5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【話題】靖国神社の「遊就館」歴史パネルの修正開始・・・「自虐史観に対抗しすぎた部分を和らげたい」

1 :朝日・・・ ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2006/12/27(水) 03:45:20 ID:???0
靖国神社(南部利昭宮司)は26日、境内の戦争博物館「遊就館」の展示パネルの
歴史記述の修正作業を始めた。予定していた日米開戦をめぐる記述の変更に加え、
新たに満州事変や日中戦争など中国についての展示も切り替える。年末まで
臨時休館し、1月1日から新展示を公開する。
館内にある「日露戦争から満州事変」「満州の歴史」「支那事変」「ヒトラー」
「スターリン」「ルーズベルト」「日米交渉」の7パネルを変更する。

41年12月8日の日米開戦については、「(ルーズベルト米大統領が)資源に
乏しい日本を、禁輸で追いつめて開戦を強要」と米側の責任を強調した従来の
表現を削除する。代わりに、米国の陸軍長官だったスチムソンの日記などを
展示し、米側に「開戦の意図」があったことを示すという。
また、外国人の来館者向けに、天皇の「開戦の詔書」を新たに英文で展示し、
当時の日本の立場への理解を求める。従来の日米開戦の記述については
米国からも批判が出ていた。
展示見直しを担当する永江太郎・元防衛庁防衛研究所主任研究官は「誤解を
与えないよう、史料をもって語らせるようにした」という。
中国記述の変更点については、同神社広報課は「公開までは明らかにできない」。
関係者は「遊就館の展示は、自虐史観に対抗する狙いがあったものの、
行き過ぎて他国に対して攻撃的な表現もあった。その点を和らげたい」と
説明する。ただ、「侵略戦争」とは認めない方針だ。
遊就館は戦没兵士をたたえる顕彰施設で、02年7月に増改築オープンした。
戊辰戦争や日清戦争、太平洋戦争など、近代以降の日本の戦争の歴史を
解説している。来年の開館5周年に向け、今後も見直しを進める。

>> asahi.com 2006/12/27[02:47] <<
http://www.asahi.com/national/update/1227/NGY200612260020.html

2 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:46:42 ID:ASq2iMui0
さて、他者はどう報じるか興味あるな。

3 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:47:33 ID:6MNAoWtN0
毎日かと思ったら朝日だった

4 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:48:01 ID:eVNSYGlyO
対抗しすぎたwwwwwwwww

5 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:52:00 ID:iSQzUkA30
今度は期待できそうかな。
つまりいらぬ摩擦は極力避けると言う意味でですがね。

これでも何かいってくるのなら、もはや対手ニセズ

6 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:52:04 ID:nIRivmLI0
問題はここからどうやって反日に持っていくかだ

7 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:52:52 ID:wp4uRTzNO
>>5は変態オナニーやりすぎ

8 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:54:42 ID:DQTmwc+a0
皆様、来年は・・・・・当然ご周知と思われますが、  皇紀 2,667年 です。

9 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:56:01 ID:rFeDxlOw0
恣意的な自虐史観が今でも現存するのだから、
対抗する狙いがあるものでも良いと思います。

10 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:56:57 ID:NH3/Dl4w0
今朝の産経の記事のほうが詳しいんだけどネットで見つからない。

11 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:58:08 ID:hWnaa7Zo0
米露の反発は避けたいということかの

12 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 03:59:28 ID:exy9tPWt0
もっと対抗して頂たいwwww

13 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:00:48 ID:39Diu2i70
どんどん対抗していいよ
一部のキチガイの批判なんぞ無視しろ

14 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:09:29 ID:iNQLnPNZ0
あんな歴史観が日本で主流だなんて思われるなんて、
国際的な恥さらしもいいところ。
中国大陸で何やった?

15 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:14:22 ID:0vMu7FwO0
そういえば中国人を連れて行ったら、妙に感心してたな。
日本人にも日本人の立場でものを言える人がいるんだな、と。
中国人は120%中国人の立場でしかものを言わないわけで、
そういう意味では日本は世界で言われてるほど病んでるわけではないのですね、なんて言ってた。

16 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:18:03 ID:HgzUnoZO0
毛沢東のキチガイぶりを世に示すことができたら
遊就館は神!

17 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:20:04 ID:HgzUnoZO0
盧溝橋に弾丸をぶち込んだ劉少奇(一味)を
地方に幽閉して拷問死させた毛沢東の残虐ぶりを
昨版BSで放映してたな、そういえば。

18 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:22:17 ID:LCRO/RX/0
思想はいらない。
資料があれば十分である。
価値判断は個人がすればよい。

19 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:23:13 ID:DEHxFpNm0
>>14
漢民族中国人は中国大陸を我が者顔に振る舞い多くの民族を
虐殺しましたよね。それも現在進行中なんですけど、どうして
止めないの?

20 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:23:41 ID:4MFwg6HN0
雨に言われて腰砕けになるくらいなら最初から下向いとけヨ


21 :          :2006/12/27(水) 04:25:42 ID:3PY3e6zb0
2007年から 公立小学校 中学校生徒は
修学旅行は 靖国神社詣りを義務化
これも 義務教育です

22 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:25:45 ID:iSQzUkA30
>>20
なんという自虐ぶり!!
言うべきは言い、正すべきは正す。これしかないでしょうが。

23 :アフリカーンス ◆ld0Zr.wEsk :2006/12/27(水) 04:27:18 ID:eIhCTpFR0
客観的な史料をだせば十分

24 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:27:40 ID:LVAAsPvX0
アメリカのご機嫌まで悪くしかねないから修正か
中国への売国は批判が集中するけど
アメリカへの売国は概ね好評だな
一番高く買ってくれるところに国を売るのは正しい選択ってわけね

25 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:28:12 ID:39Diu2i70
>>20
アメリカなのかすら怪しいと思うが
参拝にすら来ない関係国はあれとあれぐらいなもんだし

26 :          :2006/12/27(水) 04:28:43 ID:3PY3e6zb0
>>14 日本が 中国大陸で なにしたっーのよ?

27 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:31:52 ID:fTikPIvQ0
俺には見える10年後には遊就館が幽愁館に
チョソマンセーのDEN2の提供によって
エネルギーと反万年のKOREA。


28 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:32:48 ID:DEHxFpNm0
339 :     :2005/12/18(日) 02:01:22 ID:eFMFO/UT0
天津特務機関にいた人が書いた「ある特務機関員の回想」のなかに、

葦溝橋事件のあと、収支工作もむなしく紛争が拡大していたとき

中国共産党の北京の拠点だった北京大学から

「日中衝突拡大! 成功了! 成功了!(劉少奇)」

という電文が3回も発信され、特務機関に傍受された

と書かれている。 「よほど嬉しかったんだろう」・・って・・w


29 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:33:16 ID:8YkxwpwL0
もっとはっきり本音をだせばいいのに。
大東亜戦争はアジア解放の聖戦で
アメリカは純真な日本を追い詰め戦争に
駆り立てた犯罪国家。
皇軍が中国に出向いたのはボランティア活動のため。

30 :          :2006/12/27(水) 04:33:52 ID:3PY3e6zb0
中国 韓国なんか 同胞 他民族を
数十万単位で 殺戮 迫害 しているくせに
毛沢東や林彪なんてのは 変質的殺人鬼

31 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:34:34 ID:ncaToOVyO
どれどれ、来年になったらさっそく見にいかないとな



ちなみにオレ創価。


32 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:35:29 ID:NQJrC/vu0
盧溝橋事件事件は停戦協定の後、調査中の日本軍に再び支那側からの迫撃があり
2名の将官が死んだ。
停戦協定違反が日本を激昂させた。



33 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:36:06 ID:hz9Vm2Xl0
【卑劣国家支那】北京TV「盧溝橋事件は支那共産党地下党員がまんまと引き起こした」と報道
2005年7月3日、支那のTV局北京電視台の午後4時からの番組「社会透視」内で、支那事変の発
端となった1937(昭和12)年7月7日の盧溝橋事件は、北京守備隊支那国民党軍第29軍に潜入して
いた共産党地下党員『吉星文』『張克侠』『何基灃』らが引き起こし、まんまと抗日戦争へと発展させる
事に成功したと報道した。

ちなみに人民解放軍総政治部発行ポケット版『戦士政治課本』には、「七七事変は劉少奇同志の指揮
する抗日救国学生の一隊が決死的行動を以って党中央の指令を実行したもの」との記述があったとさ
れるが、この『戦士政治課本』の存在は確認されたものの上記の内容は確認されていない。また、極東
国際軍事裁判(東京裁判)において、当時共産党副主席だった劉少奇が「七・七事件の仕掛人は中国
共産党で、現地責任者はこの俺だった」と連合国側の記者団に語ったとされるが、その証拠やそれに
関する報道は未だ発見されていない。しかしながら自慢したくてしょうがない気質の支那人の事。『政治
課本』や劉少奇が自信満々に語ったとしてもちっとも不思議はない。
この盧溝橋事件共産党陰謀説をまたも支那自身である北京電視台が自慢げに語り裏付けた形だ。

盧溝橋事件は、国際法や慣習に則ってちっとも侵略しようとしない日本に対し、痺れを切らした支那共
産党による謀略だったとはっきりした。またその後(同年7月29日)に起こった人類史上稀に見る日本
人居留民(朝鮮人含む)への未曾有の大虐殺通州事件も、廬溝橋事件で引っ掛けても尚、支那不拡大
方針を表明し、国民党軍と停戦協定を結んでしまった日本に対し、先の盧溝橋事件謀略をまんまと成
功させた国民党軍に潜入していた共産党地下党員によるものだと容易に想像できよう。

許すまじ支那共産党!

