから、無条件かどうかという言葉遊びに執着するなよ
特攻が日本を救ったのは事実なんだから

857 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:08 ID:BxNrlGd30
>>840
今のイラク米兵より更に恐ろしいことになってただろうな

858 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:09 ID:rS3mVkxJ0
>>841
民間人のフリして近づいて相手に突っ込むのは特攻なんかではないよ。
お前のような馬鹿がまだいるとは困ったもんだ・・・。

859 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:20 ID:xb8wkOjH0
そうか、命中率は56%だったか。そのくらいはあると思う。
敵艦隊の前面10000m前後で待ち構える迎撃戦闘機をかわし
輪形陣の外側を守る防空駆逐艦の防御火網を突破した日本軍攻撃機はわずか。
そこまで到達すれば攻撃が成功したも同然。ただそこまで来れたのは
出撃数のほんの数%。
この56%とは輪形陣の防御火網を突破できた特攻機の成功率。
輪形陣内では同士撃ちになるので弾幕は少なくなる。
ただそれでも目標艦から打ち出されるボフォ−ス40mm機関砲の弾幕ほ強烈だが。


860 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:27 ID:ELQDmoqw0
>>850
確かにあの変態技量は凄いが
もったいねえよなあ。

861 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:28 ID:YSH4dy2E0
これで米兵が特攻を恐れていたってことの説明が付きますね。

862 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:31 ID:oLQpINto0
>>849
いやあれ、パクッた(ハイジャックした)ブツだし
そもそもイラク人ちゃうし

863 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:31 ID:j+aXDlz50
ポツダム宣言の第13項をどう解釈するかだ

吾等は、日本国政府が直に全日本国軍隊の無条件降伏を宣言し、
且右行動に於ける同政府の誠意に付、適当且充分なる保障を提供せんことを
同政府に対し要求す。右以外の日本国の選択は、迅速且完全なる壊滅あるのみとす。

864 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:33 ID:tKs1sBph0
無線なんかがうまく使えなかったのは、電線を覆う絶縁物ができなかったのが大きな理由。
電気が途中で減衰して効きが悪かった。

865 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:55 ID:InqCUp8DO
>>838
ふーむ、確かに共産圏が絡まなきゃマシだったかも知れんなー
そうなると問題は国家が存続出来なかった可能性かな?

866 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:52:58 ID:1U4Z1eV50
>>822
松林宗恵監督はとある場でのインタビューで

この世で何が一番いかんことかというと
それは親より先に死ぬことですよ


と仰ってました。その想いをこめたのが映画「連合艦隊」だそうで

867 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:53:03 ID:iqLshSVo0
>>848
無条件降伏を条件の無い降伏と勘違いしてるバカを正しく導ければ嬉しいなぁ、とか。

868 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:53:07 ID:zKx6sNJJO
結構当たってたんだね。命と引き換えに成功した人、そうではなかった人も今は冥福を祈ります。
ただなあ、他に手がないからって特別攻撃=組織的に有人爆弾攻撃を行うってのはどうかと思うんだよなあ。
みんなから叩かれそうだが。
兵士にそこまでやらせちゃいかんだろっていう。
そうならないように策を考え国を軍を動かすのが上の責任だと。


869 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:53:08 ID:CdpBxehu0
>>832
もう相手しない方がいいよw

870 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:53:14 ID:wzhr08Vs0
半分は目的を達したんだな。しかしなんて作戦だよ。他になかったのか。

871 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:53:23 ID:Nrf2Wpli0
日本は熟練パイロットを休ませる仕組みが無くてすり潰して
ばっかりだったからな。消耗も激しかった。機体性能の差もあったからなおさら

872 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:53:32 ID:P2tJTJZL0
そろそろ寝るお
またな

ノシ

873 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:53:34 ID:wb4Ldddb0
日本海軍は、艦に乗員をしこたま詰め込んで、次々沈められていった。
それだけでは足りず特別攻撃隊を組織し、パチパチ落とされた。その命中効果率56%
結局日本海軍は完全に壊滅して敗戦を迎えた。

海軍は日本史上の駄目組織の頂点である。

874 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:53:35 ID:jIz5eLHFO
>>827
会社の為に過労死したり、今もあまり変わってない気がする。
残業断れない状況の人が多いし。
まぁ確実に死ぬ特攻とはレベルが違うがね。

875 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:53:47 ID:RwgIk7xA0
>>853
敗戦の責任を死んで果たした当時の日本軍司令部が、お前ほどゲスだったとは思えんのだがな。
自分の基準で測るのやめたら?

