5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ゲンダイ】書評「何でも多数決で決めるのが民主主義なの?」と日刊ゲンダイ

1 :シガテラな本屋さんφ ★:2006/12/25(月) 19:58:55 ID:???0
12月21日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 マトモな民主主義国家とは思えない事態が国政の各場面で進行中のニッポンだが、そもそも民主主義とは
何なのか!?  そんな根本的な疑問にユーモアたっぷりの語り口で答える「デモクラシー(検)定」
(石埼学著 1500円)が大月書店から刊行された。

 本書は、民主主義の説明として「多数決が原則」「国民主権」「議員は国民の代表」は正しいか答えよ、
という9問の問題集スタイルで、その理解度を“検定”する構成。このうち「多数決」をテーマにした
問1については「あくまで原則であって、その結果が常に正しいという保証はない。国会議員の多数によって
決められた自衛隊のイラク派遣も、大量破壊兵器という決定の根拠が間違いだった」と指摘。続けて「多数決
は、どうしても決めなくてはならないことをとりあえず決めるための暫定的な必要悪。やむを得ないときまで
ガマンし、多数決に至るまで十分議論するのが望ましい」と解説している。「公共の福祉=全員の利益とは限
らない、人権は多数決をもってしても奪ってはいけない、敵前逃亡は当然の権利であるなど、この本を読むと
民主主義というものが実はかなりラディカルな現代思想だということがよくわかる」と、担当編集者・岩下氏。

 読み進むうちに、この国が置き去りにしている民主主義の本質がくっきり浮かび上がってくる画期的なガイ
ドブックだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061221-00000018-gen-ent

2 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 19:59:25 ID:6RtmpEkm0
民主主義を辞書で引け

3 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 19:59:34 ID:LFDQwoot0
222222222

4 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:00:31 ID:B+4NgAwe0
「何でも検定で決めるのが民主主義なの?」


5 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:00:40 ID:3B88+rrU0
>>1
本の内容はまあまともだと思うが、スレタイの『ゲンダイ』が全てを台無しにしてるなw

6 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:00:44 ID:gsUlBd4/0
数は力なり

7 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:00:47 ID:nxHg0W+F0
大勢で決めても少数で決めても結局同じだから帝政にしようって趣旨か?

8 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:00:52 ID:0Z05FVjY0
>「あくまで原則であって、その結果が常に正しいという保証はない。国会議員の多数によって
>決められた自衛隊のイラク派遣も、大量破壊兵器という決定の根拠が間違いだった」

これ、なんか上手い事指摘してるつもりなんだろうか・・・?
石埼学とやらは馬鹿だろ。

9 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:01:22 ID:5XzIM9au0
ゲンダイが普通のこと言ってる・・・

10 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:01:41 ID:5LK9Ub+/O
ゲンダイが存在できる国家が民主主義国家だよ

11 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:02:56 ID:wohs0cus0
話し合おうとしても、気に入らない事が有ると話し合いの場に
出ようともしない能無し野党ばかりですが、何か?

12 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:03:01 ID:10Uy7zHs0
どうみても中二病です。ほんとうに(ry

13 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:03:04 ID:WD+qpseI0
最終更新:12月24日10時0分 12月24日10時0分配信 日刊ゲンダイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061224-00000012-gen-ent

 在日朝鮮人に乗っ取られた講談社は、何が何でも北朝鮮に対する日本の
経済制裁をやめさせたいようだ。それだけ、日本の経済制裁が効いている
ということなのだろう。朝鮮人勢力の必死さを見れば、よく分かる。


14 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:03:16 ID:eNHzV8Pj0
社会主義者の言う「民主主義」と、
普通の人が想定する「民主主義」って違うんだよな、確か。

15 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:03:29 ID:DpU41HVA0
サイレントマジョリティ

16 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:04:21 ID:IjKHUh5B0
何で石埼学なんて聞いた事もない個人が書いてる本1冊を
これぞ民主主義なんて自信満々に言えるのかな。根拠は?

17 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:05:41 ID:joCxLvIG0
>あくまで原則であって、その結果が常に正しいという保証はない。

当たり前だ。常に正しい結果が得られる方法が存在するなら教えてくれ。
結果論でイラク派遣語られても意味がない。

18 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:05:58 ID:eQW08cNiO
まあ少数決より多数決が少しはましなわけだ。議論を尽くす?じゃあ法案成立まで10年かけるのか?

19 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:06:45 ID:a/YSmaJ90
朝鮮民主主義人民共和国

20 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:08:34 ID:WUeTQxpN0
大月書店(笑)

21 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:11:23 ID:DS5lYXDY0
>>17
> 当たり前だ。常に正しい結果が得られる方法が存在するなら教えてくれ。

自由主義。

=司法で取り入れている方式。民主主義は完全に排除される(たとえば、議会で
 多数が賛同した法律でも、人権に反しているとなると違憲無効と判決できる)

22 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:11:46 ID:SWOMco8Z0
>>1
> 多数決は、どうしても決めなくてはならないことをとりあえず決めるための暫定的な必要悪。
> やむを得ないときまで ガマンし、多数決に至るまで十分議論するのが望ましい

アホらし。
こいつが一番、民主主義をわかってないだろ。

23 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:12:16 ID:gmoqWSXG0
>大量破壊兵器という決定の根拠が間違いだった
大量破壊兵器が見つかってたら正解だったのかよ!

24 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:12:27 ID:wuJ0cEr2O
話し合いで決まらないことで、
力の強い少数(貴族)の意見だけが通る事の無いように、
その他大勢(民衆)の意見が通るようにしたのが民主主義だと思ってた。


25 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:12:30 ID:oEJjbZe90
問題外の半数の国民にも支持されない少数派と日本以外の声を国内で反映させたい人は
民主主義を否定して代案はなんなんでしょうか。
(朝鮮)民主主義だったりして

26 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:12:46 ID:nRFDbZim0
人権守れとかそんな当たり前のこといわれてもな

27 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:12:55 ID:mgnRvy600
灯台デモクラシー

28 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:13:19 ID:XjNPQZrg0
石埼学でぐぐってみると出るわ出るわって感じの人だな。
共産党系なんだろうが。

29 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:13:21 ID:uLhNlQoh0
サイレントマジョリティを考慮して(ry

30 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:13:32 ID:Kzuu+pR20
>>23
正解だよ。見つかれば、少なくともアメリカが「間違っちゃったテヘ」などと言う必要はなかった。


31 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:13:32 ID:a/aHNO/I0
少数意見にも耳を傾けるのも必要だが
結局は多数決でないと何も決まらない

32 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:13:50 ID:WEKbmpsD0
十分に議論を尽くしって
時間は有限と言う事も知らないのか
そして一体誰が十分に議論を尽くしたと判断するんだ

33 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:14:02 ID:KWLDbeXU0
そうですが何か?

34 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:14:46 ID:BQG6dQ/C0
天皇陛下による人治はどうだろうか?

35 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:14:57 ID:q7CU9tXc0
時間切れだからって…
本当に民度が低いのな

36 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:15:58 ID:a03B0Gu40
ゲンダイは全体主義マンセーだからな。

37 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:16:28 ID:HfcMNpb+O
赤は死刑でおK


38 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:16:33 ID:0fe0NQ6M0
日本は官僚国家。

39 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:16:43 ID:e1MY+8MaO
トウダイモトクラシー

40 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:16:49 ID:OsKsp4GW0
多数決に不満があるなら戦争だな。
殺し合って勝った方の好きにしたらいい。
そんだけ。

41 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:17:01 ID:wmJ6jsEWO
でも日本の多数決民主主義は選挙までで終わってるよな。
国会審議になってしまえば民意などあったもんじゃない。
間接民主制が聞いて呆れるぜ。

42 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:17:20 ID:LnNtMYQc0
>人権は多数決をもってしても奪ってはいけない

死刑反対と言う事か。

43 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:17:54 ID:ZKyJN6PM0
ヒュンダイおすすめの体制は主体思想体制なんだろうなw

44 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:17:59 ID:VdDYqGNzO
そうですよwwwwwwwwサーセン

45 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:18:00 ID:Dt1/nlMp0
民主主義をしたくても野党が売国政党で役立たず
公明と共産、民主の保守派は、何とかやっているけど他は税金泥棒
金返せボケ!

46 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:18:07 ID:cG51RX9E0
サイレント魔女リティ
ふぅびっくりしたぁ

47 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:18:27 ID:uIQEw6EG0
少数派の意見は聞く。でも決めるのは多数決。
多数者が少数者の意見に従う必要はない。

48 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:18:53 ID:fP2GP7zW0
>>41
>国会審議になってしまえば民意などあったもんじゃない。

その後の選挙で民意を示すわけだが。

49 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:19:39 ID:GwcRfiiy0
>>1

正解が不正解かを民主主義で決めるんじゃなくて、
結果を全員で責任を持ちましょうって制度だろ。

50 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:20:10 ID:LnNtMYQc0
メンシィビキ独裁

51 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:21:08 ID:w2Qem0hz0
逆に少数の者だけで決めるのは、独裁なんだよwww
多数決って素晴らしい。


52 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:21:14 ID:14sYUB8O0
多数派が強くなった途端、多数決駄目ってwwww
馬鹿だろw

53 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:21:15 ID:wJTiR64t0
どうせ多数意見が自分の側に有利だったら逆の事いうクセに

54 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:21:15 ID:dAdolvWB0
引き続き民主主義とリベラリズムの関係、立憲主義とは何かさえ理解していない低学歴の戯言をお楽しみください

55 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:21:20 ID:PJpWmVT+0
ラディカルってどゆいみ?
ラジカル反応のラジカルの事か?
だとしたらどういう意味になるんだ…?

56 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:22:05 ID:WpOcSuJp0
常に多数派が有利になるようにしないと破局が訪れる
数は力でありいかなる法も暴徒の前では役に立つとは言いがたい

ツチ族とフツ族の内戦の経緯をご参照下さい

57 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:22:12 ID:fTvEwpHZ0
>「あくまで原則であって、その結果が常に正しいという保証はない。国会議員の多数によって
>決められた自衛隊のイラク派遣も、大量破壊兵器という決定の根拠が間違いだった」

根拠が間違いだったことと、「多数決」という決定の仕方の是非と何の関係があるんだ?
それ以外の方法で決めたって、その間違った根拠に基づく結果になるだろうよ。

58 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:22:54 ID:OsKsp4GW0
>>49
日本国憲法 第3章 第15条

選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

59 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:23:15 ID:s0TOR4kU0
イラクは、核査察をちゃんと受け入れず、非協力的であったから
「核を持っていると判断され、攻撃された」のであって
「持っていたか無かったか」は問題外だと思うのだが。


60 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:23:18 ID:Kwg6Ktv00
>>41
そんなこと、大昔の西欧の学者先生が言ってるよ。

61 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:23:22 ID:NeWB8K930
民主主義=サイレントマジョリティ

62 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:25:02 ID:DDcaSHlR0
多数決、選ばれた人間が決める多数決
別に日本国民すべてが手を上げた訳じゃない
しかもみんなが一つ一つの事案に深い理解を示している訳でもない
メディアはその事が解っていても、上辺だけの奇麗事で非難だけ書き連ねている


63 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:26:28 ID:OsKsp4GW0
ゲンダイとか石埼学みたいな馬鹿が多いから、多数決で決めるしかないんだろ。
多数派を形成できなかった者は、戦争で首を取られたも同然なんだから(その案件については)黙って従え。
馬鹿に足を引っぱられたくない。
そんだけ。

64 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:27:02 ID:a/aHNO/I0
多数の側は少数の意見など聞く耳持たないと言ってはいるが
少数の側も多数の意見なども聞く耳持たずで自分の意見言ってるだけで
どっちもどっちだな

まあ小数でしかないのは選ばれてないのだから

65 :院生(法律):2006/12/25(月) 20:27:18 ID:BvLOMiIt0
つーか、民主主義と多数決は厳密に言うと違う。大学で憲法勉強すれば
すぐ習うだろうが。
簡単に言うと、民主主義って言うのは一定の価値観を前提にしている。
天賦人権とかね。
だから、それに反するような多数決を容認しないようになってる。
憲法は、そのためのシステムとして機能するんだな。

たとえば、国民の9割の人が「アサハラショウコウはけしからん奴だから、
ふつうの死刑じゃなくて、車裂きにしよう」という決議案に賛成したと
しよう。でも、これをそのまま実行して、アサハラを車裂きにするのは、
(現代的意味においての)「民主主義的」じゃない。
これは、残酷な刑罰を禁じた、そして法律によって裁かれることを犯罪者に
認めた憲法に反するからね。
そゆこと。

66 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:27:28 ID:f/gRsKlK0
「中韓と仲良くすべきか?」−「NO」が過半数
というアンケート結果を「サイレントマジョリティを
考慮して」正反対の結果を出した奴もいたな

そいつの文章も胡散臭かった

67 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:27:30 ID:wJTiR64t0
神の様に賢い(←ああ勘違い)自分の認める多数派意見は、
賢い大衆の正しい意見であり真理。
神の様に賢い(←ああ勘違い)自分の認めない多数派意見は
愚かな大衆の間違った意見であり不条理。

って言いたいだけだろ?