【ソース】
凱迪網絡のBBS猫眼看人のスレッド
『北京電視台、今"77事件"の内情を驚愕の暴露』より。

【追加ソース】
北京大学史学科BBS史学討論板Sansculotteの投稿。
http://usam.blogtribe.org/entry-ab5da5fe2dc41716359b819172eefbab.html


34 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:40:37 ID:f42sbUmo0
>>31
2世乙。

35 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:41:55 ID:IYzeZCy50
国粋主義者の拠り所脂肪wwwwwwwwwwwwwwwww

36 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:43:30 ID:8YkxwpwL0
アジア解放八紘一宇といったロマンチシズムも現実政治(アメリカ)には勝てないということですね。
ネウヨもネットの世界のロマンチシズムから現実に戻ったらどうか。

37 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:45:44 ID:PPn+dn3h0
関連
【満州】 「ラストエンペラー」溥儀の自伝、完全版が刊行へ [12/17]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1166323849/

38 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:49:44 ID:1J9oswRY0
毛沢東の味方なんかしたくはないが、毛はしかし生存中に何をしたのであれ、
現代中国の礎を築いたことは確かなような気がする。しかるに昭和天皇は似た
ようなキチガイ沙汰に国民を導いたにもかかわらず(名目的にであれなんであ
れ最高責任者なのだろうから)、現代日本の礎にはなり得なかった。負の意味
では彼が象徴の地位になって現代日本は始まったのだろうから、礎になったの
であろうが。

39 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:50:45 ID:FkghEz4a0
みなさーん、初詣は靖国神社へどうぞ。
テレビCMもやってるよ。

40 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:51:43 ID:PPn+dn3h0
>>38
ケ沢東は世界最大最悪の独裁者じゃん。悪魔の化身と戦った日本はやはり
神だわ。

41 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:52:41 ID:uy2oI0Dx0
英霊を冒涜してるなwwww

42 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 04:53:44 ID:iSQzUkA30
>>38
司馬遼太郎も毛沢東のことはそういうふうに考えていたみたいだ。すくなくとも中国を統一たらしめ、
飯を食わせることに努力したと。
それと天皇のことを同列に論じるのは間違いだと思うよ。天皇に実力はなく、権威のとりででしかなかったのだから。

43 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 05:02:32 ID:NH3/Dl4w0
>>38
文化大革命はスルーですか?

44 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 05:04:54 ID:8yG264W+0
これ読んだら中国が狡猾にも日本に「日中交換記者協定」を結ばせて
日本人を騙していたことがほんとによく分かるわね。下はアメリカで
ジャーナリスト大賞も受賞した評論集。全世界で読まれ始めているよう
ですね。


「中国共産党を九評する」(中国共産党についての九つの大紀元社説)

http://www10.epochtimes.com/9pingdownload/japan/9ping_japan_intro.doc
http://www10.epochtimes.com/9pingdownload/japan/9ping_japan_1.doc
http://www10.epochtimes.com/9pingdownload/japan/9ping_japan_2.doc
http://www10.epochtimes.com/9pingdownload/japan/9ping_japan_3.doc
http://www10.epochtimes.com/9pingdownload/japan/9ping_japan_4.doc
http://www10.epochtimes.com/9pingdownload/japan/9ping_japan_5.doc
http://www10.epochtimes.com/9pingdownload/japan/9ping_japan_6.doc
http://www10.epochtimes.com/9pingdownload/japan/9ping_japan_7.doc
http://www10.epochtimes.com/9pingdownload/japan/9ping_japan_8.doc
http://www10.epochtimes.com/9pingdownload/japan/9ping_japan_9.doc



45 :反日法で売国奴滅亡 ◆hW/iVl1/i6 :2006/12/27(水) 05:07:28 ID:JQz4zXMkO
マジでアメリカは世界地図から消えろ

46 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 05:10:46 ID:HXtP4DCa0
日本人なら
1回
遊就館逝っとけ


47 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 05:11:10 ID:hWnaa7Zo0
>>45
カナダが島国になるね

48 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 05:11:57 ID:PAa+6Dx10
>>46
2階の展示室も無料なら何度でも行くんだけどな。

49 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 05:15:50 ID:sIMP8sj70
靖国神社はバカ朝日の取材は拒否してるんじゃなかった?
何行っても歪曲する赤ピーの取材なんか受けるなよ。

50 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 05:23:27 ID:NJ62CMPb0
文革で、劉少奇や走資派や修正派が虐待される写真を見つけたよ。
これで何千万人も命を落としたというが、どうして中国は歴史を
直視しないの?

http://kanzhongguo.com/news/pub/view.php?aid=155979

51 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 05:27:32 ID:NJ62CMPb0
文化大革命時の殺人現場 グロではないが、覚悟して見て。
http://kanzhongguo.com/news/pub/view.php?aid=129005

生き埋めとは中国の伝統的殺し方だ。
http://kanzhongguo.com/news/up/newsimg/200510/2005_10_7_200593011632524g.jpg

52 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 05:35:38 ID:/J+yxO5x0
ウヨ発狂wwwwwwwwww

53 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 06:07:58 ID:vPGZjDOp0
またクズウヨが自虐だ!とかいって騒ぎ出すぞw

54 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 06:16:43 ID:IGuXqHs70
靖国神社は神社じゃない。商標権訴訟を起こそうじゃないか。

55 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 06:35:54 ID:Mbv1Vgcy0
親米の岡崎にチクられてアメリカにツッコまれたんだろ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/seiron/16263/

宮司は元電通だから結構柔軟にやるんだろう
東京都出身。1958年、学習院大学政経学部を卒業後、
広告代理店電通に勤務。父の死去に伴い81年、同社を退社し
南部恒産社長に就任し現職

つーか神職の資格いらないのか


56 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 08:11:50 ID:IXfLg1Ob0
遊就館は反省したのに
ネットうようよのみなさんは反省が足りないですな。


57 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 08:16:06 ID:DC7B6SVU0

勉強できないサヨクの人達はウヨクが泣くと言って喜んでいるようだが、ウヨクはむしろ歓迎してるよね
更に正当化される主張に変わったわけで、もう文句つけにくくなるでしょ

認めるべくは認めるっていう日本人のすばらしい美学に従った有習慣の姿勢は評価に値する
支那やチョンには、未来永劫できない芸当だが

58 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 08:16:56 ID:+07Mz/gV0
>>56
アメリカから抗議がきてないからな

59 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 08:21:04 ID:w7nS03XV0
>>56
今回の一件でも分かるように靖国神社なんかただのプロパガンダ施設でしかない
それに踊らされているバカどもが所謂ネットウヨ


60 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 08:26:19 ID:06Z42WmoO
いんじゃないすかね。
自虐にならない程度に騒がせないように、シュクシュクとまつりましょう。

61 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 08:26:54 ID:EVXV1VG1O
ネトウヨは中国からちょっとでも注文あるとやれ内政干渉だとかいうくせにアメリカにはとことん奴隷になりたいみたいね。

壷信者=ネトウヨ 確定だろww

62 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 08:31:51 ID:DC7B6SVU0
>>61
ハンチントンよんだことないんだろうなw勉強しないとねw

63 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 08:35:36 ID:crjwH8GX0
まあアカヒソースだから

64 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 08:41:38 ID:NjkU0zzs0
>米国側の責任を強調した従来の表現を削除

なんで?

65 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 09:45:38 ID:4XUeNHCc0
>>28
かわいいなw

66 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 09:48:29 ID:tL0EzmHG0
アメリカは、原爆のお菓子とか、原爆を記念する博物館で売って
自分たちは正しいことをした、原爆は必要不可欠だった、と主張するし、
日本の抗議にまったくみみを貸さない

日本は靖国神社でさえ、抗議されれば耳を貸す
だから、やられ放題になる。

とにかく、一方的に主張してれば良いんだよ。別に本当か嘘かなんて
おいといて見に来た人に主張した方が良い。

ちゅうか、この手の情報戦は中国韓国にすら劣る
誠実すぎるのも困ったモノだ………


67 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 09:50:13 ID:69AdKwjM0
アメリカ様の抗議はきれいな抗議www

68 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 10:00:44 ID:KqKz3UK00
>>66
>誠実すぎるのも困ったモノだ………

「誠実」? 「腰抜け」とちゃうの? なら自虐の奴等のほうがもっと誠実。

69 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 10:18:47 ID:4XUeNHCc0
イラクではアメリカを非難するのに太平洋戦争では一方的に日本が悪くなるのがサヨクオリティ

70 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 10:35:47 ID:7/TWyCe20
>>32
ソースは?

71 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 11:40:07 ID:iuqc0GUC0
アメに言われたから修正するってのが日本のポチ体質を現してるよな。

72 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:33:54 ID:RyFXt0cx0
まあいいんじゃないか。
アメリカによるハワイ併合とフィリピン占領の経緯も載せたらどうか。
マッカラム覚書とか。

73 :こんにちは\(^■^ ラ 【卍】:2006/12/27(水) 12:41:48 ID:8nkVJ2LiO
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\
わが軍隊はその兵士たちを、これまで我々がなし来たったと同じく、
好戦的な軍国主義に教育するものでないことを知っている。
それはもっぱら兵士をして社会の信頼すべき秩序ある分子たるべく教育する。
必要と危険の時に当って、忠誠をもって国家と運命をともにしようとする兵士に教育するのである。
しかして運命が峻厳極まる試練をもって我らに臨むとも、
勇気と名誉をもって自己の民族のために戦うところの兵士に教育するのである。
これがわが軍隊再建の意味である。
これは侵略戦争を行うために編成されたのではない。
ドイツ民族を防衛し、ドイツ国民が過去十五年間に嘗めるべく強いられた
悲劇的運命に再びドイツを陥らざらしめるために編成されたのである。
これは他国民からその自由を奪うためのものではなく、
我がドイツ自身の自由を護るためのものである。
わが軍隊が今ここにある所以は、即ちこれである。

【1935年9月13日、ニュールンベルク】

74 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 12:48:24 ID:HA5IAOJn0
流石世界最高峰の反日国家亜米利加
叩きのめし方もスマート

75 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:12:34 ID:sNiU8VxM0
宗教に対する政治の介入ですね
しかもアメリカの政治力による
宗教分離は外国の政治の介入は許してたか?