876 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:54:11 ID:Nrf2Wpli0
>>868
「今」のアメリカ相手ならそうかもね。
当時はどうかな・・・。

877 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:54:33 ID:JczcG2zL0
>>866
老いた足どりで 思いをめぐらせ
海に向かいて 一人佇めば
我より先に行く 不幸は許せど
残りて悲しみを 抱く身のつらさよ


か・・・。



878 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:54:48 ID:YJi+9kll0
>>843
一番肝心な国体の護持が明記されてるだろうが。国が残れば、やり直しはきく。

879 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:54:50 ID:g2d0Mcok0
アホが 特攻作戦が戦果を挙げたって、まるで財務省の金融政策を褒めるようなもんだw

880 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:55:38 ID:HxB2skkP0
>>621
だから英霊なんだろ
自分を犠牲にしたんだろ

881 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:55:48 ID:xhZ9yz660
>>831
負けだしたら同じことをするよ。

俺もお前もだ。

俺が特攻することで、本土の爆撃が一日遅らせられるかもしれない。
ならいくっきゃないっしょ!

一日でもいいから本土の人に平和な暮らしを長くさせたい。
それが特攻だ。

沖縄の市民も、艦砲射撃は特攻の間だけ止み
その間水汲みができたんだぜ。

882 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:55:52 ID:Yp4kU39W0
>>766
>つまり巡洋艦一隻落とすのに何機の特攻が必要だったと思われるという算定なんだ?

この映像を見てみろ。 エレベーターに体当たりして空母が丸焼けだ。使い物にならん。

          神風特攻隊 WWU 前編 4 of 5
http://www.youtube.com/watch?v=psUd9v9pJb0&mode=related&search=

883 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:56:21 ID:xT0OVGhw0
>>774
そこなんだよね。難しい評価ってのはわかる。ぶっちゃけ無駄だったんじゃないかとも思う。
しかしその後の対日政策に全く影響を及ぼさなかったとも思えないんだよ。
敗戦から占領政策、その後の政策までね。

この先は完全に個人的史観なんだけど、
日本が鎖国やめてから、これまでずっと、潜在的敵国はアメリカなんじゃないかと。
だからこそ逆に日米関係を最も重要視すべきだと思うわけだけどさ。

しかしこの数字に意味があるとは・・・・・さほど思わん。

>日本の国民を救うためには早期降伏という手段もあったから、軍の正規の
>作戦として行うべきではなかったとも言えるから。

これはその通りで、どのような戦時下においても軍としては決して許される作戦じゃないと思うよ。
だからと言って、特攻した人のことを無意味とは言えないというだけで。

こんな場所だと、
意味のない作戦で死んだ→無駄死に
いや、意味があった→特攻マンセー
このall or nothing 思考が多いけど、どっちも変だなという意味でね。


884 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:56:38 ID:FLRETWmK0
いつまで回天の機密文書を公開しないつもりですかアメ公。
そんなに辛い内容なのか

885 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:56:39 ID:wxJ7lm4E0
英霊安らかに

童話馬鹿サヨチョンの糞どもはきちんと片付けます

886 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:56:45 ID:M1pcpq1h0
http://www.youtube.com/watch?v=SgNqzibz3B4
なんかいろんな意味で涙が出てくるぜ

887 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:56:54 ID:rS3mVkxJ0
>>853
そんなことはない。
当時から有名で優秀なパイロットがたくさん投入されてる。
特攻するかどうかはその部隊のおかれてる状況の問題であって
パイロットが優秀かどうかで決まっていたわけではない。

もちろん優秀なパイロットがたくさんいて武器も温存されいて
通常攻撃で勝てる環境であれば特攻なんてしないのだろうが。
実際にそういう状況で通常攻撃ばかりしてた部隊もあった。

888 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:57:05 ID:lUQoKF7s0
>>864
銅線を紙で巻いて布で保護しただけという代物なんだよね
田舎の古い家で電気工事やってた時にそんな電線で配線されてたからビックリしたぞ
もちろん、全部撤去してまともな電線に代えたけど
あと、まともにアースがとれてなかったから雑音だらけだったはず

889 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:57:21 ID:NAn11AWo0
>>627
上海爆撃最初にやったのは外国人租界へ爆撃した中国軍のほうじゃない?