68 :TAKASHI:2006/12/25(月) 20:28:18 ID:SlWvoxtB0
>>1
>>多数決で決めるのが民主主義?
さすがはゲンダイだな。
大嫌いな政権なら「多数決で決めていいのか?」と騒ぎ、
大好きな政権なら「民主主義は多数決ではないのか?」と言うだろう。

69 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:28:48 ID:3NLOMy3q0
「何でも反日で決めるのが民主主義なの?」>バカゲンダイ

70 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:29:19 ID:p1SxZB9p0
少数の個人の意見だけで決める事は、
その他の人間は集団に対して何の意志表示も意志決定もできない訳で、
少数の人間が決めた事が間違っていた場合、その他の人間まで不利益を被るシステムは公平。

少数の自称正しい人だけで運営された集団は
「結果に対して責任を負う」という根本的な部分が欠落するからな。

「少数派でありながら今の集団の決定した事が嫌なら出ていけ」これに尽きる。

71 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:29:56 ID:KCkgjpRg0
支持率100%の金正日も国民の多数決で選ばれた立派な指導者だよね

72 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:30:54 ID:3C3q7lIG0
当たり前じゃねえか…。
ゲンダイって馬鹿なの?

73 :院生(法律):2006/12/25(月) 20:32:22 ID:BvLOMiIt0
じゃあ、
>>70には何の罪もないけど、顔がむかつくので、財産没収のうえ死刑」
という議案に、国民の51パーセントが賛成したらどうよ?

こういう場合、
・多数決に従えば、>>70は財産没収の上死刑。
・(立憲)民主主義に従えば、そんなことは憲法違反なのでできない。

つまり、民主主義とは、多数決の上に、「憲法(あるいはその上位規範)」を
置いて、多数決の欠点を補充するシステムなのだ。

74 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:32:34 ID:ZCxi+LCU0
このスレは独裁マンセーにしたいのかね。
民主主義とは多数決に決まっているだろうが!
原則ほど大事なことは無い。
例外を連発すると、怒るのはサヨだろ。

75 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:34:15 ID:s11dQGG50
つ〜か、別に民主主義は正しい結論を出せる方法なんかじゃないし〜。

76 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:36:24 ID:Kwg6Ktv00
>>58
それは「責任」の意味が違う。

他者に「選択責任を問われることは無い」が、権限を委任する責任は負うんだよ。.

77 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:37:49 ID:orK/YkOa0
じゃあ独裁で意見する間もなくゲンダイは国外追放

78 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:39:28 ID:Kwg6Ktv00
極論を言えば、「絶対に正しいものなんてのは無い」ってのが、民主主義の理念だろ?


79 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:41:25 ID:Koi/LWbzO
まとも〜って言うが、ゲンダイがまともだと思う人なんかいないと思うぞ

80 :院生(法律):2006/12/25(月) 20:42:06 ID:BvLOMiIt0
というかね、多数決というのは怖いぞ。
51パーセント有れば勝てるんだから。
49パーセントの方につくと負ける。

憲法学的には、何で多数決で勝った方の意見に、少数者が従わなくては
いけないのか、ということが、未だにまじめに議論されてたりする。
まあ、9:1なら仕方ないかなって感じだけど、50.1:49.9だったり
するときは、投票は1回オシャカにして、折衷案を探る方が合理的なんじゃないか、
って気もしない?

憲法学の通説は、一応この疑問に答えを出しているんだけど、答えは書かないで、
考えてもらった方がいいかな。

でも、一つ覚えておいてほしい。もし、世界が多数決が万能の世の中になったら、
「君は、常に、50パーセント以上の人に好かれるように行動しないと、
身の危険がある」ということだ。
法律が守ってくれる?それは、法律の方が多数決より優先するって事かい?

81 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:42:43 ID:OsKsp4GW0
>>73
法の不遡及の原則に反するのでそれはできないが、天賦人権も民主的な手続きを踏んだ上でなら変更可能。
民意の上位原則は存在し得ないというのが、民主主義の根本原則。
ダメ教授に馬鹿なこと吹き込まれて本気にしてんじゃねえよ。
ばーかばーか。

82 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:45:00 ID:P9Zv/6TZ0
ttp://www.otsukishoten.co.jp/search/Author.asp?ID=39352
ttp://www.asia-u.ac.jp/gakubu/hougaku/ishizaki.html

また立命館の勘違い野郎か。
亜細亜大とか分散しないで,立命館に篭もったまま出てこないでくれ

83 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:45:21 ID:BRpoOYT10
>>22>>32>>35>>51>>68>>70>>72>>74
こいつらの言う民主主義ってのは、「朝鮮"民主主義"人民共和国」の「民主主義」。

定義が、というか根本的な信条が最初から違うんだからいくら議論しても平行線に決まってる。

84 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:46:17 ID:b6guAb0EO
そして自分が多数派だと

国民の声を無視するのか!
かよ

85 :院生(法律):2006/12/25(月) 20:47:05 ID:BvLOMiIt0
>>81
それは、法実証主義といって、確かにあり得る立場だ。
でも、現在の日本は、そういう立場を取っていないよ。

日本国憲法前文
「これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」
さいごに「憲法」が入っているのに注目。
この憲法が保障している君の権利は、新たな「憲法」を作っても、
奪うことはできないのだ。

システム上はね。
もちろん、明日中国が攻めてきて国が崩壊したら、憲法に何が書いてあっても
ムダなわけだけど(w

86 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:50:59 ID:WpOcSuJp0
>これは人類普遍の原理であり

ここからして間違ってる気がする

87 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:51:55 ID:p1SxZB9p0
>73
上位である憲法を無視する法案が通る国だったら有り得なくもないが、
日本は憲法で保障されている権利を破る事はないからね。

その憲法を51%が変えた事でブサメンの俺に危機が及ぶ事を感じた時に日本から出ていけば、
俺の顔がブサメンだろうが俺の財産を日本が取り上げる事はできないわな。

多数決の欠点は差異が少なければ少ない程、死票になった多くの一意の反対意見が社会に反映されない事だが、
「集団」が個人の持ち物でなく、決定権に対して個々に差異が無い以上、
多数決は非常に消極的な決定ではあるがベターな選択である事は事実。

腕っ節の弱い人間が強者の上に立つ為の条件はたった一つ「皆が決めた決まりを皆が守る事」。
それを否定するという事は強い人間が腕っ節で上に立つ事を許す事になる。

基本的に流されやすい弱い奴は腕っ節の強い奴にくっついた方が喰える訳で、何時の世も腕っ節の強い少数派はありえない。
故にこの手の少数派の自称俺様が正義の連中が上に立つ事を正当化する理由は何処にもない。

88 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:52:48 ID:GQpNEtl00
>>85
中国が攻めてくる時に国民総動員で対抗するために平時の人権など要らないと煽れば改憲できるな。

89 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:52:49 ID:OsKsp4GW0
人間にとってリアルな現実とは"死"しかない。
死に直結する金と暴力のリアリズムを否定することは不可能。
しかしとりあえずは、政治意志決定上の暴力の介在を排除するというのが民主主義。
おかげで殺し合わなくてすむ。
民主主義は、金の暴力を否定した結果、直接的な暴力に極端に依存することになった共産主義よりはマシというだけの物。
数の暴力を否定したら、直接暴力の独裁政治に陥るという不安を否定することは誰にもできない。
そんだけ。

90 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:53:08 ID:iB6BDG8x0
村八分ヒュンダイのつぶやき

91 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:54:01 ID:gVQIZGPY0
>>68
ゲンダイは、田中康夫政権の樹立を目指しております。

92 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:55:12 ID:+8JT7BWq0
現代の主張要約
数の論理では国を正しく導くことは出来ない。
・・・が故に愚衆によって北朝鮮の政権を崩壊させても
意味はなく、このまま独裁者によって統治されるべきである。

93 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:55:19 ID:GeFXTNlX0
多数決以外にどうやって決めるんだよw

94 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:56:56 ID:ijl97gxl0
>敵前逃亡は当然の権利である

平時の今に当てはめれば、脱税?

95 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:57:13 ID:WpOcSuJp0
あとさ、憲法はどの国でも一度は作った後
代議士なり国民投票なりで民意を問うわけじゃん?

日本国憲法ってGHQが作ってその指令で
GHQ&進駐軍の監視下で議決>公布させられ
今に至るまで武装米軍が一人も国内から
居なくなった事はないよね?

いまさら無効だ!なんて訳には行かないんだろうが
机上の論としては現行憲法は正当なのかしら?


96 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:57:53 ID:OsKsp4GW0
>>93
ゴネ得狙いのダダこね厨のよく言う詭弁だよ>>1は。

97 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:58:37 ID:IVSzewpT0
多数決を否定する論拠は、少数派の方が「優れている」からだという。これを
突き詰めていけば、「優れた」意見を持つ一握りの政治を行えばいいわけで、
専制君主制とかテクノクラートによる支配に結びつく危険な意見だよ。

確かに多数決は必ずしもいい結果を生み出さないかもしれないが、これを維持
することこそが民主主義の大原則。マクロとしては正しい方向に進んでいると
信じて、しっかりと政治に参加することこそが我々の責務だと思う。

98 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:58:44 ID:AI4czuwM0
プラトンの『国家』すら読んでいない馬鹿が知ったか語るな

99 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:59:14 ID:af0q9BcM0
参加による関心と責任

100 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 20:59:28 ID:C9iS6Y8F0
>敵前逃亡は当然の権利

そんな権利認めた民主主義国家って歴史上存在した事あるのか?
ここのところだけでも確認したくなってきた。本屋か図書館行ってみよ。期待はしてないが。

101 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:00:06 ID:TCr2eWBIO
アメリカ型の民主主義なんて要らない。
日本は農本封建主義がいちばん性にあってるんだ。
支配者はずっと支配者でいいよ。いわゆるノブレスオブリッジを堅持してくれれば。
あとバクシーシやってくれれば。


102 :98:2006/12/25(月) 21:00:24 ID:AI4czuwM0
>>作者
ね。

103 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:00:28 ID:PP56cNSB0
> あくまで原則であって、その結果が常に正しいという保証はない。
これは「多数決は正しいか?」という質問なのか?
それとも「多数決は原則か?」という質問なのか?

> やむを得ないときまでガマンし、
> 多数決に至るまで十分議論するのが望ましい
やっぱり原則は多数決なんだよね?

つか、「多数決が原則」っていうことを前提に話進めてるんだからこの結論は最初からわかってることでしょ?
何が言いたいんだ?