76 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:19:39 ID:iqVTT5VD0
米国側も日本と戦争の準備を開戦前からしてたってのは事実だよ。
だから日米野球の試合のときにスパイでもあった選手が、日本を撮影しまくってたりしていた。
アメリカ人は、晴天の霹靂みたいに思ってるけど、実際は、
日本とは戦争を前提とした真面目なおつきあいの関係だった。

77 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:20:03 ID:M5Z1XI10O
韓国にも謝らなきゃ

78 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:27:24 ID:JqCDEqhf0
>>1
以下の部分を省略しては逝けないだろ。遊就館側の大事な主張部分だろうが!
------------------------------------------------------------------------
.スチムソン日記は、ハルノート通告直前に米首脳部が「問題は、我々自身が
過大な危険に晒されないで最初の一発を打たせるよう日本をいかに誘導していくべきか
と言う事に有った」と認識。
ハルノート通告後、ハル国務長官がスチムソンに「私は其れから手を引いた。今は君と
ノックス(海軍長官)の手中にある」と語った事を明らかにし、日本を徴発して戦争を行う
意図が米国に有った事を示す資料と成っている。


79 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 13:36:34 ID:IKVcERWd0
ぐんくつの足音が・・・・・。

80 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:07:18 ID:DDrWn67j0
>>1
結局、どこをどう修正するのかワカランな。

81 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:15:19 ID:v5p1rz840
反省なんて言葉を知らないサヨクの方々が、アメリカの圧力に簡単に屈する
情けないウヨクのイメージを植えつけようと必死のようですね。

82 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:18:02 ID:IzGeSdqC0
サヨの自虐史観。

ウヨの自慰史観。



83 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:20:59 ID:859GiaU70
修猷館高校

84 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:22:07 ID:bqAwreYpO
>>81
ウヨはアメリカ様と水さえあれば生きていけるんだもんねw

85 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:39:32 ID:TCLhiBGQ0
>>84



全然会話になってねえwww

さすがチョーセン工作員wwwwww







86 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:43:24 ID:wpoThHl/0
ネタとしてはあのままの方がパワーあるんだがな。
変に薄めると逆に気持ち悪いし、気狂いウヨのおんゆか(なぜか変換ry)に
なりそうだ。

87 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 14:43:59 ID:eOUrr5P60
靖国は解説を読んでたら全体で小説1冊分以上の情報量は優にあるだろ。
どんだけ時間割けば足りるんだよ。

最近娘と二人で遊就館行ったけど、展示を見て何を感じるかは彼女に任せた。
2階踊り場から桜花を見上げて「何で着陸用の車輪がないんだろ」とか、
回天の実物の前で「どんな気持ちで乗り込んだんだろう」とか質問しながら回った。
ひん曲がったプロペラやひしゃげた車輪、花嫁人形、遺書・・・
やはり日本人なら一度は行っていただきたいと切に願う。

88 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:11:17 ID:ZWjeVMqh0
低脳クソサヨクのくせに
2ちゃんねらー気取り?






気持ち悪いw(失笑)


89 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:22:04 ID:Cshzidpi0
>>86
ニュー速自体がバカサヨクの温床(変換できたw)になりつつあるよね



で、時給いくらで雇われてんの?

90 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:26:27 ID:UM498twP0
中国が批判 → 安倍麻生中川「内政干渉だくぁwせdfrtgひゅj!!!」
米国が批判 → 安倍麻生中川「・・・」

主張する外交だっけ?  毅然とした外交だっけ?
www





91 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:33:45 ID:eXikN4xw0
朝日新聞の押し進める「自虐史観」に対抗しすぎたのは否めない。
まぁ、今後はしっかりした日本の立場を表明するだけいいだろう。
朝日新聞に騙されるバカも少なくなっただろうし。

92 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 15:51:11 ID:q3rG4tRC0
>>90
…ノムヒョンがバカにされまっくてる中で日米離間工作?
さすがバカサヨクwww


93 :盧溝橋事件:2006/12/27(水) 17:21:35 ID:Y61RLMFt0
 1937年7月7日、日本軍は盧溝橋の原で、鉄帽もかぶらず空砲を使って演習していました。
 この時、永定河の堤防の上から中国29軍の兵士が見物していました。
 ところが、夕方になっても帰りません。「まさか、あいつら俺たちを監視してるのか」と言いながら演習
を続けていました。
 夜10時半ごろ、清水中隊長は「今夜の演習終了」を伝令に伝達に行かせました。
 本当は一声怒鳴れば聞こえるのですが、夜間の隠密作戦の訓練なので、そうしてるのです。
 そうした所、仮設敵陣地の機関銃が突然、うなり出しました。伝令を敵襲と勘違いしたようです。
 ところがその時、突然、堤防の方から実弾が飛んできました。
 危険なので、中隊長は集合喇叭をふかせます。そうすると、竜王廟と鉄橋の中間で懐中電灯の合図
があり、途端に、トーチカのすぐ南側、堤防上から十数発の実弾が飛んできました。
 危険なので、中隊長は集合喇叭をふかせます。そうすると、竜王廟と鉄橋の中間で懐中電灯の合図
があり、途端に、トーチカのすぐ南側、堤防上から十数発の実弾が飛んできました。
 「伏せっ!」、「小隊長は直ちに人員点検!」、殆どの小隊に異状はありませんでしたが、第一小隊だ
けは報告がありませんでした。伝令に行った新兵がまだ戻ってなかったのです。
 まさか、今の弾で殺されたのでは。
 清水中隊長は、岩谷曹長を騎馬で豊台へ連絡にやりました。その後で、行方不明の新兵が戻ってき
ました。

・・・(略)・・・

 また一方、寺平補佐官に対しては、牟田口連隊長は森田中佐のことで「彼は、爆弾三勇士で有名な
廟行鎮突入部隊の指揮官ですが、あの調子でジャンジャン攻撃命令を出されると、とんでもない事に
なる。君がシッカリ手綱を引いてくれ」とブレーキ役を頼みました。
 午前四時前、一行は出発しました。
・・・(略)・・・
 宛平県城に軍使一行が入り、中国軍営長金振中と話している時に戦闘が始まりました。
 第四回目の銃撃を受けたので、これをきっかけに反撃を開始したのです。時に昭和12年7月8日午
前5時30分

『盧溝橋事件』寺平忠輔著(読売新聞社刊)


94 :盧溝橋事件:2006/12/27(水) 17:25:55 ID:Y61RLMFt0
●1937年
7月7日、盧溝橋事件。夜10時30分頃、演習中の日本軍が2度にわたって銃撃を受ける
7月8日、午前3時25分に支那側から3度目の射撃、4時20分に牟田口連隊長が反撃を命令、5
時30分の4度目の銃撃をきっかけに反撃開始
7月9日、午前4時に現地で停戦の約束がされるまで日本側戦死11人・負傷36人、支那側(推定)
戦死30人・負傷約100人。蒋介石は4個師団と戦闘機を北支に派遣
7月10日、支那側が攻撃を再開、日本側も応戦、日本側に戦死6人、負傷10人。参謀本部第三課と
陸軍軍事課は、支那側が「対日武力戦争を準備」しており、北京地区1万2千人の居留民保護に不安
があり、支那第29軍7万5千人に対抗するため10万人規模の「北支出兵」を主張。石原部長も承認
して陸軍の決定となる
7月11日、現地で停戦協定が成立。支那の何応欽部長が、7月末までに戦争準備を整える全兵力動
員の「戦争計画」を指示。14時、日本の閣議で5個師団の「北支派兵」が決定し声明
7月13日、支那兵が移動中の日本軍トラック2台に手榴弾を投げ込み全員を爆殺
7月14日、支那兵が日本の騎馬兵を惨殺
7月16日、事件を収集させようとする宋哲元に対し、蒋介石は「日本の策謀に乗じるな、戦備を整え
よ」と打電
7月17日、蒋介石が『生死関頭』演説を行い戦争の決意を表明
7月25日、郎坊事件、日本軍が攻撃を受ける
7月26日、広安門事件、日本軍が攻撃を受ける
7月28日、日本軍が北支への攻撃を開始
7月29日、通州事件。日本人居留民約260名が虐殺される
8月9日、和平会談の予定だったが、海軍陸戦隊の大山中尉が惨殺される


95 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:30:56 ID:PnM/hY8JO
これは靖国側がチャンコロ圧力にへたれたってことなのか…?