890 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:58:01 ID:vjOuwxS40
>>882
火災程度なら、簡単に修復可能
すぐに戦場に復帰できる


891 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:58:10 ID:TReuAv6T0
前の大戦で死んでいった人たちは尊い犠牲だったと思うし、その志には
かける言葉も見つかりません。

ただ、死ぬ方が、どうにか生き残る方法を探すより簡単という場合もあるし。
日本軍側は熟練した優秀なパイロットが勇敢に戦いすぎて、どんどん死んでいったいった
めに戦力が落ちていったという話しもある。

戦争なんてルールなんか無いんだからより勝利にこだわって非道なことが
できた方が勝てる。国のためとか武士道的に戦った日本軍と、
いかに自分の被害を最小にとどめ、相手を殲滅するかを論理的に実践した
米軍の戦闘の結果は明白だったんじゃないだろうか。

BAKA BOMB (米軍がつけた桜花のあだ名)と呼ばれた意味をよく
かみしめないと、、、





892 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:58:41 ID:CdpBxehu0
>>872
 ,.――――-、
 ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、
  | |  (・)。(・)|
  | |@_,.--、_,>       馬鹿が遁走でござるよ
  ヽヽ___ノ                     の巻

893 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:58:43 ID:iqLshSVo0
>>878
明記されてねーよ。
「その条件を追加すれば降伏する」と言ったが連合側はは突っぱねた。
その条件を追加させる事が出来れば
「条件降伏」(バカがよく使う「有条件降伏」なる言葉は無い)と言えようが、
そうでないので無条件降伏。

894 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:58:52 ID:egzJmssI0
兵隊さん  ありがとう

フィリピンで病戦死したおじいさんのお兄さん ありがとう

895 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:58:52 ID:UjhnfQMe0
>>882
一方、アメリカは一週間で一隻の割りで護衛空母(軽空母)を就役させてたりする・・

896 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:59:06 ID:hjEeXbq60
イチローを100人育てて
100人とも特攻させたら
モッタナイねー

でも
敵にまわせば
これほど恐い存在はないよー

897 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:59:22 ID:05QgZG010
女のために死ぬのも愛なら国のために死ぬのも愛
自分のために死ぬなら自己愛だ
ひとそれぞれ思うところがあったんだから後の連中がとやかく言うのは失礼だ

898 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:59:35 ID:xhZ9yz660
>>890
すぐってのは何ヶ月のことだ?

その間その空母を使えものに無くすればよい。

899 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:59:38 ID:HxB2skkP0
>>631
無知は黙ってたほうがいいよ


900 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:59:47 ID:NAn11AWo0
>>643
でも、当たらないからね。

901 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 19:59:51 ID:InqCUp8DO
>>883
0か1かでしか計れない人間のなんと多きことか…ってな

0〜100なら50とか30とか70とかあるのにな

902 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:00:28 ID:gvWwzwyF0
特攻隊って無理やりやらされたんじゃないですよね?
志願してなったんですよね?

903 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:00:42 ID:XT6tML0w0
むじょうけん‐こうふく 【無条件降伏】 - 国語辞書(大辞泉) [ 和英辞書 ] ダイレクト検索
一切の条件をつけずに降伏すること。[ Yahoo!辞書で他の用語を調べる ]

無条件降伏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E9%99%8D%E4%BC%8F


904 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:00:43 ID:sHF2eCfa0
日本人の特攻隊員たちは、現世に夢を描きつつも、かけがえの無い大切な人たちのために
「後に残った人々に自分が怨んでいたと誤解されたくないから」と
悲しみを内に秘めて見せず笑顔で飛び立っていった。
軍用機で敵軍の防御をぶち破って突っ込んでいった。航空機に限らない話だが。

回教徒が楽園で待つ永遠の処女欲しさに死ぬとか、それとの思想的優劣について論じる気は無い。
ただ民間人の格好でだまし討ちをする卑劣な犯罪者と、
正規の軍事作戦を行って死んでいった兵士たちを同列に置くことは許されない。
それは、煽り屋や共産主義者でもない限り、わかるはずだ。

905 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:00:46 ID:RSs1ihgt0
>>13 は靖国神社にお百度参りの刑な

