5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【新潟】河井継之助記念館オープン 俳優、中村勘三郎さんも駆けつける 31日まで無料開放…長岡

1 :依頼208@試されるだいちっちφ ★:2006/12/28(木) 12:05:19 ID:???0
★河井継之助記念館オープン 31日まで無料開放

 司馬遼太郎の小説「峠」の主人公で、幕末長岡藩の家老だった河井継之助の足跡を紹介する
「河井継之助記念館」が27日、かつて邸宅があった長岡市長町にオープンした。

 記念のテープカットには、継之助の大ファンで、昨年暮れのテレビドラマで継之助を演じた歌舞伎
俳優、中村勘三郎さんも駆けつけ、森民夫市長、旧長岡藩主牧野家17代目当主の牧野忠昌さん
らとともにハサミを入れて開館を祝った。

 長岡市は、市制100年に合わせ2億4000万円をかけて邸宅跡地を買収。住宅を改修した記念館
には継之助が西国遊歴につけた旅日記の塵壺の原本や愛用の軍扇、ガトリング砲の原寸大模型、
各種の年表から地図まで32点が展示されている。

 森市長は「河井継之助に対してはいろいろの議論あったが、記念館が完成して胸のつかえがとれ
た」とあいさつ。中村勘三郎さんは「継之助ファンとしてすごくうれしい」と話し、ガトリング砲の原寸大
模型に触れ「テレビはこれでやりたかったね」と感心しきりだった。

 この日は北越銀行(野崎国昭頭取)から寄贈された継之助の直筆の書簡38通の一部も記念館に
展示された。記念館は31日まで無料開放される。年明けは1月5日から開館する。大人200円。

産経新聞 (2006/12/28 04:30) ※電話番号略
http://www.sankei.co.jp/chiho/niigata/061228/ngt061228001.htm
関連リンク:長岡市 河井継之助記念館
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/nagaoka3/bunka/tsuginosukekinenkan.html

2 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:06:04 ID:CQGJEO1u0
2w

3 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:08:35 ID:Ma3K3u8P0
だれ?

4 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:10:21 ID:4IMALEx6O
峠って大河でやったっけ?
ラストが悲惨だけど、やってくんないかな

5 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:10:43 ID:mpb6kITZ0
司馬遼太郎の「峠」は名作

6 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:11:17 ID:4hEWMAQc0
司馬遼太郎の名作「峠」か・・・

7 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:12:31 ID:XoSQsUQHO
ガトリング家老

8 :(´-`).。oO ◆abcDBRIxrA :2006/12/28(木) 12:19:34 ID:n99tNKPr0
>>4
大河ドラマ「花神」の後半に、「峠」のエピソードも使われている。
継之助は高橋英樹。村田蔵六は中村梅之助。

9 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:20:22 ID:4hEWMAQc0
慈眼寺で河井と会談したのが、岩村じゃなかったら、長岡の歴史は
変わっていたかもしれないね。

10 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:20:50 ID:hArb9PsR0
河井さんのやった事って、ほんとに偉いことなの
 反省材料にはなっても手本にはならんようなきがするが

11 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:21:00 ID:LZcD847Q0
維新の動乱の最中、官軍にも幕軍にもつかず、
長岡をスイス並の武装中立国家たらしめようとした
と言うか、実際に独立させちゃった男だよな。
独立しちゃった時点で官軍にしてみれば敵でしかない訳で
幕軍と十把一絡げにされちゃったけど。

12 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:21:15 ID:gbp+Vf/20
>>4
ジャニタレ主演の平和主義ホームドラマになりそうだな

13 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:48:09 ID:TNnf1jZm0
ガトリン・・・先に言われたorz

前にドラマで阿部寛が継之助役でやってた。


14 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:48:30 ID:N7bk8pMT0
長岡藩の辛酸を舐めるような苦労は、この河井継之助の決断以降に始まる。

小林虎三郎の「米百俵」のはなしも、長岡藩の苦労の中から生まれたもんだよな。

現実を見据えた指導者を持たないと、悲惨な結果がついてくるという教訓のような指導者だね。

15 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:35:15 ID:JEIyABPj0
彼が「ガトリング砲を使ってみたかった」って分析は正しいと思う

16 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:38:18 ID:1hkyZgQy0
>>11  幕末維新ゲームの終盤にああもう楽勝だわ、と攻め込んだ最強軍団を半壊させられ
    泣きながらリセットするもバックアップが無く
    結局、一からやり直させる漢 

17 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:40:07 ID:O9uRbGmc0
浅田真央似の人?