104 :院生(法律):2006/12/25(月) 21:00:41 ID:BvLOMiIt0
>>87
多数決の上に憲法を置くことを認めている点で、君は多数決主義者ではなく、
民主主義者の立場で話をしているね。

多数決の最大の欠点は、死票の多さではないよ。
純粋な多数決主義の欠点は、それが少数者の人権の無制限な制約を
許してしまうことだ。
つまり極端な話、完全多数決主義の社会では、50.1パーセントの王様と、
49.9パーセントの奴隷が生まれる可能性がある。50.1パーセントが堅く
団結してしまえば、49.9パーセントは、奴隷に甘んじるか、君の言うように
財産をまとめて国から出て行くしかない。

民主主義は、そのような多数の横暴から、少数者を守るための、一種の
技術だ。君が、無実なのにある犯罪の嫌疑をきせられたとしよう。
国民全員から君が憎まれても、君は正当な裁判を受け、無罪判決を得れば
生き残れるよ。これは、腕っ節の弱い個人が、腕っ節の強い奴らに勝てる
例だな。

105 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:01:16 ID:p1SxZB9p0
>100
敵前逃亡は帰属する集団に対する背任行為だから撃ち殺しても良いとスターリンが云ってた。
直接聞いたから間違いないよ。

106 :名無しさん:2006/12/25(月) 21:01:44 ID:mN2ma/vY0
サイレントマジョリティを考慮すればいいじゃん

107 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:01:53 ID:6gij+LxJ0
健全な民主主義の実現には良識ある国民の存在が必要だが
政府が率先して国民を白痴にしておこうというのが現代日本
愛国心マンセー

108 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:02:11 ID:LzC5grsI0
>>1
また随分つっこみどころのある気違い文書だな……


109 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:02:59 ID:SON5hF5i0
ふー、びっくりした。
>1みたいなキチガイも許容されるのが民主主義の良いところだね☆

110 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:03:43 ID:wnKDbrEW0
そんなのみんな知ってる。

111 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:03:43 ID:hgWkx1aiO
>>109
ワロスww

112 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:04:14 ID:UYx8W8a70
民主主義は次善の策なんだからそりゃおかしい点もあるだろうよ
しかも間接民主制なんだから
民主主義の利点は間違えない事じゃないと思うんだが

113 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:04:26 ID:AYE4EdGv0
マイノリティの俺達が正しい!
って言いたいのか?
現実の認識もロクにできてないくせに

>「あくまで原則であって、その結果が常に正しいという保証はない。国会議員の多数によって
>決められた自衛隊のイラク派遣も、大量破壊兵器という決定の根拠が間違いだった」
間違ってるじゃないか

114 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:04:44 ID:ijl97gxl0
TVで言ってたから正しい、新聞に書いてたから正しい。
こんな天国の時代も過去にはあったんだから、マスコミ人にとっては苦々しいかも。

しかし同時に、朝日新聞・NHKを頂点に階級が出来てたから「東スポ(ゲンダイは存在すら知らない人が多いので
かろうじて一般人の知ってるの)の言うことなんか信じるなよwww、なんて時代でもあった。

115 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:04:59 ID:E8XuzcmU0
サイレントマジョリティwwwww

116 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:05:50 ID:wsKz0x+lO
なんだ、大月書店か。納得

117 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:06:08 ID:2eW664M70
敵前逃亡する権利?
そんなものを主張して調子こいたって、味方から撃ち殺されることには変わりがない気がしますねw


118 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:06:47 ID:jU/HZZcn0
「何でも多数決で決めるのが朝鮮民主主義なの?」


119 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:07:31 ID:038VwZ1f0
>>1
なら独裁が良いってか?w
さすが北の代弁誌ww

120 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:08:25 ID:C9iS6Y8F0
比較政治学の本でも読んだ方がマシそうだな。

121 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:08:38 ID:6gij+LxJ0
所詮外から民主化された国
いっぺん落ちるところまで落ちて
民主主義を見つめなおさないといかんのですたい

122 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:08:57 ID:HwILN+GEO
ちょっと違うな、民主主義じゃなくて資本主義だよ。今の日本は。
資本の有無だろ。

123 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:11:00 ID:17eKFnkg0
>>1
>やむを得ないときまで ガマンし、多数決に至るまで十分議論するのが望ましい

ってオイ、結局多数決かよw
だいたいやむを得ないときだという判断もやっぱ多数決だろ
こんなのマトモに取り合ってたら国会で何も決まんなくて民主主義が崩壊するぞw

124 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:11:09 ID:wxEbp3Al0
ゲンダイに取り上げられるとは、ご愁傷様です

125 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:11:24 ID:GtMp1NoP0
民主主義というラディカルな現代思想を
今まで金科玉条のように崇め奉ってきて
論敵や気に入らないやつを非民主的と
さんざん罵倒して黙らせてきたマスコミが言うこっちゃないですね。

126 :VIP報道:2006/12/25(月) 21:12:55 ID:UaQQcblL0
民主主義=多数決でいいんじゃねーか
くだらん知識ひけらかして長々書いてやがる
クリスマスだってのに
カスが

127 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:18:18 ID:LnNtMYQc0
>敵前逃亡は当然の権利である

ありえない。民主主義国の軍隊でも重罪。
処刑にされても文句言えない。

128 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:24:56 ID:p1SxZB9p0
>104
少数の人権を制約しない集団に行くか、自分達がその集団の母体になれば良いだけの事。
民主主義は少数派が集団から離れる事を一切制限してない。

少数派の為に集団がある訳ではないし、
多数派が少数派の為に人権を制限される状況は正しくない。

民主主義の成り立ちを考えたら、多数決こそ集団にあっての正義。
多数派の利益こそが全て。個人の利益は集団の利益を害さない範囲でしか保障しない。

ロベスピエールが勝てたのは彼が多数派に居たからであって、彼が正義だからではない。
後年、集団にとって少数派のロベスピエール一派が粛正されたが、彼らの人権をフランスが保障しなかったのも当然。

多数決は判断の正否が集団に属する者全てにかかるから公平なんだよ。

129 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:24:57 ID:PUZl/SVS0
>敵前逃亡は当然の権利である

いいねぇ会社サボっても当然の権利と言えるわけだwwww


アホか。

130 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:27:08 ID:We2C6AqTO
ゲンダイは共産主義でつか?
都合がいいときは多数決を利用し、都合が悪いと多数決に疑問を示す。
おかしいんじゃないか?

131 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:27:56 ID:PUZl/SVS0

イラク戦争は湾岸戦争後の大量破壊兵器廃棄の国連決議と査察を
イラク側が拒否したり妨害してきたから起こったものだろ。
あったか無かったかは結果論。

警察に職務質問されて逃げたから追いかけられて
結果的に何も持ってなかったからと言っても
警察が追いかけて逮捕した事が間違いだったとは
言えないのと同じ。

132 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:31:57 ID:4Mz+2Vuc0
ああ、こんな考えで生きてるのならヒトに迷惑をかけるわけだw

133 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:32:27 ID:BxFRFjHh0
だから「民主主義」と、「近代的な自由民主主義」を混同するなって>>1
ソクラテスに毒杯を飲ませるのも、古典的な意味においては立派な「民主主義」
人権や自由や平等や参政権を保障した上で多数決を取るのが「近代的な自由民主主義」
ただそれだけ。

人権至上主義者は人権無き民主主義はありえないように言うが、極論すれば「人権が保証された君主制」「人権が保証された貴族制」というものもありうる。
具体例を挙げれば返還前の英国植民地としての香港がそれに近い。あるいは穏健な開明君主に統治されていた19世紀ヨーロッパの国々の一時期とか。
人権と民主主義は必ずしもイコールではないよ。

134 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:32:49 ID:24z0486I0
数的に劣勢になるとスグこれだ。
だからサヨクは信用されないわけだが。

結果が正しいか?では無く、
責任が何処に帰するかが民主主義のキモだろ。


135 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:33:28 ID:RWTHXMY90
少数がきめる独裁が好み?

後で見た場合に物事に正しい間違っているのがあるのは当たり前だろ。
その時点でより正しい(多人数が賛同するので正しいと思われる)のを採用するだけなんだから。>多数決


この編集者らは絶対正義でない何も決めちゃいかんのか?
というか、この人たち編集会議を何で決めているんだろ(w

136 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:35:15 ID:AdxypGxI0
これまでも多くの政治体制が試みられてきたし、またこれからも過ちと悲哀にみちた
この世界中で試みられていくだろう。民主主義が完全で賢明であると見せかけることは
誰にも出来ない。実際のところ、民主主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。
これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けば、だが。

-ウィンストン・チャーチル

137 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:37:34 ID:JTOOfSjC0
民主主義も欠陥があるんだよ。
重要な政治をその場の人気で決めてしまう傾向がある。
結果的に「最善」より「最人気」が選ばれるのが民主主義の欠陥。

そういう面では有能な国王が常に権力を握りつづける君主制にもメリットはあることはある

まぁ最近は民主主義こそ最高の政治体系だ見たいな風潮があるから、
あまり想像はできないだろうけどね。

138 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:37:58 ID:BxFRFjHh0
>>134
まさにおっしゃる通り。
民主主義であるがゆえに、失政という結果を国民が引き受けられる。
もちろん為政者の責任は免れないわけだが。

左翼が嫌われるのは、常にジャンケンの後出しで偉そうな口を利くからだな。
「結果が常に正しい」なんてのはありえんよ。

139 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:38:09 ID:PKgDVWsMO
結果の正しさよりも
過程の正しさを重視するのが
民主主義なのだが、
それがわかってないバカが多いな。

140 :抵抗は無意味だ:2006/12/25(月) 21:39:44 ID:8gum/+4C0
「適者生存」と「弱肉強食」がこの惑星の憲法。
この憲法を守りきれなかった種は不幸だが全て絶滅してる。

現実にあった人類社会のなかで最高得点に近いのが
名君(あるいは極めてごく少数の優秀な支配層)に統治された
いくつかの独裁社会だが、老害や仲間割れ次世代問題などで
恒久性がない。

民主主義はこれら独裁制度がうまく機能しなくなった国で始まり
「よりましな制度」として多数の社会で運用され始めて数百年目のもの。
当然これも完璧ではない。

大勢の人の総和が得られ、かつ従来例に囚われずに
常に適切な選択がとれる理想制度があるかもしれないが未だ発見されていない...

141 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:40:50 ID:P7ueThcu0
この記事かどうこうって話じゃないが
政党政治=民主主義ってのが納得いかん
民主ってからにはもっと国民主観の政治をしろよ

142 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:43:25 ID:0Z05FVjY0
>>138
サヨクの言う「結果」とは、自身の「理想」であって、
「理想の結果」に至らないのは「過程・制度が悪い」という結論しか出てこないのだろう。
だからサヨクは内ゲバとかやって自滅するんだよな。

143 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:44:14 ID:CgwRRQkrO
つまりサイレント魔女リティを考慮しろと言いたいのか。

144 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:44:48 ID:Mg3pI4160
国民を誤導するだけ誤導して当の本人は敵前逃亡
まったく左翼は人間のクズだな

145 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:44:55 ID:RWTHXMY90
>>141
問題について毎回国民投票するわけに行かないから議会制民主主義なわけで・・・。

まぁ、最近の技術の進歩で毎回国民投票も出来そうになってきたけど・・・。

146 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:45:41 ID:ECsmlbvZ0 ?2BP(60)
ゲンダイが推薦する本なんか読めるわけないだろw

147 :m9('v`)ノ ◆6AkAkDHteU :2006/12/25(月) 21:45:44 ID:6BbVyPzf0
民主主義を訴える人って、何で民主主義を否定するんだろう?

148 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:46:11 ID:bM4Wzir90

ゲンダイは笑える。

149 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:48:12 ID:JTOOfSjC0
日本の民主主義の一番の欠点を挙げるとすれば、
議会制と政治献金かな、やっぱ。

議会制はいうまでもなく国民の投票と法案が直結してない、
政治献金は、票より金の影響力が強くなってしまっている。

150 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:48:15 ID:bM4Wzir90
>>146

だいたい、ゲンダイの読者層が本を読むとは思えないし・・・・

151 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:48:52 ID:1ci6P1Am0
敵前逃亡するのが民主主義などという珍説はいまだかつて聞いたことがない。

多分こんなことを言い出したのはこの人がはじめて。

152 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:49:16 ID:0qr5vZ0S0
少数意見の尊重もすべきだが、だが基本は多数決だろ。民主主義も万能ではない

153 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:50:49 ID:jgR/yaRA0
普段の民主主義ってのは、必ずしも民意が反映されている訳じゃない
民主主義の最大のメリットは、国家運営のコストの安さ
この一点につきる

優れた独裁者が優れた政治を行うなら、国民は幸福だが
愚かな独裁者が愚かな政治を行うなら、国民は不幸で、
内戦や革命という方法でしか政権を取り替えることが出来ない

内戦にでもなろうものなら、結局国民が莫大なコストと犠牲を支払うことになる
その点、政権を選ぶ選挙なら、コストなんてたかが知れてる

154 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:51:27 ID:BWkT/tHe0
民主主義はただの政治システムだろ。
正しいもなにもない。
アホか。

155 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:52:55 ID:bM4Wzir90

ゲンダイの記事にマジになってる奴、キモイわwww

156 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:53:27 ID:xlzu2LHb0
>人権は多数決をもってしても奪ってはいけない

完璧に間違っているよ。犯罪者の自由を奪えないだろうが。
主権は人権に優先するんだよ。
主権在民なら主権の行使は多数決だぞ。それ以外にはあり得ない。


157 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:53:29 ID:k8UXlrt/0
スレを読まずに

「多数決は数の暴力」

と書いてみる。

158 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:56:47 ID:rIihYlIY0
そもそも日本が多数決政治なのかどうかすら怪しいだろ

159 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 21:57:12 ID:FCeDKcka0
まず人権をしっかり定義してくれますか

160 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:01:01 ID:BxFRFjHh0
>>142
全くだね。

しかしなんだ、国民兵が敵前逃亡せず戦うというシステムはフランス革命以来民主主義の基本理念だから、1の言うことは完璧に間違ってるよなw
大規模な敵前逃亡が発生する時点で、もはや民主主義体制とはみなされないわけだから。
わけがわかんねーw
国民の自己決定権を重視する自由民主主義体制ならば、国民の「良心的兵役拒否」の権利を認めるという思想はある。
あるいはアメリカ合衆国のクエーカー教徒のように、直接敵兵の殺傷に関わる戦闘部隊には配属されない権利なども保障されるのが近代的な自由民主主義。
日本の「軍隊」は完全志願制だから関係無いけど。
韓国みたいな自由民主主義が不完全な前近代的国家は、徴兵制を採りつつ良心的兵役拒否は保証していないけど。
だが敵前逃亡の権利を認める民主主義体制など、いまだかって存在したことは無いよ。寡聞にして知らない。
良心的兵役拒否とは異なり、敵前逃亡は利敵行為であり、自軍の兵(当然人権が存在する)の命を危険にさらすからだ。

161 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:01:15 ID:mdZez2LW0
結局何も決まらないじゃん。ゲンダイをはじめイラク戦争に反対してる奴は
自分がブッシュと同じように自分が絶対に正義だと信じてる事への危機意識は
無いのかね?民主主義の定義を考えるというけれど、もし国会でイラク戦争反対の
決議がなされていたら、何の疑いも無く手放しで賞賛していただろう。

162 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:06:46 ID:RKNQKy7lO
ゲンダイって脳タリん?
社会主義、共産主義マンセーかよwww

163 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:06:48 ID:E53FLPQN0
「オレの言うことは黙って聞け」

と言ってるのか。それって何て独裁政治?