906 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:00:46 ID:p4+Tp7DU0
「俺も後から必ず行く」と抜かした富永恭二や
「俺、死んだ方がいいかな?」と参謀に命乞いした牟田口がのうのうと生き残った理不尽。

907 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:00:46 ID:ASTmTwtR0
>>843
カイロ宣言読んだ?
http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j03.html
右ノ目的ヲ以テ右三同盟国ハ同盟諸国中日本国ト交戦中ナル諸国ト協調シ
日本国ノ無条件降伏ヲ齎スニ必要ナル重大且長期ノ行動ヲ続行スヘシ」

簡単にいうと、日本の国は、敗戦に対し何の条件も付けさせないと言っておる訳だ
一方ポツダム宣言は、日本の主権が及ぶ範囲を認めて、将来的に国際社会に復帰する事も
認めているのさ



908 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:00:55 ID:4EaXU0zK0
撃沈49
護衛空母3 駆逐艦13 護衛駆逐艦2
掃海艦艇3 輸送船4 上陸用舟艇12 補給艦5 その他7

撃破271
正規空母16 護衛空母20 戦艦11 巡洋艦11 駆逐艦84 護衛駆逐艦24 水上機母艦5
掃海艦艇26 敷設艦10 輸送船27 上陸用舟艇19 補給艦2 その他16

909 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:01:28 ID:wayHcB/k0
特攻隊を、「狂っていたから、こんあ愚かなことをやった」なんてバカにするやつがいる。
しかしよ、ハリウッド映画なんて自己犠牲というヒロイズムを賛美するような物ばかりだよな。
「ダイハード」「24」(ドラマ)「インディペンスディ」「アルマゲドン」「コア」

枚挙にいとまがない・・・

結局、特攻隊を妬んでいるだけなんだよな。

910 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:01:38 ID:7xrDUqeQ0
先人の皆様に敬意を表したいと思います
がんばっていきようぜ

911 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:01:47 ID:k3DuNkuL0
切腹>特攻>イジメ自殺

912 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:01:48 ID:3G/0/QSm0

 >>875
>>お前ほどゲスだったとは思えんのだがな。

おや、真実を知って不愉快でしたかな?
ま、当時の戦争指導者もその程度には、合理的思考ができたというわけだ。





913 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:02:05 ID:XVVMRjpk0
>>898
アメリカの軍艦建造の何がすごいかといえば、ダメージコントロールと量産だ。
何十隻も空母を傷つけたところで最前線の戦力に変化は無い。



914 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:02:10 ID:JczcG2zL0
>>902

断れないふいんきの中で志願させていた。

915 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:02:27 ID:HxB2skkP0
>>660
おまえ中卒なんじゃね?
考えが幼稚すぎる

916 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:02:34 ID:iwthk6Wz0
>>48
お疲れ様でした。

917 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:02:34 ID:lnLRrtzU0
>>839
ニート・ウヨ厨のID:05QgZG010は国家の為に必要有りませんから、
口先だけでキャンキャン吠えてないで、
さっさと御国の為に自殺して下さいませ。
話はそれからだw

918 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:02:38 ID:YJi+9kll0
今の日本人は、政策の選択が「いい選択」と「悪い選択」から「いい選択」を
することだと思ってる。現実は、大悪と小悪しか選択肢がないなかで、呻吟しつつ
なんとか小悪を選択するしかないことが圧倒的に多い。それに悪があるから、その
呻吟と選択を後知恵で否定するなど無知なもののすること。事実がどんどん
明らかになった今でさえ議論がある当時の状況で後知恵なく最良の選択をすること
など不可能だし、それができたとしてもたとえば開戦時点で何ができたというのか。
特攻だって、訓練不足でただ落とされ犬死にしてゆくパイロットに少しでも
有意な死の可能性を持たすという意味だってあったと思うぞ。

919 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:02:40 ID:LRjrv6Ok0
>>873
日本のホワイトカラーの将来を見ているようですね

920 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:02:55 ID:NAn11AWo0
特攻のキルレシオは圧倒的だからな。
敗戦直前の日本唯一の効果的な攻撃方法だった。

それにしても日本の反日左翼はどこで道を間違ったんだろう。
なぜここまで、人の心がわからないのか。

921 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:03:16 ID:05QgZG010
>>902
志願だよ
腰抜けが特攻なんてできねえだろ

922 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:03:16 ID:fNHBaa0c0
なんか無条件降伏でもめてるが
どちらにしろ日本人にはミズーリで調印してるときでさえ、どうなるかわからなかったんだろ
すべては戦後になってGHQがどうするか決めたことだ