18 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:22:29 ID:H719rnpp0
女房のすがさんは、北越戦争の後が大変だったらしいな。


19 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:23:21 ID:38u1VCo20
>>10
結果だけ見れば偉い事ではないと思う

20 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:24:53 ID:zLH58eUE0
会津塩沢だったかな。
駅のそばに記念館があるよね。
継之助終焉の地。

21 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:27:14 ID:Ubdh1tah0
高橋英樹を呼べよ

22 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:29:55 ID:2YJv4OPe0
いってきた奴いるんだ。
規模小さいイメージあるけど。
ttp://exaudi0nos.blog15.fc2.com/blog-entry-195.html

23 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:33:31 ID:PE5aiG/S0
幕末の長岡藩士ということで小林虎三郎(米百表)とどっちがメジャー?

24 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:35:57 ID:yGNBgFiJ0
圧倒的に河井継之助の方が有名だろ。

25 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:36:12 ID:IGhvVJyQ0
あの当時の情勢が小藩の武装中立なぞという
勝手な行動を許容できるはずがなかった
あれでは官軍に対して反旗を翻したのも同然
その結果長岡の町は戦乱に巻き込まれ住人が犠牲になった

26 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:38:37 ID:TcE3mqhd0
>>14
>小林虎三郎の「米百俵」のはなしも、長岡藩の苦労の中から生まれたもんだよな。

大きな声では言えないが「米百俵」は、創作なんだけどね
文献調べても出てこないんだわ
そんで、それが判るとマズイってことで古文書は、長岡市が封印してますw

まあ、「米百俵」に良く似た事はあったみたいだけどね。でも、河井継之助はソレとは無関係だしw

27 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:40:15 ID:+abW2BU80
去年、中村勘三郎がやってた河井継之介で、官軍の将校と河井が会談持つ場面で
竹内と離婚した歌舞伎俳優の将校役はまりすぎ。

28 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:40:59 ID:WtZmCoog0
死後は長岡の町人たちから墓を鞭打たれてひどく憎まれたらしいな。

29 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:42:02 ID:titqB7K70
>>26
小泉は創作だと分かっていて米百俵の話を所信表明演説で引用したのか?

30 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:47:43 ID:TcE3mqhd0
>>29
小泉が創作だとわかるわけないじゃんw
一応、事実ということで通ってるわけだから

知ってるのは地元の歴史愛好家とか古文書の研究者だけだし
あっ市長と一部の職員は知ってるだろうなw

31 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:54:40 ID:4hEWMAQc0
長岡に山本五十六記念館もあるんだな。

32 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:03:43 ID:PE5aiG/S0
河井継之助とともに北越戊辰戦争の責任とらされて処罰された山本帯刀の家は断絶となった。
明治になり、元藩主牧野家の肝いりで再興された山本家を継いだのが山本五十六(旧姓高野)だと
きいたんだが、河井家は断絶されたままだったのか?

33 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:11:34 ID:yd12Kafq0
確か再興しとったような。

34 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:12:31 ID:v3rhZehm0
>>27
DQN役をやらせたら天下一だな

35 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:31:17 ID:W5vh4doV0
>>32
その子孫がきっと河井武士なんだよ。

36 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:43:00 ID:yGNBgFiJ0
新発田が裏切らなけりゃ勝てたのにな。

37 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:45:10 ID:2OVoKDCx0
>>35
ちょ、おま…

38 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:51:45 ID:27zCXJfn0
小栗上野介の記念館もきぼんぬ。

記念館のキャラは小栗かずまたに描かせよう。

39 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:54:23 ID:yGNBgFiJ0
>>38
http://tozenzi.cside.com/

40 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:54:44 ID:QyA9isKGO
可愛い可愛いと今朝まで思い

41 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:56:34 ID:3l4qgFnV0
越後長岡藩を欧州の永世中立国瑞西に倣って日本の中立国となすべし!

42 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:57:37 ID:27zCXJfn0
>>39
おお、サンクスコ。

あとは子孫の漫画家にキャラを描かせるだけだ!

43 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:04:31 ID:F2Nt3GF20
>>26
戯曲のようなやりとりは創作だって判ってるけど、
送られた米で学校を建てたのは本当なんじゃないの?

ちなみに、あの逸話って、「長岡を灰にしたのは世の中の流れを読むことの出来る人材がいなかったからだ。」
ということで、援助を食う物じゃなく教育につぎ込んで人材を育てようとしたって所がミソなんだよね。
小泉首相はその辺全然理解していなかった。ただ、「苦しいときにみんなで耐えましょう」という意味くらいにしか
使っていなかった。

44 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:31:17 ID:yGNBgFiJ0
>>42
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/kaikoku/character.html

45 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:46:48 ID:2YJv4OPe0
日本史板の河井は過疎っているが
彼にはそんなに魅力がないのだろうか。



46 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:14:30 ID:iXJgFipo0
>>10>>14
山県有朋は河合継之助という人物を認めていて会談を決裂させた岩村を足蹴にしているし、
黒田清隆に至っては自ら再会談を申し込む手紙をしたためたほど
それもかなわずに開戦するや否や「急病」になって陣屋に篭り切りになる
武装永世中立論は絵空事かも知れないが、もっと違う展開が期待できたのは明らか
交渉相手に暴走族上がりのDQNが来て勝手に喧嘩売られて買わざるをえなくなったというのがホントのところ