164 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:07:38 ID:xlzu2LHb0
日本の場合は国民の人権を憲法により保護しているから、
一般法律は保護している範囲を超えて、人権を制限できないという話だけだ。
それが無ければ国会はほとんど無制限に何でもできる権限を有する。
主権によって保障された国会の権限だ。

国民の逆支配は二つの仕組みによって維持される。
一つは代議士によって国会が運営されること。
もう一つは憲法に対し、国民が直接の審判を下すこと。多数決によってだ


165 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:07:48 ID:gjBF9lWv0
大月書店って時点でアレだな

166 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:07:55 ID:rIihYlIY0
やっぱ民主主義ってのは革命を繰り返すことで完成するもんだろ
政府が国民の顔を窺ってビクビクするくらいが丁度いいよ

167 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:09:13 ID:oXaZlESDO
流石は日刊ヒュンダイ

168 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:10:32 ID:WpOcSuJp0
民主主義を政党政治で実現するには
・国民の大多数が与野の政党に何らかの形で属している
・多くの国民が絶え間なく要望や意見政策を各々の政党へ提案し要求する
・選挙を行なう《前に》国民が自分達の意見を党と候補者に判らせている
・選挙に大半の有権者が必ず行く
…ことが前提条件。

選挙で投票して伝わるのは『その政党を信任します』ということだけ。

政党は与野党を問わず直接言われない限り
批判や報道を都合よく解釈するので直に言わないと話になりません。

財界や企業、業界団体、宗教団体、労組、、
彼らは政党に日々要望や提案を行なっています

169 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:10:36 ID:dXt+tLks0
日本は民主主義じゃないよ。
血筋が重視される封建主義。

170 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:12:03 ID:8eok7SPZ0
【ネット】 韓国人らによる"神社乗っ取り"、「テロ目的」と2ちゃんねるで"祭り"に… 近くに海自補給所、発電所★6
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167005665/


この件をTVは取り上げていないようです。
事件の重要性とTV、新聞での扱いの間の相関は単純化されないですよね。

171 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:12:07 ID:zoXPZ5jW0
>あくまで原則であって、その結果が常に正しいという保証はない。

そんなの当たり前だろ。池沼かコイツは?

172 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:12:30 ID:gCZhGx4D0
サイレント魔女リティがおしおきするですー

チベットチベットツサクギャイダ!
タスウケツナンテシンジラレナァイ!
アダルトタッチで、本音をぶちまけちゃえ〜♪


173 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:12:33 ID:X+yjQ2N/0
さすがイケイケドンドンのヒュンダイですね、


174 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:13:13 ID:xsOX6RExO
最近のゲンダイは火病りすぎ
何かあったか、焦ってるか

175 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:14:16 ID:7wa+t61r0
もちろん、多数決で決まった事が必ずしも正しいとは限らない
当たり前だ

しかし、一部の人間が勝手に決めたことに多数が従うよりは遥かにマシであろう

176 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:14:23 ID:vNwGY3dr0
大月書店ってあんた。ついでに言うとゲンダイは朝日の夕刊と赤旗を足して2で割ったものなのか。

177 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:14:34 ID:XSpGax1N0
>>1
> 「何でも多数決で決めるのが民主主義なの?」
民主主義だけならそのとおり。
でも日本は「自由」民主主義だからなんでも多数決で決めるというわけじゃない。

178 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:16:21 ID:viYzWqSY0
これじゃ、国会は少数意見に足を引っ張られて、永遠に何も決められないし
一部の人間の為に大多数が苦労を強いられる世界になりそうだな。

179 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:16:42 ID:RWTHXMY90
>>172
モモ?

180 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:18:54 ID:rKkLtish0
ここでリティさまが満を持して登場!














あ、あれ??

181 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:20:05 ID:EzhPm1zh0
国会と政党を廃止して、全部ネットによる国民投票で決めればいい。究極の直
接民主主義だ。
パソコンや携帯を持たない老人などには、役所に端末を置いて、操作を教えて
投票させればいい。
民意を捻じ曲げる間接民主主義はもう要らない。政治家や政党や官僚に、無駄
に税金を使わせ、国家財政が破綻して国が滅びる前に、この制度を導入せよ。

182 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:20:59 ID:bM4Wzir90
>>174
>>最近のゲンダイは火病りすぎ
>>何かあったか、焦ってるか

ゲンダイのお金3億円が横領で消えたからじゃないの?

183 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:22:22 ID:dwwN46130
民主主義を理解してるかじゃなくて、作者の個人的見解を理解してるかを学ぶのか。
誰が買うんだよこんな本。

184 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:23:53 ID:BxFRFjHh0
だいたいさ、ゲンダイみたいなオヤジ向けメディアが言うところの「ユーモアたっぷり」で笑えたことって無いんだよね。
どうも笑いのツボが違うらしい。

185 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:38:36 ID:8MMZZaB60


民主主義の駄目な典型例はすぐ隣の半島にあるよな

186 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:43:08 ID:Oyz6+Lo80
何でも多数決で決めるのが民主主義なの?

この疑義はわからんでもない。
だがここで言いたい。

みずぽの言うことに耳を貸すのは民主主義からは180度かけ離れている

187 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:49:00 ID:B/OBup9B0
>>178審議に時間かけるのは問題ないよ
急いでやらなきゃいけないことは行政がパパーっとやればいいし
その当たり、日本はもう少し行政権を強力かつスマートにする必要があるけど
米国とかでは民主主義の本質は、
多数決によって生まれる結論より議論の過程にある、というし
何故多数決するかってのは絶対的に「〜が正しい」と人間が決めるのは不可能、という前提に立っているから
「より悪い」である少数意見が議論に負けた過程がオープンにされなければ、
多数決の結果は正当性の根拠を失ったも同然、となる
さらに少数意見が「よりよい」だとすれば、それを数の論理で押しのけることは
多数派が愚かにも自らの意見を正す機会を放棄したことになる
これは民主主義のシステムから考えれば自傷行為も同然だ
それ以上に、「民主主義の死」と言えるのが少数意見の乱立で、
ナチス台頭以前のワイマール共和国のような感じだが、
それに至る可能性は、日本が小選挙区制を採用している以上、余り危惧する必要がない
巨大(連立)政党同士による妥協が基本になるだろう

188 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:54:53 ID:hAQ2aw2H0
>何でも多数決で決めるのが民主主義なの?

これは、そのとおりで、その欠陥をカバーするために、同時に立憲制を
取ることによって、多数派による暴政から個人の権利を保護した、
って、習ったけどね。

189 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 22:59:01 ID:0Z05FVjY0
>>185
そういえば、大統領の弾劾裁判が覆ったね。
あの時、弾劾しておけば少しはマシになってたかなぁ。

190 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:00:21 ID:+bImyfm40
>8
>>「あくまで原則であって、その結果が常に正しいという保証はない。国会議員の多数によって
>>決められた自衛隊のイラク派遣も、大量破壊兵器という決定の根拠が間違いだった」
>これ、なんか上手い事指摘してるつもりなんだろうか・・・?
>石埼学とやらは馬鹿だろ。

言ってやるなよ。
この指摘によって得られる結論が、情報を収集する独自機関を強力にするべし、であって
間違った情報でいくら議論しても無駄であることを自らが示しているのに、
その後、「やむを得ないときまでガマンし、多数決に至るまで十分議論するのが
望ましい」と一見正論の訳のわからん結論を導いているだけで、もう論理の展開をうまく
運べない人なんだとわかる。

言いたいことを優先してしまって、その前後はつじつまを(あってないんだが)あわせようとする
書き手は多いよ。それもまた味わいというものだろう(東京新聞風)


191 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:04:57 ID:NueJ+Yul0
「国」も「民主主義」も、元々正義を執行するために作られたシステムではない。
だから、「必ずしも正しいとは限らない」とかいう指摘は激しく的外れ。

192 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:12:35 ID:ub15kJEW0
多数決で決めないなら、どうやって決めるんだ?


193 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:13:21 ID:NJct/Cl80
>>73
> つまり、民主主義とは、多数決の上に、「憲法(あるいはその上位規範)」を
> 置いて、多数決の欠点を補充するシステムなのだ。

憲法も多数決で決定されるだろ?

194 :縄文杉の独り言:2006/12/25(月) 23:13:53 ID:ZmjMUJNe0

  金一派の  金一派による  金一派にための政治
  「○○ 民主主義 金一派国」 

195 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:15:23 ID:Rgw5DVsq0
>>193
憲法の方が抽象的な規範だから。

196 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:15:34 ID:/FJNTWTc0
って最後の最後は多数決!! って言ってるワケか?
思考のメビウスリング〜


197 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:15:49 ID:Wq/yq5mo0
また左翼本か

198 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:17:51 ID:vPk9k/dI0
ゲンダイに紹介されると、どんなに素晴らしいものでもダメに見えてくる。

199 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:19:02 ID:bo9y+iOt0
>>2
2の言いたかったことは伝わってない。
ちなみに普通の人は皆、多数決=民主主義と思ってる。

これが教育パワーw

200 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:27:36 ID:JKv7NBbc0
馬鹿だろこいつw
決めなくてもいいことならいつまでも議論やってろとか何だそれw
人が常に正しい結論を出せない以上、人が運営する組織も無謬ではいられん。
それは日本という社会に限ったことではない。

201 :名無しさん@七周年:2006/12/25(月) 23:33:00 ID:nkADu/eR0


          大月書店=共産党です。





202 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 00:00:09 ID:y58eKhw+0
多数決よりも全員参加のほうに重きがあると思う

203 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 00:19:32 ID:HJMZaTuV0
多数決なのは立法機関だけで、司法と行政は法に従って運営されるだけだろ。
民主主義なのは国家主権の1/3だけだ。

アフォなのか?
現代の中国やロシアを見れば判るが、旧共産圏はどこも「司法」がめちゃくちゃ弱い。
法は多数決で決めるけど、決めたらそこからは多数決じゃない。
法を軽視するところは左翼な匂いがぷんぷん。やたら革命革命となんでもひっくり返すのが大好き。

204 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 00:36:34 ID:KXCPFZau0
民主主義=満場一致が最善
        多数決は次善の策だ場か

205 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 00:50:47 ID:pfm3UdW+0
>>199
システムとして、多数決という制度があるわけだが。
では君の言う民主主義の定義とは何だ?