923 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:03:19 ID:iqLshSVo0
>>907
だからお前は「無条件降伏」の意味を取り違えてるって。
それは、「カイロ宣言の条件を一切変えずに降伏させる事を目的とする」つてんだよ。

924 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:03:35 ID:+cWoM92bO
>>898
火災だけなら、3時間ありゃ十分だろ
艦橋部分に亀裂でも発生させなきゃ、修理の必要すら無い

925 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:03:58 ID:xhZ9yz660
>>920
日本人じゃないもん

反日さよは敵対国の走狗

926 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:04:01 ID:cAJdZHA50
潜水艦空母なんて考える日本はカッコエェ

927 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:04:04 ID:l0W7k7re0
防衛のために自殺攻撃まですることはなかったんだよな。

日本人の生命財産を守るのが戦争の目的なのに、
若者を自殺させて敵を巻き添えにしようなんて本末転倒もいいところだ。


928 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:04:19 ID:bkSVGv6Z0
彼らのような日本人がいたということを俺たちが知っていること、
それが日本の再生に繋がるんだよ。
それが特攻に際しての彼らの希望でもあった。

929 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:04:26 ID:1xFqvC/G0
>>749
>>無条件降伏の意味はその単語が初めて使われた南北戦争の当初からその意味だ。

違うね。「無条件降伏=条件の無い降伏」でいい。
当時の外交官で降伏文書調印にも立ち会った加瀬俊一は日本は無条件降伏したわけではない
とはっきり言ってますが?
有斐閣の国際法辞典でも「文字どおりの無条件降伏ではない」と記述されてますが?

930 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:04:28 ID:zaGI+krb0
そのうち海軍特攻兵器としてタダの浮き輪と海水パンツを渡されても不思議は無いぞ

931 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:04:48 ID:g2d0Mcok0
特攻隊はみんな覚せい剤やってたんだよ。 そうじゃなきゃまともな飛行機乗りが特攻なんて出来ない。

932 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:04:51 ID:HvotUcvr0
>>97
知覧か。あそこは涙なくして訪れることはできないな。あまりにも悲しすぎて、
また訪れるまで俺には数年かかる。

933 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:05:01 ID:InqCUp8DO
>>909
単に自己犠牲がキリスト教にも受けるだけだと思うよ
>>913
そもそも完全な自由選択なんて軍隊にあるかよ
アメリカの良心による退役制度ですらまともに機能してないってのに

934 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:05:14 ID:cR7NS5ce0
これ特攻初期でアメリカが対策取れてなかったフィリピンでの話でしょ
沖縄戦のころは熟練パイロットが尽きて学徒兵がオンボロ機に乗って出撃してたから
命中率はそれこそかなり低かったんじゃないの

935 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:05:16 ID:hvmAh1ye0
>命中効果率は56%

レイテ沖海戦での特攻開始時点ならこの数値はうなずけるが
S19・10月〜S20・3月までの半年間だと30%前後が妥当では?
もっとも終戦までのトータルだと18〜20%でさらに下がったが。

沖縄戦開始の頃にはピケット艦のレーダー網、空母からの迎撃戦闘機、
とどめにVT信管の対空砲火の三段構えで、ある意味“マリアナの七面鳥撃ち”より悲惨だ。
そんな事も知らずにただ“突っ込め”と命じた日本軍部は無能であり悪魔だ…

936 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:05:19 ID:M97MAx5E0
俺だったら死にたくないから少ない燃料で出来るだけ飛んだ後に着水するお(^ω^)

ほんでフンドシ白旗振って米軍に助けてもらうの

937 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:05:21 ID:UjhnfQMe0
>>902
そうでもない。公認特攻隊第一号と言って良い、神風特別攻撃隊敷島隊の
隊長、関行男大尉は「何故俺のような優秀な搭乗員が特攻なんかしなければ
ならないのだ?」とかなり憤慨している。彼は意図的に作られた軍神なんだよ。

938 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:05:28 ID:D4ND4Om60
>>37
それは桜花に限った話だね。

939 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:05:49 ID:1U4Z1eV50
有斐閣の辞典、好き

940 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:06:00 ID:HKzhypyp0
>>921
でも、考えてみると志願した奴ってバカだよね。
死ぬとわかってるなら、除隊して国に帰って平和に暮らした方がよかったのに。
おれだったらそうするな。