96 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:41:03 ID:n4F1uJvC0
何でも外国のせいにするのは、大二本帝国には自ら行動する意志も力もなく
外国にやられっぱなし、されっぱなしだったということであり、かな〜り自虐的。

97 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 17:52:06 ID:JqCDEqhf0
>>95

いや主張から証拠の展示に切り替えて反論出来ないようにしたので、
返ってアメにとっては不都合に成った事だろう。


98 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:03:11 ID:dE/KcibE0
>遊就館の展示は、自虐史観に対抗する狙いがあった


初めからプロパガンダありきの内容だったんか……。
真実の歴史とか言って持ち上げてた保守は大恥かいたな

99 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:08:58 ID:JqCDEqhf0
>>98
> >遊就館の展示は、自虐史観に対抗する狙いがあった
>
>
> 初めからプロパガンダありきの内容だったんか……。
> 真実の歴史とか言って持ち上げてた保守は大恥かいたな

実際に初めからプロパガンダは有ったのは事実だし、展示の内容は
事実に基づいた物なので何ら問題はないだろ。
それとも何か事実に反する展示物が有るなら指摘してみたらどうだ?
有ればとっくに在日白丁の反日サヨクが指摘していそうだがな。


100 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:13:15 ID:gbyb69zN0
>>99
一番うまく嘘をつく方法は、真実の一部だけを採り上げる事だよ。

まあ、どう修正したのか見に行くのが楽しみだわw

101 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:15:19 ID:k00FKrFW0
アメリカ様に言われたら直ちに従うわけか。
ウヨの真のご主人様がだれか、改めて確認できる一件。

102 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:20:16 ID:JqCDEqhf0
>>100
> >>99
> 一番うまく嘘をつく方法は、真実の一部だけを採り上げる事だよ。

遊就館の展示と関係無い話しをして意味有るのか?
嘘の付き方は関係無い話しだが、サヨクが良く遣っている奴だな位の
認識はある。

> まあ、どう修正したのか見に行くのが楽しみだわw

開戦の経緯を、言葉による主張から証拠の展示に切り替えただけ見たいだな。


103 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:24:04 ID:MUwub8OO0
神社が国の政策決断の歴史を語る不思議

104 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:28:41 ID:RgX1lC+/0
戦争の責任はアメリカにある、か。結局反省なんてしてないんだね。

105 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:29:20 ID:t+UxAZE/0
>>103
「国家神道」だもの。本物の神道でも本物の神社でもない。

106 :我が弁明\(〇m〇) :2006/12/27(水) 18:29:38 ID:8nkVJ2LiO
大東亞政策の眼目は大東亞の建設であります。
大東亞建設に関しては当時日本政府は
次のような根本的見解を持して居りました。
抑々世界の各国が各々その所を得、
相寄り相扶けて万邦共楽を偕にすることが
世界の平和確立の根本要義である。
而して特に関係深き諸国が互いに相扶け
各自の国礎に培い共存共栄の紐帯を結成すると共に
他の地域の諸国家との間に協和偕楽の関係を設立することが
世界平和の最も有効にしてかつ実際的の方途である。
是れが大東亞政策の根底を為す思想であります。

ワシの主張の真実を勉強せんかい!
───────v─────────
         <_☆_>
         (〇m〇)
       ._φ※:⊂)
     /旦/三/ /|
     | ̄[●] ̄| |
     |大東亞聖戦|/

107 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:34:27 ID:YXWMS1bz0
>>106
美しい建前ですねえ。
美しい建前を掲げてその背後で悪をなす人間を、
「偽善者」というのですよ。


108 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:37:02 ID:JqCDEqhf0
>>104
> 戦争の責任はアメリカにある、か。結局反省なんてしてないんだね。

在日の白丁鮮人らしい言葉だな。
あくまで日本人は反省しろで、藻前ら密入国の犯罪者の子孫と言う事は
無視ですか、そうですか。


109 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:43:19 ID:eOUrr5P60
>>107
全部がウソなら話は簡単なのだが、
本当にそれを信じて努力をして、実際にいくばくかの成果も上げ、
そのために亡くなっていかれた方々が居るのもまた事実なのだよ。

>>105
>>「国家神道」だもの。本物の神道でも本物の神社でもない。
しかし、やはり神社である事には変わりはなく、
神道と無関係であるとも言えまい。

切って捨てるような言い方は寂しい。

110 :馬鹿もん!\(〇m〇):2006/12/27(水) 18:44:21 ID:8nkVJ2LiO
断じて我が大日本帝国は侵略などしてはおらん!
大東亞共栄圏の独立国は、大日本帝国はじめ、大満州帝国、
蒙古聯合自治政府、中華民国南京政府、フィリピン共和国、
ビルマ、タイ王国、ラオス王国、カンボジア王国、ベトナム帝国、
自由インド仮政府、インドネシア等数多くある。
歴史の真実をもっと勉強せんかい!
───────v─────────
         <_☆_>
         (〇m〇)命は鴻毛よりも軽く、義は山よりも重しだ!
       ._φ※:⊂)
     /旦/三/ /|
     | ̄[●] ̄| |
     |大東亞聖戦|/

111 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:49:23 ID:wpoThHl/0
国家神道て、神聖ローマ帝国みたいなものか。

112 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:50:24 ID:YXWMS1bz0
>>109
>全部がウソなら話は簡単なのだが、
本当にそれを信じて努力をして、実際にいくばくかの成果も上げ、
そのために亡くなっていかれた方々が居るのもまた事実なのだよ。

騙した人間と騙されて死んでいった方々は区別しないとね。

>しかし、やはり神社である事には変わりはなく、
神道と無関係であるとも言えまい。

その「関係」を明らかにしないとね。

113 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:56:55 ID:eXikN4xw0
>>112
戦犯が「騙した人間」であるとするならば、あまりに了見
が狭いんじゃないか?

114 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:58:35 ID:JqCDEqhf0
>>112

騙しては居ないだろ。欧米列強に追い詰められた上での選択肢だったかも
知れないが、五族共和や八紘一宇の理想を実現しようとしていたのも事実と思うが。
人種差別撤廃を国是としていたのも事実だし、最初に国際連盟で人種差別撤廃を
提案したのも日本だよ。
実力が伴なわなかったのが、残念ではあった。


115 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:00:01 ID:YXWMS1bz0
>>113
「戦犯」は東京裁判の枠内の概念。
日本人としては認める必要もない。

ただ日本・日本人にあれだけの災厄をもたらした大戦に、
日本人に対する責任者がいないわけもないな。
その中には道徳的に非難されるべき人間も多々いるだろう。

116 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:08:48 ID:+HB/B+3x0
>>115
日本人に対する戦争の最大の責任者は「国民」でしょう。
当事、一部の軍部並みかそれ以上に世論が「戦争」を要求していた。
安倍総理だって、「世論が選んだ総理」なのに、ボロクソけなす。
日本人の大衆の最も醜い部分は「自分の責任を国家や政府におしつける」
こと

117 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:12:18 ID:YXWMS1bz0
>>116
指導者と一般国民を同列に扱うわけにはいかない。
ましてや、一般国民に責任を押しつけるとは・・・
醜悪の極みだな。

だれが、国を運営してたのかな。

118 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:14:56 ID:JqCDEqhf0
>>117

最終的には宣戦布告と変わらない内容のハルノートが契機だろ。


119 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:16:09 ID:eRuHG9al0
>>103
別に不思議じゃないなぁ。

120 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:18:31 ID:UoRiXXQ20
歴史記述を精査することで、より辛辣になってるじゃねえか。w


121 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:18:58 ID:VFNEyip90
>>116
ドイツだって当時の与党の党首一人に責任押し付けてるから似たようなものでは。

122 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:19:08 ID:9v+5G32u0
>>119
そうだよね。大日本帝国というのはカルト国家だもの。

123 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:20:30 ID:RPX2THaG0
>>88
ウヨは低脳池沼で、
サヨは狂信基地外です。

お間違えなきよう。

124 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:20:33 ID:qURul3th0
>>108
>>104は日本人全体のことを言ってるわけじゃないと思うが

125 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:21:43 ID:Pg2I15v10
自虐史観に対抗するなら、
「大日本帝國は、アジア・太平洋の覇権をかけて米国と決戦に及んだ」
でいいのに。

「米国の陰謀で戦争させられた」じゃ、自虐史観と五十歩百歩

126 :ネコちん♪ ◆RIaAan710E :2006/12/27(水) 19:22:14 ID:hk7B4Cph0

( ^▽^)<なんだ? 急に

      どこぞの大統領様でもくるのか?



   ∧∧
  ( =゚-゚)y-~~
 〜( _ u'

127 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:24:17 ID:E2ZfsD7x0
大陸から手を引けばよかったんだよ
台湾もある、朝鮮もある、太平洋の信託統治領もある
大陸利権など無くても帝国は安泰だった

128 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:26:14 ID:JqCDEqhf0
>>124

日本人の視点で書いて無い事だけは分かるレスなので、日本語に
ある程度堪能な外国人を想定して書いたんだけどね、外れてないと思うよ。


129 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:27:22 ID:RPX2THaG0
>>115
>「戦犯」は東京裁判の枠内の概念。
>日本人としては認める必要もない。

何、朝鮮人みたいな見苦しい事を言ってるの?

日本政府はサンフランシスコ平和条約に於いて
極東軍事裁判の全判決を受け入れる事を条件に独立を果たしましたけど?


130 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:28:00 ID:39Diu2i70
>>127
いあー中国はバカだし人もいるから
あそこはいい植民地になると押し寄せたんだ
くれてやっても中国から爆撃されると思う

131 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:30:40 ID:JqCDEqhf0
>>127

露西亜がソ連に変わっても南下政策には変わりは無かったから、大陸で
対抗せざるを得なかったようですよ。


132 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:32:03 ID:qURul3th0
>>128
確かに>>104はそうとも取れるが
戦争が起こった責任はアメリカにあるなんていってるやつ世間一般には少ないんだし
そいつらだけに対してのレスとも取れるだろ


133 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:32:46 ID:sTvow9ht0
んー、当時の日本の空気を出来るだけ再現して
展示することには意味があると思うんだけどなぁ。。。。

134 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:32:47 ID:JqCDEqhf0
>>129

お前も生まれながらに穢れた血の流れた、在日白丁鮮人が嫌いなんだね。
キムチなんて臭くて食えないよな?