206 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 01:39:08 ID:ZR04gWwd0
>>204
最善って考え方自体が基督教カルトからの所産だということを学べ

207 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 01:50:23 ID:SnVlIydJ0
多数意見が正しいとは限らないってのは確かにそうかもな。
でも、だからといって少数意見が正しいかというとより間違ってる可能性の
方が高いんだよな・・・。

208 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 01:52:39 ID:3llVnlH/0
どうあれ少数派の意見がごり押しされるのだけは容認できん。
しかも、マトモな議論ならともかく
昨今の日本じゃ少数派が「あなたは間違ってる!!」って
唾飛ばしながら感情的に訴えるだけ。
説得力も何もない。

ようするに福島瑞穂(とその仲間)はいらんということだ。

209 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:14:11 ID:h30GpRAb0
リクルート事件
1988年6月18日、朝日新聞が『川崎市助役へ一億円利益供与疑惑』をスクープ報道し、
その後、リクルートにより関連会社リクルート・コスモス(現 コスモスイニシア)社未公開株が、
中曽根康弘、竹下登、宮沢喜一、安倍晋太郎、渡辺美智雄など大物政治家に、
店頭公開前に譲渡していたことが相次いで発覚する。

安倍晋太郎
義父・岸信介の時代から、国際勝共連合・統一教会と関連が深いとの見方がたびたび取り沙汰されていた。
「自民党内部の統一教会シンパとしてさかんに議員に統一教会員を秘書として紹介し、
セミナーへの勧誘をしていた」と言われており、1999年には週刊現代において
統一教会と国会議員の繋がりを暴いた記事で「安倍晋太郎氏がセミナー等への勧誘を行っていた」
との記述がなされたこともある(参考:現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト)。
2006年には、息子の安倍晋三議員が統一教会合同結婚式に祝電を寄せたことが
一部報道などで話題になる(この件に関しては本人サイドは「秘書が行った行為」とコメントしており、
直接の関連性については否定する立場を取っている)。

210 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:17:28 ID:h30GpRAb0
★ソース全文(ゲンダイネット 12/21 より)

・エリート記者の自殺に朝日新聞が大揺れだ。
 社内はこの話題で持ちきりで、突然の訃報に言葉を失う幹部も少なくないという。

 17日に自殺したのは、論説委員の鈴木啓一氏(享年48)。海に飛び込んで
 亡くなったとみられているが、この人、並みの記者じゃなかった。

 1988年に、あのリクルート事件の発端となった川崎市助役の疑惑をつかんだ
 スゴ腕だったのだ。

 「鈴木さんは横浜支局長に配属された6年目に、川崎市の小松助役がリクルート
 コスモスの未公開株を上場後に売り抜け、1億円の売却益を得ていた疑惑をスクープ。
 これが中央政界に飛び火し、戦後最大級の疑獄事件の実態が明るみに出たのです。
 普段の鈴木さんは黒縁の眼鏡を掛け、髪の毛もボサッとしているからサエない感じ
 ですが、頭の中身は別。切れ者と評判でした」(事情通)

 社内では名文家としても知られ、いずれ朝日新聞の名物コラム「天声人語」を担当
 するといわれていた。そんなデキる記者に、いったい何があったのか。

 「前日に開かれた飲み会にも参加していたし、それほど思い悩んでいる様子は
  なかったんですが……」(関係者)
 
 最近は健康のことを気にしていて、体調不安も漏らしていたらしい。
 
 20日夜、都内で開かれた通夜には、関係者が多数詰めかけ故人を悼んでいた。

211 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:19:56 ID:kLXGEbty0
南京大虐殺があったかなかったか
民主主義のルールに則り
中国人と日本人で投票しようぜ

212 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:20:50 ID:h30GpRAb0
【壺ウリ】安倍が統一協会の合同結婚式に祝電【行方不明6500人】
ttp://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1150545758/

1 :番組の途中ですが名無しです :2006/06/17(土) 21:02:38 ID:gXMIz2eo0 ?#
統一協会の集団結婚(合同結婚)を兼ねた大会に安倍晋三官房長官ら自民党幹部が祝電
を送っていたことがわかりました。統一協会直系紙の韓国「世界日報」が伝えました。

組織の指名で相手が決まる集団結婚(合同結婚)は、文鮮明との性交で原罪を清算す
る(血分け)という“教義”を象徴化したもの。当初は幹部活動家向けでしたが、最
近は大規模化し、「祝福感謝献金」が主目的になっているとされています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html

現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト
(『週刊現代』99.2.27号から)
ttp://www.asahi-net.or.jp/~AM6K-KZHR/wgendai.htm
警視庁公安部の『勝共推進議員名簿(衆・参)』(93年9月作成)にあった衆参両院議員
249人と勝共連合からの派遣秘書43人の名簿をもとに、現職議員128人についてリストアッ
プしたもの(所属政党は99年のもの)
「故安倍晋太郎氏の紹介で、セミナー、集会に参加。」「「勝共推進議員の集い」に安倍晋太郎氏の紹介で加入していた」

213 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:23:32 ID:ZR04gWwd0
>>212
そのHP誰が作ったの?

214 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:30:58 ID:Q2z8O4nNO
そもそも満場一致が常に起きる社会とは、かってのナチスドイツ、フセインの支配するイラク、そして北朝鮮。
どのような論議でも論議をする以上反対は出る、反対を無くそうとすれば多数派が常に譲るか強権で押さえ込むとなる。
全員一致は意味がないし寧ろ危険でさえある。

215 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:31:36 ID:MQOlEevf0
民主主義が正しいとかミスリードしてやがるな。
他にいい方法があるなら提示すべきだろう。

216 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:32:01 ID:iFLuDQii0
民主主義は多数決で暴走するということはすでにトクヴィルが『アメリカの民主政治』で多数者の専制(the tyranny of the majority)として指摘している。
だからこそ自由主義による人権尊重と合わせた自由民主主義が求められるのである。
民主主義という場合には単なる話し合いで決めるとだけ理解して、自由民主主義とは区別するべきだ。
つまり、民主主義は単なる多数決主義と理解してよいと私は主張したい。

217 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:34:43 ID:h30GpRAb0
■教育改革国民会議の提言

ソース:首相官邸公式サイト
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html

・子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう
・家庭教育について対話できる土壌をつくるため、企業やテレビと協力して古来の諺などを呼びかける
・「ここで時代が変わった」「変わらないと日本が滅びる」というようなことをアナウンスし、ショック療法を行う
・名刺に信念を書くなど、大人一人一人が座右の銘、信念を明示する
・遠足でバスを使わせない、お寺で3〜5時間座らせる等の「我慢の教育」をする
・ 地域の偉人の副読本を作成・配布する
・ 学校に畳の部屋を作る
・学校に教育機関としてのシンボルを設ける
・有害情報、玩具等へのNPOなどによるチェック、法令による規制
・バーチャル・リアリティは悪であるということをハッキリと言う
・団地、マンション等に「床の間」を作る
・警察OBを学校に常駐させる
・文部省、マスコミが1、2週間程度学校で過ごす
・教育基本法を改正を提起し、従来の惰性的気風を打ち破るための社会的ショック療法とする

<小学生>簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする
<中学生>簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする
<高校生>満18歳で全ての国民に1年ないし2年間の奉仕活動を義務づける

218 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:41:03 ID:h30GpRAb0
人々はより貧しく、子供までホームレス化するアメリカ
http://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=domesticNews&storyID=2006-12-14T220621Z_01_N14462540_RTRUKOC_0_US-USA-HOMELESSNESS-MAYORS.xml&WTmodLoc=USNewsHome_C1_%5bFeed%5d-2
Thu Dec 14, 2006 5:03pm ET

2006年度、より多くのアメリカ人が前年より貧しくなり、ホームレス化し、
緊急避難所では子供たちがそれらの約1/4を構成している。
全米市長会議レポートが伝えています。
サービス業に従事するアメリカ人の78%が低収入のため
医療保険に加入できない状態に陥っています。

格差拡大するアメリカの光と影 3700万人以上が貧困層
http://observer.guardian.co.uk/world/story/0,,1712965,00.html

共働きや2か所フル労働でも貧困層から脱却できず
すでに3700万人以上が貧困層となり,とくに,ブッシュ政権になって,
540万人が新たに貧困層に加わった。

ケンタッキーでのレポート
共働きや,2箇所で長時間労働している普通の人なのに,貧困から全く脱却できず,
電話が開通しておらず,水は近くの泉で汲むような所に住んでたり,
家が無くトレーラーの中で家族で暮らし。

寝る暇もないほど働いているのに,「貧困は,怠惰や自分勝手が原因」などと非難され,
一方,(富裕層に属する)政治家は,格差の是正にはほとんど興味がない。

219 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:42:25 ID:eV2+QqHv0
北みたいに一番偉い奴が決めたことにホイホイ従えばいいわけ?

220 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:45:38 ID:fyQ9Neri0
>218
日本人でホントによかったなあ。

アメは厳しい社会だよねw

221 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:46:52 ID:OEPU0pRe0
民主主義って多数決じゃなかった?

222 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:47:56 ID:D6yN3r9N0
多元主義だとか熟議の民主制だとか
そういう本をちゃんと読んでから書かれた物なのだろうか?

民主主義とはなにか?って法哲学や憲法では大問題なのに・・・
国民主権と民主主義の違いとか分かった上で書かれているのだろうか?
そうでないなら、様々な民主主義観のうち、筆者が特に論証することなく
特定の考えを主張しているだけのクソ内容と言うことになる。

223 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:48:24 ID:3llVnlH/0
>>211
いいねそれ。
中国人ってどれくらいの人間が文字読めるんだろうな。

224 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:48:29 ID:Y5N0Q6g9O
数に合わせて配分するのが民主主義、少数派を切り捨てるからおかしいことになる
10条からなる法なら、自民・公明で6ヶ条、民主3ヶ条、社民・共産で1ヶ条作るのが本当の民主主義

225 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:48:50 ID:bNG3PrulO
またサイレント☆魔女リティを考慮しなきゃならんのか

226 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:53:26 ID:iFLuDQii0
>>222
NDL-OPACで調べたら法学者みたいだよ。
かなり左派な論文が多い。

227 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:54:40 ID:h30GpRAb0
【政治】竹中総務相、政界に居場所なくなる?講演で“泣き”が入る…大学教授復帰説も
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1149421302/

竹中総務相の存在感がなくなりつつある。郵政改革の次に狙ったNHK、NTT改革は骨抜き
になりそうだし、金融庁は隆盛を極めた「竹中寄り」と見られる企業を狙い撃ちにしている。
蜜月だった小泉首相との間にもさざ波が立ち、大学教授復帰説さえ囁かれている。

竹中総務相は05年12月、私的懇談会「通信・放送の在り方に関する懇談会」(座長・松原聡
東洋大教授)の設置を決め、「NHK民営化」を華々しくぶち上げた。しかし、懇談会メンバー
には通信、放送の関係者はおらず、会議も非公開という密室の会議だった。(中略)
しかし、竹中放送改革は小泉首相が「閣議決定でNHKは特殊法人とするという方針がある。
他の改革を議論すべき」と述べたあたりからトーンダウン。自民党の通信・放送産業高度化
小委員会の委員長の片山参院幹事長は「私的懇談会は謙虚でないといけない。
ひとつもまとまっていない。言いっぱなしだ」と批判した。(中略)
一方、金融庁は“竹中寄りの企業”に厳しい行政処分を相次いで出した。
消費者金融大手のアイフルへの全店業務停止、三井住友銀行の金融商品押し付け販売に
対する一部業務停止、カネボウの粉飾決算事件にからむ中央青山監査法人に対する業務停止
処分がそれだ。いずれも竹中金融担当相時代に「大事にされた企業」である。
処分を断行したのは竹中氏の天敵でもある経済産業担当相と金融担当相を兼務する与謝野馨。
三井住友銀行への処分は日本郵政の社長である西川善文氏に向けられたものとみられている。
元三井住友頭取の西川氏を日本郵政社長に抜擢したのは竹中氏だった。
このように竹中氏の影響力の低下は小泉首相の退陣(9月)が近づくにつれ強まっている。
この間、竹中氏はポスト小泉で安倍官房長官-中川政調会長ラインに接近した。しかし、安部氏は
竹中氏と距離を置き出し、中川氏は最近では与謝野氏と蜜月になっている。
「竹中氏は最近の講演で“いま、私は第4次竹中パッシングが始まりつつあると感じています”と
“泣き”が入った。政界に居場所がなくなり大学教授に戻るしかないのではないか」(政治部記者)。

228 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:55:21 ID:BDR7MO2G0
自民党の総裁選とか、負けても思ったより票が伸びるとその後の政治力が増大するな
多数決で負けたらゼロってわけでもない


229 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:56:56 ID:Xkls5Tev0
多数決が民主主義ではないよ
でも、それ以外に問題の決定方法が無いんだからしょうがない


230 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 02:57:18 ID:5LO+tiru0
あぁ、民主主義はバカでも一票を持ってるってのが問題なんだけどな。

231 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:00:03 ID:kLXGEbty0
>>218
日本の目指す理想の社会だな。
あと10年もすれば追いつくだろう。

232 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:00:20 ID:D6yN3r9N0
>>226
亜細亜大学の憲法学者か・・・ヤレヤレだな・・・
東大、京大の優秀な学生になら撃沈させられそうな
勢いだぜ・・・

結局、自分たちが支持する内容なら議論が尽くされず
数で押し切った形になっても「民主的な解決」といって
自分たちが納得できない内容が数で押し切られたら
「民主主義の本質を無視した」とか言うんだろ・・・

233 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:03:44 ID:H2V5L+PG0
民主主義は最良の制度ではないけど
まあそこそこいい制度ではある

でもね
国民に直接選ばれてない総理大臣が
国民の直接選んだ国会議員をクビにするなんて
本末転倒でしょ

憲法条文にも書いてないよそんなことできるなんて

いくら民主主義がそこそこいい制度だからと言って
原則も守らず無茶苦茶やってたらみんな不幸になる

234 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:10:51 ID:BDR7MO2G0
大月書店という所で大方想像がつくし
代表的な左翼出版社

235 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:13:04 ID:D6yN3r9N0
>>233
それは違うでしょ。議会解散権はあってもいいもの。
条文にないと言うけど、7条3号から導くことができる。

解散権は理論的にはあってもなくてもどっちでもいい。
論者によっては解散権は議院内閣制の本質であるとも言うし。

また、こうも考えられる。
解散権が発動されるのは、議会と内閣が対立したとき。
どっちが正しいかを選挙と言う形で国民に問う事こそが
民主主義だと。

236 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:13:20 ID:BDR7MO2G0
>>233
首相が国会議員首にした例あるの?