941 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:06:22 ID:192SFwQY0
>>914「はだしのゲン」にもそういうシーンあったな。

942 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:06:26 ID:xhZ9yz660
>>924
火炎瓶じゃあるまいしw

エレベーターに爆弾が放り込まれてそれですみかアホw

943 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:06:33 ID:7xrDUqeQ0
>>936
太平洋でいつまで浮いてられるかな・・。
サメでるしな

944 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:06:35 ID:j+aXDlz50
>>888
ガンバッテ探せば、今でも布巻電池もあるぞ。
紙巻電池もある(らしい)






第二次上海事変
8月14日、中国空軍が日本艦隊を空襲した。
しかし、爆弾の数枚はフランス租界や国際共同租界に落ち、
民間人に2000人あまりの死者が出た。
この日、日本海軍は九州から中国本土への航空機による空襲を行う、いわゆる渡洋爆撃を開始した。

945 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:06:45 ID:JczcG2zL0
>>931

う〜んその説はよく聞くんだが、確かな証拠は聞いたこと無いなあ。
別れの杯で「酒を飲むな!正常な判断ができなくなる!」と一喝した例もあるし・・・。

ちなみにヒロポンは「眠気ざまし」としてパイロットには使われていたが、中毒性も
認識されていたようだ。

946 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:06:52 ID:rZ9QH+JK0
http://www.youtube.com/watch?v=dyTbujAk51k

947 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:06:57 ID:fbD2awAn0
>>136
グラウンドゼロも好かんわ。
原爆とは比較にならんのだが。あらゆる意味で。

948 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:07:17 ID:InqCUp8DO
>>931
覚醒剤なんぞやったら機体コントロール出来ないだろうがよ

949 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:07:18 ID:k3DuNkuL0
しかし昭和天皇は長々とよく生き恥晒してたよな
本来なら自決するのがベターだろ

950 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:07:21 ID:HxB2skkP0
>>721
おまえは自分のウンコを食ってろ

951 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:07:26 ID:POCvqkgt0
>>870
いや、だからその手前で山のように撃ち落されてるんですけど・・・
それに触れないのは、何かの釣りですか?

952 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:07:39 ID:iqLshSVo0
>>929
>加瀬俊一は日本は無条件降伏したわけではない
それは、バカが勘違いしてる間違った意味(無条件降伏=条件の無い降伏)での無条件降伏ではないつってんだよ。
>有斐閣の国際法辞典でも「文字どおりの無条件降伏ではない」と記述されてますが?
文字通りに解釈して「無条件降伏=条件の無い降伏」と勘違いしてる人が沢山いたからそういう一文を入れたんだよ。

953 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:07:57 ID:KAUJ7uhi0
昭和20年の4月から始まった沖縄戦では、当時、大本営海軍部に所属していた亡き祖父の話だと、
命中率は3%なんだけどね。

「米艦隊に近付く前に、米軍の高性能レーダーに補足されて、ほとんど迎撃されてた」と・・・
まあ、今さらどーでもいいけど・・・



954 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:07:59 ID:g2d0Mcok0
>>945
少なくとも特攻前夜はみんなおかしくなるんだって。 だから必要そうな奴には覚せい剤打つんだよ。

955 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:08:03 ID:UjWLxdSN0
学校の教師に数%しか命中しなかったって教えられたぞ
思いっきり嘘じゃねーか

956 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:08:09 ID:zPms1gAC0
>そんな事も知らず
彼我の格差を知っているからこその特攻作戦だが?
効果が期待でき生還の望みのある航空攻撃を望めるなら
特攻作戦なんてはなからやらん。

957 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:08:13 ID:+cWoM92bO
>>940
お前はもっと深く考えた方が良い
特攻しなけりゃ空襲で死ぬのが現状だったからな

958 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:08:26 ID:gKwevCEL0
VT信管の登場で寸前で落とされまくりだったんだろうなと思ってたけど
凄い命中率だったんだな

959 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:08:58 ID:zgFTVZMa0
>>920
日本人を敵だと思ってる人たちだからだよ >日本の反日左翼

960 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:09:01 ID:Jj2R5VFw0
>>937
反日左翼 この言葉が既に答えかね
日本の事を思っての左翼じゃない、要は外患

961 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:09:10 ID:CdpBxehu0
>>952
もうお前相手されてないことに気づけよ