135 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:33:31 ID:CpYk03YP0
>>129
「戦犯」も認めたんだな。それはめでたい。


136 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:35:14 ID:l/AbtOKk0
情けない やっぱ本物の右翼は 日本には
存在しないなー
まあ武力も外交力も宣伝情報力も
幕下以下なんだから
泣くしかないか
これからも 世界から 脅され 凄まれ
バカに されて 金を取られ続ける
わが日本だーーーー

137 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:35:47 ID:3KV/OSPh0
>>131
もしも日本が弱ければ ロシアはたちまち攻めてくる
家は焼け 畑はコルホーズ
君はシベリア送りだろう

こんな感じを地でいってたんだよね。

138 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:36:21 ID:i0X/8/oD0
遊就館結構おもしろいぞ
本買って帰ったらじいちゃんに喜ばれた
ぼったくり価格だったけど

139 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:37:58 ID:JqCDEqhf0
>>132
> >>128
> 確かに>>104はそうとも取れるが
> 戦争が起こった責任はアメリカにあるなんていってるやつ世間一般には少ないんだし

色々本も出てきたので、段々分かる人にはわかって来たと思うが?
特にある程度の期間2ch遣っている奴で知らない日本人は少なく成っていると思うが。

> そいつらだけに対してのレスとも取れるだろ

一発IDの上に反論もこないしな〜???


140 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:40:18 ID:CpYk03YP0
>>138
まあ、博物館としてみれば、面白いでしょうね。
思想的意味を担ってるから問題。

141 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:40:21 ID:RgX1lC+/0
だって煽っただけだし

142 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:43:24 ID:JqCDEqhf0
>>141

なんだ、それなら早く言えば鮮人扱い撤回したのに、スマンかったな。


143 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:43:29 ID:qURul3th0
>>139
別にそういう本読んでても、必ずしもその本を真に受けるわけじゃないだろうに
知っててそれを正しいと思う人がどれだけいるか分からんと思う
それと、単発IDなんてニュー速じゃいくらでもある
それにこだわるのは何の意味も無いって

144 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:46:01 ID:JqCDEqhf0
>>143

結果はあんたの言う通りデスタ。


145 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:46:26 ID:XCk6CdBg0
>自虐史観に対抗しすぎた部分を和らげたい
うまいこというじゃない

146 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:46:40 ID:nV+mWJ9cO
>>142
なんでお前が謝るんだw

147 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:46:53 ID:3AsxaVzW0
日本の右翼なんて、自分の利益のために「日本」を利用している奴が大半。
自分第一で「日本」のことは二の次。

148 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:49:12 ID:7ObT66H+0
こいつらこそが反日だな。
中国人朝鮮人に攻撃されるようなエサ与えてるだけだろ。

149 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:52:38 ID:3AsxaVzW0
自分の知る限りで見てみ。
「右翼」がどんだけワガママ、エゴイスティック、人のことなどお構いなし、
タイプか。
「右翼」は思想ではなく、「本能」。
猿同然だな。

150 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 19:53:51 ID:JqCDEqhf0
>>146

煽りに乗ったのは自分の判断ミスだし、日本人に鮮人扱いは酷すぎたかなと思ったので。


151 :d〇メ〇b 大川襲名:2006/12/27(水) 19:58:12 ID:8nkVJ2LiO
つ『東京湾観音碑文』より

今我国は、
世界で一番富と力のある国と手をつないで平和に文化を楽しんでおりますが、
この手が切れて、世界一貧乏で人が多い赤い野心のある国と手をつなぐようになったら大変です。
近頃、新政党や色々の組織が生まれて革新を唱えておりますが、
革新国では、法律の枠にはまらぬ、知識階級、事業家物持、
気にいらぬ指導者など二千万人以上を殺し、
農民は田畑を取られ共同耕作して納入、食糧の配給を受ける。
中小企業は廃業して工場や土木に働く。
総ての事業は国営で、切符で配給、言論は統制、
読ませず聞かせず、宗教は抹殺、というやり方。



152 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:02:32 ID:UoRiXXQ20
当時、列強のアジア政策を手をこまねいて見てたら

@アメリカに占領 → フィリピン状態(内政不安、経済の破綻、劣悪な教育水準) → 沖縄が証明
Aソ連に占領 → 経済・文化・産業全てを破壊 → 北方四島が証明

Bフランスに占領 → 経済が崩壊 → 共産化 → アメリカに再占領 → @へ




まあ、こうなってただろうよ。

実際、列強の植民地だったところで、
現在、先進国に入ってる国があるか?
逆に、日本の統治下にあった国はほとんどすべて発展してるじゃねえか。

153 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:02:54 ID:3AsxaVzW0
人間の中の猿が「右翼」。

154 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:10:36 ID:JqCDEqhf0
>>152

乾坤一擲の戦いに負けた訳だが、アジアの開放や日本が国体を維持できたのも
あの戦のおかげだと先人に感謝しとるよ。
何もしなかったら、今日本という国が残っていたかどうか怪しい気がする。


155 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:14:40 ID:Mbv1Vgcy0
>>152
>実際、列強の植民地だったところで、現在、先進国に入ってる国があるか?
>逆に、日本の統治下にあった国はほとんどすべて発展してるじゃねえか

一行目と二行目は矛盾してるだけだが……

戦後の日本はアメリカの統治があればこそだろ
それも否定すんの?



156 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:16:07 ID:q+SKeoUt0
>>154

指導者の愚かにもかかわらず、これだけのことをやってのけた、
日本の一般国民の優秀さに感銘。

157 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:17:25 ID:JZhq48460
 ま た 岡 崎 か !!

158 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:20:28 ID:JqCDEqhf0
>>155

発展したのは自力だバ〜カ。

条件付の降伏では有ったが、植民地にされなかったのはアメリカだからだし
ソ連だったら悲惨だったろうとも思うが、発展はアマリカのおかげでは無い。



159 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:21:39 ID:q+SKeoUt0
戦前も今も、指導層が一般国民のことを考えていないのは同じ。
一般国民を犠牲にして難局を乗り切ろうとしてるのも同じ。

こいつら、先祖代々の日本人であっても、日本国籍を持っていても、
真の「日本人」ではないな。


160 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:23:17 ID:yw4PRXg+0
靖国!靖国!
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~kokueki/swf/kakutatakaeri.swf
http://www.youtube.com/watch?v=PxTyjentRso
http://www.geocities.jp/teiiga/sinanurupo.swf

161 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:24:38 ID:Mbv1Vgcy0
>>158
>ソ連だったら悲惨だったろうとも思うが
認めてるだろw

戦後のレールを敷いたのはアメリカだし、日米安保があればこそ防衛予算を
削減し、経済政策に回せたということは無視できん






162 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:25:49 ID:q+SKeoUt0
まあ、「大日本帝国」自体が西洋近代国家の猿まねだものね。
その系譜を継ぐ人間は皆、疑似西洋人、インチキ日本人。

163 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:25:50 ID:1+/zMZIi0
>>137
やらなきゃやられる、であらゆる行為が正当化w

164 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:27:45 ID:q7/ZMPEE0
>>161
だよね。
上手くアメリカを利用できたのは
運が良かった。

165 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:30:13 ID:JqCDEqhf0
>>161

発展と言うのは国民の勤勉さや努力による物で、決してアマリカのおかげで
ないよ。
ソ連の条約破りや裏切り行為を是認する事は出来ないだろ?
アマリカがレールを引いて発展できるなら、ハワイやフィリピンが発展してない
無いのはどう言う訳だ?


166 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:31:00 ID:l7MAurALO
ウヨ脂肪w

167 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:44:15 ID:n4F1uJvC0
米国に核攻撃を受けた日本はこれだけ発展したのだから
発展したいなら米国に核を落としてもらうのが一番の早道。

168 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:47:06 ID:39Diu2i70
>>167
それはねーよ
自爆したソ連があれだし

169 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:52:32 ID:c0+qX/1U0
>>166
夜勤乙。
総連のネット部屋には、今何人居るんだ?
バイト代は時給10ウォンくらいか?

170 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:53:58 ID:Mbv1Vgcy0
>>165
>>155に戻ってくれ
>戦後の日本はアメリカの統治があればこそだろ
日本のケースのことを言ってるだだが。
もちろん日本の国民性も発展の要因だがそれは要因でしかない。

連合国による分割統治の案もあったんだから。





171 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 20:54:04 ID:AALnd8oP0
>>169
ワロタw
10ウォンてw
時給5円かw

172 :('◇')ゞ鳥肌実中将:2006/12/27(水) 20:55:47 ID:8nkVJ2LiO
(〇m〇)/ 外してはイカンぞ!
[★コミンテルン謀略文書1932年テーゼ]
…反動的戦争においては、革命的階級は、
ただ自国政府の敗北のみを望むことができる。
政府軍の敗北は、日本の君主[天皇]制政府を弱体化し、
支配階級に対する内戦を容易ならしめるであろう。
中国の植民地的従属のための日本帝国主義の現在の戦争においては、
日本共産主義者の行動スローガンは、
「中国の完全独立のために闘え」でなければならない。
中国ないしソヴィエト連邦に対する帝国主義戦争という状態においては、
日本共産主義者は、敗北主義者たらねばならないだけでなく、
ソヴィエト連邦の勝利と中国人民の解放のために積極的に闘わねばならない。

[脱●帽]終戦の御詔勅

…敵は新に残虐なる爆弾[原子爆弾]を使用して頻に無辜を殺傷し
惨害の及ぶ所真に測るべからざるに至る
而も尚交戦を継続せむか
終に我が民族の滅亡を招来するのみならず延て人類の文化をも破却すべし
斯の如くむは朕何を以てか億兆の赤子を保し皇祖皇宗の神霊に謝せむや
是朕が帝国政府をして共同宣言[ポツダム宣言]に応ぜしむるに至れる所以なり…