237 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:14:40 ID:+aE0N4jDO
人の性格上、すべてがマイノリティってこたないだろう。
何かの切り口で見たらマジョリティだし、
何かこだわりがある面に限ってマイノリティ側にいたりする。
トータルでみれば「およそマジョリティ」なはず。
ある面でマイノリティだった、そしてそれが否定されただけで騒ぐ。
それじゃあ何から何まで認めてもらいたい子供だろ。

238 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:17:50 ID:+P8rtP2l0
>1

後知恵は正確な科学である
(マーフィーの法則)

239 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:17:55 ID:ApYPFGH60
小泉前総理だったら、議員の出処進退は自らが・・・、と言って首を切ったことはないな。

240 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:18:00 ID:OCgVap950
民主主義

民主主義(みんしゅしゅぎ)とは、主に多数が少数をイジメる時に使う言葉。一部報道機関では放送禁止用語。

例えば、障害者への福祉予算を削減することにおいては、障害者で無い人のほうが多いため、
多数決にすれば必ず削減する案が通る事になる。表現の自由なども、多数決で否決する事によって公権力を行使できるため、
事実上なくす事も可能になる。民衆が望めば、独裁者による政治も行うことができる。

ただし、これをイラク・北朝鮮・イランなどで発言すれば、どんな卑劣で破廉恥な犯罪行為を行っても許される。
北朝鮮は「朝鮮民主主義人民共和国」が正国名であるからだ。

241 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:18:12 ID:h30GpRAb0

【政治】朝日の記事批判 道路公団民営化に絡む発言で 小泉首相

1 :葵豹馬φ ★ :05/01/21 23:33:24 ID:???
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1106318004/

 小泉純一郎首相は21日夜、首相官邸で記者団に対し「今朝の朝日新聞は
ウソだよ。でたらめを書かないでほしい」と、朝日新聞を批判した。首相が
道路公団の民営化について「失敗した」と発言したと報じた同紙記事が対象。
「私は大きな改革で成功だったと思っている。言ったこともないウソは書いて
ほしくないね」と強く反論した。

 首相は同夜、中川昭一経済産業相ら閣僚と会食し、その席でも同紙批判を
展開。「中川君も言ってないことを書かれたんだろう。一緒に集団訴訟をするか」と
冗談まじりに語った。

ソース
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20050122k0000m010131000c.html
引用元:毎日新聞

242 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:25:33 ID:huxJu3u80
民主主義や競争社会といわれる制度は、まだまだ生まれたばかりで
まともな規制すら施行されていない。

なぜなら、勝ち組が永遠に勝つ制度であると気がついているために
セーフティネットの必要性は感じているものの、
出来うる限り気付かれないようにしているからだ

243 :名無しさん@佐賀県庁:2006/12/26(火) 03:37:57 ID:bE5ec5Fn0
つまり>>1は真っ赤

244 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:40:41 ID:wgi8o+jx0
民主主義なんてファシズムと紙一重だからな
小泉やヒトラーも民主主義の中で合法的に台頭した

245 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:41:57 ID:UyikkXtH0
昔ゼミで直接民主制について議論したことがあるんだが
結局有権者に提示されてくる選択肢は誰が決めるのかというところでもめてしまった
そいつを官僚が担うか、民選議員で行うか・・・

どちらにせよ今の日本のそれと制度の担う役割は変わらないじゃないのかなって


246 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:44:16 ID:fsMimcuK0
【日本改造計画 小沢一郎】

★過半数が賛成している案を、少数のダダッ子がいて、その子をなだめるために、いいなりになってすべて変えてしまう。
 これは満場一致どころか“少数決”である。少数の横暴のため多数者の意思が通らなくなる
★多数派が少数派のダダッ子ぶりに嫌気がさして、決断そのものを回避することも考えられる。
 もし、決断しなかったことが悪い結果をもたらしたとしても、一体、誰が責任を負うのか。
★日本の戦後政治は多数決の原理を無視あるいは軽視してきた。それが、無責任な政治を生んでいる。

   →教育基本法改正を巡り、「数の横暴」だとし、審議拒否



247 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:48:17 ID:D6yN3r9N0
>>244
なんで小泉が入っているのかが良く分からん・・・
>>245
難しい話だよね。まず、そもそもアジェンダを誰が決定するのか?
次に、君の言う、オプションの提示を誰が行うのか?
で、どのオプションを選ぶかを誰が決めるのか?
専門知識が多くの場合官僚などに集中していること、
議会の処理能力の乏しさ、直接民主制にしたとき議論がきちんとなされるか
色々なことを考えなくちゃいけない。
ところで、民選議員を輩出するって時点で直接民主制でないのでは?
もちろん、なにが直接民主制で、間接民主制とどう区別するかは大問題だけど。

248 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 03:56:36 ID:wiG8NjLJ0
世論調査でギャーギャー騒いだマスゴミがなにいってんだか

249 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 04:02:52 ID:UyikkXtH0
>>247
結局のところ国政の最終意思決定機関(国会あたるものかな)で意思決定の権限を持つものが
有権者としての国民なら直接民主
有権者から選ばれた代表であれば間接民主

そういう理解しかしていないけど・・・俺はね

俺の理解は法学上、政治学上の定義と違うだろうし
その定義も知らないんだけどね







250 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 05:22:02 ID:h30GpRAb0
【国内】小泉首相の対韓国ビザ恒久免除発言に法務省、難色&慎重 不法滞在や犯罪増加懸念★2【07/27】
ttp://news17.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1091197784/

1 :仕事コネ━!声優φ ★ :04/07/30 23:29 ID:???
小泉純一郎首相が先の日韓首脳会談で、韓国人に対する恒久的なビザ免除を検討する考えを明らかにしたことに対し、
法務省を中心に政府内で慎重対応を求める声が強まっている。入国条件の緩和で韓国人の不法滞在や犯罪増加への懸念があるためだ。
官邸サイドには「観光立国の実現」には韓国人旅行者の増大が不可欠との判断に加え、
北朝鮮をにらんだ韓国との協力関係強化という思惑もあり、ビザ免除をめぐる政府内の綱引きが活発化しそうだ。
首相は二十一日の日韓首脳会談で「会談の目玉の一つ」(政府関係者)として、愛知万博の開催に合わせて来年三月から半年間、
韓国人に対する観光ビザ免除の実施とともに、恒久免除の検討に言及した。
韓国は日本人に対する観光ビザ免除を実施しているのに対し、日本側は韓国人修学旅行者に限定しており、
「韓国側に不平等との不満が強い」(外務省関係者)。今回の首脳会談に向けた事務レベルの事前交渉でも
「恒久免除を前提とした来年一年間の観光ビザ免除」を要求しており、これに配慮した格好だ。
ただ、こうした動きに法務省サイドは「不法滞在者の増加や治安対策を置き去りにした形でのビザ免除は時期尚早」と強く難色を示している。
韓国人旅行者への期間限定の観光ビザ免除は、平成十四年の日韓共催サッカー・W杯の際に実施。
韓国当局が「W杯開催時までに偽造されにくい新型旅券を発行する」と明言したためだが、新型旅券は現時点でも発行されていない。
日本側にはこうした面での不信感が根強い。法務省によると、昨年、出入国で変造旅券を使い入国管理局に摘発された韓国人は四十二人。
不法滞在者は韓国人が最も多く約四万六千人(今年一月一日現在)。警察庁によると、
韓国人によるスリの摘発件数は平成元年に全国で四件だったのが、九年には約千件と年々急増している。
「観光客が増えても同時に犯罪が増えては本末転倒だ。万博時のスリや不法滞在者の推移をみて対応を考えたい」(法務省幹部)としている。

251 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 05:30:04 ID:sMcANeaM0
「何でも多数決で決めるのが民主主義なの?」
という質問自体は的外れではないが

そういう人間が大抵
「少数派を擁護するのが民主主義である」
としか思えないような論調で話を進めるのは何故なんだろうねw


252 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 05:33:16 ID:AnKuI2oI0
日本に民主主義を求めてはいけない

253 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 05:38:13 ID:djuTDKHF0
 >>1
 馬鹿じゃないのか。この石埼学とかいう人間。そもそも民主主義という政治体制を論じるにおいて
「正しいか正しくないか」というのは関係がない。 だいたい決定の根拠に大量破壊兵器は関係がない。
 自衛隊のイラク派遣はあくまで「安保理決議」において決定がなされた。
 こいつがいってるのは、法律が正しいとは限らない!!!!間違ってる事がある!!!!!!とか
そのレベル。誰もが理解しているような事を大袈裟にいってさも新しい見方に見せるのは正直どうなのかねぇ。

254 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 05:54:11 ID:QpBqIWMhO
多数決ならまだ民主主義的だろ。
日本の場合全会一致にもっていって反対派を作らせない事の方が問題だよ。
最終的にはみんな賛成したわけだから責任の所在がはっきりしなくなる。政治以外の場合でも。

255 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 06:37:17 ID:h30GpRAb0
米中韓売国会議
ttp://www.keizai-shimon.go.jp/about/member/index.html
外国人(単純労働者)受け入れ会議
ttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/asia/dai1/siryou1.pdf
愛国心
ttp://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html
美しい国
ttp://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/09/post_e670.html

256 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 07:13:47 ID:lnR95FMMO
日刊ゲンダイ 暴力団資金源

257 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 07:39:47 ID:5E/33/XC0
最大多数の最大幸福が大原則。

258 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 07:43:31 ID:LQu7Dot90
行政権と立法権が一緒になってる時点で、エセデモクラシー

259 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 07:47:59 ID:O3UDh9j1O
大月書店で民主主義というところがちゃんちやらおかしい。
ロシアとツーカーなマルクス原理主義者が何を言う、って感じだ。

260 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:24:03 ID:RGf5hxlk0
多数決は匿名でしてるうちは正しく機能する

261 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:24:57 ID:RGf5hxlk0
一人の人間の命が地球より重いなんて事はありえない

262 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:29:29 ID:Eqci6CJvO
人の命、人権が「平等」で「同じ」だからこその多数決じゃないのか?
つか選挙も多数決じゃん

263 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:30:29 ID:RTdjNMK20
ホワイトハウスの前でニクソン打倒といっても逮捕されないのがアメリカ民主主義で
クレムリンの前でニクソン打倒といっても逮捕されないのがソ連民主主義とか何かにかいてあったが
さっぱり意味がわからなかった

264 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:32:57 ID:czmPdMvQ0
>>261
重さは一緒でも価値が違うなんてこたぁ世の中普通にあるさ

265 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:34:54 ID:4bl0wbmq0
何でも決めてつけて書くのがゲンダイなの?

266 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:37:46 ID:h30GpRAb0
【社会】 "朝日新聞" 敏腕記者、自殺
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166699215/
1 :☆ばぐた☆HN変えられ中@☆クリスマスばぐ太☆φ ★ :2006/12/21(木) 20:06:55 ID:???0
★朝日新聞 敏腕記者が自殺


・朝日新聞の48歳の論説委員がさる17日に自殺した。
 海に飛び込んで亡くなったというが、この人、かつて敏腕記者として鳴らした。
 80年代後半に起きたリクルート事件の発端となった疑惑をつかんだことで、戦後
 最大級の疑獄事件の実態が明るみになった。

 日ごろはボサッとした髪に黒縁眼鏡をかけ冴えない感じだが、いずれは朝日名物の
 天声人語を担当するとも目されていた。そんな人物がなぜに自殺したのか、
 朝日社内は大揺れだ。
 http://gendai.net/?m=view&c=010&no=18707
 ※現状、ネット上では本文はここまでです。

267 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:38:39 ID:GG2ksD9w0
・安倍首相、「政権運営への協力」を求め、就任直前に創価学会の池田大作と極秘会談
・安倍首相、中国に対し、植民地への謝罪を表明した「村山談話」の踏襲を明言
・安倍首相、韓国に対し、従軍慰安婦問題で謝罪を表明した「河野談話」を踏襲することを明言
・安倍首相、官僚の天下り規制を撤廃…官僚の再チャレンジを促進
・安倍首相、アジア・ゲートウエー会議において、アジアから単純労働者受け入れを構想
・安倍内閣、労働契約法案で、契約社員らを正社員化するための規定を削除
・安倍内閣、経済諮問会議で、派遣労働者に対する企業の直接雇用義務の撤廃を検討
・安倍首相、日本への中国人旅行者を増やすための少人数ビザを検討
・安倍内閣、再チャレンジ支援(税制)からニート・フリーターを除外を決定、ニート・フリーター支援はナシ
・安倍内閣、外資(50%超)企業からの政治献金を解禁、中韓企業からの政治献金も可能に
・安倍首相、ホワイトカラー・エグゼンプションなる、残業代ゼロ・サビ残合法化のための法案を構想
・安倍内閣、格差是正のため、正社員の待遇を非正社員水準に引き下げることを検討


これらは全て、多数決により、自民党300議席以上の圧倒的多数が賛成しています。

268 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:40:50 ID:fKAVMP1Y0
本の内容は面白そう
しかし、ゲンダイは馬鹿そう

269 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:41:54 ID:OnfH/EpYO
>>263
クレムリンでプーチン政権を批判したらどうなるかって皮肉ってんだよ。

270 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:42:16 ID:6DX+iczCO
少数が多数を支配できるシステムがよいっていいたいのか?