962 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:09:39 ID:B7ibqlmJ0
知覧特攻平和会館に1度くらいは行ってみるといいかもね


963 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:09:46 ID:4EaXU0zK0
命中率と成功率の違い
酷い印象操作です

964 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:09:53 ID:+SP1N8Tb0
特攻で助かった人たちもいたのにね

965 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:09:54 ID:38jHsrM40
今の日本人なら先陣きって戦争止める役に回っていいはず

966 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:00 ID:XFMbBJGG0
>>882 これは敵方からみたらかなりうざいなw
   はなっから捕虜に成る気がないし突っ込んでくるもんだから
   ダメージ云々より戦艦乗員の恐怖と心理的プレッシャーが凄く強そう
   まぁ神風やったせいで優秀なパイロットが死にまくったから
   大和なんかより空母つくってりゃよかったかもね

967 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:00 ID:ZSMFjI3Z0
>>909
ダイハードって特攻してるっけ?

968 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:08 ID:sHF2eCfa0
>>951
そういうのは、大戦末期の帝国海軍航空隊の実力を過大評価しているんだよ、きっと。

戦かが殆ど絶えていたんだよなあ。
通常攻撃で連合軍を叩けるなら何もわざわざ特攻をしないわけであって。
どうも、狂気的な作戦であると考えているフシがある。

合理的な計算の産物だったんだよ、特攻は。
戦術とは、戦略に既定された条件の下で目標を達成するために、
如何に効率的に兵を死なせるか、についての業だから。

969 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:14 ID:g2d0Mcok0
で、やっぱり特攻に選ばれる人は選ばれる理由があったみたいだよ。 まあ人民裁判による死刑みたいなもんだね。

970 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:16 ID:0rGqua0Y0
無駄死にだね。かわいそう。
やだやだ・・・。

971 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:22 ID:tFi/3UJB0
同じ特攻でも海軍と陸軍では違いって、あるの?

972 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:23 ID:+cWoM92bO
>>942
俺は映像を見とらん。携帯だからな
よって、それは判断出来んな。出火場所にも、そりゃあよるだろうし
ただ、艦橋部分に火災発生だけなら、3時間でOK

973 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:33 ID:yfmc7NkU0
>>958
だからVT信管の話はNHKの偽造だよ。
特攻機の最大の敵は飛躍的に性能の上がったレーダーと艦載機

974 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:36 ID:HxB2skkP0
>>755
美化してると考えてるおまえの頭が狂ってる


975 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:41 ID:CvxazG/K0
第2世界大戦で特攻(自爆攻撃)をやったのは日本だけじゃない。
イギリスとイタリア、フランスもやってる。

976 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:49 ID:xbWIBQt80
>>940
そんな馬鹿の寄り集まりが、軍だ。

977 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:53 ID:emZU5tWz0
>>882
大成功例はともかくとして、ディスカバリーチャンネルが特攻隊ドキュメントを製作してたのか。意外だ。
あと驚いたのは、特攻機の両脇に逃亡防止役の機体がついてたのな。
とりあえず当時の言い分としては、特攻機の援護と見届け役だったと言うことらしいが。

978 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:10:55 ID:lnLRrtzU0
>>909
無念にも特攻で御国の為に散った当時の若者達ならともかく、
戦前の朝日新聞みたいに特攻自体をヒロイズム化してマンセーし囃し立てている様な輩は
バカにされても仕方が無いと思うが。

979 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:11:17 ID:RwgIk7xA0
海ゆかば水漬く屍 山ゆかば草むす屍
そして空ゆかば空飛ぶ屍、よ。

980 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:11:19 ID:DreNOMmUO
坂井三郎の自伝を読むと、坂井小尉ほどのエースパイロットでも、特攻出撃の命令が出たらしい。
坂井小尉の上官は、特攻の命令電文を読み終えると、指揮所にあった黒板を怒りのあまり叩き壊したそうだ。
ドイツ空軍でもB-17に対して特攻攻撃が行われたし、日本でもB-29に対して特攻攻撃が行われた。
当時の、特攻隊員の遺書には、軍上層部に対して怒りを込めたものも多数ある。
自分の中では、先の大戦で亡くなられた隊員の方は、間違いなく英霊です。

981 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:11:25 ID:xhZ9yz660
>>940
除隊して帰って
焼け野原になって死んだ両親や親戚を見るわけだ。