47 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:23:16 ID:BIUCOkm40
岩村高俊は地元の宿毛では「岩村男爵」と呼ばていて、勤王の英雄。
他に歴史上の人物を排出していないから、当然といえば当然なんだが。

48 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:51:53 ID:EoQm9Qh+O
喪前ら


河井継之助は、高禄の無能管理職の給料を削り下級藩士の給料をあげた、、いまの格差社会と正反対の改革者だぞ


経済にも明るく、裁判でも凄腕だぞ


彼が生きて、明治を指導していたら


きっと韓国なんぞ併合はなかった

49 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:23:37 ID:8WPLCm63O
あ、俺んちの近くじゃん。てか同じ町内だ。しらんかった。

50 ::2006/12/28(木) 19:41:05 ID:NYNWqdCq0
>>43
ハイブ長岡だっけか、なんか長岡市の施設の庭に、
米俵の前で血管切れそうになりながら議論してる人たちの像が
おいてある。それ見て俺はマジ話だと信じてたぞ。

>>46
すげー人だよな。
たいていの藩は日和見を決め込んだり、しがらみで渋々やってたりした
ときに、「どっちにもつかん!」と宣言するってカコイイ。

51 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:33:46 ID:SmOCHDKv0
河井継之助ってあれだろ?
「おまえら長州者とは根性がちがうのだ、この腰ぬけめがッ!藩のためなら、足の二本や三本かんたんにくれてやるわーーーッ!!」
「う…うろたえるんじゃあないッ!長岡藩士はうろたえないッ!」
とか言って腹の中からガトリング砲でも出してきた人だろ?

52 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:35:19 ID:mpb6kITZ0
>>10>>14>>19
司馬遼太郎は最初、河井継之助のことを否定的な視点で「英雄児」という短編を書いている。




53 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:08:28 ID:vj5QJsRN0
河井は英傑だけど、河井を生み、取立て、その政策を受け入れた長岡藩の藩風にも光を当てて欲しい。


長岡藩牧野家の「牛久保の壁書」

一、常在戦場の四文字
一、弓矢御法といふ事
一、礼儀廉恥といふ事
一、武家の礼儀作法(略)
一、貧は士の常といふ事
一、士の風俗方外聞に係るといふ事
一、百姓に似るとも、町人に似るなといふ事
一、進退ならぬといふ事
一、鼻は欠くとも、義理は欠くなといふ事
一、腰は立たずとも一分は立てよといふ事
一、武士の義理、士の一分は立てよといふ事
一、士の魂は清水で洗えといふ事
一、士の魂は陰ひなたなきものといふ事
一、士の切目、折目といふ事
一、何事にても根本といふ事
一、日陰奉公といふ事
一、荷なき奉公といふ事
一、親類は親しみ、朋友は交わり、傍輩中は附き合ふといふ事、また一町の交わり、他町の附き合いといふ事

54 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:34:45 ID:sfHIRNvU0
長岡藩が会津藩くらい大きな藩だったら、勝負は分からなかっただろう。
「英雄児」の最後で「この男には藩が小さすぎたのだ」と
話す人物が出てくるが、まあその通りだろう。

55 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:39:38 ID:GObHOv8u0
河井が戦死よりも山本帯刀の斬首ほうが悲しいな。


56 ::2006/12/28(木) 23:58:53 ID:NYNWqdCq0
>>53
>一、鼻は欠くとも、義理は欠くなといふ事
>一、腰は立たずとも一分は立てよといふ事

書いた人は真剣なんだと思うけど、なんかワロタ。
義理や武士の一分が大事だというのはわかるが、鼻や腰は関係ないだろとw

>>54
河井が本当にスイスを手本にしたのかどうか知らないけど、
冬になると雪に閉ざされる峠の奥の小藩だからこそ、
重武装の中立という発想に至った気もするな。

57 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:09:28 ID:DnH7F6NO0
>>54
会津は人材が居たから・・・・・
それより大藩の仙台藩に河井が居れば、すごい事になったろうな。
仙台藩は人材が居なかった。

58 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:23:32 ID:b+GkObD90
>>57
玉虫左太夫がいた。

59 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:25:08 ID:jJr22YZB0
>>57
「伊達」という慣用句を悪い意味で定着させるには余りあるぐらいの末期だったね
まあお家騒動起こして一度はつぶれかけた所だからねぇ…

60 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:45:34 ID:SioYQsgv0
>>56
>河井が本当にスイスを手本にしたのかどうか知らないけど

河井がガトリング砲を買ったスネルはスイス総領事書記官でもあった。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)