173 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:04:32 ID:DcaCsAyL0
靖国につく→甘酒を飲む(無料)→本殿前で賽銭入れて手を合わせる
→お神酒を飲んで(無料)買う→遊就館を観る→実家へ

靖国で初詣するときはいつもこのパターンだな。
厄年のときは昇殿内で厄払いしてもらえるらしいが
料金が高いので漏れは一度もやったことない。

もう今年もこの季節か・・・。

174 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:05:30 ID:gVFBThKE0
>>38
けざわあずまは支那畜の中で唯一功績を認めてやってもいい。
あれほど支那畜を屠殺した者は後にも先にもいない。
無敵皇軍が屠った数が霞んで見えるくらいだからな。

175 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:07:18 ID:JqCDEqhf0
>>170

戦後の占領統治が無ければ更に発展していた可能性も有ると考えられる。
戦後の一時的な食料支援とかは確かに死活問題でもあり有りがたかったのも
事実だが、こと発展と言うのは別の話しだと思うぞ。
冷戦の中でアメが日本を必要としたから徐々に自由を与えて来ただけで、産業
振興を行ったわけでもないし育成した事実もしらない。
実際色々制約を付けられて、ある時期までラジコン飛行機でさえ飛ばす事も出来なかったんだよ。
もし戦争が無ければ日本はもっと発展していただろうし、それを欧米列強が恐れて
日本に圧力を掛けた側面は見逃せないと思うぞ。

占領政策にも文句があるが、ここでは書かないけどね。


176 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:09:03 ID:2Gg3kgVo0
あんまりだ、ウヨが可哀想だろ・・・

177 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:10:47 ID:JZhq48460
もうサヨとやらは
自慰行為の為に見当違いな「ウヨ」を罵倒するしか出来ないのか・・・

178 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:12:20 ID:L3hwArL80
アメリカ様と中国様狭間で揺れ動く日本・・
情けない国になってもんだ

179 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 21:26:41 ID:l/AbtOKk0
やっぱ 空極の最終兵器を 開発 完成
することが 世界の ために
必要なことなのだ そのことが正義なのだ
戦わねば 奴隷に なるだけだよ 諸君

180 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 22:56:11 ID:JqCDEqhf0

ホロン部はどうした?
好みのスレタイに見えるのだが???


181 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:33:02 ID:tj6GDT7A0
アメ公好みの記述に変えたらこの伸びの無さ。
アメ公に国を売るのは文句無いみたいだな。

182 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:44:40 ID:JqCDEqhf0
>>181

アメが困る展示内容に変更したはずだが。
全然媚びてないぞ。


183 :今日も雲弧 ◆bKaGbR8Ka. :2006/12/27(水) 23:46:20 ID:Jr53lpPx0
遊就館は年末年始は開いているの?



184 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:46:45 ID:JqCDEqhf0
>>181

聞き忘れたが、ホロン部出動か?


185 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:51:30 ID:JqCDEqhf0

在日嫌いな俺だが、用水は良いヨ!


186 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:51:45 ID:RM3CTFYz0
天国のあなたへ   柳原タケ

娘を背に日の丸の小旗をふって、あなたを見送ってから、もう半世紀がすぎてしまいました。
たくましいあなたの腕に抱かれたのは、ほんのつかの間でした。
三二歳で英霊となって天国に行ってしまったあなたは、今どうしていますか。
私も宇宙船に乗ってあなたのおそばに行きたい。
あなたは三二歳の青年、私は*傘寿を迎える年です。
おそばに行った時、おまえはどこの人だ、なんて言わないでね。
よく来たと言って、あの頃のように寄り添って座らせて下さいね。
お逢いしたら娘夫婦のこと、孫のこと、また、すぎし日のあれこれを話し、思いっきり甘えてみたい。
あなたは優しく、そうかそうかとうなづきながら、慰め、よくがんばったねとほめて下さいね。
そして、そちらの「きみまち坂」につれて行ってもらいたい。

  春、あでやかな桜花
  夏、なまめかしい新緑
  秋、ようえんなもみじ
  冬、清らかな雪模様

など四季のうつろいの中を二人手をつないで歩いてみたい。
私はお別れしてからずっとあなたを思いつづけ、愛情を支えにして生きて参りました。
もう一度あなたの腕に抱かれ、ねむりたいものです。
力いっぱい抱きしめて絶対にはなさないで下さいね。

*傘寿は、80歳のこと。
遊就館に展示された、日本一の恋文。(第一回きみまち坂恋文コンテスト優勝作品)

187 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:54:12 ID:mnm5tecw0
☆みなさ〜ん、ユダヤ朝鮮の下僕、売国神社がユダヤ工作員の命令にきちんと従いましたよ〜っ☆
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/korea/story/06mainichiF20061006p1500m040143/
<靖国神社遊就館>米が批判の記述修正 アジア関連は変えず (毎日新聞)
靖国神社の最高意思決定機関である崇敬者総代会が5日開かれ、「遊就館」の展示のうち、
米国から批判が出ていた第二次世界大戦の米国関係の記述を見直すことを決めた。
    凸┃┃ (/)     ┃┃凸
    Ш┃┃ (/)ィ'ミ,彡ミ .┃┃Ш 
    .|| ┃┃ (/)ミf 、 , ヾ;;┃┃.||
  ∧_∧   (/)ミ `L ´t彡 
  <ヽ`∀´>  (/) <ヽ一_>i  韓国は美しい神の国なんだな
  (つ  つミ (/)(⊃⊂ )  http://japan.arrow.jp/empire/log/eid300.html
  |_|_|_D(/)_|_|_|__
  /////ノ,,,,,,ヽ ////| 
////////////  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|  ニ ダ ヤ ス 国        |

        ∧_∧
      _<ヽ`∀´>__    <ヒント: A級戦犯の源田、岸、児玉、笹川は釈放後、在日朝鮮人を集めて 
      \ U ̄∪ /           勝共連合(統一教会)を造りました
       │   :::│
       │   :::│
  /⌒ヽ__// ‖\\__/⌒\   松岡のユダ鮮との裏取引は
  ( ◯ / /)  (\\ ○ )
  \ / ./● I  I ●\\/  それぞれの壷の中にある
   /  // │ │ \_ゝヽ    
   /     /│  │ヽ    :::ヽ  それが私の心だ
  /    ノ (___):::ヽ   :::|  

188 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:54:46 ID:tj6GDT7A0
>>182
そうか。と、言いたいところだが岡崎のような輩もいるので心配だ。


189 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:55:03 ID:JqCDEqhf0
>>186

気が付かなかったな。
涙が止まらん。


190 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:57:13 ID:niAkjdFK0
税金を払わない銀行と宗教法人は悪

191 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:57:37 ID:tj6GDT7A0
>>184
つーか、反米の立場だったらなんでもホロン部かよ馬鹿。

192 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:02:44 ID:PdWSTtn70
>>191

いや言ってみただけ。俺もアメに対しては内心忸怩たる思いは有るが、現実的な
選択肢として、アメとの同盟しかないと思う。

ただ反日の反米は危険が一杯で、在日の望む所でも有るので心配だ。
流されないで欲しいな。


193 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:04:58 ID:SYDaeoQk0
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: |米国最高万歳| ::|
  |.... |:: |中国韓国万歳│ ::|
  |.... |:: |創価大作万歳| ::|
  |.... |:: └──────┘ ::|
  \_|    ┌────┐   .|     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (  _)
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、_)
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄

     |           .( ( | |\
     | )           ) ) | | .|
     |________(__| .\|
    /―   ∧ ∧  ――-\≒ 
  /      (    )       \
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
  |______________|

   ∧∧
  ( ´A`)
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        日本も終わったな・・・
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/

194 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:06:30 ID:5XS/h7fj0



                愛国教育も自虐史観に対抗しすぎです




195 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:07:39 ID:02PuUp1s0
なぜ靖国神社は派出所を作らないの? 上海・南京・北京・新京・奉天・
平壌・京城なんかに作ったら、いい宣伝になると思うのだが〜

196 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:09:36 ID:nI2HLnfEO
こうなったのも無能な政治家が参拝するからだ。
安倍は絶対に参拝するな。
これ以上愛国者の寄りどころを奪うな

197 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:09:46 ID:PdWSTtn70

やっと涌いてきたな。


198 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:10:35 ID:5XS/h7fj0
サヨ >>>>>>>>>>> ウヨ <<<<<<<<<<<<< アメ
ダブルバインドでウヨ撃沈www

199 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:13:21 ID:PdWSTtn70
>>196

有能な政治家が参拝すると、対応が変わる根拠があるのか?
馬鹿も休み休み言えって、何時も休んで生活保護受給してたりしてな。


200 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:15:18 ID:5XS/h7fj0
安部が参拝したのでアメに「カルト・オブ・ヤスクニ」と疑われたのが原因

201 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:16:32 ID:PdWSTtn70
>>200

何処に出ていた?