まさにアジア型社会主義マンセーだな

271 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:43:34 ID:YdTRsVFG0
一部の優秀な人員をないがしろにし、愚かな選択を選ぶのが民主主義です。

272 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:43:45 ID:mfxpJKQO0
Q 「何でも多数決で決めるのが民主主義なの?」

A そうだよ。

273 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:46:57 ID:jUY48XXpO
国民を愚民よばわりしたり民主主義を否定したりと、赤軍みたいですね

274 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:52:24 ID:h30GpRAb0
朝鮮サラ金の擁護者が多数、安倍内閣に入ってますが何か?
平沢勝栄はパチンコ議連を作ってますが何か?

■自民党の売国政策実施一覧 (自民信者の責任転嫁先)

のどもと過ぎれば熱さを忘れるっていうけど、実は自民党の売国法案はたくさんにある。
しかし自民信者と言えば・・・

・PSE法            →自民党は悪くない、これは経産省の仕業だ!
・狂牛肉輸入         →自民党は悪くない、これは経団連が悪いんだ!
・韓国への竹島譲歩     →自民党は悪くない、これは公明党の仕業だ!
・中国への油田傍観     →自民党は悪くない、これは公明党の仕業だ!
・中韓へのビザ免除     →民主よりマシ(民主は主権を移譲するから)
・外資政治献金解禁     →自民党は悪くない、これは経団連の仕業だ!(もしくは完全にスルー)
・愛国心を通信表で評価  →自民党は悪くない、これは日教組の工作だ!
・人権擁護法案を再提出  →自民党は悪くない、これは公明党の仕業だ!
・基地移転3兆円負担    →中国にODA払うよりマシ(もしくは完全にスルー)
・中国ODA復活        →自民党は悪くない、これは外務省の仕業だ!
・サビ残合法化        →自民党は悪くない、これは経団連が悪いんだ!
・道交法の駐禁厳罰化    →自民党は悪くない、これは警察が悪いんだ!
・NHK受信料義務化     →自民党は悪くない、これはNHKが悪いんだ!
・中国ODA復活        →自民党は悪くない、これは外務省の仕業だ!
・他全て            →民主よりマシ!

ヤレヤレ、どの法案(政策)も通したのは自民党だってのに・・・
┐('〜`)┌
そして、

・中国人留学生拡大     →これは中国人の目を覚まさせる目的で売国じゃないんだ!

・・・ヤレヤレ、あいも変わらず脳内で都合よく解釈してやってるのか・・・
┐('〜`)┌

275 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:55:14 ID:M9t3r8VT0
馬鹿すぎて、フォローのしようが無いw


276 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:55:49 ID:ecrJTiuf0
多数決は正しいけど選挙は最悪の方法だと思うけどな。

277 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 08:58:29 ID:4vsr5Ekn0
政治に正しさを求める、てのが信じられない
「正しい政治」なんて気持ち悪いだろ

278 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 09:02:42 ID:X7IiEwMu0
そもそも民主主義が正しいと言うのがおかしい。
ケースバイケースだよ。
賢王と愚民のいる国に民主主義を適用するのは間違っているだろう。

279 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 09:03:54 ID:ecrJTiuf0
選挙なんかいっつも後になって「ダマされた」って後悔してるじゃん。
なわけで、24時間365日の常に選挙を提案します。
リアルタイムで賛成票と反対票がデッドヒートすんの。
誰かに抜かれたら即座に交代。
ダマされたと思った瞬間に反対票を投げる。
インターネット投票も必須であります。

280 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 09:07:59 ID:Y6hCBujN0
>>278
中国なんか昔から賢帝と愚民の社会が理想なんだよな


281 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 09:11:54 ID:VYkLmmOJ0
> 多数決に至るまで十分議論するのが望ましい

議論を真っ先に放棄して逃げたのは何処の糞党でしたっけw

282 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 09:15:17 ID:ix1IoItE0
>>281
そりゃ議会制度の範疇の話だろうが。

民主主義の原則の話なのに的はずれの叩きで
チンコしごいてんじゃねぇよ低脳w

283 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 09:27:08 ID:1DlLLs430
>「あくまで原則であって、その結果が常に正しいという保証はない。国会議員の多数によって
>決められた自衛隊のイラク派遣も、大量破壊兵器という決定の根拠が間違いだった」

そうだよな。

やっぱり先に征伐すべきは、北朝鮮だったな。

284 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 09:28:37 ID:/SBzkh6M0
つまりMAGIを導入せよか

285 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 12:49:35 ID:sJWOSXjZ0
まあ、選挙がどうのと騒げるのもあとしばらくのうちでしょ。
近いうちに行政、司法は公平にコンピューターにまかせることになるだろうし。
立法は国民の直接電子投票で可能になるから議会もいらないし。
小さな政府を目指せば自然にそうなる。

286 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 12:52:02 ID:mfxpJKQO0
> 多数決に至るまで十分議論するのが望ましい

十分議論したって最後は多数決でいいのならコイツは何が言いたいんだ?

287 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 19:46:44 ID:ZR04gWwd0
議論して投票に行った有権者に、人権を認めないってことだろ。
そうでなきゃこんな馬鹿なことはいえないwwww

288 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 21:09:23 ID:6h+EXDsv0
佐藤光誠アルコホリックの会に入ること

289 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 23:33:44 ID:GlvIF1Ap0

「少数意見の尊重」という民主主義の基本的要素があるのだが、我が国で「少数意見の尊重」
と言う場合、その意味が歪曲され、奇妙なワガママを正当化するウソに成り下がっている。
そもそも「少数意見の尊重」とは、民主主義の多数決原則を実践する際に、いきなり多数決
の投票をするのではなく、多数決をする前に少数の意見であっても、それを投票者に知らし
る機会を保証し、多くの意見を知った上で投票することを原則とする考え方である。
当然の様に、各種意見を聞いた後の多数決の決定後は、多数決原則にのっとり、決定内容に
不満があっても、決定に従うのが多数決原則である。
「少数意見の尊重」とは「多数決原則」とペアになる考え方なのである。
ところが、我が国の一部のサヨクは、多数決で決した内容に不満があると、その決定に従わ
ない。民主主義の基本である多数決原則を守らず、ワガママを押し通すのである。
そして、「少数意見の尊重を無視した決定である」などと「少数意見の尊重」の意味を歪曲
したウソを言うのである。民主主義の基本である多数決原則をないがしろにしている側が、
民主主義の基本的要素である「少数意見の尊重」の意味をゆがめているのである。
共産主義独裁・社会主義独裁という毒が頭に回っている側の方こそが民主主義の敵なのだ。
審議拒否により、正当な意見主張の場を自らが放棄したくせに、決定結果に難癖をつけるの
は「政府は悪い」というイメージを植えつけるプロパガンダをしているだけであり、サヨク
には民主主義政治を担っていこうという気がないのである。

290 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 23:35:47 ID:GlvIF1Ap0
「言論の自由」という民主主義の基本的要素があるのだが、我が国では「言論の自由」の意味が
歪曲され、奇妙なワガママを正当化するためのウソに成り下がっている。
そもそも「言論の自由」とは、民主主義の多数決原則を実践する際に、多数決をする前に様々な
意見を開陳する機会を保証し、多くの意見を知った上で投票することを原則とする考え方である。
当然の様に各種意見を聞いた後の多数決の決定後は、多数決原則にのっとり決定内容に不満など
があっても、決定に従うのが多数決原則である。
「言論の自由」と「多数決原則」は各々が民主主義の基本的要素として深い関連があり、言論の
自由なき状態では、判断に必要な情報が不足し、まともな決定ができない状態となるのである。
従い「言論の自由」が保障する言論には、虚偽や捏造は含まれていない。
ところが、我が国のサヨクは、自分に都合のいい決定に持ち込むためなら、虚偽や捏造を平気で
行い、デマを繰り返すのである。「従軍慰安婦」や「南京大虐殺30万人」などのデマは蓋然性
ある証拠の提示が行われており論拠が破綻しているのだが、サヨク諸氏は相変わらず繰り返して
デマを述べている。要するに証拠を無視して、相手側の言い分を一顧だにぜす虚偽・捏造を声高
に言い続けているのであり、この様な行為は「言論の自由」が保障する「言論」には当たらない
のである。「言論の自由」は虚偽・捏造の流布までもを保障しない。
サヨクは民主主義の基本的要素である「言論の自由」の意味をゆがめているのである。
共産主義独裁・社会主義独裁という毒が頭に回っている側の方こそが民主主義の敵なのだ。

291 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 23:38:55 ID:/OwJoJcK0
「隊長〜〜〜あいつらボクたちのことマトモなミンス主義部隊じゃ
ないって言ってますよ〜〜〜〜悔しいですぅ〜〜〜」
「ナヌ?わが隊がマトモじゃないですと?イヤ〜〜〜うすうす感づい
てたではありますが・・ところでミンス主義部隊とはナンでありますか?」
「オイ、俺たちは軍隊なんだからミンスとかは関係ないだろ」
「でもあいつら自分たちの事、スゴク立派なミンス主義部隊だって言って
いばってますよぉ〜〜〜」
「そう言えばミンス主義は強いとかどこかで・・・なんにしてもマトモに
なることは良い事であります!わが隊もりっぱなミンス主義部隊になるで
あります!!!・・・ところでどうすれば・・・」
「ほれっ、ここにこんな本があるぜい、クックックッ」

   ツカレタのでオチいきます。オチはみんなの予想通りであります。

「みんな、これからわが隊はマトモなミンス主義部隊の本領を発揮すべく
全員これより後方偵察に向かうであります!!!」
 「てゆ〜かぁ〜 敵前逃亡?」

292 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 23:41:13 ID:EHZGT30D0
ゲンダイは夕刊の売れっ子ナンバーワンなのよ?

293 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 23:42:41 ID:tju+8/3c0
このバカ著者はアカか

294 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 23:44:15 ID:ThYSe48z0
>>293
yes.

295 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 23:46:23 ID:ngoh/HcxO
民主主義が完璧じゃないことくらい小学生でもわかる
己のイデオに沿わないからと、なんでも本にしたり記事にすんな馬鹿者

296 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 23:48:57 ID:VLn+j9uU0
>「あくまで原則であって、その結果が常に正しいという保証はない。国会議員の多数によって
>決められた自衛隊のイラク派遣も、大量破壊兵器という決定の根拠が間違いだった」

前提が間違ってれば結果は常に真ってのは論理学の基本じゃなかったっけ?

297 :名無しさん@七周年:2006/12/26(火) 23:54:29 ID:3sTJDijT0
憲法に書いてある自由の中で、
『公共の福祉に反しない限り』という一文があることを
俺は小学校のときに何度も習った。

だが今、自由自由と謳う連中は、なぜかその一文はないように振舞う。
俺の知らない間にその一文はもしかして削除されたのか?

