5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教育】 「テレビゲームで、"倒された者の家族の気持ち"など考えさせるゲームリテラシー教育を」…専門家

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2006/12/27(水) 10:36:26 ID:???0
・ゲーム業界にとって、年末年始商戦は正念場。保護者にとって心配なのは、テレビゲームが
 子供に悪影響を与えないかどうか。お茶の水女子大の坂元章教授(社会心理学)に、「家庭での
 テレビゲームのルール」について聞いた。

 「ゲーム機やソフトが進歩する一方で、ゲームリテラシー教育が進んでいないのは事実ですね」
 坂元教授によると、さまざまな実験をしたところ、暴力が正当化されている▽暴力を振るうことで
 報酬が得られる▽主人公が魅力的に描かれている場合、個人差はあるものの、暴力シーンが
 多いシューティングゲームをやることで、プレーヤーの暴力的傾向が助長されるという。
 ただその場合でも、暴力が正当化される理由は何か▽なぜ、主人公は暴力を振るわないと
 いけないのか▽倒された者の家族はどんな気持ちか−など、「ゲームに描かれていないもの」を
 考えることで、暴力は「ゲームの中のもの」と理解させることは可能だという。

 ゲームリテラシー教育とは、子供にゲームに描かれていない背景、制作者の意図まで理解
 させ、子供がゲームにコントロールされないように教えることだ。
 そのためには、「保護者の役割が重要ですね。子供が小さいころに、きちんとゲームリテラシー
 教育をすることが必要。幼稚園でも早すぎることはありません」と坂元教授。

 では、保護者は何をすればいいのか。
 「無理やりゲームを取り上げるのは逆効果。親が子供のゲームソフトを理解し、ゲームに
 ついて会話をすること。そして、子供自身に『わが家のゲームの決まり』を作らせることです」。
 子供が自発的にルールを決めることで、ゲームに対する「自立心」を養うことができるという。

 坂元教授は、家庭で作るルールとして次のようなものを挙げる。
 子供部屋にゲーム機を置かない▽ゲームをしない日をつくる▽子供の年齢にふさわしい内容か
 どうか、レーティング(格付け)を確認する▽子供と一緒に同じゲームで遊ぶ−などだ。
 週に1日でもゲームをしない日をつくり、さまざまな体験をさせることも大切。ゲームをしない
 ことで別の楽しみを体験できるようになれば、ゲームと子供の距離感も出てくる。(抜粋)
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/life/pet/33038/

212 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)