202 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:17:58 ID:J2fOFe120
小学校の遠足は靖国神社にするべきだな。
涙が止まらんかった。
こないだ初めて行ったオッサンだが。

203 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:19:29 ID:5XS/h7fj0
カルト・オブ・ヤスクニm9(^O^)禁輸で喉を締め上げろぉジャップの首は細〜いぞぅ

204 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:20:45 ID:PdWSTtn70
>>203

なんだ、白丁かよ。


205 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:23:22 ID:+5+ZHtfu0
侵略は侵略だろ。
ただし60年前の時代背景において侵略のどこが悪い?ってことであって。

206 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:24:18 ID:3efOqL150
>>195
靖国神社の原型である「東京招魂社」は、伊勢神宮・内宮の東京屯宮なんですよ。
したがって靖国神社は、旧官幣大社としての格式は本来「神宮格」です。
あえて分社しなくても、本来は太陽神であり女性神・天照大御神の祀られる所には、
等しく靖国の御霊は宿られていますよ。

靖国の主催神が女性神だなんて、最近の無知なマスコミでさえ知らないかも。
それだけ本来は平和を感謝し、繊細で犠牲になられた方の慰霊の意味が主な平和な
信仰が靖国=護国信仰なんです。
靖国は、今のマスコミは無視していますが、戦争で亡くなられた尊い死者の方の尊厳を
守り、その礎の上にある現在の平和を祖先に感謝する場なんです。
それを別名「醜の御盾」とも呼び現します。戦死された方の無念の思い、家族への愛を
「醜」と呼び習わすわけです。

207 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:28:34 ID:nI2HLnfEO
>199
無能かどうかは個人の主観。俺の言い方が不味かったな。
議員が参拝すると国民の愛国心煽るためだと言う意見が(ry。
ガキが感化されてネット上で極右極左に転がり落ちる

参拝するのは自由だが議員は控えるべきな理由はまだまだ山ほどある。
俺は率直に先祖が眠る神社をいじられたくないから反対する

208 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:29:36 ID:SkS4ispZ0
なんか目に見えて右翼が衰退してるなw
いいことです

209 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:33:30 ID:gdCp2Y1+0



   岡  崎  久  彦  よ  、  生  き  て  い  て  恥  ず  か  し  く  な  い  の  か  ?




210 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:33:55 ID:5XS/h7fj0
アメまでもが靖国を攻撃
もう右翼に支えはなくなった
あとは一思いにトドメをさしてあげようぞ

211 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:34:44 ID:tiQa7txJ0
狂信的な信者が少なからず存在するという意味で
国内に数多くあるカルト教団のひとつにすぎない靖国が
どのような戦争史観を主張しようともいちいち騒ぎ立てる
ほどのことじゃない

日本は宗教活動の自由が認められているのだから
好き勝手にやればいい
支那やチョンがガタガタ文句を言ってきても無視すりゃいい

靖国の戦争史観を支持したいヤツは支持すればいいし
否定したいヤツは否定すればいいただそれだけのことだ

212 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:34:48 ID:3efOqL150
>>208
本当の右翼は、街宣活動もデモもしませんからね。
たぶん目立たない存在の方が多い。

大声上げて「愛国心」を喧伝するものは、真の右翼にあらず。
それらが衰退していく事はよいことです。
本物の右翼は、黙って国学を学び伊勢の片田舎で百姓しながら隠棲していますよ。
言い換えれば、田舎に住む目立たない平凡な庶民こそ真の右翼なんです。

213 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:37:07 ID:PdWSTtn70
>>207

靖国参拝は感謝の意味とか,安寧を願う為に行く所だろ。
まさか侵略する為に力を貸して下さいと願う馬鹿は一人も居ないだろし、
出来もしないけどな。
参拝の意味をちゃんと教えるのが、先決でないか?


214 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:40:26 ID:tjzC9iMt0
靖国って変な方向に行き過ぎじゃないの・・・?
ヒトラーとかスターリンとか変な博物館いらんよ

215 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:41:43 ID:5XS/h7fj0
カルトだよな

216 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:42:57 ID:tiQa7txJ0
>>214
変なのは靖国に限ったことじゃない
靖国以上に「変な」宗教法人は枚挙に暇がない
くらいたくさん存在している

217 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:43:34 ID:PdWSTtn70
>>212

右翼って何だろう?街宣右翼は反日鮮人のネガティブキャンペーンだし、
サヨクも反日鮮人の集まりだし。
ただサヨクがウヨと言うのは自分より右で中立もウヨなんだよな。


218 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:47:59 ID:PdWSTtn70
>>215

祖国に帰れよ白丁!帰っても蔑まれるだけだろうがな。


219 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:51:00 ID:3efOqL150
>>213
大元の神とは、はるか昔に亡くなられた遠いご先祖様の魂。
敬祖崇神とも言い換えますが、祖先への報恩感謝と子孫の安寧を願うのが参拝ですから。
それすら学校で教えない今の教育は、参拝の基本や神道を知らない世代を作りました。

たぶん、団塊の世代(今の60代前後)以降の国民は正しい神道の参拝の概念を知らないでしょうね。
靖国は、戦地で亡くなられた方への慰霊と感謝の場でありこそすれ、戦争肯定の意味はなし。
むしろ他の国の戦士の墓よりも、ずっと平和で女性的な祈りと豊穣の願いの場です。
靖国の主宰神であらせられる天照大御神は、軍神では在りませんし。(軍神は、スサノオか)

220 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:52:34 ID:tjzC9iMt0
>>216
魂を鎮める静かな場所であって欲しいけどな・・・
宮司とかの趣味でつっぱしってないのかね

221 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:56:41 ID:3efOqL150
>>217
「右翼」と事上げて名付けるから理解が遅れるのです。
真の右翼とは、日本に生まれ故郷の山河を懐かしみ、生まれた郷土を誇りに思う
すべての庶民の事なんですよ。言い換えれば郷土愛こそ、真の愛国の礎。

それが、最近では生まれた国にも郷土にも誇りを持てず、生まれたことを卑下する
教育が日教組により戦後続いたお陰で忘れ去られています。
その境界の世代が、いわゆる全共闘や創価の世代である「団塊の世代」です。
この世代から、日本は狂ってきたのではないかと存じますがいかがでしょうか。

222 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:01:12 ID:Wtt7HUYA0
つーか、祭礼時に湧いて出るコスプレじじぃどもも何とかしてくれ
階級の高いコスばっかで(それも細部がまちがってたり)一兵隊で出る謙虚な奴はおらんし、
こんなのに応援団面されると憂国しちゃうよ俺は…


223 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:02:27 ID:PdWSTtn70
>>219

お詳しいですね。私は父母からの何気ない言葉から参拝の意味を推察しただけで
本来の詳しい意味は知りませんでした。
ただ参拝と言う行為が不浄の物とはとても思えず、神聖な物だと感じていました。
幸福や平和を願うのには神社が相応しいですね。
特に戦争で亡くなられた御霊が祭られている所は、平和への切実な思いがある場所と
思います。


224 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:05:00 ID:H+eePZyu0
一昔前は「総理大臣の靖国参拝」について、それが「公的参拝」か「私的参拝」かで意見が分かれた。
「公的参拝なら違憲だが、私的参拝なので違憲ではない」という論法で、当時の中曽根首相などは参拝を正当化した。
小泉前首相も、「総理になったら毎年8月15日に参拝する!」と公約したが、8月15日に参拝したのは、任期満了直前の一度だけだった。

現在では「総理大臣の靖国参拝」自体が問題視されている。
公的だろうが私的だろうが、どちらも違憲という前提で議論されている。

どんどんウヨの肩身が狭くなっていきつつある。日本はまだまだ捨てたモンじゃない(w
人がどのような思想を持つかは自由だが、
もし思想に関して犯罪があるとすれば、それはナチス・右翼思想のみである。
現にドイツではナチス思想を標榜するだけで刑事犯に問われる。
日本でもウヨ思想を表明するだけで刑事犯に問われる日が来ることを願う。

225 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:10:43 ID:3efOqL150
>>223
詳しくはないです。
ただ、伊勢神道の基礎を作った渡会氏の文書(鎌倉時代)とか好きで読んでるだけです。

日本の神道は、四季の移ろいの中で人の和と自然の和を縦糸に、先祖への報恩感謝
を横糸にし、そこに家族や郷里の和を司る儀式としての神道を生み出しました。
おそらく今よりも殺伐とした時代が、中世には日本でもあったのかも知れませんが、この
神道の「和」の精神が日本文化を育んできました。
その願いが、靖国には今でも息づいています。

これ言うと、今の政教分離の時代には非難されるかも知れませんが、靖国に神道を
学べる古典の展示のブースとかがあった方がよいかも知れません。
いつの間にか、渡会神道の概念さえ古書の中に埋もれてしまい、神社参拝はご祈願や
ご祈祷といった他の宗教と変わらないレベルまで堕してしまいました。

226 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:10:54 ID:PdWSTtn70
>>221
> >>217
> 「右翼」と事上げて名付けるから理解が遅れるのです。
> 真の右翼とは、日本に生まれ故郷の山河を懐かしみ、生まれた郷土を誇りに思う
> すべての庶民の事なんですよ。言い換えれば郷土愛こそ、真の愛国の礎。

其れは右翼と名付けて良いのですか?私には中立な自然人的な日本人で
良い気がします。あえて国粋主義者ではないですよね。

> それが、最近では生まれた国にも郷土にも誇りを持てず、生まれたことを卑下する
> 教育が日教組により戦後続いたお陰で忘れ去られています。
> その境界の世代が、いわゆる全共闘や創価の世代である「団塊の世代」です。
> この世代から、日本は狂ってきたのではないかと存じますがいかがでしょうか。

上記内容には全くの同意です。個人主義や他者への思いやりが無くなった大本が
日教組の教師達が掲げた個人の貪欲な権利の主張ではないでしょうか。
公共心を否定したのもGHQの指示とは言え、日本人の堕落の原因でしょうね。


227 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:14:13 ID:PdWSTtn70
>>224

初耳だな?根拠は?