俺が通っていた小学校は地方の公立校だが、まともな学校だったんだろうか

298 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 00:02:34 ID:jw1ljrh60
やっと、大新聞で絶対かかれない、まともな記事が出たなw

日本では意思決定でも選挙でも1人1人が独立した個として参加したした結果ではなくて
根回し、もくしは暗黙の圧力で決めるやり方だものな
民主主義じゃねえw

299 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 00:02:58 ID:u4KfHwiV0
CXのアンケートで60%の視聴者が亀田の敗北を期待してみていた。
アンケート対象全体の77%の人がまだまだバッシングは続く(続ける)と思ってる。
                                  /\       /!
         /ヽ-一^ーへ-┐       _/\/   \/\/  |_
        ┌/ ⌒        'ー┐       \              /
     _r:/   u'  ヽ ∪  /⌒'ぐ!      >  理 解 不 能!  /_
     >ノ {   v'T7X′    {ヽ〈 }<`⌒/                  /
      'Yィ!lヽ)  { ・ / ∪ u' Y }! j|  \   理 解 不 能!  く
     l L',/_ ,.)`'゙ '"´´     {__ノ   |   /                  \
     ヽ'"゙「rェUテ-、 J   v  i   / く     .理 解 不 能!   /
        |  } _r'フ^\. U     !  /   \             \
       | l し'‐,'二ニ´       ' / ,′  /   理 解 不 能!    __\
.        \`ー'´   u  _,,.    / /   /               \
        `丶.__,,/´ ____,,/_∠     ̄ ̄|   /\/\   / ̄ ̄
           `丁lT"´\            |/        \/
            L || ↑2chのアンチが異常だと思ってた低能信者


300 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 00:03:51 ID:4xEoShRB0
アタマ悪すぎ。
正しいかどうか誰にもわからないから多数決で決めるんだろwwwwwwwww


301 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 00:40:23 ID:0wbtprQ50
日本人って声の大きい人について行っちゃう人が多いからなぁ



302 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:38:09 ID:9WWA870w0
議論するのは選挙の前だ。
選挙の後で意見をホイホイ替えられたら
投票できないだろ。


303 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:41:39 ID:BXwAn5vE0
>>1
オメーに言われるまでもねぇよw

304 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:46:00 ID:84Z7REIFO
出版元の大月書店自体が左翼のお抱え出版会社
言論の自由を謳歌しているくせになw

305 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:53:26 ID:pvOuvyzC0
>>304
国民文庫ってどこの本屋逝っても売ってないよね。

306 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:56:53 ID:RxOh5/W80
まあ多数決と民主制が何の関係もないのは、民主制の基本常識だが、
おまえらも、この著者も、分かってるのか怪しいな。

307 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:15:00 ID:xuyP7EUJO
>>306 はあ?選挙では多数投票された候補者が当選ですが何か?それとも釣りですか?

308 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:20:01 ID:bRqNRD5bO
選挙にも行かない奴が政治批判できるのが民主主義だろ?
くだらん


309 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:24:07 ID:5ZnN5Ozq0
サイレントマジョリティを考慮し、ヒュンダイは廃刊!

310 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:27:49 ID:X/v3FUQn0

サイレントマジョリ帝制

 声無き民衆を代表して政策を決める専制制度。


311 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:31:09 ID:6hB9RKDD0
議論の末に多数決でなく皆の合意によってひとつの決断にたどり着いたとしても、
その結果が常に正しいという保証はやはり無いわけだが。

312 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:32:45 ID:t/1R6yY+0
なんでも日本人差別な視点で物を書くのがゲンダイなの?

313 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:34:43 ID:dBhPJEA9O
別に民主主義じゃなくても良いんだけど…

314 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:36:05 ID:esvi28d40
民主主義ならなんでも正しいと思ってる前提がそもそもの間違いじゃね?>>ゲンダイ

315 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:36:44 ID:NkBpJEIT0
>>312   なんでも日本人差別な視点で物を書くのがゲンダイなの?

まずは彼らの特徴を。

★日本の立場ではなく、中国、韓国・北朝鮮の立場でものをいう。
★日本より、中国、韓国・北朝鮮を優先する。
★日本と中国、韓国・北朝鮮との間に問題が起った時、原因を日本に求める。
★人権を叫びながら被害者の人権よりも加害者の人権を守り、
★差別反対を叫びながら差別という言葉を悪用し、利益を得、言論を弾圧する。
★中国、韓国・北朝鮮を「アジア」という。
★中国、韓国・北朝鮮の言う事は信じるのに、日本の言う事は信じない。
★平和、人権、差別、友好、etcという言葉を悪用する。


316 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:38:48 ID:W4gNV0Ek0
反日ヒュンダイ必死すぎだろw

317 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:42:54 ID:A0fiQSA60
数が足りないならサイレントマジョリティを考慮すればいいじゃない。

318 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:44:09 ID:/bAkVd8rO
訳:サイレントマジョリティを考慮して俺の意見を採用しる!

319 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:44:26 ID:lBjsd6YS0
妥協案を出し合って合意点を探す
だめなら多数決って基本じゃなかったの?

320 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:48:20 ID:RxOh5/W80
>>307
それは意見をどのようにまとめるかという制度の話。
民主制ってのは“国民と約束した通りに政治が行われる状態”のことだから、
そのための方法として多数決を使ったからって、多数決=民主制だということではないわけ。

健康という状態があって、それを維持するために運動をやるとしても、
運動=健康ってことにはならないでしょ。


まあそれ以前に、日本の選挙制度で純粋に多数決になってるものは無いな。
過半数でなくても一番多ければ当選だとか、比例だとか。

321 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:50:23 ID:PQcX36wNO
民主主義は最悪の制度だ、
それ以外の制度を除けば。

322 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:52:05 ID:sit15Ytu0
ヒュンダイは狂いすぎ

323 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:54:11 ID:O1L+MODO0
要するに何でも反対ってゴネてれば多数が折れてくれるのが理想社会ってわけねw

324 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:02:26 ID:h/NbbFNO0
>自衛隊のイラク派遣も、大量破壊兵器という決定の根拠が間違いだった
自衛隊のイラク派遣は「大量破壊兵器がある」から……なんて理由ではなかったと思うが?
イラク派遣は「戦後復興」、戦争の是非はほとんど関係ない
既に行われてしまった戦争、それをほったらかしにして置くわけには行かないというのが自衛隊の派遣理由
行われた戦争が「正しくなかった」から、「戦争で荒廃した国」をほったらかしにしてても良い……と、そうおっしゃる?

325 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:34:42 ID:C/ki0i7Y0
共産の本を本気で読むなよなw

326 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:38:09 ID:YN/BlGc90
大月書店の出版物である時点で、古紙以下の価値しか無い。

327 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:46:44 ID:2dKngsGw0
一応、多数決は民主主義の原則だよ >>ヒュンダイ

328 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:56:28 ID:ETeBGcSa0
まるでどこかに最初から正答が転がってるかのような言い方だな
意見が対立したときどちらに舵を取るかを主権者による多数決できめるのが民主主義。それ以上でも以下でもない
その選択が良かったのか悪かったのかは結果論であって後世の人間でなければわからない

329 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:03:23 ID:AQiA/SUA0
チャーチルが言ってたじゃん、
国民が参加する政治のうち民主主義は全く不完全だが
人類はいまだそれよりマシなのを発見できてないって

330 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:08:26 ID:Y8FZnaxd0
基地外アカの論理

 自分たちが多数の時:多数決で決めるのが民主主義だ!

 自分たちが少数の時:何でも多数決で決めるのはいかがなものか

331 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:10:07 ID:enhatWnA0
民主主義を自分たちの思考回路に合わせようとしても無理だわな。
野党にこういう回路持ってる奴が多いなw

332 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:39:59 ID:FQMp0s0tO
たぶんヒュンダイは貧乏な庶民が新自由主義の政治を支持して自分で自分の首を
絞めている皮肉な現状を指摘しているんだろうな。金持ち代議士による多数決が
大多数の国民の利益を損なっているのが現実だし。


333 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:59:26 ID:+2eNB5Rn0
少数派だろうと多数派だろうと「『真理と正義』は常に我にあり」というのが
基本的なサヨのスタンスだからな。で、「間違った人間」=自分に反対する勢力
は粛清されるわけですよ。

334 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:02:16 ID:2OVoKDCx0
ゲンダイはとりあえず自らをマトモにしてから批判すれ…

335 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:04:15 ID:27zCXJfn0
ヒュンダイは日本を叩くためなら全体主義を礼賛する気か?
全体主義国家をマンセーしているから、そうなのかもしれんな。

336 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:04:54 ID:ZWm3A+oG0
FF3DSのガイドブックの方がマシだな

337 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:10:45 ID:/KmRZhSFO
多数決よりジャンケンのほうが公正平等。
というわけで日本は世界初のジャンケン共和主義国家になります。みなさんジャンケン術を鍛えましょう。くわしくは『じゃんけん必勝法』もしくは『おてう』でぐぐってみましょう。

338 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:19:51 ID:ZD8PC7Lp0
役割分担=他者に委任する事で効率良く処理するのは集団の基本だろ。
小学校で「○○係」を決めてるは集団の中での個の役割を教える為。
警察官も裁判官も政治家も集団の利益の為に存在する役割の一つに過ぎない。

多数決=衆愚でも弊害よりも実利が多いから、という消極的な理由で採用してだけの事。
文句があるなら多数決以上に優れていて「マジョリティ」が納得する採決方法を示すべきだな。

339 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:26:48 ID:S3mTMGno0
ええ〜? 多数決が民主主義の身上じゃなかったの?

340 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:45:57 ID:AGuUZeAm0
民主主義とはすべての事柄を多数決で決めることです。
政府が決定したことはどんなことでも正しいことになります。

341 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:52:48 ID:O7bDarn2O
大月書店と聞いただけでイラネ

342 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:29:28 ID:6xrh3KedO
晋遊舎みたいなエロ本屋はいいのかよw

343 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:32:20 ID:C/ki0i7Y0
投票は多数決に入らないの?

344 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:40:38 ID:1IodRueQO
自分たちが少数派になるとこれかよw
逆に自分たちが多数派にまわったら真逆の意見になりそうだけどなゲンダイはw
自分たちの記事に責任持たないこいつらの意見は相手にできない。

345 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:46:07 ID:tkwk2+u7O
無教養な土人ごときが多数決の原理の否定、つまりは
かの社会契約論者に異を唱えちゃうとかワロスwww

346 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:46:39 ID:CBqDhnJ1O
じゃあスカトロという少数意見を尊重して欲しいな


347 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:47:35 ID:RfkTrbAzO
選挙制度を根底から覆す発言だな

348 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:48:59 ID:EYYSpXs80
あれだろ
数で負けたとき→数の暴力
数で勝ったとき→みんすすぎ

349 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:49:48 ID:tg9mxLCjO
日刊ヒュンダイ、とうとう狂っちまったか。。。
多数決が不要なら選挙も不要な訳で。
それは独裁と呼ぶのだよ。

350 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:50:15 ID:BY3kDpQU0
わけわからな記事。
アホらし。

351 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:52:37 ID:Sd1NRS++0
少数派のワガママを許すことは民主主義ではないよ。
少数派には多数派を説得する機会が与えられる。

ところが
民主党なんて、自ら委員会や国会を勝手に欠席して、
意見を言うチャンスをすっぽかしてしまってる。

352 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:56:14 ID:7Rd96xIw0
大月書店、懐かしいなあ
化石左翼御用達の出版社じゃないですか
がんばってますなあ

353 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:02:03 ID:DqU0LitCO
短小でもイクらしい

354 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:08:01 ID:i/vtUSt20
日本がやってるのは民主主義の猿真似

ゲンダイの割にはよく捉えてる、日本のは「ただの多数決」

ただのオナニー、民主主義オナニーなんだよ。

355 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:08:09 ID:dlHvyXjYO
多数決は手段であって本質ではないんだがな

356 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:15:26 ID:enhatWnA0
>>351
同意。

357 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:17:30 ID:zvswzVU1O
世論が気に食わない方向にいけば、世論が間違ってると評し、
世論が意に沿った時は、世論を背に反対勢力を叩きのめす。
ダブスタだっつーの。

358 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:34:03 ID:qy8M0q8u0
多数決=民主主義ではないのは確かだけど、多数決なしでは効率的に民主主義
が実現できないのも確か。

多数決を否定したら、そもそも選挙が成り立たないじゃん。
あれこそ1票差でも当落が決まる究極の多数決なんだから。

現実的には多数決以外に民主主義を実現する事は不可能。
肝心なのは、51%の支持を得る事だけで満足せず、少しでも100%の支持を得ら
れるよう、少数意見も出来る限り汲み上げる不断の努力だろな。

359 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:37:36 ID:FvwjVCaf0
自分の意に添わない時だけ、こういう批判をするのは卑怯だろ。
不満があるのなら最初から言っとけよ。

360 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:38:35 ID:C/ki0i7Y0
>>355
ダブルスタンダードこそが本質では。

361 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:51:31 ID:YCvyPAC80
民主主義ってのは、単に「国民主権主義」(「君主主権主義」に対する)という
意味でしかないだろ。
「国民の意思」を選挙で決めようが力づくで決めようが、民主主義は民主主義だ。
ただ、「法治主義」と「民主主義」をゴッチャにするから訳がわからんようになる。

101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)