俺が特攻さえすれば生きていたかもしれないのに
なんて悔やみながら一生生き続けることになるだろう

その時、できるだけのことをして食い止めたのが当時の日本だ。
生きた人間も死んだ人間も、精一杯戦った。

982 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:11:26 ID:POCvqkgt0
>>955
特攻で出撃した数と、航空機に突入されて損害を蒙った艦の数がはっきり
してるんだから、その数字は信頼出来るでしょ。

983 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:11:27 ID:Jj2R5VFw0
アンカーミスしてしまったw

984 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:11:28 ID:iqLshSVo0
>>961
現実に於いて相手されてないのは無条件降伏を勘違いしてるお前らだがな。
日本は(俺が言ってる正しい意味においての)無条件降伏をした、
つーのが日本政府においてもアメリカにおいてもその他各国に於いても公式見解。

985 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:12:19 ID:RSs1ihgt0
米軍が特効をbaka bombと呼んだのが、ただの強がりだったのだと今ならわかる。

米軍兵の中にはノイローゼになって除隊する物が続出したんだっけ?

986 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:12:31 ID:9nig6Yqn0

意志の強い方々が順に死んで、残ったのは共産主義やら、意気地なしやら・・

孫の代まで苦労しとるがな。


987 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:12:40 ID:/O8J3Axf0
詳細な算出方法がわからんからな

988 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:12:47 ID:Bkq1A5/A0
>954
覚醒させてどーするw

逆。麻薬だろ、麻薬。ヘロインとかの。

989 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:13:06 ID:B7ibqlmJ0
http://youtube.com/group/rengo

990 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:13:15 ID:HxB2skkP0
>>790
おまえはゴミクズ以下


991 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:13:30 ID:UCdxADaB0
特攻による日本人への脅威が原爆を2度も落とさせたんだな。

992 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:13:42 ID:CvxazG/K0
>>977
戦果確認機か?逃亡防止じゃないぞ。
散果していく仲間を目の当たりにして後を追って突っ込んじまった確認機も多い(爆弾抱えてない機体が突っ込んだ例が米軍側にも多数記録がある)

993 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:13:43 ID:+i4SxTiC0
30 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 18:07:11 ID:x3smcIru0
命中数/出撃数
じゃなくて
命中数/(出撃数-途中で落ちた数-手前で落とされた数)
なのか?


994 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:13:44 ID:fNHBaa0c0
>>988
いやダウナーじゃやばいだろw
海落ちるぞw

995 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:13:44 ID:XVVMRjpk0
>>982
実はアメリカ側の戦果の資料も数字的なつじつまが合わないことが多い。
戦後長く機密指定の資料が多かったせいもあるが、戦史上の謎になっている。

日本ほどひどくは無いけどね。
だから大規模な航空戦なども戦果の数値が資料によりばらつきがある。


996 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:13:57 ID:05QgZG010
ID:lnLRrtzU0くんもきゃんきゃん吠えなくていいからね
へたれw

997 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:14:00 ID:ELQDmoqw0
>>985
いや、桜花はバカだと思うぞ。
出撃した人間は別として

998 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:14:02 ID:2gFbwW1j0
999get記念【特選ムダ知識】
★ヌー速+民は、何気に土日より平日にハッスル
レス数を各曜日ごとに集計すると・・・
--------------------------------------------------------
●04/10/3〜04/11/6(約一ヶ月)  ●04/9/12〜05/3/5(約半年)
日  103,187                 570,427
月  107,288                 578,778
火  129,125                 663,307
水  125,806 (゚∀゚)             691,140
木  135,075 (゚∀゚)             711,882 (゚∀゚≡゚∀゚) ?
金  130,076 (゚∀゚)             683,145
土  114,815                 623,550
--------------------------------------------------------
★謎の水、木、金。 
大事件等にはほぼ関係なし。尚、アクセス数では無くレス数。
※ どうしても自分で確認したい人は「各板の1日ごとのレス数」(足し算必要)

999 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:14:17 ID:8V0uZaos0
英霊に敬礼!!

1000 :名無しさん@七周年:2006/11/15(水) 20:14:23 ID:Esq+h9Ns0
芙蓉隊の物語って映画にならないかな。
特攻を拒否して最後まで戦った夜間飛行隊。
でも、致死率は特攻部隊に近かったんだよな。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

246 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)