228 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:19:56 ID:tiQa7txJ0
>>219
天照大御神は神宮の内宮で祀ればよい
靖国が祀る必要なし

229 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:20:17 ID:H+eePZyu0
一昔前の「憲法」の専門書嫁。
政府見解「公的参拝・私的参拝基準論」が提示され、それが当時でも学者から徹底的に批判されていた。

230 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:20:50 ID:PdWSTtn70
>>225
> >>223
> 詳しくはないです。
> ただ、伊勢神道の基礎を作った渡会氏の文書(鎌倉時代)とか好きで読んでるだけです。

「渡会氏」と言うのは始めて聞きました。今度自分で調べて読みたいと思います。

> 日本の神道は、四季の移ろいの中で人の和と自然の和を縦糸に、先祖への報恩感謝
> を横糸にし、そこに家族や郷里の和を司る儀式としての神道を生み出しました。
> おそらく今よりも殺伐とした時代が、中世には日本でもあったのかも知れませんが、この
> 神道の「和」の精神が日本文化を育んできました。
> その願いが、靖国には今でも息づいています。

「和」とは家の大きな額に一字で入ってましたっけ。昔の人は尊んだのでしょうね。


231 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:21:27 ID:hUFmNKCv0
右翼の大半が日本人で無い件について

232 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:23:24 ID:H+eePZyu0
>>231 じゃ、おまえら日本人じゃないのか? こんなことで自爆してどうするんだ?(w 

233 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:24:46 ID:PdWSTtn70

>>229

今は最高裁も参拝を違憲としてないよね?


234 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:27:37 ID:3efOqL150
>>226
そうですね。
日本の神道と同じ概念(郷土愛と家族や郷里への和の概念)は、古くから世界中の
農村社会では洋の東西を問わず共通した概念です。
その中核となる神も、日本では天照大神ですが、アメリカやヨーロッパのようにイエスさま
でも当然構わないわけですし、イスラムではアラーで構わないわけです。
神道はもともと八百万の神が等しく尊重され、絶対神は存在しませんので国粋主義自体
が本来ある日本の古神道の概念では、歪んだ形です。

日本が正しいのではなく、等しくすべての民族と信仰がそれぞれ正しい。
そして、その中にあって生まれた郷土と民族と国家に愛を持てる人こそ真の愛国者であり、
国や信仰は違えども等しく、平行して同時存在で正しいのです。
真の愛国者は、他の国の愛国心も等しく認めると思います。

新渡戸稲造の「武士道」なんかは、そのあたりのテーゼをよく書かれています。
今の日本では、愛国心の概念でさえ歪んだ形で伝わっているのが残念です。
田舎の農村・漁村の庶民こそ真の愛国者であり、それをあえて右翼と呼ぶ必要はないわけです。



235 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:27:40 ID:17VVQnY4O
もし靖国参拝を違憲としたら、いろんな問題が出るもんな。
クリスマス会は?
葬式は?
初詣でもダメ?
伊勢参拝は?
政治家はどこにも行けなくなる。

236 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:29:20 ID:Lv35TgFM0
>>231
なるほどね。
その説も、ネット右翼とか見てるとあながち嘘ではないと思える。
ネット上であえて自分達への差別発言を繰り返し、
「これだけ差別されてます」とアピールし、それを確固たるものにしようとしてる。


237 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:31:26 ID:H+eePZyu0
>>233 最高(裁)は政治判断で違憲判決を「回避」しているだけ。政治判断をしない地裁・高裁レベルだとほぼ全てが「違憲」判決。
せっかくウェブにつないでるんだから、「憲法判断回避準則」を調べれ。難しいだろうが、これをマスターしたらおまえらも少しは賢くなれるぞ(w

「合憲判決」と「憲法判断を回避して合憲」とは違うぞ。マスコミレベルだとあまり詳細な論評はしない。難しすぎるから。
2ちゃんねるだと「参拝は合憲だ!」と捏造するバカがいる(w
だから「便所の落書き」呼ばわりされるんだ。

おまいらが真正の「右翼」で日本を愛するのなら、「街宣右翼は日本人じゃない=在日だ」などという他者の中傷をやめれ。
話はそれからだ(w

238 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:34:07 ID:nUYze3xQO
てか憲法判断は避けるだろうな。自衛隊同様
微妙な問題だし

239 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:37:04 ID:5gnbM3/P0
遊就館には戦争バカの陸軍のせいで
日本は戦争になってしまった事をちゃんと伝えているのか
そして良識ある国際派の海軍の事や
ド鬼畜の牟田口の野郎の事をちゃんと伝えているのか

240 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:39:42 ID:hUFmNKCv0
>>236
活動自体が祖国を失ったことの反動でもあるからな
今じゃパチンコなんかと同じ、利権の一つになっている

241 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:40:54 ID:3efOqL150
>>230
渡会氏は「神道五部書」「伊勢神宮由来記とかの著作で有名です。
古典の国学のジャンルになりますが、新刊本は少なく古書店でしか手に入らないのが
難点ですが、ほぼこの時期(鎌倉時代)に神道の根幹は完成されました。

儒教の概念と、本来ある神道の概念が融合されたのこの時代です。
こんなマイナーな分野、誰も興味ないのが残念です。(w

242 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:43:45 ID:Vcfyi+lw0
>>236
>>240

お前らがその
日本人でない
人たちのように思えるが。

ことは単純でない。

243 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:46:31 ID:PdWSTtn70
>>234

私の中途半端な理念でレスして良いのか迷いますが、折角のレスなので
愚考した事を書いて見ます。

郷土愛が自然発生的に色々な地域で発生した事は推察されますが、一神教を
受け入れた時点で共存が難しい事になったと思います。
多数者の為には多神教の許容度の大きい国が強大な影響力を持った方が、
幸運だった気がしますよね。

武士道の卑怯を許容しない思想は、とても大事なことの気がします。

それと都心の下町はダメですか?


244 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:47:43 ID:clk0Xbt20
歴史的な因縁が有るのか?
ttp://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%C0%D0%B8%B6%B4%D0%BC%A4/detail.html?LINK=1&kind=epedia
ttp://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%C6%EE%C9%F4%BB%E1/detail.html?LINK=1&kind=epedia

245 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:17:33 ID:3efOqL150
>>243
一神教には、実は「地母神」の概念が含まれています。キリスト教では聖母マリアや、
最近ダヴィンチで話題になったマグダレーヌ・マリア。
イスラムには、開教の下になった預言者アブラハムに最初に下った天使が、聖母マリア
の受胎告知を行った、大天使では唯一「女性格」を持つガブリエルだったりします。

一神教とは、実は多神教を内包した一神教であり、それゆえに聖者や殉教者や天使が
登場し、必ず母なる女神的な存在がコアにあります。男性的な一神教とは必ずしも合致しません。

日本は四海が海で守られていたが故に、一神教の戦闘的なことよりも、女性的な
和の概念がそのまま温存されていた稀有な例だと考えています。

246 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:29:00 ID:clk0Xbt20
東條英機は1884年(明治17)7月30日 東京市麹町区に東條英教陸軍歩兵中尉
(後に陸軍中将)と千歳の間の三男として生まれる。本籍地は岩手県。
東條家は江戸時代、宝生流ワキ方の能楽師として盛岡藩に仕えた家系である。
ttp://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%C5%EC%DB%EA%B1%D1%B5%A1/detail.html?LINK=1&kind=epedia

247 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:30:18 ID:PdWSTtn70
>>245

なるほど。イスラム教やキリスト教が他者を許容しないのではなくて、教団が
他者を許容しない為に争いが起きているのかもしれませんね。
色々薀蓄のある教示有難う御座いました。
小生睡魔がやって来ていてもう限界なので、今日は落ちます。
今日の午前中には起きると思いますので、何か有りましたらレスします。

それでは、お休みなさい。


248 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:41:52 ID:3efOqL150
日本がもし戦闘的な国家であり、周辺を敵に囲まれた大陸国家であったと仮定したならば、
日本の主宰神は女性の天照大神ではなく男神のスサノオであった可能性が高い。
ここから先は妄想ですが、もしスサノオが神道の主宰神であったならば、神道も他民族を
征服(侵略)し、自分たちの信仰とイデオロギーを他民族に強制するため「荒ぶる神」「妬む神」
「他を滅ぼし、われ良し」とする唯一絶対の男神を頂いていたことでしょう。

ですが、幸いに日本はそうはならなかった。

国家神道の時代は、確かにそれに近い状態があったのかも知れませんね。
ですがそれと、今の女性神である天照大御神を擁く靖国や伊勢の神とは根本で異なります。
誤解されているようですが、靖国は慰霊の場でありこそすれ国威発揚の場にはなりえないのです。
むしろ、死者への追悼と慰霊に加えて、戦死された方の子孫が先祖を祭り感謝する場です。
靖国の神に、他国征服を賞賛する概念自体がありません。
むしろ反戦としての装置・舞台の意味合いが強いようです。それを現すのは「靖国の桜」です。
散っていった方々を花の桜にたとえ、春に慰霊の祭典を行うわけです。(勝利の儀式ではない)


249 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:46:43 ID:3efOqL150
>>247
こちらこそ浅学な持論、失礼致しました。おやすみなさいませ。<(_ _)>

靖国とは離れますが、エリエット・アガペシスの「クムラン」と言う小説とか、
バーバラ・スイーリング博士の受け売りばかりだったりします。(^_^;)
モーゼエジプト起源説なんてのも面白いかも?

250 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:52:17 ID:ZbkgNF6c0
ホログラムにして見る角度で違う文書が映るような展示方法に変えたら?

251 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:29:20 ID:8H3mlwHW0
>>246
岩手出身の政治家にろくなやつがいないな。

原敬:政党政治をぶちこわし
東條英機:石原莞爾に馬鹿よばわりされるぐらいアレ
小沢一郎:破壊するも創造なし

252 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:26:34 ID:IM7/SY6F0
>>250
それってやっぱり、「斜め上」から覗くと・・・w

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)